株式会社カナモト 有価証券報告書 第57期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)

提出書類 有価証券報告書-第57期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)
提出日
提出者 株式会社カナモト
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年1月27日
     【事業年度】                   第57期(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
     【会社名】                   株式会社カナモト
     【英訳名】                   Kanamoto     Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  金本 哲男
     【本店の所在の場所】                   札幌市中央区大通東3丁目1番地19
     【電話番号】                   011-209-1600
     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員経理部長  廣瀨 俊
     【最寄りの連絡場所】                   札幌市中央区大通東3丁目1番地19
     【電話番号】                   011-209-1600
     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員経理部長  廣瀨 俊
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         証券会員制法人札幌証券取引所
                         (札幌市中央区南1条西5丁目14番地の1)
                                 1/99












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第53期       第54期       第55期       第56期       第57期
            決算年月             2017年10月       2018年10月       2019年10月       2020年10月       2021年10月

                           158,428       168,188       180,694       179,053       189,416
     売上高              (百万円)
                           17,193       17,925       18,277       14,268       15,391
     経常利益              (百万円)
     親会社株主に帰属する当期純
                           10,744       11,857       11,430        8,466       8,907
                   (百万円)
     利益
                           11,966       12,208       11,770        8,936       11,174
     包括利益              (百万円)
                           91,788       102,031       121,779       126,188       134,917
     純資産額              (百万円)
                           227,155       241,374       268,182       301,533       303,754
     総資産額              (百万円)
                          2,440.41       2,707.49       2,981.68       3,150.30       3,357.10
     1株当たり純資産額               (円)
                           304.05       335.54       295.30       221.45       235.55
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)          -       -       -       -       -
     期純利益
                            38.0       39.6       43.1       39.5       41.8
     自己資本比率               (%)
                            13.2       13.0       10.8        7.2       7.2
     自己資本利益率               (%)
                            12.19       11.24        9.87       9.70       10.33
     株価収益率               (倍)
     営業活動によるキャッシュ・
                           37,788       35,421       39,146       40,701       39,351
                   (百万円)
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (百万円)        △ 4,747      △ 6,980      △ 5,989      △ 14,040       △ 3,373
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                   (百万円)        △ 30,960      △ 26,858      △ 26,740      △ 22,204      △ 28,794
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                           35,160       36,733       43,511       48,023       55,557
                   (百万円)
     高
                            3,038       3,135       3,281       3,676       3,793
     従業員数               (人)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第55期の期首
           から適用しており、第53期及び第54期の連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等
           を遡って適用した後の指標等となっております。
         4.第57期において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第56期の関連する主要な経営指標
           等については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額
           によっております。
                                 2/99






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第53期       第54期       第55期       第56期       第57期
            決算年月             2017年10月       2018年10月       2019年10月       2020年10月       2021年10月

                          107,277       113,990       121,965       118,654       117,687
     売上高              (百万円)
                           12,521       12,971       12,451        8,702       8,471
     経常利益              (百万円)
                           8,553       9,529       8,400       5,856       5,392
     当期純利益              (百万円)
                           13,652       13,652       17,829       17,829       17,829
     資本金              (百万円)
                           36,092       36,092       38,742       38,742       38,742
     発行済株式総数              (千株)
                           79,048       86,288       102,823       103,802       107,480
     純資産額              (百万円)
                          183,979       193,459       214,065       232,009       229,544
     総資産額              (百万円)
                          2,236.87       2,441.74       2,654.26       2,745.86       2,842.10
     1株当たり純資産額               (円)
                           50.00       60.00       65.00       65.00       70.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当額)                      ( 15.00   )    ( 20.00   )    ( 25.00   )    ( 25.00   )    ( 25.00   )
                           242.05       269.66       217.03       153.18       142.61
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益
                            43.0       44.6       48.0       44.7       46.8
     自己資本比率               (%)
                            11.4       11.5        8.9       5.7       5.1
     自己資本利益率               (%)
                           15.31       13.98       13.44       14.02       17.07
     株価収益率               (倍)
                            20.7       22.3       29.9       42.4       49.1
     配当性向               (%)
                           1,802       1,865       1,939       1,999       2,016
     従業員数               (人)
                           148.7       153.7       122.4        94.6       108.7
     株主総利回り               (%)
     (比較指標:配当込みTOP
                    (%)       ( 129.4   )    ( 123.2   )    ( 128.0   )    ( 124.3   )    ( 160.8   )
     IX)
     最高株価               (円)        4,140       4,150       4,135       3,340       2,938
     最低株価               (円)        2,220       3,050       2,331       1,735       2,140

