アールビバン株式会社 訂正有価証券報告書 第34期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出書類 訂正有価証券報告書-第34期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)
提出日
提出者 アールビバン株式会社
カテゴリ 訂正有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書の訂正報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の2第1項
     【提出先】                    関東財務局長

     【提出日】                    2022年3月22日

     【事業年度】                    第34期(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

     【会社名】                    アールビバン株式会社

     【英訳名】                    ART  VIVANT    CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長  野澤 克巳

     【本店の所在の場所】                    東京都品川区東品川四丁目13番14号

     【電話番号】                    03(5783)7171(代表)

     【事務連絡者氏名】                    経理グループ マネージャー 市村 義忠

     【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区東品川四丁目13番14号

     【電話番号】                    03(5783)7171(代表)

     【事務連絡者氏名】                    経理グループ マネージャー 市村 義忠

     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/90












                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
      当社は、取引先の1社より支払い漏れがあるのではないかとの確認を受け、社内調査を行った結果、2016年以降の売
     上原価の一部に計上漏れがあることが判明し、2016年以降の決算の訂正を行う可能性がでてきました。そのため、公認
     会計士及び弁護士含む社内調査委員会を設置し、調査を行ってまいりましたが、2022年3月22日に社内調査委員会から
     調査報告書を受領し、2016年以降の売上原価の一部に計上漏れの誤謬があったことの報告を受けました。
      これに伴い当社は、過去に提出済みの有価証券報告書等に記載されております連結財務諸表及び財務諸表並びに四半
     期連結財務諸表等で対象となる部分について、訂正することといたしました。
      これらの決算訂正により、当社が2018年6月26日に提出いたしました第34期(自 2017年4月1日 至 2018年3月
     31日)に係る有価証券報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づ
     き、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
      なお、訂正後の連結財務諸表及び財務諸表については、アスカ監査法人の監査を受けており、その監査報告書を添付
     しております。
    2【訂正事項】

      第一部 企業情報
       第1 企業の概況
        1 主要な経営指標等の推移
       第2 事業の状況
        3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
       第5 経理の状況
        1 連結財務諸表等
        2 財務諸表等
      監査報告書
    3【訂正箇所】

      訂正箇所は___を付して表示しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、
     訂正後のみを記載しております。
                                 2/90











                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
            回次            第30期        第31期        第32期        第33期        第34期
           決算年月           平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

     売上高             千円     5,960,010        5,700,664        5,929,342        6,607,315        7,180,467

                                               916,047        799,766

     経常利益             千円     1,307,014         971,424        701,440
     親会社株主に帰属する当
                                              △703,502         417,289
                  千円      767,388        506,179        532,092
     期純損益(△は損失)
                                              △659,855         365,331
     包括利益             千円      785,111        474,320        482,173
                                              12,183,489        11,974,664

     純資産額             千円    13,379,831        13,342,164        13,235,863
     総資産額             千円    17,983,835        20,406,514        23,571,139        23,317,689        23,091,129

                                                931.66        936.82

     1株当たり純資産額             円     1,023.14        1,020.26        1,012.13
     1株当たり当期純損益金
                                               △53.80         32.31
                  円      58.68        38.71        40.69
     額(△は損失)
     潜在株式調整後1株当た
                  円        -        -        -        -        -
     り当期純利益金額
                                                 52.3        51.9
     自己資本比率             %       74.4        65.4        56.2
                                                △5.5         3.5

     自己資本利益率             %       5.9        3.8        4.0
                                                  -      20.27

     株価収益率             倍       6.99       12.27        12.53
     営業活動による
                  千円      775,835      △1,150,567         △852,807         857,200       1,040,740
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  千円      79,051       △87,072       △939,815        △119,969       △1,264,618
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  千円      234,758       1,678,890        1,734,183         138,495      △1,040,083
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                  千円     3,898,952        4,505,037        4,369,114        5,243,431        3,865,636
     末残高
     従業員数                     165        174        182        233        298
                  人
    (外、平均臨時雇用者数)                     (91)       (112)        (101)        (105)        (119)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第30期、第31期、第32期及び第34期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在し
           ないため記載しておりません。
         3.第33期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式
           が存在しないため記載しておりません。
                                 3/90






                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
            回次            第30期        第31期        第32期        第33期        第34期
           決算年月           平成26年3月        平成27年3月        平成28年3月        平成29年3月        平成30年3月

     売上高             千円     4,100,537        3,749,494        3,788,393        4,254,464        4,474,971

                                               507,968        409,160

     経常利益             千円     1,091,108         665,082        550,389
     当期純損益(△は損失)                                          △15,448        202,582

                  千円      647,641        343,431        330,580
     資本金             千円     1,656,000        1,656,000        1,656,000        1,656,000        1,656,000

     発行済株式総数             株    15,463,816        15,463,816        15,463,816        15,463,816        15,463,816

                                              10,461,251        9,989,022

     純資産額             千円    11,332,716        11,129,394        10,838,619
     総資産額             千円    13,500,247        14,958,460        16,381,329        16,020,868        15,749,845

                                                799.96        781.48

     1株当たり純資産額             円      866.60        851.05        828.82
     1株当たり配当額                    40.00        35.00        30.00        30.00        30.00
     (内1株当たり中間配当             円
                        (5.00)        (5.00)       (15.00)        (15.00)        (15.00)
     額)
     1株当たり当期純損益金
                                                △1.18        15.69
                  円      49.52        26.26        25.28
     額(△は損失)
     潜在株式調整後1株当た
                  円        -        -        -        -        -
     り当期純利益
                                                 65.3        63.4
     自己資本比率             %       83.9        74.4        66.2
                                                △0.1         2.0

     自己資本利益率             %       5.8        3.1        3.0
                                                  -      41.75

     株価収益率             倍       8.28       18.09        20.17
                                                  -      191.2

     配当性向             %       80.8       133.3        118.7
     従業員数                     104        109        117        138        137
                  人
    (外、平均臨時雇用者数)                     (33)        (52)        (38)        (38)        (37)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第30期、第31期、第32期及び第34期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在し
           ないため記載しておりません。
         3.第33期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式
           が存在しないため記載しておりません。
         4.第30期の1株当たり配当額40円には記念配当30円が含まれております。
         5.第31期の1株当たり配当額35円には記念配当25円が含まれております。
         6.第32期の1株当たり配当額30円には特別配当20円が含まれております。
         7.第33期の1株当たり配当額30円には特別配当20円が含まれております。
         8.第34期の1株当たり配当額30円には特別配当20円が含まれております。
                                 4/90






                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【沿革】
        年月                            事項
      昭和59年11月         東京都港区南青山三丁目18番17号において現代版画の販売を目的としてアールビバン株式会社を
              設立(資本金500万円)
      昭和60年6月         当社全額出資により、仕入及び物流の強化のため株式会社ビバンを設立(資本金300万円)
      昭和60年9月         東京都港区南青山五丁目4番35号に本社を移転
      昭和62年6月         当社全額出資により、海外仕入の強化と効率化のためアートギャラリー・パール株式会社を設立
              (資本金300万円)
      平成3年5月         埼玉県入間郡三芳町に埼玉物流センターを新設
              東京都港区北青山三丁目10番3号に本社を移転
      平成4年4月         株式の額面金額変更のため、アールビバン株式会社(形式上の存続会社)と合併、同時にアート
              ギャラリー・パール株式会社を吸収合併
      平成4年10月         東京都新宿区に額装部門(新宿事業所)を設置
      平成5年3月         東京都港区南青山七丁目1番5号に本社を移転
      平成5年7月         大阪市中央区に大阪営業所を開設
      平成6年7月         東京都新宿区に東京営業所を開設
      平成6年10月         名古屋市中区に名古屋営業所、仙台市青葉区に仙台営業所を開設
      平成7年3月         新宿事業所及び埼玉物流センターを統合し、埼玉県入間郡三芳町にネットワークセンターを新設
      平成8年4月         札幌市中央区に札幌営業所を開設
      平成8年11月         日本証券業協会に株式を店頭登録
      平成8年11月         広島市中区に広島営業所を開設
      平成8年11月         当社全額出資により資金の有効利用及び将来の顧客の多様なクレジットニーズにこたえるため株
              式会社アートファイナンスを設立(資本金2,000万円)
      平成9年12月         福岡市中央区に福岡営業所を開設
      平成10年6月         横浜市西区に横浜営業所を開設
      平成11年3月         神戸市中央区に神戸営業所を開設
      平成12年8月         デジタルアート事業分野の進出を目的に株式会社イーピクチャーズを設立
      平成13年7月         当社がリゾート事業へ進出を図るため当該事業を行っている株式会社志摩東京カウンテイ(その
              後、タラサ志摩スパアンドリゾート株式会社に社名変更)を買収
      平成15年10月         業務の効率化を図るため、株式会社ビバン(連結子会社)を吸収合併
      平成16年8月         健康産業事業への進出を目的にインテグラルビューティー株式会社を設立
      平成16年12月         日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      平成17年7月         東京都中央区銀座一丁目15番4号に本社を移転
      平成18年3月         会社分割(簡易分割)により、イラスト系アート事業部の全営業を、新たに設立した子会社ジュ
              ネックス株式会社に承継
      平成18年11月         千葉県柏市のららぽーと柏の葉に「カルナ フィットネス&スパ」を開設
      平成19年2月         デジタルアートとイラスト系アートのシナジーを目的として、                             株式会社イーピクチャーズはジュ
              ネックス株式会社を吸収合併し、商号を株式会社e・ジュネックスに変更
      平成19年7月         インテグラルビューティー株式会社をタラサ志摩スパアンドリゾート株式会社に吸収合併
              また、タラサ志摩スパアンドリゾート株式会社は有限会社ノアコーポレーションを完全子会社化
      平成19年10月         有限会社ノアコーポレーションをタラサ志摩スパアンドリゾート株式会社に吸収合併
      平成21年3月         アーティストの育成や美術品の購入・販売を目的に株式会社ダブルラックを設立
      平成21年9月         株式会社ダブルラックを株式会社アートファイナンスに吸収合併し、商号を株式会社ダブルラッ
              クに変更
      平成22年4月         ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)
              に上場
      平成22年9月         経営資源の集中と組織の効率化を目的に、株式会社e・ジュネックス(連結子会社)を吸収合併
      平成22年9月
              タラサ志摩スパアンドリゾート株式会社(連結子会社)は、健康産業事業を会社分割し、その事
              業を新たに設立したカルナフィットネスアンドスパ株式会社(タラサ志摩スパアンドリゾート株
              式会社より株式譲渡。資本金3,000万円。議決権の所有100%。連結子会社)に承継
                                 5/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        年月                            事項
      平成22年10月         大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEOの各市場の統合
              に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
      平成22年10月         東京都品川区東品川四丁目13番14号に本社を移転
      平成23年12月         千葉県浦安市にマジカルアートギャラリーを開設
      平成24年4月         北九州市小倉北区に軸中心派小倉店を開設
      平成24年10月         福岡市中央区に軸中心派福岡店を開設
      平成25年4月         栃木県宇都宮市に軸中心派宇都宮店を開設
      平成25年7月         東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)
              に上場
      平成25年11月         神戸市中央区に軸中心派三宮店を開設
      平成25年12月         東京都千代田区にきみどれ秋葉原店を開設
      平成26年4月         岡山県岡山市に軸中心派岡山店を開設
      平成27年1月         岩手県盛岡市に盛岡営業所を開設
      平成29年3月         東京都目黒区にアートスタイル碑文谷を開設
                                 6/90















                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループは、当社(アールビバン株式会社)及び子会社3社・非連結子会社1社により構成されており、版
      画・絵画・美術品の購入及び販売事業、割賦販売斡旋事業(クレジット事業)、割賦債権担保融資、リゾートホテ
      ル、フィットネスクラブ、ホットヨガスタジオ等の営業を行っております。
       当社グループの事業に係わる位置付け及びセグメントは、次のとおりであります。
        アート関連事業
        (版画等絵画販売事業)
         当社は、アメリカ、ヨーロッパ、中国、日本などの現代アーティスト及び新進アーティストの版画(スタンダー
        ドアート)及びイラストレーターの版画(イラスト系アート)を主要商品とし、催事販売と店舗販売を中心とした
        販売事業を営んでおります。
         当社の商品は、アーティスト、作品及び総摺刷枚数が商品の価値の重要な要素となっています。しかし、業界の
        慣行として、同一の原画に基づく版画の総摺刷枚数は、通常、作品に付されたエディションナンバー(作品番号)
        とは一致しておりません。これは、エディションナンバーをアラビア数字、ローマ数字等の一連番号に分けること
        により分母を小区分して摺刷されること、アーティスト自ら保有する目的で一定枚数を摺刷されること等があるた
        めであります。従って、販売にあたっては、総摺刷枚数を顧客に周知することが必要であると考えております。
         上記の事項については顧客へ事前に説明し理解を徹底することが重要であるため、販売にあたっては、アーティ
        スト名、作品名、技法名及び総摺刷枚数を「プライスカード」に表示しており、また、販売員の適切な教育、配置
        及び牽制機能を有した組織対応を図っております。ただし、物故アーティスト、ヨーロッパのアーティスト等の商
        品の一部については、総摺刷枚数を把握することが困難なため記載していない場合もありますが、かかる場合もプ
        ライスカードに可能な限り正確な情報を記載するよう努めております。
         当社の販売形態は、全国各地のホテル、イベントホール等における会場催事販売と、大型小売チェーン店等との
        提携催事販売があります。なお、主力商品の販売価格は、概ね20万円から60万円(平成30年3月期実績)であり、
        通常、顧客は購入にあたって信販会社のクレジット契約の利用をしております。
         当社の売上計上は、発送基準を採用し、当社物流センター(ネットワークセンター)からの商品発送をもってそ
        の計上時点としております。従いまして期中に締結された契約が期末時点で商品代金を受領済みでありましても、
        未発送の場合には商品代金は当該契約を行った期末では前受金となります。その後、実際に発送が行われる期に売
        上が計上されます。
         また一方で、催事の会場費や人件費等の販売にかかる費用は、当該経費の発生した期に計上されるため、売上と
        費用が対応して同期に計上されない場合があります。
         なお、版画等絵画販売事業の販売形態別及び品目別売上高構成比率は次のとおりであります。
      ① 販売形態別売上高構成比率
                                    売上高構成比率
                                    当連結会計年度
           区分
                                   (自 平成29年4月1日
                                   至 平成30年3月31日)
                                   %           (回)
     店舗                            40.8             (227)

     自社企画催事                            45.3             (252)

     異業種提携催事                            13.9             (77)

           合計                     100.0             (556)

     (注)1.( )内の数字は店舗、会場における催事開催回数であります
         2.店舗の売上高には、店舗において開催された催事の売上高も含まれております。
         3.自社企画催事とは、企画宣伝から販売まで当社独自で行う展示会方式の催事販売であります。
         4.異業種提携催事とは、百貨店、書店、マスメディア系及び大型小売チェーン店等と異業種企業と提携を行う
           展示会方式の催事販売であります。
                                 7/90




                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      ② 品目別売上高構成比率
                                               売上高構成比率(%)
                                                 当連結会計年度
        主要品目                     内容
                                               (自 平成29年4月1日
                                                至 平成30年3月31日)
                絹等の布目を利用して絵柄を色毎に写し取る技法。J.トレン
     シルクスクリーン                                               1.6
                ツ・リャド、デビッド・ウィラードソンの作品が代表例。
                複数の技法をかけ合わせて版画を制作する技法。カーク・レ

     ミックスドメディア                                               52.7
                イナート、クリスチャン・R・ラッセンの作品が代表例。
                石灰石等の表面上で水と油の反発作用を利用して絵柄を出す

     リトグラフ                                               0.7
                技法。マルク・シャガールの作品が代表例。
                油彩画、水彩画等で、制作された企画がただ1点のみのも

     油彩画等                                               6.4
                の。
                繊細な線のタッチや微妙な色彩の変化などを再現することが
     ジクレ(アイリス)           できる技法。天野喜孝、ステファン・マーチンエアーの作品                                    8.1
                が代表例。
     その他           上記以外の技法の版画、彫刻、工芸品等。                                    30.5

                        合計                            100.0

        非連結子会社ART         VIVANT    Hong   Kong   LIMITEDに対し、海外からの仕入業務の一部を委託しております。

        (その他の事業)
         携帯電話の待受画面を中心としたコンテンツ配信及びイラストを中心とした雑誌やコミックの出版、グッズの販
        売を行っております。
         子会社㈱ダブルラックは、将来の販売を目的とした絵画・美術品の購入・販売を行っております。
         子会社インターナショナル・オークション・システムズ㈱は、美術品の購入・販売を行っております。
        金融サービス事業

