株式会社ジェイ・エス・ビー 有価証券報告書 第33期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)

提出書類 有価証券報告書-第33期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)
提出日
提出者 株式会社ジェイ・エス・ビー
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   2022年1月27日
     【事業年度】                   第33期(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
     【会社名】                   株式会社ジェイ・エス・ビー
     【英訳名】                   J.S.B.Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  近藤 雅彦
     【本店の所在の場所】                   京都市下京区因幡堂町655番地
     【電話番号】                   (075)341-2728(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員管理本部副本部長兼経営管理部長  大仲 賢一
     【最寄りの連絡場所】                   京都市下京区因幡堂町655番地
     【電話番号】                   (075)341-2728(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員管理本部副本部長兼経営管理部長  大仲 賢一
     【縦覧に供する場所】                   東京本部
                         (東京都新宿区西新宿一丁目6番1号)
                         名古屋支社
                         (名古屋市中村区名駅四丁目27番6号)
                         大阪支社
                         (大阪市東淀川区東中島一丁目20番14号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/113











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
           回次           第29期        第30期        第31期        第32期        第33期
          決算年月           2017年10月        2018年10月        2019年10月        2020年10月        2021年10月

                     36,428,341        38,940,140        42,667,695        48,058,282        52,787,978

     売上高           (千円)
                      2,638,952        2,890,833        3,345,341        4,248,712        5,203,523

     経常利益           (千円)
     親会社株主に帰属する
                      1,550,701        2,078,791        2,307,744        2,761,826        3,252,963
                (千円)
     当期純利益
                      1,726,859        1,944,768        2,330,680        2,892,680        3,421,190
     包括利益           (千円)
                      9,267,223        12,621,043        14,793,095        17,235,694        23,199,523

     純資産額           (千円)
                     27,221,926        29,933,443        34,578,155        40,245,739        50,335,275

     総資産額           (千円)
                      1,048.55        1,341.91        1,542.57        1,790.16        2,205.14

     1株当たり純資産額           (円)
     1株当たり当期純利益
                       187.80        231.21        242.03        289.06        332.36
                (円)
     金額
     潜在株式調整後1株当
                       185.61        219.80        234.03        281.68        325.11
                (円)
     たり当期純利益金額
                        34.0        42.2        42.8        42.7        46.0
     自己資本比率           (%)
                        19.7        19.0        16.8        17.3        16.1

     自己資本利益率           (%)
                        11.3        10.0        11.0        10.2         8.6

     株価収益率           (倍)
     営業活動によるキャッ
                      2,871,856        2,187,930        3,449,423        5,003,753        4,910,990
                (千円)
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                (千円)     △ 1,620,711       △ 2,274,644       △ 4,295,138       △ 5,542,422       △ 7,221,651
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                      1,137,483         851,848       1,349,957        1,232,835        5,694,189
                (千円)
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      7,335,082        8,100,033        8,604,108        9,298,405        12,682,185
                (千円)
     期末残高
                         772        875        972       1,056        1,093
     従業員数
                (人)
     (外、平均臨時雇用者
                        ( 345  )      ( 399  )      ( 497  )      ( 541  )      ( 636  )
     数)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.2020年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っておりますが、第29期の期首に当該株式分割
           が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期
           純利益金額を算定しております。
         3.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含みます。)であります。臨時雇用者数(パートタイマー等を含む。)は、年間の平均人員を( )
           外数で記載しており、1人当たり1日8時間換算にて算出したものであります。
                                  2/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
            回次            第29期        第30期        第31期        第32期        第33期
           決算年月            2017年10月        2018年10月        2019年10月        2020年10月        2021年10月

                        31,635,252        33,674,636        37,002,681        41,409,460        45,395,271
     売上高              (千円)
                        1,840,808        2,300,010        2,859,624        3,593,446        3,917,544
     経常利益              (千円)
                        1,162,585        1,773,647        2,133,507        2,558,584        2,537,993
     当期純利益              (千円)
                        1,726,664        2,512,614        2,588,144        2,624,024        4,163,262
     資本金              (千円)
                        4,438,100        4,721,300        4,837,500        9,785,400       10,747,400
     発行済株式総数              (株)
                        8,234,004       11,302,341        13,318,628        15,567,749        20,793,251
     純資産額              (千円)
                        25,052,861        27,658,436        32,012,474        37,057,723        46,230,872
     総資産額              (千円)
                          931.65       1,201.69        1,388.81        1,619.96        1,978.51
     1株当たり純資産額              (円)
                          37.00        40.00        55.00        34.00        35.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                      ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
                          140.80        197.27        223.75        267.78        259.31
     1株当たり当期純利益金額              (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                          139.16        187.54        216.37        260.95        253.65
                   (円)
     期純利益金額
                           32.9        40.9        41.6        42.0        45.0
     自己資本比率              (%)
                           16.5        18.2        17.3        17.7        14.0
     自己資本利益率              (%)
                           15.1        11.7        11.9        11.1        11.1
     株価収益率              (倍)
                           13.1        10.1        12.3        12.7        13.5
     配当性向              (%)
                           189        193        213        216        232
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 20 )      ( 28 )      ( 44 )      ( 27 )      ( 19 )
                                  110.4        128.3        144.0        141.3
     株主総利回り              (%)         -
     (比較指標:TOPIX)              (%)        ( -)      ( 93.2  )     ( 94.4  )     ( 89.4  )    ( 113.3   )
                          4,765        6,980        5,320        3,180
     最高株価              (円)                                     4,370
                                                (5,940)
                          3,730        4,100        3,060        2,150
     最低株価              (円)                                     2,774
                                                (3,225)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.2020年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っておりますが、第29期の期首に当該株式分割
           が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期
           純利益金額を算定しております。なお、1株当たり配当額につきましては、当該株式分割前の実際の配当金
           の額を記載しております。
         3.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含みます。)でありま
           す。臨時雇用者数(パートタイマー等を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しており、1人当
           たり1日8時間換算にて算出したものであります。
         4.最高・最低株価は、2018年7月20日より東京証券取引所市場第一部におけるものであり、それ以前は東京証
           券取引所市場第二部におけるものであります。
         5.2020年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っておりますが、第32期の株価については株式
           分割後の最高株価及び最低株価を記載しており、( )内に株式分割前の最高株価及び最低株価を記載してお
           ります。
                                  3/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
        当社の前身は、1976年12月に京都市上京区において設立された㈱京都学生情報センターであり、学生を主な対象と
      した物件の仲介業を開始したことに始まります。
        以後、他地域への事業展開を行い、1988年1月に大阪への進出を目的として㈱大阪学生情報センター(1991年11月
      ㈱ジェイ・エス・ビー大阪へ商号変更)が、1989年3月に首都圏への進出を目的として㈱東学(1991年11月㈱ジェ
      イ・エス・ビー東京へ商号変更)が設立されました。その後、グループ経営体制を整備するため、1990年7月に㈱
      ジェイ・エス・ビーを設立し、それまで㈱京都学生情報センターにて行っていた業務全般を引き継ぎ今日に至ってお
      ります。
        当社設立以降の事業内容の変遷は以下のとおりであります。
       年月                            事項
      1990年7月       ㈱ジェイ・エス・ビーを設立し、㈱京都学生情報センターの業務を引き継ぐ。
      1990年10月       本社を東京都港区浜松町から京都市下京区醍醐町へ移転する。
      1996年6月       本社を京都市下京区醍醐町から京都市下京区因幡堂町へ移転する。
      1996年10月       東北地方への進出を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー東北を設立する。
      1996年12月       東海地方への進出を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー東海を設立する。
      1997年10月       北海道地方への進出を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー北海道を設立する。
      2002年7月       九州地方への進出を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー九州を設立する。
      2002年12月       学生への就職・アルバイト情報の提供を目的として、㈱OVO(現連結子会社)を設立する。
      2004年3月       建物メンテナンス業務・入居者管理業務を目的として、総合管財㈱(現連結子会社)を設立する。
      2004年6月       京都地区での不動産仲介業を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー京都を設立する。
            中国四国地方への進出を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー中国四国を設立する。
      2004年9月       事業再編を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー北海道、同東北、同東京、同東海、同大阪、同九州、
            ㈱OVOの株式を各社株主から買取り、完全子会社化する。
      2012年5月       高齢者住宅事業への参入に伴う介護サービスの提供を目的として、㈱グランユニライフケアサービス
            北海道(2016年8月㈱グランユニライフケアサービス北日本へ商号変更)・同東京・同関西・同九州
            を設立する。
      2013年5月       北海道函館市に高齢者住宅事業の第1号物件「グランメゾン迎賓館                               函館湯の川」の運営を開始する。
            留学生を対象とした日本語学校を函館、福岡に開設。
      2014年10月       家賃債務保証サービスの提供を行うため、リビングネットワークサービス㈱(現連結子会社)を設立
            する。
      2015年9月       組織再編を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー東京を存続会社、㈱ジェイ・エス・ビー北海道、㈱
            ジェイ・エス・ビー東北、㈱ジェイ・エス・ビー東海、㈱ジェイ・エス・ビー京都、㈱ジェイ・エ
            ス・ビー大阪、㈱ジェイ・エス・ビー中国四国及び㈱ジェイ・エス・ビー九州を消滅会社とする吸収
            合併を行うとともに、商号を㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワーク(現連結子会社)に変更する。
      2016年11月       組織再編を目的として、総合管財㈱の営む建設業並びに自転車の販売、レンタル及び整備に関する事
            業を除く一切の事業を、㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークが承継する吸収分割を行う。
      2017年7月       東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
      2018年7月       東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
      2018年8月       組織再編を目的として、㈱ジェイ・エス・ビー・フードサービスを設立する。
      2018年9月       ㈱グランユニライフケアサービス関西を㈱グランユニライフケアサービスへ商号変更する。
      2018年11月       組織再編を目的として、㈱グランユニライフケアサービス北日本、㈱グランユニライフケアサービス
            東京及び㈱グランユニライフケアサービス九州の営むフードサービス事業を㈱ジェイ・エス・ビー・
            フードサービス(現連結子会社)へ譲渡するとともに、㈱グランユニライフケアサービス東京を解散
            する。㈱グランユニライフケアサービス(現連結子会社)を存続会社、㈱グランユニライフケアサー
            ビス北日本及び㈱グランユニライフケアサービス九州を消滅会社とする吸収合併を行う。
      2019年8月       学生マンション事業の総合力強化を目的として、㈱東京学生ライフ、㈱湘南学生ライフ(2021年11月
            ㈱東京学生ライフに吸収合併)及び㈱ケイエルディ(2020年7月解散)の株式を取得し、完全子会社
            化する。
      2020年7月       当社グループ内におけるシナジー及び事業領域拡大を目的として、㈱スタイルガーデン(現連結子会
            社)の株式を取得し、完全子会社化する。
      2020年8月       当社グループ内におけるシナジー及び事業領域拡大を目的として、㈱Mewcket(現連結子会
            社)の株式を取得するとともに第三者割当増資を引き受け、子会社化する。
                                  4/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループは、当社(㈱ジェイ・エス・ビー)、連結子会社10社から構成されており、不動産賃貸管理事業、高
      齢者住宅事業及びその他事業を営んでおります。
       当社グループは全国的な事業展開を行っており、2021年4月現在の管理戸数は76,612戸、管理棟数は2,101棟となっ
      ております。(北海道地区             3,544戸/74棟、東北地区            6,717戸/126棟、首都圏地区             22,463戸/622棟、東海地区             5,077
      戸/144棟、京滋・北陸地区             13,783戸/395棟、阪神地区             8,864戸/244棟、中国・四国地区               7,330戸/234棟、九州地区
      8,834戸/262棟)
       2021年10月現在の直営店舗数は79店舗となっております。(北海道地区                                 4店舗、東北地区         3店舗、首都圏地区          21
      店舗、東海地区        6店舗、京滋・北陸地区            14店舗、阪神地区         8店舗、中国・四国地区            9店舗    、九州地区      14店舗)
       当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
     (1)不動産賃貸管理事業

        当社は、主に学生を対象としたマンション(以下「学生マンション」という。)の企画提案、竣工後の建物の賃
       貸運営及び管理業務を行っております。
        具体的には、当社オリジナル仕様の学生マンション等を不動産オーナーに企画提案し、建物が竣工した後は当社
       が一括借上を行い、オーナーに対する家賃保証を行った上で、学生等の入居者に転貸することを主たる事業として
       おります。また、不動産オーナーと入居者間で賃貸借契約を締結する運営方式の場合には、入居に応じ当社グルー
       プにて家賃回収代行を行っております。なお、建物メンテナンスや入居者サポート業務、アセットマネジメント会
       社からのプロパティマネジメント業務の受託及び大学等からの学生寮の企画・運営業務の受託も行っております。
        当社が運営を受託した学生マンション等の入居者募集業務及び仲介業務は、㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワー
       クが行っており、その対象は学生や社会人、法人等となります。
        建物及び付帯設備メンテナンスや入居者管理業務については、当社が不動産オーナーから受託し、当該業務全般
       を㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークに再委託しております。また、物件のリフォーム提案業務も建物メンテナ
       ンス業務の一環として行っております。物件改修工事については、建設業免許を有する総合管財㈱が㈱ジェイ・エ
       ス・ビー・ネットワークから案件紹介を受け、不動産オーナーより受託しております。
        各業務の主な内容は以下のとおりであります。
      (学生マンションの企画提案、運営業務の受託)
        当社が、不動産オーナーに対して主として学生マンションによる不動産の活用を企画提案し、竣工後のマンショ
       ン運営業務の受託を行っております。当社グループで実施している不動産オーナーに対する営業手法としては、①
       建築会社、設計事務所、金融機関、会計事務所等の取引先からの紹介②既存オーナーからの管理受注依頼③独自調
       査による新規開拓先への営業などがあります。全体の受注比率としては①及び②のケースが60~80%程度と高く、
       ①のケースにおいては工事を実施する建築会社、設計を実施する設計事務所から不動産オーナーの紹介を受け、共
       同でオーナーに対し事業提案を実施する、あるいは富裕層の情報を持つ金融機関から有効活用を考えている不動産
       オーナーの情報をヒアリングし当社の事業を提案するという営業手法を活用し、事業を展開しております。
        当社の学生マンション運営は、主に入居者募集や管理といった賃貸運営にかかる全ての業務を当社にて行う運営
       管理委託方式で受託しております。
        運営管理委託方式のうち賃料定額型は、当社と不動産オーナーの間で締結した契約に基づき、物件の稼働状況に
       かかわらず、当社がオーナーに定額の家賃を保証した上で一括して借上げ、当社が転貸人として学生等の入居者に
       転貸する方式であります。
        また、委託型という運営方式では不動産オーナーの収入は入居に応じた入金実績がそのまま収入となります。賃
       貸借契約は不動産オーナーが直接借主と締結いたします。入居者募集、建物メンテナンス、入居者管理業務及び家
       賃回収代行業務等を当社グループが受託しております。
      (学生マンションの自社開発)
        学生のライフスタイルに特化した学生マンションとして、立地・設備設計・デザイン・利便性、また、これまで
       当社グループが培った運営ノウハウを通じて、入居後の総合的な生活サポートを追求した当社オリジナル仕様の物
       件開発を行っております。これにより他社との差別化を図り、事業競争力の増強に努めております。
      (主に学生向けの不動産仲介業務)
        ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークが、当社が不動産オーナーから賃借した物件及び入居者管理業務や募集業
       務を受託した物件、他業者が管理を行う物件等の仲介業務を行っております。
        入居者の資格を原則として学生等に限定していることから、卒業等による入退去の時期が一般の賃貸住宅と比較
       して把握しやすくなっております。こうした特徴を生かし、早期に次期入居者の募集を開始することで、空室の発
       生を抑え安定した稼働状況を維持することが可能となっております。また全国での直営店舗展開や、大学及び専門
       学校との提携、学生等のニーズに応える独自のサービス提供等により募集力を維持・強化しております。その他近
       年需要が高い留学生向けの仲介業務も行っております。なお、当該事業については宅地建物取引業法に基づき、国
       土交通大臣免許を取得しております。
                                  5/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (主に社会人、法人向けの不動産仲介業務)
        ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークが、学生向けの不動産仲介業務と並行し、社会人や法人向けに賃貸用不動
       産の仲介業務を行っております。就職により社会人となる卒業生の住まい探しをはじめ、対象を学生に限定せず賃
       貸用不動産の仲介業務を行っているほか、宅地又は建物についての売買の代理や媒介も行っております。
      (主に高齢者向けの不動産仲介業務)
        ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークが、高齢者向け賃貸用不動産の仲介業務を行っております。当社が運営業
       務を受託しているサービス付き高齢者向け住宅の他、他業者が運営する高齢者向け賃貸用不動産の仲介も行ってお
       ります。
      (建物メンテナンス業務、入居者管理業務)
        当社が、不動産を所有するオーナーから建物や付帯する設備のメンテナンス業務(清掃管理業務・設備管理業
       務・小規模修繕業務等)及び入居者管理業務を受託し、当該業務全般を㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークに再
       委託しております。
        入居者管理業務では、家賃請求、入退室管理、敷金精算、苦情処理等を行い、建物維持管理では日常の巡回点検
       をはじめ各種設備の維持管理、特殊設備管理等を行っております。
      (家賃債務保証業務)
        リビングネットワークサービス㈱では、当社が不動産オーナーから賃借した物件及び入居者募集業務を受託した
       物件等の賃借人を対象に、家賃債務保証業務を行っております。主に学生向け物件の賃借人を対象に家賃債務保証
       サービスを提供しております。
     (2)高齢者住宅事業

      (高齢者向け不動産賃貸管理業務)
        当社が不動産オーナーに対して主としてサービス付き高齢者向け住宅による不動産の活用を企画提案し、竣工後
       の運営業務を受託しております。なお、当社が運営を受託した物件については、主に当社にて一括借上を行い、借
       主に転貸する方式であります。
      (介護サービス事業)
        グランユニライフケアサービスでは、介護サービス事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、定期巡回・随時
       対応型訪問介護看護等)を行います。不動産オーナーから当社が運営を受託したサービス付き高齢者向け住宅の入
       居者の他、一部、近隣住民等も対象に介護サービス事業を提供しております。
     (3)その他事業

      (学生支援サービス)
        ㈱OVOが企業の採用活動を代行し、学生の採用を目的とした企業説明会の開催の企画、サポート等を受託して
       おります。学生に対しては、企業説明会や就職セミナー情報の提供を行うことで就職活動の支援を行っておりま
       す。そのほか、アルバイト情報の提供、インターンシップ(学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分
       の将来に関連のある就業体験を行える制度)の支援も行っております。
      (日本語学校事業)

        当社では、海外からの留学生向けの日本語学校の運営を行っております。生活サポートとして当社管理マンショ
       ンを学生寮として活用しております。
      (不動産販売事業)

        当社では、販売用不動産として取得した土地、マンションや商業ビル等の不動産について、売主として第三者へ
       売却しております。なお、販売用不動産については原則として、転売までの当社所有期間中、当社グループにて入
       居者募集を行い学生、社会人及び法人等に賃貸しております。
        現在は、市況が活性化しているものの、中期的な動向が不透明なこと等を勘案して新規不動産の取得は差し控え
       ており、今後の地価や不動産投資市場の動向を慎重に見極めつつ取組みたいと考えております。
                                  6/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
       [事業系統図]

         以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

      (注)上記事業系統図に記載されているほか、連結子会社として、㈱東京学生ライフ、㈱湘南学生ライフ、㈱スタイル











      ガーデン及び㈱Mewcketを有しております。
                                  7/113








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                              関係内容
                               議決権の
                      資本金     主要な
         名称        住所              所有割合
                                    役員の    資金               設備の
                     (百万円)     事業の内容
                                              営業上の取引
                                 (%)
                                     兼任    援助               賃貸借
     (連結子会社)
     ㈱ジェイ・エス・ビー                                       当社学生向けマンション
                 東京都         不動産賃貸                              事務所の
     ・  ネ  ッ  ト  ワ  ー  ク        50          100    2名    貸付   への入居者の仲介及び入
                 新宿区         管理事業                              賃貸借
     (注)2                                       居者管理業務を委託
                 京都市         不動産賃貸                  建物メンテナンス業務の            事務所の
     総   合   管   財   ㈱        50          100    2名    なし
                 下京区         管理事業                 委託             賃貸
     リビングネットワーク             京都市         不動産賃貸                  当社学生向けマンション

                       10          100    2名    貸付                なし
     サ   ー   ビ   ス   ㈱  下京区         管理事業                 賃借人の家賃債務保証
                 京都市                                      事務所の

     ㈱OVO                  80    その他      100    3名    なし   採用業務を委託
                 下京区                                       賃貸
     ㈱グランユニライフ             京都市         高齢者住宅                              事務所の

                       50          100    1名    なし   介護サービス等の委託
     ケ  ア  サ  ー  ビ  ス  下京区          事業                             賃貸
     ㈱ジェイ・エス・ビー             京都市         不動産賃貸                              事務所の

                       50          100    2名    貸付   食堂運営委託
     ・フードサービス             下京区         管理事業                              賃貸
                                           当社学生向けマンション
                 東京都         不動産賃貸
     ㈱東京学生ライフ                  40          100    2名    なし   への入居者の仲介及び入             なし
                 新宿区         管理事業
                                           居者管理業務を委託
                                           当社学生向けマンション
                 神奈川県         不動産賃貸
     ㈱湘南学生ライフ                  10          100    2名    なし   への入居者の仲介及び入             なし
                 藤沢市         管理事業
                                           居者管理業務を委託
                 大阪市
     ㈱スタイルガーデン                  3    その他      100    1名    貸付   なし             なし
                  北区
                 東京都

     ㈱Mewcket                  122    その他     71.49     2名    なし   なし             なし
                 新宿区
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報の名称を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
                                  8/113









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2021年10月31日現在
               セグメント名称                            従業員数(人)
                                                 789
      不動産賃貸管理事業                                             ( 448  )
                                                 191
      高齢者住宅事業                                             ( 144  )
                                                 980
       報告セグメント計                                            ( 592  )
                                                  38
      その他                                             ( 38 )
                                                  75
      全社(共通)                                              ( 6 )
                                                1,093
                 合計                                  ( 636  )
    (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向
          者を含みます。)であります。臨時雇用者数(パートタイマー等を含む。)は、年間の平均人員を( )外数
          で記載しており、1人当たり1日8時間換算にて算出したものであります。
        2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2021年10月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           232               41.8              10.5             4,791
                ( 19 )
               セグメント名称                            従業員数(人)

                                                 127
      不動産賃貸管理事業                                              ( 7 )
                                                 14
      高齢者住宅事業                                              ( -)
                                                 141
       報告セグメント計                                             ( 7 )
                                                 21
      その他                                              ( 6 )
                                                 70
      全社(共通)                                              ( 6 )
                                                 232
                 合計                                  ( 19 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含みます。)でありま
           す。臨時雇用者数(パートタイマー等を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しており、1人当
           たり1日8時間換算にて算出したものであります。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (3)労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  9/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営の基本方針
         当社グループは、「安心・安全・快適・環境・健康・福祉」に配慮した豊かな生活空間の創造を目指し、健全
        な若者の育成と魅力溢れる社会の実現に、おもてなしの心と笑顔で貢献することを経営理念としております。
         また、この経営理念に立ち返り、未来を開拓する「健全な若者の育成」を通じて、魅力溢れる社会を創造する
        グローバルトップブランド『UniLife』という存在目的(Purpose:パーパス)を定義し、「豊かな生活空
        間」のディスラプション(創造的破壊(Disruption))として「学び・成長・つながり」を生むリアル空間へ再
        創造することを掲げ、これを2030年における当社グループのありたい姿、長期ビジョン『Grow                                              Togeth
        er   2030』としました。そして、この長期ビジョンの実現に向けた最初の3か年を第一フェーズと位置付け中期
        経営計画『GT01』を策定しました。
         これにあわせ、新しい領域に挑戦する「探索」と、既存の事業の一層成長を図る「深化」という活動が、高い
        次元でバランスよく調和していることを目指す『両利きの経営』と、規模の大きさで競合相手を圧倒する消耗戦
        から、社員一人一人が知識を機動的に生み出す力を発揮するかたちへと転換し、組織の学習スピードを高めるこ
        とを目指す『社員全員の経営』の2つを経営の基本方針としました。
      (2)経営環境
         文部科学省「令和3年度学校基本調査(速報値)」によりますと、大学(大学院を含む)の学生数は291.8万人
        と前年より3千人増加し、前年度の減少から一転、増加へ転じることとなり、当社グループを取り巻く市場環境
        につきましては追い風となる状況となっております。
         しかし一方では、新型コロナウイルス感染症収束の見通しが立たない中、学生のライフスタイルの変化やその
        動向、また、教育機関の動向につきましても引き続き注視が必要であり、加えて、刻々と変化する経営環境に応
        じた柔軟な対応・対策の必要性も増加傾向にあります。
         当社の推計では、18歳人口の減少とともに学生マンション需要は2019年から2040年にかけて年平均1.1%減少す
        ると見込んでおりますが、学生マンション需要に対する当社グループ管理戸数の市場シェアは5%程度であると
        考えております。
         また、学生マンション事業への特化や、これまで蓄積してきた学生マンションの運営ノウハウ、学生のニーズ
        の早期把握、大学及び大学生協との連携等を通じて、市場における一定の優位性は確保しているものと考えてお
        ります。
         今後もこの優位性を維持しつつ、市場シェアの拡大を図り、長期的な成長を目指してまいります。
      (3)中長期的な経営戦略
         長期ビジョン『Grow            Together         2030』では、見えない資産(無形資産)が持続的な企業価値向上
        の源泉であるということを重視し、①「アビリティ(総合的人間力)」の芽を育て、社会課題の解決に貢献す
        る、②    人間性とテクノロジーの融合による当社グループだけの価値の創出、③                                 当社グループブランドである
        「UniLife」のグローバル・トップブランドへの進化を成長シナリオとし、グループ全体においてこの存
        在目的(パーパス)を通して価値観を共有し、人材の育成・成長を通じた価値創造を目指します。また、その価
        値創造は若者が成長することによって実現するものと定義しております。
         長期ビジョン実現への取り組みの要旨は以下のとおりです。
          ■人的資本への投資
           ・創造する組織へ進化するための人材育成
           ・社員ロイヤリティ(絆)の向上と組織エンゲージメント(求心力)強化
           ・経営層及び後継者育成計画策定実施
          ■知的資本への投資
           ・DX戦略を推進するための組織編成
           ・DX関連ベンチャーへの投資
           ・CVC(Corporate           Venture    Capital)組成・運営
          ■ブランド・顧客基盤の構築
           ・最高のエンゲージメントを持つチームが、顧客成功体験(CX:Customer                                    Experience)を支援
           ・顧客ロイヤリティ(絆)を確立
           ・顧客が他者へ推奨する状態(ロイヤルカスタマー)の確立
          ■企業内外の組織づくり
           ・「両利きの経営」と「社員全員の経営」を可能とする組織戦略
           ・UniLifeが、情報ネットワークのハブとして社内外でつながり、互恵互助のもと、ロイヤリティ
            (絆)を獲得し、お互いの知が結合することによりイノベーションを起こし続ける。
          ■成長時間を短縮する方策
           ・オープンイノベーション、アライアンス、ジョイントベンチャーの活用
           ・M&Aによる既存事業の拡大とシナジーの見込める新規事業投資
         中期経営計画『GT01』(2021年10月期~2023年10月期)では新型コロナウイルス感染症の終息後を見据え
        た新型コロナウイルス感染症との共存を背景としてDX(デジタルトランスフォーメーション)を最重要課題と
        して取り組みます。
                                 10/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (4)目標とする経営指標等
         中期経営計画『GT01』(2021年10月期~2023年10月期)で掲げる主な経営指標等は以下のとおりです。
         経営成績
                                       親会社株主に帰属
            売上高         営業利益          経常利益
                                       する当期純利益
            622億円          67億円          65億円          43億円
         資本効率及び財務安全性

            ROE         ROIC         自己資本比率           流動比率
            15%以上          8%以上         40%以上         120%以上

         入居関連指標

            管理戸数         契約決定件数
            85,000戸          30,000件

         成長投資

            自社物件         システム投資
            250億円          7億円

          なお、上記の数値は、当初、2020年12月17日に中期経営計画として公表した後、2021年12月14日に目標数値

         等の一部見直しを行い再度公表いたしました。将来に関する前提・見通し・計画については、再度公表した時
         点における仮定等に基づくものであり、実際の経営成績は今後さまざまな要因によって異なる可能性がありま
         す。従いまして、その実現を保証あるいは約束するものではありません。
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
         当社グループを取り巻く経営環境は、近年の社会システムの大きな変化が新型コロナウイルス感染症拡大を契
        機にさらに加速し、昨日までの「近未来」が眼前の現実となっています。こうした環境変化に対応し、当社グ
        ループが更なる成長を実現するため、変わらぬ軸として持ち続ける経営理念「豊かな生活空間の創造」に立ち返
        り、存在目的(Purpose:パーパス))を定義し、「豊かな生活空間」のディスラプション(創造的破壊
        (Disruption))のもと、2030年における当社グループのありたい姿、長期ビジョン『Grow                                            Togethe
        r  2030』としました。そして、この長期ビジョンの実現に向けた最初の3か年を第一フェーズと位置付ける新中
        期経営計画『GT01』を策定しました。これら中長期的な戦略を実行する上で、当社グループの優先的に対処
        すべき課題は以下のとおりです。
        <不動産賃貸管理事業>
        ■新型コロナウイルス感染症の終息後を見据えた、新型コロナウイルス感染症との共存対応
         マンション内や店舗における感染防止対策を徹底するとともに、入居者様に感染者が発生した場合の迅速な対
        応、従業員が感染した場合のBCP(事業継続計画)も策定し、影響を最小限に抑えられるよう取り組んでおり
        ます。また、コロナ禍を背景とした学生支援キャンペーンも適宜実施に努めております。
        ■新たな価値提供により、学生マンション分野で唯一無二の存在に
         ・住まうことが新たな価値を生み出す学生マンションづくり
         ・ニーズを創る多様なラインナップの提供
         ・学生向けサービス総合プラットフォーマーとして新しいマーケットを創造する「カテゴリーキング」を追求
          なお、不動産賃貸管理事業における管理戸数及び入居率は以下のとおりであります。
                     2017年4月30日        2018年4月30日        2019年4月30日        2020年4月30日        2021年4月30日
                     現在        現在        現在        現在        現在
           管理戸数   (戸)              59,685        62,183        66,064        72,484        75,946
            借上物件  (戸)             29,694        31,569        34,438        38,590        41,317
            管理委託物件(戸)             28,131        28,591        29,270        31,064        31,167
            自社所有物件(戸)              1,860        2,023        2,356        2,830        3,462
           入居率(%)(注)               99.9        99.9        99.9        99.8        99.9
          (注)入居率は、借上物件及び自社所有物件を対象としております。
                                 11/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        <高齢者住宅事業>
        ■多様なQOL(Quality            Of  Life)の向上を目指すスマートコミュニティを実現
         ・不動産活用や在宅生活支援、リアルとオンラインのハイブリッド型による公民館化といった地域社会のイン
          フラとなる取り組みを実践
         ・看護サービスの充実やウェアラブル端末を通じたモニタリングシステムの導入等、ヘルステックの活用によ
          る安心と生産性の向上
        <その他>
        ■UniLifeでしかできない学びを提供し続ける
         ・学び・体験・つながりと一体化した、新たな住まい概念を実現
         ・社会で活躍・貢献できる人材育成を通じ、社会インフラの役割を果たす
                                 12/113

















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が当社グループの財政状態、
       経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスク、当該リ
       スクが顕在化する可能性の程度や時期、顕在化した場合の影響の内容、当該リスクへの対応策は、以下のとおりで
       あります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)学生マンション事業への依存について

         当社グループは、全セグメントの売上高の大半を不動産賃貸管理事業が占めており、その中心である学生マン
        ション事業への依存度が高くなっております。今後も学生マンション事業の拡充による安定的な収益確保に努める
        所存でありますが、事業環境の変化、異業種やハウスメーカー等の参入による競争の激化等により同事業に何らか
        の問題が生じた場合、当社グループの経営成績等に重大な影響を与える可能性があります。
         当該リスクが顕在化する可能性は常にあり、その影響を完全に回避することは困難ではありますが、当該リスク
        への対応については、高齢者住宅事業及び学生支援サービス事業等、中核事業の育成に努めるとともに、これまで
        蓄積してきた学生マンションの運営ノウハウや入居者である学生のニーズの早期把握による付加価値の高い物件供
        給、大学及び大学生協との一層の連携強化に努め、一定の市場優位性を確保しつつ事業活動を遂行してまいりま
        す。
      (2)不動産市況の変化について

         当社グループの事業は、学生を主たる顧客層としているため景気動向や金利動向による影響は少ないものの、日
        本経済が今後急速に悪化した場合、不動産市場も影響を受け、不動産にかかわる投資収益が悪化し、不動産オー
        ナーの賃貸事業運営の意欲が衰退する可能性があります。
         これらの事態が発生した場合、不動産市況の変化による家賃収入の減少、仲介手数料及び管理費収入の減少、ま
        た、当社グループが保有する不動産価値の下落により減損処理が必要になる等、当社グループの経営成績等に影響
        を及ぼす可能性があります。
         当該リスクが顕在化する可能性は、翌連結会計年度においても相応にあるものと認識しております。当該リスク
        への対応については、今後の国内経済の動向を注視するとともに、不動産市況や稼働率等不動産関連指標の動向を
        適宜把握し、当該リスクの適時軽減に取り組んでまいります。
      (3)少子化リスクについて

         学生マンション関連業務は人口動態の影響を大きく受ける可能性があり、今後少子化による18歳人口の減少を受
        けて学生数が減少する可能性があります。ただし、現状では進学率が高水準で推移していることから、学生数はほ
        ぼ横ばいとなっております。また、現時点では、都市部に人気校が多いことから地方からの学生の移動があり、下
        宿生数そのものの減少は緩やかなものとなっております。しかし、今後予測を大幅に上回る出生数の減少を受け
        て、学生数の減少により大学進学等の就学状況の変化が起こった場合、マーケットの縮小が起こる地域が出てくる
        可能性があり、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         当該リスクが顕在化する可能性は常にあり、その影響を完全に回避することは困難ではありますが、当該リスク
        への対応については、学生に係る進学率等統計情報の収集や、大学をはじめとした教育機関の動向を常に注視し、
        経営成績等への影響の低減に努めてまいります。
      (4)大学の統廃合、キャンパス移転について

         大学及び短期大学の進学希望者数と合格者総数が等しい、いわゆる大学全入時代の到来を踏まえ、大学の統廃
        合、キャンパスの移転等も行われております。当社グループでは新規に企画する物件及び仲介管理業務を受託して
        いる物件の主な対象となる大学、短期大学及び専門学校等の学生数、下宿生の傾向を勘案しつつ業務を行っており
        ますが、大学の統廃合又は学校の方針により全面及び一部キャンパスの移転等が発生した場合、周辺物件の需要と
        供給のバランスが崩れる等の事態が発生した場合には当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
         当該リスクが顕在化する可能性は翌連結会計年度においても相応にあるものと認識しております。当該リスクへ
        の対応については、大学をはじめとした教育機関の動向を常に注視するとともに、物件そのものの市場価値を高
        め、社会人向けへの一部転用や卒業生を含めた仲介業務を行うことで当社グループの事業へのリスク軽減を図って
        まいります。
                                 13/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (5)業務提携について
         当社グループは、全国各地の大学生活協同組合と、学生専用賃貸物件の開発、建設及び入居斡旋・管理に関する
        業務提携を行っております。現時点において提携先との関係は良好でありますが、今後、何らかの事情により契約
        変更又は提携解消が発生した場合、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         当該リスクが顕在化する可能性は現時点では高くないと認識しておりますが、当該リスクへの対応については、
        引き続き、全国各地の大学生活協同組合との緊密な連携に努めてまいります。
      (6)法的規制等について

         当社グループの主要な事業活動の継続には、宅地建物取引業・警備業・特定建設業・サービス付き高齢者向け住
        宅登録、介護サービス事業者の指定に関する免許・登録や指定が前提となります。また、当社グループの事業は上
        記以外にも都市計画法、建設業法、建築基準法等、さまざまな法的規制を受けております。
         今後、これらの規制の改廃や新たな法的規制等が設けられる場合や、それぞれの規定に基づいて監督官庁から行
        政処分を受けた場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループでは、当社の主要事業の継続に必要となる、宅地建物取引業法に基づく宅地建物取引業者免
        許(国土交通大臣(7)第5032号、国土交通大臣(5)第5716号 他)を取得しておりますが、本書提出日までの間にお
        いて、これらの免許及び登録の取消事由及び更新拒否事由は存在しておりません。しかしながら、将来においてこ
        れら免許及び受録の取消等があった場合には、主要な事業活動に支障をきたすとともに経営成績に重大な影響を及
        ぼす可能性があります。
         なお、本書提出日現在における当社グループの主要事業に係る許認可取得状況は以下のとおりであります。
        免許・登録等の別              会             社     番     号     有  効  期  間
                                       国土交通大臣          2018年10月30日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー
                                       (7)第5032号          2023年10月29日まで
                                       国土交通大臣          2018年1月6日から
       宅地建物取引業法免許             ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワーク
                                       (5)第5716号          2023年1月5日まで
                                       東京都知事          2017年9月15日から
                    ㈱東京学生ライフ
                                       (2)第94618号          2022年9月14日まで
                                                 2021年2月1日から
       警備業             ㈱ジェイ・エス・ビー                   第457号
                                                 2026年1月31日まで
                                       京都府知事許可          2021年2月5日から
       特定建設業             総合管財㈱
                                       (特-27)第39660号          2026年2月4日まで
       サービス付き高齢者向け                                           2017年12月7日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   第24-11(1)号
       住宅事業(函館市)                                           2022年12月6日まで
       サービス付き高齢者向け                                           2019年7月22日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   仙14003-2
       住宅事業(仙台市)                                           2024年7月21日まで
       サービス付き高齢者向け                                           2018年12月27日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   大津430001
       住宅事業(大津市)                                           2023年12月26日まで
                                                 2018年2月15日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   第H24-018号
                                                 2023年2月14日まで
                                                 2018年9月2日から
                    ㈱グランユニライフケアサービス                   第H25-004号
                                                 2023年9月1日まで
       サービス付き高齢者向け
       住宅事業(京都市)
                                                 2019年8月6日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   第H26-006号
                                                 2024年8月5日まで
                                                 2017年5月30日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   第H29-001号
                                                 2022年5月29日まで
                                                 2018年3月4日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   豊中市(24)0006
                                                 2023年3月3日まで
       サービス付き高齢者向け
       住宅事業(豊中市)
                                                 2020年8月1日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   豊中市(R02)0001
                                                 2025年7月31日まで
                                                 2017年12月11日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   福岡市H24-0023
                                                 2022年12月10日まで
       サービス付き高齢者向け                                           2017年12月13日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   福岡市H24-0024
       住宅事業(福岡市)                                           2022年12月12日まで
                                                 2019年2月6日から
                    ㈱ジェイ・エス・ビー                   福岡市H25-0048
                                                 2024年2月5日まで
       指定居宅介護支援事業者
       指定居宅サービス事業者
       指定第1号訪問事業者
                                                   事業所ごと
       指定地域密着型サービス             ㈱グランユニライフケアサービス                   0171404668 他
                                                  指定日より6年間
       事業者
       指定第1号通所事業者 
       他
                                 14/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         各種業法について理解と見識の低さから違法行為を行う可能性があると認識しており、当該リスクへの対応とし
        て、役職員が常に法令遵守を意識して業務に取り組むようコンプライアンスに関する研修を定期的に行っておりま
        す。
      (7)一括借上方式(運営委託方式のうち賃料定額型)による事業展開について

         当社グループは、主に不動産賃貸物件を当社が一括して借上げ、不動産オーナーに対しては家賃保証を行い、入
        居者に転貸する方式により、業務を行っております。当方式は、不動産オーナーに対して契約期間中は部屋の稼働
        の有無や当社が入居者から受け取る賃料に関係なく、毎月定額の賃借料を支払う内容となっております。そのた
        め、当社が想定する稼働率及び家賃相場を大幅に下回り、入居者からの賃料収入が不動産オーナーへ支払う保証賃
        料を下回る場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         当該リスクが顕在化する可能性は、翌連結会計年度においても相応にあるものと認識しております。当該リスク
        への対応については、空室の発生や賃料相場の下落による経営成績への影響を低減するために、不動産オーナーと
        の運営管理委託契約において経済情勢が変動した場合の賃料改定条項を設けるほか、入居者との賃貸借契約では契
        約解除に関して主に2ヶ月前までの予告を義務付け、転借人の募集期間を確保するなどの対策を講じております。
      (8)事業年度内における経営成績変動及び制度変容等について

         不動産仲介業務においては、業界全般において1月から3月に契約が集中し、この時期の収益が大きくなる傾向
        にあります。当社グループでも、学生の住まい探しの時期が1月から3月に集中することから、同一事業年度内に
        おいて経営成績が変動いたします。また、当社は契約金として入居者から家賃の1~3ヶ月分に相当する額を入居
        時に一括して受け取る礼金制度(当社グループにおいて一部地域では礼金を入館金と呼称しております。)を採用
        しており、当社が一括借上を行っている物件では、当社が貸主として入居者から礼金を受領しております。この礼
        金収入は契約開始が集中する4月に大部分が売上高に計上されるため、当社グループの第1四半期(11月~1
        月)、第3四半期(5月~7月)及び第4四半期(8月~10月)よりも、4月が属する第2四半期(2月~4月)
        の比重が高くなっております。
         当社グループが採用している礼金制度は、業界及び地域慣習の動向の影響を受ける可能性があり、制度自体の変
        容や廃止等が起こる可能性があります。また、敷金制度(賃借人の賃料滞納などの債務の担保を目的として、家賃
        の1~3ヶ月分に相当する額の預託を受ける制度)も同様であります。これらが起こった場合、当該礼金収入の減
        少や敷金預託の減少が発生し、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         なお、当連結会計年度における四半期ごとの経営成績概要は以下のとおりであります。
                    第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期          通期

        売上高(千円)             10,808,490        17,743,073        12,152,897        12,083,516        52,787,978

        構成比(%)                20.5        33.6        23.0        22.9        100.0

        営業利益又は
                     △337,737        4,996,071         682,403        △2,802       5,337,935
        営業損失(△)(千円)
        構成比(%)               △6.3         93.6        12.8        △0.1        100.0
         当該リスクが顕在化する可能性は、翌連結会計年度においても相応にあるものと認識しております。当該リスク

        への対応については、制度改正及び公正な会計慣行に関する情報を的確に把握するように努めております。
      (9)高齢者住宅事業について

         当社グループでは、来たる超高齢化社会を見据え、高齢者住宅事業に取組んでおります。当業界は、政府の新成
        長戦略において2025年までに全高齢者における高齢者向け住宅の割合を4%程度とすることが目標とされているこ
        とに加え、2011年10月に施行された改正高齢者住まい法による「サービス付き高齢者向け住宅制度」の導入や、こ
        れに伴う建築費補助や融資支援など、政策的に参入促進の基調にあります。しかしながら、今後業界に対する不測
        の規制強化や、業界に対するニーズの急激な変化                       、 また当社グループの高齢者住宅事業において介護職員の採用が
        円滑に進まないこと等により当該事業の進捗が滞った場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性
        があります。当該リスクが顕在化する可能性は現時点では高くないと認識しておりますが、当該リスクへの対応に
        ついては、業界動向を注視するとともに、法改正情報を的確に把握するように努めております。
                                 15/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     (10)介護保険法の改正、介護報酬の改定について
         当社グループの高齢者住宅事業における介護サービスは、介護保険法をはじめとする各種関連法令によって規制
        を受ける公的介護保険法内のサービスが中心となっております。これらのサービスは5年毎の介護保険法の改正、
        3年毎の介護報酬の改定により、経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         当該リスクが顕在化する可能性として、改正対象年度において相応の影響があるものと認識しております。当該
        リスクへの対応については、当社グループの高齢者住宅事業の強みである一括借上による借上差益の確保や介護用
        品販売等のサービスラインナップの拡充により、リスク分散に努めております。
     (11)個人情報管理について

         当社グループは、事業を行うにあたり不動産オーナー及び入居者の個人情報を多数扱っており、個人情報取扱業
        者に該当しております。個人情報の取扱いに際しては、厳重な取扱いに留意しておりますが、不測の事態により、
        万が一個人情報が外部へ漏洩するような事態となった場合は、当社グループの信用失墜による契約件数の減少、売
        上の減少又は損害賠償による損失発生等の可能性も考えられ、その場合には、当社グループの経営成績等に影響を
        及ぼす可能性があります。
         当該リスクが顕在化する可能性は現時点では高くないと認識しておりますが、当該リスクへの対応については、
        プライバシーマークの継続的な更新や情報の管理に係る社内規程の整備・周知、役職員に対して個人情報管理、情
        報セキュリティに関する研修を定期的に行っております。
     (12)ストック・オプションと株式の希薄化について

         当社グループでは、当社及び当社子会社の取締役及び従業員に対し、当社グループの経営成績向上に対する貢献
        意欲や士気を一層高めるとともに、株主との価値共有を推進することにより、企業価値向上に資することを目的と
        するため、新株予約権を付与しております。本書提出日の前月末現在、新株予約権による潜在株式数は294,800株
        であり、これは発行済株式総数の2.7%に相当しております。今後、これらの新株予約権が行使された場合、当社
        の1株当たりの株式価値が希薄化する可能性があります。
         今後においても、ストック・オプション制度を活用していくことを検討することがあります。その場合には、当
        社の1株当たりの株式価値に希薄化が生じますが、役員及び従業員が、経営成績向上意欲や士気を高め、株価変動
        に関する利害を株主の皆様と共有し、結果として、企業価値向上へ貢献するものと考えております。
     (13)重要な訴訟等におけるリスクについて

         当社グループは、国内外の活動に関して、訴訟、紛争、その他の法的手続きの対象となる恐れがあります。不動
        産事業及び建設業においては、当社グループの企画するマンション建設に伴う近隣住民との紛争及び契約内容に関
        する賃借人又は施主との訴訟等が考えられます。重要な訴訟等が提起された場合、訴訟等の内容及び結果によって
        は当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
         予期せぬ訴訟等については発生の可能性はあると認識しておりますが、現時点で予測できる内容は無く、どの程
        度の可能性があるかは想定できません。
     (14)金利変動リスクについて

         当社グループは、物件開発資金を主とした必要資金の多くを金融機関からの借入により調達しておりますが、長
        期借入金の比率を高めるなど将来の金利上昇による経営成績の悪化並びに流動性に対する対応策を講じておりま
        す。ただし、急速かつ大幅な金利変動があれば、支払利息の増加等により当社グループの経営成績等に影響を及ぼ
        す可能性があります。また、金利が大幅に上昇した場合には、物件建設資金を借り入れた場合の金利負担の上昇
        等、資金調達コストの増加が起こり、不動産オーナーの賃貸事業運営に影響を与える可能性があります。
         当該リスクは市場動向によるため顕在化する可能性は常にあるものと認識しております。当該リスクへの対応に
        ついては、金融機関からの資金調達では金利変動による影響を軽減するため、金融情勢を踏まえながら一定程度金
        利を固定化することで金利上昇局面での経営成績等に与える影響を最小限に抑える取り組みを行っております。
     (15)自然災害リスクについて

         地震、台風、洪水、津波等の自然災害や気候変動に伴う異常気象、コロナウイルスやインフルエンザウイルス等
        の感染症拡大等の自然災害リスクに対して、全ての被害や影響を回避することは困難であり、また、大規模災害の
        発生に伴い、被災地域における営業活動の停止、被害を受けた設備等の修復、ライフラインの供給停止が生じた場
        合は、当社グループの事業及び経営成績等に影響を与える可能性があります。
         当該リスクが顕在化する時期や影響を予測することは困難ではありますが、発生時の損害を最小限に抑えるた
        め、安否確認体制の構築、自然災害対応マニュアルの作成、事業継続計画等の整備に努めております。
                                 16/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     (16)新型コロナウイルス感染症の影響について
         当社グループの主要な事業セグメントへの影響は以下のとおり分析しております。
         なお、以下に記載するリスクが顕在化する可能性は常にあるものと認識しております。各リスクへの対応につい
        ては、各種事前対策、緊急対策を定めるとともに、状況に応じて臨機応変な対応に努めるなど、リスク管理を慎重
        に行い、当社グループの経営成績への影響を低減させるよう努めてまいります。
         <不動産賃貸管理事業>
          当社グループの管理物件及び営業店舗における感染防止対策の徹底、入居者の安全・安心の確保のため、保健
         所や専門業者との緊密な連携により入居者に感染者が発生した場合の迅速な対応に努めております。
          また、前連結会計年度に引き続き、入居時の初期費用及び一定期間の家賃優遇等をはじめとした、学生支援
         キャンペーンも継続的に実施しております。
          しかしながら、今後、感染拡大の長期化等による行動制限、営業制限の影響から新規入居者への募集活動の抑
         制を余儀なくされた場合は、管理物件の入居率が低下するなど、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性
         があります。
         <高齢者住宅事業>
          当セグメントでは現在、京都・滋賀エリアを中心に、函館・仙台・大阪・九州の各地域において事業を展開し
         ております。
          2020年4月から5月の緊急事態宣言発出時においては、一部顧客のサービス利用中止を受け通所介護事業所に
         係る介護報酬の減少はあったものの、訪問介護等を含む全体の介護報酬には大きな影響はありませんでした。し
         かしながら、今後、各自治体における社会福祉施設等への休業要請が発生した場合や、各自治体の方針如何に
         よっては、一部サービスの供給が困難となり、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         <その他>
         ・学生支援サービス
          前連結会計年度において、合同企業説明会における企業側の出展取りやめや、主催者側での開催の中止等、収
         益機会の減少が見られました。これを受け、地域制限のないWEB合説の開催等を通じた収益機会の確保に努
         め、また、WEBセミナーの開催を中心に就活支援等のサービスを強化するなど、オンラインサービスへシフト
         する取り組みを前連結会計年度から継続的に推進しております。しかしながら、こうした取り組みが不調に進捗
         する場合は、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         ・日本語学校事業
          海外からの留学生を対象にした日本語学校の運営において、海外渡航者に対する入国制限等の影響から、外国
         人留学生の受け入れ時期に遅れが生じ、入学金等学費に関連する売上高の鈍化が継続しております。一部では当
         該制限の緩和の動きはあるものの、新たな変異株の出現等、予断を許さない状況が継続しております。今後もこ
         うした状況が長期化する場合、留学生の受け入れ鈍化も長期化することとなり、当社グループの経営成績に影響
         を及ぼす可能性があります。
         ・不動産販売事業
          現在は、市況が活性化しているものの、中期的な動向が不透明なことを勘案して、販売用不動産の新規取得は
         差し控えており、当該事業に対する影響はございません。
         ・新規事業
          学生を対象としたキャリア教育・支援事業では一部営業活動の自粛制限を行ったものの、現在では平常時の営
         業活動を再開しております。また、ハッカソンの開催等を通じたAI人材のプラットフォーム事業については、
         オンラインでのサービス提供を中心に展開しているため、事業運営への影響はございません。
                                 17/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      経営成績等の状況の概要
      (1)経営成績の状況
         当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の断続的な感染再拡大により停滞が続いて
        おりました。度重なる緊急事態宣言の発出等により経済社会活動が制限された結果、製造業や情報通信業が比較
        的堅調な一方、個人向けサービスの低迷が続くなど、業種による二極化が鮮明になりました。ワクチン接種の拡
        がりに伴い外出行動の抑制度合は段階的に縮小しており、消費も持ち直しに転じる見通しではあるものの、更な
        る感染再拡大への懸念等、依然として予断を許さない状況が続いております。
         このような経営環境のもと、当社グループの主たる顧客層である学生の動向におきましては、大学(大学院を
        含む)の学生数は291.8万人と前年より3千人増加(文部科学省「令和3年度学校基本調査(速報値)」)し、前
        年度の減少から一転、増加へ転じることとなり、当社グループを取り巻く市場環境につきましては追い風となる
        状況となっております。
         このような環境の中で、当社グループにおきましては、2030年長期ビジョン『Grow Together 
        2030』に基づく新中期経営計画『GT01』(2021年10月期~2023年10月期)の計画実践初年度にあたる当連結
        会計年度において、主力の不動産賃貸管理事業では計画策定時点での低調な見通しから、前年を上回る入居率に
        至るなど、一転して好調な状況で推移しました。また、2021年7月26日の取締役会決議に基づき、新株式の発行
        及び株式売出しを行い、調達資金による成長投資の加速と、投資家層の拡大、市場株式の流動性向上を図ってま
        いりました。
         次年度以降につきましても中期経営計画の超過達成を通じてより一層の成長を目指し、積極的な新規物件開発
        による収益基盤の底上げや、高水準の入居率確保へ向けた募集力、斡旋力の強化に努めてまいります。
         以上の結果、当連結会計年度の連結売上高は52,787百万円(前年同期比9.8%増)、経常利益は5,203百万円
        (同22.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は3,252百万円(同17.8%増)となりました。
         セグメントごとの経営成績の概況は次のとおりです。
        ①  不動産賃貸管理事業

         物件管理戸数は順調に増加しました。(前期比3,462戸増                           75,946戸     ※4月末現在     )借上・自社所有物件の入居率
        は前述のとおり、低調な予測から一転して前年を上回る水準を確保しました。(前期99.8%                                          当期99.9%      ※4月末
        現在  )この結果、学生マンションの家賃収入をはじめとする各種不動産賃貸関連サービスにおける売上高は順調に
        推移しました。
         費用面では、借上物件の管理戸数増加による保証家賃の増加、人員数の増加による人件費負担の増加、自社所
        有物件の増加に伴う減価償却費の増加、食事付き学生マンションの積極展開による食材仕入等の増加がありまし
        た。
         当連結会計年度において、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生支援策として全国500室を対象とした学生
        支援特別プランを実施いたしましたが、当連結会計年度での経営成績への大きな影響はありません。
         以上の結果、売上高49,519百万円(前期比10.2%増)、セグメント利益6,642百万円(同21.6%増)となりまし
        た。
        ②  高齢者住宅事業

         2021年10月1日に食と運動による健康寿命延伸を目指すことをコンセプトとしたサービス付き高齢者向け住宅
        『グランメゾン迎賓館           豊中刀根山』がオープンしました。
         また、その他の既存施設においても、営業力強化や損益改善施策等、各種取り組みにより当セグメント全体の
        事業収益は順調に推移いたしました。
         費用面では新拠点のオープンに向け、施設内の備品類調達費用の増加、広告宣伝活動を積極的に行ったことに
        よる広告宣伝費の増加がありました。
         新型コロナウイルス感染症拡大の影響について、当連結会計年度での経営成績への大きな影響はありません。
        引き続き、入居者、施設スタッフへのワクチン接種をはじめ、感染防止を徹底した各種取り組みを継続的に行っ
        てまいります。
         以上の結果、売上高2,802百万円(前期比3.2%増)、セグメント利益353百万円(同15.5%増)となりました。
                                 18/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        ③  その他
         当セグメントのうち、日本語学校事業では、新型コロナウイルス感染症の断続的な感染再拡大に伴う入国制限
        の長期化の影響を受け、待機留学生の発生、受け入れ時期の遅延も比例して長期化することとなりました。足も
        とでは、政府よりビジネス関係者、留学生、技能実習生らに対する入国制限を条件付きで緩和するといった動き
        はあるものの、更なる感染再拡大への懸念等、依然として不透明な状況が継続しております。
         グループ会社のハッカソン運営を展開する株式会社Mewcketについて、同社への投資回収時期の不確実
        性から第3四半期連結会計期間において、のれん等の減損損失を計上しました。しかしながら、同社の運営する
        ハッカソンを通じたIT、AIの学習機会の創出を軸とした事業分野では継続的に引き合いは強く、運営受注も
        順調に積み上がっております。そのため、投資回収時期の遅れは発生したものの、将来的な投資回収は可能であ
        ると考えております。
         グループ会社の第0新卒事業を展開する株式会社スタイルガーデンでは、インターンシップを中心とした事業
        展開により、当初計画を上回る経営成績で推移しており、当セグメントの事業収益に貢献するとともに学生支援
        におけるグループシナジーの発揮に努めております。
         その結果、売上高466百万円(前期比13.5%増)、セグメント損失172百万円(前期はセグメント損失106百万
        円)となりました。
      (2)キャッシュ・フロー

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の期末残高は、前連結会計年度末に比
        べて3,383百万円増加し、12,682百万円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          当連結会計年度における営業活動の結果、資金の増加は4,910百万円(前年同期5,003百万円                                          資金の増加)と
         なりました。これは、主に税金等調整前当期純利益5,050百万円、非資金項目である減価償却費1,028百万円及び
         法人税等の支払額1,777百万円によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          当連結会計年度における投資活動の結果、使用した資金は7,221百万円(前年同期5,542百万円                                           資金の使用)
         となりました。これは、主に有形固定資産の取得による支出6,818百万円及び敷金及び保証金の差入による支出
         285百万円によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          当連結会計年度における財務活動の結果、資金の増加は5,694百万円(前年同期1,232百万円                                          資金の増加)と
         なりました。これは、主に長期借入れによる収入4,540百万円、株式の発行による収入3,078百万円、長期借入金
         の返済による支出1,249百万円及び配当金の支払額326百万円によるものです。
      (3)生産、受注及び販売の実績

        ①  生産実績
         該当事項はありません。
        ②  受注実績
         該当事項はありません。
        ③  販売実績
         当連結会計年度の販売実績を報告セグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
               セグメントの名称               (自 2020年11月1日              前年同期比(%)
                               至 2021年10月31日)
          不動産賃貸管理事業(千円)                          49,519,310            110.2
          高齢者住宅事業(千円)                          2,802,188            103.2
             報告セグメント計(千円)                       52,321,499            109.8
          その他(千円)                           466,479           113.5
                合計(千円)                    52,787,978            109.8
         (注)1.セグメント間の取引については、相殺消去しております。
            2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 19/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (4)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する分析・検討内容は、原則として連結財務諸表に
        基づき分析した内容であります。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末において判断した
        ものであり、実際の経営成績等は異なることがあります。
        ①  財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容
         a.  経営成績の分析
           当連結会計年度の経営成績の分析につきましては前述の「(1)経営成績の状況」をご参照ください。
           2030年長期ビジョン『Grow               Together         2030』に基づく中期経営計画『GT01』(2021年10月
          期~2023年10月期)に掲げる経営数値目標と実績との比較分析は以下のとおりとなっております。
           『GT01』の計画策定時点において、主力の不動産賃貸管理事業では、新型コロナウイルス感染症感染拡
          大による、学生の動向や大学等教育機関の動向を考慮の上、全国各エリアにおいて一定の入居率の低下を見込
          んでおりました。しかしながら、計画実践初年度である2021年10月期の賃貸入居需要の繁忙期に当たる第2四
          半期連結会計期間(2月~4月)において、当初の見込みを一転し、前年実績を上回る入居水準に達すると
          いった好調な状況となりました。また、その後の入居状況についても底堅く推移したことに加え、オンライン
          を通じ非対面を中心とした営業戦略推進による運営効率化によって、コスト圧縮も想定以上に進んだこともあ
          り、初年度における当初の計画数値を大幅に超過するに至りました。
           さらに、2021年7月26日の取締役会決議に基づき、新株式の発行及び株式売出しといった資本政策を実施
          し、調達資金による成長投資の加速と、投資家層の拡大、市場株式の流動性向上を図りました。
           以上のことから、2021年12月14日の取締役会において、『GT01』における2023年10月期目標数値の一部
          について引き上げることを決定いたしました。
         ■  『GT01』2023年10月期 経営数値目標
                               622億円
          売上高
                            (当初目標:619億円)
                               67億円
          営業利益
                            (当初目標:60億円)
                               65億円
          経常利益
                            (当初目標:58億円)
                               43億円
          親会社株主に帰属する当期純利益
                            (当初目標:38億円)
                               15%以上

                  ROE
                              (変更なし)
          資本効率
                               8%以上
                  ROIC
                              (変更なし)
                               40%以上
                  自己資本比率
                              (変更なし)
          財務安全性
                               120%以上
                  流動比率
                              (変更なし)
                               85,000戸

                  管理戸数
                              (変更なし)
          入居関連指標
                               30,000件
                  契約決定件数
                              (変更なし)
                               250億円

                  自社物件
                            (当初目標:200億円)
          成長投資
                               7億円
                  システム投資
                            (当初目標:6億円)
                                 20/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         ■  実績及び達成率
                                  達成率           達成率           達成率
                     GT01
                           2021年10月期           2022年10月期           2023年10月期
                                  (%)           (%)           (%)
                            52,787,978      101.5        -    -       -    -
          売上高  (千円)           62,255,647
                           (52,017,025)           (57,290,107)           (62,255,647)
                            5,337,935      125.1        -    -       -    -
          営業利益 (千円)           6,743,437
                            (4,268,167)           (5,881,160)           (6,743,437)
                            5,203,523      126.2        -    -       -    -
          経常利益 (千円)           6,564,473
                            (4,123,011)           (5,741,181)           (6,564,473)
          親会社株主に帰属
                            3,252,963      120.5        -    -       -    -
          する当期純利益           4,358,213
                            (2,698,673)           (3,817,684)           (4,358,213)
               (千円)
         (注)1.( )内は単年度計画
            2.2021年10月期( )内は、前連結会計年度策定時点の当初単年度計画を表示
            3.2022年10月期、2023年10月期( )内は、見直し後の単年度計画を表示
            4.達成率は各連結会計年度の単年度計画に対する比率を表示
         ■  資本効率
                             2021年10月期           2022年10月期           2023年10月期
                     GT01
                              (実績)           (実績)           (実績)
          ROE   (%)           15%以上              16.1            -          -
                                   10.5            -          -
          ROIC  (%)           8%以上
         ■  財務安全性

                             2021年10月期           2022年10月期           2023年10月期
                     GT01
                              (実績)           (実績)           (実績)
          自己資本比率(%)           40%以上              46.0            -          -
                                  155.4            -          -
          流動比率  (%)          120%以上
         ■  入居関連指標

                           2021年10月期       進捗率    2022年10月期       進捗率    2023年10月期       進捗率
                     GT01
                            (実績)      (%)     (実績)      (%)     (実績)      (%)
          管理戸数  (戸)            85,000        75,946     89.3        -    -       -    -
                              29,146     97.2        -    -       -    -
          契約決定件数(件)            30,000
         (注)1.管理戸数は4月末現在の不動産賃貸管理事業に係る数値
            2.契約決定件数は11月~10月決定数値
         ■  成長投資
                           2021年10月期       進捗率    2022年10月期       進捗率    2023年10月期       進捗率
                     GT01
                           (実績累計)       (%)    (実績累計)       (%)    (実績累計)       (%)
          自社物件 (千円)           25,000,000       6,736,301      26.9        -    -       -    -
          システム投資

                             249,499     35.6        -    -       -    -
                      700,000
               (千円)
         (注)1.自社物件の実績累計は連結貸借対照表計上額を集計
            2.システム投資の実績累計は連結貸借対照表計上額に同投資に係る維持管理費用を加算
                                 21/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         b.  財政状態の分析
           当連結会計年度末の資産合計は50,335百万円となり、前連結会計年度末の40,245百万円から10,089百万円の
          増加(前期比25.1%増)となりました。
           (流動資産)
             流動資産につきましては、14,371百万円となり、前連結会計年度末の10,840百万円から3,531百万円の
            増加(前期比32.6%増)となりました。これは、主として現金及び預金が3,383百万円増加したことによ
            るものであります。
           (固定資産)
             固定資産につきましては、35,964百万円となり、前連結会計年度末の29,405百万円から6,558百万円の
            増加(前期比22.3%増)となりました。これは、主として有形固定資産が6,065百万円及び投資有価証券
            が272百万円それぞれ増加したことによるものであります。
           (流動負債)
             流動負債につきましては、9,245百万円となり、前連結会計年度末の8,360百万円から884百万円の増加
            (前期比10.6%増)となりました。これは、主として前受金及び営業預り金が483百万円増加したことに
            よるものであります。
           (固定負債)
             固定負債につきましては、17,890百万円となり、前連結会計年度末の14,649百万円から3,241百万円の
            増加(前期比22.1%増)となりました。これは、主として長期借入金が3,117百万円増加したことによる
            ものであります。
           (純資産)
             純資産につきましては、23,199百万円となり、前連結会計年度末の17,235百万円から5,963百万円の増
            加(前期比34.6%増)となりました。これは、主として公募増資及び新株予約権の権利行使等により資本
            金が1,539百万円、資本剰余金が1,554百万円それぞれ増加したこと、親会社株主に帰属する当期純利益の
            計上と配当金の支払いにより利益剰余金が2,926百万円増加したこと、また、自己株式の取得により自己
            株式が224百万円増加したことによるものであります。
         c.  キャッシュ・フローの状況の分析
           前述の(2)キャッシュ・フローをご参照ください。
        ②  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成し
         ております。また、これらの連結財務諸表の作成にあたって、一部見積り数値を利用しておりますが、これら
         の見積り数値の妥当性については、継続的に評価を行っております。しかしながら、見積り特有の不確実性の
         ため、実際の結果と異なる場合があります。連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定の
         うち、重要なものは以下のとおりであります。
          また、当連結会計年度における会計上の見積りを行う上での新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定
         については、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載の
         とおりであります。
        (減損会計における回収可能価額)
          減損損失は     、 減損の兆候が見られる資産グループについて減損損失の認識を判定し                                、 当該資産グループから得
         られる将来キャッシュ・フローが帳簿価額を下回る場合には                            、 帳簿価額を回収可能価額まで減額し                、 減損損失を
         計上することとしています            。
          減損の兆候の把握        、 減損損失の認識及び測定にあたっては決算時点で入手可能な情報に基づき合理的に判断し
         ていますが     、 経営環境の変化や地価の変動等              、 前提とした条件や仮定に変更が生じ回収可能価額が減少した場合                              、
         減損処理が必要となる可能性があります                  。
          なお、固定資産の減損につきましては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記
         事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります
        (繰延税金資産)
          繰延税金資産の回収可能性は             、 収益力に基づく一時差異等加減算前課税所得の十分性                         、 タックス・プランニン
         グに基づく一時差異等加減算前課税所得の十分性及び将来加算一時差異の十分性に基づき                                         、 将来の税金負担額を
         軽減する効果を有するかどうかにより判断しています                         。
          当該見積り及び仮定について             、 外部環境の変化等により見直しが必要となった場合                        、 繰延税金資産が減額され
         税金費用が計上される可能性があります                  。
                                 22/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (5)資本の財源及び資金の流動性
         健全な財政状態を維持しつつ、事業活動に必要な資金を安定的に確保すべく、営業活動によるキャッシュ・フ
        ローの創出に努めるとともに、当社グループの成長戦略推進に不可欠となる新規物件開発等に係る設備投資など
        の長期的な資金需要については、自己資金及び金融機関からの借入金でまかなうことを基本方針としておりま
        す。当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債残高は15,952百万円となっており、ま
        た、現金及び現金同等物の残高は12,682百万円となっております。
         なお、設備投資の概要及び重要な設備の新設の計画については、「第3 設備の状況」をご参照ください。
                                 23/113


















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
        当社は、全国各地の大学生活協同組合(大学生協)と業務提携を行っております。業務提携の主な内容は以下のと
      おりであります。
        提   携   相   手   先   契   約   期   間   提       携       内       容

                        自1993年11月27日
         生活協同組合連合会
                                   学生専用賃貸物件の開発・建設及び入居斡旋・管理
                        至1997年5月31日
          大学生協事業連合
                                   に関する業務提携
                      以後3年ごとの自動更新
           (注)1、2
         生活協同組合連合会              自1999年7月30日
                                   学生専用賃貸物件の開発・建設及び入居斡旋・管理
          大学生活協同組合              至2000年7月29日
                                   に関する業務提携
         中国・四国事業連合             以後1年ごとの自動更新
         生活協同組合連合会              自2015年10月22日
          大学生協事業連合              至2016年10月21日           学生専用賃貸物件の入居斡旋に関する業務提携
            (注)3          以後1年ごとの自動更新
      (注)1.生活協同組合連合会大学生協事業連合は、2018年11月1日付で生活協同組合連合会大学生協関西北陸事業
            連合、生活協同組合連合会大学生活協同組合九州事業連合、大学生活協同組合連合会北海道事業連合、生
            活協同組合連合会大学生協東海事業連合、大学生活協同組合東京事業連合及び大学生活協同組合東北事業
            連合が合併したものであります。また合併前の生活協同組合連合会大学生協関西北陸事業連合は、2016年
            9月1日付で生活協同組合連合会大学生協阪神事業連合(2011年9月1日付で生活協同組合連合会大学生
            協大阪事業連合及び生活協同組合連合会大学生協神戸事業連合が合併)、生活協同組合連合会大学生協京
            都事業連合及び生活協同組合連合会大学生協北陸事業連合が合併したものであります。
         2.当社は、(注)1.に記載のうち、大学生活協同組合東京事業連合及び大学生活協同組合東北事業連合を
            除く合併前の各事業連合とそれぞれ業務提携しており、一連の合併に伴い各事業連合の権利義務全てが生
            活協同組合連合会大学生協事業連合に承継されておりますが、いずれも同様の内容のため、原契約の契約
            始期が最も早い生活協同組合連合会大学生協京都事業連合との業務提携のみ記載しております。
         3.㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークとの業務提携であります。なお同社は、(注)1.に記載のうち、
            合併前の大学生活協同組合東京事業連合及び大学生活協同組合東北事業連合とそれぞれ業務提携してお
            り、合併に伴い両事業連合の権利義務全てが生活協同組合連合会大学生協事業連合に承継されております
            が、いずれも同様の内容のため、原契約の契約始期が最も早い大学生活協同組合東京事業連合との業務提
            携のみ記載しております。
                                 24/113










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     5【研究開発活動】
      該当事項はありません。
                                 25/113




















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、主に不動産賃貸管理事業において、自社開発による長期安定的な運営を目的とした賃貸用不動
      産の取得を中心に総額          7,074,067     千円の設備投資を実施いたしました。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
                                 26/113



















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     2【主要な設備の状況】
       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
        a.事業用設備
                                                  2021年10月31日現在
                                   帳簿価額(千円)
                                                        従業
      事業所名      セグメント      設備の
                            機械装置
                                                        員数
                       建物及び           工具器具       土地     リース
      (所在地)       の名称     内容
                             及び                      合計
                                                        (人)
                       構築物           及び備品      (面積㎡)       資産
                             運搬具
             不動産賃貸
     本社                                    65,387
             管理事業・      事務所     180,525        -    1,591             -   247,505       86
     (京都市下京区)                                    (201.93)
             全社統括
     京都東洞院高辻

                                        165,064
     ビル        全社統括     事務所       -      -      -           -   165,064       -
                                        (247.99)
     (京都市下京区)
     京都高倉松原ビ

                                        177,205
     ル        全社統括     事務所     101,416        -    1,358             -   279,981       -
                                        (246.71)
     (京都市下京区)
     J.S.B.摂津エコ

                                        139,364
     センタービル        全社統括     事務所     135,476        -      54           -   274,895       -
                                        (888.00)
     (大阪府摂津市)
     (注)1.帳簿価額には、消費税等は含まれておりません。
        2.従業員数には、臨時雇用者数は含まれておりません。
        3.上記の他、連結会社以外からの主要な賃借している設備として、以下のものがあります。
        事業所名                              従業員数         面積      年間賃借料
                セグメントの名称            設備の内容
        (所在地)                              (人)        (㎡)       (千円)
     京都高辻ビル           不動産賃貸管理事
                             事務所             33      753.74        48,120
     (京都市下京区)            業・全社統括
        b.賃貸用設備

                                                  2021年10月31日現在
                                   帳簿価額(千円)
                                                          従業
      事業所名      セグメント      設備の
                           機械装置
                                                          員数
                      建物及び          工具器具      土地     リース
      (所在地)       の名称     内容
                            及び                    その他      合計
                                                          (人)
                       構築物          及び備品     (面積㎡)      資産
                            運搬具
     Uni    E'meal
            不動産賃貸      賃貸用                    352,678
                      1,312,622        781    5,128            -     -  1,671,211      -
     新  潟  大  学  前
                                      (4,299.36)
             管理事業     不動産
     (新潟市西区)
     カレッジハウス
     扶      桑  不動産賃貸      賃貸用
                      1,140,396       12,487      3,607       -    2,688      546  1,159,726      -
     (注)
             管理事業     不動産
     (東京都八王子市)
     Uni    E'meal
            不動産賃貸      賃貸用                    905,657
     明大前グロー
                       185,683        -     67          -     -  1,091,408      -
                                      (2,815.82)
             管理事業     不動産
     バ  ル  ハ  ウ  ス
     (東京都杉並区)
     京都烏丸メディ
            不動産賃貸      賃貸用                    726,246
     カ  ル  モ  ー  ル
                       307,163        -    2,034            -     -  1,035,443      -
                                      (887.04)
             管理事業     不動産
    (京都市中京区)
                                 27/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
                                   帳簿価額(千円)
                                                          従業
      事業所名      セグメント      設備の
                           機械装置
                                                          員数
                      建物及び          工具器具      土地     リース
      (所在地)       の名称     内容
                            及び                    その他      合計
                                                          (人)
                       構築物          及び備品     (面積㎡)      資産
                            運搬具
     松ヶ崎学生館
            不動産賃貸      賃貸用
     (注)                  968,161        -     214      -     -     -   968,376     -
             管理事業     不動産
     (京都市左京区)
     Uni    E'meal
            不動産賃貸      賃貸用                    380,361
                       840,220       273    1,679            -    2,320   1,224,857      -
     京  都  高  野
                                      (1,593.92)
             管理事業     不動産
     (京都市左京区)
     Uni    E'meal
                                      374,014
            不動産賃貸      賃貸用
                       455,485        -    3,079            -     -   832,579     -
     京  都  伏  見
                                      (1,513.94)
             管理事業     不動産
     (京都市左京区)
     Uni    E'meal
            不動産賃貸      賃貸用                    140,660
                       765,858       310    1,054            -    1,232    909,116     -
     草  津  野  路
                                      (1,274.64)
             管理事業     不動産
     (滋賀県草津市)
     Uni    E'meal
            不動産賃貸      賃貸用                    191,924
                       893,138        -    7,033            -     -  1,092,095      -
     金沢工大前Ⅲ
                                      (2,404.02)
             管理事業     不動産
     (石川県野々市市)
     Uni    E'meal
            不動産賃貸      賃貸用                    191,267
                       918,926       408    3,477            -     -  1,114,080      -
     徳  島  住  吉
                                      (1,838.71)
             管理事業     不動産
     (徳島県徳島市)
     (注)カレッジハウス扶桑及び松ヶ崎学生館の「土地」は連結会社以外から使用貸借しております。
      (2)国内子会社

         事業用設備
                                                  2021年10月31日現在
                     事   業   所   名   セグメント              従業員数     年間賃借料
      会      社      名                       設備の内容
                      (  所  在  地  )   の  名  称           ( 人  )  (千円)
     ㈱ジェイ・エス・ビー・               新宿店 他86店              不動産賃貸
                                        事務所及び店舗          537      499,851
     ネットワーク               (東京都新宿区)              管理事業
     (注)1.㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワークの事務所及び店舗のうち、8店舗は提出会社から賃借しているもので
           あります。
        2.従業員数には臨時雇用者数は含まれておりません。
                                 28/113









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
       当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。設
      備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定していますが、計画策定に当たってはグループ会議において提出会社を
      中心に調整を図っております。
       なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設及び除却は次のとおりであります。
      (1)重要な設備の新設
                                                着手及び
                               投資予定金額
                                               完了予定年月
       会社名           セグメント                       資金              完成後の
             所在地          設備の内容
      事業所名           の名称                      調達方法               増加能力
                              総額    既支払額
                                              着手     完了
                             (千円)     (千円)
     当社
     (仮称)新潟大学        新潟市    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2021年     2023年
                             1,401,000      115,000                     (注)2
     南1丁目学生マ         西区    管理事業       不動産               及び借入金       8月     2月
     ンション計画
     当社
     (仮称)堀川寺之        京都市    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2021年     2023年
                              669,145     266,425                     (注)2
     内学生マンショ        上京区    管理事業       不動産               及び借入金       8月     2月
     ン計画
     当社
     (仮称)松本市学        長野県    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2021年     2023年
                             1,206,263       26,600                    (注)2
     生マンション計        松本市    管理事業       不動産               及び借入金       3月     1月
     画
     当社
     (仮称)富山市五        富山県    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2021年     2022年
                              981,939      65,525                    (注)2
     福学生マンショ        富山市    管理事業       不動産               及び借入金       3月     2月
     ン計画
     当社
     (仮称)三重大学        三重県    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2020年     2022年
                              974,635     636,619                     (注)2
     前学生マンショ         津市    管理事業       不動産               及び借入金       10月     1月
     ン計画
     当社
     (仮称)池田市天        大阪府    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2020年     2022年
                              851,923     384,996                     (注)2
     神学生マンショ        池田市    管理事業       不動産               及び借入金       8月     2月
     ン計画
     当社
     (仮称)松山市道        愛媛県    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2020年     2022年
                             1,023,870      465,934                     (注)2
     後樋又学生マン        松山市    管理事業       不動産               及び借入金       5月     2月
     ション計画
     当社
     (仮称)新潟大学        新潟県    不動産賃貸       賃貸用               自己資金       2020年     2022年
                             1,585,528     1,068,900                      (注)2
     通学生マンショ         西区    管理事業       不動産               及び借入金       4月     2月
     ン計画
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2.完成後の増加能力については、合理的な算出が困難なため記載しておりません。
      (2)重要な設備の除却

          該当事項はありません。
                                 29/113







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                       32,296,000
                  計                             32,296,000
        ②【発行済株式】

            事業年度末現在発行数                          上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
      種類         (株)                      又は登録認可金融商品               内容
                          (2022年1月27日)
             (2021年10月31日)                         取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                                 単元株式数
                 10,747,400             10,747,400
     普通株式
                                                 100株
                                       (市場第一部)
                 10,747,400             10,747,400
       計                                   -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2022年1月1日から本書提出日までの新株予約権の行使により発行された株式数
         は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
           会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
       2016年10月14日臨時株主総会決議及び2016年10月28日取締役会決議
      決議年月日                           2016年10月28日
                                 取締役 4
      付与対象者の区分及び人数(名)                           使用人 184
                                 子会社の取締役及び使用人 15
      新株予約権の数(個)※                                                  1,846
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                                   -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)※                                          184,600(注)1、7
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                            650(注)2、7
                                  自   2018年11月1日
      新株予約権の行使期間
                                  至   2026年9月30日 (注)3
                                            発行価格      650
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)
                                           資本組入額       325 (注)4、7
      新株予約権の行使の条件                                      (注)5
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                 の承認を必要とする。
      代用払込みに関する事項                                        -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                      (注)6
    ※当事業年度の末日(2021年10月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在
     (2021年12月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末
     現在に係る記載を省略しております。
    (注)1.新株予約権1個当たりの目的となる株式の数は、1株とする。

          なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。
          ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数に
          ついて行われ、調整の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。
           調整後株式数       =  調整前株式数       ×  分割・併合の比率

          また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他や

          むを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるものとす
          る。
                                 30/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整に
          よる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1

           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき、行使価額を下回る価額で新株を発行又は自己株式

          の処分を行う場合(新株予約権の行使によるものは除く。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整によ
          る1円未満の端数は切り上げる。
                    既発行株式数       ×  調整前行使価額        +  新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額

           調整後行使価額        =
                               既発行株式数 + 新規発行株式数
          なお、上記の算式において「既発行株式数」は、当社の発行済普通株式総数から当社が保有する普通株式にか

          かる自己株式数を控除した数とし、また、自己株式の処分を行う場合には、「新規発行」を「自己株式の処
          分」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。さらに上記の他、当社が
          合併、会社分割、株式交換、株式移転もしくは資本金の額の減少を行う場合、その他上記の行使価額の調整を
          必要とするやむを得ない事由が生じた場合には、合理的な範囲で行使価額を調整する。
        3.権利行使の開始日が当社の休業日にあたる場合にはその翌営業日を開始日とし、また、権利行使の最終日が当
          社の休業日にあたる場合にはその前営業日を最終日とする。
        4.増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
          従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その
          端数を切り上げるものとする。また、この場合、増加する資本準備金の額は、上記の資本金等増加限度額から
          増加する資本金の額を減じた額とする。
        5.新株予約権の行使の条件
          ① 新株予約権者は、新株予約権の行使時において当社もしくは当社子会社の取締役、監査役又は従業員の地
            位にあることを要する。ただし、新株予約権者が任期満了により退任又は定年退職した場合もしくは当社
            又は当社子会社の都合により他社に転籍した場合はこの限りではない。
          ② 新株予約権者が死亡した場合、相続人のうち1名(以下「権利承継者」という。)に限り、新株予約権を
            行使することができる。なお、権利承継者が死亡した場合、権利承継者の相続人は新株予約権を相続でき
            ない。
          ③ 新株予約権者は、各新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。
          ④ 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。
        6.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
          を総称して以下「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生の時点において残
          存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
          法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権
          を、以下の条件に基づきそれぞれ交付するものとする。この場合において、残存新株予約権は消滅するものと
          する。ただし、以下の条件に基づき再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契
          約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生時点における残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の
            数をそれぞれ交付するものとする。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類及び数
            再編対象会社の普通株式とし、その数は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上記1.に準じて決定す
            る。
          ③ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、調
            整した再編後行使価額に新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ④ 新株予約権を行使することができる期間
            新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から新株予約権の行使
            期間の末日までとする。
                                 31/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          ⑤ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記4.に準じて決定する。
          ⑥ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議(再編対象会社が取締役会設置
            会社でない場合には、「取締役の決定」とする。)による承認を要するものとする。
          ⑦ 新株予約権の行使の条件
            上記5.に準じて決定する。
        7.2017年5月26日付で普通株式1株につき50株の株式分割を、2020年5月1日付で普通株式1株につき2株の株
          式分割を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込
          金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されてお
          ります。
        8.新株予約権の取得事由及び条件
          ① 当社は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる会社分割契約又は会社分割計
            画承認の議案、当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案につき当社株主総会で
            承認された場合(株主総会決議が不要な場合は、当社取締役会決議がなされた場合。)は、取締役会が別
            途定める日に、本新株予約権を無償で取得することができる。
          ② 当社は、新株予約権者が上記5.に記載の新株予約権の行使の条件に該当しなくなったこと等により権利
            を行使し得なくなった場合、本新株予約権を無償で取得することができるものとする。
       2017年12月5日取締役会決議

      決議年月日                           2017年12月5日
                                 取締役 3
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 使用人 7
      新株予約権の数(個)※                                                   551
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                                   -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)※                                           110,200(注)1、6
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                            2,238(注)2、6
                                  自   2021年2月1日
      新株予約権の行使期間
                                  至   2024年12月19日
                                           発行価格      2,238
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                          資本組入額       1,119 (注)3、
      発行価格及び資本組入額(円)
                                          6
      新株予約権の行使の条件                                      (注)4
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                 の承認を必要とする。
      代用払込みに関する事項                                        -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                      (注)5
    ※当事業年度の末日(2021年10月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在
     (2021年12月31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末
     現在に係る記載を省略しております。
    (注)1.新株予約権1個当たりの目的となる株式の数は、100株とする。

          なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(普通株式の無償割当を含む。以下同じ。)
          又は株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整
          は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整
          の結果1株未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割(または併合)の比率

          また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場

          合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとす
          る。
                                 32/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        2.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下、「行使価額」とい
          う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
          行使価額は、本新株予約権発行にかかる取締役会決議日の前取引日である2017年12月4日の東京証券取引所に
          おける当社株式の普通取引終値である金4,475円とする。
          なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整
          し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                 1

           調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                              分割(または併
                               合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の

          処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の
          移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                   新  規  発  行   1  株  当  た  り

                                          ×
                            既  発  行
                                   株   式   数   払  込  金  額
                                 +
                            株  式  数
                                    新規発行前の1株当たりの時価
             調  整  後   調  整  前
                   =        ×
             行  使  価  額   行  使  価  額
                                既発行株式数 + 新規発行株式数
          なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式にか

          かる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発行
          株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他こ
          れらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を
          行うことができるものとする。
        3.増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
            項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じたと
            きは、その端数を切り上げるものとする。
          ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
            等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        4.新株予約権の行使の条件
          ① 2017年10月期の親会社株主に帰属する当期純利益を基準値として、2018年10月期から2020年10月期までの
            各事業年度における親会社株主に帰属する当期純利益が下記(a)から(c)の条件を全て満たした場合、
            付与された全ての新株予約権を行使することができる。
         (a)2018年10月期の親会社株主に帰属する当期純利益が、基準値の110%に相当する金額を超過した場合。
         (b)2019年10月期の親会社株主に帰属する当期純利益が、基準値の121%に相当する金額を超過した場合。
         (c)2020年10月期の親会社株主に帰属する当期純利益が、基準値の135%に相当する金額を超過した場合。
            なお、上記における親会社株主に帰属する当期純利益の判定においては、当社の有価証券報告書に記載さ
            れる連結損益計算書における親会社株主に帰属する当期純利益を参照するものとし、百万円未満を四捨五
            入した金額とする。また、国際財務報告基準の適用等により参照すべき項目の概念に重要な変更があった
            場合には、親会社株主に帰属する当期純利益に相当する指標又は項目で別途参照すべき指標又は項目を取
            締役会で合理的に定めるものとする。
          ② 新株予約権者は、新株予約権の割当日から新株予約権の権利行使時まで継続して当社または当社関係会社
            の取締役、監査役または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正
            当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
          ③ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。ただし、新株予約権者が上記①の条件が満
            たされた時点において当社または当社関係会社の取締役、監査役または従業員であり、かつ、当社取締役
            会が認めた場合は、新株予約権者の法定相続人(ただし、法定相続人が複数いる場合には、遺産分割また
            は法定相続人全員の合意により新株予約権を取得すると定められた1名に限られる。)は、行使期間にお
            いて、当該本新株予約権の全てを一括して行使することができるものとする。
          ④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過するこ
            ととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
          ⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
                                 33/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        5.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
          予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
          下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、
          以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
          約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
          ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1.に準じて決定する。
          ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
            上記(注)2.で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)1.に従って決
            定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
            表中「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から同行使期間の末日までとする。
          ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            上記(注)3.に準じて決定する。
          ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          ⑧ その他新株予約権の行使の条件
            上記(注)4.に準じて決定する。
          ⑨ 新株予約権の取得事由及び条件
            下記(注)6.に準じて決定する。
          ⑩ その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        6.2020年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。これにより、「新株予約権の目的
          となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の
          株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        7.新株予約権の取得事由及び条件
          ① 当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、
            または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の
            承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来
            をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          ② 新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)4.に定める規定により本新株予約権の行使ができなく
            なった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
                                 34/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

              発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高        資本準備金        資本準備金
       年月日
              増減数(株)        残高(株)        (千円)        (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
     2017年5月26日
               3,956,260        4,037,000           -    1,133,036           -    1,013,036
       (注)1
     2017年7月19日
                333,500       4,370,500         493,580       1,626,616         493,580       1,506,616
       (注)2
     2017年8月15日
                 67,600      4,438,100         100,048       1,726,664         100,048       1,606,664
       (注)3
     2018年7月19日
                200,000       4,638,100         555,050       2,281,714         555,050       2,161,714
       (注)4
     2018年8月10日
                 83,200      4,721,300         230,900       2,512,614         230,900       2,392,614
       (注)5
     2018年11月1日~
     2019年10月31日           116,200       4,837,500         75,530      2,588,144         75,530      2,468,144
       (注)6
     2019年11月1日~
     2020年10月31日          4,947,900        9,785,400         35,880      2,624,024         35,880      2,504,024
      (注)6、7
     2021年8月11日
                900,000      10,685,400        1,519,087        4,143,112        1,519,087        4,023,112
       (注)8
     2020年11月1日~
     2021年10月31日            62,000      10,747,400          20,150      4,163,262         20,150      4,043,262
       (注)6
     (注)1.株式分割(1:50)によるものであります。
         2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
           発行価格           3,200円
           引受価額           2,960円
           資本組入額          1,480円
           払込金総額        987,160千円
         3.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
           発行価格           2,960円
           資本組入額          1,480円
           払込金総額        200,096千円
         4.有償一般募集
           発行価格           5,886円
           引受価額           5,550.50円
           資本組入額          2,775.25円
           払込金総額        1,110,100千円
         5.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
           発行価格           5,550.50円
           資本組入額          2,775.25円
           払込金総額        461,801千円
         6.新株予約権の行使による増加であります。
         7.株式分割(1:2)によるものであります。
         8.有償一般募集
           発行価格           3,540円
           引受価額           3,375.75円
           資本組入額          1,687.875円
           払込金総額        3,038,175千円
                                 35/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                  2021年10月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
            政府及び
                                   外国法人等
       区分                                               株式の状況
                       金融商品     その他の                 個人
            地方公共     金融機関                                 計
                                                       (株)
                       取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
             団体
      株主数
                    12     20     86     52      8   2,675     2,853
               -                                           -
      (人)
     所有株式数
                  19,491      2,846     18,053      9,838       12   57,215     107,455       1,900
               -
      (単元)
     所有株式数
                   18.14      2.65     16.80      9.16     0.01     53.25
               -                                    100       -
     の割(%)
     (注)自己株式238,436株は、「個人その他」に2,384単元、「単元未満株式の状況」に36株含まれております。
      (6)【大株主の状況】

                                                  2021年10月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                               3,593         34.19

     岡 靖子                 京都市北区
     ㈱日本カストディ銀行(信託口)                 東京都中央区晴海1丁目8-12                         1,068         10.16
     光通信㈱                 東京都豊島区西池袋1丁目4-10                          648         6.16

     OMインベストメント㈱                                           570         5.42

                      京都市北区小山下内河原町115番地
     日本マスタートラスト信託銀行㈱
                                                531         5.05
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
                      25  Cabot   Square,    Canary    Wharf,
     MSIP   CLIENT    SECURITIES
                      London    E14  4QA,   U.K.
                                                300         2.85
     (常任代理人 モルガン・スタン
                      (東京都千代田区大手町1丁目9-7 
     レーMUFG証券㈱)
                      大手町フィナンシャルシティ サウスタ
                      ワー)
                      東京都港区虎ノ門2丁目3ー17 虎ノ門
     森トラスト㈱                                           237         2.25
                      2丁目タワー
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                      AIB  INTERNATIONAL       CENTER    P.O.   BOX
     COMPANY    505019
                                                231         2.20
                      518  IFSC   DUBLIN,    IRELAND
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
                      (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     店)
     三菱UFJキャピタル4号投資事業有
                      東京都中央区日本橋2丁目3-4                          182         1.73
     限責任組合
                      京都市下京区高辻通東洞院東入稲荷町
                                                182         1.73
     ㈱シティビルサービス
                      521番地
                                               7,544         71.79
             計                  -
    (注)1.上記㈱日本カストディ銀行(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は1,068,300株でありま
          す。
        2.上記日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は531,300株で
          あります。
        3.2020年12月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書No.1)において、三井住友DS
          アセットマネジメント㈱が2020年12月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社
          として2021年10月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主には含めておりませ
          ん。
          その大量保有報告書(変更報告書No.1)の内容は次のとおりであります。
           大量保有者    三井住友DSアセットマネジメント㈱
           住所       東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー26階
           保有株券等の数  株式 624,400株
           株券等保有割合  6.38%
                                 36/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        4.2020年7月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書No.1)において、ノムラ イン

          ターナショナル ピーエルシー(NOMURA                   INTERNATIONAL       PLC)及び野村アセットマネジメント㈱が2020年7月
          15日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年10月31日現在に
          おける実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主には含めておりません。
          その大量保有報告書(変更報告書No.1)の内容は次のとおりであります。
                                         保有株券等の数          株券等保有割合
            氏名又は名称                 住所
                                           (株)          (%)
           ノムラ インターナ
           ショナル ピーエル
                     1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,
           シー(NOMURA
                                        株式          6,900
                                                        0.07
                     United    Kingdom
           INTERNATIONAL
           PLC)
           野村アセットマネジ
                                        株式       479,700
                     東京都江東区豊洲二丁目2番1号                                  4.94
           メント㈱
        5.2021年11月8日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書No.7)において、レオス・キャ

          ピタルワークス㈱及びその共同保有者である㈱SBI証券が2021年10月29日現在でそれぞれ以下の株式を所有
          している旨が記載されているものの、当社として2021年10月31日現在における実質所有株式数の確認ができま
          せんので、上記大株主には含めておりません。
          その大量保有報告書(変更報告書No.7)の内容は次のとおりであります。
                                         保有株券等の数          株券等保有割合
            氏名又は名称                 住所
                                           (株)          (%)
           レオス・キャピタル
                                         株式      567,500
                     東京都千代田区丸の内1丁目11番1号                                  5.28
           ワークス㈱
                                         株式       18,932

           ㈱SBI証券           東京都港区六本木一丁目6番1号                                  0.18
        6.2021年11月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書No.1)において、光通信㈱が

          2021年10月28日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年10月31日現在
          における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況は、株主名簿に基づき記載しておりま
          す。
          その大量保有報告書(変更報告書No.1)の内容は次のとおりであります。
           大量保有者    光通信㈱
           住所       東京都豊島区西池袋一丁目4番10号
           保有株券等の数  株式 655,200株
           株券等保有割合  6.10%
                                 37/113








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年10月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -       -            -
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -

      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                        (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                                238,400
                        普通株式
                                                権利内容に何ら限定の
                                                ない当社における標準
                                                となる株式でありま
                              10,507,100            105,071
      完全議決権株式(その他)                   普通株式
                                                す。なお、単元株式数
                                                は100株であります。
                                 1,900

      単元未満株式                   普通株式                 -            -
                              10,747,400
      発行済株式総数                                    -            -
                                          105,071
      総株主の議決権                             -                   -
        ②【自己株式等】

                                                   2021年10月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
       所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               に対する所有株
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    式数の割合(%)
     (自己保有株式)               京都市下京区因幡堂
                                238,400              238,400          2.22
                                         -
     ㈱ジェイ・エス・ビー               町655番地
                                238,400              238,400          2.22
           計            -                  -
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】 会社法第155条第3号による普通株式の取得及び会社法第155条第13号による普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      取締役会(2020年12月14日)での決議状況
                                        110,000            300,000,000
      (取得期間 2020年12月15日~2021年4月30日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -              -
      当事業年度における取得自己株式                                   88,700           299,999,500

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   21,300               500

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    19.36              0.00

      当期間における取得自己株式                                     -              -
      提出日現在の未行使割合(%)                                    19.36              0.00
                                 38/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     609              -
      当期間における取得自己株式                                     -              -
    (注)当期間における取得自己株式数には、2022年1月1日から本書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含
        まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係
                                -        -        -        -
      る移転を行った取得自己株式
      その他(譲渡制限付株式報酬としての自己
                              27,000      90,855,000             -        -
      株式の処分)
      保有自己株式数                        238,436           -      238,436           -
    (注)当期間における保有自己株式数には、2022年1月1日から本書提出日までの取得自己株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

        当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題の1つと位置づけ、持続的な成長と企業価値の向上のた
      めの積極的な事業展開やさまざまなリスクに備えるための財務健全性とのバランスを考慮したうえで、業績に応じた
      利益配分を行うことを基本方針としております。配当につきましては、安定配当を維持しながら中長期的な視点で連
      結業績に応じた利益還元を重視し、連結総還元性向20%を目標に毎期の配当額を決定することといたします。また、
      自己株式の取得につきましても、株主還元や資本効率向上のため、時期及び財政状態に応じて実施することといたし
      ます。なお、配当につきましては、年1回期末配当にて剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これら
      の方針に基づき、当事業年度の期末配当金につきましては、1株につき35円とさせていただきました。
        内部留保資金につきましては、今後の持続的成長のための投資原資として活用する予定であります。
        また、当社は定款の定めにより、会社法第459条第1項に定める事項については、株主総会の決議によらず取締役
      会の決議によって定めることとしております。また、剰余金の配当の基準日として期末配当の基準日(10月31日)及
      び中間配当の基準日(4月30日)の年2回のほか、基準日を定めて剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定め
      ております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                    配当金の総額          1株当たり配当金
          決議年月日
                     (千円)            (円)
        2021年12月14日
                        367,813              35
         取締役会決議
                                 39/113







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、株主をはじめ、顧客・不動産オーナー・取引先・従業員など当社を取り巻く全てのステークホルダー
         に信頼される企業であることを基本的な考え方としております。また、お客様が喜ばれる住環境の提供を行うと
         いう経営の基本方針を実現するために、企業価値の最大化を図るには、コーポレート・ガバナンスの強化が必要
         であり、体制や仕組みを整備・強化し、必要な施策を講じることを経営上の重要課題の一つと考えております。
        ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         イ.企業統治の体制の概要
           当社は監査役会制度を採用しております。
           取締役会は代表取締役社長 近藤雅彦が議長を務め、取締役10名(うち社外取締役4名)で構成され、原則
          毎月1回定例で開催しております。また必要に応じ臨時取締役会を開催しております。取締役会は経営方針等
          の重要事項に関する意思決定を行っております。取締役会の構成員の氏名は「(2)役員の状況」に記載のとお
          りであります。
           また、当社は意思決定の迅速化と業務執行の効率化を図るため、執行役員制度を導入しております。取締役
          会において選任された執行役員が業務執行機能の一部を担うことにより、取締役会における経営の意思決定の
          迅速化及び監督機能の強化を図っております。業務の執行におきましては、各本部の役割分担を明確化し、指
          揮命令系統を統一することで、経営環境の変化に対して迅速な対応が可能となる体制を構築しております。業
          務執行上の重要な経営課題につきましては、取締役会にて決議されるとともに、代表取締役社長 近藤雅彦が
          議長を務め、常勤取締役、常勤監査役、各本部長及び執行役員で構成される経営会議(毎月1回)において議
          論がされることにより、企業経営の健全化を図っております。
           監査役会は常勤監査役 岡田健一が議長を務め、監査役3名(うち社外監査役2名)により構成され、原則
          毎月1回定例で開催しております。また、必要に応じ臨時監査役会を開催しております。監査役は、毎月開催
          される取締役会のほか、重要な会議等にも出席するとともに、重要な書類等の閲覧により各取締役の業務遂行
          状況を確認しております。日常業務においては、会社法等経営上遵守すべき法規が遵守されているかどうかの
          確認を実施しております。監査役会の構成員の氏名は「(2)役員の状況」に記載のとおりであります。
         ロ.当該体制を採用する理由
           当社は監査役会設置会社であり、業務執行に対し取締役会による監督及び監査役による監査が行われる体制
          をとっております。社外取締役4名はそれぞれの豊富な経験及び見識に基づき、客観的かつ中立性を持った立
          場から経営全般に対する助言を行うとともに、経営の監督を行っております。また社外監査役2名は専門的見
          地から業務執行を監査することにより、経営の監視を行っております。社外取締役及び社外監査役による牽制
          が適切に機能する体制を採用することにより、取締役会における適切な意思決定と監督機能の実効性の担保を
          図っております。また、監査役、内部監査室及び会計監査人の連携を強化することで、経営監視機能の充実を
          図っており、当社のコーポレート・ガバナンスの実効性を確保できるものと判断しております。
           なお、提出日現在における当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図は以下のとおりであります。
                                 40/113










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        ③  企業統治に関するその他の事項
         (内部統制システムの整備の状況)
          会社の業務の適正を確保するための体制の整備に関する取締役会決議の内容の概要は以下のとおりでありま
         す。(最終改定 2015年11月13日)
         イ.当社及び子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           当社及び子会社の取締役及び使用人が、法令、定款並びに社会規範・倫理、社内規程等に適合することを確
          保し、公正で高い倫理観に基づいて行動し、広く社会から信頼されるためのコンプライアンス体制の整備と問
          題点の把握に努める。
           また、内部監査担当者は内部監査規程に基づき、各部署の職務執行に関するコンプライアンスの遵守状況等
          について監査し、その内容について代表取締役及び監査役に報告する。
         ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           当社は、取締役の職務執行に係る情報について、文書又は電磁的媒体に記録し、法令及び社内規程に従い、
          適切に保存・管理する。
           取締役、監査役及び内部監査担当者から要請があった場合には、速やかに閲覧に供することとする。
         ハ.当社及び子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           経営に重大な損失を与えるおそれのあるリスク(コンプライアンス、財務、法務、環境、品質、災害、情報
          セキュリティ等)については、それぞれの対応部署にて、規程・ガイドラインの制定、研修の実施、マニュア
          ルの作成・配布等を行うものとし、組織横断的リスク状況の監視及び全社的対応は、総務部が行い、その実効
          性を確保する。
           新たに生じた重要なリスクについては、取締役会において速やかに対応責任者となる取締役を定めるものと
          する。
         ニ.当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          a.  取締役の役割分担、各部署の職務分掌、指揮命令系統、権限並びに意思決定のルールを職務分掌規程、職
           務権限規程等に明確に定め、適切に権限を委譲し効率的に職務を遂行する。取締役会で決議すべき事項及び
           承認すべき事項は取締役会規程に定め、その他の重要事項の審議もしくは決定を行う機関として、関連する
           社内規程に従い各機関を設置する。
          b.  中期経営計画及び単年度の経営計画に基づき、各部署において目標達成に向けて職務を遂行することと
           し、毎月開催される取締役会において月次実績のレビューを行い、必要に応じて改善策、目標修正を講ず
           る。
         ホ.子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の会社への報告に関する体制
           当社は子会社の取締役等に対し、子会社の業務執行の状況について定期又は随時報告を求める。また子会社
          の業務執行に係る重要事項について、報告又は当社の承認を得ることを求めることにより管理を行う。
         ヘ.当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
           当社は、企業グループ全体における業務の適正かつ効率的な業務運営を確保するため、関係会社管理規程に
          基づき、子会社を適切に管理する。
           また、内部監査担当者は必要に応じて、グループ全体の内部統制の有効性について監査を行う。
         ト.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並びにその
          使用人の取締役からの独立性に関する事項及びその使用人に対する監査役の指示の実効性の確保に関する事項
           当社は、監査役が職務を補助する使用人を置くことを求めた場合、内部監査担当者と協議の上、適宜、専任
          又は兼任による使用人を置くこととする。
           また、監査役の職務を補助する使用人の職務については、取締役からの独立性を確保するものとし、任命、
          異動、人事考課などについては、監査役の同意を得た上で決定するものとする。当該使用人は、その職務を行
          うにあたっては監査役の指示のみに従うものとし、監査役の指示の実効性を確保する。
         チ.当社の取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人等が監査役に報告するための体制その他
          監査役への報告に関する体制
           取締役は、法定の事項以外に、取締役の不正行為、法令・定款違反等重要な事項については、監査役に対
          し、速やかに報告を行うものとする。
           また、監査役は、取締役会のほか重要な会議に出席し、必要に応じて、取締役及び使用人に対して報告を求
          めることができることとする。
         リ.前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
           当社及び子会社の取締役及び使用人が、監査役に直接報告を行ったことを理由とする不利益な取扱いを受け
          ないものとする。
                                 41/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         ヌ.監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
           監査役がその職務の執行について生ずる費用の請求をしたときは、当該監査役の職務執行に必要でないと認
          められた場合を除き、速やかに処理をする。
           また、監査役が独自に弁護士、会計士等の外部専門家を補助者として使用する場合の費用負担を求めたとき
          は、当該監査役の職務執行に必要でないと認められた場合を除き、その費用を負担する。
         ル.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           監査役は、監査法人、内部監査担当者とそれぞれ定期的に意見・情報交換を行い、連携して当社及び当社グ
          ループの監査の実効性を確保するものとする。また、監査役は職務の遂行に必要と判断したときは、前項に定
          めのない事項に関しても、取締役及び使用人並びに監査法人に対して報告を求めることができることとする。
         ヲ.反社会的勢力排除に向けた体制
           当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切の関係を遮断する。また反社
          会的勢力及び団体から不当な要求があった場合には、必要に応じて外部機関(警察・弁護士等)と連携して組織
          的に取り組み、毅然とした対応をとる。
           また、自治体(都道府県)が制定する暴力団排除条例の遵守に努め、暴力団等反社会的勢力の活動を助長し、
          又は暴力団等反社会的勢力の運営に資することとなる利益の供与は行わない。
         (リスク管理体制の整備の状況)

           当社では、取締役会や各種会議体、社内の電子掲示板等を活用して情報を共有するとともに、社内規程の整
          備、運用を継続的に行うことで、経営に重大な影響を及ぼすさまざまなリスクを未然に防止するほか、業務の
          効率化を図る体制作りに取り組んでおります。
           顧客の個人情報を含む会社の秘密情報の保持については、情報管理教育の徹底を図るとともに、全ての取締
          役及び従業員に秘密保持に関する誓約書を提出させております。
           コンプライアンスの強化及び徹底に向けた取り組みとして、コンプライアンス委員会事務局がコンプライア
          ンス委員会が決定するコンプライアンス年間計画に基づき全社員を対象とするコンプライアンス研修を実施す
          るほか、内部通報窓口としてコンプライアンス委員会事務局及び外部弁護士を定めております。また、監査
          役、監査法人、顧問契約先の法律事務所や税理士より必要に応じて適宜助言と指導を受けております。
         (提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況)

           当社は、子会社の業務の適正を確保するため、関係会社管理規程を制定し、子会社の業務執行に係る重要事
          項について報告又は当社の承認を得ることを求めることとしております。また、子会社の経営成績、財政状態
          については毎月の当社取締役会に報告されているほか、当社監査役及び内部監査室は、子会社の重要な業務運
          営について法令及び定款に適合しているか監査を実施し、その結果を当社代表取締役社長に報告しておりま
          す。
         (責任限定契約の内容の概要)

           当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償
          責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任
          限度額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役又は社外監査役が責任の原因
          となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
         (役員等賠償責任保険契約の内容の概要)

           当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しておりま
          す。当該保険契約の被保険者の範囲は当社及び当社の子会社の取締役及び監査役であり、保険料は全額当社が
          負担しております。当該保険契約の概要は、被保険者が、その職務の執行に関し責任を負うことまたは当該責
          任の追及に係る請求を受けることによって生ずることのある損害を当該保険契約により保険会社が填補するも
          のであります。ただし、被保険者の犯罪行為や法令に違反することを認識しながら行った行為等一定の事由に
          起因する損害等は、填補の対象外とすることにより、被保険者の職務の執行の適正性が損なわれないようにす
          るための措置を講じております。
         (取締役の定数)

           当社の取締役は15名以内とする旨定款に定めております。
         (取締役の選任の決議要件)

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議については累積投票によらない
          旨を定款に定めております。
         (剰余金の配当等の決定機関)

           当社は、機動的で弾力的な配当政策及び資本政策を実現するために、剰余金の配当等会社法第459条第1項
          各号に定める事項について、法令に別段に定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議に
          より定めることができる旨を定款に定めております。
         (株主総会の特別決議要件)

           当社は、会社法第309条第2項の定めによる決議は、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を
          有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総会
                                 42/113

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであり
          ます。
                                 43/113




















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ①  役員一覧
        男性  11 名 女性    2 名(役員のうち女性の比率            15.4  %)
                                                       所有株式数
        役職名        氏名     生年月日                 略歴               任期
                                                        (株)
                         1995年4月 ㈱ダイエーコンビニエンスシステムズ(現㈱ローソン)
                              入社
                         1995年12月 当社入社
                         2007年4月 ㈱ジェイ・エス・ビー中国四国代表取締役就任
                         2008年4月 当社執行役員就任
                         2009年9月 当社賃貸事業本部長
                         2009年12月 当社取締役就任
                         2011年10月 当社常務取締役就任
                         2014年4月 当社専務取締役就任
       取締役社長
                     1970年11                                (注)
                               営業部門統括・賃貸事業本部長
      (代表取締役)         近藤 雅彦                                          48,500
                     月30日   生                              3
                         2015年6月 当社営業推進本部長
      営業推進本部長
                         2015年9月 ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワーク
                               代表取締役就任
                         2016年11月 当社営業推進本部長兼プロパティマネジメント部長
                         2017年10月 当社営業推進本部長(現任)
                         2019年6月 ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワーク
                               代表取締役就任(現任)
                         2020年6月 当社取締役副社長就任
                         2021年1月 当社代表取締役社長就任(現任)
                         1994年4月 住井八幡歯科医院入職
                         1999年4月 ㈱小管工務店入社
                         2005年5月 当社入社
                         2015年10月 ㈱OVO代表取締役就任(現任)
       常務取締役
                         2016年1月 当社執行役員就任 秘書室長
      事業開発本部長               1974年3                                (注)
                         2016年6月 当社執行役員
               小管 香織                                          52,400
         兼            月19日   生                              3
                         2018年12月 当社秘書室長
       秘書室長
                         2019年1月 当社取締役就任
                         2019年6月 当社事業開発本部長兼秘書室長(現任)
                         2021年1月 当社常務取締役就任(現任)
                         2021年3月 株式会社Mewcket代表取締役就任(現任)
                         1993年4月 出光興産㈱入社
                         2000年12月 ㈱日本エル・シー・エー入社
                         2005年11月 横浜新港倉庫㈱入社
                         2006年6月 同社取締役就任
                         2007年11月 ㈱日本エル・シー・エー入社
                         2009年5月 ㈱ユー・エフ・リンクへ転籍
                         2009年10月 当社入社 総務部長
        取締役             1969年9                                (注)
               林 健児
                                                         20,300
       管理本部長              月27日   生  2011年1月 当社取締役就任(現任)                            3
                         2013年6月 当社メンテナンス事業本部長
                         2014年4月 当社高齢者事業本部長
                         2015年6月 当社営業推進本部副本部長兼西日本企画開発部長
                         2016年1月 当社管理本部長
                         2016年6月 当社管理本部長兼秘書室長
                         2018年12月 当社管理本部長(現任)
                         1994年4月 ㈱ジェイ・エス・ビー東京(現㈱ジェイ・エス・ビー・

                              ネットワーク)入社
                         1995年11月 当社へ転籍
                         2001年4月 ㈱船井財産コンサルタンツ福岡(現㈱財産ネットワーク
                              ス福岡)入社
        取締役
                         2002年10月 当社入社
       高齢者事業
                     1971年12     2004年4月 当社執行役員就任                           (注)
        本部長       山本 貴紀                                          12,600
                         2007年4月 ㈱ジェイ・エス・ビー九州代表取締役就任
                     月8日   生                              3
         兼
                         2011年9月 当社執行役員退任
       業務統括部長
                         2013年6月 当社執行役員就任 管理本部長
                         2014年1月 当社取締役就任(現任)
                         2014年4月 当社企画開発本部長
                         2015年6月 当社高齢者事業本部長
                         2017年10月 当社高齢者事業本部長兼業務統括部長(現任)
                                 44/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
        役職名        氏名     生年月日                 略歴               任期
                                                        (株)
                         1981年4月 ㈱シンエイ入社
                         1993年10月 協和建設㈱入社
                         1996年4月 ㈱グリーンボックス入社
                         2002年10月 ㈱リビングサービス入社
                         2006年1月 当社入社
                         2011年10月 当社執行役員就任
        取締役             1962年11                                (注)
               金井 宏之                                          18,000
      企画開発本部長               月26日   生  2012年11月 当社企画開発本部長
                                                     3
                         2014年4月 当社企画開発本部副本部長
                         2015年6月 当社東日本企画開発部長
                         2017年10月 当社営業推進本部副本部長兼不動産開発室長
                         2019年1月 当社取締役就任(現任)
                         2019年6月 当社企画開発本部長(現任)
                         1982年4月 京都公証人合同役場勤務
                         1985年4月 京都市勤務
                     1962年1     1988年3月 京都市退職                           (注)   4,163,900
        取締役       岡 靖子
                     月14日   生  2013年9月 当社取締役就任
                                                     3    (注)6
                         2014年4月 当社代表取締役会長就任
                         2021年1月 当社取締役(現任)
                         1990年8月 ㈱パソナジャパン(現ランスタッド㈱)入社
                         1996年3月 ㈱ビジネス・コープ(現㈱ベネフィット・ワン)取締役
                              就任
                         2000年6月 同社代表取締役社長就任
                         2012年1月 当社取締役就任(現任)
                         2013年8月 ㈱パソナグループ取締役就任
                         2013年10月 BENEFIT         ONE  ASIA  PTE.  LTD.  (現BENEFIT     ONE
                     1967年1                                (注)
                              INTERNATIONAL      PTE.  LTD.)Director就任(現任)
        取締役       白石 徳生                                          40,000
                     月23日   生
                                                     3
                         2014年1月 BENEFIT         ONE(THAILAND)      COMPANY   LIMITED   Managing
                              Director就任(現任)
                         2016年12月 ジャパンベストレスキューシステム㈱取締役就任(現
                              任)
                         2017年9月 ㈱ディージーワン取締役就任
                         2021年4月 ㈱ベネフィット・ワン代表取締役社長 監査部担当(現
                              任)
                         2002年10月 堀裕法律事務所(現堀総合法律事務所)入所
                         2007年3月 ㈱サクセスアカデミー(現ライクアカデミー㈱)監査役
                              就任
                         2009年3月 鈴木康之法律事務所(現弁護士法人鈴木康之法律事務
                              所)開設 代表就任(現任)
                     1971年7                                (注)
        取締役       鈴木 康之          2010年11月 サクセスホールディングス㈱(現ライクキッズ㈱)監査                                 -
                     月14日   生
                                                     3
                              役就任
                         2010年12月 ㈱アイリックコーポレーション監査役就任(現任)
                         2013年4月 当社取締役就任(現任)
                         2016年3月 サクセスホールディングス㈱(現ライクキッズ㈱)取締
                              役(監査等委員)就任
                         1986年4月 金沢国税局入局
                         2005年7月 大阪国税局課税第二部法人課税課監理第2係長
                         2006年7月 大阪国税局課税第二部法人課税課総務係長
                         2008年7月 大阪国税局総務部税務相談室税務相談官
                         2013年7月 大津税務署管理運営部門統括国税徴収官
                     1967年4                                (注)
                         2014年8月 清原裕平税理士事務所(現清原公認会計士・税理士事
        取締役      清原 裕平                                            -
                     月29日   生
                                                     3
                              務所)開設 所長就任(現任)
                         2016年9月 株式会社名鉄百貨店財務部(財務コンサルティング)
                         2019年1月 清原コンサルティング合同会社代表社員就任(現任)
                         2019年7月 公認会計士登録
                         2022年1月 当社取締役就任(現任)
                         1980年4月 北九州大学生活協同組合(現北九州市立大学生活協同
                              組合)入職
                         1985年6月 同組合専務理事就任
                         1991年6月 大学生活協同組合九州事業連合(現大学生協事業連
                              合)常務理事就任
                         2003年5月 同事業連合専務理事就任
                     1955年7     2007年12月 全国大学生活協同組合連合会理事就任                           (注)
        取締役      福島 裕記                                            -
                         2008年12月 同連合会常務理事就任
                     月9日   生                              3
                         2011年9月 同連合会専務理事就任
                         2012年6月 日本生活協同組合連合会理事就任
                         2015年6月 同組合常勤監事就任
                         2019年7月 合同会社コーポラティブ・コンシェルジェ代表社員就
                              任(現任)
                         2022年1月 当社取締役就任(現任)
                                 45/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
                         1995年4月 当社入社
                         2005年4月 当社執行役員就任
                         2007年10月 当社阪神中四企画開発部長
                         2009年10月 ㈱ジェイ・エス・ビー中国四国代表取締役就任
                         2011年10月 ㈱ジェイ・エス・ビー東京(現㈱ジェイ・エス・
                              ビー・ネットワーク)代表取締役就任
                         2013年9月 当社執行役員退任
                     1972年7     2014年4月 当社執行役員就任                           (注)
       常勤監査役        岡田 健一                                          17,091
                     月5日   生  2015年9月 ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワーク取締役就任 東
                                                     7
                              日本支社長
                         2017年10月 当社営業推進本部副本部長兼国際事業部長
                               ㈱ジェイ・エス・ビーネットワーク代表取締役就任
                         2018年6月 当社営業推進本部副本部長兼業務推進一部長
                         2019年6月 当社企画開発本部副本部長兼西日本企画開発部長
                         2020年1月 当社執行役員退任
                         2021年1月 当社常勤監査役就任(現任)
                         1979年4月 大阪国税局入局
                         2013年7月 浪速税務署長
                         2014年7月 大阪国税局総務部人事調査官
                         2015年7月 大阪国税局課税第二部消費税課長
                         2016年7月 大阪国税局課税第一部審理課長
                     1960年4                                (注)
        監査役      上願 敏來           2017年7月 大阪国税局課税第二部法人課税課長
                                                          -
                     月16日   生                              8
                         2018年7月 大阪国税局課税第一部課税総括課長
                         2019年7月 大阪国税局総務部次長
                         2020年7月 大阪国税局調査第二部長
                         2021年9月 上願敏來税理士事務所開設 所長就任(現任)
                         2022年1月 当社監査役就任(現任)
                         1983年4月 大阪国税局入局
                         2012年7月 田辺税務署長
                         2013年7月 大阪国税局調査第二部調査第21部門統括国税調査官
                         2014年7月 大阪国税局課税第二部消費税課長
                         2015年7月 大阪国税局総務部企画課長
                         2016年7月 大阪国税局課税第二部法人課税課長
                     1961年3                                (注)
        監査役      舩冨 康次                                            -
                     月29日   生  2017年7月 大阪国税局課税第一部課税総括課長
                                                     8
                         2018年7月 大阪国税局総務部総務課長
                         2019年7月 大阪国税局課税第二部次長
                         2020年7月 大阪国税局課税第二部長
                         2021年8月 舩冨康次税理士事務所開設 所長就任(現任)
                         2022年1月 当社監査役就任(現任)
                             計                          4,372,791
    (注)1.取締役、白石 徳生、鈴木 康之、清原 裕平                           及び   福島 裕記      は社外取締役であります。
        2.監査役上願 敏來           及び   舩冨 康次      は社外監査役であります。
        3.2022年1月26日の定時株主総会の終結の時から2022年10月期に係る定時株主総会終結のときまでであります。
        4.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役
          1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                      所有株式数
          氏名        生年月日                    略歴
                                                       (株)
                         1978年4月 大阪国税局入局
                         2012年7月 西成税務署長
                         2013年7月 大阪国税局調査第二部調査第16部門統括官
                         2014年7月 大阪国税局調査第二部調査第11部門統括官
                               (総括)
         杉尾 隆      1960年1月9日生          2015年7月 大阪国税局調査第一部調査開発課長                                 -
                         2016年7月 大阪国税不服審判所管理課長
                         2018年7月 広島国税不服審判所部長審判官
                         2019年7月 大津税務署長
                         2020年9月 杉尾隆税理士事務所開設 所長就任
                               (現任)
                                 46/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        5.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております。
          執行役員は以下の7名で構成されております。
                      役職                     氏名
           執行役員営業推進本部副本部長兼メディア戦略部長                               宇治川 大介
           執行役員企画開発本部副本部長                               森 高広
           執行役員管理本部副本部長兼経営管理部長                               大仲 賢一
           執行役員営業推進本部副本部長兼システム管理部長                               山岡 幸恵
           執行役員営業推進本部副本部長                               安藤 英二
           執行役員営業推進本部副本部長                               今井 寛
           執行役員社長補佐                               飯伏 敏文
        6.取締役岡 靖子の所有株式数は、同氏の資産管理会社であるOMインベストメント㈱が所有する株式数を含め
          て表示しております。
        7.2021年1月27日の定時株主総会の終結の時から2024年10月期に係る定時株主総会終結のときまでであります。
        8.2022年1月26日の定時株主総会の終結の時から2025年10月期に係る定時株主総会終結のときまでであります。
        ②  社外役員の状況

         当社は社外取締役4名及び社外監査役2名を選任しております。
         社外取締役白石徳生氏は㈱ベネフィット・ワンの代表取締役社長であります。企業経営者としての豊富な経
        験・知識並びに経営に関する高い見識を当社の経営に反映していただけるものと判断し選任しております。
         社外取締役鈴木康之氏は弁護士であり、弁護士法人鈴木康之法律事務所の代表であります。法律専門家として
        の客観的立場から、当社の経営に対する適切な助言をいただけるものと判断し選任しております。
         社外取締役清原裕平氏は公認会計士及び税理士であり、清原公認会計士・税理士事務所の所長であります。公
        認会計士及び税理士としての経験や専門的見地から、当社の経営の健全性を確保するための適切な助言をいただ
        けるものと判断し選任しております。
         社外取締役福島裕記氏は長年にわたり生活協同組合組織の運営に携わった豊富な経験及び幅広い知見を当社の
        経営に反映していただけるものと判断し選任しております。
         社外監査役上願敏來氏は税理士であり、上願敏來税理士事務所の所長であります。財務及び会計に関する相当
        程度の知見を有しており、当社の経営の健全性を確保するための十分な助言をいただけるものと判断し選任して
        おります。
         社外監査役舩冨康次氏は税理士であり、舩冨康次税理士事務所の所長であります。財務及び会計に関する相当
        程度の知見を有しており、当社の経営の健全性を確保するための十分な助言をいただけるものと判断し選任して
        おります。
          社外取締役白石徳生氏は当社普通株式40,000株を保有しており、当社との間に資本的関係がありますが、当社
         発行済株式総数に対する保有割合は僅少であることから、当社からの独立性を有しているものと判断しておりま
         す。また、同氏が代表取締役社長を務める㈱ベネフィット・ワンより当社は福利厚生サービスの提供を受けてお
         りますが、その取引額は僅少であることから重要性はないものと判断しております。
          その他社外取締役及び社外監査役と当社との人的・資本的関係又は特別な利害関係はありません。
          当社は社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準及び方針は定めておりませんが、選任
         にあたっては、証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にするとともに、豊富な知識や経験に
         基づき客観的な視点から当社の経営等に対し適切な意見を述べていただける方を選任しております。
        ③  社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
         社外取締役及び社外監査役は、原則月1回開催される取締役会、監査役会等への出席を通じて、直接又は間接
        に内部監査、監査役監査及び会計監査並びに内部統制の状況の報告を受け、意見交換等を通じて連携を図ってお
        ります。
                                 47/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ①  監査役監査の状況
          監査役会は、常勤監査役1名と社外監査役2名の3名により構成され、監査計画に基づく取締役会等の重要な
         会議への出席のほか、経営方針の浸透状況の確認等、内部統制の実効性に関する監査や、内部監査・関係会社監
         査への立会い及び会計監査に関する監査法人との意見交換、監査結果の聴取など、内部監査室と監査法人との連
         携を密にした監査を実施し、経営監査の強化を図っており、監査結果については代表取締役社長に報告しており
         ます。その他は「(1)コーポレート・ガバナンスの概要」及び「(2)役員の状況」に記載のとおりであります。
          当事業年度においては監査役会を15回開催しており、主な検討事項は、監査方針・計画及び業務分担の決定、
         内部統制システムの整備・運用状況、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、会計監査人の評価及び再任、
         会計監査人の報酬等に関する同意並びに監査報告等であります。個々の監査役の出席状況については次のとおり
         です。また、当事業年度においては予防監査に重点を置き、リスク管理及びコンプライアンス等の観点から監査
         項目の決定及び監査を実施いたしました。
             区分        氏名       開催回数        出席回数

           常勤監査役        豊田 昭欣         4回        4回

           常勤監査役        岡田 健一         11回        11回

           社外監査役        平口 勲         15回        15回

           社外監査役        角本 武         15回        14回

         (注)1.豊田昭欣は、2021年1月27日付で退任につき、在任期間内に開催された監査役会を対象としておりま
              す。
            2.岡田健一は、2021年1月27日開催の第32回定時株主総会で選任につき、選任以降に開催された監査役
              会を対象としております。
        ②  内部監査の状況

          当社は、社長直轄の組織として内部監査室(人員3名)を設けており、内部監査計画書に基づき、各部署及び
         関係会社の業務活動全般に対して、運営状況、業務の効率性、社内規程及びコンプライアンスの遵守状況等、当
         社グループの業務活動が適正・効率的に行われているかについて定期的に監査を実施しております。また、内部
         監査室は監査役会及び監査法人と監査方法等に関して、監査実施前に適宜協議を行うほか、確認、意見交換など
         を行い、連携・協調を図ることで効率的に監査を実施しております。内部監査の結果は代表取締役社長に報告さ
         れ、問題があった場合には当該部署に改善を勧告し、業務の適正化を促しております。
        ③  会計監査の状況

         イ.監査法人の名称
           有限責任監査法人トーマツ
         ロ.継続監査期間
           2014年以降
         ハ.業務を執行した公認会計士の氏名
           指定有限責任社員 業務執行社員 岩淵 貴史
           指定有限責任社員 業務執行社員 安田 秀樹
         ニ.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士11名、会計士試験合格者等2名、その他5名であります。
         ホ.監査法人の選定理由と方針
           監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に
          提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
           また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の
          同意に基づき会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集され
          る株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
           当社は、上記方針に基づき、有限責任監査法人トーマツを選任することが妥当であると判断しております。
         ヘ.監査役及び監査役会による監査法人の評価
           監査役会は、会計監査人有限責任監査法人トーマツの監査の方法及び結果は相当であると評価しておりま
          す。
                                 48/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
      a.  監査公認会計士等に対する報酬
                          前連結会計年度                    当連結会計年度
           区分
                    監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                    基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)
                          37,000           4,840          37,000           2,000
          提出会社
         連結子会社                  -          -          -          -

                          37,000           4,840          37,000           2,000
           計
      (非監査業務の内容)
        前連結会計年度
         当社における非監査業務の内容は、収益認識基準の適用による会計方針の検討に関する助言・指導業務等であり
        ます。
        当連結会計年度
         当社における非監査業務の内容は、新株式の発行及び株式売出しに係るコンフォートレター関連業務等でありま
        す。
      b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトトーマツグループ)に属する者に対する報酬(a.を除く)

                          前連結会計年度                    当連結会計年度
           区分
                    監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                    基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)          基づく報酬(千円)
                                    4,000
          提出会社                  -                    -          -
         連結子会社                  -          -          -          -

                                    4,000
           計                -                    -          -
         前連結会計年度における当社の非監査業務の内容は、長期戦略策定に関するアドバイザリー業務であります。
      c.  その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
     ⑤ 監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査日数や当社の業務内容等を勘案して決定
      しております。
     ⑥ 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であるか
      どうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。
                                 49/113








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は、2021年1月13日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を決議
         (2021年11月30日付の取締役会決議により一部改定)しており、その内容は次のとおりであります。なお取締役
         会は、当該事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定された報酬等の
         内容が当該決定方針と整合していることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。
          取締役の報酬等は、各人の役職、職責等に応じた固定報酬としての基本報酬と、各連結会計年度の業績に連動
         した業績連動報酬及び中長期インセンティブとしての株式報酬により構成されます。基本報酬及び株式報酬につ
         いては、独立役員で過半数を構成する報酬委員会における事前審議により作成された原案を取締役会に諮り決定
         します。また業績連動報酬については、社内規程に定める基準に基づき客観的に算定された金額を支給します。
         業績連動報酬に係る指標は連結経常利益であり、一過性の特別損益を除いた収益性を示す財務数値であることか
         ら当該指標を選択します。当事業年度の連結経常利益の目標超過率及び対前期比率がいずれも100%以上の場
         合、当該目標超過率及び対前期比率並びに役職に応じたポイントをもとに定められた算式によって算定された金
         額が支給されます。ただし、社外取締役についてはその職責に鑑み、業務執行からの独立性を確保する観点から
         基本報酬のみとします。これらの支給割合については短期的及び中長期的なインセンティブ並びに現金及び株式
         報酬のバランスを考慮して設定します。
          取締役の報酬等の限度額は、2016年10月14日開催の臨時株主総会において年額1,000,000千円以内(うち社外
         取締役分100,000千円以内)と決議いただいております。また別枠で、同臨時株主総会において、社外取締役を
         除く取締役のストック・オプション報酬額として年額97,500千円以内と、2019年1月25日開催の第30回定時株主
         総会において、社外取締役を除く取締役に対する特定譲渡制限株式割当てのための報酬額として年額150,000千
         円以内とそれぞれ決議いただいております。また監査役の報酬等の限度額は、2004年12月24日開催の第15回定時
         株主総会において年額70,000千円以内と決議いただいております。
          当社の役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有するものの名称及び権限の内
         容・裁量の範囲は以下のとおりです。
          基本報酬は、取締役分は報酬委員会の作成した原案に基づき取締役会で総額決議し、個人配分は報酬委員会に
         一任しております。監査役分は監査役会で個人配分を含め総額決議しております。業績連動報酬については社内
         規程に基づき算定された総額及び個別の配分を取締役会において決議することとしております。特定譲渡制限株
         式割当てのための報酬額については、報酬委員会が作成した原案に基づきその総額及び個別の配分を取締役会に
         て決議しております。
          当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会及び報酬委員会の活動についても、
         これらの手続を踏んでおります。なお、当事業年度に係る取締役の基本報酬の個人配分については、取締役会か
         ら委任を受けた報酬委員会の構成員である取締役岡 靖子、社外取締役白石徳生及び社外取締役鈴木康之の3名
         によって決定されております。委任した理由は、独立役員で過半数を構成する報酬委員会での審議・決定に委ね
         ることにより、その決定に係る手続の透明性及び公正性を確保するためであります。
          また、当事業年度においては、業績連動報酬に係る指標である連結経常利益の実績が、目標超過率126.2%、
         対前期比率122.5%と支給条件を満たしましたが、経営環境やステークホルダーの利益とのバランス等を勘案
         し、上記の算定方法に基づき算出された金額から一定額を自主的に減額の上、支給しております。
        ②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                 報酬等の                                     対象となる
                                                 左記のう
        役員区分          総額                                    役員の員数
                              ストック      譲渡制限付       業績連動
                        固定報酬                        ち、非金銭
                 (千円)                                      (名)
                             オプション       株式報酬       報酬
                                                 報酬等
     取締役
                  332,489      139,200             16,099      177,190       16,099         7
                                 -
     (社外取締役を除く)
     監査役
                   9,750      9,750                                 2
                                 -      -      -      -
     (社外監査役を除く)
                   12,720      12,720                                  5
     社外役員                             -      -      -      -
          (注)1.取締役の報酬等の額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
             2.取締役(社外取締役を除く)に対する非金銭報酬等の総額の内訳は、譲渡制限付株式報酬16,099
               千円であります。
                                 50/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        ③  連結報酬等の総額が1億円以上である者の連結報酬等の総額等
          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④  使用人兼務役員の使用人部分のうち重要なもの

          該当事項はありません。
      (5)【株式の保有状況】

        ①  投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を得ることを目的と
         して保有する株式を純投資目的である投資株式とし、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式と
         して区分しております。
        ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法、個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容
           現在保有している株式は、非上場株式のみのため記載を省略しております。
         ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                      1           18,000
     非上場株式
     非上場株式以外の株式                -             -
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)
          該当事項はありません。
         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

          該当事項はありません。
         ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

           該当事項はありません。
        ③  保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(千円)            (銘柄)         合計額(千円)
                          1           0           1           0
     非上場株式
                          8       1,043,154               8        772,654
     非上場株式以外の株式
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                   合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
     非上場株式                     -           -           -
                        24,871           16,126          795,654
     非上場株式以外の株式
    (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益の
        合計額」は記載しておりません。
        ④  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

          該当事項はありません。
        ⑤  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
                                 51/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号)に基づいて作成しております。
      (2)     当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以

         下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
          また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成してお
         ります。
     2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年11月1日から2021年10月31
        日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年11月1日から2021年10月31日まで)の財務諸表について、有限責任
        監査法人トーマツによる監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
        内容を適切に把握し、また会計基準の変更等について的確に対応できる体制を整備するため監査法人と緊密に連携
        し、情報収集を行うとともに、監査法人等各種団体の主催する会計関連セミナーにも積極的に参加しております。
        さらに財務・会計専門情報誌等の専門書を購読し、体制強化を図っております。
                                 52/113














                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       9,387,201              12,770,982
        現金及び預金
                                        626,975              647,630
        営業未収入金
                                      ※1  167,346             ※1  182,326
        たな卸資産
                                        663,170              771,653
        その他
                                        △ 4,577             △ 1,383
        貸倒引当金
                                      10,840,117              14,371,210
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                     ※2  19,039,592            ※2  23,118,563
          建物及び構築物
                                      △ 5,185,744             △ 5,922,264
           減価償却累計額
                                      13,853,848              17,196,299
           建物及び構築物(純額)
                                        71,705              72,644
          機械装置及び運搬具
                                       △ 54,324             △ 57,574
           減価償却累計額
                                        17,381              15,069
           機械装置及び運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                              591,836              625,772
                                       △ 387,742             △ 430,206
           減価償却累計額
                                        204,094              195,565
           工具、器具及び備品(純額)
                                     ※2  8,408,071            ※2  9,914,502
          土地
                                        23,826              20,207
          リース資産
                                       △ 15,669             △ 10,801
           減価償却累計額
                                         8,156              9,405
           リース資産(純額)
                                        651,621             1,877,768
          建設仮勘定
                                      23,143,172              29,208,611
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        618,784              347,233
          のれん
                                      ※2  563,686             ※2  539,424
          その他
                                       1,182,470               886,658
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        853,424             1,126,298
          投資有価証券
                                        64,220              64,590
          長期貸付金
                                       3,146,906              3,390,139
          敷金及び保証金
                                        137,124              183,706
          退職給付に係る資産
                                        512,369              461,318
          繰延税金資産
                                        376,307              652,415
          その他
                                       △ 10,373              △ 9,673
          貸倒引当金
                                       5,079,979              5,868,795
          投資その他の資産合計
                                      29,405,622              35,964,065
        固定資産合計
                                      40,245,739              50,335,275
       資産合計
                                 53/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        454,726              526,843
        営業未払金
                                        66,000              50,000
        短期借入金
                                       ※2  27,200             ※2  20,000
        1年内償還予定の社債
                                      ※2  825,450             ※2  998,574
        1年内返済予定の長期借入金
                                       1,000,374              1,096,673
        未払法人税等
                                       3,842,374              4,326,356
        前受金及び営業預り金
                                        791,828              902,388
        前受収益
                                        267,047              278,815
        賞与引当金
                                        25,000              177,190
        役員賞与引当金
                                       1,060,424               868,229
        その他
                                       8,360,425              9,245,071
        流動負債合計
       固定負債
                                       ※2  50,000             ※2  30,000
        社債
                                     ※2  11,725,637            ※2  14,843,028
        長期借入金
                                       2,476,035              2,574,593
        長期預り敷金保証金
                                        25,584
        繰延税金負債                                                -
                                        283,773              317,416
        退職給付に係る負債
                                        48,758              90,941
        資産除去債務
                                        39,829              34,700
        その他
                                      14,649,619              17,890,680
        固定負債合計
                                      23,010,045              27,135,752
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,624,024              4,163,262
        資本金
                                       2,516,568              4,071,331
        資本剰余金
                                      12,142,848              15,069,096
        利益剰余金
                                       △ 449,688             △ 674,357
        自己株式
                                      16,833,753              22,629,332
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        413,901              556,683
        その他有価証券評価差額金
        繰延ヘッジ損益                                △ 4,775             △ 2,663
                                       △ 40,785              △ 9,637
        退職給付に係る調整累計額
                                        368,341              544,382
        その他の包括利益累計額合計
                                         1,157              1,179
       新株予約権
                                        32,442              24,628
       非支配株主持分
                                      17,235,694              23,199,523
       純資産合計
                                      40,245,739              50,335,275
     負債純資産合計
                                 54/113







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                      48,058,282              52,787,978
     売上高
                                      40,313,868              43,785,937
     売上原価
                                       7,744,413              9,002,040
     売上総利益
                                     ※1  3,406,069            ※1  3,664,105
     販売費及び一般管理費
                                       4,338,343              5,337,935
     営業利益
     営業外収益
                                        22,953              25,386
       受取利息及び配当金
                                         8,523              8,523
       受取手数料
                                          612             8,065
       受取保険金
                                         5,313              7,488
       助成金収入
                                         8,541
       保険解約返戻金                                                  -
                                         4,037
       貸倒引当金戻入額                                                  -
                                        28,985              24,403
       その他
                                        78,967              73,868
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        118,835              135,843
       支払利息
                                        24,354              56,291
       資金調達費用
                                        25,407              16,144
       その他
                                        168,597              208,280
       営業外費用合計
                                       4,248,712              5,203,523
     経常利益
     特別利益
                                         ※2  45            ※2  -
       固定資産売却益
                                                       16,126
       投資有価証券売却益                                    -
                                         6,689
       関係会社清算益                                                  -
                                                       56,160
                                          -
       違約金収入
                                         6,734              72,286
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※3  16,281             ※3  10,277
       固定資産除却損
                                       ※4  72,421            ※4  186,311
       減損損失
                                                       28,892
                                          -
       訴訟関連損失
                                        88,702              225,481
       特別損失合計
                                       4,166,744              5,050,328
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                 1,546,841              1,857,423
                                       △ 138,663              △ 52,244
     法人税等調整額
                                       1,408,177              1,805,178
     法人税等合計
                                       2,758,567              3,245,149
     当期純利益
     非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                   △ 3,258             △ 7,813
                                       2,761,826              3,252,963
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 55/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                       2,758,567              3,245,149
     当期純利益
     その他の包括利益
                                        129,287              142,781
       その他有価証券評価差額金
                                         2,893              2,112
       繰延ヘッジ損益
                                         1,931              31,147
       退職給付に係る調整額
                                       ※ 134,112             ※ 176,041
       その他の包括利益合計
                                       2,892,680              3,421,190
     包括利益
     (内訳)
                                       2,895,939              3,429,004
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                 △ 3,258             △ 7,813
                                 56/113
















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                2,588,144         2,524,825         9,644,723         △ 199,984       14,557,710
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の
                      35,880         35,880                          71,760
      行使)
      剰余金の配当                                △ 263,701                △ 263,701
      親会社株主に帰属する当期
                                      2,761,826                 2,761,826
      純利益
      自己株式の取得                                         △ 249,703        △ 249,703
      連結子会社株式の取得によ
                              △ 44,137                         △ 44,137
      る持分の増減
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 35,880        △ 8,257       2,498,124         △ 249,703        2,276,043
     当期末残高                2,624,024         2,516,568        12,142,848         △ 449,688       16,833,753
                        その他の包括利益累計額

                                   その他の包括      新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
                 その他有価証            退職給付に係
                       繰延ヘッジ損益             利益累計額合
                 券評価差額金            る調整累計額
                                   計
     当期首残高              284,614      △ 7,669     △ 42,717      234,228       1,157       -    14,793,095
     当期変動額
      新株の発行(新株予約権の
                                                         71,760
      行使)
      剰余金の配当                                                  △ 263,701
      親会社株主に帰属する当期
                                                        2,761,826
      純利益
      自己株式の取得                                                  △ 249,703
      連結子会社株式の取得によ
                                                        △ 44,137
      る持分の増減
      株主資本以外の項目の当期
                   129,287       2,893      1,931     134,112            32,442       166,555
      変動額(純額)
     当期変動額合計              129,287       2,893      1,931     134,112        -    32,442      2,442,598
     当期末残高              413,901      △ 4,775     △ 40,785      368,341       1,157      32,442     17,235,694
                                 57/113







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                2,624,024         2,516,568        12,142,848         △ 449,688       16,833,753
     当期変動額
      新株の発行               1,519,087         1,519,087                          3,038,175
      新株の発行(新株予約権の
                      20,150         20,150                          40,300
      行使)
      剰余金の配当                                △ 326,715                △ 326,715
      親会社株主に帰属する当期
                                      3,252,963                 3,252,963
      純利益
      自己株式の取得
                                               △ 299,999        △ 299,999
      自己株式の処分                         15,525                 75,330         90,855
      新株予約権の発行                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                1,539,237         1,554,762         2,926,247         △ 224,669        5,795,578
     当期末残高                4,163,262         4,071,331        15,069,096         △ 674,357       22,629,332
                        その他の包括利益累計額

                                   その他の包括      新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
                 その他有価証            退職給付に係
                       繰延ヘッジ損益             利益累計額合
                 券評価差額金            る調整累計額
                                   計
     当期首残高              413,901      △ 4,775     △ 40,785      368,341       1,157      32,442     17,235,694
     当期変動額
      新株の発行                                                  3,038,175
      新株の発行(新株予約権の
                                                         40,300
      行使)
      剰余金の配当
                                                        △ 326,715
      親会社株主に帰属する当期
                                                        3,252,963
      純利益
      自己株式の取得                                                  △ 299,999
      自己株式の処分                                                   90,855
      新株予約権の発行
                                              22             22
      株主資本以外の項目の当期
                   142,781       2,112      31,147      176,041            △ 7,813      168,227
      変動額(純額)
     当期変動額合計              142,781       2,112      31,147      176,041        22    △ 7,813     5,963,828
     当期末残高
                   556,683      △ 2,663     △ 9,637     544,382       1,179      24,628     23,199,523
                                 58/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       4,166,744              5,050,328
       税金等調整前当期純利益
                                        883,848             1,028,715
       減価償却費
                                        49,724              89,559
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 85,865              △ 3,894
                                        32,130              11,767
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        25,000              152,190
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                        29,137              33,550
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
       受取利息及び受取配当金                                 △ 22,953             △ 25,386
                                        118,835              135,843
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 45              -
                                        72,421              186,311
       減損損失
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 71,781             △ 20,654
       前払費用の増減額(△は増加)                                △ 205,218             △ 477,314
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 20,467             △ 14,979
                                        80,508              72,116
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        73,468              483,982
       前受金及び営業預り金の増減額(△は減少)
                                        99,089              110,559
       前受収益の増減額(△は減少)
                                        248,926
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                               △ 76,413
                                        172,908               97,726
       預り敷金及び保証金の増減額(△は減少)
                                        594,093
                                                      △ 33,275
       その他
                                       6,240,506              6,800,733
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  22,585              25,016
       利息の支払額                                △ 117,032             △ 136,933
                                      △ 1,142,305             △ 1,777,825
       法人税等の支払額
                                       5,003,753              4,910,990
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                               △ 4,691,621             △ 6,818,211
                                          480
       有形固定資産の売却による収入                                                  -
       無形固定資産の取得による支出                                △ 118,584             △ 111,575
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 68,160             △ 69,249
                                        25,038               2,094
       投資有価証券の償還による収入
       敷金及び保証金の差入による支出                                △ 559,474             △ 285,839
                                        96,441              42,667
       敷金及び保証金の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                     ※2  △ 224,927
                                                         -
       支出
                                                       18,462
                                        △ 1,616
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 5,542,422             △ 7,221,651
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                    -           △ 16,000
                                       2,529,500              4,540,400
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                △ 797,219            △ 1,249,884
       社債の償還による支出                                 △ 44,160             △ 27,200
       リース債務の返済による支出                                 △ 13,639              △ 4,909
                                        71,760             3,078,475
       株式の発行による収入
                                                         22
       新株予約権の発行による収入                                    -
       自己株式の取得による支出                                △ 249,703             △ 299,999
                                       △ 263,701             △ 326,715
       配当金の支払額
                                       1,232,835              5,694,189
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          129              252
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        694,296             3,383,780
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       8,604,108              9,298,405
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  9,298,405            ※1  12,682,185
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 59/113


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
            連結子会社の数         10 社
            連結子会社の名称等
             ㈱ジェイ・エス・ビー・ネットワーク
             総合管財㈱
             リビングネットワークサービス㈱
             ㈱OVO
             ㈱グランユニライフケアサービス
             ㈱ジェイ・エス・ビー・フードサービス
             ㈱東京学生ライフ
             ㈱湘南学生ライフ
             ㈱スタイルガーデン
             ㈱Mewcket
          2.持分法の適用に関する事項

            持分法を適用している非連結子会社又は関連会社はありません。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            全ての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            イ.有価証券
              その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)
              時価のないもの
               移動平均法による原価法
              投資事業有限責任組合出資金
               投資事業有限責任組合への出資持分については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可
              能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
            ロ.たな卸資産
              たな卸資産
               総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
            ハ.デリバティブ
              時価法
                                 60/113








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
            イ.有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法
              ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取
             得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物   2~50年
              機械装置及び運搬具 2~17年
              工具、器具及び備品 2~20年
            ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
             よっております。
            ハ.リース資産
              所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (3)重要な引当金の計上基準

            イ.貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
             の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            ロ.賞与引当金
              従業員に対する賞与支給に備えるため、支給見込額のうち、当連結会計年度の負担額を計上しており
             ます。
            ハ.役員賞与引当金
              役員に対する賞与支給に備えるため、会社が算定した当連結会計年度に負担すべき支給見積額を計上
             しております。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法

             退職給付に係る資産及び負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における見込額に
            基づき、退職給付債務から年金資産の額を控除した額を計上しております。
            イ.退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
             いては、給付算定式基準によっております。
            ロ.数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
              数理計算上の差異及び過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
             (5年)による定額法により按分した額を発生した連結会計年度から費用処理することとしておりま
             す。
            ハ.未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
              未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけ
             るその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
            ニ.小規模企業等における簡便法の採用
              一部の連結子会社については、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末
             自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
                                 61/113





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
           (5)重要なヘッジ会計の方法
            イ.ヘッジ会計の方法
              繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、金利スワップについて、特例処理の要件を満たしている
             場合は特例処理を採用しております。
            ロ.ヘッジ手段とヘッジ対象
              ヘッジ手段・・・金利スワップ
              ヘッジ対象・・・借入金の利息
            ハ.ヘッジ方針
              借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の識別は個別
             契約毎に行っております。
            ニ.ヘッジ有効性評価の方法
              ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計又は、相場変動とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動
             の累計又は、相場変動を比較し、両者の変動額等を基礎にしてヘッジの有効性を評価しております。た
             だし、特例処理によっている金利スワップについては有効性の評価を省略しております。
           (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

            イ.のれんの償却方法及び償却期間
              のれんの償却については、その個別案件ごとに判断し、20年以内の合理的な年数で定額法により償却
             を行っております。
            ロ.消費税等の会計処理
              税抜方式によっております。ただし、資産にかかる控除対象外消費税等は投資その他の資産「その
             他」に計上し、5年間で均等償却しております。
            ハ.連結納税制度の適用
              連結納税制度を適用しております。
            ニ.連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
              当社及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)におい
             て創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直
             しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
             に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係
             る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、
             繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
            ホ.関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続
              当社は、契約金として入居者から家賃の1~3ヶ月分に相当する額を入居時に一括して受け取る礼金
             制度を採用しており、当該契約金については、契約開始時に一括して礼金収入として売上計上しており
             ます。
              (追加情報)
               「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020
              年3月31日)を当連結会計年度の年度末に係る連結財務諸表から適用し、関連する会計基準等の定め
              が明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続を新たに開示しております。
                                 62/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          固定資産の減損
          ① 当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
            有形固定資産 29,208,611千円
          ② 識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

           イ.算出方法
             当社グループは、固定資産の減損を把握するにあたって、賃貸不動産、高齢者住宅施設、日本語学校事
            業については原則として個別物件単位で資産のグルーピングを行っております。また、本社等、特定の事
            業セグメントとの関連が明確でない資産については共用資産とし、遊休資産については個別資産ごとにグ
            ルーピングを行っております。
             各資産グループに減損の兆候があると認められる場合、当該資産グループから得られる割引前将来
            キャッシュ・フローの総額と帳簿価額を比較することによって、減損損失の認識の要否を判定します。判
            定の結果、割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回り減損損失の認識が必要とされた場
            合、帳簿価額を回収可能価額(正味売却価額又は使用価値のいずれか高い価額)まで減額し、当該減少額
            は減損損失として計上されます。
             正味売却価額は外部専門家が算定した評価額等から処分費用見込額等を控除した価額であります。ま
            た、使用価値は、取締役会によって承認された事業計画等を基礎として見積もった将来キャッシュ・フ
            ローを加重平均資本コストを基礎とした税引前の割引率で現在価値に割り引いた価額であります。
           ロ.主要な仮定
             減損の兆候の判定及び回収可能価額の見積りにおける主要な仮定は、当社及び連結子会社の事業計画を
            基礎とした将来キャッシュ・フロー、正味売却価額の算定に用いる外部専門家が算定した評価額及び類似
            資産の市場価値であります。なお、当社及び連結子会社の事業計画は、過年度実績や外部環境及び内部環
            境を考慮し、新規物件開発及び販促強化等の各種施策による売上高増加や原価率改善等を主要な仮定とし
            ております。
           ハ.翌年度の連結財務諸表に与える影響
             これらの仮定は、経済環境等の変化によって影響を受ける可能性があり、主要な仮定に見直しが必要と
            なった場合には、翌連結会計年度以降の減損損失の認識の要否判定及び測定される減損損失の金額に重要
            な影響を及ぼす可能性があります。
         (未適用の会計基準等)

         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準委
          員会)
         (1)概要
            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
           な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
           FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
           Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
           おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
           整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
           ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
           べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
           す。
         (2)適用予定日
            2022年10月期の期首より適用予定であります。
         (3)当該会計基準等の適用による影響
            「収益認識に関する会計基準」等の適用については、収益認識に関する会計基準第84項ただし書きに定め
           る経過的な取扱いに従い、2022年10月期の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額
           を、2022年10月期の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しますが、当該期
           首利益剰余金に与える重要な影響はありません。
                                 63/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準
          委員会)
         ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基
          準委員会)
         (1)概要
            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内
           容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準
           においてはAccounting           Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏ま
           え、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を
           国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたもの
           です。
            企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算
           定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第
           13号の定めを基本的に全て取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、
           財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとさ
           れております。
         (2)適用予定日
            2022年10月期の期首より適用予定であります。
         (3)当該会計基準等の適用による影響
            「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
           中であります。
         (表示方法の変更)

         (連結損益計算書)
           前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「受取保険金」及び「助成金収入」
          は、重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映
          させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた34,912
          千円は、「受取保険金」612千円、「助成金収入」5,313千円、「その他」28,985千円として組み替えておりま
          す。
         (連結キャッシュ・フロー計算書)

           前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「のれん償却
          額」及び「前払費用の増減額(△は増加)」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記す
          ることとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを
          行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「その他」に表示していた438,599千円は、「のれん償却額」49,724千円、「前払費用の増減額(△
          は増加)」△205,218千円、「その他」594,093千円として組み替えております。
         (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の
          年度末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しておりま
          す。
           ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会
          計年度に係る内容については記載しておりません。
         (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の影響)
           新型コロナウイルス感染症の影響に関して、今後の広がり方や収束時期等を予測することは困難ですが、同
          感染症は当社グループの経営成績に一定の影響を及ぼすものの、その影響は限定的であると判断しておりま
          す。従いまして、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微であるとの仮定に基づき、会計上の見積りを行って
          おります。
                                 64/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 たな卸資産の内訳は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     商品                                 19,924   千円             21,094   千円
                                      147,422                161,231
     原材料及び貯蔵品
                                      167,346                182,326
                計
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     建物及び構築物                               12,794,832千円                16,028,521千円
     土地                                6,216,569                8,116,174
     その他(無形固定資産)                                 11,447                10,444
                計                    19,022,849                24,155,139
             担保付債務は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     1年内償還予定の社債(銀行保証付無担保社債)                                 20,000千円                20,000千円
     1年内返済予定の長期借入金                                 783,870                978,934
     社債(銀行保証付無担保社債)                                 50,000                30,000
     長期借入金                               11,699,747                14,843,028
                計                    12,553,617                15,871,963
           3 コミットメント期間付タームローン契約

             当社は自社物件の開発資金調達を目的として、取引銀行とコミットメント期間付タームローン契約を締
            結しております。
             これらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高等は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     コミットメント期間付タームローン契約の総額                                2,300,000千円                3,600,000千円
     借入実行残高                                   -                -
               差引額                      2,300,000                3,600,000
                                 65/113








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                             至 2020年10月31日)                   至 2021年10月31日)
     給与手当                               882,617    千円              964,500    千円
                                     43,570                 48,433
     賞与引当金繰入額
                                     25,000                 177,190
     役員賞与引当金繰入額
                                     82,674                 82,277
     退職給付費用
                                    329,269                 336,287
     支払手数料
                                    455,115                 553,142
     租税公課
                                    146,241                 149,280
     減価償却費
                                      185
     貸倒引当金繰入額                                                  △ 266
          ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                             至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
     機械装置及び運搬具                                  45千円                 -千円
              計                         45                 -
          ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                             至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
     建物及び構築物                                14,267千円                  7,348千円
     工具、器具及び備品                                 884                2,397
     その他(無形固定資産)                                1,129                  532
              計                       16,281                 10,277
          ※4 減損損失

             当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
          場所               用途                種類         減損損失(千円)
                                    建物及び構築物                     70
      北海道函館市             外国人留学生向けの日本語学校
                                    土地                     100
                                    建物及び構築物                    5,925
      京都市中京区             外国人留学生向けの日本語学校
                                    土地                   53,461
                                    建物及び構築物                    7,015
      福岡市南区             外国人留学生向けの日本語学校
                                    土地                    5,848
           (減損損失の認識に至った経緯等)
             当社グループは、賃貸不動産、高齢者住宅施設、日本語学校事業については原則として個別物件単位
            で資産のグルーピングを行っております。また、本社等、特定の事業セグメントとの関連が明確でない
            資産については共用資産とし、遊休資産については個別資産ごとにグルーピングを行っております。
             当連結会計年度において、日本語学校事業では新型コロナウイルス感染症拡大により、外国人留学生
            に対する国内への入国制限等の影響を受け、各日本語学校において外国人留学生の受け入れが鈍化し収
            益性が低下したため、当事業に係る事業用資産について減損損失を認識し、特別損失に計上しておりま
            す。
             当資産グループに係る減損損失の測定における回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、
            正味売却価額は不動産鑑定評価額により評価しております。
                                 66/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

          場所
                         用途                種類         減損損失(千円)
         (会社)
                                        のれん               181,991
        東京都新宿区
                        その他
      (㈱Mewcket)
                                     ソフトウエア仮勘定                    4,320
           (減損損失の認識に至った経緯等)
             当社の連結子会社である株式会社Mewcketにおいて、主たる事業としてきたハッカソンは順調
            に受注を積み上げているものの、新規事業推進の中核人員に健康上の理由で欠員が生じたため、事業計
            画等の見直しを行った結果、株式取得時に想定していた収益性の確保は困難であり、将来的な投資回収
            時期に対する不確実性が高まったことから、回収可能価額を零として評価し、のれんの未償却残高及び
            ソフトウエア仮勘定を減損損失として特別損失に計上しております。
             なお、当社グループは、減損損失の算定について、他の資産又は資産グループから概ね独立した
            キャッシュ・フローを生み出す最小の単位によって資産のグルーピングを行っております。のれんにつ
            いては、会社単位でグルーピングしております。
         (連結包括利益計算書関係)

          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                             至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
     その他有価証券評価差額金
      当期発生額                              186,360千円                 224,787千円
      組替調整額                                -              △18,977
       税効果調整前
                                    186,360                 205,810
       税効果額                             △57,072                 △63,029
       その他有価証券評価差額金
                                    129,287                 142,781
     繰延ヘッジ損益
      当期発生額                               4,171                 3,044
      組替調整額                                -                 -
       税効果調整前
                                     4,171                 3,044
       税効果額                              △1,277                  △932
       繰延ヘッジ損益
                                     2,893                 2,112
     退職給付に係る調整額
      当期発生額                             △19,645                  28,671
      組替調整額                              22,429                 16,226
       税効果調整前
                                     2,784                 44,897
       税効果額                               △852                △13,749
       退職給付に係る調整額
                                     1,931                 31,147
     その他の包括利益合計
                                    134,112                 176,041
                                 67/113







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式 (注)1                     4,837,500          4,947,900             -      9,785,400

            合計              4,837,500          4,947,900             -      9,785,400

     自己株式

      普通株式 (注)2                      42,925         133,202            -       176,127

            合計               42,925         133,202            -       176,127

     (注)1.発行済株式の増加4,947,900株は、株式分割及び新株予約権の権利行使による増加であります。
        2.自己株式の増加133,202株は、株式分割及び取締役会決議に基づく自己株式の取得による増加90,200株、単元
          未満株式の買取りによる増加77株であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                             当連結会計
      区分       新株予約権の内訳            目的となる株                             年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (千円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
          2017年ストック・オプションと
     提出会社                       -        -      -      -      -    1,157
          しての新株予約権
                 合計                   -      -      -      -    1,157
     (注)2017年ストック・オプションとしての新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                       配当金の総額          1株当たり
        決議       株式の種類                             基準日         効力発生日
                        (千円)         配当額(円)
      2019年12月13日
                普通株式           263,701           55.00    2019年10月31日          2020年1月29日
       取締役会
     (注)2020年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、1株当たり配当額は株式分
    割前の配当額を記載しております。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額        配当の      1株当たり
        決議      株式の種類                             基準日         効力発生日
                      (千円)       原資    配当額(円)
      2020年12月14日                        利益
               普通株式        326,715              34.00    2020年10月31日          2021年1月28日
       取締役会                      剰余金
                                 68/113







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式 (注)1                     9,785,400           962,000            -      10,747,400

            合計              9,785,400           962,000            -      10,747,400

     自己株式

      普通株式 (注)2、3                      176,127          89,309          27,000         238,436

            合計               176,127          89,309          27,000         238,436

     (注)1.発行済株式の増加962,000株は、公募増資による増加900,000株、新株予約権の権利行使による増加62,000株
          であります。
        2.自己株式の増加89,309株は、取締役会決議に基づく自己株式の取得による増加88,700株、譲渡制限付株式報
          酬制度における無償取得による増加609株であります。
        3.自己株式の減少27,000株は、譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                             当連結会計
      区分       新株予約権の内訳            目的となる株                             年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (千円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
          2017年ストック・オプションと
     提出会社                       -        -      -      -      -    1,157
          しての新株予約権
      連結    2021年ストック・オプションと
                           -        -      -      -      -      22
     子会社    しての新株予約権
                 合計                   -      -      -      -    1,179
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                       配当金の総額          1株当たり
        決議       株式の種類                             基準日         効力発生日
                        (千円)         配当額(円)
      2020年12月14日
                普通株式           326,715           34.00    2020年10月31日          2021年1月28日
       取締役会
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額        配当の      1株当たり
        決議      株式の種類                             基準日         効力発生日
                      (千円)       原資    配当額(円)
      2021年12月14日                        利益
               普通株式        367,813              35.00    2021年10月31日          2022年1月27日
       取締役会                      剰余金
                                 69/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                             至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
     現金及び預金勘定                              9,387,201千円                 12,770,982千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                               △88,795                 △88,796
     現金及び現金同等物                              9,298,405                 12,682,185
          ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

            前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
             株式の取得により新たに㈱スタイルガーデンを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並
            びに当該会社株式の取得価額と取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
              流動資産                           13,370   千円
              固定資産                             800
              のれん                           28,892
              流動負債                           △4,937
              固定負債                           △8,125
              株式の取得価額
                                         30,000
              現金及び現金同等物                          △10,513
              差引:取得のための支出
                                         19,486
             株式の取得により新たに㈱Mewcketを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並び

            に当該会社株式の取得価額と取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
              流動資産                           12,258   千円
              固定資産                            1,263
              のれん                           227,489
              流動負債                           △4,550
              固定負債                          △30,000
              株式の取得価額
                                        214,897
              現金及び現金同等物                           △9,457
              差引:取得のための支出
                                        205,440
            当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

            該当事項はありません。
                                 70/113









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (リース取引関係)
          1.ファイナンス・リース取引
          (借主側)
           ① リース資産の内容
            有形固定資産
              主として不動産賃貸管理事業における、機械装置及び運搬具、事務機器(工具、器具及び備品)であ
             ります。
           ② リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資
            産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          2.オペレーティング・リース取引

          (借主側)
           オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
            前連結会計年度(2020年10月31日)
            1年内               6,158,720千円
            1年超              23,045,552千円
            合計              29,204,272千円
            (注) 上記未経過リース料には、一括借上制度に関する借上賃料を含めております。
            当連結会計年度(2021年10月31日)

            1年内               6,780,187千円
            1年超              23,559,791千円
            合計              30,339,979千円
            (注) 上記未経過リース料には、一括借上制度に関する借上賃料を含めております。
                                 71/113












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、銀行等金融機関からの借入及び社債の
            発行により資金を調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、
            投機的な取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である営業未収入金は、顧客の信用リスクに晒されておりますが、取引先毎に期日管理を行っ
            ております。また当社グループの主な事業である不動産賃貸管理事業は、事業の性格上、大半の取引先か
            ら当月分の賃料を前月末日までに前受しており、さらに預り保証金・敷金を差し入れていただくことによ
            りリスク低減を図っております。
             投資有価証券は、投資事業有限責任組合出資及び業務上の関係を有する企業の株式等であり、発行体の
            信用リスク又は市場価格の変動リスクに晒されておりますが、定期的に発行体の財務状況や時価等を把握
            し、市況や取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
             営業債務である営業未払金並びに前受金及び営業預り金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であり
            ます。
             借入金及び社債の使途は運転資金(主として短期)及び固定資産・賃貸等不動産の取得資金(長期)で
            あり、資金調達に係る流動性リスク及び金利水準の変動リスクに晒されております。流動性リスクについ
            ては、各部署からの報告に基づき財務部が適時に資金繰り計画を作成・更新することにより管理しており
            ます。金利変動リスクについては、財務部が金利動向を注視するとともに、プロジェクト資金についても
            開発期間の短縮を図ることで金利変動リスクを低減しております。
             デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取
            引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価
            方法等については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事
            項 (5)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

             金融商品に係るリスク管理体制に関しましては、「(2)金融商品の内容及びそのリスク」にて説明して
            おります。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                 72/113









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2020年10月31日)
                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
         (1)現金及び預金                     9,387,201            9,387,201                -
         (2)営業未収入金                      626,975
                               △4,577
             貸倒引当金(*1)
             差引                   622,398            622,398               -
         (3)投資有価証券
             その他有価証券                   772,654            772,654               -
         資産計                    10,782,254            10,782,254                -
         (1)営業未払金                      454,726            454,726               -
         (2)短期借入金                      66,000            66,000              -
         (3)未払法人税等                     1,000,374            1,000,374                -
         (4)前受金及び営業預り金                     3,842,374            3,842,374                -
         (5)前受収益                      791,828            791,828               -
         (6)社債(*2)                      77,200            79,010             1,810
         (7)長期借入金(*3)                    12,551,087            12,650,232              99,144
         負債計                    18,783,591            18,884,545              100,954
         (*1)営業未収入金に対して計上している貸倒引当金を控除しております。
         (*2)1年内償還予定社債を含めております。
         (*3)1年内返済予定長期借入金を含めております。
                                 73/113












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(2021年10月31日)
                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
         (1)現金及び預金                    12,770,982            12,770,982                -
         (2)営業未収入金                      647,630
                               △1,383
             貸倒引当金(*1)
             差引                   646,247            646,247               -
         (3)投資有価証券
             その他有価証券                  1,043,154            1,043,154                -
         資産計                    14,460,384            14,460,384                -
         (1)営業未払金                      526,843            526,843               -
         (2)短期借入金                      50,000            50,000              -
         (3)未払法人税等                     1,096,673            1,096,673                -
         (4)前受金及び営業預り金                     4,326,356            4,326,356                -
         (5)前受収益                      902,388            902,388               -
         (6)社債(*2)                      50,000            50,917              917
         (7)長期借入金(*3)                    15,841,603            15,827,170             △14,432
         負債計                    22,793,865            22,780,350             △13,515
         (*1)営業未収入金に対して計上している貸倒引当金を控除しております。
         (*2)1年内償還予定社債を含めております。
         (*3)1年内返済予定長期借入金を含めております。
          (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
           資 産
           (1)現金及び預金、(2)営業未収入金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
           (3)投資有価証券
             時価について、株式は金融商品取引所の価格によっております。
           負 債

           (1)営業未払金、(2)短期借入金、(3)未払法人税等、(4)前受金及び営業預り金、(5)前受収益
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
           (6)社債、(7)長期借入金
             これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引い
            て算定する方法によっております。
                                 74/113








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
             2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                     区分
                                 (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
              非上場株式(*1)
                                          18,000              18,000
              投資事業有限責任組合出資金(*1)
                                          62,769              65,144
              敷金及び保証金(*2)
                                        3,146,906              3,390,139
              長期預り敷金保証金(*3)
                                        2,476,035              2,574,593
              (*1)非上場株式及び投資事業有限責任組合出資金については、市場価格がなく、かつ将来キャッ
                シュ・フローを見積もること等ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、
                時価開示の対象としておりません。
              (*2)敷金及び保証金は、主に貸借物件に係る預託であり、市場価格がなく、かつ、実質的な預託期間
                を算定することは困難であることから、合理的なキャッシュ・フローを見積もることが極めて困
                難と認められるため、時価開示の対象としておりません。
              (*3)長期預り敷金保証金は、賃貸物件における賃借人から預託された金額であり、市場価格がなく、
                かつ、賃借人の入居者から退去までの実質的な預託期間を算定することは困難であることから、
                合理的なキャッシュ・フローを見積もることが極めて困難と認められるため、時価開示の対象と
                しておりません。
                                 75/113














                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
             3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
               前連結会計年度(2020年10月31日)
                             1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
              現金及び預金                9,387,201            -        -        -
              営業未収入金                 626,975           -        -        -
                   合計          10,014,176            -        -        -
               当連結会計年度(2021年10月31日)

                             1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
              現金及び預金               12,770,982            -        -        -
              営業未収入金                 647,630           -        -        -
                   合計          13,418,613            -        -        -
             4.社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

               前連結会計年度(2020年10月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                            (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
              短期借入金         66,000         -       -       -       -       -
              社債         27,200       20,000       20,000       10,000         -       -
              長期借入金        825,450       804,863      1,365,284       1,500,662        585,020      7,469,805
                合計       918,650       824,863      1,385,284       1,510,662        585,020      7,469,805
               当連結会計年度(2021年10月31日)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                            (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
              短期借入金         50,000         -       -       -       -       -
              社債         20,000       20,000       10,000         -       -       -
              長期借入金        998,574      1,259,120       1,694,498        778,856       706,355     10,404,196
                合計      1,068,574       1,279,120       1,704,498        778,856       706,355     10,404,196
                                 76/113








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
           前連結会計年度(2020年10月31日)
                                  連結貸借対照表           取得原価          差額
                          種類
                                  計上額(千円)           (千円)         (千円)
                      (1)株式                765,490         171,471         594,019
                      (2)債券                  -         -         -
         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えるもの
                      (3)その他                  -         -         -
                      小計                765,490         171,471         594,019
                      (1)株式                 7,164         9,120        △1,955
                      (2)債券                  -         -         -
         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えないもの
                      (3)その他                  -         -         -
                      小計                 7,164         9,120        △1,955
         合計                            772,654         180,591         592,063
           (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 18,000千円)及び投資事業有限責任組合出資金(連結貸借対照
             表計上額 62,769千円)については、市場価値がなく、時価を把握することが極めて困難と認められる
             ことから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
           当連結会計年度(2021年10月31日)

                                  連結貸借対照表           取得原価          差額
                          種類
                                  計上額(千円)           (千円)         (千円)
                      (1)株式               1,036,772          240,285         796,486
                      (2)債券                  -         -         -
         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えるもの
                      (3)その他                  -         -         -
                      小計               1,036,772          240,285         796,486
                      (1)株式                 6,382         7,214         △832
                      (2)債券                  -         -         -
         連結貸借対照表計上額が
         取得原価を超えないもの
                      (3)その他                  -         -         -
                      小計                 6,382         7,214         △832
         合計                           1,043,154          247,500         795,654
           (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 18,000千円)及び投資事業有限責任組合出資金(連結貸借対照
             表計上額 65,144千円)については、市場価値がなく、時価を把握することが極めて困難と認められる
             ことから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          2.売却したその他有価証券

           前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                     売却益の合計額             売却損の合計額
              種類          売却額(千円)
                                      (千円)             (千円)
         (1)株式                       -             -             -
         (2)債券                       -             -             -
         (3)その他                       -             -             -
              合計                   -             -             -
           当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

                                     売却益の合計額             売却損の合計額
              種類          売却額(千円)
                                      (千円)             (千円)
         (1)株式                     18,467             16,126               -
         (2)債券                       -             -             -
         (3)その他                       -             -             -
              合計                 18,467             16,126               -
                                 77/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
          金利関連
           前連結会計年度(2020年10月31日)
                                            契約額等のうち
                                      契約額等                 時価
        ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                  1年超
                                      (千円)                (千円)
                                              (千円)
                  金利スワップ取引
        原則的処理方法                      長期借入金          174,534        128,990        △6,883
                  支払固定・受取変動
                  金利スワップ取引
      金利スワップの特例処理                        長期借入金         1,107,760        1,039,924         (*)
                  支払固定・受取変動
         (注)時価の算定方法は取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
         (*)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
            ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
           当連結会計年度(2021年10月31日)

                                            契約額等のうち
                                      契約額等                 時価
        ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                  1年超
                                      (千円)                (千円)
                                              (千円)
                  金利スワップ取引
        原則的処理方法                      長期借入金          128,990        83,446       △3,838
                  支払固定・受取変動
                  金利スワップ取引
      金利スワップの特例処理                        長期借入金         1,039,924         972,088        (*)
                  支払固定・受取変動
         (注)時価の算定方法は取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
         (*)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
            ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 78/113












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び連結子会社3社は確定給付型の制度として、確定給付年金制度及び退職一時金制度を設けており
           ます。なお、一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自
           己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          2.確定給付制度
          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2019年11月1日)             (自 2020年11月1日)
                                    至 2020年10月31日)             至 2021年10月31日)
            退職給付債務の期首残高                            836,342    千円         911,048    千円
             勤務費用                             85,318             96,309
             利息費用                             3,429             5,101
             数理計算上の差異の当期発生額                             4,127            23,103
             退職給付の支払額                            △18,168             △23,246
            退職給付債務の期末残高                            911,048            1,012,317
          (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2019年11月1日)             (自 2020年11月1日)
                                    至 2020年10月31日)             至 2021年10月31日)
            年金資産の期首残高                            740,809    千円         774,734    千円
             期待運用収益                             7,408             7,747
             数理計算上の差異の当期発生額                            △20,429              58,943
             事業主からの拠出額                             58,982             66,990
             退職給付の支払額                            △12,035             △16,233
            年金資産の期末残高                            774,734             892,182
          (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に

            係る資産の調整表
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
            積立型制度の退職給付債務                            637,610    千円         708,476    千円
            年金資産                           △774,734             △892,182
                                       △137,124             △183,706
            非積立型制度の退職給付債務                            273,438             303,841
            連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            136,314             120,135
            退職給付に係る負債                            273,438             303,841

            退職給付に係る資産                           △137,124             △183,706
            連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            136,314             120,135
          (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2019年11月1日)             (自 2020年11月1日)
                                    至 2020年10月31日)             至 2021年10月31日)
            勤務費用                             85,318    千円         96,309    千円
            利息費用                             3,429             5,101
            期待運用収益                            △7,408             △7,747
            数理計算上の差異の費用処理額                             27,341             9,058
            退職一時金制度及び確定給付企業年金制度に係る
                                        108,680             102,722
            退職給付費用
                                 79/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          (5)退職給付に係る調整額
            退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2019年11月1日)             (自 2020年11月1日)
                                    至 2020年10月31日)             至 2021年10月31日)
                                            千円             千円
            数理計算上の差異                             2,784            44,897
            合計                             2,784            44,897
          (6)退職給付に係る調整累計額

            退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
                                            千円             千円
            未認識数理計算上の差異                             58,789             13,891
            合計                             58,789             13,891
          (7)年金資産に関する事項

            ①年金資産の主な内訳
             年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
            債券                               73  %           68  %
            株式                               20             25
            一般勘定                               4             4
            その他                               3             3
            合計                              100             100
            ②長期期待運用収益率の設定方法

             年金資産の長期期待運用収益率を算定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構
            成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
          (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

            当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
            割引率                              0.6  %           0.5  %
            長期期待運用収益率                              1.0  %           1.0  %
          3.簡便法を適用した確定給付制度

          (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                     前連結会計年度             当連結会計年度

                                   (自 2019年11月1日)             (自 2020年11月1日)
                                    至 2020年10月31日)             至 2021年10月31日)
            退職給付に係る負債の期首残高                             9,926   千円         10,335    千円
              退職給付費用                            3,312             3,818
                                        △2,903              △578
              退職給付の支払額
            退職給付に係る負債の期末残高                             10,335             13,575
          (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

            に係る資産の調整表
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
            非積立型制度の退職給付債務                             10,335    千円         13,575    千円
            連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             10,335             13,575
            退職給付に係る負債                             10,335             13,575

            連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             10,335             13,575
           (3)退職給付費用

            簡便法で計算した退職給付費用                      前連結会計年度3,312千円                   当連結会計年度3,818千円
                                 80/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

         (1)ストック・オプションの内容
                                        連結子会社            連結子会社
                              当社
                                     (㈱スタイルガーデン)            (㈱スタイルガーデン)
                             2016年            第1回            第3回
                          ストック・オプション              新株予約権            新株予約権
                         当社取締役          4名    同社取締役 3名            同社取締役 5名
                         当社従業員  184名
          付与対象者の区分及び人数
                         当社子会社の役員
                         及び従業員          15名
          株式の種類別のストック・オ
                         普通株式 599,000株            普通株式 100株            普通株式 64株
          プションの数(注)1
                                     2020年8月31日            2020年11月30日
          付与日               2016年10月31日
                                     権利行使時において同            権利行使時において同
                                     社又は同社関係会社の            社又は同社関係会社の
                                     取締役、監査役又は従            取締役、監査役又は従
                                     業員の何れかの地位に            業員の何れかの地位に
          権利確定条件               (注)2
                                     あること及び、当該株            あること及び、当該株
                                     式が日本国内の金融商            式が日本国内の金融商
                                     品取引所に上場されて            品取引所に上場されて
                                     いること            いること
                                     定めておりません            定めておりません
          対象勤務期間               定めておりません
                         自 2018年11月1日            自 2022年9月1日            自 2022年12月1日
          権利行使期間
                         至 2026年9月30日            至 2030年7月31日            至 2030年10月31日
          (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、当社のストック・オプションについては、2017年5月
               26日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)、2020年5月1日付株式分割(普通株式1株に
               つき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
             2.「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
         (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

            当連結会計年度(2021年10月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
           ションの数については、株式数に換算して記載しております。
          ①  ストック・オプションの数
                                        連結子会社            連結子会社
                              当社
                                     (㈱スタイルガーデン)            (㈱スタイルガーデン)
                             2016年
                                         第1回            第3回
                          ストック・オプション
                                        新株予約権            新株予約権
                             (注)
          権利確定前    (株)
                                            100            -
           前連結会計年度末                       -
                                             -            64
           付与                       -
                                             -            -
           失効                       -
                                             -            -
           権利確定                       -
                                            100            64
           未確定残                       -
          権利確定後    (株)
                                             -            -
           前連結会計年度末                     246,600
                                             -            -
           権利確定                       -
                                             -            -
           権利行使                     62,000
                                             -            -
           失効                       -
                                             -            -
           未行使残                     184,600
          (注)2017年5月26日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)、2020年5月1日付株式分割(普通株式
             1株につき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                 81/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          ②  単価情報
                                        連結子会社            連結子会社
                              当社
                                     (㈱スタイルガーデン)            (㈱スタイルガーデン)
                             2016年
                                         第1回            第3回
                          ストック・オプション
                                        新株予約権            新株予約権
                             (注)
          権利行使価格   (円)                       650          30,000            30,000
          行使時平均株価  (円)                      3,416             -            -
          付与日における公正な評価
                                  -            -            -
          単価       (円)
          (注)2017年5月26日付株式分割(普通株式1株につき50株の割合)、2020年5月1日付株式分割(普通株式
             1株につき2株の割合)による分割後の価格に換算して記載しております。
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            当社の2016年ストック・オプションについて、付与日時点において、当社株式は未公開株式であったた
           め、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっておりま
           す。なお、当社株式の評価方法は、直近の第三者間の取引価格によっております。
            算定の結果、株式の評価額が新株予約権の行使時の払込金額と同額となっており、単位当たりの本源的価
           値は零となっていることから、費用計上はしておりません。
            連結子会社㈱スタイルガーデンのストック・オプションについて、付与日時点において、同社株式は未公
           開株式であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積り
           によっております。なお、同社株式の評価方法は、直近の第三者間の取引価格によっております。
            算定の結果、株式の評価額が新株予約権の行使時の払込金額と同額となっており、単位当たりの本源的価
           値は零となっていることから、費用計上はしておりません。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
           用しております。
          5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源

            的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における
            本源的価値の合計額
         (1)当連結会計年度末における本源的価値の合計額       409,442千円
         (2)当連結会計年度において権利行使された本源的価値の合計額 171,470千円
         (追加情報)

           「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36
          号  平成30年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)の適用日より前に従業員等に対して権利確定
          条件付き有償新株予約権を付与した取引については、実務対応報告第36号第10項(3)に基づいて、従来採用
          していた会計処理を継続しております。
          1.権利確定条件付き有償新株予約権の概要

         (1)権利確定条件付き有償新株予約権の内容
                                                 連結子会社
                                 当社
                                              (㈱スタイルガーデン)
                                 2017年                 第2回
                             ストック・オプション                   新株予約権
                                           同社監査役   1名
                          当社取締役     3名
          付与対象者の区分及び人数                                 親会社取締役  1名
                          当社従業員     7名
                                           親会社従業員  16名
          株式の種類別のストック・オプ
                          普通株式 110,200株                 普通株式 36株
          ションの数(注)1
                                           2020年11月30日
          付与日                2017年12月20日
                                           権利行使時において同社又は同社
                                           関係会社の取締役、監査役又は従
                                           業員の何れかの地位にあること及
          権利確定条件                (注)2
                                           び、当該株式が日本国内の金融商
                                           品取引所に上場されていること
                                           (注)3
                                           定めておりません
          対象勤務期間                定めておりません
                          自 2021年2月1日                 自 2020年12月1日
          権利行使期間
                          至 2024年12月19日                 至 2030年11月30日
                                 82/113

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、当社のストック・オプションについては、2020年5月
               1日付株式分割(普通株式1株につき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しており
               ま す。
             2.「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
             3.新株予約権者は、本新株予約権の割当日から行使期間の満了日までにおいて次に掲げる事由のいず
               れかが生じた場合には、残存するすべての本新株予約権を行使することができない。
              (a)行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われたとき(ただし、払込金額
                 が会社法第199条第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」および普通
                 株式の株価とは異なると認められる価格である場合ならびに当該株式の発行等が株主割当てに
                 よる場合等を除く。)。
              (b)行使価額を下回る価格を行使価額とする新株予約権の発行が行われたとき(ただし、当該行使
                 価額が当該新株予約権の発行時点における当社普通株式の株価と異なる価格に設定されて発行
                 された場合を除く。)。
              (c)本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されて
                 いない場合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(ただし、
                 資本政策目的等により当該取引時点における株価よりも著しく低いと認められる価格で取引が
                 行われた場合を除く。)。
              (d)本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された
                 場合、上場日以降、当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が行使価額を
                 下回る価格となったとき。
         (2)権利確定条件付き有償新株予約権の規模及びその変動状況

            当連結会計年度(2021年10月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
           ションの数については、株式数に換算して記載しております。
          ①  ストック・オプションの数
                                                 連結子会社
                                 当社
                                              (㈱スタイルガーデン)
                                 2017年
                                                  第2回
                             ストック・オプション
                                                 新株予約権
                                 (注)
          権利確定前      (株)
                                                      -
           前連結会計年度末                        110,200
                                                      36
           付与                           -
                                                      -
           失効                           -
                                                      -
           権利確定                        110,200
                                                      36
           未確定残                           -
          権利確定後      (株)
                                                      -
           前連結会計年度末                           -
                                                      -
           権利確定                        110,200
                                                      -
           権利行使                           -
                                                      -
           失効                           -
                                                      -
           未行使残                        110,200
          (注)2020年5月1日付株式分割(普通株式1株につき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載し
             ております。
                                 83/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
          ②  単価情報
                                                連結子会社
                                 当社
                                              (㈱スタイルガーデン)
                                 2017年
                                                 第2回
                             ストック・オプション
                                                新株予約権
                                 (注)
          権利行使価格     (円)                         2,238                30,000
          行使時平均株価    (円)                           -                 -
          付与日における公正な
                                   1,050                  630
          評価単価       (円)
          (注)2020年5月1日付株式分割(普通株式1株につき2株の割合)による分割後の価格に換算して記載して
             おります。
          2.採用している会計処理の概要

           (権利確定日以前の会計処理)
            (1)権利確定条件付き有償新株予約権の付与に伴う従業員等からの払込金額を、純資産の部に新株予約
               権として計上します。
            (2)新株予約権として計上した払込金額は、権利不確定による失効に対応する部分を利益として計上し
               ます。
           (権利確定日後の会計処理)
            (3)権利確定条件付き有償新株予約権が権利行使され、これに対して新株を発行した場合、新株予約権
               として計上した額のうち、当該権利行使に対応する部分を払込資本に振り替えます。
            (4)権利不行使による失効が生じた場合、新株予約権として計上した額のうち、当該失効に対応する部
               分を利益として計上します。この会計処理は、当該失効が確定した期に行います。
                                 84/113













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
           繰延税金資産
            賞与引当金損金算入限度超過額                              90,607千円             94,435千円
            未払事業税否認                              66,556             77,926
            学生総合補償売上認定                             152,902             173,582
            保証料売上認定                             103,262             118,667
            退職給付に係る負債損金算入限度超過額
                                         83,761             94,397
            減価償却費損金算入限度超過額                             111,660             123,537
            貸倒引当金損金算入限度超過額                              3,668             2,417
            資産調整勘定                              43,521             27,969
            繰越欠損金                              73,344             61,091
                                         145,271             138,240
            その他
           繰延税金資産小計
                                         874,555             912,265
           評価性引当額                              △97,303             △99,875
           繰延税金資産合計
                                         777,252             812,390
           繰延税金負債
            退職給付に係る資産                             △56,078             △56,636
            無形資産                             △44,543             △41,533
            その他有価証券評価差額金                            △182,713             △245,742
                                         △7,132             △7,159
            その他
           繰延税金負債合計                             △290,467             △351,072
           繰延税金資産の純額                              486,784             461,318
            繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
           固定資産-繰延税金資産                              512,369             461,318
           固定負債-繰延税金負債                              △25,584                -
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
           法定実効税率                                30.6%             30.6%
           (調整)
           交際費等永久に損金に算入されない項目                                0.9             1.2
           住民税均等割                                1.1             0.9
           連結子会社税率相違                                1.1             1.4
           評価性引当額の増減                                0.6             0.1
           その他                               △0.5              1.5
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          33.8             35.7
          (表示方法の変更)

            前連結会計年度において、「その他」に含めておりました「連結子会社税率相違」は、重要性が増したた
           め、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の
           注記の組替えを行っております。
            この結果、前連結会計年度の「その他」に表示していた0.6%は、「連結子会社税率相違」1.1%、「その
           他」△0.5%として組み替えております。
                                 85/113




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          1.資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
            定期借地権契約における賃借期間終了時の原状回復義務等であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

            使用見込期間を20年から50年と見積り、割引率は0.24%から0.69%を使用して資産除去債務を計算してお
            ります。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自 2019年11月1日)              (自 2020年11月1日)
                                 (至 2020年10月31日)              (至 2021年10月31日)
           期首残高                            44,388    千円           48,758    千円
           有形固定資産の取得による増加高                            4,234              54,330
           時の経過による調整額                             135              386
           資産除去債務の履行による減少額                              -           △12,534
           その他増減額(△は減少)                              -              -
           期末残高                            48,758              90,941
          2.連結貸借対照表に計上しているもの以外の資産除去債務

            当社及び連結子会社は、賃貸借契約に基づき使用する事務所等のうち一部については、退去時における原
           状回復に係る債務を有しておりますが、その計上は敷金及び保証金を減額する方法によっております。
         (賃貸等不動産関係)

            当社では、京都府その他の地域において、賃貸収益を得ることを目的として、賃貸住宅マンションや賃貸
           オフィスビル・賃貸商業施設を所有しております。前連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸
           損益は1,168,830千円(賃貸収益は売上高に、賃貸費用は売上原価に計上)であります。当連結会計年度に
           おける当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は1,409,297千円(賃貸収益は売上高に、賃貸費用は売上原価に
           計上)であります。
            また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                 至 2020年10月31日)              至 2021年10月31日)
           連結貸借対照表計上額
              期首残高                          17,419,161              21,319,750

              期中増減額                          3,900,588              5,771,413

              期末残高                          21,319,750              27,091,163

           期末時価                             23,244,657              28,779,098

           (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であ
                ります。
              2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加額は不動産取得(2,288,609千円)、賃貸住宅マ
                ンションの建設(2,230,310千円)であり、当連結会計年度の主な増加額は不動産取得
                (2,028,088千円)及び賃貸住宅マンションの建設(4,472,049千円)であります。また、前連結
                会計年度の主な減少額は減価償却費(637,354千円)及び賃貸使用部分の減少(97,349千円)で
                あり、当連結会計年度の主な減少額は減価償却費(773,118千円)であります。
              3.期末時価は、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づく金額(指標等を用いて調整を
                行い、時点修正した金額を含む。)であります。
                                 86/113



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             報告セグメントの決定方法
              当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能で
             あり、当社取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象と
             なっているものであります。当社グループは、「不動産賃貸管理事業」、「高齢者住宅事業」の2つを
             報告セグメントとしております。「不動産賃貸管理事業」は、学生向けマンションをはじめとする不動
             産の企画開発、賃貸、管理業務を主たる事業としております。「高齢者住宅事業」は、高齢者住宅賃貸
             及び介護事業を主たる業務としております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法
             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、連結財務諸表作成のために採用している会計処理
            基準に基づく金額により記載しております。また、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であ
            ります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                      その他           調整額
                                                      連結財務諸表
                                            合計
                    不動産賃貸      高齢者住宅
                                      (注)1           (注)2      計上額
                                  計
                     管理事業       事業
           売上高
           外部顧客への売上高          44,932,997      2,714,125     47,647,123       411,158    48,058,282         -  48,058,282
           セグメント間の
                       71,657       -    71,657      15,481      87,139     △ 87,139       -
           内部売上高又は振替高
               計
                     45,004,655      2,714,125     47,718,781       426,640    48,145,421       △ 87,139    48,058,282
           セグメント利益
                     5,464,358       306,273     5,770,632      △ 106,177     5,664,455     △ 1,326,111      4,338,343
           又は損失(△)(注)3
           セグメント資産          27,194,395       749,601    27,943,996       724,611    28,668,608      11,577,131      40,245,739
           その他の項目
           減価償却費           811,382      36,635     848,017      19,112     867,129      16,718     883,848
           有形固定資産及び
                     4,630,217       5,464    4,635,682       450,871     5,086,553       16,577    5,103,130
           無形固定資産の増加額
          (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産販売事業、学生支
               援サービス及び日本語学校事業等を含んでおります。
             2.調整額は以下のとおりであります。
               (1)  セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,326,111千円は、各報告セグメントに配分していな
                 い一般管理費等であります。
               (2)  セグメント資産の調整額11,577,131千円は各報告セグメントに配分していない全社資産であり
                 ます。全社資産は主に余剰運用資金(現金及び預金)、長期貸付金、長期投資資金(投資有価
                 証券)であります。
               (3)  その他の項目の調整額
                 減価償却費の調整額は報告セグメントに帰属しない本社所管資産に係るもの等であります。
                 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は報告セグメントに帰属しない本社所管資産
                 に係るもの等であります。
             3.セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 87/113






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                      その他           調整額    連結財務諸表
                                            合計
                    不動産賃貸      高齢者住宅
                                      (注)1           (注)2      計上額
                                  計
                     管理事業       事業
           売上高
           外部顧客への売上高          49,519,310      2,802,188     52,321,499       466,479    52,787,978         -  52,787,978
           セグメント間の
                       64,625       -    64,625      17,777      82,402     △ 82,402       -
           内部売上高又は振替高
               計      49,583,936      2,802,188     52,386,124       484,256    52,870,381       △ 82,402    52,787,978
           セグメント利益
                     6,642,937       353,642     6,996,580      △ 172,150     6,824,429     △ 1,486,494      5,337,935
           又は損失(△)(注)3
           セグメント資産          33,593,118       716,299    34,309,418       502,622    34,812,040      15,523,234      50,335,275
           その他の項目
           減価償却費           948,259      44,114     992,373      18,464    1,010,838       17,877    1,028,715
           有形固定資産及び
                     6,988,600       22,629    7,011,229       8,537    7,019,767       54,300    7,074,067
           無形固定資産の増加額
          (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産販売事業、学生支
               援サービス及び日本語学校事業等を含んでおります。
             2.調整額は以下のとおりであります。
               (1)  セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,486,494千円は、各報告セグメントに配分していな
                 い一般管理費等であります。
               (2)  セグメント資産の調整額15,523,234千円は各報告セグメントに配分していない全社資産であり
                 ます。全社資産は主に余剰運用資金(現金及び預金)、長期貸付金、長期投資資金(投資有価
                 証券)であります。
               (3)  その他の項目の調整額
                 減価償却費の調整額は報告セグメントに帰属しない本社所管資産に係るもの等であります。
                 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は報告セグメントに帰属しない本社所管資産
                 に係るもの等であります。
             3.セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
          【関連情報】

           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報
            (1)売上高
               本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
              す。
            (2)有形固定資産
               本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
              め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報
             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省
            略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                              (単