コスモ・バイオ株式会社 有価証券報告書 第39期(令和3年1月1日-令和3年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第39期(令和3年1月1日-令和3年12月31日)
提出日
提出者 コスモ・バイオ株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2022年3月24日
     【事業年度】                    第39期(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
     【会社名】                    コスモ・バイオ株式会社
     【英訳名】                    COSMO   BIO  COMPANY,LIMITED
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  櫻井 治久
     【本店の所在の場所】                    東京都江東区東陽二丁目2番20号
     【電話番号】                    03-5632-9600
     【事務連絡者氏名】                    常務取締役総務部長  柴山 法彦
     【最寄りの連絡場所】                    東京都江東区東陽二丁目2番20号
     【電話番号】                    03-5632-9600
     【事務連絡者氏名】                    常務取締役総務部長  柴山 法彦
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/86













                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第35期       第36期       第37期       第38期       第39期

            決算年月             2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

                           7,068       7,261       7,590       8,092       9,231
     売上高             (百万円)
                            397       403       470       817      1,099
     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する当期
                            237       260       237       674       737
                  (百万円)
     純利益
                            365       259       353       636       848
     包括利益             (百万円)
                           6,838       7,053       7,321       7,861       8,319
     純資産額             (百万円)
                           8,126       8,485       8,890       9,640       10,072
     総資産額             (百万円)
                          1,076.35       1,110.06       1,154.32       1,241.18       1,344.48
     1株当たり純資産額              (円)
                           40.15       43.93       40.14       113.70       126.94
     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                            78.5       77.5       77.0       76.3       77.3
     自己資本比率              (%)
                            3.8       4.0       3.5       9.5       9.7
     自己資本利益率              (%)
                            27.9       20.0       26.1       10.8        9.2
     株価収益率              (倍)
     営業活動によるキャッ
                             89       908       549       803       648
                  (百万円)
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                                                  42
                  (百万円)         △ 235      △ 185      △ 115             △ 145
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (百万円)         △ 109       △ 85      △ 85      △ 97      △ 420
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                           1,383       2,068       2,416       3,159       3,255
                  (百万円)
     残高
                            125       125       133       134       144
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 39 )      ( 44 )      ( 41 )      ( 46 )      ( 51 )
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第37期の期首
           から適用しており、第36期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
           等となっております。
                                 2/86






                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
              回次              第35期       第36期       第37期       第38期       第39期

             決算年月              2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

                             5,235       5,359       5,667       5,935       7,029
     売上高               (百万円)
                              318       318       411       679      1,148
     経常利益               (百万円)
                              208       219       207       608       872
     当期純利益               (百万円)
                              918       918       918       918       918
     資本金               (百万円)
                           6,048,000       6,048,000       6,048,000       6,048,000       6,048,000
     発行済株式総数                (株)
                             6,125       6,244       6,477       6,930       7,484
     純資産額               (百万円)
                             7,148       7,390       7,824       8,434       8,942
     総資産額               (百万円)
                           1,033.40       1,053.45       1,092.63       1,169.11       1,292.20
     1株当たり純資産額                (円)
                               14       14       14       34       36

     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          ( 6 )      ( 6 )      ( 6 )      ( 8 )     ( 12 )
                             35.25       37.08       34.95      102.60       150.14

     1株当たり当期純利益                (円)
     潜在株式調整後1株当たり当期
                     (円)         -       -       -       -       -
     純利益
                              85.7       84.5       82.8       82.2       83.7
     自己資本比率                (%)
                              3.4       3.5       3.2       8.8      11.7
     自己資本利益率                (%)
                              31.8       23.7       30.0       11.9       7.7
     株価収益率                (倍)
                              39.7       37.8       40.1       33.1       24.0
     配当性向                (%)
                               98       96      103       104       113
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                         ( 31 )     ( 34 )     ( 33 )     ( 37 )     ( 39 )
                              90.4       72.3       86.9      103.7       101.5

     株主総利回り                (%)
     (比較指標:配当込みTOPIX)                (%)       ( 122.2   )    ( 102.7   )    ( 121.3   )    ( 130.3   )    ( 146.9   )
     最高株価                (円)        1,381       1,340       1,273       1,412       1,350

     最低株価                (円)        1,005        738       834       695      1,100

     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
         3.最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものです。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第37期の期首
           から適用しており、第36期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
           等となっております。
                                 3/86






                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
        年月                           事項
      1983年8月        バイオの基礎研究試薬販売事業を目的として、東京都港区に丸善石油株式会社(現                                      コスモ石油
              株式会社)の子会社として丸善石油バイオケミカル株式会社を設立
      1984年9月        本社を東京都港区芝浦へ移転
      1986年4月        コスモ・バイオ株式会社に社名変更、バイオ研究用機器販売を開始
      1986年10月        本社を東京都中央区日本橋本町へ移転
      1986年12月        医薬品販売業の認可取得
      1994年12月        本社を現事務所の東京都江東区東陽へ移転
      1998年4月        当社人材活用を目的として100%子会社のシービー開発株式会社を設立
      2000年9月        MBO(マネージメント・バイ・アウト)によりコスモ石油株式会社から独立
              シービー開発株式会社を株式譲渡により非子会社化
      2000年12月        シービー開発株式会社を吸収合併
      2004年8月        仕入先探索と輸出促進を目的として100%子会社COSMO                         BIO  USA,INC.を米国カリフォルニア州サ
              ンディエゴに設立
      2005年9月        ジャスダック証券取引所に株式を上場
      2006年12月        初代培養細胞(プライマリーセル)の研究開発から製造・販売及び同社細胞を用いた受託解析を
              行う株式会社プライマリーセルの80%の株式を取得、子会社化
      2007年11月        バイオ研究用の消耗品、機器類の輸入販売事業を行うビーエム機器株式会社の発行済株式の30%
              を取得、持分法適用の関連会社化
      2008年7月        連結子会社である株式会社プライマリーセルを100%子会社化
      2010年3月        ビーエム機器株式会社の発行済株式を追加取得し、連結子会社化
      2010年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場
      2013年1月        業容拡大に伴い、配送センターを移転し、新砂物流センターにて業務開始
      2013年7月        株式会社プライマリーセルを吸収合併
      2013年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)
              に上場
      2016年11月        Proteintech      Group,    Inc.との共同出資により、株式会社プロテインテック・ジャパンを設立
      2017年10月
              札幌事業施設を移転集約し、札幌事業所を開設
      2018年1月
              COSMO   BIO  USA,INC.を連結子会社化
      2022年3月
              監査等委員会設置会社へ移行
                                 4/86










                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
        当社グループは、当社(コスモ・バイオ株式会社)、連結子会社2社、非連結子会社1社で構成されており、ライ
      フサイエンスに関する研究用試薬、機器、受託サービス及び臨床検査薬の仕入卸売販売を主たる業務としておりま
      す。
       当社グループ商品のエンドユーザーは、主にライフサイエンスの研究を行っている教育機関(大学等)・公的研究
      機関・企業等の研究者であります。
        当社は、先端的かつ研究動向に合った商品を国内外に広く存在する仕入先から調達し、また自社により開発・製造
      した商品を加え、幅広い商品を提供しており、国内では日本全国に広がる代理店を経由する卸売販売を行っておりま
      す。また、日々忙しい研究者が潜在的に持つアウトソーシング・ニーズの掘り起こしに取り組み、創薬支援をはじめ
      とする各種受託サービスのラインナップも拡充しております。
       ライフサイエンスの研究におきましては、様々な実験や分析活動が行われております。そのため当社は、専門知識
      を要する膨大な種類の「商品」と「商品情報」、そして多種多様なエンドユーザーの「ニーズ」とを効率的にマッチ
      ングさせることをビジネスの特徴としております。
       ビーエム機器株式会社は、ライフサイエンス研究支援の機器類・消耗品を主とする輸入商社であります。
       COSMO    BIO  USA,INC.は、最大のライフサイエンス研究国である米国のカリフォルニア州に拠点を置く、当社の
      100%子会社であります。日本で製造しているライフサイエンス研究用の試薬・機器等を日本以外の全世界に向けて
      販売しております。また、米国の新規仕入先・商品の探索及び情報収集を行います。
       株式会社プロテインテック・ジャパンは、仕入先であるProteintech                                 Group,    Inc.との合弁会社であります。日本
      におけるProteintech          Group,    Inc.ブランド価値の向上、Proteintech                   Group,    Inc.製品の技術サポートと販売促進事
      業を行っております。
       国内営業体制の強化として、当社・ビーエム機器・プロテインテック・ジャパンのグループ3社を同じフロアに集
      結し、業務環境整備による業務の効率化を促進し、共同事業を進め、生産性の向上をはかっております。
       当社グループの事業の内容を図示すると、次のとおりであります。

                                 5/86












                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        私たちは、世界各地にある約600社の仕入先から1,280万品に及ぶ最先端の商品を導入し、「分かりやすさ」「安
        心・安全」を付加価値として研究者の皆さまにお届けしています。商品提供で充足できないニーズには、自ら作
        る、サービスを提供することでソリューションを提供しています。
         1.ライフサイエンスの商社事業

           世界各地にある最先端の商品を導入し、基礎研究に携わる研究者の皆様に提供
           (代表的な商品)
           (1)研究用試薬
             汎用試薬
              抗体、ホルモンなどの生体内物質、培地添加剤、ケミカルなど
             応用試薬
              遺伝子解析、タンパク質発現等の研究で用いられるキット、
              生体内物質や環境汚染物質の検出定量キットなど
           (2)研究用機器・機材・消耗品
             研究用機器・機材
              バイオ研究に使用するゲル撮影装置、遺伝子導入装置、PCR装置、超音波破砕装置など
             消耗品
              ピペットチップ、PCRチューブ、細胞培養シャーレ・プレート、手袋など
           (3)臨床検査薬(体外診断用医薬品)
             患者や健康な人の健康状態の診断のために用いられる医薬品
           (4)創薬研究支援・受託サービス
             創薬研究支援
              薬剤候補探索やターゲット探索、バイオマーカー解析など、創薬に欠かせない解析を代行
             その他受託サービス
              研究者のご要望に応じた、被験物質の活性測定やカスタム製品の作製など
           (5)研究用試薬・機器の輸出事業
             海外販売は、当社米国子会社のCOSMO                 BIO  USAが中心的な役割を担っています。
         2.ライフサイエンス関連の製造・開発事業

           大学等の研究機関と提携しながら、自社品の開発・製造、自社受託サービスの提供
           (1)初代培養細胞ほか試薬製造・受託試験
             輸入細胞では代替できない細胞の製造・販売や、細胞を使った受託サービスの提供等
             細胞製造以外にも、研究者の声を反映して、市場にない試薬の開発製造
              (主な品目)
              細胞/細胞培養製品
                脂肪組織関連、骨・軟骨・歯関連、膵臓関連、肝機能関連、循環器関連、免疫関連、
                間葉系幹細胞、フィーダー細胞、腫瘍細胞株、マクロファージ関連、
                コーティング試薬など
              アッセイキット関連
                神経/認知症関連、マクロファージ/免疫関連、エクソソーム関連、
                抗糖化・抗老化関連をはじめとする各種測定キット・染色キット・
                検出/精製キットなど
              バイオ研究用機材
                定温輸送容器、アルミブロック・マット保温装置、結露防止ガラスプレートなど
              受託サービス
                腸内フローラ解析、涙液分析サービス、セルアッセイなど
              研究機関とのコラボレーションによる商品開発
                優れた技術・ノウハウを持った研究機関とのコラボレーションにより
                自社ブランド製品の開発に取り組んでいます。
                                 6/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
           (2)カスタムペプチド合成&抗体作製サービス

             研究者の要望にあった配列のペプチドをカスタム合成
             大学等の基礎研究だけでなく、製薬企業の創薬も支援する商品・サービスを提供し、
             また、このペプチドを材料(抗原)とした抗体作製の受託サービスもあわせて展開
              (主なサービス品目)
              カスタムペプチド合成
                ペプチド合成、AQUAグレードペプチドのデザインと合成サービスなど
              抗体作製サービス
                エピトープデザインサービス「MODELAGON」、
                ポリクローナル抗体作製、モノクローナル抗体作製など
           (3)鶏卵バイオリアクターを用いたタンパク質製造・製造受託
             ゲノム編集ニワトリの卵の中に有用なタンパク質を大量製造する技術を産業実用化。2019年7
             月からは、ユーザーが必要とするタンパク質を大量製造・精製して納品する受託製造事業を開
             始。製造過程では複雑な権利問題を回避できる国内特許技術を利用している。
     4【関係会社の状況】

                          資本金               議決権の所
         名称          住所            主要な事業の内容                    関係内容
                         (百万円)                有割合(%)
                                               商品の卸売

                              ライフサイエンス研
     (連結子会社)
                                               管理部門業務の受託
                              究用の機器類・消耗
                 東京都江東区           49                67.8
     ビーエム機器株式会社
                              品の仕入卸売販売及
                                               役員の兼任3名
     (注)1.2
                              び技術サポート
                              日本で製造している

                              ライフサイエンス研                 日本国内商品の卸売及び自
                              究用の試薬・機器類                 社製品の販売
                 米国カリフォル
     COSMO   BIO  USA,INC.
                           11   の全世界(日本以外)             100.0    情報収集業務委託
                 ニア州
                              に向けた販売及び北                 役員の兼任2名
                              米での商品仕入卸売
                              販売
     (注)1.特定子会社に該当しております。
        2.ビーエム機器株式会社は、連結売上高に占める売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の割合が
          10%を超えております。
          主要な損益情報等  ①売上高                     1,971百万円
                    ②経常利益           135百万円
                    ③当期純利益          97百万円
                    ④純資産額          1,381百万円
                    ⑤総資産額          1,680百万円
                                 7/86







                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2021年12月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                   144

                全社合計                                     ( 51 )
     (注)1.当社グループの事業セグメントは単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりません。
        2.従業員数は就業人員(社員及び嘱託を含んでおります。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー及び人材
           派遣会社からの派遣社員を含んでおります。)は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。
      (2)提出会社の状況

                                                  2021年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           113                 42.0              9.4           7,936,419

              ( 39 )
     (注)1.従業員数は就業人員(社員及び嘱託を含んでおります。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー及び人材
           派遣会社からの派遣社員を含んでおります。)は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.平均勤続年数は、当社が2000年のMBO実施に伴うコスモ石油株式会社等からの転籍者につきましては転籍
           元での勤続年数を含めております。
         4.当社の事業セグメントは単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりません。
      (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、定期的に従業員代表と経営者が意見交換を行っており、労使関係は安定し
        ております。
                                 8/86












                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        私たちは、経営理念「ライフサイエンスの進歩・発展に貢献する」のもと、研究に携わるすべての皆様との信頼関
      係を礎に、「新たな事業基盤の創出」と「既存事業基盤の強化」に挑戦してまいります。また、事業を通じて社会の
      持続的な発展に貢献することでSDGsに寄与し、それらの取り組みを企業価値の向上につなげて行くべきと理解してい
      ます。その為に、当社グループとしてサステナビリティの課題を抽出し、持続的な成長の実現に向けて、環境
      (Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)への取り組みを推進してまいります。
        また、取締役会の監督機能を強化し、コーポレートガバナンス体制の更なる強化を図るため、第39回定時株主総会
      での承認を経て、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しました。
        昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界的な規模で続き、社会経済活動に大きな影響を及ぼし
      ています。
        大学や公的研究機関、企業等の研究施設における今後の活動状況の予測は難しく、目先の事業環境は不透明です
      が、ワクチン接種の進捗に伴い、徐々に研究活動が再開されてきています。
        現在、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により、検査薬、ワクチン、治療薬の開発をはじめ、ライフサイ
      エンス業界が果たすべき役割が注目されています。その中で、当社の主力市場である日本国内の基礎研究の動向は、
      国際的な競争激化の下にあり、状況判断は難しく、市場は変わらず厳しいものと考えています。
        研究用試薬においては研究領域全般においてカタログ品の需要が拡大しており、また研究者に代わって試験を行う
      受託サービスなどの需要も増え、売上全体が好調に推移いたしました。研究用機器においては、消耗品の需要が高い
      水準で継続しているものの、供給が不安定な状況が続いております。
        大学・公的研究機関では堅調に予算執行がなされているものの、同業他社との競争は販売価格面で市場環境は変わ
      らず厳しいと捉え、2030年の事業規模を勘案し、今以上の成長を継続しているためには、従来のまま輸入専門商社の
      殻にとらわれず、活動自粛の影響で実質的に進捗が困難であった新規事業への取組みを、最重要課題と位置づけ進め
      ていきたいと考えています。
        2020年度からの中期経営計画は、2022年に最終年度に入ります。戦略等については、基本的な方針の変更はいたし
      ません。私たちは「生命科学の研究者に信頼される事業価値を高める」ことを“成すべきこと”と位置付け、顧客か
      らの信頼の獲得を希求することで成長して、次世代の生命科学研究を支える事業を実りとすることを経営方針とし、
      引き続き、中長期的な重要課題として将来を見据えた以下の活動に取り組んで参ります。
        1.新たな事業基盤の創出

       (1)既存事業の発展に加え、シーズ探索強化、産学官連携への積極参画などにより、次世代の収益の柱となり得
          る新規事業を開拓してまいります。
       (2)市場での競争力を維持・強化、あるいは事業拡大やコスト削減の効果を客観的に評価し、他企業との協働の
          機会を損なうことのないように備え、資本提携や業務提携により事業を拡大することを目指します。
       (3)生命科学の基礎ばかりでなく、直接的に健康にかかわる広い分野での生命科学の可能性を見据え、研究用試
          薬以外の市場への進出も目指していきたいと考えます。
        2.既存事業基盤の強化

       (1)提案力、情報力、商品力を更に強化し、「研究者への学術営業」や「代理店への効果的な販促」活動で、お
          客様の課題解決を目指す最良のサービスを提供してまいります。
       (2)ペプチド合成・抗体作製受託サービス事業の成長は、販促の強化やサービスの拡充により収益性を高めつつ
          あり、鶏卵バイオリアクター受託事業も投資のステージではなく収益のステージにあります。今後も、更に
          製造機能を強化し、自社製品とサービスの拡充をし、収益性の更なる向上を目指します。また、食品や化粧
          品の原料の提供など、広範な市場への事業拡大を検討します。そのための、新たなビジネスモデルの構築や
          ビジネスパートナーの探索を推し進めてまいります。
        3.企業価値の向上

       (1)ビーエム機器、COSMO             BIO  USA,INC.、プロテインテック・ジャパンとの共同事業を進め、企業グループとし
          ての業務効率化を図り、シナジーを生み出す工夫を進めます。
          営業活動における問合せ対応や受注関連業務のキメ細やかなサービス、有効な販促ツールの制作、ブランド
          ごとの収益向上の検討、精緻な法令対応など、地味な業務をしっかりと継続することで営業活動を支え、研
          究者の力になる情報発信に努めます。グループ全社のメンバーが、株主様と同じ目線を持ちながら、事業の
          本質的な成長を、長期に続ける意識が持てる環境を整えてまいります。
       (2)人事評価制度を常に見直し、従業員の向上心を高め、事業成長に必要となる人材を積極的に採用、育成して
          まいります。
       (3)事業継続のための対策として、テレワークの更なる効率化を進めてまいります。
                                 9/86


                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
       (4)譲渡制限付株式報酬制度を設けたことで、従業員が自社の株主となり、株主様と同じ目線で当社の事業経営
          を支える考えにつながり、就業の付加価値を高めていけると考えております。役員についても、中長期計画
          のインセンティブとして位置づけております。
        このような事業環境の中で、当社グループでは、経営基盤と収益力を高めるため、売上高と経常利益を重要な経営

      指標と考えております。将来への投資のための的確な内部留保を行うと同時に、安定配当を念頭に置き配当性向を重
      視した利益還元方針を基本として、売上高経常利益率や当期純利益を意識した経営を行い、資本効率をはかる指標と
      してROEやROAについてもより高める努力をしてまいります。
        私たちは、どのような環境の中でも、生命科学の進歩発展のすべての場面において求められる責任ある事業者とし
      て、最前線で活躍される研究者を支えるパートナーであり続けたいと考えております。
     2【事業等のリスク】

       以下におきましては、当社グループの事業展開上における現在及び将来の事業等に関してリスク要因となる可能性
      があると考えられる主な事項を記載しております。また必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきまし
      ても、投資家の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資家に対する積極的な情報開示の観点
      から以下に開示しております。当社グループでは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発
      生した場合の対応に努める方針でありますが、本株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項目以外の記載内容
      も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があると考えます。また、以下の記載は本株式の投資に関連するリスク
      すべてを網羅するものではありませんのでご留意ください。
       なお、本項中の記載内容につきましては、特に断りがない限り、本有価証券報告書提出日現在の事項であり、将来
      に関する事項は同報告書提出日現在におきまして当社が判断したものであります。
      (1)  ライフサイエンス研究関連費用の支出動向にかかわるリスク(特に重要なリスク)

       当社グループの既存事業のエンドユーザーは、大学・公的研究機関及び企業における研究者が大きな比重を占め
      ております。そのため、既存事業の発展に加え、新たな事業の育成・拡大に取り組んでおりますが、公的研究費や
      企業の収益・研究開発支出の減少は、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  仕入先M&Aリスク(特に重要なリスク)

       当社グループの仕入先の多くは海外の企業であり、海外仕入先のM&Aやこれに伴う日本における販売体制の改
      編等により、仕入価格や国内販売権に影響を受けます。商品の安定確保のため、仕入先との関係には、単なる販売
      者と購入者の関係にとどまらない良好な信頼関係の構築・維持、あるいは資本提携・業務提携等の特別な業務提携
      関係の構築に取り組んでおります。しかしながら、主要な仕入先のM&Aにより商権が喪失・縮小した場合には、
      当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)  為替リスク(特に重要なリスク)

       当社グループの商品の多くは外貨で決済される輸入品であり、為替変動によって売上原価が変動します。そのた
      め、為替変動の影響をヘッジするために、当社では社内方針に基づき実需の一定の範囲内で為替予約を実施しており
      ます。しかしながら、急激な為替相場の変動や会計基準の大幅な変更が生じる場合、当社グループの業績及び財政状
      態に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)  業界における競合リスク(特に重要なリスク)

       ライフサイエンス研究関連商品の国内市場においては、業界内の競合激化から価格競争に陥り、結果として当社
      グループは、競合他社の活動状況の影響を受けます。マーケティング力の強化、タイムリーな新商品の導入、顧客
      に対する提案営業活動の強化に努める等の差別化を図っておりますが、他社との更なる競合の激化が生じた場合に
      は、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  法規制リスク

       当社グループの商品の中には、薬機法、毒物及び劇物取締法や他の関連法規等に該当するものも含まれておりま
      す。当社グループでは、専門部署を設け法令遵守の徹底に努めておりますが、事故等により法規制に違反する事由が
      生じた場合には、当社グループの事業活動が一部制限される可能性があります。また、これらの法規制が改正された
      場合、又は予期し得ない法令、規制等が新たに導入された場合には、その対応のための投資が必要になるなど、当社
      グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)  グループ会社リスク

       当社グループは、複数の関係会社から成っており、グループとしてライフサイエンス研究関連の幅広い商品・サー
      ビスの提供を進めシナジー効果を上げグループ企業価値を向上すべく、グループのコーポレート・ガバナンスの充実
                                10/86


                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      を図る施策を実施しております。今後、事業の急速な拡大等により、関係会社の統治ガバナンスに不足が生じた場
      合、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (7)  会計基準・税制等の変更によるリスク

       当社グループは安定的な業績を目的として、社内方針に基づき事業投資や資金運用投資等を行っておりますが、
      金融動向や市場動向が急変して、保有資産価格に想定外の変動が生じる場合、或いは会計基準や税制等の大幅な変
      更が生じる場合、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (8)  新型コロナウイルス感染症の拡大のリスク

       世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大により、当社グループにおいても先行き不透明な事業環境になってい
      ます。当社グループは、グループとして策定した感染症対策ガイドラインに沿って、グループ従業員はもちろん、
      すべてのステークホルダーの皆様の安全と、事業の継続を両立すべく、社内外における感染予防・感染拡大防止対
      応を行っております。しかしながら、今後、事態の長期化や更なる感染拡大等、想定を超えるような事態が発生す
      る場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                11/86
















                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
       (以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況

       1)財政状態
       (資産)
        当連結会計年度末における流動資産は7,310百万円となり、前連結会計年度末に比べ554百万円増加いたしまし
       た。これは主に有価証券が200百万円増加、商品及び製品が233百万円増加したことによるものです。固定資産は
       2,761百万円となり、前連結会計年度末に比べ122百万円減少いたしました。
        この結果、総資産は前連結会計年度末の9,640百万円から431百万円増加して10,072百万円となりました。
       (負債)

        当連結会計年度末における流動負債は1,093百万円となり、前連結会計年度末に比べ132百万円減少いたしまし
       た。これは主に買掛金が103百万円増加した一方、未払金が96百万円減少、未払法人税等が96百万円減少したことに
       よるものです。固定負債は658百万円となり、106百万円増加いたしました。
        この結果、負債合計は1,752百万円となり、前連結会計年度末に比べ26百万円減少いたしました。
       (純資産)

        当連結会計年度末における純資産合計は8,319百万円となり、前連結会計年度末に比べ458百万円増加いたしまし
       た。これは主に親会社株主に帰属する当期純利益737百万円及び剰余金の配当223百万円による増減と、自己株式の
       取得及び処分により171百万円減少したことによるものであります。
        この結果、自己資本比率は77.3%(前連結会計年度末は76.3%)となりました。
       2)経営成績

        当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により経済活動が停滞し、先行
       きに一段と不透明感が増しております。当社グループ関連の、ライフサイエンスの基礎研究分野市場の動向は、大
       学・公的研究機関において堅調に予算執行がなされているものの、依然として市場環境は厳しいものと捉えており
       ます。また、同業他社との競争は販売価格面で厳しい状況が続いております。
        このような状況下、当社グループにおきましては、懸念された新型コロナウイルス感染症の影響は現在のところ
       限定的に留まっており、引き続き新型コロナウイルス感染症対策をとるとともに、ライフサイエンス領域の研究開
       発に資する多様な自社製品・商品・サービスの提供と、在庫の適正化及び迅速出荷に取り組んでおります。当連結
       会計年度の連結売上高は9,231百万円(前年同期比14.1%増)となり、連結売上総利益は3,658百万円(前年同期比
       16.1%増)、連結売上総利益率は39.6%(前年実績39.0%)となりました。為替レートは、当連結会計年度平均108
       円/ドル(前連結会計年度107円/ドル)で推移しました。
        連結営業利益は1,048百万円(前年同期比39.4%増)、連結経常利益は1,099百万円(前年同期比34.5%増)、親
       会社株主に帰属する当期純利益は737百万円(前年同期比9.4%増)となりました。
        品目別の経営成績は次のとおりであります。

        研究用試薬
        研究用試薬につきましては、公的予算を中心に厳しい状況が続く中、先端的な新規の商品及び仕入先の開拓と各
       種の販売キャンペーン等を開催して販売促進に努めました。その結果、当連結会計年度の研究用試薬の販売実績は
       対前年同期比19.8%増の7,035百万円となりました。
        機器

        機器につきましては、販売実績は対前年同期比1.2%減の2,075百万円となりました。
        臨床検査薬

        臨床検査薬につきましては、販売実績は対前年同期比0.9%増の120百万円となりました。
                                12/86




                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
       ②キャッシュ・フローの状況
        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ95百万円増
       加し、当連結会計年度末には3,255百万円となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果得られた資金は648百万円(同19.2%減)となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益
       1,099百万円、たな卸資産の増減額△245百万円及び法人税等の支払額△385百万円等によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果使用した資金は145百万円(前年同期は42百万円の獲得)となりました。これは主に、資金運用等
       のための有価証券の償還による収入100百万円、投資有価証券の取得による支出△100百万円及び無形固定資産の取
       得による支出△110百万円等によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果使用した資金は420百万円(同332.0%増)となりました。これは主に配当金の支払△223百万円及
       び自己株式の取得による支出△194百万円によるものであります。
                                13/86















                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
       ③仕入、受注及び販売の実績
        当社グループは単一セグメントであるため、仕入、受注及び販売の実績については、セグメント別にかえて品目
       別に示しております。
       a.商品仕入実績
        当連結会計年度の商品仕入及び製品製造原価の実績を商品の品目別に示すと次のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2021年1月1日
                                               対前期比増減率
                              至 2021年12月31日)
             品目別
                                                 (%)
                          金額(百万円)           構成比(%)
      研究用試薬                          4,168           71.2           21.3

      機器                          1,613           27.6           28.2

      臨床検査薬                           69          1.2           8.8

             合計                  5,850           100.0           22.9

     (注)1.金額は仕入価格及び製品製造原価によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       b.受注実績

        当社グループでは受注から納品までの期間が短いこと、かつ受注残高が僅少であることから記載を省略しており
       ます。
       c.販売実績

        当連結会計年度の販売実績を商品の品目別に示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
                             (自 2021年1月1日
                                               対前期比増減率
                              至 2021年12月31日)
             品目別
                                                 (%)
                          金額(百万円)           構成比(%)
      研究用試薬                          7,035           76.2           19.8

      機器                          2,075           22.5          △1.2

      臨床検査薬                           120           1.3           0.9

             合計                  9,231           100.0           14.1

     (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.輸出につきましては、売上に占める比率が微小であるため省略しております。
         3.前連結会計年度及び当連結会計年度において、売上総額の100分の10を超える販売先はありません。
                                14/86








                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

        財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 
       ①財政状態及び経営成績の状況」及び「(1)経営成績等の状況の概要 ③仕入、受注及び販売の実績」に記載のとお
       りであります。
       ②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フ
       ローの状況」に記載のとおりであります。
        資本の財源及び資金の流動性につきましては、当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品仕入及び販
       売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資及び投資有価証券の取得等
       によるものであります。
        資金調達については、自己資金によって充当することを基本としております。
       ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されており
       ます。この連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度における財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
       ローの状況に影響を与えるような見積りが必要とされております。これらの見積りにつきましては、過去の実績等
       を勘案し合理的に判断しておりますが、見積り特有の不確実性が伴うため、実際の結果はこれらとは異なることが
       あります。
        なお、連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものに
       ついては、第5〔経理の状況〕1〔連結財務諸表等〕(1)〔連結財務諸表〕の「重要な会計上の見積り」に記載して
       おります。
        また、新型コロナウイルス感染症拡大による影響に関する会計上の見積りへの反映につきましては、第5〔経理
       の状況〕1〔連結財務諸表等〕(1)〔連結財務諸表〕の「追加情報」に記載しております。
                                15/86











                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

       当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、                               70 百万円であります。
      なお、当連結会計年度において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                16/86



















                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループは、営業設備の充実、製造設備の増強・合理化、研究開発の強化・効率化のための設備投資を実施し
      ています。当連結会計年度中におきまして、                    134  百万円の設備投資を行いました。
       また、重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                  2021年12月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)

          事業所名                                             従業員数
                     設備の内容
                             建物及び     機械及び     工具、器具      土地
         (所在地)                                              (人)
                                                  合計
                             構築物     装置     及び備品     (面積千㎡)
     本社                                         -           91

                    管理・販売設備           110      -     41         151
     (東京都江東区)                                        (-)           (30)
     札幌事業所                                         22           22
                    製造・研究設備           264      41     12         317
     (北海道小樽市)                                         (2)           (8)
     (注)1.上記金額には、建設仮勘定及び消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
         3.上記の他、主要な賃借設備として、以下のものがあります。
                 事業所名                             年間賃借料又はリース料
                                 設備の内容
                (所在地)                                (百万円)
            本社
                            建物                            116
            (東京都江東区)
         4.当社グループの事業区分は単一であるため、セグメント情報の記載は省略しております。
      (2)国内子会社
                                                  2021年12月31日現在
                                     帳簿価額(百万円)

               事業所名                                       従業員数
       会社名               設備の内容
                             建物及び     車両     工具、器具      土地
               (所在地)                                         (人)
                                                   合計
                             構築物     運搬具     及び備品     (面積千㎡)
             本社
                                               38           26
                      管理・販売設備
     ビーエム機器㈱        (東京都江東区)                   40      0    21         100
                                               (2)          (12)
             他1事業所
    (注)1.上記金額には、建設仮勘定及び消費税等は含まれておりません。
       2.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
       3.上記の他、主要な賃借設備として、以下のものがあります。
                           事業所名                    年間賃借料又はリース料
               会社名                       設備の内容
                           (所在地)                       (百万円)
                       本社
            ビーエム機器㈱            (東京都江東区)             建物                    29
                       他1事業所
       4.当社グループの事業区分は単一であるため、セグメント情報の記載は省略しております。
      (3)在外子会社
        該当事項はありません。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       重要な設備の新設、拡充等の計画はありません。
       また、重要な設備の除却、売却等の計画はありません。
                                17/86




                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           18,361,600

                  計                                18,361,600

        ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引所名
            事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
       種類                                又は登録認可金融商品               内容
              (2021年12月31日)             (2022年3月24日)
                                       取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                    単元株式数
                  6,048,000             6,048,000
     普通株式                                    JASDAQ
                                                    100株
                                        (スタンダード)
                  6,048,000             6,048,000
       計                                    -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数         発行済株式総       資本金増減額       資本金残高      資本準備金増減         資本準備金残
        年月日
               増減数(株)         数残高(株)        (百万円)       (百万円)      額(百万円)         高(百万円)
      2013年1月1日

                 5,987,520        6,048,000           -      918         -      1,221
        (注)
    (注)   株式分割(1:100)によるものであります。

      (5)【所有者別状況】

                                                   2021年12月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                      単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
           政府及び地           金融商品取     その他の法
                                                      (株)
                 金融機関                          個人その他       計
           方公共団体           引業者     人
                                 個人以外      個人
     株主数(人)        -        3     15     39     16      9    5,170     5,252     -
     所有株式数
             -      6,156     1,080     16,517       510      27    36,154     60,444      3,600
     (単元)
     所有株式数の
             -     10.184      1.786     27.326      0.843     0.044     59.814     100.000     -
     割合(%)
    (注)自己株式256,144株は、「個人その他」に2,561単元、「単元未満株式の状況」に44株含まれています。
                                18/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2021年12月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
          氏名又は名称                      住所                   総数に対する所有
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             1,152,000           19.88
      東京中小企業投資育成株式会社                   東京都渋谷区渋谷3丁目29番22号
      みずほ信託銀行株式会社 退職給付
                                              576,000           9.94
     信託コスモ石油口 再信託受託者                    東京都中央区晴海1丁目8番12号
     株式会社日本カストディ銀行
                                              231,800           4.00
      光通信株式会社                   東京都豊島区西池袋1丁目4番10号
                                              172,200           2.97
      原田 勝幸                   神奈川県茅ヶ崎市
                                              126,300           2.18
      コスモ・バイオ従業員持株会                   東京都江東区東陽2丁目2番20号
                        東京都港区海岸1丁目10番30                       100,400           1.73
      株式会社ヤクルト本社
                                               82,300          1.42
      鈴木由美子                   千葉県習志野市
                                               75,400          1.30
      船戸 俊明                   千葉県船橋市
                                               68,500          1.18
      原田 正憲                   千葉県千葉市緑区
                                               63,200          1.09
      松波 省一                   愛媛県松山市
                                             2,648,100           45.72
             計                   -
     (注)1.上記のほか、自己株式が256,144株あります。
        2.発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、表示単位未満の端数を切り捨てて表
           示しております。
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -       -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -
                                256,100                    (注1)
      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                -
                               5,788,300            57,883         (注1)
      完全議決権株式(その他)                   普通株式
                                 3,600                   (注2)
      単元未満株式                   普通株式                -
                               6,048,000
      発行済株式総数                                    -            -
                                          57,883
      総株主の議決権                             -                  -
    (注)1.完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社名義所有の自己株式44株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2021年12月31日現在
                                                  発行済株式総数に
                            自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                対する所有株式数
                            株式数(株)        株式数(株)       合計(株)
                                                  の割合(%)
                  東京都江東区東陽
                              256,100               256,100           4.23
     コスモ・バイオ株式会社                                  -
                  二丁目2番20号
                              256,100               256,100           4.23
          計           -                 -
    (注)上記以外に当社名義所有の単元未満株式44株を保有しております。
                                19/86


                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
        該当事項はありません              。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】
        会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定にもとづく取得
                  区分                  株式数(株)            価額の総額(円)
       取締役会(2021年2月12日)での決議状況
                                        160,000           200,000,000
       (取得期間 2021年2月15日~2021年8月31日)
       当事業年度前における取得自己株式                                    -             -
       当事業年度における取得自己株式                                  160,000           194,037,200
       残存決議株式の総数及び価額の総額                                    -             -
       当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    -            2.98
       当期間における取得自己株式                                    -             -
       提出日現在の未行使割合(%)                                    -            2.98
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません                。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                               当事業年度                当期間
               区分
                                  処分価額の総額               処分価額の総額
                           株式数(株)               株式数(株)
                                    (円)               (円)
        引き受ける者の募集を行った取得自己
                                -        -        -        -
        株式
        消却の処分を行った取得自己株式                        -        -        -        -
        合併、株式交換、株式交付、会社分割
                                -        -        -        -
        に係る移転を行った取得自己株式
        そ の 他
        (譲渡制限付株式報酬として処分を                      23,900      29,181,900            -        -
        行った取得自己株式)
        保有自己株式数                      256,144          -     256,144          -
      注)当期間における保有自己株式数には、2022年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         請求による株式数及び取締役会決議により取得した株式数は含まれておりません。
                                20/86







                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
         当社では、株主に対する利益還元を経営の重要事項の一つと認識しております。当社の株式を長期的かつ安定
        的に保有していただくため、安定配当を行っていくことを念頭に置き、配当性向を重視しつつ、今後の収益状況
        の見通しなどを総合的に勘案して決定すべきものと考えております。
         当社は、剰余金の配当につきまして期末配当と中間配当を行うことができ、2011年12月期から中間配当を開始
        いたしました。これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当につきましては株主総会、中間配当につきまして
        は取締役会です。
         当連結会計年度におきましては、1株当たり中間配当金12円及び期末配当金24円、年間配当金36円(連結配当
        性向28.4%)とさせていただきました。
         内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応して、当社課題の克服と今後のさらなる
        業績の向上及び事業展開に有効に活用してまいりたいと考えております。
         当社は、「取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定款
        に定めております。
         なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。
            決議年月日             配当金の総額(百万円)                1株当たり配当額(円)
        2021年8月5日
                                  69                12
        取締役会
        2022年3月23日
                                 139                24
        定時株主総会
                                21/86














                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       私たちコスモ・バイオグループ(以下、当社グループ)は、バイオ研究活動の支援を通じてバイオ・ライフサイエ
      ンス研究の進歩・発展に貢献することにより、生命と健康を守り、豊かで安心できる社会づくりに寄与することを社
      会的な使命と考えております。この使命の実現と当社グループの継続的発展を目指し、透明性が高く、効率的な経営
      体制を確立し、社会の規範に照らして適切な施策を実施することによりステークホルダーをはじめ社会の信頼を深め
      ていくことが、当社グループのコーポレート・ガバナンス(企業統治)の基本的な考え方です。
      ② 企業統治の体制の概要及び体制を採用する理由

       当社は、委員の過半数が社外取締役で構成される監査等委員会を設置し、監査等委員である取締役が取締役会にお
      いて議決権を行使することにより、取締役会の監督機能を強化し、コーポレートガバナンス体制の更なる強化を図る
      ため、2022年3月23日開催の第39回定時株主総会の決議により、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行
      しました。
       当社グループに関しましては、グループ各社の主体性を重視しつつ、重要案件につきましては、当社において制定
      した「関係会社管理規程」の定めに従い、当社の承認または協議のうえ実施する体制としております。
      会社の機関の概要は以下の通りであります。
         「取締役会」は、提出日現在、取締役(監査等委員である取締役を除く。)3名、監査等委員である取締役4名







        で構成されており、原則毎月1回の定時取締役会及び必要に応じ臨時取締役会を開催します。取締役会の規程に基
        づき、経営に関する基本方針および経営上の重要事項を決議決定し、また、業務施策の進捗状況確認等、経営上の
        重要な意思決定をするとともに、取締役の職務執行を監督しております。
         当社では、取締役(監査等委員である取締役を除く。)が監督と業務執行の職務を兼ねておりますが、さらに業
        務執行の効率化を図るため取締役以外の執行役員制度を2013年7月から導入しております。また、取締役が子会社
        の役員を兼務することにより、当社グループの意思決定や業務状況を管理・監督しております。
         なお、取締役会の議長は、代表取締役社長櫻井治久が務めております。その他の構成員は、常務取締役柴山法
        彦、取締役栃木淳子、独立社外取締役(常勤監査等委員)佐藤和寿、独立社外取締役(監査等委員)佐々木治雄、
        社外取締役(監査等委員)深見克俊、独立社外取締役(監査等委員)島村和也であります。
         「監査等委員会」は、提出日現在、監査等委員である取締役4名(うち、独立社外取締役3名、社外取締役1
        名)で構成されており、監査等委員である取締役の監査が実効的に行われることを確保するために必要な情報提供
        等が速やかになされる体制をとっております。監査等委員会は原則毎月1回開催し、内部統制業務執行の適法性と
        妥当性についての意見交換が行われます。監査等委員である取締役は、取締役会において議案の審議、決議に参加
        し、また業務執行状況の報告を受けるなど、監査の実効性向上を図ってまいります。また、監査部門とは情報の交
        換を密に行い、相互に連携して内部統制システムの構築・運用状況を監視してまいります。
                                22/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         なお、監査等委員会の委員長は、独立社外取締役(常勤監査等委員)佐藤和寿が務めております。その他の構成
        員は、独立社外取締役(監査等委員)佐々木治雄、社外取締役(監査等委員)深見克俊、独立社外取締役(監査等
        委員)島村和也であります。
         「幹部会」は、常勤取締役、執行役員、事業部長、部長及び室長で構成されており、原則毎月1回開催しており
        ます。業務上の重要事項についての迅速な審議と情報共有を行っております。
         なお、当社の幹部会の議長は、代表取締役社長                      櫻井治久が務めております。その他の構成員は、常務取締役柴
        山法彦、取締役栃木淳子、独立社外取締役(常勤監査等委員)佐藤和寿、他に執行役員、事業部長、部長及び室長
        であります。
         当社では、企業倫理規程に基づき、「企業倫理委員会」を設置しております。常勤役員、執行役員、事業部長、
        部長及び室長で構成されており、取締役社長が委員長を務めております。また、監査等委員である取締役は、会に
        出席し意見を述べることが出来ます。役員・従業員が常に法令遵守及び社会倫理に則った行動を取るよう実施状況
        を監査しており、企業倫理委員会の元には、コンプライアンス担当役員を置き、役員及び従業員の職務の執行を監
        視し、適切な指導及び改善勧告を行っております。
         「リスク管理委員会」、「監査室」につきましては、後述のとおりであります。
        ③企業統治に関するその他の事項

        A.内部統制システムの整備の状況
         当社の内部統制システムに関しましては、会社法及び会社法施行規則に則り、取締役会において「内部統制シス
        テムの構築の基本方針」を決議しており、当社グループの業務の適正を確保するための体制を整備し運用しており
        ます。なお、基本方針・規則等に関しましては、状況変化に応じて適宜見直しを行い、実効性のある適正な内部統
        制システムの構築・運用を実施しております。
         また、代表取締役社長直轄の監査室が、期首に策定した内部監査計画に基づき、業務全般にわたる内部監査を実
        施し、監査結果を代表取締役社長及び取締役会並びに監査等委員会に報告してまいります。
        B.リスク管理体制の整備の状況

         当社のリスク管理体制は、常勤役員、執行役員、事業部長、部長及び室長で構成される「リスク管理委員会」を
        設置しており、取締役社長が委員長を務めております。また、監査等委員である取締役およびグループ会社の役
        員・部室長は、会に出席し意見を述べることが出来、組織的なリスク管理を推進しております。総合的なリスク管
        理につきましては、必要に応じて取締役会に上程しております。
        C.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

         当社子会社の業務の適正を確保するため「内部統制システムの構築の基本方針」をもって、コスモ・バイオグ
        ループの経営管理体制を明確にし、グループ会社に対して経営方針等を伝達するとともに、グループ会社から経
        営・業績等に関する報告を受ける体制を整備しております。
         なお、子会社の管理を担当する部署を企画部とし、「関係会社管理規程」に基づき、子会社からの報告を受け、
        子会社への指導・支援を実施しています。また、当社の業務執行取締役が定期的に経営管理状況を監督するととも
        に、業績を含めた財務状況と経営課題の報告、取組みの進捗については、各定例会議にて情報共有を行い、重要な
        業務執行については当社が承認を行っております。
        D.責任限定契約の内容の概要について

         当社は、業務執行取締役ではない取締役と、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第425条第1項に定める
        最低責任限度額として、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。
         なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及び社外監査役が責任の原因となった職務の遂行につい
        て善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        E.役員等賠償責任保険契約の内容の概要

         当社は、保険会社との間で、取締役及び子会社の役員を被保険者とする会社法第430条の3第1項に規定する役
        員等賠償責任保険契約を締結しており、保険料は全額当社が負担しております。
         当該保険契約内容の概要は、役員等がその職務の執行に関し責任を負うこと又は当該責任の追及に係る請求を受
        けることによって生ずることのある損害を保険契約により填補するものです。ただし、意図的に違法行為を行った
        役員自身の損害等は補償対象外としております。
        F.取締役の定数

         当社の取締役は、13名以内とし、そのうち監査等委員である取締役は5名以内としております。
                                23/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        G.取締役の選任及び解任の決議要件
         取締役選任の決議要件は、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、議決権を行使することが
        できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行うこと及び累積投票に
        よらないものとする旨定款に定めております。
        H.取締役会で決議できる株主総会決議事項

         1)自己株式取得
          当社は、資本効率の向上を通じた株主の皆様への利益還元を図るとともに、経営環境の変化に対応した機動的
         な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引
         等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。
         2)取締役の責任免除
         当社は、取締役として有用な人材の招聘を容易にし、その期待される役割を十分発揮できるようにするため、取
         締役(取締役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の賠償責任について、法令に定める要件に該当する
         場合には、取締役会の決議によって、賠償責任額から法令に定める最低責任限度額を控除して得た額を限度とし
         て免除することができる旨定款に定めております。
         3)中間配当の決定
          株主の利益還元の機会の充実を図るため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年
         6月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
        I.株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件につきまして、議決権を行使することができる
        株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
        ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的とするものであります。
                                24/86













                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    6 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率               14.3  %)
                                                       所有株式数
         役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                              1980年4月      株式会社大塚製薬工場入社
                              1986年4月
                                    日本学術振興会特別研究員[PD]
                              1988年4月      帯広畜産大学原虫病細胞免疫研究室
                                    教務補助員
                              1990年2月      丸善石油化学株式会社入社
                              1990年9月      同社バイオ研究室室長
                              2000年10月      当社入社
                              2002年7月      当社商品宣伝部長
                              2004年4月      当社製品情報部長
                              2006年3月      当社取締役製品情報部長
        代表取締役
                              2011年3月      COSMO   BIO  USA,INC.代表取締役社長
                櫻井 治久     1954年4月4日      生                       (注)2      59,700
         社長
                              2012年3月      当社常務取締役製品情報部長兼販売
                                    支援部長
                              2014年3月      当社専務取締役技術サービス部長
                              2016年3月      当社代表取締役社長(現任)
                                    ビーエム機器株式会社取締役
                              2016年11月      株式会社プロテインテック・ジャパ
                                    ン代表取締役
                              2017年3月      ビーエム機器株式会社代表取締役社
                                    長
                              2022年3月      COSMO   BIO  USA,INC.取締役会長(現
                                    任)
                              1994年4月      丸善石油化学株式会社入社
                              2000年10月      当社入社
                              2012年4月      当社情報システム部長
                              2014年3月      ビーエム機器株式会社取締役
                              2016年11月      当社総務部長兼情報システム部長
                              2017年3月      当社取締役総務部長兼情報システム
        常務取締役                            部長
                柴山 法彦     1969年8月21日      生                       (注)2      48,800
                              2020年3月      ビーエム機器株式会社取締役総務部
        総務部長
                                    長
                                    当社常務取締役総務部長兼情報シス
                                    テム部長
                              2022年3月      ビーエム機器株式会社代表取締役社
                                    長(現任)
                                    当社常務取締役総務部長(現任)
                              1998年4月      当社入社
                              2013年4月      当社製品情報部長
                              2017年3月      当社取締役製品情報部長
                              2017年4月      当社取締役企画部長(現任)
                              2021年3月      ビーエム機器株式会社取締役(現
         取締役
                栃木 淳子     1973年12月25日      生                       (注)2      10,100
                                    任)
        企画部長
                              2022年3月
                                    COSMO   BIO  USA,INC.代表取締役社長
                                    (現任)
                                    株式会社プロテインテック・ジャパ
                                    ン代表取締役(現任)
                                25/86





                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                              1987年4月      住友不動産販売株式会社入社
                              1993年1月      コスモ石油株式会社入社
                              2011年6月      同社札幌支店支店長
                              2014年6月      同社高松支店支店長
                              2015年10月      コスモ石油マーケティング株式会社
                                    高松支店支店長
                              2017年6月      丸善石油化学株式会社取締役執行役
       独立社外取締役         佐藤 和寿
                      1964年1月10日      生
                                                   (注)3       -
                                    員総務部長
      (常勤監査等委員)           (注)1
                              2020年3月      同社取締役
                                    ビーエム機器株式会社監査役(現
                                    任)
                                    当社社外監査役
                              2022年3月
                                    当社社外取締役[監査等委員](現
                                    任)
                              1974年11月      監査法人中央会計事務所入所
                              1990年2月      佐々木会計事務所設立         所長(現任)
       独立社外取締役         佐々木 治雄
                              2000年12月      当社社外監査役
                      1950年12月18日      生                       (注)3       -
       (監査等委員)          (注)1
                              2022年3月      当社社外取締役[監査等委員](現
                                    任)
                              1973年4月      東京中小企業投資育成株式会社入社
                              1996年8月      同社秘書室長
                              1998年8月      同社審査部長
                              2000年4月      同社業務第一部長
                              2001年7月      同社総務企画部長
                              2004年6月      同社取締役
                              2007年6月      同社常務取締役
        社外取締役        深見 克俊
                      1950年3月10日      生                       (注)3       -
                              2013年6月
                                    同社監査役(現任)
       (監査等委員)          (注)1
                              2014年3月      当社社外監査役
                              2015年3月      株式会社テクノフレックス社外監査
                                    役
                              2016年3月      同社社外取締役[監査等委員](現
                                    任)
                              2022年3月
                                    当社社外取締役[監査等委員](現
                                    任)
                              1995年10月      監査法人トーマツ入所
                              2004年10月      阿部・井窪・片山法律事務所入所
                              2008年3月      島村法律会計事務所設立          代表(現
                                    任)
                              2008年6月      株式会社ソディックプラステック社
                                    外監査役
                              2008年7月      株式会社スリー・ディー・マトリッ
                                    クス社外監査役
                              2012年7月
                                    同社社外取締役(現任)
                              2014年3月      当社社外取締役
       独立社外取締役         島村 和也
                      1972年10月20日      生
                                                   (注)3       -
                              2015年6月      アイビーシステム株式会社社外監査
       (監査等委員)          (注)1
                                    役
                              2017年1月      株式会社アズーム社外監査役(現
                                    任)
                                    株式会社カイカ(現株式会社CAICA
                                    DIGITAL)社外取締役(現任)
                              2019年10月      株式会社明豊エンタープライズ社外
                                    取締役[監査等委員](現任)
                              2022年3月
                                    当社社外取締役[監査等委員](現
                                    任)
                                        計
                                                        118,600
     (注)1.佐藤和寿、佐々木治雄、深見克俊及び島村和也は、社外取締役であります。
        2.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、2022年3月23日開催の第39回定時株主総会から1年
          であります。
        3.監査等委員である取締役の任期は、2022年3月23日開催の第39回定時株主総会から2年であります。
        ② 社外役員の状況

                                26/86

                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         当社では社外取締役を4名選任(全員が監査等委員である取締役であり、うち3名が独立社外取締役)しており
        ます。
         当社は、事業の規模、性質等に照らし、一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立性の高い社外有識者を社
        外取締役として選任しており、経営の透明性、適正性を確認・確保しうる企業統治体制であると考えております。
        なお、当社は、独立社外取締役を選任するにあたっては、会社法の社外役員の要件及び東京証券取引所の定める独
        立役員の資格を満たし、高い専門性を有し、豊富な経験・知見を活かして、当社の経営に対して適切な意見を述べ
        ていただける方を選任しております。
         独立社外取締役(常勤監査等委員)佐藤和寿は、取締役としての実務経験を有し、同氏の経験と知見を当社監査
        体制の強化に活かしていただくため選任いたしました。
         独立社外取締役(監査等委員)佐々木治雄は、公認会計士及び税理士の資格を有しており、同氏の財務及び会計
        に関する専門知識と豊富な実務経験を当社の監査に反映していただくため選任いたしました。
         社外取締役(監査等委員)深見克俊は、経営者として、また監査役として広く高度な見識と経験を有しており、
        同氏の経験と知見を当社監査体制の強化に活かしていただくため選任いたしました。
         独立社外取締役(監査等委員)島村和也は、弁護士・公認会計士としての専門的な知識並びに他社の社外役員と
        しての豊富な経験を有しております。同氏の経験と知見を当社監査体制の強化に活かしていただくため選任いたし
        ました。
         佐藤和寿、佐々木治雄及び島村和也は、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありま
        せん。
         深見克俊は、東京中小企業投資育成株式会社の監査役であり、同社は当社の主要株主でありますが、一般株主と
        利益相反が生じる恐れは無いと考えております。
        ③社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門と

        の関係
         監査等委員である社外取締役は取締役会及び監査等委員会に出席し、内部監査、監査等委員会監査及び会計監査
        との相互連携を行います。また、監査等委員、内部監査人及び会計監査人は、それぞれの監査を踏まえて四半期ご
        とに情報交換を行う等、必要に応じて都度情報を共有し、三者間で連携を図ることにより三様監査の実効性を高め
        ております。
                                27/86












                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査役会監査及び監査等委員会監査の状況
          当社は、2022年3月23日開催の第39回定時株主総会における承認をもって、監査役会設置会社から監査等委員
         会設置会社へ移行いたしました。
          当社の監査等委員会は、常勤の社外取締役である監査等委員1名及び非常勤の社外取締役である監査等委員3
         名の合計4名で構成されております。
          監査等委員は、監査等委員会規程並びに監査等委員会監査等基準に基づき監査等委員会が定めた監査計画に
         従って、取締役の業務執行の監査及び内部統制システムの構築・運用の状況の監視、検証を行ってまいります。
         以下については、機関設計変更前の「監査役会監査の状況」について記載いたします。

         A.組織・人員
          当社の監査役会は、いずれも社外取締役である常勤監査役1名と非常勤監査役2名から構成されております。
         B.監査役会の活動状況

          当事業年度において当社は監査役会設置会社として監査役会を合計13回開催しており、個々の監査役の出席状
         況は以下の通りです。
            氏 名                          出席状況
          佐藤 和寿          常勤監査役(社外)             全13回のうち13回に出席
          佐々木 治雄          非常勤監査役(社外)             全13回のうち13回に出席
          深見 克俊          非常勤監査役(社外)             全13回のうち13回に出席
         ※監査役佐藤和寿、佐々木治雄、深見克俊は2022年3月23日付で監査役を退任し、同日付で監査等委員である取
          締役に選任されております。
         当事業年度において監査役会は次のような決議、報告、審議・協議を実施しております。

         決議事項:監査役監査方針・監査計画、会計監査人再任・報酬同意、会計監査人の評価・選定(再任)判断基
              準、監査報告書案等
         報告事項:決裁書類監査結果、部署別内部統制システム運用状況監査結果、企業倫理委員会等委員会運営状況、
              幹部会運営状況、子会社管理状況等業務監査結果他
         審議・協議:会計監査人の評価及び再任・不再任、会計監査人の評価・選定(再任)判断基準、監査報告書案、
               取締役会への提案事項等
          監査役会は、重点監査項目を定めて、監査上の重要な発見事項等について検討及び審議を行っており、重点監

         査項目等に関する監査結果については、随時取締役会に報告しております。
          内部統制システムの整備・運用状況について、当事業年度においては各部署単位に内部統制システムの整備・
         運用状況監査を行い、課題と認識した事項については取締役会へ報告し改善提案を行いました。
          内部監査部門とは密接に連携し、内部監査・調査に関する内容と結果について報告を受けて意見交換を行いま
         した。
          会計監査人とは、四半期レビュー時や期末監査時等において、会社の事業遂行状況と課題、財務報告リスク、
         会計処理における論点等について情報及び意見の交換を行い、会計監査の実効性を高めるために密接に連携して
         おります。
          特に「監査上の主要な検討事項(KAM)」については、会計監査人との意見交換会において記載項目の協議
         及び記載内容の協議を十分に行うことにより、KAMの検討プロセスにおける会計監査人とのコミュニケーショ
         ンの充実化に努めました。
         C.監査役の主な活動

          監査役は、取締役会に出席し議事運営・決議内容等を監査し、必要により意見表明を行っております。また、
         取締役等から経営上の重要事項に関する説明を聴取するとともに、業務の適正を確保するための体制や財務報告
         プロセスの整備、運用状況を監視・検証するなど、取締役の職務執行について適法性・妥当性の観点から監査を
         実施しました。
          常勤監査役は、幹部会、企業倫理委員会等の社内の重要な会議又は委員会に出席するほか、重要な決裁書類等
         の監査、本社および主要な事業所における業務および財産状況の調査、子会社の取締役会その他の重要な会議へ
         の出席等により取締役の職務の執行状況を把握するとともに、必要に応じて助言・提言を行っております。
          常勤監査役の監査内容は、監査役会等において適時報告され情報の共有が図られております。
        ② 内部監査の状況
         当社内部監査につきましては、監査室2名が担当し、内部監査規程に基づき年間内部監査計画を策定し、全部門
        を対象に監査し、業務執行における法令や規程の遵守及び業務の合理化・効率化を監査しております。
                                28/86

                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         当社では監査室、監査法人及び監査等委員会が相互に連携して、当社グループ全体の内部統制を常にモニタリン
        グしております。内部監査につきましては監査室を実施部署として、監査等委員会が内容を確認しております。会
        計 監査につきましては監査等委員会が確認をしております。
        ③ 会計監査の状況

         A.監査法人の名称
          監査法人A&Aパートナーズ
         B.継続監査期間

          3年間
         C.業務を執行した公認会計士

          町田 眞友
          寺田 聡司
          継続監査年数につきましては、全員7年以内であるため記載を省略しております。
         D.監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他3名であります。
         E.監査法人の選定方針と理由

          監査等委員会設置会社移行前の監査役会が監査法人A&Aパートナーズを会計監査人とした理由は、監査法人
         A&Aパートナーズが当社の事業規模に適した会計監査人としての専門性、独立性、経済性及び監査品質の確
         保、監査計画及び監査体制の適切性を有し、会計監査が適正かつ妥当に行われることを確保する体制を備えてい
         るものと判断したためであります。
          但し、会計監査人が会社法第340条第1項各号所定の解任事由に該当すると判断された場合、また、監査業務
         停止処分を受ける等当社の監査業務に重大な支障をきたす場合には、監査役会として速やかに不再任、解任等の
         判断をいたします。
         F.監査役及び監査役会による監査法人の評価

          監査等委員会設置会社移行前の監査役及び監査役会は、当社財務部門、当該会計監査人、日本公認会計士協会
         等の外部機関から情報を収集し、以下のように監査法人A&Aパートナーズを評価しております。
          現在当社を担当する該社監査チームは、ローテーション、引き継ぎ等監査体制が整備され、かつ、当社の業務
         内容、経理処理等に習熟し、有効に機能しており、監査計画の説明、レビュー結果等、適宜報告を受けておりま
         す。
                                29/86









                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
         A.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                       24                       25
      提出会社                             -                       -
      連結子会社                  -           -           -           -

                       24                       25

         計                          -                       -
         B.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(A.を除く)

          該当事項はありません。
         C.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
         D.監査報酬の決定方針

          当社は、当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針を定めておりませんが、監査計画に基づく監査
         日数、当社の規模や業務の特性等の要素を勘案し、監査公認会計士等と協議を行い、監査等委員会設置会社移行
         前の監査役会の同意を得た上で、監査報酬を決定しております。
         E.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、監査等委員会設置会社移行前の監査役会が会社法第
         399条第1項の同意をした理由は、その額の決定及び理由の相当性について審議した結果、適正な報酬と判断し
         たためであります。
                                30/86












                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         1)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
         A.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等
          取締役の報酬等は、「固定報酬」と単年度業績を反映した「業績連動型報酬」、中長期の企業価値への貢献
         と株主視点で経営強化を図ることを目的とした「譲渡制限付株式報酬」で構成されております。
          その支給の額と割合については、株主総会にて決議された総額の枠内において、役員の報酬等の算定方法に
         関する役職ごとの方針に基づき、取締役会で決定しております。また、支給の時期については、「固定報酬」
         は月例報酬としております。「業績連動型報酬」につきましては、各事業年度の連結売上高の目標達成度合い
         に応じて算出された額を、毎年一定の時期に支給しております。「譲渡制限付株式報酬」につきましては、対
         象取締役への具体的な付与時期を取締役会で決定しております。
          なお、長期的な企業価値向上に対する貢献意欲を一層高めることを目的として、株式取得型報酬制度として
         固定報酬額の一定割合の役員持株会への拠出を義務付けております。
          社外取締役の報酬等は、金銭による月例の固定報酬のみで構成されております。
         B.監査等委員である取締役の報酬等

          監査等委員である取締役の報酬等は、監査等委員会での協議により定めており、金銭による月例の固定報酬
         のみで構成されております。
         C.取締役報酬等に関する株主総会の決議の内容

          a.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の固定報酬について
           報酬限度額は、年額170百万円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。)であり、
          2022年3月23日開催の第39回定時株主総会におきまして決議いただいております。当該株主総会終結の時点
          の取締役の員数は3名です。
          b.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の業績連動報酬について

           報酬限度額は、年額20百万円以内(下限は0とする。)であり、2022年3月23日開催の第39回定時株主総
          会におきまして決議いただいております。当該株主総会終結の時点の取締役の員数は3名です。
          c.取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)の譲渡制限付株式報酬について

           譲渡制限付株式の割当のための金銭報酬債権の総額は、年額50百万円以内であり、2022年3月23日開催の
          第39回定時株主総会決議におきまして決議いただいております。当該株主総会終結の時点の取締役の員数は
          3名です。
          d.監査等委員である取締役の報酬について

           報酬限度額は、年額40百万円以内であり、2022年3月23日開催の第39回定時株主総会決議において決議い
          ただいております。当該株主総会終結の時点の監査等委員である取締役の員数は4名です。
         2)役員の報酬等の算定方法に関する役職ごとの方針

          取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職責は、従業員の職責を下回るものではなくその報酬も同じで
         あり、役職や兼職ごとの重みを勘案し、従業員の報酬を基準とした職責ごとの指数を定めております。各取締役
         の報酬等については、固定報酬、業績連動型報酬及び譲渡制限付株式報酬を含めた報酬等の額を、他に委任する
         ことなく、取締役会で決定しております。
          なお、監査等委員である取締役の個別の報酬等の額は、監査等委員会で協議の上決定しております。
         3)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定権限を有する者の氏名又は名称、その権限の内容及び裁量の範囲

          取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を
         有する者は取締役会であり、その権限の内容及び裁量の範囲は、株主総会で決議された報酬総額の上限以内にお
         いて、各取締役の職責等を総合的に判断し報酬等を決定することとしております。
          監査等委員である取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は監査等委
         員会であり、その権限の内容及び裁量の範囲は、株主総会で決議された報酬総額の上限以内において、監査等委
         員会の協議にて決定することとしております。
         4)業績連動型報酬の概要

          取締役の業績連動型報酬は、取締役の業績向上に対する意欲を高めることを目的として、業績連動型報酬に係
         る指標として、連結売上高及び親会社株主に帰属する当期純利益を採用しています。業績連動型報酬の額は、親
                                31/86

                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         会社株主に帰属する当期純利益の増減により総支給額が増減するような仕組みをとっております。対象となるの
         は、法人税法第34条第1項第3号に定める「業務執行役員」である取締役のみを対象とし、監査等委員である取
         締 役及び社外取締役には支給しておりません。
          下記方法に基づき算定の上、支給額を確定し支払います。
         A. 総支給額
          (ⅰ)親会社株主に帰属する当期純利益に、当期中に開催される取締役会において定めた比率(以下「配分利
         益率」といいます。)を乗じた額、又は(ⅱ)変動枠年額(現行年額20百万円)のいずれか少ない額とします。
          但し、当期連結売上高が前期連結売上高を上回らない場合及び親会社株主に帰属する当期純損失の場合は、
         親会社株主に帰属する当期純利益を0として計算します。
           総支給額=親会社株主に帰属する当期純利益×配分利益率(但し、20百万円が上限)

           ※配分利益率:2022年度(第40期) 1.24%
         B. 個別支給額

          各取締役への個別支給額は上記A.に基づき算出された総支給額を、取締役会において定めた職責指数に応じ
         て算定されたポイントに応じて按分した金額です。(千円未満切捨て)但し、個別支給額の限度額は下記に記
         載のとおりです。
         <2022年度(第40期)           役職ポイント>
           役職     代表取締役社長          常務取締役          取締役

          ポイント         2.87         1.56         1.37

         役職ポイントの総和は5.80(代表取締役社長1名、常務取締役1名、取締役1名)
          個別支給額=当該年度総支給額×役職ポイント÷当該年度の役職ポイントの総和
          個別支給額の限度額:代表取締役社長 10百万円
                    常務取締役                       5百万円
                    取締役                         4百万円
         C. 当事業年度における当該業績連動型報酬に係る指標の目標及び実績

          当事業年度における業績連動型報酬に係る親会社株主に帰属する当期純利益は737百万円、当期連結売上高は
         9,231百万円(目標:前期連結売上高は8,092百万円)となりました。
         5)株式取得型報酬制度の概要

          取締役(社外取締役は除く。)については、長期的な企業価値向上に対する貢献意欲を一層高めることを目的
         として、固定報酬額の一定割合を役員持株会に拠出して自社株式を取得するものとし、取得した株式は原則とし
         て退任時まで売却を不可とすることで、取締役の報酬と当社株価との連動性を持たせた株式取得型報酬としてい
         ます。
         6)譲渡制限付株式報酬の概要

          2022年3月23日開催の第39回定時株主総会決議により、取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除
         く。以下、「対象取締役」という。)に業績向上及び当社の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを付
         与するとともに、取締役と株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、譲渡制限付株式を割り当
         てる報酬制度(以下、「本制度」という。)を導入しております。
          対象取締役への譲渡制限付株式の割り当てについては、役員の報酬等の算定方法に関する役職ごとの方針に基
         づいて取締役会において決定することとしております。
          対象取締役は、当社取締役会決議に基づき支給される金銭報酬債権の全部を現物出資財産として給付し、当社
         の普通株式について発行又は処分を受けるものとし、これにより発行又は処分される当社普通株式の総数は年4
         0千株以内(ただし、本議案が承認可決された日以降の日を効力発生日とする当社の普通株式の株式分割又は株
         式併合が行われた場合、当該総数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、分割比率・併合比率等
         に応じて、当該総数を、必要に応じて合理的な範囲で調整することができるものとします。)といたします。
          なお、その1株当たりの払込金額は、これに関する取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所にお
         ける当社の普通株式の終値(同日に取引が成立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値)とします。
          本制度は、交付の日から当社の取締役その他当社の取締役会で定める地位を喪失するまでの期間を譲渡制限期
         間と設けて当社株式を付与するもので、譲渡制限の解除は、譲渡制限期間の満了時もしくは死亡など取締役会が
         正当と認める理由による退任時としております。また、原則として譲渡制限期間内に当社の取締役の地位から退
         任又は退職した場合には、対象取締役に割り当てられた株式は無償で当社が取得するものであります。
                                32/86


                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         7)当該事業年度に係る取締役の個人別の報酬等の内容が当該決定方針に沿うものであると取締役会が判断した
         理由
          当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定された報酬等の内容が
         取締役会で決議された決定方針と整合していることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断して
         おります。
        ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                                      対象となる
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                     報酬等の総額
            役員区分                                         役員の員数
                      (百万円)
                              固定報酬       業績連動型報酬         非金銭報酬等
                                                       (名)
         取締役
                          87        72        12         2       3
         (社外取締役を除く)
         監査役
                                                          0
                          -        -         -        -
         (社外監査役を除く)
                          27        27                        4
         社外役員                                  -        -
        (注)1.取締役の報酬額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
           2.当社は、役員退職慰労金制度を2010年3月25日開催の第27回定時株主総会終結の時をもって廃止してお
             ります。
        ③役員ごとの連結報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動内容

          当事業年度の取締役の報酬の決定における取締役会の活動状況は、2021年2月12日に業績連動型報酬の配分利
         益率について決議しております。
                                33/86












                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
       1.投資株式の区分の基準及び考え方
        当社グループは、投資株式の区分について、純投資目的である投資株式とは、専ら株式の価値の変動又は株式に
       係る配当によって利益を受けることを目的とするものとし、純投資目的以外の目的である投資株式とはそれ以外で
       あり、主として企業価値向上に資する取引関係強化等を目的としたものとしております。
       2.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       1)保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに議決権行使基準
        ①保有方針
         当社グループは、保有目的が純投資目的以外の目的である当該株式について、運用収益の安定的な確保、投資
        先企業との長期的・安定的な関係の維持・強化、事業戦略上のメリットの享受等、当社グループの中長期的な企
        業価値の向上に資すると判断した場合、必要により政策投資を目的として株式を保有することができる方針とし
        ております。
        ②保有の合理性を検証する方法

         当社は、毎年取締役会において、個別の政策投資を目的として保有する株式について、当社グループの保有方
        針に見合っているかの評価と検証を以下の基準で行っております。
        <関係性・取引性>当該投資先との取引関係の維持・強化が中長期の経営課題の達成や当社グループの事業の発展
                に資すると判断できるか
        <採算性・収益性>当該投資先の現時点あるいは将来の経済合理性の検証を踏まえ、当社グループの企業価値の維
                持・向上に資すると判断できるか
        <将来性・成長性>当該投資先について、中長期的な視点から、将来性・成長性が見込めると判断できるか
        <不祥事等>   株主価値が大きく毀損される事態や社会的不祥事等コーポレート・ガバナンス上の重大な懸念
                事項が生じていないと判断できるか
         また、保有目的に合致しているかどうかを検証するにあたりましては、保有先企業の、財政状態、経営成績及

        び株価、配当利回り等の状況を確認し、当社グループにおいて、経営戦略上のメリット、事業内容と関連するメ
        リット、将来的なビジネスの可能性等、企業価値の向上が期待できるかどうかや、リスク等、総合的に勘案した
        上で、保有継続の適否を判断しております。
        ③議決権行使基準

         政策保有株式の議決権行使については、すべての議案ごとに以下の点を確認し、総合的に賛否を判断しており
        ます。
        1 株主価値の毀損に繋がる行為の有無
        2 業績や株価が著しく悪化していないか
        3 その他議案に賛成することに重大な疑義があるか
                                34/86








                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
       2)銘柄数及び貸借対照表計上額
                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      6             35
     非上場株式
                      5           1,351
     非上場株式以外の株式
    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                     増資に伴う持分比率の低下により、持分法非適
                      1             0
     非上場株式
                                     用関連会社に該当しなくなったため
                                     ―
     非上場株式以外の株式                 -             -
    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     非上場株式                 -             -

     非上場株式以外の株式                 -             -

                                35/86














                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      3)特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報(非上場株式を除く)
     特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  当該株式が当社グループの成長戦略に
                                  則った業務提携関係の構築・維持・強化
                    360,000         360,000
                                  に繋がり、当社の中長期的な企業価値の
                                  向上に資すると判断し、保有していま
     新日本空調株式会社                                                   有
                                  す。
                                  注記の通り、総合的に経済合理性を検証
                      864         807
                                  し、取締役会で保有継続の適否を決定し
                                  ています。
                                  当該株式が当社グループの成長戦略に
                                  則った業務提携関係の構築・維持・強化
                    40,000         40,000
                                  に繋がり、当社の中長期的な企業価値の
     株式会社ヤクルト本                             向上に資すると判断し、保有していま
                                                        有
     社                             す。
                                  注記の通り、総合的に経済合理性を検証
                      240         208
                                  し、取締役会で保有継続の適否を決定し
                                  ています。
                                  当該株式が当社グループの成長戦略に
                                  則った業務提携関係の構築・維持・強化
                    100,000         100,000
                                  に繋がり、当社の中長期的な企業価値の
     株式会社CAC
                                  向上に資すると判断し、保有していま
                                                        有
     Holdings                             す。
                                  注記の通り、総合的に経済合理性を検証
                      145         142
                                  し、取締役会で保有継続の適否を決定し
                                  ています。
                                  当該株式が当社グループの成長戦略に
                                  則った業務提携関係の構築・維持・強化
                    29,400         29,400
                                  に繋がり、当社の中長期的な企業価値の
                                  向上に資すると判断し、保有していま
     ニチモウ株式会社                                                   有
                                  す。
                                  注記の通り、総合的に経済合理性を検証
                      71         56
                                  し、取締役会で保有継続の適否を決定し
                                  ています。
                                  当該株式は取引関係の維持・発展等を目

                    131,900         131,900
                                  的に保有しておりますが、政策保有株式
     株式会社リプロセル                             の保有方針に基づき、資産の効率化及び                      無
                                  財務体質の強化を図るため、保有継続の
                      31         54
                                  適否については随時検討しております。
     注)各銘柄の定量的な保有効果はまだ生まれておりませんが、2021年12月16日の取締役会において、当社との関係性、

     保有先企業の株価・配当利回り等の経済合理性を検証し併せて現在及び将来における定性的な保有意義を確認した上
     で、保有適否の検証を行いました。
       みなし保有株式

       該当事項はありません。
       4)保有目的が純投資目的である投資株式

       該当事項はありません。
                                36/86


                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年1月1日から2021年12月31
        日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の財務諸表について、監査法人
        A&Aパートナーズにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、会計基準等の内容について適切に把握し、また会計基準等の変更等に対し的確に対応していくため、会
       計監査人との定期的な情報交換、各種セミナーへの参加、会計税務関連出版物の購読等を通じて、連結財務諸表等
       の適正性を確保する取組みを行っております。
                                37/86














                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         3,159              3,255
        現金及び預金
                                       ※1  2,784             ※1  2,714
        受取手形及び売掛金
                                          100              300
        有価証券
                                          572              805
        商品及び製品
                                          20              28
        仕掛品
                                          24              30
        原材料及び貯蔵品
                                          100              179
        その他
                                          △ 5             △ 4
        貸倒引当金
                                         6,756              7,310
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                          589              600
          建物及び構築物
                                         △ 158             △ 185
           減価償却累計額
                                          431              415
           建物及び構築物(純額)
                                           2              2
          車両運搬具
                                          △ 2             △ 2
           減価償却累計額
                                           0              0
           車両運搬具(純額)
                                          115              124
          機械及び装置
                                         △ 70             △ 83
           減価償却累計額
                                          44              41
           機械及び装置(純額)
                                          448              469
          工具、器具及び備品
                                         △ 349             △ 389
           減価償却累計額
                                          99              79
           工具、器具及び備品(純額)
                                          60              60
          土地
                                                         2
                                          -
          建設仮勘定
                                          636              599
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                           2              1
          商標権
                                          142              154
          ソフトウエア
                                          21              26
          その他
                                          165              182
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         1,817              1,700
          投資有価証券
                                         ※2  10            ※2  10
          関係会社株式
                                          25              25
          繰延税金資産
                                          95              95
          敷金及び保証金
                                          133              149
          その他
                                          △ 1             △ 1
          貸倒引当金
                                         2,081              1,979
          投資その他の資産合計
                                         2,883              2,761
        固定資産合計
                                         9,640              10,072
       資産合計
                                38/86





                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                          488              592
        買掛金
                                          20              20
        短期借入金
                                          269              173
        未払金
                                          242              146
        未払法人税等
                                          205              161
        その他
                                         1,226              1,093
        流動負債合計
       固定負債
                                          78              92
        繰延税金負債
                                          414              501
        退職給付に係る負債
                                          50              50
        資産除去債務
                                           8              14
        その他
                                          552              658
        固定負債合計
                                         1,779              1,752
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                          918              918
        資本金
                                         1,251              1,258
        資本剰余金
                                         4,761              5,274
        利益剰余金
                                         △ 67             △ 239
        自己株式
                                         6,863              7,212
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          501              559
        その他有価証券評価差額金
                                                         7
        繰延ヘッジ損益                                  △ 5
                                                         8
                                          △ 2
        為替換算調整勘定
                                          494              574
        その他の包括利益累計額合計
                                          503              532
       非支配株主持分
                                         7,861              8,319
       純資産合計
                                         9,640              10,072
     負債純資産合計
                                39/86










                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
                                         8,092              9,231
     売上高
                                         4,940              5,572
     売上原価
                                         3,152              3,658
     売上総利益
                                     ※1 ,※2  2,399           ※1 ,※2  2,609
     販売費及び一般管理費
                                          752             1,048
     営業利益
     営業外収益
                                           0              0
       受取利息
                                           2              3
       有価証券利息
                                          34              37
       受取配当金
                                          21              16
       助成金収入
                                          12              13
       その他
                                          71              71
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           0              0
       支払利息
                                           3              0
       投資事業組合運用損
                                                         2
       自己株式取得費用                                    -
                                           1              15
       為替差損
                                           1              2
       その他
                                           6              20
       営業外費用合計
                                          817             1,099
     経常利益
     特別利益
                                          190
                                                         -
       投資有価証券売却益
                                          190
       特別利益合計                                                  -
                                         1,008              1,099
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     306              346
                                           1
                                                        △ 15
     法人税等調整額
                                          307              330
     法人税等合計
                                          701              768
     当期純利益
                                          27              31
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                          674              737
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                40/86









                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
                                          701              768
     当期純利益
     その他の包括利益
                                                         57
       その他有価証券評価差額金                                   △ 49
                                                         12
       繰延ヘッジ損益                                   △ 10
                                                         10
                                          △ 4
       為替換算調整勘定
                                        ※1  △ 64            ※1  80
       その他の包括利益合計
                                          636              848
     包括利益
     (内訳)
                                          609              817
       親会社株主に係る包括利益
                                          27              31
       非支配株主に係る包括利益
                                41/86
















                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                   918        1,251         4,181         △ 67       6,283
     当期変動額
      剰余金の配当
                                        △ 94                △ 94
      親会社株主に帰属する当期
                                         674                 674
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 0        △ 0

      自己株式の処分

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -        579         △ 0        579
     当期末残高                   918        1,251         4,761         △ 67       6,863
                          その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                 その他有価証券                     その他の包括利
                         繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                 評価差額金                     益累計額合計
     当期首残高                 551        5       2      558       478      7,321
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △ 94
      親会社株主に帰属する当期
                                                          674
      純利益
      自己株式の取得

                                                          △ 0
      自己株式の処分                                                     -

      株主資本以外の項目の当期

                      △ 49      △ 10       △ 4      △ 64       24      △ 39
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 49      △ 10       △ 4      △ 64       24       539
     当期末残高                 501       △ 5      △ 2      494       503      7,861
                                42/86








                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                   918        1,251         4,761         △ 67       6,863
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 223                △ 223
      親会社株主に帰属する当期
                                         737                 737
      純利益
      自己株式の取得

                                                △ 194        △ 194
      自己株式の処分                           6                 22         29

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         6        513        △ 171         349
     当期末残高                   918        1,258         5,274         △ 239        7,212
                          その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                 その他有価証券                     その他の包括利
                         繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                 評価差額金                     益累計額合計
     当期首残高
                      501       △ 5      △ 2      494       503      7,861
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 223
      親会社株主に帰属する当期
                                                          737
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 194

      自己株式の処分

                                                          29
      株主資本以外の項目の当期

                       57       12       10       80       28       109
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  57       12       10       80       28       458
     当期末残高                 559        7       8      574       532      8,319
                                43/86








                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,008              1,099
       税金等調整前当期純利益
                                          175              166
       減価償却費
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 190               -
                                           1
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                                 △ 0
                                                         86
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 10
       受取利息及び受取配当金                                   △ 37             △ 41
                                           0              0
       支払利息
                                                         75
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 338
       助成金収入                                   △ 21             △ 16
                                           3              0
       投資事業組合運用損益(△は益)
                                          245
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                                △ 245
                                                         75
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   △ 78
                                          126
       未払金の増減額(△は減少)                                                 △ 87
                                          23
                                                       △ 121
       その他
                                          908              990
       小計
       助成金の受取額                                    17               2
                                          37              41
       利息及び配当金の受取額
       利息の支払額                                   △ 0             △ 0
                                         △ 159             △ 385
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                          803              648
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          100              100
       有価証券の売却及び償還による収入
       有形固定資産の取得による支出                                   △ 36             △ 31
       無形固定資産の取得による支出                                   △ 29             △ 110
       投資有価証券の取得による支出                                  △ 200             △ 100
                                          209
       投資有価証券の売却による収入                                                  -
                                                         0
       投資事業組合からの分配による収入                                    -
       その他資産の取得による支出                                   △ 11             △ 15
                                          11              11
       その他
                                          42
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                                △ 145
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       自己株式の取得による支出                                   △ 0            △ 194
       配当金の支払額                                   △ 94             △ 223
       非支配株主への配当金の支払額                                   △ 2             △ 2
                                          -              △ 0
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 97             △ 420
                                                         12
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △ 5
                                          743               95
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         2,416              3,159
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  3,159             ※1  3,255
     現金及び現金同等物の期末残高
                                44/86






                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数             2 社
           連結子会社の名称
           ビーエム機器株式会社
           COSMO   BIO  USA,INC.
          (2)非連結子会社の名称等
           非連結子会社
           株式会社プロテインテック・ジャパン
           (連結の範囲から除いた理由)
            非連結子会社は、小規模であり、総資産、売上高、当期純利益及び利益剰余金等はいずれも連結財務諸
           表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)持分法適用の関連会社数
           持分法適用会社はありません。
          (2)持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称
           非連結子会社
           株式会社プロテインテック・ジャパン
           (持分法を適用しない理由)
            持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金
           (持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、か
           つ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
           (連結子会社の決算日の変更)
            連結子会社のうち決算日が12月20日であったビーエム機器株式会社は、当連結会計年度より、決算日を
           12月31日に変更しております。
            この決算日変更に伴い、当連結会計年度において、2020年12月21日から2021年12月31日までの12カ月と
           11日間を連結対象期間としております。
            なお、この変更による連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ①有価証券
            (1)満期保有目的の債券
             償却原価法を採用しております。
            (2)関係会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
            (3)その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法を採用しております。(評価差額は全部純資産直入法により処
             理し、売却原価は移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法に基づく原価法を採用しております。
              なお、投資事業組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券
             とみなされるもの)につきましては、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決
             算書を基礎とし、持分額を純額で取り込む方式によっております。
           ②デリバティブ
            時価法
                                45/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
           ③たな卸資産
            (1)商品
             移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を
            採用しております。
            (2)製品
             個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用
            しております。
            (3)原材料
             個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用
            しております。
            (4)仕掛品
             個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用
            しております。
            (5)貯蔵品
             先入先出法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を
            採用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ①有形固定資産(リース資産を除く)
            主として定率法を採用しております。
            ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除く)並びに2016年4月1日以後に取得した建
           物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物     15~34年
            車両運搬具       2~4年
            機械及び装置        8年
            工具、器具及び備品   5~6年
           ②無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用ソフトウェアにつきましては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用
           しております。
           ③リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
            貸倒引当金
            債権の貸倒損失に備えるため、一般債権につきましては貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
           つきましては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
            当社及び一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己
           都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要なヘッジ会計の方法
           ①ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理を適用しております。
           ②ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段-為替予約、通貨オプション
            ヘッジ対象-外貨建予定取引
           ③ヘッジ方針
            取締役会にて承認された為替予約方針に基づき、為替変動リスクをヘッジしております。
           ④ヘッジ有効性評価の方法
            予定取引について同一通貨の為替予約を付しているため、その後の為替相場の変動による相関関係は完全
           に確保されておりますので、有効性の評価を省略しております。
                                46/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
          (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
          おります。なお、在外子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び
          費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上し
          ております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動につきまして僅少なリス
          クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理方法
            税抜方式によっております。
         (重要な会計上の見積り)

          たな卸資産の評価
         (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
           たな卸資産(貯蔵品除く) 858百万円
         (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            連結会計年度末における正味売却価額が取得原価より下落している場合には、当該正味売却価額をもって
           貸借対照表価額としております。また、取得から一定期間を経過したたな卸資産については、過去の出荷実
           績等合理的と考えられる指標に基づき、経過年数に応じて規則的に帳簿価額を切り下げております。
            当社の主力市場である基礎研究用試薬等の需給状況の変動により、需要が想定より悪化し正味売却価額が
           著しく下落した場合、また取得からの経過年数が増加した場合には、翌連結会計年度の連結財務諸表におい
           て認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
         (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
         (未適用の会計基準等)

         (収益認識に関する会計基準等)
         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準
          委員会)
         (1)概要

           収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
            ステップ1:顧客との契約を識別する。
            ステップ2:契約における履行義務を識別する。
            ステップ3:取引価格を算定する。
            ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
            ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
         (2)適用予定日

           2022年12月期の期首から適用します。
         (3)当該会計基準等の適用による影響

          「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
          あります。
                                47/86





                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (時価の算定に関する会計基準等)
         ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日 企業会計基
          準委員会)
         ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
          基準委員会)
         (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内
          容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準
          においてはAccounting           Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏ま
          え、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を
          国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたもの
          です。
           企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算
          定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第
          13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮
          し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めること
          とされております。
         (2)適用予定日

           2022年12月期の期首から適用します。
         (3)当該会計基準等の適用による影響

          「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          であります。
         (表示方法の変更)

          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度か
          ら適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
           ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会
          計年度に係る内容については記載しておりません。
         (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
          当社グループでは、たな卸資産の評価等の会計上の見積りについては、連結財務諸表作成時において入手可
         能な情報に基づき実施しております。
          新型コロナウイルス感染症拡大が当社グループの業績に与える影響は軽微であり、翌連結会計年度以降も重
         要な影響がないという仮定に基づき会計上の見積りを行っております。
          しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う影響は、不確定要素が多く、今後の財政状態、経営成
         績に影響を及ぼす可能性があります。
                                48/86






                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1.期末日満期手形
             期末日満期手形の会計処理につきましては、手形交換日をもって決済処理しております。なお、期末日
            が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
                          前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
        受取手形                          71百万円                 20百万円
          ※2.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。

                          前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
        関係会社株式                          10百万円                 10百万円
        (うち、共同支配企業に対
                                 (10)                 (10)
        する投資の金額)
         (連結損益計算書関係)

          ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                          至 2020年12月31日)                   至 2021年12月31日)
        給料手当                         654  百万円                705  百万円
                                 279                 320
        賞与
          ※2.販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費

                          前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                          至 2020年12月31日)                   至 2021年12月31日)
                                  80 百万円                70 百万円
                                49/86











                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 120百万円                83百万円
      組替調整額                                △191                 -
       税効果調整前
                                       △71                83
       税効果額                                 21              △25
       その他有価証券評価差額金
                                       △49                57
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                 △12                34
      組替調整額                                 △3               △16
       税効果調整前
                                       △15                17
       税効果額                                 4              △5
       繰延ヘッジ損益
                                       △10                12
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 △4                10
        その他の包括利益合計
                                       △64                80
                                50/86














                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び総数に関する事項

                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
           株式の種類
                     首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   6,048,000             -          -      6,048,000

            合計             6,048,000             -          -      6,048,000

     自己株式

      普通株式(注)                    120,000            44          -       120,044

            合計              120,000            44          -       120,044

        (注)普通株式の自己株式の株式数の増加44株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
     2.配当に関する事項

      (1)    配当金支払額
                         配当金の総額
                                 1株当たり配
          決議         株式の種類                          基準日         効力発生日
                                 当額(円)
                          (百万円)
     2020年3月24日
                  普通株式            47         8   2019年12月31日          2020年3月25日
     定時株主総会
     2020年8月5日
                  普通株式            47         8   2020年6月30日          2020年9月10日
     取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
        決議          株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              当額(円)
     2021年3月23日
                普通株式          154    利益剰余金           26   2020年12月31日         2021年3月24日
     定時株主総会
                                51/86










                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び総数に関する事項

                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
           株式の種類
                     首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   6,048,000             -          -      6,048,000

            合計             6,048,000             -          -      6,048,000

     自己株式

      普通株式(注1、2)                    120,044          160,000          23,900         256,144

            合計              120,044          160,000          23,900         256,144

        (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加160,000株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものであ
             ります。
           2.普通株式の自己株式の株式数の減少23,900株は、取締役会決議による譲渡制限付株式報酬としての処分
             によるものであります
     2.配当に関する事項

      (1)    配当金支払額
                         配当金の総額
                                 1株当たり配
          決議         株式の種類                          基準日         効力発生日
                                 当額(円)
                          (百万円)
     2021年3月23日
                  普通株式            154         26   2020年12月31日          2021年3月24日
     定時株主総会
     2021年8月5日
                  普通株式            69        12   2021年6月30日          2021年9月10日
     取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
        決議          株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              当額(円)
     2022年3月23日
                普通株式          139    利益剰余金           24   2021年12月31日         2022年3月24日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1   現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                  至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
     現金及び預金勘定                                  3,159百万円              3,255百万円
     現金及び現金同等物                                  3,159              3,255
                                52/86






                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
           当社グループは、一時的な余剰資金は安全性の高い金融商品で運用し、資金調達は銀行借入を用いる方針
          です。デリバティブは、事業活動上生じる為替変動リスクを軽減する目的で行っており、投機的な取引は行
          わない方針です。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク
           営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、外貨建の営業債権
          は、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建の買掛金残高の範囲内にあります。
           有価証券及び投資有価証券は、主に満期保有目的の債券及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市
          場価格の変動リスクに晒されております。
           営業債務である買掛金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。また、外貨建の営業債務
          は、為替変動リスクに晒されておりますが、先物為替予約及び通貨オプションを利用してヘッジしておりま
          す。
           デリバティブ取引は、外貨建の営業債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先物為替予
          約取引及び通貨オプションであります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、
          ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会
          計方針に関する事項(5)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
          (3)金融商品に係るリスク管理体制
          ①  信用リスク(取引先の契約不履行等にかかるリスク)の管理
           当社は、販売管理規程及び与信管理規程に従い、営業債権について、営業部が主要な取引先を定期的にモ
          ニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早
          期把握や軽減を図っております。
           満期保有目的の債券は、資金運用方針に従い、格付の高い債券のみを対象としているため、信用リスクは
          僅少であります。
           デリバティブ取引については、取引相手先を高格付を有する金融機関に限定しているため、信用リスクは
          ほとんどないと認識しております。
          ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
           当社は、外貨建の営業債務について、通貨別月別に把握された為替の変動リスクに対して、原則として先
          物為替予約及び通貨オプションを利用してヘッジしております。
           有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、ま
          た、満期保有目的の債券以外のものについては、市況や取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に
          見直しております。
           デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めたデリバティブ取引管理規程に従うこととし
          ております。
          (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
          含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用す
          ることにより、当該価額が変動することがあります。また注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリ
          バティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すもの
          ではありません。
                                53/86







                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2020年12月31日)
                     連結貸借対照表計上額
                                    時価(百万円)             差額(百万円)
                        (百万円)
     (1)現金及び預金                         3,159             3,159               -
     (2)受取手形及び売掛金                         2,784             2,784               -
     (3)有価証券及び投資有価証券
      ①満期保有目的の債券                          600             597             △2
      ②その他有価証券                         1,268             1,268               -
           資産計                   7,812             7,810              △2
     (1)買掛金                          488             488              -
           負債計                    488             488              -
     デリバティブ取引(*1)                          (7)             (7)              -
     (*1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
        は(   )で示しております。
            当連結会計年度(2021年12月31日)
                     連結貸借対照表計上額
                                    時価(百万円)             差額(百万円)
                        (百万円)
     (1)現金及び預金                         3,255             3,255               -
     (2)受取手形及び売掛金                         2,714             2,714               -
     (3)有価証券及び投資有価証券
      ①満期保有目的の債券                          600             601              1
      ②その他有価証券                         1,351             1,351               -
           資産計                   7,921             7,923               1
     (1)買掛金                          592             592              -
           負債計                    592             592              -
     デリバティブ取引(*1)                           12             12             -
     (*1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
        は(   )で示しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
          (3)有価証券及び投資有価証券
            これらの時価について、株式等は取引所の価格によっており、債券等は取引金融機関等から提示された価
           格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」
           をご参照下さい。
         負 債
          (1)買掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
         デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
                                54/86


                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

             区分
                           (2020年12月31日)                  (2021年12月31日)
     非上場株式                                  45                  45
     投資事業組合出資                                  13                  12

         合計                                  59                  58

            非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
           「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
            投資事業組合出資については、組合財産が非上場株式など時価を把握することが極めて困難と認められる
           もので構成されていることから、「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2020年12月31日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                       3,159           -         -         -

     受取手形及び売掛金                       2,784           -         -         -

     有価証券及び投資有価証券

      満期保有目的の債券

       (1)社債                      100         500          -         -
             合計                6,043          500          -         -

           当連結会計年度(2021年12月31日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                       3,255           -         -         -

     受取手形及び売掛金                       2,714           -         -         -

     有価証券及び投資有価証券

      満期保有目的の債券

       (1)社債                      300         300          -         -
             合計                6,270          300          -         -

                                55/86






                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.満期保有目的の債券
            前連結会計年度(2020年12月31日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                            額(百万円)
                 (1)国債・地方債等                   -           -           -

                 (2)社債                   400           400            0
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               400           400            0

                 (1)国債・地方債等                   -           -           -

                 (2)社債                   200           196           △3
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               200           196           △3

               合計                     600           597           △2

            当連結会計年度(2021年12月31日)

                            連結貸借対照表計上
                     種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                            額(百万円)
                 (1)国債・地方債等                   -           -           -

                 (2)社債                   500           501            1
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               500           501            1

                 (1)国債・地方債等                   -           -           -

                 (2)社債                   100           99          △0
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               100           99          △0

               合計                     600           601            1

                                56/86









                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
          2.その他有価証券
            前連結会計年度(2020年12月31日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            額(百万円)
                 (1)株式                  1,212            488           723

                 (2)債券
                  ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                    等
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計              1,212            488           723

                 (1)株式                   56           56          △0

                 (2)債券
                  ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                    等
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計                56           56          △0

               合計                    1,268            545           723

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額35百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
        と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
        投資事業組合出資(連結貸借対照表価額13百万円)については、組合財産が非上場株式など時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められるもので構成されていることから、上表の「その他有価証券」には含めておりませ
        ん。
                                57/86










                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(2021年12月31日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            額(百万円)
                 (1)株式                  1,351            545           806

                 (2)債券
                  ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                    等
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計              1,351            545           806

                 (1)株式                   -           -           -

                 (2)債券
                  ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                    等
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計                -           -           -

               合計                    1,351            545           806

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額35百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
        と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
        投資事業組合出資(連結貸借対照表価額12百万円)については、組合財産が非上場株式など時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められるもので構成されていることから、上表の「その他有価証券」には含めておりませ
        ん。
          3.売却したその他有価証券

            前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                    (百万円)              (百万円)
     (1)株式                         209              190              -

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                              -              -              -
      ②   社債
                              -              -              -
      ③   その他
                              -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                    209              190              -

            当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
             該当事項はありません。
                                58/86




                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          通貨関連
           前連結会計年度(2020年12月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(2021年12月31日)
            該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           通貨関連
           前連結会計年度(2020年12月31日)
                                             契約額等の
                                     契約額等                 時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象                  うち1年超
                                     (百万円)                (百万円)
                                             (百万円)
                為替予約取引
     原則的処理方法            買建            買掛金
                  米ドル                          523        125        △7
                   合計                      523        125        △7

     (注) 時価の算定方法
          取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
           当連結会計年度(2021年12月31日)

                                             契約額等の
                                     契約額等                 時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象                  うち1年超
                                     (百万円)                (百万円)
                                             (百万円)
                為替予約取引
     原則的処理方法            買建            買掛金
                  米ドル                          125         -        12
                   合計                      125         -        12

     (注) 時価の算定方法
          取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                59/86









                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度のほか、特定退職金共済制度又は、中小
       企業退職金共済制度に加入しております。
        なお、当社及び一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付
       に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
      2.確定給付制度

       (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                  至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
          退職給付に係る負債の期首残高                               425百万円              414百万円
           退職給付費用                              71             114
           退職給付の支払額                             △57              △2
           制度への拠出額                             △24              △25
          退職給付に係る負債の期末残高                               414              501
       (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

         資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                  至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
          積立型制度の退職給付債務                               636百万円              750百万円
          年金資産                              △222              △249
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               414              501
          退職給付に係る負債                               414百万円              501百万円

          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               414              501
       (3)退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用  前連結会計年度71百万円  当連結会計年度114百万円
         (ストック・オプション等関係)

         該当事項はありません。
                                60/86









                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度              当連結会計年度
                              (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     繰延税金資産
      未払事業税                              16百万円              13百万円
      退職給付に係る負債                              128              155
      投資有価証券評価損                              59              59
      棚卸資産評価損                              18              15
      資産除去債務                              15              15
                                    24              13
      その他
     繰延税金資産小計
                                    262              273
                                   △79              △77
     評価性引当額
     繰延税金資産合計
                                    182              196
     繰延税金負債
      資産除去債務に対応する除去費用                             △13              △12
      為替予約                              -             △3
      その他有価証券評価差額金                             △221              △246
                                    △0              △0
      その他
     繰延税金負債合計                              △235              △263
     繰延税金資産(負債)の純額                              △52              △66
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                               前連結会計年度              当連結会計年度
                              (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
                             法定実効税率と税効果会               法定実効税率と税効果会
                            計適用後の法人税等の負担              計適用後の法人税等の負担
                            率との間の差異が法定実効              率との間の差異が法定実効
                            税率の100分の5以下である              税率の100分の5以下である
                            ため注記を省略しておりま              ため注記を省略しておりま
                            す。              す。
                                61/86










                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
             当社グループは、不動産賃貸契約に伴う原状回復義務の資産除去債務を計上しております。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間を取得から18~45年と見積り、割引率は1.65%~1.99%を使用して資産除去債務の金額を
            計算しております。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                  至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
              期首残高                           50百万円              50百万円
              時の経過による調整額                           0              0
              期末残高                           50              50
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
          前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
           当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

           当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

          前連結会計年度(自          2020年1月1日        至  2020年12月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
           2.地域ごとの情報

           (1)売上高
            本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産
            本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため記載してお
           りません。
          当連結会計年度(自          2021年1月1日        至  2021年12月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
           を省略しております。
           2.地域ごとの情報

           (1)売上高
            本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産
            本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
                                62/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
          3.主要な顧客ごとの情報
            外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため記載してお
           りません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前連結会計年度(自           2020年1月1日         至   2020年12月31日)
           当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自           2021年1月1日         至   2021年12月31日)

           当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                63/86















                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
          1.関連当事者との取引
            該当事項はありません。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

           (1)親会社情報
            該当事項はありません。
           (2)重要な関連会社の要約財務情報

            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

          1.関連当事者との取引
            該当事項はありません。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

           (1)親会社情報
            該当事項はありません。
           (2)重要な関連会社の要約財務情報

            該当事項はありません。
                                64/86













                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
           項目             (自 2020年1月1日                    (自 2021年1月1日
                        至 2020年12月31日)                    至 2021年12月31日)
                                1,241    円  18  銭               1,344    円  48  銭
     1株当たり純資産額
                                 113   円  70  銭                126   円  94  銭
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    潜在株式調整後1株当たり当期純利益に                    潜在株式調整後1株当たり当期純利益に
     当期純利益
                   ついては、潜在株式が存在しないため記載                    ついては、潜在株式が存在しないため記載
                   しておりません。                    しておりません。
    (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                   至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
      1株当たり当期純利益
       親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)
                                          674              737
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益(百
                                          674              737
       万円)
       期中平均株式数(株)                                 5,927,978              5,808,789
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                65/86













                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高        当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                               (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                               20        20     0.84      -

     1年以内に返済予定のリース債務                               -        1     -     -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                               -        7     -  2023年~2027年

                合計                    20        29      -     -

     (注)1.平均利率につきましては、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率につきましては、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債
           務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
          リース債務                   1         1         1         1

         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会計
         年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定によ
         り記載を省略しております。
      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     2,878          4,835          6,881          9,231
     税金等調整前四半期(当期)
                           534          752          937         1,099
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益                      333          490          615          737
     (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          56.80          84.19          105.91          126.94
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                          56.80          27.19          21.67          21.00
     (円)
                                66/86





                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         2,507              2,783
        現金及び預金
                                        ※1  300             ※1  64
        受取手形
                                       ※2  1,753             ※2  2,084
        売掛金
                                          100              300
        有価証券
                                          249              283
        商品
                                          28              29
        製品
                                          18              23
        原材料
                                          20              28
        仕掛品
                                           6              7
        貯蔵品
                                          21              23
        前渡金
                                          27              36
        前払費用
                                                         12
        為替予約                                  -
                                          15              18
        その他
                                         5,050              5,697
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                          387              374
          建物及び構築物
                                          44              41
          機械及び装置
                                          80              54
          工具、器具及び備品
                                          22              22
          土地
                                                         2
                                          -
          建設仮勘定
                                          535              495
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          17              13
          特許権
                                           1              1
          商標権
                                          138              137
          ソフトウエア
                                           0              12
          その他
                                          158              164
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         1,817              1,700
          投資有価証券
                                          672              672
          関係会社株式
                                           4              14
          長期前払費用
                                          95              95
          敷金及び保証金
                                          96              100
          保険積立金
                                           2              2
          その他
                                         2,689              2,585
          投資その他の資産合計
                                         3,383              3,245
        固定資産合計
                                         8,434              8,942
       資産合計
                                67/86






                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        ※2  395            ※2  414
        買掛金
                                          20              20
        短期借入金
                                          208              153
        未払金
                                          58              55
        未払費用
                                          207              130
        未払法人税等
                                          26               9
        前受金
                                          62              69
        預り金
                                          21               1
        その他
                                         1,000               854
        流動負債合計
       固定負債
                                          366              447
        退職給付引当金
                                          78              92
        繰延税金負債
                                          49              49
        資産除去債務
                                           8              14
        その他
                                          502              603
        固定負債合計
                                         1,503              1,458
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                          918              918
        資本金
        資本剰余金
                                         1,221              1,221
          資本準備金
                                                         6
                                          -
          その他資本剰余金
                                         1,221              1,228
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                          21              21
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         1,000              1,000
           別途積立金
                                         3,339              3,987
           繰越利益剰余金
                                         4,360              5,009
          利益剰余金合計
        自己株式                                 △ 67             △ 239
                                         6,433              6,917
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          501              559
        その他有価証券評価差額金
                                                         7
                                          △ 5
        繰延ヘッジ損益
                                          496              566
        評価・換算差額等合計
                                         6,930              7,484
       純資産合計
                                         8,434              8,942
     負債純資産合計
                                68/86







                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
                                       ※1  5,935             ※1  7,029
     売上高
                                       ※1  3,530             ※1  4,212
     売上原価
                                         2,405              2,816
     売上総利益
                                     ※1 ,※2  1,801           ※1 ,※2  1,967
     販売費及び一般管理費
                                          603              848
     営業利益
     営業外収益
                                           0              0
       受取利息
                                           2              3
       有価証券利息
                                         ※1  34            ※1  278
       受取配当金
                                          21              16
       助成金収入
                                         ※1  23            ※1  22
       その他
                                          83              320
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           0              0
       支払利息
                                                         2
       自己株式取得費用                                    -
                                           1              15
       為替差損
                                           3              0
       投資事業組合運用損
                                           0              2
       その他
                                           7              20
       営業外費用合計
                                          679             1,148
     経常利益
     特別利益
                                          190
                                                         -
       投資有価証券売却益
                                          190
       特別利益合計                                                  -
                                          870             1,148
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     256              293
                                           6
                                                        △ 17
     法人税等調整額
                                          262              276
     法人税等合計
                                          608              872
     当期純利益
                                69/86










                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2020年1月1日                  (自 2021年1月1日
                           至 2020年12月31日)                  至 2021年12月31日)
                    注記
           区分                 金額(百万円)                  金額(百万円)
                    番号
     商品及び製品期首たな卸高                                292                  277
     当期商品仕入高                               3,312                  4,009
                                     221                  255
     当期製品製造原価
          計                               3,827                  4,542
     他勘定への振替高                ※1
                                     18                  17
                                     277                  313
     商品及び製品期末たな卸高
     当期売上原価
                                    3,530                  4,212
     (注)
      ※1 他勘定への振替高の内訳は次のとおりであります。
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2020年1月1日                  (自 2021年1月1日
                            至 2020年12月31日)                  至 2021年12月31日)
             区分                金額(百万円)                  金額(百万円)

     販売費及び一般管理費への振替高                                 5                  5

     材料へ振替高                                 13                  11
                                      0                  -
     その他
          計
                                     18                  17
      【製造原価明細書】

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2020年1月1日                  (自 2021年1月1日
                           至 2020年12月31日)                  至 2021年12月31日)
                    注記                 構成比                  構成比

           区分               金額(百万円)                  金額(百万円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                           111       50.0           143       54.4
     Ⅱ 労務費                           65       29.7            75       28.5
                                45                  44
     Ⅲ 経費                                  20.4                  17.1
        当期総製造費用                              100.0                  100.0
                                222                  263
                                18                  20
        仕掛品期首たな卸高
         合計
                                241                  284
                                20                  28
        仕掛品期末たな卸高
        当期製品製造原価
                                221                  255
     原価計算の方法
      原価計算の方法は、個別原価計算にて計算しております。
                                70/86





                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                利益剰余金
                                                       株主資本
                                     その他利益剰余金
              資本金                                    自己株式
                       その他資本     資本剰余                  利益剰余         合計
                  資本準備金              利益準備金
                       剰余金     金合計              繰越利益     金合計
                                    別途積立金
                                         剰余金
     当期首残高           918    1,221      -   1,221      21   1,000     2,825     3,847     △ 67   5,920
     当期変動額
      剰余金の配当                                     △ 94    △ 94        △ 94
      当期純利益                                      608     608         608
      自己株式の取得
                                                     △ 0    △ 0
      自己株式の処分
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計
                 -     -     -     -     -     -    513     513     △ 0    513
     当期末残高           918    1,221      -   1,221      21   1,000     3,339     4,360     △ 67   6,433
                        評価・換算差額等

                                           純資産合計
              その他有価証券評価
                        繰延ヘッジ損益        評価・換算差額等合計
              差額金
     当期首残高                551          5        556        6,477
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                △ 94
      当期純利益                                          608
      自己株式の取得                                          △ 0
      自己株式の処分                                           -
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                    △ 49        △ 10        △ 60        △ 60
      (純額)
     当期変動額合計               △ 49        △ 10        △ 60         453
     当期末残高                501         △ 5        496        6,930
                                71/86








                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                利益剰余金
                                                       株主資本
                                     その他利益剰余金
              資本金                                    自己株式
                       その他資本     資本剰余                  利益剰余         合計
                  資本準備金              利益準備金
                       剰余金     金合計              繰越利益     金合計
                                    別途積立金
                                         剰余金
     当期首残高           918    1,221      -   1,221      21   1,000     3,339     4,360     △ 67   6,433
     当期変動額
      剰余金の配当
                                           △ 223    △ 223        △ 223
      当期純利益                                      872     872         872
      自己株式の取得                                              △ 194    △ 194
      自己株式の処分                    6     6                      22     29
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計            -     -     6     6    -     -    648     648    △ 171     483
     当期末残高
                918    1,221      6   1,228      21   1,000     3,987     5,009     △ 239    6,917
                        評価・換算差額等

                                           純資産合計
              その他有価証券評価
                        繰延ヘッジ損益        評価・換算差額等合計
              差額金
     当期首残高
                     501         △ 5        496        6,930
     当期変動額
      剰余金の配当                                         △ 223
      当期純利益                                          872
      自己株式の取得
                                               △ 194
      自己株式の処分                                           29
      株主資本以外の項
      目の当期変動額               57         12         70         70
      (純額)
     当期変動額合計                57         12         70         553
     当期末残高                559          7        566        7,484
                                72/86









                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
          (1)満期保有目的の債券
           償却原価法を採用しております。
          (2)関係会社株式
           移動平均法による原価法を採用しております。
          (3)その他有価証券
           時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法を採用しております。(評価差額は全部純資産直入法により処理
           し、売却原価は移動平均法により算定)
           時価のないもの
            移動平均法に基づく原価法を採用しております。
            なお、投資事業組合及びそれに類する組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみな
           されるもの)につきましては、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎
           とし、持分相当額を純額で取り込む方式によっております。
         2.デリバティブの評価基準及び評価方法

           デリバティブ
            時価法によっております。
         3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

          (1)商品
           移動平均法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用
          しております。
          (2)製品
           個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用して
          おります。
          (3)原材料
           個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用して
          おります。
          (4)仕掛品
           個別法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用して
          おります。
          (5)貯蔵品
           先入先出法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用
          しております。
         4.固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産(リース資産を除く)
           主として定率法を採用しております。
           ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月1日以後に取得し
          た建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物及び構築物    15~31年
          機械及び装置       8年
          工具、器具及び備品  5~6年
          (2)無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法を採用しております。
           なお、自社利用ソフトウェアにつきましては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用
          しております。
          (3)リース資産
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                73/86



                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         5.引当金の計上基準
          (1)貸倒引当金
           債権の貸倒損失に備えるため、一般債権につきましては貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
          つきましては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)退職給付引当金
           従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
          しております。
         6.ヘッジ会計の方法

          (1)ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理を適用しております。
          (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
           ヘッジ手段-為替予約、通貨オプション
           ヘッジ対象-外貨建予定取引
          (3)ヘッジ方針
           取締役会にて承認された為替予約方針に基づき、為替変動リスクをヘッジしております。
          (4)ヘッジ有効性評価の方法
           予定取引について同一通貨の為替予約を付しているため、その後の為替相場の変動による相関関係は完全
          に確保されておりますので、有効性の評価を省略しております。
         7.消費税等の会計処理方法

             税抜方式によっております。
         (重要な会計上の見積り)

          たな卸資産の評価
         (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
           たな卸資産(貯蔵品除く) 365百万円
         (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            連結財務諸表の「注記事項(重要な会計上の見積り)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略し
           ております。
         (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
         (表示方法の変更)

          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度から適
          用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
         (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
           当社では、たな卸資産の評価等の会計上の見積りについては、財務諸表作成時において入手可能な情報に基
          づき実施しております。
           新型コロナウイルス感染症拡大が当社の業績に与える影響は軽微であり、翌事業年度以降も重要な影響がな
          いという仮定に基づき会計上の見積りを行っております。
           しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う影響は、不確定要素が多く、今後の財政状態、経営成
          績に影響を及ぼす可能性があります。
                                74/86





                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1.期末日満期手形
             期末日満期手形の会計処理につきましては、手形交換日をもって決済処理しております。なお、期末日
            が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
                         前事業年度                 当事業年度
                       (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
        受取手形                        64百万円                 17百万円
          ※2.関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示されたものを除く)

                         前事業年度                 当事業年度
                       (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
        短期金銭債権                        94百万円                 134百万円
        短期金銭債務                        4                 4
         (損益計算書関係)

          ※1.関係会社との取引高
                          前事業年度                 当事業年度
                       (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                        至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
        営業取引による取引高
         売上高                      302百万円                 446百万円
         仕入高                       12                  8
         販売費及び一般管理費                       19                 16
        営業取引以外の取引によ
        る取引高
         営業外収益                       14                256
          ※2.販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度30.0%、当事業年度31.3%、一般管理費に属する費

            用のおおよその割合は前事業年度70.0%、当事業年度68.7%であります。
             主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前事業年度                  当事業年度
                      (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                       至 2020年12月31日)                   至 2021年12月31日)
        給料手当                       448  百万円                477  百万円
                               227                 262
        賞与
         (有価証券関係)

           子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式672百万円、前事業年度の貸借
          対照表計上額は子会社株式672百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められる
          ことから、記載しておりません。
                                75/86







                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度              当事業年度
                              (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     繰延税金資産
      未払事業税                              12百万円              12百万円
      退職給付引当金超過                              112              136
      投資有価証券評価損                              59              59
      資産除去債務                              15              15
      長期未払金                               2              2
                                    21              11
      その他
     繰延税金資産小計
                                    222              236
                                   △66              △65
     評価性引当額
     繰延税金資産合計
                                    156              170
     繰延税金負債
      資産除去債務に対応する除去費用                             △13              △12
      為替予約                              -             △3
                                   △221              △246
      その他有価証券評価差額金
     繰延税金負債合計                              △234              △262
     繰延税金資産(負債)の純額                              △78              △92
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                前事業年度              当事業年度
                              (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     法定実効税率
                             法定実効税率と税効果会                    30.62%
     (調整)                       計適用後の法人税等の負担
                            率との間の差異が法定実効
     住民税均等割                                            0.29
                            税率の100分の5以下である
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                            0.02
                            ため注記を省略しておりま
     受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                           △6.62
                            す。
     試験研究費税額控除                                           △0.10
     評価性引当額の増減額                                           △0.08
     その他                                           △0.04
     税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                24.09
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                76/86








                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:百万円)
                                                      減価償却累

       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                      計額
            建物及び構築物               465       10      -      23      476      102

     有形固定資産
            機械及び装置               115       9      -      12      124       83
            工具、器具及び備品               400       10       4      36      406      352

            土地               22      -      -      -      22      -

            建設仮勘定               -       3      0      -       2      -

                 計         1,004        33       4      73     1,033       538

            特許権               37       1      -       5      38      24

     無形固定資産
            商標権                3      -      -       0      3      1
            ソフトウエア               385       67      -      68      453      315

            その他                0      47      36       0      12       0

                 計          426      116       36      74      506      342

     (注)1.当期首残高及び当期末残高については、取得価額により記載しております。
        2.当期増加額のうち、主なものは次のとおりであります。
         ①.ソフトウェア:システム関連                      67百万円
         ②.その他:システム関連                   47百万円
         【引当金明細表】

         該当事項はありません。
      (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                77/86









                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 1月1日から12月31日まで
      定時株主総会                 毎事業年度の終了後から3ヶ月以内

      基準日                 12月31日

                       6月30日
      剰余金の配当の基準日
                       12月31日
      1単元の株式数                 100株
      端株の買取り

       取扱場所                ―

       株主名簿管理人                ―

       取次所                ―

       買取手数料                ―

                        当会社の公告は電子公告の方法により行います。ただし、やむを得ない事由
                       により電子公告をすることができない場合は、東京都において発行する日本経
                       済新聞に掲載して行います。
      公告掲載方法
                        なお、電子公告は当社ウェブサイトに掲載しており、そのアドレスは次のと
                       おりです。
                        https://www.cosmobio.com/
      株主に対する特典                 該当事項はありません。
    (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、株主の有する株式数に応じて
        募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利並びに単元未満株式の売渡請求をする権利以外の権利
        を有しておりません。
                                78/86











                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社には、親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
           事業年度(第38期)(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)2021年3月24日関東財務局長に提出。
        (2)内部統制報告書及びその添付書類
           2021年3月24日に関東財務局長に提出。
        (3)臨時報告書
           2021年3月26日に関東財務局長に提出。
           企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づ
          く臨時報告書であります。
        (4)四半期報告書及び確認書
           (第39期第1四半期)(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)2021年5月12日関東財務局長に提出。
           (第39期第2四半期)(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)2021年8月11日関東財務局長に提出。
           (第39期第3四半期)(自 2021年7月1日 至 2021年9月30日)2021年11月10日関東財務局長に提出。
        (5)自己株券買付状況報告書
           報告期間(自 2021年3月1日 至 2021年3月31日)2021年4月15日関東財務局長に提出。
           報告期間(自 2021年4月1日 至 2021年4月30日)2021年5月14日関東財務局長に提出。
           報告期間(自 2021年5月1日 至 2021年5月31日)2021年6月15日関東財務局長に提出。
           報告期間(自 2021年6月1日 至 2021年6月30日)2021年7月15日関東財務局長に提出。
           報告期間(自 2021年7月1日 至 2021年7月31日)2021年8月13日関東財務局長に提出。
           報告期間(自 2021年8月1日 至 2021年8月31日)2021年9月15日関東財務局長に提出。
                                79/86












                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                80/86




















                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2022年3月24日

    コスモ・バイオ株式会社
      取締役会 御中

                            監査法人A&Aパートナーズ

                            東京都中央区

                            指   定   社   員

                                      公認会計士
                                              町田 眞友       印
                            業  務  執  行  社  員
                            指   定   社   員
                                      公認会計士
                                              寺田 聡司       印
                            業  務  執  行  社  員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いるコスモ・バイオ株式会社の2021年1月1日から2021年12月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
    貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結
    財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、コス
    モ・バイオ株式会社及び連結子会社の2021年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
    績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     (たな卸資産の評価)

        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

                                81/86







                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
      会社は、ライフサイエンスに関する研究用試薬、機器、                             当監査法人は、たな卸資産の評価の妥当性を検討するた
     受託サービス及び臨床検査薬の仕入卸売販売を主たる業務                            め、主に以下の監査手続を実施した。
     とし、当連結会計年度の連結貸借対照表において商品及び                            (1)  内部統制の評価
     製品805百万円、仕掛品28百万円、原材料23百万円を計上
                                 ・たな卸資産の評価に関連する内部統制の整備及び運用状
     しており、合計金額858百万円は総資産額の8.5%を占めて
                                  況、特にたな卸資産の評価に使用するデータの抽出及び
     いる。
                                  評価資料の作成に係る統制について有効性を評価した。
      注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な
                                 (2)  たな卸資産の評価に係る見積りの妥当性の評価
     事項)4.会計方針に関する事項(1)重要な資産の評価
                                 ・たな卸資産の評価基準及び評価方法が、市場環境等を考
     基準及び評価方法③         に記載のとおり、会社は、たな卸資産
                                  慮した需要予測や過去の出荷実績等の実態に即した合理
     の貸借対照表価額を収益性の低下に基づく簿価切下げの方
                                  的なものであるかを検討し、たな卸資産の評価に係る経
     法により算定している。具体的には、                 (重要な会計上の見
                                  営者の見積り方法を評価した。
     積り)   に記載のとおり、連結会計年度末における正味売却
                                 ・経営者がたな卸資産の評価に使用したデータの網羅性及
     価額が取得原価より下落している場合には、当該正味売却
                                  び指標の正確性について検証した。
     価額をもって貸借対照表価額としている。また、取得から
                                 ・経営者が行ったたな卸資産の評価基準に基づいた評価の
     一定期間を経過したたな卸資産については、過去の出荷実
                                  正確性について、評価資料の再計算を行った。
     績等合理的と考えられる指標に基づき、経過年数に応じて
     規則的に帳簿価額を切り下げている。
      たな卸資産の評価の見積りにあたっては、市場環境等を
     考慮した需要予測に基づく正味売却価額や過去の出荷実績
     等合理的と考えられる指標など重要な仮定が用いられてお
     り、経営者の主観的な判断や不確実性を伴う会計上の見積
     りが含まれている。
      以上から、当監査法人は、たな卸資産の評価が監査上の
     主要な検討事項に該当すると判断した。
    連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
     ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
     引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
                                82/86

                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
     手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
     に 対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止され
    ている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると
    合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    <内部統制監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、コスモ・バイオ株式会社の
    2021年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、コスモ・バイオ株式会社が2021年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
    の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
    務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
    監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
    係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
    て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適
     用される。
    ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
     統制報告書の表示を検討する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
     は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任
     を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別した
    内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項について報
    告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

                                83/86

                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上
     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                84/86



















                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2022年3月24日

    コスモ・バイオ株式会社

      取締役会 御中

                            監査法人A&Aパートナーズ

                            東京都中央区

                            指   定   社   員

                                      公認会計士
                                              町田 眞友       印
                            業  務  執  行  社  員
                            指   定   社   員
                                      公認会計士
                                              寺田 聡司       印
                            業  務  執  行  社  員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いるコスモ・バイオ株式会社の2021年1月1日から2021年12月31日までの第39期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
    照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、コスモ・
    バイオ株式会社の2021年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点にお
    いて適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であると
    判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成において対
    応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    たな卸資産の評価

     連結財務諸表の監査報告書に記載されている監査上の主要な検討事項(たな卸資産の評価)と同一内容であるため、記
    載を省略している。
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                85/86

                                                          EDINET提出書類
                                                    コスモ・バイオ株式会社(E02991)
                                                           有価証券報告書
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査 証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
     を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項を監査
    上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止されている場
    合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると合理的に
    見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                86/86










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。