        (割賦販売斡旋事業)
         子会社㈱ダブルラックは、当社をはじめその他一般加盟店の顧客を中心に、販売代金等の割賦販売斡旋業務を
        行っております。
        (融資事業)
         子会社㈱ダブルラックは、売上債権等を担保として融資を行う事業を行っております。
        リゾート事業

         子会社TSCホリスティック㈱は、「タラサ志摩ホテル&リゾート」を三重県鳥羽市にて運営しております。
        健康産業事業

        (フィットネス事業)
         子会社TSCホリスティック㈱は、フィットネスクラブ「カルナ フィットネス&スパ 柏」(千葉県柏市)の
        運営を行っております。
        (ホットヨガ事業)

         子会社TSCホリスティック㈱は、ホットヨガスタジオ「アミーダ」(東京都7店舗、千葉県5店舗、埼玉県3
        店舗、神奈川県4店舗、愛知県1店舗、新潟県1店舗)の運営を行っております。
                                 8/90




                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        概要図は次のとおりであります。
         非連結子会社:ART         VIVANT    Hong   Kong   LIMITED








                                 9/90












                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                         資本金
                                        議決権の所有又は
         名称          住所            主要な事業の内容                      関係内容
                                        被所有割合(%)
                         (千円)
     (連結子会社)

                                                  当社と加盟店契約を
                                                  締結し割賦販売斡旋
     ㈱ダブルラック
                              金融サービス事業          所有          業務を行っておりま
                東京都品川区          20,000
                              アート関連事業               100.0    す。
     (注)2.3
                                                  役員の兼任あり。
                                                  資金の貸付あり。
     TSCホリスティッ
                              リゾート事業                   役員の兼任あり。
     ク㈱
                東京都品川区         200,000                    100.0
                              健康産業事業                   資金の貸付あり。
     (注)2.4
     インターナショナ
     ル・オークション・                                             役員の兼任あり。
                東京都品川区          10,000     アート関連事業               100.0
     システムズ㈱                                             資金の貸付あり。
     (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

         2.特定子会社に該当しております。
         3.㈱ダブルラックについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が
           10%を超えております。
                     (1)  売上高
           主要な損益情報等                         987,774    千円
                     (2)  経常利益
                                   314,419    千円
                     (3)  当期純利益
                                   184,483    千円
                     (4)  純資産額
                                  1,978,995     千円
                     (5)  総資産額
                                  14,930,520     千円
         4.TSCホリスティック㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占め
           る割合が10%を超えております。また、債務超過の状況にある連結子会社であり、債務超過の額は
           4,058,284千円であります。
                     (1)  売上高
           主要な損益情報等                        1,565,381     千円
                     (2)  経常損失
                                   174,924    千円
                     (3)  当期純損失
                                   224,599    千円
                     (4)  純資産額
                                 △4,058,284      千円
                     (5)  総資産額
                                  1,601,870     千円
                                10/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                 平成30年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                  137

      アート関連事業                                               (37)
      金融サービス事業                                             8   (3)

      リゾート事業                                             48   (26)

      健康産業事業                                            105   (53)

                 合計                                298   (119)

     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、パート
           及び嘱託社員は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.健康産業事業における従業員数が前連結会計年度末に比べ61名増加したのは、ホットヨガスタジオ「アミー
           ダ」の出店による社員の増加によるものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                 平成30年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
             137(37)            33.2              7.4               4,883,615

              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                              137(37)
     アート関連事業
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、パート
           及び嘱託社員は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は税込給与額の平均であり、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
      (3)労働組合の状況

          労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                11/90










                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       今後のわが国経済は、不透明な世界の政治動向や実質賃金減少による個人消費低迷の懸念があるものの、輸出の緩
      やかな回復や個人消費の底堅い推移などにより、緩やかに回復するものと予想されております。
       このような状況のなか、当社グループは平成30年4月度よりスタートした第35期は年度方針として「結果主義」を
      掲げ、中長期的な視点に基づき、人材、組織など経営基盤固めを実践するとともに、「アート関連事業」及び「健康
      産業事業」において、新規顧客の開拓及び過去に捉われず新たな収益基盤の創造にチャレンジしてまいります。
       「アート関連事業」のスタンダードアート部門におきましては、新規会場の開拓、新企画催事の開催や新広告媒体
      の開発を進め、新規顧客の開拓に注力するとともに、催事計画の精度を高め、収益力の向上に努めてまいります。 
      また、イラスト系アート部門におきましては、グッズ事業や出版・モバイル事業を強化し、店舗及び通販、大型イベ
      ント「軸中心祭」「神絵祭」において集客の拡大を図り、新規顧客の獲得、取扱アーティストのブランド化や新作家
      開発に努め、版画の売上拡大につなげてまいります。
       「金融サービス事業」におきましては、クレジット事業において新規加盟店の審査体制の強化、既存の加盟店管理
      や低コスト運営の徹底を図り、消費者の利益の保護を最優先とした運用・体制づくりを徹底してまいります。
       「リゾート事業」におきましては、「タラサ志摩ホテル&リゾート」の従来の強みである「タラソテラピー」を軸
      に商品展開・営業活動を行い、リピーター率の高い施設を目指してまいります。
       「健康産業事業」におきましては、「カルナ フィットネス&スパ 柏」で、引き続きホスピタリティ精神を大切
      にした質の高いサービスの提供を行い、新規会員の獲得数アップと既存会員の退会防止、客単価の上昇に努めてまい
      ります。また、お客様の多様なニーズに応える新しいプログラムを積極的に取り入れ、地域の方の健康づくりに貢献
      できる存在となることを目指してまいります。
       また、平成28年7月より溶岩石を用いた女性専用のホットヨガスタジオ「アミーダ」の展開を開始しております。
      順次出店を続けており、多店舗展開を進めてまいります。
     2【事業等のリスク】

       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当
      社グループが判断したものであります。
     (1)   財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの異常な変動

       当社グループは、店舗政策による店舗収益改善のためのスクラップ&ビルドを行いますので、不採算店舗閉鎖に伴
      う損失の発生により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループが運営する「タラサ志摩ホテル&リゾート」が、火災、地震等により毀損、焼失あるいは劣化するこ
      とにより、ホテルの運営に支障をきたす可能性があります。現在火災保険に加入しておりますが地震によりホテル建
      造物に対して毀損、焼失、劣化等が発生した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループは、友の会会員をはじめ催事販売顧客や店舗販売顧客などに関する多くの個人情報を保有しておりま
      す。個人情報の取扱いについては、情報の利用・保管などに関する社内ルールを設け、その管理を徹底し万全を期し
      ております。しかしながら、これらの情報が不測の事態により、万が一、外部に漏洩するような事態となった場合に
      は信用失墜による売上の減少、又は損害賠償による費用の発生等が起きることも考えられ、当社グループの業績に影
      響を及ぼす可能性があります。
       当社グループはアメリカ、ヨーロッパ、中国、日本など現代アーティスト及び新進アーティストなどの版画を主要
      商品とし、一部外貨建取引があります。為替変動が当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループは、美術品や債権を担保とした融資事業を行っておりますが、担保価値の下落等及び為替変動により
      当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループは、事業の多角化のために世界のアートに目を向け、将来の販売を目的とした絵画・美術品の購入を
      実施しておりますが、経済情勢が不安定になった場合等の落札価格の下落(時価の下落を含む)及び為替変動が当社グ
      ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)   特定の取引先・製品・技術等への依存

       当社グループの主要商品である版画は、原画をもとにしたシルクスクリーン、ミックスドメディア、その他の技法
      により摺刷されたものであり、摺刷枚数が作品毎に限定されたものを取り扱っております。このため、事業展開にあ
      たっては、商品を多数安定的に確保し、品揃えを豊富にすることが必要になります。
       仕入れにあたっては、通常、アーティストと直接契約して当社が版元となる場合と、他の版元若しくは販売代理店
      からの仕入れを行う場合があります。他の版元若しくは販売代理店から商品を仕入れる場合は、作品毎に発注をして
      おり、これらの仕入先との間では継続的な商品供給の契約は締結しておりません。
                                12/90


                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     (3)   特有の法的規制・取引慣行・経営方針
       当社グループは、「特定商取引に関する法律」第9条におけるクーリングオフ制度(一定期間内において無条件に
      解約できる制度)の適用は受けておりませんが、契約から8日間の期間を設け、自主的にクーリングオフ制度を導入
      しております。また、値上がりによる利殖や投資のための転売を目的とする顧客への販売は行わない方針でありま
      す。
       当社グループの割賦販売斡旋事業は、「割賦販売法」が適用され、各種の業務規制を受けております。この「割賦
      販売法」につきまして、平成20年6月に改正法が成立し、平成21年12月に施行されております。この改正において
      は、信用購入あっせん業者の業務規制の強化、法的責任の強化等が盛り込まれており、その負担により業績に影響を
      及ぼすおそれがあります。また、これらの法律の改正による業務規制の変更等があった場合、業績に影響を及ぼすお
      それがあります。
       なお、当社はその事業の継続のため、同法に基づき、関東経済産業局に「個別信用購入あっせん業者」として業者
      登録を行っております。本有価証券報告書提出日現在、それらの登録が取り消しとなる事由は発生しておりません
      が、将来何らかの理由によりそれらの登録が更新できない場合や取り消し事由に該当した場合は、業績に影響を及ぼ
      すおそれがあります。
       当社グループの融資事業は、「貸金業法」が適用され、各種の業務規制を受けております。これらの法律の改正に
      よる業務規制の変更等があった場合、業績に影響を及ぼすおそれがあります。
       なお、当社はその事業の継続のため、貸金業法に基づき、東京都に「貸金業者」の登録を行っております。本有価
      証券報告書提出日現在、その登録が取り消しとなる事由は発生しておりませんが、将来何らかの理由によりその登録
      が更新できない場合や取り消し事由に該当した場合は、業績に影響を及ぼすおそれがあります。
                                13/90














                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
    (1)経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下
      「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①財政状態及び経営成績の状況

       当連結会計年度におけるわが国経済は、実質所得の回復は緩慢であるものの、雇用情勢の改善の持続、個人消費や
      企業の生産活動、インバウンド需要、輸出等は緩やかに増加しており、回復基調が続いております。
       このような状況の下、当社グループでは、第34期の年度方針として「チャレンジ!アクション!スピード!」を掲
      げ、中長期的な視点に基づき、人材、組織など中長期的な成長に向けた経営基盤固めを実践するとともに、「アート
      関連事業」及び「健康産業事業」において、新規顧客の開拓及び過去に捉われない新たな収益基盤の創造に邁進して
      まいりました。
       基幹の「アート事業」におきましては、引き続き、「絵のある豊かな生活(くらし)」によって、一人でも多くの
      お客様に夢や希望を感じていただけるよう積極的な営業展開を行うとともに、組織の効率化やコスト削減に努め、収
      益力の改善に努めてまいりました。
       また、「健康産業事業」におきましては、平成28年7月より溶岩石を用いた女性専用のホットヨガスタジオ「ア
      ミーダ」の展開を開始しており、順次出店(平成30年3月末現在21店舗、プレオープンを含む。)を行ってまいりま
      した。
       この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
     a.財政状態

      (資産)
       当連結会計年度末における流動資産は19,876百万円となり、前連結会計年度末に比べ661百万円減少いたしました。
      これは主に、その他流動資産が727百万円増加したものの、現金及び預金が1,377百万円減少したことによるものであ
      ります。現金及び預金減少の要因は、借入金が322百万円縮小、また配当の支払387百万円などであります。固定資産
      は3,214百万円となり、前連結会計年度末に比べ435百万円増加しました。これは主に溶岩ホットヨガスタジオ「ア
      ミーダ」の出店に伴い建物及び構築物が367百万円、敷金及び保証金が91百万円増加したことによるものであります。
       この結果、総資産は23,091百万円となり、前連結会計年度末に比べ226百万円減少いたしました。
      (負債)
       当連結会計年度末における流動負債は                  9,416百万円      となり、前連結会計年度末に比べ               770百万円     増加いたしました。
      これは主に短期借入金が287百万円、1年内返済予定の長期借入金が205百万円、その他流動負債が150百万円増加した
      ことによるものであります。固定負債は1,700百万円となり、前連結会計年度末に比べ788百万円減少いたしました。
      これは主に長期借入金が815百万円減少したことによるものであります。
       この結果、負債合計は           11,116百万円      となり、前連結会計年度末に比べ               17百万円    減少いたしました。
      (純資産)
       当連結会計年度末における純資産合計は                   11,974百万円      となり、前連結会計年度末に比べ               208百万円     減少いたしまし
      た。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益                        417百万円     があったものの、剰余金の配当が387百万円、自己株式
      の取得が186百万円、保有株式を売却したことによりその他有価証券評価差額金が100百万円減少したことによるもの
      であります。
     b.経営成績

       当連結会計年度の経営成績は、売上高は7,180百万円(前年同期比8.7%増)となりましたが、高額美術品の商品評
      価替えの損失の計上や前述の「アミーダ」の出店費用が先行していることなどにより営業利益は                                            857百万円     (同  2.0%
      減)、デリバティブ取引における損失及び為替差損の計上により経常利益は                                  799百万円     (同  12.7%   減)となり親会社株
      主に帰属する当期純利益は            417百万円     (前期は    703百万円     の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。
       セグメント業績は次のとおりであります。

      〔アート関連事業〕
       当社グループの主力事業である絵画等販売事業におきましては、引き続き、新規顧客獲得に主眼をおいた営業活動
      に注力をし、また、イラスト系グッズ販売におきましては、グッズ専門店やグッズ通販サイトの運営を強化し、新規
      顧客の獲得及び取扱アーティストのブランド化や新作家開発に努め、版画の売上拡大につなげてまいりました。
       この結果、売上高は4,505百万円(同3.6%増)となりましたが、高額美術品の商品評価替えの損失の計上により営
      業利益は    234百万円     (同  9.6%   減)となりました。
                                14/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      〔金融サービス事業〕
       金融サービス事業におきましては、当社及びその他一般加盟店の顧客に対する個別信用購入斡旋事業を中心に取り
      組んでまいりました。
       しかしながら、前期、平成28年11月4日付「貸倒引当金の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ」にて記載い
      たしましたクレジット事業における加盟店事故の影響により売上高は1,128百万円(同1.7%減)となったものの、貸
      倒引当金の販売費及び一般管理費への計上が今期はなかったことなどにより営業利益は735百万円(同10.8%増)とな
      りました。
      〔リゾート事業〕
       「タラサ志摩ホテル&リゾート」におきまして、本来の強みである「タラソテラピー」を軸に商品展開・営業活動
      を行い、リピーター率の高い施設を目指して運営をいたしました。
       また、ホテルには前期よりアートを扱うアールビバンならではの、現代アート作品(「草間彌生」の代表作「南
      瓜」のオブジェをはじめ、「村上隆」、「奈良美智」、「アンディ・ウォーホル」など)を30点近く展示をしており
      ます。
       前年度の伊勢・志摩サミットの影響による宿泊数の減少が回復し売上高は627百万円(同1.9%増)となり、営業損
      失は56百万円(前年同期は100百万円の営業損失)と損失は大幅に縮小いたしました。
      〔健康産業事業〕
       フィットネスクラブ「カルナ               フィットネス&スパ          柏」におきまして、引き続き、ホスピタリティ精神を大切にし
      た質の高いサービスの提供及び新規会員の獲得数アップと既存会員の退会防止、客単価の上昇に主眼をおいた営業活
      動を推し進めてまいりました。
       また、平成28年7月より溶岩石を用いた女性専用のホットヨガスタジオ「アミーダ」の展開を開始しており、東
      京、千葉、神奈川などに順次出店(平成30年3月末現在21店舗、プレオープンを含む。)を行ってまいりました。
       この結果、売上高は937百万円(前年同期比82.9%増)となったものの、「アミーダ」の出店費用が先行しているこ
      ともあり、営業損失は110百万円(前期は16百万円の営業損失)となりました。
      ②キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ1,377百万円減
      少し、3,865百万円となりました。
       当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       営業活動の結果獲得した資金は1,040百万円となりました。
       これは主に法人税等の支払額378百万円等の減少要因があったものの、税金等調整前当期純利益                                            741百万円     の計上、
      売上債権の減少額170百万円、減損損失119百万円の計上等の増加要因があったことによります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       投資活動の結果使用した資金は1,264百万円となりました。
       これは主に投資有価証券の売却による収入591百万円等の増加要因があったものの、有形固定資産の取得による支出
      344百万円、投資有価証券等の取得による支出623百万円、差入証拠金の預入による支出880百万円等の減少要因があっ
      たことによります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       財務活動の結果使用した資金は1,040百万円となりました。
       これは主に長期借入金の返済による支出1,134百万円等があったことによります。
                                15/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     ③仕入、契約及び販売の状況
      a.商品仕入実績
          当連結会計年度の商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 平成29年4月1日                    前年同期比(%)
                           至 平成30年3月31日)
                                 1,422,510                     98.5
     アート関連事業(千円)
     リゾート事業(千円)                             156,697                    97.4

     健康産業事業(千円)                             25,859                   172.9

                                 1,605,067                     99.1

           合計(千円)
     (注)1.金額は仕入価格によっております。
         2.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.アート関連事業における商品仕入実績は、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
             区分              (自 平成29年4月1日                    前年同期比(%)
                           至 平成30年3月31日)
     シルクスクリーン(千円)                              3,465                   72.7

                                  344,401                    86.3
     ミックスドメディア(千円)
     リトグラフ(千円)                              4,443                   77.0

     油彩画等(千円)                             58,927                   66.2

     ジクレ(アイリス)(千円)                             39,596                   61.6

     美術品(千円)                             370,385                   154.5

     デジタルアート(千円)                             11,526                   88.3

     出版(千円)                             322,886                    95.6

     友の会等(千円)                             68,702                   97.7

     その他(千円)                             198,175                    90.0

                                 1,422,510                     98.5

           合計(千円)
     (注) その他には、上記以外の技法の版画等が含まれております。
      b.契約状況

          当連結会計年度の契約状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自 平成29年4月1日
         セグメントの名称                           至 平成30年3月31日)
                      契約高(千円)         前年同期比(%)          契約残高(千円)          前年同期比(%)

     アート関連事業                    4,712,859            105.7        1,699,275            113.9

     金融サービス事業                     948,343           98.2       2,454,065            98.4

     リゾート事業                     627,443           101.9           -          -

     健康産業事業                     937,937           182.9           -          -

     消去又は全社                     △19,745           108.2           -          -

            合計             7,206,838            110.2        4,153,341            104.2

     (注)1.金融サービス事業の契約高は、割賦あっせん契約に係る会員手数料であります。
                                16/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         2.アート関連事業における契約状況は次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自 平成29年4月1日
                                    至 平成30年3月31日)
            区分
                      契約高(千円)         前年同期比(%)          契約残高(千円)          前年同期比(%)
     シルクスクリーン                      59,372           69.7         9,600          57.8

     ミックスドメディア                    1,989,023            107.4         445,021           119.1

     リトグラフ                      25,881          200.6          5,709          154.3

     油彩画等                     241,042           84.9        258,927           97.8

     ジクレ(アイリス)                     307,263           103.8         105,127           153.2

     美術品                      31,018           33.1           -          -

     デジタルアート                      34,226           84.2           -          -

     出版                     501,854           90.3           -          -

     友の会等                     334,771           108.7           -          -

     その他                    1,188,404            127.5         874,890           114.3

            合計             4,712,859            105.7        1,699,275            113.9

     (注)     その他には、上記以外の技法の版画等が含まれております。
      c.販売実績

          当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 平成29年4月1日                    前年同期比(%)
                           至 平成30年3月31日)
     アート関連事業(千円)                            4,505,990                    103.6
     金融サービス事業(千円)                            1,128,841                     98.3

     リゾート事業(千円)                             627,443                   101.9

     健康産業事業(千円)                             937,937                   182.9

     消去又は全社(千円)                            △19,745                    108.2

           合計(千円)                      7,180,467                    108.7

     (注)1.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.アート関連事業における販売実績は、次のとおりであります。
          イ 販売形態別販売実績
                             当連結会計年度
                           (自 平成29年4月1日
             区分                                  前年同期比(%)
                           至 平成30年3月31日)
     店舗(千円)                             739,265                   102.3

     自社企画催事(千円)                            2,850,439                    111.5

     異業種提携催事(千円)                             308,393                    85.0

     その他(千円)                             607,891                    86.0

           合計(千円)                      4,505,990                    103.6

     (注) 自社企画催事には、友の会会費収入が含まれており、その他にはデジタルアート部門及び出版部門、美術品の
          売上が含まれております。
                                17/90


                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
          ロ 品目別販売実績
                             当連結会計年度
             区分              (自 平成29年4月1日                    前年同期比(%)
                           至 平成30年3月31日)
     シルクスクリーン(千円)                             66,387                   81.7

     ミックスドメディア(千円)                            1,917,525                    100.7

     リトグラフ(千円)                             23,873                   144.7

     油彩画等(千円)                             246,782                    88.0

     ジクレ(アイリス)(千円)                             270,738                    81.4

     デジタルアート(千円)                             34,226                   84.2

     出版(千円)                             501,854                    90.3

     友の会等(千円)                             334,771                   108.7

     その他(千円)                            1,109,830                    133.9

           合計(千円)                      4,505,990                    103.6

     (注) その他には、上記以外の技法の版画等が含まれております。
         ハ 地域別販売実績

                             当連結会計年度
             区分              (自 平成29年4月1日                    前年同期比(%)
                           至 平成30年3月31日)
     北海道・東北地区(千円)                             330,541                   120.7

     関東地区(千円)                            1,441,128                    108.4

     中部・北陸地区(千円)                             656,235                    92.2

     近畿地区(千円)                             735,581                   114.8

     中国・四国地区(千円)                             164,192                    97.2

     九州地区(千円)                             236,264                   111.3

     その他(千円)                             942,045                    93.2

           合計(千円)                      4,505,990                    103.6

     (注)   デジタルアート部門及び出版部門の売上、友の会会費収入、美術品の売上は地域別の売上把握が困難なため、そ
         の他に含めております。
                                18/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ①重要な会計方針及び見積り
       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されており
      ます。
      ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
      a.経営成績等
       1)財政状態
         当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 財政状態の状
        況」に記載のとおりであります。
       なお、財政状態の推移は次のとおりです。
                   平成28年3月期(第32期)              平成29年3月期(第33期)              平成30年3月期(第34期)
                                           52.3              51.9
     自己資本比率(%)                        56.2
     時価ベースの自己資本比率
                             28.3              31.0              36.3
     (%)
     債務償還年数(年)                         -             6.8              5.3
     インタレスト・カバレッ
                              -             16.9              18.3
     ジ・レシオ
     株主資本当期純利益率
                                          △5.5               3.5
                             4.0
     (ROE)(%)
      自己資本比率:自己資本/総資産
      時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
      債務償還年数:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
      インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
      株主資本当期純利益率(ROE):当期純利益/平均株主資本
      ※いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
      ※株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式総数(自己株式控除後)により計算しております。
      ※キャッシュ・フローは営業キャッシュ・フローを利用しており、有利子負債は貸借対照表に計上されている負債
      の うち、利子を支払っている全ての負債を対象としております。
      ※利払いは、キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
       2)経営成績

        (売上高)
         売上高は前連結会計年度に比べて8.7%増収の7,180百万円となりました。
         アート関連事業の売上高は、前連結会計年度に比べ3.6%増収の4,505百万円となりました。
         金融サービス事業の売上高は、前連結会計年度に比べ1.7%減収の1,128百万円となりました。これは前期、クレ
        ジット事業における加盟店事故の影響によります。
         リゾート事業の売上高は、前連結会計年度に比べ1.9%増収の627百万円となりました。これは伊勢・志摩サミッ
        トの影響などにより宿泊者数の減少が回復したことによります。
         健康産業事業の売上高は、前連結会計年度に比べ82.9%増収の937百万円となりました。新規会員の獲得数アッ
        プと既存会員の退会防止、客単価の上昇に主眼をおいた営業活動を推し進めたこと、また、平成28年7月より溶岩
        石を用いた女性専用のホットヨガスタジオ「アミーダ」の展開を開始しており、順次出店を行ったことによりま
        す。
        (売上原価、販売費及び一般管理費)
         売上原価は、前連結会計年度に比べ                 20.4%   増加し   3,347百万円      となりました。売上高の増加及び高額美術品の商
        品評価替えの損失の計上によるものであります。また、売上高に対する売上原価の比率は                                         4.5ポイント      増加し
        46.6%   となっております。
         販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ0.8%増加し2,975百万円となりました。これは給与・賞与手当
        及び会場費の増加などによります。
                                19/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        (営業利益)
         営業利益は、前連結会計年度の               875百万円     の営業利益から       17百万円    減益の   857百万円     となりました。
         アート関連事業の営業利益は、前連結会計年度に比べて                           9.6%   減益の   234百万円     となりました。これは将来の販売
        を目的とした高額美術品の仕入れを行ったことによる商品評価替えの損失(為替相場の円高等の影響によるものを
        含む)を売上原価に計上したことによります。
         金融サービス事業の営業利益は、前連結会計年度に比べて10.8%増益の735百万円となりました。これは前期
        (33期)において計上いたしました貸倒引当金の販売費及び一般管理費が当期はなかったことによります。
         リゾート事業においては、前連結会計年度の100百万円の営業損失から56百万円の営業損失となりました。これ
        は売上高の増加と販売費及び一般管理費の減少によります。
         健康産業事業においては、前連結会計年度の16百万円の営業損失から110百万円の営業損失となりました。これ
        は「アミーダ」の出店費用が先行していることによります。
        (営業外収益(費用))
         営業外収益は、前連結会計年度の84百万円から176百万円と91百万円の増加となりました。これは主に貸倒引当
        金戻入が85百万円増加したことによります。
         営業外費用は、前連結会計年度の43百万円から234百万円と190百万円の増加となりました。これは主にデリバ
        ティブ取引における損失が141百万円、為替差損が46百万円増加したことによります。
        (特別利益(損失))
         特別利益は、前連結会計年度の3百万円から95百万円となりました。これは主に投資有価証券売却益を95百万円
        計上したことによります。
         特別損失は、前連結会計年度の480百万円から153百万円となりました。これは主に減損損失が109百万円増加し
        たものの、これは前期(33期)において計上いたしました貸倒引当金繰入額390百万円、加盟店関連支払報奨金80
        百万円が当期はなかったことによります。
        (税金等調整前当期純利益)
         税金等調整前当期純利益は、特別損失の減少により前連結会計年度の                                 439百万円     から  302百万円     増益し   741百万円
        となりました。
        (法人税等)
         税効果会計適用後の法人税等の負担率は、前連結会計年度は                             260.2%    となり、当連結会計年度は            43.7%   となりま
        した。
         これは前期(33期)において計上いたしました美術品評価損にかかる繰延税金資産を777百万円取り崩し法人税
        等調整額が当期はなかったことによります。
        (親会社株主に帰属する当期純損益)
         親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度の                           703百万円     の純損失から      417百万円     の純利益となりまし
        た。また、前連結会計年度の1株当たりの当期純損失金額                           53.80円    から、当連結会計年度の1株当たりの当期純利
        益金額   32.31円    となりました。
       3)キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 キャッシュ・
        フローの状況」に記載のとおりであります。
      b.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         次期の見通しにつきましては、不透明な世界の政治動向や実質賃金減少による個人消費低迷の懸念があるもの
        の、輸出の緩やかな回復や個人消費の底堅い推移などにより、日本経済は緩やかに回復するものと予想されており
        ます。
         当社グループといたしましては、このような状況のなか、当社グループは平成30年4月度よりスタートした第35
        期は年度方針として「結果主義」を掲げ、中長期的な視点に基づき、人材、組織など経営基盤固めを実践するとと
        もに、「アート関連事業」及び「健康産業事業」において、新規顧客の開拓及び過去に捉われず新たな収益基盤の
        創造にチャレンジしてまいります。
         「アート関連事業」のスタンダードアート部門におきましては、新規会場の開拓、新企画催事の開催や新広告媒
        体の開発を進め、新規顧客の開拓に注力をするとともに、催事計画の精度を高め、収益力の向上に努めてまりま
        す。
         また、イラスト系アート部門におきましては、イラスト系アートグッズ事業や出版・モバイル事業を強化し、店
        舗及び通販、大型イベント「神絵祭」「軸中心祭」において集客の拡大を図り、新規顧客の獲得、取扱アーティス
        トのブランド化や新作家開発に努め、版画の売上拡大につなげてまいります。
         「金融サービス事業」におきましては、クレジット事業において新規加盟店の審査体制の強化、既存の加盟店管
        理や低コスト運営の徹底を図り、消費者の利益の保護を最優先とした運用・体制づくりを徹底してまいります。
                                20/90


                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         「健康産業事業」におきましては、「カルナ フィットネス&スパ 柏」で、引き続きホスピタリティ精神を大
        切にした質の高いサービスの提供を行い、新規会員の獲得数アップと既存会員の退会防止、客単価の上昇に努めて
        まいります。また、お客様の多様なニーズに応える新しいプログラムを積極的に取り入れ、地域の方の健康づくり
        に 貢献できる存在となることを目指してまいります。
         また、平成28年7月より溶岩石を用いた女性専用のホットヨガスタジオ「アミーダ」の展開を開始しておりま
        す。順次出店を続けており、多店舗展開を進めてまいります。
         「リゾート事業」におきましては、「タラサ志摩ホテル&リゾート」は平成30年5月31日付「当社子会社におけ
        る事業譲渡のお知らせ」にてお知らせしましたとおり、同年10月23日をもしまして大江戸温泉物語株式会社へ事業
        譲渡をすることといたしました。
         詳細は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載
        のとおりであります。
     4【経営上の重要な契約等】

       当社は、平成30年5月31日開催の取締役会において、連結子会社であるTSCホリスティック株式会社が所有する
      固定資産(タラサ志摩ホテル&リゾート)を含むリゾート事業の譲渡を行うことについて決議し、同日付で「不動産
      売買契約書」が締結されております。
       詳細につきましては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な後発事
      象)」に記載しております。
     5【研究開発活動】

         特記事項はありません。
                                21/90













                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      当社グループでは、ホットヨガ事業の出店に対処するため、健康産業事業を中心に599百万円の設備投資を実施しま
     した。
      健康産業事業において、ホットヨガ事業の出店における店舗設備に533百万円の設備投資を実施しました。
      また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)提出会社
                                                   平成30年3月31日現在
                                       帳簿価額
       事業所名      セグメントの                                           従業員数
                               機械装置
                    設備の内容                 土地
                          建物及び
       (所在地)      名称                  及び運搬          リース資産      その他     合計    (人)
                          構築物          (千円)
                               具
                                         (千円)     (千円)     (千円)
                           (千円)
                                    (面積㎡)
                                (千円)
     ネットワークセン
     ター        アート関連事      額装設備                 182,000                      14
                           62,713     4,592           -    1,337    250,643
    (埼玉県入間郡三芳
             業      物流倉庫                 (2,813.89)                      (5)
     町)
     本社
             アート関連事                                              91
                   統括業務施設        41,988     4,788      -    3,131    77,637    127,545
    (東京都品川区)        業                                              (4)
     (2)国内子会社

                                                   平成30年3月31日現在
                                        帳簿価額
                                 機械装置
             事業所名      セグメン    設備の内                                従業員数
                            建物及び          土地
       会社名
                                 及び運搬         リース資産     その他     合計
             (所在地)      トの名称    容                                 (人)
                             構築物         (千円)
                                  具        (千円)     (千円)     (千円)
                             (千円)        (面積千㎡)
                                 (千円)
                       ホテル・海
            タラサ志摩ホテ
     TSCホリス              リゾート    洋療法(タ               45,722                    48
            ル&リゾート
                             157,451     1,280           -    157   204,611
     ティック㈱              事業    ラソテラ               (540.7)                   (26)
           (三重県鳥羽市)
                       ピー)施設
            カルナフィット
     TSCホリス              健康産業    フィッネス                                   12
            ネス&スパ
                             27,828     9,763      -  25,062    106,689     169,344
     ティック㈱              事業    クラブ                                   (39)
           (千葉県柏市)
            アミーダ
     TSCホリス
                   健康産業                                       93
            21店舗
                       ホットヨガ      402,525       -     -  75,104    121,313     598,943
     ティック㈱              事業                                       (14)
           (千葉県流山市他)
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定及び敷金及び保証金であります。

           なお、金額には消費税等を含めておりません。
         2.従業員数の(          )は、臨時雇用者数を外書しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設
      備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定しております。
       健康産業事業において、ホットヨガ事業の出店における店舗設備に1,000百万円程度(出店予定25店舗)の投資を予
      定しております。
       当社は、平成30年5月31日開催の取締役会及び当社の連結子会社であるTSCホリスティック株式会社の臨時取締
      役会において、固定資産の譲渡を行うことについて決議し、同日付で不動産売買契約書を締結し、平成30年10月23日
      に譲渡予定であります。
       詳細は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載の
      とおりであります。
                                22/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 60,000,000

                  計                                60,000,000

        ②【発行済株式】

             事業年度末現在発行数                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
       種類          (株)                      又は登録認可金融商品               内容
                          (平成30年6月26日)
             (平成30年3月31日)                         取引業協会名
                                      東京証券取引所
      普通株式            15,463,816             15,463,816       JASDAQ             単元株式数100株
                                      (スタンダード)
        計          15,463,816             15,463,816             -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
               数増減数
        年月日
                       数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
               (株)
     平成21年11月20日
                     -   15,463,816            -    1,656,000      △6,598,200            -
        (注)
      (注)     会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金を減少し、その他資本剰余金へ振替えたものでありま
          す。
                                23/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                   平成30年3月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
        区分                             外国法人等
              政府及び地          金融商品取     その他の法
                                                        (株)
                    金融機関                         個人その他       計
              方公共団体          引業者     人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)             -      2     21     78     19     16   13,496     13,632       -
     所有株式数(単元)             -    2,552     2,339     61,922      2,333      53   85,394     154,593      4,516
     所有株式数の割合
                 -    1.65     1.51     40.05      1.51     0.03     55.24      100      -
     (%)
     (注)1.自己株式2,681,612株は「個人その他」に26,816単元及び「単元未満株式の状況」に12株を含めて記載して
           おります。
         2.「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が29単元含まれております。
      (6)【大株主の状況】

                                                 平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己株式を除
                                             所有株式数
         氏名又は名称                     住所                     く。)の総数に
                                              (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
     有限会社カツコーポレーション                東京都品川区東品川4丁目13番14号                          6,100         47.72

     野澤 典子                東京都江東区                           458        3.59

     みずほ信託銀行株式会社退職給
     付信託オリエントコーポレー                東京都中央区晴海1丁目8番12号                           249        1.95
     ション口
     久良木 利光                福岡県三潴郡                           173        1.36

     酒井 宏彰                愛知県名古屋市                           145        1.14

     梅田 泰行                京都市京丹後市                           140        1.10

     野澤 克巳                東京都江東区                           112        0.88

     野澤 二三朝                神奈川県川崎市                            93       0.73

     三菱UFJモルガンスタンレー証券
                     東京都千代田区丸の内2丁目5番2号                            56       0.44
     株式会社
     中井 陽子                東京都品川区                            50       0.40
            計                   -                7,579         59.30

     (注)1.上記のほか、当社が保有する自己株式が2,681千株あります。
         2.有限会社カツコーポレーションは、当社株主野澤克巳が所有する会社であります。
                                24/90






                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                 平成30年3月31日現在
              区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                         -            -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -           -

      議決権制限株式(その他)                         -            -           -

                         普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)                                     -           -
                               2,681,600
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                                     127,777           -
                              12,777,700
                                                 1単元(100株)
                         普通株式
      単元未満株式                                     -
                                 4,516
                                                 未満の株式
      発行済株式総数                         15,463,816            -           -
      総株主の議決権                         -            127,777           -

     (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が2,900株(議決権の数29個)含まれ
          ております。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、自己株式12株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                 平成30年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有       他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                に対する所有株
                             株式数(株)       株式数(株)        合計(株)
                                                    式数の割合(%)
                  東京都品川区東品川
      アールビバン株式会社                         2,681,600           -    2,681,600           17.34
                  4丁目13番14号
          計            -        2,681,600           -    2,681,600           17.34
                                25/90










                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
               会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                 区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(平成29年8月28日)での決議状況
                                        330,000           200,000,000
      (取得期間       平成29年8月29日~平成29年9月29日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -             -
      当事業年度における取得自己株式                                   295,000           185,310,000
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   35,000           14,690,000
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    10.6              7.3
      当期間における取得自己株式                                     -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                    10.6              7.3
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他
                                -        -        -        -
      (-)
      保有自己株式数                        2,681,612           -      2,681,612           -
    (注)    当期間における保有自己株式数には、平成30年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
       取りによる株式は含まれておりません。
                                26/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は、株主価値の向上を経営の最重要課題として位置付け、将来の事業展開に備えるための内部留保の充実に努
      めるとともに、可能な限り高水準な配当を行う事を基本方針とし、財政状況、利益水準、配当性向などを総合的に勘
      案して実施してまいりたいと考えております。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
       これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       当事業年度の配当金につきましては、上記方針に基づき、普通配当10円に特別配当20円を加え1株当たり30円の配
      当(うち中間配当15円)を実施することを決定しました。この結果、当事業年度の配当性向は                                          191.2%    となりました。
       内部留保金につきましては今後予想される経営環境の変化に対応すべく有効投資してまいりたいと考えておりま
      す。
        当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
      めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                       配当金の総額          1株当たり配当額
            決議年月日
                        (千円)            (円)
         平成29年11月10日
                           191,733              15
         取締役会決議
         平成30年6月26日
                           191,733              15
         定時株主総会決議
     4【株価の推移】

      (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第30期          第31期          第32期          第33期          第34期
      決算年月       平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月          平成30年3月

     最高(円)             510          820          585          647          808

     最低(円)             242          295          300          455          528

     (注) 最高・最低株価は、平成25年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであ

         り、それ以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
      (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成29年10月          11月        12月      平成30年1月          2月        3月
     最高(円)           650        777        795        808        788        764

     最低(円)           627        643        701        729        674        646

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所                     JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                27/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     5【役員の状況】
        男性8名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                                昭和59年11月       当社設立代表取締役社長

                                平成8年11月       ㈱アートファイナンス(現
                                       ㈱ダブルラック)代表取締
                                       役社長
                                平成12年8月       ㈱イーピクチャーズ(現
                                       アールビバン㈱)代表取締
                                       役会長
                                平成13年7月       タラサ志摩スパアンドリ
                                       ゾート㈱代表取締役会長
                                平成15年3月       同社代表取締役社長
                                平成16年8月       インテグラルビューティー
                                       ㈱(現タラサ志摩スパアン
                                       ドリゾート㈱)代表取締役
                                       会長
                                平成18年3月       ジュネックス㈱(現アール
                                       ビバン㈱)代表取締役会長
                                平成19年2月       ㈱e・ジュネックス(現
                                       アールビバン㈱)取締役会
                                       長
                                平成20年3月       タラサ志摩スパアンドリ
                                       ゾート㈱代表取締役名誉会
                                       長
                                平成21年3月       タラサ志摩スパアンドリ
                                       ゾート㈱代表取締役
     代表取締役会
                                       ㈱ダブルラック取締役
                  野澤 克巳      昭和28年2月19日生                            (注)3      112
     長兼社長
                                平成21年9月       ㈱ダブルラック代表取締役
                                       社長
                                       タラサ志摩スパアンドリ
                                       ゾート㈱代表取締役会長
                                       カルナフィットネスアンド
                                       スパ㈱取締役
                                平成22年9月       カルナフィットネスアンド
                                       スパ㈱代表取締役社長
                                平成24年6月       当社顧問
                                平成26年6月       当社取締役会長
                                       タラサ志摩スパアンドリ
                                       ゾート㈱取締役会長
                                       カルナフィットネスアンド
                                       スパ㈱取締役会長
                                       ㈱ダブルラック取締役会長
                                平成27年6月       当社代表取締役会長
                                平成28年6月       当社代表取締役会長兼社長
                                       (現任)
                                平成28年8月
                                       TSCホリスティック代表
                                       取締役会長兼社長(現任)
                                平成28年8月
                                       ㈱ダブルラック代表取締役
                                       社長(現任)
                                平成29年4月
                                       インターナショナル・オー
                                       クション・システムズ㈱代
                                       表取締役社長(現任)
                                28/90





                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                                昭和54年4月
                                       ㈱すかいらーく入社
                                昭和57年4月
                                       ㈱オリエントコーポレー
                                       ション入社
                                平成7年3月
                                       同社茨木支店長
                                平成8年10月       当社入社新事業開発室長
                                平成9年7月       営業企画部長
                                平成10年6月       取締役営業企画部長
                                平成11年4月       取締役営業部長
                                平成12年5月       取締役営業本部長兼営業部
                                       長兼新会社設立準備室長代
                                       行
                                平成13年6月       取締役アールジュネス事業
                                       担当
                                平成14年4月       取締役経営企画室長
                                平成14年7月       ㈱ファイナンスソリュー
                                       ション設立代表取締役社長
                                       就任(現任)
                                平成18年8月       ㈱リバース設立取締役就任
                                平成22年7月       同社代表取締役会長(現任)
     取締役             岩本 一也      昭和31年1月1日生
                                                   (注)3       0
                                平成25年3月       当社顧問就任
                                平成25年6月       当社代表取締役社長
                                       タラサ志摩スパアンドリ
                                       ゾート㈱代表取締役社長
                                       カルナフィットネスアンド
                                       スパ㈱代表取締役社長
                                       ㈱ダブルラック代表取締役
                                       社長
                                平成25年10月       ㈱ダブルラック取締役
                                平成28年6月       当社特別顧問就任
                                平成29年6月       当社取締役(現任)
                                平成29年6月       TSCホリスティック㈱取
                                       締役(現任)
                                平成29年6月       ㈱ダブルラック取締役(現
                                       任)
                                平成29年6月       インターナショナル・オー
                                       クション・システムズ㈱取
                                       締役(現任)
                                29/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                                平成7年4月       公認会計士荻原康夫事務所
                                       入所
                                平成12年9月       ㈱エスアールエル・メディ
                                       サーチ入社
                                平成17年6月       プリモ・ジャパン㈱入社財
                                       務経理部長
                                平成19年7月       ㈱e・ジュネックス(現アー
                                       ルビバン㈱)入社管理部長
                                平成22年9月       当社経営企画室マネー
                                       ジャー
                                平成24年6月       管理部長兼経営企画室長
                                       タラサ志摩スパアンドリ
     取締役      管理部長       樋口 弘司      昭和46年8月11日生
                                                   (注)3       0
                                       ゾート㈱取締役
                                       カルナフィットネスアンド
                                       スパ㈱取締役
                                       ㈱ダブルラック取締役(現
                                       任)
                                       インターナショナル・オー
                                       クション・システムズ㈱取
                                       締役(現任)
                                平成26年6月       当社取締役管理部長兼経営
                                       企画室長(現任)
                                平成28年8月
                                       TSCホリスティック㈱取
                                       締役(現任)
                                平成18年4月       ㈱リンクアンドモチベー
                                       ション入社
                                平成22年3月       ㈱ローザス入社
                                                    (注)
                                平成25年4月       当社入社社長室
     取締役      人事部長       野澤 竹志      昭和57年12月27日生                            3.       7
                                平成28年6月       当社取締役人事部長兼社長
                                                   6.7
                                       室長(現任)
                                平成29年3月
                                       TSCホリスティック㈱取
                                       締役(現任)
                                平成11年4月       日本エイム㈱入社
                                平成14年1月       UFJ住宅販売㈱(現三菱
                                       UFJ不動産販売㈱入社)
                                平成19年4月       ㈱リュックス設立代表取締
     取締役             酒井 宏彰      昭和52年8月15日生                            (注)3      145
                                       役(現任)
                                平成22年1月       ㈱リュックスソリューショ
                                       ンズ設立代表取締役(現任)
                                平成28年6月       当社取締役(現任)
                                30/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴           任期
                                                       (千株)
                                昭和48年4月       ㈱太陽神戸銀行(現㈱三井
                                       住友銀行)入行
                                平成2年9月       金万証券㈱(現日本アジア
                                       証券㈱)入社
                                平成5年6月       当社入社経理部長
                                平成7年3月       京都きもの友禅㈱入社経理
                                       部長
     常勤監査役             園川 勝美      昭和24年1月19日生                            (注)4
                                                          -
                                平成9年6月       同社取締役兼経理部長
                                平成12年6月       同社常務取締役管理本部長
                                       兼経理部長
                                平成22年6月       当社常勤監査役
                                平成28年6月       当社常勤社外監査役(現
                                       任)
                                昭和30年4月       陸運機材工業株式会社(日
                                       本リクライニングシート社
                                       名変更)入社
                                昭和39年10月       同社 会社更生法手続き事
                                       務局(日本発条株式会社の
                                       経営参加)
                                昭和59年6月       同社 取締役管理本部長
                                平成2年7月       株式会社ニッパツサービス
                                       伊勢原開発準備室長
                                平成2年11月       当社入社取締役
                                平成3年6月       専務取締役管理本部長
                                平成9年5月       専務取締役経営企画室長兼
                                       業務改善室長
                                平成10年6月       相談役就任
                                平成13年6月       ㈱ドリーム・アーツ常勤監
     監査役            野澤 二三朝      昭和10年10月23日生
                                                    (注)5       93
                                       査役
                                平成14年6月       当社取締役管理本部長
                                平成14年7月       ㈱アートファイナンス(現
                                       ㈱ダブルラック)取締役
                                平成15年6月       タラサ志摩スパアンドリ
                                       ゾート㈱監査役
                                平成16年8月       インテグラルビューティー
                                       ㈱(現タラサ志摩スパアン
                                       ドリゾート㈱)監査役
                                平成17年6月       ㈱ドリーム・アーツ監査役
                                       (現任)
                                平成19年2月       ㈱e・ジュネックス監査役
                                平成22年5月       バイオ・アグリ㈱監査役
                                平成28年6月       当社監査役(現任)
                                平成28年8月       TSCホリスティック㈱監
                                       査役(現任)
                                平成18年10月       弁護士登録
                                平成18年10月       森田・山田法律事務所入所
                                平成28年4月       寺本・柳岡・河野法律事務
     監査役             柳岡  茂      昭和49年6月30日生                            (注)5
                                                          -
                                       所開設
                                平成28年6月       当社社外監査役(現任)
                                           計               358

     (注)1.取締役酒井宏彰は、社外取締役であります。
         2.常勤監査役園川勝美及び監査役柳岡茂は、社外監査役であります。
         3.平成30年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         4.平成30年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         5.平成28年6月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         6.取締役野澤竹志は、代表取締役会長兼社長野澤克巳の二親等以内の親族であります。
         7.取締役野澤竹志の所有株式数は、従業員持株会で所有している持分相当の株式数であります。
                                31/90


                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
      当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、多くのステークホルダー(株主、債権者、従業員等の
     利害関係者)により成り立つ企業として社会的責任を果たすべく、業績向上の追求とともに、「経営の健全性・公正
     性・透明性」を確保・継続する仕組み作りに取り組むべきと考えております。また、経営環境の変化に対応し、当社に
     おける最適な経営システムはどうあるべきかを常に模索しながら、経営基盤の維持に取り組んでいく方針です。
    (1)  企業統治の体制

     ① 企業統治の体制の概要
       当社は監査役制度を採用しており、取締役会、監査役会を設置しております。取締役会は、取締役5名で構成さ
      れ、うち社外取締役は1名を選任しております。監査役会は3名で構成され、うち社外監査役は2名を選任しており
      ます。
     ② 企業統治の体制を採用する理由









       当社は、業務執行の適切な監督のため、社外取締役が出席する取締役会運営を採用しております。また、社外監査
      役を中心に、経営への牽制機能を備えております。
     ③ 内部統制システムの整備の状況

       当社の内部統制システムといたしましては、取締役および監査役が出席する取締役会を月1回以上開催し、経営の
      基本方針、法令で定められた事項、その他経営に関する重要事項を決定し、また各部門の業績をチェックすることで
      業務執行の監督を実施しております。
       また、取締役および各部門の責任者が出席する経営会議を月1回開催し、経営基本方針および業務上の重要事項等
      を周知徹底しております。また、今後の各部門戦略を検討し、改善点等を定期的に検討し、社会情勢の変化に対応で
      きる柔軟な組織体制を構築しております。
                                32/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     ④ リスク管理体制の整備の状況
       当社のリスク管理体制は、月1回以上の取締役会を実施しております。当社決裁権限規程に基づいて、重要な案
      件、各種経営施策等の議案について多角的な視点で審議を行った上で意思決定を行っており、これらの機会を多く設
      けることにより、迅速かつ適切な意思決定を可能にしております。
     ⑤ 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

       当社の子会社の業務の適正を確保するため、事業に関して責任を負う取締役を任命し法令遵守体制を構築する権限
      と責任を与え、管理部はこれらを横断的に推進し、管理します。なお、子会社の経営については、経営企画室が統括
      管理し「関係会社管理規程」に従い、その自主性を尊重しつつ、事業内容の定期的な報告と重要案件についての事前
      協議を行うこととしております。
     ⑥ 責任限定契約の内容の概要

       当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同
      法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、
      取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は1百万円または法令が定める額のいずれか高い額、監査役は1百
      万円または法令が定める額のいずれか高い額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役
      (業務執行取締役等であるものを除く。)または監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な
      過失がないときに限られます。
    (2)  内部監査及び監査役監査の状況

       内部監査は内部監査室2名によって、内部管理体制の適切性や有効性を定期的に検証し、業務執行の状況について
      監査を実施しております。内部監査室は適宜監査役に報告するなど監査役と連携することにより、内部監査の実効性
      向上に努めております。
       監査役は取締役会に常時出席し、経営執行状況について監査を実施しております。監査役会は常勤監査役1名、非
      常勤監査役2名で構成され、監査に関する重要な事項の報告を受け、協議・決定を行っております。また、監査役は
      内部監査室及び監査法人との間で意見交換を行うことによって、経営執行の状況を効率的、合理的に把握し、監査の
      実効性を高めております。
       なお、常勤監査役園川勝美は、当社の経理部に平成5年から平成7年まで在籍し、決算手続並びに財務諸表の作成
      等に従事しておりました。
    (3)  社外取締役及び社外監査役

       当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
       社外取締役酒井宏彰は、㈱リュックス等における長年の企業経営に携わった経験・見識を、当社の経営に生かして
       いただくため選任しております。なお、当社株式を保有し資本的関係を有しております。
       常勤監査役園川勝美は「社外監査役」の要件を満たしており、長年の会社経営や経理・財務業務、金融に携わって
      きた経験と知識を有しており、社外監査役としてその職務を適切に遂行することを期待し選任しております。
       社外監査役柳岡茂は、弁護士として豊富な経験を有しています。この経験を生かし、専門的見地から当社の経営全
      般について監査いただくことを期待し選任しております。
       なお、社外取締役酒井宏彰及び社外監査役柳岡茂は、当社との特別な利害関係が無く、中立・公正な立場であるた
      め、独立役員に指定しております。
       社外取締役及び社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する方針につきましては、常勤役員や特定の利
      害関係者との関係がなく、一般株主をはじめとするステークホルダーの利益を毀損するおそれがない候補者を選任す
      ることを方針としております。
       社外取締役は、原則として毎月1回以上開催される取締役会に出席し、当社とは利害関係のない見地から当社の経
      営全般に亘り、妥当性・適正性を確保するための意見の表明を行っております。社外監査役は、原則として毎月1回
      以上開催される取締役会・監査役会に出席し、当社とは利害関係のない見地から当社の経営全般に亘り、適法性・妥
      当性・適正性を確保するための意見の表明を行っております。監査役は監査法人の会計監査への立会いを行い、期末
      監査終了後は監査法人と意見交換を行っております。内部監査室は月1回、定例監査の報告を監査役に行っておりま
      す。また、それ以外にも、適宜問題があれば報告しております。
                                33/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    (4)  役員報酬等
     イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                            役員の員数
                     (千円)
                                  ストック
                                                       (人)
                            基本報酬              賞与     退職慰労金
                                  オプション
     取締役
                      131,018       131,018         -       -       -       4
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       2,900       2,900        -       -       -       1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                 14,575       14,575         -       -       -       3
     ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

         取締役の報酬限度額は、平成6年6月29日開催の第10期定時株主総会において年額200百万円以内(ただし、使
        用人分給与は含まない。)と決議いただいております。監査役の報酬限度額は、平成6年6月29日開催の第10期定
        時株主総会において年額30百万円以内と決議いただいております。
     (5)   株式の保有状況

     イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
       該当事項はありません。
     ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

       前事業年度
        特定投資株式
                                    貸借対照表計上額
              銘柄             株式数(株)                       保有目的
                                      (千円)
     株式会社みずほフィナンシャルグループ                                         良好な関係の維持、取引等の
                              706,963           144,220
     (注)                                         円滑化のため
                                              良好な関係の維持、取引等の
     株式会社オリエントコーポレーション                         500,000           100,500
                                              円滑化のため
     (注) 平成28年7月1日をもって優先株式を普通株式に転換しております。
       当事業年度

        特定投資株式
          該当事項はありません。
     ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに当事

      業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                    前事業年度
                                       当事業年度(千円)
                     (千円)
                    貸借対照表計        貸借対照表計         受取配当金         売却損益        評価損益

                    上額の合計額        上額の合計額         の合計額        の合計額        の合計額
     非上場株式                  1,740        1,740          59        -      (注)

     上記以外の株式                  69,590        318,280         8,313        33,868          547

     (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益
         の合計額」は記載しておりません。
                                34/90




                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    (6)  会計監査の状況
       当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、冨岡慶一郎、諏訪由枝であり、明治アーク監査法人に所属しており
      ます。継続監査年数については全員7年以内であるため、記載を省略しております。
       当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士11名、その他12名であります。
    (7)  責任限定契約の内容の概要

       当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を
      限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、100万円または法令が定める額のい
      ずれか高い額としております。
    (8)  取締役の定数

       当社の取締役は15名以内とする旨定款に定めております。
    (9)  取締役の選任の決議要件

       当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
      出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらな
      いものとする旨定款に定めております。
    (10)   自己株式の取得

       当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨を
      定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等
      により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
    (11)   取締役及び監査役の責任免除

       当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役
      (取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除すること
      ができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮し
      て、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
    (12)   株主総会の特別決議要件

       当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の
      議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。こ
      れは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするも
      のであります。
    (13)   中間配当

       当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎
      年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
                                35/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                22,000             -         22,000             -

      連結子会社                  -           -           -           -

         計             22,000             -         22,000             -

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査法人から監査日数、当社の規模・業
         務の特性等をもとに見積書が提出され、監査役会にて検討し、取締役会の決議により決定しております。
                                36/90














                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。)
      に基づいて作成しております。
     (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年4月1日から平成30年3月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日まで)の財務諸表について、明治
      アーク監査法人による監査を受けております。
       なお、当社の監査人は次のとおり異動しております。
       前々連結会計年度及び前々事業年度                     優成監査法人
       前連結会計年度及び前事業年度                   明治アーク監査法人
       臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。

       (1)    異動に係る監査公認会計士等の名称
         ①   選任する監査公認会計士等の名称
           明治アーク監査法人
         ②   退任する監査公認会計士等の名称
           優成監査法人
       (2)    異動の年月日
          平成28年6月24日
       (3)    退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日
          平成21年6月26日
       (4)    退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項
          該当事項はありません。
       (5)    異動の決定又は異動に至った理由及び経緯
          当社の監査公認会計士等であります優成監査法人は、平成28年6月24日開催予定の第32期定時株主総会終結の
          時をもって任期満了となります。これに伴い、当社は監査公認会計士等の見直しを行ったことによります。
       (6)    上記(5)の理由及び経緯に対する監査報告書等の記載事項に係る退任する監査公認会計士等の意見
          該当事項はありません。
       なお、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出しておりますが、訂

      正後の連結財務諸表及び財務諸表について、アスカ監査法人による監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、各種セミナー等へ
     の参加及び各種会計関連出版物等の購読を行っており、会計基準等の内容の適切な把握、会計基準等の変更等への的確
     な対応を行うための体制をとっております。
                                37/90





                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                     ※2  5,243,427            ※2  3,865,633
        現金及び預金
                                   ※1,※2   10,429,822           ※1,※2   10,259,049
        売掛金
        商品及び製品                               4,213,926              4,232,714
        仕掛品                                 6,163              5,457
        原材料及び貯蔵品                                51,807              57,427
        前払費用                                135,237              174,595
        繰延税金資産                                221,263              213,226
        その他                                423,503             1,151,297
                                       △187,001               △82,864
        貸倒引当金
        流動資産合計                              20,538,150              19,876,536
       固定資産
        有形固定資産
                                     ※2  1,512,674            ※2  1,880,313
          建物及び構築物
                                      △1,148,361              △1,185,385
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                             364,312              694,928
                                      ※2  227,722             ※2  227,722
          土地
          リース資産                               88,157              121,649
                                        △2,675              △17,237
           減価償却累計額
           リース資産(純額)                             85,482              104,412
          建設仮勘定
                                         7,128              12,307
          その他                              365,335              406,928
                                       △323,824              △330,340
           減価償却累計額
           その他(純額)                             41,510              76,588
          有形固定資産合計                              726,156             1,115,958
        無形固定資産
                                        46,051              43,676
          その他
          無形固定資産合計                               46,051              43,676
        投資その他の資産
                                      ※3  426,315             ※3  426,105
          投資有価証券
          長期貸付金                              825,991              693,797
          敷金及び保証金                              221,181              312,848
          繰延税金資産                              280,631              267,484
          退職給付に係る資産                                 -             1,853
          その他                              861,608              881,983
                                       △608,399              △529,114
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                             2,007,330              2,054,957
        固定資産合計                               2,779,538              3,214,592
       資産合計                                23,317,689              23,091,129
                                38/90






                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        386,126              514,374
        買掛金
                                     ※2  2,575,000            ※2  2,862,500
        短期借入金
                                     ※2  1,060,808            ※2  1,266,428
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                18,057              25,519
        未払法人税等                                238,334              147,688
        前受金                               1,290,877              1,420,313
        割賦利益繰延                               2,493,496              2,454,065
        賞与引当金                                59,934              61,158
        返品調整引当金                                21,828              12,887
                                        501,265              651,312
        その他
                                       8,645,729              9,416,249
        流動負債合計
       固定負債
                                     ※2  2,070,784            ※2  1,255,436
        長期借入金
        リース債務                                75,102              84,525
        退職給付に係る負債                                152,823              103,866
        資産除去債務                                132,430              135,223
                                        57,329              121,164
        その他
        固定負債合計                               2,488,469              1,700,215
                                      11,134,199              11,116,464
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
        資本金                               1,656,000              1,656,000
        資本剰余金                               6,706,301              6,706,301
                                       5,088,339              5,117,737
        利益剰余金
                                      △1,328,892              △1,515,157
        自己株式
                                      12,121,749              11,964,881
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                106,561               5,887
                                       △44,820                3,894
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                61,740               9,782
                                      12,183,489              11,974,664
       純資産合計
     負債純資産合計                                 23,317,689              23,091,129
                                39/90









                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     売上高                                 6,607,315              7,180,467
                                     ※1  2,780,204            ※1  3,347,933
     売上原価
                                       3,827,110              3,832,534
     売上総利益
                                     ※2  2,951,972            ※2  2,975,042
     販売費及び一般管理費
                                        875,137              857,491
     営業利益
     営業外収益
       受取利息                                  20,352              14,254
       受取配当金                                  5,899              8,384
       貸倒引当金戻入額                                  40,104              125,141
                                        18,543              28,645
       雑収入
       営業外収益合計                                  84,900              176,426
     営業外費用
       支払利息                                  24,287              25,301
       為替差損                                  16,783              63,610
       デリバティブ損失                                    -            141,873
                                         2,919              3,366
       雑損失
       営業外費用合計                                  43,990              234,151
                                        916,047              799,766
     経常利益
     特別利益
                                       ※3  1,048
       固定資産売却益                                                  -
       受取和解金                                  2,581                -
                                          -            95,147
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                  3,629              95,147
     特別損失
                                                     ※4  18,643
       店舗閉鎖損失                                    -
                                       ※6  10,431            ※6  119,995
       減損損失
                                                     ※5  3,817
       固定資産除却損                                    -
       本社移転費用                                    -            10,784
                                      ※7  390,000
       貸倒引当金繰入額                                                  -
                                       ※8  80,000
                                                         -
       加盟店関連支払報奨金
       特別損失合計                                 480,431              153,241
                                        439,246              741,672
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税
                                        414,274              301,644
                                        728,473               22,738
     法人税等調整額
     法人税等合計                                 1,142,748               324,383
                                       △703,502               417,289
     当期純利益又は当期純損失(△)
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                       △703,502               417,289
     帰属する当期純損失(△)
                                40/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
                                       △703,502               417,289
     当期純利益又は当期純損失(△)
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  30,474             △100,673
                                        13,172              48,715
       退職給付に係る調整額
                                     ※1,※2   43,646          ※1,※2   △51,958
       その他の包括利益合計
                                       △659,855               365,331
     包括利益
     (内訳)
                                       △659,855               365,331
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                41/90
















                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                     1,656,000         6,706,301         6,184,359        △1,328,892         13,217,769
     当期変動額
      剰余金の配当                                △392,316                 △392,316
      親会社株主に帰属する当期
      純利益又は親会社株主に帰
                                      △703,502                 △703,502
      属する当期純損失(△)
      連結子会社の増加に伴う減
                                        △202                 △202
      少
      自己株式の取得                                                    -

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -     △1,096,020            -     △1,096,020
     当期末残高                1,656,000         6,706,301         5,088,339        △1,328,892         12,121,749
                         その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
                 その他有価証券評価        退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                 差額金           累計額      計額合計
     当期首残高                 76,086        △57,992         18,093       13,235,863
     当期変動額
      剰余金の配当
                                               △392,316
      親会社株主に帰属する当期
      純利益又は親会社株主に帰                                         △703,502
      属する当期純損失(△)
      連結子会社の増加に伴う減
                                                △202
      少
      自己株式の取得                                            -

      株主資本以外の項目の当期

                      30,474         13,172         43,646         43,646
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      30,474         13,172         43,646      △1,052,373
     当期末残高                 106,561        △44,820         61,740       12,183,489
                                42/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                1,656,000         6,706,301         5,088,339        △1,328,892         12,121,749
     当期変動額
      剰余金の配当
                                      △387,891                 △387,891
      親会社株主に帰属する当期
      純利益又は親会社株主に帰                                 417,289                 417,289
      属する当期純損失(△)
      連結子会社の増加に伴う減
                                                          -
      少
      自己株式の取得

                                               △186,265         △186,265
      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計
                        -         -       29,398       △186,265         △156,867
     当期末残高                1,656,000         6,706,301         5,117,737        △1,515,157         11,964,882
                         その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
                 その他有価証券評価        退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                 差額金           累計額      計額合計
     当期首残高                 106,561        △44,820         61,740       12,183,489
     当期変動額
      剰余金の配当                                         △387,891
      親会社株主に帰属する当期
      純利益又は親会社株主に帰
                                               417,289
      属する当期純損失(△)
      連結子会社の増加に伴う減
                                                  -
      少
      自己株式の取得                                         △186,265

      株主資本以外の項目の当期

                     △100,673          48,715        △51,958         △51,958
      変動額(純額)
     当期変動額合計                △100,673          48,715        △51,958        △208,825
     当期末残高
                       5,887         3,894         9,782      11,974,664
                                43/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        439,246              741,672
       税金等調整前当期純利益
       減価償却費                                  55,162              96,961
       減損損失                                  10,431              119,995
       受取和解金                                 △2,581                 -
       加盟店関連支払報奨金                                  80,000                -
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 357,452             △183,422
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,129              1,224
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                  8,374             △8,940
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  26,240              19,404
       受取利息及び受取配当金                                 △26,251              △22,623
       資金原価及び支払利息                                  54,368              57,688
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -           △95,147
       投資事業組合運用損益(△は益)                                 △2,904              △2,495
       デリバティブ損益(△は益)                                    -            141,873
       店舗閉鎖損失                                    -            18,643
       為替差損益(△は益)                                  9,699             113,833
       売上債権の増減額(△は増加)                                 470,707              170,773
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △120,971               △23,701
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △29,874              △40,265
       長期未収入金の増減額(△は増加)                                 252,869               79,053
                                        △9,112              128,248
       仕入債務の増減額(△は減少)
       割賦利益繰延の増減額(△は減少)                                 △27,009              △39,430
                                       △166,813               178,363
       その他
       小計                                1,380,164              1,451,708
       利息及び配当金の受取額
                                        21,710              24,048
       利息の支払額                                 △50,805              △56,779
       役員退職慰労金の支払額                                  △264                -
       和解金の受取額                                  16,475                -
                                       △510,079              △378,238
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 857,200             1,040,740
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                △114,252              △344,790
       投資有価証券の取得による支出                                △100,000              △623,034
       投資有価証券の売却による収入                                    -            591,211
       差入証拠金の預入による支出                                    -           △880,000
       貸付金の回収による収入                                 124,008              132,339
       無形固定資産の取得による支出                                 △6,424              △13,521
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △37,531              △112,934
       敷金及び保証金の回収による収入                                  4,060              9,189
       出資金の分配による収入                                  8,600              5,950
                                         1,569             △29,029
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △119,969             △1,264,618
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △670,000               287,500
       リース債務の返済による支出                                    -           △97,072
       長期未払金の返済による支出                                    -           △46,285
       長期借入れによる収入                                2,100,000               524,700
       長期借入金の返済による支出                                △893,408             △1,134,428
       自己株式の取得による支出                                    -           △186,265
       配当金の支払額                                △393,856              △388,231
                                        △4,239                 -
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 138,495            △1,040,083
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △9,699             △113,833
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   866,027            △1,377,795
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       4,369,114              5,243,431
                                         8,289                -
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                     ※1  5,243,431            ※1  3,865,636
     現金及び現金同等物の期末残高
                                44/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)  連結子会社の数 3社
        主要な連結子会社の名称
        ㈱ダブルラック
        TSCホリスティック㈱
        インターナショナル・オークション・システムズ㈱
      (2)  主要な非連結子会社の名称等
        ART  VIVANT    Hong   Kong   LIMITED
        非連結子会社は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
        額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
     2.持分法の適用に関する事項
      (1)  持分法適用の非連結子会社及び関連会社
        該当する会社はありません。
      (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社
        ART  VIVANT    Hong   Kong   LIMITED
        当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結
        財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項
       連結子会社の決算日と連結決算日は同一であります。
     4.会計方針に関する事項
      (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
       イ.有価証券の評価基準及び評価方法
          その他有価証券
          ・時価のあるもの
           期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
           により算定)
          ・時価のないもの
           移動平均法による原価法
       ロ.デリバティブ
         時価法
       ハ.たな卸資産の評価基準及び評価方法
         商 品:個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         原材料及び貯蔵品:先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
         り算定)
      (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
       イ.有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法
         ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建
         物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
         なお主な耐用年数は以下のとおりです。
         建物    3年~36年
       ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
         ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(3年又は5年)に基づく定額法によってお
         ります。
       ハ.リース資産
         所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (3)重要な引当金の計上基準
       イ.貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については
         個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
                                45/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
       ロ.賞与引当金
         従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
       ハ.返品調整引当金
         出版事業における商品の返品による損失に備えるため、当連結会計年度の売上を基礎として返品見込相当額を
         計上しております。
      (4)退職給付に係る会計処理の方法
       イ.退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
         期間定額基準によっております。
       ロ.数理計算上の差異の費用処理方法
         数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
         (9年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
       ハ.小規模企業等における簡便法の採用
         一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
         を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)収益の計上基準
        割賦販売斡旋業務(個品斡旋)の収益の計上基準は期日到来基準とし、均分法(手数料総額を分割回数に按分
        し、期日到来のつど均等額を収益計上する方法)によっております。
      (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
        す。
      (7)重要なヘッジ会計の方法
       イ.ヘッジ会計の方法
         特例処理の要件を満たす金利スワップについては、特例処理を採用しております。
       ロ.ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段・・・金利スワップ
         ヘッジ対象・・・借入金利息
       ハ.ヘッジ方針
         財務上発生している金利リスク回避を目的としてデリバティブ取引を導入しており、投機目的の取引は行って
         おりません。
       ニ.ヘッジの有効性評価の方法
          金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、連結会計年度末日における有効性の評価を省略しており
          ます。
      (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
        わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
       イ.消費税等の会計処理
         税抜方式によっております。
       ロ.連結納税制度の適用
         連結納税制度を適用しております。
                                46/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
     1.概要
       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     2.適用予定日

       平成34年3月期の期首より適用予定であります。
     3.当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                47/90















                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
     ※1 割賦販売斡旋業務により発生した割賦債権に係るものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     割賦売掛金                              10,314,416千円                 10,153,570千円
     ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     普通預金                                80,000千円                 80,001千円
     割賦売掛金                              1,878,062                 2,103,537
     建物及び構築物                                66,773                 62,713
     土地                               182,000                 182,000
              計                     2,206,836                 2,428,251
         担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     短期借入金                              1,500,000千円                 1,500,000千円
     長期借入金                              1,900,000                 1,830,500
              計                     3,400,000                 3,330,500
         なお、建物及び構築物及び土地には根抵当権が設定されております。
     ※3 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 160千円                 160千円
      4 当社及び連結子会社(㈱ダブルラック)は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約を締結

        しております。この契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     当座貸越極度額                              2,700,000千円                 3,000,000千円
     借入実行残高                              2,500,000                 2,800,000
             差引額                       200,000                 200,000
                                48/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
     ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれており
        ます。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年4月1日                            (自 平成29年4月1日
              至 平成29年3月31日)                              至 平成30年3月31日)
                          224,934千円                            332,406千円
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
     会場費                               306,622千円                 341,185千円
     広告宣伝費                               436,883                 396,504
     給与・賞与手当                               681,367                 739,787
     賞与引当金繰入額                                46,970                 48,761
     退職給付費用                                34,970                 35,595
     貸倒引当金繰入額                                93,091                   -
     ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     車両運搬具                                1,048千円                   -千円
     ※4 店舗閉鎖損失の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     解約違約金等                                  -千円               10,495千円
     建物除却損                                  -                3,984
     現状回復工事他                                  -                4,162
              計                         -               18,643
     ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     建物                                  -千円                3,793千円
     工具、器具及び備品                                  -                 24
              計                         -                3,817
                                49/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     ※6 減損損失
         当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
      前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
           場所              用途              種類            減損損失
                                 機械装置、工具器具備品及

      三重県鳥羽市              ホテル                                  10,431千円
                                 びソフトウエア
        当社グループは、資産のグルーピングに際し、主に管理会計上の区分をキャッシュ・フローを生み出す最小の単
       位として捉え、その単位を基礎にグルーピングする方法を採用しております。
        当連結会計年度において営業活動から生じる損益が継続してマイナスである資産グループについて、帳簿価額を
       回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(10,431千円)として特別損失に計上しました。その内訳は、機
       械装置7,699千円、工具器具備品2,422千円及びソフトウエア310千円であります。
        なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、ホテルは不動産鑑定評価額等を基に算定しておりま
       す。
      当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

           場所              用途              種類            減損損失
      東京都品川区              事務所              建物                    10,743千円

                                 建物附属設備、機械装置及

      三重県鳥羽市              ホテル                                  5,478千円
                                 び工具器具備品
                                 建物、建物附属設備、工具

      埼玉県富士見市他2件              ヨガスタジオ                                 103,774千円
                                 器具備品及びリース資産他
        当社グループは、資産のグルーピングに際し、主に管理会計上の区分をキャッシュ・フローを生み出す最小の単
       位として捉え、その単位を基礎にグルーピングする方法を採用しております。
        本社事務所の固定資産のうち本社移転に伴い将来の使用見込がなく廃棄することが決定されたものについては、
       減損損失として特別損失に計上しました。当該事業による当連結会計年度の減損損失の計上額は10,743千円であり
       ます。
        TSCホリスティック株式会社が運営するホテルにおいては、営業活動から生じる損益が継続してマイナスであ
       る資産グループについて、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しま
       した。当該事業による当連結会計年度の減損損失の計上額は5,478千円であります。その内訳は建物附属設備1,850
       千円、機械装置1,220千円及び工具器具備品2,408千円であります。
        TSCホリスティック株式会社が運営するホットヨガスタジオのうち撤退が決定している資産グループにおい
       て、将来の使用見込がなく廃棄することが決定されたものについては、減損損失として特別損失に計上しました。
       当該事業による当連結会計年度の減損損失の計上額は103,774千円であります。その内訳は建物9,049千円、建物附
       属設備9,813千円、工具器具備品800千円、リース資産60,167千円及びその他23,942千円であります。
        なお、当該資産グループの回収可能価額はいずれも使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フ
       ローが見込まれないため、使用価値をゼロと算定しております。
     ※7 貸倒引当金繰入額

        金融サービス事業において、加盟店が消費者庁より一部業務(新規契約締結等)の業務停止命令を受けたあと、
       破産手続き開始決定を受けたことに伴い、同加盟店に係る債権のうち、回収不能と見込まれる金額を貸倒引当金繰
       入額として特別損失に計上しました。
     ※8 加盟店関連支払報奨金

        上記加盟店の顧客に対する役務提供の引継ぎに対する報奨金の支払金額を特別損失に計上しました。
                                50/90





                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
     ※1    その他の包括利益に係る組替調整額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 35,647千円              △26,086千円
      組替調整額                                △2,904               △97,642
      計
                                       32,743              △123,728
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                 6,905               58,902
      組替調整額                                 12,080               11,313
      計
                                       18,985               70,215
      税効果調整前合計
                                       51,728              △53,513
      税効果額                                △8,082                1,555
     その他の包括利益合計
                                       43,646              △51,958
     ※2    その他の包括利益に係る税効果額

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      税効果調整前                                 32,743千円              △123,728千円
      税効果額                                △2,269                23,055
      税効果調整後
                                       30,474              △100,673
     退職給付に係る調整額:
      税効果調整前                                 18,985               70,215
      税効果額                                △5,813               △21,500
      税効果調整後
                                       13,172               48,715
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                                 51,728              △53,513
      税効果額                                △8,082                1,555
      税効果調整後
                                       43,646              △51,958
                                51/90









                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                    15,463            -          -        15,463

            合計               15,463            -          -        15,463

     自己株式

      普通株式                     2,386           -          -        2,386

            合計               2,386           -          -        2,386

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                 株式の種類                          基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     平成28年6月24日
                 普通株式           196,158           15   平成28年3月31日          平成28年6月27日
     定時株主総会
     平成28年11月10日
                 普通株式           196,158           15   平成28年9月30日          平成28年12月13日
     取締役会
          (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     平成29年6月23日
               普通株式         196,158      利益剰余金           15  平成29年3月31日         平成29年6月26日
     定時株主総会
                                52/90










                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                    15,463            -          -        15,463

            合計               15,463            -          -        15,463

     自己株式

      普通株式                     2,386           295          -        2,681

            合計               2,386           295          -        2,681

    (注)普通株式の自己株式数の増加295千株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加であります。

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                 株式の種類                          基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     平成29年6月23日
                 普通株式           196,158           15   平成29年3月31日          平成29年6月26日
     定時株主総会
     平成29年11月10日
                 普通株式           191,733           15   平成29年9月30日          平成29年12月12日
     取締役会
          (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     平成30年6月26日
               普通株式         191,733      利益剰余金           15  平成30年3月31日         平成30年6月27日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
     現金及び預金勘定                            5,243,427     千円            3,865,633     千円
     流動資産 その他(有価証券)                                3                 3
     現金及び現金同等物                            5,243,431                 3,865,636
     2 重要な非資金取引の内容

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成29年3月31日)               至   平成30年3月31日)
     ファイナンス・リース取引に係る資産及び負
                                      千円                 千円
                                   88,157                104,816
     債の額
     割賦購入契約に係る資産及び負債の額                              25,158                125,737
                                53/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (リース取引関係)
      1.ファイナンス・リース取引(借主側)
       所有権移転ファイナンス・リース取引
       ①   リース資産の内容
         主として、健康産業事業(ホットヨガ事業)の出店における店舗設備(「建物及び構築物」、「工具、器具及
        び備品」)であります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の
        減価償却の方法」に記載のとおりであります。
       所有権移転外ファイナンス・リース取引

       ①   リース資産の内容
         主として、健康産業事業(フィットネス事業)のトレーニング機器(「工具、器具及び備品」)であります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の
        減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      2.オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成29年3月31日)                   (平成30年3月31日)
     1年内                                103,926                   197,453

     1年超                                311,780                   452,624

     合計                                415,707                   650,078

                                54/90












                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (金融商品関係)
       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、余剰資金については流動性の高い金融資産で運用しており、資金調達については主に銀行
         借入により調達しております。また、デリバティブ取引については金利変動リスクの回避及び資産運用に利用
         しております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク

          営業債権である割賦売掛金及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
          その他有価証券は、市場価格の変動リスクに晒されております。
          長期貸付金は、関連当事者である㈲カツコーポレーションに対するものであり、定期的に回収先の財務状況
         等を把握しております。
          デリバティブ取引のうち、金利スワップ取引は借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的と
         しております。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法
         等については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(7)重要な
         ヘッジ会計の方法」をご参照ください。
          金利スワップ取引以外のデリバティブ取引は、市場価格の変動リスクに晒されております。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制

         ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社グループは、信用リスクに関する諸管理規程に従い、営業債権である割賦売掛金及び売掛金は、個別案
         件ごとの与信審査、与信限度額、信用情報管理、保証や担保の設定、問題債権への対応など与信管理に関する
         体制を整備し運営しております。
         ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          その他有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、上場株式については時価の把握を毎月
         行っております。
          デリバティブ取引は、取締役会の承認に基づき格付けの高い金融機関とのみ取引を行っております。
         ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社グループは、適時にグループ全体の資金管理を行うほか、資金調達手段の多様化、市場環境を考慮した
         長短の調達バランスの調整などによって、手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
         まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
         とにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバ
         ティブ取引に関する契約金額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すもので
         はありません。
                                55/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
       前連結会計年度(平成29年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      (1)現金及び預金                       5,243,427            5,243,427                -

      (2)売掛金                      10,429,822

          割賦利益繰延(*1)

                            △2,493,496
          貸倒引当金(*2)                    △187,001

                             7,749,323            7,749,323                -

      (3)  投資有価証券
                              315,150            315,150               -
         その他有価証券
      (4)  長期貸付金
                              825,991            823,900            △2,091
       資産計                      14,133,893            14,131,802              △2,091

      (1)  短期借入金(*3)

                            (2,575,000)            (2,575,000)                 -
      (2)  長期借入金(*3)
                            (3,131,592)            (3,128,661)              △2,930
       負債計                      (5,706,592)            (5,703,661)              △2,930

      (*1)割賦売掛金に係る割賦利益繰延(負債勘定)を控除しております。
      (*2)割賦売掛金及び売掛金に対する貸倒引当金を控除しております。
      (*3)負債に計上されているものについては(                      )で示しております。
                                56/90











                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
       当連結会計年度(平成30年3月31日)
                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(千円)            差額(千円)
                          (千円)
      (1)現金及び預金                       3,865,633            3,865,633                -

      (2)売掛金                      10,259,049

          割賦利益繰延(*1)

                            △2,454,065
          貸倒引当金(*2)                     △82,864

                             7,722,118            7,722,118                -

      (3)  投資有価証券
                              319,098            319,098               -
         その他有価証券
      (4)  長期貸付金
                              693,797            694,250              453
       資産計                      12,600,647            12,601,100                453

      (1)  短期借入金(*3)

                            (2,862,500)            (2,862,500)                 -
      (2)  長期借入金(*3)
                            (2,521,864)            (2,520,876)               △987
       負債計                      (5,384,364)            (5,383,376)               △987

      デリバティブ取引(*4)                        230,568            230,568               -

      (*1)割賦売掛金に係る割賦利益繰延(負債勘定)を控除しております。
      (*2)割賦売掛金及び売掛金に対する貸倒引当金を控除しております。
      (*3)負債に計上されているものについては(                      )で示しております。
      (*4)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (2)売掛金
           これらは回収まで1年以上要するものがありますが、顧客の信用状態は大きく異なることはなく、時価は
          帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっております。
          (3)投資有価証券
           株式は、取引所の価額によっております。
          (4)長期貸付金
           元利金の合計額を同様の新規貸付を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法によっており
          ます。
         負 債
          (1)短期借入金
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          (2)長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引
          いて算定する方法によっております。変動金利による長期借入金の一部は金利スワップの特例処理の対象と
          されており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に適用
          される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっております。
         デリバティブ取引
           ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引の時価ついては、取引先金融機関から提示された価格等
          に基づき算定しております。なお、金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借
          入金と一体として処理されているため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                57/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                    (単位:千円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                 区分
                              (平成29年3月31日)                (平成30年3月31日)
          非上場株式                              1,740                1,740
          非連結子会社株式                               160                160

          投資事業有限責任組合等の出資金                             109,264                105,105

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)
          投資有価証券」には含めておりません。
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                    1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                           (千円)
                                     (千円)          (千円)
          現金及び預金                  5,243,427            -         -         -
          受取手形及び売掛金                  4,650,342         5,772,733           6,746          -

          長期貸付金                   125,250         511,034         189,706           -

                合計           10,019,021         6,283,768          196,452           -

          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                    1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                           (千円)
                                     (千円)          (千円)
          現金及び預金                  3,865,633            -         -         -
          受取手形及び売掛金                  4,716,770         5,502,376          39,901           -

          長期貸付金                   124,645         519,140         50,011           -

                合計            8,707,048         6,021,517          89,913           -

                                58/90










                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        4.  社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成29年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          短期借入金            2,575,000          -      -      -      -      -

          長期借入金            1,060,808      1,080,784       540,000      375,000       75,000        -

              合計        3,635,808      1,080,784       540,000      375,000       75,000        -

          当連結会計年度(平成30年3月31日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          短期借入金            2,862,500          -      -             -      -

          長期借入金            1,266,428       711,744      462,944       79,944        804       -

          リース債務              25,519      25,519      25,519      24,967       8,519        -

          長期未払金              25,312      25,312      25,312      25,312      11,563        442

              合計        4,179,760       762,576      513,776      130,223       20,887        442

                                59/90













                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (有価証券関係)
     1.その他有価証券
        前連結会計年度(平成29年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)           差額(千円)
                             額(千円)
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             株式                  314,310          190,763          123,547
     の
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             株式                    839          906          △66
     もの
                合計                   315,150          191,669          123,480
        当連結会計年度(平成30年3月31日)

                             連結貸借対照表計上
                      種類                   取得原価(千円)           差額(千円)
                             額(千円)
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             株式                  163,900          162,503           1,396
     の
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             株式                  155,198          156,139           △940
     もの
                合計                   319,098          318,643            455
     2.売却したその他有価証券

        前連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)

                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
      株式                       592,619              106,492              11,344
          合計                  592,619              106,492              11,344

                                60/90










                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
     1.  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        株式関連
         前連結会計年度(平成29年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                    契約額等のう
                             契約額等                  時価       評価損益
         区分         取引の種類                  ち1年超
                             (千円)                 (千円)        (千円)
                                     (千円)
                株価指数先物取引

     市場取引
                  買建            6,205,500            -      230,568        230,568
               合計               6,205,500            -      230,568        230,568

     (注)   時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        金利関連
         前連結会計年度(平成29年3月31日)
                                          契約額等のうち
                 デリバティブ                  契約額等                  時価
      ヘッジ会計の方法                   主なヘッジ対象                 1年超
                  取引の種類                  (千円)                 (千円)
                                            (千円)
                金利スワップ取引

      金利スワップの特例
                 受取変動・支払
      処理
                          長期借入金            340,000        180,000        (注)
                 固定
     (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         当連結会計年度(平成30年3月31日)

                                          契約額等のうち
                 デリバティブ                  契約額等                  時価
      ヘッジ会計の方法                   主なヘッジ対象                 1年超
                  取引の種類                  (千円)                 (千円)
                                            (千円)
                金利スワップ取引

      金利スワップの特例
                 受取変動・支払
      処理
                          長期借入金            180,000           -      (注)
                 固定
     (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                61/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社グループは、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度と退職一時金制度を併用しております。
       なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算し
      ております。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                              261,146千円              266,013千円
          勤務費用                              23,576              24,575
          利息費用                               522              920
          数理計算上の差異の発生額                             △5,509              △57,080
          退職給付の支払額                             △13,722              △16,598
         退職給付債務の期末残高                              266,013              217,829
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
         年金資産の期首残高                              120,843千円              121,370千円
          期待運用収益                              1,208              1,213
          数理計算上の差異の発生額                              1,395              1,821
          事業主からの拠出額                              10,586              11,309
          退職給付の支払額                             △12,662              △10,535
         年金資産の期末残高                              121,370              125,180
      (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                               5,265千円              8,181千円
          退職給付費用                              4,104              4,153
          退職給付の支払額                             △1,188              △2,971
         退職給付に係る負債の期末残高                               8,181              9,363
      (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                              122,531千円              123,327千円
         年金資産                             △121,370              △125,180
                                        1,160             △1,853
                                       143,821
         非積立型制度の退職給付債務                                            103,866
                                       144,461
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                            102,012
                                       144,461

         退職給付に係る負債                                            103,866
         退職給付に係る資産                                 -            △1,853
                                       144,461
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                            102,012
        (注) 簡便法を適用した制度を含みます。
                                62/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
         勤務費用                               23,576千円              24,575千円
         利息費用                                522              920
         期待運用収益                              △1,208              △1,213
         数理計算上の差異の費用処理額                               12,080              11,313
         簡便法で計算した退職給付費用                               4,104              4,153
         確定給付制度に係る退職給付費用                               39,075              39,749
      (6)退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
         数理計算上の差異                               18,985千円              70,215千円
      (7)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                              △64,601千円                5,613千円
      (8)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
           一般勘定                               73%              72%
           債券                               8              9
           株式                               17              18
           その他                               2              1
             合 計                            100              100
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
          割引率                               0.4%            0.2~0.4%
          長期期待運用収益率                               1.0%              2.0%
          予想昇給率                             1.5~3.0%              1.0~2.0%
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                63/90




                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                              前連結会計年度            当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
      繰延税金資産
       未払事業税                          21,935千円            22,939千円
       賞与引当金損金算入限度超過額                          18,780            18,961
       貸倒引当金                          257,844            194,921
       貸倒損失否認                          93,826            93,438
       商品評価損否認                          847,206            956,833
       減価償却超過額                          15,061            11,462
       減損損失                          377,771            364,048
       繰越欠損金                          149,538            174,710
                                 30,411            66,340
       買掛金
                                 223,952            166,735
       その他
      繰延税金資産小計                          2,036,329            2,070,394
                              △1,511,120            △1,589,417
      評価性引当額
      繰延税金資産合計
                                 525,209            480,976
      繰延税金負債
                                △23,313             △264
       その他有価証券評価差額金
      繰延税金負債合計                          △23,313             △264
      繰延税金資産の純額                           501,895            480,711
      (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれ
          ております。
                              前連結会計年度            当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
      流動資産-繰延税金資産
                                 221,263千円            213,226千円
      固定資産-繰延税金資産                           280,631            267,484
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                              前連結会計年度            当連結会計年度
                             (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
                                  30.9%            30.9%

      法定実効税率
      (調整)
                                  1.2            0.5
      交際費等永久に損金に算入されない項目
                                             △0.1
                                 △0.1
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                              2.2
                                  3.1
      住民税均等割
                                             10.1
                                 225.1
      評価性引当額
                                              0.1
                                  0.0
      その他
                                             43.7
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                 260.2
                                64/90






                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
      1.資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       イ   当該資産除去債務の概要
          事業用資産の一部における石綿障害予防規則が規定する資産除去時の有害物質除去義務、及び不動産賃貸借契
         約に伴う原状回復義務であります。
          なお、不動産賃貸借契約に関連して敷金を支出している本社・店舗等については、資産除去債務の負債計上に
         代えて、敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担に属する金
         額を費用に計上する方法によっております。
       ロ   当該資産除去債務の金額の算定方法
          使用見込期間を法律の施行から34年及び取得から20年~29年と見積り、割引率は2.104~2.160%を使用して資
         産除去債務の金額を計算しております。
       ハ   当該資産除去債務の総額の増減
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成29年3月31日)              至 平成30年3月31日)
          期首残高                            129,695千円              132,430千円
          時の経過による調整額                             2,735              2,793
          期末残高                            132,430              135,223
      2.資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上していないもの

          該当事項はありません。
                                65/90













                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
         源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社は、本社に営業統括を置き、アート関連事業を中心に事業活動を展開しております。
          従って、当社は営業統括を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「アート関連事
         業」、「金融サービス事業」、「リゾート事業」及び「健康産業事業」の4つを報告セグメントとしておりま
         す。
          「アート関連事業」は版画・絵画・美術品の購入及び販売事業、「金融サービス事業」は割賦販売斡旋事業及
         び融資事業、「リゾート事業」はリゾートホテルの運営、「健康産業事業」はヨーガスタジオ及びフィットネス
         クラブ等の営業をしております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と同一であります。
          報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
          セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

         前連結会計年度(自 平成28年4月1日                   至 平成29年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント                            連結
                                                 調整額      財務諸表
                                               (注1.2.3)        計上額
                アート関連      金融サー      リゾート      健康産業
                                           計
                                                       (注4)
                事業      ビス事業      事業      事業
       売上高
        外部顧客への
                 4,348,141      1,137,802       608,475      512,896     6,607,315          -   6,607,315
        売上高
        セグメント間
        の内部売上高            -    10,756       7,488        -    18,245     △18,245         -
        又は振替高
           計      4,348,141      1,148,559       615,964      512,896     6,625,560       △18,245      6,607,315
       セグメント利益
                  259,595                         807,158             875,137
                        663,941     △100,233       △16,144              67,978
       又は損失(△)
       セグメント資産          5,644,047      12,046,895        451,870      520,624     18,663,436       4,654,252      23,317,689
       その他の項目
        減価償却費          21,314      13,169      10,223      10,197      54,905        256     55,162
        有形固定資産
        及び無形固定          22,018       5,068      10,431      202,762      240,279         -    240,279
        資産の増加額
        (注)1.セグメント利益又は損失の調整額67,978千円は、セグメント間取引消去であります。
           2.セグメント資産の調整額4,654,252千円は全社資産であり、親会社での余資運用資金(現金預金)及び
             長期投資資金(投資有価証券)等であります。
           3.減価償却費の調整額には、全社資産に係る費用が含まれております。
           4.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                66/90





                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成29年4月1日                   至 平成30年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント                            連結
                                                 調整額      財務諸表
                                               (注1.2.3)        計上額
                アート関連      金融サー      リゾート      健康産業
                                           計
                                                       (注4)
                事業      ビス事業      事業      事業
       売上高
        外部顧客への
                 4,505,990      1,116,551       619,988      937,937     7,180,467             7,180,467
        売上高
        セグメント間
        の内部売上高            -    12,290       7,454        -    19,745     △19,745         -
        又は振替高
           計      4,505,990      1,128,841       627,443      937,937     7,200,213       △19,745      7,180,467
       セグメント利益
                  234,564                         802,853             857,491
                        735,573      △56,392      △110,891              54,638
       又は損失(△)
       セグメント資産          5,799,379      10,991,745        421,165     1,082,330      18,294,620       4,796,508      23,091,129
       その他の項目
        減価償却費          19,908      12,915      10,223      53,687      96,735        226     96,961
        有形固定資産
        及び無形固定          55,674       4,726      5,478     533,913      599,792         -    599,792
        資産の増加額
        (注)1.セグメント利益又は損失の調整額54,638千円は、セグメント間取引消去であります。
           2.セグメント資産の調整額4,796,508千円は全社資産であり、親会社での余資運用資金(現金預金)及び
             長期投資資金(投資有価証券)等であります。
           3.減価償却費の調整額には、全社資産に係る費用が含まれております。
           4.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                67/90











                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
          【関連情報】
          前連結会計年度(自平成28年4月1日                   至平成29年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報として、同様の情報が開示されているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

             連結損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客が存在しないため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自平成29年4月1日                   至平成30年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報として、同様の情報が開示されているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

             連結損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客が存在しないため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

          前連結会計年度(自平成28年4月1日                   至平成29年3月31日)
                                                    (単位:千円)
               アート関連       金融サービス       リゾート       健康産業
                                               調整額        合計
               事業       事業       事業       事業
      減損損失               -       -     10,431         -       -     10,431
          当連結会計年度(自平成29年4月1日                   至平成30年3月31日)

                                                    (単位:千円)
               アート関連       金融サービス       リゾート       健康産業
                                               調整額        合計
               事業       事業       事業       事業
      減損損失             10,743         -      5,478      103,774          -     119,995
                                68/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
          前連結会計年度(自平成28年4月1日                   至平成29年3月31日)
            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自平成29年4月1日                   至平成30年3月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前連結会計年度(自平成28年4月1日                   至平成29年3月31日)
            該当事項はありません。
          当連結会計年度(自平成29年4月1日                   至平成30年3月31日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

     関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
     前連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
                    資本金又は           議決権等の所
         会社等の名                事業の内容           関連当事者と           取引金額        期末残高
                    出資金           有(被所有)
      種類          所在地                           取引の内容          科目
         称又は氏名                又は職業           の関係
                                               (千円)        (千円)
                    (千円)          割合(%)
                                                124,008
                                          資金の返済          長期貸    825,991
         ㈲カツコー                                           付金
                              (被所有)
              東京都品川
     主要株主    ポレーショ            90,000   資産管理           資金の貸付      利息の受取      18,929   未収収     4,537
              区
                               直接    46.6
         ン                                 貸付金の担          益
                                          保受入
                                                825,991
     当連結会計年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

                    資本金又は           議決権等の所
         会社等の名                事業の内容           関連当事者と           取引金額        期末残高
      種類          所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容          科目
         称又は氏名                又は職業           の関係           (千円)        (千円)
                    (千円)          割合(%)
                                          資金の返済      132,194    長期貸    693,797
         ㈲カツコー                                           付金
                              (被所有)
              東京都品川
     主要株主    ポレーショ            90,000   資産管理           資金の貸付      利息の受取      11,346   未収収
                                                         3,107
              区                 直接    47.7
         ン                                 貸付金の担          益
                                          保受入
                                                693,797
    (注)1.有限会社カツコーポレーションは、当社の代表取締役会長兼社長野澤克巳が代表者を務め、100%の議決権を所

         有しております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (1)貸付金の担保として、当社株式2,630千株に対して、質権設定をしております。
         (2)担保受入の取引金額は当連結会計年度末の貸付残高であります。
         (3)貸付金の金利については市場金利を勘案して合理的に決定しております。
                                69/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (1株当たり情報)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年4月1日                            (自 平成29年4月1日
             至 平成29年3月31日)                             至 平成30年3月31日)
      1株当たり純資産額                    931円66銭        1株当たり純資産額                    936円82銭

      1株当たり当期純損失                    53円80銭       1株当たり当期純利益                    32円31銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について                            なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
      は、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存                            は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      在しないため記載しておりません。
     (注) 1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                  至 平成30年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親
                                     △703,502                  417,289
      会社株主に帰属する当期純損失(△)
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                 -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当
                                     △703,502                  417,289
      期純利益又は親会社株主に帰属する当期
      純損失(△)(千円)
      期中平均株式数(株)                              13,077,204                 12,914,418
         (重要な後発事象)

     (事業譲渡)
       当社は、平成30年5月31日開催の取締役会において、連結子会社であるTSCホリスティック株式会社が所有する
      固定資産(タラサ志摩ホテル&リゾート)を含むリゾート事業の譲渡を行うことについて決議し、同日付で「不動産
      売買契約書」が締結されております。
      (1)事業譲渡の概要

        ①  譲渡を行う主な理由
         当社グループの経営資源の有効活用及び財務体質の強化を図るためであります。
        ②  譲渡する相手会社の名称
         大江戸温泉物語株式会社
        ③  譲渡する事業の内容
         連結子会社であるTSCホリスティック株式会社のリゾート事業
        ④  譲渡する事業の規模
         当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている売上高 627,443千円
        ⑤  譲渡する予定の資産の項目及びその金額(平成30年3月末日現在)
         固定資産 204,609千円
        ⑥  譲渡の時期(効力発生日)
         平成30年10月23日(予定)
        ⑦  譲渡価額
         譲渡価額 1,530,000千円
        ⑧  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
      (2)譲渡する事業が含まれている報告セグメントの名称
         リゾート事業
                                70/90




                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                   当期首残高           当期末残高           平均利率
         区分                                           返済期限
                    (千円)           (千円)           (%)
     短期借入金                 2,575,000           2,862,500             0.9       -

     1年以内に返済予定の
                      1,060,808           1,266,428             1.0       -
     長期借入金
     1年以内に返済予定の
                        18,057           25,519            3.6       -
     リース債務
     長期借入金(1年以内
     に返済予定のものを除                 2,070,784           1,255,436             1.0    平成31年~34年
     く。)
     リース債務(1年以内
     に返済予定のものを除                   75,102           84,525            3.6    平成31年~35年
     く。)
     その他有利子負債
      未払金(割賦)                   4,869          25,312            1.8       -
      長期未払金(割賦)                   20,288           87,944            1.8    平成31年~36年
         合計             5,824,911           5,607,666          -           -
     (注)1.平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.その他有利子負債の未払金(割賦)及び長期未払金(割賦)は、連結貸借対照表ではそれぞれ流動負債の
           「その他」及び固定負債の「その他」に含めて表示しております。
         3.長期借入金、リース債務及びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年
           内における1年ごとの返済予定額の総額
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          長期借入金                711,744         462,944          79,944           804

          リース債務                 25,519         25,519         24,967          8,519

          その他有利子負債
                           25,312         25,312         25,312
           長期未払金(割賦)
                                                       11,563
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                71/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)【その他】
         当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   1,679,647          3,544,107          5,354,498          7,180,467
     税金等調整前四半期(当期)
                         236,059          535,139          793,494          741,672
     純利益金額(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         140,504          331,894          513,080          417,289
     (当期)純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          10.74          25.44          39.60          32.31
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は
                          10.74          14.67          14.17          △7.42
     1株当たり四半期純損失
     (△)(円)
                                72/90















                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     資産の部
       流動資産
        現金及び預金                               3,377,460              2,914,201
        売掛金                               1,169,232              1,156,239
        商品                                453,555              322,777
        貯蔵品                                46,329              51,310
        前渡金                                40,608              14,319
        前払費用                                108,469              149,371
                                     ※2  3,609,867            ※2  3,063,227
        短期貸付金
                                      ※2  110,552             ※2  132,478
        未収入金
        繰延税金資産                                69,759              71,272
                                       ※2  32,371             ※2  34,126
        その他
                                         △669              △664
        貸倒引当金
        流動資産合計                               9,017,539              7,908,660
       固定資産
        有形固定資産
                                       ※1  85,664            ※1  106,780
          建物
                                        ※1  513            ※1  342
          構築物
          機械及び装置                               4,287              4,592
          車両運搬具                               7,181              4,788
          工具、器具及び備品                               16,463              21,186
                                      ※1  182,000             ※1  182,000
          土地
                                         5,353              4,245
          リース資産
          有形固定資産合計                              301,463              323,936
        無形固定資産
          ソフトウエア                               7,041              4,638
                                          57              57
          電話加入権
          無形固定資産合計                               7,099              4,696
        投資その他の資産
          投資有価証券                              425,315              425,125
          関係会社株式                               30,160              30,160
                                     ※2  9,653,748            ※2  10,503,773
          長期貸付金
          保険積立金                              164,290              193,977
          敷金及び保証金                               87,627              113,196
          前払年金費用                                 -             8,805
          繰延税金資産                               23,591              46,901
          その他                              200,312              316,049
                                      △3,890,280              △4,125,439
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                             6,694,766              7,512,551
        固定資産合計                               7,003,329              7,841,184
       資産合計                                16,020,868              15,749,845
                                73/90






                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年3月31日)              (平成30年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        180,345              299,007
        買掛金
        短期借入金                               1,575,000              1,862,500
        1年内返済予定の長期借入金                                560,000              584,944
                                      ※2  127,450             ※2  236,244
        未払金
        未払費用                                78,129              107,660
        未払法人税等                                224,034              127,290
        前受金                               1,262,004              1,386,810
        前受収益                                129,056              159,667
        割賦利益繰延                                293,962              294,990
        賞与引当金                                42,508              45,167
        返品調整引当金                                21,828              12,887
                                        83,214              93,027
        その他
                                       4,577,534              5,210,197
        流動負債合計
       固定負債
        長期借入金                                805,000              240,636
        リース債務                                75,102              84,525
        退職給付引当金                                80,040              107,069
                                        21,938              118,394
        その他
        固定負債合計                                982,082              550,625
                                       5,559,617              5,760,822
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
        資本金                               1,656,000              1,656,000
        資本剰余金
                                       6,736,114              6,736,114
          その他資本剰余金
          資本剰余金合計                             6,736,114              6,736,114
        利益剰余金
          利益準備金                              407,383              414,000
          その他利益剰余金
                                       2,884,034              2,692,109
           繰越利益剰余金
                                       3,291,417              3,106,109
          利益剰余金合計
        自己株式                              △1,328,892              △1,515,157
                                      10,354,640               9,983,066
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        106,611               5,956
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                106,611               5,956
                                      10,461,251               9,989,022
       純資産合計
     負債純資産合計                                 16,020,868              15,749,845
                                74/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成29年3月31日)               至 平成30年3月31日)
     売上高                                 4,254,464              4,474,971
                                       1,339,361              1,336,968
     売上原価
                                       2,915,102              3,138,003
     売上総利益
                                   ※1,※2   2,570,315           ※1,※2   2,700,247
     販売費及び一般管理費
                                        344,787              437,755
     営業利益
     営業外収益
                                      ※2  178,252             ※2  175,730
       受取利息及び受取配当金
       受取割賦手数料                                 155,357              141,067
                                       ※2  14,575             ※2  15,834
       雑収入
       営業外収益合計                                 348,186              332,632
     営業外費用
       支払利息                                  23,813              18,639
       支払割賦保証料                                  45,617              41,174
       貸倒引当金繰入額                                 104,552              235,158
       為替差損                                  10,002              64,970
                                         1,018              1,285
       雑損失
       営業外費用合計                                 185,004              361,227
                                        507,968              409,160
     経常利益
     特別利益
       固定資産売却益                                  1,048                -
                                          -            95,147
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                  1,048              95,147
     特別損失
       店舗閉鎖損失                                    -             7,891
       減損損失                                    -            10,743
       固定資産除却損                                    -              968
                                          -            10,784
       本社移転費用
       特別損失合計                                    -            30,387
                                        509,017              473,919
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税
                                        302,304              273,110
                                        222,161              △1,773
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   524,466              271,337
                                       △15,448               202,582
     当期純利益     又は当期純損失(△)
                                75/90









                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                           資本剰余金             利益剰余金
                                       その他利益
                                                       株主資本合
                    資本金                    剰余金           自己株式
                        その他資本     資本剰余金               利益剰余金           計
                                  利益準備金
                        剰余金     合計               合計
                                       繰越利益剰
                                       余金
     当期首残高              1,656,000     6,736,114     6,736,114      368,152    3,331,030     3,699,182     △1,328,892      10,762,405
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △392,316     △392,316           △392,316
      利益準備金の積立                              39,231    △39,231        -           -
      自己株式の取得                                                     -
      当期純利益    又は当期純損失
                                        △15,448     △15,448           △15,448
      (△)
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                      -     -     -   39,231    △446,996     △407,764        -  △407,764
     当期末残高              1,656,000     6,736,114     6,736,114      407,383    2,884,034     3,291,417     △1,328,892      10,354,640
                    評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
                        評価・換算
                   証券評価差
                        差額等合計
                   額金
     当期首残高
                     76,214     76,214   10,838,619
     当期変動額
      剰余金の配当                        △392,316
      利益準備金の積立                           -
      自己株式の取得
                                 -
      当期純利益    又は当期純損失
                              △15,448
      (△)
      株主資本以外の項目の当期変動
                     30,397     30,397     30,397
      額(純額)
     当期変動額合計
                     30,397     30,397    △377,367
     当期末残高               106,611     106,611    10,461,251
                                76/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
          当事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                           資本剰余金             利益剰余金
                                       その他利益
                                                       株主資本合
                    資本金                    剰余金           自己株式
                        その他資本     資本剰余金               利益剰余金           計
                                  利益準備金
                        剰余金     合計               合計
                                       繰越利益剰
                                       余金
     当期首残高              1,656,000     6,736,114     6,736,114      407,383    2,884,034     3,291,417     △1,328,892      10,354,640
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △387,891     △387,891           △387,891
      利益準備金の積立
                                    6,616    △6,616       -           -
      自己株式の取得                                             △186,265     △186,265
      当期純利益    又は当期純損失
                                         202,582     202,582           202,582
      (△)
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                 -     -     -    6,616   △191,925     △185,308     △186,265     △371,574
     当期末残高              1,656,000     6,736,114     6,736,114      414,000    2,692,109     3,106,109     △1,515,157      9,983,066
                    評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
                        評価・換算
                   証券評価差
                        差額等合計
                   額金
     当期首残高               106,611     106,611    10,461,251
     当期変動額
      剰余金の配当                        △387,891
      利益準備金の積立                           -
      自己株式の取得                        △186,265
      当期純利益    又は当期純損失
                              202,582
      (△)
      株主資本以外の項目の当期変動
                   △100,655     △100,655     △100,655
      額(純額)
     当期変動額合計              △100,655     △100,655     △472,229
     当期末残高
                     5,956     5,956   9,989,022
                                77/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
    1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)有価証券の評価基準及び評価方法
      ①  関係会社株式
        移動平均法による原価法
      ②  その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により
         算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
     (2)デリバティブ
        時価法
     (3)たな卸資産の評価基準及び評価方法
      ①  商品
        個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
      ②  貯蔵品
        先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
    2.固定資産の減価償却の方法
     (1)有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法
        ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物
        附属設備及び構築物については、定額法によっております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
        建物    3年~31年
     (2)無形固定資産(リース資産を除く)
        ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(3年又は5年)に基づく定額法によっておりま
        す。
     (3)リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    3.引当金の計上基準

     (1)貸倒引当金
        債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別
        に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)賞与引当金
        従業員の賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
     (3)返品調整引当金
        出版事業における商品の返品による損失に備えるため、当事業年度の売上を基礎として返品見込額相当額を計上し
        ております。
     (4)退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しており
        ます。
      ①  退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、期間定額
        基準によっております。
      ②  数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(9年)
        による定額法により按分した額を、発生の翌事業年度から費用処理しております。
    4.収益の計上基準
        割賦販売業務に係る受取手数料の収益の計上基準は期日到来基準とし、均分法(手数料総額を分割回数に按分し、
        期日到来のつど均等額を収益計上する方法)によっております。
                                78/90



                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    5.ヘッジ会計の方法
     (1)ヘッジ会計の方法
       特例処理の要件を満たす金利スワップについては、特例処理を採用しております。
     (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
       ヘッジ手段・・・金利スワップ
       ヘッジ対象・・・借入金利息
     (3)ヘッジ方針
       財務上発生している金利リスク回避を目的としてデリバティブ取引を導入しており、投機目的の取引は行っており
       ません。
     (4)ヘッジの有効性評価の方法
        金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、事業年度末日における有効性の評価を省略しております。
    6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
     (1)消費税等の会計処理
        税抜方式によっております。
     (2)連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用しております。
     (3)退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理
        の方法と異なっております。
                                79/90















                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
     ※1 担保に供している資産及び担保に係る債務
         担保に供している資産
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     建物                               66,259千円                 62,370千円
     構築物                                513                 342
     土地                              182,000                 182,000
              計                     248,773                 244,713
         担保付債務は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     短期借入金                              1,500,000千円                 1,500,000千円
     長期借入金                               625,000                 425,000
              計                     2,125,000                 1,925,000
         なお、建物及び構築物及び土地には根抵当権が設定されております。
    ※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分掲記されたものを除く)

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     短期金銭債権                             3,740,881千円                 3,196,344千円
     短期金銭債務                               35,639                 98,872
     長期金銭債権                             9,744,554                 10,672,854
      3 保証債務

         次の関係会社について、金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                前事業年度                            当事業年度
             (平成29年3月31日)                            (平成30年3月31日)
     ㈱ダブルラック(借入債務)                   2,766,592千円         ㈱ダブルラック(借入債務)                   2,696,284千円
      4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約を締結しております。この契約に基づく事

        業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成29年3月31日)                 (平成30年3月31日)
     当座貸越極度額                              1,700,000千円                 2,000,000千円
     借入実行残高                              1,500,000                 1,800,000
             差引額                       200,000                 200,000
                                80/90







                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (損益計算書関係)
     ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度64%、当事業年度64%、一般管理費に属する費用のおおよそ
        の割合は前事業年度36%、当事業年度36%であります。
         販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                   至 平成30年3月31日)
     販売手数料                               63,593千円                 62,242千円
     販売促進費                              144,198                 142,407
     会場費                              306,622                 341,185
     広告宣伝費                              416,868                 393,341
     役員報酬                              111,528                 148,493
     給与及び賞与手当                              599,965                 660,165
     賞与引当金繰入額                               39,752                 42,741
     退職給付費用                               34,970                 35,595
     旅費交通費                              136,201                 143,133
     賃借料                              148,204                 168,850
     減価償却費                               14,042                  8,736
     ※2 関係会社との取引高

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成29年3月31日)                 至 平成30年3月31日)
     営業取引による取引高
      販売費及び一般管理費                              18,245千円                 19,745千円
     営業取引以外の取引による取引高                               172,811                 160,330
                                81/90












                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
         (有価証券関係)
     前事業年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)
        子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額                       子会社株式30,160千円)は市場価格がなく、時価を把握するこ
      とが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     当事業年度(自平成29年4月1日 至平成30年3月31日)

        子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額                       子会社株式30,160千円)は市場価格がなく、時価を把握するこ
      とが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                             (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
      繰延税金資産
        賞与引当金損金算入限度超過額                          13,118千円            13,830千円
        貸倒引当金損金算入限度超過額                        1,176,168            1,248,227
        商品評価損否認                          298,105            337,180
        関係会社株式評価損否認                          179,935            179,935
        減損損失                          66,128            66,128
        投資有価証券評価損否認                          45,472            13,539
        未払事業税等                          18,646            18,009
        買掛金                          30,411            66,340
        その他                          90,317            88,079
      繰延税金資産小計
                                1,918,303            2,031,269
      評価性引当額                        △1,801,638            △1,912,830
      繰延税金資産合計
                                 116,665            118,438
      繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                         △23,313             △264
      繰延税金負債合計
                                 △23,313             △264
      繰延税金資産の純額
                                  93,351           118,174
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                             (平成29年3月31日)            (平成30年3月31日)
      法定実効税率
                                     30.9%            30.9%
      (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                               1.0            0.8
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △0.1            △0.1
      住民税均等割                               2.4            2.6
      評価性引当額                              68.3            23.6
      その他                               0.5           △0.5
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                    103.0            57.3
                                82/90






                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
                                                       減価償却
      区分      資産の種類        当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高
                                                       累計額
     有形固定
          建物
                      533,510       45,747      24,508        8,935      554,749       447,968
     資産
          構築物             17,124         -      -       171      17,124       16,781
          機械及び装置             20,033       1,689        -      1,383      21,722       17,130
          車両運搬具
                       14,215         -      -      2,392      14,215       9,426
          工具、器具及び備品             157,037        8,237      2,753       3,514      162,522       141,335

          土地

                      182,000         -      -       -     182,000         -
          リース資産

                       5,538        -      -      1,107       5,538       1,292
             計         929,459       55,674      27,262       17,505      957,871       633,935

     無形固定
          ソフトウエア
                       42,335         -      -      2,403      42,335       37,697
     資産
          電話加入権               57       -      -       -       57       -
             計
                       42,393         -      -      2,403      42,393       37,697
      (注) 当期首残高及び当期末残高は、取得価額により記載しております。
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
           科目           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
      貸倒引当金                   3,890,950           236,004            851       4,126,103

      賞与引当金                    42,508          45,167          42,508          45,167

      返品調整引当金                    21,828          12,887          21,828          12,887

      (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                83/90








                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度               4月1日から3月31日まで

      定時株主総会               6月中

      基準日               3月31日

                     9月30日
      剰余金の配当の基準日
                     3月31日
      1単元の株式数               100株
      単元未満株式の買取り

       取扱場所              東京都杉並区和泉二丁目8番4号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人              東京都杉並区和泉二丁目8番4号 三井住友信託銀行株式会社

                                ────────

       取次所
       買取手数料              株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                     電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他のやむ

      公告掲載方法               を得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                     当社の公告掲載URLは次のとおり。http://www.artvivant.co.jp
                     該当事項はありません。

      株主に対する特典
      (注)1.当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、株主の有する株式数に
          応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利並びに単元未満株式の売渡請求をする権
          利以外の権利を有しておりません。
         2.特別口座に記録されている単元未満株式の買取りについては、三井住友信託銀行株式会社が口座管理機関
          となっております。
                                84/90











                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)   有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
       事業年度(第33期)(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)平成29年6月23日関東財務局長に提出
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類
        平成29年6月23日関東財務局長に提出
     (3)  四半期報告書及び確認書
       (第34期第1四半期)(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)平成29年8月10日関東財務局長に提出
       (第34期第2四半期)(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)平成29年11月14日関東財務局長に提出
       (第34期第3四半期)(自 平成29年10月1日 至 平成29年12月31日)平成30年2月14日関東財務局長に提出
     (4)臨時報告書
        平成29年6月26日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨時
        報告書であります。
                                85/90














                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。

                                86/90



















                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   2022年3月22日

    アールビバン株式会社
       取締役会     御中

                          アスカ監査法人

                           指定社員

                                     公認会計士
                                             今 井 修 二
                           業務執行社員
                           指定社員

                                     公認会計士
                                             伊 藤 昌 久
                           業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いるアールビバン株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の訂正後の連結財務諸表、すな
    わち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計
    算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
    とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
    し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
    監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
    る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
    の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
    を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
    も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、アー
    ルビバン株式会社及び連結子会社の平成30年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
    績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    強調事項

     重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、平成30年5月31日開催の取締役会において、連結子会社であるTS
    Cホリスティック株式会社が所有する固定資産(タラサ志摩ホテル&リゾート)を含むリゾート事業の譲渡を行うことに
    ついて決議し、同日付で「不動産売買契約書」が締結されている。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
    その他の事項

     有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、連結財務諸表を訂正している。なお、訂正
    前の連結財務諸表は、元監査人によって監査が実施されており、元監査人は、訂正前の連結財務諸表に対して平成30年6
    月25日に監査報告書を提出しているが、当監査法人は、当該訂正に伴い、訂正後の連結財務諸表に対して本監査報告書を
    提出する。
    利害関係

                                87/90

                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書
            提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                88/90



















                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   2022年3月22日

    アールビバン株式会社

       取締役会 御中

                          アスカ監査法人

                           指定社員

                                     公認会計士
                                             今 井 修 二
                           業務執行社員
                           指定社員

                                     公認会計士
                                             伊 藤 昌 久
                           業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いるアールビバン株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第34期事業年度の訂正後の財務諸表、すなわ
    ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
    行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
    ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
    当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
    基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
    法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
    諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
    際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
    また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
    しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、アールビ
    バン株式会社の平成30年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
    いて適正に表示しているものと認める。
    その他の事項

     有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、財務諸表を訂正している。なお、訂正前の
    財務諸表は、元監査人によって監査が実施されており、元監査人は、訂正前の財務諸表に対して平成30年6月25日に監査
    報告書を提出しているが、当監査法人は、当該訂正に伴い、訂正後の財務諸表に対して本監査報告書を提出する。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書
            提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                89/90


                                                          EDINET提出書類
                                                     アールビバン株式会社(E03276)
                                                         訂正有価証券報告書
                                90/90





















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。