ノーリツ鋼機株式会社 四半期報告書 第68期第1四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第68期第1四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 ノーリツ鋼機株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年5月13日
     【四半期会計期間】                   第68期第1四半期(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   ノーリツ鋼機株式会社
     【英訳名】                   Noritsu    Koki   Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役CEO  岩切 隆吉
     【本店の所在の場所】                   東京都港区麻布十番一丁目10番10号
     【電話番号】                   03-3505-5053(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO  横張 亮輔
     【最寄りの連絡場所】                   東京都港区麻布十番一丁目10番10号
     【電話番号】                   03-3505-5053(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO  横張 亮輔
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/37













                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                                 第67期          第68期
                回次                第1四半期          第1四半期           第67期
                                連結累計期間          連結累計期間
                              自 2021年1月1日          自 2022年1月1日          自 2021年1月1日

               会計期間
                              至 2021年3月31日          至 2022年3月31日          至 2021年12月31日
                                    10,339          14,224          54,481
     売上収益                    (百万円)
                                     1,446          2,020          5,404
     税引前四半期(当期)利益                    (百万円)
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                     1,263         100,140           5,183
                         (百万円)
     (当期)利益
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                     1,642         107,266           6,465
                         (百万円)
     (当期)包括利益
                                   107,335          212,113          111,094
     親会社の所有者に帰属する持分                    (百万円)
                                   222,689          362,764          264,211
     資産合計                    (百万円)
                                     35.48        2,810.25           145.47
     基本的1株当たり四半期(当期)利益                     (円)
                                     34.62        2,810.15           142.54
     希薄化後1株当たり四半期(当期)利益                     (円)
                                     48.2          58.5          42.0
     親会社所有者帰属持分比率                     (%)
                                     2,043          2,781          3,907
     営業活動によるキャッシュ・フロー                    (百万円)
                                              95,336
     投資活動によるキャッシュ・フロー                    (百万円)           △ 1,073                   △ 40,460
                                                         4,275
     財務活動によるキャッシュ・フロー                    (百万円)          △ 16,266         △ 13,934
     現金及び現金同等物の四半期末
                                    54,542          122,946           38,141
                         (百万円)
     (期末)残高
     (注)1 当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2 上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」という。)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務
           諸表に基づいております。
         3 第68期第1四半期連結会計期間において、株式会社JMDC(以下「JMDC」という。)の一部株式譲渡
           により、医療情報に関する事業を非継続事業に分類したため、第67期第1四半期連結累計期間及び第67期の
           関連する数値については、修正再表示しております。なお、第67期の修正再表示の数値については、金融商
           品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。
         4 第68期第1四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な金額の修正を行っており、第67期の関連
           する数値については、暫定的な金額の修正の内容を反映させております。
                                 2/37







                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、前事
      業年度の有価証券報告書に記載した内容からの重要な変更は以下のとおりであります。
       当社は、前中期経営計画に沿って事業ポートフォリオの再編を進めてまいりました。当第1四半期連結会計期間に
      おいて、JMDCの持分の一部を第三者に譲渡し、それに伴い連結の範囲から除外いたしました。従って当社は当第
      1四半期連結会計期間より、「ヘルスケア」セグメントのうち医療情報に関する事業を非継続事業に分類いたしまし
      た。これに伴い、当第1四半期連結会計期間より「ヘルスケア」セグメントを廃止し、従来の「ものづくり」セグメ
      ントの内訳であった「部品・材料」、「音響機器関連」及び従来の「ヘルスケア」セグメントに属していた医療検査
      に関する事業を「その他」のセグメントとし、結果、3つの報告セグメントに変更いたしました。詳細は、「第4 
      経理の状況 1 要約四半期連結財務諸表 要約四半期連結財務諸表注記 4.事業セグメント」に記載のとおりで
      あります。
       また、主要な関係会社の異動については、以下のとおりであります。

        (連結除外)
         株式会社JMDC
         株式会社ドクターネット
         エヌエスパートナーズ株式会社
         株式会社ユニケソフトウェアリサーチ
       JMDCの一部株式譲渡に関する契約の詳細は「第2 事業の状況 3 経営上の重要な契約等」に記載のとおり

      であります。
       なお、JMDCは株式会社ドクターネット、エヌエスパートナーズ株式会社及び株式会社ユニケソフトウェアリ
      サーチ等の株式を保有しております。
                                 3/37













                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
      た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)  経営成績の状況

         2022年2月25日に「ヘルスケア」セグメントのうち医療情報に関する事業を担っていたJMDCの株式の一部を
        譲渡し連結の範囲から除外し、コア事業である「ものづくり」事業の収益力・組織力の強化に集中的に取り組む基
        盤を作ってまいりました。JMDCの連結除外を機に「ヘルスケア」セグメントを廃止し、「ものづくり」セグメ
        ントの内訳であった「部品・材料」「音響機器関連」また従来の「ヘルスケア」セグメントに属していた医療検査
        に関する事業はその重要性から「その他」とした、3つの報告セグメントに変更しております。
         当第1四半期連結累計期間における事業の状況は、以下のとおりであります。

         なお、当第1四半期連結会計期間にJMDCとその子会社を非継続事業に分類したことにより、前第1四半期連
        結累計期間の各数値は修正再表示しております。
                                                   (単位:百万円)
                          前第1四半期             当第1四半期

                          連結累計期間             連結累計期間
                                                   前年同期比
                        (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                        至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
     売上収益
                               10,339             14,224       3,884     (37.6%)
     事業EBITDA(注)                           2,964             2,486      △477    (△16.1%)
     営業利益                           2,331             1,671      △660    (△28.3%)
     税引前四半期利益                           1,446             2,020       574    (39.7%)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益                           1,263            100,140       98,876      (-%)
     基本的1株当たり四半期利益(円)                           35.48           2,810.25      2,774.77       (-%)
      (注) 事業EBITDA=営業利益±その他の収益・費用+減価償却費及び償却費(使用権資産の減価償却費を除く)
        (売上収益)

         2021年5月に「音響機器関連」事業にPEAG,                     LLC  dba  JLab   Audio(以下「JLab」という。)が加入したこ
        と、「部品・材料」事業においても好調に販売が伸びたことにより増収となり、売上収益は142億24百万円(前年
        同期比37.6%増)となりました。
        (事業EBITDA)

         主として世界的な物流環境の悪化による調達リードタイムの長期化による輸送コストや、原油の高騰等による電
        力費、原材料費等が前年同期に比較し増加し、マージンが悪化しました。その結果24億86百万円(前年同期比
        16.1%減)となりました。
        (営業利益)

         上述の事業EBITDAの減少により、営業利益は16億71百万円(前年同期比28.3%減)となりました。
        (親会社の所有者に帰属する四半期利益)

         JMDCの株式の一部を譲渡したことにより、その売却益や再評価に関連する収益と関連する税金費用を非継続
        事業からの損益に987億52百万円計上しました。その結果、親会社の所有者に帰属する四半期利益は1,001億40百万
        円(前年同期は12億63百万円)となりました。
                                 4/37




                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
         セグメント別の経営成績は、以下のとおりであります。
         各セグメント別の売上収益は外部顧客への売上収益を記載しており、また、セグメント利益を表す事業EBITDAは
        営業利益±その他の収益・費用+減価償却費及び償却費(使用権資産の減価償却費を除く)の計算式で算出してお
        ります。
                                                   (単位:百万円)
                      前第1四半期              当第1四半期

                      連結累計期間              連結累計期間
                                                  前年同期比
                    (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                    至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
                             事業              事業              事業

                        事業    EBITDA          事業    EBITDA          事業    EBITDA
                  売上収益              売上収益              売上収益
                       EBITDA    マージン          EBITDA    マージン          EBITDA    マージン
                            (%)              (%)              (pt)
    ものづくり      部品・材料         2,854      965    33.8    3,062      791    25.8     208    △174
                                                         △8.0
           音響機器関連         7,238     2,119     29.3    10,895     1,899     17.4    3,656     △219    △11.8
              合計
                   10,093     3,085     30.6    13,958     2,691     19.3    3,865     △393    △11.3
    その他
                    246     54    22.1     266     42    15.8      19    △12    △6.3
    全社費用                 -   △175      -     -   △246      -     -    △71      -
        ① ものづくり(部品・材料)

         部品・材料事業においては、筆記、コスメ、MIMの各カテゴリにおいて好調に販売は進捗したものの、世界的
        な物流の混乱による遅延の解消のため一部航空便を利用したことや、原油高騰に伴う電力コストや原材料の価格上
        昇などに起因し、売上収益は30億62百万円(前年同期比7.3%増)と増加したものの、事業EBITDAは7億91百万円
        (前年同期比18.0%減)と前年同期と比べ1億74百万円の減益となりました。
        ② ものづくり(音響機器関連)

         音響機器関連事業においては、前年5月にJLabがグループに加入したことにより増収となりましたが、世界
        的な物流の混乱の影響や未だ継続する半導体不足による調達難から収益性が低下し、売上収益は108億95百万円
        (前年同期比50.5%増)と増加したものの、事業EBITDAは18億99百万円(前年同期比10.4%減)と前年同期と比べ
        2億19百万円の減益となりました。
        ③ その他

         その他の事業は、売上収益は2億66百万円(前年同期比7.7%増)、事業EBITDAは42百万円(前年同期比22.9%
        減)と前年同期と比べ12百万円の減益となりました。
                                 5/37









                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      (2)  財政状態の状況
                                                   (単位:百万円)
                                      当第1四半期

                        前連結会計年度                         対前連結会計年度
                                      連結会計期間
                        (2021年12月31日)                           増減率(%)
                                     (2022年3月31日)
     資産合計
                              264,211             362,764              37.3
      流動資産                         77,972            152,434              95.5
      非流動資産                         186,238             210,330              12.9
     負債合計                         137,404             150,377               9.4
      流動負債                         46,106             97,853             112.2
      非流動負債                         91,298             52,524             △42.5
     資本合計                         126,806             212,387              67.5
      親会社の所有者に帰属する持分                         111,094             212,113              90.9
      非支配持分                         15,711              273           △98.3
        (資産、負債及び資本の状況)

         当第1四半期連結会計期間末の資産合計は3,627億64百万円となり、前連結会計年度末と比較して985億53百万円
        増加いたしました。これは主としてJMDCの株式の一部を譲渡し連結の範囲から除外したことに伴う流動化及び
        その他の金融資産として再評価したことによる増加であります。科目別の詳細は以下のとおりであります。
         なお、当第1四半期連結会計期間にJLabの企業結合に係る暫定的な金額の修正を行ったことにより、前連結
        会計年度の各数値は修正再表示しております。
         流動資産は、744億61百万円の増加となりました。これは主に現金及び現金同等物が848億5百万円増加し、売上

        債権及びその他の債権が118億13百万円減少したことによるものです。
         非流動資産は、240億92百万円の増加となりました。これは主にその他の金融資産が586億13百万円増加し、使用
        権資産が56億98百万円、のれんが192億24百万円、無形資産が39億78百万円減少したことによるものです。
         負債合計は129億72百万円の増加となりました。これは主に未払法人所得税が309億16百万円、繰延税金負債が

        172億46百万円増加し、仕入債務及びその他の債務が77億68百万円、借入金(流動・非流動)が172億7百万円、
        リース負債(流動・非流動)が57億53百万円減少したことによるものです。
         資本合計は、855億81百万円の増加となりました。これは主に配当金の支払が65億56百万円あったものの、親会

        社の所有者に帰属する四半期利益1,001億40百万円等に伴って利益剰余金が936億46百万円増加したことによるもの
        です。
                                 6/37









                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      (3)  キャッシュ・フローの状況
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期                 当第1四半期

                               連結累計期間                 連結累計期間
                             (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,043                 2,781
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △1,073                  95,336
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △16,266                 △13,934
     現金及び現金同等物の為替変動による影響額                                   242                 620
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △15,054                  84,805
     現金及び現金同等物の期末残高                                  54,542                 122,946
         当第1四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比

        べ848億5百万円増加し、1,229億46百万円となりました。これは主としてJMDCの株式の一部を譲渡したことに
        よる資金の増加によるものです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動によるキャッシュ・フローは27億81百万円の資金の増加となりました。
         表示科目単位での資金の増加の主な要因は、非継続事業からの税引前四半期利益1,471億97百万円、売上債権及
        びその他の債権の減少額42億8百万円となっております。資金の減少の主な要因は、子会社株式売却益1,007億26
        百万円、投資有価証券評価益461億8百万円となっております。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動によるキャッシュ・フローは953億36百万円の資金の増加となりました。
         表示科目単位での資金の増加の主な要因は、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入962億円と
        なっております。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動によるキャッシュ・フローは139億34百万円の資金の減少となりました。
         表示科目単位での資金の減少の主な要因は、短期借入金の返済による支出31億円、長期借入金の返済による支出
        44億4百万円、配当金の支払額65億56百万円となっております。
      (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループの優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題に重要な変更
        及び新たに生じた問題はありません。
      (5)  研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における当社グループの研究開発費の総額は1,146百万円であります。研究開発費の
        総額に受託研究等の金額4百万円を含めております。
         なお、当第1四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動について重要な変更はありません。
      (6)  従業員数

         当第1四半期連結累計期間において、保有するJMDCの株式の一部を譲渡し、連結の範囲から除外いたしまし
        た。その結果、従業員数が1,090名(内、平均臨時雇用者数135名)減少いたしました。
      (7)  主要な設備

         当第1四半期連結累計期間において、保有するJMDCの株式の一部を譲渡し、連結の範囲から除外したことに
        より、JMDCに関する設備は、当社グループの主要な設備に該当しなくなりました。
                                 7/37




                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
      (株式譲渡に関する契約)
       当社は2022年2月22日開催の取締役会において、当社が保有するJMDCの一部株式を譲渡することを決議し、
      2022年2月25日に譲渡いたしました。詳細等につきましては「第4 経理の状況 1 要約四半期連結財務諸表 要
      約四半期連結財務諸表注記 11.非継続事業」に記載のとおりであります。
                                 8/37



















                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                      64,000,000

                  計                                    64,000,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末            提出日現在発行数          上場金融商品取引所名
        種類      現在発行数(株)               (株)        又は登録認可金融商品                内容
             (2022年3月31日)            (2022年5月13日)           取引業協会名
                                    東京証券取引所
                                               完全議決権株式であり、権
                                    市場第一部(第1四半
                                               利内容に何ら限定のない当
                  36,190,872           36,190,872
      普通株式                             期会計期間末現在)
                                               社における標準となる株式
                                    プライム市場(提出日
                                               単元株式数は100株
                                    現在)
                  36,190,872           36,190,872
        計                                -            -
    (注)1 2022年4月4日付の取締役会決議により、譲渡制限付株式報酬として、2022年4月28日付で自己株式23,625株
          を処分しております。
        2 提出日現在の発行済株式のうち44,009株は、譲渡制限付株式報酬として、自己株式を処分した際の現物出資
         (金銭報酬債権109百万円)によるものであります。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総                             資本準備金増
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                             減額
                        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                   (株)                            (百万円)
     2022年1月1日
                      -   36,190,872           -      7,025         -     17,913
     ~2022年3月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 9/37






                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -          -         -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -          -         -

     議決権制限株式(その他)                           -          -         -

                     (自己保有株式)
                                            権利内容に何ら限定のない当社に
     完全議決権株式(自己株式等)                                     -
                             556,800
                     普通株式                       おける標準となる株式
                            35,616,700            356,167
     完全議決権株式(その他)                普通株式                             同上
                              17,372
     単元未満株式                普通株式                    -  一単元(100株)未満の株式
                            36,190,872
     発行済株式総数                                     -         -
                                       356,167
     総株主の議決権                           -                   -
     (注)1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)含
           まれております。
         2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式85株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                     発行済株式総
                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                     合(%)
     (自己保有株式)

                  東京都港区麻布十番一丁目
                                  556,800              556,800         1.53
     ノーリツ鋼機株式会社                                       -
                  10番10号
                                  556,800              556,800         1.53
           計             -                    -
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において、役員の異動はありません。
                                10/37









                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣
      府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、
      国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2022年1月1日から2022
      年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年3月31日まで)に係る要約四半期連結財
      務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                11/37

















                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                            注記
                                  (2021年12月31日)              (2022年3月31日)
     資産
      流動資産
                                          38,141              122,946
       現金及び現金同等物                     5
                                          21,865              10,052
       売上債権及びその他の債権                     5
                                            9
       契約資産                     5                              -
                                          1,664              1,664
       未収還付法人税等
                                          14,638              16,637
       棚卸資産
                                           529              383
       その他の金融資産                     5
                                          1,122               749
       その他の流動資産
                                          77,972              152,434
       流動資産合計
      非流動資産

                                          9,361              7,015
       有形固定資産
                                          8,663              2,964
       使用権資産
                                          66,127              46,903
       のれん                     7
                                          89,209              85,230
       無形資産
                                          4,536              4,357
       持分法で会計処理されている投資
                                           324              324
       退職給付に係る資産
                                          4,561              63,174
       その他の金融資産                     5
                                          3,240               312
       繰延税金資産
                                           213               48
       その他の非流動資産
                                         186,238              210,330
       非流動資産合計
      資産合計                                   264,211              362,764
                                12/37











                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                            注記
                                  (2021年12月31日)              (2022年3月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                          13,282               5,513
        仕入債務及びその他の債務                    5
                                          21,897              55,004
        借入金                    5
                                          3,377               168
        契約負債
                                          1,212               584
        リース負債
                                           252              362
        その他の金融負債                    5
                                          1,098              32,015
        未払法人所得税
                                            87              90
        引当金
                                          4,897              4,114
        その他の流動負債
                                          46,106              97,853
        流動負債合計
       非流動負債

                                          73,721              23,407
        借入金                    5
                                          7,618              2,493
        リース負債
                                          8,706              25,953
        繰延税金負債
                                           632              292
        退職給付に係る負債
                                           302               59
        引当金
                                           317              317
        その他の非流動負債
                                          91,298              52,524
        非流動負債合計
                                         137,404              150,377
       負債合計
      資本

                                          7,025              7,025
       資本金
                                          41,406              41,419
       資本剰余金
                                          63,590              157,237
       利益剰余金
       自己株式                                  △ 1,169             △ 1,169
                                           241             7,600
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                  111,094              212,113
                                          15,711                273
       非支配持分
                                         126,806              212,387
       資本合計
      負債及び資本合計                                   264,211              362,764
                                13/37








                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書】
          【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                            注記     (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                  至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     継続事業
                                          10,339              14,224
      売上収益                      4,9
                                         △ 4,598             △ 8,047
      売上原価
                                          5,741              6,176
       売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         △ 3,562             △ 4,738
                                           273              360
      その他の収益
                                          △ 120             △ 127
      その他の費用
                                          2,331              1,671
       営業利益
      持分法による投資損益                      10
                                          △ 114             △ 179
                                           107              930
      金融収益
                                          △ 878             △ 401
      金融費用
       税引前四半期利益                                   1,446              2,020
                                          △ 549             △ 734
      法人所得税費用
                                           897             1,286
       継続事業からの四半期利益
     非継続事業

