ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券届出書

    【提出先】                     近畿財務局長

    【提出日】                     2022年5月16日

    【会社名】                     ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社

    【英訳名】                     Yamaichi     Uniheim Real       Estate    Co.,Ltd

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 山田 茂

    【本店の所在の場所】                     和歌山県和歌山市中之島1518番地 中之島801ビル5階

                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記の場所で行ってお
                         ります。)
    【電話番号】                     073-436-1010(代表)

    【事務連絡者氏名】                     常務取締役 経営企画本部長 山田 裕之

    【最寄りの連絡場所】                     大阪市中央区瓦町二丁目4番7号(新瓦町ビル1階)

    【電話番号】                     06-6204-0123(代表)

    【事務連絡者氏名】                     常務取締役 経営企画本部長 山田 裕之

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券                     株式

    の種類】
    【届出の対象とした募集(売出)金額】
                         募集金額
                         ブックビルディング方式による募集                       1,372,750,000円
                         売出金額
                         (引受人の買取引受による売出し)
                         ブックビルディング方式による売出し                       190,000,000円
                         (オーバーアロットメントによる売出し)
                         ブックビルディング方式による売出し                        270,750,000円
                         (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法上の払
                            込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書提出時におけ
                            る見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。
                                  1/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

        種類          発行数(株)                       内容

                          完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
                1,700,000     (注)2
       普通株式                   標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                          す。
     (注)   1.2022年5月16日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2022年5月31日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
       4.当社は、野村證券株式会社に対し、上記引受株式数のうち、25,000株を上限として、福利厚生を目的に、当
         社従業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。
         なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
         に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であり
         ます。
       5.上記とは別に、2022年5月16日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
         285,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2022年6月9日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
     受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年5月31日開催予
     定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
     額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
     て引受手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
     246条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件
     を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定
     する価格で行います。
            区分             発行数(株)         発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                           ―            ―            ―

    入札方式のうち入札によらない募集                           ―            ―            ―

    ブックビルディング方式                       1,700,000          1,372,750,000             746,937,500

          計(総発行株式)                  1,700,000          1,372,750,000             746,937,500

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されて
         おります。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年5月16日開催の取締役会決議に基づき、
         2022年6月9日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(950円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見込
         額)は1,615,000,000円となります。
       6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
         (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」に当たっては、需要状況を
         勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
         ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
         下さい。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
         しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                   資本    申込株数                   申込

    発行価格     引受価額
              払込金額
                   組入額     単位        申込期間         証拠金        払込期日
               (円)
     (円)     (円)
                   (円)     (株)                  (円)
     未定     未定     未定     未定         自 2022年6月10日(金)              未定
                         100                      2022年6月19日(日)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2022年6月15日(水)             (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2022年5月31日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
         等を総合的に勘案した上で、2022年6月9日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年5月31日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年6月
         9日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
         取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年5月16日開催の取締役会において、
         増加する資本金の額は、2022年6月9日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
         1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
         きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
         する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2022年6月20日(月)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2022年6月2日から2022年6月8日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
         い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示またはホーム
         ページにおける表示等をご確認下さい。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
                                  4/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  【申込取扱場所】
        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

    株式会社三井住友銀行 和歌山支店                           和歌山県和歌山市六番丁10

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                        引受株式数

      引受人の氏名又は名称                      住所                     引受けの条件
                                          (株)
    野村證券株式会社               東京都中央区日本橋一丁目13番1号
                                              1.買取引受けによりま
                                                す。
                                              2.引受人は新株式払込
    大和証券株式会社               東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                                金として、2022年6
                                                月19日までに払込取
    SMBC日興証券株式会社               東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                                扱場所へ引受価額と
                                                同額を払込むことと
                                          未定
    三菱UFJモルガン・スタン               東京都千代田区大手町一丁目9番2号
                                                いたします。
                                              3.引受手数料は支払わ
    レー証券株式会社
                                                れません。ただし、
                                                発行価格と引受価額
                                                との差額の総額は引
    株式会社SBI証券               東京都港区六本木一丁目6番1号
                                                受人の手取金となり
                                                ます。
    あかつき証券株式会社               東京都中央区日本橋小舟町8番1号
           計                  ―            1,700,000           ―

     (注)   1.2022年5月31日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2022年6月9日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

              1,493,875,000                   16,000,000                1,477,875,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(950円)を基礎として算出した見込額でありま
         す。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額1,477,875千円については、「1 新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概
      算額上限250,443千円と合わせて、不動産開発・販売セグメントにおける戸建用分譲地の取得及び開発に係る運転資
      金として、2023年3月期に320,000千円、2024年3月期に1,408,318千円を充当する予定です。
       なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
                                  5/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2022年6月9日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引
     受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                      売出しに係る株式の所有者の住所及び

                             売出価額の総額
       種類           売出数(株)
                               (円)
                                            氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       ―                   ―         ―           ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                   ―         ―           ―
             によらない売出し
             ブックビルディング                        和歌山県和歌山市
    普通株式                    200,000      190,000,000
             方式                        山田 茂        200,000株
    計(総売出株式)             ―       200,000      190,000,000                ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
         ます。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(950円)で算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
         よる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
         いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  6/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     申込株数

    売出価格     引受価額                 申込証拠金               引受人の住所及び氏名           元引受契約
               申込期間       単位          申込受付場所
     (円)     (円)                 (円)                又は名称         の内容
                      (株)
               自 2022年
     未定
                                         東京都中央区日本橋一
          未定                 未定                          未定
              6月10日(金)                  引受人の本店及
     (注)1                   100                 丁目13番1号
               至 2022年                 び全国各支店
          (注)2                 (注)2                          (注)3
                                         野村證券株式会社
     (注)2
              6月15日(水)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と
         同様であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
         申込証拠金には、利息をつけません。
         引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2022年6月9日)に決定する予定であります。
         なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
         は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                  ブックビルディング方式」の(注)7.
         に記載した販売方針と同様であります。
                                  7/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                             売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の住所

       種類           売出数(株)
                                (円)            及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
        ―                   ―         ―            ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
        ―                   ―         ―            ―
             によらない売出し
             ブックビルディング                         東京都中央区日本橋一丁目13番1号
    普通株式                    285,000       270,750,000
             方式                         野村證券株式会社  285,000株
    計(総売出株式)             ―       285,000       270,750,000                ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
         況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
         に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
         す。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2022年5月16日開催の取締役会において、野村
         證券株式会社を割当先とする当社普通株式285,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野
         村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限
         とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照下さい。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
         ります。
       4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(950円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
                                  8/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    申込株数

     売出価格                      申込証拠金                        元引受契約
                                          引受人の住所及び
             申込期間         単位             申込受付場所
                                           氏名又は名称
      (円)                       (円)                        の内容
                     (株)
            自 2022年
                                  野村證券株式会
                             未定
      未定
            6月10日(金)
                        100          社の本店及び全           ―        ―
            至 2022年                 (注)1
      (注)1
                                  国各支店
            6月15日(水)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
         ん。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
         ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
         従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
         し) (2)     ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  9/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所スタンダード市場への上場について

      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所スタンダード市場への上場を予定しております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である山田茂(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連して、
     当社は、2022年5月16日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式285,000株の第三者割当増
     資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の募集事
     項については、以下のとおりであります。
     (1)   募集株式の数              当社普通株式285,000株

     (2)   募集株式の払込金額              未定 (注)1

                       増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項
                       に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の
        増加する資本金及び資本準備
     (3)                  結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとす
        金に関する事項
                       る。また、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加す
                       る資本金の額を減じた額とする。 (注)2
     (4)   払込期日              2022年7月20日(水)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2022年5月31日開催予定の取締役会において決定される予定
         の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
         す。
       2.割当価格は、2022年6月9日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
         一とする予定であります。
       また、主幹事会社は、2022年6月20日から2022年7月13日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
      て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
      バー取引を行う場合があります。
       主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応
      じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部または一部につき申込みが行
      われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、または発行そのものが全
      く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケー
      トカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合
      があります。
                                 10/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.ロックアップについて
      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人かつ売出人である山田茂、当社株主である

     Ys'Assortment合同会社、ウィル・アセット株式会社、堂村眞由美、大橋一寛、國定主征、山田富雄、長束友紀子、山
     田香代、楠本義之及び山本智也、                並びに当社の新株予約権者である島達也、天堀充信、岡本真征、清水敏光、園田賢
     志、伊藤由哉及び今村共秀            は、  主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日
     目の2022年9月17日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、
     引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等を
     除く。)を行わない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2022年12月
     16日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若しく
     は交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただ
     し、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに
     関連し、2022年5月16日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除
     く。)を行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
                                 11/223














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)表紙および裏表紙に当社のロゴマーク


    を記載いたします。

     (2)表紙の次に「1.ヤマイチ・ユニハイムエステートについて」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記

    載いたします。
                                 12/223
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/223





















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/223





















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/223





















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/223





















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/223





















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/223





















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/223





















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
            回次             第31期       第32期

           決算年月             2020年3月       2021年3月

    売上高              (千円)     14,131,791       15,024,559

    経常利益              (千円)      1,804,167       1,515,178

    親会社株主に帰属する
                   (千円)      1,268,940        803,577
    当期純利益
    包括利益              (千円)      1,272,104        801,986
    純資産額              (千円)      5,739,256       6,514,613

    総資産額              (千円)     36,318,787       38,344,072

    1株当たり純資産額               (円)      1,077.59       1,223.17

    1株当たり当期純利益               (円)       238.25       150.88

    潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        15.8       17.0
    自己資本利益率               (%)        24.9       13.1

    株価収益率               (倍)         ―       ―

    営業活動による
                   (千円)      1,780,722        781,014
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (千円)     △ 2,575,234       △ 880,193
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (千円)      1,142,784        594,929
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                   (千円)      2,534,727       3,030,478
    の期末残高
    従業員数                        97       96
                   (名)
    〔ほか、平均臨時雇用人員〕                      〔50〕       〔46〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
         期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       3.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       4.従業員数は、就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
         出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の
         平均人員を〔 〕外数で記載しております。
       5.前連結会計年度(第31期)及び当連結会計年度(第32期)の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、
         様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193
         条の2第1項の規定に基づき、仰星監査法人により監査を受けております。
       6.当社は、2019年12月5日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っております。第31期の期首に当該株
         式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                 20/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第28期       第29期       第30期       第31期       第32期

           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上高              (千円)     3,939,161       4,191,245       4,802,904       7,281,424       9,035,238

    経常利益              (千円)      147,893       571,520       675,522      1,559,983       1,198,338

    当期純利益又は当期純損失
                   (千円)     △ 159,807       576,827       475,612      1,017,972       3,055,378
    (△)
    資本金              (千円)       45,000       45,000       45,000       45,000       45,000
    発行済株式総数               (株)      532,600       532,600       532,600      5,326,000       5,326,000

    純資産額              (千円)     1,415,034       1,956,142       2,422,959       3,444,207       6,453,357

    総資産額              (千円)     20,738,058       23,082,045       23,999,462       25,509,049       38,301,354

    1株当たり純資産額               (円)     2,656.84       3,672.82       4,549.30        646.68      1,211.67

    1株当たり配当額
                            -       -       -       -      10.00
                   (円)
                           ( -)       ( -)       ( -)       ( -)      ( 5.00  )
    (1株当たり中間配当額)
    1株当たり当期純利益
    又は1株当たり当期純損失               (円)     △ 300.05      1,083.04        893.00       191.13       573.67
    (△)
    潜在株式調整後
                   (円)        -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        6.8       8.5       10.1       13.5       16.8
    自己資本利益率               (%)        -      34.2       21.7       34.7       61.7

    株価収益率               (倍)        -       -       -       -       -

    配当性向               (%)        -       -       -       -       1.7

    従業員数                       36       47       53       53       75

                   (名)
    〔ほか、平均臨時雇用人員〕                      〔 7 〕      〔 4 〕      〔 5 〕      〔 5 〕      〔 2 〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第28期は1株当たり当期純損失であり潜在株式が存在し
         ないため、第29期は潜在株式が存在しないため、記載しておりません。また、第30期から第32期は潜在株式
         は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       3.第28期の自己資本利益率は、当期純損失であるため記載しておりません。
       4.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       5.第28期から第31期までの1株当たり配当額及び配当性向については、配当を行っていないため記載しており
         ません。
       6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第30期の期首
         から適用しており、第29期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
         等となっております。
       7.前事業年度(第31期)及び当事業年度(第32期)の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作
         成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第
         1項の規定に基づき、仰星監査法人により監査を受けております。なお、第28期から第30期については、会
         社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第
         193条の2第1項の規定による仰星監査法人の監査を受けておりません。
       8.当社は、2019年12月5日付で普通株式1株につき10株の株式分割を行っております。第31期の期首に当該株
         式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
       9.第28期において、過年度の資産及び負債の計上に係る誤謬の訂正を行い、当該過年度の誤謬の訂正による累
         積的影響額135,840千円を第28期の計算書類における特別損失として計上しております。
                                 21/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       10.  従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
         雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を〔 〕外数で記載し
         ております。
       11.当社は、2019年12月5日付で株式1株につき10株の株式分割を行っております。
         そこで、東京証券取引所自主規制法人(現日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
         のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133
         号)に基づき、第28期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を
         参考までに掲げると、以下の通りとなります。
         なお、第28期、第29期及び第30期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、仰星監
         査法人の監査を受けておりません。
            回次            第28期       第29期       第30期       第31期       第32期
           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    1株当たり     純資産額         (円)       265.68       367.28       454.93       646.68      1,211.67

    1株当たり     当期純利益
    又は1株当たり       当期純損失       (円)      △30.01        108.30        89.30       191.13       573.67
    (△)
    潜在株式調整後
                   (円)         -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益
    1株当たり     配当額
                           -       -       -       -      10.00
                   (円)
                           (-)       (-)       (-)       (-)      (5.00)
    (1株当たり      中間配当額)
                                 22/223














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
     当社は、1989年6月に和歌山県和歌山市において、主に一般顧客向けの不動産仲介を取り扱う会社として設立され、
    その後、自社による不動産開発を基礎として宅地販売、戸建建築、不動産賃貸、分譲マンション販売を事業展開すると
    ともに、和歌山市周辺から大阪市を中心とする近畿圏全域へと主要な営業エリアを拡大してきました。
     沿革の概要については次のとおりであります。
       年月                           概要

              不動産仲介を主たる事業として、和歌山県和歌山市本町において、ヤマイチエステート株式会
      1989年6月
              社(資本金500万円)を設立。
      1991年6月        本社を和歌山県和歌山市本町から和歌山県和歌山市太田三丁目へ移転。
      1993年5月        住宅用地の開発と販売を開始。

      1998年3月        建築工事の部門を新設し、建築請負を開始。

      1999年10月        賃貸用不動産を取得し、不動産賃貸事業を開始。

      2004年11月        本社を和歌山県和歌山市太田三丁目から和歌山県和歌山市太田二丁目へ移転。

              和歌山県海南市日方の不動産を取得後、フルリノベーションを実施し、高齢者向けマンション
      2005年11月
              「ウェルネス・コート」と名称を変更。
              高齢者向けマンション「ウェルネス・コート」の管理運営を主たる事業とする株式会社ウェル
      2006年5月
              ネス・コート(現連結子会社)を設立。
              「ウェルネス・コート」の居住区画を高齢者向けのマンションとして賃貸、分譲販売を開始。
      2007年2月
              また、同施設にて、介護事業等の高齢者向け事業及び温泉事業を開始。
      2008年4月        郊外型商業施設の開発を開始し、不動産賃貸事業の営業エリアを和歌山県外へと拡大。
      2011年8月        自社住宅展示場である「ヤマイチハウジング紀伊川辺住宅展示場」を開設。

              代表取締役社長である山田茂の出資会社として設立したヤマイチハウジング株式会社(2001年
      2013年2月        8月設立)、ダイヤモンドホーム株式会社(2005年3月設立)、株式会社ウェルネス・コート
              (2006年5月設立)の3社を株式交換により完全子会社化。
      2013年7月        自社住宅展示場である「ヤマイチハウジング和歌山北住宅展示場」を開設。
              商品差別化を図るため、株式会社LIXIL住宅研究所の運営するGLホームのFCに加盟し、
      2014年9月
              2×4工法の住宅販売を開始。
      2015年9月        経営効率を高める目的でヤマイチハウジング株式会社を吸収合併。
              ユニハイムエステート株式会社(旧株式会社ユニチカエステート)を完全子会社化し、マン
      2016年3月
              ション分譲事業を開始。
      2017年9月        経営効率を高める目的でダイヤモンドホーム株式会社を吸収合併。
              本社を和歌山県和歌山市太田二丁目より和歌山県和歌山市中之島(自社所有不動産「中之島801
      2017年12月
              ビル」内)へ移転。
      2018年9月        和歌山総合住宅展示場にGLホームモデルハウスを出展。
      2019年3月        和歌山県和歌山市吐前にて産業用地を開発し販売開始。

              ユニハイムエステート株式会社が賃貸用不動産の取得を目的に株式会社グランドを完全子会社
      2019年6月
              化。
      2019年10月        ユニハイムエステート株式会社が株式会社グランドを吸収合併。
              兵庫県西宮市にて約40,000㎡の分譲用宅地開発(夙川St                           Terrace秀麗の丘)を完成し、兵庫県

        〃
              での宅地販売を開始。
              ユニハイムエステート株式会社を吸収合併し、ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社へ商
      2021年3月
              号を変更。
        〃      大阪市中央区に本社機能を移転。
                                 23/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
     当社グループは当社及び連結子会社(株式会社ウェルネス・コート)の計2社で構成されており、不動産開発を通じ
    て、土地の価値が最大限に発揮される可能性を追求する事業に取り組んでいます。特に地権者調整が複雑な素地(宅地
    開発が必要な農地等)からの開発プロジェクトの経験値と、自社において用地取得から宅地造成そして売却または長期
    保有までフルラインでカバーしている点をコア・コンピタンスと位置付けております。
     当社グループの不動産開発は「土地を起点とした発想」でプロジェクトを構築し、中長期的なキャッシュ・フローが
    最大化する出口戦略に基づいて事業を推進するため、年度ごとに各セグメントの業績への寄与率が変動する特徴があり
    ます。
     当社グループは、開発した不動産の用途と収益形態に応じて、①商業施設や共同住宅等の賃貸用不動産の保有により
    賃料収入を得る「不動産開発・賃貸事業」、②住宅用地や産業用地の分譲販売と戸建建築を行う「不動産開発・販売事
    業」、③マンションの企画開発及び分譲販売を行う「マンション事業」、④高齢者向けサービス事業等を行う「その他
    の事業」の4事業に区分して展開しております。
     ヤマイチエステート株式会社は2021年3月にユニハイムエステート株式会社を吸収合併し、社名をヤマイチ・ユニハ
    イムエステート株式会社といたしました。ヤマイチエステート株式会社の「地方都市の小さなマーケットで培った足腰
    の強い企業体質」と、ユニハイムエステート株式会社の「50年以上にわたる分譲実績と知名度」というそれぞれの強み
    を融合させ、少数精鋭による不動産事業のワンストップサービスを深化させることで持続的な企業価値の向上を図って
    まいります。
     (1)不動産開発・賃貸事業

      当該事業は、主に賃貸用不動産の開発・取得及び賃貸を行う事業であり、各不動産が生み出す長期的なキャッ
     シュ・フローを投資判断の指標とし、特定の用途に偏らない分散投資を行うことを基本とし、共同住宅、商業施設、
     オフィスビル及び駐車場等を保有しております。開発エリアは、近畿圏を中心に展開しており、近年は東海エリア及
     び関東エリアにも進出しております。
      事業スキームとしては、一般的な不動産の自社保有に加えて、複数の土地所有者から土地を賃借し、一団の土地と
     してテナント企業に転貸する形態も扱っております。長期保有による安定収益源の確保を基本方針としつつも、周辺
     地域の趨勢を総合的に勘案し、分譲事業へと切り替えて売却益を得るなど、不動産(=プロジェクト)単位の収益性
     に基づき柔軟かつ果断な経営判断を行います。
     (主たる事業会社)当社

                                 24/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)不動産開発・販売事業
      当該事業は、主に住宅用地の開発・販売や企業向けの産業用地の開発・販売を行っており、また、住宅用地の分譲
     販売と併せて戸建住宅の一般建築請負を行っております。
      住宅用地の分譲販売は、主に和歌山県と兵庫県において展開しており、各地域の特性や顧客層に応じた分譲地のプ
     ランニングや価格設定を行っております。戸建建築については木造軸組み工法(注1)と2×6工法(注2)を取り
     扱っており、幅広い顧客ニーズと価格帯に対応できる商品ラインを有しております。
      産業用地の販売は、倉庫、物流拠点や工場等の用途に適した条件を満たす用地の取得・開発を行い、自社又は仲介
     業者を介した販売活動を行っております。
      (注1) 柱(縦の構造材)に梁(横の構造材)などの軸組みで支える工法のこと。
      (注2)フレーム状に組まれた木材の骨組みに合板を打ちつけたものパネル化し、それらを壁・床・天井に使う枠組壁工法の一種。
     (主たる事業会社)当社

     (3)マンション事業

      当該事業は、主にファミリー層向け分譲マンションの企画開発及び分譲販売を行う事業であり、一次取得者を主要
     顧客層としております。
      自社ブランドとしてミドル~アッパークラスをターゲットとした「ユニハイム」及びハイエンドブランドである
     「ユニハイムエクシア」を中心として展開しており、また当社ブランドの「Only-I」という内装のオーダー対応オプ
     ションによる他社との差別化を図っております。当事業は大阪市を中心とした近畿圏で展開しており、ユニハイムエ
     ステート株式会社(2021年3月に吸収合併)は、当社が2016年3月に子会社化する以前から50年以上にわたり累計
     16,000戸以上(旧社名での実績及び共同事業分の事業比率に応じた実績を含む。)のマンション販売実績がございま
     す(2022年4月末時点)。
     (主たる事業会社)当社

      (4)その他の事業

      当該事業は、シニア向けマンションの賃貸・分譲・管理運営、訪問介護や居宅介護支援サービス、和食飲食店の運
     営及び温泉施設運営等により構成されております。また、当社の不動産関連ビジネスに付随して、損害保険代理店
     業、当社保有地の太陽光発電による売電事業による収益が含まれております。
     (主たる事業会社)株式会社ウェルネス・コート

                                 25/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      事業の系統図は次のとおりです。
                                 26/223




















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                         議決権の所有
                           資本金       主要な事業
        名称          住所                       (又は被所有)          関係内容
                           (千円)        の内容
                                          割合(%)
    (連結子会社)
    株式会社
                                                 建物等設備の賃貸
    ウェルネス・コート          和歌山県和歌山市              10,000    その他の事業            100.0    役員(取締役2名)
                                                 の兼任
    (注)2
     (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
       2.特定子会社であります。
       3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                                2022年4月30日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                         8
     不動産開発・賃貸事業
                                                       ( ―)
                                                        36
     不動産開発・販売事業
                                                       ( 2 )
                                                        19
     マンション事業
                                                       ( ―)
                                                        16
     その他の事業
                                                       ( 40 )
                                                        20
     全社(共通)
                                                        ( 3 )
                                                        99
                合計
                                                       ( 45 )
    (注)   1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向
        者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマーを含み、人材会社からの派遣社員を除く。)は、最近1
        年間平均雇用人員(1日8時間換算)を( )外数で記載しております。
      2.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
                                 27/223











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 提出会社の状況
                                                2022年4月30日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               79
                             41.7              6.4             5,425
               ( 2 )
             セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                         8
     不動産開発・賃貸事業
                                                        ( ―)
                                                         36
     不動産開発・販売事業
                                                         ( 2 )
                                                         19
     マンション事業
                                                        ( ―)
                                                         16
     全社(共通)
                                                        ( ―)
                                                         79
                合計
                                                         ( 2 )
    (注)   1.  従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
        者数(パートタイマーを含み、人材会社からの派遣社員を除く。)は、最近1年間平均雇用人員(1日8時間換
        算)を( )外数で記載しております。
      2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      3.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
     (3) 労働組合の状況

       当社グループにおいて労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 28/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

    文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
    (1)企業理念と経営の基本的な方針

     当社グループは、不動産事業を通じた「街づくり」と「地域活性化」を使命と考え、「人々が"安心"して住める街づ
    くり」・「人々が"快適"に暮らせる街づくり」・「人々が"満足"する街づくり」を通して、地域の発展とそこに住む
    人々の幸せを追求することを企業理念に掲げております。
     当社グループは、事業用不動産の取得(入口)~開発(商品化)~販売・賃貸(出口)までを縦断的にフルラインで
    扱う少数精鋭の専門集団としての特徴を基盤とし、不動産業の一部領域に特化するのではなく、社会構造の変化、経済
    の動向、国策の転換等に応じて、柔軟に経営資源の選択と集中を行い、長期にわたり安定的成長を続けていくことを目
    指しております。ユニハイムエステート株式会社との合併統合プロセスを通して経営管理体制や事業推進体制を強化
    し、さらなる発展に繋げていく方針です。
    (2)経営環境

    長期化した新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、依然として日本経済全体の先行きは不透明であります。当社グ
    ループの属する不動産市場に関しては、インバウンド需要の消失や経済活動の制限により、市況の急激な悪化が懸念さ
    れましたが、各種経済対策や継続的な低金利環境により、不動産需要自体は底堅く推移していると認識しています。し
    かしながら、今般の感染症拡大が社会構造の変化を加速させ、不動産需要の「質」については、大きく変容していくも
    のと考えています。
     居住用不動産については、リモートワークや在宅勤務など、働き方の多様化が進むにつれ、人びとの居住地選択や住
    環境に対する価値観が大きく変わっていくと予想され、また、人口減少下において、都市中心部及びその郊外にある交
    通利便性や生活環境の優れた地域と、衰退傾向にある地域との間で、需要格差が拡大することが考えられます。
     法人向け不動産に関しても、社会や産業構造の変化に伴う新たなニーズの高まりがみられ、例えば、eコマース市場の
    拡大による物流施設や倉庫用地の開発や、社会のデジタル化の浸透に伴うデータセンターの開発等については、今後の
    有望な成長分野であると予想されます。
    (3)経営戦略

     上記のような経営環境の過渡期においては、将来性のある優良地の見極めと、土地の新たな価値を創造する力がこれ
    まで以上に重要であると考えています。
     当社グループは、土地の価値に対する分析力とその価値を最大限に引き出す企画構成力を活かし、社会経済情勢や
    ニーズの変化に即応する付加価値の高い不動産を提供してまいります。特に、素地からの不動産開発については、土地
    ごとの個別性が高く、また、専門的知識と豊富な経験値が要求されることから、当社グループの独自性の高いアプロー
    チとして、エリアや規模を問わず競争力を発揮できるものと考えており、このノウハウを活用して、近畿圏でのプレゼ
    ンスを高めると共に、首都圏へと営業エリアを拡大し、成長を加速させていきたいと考えています。
                                 29/223







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     事業ごとの具体的な施策は以下のとおりです。
    ①不動産開発・賃貸事業

     当事業では、長期保有による安定した賃貸収益の獲得を目指しており、継続的に賃貸用不動産の保有数の積上げを進
    めています。賃貸用不動産の取得は、次の通り大別されますが、いずれも保有期間のキャッシュ・フローを投資の判断
    材料としております。
     a)   既存賃貸用不動産の取得

     これまで当社グループでは、不動産の「目利き力」を活かして、高い収益性が見込まれる賃貸用不動産を取得してきま
    した。過去のバブル崩壊やリーマンショックなどの経済的混乱が生じた際には、様々な理由で手放される「割安」な不
    動産を積極的に取得し、成長の糧としてきました。取得した不動産については長期保有を原則とし、設備更新やテナン
    ト管理、入居促進等によるバリューアップを図ることで安定的収益を獲得しているものと考えています。近年は、低金
    利環境等により収益不動産の市場価格が上昇したことを受け、含み益の大きな保有不動産については売却を実施し、手
    元資金を厚くすることで、新たな優良不動産取得を獲得する方針であります。
     b)  新規賃貸用不動産の自社開発

     戸建分譲地開発のノウハウを応用し、当社グループでは2008年から郊外型の商業地開発に取組んでいます。具体的に
    は、ロードサイド商業施設の敷地となる土地を素地の状態で取得(又は一団の土地として借上げ)して開発を行い、当
    該地について、当社グループが貸主となる事業用定期借地権(土地の用途が事業用に限定され、契約期間が10年から50
    年未満とされている借地権)を活用することで、長期にわたり安定収益を獲得するスキームに注力してきました。こう
    した素地からの開発には、既存不動産の取得に比べて許認可の取得や地権者との折衝といった一定のリスク等がある反
    面、素地価格での取得や開発業務の分離発注等を通じて原価を抑制することが期待でき、収益性を高めることができる
    特徴があると考えております。また、開発行為に一定の期間を要するものの、計画の初期段階で借主となるテナントの
    誘致活動を行い、借主が内定した時点で開発作業を本格推進することができることから、在庫リスクを低減することが
    可能であります。引き続き、新規賃貸用不動産の自社開発に積極的に取り組んでまいります。
    ②不動産開発・販売事業

     当事業では、戸建分譲地の開発・販売と、住宅以外の用途として産業用地(倉庫や工場用地などの事業活動に供する
    土地)の開発・販売を行っています。
     a)戸建分譲地

     国土交通省令和3年度「住宅経済関連データ」において示されるように、人口減少下においても継続的に総世帯数及
    び住宅総数は増加しており、住宅需要に関して当面の間は堅調に推移するものと予想しております。
     当社グループの住宅営業の拠点の一つである和歌山県は、持ち家住宅率が73.0%と、全国平均の61.2%や東京都の
    45.0%、大阪府の54.7%、兵庫県の64.8%に対して高水準であり(総務省                                  「平成30年住宅・土地統計調査」の「平成30
    年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計」)、比較的持ち家志向の高い地域として今後も一定の需要が
    見込まれます。
     また、立地環境の優れた住宅地を開発することに加えて、「建物部分」の付加価値向上や市場細分化によるきめ細や
    かな価格及び仕様グレードの設定が重要であると考えております。そこで、当社グループでは和歌山エリアの地元ビル
    ダーが一般的に採用している木造軸組み工法による標準ランクの商品企画に加えて、株式会社LIXIL住宅研究所が
    展開する「GLホーム」のFC加盟店として、木造枠組壁工法の一種である2×6工法による高気密・高断熱を謳った災
    害に強い商品づくりや欧米風デザインの採用による他社商品との差別化を推進しております。
    さらなる成長の機会を求め、2015年より近畿圏を中心として新たな住宅地開発に取り組んでおり、2019年には「夙川St
    Terrace秀麗の丘」(兵庫県西宮市における総72区画の住宅用地分譲プロジェクト。以下「夙川プロジェクト」とい
    う。)が完成し、販売活動を進めております。現在は、夙川プロジェクトの後続となる50区画以上の新規住宅地開発を
    進めており、成長戦略の重要な柱と位置付けております。
     b)産業用地

     近年多発する自然災害等に対する企業の危機管理の観点から、産業用地の移転や分散などの需要が高まるものと考え
                                 30/223

                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    られます。当社グループではこうした需要に応えるべく、新たな取組みとして、企業をターゲットとした産業用地の開
    発・販売を進めており、2019年に和歌山県和歌山市吐前にて産業用分譲地を完成させ、現在販売活動を行っています。
     現在は後続案件の開発許可の取得を進めているところです。
    ③マンション事業

     ユニハイムエステート株式会社(2021年3月に吸収合併)は、当社が2016年3月に子会社化する以前から50年以上に
    わたり累計16,000戸以上(旧社名での販売実績及び共同事業分の事業比率に応じた販売実績を含む。)のマンション販
    売を継続してきました。
     当事業では、この実績とブランド力を活用し、今後も大阪市中心部をはじめ、交通利便性の高いマンション適地を積
    極的に取得し、マンション供給数を着実に拡大していく方針です。また、これまで外部委託していた販売業務の一部を
    内製化することで収益力の向上と販売ノウハウの充実を図っています。
     今後、当社グループの賃貸用不動産運用のノウハウと、分譲マンション事業を主力としてきたユニハイムエステート
    株式会社(2021年3月当社に吸収合併)のリソースを活用した新たなビジネスモデルを推進し、合併のシナジー効果を
    創出してまいります。具体的には、中古マンションを一棟購入し数年程度運用した後、リノベーションを実施して分譲
    販売する案件や、マンション適地である不動産を取得して一定期間運用し、解体更地化を実施して分譲マンションに用
    途変更する案件等を手掛けております。一定期間、賃料収益獲得の目的で運用している間に、減価償却が進み、さらに
    分譲事業化のタイミングをコントロールすることで、他社物件との販売競争を回避し、適切な販売価格の設定と利益率
    の確保が可能であると考えております。
    (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

     当社グループは、不動産開発を基礎とした事業展開を行っており、不動産の仕入から販売に至るまでをフルラインで
    カバーすることで高い収益性を達成することを目指しており、目標達成状況を判断する材料として、自己資本当期純利
    益率(ROE)を客観的な指標としております。
    (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

    ①経営管理体制の継続的な強化
     当社グループでは2021年3月に経営管理体制の強化のために子会社のユニハイムエステート株式会社を吸収合併し、
    人員配置や業務分掌の見直し、意思決定の効率化等の構造改革を実施しました。新体制の下で、今後のさらなる成長の
    ために、コンプライアンスの認識や内部統制の継続的な充実が必要であると考えております。そのため当社グループ
    は、引き続き経営管理体制の強化に取り組んでまいります。
    ②優秀な人材の確保

     不動産のワンストップサービスを向上させるためには、優秀な人材の確保が必要であると考えています。当社グルー
    プでは、不動産に関する幅広い知識と高い専門性を養うために、採用した人材について配置転換や部署横断的なキャリ
    アプロセスを通じて、モチベーションの持続を図るとともにマルチスキルを有する人材としての育成を進めています。
    また、企業成長を促進するために、従来の人材育成プロセスを継続する一方で、即戦力となる経験豊富な人材も獲得
    し、営業エリアの拡大や新たなビジネス領域への進出を進めてまいります。
                                 31/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    ③マンション事業の関連ビジネスへの進出
     マンション事業において、販売後の顧客との繋がりを強化し、リフォーム需要や住替えニーズに対する積極的な提案
    が必要と考えています。そこでまずは、分譲マンション管理業へ進出し、販売後も顧客との接点を継続することで新た
    なビジネスチャンスに繋げてまいります。併せて、累計16,000戸以上ある過去の顧客情報を分析し、リフォームや住替
    えに伴う中古マンションの買取再販等の営業体制を構築してまいります。
    ④再開発用地の取得

     当社グループのビジネスモデルは優良な土地の仕入れが重要であると認識しており、いかに取得価格を抑制するかが
    課題となります。直ちに利用可能な完成宅地の取得は競合が多く、価格が上昇する傾向にあることから、当社グループ
    の素地からの開発力とフルラインの強みを活かし、様々な理由で過小評価されている土地や現況では利用が限定される
    土地をできるだけ安価で取得し、隣地の買い増しや権利関係の整理あるいは既存建物の建替え等を通じて土地の価値を
    再生・バリューアップする再開発ビジネスを推進してまいります。
    ⑤営業エリアの拡大

     さらなる企業成長のためには、近畿圏だけでなく、より大きなマーケットである首都圏での営業展開が必要と考えて
    おります。当社グループでは、2017年に東京都小平市にて土地の取得・開発を行い商業用地として賃貸しています。ま
    た、2020年から東京事務所を中心に不動産取得に向けた活動を開始しており、2021年12月には埼玉県所沢市にて収益不
    動産(共同住宅)を取得しました。
     当面は、当社の機動力が活かせる規模の不動産(東京駅から10km~30km圏にある不動産で、数億円程度の取得額)の
    開発案件に取り組んでまいります。
                                 32/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
     本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッ
    シュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。
     なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
    (1)新型コロナウイルス感染症の影響について

      新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、経済活動の制約が長期化することで、当社グループの経営成績、財政状
     態及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
     「不動産開発・販売事業」において、戸建住宅及びマンション建設に係る資材や住宅設備の調達について、生産地で
     ある海外諸国のロックダウンや物流の停滞等が長期化した場合、工事の遅延や引渡しの遅れにつながる可能性があり
     ます。当社ではこれまでのところ、早期の資材確保や代替品への切り替えにより引渡しの遅延等は回避できています
     が、引き続き国際的なサプライチェーンの動向に注視が必要であると考えています。
     「不動産開発・賃貸事業」において、緊急事態宣言等に基づく各テナントの営業制限等による減収への対応として、
     賃料減免の実施や、あるいはテナント撤退による空室率上昇の可能性がございます。当社グループでは、コロナ対策
     の影響が顕著な都市部での商業施設やホテル用地等を保有しておらず、                                 生活密着型の沿道商業施設や住居系の収益不
     動産を中心としていることから、               これまでのところ経営に重要な影響を受けるに至っていないと捉えておりますが、
     当面は各不動産の稼働状況を注視しつつ、稼働率を維持するために迅速な施策を講じてまいります。
    (2)経済情勢の変動について

      当社グループの事業は、景気、個人消費、金利、地価・不動産需要、各種税制及び補助制度等の動向により影響を
     受けております。景気の急速な悪化や個人消費の冷え込み、大幅な金利上昇、不動産需給の悪化、住宅税制の変更等
     が生じた場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      特に、新型コロナウイルス感染症による経済活動の縮小が長引き、景気全体が著しく悪化した場合には、一般顧客
     層の住宅購入意       欲の低下や出店施策変更による賃貸需要の減退、賃料低下等が生じる可能性があり、当社グループの
     経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (3)土地の仕入について

      当社グループの事業は、賃貸又は分譲販売に用いる優良な土地を取得することが重要であり、取引事業者や金融機
     関等からの情報に基づき、不動産毎の立地、周辺環境、価格、顧客ニーズ等を踏まえた事業化・商品化を検討し、収
     益性等を考慮の上で新規取得を行っております。
      今後において、良質な不動産情報入手が困難となる場合や地価上昇その他の要因により収益性確保が可能な不動産
     が減少した場合及び、その他何らかの要因により取得が困難となった場合、当社グループの事業展開の制約要因とな
     り、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (4)原材料・資材価格等の変動について

      当社グループの事業展開においては、戸建建築及びマンション等の建築において、木材・鉄材・セメント等の各種
     原材料・資材等を使用しております。それらの仕入価格は市場価格の変動により影響を受けており、今後において、
     原材料市況や需給、為替等の変動により仕入価格が高騰した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及
     ぼす可能性があります。
      特に、海外での新築住宅需要の急増や商流の変動により、新築住宅建築に必要な材木価格が上昇傾向にあります。
     仕様見直しや代替品確保等による企業努力で吸収できないコスト増加分については、建築請負による販売利益の圧縮
     や営業計画の変更が必要となる可能性があります。
                                 33/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (5)外注企業の活用について
      当社グループの各事業においては、開発用地のプランニング、開発許可申請、造成工事にかかる設計施工等につい
     て外注企業を活用しております。また、「不動産開発・販売事業」においては、戸建建築等に際して、自社にて設計
     業務及び管理者(監理技術者・主任技術者)配置による施工管理業務を行うほか、施工工事等は外注企業を活用してお
     り、「マンション事業」においては、設計から施工までの各工程について外注により対応しております。当社グルー
     プの事業運営において、外注活用の重要性は高いことから、外注企業の確保及び育成に努めております。
      今後の事業展開において、外注企業にかかる十分なリソース確保が困難となった場合には、当社グループの事業拡
     大の制約要因となる可能性があるほか、外注企業の経営不振や請負契約の不履行、設計・施工上の不具合の発生やそ
     の他予期せぬ事象が発生した場合には、工事等の中断又は大幅な遅延、建設コストの上昇等により、当社グループの
     経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (6)瑕疵担保について

      戸建建築及び分譲マンションについては、宅地建物取引業法及び住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、
     売主に対して物件引渡後10年間にかかる瑕疵担保責任が課せられております。
      当社グループは、開発、分譲及び販売等を行う不動産にかかる品質管理を徹底しており、土壌汚染、使用建材、耐
     火・耐震性能及び施工品質等について、自社及び第三者機関の検査等を含むチェック体制を構築しております。
      今後において、当社グループが供給する不動産について、販売・引渡し後に上記事項を含む何らかの瑕疵が判明し
     た場合、当社グループに対する信頼性低下や損害賠償請求の発生等により、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可
     能性があります。
    (7)賃貸用不動産にかかる稼働率について

      当社グループが展開する不動産賃貸においては、商業施設やオフィスビルにおける主要テナント企業の出店戦略変
     更等に伴う退去や、入居者獲得競争の激化等により、賃貸用不動産にかかる稼働率に低下が生じる可能性がありま
     す。また、代替テナント等の確保のため賃料引下げが必要となる場合もあり、これら要因による収益性低下が当社グ
     ループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (8)大型開発案件について

      当社グループは、着手から販売まで数年単位の期間を要する不動産開発を事業の軸としています。
      大規模開発には、用地取得等にかかる多額の投資が必要であるほか、開発許可取得、各種関係者の調整や工事等の
     多くの業務プロセスが必要であります。開発に際し、近隣住民等の反対運動が発生し結果としてプロジェクトの中止
     や遅延が発生する可能性があるほか、必要とされる許認可の取得や関係者の調整ができない場合は、事業が中止とな
     るリスクを有しております。
      著しい販売不振が生じた場合には、販売促進のための費用増加や値引施策の実施等により採算悪化が生じるリスク
     があり、これらのリスクが顕在化した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性
     があります。
    (9)エリア展開について

      当社グループの営業地域は、和歌山県を中心とした近畿エリアに集中しております。当該地域において、地域経済
     の悪化や人口動態に変化が生じた場合又は台風や地震等の大規模災害による影響が発生した場合には、当該エリアに
     おける不動産市況等に影響が生じ、当社グループの経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性があります。
      なお、当社グループは、当該地域を中心として事業エリア拡大を推進していく方針でありますが、新たな営業エリ
     アにおける競合や事業実績が限定的であること等に起因して、当社グループの想定する事業拡大が実現出来ない可能
     性があり、営業拠点分散に伴う業務効率の悪化等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能
     性があります。
                                 34/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (10)人材の確保について
      当社グループの事業は、専門的な知識及び経験に加えて、不動産取引に係るソリューション提供や調整能力、高い
     コミュニケーション能力を有する人材が重要な要素であります。
      今後における事業拡大を図るため、優秀な人材の確保及び育成が必要であると考えておりますが、これらが計画通
     り進まない場合又は現在在籍する人材の流出が生じた場合には、当社グループの事業展開に影響が生じ、経営成績及
     び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (11)法的規制について

      当社グループの事業である不動産・建設・介護・飲食・温泉等に関する事業活動において、「宅地建物取引業
     法」、「建設業法」、「建築基準法」、「都市計画法」、「国土利用計画法」、「借地借家法」、「介護保険法」、
     「公衆浴場法」、「食品衛生法」                及び関連法令等による法的規制を受けており、特に「宅地建物取引業法」に関して
     は当社の主要な事業活動の前提となっています。
      当社グループの事業に関係する許認可は下表のとおりであります。当社グループは、法令遵守に留意した事業展開
     を行っており、現時点において当該許認可が取消しとなる事由は発生しておりませんが、今後において何らかの理由
     により、当該許認可が取り消される又はこれらの更新が認められない場合には、当社グループの事業活動に支障をき
     たすとともに、経営成績及び財政状態に重大な影響を与える可能性があります。
      また、将来において、当社グループの事業に関連する法規制等が改廃された場合や新たな法規制等が設けられた場
     合には、事業展開において制約要因となる可能性があります。
                                 35/223














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       許認可の名称             事業所名           許認可番号等/有効期限                   取消条項
                            国土交通大臣(2)第8520号
     宅地建物取引業
                                              宅地建物取引業法         第5条
                和歌山本店            自 2018年10月19日
     (免許)
                            至 2023年10月18日
                            国土交通大臣
                            許可(般-3)第28183号
     一般建設業
                                              建設業法     第7条・第8条
                和歌山本店
     (許可)
                            自 2021年6月18日
                            至 2026年6月17日
                            国土交通大臣
                            許可(特-3)第28183号
     特定建設業
                                              建設業法     第15条・第17条
                和歌山本店
                            自 2021年6月18日
     (許可)
                            至 2026年6月17日
                            和歌山県知事登録        第(リ)136-2号
                和歌山本店            自 2020年7月3日
                            至 2025年7月2日
     一級建築士事務所
                                              建築士法     第23条の4
     (登録)
                            大阪府知事(イ)第26063号
                            自 2021年4月16日
                大阪本社
                            至 2026年4月15日
                            国土交通大臣(02)第000417号
                                              賃貸住宅の管理業務等の適
     賃貸住宅管理業者
                            自 2021年8月13日
                和歌山本店                              正化に関する法律
     (登録)
                                              第23条
                            至 2026年8月12日
                            和歌山県知事(1)第1号
     小規模不動産特定共同事
                                              不動産特定共同事業法第53
                            自 2020年9月2日
     業事業者            和歌山本店
                                              条
     (登録)
                            至 2025年9月1日
     公衆浴場営業            株式会社ウェルネス・            和歌山県指令海保衛第09190003号
                                              公衆浴場法      第7条
     (許可)            コート            ―
                            ―
     訪問介護営業            株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
                            自 2019年8月1日
     (許可)            コート
                            至 2025年7月31日
     海南市介護予防・日常生                        ―
                株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
     活支援総合事業営業                        自 2020年4月1日
                コート
     (許可)                        至 2023年3月31日
                            ―
     居宅介護支援営業            株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
                            自 2020年7月1日
     (許可)            コート
                            至 2023年6月30日
                            ―
     介護予防・訪問看護
                株式会社ウェルネス・
                            自 2019年1月1日                  介護保険法      第77条
                コート
      (指定)
                            至 2024年12月31日
                            ―
     地域密着型通所介護営業            株式会社ウェルネス・
                                              介護保険法      第77条
                            自 2016年9月1日
     (許可)            コート
                            至 2022年8月31日
                            4-21-1-01-003(LIC20210000005169)
     飲食店営業            株式会社ウェルネス・                              食品衛生法
                            自 2021年6月15日
     (許可)            コート                              第55条及び第56条
                            至 2027年6月30日
                            AIG損害保険株式会社
     損害保険代理店                                         保険業法第280条
                            損害保険代理店委託登録番号
                和歌山本店
     (登録)                                         民法第653条
                            21661000579
                            ―
                                 36/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (12)個人情報の管理について
      当社グループは、事業活動において顧客等の個人情報を取得しており、また、各種契約に際してはその性質上プラ
     イバシー性の高い情報を扱っております。当社グループは、個人情報の取り扱いにかかる社内規程及びマニュアルの
     整備及び運用を実施すること等により厳正な管理を行っておりますが、不測の事態により情報漏洩が発生した場合、
     信用低下や企業イメージの毀損、また損害賠償請求等により経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
     す。
    (13)不動産の引渡時期等による業績の変動について

      当社グループの「不動産開発・販売事業」及び「マンション事業」においては、不動産売買契約後において顧客に
     対する引渡をもって売上を計上する引渡基準を採用しております。
      当社グループの四半期業績は、不動産引渡しのタイミングにより売上及び利益が変動しており、大型開発案件の有
     無や各不動産の完成・引渡しの時期により大きく依存しております。当該要因から、四半期ごとの業績については、
     必ずしも他の四半期業績と同水準にはならず、また、各四半期業績の偏重度合は過年度のそれと同様にならない可能
     性があります。
      また、当社グループの計画に対して、販売活動や建築工事の遅延等に起因して、引渡時期が各決算期末を超える可
     能性があり、当社グループの通期経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。このほか、完成・引渡し
     不動産の取得価格や販売価格の高低等により、業績が変動する場合、当社グループの通期経営成績及び財政状態に影
     響を及ぼす可能性があります。
    (14)有利子負債について

      当社グループは、販売用不動産及び賃貸用不動産にかかる不動産取得資金について、主に金融機関借入により賄っ
     ております。また、事業成長を目的としてこれら投資を継続していることから、当社グループの連結総資産額に占め
     る有利子負債の割合は、           2022年3月期第3四半期連結会計期間末時点で66.7%となっております。
      当該状況から、今後、金利の急激な上昇が発生した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼ
     す可能性があります。また、金融情勢の急速な変動等の何らかの理由により将来における十分な資金調達が困難とな
     る場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (15)保有資産の減損について

      当社グループの保有資産について、棚卸資産においては販売用不動産(仕掛含む)が、固定資産においては賃貸用不
     動産が、それぞれ多くを占めております。不動産市況の著しい悪化等によりこれら棚卸資産及び固定資産の価値が下
     落した場合、評価損の計上や減損処理が適用され、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があ
     ります。
    (16)訴訟等について

      当社グループの事業においては、不動産売買や賃貸借、土地開発、設計施工その他の各種取引、飲食や介護等にか
     かる各種サービス提供について、予期せぬトラブルや問題が生じるリスクがあり、その要因が当社グループに起因す
     るか否かに拘らず、紛争等が発生する可能性があります。また、紛争等に対する対応が不適当であった場合等には、
     風評を含めた信頼性低下や訴訟に発展する可能性があり、場合によっては多額の費用負担が生じる可能性がある等、
     当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (17)大株主に関するリスク

      当社の代表取締役社長である山田茂は、当連結会計年度末現在で発行済株式総数の56.14%を保有しており、同氏の
     資産管理会社であるウィル・アセット株式会社が保有の9.39%と併せて65.52%を保有しております。同氏は、当社の
     創業者であり代表取締役社長であることから、引き続き安定株主として一定の議決権を保有し、その議決権行使に当
     たっては株主共同の利益を追求するとともに、少数株主の利益にも配慮する方針ですが、将来的に何らかの事情によ
     り同氏の当社株式が売却され議決権比率が低下した場合、当社株式の市場価格及び議決権の行使に影響を及ぼす可能
     性があります。
                                 37/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」と
      いう。)の状況の概要は次のとおりであります。
     ①  財政状態の状況

     第32期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     (資産)
      当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ                              2,025,285千円増加         し、  38,344,072千円       となりまし
     た。これは主に、販売用不動産の新規取得1,734,585千円を計上したことに伴う増加によるものであります。
     (負債)

      当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ                              1,249,928千円増加         し、  31,829,459千円       となりまし
     た。これは主に、支払手形及び買掛金が1,300,654千円増加したことによるものであります。
     (純資産)

      当連結会計年度末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ                               775,356千円増加        し、  6,514,613千円       となりまし
     た。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益803,577千円の計上等に伴い、利益剰余金が増加したことによるも
     のであります。
     第33期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

     (資産)
      当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べて                                     1,129,553     千円減少し、      37,214,519     千
     円となりました。その主な要因は、売掛金が329,955千円増加したこと及び有形固定資産が431,703千円増加した一方
     で、借入金の返済及び買掛金の支払い等により現金及び預金が                             1,841,783     千円減少したこと及び棚卸資産が80,715千円
     減少したことによるものであります。
     (負債)

      当第3四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べて                                     2,347,749     千円減少し、      29,481,709     千
     円となりました。その主な要因は、未払法人税等が695,374千円増加した一方で、支払手形及び買掛金が                                                2,771,704     千
     円減少したこと及び借入金が568,306千円減少したことによるものです。
     (純資産)

      当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べて                                       1,218,196     千円増加し、      7,732,809
     千円となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益1,261,029千円の計上等に伴い、利益剰余金が増
     加したことによるものであります。
                                 38/223







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ②経営成績の状況
     第32期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      当連結会計年度における我が国の経済は、2020年初頭から始まった新型コロナウイルス感染拡大の影響により、経
     済活動の自粛やインバウンド需要の急減、テレワークの推進、消費行動の変容等により、飲食業、イベント、観光業
     界など、多くの集客や密接を伴う業態にとって大きなマイナス影響がある一方で、巣ごもり需要を追い風とする電子
     商取引やデジタルトランスフォーメーション関連のサービスが躍進するなど「まだら模様」の景気動向を示しまし
     た。
      近畿圏の不動産市況については、低金利環境を背景として都市部を中心に活発な不動産投資が行われ、価格が上昇
     しておりますが、コロナショックによるホテル用地需要の蒸発と商業地の活力低下により、今後の取引価格の動向が
     注目されます。
      このような状況の下、当社グループの当連結会計年度の経営成績は、売上高15,024,559千円(前年同期比6.3%
     増)、営業利益1,891,115千円(前年同期比13.0%減)、経常利益1,515,178千円(前年同期比16.0%減)、親会社株
     主に帰属する当期純利益803,577千円(前年同期比36.7%減)となりました。
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

      (不動産開発・賃貸事業)
        当セグメントにおきましては、売上高は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済の停滞により、一部テナント
       ビル等において賃料の減免措置などを実施したことによる減収の影響はありましたが、集合住宅2件(神戸市東
       灘区の集合住宅「アーデンコート住吉川」及び和歌山県和歌山市の集合住宅「セジュール弐番館」)を購入した
       ことによる収益が寄与し、セグメント売上としては2,483,073千円(前年同期比2.0%増)、セグメント利益
       734,433千円(前年同期比1.8%減)となりました。
       (不動産開発・販売事業)

        当セグメントにおきましては、和歌山エリアの住宅用地の販売が76区画、建物引渡し棟数が71棟でした。また、
       兵庫県西宮市で完成した大型開発プロジェクト(夙川St                           Terrace秀麗の丘:夙川PJ)の集合住宅用地(約10,000
       ㎡)の引渡しが増収に大きく寄与しました。これらの結果により、セグメント売上として5,673,906千円(前年同
       期比8.5%増)、セグメント利益としては1,135,683千円(前年同期比28.7%減)となりました。セグメント利益
       が前年同期比減となりましたが、主な要因として、前期は一過的に営業利益率が高い商品の販売があったことで
       セグメント利益が大幅に増加しており、その影響によるものです。
       (マンション事業)

        当セグメントにおきましては、全般的に販売活動が堅調に推移しました。物件別では、ユニハイムエクシア池田
       城南が11戸(完売)、ユニハイム豊中レジデンスが2戸(完売)、ユニハイム泉佐野駅前通りが70戸(完売)、
       ユニハイムあびこヴェスティが57戸(完売)、ユニハイム高田本郷が28戸(残35戸)、ユニハイム鳳ソレイユが
       38戸(残28戸)の引渡しとなり、計206戸を引渡しました。セグメント売上高としては、6,606,362千円(前年同
       期比6.8%増)、セグメント利益481,138千円(前年同期比21.1%増)となりました。
      (その他の事業)

        当セグメントにおきましては、シニア事業、レジャー事業、損害保険代理店業等から構成されており、シニア事
       業に関しては、期中において介護度の重症化による退去が発生し一時的に入居率が低下したものの、入居促進施
       策を行った結果、期末における入居率は前期末に引き続き90%を維持出来ました。しかしながら新型コロナウイ
       ルスの感染拡大による影響でレジャー事業の利用者が減少したことにより、減収となりました。結果として、セ
       グメント売上高は261,216千円(前年同期比8.1%減)、セグメント利益72,107千円(前年同期比22.6%減)とな
       りました。
                                 39/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第33期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
      当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進み、また、9
     月には緊急事態宣言が解除されたことから、企業の景況感に改善傾向がみられ、サービス消費が持ち直すなど少しず
     つ経済活動と景気回復の動きが見られましたが、依然として先行きは不透明な状況であります。
      このような状況の下、当社グループの当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高11,770,939千円、営業利益
     2,328,018千円、経常利益2,096,159千円、親会社株主に帰属する四半期純利益1,261,029千円となりました。
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

       (不動産開発・賃貸事業)
        当セグメントにおきましては、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済の停滞により一部テナントビル等に
       おいて、前期に引き続き賃料の減免措置などを実施しております。また、2021年12月に埼玉県所沢市の賃貸等不
       動産を購入しました。これらの結果、セグメント売上としては、                              1,805,696千円       、セグメント      利益614,638千円        と
       なりました。
       (不動産開発・販売事業)

        当セグメントにおきましては、京都市南区久世殿橋町の物流施設跡地の販売及び和歌山県和歌山市吐前の産業
       用地の引渡し、戸建住宅引渡しを行い、堅調に推移しました。これらの結果により、セグメント売上としては、
       5,249,011千円       、セグメント      利益1,870,547千円         となりました。
       (マンション事業)

        当セグメントにおきましては、マンション在庫39戸(ユニハイム鳳ソレイユ25戸、ユニハイム高田本郷14戸)
       の引渡し及び竣工した新規分譲マンション97戸(ユニハイム住之江公園64戸、ユニハイム枚方牧野33戸)の引渡
       しを行い、セグメント売上としては、                 4,510,918千円       、セグメント      利益195,143千円        となりました。
       (その他の事業)

        当セグメントにおきましては、主にレジャー事業に関して、上期においては前期より続いておりました                                                 新型コ
       ロナウイルスの感染拡大の影響による減収が落ち着き、徐々に客足も戻りつつ回復傾向にありましたが、変異株
       の発生の影響により、予断を許さない状況となりました。また、介護サービス利用者の需要は底堅く、シニア事
       業は堅調に進捗しています。結果として、                   セグメント売上としては、            205,313千円      、セグメント      利益67,066千円       と
       なりました
     ③  キャッシュ・フローの状況

      第32期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は                                   前連結会計年度末に比べ、495,750千
      円増加し、3,030,478千円(前事業年度末比19.6%増)となりました。
       当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果、得られた資金は781,014千円(前年同期は1,780,722千円の収入)となりました。主な増加要
       因は、仕入債務の増加額1,300,653千円及び税金等調整前当期純利益1,170,116千円であり、主な減少要因は、棚
       卸資産の増加額946,682千円及び法人税等の支払額767,740千円であります。
                                 40/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果、使用した資金は880,193千円(前年同期は2,575,234千円の支出)となりました。主な減少要
       因は、有形固定資産の取得(主に賃貸用不動産の取得)による支出779,735千円であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果、得られた資金は594,929千円(前年同期は1,142,784千円の収入)となりました。主な増加要
       因は、長期借入れによる収入6,471,405千円であり、主な減少要因は、短期借入金の純減額1,667,374千円及び長
       期借入金の返済による支出4,178,968千円であります。
     ④  生産、受注及び販売の実績

     a.   生産実績
        当社グループが営む事業では、生産実績を定義することが困難であるため「生産実績」は記載しておりません。
     b.   受注実績

      当社グループでは、受注生産として、注文建築の請負工事が該当しますが、金額の重要性が低いため「受注実績」と
       しての記載は省略しております。
     c.   販売実績

     第32期連結会計年度及び第33期第3四半期連結累計期間の販売実績は、次のとおりであります。
                                         第33期第3四半期連結累計期間
                         第32期連結会計年度
                                           (自   2021年4月1日
                        (自 2020年4月1日
      セグメントの名称
                         至 2021年3月31日)                   至 2021年12月31日)
                      金額(千円)         前年同期比(%)              金額(千円)
      不動産開発・賃貸事業                   2,483,073           102.0               1,805,696
      不動産開発・販売事業                   5,673,906           108.5               5,249,011
      マンション事業                   6,606,362           106.8               4,510,918
      その他の事業                    261,216          91.9                205,313
            合計             15,024,559           106.3               11,770,939
     (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
        2.最近2連結会計年度及び第33期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総
           販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                               第33期第3四半期

                   第31期連結会計年度              第32期連結会計年度
                                                連結累計期間
                   (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                               (自   2021年4月1日
         相手先
                   至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                                               至 2021年12月31日)
                  金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
     株式会社プレジオ                 ―       ―   2,599,590         17.3        ―       ―

     日本電産グローバルサー
                      ―       ―       ―       ―   2,190,000         18.6
     ビス株式会社
        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 41/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
      ①  重要な会計方針及び見積りに用いた仮定

       当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結
      財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しておりますが、特に下記の会
      計方針が連結財務諸表作成に係る重要な見積りの判断等に影響を及ぼすと考えております。
      a.固定資産の減損

       当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、減損の要否を検討しております。将来の事業計画
       や市場環境の変化により、減損の兆候が発生した場合、減損損失を計上する可能性があります。
      b.   繰延税金資産

        当社グループの繰延税金資産については、将来の課税所得を合理的に見積り、回収可能性を判断し計上してお
       ります。市場環境の変化等により課税所得の見積り額が変動した場合や、税制改正により実効税率が変更された
       場合及び将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸
       表において認識する繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に重要な影響を与える可能性があります。
       なお、新型コロナウイルス感染症の会計上の見積りに対する影響につきましては、「第5 経理の状況 1 連結

       財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載のとおりであります。
                                 42/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
     a. 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討

      第32期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       (売上高)
        当連結会計年度における売上高は15,024,559千円(前年同期比6.3%増)となりました。これは主に、マンション
       事業において、ワンルーム及びファミリー向けの分譲マンションを206戸(前期は178戸)引き渡したことによる売
       上高が6,606,362千円(前年同期比6.8%増)、不動産開発・販売事業において、和歌山エリアでの販売に加え、兵
       庫県西宮市で完成した大型開発プロジェクト(夙川St                         Terrace秀麗の丘:夙川PJ)の集合住宅用地(約10,000㎡)
       の引渡しをしたことによる売上高が5,673,906千円(前年同期比8.5%増)、不動産開発・賃貸事業において、新規
       購入した集合住宅が増収要因となり売上高が2,483,073千円(前年同期比2.0%増)へと増加したことによるもので
       あります。
       (売上原価、売上総利益)

        当連結会計年度における売上原価は10,842,002千円(前年同期比11.0%増)となりました。これは主に売上高の増
       加に伴う原価の増加によるものであります。
        この結果、売上総利益は、4,182,556千円(前年同期比4.3%減)となりました。
       (販売費及び一般管理費、営業利益)

        当連結会計年度における販売費及び一般管理費は2,291,440千円(前年同期比4.4%増)となりました。これは主
       に、住宅・マンションの売上戸数に応じた広告宣伝費や販売促進費等の変動費用が増加したことによるものであ
       ります。
        この結果、営業利益は、1,891,115千円(前年同期比13.0%減)となりました。
       (営業外損益、経常利益)

        当連結会計年度における営業外収益は67,703千円(前年同期比12.0%減)となりました。これは主に受取保険金の
       減少によるものであります。また、営業外費用は443,640千円(前年同期比0.7%減)となりました。これは主に、
       支払利息の減少によるものであります。
        この結果、経常利益は、1,515,178千円(前年同期比16.0%減)となりました。
       (特別損益、親会社株主に帰属する当期純利益)

        当連結会計年度における特別利益は171千円(前年同期比96.4%減)となりました。これは主に、受取和解金の減
       少によるものであります。また、特別損失は345,234千円(前年同期は13,143千円)となりました。これは主に、減
       損損失の増加によるものであります。 当連結会計年度における法人税等合計は366,538千円(前年同期比30.4%
       減)となりました。
        この結果、親会社株主に帰属する当期純利益については、803,577千円(前年同期比36.7%減)となりました。
      第33期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
       (売上高)
        当第3四半期連結累計期間における売上高は11,770,939千円となりました。主な要因は、マンション事業にお
       いて前年度完成したマンション在庫並びに2021年8月に竣工した新規分譲マンションの引渡し(136戸)等によるセ
       グメント売上高が        4,510,918千円となったことによります。
       (売上原価、売上総利益)

        当第3四半期連結累計期間における売上原価は                       7,764,260     千円となりました。これは売上の増加に伴う原価の増
       加によるものです。
        この結果、売上総利益は、4,006,678千円となりました。これは、不動産開発・販売セグメントにおいて、京都
       市南区久世殿橋町の物流施設跡地の販売が大きく寄与した結果です。
                                 43/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (販売費及び一般管理費、営業利益)
         当第3四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費は1,678,660千円となりました。これは、マンショ
       ン販売活動に伴う広告宣伝費等の増加によるものです。
         この結果、営業利益は、2,328,018千円となりました。
       (営業外損益、経常利益)

        当第3四半期連結累計期間における営業外収益は84,470千円となりました。また、営業外費用は316,328千円と
       なりました。
         この結果、経常利益は、2,096,159千円となりました。
       (特別損益、親会社株主に帰属する四半期純利益)

         当第3四半期連結累計期間における特別利益は6,154千円となりました。また、特別損失は132,011千円となり
       ました。
         当第3四半期連結累計期間における法人税等合計は709,273千円となりました。
         この結果、親会社株主に帰属する四半期純利益については、1,261,029千円となりました。
     b. 当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因

       「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
     c. キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による
       財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1) 経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・
       フローの状況」に記載のとおりであります。
        当社グループの資金需要の主なものは、販売用及び賃貸用不動産の取得資金であります。その所用資金につい
       ては自己資金、金融機関からの借入及び社債発行等により調達しており、案件ごとに調達条件を検討して決定し
       ております。
     ③財政状態の分析

        「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成
       績等の状況の概要 ①財政状態の状況」に記載のとおりであります。
     ④経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の進捗状況について

        当社グループは、不動産開発を基礎として、不動産の仕入から販売に至るまでをフルラインでカバーすること
       で高い収益性を達成することを目指しております。目標達成状況を判断する材料として、自己資本当期純利益率
       (ROE)を客観的な指標としております。2020年3月期については、高収益案件である夙川PJの宅地造成工事完成に
       伴い、顧客への宅地販売が短期間に集中した結果、一過的にROEが上昇しています。
       なお、過去2年間の自己資本当期純利益率(ROE)は以下のとおりであります。

                                                2022年3月期
          決算年月             2020年3月期            2021年3月期
                                             第3四半期連結累計期間
     自己資本当期純利益率(ROE)                   24.9%            13.1%             17.7%
                                 44/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)フランチャイズ契約
      当社は、2019年9月30日付で株式会社LIXIL住宅研究所と「GLホームフランチャイズチェーン加盟契約書」
     を締結しております。契約の概要といたしましては、契約期間を2019年9月30日から2022年9月29日までとした契約
     更新型の「GLホーム住宅の建築・販売」に関するフランチャイズ契約となっております。ロイヤリティとして固定
     的費用と売上高に応じた変動的費用を支払っております。
     (2)吸収合併契約

      当社は、2021年1月12日開催の取締役会において、当社の連結子会社であるユニハイムエステート株式会社を吸収
     合併することを決議し、同日付で合併契約を締結し、2021年2月12日開催の合併承認に係る株主総会において承認さ
     れました。     当該契約に基づき、当社は2021年3月1日付けでユニハイムエステート株式会社を吸収                                         合併  いたしまし
     た。
      なお、詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結
     合等関係)」をご参照下さい。
    5  【研究開発活動】

     該当事項はありません。
                                 45/223














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

     第32期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     当連結会計年度の設備投資の総額は                779,735    千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりであ
    ります。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
     (1)  不動産開発・賃貸事業

       当連結会計年度の主な設備投資の内容は、賃貸用不動産の取得及び改修であり、その総額は                                          752,073    千円でありま
      す。
       除却及び売却については、賃貸用不動産(1件)の建替工事等に伴う除却を行っており、合計で72,628千円であ
      ります。
     (2)  不動産開発・販売事業

       当連結会計年度の主な設備投資はありません。
       除却及び売却については、販売センターの退去に伴う解体復旧工事について除却を行っており、合計で10,673千
      円であります。
       また、賃貸用不動産(1件)を解体することが決定したため、261,919千円を減損損失として特別損失に計上して
      おります。
     (3)  マンション事業

       当連結会計年度の主な設備投資はありません。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (4)  その他の事業

       当連結会計年度の主な設備投資の内容は、不動産の取得であり、その総額は                                   6,906   千円であります。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (5)  全社共通

       当連結会計年度の主な設備投資の内容は、設備の改修であり、その総額は                                  15,444   千円であります。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 46/223









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第33期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
     当第3四半期連結累計期間の主な設備投資の内容は、賃貸用不動産の取得及び設備の改修であり、その総額は800,734
    千円であります。
     (1)  不動産開発・賃貸事業

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資の内容は、賃貸用不動産の取得及び改修であり、その総額は763,223千
      円であります。
       除却及び売却については、賃貸用不動産の建替えによる除却と建物附属設備の更新に伴う除却を行っており、合
      計で2,939千円であります。
     (2)  不動産開発・販売事業

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資はありません。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (3)  マンション事業

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資はありません。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (4)  その他の事業

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資の内容は、不動産の取得であり、その総額は18,451千円であります。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (5)  全社共通

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資の内容は、車両運搬具の取得であり、その総額は19,059千円でありま
      す。
       除却と売却については車両運搬具の売却を行っており、合計で1,867千円であります。
                                 47/223











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【主要な設備の状況】
     (1)  提出会社
                                                 2021年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
        事業所名         セグメントの                                     従業員数
                         設備の内容
        (所在地)           名称                                    (名)
                                建物及び       土地
                                            その他      合計
                                構築物     (面積㎡)
                  全社共通
    中之島801ビル
                         本社機能             104,804
                 不動産開発・                313,243              ―   418,048       52
                        賃貸用不動産               (2,317)
    (和歌山県和歌山市)
                  賃貸事業
    サンシティ広瀬             不動産開発・                     228,442
                        賃貸用不動産        294,912              ―   523,354       ―
    (和歌山県和歌山市)              賃貸事業                    (2,800)
    ウェルネス・コート海南

                 不動産開発・        高齢者向け              61,385
                                 266,104            14,059     341,548       ―
                  賃貸事業      賃貸マンション               (3,720)
    (和歌山県海南市)
                                     1,146,746
    奈良パワーシティ
                 不動産開発・
                        賃貸用不動産        726,260      (8,476)        ―  1,873,007        ―
                  賃貸事業
    (奈良県柏木市)
                                      [29,398]
    レイクサイドガーデン
                 不動産開発・                    1,152,538
                        賃貸用不動産        479,476              ―  1,632,014        ―
                  賃貸事業                    (23,850)
    (滋賀県大津市)
    シェモア平野

                 不動産開発・                     606,226
                        賃貸用不動産        564,338            11,564    1,182,129        ―
                  賃貸事業                     (2,926)
    (大阪市平野区)
    シェモア平野駅前

                 不動産開発・                     186,990
                        賃貸用不動産        238,637              ―   425,628       ―
                  賃貸事業                      (859)
    (大阪市平野区)
    エンゼルプラザ瀬田駅前

                 不動産開発・                     183,009
                        賃貸用不動産        451,989              ―   634,998       ―
                  賃貸事業                      (812)
    (滋賀県大津市)
    グランド西長堀

                 不動産開発・                     902,310
                        賃貸用不動産        240,130               0  1,142,440        ―
                  賃貸事業                      (542)
    (大阪市西区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.帳簿価額のうち「その他」は、機械装置及び運搬具、工具、器具及び備品及びリース資産の合計額でありま
         す。
       4.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。
       5.ウェルネス・コート海南は、連結子会社に賃貸しております。
       6.奈良パワーシティは、建物及び土地の一部を賃借しており、年間賃借料は149,303千円であります。なお、
         賃借している土地の面積については、[                   ]で外書きしております。
       7.上記の他、連結会社以外から賃借している主要な設備の内容は、下記のとおりであります。
               事業所名

                                               賃借料
                          セグメントの名称            設備の内容
                                               (千円)
               (所在地)
          ヤマイチGARDEN紀伊川辺Ⅰ
          他2件
                         不動産開発・賃貸事業            賃貸用不動産            218,632
          (和歌山県和歌山市)
     (2)  国内子会社

       該当事項はありません。
     (2)  在外子会社

       該当事項はありません。
                                 48/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2022年4月30日現在)
     (1)  重要な設備の新設等
      該当事項はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

      該当事項はありません。
                                 49/223


















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      21,300,000

                 計                                    21,300,000

      ② 【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名

         種類           発行数(株)          又は登録認可金融商品                   内容
                               取引業協会名
                                         完全議決権株式であり、権利内容に何
                                         ら限定のない当社における標準となる
        普通株式               5,326,000          非上場
                                         株式であります。なお、単元株式数は
                                         100株であります。
          計              5,326,000           ―               ―
                                 50/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
    決議年月日                   2019年3月28日

                        当社並びに当社子会社の取締役7名
    付与対象者の区分及び人数
                        当社並びに当社子会社の執行役員2名
                        当社並びに当社子会社の従業員69名 (注)1
    新株予約権の数(個) ※                   10,530 [9,990] (注)2
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 105,300 [99,900] (注)2、5
    内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        260 (注)3、5
    (円)※
    新株予約権の行使期間 ※                   2021年3月29日~2029年3月28日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  260 
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 130  (注)5
    額(円) ※
                         新株予約権者は、権利行使時において当社又は当社子会社の取締役、執
                        行役員、従業員のいずれかの地位を有していることを要する。ただし、取
    新株予約権の行使の条件 ※                   締役会が認めた場合はこの限りでない。
                         その他の条件は、当社と新株予約権者との間で締結した「新株予約権割
                        当契約書」で定めるところによる。
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                    新株予約権は、譲渡することができない。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        (注)4
    付に関する事項 ※
      ※ 最近事業年度の末日(2021年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30
       日)における内容を[          ]内に記載しており、その他の事項については、最近事業年度の末日から提出日の前月末
       現在にかけて変更された事項はありません。
     (注)   1.当社従業員の退職による権利喪失、取締役の辞任                         、執行役員への就任及び当社子会社の監査役への就任に                          よ

         り、提出日の前月末(2022年4月30日)現在の付与対象者の区分及び人数は当社並びに当社子会社の取締役
         5名、当社執行役員4名、当社子会社の監査役1名、当社並びに当社子会社の従業員43名となっておりま
         す。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、10株であります。
         ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数
         を 
         調整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
       3.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
         により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                1
           調整後払込金額       = 調整前払込金額       ×
                            分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
         式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数      +
                                          1株当たり時価
           調整後払込金額       = 調整前払込金額       ×
                                 既発行株式数+新株発行(処分)株式数
       4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
         当社が、合併消滅会社となる合併契約が当社株主総会で承認されたとき、又は当社が完全子会社となる株式
         交換契約もしくは株式移転計画が当社株主総会(株主総会決議が不要の場合は、当社取締役会)で承認され
         たときは、当該合併、株式交換又は株式移転の効力発生日以後、本新株予約権は行使することができない。
       5.2019年11月11日開催の当社取締役会の決議に基づき、2019年12月5日付をもって普通株式1株を10株に分割
         したことにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金
         額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されてお
         ります。
                                 51/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
    2019年12月5日

                  4,793,400       5,326,000           -     45,000         -       -
    (注)
     (注) 株式分割(1:10)によるものであります。

     (4)  【所有者別状況】

                                                2022年4月30日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数
              -     -     -      2     -     -      9     11      -
    (人)
    所有株式数
              -     -     -   20,000       -     -   33,260     53,260        -
    (単元)
    所有株式数
              -     -     -    37.55       -     -    62.45     100.00        -
    の割合(%)
                                 52/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                2022年4月30日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

    完全議決権株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

                                        完全議決権株式であり、権利内容に何
                       普通株式
                                        ら限定のない当社における標準となる
    完全議決権株式(その他)                                53,260
                                        株式であります。なお、単元株式数は
                         5,326,000
                                        100株であります。
    単元未満株式                    ―          ―              ―

    発行済株式総数                     5,326,000          ―              ―

    総株主の議決権                    ―            53,260            ―

      ② 【自己株式等】

      該当事項はありません。
                                 53/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】             該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

        該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社の配当政策の基本方針としましては、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及び
     企業を取り巻く事業環境を勘案したうえで、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針であります。
     内部留保金につきましては、事業拡大を目的とした中長期的な事業原資として利用していく予定であります。
      また、剰余金の配当を行う場合の決定機関は株主総会となっております。期末配当の年1回を基本としております
     が、業績の見通しに基づき、状況に応じて会社法第454条第5項に規定する中間配当を取締役会の決議によって行うこ
     とができる旨を定款に定めております。
      なお、第32期事業年度に属する剰余金の配当は、株主への還元と内部留保資金確保の観点から、以下のとおり実施
     しております。
        決議年月日            配当金の総額(千円)              1株当たり配当額(円)

       2020年10月30日
                        26,630               5.00
        取締役会決議
       2021年6月28日
                        26,630               5.00
        株主総会決議
                                 54/223









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、常に実効性の高いコーポレート・ガバナンス体制の構築を継続して追求することを重要な経営課題と
       して位置づけております。そのために、透明性・公正性の高い経営に努めるとともに、全てのステークホルダー
       との適切な協議を行い、持続的な成長及び長期的な企業価値の発展を目指し、次の基本的な考え方に沿って、
       コーポレート・ガバナンスの充実に取り組みます。
        ・株主の権利を尊重し平等性が確保されるように適切に対応します。
        ・全てのステークホルダーとの適切な協議に努めます。
        ・会社情報を適切に開示し、平等性、透明性が確保されるように適切に対応します。
        ・取締役会等が、その役割と責任を適切に果たすように努めます。
        ・業績を適切に反映した配当を安定的かつ継続的に行えるよう、株主との建設的な対話を行えるよう努めます。
      ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

      ・企業統治の体制の概要
        当社は取締役8名からなる取締役会、監査等委員である取締役3名(3名は社外取締役)からなる監査等委員
       会、代表取締役社長直轄の内部監査室並びに第三者としての公正な立場で財務諸表の内容及び会計処理の適正に
       ついて監査を実施する会計監査人による実効性の高いコーポレート・ガバナンス体制を整備しております。この
       体制は固定的なものではなく、今後も継続的に改良改善の推進が重要な経営課題であると認識しております。
        当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は次のとおりになります。

                                 55/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       a.  取締役会
        当社の取締役会は、代表取締役社長 山田茂が議長を務めております。その他の構成員は、取締役副社長 今
       村共秀、常務取締役 山田裕之、取締役 園田賢志、                         取締役 川上確(社外取締役)、               監査等委員である3名の
       取締役 森本和男(社外取締役)、取締役 松原広幸(社外取締役)、取締役 谷内圭一郎(社外取締役)で構
       成されております。取締役会は経営方針その他経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行を
       監督しております。原則として毎月1回の定時取締役会を開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催しておりま
       す。
       b.  監査等委員会

        当社は監査等委員会設置会社であります。常勤の監査等委員である取締役 森本和男(社外取締役)が議長を
       務めております。その他の構成員は、非常勤の監査等委員である取締役 松原広幸(社外取締役)、谷内圭一郎
       (社外取締役)であり議長を含む合計3名で構成されております。常勤の監査等委員が社内の重要会議や稟議書
       類の閲覧を通じて、必要に応じた意見を述べる等の日常継続的な監査を行う体制を維持することに加え、すべて
       の監査等委員に対し、監査等委員会の決議により、独立した立場から業務執行状況の調査及び監査を実施する権
       限等を付与できる体制としております。原則として毎月1回の定時監査等委員会の他、必要に応じて臨時監査等
       委員会を開催しております。
       c.  経営会議

        当社の取締役会決議事項の事前確認やその他の重要事項についての審議を行う機関であり、原則として毎月2
       回開催しております。
        代表取締役社長 山田茂が議長を務めており、その他の構成員は、取締役副社長 今村共秀、常務取締役 山
       田裕之、取締役 園田賢志、監査等委員である取締役 森本和男(社外取締役)、執行役員 國定主征、執行役
       員 浅井三義、執行役員 天堀允信、執行役員 伊藤由哉で構成されております。
        この他、議題や内容に応じて、取締役 川上確(社外取締役)、監査等委員である取締役 松原広幸(社外取
       締役)、監査等委員である取締役 谷内圭一郎(社外取締役)等が参加しております。
       d.  内部監査室

        内部監査室は内部監査室長 井畑尚隆が内部監査規程に基づき、子会社を含む各部門の業務活動に関して、実
       行可能性、収益性、手続きの適正性、効率性、コンプライアンス遵守等を検証し、改善のための提言または是正
       のための勧告を行っております。
       e.  コンプライアンス委員会

        コンプライアンス委員会は、代表取締役社長 山田茂が委員長を務めております。その他の構成員は、取締役
       副社長 今村共秀、常務取締役 山田裕之、取締役 園田賢志、監査等委員である取締役                                           森本和男(社外取締
       役)  、内部監査室長 井畑尚隆、及び各社各部のコンプライアンス担当者等により構成されております。コンプ
       ライアンス遵守のための方針の策定、教育等に関する企画、不祥事等が発生した場合の再発防止策の検討を行っ
       ております。
       f.  リスクマネジメント委員会

        リスクマネジメント委員会は、代表取締役社長 山田茂が委員長を務めております。その他の構成員は、取締
       役副社長 今村共秀、常務取締役 山田裕之、取締役 園田賢志、監査等委員である取締役 森本和男(社外取
       締役)、執行役員 國定主征、執行役員 浅井三義、執行役員 天堀允信、執行役員 伊藤由哉、及び部長等の
       業務執行部門の従業員により構成されております。リスク対策を適切に行うため、予見されるリスクの洗い出
       し・評価・防止策等の方針及び施策等を検討しております。
                                 56/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       g.  会計監査人
        当社は仰星監査法人と監査契約を締結し、公正不偏の立場から会計に関する監査を受けております。
       ・当該企業統治の体制を採用する理由

        当社の現在の事業規模・事業内容を考慮し、現行の企業統治体制が、効果的な経営監視機能を実現しながら迅
       速かつ適切な経営判断・業務執行を行うことが可能であると判断し、当該体制を採用しております。
      ③企業統治に関するその他の事項

      ・内部統制システムの整備の状況
        当社の内部統制システムは、取締役会にて「内部統制システムに関する基本方針」を決議しており、取締役の
       職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制並びにその他業務の適正を確保するための体制
       を適切に運用しております。
        なお、当社の内部統制システムの整備状況は次のとおりであります。
       a.  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

        取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、「ヤマイチグループ行動憲章」「コンプ
       ライアンス規程」を定めており、コンプライアンス委員会の運営を通じて定期的にコンプライアンス勉強会を実
       施しております。また、「内部通報制度管理規程」を定め、コンプライアンス上疑義のある行為等を知った場合
       に、報告・相談等を行うことができる「相談窓口」を設置しております。
       b.  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        取締役会を意思決定・監督機関と位置づけ、運営及び付議事項等は、「取締役会規程」「取締役会付議事項」
       にて定められています。取締役会は、全役職員が共有する毎年度の経営方針、経営計画、部門目標を決定し、各
       担当取締役、部門長は、これらに沿って効率的な業務遂行を実践することとしております。
       c.  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

        取締役の職務の執行に係る情報については、文書(電磁的記録を含む)の整理、保管・保存を定めた「文書管
       理規程」に基づき適正な管理及び保存を行い、株主総会・取締役会・各会議及び委員会については、議事録を作
       成し適切に管理・保存します。秘密情報は「秘密情報管理規程」に基づき、区分に応じて定められる管理規程に
       従い適切に管理し、個人情報については、法令及び「個人情報保護規程」に基づき厳正に管理します。
       d.  損失の危険の管理に関する規程その他の体制

        リスクに関する事項の一元管理とリスク発生時の対応を的確に行うため「リスクマネジメント統括規程」を定
       めており、代表取締役社長を委員長とするリスクマネジメント委員会を設置し、的確かつ迅速な対応が取られる
       体制を整備しております。内部監査室は、リスク管理体制の有効性及び適切性について監査を行い、その結果
       を、代表取締役社長を通じて取締役会に報告するとともに、必要に応じてリスクマネジメント委員会並びに被監
       査部門に改善すべき事項を示達し、その改善状況の検証を行います。
       e.  当社及びその子会社から成るグループ企業における業務の適正を確保するための体制

        当社及びグループ企業は、情報の共有を図るための会議等を開催します。また、子会社の業務執行に係る重要
       事項については、当社の取締役会に付議するなど適切な関係を構築しております。内部監査室は、グループ企業
       に対し業務の有効性等の監査を行います。監査等委員会は、グループ企業に対し往査を含め監査を行うととも
       に、グループにおける業務の適正を確保するため、監査に関して子会社の取締役、監査役と意見交換等を行うな
       ど連携を図ります。
                                 57/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       f.  監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項並びにその独立性及び指示の実効性の確保に関する事項
        監査等委員会がその職務を補助すべき職員の配置を求めた場合は、取締役会において協議のうえ、監査の対象
       となる業務等について十分な能力を有する者を配置します。監査等委員会の職務を補助すべき者に対する業務遂
       行上の指示命令権は、監査等委員会に移譲します。また、その者に対する勤務評価、配置換等は、監査等委員会
       と協議します。
       g.  財務報告の信頼性を確保するための体制

        当社グループでは、財務諸表及び財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性のある情報の信頼性を確保するため
       に、業務分掌による牽制、日常的なモニタリング、独立的評価等を実施し、財務報告の適正性を確保する体制を
       運用しています。
       h.  反社会的勢力を排除するための体制

        「反社会的勢力対応規程」を制定しており、反社会的勢力の不当な介入を許さず断固として排除する方針を明
       確にしています。全契約について契約書への暴排条項の記載と、定期的な取引先の調査を実施し、反社会的勢力
       との関わりを一切排除しています。
       i.  監査等委員会への報告及び報告をしたことを理由として不利益な取扱いを受けないことを確保するための体制

        内部通報制度等を利用して監査等委員会への報告を行った者に対し当該報告を理由として、不当な取扱を行う
       ことを禁止しております。監査等委員会に報告を行った者の個人情報及び報告内容を開示してはならないことと
       しております。また、不当な取扱を行った者がいた場合は、「内部通報制度管理規程」、「就業規則」に則り厳
       正な処分を行います。
       j.  監査等委員会の職務の執行について生じる費用又は債務に関する事項

        監査等委員会の職務の執行について生じる費用又は債務については速やかに支払うものとします。
       k.  その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

        監査等委員会は、重要な意思決定の過程及び業務執行の状況を把握するため、取締役会等の会議に出席しま
       す。監査等委員会は、取締役等や部門長とのミーティング、子会社への往査を定期的に実施します。
      ・リスク管理体制の整備状況

        当社のリスク管理体制は、様々な経営リスクについて統括的に管理を行うリスクマネジメント委員会及び法
       令・諸規則等の遵守を徹底するためのコンプライアンス委員会を設置しており、当社の重要会議である取締役会
       及び経営会議と連携し、多面的かつ多層的にコーポレート・ガバナンスの実効性を高めております。また、当社
       の子会社の業務の適正を確保するため、「関係会社管理規程」を定め、定期的な経営状況の報告を義務付けると
       ともに、事前に親会社の承諾を得る事項を定めることで必要な牽制機能を整備しております。
      ・取締役の定数

        当社では、定款にて取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数を5名以内、監査等委員である取締役
       の員数を3名以内とそれぞれ定めております。
      ・取締役の選解任の決議要件

        当社では、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、
       その議決権の過半数をもって行い、累積投票によらない旨を定款で定めております。また、解任決議は、議決権
       を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う
       旨を定款で定めております。
                                 58/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ・中間配当
        当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によっ
       て毎年9月30日を基準として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
      ・自己株式の取得

        当社は、自己株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行するこ
       とを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己株式
       を取得することができる旨を定款で定めております。
      ・取締役の責任免除

        当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締
       役(取締役であったものを含む。)の賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めてお
       ります。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たし得る
       環境を整備することを目的とするものであります。
      ・責任限定契約の内容

        当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。以下「非業務執行取締役」という。)は、会社法第423条
       第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定
       める額としており、責任限定が認められるのは、非業務執行取締役が責任の原因となった職務の遂行について善
       意でかつ重大な過失が無い時に限られます。
      ・株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めておりま
       す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
       的とするものであります。
                                 59/223











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ①役員一覧
     男性   8 名 女性     -名   (役員のうち女性の比率            -%)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日               略歴             任期
                                                      (株)
                           1981年4月      延時商事㈱入社
                           1985年3月      山一不動産設立
                           1989年6月      ヤマイチエステート㈱(現当社)設立
      代表取締役社長        山田 茂      1957年8月21日                            (注)3     3,489,800
                                 代表取締役社長就任(現任)
                           2018年6月      ユニハイムエステート㈱取締役就任
                           2018年6月      ㈱ウェルネス・コート取締役就任(現任)
                           1985年4月      大和団地㈱(現:大和ハウス工業㈱)入社
                           2011年12月      同社退職
                           2012年4月      ㈱大忠建設 入社
                           2014年6月      同社退職
                           2014年7月      藤本建設㈱入社
                           2018年5月      同社退職
      取締役副社長        今村 共秀       1965年3月16日                            (注)3      ―
                           2018年6月      ユニハイムエステート㈱入社
                           2019年3月      同社取締役就任
                           2019年3月      ヤマイチエステート㈱(現当社)不動産賃貸部
                                 管掌取締役就任
                           2020年6月      ユニハイムエステート㈱代表取締役社長就任
                           2021年3月      当社取締役副社長就任(現任)
                           2010年4月      京都大学大学院薬学研究科医薬創生情報科学
                                 システムバイオロジー分野 研究員着任
                           2012年4月      同分野 特任助教就任
                           2012年5月      同分野 退職
                           2012年7月      ヤマイチエステート㈱(現当社)入社
       常務取締役
              山田 裕之       1981年9月29日       2012年9月      当社総務管掌取締役就任                (注)3     1,500,000
      経営企画本部長
                           2015年9月      当社工務部管掌取締役就任
                           2017年5月      当社経営企画本部管掌取締役就任(現任)
                           2018年6月      ユニハイムエステート㈱取締役就任
                           2018年6月      ㈱ウェルネス・コート㈱取締役就任(現任)
                           2018年6月      当社常務取締役就任(現任)
                           1993年4月
                                 ㈱ユニチカエステート(旧ユニハイムエステート
                                 ㈱) 入社
       取締役
                           2013年6月
                                 管理部長就任
              園田 賢志       1969年9月6日                            (注)3      ―
       管理本部長
                           2017年10月      同社  執行役員管理部長就任
                           2020年6月      同社  取締役管理部長就任
                           2021年3月      当社管理本部管掌取締役就任(現任)
                           2002年10日      大阪本町法律事務所入所
                           2019年7月      大阪本町   法律事務所退所
        取締役       川上 確      1976年4月10日       2019年8月      筒井・川上法律事務所開設               (注)3      ―
                                 同事務所パートナー(現任)
                           2021年6月      当社取締役就任(現任)
                                 60/223









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                    所有株式数
       役職名       氏名      生年月日               略歴             任期
                                                      (株)
                           1973年4月      きのくに信用金庫 入庫
                           2009年6月      同金庫 理事総合監査部長就任
                           2011年11月      同金庫 常務理事総合監査部長就任
                           2014年6月      同金庫 常勤監事
       取締役
              森本 和男       1950年11月7日       2016年6月      同金庫 退職               (注)4      ―
       監査等委員
                           2017年5月      当社常勤監査役就任
                           2017年10月      ユニハイムエステート㈱監査役就任
                           2018年1月      ㈱ウェルネス・コート監査役就任
                           2020年6月      当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                           2004年11月      有限責任監査法人トーマツ入社
                           2007年12月      有限責任監査法人トーマツ退社
                           2009年3月      新井・松原コンサルティング㈱入社
        取締役
              松原 広幸       1981年3月11日       2009年9月      同社取締役就任               (注)4      ―
       監査等委員
                           2016年7月      同社代表取締役就任(現任)
                           2017年5月      当社監査役就任
                           2020年6月      当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                           2006年12月      有限責任監査法人トーマツ入社
                           2015年9月      有限責任監査法人トーマツ退社
                           2015年12月      谷内公認会計士・税理士事務所開設
        取締役
                                 同事務所代表
             谷内 圭一郎       1982年2月10日                            (注)4      ―
       監査等委員
                           2019年1月      当社取締役就任
                           2020年6月      当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                           2021年11月      ㈱WOLVES   Hand取締役就任(現任)
                                                     4,989,800
                            計
     (注)   1.取締役監査等委員 森本 和男、松原 広幸、谷内 圭一郎、及び取締役                                    川上 確は、社外取締役であり
         ます。
       2.常務取締役 山田 裕之は、代表取締役社長 山田 茂の長男であります。
       3.2021年6月28日開催の定時株主総会選任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株
         主総会の終結の時までであります。
       4.2020年6月29日開催の定時株主総会選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主
         総会の終結の時までであります。
       5.当社では、意思決定の迅速化及び業務執行機能の強化による経営効率の向上を図るため、執行役員制度を導
         入しております。執行役員は、不動産開発本部長                       國定 主征、住宅事業本部長              天堀 充信、マンション事
         業本部長     浅井 三義、賃貸事業本部長              伊藤 由哉の4名で構成されております。
       6.山田 茂の所有株式数には、山田 茂の資産管理会社であるウィル・アセット株式会社の所有株式500,000
         株を加算して記載しております。
       7.山田 裕之の所有株式数には、山田 裕之の資産管理会社であるYs'                                  Assortment合同会社の所有株式
         1,500,000株を記載しております。
       8.当社は、2022年6月30日開催予定の定時株主総会の取締役選任議案として、2022年5月13日開催の取締役会
         において、谷口博則を取締役監査等委員(社外)候補者とする決議を行っております。取締役監査等委員
         (社外)候補者の谷口博則の略歴は以下の通りです。
            氏名
                                   略歴
          (生年月日)
                   1983年3月 ノーリツ鋼機(株)入社
                   2011年6月 ㈱和歌山リサーチラボ取締役(非常勤)就任
           谷口 博則
                   2015年6月 NKワークス(株)        (現  ノーリツプレシジョン(株))監査役(非常勤)就任
                   2015年6月 今&未来の創造サポート設立(代表)
           1960年6月30日
                   2017年6月 日本商業開発(株)(現          地主(株))入社
                   2021年4月 今to未来パートナーズ設立(代表)(現任)
                                 61/223







                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ②社外役員の状況
       当社の社外取締役は4名であります。
       社外取締役監査等委員の森本和男氏は、金融機関での監査(監事)経験を有し、幅広い見識と豊富な経験を活か
      した企業の透明性・公正性確保の体制強化を図ることを期待して選任されております。同氏と当社は、人的関係、
      資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
       社外取締役監査等委員の松原広幸氏は、公認会計士としての財務及び会計に関する専門的な知識と経験を活かし
      て当社経営体制のさらなる強化を図ることを期待して選任されております。同氏は、新井・松原コンサルティング
      株式会社の代表を兼務しておりますが、当社とは人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありませ
      ん。
       社外取締役監査等委員の谷内圭一郎氏は、税理士・公認会計士としての財務及び会計に関する専門的な知識と経
      験を活かして当社経営体制のさらなる強化を図ることを期待して選任されております。同氏は(株)WOLVES                                                 Hand取締
      役を兼務しておりますが、当社とは人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
       社外取締役の川上確氏は、弁護士としての専門性の高い経験と知識を当社の経営に活かし、コンプライアンス経
      営の強化を期待して選任されております。同氏は、筒井・川上法律事務所を開設しておりますが、当社と同事務所
      とは人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
       また、当社は社外取締役を選任する際の判断基準として、具体的な基準は定めておりませんが、東京証券取引所

      の定める独立性判断基準等を参考に、当社との間に特別な利害関係がなく、一般株主と利益相反が生じる恐れのな
      い者を選任することとしております。
      ③社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制

      部門との関係
       社外取締役は、取締役会や幹部会議を通じて内部監査の状況を把握し、適宜連携のための会議を開催し情報共有
      と意見交換を行っております。監査等委員会は三様監査連携会議を定期的に開催しており、会計監査人及び内部監
      査室から報告を受け監査の方針や手続き及びその結果について意見交換を行っております。
       これらすべての会議には経理・財務を管掌する取締役管理本部長並びに情報開示責任者である取締役経営企画本
      部長も参加し情報共有を行っています。
                                 62/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査等委員会監査の状況
        当社の監査等委員会は監査等委員である社外取締役3名(常勤1名、非常勤2名)で構成されております。監
       査等委員である取締役は、原則月1回開催される監査等委員会に加えて、定時取締役会、臨時取締役会その他の
       重要な会議へ出席し、取締役の職務の執行等に関する監査、内部統制システムの整備・運用状況の確認等、業務
       執行の適法性及び妥当性について監査しております。なお、非常勤の監査等委員である取締役                                            松原広幸氏及び谷
       内圭一郎氏     については公認会計士であり、財務及び会計に関する専門知識及び経験に基づいた適切な助言を行っ
       ております。
        当社は2020年6月29日開催の定時株主総会の承認をもって、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へと
       移行いたしました。最近事業年度において当社は、監査役会及び監査等委員会を原則月1回開催しており、個々
       の取締役の出席状況については次のとおりであります。
               氏名               開催回数                出席回数

              森本 和男                  15                15
              松原 広幸                  15                15
             谷内 圭一郎                   15                15
        監査等委員会における主な検討事項は、取締役の職務の執行等に関する監査、子会社を含む各部門単位での

       「内部統制システムに関する基本方針」に掲げる各体制の整備・運用状況の確認、反社会的勢力への対応状況や
       コンプライアンス及びリスク管理の対応状況等についてであります。
        また、常勤監査等委員である取締役の主な活動としては、監査等委員会等の運営並びに業務監査であります。
      ② 内部監査の状況

        内部統制の有効性及び実際の業務遂行状況の監査は、代表取締役社長直属に設置されている内部監査室(室長1
       名)が担っております。監査実施に際しては、内部監査規程に基づき必要に応じて、社員若しくは社外の者による
       支援を可能としております。内部監査の運用状況は、経営目的に照らした監査を行い会社の健全な発展に寄与す
       ることを目的とし、内部監査計画に基づき各部門に対しコンプライアンス状況の確認、定款及び業務諸規程全般
       への準拠状況、法令遵守の状況、内部統制が機能しているかどうかの確認について監査を実施しております。
        また、内部監査室と監査等委員会は当社の会計監査人である仰星監査法人と定期的に連携会議を開催してお
       り、監査計画や監査実施状況や監査結果の報告を共有し、意見交換を行い、相互連携を取り計らっております。
       また、内部監査室は報告会や上記連携会議等を通じて、管理本部並びに経営企画本部と連携し、適宜必要な指導
       提言を行っています。
      ③ 会計監査の状況

        a.  監査法人の名称
          仰星監査法人
        b.  継続監査期間

          2018年3月期以降の4年間
        c.  業務を執行した公認会計士

          指定社員 業務執行社員 田邉 太郎
          指定社員 業務執行社員 西田 直樹
        d.  監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士5名、その他5名であります。
                                 63/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        e.  監査法人の選定方針と理由
          会計監査人の選定にあたっては、監査等委員会において会計監査人が当社の会計監査を行うために必要な
         品質管理(監査体制、独立性、専門性、実績等)についての適正性を確認し、提示された監査計画や報酬見
         積もりの算出根拠を充分精査したうえで決定する方針としています。
          当社が仰星監査法人を会計監査人の候補として選定した理由は、当社監査等委員会において同監査法人の
         品質管理体制、独立性、専門性並びに監査報酬等を総合的に勘案した結果、適任と判断したためであり、
         2020年6月29日開催の当社定時株主総会での決議を経て当監査法人が選定されております。
        f.  監査等委員会による監査法人の評価

          当社の監査等委員会は、監査法人に対して、日本監査役協会の「会計監査人の選解任等に関する議案の内
         容の決定権行使に関する監査役の対応指針」並びに「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等
         の実務指針」に準拠した評価を行っており、会計監査人の監査体制及び独立性等において、会計監査人に解
         任又は不再任に該当する事由は認められないと評価しております。
       ④ 監査報酬の内容等

        a.  監査公認会計士等に対する報酬の内容
                     前連結会計年度                      当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
               基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
     提出会社                 19,000            1,000           18,000             ―
     連結子会社                   ―           ―           ―           ―

         計             19,000            1,000           18,000             ―

     (注)前連結会計年度における非監査業務の内容は、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である、コン
        フォートレター作成業務であります。
        b.  監査公認会計士等と同一のネットワークに属する者に対する報酬の内容

          該当事項はありません。
        c.  その他重要な報酬の内容

          該当事項はありません。
        d.  監査報酬の決定方針

          当社の会計監査人等に対する監査報酬の決定方針について特に定めておりませんが、監査法人の定める監
         査計画に基づく監査日数、業務内容を勘案し、会社法第399条に基づき、監査等委員会の同意を得た上で決定
         しております。
        e.  監査等委員会による監査報酬の同意理由

          当社監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、監査法人の職務遂行状況及び報酬見積もりの算出根
         拠などが当社の事業規模や事業内容に適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、当該監査報
         酬について同意の判断を行いました。
                                 64/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
      取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額については、2020年6月29日開催の当社定時株主総会に
     て承認された総報酬額150百万円(決議時点の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数は5名)の範囲内
     で、各取締役が担当する役割等を勘案し、社外取締役を交えた取締役会において協議し決定する方針としておりま
     す。
      具体的には、期末時点における従業員の最高給与額(各種手当等を除く。)を基準とし、営業キャッシュ・フロー
     及び経常利益の前期比増加率によって、役職別に係数を算出し、当該係数を前述の基準値に乗じることで、報酬額を
     算出いたします。営業キャッシュ・フロー及び経常利益の前期比を指標として採用したのは、当該指標が当社の業務
     執行の成果を表しており、客観的に報酬に反映させるのに適当であると判断したためです。
      監査等委員である取締役の報酬等の額については、2020年6月29日開催の当社定時株主総会にて承認された総報酬
     額15百万円(決議時点の監査等委員である取締役の員数は3名)の範囲内で、各監査等委員である取締役の監査業務
     等を勘案し、監査等委員会の協議により決定しております。
      ② 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の人数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                  報酬等の総額
        役員区分                                           役員の員数
                                    非金銭       左記以外の
                    (千円)
                            固定報酬
                                                     (名)
                                    報酬等        報酬等
     取締役
                      74,422        74,422          -        -        5
     (監査等委員及び社外取
     締役を除く)
     監査役
                       600        600         -        -        1
     (社外監査役を除く)
     社外役員                 11,100        11,100          -        -        4

    (注)1.当社は、2020年6月29日付で監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しておりますので、監査役

         (社外監査役を除く)については2020年6月までの報酬を記載しております。
       2.上記には2020年6月29日開催の定時株主総会において退任した監査役(社外監査役を除く)1名及び社外役
         員1名並びに2021年2月12日開催の臨時株主総会において辞任した取締役(監査等委員及び社外取締役を除
         く)1名が含まれております。
       3.最近事業年度の各取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)の報酬等の額については、株主総会で承認さ
         れた報酬総額の範囲内で、2020年6月29日開催の取締役会及び2021年2月12日開催の取締役会において協議
         の上、決定しております。
      ③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
      ④ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者の氏名等

        該当事項はありません。
                                 65/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社では、保有目的がもっぱら株式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的とする株式を
       純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資以外の目的である投資株式であるとそれぞれ認識しており
       ます。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
       内容
        当社では、当事業年度末時点で保有している下記の銘柄以外の純投資目的以外の目的である投資株式の新たな
       取得及び保有は行わない方針であります。保有している各銘柄に関しては、直近3年の取引実績等を鑑み保有継
       続の必要性と合理性を毎年当社取締役会にて協議して方針を決定します。
        b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(千円)
        非上場株式               3             12,750
        非上場株式以外の株式               2            165,799
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                      銘柄数     株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
                                        吸収合併した子会社からの引継ぎに
        非上場株式               3             12,750
                                        より増加しました。
                                        当社の企業価値向上の観点から金融
                                        面での安定的な取引の維持を図るた
        非上場株式以外の株式               2             6,864    めに毎月一定額の株式を取得してお
                                        ります。また、吸収合併した子会社
                                        からの引継ぎにより増加しました。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数     株式数の減少に係る売却
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式              ―               ―
        非上場株式以外の株式              ―               ―
                                 66/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
     特定投資株式

                 当事業年度       前事業年度
                                                     当社の株
                 株式数(株)       株式数(株)
                                  保有目的、定量的な保有効果
           銘柄                                          式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
                 貸借対照表       貸借対照表
                                                     の有無
                  計上額       計上額
                  (千円)       (千円)
                               主に取引関係の維持・強化を保有目的として
                               おり、定量的な保有効果については記載が困
                    99,543       95,788
                               難であります。保有の合理性は、取引の発生
                               状況や株価の推移等を総合的に勘案すること
          ㈱紀陽銀行                                             無
                               により検証しております。
                   164,943       152,878
                               株式累積投資による株式取得により株式数が
                               増加しております。
                               主に取引関係の維持・強化を保有目的として
                               おり、定量的な保有効果については記載が困
                     600       -
                               難であります。保有の合理性は、取引の発生
           ㈱T&D
                               状況や株価の推移等を総合的に勘案すること
                                                      無
        ホールディングス
                               により検証しております。
                     855       -
                               吸収合併した子会社からの引継ぎにより株式
                               数が増加しております。
     みなし保有株式

       該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
       ④ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

        該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 67/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31
      日まで)及び当連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2019年4
      月1日から2020年3月31日まで)及び当事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、仰
      星監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021

      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、仰星監査法人による四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容
     を適切に把握できる体制を整備するため、監査法人及び各種団体の主催する研修会に参加する等平素より積極的な情
     報収集活動に努めております。
                                 68/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                    ※3  3,169,691            ※3  3,599,056
        現金及び預金
        売掛金                                43,508              45,848
                                   ※3 ,5  6,614,362           ※3 ,5  8,348,947
        販売用不動産
                                    ※3  6,131,516            ※3  7,809,476
        仕掛販売用不動産
        その他                               496,013              751,028
                                       △ 5,406             △ 5,295
        貸倒引当金
        流動資産合計                              16,449,685              20,549,061
      固定資産
        有形固定資産
                                  ※1 ,3,5  6,460,911           ※1 ,3,5  6,137,073
         建物及び構築物(純額)
                                    ※1 ,3  117,269            ※1 ,3  98,270
         機械装置及び運搬具(純額)
                                  ※2 ,3,5  11,753,795           ※2 ,3,5  9,909,063
         土地
                                      ※1  1,519           ※1  16,133
         リース資産(純額)
         建設仮勘定                               70,937                -
                                     ※1 ,3  7,824           ※1 ,3  18,562
         その他(純額)
         有形固定資産合計                            18,412,257              16,179,102
        無形固定資産
         のれん                              398,008              358,532
         リース資産                               21,535              15,280
                                        5,871              7,956
         その他
         無形固定資産合計                              425,415              381,769
        投資その他の資産
                                     ※3  166,158
         投資有価証券                                            178,549
         長期貸付金                               17,095              15,075
         繰延税金資産                               1,162              1,085
                                       847,012             1,039,429
         その他
         投資その他の資産合計                             1,031,429              1,234,139
        固定資産合計                              19,869,101              17,795,010
      資産合計                               36,318,787              38,344,072
                                 69/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              1,870,140              3,170,794
                                   ※3 ,4  4,017,400           ※3 ,4  4,120,126
        短期借入金
        1年内償還予定の社債                                14,500                -
                                   ※3 ,4  3,811,843           ※3 ,4  3,385,232
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                7,149              9,195
        未払法人税等                               505,603               48,275
        賞与引当金                                26,083              27,309
                                      1,146,689               810,992
        その他
        流動負債合計                              11,399,410              11,571,926
      固定負債
        社債                               240,000              240,000
                                  ※3 ,4  16,385,972           ※3 ,4  17,334,919
        長期借入金
        リース債務                                16,503              25,054
        退職給付に係る負債                                73,029              48,727
        繰延税金負債                               446,774              598,219
                                     ※2  201,155            ※2  206,904
        再評価に係る繰延税金負債
        資産除去債務                                75,222              102,114
                                      1,741,462              1,701,592
        その他
        固定負債合計                              19,180,120              20,257,532
      負債合計                               30,579,530              31,829,459
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                45,000              45,000
                                      5,706,609              6,483,556
        利益剰余金
        株主資本合計                              5,751,609              6,528,556
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                5,553              9,712
                                    ※2   △  17,905           ※2   △  23,654
        土地再評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                               △ 12,352             △ 13,942
      純資産合計                                5,739,256              6,514,613
     負債純資産合計                                 36,318,787              38,344,072
                                 70/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,757,272
        売掛金                               375,804
        販売用不動産                              5,104,216
        仕掛販売用不動産                              10,973,491
        その他                               857,150
                                       △ 5,295
        貸倒引当金
        流動資産合計                              19,062,639
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             6,063,181
         土地                            10,406,454
                                       141,168
         その他(純額)
         有形固定資産合計                            16,610,805
        無形固定資産
                                       282,565
                                      1,258,509
        投資その他の資産
        固定資産合計                              18,151,880
      資産合計                               37,214,519
                                 71/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               399,090
        短期借入金                              3,679,062
        1年内返済予定の長期借入金                              5,898,723
        未払法人税等                               743,649
        賞与引当金                                18,720
                                      1,010,523
        その他
        流動負債合計                              11,749,769
      固定負債
        社債                               540,000
        長期借入金                              14,694,186
        退職給付に係る負債                                52,492
        資産除去債務                               102,363
                                      2,342,897
        その他
        固定負債合計                              17,731,940
      負債合計                               29,481,709
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                45,000
                                      7,717,955
        利益剰余金
        株主資本合計                              7,762,955
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               △ 6,491
                                      △ 23,654
        土地再評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                               △ 30,145
      純資産合計                                7,732,809
     負債純資産合計                                 37,214,519
                                 72/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     売上高                                 14,131,791              15,024,559
                                    ※1  9,763,248           ※1  10,842,002
     売上原価
     売上総利益                                 4,368,543              4,182,556
     販売費及び一般管理費
      給与手当                                 415,923              435,437
      退職給付費用                                 22,199              30,708
      広告宣伝費                                 328,501              389,894
      賞与引当金繰入額                                 27,956              35,462
      貸倒引当金繰入額                                   710               -
                                      1,399,083              1,399,937
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                2,194,376              2,291,440
     営業利益                                 2,174,166              1,891,115
     営業外収益
      受取利息                                  2,150               778
      受取配当金                                  4,043              4,329
      受取手数料                                 13,007              14,878
      受取保険金                                 35,133              17,046
      違約金収入                                  7,110              10,299
                                        15,509              20,370
      その他
      営業外収益合計                                 76,954              67,703
     営業外費用
      支払利息                                 372,385              364,434
      支払手数料                                 39,688              48,654
                                        34,879              30,551
      その他
      営業外費用合計                                 446,954              443,640
     経常利益                                 1,804,167              1,515,178
     特別利益
                                      ※2  1,357             ※2  171
      固定資産売却益
                                        3,447                -
      受取和解金
      特別利益合計                                  4,804               171
     特別損失
                                       ※3  426
      固定資産売却損                                                  -
                                                   ※5  261,919
      減損損失                                    -
                                     ※4  12,716            ※4  83,314
      固定資産除却損
      特別損失合計                                 13,143              345,234
     税金等調整前当期純利益                                 1,795,829              1,170,116
     法人税、住民税及び事業税
                                       539,297              309,818
     法人税等還付税額                                     -           △ 92,572
                                      △ 12,409              149,291
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  526,888              366,538
     当期純利益                                 1,268,940               803,577
     非支配株主に帰属する当期純利益                                     -              -
     親会社株主に帰属する当期純利益                                 1,268,940               803,577
                                 73/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     当期純利益                                 1,268,940               803,577
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  3,163              4,158
                                          -            △ 5,749
      土地再評価差額金
                                      ※  3,163           ※  △  1,590
      その他の包括利益合計
     包括利益                                 1,272,104               801,986
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                1,272,104               801,986
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 74/223
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日
                                至 2021年12月31日)
     売上高                                 11,770,939
                                      7,764,260
     売上原価
     売上総利益                                 4,006,678
     販売費及び一般管理費                                 1,678,660
     営業利益                                 2,328,018
     営業外収益
      受取利息                                   346
      受取配当金                                  4,399
      受取保険料                                 37,554
                                        42,169
      その他
      営業外収益合計                                 84,470
     営業外費用
      支払利息                                 269,420
                                        46,908
      その他
      営業外費用合計                                 316,328
     経常利益                                 2,096,159
     特別利益
                                        6,154
      固定資産売却益
      特別利益合計                                  6,154
     特別損失
      固定資産除却損                                 65,739
                                        66,272
      減損損失
      特別損失合計                                 132,011
     税金等調整前四半期純利益                                 1,970,303
     法人税、住民税及び事業税
                                       834,310
                                      △ 125,036
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  709,273
     四半期純利益                                 1,261,029
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                 1,261,029
                                 75/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日
                                至 2021年12月31日)
     四半期純利益                                 1,261,029
     その他の包括利益
                                      △ 16,203
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                △ 16,203
     四半期包括利益                                 1,244,826
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                1,244,826
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -
                                 76/223
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                        (単位:千円)
                          株主資本
                                       株主資本合計
                      資本金         利益剰余金
    当期首残高                    45,000        4,437,668         4,482,668
    当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                 1,268,940         1,268,940
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                             -
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                      -      1,268,940         1,268,940
    当期末残高                    45,000        5,706,609         5,751,609
                            その他の包括利益累計額

                      その他                  その他の
                                                 純資産合計
                     有価証券        土地再評価差額金           包括利益
                     評価差額金                   累計額合計
    当期首残高                     2,389        △ 17,905         △ 15,515        4,467,152
    当期変動額
     親会社株主に帰属する
                                             -      1,268,940
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                         3,163                   3,163         3,163
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                     3,163           -        3,163        1,272,104
    当期末残高                     5,553        △ 17,905         △ 12,352        5,739,256
                                 77/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                        (単位:千円)
                          株主資本
                                       株主資本合計
                      資本金         利益剰余金
    当期首残高                    45,000        5,706,609         5,751,609
    当期変動額
     剰余金の配当                            △ 26,630         △ 26,630
     親会社株主に帰属する
                                 803,577         803,577
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                             -
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                      -       776,947         776,947
    当期末残高                    45,000        6,483,556         6,528,556
                            その他の包括利益累計額

                      その他                  その他の
                                                 純資産合計
                     有価証券        土地再評価差額金           包括利益
                     評価差額金                   累計額合計
    当期首残高                     5,553        △ 17,905         △ 12,352        5,739,256
    当期変動額
     剰余金の配当                                        -       △ 26,630
     親会社株主に帰属する
                                             -       803,577
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                         4,158         △ 5,749         △ 1,590         △ 1,590
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                     4,158         △ 5,749         △ 1,590         775,356
    当期末残高                     9,712        △ 23,654         △ 13,942        6,514,613
                                 78/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                1,795,829              1,170,116
      減価償却費                                 448,066              494,124
      のれん償却額                                 32,488              39,476
      減損損失                                    -            261,919
      受取利息及び受取配当金                                 △ 6,194             △ 5,108
      支払利息                                 372,385              364,434
      固定資産売却損益(△は益)                                  △ 930             △ 171
      固定資産除却損                                 12,716              83,314
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 835,430             △ 946,682
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 705,687             1,300,653
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  4,345              1,226
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  8,360             △ 24,301
                                      △ 167,331             △ 831,370
      その他
      小計                                2,369,991              1,907,632
      利息及び配当金の受取額
                                        6,194              5,108
      利息の支払額                                △ 392,620             △ 363,985
                                      △ 202,843             △ 767,740
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                1,780,722               781,014
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の増減額(△は増加)                                 395,740              △ 96,618
      有形固定資産の取得による支出                               △ 1,843,148              △ 779,735
      有形固定資産の売却による収入                                  3,281              1,470
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 6,001             △ 6,000
      貸付金の回収による収入                                  1,978              2,020
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                   ※2   △  1,126,575
                                                        -
      る支出
                                        △ 510            △ 1,330
      出資金の払込による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 2,575,234              △ 880,193
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 479,800            △ 1,667,374
      長期借入れによる収入                                8,889,808              6,471,405
      長期借入金の返済による支出                               △ 7,239,768             △ 4,178,968
      社債の発行による収入                                 107,349                 -
      社債の償還による支出                                △ 127,000              △ 14,500
      配当金の支払額                                    -           △ 26,230
                                       △ 7,804              10,597
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                1,142,784               594,929
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  348,272              495,750
     現金及び現金同等物の期首残高                                 2,186,455              2,534,727
                                    ※1  2,534,727            ※1  3,030,478
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 79/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
                                 80/223




















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1.連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         2社
        連結子会社の名称
         株式会社ウェルネス・コート
         ユニハイムエステート株式会社
          2019年6月28日付で、当社の連結子会社であるユニハイムエステート株式会社は、株式会社グランドのす
         べての株式を取得したため、2019年6月30日をみなし取得日として、同社を連結の範囲に含めておりました
         が、2019年10月1日付で、ユニハイムエステート株式会社が株式会社グランドを吸収合併したことにより、
         連結の範囲から除外しております。
      2.持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
            決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
           移動平均法により算定)
           時価のないもの
            移動平均法による原価法
        ② 棚卸資産
          通常の販売目的で保有する棚卸資産
           主として個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①   有形固定資産(リース資産を除く)
          主として定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)
         並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物                 2~47年
           機械装置及び運搬具             2~17年
           その他                   3~20年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、主な償却年数は次のとおりであります。
           自社利用のソフトウエア                           5年
        ③   リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 81/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上
         しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社及び連結子会社は、退職一時金制度に加え、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度(中退共)
        と確定拠出年金制度を併用しております。退職一時金制度については、退職給付に係る負債及び退職給付費用
        の計算に、退職給付に係る自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (5)  重要なヘッジ会計の方法

        ① ヘッジ会計の方法
          繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例
         処理によっております。
        ② ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりであります。
           ヘッジ手段…金利スワップ
           ヘッジ対象…借入金
        ③ ヘッジ方針
          借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別契約
         ごとに行っております。
        ④ ヘッジ有効評価性の方法
          金利スワップは特例処理の要件を満たしているため、有効性の判定を省略しております。
       (6)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんは20年以内の合理的な償却期間を設定し、定額法により償却しております。
       (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、資産にかかる控除対象外消費税及び地方消
         費税は繰延消費税等(投資その他の資産のその他)とし、5年間で均等償却を行っております。
                                 82/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       1.連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         1社
        連結子会社の名称
         株式会社ウェルネス・コート
         当社の連結子会社でありましたユニハイムエステート株式会社は、2021年3月1日付で当社を存続会社とす

        る吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
      2.持分法の適用に関する事項

         該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
          その他有価証券
           時価のあるもの
            決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
           移動平均法により算定)
           時価のないもの
            移動平均法による原価法
        ② 棚卸資産
          通常の販売目的で保有する棚卸資産
           主として個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①   有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに
         2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物                 2~47年
           機械装置及び運搬具             2~17年
           その他                   3~20年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、主な償却年数は次のとおりであります。
           自社利用のソフトウエア                           5年
        ③   リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 83/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金

          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上
         しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社及び連結子会社は、退職一時金制度に加え、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度(中退共)
        と確定拠出年金制度を併用しております。退職一時金制度については、退職給付に係る負債及び退職給付費用
        の計算に、退職給付に係る自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (5)  重要なヘッジ会計の方法

        ① ヘッジ会計の方法
          繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例
         処理によっております。
        ② ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりであります。
           ヘッジ手段…金利スワップ
           ヘッジ対象…借入金
        ③ ヘッジ方針
          借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別契約
         ごとに行っております。
        ④ ヘッジ有効性評価の方法
          金利スワップは特例処理の要件を満たしているため、有効性の判定を省略しております。
       (6)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんは20年以内の合理的な償却期間を設定し、定額法により償却しております。
       (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、資産にかかる控除対象外消費税及び地方消
         費税は繰延消費税等(投資その他の資産のその他)とし、5年間で均等償却を行っております。
                                 84/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な会計上の見積り)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1.販売用不動産の評価
       (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
        販売用不動産   8,348,947千円
       (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

        販売用不動産を含む棚卸資産は取得原価で評価しておりますが、正味売却価額が取得原価より下落している場
       合には、正味売却価額で評価し、取得原価との差額を当期の費用として処理しております。不動産市況が悪化し
       て、正味売却価額が著しく下落した場合には、損失が発生し重要な影響を与える可能性があります。
       2.賃貸事業目的で保有する不動産(賃貸不動産)の減損

       (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
        賃貸不動産  15,869,613千円 
        上記は、賃貸不動産と賃貸不動産として使用される部分を含む不動産を合算した金額であります。
       (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

        賃貸不動産は、商業施設やオフィスビル物件における主要テナント企業の出店戦略変更等に伴う退去や、居住
       用物件における入居者獲得競争の激化等により、賃貸不動産にかかる稼働率に低下が生じるリスクに晒されてお
       り、賃料の低下等により、その帳簿価額が回収できなくなる可能性があります。また、事業計画の変更等によ
       り、賃貸不動産について販売用不動産へ保有目的を変更する場合があり、保有目的の変更が減損の兆候に該当す
       る可能性があります。減損            の認識の判定においては、            将来の収益不動産にかかる賃貸需要や保有目的変更後の開
       発計画等において        見積りが伴います。減損の認識の判定に使用した割引前将来キャッシュ・フローの合計額が不
       動産賃貸契約の変更や土地・建物等の時価の下落等により見直しが必要となった場合、翌連結会計年度の連結財
       務諸表において、減損損失が発生する可能性があります。
                                 85/223











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2020年3月31日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
     ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
     ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガ
      イダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
        ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
     (2)適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)

     (1)  概要

       概要関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを
      目的とするものです。
     (2)適用予定日

       2021年3月期の年度末より適用予定であります。
                                 86/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                                 2020年3月31日)
      (1)    概要

       当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌連結会計年度の連結財務
      諸表に重要な影響を及ぼすリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資
      する情報を開示することを目的とするものです。
     (2)適用予定日

        2021年3月期の年度末より適用予定であります。
                                 87/223

















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2021年3月26日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
     ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
     ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガ
      イダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
        ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
     (2)適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 88/223









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (表示方法の変更)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

       「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の年度
      末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
       ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年
      度に係る内容については記載しておりません。
       (追加情報)

      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     (新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関する会計上の見積り)
       新型コロナウイルス感染症による当社グループの事業への影響については「第2 事業の状況 2 事業等のリ
      スク (1)新型コロナウイルス感染症の影響について」に記載の通りであり、固定資産の減損、繰延税金資産の
      回収可能性等の会計上の見積りについて、新型コロナウイルス感染症による重要な影響はないものと仮定しており
      ます。一方で新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いため、事態が深刻化した場合は当社グ
      ループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 89/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
    ※1    有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        有形固定資産の減価償却累計額                        5,005,777千円                 5,359,531千円
    ※2    土地の再評価

       当社は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用の土地の再評価を行
      い、当該再評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除した
      金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
      ・再評価の方法

       土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第5号に定める不動産鑑定評価によ
      り算出しております。
      ・再評価を行った年月日
       2000年3月31日
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (2020年3月31日)               (2021年3月31日)
        再評価を行った土地の期末における時価と
                                  172,699千円               172,074千円
        再評価後の帳簿価額との差額
                                  (172,699 〃      )         (172,074 〃      )
        (うち、賃貸等不動産に係る差額)
    ※3    担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        現金及び預金                         226,288千円                 228,294千円
        販売用不動産                        6,008,356 〃                 7,137,036 〃
        仕掛販売用不動産                        4,918,347 〃                 7,533,906 〃
        建物及び構築物                        6,166,287 〃                 5,825,250 〃
        機械装置及び運搬具                         49,713 〃                 68,201 〃
        土地                       10,281,299 〃                 9,717,727 〃
        投資有価証券                         86,982 〃                   - 〃
        その他(有形固定資産)                          1,563 〃                11,283 〃
        合計                       27,738,838千円                 30,521,700千円
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        短期借入金                        3,417,800千円                 3,673,126千円
        長期借入金                       19,445,551 〃                 19,450,333 〃
        合計                       22,863,351千円                 23,123,459千円
        (注)長期借入金には1年内返済予定の長期借入金が含まれております。
                                 90/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    ※4    当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結してお
      ります。
       連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりでありま
     す 。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        当座貸越極度額及び貸出コミットメ
                                   2,710,000千円                 3,720,000千円
        ントの総額
                                   2,174,800       〃           2,427,708       〃
        借入実行残高
        差引額                            535,200千円                1,292,291千円
    ※5    資産の保有目的の変更

       保有目的の変更により、以下の金額を振替えております。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        有形固定資産から販売用不動産                         43,983千円               2,203,942千円
                                 91/223















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
    ※1    期末棚卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま
      す。
                前連結会計年度                         当連結会計年度

              (自    2019年4月1日                      (自    2020年4月1日
               至   2020年3月31日)                       至   2021年3月31日)
                    50,408千円                         14,341千円
    ※2    固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日)               至   2021年3月31日)
        機械装置及び運搬具                          1,357千円                  171千円
    ※3    固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日)               至   2021年3月31日)
        機械装置及び運搬具                           426千円                 -千円
    ※4    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日)               至   2021年3月31日)
        建物及び構築物                           -千円               55,791千円
        機械装置及び運搬具                          4,812 〃                   - 〃
        解体費用                          7,450 〃                27,509 〃
        その他                           453 〃                  12 〃
        合計                         12,716千円                 83,314千円
    ※5    減損損失

       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自             2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

        当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
          場所              用途              種類            金額(千円)

                                建物及び構築物                       259,357
    大阪市西区              賃貸用駐車場設備
                                機械装置及び運搬具                        2,561
                       合計                               261,919
         当社グループは、原則として、事業用資産については管理会計上の区分を基礎としてグルーピングを行って
        おり、賃貸不動産については物件ごとにグルーピングを行っております。
         当連結会計年度において、販売目的への用途変更及び解体撤去の意思決定を行った資産について、帳簿価額
        の全額を減損損失として特別損失に計上しました。
                                 92/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
    ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                   (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日)               至   2021年3月31日)
        その他有価証券評価差額金
          当期発生額                           4,814                 6,388
                                    -                 -
          組替調整額
            税効果調整前
                                   4,814                 6,388
                                  △1,650                 △2,229
            税効果額
            その他有価証券評価差額金                           3,163                 4,158
        土地再評価差額金
         当期発生額
                                    -                 -
                                    -                 -
         組替調整額
          税効果調整前
                                    -                 -
          税効果額                          -              △5,749
          土地再評価差額金
                                    -              △5,749
        その他の包括利益合計                           3,163                △1,590
                                 93/223














                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 532,600          4,793,400               -       5,326,000
     (注)    1.当社は、2019年12月5日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。
        2.普通株式の発行済株式総数の増加4,793,400株は、株式分割によるものであります。
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                5,326,000               -           -       5,326,000
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                       配当金の総額          1株当たり
       決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                        (千円)        配当額(円)
     2020年10月30日
               普通株式            26,630           5   2020年9月30日         2020年11月13日
      取締役会
     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の      1株当たり
       決議      株式の種類       配当の原資        総額      配当額        基準日        効力発生日
                            (千円)       (円)
     2021年6月28日
              普通株式      利益剰余金         26,630         5  2021年3月31日         2021年6月30日
     定時株主総会
                                 94/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日)               至   2021年3月31日)
        現金及び預金                        3,169,691千円                 3,599,056千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                        △516,612〃                 △438,226〃
        引出が制限されている預金                        △118,350〃                 △130,351〃
        現金及び現金同等物                        2,534,727千円                 3,030,478千円
    ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       株式の取得により新たに株式会社グランドを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式会
      社グランド株式の取得価額と株式会社グランド取得のための支出(純額)との関係は次のとおりです。
       流動資産                      102,462千円

       固定資産                       856,265〃
       のれん                       335,411〃
       流動負債                       76,618〃
                              38,521〃
       固定負債
        株式の取得価額
                            1,179,000千円
                              52,424〃
       現金及び現金同等物
        差引:取得のための支出                     1,126,575千円
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 95/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (リース取引関係)
     前連結会計年度(2020年3月31日)
     1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ① リース資産の内容
        ・有形固定資産         主に社用車(機械装置及び運搬具)であります。
       ② リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価
        償却の方法」に記載のとおりであります。
     2 オペレーティング・リース取引

        該当事項はありません。
     当連結会計年度(2021年3月31日)

     1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ① リース資産の内容
        ・有形固定資産 主にコインランドリー設備(機械装置及び運搬具)であります。
        ・無形固定資産         主に会計システム(ソフトウエア)であります。
       ② リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価
        償却の方法」に記載のとおりであります。
     2 オペレーティング・リース取引

        該当事項はありません。
                                 96/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、主に不動産開発・販売事業、マンション事業及び不動産開発・賃貸事業を行うための投資計
       画に照らして、必要な資金(主に銀行借入や社債発行)を調達しております。一時的な余資は安全性の高い金融資
       産で運用し、投機的な取引は行わない方針であります。また、デリバティブ取引は一部の長期借入金における金
       利変動リスクを回避するための金利スワップを利用しておりますが、投機的な取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        当社の主たる事業である不動産開発・販売事業及びマンション事業においては、取引先が主として個人の顧客
       であり、取引は現金決済をもって完了するため、原則として営業債権である受取手形及び売掛金は発生しませ
       ん。また、不動産開発・賃貸事業において発生する売掛金に対しては、顧客の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式等であり、上場株式については市場価格の変動リスク
       に晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。借入金及び社債は、主に不動産開
       発・販売事業、マンション事業及び不動産開発・賃貸事業において商品等となる不動産の仕入に必要な資金の調
       達を目的としたものであります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         不動産開発・販売事業及びマンション事業においては、建築請負工事の受注契約及び販売契約時には顧客の
        信用状況について十分に把握することで信用リスクの管理に努めております。
         不動産開発・賃貸事業においては、一定の保証金を預かる等の対応によりリスク管理を行っております。
       ② 市場リスクの管理
         投資有価証券に関しては、四半期ごとに時価の評価を行い、保有状況を継続的に見直しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         各部署からの報告に基づき財務・経理部が適時に資金繰り計画を作成・更新することなどにより、流動性リ
        スクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                 97/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                             3,169,691            3,169,691                -
    (2)  売掛金
                              43,508
                              △5,406
      貸倒引当金 ※1
                              38,102            38,102              -
    (3)  投資有価証券
      その他有価証券                         153,408            153,408               -
           資産計                  3,361,201            3,361,201                -
    (1)  支払手形及び買掛金
                             1,870,140            1,870,140                -
    (2)  短期借入金
                             4,017,400            4,017,400                -
    (3)  未払法人税等
                              505,603            505,603               -
    (4)  社債 ※2
                              254,500            253,944             △555
    (5)  長期借入金 ※2
                            20,197,815            19,915,965             △281,850
           負債計                 26,845,459            26,563,054             △282,405
    ※1 売掛金については対応する引当金を控除しております。
    ※2 1年以内返済・償還分も含めて表示しております。
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、並びに(2)            売掛金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (3)  投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。 
     負   債

      (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金並びに(3)          未払法人税等
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
      (4)  社債

        当社の発行する社債の時価は、市場価格がないため、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを
       加味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
      (5)  長期借入金

        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
       現在価値により算定しております。
     デリバティブ取引

      注記事項「デリバティブ取引関係」を参照下さい。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                         (単位:千円)
          区分            2020年3月31日
        非上場株式                    12,750
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
      券」には含めておりません。
                                 98/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           3,167,804           -       -       -
    売掛金                             43,508         -       -       -
                合計                3,211,313           -       -       -
    (注4)    短期借入金、社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                        1年超       2年超       3年超       4年超

                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金             4,017,400           -       -       -       -       -
    社債              14,500         -       -     130,000          -     110,000
    長期借入金             3,811,843       4,004,826       2,285,381        893,636       924,675      8,277,451
        合計         7,843,743       4,004,826       2,285,381       1,023,636        924,675      8,387,451
                                 99/223















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、主に不動産開発・販売事業、マンション事業及び不動産開発・賃貸事業を行うための投資計
       画に照らして、必要な資金(主に銀行借入や社債発行)を調達しております。一時的な余資は安全性の高い金融資
       産で運用し、投機的な取引は行わない方針であります。また、デリバティブ取引は一部の長期借入金における金
       利変動リスクを回避するための金利スワップを利用しておりますが、投機的な取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        当社の主たる事業である不動産開発・販売事業及びマンション事業においては、取引先が主として個人の顧客
       であり、取引は現金決済をもって完了するため、原則として営業債権である受取手形及び売掛金は発生しませ
       ん。また、不動産開発・賃貸事業において発生する売掛金に対しては、顧客の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式等であり、上場株式については市場価格の変動リスク
       に晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。借入金及び社債は、主に不動産開
       発・販売事業、マンション事業及び不動産開発・賃貸事業において商品等となる不動産の仕入に必要な資金の調
       達を目的としたものであります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         不動産開発・販売事業及びマンション事業においては、建築請負工事の受注契約及び販売契約時には顧客の
        信用状況について十分に把握することで信用リスクの管理に努めております。
         不動産開発・賃貸事業においては、一定の保証金を預かる等の対応によりリスク管理を行っております。
       ② 市場リスクの管理
         投資有価証券に関しては、四半期ごとに時価の評価を行い、保有状況を継続的に見直しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         各部署からの報告に基づき財務・経理部が適時に資金繰計画を作成・更新することなどにより、流動性リス
        クを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                100/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                            3,599,056            3,599,056                -
    (2)  売掛金
                              45,848
                             △5,295
      貸倒引当金 ※1
                              40,552            40,552              -
    (3)  投資有価証券
      その他有価証券                         165,799            165,799               -
           資産計                 3,805,408            3,805,408                -
    (1)  支払手形及び買掛金
                            3,170,794            3,170,794                -
    (2)  短期借入金
                            4,120,126            4,120,126                -
    (3)  未払法人税等
                              48,275            48,275              -
    (4)  社債 
                             240,000            239,475             △524
    (5)  長期借入金 ※2
                            20,720,152            20,762,607              42,454
           負債計                 28,299,348            28,341,278              41,930
    ※1 売掛金については対応する引当金を控除しております。
    ※2 1年以内返済分も含めて表示しております。
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、並びに(2)            売掛金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (3)  投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。 
     負   債

      (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金並びに(3)          未払法人税等
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
      (4)  社債

        当社の発行する社債の時価は、市場価格がないため、元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを
       加味した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
      (5)  長期借入金

        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
       現在価値により算定しております。
     デリバティブ取引

      注記事項「デリバティブ取引関係」を参照下さい。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                         (単位:千円)
          区分            2021年3月31日
        非上場株式                    12,750
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
      券」には含めておりません。
                                101/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           3,596,873           -       -       -
    売掛金                             45,848         -       -       -
                合計                3,642,722           -       -       -
    (注4)    短期借入金、社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                        1年超       2年超       3年超       4年超

                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金             4,120,126           -       -       -       -       -
    社債                 -       -     130,000          -       -     110,000
    長期借入金             3,385,232       5,252,983       1,351,030       1,113,371       1,064,605       8,552,929
        合計         7,505,358       5,252,983       1,481,030       1,113,371       1,064,605       8,662,929
                                102/223















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1 その他有価証券

                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                         152,878            144,311             8,566
            小計                  152,878            144,311             8,566

    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                            530            810           △279
            小計                    530            810           △279

            合計                  153,408            145,121             8,287

      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1 その他有価証券

                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                         165,799            151,123             14,675
            小計                  165,799            151,123             14,675

    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                            -            -            -
            小計                     -            -            -

            合計                  165,799            151,123             14,675

                                103/223









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (デリバティブ取引関係)
       前連結会計年度(2020年3月31日)
    1 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     (1)  金利関連
                                          契約額等のうち

     ヘッジ会計         デリバティブ                    契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                    1年超
      の方法        取引の種類等                     (千円)                 (千円)
                                            (千円)
             金利スワップ取引
    金利スワップの
                         長期借入金            362,522         337,526          (注)
    特例処理
              支払固定・
              受取変動
     (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
      当連結会計年度(2021年3月31日)

    1 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
     (1)  金利関連
                                          契約額等のうち

     ヘッジ会計         デリバティブ                    契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                    1年超
      の方法        取引の種類等                     (千円)                 (千円)
                                            (千円)
             金利スワップ取引
    金利スワップの
                         長期借入金            337,526         312,530          (注)
    特例処理
              支払固定・
              受取変動
     (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                104/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び連結子会社は、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度(中退共)を採用しております。一部
       の連結子会社は退職一時金制度を採用しており、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係
       る自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      2.簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                            64,668千円
          退職給付費用                             8,512〃
          退職給付の支払額                             △151〃
         退職給付に係る負債の期末残高                            73,029千円
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

        る資産の調整表
         非積立型制度の退職給付債務                            73,029千円
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            73,029千円
         退職給付に係る負債                            73,029千円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            73,029千円
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                            8,512千円
      3.確定拠出制度

        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、13,687千円であります。
                                105/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び連結子会社は、退職一時金制度に加え、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度(中退共)
        と確定拠出年金制度を併用しております。退職一時金制度については、退職給付に係る負債及び退職給付費用
        の計算に、退職給付に係る自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      2.簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                            73,029千円
          退職給付費用                            15,656〃
          退職給付の支払額                           △39,957〃
         退職給付に係る負債の期末残高                            48,727千円
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

        る資産の調整表
         非積立型制度の退職給付債務                            48,727千円
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            48,727千円
         退職給付に係る負債                            48,727千円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            48,727千円
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                            15,656千円
      3.確定拠出制度

         当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、15,052千円であります。
                                106/223











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       当社はストック・オプション付与日時点において未公開企業であり、ストック・オプション等の単位当たりの本
      源的価値は0円であるため、費用計上はしておりません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2020年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
       なお、2019年12月5日に1株を10株とする株式分割を行っておりますが、以下は当該株式分割を反映した数値を
      記載しております。
     (1)  ストック・オプションの内容

    会社名                     提出会社
    決議年月日                     2019年3月28日
                         当社並びに当社子会社の取締役7名
    付与対象者の区分及び人数
                         当社並びに当社子会社の執行役員2名
                         当社並びに当社子会社の従業員69名
                         普通株式      127,500株
    株式の種類別のストック・オプションの数
    付与日                     2019年3月28日
                          新株予約権者は、権利行使時において当社又は当社子会社の取締役、
                         執行役員、従業員のいずれかの地位を有していることを要する。ただ
    権利確定条件                     し、取締役会が認めた場合はこの限りでない。
                          その他の条件は、当社と新株予約権者との間で締結した「新株予約権
                         割当契約書」で定めるところによる。
    対象勤務期間                     定めなし
    権利行使期間                     2021年3月29日~2029年3月28日
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ①   ストック・オプションの数
    会社名                          提出会社
    決議年月日                         2019年3月28日
    権利確定前(株)
     前連結会計年度末
                                    127,500
     付与
                                       ―
     失効・消却
                                       ―
     権利確定
                                       ―
     未確定残
                                    127,500
    権利確定後(株)
     前連結会計年度末
                                       ―
     権利確定
                                       ―
     権利行使
                                       ―
     失効・消却
                                       ―
     未行使残
                                       ―
      ②   単価情報

    会社名                          提出会社
    決議年月日                         2019年3月28日
    権利行使価格(円)                                  260
    行使時平均株価(円)                                   ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                   ―
                                107/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
      ストック・オプションを付与した日時点において、当社は未公開企業であるため、公正な評価単価の見積り方法
     を、単位当たりの本源的価値の見積りによって算定しております。また、当社株式の評価方法は、類似業種比準価額
     方式に基づいて算定した価格を基礎として算定しております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
    当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                   49,301千円

    当連結会計年度において権利行使されたストック・オ
                                         -千円
    プションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                108/223
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       当社はストック・オプション付与日時点において未公開企業であり、ストック・オプション等の単位当たりの本
      源的価値は0円であるため、費用計上はしておりません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2021年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
       なお、2019年12月5日に1株を10株とする株式分割を行っておりますが、以下は当該株式分割を反映した数値を
      記載しております。
     (1)  ストック・オプションの内容

    会社名                     提出会社
    決議年月日                     2019年3月28日
                         当社並びに当社子会社の取締役7名
    付与対象者の区分及び人数
                         当社並びに当社子会社の執行役員2名
                         当社並びに当社子会社の従業員69名
                         普通株式      127,500株
    株式の種類別のストック・オプションの数
    付与日                     2019年3月28日
                         新株予約権者は、権利行使時において当社又は当社子会社の取締役、執
                         行役員、従業員のいずれかの地位を有していることを要する。ただし、
    権利確定条件                     取締役会が認めた場合はこの限りでない。
                         その他の条件は、当社と新株予約権者との間で締結した「新株予約権割
                         当契約書」で定めるところによる。
    対象勤務期間                     定めなし
    権利行使期間                     2021年3月29日~2029年3月28日
    (注)「付与対象者の区分及び人数」は、退職等の理由による権利の喪失及び新株予約権の行使により、本書提出日現
       在において、当社並びに当社子会社の取締役5名、当社並びに当社子会社の執行役員4名、当社並びに当社子会
       社の監査役1名、当社並びに当社子会社の従業員43名となっております。
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ①   ストック・オプションの数
    会社名                          提出会社

    決議年月日                         2019年3月28日
    権利確定前(株)
     前連結会計年度末
                                    127,500
     付与
                                       ―
     失効・消却       (注)
                                     22,200
     権利確定
                                    105,300
     未確定残
                                       ―
    権利確定後(株)
     前連結会計年度末
                                       ―
     権利確定
                                    105,300
     権利行使
                                       ―
     失効・消却         
                                       ―
     未行使残
                                    105,300
    (注)「失効・消却」の22,200株については、新株予約権者が退職により権利行使が不可能となった部分
       であり、2021年3月12日開催の取締役会をもって消却しております。
                                109/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②   単価情報
    会社名                          提出会社

    決議年月日                         2019年3月28日
    権利行使価格(円)                                  260
    行使時平均株価(円)                                   ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                   ―
    3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      ストック・オプションを付与した日時点において、当社は未公開企業であるため、公正な評価単価の見積り方法
     を、単位当たりの本源的価値の見積りによって算定しております。また、当社株式の評価方法は、類似業種比準価額
     方式に基づいて算定した価格を基礎として算定しております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
    当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                   100,210千円

    当連結会計年度において権利行使されたストック・オ
                                         -千円
    プションの権利行使日における本源的価値の合計額
                                110/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払役員退職金                                165,287千円
        未払事業税                                 46,169〃
        資産除去債務                                 25,771〃
        退職給付に係る負債                                 24,530〃
        減価償却超過額                                 21,677〃
        製品保証未払金                                 16,807〃
        販売用不動産評価損                                 17,270〃
        税務上の繰越欠損金(注)2                                114,282〃
                                        33,331〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                       465,127千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                                △35,915〃
                                      △216,244〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注)1                               △252,159〃
       繰延税金資産合計                                212,967千円
       繰延税金負債

        資産除去債務に対応する除却費用                                △19,383〃
        子会社合併時の時価評価差額金                               △483,018〃
        固定資産圧縮積立金                               △153,336〃
                                       △2,841〃
        その他
       繰延税金負債合計                               △658,580〃
       繰延税金負債の純額                               △445,612千円
     (注)   1.評価性引当額が109,200千円減少しております。この減少の主な内容は、連結子会社ユニハイムエステート
         株式会社の税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額が減少したことに伴うものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                  1年以内                           5年超       合計
                       2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
     税務上の繰越欠損金(a)                ―     ―     ―   82,042     27,451      4,788     114,282千円
     評価性引当額                ―     ―     ―   △3,675     △27,451      △4,788      △35,915〃
     繰延税金資産                ―     ―     ―   78,367       ―     ―   (b)78,367〃
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)  税務上の繰越欠損金114,282千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産78,367千円を計上し
         ております。当該繰延税金資産78,367千円は、連結子会社ユニハイムエステート株式会社における税務上の
         繰越欠損金の114,282千円(法定実効税率を乗じた額)の一部について認識したものであります。当該繰延
         税金資産を計上した税務上の繰越欠損金は、将来の課税所得の見込みにより、回収可能と判断し評価性引当
         額を認識しておりません。
                                111/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                  34.26%

       (調整)
       評価性引当額の増減額                                 △6.08%
       のれん償却費の損金不算入額                                  0.61%
       合併による影響額                                  0.71%
                                        △0.17%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  29.34%
                                112/223

















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払役員退職金                                139,927千円
        資産除去債務                                 35,280〃
        退職給付に係る負債                                 16,835〃
        減価償却超過額                                 22,264〃
        製品保証未払金                                 15,760〃
        販売用不動産評価損                                 16,944〃
                                        26,762〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                       273,775千円
       評価性引当額       (注)                         △187,334〃
       繰延税金資産合計                                86,440千円
       繰延税金負債

        未収事業税
                                       △8,171〃
        資産除去債務に対応する除却費用
                                       △27,577〃
        子会社合併時の時価評価差額金                               △489,781〃
        固定資産圧縮積立金                               △152,973〃
                                       △5,070〃
        その他
       繰延税金負債合計                                △683,574〃
       繰延税金負債の純額                               △597,133千円
     (注)   評価性引当額が64,824千円減少しております。この減少の主な内容は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額

     が35,915千円、役員退職金に係るものが26,534千円減少したことに伴うものであります。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                  34.55%

       (調整)
       評価性引当額の増減額                                 △5.54%
       のれん償却費の損金不算入額                                  1.17%
       法人税等の税率変更による差異                                  0.99%
       住民税均等割                                  0.07%
                                         0.08%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  31.32%
    3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       2021年3月に本社を和歌山県和歌山市から大阪市中央区へ移転したことに伴い、翌連結会計年度以降に解消が見
     込まれる一時差異等に係る繰延税金資産及び繰延税金負債については、法定実効税率を34.26%から34.55%に変更し
     て計算しております。
       この変更による連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
                                113/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     取得による企業結合

     (1) 企業結合の概要
      ①   被取得企業の名称及びその事業の内容
        被取得企業の名称             株式会社グランド
        事業の内容                   不動産賃貸事業
      ②   企業結合を行った主な理由
        当社グループの企業価値の向上を図ることを目的としております。
      ③   企業結合日
        2019年6月28日(株式取得日)
        2019年6月30日(みなし取得日)
      ④   企業結合の法的形式
        株式取得
      ⑤   結合後企業の名称
        変更はありません。
      ⑥   取得した議決権比率
        100%
      ⑦   取得企業を決定するに至った主な根拠
        ユニハイムエステート株式会社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
     (2)  連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

       2019年7月1日から2019年9月30日
     (3)  被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

       取得の対価                現金           1,179,000千円
       取得原価                           1,179,000千円
     (4)  主要な取得関連費用の内容及び金額

       アドバイザリーに対する報酬・手数料等は発生しておりません。
     (5)  発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

      ①  発生したのれんの金額 
        335,411千円
      ②  発生原因
        取得原価が企業結合日における時価純資産を上回ったため、その差額をのれんとして認識しております。
      ③  償却方法及び償却期間
        12年間にわたる均等償却
     (6)  企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

       流動資産            102,462千円
       固定資産             856,265〃
       資産合計             958,728〃
       流動負債             76,618〃
       固定負債             38,521〃
       負債合計             115,139〃
                                114/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (7)  企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響
      の概算額及びその算定方法
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     共通支配下の取引等

      (連結子会社間の吸収合併)
      (1)  取引の概要
       ① 対象となった事業の名称及びその事業の内容
         被取得企業の名称  株式会社グランド
         事業の内容     不動産賃貸事業
       ② 企業結合日
         2019年10月1日
       ③ 企業結合の法定形式
         ユニハイムエステート株式会社を存続会社とし、株式会社グランドを消滅会社とする吸収合併方式
       ④ 結合後企業の名称
         ユニハイムエステート株式会社
       ⑤ その他取引の概要に関する事項
         本合併は、グループ内統合による経営の合理化及び効率化を目的としております。 
      (2)  実施した会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分
       離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、共通支配下の取
       引として処理しております。
                                115/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     共通支配下の取引等

      (連結子会社の吸収合併)
      (1)  取引の概要
       ① 対象となった企業の名称及びその事業の内容
         企業の名称              ユニハイムエステート株式会社
         事業の内容                       不動産業
       ② 企業結合日
         2021年3月1日
       ③ 企業結合の法的形式
         当社を存続会社とし、ユニハイムエステート株式会社を消滅会社とする吸収合併方式
       ④ 結合後企業の名称
         ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社
       ⑤ その他取引の概要に関する事項
         本合併は、グループ内統合による経営資源の集約、業務効率化を目的としております。
      (2)実施した会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分離
       等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                             2019年1月16日)に基づき、共通支配下の取引と
       して処理しております。
                                116/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
      前連結会計年度(2020年3月31日)
       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要

         住宅展示場及び賃貸営業目的用地の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を不動産賃貸借期間とし、割引率はその期間に対応する国債利回りを使用して資産除去債務の
        金額を計算しております。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                         74,945千円
         時の経過による調整額                           277〃
         期末残高                         75,222千円
      当連結会計年度(2021年3月31日)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要

         住宅展示場及び賃貸営業目的用地の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を不動産賃貸借期間とし、割引率はその期間に対応する国債利回りを使用して資産除去債務の
        金額を計算しております。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                         75,222千円
         見積りの変更による増加額                          26,612〃
         時の経過による調整額                           278〃
         期末残高                         102,114千円
       (4)  当該資産除去債務の見積りの変更

         当連結会計年度において、当社グループの住宅展示場及び賃貸営業目的用地の不動産賃貸借契約に伴う原状
        回復義務等にかかる資産除去債務について、新たな情報の入手に伴い、見積りの変更を行いました。
         この見積りの変更による増加額26,612千円を変更前の資産除去債務に加算しております。
         なお、当該見積りの変更により、当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は
        26,612千円減少しております。
                                117/223






                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (賃貸等不動産関係)
       当社では、和歌山県及び大阪府を中心として、賃貸用のオフィスビルや賃貸商業施設等(土地を含む。)を所有
      しております。なお、賃貸オフィスビル等の一部については、当社が使用しているため、賃貸等不動産として使用
      される部分を含む不動産としております。
       また、当該賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計上額、
      期中増減額及び時価は以下のとおりであります。
                                                    (単位:千円)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                   至   2020年3月31日)          至   2021年3月31日)
                           期首残高             14,853,847            17,275,420
               連結貸借対照表計上額            期中増減額              2,421,572           △2,165,404
    賃貸等不動産
                           期末残高             17,275,420            15,110,016
               期末時価                         18,393,487            16,615,470
                           期首残高               464,835             451,147
    賃貸等不動産として
               連結貸借対照表計上額            期中増減額              △13,688             △33,099
    使用される
                           期末残高               451,147             418,048
    部分を含む不動産
               期末時価                          832,232             870,837
     (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
       2.賃貸等不動産の期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加は、不動産の取得(2,937,889千円)、主な減
         少は、減価償却費(359,019千円)であります。また、当連結会計年度の主な増加は、不動産の取得(789,248
         千円)、主な減少は、          減価償却費(410,016千円)、             棚卸資産への振替(2,203,942千円)、減損損失(261,919千
         円)  であります。
       3.賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産の期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加は、不動
         産の取得(20,730千円)、主な減少は、減価償却費(34,418千円)であります。また、当連結会計年度の主な増
         加は、不動産の取得による増加(6,906千円)、主な減少は、減価償却費(48,687千円)であります。
       4.期末の時価は、「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額であります。
       また、賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する損益は、次のとおりでありま

      す。
                                                    (単位:千円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                   至   2020年3月31日)          至   2021年3月31日)
               賃貸収益                         2,248,688             2,351,067
               賃貸費用                         1,491,319             1,535,981
    賃貸等不動産
               差額                          757,368            815,086
               その他(売却損益等)                          △12,262            △334,548
               賃貸収益                          147,581            145,486
    賃貸等不動産として
               賃貸費用                          123,743            117,627
    使用される
               差額                           23,838            27,859
    部分を含む不動産
               その他(売却損益等)                            △22              -
     (注)   1.賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産には、サービスの提供及び経営管理として当社が使用して
         いる部分も含むため、当該部分の賃貸収益は、計上されておりません。なお、当該不動産に係る費用(減価
         償却費、修繕費、保険料、租税公課等)については、賃貸費用に含まれております。
       2.賃貸等不動産のその他損益のうち、前連結会計年度の主なものは、固定資産除却損(12,262千円)でありま
         す。また、当連結会計年度の主なものは、固定資産除却損(72,628千円)、減損損失(261,919千円)でありま
         す。
                                118/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 報告セグメントの概要
      (1)  報告セグメントの決定方法
        当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
       が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、不動産業を中心に事業展開を行っており、「不動産開発・賃貸事業」「不動産開発・販売事
       業」「マンション事業」を報告セグメントとしております。
      (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
        「不動産開発・賃貸事業」は、住居用及び事業用不動産物件の開発と賃貸、駐車場業、「不動産開発・販売事
       業」は、住宅用地の開発、土地販売、戸建建築請負、「マンション事業」は、分譲マンションの企画・販売をし
       ております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、棚卸資産の評価基準を除き、「連結財務諸表作成のための
      基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
       棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ前の価額で評価しております。報告セグメントの
      利益は、営業利益ベースの数値であります。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)

                        報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                                       その他           調整額
                 不動産開     不動産開
                                                       計上額
                                            合計
                           マンション
                                       (注)1           (注)2
                 発・賃貸事     発・販売事            計
                                                       (注)3
                            事業
                   業     業
    売上高
      外部顧客への売上高             2,435,421     5,228,431     6,183,850     13,847,703      284,088    14,131,791         -  14,131,791
      セグメント間の内部
                    -     -     -      -     -      -     -      -
      売上高又は振替高
          計        2,435,421     5,228,431     6,183,850     13,847,703      284,088    14,131,791         -  14,131,791
    セグメント利益              748,165    1,593,455      397,264     2,738,885      93,155    2,832,040     △ 657,874     2,174,166
    セグメント資産            18,220,921      7,218,113     6,218,535     31,657,571      495,072    32,152,643      4,166,143     36,318,787
    その他の項目
      減価償却費              398,208      11,531      170    409,909      23,258     433,168      14,898     448,066
     のれんの償却額              32,488       -     -    32,488       -    32,488       -    32,488
     有形固定資産及び
                 1,852,276        64     -   1,852,341       7,292    1,859,634       7,258    1,866,893
     無形固定資産の増加額
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代
         理店業、不動産管理事業等を含んでおります。
       2.調整額は、以下のとおりであります。
        (1)  セグメント利益の調整額△657,874千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
          す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
        (2)  セグメント資産の調整額4,166,143千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社資産でありま
          す。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない余資運用資産、長期投資資金及び管理部門に係る資産
          等であります。
        (3)  減価償却の調整額14,898千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費でありま
          す。
        (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額7,258千円は、各報告セグメントに配分していない全社
          資産に係るものであります。
       3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                119/223



                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     1 報告セグメントの概要
      (1)  報告セグメントの決定方法
        当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
       が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、不動産業を中心に事業展開を行っており、「不動産開発・賃貸事業」「不動産開発・販売事
       業」「マンション事業」を報告セグメントとしております。
      (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
        「不動産開発・賃貸事業」は、住居用及び事業用不動産物件の開発と賃貸、駐車場業、「不動産開発・販売事
       業」は、住宅用地の開発、土地販売、戸建建築請負、「マンション事業」は、分譲マンションの企画・販売をし
       ております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、棚卸資産の評価基準を除き、「連結財務諸表作成のための
      基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
       棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ前の価額で評価しております。報告セグメントの
      利益は、営業利益ベースの数値であります。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                    (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                                       その他           調整額
                 不動産開     不動産開
                                                       計上額
                                            合計
                           マンション
                                       (注)1           (注)2
                 発・賃貸事     発・販売事            計
                                                       (注)3
                            事業
                   業     業
    売上高
      外部顧客への売上高             2,483,073     5,673,906     6,606,362     14,763,343      261,216    15,024,559         -  15,024,559
      セグメント間の内部
                    -     -     -      -     -      -     -      -
      売上高又は振替高
          計        2,483,073     5,673,906     6,606,362     14,763,343      261,216    15,024,559         -  15,024,559
    セグメント利益              734,433    1,135,683      481,138     2,351,255      72,107    2,423,363     △ 532,247     1,891,115
    セグメント資産            16,102,048      8,087,114     9,654,457     33,843,621      699,740    34,543,362      3,800,710     38,344,072
    その他の項目
      減価償却費              446,142      10,568      169    456,881      22,179     479,061      15,063     494,124
     のれんの償却額              39,476       -     -    39,476       -    39,476       -    39,476
     有形固定資産及び
                  752,073      5,310      -   757,383      6,906     764,290      15,444     779,735
     無形固定資産の増加額
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代
         理店業、不動産管理事業等を含んでおります。
       2.調整額は、以下のとおりであります。
        (1)  セグメント利益の調整額△532,247千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用でありま
          す。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
        (2)  セグメント資産の調整額3,800,710千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社資産でありま
          す。全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない余資運用資産、長期投資資金及び管理部門に係る資産
          等であります。
        (3)  減価償却の調整額15,063千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費でありま
          す。
        (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額15,444千円は、各報告セグメントに配分していない全社
          資産に係るものであります。
       3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                120/223




                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連情報】
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3 主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手がいないため、記載はありませ
      ん。
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     1 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
        顧客の名称または氏名                      売上高               関連するセグメント名
         株式会社プレジオ                          2,599,590         不動産開発・販売事業
                                121/223









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
               不動産開      不動産開
                                        その他     全社・消去         合計
                           マンション
               発・賃貸事      発・販売事              計
                            事業
                 業      業
    減損損失            261,919         -      -   261,919         -      -      261,919
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
               不動産開      不動産開
                                        その他     全社・消去         合計
                           マンション
               発・賃貸事      発・販売事              計
                            事業
                 業      業
    当期末残高            398,008         -      -   398,008         -      -      398,008
      (注)    のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
               不動産開      不動産開
                                        その他     全社・消去         合計
                           マンション
               発・賃貸事      発・販売事              計
                            事業
                 業      業
    当期末残高            358,532         -      -   358,532         -      -      358,532
      (注)    のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年4月1日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2020年3月31日 至 2021年3月31日)

        該当事項はありません。
                                122/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
                                123/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    2019年4月1日                (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日)                至   2021年3月31日)
    1株当たり純資産額                              1,077円59銭                  1,223円17銭
    1株当たり当期純利益                               238円25銭                  150円88銭

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社は非上場であり、期中
         平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       2.当社は、2019年12月5日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度
         の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しており
         ます。
       3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                項目
                                  至   2020年3月31日)            至   2021年3月31日)
    1株当たり当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                    1,268,940               803,577

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                        1,268,940               803,577
     (千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                    5,326,000              5,326,000
                                               新株予約権1種類(新株
                                 新株予約権1種類(新株
                                              予約権の数10,530個)
                                予約権の数12,750個)
                                               なお、新株予約権の概要
                                なお、新株予約権の概要は
                                              は「第4 提出会社の状
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                「第4 提出会社の状況 
    当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                                              況 1株式等の状況 
                                1株式等の状況 (2)新
                                              (2)新株予約権等の状
                                株予約権等の状況」に記載
                                              況」に記載のとおりであり
                                のとおりであります。
                                              ます。
       4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                項目
                                  (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                    5,739,256              6,514,613
    純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       -              -

    普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                    5,739,256              6,514,613

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                        5,326,000              5,326,000
    の数(株)
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                124/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (会計方針の変更等)
                         当第3四半期連結累計期間

                     (自    2021年4月1日         至  2021年12月31日)
     ( 収益認識に関する会計基準等の適用                )
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
     等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
     又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。なお、収益認識会計基準
     等の適用による当第3四半期連結累計期間の損益に与える影響はありません。
     ( 時価の算定に関する会計基準等の適用                 )

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
     う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
     準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
     が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与える影
     響はありません。
       (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
        前連結会計年度の追加情報に記載した新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定について、重要な変更は
       ありません。
                                125/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、
       次のとおりであります。
                            当第3四半期連結累計期間
                             (自    2021年4月1日
                             至   2021年12月31日)
        減価償却費                         379,806千円
        のれんの償却額                           26,726〃
       (株主資本等関係)

      当第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
      1.配当金支払額

                     配当金の      1株当たり
       決議      株式の種類        総額      配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)       (円)
     2021年6月28日
              普通株式         26,630         5  2021年3月31日         2021年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                126/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日         至   2021年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                            報告セグメント
                                               その他
                                                      合計
                  不動産開発・       不動産開発・       マンション
                                               (注)
                                         計
                   賃貸事業       販売事業        事業
    売上高
     外部顧客への売上高               1,805,696       5,249,011       4,510,918      11,565,625        205,313     11,770,939
     セグメント間の内部
                       -       -       -       -       -       -
     売上高又は振替高
          計         1,805,696       5,249,011       4,510,918      11,565,625        205,313     11,770,939
    セグメント利益                614,638      1,870,547        195,143      2,680,330        67,066     2,747,397
     (注)    「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代理
        店業、不動産管理事業等を含んでおります。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内

       容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
                利益                           金額
    報告セグメント計                                                 2,680,330
    「その他」の区分の利益                                                   67,066
    全社費用(注)                                                 △419,378
    四半期連結損益計算書の営業利益                                                 2,328,018
     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       「不動産開発・賃貸事業」においてのれんの減損損失の発生により、減損損失66,272千円を計上しております。
                                127/223










                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (収益認識関係)
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
                                                    (単位:千円)
                          報告セグメント
                                              その他
                  不動産
                                                      合計
                         不動産
                                              (注)2
                               マンション
                  開発・
                         開発・               計
                 賃貸事業
                                 事業
                        販売事業
                  (注)1
     売上高
     大阪               339,898          -    4,140,351       4,480,250          590    4,480,840

     和歌山               821,064      1,861,151           -    2,682,215        204,723      2,886,939

     兵庫               117,253      1,160,659           -    1,277,913           -    1,277,913

     その他(注)3               527,479      2,227,200        370,566      3,125,246           -    3,125,246

     顧客との契約から
                  1,805,696       5,249,011       4,510,918       11,565,625         205,313      11,770,939
     生じる収益
     外部顧客への売上高              1,805,696       5,249,011       4,510,918       11,565,625         205,313      11,770,939

     (注)1.     ほとんどが賃貸借契約に基づくリース収益でありますが、顧客との契約から生じる収益に含めて記載してお

         ります。
       2.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、介護事業、飲食事業、損害保険代
         理店業等を含んでおります。
       3.「その他」に属する主な地域は奈良、滋賀、京都等であります。
                                128/223












                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第3四半期連結累計期間

                                (自    2021年4月1日
                                 至   2021年12月31日)
    1株当たり四半期純利益                                   236円77銭
    (算定上の基礎)
    親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                   1,261,029
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -
    普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益(千
                                       1,261,029
    円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                   5,326,000
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
    四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       -
    会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期
       中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                129/223













                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(2021年3月31日現在)
       【社債明細表】
                               当期首残高      当期末残高      利率

        会社名           銘柄      発行年月日                       担保     償還期限
                                (千円)      (千円)     (%)
                          2013年                            2020年
    ヤマイチ・ユニハイム                             4,500
               第4回無担保社債                         -   0.75   無担保社債
     エステート株式会社                           (4,500)
                         8月21日                            8月21日
                          2015年                            2020年
                                10,000
         〃       第6回無担保社債                         -   0.45   無担保社債
                               (10,000)
                         7月24日                            7月24日
                          2017年                            2024年
         〃       第7回無担保社債                 100,000      100,000      0.34   無担保社債
                         2月22日                            2月22日
                          2018年                            2023年
         〃       第8回無担保社債                 30,000      30,000     0.44   無担保社債
                         10月25日                            10月25日
                          2020年                            2027年
         〃       第9回無担保社債                 110,000      110,000      0.45   無担保社債
                         2月25日                            2月25日
                                254,500
        合計           -        -           240,000      -     -      -
                               (14,500)
     (注)    1.「当期首残高」欄の(内書)は、1年以内償還予定の金額であります。
        2.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
       1年以内         1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
            -          -        130,000             -          -
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                     4,017,400         4,120,126           1.331        -
    1年以内に返済予定の長期借入金                     3,811,843         3,385,232           1.399        -

    1年以内に返済予定のリース債務                       7,149         9,195          -       -

                                                2022年4月~
    長期借入金(1年以内に返済予定の
                         16,385,972         17,334,919           1.347
    ものを除く)
                                                2040年5月
                                                2022年4月~
    リース債務(1年以内に返済予定の
                           16,503         25,054           -
    ものを除く)
                                                2030年10月
    その他有利子負債                        -         -         -       -
            合計             24,238,868         24,874,526             -       -

     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結
         貸借対照表上に計上しているため、「平均利率」の記載をしておりません。
       2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返
         済予定額の総額
               1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

        区分
                 (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
    長期借入金              5,252,983          1,351,030          1,113,371          1,064,605
    リース債務                9,195          5,434          2,440          2,242

                                130/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【資産除去債務明細表】
        明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、記載
       を省略しております。
     (2)  【その他】

        最近の経営成績及び財政状態の概況
        2022年5月13日開催の取締役会において承認された第33期連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日ま
       で)の連結財務諸表及び第32期連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表は次のとお
       りであります。
        なお、この連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
       号。)に基づいて作成しておりますが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査は未了であり、監
       査報告書は受領しておりません。
                                131/223
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ①  【連結財務諸表】
      (イ)   【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                    ※3   3,599,056            ※3   4,644,916
        現金及び預金
        売掛金                                45,848              357,058
                                   ※3,5   8,348,947            ※3,5    5,882,126
        販売用不動産
                                    ※3   7,809,476            ※3   8,193,385
        仕掛販売用不動産
        その他                               751,028              508,750
                                       △5,295               △455
        貸倒引当金
        流動資産合計                              20,549,061              19,585,782
      固定資産
        有形固定資産
                                  ※1,3,5    6,137,073           ※1,3,5    5,642,317
         建物及び構築物(純額)
                                    ※1,3    98,270            ※1,3   95,930
         機械装置及び運搬具(純額)
                                  ※2,3,5    9,909,063           ※2,3,5    10,963,909
         土地
                                     ※1   16,133            ※1   13,914
         リース資産(純額)
         建設仮勘定                                 -            48,902
                                    ※1,3    18,562            ※1,3   12,982
         その他(純額)
         有形固定資産合計                            16,179,102              16,777,957
        無形固定資産
         のれん                              358,532              258,546
         リース資産                               15,280               9,026
                                        7,956              4,619
         その他
         無形固定資産合計                              381,769              272,192
        投資その他の資産
         投資有価証券                              178,549              156,407
         長期貸付金                               15,075              13,524
         繰延税金資産                               1,085              1,109
                                      1,039,429              1,083,987
         その他
         投資その他の資産合計                             1,234,139              1,255,029
        固定資産合計                              17,795,010              18,305,178
      資産合計                               38,344,072              37,890,960
                                132/223








                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              3,170,794              3,267,150
                                   ※3,4   4,120,126            ※3,4    3,349,180
        短期借入金
                                   ※3,4   3,385,232            ※3,4    3,780,107
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                9,195              9,195
        未払法人税等                                48,275              911,200
        賞与引当金                                27,309              38,545
                                       810,992             1,068,524
        その他
        流動負債合計                              11,571,926              12,423,904
      固定負債
        社債                               240,000              540,000
                                  ※3,4   17,334,919            ※3,4    14,434,082
        長期借入金
        リース債務                                25,054              15,859
        退職給付に係る負債                                48,727              54,701
        繰延税金負債                               598,219              388,577
                                     ※2   206,904            ※2   182,411
        再評価に係る繰延税金負債
        資産除去債務                               102,114              102,446
                                      1,701,592              1,652,963
        その他
        固定負債合計                              20,257,532              17,371,042
      負債合計                               31,829,459              29,794,946
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                45,000              45,000
                                      6,483,556              8,059,434
        利益剰余金
        株主資本合計                              6,528,556              8,104,434
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                9,712             △9,258
                                    ※2   △23,654               ※2   838
        土地再評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                               △13,942               △8,419
      純資産合計                                6,514,613              8,096,014
     負債純資産合計                                 38,344,072              37,890,960
                                133/223









                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (ロ)   【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                               当連結会計年度
                                前連結会計年度
                                              (自  2021年4月1日
                               (自 2020年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至   2022年3月31日)
                                                 ※1   19,177,743
     売上高                                 15,024,559
                                   ※2   10,842,002            ※2   13,574,451
     売上原価
     売上総利益                                 4,182,556              5,603,292
     販売費及び一般管理費
      給与手当                                 435,437              450,712
      退職給付費用                                 30,708              23,442
      広告宣伝費                                 389,894              575,745
      賞与引当金繰入額                                 35,462              51,768
      業務委託費                                 95,952              371,076
                                      1,303,985              1,264,554
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                2,291,440              2,737,299
     営業利益                                 1,891,115              2,865,992
     営業外収益
      受取利息                                   778              562
      受取配当金                                  4,329              4,401
      受取手数料                                 14,878              16,566
      受取保険金                                 17,046              37,546
      違約金収入                                 10,299              11,733
                                        20,370              21,764
      その他
      営業外収益合計                                 67,703              92,575
     営業外費用
      支払利息                                 364,434              352,590
      支払手数料                                 48,654              24,435
                                        30,551              28,687
      その他
      営業外費用合計                                 443,640              405,714
     経常利益                                 1,515,178              2,552,853
     特別利益
                                       ※3   171           ※3   5,793
      固定資産売却益
      特別利益合計                                   171             5,793
     特別損失
                                     ※5   261,919             ※5   66,272
      減損損失
                                     ※4   83,314            ※4   88,546
      固定資産除却損
      特別損失合計                                 345,234              154,818
     税金等調整前当期純利益                                 1,170,116              2,403,829
     法人税、住民税及び事業税
                                       309,818             1,005,379
     法人税等還付税額                                  △92,572               △3,566
                                       149,291             △200,492
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  366,538              801,321
     当期純利益                                  803,577             1,602,507
     非支配株主に帰属する当期純利益                                     -              -
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  803,577             1,602,507
                                134/223





                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                               当連結会計年度
                                前連結会計年度
                                              (自  2021年4月1日
                               (自 2020年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至   2022年3月31日)
     当期純利益                                  803,577             1,602,507
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  4,158             △18,970
                                       △5,749               24,493
      土地再評価差額金
                                     ※  △1,590              ※  5,522
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  801,986             1,608,030
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 801,986             1,608,030
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                135/223
















                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (ハ)   【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                        (単位:千円)
                          株主資本
                                       株主資本合計
                      資本金         利益剰余金
    当期首残高                    45,000        5,706,609         5,751,609
    当期変動額
     剰余金の配当                            △26,630         △26,630
     親会社株主に帰属する
                                 803,577         803,577
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                             -
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                      -       776,947         776,947
    当期末残高                    45,000        6,483,556         6,528,556
                            その他の包括利益累計額

                      その他                  その他の
                                                 純資産合計
                     有価証券        土地再評価差額金           包括利益
                     評価差額金                   累計額合計
    当期首残高                     5,553        △17,905         △12,352         5,739,256
    当期変動額
     剰余金の配当                                        -       △26,630
     親会社株主に帰属する
                                             -       803,577
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                         4,158         △5,749         △1,590         △1,590
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                     4,158         △5,749         △1,590         775,356
    当期末残高                     9,712        △23,654         △13,942         6,514,613
                                136/223











                                                          EDINET提出書類
                                             ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(E35597)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                        (単位:千円)
                          株主資本
                                       株主資本合計
                      資本金         利益剰余金
    当期首残高                    45,000        6,483,556         6,528,556
    当期変動額
     剰余金の配当                            △26,630         △26,630
     親会社株主に帰属する
                                 1,602,507         1,602,507
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                             -
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                      -      1,575,877         1,575,877
    当期末残高                    45,000        8,059,434         8,104,434
                            その他の包括利益累計額

                      その他                  その他の
                                                 純資産合計
                     有価証券        土地再評価差額金           包括利益
                     評価差額金                   累計額合計
    当期首残高                     9,712        △23,654         △13,942         6,514,613
    当期変動額
     剰余金の配当                                        -       △26,630
     親会社株主に帰属する
                                             -      1,602,507
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                        △18,970          24,493          5,522         5,522
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                   △18,970          24,493          5,522        1,581,400
    当期末残高                    △9,258           838        △8,419         8,096,014
    &nbs