フルハシEPO株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 フルハシEPO株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                         有価証券届出書

    【提出先】                         東海財務局長

    【提出日】                         2022年3月18日

    【会社名】                         フルハシEPO株式会社

    【英訳名】                         FULUHASHI     EPO  CORPORATION

    【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長 山口 直彦

    【本店の所在の場所】                         名古屋市中区金山一丁目14番18号

    【電話番号】                         052-324-9088(代表)

    【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長 兼 総務部長 上野 徹

    【最寄りの連絡場所】                         名古屋市中区金山一丁目14番18号

    【電話番号】                         052-324-9088(代表)

    【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長 兼 総務部長 上野 徹

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額

                             ブックビルディング方式による募集     374,000,000円
                             売出金額
                             (引受人の買取引受による売出し)
                             ブックビルディング方式による売出し    143,000,000円
                             (オーバーアロットメントによる売出し)
                             ブックビルディング方式による売出し                          87,450,000円
                             (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                 社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                 券届出書提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】
    1  【新規発行株式】
        種類          発行数(株)                      内容

                           1単元の株式数は、100株であります。
       普通株式            400,000(注)3        完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社におけ
                           る標準となる株式であります。
     (注)   1.2022年3月18日開催の取締役会決議によっております。
       2.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下の通りであります。
         名称  株式会社証券保管振替機構
         住所  東京都中央区日本橋兜町7番1号
       3.発行数については、2022年4月4日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       4.「第1 募集要項」に記載の募集(以下、「本募集」という。)並びに「第2 売出要項」の「1 売出株式
         (引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)」に記載の引
         受人の買取引受による売出しに当たっては、その需要状況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出し
         を追加的に行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項」の「3 売出株式(オーバー
         アロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
         照ください。
       5.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、上記とは別に2022年3月18日開催の取締役会において、
         大和証券株式会社を割当先とする第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照ください。
       6.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
         その内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 4.ロックアップについて」をご参照
         ください。
                                  2/175












                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2022年4月13日に決定される引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」欄記載
     の金融商品取引業者(以下、「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受価額
     と異なる価額(発行価格)で募集を行います。
      引受価額は発行価額(2022年4月4日開催予定の取締役会において決定される払込金額と同額)以上の価額となりま
     す。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下、「東証」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第246
     条及び株式会社名古屋証券取引所(以下、「名証」といい、東証と合わせて「取引所」と総称する。)の定める「有価
     証券上場規程施行規則」第256条の規定に定めるブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行
     価格又は売出価格に係る仮条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定
     する方法をいう。)により決定する価格で行います。
             区分            発行数(株)        発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                          ―            ―             ―
    入札方式のうち入札によらない募集                          ―            ―             ―
    ブックビルディング方式                       400,000          374,000,000             203,500,000
          計(総発行株式)                 400,000          374,000,000             203,500,000
     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資等を行うに際しての手続き等は、東証及び名証の定める「有価証券上場規程施行規則」
         (以下、「取引所の有価証券上場規程施行規則」と総称する。)により規定されております。
       3.発行価額の総額は、会社法第199条第1項第2号所定の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時にお
         ける見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、資本金に組入れる額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格
         (1,100円)の2分の1相当額を資本金に組入れることを前提として算出した見込額であります。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,100円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は440,000,000円となります。
                                  3/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                         申込株数

    発行価格     引受価額     発行価額     資本組入額                       申込証拠金
                          単位        申込期間                払込期日
     (円)     (円)     (円)     (円)                       (円)
                          (株)
     未定     未定     未定     未定         自 2022年4月14日(木)             未定
                            100                    2022年4月20日(水)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2022年4月19日(火)             (注)4
     (注)   1.発行価格はブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格の決定に当たり、2022年4月4日に仮条件を提示する予定であります。
         当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案したうえで、2022年4月13日に
         発行価格及び引受価額を決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申告の受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機関
         投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.2022年4月4日開催予定の取締役会において、発行価額を決定する予定であります。また、前記「2 募集
         の方法」の冒頭に記載の通り、発行価格と発行価額及び2022年4月13日に決定する予定の引受価額とは各々
         異なります。募集株式は全株を引受人が買取ることとしており、発行価格と引受価額との差額の総額は、引
         受人の手取金となります。
       3.2022年3月18日開催の取締役会において、増加する資本金及び資本準備金に関する事項として、増加する資
         本金の額は、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算
         の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の
         額は、当該資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とすることを決議しております。この取
         締役会決議に基づき、2022年4月13日に資本組入額(資本金に組入れる額)を決定する予定であります。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。
         申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2022年4月21日(木)(以下、「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。当社普通
         株式の取引所への上場に伴い、株式会社証券保管振替機構が振替機関として当社普通株式を取扱う予定であ
         り、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、当社は株券を発行しておらず、株券の交付は
         行いません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2022年4月6日から2022年4月12日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。販売に当た
         りましては、東証及び名証の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性の確
         保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の定める配分の基本方針及び社内規則等に従い販売を
         行う方針であります。配分の基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにおける表示等
         をご確認ください。
       8.引受価額が発行価額を下回る場合は株式の募集を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所で申込
       みの取扱いをいたします。
                                  4/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【払込取扱場所】
                店名                          所在地

    株式会社りそな銀行 名古屋支店                           愛知県名古屋市中区錦2丁目14番19号
     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                    引受株式数

     引受人の氏名又は名称                    住所                      引受けの条件
                                     (株)
    大和証券株式会社

                 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
    野村證券株式会社
                 東京都中央区日本橋一丁目13番1号
                                         1.買取引受けによります。
    岡三証券株式会社                                     2.引受人は新株式払込金として、
                 東京都中央区日本橋一丁目17番6号
                                           2022年4月20日までに払込取扱
    三菱UFJモルガン・ス                                       場所へ引受価額と同額を払込む
                 東京都千代田区大手町一丁目9番2号
    タンレー証券株式会社                                 未定       ことといたします。
                                         3.引受手数料は支払われません。
    株式会社SBI証券                                       ただし、発行価格と引受価額と
                 東京都港区六本木一丁目6番1号
                                           の差額の総額は引受人の手取金
    楽天証券株式会社                                       となります。
                 東京都港区南青山二丁目6番21号
    松井証券株式会社
                 東京都千代田区麹町一丁目4番地
         計                ―            400,000            ―

     (注)   1.引受株式数は、2022年4月4日開催予定の取締役会において決定する予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2022年4月13日)に元引受契約を締結する予定であります。ただし、元引受契
         約の締結後、同契約の解除条項に基づき、同契約を解除した場合、株式の募集を中止いたします。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に委託販売する方針であります。
                                  5/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
       払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

              407,000,000                     11,000,000                396,000,000
     (注)   1.払込金額の総額は、引受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,100円)を基礎
         として算出した見込額であります。2022年4月4日開催予定の取締役会で決定される会社法第199条第1項
         第2号所定の払込金額の総額とは異なります。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、「発行諸費用の概算額」は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額396,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限
      79,891千円については、新規の設備投資資金に充当する予定であります。
       なお、具体的な内訳及び充当予定時期は以下の通りであります。
       ・バイオマテリアル事業における処理量増加を目的とした工場新設の設備投資資金として、384,791千円(2023年

      3月期287,009千円、2024年3月期以降97,782千円)
       ・資源循環事業における処理量増加を目的とした生産設備の増設及び工場設備の移転・拡充の設備投資資金とし
      て、91,100千円(2023年3月期91,100千円)
       (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の

      項をご参照ください。
       なお、当社は今回の資金調達に際しては、資金使途(充当先)に関する環境面の改善インパクト及び当社グループ

      自身のESGへの対応状況の評価について、デット・ファイナンス(※1)における「グリーンボンド原則(Green
      Bond   Principles;GBP)」の評価特性に基づく株式会社日本総合研究所の外部レビューを受け、「セカンドパー
      ティ・オピニオン」を受領しております。当該概要については、第一部 証券情報 「募集又は売出しに関する特
      別記載事項 3.セカンドパーティ・オピニオンの取得について」の項をご参照ください。
       (※1)デット・ファイナンス:
       債券発行による資金調達の手法を示します。
                                  6/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
      2022年4月13日に決定される引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引受人の
     買取引受による売出し) (2)              ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下、「第2 売出要項」にお
     いて「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価格と
     同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受によ
     る売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は引受人に対して引受手数料を支
     払いません。
                                       売出しに係る株式の所有者の住所及び
                              売出価額の総額
       種類            売出数(株)
                                 (円)
                                            氏名又は名称
             入札方式のうち入札に
                            ―        ―           ―
             よる売出し
             入札方式のうち入札に
                            ―        ―           ―
             よらない売出し
    普通株式
                                      愛知県名古屋市緑区
                                      山口 直彦       100,000株
             ブックビルディング
                          130,000      143,000,000
                                      愛知県名古屋市熱田区
             方式
                                      山口 昭彦                    30,000株
    計(総売出株式)             ―        130,000      143,000,000               ―

     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       2.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)2に記載した振替機関と同一で
         あります。
       3.「第1 募集要項」における株式の募集を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
         ます。
       4.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,100円)で算出した見込額であります。
       5.売出数等については今後変更される可能性があります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、その需要状況を勘案し、オーバーアロットメン
         トによる売出しを追加的に行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照ください。
       7.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
         その内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 4.ロックアップについて」をご参照
         ください。
                                  7/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     申込株

    売出価格     引受価額                申込証拠              引受人の住所及び氏名又は名              元引受契約
              申込期間      数単位          申込受付場所
     (円)     (円)                金(円)                   称        の内容
                     (株)
                              引受人及びその


              自 2022年                         東京都千代田区丸の内一丁
     未定                         委託販売先金融
          未定    4月14日(木)            未定             目9番1号               未定
    (注)1                  100       商品取引業者の
         (注)2     至 2022年           (注)2             大和証券株式会社              (注)3
    (注)2                         本支店及び営業
             4月19日(火)
                              所
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1と同


         様であります。
       2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、ブックビルディング方式による募集の発行価格、引受価額及び申込
         証拠金とそれぞれ同一といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2022年4月13日)に決定いたします。
         なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
         は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と2022年4月13日に元引受契約を締結する予定であります。ただし、元引受契約の締結後、同契
         約の解除条項に基づき、同契約を解除した場合、株式の売出しを中止いたします。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日(2022年4月21日(木))の予定であります。当社普通株式の取引所への上
         場に伴い、株式会社証券保管振替機構が振替機関として当社普通株式を取扱う予定であり、上場(売買開始)
         日から売買を行うことができます。なお、当社は株券を発行しておらず、株券の交付は行いません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
         ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                       売出しに係る株式の所有者の住所及び

                              売出価額の総額
       種類            売出数(株)
                                 (円)
                                            氏名又は名称
            入札方式のうち入札によ
                            ―        ―           ―
                る売出し
            入札方式のうち入札によ
      普通株式                       ―        ―           ―
               らない売出し
                                      東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
            ブックビルディング方式              79,500      87,450,000
                                      大和証券株式会社
    計(総売出株式)             ―         79,500      87,450,000               ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、「第1 募集要項」に記載の募集及び引受人の買取引受による売
         出しに伴い、その需要状況を勘案して行われる大和証券株式会社による売出しであります。売出数は上限株
         式数を示したものであり、需要状況により減少し、又は全く行わない場合があります。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、大和証券株式会社は、2022年4月21日から2022年5月19
         日までの期間(以下、「シンジケートカバー取引期間」という。)、取引所においてオーバーアロットメント
         による売出しに係る株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下、「シンジケートカバー取引」とい
         う。)を行う場合があります。その内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第
         三者割当増資とシンジケートカバー取引について」をご参照ください。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       4.「第1 募集要項」における株式の募集を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,100円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)2に記載した振替機関と同一で
         あります。
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

    売出価格            申込株数単位       申込証拠金                             元引受契約

          申込期間                   申込受付場所        引受人の住所及び氏名又は名称
     (円)             (株)      (円)                             の内容
                            大和証券株式会
         自 2022年
                            社及びその委託
     未定    4月14日(木)               未定
                    100        販売先金融商品               ―          ―
    (注)1     至 2022年              (注)1
                            取引業者の本支
         4月19日(火)
                            店及び営業所
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一といたします。ただし、申込証拠金には利息をつけません。
       2.売出しに必要な条件については、売出価格決定日(2022年4月13日)において決定する予定であります。
       3.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日(2022年4
         月21日(木))の予定であります。当社普通株式の取引所への上場に伴い、株式会社証券保管振替機構が振替
         機関として当社普通株式を取扱う予定であり、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、当
         社は株券を発行しておらず、株券の交付は行いません。
       4.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       5.大和証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条
         件 (2)    ブックビルディング方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                  9/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所及び名古屋証券取引所への上場について
      当社普通株式は、「第1 募集要項」における募集株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含め、大和証
     券株式会社を主幹事会社(以下、「主幹事会社」という。)として、2022年4月21日に東京証券取引所及び名古屋証券
     取引所へ上場される予定であります。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主より借受ける株式であります。これに関連して、当社は、2022年3月18日開催の取締役会
     において、主幹事会社を割当先とする以下の内容の第三者割当による募集株式発行(以下、「本件第三者割当増資」と
     いう。)の決議を行っております。
    募集株式の種類及び数           当社普通株式 79,500株

    募集株式の払込金額           未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の払込金額と同一とする。)
    割当価格           未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の引受価額と同一とする。)
    払込期日           2022年5月24日
                増加する資本金の額は、割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に従い算出さ
    増加資本金及び資本準           れる資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
    備金に関する事項           きは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備金の額は、資本金等
                増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。
                愛知県名古屋市中区錦2丁目14番19号
    払込取扱場所
                株式会社りそな銀行 名古屋支店
      主幹事会社は、当社株主から借受けた株式を、本件第三者割当増資による株式の割当て又は下記のシンジケートカ
     バー取引若しくはその双方により取得した株式により返還します。
      また、主幹事会社は、上場(売買開始)日から2022年5月19日までの間、オーバーアロットメントによる売出しに係
     る株式数を上限とし、当社株主から借受けている株式の返還に充当するために、シンジケートカバー取引を行う場合
     があります。
      なお、主幹事会社は、シンジケートカバー取引により取得した株式数については、割当てに応じない予定でありま
     すので、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行
     われない場合があります。
      また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない
     か、又は買い付けた株式数が上限株式数に達しなくともシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
    3.セカンドパーティ・オピニオンの取得について

      当社グループが事業を行うリサイクル業界では、国連による持続可能な開発目標(SDGs)(※1)の提唱や、我が国に
     おいても2021年10月に第6次エネルギー基本計画(※2)の閣議決定により、2050年カーボンニュートラル、2021年4
     月に表明された2030年度の46%削減、さらに50%の高みを目指して挑戦を続ける新たな削減目標の実現に向けた政策
     対応の一つとして再生可能エネルギーの最大限の導入への貢献が推進されております。
      当社グループは「世のため             人のため     地球のため      社員のため      持続可能な社会を創造します」を経営理念として、
     その実現に向け、廃棄物の適正処理及び再資源化の推進、エネルギー問題及び気候変動等の解決に対する総合的な環
     境ソリューション(※3)の提供をグループ全体で推進しております。
      当社グループでは、今回のエクイティ・ファイナンスによる調達資金を当社における工場の新設、生産設備の増
     設、工場設備の移転・拡充に充てる予定としております。これらは、産業廃棄物の適正処理及び再資源化による環境
     負荷の低減及び資源循環への貢献、二酸化炭素排出量削減等に貢献できると考えております。
                                 10/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当社では、今回のエクイティ・ファイナンスに際して、当社への投資を検討頂くうえで、当社グループの事業活動
     により、環境に与える影響を特定、開示することが重要であると考えております。また、今般調達する資金の充当先
     に関する環境面での改善インパクト、及び、発行体である当社グループ自身のESG(※4)への対応状況の評価について
     は、客観性を担保する観点から、第三者による評価を受けることといたしました。
      なお、エクイティ・ファイナンスにおいては各インパクトの評価に適した指針等がないものの、資金調達主体に対
     する外部レビューを提供する株式会社日本総合研究所より、デット・ファイナンスにおける各インパクトの評価指針
     とされる「グリーンボンド原則(Green                  Bond   Principles;GBP)(※5)」(以下、GBPを「原則」という。)を用いること
     について助言を得ました。
      原則は各債券の発行の際に、調達資金の使途、プロジェクトの評価及び選定のプロセス、調達資金の管理、レポー
     ティングという4つの要件について、その各要件とその枠組みを評価する指針であります。今回のエクイティ・ファ
     イナンスは、債券の発行ではないことから、厳密な意味では原則に適合することはありませんが、原則の持つ評価特
     性を用いることで、今回のエクイティ・ファイナンスの環境貢献インパクト等に関する客観的な評価を得ることはで
     きると考え、前記4つの要件とその枠組みについて同社より外部レビューを頂いております。
      当該レビューの結果、上記の設備投資の資金使途、そしてその設備投資により提供される当社グループの製品・
     サービスによる環境貢献度に関して、同社より取得したオピニオン(以下、「セカンドパーティ・オピニオン」とい
     う。)において原則が示す特性に従うものである旨の意見を得ております。本セカンドパーティ・オピニオンでは、国
     連による持続可能な開発目標(SDGs)の目標及びターゲットへの貢献についても分析されております。当該セカンド
     パーティ・オピニオンの冒頭「Ⅰ.要約」の記載は以下の通りです。
      (※1)持続可能な開発目標(SDGs):
      2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で発展途上国のみならず先進国自
     身が取組むべき事項として掲げられた国際社会共通の目標であり、エネルギー、経済成長と雇用、気候変動等に対す
     る取組みをはじめとして計17の目標にて構成されております。
      (※2)エネルギー基本計画:
      エネルギー政策基本法第12条に基づき制定される、エネルギーの需給に関する施策の長期的、総合的かつ計画的な
     推進を図るためのエネルギーの需給に関する基本的な計画のことであります。
      (※3)エネルギーソリューション:
      当社グループが事業活動を通して顧客に提供する環境に関するサービス全般を指します。
      (※4)ESG:
      Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つの頭文字からなる企業活動の社会持続性に関する
     指標を言います。
      (※5)グリーンボンド原則:
      国際資本市場協会(ICMA)により策定されたグリーンボンド発行に係るガイドラインであります。
                                 11/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1.本資料の目的
       フルハシEPO株式会社(以下、フルハシEPO)は、「世のため                               人のため     地球のため      社員のため      持続可能な
      社会を創造」するという経営理念の下、木質バイオマスを中心とするリサイクル等の事業を展開している。フルハ
      シEPOは、環境課題解決に資する事業における設備投資等を資金使途として、株式市場からの資金調達(以下、本
      調達)を行う。本資料の目的は、国際資本市場協会が発行する「グリーンボンド原則2021年版(以下、GBP)」の特性
      に基づき、株式会社日本総合研究所(以下、日本総合研究所)が本調達についてレビューを行い、そのレビュー結果
      をセカンドパーティ・オピニオンとして公表するものである。
     2.発行者の役割とレビュー範囲

       日本総合研究所の役割はGBPが推奨する資金調達主体に対する外部レビューを実施するコンサルタントとして位置
      づけられる。本資料は、GBPが示す外部レビューのうち「セカンドパーティ・オピニオン」に該当する。
       本資料のレビュー範囲は、(1)本調達のフレームワーク、(2)対象事業が創出するインパクト及びSDGsへの貢献可
      能性、(3)フルハシEPOのESGの取り組みや情報開示の3点が対象である。フレームワークは、GBPが基本原則とし
      て示す「資金使途」、「事業評価・選定プロセス」、「資金管理」、「レポーティング」の4項目に沿って評価を
      行う。
     3.セカンドパーティ・オピニオン(要約版)

      (1)  グリーンボンド原則への準拠性
    本調達のフレームワークをGBPが示す4原則に基づきレビューした結果、GBPが示す環境課題への対応を目的とした資
    金調達の特性に従うものとして評価する。
        「調達資金の使途」:本調達により資金充当される対象事業は、「バイオマテリアル事業」「資源循環事業」
       (以下、「対象事業」と総称)に限定されている。対象事業は、再生可能エネルギー、汚染防止及び抑制という環
       境課題解決に寄与し、森林資源の持続可能な利用に貢献可能である。よって、資金使途の適格クライテリア(※
       1)は適切に設定されていると言える。
        「事業の評価・選定プロセス」:適格クライテリアとして策定した項目は、GBPにおいて的確なプロジェクトカ
       テゴリーと認められること、フルハシEPOの管理部門が対象事業の内容を検討した上で取締役会にて環境面で
       のインパクト創出の可能性を評価し、環境課題解決に資する事業として選定・評価する予定であることを確認し
       た。
        「資金管理」:本調達により調達した資金は、当初の目的以外に充当される予定はないことを確認した。本調
       達による調達資金は、対象事業への充当状況を追跡可能な仕組みを有していることを確認した。
        「レポーティング」:フルハシEPOは自社のホームページにおいて、調達資金を充当した対象事業の概要、
       充当した資金の総額、          未充当資金が発生する場合はその額、対象事業による環境面での改善インパクトを開示す
       る予定である。       インパクト・レポーティングにおける                  KPI  は、「発電用途燃料(木質チップ)供給量」「製紙・
       ボード・繊維板等原料(木質チップ)供給量」「建設副産物回収量・再資源化量・廃棄量(焼却・最終処分
       量)」を想定している。ただし、今後の事業の状況によってフルハシEPOが適切な指標があると判断した場合
       は変更する可能性がある。            また、これらの情報は少なくとも年に一度、情報を更新して対外的に開示することか
       ら、情報開示の頻度は適切と考える。
        (※1)適格クライテリア:
         調達資金の使途において明確な便益を有するプロジェクト(適格プロジェクト)の選定基準を示します。
                                 12/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)  対象事業が創出するインパクトおよびSDGsへの貢献可能性
    本調達を通じて、SDGsのうち特に目標7「すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのア
    クセスを確保する」、目標12「持続可能な生産消費形態を確保する」および目標15「陸域生態系の保護、回復、持続
    可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損
    失を阻止する」への貢献が期待できる。
        対象事業により、環境面での改善インパクトが期待できること、および対象事業の効果は、複数のSDGsの達成
       に繋がることを確認した。
        目標                     日本総研のオピニオン(要約)

               バイオマテリアル事業は、木質バイオマス発電所向けに燃料である木質バイオマスを供給

               し、再生可能エネルギー由来の電力を増加させる効果が期待できることから、ターゲット
               7.2「2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大
               幅に拡大させる」への貢献が期待できる。
               バイオマテリアル事業は木質系廃材の最終処分量を削減する効果がある他、資源循環事業

               は建設副産物の中間処理を行うことで廃棄量を削減する効果があることから、ターゲット
               12.5「2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発
               生を大幅に削減する」への貢献が期待できる。
               バイオマテリアル事業は、製紙工場向けに廃材由来の木質チップを供給しており、製紙工

               程におけるバージン材消費の抑制に貢献することで、森林資源の保全および持続的な利用
               を実現する効果が期待できることから、ターゲット15.1「2020年までに、国際協定の下で
               の義務に則って、森林、湿地、山地及び乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態
               系及びそれらのサービスの保全、回復及び持続可能な利用を確保する」への貢献が期待で
               きる。
                                             出所:日本総合研究所作成

                                 13/175










                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)  資金調達主体のESGの取り組みおよび情報開示
    フルハシEPOのESGの取り組みと情報開示をレビューした結果、企業経営において、良好なESGの取り組みと情報開
    示を実施していると評価する。
        特に優れている点は、以下の各点であると判断する。
        「環境面」:バイオマテリアル事業において廃材由来の木質バイオマスや木質チップの供給を通じて顧客にお
       ける環境負荷低減を実現していること、資源循環事業において建設副産物の中間処理を行うことで廃棄量の削減
       に貢献していること、および「FULUHASHI                    EPO  REPORT」やホームページを通じて継続的な情報発信が為されてい
       ることを評価する。
        「社会面」:公正な経済取引を実現するためにリスク管理規程を策定していること、多様な人材の活躍推進に
       向けた計画を策定していること、育児休業制度の利用者数の把握を進めていることを評価する。
        「ガバナンス面」:経営理念においてサステナビリティへのコミットメントを打ち出していること、人権・労
       働権・環境・腐敗防止に関する10原則を定める国連グローバル・コンパクトに署名していることを評価する。
      (4)  結論

        レビューの結果、「世のため              人のため     地球のため      社員のため持続可能な社会を創造」するというフルハシE
       POの経営理念に基づく本調達のフレームワークは、GBPが示す特性に従うと判断する。インパクトについては、
       環境面での改善インパクトが見込まれ、さらに、SDGsの達成への貢献も期待できる。今後、フルハシEPOにお
       いて、定量的なインパクト評価が継続的に実施されることを期待する。また、資金調達主体であるフルハシEP
       Oについては、企業経営において、良好なESGの取り組みと情報開示を実施していると判断する。
        出所:株式会社日本総合研究所「Second                   Party   Opinion:フルハシEPO株式会社」(2021年12月30日発行)

       の「Ⅰ.要約」
                                 14/175












                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4.ロックアップについて
      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、                           売出人及び貸株人である山口直彦、売出人である山口昭
     彦並びに当社株主である有限会社ヤマグチ、                     フルハシEPO従業員持株会、高取陽子、山口郁子、山口まどか、岡田
     光男、伊藤元光、野口まさこ、山口髙嗣、大嵩洋、奈良廣見、間瀬龍司、矢野辰彦、荒谷藤代、荒谷諭加、森重好
     美、大森正志、熊澤修次、天野幹也、服部義彦、山口玲奈、間瀬知子、坂敦雄、藤田菜美、大嵩智裕、山口孝真、水
     野信勝、丸山芳春、前田雅之、和田正道、山口澄江、服部雅司、木村明博、上野徹、高嵜仁宏、美濃村学、浅井豊
     司、長坂利治、大橋健三、安藤夫紫子、村瀬行雄、鈴木雅雄、織田直子及び苅谷公平は、大和証券株式会社(以下、
     「主幹事会社」という。)に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目(2022年10
     月17日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、
     当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株
     式を主幹事会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を合意しております。
      また、当社は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普
     通株式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権
     利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募集、グリーンシューオプション、株式分割及びストックオプション
     に関わる発行等を除く。)を行わないことに合意しております。
      なお、上記の場合において、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除できる権限を
     有しております。
    5.当社指定販売先への売付け(親引け)について

      当社は、本募集並びに引受人の買取引受による売出しにおいて、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受
     け等に係る顧客への配分に関する規則」に従い、当社従業員への福利厚生等を目的として当社従業員持株会に対し、
     公募による募集株式及び売出株式のうち53,000株を上限として売付けることを引受人に要請する予定であります。
      なお、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」第2条第2項に基
     づき、当社が指定する販売先への売付け(親引け)として、当社は親引け予定先の状況等につき公表し、主幹事会社は
     親引け予定先から売付ける株式数を対象として継続所有に関する確約を書面により取り付けます。
                                 15/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
     (1)  表紙に当社の社章

                           を記載いたします。
     (2)  表紙の次に「01 当社グループの経営理念とビジョン」~「07 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載い

      たします。
                                 16/175

















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/175





















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/175





















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/175





















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/175





















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/175





















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 22/175





















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 23/175





















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】
    1 【主要な経営指標等の推移】
     (1)  連結経営指標等
            回次            第73期       第74期

           決算年月            2020年3月       2021年3月

    売上高              (千円)      7,763,557       7,694,241

    経常利益              (千円)       564,071       623,472

    親会社株主に帰属する
                  (千円)       328,566       411,031
    当期純利益
    包括利益              (千円)       327,618       416,082
    純資産額              (千円)      1,492,373       1,729,858

    総資産額              (千円)      9,136,972       8,959,444

    1株当たり純資産額              (円)       334.24       387.43

    1株当たり当期純利益金額              (円)       73.59       92.06

    潜在株式調整後
                  (円)         -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率              (%)        16.3       19.3
    自己資本利益率              (%)        23.2       25.5

    株価収益率              (倍)         -       -

    営業活動による
                  (千円)      1,011,147       1,046,745
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (千円)      △ 474,247      △ 156,076
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (千円)      △ 537,027      △ 877,336
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                  (千円)       538,846       546,537
    の期末残高
    従業員数
                           403       400
    〔ほか、平均臨時              (名)
                         〔 47 〕     〔 71 〕
    雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、                            潜在株式が存在しないため            記載しておりません。
       3.当社株式は非上場であるため株価収益率を記載しておりません。
       4.  前連結会計年度(第73期)及び当連結会計年度(第74期)                         の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、
         様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193
         条の2第1項の規定に基づき、有限責任                   あずさ監査法人により監査を受けております。
       5.  従業員数は就業人員数(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グ
         ループへの出向者を含む。)であり、臨時従業員数(パートタイマー、契約社員、嘱託契約の従業員を含
         み、  派遣社員を除く。)は、年間の平均人数を〔外書〕で記載しております。
                                 24/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第70期       第71期       第72期        第73期       第74期
           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上高              (千円)      5,424,134       5,650,620       5,663,078        6,625,502       6,965,638

    経常利益              (千円)       698,937       558,885       549,139       577,923       653,115

    当期純利益又は当期純損失
                  (千円)       70,353      △ 36,169       342,111       430,583       426,322
    (△)
    資本金              (千円)       255,000       255,000       310,000       310,000       310,000
    発行済株式総数              (株)     4,220,000       4,220,000       4,480,000        4,480,000       4,480,000

    純資産額              (千円)      1,055,793        866,238      1,145,492        1,391,829       1,648,717

    総資産額              (千円)      6,186,405       6,587,357       7,964,086        8,337,591       8,244,161

    1株当たり純資産額              (円)       250.19       205.27       256.55        311.73       369.26

    1株当たり配当額                      36.00       36.00       40.00        40.00       40.00
                  (円)
    (1株当たり中間配当額)                     ( 18.00   )    ( 18.00   )    ( 20.00   )    ( 20.00   )    ( 20.00   )
    1株当たり当期純利益金額
    又は1株当たり当期純損失              (円)       17.04       △ 8.57       80.13        96.44       95.48
    金額(△)
    潜在株式調整後
                  (円)         ―       ―       ―        ―       ―
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率              (%)        17.1       13.2       14.4        16.7       20.0
    自己資本利益率              (%)        6.6        ―      34.0        33.9       28.0

    株価収益率              (倍)         ―       ―       ―        ―       -

    配当性向              (%)       211.3         ―      49.9        41.5       41.9

    従業員数
                           199       199       207       241       239
    〔ほか、平均臨時
                  (名)
                         〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕
    雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、                            潜在株式が存在しないため            記載しておりません。
       3.  第71期の自己資本利益率、配当性向については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
       4.株価収益率に関しましては当社株式は非上場であるため記載しておりません。
       5.  主要な経営指標等のうち、第70期から第72期については会社計算規則(2006年法務省令第13号)の規定に基づ
         き算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による監査証明を受けており
         ません。
       6.前事業年度(第73期)及び当事業年度(第74期)の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作
         成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1
         項の規定に基づき、有限責任              あずさ監査法人により監査を受けております。
       7.  従業員数は就業人員数(当社から当社外への出向者を除き、当社外から当社への出向者を含む。)であり、
         臨時従業員数(パートタイマー、契約社員、嘱託契約の従業員を含み、                                 派遣社員を除く。)は、従業員の
         100分の10未満であるため、記載を省略しております。
                                 25/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      1947年12月に故山口          昭一(前名誉会長)が愛知県名古屋市熱田区において、当社の前身である製材・木材加工(製
     函等)業を開始いたしました。その後、日本の経済成長とともに、建材、梱包及び紙等の需要が増加したことから、
     製材機、木質チップ製造設備を導入し、当該分野における事業拡大を目的として「古橋製函株式会社」を設立し、株
     式会社化いたしました。
       年月                           概要
    1948年    2月
            製材・木材加工(製函等)業を目的として、古橋製函株式会社(当社)を愛知県名古屋市熱田区に
            設立
    1956年    12月
            木質チップ製造設備を導入し、製紙用チップの製造販売を開始(バイオマテリアル事業の開始)
    1963年    9月
            古橋製函株式会社から古橋木材工業株式会社へ商号変更
            春日井工場(現愛知第一工場)を開設し、                   木製パレット製造を開始(環境物流事業の開始)
    1972年    6月
            飛島工場(現飛島リサイクルパーク)を開設し、建材用製材及び木質ボード用チップの生産を開始
    1980年    5月
            古橋木材工業株式会社からフルハシ工業株式会社へ商号変更
    1980年    11月
            弥富工場(現愛知第二工場)を開設し、木質リサイクルチップ生産を開始
    1984年    5月
            春日井工場(現愛知第一工場)で、木質リサイクルチップ生産を開始
    1987年    4月
            三重工場を開設し、木質リサイクルチップ生産を開始
    1991年    1月    タイでの環境物流事業の事業拡大を目的として、PAC                         AND  PAL  LTD.を設立
            (現FULUHASHI       CORPORATION(THAILAND)LTD.)(現                連結子会社)
    1997年    5月
            建設副産物の再資源化を目的として、名港リサイクルガーデンを開設(資源循環事業の開始)
            (現株式会社フィニティ名港リサイクルガーデン)
    2000年    4月
            中国地区での事業拡大を目的として、                 株式会社グリーンランドを設立(現広島工場)
    2001年    2月
            豊田リサイクルガーデン・愛知第三工場を開設(現愛知第六工場へ移転)
    2001年    4月    環境コンサルティングサービスを目的として、                     株式会社フルハシ環境総合研究所を設立                  (現   連結
            子会社)
    2002年    3月
            輸送等の内製化を目的として、東海アールシー株式会社(現株式会社フィニティ)を連結子会社化
    2002年    5月
            関東地区での営業強化、事業拡大のため千葉営業所を開設
    2002年    11月
            千葉リサイクルランドを開設し、               建設副産物リサイクルと木質リサイクルチップ生産を開始
    2004年    7月    Yoga   Fit  Japan(現jonetsuYoga一社スタジオ)を開設し、健康サービスを開始
    2005年    4月
            国連の提唱する「国連グローバル・コンパクト」(※1)に署名
    2005年    6月
            愛知県名古屋市中区へ本社機能を移転
    2005年    11月
            環境物流事業の事業拡大のためセントレア事業所を開設
    2006年    3月
            あいち地球温暖化防止戦略「             CO2   排出削減マニフェスト」(※2)に登録
    2006年    10月    工場警備等の内製化を目的として、ASAP SECURⅠTY                              株式会社を設立       (現   連結子
            会社)
    2006年    11月
            健康商品の通販販売を目的として、                株式会社JONETSUドットBIZを設立
            (株式会社iEPO)
    2006年    12月
            関東地区での営業強化のため横浜営業所を開設
    2007年    11月
            飛島リサイクルパークにて、             建設副産物リサイクルを開始
                                 26/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       年月                           概要
    2008年    4月
            フルハシ工業株式会社からフルハシEPO株式会社へ商号変更
            神奈川県川崎市にて、一部出資により住友共同電力株式会社及び住友林業株式会社と
            合併会社川崎バイオマス発電株式会社を設立
    2008年    8月
            川崎バイオマス発電株式会社への木質リサイクルチップ供給を目的として、住友共同電力
            株式会社及び住友林業株式会社との合弁会社ジャパンバイオエナジー株式会社を設立
            (持分法適用関連会社)
    2009年    1月    人員確保を目的として、           EPOヒューマンリソース株式会社を設立                   (現   連結子会社)
            川崎バイオマス発電株式会社及びジャパンバイオエナジー株式会社の持株管理を目的として、住友
            林業株式会社との合弁会社ジャパンバイオエナジーホールディング株式会社を設立
            (持分法適用関連会社)
    2009年    10月
            本社を愛知県名古屋市中区金山一丁目に移転
    2010年    6月
            関東地区での事業拡大を目的として、                 フルハシバイオ株式会社を設立(現湘南工場)
    2013年    6月    ベトナムでの環境物流事業の事業拡大を目的として、FULUHASHI                              CORPORATION(VIETNAM)LTD.
            を設立   (現   連結子会社)
    2013年    10月
            東海地区での事業拡大のため静岡営業所を開設
    2014年    4月
            愛知第五工場を開設し、木質リサイクルチップの生産を開始
    2014年    11月
            静岡第一工場を開設し、木質リサイクルチップの生産を開始
    2015年    4月
            登記上の本店を愛知県名古屋市中区金山一丁目に移転
    2015年    6月
            愛知第六工場を開設し、木質リサイクルチップの生産を開始
    2016年    3月
            東東京営業所・東東京工場を開設し、関東地区での営業強化、木質リサイクルチップの生産を開始
    2017年    4月
            愛知県半田市にて、一部出資により株式会社シ―エナジーと合併会社CEPO半田バイオマス発電
            株式会社を設立
    2018年    11月
            岐阜第一工場を開設し、木質リサイクルチップの生産を開始
    2019年    3月
            CEPO半田バイオマス発電所への木質リサイクルチップ供給のため、当該バイオマス発電所専用
            木質リサイクル工場として愛知第七工場を開設
    2019年    4月
            木質リサイクルチップ生産拠点の統合強化を目的として、                           株式会社グリーンランドとフルハシバイ
            オ株式会社を吸収合併
    2021年    4月
            当社の情報システム部門の強化を目的として、                     株式会社iEPOを吸収合併
     (※1)国連グローバルコンパクト(United                     Nations    Global    Compact):
     国連と民間(企業・団体)が手を結び、健全なグローバル社会を築くための世界最大のサステナビリティ                                                  イニシアチ
    ブのことであります。署名する企業・団体は、人権の保護、不当な労働の排除、環境への対応、そして腐敗の防止に関
    わる10の原則に賛同する企業トップ自らのコミットメントのもとに、その実現に向けて努力を継続しております。
     (※2)あいち地球温暖化防止戦略「CO2排出削減マニフェスト」:
     愛知県は2005年1月に「あいち地球温暖化防止戦略」を策定し、地球温暖化防止に関する取組みを総合的かつ計画的
    に推進・改定し、施策の充実強化を図っております。『あいちCO2削減マニフェスト』は本戦略に基づき、県内の事
    業者が自主性や創意工夫を活かしたCO2排出削減の取組みを宣言し、県がそれを認定・PRするものです。
                                 27/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社、連結子会社6社及び持分法適用関連会社2社の計9社で構成されております。
      当社グループは、「世のため              人のため     地球のため      社員のため      持続可能な社会を創造します」を経営理念とし、
     木質系廃材のリサイクル処理を行うとともに、その過程において発生する木質チップを燃料又は原料製品として販売
     するほか、建設現場から生じる建設副産物の再資源化、回収からリサイクルまで考慮した物流機器の製造・販売、中
     古物流機器の買取販売等、各種環境ソリューションを展開することにより持続可能な社会の実現を目指しておりま
     す。
     (1)当社グループの事業内容について

       当社グループにおいては、「バイオマテリアル事業」、「資源循環事業」、「環境物流事業」及び「その他」の
      各事業を展開しております。各事業の概要及び位置付けは、次の通りであります。
       なお、事業セグメント区分は「第5                 経理の状況      1  連結財務諸表等        (1)  連結財務諸表       注記事項     (セグメント
      情報等)」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。
      ①  バイオマテリアル事業

       バイオマテリアル事業は、木質系廃材のリサイクル処理受託及び木質リサイクルチップの販売を展開しておりま
      す。  当社グループは、木質系廃材の処理受託において顧客となる排出事業者等より処理料(売上①)を受領すると
      ともに、リサイクル処理過程において製造する木質リサイクルチップ販売による収入(売上②)の双方にて収益を
      獲得する事業モデルを構築しております。
       (リサイクル処理受託)

       当社グループは、家屋等の解体現場や住宅建設現場等において排出される木質系廃材について、排出事業者等か
      らリサイクル処理を受託しております。リサイクル処理の対象となる木質系廃材は、主に木造家屋の解体や新設時
      に発生する廃材のほか、製材端材や廃パレット等があり、排出事業者等から受け入れたこれら木質系廃材は、各地
      域に設置する自社リサイクル処理工場において、入荷確認及び異物除去等を行ったうえで、破砕又は切削等の処理
      を行うことにより木質リサイクルチップ製品として加工・製造しております。なお、当該事業においては廃棄物に
      係る上記の中間処理業務を行うほか収集運搬業務も提供しております。
       (木質リサイクルチップ販売)

       当社グループは、リサイクル処理に伴い加工・製造される副産物を木質リサイクルチップ製品として販売してお
      ります。木質チップ製品のうち、塗料や接着剤等の附着物が少ない柱材や梁等から製造されるものは、紙・パルプ
      原料や木質ボード原料等の「木質原料チップ」として販売しており、その他の集成材や内装材等により製造される
      ものは、バイオマスボイラー等の石油代替の燃料(木質バイオマス発電向け含む)として販売しております。
                                 28/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [バイオマテリアル事業における木質系廃材リサイクルの概要]
       なお、当該事業においては、主に当社が木質系廃材のリサイクル処理受託を、子会社である株式会社フィニティ






      が木質系廃材のリサイクル処理受託と収集運搬を各々展開しております。また、あけぼのサービス有限会社が製品
      輸送を展開しておりましたが、2021年4月1日付で株式会社フィニティに吸収合併しております。
      ②  資源循環事業

       資源循環事業は、住宅建設現場等から排出される各種建設副産物(廃棄物)のリサイクル処理を受託しておりま
      す。住宅メーカー等を顧客として、建設現場に資材回収ボックスを設置し定期的に巡回・回収を行い、当社グルー
      プのリサイクル工場において、選別、再資源化等の中間処理業務を行っております。建設副産物(廃棄物)のうち木
      質系廃材については、自社バイオマテリアル事業の処理工場にて木質リサイクルチップとして再生するほか、当社
      グループにて再資源化が可能な資材については資源として売却しております。
       [新設住宅の建設現場から生まれる様々な資材の副産物]

       当社グループにおいて処理対応が困難となる資材等については、外部業者へ再資源化の2次処理委託又は埋立処






      分等に係る最終処分業者への委託等により、適切な廃棄物処理を実施しております。
       なお、当該事業については、当社が建設副産物(廃棄物)のリサイクルに係る中間処理を、子会社である株式会社
      フィニティが建設副産物(廃棄物)のリサイクルに係る中間処理及び収集運搬を行っております。
                                 29/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  環境物流事業
       環境物流事業は、木製パレット等の物流機器の製造・仕入・販売を展開しております。                                         国内においては、物流機
      器(新品)の製造・仕入・販売に加えて中古物流機器の買取・販売にも注力しており、廃棄木製パレット等のリサイ
      クル処理を含めたソリューションも提供しております。
       [物流機器の製造・仕入・販売とリサイクルの概要]

       なお、当該事業については、当社が国内における物流機器の製造・仕入・販売を、子会社であるFULUHASHI




      CORPORATION(THAILAND)LTD.及びFULUHASHI                     CORPORATION(VIETNAM)LTD.が海外における事業展開を行っておりま
      す。
      ④  その他

       当社グループ事業において、必要となる各種サービスのグループ内製化を目的として子会社等にて事業を展開し
      ております。      各社別には、株式会社フルハシ環境総合研究所が環境コンサルティングを、ASAP SECURI
      TY株式会社が施設・交通警備を、EPOヒューマンリソース株式会社が人材派遣・紹介サービスを提供しており
      ます。
       また、株式会社iEPOがITサービスを展開しておりましたが、2021年4月1日付で当社に吸収合併しておりま
      す。
     (2)当社グループの事業展開について

      ①  事業所展開について
       当社グループは、愛知県を中心とする東海地区を基盤とした事業を展開しております。                                         「バイオマテリアル事
      業」及び「資源循環事業」は、解体現場や建設現場から発生する建設廃棄物を主たる取扱対象としており、当該需
      要は主に都市部及びその近郊において発生することから、当社グループの事業拠点は主に東海地区に加えて、関東
      地区に注力した展開を行っております。
       当社グループの事業は、リサイクル処理需要と木質リサイクルチップ需要のバランスが重要であり、これら各需
      要動向を踏まえた事業所展開を推進しております。
       また、リサイクル事業の展開に応じて、「環境物流事業」における木製パレット等の物流機器の製造・販売から
      リユース、リサイクル等のサービス展開も推進しております。なお国内の環境物流事業のノウハウを活かすべく海
      外拠点(タイ・ベトナム)へ展開を行っております。
                                 30/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社グループのネットワーク図
                                 31/175




















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  木質バイオマス発電に関する取組みについて
       当社グループは、主力事業であるバイオマテリアル事業における木質リサイクルチップ製品の安定供給先確保を
      目的として、国内における複数の木質バイオマス発電事業への参画を実施しております。
       具体的な取組みとしては、住友共同電力株式会社及び住友林業株式会社との合弁による川崎バイオマス発電株式
      会社(2011年2月運転開始、発電出力33,000kw、当社出資比率13.0%)への出資                                      、同発電所への木質リサイクル
      チップ供給会社であるジャパンバイオエナジー株式会社(持分法適用関連会社)への出資等のほか、中部電力グ
      ループの株式会社シーエナジーとの合弁によるCEPO半田バイオマス発電所株式会社(2019年10月運転開始、発
      電出力50,000kw、当社出資比率10.0%)へ出資しており、それらの燃料供給を当社が担っております。また、出
      資・合弁事業以外にも木質リサイクルチップの納入先として木質バイオマス発電所との関係構築を強化し、これら
      取組みについて継続的に推進しております。
      ③  環境ソリューションについて

       当社グループの事業は、持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable                               Development      Goals)における廃棄物の適正処
      理及び再資源化の推進、エネルギー問題及び気候変動等の解決に対するソリューションとなるものであり、当社グ
      ループは各事業展開を通じて、国際社会の目標達成に貢献できるものと考えております。
       これまでの事業展開として、国内の環境規制の整備、環境意識の向上等とともに適正な木質系廃材リサイクル処
      理の提案と木質リサイクルチップの市場開拓(ボイラー燃料、製紙原料、木質ボード等の建材原料等)を行ってま
      いりました(バイオマテリアル事業)。さらに、建設由来の木質系廃材の取扱いが主になるにつれて、その排出事
      業者及び発生源である建設市場に対して再資源化のソリューションを提案して、建設現場(発生源)からの選別調
      達及び木くず以外の建設副産物のリサイクルを展開してまいりました(資源循環事業)。
       当社グループは、上記各事業における創業以来の実績と信頼性の構築、これまでの事業展開において構築してき
      たリサイクル資源の排出事業者から木質リサイクルチップの需要者を含む資源リサイクルに係る顧客ネットワーク
      を構築していることが事業展開における強みであると認識しております。その資源リサイクルネットワークを活か
      し、燃料の生産・調達が課題とされる木質バイオマス発電プロジェクトに積極的な参画を行い、環境政策(再生可
      能エネルギーの普及、気候変動対策等)にも貢献しております。なお、木質バイオマス発電プロジェクトは木質リ
      サイクルチップの長期安定的な供給が見込める需要先であり、これら供給先を確保することにより、リサイクル拠
      点拡充及び営業・輸送コスト削減等を推進しております。
       なお、当社グループは、主に都市部及びその近郊でのさらなる拠点展開を推進させ、都市廃棄物の選別リサイク
      ル促進、製造者への再資源化の普及、災害木処理等の地域貢献を推進しております。
                                 32/175










                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  事業系統図
     (注)   1.2021年4月1日付で、当社は㈱iEPOを吸収合併いたしました。












       2.2021年4月1日付で、㈱フィニティはあけぼのサービス㈲を吸収合併いたしました。
       3.ジャパンバイオエナジー㈱は、川崎バイオマス発電㈱への木質リサイクルチップ生産・供給を行っておりま
         す。ジャパンバイオエナジーホールディング㈱は、川崎バイオマス発電㈱及びジャパンバイオエナジー㈱の
         持株管理会社であります。
                                 33/175







                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                           資本金      主要な事業      議決権の所有

         名称           住所                              関係内容
                           (千円)       の内容      割合(%)
    (連結子会社)
    ㈱フィニティ            愛知県                              収集運搬の委託等
                             30,000    収集運搬          100.0
    (注)2、6            名古屋市熱田区                              廃棄物処理の受託等
    あけぼのサービス㈲            愛知県                          100.0
                             3,000    運送             -
    (注)3、5            名古屋市熱田区                         (100.0)
    FULUHASHI      CORPORATION
                 タイ           35,670千     物流機器製
                                           100.0    運転資金貸付
                 チョンブリー県            バーツ    造販売
    (THAILAND)LTD.
    FULUHASHI      CORPORATION
                 ベトナム          12,784百万      物流機器製             運転資金貸付
                                           100.0
                 ハイズオン省         ベトナムドン       造販売             債務保証
    (VIETNAM)LTD.
                                               環境コンサルティング

    ㈱フルハシ環境            愛知県                環境コンサ
                             40,000              100.0    等の委託等
    総合研究所            名古屋市中区                ルティング
                                               役員の兼任
    ASAP            愛知県                              施設・交通警備の委託

                             10,000    警備請負          100.0
    SECURITY㈱            名古屋市熱田区                              等
                                               情報システム開発の委
    ㈱iEPO            愛知県
                             20,000    IT関連          100.0    託等
    (注)4            名古屋市熱田区
                                               役員の兼任
    EPOヒューマン            愛知県                              当社に対する人材派遣
                             20,000    人材派遣          100.0
    リソース    ㈱        名古屋市中区                              等
    (持分法適用関連会社)
                                           20.0
    ジャパンバイオ       エナジー                      廃棄物処
                 神奈川県
    ㈱                        100,000     理・リサイ             営業業務受託先
                                          (19.0)
                 川崎市川崎区
    (注)5                             クル
                                 ジャパンバ
    ジャパンバイオエナジー            東京都                イオエナ
                             51,500              36.9   役員の兼任
    ホールディング㈱            千代田区                ジー㈱の経
                                 営管理全般
     (注)   1.上記会社のうちには、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       2.特定子会社であります。
       3.2021年4月1日付で、㈱フィニティはあけぼのサービス㈲を吸収合併いたしました。
       4.2021年4月1日付で、当社は㈱iEPOを吸収合併いたしました。
       5.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
       6.株式会社フィニティについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合
         が10%を超えております。
         主要な損益情報等
                   ①  売上高
                                 1,439,052千円
                   ②  経常損失(△)
                                  △4,972千円
                   ③  当期純損失(△)
                                  △11,691千円
                   ④  純資産額
                                   61,093千円
                   ⑤  総資産額
                                  703,149千円
                                 34/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                2022年1月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
    バイオマテリアル事業                                             172       ( 5 )

    資源循環事業                                              69      ( 26 )

    環境物流事業                                              77      ( 1 )

    その他                                              36      ( 46 )

    全社(共通)                                              79      ( 5 )

                合計                                 433      ( 83 )

     (注)   1.従業員数は就業人員数(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グ
         ループへの出向者を含む。)であり、臨時従業員数(パートタイマー、契約社員、嘱託契約の従業員を含
         み、派遣社員を除く。)は年間の平均人数を(外書)で記載しております。
       2.全社(共通)は、当社の管理部門、セグメント重複する営業人員、研究開発部門及び子会社の管理部門の従業
         員であります。
     (2) 提出会社の状況

                                                2022年1月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               253             40.0              8.07             4,603

             セグメントの名称                            従業員数(名)

    バイオマテリアル事業                                             144

    資源循環事業                                              27

    環境物流事業                                              10

    その他                                              ―

    全社(共通)                                              72

                合計                                 253

     (注)   1.従業員数は就業人員数(当社から当社外への出向者を除き、当社外から当社への出向者を含む。)であり、
         臨時従業員数(パートタイマー、契約社員、嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除く。)は従業員の100
         分の10未満であるため、記載を省略しております。
       2.  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.  全社(共通)は、当社の管理部門、セグメント重複する営業人員、研究開発部門の従業員であります。
     (3) 労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 35/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中の将来に関する事項は、提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営方針

       当社グループは、経営理念として、「世のため                       人のため     地球のため      社員のため      持続可能な社会を創造しま
      す」を掲げ、      地球環境の視点から真に必要なものをお客様の企業価値向上に役立つ製品、サービスとして創り出
      し、子供たちが安心して暮らすことのできる持続可能な社会の実現を目指しております。                                          持続的に調達可能な木質
      資源(木質系廃材等)を回収、加工生産した木質リサイクルチップを紙やパルプ原料、ボード等の建材原料、及び
      木質バイオマス発電等への石油代替燃料として供給しております。さらには建設現場から生じる木質系以外の建設
      副産物の再資源化、並びに物流機器の製造・販売及び修理、中古物流機器の買取販売といった環境ソリューション
      への取組みにより、カーボンニュートラルの実現に貢献するとともに社会全体のSDGs達成へ寄与してまいります。
     (2)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社グループは、経営指標として、事業規模拡大と収益性の向上に寄与することから、売上高、経常利益に加
      え、事業の収益力を示す売上高経常利益率を重要な指標として位置付けております。
     (3)  経営環境

       新型コロナウイルス感染拡大収束の不透明感が続く経営環境下にありますが、法規制を背景にした適正な廃棄物
      処理やリサイクル資源の需要増、より高度な廃棄物処理と再資源化技術の要求、脱炭素化社会へのシフト(温室効
      果ガス排出規制、再生可能エネルギーの創出等)、少子高齢化及び社会資本の老朽化、国際的な輸出入規制等か
      ら、当社事業の廃棄物処理・リサイクル事業等への社会的な必要性は高まっております。
       さらに、2015年に国連総会において持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable                                    Development      Goals)が採択された
      ことにより、当社事業とSDGsとの関係性は直結する経営環境となってきております。
       当社グループは、リサイクル事業を先駆的に手懸け、潮流を的確に捉えた企業成長を図っており、資源循環・再
      生可能エネルギー分野の取組む機会が増加していくと考えております。
       (国内住宅・建設市場)

       当社グループの事業と関連性が高い国内住宅・建設市場は、首都圏を中心とした再開発等の民間設備投資、防
      災・減災、国土強靭化を背景にしたインフラ整備等の公共投資が、現在も活発に行われております。2008年に人口
      のピークを迎え、人口減少が進行しており、人口減少社会において、利便性を確保された都市生活を維持させるた
      め、都市機能の集約化が進行しております。一方で、使われない都市空間における社会資本の老朽化に対する更新
      や撤去等課題を有しております。
       バイオマテリアル事業及び資源循環事業の主なリサイクル処理の対象物は戸建住宅等の解体材・新築に伴う外壁
      材、内装材等の各種副産物であり、既設住宅の解体戸数、新設住宅の着工数が影響を及ぼします。新設住宅の着工
      戸数は2009年以降、リーマン・ショックの影響による落ち込みから回復しましたが、近年においては減少傾向にあ
      り、今後も人口減少に伴い緩やかに減少する予測がなされております。
       一方で、少子高齢化により人口が減り始め、使われなくなった家屋(空き家)が社会問題化しております。2015
      年には「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行され、所有者に対して解体の勧告及び補助、行政代執行
      等の各自治体政策が進んでおります。したがって、木質系廃棄物の排出量については今後も微増若しくは横這いと
      予測しております。
                                 36/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (木質リサイクルチップ・再資源化市場)
       当社グループの事業と関連性が高い製紙業界・ボード等の建材業界に対して、当社グループは木質系廃材を原料
      に製造した木質リサイクルチップを製紙原料・ボード等の建材原料用として販売しております。
       製紙業界は人口減少、インターネットや電子書籍の普及等デジタル化の影響で紙の需要は減少傾向にあります。
      一方で通信売買等の定着とともに段ボール等の梱包資材の需要は高まっております。木質リサイクルチップは製紙
      用だけでなく段ボールやクラフト紙等の板紙用等多岐に利用され                              ていることから、再資源化の市場は現状推移して
      いく見込みです。建材業界は新設住宅の着工戸数と連動して減少傾向にあり、今後も人口減少に伴い緩やかに減少
      する予測がなされておりますが、木質リサイクルチップはハードボード等の木質内装材利用だけでなく、パーティ
      クルボード等の家具・木工類全般等多岐に利用されていることから、再資源化の市場は現状推移していく見込みで
      す。
       (木質リサイクルチップ・燃料利用市場)

       大量生産・大量消費型の経済活動は、大量の廃棄物社会を形成する側面を有していることから、資源の循環利用
      の促進は、今や世界的な課題となっております。他方、経済成長を支えるエネルギー・資源の確保から、化石燃料
      の大量消費に伴った温室効果ガス排出による地球温暖化問題、天然資源の枯渇や、廃棄物の不法投棄事件が深刻な
      社会問題となっております。
       日本のエネルギー政策として、2018年に第5次エネルギー基本計画が閣議決定され、2030年までに温室効果ガス
      26%削減、2050年までに温室効果ガス80%削減、新たに政府の2030年の二酸化炭素削減目標を2013年度比46%減と
      する新目標等、国内の再生可能エネルギー転換、脱炭素化社会の推進の強化がなされております。
       当社が扱う木質系廃材由来の木質リサイクルチップは、植林により持続的に調達可能な資源であり、また燃料利
      用等で大気中に二酸化炭素として放出されても、森林の成長過程(光合成)で再度吸収されるカーボンニュートラ
      ルが可能な資源「木質バイオマス」と社会認識されており、それを用いた製造業でのボイラー燃料利用、木質バイ
      オマス発電での環境需要が確立されております。                       木質バイオマス発電は、天候に左右されることなく発電が可能な
      ことから、安定した発電事業として期待され、木質リサイクルチップの供給先としても安定した需要が見込め、燃
      料利用市場は緩やかに増加していくものと見込んでおります。
       さらに、輸入された発電用バイオマスについては、国内起源のものに比べ輸送距離が圧倒的に長く、その過程に
      おける二酸化炭素排出量が大きいため、環境への貢献度に疑念があるとの意見もあります。そうした意味でも、当
      社が製造する国内廃棄物由来の木質リサイクルチップを環境負荷の少ないグリーン電力(※1)の資源として利用す
      る、当社参画の木質バイオマス発電プロジェクトは社会的な価値が期待されております。
       (※1)グリーン電力:
       太陽光、風力、バイオマス、水力、地熱等、自然を利用した再生可能エネルギーで作った電気のことを指しま
      す。再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず、比較的短い期間に再生が可能で繰り返し使えるエネルギーと定義さ
      れております。また、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素や、地球に悪影響を与える有害ガス
      をほとんど排出せず、環境に与える負荷が小さいといった特性(環境価値)を有しております。
     (4)  中長期的なグループの経営戦略及び優先的に対処すべき課題

      ① 経営戦略

        当社グループでは、経営方針、経営環境を踏まえ、植林により持続的に調達可能な木質資源(木質系廃材等)
       の調達、分別、リサイクル、供給の一貫したシステムの拡充とその付加価値化(木質バイオマス発電による再生
       可能エネルギー普及等)を重要な経営戦略「植林からエネルギー」と位置付けており、本業を通して世界的な資
       源循環、エネルギー脱炭素化に貢献して、SDGsの実現に寄与していきます。
        木質資源(木質系廃材等)のリサイクル処理拡大としては、「バイオマテリアル事業」「資源循環事業」の都
       市部及びその近郊において、各事業・拠点の連携性や他社参入の防止の観点から、人口が多い商圏を包括してい
       く拠点の展開を方針としております。現状では、本社のある名古屋市近郊を中心とした東海地区での展開を継続
       するとともに、東海地区での既存大手取引先の拠点が多く、その受注が見込める東京近郊を中心とした関東地区
       への拠点展開を計画しております。拠点の事業多角化の一環として、既設の「バイオマテリアル事業」の木質リ
       サイクル工場に併設して「資源循環事業」の建設副産物の再資源化拠点の展開を計画しております。
                                 37/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        リサイクル事業拡大に伴って各拠点で製造される木質リサイクルチップ、再資源化物の販売先確保において、
       木質リサイクルチップ(製紙原料・木質ボード等の建材原料)の利用先拡大を目指します。                                           また、燃料利用先の
       拡大において、川崎バイオマス発電株式会社への出資、CEPO半田バイオマス発電株式会社への出資等を行っ
       てきましたが、今後も継続的な木質バイオマス発電事業への参画を目指してまいります。長期的な需要が見込め
       る木質バイオマス発電事業に参画することによって、新たな供給先が確保され、安定的な販売利益を創出するこ
       とができます。それが当社のリサイクル拠点拡大に繋がり、木質資源の調達並びに木質リサイクルチップの輸送
       コストの削減にも繋がります。
        さらに、将来的な自社での発電事業、木質資源の付加価値化(液体化等)、廃棄物以外の木質資源の調達(未
       利用間伐材等)、その他再生可能エネルギー等の分野にも積極的な研究開発・事業開発を行います。
      ② コンプライアンス体制の充実






        環境関連事業である廃棄物処理業を営む当社グループは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」をはじめと
       した環境関連法規制の遵守を経営上、最も重要な課題と位置付け、法令順守に対する一層の意識の向上と体制強
       化を図るため、社内教育や継続的な施策を図り、社会的な信頼をより得る努力を行ってまいります。
      ③ コーポレート・ガバナンス体制の向上

        持続的な成長及び中長期的な企業価値向上を目指すために、コーポレート・ガバナンス体制の構築を重視して
       おります。法令遵守と経営の透明性を確保するため、社外取締役の選任、社外監査役の選任、監査役会の設置、
       コンプライアンス委員会の設置、内部監査による定期的なモニタリングを実施して、経営と執行に対する実効性
       の高い監督機能を確立し、様々なステークホルダーの信頼に応えることにできる体制の向上を継続して取組んで
       いきます。
      ④ 人材の確保と育成

        今後の事業展開に合わせ、優秀な人材の確保、育成が重要な経営課題であると認識しております。特に積極的
       な拠点展開とリサイクル資源の調達のために、工場監督者、営業部隊の充足は必要と認識しております。
        これらの課題に対応するため、採用面の強化、従業員教育や研修制度の拡充、また従業員一人ひとりが創造力
       をもって「高い安全性、高い生産性、高度な環境技術」を追求できる環境づくり(安全衛生推進体制、従業員の
       健康確保、技能取得)を推進してまいります。
        新型コロナウイルス感染拡大の防止(マスク着用、リモートワーク、WEB会議、遠距離出張の抑制、時差出勤、
       要所への消毒液の設置、勤務始動前の検温、工場での受付用アクリル板の設置等)の徹底だけでなく、将来的に
       感染リスクや人材不足は今後加速していくと判断されるため、ピンチをチャンスと捉え、eラーニングシステムの
       充実による業務の質の改善、技術要員の増員や将来的なAI・ロボット等の無人自動化の推進を図ってまいりま
       す。
                                 38/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤ 当社株式の流動性確保及び企業価値の拡大
        当社は上場に伴い実施する公募増資及び株式売出しによって、新規上場時において株式会社東京証券取引所が
       定める流通株式比率は28.4%となり形式要件(25.0%)を充足する見込みであります。
        当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値向上の観点から事業の推進やIR活動の促進・強化を図るととも
       に、投資家の売買を通じて変動する流通株式数の動向に留意しつつ、実施可能な資本政策を適宜検討し、当社株
       式の流動性確保に努める方針であります。
    2  【事業等のリスク】

      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を与える可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項についても、投資判断、
     あるいは当社の事業活動を理解するうえで重要であると考えられるものについては、投資家への情報開示の観点から
     積極的に開示しております。
      当社はこれらのリスク発生の可能性を十分に認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針で
     ありますが、当社株式に関する投資判断は、本稿以外の記載内容も含めて慎重に検討したうえで下す必要がありま
     す。
      また、以下の記載は将来において発生する可能性のあるリスクの全てを網羅するものではありません。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  法的規制    等 について

      ①  廃棄物処理等に関する法的規制等について
       当社グループのバイオマテリアル事業及び資源循環事業については、事業活動の前提となる重要な法的規制とし
      て「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(以下、「廃棄物処理法」)があり、産業廃棄物の収集運搬及び中間処
      理等に関する許可、処理及び保管、委託契約、マニフェストに関する基準等が定められております。事業展開にお
      いて当該規制を受けております。
       また、両事業においては、廃棄物の収集運搬過程では道路運送車両法、自動車から排出される窒素酸化物及び粒
      子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法、処分過程においては労働安全衛生法、環境保全や
      リサイクルに関する諸法令等の他関連する各種法令・規則・条例等の規制を受けております。
       これら法令等に違反する行為を行った場合は、違反意図の有無にかかわらず、行政機関である地方自治体から行
      政処分や行政指導を受ける可能性があり、取得している許認可等が取り消された場合には、当社グループの社会的
      信用、事業展開、業績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                 39/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       なお、「廃棄物処理法」は、1997年と2000年に大改正が行われたほか、以降も継続的に改正が実施されており、
      廃棄物排出事業者責任や処理委託基準、不適正処理に対する罰則等の規則が強化されております。2010年の改正で
      は、廃棄物排出事業者責任の強化のための規定が多数追加され、廃棄物排出事業者による処理業者に対する監視も
      厳しくなってきております。また、2000年6月には「循環型社会形成推進基本法」が制定され、廃棄物を再生可能
      な有効資源として再利用すべくリサイクル推進のための法律が施行されており、引き続き現在も法改正の検討が進
      められております。加えて、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」等の各産業や素材別のリサイクル
      関係法令が整備されております。環境問題に対する関心や廃棄物の再生資源としての循環的利用、環境負荷の低減
      等に対する社会的ニーズの高まりやそれらに対応する政策推進等により法的規制強化が生じる可能性があります。
       当社グループは、今後も廃棄物処理及び再資源化等の領域における規制変化をビジネスチャンスと捉え、法令改
      正等の動向をモニタリングすることにより事業環境の変化やリスクの早期把握及び体制整備を図ったうえで積極的
      な事業展開を図っていく方針でありますが、予期せぬ法令等の改正又は制定により当社グループの事業運営に何ら
      かの制約が生じる可能性があり、対応が遅れる又は困難となる状況が生じた場合には、当社グループの業績及び財
      政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ②  その他の法的規制等について

       当社グループの環境物流事業及びその他事業における各事業サービスにおいて、「古物営業法」、「警備業
      法」、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(労働者派遣
      法)」、「職業安定法」及びその他関係法令による法的規制を受けております。
       当社グループは、各種法令順守に係る対応を推進しておりますが、これら法令等に違反が生じ行政処分等が生じ
      た場合や法改正等により事業展開に制約等が生じた場合等においては、当社グループの業績及び財政状態に影響を
      及ぼす可能性があります。
       当社グループは、法的規制の変更等の外部要因に起因するリスクについては、関連法令の改正等の動向をモニタ
      リングすることにより顕在化のリスクを早期に把握し体制の整備を行う方針でありますが、係る外部要因によるリ
      スクについては、その顕在化の内容、時期等を当社グループが制御できるものではないことから、その影響度を事
      前に見積ることは困難であると認識しております。
      ③  許認可等について

       当社グループは、事業展開に必要となる廃棄物処理法等の重要な各種許認可等を取得しており、主要な許認可等
      は以下の通りであります。許認可の多くは一定期間における更新を要するものがあるほか、事業許可に係る停止又
      は取消し要件が定められております。不法投棄、マニフェスト虚偽記載等の違反行為、処理施設基準の違反、申請
      者の欠格要件(廃掃法第14条第5項第2号)等に関しては、事業の停止命令あるいは許可の取消しという行政処分
      が下される可能性があります。
       なお、当社グループは、管理体制強化及び法令順守徹底に努めており、現時点において停止又は取消し事由に該
      当する事項はないものと判断しておりますが、仮に、当該要件や基準に抵触した場合には、当社の主要な事業活動
      に重要な支障が生じ、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 40/175







                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (フルハシEPO株式会社)
       許可年月日         許認可等の名称          所管官庁等      許認可等の内容          許認可番号          有効期限
      2021年8月6日          産業廃棄物処分業            千葉県       中間処理       第01220028236号          2028年6月12日
      2018年9月30日          産業廃棄物処分業            千葉市       中間処理       第05520028236号          2023年9月29日
      2019年4月1日          産業廃棄物処分業           神奈川県       中間処理       第01423028236号          2024年3月31日
      2018年10月16日          産業廃棄物処分業            岐阜県       中間処理       第02120028236号          2023年10月15日
      2020年4月13日          産業廃棄物処分業            静岡県       中間処理       第02221028236号          2027年4月12日
      2022年1月27日          産業廃棄物処分業            愛知県       中間処分       第02320028236号          2028年12月18日
      2021年12月6日          産業廃棄物処分業            豊田市       中間処分       第09020028236号          2028年12月2日
      2019年5月31日          産業廃棄物処分業            三重県       中間処理       第02422028236号          2026年5月30日
      2019年4月1日          産業廃棄物処分業            広島市       中間処理       第07320028236号          2024年3月31日
      2020年12月5日         産業廃棄物収集運搬業             岐阜県       収集運搬       第02100028236号          2025年12月4日
      2022年1月27日         産業廃棄物収集運搬業             愛知県       収集運搬       第02310028236号          2026年12月18日
      2018年4月30日         産業廃棄物収集運搬業             三重県       収集運搬       第02402028236号          2023年4月29日
      2019年4月9日         産業廃棄物収集運搬業             滋賀県       収集運搬       第02501028236号          2024年4月8日
      2021年4月1日          一般廃棄物処分業            千葉市       中間処理          第5号       2023年3月31日
      2021年4月1日          一般廃棄物処分業           春日井市       中間処理         第4-1号        2023年3月31日
      2021年8月1日          一般廃棄物処分業            弥富市       中間処理        3弥環第53号         2023年7月31日
      2020年5月31日          一般廃棄物処分業            豊田市       中間処理         第3004号        2022年5月30日
      2020年6月1日          一般廃棄物処分業            清須市       中間処理         第2-1号        2022年5月31日
      2021年4月1日          一般廃棄物処分業            半田市       中間処理         指令第6号        2023年3月31日
      2020年4月1日          一般廃棄物処分業            川越町       中間処理          第1号       2022年3月31日
                                                   ※更新手続中
      2021年6月16日          一般廃棄物処分業            掛川市       中間処理         第34号       2023年6月15日
    (株式会社フィニティ)

       許可年月日         許認可等の名称          所管官庁等      許認可等の内容          許認可番号          有効期限
      2017年2月17日          産業廃棄物処分業            愛知県       中間処分       第02320001378号          2022年2月16日
                                                   ※更新手続中
      2018年2月5日          産業廃棄物処分業            三重県       中間処理       第02424001378号          2023年2月4日
      2019年4月22日          産業廃棄物処分業            滋賀県       中間処理       第02521001378号          2024年4月21日
      2021年2月10日         産業廃棄物収集運搬業             茨城県       収集運搬       第00801001378号          2025年11月9日
                                 41/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       許可年月日         許認可等の名称          所管官庁等      許認可等の内容          許認可番号          有効期限
      2020年4月15日         産業廃棄物収集運搬業             埼玉県       収集運搬       第01101001378号          2025年3月15日
      2018年4月11日         産業廃棄物収集運搬業             千葉県       収集運搬       第01200001378号          2023年4月10日
      2018年12月22日         産業廃棄物収集運搬業             東京都       収集運搬       第13-00-001378号          2023年12月21日
      2020年4月21日         産業廃棄物収集運搬業            神奈川県       収集運搬       第01401001378号          2025年3月28日
      2018年3月14日         産業廃棄物収集運搬業             長野県       収集運搬       第2009001378号         2023年3月13日
      2019年2月8日         産業廃棄物収集運搬業             岐阜県       収集運搬       第02100001378号          2023年12月13日
      2019年4月19日         産業廃棄物収集運搬業             静岡県       収集運搬       第02201001378号          2024年4月18日
      2018年12月27日         産業廃棄物収集運搬業             愛知県       収集運搬       第02310001378号          2023年11月30日
      2019年1月22日         産業廃棄物収集運搬業             三重県       収集運搬       第02404001378号          2023年11月29日
      2020年12月23日         産業廃棄物収集運搬業             滋賀県       収集運搬       第02501001378号          2025年12月22日
     (2)  事業環境について

      ①  住宅及び建設業界等の動向について
       当社グループのバイオマテリアル事業及び資源循環事業において取り扱う廃棄物は、建物解体時又は住宅建設現
      場において排出される木材(木くず)等の廃棄物が多くを占めております。
       当該廃棄物の排出量は国内の住宅着工動向に少なからず影響を受けており、経済活動や不動産市況等により住宅
      建設業界等における工事量減少が生じた場合には、当社グループにおける廃棄物リサイクル処理量が減少するとと
      もに、それを原料として製造する木質リサイクルチップ製品の供給減少につながる可能性があります。
       当社グループにおいては、住宅着工動向等の動向をモニタリングすることにより事業環境の変化やリスクの早期
      把握及び体制整備を図ったうえで、営業範囲や処理単価等の対策を図っていく方針でありますが、今後においても
      当該影響を排除することは困難であり、当該動向により業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ②  国内及び海外における物流動向について

       当社グループの環境物流事業においては国内及び海外(タイ及びベトナム)において物流機器の販売等を展開し
      ており、当該各地域における景気動向及び物流動向等に影響を受けております。現在はコロナ禍において当社グ
      ループの各地域顧客等において物流量の低迷が継続する企業も多く、当該状況が継続した場合には、当社グループ
      の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ③  競合等について

       当社グループが事業展開するバイオマテリアル事業及び資源循環事業に係る領域においては、各地域において中
      小・中堅企業が多数存在しており、競合企業には、一般廃棄物その他の産業廃棄物取扱いを基盤とする事業者や、
      特定廃棄物のリサイクル工場、焼却処理施設、最終処分場を基盤とする事業者等があり、これら企業との競合が生
      じております。
       当社グループは、主に東海地区及び関東地区を基盤として建設系廃棄物処理を展開しており、今後は環境対応や
      廃棄物リサイクルへのニーズの高まりへの対応として、より高度な廃棄物処理と再資源化の設備投資実施、廃棄物
      排出事業者からリサイクル資源利用者までを含めた総合的な廃棄物循環処理サービスの構築の推進等により競合事
      業者との差別化を図っていく方針であります。しかしながら、新規事業者の参入、既存事業者の拡大や業界再編等
      の環境変化や処理需要の著しい減少等により価格競争を含む競合激化が生じた場合には、当社グループの業績及び
      財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、環境物流事業においても国内外各地域における企業との競合が生じており、需要が十分に回復しない状況
      において競合激化等が生じた場合は、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 42/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  バイオマテリアル事業における事業構造について
       当社グループの主力事業であるバイオマテリアル事業は、廃棄物排出事業者からの廃棄物リサイクル処理受託に
      よる収入(売上高)及びリサイクル処理により製造される木質リサイクルチップ販売による収入(売上高)の双方を獲
      得する事業モデルを構築しております。
       当該事業モデルにおいては、リサイクル処理受託及び木質リサイクルチップ販売のバランスを確保することが重
      要であり、処理受託量が減少した場合は、チップ製品供給に悪影響を及ぼすほか、外部調達(商品仕入)による費用
      増加等が生じる可能性があります。一方で、                     大口販売先等における設備稼働停止や購入抑制等により木質リサイク
      ル チップ販売需要が減少した場合には、リサイクル処理受託の受入れを抑制させる又は余剰製品保管のための外部
      保管施設確保による費用増加等が生じる可能性があります。
       当社グループにおいては、リサイクル処理受託拡大のため顧客獲得の強化及び処理工場新設等を実施しており、
      一方で木質リサイクルチップ販売においては安定需要先となるバイオマス発電事業者の開拓を推進しております。
       しかしながら、今後において両者の需給バランスが著しく悪化する状況が生じた場合には、当社グループの事業
      展開、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  バイオマス発電       所プロジェクト       への参画について

       当社グループは、バイオマテリアル事業における木質リサイクルチップ販売の安定供給先の確保等を目的とし
      て、他社が展開するバイオマス発電所プロジェクトに出資を行っております。
       2008年8月においては、川崎バイオマス発電所プロジェクトに係る参画を目的として、ジャパンバイオエナジー
      株式会社及びジャパンバイオエナジーホールディング株式会社への出資(両社とも現持分法適用関連会社)を実施
      し、2011年2月より同発電所燃料用チップ製品の供給を開始しております。また、2017年4月においては、CEP
      О半田バイオマス発電所株式会社への出資を行い、2019年10月より燃料用チップ製品の供給を開始しております。
       上記発電プロジェクト          においては、発電所隣接地に当社事業所設置し、                       長期契約に基づく木質リサイクルチップ
      供給を行っておりますが、発電設備の稼働状況その他要因により長期的に供給量が減少する場合は事業採算悪化が
      生じる可能性が、また、木質リサイクルチップの供給量確保に支障が生じた場合は取引関係に影響を及ぼす可能性
      があり、    当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、出資については採算性や投資回収期間を十分に検討したうえで実施しておりますが、必ずしも計画通りの
      成果が得られる保証はなく、今後の業績その他の動向等により減損損失等を計上する可能性があり、当該側面にお
      いても当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 43/175










                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  製品に係る瑕疵等について
       当社グループは、顧客の要求に基づき品質管理基準を定める等、各種製品の生産体制を構築しておりますが、何
      らかの要因によりチップ製品における異物混入等の品質トラブルや製造物責任に係る事故が発生した場合、当社グ
      ループの信頼性低下や多額の費用負担が生じる可能性があり、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可
      能性があります。
       また、事業所の設備トラブル、品質問題、原料調達その他の問題に起因して、顧客への納入期限に対して遅延が
      生じた場合、信頼性低下等が生じ、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  人材確保について

       当社グループは、継続的な事業成長のため、営業や生産等の優秀な人材確保が重要であると認識しており、継続
      的な人材採用及び教育を実施しております。また、福利厚生等の充実により人材定着に努めておりますが、国内及
      び各地域における人材雇用・採用環境の変化等により、人材確保が困難となる場合、社内人材の流出が継続する場
      合、人材獲得又はつなぎ止めのための費用増加が生じる可能性があるほか、著しい人材流出が生じた場合には事業
      運営に影響を及ぼし、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  外注事業者の活用について

       当社グループにおいては、廃棄物処理に係る収集運搬業務の一部、廃棄物に係る2次処理及び最終処分業務等に
      ついて、外部事業者を活用しております。外注先企業については、選定基準を設けるとともにサービス品質や法令
      順守状況その他を確認のうえで決定しております。また、マニフェストによる処理状況の確認とともに視察等によ
      る現地確認も実施しております。
       しかしながら、当社グループの外注業務において法令違反等を含む瑕疵等が判明した場合、その管理責任を問わ
      れる又は信頼性の著しい棄損が生じる可能性があり、当社グループの事業運営、業績及び財政状態に影響を及ぼす
      可能性があります。
     (8)  事業所展開及び運営等について

       ①  事業所展開について
       当社グループの廃棄物に係る処理工場設置等については自治体等行政当局の許認可取得が必要となります。当社
      グループにおいては、各種許可基準に合致する事業所設備建設や近隣住民との合意取得等に努めておりますが、許
      認可取得が困難となる場合は当社グループが企図する事業展開に制約が生じ、業績及び財政状態に影響を及ぼす可
      能性があります。
       また、既存事業所においては、行政当局より事業所設備や廃棄物又は製品保管量、安全衛生等に係る状況につい
      て重大な指摘等を受けた場合、対応のための費用発生や操業継続に支障が生じる可能性があり、当社グループの業
      績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 44/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②  近隣環境への対応について
       当社グループの事業においては、産業廃棄物等に係る解体工事現場や中間処理過程において、騒音、振動、粉塵
      等が発生します。当社グループは、法令に定める基準等を考慮のうえで、近隣への影響等を含めて細心の注意を払
      いつつ発生低減に努めております。しかしながら、不測の事態等により基準を超えて発生した場合又は基準以下に
      おいても近隣住民からの苦情・トラブル等が生じた場合、操業継続に支障が生じる又は対応に多額の費用が生じる
      可能性があり、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、規制強化等により新たな対応が要請された場合についても、追加費用等により業績等に影響を及ぼす可能
      性があります。
       ③  火災事故について

       当社グループは、リサイクル処理施設において木質系廃材等を大量に取り扱っており、常時の設備点検・維持管
      理・整備の徹底を図るとともに、24時間管理体制を整備し、火災事故発生防止を含めた管理体制を構築しておりま
      す。
       しかしながら、万が一、火災事故等が発生した場合には、施設が損傷・倒壊・破壊した場合、事業所の一部又は
      大部分が停止状態となるほか、被害が周辺地域まで及んだ場合には、当社グループに対する信頼性低下や多額の損
      害賠償請求等が発生する可能性があり、当社グループの事業運営、業績及び財政状態に重大な影響が及ぶ可能性が
      あります。
       ④  労働災害について

       当社グループのリサイクル処理施設等においては、多数の人員が現場作業に従事しております。各事業所におい
      ては、安全衛生対策の実施、マニュアル整備、人員教育の実施等により労働災害防止に努めております。
       しかしながら、事業所人員について不測の事故又は重大な労働災害が生じた場合、一時的な操業停止や対策等に
      多額の費用が必要になる可能性がある等、事業所運営に支障が生じ、当社グループの業績及び財政状態に影響を及
      ぼす可能性があります。
     (9)  自然災害等について

      ①  自然災害について
       当社グループは、主要な営業基盤であるリサイクル処理施設等が東海地区及び関東地区に集中しており、当該地
      域において台風・豪雨、地震等の大規模な自然災害が発生した場合は、工場設備の損壊や当社従業員の勤務困難、
      物流の停止、顧客企業の事業所操業停止等が発生し、事業運営の継続が困難となる可能性があります。
       当社グループにおいては、緊急時に備えてリスク管理規程の策定、BCP対策の構築等を講じておりますが、被害を
      完全に回避できるものではなく、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      ②  新型コロナウイルス感染症について

       現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響から、住宅業界において経済停滞と営業自粛による顧客の住宅購買
      マインド低下から、住宅着工数は減少し一部回復が生じているものの、今後の動向は依然不透明にあると考えられ
      ます。また、輸出入停滞によって住宅部材調達が困難となり、工事中断・延期や価格高騰等も発生しており、これ
      ら要素が当社グループの事業にも直接・間接に影響を及ぼしております。今後においても当該状況が長期間にわ
      たって継続した場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、当社グループ内においては、感染予防のため、営業及び管理部門において一部テレワークを実施するほ
      か、テレワーク対応が困難な従業員に対しては、事業所内の感染防止対策の徹底のうえで時差出勤や交代勤務によ
      り感染防止対策を実施しております。しかしながら、当社グループ内で感染者が発生した場合、事業拠点の一時閉
      鎖等、事業運営に影響を及ぼす可能性があり、その結果、当社グループの業績及び財政状態に影響を与える可能性
      があります。
                                 45/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (10)   訴訟等について
       当社グループは、法令及び契約等の遵守に努めておりますが、国内外の事業活動において、当社グループ各社の
      法令等に対する違反の有無に関わらず訴訟の提起を受ける可能性があります。重大な訴訟が提起された場合、当社
      グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
     (11)   有利子負債について

       当社グループは、過年度におけるリサイクル処理施設に係る設備投資資金等を借入金等により調達しており、
      2020年3月期末及び2021年3月期末における連結決算の有利子負債残高は5,640,626千円及び5,027,948千円であ
      り、その連結総資産額に占め割合はそれぞれ61.7%及び56.1%と高い水準にあります。また、将来的な設備投資等
      の資金需要に応じて今後においても金融機関借入等による資金調達を行う可能性があります。
       当該状況から、今後において金利上昇が生じた場合は金利負担の増加により、当社グループの経営成績及び財政
      状態に影響を及ぼす可能性があります。                   また、将来において、資金調達環境や当社グループの信用力等に変化が生
      じ、柔軟な資金調達に支障が生じた場合には、事業活動の制約要因となる可能性があり、その場合においても経営
      成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (12)   減損損失について

       当社グループは、国内においては東海地区及び関東地区に複数のリサイクル処理施設等を、海外においてはタイ
      及びベトナムの生産施設等を有しております。これらの事業拠点については継続的な事業拡大及び最適化に努めて
      おりますが、経営環境の著しい悪化等による収益性低下や市場価格の下落等が生じた場合、当該事業拠点に係る固
      定資産について減損損失を計上する可能性があり、その結果、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可
      能性があります。
       なお、当社グループは今後において新たなリサイクル処理施設に係る設備投資を計画しております。当該設備投
      資の決定に際しては、市場調査を実施のうえで事業計画を策定しておりますが、必ずしも当社の想定通りに推移す
      る保証はなく、低迷が継続した場合には業績圧迫要因となるほか減損リスクも生じることから、当社グループの業
      績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (13)   支配株主との関係について

       当社の代表取締役社長である山口直彦と代表取締役副社長である山口昭彦は兄弟関係にあり、当事業年度末現在
      の議決権所有割合は、直接所有分として26.95%(山口直彦)、14.82%(山口昭彦)であります。
       また、両名の資産管理会社である有限会社ヤマグチの直接所有分は21.05%であり、以上3者と両名の二親等内の
      親族である株主の議決権を合算した所有権割合は74.92%となります。
       山口直彦と山口昭彦は、引き続き当社の支配株主となる見通しでありますが、議決権の行使に当たっては、株主
      共同利益を追求するとともに非支配株主の利益にも配慮する方針であります。しかしながら、何らかの事情によっ
      て、当社株式をやむを得ず売却することとなった場合、当社株式の市場価格に影響を及ぼす可能性があります。
                                 46/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、
      「経営成績等」という。)の状況の概要は次の通りであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
      ①  財政状態及び経営成績

       a 事業全体及びセグメント情報に記載された区分ごとの状況
        第74期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         当連結会計年度(2020年4月1日~2021年3月31日)における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の
        拡大が一時収束を見せたものの、3月下旬から東京、大阪を中心とした変異種の感染が急速に拡大しており、
        依然として不透明な状況が続いております。
         当社を取り巻く建設業界におきましても、低金利政策で住宅着工数は底堅さをみせておりましたが、人口減
        少や新型コロナウイルス感染症による経済への影響で、依然として予断を許されない状況が続いております。
         そのような状況のもと、当連結会計年度の売上高は7,694,241千円(前連結会計年度比99.1%)、営業利益は
        605,995千円(前連結会計年度比111.1%)、経常利益は623,472千円(前連結会計年度比110.5%)となり、親
        会社株主に帰属する当期純利益は411,031千円(前連結会計年度比125.1%)となりました。
         各セグメント別の状況は以下の通りです。
         <バイオマテリアル事業>

         バイオマテリアル事業においては、東海地区におきましては、2019年10月よりCEPO半田バイオマス発電
        株式会社が本格稼働を開始し、当連結会計年度においても引き続き木質リサイクルチップ納入を進めてまいり
        ました。また、原料調達においては、新型コロナウイルス感染症の影響による企業活動の低迷等により木質原
        料集荷に影響を受けている状況のもと、既存顧客のインナーシェアアップや地元ゼネコン業者への営業等によ
        る入荷増量に注力いたしました。関東地区におきましても、引き続き新型コロナウイルス感染症の影響により
        木質原料集荷に影響を及ぼす状況のもと、千葉県市原市や南房総市等の災害廃棄物の受入れを行い、入荷量確
        保につなげました。一方で、解体業者等からの収集運搬業受託において、新型コロナウイルス感染症の影響に
        より受注量が減少いたしました。その結果、セグメント売上高は5,518,253千円(前連結会計年度比
        102.7%)、セグメント利益は671,753千円(前連結会計年度比95.7%)となりました。
         <資源循環事業>

         新型コロナウイルス感染症拡大による住宅メーカーの展示場への客足鈍化等住宅市場が低迷している状況の
        もと、ターゲットを絞った新規集中営業、既存顧客の単価改定等に注力いたしました。その結果、セグメント
        売上高は1,452,624千円(前連結会計年度比109.7%)、セグメント利益は108,258千円(前連結会計年度
        141.8%)となりました。
         <環境物流事業>

         物流業者における動きが低調の状況のもと、物流機器の買取、販売(KOR)とリメイク機器の販売に注力
        いたしました。海外拠点におきましては、新型コロナウイルス起因による取引先の営業自粛や生産量減少の影
        響を受けましたが、既存顧客のインナーシェアアップや新規顧客の獲得に注力いたしました。その結果、セグ
        メント売上高は651,437千円(前連結会計年度比104.4%)、セグメント損失は35,216千円(前連結会計年度
        は、34,915千円のセグメント損失)となりました。
         <その他>

         連結子会社の株式会社フィニティの解体事業の縮小による売上減少、新型コロナウイルスの影響による受注
        量の減少等により、セグメント売上高は453,442千円(前連結会計年度比54.0%)、セグメント損失は42,800千
        円(前連結会計年度は、21,022千円のセグメント損失)となりました。
                                 47/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ROE(自己資本利益率))
         ROE(自己資本利益率)は、親会社株主に帰属する当期純利益が82,465千円増加したことにより25.5%(前連
        結会計年度比2.3ポイント増)となりました。
        第75期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

         当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルスのワクチン接種の促進や感染拡大の
        防止策を講じる中で感染者数は減少し、経済活動再開による国内経済の回復が期待されたものの、オミクロン
        型変異株の感染が各地で急速に拡大しており、依然として不透明な状況が続いております。
         建設業界におきましては、低金利政策の恩恵や昨年の需要の落ち込みの反動等もあり、日本国内の新設住宅
        着工戸数は、当第3四半期連結累計期間も継続して増加傾向であるものの、引き続き新型コロナウイルス感染
        症による経済への影響や、人件費及び資材価格の高騰等の懸念もあり、今後も建設業界の変化に注視する必要
        があります。
         このような状況のもと、当第3四半期連結累計期間の売上高は5,733,385千円、営業利益は641,011千円、経
        常利益は668,690千円となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は475,815千円となりました。なお、収益認
        識会計基準等の適用により、当第3四半期連結累計期間の売上高は325,621千円減少しておりますが、営業利益
        及び経常利益は6,140千円の増加となりました。
         各セグメント別の状況は以下の通りです。
         <バイオマテリアル事業>

         新型コロナウイルス感染症の影響による企業活動低迷、ウッドショックにおける市場の冷え込みも予測され
        ましたが、住宅ローン控除の再延期等により住宅着工戸数が前年比較にて大きく増加となり、解体工事の発生
        が多い状況となりました。木質燃料チップユーザーにおいても大きなトラブルもなく、市場は順調に推移しま
        した。好況な市場動向に合わせて、顧客への木材持込キャンペーン等の入荷促進活動を行い、入荷増量に注力
        いたしました。また、愛知県東三河における設楽ダム関連工事の木材処理を受注し、CEPO半田バイオマス
        発電所への安定的な燃料供給へ繋げました。その他、中国経済好景気の影響により鉄相場が大幅に上昇し、木
        質処理工程にて発生する鉄くず(釘等)の有価販売売上に大きく貢献いたしました。また、木質燃料チップの
        備蓄ヤードを返却し、賃借料の削減を行いました。以上の結果、セグメント売上高は4,059,367千円、セグメン
        ト利益は662,278千円となりました。なお、収益認識会計基準等の適用により、当第3四半期連結累計期間の売
        上高は325,257千円減少しておりますが、経常利益には影響ありません。
         <資源循環事業>

         新型コロナウイルス感染症拡大対策による在宅勤務の定着化により郊外への住居(拠点)移動が活発化し、
        大都市周辺への新設住宅建設が活発な状況となりました。また、建設工期遅延の原因となっていたウッド
        ショックの影響は徐々に解消されておりますが、依然不透明な状況が続いております。そのような状況のも
        と、郊外で拠点を新規開設する住宅メーカーへの営業による新規大手顧客確保、また、近年着工割合が堅調に
        推移しているパワービルダーや中堅建設会社への営業にも注力し、取扱数量の増量を図りました。以上の結
        果、セグメント売上高は1,043,500千円、セグメント利益は99,912千円となりました。なお、収益認識会計基準
        等の適用により、当第3四半期連結累計期間の売上高は12,477千円減少しておりますが、経常利益には影響あ
        りません。
                                 48/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         <環境物流事業>
         ウッドショックによる木材価格の高止まりは続いており、新規材料の確保は依然、納期まで時間がかかる状
        況が続いております。また、新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、半導体不足、部品不足により国内での
        生産調整がかかるメーカーが続出する事態も発生しております。そのような状況のもと、大手企業から排出さ
        れた木製パレットを原材料とする木製再生パレットの販売に活路を見出し、中古リニューアル製品の販売に注
        力いたしました。また、SDGs意識の広まりに伴い、廃棄物削減を目指す企業が増え、当社のリサイクルに関心
        を持つ企業や地方自治体が増えてきました。強化段ボール製品においては、弥富市及び常滑市と災害時用段
        ボールベッドの供給協定を締結いたしました。今後も他の自治体と協定締結を進めてまいります。以上の結
        果、セグメント売上高は545,668千円、セグメント損失は16,015千円となりました。なお、収益認識会計基準等
        の適用による影響はありません。
         <その他>

         環境コンサルティング事業において、新型コロナウイルス感染症による営業活動が制限される中、オンライ
        ンセミナー等のリモート営業の推進により、SDGs関連の環境コンサルティングサービスが堅調に推移いたしま
        した。以上の結果、セグメント売上高は324,826千円、セグメント損失は23,507千円となりました。なお、収益
        認識会計基準等の適用により、当第3四半期連結累計期間の売上高は12,113千円増加し、経常利益は6,140千円
        の増加となりました。
         (ROE(自己資本利益率))

         ROE(自己資本利益率)は、当第3四半期連結累計期間の親会社株主に帰属する当期純利益475,815千円を計
        上したことにより25.4%となりました。
       b 財政状態の状況

        第74期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         (資産)
         当連結会計年度における資産合計は8,959,444千円となり、前連結会計年度末から177,527千円減少しまし
        た。主な要因は以下の通りです。
         流動資産は前連結会計年度末から152,866千円減少しました。これは主に受取手形及び売掛金が81,318千円、
        仕掛品が59,179千円減少したことによるものです。
         固定資産は前連結会計年度末から24,097千円減少しました。これは主に、保険積立金が113,133千円、繰延税
        金資産が13,367千円増加したものの、有形固定資産が133,433千円減少したことによるものです。
         (負債)

         当連結会計年度における負債合計は7,229,585千円となり、前連結会計年度末から415,013千円減少しまし
        た。主な要因は以下の通りです。
         流動負債は前連結会計年度末から80,014千円減少しました。これは主に、支払手形及び買掛金が49,079千円
        増加したものの、短期借入金が127,000千円、1年内償還予定の社債が45,000千円減少したことによるもので
        す。
         固定負債は前連結会計年度末から334,999千円減少しました。これは主に、長期借入金が313,274千円減少し
        たことによるものです。
         (純資産)

         当連結会計年度における純資産合計は1,729,858千円となり、前連結会計年度末から237,485千円増加しまし
        た。これは主に利益剰余金が232,435千円増加したことによるものです。
                                 49/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第75期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
         (資産)
         当第3四半期連結会計期間末における資産合計は9,265,370千円となり、前連結会計年度末から305,925千円
        増加しました。主な要因は以下の通りであります。
         流動資産は前連結会計年度末から82,702千円減少しました。これは主に現金及び預金が44,646千円、仕掛品
        が33,069千円減少したことによるものです。
         固定資産は前連結会計年度末から388,683千円増加しました。これは主に、建設仮勘定が349,423千円、保険
        積立金が97,593千円増加したことによるものです。
         (負債)

         当第3四半期連結会計期間末における負債合計は7,243,595千円となり、前連結会計年度末から14,009千円増
        加しました。主な要因は以下の通りであります。
         流動負債は前連結会計年度末から217,881千円増加しました。これは主に、未払法人税等が88,659千円減少し
        た一方で、短期借入金が363,500千円、支払手形及び買掛金が29,170千円増加したことによるものです。
         固定負債は前連結会計年度末から203,872千円減少しました。これは主に、長期借入金が235,709千円減少し
        たことによるものです。
         (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は2,021,774千円となり、前連結会計年度末から291,916千
        円増加しました。これは主に親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により利益剰余金が301,110千円増加し
        たことによるものです。
      ②  キャッシュ・フローの状況

        第74期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度から7,690千円増
        加し546,537千円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は以下の通りです。
       a 営業活動によるキャッシュ・フロー

         営業活動による資金の増加は、1,046,745千円(前連結会計年度は、1,011,147千円の資金増加)となりまし
        た。主な要因は、税金等調整前当期純利益617,594千円、売上債権の減少80,383千円、たな卸資産の減少74,685
        千円によるものです。
       b 投資活動によるキャッシュ・フロー

         投資活動による資金の減少は、156,076千円(前連結会計年度は、474,247千円の資金減少)となりました。
        主な要因は、有形固定資産の取得による支出166,218千円によるものです。
       c 財務活動によるキャッシュ・フロー

         財務活動による資金の減少は、877,336千円(前連結会計年度は、537,027千円の資金減少)となりました。
        主な要因は、長期借入れによる収入が750,000千円あったものの、長期借入金の返済による支出1,091,818千
        円、リース債務の返済による支出178,627千円、配当金の支払178,596千円があったことによるものです。
                                 50/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 生産、受注及び販売の実績
       a 生産実績
         第74期連結会計年度及び第75期第3四半期連結累計期間における生産実績をセグメントごとに示すと、次の
        通りであります。
                             第74期連結会計年度               第75期第3四半期連結累計期間

                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2021年12月31日)
         セグメントの名称
                          生産高(千円)           前期比(%)            生産高(千円)
    バイオマテリアル事業                         5,082,981            99.5             3,566,568

       リサイクル処理受託                       3,639,656            98.4             2,436,903

       木質リサイクルチップ販売                       1,443,324           102.6             1,129,665

    資源循環事業                         1,376,626           104.8              982,166

    環境物流事業                          261,806          104.3              260,370

            合計                 6,721,414           100.7             4,809,105

     (注)   1.セグメント間取引については、相殺消去しております。
       2.金額は、販売価格によっております。
       3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       4.「その他」に関しては、生産をしていませんので省略しております。
       b 受注実績

         当社グループの廃棄物処理業、チップ販売、環境物流機器販売においては、受注から最終処理完了や商品発
        送までのリードタイムが短いことから受注実績を省略しております。
       c 販売実績

         第74期連結会計年度及び第75期第3四半期連結累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次の
        通りであります。
                             第74期連結会計年度               第75期第3四半期連結累計期間

                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                  至 2021年12月31日)
         セグメントの名称
                          販売高(千円)           前期比(%)            販売高(千円)
    バイオマテリアル事業                         5,453,565           103.0             4,011,554

       リサイクル処理受託                       3,639,656            99.3             2,436,903

       木質リサイクルチップ販売                       1,738,105           111.4             1,386,019

       その他                        75,803          113.7              188,631

    資源循環事業                         1,442,519           111.1             1,038,475

    環境物流事業                          631,826          102.2              538,560

    その他                          166,329           30.0              144,795

            合計                 7,694,241            99.1             5,733,385

     (注)   1.セグメント間取引については、相殺消去しております。
       2.「バイオマテリアル事業」に含まれる「その他」の主なものは、有価物売却であります。
                                 51/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       3.主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合。
                 第73期連結会計年度               第74期連結会計年度            第75期第3四半期連結累計期間

                (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
       相手先
                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)               至 2021年12月31日)
               金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)
    CEPO半田バイオ
                 607,496         7.8    1,138,418          14.8      497,499          8.7
    マス発電株式会社
       4.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 52/175


















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次の通りであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
      ①  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されてお
       ります。当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況、1 連結財務諸表
       等、(1)連結財務諸表 注記事項」の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しておりま
       す。
        この連結財務諸表の作成に当たりましては、重要な会計方針等に基づき、資産・負債の評価及び収益・費用の
       認識に影響を与える見積り及び判断を行っております。これらの見積り及び判断に関しましては、過去の実績や
       その時点で合理的と考えられる情報に基づき継続して評価を行っておりますが、見積り特有の不確実性があるた
       め、実際の結果は見積りと異なる可能性があります。
        連結財務諸表に与える影響が大きいと考えられる項目・事象は以下の通りであります。
       a 固定資産の減損

         当社グループは、固定資産に係る減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討して
        おりますが、事業計画や経営環境の変化により割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る資産
        又は資産グループについては減損損失の計上が必要となる可能性があります。
       b 繰延税金資産

         当社グループは、繰延税金資産について、将来の課税所得が十分に確保できることや、回収可能性があると
        判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課
        税所得の見積りに依存するため、事業計画や経営環境の変化により、その見積りの前提とした条件や仮定に変
        更が生じ減少した場合、繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。
        なお、新型コロナウイルス感染症の影響による経済活動の停滞と消費の低迷は、地域差はあるものの当連結会

       計年度の下半期から、徐々に解消するとの仮定に基づき見積りを行っておりますが、経済活動の停滞と消費の低
       迷が想定以上に長期化した場合には、当社グループの連結財務諸表に重要な影響を与える可能性があります。
      ②  経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a 経営成績の分析
         経営成績の分析については、「第2                 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
        ローの状況の分析 (1)           経営成績等の状況の概要」をご参照ください。
       b 経営成績に重要な影響を与える要因について

         経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2                          事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべ
        き課題等 (3)       経営環境」をご参照ください。
       c 資本の財源及び資金の流動性についての分析

         (キャッシュ・フロー)
         当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの概況については、「第2                                 事業の状況 3 経営者による財政
        状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要                                         ②  キャッシュ・フロー
        の状況」をご参照ください。
         (資金需要)
         所要資金は大きく分けて設備投資資金及び運転資金となりますが、基本的には営業活動によるキャッシュ・
        フロー及び金融機関からの借入れにより運転資金を賄い、設備投資資金につきましては、長期借入金により調
        達を行う方針であります。
                                 53/175


                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       d 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の進捗について
         当社グループは、地球環境の視点から真に必要なものをお客様の企業価値向上に役立つ製品、サービスとし
        て創り出し、子供たちが安心して暮らすことのできる持続可能な社会の実現を目指しており、経営指標とし
        て、  事業規模拡大と収益性の向上に寄与することから、売上高、経常利益に加え、事業の収益力を示す売上高
        経常利益率を重要な指標として位置付けております。当連結会計年度における主な経営指標は以下の通りであ
        り、引き続き対処すべき経営課題の改善を図りながら、経営戦略を推進してまいります。
                            2020年3月期              2021年3月期
               経営指標
                          (前連結会計年度実績)              (当連結会計年度実績)
          売上高(千円)                       7,763,557              7,694,241
          経常利益(千円)                        564,071              623,472
          売上高経常利益率(%)                          7.3              8.1
                                 54/175
















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

     第74期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      当連結会計年度の研究開発活動は、地球環境へ積極的に取組みながら、顧客に信頼される企業価値向上に役立つ製
     品・サービスを開発することに日々研究を積み重ねております。
      研究開発体制は、3つのプロジェクトを掲げて新しい商品・サービスの研究活動を推進しております。
      当連結会計年度における当社グループが支出した研究開発活動に関する費用                                   (主に人件費、地代家賃等)             の総額は
     32,196   千円であり、主な研究内容は次の通りであります。
      a グリーン・ジャパン・プロジェクト

        当プロジェクトは、バイオマテリアル事業における木質バイオマスに関する新しい製品・サービスの創出を目
       的として研究開発を進めております。現在は、木質リサイクルチップの液体化(バイオエタノール化)等の付加
       価値化、国内に眠る森林資源の活用の検討、その他再生可能エネルギーの可能性調査等から、サステナブルな木
       質バイオマスの資源循環とさらなる価値化を目指しております。
      b ブルー・オーシャン・プロジェクト

        当プロジェクトは、海洋バイオマス生産及びその有効活用(資源・エネルギー・工業原料・食料・医薬品等)
       を目的として研究開発を進めております。現在は、光合成が旺盛で成長が速く、高いCO2吸収力が期待できる
       緑藻類「スジアオノリ」に着目し、富山県入善町において海洋深層水を利用した陸上養殖に取組んでおります。
       さらなる分析を進め、将来的には食料に限らず医薬、工業原料等としても活用できるような技術開発を目指して
       おります。
      c オレンジ・サン・プロジェクト

        当プロジェクトは、「always              ecology,     forever    healthy.」の理念のもと、真に安心・安全な食を提供するシ
       ステムを構築し、持続可能な社会構築に資することを目的として無農薬・無化学肥料の有機栽培技術の研究開発
       を進めております。耕作放棄地を借受け、稲の有機栽培に取組んだ後、近年では農業用ハウスにおいて水耕栽培
       を無農薬・無化学肥料で行うシステムについて技術開発を進めてきました。後継者問題のある農業において、労
       働生産性を高め、周年栽培を通し、農業による収益を高める仕組みを展望し、基礎的な栽培システムを特許化し
       ております(特許第6347878号、特許第6747731号)。
     第75期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

      当第3四半期連結累計期間における当社グループが支出した研究開発活動に関する費用の総額は、                                              27,347   千円であ
     ります。
      なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 55/175







                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】
     第74期連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      当連結会計年度の設備投資については、工場の新設や、各処理工程の機能充実・強化等を目的とした設備投資を継
     続的に実施しております。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
      当連結会計年度の設備投資の総額は                404,603    千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次の通りであ
     ります。
     (1)  バイオマテリアル事業

       当連結会計年度の主な設備投資は、                 新規工場にあたる岐阜第二工場の生産準備投資や既存工場の重機や廃木材破
      砕設備部品の入替等を中心            とする総額     294,875    千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (2)  資源循環事業

       当連結会計年度の主な設備投資は、選別システム導入準備や収集運搬車両の入替等による総額                                            75,370   千円の投資
      を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (3)  環境物流事業

       当連結会計年度の主な設備投資は、生産関連設備等による総額                             405  千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (4)  その他

       当連結会計年度の主な設備投資は、警備関連機器や清掃関連機器等による総額                                    877  千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (5)  全社(共通)

       当連結会計年度の主な設備投資は、社用車の購入、社内各種システムの導入を中心とする総額                                            33,074   千円の投資
      を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     第75期第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)

      当第3四半期連結累計期間の設備投資については、工場の新設準備や、各処理工程の機能充実・強化等を目的とし
     た設備投資を継続的に実施しております。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しており
     ます。
      当第3四半期連結累計期間の設備投資の総額は                      661,038    千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次
     の通りであります。
     (1)  バイオマテリアル事業

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資は、新規工場にあたる岐阜第二工場、西東京工場及び愛知第八工場の
      生産準備投資や既存工場の重機や廃木材破砕設備部品の入替等を中心とする総額                                      574,181    千円の投資を実施しまし
      た。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 56/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  資源循環事業
       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資は、既存工場設備の入替や収集運搬車両の入替等による総額                                                26,439   千
      円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (3)  環境物流事業

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資は、生産関連設備等による総額                                  8,320   千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (4)  その他

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資は、警備関連機器等による総額                                  8,644   千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (5)  全社(共通)

       当第3四半期連結累計期間の主な設備投資は、VDI(仮想デスクトップ基盤)システムの更新を中心とする総
      額43,452千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 57/175














                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【主要な設備の状況】
     (1) 提出会社
                                                2021年3月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
                                                       従業員
    事業所名
          セグメン
                                                        数
               設備の内容
          トの名称
    (所在地)
                      建物     機械装置        土地      リース
                                                       (名)
                                             その他      合計
                     及び構築物      及び運搬具       (面積㎡)       資産
    愛知第一
          バイオマ
     工場          生産設備                    17,191
          テリアル            118,591      18,582             40,755      1,075    196,196       18
     (愛知県           等                  (11,052.19)
          事業
    春日井市)
    愛知第二
          バイオマ
     工場          生産設備                     1,023
          テリアル            123,569       7,225            46,299       45   178,163       13
     (愛知県           等                  (14,241.95)
          事業
     弥富市)
    愛知第七
          バイオマ
     工場          生産設備                      ―
          テリアル            713,704      96,533              844    1,839    812,921       8
     (愛知県           等                  〔6,690.12〕
          事業
     半田市)
    飛島リサイ
    クルパーク      資源循環      生産設備                    46,409
                      36,967      41,864             4,333      195   129,770       11
     (愛知県     事業      等                   (8,476.65)
     飛島村)
    千葉リサイ      バイオマ
    クルランド      テリアル      生産設備                    347,026
                      128,885      24,075             29,324      4,046    533,358       27
     (千葉県     ・資源循      等                   (7,681.44)
     千葉市)     環事業
    東東京工場
          バイオマ
               生産設備                    255,200
          テリアル            202,607       4,510            84,816      1,429    548,563       8
     (千葉県
               等                   (2,011.21)
          事業
     松戸市)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品の合計であります。
       4.土地の一部を賃借しております。年間賃借料は19,429千円であります。
         なお、賃借している土地の面積は〔〕で外書きしております。
     (2) 国内子会社

                                                2021年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
          事業所名                                             従業員数
               セグメン
     会社名               設備の内容
                          建物    機械装置
               トの名称
          (所在地)                                              (名)
                                    土地     リース
                          及び     及び               その他     合計
                                   (面積㎡)       資産
                         構築物     運搬具
               バイオマ
    ㈱フィニ     津工場(三           生産設備                   ―
               テリアル           7,947    20,363           18,126      623   47,061       7
    ティ     重県津市)           等              〔1,280.34〕
               事業
          栗東工場     バイオマ
    ㈱フィニ                生産設備                   ―
         (滋賀県栗     テリアル          142,080     49,038           12,030     1,508    204,657       5
    ティ                等              〔2,298.28〕
          東市)    事業
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品の合計であります。
       4.建物及び土地の一部を賃借しております。年間賃借料は13,800千円であります。
         なお、賃借している土地の面積は〔〕で外書きしております。
                                 58/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  在外子会社
                                                2020年12月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
          事業所名                                            従業員数
                セグメン
     会社名                設備の内容
                           建物    機械装置
                トの名称
          (所在地)                                             (名)
                                     土地    リース
                           及び     及び              その他     合計
                                    (面積㎡)      資産
                           構築物     運搬具
    FULUHASHI
    CORPORATION      本社工場     環境物流     物流機器               47,287
                              0   1,400           ―    312   49,000       31
    (THAILAND)       (タイ)     事業     製造               (8,000)
      LTD.
    FULUHASHI
          本社工場     環境物流     物流機器                 ―
    CORPORATION
                             ―     0         ―     ―     0    23
          (ベトナム)      事業     製造              〔1,476〕
    (VIETNAM)
      LTD.
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品の合計であります。
       4.建物及び土地の一部を賃借しております。年間賃借料は8,719千円であります。
         なお、賃借している土地の面積は〔〕で外書きしております。
                                 59/175















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2022年1月31日現在)
     (1) 重要な設備の新設等
                            投資予定額
          事業所名     セグメントの                                  完了予定     完成後の
     会社名                設備の内容               資金調達方法       着手年月
          (所在地)       名称                                 年月     増加能力
                           総額    既支払額
                           (千円)     (千円)
                                                      処理量増
         岐阜第二工場      バイオマテリ                     借入金及び
    提出会社                工場の新設      436,000     374,157          2021年12月      2022年4月      加
         (岐阜県大垣市)      アル事業                      増資資金
                                                      (注)1
                                                      処理量増
          西東京工場     バイオマテリ                     借入金及び
                                                      加
    提出会社                工場の新設      745,000     484,494          2021年11月      2022年10月
         (埼玉県入間市)      アル事業                      増資資金
                                                      (注)1
                                     借入金、
                                                      処理量増
         愛知第八工場      バイオマテリ                      自己資金
                                                      加
    提出会社                工場の新設      420,000      9,515         2023年9月      2024年10月
         (愛知県一宮市)      アル事業                       及び
                                                      (注)1
                                     増資資金
                                     借入金、
                                                      処理量増
         掛川リサイクル
                     生産設備の                自己資金
                                                      加
    提出会社      ガーデン     資源循環事業             74,000     14,516          2022年7月      2023年4月
                     増設                 及び
         (静岡県掛川市)
                                                      (注)1
                                     増資資金
          新千葉                          借入金、
                                                      処理量増
          リサイクル           工場設備の                自己資金
                                                      加
    提出会社           資源循環事業             70,000       -        2022年12月      2023年10月
          ガーデン           移転・拡充                 及び
                                                      (注)1
         (千葉県柏市)                            増資資金
         湘南リサイクル                            借入金、
                                                      処理量増
          ガーデン           生産設備の                自己資金
                                                      加
    提出会社           資源循環事業            166,000     74,977          2022年10月      2023年10月
         (神奈川県平塚            増設                 及び
                                                      (注)1
           市)                          増資資金
     (注)   1.完成後の増加能力については、合理的な算出が困難なため、記載しておりません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     (2)  重要な設備の除却等

       経常的な設備の更新のための除却を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 60/175












                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】
     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      17,920,000

                 計                                    17,920,000

      ② 【発行済株式】

                              上場金融商品取引所名又は

        種類           発行数(株)                               内容
                             登録認可金融商品取引業協会名
                                            権利内容に何ら限定のない当社
                                             における標準となる株式であ
       普通株式                 4,480,000           非上場
                                            り、単元株式数は100株でありま
                                                  す。
        計               4,480,000            ―               ―
     (注)1.2021年10月19日開催の臨時株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株式制度を採用しており
         ます。
                                 61/175













                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2016年9月2日(注)1               220,000      4,220,000         55,000      255,000        3,740       7,740

    2018年7月6日(注)2               55,000     4,275,000         10,000      265,000        9,305      17,045

    2019年3月27日(注)3               205,000      4,480,000         45,000      310,000       41,100       58,145

     (注)1.有償第三者割当

         発行価格 267円
         資本組入額 250円
         割当先     フルハシEPO従業員持株会、当社取締役4名、関係会社役員4名、その他個人1名
       2.有償第三者割当
         発行価格 351円
         資本組入額 181.8円
         割当先     フルハシEPO従業員持株会、当社取締役1名、関係会社役員1名
       3.有償第三者割当
         発行価格 420円
         資本組入額 219.5円
         割当先     フルハシEPO従業員持株会、当社取締役7名、当社従業員1名、                               関係会社役員5名、
             その他個人7名
     (4)  【所有者別状況】

                                                2022年1月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数               100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人              その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数

              ―     ―     ―      1    ―     ―      46      47      ―
    (人)
    所有株式数
              ―     ―     ―    9,400      ―     ―    35,393      44,793        700
    (単元)
    所有株式数
              ―     ―     ―    20.99      ―     ―    79.01       100      ―
    の割合(%)
     (注)1.自己株式15,080株は、「個人その他」に150単元、「単元未満株式の状況」に80株含まれております。
       2.2021年10月19日開催の臨時株主総会決議により、同日付で1単元を100株とする単元株制度を採用しておりま
         す。
                                 62/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                2022年1月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                     (自己保有株式)

                     普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                           15,000
                                         権利内容に何ら限定のない当社におけ
                     普通株式
    完全議決権株式(その他)                                44,643    る標準となる株式であり、単元株式数
                         4,464,300
                                             は100株であります。
                     普通株式
    単元未満株式                               ―              ―
                            700
    発行済株式総数                     4,480,000          ―              ―

    総株主の議決権                    ―            44,643            ―

      ② 【自己株式等】

                                                2022年1月31日現在
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
    (自己保有株式)             名古屋市中区金山一丁目14
                                  15,000         ―     15,000        0.33
    フルハシEPO株式会社             番18号
          計             ―           15,000         ―     15,000        0.33
    (注)当社は上記のほか、単元未満自己株式80株を保有しております。
                                 63/175










                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
                   普通株式
       【株式の種類等】
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                           最近事業年度                    最近期間

           区分
                               処分価額の総額                   処分価額の総額
                       株式数(株)                   株式数(株)
                                  (千円)                    (千円)
    引き受ける者の募集を行った
                             ―         ―         ―
                                                         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、会社
    分割に係る移転を行った取得自己                        ―         ―         ―         ―
    株式
    その他
                             ―         ―         ―         ―
     (  ―  )
    保有自己株式数                      15,080            ―       15,080            ―
    3 【配当政策】

      当社では、中長期的に企業価値を高めるとともに、株主の皆様に利益を還元していくことを重要な経営課題の一つ
     として位置付けております。配当については、安定性・継続性に配慮しつつ、業績動向、財務状況等を総合的に勘案
     して実施していく方針です。
      上記方針の下、当社は配当性向について30%以上を目途に株主還元として配当を行う方針であります。
      内部留保資金については、今後の企業としての成長と、財務基盤の安定のバランスを鑑みながら、有利子負債の返
     済、設備投資等に充当していきます。
      当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間
     配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
      なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
      (注)当連結会計年度に係る剰余金の配当は以下の通りです。

                    配当金の総額           1株当たり配当額
        決議年月日
                      (千円)             (円)
     2020年11月19日
                          89,298             20.0
     取締役会
     2021年6月28日
                          89,298             20.0
     定時株主総会
                                 64/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上を目指すとともに、法令遵守と経営の透明性を確保するた
       め、経営と執行に対する実効性の高い監督機能を確立し、様々なステークホルダーの信頼にこたえることのでき
       るコーポレート・ガバナンス体制の構築を重視し、さらなる体制の向上に継続して取組んでいきます。
        具体的には、経営に健全性・効率性及び透明性を高めるとの視点から、経営の意思決定、職務執行及び監督、
       並びに内部統制等について適切な体制を整備・構築し、必要な施策を実施することにより、法令・規程・社内
       ルールに則った業務執行を組織全体において徹底しております。また、社外監査役が取締役会に出席する等によ
       り、独立した立場から経営の意思決定と執行を監視しております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       a 企業統治体制の概要
         当社は取締役会制度・監査役会制度を採用しており、取締役8名で構成する取締役会と監査役3名で構成す
        る監査役会が、経営者たる取締役の職務執行を監視・監督する二重のチェック体制をとっております。取締役
        会が的確な意思決定と迅速な職務執行を行う一方、監査役会は取締役の職務執行の適正性及び適法性の監査及
        び監視を行い、経営管理の充実を図り、その実効性を高める体制としております。また、会社の機関として会
        計監査人を設置しており、会計監査においては会社法に基づく監査のほか、金融商品取引法第193条の2第1項
        に準じた監査を受け、財務諸表等の信頼性に努めております。
       (a)  取締役・取締役会
         取締役会は、取締役8名で構成されており、定例取締役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時取締
        役会を開催し、原則として監査役3名全員の出席の下、法令で定められた事項及び経営に関する重要事項の決
        定、並びに職務執行の監視・監督を行っております。
       (b)  監査役・監査役会
         監査役会は、常勤監査役1名及び社外監査役(非常勤)2名で構成されており、定例監査役会を毎月1回開
        催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。監査役は取締役会に出席し、必要に応じて意見
        を述べ、取締役会及び内部統制部門等から適宜業務の執行状況を聴取し、重要な決裁文書や財務諸表等を閲覧
        する等して調査を行い、また常勤監査役は重要な社内会議に出席する等して、取締役の職務執行の適正性及び
        適法性を監査しております。
       (c)  内部監査
         内部監査については、社長直轄の「内部監査室」に専任者2名を置き、監査計画に基づき、原則として年1
        回関係会社を含む全部門を監査し、業務活動の適切性及び合理性の確保等の観点から改善指導又は助言等を
        行っております。
         また、当社グループは許認可事業である産業廃棄物処理業を主要事業としており、廃棄物処理法をはじめと
        した各種法令に違反した場合、許認可取消しもあり得ることから、実際に廃棄物処理に関する業務を行ってい
        る部門の監査は特に重点的に実施し、コンプライアンス体制に対するモニタリング等の一環としてコンプライ
        アンス委員会の議事録等により活動内容を共有し、コンプライアンスへの取組みが反映されているか、部門・
        拠点監査時に確認しております。
       (d)  会計監査人
         当社は、有限責任         あずさ監査法人と監査契約を締結し、公正不偏の立場から会計に関する監査を受けており
        ます。
       (e)  コンプライアンス委員会
         グループ横断的なコンプライアンス・リスクに対応するため、代表取締役社長が委員長を務め、子会社の主
        管部門も含むリスク管理担当者で構成される「コンプライアンス委員会」を設置しております。委員会では、
        廃棄物処理法をはじめ当グループにとって法令遵守のための管理体制やツール等のグループ標準を定め、コン
        プライアンス・リスクに効率的に対応をしております。
                                 65/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2021年3月期は同委員会を5回開催し、グループ共通の取組みとして、前年度に続き、許認可事業をはじめ
        とする法令の要求事項についてリスクの一斉点検を行う等、コンプライアンス体制の継続的改善に努めており
        ます。
         また、コンプライアンス研修を通じて、最先端の知識を習得することにより子会社を含むコンプライアンス
        担当者のボトムアップ、目線合わせを図り、合わせて危機意識を共有する機会としております。
       (f)  その他
         従業員の不正については、就業規則に従業員の懲戒に関する規定を設け、これらに基づき厳正に懲戒処分に
        処し再発防止策を検討する等、必要な対策を講じることで類似する不正行為の予防を図ることとしておりま
        す。
         また、当社グループの役職員による組織的又は個人的な法令違反行為等に関する通報、又は法令違反等に該
        当するかを確認する相談窓口として、内部通報窓口を設置し、社内通報窓口を総務部、社外通報窓口を弁護士
        事務所とすることで、当社グループの役職員から情報を得る体制を整備しております。
         当該内部通報制度の内容については「内部通報規程」を整備し、イントラネットを通じて当社グループの全
        役職員に周知することで利用を促し、コンプライアンス強化を図っております。
       (g)  各機関の構成員(◎:議長、○:出席者)
                                               コンプライアン
            役職名            氏名        取締役会         監査役会
                                                 ス委員会
        代表取締役社長               山口 直彦           ◎                 ◎
        代表取締役副社長               山口 昭彦           ○                 ○

        常務取締役               熊澤 修次           ○                 ○

        取締役               岡田 光男           ○                 ○

        取締役               天野 幹也           ○                 ○

        取締役               上野 徹          ○                 ○

        取締役(社外取締役)               水野 信勝           ○

        取締役(社外取締役)               織田 直子           ○

        監査役               矢野 辰彦           ○         ◎         ○

        監査役(社外監査役)               鈴木 雅雄           ○         ○

        監査役(社外監査役)               苅谷 公平           ○         ○

        常務執行役員               前田 雅之                            ○

        執行役員               佐藤 邦浩                            ○

        執行役員               木村 明博                            ○

        執行役員               本田 潤二                            ○

        執行役員               美濃村 学                            ○

        執行役員               堀 直樹                           ○

        執行役員               宮下 啓介                            ○

        執行役員               大橋 健三                            ○

        執行役員               小岩 大騎                            ○

        執行役員               竹内 大樹                            ○

                                 66/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          コーポレート・ガバナンス体制の概要図は次の通りであります。
                                 67/175




















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       b 企業統治の体制を採用する理由
         当社は監査役会設置会社の体制を採用しております。当社事業に精通した取締役を中心とした取締役会の迅
        速な意思決定による経営戦略の力強い推進を確保し、独立性の高い社外取締役を複数人含む取締役会によるモ
        ニタリング及び監査役による監査の二重の監視体制をとることで監督・監視機能の充実を図ることとしており
        ます。また、社外取締役と監査役による二重の監視体制による監督・監視機能を効果的に発揮すべく、社外取
        締役と監査役との間で情報共有・意見交換等を行い、適宜連携する体制をとっております。
       c 内部統制システムの整備の状況

         当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、当社の業務の適正を確保するための体制の整備をするため、
        2020年1月17日に「内部統制にかかる基本方針」を取締役会で改定決議し、この方針に基づいた運営を行って
        おります。また、2020年4月1日より監査役会設置会社への移行に伴い、2020年3月12日の取締役会にて「内
        部統制にかかる基本方針」を改定決議しております。
       (a)  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        ⅰ 当社グループは、役職員の職務の適法性を確保するため、コンプライアンス(法令遵守)があらゆる企業
         活動の前提条件であることを決意し、「コンプライアンス規程」を定め、役職員に周知徹底を図る。
        ⅱ コンプライアンスを確保するための体制として、「コンプライアンス委員会」を設置し、各役職員に対す
         るコンプライアンス教育・研修の継続的実施を通じて、全社的な法令遵守の推進に当たるものとする。
        ⅲ 当社グループは、反社会的勢力の排除に向けて、不当要求等事案発生時の報告及び対応に係る規程等を整
         備し、社内体制を強化するとともに外部専門機関とも連携し、反社会的勢力には毅然として対処する。
        ⅳ 当社グループの役職員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、「行動指針」を制定
         し、「クレドカード」に「行動指針」を記載して役職員に配布することで、役職員に周知徹底を図る。
        ⅴ 当社グループでは、役職員による組織的又は個人的な法令違反行為等に関する通報、又は法令違反等に該
         当するかを確認する相談窓口を、社内外に設置し、これら内部通報制度の内容を「内部通報規程」として制
         定・周知することで、役職員への利用を促進する。
        ⅵ 取締役は、重大な法令違反その他法令及び社内規程の違反に関する重要な事実を発見した場合には、直ち
         に監査役に報告するとともに、遅滞なく取締役会において報告する。
       (b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
        ⅰ 当社グループでは、取締役の職務執行に係る事項である議事録、会計帳簿、稟議書、その他の重要な情報
         等については、「文書管理規程」等に従い、文書又は電磁的記録媒体に記録し、適切に保存及び管理する。
        ⅱ 取締役、監査役その他関係者は、これらの規程に従い、その職務遂行の必要に応じて上記の書類等を閲覧
         することができるものとする。
        ⅲ 当社グループでは、企業機密の漏洩を防止し、適切な機密情報の管理・保全を行うため、「企業機密管理
         規程」を定め、機密の程度に応じた管理者を選任し、管理方法と合わせて当社グループ役職員へ周知する。
        ⅳ 個人情報については、法令及び「個人情報保護基本規程」に基づき厳重に管理する。
       (c)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
        ⅰ 当社は、取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制構築の基礎として、原則、毎
         月1回の定時取締役会を開催し、経営に関する重要事項について決定を行うとともに、定期的に職務の執行
         状況等について報告するものとする。また、重要案件が生じたときは、臨時取締役会を随時開催するものと
         する。
        ⅱ 取締役会は、当社グループの財務、投資、コスト等の項目に関する目標を定め、目標達成に向けて実施す
         べき具体的方法を各部門に実行させ、取締役はその結果を定期的に検証し、評価、改善を行うことで全社的
         な業務の効率化を実現するものとする。
        ⅲ 当社は、迅速で効率性の高い企業経営を実現するために執行役員制度を導入し、「執行役員規程」を定
         め、事業運営に関する迅速な意思決定及び機動的な職務執行を推進する。
        ⅳ 組織の構成と各組織の所掌業務を定める「組織規程」「業務分掌規程」及び権限の分掌を定める「職務権
         限規程」を整備し、適切な権限委譲と責任と役割を明確にすること効率的な業務執行を行う。
                                 68/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (d)  損失の危険の管理に関する規程その他の体制
        ⅰ 当社グループは、リスク管理体制の確立を図り、リスクの発生を予防し、事前準備するとともに、リスク
         が発生した場合に的確かつ迅速な対応を可能とするよう、「リスク管理規程」を策定する。この規程に則
         り、リスク管理体制の整備及びリスクの予防に努めるものとする。
        ⅱ コンプライアンス委員会での状況のレビューや結果は、逐次取締役会に報告し決定する。また、その結果
         については、監査役会にて報告する。
        ⅲ 経営上の重大なリスクへの対応方針その他リスク管理の観点から重要な事項については、経営会議、グ
         ループ経営会議において十分な審議を行うほか、特に重要なものについては取締役会において報告する。
       (e)  当社企業集団に置ける業務の適正を確保するための体制
        ⅰ コンプライアンス委員会は、グループ各社の独立性を尊重しながら、グループ全体のコンプライアンスに
         関して、統括推進する体制を構築し、横断的な管理を行うものとする。
        ⅱ 当社グループは、「行動指針」を通じて、子会社の遵法体制その他の業務の適正を確保するための体制の
         整備に関する指導及び支援を行う。
        ⅲ 当社は、経営の健全性の向上及び業務の適正の確保のため「関係会社管理規程」を定め、子会社の事業運
         営に関する重要な事項について当社の承認を必要とするほか、その他重要な事項については当社の取締役会
         へ報告を行う。
        ⅳ 各子会社において適正な業務執行が行えるよう、各社において社内規程を整備する。
        ⅴ 当社の内部監査室は、定期的に当社グループの全社を対象とし監査を行い、監査結果に基づいて必要があ
         れば社長名で関係会社に対して指示又は勧告を行う。
        ⅵ 当社グループにおける経営の健全性及び効率性の向上を図るため、各子会社について、取締役及び監査役
         を必要に応じて派遣するとともに、年2回開催するグループ経営会議において、子会社の事業運営に関する
         重要な事項について子会社から報告を受け、協議を行う。
       (f)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並びにその
       使用人の取締役からの独立性に関する事項
        ⅰ 当社は、監査役の職務を補助するために監査役が職務執行に必要な執務環境を整備し、監査役の求めによ
         り専属の従業員を配置するものとする。専属従業員の人事については、監査役と協議して決定するものとす
         る。
        ⅱ 監査役を補助する専属従業員は、監査役の指揮命令のみに服し、取締役その他の従業員の指揮命令は受け
         ないものとする。監査役専属従業員を懲戒に処する場合には、事前に監査役の承諾を得るものとする。
       (g)  取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
        ⅰ 当社グループの役職員は、監査役の求めに応じて、職務の執行、当社グループに重大な影響を及ぼす事
         項、経営の決議に関する事項についてその内容を速やかに報告するものとする。
        ⅱ 監査役は、取締役会の他重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、取締役会、経営会議
         等の重要な会議に出席するとともに、稟議書その他業務執行に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて役
         職員に対して、その説明を求めることができるものとする。
       (h)  その他の監査役の監査が実効的に行われていることを確保するための体制
        ⅰ 監査役の監査が実効的に行われることを確保するため、役職員は、監査に対する理解を深め監査役監査の
         環境を整備するよう努めるものとする。
        ⅱ 監査役は、専門性の高い法務、会計については独立して弁護士、会計監査人と連携を図り、取締役会、経
         営会議、コンプライアンス委員会等の重要会議に出席するほか、取締役との懇談、社内各部門への聴取及び
         意見交換、資料閲覧、会計監査人の監査時の立会い及び監査内容についての説明を受けるとともに意見交換
         を行い、監査役会にて報告、審議を行うこととする。
        ⅲ 監査役は、職務の執行に必要な費用について請求することができ、当社は当該請求に基づき支払いを行
         う。
                                 69/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       d 取締役及び監査役との責任限定契約の内容の概要
         当社は、社外取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び社外監査役との間において、会社法第423
        条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令
        が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等であるも
        のを除く。)及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がない場合に限られ
        ます。
       e 取締役の定数及び選任の決議要件

         当社の取締役は11名以内とする旨を定款に定めております。当社は、取締役の選任決議について、議決権を
        行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う
        こととし、当社の取締役の選任については、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
       f 株主総会の特別決議要件

         会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
        株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会におけ
        る特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
       g 取締役会で決議できる株主総会事項

       (a)  取締役及び監査役の責任免除
         当社は、社外取締役及び社外監査役の招聘や、期待される役割を十分に発揮することができるようにするた
        め、取締役及び監査役の会社法第423条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の
        決議によって、法令の定める範囲内で免除することができる旨を定款で定めております。
       (b)  中間配当
         当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会の決議によって毎年9月30日の最終株主名簿に記
        載又は記録された株主又は登録株式質権者に対し、会社法第454条第5項により中間配当を行うことができる旨
        を定款で定めております。
     (2)  【役員の状況】

      ① 役員一覧
    男性  10 名 女性    1 名(役員のうち女性の比率            9.1  %)

                                                      所有株式数
        役職名          氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               1978年4月      当社入社
                               1983年1月      取締役
                               1990年10月      常務取締役
                 山口  直彦
       代表取締役社長                 1954年10月13日                           (注)4   1,203,112
                               1992年10月
                                     専務取締役
                               1994年10月      代表取締役副社長
                               1997年10月      代表取締役社長(現任)
                               1980年4月      愛知リコー㈱(現リコージャパン
                                     ㈱)入社
                               1984年8月      当社入社
                               1990年11月      取締役
                               1997年11月      専務取締役営業本部長
                               2000年9月      取締役副社長
                 山口  昭彦
      代表取締役副社長                 1957年1月12日        2009年1月      代表取締役副社長(現任)              (注)4    661,856
                               2009年1月      ジャパンバイオエナジーホール
                                     ディング㈱代表取締役(現任)
                               2009年2月      川崎バイオマス発電㈱取締役
                                     (現任)
                               2017年4月      CEPO半田バイオマス発電㈱取
                                     締役(現任)
                                 70/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
        役職名          氏名       生年月日                           任期
                                        略歴
                                                       (株)
                               1984年4月      岐阜県農協運輸㈱(現岐阜県JA
                                     ビジネスサポート㈱)入社
                               1989年9月      横浜輸送㈱(現㈱バンテック)入
                                     社
                               2002年8月      ㈱日栄(現㈱日本保証)入社
                               2003年8月      ジブラルタ生命保険㈱入社
                               2004年2月      当社入社
                               2008年10月      執行役員バイオマテリアル事業部
                                     営業部兼原料調達部長
                               2011年9月      執行役員資源循環本部長
                               2012年3月      執行役員資源循環本部長兼
        常務取締役
                 熊澤  修次
                        1960年11月1日                           (注)4     22,000
        営業本部長
                                     名古屋バイオマス発電準備室長
                               2012年6月      取締役資源循環本部長
                                     兼名古屋バイオマス発電準備室長
                               2013年4月      取締役営業本部長
                               2018年5月      取締役営業本部関東営業統括部長
                               2018年11月      取締役関東支社長兼
                                     営業本部関東営業統括部長
                               2020年6月      取締役営業統括担当兼関東支社長
                               2021年2月      取締役営業本部長(組織改編によ
                                     る)
                               2021年5月      常務取締役営業本部長(現任)
                               1979年4月      三重県公務員(県警公安職)入庁
                               1988年12月      日本インフォメーション㈱入社
                               1994年10月      トランコム㈱入社
                               2000年2月      浜木綿㈱入社
                               2001年3月      当社入社
                               2005年4月      財務部長兼国際営業開発部長
        取締役
                 岡田  光男
                        1953年12月15日        2007年6月      執行役員経営企画部長              (注)4     97,000
       経営企画部長
                               2008年6月      取締役経営企画部長
                               2012年6月      常務執行役員経営企画部長
                               2016年6月      取締役経営企画部長
                               2020年6月      取締役企画・研究開発担当経営企
                                     画部長
                               2021年2月      取締役経営企画部長(現任)
                               2000年3月      当社入社
                               2010年8月      関東支社生産部長兼千葉リサイク
                                     ルランド工場長
                               2011年2月      関東支社長代理兼関東生産部長
                               2011年4月      執行役員関東支社長代理兼生産部
                                     長
                               2014年4月      常務執行役員関東営業本部長兼関
                                     東生産本部本部長
        取締役
                 天野  幹也
                        1977年1月26日        2016年6月      取締役関東支社長代理              (注)4     22,000
        生産本部長
                               2018年5月      取締役営業本部本社営業統括部長
                               2019年1月      取締役営業本部本社営業統括部長
                                     兼営業一部長
                               2019年7月      取締役本社統括部長兼営業二部長
                               2020年6月      取締役本社生産担当兼営業開発部
                                     長
                               2021年2月      取締役生産本部長(組織改編によ
                                     る、現任)
                               1984年4月      ㈱協和銀行(現㈱りそな銀行)入
                                     行
                               2015年4月      東伸運輸㈱入社
                               2016年4月      当社入社サポートセンター法務部
                                     長
                               2016年8月      サポートセンター財務部・法務部
        取締役
                                     長
        管理本部長
                 上野 徹      1960年9月25日                           (注)4     7,024
        兼総務部長
                               2016年12月      執行役員サポートセンター財務
                                     部・法務部長
                               2019年7月      執行役員総務部長
                               2020年6月      当社取締役管理統括担当兼総務部
                                     長
                               2021年2月      当社取締役管理本部長兼総務部長
                                     (組織改編による、現任)
                                 71/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
        役職名          氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               1976年10月      等松・青木監査法人入所
                                     (現有限責任監査法人トーマツ)
                               2003年7月      同法人代表社員
                               2005年7月      三重事務所地区経営執行社員
                 水野  信勝
        取締役               1952年12月11日        2017年7月      水野信勝公認会計士事務所所長              (注)4     15,000
                                     (現任)
                               2017年9月      当社社外取締役(現任)
                               2018年5月      ㈱ダイセキ社外取締役監査等委員
                                     (現任)
                               1986年4月      ㈱広島そごう入社
                               1996年1月      ㈱アクエリアス情報研究所
                                     (現㈱アクエリアス・ハート・
                 織田  直子
        取締役               1965年10月10日              ヴォイス)設立              (注)4     1,000
                               2003年6月      ㈱アクエリアス・ハート・ヴォイ
                                     ス代表取締役(現任)
                               2019年6月      当社社外取締役(現任)
                               1975年4月      ㈱協和銀行(現㈱りそな銀行)入
                                     行
                               2003年6月      ㈱オーエー・システム・プラザ
                                     入社
                 矢野  辰彦
       監査役(常勤)                 1952年8月10日                           (注)5     25,000
                               2006年6月      当社入社総務部長
                               2007年1月      執行役員総務部長
                               2007年6月      取締役人事総務部長
                               2019年6月      監査役(現任)
                               1984年4月      弁護士登録
                               1984年4月      鈴木大場合同法律事務所(現大場
                 鈴木  雅雄
        監査役               1941年10月27日              鈴木堀口合同法律事務所)入所              (注)5     3,000
                                     (現任)
                               2019年6月      当社社外監査役(現任)
                               1996年10月      監査法人トーマツ(現有限責任監
                                     査法人トーマツ)入社
                               2007年4月      苅谷公認会計士事務所(現苅谷公
                 苅谷  公平
        監査役               1969年4月18日                           (注)5     1,000
                                     認会計士・税理士事務所)開設
                                     (現任)
                               2020年4月      当社社外監査役(現任)
                            計                          2,057,992
     (注)   1.代表取締役副社長山口昭彦は、代表取締役社長山口直彦の実弟であります。
       2.取締役水野信勝及び織田直子は、社外取締役であります。
       3.監査役鈴木雅雄及び苅谷公平は、社外監査役であります。
       4.取締役の任期は、2021年10月19日開催の臨時株主総会終結のときから選任後1年以内に終了する事業年度の
         うち、最終のものに関する定時株主総会の終結のときまでであります。
       5.監査役の任期は、2021年10月19日開催の臨時株主総会終結のときから選任後4年以内に終了する事業年度の
         うち、最終のものに関する定時株主総会の終結のときまでであります。
       6.当社は、事業運営に関する迅速な意思決定及び機動的な職務執行を図るため、執行役員制度を導入しており
         ます。執行役員は10名で構成されており、以下の通りであります。
              役名                  職名                   氏名
          常務執行役員            研究開発部長                        前田 雅之
          執行役員            関東営業一部長                        佐藤 邦浩
          執行役員            本社営業一部長                        木村 明博
          執行役員            本社営業三部長                        本田 潤二
          執行役員            関東生産部長兼千葉リサイクルランド工場長                        美濃村 学
          執行役員            人事部長                        堀 直樹
          執行役員            総務部担当部長                        宮下 啓介
          執行役員            本社生産三部長兼愛知第七工場長                        大橋 健三
          執行役員            財務経理部長                        小岩 大騎
          執行役員            経営企画部担当部長                        竹内 大樹
                                 72/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 社外役員の状況
       a 社外取締役及び社外監査役と当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係
         当社の社外取締役は2名であり、社外監査役は2名であります。
         水野信勝は、公認会計士として長年にわたり第一線で活躍し、財務及び会計に関する豊富な経験と幅広い見
        識を有していることに加え、株式会社ダイセキの取締役(監査等委員)に就任する等、当社の業界やビジネス
        モデルにも精通しており、社外取締役として適任と判断しております。なお、過去10年間以内において有限責
        任監査法人トーマツに所属されている期間のうち、同法人と株式公開準備に関する業務契約関係がありました
        が、株式会社東京証券取引所(以下、「東証」という。)が定める独立性基準に該当するものではないと判断
        しております。
         織田直子は、人材育成に関するキャリアアップ支援、ワークライフバランス指導、ハラスメント防止等の豊
        富な経験と高い見識を有しており、公明性、中立性、女性の視点、客観的かつ高度な視点から、広い視野に
        立って、当社の経営全般について助言頂けることから、社外取締役として適任と判断しております。なお、現
        任する株式会社アクエリアス・ハート・ヴォイスの代表取締役として、当社へ研修を実施する等過去に当社と
        の取引関係はありましたが、現在において取引関係はありません。
         鈴木雅雄は、弁護士資格を有しており法律の専門家としての高い専門性と豊富な経験を有しております。そ
        れらに基づき、客観的かつ高度な視点から、広い視野に立って、当社の経営全般について監査・監督を行って
        頂けることから、社外監査役として適任と判断しております。
         苅谷公平は、公認会計士として長年にわたり第一線で活躍し、海外における財務会計に関する幅広い経験及
        び専門的な知見を有しており、社外監査役として適任と判断しております。なお、当社海外事業に関するコン
        サルティング等の取引関係はありましたが、現在取引関係はありません。
         社外取締役及び社外監査役は、「①役員一覧」の通り当社の株式を保有しておりますが、その他に人的関
        係、資本的関係及び取引関係その他の利害関係はなく、東証が定める当社の一般株主と利益相反が生じるおそ
        れのない独立役員として同取引所に届け出る予定であります。
       b 社外取締役及び社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割

         高い独立性及び専門的な知見に基づく、客観的かつ適切な監督・モニタリングにより、当社の企業統治の有
        効性を高める機能及び役割を担っております。
       c 社外役員の独立性基準

         当社は、社外取締役及び社外監査役を選任する際の判断基準として、具体的な基準は定めておりませんが、
        東証の定める独立性判断基準等を参考に、当社との間に利害関係がなく、一般株主と利益相反が生じるおそれ
        のない者とし、優れた人格とともに当社の経営を的確、公正かつ効率的に遂行できる見識、能力及び豊富な経
        験とともに、高い倫理観を有している者を選任しております。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

      統制部門との関係
        社外取締役は、取締役会に出席し、決議事項に関する審議や決定に参加するほか、業務執行等の報告を受ける
       等の監督を行っております。また、監査役監査、内部監査及び会計監査と連携をとり、また内部統制部門とも必
       要に応じて情報交換・意見交換を行っております。
        社外監査役は、取締役会及び監査役会において、専門知識及び豊富な経験に基づき意見・提言を行っておりま
       す。また、常勤監査役は、経営に関する会議に出席し意見交換や情報共有を行うとともに、社内の様々な部門に
       対してヒアリングを行い内部統制に関する指摘・指導を行っております。また、会計監査人及び内部統制部門と
       連携をとり、必要に応じて随時、相互の意見交換、質問等を行うことにより、業務の適正の確保に努めておりま
       す。
                                 73/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
        監査役監査につきましては、常勤監査役1名と社外監査役2名により、様々な経営環境や社会環境のほか、過
       年度の監査結果を踏まえながら、重点監査事項を設定した監査計画に基づき、モニタリング機能としての監査の
       実効性を高めるために、内部監査部門や監査法人とも積極的なコミュニケーションを図りながら監査を進めてお
       ります。
        監査役会は、定例監査役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しているほか、内部監
       査室とともに、会社組織の内部管理体制の適正性を総合的かつ客観的に評価するとともに抽出された課題等に対
       し、改善に向けた提言やフォローアップを実施すべく、適時会合等により監査体制、監査計画及び監査実施状況
       等について情報を共有し、意見交換等をしております。
        なお、社外監査役苅谷公平は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有す
       るものであります。
        最近事業年度に開催した監査役会への各監査役の出席率は以下の通りです。
           区分         氏名      監査役会への出席状況
                   矢野   辰彦
          常勤監査役                 全12回中12回
                   鈴木   雅雄
          社外監査役                 全12回中12回
                   苅谷   公平
          社外監査役                 全12回中12回
        監査役会における主な検討事項は、監査方針、監査計画、重点監査項目、取締役の職務の執行の適正性、内部

       統制システムの整備・運用状況、会計監査人及び内部監査室との意見交換によって得られた監査上、コーポレー
       ト・ガバナンス上の課題等であります。なお、重点監査項目は、前連結会計年度における監査役、内部監査室、
       会計監査人からの指摘事項の対応状況、人材育成・教育への取組み状況であります。
        また、常勤監査役の活動としては、監査計画に基づき日々の監査役監査を実施し、取締役会及び監査役会で当
       該監査の実施結果を共有するほか、随時、取締役との面談、会計監査人及び内部監査室との意見交換等を行って
       おります。
      ② 内部監査の状況

        内部監査の担当部門は内部監査室とし、室長1名、副室長1名の専任者2名を置いており、原則として、定期
       的に本社、工場、営業所及び子会社等、全ての事業所の会社業務全般を対象範囲とし、日常の業務執行活動の適
       切性及び合理性の確保等の観点から改善指導又は助言等を行っております。定期監査についてはあらかじめ定め
       られた監査計画に基づき行い、臨時監査は代表取締役社長からの指示のほか、必要に応じて不定期に行っており
       ます。
        また、監査役、会計監査人と監査計画や監査実施結果の共有、実査の同行のほか、適宜、意見交換を行い、相
       互連携を図っております。
      ③ 会計監査の状況

       a 監査法人の名称
         当社は、有限責任         あずさ監査法人と監査契約を締結し、同監査法人は金融商品取引法に準じた会計監査を実
        施しております。
       b 継続監査期間

         3年間
       c 業務を執行した公認会計士

         当連結会計年度において監査業務を執行した公認会計士の氏名は以下の通りです。
         有限責任     あずさ監査法人 指定有限責任社員 業務執行社員 岩田 国良
         有限責任     あずさ監査法人 指定有限責任社員 業務執行社員 稲垣 吉登
                                 74/175


                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       d 監査業務に係る補助者の構成
         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士10名、会計士試験合格者7名、その他3名であります。
       e 監査法人の選定方針と理由

         監査役会では、会計監査人の評価及び選定基準を定め、社内関係部門及び監査法人から、判断に必要な資料
        を入手しかつ報告を受け、監査法人の監査計画、品質管理体制、独立性、専門性及び報酬等について総合的に
        判断しております。これらを総合的に検討した結果、当社の会計監査人である有限責任                                         あずさ監査法人は、適
        正な監査が可能であると判断したため選定をしております。
       f 会計監査人の解任又は不再任の決定方針

         当社は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合、監査役は、監査役
        全員の同意により解任いたします。また、上記のほか、会計監査人の適格性、独立性を害する事由の発生によ
        り、適正な監査の遂行が困難であると認められる場合、監査役会は、株主総会に提出する会計監査人の不再任
        に関する議案の内容を決定する方針であります。
       g 監査役及び監査役会による監査法人の評価

         監査役会は、本基準による評価結果に基づいて、監査法人の独立性、品質管理の状況、職務執行体制の適切
        性、監査活動の適切性・妥当性等を総合的に評価しており、会計監査人から、監査計画、品質管理体制、独立
        性、法令遵守等の報告をうけ、監査活動状況の評価を踏まえ、会計監査人の職務に問題はないと判断しており
        ます。
      ④ 監査報酬の内容等

       a 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               19,000             ―         28,000             ―
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

        計             19,000             ―         28,000             ―

       b 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

         該当事項はありません。
       c その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d 監査報酬の決定方針

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としては、監査公認会計士等より提示される監査計画
        の内容をもとに、監査工数等の妥当性を勘案、協議し、会社法第399条に基づき、監査役会の同意を得たうえで
        決定することとしております。
       e 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査法人の監査計画、監査の実施状況及び報酬見積りの算定根拠等について検証を行ったうえで、監査法人
        の報酬等について同意の判断をしております。
                                 75/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
       a.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
        当社は役員の報酬等の額の決定に関する方針を定めており、その内容は2020年5月21日開催の取締役会で決議
       しました「役員報酬規程」に定めております。
        役員の報酬等の決定方法は、株主総会で決定された報酬限度額の範囲内で、取締役(社外取締役を含む)の役
       員報酬は、固定報酬と短期インセンティブ(使用人兼務取締役のみ)で構成されております。各取締役に求めら
       れる職責及び能力、成果や経営に対する貢献度、当社の業績、従業員給与の水準も考慮しながら、取締役会の決
       議により決定いたします。社外取締役については、独立性確保の観点から、業績との連動は行わず、固定報酬の
       みとしております。今後の報酬等の額については、2022年2月14日開催の取締役会において決議しました社外役
       員を構成員の過半数とする任意の指名報酬委員会において、審議を行い、その諮問を尊重したうえで、取締役会
       の決議により決定いたします。なお、取締役の個人別の固定報酬額については取締役会決議に基づき代表取締役
       社長がその具体的内容について委任を受けるものとしております。
        監査役の報酬額は、「役員報酬規程」に基づき、株主総会の決議により定められた報酬総額の範囲内で、監査
       役会の協議によって決定しております。
        また、退職慰労金につきましては、取締役会により、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において「役員
       退職慰労金規程」に従い相当の範囲内で決定しております。
       b.役員報酬等の決定プロセス

        2019年6月25日開催の第72回定時株主総会において、取締役の報酬額は、年額500,000千円以内(ただし、使用
       人兼務取締役の使用人分給与を含まない。)、また、監査役の報酬額は年額50,000千円以内と決議しておりま
       す。
        当事業年度における各取締役の報酬等の決定に当たっては、上述の「a.役員の報酬等の額又はその算定方法の
       決定に関する方針」に基づいて、2020年5月21日取締役会決議及び2021年10月19日の役員改選にともなう取締役
       会決議により代表取締役社長である山口直彦に一任し決定しております。
        また、監査役の報酬等については、上述の「a.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針」に基
       づいて、2020年5月21日開催の監査役会において、監査役の協議により決定しております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                    報酬等の総額
           役員区分                                          役員の員数
                      (千円)
                                                       (名)
                            固定報酬      業績連動報酬       株式報酬      退職慰労金
         取締役
                       201,950       191,450          ―      ―     10,500      6
         (社外取締役を除く。)
         監査役
                       12,400       12,000         ―      ―      400     1
         (社外監査役を除く。)
         社外役員                10,220       9,600         ―      ―      620     4

        (注)退職慰労金につきましては、当事業年度に係る役員退職慰労引当金繰入額を記載しております。

      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

                                       連結報酬等の種類別の額(千円)
               連結報酬等
          氏名      の総額      役員区分      会社区分
                 (千円)
                                  固定報酬      業績連動報酬       株式報酬      退職慰労金
        山口 直彦         100,000      取締役     提出会社       96,000         ―      ―     4,000

        (注)1.連結報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しております。
        (注)2.退職慰労金につきましては、当事業年度に係る役員退職慰労引当金繰入額を記載しております。
                                 76/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの
                  対象となる
         報酬等の総額
                  役員の員数                  内容
           (千円)
                    (名)
             48,997       4     使用人としての給与及び賞与であります。
                                 77/175



















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式(以下、「政策保有株
       式」という。)の区分について、株価の値上がり、又は配当による利益確保を目的として保有する株式を純投資
       目的である株式投資とし、当社グループとしての事業領域等を拡大するための資本業務提携や、良好な取引関係
       を維持強化するために必要であると判断して保有する株式を政策保有株式として区分しております。なお、純投
       資目的である投資株式は保有しないこととしております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における
       検証の内容
        当社は取引企業との関係性の維持及び強化が当社グループの企業価値の向上に資すると認める場合に限り、政
       策保有株式を保有する方針としております。個別の政策保有株式に関しては、継続的に保有先企業との取引状況
       並びに保有先企業の財政状態、経営成績の状況についてモニタリングを実施するとともに、個別銘柄ごとの時価
       と簿価の対比検証を行っております。また、取締役会においてリターンとリスク等を踏まえた中長期的な観点か
       ら経済合理性や将来の見通しを検証し、これを反映した保有の目的、合理性及び継続保有の是非について毎年検
       証しております。保有に妥当性が認められない場合には、保有を縮減する方針にしております。
       b 銘柄数及び貸借対照表計上額

                             貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                      (銘柄)
                              合計額(千円)
        非上場株式               6             182,950
        非上場株式以外の株式               4             50,297
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                            株式数の増加に係る取得
                      銘柄数
                                             株式数の増加の理由
                      (銘柄)
                             価額の合計額(千円)
        非上場株式               ―                ―  ―
        非上場株式以外の株式               ―                ―  ―
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                            株式数の減少に係る売却
                      銘柄数
                      (銘柄)
                             価額の合計額(千円)
        非上場株式              ―                ―
        非上場株式以外の株式               1               660
                                 78/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
        特定投資株式

              最近事業年度の         最近事業年度の
               当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
       銘柄        株式数(株)         株式数(株)                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
                                                      の有無
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                (千円)         (千円)
                                主に、バイオマテリアル事業において、木質

                   43,000         43,000
    王子ホールディ                            チップの販売を行っており、良好な取引関係
                                                       無
    ングス㈱                            維持・強化のため、継続して保有しておりま
                   30,788         24,897
                                す。
                                主に、バイオマテリアル事業において、木質
                                チップの販売を行っており、良好な取引関係
                   2,500         2,500
                                維持・強化のため、継続して保有しておりま
                                す。定量的な保有効果については、記載が困
    ニチハ㈱                                                   無
                                難であるため、記載しておりません。保有の
                   8,075         5,120
                                合理性は、a      に記載の方法により検証してお
                                ります。
                                主に、資源循環事業において、廃棄物処理受
                   4,000         4,000
                                託を行っており、良好な取引関係維持・強化
                                のため、継続して保有しております。定量的
    住友林業㈱                                                   無
                                な保有効果については、記載が困難であるた
                                め、記載しておりません。保有の合理性は、
                   9,544         5,540
                                a に記載の方法により検証しております。
                                主に、バイオマテリアル事業において、木質
                                チップの販売を行っており、良好な取引関係
                   4,500         4,500
                                維持・強化のため、継続して保有しておりま
                                す。定量的な保有効果については、記載が困
    チヨダウーテ㈱                                                   無
                                難であるため、記載しておりません。保有の
                   1,890         1,579
                                合理性は、a      に記載の方法により検証してお
                                ります。
                     ―         400
    タカラスタン
                                          ―              無
    ダード㈱
                     ―         663
     (注)   1.「―」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。

       2.タカラスタンダード㈱の株式は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位60銘柄
         について記載しております。
        みなし保有株式

        該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 最近事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤ 最近事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 79/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基
      づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて
      作成しております。
       また、当社は特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

     (1) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31
      日まで)及び当連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2019年4
      月1日から2020年3月31日まで)及び当事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、有
      限責任 あずさ監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021
      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任          あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、又は、会計基準等の変更等について的確に対応して連結財務諸表を適正に作成できる体制を整備
     するため、必要に応じて監査法人との協議を実施し、その他セミナー等への参加を通して、積極的な情報収集活動に
     努めております。
                                 80/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               788,549              768,850
        受取手形及び売掛金                              1,025,444               944,126
        商品及び製品                                61,446              40,365
        仕掛品                               185,636              126,457
        原材料及び貯蔵品                                24,159              28,585
        その他                               101,456              125,825
                                       △ 9,024             △ 9,408
        貸倒引当金
        流動資産合計                              2,177,669              2,024,802
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※2  3,993,973            ※2  4,030,607
         建物及び構築物
                                     △ 1,886,936             △ 2,032,594
          減価償却累計額及び減損損失累計額
          建物及び構築物(純額)                            2,107,036              1,998,013
         機械装置及び運搬具
                                      1,978,420              1,936,090
                                     △ 1,530,118             △ 1,548,061
          減価償却累計額及び減損損失累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                             448,302              388,028
                                    ※2  2,688,236            ※2  2,693,424
         土地
         リース資産                              794,884              838,433
                                      △ 348,088             △ 403,411
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                             446,795              435,021
         建設仮勘定
                                        23,795              70,904
         その他                              155,449              163,674
                                      △ 121,477             △ 134,362
          減価償却累計額及び減損損失累計額
          その他(純額)                             33,972              29,312
         有形固定資産合計                             5,748,139              5,614,705
        無形固定資産
         リース資産                               95,118              58,391
                                        10,482              27,655
         その他
         無形固定資産合計                              105,601               86,047
        投資その他の資産
                                     ※1  370,694            ※1  360,337
         投資有価証券
         長期貸付金                               4,623              18,531
         繰延税金資産                              160,536              173,903
         保険積立金                              472,910              586,043
         その他                               97,588              96,582
                                       △ 1,408             △ 1,564
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,104,943              1,233,833
        固定資産合計                              6,958,684              6,934,586
                                 81/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
      繰延資産
                                         619               55
        社債発行費
        繰延資産合計                                  619               55
      資産合計                                9,136,972              8,959,444
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               144,054              193,134
                                     ※2  557,000            ※2  430,000
        短期借入金
        1年内償還予定の社債                                55,000              10,000
                                    ※2  1,012,531             ※2  981,362
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                               184,023              167,866
        未払法人税等                               127,576              177,712
        賞与引当金                                99,441              123,741
                                    ※2  1,120,004            ※2  1,135,801
        その他
        流動負債合計                              3,299,632              3,219,618
      固定負債
        社債                                10,000                ―
                                    ※2  3,322,626            ※2  3,009,351
        長期借入金
        リース債務                               398,477              363,138
        役員退職慰労引当金                               267,260              283,000
        退職給付に係る負債                               209,322              232,262
        資産除去債務                                67,552              67,943
                                     ※2  69,727            ※2  54,271
        その他
        固定負債合計                              4,344,966              4,009,967
      負債合計                                7,644,599              7,229,585
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               310,000              310,000
        資本剰余金                                58,565              58,565
        利益剰余金                              1,113,636              1,346,072
                                       △ 4,026             △ 4,026
        自己株式
        株主資本合計                              1,478,175              1,710,610
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                △ 376             8,785
                                        14,574              10,462
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                14,197              19,248
      純資産合計                                1,492,373              1,729,858
     負債純資産合計                                 9,136,972              8,959,444
                                 82/175







                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               724,204
        受取手形、売掛金及び契約資産                               958,933
        商品及び製品                                40,139
        仕掛品                                93,387
        原材料及び貯蔵品                                18,064
        その他                               116,602
                                       △ 9,232
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,942,099
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             1,939,170
         機械装置及び運搬具(純額)                              349,856
         土地                             2,691,500
         リース資産(純額)                              500,256
         建設仮勘定                              420,327
                                        35,423
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             5,936,535
        無形固定資産
         リース資産                               39,972
                                        25,860
         その他
         無形固定資産合計                               65,833
        投資その他の資産
         投資有価証券                              358,704
         長期貸付金                               17,573
         繰延税金資産                              157,703
         保険積立金                              683,637
         その他                              104,883
                                       △ 1,601
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,320,902
        固定資産合計                              7,323,270
      資産合計                                9,265,370
                                 83/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※2  222,304
        支払手形及び買掛金
        短期借入金                               793,500
        1年内返済予定の長期借入金                               990,715
        リース債務                               194,097
        未払法人税等                                89,052
        賞与引当金                                63,782
                                      1,084,048
        その他
        流動負債合計                              3,437,500
      固定負債
        長期借入金                              2,773,642
        リース債務                               382,862
        役員退職慰労引当金                               292,403
        退職給付に係る負債                               250,784
        資産除去債務                                68,238
                                        38,164
        その他
        固定負債合計                              3,806,094
      負債合計                                7,243,595
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               310,000
        資本剰余金                                58,565
        利益剰余金                              1,647,182
                                       △ 4,026
        自己株式
        株主資本合計                              2,011,721
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                3,189
                                        6,864
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                10,053
      純資産合計                                2,021,774
     負債純資産合計                                 9,265,370
                                 84/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     売上高                                 7,763,557              7,694,241
                                      4,398,859              4,529,620
     売上原価
     売上総利益                                 3,364,698              3,164,620
                                  ※1 ,※2  2,819,333           ※1 ,※2  2,558,625
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  545,365              605,995
     営業外収益
      受取利息                                    65              197
      受取配当金                                  4,562              14,029
      持分法による投資利益                                 49,401              30,324
      補助金収入                                  6,549              8,589
      保険解約返戻金                                  9,494              7,202
                                        21,008              18,775
      その他
      営業外収益合計                                 91,082              79,117
     営業外費用
      支払利息                                 66,341              50,855
      社債発行費償却                                  2,207               563
                                        3,827              10,221
      その他
      営業外費用合計                                 72,375              61,640
     経常利益                                  564,071              623,472
     特別利益
                                      ※3  5,438           ※3  11,630
      固定資産売却益
      子会社株式売却益                                  1,346                ―
                                         283               ―
      その他
      特別利益合計                                  7,067              11,630
     特別損失
                                      ※4  4,231            ※4  1,548
      固定資産除却損
                                     ※5  93,725            ※5  15,445
      減損損失
                                        1,366               514
      その他
      特別損失合計                                 99,323              17,508
     税金等調整前当期純利益                                  471,815              617,594
     法人税、住民税及び事業税
                                       130,078              223,987
                                        13,170             △ 17,424
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  143,249              206,562
     当期純利益                                  328,566              411,031
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  328,566              411,031
                                 85/175







                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     当期純利益                                  328,566              411,031
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 5,649              9,162
                                        4,701             △ 4,112
      為替換算調整勘定
                                      ※  △  947           ※  5,050
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  327,618              416,082
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 327,618              416,082
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                 86/175
















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日
                                至 2021年12月31日)
     売上高                                 5,733,385
                                      3,157,133
     売上原価
     売上総利益                                 2,576,251
     販売費及び一般管理費                                 1,935,239
     営業利益                                  641,011
     営業外収益
      受取利息                                    73
      受取配当金                                 14,218
      受取保険金                                 15,474
      持分法による投資利益                                 24,673
                                        12,441
      その他
      営業外収益合計                                 66,882
     営業外費用
      支払利息                                 36,175
                                        3,027
      その他
      営業外費用合計                                 39,203
     経常利益                                  668,690
     特別利益
                                        20,190
      固定資産売却益
      特別利益合計                                 20,190
     特別損失
                                        2,114
      固定資産除却損
      特別損失合計                                  2,114
     税金等調整前四半期純利益                                  686,766
     法人税、住民税及び事業税
                                       192,238
                                        18,711
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  210,950
     四半期純利益                                  475,815
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  475,815
                                 87/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日
                                至 2021年12月31日)
     四半期純利益                                  475,815
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 5,595
                                       △ 3,598
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                 △ 9,194
     四半期包括利益                                  466,621
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 466,621
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -
                                 88/175
















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高               310,000         58,565        963,667         △ 4,026       1,328,205
    当期変動額
     剰余金の配当                              △ 178,596                △ 178,596
     親会社株主に帰属する
                                    328,566                 328,566
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 ―         ―      149,969           ―      149,969
    当期末残高               310,000         58,565       1,113,636         △ 4,026       1,478,175
                      その他の包括利益累計額

                 その他                 その他の
                                          純資産合計
                         為替換算
                 有価証券                 包括利益
                         調整勘定
                評価差額金                 累計額合計
    当期首残高                5,272         9,872        15,145       1,343,351
    当期変動額
     剰余金の配当                                       △ 178,596
     親会社株主に帰属する
                                             328,566
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                   △ 5,649         4,701         △ 947        △ 947
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               △ 5,649         4,701         △ 947       149,022
    当期末残高                △ 376       14,574         14,197       1,492,373
                                 89/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高               310,000         58,565       1,113,636         △ 4,026       1,478,175
    当期変動額
     剰余金の配当                              △ 178,596                △ 178,596
     親会社株主に帰属する
                                    411,031                 411,031
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 ―         ―      232,435           ―      232,435
    当期末残高               310,000         58,565       1,346,072         △ 4,026       1,710,610
                      その他の包括利益累計額

                 その他                 その他の
                                          純資産合計
                         為替換算
                 有価証券                 包括利益
                         調整勘定
                評価差額金                 累計額合計
    当期首残高                △ 376       14,574         14,197       1,492,373
    当期変動額
     剰余金の配当                                       △ 178,596
     親会社株主に帰属する
                                             411,031
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                    9,162        △ 4,112         5,050         5,050
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                9,162        △ 4,112         5,050        237,485
    当期末残高                8,785        10,462         19,248       1,729,858
                                 90/175












                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 471,815              617,594
      減価償却費                                 488,629              480,588
      減損損失                                 93,725              15,445
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  2,455               539
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 14,605              24,299
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 11,850              15,740
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 18,334              22,891
      受取利息及び受取配当金                                 △ 4,627             △ 14,226
      支払利息                                 66,341              50,855
      持分法による投資損益(△は益)                                △ 49,401             △ 30,324
      固定資産売却益                                 △ 5,438             △ 11,630
      固定資産除却損                                  4,231              1,548
      子会社株式売却損益(△は益)                                 △ 1,346                ―
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 98,450              80,383
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 74,260              74,685
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 221,180               49,570
                                       292,960             △ 168,766
      その他
      小計                                1,010,243              1,209,194
      利息及び配当金の受取額
                                        65,788              67,406
      利息の支払額                                △ 66,341             △ 50,394
      法人税等の支払額                                △ 49,909             △ 179,625
                                        51,366                164
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                1,011,147              1,046,745
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 393,548             △ 166,218
      有形固定資産の売却による収入                                  6,646              17,061
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 3,408             △ 21,208
      投資有価証券の取得による支出                                △ 49,809                ―
      投資有価証券の売却による収入                                    79              660
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                    ※2   △  35,313
                                                        ―
      る支出
      貸付けによる支出                                    ―           △ 15,000
      貸付金の回収による収入                                   936             1,239
                                         169             27,390
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 474,247             △ 156,076
                                 91/175







                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の増減額(△は減少)                                △ 364,701             △ 123,292
      長期借入れによる収入                                1,533,001               750,000
      長期借入金の返済による支出                               △ 1,043,356             △ 1,091,818
      社債の償還による支出                                △ 150,000              △ 55,000
      リース債務の返済による支出                                △ 318,443             △ 178,627
                                      △ 193,528             △ 178,596
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 537,027             △ 877,336
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   3,795             △ 5,641
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   3,666              7,690
     現金及び現金同等物の期首残高                                  535,179              538,846
                                     ※1  538,846            ※1  546,537
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 92/175















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
        全ての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         8社
        連結子会社の名称
         株式会社フィニティ
         あけぼのサービス有限会社
         FULUHASHI      CORPORATION(THAILAND)LTD.
         FULUHASHI      CORPORATION(VIETNAM)LTD.
         株式会社フルハシ環境総合研究所
         ASAP SECURITY株式会社
         株式会社iEPO
         EPOヒューマンリソース株式会社
          株式会社グリーンランド及びフルハシバイオ株式会社は2019年4月1日付で当社に吸収合併されたため、
         連結の範囲から除外しております。また、富来西国際貿易(上海)有限公司は売却に伴い、フルハシセントラ
         ル株式会社は清算に伴い、当連結会計年度より連結の範囲から除外しております。
      2 持分法の適用に関する事項

        持分法を適用した関連会社数
         2社
        会社等の名称
         ジャパンバイオエナジー株式会社
         ジャパンバイオエナジーホールディング株式会社
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、FULUHASHI               CORPORATION(THAILAND)LTD.、FULUHASHI                   CORPORATION(VIETNAM)LTD.の決算日は
       12月31日であります。また、当連結会計年度において、あけぼのサービス有限会社とEPOヒューマンリソース
       株式会社は、決算日を3月31日に変更し、連結決算日と同一となっております。なお、EPOヒューマンリソー
       ス株式会社の2019年1月1日から2019年3月31日までの3ヶ月分の損益については連結損益計算書を通して調整
       する方法を採用しており、当連結会計年度における会計期間は15ヶ月となっております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①有価証券
         その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移
          動平均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
        ②たな卸資産
         主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 93/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに
        2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次の通りであります。
         建物及び構築物   10~38年
         機械装置及び運搬具 6~8年
        ②無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ③リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ①貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
        は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上し
        ております。
        ③役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社及び一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都
        合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物等為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
        おります。
         なお、在外子会社等の資産及び負債は、在外子会社決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は、期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めておりま
        す。
       (6)  重要なヘッジ会計の方法

        ①ヘッジ会計の方法
         金利スワップ取引については、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段…金利スワップ
         ヘッジ対象…借入金
        ③ヘッジ方針
         市場金利の変動リスクを回避することを目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。
        ④ヘッジ有効性評価の方法
         金利スワップは特例処理の要件を満たしており、有効性の評価を省略しております。
                                 94/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 95/175


















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
        全ての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         8社
        連結子会社の名称
         株式会社フィニティ
         あけぼのサービス有限会社
         FULUHASHI      CORPORATION(THAILAND)LTD.
         FULUHASHI      CORPORATION(VIETNAM)LTD.
         株式会社フルハシ環境総合研究所
         ASAP SECURITY株式会社
         株式会社iEPO
         EPOヒューマンリソース株式会社
      2 持分法の適用に関する事項

        (1)  持分法を適用した関連会社数
          2社
          会社等の名称
           ジャパンバイオエナジー株式会社
           ジャパンバイオエナジーホールディング株式会社
        (2)  持分法の適用の手続について特に記載する必要があると認められる事項
          ジャパンバイオエナジー株式会社とジャパンバイオエナジーホールディング株式会社は決算日を12月31日
         に変更し、連結財務諸表の作成に当たっては12月31日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決
         算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整を行っております。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、FULUHASHI              CORPORATION(THAILAND)LTD.及びFULUHASHI                    CORPORATION(VIETNAM)LTD.の決算日
       は12月31日であり、         連結財務諸表の作成に当たっては12月31日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連
       結決算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整を行っております。                                       また、その他の国内連結子
       会社6社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①有価証券
         その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移
          動平均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
        ②たな卸資産
         主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 96/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに
        2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次の通りであります。
         建物及び構築物             10~38年
         機械装置及び運搬具           6~8年
        ②無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ③リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ①貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
        は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上し
        ております。
        ③役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社及び一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都
        合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物等為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
        おります。
         なお、在外子会社等の資産及び負債は、在外子会社決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は、期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めておりま
        す。
       (6)  重要なヘッジ会計の方法

        ①ヘッジ会計の方法
         金利スワップ取引については、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段…金利スワップ
         ヘッジ対象…借入金
        ③ヘッジ方針
         市場金利の変動リスクを回避することを目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。
        ④ヘッジ有効性評価の方法
         金利スワップは特例処理の要件を満たしており、有効性の評価を省略しております。
                                 97/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 98/175


















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な会計上の見積り)
     1 固定資産の減損損失
      ①当連結会計年度の財務諸表に計上した金額
       有形固定資産  5,614,705千円
       無形固定資産               86,047千円
      ②識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
        固定資産のうち減損の兆候があると認められる資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループか
       ら得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減
       額し、当該減少額を減損損失として計上しております。将来キャッシュ・フローは、計画策定時における合理的
       な情報等を基礎として策定された事業計画に基づいております。
        経営環境等、事業計画の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、将来キャッシュ・フローが減少すること
       によって減損処理を認識する必要が生じ、翌連結会計年度の連結財務諸表において固定資産の金額に重要な影響
       を与える可能性があります。
     2 繰延税金資産の回収可能性

      ①当連結会計年度の財務諸表に計上した金額
       繰延税金資産  173,903千円
      ②識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
        将来の課税所得が十分に確保できることや回収可能性があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資
       産を計上しております。
        計画策定時における合理的な情報等を基礎として将来の事業計画を策定しておりますが、その見積りの前提と
       した条件や仮定に変更が生じた場合、あるいは法制度の変更によって回収可能性が十分ではないと判断した場
       合、繰延税金資産を減額する必要があり、翌連結会計年度の連結財務諸表において繰延税金資産の金額に重要な
       影響を与える可能性があります。
                                 99/175












                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前連結会計年度       (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
     (1)   概要
      収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)   適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響

      影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
    ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)   概要
       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下、「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
      ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
      項が定められました。
     (2)   適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響

      影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
    ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号                                            2020年3月31日        企業会

    計基準委員会)
     (1)   概要
       「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の充実に
      ついて検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行い、会計方針の開
      示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
       なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の
      充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影響を及ぼさないた
      めに、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
     (2)   適用予定日

      2021年3月期の年度末より適用予定であります。
                                100/175


                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日)
     (1)   概要
      収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)   適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」               等の適用により、翌連結会計年度の期首の純資産に累積的影響額が反映され、利
      益剰余金の期首残高が、3百万円増加すると見込まれます。この他、主な影響として、顧客から受け取る対価の総
      額を売上高として認識していた取引のうち顧客への商品等の提供における当社の役割が代理人に該当する取引につ
      いては、顧客から受け取る対価から商品等の仕入先に支払う額を控除した純額で売上高を認識する方法に変更する
      ため、売上高と売上原価が450百万円減少すると見込まれます。
    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
    ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)   概要
       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下、「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
      ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
      項が定められました。
     (2)   適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響

      連結財務諸表に与える影響はありません。
                                101/175





                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (表示方法の変更)
     「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                                2020年3月31日)を当連結会計年度の年度末に係
    る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
     ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係
    る内容については記載しておりません。
       (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
       当連結会計年度の連結財務諸表の作成に当たり、新型コロナウイルス感染症の影響が当面の間継続するものと仮
      定し、会計上の見積りを検討しておりますが、現時点において当社グループへ重要な影響を与えるものではないと
      判断しております。
       しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は不確定要素が多く、感染拡大の状況や経済環
      境等が変化した場合には、当社グループの財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                102/175















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
    ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次の通りであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        投資有価証券(株式)                        149,944千円                 127,090千円
    ※2 担保資産及び担保付債務

      担保に供している資産及び担保付債務は次の通りであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        建物及び構築物                        717,873千円                 696,039千円
                               2,451,185     〃           2,451,185     〃
        土地
        計                       3,169,058千円                 3,147,225千円
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        短期借入金                        430,000千円                 320,000千円
                                848,915    〃             850,762    〃
        1年内返済予定の長期借入金
                                 16,557    〃             16,557    〃
        流動負債のその他(未払金)
                               2,814,070     〃           2,622,388     〃
        長期借入金
                                 66,228    〃             49,671    〃
        固定負債のその他(長期未払金)
        計                       4,175,770千円                 3,859,378千円
     3 保証債務

      連結会社以外の会社の金融機関等からの借入金に対して、次の通り債務保証を行っております。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
        CEPO半田バイオマス発電㈱                       1,918,000千円                 1,634,780千円
                                 73,320    〃             48,360    〃
        川崎バイオマス発電㈱
        計                       1,991,320千円                 1,683,140千円
                                103/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
    ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次の通りであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自  2019年4月1日               (自  2020年4月1日
                             至  2020年3月31日)               至  2021年3月31日)
        運賃及び荷造費                        734,143    千円             765,574    千円
        役員報酬                        240,186    〃             269,033    〃
        給料及び手当                        513,435    〃             545,604    〃
        貸倒引当金繰入額                         20,905    〃              2,851   〃
        賞与引当金繰入額                         44,029    〃             52,822    〃
        役員退職慰労引当金繰入額                         11,200    〃             14,020    〃
        退職給付費用                         14,393    〃             16,590    〃
        賃借料                        296,784    〃             84,860    〃
    ※2    一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は、次の通りであります。

                前連結会計年度                          当連結会計年度

               (自  2019年4月1日                        (自  2020年4月1日
                至   2020年3月31日)                        至   2021年3月31日)
                   47,868   千円                       32,196   千円
    ※3    固定資産売却益の内容は、次の通りであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自  2019年4月1日               (自  2020年4月1日
                             至  2020年3月31日)               至  2021年3月31日)
        建物及び構築物                           ―千円                124千円
                                 5,438   〃             11,506    〃
        機械装置及び運搬具
        計                         5,438千円                11,630千円
    ※4    固定資産除却損の内容は、次の通りであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自  2019年4月1日               (自  2020年4月1日
                             至  2020年3月31日)               至  2021年3月31日)
        建物及び構築物                         3,057千円                  136千円
                                  955  〃              1,153   〃
        機械装置及び運搬具
                                  218  〃               183  〃
        その他(工具、器具及び備品)
                                   ―  〃               74  〃
        その他(ソフトウェア)
        計                         4,231千円                 1,548千円
                                104/175







                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    ※5 減損損失
      当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          場所              用途              種類           減損損失(千円)
                                建物及び構築物                       56,703
    静岡第一工場(掛川)              バイオマテリアル事業資産              機械装置及び運搬具                       16,993
                                その他                         209
    愛知第四工場(武豊)              バイオマテリアル事業資産              機械装置及び運搬具                        1,888
                                建物及び構築物                       17,696
    セントレア事業所              環境物流事業資産
                                機械装置及び運搬具                         233
     当社グループはキャッシュ・フローを生み出す最小単位として工場、事業所ごとに資産のグルーピングを行っており
    ます。
     事業資産については、経営環境の変化により将来キャッシュ・フローの見積期間にわたって回収可能性が認められな
    くなったため、帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。なお、回収可能価額は、正味売却価額により測定して
    おり、正味売却価額については、売却や他への転用が困難であるため零評価しております。
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          場所              用途              種類           減損損失(千円)
    ㈱フィニティ営業2課                                                   12,973
                                建物及び構築物
                  環境物流事業資産
                                その他
    (愛知県飛島村)                                                    335
    FULUHASHI     CORPORATION
                                建物及び構築物                         216
                  環境物流事業資産
                                機械装置及び運搬具                        1,920
    (VIETNAM)LTD.
     当社グループはキャッシュ・フローを生み出す最小単位として工場、事業所ごとに資産のグルーピングを行っており
    ます。
     事業資産については、経営環境の変化により将来キャッシュ・フローの見積期間にわたって回収可能性が認められな
    くなったため、帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。なお、回収可能価額は、正味売却価額により測定して
    おり、正味売却価額については、売却や他への転用が困難であるため零評価しております。
                                105/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                       (千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額                          △8,128                 13,243
                                     2               △41
         組替調整額
          税効果調整前
                                  △8,125                 13,202
                                   2,476                △4,039
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                          △5,649                  9,162
        為替換算調整勘定
         当期発生額                          6,204                △4,112
                                  △1,502                   ―
         組替調整額
          税効果調整前
                                   4,701                △4,112
                                    ―                 ―
          税効果額
          為替換勘定調整額                         4,701                △4,112
               その他の包括利益合計                    △947                 5,050
                                106/175














                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                4,480,000               ―           ―       4,480,000
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                  15,080             ―           ―         15,080
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
    2019年6月25日
                普通株式            89,298          20.00    2019年3月31日         2019年6月26日
    定時株主総会
    2019年11月14日
                普通株式            89,298          20.00    2019年9月30日         2019年11月18日
    取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2020年6月29日
              普通株式      利益剰余金         89,298        20.00    2020年3月31日         2020年6月30日
    定時株主総会
                                107/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                4,480,000               ―           ―       4,480,000
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                  15,080             ―           ―         15,080
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
    2020年6月29日
                普通株式            89,298          20.00    2020年3月31日         2020年6月30日
    定時株主総会
    2020年11月19日
                普通株式            89,298          20.00    2020年9月30日         2020年11月20日
    取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2021年6月28日
              普通株式      利益剰余金         89,298        20.00    2021年3月31日         2021年6月29日
    定時株主総会
                                108/175












                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次の通りでありま
      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
        現金及び預金                         788,549千円                 768,850千円
                               △249,703     〃            △222,313     〃
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金
        現金及び現金同等物                         538,846千円                 546,537千円
    ※2 株式の売却により連結子会社でなくなった会社の資産及び負債の主な内訳

      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       株式の売却により、富来西国際貿易(上海)有限公司が連結子会社ではなくなったことに伴う売却時の資産及び
      負債の内訳並びに株式の売却価額と売却による支出は次の通りであります。
        流動資産                          5,695千円

                                   180  〃
        固定資産
                                △39,527     〃
        流動負債
                                △1,502    〃
        為替換算調整勘定
                                 35,000    〃
        関係会社整理損
                                △1,191    〃
        未実現利益
                                  1,346   〃
        株式の売却益
         株式の売却価額
                                    0千円
                                △35,313     〃
        現金及び現金同等物
         差引:売却による支出                       △35,313千円
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

       該当事項はありません。
     3 重要な非資金取引の内容

      ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、次の通りであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
        ファイナンス・リース取引に係る
                                 164,374千円                 127,132千円
        資産及び債務の額
                                109/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組み方針
         当社グループは設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。また、短期的
        な運転資金を銀行借入により調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用して
        おり、投機的な取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク
         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証券は主として業
        務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
         営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。借入金、社債及びファイナンス・
        リース取引に係るリース債務は、主として設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
         デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引で
        あります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等に
        ついては、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4 会計方針に関する事項(5)重要なヘッ
        ジ会計の方法」をご参照ください。
      (3 ) 金融商品に係るリスク管理体制
       ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社グループは、与信管理規程に従い、各事業部門における営業部が主要な取引先の状況を定期的にモニ                                                  タ
        リングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握
        や軽減を図っております。
       ②市場リスクの管理
         当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップを利用しております。
         投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況を把握し、市況や取引先企業                                                  と
        の関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
       ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         各部門からの報告に基づき担当部門が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持                                                  等
        により流動性リスクを管理しております                  。
      (4 ) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
        まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
        とにより、当該価額が変動することもあります。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ
        取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありま
        せん。
                                110/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                              788,549            788,549               ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                             1,025,444            1,025,444                ―
    (3)  投資有価証券
       その他有価証券                       37,799            37,799              ―
           資産計                  1,851,794            1,851,794                ―
    (1)  支払手形及び買掛金
                              144,054            144,054               ―
    (2)  短期借入金
                              557,000            557,000               ―
    (3)  未払法人税等
                              127,576            127,576               ―
    (4)  社債(※1)
                              65,000            64,946             △53
    (5)  長期借入金(※1)
                             4,335,157            4,346,862              11,705
    (6)  リース債務(※1)
                              582,501            569,047            △13,453
           負債計                  5,811,290            5,809,488             △1,802
     (※1)    社債、長期借入金、リース債務の連結貸借対照表計上額及び時価については、それぞれ1年内償還予定の社
        債、1年内返済予定の長期借入金、1年内返済予定のリース債務を含めております。
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資 産
       (1)現金及び預金、並びに(2)受取手形及び売掛金
        これらは全て短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
       (3)投資有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
     負 債

       (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、並びに(3)未払法人税等
        これらは全て短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (4)社債、(5)長期借入金、並びに(6)リース債務
        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の社債の発行、借入又は、リース取引を行った場合
        に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
     デリバティブ取引

        「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区分          連結貸借対照表計上額
        非上場株式               332,894
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
      券」には含めておりません。なお、上記金額には関連会社に対する株式を149,944千円含めて記載しております。
    (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内        10年以内
                                (千円)                       (千円)
                                        (千円)        (千円)
    現金及び預金                            788,549          ―       ―       ―
    受取手形及び売掛金                           1,025,444           ―       ―       ―
                合計                1,813,994           ―       ―       ―
                                111/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注4)    社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                        1年超       2年超       3年超       4年超
                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                     (千円)
                         (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
    短期借入金              557,000          ―       ―       ―       ―       ―
    社債              55,000       10,000         ―       ―       ―       ―
    長期借入金             1,012,531        828,797       681,597       489,309       356,903       966,018
    リース債務              184,023       138,299       130,745        97,824       31,609         ―
        合計         1,808,555        977,096       812,342       587,133       388,512       966,018
                                112/175

















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組み方針
         当社グループは設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。また、短期的
        な運転資金を銀行借入により調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用して
        おり、投機的な取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク
         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証券は主として業
        務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
         営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。借入金、社債及びファイナンス・
        リース取引に係るリース債務は、主として設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
         デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引で
        あります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等に
        ついては、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4 会計方針に関する事項(5)重要なヘッ
        ジ会計の方法」をご参照ください。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制
       ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社グループは、与信管理規程に従い、各事業部門における営業部が主要な取引先の状況を定期的にモニ                                                  タ
        リングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握
        や軽減を図っております。
       ②市場リスクの管理
         当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップを利用しております。
         投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況を把握し、市況や取引先企業                                                  と
        の関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
       ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         各部門からの報告に基づき担当部門が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持                                                  等
        により流動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
        まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
        とにより、当該価額が変動することもあります。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ
        取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありま
        せん。
                                113/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                              768,850            768,850               ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                              944,126            944,126               ―
    (3)  投資有価証券
       その他有価証券                       50,297            50,297              ―
           資産計                  1,763,273            1,763,273                ―
    (1)  支払手形及び買掛金
                              193,134            193,134               ―
    (2)  短期借入金
                              430,000            430,000               ―
    (3)  未払法人税等
                              177,712            177,712               ―
    (4)  社債(※1)
                              10,000             9,997             △2
    (5)  長期借入金(※1)
                             3,990,714            3,998,817              8,102
    (6)  リース債務(※1)
                              531,005            528,489            △2,515
           負債計                  5,332,566            5,338,151              5,584
     (※1)    社債、長期借入金、リース債務の連結貸借対照表計上額及び時価については、それぞれ1年内償還予定の社
        債、1年内返済予定の長期借入金、1年内返済予定のリース債務を含めております。
    (注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資 産
       (1)現金及び預金、並びに(2)受取手形及び売掛金
        これらは全て短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
       (3)投資有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
     負 債

       (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、並びに(3)未払法人税等
        これらは全て短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (4)社債、(5)長期借入金、並びに(6)リース債務
        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の社債の発行、借入又は、リース取引を行った場合
        に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
     デリバティブ取引

        「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区分          連結貸借対照表計上額
        非上場株式               310,040
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
      券」には含めておりません。なお、上記金額には関連会社に対する株式を127,090千円含めて記載しております。
    (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内        10年以内
                                (千円)                       (千円)
                                        (千円)        (千円)
    現金及び預金                            768,850          ―       ―       ―
    受取手形及び売掛金                            944,126          ―       ―       ―
                合計                1,712,976           ―       ―       ―
                                114/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注4)    社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                        1年超       2年超       3年超       4年超

                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                     (千円)
                         (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
    短期借入金              430,000          ―       ―       ―       ―       ―
    社債              10,000         ―       ―       ―       ―       ―
    長期借入金              981,362       834,376       642,267       508,570       245,416       778,722
    リース債務              167,866       161,074       129,433        59,468       13,162         ―
        合計         1,589,229        995,450       771,701       568,038       258,578       778,722
                                115/175

















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1 その他有価証券
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                          10,660             6,411            4,248
     債券                            ―            ―            ―

     その他                            ―            ―            ―

            小計                   10,660             6,411            4,248

    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                          27,139            31,930            △4,790
     債券                            ―            ―            ―

     その他                            ―            ―            ―

            小計                   27,139            31,930            △4,790

            合計                   37,799            38,342             △542

     (注)   非上場株式(連結貸借対照表計上額 182,950千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
       困難と認められることから、上記の「その他有価証券」には含めておりません。
    2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

                       売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
          区分
                       (千円)              (千円)              (千円)
     株式                         79              ―              3
     債券                         ―              ―              ―

     その他                         ―              ―              ―

          合計                    79              ―              3

                                116/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1 その他有価証券
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                          48,407            35,210            13,196
     債券                            ―            ―            ―

     その他                            ―            ―            ―

            小計                   48,407            35,210            13,196

    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                           1,890            2,427            △537
     債券                            ―            ―            ―

     その他                            ―            ―            ―

            小計                   1,890            2,427            △537

            合計                   50,297            37,637            12,659

     (注)   非上場株式(連結貸借対照表計上額182,950千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
       難と認められることから、上記の「その他有価証券」には含めておりません。
    2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

                       売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
          区分
                       (千円)              (千円)              (千円)
     株式                         660              ―              44
     債券                         ―              ―              ―

     その他                         ―              ―              ―

          合計                    660              ―              44

                                117/175









                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (デリバティブ取引関係)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      金利関連
                                          契約額等のうち
     ヘッジ会計         デリバティブ                    契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                    1年超
      の方法        取引の種類等                     (千円)                 (千円)
                                            (千円)
             金利スワップ取引
    金利スワップの
                         長期借入金
    特例処理
              支払固定・
                                     530,000         113,032         (注)
              受取変動
    (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
       その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

      ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      金利関連
                                          契約額等のうち
     ヘッジ会計         デリバティブ                    契約額等                  時価
                        主なヘッジ対象                    1年超
      の方法        取引の種類等                     (千円)                 (千円)
                                            (千円)
             金利スワップ取引
    金利スワップの
                         長期借入金
    特例処理
              支払固定・
                                     130,000         103,336         (注)
              受取変動
    (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
       その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                118/175












                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
      前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1 採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の連結子会社は、退職一時金制度を設けております。
        なお、当社及び一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付
       費用を計算しております。
      2 簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                          190,987千円

                                    28,753    〃
          退職給付費用
                                   △10,418     〃
          退職給付の支払額
         退職給付に係る負債の期末残高                          209,322千円
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

        る資産の調整表
         非積立型制度の退職給付債務                          209,322千円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          209,322千円
         退職給付に係る負債                          209,322千円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          209,322千円
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                           28,753千円
                                119/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1 採用している退職給付制度の概要
        当社及び一部の連結子会社は、退職一時金制度を設けております。
        なお、当社及び一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付
       費用を計算しております。
      2 簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                          209,322    千円

                                    39,630    〃
          退職給付費用
          退職給付の支払額                          △16,738 〃
                                      48  〃
          為替換算差額
         退職給付に係る負債の期末残高                          232,262千円
       (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

        る資産の調整表
         非積立型制度の退職給付債務                          232,262千円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          232,262千円
         退職給付に係る負債                          232,262千円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          232,262千円
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                           39,630千円
                                120/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前連結会計年度(2020年3月31日)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        税務上の繰越欠損金(注)                                29,082千円
                                       64,374    〃
        退職給付に係る負債
                                       30,594    〃
        賞与引当金
                                        4,778   〃
        未払社会保険料
                                        8,360   〃
        未払事業税等
                                       82,101    〃
        役員退職慰労引当金
                                        4,467   〃
        減価償却超過額
                                       30,216    〃
        減損損失
                                       21,038    〃
        資産除去債務
                                       14,054    〃
        その他
        繰延税金資産小計                                289,067千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)                               △23,588     〃
                                      △84,933     〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                      △108,521     〃
        評価性引当額小計
       繰延税金資産合計                                180,545千円
       繰延税金負債

        資産除去債務に対応する除去費用                               △19,402千円
                                        △606   〃
        その他
       繰延税金負債合計                               △20,009千円
       繰延税金資産純額                                160,536千円
      (注) 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

                       1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                              5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
         税務上の繰越          3,187      2,009       547     2,022     13,617      7,699     29,082千円
         欠損金(a)
         評価性引当額         △3,187      △2,009       △547     △2,022      △8,122      △7,699      △23,588〃
         繰延税金資産            ―      ―      ―      ―    5,494       ―   (b)5,494〃
          (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          (b)税務上の繰越欠損金29,082千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産5,494千円を計上し
            ております。当該繰延税金資産5,494千円は、連結子会社株式会社フルハシ環境総合研究所における税
            務上の繰越欠損金について認識したものであります。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損
            金は、将来の課税所得の見込みにより回収可能と判断し、評価性引当額を認識しておりません。
                                121/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                  30.60%

       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                  1.98%
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 △0.22%
       住民税均等割                                  1.35%
       評価性引当額の増減                                  2.36%
       売却子会社の留保利益                                 △3.76%
       持分法による投資損益                                 △3.20   %
                                         1.26%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  30.36%
                                122/175
















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(2021年3月31日)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        税務上の繰越欠損金(注)                                28,372千円
                                       70,956    〃
        退職給付に係る負債
                                       38,884    〃
        賞与引当金
                                        5,507   〃
        未払社会保険料
                                       11,004    〃
        未払事業税等
                                       87,053    〃
        役員退職慰労引当金
                                        7,471   〃
        減価償却超過額
                                       29,758    〃
        減損損失
                                       21,161    〃
        資産除去債務
                                       10,652    〃
        その他
        繰延税金資産小計                                310,823千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)                               △23,889     〃
                                      △90,577     〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                      △114,467     〃
        評価性引当額小計
       繰延税金資産合計                                196,356千円
       繰延税金負債

        資産除去債務に対応する除去費用                               △18,579千円
                                       △3,873    〃
        その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                               △22,452千円
       繰延税金資産純額                                173,903千円
      (注) 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

                       1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                              5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
         税務上の繰越          2,009       547     2,022     11,892      2,822      9,079     28,372千円
         欠損金(a)
         評価性引当額         △1,295       △547     △2,022      △8,122      △2,822      △9,079      △23,889〃
         繰延税金資産           713      ―      ―    3,769       ―      ―   (b)4,482〃
          (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          (b)税務上の繰越欠損金28,372千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産4,482千円を計上し
            ております。当該繰延税金資産4,482千円は、連結子会社株式会社フルハシ環境総合研究所における税
            務上の繰越欠損金、及びFULUHASHI                 CORPORATION(VIETNAM)LTD.における税務上の繰越欠損金の一部
            について認識したものであります。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損金は、将来の課税
            所得の見込みにより回収可能と判断し、評価性引当額を認識しておりません。
                                123/175






                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                  30.60%

       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.75%
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 △0.25%
       住民税均等割                                  0.99%
       留保金課税                                  1.36%
       評価性引当額の増減                                  0.89%
       持分法による投資損益                                 △1.50%
                                         0.60%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  33.45%
                                124/175
















                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
    前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     共通支配下の取引等
     (1)  取引の概要
       ① 結合当事企業の名称及びその事業の内容
        名称  株式会社グリーンランド
            フルハシバイオ株式会社
        事業の内容  木質リサイクルチップの製造及び販売、産業廃棄物処理業
       ② 企業結合日
        2019年4月1日
       ③企業結合の法的形式
        当社を存続会社、株式会社グリーンランド、フルハシバイオ株式会社を消滅会社とする吸収合併であります。
       ④結合後企業の名称
        フルハシEPO株式会社
       ⑤その他取引の概要に関する事項
         当社と株式会社グリーンランド、フルハシバイオ株式会社との合併により、バイオマテリアル事業の規模の
        拡大と間接業務の一体的運用による効率化を図り、バイオマテリアル事業の競争力を高めることを目的として
        おります。なお、本合併は、当社の100%子会社との吸収合併であるため、合併に際して株式の割当、その他金
        銭の交付は行っておりません。   
     (2)  実施した会計処理の概要

       「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、
       共通支配下の取引として処理しております。
    当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     該当事項はありません。
                                125/175











                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 報告セグメントの概要
      (1)  報告セグメントの決定方法
        当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
       締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
       ます。
        当社グループは、バイオマテリアル事業、資源循環事業、環境物流事業の単位で組織が構成されており、各事
       業単位で包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        したがって、「バイオマテリアル事業」、「資源循環事業」及び「環境物流事業」の3つを報告セグメントと
       しております。
      (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

        「バイオマテリアル事業」は、木質系廃材のリサイクル処理の受託、木質リサイクルチップ(原料チップ、燃
       料チップ)の製造及び販売を行っております。「資源循環事業」は、建設副産物のリサイクル処理の受託及び建
       設副産物のリサイクル製品の製造販売を行っております。「環境物流事業」は、木製パレット等の物流機器の国
       内外への製造、販売及び修理を行っております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
       おける記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、経常利益ベースの数値であります。セグメント間
       の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額に関する情報

                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                 調整額     連結財務諸
                                     その他
                                           合計    (注)2,      表計上額
              バイオマテ      資源循環      環境物流
                                     (注)1
                                 計
                                                  4    (注)3
              リアル事業       事業      事業
    売上高
    外部顧客への
              5,292,469      1,297,932       618,312     7,208,714       554,843     7,763,557         -  7,763,557
    売上高
    セグメント間の
    内部売上高又は            80,716      26,129      5,666     112,512      285,242      397,754     △ 397,754        -
    振替高
        計      5,373,185      1,324,062       623,978     7,321,226       840,085     8,161,312      △ 397,754     7,763,557
    セグメント利益又
               702,064      76,358     △ 34,915     743,508     △ 21,022     722,485     △ 158,413      564,071
    は損失(△)
    その他の項目
     減価償却費           378,211      44,335      4,727     427,274      17,718     444,992      43,636     488,629
     受取利息             527      156      13     697      31     729     △ 663      65
     支払利息            47,004      11,792      5,203     64,000      3,004     67,005      △ 663    66,341
     持分法投資利益            49,401        -      -    49,401        -    49,401        -    49,401
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、解体工事、環境コンサル 
         ティング、セキュリティ等を含んでおります。
       2.セグメント利益又は損失(△)、受取利息及び支払利息の調整額は、セグメント間取引消去であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
       4.減価償却費の調整額には、セグメント間減価償却費△890千円、各報告セグメントに配分していない全社減
         価償却費44,527千円が含まれております。
       5.セグメント資産及びセグメント負債は、事業セグメントに配分していないため、記載しておりません。
                                126/175



                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     1 報告セグメントの概要
      (1)  報告セグメントの決定方法
        当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
       締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
       ます。
        当社グループは、バイオマテリアル事業、資源循環事業、環境物流事業の単位で組織が構成されており、各事
       業単位で包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        したがって、「バイオマテリアル事業」、「資源循環事業」及び「環境物流事業」の3つを報告セグメントと
       しております。
      (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

        「バイオマテリアル事業」は、木質系廃材のリサイクル処理の受託、木質リサイクルチップ(原料チップ、燃
       料チップ)の製造及び販売を行っております。「資源循環事業」は、建設副産物のリサイクル処理の受託及び建
       設副産物のリサイクル製品の製造販売を行っております。「環境物流事業」は、木製パレット等の物流機器の国
       内外への製造、販売及び修理を行っております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
       おける記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、経常利益ベースの数値であります。セグメント間
       の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額に関する情報

                                                   (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                調整額     連結財務諸
                                     その他
                                           合計    (注)2,      表計上額
              バイオマテ      資源循環      環境物流
                                     (注)1
                                 計
                                                 4    (注)3
              リアル事業       事業      事業
    売上高
    外部顧客への
              5,453,565     1,442,519       631,826     7,527,911       166,329     7,694,241         -  7,694,241
    売上高
    セグメント間の
    内部売上高又は            64,688     10,105      19,610      94,404     287,112      381,516     △ 381,516        -
    振替高
        計      5,518,253     1,452,624       651,437     7,622,315       453,442     8,075,757      △ 381,516     7,694,241
    セグメント利益又
               671,753     108,258     △ 35,216     744,795     △ 42,800     701,994     △ 78,522     623,472
    は損失(△)
    その他の項目
     減価償却費           381,863      42,080      2,111     426,055      11,257     437,312      43,275     480,588
     受取利息             448     157      99     705       5     711     △ 513      197
     支払利息            37,652      9,157      3,780     50,590       778    51,369      △ 513    50,855
     持分法投資利益            30,324        -      -    30,324        -    30,324        -    30,324
     (注)   1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、解体工事、環境コンサル
         ティング、セキュリティ等を含んでおります。
       2.セグメント利益又は損失(△)、受取利息及び支払利息の調整額は、セグメント間取引消去であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
       4.減価償却費の調整額には、セグメント間減価償却費△1,325千円、各報告セグメントに配分していない全社
         減価償却費44,601千円が含まれております。
       5.セグメント資産及びセグメント負債は、事業セグメントに配分していないため、記載しておりません。
                                127/175




                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連情報】
     前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため記載はありません。
     当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

     1 製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                   売上高            関連するセグメント名
      CEPO半田バイオマス発電株式会社                          1,138,418      バイオマテリアル事業及びその他事業
                                128/175













                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                     報告セグメント
                                       その他     全社・消去        合計
             バイオマテ       資源循環      環境物流
                                  計
             リアル事業        事業      事業
      減損損失        75,795        -    17,930      93,725        -      -    93,725
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                     報告セグメント
                                       その他     全社・消去        合計
             バイオマテ       資源循環      環境物流
                                  計
             リアル事業        事業      事業
      減損損失          -      -    15,445      15,445        -      -    15,445
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

        該当事項はありません。
                                129/175










                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1 関連当事者との取引
      該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      重要な関連会社の要約財務情報
       当連結会計年度において、重要な関連会社はジャパンバイオエナジー株式会社、ジャパンバイオエナジーホール
      ディング株式会社であり、その要約財務情報は以下の通りであります。
                                     (単位:千円)
                                 ジャパンバイオ
                    ジャパンバイオ
                               エナジーホールディング
                    エナジー株式会社
                                   株式会社
       流動資産合計                   334,840             34,024
       固定資産合計                   445,956             51,500
       流動負債合計                   104,557               ―

       固定負債合計                   84,306               ―
       純資産合計                   591,932             85,524

       売上高                   794,188               ―

       税引前当期純利益                   370,666             164,614
       当期純利益                   247,625             164,434
       当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1 関連当事者との取引
      該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                130/175








                                                          EDINET提出書類
                                                    フルハシEPO株式会社(E37560)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
    1株当たり純資産額                                334.24                  387.43
    1株当たり当期純利益金額                                 73.59                  92.06

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                項目                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日