                                           756             99,002
       非継続事業からの四半期利益                     11
                                          1,653             100,288
       四半期利益
     四半期利益の帰属:

                                          1,263             100,140
      親会社の所有者
                                           389              147
      非支配持分
     1株当たり四半期利益                       12

                                          35.48             2,810.25
      基本的1株当たり四半期利益(円)
                                          25.18              36.12
       継続事業
                                          10.30             2,774.13
       非継続事業
                                          34.62             2,810.15
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                                          25.18              36.11
       継続事業
                                           9.44            2,774.04
       非継続事業
                                14/37








                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
          【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                            注記     (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                  至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                          1,653             100,288
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて測定する金融資
                                           136             6,134
       産の公正価値の純変動
       純損益に振り替えられることのない項目
                                           136             6,134
       合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                           242              991
       在外営業活動体の換算差額
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                           242              991
       合計
                                           379             7,125
      税引後その他の包括利益
                                          2,032             107,414
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属:

                                          1,642             107,266
      親会社の所有者
                                           389              147
      非支配持分
                                15/37












                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   親会社の所有者に帰属する持分
                                                 その他の資本の構成要素
                   注記                                   その他の包括

                       資本金      資本剰余金      利益剰余金       自己株式            利益を通じて
                                                 新株
                                                      測定する金融
                                                 予約権
                                                      資産の公正価
                                                      値の純変動
     当期首残高

                         7,025      41,379      59,137      △ 1,211        8     △ 717
      四半期利益                                1,263
      その他の包括利益                                                    136
     四半期包括利益合計                      -      -     1,263        -      -      136
      非支配持分との取引等                           632
      配当金              6                  △ 356
      自己株式の取得                                       △ 0
     所有者との取引合計                      -      632      △ 356      △ 0      -      -
     当四半期末残高
                         7,025      42,011      60,045      △ 1,211        8     △ 581
                         親会社の所有者に帰属する持分

                       その他の資本の構成要素
                                          非支配
                   注記                             資本合計
                                           持分
                                     合計
                      在外営業活動
                              合計
                      体の換算差額
     当期首残高                    △ 206      △ 914     105,416       13,769      119,185
      四半期利益
                                 -     1,263       389      1,653
      その他の包括利益
                          242      379      379             379
     四半期包括利益合計                     242      379      1,642       389      2,032
      非支配持分との取引等                           -      632      165      798
      配当金
                    6             -     △ 356            △ 356
      自己株式の取得
                                 -      △ 0            △ 0
     所有者との取引合計                      -      -      276      165      441
     当四半期末残高                      36     △ 535     107,335       14,324      121,660
                                16/37








                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
           当第1四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   親会社の所有者に帰属する持分
                                                 その他の資本の構成要素
                   注記                                   その他の包括

                       資本金      資本剰余金      利益剰余金       自己株式            利益を通じて
                                                 新株
                                                      測定する金融
                                                 予約権
                                                      資産の公正価
                                                      値の純変動
     当期首残高                    7,025      41,406      63,590      △ 1,169        8     △ 597

      四半期利益
                                     100,140
      その他の包括利益
                                                         6,134
     四半期包括利益合計                      -      -    100,140         -      -     6,134
      非支配持分との取引等
      配当金              6                 △ 6,556
      連結子会社の売却による減少
                                       62                   233
      その他                           13
     所有者との取引合計                      -      13    △ 6,493        -      -      233
     当四半期末残高
                         7,025      41,419      157,237      △ 1,169        8     5,769
                         親会社の所有者に帰属する持分

                       その他の資本の構成要素
                                          非支配
                   注記                             資本合計
                                           持分
                                     合計
                      在外営業活動
                              合計
                      体の換算差額
     当期首残高                     831      241     111,094       15,711      126,806
      四半期利益
                                 -    100,140        147     100,288
      その他の包括利益                    991      7,125      7,125             7,125
     四半期包括利益合計                     991      7,125      107,266        147     107,414
      非支配持分との取引等                           -      -      23      23
      配当金              6             -    △ 6,556            △ 6,556
      連結子会社の売却による減少
                                233      296    △ 15,609      △ 15,313
      その他                           -      13             13
     所有者との取引合計                      -      233     △ 6,246     △ 15,586      △ 21,832
     当四半期末残高
                         1,822      7,600      212,113        273     212,387
                                17/37







                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                            注記     (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                  至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          1,446              2,020
      税引前四半期利益
                                          1,157             147,197
      非継続事業からの税引前四半期利益                      11
      利益に対する調整項目
                                          1,268              1,489
       減価償却費及び償却費
                                            5              12
       固定資産に係る損益(△は益)
       子会社株式売却損益(△は益)                                    △ 9          △ 100,726
       投資有価証券評価損益(△は益)                                     -           △ 46,108
       金融収益                                   △ 114             △ 930
                                          1,019               411
       金融費用
                                           114              179
       持分法による投資損益(△は益)
                                           △ 22            △ 1,180
       その他
                                          2,261
       利益に対する調整項目合計                                               △ 146,854
       小計                                   4,865              2,363
      営業活動に係る資産・負債の増減
       売上債権及びその他の債権の増減額
                                                         4,208
                                         △ 1,270
       (△は増加)
                                           159
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                                △ 1,674
       仕入債務及びその他の債務の増減額
                                           708
                                                        △ 1,474
       (△は減少)
                                                          177
                                          △ 134
       その他
                                                         1,237
       営業活動に係る資産・負債の増減合計                                   △ 537
      小計                                    4,328              3,601
                                            20              18
      利息及び配当金の受取額
      利息の支払額                                    △ 234             △ 453
                                         △ 2,071              △ 383
      法人所得税費用の支払額及び還付額
                                          2,043              2,781
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      有形固定資産の取得による支出                                    △ 251             △ 355
                                            0              0
      有形固定資産の売却による収入
      無形資産の取得による支出                                    △ 319             △ 400
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得に
                            13              △ 861               -
      よる支出
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却に
                                            9            96,200
                            13
      よる収入
      その他の金融資産の取得による支出                                    △ 259             △ 222
                                           635               91
      その他の金融資産の売却及び償還による収入
                                                          23
                                           △ 27
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                                  95,336
                                         △ 1,073
                                18/37





                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                            注記     (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                  至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          1,757               343
      短期借入れによる収入
      短期借入金の返済による支出                                   △ 16,000              △ 3,100
      長期借入金の返済による支出                                   △ 1,592             △ 4,404
      配当金の支払額                      6              △ 356            △ 6,556
      リース負債の返済による支出                                    △ 310             △ 256
                                           233               39
      子会社新株予約権の行使による収入
                                            2
      非支配持分との取引による収入                                                    -
                                           △ 0             △ 0
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 16,266             △ 13,934
                                           242              620

     現金及び現金同等物の為替変動による影響額
                                                        84,805
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 15,054
                                          69,596              38,141
     現金及び現金同等物の期首残高
                                          54,542              122,946
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                19/37














                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
      1.報告企業
         ノーリツ鋼機株式会社(以下「当社」という。)は、日本国に所在する株式会社であります。本要約四半期連結
        財務諸表は、当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)、並びに当社の関連会社に対する持分により構成
        されております。当社グループは、グローバルに通用する高い技術を活用したものづくり(部品・材料)事業、も
        のづくり(音響機器関連)事業を主に行っております。当第1四半期連結会計期間において、株式会社JMDC
        (以下「JMDC」という。)の一部株式譲渡により、医療情報に関する事業を非継続事業に分類しております。
        それに伴い、「ヘルスケア」セグメントを廃止いたしました。事業の詳細は、注記「4.事業セグメント」に記載
        しております。当社グループの2022年3月31日に終了する期間の要約四半期連結財務諸表は、2022年5月13日に取
        締役会によって承認されております。
      2.作成の基礎

        (1)  要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨の記載
          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
         (2007年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93
         条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
          要約四半期連結財務諸表は、年次連結財務諸表で要求されている全ての情報が含まれていないため、前連結会
         計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。
        (2)  測定の基礎

          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている特定の金融商品等を除き、取得原価を
         基礎として作成しております。
        (3)  機能通貨及び表示通貨

          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、特に注釈の
         ない限り、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。
        (4)  重要な会計上の見積り及び判断の利用

          要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告
         額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行うことが要求されております。実際の業績はこれらの見積り
         とは異なる場合があります。見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの見
         直しによる影響は、その見積りを見直した会計期間及び将来の会計期間において認識しております。
          要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える会計上の見積り及びその基礎となる仮定並びに判断項目
         は、前連結会計年度の連結財務諸表と同様であります。
      3.重要な会計方針

         当社グループが要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務諸
        表において適用した会計方針と同一であります。
         なお、当第1四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積平均年次実効税率を用いて算定しております。
                                20/37







                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      4.事業セグメント
        (1)  報告セグメントの概要
          当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最
         高経営意思決定機関である取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う
         対象となっているものであります。
          当社グループは販売体制を基礎とした業種別のセグメントから構成されており、「ものづくり(部品・材
         料)」、「ものづくり(音響機器関連)」、「その他」の業種を報告セグメントとしております。
          前連結会計年度まで、「ものづくり」、「ヘルスケア」の2つを報告セグメントとしておりましたが、「ヘル
         スケア」セグメントのうち医療情報に関する事業を担っていたJMDCの株式の一部を譲渡し連結の範囲から除
         外したことを機に、当第1四半期連結会計期間より、「ヘルスケア」セグメントを廃止し、「ものづくり」セグ
         メントの内訳であった「部品・材料」、「音響機器関連」また従来の「ヘルスケア」セグメントに属していた医
         療検査に関する事業はその重要性から「その他」とした、3つの報告セグメントに変更しております。
          なお、医療情報に関する事業を非継続事業に分類し、セグメント情報から控除しております。これに伴い、前
         第1四半期連結累計期間のセグメント情報については、非継続事業を除いた継続事業のみの金額に組替えて表示
         しております。
          各報告セグメントに属するサービスは下記のとおりであります。
     ものづくり(部品・材料)                ペン先部材・コスメ部材・金属部材等のものづくりに関する事業
     ものづくり(音響機器関連)                音響機器等のものづくりに関する事業

                     医療検査に関する事業
     その他
                      ・予防医療事業における研究開発・サービスの提供
        (2)  報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失の金額の算定方法

          報告セグメントの会計処理の方法は、要約四半期連結財務諸表と同一であります。
          セグメント利益の事業EBITDAは営業利益±その他の収益・費用+減価償却費及び償却費(使用権資産の減価償
         却費を除く)の計算式で算出しております。
                                21/37












                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
        (3)  報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失、及びその他の項目の金額に関する情報
          前第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                      要約四半期
                        ものづくり                        調整額     連結財務諸表
                                   その他       合計
                                                       計上額
                     部品・材料      音響機器関連
     売上収益
                       2,854       7,238        246     10,339             10,339
      外部顧客からの売上収益                                              -
      セグメント間の内部売上収益
                         -       -       -       -       -       -
      又は振替高
                       2,854       7,238        246     10,339             10,339
           合計                                        -
     セグメント利益
                        965      2,119        54     3,139             2,964
      事業EBITDA                                            △ 175
     営業利益への調整項目
                                                          273
      その他の収益                   -       -       -       -       -
      その他の費用                   -       -       -       -       -     △ 120
      減価償却費及び償却費                   -       -       -       -       -     △ 785
                                                         2,331
     営業利益                    -       -       -       -       -
      持分法による投資損益                   -       -       -       -       -     △ 114
                                                          107
      金融収益                   -       -       -       -       -
      金融費用                   -       -       -       -       -     △ 878
                                                         1,446
     税引前四半期利益                    -       -       -       -       -
    (注)1 事業EBITDAの調整額△175百万円は全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費でありま
          す。
        2 減価償却費及び償却費は、使用権資産の減価償却費を除いた金額です。
                                22/37











                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
          当第1四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                      要約四半期
                        ものづくり                        調整額     連結財務諸表
                                   その他       合計
                                                       計上額
                     部品・材料      音響機器関連
     売上収益
                       3,062      10,895        266     14,224             14,224
      外部顧客からの売上収益                                              -
      セグメント間の内部売上収益
                         -       -       -       -       -       -
      又は振替高
                       3,062      10,895        266     14,224             14,224
           合計                                        -
     セグメント利益
                        791      1,899        42     2,733             2,486
      事業EBITDA                                            △ 246
     営業利益への調整項目
                                                          360
      その他の収益                   -       -       -       -       -
      その他の費用                   -       -       -       -       -     △ 127
      減価償却費及び償却費                   -       -       -       -       -    △ 1,047
                                                         1,671
     営業利益                    -       -       -       -       -
      持分法による投資損益                   -       -       -       -       -     △ 179
                                                          930
      金融収益                   -       -       -       -       -
      金融費用                   -       -       -       -       -     △ 401
                                                         2,020
     税引前四半期利益                    -       -       -       -       -
    (注)1 事業EBITDAの調整額△246百万円は全社費用であり、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費でありま
          す。
        2 減価償却費及び償却費は、使用権資産の減価償却費を除いた金額です。
                                23/37











                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      5.金融商品の公正価値
        (1)  公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
          当社グループでは連結財政状態計算書において公正価値で測定した資産及び負債を、以下のとおりレベル1か
         らレベル3の階層に分類しています。
          レベル1:活発な市場における同一の資産・負債の未修正の相場価格
          レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外で、資産・負債に対して直接又は間接に観察可能なインプット
               で、以下を含みます。
              ・活発な市場における類似資産・負債の相場価格
              ・活発でない市場における同一又は類似の資産・負債の相場価格
              ・金融機関が提示する基準価格
              ・資産及び負債に関する相場価格以外の観察可能なインプット
              ・資産及び負債に関する相関関係その他の方法により観察可能な市場データから主に得られた、又は
               裏付けられたインプット
          レベル3:資産・負債に関する観察不能なインプット
        (2)  公正価値の算定方法

          金融商品の公正価値の算定方法は以下のとおりであります。
          株式

          ・取引所で取引されている株式は、取引所の相場価格を用いて評価しており、レベル1に分類しております。
          ・非上場株式は、1株当たり純資産額や類似会社との比較等により公正価値を測定しております。その評価に
           あたっては、投資先の将来の収益性の見通し及び当該投資に関するリスクに応じた割引率等のインプット情
           報を考慮しており、レベル3に分類しております。観察不能なインプットのうち主なものは、投資リスクに
           応じた割引率ですが、その変動による公正価値への影響は限定的です。
          債券

          ・社債等の債券は、償却原価にて測定されるものを除き、売買参考統計値、ブローカーによる提示相場等、利
           用可能な情報に基づく取引価格を使用して測定しているほか、リスクフリーレートや信用スプレッドを加味
           した割引率のインプットを用いて、割引キャッシュ・フロー法で測定しており、インプットの観察可能性及
           び重要性に応じてレベル2又はレベル3に分類しています。なお、観察不能なインプットのうち主なもの
           は、信用リスクに応じた割引率ですが、その変動による公正価値への影響は限定的です。
          投資信託及びその他の出資持分

          ・投資信託及び投資事業体への出資持分のうち、証券会社等の店頭で売買されるものは証券会社が公表する価
           額を用いて評価し、レベル2に分類しております。また、非上場株式や不動産を投資対象とした投資事業組
           合への出資は、投資に対する将来キャッシュ・フローの見込みや、直近に入手された外部の評価専門家によ
           る鑑定評価書を参照して公正価値を測定し、レベル3に分類しております。
          デリバティブ取引

          ・デリバティブ取引は、主に為替、金利及び現在入手可能な類似契約の相場価格を基に将来予想されるキャッ
           シュ・フローを現在価値に割引いて評価しており、主にレベル2に分類しております。
          貸付金

          ・貸付金の公正価値は、同一の残存期間で同条件の貸付を行う場合の金利に基づき、予測将来キャッシュ・フ
           ローを現在価値に割引くことにより算定し、レベル2に分類しております。なお、回収不能見込額は予測将
           来キャッシュ・フローから控除しております。
          借入金

          ・借入金の公正価値は、同一の残存期間で同条件の借入を行う場合の金利に基づき、予測将来キャッシュ・フ
           ローを現在価値に割り引くことにより算定し、レベル2に分類しております。
                                24/37




                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
        (3)  経常的に公正価値で測定される資産及び負債
          経常的に公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであります。
         前連結会計年度(2021年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計

     資産:

      FVTPLの金融資産
       その他の金融資産

        投資信託及びその他の投資事業
                              -         -         162         162
        体への出資持分
      FVTOCIの金融資産
       その他の金融資産

        債券                      -         -        1,394         1,394

        株式                      277          -        1,280         1,557

        出資持分                      -         -         77         77
             合計                 277          -        2,914         3,191

         当第1四半期連結会計期間(2022年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計

     資産:

      FVTOCIの金融資産
       その他の金融資産

        債券                      -         -        1,631         1,631

        株式                    60,146           -         960        61,106

        出資持分                      -         -         69         69
             合計                60,146           -        2,661         62,807

          前連結会計年度及び当第1四半期連結会計期間において、レベル1とレベル2の間に振替が行われた金融商品

         はありません。
                                25/37







                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
          経常的に公正価値で測定されるレベル3の資産及び負債の期首から期末までの変動は以下のとおりでありま
         す。
                                                    (単位:百万円)
                             前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                              (自 2021年1月1日                (自 2022年1月1日
                               至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     期首残高                                   3,517                2,914

     取得                                     7               200

     利得又は損失(△)
      純損益(注)                                     61                87

      その他の包括利益

       その他の包括利益を通じて測定する
                                         123                 39
       金融資産の公正価値の純変動
     売却又は償還                                   △488                  -
     連結除外                                     -               △580
     期末残高                                   3,220                2,661

     各期末に保有する金融資産に係る純損益の額に
                                          61                87
     含めた利得又は損失(△)(注)
    (注) 要約四半期連結損益計算書の「金融収益」及び「金融費用」に含まれております。
        (4)  償却原価で測定される金融商品

                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度                当第1四半期連結会計期間

                           (2021年12月31日)                  (2022年3月31日)
                         帳簿価額         公正価値         帳簿価額         公正価値

     償却原価で測定する金融資産:

      貸付金                        165                   3
      損失評価引当金                        -                  -

      差引                        165         165          3         3
     償却原価で測定する金融負債:

      借入金                      95,619         96,731         78,411         79,524
          なお、現金及び現金同等物、売上債権及びその他の債権、契約資産、6ヶ月定期預金、長期売上債権、差入保
         証金、その他の投資、仕入債務及びその他の債務、その他の金融負債は、公正価値が帳簿価額に近似しているた
         め、上記に含めておりません。
        (5)  評価プロセス

          当社において公正価値評価を実施する資産、負債については、適切な権限者に承認された公正価値測定に係る
         評価方法を含む評価方針及び手続きに従い、評価者が各対象資産、負債の評価方法を決定し、公正価値を測定し
         ております。一定金額を超える対象資産については外部の評価専門家を利用し、その評価結果は評価者がレ
         ビューしております。公正価値測定の結果は外部者評価結果を含め、適切な権限者がレビュー、承認しておりま
         す。
                                26/37




                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      6.配当金
         配当金の支払額は以下のとおりであります。
         前第1四半期連結累計期間 (自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2021年3月26日
                普通株式              356        10.00    2020年12月31日         2021年3月29日
     定時株主総会決議
         当第1四半期連結累計期間 (自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)

                        配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2022年3月24日
                普通株式             6,556         184.00     2021年12月31日         2022年3月25日
     定時株主総会決議
      7.のれん

         のれんの帳簿価額の期中増減は、以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                             ものづくり

                                            その他          合計
                         部品・材料         音響機器関連
        2021年12月31日                    19,490         26,930         19,706         66,127

         売却又は処分                      -         -      △19,706         △19,706

         換算差額                      -         482          -         482

        2022年3月31日                    19,490         27,413           -       46,903

         当第1四半期連結会計期間にPEAG,                 LLC  dba  JLab   Audioの企業結合に係る暫定的な金額の修正を行ったことによ
        り、2021年12月31日の帳簿価額は修正再表示しております。
      8.非金融資産の減損

         以下の減損損失を計上しております。
         なお、減損損失は要約四半期連結損益計算書の「その他の費用」に計上しております。
                                                    (単位:百万円)
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     株式会社プリメディカ

      ソフトウェア                                   -                  1
     その他セグメント計                                    -                  1

              合計                           -                  1

                                27/37






                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      9.売上収益
        (1)  収益の分解
         ① 顧客との契約及びその他の源泉から認識した収益
                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                   至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
     顧客との契約から認識した収益                                      10,339             14,224

     その他の源泉から認識した収益                                        -             -
                  合計                         10,339             14,224

         ② 分解した収益とセグメント収益の関連

                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                   至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
                部品・材料                           2,854             3,062
                音響機器関連                           7,238             10,895
     ものづくりセグメント
                       小計                   10,093             13,958
     その他                                       246             266
                  合計                         10,339             14,224

      一時点で移転する財又はサービス                                     10,238             14,054

      一定の期間にわたり移転する財又はサービス                                      101             169

     顧客との契約から認識した収益                                      10,339             14,224

     その他の源泉から認識した収益                                        -             -
      10.持分法による投資損益

         当社は、当第1四半期連結会計期間において、一部の持分法で会計処理されている投資において、市場価格の下
        落により減損の客観的な証拠が存在すると判断したため、当第1四半期連結累計期間において、減損損失を認識し
        ております。当該減損損失は、要約四半期連結損益計算書において「持分法による投資損益」に含めて表示してお
        ります。その内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2021年1月1日             (自 2022年1月1日
                                   至 2021年3月31日)             至 2022年3月31日)
     四半期利益の当社グループ持分                                      △114             △141

     減損損失                                        -            △38
                  合計                          △114             △179

                                28/37





                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      11.非継続事業
         2022年2月にJMDCの一部株式を譲渡したことにより、当社はものづくりを中心とした経営資源の集中を一段
        と進め、当社のグループ事業の状況を適切に反映するため、マネジメント・アプローチの視点により報告セグメン
        トを変更し、その結果、以下の事業について非継続事業に分類いたしました。
        会社名                   主な事業内容                        報告セグメント
                           医療データベースの開発・提供、医療ビッグ
        株式会社JMDC                                           ヘルスケア
                           データの分析
                           遠隔画像診断による放射線科業務支援サービス
        株式会社ドクターネット                                           ヘルスケア
                           の研究開発・販売
        エヌエスパートナーズ株式会社                   医療機関に対する経営コンサルテーション                        ヘルスケア
                           保険薬局向けレセプト処理システム等及び医薬
        株式会社ユニケソフトウェアリサーチ                                           ヘルスケア
                           品データベースの開発・販売
         また、ものづくりセグメントに属していた写真処理機器事業に関する清算中の子会社及び当社支店に係る損益を

        非継続事業として分類しております。
        (1)  報告セグメント

          ものづくりセグメント、ヘルスケアセグメント
        (2)  非継続事業の業績

          非継続事業の業績は以下のとおりであります。
        前第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                ものづくり          ヘルスケア            合計

     非継続事業の損益

      売上収益                                -         5,175          5,175
      売上原価、販売費及び一般管理費                                △0        △3,870          △3,870

      その他の収益                                 7          5          13

      その他の費用                                -         △26          △26
      営業利益                                 7        1,284          1,291

      金融収益                                -           6          6

      金融費用                                -         △141          △141
      税引前四半期利益                                 7        1,150          1,157

      法人所得税費用                                -         △401          △401
      非継続事業からの四半期利益                                 7         748          756

     非継続事業からの四半期利益の帰属:

      親会社の所有者                                 7         359          366
      非支配持分                                -          389          389
                                29/37





                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
        当第1四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                ものづくり          ヘルスケア            合計

     非継続事業の損益

      売上収益                                -         3,287          3,287
      売上原価、販売費及び一般管理費                                -       △2,890          △2,890

      その他の収益(注)                                 4       146,843          146,847

      その他の費用                                -         △36          △36
      営業利益                                 4       147,202          147,207

      金融収益                                -           0          0

      金融費用                                -          △9          △9
      税引前四半期利益                                 4       147,192          147,197

      法人所得税費用                                -       △48,194          △48,194
      非継続事業からの四半期利益                                 4       98,997          99,002

     非継続事業からの四半期利益の帰属:

      親会社の所有者                                 4       98,849          98,853
      非支配持分                                -          148          148
     (注)ヘルスケアセグメントに含まれておりましたJMDCの売却による売却益及び残存持分の評価益は、その他の収
         益に計上しており、その金額は以下のとおりです。
          その他の収益
           子会社株式売却益                    100,726    百万円
           投資有価証券評価益                     46,108   百万円
        (3)  非継続事業からのキャッシュ・フロー

          非継続事業からのキャッシュ・フローは以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                          前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                          (自 2021年1月1日                  (自 2022年1月1日
                           至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                 2,300                  1,616

     投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △926                  95,990
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △58                  △202
                                30/37







                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      12.1株当たり四半期利益
        (1)  基本的1株当たり四半期利益の算定上の基礎
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
     ①  親会社の普通株主に帰属する四半期利益
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                      1,263             100,140
     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万円)                                        -              -
     基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                           1,263             100,140
      四半期利益(百万円)
      継続事業                                       896             1,287
      非継続事業                                       366            98,853
     ②  期中平均普通株式数
     期中平均普通株式数(株)                                    35,613,700              35,633,987
     ③  基本的1株当たり四半期利益
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                      35.48            2,810.25
      継続事業                                      25.18              36.12
      非継続事業                                      10.30            2,774.13
        (2)  希薄化後1株当たり四半期利益の算定上の基礎

                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
     ①  希薄化後の普通株主に帰属する四半期利益
     基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                           1,263             100,140
      四半期利益(百万円)
     四半期利益調整額(百万円)                                       △30              △3
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する四半期
                                           1,232             100,136
      利益(百万円)
      継続事業                                       896             1,286
      非継続事業                                       336            98,849
     ②  希薄化後の期中平均普通株式数
     期中平均普通株式数(株)                                    35,613,700              35,633,987
     新株予約権による普通株式増加数(株)                                        -              -
     希薄化後の期中平均普通株式数(株)                                    35,613,700              35,633,987
     ③  希薄化後1株当たり四半期利益
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                      34.62            2,810.15
      継続事業                                      25.18              36.11
      非継続事業                                       9.44            2,774.04
                                 当社及び子会社が発行する              当社及び子会社が発行する
                                 新株予約権の一部について              新株予約権の一部について
      希薄化効果を有しないため、希薄化後1株当たり四半期                           は、希薄化効果を有してい              は、希薄化効果を有してい
      利益の算定に含めなかった潜在株式の概要                           ないため、希薄化後1株当              ないため、希薄化後1株当
                                 たり四半期利益の算定に含              たり四半期利益の算定に含
                                 めておりません。              めておりません。
                                31/37



                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      13.キャッシュ・フロー情報
        (1)  子会社の取得による収支
          株式の取得により新たに子会社になった会社に関する支配獲得時の資産及び負債並びに支払対価と取得による
         収支の関係は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                            (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     取得資産                                   872                  -

     引受負債                                  △707                   -

     取得した子会社の純資産                                   164                  -

     のれん                                  1,291                   -

     支払対価                                  △895                   -

     取得資産のうち、現金及び現金同等物                                    34                 -

     子会社の取得による支出                                  △861                   -

        (2)  子会社の支配喪失による収支

          子会社でなくなった会社に関する支配喪失時の資産及び負債並びに受取対価と支配喪失による収支の関係は以
         下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自 2021年1月1日                 (自 2022年1月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     支配喪失時の資産                                    60               82,112

     支配喪失時の負債                                   △48               △43,348

     支配喪失した子会社の純資産                                    11               38,763

     受取対価                                    22               111,864

     支配喪失時の資産のうち、
                                        △12               △15,663
     現金及び現金同等物
     子会社の支配喪失による収入                                    9               96,200
                                32/37









                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      14.企業結合
        前第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
         重要な企業結合はありません。
        当第1四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)

         重要な企業結合はありません。
         企業結合に係る暫定的な金額の修正

         (PEAG,    LLC  dba  JLab   Audioの持分取得)
           2021年5月6日に行われたPEAG,                LLC  dba  JLab   Audioの持分取得について、前連結会計年度において取得対
          価の配分が完了していないため、暫定的な会計処理を行っておりましたが、当第1四半期連結会計期間におい
          て暫定的な金額の修正を行っております。
           この暫定的な金額の修正に伴い、取得対価の当初配分額に重要な見直しがなされており、主に無形資産が
          718百万円増加し、非流動資産が205百万円減少した結果、のれんが534百万円減少しております。
           修正後の内訳は、以下のとおりであります。
          (1)  企業結合日に受け入れた資産及び負債の公正価値、並びにのれん

                            (単位:百万円)
                                金額
          資産
           流動資産                      9,095
            現金及び現金同等物                       1
            売上債権及びその他の債権                     2,982
            棚卸資産                     5,536
            上記以外の流動資産                      574
           非流動資産                     26,001
            商標                     4,087
            顧客との関係                    20,921
            上記以外の無形資産                      783
            上記以外の非流動資産                      209
          資産合計                      35,096
          負債
           流動負債                      1,530
            仕入債務及びその他の債務                     1,210
            上記以外の流動負債                      320
           非流動負債                      6,861
            借入金                     6,851
            上記以外の非流動負債                      10
          負債合計                       8,392
          のれん                       7,157
            のれんは、主に期待される将来の超過収益力の合理的な見積りのうち、個別の資産として認識されなかっ

           たものであります。なお、税務上損金算入可能と見込まれるのれんの総額は32,224百万円であります。
          (2)  取得した債権の公正価値、契約上の未収金額及び回収不能見込額

            取得した債権の公正価値2,982百万円について、契約金額の総額は3,352百万円であり、回収不能見込額は
           369百万円であります。
                                33/37





                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
      15.後発事象
         該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                34/37



















                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                35/37




















                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年5月13日

    ノーリツ鋼機株式会社
      取締役会 御中
                           PwCあらた有限責任監査法人

                           東京事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             戸田 栄
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             井上 裕之
                            業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているノーリツ鋼機株
    式会社の2022年1月1日から2022年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2022年1月1日から2022年
    3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸
    表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半
    期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、様
    式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、ノーリツ鋼機
    株式会社及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成
    績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかっ
    た。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の
    責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を
    入手したと判断している。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するこ
    とにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成する
    ことが適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事項を
    開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                36/37





                                                          EDINET提出書類
                                                     ノーリツ鋼機株式会社(E02322)
                                                            四半期報告書
    要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約四
    半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
      手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施さ
      れる年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
      られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号「財務
      諸表の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。ま
      た、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半期連結財
      務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事項が適切で
      ない場合は、要約四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
      の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企
      業として存続できなくなる可能性がある。
     ・要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じさせ
      る事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及び内
      容、並びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認めら
      れないかどうかを評価する。
     ・要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。
      監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、
      単独で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以  上
     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                37/37









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク