日本オラクル株式会社 四半期報告書 第37期第3四半期(令和3年12月1日-令和4年2月28日)

提出書類 四半期報告書-第37期第3四半期(令和3年12月1日-令和4年2月28日)
提出日
提出者 日本オラクル株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2022年4月11日

    【四半期会計期間】               第37期第3四半期(自 2021年12月1日 至 2022年2月28日)

    【会社名】               日本オラクル株式会社

    【英訳名】               ORACLE    CORPORATION      JAPAN

    【代表者の役職氏名】               代表執行役 法務室 マネージング・カウンシル 内海 寛子

                   (戸籍上の氏名:名嘉 寛子)
    【本店の所在の場所】               東京都港区北青山二丁目5番8号
    【電話番号】               03(6834)6666

    【事務連絡者氏名】               経理部長  村野 祐史

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区北青山二丁目5番8号

    【電話番号】               03(6834)6666

    【事務連絡者氏名】               経理部長  村野 祐史

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                   (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/20









                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

      提出会社の経営指標等
                            第36期           第37期

             回次                                     第36期
                         第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                         自   2020年6月1日         自   2021年6月1日         自   2020年6月1日
            会計期間
                         至   2021年2月28日         至   2022年2月28日         至   2021年5月31日
    売上高                (百万円)           149,698           153,506           208,523
    経常利益                (百万円)           49,703           51,649           70,904

    四半期(当期)純利益                (百万円)           34,424           35,793           49,175

    持分法を適用した場合の
                    (百万円)              ―           ―           ―
    投資利益
    資本金                (百万円)           25,018           25,060           25,033
    発行済株式総数                (千株)          128,234           128,253           128,240

    純資産額                (百万円)           205,182           109,921           219,999

    総資産額                (百万円)           294,766           192,131           333,999

    1株当たり四半期
                     (円)          268.72           279.44           383.92
    (当期)純利益金額
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)          268.53           279.34           383.66
    四半期(当期)純利益金額
    1株当たり配当額                 (円)             ―           ―         1,146
    自己資本比率                 (%)           69.6           57.2           65.8

                            第36期           第37期

             回次
                         第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                         自   2020年12月1日         自   2021年12月1日
            会計期間
                         至   2021年2月28日         至   2022年2月28日
    1株当たり四半期純利益金額                 (円)           90.17           94.50
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表は作成しておりませんので、連結経営指標等の推移については記載しておりませ
         ん。
       2.売上高には消費税等は含まれておりません。
       3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
       4.第36期(2021年5月期)の1株当たり配当額には、特別配当992円を含んでおります。
       5.第37期第3四半期累計期間末の純資産額および総資産額は、第36期期末配当として、特別配当992円を含ん
         だ1株当たり1,146円(配当の総額146,949百万円)を支払ったこと等により、前事業年度(第36期)末から
         減少しております。
       6.当社は、「役員報酬BIP信託」および「株式付与ESOP信託」を導入しており、当該信託が所有する当
         社株式については、四半期財務諸表において自己株式として計上しております。このため、1株当たり四半
         期(当期)純利益金額および潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額の算定にあたっては、当該株
         式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定しております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期累計期間において、当社および当社が属する企業グループにおいて営まれている事業の内容に重要な
     変更はありません。
                                 2/20


                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または前事業年度の有価証券報告書に記載した事
     業等のリスクに関する重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      当社の四半期財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されておりま
     す。この四半期財務諸表の作成にあたっては、決算日における資産および負債の金額、収益および費用の金額に影響
     を与えるような仮定、見積り、判断を必要とします。過去の経験や状況に応じ合理的と判断した入手可能な情報に基
     づいた仮定、見積り、判断であっても、仮定あるいは条件の変化により、実際の結果と異なる可能性があります。ま
     た、文中における将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  経営成績の分析

      ① 業績の状況
        当第3四半期累計期間(自             2021年6月1日       至  2022年2月28日。以下、「当四半期」)の経営成績につきまして
       は、売上高153,506百万円(前年同期比2.5%増)、営業利益51,557百万円(前年同期比3.7%増)、経常利益
       51,649百万円(前年同期比3.9%増)、四半期純利益35,793百万円(前年同期比4.0%増)となりました。
        当四半期における当社の属する国内の情報サービス産業においては、システム更新需要のほか、企業が収集す
       るあらゆるデジタルデータを活用した業務効率化、選択的リモートワークへの対応、エンドユーザーとの接点強
       化など企業成長、競争力強化を目的とするクラウドサービスや、Autonomous(自動化)、AI(人工知能)、マ
       シーン・ラーニング(機械学習)、ディープ・ラーニング(深層学習)など新しいテクノロジーに対するIT投資
       が底堅く推移しております。このような環境下において、当社は引き続き、当社製品・サービスの活用によって
       顧客企業のイノベーションの実現とビジネス変革、成長を強力に支援することへの価値訴求を継続してまいりま
       した。
        また今般の新型コロナウイルスについて、当社としても、社員および顧客企業をはじめとするあらゆるステー

       クホルダーの安全と健康を守り、安定的に事業運営を継続していくための対策を講じることが最重要課題のひと
       つと捉えております。全従業員のリモートワークへのシフトと顧客企業への安定的なサービスの提供、営業体制
       の構築を継続して実施してまいりました。
        また、当社は東京証券取引所の新市場区分について、事業を継続的に成長させ、あらゆるステークホルダーの
       期待に応えるという使命に注力することを背景として「スタンダード市場」を選択し、2022年4月に移行いたしま
       した。
      ② 報告セグメント別の状況

       市場展開方針
        私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう
       支援していくことです。
        「Be   a TRUSTED    TECHNOLOGY      ADVISOR」を掲げ、お客様企業の基幹システムのクラウド移行と積極的なデータ活
       用によるビジネス成長を支援することにより、さらなる企業成長を目指しております。テクノロジー企業である
       オラクルが自社のテクノロジーを用いて実践したDX(デジタル・トランスフォーメーション)のビジネス成果を
       お客様企業へ導入することで、Oracle@Oracleが実現したデータ・ドリブンなDXへのジャーニーを支援してまいり
       ます。
        当社はシステムを構築するために必要なプラットフォーム製品、業務アプリケーション、ハードウェアまで
       を、クラウド、オンプレミスいずれの環境においても展開可能な総合的製品ポートフォリオを有しております。
       特にソフトウェア・ライセンス製品は、長年、高度なセキュリティ、可用性と高速処理性能が求められるミッ
       ションクリティカル領域で広く採用されております。新たな事業の柱として注力しているオラクルクラウドは、
       このソフトウェア・ライセンスと同じ設計思想、同じ技術で構築しており、オラクルのソフトウェア・ライセン
       スで構築したオンプレミス・システムとオラクルクラウドとの連携、双方向の移行を可能とすることを強みとし
       ております。
        これまで注力してきたデータ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウドサービス、それら
       の利用を支援する各種サービスの提供をさらに加速させ、お客様のDXをけん引してまいります。
                                 3/20

                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
        「クラウドトランスフォーメーションを加速」させていくための施策として、具体的には以下4点に注力し取り
       組みます。
        1)「SaaSによるデータ・ドリブンなDX実現」
         大規模かつ戦略的なトランザクションに焦点を当てたOracle                            Cloud   ERP/HCM/CXにより、お客様のDXを推進し
         てまいります。
        2)「ハイブリッド・クラウドでIT基盤をモダナイズ」
         基幹システムの大規模ワークロードをOCI(Oracle                        Cloud   Infrastructure)に移行し、クラウドエンジニア
         の増員に注力します。
        3)「社会インフラのDX推進」
         パブリックセクターの営業体制を強化し、社会インフラのDXを推進し、地方自治体のスマートシティプロ
         ジェクトを支援してまいります。
        4)「パートナーエコシステム拡充」
         お客様のデータセンター内にオラクルのパブリック・クラウドを構築する「Dedicated                                               Region
         Cloud@Customer」を戦略パートナーに展開し、OCI/SaaSのデリバリー体制構築を支援いたします。
        戦略を推進する体制として、東京および大阪リージョンで運営しております2か所のデータセンターを適宜増設

       し、エンタープライズのワークロード、セキュリティ、さらにDR(ディザスター・リカバリー:災害被害からの
       回復、事業継続マネジメント)に対応したサービスを提供しております。
        また、営業面では、クラウドビジネスおよびライセンスビジネスに特化した営業組織を再編し、さらにパブ
       リックセクターに特化した部門を新設いたしました。より一層、サポート、コンサルティング部門との「チーム
       コラボレーション」により付加価値サービスを訴求し、クラウドビジネスの拡大を推進してまいります。
        また、市場規模に応じたあらゆる業種のお客様向けに営業部隊を構築し、当社の価値を訴求し続けておりま
       す。
        [用語解説]
         * クラウドサービス:企業等のITシステムに利用されるソフトウェアやハードウェアのリソースを、インターネットを通じてサー
          ビスとして提供する形態。
         * オンプレミス:ITシステムを自社所有で構築・運用する形態。
      [クラウド&ライセンス]

        売上高は126,938百万円(前年同期比4.3%増)、営業利益は51,165百万円(前年同期比4.1%増)となりまし
       た。内訳につきましては、クラウドライセンス&オンプレミスライセンスの売上高は27,889百万円(前年同期比
       7.0%減)、クラウドサービス&ライセンスサポートの売上高は99,049百万円(前年同期比8.0%増)となりまし
       た。当セグメントは企業等のIT基盤に利用される、データベース管理ソフトウェア、各種ミドルウェア、ERP等の
       業務アプリケーションソフトウェアのソフトウェア・ライセンスを販売する「クラウドライセンス&オンプレミ
       スライセンス」とライセンスを利用されているお客様に更新版等のアップデートや技術サポートを提供する「ラ
       イセンスサポート」、これらのソフトウェアやハードウェアのリソースを、インターネットを通じてサービス提
       供する「クラウドサービス」から構成されます。
        クラウドライセンス&オンプレミスライセンスについては、上記の市場展開方針により、当社製品・サービス
       の価値訴求を積極的に展開してまいりました。ライセンスビジネスにおいては、コスト削減のためだけではな
       く、ビジネスを成長させていくためのIT投資需要は引き続き堅調ですが、世界的な半導体不足に起因するハード
       ウェアのサプライチェーンイシュー(出荷遅延)に伴い、ライセンス販売もハードウェアの出荷にあわせて後ろ
       倒しになるケースがありました。
        依然としてお客様の業種等によっては投資動向に振れ幅もあり、引き続き慎重に状況を精査し、事業を推進し
       てまいります。
        また、パートナー企業様とのアライアンス強化を積極的に推進し、クラウドパートナーとの協業強化を進め、
       中堅中小企業向けの需要創出にも注力してまいりました。
        クラウドサービスにおいては、クラウドシフトをさらに加速させるため、当社のオンプレミスをご利用いただ

       いている既存のお客様向けに“Oracle                  Fusion    Cloud   ERP”へのアップグレード(オンプレミスからクラウドへの
       リフト&シフト)に一層注力し、また新規契約においても幅広い業種において多くの実績を残すことができまし
       た。“Oracle       Cloud   Infrastructure        (OCI)”については、パフォーマンスやセキュリティ、費用対効果を重視さ
       れるお客様からの引合いは引き続き強く、東京および大阪データセンターの利用量は順調に増加しております。
        また、OCI,      PaaSおよびOracle         Exadata    Cloud@Customerにおいて、政府情報システムのためのセキュリティ評
       価制度(ISMAP       - Information      system    Security     Management      and  Assessment      Program)に適合したクラウドサービ
                                 4/20


                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
       スとして登録されております。政府機関等のデジタル化の推進に伴う、中長期的な需要創出および基盤構築への
       寄与を目指します。
        中堅中小企業向けCloud           ERPのNetSuiteにおいても、クラウドサービスを導入する企業の需要を取り込み堅調に
       推移いたしました。
        ライセンスサポートは、高い契約更新率を維持しており、クラウドライセンス&オンプレミスライセンスの販

       売に伴う新規保守契約も高水準を堅持しております。
      [ハードウェア・システムズ]

        売上高は10,622百万円(前年同期比12.5%減)、営業利益は472百万円(前年同期比2.5%減)となりました。
        当セグメントは、サーバー、ストレージ、エンジニアド・システム、ネットワーク機器等のハードウェアの販
       売およびそれらのオペレーティングシステム(OS)や関連ソフトウェアを提供する「ハードウェア・システム
       ズ・プロダクト」、ハードウェア製品の技術サポート、修理、メンテナンスの提供およびOS等関連ソフトウェア
       の更新版等の提供を行う「ハードウェア・システムズ・サポート」から構成されます。
        ハードウェア・システムズにつきましては、2021年9月にインテル社製の“Persistent                                         Memory(永続性メモ
       リ)”を搭載した、“Oracle              Exadata    Database     Machine    X9M”(X8Mのアップグレード版)の提供を開始いたし
       ました。引き続き需要は堅調ですが、世界的な半導体不足に伴うチップ不足により、出荷への影響が続いており
       ます。
        Exadata    X9Mは、ストレージ・ボトルネックを排除し、オンライン・トランザクション処理(OLTP)、アナリ
       ティクス、IoT、不正検出、高頻度取引など、最も過酷なワークロード向けにパフォーマンスを大幅に向上させま
       す。
      [サービス]

        売上高は15,945百万円(前年同期比0.4%増)、営業利益は3,483百万円(前年同期比5.2%増)となりました。
        当セグメントは、当社製品の導入支援を行う「コンサルティングサービス」、予防保守サービスやお客様のIT
       環境の包括的な運用管理サービスを提供する「アドバンストカスタマーサポートサービス」から構成されており
       ます。
        サービスにつきましては、コンサルティングサービスにおいて、オンプレミス環境からIaaS・PaaS環境への基
       盤移行、ERPクラウドを始めとするSaaSとの連携案件など、当社の総合的な製品サービス・ポートフォリオを活か
       した複合型案件が堅調に推移しております。
                                 5/20









                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
        <報告セグメント別売上高の状況>
                      2021年5月     期         2022年5月     期
                                                  2021年5月     期
                       第3四半期              第3四半期
                                           対前年
          区分
                     金額     構成比      金額     構成比            金額     構成比
                                           同期比
                      百万円       %    百万円       %      %    百万円       %
     クラウドライセンス&
                     29,999       20.0     27,889       18.2     △7.0     47,173       22.6
     オンプレミスライセンス
     クラウドサービス&
                     91,680       61.2     99,049       64.5      8.0    123,052       59.0
     ライセンスサポート
    クラウド&ライセンス                121,680       81.3    126,938       82.7      4.3    170,225       81.6
    ハードウェア・システムズ                 12,143       8.1    10,622       6.9    △12.5      17,083       8.2

    サービス                 15,874       10.6     15,945       10.4      0.4    21,214       10.2

          合計          149,698       100.0     153,506       100.0       2.5    208,523       100.0

     (注)    金額は単位未満を切り捨て、構成比ならびに対前年同期比は単位未満を四捨五入で表示しております。
      ③ 営業利益

         営業利益は、クラウド&ライセンスセグメントにおける売上高の増加(前年同期比4.3%増)等により、
        51,557百万円(前年同期比3.7%増)となりました。
         売上原価は、78,552百万円(前年同期比2.1%増)となりました。これは、クラウド&ライセンスセグメント
        において、ロイヤルティが増加した一方、ハードウェア・システムズセグメントにおいて、当期仕入高が減少
        しました。
         販売費及び一般管理費は、業務委託費が増加した一方、人件費等が減少した結果、23,397百万円(前期同期
        比1.4%増)となりました。
      ④ 営業外損益および経常利益

         経常利益は、営業外損益92百万円の収益(純額)を計上した結果、51,649百万円(前年同期比3.9%増)となりま
        した。
      ⑤ 四半期純利益

         特別利益「新株予約権戻入益」(5百万円)、法人税等(15,861百万円)を計上した結果、四半期純利益は
        35,793百万円(前年同期比4.0%増)となりました。
                                 6/20








                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
     (2)   財政状態の分析
       (資産の部)
        当第3四半期会計期間末における流動資産は、40,252百万円(前事業年度末比40,785百万円減)となりました。
       当第3四半期会計期間末における固定資産は、151,878百万円(前事業年度末比101,082百万円減)となりました。
       これは主に、オラクル・ジャパン・ホールディング・インク(当社の親会社)に対する関係会社長期貸付金の一
       部早期回収の実施による関係会社長期貸付金の減少(100,000百万円)によるものです。
       (負債の部)
        当第3四半期会計期間末における負債合計は、前事業年度末比で31,789百万円減少し、82,210百万円となりま
       した。これは主に、契約負債の減少(18,602百万円)、未払法人税等の減少(8,702百万円)によるものです。
       (純資産の部)
        当第3四半期会計期間末の純資産合計は、前事業年度末比で110,078百万円減少し、109,921百万円となりまし
       た。これは主に、ストック・オプションの行使による資本金、資本剰余金の各々の増加(26百万円)、当四半期純
       利益の計上(35,793百万円)、また、第1四半期累計期間において、期末配当金として1株当たり1,146円(特別
       配当992円を含む)を支払ったこと(146,949百万円)等によるものです。この結果、自己資本比率は57.2%(前事
       業年度末比8.6ポイントダウン)となりました。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期累計期間において、重要な変更はありません。
     (4)  研究開発活動

       当第3四半期累計期間において、重要な変更はありません。
     (5)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

       2021年8月20日に提出した前事業年度の有価証券報告書の「資本の財源及び資金の流動性に係る情報」に記載し
      た内容から重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の変更はありません。
                                 7/20










                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    511,584,909

                計                                  511,584,909

      ②  【発行済株式】

                        提出日現在              上場金融商品取引所

           第3四半期会計期間末
             現在発行数(株)
      種類                 発行数(株)(注)1               名又は登録認可金融                 内容
             ( 2022年2月28日       )
                       (2022年4月11日)               商品取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                 市場第一部(第3四半期会計期間末現在)
     普通株式                     128,254,171                            (注)2
               128,253,671
                                       東京証券取引所
                                    スタンダード市場(提出日現在)
       計         128,253,671           128,254,171                ―             ―
     (注)   1.「提出日現在発行数」には、提出日の属する月(2022年4月1日から当四半期報告書提出日まで)に新株予約
         権の行使により発行された株式数は含まれておりません。
       2.権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2021年12月1日~
                   2,100    128,253,671            4    25,060         4     8,411
     2022年2月28日
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.  2022年3月1日から2022年3月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式数が500株、
          資本金および資本準備金がそれぞれ1百万円増加しております。
                                 8/20





                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため記載事項はありません。
     (6)  【議決権の状況】

       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2021年11月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                               2021年11月30日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                     ―          ―             ―

    議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―             ―

    議決権制限株式(その他)                     ―          ―             ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―             ―
                    普通株式       12,800
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               1,280,060             ―
                         128,006,000
                    普通株式
    単元未満株式                               ―             ―
                           232,771
    発行済株式総数                    128,251,571          ―             ―
    総株主の議決権                     ―          1,280,060             ―

     (注) 「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が2,000株(議決権の数20個)、「役員報酬
        BIP信託」が保有する当社株式3,300株および「株式付与ESOP信託」が保有する当社株式104,600株が含まれてお
        ります。
      ②  【自己株式等】

                                               2021年11月30日       現在
                                                   発行済株式
                                            所有株式数
                               自己名義       他人名義
                                                  総数に対する
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所                         の合計
                               所有株式数       所有株式数
                                                   所有株式数
                                (株)       (株)
                                              (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)             東京都港区北青山2丁目
                                 12,800         ―     12,800        0.0
    日本オラクル株式会社             5番8号
          計             ―          12,800         ―     12,800        0.0
     (注) 株式報酬制度「役員報酬BIP信託」および従業員インセンティブ・プラン「株式付与ESOP信託」の信託財産とし
        て、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(東京都港区浜松町2丁目11番3号)が保有する当社株式3,300株お
        よび104,600株は、上記自己株式等の数に含めておりません。
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 9/20






                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第63号)
     に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2021年12月1日から2022年2月
     28日まで)及び第3四半期累計期間(2021年6月1日から2022年2月28日まで)に係る四半期財務諸表について、EY新日
     本有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
    3.四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                10/20
















                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
     (1)  【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2021年5月31日)              (2022年2月28日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                53,964              23,213
        売掛金                                18,799              13,110
        その他                                8,293              3,949
                                         △ 20             △ 20
        貸倒引当金
        流動資産合計                                81,038              40,252
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               9,487              8,847
         土地                               26,057              26,057
                                        1,349               914
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               36,894              35,819
        無形固定資産
                                          0              0
        投資その他の資産
         関係会社長期貸付金                              210,000              110,000
                                        6,065              6,058
         その他
         投資その他の資産合計                              216,065              116,058
        固定資産合計                               252,960              151,878
      資産合計                                 333,999              192,131
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                9,379              8,218
        未払金                                3,743              2,947
        未払法人税等                                13,982               5,279
        前受金                                80,206                -
        契約負債                                  -            61,603
        賞与引当金                                2,120              1,124
        その他の引当金                                  743              568
                                        3,822              2,468
        その他
        流動負債合計                               113,999               82,209
      固定負債
                                          0              0
        その他
        固定負債合計                                   0              0
      負債合計                                 113,999               82,210
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                25,033              25,060
        資本剰余金                                8,384              8,411
        利益剰余金                               188,924               77,767
                                       △ 2,461             △ 1,430
        自己株式
        株主資本合計                               219,881              109,808
      新株予約権                                   118              112
      純資産合計                                 219,999              109,921
     負債純資産合計                                  333,999              192,131
                                11/20




                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
      【第3四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                               (自 2020年6月1日              (自 2021年6月1日
                                至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
     売上高                                  149,698              153,506
                                        76,906              78,552
     売上原価
     売上総利益                                   72,791              74,954
     販売費及び一般管理費                                   23,071              23,397
     営業利益                                   49,720              51,557
     営業外収益
      受取利息                                    27              11
      為替差益                                    -              77
                                          14              16
      その他
      営業外収益合計                                    41              105
     営業外費用
      為替差損                                    53              -
                                          5              12
      その他
      営業外費用合計                                    58              12
     経常利益                                   49,703              51,649
     特別利益
                                          11               5
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                    11               5
     税引前四半期純利益                                   49,714              51,654
     法人税等                                   15,289              15,861
     四半期純利益                                   34,424              35,793
                                12/20












                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (会計方針の変更等)

      (時価の算定に関する会計基準等の適用)
        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                            2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
       う。)等を第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
       (企業会計基準第10号           2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定
       める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。これによる四半期財務諸表に与える影響
       はありません。
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                         当第3四半期累計期間
                    (自    2021年6月1日        至    2022年2月28日       )
    税金費用の計算
     税金費用については、当事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積
    り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。
     なお、法人税等調整額は、法人税等に含めて表示しております。
      (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う会計上の見積りについて)
          前事業年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した、新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定及び
         会計上の見積りについて、重要な変更はありません。
       (収益認識に関する会計基準等の適用)

          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日)等を第1四半期会計期間の期首か
         ら適用しております。なお、2018年3月30日に公表された「収益認識に関する会計基準」等については、2019
         年5月期の期首から適用しております。
          これにより、当第3四半期累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を「注記事項(収益
         認識関係)」に記載しております。なお、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号                                                2020
         年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第3四半期累計期間に係る顧客との契約から生
         じる収益を分解した情報は記載しておりません。
          収益認識会計基準等を適用したため、前事業年度の貸借対照表において、「流動負債」に表示していた「前
         受金」は、第1四半期会計期間より「契約負債」に含めて表示することとしました。
          なお、収益認識会計基準第89-4項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度について新たな表示方法
         により組替えを行っておりません。
      (四半期貸借対照表関係)

       該当事項はありません。
      (四半期損益計算書関係)

       該当事項はありません。
                                13/20



                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
       当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
      間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期累計期間                当第3四半期累計期間

                            (自    2020年6月1日              (自    2021年6月1日
                            至    2021年2月28日       )       至    2022年2月28日       )
        減価償却費                        1,588百万円                1,274百万円
      (株主資本等関係)

     前第3四半期累計期間(自              2020年6月1日        至    2021年2月28日       )
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2020年7月22日
              普通株式        19,097         149   2020年5月31日         2020年8月5日         利益剰余金
    取締役会
     (注) 2020年7月22日開催の取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金                                                     15
        百万円(役員報酬BIP信託1百万円、株式付与ESOP信託13百万円)が含まれております。
     2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第3四半期累計期間(自              2021年6月1日        至    2022年2月28日       )

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2021年7月21日
              普通株式        146,949        1,146    2021年5月31日         2021年8月4日         利益剰余金
    取締役会
     (注)1.上記の1株当たり配当額につきましては、特別配当992円が含まれております。
       2.2021年7月21日開催の取締役会決議による配当金の総額には、信託が保有する自社の株式に対する配当金216
        百万円(役員報酬BIP信託3百万円、株式付与ESOP信託213百万円)が含まれております。
     2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       2021年7月21日の取締役会において決議されていた利益剰余金を配当原資とした第36期期末配当(1株当たり
       1,146円、うち普通配当154円、特別配当992円、配当の総額146,949百万円)を2021年8月4日に支払っておりま
       す。
      (持分法損益等)

       該当事項はありません。
                                14/20



                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期累計期間(自                2020年6月1日        至    2021年2月28日       )
      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント

                                                    四半期
                                              調整額     損益計算書
                                              (注)1      計上額
                         ハードウェア
                   クラウド&
                                サービス        計
                                                    (注)2
                   ライセンス
                         ・システムズ
    売上高

     外部顧客への売上高               121,680       12,143      15,874      149,698         -    149,698

     セグメント間の
                       -      -      -      -      -      -
     内部売上高又は振替高
          計          121,680       12,143      15,874      149,698         -    149,698
    セグメント利益                 49,148        485     3,312      52,945      △ 3,225      49,720

     (注)   1.セグメント利益の調整額              △3,225百万円は、全社費用であります。主に報告セグメントに帰属しない管理部
         門等に係る費用であります。
       2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    Ⅱ 当第3四半期累計期間(自                2021年6月1日        至    2022年2月28日       )

      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:百万円)
                            報告セグメント

                                                    四半期
                                              調整額     損益計算書
                                              (注)1      計上額
                         ハードウェア
                   クラウド&
                                サービス        計
                                                    (注)2
                   ライセンス
                         ・システムズ
    売上高

     外部顧客への売上高               126,938       10,622      15,945      153,506         -    153,506

     セグメント間の
                       -      -      -      -      -      -
     内部売上高又は振替高
          計          126,938       10,622      15,945      153,506         -    153,506
    セグメント利益                 51,165        472     3,483      55,121      △ 3,564      51,557

     (注)   1.セグメント利益の調整額              △3,564百万円は、全社費用であります。主に報告セグメントに帰属しない管理部
         門等に係る費用であります。
       2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                15/20






                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)

       (収益の分解)
       当社は、売上高をセグメント情報の報告セグメントの区分に基づき分解するとともに、クラウド&ライセンスセ
       グメント    については、さらに財・サービスの区分により分解しております。
                         (単位:百万円)

                       当第3四半期累計期間
                      (自    2021年6月1日
                       至   2022年2月28日       )
        クラウド&ライセンス

         クラウドライセンス&
                              27,889
         オンプレミスライセンス
         クラウドサービス&
                              99,049
         ライセンスサポート
              計
                             126,938
        ハードウェア・システムズ                      10,622
        サービス                      15,945
        顧客との契約から生じる収益                      153,506
        その他の収益                        -
        外部顧客への売上高                      153,506
                                16/20













                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
      基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間             当第3四半期累計期間

                項目                (自    2020年6月1日           (自    2021年6月1日
                                至   2021年2月28日       )    至   2022年2月28日       )
    (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                       268.72円             279.44円
      (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(百万円)                                  34,424             35,793

      普通株主に帰属しない金額                                    ―             ―

      普通株式に係る四半期純利益金額(百万円)                                  34,424             35,793

      普通株式の期中平均株式数(千株)                                 128,105             128,089

    (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                       268.53円             279.34円
      (算定上の基礎)

      四半期純利益調整額(百万円)                                    ―             ―

      普通株式増加数(千株)                                    93             44

      (うち新株予約権(千株))                                   (93)             (44)

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
    四半期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式につ                                      ―             ―
    いて前事業年度末から重要な変動がある場合の概要
     (注) 当社は、「役員報酬BIP信託」および「株式付与ESOP信託」を導入しております。
        株主資本において自己株式として計上されている、役員報酬BIP信託および株式付与ESOP信託に残存す
        る自社の株式は、当第3四半期累計期間の1株当たり四半期純利益金額および潜在株式調整後1株当たり四半
        期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前第3四半期累計
        期間においては、役員報酬BIP信託6,996株、株式付与ESOP信託86,998株。当第3四半期累計期間におい
        ては、役員報酬BIP信託3,356株、株式付与ESOP信託143,420株。)。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                17/20






                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                18/20



















                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年4月11日

    日本オラクル株式会社
     取締役会 御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                       東京事務所
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       野  元  寿  文
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       田  辺  敦  子
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本オラクル株
    式会社の2021年6月1日から2022年5月31日までの第37期事業年度の第3四半期会計期間(2021年12月1日から2022年
    2月28日まで)及び第3四半期累計期間(2021年6月1日から2022年2月28日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
    ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、日本オラクル株式会社の2022年2月28日現在の財政状態及び同日をもって
    終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められ
    なかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監
    査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断し
    ている。
    四半期財務諸表に対する経営者及び監査委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切であ
    るかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関
    する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における執行役及び取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                19/20





                                                          EDINET提出書類
                                                     日本オラクル株式会社(E05027)
                                                            四半期報告書
     四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどう
     か結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切で
     ない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論
     は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業とし
     て存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に
     準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表
     示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が
     認められないかどうかを評価する。
     監査人は、監査委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じ
    ている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                20/20








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク