株式会社オハラ 有価証券報告書 第113期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)

提出書類 有価証券報告書-第113期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)
提出日
提出者 株式会社オハラ
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年1月27日

    【事業年度】                     第113期(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

    【会社名】                     株式会社オハラ

    【英訳名】                     OHARA   INC.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長執行役員 齋藤 弘和

    【本店の所在の場所】                     神奈川県相模原市中央区小山一丁目15番30号

    【電話番号】                     042-772-2101(代)

    【事務連絡者氏名】                     取締役専務執行役員 中島 隆

    【最寄りの連絡場所】                     神奈川県相模原市中央区小山一丁目15番30号

    【電話番号】                     042-772-2101(代)

    【事務連絡者氏名】                     取締役専務執行役員 中島 隆

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
            回次            第109期       第110期       第111期       第112期       第113期

           決算年月            2017年10月       2018年10月       2019年10月       2020年10月       2021年10月

    売上高              (千円)     24,628,761       28,221,778       23,407,219       17,873,038       23,521,936

    経常利益又は
                   (千円)     2,242,548       3,705,736       1,146,716      △ 1,319,156       1,733,044
    経常損失(△)
    親会社株主に帰属する
    当期純利益又は
                   (千円)     1,513,666       3,220,017        466,272     △ 4,243,358       1,460,494
    親会社株主に帰属する
    当期純損失(△)
    包括利益              (千円)     4,408,481       3,323,462      △ 1,509,190      △ 5,264,357       4,159,659
    純資産額              (千円)     41,204,901       44,040,432       41,813,926       36,183,118       40,111,716
    総資産額              (千円)     54,433,713       58,221,184       55,036,087       49,621,275       53,606,059

    1株当たり純資産額               (円)     1,693.90       1,810.47       1,717.98       1,485.94       1,641.75

    1株当たり
    当期純利益金額又は
                   (円)       62.23      132.37       19.16     △ 174.34       59.99
    1株当たり
    当期純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株
                   (円)        -       -       -       -       -
    当たり当期純利益金額
    自己資本比率               (%)       75.7       75.6       76.0       72.9       74.6
    自己資本利益率               (%)        3.9       7.6       1.1     △ 10.9       3.8

    株価収益率               (倍)       35.64       18.02       78.49        -     23.09
    営業活動による
                   (千円)     1,960,070       3,016,925       1,927,731       2,479,533       1,938,318
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (千円)    △ 1,410,322       △ 937,858      △ 335,051     △ 2,405,750       △ 780,917
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (千円)    △ 1,736,348      △ 1,158,657      △ 1,013,232       1,380,334      △ 1,409,176
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の期末残
                   (千円)     9,982,386      10,878,283       11,235,316       12,553,588       12,967,322
    高
    従業員数
                          1,731       1,702       1,606       1,508       1,462
                   (人)
    (外、平均臨時雇用者数)                      ( 128  )     ( 179  )     ( 152  )     ( 82 )     ( 81 )
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       3.第112期の株価収益率については、1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。
       4.1株当たり純資産額の算定上、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式を期末発
         行株式数から控除する自己株式に含めております。また、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当
         期純損失金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
       5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第111期
         の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
         の区分に表示する方法に変更するとともに、第110期に係る主要な経営指標等については、当該会計基
         準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第109期       第110期       第111期       第112期       第113期

           決算年月            2017年10月       2018年10月       2019年10月       2020年10月       2021年10月

    売上高              (千円)     13,931,513       16,880,438       13,051,262       9,207,595      12,734,267

    経常利益又は
                   (千円)     1,230,849       1,990,022        393,127      △ 891,659       953,702
    経常損失(△)
    当期純利益又は
                   (千円)     1,817,368       2,152,028        501,065     △ 4,273,858       1,437,160
    当期純損失(△)
    資本金              (千円)     5,855,000       5,855,000       5,855,000       5,855,000       5,855,000
    発行済株式総数              (千株)       25,450       25,450       25,450       25,450       25,450

    純資産額              (千円)     28,609,439       30,748,409       29,310,041       23,859,629       25,642,577

    総資産額              (千円)     38,166,435       40,952,473       38,270,220       32,573,623       34,347,721

    1株当たり純資産額               (円)     1,176.11       1,264.04       1,204.24        980.30      1,053.02

    1株当たり配当額
                           20.0       30.0       15.0       10.0       15.0
    (うち1株当たり中間配当               (円)
                           ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
    額)
    1株当たり当期純利益金額又
    は1株当たり当期純損失金額               (円)       74.71       88.47       20.59     △ 175.60       59.03
    (△)
    潜在株式調整後1株当たり当
                   (円)        -       -       -       -       -
    期純利益金額
    自己資本比率               (%)       75.0       75.1       76.6       73.2       74.7
    自己資本利益率               (%)        6.6       7.3       1.7     △ 16.1       5.8

    株価収益率               (倍)       29.69       26.97       73.04        -     23.46

    配当性向               (%)       26.8       33.9       72.8        -      25.4

    従業員数

                           409       411       436       439       438
                   (人)
                           ( 39 )     ( 59 )     ( 71 )     ( 38 )     ( 38 )
    (外、平均臨時雇用者数)
    株主総利回り
                   (%)
                          361.6       393.5       253.5       210.8       238.3
    (比較指標:配当込み
                         ( 129.4   )    ( 123.2   )    ( 128.0   )    ( 124.3   )    ( 160.8   )
                   (%)
    TOPIX)
                          2,381       4,330       2,596       1,565       2,115
    最高株価               (円)
                           568      2,069       1,180        630      1,203
    最低株価               (円)
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       3.1株当たり純資産額の算定上、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式を期末発
         行株式数から控除する自己株式に含めて算出しております。また、1株当たり当期純利益金額又は1株
         当たり当期純損失金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めて算出してお
         ります。
       4.第112期の株価収益率及び配当性向については、1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりませ
         ん。
       5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第111期の期
         首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
         表示する方法に変更するとともに、第110期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って
         適用した後の指標等となっております。
       6.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  3/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    2 【沿革】
             東京都蒲田(現・大田区本羽田)にて、光学ガラスの生産を目的として小原光学硝子製造所を
      1935年10月
             創立。
      1941年11月       出資金250万円で有限会社小原光学硝子製造所を設立。
      1944年2月       組織変更をして株式会社小原光学硝子製造所を設立。
      1946年3月       本社を神奈川県相模原市に移転。
      1962年10月       足柄光学株式会社(神奈川県足柄上郡開成町)の株式取得。
      1981年8月       米国ニュージャージー州に光学ガラスの販売を目的としてOhara                              Optical    Glass   Inc.を設立。
      1985年5月       株式会社オハラに商号を変更。
      1985年10月       Ohara   Optical    Glass   Inc.をOhara      Corporationに商号変更。
             中華民國台中県に光学プレス品の製造及び販売を目的として台湾小原光学股份有限公司を設
      1987年1月
             立。
             神奈川県相模原市にガラスセラミックス他の素材の研磨加工を目的とする有限会社オーピー
      1987年5月
             シーを設立。
      1989年8月       組織変更して有限会社オーピーシーを株式会社オーピーシーに商号変更。
      1990年1月       ドイツホッフハイムに光学ガラスの販売を目的としてOHARA                            GmbHを設立。
             マレーシアマラッカ州に光学プレス品の製造及び販売を目的としてOHARA                                   OPTICAL(M)SDN.BHD.
      1991年11月
             を設立。
             マレーシアマラッカ州にハードディスク用ガラス基板材の製造及び販売を目的としてOHARA
      1996年5月
             DISK   (M)SDN.BHD.を設立。
      2001年11月       中華人民共和国において聯一小原光学(東莞)有限公司へ共同出資。
      2002年5月       香港に小原光学(香港)有限公司を設立。
      2002年12月       中華人民共和国広東省に小原光学(中山)有限公司を設立。
      2005年10月       東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
      2008年3月       中華人民共和国における聯一小原光学(東莞)有限公司への共同出資を譲渡。
      2008年7月       株式会社オハラ・クオーツ(和歌山県和歌山市)の株式取得。
      2011年3月       中華人民共和国において華光小原光学材料(襄陽)有限公司へ共同出資。
      2012年3月       中華民國雲林県に台湾小原光学材料股份有限公司を設立。
      2017年5月       ハードディスク用ガラス基板事業に属するOHARA                      DISK   (M)SDN.BHD.を解散。
      2020年11月       大分県別府市に大分営業所を開設。
                                  4/118










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社及び当社の関係会社は、当社、子会社10社及び関連会社1社並びにその他の関係会社であるセイコーホール
     ディングス株式会社及びキヤノン株式会社で構成されております。
      当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用関連会社、以下同じ。)は、当社、連結子会社10社及び持分法適
     用関連会社1社により構成されており、光及びエレクトロニクス事業機器向けガラス素材の製造・販売を主たる業務
     としております。当社は、主に素材の生産及び販売並びに製品の販売を行っており、連結子会社は、主に製品の加工
     と販売を行っております。また、関連会社は主に素材の生産を行っております。
      当社グループの事業別内容は、次のとおりであります。なお、事業区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表
     等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメント区分と同一であります。
     (1)  光事業
       当セグメントは、光学ガラス素材、光学機器用レンズ材などの光学製品用途向けの製品群の製造及び販売を行っ
      ております。
     (2)  エレクトロニクス事業
       当セグメントは、半導体露光装置向け高均質ガラスや極低膨張ガラスセラミックス、石英ガラスなどのエレクト
      ロニクス製品用途向けの製品群の製造及び販売を行っております。
           事業区分                           会社名

                      当社

                      台湾小原光学股份有限公司(中華民國)
                      台湾小原光学材料股份有限公司(中華民國)
                      OHARA OPTICAL(M)SDN.BHD.(マレーシア)
                      小原光学(中山)有限公司(中華人民共和国)
           光事業
                      Ohara Corporation(米国)
                      OHARA GmbH(ドイツ)
                      小原光学(香港)有限公司(香港)
                      足柄光学株式会社
                      華光小原光学材料(襄陽)有限公司(中華人民共和国) 
                      当社

                      OHARA OPTICAL(M)SDN.BHD.(マレーシア)
                      Ohara   Corporation(米国)
        エレクトロニクス事業               OHARA   GmbH(ドイツ)
                      小原光学(香港)有限公司(香港)
                      株式会社オーピーシー
                      株式会社オハラ・クオーツ
                                  5/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      事業の系統図は次のとおりであります。
     (注)   1.※は持分法適用関連会社














       2.セイコーホールディングス株式会社との営業取引はありません。また、キヤノン株式会社は当社の顧客で
         あり、当社製品の販売についての価格、その他の取引条件は、市場価格、総原価などを勘案して交渉の
         上、決定しております。
       3.足柄光学株式会社につきましては、有価証券報告書提出日現在清算手続中であります。
                                  6/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
     (1)  連結子会社
                                         議決権

                           資本金又は        主要な
                                         の所有
          名称           住所                            関係内容
                             出資金      事業内容
                                         割合
                                         (%)
                                             当社光学プレス品の一部
                            千新台湾ドル
    台湾小原光学股份有限公司              中華民國
                                  光事業       100.0    を製造販売している。
                              40,000
    (注)4              台中市
                                             役員の兼任等…有
                                             当社光学プレス品の一部
                            千新台湾ドル
    台湾小原光学材料股份              中華民國
                                             材料を製造販売してい
                                  光事業       100.0
                             500,000                る。
    有限公司(注)4              雲林県
                                             役員の兼任等…有
                                             当社光学プレス品の一部
                            千マレーシア
                                  光事業           及びエレクトロニクス事
    OHARA   OPTICAL(M)SDN.BHD.           マレーシア
                             リンギット
                                  エレクトロ       100.0    業製品の製造販売を行っ
    (注)4              マラッカ
                                  ニクス事業           ている。
                               7,800
                                             役員の兼任等…有
                                             当社光学プレス品の一部
                              千米ドル
    小原光学(中山)有限公司              中華人民共和国
                                         100.0
                                  光事業           を製造販売している。
                               5,050          (100.0)
    (注)4              広東省
                                             役員の兼任等…有
                                             当社製品の一部の研磨加
                   神奈川県
                                             工販売を行っている。な
                               千円
                                  エレクトロ
    株式会社オーピーシー              相模原市                       100.0    お、当社所有の土地・建
                             160,000     ニクス事業
                                             物を賃借している。
                   中央区
                                             役員の兼任等…有
                                             石英ガラスを製造販売し
    株式会社オハラ・クオーツ                           千円
                   和歌山県
                                  エレクトロ
                                          78.9   ている。
    (注)6                         310,000     ニクス事業
                   和歌山市
                                             役員の兼任等…有
                                             米国市場において当社光
                   米国                光事業
                                             学ガラス製品及びエレク
                              千米ドル
    Ohara   Corporation
                                         100.0    トロニクス事業製品の販
                   ニュージャー                エレクトロ
                                300
                                             売を行っている。
                   ジー                ニクス事業
                                             役員の兼任等…有
                                             欧州市場を中心に当社光
                                  光事業
                                             学ガラス製品及びエレク
                              千ユーロ
                   ドイツ
    OHARA   GmbH
                                         100.0    トロニクス事業製品の販
                                  エレクトロ
                                51
                   ホッフハイム
                                             売を行っている。
                                  ニクス事業
                                             役員の兼任等…有
                                             中国市場を中心に当社光
                                  光事業
                                             学ガラス製品及びエレク
                             千香港ドル
    小原光学(香港)有限公司
                   香港                       100.0    トロニクス事業製品の販
                                  エレクトロ
                               7,000
    (注)4,6
                                             売を行っている。
                                  ニクス事業
                                             役員の兼任等…有
                   神奈川県
                                             資金の貸付及び費用等の
                               千円
    足柄光学株式会社
                   足柄上郡                光事業       100.0    立替。
    (注)5,7                          36,000
                                             役員の兼任等…無
                   開成町
     (注)   1.主要な事業内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
       2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
       4.特定子会社に該当しております。
       5.足柄光学株式会社は、清算手続き中の会社であります。
                                  7/118






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       6.株式会社オハラ・クオーツについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占め
         る割合が10%を超えております。
                   (1)  売上高
         主要な損益情報等                   3,511   百万円
                   (2)  経常利益
                             631
                   (3)  当期純利益
                             552
                   (4)  純資産額
                             643
                   (5)  総資産額
                            5,061
         小原光学(香港)有限公司については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占め
         る割合が10%を超えております。
                   (1)  売上高
         主要な損益情報等                   7,039   百万円
                   (2)  経常利益
                             269
                   (3)  当期純利益
                             224
                   (4)  純資産額
                            3,498
                   (5)  総資産額
                            4,257
       7.債務超過会社で債務超過の額は、2021年10月31日時点で以下のとおりであります。
          足柄光学株式会社                                 1,865百万円
     (2)  持分法適用関連会社

                                       議決権の所

        名称         住所       出資金      主要な事業内容        有割合          関係内容
                                        (%)
                                             当社光学プレス品の一部
    華光小原光学材料          中華人民共和国
                         千米ドル
                              光事業            49.0   材料を製造している。
                          30,750
    (襄陽)有限公司          湖北省
                                             役員の兼任等…有
     (注)    主要な事業内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
     (3)  その他の関係会社

                                       議決権の被

                         資本金
        名称         住所             主要な事業内容        所有割合          関係内容
                        (百万円)
                                        (%)
    セイコーホールディ                          時計及び精密機
               東京都中央区           10,000                19.3   役員の兼任等…有
    ングス株式会社                          器の販売
                              光学機器・事務
                                             当社製品の販売
    キヤノン株式会社          東京都大田区           174,762     機器の製造及び            19.3
                                             役員の兼任等…無
                              販売
     (注)    上記2社はいずれも有価証券報告書を提出しております。
                                  8/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    5 【従業員の状況】
     (1) 連結会社の状況
                                               2021年10月31日       現在
             セグメントの名称                           従業員数(人)
     光事業                                         1,118    ( 29 )

     エレクトロニクス事業                                          284   ( 46 )

     全社(共通)                                          60   ( 6 )

                合計                              1,462    ( 81 )

     (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       2.全社(共通)として記載されている従業員は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
         るものであります。
     (2) 提出会社の状況

                                               2021年10月31日       現在
       従業員数(人)               平均年齢            平均勤続年数            平均年間給与(円)
          438   ( 38 )           42.7  歳           17.6  年          5,624,753

             セグメントの名称                           従業員数(人)

     光事業                                          252   ( 23 )

     エレクトロニクス事業                                          126    ( 9 )

     全社(共通)                                          60   ( 6 )

                合計                              438   ( 38 )

     (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者は、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.全社(共通)として記載されている従業員は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
         るものであります。
     (3) 労働組合の状況

       当社には、「オハラ労働組合」(組合員数                    324人)が組織されており、全日本光学工業労働協議会に属しており
      ます。
       なお、労使関係は安定しております。
                                  9/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営の基本方針

       「オハラグループは、常に個性的な新しい価値を創造して、強い企業を構築し、オハラグループ全員の幸福と社
      会の繁栄に貢献します」という経営理念をグループ全体で共有するとともに、全社員の行動規範としています。
       また、当社グループが今後進むべき道や未来のありたい姿を明確化すべく、以下のコーポレート・メッセージを
      策定しています。
                                 10/118

















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (2)  中長期的な会社の経営戦略及び目標とする経営指標
       ①長期ビジョン2035
       経済環境やテクノロジーは加速度的に変化しており、将来の経営環境を見通すことはますます困難になって
      います。このような状況の下、変化の後追いではなく、主体的に変化し機敏に対応できる企業となることを志
      向しつつ、創立100年となる2035年、さらにその先の成長を見据えて、「長期ビジョン2035」を策定しました。
      長期ビジョン2035は、2020年度に発表した「コーポレート・メッセージ」に加え、それをどのように実現する
      かという視点で新たに整理した「価値創造モデル」により構成されています。「ひかる素材で、未来をひら
      く」をブランドスローガンに、いつの時代も新たな素材の可能性を追求し、お客様、加工先様との価値協創を
      通じて事業活動を加速させ、「生活・文化の向上」、「フロンティア開拓」、「地球環境の改善」に貢献する
      ことを使命としています。
      また、以下の経営方針、財務指標のもと、コーポレート・ガバナンスの強化を図るとともに、当社グループ全
      体で長期ビジョン2035の実現に向けた取り組みを展開してまいります。
       長期ビジョン2035経営方針

      『オプティクス技術への貢献』
      『価値協創による新ビジネス創出』
      『価値創造力・効率性・収益力向上』
       財務指標(2035年)

       ROE(自己資本利益率)                       8.0%以上
       ②中期経営計画(第113期            2021年10月期~第115期           2023年10月期)

       第113期にスタートした3ヵ年の中期経営計画は、「市場変化のスピードに負けない機敏性」、「新陳代謝の
      加速」を方針に、コロナ禍により落ち込んだ業績の回復を最優先事項とし、事業構造の立て直しと財務体質の
      改善を進めてまいりました。初年度となる第113期(2021年10月期)の業績が概ねコロナ禍前(第111期                                                2019年
      10月期)の水準まで回復したこと、及び長期ビジョン2035の策定を踏まえ、一部内容を更新いたしました。
       長期ビジョン2035で掲げた3つの経営方針に加え、「コア組織能力・コアプロセスの強化」、「社会課題・
      環境問題への取り組み」を加えた5つの改革ポイントを軸に、第115期(2023年10月期)の財務指標を以下のと
      おり修正し、長期ビジョン2035の実現に向けた活動を展開してまいります。
       財務指標(第115期 2023年10月期)

       売上高                                      265億円以上
       営業利益                                      30億円以上
       ROE(自己資本利益率)                          6.5%以上
     (3)  事業環境及び優先的に対処すべき課題

       当社グループは、経営理念のもと、コーポレートガバナンス(企業統治)の強化を図り、企業として社会に貢献
      できるよう努めるとともに、国際連合で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献すべく取り組んでま
      いります。
       優先的に対処すべき課題としては、デジタルカメラ市場向け光学ガラスに次ぐ新しい収益基盤の確立であると認
      識しております。
       セグメント別の事業環境及び対処すべき課題は次のとおりであります。

      ① 光事業

       デジタルカメラ市場は、新型ミラーレスカメラの需要増により市場縮小に歯止めがかかりつつあるものの、高解
      像度レンズを搭載した高級スマートフォンの登場により今後も緩やかな市場縮小が続く可能性があります。一方、
      プロジェクター、監視カメラ、車載カメラなどの分野では、画像の高精細化の進展により、品質の高い光学ガラス
      に対するニーズが高まることが見込まれます。こういった状況を踏まえ、モバイル、モビリティ、メディカルな
      ど、デジタルカメラ以外の用途での拡販を強化すべく、市場ニーズに合わせた材料開発を進め、またガラスモール
      ドレンズなどの付加価値の高いレンズ加工品の販売比率を高めることで、売上規模を確保していきます                                               。
                                 11/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ② エレクトロニクス事業
       エレクトロニクス事業の関連市場においては、露光装置は半導体向け、FPD向けともに需要の増加が見込まれま
      す。また、光通信市場では、第5世代移動通信システム(5G)の環境整備に向けた設備投資が見込まれます。
       こういった環境を踏まえ、             露光装置や光通信関連については、需要動向を的確に捉え、受注を獲得していきま
      す。耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックス「ナノセラム™」は、スマートフォン用途としての採用を目指して活
      動しておりますが、素材の特性を生かした用途展開を目指し、スマートフォン用途以外への拡販にも注力していき
      ます。リチウムイオン伝導性ガラスセラミックス「LICGC™」は、全固体電池における実用レベルの特性実現を目指
      すとともに、液系リチウムイオン電池の特性向上につながる添加材としての拡販を進めていきます。
                                 12/118


















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
     であります。
      なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  特定市場への依存リスク

       光事業の売上はデジタルカメラ市場への依存度が高く、従前から続く市場の縮小がリスクとなっております。今
      後、デジタルカメラ市場の縮小が一層進んだり、国内外における競合他社との競争激化などにより、売上及び利益
      率が下落する可能性があります。今後も品質、価格、納期対応でお客様に満足していただけることを第一と考えて
      業務革新・効率化を推進し、高効率の生産体制を築くことで、光事業の柱を強固としていくとともに、エレクトロ
      ニクス事業の製品ラインナップを強化していくことで事業の拡大に努めてまいりますが、その成否によっては業績
      と財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  特定顧客への依存リスク

       当社グループは、専門性の高い光学ガラス及び特殊ガラスを供給しておりますが、高度な専門性、特殊性が故、
      一部の特定顧客への売上依存度が高い傾向にあります。今後も新規分野への研究開発並びに新規顧客の獲得を目指
      して積極的な活動を継続してまいりますが、これらの特定顧客からの発注数量が急激に減少した場合には、業績と
      財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  為替相場の変動リスク

       当社グループの生産及び販売活動はアジア地域を中心にグローバルに展開しており、外貨建ての取引を含んでい
      るため為替相場の変動による影響があります。これらのリスクに備えるため為替予約等を利用しておりますが、す
      べてのリスクを排除することは不可能であり、また、急激な円高は製品の価格競争力も低下させますので、業績と
      財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  金利の変動リスク

       当連結会計年度末における当社グループの連結有利子負債残高は6,073百万円であります。                                          有利子負債は、前連結
      会計年度比で、       借入金を返済したことなどにより減少                  しておりますが、財務体質良化のため、削減を推し進めてま
      いります。金利情勢やその他金融市場が急激に変動する場合には、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
     (5)  海外での事業展開に係るリスク

       当社グループはアジア地域を中心として積極的な海外事業展開を図っており、海外売上高は連結売上高の約51%
      となっております。海外市場への事業進出には、予期しない法律又は規制の変更、税法の改定・移転価格税制など
      による課税、不利な政治又は経済要因、人材の採用と確保の難しさ、テロ、戦争その他の要因による社会的混乱な
      どのリスクが内在しており、それらが発生した場合には、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性があります。しか
      しながら、生産ライン及び営業拠点は概ね日本を含めた複数の地域で稼働させており、リスクによる影響を低減さ
      せる取組みを行っております。また新型コロナウイルス感染症による影響については、                                        一部地域においてワクチン
      接種が進んでいるものの、変異株による感染の再拡大も懸念されることから                                   、 今後もこの状況が継続する場合、業
      績と財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  訴訟に関するリスク

       一般的に、当社グループの事業活動に関し、訴訟、紛争、その他の法的手続きの対象となるリスクを排除するこ
      とは不可能です。当連結会計年度において当社グループの事業に重大な影響を及ぼす訴訟等は提起されておりませ
      んが、将来において提起された場合には、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは、
      当社グループの行動規範及び事業活動に関する法令を周知・教育することにより、訴訟に関するリスクの低減に努
      めております。
     (7)  資本上位会社に関するリスク

      (セイコーホールディングス株式会社について)
                                 13/118

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       セイコーホールディングス株式会社は当社の筆頭株主(2021年10月末現在、発行済株式総数(自己株式を除く。)
      に対する所有割合19.3%)であり、当社は同社の持分法適用関連会社であり、同社は当社の「その他の関係会社」
      で あります。
       当社は、同社グループから、現在社外取締役1名、社外監査役1名を受け入れておりますが、第112期、第113期
      において営業取引は軽微です。
       一方、当社は、同社株式を、2021年10月末現在51,261株(同社発行済株式総数に対する所有割合0.1%)を保有し
      ております。これは、将来、当社と同社グループの関係強化を目的としたものであります。
       当社は同社に対し、今後も安定株主としての役割並びに将来の関係強化を期待しておりますが、今後、同社と当
      社の良好な関係が維持できなければ当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
      (キヤノン株式会社について)
       キヤノン株式会社は当社の第2位株主(2021年10月末現在、発行済株式総数(自己株式を除く。)に対する所有割
      合19.3%)であり、当社は同社の持分法適用関連会社であり、同社は当社の「その他の関係会社」であります。
       当社は、同社グループから、現在社外取締役1名、社外監査役1名を受け入れており、第112期、第113期におけ
      る取引状況は「関連当事者情報」に記載のとおりであります。なお、当社製品の販売についての価格、その他の取
      引条件は、市場価格、総原価などを勘案して交渉の上、決定しており、特に利益相反等は生じておりません。
       一方、当社は、同社株式を、2021年10月末現在729,658株(同社発行済株式総数に対する所有割合0.1%)を保有
      しております。これは、当社と同社グループの取引関係の維持強化を目的としたものであります。
       当社は同社に対し、今後も安定株主としての役割並びに将来の関係強化を期待しておりますが、今後、同社と当
      社の良好な関係が維持できなければ当社の財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
     (8)  原材料に関するリスク

       当社グループが使用している原材料の中には、メーカーや産地の限られているものがあり、入手困難により生産
      に支障が生ずる可能性があります。また、原材料価格は生産状況、為替相場、市況の変動などにより高騰する可能
      性があり、当社グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性があります。一部の原材料については、市場価格
      を見極めつつ、短期的な変動の影響を避けるため、在庫の保有レベルを高く設定しております。
     (9)  地震やその他の自然災害、事故等によるリスク

       当社グループでは、地震や大規模な水害、火山の噴火などの自然災害や事故、新型インフルエンザ等の感染症の
      流行等の発生時にも、重要な事業を継続し、企業としての社会的責任を遂行するとともに、お客様が必要とする高
      性能・高品質の製品やサービスの安定的供給等の当社グループの事業活動の継続のために、事業継続計画を策定し
      ております。また、耐震対策や定期点検、防災訓練等の取り組みも実施しております。
       しかし、想定を超える自然災害や事故等が発生した場合、当社グループの機能停止、設備の損壊、電力・水・ガ
      ス等の供給停止、公共交通機関や通信手段の停止、サプライチェーンへの被害等により、当社グループの事業活動
      の継続に影響を及ぼす可能性があります。
     (10)   環境問題に関するリスク

       当社グループは、省エネルギー、大気・水質の汚染、化学物質の使用、廃棄物処理、リサイクル、製品含有化学
      物質及び土壌・地下水汚染等を規制する様々な環境法令の適用を受けながら事業を展開しており、事業活動と環境
      の調和を経営の重要課題のひとつとして位置付け、法規制の遵守、業界等の行動規範を遵守するとともに自主基準
      を制定して管理するなど、様々な環境マネジメント活動を進めております。
       しかし、将来において法令規制強化への対応費用の増大、あるいは環境問題の発生から、損害賠償や対策費用を
      負担する可能性があります。
     (11)   新型コロナウイルス感染症の拡大によるリスク

       新型コロナウイルス感染症の終息時期は不透明であり、今後の感染症の拡大により、工場の稼働停止やサプライ
      チェーンの停滞に起因する生産の減少、営業活動の制限等、事業活動に支障をきたす事態が発生した場合には、当
      社グループの業績と財政状況に影響を及ぼす可能性があります。
       このようなリスクの対応策として、当社グループは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、従業員そ
      の他のステークホルダーの安全を確保するため、策定したガイドラインに従って、体温確認などの健康管理、手指
      消毒、Web会議の導入など、日頃の感染予防対策を徹底するとともに、感染症が拡大傾向である場合には、政府や地
      域行政の要請等を踏まえた不要不急の出張制限や時差出勤、在宅勤務等の対応を採ることにより、事業活動への影
                                 14/118

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      響の低減を図ることとしております。
                                 15/118




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」と
      いいます。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ① 財政状態及び経営成績の状況

       当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症の影響が残るものの、一部地域では感染対策と
      経済活動の両立が進み、回復に向かいました。米国や中国などでは、ワクチン接種の拡大を受け、緩やかな景気回
      復が進んだものの、その他の地域では、新型コロナウイルス感染症の変異株による感染拡大が再発するなど、依然
      として不透明な状況が続きました。
       当社グループの光事業の関連市場については、デジタルカメラは、ミラーレスカメラ向けを中心に需要の持ち直
      しが見られ、堅調に推移しました。また、エレクトロニクス事業の関連市場については、半導体露光装置、FPD露光
      装置ともに堅調に推移しました。
       なお、当連結会計年度における米ドル及びユーロの平均為替レートは、108.22円及び129.15円となり、前年度に
      比べて米ドルが約0.6%の円安、ユーロは約6.6%の円安で推移しました。
       このような状況のもと、当連結会計年度の業績は、次のとおりとなりました。
       売上高は、光学機器向けレンズ材や極低膨張ガラスセラミックスの販売が増加したことなどから、23,521百万円
      (前年同期比31.6%増)となりました。
       損益面では、売上総利益は、生産設備の稼働率が改善したことや減価償却費の減少などにより、6,480百万円(同
      81.6%増)となりました。販売費及び一般管理費は、5,112百万円(同3.4%減)となり、営業利益は1,368百万円
      (前年同期は1,724百万円の営業損失)となりました。経常利益は、営業外収益として受取配当金や助成金収入を計
      上したことなどにより、1,733百万円(前年同期は1,319百万円の経常損失)となりました。また、親会社株主に帰
      属する当期純利益は、特別利益として投資有価証券売却益を計上したことや法人税等の計上額が減少したことなど
      により1,460百万円(前年同期は4,243百万円の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。
       セグメントの業績は次のとおりであります。

       なお、第1四半期連結会計期間より、事業セグメントの利益又は損失の測定方法を変更しております。詳細につ

      いては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご覧く
      ださい。
       (光事業)

       当事業の売上高は、ミラーレスカメラを中心としたデジタルカメラ市場の回復により光学機器向けレンズ材の販
      売が増加したことなどから、13,943百万円(前年同期比46.4%増)となりました。損益面では、光学ガラスの需要
      増加により、生産設備の稼働率が改善したことなどから、営業利益は745百万円(前年同期は977百万円の営業損
      失)となりました。
       (エレクトロニクス事業)

       当事業の売上高は、旺盛な半導体需要により、半導体露光装置向け高均質ガラス、石英ガラスの販売が堅調に推
      移したことや、中小型向け有機ELパネルの需要増加により、FPD露光装置向け極低膨張ガラスセラミックスの販売が
      増加したことなどから、9,577百万円(前年同期比14.8%増)となりました。損益面では、生産設備の稼働率が改善
      したことや販売費及び一般管理費が減少したことなどにより営業利益は622百万円(前年同期は747百万円の営業損
      失)となりました。
                                 16/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ② キャッシュ・フローの状況
       当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、売上債権の増加による支出や長期及
      び短期借入金の返済による支出があったものの、税金等調整前当期純利益を計上したほか、仕入債務の増加による
      収入があったことなどにより、前連結会計年度末に比べて413百万円増加し、当連結会計年度末には12,967百万円
      (前連結会計年度末比3.3%増)となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動の結果得られた資金は1,938百万円(前年同期比21.8%減)となりました。
       これは、税金等調整前当期純利益1,863百万円(前年度は3,861百万円の税金等調整前当期純損失)や仕入債務の増
      加による収入735百万円(前年度は145百万円の減少)があったものの、売上債権の増加による支出2,812百万円(前
      年度は805百万円の減少)があったことなどが主な要因であります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動の結果使用した資金は780百万円(前年同期比67.5%減)となりました。
       これは、有形固定資産の取得による支出803百万円(同21.8%増)があったことなどが主な要因であります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動の結果使用した資金は1,409百万円(前年同期は1,380百万円の収入)となりました。
       これは、配当金の支払額244百万円(前年同期比33.4%減)や長期及び短期借入金の減少による支出(純額)834
      百万円(前年度は2,072百万円の収入)があったことなどが主な要因であります。
                                 17/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ③ 生産、受注及び販売の実績
       a.  生産実績
        当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度

           セグメントの名称                   (自    2020年11月1日             前年同期比(%)
                                至   2021年10月31日       )
    光事業(千円)                                    14,147,763              187.7
    エレクトロニクス事業(千円)                                    8,904,469              94.9

            合計(千円)                            23,052,233              136.2

     (注)   1.金額は、販売価格によっております。
       2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       b.  受注実績

        当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度

                                 (自    2020年11月1日
                                  至   2021年10月31日       )
        セグメントの名称
                     受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)
    光事業                   15,142,448            156.6       3,799,493           146.7

    エレクトロニクス事業                   11,936,027            135.6       4,237,399           224.2

           合計             27,078,476            146.6       8,036,892           179.4

     (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       c.  販売実績

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度

           セグメントの名称                   (自    2020年11月1日             前年同期比(%)
                                至   2021年10月31日       )
    光事業(千円)                                  13,943,941              146.4
    エレクトロニクス事業(千円)                                   9,577,995             114.8

            合計(千円)                          23,521,936              131.6

     (注)   1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                           (自    2019年11月1日             (自    2020年11月1日
                            至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
               相手先
                          金額(千円)         割合(%)        金額(千円)         割合(%)
          キヤノン株式会社                  2,966,577          16.6       4,591,588          19.5

       2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 18/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり
      ます。
      ① 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a.  経営成績の分析
       ・ 売上高
       売上高は、23,521百万円(前年度比31.6%増)となり、前年度と比較して5,648百万円の増収となりました。
       売上高をセグメントごとに分析すると、光事業の売上高は、13,943百万円(同46.4%増)となり、エレクトロニ
      クス事業の売上高は、9,577百万円(同14.8%増)となっております。
       光事業において、新型コロナウイルス感染症の影響で急減した前期の反動に加え、ミラーレスカメラ向け交換レ
      ンズのラインナップ拡充により光学機器向けレンズ材の販売が増加しました。
       エレクトロニクス事業において、旺盛な半導体需要により、半導体露光装置向け高均質ガラス、石英ガラスの販
      売が増加したことに加え、中小型向け有機ELパネルの需要増加により、FPD露光装置向け極低膨張ガラスセラミック
      スの販売が増加しました。
       ・売上原価、販売費及び一般管理費
       売上原価は、17,041百万円(同19.1%増)となり、前年度と比較して2,737百万円の増加となりました。売上原価
      率は72.4%となり、前年度比7.6ポイント減少しております。これは光学ガラスの需要増加に伴う生産設備の稼働率
      改善や前年度に計上した           固定資産の減損損失により、減価償却費が減少したことが主な要因です。
       販売費及び一般管理費は、5,112百万円(同3.4%減)となりました。売上の増加に伴い運搬費が増加したものの
      開発テーマや費用の見直しを行ったことなどから研究開発費が減少しました。なお、売上高販売管理費比率は
      21.7%と前年度比7.9ポイント減少しております。
       ・営業利益
       営業利益は、1,368百万円(前年同期は1,724百万円の営業損失)となりました。光学ガラス需要の増加により、
      生産設備の稼働率が改善したことに加え、販管費が減少したことな                               どが主な要因であります。
       ・営業外損益
       営業外収益は、415百万円(前年度比27.8%減)となりました。これは、受取配当金や助成金収入を計上したこと
      などが主な要因であります。
       営業外費用は、50百万円(同70.3%減)となりました。これは、支払利息を計上したことなどが主な要因であり
      ます。
       ・親会社株主に帰属する当期純利益
       税金等調整前当期純利益は、1,863百万円(前年同期は3,861百万円の税金等調整前当期純損失)となり、法人税
      等及び非支配株主に帰属する当期純利益を計上した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、1,460百万円(前年
      同期は4,243百万円の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。
                                 19/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       b.  財政状態の分析
       当連結会計年度末における総資産は53,606百万円(前連結会計年度末比8.0%増)となりました。これは、受取手
      形及び売掛金や投資有価証券が増加したことなどが主な要因であります。
       流動資産の残高は31,411百万円(同10.5%増)となりました。これは、受取手形及び売掛金や電子記録債権が増
      加したことが主な要因であります。固定資産の残高は22,194百万円(同4.8%増)となりました。これは、投資有価
      証券が時価評価により増加したことなどが主な要因であります。
       流動負債の残高は8,385百万円(同17.3%増)となりました。これは、支払手形及び買掛金が増加したことや固定
      負債からの振替により、リース債務が増加したことなどが主な要因であります。
       固定負債の残高は5,109百万円(同18.8%減)となりました。これは、リース債務が減少したことなどが主な要因
      であります。
       当連結会計年度末における純資産の残高は40,111百万円(同10.9%増)となりました。
       これは、親会社株主に帰属する当期純利益を計上したことにより利益剰余金が増加したことや為替換算調整勘定
      が増加したことなどが主な要因であります。
       c.  キャッシュ・フローの分析

       当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、光学ガラス需要増加に伴う売上債権
      の増加や有利子負債の返済があったものの、税金等調整前当期純利益の改善や生産量の増加に伴い仕入債務が増加
      したことなどにより前連結会計年度末に比べて413百万円増加し、当連結会計年度末には12,967百万円(前連結会計
      年度末比3.3%増)となりました。詳細につきましては、「(1)                             経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フロー
      の状況」に記載のとおりであります。
       d.  資本の財源及び資金の流動性

       当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、次のとおりであります。
       運転資金需要のうち主なものは、原材料の仕入等の製造費用や販売費及び一般管理費等の営業費用であり、投資
      目的の資金需要は、設備投資等によるものであります。これらの資金につきましては、まず営業キャッシュ・フ
      ローで獲得した資金を投入し、不足分については主に銀行借入にて必要な資金を調達しております。
      ② 重要な会計方針の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
      ります。連結財務諸表の作成にあたり、資産、負債、収益及び費用の報告に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いて
      おりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は、実際の結果と異なる可能性があります。
       当社グループの連結財務諸表で採用した重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結
      財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しておりますが、次の会計方針
      は、連結財務諸表における重要な見積りの判断に影響を及ぼすものと考えております。
       なお、重要な会計上の見積りは、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要
      な会計上の見積り)」に記載しております。また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による会計上の見積りに
      つきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載して
      おります。
       a.   固定資産の減損
       当社グループは、固定資産の減損に係る回収可能性の評価に当たり、事業等を基礎としてグルーピング行い、収
      益性が著しく低下した資産グループにつきまして、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を
      減損損失として計上することとしております。
       固定資産の回収可能価額につきまして、将来キャッシュ・フロー、割引率、正味売却価額等の見積りに重要な変
      更があった場合、固定資産の減損損失が発生する可能性があります。
       減損損失の詳細については、「第5                 経理の状況      1  連結財務諸表等        (1)  連結財務諸表       注記事項(連結損益計算
      書関係)」に記載しております。
                                 20/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       b.  繰延税金資産の回収可能性
       当社グループは、繰延税金資産につきまして、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや、
      回収可能性があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回収可
      能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、事業環境等の変化により課税所得の見積りが減少した場合、繰延
      税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                 21/118


















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
      当社グループの研究開発は、高品質かつ顧客満足度の高い新製品を市場に投入していくことで、グループ全体の業
     容拡大に資することを目的とし、当社の研究開発部門が中心となって進めております。基礎研究の分野では、約80年
     にわたる光学及び特殊ガラスの製造を通じて培われた材料設計のノウハウや生産技術を基盤として、光、エレクトロ
     ニクス、環境・エネルギー等の幅広い分野において競争優位性をもった新素材の研究開発を進め、また、応用化研究
     の分野では、より高度な生産技術を開発することで、既存製品のさらなる高性能・高品質化かつ低コスト化を進めて
     おります。
      なお、当連結会計年度における研究開発費の総額は                        538  百万円であります。
      当連結会計年度におけるセグメント別の研究開発活動の主なものは次のとおりであります。

     (1)  光事業
      ・高屈折率、高透過率光学ガラスの開発
      ・色収差補正に優れた光学ガラスの開発
      ・屈折率の温度特性に優れた光学ガラスの開発
      ・耐環境性に優れた光学ガラスの開発
      ・コスト競争力に優れた光学ガラスの開発
       なお、当事業に係る研究開発費は               246  百万円であります。
     (2)  エレクトロニクス事業

      ・耐衝撃・高硬度ガラスセラミックスの開発
      ・リチウムイオン伝導性固体電解質の開発
      ・ウエアラブル用途等薄板成形技術の開発
      ・耐放射線ガラスの開発
      ・高温高速熔解技術の開発
       なお、当事業に係る研究開発費は               291  百万円であります。
                                 22/118











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資については、光学ガラス製造設備及び特殊ガラス製造設備などに総額                                            868  百万円の設備投
     資を実施しました。
      光事業につきましては、生産設備の設備更新を目的として、提出会社を中心に総額                                      486  百万円の設備投資を実施しま
     した。
      エレクトロニクス事業につきましては、生産設備の能力増強を目的として、提出会社及び国内生産子会社において
     特殊ガラス及び石英ガラスの製造設備などに総額                       382  百万円の設備投資を実施しました。
    2 【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
     (1) 提出会社
                                            2021年10月31日      現在
                                 帳簿価額(千円)
                                                    従業
     事業所名     セグメントの                                         員数
                 設備の内容
                            機械装置
     (所在地)      名称
                                      土地              (人
                       建物及び         工具器具          建設
                            及び                   合計
                                                    )
                       構築物         及び備品          仮勘定
                                     (面積㎡)
                            運搬具
          光事業
    本社工場
          エレクトロニ      事務所、ガラ                      24,029              438
    (神奈川県
                        943,417     723,899    8,541,678          479,815    10,712,840
          クス事業      ス生産設備他                     (100,168)               (38)
    相模原市中
    央区)
          及び全社
     (注)   1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
       2.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
       3.リース契約による主な賃貸設備は、下記のとおりであります。
                       年間リース料         リース期間       リース契約残高

            名称
                         (千円)         (年)        (千円)
     機械装置
                          128,268        3         378,382
     (所有権移転外ファイナンス・
     リース)
     (注)   リース契約残高には、残価保証額を含めております。
     (2) 国内子会社

                                            2021年10月31日      現在
                                  帳簿価額(千円)
                                                    従業
          事業所名     セグメン                                     員数
      会社名              設備の内容
                             機械装置
          (所在地)     トの名称
                         建物及び         工具器具     土地    建設         (人
                              及び                  合計
                         構築物        及び備品    (面積㎡)     仮勘定         )
                              運搬具
          工場
          (神奈川
    株式会社
               エレクトロ                        121,570              62
          県相模原
                    研磨設備     222,745    142,048     32,917         4,312    523,594
               ニクス事業                        (14,423)              (15)
    オーピーシー      市中央区
          他一ヵ
          所)
          工場
    株式会社オハ
               エレクトロ     石英製造                                 77
          (和歌山
                         440,512    457,588     25,119      -   32,798     956,018
               ニクス事業     設備                                (20)
    ラ・クオーツ      県和歌山
          市)
          工場
                    光学プレ
          (神奈川
    足柄光学
                                       13,701
               光事業     ス品製造        -    -    -         -   13,701    -
          県足柄上
                                       (1,764)
    株式会社
                    設備
          郡開成
          町)
     (注)   1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
       2.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
                                 23/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (3)  在外子会社
                                                 2021年10月31日      現在
                                     帳簿価額(千円)
                                                        従業
          事業所名
               セグメン                                         員数
      会社名              設備の内容
                             機械装置
               トの名称
          (所在地)
                                                        (人
                         建物及び         工具器具     土地    使用権     建設
                              及び                      合計
                                                        )
                         構築物        及び備品    (面積㎡)     資産    仮勘定
                              運搬具
          工場
                    光学プレ
    台湾小原光学                                                    137
          (中華民
               光事業     ス品製造      297,748     96,167    11,434      -   7,966      -   413,317
    股份有限公司                                                     (3)
          國台中
                    設備
          市)
          工場
    台湾小原光学                光学プレ
                                                         59
          (中華民
    材料股份有限           光事業     ス品材料     1,869,261      43,856     6,399      -   60,960      -  1,980,477
                                                         (2)
          國雲林
    公司                製造設備
          県)
                    光学プレ
          工場
                    ス品・エ
    OHARA
               光事業
          (マレー
                    レクトロ                                     327
    OPTICAL(M)      シア                87,006    241,552     5,228      -   26,850    13,021    373,658
               エレクトロ
                    ニクス製                                     (1)
               ニクス事業
    SDN.BHD.      マラッ
                    品製造設
          カ)
                    備
          工場
                    光学プレ
    小原光学(中
          (中華人
               光事業     ス品製造      134,569    162,023     67,293      -   43,203    17,192    424,281    318
    山)有限公司
          民共和国
                    設備
          広東省)
          営業所
               光事業
          (米国
    Ohara
                                       14,778                  9
                    事務所      27,598     1,137      -         -    -   43,514
          ニュー    エレクトロ
                                       (6,070)                  (2)
    Corporation
          ジャー    ニクス事業
          ジー)
          営業所
               光事業
          (ドイ
                                       147,815
    OHARA   GmbH
                    事務所      215,666      -   16,606         12,163      -   392,252     16
          ツ ホッ    エレクトロ
                                       (3,439)
          フハイ    ニクス事業
          ム)
               光事業
          営業所
    小原光学(香
                    事務所        -    -   1,019      -   45,027      -   46,047    19
               エレクトロ
    港)有限公司
          (香港)
               ニクス事業
     (注)   従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

      連結会社の設備投資については、需要予測、生産能力、投資効率等を総合的に勘案して計画しております。設備計
     画は原則的に連結会社各社が個別に策定しておりますが、連結会社全体で重複投資とならないよう、当社を中心に調
     整を図っております。
      2021年10月31日現在における重要な設備の新設、除却等の計画は、経常的な設備更新及びそれに伴う除却等を除き
     ありません。
                                 24/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

      普通株式                                         76,000,000

                計                              76,000,000

      ② 【発行済株式】

            事業年度末現在発行数

                                     上場金融商品取引所名
                        提出日現在発行数(株)
                (株)
       種類                               又は登録認可金融商品              内容
                         (2022年1月27日)
                                     取引業協会名
             ( 2021年10月31日       )
                                                 権利内容に何ら限定
                                                 のない当社における
                                     東京証券取引所
                                                 標準となる株式であ
     普通株式            25,450,000            25,450,000
                                     市場第一部
                                                 り、単元株式数は
                                                 100株であります。
       計          25,450,000            25,450,000             -          -
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

              発行済株式総       発行済株式総

                             資本金増減額        資本金残高
                                           資本準備金増       資本準備金残
       年月日       数増減数       数残高
                                           減額(千円)       高(千円)
                              (千円)       (千円)
               (千株)       (千株)
    2007年5月1日
                 12,725       25,450         -    5,855,000           -    7,930,598
       (注)
     (注) 株式分割(1:2)によるものであります。
                                 25/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                 2021年10月31日      現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100 株)
                                                    単元未満株
      区分                            外国法人等                  式の状況
          政府及び地           金融商品取     その他の法
                                                     (株)
                金融機関                          個人その他       計
          方公共団体           引業者     人
                                個人以外      個人
    株主数(人)          -     15     26     61     57     14    8,488     8,661       -

    所有株式数
              -   12,050      2,910    175,356      7,024      62    56,961     254,363      13,700
    (単元)
    所有株式数の
              -    4.8     1.1     68.9      2.8     0.0     22.4     100.0       -
    割合(%)
     (注) 1.     自己株式1,098,578株は「個人その他」に10,225単元、「金融機関」に760単元及び「単元未満株式の状
          況」に78株含めて記載しております。
        2.   「金融機関」には、「株式給付信託(BBT)」の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信
          託E口)が保有する株式760単元が含まれております。
          なお、当該株式については、連結財務諸表及び財務諸表において自己株式として表示しております。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2021年10月31日       現在
                                                 発行済株式(自己
                                           所有株式
                                                 株式を除く。)の
            氏名又は名称                     住所           数    総数に対する所
                                                 有株式数の割合
                                           (千株)
                                                 (%)
    セイコーホールディングス株式会社                       東京都中央区銀座4-5-11                 4,702          19.3

    キヤノン株式会社                       東京都大田区下丸子3-30-2                 4,694          19.3

    京橋起業株式会社                       東京都中央区銀座5-6-1                 4,688          19.3

    三光起業株式会社                       東京都中央区銀座5-6-1                 1,651          6.8

    日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託
                           東京都港区浜松町2-11-3                  877         3.6
    口)
    株式会社トプコン                       東京都板橋区蓮沼町75-1                  673         2.8
    セイコーインスツル株式会社                       千葉県千葉市美浜区中瀬1-8                  610         2.5

    オリンパス株式会社                       東京都八王子市石川町2951                  400         1.6

                           25  BANK   STREET,    CANARY
                           WHARF,LONDON,E14         5JP,   UNITED
    JP  MORGAN    CHASE   BANK   385781
                           KINGDOM                  141         0.6
    (常任代理人株式会社みずほ銀行決済営業部)
                           (東京都港区港南2-15-1
                            品川インターシティA棟)
    株式会社日本カストディ銀行(信託口)                       東京都中央区晴海1-8-12                  119         0.5
               計                   -          18,558          76.2

     (注)   1.    上記のほか、自己株式が1,098千株あります。なお、自己株式には「株式給付信託(BBT)」の信託財産
          として株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する株式76千株が含まれております。
       2. 上記保有株式のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                          877千株
          株式会社日本カストディ銀行(信託口)                          119千株
                                 26/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2021年10月31日       現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       -           -           -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -           -           -

     議決権制限株式(その他)                       -           -           -

                       普通株式     1,098,500

     完全議決権株式(自己株式等)                                      760        -
                       普通株式     24,337,800

     完全議決権株式(その他)                                    243,378          -
                       普通株式       13,700

     単元未満株式                                   -           -
     発行済株式総数                       25,450,000           -           -

     総株主の議決権                       -             244,138          -

    (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式には、「株式給付信託(BBT)」の信託財産として、
         株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式76,000株(議決権の数760個)が含まれて
         おります。なお、当該議決権の数760個は、議決権不行使となっております。
       2.「単元未満株式」欄には、当社保有の自己株式78株が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                               2021年10月31日       現在
                                                発行済株式総数に
    所有者の氏名又は                   自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
               所有者の住所                                 対する所有株式数
    名称                   式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                の割合(%)
              神奈川県相模原市
     株式会社オハラ                     1,022,500          76,000       1,098,500             4.3
              中央区小山1-15-30
        計         -        1,022,500          76,000       1,098,500             4.3
     (注)他人名義で所有している理由等

           所有理由              名義人の氏名又は名称                   名義人の住所
    「株式給付信託(BBT)」制度の信託                   株式会社日本カストディ銀行
                                      東京都中央区晴海1-8-12
    財産として76,000株所有                   (信託E口)
                                 27/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
      (当社取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役員に対する
      株式報酬制度の導入)
       当社は、2015年12月17日開催の取締役会において、役員報酬制度の見直しを行い、役員退職慰労金制度を廃止す
      ること並びに当社取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役
      員に対する新たな株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=Board                                Benefit    Trust)以下、「本制度」といいま
      す。)」を導入することを決議し、本制度に関する議案を2016年1月28日開催の第107期定時株主総会(以下、「本
      株主総会」といいます。)に付議し、当該株主総会にて承認されました。
      ①本制度の概要

        本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を「本信
       託」といいます。)を通じて取得され、取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除
       く)、並びに上級執行役員に対して、当社が定める役員株式給付規程に従って、当社株式が信託を通じて給付さ
       れる株式報酬制度です。なお、取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並
       びに上級執行役員が当社株式の給付を受ける時期は、原則として取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いず
       れも取締役である者を除く)、並びに上級執行役員の退任時とします。
        <本制度の仕組み>
        ①当社は、本株主総会において、本制度について役員報酬の決議を得て、本株主総会で承認を受けた枠組みの





         範囲内において、「役員株式給付規程」を制定します。
        ②当社は、①の本株主総会で承認を受けた範囲内で金銭を信託します。
        ③本信託は、②で信託された金銭を原資として当社株式を、取引市場等を通じて又は当社の自己株式処分を引
         き受ける方法により取得します。
        ④当社は、「役員株式給付規程」に基づき取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である
         者 を除く)、並びに上級執行役員にポイントを付与します。
        ⑤本信託は、当社から独立した信託管理人の指図に従い、本信託勘定内の当社株式に係る議決権を行使しない
         こととします。
        ⑥本信託は、取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役
         員を退任した者のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たした者(以下、「受益者」といいま
         す。)に対して、当該受益者に付与されたポイント数に応じた当社株式を給付します。
      ②取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役員に取得させる

      予定の株式の総数又は総額
        2021年10月31日現在で、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が当社株式76,000株(81,472千円相当)を保
       有しております。また、2021年12月22日付けで46,528千円を拠出し、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が
       当社株式32,000株(46,528千円相当)を取得しております。今後信託E口が当社株式を取得する予定は未定であり
       ます。
      ③本制度による受益権その他の権利を受けることのできる者の範囲

        取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役員のうち役員
       株式給付規程に定める受益者要件を満たす者(社外取締役を除く)
                                 28/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

              区分                 株式数(株)              価額の総額(円)

    当事業年度における取得自己株式                                 100             188,052
    当期間における取得自己株式                                 29             44,805
     (注)当期間における取得自己株式には、2022年1月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
        りによる株式数は含めておりません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                               当事業年度                当期間

              区分
                                  処分価額の総額               処分価額の総額
                           株式数(株)               株式数(株)
                                    (円)               (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -
     消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -
    合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                -        -        -        -
    移転を行った取得自己株式
     その他(退職に伴う給付信託口分の減少)                         12,500      22,437,500             -        -
     保有自己株式数                       1,098,578           -    1,098,607           -

     (注)1.当事業年度における保有自己株式数には、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する当社
          株式76,000株が含まれております。
        2.当期間における保有自己株式数には、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する当社株式
          108,000株及び単元未満株式の買取りによる株式数29株が含まれております。
        3.     当期間における保有自己株式数には、2022年1月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取りによる株式数は含めておりません。
                                 29/118








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社は、経営基盤の強化と今後の事業拡大のため、必要な内部留保を充実しつつ、株主各位に対する安定かつ継続
     的な利益還元を実施して行くことを基本方針としております。この方針のもと、配当につきましては、連結ベースで
     の配当性向及び純資産配当率を勘案し、業績に応じた利益配当を行っていく所存であります。
      当社は、期末配当の基準日を毎年10月31日、中間配当の基準日を毎年4月30日とする旨を定款に定めております
     が、年間業績などを見極めた上で、年1回の期末配当とさせていただいております。
      当社は、会社法第459条第1項各号の規定に基づき、法令に別段の定めある場合を除き、取締役会の決議により剰余
     金の配当を行うことができる旨を定款に定めておりますが、株主の意向を直接伺う機会を確保するため、期末配当に
     つきましては、株主総会決議事項としております。
      当期の配当につきましては、2022年1月27日開催の第113期定時株主総会において、普通配当15円の承認決議が行わ
     れました。また、次期の配当につきましては、普通配当15円を予定しております。
      内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、財務体質の一層の充実と将来の新規
     事業展開に役立ててまいります。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
        決議年月日         配当金の総額(百万円)            1株当たり配当額(円)

       2022年1月27日
                          366             15
      定時株主総会決議
                                 30/118














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、「常に個性的な新しい価値を創造して、強い企業を構築し、全社員の幸福と社会の繁栄に貢献する」
       という経営理念に基づき、事業活動を行っております。この経営理念を実現するため、社内組織体制や経営管理
       上の仕組みを整備し、必要な施策を実施しております。また、株主、顧客、社員、地域社会等の様々な利害関係
       者に対して、社会の公器としての責任を果たすことが、結果として、企業価値の最大化につながるということを
       強く認識し、企業倫理に則して透明性及び健全性が確保された経営を行うことが、当社のコーポレート・ガバナ
       ンスに関する基本的な考え方であります。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       イ.現状のガバナンス体制を採用している理由
         当社は、取締役会及び監査役会設置会社であります。取締役会を構成する取締役8名のうち、独立社外取締
        役2名を含む半数の4名が社外取締役であります。これら社外取締役より、独立した客観的かつ多様な立場や
        大所高所からの経営に関する助言を仰ぐことで、より適切かつ透明性の高い意思決定が確保されるものと考え
        ております。さらに執行役員制により、経営の意思決定及び監督機能と、業務執行機能を分離することによっ
        て、執行責任をより明確にするとともに業務執行の迅速化を図っております。また、社外取締役と社外監査役
        を含む監査役会は、連携してコーポレート・ガバナンスの充実に努めております。
         取締役会は、取締役会に意見の陳述及び助言を行う独立した任意の組織として、諮問会議を設置しておりま
        す。
         経営に関する全般的な重要事項については、戦略的な視点から的確かつ効率的な経営判断が下せる意思決定
        機関として経営会議を設置しております。
         当社では、以上の体制が、迅速かつ透明性の高い業務執行を行う上で最適であると判断しております。
       ロ.会社の機関の内容

         当社の経営機関制度は、会社法上で規定されている株式会社の機関である取締役会と監査役会を基本とし、
        経営に関する全般的な重要事項については、戦略的な視点から的確かつ効率的な経営判断が下せる意思決定機
        関として経営会議を設置しております。
         取締役会は、取締役8名で構成され、原則として月1回開催されており、経営意思決定機関として当社の経
        営方針等の重要事項に関する意思決定を行い、取締役及び執行役員の職務の執行を監督しております。                                                取締役
        会の構成員は、「(2)役員の状況」に記載の役員であり、議長は代表取締役社長執行役員です。
         また、当社は監査役制度を採用しており、監査役会は監査役4名(うち社外監査役3名)で構成されており
        ます。各監査役は監査役会で策定された監査方針等に基づき、取締役会をはじめとする重要な会議への出席や
        業務及び財産の状況調査を通して、取締役の職務執行を監査しております。                                   監査役会の構成員の氏名は次のと
        おりです。
          原田洋宏(議長、常勤監査役)、髙木晴彦(社外監査役)、
          長島和彦(社外監査役)、             飯塚良成    (独立社外監査役)
         諮問会議は、取締役会議長及び独立役員3名(独立社外取締役2名、独立社外監査役1名)で構成され、経
        営陣幹部(取締役を兼務している執行役員)の選解任、取締役・監査役の選任、取締役の報酬に関する諮問事
        項を審議し、答申を行うことにより、当社経営の客観性と透明性を高めることに寄与しております。                                               諮問会議
        の構成員の氏名は次のとおりです。
          齋藤弘和(議長、代表取締役社長執行役員)、軒名彰(独立社外取締役)、
          牧野友香子(独立社外取締役)、飯塚良成(独立社外監査役)
         経営会議は、      代表取締役社長執行役員又は代表取締役社長執行役員が指名した者を議長とし、                                     常勤取締役を
        含む執行役員によって構成され、原則として毎月開催されており、機動的な経営意思決定、取締役会への提案
        事項の審議など経営責任の明確化、業務執行の迅速化を図っております。
       当社の企業統治の体制の模式図は次のとおりです。

                                 31/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ③ 企業統治に関するその他の事項








       イ.内部統制の整備の状況及びリスク管理体制の整備状況
         当社は、取締役会において「内部統制基本方針」を決議しております。内部統制システムの体制強化のた
        め、2021年12月7日開催の取締役会の決議において、当該基本方針の一部を改訂しております。
         当該基本方針のもと、当社は各種社内委員会等を設置し、リスク管理、コーポレート・ガバナンスの充実に
        努めております。各種社内委員会等の概要は以下のとおりであります。
       ・内部統制委員会
          当社グループにおける業務の適正性及び効率性並びに財務報告の信頼性を確保するための体制を整備、構
         築することを目的として、            代表取締役社長執行役員を委員長とする                   内部統制委員会を設置しております。当
         委員会では、業務の有効性と効率性の向上、財務報告の信頼性の確保、法令・社内規程等の遵守、資産の保
         全といった内部統制の目的及び構成要素の整備・構築・運用を達成するために、その活動計画及び施策の審
         議、監督を行い、当社グループ間での内部統制に関する協議、情報の共有化などを通じて、システムの改善
         策の指示並びに実施の支援・助言等を行っております。                          また、内部統制委員会の機関として、専門分野ごと
         の分科会を設置し、当社グループ全体にわたる網羅的かつ効率的な内部統制システムの運用を図っておりま
         す。
       ・財務リスク分科会
          当社グループの財務報告の信頼性の確保を目的として、コーポレート担当取締役を会長とする財務リスク
         分科会を内部統制委員会の機関として設置しております。当分科会は、財務報告に係る内部統制の有効かつ
         効率的な整備・運用及び評価をすることにより、当社グループの財務報告の信頼性を確保しております。
       ・倫理・コンプライアンス分科会
          当社グループ全体の倫理・コンプライアンスの遵守体制を確立し、公正かつ適正な事業活動を遂行するこ
         とを通じて社会的責任を果たす企業統治を実現するために、総務担当センター長(上級執行役員)を会長と
         する倫理・コンプライアンス分科会を内部統制委員会の機関として設置しております。当分科会は、取締
         役、執行役員及び社員への倫理・コンプライアンスに関する啓蒙活動を推進するとともに、内部通報制度を
         有効的に機能させることにより、遵法・倫理意識の高揚と不正の未然防止を図り、当社グループの企業倫理
         の基本理念である①誠実な活動②社会との調和③情報の公開④環境の保全⑤社員の尊重を実現しておりま
         す。
       ・事業リスク分科会
          当社グループのリスク管理を効果的かつ効率的に実施するために、                               総務担当センター長(上級執行役員)
         を会長とする事業        リスク分科会を内部統制委員会の機関として設置しております。当分科会はリスク管理規
                                 32/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
         程に則り、グループのリスク管理に関する方針、体制及び対策に関する事項、発生しうるリスクの予見予防
         に係る啓蒙に関する事項、リスク管理年度計画の策定及び運用に関する事項、部門、子会社のリスクに係る
         総 合的な調整に関する事項、危機(重大性、緊急性のあるリスク)発生時の被害極小化に係る施策に関する
         事項を決定並びに推進しております。また、当分科会の監督の下、部門内及び子会社内のリスク管理を組織
         的に行うために、部門長、子会社社長をリスク管理責任者として、担当部門、担当子会社のリスクの識別、
         分析、評価、モニタリング等を行い、当社グループのリスクの発生防止及び損失の極小化を図っておりま
         す。
       ・情報開示分科会
          当社に関する重要な財務的、社会的、環境的側面の経営関連情報の公正かつ適時・適切な開示を行うため
         に、  IR担当センター長(上級執行役員)を会長とする                       情報開示分科会を内部統制委員会の機関として設置し
         ております。当分科会は、経営関連情報が開示すべき重要事実等に該当するかを審議し、情報開示体制の継
         続的な維持発展のために企業情報開示規程を社内に周知徹底させ、当規程の遵守のために適宜適切な措置を
         講じることにより、企業の説明責任を果たし、経営の透明性を確保しております。
       ・役員連絡会
          当社の業務執行に関する課題やリスクについて情報を共有し、担当業務を超えて相互牽制機能を発揮する
         ことを目的として役員連絡会を設置しております。役員連絡会は、常勤取締役、上級執行役員以上の執行役
         員、常勤監査役(オブザーバー)を構成員とし、週1回の開催を基本としております。役員連絡会で重要な
         問題が認識された場合には、上記の各分科会へ報告がなされます。
          以上のほか、品質保証に関する方針と目標の策定、環境保全に関する方針と目標の策定、及び全社的な品
         質・環境活動のマネジメントを行う「品質・環境マネジメント会議」、社長の諮問機関として、職場環境で
         社員が被りやすい危険と健康障害を未然に防止し、健康の保持増進を図ることを目的とした基本方針の審議
         を行う「安全衛生委員会」及び、SDGsへの取組みを推進するための議論の場として「SDGs推進会議」を設置
         しております。
          また、当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制として以下のとお
         り整備しております。
         a.子会社において経営上重要な事項を決定する場合は、当社の定める関係会社管理規程等に基づき、当社
           へ事前協議等が行われる体制を構築しております。また、業績については定期的に、業務上重要な事項
           が発生した場合は都度、当社に報告が行われる体制を構築しております。
         b.当社及びグループ各社における内部統制の構築を目指し、当社に内部統制委員会を設置すると共に、当
           社及びグループ各社間での内部統制に関する協議、情報の共有化、指示・要請の伝達等が効率的に行わ
           れるシステムを含む体制を構築しております。
         c.当社取締役、各部門長及びグループ各社の社長は、当社及びグループ各社の業務執行の適正を確保する
           ための内部統制の確立と運用について権限と責任を有しております。
         d.当社業務監査室は、当社及びグループ各社の内部監査を実施し、その結果を内部統制委員会並びに当社
           及びグループ各社の業務執行責任者に報告し、内部統制委員会は必要に応じて、内部統制の改善策の指
           示、実施の支援・助言を行っております。
       ロ.責任限定契約の内容の概要

         当社と社外取締役及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任
        を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令に定める額となります。
       ハ.役員等を被保険者として締結している役員等賠償責任保険契約の内容の概要

         当社は、当社及び連結子会社の取締役、監査役及び執行役員等を被保険者として、会社法第430条の3第1項
        の規定に基づき、役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。当該保険契約では、被保険
        者が会社の役員等の地位に基づき行った行為に起因して損害賠償請求がなされたことにより、被保険者が被る
        損害賠償金や訴訟費用等を当該保険契約によって填補することとしております。ただし、法令に違反すること
        を認識して行った行為に起因して生じた損害等は補償対象外とする一定の免責事由を設けることで、被保険者
        の職務執行の適正性が損なわれないようにするための措置を講じております。なお、当該保険契約の保険料
        は、全額当社が負担しております。
                                 33/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       ニ.取締役の定数
         当社の取締役は12名以内とする旨を定款に定めております。
       ホ.取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任の決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を
        有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらない旨を定款に定めておりま
        す。
       へ.株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとした事項
         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
        き、取締役会の決議によって定めることができる旨を定款に定めております。これは、機動的な資本政策及び
        配当政策を図ることを目的とするものです。
       ト.株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の
        1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めています。これは、株
        主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするもの
        です。
       チ.会社のコーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組みの最近1年間における実施状況

         内部統制委員会       (現「財務リスク分科会」に一部の役割が相当)                       では、会社法及び金融商品取引法の財務報
        告に係わる内部統制実施基準に基づく内部統制の維持と質の向上を進めております。当連結会計年度は、全社
        的統制・決算財務報告・業務プロセス・IT統制に係る内部統制について、主要なグループ会社における整備・
        運用状況の評価と改善を実施いたしました。
         倫理・コンプライアンス委員会               (現「倫理・コンプライアンス分科会」に相当)                       では、当社グループ全体が
        倫理・コンプライアンスを遵守し、公正かつ適正な事業活動を遂行するよう、各種社内セミナーを継続的に実
        施しています。当連結会計年度は、コンプライアンス教育、輸出関連部門の担当者を対象とした安全保障貿易
        管理説明会などを開催いたしました。
         リスク管理委員会        (現「事業リスク分科会」に相当)                 では、オハラグループリスク管理方針に従って、リス
        クマネジメントを推進しており、各リスク管理項目について定期見直しを行いました。また、事業継続計画
        (BCP)についても定期見直しを行いました。
         情報開示委員会       (現「情報開示分科会」に相当)                では、当社企業情報開示規程に則り、当社の経営関連情報
        が公正かつ適時・適切に開示されるよう、適宜委員会を開催、必要な措置を講じております。
      ④ 財務及び事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針

        当社では、会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針については、特に定めて
       おりませんが、当社の企業価値又は株主共同の利益を毀損するような株式の濫用的な買付等が行われる場合は、
       関係法令及び定款の許容する範囲内において、適切な措置を講ずることを検討いたします。
                                 34/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  11 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             8.3  %)
                                                        所有
        役職名         氏名      生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                       (株)
                             1982年4月     当社入社
                             1998年5月     当社経営企画室長
                             2002年11月     小原光学(香港)有限公司総経理
                             2002年12月     小原光学(中山)有限公司総経理
                             2003年1月     当社取締役
                             2005年1月     当社常務取締役
                                  小原光学(香港)有限公司董事長
                             2009年1月     当社代表取締役社長
    代表取締役
                             2009年11月     台湾小原光学股份有限公司董事長
    社長執行役員           齋藤 弘和      1959年9月24日      生                         (注)3   13,225
                             2010年1月     OHARA   OPTICAL(M)SDN.BHD.会長
    経営全般
                             2010年2月     小原光学(中山)有限公司董事長
                             2013年11月     当社代表取締役社長光製品事業部長 兼                光
                                  製品関連子会社統括
                                  台湾小原光学股份有限公司董事長
                                  OHARA   OPTICAL(M)SDN.BHD.会長
                                  小原光学(香港)有限公司董事長
                             2016年1月     当社代表取締役社長執行役員            経営全般(現
                                  在)
                             1996年5月     ㈱日本FCI入社
                             1997年2月     当社入社
                             2004年4月     当社経理部長
                             2005年1月     当社取締役管理本部経理部長
                             2006年5月     当社取締役経理部長
    取締役
                             2009年1月     当社常務取締役経営企画、経理担当 兼                経
                                  理部長
    専務執行役員           中島  隆      1960年5月22日      生                         (注)3    5,205
                             2013年1月     当社常務取締役経営管理担当
    コーポレート統括
                             2013年11月     当社常務取締役管理センター長
                             2016年1月     当社取締役常務執行役員          財務、管理     管掌
                                  兼 管理センター長
                             2019年1月     当社取締役専務執行役員          コーポレート統括
                                  (現在)
                             1982年4月     当社入社
                             2000年11月     当社材料生産センター技術部長
                             2002年9月     当社商品開発部長
                             2004年4月     当社研究開発部長
                             2006年5月     当社人事部長
                             2008年1月     当社取締役人事部長
                             2011年1月     当社常務取締役業務監査、総務、人事担当
    取締役
                                  兼 総務部長
    常務執行役員           青木 哲也      1958年9月28日      生                         (注)3    5,205
                             2013年11月     当社常務取締役事業支援センター長 兼                調
    事業部統括
                                  達部長
                             2016年1月     当社取締役常務執行役員          営業、マーケティ
                                  ング、知的財産      管掌
                             2019年1月     当社取締役常務執行役員          営業、マーケティ
                                  ング統括
                             2021年2月     当社取締役常務執行役員          事業部統括(現
                                  在)
                             1983年4月     当社入社
                             2000年11月     当社情報製品事業部技術部長
                             2005年1月     当社製造技術部長
                             2010年6月     当社研究開発第二部長
                             2011年1月     当社取締役研究開発担当          兼 研究開発第二
                                  部長
                             2011年3月     当社取締役研究開発担当          兼 研究開発部長
                             2013年11月     当社取締役特殊品事業部特殊品BU長
    取締役
                             2016年1月     当社取締役退任
                                  当社上級執行役員特殊品事業部長
    常務執行役員
               後藤 直雪      1965年2月22日      生                         (注)3    3,805
                                  Ohara   Corporation会長
    生産・技術統括      兼 材料
                                  OHARA   GmbH会長
    生産センター長
                             2016年11月     当社上級執行役員特殊品事業部長              兼 特殊
                                  品技術部長
                             2019年1月     当社取締役常務執行役員 生産、技術、知
                                  的財産統括     兼 特殊品事業部長
                             2021年2月     当社取締役常務執行役員 生産、技術統括
                                  兼 材料生産センター長(現在)
                                  台灣小原光學材料股份有限公司             董事長(現
                                  在)
                                 35/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
        役職名         氏名      生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                       (株)
                             1991年4月     ㈱服部セイコー(現・セイコーホールディ
                                  ングス㈱)入社
                             2010年4月     ㈱和光総務部長
                             2013年5月     セイコーホールディングス㈱秘書室長
                             2015年2月     同社秘書・広報部長
                             2016年6月     同社秘書室長(現在)
                             2019年6月     同社取締役秘書・総務担当(現在)
    取締役           市村  誠      1967年5月12日      生                         (注)3     -
                             2020年1月     当社社外取締役(現在)
                             2020年4月     セイコーソリューションズ㈱取締役・常務
                                  執行役員(現在)
                             2020年12月     セイコーホールディングス㈱インキュベー
                                  ションセンター長
                             2021年6月     同社  事業戦略担当      グループR&D副本部長
                                  (現在)
                             1982年4月     キヤノン㈱入社
                             2006年7月     同社イメージコミュニケーション事業本部
                                  カメラ開発センターカメラ第一開発部長
                             2011年1月     同社イメージコミュニケーション事業本部
                                  カメラ事業部カメラ商品企画部長
                             2013年1月     同社イメージコミュニケーション事業本部
                                  ICP第二開発センター所長
                             2014年1月     同社イメージコミュニケーション事業本部
    取締役           戸倉  剛      1958年12月22日      生                         (注)3     -
                                  ICP第二事業部長
                             2016年4月     同社執行役員
                                  同社イメージコミュニケーション事業本部
                                  長
                             2017年1月     当社社外取締役(現在)
                             2019年4月     キヤノン㈱常務執行役員(現在)
                             2021年4月     同社イメージンググループ副管掌(現在)
                             1982年4月     日興証券㈱(現・SMBC日興証券㈱)入社
                             2005年2月     日興コーディアル証券㈱(現・SMBC日興証
                                  券㈱)取締役ダイレクトマーケティング担
                                  当
                             2006年2月     同社執行役員ダイレクトマーケティング担
                                  当
                             2009年10月     同社常務執行役員東日本・首都圏東本部長
                             2011年3月     同社常務執行役員西日本・近畿法人統轄
                             2014年3月     SMBC日興証券㈱専務取締役営業統轄               兼 総
    取締役           軒名  彰      1958年1月20日      生                         (注)3     -
                                  合法人本部長
                             2016年4月     日興システムソリューションズ㈱代表取締
                                  役会長
                             2017年6月     日本郵便㈱社外取締役(現在)
                             2018年6月     上光証券㈱(現・北洋証券㈱)代表取締役
                                  副社長
                             2018年7月     ビジネスコーチ㈱社外取締役(現在)
                             2019年1月     当社社外取締役(現在)
                             2019年6月     北洋証券㈱代表取締役会長(現在)
                             1990年4月     オリックス㈱      入社
                             2003年10月     弁護士登録(第二東京弁護士会)
    取締役          牧野 友香子      1967年3月17日      生                         (注)3     -
                                  原後綜合法律事務所        入所(現在)
                             2021年1月     当社社外取締役(現在)
                                 36/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有
        役職名         氏名      生年月日                 略歴             任期   株式数
                                                       (株)
                             1984年4月     ㈱服部セイコー(現・セイコーホールディ
                                  ングス㈱)入社
                             2006年1月     当社入社
                             2009年2月     当社経営企画部長
                             2011年6月     当社調達部長
    常勤監査役           原田 洋宏      1961年12月11日      生                         (注)4    3,711
                             2013年11月     当社管理センター経営管理部長
                             2016年1月     当社執行役員 管理センター管理部長
                             2016年12月     ㈱オハラ・クオーツ 取締役
                             2020年1月     当社常勤監査役(現在)
                             1982年4月     ㈱服部時計店(現・セイコーホールディン
                                  グス㈱)入社
                             2004年6月     セイコー㈱(現・セイコーホールディング
                                  ス㈱)経理部長
                             2007年1月     当社社外監査役
                             2007年6月     セイコー㈱(現・セイコーホールディング
                                  ス㈱)取締役
                             2009年11月     セイコーオプティカルプロダクツ㈱経理財
    監査役           髙木 晴彦      1959年1月10日      生                         (注)4     -
                                  務本部長
                             2010年5月     同社取締役
                             2011年1月     当社社外監査役退任
                             2014年4月     セイコーソリューションズ㈱常勤監査役
                             2016年6月     セイコーホールディングス㈱常勤監査役
                                  (現在)
                             2020年1月     当社社外監査役(現在)
                             1985年4月     キヤノン㈱入社
                             2010年1月     同社経理本部グローバル経理統括センター
                                  担当部長
                             2010年12月     同社経理本部グローバル経理統括センター
                                  経理部長
                             2013年1月     同社経理本部財務経理統括センター経理部
                                  長
    監査役           長島 和彦      1962年8月22日      生                         (注)4     -
                             2015年7月     同社経理本部財務経理統括センター副所長
                             2016年4月     同社経理本部財務経理統括センター所長
                                  (現在)
                             2017年4月     同社執行役員
                             2018年1月     当社社外監査役(現在)
                             2018年4月     キヤノン㈱経理本部副本部長(現在)
                             2020年4月     同社常務執行役員(現在)
                             1990年10月     センチュリー監査法人(現・EY新日本有限
                                  責任監査法人)入所
                             1994年8月     公認会計士登録
                             2004年6月     新日本監査法人(現・EY新日本有限責任監
                                  査法人)退職
                             2004年6月     税理士登録
    監査役           飯塚 良成      1964年12月30日      生                         (注)5     800
                             2004年7月     飯塚公認会計士税理士事務所開設同所代表
                                  (現在)
                             2005年6月     理想科学工業㈱      社外監査役(現在)
                             2010年1月     東日本ハウス㈱(現・㈱日本ハウスホール
                                  ディングス)社外監査役
                             2021年1月     当社社外監査役(現在)
                                        計                31,951
     (注)   1.取締役 市村誠氏、戸倉剛氏、軒名彰氏及び牧野友香子氏は、社外取締役であります。
       2.監査役 髙木晴彦氏、長島和彦氏及び飯塚良成氏は、社外監査役であります。
       3.2022年1月27日開催の定時株主総会の終結の時から1年間であります。
       4.2020年1月30日開催の定時株主総会の終結の時から4年間であります。
       5.  2021年1月28日開催の定時株主総会の終結の時から2年間であります。
       6.当社では、経営の意思決定及び監督機能と、業務執行機能を分離することにより、執行責任をより明確にす
         るとともに業務執行の迅速化を図るため、執行役員制度を導入しております。取締役を除く執行役員は8名
         で、  上級執行役員総務人事センター長 西田明生、上級執行役員企画財務センター長 鈴木雅智、                                           上級執行
         役員光製品事業部長 遠藤弘康、上級執行役員生産支援センター長 梅木修、上級執行役員特殊品事業部長
         兼特殊品製造部長 南川弘行、執行役員グローバル市場開拓推進室長 中島耕介、執行役員光製品事業部光
         製品営業部長 越田章雄、執行役員材料生産センター材料製造部長 岸 孝之で構成されております。
       7.所有する当社の株式数には、2021年10月31日現在の役員持株会名義分を含んでおります。
                                 37/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        イ.社外取締役及び社外監査役
          当社の社外取締役は4名、社外監査役は3名であります。取締役会の構成員8名のうち、4名の社外取締
         役を選任しており、透明性の高い意思決定が確保されるものと考えております。また、監査役会の構成員の
         うち、半数以上の社外監査役を選任しており、透明性、公正性が確保されるものと考えております。
          社外取締役市村誠氏は、セイコーホールディングス株式会社取締役であり、同社及びそのグループ会社に
         おける経営者としての豊富な知識・経験と幅広い見識等を活かして当社の経営全般に助言いただくことで、
         経営の透明性と健全性の維持向上及びコーポレート・ガバナンスの一層の強化へ貢献いただくことが期待で
         きると判断し、社外取締役として選任しております。
          社外取締役戸倉剛氏は、キヤノン株式会社常務執行役員イメージンググループ副管掌であり、同社におけ
         る経営者としての豊富な知識・経験と幅広い見識等を活かして当社の経営全般に助言いただくことで、経営
         の透明性と健全性の維持向上及びコーポレート・ガバナンスの一層の強化へ貢献いただくことが期待できる
         と判断し、社外取締役として選任しております。
          社外取締役軒名彰氏は、北洋証券株式会社代表取締役会長であり、同社及びSMBC日興証券株式会社等
         における経営者としての豊富な知識・経験と幅広い見識等を活かして経営陣から独立した立場で当社の経営
         全般に助言いただくことで、経営の透明性と健全性の維持向上及びコーポレート・ガバナンスの一層の強化
         へ貢献いただくことが期待できると判断し、社外取締役として選任しております。なお、同氏は、一般株主
         との利益相反のおそれがなく、特に高い独立性が認められることから、東京証券取引所に対し、独立役員と
         して届け出ております。
          社外取締役牧野友香子氏は、直接企業経営に関与された経験はありませんが、弁護士としての豊富な経験
         と高い見識を有しており、その専門的見地から、経営陣から独立した立場で当社のコンプライアンス体制の
         構築・維持のために有効な助言をいただくことで、当社のコーポレート・ガバナンスの一層の強化へ貢献い
         ただくことが期待できると判断し、社外取締役として選任しております。なお、同氏とは、2021年1月まで
         当社と顧問弁護士契約を締結しておりましたが、顧問弁護士としての報酬は年間120万円と僅少であり、一般
         株主との利益相反のおそれがなく、特に高い独立性が認められることから、東京証券取引所に対し、独立役
         員として届け出ております。
          社外監査役髙木晴彦氏は、セイコーホールディングス株式会社常勤監査役であり、同社及びそのグループ
         会社において、長年にわたり経理業務に携わっており、その経歴を通じて培われた知識・経験や見識等を活
         かして当社経営全般に対する監査機能を発揮していただくことを期待し、社外監査役として選任しておりま
         す。
          社外監査役長島和彦氏は、キヤノン株式会社常務執行役員経理本部副本部長であり、同社において、長年
         にわたり経理業務に携わっており、その経歴を通じて培われた知識・経験や見識等を活かして当社経営全般
         に対する監査機能を発揮していただくことを期待し、社外監査役として選任しております。
          社外監査役飯塚良成氏は、直接企業経営に関与された経験はありませんが、公認会計士及び税理士として
         の豊富な経験と高い見識を有しており、その知識・経験を当社監査体制の強化に活かしていただくことを期
         待し、社外監査役として選任しております。なお、同氏は、一般株主との利益相反のおそれがなく、特に高
         い独立性が認められることから、東京証券取引所に対し、独立役員として届け出ております。
          社外取締役及び社外監査役は、内部統制に関わる担当取締役と必要の都度、意見・情報の交換を通じて、
         業務監査室及び会計監査人と連携をとり、監督又は監査の実効性向上に努めております。
          当社は、社外取締役及び社外監査役(以下、併せて「社外役員」といいます。)の独立性に関する考え方

         を明確にするため、以下のとおり「社外役員の独立性に関する基準」を定めております。
         (社外役員の独立性に関する基準)

         当社は、当社における社外役員の独立性基準を以下のとおり定め、社外役員(その候補者を含む。以下同
        様)が次の項目のいずれにも該当しない場合、当該社外役員は当社からの独立性を有し、一般株主と利益相反
        が生じるおそれがないものと判断しております。
        (ⅰ)当社及び当社の連結子会社(以下、「当社グループ」といいます。)の取締役、監査役、執行役、執行
           役員その他これらに準ずる者及び使用人(以下、「役員等」といいます。)
        (ⅱ)当社の主要株主(注1)
        (ⅲ)当社グループを主要な取引先とする法人等の役員等
                                 38/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
        (ⅳ)当社グループの主要な取引先の役員等
        (ⅴ)当社グループから役員報酬以外に、一定額(注2)以上の金銭その他の財産を得ているコンサルタン
           ト、公認会計士等の会計専門家、弁護士等の法律専門家、及びその他の専門家
        (ⅵ)上記(ⅰ)~(ⅴ)に該当する者(重要な地位にある者(注3)に限る)の近親者等(注4)
        (ⅶ)その他、当社の一般株主全体との間で上記(ⅰ)~(ⅵ)までで考慮されている事由以外の事情で恒常
           的に実質的な利益相反が生じるおそれがある者
          (注1)主要株主とは、議決権保有割合30%以上(直接保有、間接保有の双方を含む)の株主をいう。主

              要株主が法人、組合等の団体である場合は、当該団体及び当該団体の子会社、関係会社等の役員
              等をいう。
          (注2)一定額とは、年間1,000万円とする。
          (注3)重要な地位にある者とは、取締役(社外取締役を除く)、執行役員及び部長級以上の管理職、そ
              の他重要な使用人をいう。
          (注4)近親者等とは、配偶者及び二親等内の親族をいう。
       ロ.会社と会社の社外取締役及び社外監査役の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係の概要

         ・当社社外取締役        市村誠   氏が取締役を務める当社の「その他の関係会社」であるセイコーホールディングス
          株式会社(発行済株式総数に対する所有割合19.3%)との製品販売等の取引関係はありません。
         ・当社社外取締役戸倉剛氏が常務執行役員イメージンググループ副管掌を務める当社の「その他の関係会
          社」であるキヤノン株式会社(発行済株式総数に対する所有割合19.3%)とは製品販売等の取引関係があ
          ります。
         ・当社社外取締役軒名彰氏が代表取締役会長を務める北洋証券株式会社との製品販売等の取引関係はありま
          せん。
         ・当社社外取締役牧野友香子氏が弁護士を務める原後綜合法律事務所との製品販売等の取引関係はありませ
          ん。
         ・当社社外監査役髙木晴彦氏が常勤監査役を務める当社の「その他の関係会社」であるセイコーホールディ
          ングス株式会社(発行済株式総数に対する所有割合19.3%)との製品販売等の取引関係はありません。
         ・当社社外監査役長島和彦氏が常務執行役員経理本部副本部長を務める当社の「その他の関係会社」である
          キヤノン株式会社(発行済株式総数に対する所有割合19.3%)とは製品販売等の取引関係があります。
         ・当社社外監査役飯塚良成氏が代表を務める飯塚公認会計士税理士事務所との製品販売等の取引関係はあり
          ません。
         なお、いずれの社外取締役及び社外監査役ともに当社取締役等との人的な関係はありません。
       ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内

         部統制部門との関係
         社外取締役及び社外監査役は、それぞれが客観的な視点から取締役会等において、疑問点を明らかにするた
        めに適宜質問し意見を述べることで、経営の監視、監督を行っており、会社の持続的な成長と中長期的な企業
        価値の向上に寄与しています。
         社外監査役は、取締役会及び監査役会等の重要会議への出席を通して、情報収集に努め、会社の不祥事の未
        然防止、過度のリスクを伴う行動を牽制しております。また、監査役会において内部監査結果について報告を
        受け実効的に活用するとともに、会計監査人とは意見交換の場を通して連携を深め、効果的な監査を行ってお
        ります。
         内部監査部門は、上記の監査役に対する報告を行うほか、会計監査人と定期的に情報共有・意見交換を行っ
        ております。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査役監査の状況
        監査役会は4名で構成され、うち3名を社外監査役としております。各監査役は監査役会の定めた監査の方
       針、監査計画に従い、取締役会に出席するなどして取締役の業務執行を監査しております。また監査役会は会計
       監査人より定期的に監査結果についての報告を受け、会計監査の状況を適時に把握しております。
        常勤監査役は、長年の経営企画における経験があり、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しておりま
                                 39/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       す。社外監査役のうち2名は他の会社の経理部門における長年の経験があり、財務及び会計に関する相当程度の
       知見を有しております。また1名は公認会計士及び税理士としての豊富な経験と高い見識を有しております。
       イ.監査役会の開催状況

         当事業年度において当社は監査役会を10回開催しており、1回あたりの平均所要時間は約1時間でした。
        個々の監査役の出席状況は次のとおりであります。
              役職名              氏名             出席状況
         常勤監査役                 原田 洋宏           10/10     回(100%)
         社外監査役                 髙木 晴彦           10/10 回(100%)
         社外監査役                 長島 和彦           10/10 回(100%)
         社外監査役                 飯塚 良成           7/7 回(100%)
         (注)飯塚良成氏は2021年1月28日就任以降に開催した監査役会を対象としております。
       ロ.監査役会の主な検討事項

         監査役会における主な検討事項として、監査の方針や監査計画の策定、会計監査人の選任、会計監査人の報
        酬、内部統制システムの整備・運用状況の監査、                       会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、監査報告書の策
        定、監査上の主要な検討事項(KAM)等について、審議・検討いたしました。
       ハ.常勤監査役の活動状況

         常勤監査役は、取締役、内部監査部門、経理部門、その他の使用人等と意思疎通を図り、監査の環境の整備
        に努めるとともに、取締役会、経営会議等の重要な会議に出席し、取締役及び使用人等からその職務執行状況
        について報告を受け、必要に応じて説明を求め、会社の業務及び財産の状況を調査いたしました。子会社につ
        いては、子会社の取締役及び監査役等と意思疎通及び情報の交換を図り、必要に応じて子会社から事業の報告
        を受けました。また、内部統制システムについて、取締役、内部監査部門その他の使用人等からその構築及び
        運用の状況について定期的に報告を受け、必要に応じて説明を求め、意見を表明しました。監査上の主要な検
        討事項(KAM)については、会計監査人と協議を行うとともに、その監査の実施状況について報告を受け、必要
        に応じて説明を求めました。これらの監査状況は監査役会にて共有し監査役の独任制に活かしております。
      ② 内部監査の状況

        業務監査室(人員4名)を設置し、内部監査規程に基づく定期的かつ継続的な内部監査を行っております。ま
       た、業務監査室は、監査役及び会計監査人と必要の都度、意見・情報の交換を行い、連帯を密にして監査の実効
       性向上に努めております。さらに、業務執行上発生する諸問題に関しましては、必要に応じて弁護士等の第三者
       から適宜アドバイスを受けております。
      ③ 会計監査の状況

       イ.監査法人の名称
         東陽監査法人
       ロ.継続監査期間

         16年
       ハ.業務を執行した公認会計士

         中野 敦夫
         臼田 賢太郎
       ニ.監査業務に係る補助者の構成

         会計監査業務に係る補助者:公認会計士 16名、その他 9名
                                 40/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       ホ.監査法人の選定方針と理由
         監査役会は、会計監査人の評価及び選定基準並びに解任又は不再任の決定方法に関する内規を定め、毎期総
        合的に判断することとしております。これにより、東陽監査法人が、当社の会計監査人に求められる専門性、
        独 立性及び品質管理体制、法令遵守状況、監査実績などを踏まえたうえで、適任と判断し、同監査法人を会計
        監査人に選定しております。
         また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項の各号に該当すると判断した場合に、監査役全員の同
        意によって会計監査人を解任いたします。この場合、解任及びその理由を解任後最初に招集される株主総会に
        おいて報告します。また、上記の場合のほか、会計監査人の適格性、独立性を害する事由の発生により、適正
        な監査の遂行が困難であると認められる場合には、監査役会は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不
        再任の議案内容を決定します。
       ヘ.監査役及び監査役会による監査法人の評価

         監査役及び監査役会は、上述の会計監査人の評価及び選定基準並びに解任又は不再任の決定方法に関する内
        規に加え、日頃の監査活動を通じ、経営者・監査役・財務部門・内部監査部門等とのコミュニケーション、子
        会社及び関係会社の監査、不正リスクへの対応等が適切に行われているかという観点で評価しております。
      ④監査報酬の内容等

       イ.監査公認会計士等に対する報酬
                    前連結会計年度                      当連結会計年度
       区分
             監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
             報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
     提出会社              31,000             -         34,000              -
     連結子会社                 -           -            -           -

       計            31,000             -         34,000              -

       ロ.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(イ.を除く)

       (前連結会計年度)
        該当事項はありません。
       (当連結会計年度)

        該当事項はありません。
       ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

       (前連結会計年度)
        該当事項はありません。
       (当連結会計年度)

        該当事項はありません。
       ニ.監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬につきましては、当社の規模、業務特性等を勘案し、適切な監査日
       数、工数を見積り、これに基づき、監査報酬の額を決定しております。
       ホ.監査役会が会計監査人の報酬に同意した理由

        監査役会は、担当取締役及び財務部門を通じ必要な資料を入手するとともに、会計監査人から監査項目の内容
       と予定監査時間等の算定根拠について報告を受け、また、監査報酬の推移と増減理由も確認し、当事業年度の監
       査時間及び報酬の妥当性を検討した結果、会計監査人の報酬等につき、適切であると判断し、会計監査人の報酬
       に同意しています。 
                                 41/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        イ.決定方針
          当社は役員の報酬等の内容に係る決定方針を次のとおり定めております。
          ・持続的な成長に向けた健全なインセンティブの一つとして機能させること
          ・企業価値の最大化を図ることで株主の期待に応えるという意識を強く持たせること
          ・その責務にふさわしい処遇とすること
          当該決定方針は、2016年1月28日開催の取締役会決議にて決定しております。
          また、取締役の個人別の報酬等について、役員報酬に係る決定プロセスの客観性と透明性を確保するた
          め、代表取締役社長執行役員と独立社外役員とで構成される任意の機関である諮問会議の意見を得たうえ
          取締役の個人別の報酬等を決定しております。
        ロ.役員報酬体系

         (ⅰ)取締役(社外取締役を除く)の報酬は、基本報酬、業績連動報酬及び中長期インセンティブ報酬と
            しております。
            業務を執行しない取締役及び監査役につきましては、業務執行から独立した立場であることから基
            本報酬のみとしております。
         (ⅱ)業績連動報酬は短期の会社業績及び個人の貢献度に連動させるものとしております。また、報酬全
            体に占める業績連動報酬の割合は、役位に応じて高くなる仕組みとなっております。
         (ⅲ)中長期インセンティブ報酬としては、取締役(社外取締役を除く)に対し株式報酬制度として「株
            式給付信託(BBT)」を導入しております。
            本制度は、取締役の報酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価上昇によるメ
            リットのみならず、株価下落のリスクまでも株主の皆様と共有することで、中長期的な業績の向上
            と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としております。
            なお、制度の概要につきましては、「1.株式等の状況(8)役員・従業員株式所有制度の内容」を
            ご参照ください。
        ハ.業績連動報酬と業績連動報               酬以外の支給割合の決定方針及び報酬等の額又はその算定方法の決定に関する

         役職ごとの決定方針
           取締役(社外取締役を除く)の業績連動報酬と業績連動報酬以外の支給割合は、経済産業省「日本と
           海外の役員報酬の実態及び制度等に関する調査報告書(平成27年3月)」にて報告された報酬水準の
           実態において、調査対象となった日本の上場企業の下位25%の額と中央値の額を参考に、役割と責務
           に応じ、役位ごとに基本報酬と業績連動報酬の割合と報酬総額を決定しております。
        ニ.業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬の額の決定方法及び役員の報酬等の額の決定過程における取締役

         会の活動内容
           役員の役位ごとの基本報酬額、取締役(社外取締役を除く)の役位ごとの業績連動報酬の標準額及び
           その変動額を2016年1月開催の取締役会(取締役でない専務執行役員、常務執行役員については2018
           年12月の取締役会)にて決議しております。取締役(社外取締役を除く)の事業年度ごとの業績連動
           報酬は、下記「ホ.業績連動報酬の算定方法」記載の方法により算定しております。なお、取締役会
           は、代表取締役社長執行役員齋藤弘和に対し各取締役(社外取締役を除く)の担当部門の業績等を踏
           まえた業績連動報酬の評価配分の決定を委任しております。委任した理由は、当社全体の業績等を勘
           案しつつ各取締役(社外取締役を除く)の担当部門について評価を行うには代表取締役が適している
           と判断したためであります。なお、委任された内容の決定にあたっては、事前に諮問会議がその妥当
           性について確認しております。当事業年度における個人別の報酬額については、2021年12月に開催さ
           れた  取締役会において、報酬等の内容の決定方法及び決定された報酬等の内容が当該決定方針と整合
           していることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しております。
           また、監査役報酬については、監査役会の協議により決定しております。
        ホ.業績連動報酬の算定方法

         (ⅰ)業績連動報酬に係る指標と当該指標を選択した理由
                                 42/118

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
            中期経営計画の達成と中長期的な企業価値の向上に向けたインセンティブとして機能するよう、業
            績連動報酬に係る指標を連結の営業利益に設定しています。
         (ⅱ)業績連動報酬に関する目標の指標と実績

            当期における業績連動報酬に係る指標と目標額は、「連結営業利益額」12億円であり、                                          実績は、
            13.68億円であります。「連結営業利益額」により、業績指標係数が決定されます。
         (ⅲ)業績連動報酬の計算方法

            当社の業績連動報酬は、以下の計算式となっております。
             業績連動報酬=業績指標連動報酬+個人評価報酬
               ・業績指標連動報酬額 = 標準額 ×業績指標連動ウエイト ×業績指標係数
               ・個人評価報酬額   = 標準額 ×個人評価ウエイト   ×個人評価係数
              a.業績指標連動ウエイト・個人評価ウエイトの決定方法

                前述の諮問会議により議論され、2016年1月開催の取締役会(                              取締役でない専務執行役員、
               常務執行役員      については2018年12月の取締役会)で決定しております。
              b.業績連動報酬のウエイト(業績連動報酬=業績指標連動報酬+個人評価報酬)

                     役位         業績指標連動ウエイト            個人評価ウエイト
                 代表取締役社長執行役員                      100%            0 %
                 取締役兼務執行役員                      80%           20%
                 専務執行役員                      70%           30%
                 常務執行役員                      70%           30%
                 上級執行役員                      70%           30%
              c.業績指標の係数及び評価方法

                「連結営業利益額」を基に設定しており、係数は、0.0~2.0としております。
                なお、係数の決定方法については、業務計画を基に毎年取締役会にて審議し決定しており
                ます。
              d.個人評価係数及び評価方法

                取締役に期待するミッションや管掌する部門の目標の達成度を基に評価し、係数は、0.5~
                1.5としております。
        へ.中長期インセンティブ報酬(株式報酬)の算定方法

           株式報酬は、当社普通株式1株当たり1ポイントに換算し、ポイントを付与することにより支給され
           ます。付与されるポイントは、役位に応じて定められ、役位が高くなるほど、高いポイントが付与さ
           れます。各役員に付与されるポイントは、3年ごとに見直され、役員報酬規程の「株式給付」に規定
           する額を、見直し時から過去3年間の移動平均株価で除して算出されます。取締役(社外取締役を除
           く)に対する株式報酬の事業年度当たりの総額は、22,000ポイントを上限とします。
        ト.報酬の決議内容

         (ⅰ)取締役の報酬限度額は、2011年1月28日開催の第102期定時株主総会において年額250百万円以内
            (但し、使用人分給与は含まない)と決議いただいております。なお、期末現在の取締役は8名で
            あります。
         (ⅱ)監査役の報酬限度額は、2011年1月28日開催の第102期定時株主総会において年額40百万円以内と決
            議いただいております。なお、期末現在の監査役は4名であります。
         (ⅲ)取締役は、2016年1月28日開催の第107期定時株主総会において、上記(ⅰ)とは別枠で株式給付信
            託制度を決議いただいております。なお、期末現在の支給対象者は4名であります。
                                 43/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ② 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                      報酬等の総額
             役員区分
                                                    役員の員数
                        (千円)
                               基本報酬      業績連動報酬等         株式報酬
                                                     (名)
        取締役(社外取締役を除く)                 133,513        95,939       31,000        6,573        4

        監査役(社外監査役を除く)                 18,018        18,018          -       -      1
        社外取締役                 19,200        19,200          -       -      5
        社外監査役                 14,400        14,400          -       -      4
          (注)   1.上記には、2021年1月28日開催の第112期定時株主総会終結の時をもって退任した社外取締
              役1名及び社外監査役1名を含んでおります。
            2.当社は、2016年1月28日開催の第107期定時株主総会終結の時をもって取締役及び監査役の
              役員退職慰労金制度を廃止し、同株主総会終結後引き続いて在任する取締役及び監査役に対
              しては、役員退職慰労金制度廃止までの在任期間に対応する役員退職慰労金を各氏の退任時
              に贈呈することを決議しております。これに基づき当事業年度中に退任した社外監査役1名
              に対し1,620千円の役員退職慰労金を支給しております。
      ③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
                                 44/118














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式
       の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投資株式と
       し、それ以外の投資を純投資目的以外の目的である投資株式と区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
          保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式については、取締役会において、保有に伴う便益やリス
         クが資本コストに見合っているか等を具体的に精査し、個別の保有目的、合理性を踏まえて、中長期的な観
         点から保有意義の検証を行い、保有意義が認められない場合は速やかに売却する方針としております。
          保有の合理性は上記方針に従い、取締役会で個別銘柄毎に比較検証しております。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                              合計額(千円)
        非上場株式               2             5,100
        非上場株式以外の株式               2            715,412
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式              -               -          -
        非上場株式以外の株式              -               -          -
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却

                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式              -               -
        非上場株式以外の株式               1            133,000
                                 45/118








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

               当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
                (千円)         (千円)
                  300,000         300,000
                                企業価値の向上を目的とし、同社との良
    ㈱トプコン                                                 有
                                好な取引関係の維持・発展を図るため
                  609,000         310,500
                                主要取引金融機関であり、資金借入取引
                   70,706         70,706
    ㈱みずほフィナン
                                をはじめとする同社との良好な取引の維                      無
    シャルグループ
                  106,412         90,609
                                持・発展を図るため
                     -       50,000
    ㈱オプトラン                                    -             無
                     -      102,300
     (注)   1.定量的な保有効果については記載が困難であるため、記載しておりません。保有の合理性は、個別銘柄毎
         に定期的に取締役会で検証しております。
     (注)   2.「-」     は、当該銘柄を保有していないことを示しております。
    みなし保有株式

     該当事項はありません。
    ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

       該当事項はありません。
                                 46/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年11月1日から2021年10月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2020年11月1日から2021年10月31日まで)の財務諸表について、東陽監査法人に
     より監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、セミナーの受講や関連書籍を
     通じて内容の把握に努めております。
                                 47/118













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              12,553,588              12,967,322
                                    ※3  4,302,442            ※3  6,410,145
        受取手形及び売掛金
                                     ※3  978,422           ※3  2,028,226
        電子記録債権
        商品及び製品                              3,132,047              2,408,429
        仕掛品                              4,687,260              4,941,175
        原材料及び貯蔵品                              2,341,518              2,461,886
        その他                               494,005              248,762
                                      △ 51,277             △ 54,745
        貸倒引当金
        流動資産合計                              28,438,008              31,411,202
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※1  13,116,509            ※1  13,848,845
         建物及び構築物
                                     △ 8,840,973             △ 9,610,319
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                            4,275,535              4,238,526
         機械装置及び運搬具
                                     16,840,212              17,373,760
                                    △ 14,717,680             △ 15,505,486
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                            2,122,532              1,868,273
         工具、器具及び備品
                                     11,628,498              11,834,304
                                     △ 3,004,904             △ 3,126,607
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                            8,623,594              8,707,697
                                     ※1  308,881            ※1  321,896
         土地
         使用権資産                              255,653              296,007
                                      △ 71,384             △ 99,834
          減価償却累計額
          使用権資産(純額)                             184,268              196,172
         建設仮勘定                              382,800              547,138
         有形固定資産合計                            15,897,612              15,879,705
        無形固定資産
                                       447,402              380,174
        投資その他の資産
                                    ※2  4,264,161            ※2  5,347,424
         投資有価証券
         長期貸付金                               87,000              87,000
         退職給付に係る資産                              118,651              226,710
         繰延税金資産                              264,613              207,449
                                       103,825               66,393
         その他
         投資その他の資産合計                             4,838,252              5,934,978
        固定資産合計                              21,183,266              22,194,857
      資産合計                               49,621,275              53,606,059
                                 48/118






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※3  876,737           ※3  1,527,307
        支払手形及び買掛金
                                     ※3  328,750            ※3  459,433
        電子記録債務
                                    ※1  3,713,960            ※1  3,052,757
        短期借入金
        リース債務                               306,260              724,243
        未払法人税等                                77,245              349,030
        賞与引当金                               469,304              739,389
        役員賞与引当金                                42,634              88,352
        環境対策引当金                                20,328                -
        資産除去債務                                31,375                869
        未払金                               774,786              984,454
                                     ※3  506,514            ※3  459,192
        その他
        流動負債合計                              7,147,897              8,385,030
      固定負債
                                    ※1  1,942,725            ※1  1,778,538
        長期借入金
        リース債務                              1,148,713               517,821
        繰延税金負債                              1,130,835              1,090,943
        退職給付に係る負債                              1,696,832              1,418,660
        役員株式給付引当金                                80,841              77,796
        資産除去債務                                90,653              87,922
                                       199,657              137,630
        その他
        固定負債合計                              6,290,259              5,109,312
      負債合計                               13,438,156              13,494,343
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              5,855,000              5,855,000
        資本剰余金                              7,959,708              7,959,708
        利益剰余金                              23,597,861              24,814,081
                                     △ 1,503,314             △ 1,490,100
        自己株式
        株主資本合計                              35,909,255              37,138,688
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                              1,090,791              1,667,640
        為替換算調整勘定                               124,772             1,820,613
                                      △ 958,494             △ 647,874
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               257,070             2,840,379
      非支配株主持分                                 16,793              132,648
      純資産合計                               36,183,118              40,111,716
     負債純資産合計                                 49,621,275              53,606,059
                                 49/118






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     売上高                                 17,873,038              23,521,936
                                   ※1  14,304,096            ※1  17,041,286
     売上原価
     売上総利益                                 3,568,941              6,480,650
                                  ※2 ,※4  5,293,625           ※2 ,※4  5,112,383
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                △ 1,724,684              1,368,266
     営業外収益
      受取利息                                 50,135              33,978
      受取配当金                                 106,916               76,370
      為替差益                                    -            21,328
      持分法による投資利益                                    -            56,542
      助成金収入                                 194,381               96,550
      保険金収入                                 106,805               31,779
                                       116,802               98,640
      その他
      営業外収益合計                                 575,040              415,191
     営業外費用
      支払利息                                 36,184              37,375
      固定資産除却損                                 13,974              10,263
      為替差損                                 106,278                 -
      持分法による投資損失                                  5,988                -
                                        7,086              2,773
      その他
      営業外費用合計                                 169,512               50,412
     経常利益又は経常損失(△)                                △ 1,319,156              1,733,044
     特別利益
                                          -            129,969
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    -            129,969
     特別損失
                                    ※3  2,542,318
                                                        -
      減損損失
      特別損失合計                                2,542,318                  -
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                     △ 3,861,475              1,863,014
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                       311,103              562,615
                                        53,986             △ 275,950
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  365,089              286,664
     当期純利益又は当期純損失(△)                                △ 4,226,564              1,576,349
     非支配株主に帰属する当期純利益                                   16,793              115,855
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                     △ 4,243,358              1,460,494
     帰属する当期純損失(△)
                                 50/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                △ 4,226,564              1,576,349
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 810,102              576,848
      為替換算調整勘定                                △ 94,352             1,521,319
      退職給付に係る調整額                                △ 172,841              310,620
                                        39,504              174,520
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                   ※  △  1,037,792            ※  2,583,309
      その他の包括利益合計
     包括利益                                △ 5,264,357              4,159,659
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                               △ 5,281,150              4,043,803
      非支配株主に係る包括利益                                 16,793              115,855
                                 51/118















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                           (単位:千円)
                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高            5,855,000       7,959,708       28,207,633       △ 1,503,277       40,519,064
    当期変動額
     剰余金の配当                          △ 366,413             △ 366,413
     親会社株主に帰属す
     る当期純利益又は親
                              △ 4,243,358             △ 4,243,358
     会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                   △ 37      △ 37
     自己株式の処分                                           -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                           -
     額)
    当期変動額合計               -       -   △ 4,609,771         △ 37   △ 4,609,808
    当期末残高            5,855,000       7,959,708       23,597,861       △ 1,503,314       35,909,255
                        その他の包括利益累計額

                                             非支配
                                                   純資産合計
               その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                                            株主持分
                     為替換算調整勘定
               評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高            1,900,894        179,620      △ 785,653      1,294,862          -    41,813,926
    当期変動額
     剰余金の配当                                    -           △ 366,413
     親会社株主に帰属す
     る当期純利益又は親
                                         -          △ 4,243,358
     会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                    -             △ 37
     自己株式の処分                                    -              -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            △ 810,102       △ 54,848      △ 172,841     △ 1,037,792        16,793     △ 1,020,999
     額)
    当期変動額合計            △ 810,102       △ 54,848      △ 172,841     △ 1,037,792        16,793     △ 5,630,807
    当期末残高            1,090,791        124,772      △ 958,494       257,070        16,793     36,183,118
                                 52/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                           (単位:千円)
                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高            5,855,000       7,959,708       23,597,861       △ 1,503,314       35,909,255
    当期変動額
     剰余金の配当                          △ 244,275             △ 244,275
     親会社株主に帰属す
     る当期純利益又は親
                               1,460,494              1,460,494
     会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                   △ 188      △ 188
     自己株式の処分                                  13,401       13,401
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                           -
     額)
    当期変動額合計               -       -    1,216,219        13,213      1,229,433
    当期末残高            5,855,000       7,959,708       24,814,081       △ 1,490,100       37,138,688
                        その他の包括利益累計額

                                             非支配
                                                   純資産合計
               その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                                            株主持分
                     為替換算調整勘定
               評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高            1,090,791        124,772      △ 958,494       257,070        16,793     36,183,118
    当期変動額
     剰余金の配当                                    -           △ 244,275
     親会社株主に帰属す
     る当期純利益又は親
                                         -           1,460,494
     会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                    -             △ 188
     自己株式の処分                                    -             13,401
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            576,848      1,695,840        310,620      2,583,309        115,855      2,699,164
     額)
    当期変動額合計             576,848      1,695,840        310,620      2,583,309        115,855      3,928,597
    当期末残高            1,667,640       1,820,613       △ 647,874      2,840,379        132,648      40,111,716
                                 53/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期
                                     △ 3,861,475              1,863,014
      純損失(△)
      減価償却費                                1,791,634              1,282,927
      減損損失                                2,542,318                  -
      持分法による投資損益(△は益)                                  5,988             △ 56,542
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                △ 34,494             △ 92,245
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 253,415             △ 282,660
      長期未払金の増減額(△は減少)                                 △ 5,880             △ 63,450
      役員株式給付引当金の増減額(△は減少)                                 10,631              △ 3,045
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 162,456              247,679
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 7,958             △ 1,314
      環境対策引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,712             △ 20,328
      資産除去債務の増減額(△は減少)                                 254,334              △ 30,977
      受取利息及び受取配当金                                △ 157,051             △ 110,349
      支払利息                                 36,184              37,375
      為替差損益(△は益)                                 66,607             △ 31,174
      固定資産除却損                                 13,974              10,263
      固定資産売却損益(△は益)                                 △ 1,063             △ 1,621
      投資有価証券売却損益(△は益)                                    -           △ 129,969
      売上債権の増減額(△は増加)                                 805,728            △ 2,812,668
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                1,391,193               713,381
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 145,439              735,769
                                      △ 79,217              800,549
      その他
      小計                                2,713,263              2,054,612
      利息及び配当金の受取額
                                       158,983              110,826
      利息の支払額                                △ 35,561             △ 37,684
      保険金の受取額                                 272,972               67,122
                                      △ 630,123             △ 256,559
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                2,479,533              1,938,318
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                △ 274,254                 -
      定期預金の払戻による収入                                 546,283                 -
      投資有価証券の取得による支出                                △ 100,000                 -
      投資有価証券の売却による収入                                    -            133,000
      有形固定資産の取得による支出                                △ 659,434             △ 803,285
      有形固定資産の売却による収入                                  2,279              2,358
      無形固定資産の取得による支出                                △ 202,125              △ 49,498
      資産除去債務の履行による支出                               △ 1,764,828               △ 62,382
      長期貸付金の回収による収入                                 86,000                -
                                      △ 39,671              △ 1,109
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 2,405,750              △ 780,917
                                 54/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                1,290,000              △ 290,000
      長期借入れによる収入                                1,600,000               300,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 817,888             △ 844,486
      自己株式の取得による支出                                  △ 37             △ 188
      割賦債務の返済による支出                                △ 324,396             △ 329,988
                                      △ 367,342             △ 244,513
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                1,380,334             △ 1,409,176
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                 △ 135,845              665,509
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 1,318,272               413,734
     現金及び現金同等物の期首残高                                 11,235,316              12,553,588
                                   ※1  12,553,588            ※1  12,967,322
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 55/118















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
     ① 連結子会社の数           10 社
       連結子会社名は「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しております。
     ② 非連結子会社の名称
       該当事項はありません。
    2.持分法の適用に関する事項

     ① 持分法適用関連会社の数
       持分法を適用する関連会社は             1 社で、華光小原光学材料(襄陽)有限公司であります。
     ② 持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社
       該当事項はありません。
     ③ 持分法適用手続きに関する特記事項
       華光小原光学材料(襄陽)有限公司の決算期は連結決算日と異なりますが、連結財務諸表の作成にあたっては、
      2021年9月30日現在で、決算に準じた仮決算を行った財務諸表を使用しております。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
    4.会計方針に関する事項

     ① 重要な資産の評価基準及び評価方法
      イ.有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
         により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
      ロ.デリバティブ
        時価法
      ハ.たな卸資産
        通常の販売目的で保有するたな卸資産
         当社及び国内連結子会社は主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切
        下げの方法により算定)を、在外連結子会社は主として総平均法による低価法を採用しております。
     ② 重要な減価償却資産の減価償却の方法
      イ.有形固定資産(リース資産及び使用権資産を除く)
        当社及び国内連結子会社については法人税法に規定する耐用年数に基づく定率法によっております。但し、建
       物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降取得した建物附属設備及び構築物については定額法によっ
       ております。また、在外連結子会社については主として定額法によっております。
      ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
        ソフトウエア(自社利用)については、見込利用可能期間(5年以内)に基づく定額法を採用しております。
      ハ.リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(残価保証がある場合は、残価保証額)とする定額法を採用して
        おります。
      ニ.使用権資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 56/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     ③ 重要な引当金の計上基準
      イ.貸倒引当金
        主として金銭債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
       特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      ロ.賞与引当金
        執行役員及び従業員の賞与支給に充てるため、支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上してお
       ります。
      ハ.役員賞与引当金
        当社及び一部の連結子会社の役員賞与の支払いに充てるため、支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき
       額を計上しております。
      ニ.役員株式給付引当金
        当社は、役員株式給付規程に基づく役員への当社株式の給付に備えるため、当連結会計年度末における株式給
       付債務の見込額に基づき計上しております。
      ホ.環境対策引当金
        当社及び一部の連結子会社について、PCB(ポリ塩化ビフェニル)の処分等に係る支出に備えるため、今後発生
       すると見込まれる額を計上しております。
     ④ 退職給付に係る会計処理の方法
      イ.退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
       給付算定式基準によっております。
      ロ.数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として10年)に
       よる定額法により費用処理しております。
        数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
       (主として10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
      ハ.小規模企業等における簡便法の採用
        一部の国内連結子会社においては、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職一時金制度について
       は、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とし、企業年金制度については、直近の年金財政計算
       の数理債務をもって退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     ⑤ 重要なヘッジ会計の方法
      イ.ヘッジ会計の方法
        繰延ヘッジ処理を採用しております。また、特例処理の要件を満たす金利スワップについては、時価評価せず
       借入金の支払利息に加減する処理によっております。
      ロ.ヘッジ手段とヘッジ対象
        予定取引により発生が見込まれる外貨建取引について為替予約、借入金の利息について金利スワップをそれぞ
       れヘッジ手段として利用しております。
      ハ.ヘッジ方針
        将来の為替及び金利の市場変動リスクをヘッジする方針であり、投機的な取引及び短期的な売買損益を得る目
       的でのデリバティブ取引は行っておりません。
      ニ.ヘッジの有効性評価の方法
        ヘッジ手段とヘッジ対象の変動率が同一であることから、ヘッジ開始時及びその後も継続して双方の相場変動
       が相殺されるため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
     ⑥ 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、要求払預金及び取得日から
      3ヶ月以内に満期が到来し、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的
      な投資からなっております。
                                 57/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     ⑦ その他連結財務諸表を作成するための重要な事項
      イ.消費税等の会計処理
        税抜方式を採用しております。
      ロ.関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続

        株式給付信託(BBT)
         当社は、2016年1月28日開催の第107期定時株主総会決議に基づき、2016年3月18日より、取締役、専務執行
        役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役員を退任した者のうち役員株式
        給付規程に定める受益者要件を満たすもの(以下、「対象役員」という。)に対する新たな業績連動型株式報
        酬制度として「株式給付信託(BBT)」(以下、「本制度」という。)を導入しております。
        (1)  取引の概要

         本制度は、予め当社が定めた役員株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした当社の対象役員に対し、当
        社株式を給付する仕組みです。
         当社は、対象役員に対し当該連結会計年度における報酬月額、業績達成度等に応じてポイントを付与し、役
        員退任時に確定したポイントに応じた当社株式を給付します。対象役員に対し給付する株式については、予め
        信託設定した金銭により将来分も含め取得し、信託財産として分別管理するものとします。
        (2)  信託に残存する自社の株式

         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随する費用の金額を除く。)により、純資産の部に
        自己株式として計上しております。当連結会計年度末における当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、81,483
        千円及び76,000株であります。
                                 58/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ( 重要な会計上の見積り          )
       (固定資産の減損)
        会計上の見積りにより、翌連結会計年度に係る連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次の
       とおりであります。
       ・固定資産の減損について
      (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
         有形固定資産 15,879,705千円
         無形固定資産           380,174千円
         減損損失       -千円
      (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
       ① 算出方法      及 び主要な仮定
         (当社及び国内連結子会社)
          資産グループに減損の兆候が存在する場合には、当該資産グループにおいて減損の認識の判定及び測定を
         実施しております。
          減損損失の認識の判定及び使用価値の算出において用いられる将来キャッシュ・フローは、翌連結会計年
         度以降の事業計画の前提となった数値に基づき、経営環境等の外部要因に関連する情報や当社企業グループ
         が用いている内部の情報と整合するように調整し、それまでの実績に基づく趨勢を踏まえた合理的な一定の
         仮定をおいて算定しております。また割引率についても一定の仮定に基づき設定しております。さらに売却
         見込額等の一定の仮定に基づいたものを正味売却価額としております。これらは将来市場や経済情勢の予測
         により影響を受け、重要な不確実性を伴っています。
          減損の兆候が存在すると判断した資産グループは、当社光事業及びエレクトロニクス事業に係る工場設備
         (汎用ガラス熔解設備)、並びにエレクトロニクス事業に係る特殊ガラス専用熔解設備であります。
          当社光事業及びエレクトロニクス事業に係る工場設備(汎用ガラス熔解設備)については、当連結会計年
         度末において各グループの割引前将来キャッシュ・フローが帳簿価額を上回っているため減損損失を認識し
         ておりません。エレクトロニクス事業に係る特殊ガラス専用熔解設備については、固定資産の正味売却価額
         が帳簿価額を上回っているため減損損失を計上しておりません。
        (海外連結子会社)
          資産グループに減損の兆候が存在する場合には、当該資産グループにおいて減損テストを実施しておりま
         す。
          使用価値の算定において用いられる将来キャッシュ・フローは、翌連結会計年度以降の事業計画の前提と
         なった数値に基づき、経営環境等の外部要因に関連する情報や当社企業グループが用いている内部の情報と
         整合するように調整し、それまでの実績に基づく趨勢を踏まえた合理的な一定の仮定をおいて算定しており
         ます。また割引率についても一定の仮定に基づき設定しております。さらに売却見込額等の一定の仮定に基
         づいたものを処分コスト控除後の価額を公正価値としております。これらは、将来市場や経済情勢の予測に
         より影響を受け重要な不確実性を伴っています。
          減損の兆候が存在すると判断した資産グループは、台湾小原光学材料股份有限公司であります。
          当連結会計年度末において処分コスト控除後の公正価値が、当該資産グループの帳簿価額を上回っている
         ため減損損失を計上しておりません。
       ② 翌期以降の連結財務諸表に与える影響

          将来の経営環境の変化などにより、将来キャッシュ・フローの見積額と実績に乖離が生じた場合、また市
         況の変化などにより、将来の処分価額が変動した場合には、翌連結会計年度以降の減損損失の判定において
         重要な影響を与える可能性があります。
                                 59/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)
      (たな卸資産の評価方法の変更)
        連結財務諸表提出会社における、貯蔵品の評価方法は、従来、移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収
       益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しておりましたが、当連結会計年度の期首より総平均
       法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)に変更しております。
        この変更は、基幹システムの変更を契機として、これに適するたな卸資産の評価方法を採用したことによるも
       のであります。
        なお、この会計方針の変更による影響額は軽微であるため、遡及適用は行っておりません。
      (未適用の会計基準等)

      (当社及び国内連結子会社)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準委員
       会)
      (1)概要
        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
       計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおい
       てはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12
       月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関す
       る包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
       性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
       出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
       る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日
        2022年10月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響
        「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
       ります。
      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日                                   企業会計基準委員会)

      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日 企業会計基準委
       員会)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準
       委員会)
      (1)概要
        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、公正価値測定についてほぼ同じ内容の
       詳細なガイダンスを定めております(IASBにおいてはIFRS第13号、FASBにおいてはTopic820)。これらの国際的
       な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるために、企業会計基準委員会において、時価の算定に関する会計
       基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方
       法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定
       めを基本的にすべて取り入れることとされております。
        ただし、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲
       で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
                                 60/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (2)適用予定日
        2022年10月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響
        「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
       あります。
      (在外連結子会社)

      ・「リース」(ASU第2016-02号 2016年2月25日)
      (1)概要
        本会計基準等は、借り手は原則すべてのリースについて資産及び負債の認識をすること等を中心に改正したも
       のです。
      (2)適用予定日
        2023年10月期の期首より適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響
        「リース」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。
      (表示方法の変更)

      (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
       「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の年度
      末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
       ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年
      度に係る内容については記載しておりません。
      (追加情報)

      (新型コロナウイルス感染拡大に伴う会計上の見積りについて)
       新型コロナウイルス感染症による影響について、一部地域においてワクチン接種が進むものの、変異株による感
      染の再拡大も懸念されることから、今後の収束時期を予測することは困難な状況です。
       このような状況の中、当社グループは新型コロナウイルスの再拡大による大きな影響がないことを前提として、
      連結財務諸表作成時に入手可能な情報に基づき、会計上の見積りを行っております。
       なお、感染状況や経済活動が当該仮定から乖離する場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼ
      す可能性があります。
      (関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続)

       「 会計方針の開示、会計上の変更及び誤                  謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)
      を 当連結会計年度       の年度末に係る連結財務諸表から適用し、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採
      用した会計処理の原則及び手続」を開示しております。
                                 61/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1.担保資産及び担保付債務
       担保に供している資産は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
        建物及び構築物                          206,389千円                 215,666千円
                                                   147,815
        土地                          135,980
                                                   363,482
              合計                    342,370
       担保付債務は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
        短期借入金                            9,160千円                 9,957千円
                                                   97,088
        長期借入金                           98,475
                                                   107,045
              合計                    107,635
    ※2.関連会社に対するものは次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
        投資有価証券(出資金)                         1,524,592千円                 1,763,865千円
    ※3.連結会計年度末日満期手形

       連結会計年度末日満期手形の会計処理は、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、前連結会計年度
      及び当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末残高に
      含まれております。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
        受取手形                            6,397千円                16,485千円
                                                   12,790
        電子記録債権                           34,092
                                                   32,818
        支払手形                           35,313
        電子記録債務                           19,933                 19,063
                                                     929
        その他(設備関係支払手形)                            3,080
                                 62/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
    ※1.通常の販売目的で保有するたな卸資産の収益性の低下による簿価切下額は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                          (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        売上原価                           425,741    千円              99,843   千円
    ※2.販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                          (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        給料手当                          1,227,982     千円            1,265,387     千円
        賞与引当金繰入額                           243,360                 361,986
        環境対策引当金繰入額                             12               △ 364
        退職給付費用                           137,015                 141,923
        研究開発費                           952,037                 538,441
        役員株式給付引当金繰入額                           10,631                 10,484
        役員賞与引当金繰入額                           41,107                 85,456
        貸倒引当金繰入額                           △ 7,958                △ 1,314
        運搬費                           445,013                 643,262
       なお、研究開発費には以下のものが含まれております。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                          (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        賞与引当金繰入額                           34,547   千円              55,104   千円
        退職給付費用                           25,221                 25,301
        減価償却費                           48,799                 21,450
    ※3.減損損失

       前連結会計年度(自           2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
        当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
        場          所               用       途            種       類           減 損 損 失 額

                                  建物及び構築物               894,831千円
                                  機械装置及び運搬具               772,108千円
        当社本社工場
                      光事業及びエレクトロ
                                  工具、器具及び備品               296,945千円
                      ニクス事業に係る工場
         (神奈川県相模原市中央区)
                      設備
                                  建設仮勘定               15,341千円
                                  無形固定資産               17,113千円
                                  機械装置及び運搬具               287,702千円
        台湾小原光学材料股份
                                  工具、器具及び備品               18,629千円
        有限公司               光事業に係る工場設備
                                  使用権資産               239,114千円
         (中華民國雲林県)
                                  無形固定資産                 533千円
       (資産のグルーピングの方法)
         事業用資産については、継続的に収支の管理を行っている管理会計上の区分に基づき、遊休資産については
        個別単位毎に、資産のグルーピングを行っております。また、本社、福利厚生施設等については、独立した
        キャッシュ・フローを生み出さないことから共用資産としてグルーピングしております。
                                 63/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       (減損損失に至った経緯等)
         当社本社工場における光事業及びエレクトロニクス事業に係る工場設備については、営業活動から生じる損
        益が継続してマイナスであり、減損の兆候が認められたことから、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減
        額し、減損損失1,996,339千円を特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は正味売却価額により測定
        しており、売却見込額等に基づき評価しております。
         連結子会社である台湾小原光学材料股份有限公司における光事業に係る工場設備については、営業活動から

        生じる損益が継続してマイナスであり、減損の兆候が認められたことから、当該資産の帳簿価額を回収可能価
        額まで減額し、減損損失545,979千円を特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は正味売却価額によ
        り測定しており、不動産鑑定評価額及び売却見込額等に基づき評価しております。
       当連結会計年度(自           2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

        該当事項はありません。
    ※4.研究開発費の総額

       一般管理費に含まれる研究開発費の総額
                前連結会計年度                         当連結会計年度

              (自    2019年11月1日                      (自    2020年11月1日
               至   2020年10月31日       )                至   2021年10月31日       )
                          952,037    千円                     538,441    千円
                                 64/118













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
    ※  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度               当連結会計年度

                             (自    2019年11月1日            (自    2020年11月1日
                              至   2020年10月31日       )     至   2021年10月31日       )
        その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                         △1,154,299千円                 955,711千円
                                                  △129,969
                                      △0
         組替調整額
          税効果調整前                                         825,742
                                  △1,154,299
                                                  △248,894
                                    344,196
          税効果額
                                                   576,848
          その他有価証券評価差額金                         △810,102
        為替換算調整勘定:
         当期発生額                           △94,352              1,521,319
                                       -               -
         組替調整額
                                                  1,521,319
          為替換算調整勘定                          △94,352
        退職給付に係る調整額:
         当期発生額                           △250,720                263,027
                                                   83,642
                                     75,696
         組替調整額
          税効果調整前                                         346,670
                                   △175,024
                                                  △36,049
                                     2,182
          税効果額
                                                   310,620
          退職給付に係る調整額                         △172,841
        持分法適用会社に対する持分相当額:
         当期発生額                            39,504              174,520
                                                     -
                                       -
         組替調整額
                                                   174,520
          持分法適用会社に対する持分相当額                           39,504
                                                  2,583,309
           その他の包括利益合計                       △1,037,792
                                 65/118











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                    期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)         株式数(株)
    発行済株式
     普通株式                 25,450,000              -         -     25,450,000
          合計            25,450,000              -         -     25,450,000
    自己株式
     普通株式     (注)1,2
                       1,110,938             40         -      1,110,978
          合計            1,110,938             40         -      1,110,978
     (注)   1.普通株式の自己株式の当連結会計年度末株式数には、「株式給付信託(BBT)」制度の導入に伴い、株
         式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式88,500株が含まれております。
       2.普通株式の自己株式の増加40株は、単元未満株式の買取による増加分であります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1) 配当金支払額
                       配当金の総額
                               1株当たり配当
        決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                               額(円)
                        (千円)
    2020年1月30日
               普通株式           366,413           15   2019年10月31日         2020年1月31日
    定時株主総会
     (注)2020年1月30日定時株主総会の決議による配当金の総額には、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が
        保有する当社株式に対する配当金1,327千円が含まれております。
      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額
                                  1株当たり配
       決議       株式の種類              配当の原資               基準日       効力発生日
                                  当額(円)
                     (千円)
    2021年1月28日
              普通株式        244,275      利益剰余金          10   2020年10月31日        2021年1月29日
    定時株主総会
     (注)2021年1月28日定時株主総会の決議による配当金の総額には、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が
        保有する当社株式に対する配当金885千円が含まれております。
                                 66/118








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2020年11月1日        至    2021年10月31日       )
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                    期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)         株式数(株)
    発行済株式
     普通株式                 25,450,000              -         -     25,450,000
          合計            25,450,000              -         -     25,450,000
    自己株式
     普通株式     (注)1,2,3                                 12,500        1,098,578
                       1,110,978             100
          合計            1,110,978             100        12,500        1,098,578
     (注)   1.普通株式の自己株式の当連結会計年度末株式数には、「株式給付信託(BBT)」制度の導入に伴い、株
         式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社株式76,000株が含まれております。
       2.普通株式の自己株式の増加100株は、単元未満株式の買取による増加分であります。
       3.普通株式の自己株式の減少12,500株は、株式給付信託(BBT)からの給付による減少分であります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1) 配当金支払額
                       配当金の総額
                               1株当たり配当
        決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                               額(円)
                        (千円)
    2021年1月28日
               普通株式           244,275           10   2020年10月31日         2021年1月29日
    定時株主総会
     (注)2021年1月28日定時株主総会の決議による配当金の総額には、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が
        保有する当社株式に対する配当金885千円が含まれております。
      (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額
                                  1株当たり配
       決議       株式の種類              配当の原資               基準日       効力発生日
                                  当額(円)
                     (千円)
    2022年1月27日
              普通株式        366,411      利益剰余金          15   2021年10月31日        2022年1月28日
    定時株主総会
     (注)2022年1月27日定時株主総会の決議による配当金の総額には、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が
        保有する当社株式に対する配当金1,140千円が含まれております。
                                 67/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
      す。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    2019年11月1日          (自    2020年11月1日
                                至   2020年10月31日       )    至   2021年10月31日       )
        現金及び預金勘定                            12,553,588千円              12,967,322千円
        現金及び現金同等物                            12,553,588              12,967,322
      2.重要な非資金取引の内容

       重要な資産除去債務の計上額は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    2019年11月1日          (自    2020年11月1日
                                至   2020年10月31日       )    至   2021年10月31日       )
        重要な資産除去債務の計上額                              254,334千円                -千円
      (リース取引関係)

     (借主側)
    1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
       有形固定資産
        工場設備(建物及び構築物、機械装置及び運搬具並びに工具、器具及び備品)であります。
        また、一部の在外連結子会社において、IFRS第16号「リース」を適用しております。当該会計基準の適用によ
       り、当該在外連結子会社における賃借料等を使用権資産として計上しております。
       無形固定資産
        ソフトウエアであります。
      ② リース資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 ②重要な減価償却資産の減価
       償却の方法」に記載のとおりであります。
    2.オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                  (単位:千円)

                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                          ( 2020年10月31日       )          ( 2021年10月31日       )
                                                      5,337
    1年内                                5,286
                                                      1,653

    1年超                                1,843
            合計                         7,130                  6,990

                                 68/118






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1) 金融商品に対する取組方針
       当社グループは、運転資金、設備投資については、まず営業キャッシュ・フローで獲得した資金を投入し、不足
      分については主に銀行借入にて必要な資金を調達しております。一時的な余剰資金は安全性の高い金融商品で運用
      し、元本返還が確実であると判断した金融資産に限定しております。また、デリバティブ取引は、原則として実需
      に伴う取引に限定しており、投機的な取引は行わない方針であります。
     (2)  金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク並びにリスク管理体制

       現金及び預金は、主に銀行の預貯金又は安全性の高い金融商品に限定しております。
       有価証券は、一時的な余剰資金の運用として、流動性の確保と元本の安全性を重視しております。
       営業債権である受取手形及び売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクにさらされており、取引先ごとに
      与信管理を徹底し、取引先別の期日管理及び残高を定期的に管理することで、財務状況悪化等による回収懸念の早
      期発見や軽減を図っております。また、外貨建の営業債権は、為替の変動リスクにさらされており、為替予約取引
      などを利用することでヘッジしております。
       投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、信用リスクや市場価格の変動リスクにさらされ
      ております。当該リスク管理のため、市場価格や発行会社の財務状況のモニタリングを継続的に行っております。
       営業債務である支払手形及び買掛金並びに電子記録債務は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。ま
      た、外貨建の債務は、為替の変動リスクにさらされており、為替予約取引などを利用することでヘッジしておりま
      す。
       借入金及びリース債務のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金(原則として5年
      以内)及びリース債務は主に設備投資に係る資金調達であります。このうち長期借入金については、支払金利の変
      動リスクを回避し支払利息の固定化を図るために、固定金利を適用するか、個別契約ごとにデリバティブ取引(金
      利スワップ取引)を利用してヘッジしております。ヘッジの有効性の評価方法については、金利スワップの特例処
      理の要件を満たしているため、その判定をもって有効性の評価を省略しております。
       デリバティブ取引は、外貨建の債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先物為替予約取
      引、借入金はヘッジを目的とした金利スワップ取引であります。また、デリバティブ取引の執行・管理にあたって
      は、信用リスクを軽減するため、格付けの高い金融機関とのみ取引を行っております。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取引に
      関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                 69/118








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
      前連結会計年度(        2020年10月31日       )

                        連結貸借対照表

                                     時価(千円)            差額(千円)
                        計上額(千円)
    ① 現金及び預金                        12,553,588            12,553,588                -
    ② 受取手形及び売掛金                        4,302,442
    ③ 電子記録債権                         978,422
                             △51,277
            貸倒引当金(※1)
                             5,229,588            5,229,588               -
    ④ 投資有価証券                        2,482,413            2,482,413               -
           資産計                 20,265,590            20,265,590                -
    ⑤ 支払手形及び買掛金                         876,737            876,737              -
    ⑥ 電子記録債務                         328,750            328,750              -
    ⑦ 短期借入金                        2,870,000            2,870,000               -
    ⑧ 未払法人税等                          77,245            77,245              -
    ⑨ 未払金                         774,786            774,786              -
    ⑩ 長期借入金(※2)                        2,786,685            2,790,579              3,893
    ⑪ リース債務(※3)                        1,454,973            1,445,854             △9,119
           負債計                 9,169,179            9,163,954             △5,225
       デリバティブ取引(※4)                         -            -            -
     ※1 受取手形及び売掛金並びに電子記録債権に係る貸倒引当金を控除しております。
     ※2 長期借入金は、1年以内返済予定の長期借入金を含んでおります。
     ※3 リース債務は、1年以内支払予定のリース債務を含んでおります。
     ※4 デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
        ついては、△で表示しております。
                                 70/118










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(        2021年10月31日       )
                        連結貸借対照表

                                     時価(千円)            差額(千円)
                        計上額(千円)
                            12,967,322            12,967,322
    ① 現金及び預金                                                   -
                             6,410,145
    ② 受取手形及び売掛金
                             2,028,226
    ③ 電子記録債権
                             △54,745
            貸倒引当金(※1)
                             8,383,626            8,383,626
                                                       -
                             3,304,644            3,304,644
    ④ 投資有価証券                                                   -
                            24,655,593            24,655,593
           資産計                                            -
                             1,527,307            1,527,307
    ⑤ 支払手形及び買掛金                                                   -
                              459,433            459,433
    ⑥ 電子記録債務                                                   -
                             2,580,000            2,580,000
    ⑦ 短期借入金                                                   -
                              349,030            349,030
    ⑧ 未払法人税等                                                   -
                              984,454            984,454
    ⑨ 未払金                                                   -
                             2,251,295            2,254,832              3,536
    ⑩ 長期借入金(※2)
                             1,242,065            1,238,623             △3,441
    ⑪ リース債務(※3)
                             9,393,586                           94
           負債計                             9,393,681
       デリバティブ取引(※4)                         -            -            -
     ※1 受取手形及び売掛金並びに電子記録債権に係る貸倒引当金を控除しております。
     ※2 長期借入金は、1年以内返済予定の長期借入金を含んでおります。
     ※3 リース債務は、1年以内支払予定のリース債務を含んでおります。
     ※4 デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
        ついては、△で表示しております。
                                 71/118











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
       資   産
        ①現金及び預金、②受取手形及び売掛金、③電子記録債権
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        ④投資有価証券
         これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引先金融機関から提示された価格によっ
        ております。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、注記事項(有価証券関係)をご参照
        ください。
       負   債
        ⑤支払手形及び買掛金、⑥電子記録債務、⑦短期借入金、⑧未払法人税等、⑨未払金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        ⑩長期借入金、⑪リース債務
         長期借入金及びリース債務の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入又は、リース取引を行った場
        合に想定される利率で割り引いて算定する方法によっております。変動金利による長期借入金は金利スワップの
        特例処理の対象とされており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行っ
        た場合に適用されると合理的に見積られる利率で割り引いて算定する方法によっております。
       デリバティブ取引
         注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
       2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                  (単位:千円)
                             前連結会計年度                当連結会計年度
               区分
                            ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
                                                    107,924
        非上場株式                            99,380
                                                    170,989
        出資金                            157,773
                                                   1,763,865
        関係会社出資金                           1,524,592
                                                   2,042,780
               合計                    1,781,747
         これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を
        把握することが極めて困難と認められるため、「④投資有価証券」には含めておりません。
                                 72/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
       前連結会計年度(        2020年10月31日       )
                                  1年超         5年超
                         1年以内                          10年超
                                  5年以内         10年以内
                          (千円)                          (千円)
                                  (千円)         (千円)
        現金及び預金                 12,553,588             -         -         -
        受取手形及び売掛金                  4,302,442            -         -         -
        電子記録債権                   978,422           -         -         -
        投資有価証券
         その他有価証券のうち満期
                             -         -      600,000           -
         があるもの(債券)
              合計           17,834,453             -      600,000           -
       当連結会計年度(        2021年10月31日       )

                                  1年超         5年超
                         1年以内                          10年超
                                  5年以内         10年以内
                          (千円)                          (千円)
                                  (千円)         (千円)
                         12,967,322             -
        現金及び預金                                      -         -
                                      -
        受取手形及び売掛金                  6,410,145                     -         -
                                      -
        電子記録債権                  2,028,226                     -         -
        投資有価証券
         その他有価証券のうち満期
                                      -
                             -               600,000           -
         があるもの(債券)
                                      -      600,000
              合計           21,405,693                              -
       4.長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済及び支払予定額

       前連結会計年度(        2020年10月31日       )
                           1年超      2年超      3年超      4年超

                    1年以内                                5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                    (千円)                                (千円)
                           (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        短期借入金             2,870,000          -      -      -      -      -
                     843,960
        長期借入金                    471,960      550,610      500,154      420,000         -
        リース債務※              304,752      146,184       87,339      68,832      65,084      186,877
            合計        4,018,713       618,144      637,949      568,987      485,084      186,877
        ※リース債務の支払予定額には残価保証額は含めておりません。
       当連結会計年度(        2021年10月31日       )

                           1年超      2年超      3年超      4年超

                    1年以内                                5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                    (千円)                                (千円)
                           (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
                    2,580,000          -
        短期借入金                             -       -      -      -
                            551,407
        長期借入金              472,757             429,957      797,172         -      -
                            102,473       78,217      70,069      36,337      171,883
        リース債務※              183,478
                    3,236,236              508,174      867,242       36,337      171,883
            合計                653,880
        ※リース債務の支払予定額には残価保証額は含めておりません。
                                 73/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1.売買目的有価証券
      該当事項はありません。
    2.満期保有目的の債券

      該当事項はありません。
    3.その他有価証券

      前連結会計年度(        2020年10月31日       )
                            連結貸借対照表           取得原価又は

                    種類                            差額(千円)
                            計上額(千円)          償却原価(千円)
                 (1)  株式
                               1,884,464           313,592         1,570,871
                 (2)  債券

                                   -          -          -
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価又は償却原価を
    超えるもの
                 (3)  その他
                                   -          -          -
                    小計           1,884,464           313,592         1,570,871

                 (1)  株式

                                   -          -          -
                 (2)  債券

                                597,949          603,004          △5,055
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価又は償却原価を
    超えないもの
                 (3)  その他
                                   -          -          -
                    小計            597,949          603,004          △5,055

              合計                 2,482,413           916,597         1,565,816

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 99,380千円)、出資金(連結貸借対照表計上額 157,773千円)につ
        いては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価
        証券」には含めておりません。
      当連結会計年度(        2021年10月31日       )

                            連結貸借対照表           取得原価又は

                    種類                            差額(千円)
                            計上額(千円)          償却原価(千円)
                 (1)  株式                        310,562         2,394,393
                               2,704,955
                 (2)  債券                -

                                             -          -
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価又は償却原価を
    超えるもの
                 (3)  その他
                                   -          -          -
                               2,704,955           310,562         2,394,393

                    小計
                 (1)  株式

                                   -          -          -
                 (2)  債券              599,689          602,523          △2,834

    連結貸借対照表計上額が
    取得原価又は償却原価を
    超えないもの
                 (3)  その他
                                   -          -          -
                                599,689          602,523          △2,834

                    小計
                               3,304,644           913,085         2,391,559

              合計
     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 107,924千円)、出資金(連結貸借対照表計上額 170,989千円)に
        ついては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有
        価証券」には含めておりません。
                                 74/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    4.売却したその他有価証券
      前連結会計年度(        2020年10月31日       )
         種類           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)

    株式                         0             0             -

      当連結会計年度(        2021年10月31日       )

         種類           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)

                          133,000             129,969

    株式                                                   -
    5.減損処理を行った有価証券

      減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行い、
     30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っております。
      前連結会計年度(        2020年10月31日       )

       該当事項はありません。
      当連結会計年度(        2021年10月31日       )

       該当事項はありません。
                                 75/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
    1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      該当事項はありません。
    2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      (1)  通貨関連
       前連結会計年度(        2020年10月31日       )
      該当事項はありません。

       当連結会計年度(        2021年10月31日       )

      該当事項はありません。

      (2)  金利関連

       前連結会計年度(        2020年10月31日       )
                                      契約額等               時価

                                             契約額等のうち
      ヘッジ会計の方法              取引の種類         主なヘッジ対象
                                             1年超(千円)
                                      (千円)              (千円)
                 金利スワップ取引
    金利スワップの特例処理                         長期借入金           129,200        43,600     (注)
                   変動受取・固定支払
     (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
        ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       当連結会計年度(        2021年10月31日       )

                                      契約額等               時価

                                             契約額等のうち
      ヘッジ会計の方法              取引の種類         主なヘッジ対象
                                             1年超(千円)
                                      (千円)              (千円)
                 金利スワップ取引
                                         43,600          -
    金利スワップの特例処理                         長期借入金                        (注)
                   変動受取・固定支払
     (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
        ため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 76/118










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型の確定給付型の制度として、確定給付型企業年金制度、確定拠出
     型の制度として、確定拠出型企業年金制度を併用しております。
      国内連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を設けており、一部の国内連結子会社は確定給付型企
     業年金制度及び確定拠出型の中小企業退職金共済制度を併用しております。また、一部の在外連結子会社は確定給付
     型及び確定拠出型の制度を併用しております。
      なお、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職
     金を支払う場合があります。
      一部の国内連結子会社が有する確定給付型企業年金制度及び退職一時金は、簡便法により退職給付に係る負債及び
     退職給付費用を計算しております。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2019年11月1日             (自    2020年11月1日
                              至   2020年10月31日       )      至   2021年10月31日       )
      退職給付債務の期首残高                              6,735,049     千円           6,720,348     千円
                                                    225,008
       勤務費用                              220,313
                                                     52,555
       利息費用                               52,409
                                                    △30,311
       数理計算上の差異の発生額                              102,823
                                                   △229,968
       退職給付の支払額                             △350,173
                                                    146,726
       為替換算による影響額                              △40,074
                                                   6,884,358
      退職給付債務の期末残高                              6,720,348
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2019年11月1日             (自    2020年11月1日
                              至   2020年10月31日       )      至   2021年10月31日       )
                                                   5,279,482
      年金資産の期首残高                              5,513,767     千円               千円
                                                    166,450
       期待運用収益                              165,087
                                                    292,019
       数理計算上の差異の発生額                             △160,700
                                                    151,119
       事業主からの拠出額                              146,914
                                                   △229,968
       退職給付の支払額                             △350,173
                                                    149,130
       為替換算による影響額                              △35,412
                                                   5,808,234
      年金資産の期末残高                              5,279,482
     (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2019年11月1日             (自    2020年11月1日
                              至   2020年10月31日       )      至   2021年10月31日       )
                                                    137,314
      退職給付に係る負債の期首残高                               144,814    千円               千円
                                                     20,443
       退職給付費用                               26,661
       退職給付の支払額                              △19,749               △27,539
                                                    △14,392
       制度への拠出額                              △14,411
      退職給付に係る負債の期末残高                               137,314               115,826
                                 77/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
      産の調整表
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
      積立型制度の退職給付債務                              6,907,169     千円          7,050,771     千円
                                                  △6,018,082
      年金資産                             △5,476,823
                                                   1,032,689
                                    1,430,345
                                                    159,261
      非積立型制度の退職給付債務                               147,834
                                                   1,191,950
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              1,578,180
                                                   1,418,660

      退職給付に係る負債                              1,696,832     千円               千円
                                                   △226,710
      退職給付に係る資産                              △118,651
                                                   1,191,950
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              1,578,180
       (注) 簡便法を適用した制度を含みます。
     (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2019年11月1日             (自    2020年11月1日
                              至   2020年10月31日       )      至   2021年10月31日       )
                                                    225,008
      勤務費用                               220,313    千円               千円
                                                     52,555
      利息費用                                52,409
                                                   △166,450
      期待運用収益                              △165,087
                                                     96,577
      数理計算上の差異の費用処理額                               106,176
                                                    △12,935
      過去勤務費用の費用処理額                               △30,479
                                                     20,443
      簡便法で計算した退職給付費用                                26,661
                                                     22,686
      その他                                33,075
                                                    237,886
      確定給付制度に係る退職給付費用                               243,070
     (6)  退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                             (自    2019年11月1日             (自    2020年11月1日
                              至   2020年10月31日       )      至   2021年10月31日       )
      過去勤務費用                               △30,479    千円           △12,935    千円
                                                    418,909
      数理計算上の差異                              △157,347
                                                    △59,304
      為替換算による影響額                                12,803
                                                    346,670
      合計                              △175,024
     (7)  退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
                                                     1,637
      未認識過去勤務費用                                14,428   千円               千円
                                                   △804,889
      未認識数理計算上の差異                             △1,164,350
                                                   △803,251
      合計                             △1,149,921
     (8)  年金資産に関する事項

      ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
      債券                                 48%               42%
      株式                                 18%               28%
      一般勘定                                 14%               10%
      現金及び預金                                 7%               7%
      その他                                 13%               13%
      合計                                100%               100%
                                 78/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

                               前連結会計年度               当連結会計年度
                              ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
      割引率                            主として0.1%               主として0.1%
      長期期待運用収益率                            主として2.0%               主として2.0%
    3.確定拠出制度

      当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度163,026千円、当連結会計年度165,421千円で
     あります。
                                 79/118
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                                 ( 2020年10月31日       )     ( 2021年10月31日       )
       繰延税金資産
        繰越欠損金(注)2                            2,956,495千円             3,120,589千円
        退職給付に係る負債                             332,108             353,406
                                                   519,141
        たな卸資産評価損                             522,413
                                                   589,239
        減損損失                             727,883
                                                   149,978
        賞与引当金                              87,836
                                                   43,369
        未払役員退職慰労金                              60,699
                                                   37,016
        投資有価証券評価損                              43,061
                                                   19,352
        たな卸資産等の未実現利益                              13,428
        資産除去債務                              38,285             27,178
                                     398,656             321,412
        その他
       繰延税金資産小計                                          5,180,684
                                    5,180,870
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                           △2,919,933             △3,085,661
                                   △1,884,372             △1,383,828
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                                 △4,469,489
       評価性引当額小計(注)1                            △4,804,305
       繰延税金資産合計
                                     376,564             711,195
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                            △475,024             △723,918
                                                  △686,754
        在外子会社等の留保利益                            △623,239
                                                  △29,431
        加速償却額                             △27,954
                                                  △154,584
                                    △116,567
        その他
                                                 △1,594,689
       繰延税金負債合計                            △1,242,785
                                                  △883,493
       繰延税金資産(負債)の純額                             △866,221
     (注)1.繰延税金資産から控除された額(評価性引当額)に重要な変動が生じております。当該変動の主な内

          容は、当連結会計年度において減損損失に係る評価性引当額が減少したことなどによるものです。
                                 80/118








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        前連結会計年度(        2020年10月31日       )
                     1年超      2年超      3年超      4年超
               1年以内                              5年超
                     2年以内      3年以内      4年以内      5年以内             合計
               (千円)                              (千円)
                     (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
       税務上の繰越
                 86,386      19,395     643,967      113,296      319,850     1,773,599      2,956,495
       欠損金(※)
       評価性引当額         △51,937      △19,395     △643,967      △113,296      △319,850     △1,771,486      △2,919,933

       繰延税金資産          34,449        -      -      -      -     2,113      36,562

        (※)   税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。

        当連結会計年度(        2021年10月31日       )

                     1年超      2年超      3年超      4年超
               1年以内                              5年超
                     2年以内      3年以内      4年以内      5年以内             合計
               (千円)                              (千円)
                     (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
       税務上の繰越
                            113,276      320,094           1,383,535      3,120,589
                 19,395     643,967                  640,320
       欠損金(※)
                     △628,433      △113,276                 △1,383,535      △3,085,661

       評価性引当額            -               △320,094       △640,320
                 19,395      15,533        -                      34,928

       繰延税金資産                             -      -      -
        (※)   税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。

    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                                ( 2020年10月31日       )      ( 2021年10月31日       )
       法定実効税率
                                       -%             30.6%
       (調整)
        子会社の法人税率差異                               -            △5.0
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                               -            △25.6
                                                     1.2
        未実現利益に係る税効果未認識項目                               -
                                                     2.1
        外国源泉税                               -
                                                    26.7
        受取配当金連結消去影響額                               -
                                                   △20.9
        評価性引当額の増減                               -
        繰越欠損金                               -             0.9
        在外子会社等の留保利益                               -             3.4
                                       -             2.0
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                -             15.4
       (注)前連結会計年度は、税金等調整前当期純損失を計上しているため記載しておりません。
                                 81/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
      1.当該資産除去債務の概要
        アスベスト除去費用、PCB(ポリ塩化ビフェニル)除去費用、借地原状回復費用、土壌回復費用等です。
      2.当該資産除去債務の金額の算定方法

        使用見込期間を経過している為、合理的に見積もった除去費用の金額を計上しております。
      3.当該資産除去債務の総額の増減

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
       期首残高                        1,507,444千円                  122,028千円
       見積りの変更による増減額                         254,334                  1,214
       資産除去債務の履行による減少額                       △1,639,750                  △34,451
       期末残高                         122,028                 88,791
                                 82/118















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1.報告セグメントの概要
      当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
     営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
      当社は、製品別のセグメントから構成されており、光学ガラス素材、光学機器用レンズ材などの光学製品用途向け
     の製品群から構成される「光事業」と、半導体露光装置向け高均質ガラスや極低膨張ガラスセラミックス、石英ガラ
     スなどのエレクトロニクス製品用途向けの製品群から構成される「エレクトロニクス事業」の2つを報告セグメント
     としております。
    2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      (報告セグメントごとの利益又は損失に関する事項)
      報告セグメントの各項目の合計額は、連結貸借対照表又は連結損益計算書上のそれぞれの金額と一致しておりま
     す。
      報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
      (事業セグメントの利益又は損失、資産の測定方法の変更)

      第1四半期連結会計期間より、当社基幹システムの変更に伴い、一部の費用の配賦方法を各セグメントの実態に
     合った方法に変更しております。前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の利益又は損失、資産の測定
     方法に基づき作成したものを記載しております。
    3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

      前連結会計年度(自           2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
                                                  (単位:千円)
                          報告セグメント
                                            調整額      連結財務諸表
                                            (注)        計上額
                          エレクトロニク
                     光事業                計
                            ス事業
    売上高
     外部顧客への売上高

                     9,527,288        8,345,749       17,873,038            -    17,873,038
     セグメント間の内部
                        -        -        -        -        -
     売上高又は振替高
          計          9,527,288        8,345,749       17,873,038            -    17,873,038
                    △  977,295      △  747,388

    セグメント損失(△)                               △ 1,724,684           -   △ 1,724,684
    セグメント資産                26,466,423        17,126,633        43,593,056        6,028,218       49,621,275

    その他の項目

     減価償却費

                     1,107,697         683,937       1,791,634           -    1,791,634
     持分法適用会社への
                     1,524,592           -    1,524,592           -    1,524,592
     投資額
     有形固定資産及び
                      425,327        492,165        917,493          -     917,493
     無形固定資産の増加額
     (注) セグメント資産の「調整額」の額は、全社資産であり、その主なものは、親会社での余資運用資金(現金
        及び預金等)及び長期投資資金(投資有価証券等)であります。
                                 83/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2020年11月1日        至    2021年10月31日       )
                                                  (単位:千円)
                          報告セグメント
                                            調整額      連結財務諸表
                                            (注)        計上額
                          エレクトロニク
                     光事業                計
                            ス事業
    売上高
     外部顧客への売上高

                    13,943,941        9,577,995       23,521,936            -    23,521,936
     セグメント間の内部
                        -        -        -        -        -
     売上高又は振替高
          計          13,943,941        9,577,995       23,521,936            -    23,521,936
    セグメント利益                  745,905        622,360       1,368,266           -    1,368,266

    セグメント資産                29,906,562        16,866,438        46,773,001        6,833,057       53,606,059

    その他の項目

     減価償却費

                      809,315        473,612       1,282,927           -    1,282,927
     持分法適用会社への
                     1,763,865           -    1,763,865           -    1,763,865
     投資額
     有形固定資産及び
                      509,540        392,540        902,080          -     902,080
     無形固定資産の増加額
     (注) セグメント資産の「調整額」の額は、全社資産であり、その主なものは、親会社での余資運用資金(現金
        及び預金等)及び長期投資資金(投資有価証券等)であります。
                                 84/118













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    【関連情報】
      前連結会計年度(自           2019年11月1日        至   2020年10月31日       )
    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
                                                   (単位:千円)
         日本      中国     中華民國       アジア       北米      欧州      その他       合計
        8,590,077      2,348,806       966,090     2,200,231      1,707,640      2,040,375        19,815     17,873,038

        (注)    売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2)  有形固定資産

                                           (単位:千円)
          日本      中華民國        アジア        北米       欧州       合計
         12,206,799        2,450,604        824,031        41,623       374,553      15,897,612

    3.主要な顧客ごとの情報

                                      (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名               売上高        関連するセグメント名
                                光事業及び
          キヤノン株式会社               2,966,577
                                エレクトロニクス事業
      当連結会計年度(自           2020年11月1日        至   2021年10月31日       )

    1.製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
                                                   (単位:千円)
         日本      中国     中華民國       アジア       北米      欧州      その他       合計
               3,776,281      1,321,658             2,122,215              58,072

        11,523,102                   2,529,217             2,191,387             23,521,936
        (注)    売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2)  有形固定資産

                                           (単位:千円)
          日本      中華民國        アジア        北米       欧州       合計
                2,393,795                43,514       392,252      15,879,705

         12,206,155                843,988
    3.主要な顧客ごとの情報

                                      (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名               売上高        関連するセグメント名
                                光事業及び
          キヤノン株式会社               4,591,588
                                エレクトロニクス事業
                                 85/118



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      前連結会計年度(自           2019年11月1日        至   2020年10月31日       )
                                       (単位:千円)
                      エレクトロニクス
                光事業                 調整額        合計
                         事業
        減損損失        1,873,643          668,675          -     2,542,318
      当連結会計年度(自           2020年11月1日        至   2021年10月31日       )

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自           2019年11月1日        至   2020年10月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2020年11月1日        至   2021年10月31日       )

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前連結会計年度(自           2019年11月1日        至   2020年10月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2020年11月1日        至   2021年10月31日       )

       該当事項はありません。
                                 86/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
     関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
       前連結会計年度(自           2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
                  資本金又は           議決権等の所
        会社等の名               事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
     種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容          科目
        称又は氏名               又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                  (百万円)           割合(%)
                       光学機器・
                                                  売掛金    356,616
        キヤノン     東京都               (被所有)
                       事務機器の            当社製品の     光学ガラス
    主要株主               174,762                          2,433,998
                              直接  19.3
                       製造及び販            販売     等の販売
        株式会社     大田区
                                                  電子記
                                                      513,596
                       売
                                                  録債権
     (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま
         す。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          当社製品の販売についての価格、その他の取引条件は、市場価格、総原価などを勘案して交渉の上、
         決定しております。
       当連結会計年度(自           2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

                  資本金又は           議決権等の所
        会社等の名               事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
     種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容          科目
        称又は氏名               又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                  (百万円)           割合(%)
                       光学機器・
                                                  売掛金    541,069
        キヤノン     東京都               (被所有)
                       事務機器の            当社製品の     光学ガラス
    主要株主               174,762                          3,980,988
                              直接  19.3
                       製造及び販            販売     等の販売
        株式会社     大田区
                                                  電子記
                                                     1,273,695
                       売
                                                  録債権
     (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま
         す。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          当社製品の販売についての価格、その他の取引条件は、市場価格、総原価などを勘案して交渉の上、
         決定しております。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
       前連結会計年度(自           2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
                  資本金又は           議決権等の所
        会社等の名               事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
     種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容          科目
        称又は氏名               又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                  (百万円)           割合(%)
                       光学機器・
                                                  売掛金    67,676
        キヤノン     東京都               (被所有)
                       事務機器の            当社製品の     石英ガラス
    主要株主               174,762                           532,579
                              直接  19.3
                       製造及び販            販売     の販売
        株式会社     大田区
                                                  電子記
                                                      125,074
                       売
                                                  録債権
     (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま
         す。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          当社製品の販売についての価格、その他の取引条件は、市場価格、総原価などを勘案して交渉の上、
         決定しております。
       当連結会計年度(自           2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

                  資本金又は           議決権等の所
        会社等の名               事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
     種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容          科目
        称又は氏名               又は職業            との関係           (千円)        (千円)
                  (百万円)           割合(%)
                       光学機器・
                                                  売掛金    48,564
        キヤノン     東京都               (被所有)
                       事務機器の            当社製品の     石英ガラス
    主要株主               174,762                           610,600
                              直接  19.3
                       製造及び販            販売     の販売
        株式会社     大田区
                                                  電子記
                                                      208,877
                       売
                                                  録債権
     (注)   1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま
         す。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          当社製品の販売についての価格、その他の取引条件は、市場価格、総原価などを勘案して交渉の上、
         決定しております。
                                 87/118


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度

                         (自    2019年11月1日               (自    2020年11月1日
                          至   2020年10月31日       )         至   2021年10月31日       )
    1株当たり純資産額                            1,485.94円                  1,641.75円
    1株当たり当期純利益金額又は1株
                                △174.34円                   59.99円
    当たり当期純損失金額(△)
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2.株主資本において自己株式として計上されている株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が保有する当社
         の株式は、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式数から控除する自己株式に含めております(前連
         結会計年度88,500株、当連結会計年度76,000株)。また、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純
         損失金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前連結会計年度
         88,500株、当連結会計年度80,932株)。
       3.1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度            当連結会計年度

                                (自    2019年11月1日         (自    2020年11月1日
                                 至   2020年10月31日       )   至   2021年10月31日       )
        親会社株主に帰属する当期純利益金額又は親会社
                                                1,460,494
                                   △4,243,358
        株主に帰属する当期純損失金額(△)(千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                -            -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
        金額又は普通株式に係る親会社株主に帰属する当                           △4,243,358              1,460,494
        期純損失金額(△)(千円)
                                                24,346,518
        普通株式の期中平均株式数(株)                            24,339,041
      (重要な後発事象)

       1.株式給付信託(BBT)の追加拠出 
         当社は、2016年1月28日開催の第107期定時株主総会において株式給付信託(BBT)(以下本信託という)の
        導入が決議され、2021年12月7日開催の取締役会において、本信託に関する追加拠出を決議いたしました。
       (1)本信託について
         名称:株式給付信託(BBT)
         委託者:当社
         受託者:みずほ信託銀行株式会社
         受益者:取締役、専務執行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役員
             を退任した者のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たす者
         信託の種類:金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)
       (2)当社株式の取得内容
         取得する株式の種類:当社普通株式
         株式の取得資金として追加信託する金額:46,528,000円
         追加取得株式数:32,000株
         株式の取得方法:当社の自己株式処分を引き受ける方法により取得
         株式の取得日:2021年12月22日
       2.第三者割当による自己株式の処分

         当社は、2021年12月7日開催の取締役会において、下記のとおり、第三者割当による自己株式の処分(以
        下、「本自己株式処分」といいます。)を行うことについて決議いたしました。
       (1)処分要領
         処分期日:2021年12月22日
         処分株式数:普通株式32,000株
         処分価額:1株につき金1,454円
         資金調達の額:46,528,000円
         処分方法:第三者割当の方法によります。
         処分先:株式会社日本カストディ銀行(信託E口)
                                 88/118

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
         資金の使途:全額を払込期日以降の諸費用支払い等の運転資金として充当する予定です。
       (2)処分の目的及び理由
          当社は、2015年12月17日付で株式給付信託(BBT)の導入を公表し、その後、2016年1月28日開催の第107
         期定時株主総会において、役員報酬として決議されました。本自己株式処分は、本制度の運営にあたって当
         社株式の保有及び処分を行う株式会社日本カストディ銀行(信託E口)(本制度の受託者たるみずほ信託銀行
         株式会社から再信託を受けた再信託受託者)に対し、第三者割当により自己株式を処分するものでありま
         す。
       3.記載金額は、千円未満を切り捨てて表示しております。

                                 89/118

















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
         該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                              当期首残高       当期末残高       平均利率

               区分                                    返済期限
                              (千円)       (千円)       (%)
                               2,870,000
    短期借入金                                  2,580,000       年0.4       -
                                843,960

    1年以内に返済予定の長期借入金                                   472,757      年0.6       -
    1年以内に支払予定のリース債務                            306,260       724,243       -       -

                                                    2022年~
    長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           1,942,725       1,778,538       年0.7
                                                   2026年
                                                    2022年~
    リース債務(1年以内に支払予定のものを除く。)                           1,148,713        517,821       -
                                                   2032年
                                      6,073,361
                計               7,111,659               -       -
     (注)   1.平均利率には加重平均利率を記載しております。当該利率を算定する際の利率及び残高は期末時点のも
         のを使用しております。
       2.  リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配分しているため、「平均利率」
         を記載しておりません。
       3.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)及びリース債務(1年以内に支払予定のものを除く)
         の連結決算日後5年間の返済又は支払予定額は以下のとおりであります。なお、リース債務の支払予定
         額には残価保証額は含めておりません。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金              551,407          429,957          797,172            -
          リース債務              102,473          78,217          70,069          36,337

        【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、
        資産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 90/118









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
    (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

    売上高(千円)                  4,862,693         10,538,116          17,035,303          23,521,936

    税金等調整前四半期(当期)

                                          1,398,900          1,863,014
                        98,194         631,779
    純利益(千円)
    親会社株主に帰属する四半期

    (当期)純利益又は親会社株
                       △39,661          292,240          836,214         1,460,494
    主に帰属する四半期純損失
    (△)   (千円)
    1株当たり四半期(当期)純
                        △1.63          12.01                   59.99
    利益又は1株当たり四半期純                                        34.35
    損失(△)(円)
    (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

    1株当たり四半期純利益又は
                        △1.63          13.63
    1株当たり四半期純損失                                        22.34          25.64
    (△)(円)
                                 91/118














                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              3,517,540              3,500,131
                                     ※3  38,421            ※3  91,572
        受取手形
                                   ※1 ,※3  735,119          ※1 ,※3  1,619,504
        電子記録債権
                                    ※1  1,901,047            ※1  2,752,164
        売掛金
        商品及び製品                              1,277,208               871,671
        仕掛品                              3,214,874              3,251,382
        原材料及び貯蔵品                               604,536              574,490
        前払費用                                13,052              14,099
                                     ※1  145,313            ※1  129,033
        未収入金
        関係会社短期貸付金                               540,000              500,000
        関係会社立替金                               131,269               76,729
        その他                                6,760              6,110
                                        △ 466             △ 855
        貸倒引当金
        流動資産合計                              12,124,676              13,386,035
      固定資産
        有形固定資産
         建物                              939,831              943,417
         機械及び装置                              905,430              719,365
         車両運搬具                               3,461              4,534
         工具、器具及び備品                             8,441,757              8,541,678
         土地                               24,029              24,029
                                       354,187              479,815
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                            10,668,697              10,712,840
        無形固定資産
        ソフトウエア                                67,693              353,356
                                       358,933               7,100
        ソフトウエア仮勘定
         無形固定資産合計                              426,626              360,456
        投資その他の資産
         投資有価証券                             1,106,459              1,320,201
         関係会社株式                             3,563,864              4,172,352
         関係会社出資金                             1,235,910              1,235,910
         関係会社長期貸付金                             3,398,500              3,238,500
         関係会社長期立替金                             1,911,945              1,762,544
         長期前払費用                               3,988              1,593
         その他                               23,164              23,182
                                     △ 1,890,209             △ 1,865,895
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             9,353,622              9,888,388
        固定資産合計                              20,448,946              20,961,686
      資産合計                               32,573,623              34,347,721
                                 92/118






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形                                23,160              40,189
        電子記録債務                               256,657              380,076
                                     ※1  401,159            ※1  901,688
        買掛金
        短期借入金                              2,140,000              1,850,000
        1年内返済予定の長期借入金                               725,600              353,600
        リース債務                               197,498              597,595
                                     ※1  427,233            ※1  542,586
        未払金
        未払費用                               105,523              109,010
        未払法人税等                                  340             58,535
        預り金                                47,068              48,613
        賞与引当金                               173,513              372,596
        役員賞与引当金                                4,000              31,000
        環境対策引当金                                20,328                -
        固定資産購入支払手形                                68,245              79,167
        固定資産購入電子記録債務                               102,321               45,692
                                          -              347
        その他
        流動負債合計                              4,692,651              5,410,699
      固定負債
        長期借入金                              1,673,600              1,620,000
        リース債務                               610,679               35,315
        長期未払金                               146,590              120,450
        繰延税金負債                               494,261              368,670
        退職給付引当金                               925,454              982,790
        役員株式給付引当金                                80,841              77,796
        資産除去債務                                89,837              87,922
                                          76             1,500
        その他
        固定負債合計                              4,021,342              3,294,444
      負債合計                                8,713,993              8,705,144
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              5,855,000              5,855,000
        資本剰余金
         資本準備金                             7,930,598              7,930,598
                                        28,923              28,923
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                             7,959,521              7,959,521
        利益剰余金
         利益準備金                              125,000              125,000
         その他利益剰余金
          研究基金                             313,000              313,000
          固定資産圧縮積立金                             43,670              40,109
          別途積立金                           10,660,500               6,660,500
                                      △ 684,539             4,511,905
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                            10,457,630              11,650,515
        自己株式                             △ 1,503,314             △ 1,490,100
        株主資本合計                              22,768,837              23,974,936
      評価・換算差額等
                                      1,090,791              1,667,640
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                              1,090,791              1,667,640
      純資産合計                               23,859,629              25,642,577
     負債純資産合計                                 32,573,623              34,347,721
                                 93/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                    ※2  9,207,595           ※2  12,734,267
     売上高
                                    ※2  8,493,217           ※2  10,848,539
     売上原価
     売上総利益                                  714,377             1,885,728
                                    ※1  2,993,978            ※1  2,856,392
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                △ 2,279,600              △ 970,664
     営業外収益
                                     ※2  27,200            ※2  25,139
      受取利息
                                    ※2  1,054,188            ※2  1,701,268
      受取配当金
      固定資産売却益                                    -              336
      為替差益                                    -            31,057
      助成金収入                                 103,620               72,555
      保険金収入                                 106,672                 -
                                     ※2  156,367            ※2  121,362
      その他
      営業外収益合計                                1,448,049              1,951,718
     営業外費用
                                     ※2  21,164            ※2  22,424
      支払利息
                                      ※2  3,212            ※2  3,528
      試作品加工代
      固定資産除却損                                  2,790               443
      為替差損                                 29,160                -
                                      ※2  3,780             ※2  955
      その他
      営業外費用合計                                 60,108              27,351
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 891,659              953,702
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    -            129,969
                                     ※4  97,118            ※4  24,313
      貸倒引当金戻入額
      特別利益合計                                 97,118              154,283
     特別損失
                                    ※3  1,996,339
      減損損失                                                  -
                                    ※5  1,141,719
      関係会社株式評価損                                                  -
                                     ※6  300,516
                                                        -
      貸倒引当金繰入額
      特別損失合計                                3,438,575                  -
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                △ 4,233,117              1,107,986
     法人税、住民税及び事業税
                                        42,255              45,311
                                       △ 1,514            △ 374,485
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   40,741             △ 329,174
     当期純利益又は当期純損失(△)                                △ 4,273,858              1,437,160
                                 94/118







                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                    (単位:千円)

                                   株主資本
                           資本剰余金                   利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                 資本金
                           その他資本剰     資本剰余金合
                      資本準備金                利益準備金
                                                 固定資産
                            余金      計
                                            研究基金          別途積立金
                                                圧縮積立金
    当期首残高            5,855,000     7,930,598       28,923    7,959,521      125,000     313,000      47,107    10,660,500
    当期変動額
     別途積立金の取崩                               -
     固定資産圧縮積立金の
                                    -              △ 3,437
     取崩
     剰余金の配当                               -
     当期純利益又は当期純損
                                    -
     失(△)
     自己株式の取得                               -
     自己株式の処分                               -
     株主資本以外の項目の
                                    -
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               -     -     -     -     -     -   △ 3,437       -
    当期末残高            5,855,000     7,930,598       28,923    7,959,521      125,000     313,000      43,670    10,660,500
                         株主資本                 評価・換算差額等

                   利益剰余金
                                                       純資産
                                       その他
                その他利益剰
                                 株主資本          繰延ヘッジ損      評価・換算
                                                       合計
                           自己株式           有価証券
                  余金
                      利益剰余金
                                  合計           益    差額等合計
                                      評価差額金
                       合計
                 繰越利益
                 剰余金
    当期首残高            3,952,294     15,097,902     △ 1,503,277     27,409,146      1,900,894        -  1,900,894     29,310,041
    当期変動額
     別途積立金の取崩                    -           -                -     -
     固定資産圧縮積立金の
                  3,437       -           -                -     -
     取崩
     剰余金の配当            △ 366,413     △ 366,413          △ 366,413                  -  △ 366,413
     当期純利益又は当期純損
                △ 4,273,858     △ 4,273,858          △ 4,273,858                   -  △ 4,273,858
     失(△)
     自己株式の取得                    -     △ 37     △ 37                -     △ 37
     自己株式の処分                    -           -                -     -
     株主資本以外の項目の
                         -           -  △ 810,102       -  △ 810,102     △ 810,102
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計            △ 4,636,834     △ 4,640,271       △ 37  △ 4,640,308     △ 810,102       -  △ 810,102    △ 5,450,411
    当期末残高            △ 684,539    10,457,630     △ 1,503,314     22,768,837      1,090,791        -  1,090,791     23,859,629
                                 95/118






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     当事業年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                    (単位:千円)

                                   株主資本
                           資本剰余金                   利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                 資本金
                           その他資本剰     資本剰余金合
                      資本準備金                利益準備金
                                                 固定資産
                            余金      計
                                            研究基金          別途積立金
                                                圧縮積立金
    当期首残高            5,855,000     7,930,598       28,923    7,959,521      125,000     313,000      43,670    10,660,500
    当期変動額
     別途積立金の取崩                               -                  △ 4,000,000
     固定資産圧縮積立金の
                                    -              △ 3,560
     取崩
     剰余金の配当                               -
     当期純利益又は当期純損
                                    -
     失(△)
     自己株式の取得                               -
     自己株式の処分                               -
     株主資本以外の項目の
                                    -
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               -     -     -     -     -     -   △ 3,560   △ 4,000,000
    当期末残高            5,855,000     7,930,598       28,923    7,959,521      125,000     313,000      40,109    6,660,500
                         株主資本                 評価・換算差額等

                   利益剰余金
                                                       純資産
                                       その他
                その他利益剰
                                 株主資本          繰延ヘッジ損      評価・換算
                                                       合計
                           自己株式           有価証券
                  余金
                      利益剰余金
                                  合計           益    差額等合計
                                      評価差額金
                       合計
                 繰越利益
                 剰余金
    当期首残高            △ 684,539    10,457,630     △ 1,503,314     22,768,837      1,090,791        -  1,090,791     23,859,629
    当期変動額
     別途積立金の取崩            4,000,000        -           -                -     -
     固定資産圧縮積立金の
                  3,560       -           -                -     -
     取崩
     剰余金の配当            △ 244,275     △ 244,275          △ 244,275                  -  △ 244,275
     当期純利益又は当期純損
                 1,437,160     1,437,160           1,437,160                   -  1,437,160
     失(△)
     自己株式の取得                    -    △ 188     △ 188                 -    △ 188
     自己株式の処分                    -    13,401     13,401                  -    13,401
     株主資本以外の項目の
                         -           -   576,848       -   576,848     576,848
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計            5,196,445     1,192,885       13,213    1,206,098      576,848       -   576,848     1,782,947
    当期末残高            4,511,905     11,650,515     △ 1,490,100     23,974,936      1,667,640        -  1,667,640     25,642,577
                                 96/118






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1.資産の評価基準及び評価方法
      ① 子会社株式及び関連会社株式 
       移動平均法による原価法 
      ② その他有価証券
       時価のあるもの
        期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
       り算定)
       時価のないもの
        移動平均法による原価法
      ③ デリバティブ
       時価法
      ④ たな卸資産
       総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
    2.固定資産の減価償却の方法

      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
        法人税法に規定する耐用年数に基づく定率法によっております。但し、建物(建物附属設備を除く)並びに
       2016年4月1日以降取得した建物附属設備及び構築物については定額法によっております。
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
        自社利用のソフトウエアについては、見込利用可能期間(5年以内)に基づく定額法によっております。
      ③ リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(残価保証がある場合は、残価保証額)とする定額法を採用して
        おります。
    3.引当金の計上基準

      ① 貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      ② 賞与引当金
        執行役員及び従業員の賞与支給に充てるため、支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しておりま
       す。
      ③ 役員賞与引当金
        役員賞与の支払に充てるため、支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しております。
      ④ 退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度の末日における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当
       事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。
       イ.退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給
        付算定式基準によっております。
                                 97/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
       ロ.数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による
        定額法により費用処理しております。
         数理計算上の差異については、従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により、
        それぞれ発生の翌事業年度から費用処理することとしております。
      ⑤ 役員株式給付引当金
        役員株式給付規程に基づく役員への当社株式の給付に備えるため、当事業年度末における株式給付債務の見込
       額に基づき計上しております。
      ⑥ 環境対策引当金
        PCB(ポリ塩化ビフェニル)の処分等に係る支出に備えるため、今後発生すると見込まれる額を計上しておりま
       す。
    4.重要なヘッジ会計の方法

      ① ヘッジ会計の方法
        繰延ヘッジ処理によっております。
        また、特例処理の要件を満たす金利スワップについては、時価評価せず借入金の支払利息に加減する処理に
       よっております。
      ② ヘッジ手段とヘッジ対象
        予定取引により発生が見込まれる外貨建取引について為替予約、借入金の利息について金利スワップをそれぞ
       れヘッジ手段として利用しております。
      ③ ヘッジ方針
        将来の為替及び金利の市場変動リスクをヘッジする方針であり、投機的な取引及び短期的な売買損益を得る目
       的でのデリバティブ取引は行っておりません。
      ④ ヘッジの有効性評価の方法
        ヘッジ手段とヘッジ対象の変動率が同一であることから、ヘッジ開始時及びその後も継続して双方の相場変動
       が相殺されるため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
                                 98/118











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    5.その他財務諸表作成のための基本となる事項
      ① 消費税等の会計処理
        税抜方式を採用しております。
      ② 退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表における
       これらの会計処理の方法と異なっております。
      ③ 関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続
        株式給付信託(BBT) 
          当社は、2016年1月28日開催の第107期定時株主総会決議に基づき、2016年3月18日より、取締役、専務執
         行役員及び常務執行役員(いずれも取締役である者を除く)、並びに上級執行役員を退任した者のうち役員
         株式給付規程に定める受益者要件を満たすもの(以下、「対象役員」という。)に対する新たな業績連動型
         株式報酬制度として「株式給付信託(BBT)」(以下、「本制度」という。)を導入しております。
       イ.取引の概要
          本制度は、予め当社が定めた役員株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした当社の対象役員に対し、
         当社株式を給付する仕組みです。
          当社は、対象役員に対し当該事業年度における報酬月額、業績達成度等に応じてポイントを付与し、役員
         退任時に確定したポイントに応じた当社株式を給付します。対象役員に対し給付する株式については、予め
         信託設定した金銭により将来分も含め取得し、信託財産として分別管理するものとします。
          当該取引については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」
         (実務対応報告第30号 2015年3月26日)に準じて、総額法を適用しております。
       ロ.信託に残存する自社の株式
          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随する費用の金額を除く。)により、純資産の部
         に自己株式として計上しております。当事業年度度末における当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、
         81,483千円     及び76,000株であります。
                                 99/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (重要な会計上の見積り)
       会計上の見積りにより、翌事業年度に係る財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりであ
      ります。
       ・固定資産の減損について
     (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
       有形固定資産 10,712,840千円
       無形固定資産           360,456千円
       減損損失                       -千円
     (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
      ① 算出方法及び主要な仮定
       資産グループに減損の兆候が存在する場合には、当該資産グループにおいて減損の認識の判定及び測定を実施し
      ております。
       減損損失の認識の判定及び使用価値の算出において用いられる将来キャッシュ・フローは、翌事業年度以降の事
      業計画の前提となった数値に基づき、経営環境等の外部要因に関連する情報や当社企業グループが用いている内部
      の情報と整合するように調整し、それまでの実績に基づく趨勢を踏まえた合理的な一定の仮定をおいて算定してお
      ります。また割引率についても一定の仮定に基づき設定しております。さらに売却見込額等の一定の仮定に基づい
      たものを正味売却価額としております。これらは将来市場や経済情勢の予測により影響を受け、重要な不確実性を
      伴っています。
       減損の兆候が存在すると判断した資産グループは、当社光事業及びエレクトロニクス事業に係る工場設備(汎用
      ガラス熔解設備)、並びにエレクトロニクス事業に係る特殊ガラス専用熔解設備であります。
       当社光事業及びエレクトロニクス事業に係る工場設備(汎用ガラス熔解設備)については、当事業年度末におい
      て各グループの割引前将来キャッシュ・フローが帳簿価額を上回っているため減損損失を認識しておりません。エ
      レクトロニクス事業に係る特殊ガラス専用熔解設備については、固定資産の正味売却価額が帳簿価額を上回ってい
      るため減損損失を計上しておりません。
      ② 翌期以降の財務諸表に与える影響
       将来の経営環境の変化などにより、将来キャッシュ・フローの見積額と実績に乖離が生じた場合、また市況の変
      化などにより、将来の処分価額が変動した場合には、翌事業年度以降の減損損失の判定において重要な影響を与え
      る可能性があります。
      (会計方針の変更)

      (たな卸資産の評価方法の変更)
       当社の貯蔵品の評価方法は、従来、移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下
      げの方法により算定)を採用しておりましたが、当事業年度の期首より総平均法による原価法(貸借対照表価額は
      収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)に変更しております。
       この変更は、基幹システムの変更を契機として、これに適するたな卸資産の評価方法の変更を採用したことによ
      るものであります。
       なお、この会計方針の変更による影響額は軽微であるため、遡及適用は行っておりません。
      (表示方法の変更)

      (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
       「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                               2020年3月31日)を当事業年度              の年度末に係る
      財務諸表から      適用し、財務諸表に会計上の見積りに関する注記を記載しております。
       ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に
      係る内容については記載しておりません。
                                100/118





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (追加情報)
      (新型コロナウイルス感染症の影響について)
       連結財務諸表「注記事項(追加情報)」に同一の内容を記載しておりますので、注記を省略しております。
      (関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続)

       「 会計方針の開示、会計上の変更及び誤                  謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)
      を 当事業年度     の年度末に係る財務諸表から適用し、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会
      計処理の原則及び手続」を開示しております。
                                101/118


















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
    ※1.関係会社項目
       関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分掲記したものを除く)
                               前事業年度                当事業年度

                             ( 2020年10月31日       )       ( 2021年10月31日       )
        短期金銭債権                           1,457,425千円                2,420,320千円
        短期金銭債務                            183,953                524,523
     2.保証債務

       次の関係会社について、金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                               前事業年度                当事業年度

                             ( 2020年10月31日       )       ( 2021年10月31日       )
        ㈱オーピーシー(借入債務)                            30,000千円                30,000千円
    ※3.期末日満期手形等

       期末日満期手形等の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、前事業年度及び
      当事業年度末日が金融機関の休日であったため、次の事業年度末日満期手形等が事業年度末残高に含まれておりま
      す。
                               前事業年度                当事業年度

                             ( 2020年10月31日       )       ( 2021年10月31日       )
        受取手形                              749千円               1,591千円
        電子記録債権                            26,463                1,898
      (損益計算書関係)

    ※1.販売費に属する費用の割合は前事業年度約5%、当事業年度約8%、一般管理費に属する費用の割合は前事業年
      度約95%、当事業年度約92%であります。主な費目及び金額は次のとおりです。
                               前事業年度                当事業年度

                            (自    2019年11月1日             (自    2020年11月1日
                             至   2020年10月31日       )      至   2021年10月31日       )
        給料手当                            639,635    千円            648,297    千円
        賞与引当金繰入額                            88,419               176,897
        環境対策引当金繰入額                              12              △ 364
        役員株式給付引当金繰入額                            10,631                10,484
        役員賞与引当金繰入額                             2,800               30,200
        貸倒引当金繰入額                             △ 117                389
        退職給付費用                            58,649                70,685
        研究開発費                            947,295                535,378
    ※2.関係会社との取引高

                               前事業年度

                                               当事業年度
                            (自    2019年11月1日
                                            (自    2020年11月1日
                             至   2020年10月31日       )
                                             至     2021年10月31日       )
        売上高                           5,471,958千円                7,967,802千円
                                                  3,198,583
        仕入高                           1,673,238
                                                  1,794,233
        営業取引以外の取引高                           1,138,591
                                102/118




                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    ※3.減損損失
       前事業年度(自         2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
        当社は、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
       場          所              用       途           種       類           減 損 損 失 額
                                建物             894,831千円
                                機械及び装置             770,710千円
        当社本社工場
                    光事業及びエレクトロ
                                車両運搬具              1,397千円
                    ニクス事業に係る工場
         (神奈川県相模原市中央
                                工具、器具及び備品             296,945千円
                    設備
        区)
                                建設仮勘定              15,341千円
                                ソフトウエア              17,113千円
     (資産のグルーピングの方法)
      事業用資産については、継続的に収支の管理を行っている管理会計上の区分に基づき、遊休資産については個別単
     位毎に、資産のグルーピングを行っております。また、本社、福利厚生施設等については、独立したキャッシュ・フ
     ローを生み出さないことから共用資産としてグルーピングしております。
     (減損損失に至った経緯等)

      当社本社工場における光事業及びエレクトロニクス事業に係る工場設備については、営業活動から生じる損益が継
     続してマイナスであり、減損の兆候が認められたことから、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、減損損
     失1,996,339千円を特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、売却見込
     額等に基づき評価しております。
       当事業年度(自         2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

        該当事項はありません。
                                103/118












                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
    ※4.貸倒引当金戻入額
       前事業年度(自         2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
        連結子会社である株式会社オハラ・クオーツに対するものであります。
       当事業年度(自         2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

        連結子会社である足柄光学株式会社に対するものであります。
    ※5.関係会社株式評価損

       前事業年度(自         2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
        連結子会社である台湾小原光学材料股份有限公司に対するものであります。
       当事業年度(自         2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

        該当事項はありません。
    ※6.貸倒引当金繰入額

       前事業年度(自         2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
        連結子会社である足柄光学株式会社に対するものであります。
       当事業年度(自         2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

        該当事項はありません。
                                104/118













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社オハラ(E01170)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
       子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
     (注) 時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額

                                                  (単位:千円)
                              前事業年度                当事業年度
               区分
                            ( 2020年10月31日       )        ( 2021年10月31日       )
         関係会社株式                          2,182,809                2,182,809
                                                   1,235,910

         関係会社出資金                          1,235,910
                                                   3,418,719

               合計                    3,418,719
      (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度             当事業年度
                                 ( 2020年10月31日       )     ( 2021年10月31日       )
       繰延税金資産
        退職給付引当金                             283,003千円             300,537千円
                                                   113,939
        賞与引当金                              53,060
                                                   503,198
        減損損失                             610,651
    &n