ステート・ストリート世界厳選成長株ファンド(FW専用) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 ステート・ストリート世界厳選成長株ファンド(FW専用)
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                        有価証券届出書

    【提出先】                        関東財務局長

    【提出日】                        2022年5月13日

    【発行者名】                        ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株

                             式会社
    【代表者の役職氏名】                        代表取締役社長 髙村 孝

    【本店の所在の場所】                        東京都港区虎ノ門一丁目23番1号

    【事務連絡者氏名】                        菅野 真人

    【電話番号】                        03-4530-7171

    【届出の対象とした募集(売出)内国投資                        ステート・ストリート世界厳選成長株ファンド(FW専

                             用)
     信託受益証券に係るファンドの名称】
    【届出の対象とした募集(売出)内国投資                        当初申込期間 999万円を上限とします。

                             継続申込期間 1兆円を上限とします。
     信託受益証券の金額】
    【縦覧に供する場所】                        該当事項はありません。

                                 1/78











                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】

       ステート・ストリート世界厳選成長株ファンド(FW専用)
       (以下「当ファンド」または「ファンド」といいます。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託の受益権です。
       当初元本は1口当たり1円です。
       委託会社の依頼により、信用格付業者から提供もしくは閲覧に供された信用格付、または信用格
       付業者から提供もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       当ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規

       定の適用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)                           振替機関に関する事項」に記載の振替機関及び
       当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関
       を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定
       まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」
       といいます。)。当ファンドの委託会社であるステート・ストリート・グローバル・アドバイ
       ザーズ株式会社(以下「委託会社」といいます。)は、やむを得ない事情等がある場合を除き、
       当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の
       形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

       ① 当初申込期間 999万円を上限とします。
       ② 継続申込期間 1兆円を上限とします。
    (4)【発行(売出)価格】

       ① 当初申込期間
          1口当たり1円とします。
       ② 継続申込期間
                              ※
          取得申込受付日の翌営業日の基準価額                     とします。
          なお、継続申込期間においては、原則として販売会社の毎営業日の午後3時までに受付けた
          ものを当日の受付分として取り扱います。この時刻を過ぎて行われる申込みは、翌営業日の
          取扱いとなります。また、お申込日が米国の証券取引所または銀行の休業日に当たる場合
          は、原則としてお申込みできません。
          収益分配金の再投資を行う場合は、原則として各計算期間終了日の基準価額とします。
          ※基準価額とは、信託財産の純資産総額を受益権総口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおい
           ては1万口当たりの価額で表示されます。
          基準価額は、販売会社(後記「(8)申込取扱場所」をご参照ください。)にてご確認いた
          だけるほか、原則として翌日付の日本経済新聞朝刊の証券欄「オープン基準価格」の紙面
          に、「世厳成FW」として掲載されます。
          委託会社に対する照会は下記においてできます。
          <照会先>
           ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
           電話番号 03-4530-7333
        (受付時間:原則として委託会社の営業日午前9時~午後5時)
           ホームページアドレス:www.ssga.com/jp
                                 2/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (5)【申込手数料】

       申込手数料はありません。
    (6)【申込単位】

       申込単位は、販売会社が定める単位とします。詳細については、販売会社にお問い合わせくださ
       い。
    (7)【申込期間】

       ① 当初申込期間 2022年5月30日
       ② 継続申込期間 2022年5月31日から2023年6月9日まで
       ※継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】

       販売会社において申込みを取り扱います。
       販売会社の詳細については、前記「(4)発行(売出)価格」に記載の<照会先>までお問い合
       わせください。
    (9)【払込期日】

      ① 当初申込期間
        当初設定にかかる発行価額の総額は、販売会社により当初設定日(2022年5月31日)に、委託会
        社の指定する口座を経由して、当ファンドの受託会社である三井住友信託銀行株式会社(以下
        「受託会社」といいます。)の指定するファンド口座に払い込まれます。
      ② 継続申込期間
        当ファンドの受益権の取得申込者は、販売会社が定める期日(詳細については、販売会社にお
        問い合わせください。)までに、取得申込代金を販売会社に支払うものとします。
        各取得申込日の発行価額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日に、委託会社の
        指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

       申込みを受付けた販売会社とします(前記「(8)申込取扱場所」をご参照ください。)。
    (11)【振替機関に関する事項】

       ファンドの受益権の振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
    (12)【その他】

      ① 申込証拠金
        該当事項はありません。
      ② 本邦以外の地域での発行
        該当事項はありません。
      ③ 振替受益権について
        ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記
        載の振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
        ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事項」
        に記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        (参考)

        ◆投資信託振替制度とは
                                 3/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
          ・ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といい
           ます。)への記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されません。
                                 4/78



















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

      1【ファンドの性格】
     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
       ① 当ファンドは、中長期的な観点から、運用財産の成長を目指して運用を行います。
       ② 委託会社は、受託会社と合意のうえ、1兆円を限度として信託金を追加できるものとします。
          また委託会社は、受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
       ③ 当ファンドが該当する商品分類、属性区分は次の通りです。
    商品分類表

         単位型・追加型                   投資対象地域                   投資対象資産
                                               (収益の源泉)
                              国   内                  株  式
                                                  債  券
            単位型
                              海   外
                                                不動産投信
            追加型                                    その他資産
                              内   外
                                                 資産複合
    (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
    ■ 当ファンドが該当する商品分類

         項目          該当する商品分類                          内容
                               一度設定されたファンドであってもその後追加設定が
      単位型・追加型                追加型          行われ従来の信託財産とともに運用されるファンドを
                               いいます。
                               目論見書又は信託約款において、組入資産による主た
      投資対象地域                内外         る投資収益が実質的に国内及び海外の資産を源泉とす
                               る旨の記載があるものをいいます。
                               目論見書又は信託約款において、組入資産による主た
      投資対象資産
                      株式         る投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があ
      (収益の源泉)
                               るものをいいます。
     属性区分表

         投資対象資産             決算頻度        投資対象地域            投資形態          為替ヘッジ
                     年  1回
     株式                        グローバル
      一般                        (日本を含む)
                     年  2回
      大型株                        日本
      中小型株
                     年  4回
                             北米
                                          ファミリー
     債券
                                          ファンド            あり
                     年  6回
      一般                        欧州
                                                    (フルヘッジ)
      国債                  (隔月)
      社債                        アジア
      その他債券                年12回
      クレジット属性                (毎月)        オセアニア
      (       )
                     日々        中南米
                                 5/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       ファンド・オブ・               なし
     不動産投信
                                       ファンズ
                     その他        アフリカ
                      (    )
     その他資産
     (投資信託証券
                             中近東
     (株式    一般))
                             (中東)
     資産複合

      資産配分固定型                       エマージング
      資産配分変動型
    ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの有無を記載しております。
    (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
    ■ 当ファンドが該当する属性区分

        項目        該当する属性区分                          内容
                  その他資産
                            目論見書又は信託約款において、株式、債券、不動産投資
                 (投資信託証券
      投資対象資産                      以外の資産に投資する旨の記載があるものをいい、括弧内
                (株式    一般))
                            の記載は、組入資産を表します。
                            目論見書又は信託約款において、年1回決算する旨の記載
       決算頻度             年1回
                            があるものをいいます。
                            目論見書又は信託約款において、組入資産による投資収益
                  グローバル
      投資対象地域                      が世界の資産(日本を含む)を源泉とする旨の記載がある
                 (日本を含む)
                            ものをいいます。
                            目論見書又は信託約款において、親投資信託(ファンド・
       投資形態        ファミリーファンド            オブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対
                            象として投資するものをいいます。
                            目論見書又は信託約款において、為替のヘッジを行なわな
      為替ヘッジ             なし        い旨の記載があるもの又は為替のヘッジを行う旨の記載が
                            ないものをいいます。
    ※商品分類、属性区分は、一般社団法人投資信託協会「商品分類に関する指針」に基づき記載しています。商品分類、属
     性区分の全体的な定義等は一般社団法人投資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)をご覧くださ
     い。
                                 6/78








                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ④ ファンドの特色

                                 7/78




















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 8/78





















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】



















                                 9/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        2022年5月31日 信託契約締結、設定、運用開始(予定)
     (3)【ファンドの仕組み】

        ① 当ファンドは、ファミリーファンド方式により運用を行います。「ファミリーファンド方
           式」とは、投資者からの資金をまとめてベビーファンド(当ファンド)とし、その資金を
           マザーファンドの受益証券に投資して、その実質的な運用を行う仕組みです。また、マ
           ザーファンドの損益はすべてベビーファンドに還元されます。
        ② ファンドの関係法人



         ファンドの関係法人は以下のとおりです。
           1)  ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
             委託会社は、信託財産の運用指図、目論見書および運用報告書の作成等を行います。
           2)  ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・トラスト・カンパニー(以下
             「投資顧問会社」といいます。)
             投資顧問会社は、委託会社から運用指図に関する権限の委託を受けて、マザーファンド
             における運用指図等を行います。
           3)  三井住友信託銀行株式会社
             (再信託受託会社:株式会社日本カストディ銀行)
             受託会社は、信託財産の管理業務、信託財産の計算等を行います。また、信託事務の一
             部につき、株式会社日本カストディ銀行と再信託契約を締結し、これを委託することが
             あります。
           4)  販売会社
             販売会社は、受益権の募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求の受付けならびに収
             益分配金、一部解約代金および償還金の支払い等を行います。
                                10/78








                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ※1 証券投資信託契約














       委託会社、受託会社および受益者に関する事項、委託会社および受託会社としての業務に関する事項、受益
       権に関する事項、信託の元本、収益の管理および運営に関する事項等が定められます。
       なお、ファンドは、委託会社と受託会社とが証券投資信託契約を締結することにより成立します。証券投資
       信託契約は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づき、あらかじめ監督官庁に届け出た信託約款の
       内容に基づいて締結されます。
    ※2 運用指図に関する権限の委託契約

       マザーファンドにおける運用指図に関する権限を投資顧問会社に委託する範囲等が定められます。
    ※3 証券投資信託受益権の募集および販売の取扱いに関する契約

       販売会社の募集の取扱い、換金の取扱い、償還金の支払いの取扱いに係る事務の内容等が定められます。
      ③  委託会社の概況(本書提出日現在)

       1)  資本金の額
                                11/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         3億1千万円
       2)  沿革
          1998年    2 月25日       ステート・ストリート投資顧問株式会社                      設立
          1998年    3 月31日       投資顧問業の登録
          1998年    8 月28日       ステート・ストリート投信投資顧問株式会社に商号変更
          1998年    9 月30日       投資一任契約に係る業務の認可
          1998年    9 月30日       証券投資信託の委託会社としての認可取得
          2007  年  9 月30日       金融商品取引業者の登録(登録番号:関東財務局長(金商)第345号)
          2008  年  7 月  1日     ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社に
                      商号変更
       3)  大株主の状況
            氏名又は名称                     住所            所有株式数       所有比率
       ステート・ストリート・グロー
                         東京都港区虎ノ門一丁目23番1号
       バル・アドバイザーズ・ジャパ                                       6,200株       100%
                         虎ノ門ヒルズ森タワー
       ン・ホールディングス合同会社
    2【投資方針】

     (1)【投資方針】
       当ファンドは、中長期的な観点から、運用財産の成長を目指して運用を行います。
        ①  ステート・ストリート世界厳選成長株マザーファンド(以下「マザーファンド」といいま
          す。)受益証券への投資を通じて、主として、世界各国の株式の中から、クオリティが高
          く、イノベーションにより持続可能な成長が期待できる銘柄に投資します。
        ②  マザーファンドにおいて、委託会社は運用の指図に関する権限の一部を次の者に委託しま
          す。
          商号:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・トラスト・カンパニー
          所在地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市
        ③  マザーファンド受益証券への投資比率は、原則として高位を維持します。
        ④  実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
        ⑤  資金動向、市況動向の急激な変化が生じたとき等、やむを得ない事情が発生した場合は、上
          記のような運用ができない場合があります。
     (2)【投資対象】

      ①  投資の対象とする資産の種類
        当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
         1)次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条
           に掲げるものをいいます。以下同じ。)
           (a)有価証券
           (b)デリバティブ取引に係る権利
           (c)金銭債権
           (d)約束手形
         2)次に掲げる特定資産以外の資産
           (a)為替手形
      ②  投資対象とする有価証券の指図範囲等
        委託会社は、信託金を、主としてステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
        を委託会社とし、三井住友信託銀行株式会社を受託会社として締結されたステート・ストリート
        世界厳選成長株マザーファンド(以下「マザーファンド」といいます。)の受益証券(以下「マ
        ザーファンド受益証券」といいます。)および次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定
                                12/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図しま
        す。
        1)  株券または新株引受権証書
        2)  国債証券
        3)  地方債証券
        4)  特別の法律により法人の発行する債券
        5)  社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引
          受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
        6)  特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
          す。)
        7)  特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定
          めるものをいいます。)
        8)  協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいい
          ます。)
        9)  特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法
          第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
        10)  コマーシャル・ペーパーおよび短期社債等
        11)  新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)お
          よび新株予約権証券
        12)  外国または外国の者の発行する証券または証書で、1)から11)までの証券または証書の性質
          を有するもの
        13)  投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
          いいます。)
        14)  投資証券、新投資口予約権証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法
          第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)
        15)  外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        16)  オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
          い、有価証券に係るものに限ります。)
        17)  預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        18)  外国法人が発行する譲渡性預金証書
        19)  貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
          受益証券に表示されるべきもの
        20)  外国の者に対する権利で19)の有価証券の性質を有するもの。
        21)  指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
          受益証券に限ります。)
        22)  抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        なお、1)の証券または証書、12)および17)の証券または証書のうち1)の証券または証書の性質を
        有するものを以下「株式」といい、2)から6)までの証券、12)および17)の証券または証書のうち
        2)から6)までの証券の性質を有するものならびに14)の証券のうち、投資法人債券および外国投
        資証券で投資法人債券に類する証券を以下「公社債」といい、13)および14)の証券(投資法人債
        券および新投資口予約権証券ならびに外国投資証券で投資法人債券に類する証券を除きます。)
        を以下「投資信託証券」といいます。
      ③  委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品により運用するこ
        とを指図することができます。
        1)  預金
        2)  指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
          す。)
                                13/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        3)  コール・ローン
        4)  手形割引市場において売買される手形
      ④  上記②の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委
        託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、上記③に掲げる金融商品により
        運用することの指図ができます。
      ⑤  委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託証券
        (取引所に上場等され、かつ当該取引所において常時売却可能(市場急変等により一時的に流動
        性が低下している場合を除きます。)な投資信託証券をいいます。以下同じ。)を除きます。)
        の時価総額とマザーファンドの信託財産に属する投資信託証券(上場投資信託証券を除きま
        す。)の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の
        100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
      ⑥  上記⑤において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンド受益証券
        の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める投資信託証券(上場投資信託証券
        を除きます。)の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
                                14/78















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用体制】

       委託会社において、運用部の各ファンド担当者がそのポートフォリオ管理・運用を行っています。












       運用モデル/プロセスは基本的に、グループ会社、ステート・ストリート・グローバル・アドバイ
       ザーズ・トラスト・カンパニー(所在地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市)を中心
       とした各運用戦略グループ全体で共通のものを使用し、またモデルの改善、運用パフォーマンス、市
       場環境に関する情報などについて海外運用拠点と十分なコミュニケーションをとることによって、
       質の高い運用サービスの提供を目指しています。
       ファンド担当者は、いずれも国内外の有価証券市場に精通した経験豊富な投資運用の専門家であ
       り、資産クラス・運用戦略ごとの運用チームに配置されています。また、チーム・アプローチに
       よって運用を行うため、特定の担当者に依存することない安定した運用体制となっています。
       運用の報告は、投資政策委員会に対してなされます。投資政策委員会は、チーフ・インベストメン
       ト・オフィサー、各運用戦略責任者、業務部の代表等により構成されています。投資政策委員会に
       おいては、各ファンドのパフォーマンス、ガイドラインに対する適合性、同一戦略のファンド間での
       パフォーマンスの乖離状況等の報告を受けます。
       グローバルには、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)のグローバル組織
       である運用リスク・マネジメント・チームが、ポートフォリオの運用リスクモニタリングを定期的に
       行っています。当チームは運用チームとは独立した組織で、SSGAグローバルのチーフ・リスク・オ
       フィサーに直接報告を行っており、ポートフォリオが顧客のガイドラインや運用戦略に即したリス
                                15/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       クをとっているか、また目標リターンに見合ったリスクをとっているか、リスクに対する寄与が意
       図したエクスポージャーによるものか否か等、運用戦略の中身に実質的にフォーカスしたかたちで
       モ ニタリングを行い、その結果は継続的に運用担当チームにフィードバックされています。
       当チームが行った戦略代表口座の分析結果は、インベストメント・コミッティ(グローバル)およ
       びグローバルの運用戦略責任者によってレビューされています。
       なお、当ファンドにおいては、投資対象であるマザーファンドにおける運用指図に関する権限の一
       部を投資顧問会社であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・トラスト・カンパ
       ニーに委託しています。
        上記運用体制は本書提出日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

     (4)【分配方針】

       収益分配方針
        毎決算時(原則として毎年3月10日。ただし、該当日が休日の場合は翌営業日)に、原則として
        次のとおり収益分配を行う方針です。
       ①  分配対象額は経費控除後の利子、配当収入および売買益(評価益を含みます。)等の範囲内と
        します。
       ②  分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対象
        金額が少額の場合には分配を行わないことがあります。
       ③  留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運
        用を行います。
       なお、上記は収益分配方針であり、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するもので
       はありません。
       <収益分配金に関する留意事項>

        ・分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払
         われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
        ・分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)
         を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて
         下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益
         率を示すものではありません。
        ・投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部又は全部が、実質的には元本の一部払
         戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の
         値上がりが小さかった場合も同様です。
     (5)【投資制限】

       ①  信託約款の「運用の基本方針」に定める投資制限
        1)  マザーファンド受益証券の投資割合には制限を設けません。
        2)  株式の実質投資割合には制限を設けません。
        3)  投資信託証券(マザーファンド受益証券および上場投資信託証券を除く。)の実質投資割合
          は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
        4)  外貨建資産の実質投資割合には制限を設けません。
        5)  デリバティブ取引は、約款に定める範囲で行います。
        6)  一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資
          産総額を超えることとなるデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引をいいま
          す。)の利用は行いません。
                                16/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        7)  一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エ
          クスポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比
          率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
          なっ  た場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
       ②  信託約款上のその他の投資制限
        1)  投資する株式等の範囲
          委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引所
          に上場されている株式の発行会社の発行するもの、または取引所に準ずる市場において取引
          されている株式の発行会社の発行するもの(上場予定または登録予定の株式、新株引受権証
          券および新株予約権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるもの
          を含みます。)とします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新株
          引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。
        2)  信用取引の指図範囲
          (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付ける
            ことの指図をすることができます。なお、当該売り付けの決済については、株券の引き
            渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
          (b)  上記(a)の信用取引の指図にあたっては、当該売り付けに係る建玉の時価総額とマザー
            ファンドの信託財産に属する当該売り付けに係る建玉のうち信託財産に属するとみなし
            た額との合計額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
          (c)  信託財産の一部解約等の事由により、上記(b)の売り付けに係る建玉の時価総額が信託財
            産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に
            相当する売り付けの一部を決済するための指図をするものとします。
          (d)  上記(b)においてマザーファンドの信託財産に属する当該売り付けに係る建玉のうち信託
            財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額
            にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める当該売り付けに係る建玉の時価総額
            の割合を乗じて得た額をいいます。
          (e)  委託会社は、上記(a)の取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたと
            きは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        3)  先物取引等の運用指図
          (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所にお
            ける有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいま
            す。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものを
            いいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲
            げるものをいいます。)ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行
            うことの指図をすることができます。なお、選択権取引はオプション取引に含めるもの
            とします(以下同じ。)。
          (b)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所にお
            ける通貨に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所における通貨に係
            る先物取引およびオプション取引を行うことの指図をすることができます。
          (c)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の取引所にお
            ける金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所におけるこれらの
            取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。
        4)  スワップ取引の運用指図
          (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異
            なった受取り金利または異なった受取り金利とその元本を一定の条件のもとに交換する
            取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができます。
                                17/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (b)  スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期間が、原則として約款第3条に定め
            る信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約可
            能なものについてはこの限りではありません。
          (c)  スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額
            とマザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち当該信託財産
            に属するとみなした額との合計額(以下「スワップ取引の想定元本の合計額」といいま
            す。)が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約
            等の事由により、上記純資産総額が減少してスワップ取引の想定元本の合計額が信託財
            産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に
            相当するスワップ取引の一部解約を指図するものとします。
          (d)  上記(c)においてマザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち
            信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の
            想定元本の総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマ
            ザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
          (e)  スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算定した価額
            で評価するものとします。
          (f)  委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたと
            きは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        5)  金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図
          (a)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および
            為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
          (b)  金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則とし
            て信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が
            可能なものについてはこの限りではありません。
          (c)  金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等を
            もとに算定した価額で評価するものとします。
          (d)  委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入
            れが必要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        6)  有価証券の貸付の指図および範囲
          (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社
            債を次の各号の範囲内で貸付けの指図をすることができます。
            1. 株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する
              株式の時価合計額を超えないものとします。
            2. 公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産
              で保有する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
          (b)  上記(a)に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超え
            る額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
          (c)  委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行
            うものとします。
        7)  公社債の空売りの指図範囲
          (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託
            財産に属さない公社債を売り付けることの指図をすることができます。なお、当該売り
            付けの決済については、公社債(信託財産により借り入れた公社債を含みます。)の引
            渡しまたは買戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
          (b)  上記(a)の売り付けの指図にあたっては、当該売り付けに係る公社債の時価総額が信託財
            産の純資産総額の範囲内とします。
                                18/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (c)  信託財産の一部解約等の事由により、上記(b)の売り付けに係る公社債の時価総額が信託
            財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額
            に相当する売り付けの一部を決済するための指図をするものとします。
        8)  公社債の借入れ
          (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすること
            ができます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたとき
            は、担保の提供の指図を行うものとします。
          (b)  上記(a)の指図にあたっては、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総
            額の範囲内とします。
          (c)  信託財産の一部解約等の事由により、上記(b)の借入れに係る公社債の時価総額が信託財
            産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に
            相当する借り入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
          (d)  上記(a)の借入れに係る品借料は信託財産中から支弁します。
        9)  特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
          外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認めら
          れる場合には、制約されることがあります。
        10)  外国為替予約取引の指図および範囲
          (a)  委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、ならびに信託財産の為替変動リス
            クを回避するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
          (b)  上記(a)の予約取引の指図は、原則として信託財産に係る為替の買予約とマザーファンド
            の信託財産に係る為替の買予約のうち信託財産に属するとみなした額との合計額と信託
            財産に係る為替の売予約とマザーファンドの信託財産に係る為替の売予約のうち信託財
            産に属するとみなした額との合計額との差額につき円換算した額が、信託財産の純資産
            総額の範囲内とします。ただし、信託財産に属する外貨建資産の額とマザーファンドの
            信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした額との合計額の為替変
            動リスクを回避するための当該予約取引の指図については、この限りではありません。
          (c)  上記(b)の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内にその超える
            額に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をする
            ものとします。
          (d)  上記(b)においてマザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属する
            とみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの時価相当額にマザーファンドの
            信託財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいま
            す。また、上記(b)においてマザーファンドの信託財産に係る為替の買予約のうち信託財
            産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産に係る為替の買予約の総額に
            マザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンドの時
            価総額の割合を乗じて得た額をいい、マザーファンドの信託財産に係る為替の売予約の
            うち信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産に係る為替の売予
            約の総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザー
            ファンドの時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
       ③  法令に基づく投資制限
        1)  同一法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
          委託会社は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投
          資信託につき、信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数(株主総会において決
          議をすることができる事項の全部につき議決権を行使することができない株式についての議
          決権を除き、会社法第879条第3項の規定により議決権を有するものとみなされる株式につ
          いての議決権を含みます。)が、当該株式にかかる議決権の総数に100分の50を乗じて得た
                                19/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          数を超えることとなる場合においては、信託財産をもって当該株式を取得することを受託会
          社に指図することが禁じられています。
        2)  デリバティブ取引にかかる投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第
          8号)
          委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標
          にかかる変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が
          定めた合理的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合に
          おいて、デリバティブ取引(新株予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書
          にかかる取引および選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続することを受託会
          社に指図しないものとします。
    (参考)「ステート・ストリート世界厳選成長株マザーファンド」の概要

     当ファンドが主たる投資対象とする「ステート・ストリート世界厳選成長株マザーファンド」の概要

     は、以下の通りです。
     (1)  投資方針
        この投資信託は、中長期的な観点から、運用財産の成長を目指して運用を行います。
        日本を含む世界各国の金融商品取引所等に上場(上場予定を含みます。)している株式(預託証
        書(DR)を含みます。)を主要投資対象とします。
        ①  主として、世界各国の株式の中から、クオリティが高く、イノベーションにより持続可能な
          成長が期待できる銘柄に投資します。
        ②  ポートフォリオの構築においては、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
          (以下、SSGA)が独自に評価している銘柄確信度(CQ)を用いて投資ユニバースの各銘柄ご
          とにスコアリングするとともに、アナリストによる徹底した定性分析を用いて、相対的に持
          続成長性が高く、割安と判断したクオリティが高い銘柄を特定します。さらに、特定した銘
          柄の中からSSGAが独自に算出したイノベーティブ・スコアおよびアナリストによるイノベー
          ションに関する定性評価を用いて、イノベーションにより持続可能な成長が期待できる銘柄
          を特定していきます。
        ③  委託会社は運用の指図に関する権限の一部を次の者に委託します。
          商号:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・トラスト・カンパニー
          所在地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市
        ④  株式の組入比率は、原則として高位を維持します。
        ⑤  外貨建資産については原則として為替ヘッジを行いません。
        ⑥  資金動向、市況動向の急激な変化が生じたとき等、やむを得ない事情が発生した場合は、上
          記のような運用ができない場合があります。
     (2)  投資対象
        ①  投資の対象とする資産の種類
          この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
         1)次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条
           に掲げるものをいいます。以下同じ。)
           (a)有価証券
           (b)デリバティブ取引に係る権利
           (c)金銭債権
           (d)約束手形
         2)次に掲げる特定資産以外の資産
           (a)為替手形
        ②  投資の対象とする有価証券の指図範囲等
          委託会社は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有
          価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
                                20/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          1)  株券または新株引受権証書
          2)  国債証券
          3)  地方債証券
          4)  特別の法律により法人の発行する債券
          5)  社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新
           株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
          6)  特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
           す。)
          7)  特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号
           で定めるものをいいます。)
          8)  協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものを
           いいます。)
          9)  特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引
           法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
          10)  コマーシャル・ペーパーおよび短期社債等
          11)  新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同
            じ。)および新株予約権証券
          12)  外国または外国の者の発行する証券または証書で、1)から11)までの証券または証書の性
            質を有するもの
          13)  投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるも
            のをいいます。)
          14)  投資証券、新投資口予約権証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取
            引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)
          15)  外国貸付債権信託受益証券               (金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
            す。)
          16)  オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるもの
            をいい、有価証券に係るものに限ります。)
          17)  預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
          18)  外国法人が発行する譲渡性預金証書
          19)  貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信
            託の受益証券に表示されるべきもの
          20)  外国の者に対する権利で19)の有価証券の性質を有するもの。
          21)  指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
            の受益証券に限ります。)
          22)  抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
          なお、1)の証券または証書、12)および17)の証券または証書のうち1)の証券または証書の性
          質を有するものを以下「株式」といい、2)から6)までの証券、12)および17)の証券または証
          書のうち2)から6)までの証券の性質を有するものならびに14)の証券のうち、投資法人債券お
          よび外国投資証券で投資法人債券に類する証券を以下「公社債」といい、13)および14)の証
          券(投資法人債券および新投資口予約権証券ならびに外国投資証券で投資法人債券に類する
          証券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
        ③  委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取
          引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)に
          より運用することを指図することができます。
          1)  預金
          2)  指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
           す。)
                                21/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          3)  コール・ローン
          4)  手形割引市場において売買される手形
        ④  上記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、
          委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、上記③に掲げる金融商品
          により運用することの指図ができます。
        ⑤  委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(上場投資信託証券(取引所(金融商品取引法
          第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する
          外国金融商品市場を「金融商品取引所」といい、金融商品取引所のうち、有価証券の売買ま
          たは金融商品取引法第28条第8項第3号もしくは第5号の取引を行う市場および当該市場を開設
          するものを「取引所」といいます。以下同じ。)に上場等され、かつ当該取引所において常
          時売却可能(市場急変等により一時的に流動性が低下している場合を除きます。)な投資信
          託証券をいいます。)を除きます。)の時価総額が、信託財産の純資産総額の100分の5を超
          えることとなる投資の指図をしません。
     (3)  主な投資制限
        ①  株式の投資割合には制限を設けません。
        ②  投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)の投資割合は、信託財産の純資産総額の5%
          以下とします。
        ③  外貨建資産の投資割合には制限を設けません。
        ④  デリバティブ取引は、約款に定める範囲で行います。
        ⑤  一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資
          産総額を超えることとなるデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引をいいま
          す。)の利用は行いません。
        ⑥  一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エ
          クスポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比
          率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
          なった場合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
                                22/78










                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】

     (1)  ファンドのリスク特性
        当ファンドは、主にマザーファンド受益証券への投資を通じて、実質的に世界各国の株式等に投
        資を行いますが、主として以下に掲げる要因等により基準価額が大きく変動する場合があり、そ
        の運用成果(損益)はすべて投資者の皆さまに帰属します。したがって、投資者の皆さまの投資
        元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、投資元本を割り込み、損失を被る
        ことがあります。
        なお、投資信託は預貯金とは異なります。
        当ファンドの主なリスクおよび、留意点は以下のとおりですが、当ファンドのリスクおよび留意
        点を完全に網羅してはいませんのでご注意ください。また、ファンドのリスクは以下に限定され
        るものではありません。
       ①  株価変動リスク
        当ファンドは、日本を含む先進国および新興国の株式を実質的な投資対象としていることか
        ら、株式の投資に係る価格変動リスクを伴います。一般に、株式の価格は、個々の企業の活動
        および業績、経営方針、ならびに法令順守の状況等に反応して変動するほか、投資対象国の経
        済情勢および景気見通し、ならびに金利変動、為替相場およびそれらの見通し等にも反応して
        変動します。したがって、マザーファンドに組み入れられる株式の価格は短期的または長期的
        に下落する可能性があります。
       ②  信用リスク
        当ファンドは、日本を含む先進国および新興国の株式を実質的な投資対象としていることか
        ら、株式の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により損失
        を被ることがあります。また、金融商品取引の相手方や受託会社の決済不履行または債務不履
        行等により損失を被ることがあります。したがって、このような状態が生じた場合には、当ファ
        ンドが実質的に保有する株式の価格が下落し、基準価額が下落する要因となります。
        なお、当ファンドの資産をコール・ローン、譲渡性預金等の短期金融商品で運用する場合(マ
        ザーファンドへの投資を通じて実質的に運用する場合を含む)にも、債務不履行などにより損
        失が発生することがあります。運用資産の規模等によっては、当ファンドの基準価額が大きく
        変動する可能性があります。また、金融商品取引の相手方や受託会社の決済不履行または債務
        不履行等により損失を被ることがあります。
       ③  為替変動リスク
        当ファンドの実質的な投資対象である先進国および新興国の株式は外貨建資産であるため、当
        ファンドの基準価額は為替変動の影響を受けます。一般に、主な為替相場の変動要因として
        は、金利変動、中央銀行等による政策金利の変更または為替介入、政治的要因等があります。
       ④  流動性リスク
        投資対象となる有価証券の市場規模や取引量が少ない状況や解約資金を手当てするために実質
        的に保有する有価証券を大量に売却しなければならない状況においては、有価証券の取得、売
        却時の売買価格は取引量の大きさに影響を受け、市場実勢から期待できる価格どおりに取引で
        きないリスク、評価価格どおりに売却できないリスク、あるいは価格の高低に関わらず取引量
        が限られてしまうリスクがあり、その結果、不測の損失を被るリスクがあります。
        また、解約資金の手当てが間に合わず、売却した有価証券等の売却代金回収までの期間、一時
        的に当ファンドで資金借入を行うことによって解約金の支払いに対応する場合があり、その場
        合の借入金利は当ファンドが負担することになります。
       ⑤  投資対象国への投資リスク
        当ファンドが実質的に保有する有価証券の発行国(投資対象国)における政治不安や社会不
        安、あるいは他国との外交関係の悪化などの要因により、投資成果に大きく影響することがあ
        ります。
                                23/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        また、投資対象国の政府当局による、海外からの投資規制や課徴的な税制、海外からの送回金
        規制などの様々な規制の導入や政策変更等により、投資対象国の有価証券への投資に悪影響が
        及ぶ可能性があります。
       ⑥  デリバティブ取引のリスク
        先物・スワップ取引等のデリバティブ取引を用いた投資手法は、価格変動および金利変動によ
        り生じるリスク(為替相場の変動、市場金利の変動、経済事情の変化その他の要因による利益
        又は損失の増加又は減少の生じるおそれをいう。)を減じるため、ならびに投資の対象とする
        資産を保有した場合と同様の損益を実現するために限定して用いられますが、デリバティブ取
        引は必ず用いられるわけではなく、また用いられたとしても本来の目的を達成できる保証はあ
        りません。
       ⑦  ファミリーファンド方式のリスク
        当ファンドはファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、当ファンドが主要投資対
        象とするマザーファンドを投資対象とする他のファンド(ベビーファンド)に追加設定・解約
        等に伴う資金変動等があり、その結果、当該マザーファンドにおいて有価証券の売買等が行わ
        れた場合等には、その売買による組入有価証券等の価格の変化や売買手数料等の負担がマザー
        ファンドの基準価額に影響を及ぼすことがあり、これにより、当ファンドの基準価額に影響を
        及ぼす場合があります。
      (2)  その他の留意点

        当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
        フ)の適用はありません。
        当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる
        取引市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実
        勢から期待できる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。
        これにより、基準価額にマイナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止とな
        る可能性、換金代金のお支払が遅延する可能性があります。
      (3)  リスク管理体制

         運用部に属するポートフォリオ・マネージャーは信託約款に定める運用方針に加え、内部ガイ





         ドラインを作成し、徹底したリスク管理と厳格なポートフォリオ管理を行います。
         業務部の運用評価グループは、毎月パフォーマンス分析レポートを作成し、月次収益率と対ベ
         ンチマーク超過リターンの算出と要因分析を行います。
         コンプライアンス・リスクマネジメント部では、全ファンドにおける運用ガイドライン遵守状
         況を運用部から離れた立場で確認しております。
         投資政策委員会において投資行動やパフォーマンスに関する運用の報告内容を確認するととも
         に、毎月末の運用ガイドライン遵守状況等の確認をします。
                                24/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         委託会社では、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクの
         モニタリングなどを実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行います。
         取締役会等は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督
         します。
         上記リスクに対する管理体制は本書提出日現在のものであり、今後変更となる場合がありま

         す。
                                25/78


















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                26/78





















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】

      (1)【申込手数料】
        申込手数料はありません。
      (2)【換金(解約)手数料】

        換金手数料はありません。
      (3)【信託報酬等】

        信託報酬の総額は、日々のファンドの純資産総額に年率0.869%(税抜0.79%)の信託報酬率を
        乗じて得た額とします。
        ファンドの信託報酬(信託報酬に係る消費税等相当額を含みます。)は、日々計上され、毎計算
        期間の最初の6ヶ月終了日および毎計算期間末(当日が休業日の場合は翌営業日とします。)ま
        たは信託終了のときに信託財産中から支払います。
         <信託報酬率の配分(税抜)>
          支払先       信託報酬率(年率)                         役務の内容
         委託会社           0.75%          信託財産の運用等の対価
                              交付運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファン
         販売会社           0.01%
                              ドの管理、購入後の情報提供等の対価
         受託会社           0.03%          運用財産の管理、委託会社からの指図の実行等の対価
         ※消費税等相当額は、消費税および地方消費税に相当する金額です。
      (4)【その他の手数料等】

        ①  信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立て替えた立替金の
          利息(以下「諸経費」といいます。)は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
        ②  信託財産にかかる監査費用等および当該監査費用にかかる消費税等(以下「監査費用等」と
          いいます。)に相当する金額は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁することができま
          す。
        ③  上記①の諸経費および上記②の監査費用等に加え、以下の諸費用(以下「諸費用」といいま
          す。)および当該諸費用に係る消費税等は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁するこ
          とができます。
        1.投資信託振替制度に係る手数料および費用
        2.有価証券届出書、有価証券報告書および臨時報告書の作成、印刷および提出に係る費用
        3.目論見書の作成、印刷および交付に係る費用
        4.約款の作成、印刷および届出に係る費用
        5.運用報告書の作成、印刷および交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費用
          も含みます。)
        6.この信託の受益者に対してする公告に係る費用ならびに約款の変更または信託契約の解約に
          係る事項を記載した書面の作成、印刷および交付に係る費用
        ④  委託会社は、上記②および上記③に定める監査費用等および諸費用の支払いを信託財産のた
          めに行ない、支払金額の支弁を信託財産から受けることができます。この場合、委託会社
          は、現に信託財産のために支払った金額の支弁を受ける際に、あらかじめ受領する金額に上
          限を付することができます。また、委託会社は、実際に支払う金額の支弁を受ける代わり
          に、かかる諸費用の金額をあらかじめ合理的に見積もった上で、実際または予想される費用
          額を上限として固定率または固定金額にて信託財産からその支弁を受けることもできます。
        ⑤  上記④において上記②に定める監査費用等および上記③に定める諸費用の上限、固定率また
          は固定金額を定める場合、委託会社は、信託財産の規模等を考慮して、信託の設定時または
                                27/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          期中に、あらかじめ委託会社が定めた範囲内でかかる上限、固定率または固定金額を変更す
          ることができます。
        ⑥  上記  ④ において上記②に定める監査費用等および上記③に定める諸費用の固定率または固定
          金額を定める場合、かかる監査費用等および諸費用の額は、約款第36条に規定する計算期間
          を通じて毎日、信託財産の純資産総額に応じて計上されます。かかる監査費用等および諸費
          用は、毎計算期間の最初の6ヶ月終了日(当該終了日が休業日の場合はその翌営業日としま
          す。)および毎計算期末または信託終了のときに信託財産中から支弁します。
        ⑦  上記①に定める諸経費および上記                  ③ に定める諸費用は、マザーファンドに関連して生じた諸
          費用のうちマザーファンドにおいて負担せずかつ委託会社の合理的判断によりこの信託に関
          連して生じたと認めるものを含みます。
        上記のほか、信託約款の規定に基づく運用指図等により生じた費用をご負担いただく場合があり

        ます。
        その他の手数料等は、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示する
        ことができません。
        ※上記(1)~(4)の当該手数料等の合計額等については、投資者の皆さまがファンドを保有

         される期間等に応じて異なりますので、表示することはできません。
      (5)【課税上の取扱い】

        課税上は株式投資信託として取り扱われ、日本の居住者(法人を含みます。)である受益者に
        ついては、以下のような取扱いとなります。なお、税制が改正された場合には、その内容が変
        更されることがあります。
        ■個人、法人別の課税について■
        ◆ 個人の投資者に対する課税

        <収益分配金に対する課税>
         分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、20.315%(所得税15.315%および地方税
         5%)の税率による源泉徴収が行われます。
         なお、確定申告により、申告分離課税もしくは総合課税(配当控除は適用されません。)のい
         ずれかを選択することもできます。
        < 換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)に対する課税                                >
         換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)については、申告分離課税により20.315%(所
         得税15.315%および地方税5%)の税率が適用されます。ただし、特定口座(源泉徴収選択口
         座)の利用も可能です。
         換金(解約)時および償還時の差損(譲渡損失)については、確定申告等により、上場株式等
         の譲渡益、上場株式等の配当等および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択した場合
         に限ります。)との損益通算が可能です。また、換金(解約)時および償還時の差益(譲渡
         益)、普通分配金および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択した場合に限りま
         す。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算が可能です。
       ※税法が改正された場合等には、税率等が変更される場合があります。

        ◆ 法人の投資者に対する課税

         分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金(解約)時および償還時の個別元本超過
         額については、15.315%(所得税15.315%)の税率で源泉徴収※が行われます。なお、地方税
         の源泉徴収はありません。
         ※源泉税は所有期間に応じて法人税額から控除
                                28/78

                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        <注1>個別元本について

         ①  投資者ごとの信託時の受益権の価額等が当該投資者の元本(個別元本)にあたります。
         ②  投資者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該投資者が追加信
           託を行うつど当該投資者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
           ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込みの場合などにより把握方法が異
           なる場合がありますので、販売会社にお問い合わせください。
         ③  投資者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本か
           ら当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該投資者の個別元本となり
           ます。
        <注2>収益分配金の課税について
         ①  追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いと
           なる「元本払戻金(特別分配金)」(投資者ごとの元本の一部払戻しに相当する部分)の
           区分があります。
         ②  投資者が収益分配金を受取る際、イ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個
           別元本と同額の場合または当該投資者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配
           金の全額が普通分配金となり、ロ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個別
           元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、
           当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となりま
           す。
         ※上記は、2022年2月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、上記の内容が変

          更になることがあります。
         ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。
         ※税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                29/78











                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】

    当ファンドの運用は2022年5月31日より開始される予定であり、本書作成日現在、該当事項はありませ

    ん。ファンドの運用状況については、有価証券報告書に記載されます。
    (1)【投資状況】

        該当する事項はありません。
    (2)【投資資産】

        該当する事項はありません。
    (3)【運用実績】

        該当する事項はありません。
    (4)【設定及び解約の実績】

        該当する事項はありません。
     (参考情報)運用実績

     当ファンドの運用は2022年5月31日より開始される予定であり、本書作成日現在、該当事項はありま
     せん。ファンドの運用状況については、有価証券報告書に記載されます。
                                30/78












                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

     1【申込(販売)手続等】
        1) 当ファンドの受益権の取得申込者は、販売会社に所定の方法で取引口座を開設のうえ、当
          ファンドの取得申込みを行ってください。
        2) 当ファンドには「分配金再投資コース」と「分配金受取コース」があります。なお、取扱い
          可能なコースおよびコース名については異なる場合がありますので、販売会社にお問い合わ
          せください。その際、「分配金再投資コース」をお申し込みいただく方は、ご購入に際して、
          当ファンドに係る「自動けいぞく投資契約」(別の名称で同様の内容を有する契約を含みま
          す。)を販売会社との間で結んでいただきます。ただし、「分配金再投資コース」を申し込ま
          れた場合でも、分配金を定期的に受け取る旨の契約を締結することもできます。詳しくは販売
          会社にお問い合わせください。
        3) 当ファンドの取得申込みの申込受付締切時間は、継続申込期間においては原則として販売会
          社の営業日の午後3時までとし、この受付時刻を過ぎた場合は翌営業日の取扱いとさせてい
          ただきます。
        4) 申込単位(購入単位)は、販売会社が定める単位にて受付けます。
        5) 取得申込価額(購入価額)は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間は1口
          当たり1円)です。基準価額は、販売会社または委託会社においてご確認いただけます。基
          準価額の照会方法については、後記「3                     資産管理等の概要          (1)  資産の評価       3)  基準価額の
          公表」をご参照ください。
        6) 取得申込代金(購入代金)は、購入価額に取得申込の口数を乗じて得た金額に申込手数料
          (購入時手数料)および当該手数料に係る消費税等相当額を加えた金額です。
        7) 購入代金は販売会社が定める期日までにお支払いください。
        8) 購入時手数料は前記「第1                 ファンドの状況         4 手数料及び税金         (1)  申込手数料」をご参照く
          ださい。
        9) 購入申込不可日は、原則として、米国の証券取引所または銀行の休業日に該当する日です。
        10)  取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情(投資対象国にお
          ける非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更、クーデター等政変、テロリズム、
          戦争、天災地変等)による市場の閉鎖または流動性の極端な減少ならびに資金の受渡しに関
          する障害等)があるときは、委託会社の判断により、受益権の取得申込の受付を中止するこ
          とおよび既に受付けた受益権の取得申込の受付けを取り消すことがあります。
        11)  当ファンドの受益権の取得申込者は、販売会社に取得申込と同時にまたはあらかじめ、当該
          取得申込者が受益権の振替を行うための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に
          当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行われます。販売会社は、当該取得申
          込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。
     2【換金(解約)手続等】

        1) 受益者(当ファンドの受益権を取得した者)は、自己に帰属する受益権につき、取得申込み
          を行った販売会社を通じ、委託会社に一部解約の実行の請求を行うことにより、当ファンド
          を換金することができます。
        2) 当ファンドの換金申込みの申込受付締切時間は、原則として販売会社の営業日の午後3時ま
          でとし、この受付時刻を過ぎた場合は翌営業日の取扱いとさせていただきます。
        3) 解約単位(換金単位)は、販売会社が定める単位にて受付けます。
        4) 解約価額(換金価額)は、換金申込受付日の翌営業日の基準価額です。換金価額は、販売会
          社または委託会社においてご確認いただけます。換金価額の照会方法については、後記「3
          資産管理等の概要          (1)  資産の評価       3)  基準価額の公表」をご参照ください。
        5) 信託財産留保額はありません。
                                31/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        6) 換金代金(換金価額に換金する口数を乗じて得た金額)は、原則として換金申込受付日から
          起算して5営業日目からお支払いします。
        7) 信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口換金には制限を設ける場合があります。
        8) 換金申込不可日は、原則として、米国の証券取引所または銀行の休業日に該当する日です。
        9) 取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情(投資対象国にお
          ける非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更、クーデター等政変、テロリズム、
          戦争、天災地変等)による市場の閉鎖または流動性の極端な減少ならびに資金の受渡しに関
          する障害等)があるときは、委託会社の判断により、受益権の換金申込の受付を中止するこ
          とおよび既に受付けた受益権の換金申込の受付けを取り消すことがあります。なお、一部解
          約の実行の請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一
          部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回し
          ない場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価
          額の計算日に一部解約の実行の請求を受け付けたものとして上記4)の規定に準じて計算さ
          れた価額とします。
        10)  換金申込みを行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して、当該受益者の
          請求に係るこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該一部解約に係る受
          益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等
          の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
     3【資産管理等の概要】

      (1)【資産の評価】
        1)  基準価額の算出方法
          基準価額とは、算出日において、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入
          公社債を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価または一
          部償却原価法により評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産
          総額」)を、算出日における受益権口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいて
          は1万口当りの価額で表示されます。
          ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。
             対象                        評価方法
          マザーファン         原則として、基準価額算出日の基準価額で評価します。
          ド受益証券
          株式         原則として、基準価額計算日の取引所の終値で評価します。
          公社債等         原則として、基準価額計算日における以下のいずれかの価額で評価します                                       。
                  ①日本証券業協会発表の店頭売買参考統計値(平均値)
                  ②証券会社、銀行等の提示する価額
                  ③価格情報会社の提供する価額
          外貨建資産         原則として、基準価額計算日の対顧客電信売買相場の仲値で円換算を行い
                  ます。
          ※外国で取引されているものについては、原則として、基準価額計算日に知りうる直近の日
           の終値等で評価します。
        2)  基準価額の算出頻度

          基準価額は原則として委託会社の営業日において日々算出されます。
        3)  基準価額の公表
          基準価額は、販売会社にてご確認いただけるほか、原則として翌日付の日本経済新聞朝刊の
          「オープン基準価格」の紙面に、「世厳成FW」として掲載されます。
          委託会社に対する照会は下記においてできます。
                                32/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          <照会先>
           ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
           電話番号     03-4530-7333
           (受付時間:原則として委託会社の営業日午前9時~午後5時)
           ホームページアドレス:www.ssga.com/jp
      (2)【保管】

        該当事項はありません。
      (3)【信託期間】

        2022年5月31日(設定日)から2032年3月10日までとします。
        ただし、下記「(5)の1)2)3)5)」の事項に該当する場合は、この投資信託契約を解約
        し、信託を終了させることがあります。
        なお、委託会社は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたとき
        は、受託会社と協議のうえ、信託期間を延長することができます。
      (4)【計算期間】

        1)  当ファンドの計算期間は、毎年3月11日から翌年3月10日までとすることを原則とします。
          ただし、第1計算期間は2022年5月31日から2023年3月10日までとします。
        2)  上記1)の規定にかかわらず、上記1)の原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該
          当日」といいます。)が休業日のときは、各計算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その
          翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終了日は、                                               後記
          (5)の1)2)3)5)に定める信託期間の終了日とします。
      (5)【その他】

       1)信託契約の解約
          (a)委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することによりこの信託の受
             益権の口数が10億口を下回ることとなった場合または下回ることが明らかとなった場
             合、もしくはこの信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、また
             はやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、
             信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しよ
             うとする旨を監督官庁に届け出ます。
          (b)委託会社は、上記(a)の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいま
             す。)を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約
             の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、当ファンドに係る知れている
             受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
          (c)上記(b)の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託
             の受益権が属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本
             (c)において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することがで
             きます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は
             書面決議について賛成するものとみなします。
          (d)上記(b)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上
             にあたる多数をもって行います。
          (e)上記(b)から上記(d)までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした
             場合において、当該提案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的
             記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状態に照ら
             し、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、上記(b)から上記(d)までに規
             定するこの信託契約の解約の手続を行うことが困難な場合には適用しません。
                                33/78

                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2)信託契約に関する監督官庁の命令
          (a)委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたが
             い、信託契約を解約し信託を終了させます。
          (b)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後記
             6)の規定にしたがいます。
       3)委託会社の登録取消等に伴う取扱い
          (a)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止した
             ときは、委託会社は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。
          (b)上記(a)の規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の
             投資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、後記6)の書面決議が否
             決となる場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
       4)委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
          (a)委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に
             関する事業を譲渡することがあります。
          (b)委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、こ
             の信託契約に関する事業を承継させることがあります。
       5)受託会社の辞任および解任に伴う取扱い
          (a)受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がそ
             の任務に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、
             委託会社または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社
             が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、後記6)の規定
             にしたがい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受
             託会社を解任することはできないものとします。
          (b)委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を
             終了させます。
       6)信託約款の変更等
          (a)委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生した
             ときは、受託会社と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託
             との併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型
             投資信託の併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変
             更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。なお、この信託約
             款は本6)に定める以外の方法によって変更することができないものとします。
          (b)委託会社は、上記(a)の事項(信託約款の変更事項にあってはその変更の内容が重大な
             ものに該当する場合に限り、併合の事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影
             響が軽微なものに該当する場合を除き、以下、合わせて「重大な約款の変更等」といい
             ます。)について、書面決議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の
             日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日
             の2週間前までに、当ファンドに係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの
             事項を記載した書面決議の通知を発します。
          (c)上記(b)の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託
             の受益権が属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本
             (c)において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することがで
             きます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は
             書面決議について賛成するものとみなします。
          (d)上記(b)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上
             にあたる多数をもって行います。
          (e)書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
                                34/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (f)上記(b)から上記(e)までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案を
             した場合において、当該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面または電
             磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。
          (g)上記(a)から上記(f)までの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決
             議が可決された場合にあっても、当該併合に係る一または複数の他の投資信託において
             当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはでき
             ません。
       7)反対受益者の受益権買取請求の不適用
          この信託は、受益者が前記「2換金(解約)手続等」に規定する一部解約の実行の請求を
          行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受
          益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われることとなる委託者指図型投資
          信託に該当するため、上記1)に規定する投資信託の解約または上記6)に規定する重大な
          約款の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める
          反対受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けません。
       8)運用報告書の交付
          毎決算時(毎年3月10日。ただし、該当日が休日の場合は翌営業日。)および償還時に、期中の運
          用経過等を記載した運用報告書を作成します。
          (a)交付運用報告書は、知れている受益者に対して販売会社を通じて交付されます。
          (b)運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページ(www.ssga.com/jp)に掲載されま
           す。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には、販売会社
           を通じて交付されます。
       9)公告
          委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
       10)関係法人との契約の更改に関する手続き等
          委託会社と販売会社との間で締結する「募集・販売等に関する契約」(別の名称で同様の権
          利義務を規定する契約を含みます。)は、契約期間満了3ヶ月前までに、別段の意思表示のな
          い限り、原則として1年毎に自動的に更新されるものとします。
          また、委託会社と投資顧問会社との間で締結する「運用委託契約」(別の名称で同様の権利
          義務を規定する契約を含みます。)は、別段の意思表示のない限り、原則として解約するま
          で効力を有するものとします。各々の契約書は当事者間の合意により変更することができま
          す。
     4【受益者の権利等】

       委託会社の指図に基づく行為によりファンドに生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属し
       ます。当ファンドの受益権は、信託の日時を異にすることにより差異が生ずることはありませ
       ん。
       受益者の有する主な権利は次の通りです。
       ①  分配金請求権
         受益者は、委託会社の決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
         収益分配金は、原則として、税金を差し引いた後、毎計算期間終了日後1ヶ月以内の委託会社
         の指定する日から、販売会社において、決算日の振替機関等の振替口座簿に記載または記録さ
         れている受益者(当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にか
         かる受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得
         申込代金支払い前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則と
         して取得申込者とします。)に支払われます。
                                35/78



                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ただし、分配金自動再投資コースをお申込みの場合の収益分配金は、原則として、税金を差し
         引いた後、自動けいぞく投資契約に基づき、毎計算期間終了日の翌営業日に無手数料で再投資
         され、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
         収益分配金は、受益者が、その支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、受益者
         はその権利を失い、当該金銭は、委託会社に帰属します。
       ②  償還金請求権
         受益者は、持分に応じて償還金を請求する権利を有します。
         償還金は、信託終了後1ヶ月以内の委託会社の指定する日から、販売会社において、原則とし
         て、償還日の振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前におい
         て一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された
         受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につい
         ては原則として取得申込者とします。)に支払われます。
         償還金は、受益者がその支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、受益者はその
         権利を失い、当該金銭は、委託会社に帰属します。
       ③  一部解約実行請求権
         受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に一部解約の実行を請求することができま
         す。詳細は、前記「第2 管理及び運営 2 換金(解約)手続等」の記載をご参照くださ
         い。
       ④  書面決議における議決権
         委託会社が、当ファンドの信託契約の解約または重大な約款の変更等を行おうとする場合にお
         いて、受益者は、それぞれの書面決議手続きにおいて、受益権の口数に応じて議決権を有しこ
         れを行使することができます。
       ⑤  帳簿閲覧・謄写請求権
         受益者は委託会社に対し、当該受益者にかかる信託財産に関する書類の閲覧または謄写を請求
         することができます。
                                36/78











                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    当ファンドの運用は、2022年5月31日より開始される予定であり、本書作成日現在、何ら資産を有していませ

    ん。ファンドの経理状況については、有価証券報告書に記載されます。
    委託会社は、有価証券報告書に記載するファンドの経理状況を表示する投資信託財産にかかる財務諸
    表の作成にあたっては、財務諸表等の用語、様式および作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第
    59号)および投資信託財産の計算に関する規則(平成12年総理府令第133号)の定めるところにより行いま
    す。
    また、この財務諸表に財務諸表等の監査証明に関する内閣府令(昭和32年大蔵省令第12号)に定める
    監査証明を受けることとしております。
    1【財務諸表】

    (1)【貸借対照表】

      該当する事項はありません。
    (2)【損益及び剰余金計算書】

      該当する事項はありません。
    (3)【注記表】

      該当する事項はありません。
    (4)【附属明細表】

      該当する事項はありません。
    2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】

      該当する事項はありません。
                                37/78











                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
       受益者が委託会社に対して行う下記の手続きは、販売会社を通じて、委託会社に請求することに

       より行うことができます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
     (1)  受益証券の名義書換等

        ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり
        ます。委託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定
        を取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継
        する者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する
        受益証券を発行しません。したがって該当事項はありません。
        なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名
        式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更
        の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
     (2)  受益者等名簿の閉鎖の時期

        該当事項はありません。
     (3)  受益者等に対する特典

        該当事項はありません。
     (4)  内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容

       <受益権の譲渡>
       ①  受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
        記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ②  上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益
        権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に
        記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したもの
        でない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位
        機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の
        記載または記録が行われるよう通知するものとします。
       ③  上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
        されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる
        場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむをえない事情があると判断したとき
        は、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
       <受益権の譲渡の対抗要件>
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対
        抗することができません。
     (5)  その他内国投資信託受益証券事務に関し投資者に示すことが必要な事項

       <受益権の再分割>
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
       <償還金>

        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
        以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設
                                38/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権
        については原則として取得申込者とします。)に支払います。
       <質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて>

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
        い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、信託約款
        の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                39/78


















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】
      1【委託会社等の概況】
     (1)資本金の額(本書提出日現在)
        ① 資本金の額
          委託会社の資本金の額は金3億1千万円です。
        ② 発行する株式の総数
          委託会社の発行する株式の総数は6,200株です。
        ③ 発行済株式の総数
          委託会社の発行済株式総数は6,200株です。
        ④ 最近5年間における主な資本金の額の増減
          該当事項はありません。
     (2)委託会社の機構

        ① 会社の意思決定機構
          取締役会は、委託会社の業務執行の基本方針を決定します。代表取締役社長は、委託会社を
          代表し、全般の業務執行について指揮統括します。取締役は、委嘱された業務の執行にあた
          り、また、代表取締役社長に事故があるときにその職務を代行します。監査役は、委託会社
          の会計監査を行います。各部には、部長をおき、部長は、代表取締役社長または取締役の命
          を受け、所属員を指揮監督し、部の業務を統括します。
        ② 投資運用の意思決定機構
          1)運用基本方針の決定
             投資政策委員会で、投資対象地域経済、産業、政治について更に精緻に分析を行い、投
             資対象企業、債券を様々な面より分析しつつ、基本的な運用方針を決定します。
          2)運用実施計画の作成
             ファンド・マネージャーは決定された運用基本方針に基づいて、具体的な銘柄選択と運
             用実施計画を作成します。
          3)運用の実行
             ファンド・マネージャーは運用計画に基づいて、組入有価証券の売買等を指図します。
      2【事業の内容及び営業の概況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信
      託の設定を行うとともに金融商品取引法に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)
      を行っています。また金融商品取引法に定める投資助言業、第一種金融商品取引業及び第二種金融商
      品取引業を行っています。
       2022年2月28日現在、委託会社の運用する証券投資信託は、123本であり、その純資産総額は
      2,709,153百万円です(親投資信託を除く、公募投資信託および私募投資信託の合計値です。)。
                                40/78






                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
    1.委託会社であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(以下「委託会社」

       といいます。)の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年
       大蔵省令第59号)ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」
       (平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
       また、委託会社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規制」
       (昭和52年大蔵省令第38号、以下「中間財務諸表等規則」という)ならびに同規則第38条第1項及
       び第57条第1項の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣
       府令第52号)により作成しております。
    2.財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。

    3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第24期事業年度(2020年4月1

       日から2021年3月31日まで)の財務諸表ならびに第25期事業年度の中間会計期間(2021年4月1日
       から2021年9月30日まで)の中間財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により中間監査を
       受けております。
                                41/78














                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1.財務諸表
    (1)【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
               期    別              前事業年度                   当事業年度
                         (2020年3月31日現在)                   (2021年3月31日現在)
     科    目
                          金  額          構成比         金  額          構成比
          (資産の部)                              %                   %
     流動資産
      預金                        3,114,127                  3,455,294
      有価証券                          21,254                  22,281
      前払金                          39,342                  59,450
      前払費用                           9,920                  20,090
      未収入金                          902,862                  795,709
      未収還付法人税等                            -                  592
      未収委託者報酬                          660,964                  651,298
      未収収益                          40,244                  41,992
             流動資産計                 4,788,718        65.6           5,046,710        70.1
     固定資産
      有形固定資産                          69,492                   4,695
       建物附属設備            ※1      59,016                     -
       器具備品            ※1      10,475                   4,695
      無形固定資産                             0                  0
       ソフトウェア                     0                   0
      投資その他の資産                        2,445,819                  2,149,769
       長期差入保証金                  69,819                   55,283
       繰延税金資産                2,369,725                   2,088,211
       その他投資                  6,275                   6,275
             固定資産計                 2,515,312        34.4           2,154,465        29.9
           資産合計                   7,304,030       100.0           7,201,176        100.0
                                42/78









                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)

              期    別              前事業年度                   当事業年度
                        (2020年3月31日現在)                   (2021年3月31日現在)
     科    目
                          金  額          構成比         金  額          構成比
         (負債の部)                              %                   %
     流動負債
      預り金                         137,851                   141,855
      未払金                         350,943                   300,612
       未払手数料                 140,557                   163,883
       その他未払金                 210,386                   136,728
      未払費用                          11,122                   11,026
      未払法人税等                          3,635                     -
      未払消費税等                          72,142                   79,008
      賞与引当金                          67,981                   76,891
             流動負債計                 643,675        8.8           609,394       8.5
     固定負債
      退職給付引当金                          96,989                   81,500
             固定負債計                  96,989       1.3            81,500       1.1
          負債合計                     740,665       10.1            690,894       9.6
         (純資産の部)                              %                   %
     株主資本                         6,563,364        89.9           6,510,281        90.4
      資本金                  310,000                   310,000
      利益剰余金
       利益準備金                 77,500                   77,500
       その他利益剰余金
        別途積立金                31,620                   31,620
        繰越利益剰余金               6,144,244                   6,091,161
          純資産合計                    6,563,364        89.9           6,510,281        90.4
        負債・純資産合計                      7,304,030        100.0           7,201,176       100.0
                                43/78








                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】

                                                   (単位:千円)
             期    別              前事業年度                   当事業年度
                          自  2019年4月1日                  自  2020年4月1日
                          至  2020年3月31日                  至  2021年3月31日
     科    目
                         金  額          構成比         金  額          構成比
                                       %                   %
     営業収益
      委託者報酬                       2,392,782                   2,468,063
      投資顧問収入                       2,907,674                   2,871,928
      その他営業収益           ※             66,452                   78,227
      営業収益計                       5,366,908        100.0           5,418,219        100.0
     営業費用
      支払手数料                        520,256                   631,100
      広告宣伝費                         30,443                   28,458
      公告費                         1,140                   1,140
      調査費                        632,099                   527,766
       調査費               369,545                    268,033
       委託調査費               261,450                    259,021
       図書費                1,102                     711
      委託計算費                        265,563                   242,239
      営業雑経費                         39,755                   38,381
       通信費                4,801                    4,038
       印刷費                15,648                    11,238
       協会費                16,300                    18,183
       諸会費                  -                     5
       その他                3,005                    4,915
      営業費用計                       1,489,258         27.7          1,469,086         27.1
     一般管理費
      給料                       1,322,366                   1,307,873
       役員報酬               197,080                    235,947
       給料・手当               848,305                    800,039
       賞与               253,121                    210,310
       賞与引当金繰入額                23,858                    61,576
      交際費                         10,725                     728
      旅費交通費                         8,872                    801
      租税公課                         8,801                   6,244
      不動産賃借料                         97,021                   91,686
      退職給付費用                        106,349                    71,604
      固定資産減価償却費                         22,666                   20,149
      福利厚生費                        126,755                   126,174
      事務手数料           ※            1,057,318                   1,306,329
      諸経費                        186,258                   202,081
      一般管理費計                       2,947,135         54.9          3,133,675         57.8
     営業利益                         930,515        17.3           815,458        15.1
     営業外収益
                                44/78

                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      為替差益                          166                   123
      有価証券運用益                         3,384                   1,026
      雑収入                           63                   36
      営業外収益計                         3,614       0.1            1,186       0.0
     営業外費用
      為替差損                          289                   656
      有価証券運用損                         4,123                     -
      雑損失                          490                   193
      営業外費用計                         4,903       0.1             849      0.0
     経常利益                         929,225        17.3           815,794        15.1
     特別利益
      事業再構築費用戻入                           -                   102
      特別利益計                           -     0.0             102      0.0
     特別損失
      事業再構築費用                        102,351                      -
      事務処理損失                           -                  8,806
      固定資産除却損                           -                 45,130
      特別損失計                        102,351        1.9            53,937        1.0
     税引前当期純利益                         826,874        15.4           761,960        14.1
     法人税,住民税及び事業税                           530      0.0             530      0.0
     法人税等調整額                         292,691        5.5           281,513        5.2
     当期純利益                         533,652        9.9           479,916        8.9
                                45/78












                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自         2019年4月1日  至           2020年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                          株    主    資    本
                              利益剰余金
                              その他利益
                                                株主資本      純資産合計
             資本金                  剰余金
                                         利益剰余金
                   利益準備金                              合計
                                           合計
                                   繰越利益
                           別途積立金
                                   剰余金
    当期首残高         310,000         77,500        31,620      6,100,591      6,209,711      6,519,711      6,519,711
    当期変動額
     剰余金の配当          -        -        -     △490,000      △490,000      △490,000      △490,000
     当期純利益          -        -        -      533,652      533,652      533,652      533,652
    当期変動額合計           -        -        -      43,652      43,652      43,652      43,652
    当期末残高         310,000         77,500        31,620      6,144,244      6,253,364      6,563,364      6,563,364
     当事業年度      (自   2020年4月1日  至           2021年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                          株    主    資    本
                              利益剰余金
                              その他利益
                                                株主資本      純資産合計
             資本金                  剰余金          利益剰余金
                   利益準備金                              合計
                                   繰越利益        合計
                           別途積立金
                                   剰余金
    当期首残高         310,000         77,500        31,620      6,144,244      6,253,364      6,563,364      6,563,364
    当期変動額
     剰余金の配当          -        -        -     (533,000)      (533,000)      (533,000)      (533,000)
     当期純利益          -        -        -      479,916      479,916      479,916      479,916
    当期変動額合計           -        -        -     △53,083      △53,083      △53,083      △53,083
    当期末残高         310,000         77,500        31,620      6,091,161      6,200,281      6,510,281      6,510,281
                                46/78










                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    [重要な会計方針]

     1.有価証券の評価           有価証券
     基準及び評価方法
                  売買目的有価証券
                  決算期末日の市場価格等に基づく時価法(取得原価は移動平均法により算定)
                  を採用しております。
     2.固定資産の減価           (1)  有形固定資産

     償却方法
                  ①リース資産以外の有形固定資産
                      定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は以下の通りであ
                      ります。
                       建物附属設備          9~10年
                       器具備品              3~               7年
     3.外貨建の資産及           外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損

     び負債の本邦通貨           益として処理しております。
     への換算基準
     4.引当金の計上基           (1)  賞与引当金

     準
                 従業員等に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当期に負担すべき
                 金額を計上しております。
                 (2)  退職給付引当金

                 退職給付引当金は、従業員等の退職給付に備えるため、当事業年度末における退
                 職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、必要額を計上しております。
                   ① 退職給付見込額の期間帰属方法
                     退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間
                     に帰属させる方法については、期間定額基準によっております。
                   ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                     過去勤務費用
                      その発生年度の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(11年)によ
                      る定額法により費用処理しております。
                     数理計算上の差異
                      発生の翌事業年度に一括損益処理しております。
     5.その他           消費税等の処理方法

     財務諸表作成のた              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     めの重要な事項
    表示方法の変更

    (会計上の見積りの開示に関する会計基準の適用)
     「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度
    末に係る財務諸表から適用し、個別注記表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
    会計上の見積りに関する注記

     会計上の見積りにより、当事業年度に係る財務諸表にその額を計上した項目であって、翌事業年度に係る
    財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりです。
       繰延税金資産 2,088,211千円
     繰延税金資産の認識は、将来の事業計画に基づく課税所得の発生および金額によって見積もっておりま
    す。
     当該見積りは、将来の不確実な経済条件の変動などによって影響を受ける可能性があり、実際に発生した
    課税所得の時期および金額が見積りと異なった場合や将来の税法の改正等により、翌事業年度の財務諸表に
    おいて、繰延税金資産の金額に重要な影響を与える可能性があります。
                                47/78



                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (追加情報)

     繰延税金資産の回収可能性については、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束時期が不透明であ
    ることから、当社が顧客から収受する等顧問料等に一定の影響があるとの仮定を基に今後の業績見通し等を
    勘案し、繰延税金資産を計上しております。
     なお、当該金額は現時点での最善の見積もりではあるものの、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状
    況や経済への影響等により、翌事業年度以降の財務諸表に影響を及ぼす可能性があります。
    注  記  事  項

    (貸借対照表関係)

                前事業年度                            当事業年度
            (   2020年3月      31日現在     )               (   2021年3月      31日現在     )
    ※1.   有形固定資産の減価償却累計額                         ※1.   有形固定資産の減価償却累計額
          建物附属設備                 68,147千円                   建物附属設備                       - 千円  
          器  具  備  品        46,953千円                       器  具  備  品        52,734千円
    関係会社に係る注記                            関係会社に係る注記

                                同左
     該当事項はありません。
    (損益計算書関係)

                 前事業年度                              当事業年度
              自     2019年4月  1日                           自     2020年4月  1日
              至     2020年3月      31日                     至     2021年3月      31日
     ※移転価格調整金の取り扱いに係る注記                              ※移転価格調整金の取り扱いに係る注記
     当社とステート・ストリート・バンク・                     アンド・トラス        当社とステート・ストリート・バンク・                     アンド・トラス
     ト・カンパニーはグループ間移転価格調整の方針に従っ                              ト・カンパニーはグループ間移転価格調整の方針に従っ
     て調整額を精算することとしております。当事業年度に                              て調整額を精算することとしております。当事業年度に
     ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カ                              ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カ
     ンパニーから当社に支払われた調整額65,925千円は、損                              ンパニーから当社に支払われた調整額77,977千円は、損
     益計算書のその他営業収益に、また、当社がステート・                              益計算書のその他営業収益に、また、当社がステート・
     ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーに                              ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーに
     支払った調整額1,057,318千円は、損益計算書の事務手数                              支払った調整額1,306,329千円は、損益計算書の事務手数
     料に含まれております。                              料に含まれております。
     関係会社に係る注記                              関係会社に係る注記

     該当事項はありません。                              同左
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自  2019年4月               1日 至  2020年3月           31日)
    1.発行済株式の総数に関する事項
                 当事業年度期首              当期増加株式数           当期減少株式数           当事業年度末
     普通株式             6,200株              -           -           6,200株
                                48/78





                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2.当事業年度中に行った剰余金の配当に関する事項

        (決議)         株式の種類        配当金の総額        1株当たりの配当額              基準日          効力発生日
      2019年6月26日           普通株式       490,000千円          79,032.25円          2019年3月31日           2019年6月27日
       定時株主総会
    3.基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当事業年度の末日後となるもの

       (決議)        株式の種類       配当金の総額        配当の原資       1株当たりの配当額             基準日        効力発生日
      2020年6月24日         普通株式      533,000千円        利益剰余金         85,967.74円         2020年3月31日         2020年6月25日
      定時株主総会
    当事業年度(自  2020年4月               1日 至  2021年3月           31日)

    1. 発行済株式の総数に関する事項
                 当事業年度期首              当期増加株式数            当期減少株式数          当事業年度末
     普通株式             6,200株              -            -          6,200株
    2. 当事業年度中に行った剰余金の配当に関する事項

        (決議)         株式の種類        配当金の総額        1株当たりの配当額              基準日          効力発生日
      2020年6月24日           普通株式       533,000千円          85,967.74円          2020年3月31日           2020年6月25日
       定時株主総会
    3. 基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当事業年度の末日後となるもの

       (決議)        株式の種類       配当金の総額        配当の原資       1株当たりの配当額             基準日        効力発生日
      2021年6月24日         普通株式      479,000千円        利益剰余金         77,258.06円         2021年3月31日         2021年6月25日
      定時株主総会
    (金融商品関係)

    1. 金融商品の状況に関する事項
    (1)  金融商品に対する取組方針

      当社は、投資運用業、投資助言業、第二種金融商品取引業及び第一種金融商品取引業を行っておりま
      す。これらの事業を行うための資金運用については、短期的な預金等に限定し、資金調達については、
      現状必要性を想定しておりません。
    (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

      当社の営業債権である未収委託者報酬は、投資信託及び投資法人に関する法律により、信託銀行におい
      て分別管理される信託財産のため、当該報酬は、計理上日々の未払委託者報酬として投資信託財産の負
      債項目に計上されております。このため、顧客の信用リスクは限定されております。
      同じく営業債権である未収投資顧問料は、概ね6か月以内に回収される債権であり、また顧客の業種等
      も多岐にわたり分散されていることから、顧客の信用リスクは限定されております。
                                49/78








                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2. 金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。
      2020年3月31日現在
                                                   (単位:千円)
                    貸借対照表計上額                 時価              差額
     (1)預金                     3,114,127              3,114,127                  ―

     (2)未収入金                      902,862              902,862                 ―
     (3)未収委託者報酬                      660,964              660,964                 ―
     (4)預り金                      137,851              137,851                 ―
     (5)未払手数料                      140,557              140,557                 ―
     (6)その他未払金                      210,386              210,386                 ―
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項
    (1)預金
       預金は、すべて満期のない預金であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価
       としております。
    (2)未収入金、(3)           未収委託者報酬、(4)           預り金、(5)未払手数料及び(6)その他未払金
       これらは短期間で決済され、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
    (注2)金銭債権の決算日後の償還予定額 
       償還予定までの期間が1年を超えるものはありません。
    (注3)社債、長期借入金、リース債務およびその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
       記載すべき事項はありません。
      2021年3月31日現在

                                                   (単位:千円)
                    貸借対照表計上額                 時価              差額
     (1)預金                     3,455,294              3,455,294                  ―

     (2)未収入金                      795,709              795,709                 ―
     (3)未収委託者報酬                      651,298              651,298                 ―
     (4)預り金                      141,855              141,855                 ―
     (5)未払手数料                      163,883              163,883                 ―
     (6)その他未払金                      136,728              136,728                 ―
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項
    (1)預金
       預金は、すべて満期のない預金であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価
       としております。
    (2)未収入金、(3)           未収委託者報酬、(4)           預り金、(5)未払手数料及び(6)その他未払金
       これらは短期間で決済され、時価は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
    (注2)金銭債権の決算日後の償還予定額 
       償還予定までの期間が1年を超えるものはありません。
    (注3)社債、長期借入金、リース債務およびその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
       記載すべき事項はありません。
                                50/78






                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)

               前事業年度                            当事業年度
           (  2020年3月      31日   現在   )               (  2021年3月      31日   現在   )
    売買目的の有価証券                            売買目的の有価証券
      貸借対照表計上額      21,254千円                             貸借対照表計上額                    22,281千円
        当事業年度の損益
                                  当事業年度の損益
        に含まれた評価差額                          △4,123千円
                                    に含まれた評価差額                      1,026千円
    (デリバティブ取引関係)

               前事業年度                            当事業年度
             自     2019年4月  1日                         自     2020年4月  1日
             至     2020年3月      31日                   至     2021年3月      31日
    該当事項はありません。                            同左

    (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
              前事業年度                          当事業年度

            自     2019年4月  1日                       自     2020年4月  1日
            至     2020年3月      31日                 至     2021年3月      31日
    2011年4月1日に確定給付企業年金制度(キャッ
    シュ・バランス・プラン)、確定拠出年金制度を                         同左
    導入いたしました。
    また、2000年9月29日より退職給付信託を設定し
    ております。
    2.退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表

                                                (単位:千円)
                                        前事業年度
                                     自     2019年4月  1日
                                     至     2020年3月      31日
    退職給付債務の期首残高
                                         502,405
      勤務費用
                                            57,391
      利息費用
                                             -
      数理計算上の差異の発生額
                                          △53,802
      退職給付の支払額
                                          △85,470
    退職給付債務の期末残高

                                         420,524
                                                (単位:千円)

                                        当事業年度
                                     自     2020年4月  1日
                                     至     2021年3月      31日
    退職給付債務の期首残高
                                         420,524
      勤務費用
                                            55,967
      利息費用
                                             -
      数理計算上の差異の発生額
                                            25,944
      退職給付の支払額
                                          △51,930
    退職給付債務の期末残高

                                         450,505
                                51/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3 .年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                (単位:千円)
                                        前事業年度
                                     自  2019年4月  1日
                                     至  2020年3月        31日
    年金資産の期首残高                                     396,905
      期待運用収益                                     2,938
      数理計算上の差異の発生額                                    △28,742
                                            54,241
      事業主からの拠出額
                                          △85,470
      退職給付の支払額
    年金資産の期末残高

                                         339,872
                                                (単位:千円)

                                        当事業年度
                                     自     2020年4月  1日
                                     至     2021年3月      31日
    年金資産の期首残高                                     339,872
      期待運用収益                                     2,511
      数理計算上の差異の発生額                                      25,875
                                            52,607
      事業主からの拠出額
                                          △51,930
      退職給付の支払額
    年金資産の期末残高

                                         368,935
    4.  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                                (単位:千円)
                                        前事業年度
                                     自     2019年4月  1日
                                     至     2020年3月      31日
    積立型制度の退職給付債務                                     420,524
    年金資産
                                        △399,872
                                            80,651

    非積立型制度の退職給付債務
                                             -
    未積立退職給付債務
                                            80,651
                                          △25,059
    未認識数理計算上の差異
                                         △8,721
    未認識過去勤務費用
    貸借対照表に計上された負債と資産の純額

                                            96,989
                                                (単位:千円)

                                        当事業年度
                                     自     2020年4月  1日
                                     至     2021年3月      31日
    積立型制度の退職給付債務                                       450,505
    年金資産                                     △368,935
                                            81,570

    非積立型制度の退職給付債務
                                             -
    未積立退職給付債務
                                            81,570
                                              △69
    未認識数理計算上の差異
                                             -
    未認識過去勤務費用
                                52/78

                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    貸借対照表に計上された負債と資産の純額

                                            81,500
                                53/78




















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5.退職給付費用の内訳

                                                (単位:千円)
                                        前事業年度
                                     自     2019年4月  1日
                                     至     2020年3月      31日
    確定給付制度に係る退職給付費用
                                          86,784
    (1)勤務費用

                                          57,391
    (2)利息費用
                                            -
    (3)期待運用収益         (減算)
                                          2,938
    (4)過去勤務費用の費用処理額
                                          8,721
    (5)数理計算上の差異の費用処理額
                                          20,411
    (6)その他
                                          3,198
                                                (単位:千円)

                                        当事業年度
                                     自     2020年4月  1日
                                     至     2021年3月      31日
    確定給付制度に係る退職給付費用
                                          52,417
    (1)勤務費用

                                          55,966
    (2)利息費用
                                                -
    (3)期待運用収益         (減算)
                                            2,510
    (4)過去勤務費用の費用処理額
                                            8,721
    (5)数理計算上の差異の費用処理額
                                          25,059
    (6)その他
                                          15,300
    6.年金資産に関する事項

    前事業年度(2020年3月31日現在)
    ① 年金資産の内訳
     保険資産(一般勘定)               97.7%
     その他               2.3%
     合計              100.0%
    ② 長期期待運用収益率の設定方法
     年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
     する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
    当事業年度(2021年3月31日現在)

    ① 年金資産の内訳
     保険資産(一般勘定)               97.9%
     その他               2.1%
     合計              100.0%
    ② 長期期待運用収益率の設定方法
     年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
     する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                54/78





                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    7.退職給付債務等の計算基礎に関する事項

                                        前事業年度

                                     (2020年3月      31日現在)
    (1)割引率
                                          0.0%
    (2)長期期待運用収益率
                                         0.75%
    (3)退職給付見込額の期間配分方法
                                       期間定額基準
    (4)過去勤務費用の処理年数
                                      発生時より      11年
    (5)数理計算上の差異の処理年数
                                          1年
                                        当事業年度

                                     (2021年3月      31日現在)
    (1)割引率
                                          0.0%
    (2)長期期待運用収益率
                                           0.75%
    (3)退職給付見込額の期間配分方法
                                       期間定額基準
    (4)過去勤務費用の処理年数
                                      発生時より      11年
    (5)数理計算上の差異の処理年数
                                          1年
    8.確定拠出制度

     前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     当社の確定拠出制度への要拠出額は19,564千円であります。
     当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     当社の確定拠出制度への要拠出額は19,186千円 であります。
    (税効果会計関係)

                前事業年度                              当事業年度
              自     2019年4月  1日                          自     2020年4月  1日
              至     2020年3月      31日                    至     2021年3月      31日
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別                              1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別

     の内訳                              の内訳
                      (単位:     千円)                         (単位:     千円)
     繰延税金資産                              繰延税金資産
        連結納税適用に伴う影響額                   612,589           連結納税適用に伴う影響額                      -
        賞与引当金繰入超過額                   17,497           賞与引当金繰入超過額                    21,034
        退職給付引当金                   31,083           退職給付引当金                    26,660
       繰越欠損金                   1,652,186           繰越欠損金                   1,987,863
        その他                   56,367           その他                    52,654
        繰延税金資産       合計                      繰延税金資産       合計

                         2,369,725                              2,088,211
                              -                              -
        繰延税金負債との相殺                              繰延税金負債との相殺
        繰延税金資産の純額                              繰延税金資産の純額

                         2,369,725                              2,088,211
    (注)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

    前事業年度(2020年3月31日現在)

                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                                5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                                (千円)       (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
     税務上の繰越欠損金
                   -        -        -        -        -  
     (*1)                                            1,652,186        1,652,186
                                                            (*2)
                   -        -        -        -        -  
     繰延税金資産                                            1,652,186        1,652,186
                                55/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (*1)   税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     (*2)   税務上の繰越欠損金1,652,186千円(法定実効税率を乗じた金額)について、繰延税金資産1,652,186
    千円を計上しております。当該税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産については、将来の課税所得の見込
    等により回収可能と判断しております。
    当事業年度(2021年3月31日現在)

                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                                5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                                (千円)       (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
     税務上の繰越欠損金
                   -        -        -        -        -  
     (*1)                                            1,987,863        1,987,863
                                                            (*2)
                   -        -        -        -        -  
     繰延税金資産                                            1,987,863        1,987,863
     (*1)   税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     (*2)   税務上の繰越欠損金1,987,863千円(法定実効税率を乗じた金額)について、繰延税金資産1,987,863
    千円を計上しております。当該税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産については、将来の課税所得の見込
    等により回収可能と判断しております。
         前事業年度(2020年3月31日               現在)             当事業年度(2021年3月31日               現在)

    2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負                          2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負

    担率との間の差異の原因となった主要な項目別内訳                            担率との間の差異の原因となった主要な項目別内訳
      法定実効税率                    30.6%       法定実効税率                     30.6%

      交際費等永久に損金に                            交際費等永久に損金に
        算入されない項目                     5.1%         算入されない項目                     6.8%
      その他                   △  0.3%       その他                    △  0.4%
      税効果会計適用後の                            税効果会計適用後の
        法人税等の負担率                              法人税等の負担率
                          35.4%                            37.0%
    (資産除去債務関係)

    前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    (1)  資産除去債務の概要

       当社は、本社オフィス及びバックアップセンターの不動産賃貸借契約に基づき、退去時における原状回
       復に係る債務を資産除去債務として認識しておりますが、当該資産除去債務に関しては、資産除去債務
       の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する長期差入保証金の回収が最終的に見込めないと認めら
       れる金額を合理的に見積り、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によってお
       ります。
    (2)  資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を賃貸借契約期間と見積り、資産除去債務の金額を計算しております。
    (3)  当事業年度における資産除去債務の総額の増減

       当事業年度において、長期差入保証金の回収が最終的に見込めないと認められる金額として算定した金
       額は35,341千円であります。資産除去債務の総額は当事業年度において、変動は有りません。
                                56/78




                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    (1)  資産除去債務の概要
       当社は、本社オフィス及びバックアップセンターの不動産賃貸借契約に基づき、退去時における原状回
       復に係る債務を資産除去債務として認識しておりますが、当該資産除去債務に関しては、資産除去債務
       の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する長期差入保証金の回収が最終的に見込めないと認めら
       れる金額を合理的に見積り、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によってお
       ります。
    (2)  資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を賃貸借契約期間と見積り、資産除去債務の金額を計算しております。
    (3)  当事業年度における資産除去債務の総額の増減

       当事業年度において、長期差入保証金の回収が最終的に見込めないと認められる金額として算定した金
       額は35,341千円であります。資産除去債務の総額は当事業年度において、変動は有りません。
    (セグメント情報)

    1.セグメント情報

        当社は、投資運用業の単一セグメントのため、記載を省略しております。
    2.セグメント関連情報

       1.  商品及びサービスに関する情報

        単一の商品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
        記載を省略しております。
        2.    地域に関する情報

         ①  営業収益
          本邦に所在している顧客への収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
          おります。
          なお、委託者報酬については、制度上、顧客情報を知り得ないため、集計対象より除外しており
          ます。
         ②  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
          め、記載を省略しております。
       3.  主要な顧客に関する情報

        委託者報酬については、制度上、顧客情報を知り得ないため、記載を省略しております。
        また、投資顧問料については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省略して
        おります。
     (報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報)  

          該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

          該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

          該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

    Ⅰ 関連当事者との取引

    (1)  親会社及び法人主要株主等

        該当事項はありません。
    (2)  同一の親会社を持つ会社

                                57/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                              前事業年度

                           自    2019年4月  1日
                           至    2020年3月     31日
    種 類    会社等の     所在地    資本金又     事業の    議決権の所      関連当事者との関係          取引の内容       取引     科目    期末
          名称         は    内容    有 (被所                    金額         残高
                               役員の    事業上の関
                  出資金     又は                         (千円)         (千円)
                          有)割合
                               兼任等      係
                      職業
    同一の親    ステート・スト    米国     29百万    銀行、     なし    なし    助言などの      ソフトウェア       309,576    前払金       694
    会社を持    リート・バン    マサチューセッツ     米ドル    投資顧             投資顧問サー      使用料の支払
    つ会社    ク ・  アン 州  ボストン       問、投             ビスの提供並
         ド・  トラス  市         資信託             びに受入れ      投資顧問料の
                      委託業                  支払       189,363
         ト・カンパ
                      務、及
         ニー
                      びそれ
                      らの関
                                   ソフトウェ      人件費等の支       129,383    未払金     18,808
                      連業務
                                   アの使用契      払
                                   約
                                   人件費等及      事務手数料の        65,925

                                   び事務手数      受取
                                   料の支払
                                        事務手数料の      1,057,318
                                        支払
         ステート・スト    東京都港     25億円    銀行業     なし    なし    投資信託計      投資信託計理        37,991   前払金     38,648
         リート信託    区                      理の事務サー      業務委託
         銀行株式                          ビスの受入れ
         会社
                                   兼職社員の      人件費等の支       138,065
                                   人件費支払      払
                                   等
         ステート・スト    英国    62百万ポ    投資顧     なし    なし    投資顧問サー      投資顧問料の        13,752       -    -
         リート・グ    ロンドン      ンド   問、投             ビスの受入れ      支払
         ローバル・ア             資信託
         ドバイザー             委託業
         ズ・ユナイテ             務
         ッド・キング
         ダム
         ステート・スト    シンガポール     136万シン    投資顧     なし    なし    投資顧問サー      紹介料の受取         526     -    -
         リート・グ    シンガポール    ガポールド    問業             ビスの受入れ
         ローバル・ア    市      ル                及びETF      投資顧問料の
         ドバイザー                          商品の紹介      支払        22,050
         ズ・シンガ
         ポール
    (注)    上記の金額のうち、ステート・ストリート信託銀行株式会社に関しましては、取引金額には消費税等が含まれ

         ておらず、期末残高には、消費税等が含まれております。
    取引条件及び取引条件の決定方針等

      1.   ソフトウェア使用料及び事務手数料については、グループ全体の費用を一定の基準で配分した金額
         に基づき決定しております。
      2.   人件費及び事務所賃借料については、実際支払額を基として支払いを行っております。
      3.   役務料については、当社との間で締結された役務提供契約に基づいて支払われております。
      4.   投資顧問料については、当社との間で締結された投資顧問契約に記載された料率に基づいて計算さ
         れております。
                                58/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      5.   ETF商品の紹介料については、当社との間で締結された役務提供契約に基づいて計算されておりま
         す。
                                59/78




















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                              当事業年度

                           自    2020年4月  1日
                           至    2021年3月     31日
    種 類    会社等    所在地    資本金    事業の    議決権の     関連当事者との関係          取引の内容       取引     科目     期末
         の名称        又は    内容   所有  (被                    金額          残高
                             役員の    事業上の関係
                 出資金    又は                         (千円)          (千円)
                        所有)割合
                             兼任等
                     職業
    同一の    ステート・ス    米国    29百万    銀行、     なし    なし    助言などの投      ソフトウェア        210,494    前払金       170
    親会社    トリート   ・ マサチューセッツ    米ドル    投資顧            資顧問サービスの      使用料の支払
    を持つ    バンク・ア    州ボストン        問、投            提供並びに受
    会社    ンド・   ト 市        資信託            入れ      投資顧問料の
                    委託業                  支払        182,861
        ラスト・カン
                    務、及
        パニー
                    びそれ
                    らの関
                                ソフトウェア      人件費等の支        178,279    未払金      19,408
                    連業務
                                の使用契約      払
                                人件費等及び

                                事務手数料の      事務手数料の         77,977
                                支払      受取
                                       事務手数料の       1,306,329

                                       支払
        ステート・ス    東京都港    25億円    銀行業     なし    なし    投資信託計理      投資信託計理         38,231   前払金      59,280
        トリート   信 区                    の事務サービスの      業務委託
        託銀行                        受入れ
        株式会
        社                        兼職社員の人      人件費等の支        122,715
                                件費支払等      払
        ステート・ス    英国    62百万    投資    なし    なし    投資顧問サービス      投資顧問料の         17,282       -     -
        トリート   ・ ロンドン     ポンド    顧           の受入れ      支払
        グローバ            問、
        ル・アド
                     投資
        バイザー
                     信託
        ズ・ユナイ
                     委託
        テッド・キン
                     業務
        グダム
        ステート・ス    シンガポール    136万シン    投資顧     なし    なし    投資顧問サービス      紹介料の受取          249     -     -
        トリート   ・ シンガポール    ガポール    問業            の受入れ及び
        グローバ    市     ドル               ETF商品の      投資顧問料の
        ル・アド                        紹介      支払         21,878
        バイザー
        ズ・シン
        ガポール
    (注)    上記の金額のうち、ステート・ストリート信託銀行株式会社に関しましては、取引金額には消費税等が含まれ

         ておらず、期末残高には、消費税等が含まれております。
    取引条件及び取引条件の決定方針等

      1.   ソフトウェア使用料及び事務手数料については、グループ全体の費用を一定の基準で配分した金額
         に基づき決定しております。
      2.   人件費及び事務所賃借料については、実際支払額を基として支払いを行っております。
      3.   役務料については、当社との間で締結された役務提供契約に基づいて支払われております。
      4.   投資顧問料については、当社との間で締結された投資顧問契約に記載された料率に基づいて計算さ
         れております。
                                60/78

                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      5.   ETF商品の紹介料については、当社との間で締結された役務提供契約に基づいて計算されておりま
         す。
                                61/78




















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    Ⅱ親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報

       ステート・ストリート・コーポレーション(ニューヨーク証券取引所に上場)
       ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・インク(非上場)
       ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・インターナショナル・ホールディングス(非上
       場)
       ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・ジャパン・ホールディングス合同会社(非上
       場)
     (2)  重要な関連会社の要約財務情報

       該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

               前事業年度                            当事業年度
             自  2019年4月  1日                          自  2020年4月  1日
             至  2020年3月      31日                    至  2021年3月      31日
     1株当たり純資産      1,058,607円22銭                            1株当たり純資産      1,050,045円38銭
     1株当たり当期純利益                  86,073円06銭              1株当たり当期純利益               77,405円89銭
     なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金                            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金
     額については、潜在株式が存在しないため、記載                            額については、潜在株式が存在しないため、記載
     しておりません。                              しておりません。  
    (注)1株当たり当期純利益の算定基礎は、以下のとおりであります。

                                前事業年度                当事業年度

                              自  2019年4月  1日               自  2020年4月  1日
                              至  2020年3月      31日         至  2021年3月      31日
    当期純利益 (千円)
                                 533,652                479,916
    普通株主に帰属しない金額
                                   -                -
    普通株式にかかる当期純利益 (千円)
                                 533,652                479,916
    期中平均株式数 (株)
                                  6,200                6,200
    (重要な後発事象)

                             前事業年度
                          自     2019年4月  1日
                          至     2020年3月      31日
    該当事項はありません。

                             当事業年度

                          自     2020年4月  1日
                          至     2021年3月      31日
     該当事項はありません。

                                62/78




                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)中間貸借対照表

                                                   (単位:千円)
                    期  別                第25期中間会計期間末
                                    (2021年9月30日現在)
     科  目
                                  金  額                 構成比
           (資産の部)                                              %
     流動資産
      預金                                    3,625,319
      有価証券                                      22,985
      前払金                                      85,688
      前払費用                                      28,325
      未収入金                                     710,965
      未収委託者報酬                                     700,370
      未収収益                                     359,443
              流動資産計                            5,533,098               73.1
     固定資産
      有形固定資産                                       621
       建物附属設備              ※1               0
       器具備品              ※1             621
      無形固定資産                                        0
       ソフトウェア                            0
      投資その他の資産                                    2,032,054
       長期差入保証金                         73,744
       繰延税金資産                        1,952,035
       その他投資                          6,275
              固定資産計                            2,032,676               26.9
            資産合計                             7,565,774              100.0
           (負債の部)                                              %
     流動負債
      預り金                                      33,016
      未払金                                     309,581
       未払手数料                         179,583
       その他未払金                         129,998
      未払費用                                      11,202
      未払法人税等                                     199,687
      未払消費税等               ※2                       49,024
      賞与引当金                                     243,734
              流動負債計                             846,247              11.2
     固定負債
      退職給付引当金                                      83,215
              固定負債計                             83,215              1.1
            負債合計                              929,463              12.3
           (純資産の部)                                               %
     株主資本                                     6,636,311               87.7
      資本金                          310,000
      利益剰余金                         6,326,311
       利益準備金                         77,500
       その他利益剰余金
        別途積立金                        31,620
        繰越利益剰余金                      6,217,191
           純  資  産  合  計
                                          6,636,311               87.7
        負  債  ・  純  資  産  合  計
                                          7,565,774              100.0
                                63/78



                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)    中間損益計算書

                                                   (単位:千円)
                     期  別                 第25期中間会計期間

                                     自  2021年4月1日
                                     至  2021年9月30日
     科  目
                                   金額                構成比
                                                         %
     営業収益
      委託者報酬                                    1,329,971
      投資顧問収入                                    1,519,331
      その他営業収益               ※1                      74,653
                 営業収益計                        2,923,956              100.0
     営業費用・一般管理費
      営業費用                                     937,049
       支払手数料                         357,549
       その他営業費用                         579,500
      一般管理費               ※2                     1,064,685
           営業費用・一般管理費計                               2,001,735               68.5
     営業利益                                      922,221              31.5
     営業外収益                                        748            0.0
     営業外費用                                        470            0.0
     経常利益                                      922,499              31.5
     特別損失                                       2,326             0.1
     税引前中間純利益                                      920,172              31.5
     法人税,住民税及び事業税                                      180,085              6.2
     法人税等調整額                                      135,057              4.6
     中間純利益                                      605,030              20.7
                                64/78









                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)中間株主資本等変動計算書

     当中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)                                              (単位:千円)
                            株   主   資   本
                                利益剰余金
                                                       純資産
                                その他利益
                                                株主資本
                                 剰余金                      合計
                 資本金       利益                 利益剰余金
                                                 合計
                              別途
                       準備金            繰越利益       合計
                                    剰余金
                             積立金
     当期首残高              310,000       77,500      31,620     6,091,161      6,200,281      6,510,281      6,510,281
     当中間期変動額
     剰余金の配当               -      -      -   △479,000      △479,000      △479,000      △479,000
     中間純利益               -      -      -    605,030      605,030      605,030      605,030
     当中間期変動額合計                -      -      -    126,030      126,030      126,030      126,030
     当中間期末残高              310,000       77,500      31,620     6,217,191      6,326,311      6,636,311      6,636,311
                                65/78















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    [重要な会計方針]

                                第25期中間会計期間
                               自     2021年4月      1日
                                至     2021年9月30日
     1.資産の評価基準及           有価証券
     び評価方法
                 売買目的有価証券
                 中間決算日の市場価格等に基づく時価法(取得原価は移動平均法により算定)
                 を採用しております。
     2.固定資産の減価償           (1)  有形固定資産

     却方法
                    定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は以下の通りでありま
                  す。
                    器具備品             3~  7年
     3.外貨建の資産及び           外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差

     負債の本邦通貨への           額は損益として処理しております。
     換算基準
     4.引当金の計上基準           (1)  賞与引当金

                  従業員等に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当中間会計期
                  間に負担すべき金額を計上しております。
                (2)  退職給付引当金

                  退職給付引当金は、従業員等の退職給付に備えるため、当事業年度末におけ
                  る退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末において
                  発生していると認められる額を計上しております。
                  ①退職給付見込額の期間帰属方法
                   退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間
                   に帰属させる方法については、期間定額基準によっております。
                  ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                   過去勤務費用 
                   その発生年度の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(11年)による
                   定額法により費用処理しております。
                   数理計算上の差異
                   発生の翌事業年度に一括費用処理しております。
     5.収益の計上方法           (1)  委託者報酬

                 委託者報酬は、投資信託約款に定められた履行義務の充足状況に基づき、投資
                 信託約款毎に、日々の純資産総額に信託報酬率を乗じた金額で収益を認識して
                 おります。
                (2)  投資顧問収入
                 投資顧問収入は、投資顧問契約に定められた履行義務の充足状況に基づき、投
                 資顧問契約毎に、計算基礎額に投資顧問料率を乗じた金額で収益を認識してお
                 ります。
     6.その他中間           消費税等の処理方法
                消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     財務諸表作成のため
     の基本となる重
     要な事項
                                66/78




                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    [会計方針の変更]

    (収益認識に関する会計基準等の適用)
     「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            令和2年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
    う。)等を当中間会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当
    該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。ただし、これ
    による具体的な会計方針の変更は無く、したがって、収益認識会計基準等の適用にともなう当中間会計期間
    における中間貸借対照表、中間損益計算書および中間株主資本等変動計算書への影響は有りません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

     「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                            令和元年7月4日。以下「時価算定会計基準」と
    いう。)等を当中間会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
    (企業会計基準第10号            令和元年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
    が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。ただし、これによる具体的な会
    計方針の変更は無く、したがって、時価算定会計基準等の適用にともなう当中間会計期間における中間貸借
    対照表、中間損益計算書および中間株主資本等変動計算書への影響は有りません。
                                67/78
















                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注  記  事  項

    (中間貸借対照表関係)
                         第25期中間会計期間末
                         ( 2021年9月30日        現在)
     ※1.   有形固定資産の減価償却累計額
        器具備品                30,152    千円
     ※2.   消費税等の取扱い

        仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、未払消費税等として表示しております。
    (中間損益計算書関係)

                       第25期中間会計期間
                       自     2021年4月      1日
                       至     2021年9月30日
     ※1.   当社とステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーはグループ
     間移転価格調整の方針に従って調整額を精算することとしております。当中間会計期間
     に、ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーから当社に支払われ
     た調整額74,529千円は、損益計算書のその他営業収益に、また、当社がステート・スト
     リート・バンク・アンド・トラスト・カンパニーに支払った調整額107,178千円は、損益
     計算書の一般管理費に含まれております。
     ※2.   減価償却実施額

        有形固定資産     1,952千円
    (中間株主資本等変動計算書関係)

                         第25期中間会計期間
                         自  2021年4月        1日
                          至  2021年9月30日
     1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項
      株式の種類         当事業年度期首          当中間会計期間           当中間会計期間           当中間会計期間末

               株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)           株式数(株)
      普通株式               6,200            ―           ―         6,200
     2.  当中間会計期間中に行った剰余金の配当に関する事項

         決議       株式の種類       配当金の      1株あたりの          基準日         効力発生日

                        総額       配当額
      2021年6月24日          普通株式       479,000      77,258.06円        2021年3月31日          2021年6月25日
       定時株主総会                   千円
                                68/78





                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)

                      第25期中間会計期間末
                      ( 2021年9月30日        現在)
     1.  金融商品の時価等に関する事項
        預金、未収入金、未収委託者報酬、未収収益、未払手数料及びその他未払金は、短
       期間で決済されるため、時価が帳簿価額に近似することから、注記を省略しておりま
       す。
     2 . 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       前項にて注記を省略しているため、記載を省略しております。
    (有価証券関係)

                         第25期中間会計期間末
                         ( 2021年9月30日        現在)
      売買目的の有価証券
       貸借対照表計上額                                              22,985千円
         当中間会計期間の損益に含まれた評価差額      703千円
    (資産除去債務関係)

                         第25期中間会計期間末
                         ( 2021年9月30日        現在)
     当中間会計期間において、本社オフィスの一部解約等に伴う原状回復費用の精算が行われたことか
     ら、資産除去債務の総額は、期中において20,679千円減少し、14,661千円となりました。
    (デリバティブ取引関係)

                         第25期中間会計期間末
                         (2021年9月30日         現在)
     当社はデリバティブ取引を行っていないため、該当事項はありません。
                                69/78









                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)

                         第25期中間会計期間末
                         ( 2021年9月30日        現在)
     (セグメント情報)
     当社は、投資運用業の単一セグメントのため、記載を省略しております。
     (セグメント関連情報)

     1. 商品およびサービスごとの情報
     単一の商品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるた
     め、記載を省略しております。
     2. 地域ごとの情報

     (1)営業収益
     本邦に所在している顧客への収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
     います。なお、委託者報酬については、制度上、顧客情報を知り得ないため、集計対象より除いてお
     ります。
     (2)有形固定資産

     本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
     め、記載を省略しております。
     3. 主要な顧客ごとの情報

     委託者報酬については、制度上、顧客情報を知り得ないため、記載を省略しております。
     また、投資顧問料については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省略して
     おります。
     (報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報)

     該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

     該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

     該当事項はありません。
    (収益認識関係)

                          第25期中間会計期間
                         自     2021年4月      1日
                          至     2021年9月30日
     当社は、「(セグメント情報等)」に記載のとおり、投資運用業の単一セグメントであり、営業収益
     のうち委託者報酬と投資顧問収入は、顧客との契約から生じる収益であります。
     (1)  収益の分解情報

      損益計算書に記載のとおりです。
     (2)  収益を理解するための基礎となる情報
      重要な会計方針「5.収益の計上方法」に記載のとおりです。
     (3)  当期及び翌期以降の収益の金額を理解するための情報
      重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                70/78




                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)

                          第25期中間会計期間
                         自     2021年4月      1日
                          至     2021年9月30日
      1株当たり純資産額      1,070,372円81銭
      1株当たり中間純利益             97,585円49銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載し
      ておりません。
     注)  1株当たり中間純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                          第25期中間会計期間

                         自     2021年4月      1日
                          至     2021年9月30日
             中間純利益(千円)                       605,030
             普通株主に帰属しない金額                       -
             普通株式にかかる中間純利益(千円)                       605,030
             期中平均株式数(株)                       6,200
    (重要な後発事象)


                       第25期中間会計期間
                       自     2021年4月      1日
                       至     2021年9月30日
     該当事項はありません。

                                71/78










                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる
     行為が禁止されています。
     ①  自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと
       (投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
       れがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     ②  運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若し
       くは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府
       令で定めるものを除きます。)。
     ③  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
       法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
       者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
       下④⑤において同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有しているこ
       とその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要
       件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は金融デリバティブ
       取引を行うこと。
     ④  委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、
       運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこ
       と。
     ⑤  上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資
       者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあ
       るものとして内閣府令で定める行為
    5【その他】

     (1)  定款の変更
        委託会社の定款変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
        その他、営業譲渡および営業譲受、出資の状況その他の重要な事項は予定されておりません。
     (2)  訴訟事件その他の重要事項

        訴訟事件その他会社に重要な影響を与えることが予想される事実は存在しておりません。
                                72/78








                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】
     (1)  受託会社
       ①  名称
         三井住友信託銀行株式会社
       ②  資本金の額
         342,037百万円(2021年9月末現在)
       ③  事業の内容
         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)に
         基づき信託業務を営んでいます。
       (参考)再信託受託会社

         名称:    株式会社日本カストディ銀行
         資本金の額:       51,000    百万円(2021年9月末現在)
         事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法
                律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
     (2)  販売会社

            ① 名  称               ② 資本金の額                 ③ 事業の内容
                      ※
                           342,037百万円           銀行法に基づき銀行業を営むととも
        三井住友信託銀行株式会社
                          (2021年9月末現在          )  に、金融機関の信託業務の兼営等に関
                                      する法律(兼営法)に基づき信託業務
                                      を営んでいます。
        ※三井住友信託銀行株式会社は、当初申込日においては委託会社による買付にかかる取得申込み
         のみを取扱い、継続申込期間は募集・販売業務を取扱いません。
    2【関係業務の概要】

     (1)  受託会社

       当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理・計算、受益権の設定に係る振替機関への通
       知、外国証券を保管・管理する外国の保管銀行への指図・連絡等を行います。
     (2)  販売会社

       当ファンドの販売会社として受益権の募集の取扱い等を行います。
    3【資本関係】

     (1)  受託会社

       該当事項はありません。
     (2)  販売会社

       該当事項はありません。
                                73/78




                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
     (1)  目論見書は電子媒体等として使用される他、インターネット等に掲載されることがあります。
     (2)  目論見書の表紙および裏表紙に、委託会社の名称および本店の所在地、販売会社等の名称、当
        ファンドの基本的形態等を記載すること、委託会社および当ファンドのロゴマークを表示し、図
        案を採用することがあります。
     (3)  目論見書の表紙等に、以下のような別称を使用することがあります。
        交付目論見書 「投資信託説明書(交付目論見書)」
        請求目論見書 「投資信託説明書(請求目論見書)」
     (4)  目論見書の表紙裏に、以下の事項を記載することがあります。
        「当ファンドは、有価証券などの値動きのある証券に投資します(また、外国証券にはこの他に
        為替変動もあります。)ので、基準価額は変動します。従って、元本が保証されているものでは
        ありません。」
     (5)  請求目論見書に当ファンドの投資信託約款の全文を記載します。
     (6)  目論見書の表紙裏などに「契約締結前のご留意事項」として、ファンドに係るリスク、手数料等
        について記載することがあります。
     (7)  交付目論見書に最新の運用実績を記載することがあります。
                                74/78














                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書

                                                2021年6月30日

    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
     取締役会 御中
                         EY新日本有限責任監査法人

                         東 京 事 務 所

                         指定有限責任社員
                                        公認会計士        伊藤 雅人 ㊞
                         業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委
    託会社等の経理状況」に掲げられているステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式
    会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの第24期事業年度の財務諸表、すなわ
    ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について
    監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準

    に準拠して、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社の2021年3月31
    日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正
    に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
    た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
    また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎とな
    る十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
    表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
    諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
    まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視すること
    にある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
    る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
    ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
    があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
    る場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                75/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
     に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
     に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
     人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連
     する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
     の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
     た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
     要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認め
     られる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確
     実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明
     することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
     いるが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、
     並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
    部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守した
    こと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は
    軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
    はない。
                                                     以  上
    (注)上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

       す。
                                76/78










                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の中間監査報告書

                                              2021年12月24日

    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社

     取締役会 御中
                      EY新日本有限責任監査法人

                      東 京 事 務 所

                      指定有限責任社員
                                   公認会計士        伊 藤 雅 人 
                      業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委
    託会社等の経理状況」に掲げられているステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式
    会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第25期事業年度の中間会計期間(2
    021年4月1日から2021年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照
    表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記につい                                                   て中間
    監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務
    諸表の作成基準に準拠して、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社の20
    21年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(2021年4月1日か
    ら2021年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査
    を行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間
    監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
    て中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な
    虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統
    制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成する
    ことが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任
    がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視すること
    にある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報
    の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得
    て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚
    偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の
    過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な
      虚偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は
      監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入
      手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断
      により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的
      手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、
      中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの
      合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
                                77/78


                                                          EDINET提出書類
                                    ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(E12963)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
      手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関
      して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実
      性 が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起するこ
      と、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表
      に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書
      日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業とし
      て存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
      表の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表
      示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表
      示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で

    識別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求めら
    れているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守し
    たこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又
    は軽減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関
    係はない。
                                                      以  上
    (注)上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

       ります。
                                78/78













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク