株式会社エフ・コード 有価証券報告書 第16期(令和3年1月1日-令和3年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第16期(令和3年1月1日-令和3年12月31日)
提出日
提出者 株式会社エフ・コード
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年3月29日

    【事業年度】                     第16期(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

    【会社名】                     株式会社エフ・コード

    【英訳名】                     f-code    Inc.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 工藤 勉

    【本店の所在の場所】                     東京都新宿区市谷八幡町2番1号

    【電話番号】                     03-6272-8991

    【事務連絡者氏名】                     取締役経営管理本部長 山崎 晋一

    【最寄りの連絡場所】                     東京都新宿区市谷八幡町2番1号

    【電話番号】                     03-6272-8991

    【事務連絡者氏名】                     取締役経営管理本部長 山崎 晋一

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
            回次             第14期       第15期       第16期
           決算年月             2019年12月       2020年12月       2021年12月

    売上高               (千円)       459,224          ―       ―

    経常損失(△)               (千円)      △ 65,687         ―       ―

    親会社株主に帰属する
                    (千円)      △ 41,181         ―       ―
    当期純損失(△)
    包括利益               (千円)      △ 40,803         ―       ―
    純資産額               (千円)       17,449         ―       ―

    総資産額               (千円)       380,639          ―       ―

    1株当たり純資産額                (円)        9.24        ―       ―

    1株当たり当期純損失(△)                (円)      △ 21.85         ―       ―

    潜在株式調整後
                    (円)         ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率                (%)        4.6        ―       ―
    自己資本利益率                (%)         ―       ―       ―

    株価収益率                (倍)         ―       ―       ―

    営業活動による
                    (千円)      △ 35,909         ―       ―
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                    (千円)       26,613         ―       ―
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                    (千円)      △ 42,395         ―       ―
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                    (千円)       189,624          ―       ―
    の期末残高
    従業員数
                             22       ―       ―
                    (人)
    (外、平均臨時雇用者数)                        ( 3 )     ( ―)      ( ―)
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.当社は第14期に、連結子会社であったf-code                       (Hong   Kong)   Co.,   Ltd.を清算し、また、連結子会社であった
         f-code    (Thailand)Co.,Ltd.が清算手続の進展により重要性が乏しくなったため、第15期より連結の範囲か
         ら除外し、連結子会社が存在しなくなったため、第15期より連結財務諸表を作成しておりません。
       3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在するものの、当社株式は非上場であり期
         中平均株価が把握できなかったため、また、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
       4.自己資本利益率については、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されているため、記載しておりませ
         ん。
       5.株価収益率については、当社株式は非上場であったため記載しておりません。
       6.従業員数は正社員及び契約社員の数であります。
         なお、臨時雇用者数は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       7.第14期の連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本有限責任
         監査法人により監査を受けております。
       8.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の株式分割を
         行っておりますが、第14期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり
         当期純損失を算定しております。
                                  2/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次            第12期       第13期       第14期       第15期       第16期

          決算年月            2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

    売上高             (千円)       394,331       421,535       458,986       531,528       660,569

    経常利益又は経常損失
                 (千円)        9,137     △ 276,338       △ 64,412       30,940       149,466
    (△)
    当期純利益又は当期純損
                 (千円)      △ 12,070      △ 336,258       △ 39,906       40,585       152,307
    失(△)
    持分法を適用した
                 (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    場合の投資利益
    資本金             (千円)       10,000       100,000       100,000       100,000       241,384
    発行済株式総数              (株)       5,525       6,262       6,294       6,294     2,049,100

    純資産額             (千円)       53,010       40,816       16,189       56,774       491,851

    総資産額             (千円)       379,556       381,386       379,210       518,153       843,306

    1株当たり純資産額              (円)      9,921.48       6,518.08         8.57       30.07       240.03

    1株当たり配当額                       ―       ―       ―       ―       ―
                  (円)
    (1株当たり中間配当額)                      ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    1株当たり当期純利益
                  (円)     △ 2,218.90      △ 57,284.19        △ 21.17       21.49       78.56
    又は当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                  (円)         ―       ―       ―       ―      71.95
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率              (%)        14.0       10.7        4.3       11.0       58.3
    自己資本利益率              (%)         ―       ―       ―      111.2        55.5

    株価収益率              (倍)         ―       ―       ―       ―     108.20

    配当性向              (%)         ―       ―       ―       ―       ―

    営業活動による
                 (千円)         ―       ―       ―     53,338       102,924
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                 (千円)         ―       ―       ―      2,893      △ 16,467
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                 (千円)         ―       ―       ―     86,906       189,174
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                 (千円)         ―       ―       ―     325,207       601,577
    の期末残高
    従業員数                       24       27       22       20       26
                  (人)
    (外、平均臨時雇用者数)                      ( 3 )      ( 4 )      ( 3 )      ( 2 )      ( 8 )
    株主総利回り              (%)         ―       ―       ―       ―       ―
    (比較指標:―)              (%)        ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    最高株価              (円)         ―       ―       ―       ―      8,500

    最低株価              (円)         ―       ―       ―       ―      4,900

     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
       3.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため、記載しておりません。
       4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第12期、第13期、第14期については潜在株式が存在する
         ものの、1株当たり当期純損失であるため、第15期については潜在株式が存在するものの、当社株式は非上
         場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       5.当社は2021年12月24日に東京証券取引所マザーズに上場したため、第16期の潜在株式調整後1株当たり当期
         純利益については、新規上場日から第16期の末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しておりま
         す。
       6.自己資本利益率については、第12期、第13期及び第14期については当期純損失が計上されているため、記載
         しておりません。
       7.第12期から第15期までの株価収益率については、当社株式は非上場であるため記載しておりません。
       8.第12期及び第13期については、キャッシュ・フロー計算書を作成していないため、また、第14期は連結財務
                                  3/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
         諸表を作成しているため、それぞれキャッシュ・フローに係る各項目については、記載しておりません。
       9.従業員数は正社員及び契約社員の数であります。
         なお、臨時雇用者数は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       10.株主総利回り及び比較指標は、2021年12月24日付で東京証券取引所マザーズに株式を上場したため、記載し
         ておりません。
       11.第14期、第15期及び第16期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY
         新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
         なお、第12期及び第13期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出し
         た各数値を記載しており、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づくEY新
         日本有限責任監査法人による監査を受けておりません。
       12.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の株式分割を
         行っておりますが、第14期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり
         当期純利益又は1株当たり当期純損失を算定しております。
       13.  最高株価及び最低株価は、東京証券取引所マザーズにおけるものであります。
         ただし、当社株式は、2021年12月24日から東京証券取引所マザーズに上場されており、それ以前の株価につ
         いては該当事項はありません。
                                  4/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
       年月                           概要

     2006年3月       東京都目黒区に、WEBコンサルティング事業を提供する会社として創業

     2008年10月       東京都新宿区に本社を移転

     2012年5月       東京都千代田区に本社を移転

     2013年2月       エントリーフォーム最適化ツール「f-traEFO」を提供開始

            タイ政府の投資認可「BOI(Board               Of  Investment)認可」を取得

     2015年12月
            タイ・バンコクに現地法人「f-code                 (Thailand)Co.,Ltd.」を設立(2021年9月清算結了)

     2016年1月
     2016年5月       Web接客ツール「f-traCTA」を提供開始

     2016年12月       ブラウザプッシュ通知ツール「f-traPush」を提供開始

            香港に現地法人「f-code            (Hong   Kong)Co.,Ltd.」を設立(2019年3月清算結了)

     2016年12月
     2017年7月       インドネシア・ジャカルタに現地事務所を開設(2020年6月閉鎖)

            Web接客ツール「CODE          Marketing     Cloud」を提供開始

     2018年7月
     2018年8月       東京都新宿区に本社を移転

     2021年12月       東京証券取引所マザーズに株式を上場

     2022年2月       株式会社コミクスのSaaS事業を事業譲受

                                  5/101












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
    (1)ミッション
     当社は「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」というミッションを掲げ、未だ無限の可能性を秘めた事業活
    動のデジタル化の領域において、経験を有するコンサルタントによる直接的なサービスと、その知見を具現化したソフ
    トウェアの提供により、事業者とその先にいる生活者(注1)との豊かな関係をつなぐハブになるべく、デジタルマー
    ケティングナレッジを提供しております。
      情報化の進展した現代にあっても、事業者の所在地やデジタル人材の獲得の難しさ、資金力の有無などによって最先
    端のビジネスに関する人・モノ・情報へのアクセスは、依然として事業者ごとに偏りが見られ、デジタル社会の高度化
    に伴いその差はむしろ拡大している側面すらあります。進化し続けるデジタルテクノロジーと複雑化が進むマーケティ
    ングノウハウを背景として、この状況は今後ますます拡大していくことが想定されますが、その一方で、事業者自身は
    特定業務のデジタルへの置き換えといった初歩的なことから、さらにはビジネス変革、事業成長へとつなげるデジタ
    ル・トランスフォーメーション(以下、DX、注2)への取り組み意識まで、デジタル技術活用の事業戦略上の重要性を
    よりいっそう大きなものとして認識している現状があります。
     また、商品・サービスの提供者側のDXが活発化する中、最終的に情報・サービスを受け取る生活者側がDX化のメリッ
    トを十分に享受してカスタマー・                エクスペリエンス(以下、CX、注3)を充実したものへ高めることが、生活者と事業
    者の豊かな関係を育むうえで重要ですが、価値観が多様化し、デジタル技術の進展により情報接点の氾濫した環境にお
    いて、生活者と事業者とのコミュニケーションは複雑さを増しており、かえって望む情報と出会うこと・届けることが
    難しくなっている側面が出てきております。
     このように複雑化した生活者と事業者との関係性、及びデジタルを取り巻く状況下では、従来のIT化のような技術的
    側面からのアプローチではなく、深いインサイトに基づいて情報社会における生活者のかかえる課題を理解する視点に
    立ったコミュニケーション設計と同時に、そのコミュニケーションを実現するための高度な技術設計の2つの要素が必
    要不可欠であると当社は考えております。
     当社は、CXにおけるこれらの高度なコミュニケーションの設計及び分析と、DXにおいてそれらを実現及び推進する技
    術力とを合わせ持つ「マーケティングテクノロジスト」集団として、複雑化した生活者と事業者の関係性を最適化し
    マーケティング革新に寄与することで、世界中の企業においてDXを推進し、より豊かな情報社会の実現を目指してまい
    ります。
     (注1)本文中において、世の中一般の不特定多数の人々を「生活者」、当社がサービスを提供する相手を「事業者」、当社がサービスを提

        供する相手に限定しない不特定多数のサービス利用者を「顧客」と表記しております。
     (注2)DXとは、Digital          Transformationの略で、新しいデジタル技術を活用し、企業におけるこれまでの組織やシステム、ビジネスモデル
        等を、より付加価値の高いものへと変貌させ、利益や生産性の向上を図ることをいいます。
     (注3)CXとは、Customer           Experienceの略で、一般的に「顧客体験」と訳されますが、顧客がよいと感じられる体験、つまり「顧客が体験
        して得られる価値」までも含めて定義しております。
                                  6/101








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    (2)事業の概要
     ①当社が考えるDX
      DXの領域においては、例えばCRM(注4)等による顧客管理の自動化やレコメンド等によるデジタル広告の自動・最
    適化、VOC(注5)データ等の分析による営業活動改善、あるいはRPA(注6)等を活用した日常業務等の自動化など、
    具体化された課題領域が多種多様にわたっており、また、個々の課題それぞれに対してソリューションを提供するよう
    な個別のシステムやサービスが数多く存在しております。
     DXを進めるにあたっては、市場に存在するこれらの個別のシステムやサービスを課題ごとに取り入れた結果、デジタ
    ル施策等はそれらが機能する領域のみにおいて推進され、部分最適に陥り、最終的に情報を受け取る生活者にとって
    は、むしろ望むタイミングで望む情報と出会うことが難しくなってしまうケースがあると考えられます。
     当社は、このようなケースが散見される中、従来のマーケティングにおける仮説ベースで設計された個々のデジタル
    施策には生活者の体験に関する観点が限定的であると考え、購買現場、すなわち「生活者の目線」をCXのデータ解析に
    より理解し、CXのデータに基づいた実証ベースによって個々のデジタル施策を設計することが、CXを損なうことなくDX
    推進を図るうえで重要であると認識しております。
     当社では、現代における事業者と生活者とのデジタル上における複雑化したコミュニケーションの環境をふまえて、
    DX領域における多種多様な個別課題の背景に存在している"デジタル上での顧客接点がどうあるべきか"というCXの全体
    観を整理・設計したうえで、DXによって解決すべき課題とその優先順位を明確化し、個々のデジタル施策等が戦略上一
    体となって効果を発揮するようなDX推進サービスを展開しております。
     (当社が考えるDXの本質)

     ②独自のCXデータ基盤をコアとするDX






     当社では、かねてよりコンサルタントによる直接的な人的支援によって、事業者がかかえる事業課題と紐づいたデジ
    タルマーケティングの戦略立案・支援サービスを提供してきており、これまでの実績・経験から、事業課題に即したソ
    リューション提供の数々の事例を再現可能な形にするためにノウハウ・知見として蓄積してまいりました。
     また、これまでのサービス提供の過程において、CXの重要性に着目し、2013年より10年近くにわたりSaaS(注8)型
    のマーケティングツールとして、エントリーフォーム最適化ツールやブラウザプッシュ通知ツール、Web接客ツールな
    ど、広告配信データやサイト解析データだけではなく、エントリーフォームの入力事項やサイト内のチャット等の反応
    といったユーザーとの深いコミュニケーション領域におけるデジタルマーケティングサービスを提供してまいりまし
    た。
     このような業歴から、EFO(注9)データやVOCデータ、Web接客データといった「ユーザーの生の声」とも言えるCX領
    域のデータを長年にわたり蓄えるとともに、業界別・課題別の知見・ノウハウとして参照可能なデータ基盤へと強化し
    てまいりました。
                                  7/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     さらに、サービス提供の進捗を通じて事業者の課題ごとに最適化されていく当社のソリューションは、新たなフィー
    ドバックとしてCXデータ基盤のアップデートへとつながり、これまでに培った知見・ノウハウ及び蓄えられた独自のCX
    データは累計にして1,000社、アカウント数は3,000件を超えるユニークなCXデータ基盤として進化を続けており、より
    質の高いDX推進サービスのために不可欠なものとなっております。
     (当社の保有する独自のCXデータ基盤)

     当社は、この独自のCXデータ基盤を保有することで、業界別・課題別に顧客企業にとってあるべきCX体験を分析、CX






    の全体観を設計し、そのために必要なDX施策を選択・実行していきます。
     顧客経営レベルの戦略策定と課題の解決の場面においてデジタル化が浸透していない現状に対し(未だに断片的な市
    場データ等から人力と経験による仮説を重ねるアプローチが主流である状態)、当社はDX推進へ取り組むにあたり、プ
    ロジェクト開始時点からこれまでに構築してきたCXデータ基盤等のデータアセットを参照し、顧客企業                                                の属する市場の
    調査や同業他社の戦略分析から戦略策定まで                     、顧客経営レベルの課題解決に向けたDX推進サービスの提供を目指してお
    ります。
     (当社が提供するDX推進サービスの流れ)

                                  8/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (注4)CRMとは、Customer           Relationship      Managementの略で、顧客との取引や関係を見直すことで、売上や利益率を向上させる仕組みのこ
        とを意味します。
     (注5)VOCとは、Voice          of Customerの略で、顧客からの実際に寄せられる、商品サービスや企業に対するフィードバックをまとめたデータ
        のことを意味します。
     (注6)RPAとは、Robotic           Process   Automation    の 略で、ロボットによる業務自動化の取り組みを指します。
     (注7)LTVとは、Life         Time  Valueの略で、顧客が生涯を通じて企業にもたらす利益のことを指し、1人のユーザー獲得にかけることができ
        る費用(マーケティングコスト)を算出するための指標を表します。
     (注8)SaaSとは、Software            as a Serviceの略で、ソフトウェアを利用者(顧客)側に導入するのではなく、提供者(サーバー)側で稼働
        しているソフトウェアを、インターネット等のネットワーク経由で、利用者がサービスとして利用するものをいいます。
     (注9)EFOとは、Entry          Form  Optimizationの略で、Webサイトの申し込みフォームの入力完了率を高めるために、フォームを改善する施策
        のことを意味します。
                                  9/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    (3)サービスの概要
     当社はDX事業の単一のセグメントにて事業を行っております。
     CX向上SaaSの提供とともに、CX領域のデータ基盤を軸とするプロフェッショナルによるDX推進の伴走型支援やデジタ
    ルマーケティング全般の支援を組み合わせ、企業のDX推進支援をワンストップで提供しております。
     なお、当第3四半期累計期間まで、当社のDX事業を、DX推進支援をワンストップで提供するものとしつつ、顧客課題
    及びニーズ等を考慮して「デジタル顧客獲得支援サービス」と「デジタル顧客育成支援サービス」の2つのDX支援の
    サービス領域に区分し、それぞれ独立したサービスとしてその概要を記載しておりましたが、これらのサービス間の関
    連性や一体としてサービス提供する方針の強化から、共に成長を期すべくものとして、サービス区分を統合することと
    いたしました。
     ①CX向上SaaSの提供

     当社は顧客企業のWebサイトにおけるCXを向上することによりロイヤルカスタマー化及び継続的な購買活動を促進する
    SaaSを提供しております。
     創業当初より行うデジタルコンサルティング、デジタル広告運用などの実績・経験から得られた知見・ノウハウを
    SaaS型ソフトウェアとして昇華し、2013年2月よりマーケティングツールとして提供してまいりました。                                                 これまで、エ
    ントリーフォーム最適化ツール「f-tra                   EFO」(2013年2月提供開始)、Web接客ツール「f-tra                          CTA」(2016年5月提供
    開始)、ブラウザプッシュ通知(注10)ツール「f-tra                          Push」(2016年12月提供開始)など、デジタルコンサルティン
    グ及び広告領域の支援にとどまらず、エントリーフォーム入力事項やサイト内のチャット等の反応といったユーザーと
    の深いコミュニケーション領域におけるマーケティングツールの開発に取り組んでまいりました。
     これらのツールから、コミュニケーション領域における最も深いユーザーデータを取得・蓄積することが可能とな
    り、これまで各ツールが提供してきたサービスを統合・強化したCX向上SaaSの開発に着手し、2018年にWeb接客ツール
    「CODE    Marketing     Cloud」(2018年7月提供開始)へと発展させました。
     現在は、CX向上SaaSとして自社プロダクトである「CODE                           Marketing     Cloud」を主力とし、その一部の機能を独立して
    提供する「     f-tra   EFO」とともにサービス提供を行っております。
     a. CODE    Marketing     Cloud

     CODE   Marketing     Cloudは、企業ウェブサイトに来訪したユーザーに対し、ユーザーのサイト内での行動情報・購買情
    報などをもとに最適なタイミングでポップアップバナーなどの適切なコンテンツを自動提示し、サイト内の顧客体験を
    より良質なものへと改善できるウェブ接客ツールを提供するサービスです。
     アクセスログや顧客企業の保有するデータなどを元に、サイトを訪れたユーザーに対して必要と考えられるコンテン
    ツを自動提示することで、既存のページを大きく改修することなく、購入率・購入単価・顧客ロイヤリティの向上を図
    ります。継続的に機能の開発・拡張を行なっており、ウェブサイトの上に重ねて表示する視認性の高いポップアップバ
    ナーに加え、顧客企業のウェブサイト自体を書き換え、サイトの一部として溶け込んだ、より自然な印象での情報告
    知・ページ導線の追加を行うことが可能です。
     また、ツール提供に加えて、専門スタッフによる導入時の体制構築支援及び導入後の運用支援も行っております。
     b. f-tra     EFO

     f-tra   EFOは、PCサイトまたはスマートフォンサイト内に設置されたエントリーフォームの入力支援機能を提供する
    サービスです。顧客企業のサイト内におけるユーザーの最終アクションともいえるエントリーフォームへの入力作業に
    おいて、ユーザーの離脱を防止するために、入力形式の指示やエラー表示によってエントリーフォームを最適化し、
    ユーザーの入力ストレス・ミスの低減を通してフォーム完了率を向上させ、コンバージョン率(実際に購買や資料請
    求、お問い合わせ、会員登録などが行われた率)の改善を図り、金融業、不動産業、小売業(EC)などの業種への導入
    実績を有しております。
                                 10/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     ②DX推進の伴走型支援及び広範なデジタルマーケティングサービスの提供
     当社はCX向上SaaSの提供のほか、CXデータを活用することによって、顧客企業の属する市場調査や同業他社の戦略分
    析と戦略設計、また、戦略実行段階を担う人材育成など、DX推進のプロセス全体に影響を及ぼす戦略設計・組織設計を
    伴走型で支援し、それらが整理された段階では、顧客企業と生活者とのデジタルを通したコミュニケーション構築の支
    援や、その後の       成約率向上支援などを行っております。
     具体的には、当社の膨大なCXデータ基盤を活用した同業他社との比較分析と、当社コンサルタントによるデジタル戦
    略立案の支援や、DX推進の人材不足が発生するケースにおいて若手幹部人材への研修実施等のDX人材育成プログラムの
    提供をしております。また、全体的な戦略が決定している段階においては、広告運用のデータ分析・改善に至るまでの
    一連のプロセスを担うコンサルティング                   や 、顧客WEBサイトの集客力            を継続的に維持       向上  させる   ため  にコンテンツの企
    画・制作・分析・改善までの施策支援を行っております。さらに、Webサイト上での生活者とのコミュニケーション接点
    が構築された段階では、営業履歴のデータ分析による商談成約率向上のためのインサイドセールス(注11)改善支援
    等、戦略の各段階において当社コンサルタントの伴走型支援を通じて個別のデジタルマーケティングサービスを顧客ご
    との  課題  に即して    提供し   ております。
     なお、当社がサービスを提供するDX課題領域のテーマについては、特定の領域に限定されることはなく、マーケティ

    ング領域・UI/UX(注12)・営業活動・CRM領域等、企業の様々なDXニーズに対応するべく幅広い市場に展開している状
    況です。
     このような複数・広範囲のサービス提供によって、当社の顧客数は増加傾向にあり、また顧客単価も上昇傾向にあ
    り、引き続き顧客基盤の拡大を目指しております。
        項目        2017年12月期         2018年12月期         2019年12月期         2020年12月期         2021年12月期

    顧客数(社数)                 240         254         273         303         318
    顧客単価(千円)                1,643         1,660         1,672         1,759         2,077
     (注10)ブラウザプッシュ通知とは、通知を許可したユーザーにWebブラウザ経由で、受信操作をせずにメッセージが自動表示される通知方

         式のことを意味します。
     (注11)インサイドセールスとは、社内においてメールや電話等で営業活動を行う営業部隊のことを意味します。
     (注12)UI/UXとは、User          Interface/User      Experienceの略で、UIとはデザイン、フォントや外観などユーザーの視覚に触れるすべての情報
        のことであり、UXとはユーザーがこれらUIを実装したサービスを通じて得られる体験のことを意味します。
                                 11/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    (4)当社事業の強み・特徴
     当社事業の強みは、創業当初より蓄積されたCX領域のデータとノウハウの特殊性によりもたらされております。
     1,000社を超える事例は、デジタル顧客獲得支援サービスから吸い上げられるデジタル広告等の関連データや、デジタ
    ル顧客育成支援サービスから取得されるUI/UX等に関するデータなど、顧客の業種、事業課題と紐づいた形で整理され、
    業種や業態だけではなく、顧客のテーマに合わせて分析可能なデータ基盤として完備されており、戦略立案から認知・
    獲得、獲得したリードの育成まで、一気通貫のノウハウとして当社の競争力の源泉となっております。
     ①DX領域を横断的に支援

      DX領域においては、デジタルマーケティングにおける市場分析・戦略立案、広告展開提案、サイト解析、解析結果
     をうけた課題解決の実行など、それぞれの領域を推進することに特化した企業を中心にサービスが展開されておりま
     すが、現状では各領域を横断的にワンストップで推進・支援するサービス提供者は不足していると考えられます。こ
     れに対して当社では、CXデータ解析をコアに横断的にDXサービスを展開し、今後のDXニーズの拡大に伴い必要とされ
     るサービスを目指しております。
     ②DX人材の育成

      当社は、高まるDXニーズに対して、市場において実際に提供されているサービスは個別課題へフォーカスされた施
     策が中心で、DX領域の多様なテーマを横断的に推進できる担い手が不足しており人材供給が難しい状況であると考え
     ております。当社では、CXデータ基盤をはじめとする、これまでのデジタルコンサルティングの事例におけるベスト
     プラクティスを自社のノウハウとして人材育成にも活用しており、市場で不足するDXを推進できる人材の育成ノウハ
     ウが強みとなっております。
     (市場における課題と当社事業の特徴)

     (注13)SFAとは、Sales          Force   Automationの略で、営業支援システムのことを意味します。






                                 12/101







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    [事業系統図]
                                 13/101




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
      該当事項はありません。
      なお、前事業年度より非連結子会社としておりましたf-code(Tailand)Co.,Ltd.について、2021年9月17日付で清
     算が結了いたしました。
    5 【従業員の状況】

     (1) 提出会社の状況
                                                2021年12月31日       現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             26 ( 8 )             34.4              3.4             5,665

     (注)   1.従業員数は正社員及び契約社員の数であります。
         なお、臨時雇用者数は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.当社はDX事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      (2)   労働組合の状況

      当社において労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 14/101














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)経営方針

      当社は、「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」をミッションとして掲げ、未だ無限の可能性を秘めた事
     業活動のデジタル化の領域において、経験を有するコンサルタントによる直接的なサービスと、その知見を具現化し
     たソフトウェアの提供により、所在地や業種を問わず、多くの企業とその先にいる生活者との豊かな関係をつなぐハ
     ブになるべく、最先端のデジタルテクノロジーを駆使してDXの推進を支援し、より豊かな情報社会の実現を目指して
     おります。
     (2)経営環境

      当社が事業を展開する国内DX市場においては、2019年は7,912億円の規模と想定されており、2030年には3兆425億円
     の規模にまで成長すると予測されております(出典:富士キメラ総研「2020デジタルトランスフォーメーション市場
     の将来展望」)。また、デジタル関連IT&ビジネスコンサルティングの2020年の市場規模は1,337億円であり、2025年
     には4,986億円に達するものと推定されており、(出典:InternationalDataCorporation(IDC)「国内ビジネスコンサ
     ルティング市場予測、2020年~2025年」)引き続き拡大傾向が続くと見込まれております。
      また、主に当社のDX事業において関連する                    インターネット広告市場の市場規模は、スマートフォンの普及や通信環
     境の整備等により、引き続き拡大を続けており、2019年には2兆1,048億円に達し、インターネット広告費はテレビメ
     ディア広告費をはじめて上回り、2020年には2兆2,290億円に達しました(株式会社電通グループ「2020年日本の広告
     費」、2021年2月公表)。
      このように関連市場それぞれにおいて高い成長が見込まれるDXの領域において、多様な企業規模・業種のクライア
     ントに対してサービスを提供していくことにより、国内におけるDXのニーズを捉え、事業展開を拡大してまいりま
     す。
     (3)経営戦略等

      国内DX市場が急成長をとげ、企業におけるDXへの取り組み意識が高まる中、情報化の進展した現代においては、そ
     のニーズは業務のデジタル化といった個別のものからビジネス変革へつながるものまで、多岐にわたっております。
      一方で、最終的に情報・サービスを受け取る生活者側がDX化のメリットを十分に享受しCXを充実したものへ高める
     ことは企業と生活者との豊かな関係を育むうえで重要ですが、価値観が多様化し、デジタル技術の進展により情報接
     点の氾濫した情報社会においては、企業と生活者とのコミュニケーションは複雑さを増し、かえって望む情報と出会
     うこと・届けることが難しくなっている側面が出てきていると考えております。
      当社では、このような現代における企業と生活者との複雑な関係性をふまえ、DX領域における多種多様な個別課題
     の背景に存在する“デジタル上での生活者とのコミュニケーションがどうあるべきか”という、購買の現場ともいえ
     る顧客接点の重要性に着目し、               CXの全体観を整理したうえで、DXの推進によって解決すべき課題を明確にしていきま
     す。また、     当社が保有するデジタル黎明期より蓄積してきたCX領域のデータとノウハウを活用し、顧客の業種や業
     態、課題に即した分析をして、顧客にとって最適なソリューションを提供することでDXを実現します。顧客にとって
     最適なソリューションを継続的に提供するとともに、DX推進を図りたい企業のニーズに対して幅広く対応するため、
     当社はCX向上SaaSと、CX領域のデータ基盤を軸とするプロフェッショナルによるDX推進の伴走型支援及びデジタル
     マーケティング全般支援等を組み合あわせ、企業のDX推進支援をワンストップで実行しております。
      当社はCX向上SaaSを提供サービスの軸とし、サービス提供を通じて発見・解決した顧客企業ごとの課題事例から獲
     得したデータやノウハウをCX領域のデータ基盤のアップデートへとつなげ、より質の高いDXの実現を目指しておりま
     す。マーケティング         ・UI/UX・営業活動・CRM領域等、企業の様々なDXニーズにワンストップで対応できるような幅広
     いDXサービスを展開・強化することで、DX領域の多                        様なテーマを横断的に推進できる担い手が不足している市場にお
     いて、競争力を高めてまいります。
                                 15/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (4)中長期的な経営戦略等
      これまでの当社のサービス提供先は、BtoC領域のエンタープライズ(※)が中心となっておりましたが、コロナ禍
     においてビジネスのオンライン化が従前にも増して加速したことに伴い、企業の営業活動がインサイドへ移行するこ
     と等によって、BtoB領域におけるDXニーズが急速に進展してきております。
      当社では、これまでBtoC領域のエンタープライズへの支援を通じて培ったノウハウを強みとして、これまでに増し
     てBtoB領域の企業等へと販路を拡大していくことを目指しております。
      ※エンタープライズとは、IT業界における市場や製品カテゴリー区分の一種で、大企業、中堅企業、公的機関などの比較的規模の大きな法

       人のことを表します。
     (5)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

      当社は、より高い成長性及び収益性を確保する観点から、客観的な経営指標として売上高及び営業利益を重視して
     おります。また、CX向上SaaSの提供をはじめとしたマーケティング                               ・UI/UX・営業活動・CRM領域の改善等                  、課題に即
     した個別のデジタルマーケティングサービスの提供を通じ、事業全体でDX推進をワンストップで支援しているため、
     顧客数、顧客単価を重要な経営指標として向上を目指しております。
      なお、直近の事業年度における顧客数及び顧客単価の推移については、「第1 企業の概況 3 事業の内容」を
     ご参照ください。
     (6)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      当社では、以下の点を事業上及び財務上の                   課題として掲げております。
      ① 提供するサービスの向上

       当社が将来にわたって成長していくためには、提供するサービスが顧客にとって常に価値あるものであるよう
      に、サービスの質・スピードともにさらなる向上が必要であると考えております。これまでに開発、リリースした
      サービスは、既に多くの顧客を獲得して市場から一定の評価を得ており、十分な競争力を有するものであると認識
      しておりますが、めまぐるしく変化する生活者の消費行動と、その変化への対応を経営課題として企業が日々葛藤
      する中、デジタルマーケティング領域の市場において企業がかかえる課題とそのソリューションの在り方も形を変
      えていくものと考えられます。それらに対応すべく、当社としても最先端のデジタルメディア情報の収集体制とこ
      れまでの顧客成功事例集約を図り、新たな質の高いサービスへ発展させていくことに注力していきます。
      ② 優秀な人材の確保と育成

       当社はこれまでエンタープライズからスモールビジネスまで事業規模を問わず多種多様な要求水準に応える事業
      活動のデジタル化の領域における支援サービスを、専門知識を有する人材による人的支援を中心として提供してま
      いりました。当社の継続的な事業成長には、この人的領域でのソリューションのノウハウを十分に活用して高い質
      で再現していくために、引き続き優秀な人材を確保・育成していくことが重要と認識しております。企業における
      DX推進の動きが加速する中、DX市場の拡大に伴って当該領域の人材獲得は他社とも競合し、今後も難しいものとな
      ることが考えられます。
                                 16/101







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
       当社では、優秀な人材獲得のための採用方法の展開に加えて、当社の事業戦略と連携した教育内容による人材育
      成体制の確立により、継続性と安定性を備えた組織体制の構築を進めてまいります。
      ③ 収益の安定化

       当社が事業展開する事業活動のデジタル化の領域においては、国内DX市場にみられるように、その市場規模は今
      後大きな成長が見込まれておりますが、景況感によって企業のマーケティング活動の需要は変化する場合があり、
      これに伴い特定時期において売上及び利益の変動が発生する場合があります。当社では、既存顧客への定期的な
      サービス満足度のヒアリングと解約分析を通じてサービス継続率の向上へ取り組むとともに、SaaS型サービスを提
      供する顧客基盤の拡大によって、よりいっそう収益の安定化に努めてまいります。
      ④ 認知度の向上・顧客基盤の拡大

       これまでのDX市場及びインターネット広告市場の拡大の中において、絶えず変化する企業のデジタルマーケティ
      ングへの課題解決のために当社はサービスのアップデートを繰り返し、多種多様な企業へサービス提供を行い、継
      続的な取引による顧客基盤の確立と収益基盤の強化を図ってまいりました。今後も拡大を続ける同市場の中でさら
      なる事業成長を実現するために、当社サービスの認知度向上のための積極的な広報活動やインターネットを利用し
      たマーケティング活動・大手企業との提携等をより一層推進し、それらを土台として新規顧客獲得に注力してまい
      ります。
      ⑤ 技術革新への対応

       当社がサービスを提供している事業活動のデジタル化の領域においては、技術革新のスピードや企業の課題解決
      に対するニーズの変化が速く、またそれに基づくサービスの導入が相次いでいる非常に変化の激しい業界であり、
      これらの変化へ対応していく総合的な組織力が重要であると認識しております。当社は新たな技術に係る情報の収
      集、知見の獲得、顧客ニーズに適時に応えることができる情報アセット・技術力を保有するとともに、提供サービ
      スの改良・改善及び新サービス開発に活用してまいります。
      ⑥ 内部管理体制の強化

       当社は、急速な事業環境の変化に適応し、継続的に成長していくためには、内部管理体制の強化が重要であると
      認識しております。このため、事業規模の拡大・成長に合わせてバックオフィス機能を拡充していくとともに、経
      営の公正性・透明性を確保するための内部管理体制強化に取り組んでまいります。また、財務報告の適正性の確
      保、情報セキュリティの向上、個人情報の保護、リスク管理等の内部統制及びコンプライアンス体制につきまし
      て、より実効性の高い体制となるよう必要な適材適所の人材配置等を進めて、各機能の充実を図ってまいります。
      ⑦ 財務基盤の強化

       当社は、継続的にサービスを提供していくとともに、既存サービスの機能改善や新規サービスの開発に取り組む
      ために、手許資金の流動性の確保が重要であると認識しております。このため、金融機関との良好な取引関係の構
      築や一定の内部留保の確保を継続的に行い、財務基盤の強化を図ってまいります。
                                 17/101







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。
      当社は、これらのリスクの発生可能性を十分認識した上で発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針です。
      なお、文中に記載している将来に関する事項は、本書提出日現在において入手可能な情報に基づき当社が判断した
     ものであり、将来において発生の可能性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
    (1)事業環境に関するリスク

     ① 市場について
       当社はDX市場及びDXに関連するインターネット広告、ならびにマーケティングテクノロジーの市場を主たる事業
      領域としており、当社事業の継続的な拡大・発展のためには、更なるインターネットの利用拡大とインターネット
      広告の需要拡大、マーケティングテクノロジーが企業の業績向上へ寄与するものであることが事業者へさらに浸透
      していくことが必要であると考えております。
       しかしながら、インターネットの利用に関連する規制の導入、技術革新等により、事業者のインターネットサイ
      ト運営が困難になった場合や経済状況・景気動向の影響によって消費が後退してインターネット上の購買活動が縮
      小した場合など、インターネット広告市場の成長が阻害されるような状況や事業主が広告費用を減少させるような
      状況が生じた場合、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     ② 技術革新について

       当社が事業展開しているDX市場及びマーケティングテクノロジー関連市場では、技術革新が行われておりそのス
      ピードが速いことから、技術革新に応じたサービスの拡充、及び事業戦略の修正等も迅速に行う必要があると考え
      ております。そのため、当社では業界の動向を注視しつつ、迅速に既存サービスにて新たな技術を展開できる開発
      体制を整えております。
       しかしながら、予期しない技術革新等があった場合、それに伴いシステム開発費用が発生する可能性がありま
      す。また、適時に対応ができない場合、当社の技術的優位性やサービス競争力が低下し、当社の財政状態及び経営
      成績に影響を及ぼす可能性があります。
     ③ 競争環境について

       当社の事業が属するマーケティングテクノロジー関連分野においては、市場が急拡大を遂げた背景から歴史が比
      較的浅く、ニーズが拡大していくに伴って、戦略コンサルティング企業、大手広告代理店、SIベンダー等が同領域
      に参入するなど、当社をとりまく競争環境は激化しております。
       また、参入企業が増加する一方で技術の進歩が目覚しく技術革新による競争力を有した競合他社の出現によって
      当社の将来の競争力が低下する可能性があります。
       今後、当社のサービスが十分な差別化や機能向上等ができなかった場合や、さらなる新規参入により競争が激化
      した場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (2)事業体制に関するリスク

     ① 特定人物への事業運営の依存について
       代表取締役である工藤勉は、2011年3月以降継続して当社代表者を務めており、経営方針の決定から事業運営ま
      でにおいて極めて重要な役割を果たしております。何らかの理由により業務遂行が困難になった場合、当社の財政
      状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       このため当社では、適切な権限委譲を図るための組織整備や社内の人材育成等を行うことによって、特定人物へ
      依存しない経営体制の構築を進めております。
                                 18/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     ② 小規模な組織であることについて
       当社は、当事業年度末において、従業員100人未満の小規模な組織として効率良く事業運営を行っており、内部管
      理体制・業務執行体制はともに当該組織規模に応じたものとなっております。したがって、当社の役員や重要な業
      務を担当する従業員が退職等で流出した場合は、当社の事業活動に支障を来し、当社の財政状態及び経営成績に影
      響を及ぼす可能性があります。
     ③ 優秀な人材の獲得・育成について

       当社の主要な事業・サービスの要となっているのは人材であり、各種サービスの品質向上、新たなサービスの企
      画・開発のためには、優秀な人材の採用・育成と定着が欠かせないものとなっております。
       しかしながら、人材獲得競争の激化により、優秀な人材の獲得が事業の拡大スピードに追い付かず事業運営が非
      効率なものとなった場合や在職する人材の離職が生じた場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可
      能性があります。
    (3)会社組織に関するリスク

     ① 知的財産権について
       当社は、ソフトウェアやビジネスモデルに関する特許権、実用新案権、またはサービスに係る商標権等の知的財
      産権の調査等は可能な限り対応しておりますが、第三者が当社の知的財産権を侵害したり、あるいは当社が意図せ
      ずに第三者の知的財産権を侵害したとして提訴されるなどの可能性があります。  
       このような事象等により係争問題が発生した場合には、多額の費用及び経営資源が費やされ、当社の財政状態及
      び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。このため当社では、他社との差別化及び競争上の優位性確保のた
      め、特許等の獲得と保護に努め、また、第三者の知的財産権を侵害しないよう十分な調査のもとにサービス開発を
      行ってまいります。
     ② 情報管理について

       当社がサービスを提供する事業活動のデジタル化の領域においては、クライアントの機密情報や個人情報を取得
      することから、秘密保持契約等によって守秘義務を負っております。厳重な情報管理の徹底及び従業員への守秘義
      務の徹底をしておりますが、何らかの理由によりこれらの機密情報や個人情報が外部に漏洩した場合、当社の信用
      失墜等によって、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     ③ 内部管理体制の強化について

       当社は、コーポレート・ガバナンス、コンプライアンス及びリスク管理を経営の重要課題のひとつと位置づけ、
      内部統制システムの適切な運用に努め、同システムの充実・強化を継続的に図っております。
       しかし、適切な管理体制のもとで役職員の不正及び不法行為の防止に万全を期しているものの、万が一不正及び
      不法行為が発生した場合には、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (4)その他

     ① 配当政策について
       当社は現在成長過程にあり、内部留保の充実が重要であると考え、会社設立以来配当は実施しておりません。当
      社は株主に対する利益還元を重要な経営課題として認識しておりますが、内部留保の充実を図り、収益力強化や事
      業基盤整備のための投資に充当することにより、なお一層の事業拡大を目指すことが、将来において安定的かつ継
      続的な利益還元に繋がるものと考えております。
       内部留保資金につきましては、財務体質の強化を図るとともに、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、
      将来の事業展開のための財源として利用していく予定であります。
       将来的には、経営成績及び財政状態を勘案しながら株主への利益配分を検討しますが、配当実施の可能性及びそ
      の実施時期については現時点において未定であります。
       なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 19/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     ② 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について
       当社は、当社取締役及び従業員等に対して、当社の新株予約権を付与しており、さらに将来付与する可能性も含
      め、新株予約権が行使された場合、保有株式の価値が希薄化する可能性があります。なお、「第4 提出会社の状
      況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況」に記載のとおり、本書提出日の前月末現在における潜在株式数
      は、282,900株であり、本書提出日の前月末現在における発行済株式総数2,073,000株の13.65%に相当しておりま
      す。
     ③ 調達資金の使途について

       株式上場時における公募増資による調達資金の使途については、当社事業のさらなる拡大のため、当社サービス
      の機能強化及び安定的な稼働のためのインフラ費用、事業成長のための広告宣伝費、採用費用及び人件費等に充当
      する予定です。
       しかしながら、当初の計画に沿って資金を使用した場合においても、想定通りの投資効果を得られない可能性が
      あります。また、市場環境の変化が激しく、計画の変更を迫られ調達資金を上記以外の目的で使用する可能性があ
      り、その場合は速やかに資金使途の変更について開示を行う予定であります。
     ④ システム障害について

       当社のサービスはインターネット上において提供されており、大規模なプログラム不良や不正アクセス、その他
      何らかの要因によりシステム障害やネットワークの切断等予測不能なトラブルが発生した場合には、事業の継続に
      支障が生じ、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       当社は安定的なサービスの提供を実現するために、サーバー設備の増強、セキュリティの強化、システム管理体
      制の構築等により、システム障害に対する万全の備えをしております。
     ⑤ 自然災害等について

       当社の事業は、インターネットや第三者が提供するクラウドサーバー等に依存しています。そのため、これらに
      被害をもたらすおそれのある自然災害等が発生した場合には、当社は事業を継続することができない等の支障が生
      じ、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       当社は、当該事象が発生した場合には、適切な対応に努めますが、事業への影響を完全に防止または軽減できな
      い可能性があり、結果として、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     ⑥ 税務上の繰越欠損金について

       2021年12月31日現在において、当社に税務上の繰越欠損金が存在しております。当社の経営成績が順調に推移す
      ることにより、繰越欠損金が解消した場合には、通常の税率に基づく法人税、住民税及び事業税が計上されること
      となり、当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
                                 20/101








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という)の状況の概要並びに経営者の
      視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討結果は次のとおりであります。
       なお、当社の事業はDX事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。また、文中
      の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  経営成績等の状況の概要

      ① 経営成績の状況
       当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により、長期間にわたって企業活
      動をはじめとした経済活動が様々な場面で制限を余儀なくされている状態が続いており、収束時期はいまだに不透
      明な状況にあります。
       このような経営環境のもと、当社が事業を展開するデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)市場及びデ
      ジタル関連IT&ビジネスコンサルティング市場においては、コロナ禍における新たなライフスタイルの確立や消費
      活動のオンライン化が加速したことによって、消費者のメディア接点の多様化がよりいっそう進み、これらに対応
      するためのデジタルシフトをはじめとしたDXへの取り組みが多くの企業において活発なものとなっており、高成長
      が期待される領域として注目されております。
       このような状況の中、当社では前事業年度に引き続き、事業活動のDX推進を図りたい企業のニーズを広く取り込
      むべく、長年にわたるデジタルコンサルティング等の知見・ノウハウを集約したSaaS型ソフトウェアによるマーケ
      ティングツールの提供を軸に、DX領域の課題の分析から施策の設計、DX人材の育成支援、DX施策の実行支援に至る
      まで広範なDXサービスをワンストップで展開し、受注は順調に推移しております。
       以上の結果、当事業年度の経営成績は、売上高660,569千円(前年同期比24.3%増)、営業利益160,400千円(前
      年同期比407.6%増)、経常利益149,466千円(前年同期比383.1%増)、当期純利益152,307千円(前年同期比
      275.3%増)となりました。
      ② 財政状態の状況

      (資産)
       当事業年度末における資産合計は、843,306千円(前事業年度末518,153千円)となり、前事業年度末に比べ
      325,152千円の増加となりました。このうち、流動資産は752,633千円(前事業年度末465,571千円)となり、
      287,061千円の増加となりました。この主な要因は、現金及び預金が276,369千円増加したことなどによるもので
      す。また、固定資産は90,673千円(前事業年度末52,581千円)となり、38,091千円の増加となりました。この主な
      要因は、非連結子会社の清算手続の結了に伴い関係会社株式が7,038千円減少した一方で、ソフトウエアが26,503千
      円、繰延税金資産が19,581千円増加したことなどによるものです。
     (負債)

       当事業年度末における負債合計は、351,455千円(前事業年度末461,379千円)となり、前事業年度末に比べ
      109,924千円の減少となりました。このうち、流動負債は205,609千円(前事業年度末259,849千円)となり、54,240
      千円の減少となりました。この主な要因は、未払法人税等が23,397千円増加した一方で、買掛金が42,909千円減
      少、短期借入金が26,500千円減少したことなどによるものです。また、固定負債は長期借入金55,684千円の減少に
      より、145,846千円(前事業年度末201,530千円)となりました。
     (純資産)

       当事業年度末における純資産合計は、491,851千円(前事業年度末56,774千円)となり、前事業年度末に比べ
      435,077千円の増加となりました。この主な要因は、当期純利益の計上によって利益剰余金が152,307千円増加した
      ことや、第三者割当増資及び公募増資による新株式の発行によって資本金及び資本準備金がそれぞれ141,384千円増
      加したことによるものです。
                                 21/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ③ キャッシュ・フローの状況
       当事業年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前事業年度末比で276,369千円増加し、
      601,577千円となりました。
       当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりです。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       当事業年度における営業活動の結果得られた資金は、102,924千円となりました(前事業年度は53,338千円の収
      入)。主なキャッシュ・フローの増加要因としては、税引前当期純利益149,778千円によるものです。また、主な
      キャッシュ・フローの減少要因としては、仕入債務の減少額42,909千円によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       当事業年度における投資活動の結果支出した資金は、16,467千円となりました(前事業年度は2,893千円の収
      入)。これは主に、関係会社の清算による収入7,350千円があったものの、無形固定資産の取得による支出20,585千
      円があったためであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       当事業年度における財務活動の結果得られた資金は、189,174千円となりました(前事業年度は86,906千円の収
      入)。これは主に、長期借入金の返済による支出87,214千円があったものの、株式の発行による収入282,360千円が
      あったためであります。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a 生産実績
         当社は、DXの領域における各種サービスを主たる事業としており、生産に該当する事項が無いため、生産実
        績に関する記載はしておりません。
       b 受注実績

         当社は、受注生産を行っておりませんので、受注実績に関する記載はしておりません。
       c 販売実績

         当事業年度における販売実績は、次のとおりであります。
                            販売高(千円)                  前年同期比(%)
    DX事業                                660,569                    124.3
            合計                        660,569                    124.3
     (注)   1.当社の事業区分は「DX事業」の単一セグメントであります。
       2.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績および当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであ
         ります。
                          前事業年度                     当事業年度
                        (自     2020年1月1日                  (自     2021年1月1日
                        至   2020年12月31日       )           至   2021年12月31日       )
         相手先
                    販売高(千円)           割合(%)         販売高(千円)           割合(%)
    株式会社リヴァンプ                      16,071          3.0          96,528          14.6
       3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 22/101





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりであります。
      ① 重要な会計方針及び見積り

       当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この財
      務諸表の作成にあたって、資産及び負債又は損益の状況に影響を与える会計上の見積りは、財務諸表作成時に入手
      可能な情報及び合理的な基準に基づき判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、見積
      りと異なる場合があります。
       当社の財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は「第5                                   経理の状況      1  財務諸表等      (1)財務諸
      表 注記事項 重要な会計方針」に記載しております。
       なお、以下の重要な会計方針が財務諸表における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考えております。
         (繰延税金資産)
        当社は繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや、回収可能性が
       あると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回収可能性は将来
       の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、繰延税金資産が
       減額され税金費用が計上される可能性があります。
         (固定資産の減損)
        当社は固定資産について、減損の兆候があり、割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合
       には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上する方針です。減損の兆候の把
       握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により、その
       見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損処理が必要となる可能性があります。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a.売上高
        当事業年度における売上高は660,569千円(前事業年度比24.3%増)となりました。これは主に、高単価の案件
       受注が増加したことによるものであります。
       b.売上原価、売上総利益

        当事業年度における売上原価は254,789千円(前事業年度比15.0%増)となりました。これは主に、受注案件数
       の増加に伴いアウトソース活用が増加したことによるものであります。結果として、売上総利益は405,780千円
       (前事業年度比30.9%増)となりました。
       c.販売費及び一般管理費、営業利益

        当事業年度における販売費及び一般管理費は245,380千円(前事業年度比11.8%減)となりました。
       この結果、営業利益は160,400千円(前事業年度比407.6%増)となりました。これは主に、前事業年度に実施し
       たオフィス集約による事業所費用の減少や、前事業年度に新規研究開発の一部が完了したことに伴い研究開発費
       が減少したことによるものであります。
       d.経常利益

        当事業年度において営業外収益が1,271千円(前事業年度は営業外収益1,611千円)、営業外費用が12,205千円
       (前事業年度は営業外費用2,271千円)発生しております。これは主に上場関連費用によるものであります。この
       結果、経常利益は149,466千円(前事業年度比383.1%増)となりました。
       e.当期純利益

        当事業年度において特別利益が312千円(前事業年度は未発生)発生しております。これは、非連結子会社の清
       算手続の結了に伴う子会社清算益によるものであります。また、法人税等合計△2,529千円を計上した結果、当期
       純利益は152,307千円(前事業年度比275.3%増)となりました。
                                 23/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ③ キャッシュ・フローの状況の分析
       キャッシュ・フローの状況の分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの
      状況」をご参照下さい。
      ④   経営成績に重要な影響を与える要因について

       経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」をご参照下さい。
      ⑤ 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の分析・検討内容

       「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、当社では、より高い成
      長性及び収益性を確保する観点から、客観的な経営指標として売上高及び営業利益を重視しております。
       当該指標につきましては、第15期事業年度(2020年12月期)は売上高531,528千円、営業利益31,601千円、第16期
      事業年度(2021年12月期)は売上高660,569千円、営業利益160,400千円となっております。
      ⑥   資本の財源及び資金の流動性について

       当社の資金需要が生じるものとしては、人件費、広告宣伝費、地代家賃等の運転資金のほか、事業拡大に伴う採
      用活動のための採用費やプロダクトの開発費であります。財政状態等や資金使途を勘案しながら、必要な資金は営
      業活動により得られたキャッシュ・フロー、金融機関からの借入及びエクイティファイナンス等で資金調達してい
      くことを基本方針としております。
      ⑦   経営者の問題意識と今後の方針について

       経営者の問題意識と今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
      等」をご参照下さい。
                                 24/101












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (事業譲渡契約の締結)
      当社は、2022年2月1日開催の取締役会において、株式会社コミクスが行うSaaS事業(EFO                                            CUBE事業、chroko事
     業、Butterfly事業、Growth              Hack   LTV事業)を当社が譲受けることを決議し、同日付で事業譲渡契約を締結して、
     2022年2月28日付で事業の譲受をいたしました。
      詳細は、    「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」をご参照くださ
     い。
    5  【研究開発活動】

      当社は、DXサービスにおいて、SaaS型ソフトウェアとして、Web接客ツール「CODE                                      Marketing     Cloud」を提供してお
     りますが、DX推進における市場ニーズを取り込むべく新たな機能と製品の開発活動を行っており、当事業年度におけ
     る研究開発費の総額は          1,071   千円となっております。
      なお、当社はDX事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                 25/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当事業年度における設備投資は総額                29,594   千円になります。これは主に、従業員用のPCの購入2,968千円、ソフトウ
     エア開発26,503千円などによるものであります。
      なお、当社の事業はDX事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
    2 【主要な設備の状況】

      当社における主要な設備は以下のとおりです。
                                              2021年12月31日       現在
                                  帳簿価額
       事業所名                                            従業員数

                設備の内容
                             工具、器具及
       (所在地)                                             (人)
                         建物            ソフトウエア         合計
                               び備品
                        (千円)              (千円)       (千円)
                              (千円)
        本社

                 本社機能         4,666       4,043       26,503       35,213      24(2)
      (東京都新宿区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。

       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.本社の建物は賃借しており、その年間賃借料は21,193千円であります。
       4.従業員数は正社員及び契約社員の数であります。
         なお、臨時雇用者数は、( )内に年間の平均人                         員を外数で記載しております。
       5.当社は、DX事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
                        投資予定額                着手及び完了予定時期
      事業所名                           資金調達                   完成後の
              設備の内容
                      総額     既支払額
      (所在地)                            方法                  増加能力
                                         着手       完了
                      (千円)      (千円)
       本社
              ソフトウエア         36,191        -   増資資金      2022年1月        未定      (注)3
     (東京都新宿区)
     (注)1.上記の金額に消費税等は含まれておりません。
       2.ソフトウエア開発にあたり、機能追加開発を継続的に進める予定であり、開発の全てが完了する予定年月日
         は未定であります。なお、開発が完了した機能については順次サービス提供を開始する予定であります。
       3.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       4.当社は、DX事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 26/101







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      3,000,000

                 計                                     3,000,000

      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                   上場金融商品取引所名
        種類         発行数(株)           発行数(株)        又は登録認可金融商品                内容
                                     取引業協会名
                ( 2021年12月31日       )   (2022年3月29日)
                                              完全議決権株式であり、権
                                              利内容に何ら限定のない当
                                              社における標準となる株式
                                    東京証券取引所
       普通株式            2,049,100          2,073,000
                                              であります。
                                      (マザーズ)
                                              なお、単元株式数は100株で
                                              あります。
        計           2,049,100          2,073,000          ―            ―
     (注)1.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分
          割を行っております。
        2.2021年8月18日開催の取締役会決議及び2021年8月30日開催の臨時株主総会決議により、2021年9月14日
          付で定款の一部を変更し、1単元を100株とする単元株制度を導入しております。
        3.2021年12月24日をもって、当社は東京証券取引所マザーズに上場しております。
        4.2022年1月19日を払込期日とするオーバーアロットメントによる当社株式の売出しに関する第三者割当に
          よる新株式の発行により、発行済株式の総数が23,900株増加しております。
        5.提出日現在の発行数には、2022年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により
          発行された株式数は、含まれておりません。
                                 27/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        第2回新株予約権
    決議年月日                              2018年5月21日
    付与対象者の区分及び人数(名)

                                   当社従業員 3
    新株予約権の数(個) ※                              66

                                   普通株式 19,800         (注)1、5

    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※            1,034   (注)2、5

    新株予約権の行使期間 ※                              2020年5月22日~2028年5月21日

                                   発行価格   1,034

    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
    及び資本組入額(円) ※                              資本組入額           517  (注)5
    新株予約権の行使の条件 ※                              (注)3

                                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                   要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                              (注)4
     ※ 当事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年2月28日)に
       おいて、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
       を省略しております。
     (注)   1.新株予約権       1個につき目的となる株式数は、1株であります。

         ただし、新株予約権の発行日後、当社が株式分割及び株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
         調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとしております。
         調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
       2.新株予約権       の発行日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
         により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしております。
                                    1

          調整後行使価額         =  調整前行使価額         ×
                                 分割・併合の比率
         また、   新株予約権     の発行後に時価を下回る価額で新株式の発行(                     新株予約権     の行使によるものを除く)または
         自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り
         上げるものとしております。
                                        新発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
          調整後行使価額         = 調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新発行株式数
       3.新株予約権       の行使の条件

       (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について以下①に定める取得事由が発生
         していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社
         が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        ①当社が本新株予約権を取得することができる事由
        イ.当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割,又は
         当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)に
         ついて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が
         必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われた
         ときは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ロ.当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
         む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
         社は本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 28/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        ハ.当社の普通株式に全部取得条項を付する定款変更、普通株式に付された全部取得条項に基づく全部取得、若
         しくは普通株式の併合(株式の数に1株に満たない端数が生ずる場合に限る。)についての株主総会の承認
         がなされた場合、又は当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味
         する。)を当社が承認した場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ニ.権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、再度就任又は雇用等されたか否かにかかわらず、当社は、未
         行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.  当社又は当社の子会社(会社法第                2 条第   3 号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
          う。)の取締役又は監査役
        b.当社又は子会社の使用人
        c.顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等の
          継続的な契約関係にある者
        ホ.次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
         る。
        a.権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
        b.権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しくは
          使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
          認を得た場合を除く。
        c.権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
        d.権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受けた
          場合
        e.権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡
          りとなった場合
        f.権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに類
          する手続開始の申立があった場合
        g.権利者につき解散の決議が行われた場合
        h.権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
          力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること又
          は資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        i.権利者が本要項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に違反した場合
        ヘ.権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
         かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
         は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
        b.権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
       (2)割当日から、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされた日より1                                       年経過する日までの期間
         は、本新株予約権を行使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りで
         ない。
       (3)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相続
         されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
       (4)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものとす
         る。
       (5)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
         ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとする。
       4.    組織再編成行為に伴う          新株予約権     の交付に関する事項

         当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
         者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
         くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
         総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
         記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
                                 29/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
         定めた場合に限るものとする。
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
         権利者が保有する残存する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
         再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、
         (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
         株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
        (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
         本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)新株予約権の譲渡制限
         新株予約権の譲渡について、再編対象会社の株主総会(取締役会設置会社の場合は取締役会)の承認を要す
         るものとする。
        (8)組織再編行為の際の取扱い
         本項に準じて決定する。
       5.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
       6.    付与対象者の      退職  等による権利の喪失等により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、                                       当社
         従業員1名となっております。
        第3回新株予約権

    決議年月日                              2018年11月22日
    付与対象者の区分及び人数(名)                              当社従業員 5

    新株予約権の数(個) ※                              20

                                   普通株式 6,000        (注)1、5

    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※            1,320   (注)2、5

    新株予約権の行使期間 ※                              2020年11月23日~2028年11月22日

                                   発行価格   1,320

    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
    及び資本組入額(円) ※                              資本組入額           660  (注)5
    新株予約権の行使の条件 ※                              (注)3

                                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                   要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                              (注)4
     ※ 当事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年2月28日)に
       おいて、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
       を省略しております。
     (注)   1.新株予約権       1個につき目的となる株式数は、1株であります。

         ただし、新株予約権の発行日後、当社が株式分割及び株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
         調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとしております。
         調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
       2.新株予約権       の発行日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
         により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしております。
                                    1

          調整後行使価額         =  調整前行使価額         ×
                                 分割・併合の比率
                                 30/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
         また、   新株予約権     の発行後に時価を下回る価額で新株式の発行(                     新株予約権     の行使によるものを除く)または
         自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り
         上げるものとしております。
                                        新発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
          調整後行使価額         = 調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新発行株式数
       3.新株予約権       の行使の条件

       (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について以下①に定める取得事由が発生
         していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社
         が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        ①当社が本新株予約権を取得することができる事由
        イ.当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割,又は
         当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)に
         ついて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が
         必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われた
         ときは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ロ.当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
         む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
         社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ハ.当社の普通株式に全部取得条項を付する定款変更、普通株式に付された全部取得条項に基づく全部取得、若
         しくは普通株式の併合(株式の数に1株に満たない端数が生ずる場合に限る。)についての株主総会の承認
         がなされた場合、又は当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味
         する。)を当社が承認した場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ニ.権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、再度就任又は雇用等されたか否かにかかわらず、当社は、未
         行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.  当社又は当社の子会社(会社法第                2 条第   3 号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
          う。)の取締役又は監査役
        b.当社又は子会社の使用人
        c.顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等の
          継続的な契約関係にある者
        ホ.次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
         る。
        a.権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
        b.権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しくは
          使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
          認を得た場合を除く。
        c.権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
        d.権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受けた
          場合
        e.権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡
          りとなった場合
        f.権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに類
          する手続開始の申立があった場合
        g.権利者につき解散の決議が行われた場合
        h.権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
          力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること又
          は資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        i.権利者が本要項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に違反した場合
                                 31/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        ヘ.権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
         かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
         は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
        b.権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
       (2)割当日から、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされた日より1                                       年経過する日までの期間
         は、本新株予約権を行使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りで
         ない。
       (3)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相続
         されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
       (4)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものとす
         る。
       (5)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
         ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとする。
       4.    組織再編成行為に伴う          新株予約権     の交付に関する事項

         当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
         者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
         くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
         総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
         記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
         定めた場合に限るものとする。
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
         権利者が保有する残存する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
         再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、
         (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
         株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
        (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
         本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)新株予約権の譲渡制限
         新株予約権の譲渡について、再編対象会社の株主総会(取締役会設置会社の場合は取締役会)の承認を要す
         るものとする。
        (8)組織再編行為の際の取扱い
         本項に準じて決定する。
       5.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
       6.    付与対象者の      退職  等による権利の喪失等により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、                                       当社
         従業員2名となっております。
                                 32/101





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        第4回新株予約権
    決議年月日                              2021年1月25日
    付与対象者の区分及び人数(名)                              当社取締役 2、当社従業員 1

    新株予約権の数(個) ※                              420

    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)                          ※    普通株式 126,000         (注)1、5

                                   1,592   (注)2、5

    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                              2023年1月26日~2031年1月25日

                                   発行価格   1,592

    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
                                   資本組入額           796  (注)5
    及び資本組入額(円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                              (注)3

                                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                   要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                              (注)4
     ※ 当事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年2月28日)に
       おいて、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
       を省略しております。
     (注)   1.新株予約権       1個につき目的となる株式数は、1株であります。

         ただし、新株予約権の発行日後、当社が株式分割及び株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
         調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとしております。
         調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
       2.新株予約権       の発行日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
         により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしております。
                                    1

          調整後行使価額         =  調整前行使価額         ×
                                 分割・併合の比率
         また、   新株予約権     の発行後に時価を下回る価額で新株式の発行(                     新株予約権     の行使によるものを除く)または
         自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り
         上げるものとしております。
                                        新発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
          調整後行使価額         = 調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新発行株式数
       3.新株予約権       の行使の条件

       (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について以下①に定める取得事由が発生
         していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社
         が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        ①当社が本新株予約権を取得することができる事由
        イ.当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割,又は
         当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)に
         ついて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が
         必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われた
         ときは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ロ.当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
         む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
         社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ハ.当社の普通株式に全部取得条項を付する定款変更、普通株式に付された全部取得条項に基づく全部取得、若
         しくは普通株式の併合(株式の数に1株に満たない端数が生ずる場合に限る。)についての株主総会の承認
         がなされた場合、又は当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味
         する。)を当社が承認した場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 33/101

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        ニ.権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、再度就任又は雇用等されたか否かにかかわらず、当社は、未
         行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.  当社又は当社の子会社(会社法第                2 条第   3 号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
          う。)の取締役又は監査役
        b.当社又は子会社の使用人
        c.顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等の
          継続的な契約関係にある者
        ホ.次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
         る。
        a.権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
        b.権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しくは
          使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
          認を得た場合を除く。
        c.権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
        d.権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受けた
          場合
        e.権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡
          りとなった場合
        f.権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに類
          する手続開始の申立があった場合
        g.権利者につき解散の決議が行われた場合
        h.権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
          力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること又
          は資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        i.権利者が本要項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に違反した場合
        ヘ.権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
         かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
         は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
        b.権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
       (2)割当日から、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされた日より1                                       年経過する日までの期間
         は、本新株予約権を行使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りで
         ない。
       (3)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相続
         されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
       (4)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものとす
         る。
       (5)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
         ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとする。
       4.  組織再編成行為に伴う          新株予約権     の交付に関する事項

         当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
         者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
         くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
         総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
         記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
         定めた場合に限るものとする。
                                 34/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
         権利者が保有する残存する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
         再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、
         (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
         株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
        (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
         本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)新株予約権の譲渡制限
         新株予約権の譲渡について、再編対象会社の株主総会(取締役会設置会社の場合は取締役会)の承認を要す
         るものとする。
        (8)組織再編行為の際の取扱い
         本項に準じて決定する。
       5.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
        第6回新株予約権

    決議年月日                              2021年3月30日
    付与対象者の区分及び人数(名)                              当社従業員 1

    新株予約権の数(個) ※                              32

    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)                          ※    普通株式 9,600        (注)1、5

                                   1,592   (注)2、5

    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                              2023年3月31日~2031年3月30日

                                   発行価格   1,592

    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
    及び資本組入額(円) ※                              資本組入額           796  (注)5
    新株予約権の行使の条件 ※                              (注)3

                                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                   要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                              (注)4
     ※ 当事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年2月28日)に
       おいて、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
       を省略しております。
     (注)   1.新株予約権       1個につき目的となる株式数は、1株であります。

         ただし、新株予約権の発行日後、当社が株式分割及び株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
         調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとしております。
         調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
       2.新株予約権       の発行日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
         により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしております。
                                    1

          調整後行使価額         =  調整前行使価額         ×
                                 分割・併合の比率
         また、   新株予約権     の発行後に時価を下回る価額で新株式の発行(                     新株予約権     の行使によるものを除く)または
         自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り
         上げるものとしております。
                                 35/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
                                        新発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
          調整後行使価額         = 調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新発行株式数
       3.新株予約権         の行使の条件

       (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について以下①に定める取得事由が発生
         していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社
         が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        ①当社が本新株予約権を取得することができる事由
        イ.当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割,又は
         当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)に
         ついて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が
         必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われた
         ときは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ロ.当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
         む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
         社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ハ.当社の普通株式に全部取得条項を付する定款変更、普通株式に付された全部取得条項に基づく全部取得、若
         しくは普通株式の併合(株式の数に1株に満たない端数が生ずる場合に限る。)についての株主総会の承認
         がなされた場合、又は当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味
         する。)を当社が承認した場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ニ.権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、再度就任又は雇用等されたか否かにかかわらず、当社は、未
         行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.  当社又は当社の子会社(会社法第                2 条第   3 号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
          う。)の取締役又は監査役
        b.当社又は子会社の使用人
        c.顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等の
          継続的な契約関係にある者
        ホ.次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
         る。
        a.権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
        b.権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しくは
          使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
          認を得た場合を除く。
        c.権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
        d.権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受けた
          場合
        e.権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡
          りとなった場合
        f.権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに類
          する手続開始の申立があった場合
        g.権利者につき解散の決議が行われた場合
        h.権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
          力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること又
          は資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        i.権利者が本要項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に違反した場合
        ヘ.権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
         かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
         は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 36/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        a.権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
        b.権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
       (2)権利者は、割当日から、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされた日より1年経過する日ま
         での期間は、本新株予約権を行使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこ
         の限りでない。
       (3)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相続
         されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
       (4)権利者は、2021年4月1日から2024年3月31日までの間(以下「対象期間」という。)の営業獲得案件(権利者
         が紹介した取引先と当社が契約を締結し、当社が当該取引先に対して、コンサルティング業務・広告運用業
         務・その他これらに付随する業務を、対象期間の間に行なった案件を意味する。以下同じ。)における当社
         の売上合計金額(税別)に応じて、以下の割合を超えて本新株予約権を行使することができないものとす
         る。但し、広告運用業務における立替広告媒体費相当額、その他案件利益率が著しく低い等の理由により、
         双方協議の下、当該計算の対象から除外することで合意した営業獲得案件の売上金額を売上合計金額から除
         外して計算する。
       ①対象期間における営業獲得案件に係る売上合計金額(税別)が4,500万円未満の場合:                                         0%
       ②対象期間における営業獲得案件に係る売上合計金額(税別)が4,500万円以上かつ9,000万円未満の場
        合:25%
       ③対象期間における営業獲得案件に係る売上合計金額(税別)が9,000万円以上かつ1億3,500万円未満の
        場合:50%
       ④対象期間における営業獲得案件に係る売上合計金額(税別)が1億3,500万円以上かつ1億8,000万円未満
        の場合:75%
       ⑤対象期間における営業獲得案件に係る売上合計金額(税別)が1億8,000万円以上の場合:100%
        (5)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものと
         する。
        (6)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
         ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとする。
       4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

         当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
         者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
         くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
         総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
         記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
         定めた場合に限るものとする。
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
         権利者が保有する残存する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
         再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、
         (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
         株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
        (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
         本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)新株予約権の譲渡制限
         新株予約権の譲渡について、再編対象会社の株主総会(取締役会設置会社の場合は取締役会)の承認を要す
         るものとする。
        (8)組織再編行為の際の取扱い
         本項に準じて決定する。
       5.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
                                 37/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        第7回新株予約権
    決議年月日                              2021年8月30日
    付与対象者の区分及び人数(名)                              当社従業員 3

    新株予約権の数(個) ※                              88

    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)                          ※    普通株式 26,400         (注)1、5

                                   1,592   (注)2、5

    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                              2023年8月31日~2031年8月30日

                                   発行価格   1,592

    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
                                   資本組入額          796   (注)5
    及び資本組入額(円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                              (注)3

                                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                   要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                              (注)4
     ※ 当事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年2月28日)に
       おいて、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
       を省略しております。
     (注)   1.新株予約権       1個につき目的となる株式数は、1株であります。

         ただし、新株予約権の発行日後、当社が株式分割及び株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
         調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとしております。
         調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
       2.新株予約権       の発行日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
         により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしております。
                                    1

          調整後行使価額         =  調整前行使価額         ×
                                 分割・併合の比率
         また、   新株予約権     の発行後に時価を下回る価額で新株式の発行(                     新株予約権     の行使によるものを除く)または
         自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り
         上げるものとしております。
                                        新発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
          調整後行使価額         = 調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新発行株式数
       3.新株予約権       の行使の条件

       (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について以下①に定める取得事由が発生
         していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社
         が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        ①当社が本新株予約権を取得することができる事由
        イ.当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割,又は
         当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)に
         ついて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が
         必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われた
         ときは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ロ.当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
         む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
         社は本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 38/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        ハ.当社の普通株式に全部取得条項を付する定款変更、普通株式に付された全部取得条項に基づく全部取得、若
         しくは普通株式の併合(株式の数に1株に満たない端数が生ずる場合に限る。)についての株主総会の承認
         がなされた場合、又は当社の株主による株式等売渡請求(会社法第179条の3第1項に定義するものを意味
         する。)を当社が承認した場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ニ.権利者が下記いずれの身分とも喪失した場合、再度就任又は雇用等されたか否かにかかわらず、当社は、未
         行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.  当社又は当社の子会社(会社法第                2 条第   3 号に定める当社の子会社を意味し、以下単に「子会社」とい
          う。)の取締役又は監査役
        b.当社又は子会社の使用人
        c.顧問、アドバイザー、コンサルタントその他名目の如何を問わず当社又は子会社との間で委任、請負等の
          継続的な契約関係にある者
        ホ.次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社は未行使の本新株予約権を無償で取得することができ
         る。
        a.権利者が禁錮以上の刑に処せられた場合
        b.権利者が当社又は子会社と競合する業務を営む法人を直接若しくは間接に設立し、又はその役員若しくは
          使用人に就任するなど、名目を問わず当社又は子会社と競業した場合。但し、当社の書面による事前の承
          認を得た場合を除く。
        c.権利者が法令違反その他不正行為により当社又は子会社の信用を損ねた場合
        d.権利者が差押、仮差押、仮処分、強制執行若しくは競売の申立を受け、又は公租公課の滞納処分を受けた
          場合
        e.権利者が支払停止若しくは支払不能となり、又は振り出し若しくは引き受けた手形若しくは小切手が不渡
          りとなった場合
        f.権利者につき破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他これらに類
          する手続開始の申立があった場合
        g.権利者につき解散の決議が行われた場合
        h.権利者が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、その他暴力、威
          力又は詐欺的手法を使用して経済的利益を追求する集団又は個人を意味する。以下同じ。)であること又
          は資金提供等を通じて反社会的勢力と何らかの交流若しくは関与を行っていることが判明した場合
        i.権利者が本要項又は本新株予約権に関して当社と締結した契約に違反した場合
        ヘ.権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
         かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社
         は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
        b.権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
       (2)割当日から、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされた日より1                                       年経過する日までの期間
         は、本新株予約権を行使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこの限りで
         ない。
       (3)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は相続
         されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
       (4)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものとす
         る。
       (5)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
         ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとする。
                                 39/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
       4.  組織再編成行為に伴う          新株予約権     の交付に関する事項
         当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
         者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
         くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
         総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
         記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
         定めた場合に限るものとする。
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
         権利者が保有する残存する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
         再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、
         (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
         株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
        (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
         本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)新株予約権の譲渡制限
         新株予約権の譲渡について、再編対象会社の株主総会(取締役会設置会社の場合は取締役会)の承認を要す
         るものとする。
        (8)組織再編行為の際の取扱い
         本項に準じて決定する。
       5.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
      ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
                                 40/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ③  【その他の新株予約権等の状況】
        第5回新株予約権
    決議年月日                              2021年3月30日
    付与対象者の区分及び人数(名)                              当社提携先企業 1

    新株予約権の数(個) ※                              317

    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)                          ※    普通株式 95,100         (注)1、5

                                   1,592   (注)2、5

    新株予約権の行使時の払込金額(円) ※
                                   当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場
                                   がなされた日より         1 年経過する日から         2 年間。
    新株予約権の行使期間 ※
                                   但し、行使期間の最終日が当社の休業日にあたる
                                   場合には、その前営業日を最終日とする。 
                                   発行価格   1,592

    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
                                   資本組入額           796  (注)5
    及び資本組入額(円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                              (注)3

                                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                   要するものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                              (注)4
     ※ 当事業年度の末日(2021年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年2月28日)に
       おいて、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
       を省略しております。
     (注)   1.新株予約権       1個につき目的となる株式数は、1株であります。

         ただし、新株予約権の発行日後、当社が株式分割及び株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
         調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとしております。
         調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率
       2.新株予約権       の発行日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整
         により生じる1円未満の端数は切り上げるものとしております。
                                    1

          調整後行使価額         =  調整前行使価額         ×
                                 分割・併合の比率
         また、   新株予約権     の発行後に時価を下回る価額で新株式の発行(                     新株予約権     の行使によるものを除く)または
         自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り
         上げるものとしております。
                                        新発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
          調整後行使価額         = 調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新発行株式数
       3.新株予約権       の行使の条件

       (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について以下①に定める取得事由が発生
         していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認められないものとする。但し、当社
         が特に行使を認めた場合はこの限りでない。
        ①当社が本新株予約権を取得することができる事由
        イ.当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割,又は
         当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)に
         ついて、法令上又は当社の定款上必要な当社の株主総会の承認決議(株主総会決議に替えて総株主の同意が
         必要である場合には総株主の同意の取得、そのいずれも不要である場合には、取締役会の決議)が行われた
         ときは、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
                                 41/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        ロ.当社の発行済株式総数の過半数の株式について、同時又は実質的に同時に特定の第三者(当社の株主を含
         む。)に移転する旨の書面による合意が、当該株式の各保有者と当該第三者との間で成立した場合には、当
         社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ハ.当社の普通株式に全部取得条項を付する定款変更、普通株式に付された全部取得条項に基づく全部取得、若
         しくは普通株式の併合(株式の数に                 1 株に満たない端数が生ずる場合に限る。)についての株主総会の承
         認がなされた場合、又は当社の株主による株式等売渡請求(会社法第                                179  条の   3 第1項に定義するものを
         意味する。)を当社が承認した場合には、当社は本新株予約権を無償で取得することができる。
        ニ.権利者が当社又は子会社の取締役若しくは監査役又は使用人の身分を有する場合(本新株予約権発行後にか
         かる身分を有するに至った場合を含む。)において、次のいずれかに該当する事由が発生した場合、当社 
         は、未行使の本新株予約権を無償で取得することができる。
        a.権利者が自己に適用される当社又は子会社の就業規則に規定する懲戒事由に該当した場合
        b.権利者が取締役としての忠実義務等当社又は子会社に対する義務に違反した場合
        (2)権利者は、割当日から、当社の株式のいずれかの金融商品取引所への上場がなされた日より1年経過する日ま
         での期間は、本新株予約権を行使することはできないものとする。但し、当社が特に行使を認めた場合はこ
         の限りでない。
       (3)権利者は、当社に対して2021年1月1日から同年12月31日までの間(以下「対象期間1」という。)と2022年1
         月1日から同年12月31日までの間(以下「対象期間2」という。)                             のそれぞれの期間に発注する案件(権利者の
         紹介した顧客が発注し、当社が直接の契約主体となる案件を含み、コンサルティング業務・広告運用業務・
         その他これらに付随する業務のうち、当社が対象期間1又は対象期間2の間に役務提供を行なったものを対象
         とする。)の発注合計金額(税別)に応じて、以下の割合を超えて本新株予約権を行使することができない
         ものとする。但し、広告運用業務における立替広告媒体費相当額、会社から権利者に支払う営業協力金、そ
         の他双方協議の下、当該計算の対象から除外することで合意した案件の金額を発注合計金額から除外して計
         算する。
       ①対象期間1及び対象期間2それぞれにおける権利者から当社に対する案件発注合計金額(税別)がいずれも
        2,500万円未満の場合:           0%
       ②対象期間1又は対象期間2のうちいずれか一方の期間における権利者から当社に対する案件発注合計金額が
        2,500万円以上かつ5,000万円未満であり、かつ、もう一方の期間における案件発注合計金額が
        2,500万円未満の場合:           30%
       ③対象期間1又は対象期間2のうちいずれか一方における権利者から当社に対する案件発注合計金額(税別)が
        5,000万円以上であり、かつ、もう一方の期間における案件発注合計金額(税別)が
        2,500万円未満の場合:50%
       ④対象期間1及び対象期間2それぞれにおける権利者から当社に対する案件発注金額合計(税別)がいずれも
        2,500万円以上かつ5,000万円未満の場合:                    60%
       ⑤対象期間1又は対象期間2のうちいずれか一方の期間における権利者から当社に対する案件発注合計金額(税
        別)が2,500万円以上かつ5,000万円未満であり、かつ、もう一方の期間における案件発注合計金額(税別)が
        5,000万円以上の場合:           80%
       ⑥対象期間1及び対象期間2それぞれにおける権利者から当社に対する案件発注金額合計(税別)がいずれも
        5,000万円以上の場合:           100%
       (4)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないものとす
         る。
       (5)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
         ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできないものとする。
       4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

         当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
         者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
         くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
         総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。但し、下
         記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において
         定めた場合に限るものとする。
                                 42/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
         権利者が保有する残存する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
         再編対象会社の普通株式とする。
        (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)1に準じて決定する。
        (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
         組織再編行為の条件等を勘案の上、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、
         (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
        (5)新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新
         株予約権を行使することができる期間の末日までとする。
        (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
         本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
        (7)新株予約権の譲渡制限
         新株予約権の譲渡について、再編対象会社の株主総会(取締役会設置会社の場合は取締役会)の承認を要す
         るものとする。
        (8)組織再編行為の際の取扱い
         本項に準じて決定する。
       5.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
                                 43/101













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      2018年4月11日
                     268      5,793       41,540       51,540       41,540       41,540
        (注)1
      2018年7月10日

                     290      6,083       56,840       108,380        56,840       98,380
        (注)2
      2018年8月24日

                     26      6,109       5,148      113,528        5,148      103,528
        (注)3
      2018年8月31日

                     153      6,262       30,294       143,822        30,294       133,822
        (注)4
      2018年12月28日

                     -      6,262      △43,822        100,000          -     133,822
        (注)5
      2019年5月10日

                     32      6,294       7,639      107,639        7,639      141,461
        (注)6
      2019年11月29日

                     -      6,294      △7,639       100,000          -     141,461
        (注)7
      2021年1月25日

                     151      6,445       36,050       136,050        36,050       177,511
        (注)8
      2021年8月10日

                     52      6,497       12,414       148,464        12,414       189,926
        (注)9
      2021年9月14日

                  1,942,603       1,949,100           ―     148,464          ―     189,926
        (注)10
      2021年12月23日

                   100,000      2,049,100         92,920       241,384        92,920       282,846
        (注)11
     (注)   1.有償第三者割当          発行価格310,000円         資本組入額155,000円
         割当先    門田芳典、梅澤康二、橋本政啓、衣笠槙吾、今村元太、月原直哉、今里慎作、角田翔
             曽我健、大山卓也、有富丈之、堀内健太郎
         なお、有償第三者割当による新株式発行と同時に、自己株式の処分による普通株式182株の割当を行ってお
         ります。
       2.有償第三者割当          発行価額392,000円         資本組入額196,000円
         割当先    梅澤康二、山崎晋一、岡登志雄、露木大輔、林良太
       3.有償第三者割当          発行価格396,000円         資本組入額198,000円
         割当先      株式会社マイナビ、岩野達志
       4.有償第三者割当          発行価格396,000円         資本組入額198,000円
         割当先    株式会社マイナビ、株式会社オークファン
       5.会社法第447条第1項の規定に基づき、財務内容の健全化を図るため、資本金の額を減少し、その金額をそ
         の他資本剰余金に振替えたものであります(減資割合30.5%)。
       6.有償第三者割当          発行価格477,484円         資本組入額238,742円
         割当先    DMクラスター株式会社
       7.会社法第447条第1項の規定に基づき、財務内容の健全化を図るため、資本金の額を減少し、その金額をそ
         の他資本剰余金に振替えたものであります(減資割合7.1%)。
       8.有償第三者割当          発行価格477,484円         資本組入額238,742円
         割当先    株式会社マイナビ
       9.有償第三者割当          発行価格477,484円         資本組入額238,742円
         割当先      ピアラベンチャーズ1号投資事業有限責任組合
       10.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の株式分割を
         行っております。
       11.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
         発行価格          2,020円
                                 44/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
         引受価額         1,858.40円
         資本組入額                  929.20円
       12.2022年1月19日を払込期日とする有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者
         割当増資)により、発行済株式総数が23,900株、資本金及び資本準備金がそれぞれ22,207千円増加しており
         ます。
                                 45/101



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                2021年12月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満株式
      区分                                                の状況
           政府及び
                                  外国法人等
                     金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数
              ―      5     23     13     11      1    810     863       ―
    (人)
    所有株式数
              ―     77     745    1,090      166      ―   18,409     20,487        400
    (単元)
    所有株式数
              ―    0.37     3.64     5.32     0.81      ―    89.85     100.0        ―
    の割合(%)
     (注)1.2021年8月18日開催の取締役会決議により、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分
          割を行っております。
        2.2021年8月18日開催の取締役会決議及び2021年8月30日開催の臨時株主総会決議により、2021年9月14日
          付で定款の一部を変更し、1単元を100株とする単元株制度を導入しております。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2021年12月31日       現在
                                                   発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
    工藤 勉                東京都目黒区                        1,269,400          61.94
    梅澤 康二                東京都世田谷区                         118,500         5.78

                    東京都千代田区一ツ橋1丁目1-1 パレス
    株式会社マイナビ                                         100,800         4.91
                    サイドビル9階
    荒井 裕希                東京都新宿区                         62,400         3.04
    須合 聡                茨城県つくばみらい市                         61,200         2.98

    長島 毅                長野県北佐久郡                         45,800         2.23

    株式会社SBI証券                東京都港区六本木1丁目6番1号                         33,900         1.65

    衣笠 槙吾                東京都目黒区                         31,500         1.53

    大山 卓也                東京都世田谷区                         30,000         1.46

    楽天証券株式会社                東京都港区南青山2丁目6番21号                         22,100         1.07

           計                   ―              1,775,600          86.65

     (注) 当社は自己株式を保有しておりません。
                                 46/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                 2021年12月31日       現在
           区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                           ―             ―             ―
    議決権制限株式(自己株式等)                           ―             ―              ―
    議決権制限株式(その他)                           ―             ―             ―
    完全議決権株式(自己株式等)                           ―             ―             ―
                                              権利内容に何ら限定の
                                              ない当社における標準
                      普通株式      2,048,700
    完全議決権株式(その他)                                      20,487
                                              となる株式であります。
                                              なお、単元株式数は100
                                              株であります。
                      普通株式         400
    単元未満株式                                        ―             ―
    発行済株式総数                        2,049,100                ―             ―
    総株主の議決権                           ―          20,487               ―
      ② 【自己株式等】

       該当事項はありません。
                                 47/101













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
     【株式の種類等】
      該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

        該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社は現在成長過程にあり、内部留保の充実が重要であると考え、会社設立以来配当は実施しておりません。当社
     は株主に対する利益還元を重要な経営課題として認識しておりますが、内部留保の充実を図り、収益力強化や事業基
     盤整備のための投資に充当することにより、なお一層の事業拡大を目指すことが、将来において安定的かつ継続的な
     利益還元に繋がるものと考えております。
      内部留保資金につきましては、財務体質の強化を図るとともに、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、将
     来の事業展開のための財源として利用していく予定であります。
      将来的には、経営成績及び財政状態を勘案しながら株主への利益配分を検討しますが、配当実施の可能性及びその
     実施時期については現時点において未定であります。
      なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 48/101











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、持続的な成長と社会への貢献を目指していく中で、迅速かつ透明性ある意思決定を行っていくことが
       重要であると認識しております。その認識のもと、企業規模の拡大に合わせた意思決定体制の構築、経営陣・全
       社員へのコンプライアンスの徹底を行い、株主、取引先、従業員等のすべてのステークホルダーに対する利益の
       最大化を図ります。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

      a.企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
         当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は以下のとおりであります。
       イ.取締役及び取締役会








         取締役会は、議長 工藤勉(代表取締役)、荒井裕希(取締役)、山崎晋一(取締役)、平井隆仁(取締
        役)、雨宮玲於奈(社外取締役)の5名により構成し、原則毎月1回、経営に関する重要事項の決定、業務執
        行の監督及び法定事項の決議等をおこなっております。また、適切かつ迅速な意思決定を行っていくために、
        経営上の重要事項が発生した場合には、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
       ロ.監査役及び監査役会

         監査役会は、議長 今村元太(常勤社外監査役)、梅澤康二(社外監査役)、山岡佑の3名により構成し、
        原則毎月1回、監査計画の策定や監査実施状況の確認等をおこなっております。さらに監査役は取締役会や経
        営会議等、社内の重要会議への出席のほか、監査計画に基づき重要書類の閲覧、役職員への質問等の監査手続
        を通じて、取締役の職務の執行を含む日常的な活動の監査を行っております。
       ハ.経営会議

         経営会議は代表取締役、取締役(社外取締役を除く)、常勤監査役、執行役員により構成し、構成員は、議
        長  工藤勉(代表取締役)、荒井裕希(取締役)、山崎晋一(取締役)、平井隆仁(取締役)、今村元太(常勤
        監査役)、須合聡(執行役員)、衣笠槙吾(執行役員)の7名となっております。原則毎月1回、重要な経営
        事項について情報共有や意見交換を行っております。
                                 49/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
       ニ.会計監査人
         当社は、会計監査人として、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結しており、会計監査を受けており
        ます。
       ホ.内部監査

         代表取締役社長の直轄組織として、内部監査室を設置し、業務監査を実施しております。また、内部監査室
        と監査役、監査法人は適宜情報交換を行っており、効率的な監査に努めております。
       ヘ.リスク管理委員会・コンプライアンス委員会

         当社の経営に悪影響を及ぼすおそれのあるリスクの低減及びコンプライアンス活動に必要な情報の共有を図
        るため、リスク管理委員会及びコンプライアンス委員会を設置しております。同委員会は、取締役、執行役
        員、監査役から構成されており、それぞれ四半期に1回開催しております。
      b.企業統治の体制及び採用理由

         当社は会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会を設置し、監査法人と連携するととも
        に、日常的に業務を監査する役割として、代表取締役社長直轄の内部監査室を設置し、これら各機関の相互連
        携によって、経営の健全性・効率性を確保することが可能となると判断し、この体制を採用しております。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

       a.内部統制システムの整備状況
        当社の内部統制システムに関する基本方針は以下のとおりです。
       1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        1)全ての役職員は職務の執行にあたって関係法令、社会規範及び社内諸規程等を遵守することを徹底する。
        2)法令違反行為を早期に発見、是正するため、これらの行為を発見した場合に会社へ情報提供するための内
         部通報体制を構築する。
        3)取締役会は、法令、定款及び社内諸規程に基づき、経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の
         職務執行を監督する。
        4)監査役は、法令の定める権限を行使するとともに、取締役の職務執行を監査する。
        5)職務執行が法令、定款及び社内諸規程に適合することを確保するため、内部監査担当が内部監査を実施す
         る。
       2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
        1)取締役会の議事録、並びに稟議書その他取締役の職務執行に係る重要な書類については、法令及び「文書
         管理規程」の定めに基づき適切に管理する。
        2)取締役及び監査役は、いつでも、前項の情報を閲覧することができる。
       3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

        1)損失の危険に対処するため、社内諸規程を整備し、適宜適切に見直しを行う。
        2)取締役会、経営会議等において、業務執行に関わる重要な情報の共有を行い、リスクの早期発見と未然防
         止に努める。
        3)不測の事態が発生した場合には、代表取締役社長を責任者として、全社的な対策を検討する。
       4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        1)取締役会は原則として毎月1回開催する他、機動的に意思決定を行うため、臨時取締役会を開催するものと
         し、適切な職務執行が行える体制を確保する。
        2)職務執行に関する権限及び責任は、業務分掌規程、組織規程、職務権限規程等において明文化し、適宜適
         切に見直しを行う。
        3)業務管理については、事業計画を定め、会社として達成するべき目標を明確化し、月次決算において達成
         状況を確認・検証し、その対策を立案・実行する。
       5.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該使

         用人の取締役からの独立性に関する事項
        1)監査役が職務遂行について補助すべき使用人を求めた場合、必要な人員を配置する。
        2)当該使用人は監査役の指揮命令に従い、人事考課、異動等については監査役の同意を受けた上で決定する
         こととし、取締役からの独立性を確保する。
                                 50/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
       6.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
        1)取締役は、監査役が取締役会その他重要な意思決定の過程及び職務執行の状況を把握するため、重要な会
         議に出席できる環境を整備する。
        2)取締役及び使用人は、法令に違反する事実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見したとき
         は、監査役に対して当該事実に関する事項を速やかに報告する。
        3)取締役及び使用人は、監査役の要請に応じて、職務執行の状況等について速やかに報告する。
       7.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          取締役は、監査役が会計監査人及び内部監査人と面談できる環境、必要に応じて意見交換等を行える環境
         を整備する。
       8.財務報告の信頼性を確保するための体制

          財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法に基づく内部統制が有効に行われる体制を構築し、内
         部統制システムの整備及び運用を行うとともに、その仕組みが適正に機能することを継続的に評価し、必要
         な是正を行う。
       9.反社会的勢力を排除するための体制

          反社会的勢力対策規程において基本方針を定め、反社会的勢力との一切の関係を遮断する。また、不当な
         要求等を受けた場合には、毅然とした姿勢で組織的に対応し、いかなる場合においても、反社会的勢力との
         取引を行わず、金銭その他の経済的利益を提供しない。
      b.取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
      c.取締役選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
        株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、累積投票によらない旨を定款に定めております。
      d.責任限定契約の内容の概要

         当社と社外取締役及び監査役、ならびに会計監査人とは、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423
        条第1項の損害賠償責任を限定することができる旨、定款に定めております。これに基づき、以下のとおり責
        任限定契約を締結しております。
       イ.社外取締役及び監査役

         当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する責任の限度額としております。
       ロ.会計監査人

         当該契約に基づく損害賠償責任について、善意かつ重大な過失がない場合は、法令の定める限度額までに限
        定する契約を締結しております。
      e.  役員等   賠償責任保険      契約の内容の概要

         当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しておりま
        す。被保険者が役員としての業務につき行った行為に起因して損害賠償請求がなされたことにより、被保険者
        が被る損害賠償金や争訟費用等を当該保険契約により填補される内容であり、被保険者は当社の全ての取締役
        及び監査役であり、その保険料は全額を当社が負担しております。
      f.リスク管理体制の整備状況

         当社は、企業活動を行うに当たり発生しうるリスクを回避・防止するため、「リスク管理規程」及び「コン
        プライアンス規程」を定めており、それに基づき全社的なリスク管理体制の強化を図っております。
      g.株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項及びその理由

       1.取締役及び監査役の責任免除
         当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役及び監査役(取締役及び監査
         役であったものを含む)の損害賠償責任について、法令の限度において、取締役会の決議によって免除する
         ことができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力
                                 51/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
         を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
       2.自己株式の取得

         当社は、取締役会決議によって市場取引等により自己株式を取得することができる旨、定款に定めておりま
         す。これは、企業環境の変化に応じた機動的な経営を可能とすることを目的とするものであります。 
       3.中間配当

         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日として、中間
         配当をすることができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的
         とするものであります。
                                 52/101

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      h.株主総会の特別決議要件
        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもっ
       て行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会
       の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
                                 53/101



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
     ① 役員一覧
     男性  8 名 女性    -名(役員のうち女性の比率             -%)
                                                      所有株式数
      役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                                   株式会社免許オンデマンド設立
                             2004年7月
     代表取締役                              取締役
             工藤 勉      1983年7月4日                              (注)3     1,269,400
                             2006年3月      当社設立。取締役
     社長
                             2011年3月      当社代表取締役社長(現任)
                             2004年4月      株式会社カスケード入社
     取締役
             荒井 裕希       1981年9月17日                              (注)3      62,400
                             2007年5月      当社入社
     事業本部長
                             2008年2月      当社取締役(現任)
                             1988年5月       株式会社リクルート入社

                                  株式会社リクルートスタッフィング
                             1990年7月
                                  入社
                             2006年7月       エン・ジャパン株式会社入社
                             2009年2月       同社取締役管理本部長
                             2010年10月       スリープログループ株式会社入社
     取締役
                             2011年1月       同社取締役常務執行役員
             山崎 晋一       1963年8月2日                              (注)3      9,600
     経営管理本部長
                                  株式会社フォーラムエンジニアリン
                             2011年9月
                                  グ入社
                             2013年1月       パーク24株式会社入社
                             2016年11月       タイムズサービス株式会社転籍
                             2018年6月       当社入社
                             2021年1月       当社取締役(現任)
                             2012年4月       株式会社日本政策金融公庫 入庫
                             2014年12月
                                  当社入社
     取締役
                             2017年12月       株式会社博報堂DYデジタル 入社
             平井 隆仁       1987年5月10日                              (注)3      9,600
     経営企画室長
                             2020年4月       当社入社
                             2020年9月
                                  当社執行役員
                             2021年4月
                                  当社取締役(現任)
                                 54/101












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                             1998年4月
                                  株式会社光通信入社
                                  株式会社リクルートエイブリック
                             2003年6月
                                  (現株式会社リクルートキャリア)
                                  入社
                                  株式会社日本医療情報センター(現
                                  株式会社リクルートメディカルキャ
                                  リア)代表取締役
                                  株式会社ジャミックスファイナンス
                             2005年12月
                                  (現株式会社リクルートメディカル
                                  キャリア)代表取締役
                                  株式会社ジャミックス(現株式会社
                                  リクルートメディカルキャリア)代
                                  表取締役
                                  株式会社リクルート事業開発室医療
                                  ユニットビジネスユニット長(事業
                                  部長)
                             2009年4月
                                  株式会社アールスリーヘルスケア
                                  (現株式会社リクルートメディカル
                                  キャリア)取締役
                                  株式会社リクルートエージェント
                                  (現株式会社リクルートキャリア)
                             2012年4月
                                  中途事業本部領域企画統括部執行役
     取締役        雨宮 玲於奈       1975年4月3日                              (注)3        ―
                                  員
                                  株式会社リクルートホールディング
                                  ス国内事業統括室カンパニーパート
                                  ナー
                             2013年4月
                                  株式会社スタッフサービス・ホール
                                  ディングス取締役
                                  株式会社リクルートスタッフィング
                                  取締役
                                  株式会社アイアム&インターワーク
                             2014年4月
                                  ス(現株式会社インターワークス)
                                  代表取締役社長
                                  株式会社スマートエージェンシー設
                             2017年6月
                                  立 代表取締役(現任)
                                  財団法人日本健康スポーツ連盟
                             2017年7月
                                  理事
                             2018年3月
                                  当社監査役
                             2018年6月      MRT株式会社     取締役(現任)
                                  株式会社コンフィデンス
                             2018年6月
                                  取締役(現任)
                                  株式会社Grooves 
                             2019年5月
                                  取締役(現任)
                             2021年1月
                                  当社取締役(現任)
                                  株式会社春木家総本店 取締役
                             2006年10月
                                  (現任)
                                  有限責任監査法人トーマツ           入所
                             2010年1月
                             2017年11月      当社監査役(現任)
     常勤監査役        今村 元太       1988年1月4日                              (注)4      9,300
                                  今村元太公認会計士・税理士事務
                             2018年2月
                                  所開設 同所長(現任)
                                  株式会社情報戦略テクノロジー
                             2022年3月
                                  監査役(現任)
                             2008年9月      最高裁判所司法研修修了
                                  アンダーソン・毛利・友常法律事
                             2008年9月
                                  務所入所
                             2014年8月      プラム綜合法律事務所設立
     監査役        梅澤 康二       1983年9月3日                              (注)4     118,500
                                  弁護士法人プラム綜合法律事務所
                             2015年10月
                                  設立 同代表(現任)
                             2018年3月      当社監査役(現任)
                             2010年1月      有限責任監査法人トーマツ入所
                                  山岡佑公認会計士事務所開設
                             2014年3月
                                  同所長(現任)
                                  株式会社シクミヤ設立
                             2019年1月
     監査役         山岡 佑      1986年4月3日               代表取締役(現任)               (注)4      13,500
                                  いちから株式会社(現ANYCOLOR株
                             2019年7月      式会社)
                                  監査役(現任)
                             2021年1月      当社監査役(現任)
                            計                          1,492,300
                                 55/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (注)   1.取締役雨宮玲於奈は、社外取締役であります。
       2.監査役今村元太、梅澤康二は、社外監査役であります。
       3.2021年8月30日開催の臨時株主総会の終結の時から2022年12月期にかかる定時株主総会の終結の時までであ
         ります。
       4.2021年8月30日開催の臨時株主総会の終結の時から2024年12月期にかかる定時株主総会の終結の時までであ
         ります。
       5.当社では、執行役員制度を導入しております。執行役員は以下のとおりであります。
         職名              氏名
         財務経理部長              衣笠 槙吾
         DX事業部長              須合 聡
      ② 社外役員の状況

        当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。当社は、社外役員を選任するための独立性に関する
       基準又は方針は特に定めておりませんが、株式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を勘
       案したうえで選任することとしております。社外監査役の梅澤康二は当社株式118,500株、社外監査役の今村元太
       は当社株式9,300株をそれぞれ保有しておりますが、その他にいずれの社外役員も当社との間に人的関係、資本的
       関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
        社外取締役雨宮玲於奈は、長年にわたる会社経営の豊富な経験と高度で幅広い専門知識を有しており、社外取
       締役の職務を十分に果たすことができると判断しております。
        社外監査役の梅澤康二は、弁護士として企業法務やコンプライアンスの分野における高い知見と実務経験を有
       しており、客観的かつ公正な立場で取締役の職務の執行を監査できると期待し、選任しております。
        社外監査役の今村元太は、公認会計士として会計・監査等の実務経験及び財務についての専門的な知見を有し
       ており、幅広い見識をもとに客観的な立場で取締役の職務の執行を監査できると期待し、選任しております。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携ならびに内

      部統制部門との関係
        社外取締役は、取締役会において、内部監査、監査役監査及び会計監査並びにその他内部統制部門に関する重
       要な事項の報告を受けており、それに基づき、積極的な意見交換や助言を行っております。
        社外監査役は、監査役2名が社外監査役(常勤監査役1名、非常勤監査役1名)であり、定期的に監査役会に
       おいて内部監査室より報告を受けており、情報共有、協議等を行い連携を図っております。内部統制部門は適宜
       情報共有を行い、相互連携を図ることで、監査の効率性及び有効性の向上につながっております。会計監査人と
       は、四半期に1回会合を持ち、各部門の監査で判明した問題点について意見交換を行っております。
                                 56/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
        当社の監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名の合計3名で構成され、監査役相互で連携することで
       効果的な監査を実施しております。また、取締役会に出席して、意見を述べ、経営の適法性・妥当性について確
       認する他、年間の監査計画に基づいた監査を実施しております。
        常勤監査役の今村元太、非常勤監査役の山岡佑の両氏は、共に公認会計士の資格を有しており、財務及び会計
       に関しての豊富な専門的見識を有しております。
        2021年12月期において当社は監査役会を月1回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおり
       であります。
              氏名              開催回数               出席回数
            今村 元太                 15               15
            梅澤 康二                 15               15
             山岡 佑                15               15
        監査役会における主な検討事項としては、                    監査報告書の作成、監査計画の策定、監査方針の策定、会計監査人
       の選任及び解任、会計監査人の報酬、定時株主総会への付議議案の内容の監査、常勤監査役の選定及び解職等が
       あります。
        常勤の監査役の活動としては、               監査役会が定めた監査方針及び監査計画に基づき、取締役会への出席のほか、
       経営会議等の重要な会議や委員会への出席、取締役の職務執行・意思決定について厳正な監視を行っておりま
       す。また、重      要書類の閲覧や内部統制システムの構築・運用状況の日常的な監視等を通じて社内の情報収集及び
       検証に努め、知り得た情報を他の監査役と適宜共有することで監査役会としての監査機能の充実を図っておりま
       す。
      ② 内部監査の状況

        内部監査室を設置し、専任の担当者1名により内部監査を実施しております。年間の監査計画に従い、書類の
       閲覧やインタビュー等を通じて法令の遵守状況及び業務活動の効率性等について内部監査を実施しております。
       監査結果については代表取締役、監査役及び被監査部門に速やかに報告しております。また、内部監査担当者は
       監査役会及び監査法人と定期的に情報交換を実施しております。
      ③ 会計監査の状況

       a 監査法人の名称
         EY新日本有限責任監査法人
         同監査法人又は同監査法人の業務執行社員と当社の間に特別な利害関係はありません。
       b 継続監査期間

         3年間
       c 業務を執行した公認会計士

         業務執行社員 矢治博之
         業務執行社員 飯塚徹
       d 監査業務に係る補助者の構成

         公認会計士 13名
         その他   9名
                                 57/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
       e 責任限定契約の内容の概要
         当社とEY新日本有限責任監査法人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償
        責任について、善意かつ重大な過失がない場合には、法令の定める限度額までに限定する契約を締結しており
        ます。
       f 監査法人の選定方針と理由

         当社は、監査法人の選定及び評価に関して、監査法人の規模や実績、審査体制及び具体的な監査実施要領や
        費用について、総合的に判断して選定を行っております。
         監査役会は、会計監査人の職務執行に支障がある場合等、その他必要があると判断した場合には、株主総会
        に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
       g 監査役及び監査役会による監査法人の評価

         当社の監査役及び監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準に関する監査役
        等の実務指針」を踏まえ、会計監査人に対して、専門性及び独立性を有していること、監査品質管理が適切で
        あること、当社の業務内容に対して効率的な監査業務を実施できる体制が整備されていること、監査範囲及び
        監査スケジュール等、具体的な監査計画並びに監査費用が合理的かつ妥当であることを確認し、監査実績等を
        踏まえた上で、総合的に評価しております。
         会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人につきましては、これらの観点で評価し当社の会計監査人とし
        て適切であると評価しております。
       h 監査法人の異動

         当社は、2022年3月25日開催の第16回定時株主総会において、次のとおり会計監査人の選任を決議いたしま
        した。
         第16期(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)EY新日本有限責任監査法人
         第17期(自 2022年1月1日 至 2022年12月31日)監査法人FRIQ
         臨時報告書に記載した事項は、次のとおりです。
        (1)異動に係る監査公認会計士等の名称

         ① 選任する監査公認会計士等の名称
          監査法人FRIQ
         ② 退任する監査公認会計士等の名称
          EY新日本有限責任監査法人
        (2)当該異動の年月日

         2022年3月25日(第16回定時株主総会開催日)
        (3)退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

         2019年4月19日
        (4)退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

         該当事項はありません。
        (5)異動の決定又は異動に至った理由及び経緯

         当社の現在の会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人は、2022年3月25日開催の第16期定時株主総会の
        終結の時をもって任期満了となります。現在の会計監査人については、会計監査が適切かつ妥当に行われるこ
        とを確保する体制を十分に備えており、これまでも当社と会計監査人との間で協力的な関係を構築しながら会
        計監査を実施しておりますが、今後の当社の事業拡大を前提とすると監査報酬の負担が増加していくことが想
        定され、当社においては、前事業年度より現在の監査品質を維持しつつ、当社の事業形態及び事業規模に適し
        た効率的な監査対応と監査費用の相当性等について検討しておりました。このような状況の中、監査役会にお
        いては、当事業年度に当社の会計監査人評価・選定基準に従って、複数の監査法人を対象として比較検討して
        まいりました。
                                 58/101

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
         その結果、新たに監査法人FRIQを会計監査人として選任するものであります。
        (6)上記(5)の理由及び経緯に対する意見

         ① 退任する監査公認会計士等の意見
          特段の意見はない旨の回答を得ております。
         ② 監査役会の意見
          妥当であると判断しております。
                                 59/101


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
         ④ 監査報酬の内容等
       a 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前事業年度                      当事業年度
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
               基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
     提出会社                 15,500             ―         22,000            2,700
       当社における非監査業務の内容は、新規上場に係るコンフォートレター作成業務についての対価であります。
       なお、上記の他、当事業年度において、会計監査人交代に伴う引継ぎ業務についての報酬1,417千円があります。
       b 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

         該当事項はありません。
       c その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d 監査報酬の決定方針

         当社の事業規模や特性に照らして、監査計画、監査内容及び監査日数を勘案し、双方協議の上で監査報酬を
        決定しております。なお、監査報酬額は監査役会の同意を得ております。
       e 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、過年度の監査
        計画における監査項目別監査時間の実績及び報酬額の推移並びに会計監査人の職務遂行状況を確認し、当事業
        年度の監査計画及び報酬額の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等について会社法第399条第1項の同意
        を行っております。
     (4)  【役員の報酬等】

      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        取締役の報酬限度額は、2021年8月30日開催の臨時株主総会において年額100,000千円以内(同株主総会終結時
       の取締役の員数は5名。)、監査役の報酬限度額は、年額20,000千円以内(同株主総会終結時の監査役の員数は
       3名。)と決議しております。
        各取締役の報酬額は、独立社外取締役が出席する取締役会から授権された代表取締役                                        工藤勉が、会社の業績及
       び経済情勢、各人の地位、経歴、実績などを総合的に勘案して決定しております。代表取締役である工藤勉は、
       当社全体の業績及び各取締役の業務遂行状況を詳細に把握しており、各取締役の担当事業の評価を行い報酬を決
       定するに相応しいと考えております。なお、決定にあたっては、代表取締役                                   工藤勉が策定した報酬案を社外取締
       役及び社外監査役に提示し、社外取締役において会社の業績及び経済情勢等を勘案して妥当性を検証しており、
       監査役会は決定プロセスを確認しております。
        各監査役の報酬額は、株主総会で決議された総報酬額の範囲内において、常勤、非常勤、業務分担の状況を考
       慮して、監査役会にて協議して決定しております。
                                 60/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                   報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                    (千円)
                                                      (名)
                            固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
    取締役
                      39,801         39,801           ―         ―        5
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                       1,800         1,800          ―         ―        1
    (社外監査役を除く。)
    社外役員                  7,440         7,440          ―         ―        3
      ③ 役員ごとの報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④   使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

        該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は保有株式が存在しないため、記載すべき事項はありません。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        当社は、保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式を保有していないため、該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式を保有していないため、該当事項はありません。
      ④   当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤   当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 61/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1   財務諸表の作成方法について

      当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作
     成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の
     財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
    3   連結財務諸表について

      当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
    4   財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容や
     変更等を適時適切に把握し、的確に対応出来るようにするため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、情報の収
     集に努めております。
                                 62/101














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    1  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               325,207              601,577
        受取手形                                2,640                ―
        売掛金                               124,523              137,076
        前払費用                                5,592              5,666
        未収入金                                1,562                ―
        その他                                6,383              8,633
                                        △ 336             △ 320
        貸倒引当金
        流動資産合計                               465,571              752,633
      固定資産
        有形固定資産
                                      ※  5,367            ※  4,666
         建物(純額)
                                      ※  3,622            ※  4,126
         工具、器具及び備品(純額)
         有形固定資産合計                               8,989              8,792
        無形固定資産
                                          ―            26,503
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                                 ―            26,503
        投資その他の資産
         関係会社株式                               7,038                ―
         破産更生債権等                               2,718              2,757
         繰延税金資産                               14,418              33,999
         敷金及び保証金                               22,125              21,368
         その他                                 10              10
                                       △ 2,718             △ 2,757
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               43,591              55,377
        固定資産合計                                52,581              90,673
      資産合計                                 518,153              843,306
                                 63/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               108,286               65,376
        短期借入金                                26,500                ―
        1年内返済予定の長期借入金                                39,714              32,184
        未払金                                28,412              40,344
        未払費用                                39,614              23,927
        未払法人税等                                  290             23,687
        預り金                                2,553              2,437
        前受収益                                1,358              1,331
                                        13,120              16,319
        その他
        流動負債合計                               259,849              205,609
      固定負債
                                       201,530              145,846
        長期借入金
        固定負債合計                               201,530              145,846
      負債合計                                 461,379              351,455
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               100,000              241,384
        資本剰余金
         資本準備金                              141,461              282,846
                                       102,683              102,683
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              244,145              385,530
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                      △ 287,371             △ 135,063
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             △ 287,371             △ 135,063
        株主資本合計                                56,774              491,851
      純資産合計                                 56,774              491,851
     負債純資産合計                                  518,153              843,306
                                 64/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     売上高                                  531,528              660,569
                                       221,587              254,789
     売上原価
     売上総利益                                  309,940              405,780
                                  ※1 , ※2   278,339          ※1 , ※2   245,380
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   31,601              160,400
     営業外収益
      受取利息                                    6              3
      為替差益                                    ―              695
      アフィリエイト収入                                   186               2
      受取保険金                                  1,052                ―
      ポイント収入額                                    78              569
                                         287               0
      その他
      営業外収益合計                                  1,611              1,271
     営業外費用
      支払利息                                  1,233              3,399
      為替差損                                  1,037                ―
      株式交付費                                    ―              409
      上場関連費用                                    ―             8,352
                                          ―              44
      その他
      営業外費用合計                                  2,271              12,205
     経常利益                                   30,940              149,466
     特別利益
                                          ―              312
      子会社清算益
      特別利益合計                                    ―              312
     特別損失
                                     ※3   4,483
                                                        ―
      固定資産除却損
      特別損失合計                                  4,483                ―
     税引前当期純利益                                   26,457              149,778
     法人税、住民税及び事業税
                                         290             17,051
                                      △ 14,418             △ 19,581
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  △ 14,128              △ 2,529
     当期純利益                                   40,585              152,307
                                 65/101








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    【売上原価明細書】
                             前事業年度                 当事業年度
                           (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                           至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
                    注記                構成比                 構成比
          区分                金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ   労務費
                               97,116       44.5           78,736       30.9
    Ⅱ   経費                        121,337                 176,052

                    ※1                  55.5                 69.1
        当期総製造費用                                 100.0                 100.0

                               218,454                 254,789
                                3,133                   -

        仕掛品期首たな卸高
          合計

                               221,587                 254,789
                                 -                 -

        仕掛品期末たな卸高
      当期売上原価

                               221,587                 254,789
      (注) ※1        主な内訳は、次のとおりであります。

                             前事業年度                 当事業年度
                           (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
               項目
                           至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
         外注費(千円)                           50,528                119,732

         システム利用料(千円)                           50,743                 40,573

         地代家賃(千円)                           15,590                 8,720

       (原価計算の方法)

       当社の原価計算は、実際原価による個別原価計算であります。
                                 66/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                  (単位:千円)
                               株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                                                     純資産
                                    その他利益
                                               株主資本
                                                     合計
               資本金
                                     剰余金
                         その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                                                合計
                    資本準備金
                          剰余金      合計           合計
                                    繰越利益
                                     剰余金
    当期首残高           100,000     141,461     102,683     244,145     △ 327,956     △ 327,956      16,189     16,189
    当期変動額
     新株の発行
     当期純利益                                 40,585     40,585     40,585     40,585
    当期変動額合計              ―     ―     ―     ―    40,585     40,585     40,585     40,585
    当期末残高           100,000     141,461     102,683     244,145     △ 287,371     △ 287,371      56,774     56,774
       当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

                                                  (単位:千円)
                               株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                                                     純資産
                                    その他利益
                                               株主資本
                                                     合計
               資本金
                                     剰余金
                         その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                                                合計
                    資本準備金
                          剰余金      合計           合計
                                    繰越利益
                                     剰余金
    当期首残高           100,000     141,461     102,683     244,145     △ 287,371     △ 287,371      56,774     56,774
    当期変動額
     新株の発行           141,384     141,384           141,384                282,769     282,769
     当期純利益                                152,307     152,307     152,307     152,307
    当期変動額合計           141,384     141,384       ―   141,384     152,307     152,307     435,077     435,077
    当期末残高           241,384     282,846     102,683     385,530     △ 135,063     △ 135,063     491,851     491,851
                                 67/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                 26,457              149,778
      減価償却費                                  4,222              3,289
      子会社清算益(△は益)                                    ―             △ 312
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  2,418                23
      受取利息                                   △ 6             △ 3
      支払利息                                  1,233              3,399
      株式交付費                                    ―              409
      上場関連費用                                    ―             8,352
      為替差損益(△は益)                                   268             △ 739
      固定資産除却損                                  4,483                ―
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 9,869             △ 9,953
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  3,133                ―
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 2,553             △ 42,909
                                        19,727              △ 4,719
      その他
      小計                                 49,515              106,615
      利息の受取額
                                          6              3
      利息の支払額                                 △ 1,237             △ 3,404
                                        5,053              △ 290
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 53,338              102,924
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 1,163             △ 3,091
      無形固定資産の取得による支出                                    ―           △ 20,585
      有形固定資産の除却による支出                                 △ 4,900                ―
      関係会社の清算による収入                                    ―             7,350
      敷金及び保証金の差入による支出                                    ―             △ 141
                                        8,956                ―
      敷金及び保証金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  2,893             △ 16,467
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 26,500             △ 26,500
      長期借入れによる収入                                 100,000               24,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 39,594             △ 87,214
      株式の発行による収入                                    ―            282,360
                                          ―            △ 3,472
      上場関連費用の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 86,906              189,174
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 268              739
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  142,869              276,369
     現金及び現金同等物の期首残高                                  182,338              325,207
                                     ※  325,207            ※  601,577
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 68/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
     (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式
        移動平均法による原価法を採用しております。
     2.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産
        定率法を採用しております。
        ただし、建物附属設備については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物                        10~18年
         工具、器具及び備品 3~15年
     (2)無形固定資産
        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年以内)に基づいております。
     3.繰延資産の処理方法

       株式交付費
        支出時に全額費用処理しております。
     4.引当金の計上基準

       貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
     6.その他財務諸表作成のための重要な                  事項

     (1)外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
     (2)消費税等の会計処理

        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 69/101








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (重要な会計上の見積り)
      繰延税金資産の回収可能性
     (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額  繰延税金資産                             33,999千円
     (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
       ①算出方法  
       繰延税金資産は、将来減算一時差異及び税務上の繰越欠損金に対して、将来の収益力に基づく課税所得の見積り
      に基づき、回収可能性があると判断された範囲内で計上しております。
       ②主要な仮定
       将来の収益力に基づく課税所得の見積りは、翌事業年度の事業計画を基礎としており、当該事業計画における主
      要な仮定は、主要な事業ごとの売上高及び全社の売上総利益であります。
       ③翌事業年度の財務諸表           に与える影響
       当該見積りは、将来の不確実な経済状況によって影響を受ける可能性があり、実際に発生した課税所得の金額が
      見積りと異なった場合、翌事業年度の財務諸表                      において、繰延税金資産の金額に重要な影響を与える可能性があり
      ます。
     (未適用の会計基準等)

     収益認識に関する会計基準等
     ・「収益認識に関する会計基準」
      (企業会計基準第29号             2020年3月31日        企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
      (企業会計基準適用指針第30号                 2021年3月26日        企業会計基準委員会)
     1.概要

      国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基
     準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
     Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日よ
     り後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会
     計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
                                 70/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性を
     図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発点と
     し、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合には、
     比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     2.適用予定日

      2022年12月期の期首から適用予定です。
     3.当該会計基準等の適用による影響

      「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中です。
     時価の算定に関する会計基準等

     ・「時価の算定に関する会計基準」
      (企業会計基準第30号             2019年7月4日        企業会計基準委員会)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」
      (企業会計基準適用指針第31号                 2019年7月4日        企業会計基準委員会)
     ・ 「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号                            2019年7月4日        企業会計基準委員会)
     ・「金融商品に関する会計基準」
      (企業会計基準第10号             2019年7月4日        企業会計基準委員会)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」
      (企業会計基準適用指針第19号                 2020年3月31日        企業会計基準委員会)
     1.概要

      国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内容の詳細
     なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準においては
     Accounting      Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏まえ、企業会計基準委員
     会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を
     図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたものです。企業会計基準委員会の時価の算定
     に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方法を用いることにより、国内外の企業間
     における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、
     また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別
     項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
     2.適用予定日

      2022年12月期の期首から適用予定です。
     3.当該会計基準等の適用による影響

      「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中です。
     (表示方法の変更)

     (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
      「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                               2020年3月31日)を当事業年度の年度末に係る
     財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
      ただし、当該注記については、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係
     る内容については記載しておりません。
     (損益計算書関係)
      前事業年度において「営業外収益」の「その他」に含めていた「ポイント収入額」(前事業年度78千円)は、金額
     的重要性が増したため、当事業年度より独立掲記することとしております。
                                 71/101


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (追加情報)
     (新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う会計上の見積りについて)
      新型コロナウイルス感染症の拡大状況について、今後の収束時期を明確に予測することは困難な状況であります。
     当事業年度の財務諸表作成日現在においては、当社の財政状態、経営成績に重要な影響を及ぼす可能性は少ないもの
     と想定しております。このような状況のもと、現時点において入手可能な情報に基づき、繰延税金資産の回収可能性
     等の会計上の見積りを行っております。
      当社では、今後の動向による影響について引き続き注視してまいります。
                                 72/101


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (貸借対照表関係)
    ※   有形固定資産の減価償却累計額
                               前事業年度                 当事業年度

                              ( 2020年12月31日       )         ( 2021年12月31日       )
        建物                          1,753   千円              2,454   千円
        工具、器具及び備品                         10,612   千円              13,200   千円
        計                          12,366   千円              15,655   千円
     (損益計算書関係)

    ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日       )       至   2021年12月31日       )
        役員報酬                         37,531   千円              49,041   千円
        給料及び手当                         46,343   千円              40,494   千円
        業務委託費                         62,842   千円              57,338   千円
        販売手数料                         28,329   千円              24,096   千円
        減価償却費                          2,779   千円              2,945   千円
        研究開発費                         25,581   千円              1,071   千円
        貸倒引当金繰入額                          2,418   千円                27 千円
       販売費に属する費用と一般管理費に属する費用の割合は概ね次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日       )       至   2021年12月31日       )
        販売費に属する費用                           36.4%                 26.8%
        一般管理費に属する費用                           63.6%                 73.2%
    ※2    一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日       )       至   2021年12月31日       )
                                 25,581   千円              1,071   千円
    ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2020年1月1日              (自    2021年1月1日
                             至   2020年12月31日       )       至   2021年12月31日       )
        工具、器具及び備品                          1,360千円                  -千円
        撤去費用等                          3,123千円                  -千円
        計                          4,483千円                  -千円
                                 73/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自        2020年1月1日        至  2020年12月31日       )
     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
      普通株式(株)                6,294             ―           ―         6,294
     2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
     3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
     4.配当に関する事項

      該当事項はありません。
     当事業年度(自        2021年1月1日        至  2021年12月31日       )

     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
      普通株式(株)                6,294         2,042,806               ―       2,049,100
     (注)1.2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割を行っております。
        2.普通株式の発行済株式数の増加2,042,806株は、株式分割による増加1,942,603株及び新株式の発行による増
         加100,203株(第三者割当による新株式の発行203株、公募による新株式の発行100,000株)によるものであ
         ります。
     2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
     3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
     4.配当に関する事項

      該当事項はありません。
     (キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
      す。
                                 前事業年度               当事業年度
                              (自    2020年1月1日             (自    2021年1月1日
                               至   2020年12月31日       )      至   2021年12月31日       )
        現金及び預金                          325,207千円               601,577千円
        現金及び現金同等物                          325,207千円               601,577千円
                                 74/101





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
       当社は、資金計画に基づき、必要な資金を銀行借入等により調達しております。資金運用については短期的な預
      金等に限定しております。デリバティブ取引については、行っておりません。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である受取手形及び売掛金に係る顧客の信用リスクは、新規取引時の与信検討及びその後のモニタリン
      グによりリスク低減を図っています。また、外貨建営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。
       敷金及び保証金は、建物賃貸借契約に係るもの及び営業保証金であり、差入先の信用リスクに晒されておりま
      す。
       営業債務である買掛金及び未払金は、そのほとんどが1年以内の支払期日です。借入金については、一部が変動金
      利であるため金利の変動リスクに晒されております。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行に係るリスク)の管理
        当社は、営業債権について、経理規程及び販売管理・債権管理規程に従い、財務経理部が取引相手ごとに期日
       及び残高を管理するとともに、入金状況を営業部門に随時連絡しております。これにより財務状況の悪化による
       回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

        当社は、外貨建ての債権債務について、通貨別に把握された為替の変動リスクに対して、定期的に把握し、管
       理しております。また、変動金利による借入金については、定期的に金利の動向を把握し、管理しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理

        当社は、利益計画に基づき財務経理部が適時に資金繰表を作成・更新するとともに、手許流動性の維持等によ
       り流動性リスクを管理しております。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には、合理的に算定された価額が含ま
      れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することがあります。
                                 75/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
     とが極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)をご参照ください。)。
      前事業年度(      2020年12月31日       )
                        貸借対照表計上額               時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                              325,207            325,207               ―
    (2)  受取手形
                               2,640            2,640              ―
    (3)  売掛金
                              124,523            124,523               ―
           資産計                   452,370            452,370               ―
    (1)  買掛金
                              108,286            108,286               ―
    (2)  短期借入金
                              26,500            26,500              ―
    (3)  未払金
                              28,412            28,412              ―
    (4)  長期借入金(※)
                              241,244            246,756             5,512
           負債計                   404,443            409,955             5,512
    (※)1年内返済予定の長期借入金については、長期借入金に含めております。
      当事業年度(      2021年12月31日       )

                        貸借対照表計上額               時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                              601,577            601,577               ―
    (3)  売掛金
                              137,076            137,076               ―
           資産計                   738,654            738,654               ―
    (1)  買掛金
                              65,376            65,376              ―
    (3)  未払金
                              40,344            40,344              ―
    (4)  長期借入金(※)
                              178,030            184,096             6,066
           負債計                   283,751            289,818             6,066
    (※)1年内返済予定の長期借入金については、長期借入金に含めております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法

      資   産
       (1)   現金及び預金、(2)         受取手形、(3)       売掛金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      負   債

       (1)   買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
       (4)   長期借入金

        長期借入金の時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引
       いた現在価値により算定しております。
     (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる                           金融商品の貸借対照表計上額

                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度               当事業年度
                区分
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
    敷金及び保証金                                    22,125              21,368
     (注)敷金及び保証金については、市場価格が無く、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表
        には含めておりません。
                                 76/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (注)3.金銭債権の決算日後の償還予定額
      前事業年度(      2020年12月31日       )
                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                            325,086          ―       ―       ―
    受取手形                             2,640         ―       ―       ―
    売掛金                            124,523          ―       ―       ―
                合計                 452,249          ―       ―       ―
      当事業年度(      2021年12月31日       )

                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                            601,483          ―       ―       ―
    売掛金                            137,076          ―       ―       ―
                合計                 738,560          ―       ―       ―
                                 77/101















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (注)4.短期借入金、長期借入金の決算日後の償還予定額
      前事業年度(      2020年12月31日       )
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                         1年以内
                                                      5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                                                      (千円)
                         (千円)
                               (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
    短期借入金                      26,500        ―      ―      ―      ―      ―
    長期借入金                      39,714      38,184     121,196      18,120      14,120      9,910
             合計             66,214      38,184     121,196      18,120      14,120      9,910
      当事業年度(      2021年12月31日       )

                               1年超      2年超      3年超      4年超
                         1年以内
                                                      5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                                                      (千円)
                         (千円)
                               (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
    長期借入金                      32,184     115,196      12,120      8,620      6,120      3,790
     (有価証券関係)

     前事業年度(自        2020年1月1日 至         2020年12月31日)
     1.子会社株式
      子会社株式(貸借対照表価額7,038千円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、
     子会社株式の時価を記載しておりません。
     当事業年度(自         2021年1月1日        至  2021年12月31日)

     1.子会社株式
      該当事項はありません。
     (ストック・オプション等関係)

     1.ストック・オプション等にかかる費用計上額および科目名
      該当事項はありません。
     2.ストックオプション等の内容、規模及びその変動状況

      2021年9月14日に1株を300株とする株式分割を行っておりますが、以下は、当該株式分割を反映した数値を記載し
     ております。
     (1)ストック・オプションの内容
       当事業年度(2021年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数につ
      いては、株式数に換算しております。
                          第2回新株予約権              第3回新株予約権
     決議年月日                    2018年5月21日              2018年11月22日
    付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 3名              当社従業員 5名
    株式の種類別のストック・オプションの
                        普通株式 30,300株              普通株式 14,100株
    数
    付与日                    2018年5月21日              2018年11月22日
                        「第4 提出会社の状況              「第4 提出会社の状況

                        1.株式等の状況 (2)              1.株式等の状況 (2)
    権利確定条件
                        新株予約権等の状況」に記              新株予約権等の状況」に記
                        載してあります。              載してあります。
                        対象期間の定めはありませ              対象期間の定めはありませ
    対象勤務期間
                        ん。              ん。
                        自 2020年5月22日              自 2020年11月23日
    権利行使期間
                        至 2028年5月21日              至 2028年11月22日
                                 78/101



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
                          第4回新株予約権              第6回新株予約権
     決議年月日                    2021年1月25日              2021年3月30日
                        当社取締役 2名
    付与対象者の区分及び人数                                 当社従業員 1名
                        当社従業員 1名
    株式の種類別のストック・オプションの
                        普通株式 126,000株              普通株式 9,600株
    数
    付与日                    2021年1月25日              2021年3月31日
                        「第4 提出会社の状況              「第4 提出会社の状況

                        1.株式等の状況 (2)              1.株式等の状況 (2)
    権利確定条件
                        新株予約権等の状況」に記              新株予約権等の状況」に記
                        載してあります。              載してあります。
                        対象期間の定めはありませ              対象期間の定めはありませ
    対象勤務期間
                        ん。              ん。
                        自 2023年1月26日              自 2023年3月31日
    権利行使期間
                        至 2031年1月25日              至 2031年3月30日
                          第7回新株予約権

     決議年月日                    2021年8月30日
    付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 3名
    株式の種類別のストック・オプションの
                        普通株式 26,400株
    数
    付与日                    2021年8月31日
                        「第4 提出会社の状況

                        1.株式等の状況 (2)
    権利確定条件
                        新株予約権等の状況」に記
                        載してあります。
                        対象期間の定めはありませ
    対象勤務期間
                        ん。
                        自 2023年8月31日
    権利行使期間
                        至 2031年8月30日
                                 79/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
       当事業年度(2021年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数につ
      いては、株式数に換算しております。
      ①  ストック・オプションの数
                          第2回新株予約権              第3回新株予約権
    決議年月日                      2018年5月21日              2018年11月22日
    権利確定前(株)
     前事業年度末                             19,800              8,100
     付与                               ―              ―
     失効                               ―            2,100
     権利確定                               ―              ―
     未確定残                             19,800              6,000
    権利確定後(株)
     前事業年度末                               ―              ―
     権利確定                               ―              ―
     権利行使                               ―              ―
     失効                               ―              ―
     未行使残                               ―              ―
                          第4回新株予約権              第6回新株予約権

    決議年月日                      2021年1月25日              2021年3月30日
    権利確定前(株)
     前事業年度末                               ―              ―
     付与                            126,000               9,600
     失効                               ―              ―
     権利確定                               ―              ―
     未確定残                            126,000               9,600
    権利確定後(株)
     前事業年度末                               ―              ―
     権利確定                               ―              ―
     権利行使                               ―              ―
     失効                               ―              ―
     未行使残                               ―              ―
                                 80/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
                          第7回新株予約権
    決議年月日                      2021年8月30日
    権利確定前(株)
     前事業年度末                               ―
     付与                             26,400
     失効                               ―
     権利確定                               ―
     未確定残                             26,400
    権利確定後(株)
     前事業年度末                               ―
     権利確定                               ―
     権利行使                               ―
     失効                               ―
     未行使残                               ―
      ②  単価情報

                          第2回新株予約権              第3回新株予約権
    決議年月日                      2018年5月21日              2018年11月22日
                                 1,034  
    権利行使価格(円)                                           1,320 
    行使時平均株価(円)                    ―              ―
    付与日における公正な評価単価(円)                    ―              ―

                          第4回新株予約権              第6回新株予約権

    決議年月日                      2021年1月25日              2021年3月30日
                                  1,592 
    権利行使価格(円)                                           1,592 
    行使時平均株価(円)                    ―              ―
    付与日における公正な評価単価(円)                    ―              ―

                          第7回新株予約権

    決議年月日                      2021年8月30日
                                 1,592  
    権利行使価格(円)
    行使時平均株価(円)                    ―
    付与日における公正な評価単価(円)                    ―

                                 81/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
      ストック・オプションの付与時点においては、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評価
     単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
      また単位当たりの本源的価値の見積方法は、当社株式の評価額から権利行使価格を控除する方法で算定しており、
     当社株式の評価方法は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)を基礎とした方法によっております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合計

      額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
     ①  当事業年度末における本源的価値の合計額
       1,310,002千円
     ②   当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
           -千円
                                 82/101















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                       前事業年度            当事業年度

                                     ( 2020年12月31日       )    ( 2021年12月31日       )
       繰延税金資産
        貸倒引当金                                   100千円           1,089千円
        未払賞与                                  2,414千円            1,880千円
        未払事業税                                     ―
                                                     2,606千円
        減価償却費                                  49,292千円            30,938千円
        繰越欠損金(注)2                                  74,096千円            49,192千円
                                         5,670千円            1,148千円
        その他
        繰延税金資産小計
                                        131,574千円            86,856千円
         税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                                 △74,096千円            △33,043千円
         将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                        △43,060千円            △19,813千円
       評価性引当額小計(注)1                                △117,156千円            △52,857千円
       繰延税金資産合計                                  14,418千円            33,999千円
       繰延税金資産の純額                                  14,418千円            33,999千円
                                 83/101














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (注)1.前事業年度末と比較して評価性引当額が64,299千円減少しております。この減少の主な内容は、減価償却
         費に対する評価性引当額16,636千円、税務上の繰越欠損金の評価性引当額41,053千円が減少したことなどに
         よるものです。
     (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
      前事業年度(      2020年12月31日       )
                    1年超       2年超       3年超       4年超
             1年以内                                   5年超       合計
                    2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
             (千円)                                  (千円)       (千円)
                    (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    税務上の繰越
                 -       -       -       -       -     74,096      74,096
    欠損金(a)
    評価性引当額            -       -       -       -       -    △74,096      △74,096
    繰延税金資産            -       -       -       -       -       -      -
      (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
      当事業年度(      2021年12月31日       )

                    1年超       2年超       3年超       4年超
             1年以内                                   5年超       合計
                    2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
             (千円)                                  (千円)       (千円)
                    (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    税務上の繰越
                 -       -       -       -       -     49,192      49,192
    欠損金(a)
    評価性引当額            -       -       -       -       -    △33,043      △33,043
    繰延税金資産            -       -       -       -       -     16,149      16,149
      (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
      (b)  翌事業年度において課税所得が見込まれることにより、税務上の繰越欠損金の一部を回収可能と判断しており
        ます。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
                                       前事業年度            当事業年度

                                     ( 2020年12月31日       )    ( 2021年12月31日       )
        法定実効税率
                                           34.59%            30.62%
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                    0.17%            0.42%
        住民税均等割等                                    1.10%            0.25%
        評価性引当額の増減                                  △88.63%            △33.96%
        税率変更による影響                                     ―%           1.10%
                                          △0.63%            △0.12%
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  △53.40%            △1.69%
     (資産除去債務関係)

      当社は、本社事務所の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識しており
     ます。
      なお、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の回収が最終的に見込めないと認めら
     れる金額を合理的に見積り、当事業年度の負担に属する金額を費用計上する方法によっております。
                                 84/101





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
        当社は、DX事業の単一セグメントのため、記載を省略しております。
      【関連情報】

       前事業年度(自           2020年1月1日        至   2020年12月31日       )
        1.製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略
        しております。
        2.地域ごとの情報

         (1)  売上高
         本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
         (2)     有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手がいないため、記載を省略してお
        ります。
                                 85/101













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
       当事業年度(自         2021年1月1日        至   2021年12月31日       )
        1.製品及びサービスごとの情報
         当第3四半期累計期間までデジタル顧客獲得支援サービスとデジタル顧客育成支援サービスを独立サービス
        として表記しておりましたが、サービス間の関連性や一体としてサービス提供する方針の強化から、共に成長
        を期すべくものとして、サービス区分を統合することといたしました。
         この結果、単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えることと
        なったため、記載を省略しております。
         なお、前事業年度に係る製品及びサービスごとの情報は、変更後の区分に基づき記載しております。
        2.地域ごとの情報

         (1)  売上高
         本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
         (2)     有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                  (単位:千円)
            顧客の名称又は氏名                    売上高
                                      96,528
            株式会社リヴァンプ
        (注)当社は、単一セグメントであるため、関連するセグメント名の記載を省略しております。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項はありません。
     (持分法損益等)

     当社は関連会社を有していないため、該当事項はありません。
                                 86/101








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     【関連当事者情報】
     1    関連当事者との取引
       財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
       前事業年度(自        2020年1月1日        至  2020年12月31日       )
                             議決権等

                  資本金又
        会社等の名称              事業の内容       の所有     関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                     取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業      (被所有)      との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                                       当社銀行借
                           (被所有)
    役員及び                  当社
         工藤 勉       ―    ―              債務被保証     入に対する       82,500     ―     ―
                            直接   68.2
    主要株主                  代表取締役
                                       連帯保証
     (注)    取引条件及び取引条件の決定方針等
        当社は銀行借入に関して、代表取締役工藤勉から                       債務保証    を受けております。
        また、上記取引金額には当該債務保証を受けている銀行借入の期末残高を記載しております。                                           なお、保証料の
        支払い及び担保の提供は行っておりません。
       当事業年度(自        2021年1月1日        至  2021年12月31日       )

        該当事項はありません。
     2    親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
                                 87/101













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (1株当たり情報)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                                 至   2020年12月31日       )     至   2021年12月31日       )
    1株当たり純資産額                                    30.07円             240.03円
    1株当たり当期純利益                                    21.49円              78.56円
    潜在株式調整後
                                           -           71.95円
    1株当たり当期純利益金額
     (注)   1.前事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、前事業年度に
         おいて当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       2.当社株式は、2021年12月24日に東京証券取引所マザーズに上場したため、当事業年度の潜在株式調整後1株
         当たり当期純利益については、新規上場日から当事業年度末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定
         しております。
       3.当社は、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割を行っておりますが、前事業年度
         の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益を算定しております。
       4.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
         す。
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                                 至   2020年12月31日       )     至   2021年12月31日       )
    1株当たり当期純利益
     当期純利益(千円)
                                         40,585             152,307
     普通株主に帰属しない金額(千円)
                                           ―              ―
     普通株式に係る当期純利益(千円)
                                         40,585             152,307
      普通株式の期中平均株式数(株)                                   1,888,200              1,938,868
    潜在株式調整後1株当たり当期純利益

     当期純利益調整額(千円)                                       ―              ―
     普通株式増加額(株)                                       ―           177,846
     (うち新株予約権(株))                                                 (177,846)
                               2018年5月21日開催の取締
                               役会決議による第2回新株
                               予約権
                               新株予約権の数 66個
                                (普通株式 19,800株)
                               2018年11月22日開催の取締

                               役会決議による第3回新株
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                               予約権
                                                         ―
    当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
                               新株予約権の数 27個
                                (普通株式 8,100株)
                               なお、新株予約権の概要は

                               「第4提出会社の状況            1
                               株式等の状況 (2)新株予約
                               権等の状況」に記載のとお
                               りであります。
                                 88/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (重要な後発事象)
      (第三者割当による新株式の発行)
      当社は2021年11月19日及び2021年12月7日開催の取締役会において、株式会社SBI証券が行うオーバーアロットメン
     トによる当社株式の売出しに関連して、同社を割当先とする第三者割当による新株式の発行を決議し、2022年1月19
     日に払込が完了いたしました。この結果、資本金は263,592千円、発行済株式総数は2,073,000株となっております。
     (1)発行する株式の種類及び数

       普通株式23,900株
     (2)払込金額
       1株につき      1,581円
     (3)割当価格
       1株につき      1,858.40円
     (4)資本組入額
       1株につき      929.20円
     (5)割当価格の総額
       44,415千円
     (6)資本組入額の総額
       22,207千円
     (7)払込期日
       2022年1月19日
     (8)割当先
       株式会社SBI証券
     (9)資金の使途
       ①事業の拡大に伴う人材基盤の拡充のための採用費及び人件費、②サービス認知度の向上及び顧客基盤拡大のた
      めの広告宣伝費及び代理店等への販売手数料、③サービスの追加機能開発などのソフトウェア開発費用に充当する
      予定であります。
      (事業の譲受)

      当社は、2022年2月1日開催の取締役会において、株式会社コミクスが行うSaaS事業(EFO                                            CUBE事業、chroko事
     業、Butterfly事業、Growth              Hack   LTV事業)を当社が譲受けることを決議し、同日付で事業譲渡契約を締結して、
     2022年2月28日付で事業の譲受をいたしました。
     1.企業結合の概要

     (1)相手企業の名称及び取得した事業の内容
       ① 相手企業の名称  株式会社コミクス
       ② 取得した事業の内容 SaaS事業
     (2)企業結合を行った主な理由
       当社は急速な成長を続けるDX・デジタルマーケティング領域において、CX                                  SaaS「CODE      Marketing     Cloud」及びそ
      の蓄積データをコアとしたプロフェッショナルサービスの提供を行っております。
       今回、株式会社コミクスよりSaaS事業を譲り受けることにより、顧客企業への提供プロダクト及びサービスの拡
      大とCXデータの質及び量の増強が可能となり、更なる顧客満足度の向上と取引の拡大が実現するものと見込んでお
      ります。また、当社が有するSaaS事業・デジタルマーケティング事業における知見を活用し、サービス間の相互補
      完や当社既存顧客への獲得サービスの提供・譲受事業の顧客への当社既存サービスの提供等を行うことによるシナ
      ジー効果も期待されます。
       これらを総合的に勘案した結果、当社のより一層の収益性の向上や競争力の強化に資するものと判断したため、
      事業の譲受を行うことといたしました。
                                 89/101




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (3)企業結合日
      2022年2月28日
    (4)企業結合の法的形式
       現金を対価とする事業譲受
    (5)結合後企業の名称
       変更はありません。
    (6)取得企業を決定するに至った主な根拠
       当社が現金を対価としてSaaS事業を譲受けたためであります。
     2.取得した事業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

        取得の対価          現金  300,000千円
        取得原価              300,000千円
       なお、取得の対価については、相手先との間で事業譲渡前及び事業譲渡後の誓約事項と譲渡対価の調整に関する
      合意がなされており、当該事業の契約上の地位及び権利義務の承継や売上高の状況等に応じて減額調整される可能
      性があります。
       また、取得の対価のうち、164,064千円は企業結合日に支払っており、75,935千円は2022年6月末日まで、60,000
      千円は2023年3月末日までの支払いをそれぞれ予定しております。
     3.主要な取得関連費用の内容及び金額

       アドバイザリー費用等(概算額) 2,700千円
     4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       現時点では確定しておりません。
     5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

       現時点では確定しておりません。
                                 90/101











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価

                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
      区分     資産の種類
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                          計額(千円)
           建物
                    7,121        -      -    7,121      2,454       701     4,666
           工具、器具及
    有形
                   14,234      3,091        -    17,326      13,200      2,587      4,126
           び備品
    固定資産
             計      21,355      3,091        -    24,447      15,655      3,289      8,792
           ソフトウエア

                     -    26,503        -    26,503        -      -    26,503
    無形
    固定資産
             計        -    26,503        -    26,503        -      -    26,503
     (注)   当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。

        工具、器具及び備品                パーソナルコンピューター                      2,968千円
         ソフトウエア                 自社利用のソフトウエア開発に伴う取得                      26,503千円
       【社債明細表】

     該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                      26,500           ―         ―       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                      39,714         32,184          0.84        ―

    長期借入金(1年以内に返済予定の                                            2023年1月10日~2027
                          201,530         145,846          4.08
    ものを除く)                                            年7月10日
            合計               267,744         178,030           ―       ―
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)の貸借対照表日後5年内における1年ごとの返済予定額の総
         額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金               115,196          12,120          8,620          6,120
                                 91/101







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
       【引当金明細表】
                               当期減少額        当期減少額

               当期首残高        当期増加額                         当期末残高
       科目                        (目的使用)         (その他)
                (千円)        (千円)                         (千円)
                                (千円)        (千円)
    貸倒引当金              3,055         209         47        138       3,078
     (注)   貸倒引当金の当期減少額(            その他   )の金額は、戻入処理及び債権回収による取崩額であります。
       【資産除去債務明細表】
       該当事項はありません。
                                 92/101


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【主な資産及び負債の内容】
      ①   現金及び預金
                区分                          金額(千円)

    現金                                                     94

    預金

      普通預金                                                  601,483

                 計                                      601,483

                合計                                      601,577

      ②   売掛金

        相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)

    株式会社リヴァンプ                                                   36,678

    株式会社博報堂DYメディアパートナーズ                                                   27,555

    株式会社AOKI                                                   7,149

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社                                                   5,845

    株式会社マイナビ                                                   3,942

    その他                                                   55,904

                合計                                      137,076

                                 93/101










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
        売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
                                                   滞留期間(日)

                                          回収率(%)
                                                   (A)+(D)
    当期首残高(千円)         当期発生高(千円)         当期回収高(千円)         当期末残高(千円)
                                                     2
                                          (C)
                                              ×100
                                                     (B)
       (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)+(B)
                                                     365
         124,523        2,034,089         2,021,535          137,076           93.7         23.5

     (注)  消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
      ③   買掛金

                相手先                          金額(千円)

    グーグル合同会社                                                   18,161

    株式会社FLINTERS                                                   4,950

    株式会社日経BP                                                   3,272

    リンクタイズ株式会社                                                   2,970

    合同会社zip                                                   2,244

    その他                                                   33,778

                合計                                       65,376

      ④   未払金

                区分                          金額(千円)

    従業員賞与                                                   7,688

    ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社                                                   5,759

    株式会社SBI証券                                                   5,500

    株式会社リブ                                                   4,236

    American     Express    International,        Inc.     

                                                        3,761
    その他                                                   13,398

                合計                                       40,344

                                 94/101






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
      ⑤   未払費用
                区分                          金額(千円)

    従業員給与                                                   20,617

    社会保険料等                                                   1,682

    Amazon    Web  Services,     Inc.

                                                        1,569
    その他                                                     57

                合計                                       23,927

     (3) 【その他】

       当事業年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度

    売上高           (千円)            ―          ―       477,721          660,569

    税引前四半期(当期)
               (千円)            ―          ―       137,137          149,778
    純利益
    四半期(当期)純利益           (千円)            ―          ―       137,182          152,307
    1株当たり四半期
                (円)            ―          ―        70.99          78.56
    (当期)純利益
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

    1株当たり
                (円)            ―          ―        22.81          7.73
    四半期純利益
     (注)1.     当社は、2021年12月24日付で東京証券取引所マザーズに                          上場  いたしましたので、当事業年度の四半期報告
          書は提出しておりませんが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間及び
          第3四半期累計期間の四半期財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受け
          ております。
        2.  当社は、2021年9月14日付で普通株式1株につき300株の割合で株式分割を行っております。当事業年度の
          期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
                                 95/101









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
                     毎年1月1日から12月31日まで
    事業年度
                     毎事業年度終了後3ヶ月以内

    定時株主総会
                     事業年度末日

    基準日
                     毎年6月30日、毎年12月31日

    剰余金の配当の基準日
                     100株

    1単元の株式数
    単元未満株式の買取り

                     東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      取扱場所
                     三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                     東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      株主名簿管理人
                     三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所
                     ―
      買取手数料

                     無料
                     電子公告とする。
                     ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をすること 
    公告掲載方法
                     ができない場合の公告方法は、日本経済新聞に掲載する方法とする。
                     公告掲載URL
                     https://f-code.co.jp/
                     該当事項はありません。
    株主に対する特典
     (注) 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、
        定款に定めております。
       (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
       (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
       (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 96/101











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】
      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券届出書(有償一般募集増資及び売出し)及びその添付書類

       2021年11月19日関東財務局長に提出。
     (2)  有価証券届出書の訂正届出書

       上記(1)に係る訂正届出書を2021年12月8日及び2021年12月16日関東財務局長に提出。
     (3)  臨時報告書

       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第8号の規定に基づく臨
       時報告書を2022年2月2日関東財務局に提出。
       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4の規定に基づ
       く臨時報告書を2022年2月21日関東財務局に提出。
       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基づ
       く臨時報告書を2022年3月28日関東財務局に提出。
                                 97/101













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 98/101




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年3月28日

    株式会社エフ・コード
     取締役会 御中
                      EY新日本有限責任監査法人

                      東京事務所
                      指定有限責任社員

                                 公認会計士         矢治 博之
                      業務執行社員
                      指定有限責任社員

                                 公認会計士         飯塚 徹
                      業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら
    れている株式会社エフ・コードの2021年1月1日から2021年12月31日までの第16期事業年度の財務諸
    表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その
    他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社エフ・コードの2021年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
    シュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    強調事項

     重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2022年2月1日開催の取締役会において、株式会社コミクスが
    行うSaaS事業を譲受けることを決議し、同日付で事業譲渡契約を締結して、2022年2月28日付で事業の譲受
    をしている。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
                                 99/101








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    監査上の主要な検討事項
     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    主要な顧客向け売上取引の実在性
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     「注記事項(セグメント情報等)【関連情報】当事業                           当監査法人は、株式会社リヴァンプ(以下「同社」と
    年度3.主要な顧客ごとの情報」               に記載されているとお            いう。)に対する売上取引の実在性を検証するため、主
    り、会社は、当事業年度において、株式会社リヴァンプ                           として以下の監査手続を実施した。
    (以下「同社」という。)に対して96,528千円の
                               ・会社の経営者及び同社の取引責任者に質問を行い、会
    売上高を計上しており、これは、損益計算書に計上
                                社と同社との間の取引内容を把握するとともに、契約
    されている売上高(660,569千円)の14.6%を                            書の閲覧を実施して経済合理性を有する売上取引であ
    占めている。                            ることを検証した。
     当該取引は、主として、同社が経営支援を行っている                           ・売上計上に至る関連証憑(提案及び見積資料、契約書
    顧客に対して、会社が同社より委託を受けて役務を提供                            又は申込書、役務提供の実態を表す諸記録、入金記
    するものであり、会社が自らの契約先に役務を提供する                            録)との突合を実施した。
    取引とは異なる。
                               ・同社に対する売上取引について、取引内容についての
     成果物が無形であることに加え、上記の取引特性や前
                                確認手続を実施するとともに、売掛金の残高確認を実
    事業年度に比して同社に対する売上高が著しく増加した
                                施した。
    ことから、同社に対する売上取引の実在性について慎重
                               ・売上取引別に、対応する売上原価について、主として
    に検討することが特に重要であり、当監査法人は当該事
                                外注先との契約書及び請求書との突合により対応する
    項を監査上の主要な検討事項に該当するものと判断し
                                売上原価の実在性について検証した。
    た。
                               ・案件別の売上総利益率について、案件間の比較分析及
                                び会社全体の売上総利益率との比較分析を実施した。
    繰延税金資産の回収可能性

           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     注記事項(税効果会計関係)             に記載のとおり、繰延税             当監査法人は、経営者による繰延税金資産の回収可能
    金資産の金額は33,999千円であり、将来減算一時                           性を検討するに当たり、主として以下の監査手続を実施
    差異及び税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産の総額                           した。
    86,856千円から評価性引当額52,857千円が
                               ・会社が判定した会社分類について、「繰延税金資産の
    控除されている。
                                回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指
     また、会社は、       注記事項(重要な会計上の見積り)                 に
                                針第26号)に示された要件に照らし検証した。
    記載のとおり、将来減算一時差異及び税務上の繰越欠損
                               ・将来減算一時差異及び税務上の繰越欠損金の残高につ
    金に対して、将来の収益力に基づく課税所得の見積りに
                                いて、翌事業年度課税所得の見積りに照らして、その
    基づき、回収可能性があると判断された範囲内で繰延税
                                解消スケジュールの合理性を検証した。
    金資産を計上している。
                               ・将来の課税所得の見積りの基礎となる事業計画につい
     将来の収益力に基づく課税所得の見積りは、翌事業年
                                て、取締役会によって承認された直近の予算との整合
    度の事業計画を基礎としており、当該事業計画における
                                性を検証した。
    主要な仮定は、主要な事業ごとの売上高及び全社の売上
                               ・過年度の事業計画と実績を比較することにより、過年
    総利益である。
                                度の計画の達成状況を検証した。
     繰延税金資産の回収可能性の評価は、経営者による将
                               ・将来の事業計画に含まれる主要な仮定である主要な事
    来の課税所得の見積りに基づいており、その基礎となる
                                業ごとの売上高及び全社の売上総利益については、取
    将来の事業計画は、経営者の判断を伴う主要な仮定によ
                                締役会資料を閲覧し、主要な事業ごとの売上高及び全
    り影響を受けるものであるため、当監査法人は当該事項
                                社の売上総利益の前提の根拠について経営者に質問す
    を監査上の主要な検討事項に該当するものと判断した。
                                るとともに、過去実績からの趨勢分析を実施すること
                                で、その合理性を検証した。
                                100/101







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社エフ・コード(E37176)
                                                           有価証券報告書
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
     監査証拠を入手する。
    ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付
     ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意
     を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項
     付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいている
     が、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事
     象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止さ
    れている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
    ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注)   1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                101/101


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。