株式会社ダイフク 四半期報告書 第106期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第106期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ダイフク
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2022年2月7日

    【四半期会計期間】                   第106期第3四半期(自 2021年10月1日 至 2021年12月31日)

    【会社名】                   株式会社ダイフク

    【英訳名】                   DAIFUKU CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 下 代  博

    【本店の所在の場所】                   大阪市西淀川区御幣島3丁目2番11号

    【電話番号】                   大阪(06)6472-1261(大代表)

    【事務連絡者氏名】                   執行役員財経本部長 日 比 徹 也

    【最寄りの連絡場所】                   東京都港区海岸1丁目2番3号(汐留芝離宮ビルディング)

    【電話番号】                   東京(03)6721-3501(代表)

    【事務連絡者氏名】                   コーポレートコミュニケーション本部 本部長 大 岩 明 彦

    【縦覧に供する場所】                   株式会社ダイフク 東京本社

                        (東京都港区海岸1丁目2番3号(汐留芝離宮ビルディング))
                      株式会社ダイフク 名古屋支店

                        (愛知県小牧市小牧原4丁目103番地)
                      株式会社ダイフク 藤沢支店

                        (神奈川県藤沢市菖蒲沢28)
                      株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/26






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第105期          第106期

               回次               第3四半期          第3四半期           第105期
                              連結累計期間          連結累計期間
                             自   2020年4月1日         自   2021年4月1日         自   2020年4月1日
              会計期間
                             至   2020年12月31日         至   2021年12月31日         至   2021年3月31日
    売上高                  (百万円)           346,770          369,480          473,902
    経常利益                  (百万円)           30,937          33,940          45,846

    親会社株主に帰属する
                      (百万円)           22,084          23,855          32,390
    四半期(当期)純利益
    四半期包括利益又は包括利益                  (百万円)           21,550          30,573          33,345
    純資産額                  (百万円)           250,124          281,889          262,012

    総資産額                  (百万円)           439,873          475,413          445,456

    1株当たり四半期(当期)純利益                    (円)         175.33          189.30          257.13

    自己資本比率                    (%)          55.8          58.1          57.7

    営業活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           27,218          37,075          38,229

    投資活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           △ 5,868         △ 6,516         △ 6,132

    財務活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)            5,874         △ 17,482          △ 8,932

    現金及び現金同等物の
                      (百万円)           96,878          110,281           94,079
    四半期末(期末)残高
                               第105期          第106期

               回次               第3四半期          第3四半期
                              連結会計期間          連結会計期間
                             自   2020年10月1日         自   2021年10月1日
              会計期間
                             至   2020年12月31日         至   2021年12月31日
    1株当たり四半期純利益                    (円)          58.36          78.85
     (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して

         いません。
       2   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載していませ
         ん。
       3   「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期
         首から適用しており、当第3四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適
         用した後の指標等となっています。
    2  【事業の内容】

     当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容に重要な変更はあ
    りません。
                                 2/26





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動または前事
     業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について、重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
     断したものです。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       当第3四半期連結累計期間(2021年4月1日~12月31日)における世界の経済は、新型コロナウイルス感染症拡
      大による経済活動の停滞から持ち直し、米国や欧州といった一部の国において回復が続いたものの、感染力が非常
      に強い新たな変異株が確認されたことにより、予断を許さない状況が続きました。
       わが国においては、ワクチン接種の進展に伴って経済活動の正常化に向けた動きが本格化する中で変異株による
      感染の再拡大が危惧され、先行き不透明な状況が続きました。加えて、原材料費の高騰、部材の調達難、一部地域
      における人件費の上昇などのリスクが顕在化しました。特に半導体をはじめとする部品不足により、今後、生産や
      工事の一部に遅れが出ることが懸念されます。
       このような経済・事業環境のもと、当第3四半期連結累計期間の受注は、新型コロナウイルス感染症の影響によ
      り一時商談等が停滞した前年同期から国内を中心に大きく回復しました。特に第3四半期連結会計期間の受注は、
      3カ月間の数字として過去最高(1,741億71百万円)となりました。売上は、豊富な前期末受注残高をベースに前年
      同期を上回る水準で推移しました。
       この結果、     受注高は4,414億39百万円            (前年同期比      30.3%増    )、  売上高は3,694億80百万円            (同  6.5%増    )となり、
      第3四半期連結累計期間としては受注高・売上高ともに過去最高となりました。
       利益面では、追加コストを計上した自動車生産ライン向けシステムを除き、売上増と着実な利益率改善により、
      各システムとも順調に推移しました。
       この結果、     営業利益は329億93百万円            (同  9.7%増    )、  経常利益は339億40百万円            (同  9.7%増    )、  親会社株主に帰
      属する四半期純利益は238億55百万円                 (同  8.0%増    )となりました。
       なお、当第3四半期連結累計期間の当社グループの平均為替レートは、米ドルで109.13円(前年同期107.26
      円)、中国元で16.87円(同15.31円)、韓国ウォンで0.0961円(同0.0893円)等となりました。為替の変動によ
      り、前年同期比で受注高は約258億円、売上高は約87億円、営業利益は約5億円、それぞれ増加しました。
                                 3/26









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
       〔セグメントごとの業績〕
       セグメントごとの業績は次のとおりです。受注・売上は外部顧客への受注高・売上高を、セグメント利益は親会
      社株主に帰属する四半期純利益を記載しています。
       報告セグメントに関する詳細は、後記(セグメント情報等)をご覧ください。
       なお、当社グループのうち、株式会社ダイフク、株式会社コンテックをはじめとする国内の会社は3月末決算、
      海外子会社はそのほとんどが12月末決算であり、それぞれ2021年4月から12月末、2021年1月から9月末までの期
      間の状況を記載しています。
      ①  株式会社ダイフク

        一般製造業・流通業向けシステム、半導体・液晶生産ライン向けシステム、自動車生産ライン向けシステムの
       いずれも受注は大きく伸び、売上は受注残高をベースに順調に推移しました。
        セグメント利益は、一般製造業・流通業向けシステム、半導体・液晶生産ライン向けシステムの売上増がけん
       引し増益となりました。
        この結果、     受注高は1,998億38百万円            (前年同期比      51.4%増    )、  売上高は1,592億92百万円            (同  11.4%増    )、  セ
       グメント利益は146億36百万円              (同  14.2%増    )となりました。
      ②  コンテックグループ

        日本市場では、部材供給の制約などの影響はあるものの、製造業の設備投資が緩やかながら回復を続けている
       ことや、半導体関連業界が引き続き好調なことから、売上は堅調に推移しました。
        一方、米国市場では、上半期は低調だった主力の医療機器業界や空港セキュリティ関連業界向けの販売に回復
       の兆しが見られたものの、前年の実績には及びませんでした。
        セグメント利益は、部品価格上昇の影響を受けましたが、構造改革の進展に伴う費用削減などにより増益とな
       りました。
        この結果、     受注高は151億53百万円           (前年同期比      31.3%増    )、  売上高は113億34百万円           (同  7.5%減    )、  セグメン
       ト利益は10億90百万円          (同  37.5%増    )となりました。
      ③  Daifuku    North   America    Holding    Company(DNAHC)グループ

        米国では経済活動の再開が本格化しました。受注は、半導体生産ライン向けシステム、自動車生産ライン向け
       システムは順調に、一般製造業・流通業向けシステムは好調だった前年並みで推移しましたが、空港向けシステ
       ムは前年の実績には及びませんでした。
        売上は、前期に大型案件の売上を計上した自動車生産ライン向けシステムの反動減があったものの、一般製造
       業・流通業向けシステム、空港向けシステムは受注残高をベースに好調に、半導体生産ライン向けシステムは順
       調に推移しました。
        セグメント利益は、自動車生産ライン向けシステムの大型案件で労務費等の追加コストを計上した影響を受け
       たものの、一般製造業・流通業向けシステム、空港向けシステムの売上が大きく伸びたことにより順調に推移し
       ました。
        この結果、     受注高は1,000億17百万円            (前年同期比      1.3%増    )、  売上高は1,036億70百万円            (同  0.6%減    )、  セグ
       メント利益は47億77百万円            (同  12.3%増    )となりました。
                                 4/26






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
      ④  Clean   Factomation,       Inc.(CFI)
        受注は、データセンター向け等の半導体の需要が増加した前年同期には及ばなかったものの、売上は受注残高
       をベースに堅調に推移しました。
        この結果、     受注高は238億60百万円           (前年同期比      5.7%減    )、  売上高は224億98百万円           (同  4.4%増    )となりまし
       た。セグメント利益は、利益率の低い一部の案件の影響を受けて                              21億80百万円      (同  31.7%減    )となりました。
      ⑤  その他

        「その他」は、当社グループを構成する連結子会社72社のうち、上記②③④以外の国内外の子会社です。これ
       らの各社は、マテリアルハンドリングシステム・機器、洗車機の製造や販売等を行っています。主な子会社の状
       況は、次のとおりです。
        国内子会社:
        株式会社ダイフクプラスモアは、サービスステーション、カーディーラー向けの洗車機、トラック・バス用の
       大型洗車機、及び関連商品の販売等を行っており、販売台数は順調に推移しました。
        海外子会社:
        中国、台湾、韓国、タイ、インドなどに生産拠点があり、一般製造業・流通業向けシステム、半導体・液晶生
       産ライン向けシステムや自動車生産ライン向けシステムなど、それぞれの事業におけるグローバルな最適地生
       産・調達体制の一翼を担いつつ、販売・工事・サービスも行っています。
        また、北中米、アジア、欧州、オセアニアに販売・工事・サービスを行う海外子会社を幅広く配置していま
       す。
        受注は、中国や韓国等で前期に受注した大型案件の反動減があったものの、半導体・液晶生産ライン向けシス
       テムが好調に推移したことなどにより、全体としては大きく増加しました。売上は、受注残高をベースに順調に
       推移しました。セグメント利益は、第1四半期連結会計期間に労務費等の追加コストが発生した影響を受けまし
       た。
        この結果、     受注高は1,025億68百万円            (前年同期比      44.0%増    )、  売上高は735億94百万円           (同  13.8%増    )、  セグ
       メント利益は22億5百万円            (同  5.0%減    )となりました。
       〔当社グループの財政状態〕

        資産は、    前連結会計年度末に比べ299億56百万円増加                    し、  4,754億13百万円        となりました。主な要因は、              現金及
       び預金が161億44百万円           、 原材料及び貯蔵品が59億72百万円               増加したことによるものです。
        負債は、    前連結会計年度末に比べ100億80百万円増加                    し、  1,935億23百万円        となりました。主な要因は、契約負
       債が100億86百万円増加(前連結会計年度末の未成工事受入金等との比較)したことによるものです。
        純資産は、     前連結会計年度末に比べ198億76百万円増加                    し、  2,818億89百万円        となりました。主な要因は、              利益
       剰余金が132億9百万円           、 為替換算調整勘定が61億50百万円               増加したことによるものです。
                                 5/26








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
     (2)  キャッシュ・フローの状況
       当第3四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は、                             前連結会計年度末に比べ162億2百万円                   増加し、
      1,102億81百万円        となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動による資金の増加は、              370億75百万円       となりました(前年同四半期は              272億18百万円の増加          )。これは
       主に、   税金等調整前四半期純利益が337億60百万円                    、 仕入債務の増加が98億35百万円               あったものの、       棚卸資産の
       増加が68億70百万円         あったことによるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動による資金の減少は、              65億16百万円      となりました(前年同四半期は              58億68百万円の減少         )。これは主
       に、  固定資産の取得による支出が66億74百万円                   あったことによるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動による資金の減少は、               174億82百万円       となりました(前年同四半期は               58億74百万円の増加         )。これは
       主に、   配当金の支払額が107億23百万円               、 短期借入金の返済による支出等が58億60百万円                      あったことによるもの
       です。
     (3)  資本の財源と資金の流動性及び調達状況についての分析

       当社の資金状況は、主として営業活動により得られた資金のほか、金融機関からの借入により必要資金を調達し
      ています。また、300億円のコミットメントラインを設定しており、緊急時の資金調達手段を確保しています。
     (4)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間における当社グループが支出した研究開発費の総額は                                     8,659百万円      です。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/26











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①   【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                          250,000,000
                計                        250,000,000
      ②   【発行済株式】

               第3四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                ( 2021年12月31日       )   (2022年2月7日)           商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
                                               単元株式数は100株
       普通株式            126,610,077           126,610,077
                                               です。
                                    市場第一部
         計          126,610,077           126,610,077           -           -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①   【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②   【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
                                        31,865
    2021年12月31日                 ―   126,610,077            ―              ―     8,998
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/26







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載することがで
     きませんので、直前の基準日である2021年9月30日現在で記載しています。
      ①   【発行済株式】

                                                 2021年9月30日       現在
           区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容
    無議決権株式                              -         -             -
    議決権制限株式(自己株式等)                              -         -             -
    議決権制限株式(その他)                              -         -             -
                         (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                       -             -
                      普通株式           485,500
    完全議決権株式(その他)                  普通株式         125,993,300          1,259,933                 -
    単元未満株式                  普通株式           131,277           -  一単元(100株)未満の株式
    発行済株式総数                          126,610,077             -             -
    総株主の議決権                              -     1,259,933                 -
    (注)   1 単元未満株式数には、当社保有の自己株式53株を含んでいます。
      2 「完全議決権株式(その他)」欄には、「株式給付信託(BBT)」の信託財産として株式会社日本カストディ
        銀行(信託E口)が保有する当社株式109,300株(議決権の数                             1,093   個)が含まれています。
      ②   【自己株式等】

                                                 2021年9月30日       現在
                            自己名義        他人名義       所有株式数
                                                   発行済株式総数
      所有者の氏名
                 所有者の住所           所有株式数        所有株式数         の合計      に対する所有株
       又は名称
                                                   式数の割合(%)
                             (株)        (株)        (株)
    (自己保有株式)
               大阪市西淀川区御幣島
                              485,500           -     485,500          0.38
               3丁目2番11号
    株式会社ダイフク
        計           -           485,500           -     485,500          0.38
    (注)   1 「株式給付信託(BBT)」の信託財産として株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する109,300株
         は、上記自己株式に含まれていません。
      2 当第3四半期末の自己株式数は486,025株です。「株式給付信託(BBT)」の信託財産として株式会社日本カス
        トディ銀行(信託E口)が保有する106,500株は、当第3四半期末の自己株式に含まれていません。
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 8/26








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しています。
      なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第3項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成していま
     す。
    2.監査証明について
      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
     について、PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
                                 9/26
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                94,167              110,312
        受取手形・完成工事未収入金等                               211,906                 -
        受取手形・完成工事未収入金等及び契約資産                                  -            211,524
        商品及び製品                                6,355              6,655
        未成工事支出金等                                13,670              15,241
        原材料及び貯蔵品                                16,325              22,298
        その他                                8,749              12,328
                                        △ 571             △ 588
        貸倒引当金
        流動資産合計                               350,604              377,771
      固定資産
        有形固定資産                                49,547              53,040
        無形固定資産
         のれん                               4,212              4,015
                                        5,803              5,950
         その他
         無形固定資産合計                               10,015               9,966
        投資その他の資産
         その他                               35,454              34,697
                                        △ 165              △ 63
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               35,289              34,634
        固定資産合計                                94,852              97,641
      資産合計                                 445,456              475,413
     負債の部
      流動負債
        支払手形・工事未払金等                                43,778              51,425
        電子記録債務                                20,169              25,505
        短期借入金                                15,543              19,885
        未払法人税等                                9,907              2,625
        未成工事受入金等                                34,263                -
        契約負債                                  -            44,350
        工事損失引当金                                  343             1,088
                                        25,172              24,450
        その他
        流動負債合計                               149,178              169,331
      固定負債
        長期借入金                                19,600              10,412
        退職給付に係る負債                                7,674              7,389
        その他の引当金                                  351              412
                                        6,639              5,977
        その他
        固定負債合計                                34,265              24,192
      負債合計                                 183,443              193,523
                                10/26





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年12月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                31,865              31,865
        資本剰余金                                21,980              21,974
        利益剰余金                               202,377              215,586
                                        △ 941             △ 898
        自己株式
        株主資本合計                               255,282              268,528
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                4,376              4,297
        繰延ヘッジ損益                                △ 260             △ 212
        為替換算調整勘定                               △ 1,425              4,725
                                        △ 912             △ 900
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                1,778              7,910
      非支配株主持分                                  4,952              5,451
      純資産合計                                 262,012              281,889
     負債純資産合計                                  445,456              475,413
                                11/26














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益及び包括利益計算書】
      【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     売上高                                  346,770              369,480
                                       284,049              304,386
     売上原価
     売上総利益                                   62,721              65,094
     販売費及び一般管理費
      販売費                                 12,150              11,044
                                        20,502              21,056
      一般管理費
      販売費及び一般管理費合計                                 32,653              32,100
     営業利益                                   30,067              32,993
     営業外収益
      受取利息                                   276              257
      受取配当金                                   410              383
      為替差益                                   213               -
      受取賃貸料                                   164              170
      助成金収入                                    57              337
                                         410              311
      その他
      営業外収益合計                                  1,532              1,460
     営業外費用
      支払利息                                   500              284
      為替差損                                    -              195
                                         162               33
      その他
      営業外費用合計                                   662              513
     経常利益                                   30,937              33,940
     特別利益
      受取保険金                                    -              212
                                          54              76
      その他
      特別利益合計                                    54              289
     特別損失
      固定資産除売却損                                   179              223
      特別退職金                                    -              223
      和解金                                   235               -
                                          0              22
      その他
      特別損失合計                                   415              469
     税金等調整前四半期純利益                                   30,576              33,760
     法人税、住民税及び事業税
                                        9,557              8,963
                                       △ 1,325               492
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   8,231              9,456
     四半期純利益                                   22,344              24,303
     (内訳)
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   22,084              23,855
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                    260              448
                                12/26





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  1,499               △ 77
      繰延ヘッジ損益                                  △ 43              48
      為替換算調整勘定                                 △ 2,969              6,273
      退職給付に係る調整額                                   708               1
                                          10              23
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                  △ 793             6,269
     四半期包括利益                                   21,550              30,573
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 21,313              29,987
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   237              586
                                13/26
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                 30,576              33,760
      減価償却費                                  4,648              5,344
      受取利息及び受取配当金                                  △ 686             △ 641
      支払利息                                   500              284
      売上債権の増減額(△は増加)                                  1,980                -
      売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                                    -             7,275
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 6,687             △ 6,870
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 7,866              9,835
      未成工事受入金の増減額(△は減少)                                  △ 946               -
      契約負債の増減額(△は減少)                                    -             5,120
                                        8,010             △ 1,703
      その他
      小計                                 29,528              52,406
      利息及び配当金の受取額
                                         687              630
      利息の支払額                                  △ 510             △ 335
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)                                 △ 2,688             △ 16,355
                                         201              729
      その他の収入
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 27,218              37,075
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      固定資産の取得による支出                                 △ 5,749             △ 6,674
      固定資産の売却による収入                                    13              50
      投資有価証券の売却による収入                                    87              65
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 23             △ 24
                                        △ 195               66
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 5,868             △ 6,516
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 16,129              △ 5,860
      長期借入金の返済による支出                                  △ 377               -
      自己株式の取得による支出                                  △ 15             △ 11
      配当金の支払額                                 △ 9,462             △ 10,723
                                        △ 400             △ 885
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  5,874             △ 17,482
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 2,002              2,713
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   25,221              15,789
     現金及び現金同等物の期首残高                                   70,883              94,079
     連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                         772              412
     額(△は減少)
                                     ※1   96,878           ※1   110,281
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/26






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (会計方針の変更)
       収益認識に関する会計基準等の適用
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
       等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該
       財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしています。これにより、進捗部分
       についての成果の確実性が認められる工事契約については、履行義務を充足するにつれて、一定期間にわたり収
       益を認識する方法に変更しています。また、履行義務の充足に係る進捗率の見積り方法は、主として発生原価に
       基づくインプット法によります。なお、履行義務の充足に係る進捗率の合理的な見積りができない工事契約につ
       いては、原価回収基準で収益を認識しています。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
       おり、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半
       期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しています。ただし、収
       益認識会計基準第86項に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取扱いに従っ
       てほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用していません。また、収益認識会計
       基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに行われた契約変更に
       ついて、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行い、その累積的影響額を第1四半期
       連結会計期間の期首の利益剰余金に加減しています。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の損益に与える影響及び利益剰余金の当期首残高への影響は軽微です。
        収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示してい
       た「受取手形・完成工事未収入金等」は、第1四半期連結会計期間より「受取手形・完成工事未収入金等及び契
       約資産」に含めて表示し、「流動負債」に表示していた「未成工事受入金等」は、第1四半期連結会計期間より
       「契約負債」に含めて表示することとしました。また、前第3四半期連結累計期間の四半期連結キャッシュ・フ
       ロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」に表示していた「売上債権の増減額(△は増
       加)」は、第1四半期連結累計期間より「売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)」に含めて表示し、「未
       成工事受入金の増減額(△は減少)」は、第1四半期連結累計期間より「契約負債の増減額(△は減少)」に含
       めて表示することとしました。なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計
       年度について新たな表示方法により組替えを行っていません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」
       (企業会計基準第12号           2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第3四半期連結累計期
       間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載していません。
       時価の算定に関する会計基準等の適用

        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
       う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
       準」(企業会計基準第10号             2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
       が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしています。
        なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありません。
                                15/26







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
      です。
                             前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                               至   2020年12月31日       )     至   2021年12月31日       )
    現金及び預金勘定                                96,926   百万円           110,312    百万円
    預入期間が3ヵ月を超える定期預金                                 △48  百万円            △30  百万円
    現金及び現金同等物                                96,878   百万円           110,281    百万円
                                16/26

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
    前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )
    1  配当金支払額

                   配当金の総額       1株当たり
       決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                    (百万円)      配当額(円)
    2020年5月12日
              普通株式         5,675        45  2020年3月31日         2020年6月29日        利益剰余金
    取締役会
    2020年11月6日
              普通株式         3,783        30  2020年9月30日         2020年12月4日        利益剰余金
    取締役会
     (注)1 2020年5月12日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」の導入において設定した資
         産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式(自己株式)に対する配当金7百万円、
         及び「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)」の導入において設定した野村信託銀行株式会
         社(ダイフク従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式(自己株式)に対する配当金2百万円が含まれ
         ています。
        ※資産管理サービス信託銀行株式会社は2020年7月27日付で合併により株式会社日本カストディ銀行に商号変
         更しました。
       2 2020年11月6日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」の導入において設定した株
         式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式(自己株式)に対する配当金3百万円、及び
         「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)」の導入において設定した野村信託銀行株式会社
         (ダイフク従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式(自己株式)に対する配当金0百万円が含まれて
         います。
    2  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

     となるもの
      該当事項はありません。
    3   株主資本の金額の著しい変動

      株主資本の金額は前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がありません。
    当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年12月31日       )

    1  配当金支払額

                   配当金の総額       1株当たり
       決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                    (百万円)      配当額(円)
    2021年5月11日
              普通株式         6,306        50  2021年3月31日         2021年6月28日        利益剰余金
    取締役会
    2021年11月5日
              普通株式         4,414        35  2021年9月30日         2021年12月3日        利益剰余金
    取締役会
     (注)1 2021年5月11日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」の導入において設定した株
         式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式(自己株式)に対する配当金5百万円、及び
         「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)」の導入において設定した野村信託銀行株式会社
         (ダイフク従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式(自己株式)に対する配当金0百万円が含まれて
         います。
       2 2021年11月5日取締役会決議による配当金の総額には、「株式給付信託(BBT)」の導入において設定した株
         式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式(自己株式)に対する配当金3百万円が含まれ
         ています。
    2  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

     となるもの
      該当事項はありません。
    3   株主資本の金額の著しい変動

      株主資本の金額は前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がありません。
                                17/26




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )
    1  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                               その他
                                                     合計
                                               (注)
                 ダイフク      コンテック       DNAHC      CFI      計
    売上高

      外部顧客への売上高              143,011       12,259     104,339       21,554      281,164       64,650      345,815

      セグメント間の内部
                  27,635       8,353      225     2,233      38,447       8,030      46,478
     売上高又は振替高
         計         170,647       20,613     104,564       23,787      319,612       72,681      392,294
    セグメント利益              12,819        792    4,253      3,194      21,059       2,321      23,381

     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、その内容は国内外の子会社です。
    2  報告セグメントの売上高及び利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益及び包括利益計算書計上額との差額及び

      当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                             (単位:百万円)
             売   上   高
                               金額
    報告セグメント計                            319,612

    「その他」の区分の売上高                             72,681

    セグメント間取引消去                            △46,478

    その他の連結上の調整額                              955

    四半期連結財務諸表の売上高                            346,770

                             (単位:百万円)
              利   益
                               金額
    報告セグメント計                             21,059

    「その他」の区分の利益                             2,321

    関係会社からの配当金の消去                            △1,946

    その他の連結上の調整額                              649

    四半期連結財務諸表の
                                 22,084
    親会社株主に帰属する四半期純利益
                                18/26







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年12月31日       )
    1  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                その他
                                                      合計
                                                (注)
                 ダイフク      コンテック       DNAHC       CFI      計
    売上高

      外部顧客への売上高              159,292       11,334      103,670       22,498      296,796       73,594      370,391

      セグメント間の内部
                  27,692       8,006       371     1,492      37,562       5,671      43,233
     売上高又は振替高
         計         186,984       19,341      104,041       23,990      334,358       79,266      413,624
    セグメント利益              14,636       1,090      4,777      2,180      22,683       2,205      24,888

     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、その内容は国内外の子会社です。
    2  報告セグメントの売上高及び利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益及び包括利益計算書計上額との差額及び

      当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                             (単位:百万円)
             売   上   高
                               金額
    報告セグメント計                            334,358

    「その他」の区分の売上高                             79,266

    セグメント間取引消去                            △43,233

    その他の連結上の調整額                             △910

    四半期連結財務諸表の売上高                            369,480

                             (単位:百万円)
              利   益
                               金額
    報告セグメント計                             22,683

    「その他」の区分の利益                             2,205

    関係会社からの配当金の消去                             △493

    その他の連結上の調整額                             △539

    四半期連結財務諸表の
                                 23,855
    親会社株主に帰属する四半期純利益
    3  報告セグメントの変更等に関する事項

      会計方針の変更に記載のとおり、第1四半期連結会計期間の期首から収益認識会計基準を適用し、収益認識に関す
     る会計処理方法を変更したため、事業セグメントの利益又は損失の算定方法も同様に変更しています。
                                19/26






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)
      顧客との契約から生じる収益を分解した情報
    当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日         至   2021年12月31日)
    1  業種別の分解情報
                                                  (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                その他
                                                       合計
                                                 (注)
                    ダイフク     コンテック       DNAHC      CFI      計
     自動車及び自動車部品                12,827        95    12,716        -    25,639      17,143      42,783

     エレクトロニクス                47,022       879    14,470      22,498      84,871      22,885     107,756

     商業及び小売業                48,383      5,726     42,564        -    96,674      15,708     112,382

     運輸・倉庫                16,174        66    5,767       -    22,008       921    22,930

     機械                5,922       660      167      -    6,749       945     7,695
     化学・薬品                7,077      2,921       29      -    10,028      1,764     11,793
     食品                11,794        0    1,322       -    13,117      1,213     14,331

     鉄鋼・非鉄金属                2,172       11      7     -    2,191       89    2,281

     精密機器・印刷・事務機                2,152       819       4     -    2,976      1,510      4,487

     空港                 944      25    22,368        -    23,337      10,390      33,728

     その他                4,820       128     4,251       -    9,200      1,020     10,221
    外部顧客への売上高                159,292      11,334     103,670      22,498     296,796      73,594     370,391

    その他の連結上の調整額                   -      -      -      -      -      -    △910

    四半期連結財務諸表の売上高                   -      -      -      -      -      -   369,480

     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、その内容は国内外の子会社です。
                                20/26










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    2  仕向地別の分解情報
                                                  (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                その他
                                                       合計
                                                 (注)
                    ダイフク     コンテック       DNAHC      CFI      計
     日本               113,885       7,086       13      -   120,985       9,384     130,369

     海外                45,406      4,248     103,657      22,498     175,810      64,210     240,021

         北米             687     3,219     93,855        9   97,771      2,571     100,343

         アジア            42,652       853      560    22,489      66,555      49,402     115,957

               中国       12,695       484      72    1,218     14,470      24,142      38,613

               韓国       7,404       115      -    21,270      28,791      6,886     35,678

               台湾       22,122       145      -      -    22,267      11,977      34,245

               その他        429      107      488      -    1,025      6,394      7,420

         欧州            1,959       172     6,290       -    8,422      3,682     12,105

         中南米              6      2    2,426       -    2,436      1,854      4,290

         その他             100       0     524      -     625     6,699      7,325
    外部顧客への売上高                159,292      11,334     103,670      22,498     296,796      73,594     370,391

    その他の連結上の調整額                   -      -      -      -      -      -    △910
    四半期連結財務諸表の売上高                   -      -      -      -      -      -   369,480

     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、その内容は国内外の子会社です。
    3  収益認識の時期別の分解情報

                                                  (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                その他
                                                       合計
                                                 (注)
                    ダイフク     コンテック       DNAHC      CFI      計
     一時点で移転される財                32,027      9,166     10,326       610    52,131      17,300      69,432

     一定の期間にわたり移転
                     127,264       2,167     93,344      21,888     244,665      56,293     300,959
     される財
    外部顧客への売上高                159,292      11,334     103,670      22,498     296,796      73,594     370,391
    その他の連結上の調整額                   -      -      -      -      -      -    △910
    四半期連結財務諸表の売上高                   -      -      -      -      -      -   369,480

     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、その内容は国内外の子会社です。
                                21/26







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                              前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                項目
                                至   2020年12月31日       )    至   2021年12月31日       )
     1株当たり四半期純利益                                 175円33銭             189円30銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  22,084             23,855

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -             -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       22,084             23,855
     四半期純利益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                 125,955             126,016
     (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。

      (重要な後発事象)

      (上場子会社株式に対する公開買付けの開始)
        当社は、2022年2月4日開催の取締役会において、連結子会社である株式会社コンテック(株式会社東京証券
       取引所(以下「東京証券取引所」という。)市場第二部に上場、以下「対象者」という。)の普通株式(以下
       「対象者株式」という。)を金融商品取引法に基づく公開買付け(以下「本公開買付け」という。)により取得
       することを決議しました。
        なお、当社は、本公開買付けにおいて買付予定数の上限を設定していないため、本公開買付けの結果次第で
       は、東京証券取引所の定める上場廃止基準に従って、対象者株式は、所定の手続きを経て上場廃止となる可能性
       があります。
       (1) 本公開買付けの目的

                             2
        当社は2021年2月5日に公表した、「1.                    DX による提供価値の変革」、「2.                ニューノーマル(新常態)下
       における新たな価値創造」、「3.                持続可能な社会の実現に向けて」のコンセプトから構成される中期経営計画
       「Value    Transformation        2023」で掲げている具体的な目標を考慮した最適な事業運営体制の検討を進めており
       ます。
        同時に上場親子会社間における構造上の利益相反リスクとその対応策強化を求める動きの高まりを契機に、対
       象者との最適な資本関係・提携関係の在り方について、当社の事業ポートフォリオ管理とコーポレートガバナン
       スの観点から検討してまいりました。
        その結果、対象者と当社の経営資源等の相互活用を一層促進するとともに、当社グループが一体となって迅速
       に意思決定を進めていくことが必要不可欠であるとの認識に至り対象者株式の全て(ただし、当社が所有する対
       象者株式及び対象者が所有する自己株式を除きます。)を取得し、対象者を当社の完全子会社化することといた
       しました。
       (2) 対象者の概要

        ①  名称:株式会社コンテック
        ②  所在地:大阪市西淀川区姫里三丁目9番31号
        ③  代表者の氏名:代表取締役社長 井狩 彰
        ④  事業内容:パソコン周辺機器・産業用コンピュータ・ネットワーク機器の開発、製造、販売
        ⑤  資本金:1,119百万円
        ⑥  設立年月日:1975年4月
                                22/26




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
       (3) 本公開買付けの概要
        ①  買付け等の期間:2022年2月7日(月曜日)から2022年3月23日(水曜日)まで(30営業日)
        ②  買付け等の価格:普通株式1株につき、2,700円
        ③   買付予定の株券等の数
          買付予定数:2,591,493株
          買付予定数の下限:391,700株
          買付予定数の上限: ―株
            (注)   当社は、対象者の完全子会社化を企図しているため本公開買付けにおいて、391,700株(所有割
            合:5.94%)を買付予定数の下限として設定しており、本公開買付けに応募された株券等(以下「応募
            株券等」という。)の総数が買付予定数の下限に満たない場合には、当社は、応募株券等の全部の買付
            け等を行いません。他方、上述のとおり、当社は、本公開買付けにおいて、対象者株式の全てを取得す
            ることを目的としているため、買付予定数の上限を設定しておらず、応募株券等の総数が買付予定数の
            下限以上の場合には、応募株券等の全部の買付け等を行います。
        ④   買付け等による所有割合の異動
          買付け等前の当社所有割合:60.73%
          買付け等後の当社所有割合:100.00%
        ⑤   買付代金:6,997百万円
            (注)本公開買付けの買付予定数に公開買付価格を乗じた金額です。
        ⑥   資金調達方法:自己資金
        ⑦   決済の開始日:2022年3月30日(水曜日)
    2  【その他】

      第106期(2021年4月1日から2022年3月31日まで)中間配当については、2021年11月5日開催の取締役会におい
     て、2021年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議しま
     した。
      ①  配当金の総額                               4,414百万円
      ②  1株当たりの金額                                35円00銭
      ③  支払請求権の効力発生日及び支払開始日                             2021年12月3日
                                23/26










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                24/26



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
               独  立  監  査  人  の  四  半  期  レ  ビ  ュ  ー  報  告  書
                                                    2022年2月7日

    株  式  会  社  ダ  イ  フ  ク
     取 締 役 会 御 中
                       P  w  C  あ  ら  た  有  限  責  任  監  査  法  人

                            大阪事務所
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士      高濱 滋
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士      北野 和行
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ダイフ
    クの2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021年12
    月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益及び包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記
    について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ダイフク及び連結子会社の2021年12月31日現在の財政状
    態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
    ないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    強調事項
     重要な後発事象(上場子会社株式に対する公開買付けの開始)に記載されているとおり、会社は2022年2月4日開催
    の取締役会において、連結子会社である株式会社コンテックの普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付けにより取
    得することを決議した。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                25/26



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイフク(E01551)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係
    会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
   (注)    1.   上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                26/26











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。