     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第55期の期首
           から適用しており、第53期及び第54期の事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を
           遡って適用した後の指標等となっております。
                                 3/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
      年月                           事項
     1964年10月      北海道室蘭市に株式会社金本商店を設立、一般鋼材・製鉄原料・機械類の販売と建設用機械のレンタル
           を開始
     1971年10月      北海道苫小牧市に苫小牧出張所(現・レンタル事業部北海道地区苫小牧営業所、鉄鋼事業部苫小牧事業
           所)を開設、北海道地区における店舗展開を開始
     1972年12月      社名を株式会社カナモトに変更
     1979年9月      青森県上北郡に八戸支店(現・八戸機械整備センター)を開設、東北地区における店舗展開を開始
     1980年11月      株式額面金額500円を50円に変更するため、株式会社室蘭鋼業(本社 北海道室蘭市)と合併
     1983年7月      千葉県袖ヶ浦市に千葉営業所(現・袖ヶ浦営業所)を開設、関東甲信越地区における店舗展開を開始
     1983年9月      北海道苫小牧市に情報機器事業部を開設、コンピュータ・マイクロデバイス等の取扱いを開始
     1985年11月      経営戦略の要である全店オンラインネットワークが完成
     1991年6月      札幌証券取引所に上場
     1994年7月      大阪府東大阪市に大阪営業所(現・大阪東営業所)を開設、西日本地区における店舗展開を開始
     1996年3月      東京証券取引所市場第二部に上場
     1996年6月      本社機能を北海道室蘭市から札幌市中央区に移転
     1998年4月      東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
     1999年7月      ㈱アシスト(現・連結子会社)の株式取得
     2000年10月      ㈱カナテック(現・連結子会社)の株式取得
     2001年11月      第一機械産業㈱(現・連結子会社)の株式取得
     2004年9月      ㈱カンキ(現・連結子会社)の株式取得
     2007年2月      ㈱九州建産(現・連結子会社)の株式取得
     2008年7月      東洋工業㈱(現・連結子会社)の株式取得
     2008年11月      ㈱KGマシナリー(現・㈱KGフローテクノ、連結子会社)の株式取得
     2012年6月      ユナイト㈱(現・連結子会社)の株式取得
     2014年3月      ㈱KGフローテクノが中国上海市に上海可基机械                      设备  有限公司(現・非連結子会社)を設立
     2014年7月      ㈱朝日レンタックス(現・関連会社)の株式取得
     2015年1月      インドネシアに設立したPT             KANAMOTO     INDONESIA(現・非連結子会社)が営業を開始
     2015年6月      ベトナムにFECON・HASSYUとの共同出資によりKANAMOTO                          FECON   HASSYU    CONSTRUCTION       EQUIPMENT     RENTAL
           JSC(現・非連結子会社)を設立、営業を開始
     2015年7月      タイに設立したSIAM          KANAMOTO     CO.,LTD.(現・非連結子会社)が営業を開始
     2015年10月      フィリピンにKILTON          INVESTMENTS      HOLDINGS     CO.,INC.との共同出資により設立したKNK                   MACHINERY     &
           EQUIPMENT     CORPORATION(現・関連会社)が営業を開始
     2016年3月      ㈱ニシケン(現・連結子会社)の株式取得
     2017年7月      タイにSK     ADMINISTRATION        SERVICE(THAILAND)CO.,LTD.(現・非連結子会社)を設立
     2017年8月      東友エンジニアリング㈱(現・関連会社)及び名岐エンジニアリング㈱(現・関連会社)の株式取得
     2017年12月      中国上海市に設立した卡           纳 磨拓(中国)投      资 有限公司(現・連結子会社)が営業を開始
     2018年2月      ㈱ニシケンがケアウェル安心㈱(現・非連結子会社)の株式取得
     2018年7月      福岡県筑後市に九州総合機材センター、福岡市東区に福岡営業所を開設、九州地区における店舗展開を
           開始
     2018年8月      ㈱サンワ機械リース(現・非連結子会社)の株式取得
     2018年11月      マレーシアに設立したKANAMOTO               & JP  NELSON    EQUIPMENT(M)       SDN.BHD.(現・非連結子会社)が営業を開
           始
     2019年9月      ㈱小松土木通商(現・非連結子会社)の株式取得に伴い、セフティー石川㈱(現・非連結子会社)も子
           会社化
     2019年12月      ㈱アシストが㈱コムサプライの株式取得
     2020年9月      ㈱ソーキホールディングス(現・連結子会社)の株式取得に伴い、㈱ソーキ(現・連結子会社)・㈱
           ソーキ販売(現・非連結子会社)も子会社化
     2020年10月      オーストラリアに設立したKANAMOTO                 AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTD(現・連結子会社)がMADICA               PTY
           LTD(現・連結子会社)・PORTER               GROUP   NOMINEES     PTY  LTD(現・連結子会社)・PORTER               UTILITIES
           HOLDINGS     PTY  LTD(現・連結子会社)の株式取得に伴い、PORTER                        EXCAVATIONS      PTY.LTD.(現・連結子
           会社)・PORTER        UTILITIES     PTY  LTD(現・連結子会社)も子会社化
     2021年4月      ㈱アシストが㈱コムサプライを吸収合併
                                 4/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
        当社グループは当社、連結子会社18社、非連結子会社11社、関連会社4社の計34社で構成されております。
        主な事業内容と当社グループ各社の位置づけは次のとおりであります。
      <建設関連>

        当社グループは国内・海外において、下表のとおり主に建設機械のレンタル・販売等の建設関連事業を展開してお
      ります。
          国名               会社名                     主な事業内容
                ㈱カナモト、㈱カンキ、㈱九州建産、第一
                機械産業㈱、㈱ニシケン、㈱小松土木通                     建設機械のレンタル・販売
                商、㈱サンワ機械リース
                ㈱アシスト、セフティー石川㈱、㈱朝日レ
                                     什器備品・保安用品等のレンタル・販売
                ンタックス
                ㈱カナテック                     仮設ユニットハウスの設計・販売
                                     地盤改良工事や地下構造物建築などに利用され
                ㈱KGフローテクノ
                                     る特殊機械のレンタル・設計製造販売
       日本
                ㈱ソーキホールディングス、㈱ソーキ、㈱                     一般計測機器のレンタル・販売、自動測量等の
                ソーキ販売                     システム構築・レンタル・販売
                東洋工業㈱                     シールド工法関連の周辺機器のレンタル・販売
                ユナイト㈱                     道路建設機械のレンタル・販売、道路工事施工
                東友エンジニアリング㈱                     トンネル工事専用機材のレンタル・販売
                                     吹き付けコンクリートプラントの設計・製作・
                名岐エンジニアリング㈱
                                     レンタル・販売
                KANAMOTO     AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTD
                MADICA    PTY  LTD
                PORTER    EXCAVATIONS      PTY.LTD.
                                     車輛・建設機械のレンタル・販売、土木工事、
       オーストラリア
                PORTER    GROUP   NOMINEES     PTY  LTD        ガス管敷設工事
                PORTER    UTILITIES     HOLDINGS     PTY  LTD
                PORTER    UTILITIES     PTY  LTD
                卡 纳 磨拓(中国)投      资 有限公司            建設機械のレンタル・販売
       中国
                                     環境保全設備や地下工事用建設機械のレンタ
                上海可基机械      设备  有限公司
                                     ル、設計・製造
                KANAMOTO     FECON   HASSYU    CONSTRUCTION
       ベトナム                              建設機械のレンタル・販売
                EQUIPMENT     RENTAL    JSC
                KANAMOTO     & JP  NELSON    EQUIPMENT     (M)
       マレーシア                              建設機械のレンタル・販売
                SDN.BHD.
                PT  KANAMOTO     INDONESIA
       インドネシア                              建設機械の輸入販売
                SIAM   KANAMOTO     CO.,LTD.
                                     建設機械のレンタル・販売
       タイ
                SK  ADMINISTRATION        SERVICE    (THAILAND)
                                     事務管理業務代行
                CO.,LTD.
                KNK  MACHINERY&EQUIPMENT          CORPORATION
       フィリピン                              建設機械のレンタル・販売
        グループ各社は当社から必要に応じてレンタル用資産を借り受けております。また、当社は必要に応じて、グルー

      プ各社からレンタル用資産を借り受けて他社へレンタルを行っております。
      <その他>

        その他の事業では、鉄鋼関連事業、情報関連事業及び福祉関連事業などを行っております。
        鉄鋼関連事業は当社において、鉄鋼製品など建築用資材の販売を行っております。また、情報関連事業は当社にお
      いて、ワークステーション、PCサーバーなどのコンピュータ及び周辺機器等のレンタル・販売を行っております。
      福祉関連事業は、㈱ニシケン、ケアウェル安心㈱において、介護用品のレンタル・販売を行っております。
                                 5/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        事業系統図は次のとおりであります。
                                 6/99




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
        連結子会社
                                        議決権の
                          資本金      主要な事業
         名称          住所                     所有割合           関係内容
                         (百万円)        の内容
                                        (%)
                                              同社の建設用機械を必要に応
     ㈱カンキ          神戸市須磨区             99    建設関連         94.4    じ借り受けている。
                                              役員の兼任等……有
                                              同社の建設用機械を必要に応
     ㈱九州建産          福岡市東区             70    建設関連         90.1    じ借り受けている。
                                              役員の兼任等……有
                                              同社から建設用機械を仕入れ
     ㈱KGフローテクノ          東京都港区             20    建設関連         100.0     ている。
                                              役員の兼任等……有
                                              同社から計測機器を必要に応
     ㈱ソーキ          大阪市西区             20    建設関連        (100.0)      じて借り受けている。
                                              役員の兼任等……有
                                              同社の建設用機械を必要に応
     第一機械産業㈱          鹿児島県鹿屋市             20    建設関連         100.0     じ借り受けている。
                                              役員の兼任等……有
                                              同社の建設用機械を必要に応
     東洋工業㈱          東京都港区             31    建設関連         100.0     じ借り受けている。
                                              役員の兼任等……有
                                              同社の建設用機械を必要に応
     ㈱ニシケン                           建設関連・
               福岡県久留米市            1,049               77.6    じ借り受けている。
     (注)5                            その他
                                              役員の兼任等……有
                                              同社の建設用機械を必要に応
     ユナイト㈱
               東京都中央区            1,144      建設関連         66.9    じ借り受けている。
     (注)6
                                              役員の兼任等……有
     KANAMOTO     AUSTRALIA
               オーストラリア
     HOLDINGS     PTY  LTD               5,687      建設関連         100.0     役員の兼任等……有
               バララット
     (注)7
     PORTER    EXCAVATIONS
               オーストラリア
                             0    建設関連        (100.0)      役員の兼任等……有
               バララット
     PTY.LTD.
     卡納磨拓(中国)投
     資有限公司          中国上海市            2,376      建設関連         100.0     役員の兼任等……有
     (注)7
     その他7社

     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

         2.上記子会社は、有価証券届出書または有価証券報告書を提出しておりません。
         3.連結財務諸表に重要な影響を与えている債務超過会社はありません。
         4.議決権の所有割合の(              )内は、間接所有割合で内数であります。
         5.㈱ニシケンについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%
           を超えております。
                    (1)  売上高
           主要な損益情報等                     21,534百万円
                    (2)  経常利益
                                 2,082百万円
                    (3)  当期純利益
                                 1,371百万円
                    (4)  純資産額
                                15,718百万円
                    (5)  総資産額
                                29,282百万円
         6.ユナイト㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%
           を超えております。
                    (1)  売上高
           主要な損益情報等                     26,939百万円
                    (2)  経常利益
                                 2,448百万円
                    (3)  当期純利益
                                 1,699百万円
                    (4)  純資産額
                                13,096百万円
                    (5)  総資産額
                                24,938百万円
         7.特定子会社に該当しております。
                                 7/99


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2021年10月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                 3,269

     建設関連
                                                  319
     その他
                                                  205
     全社(共通)
                                                 3,793

                 合計
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む)であり、嘱託を含めておりません。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2021年10月31日現在
        従業員数(人)              平均年令(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
          2,016              38.5              11.3               5,181,159
                                                  2021年10月31日現在

              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                 1,771

     建設関連
                                                  40
     その他
                                                  205
     全社(共通)
                                                 2,016

                 合計
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者は除き、社外から当社への出向者を含む)であり、嘱託を含
           めておりません。
         2.平均年間給与は、税込支払給与額であり、基準内賃金、時間外勤務手当等の基準外賃金及び賞与を含めてお
           ります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (3)労働組合の状況

         当社グループには、労働組合はありませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 8/99








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり、当該有価証券報告
     書に記載された将来に関する事項については、その達成を保証するものではありません。
      (1)経営方針

          当社グループでは、「顧客の利益が我々の利益である」ことを念頭に、常に変革を求めて会社の活性化を図
         り、持続的に事業を推し進めることが株主をはじめとするステークホルダー全ての期待に応え、利益の拡大につ
         ながるものと考えております。そして、このことを通じ、社会に貢献できる企業集団となることを目標にグルー
         プ運営を実践しております。
      (2)経営戦略等

          当社グループは、2020年10月期から中期経営計画「Creative                            60」に取り組んでいます。当計画における重点
         施策である「国内営業基盤の拡充」、「海外展開」、「内部オペレーションの最適化」を着実に遂行することで
         継続的成長を実現し、これまで築き上げてきた基盤とグループ力を最大限に発揮しながら、確固とした「カナモ
         トブランド」を確立してまいります。また、気候変動を含む環境課題への対応を重要な経営課題の一つと認識
         し、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)へ賛同を表明し、「TCFDコンソーシアム」に加入し
         ました。
          今後はAIなどの技術発展により、産業構造が大きく変化していくことが予測されます。その変化にただ対応
         したり追随したりするだけではなく、外部環境の変化(資材・労務費の高騰、競争激化など)、自社環境の変化
         (レンタル原価、人件費の上昇など)による成長阻害要因を克服することで新しい基準やビジネスモデルを構築
         し、新しい時代における新しいカナモトグループを創造します。
          これからも現場ニーズに即応できるレンタル用資産の最適保有量と機種を確保し、お客様にいつでも利便性を
         提供するというレンタルビジネスの基本を堅持しつつ、変化に対応したイノベーションにも注力し、一層の業務
         効率化と生産性向上を具現化していく所存です。
      (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社グループは、中長期的な株式価値向上に向け、ROE(自己資本利益率)及び自己資本比率につきまして
         は中期経営計画「Creative 60」において公表している数値を目標にしており、更に向上を目指してまいりま
         す。
          なお、従前から当社で資産効率の重要指標としているROI(投下資本回収率)、レンタル用資産を始めとす
         る新規設備投資の判断基準としているEBITDA+(減価償却他調整前営業利益)も引き続き重要な指標のひ
         とつに据えております。一方、連結売上高、連結営業利益も企業規模、収益力を表す数値であることから、これ
         らの順調な増加が会社の成長性を示す指標として重視しております。
      (4)経営環境

          当社グループのコアビジネスである建機レンタルの主要顧客である国内建設業界におきましては、民需による
         建設投資に持ち直しの動きがみられること、政府建設投資は関連予算の執行により高い水準で推移していること
         から、今後のレンタル需要は一定の水準を維持できるものと考えています。ただし、経済の先行きが不透明な状
         況に加えて、地域間格差、資材価格の上昇が業績へ与える影響、受注競争の激化による収益環境の悪化等のリス
         クに留意する必要があり、引き続き予断を許さない事業環境が予想されます。
                                 9/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
          新型コロナウイルス感染症の影響により景気の先行きは依然不透明な状況が続いております。
          当社グループの主力事業である建機レンタルビジネスにおいては、営業エリアの特性と顧客のニーズに即応し
         た資産の選択が重要であります。蓄積されたデータに基づき、営業効率の極大化を目指した資産構成を構築し、
         きめ細かな営業体制により強靭な収益体質を確立しなければなりません。
          また、単なる物品賃貸にとどまらず、ワンストップで総合的な顧客サービスを行う「ゼネラルレンタルカンパ
         ニー」を志向する必要があります。
        ① 人材育成、グループ、アライアンスの強化

          建機レンタル業界においては、企業間競争の激化により一段と峻別・淘汰が進み、合従連衡の気運が高まる可
         能性があります。建機レンタル業界の主導的企業にふさわしい知識とスキルを持つ社員の育成に努め、国内外の
         事業拡大に即応した人材育成に取り組んでまいります。
          また、ゼネラルレンタルカンパニー化に欠かせない事業領域拡張のため、グループ企業との連携強化・アライ
         アンス企業との関係強化を図り、グループ間のシナジー効果向上を実現させます。
        ② 資産戦略の深化

          レンタル用資産の導入においては市場ニーズを最優先させますが、近年ICT工法など国内建設需要の内容が
         変化しつつあることから、現時点のみならず、将来の市場性や収益性を十分に検討し、導入すべき資産の構成と
         適正量を決定いたします。
        ③ メンテナンスコストの最適化

          レンタル用資産の価値の維持・向上は建機レンタルビジネスにおける生命線であり、そのためのメンテナンス
         コストは欠かせませんが、支出にあたってはグループ内の知見を結集し、最適化することにより原価率の低減を
         目指します。
        ④ 海外事業

          既進出国において営業活動を強化するのはもちろん、資産管理と収益管理を徹底し収益の底上げを図ります。
                                10/99












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下の通りで
      あります。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したもので
      す。
      (1)経済情勢について

          当社グループの主力事業である建設関連は、官需・民需を問わず国内建設投資動向により、収益が大きく左右
         されます。よって、公共事業の大幅な削減、民間工事の落ち込み等が発生した場合、又は受注競争の激化による
         レンタル用資産の貸出価格や運用状況の悪化によるレンタル用資産の稼働率が低下した場合には、今後の業績に
         影響を及ぼす可能性があります。なお、海外向け中古建機販売は売却時期によってはその時点での世界経済、為
         替動向にも影響を受けます。
      (2)業績の季節変動について

          公共事業は、毎年4月に予算決定がなされてから実際に工事が着工されるまで概ね6ケ月のタイムラグが生じ
         ます。したがって、当社グループの主力事業である建設関連は、毎期10月頃から3月にかけて最盛期を迎え、こ
         の期間に建設機械のレンタル需要が最も大きくなるというトレンドがあります。このため当社グループの売上高
         及び利益は上期(11~4月の6ケ月間)に集中する傾向があります。
      (3)金利動向について

          当社グループは、レンタル用資産等の取得、営業所出店に係る設備投資需要や事業活動に係る運転資金需要に
         対し、内部資金を充当する他、外部から資金を調達しております。これらの外部資金については、極力金利固定
         化等により金利変動による影響の軽減に努めておりますが、短期間の大幅な金利変動によっては、当社グループ
         の業績及び財務状況等に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)債務保証について

          当社グループは、関係会社の借入金に対しての債務保証契約を金融機関との間で締結しております。将来、債
         務保証の履行を求められる状況が発生した場合には、当社グループの業績及び財務状況等に悪影響を及ぼす可能
         性があります。
      (5)固定資産の減損会計について

          当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」を適用しております。今後の経営環境の著しい悪化等に
         より固定資産の収益性が悪化した場合には、当社グループの業績及び財政状況等に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
      (6)海外事業について

          グループ内の在外子会社及び関連会社が実施する事業に関して、現地国の政情の変化、経済状況の変化、予期
         せぬ法令・規制の変更等により、影響を受ける可能性があります。当社グループは、在外子会社及び関連会社が
         所在する各国の情勢を定期的にモニタリングし、経営サポート等を図っております。
      (7)新型コロナウイルス感染症について

          新型コロナウイルス感染症に対する対策として、当社グループは時差通勤やテレワークの導入、また事務所に
         手指の消毒液を設置するなどの感染予防対策を実施し、社員の健康管理を徹底したうえで事業を継続しておりま
         すが、今後、世界的な感染拡大が収束せず、その影響が長期化した場合、公共事業の削減や民間工事の落ち込み
         等が発生するリスクがあり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                11/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
          当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
         (以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況

         経営成績
          当連結会計年度におけるわが国経済は、長期化している新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、依然と
         して厳しい状況が続きました。また、世界経済においても、一部の国・地域によっては回復の兆しが見え始めた
         一方で、同感染症による経済活動の低迷や株式市場の混乱などの懸念も大きく残っており、予断を許さない状況
         で推移いたしました。
          当社グループが関連する建設業界におきましては、国土強靭化対策をはじめとする公共投資は堅調に推移し、
         民間設備投資も持ち直しの動きが見られましたが、資材価格の上昇や建設技能労働者不足の問題が顕在化するな
         ど、依然として留意が必要な状況が続いております。
          このような状況のなか、当社グループでは、中期経営計画「Creative 60」(2020〜2024年度)の3つの重点

         施策に基づき、国内外におけるアライアンスグループの基盤強化と事業領域の拡充を推し進めました。また、事
         業環境の変化を慎重に見極めた資産戦略や収益力強化に向けた選択と集中を図るなど、会社の持続的発展と企業
         価値の向上に尽力いたしました。
          2021年10月期の連結業績につきましては、売上高は1,894億16百万円(前年同期比5.8%増)となりました。営

         業利益は146億24百万円(同2.6%増)、経常利益は153億91百万円(同7.9%増)、また、親会社株主に帰属する
         当期純利益は89億7百万円(同5.2%増)となりました。
          セグメント別の経営成績は、次のとおりであります。

          イ.建設関連

            主力事業である建設関連におきましては、公共投資は災害復旧工事やインフラ関連工事、防災関連工事を
           中心に堅調に推移し、民間設備投資は地域差がありましたが、全体として建設機械のレンタル需要は底堅く
           推移いたしました。
            また、当社グループでは、高いシナジー効果の期待出来る業務提携やM&Aを推進するとともに、市場環
           境に応じた資産の最適保有と機種構成の確保に注力するなど、業務効率化と生産性の向上により、収益力強
           化を推し進めました。これらの結果、同事業における地域別売上高の前年同期比は、北海道地区6.7%増、
           東北地区1.9%減、関東甲信越地区2.5%増、西日本地区10.6%増、九州沖縄地区5.0%増となりました。
            中古建機販売につきましては、期初計画どおりレンタル用資産の運用期間の延長を進めていることから、
           売上高は前年同期比10.5%減となりました。
            以上の結果、建設関連事業の売上高は1,710億20百万円(前年同期比6.3%増)、営業利益は130億43百万円

           (同1.5%増)となりました。
          ロ.その他

            その他の事業につきましては、鉄鋼関連、情報関連、福祉関連ともに堅調に推移したことから、売上高は
           183億95百万円(前年同期比0.9%増)、営業利益は11億10百万円(同14.5%増)となりました。
                                12/99






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          財政状態
          2020年9月30日に行われた㈱ソーキホールディングスとの企業結合及び2020年10月15日に行われたKANAMOTO
         AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTDとの企業結合について、前連結会計年度において暫定的な会計処理を行っており
         ましたが、当連結会計年度に確定しています。当該暫定的な会計処理の確定に伴い、当連結会計年度の連結財
         務諸表に含まれる比較情報において取得原価の配分の見直しが反映されています。前連結会計年度末との比
         較・分析にあたっては、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の見直しが反映された後の金額
         を用いています。
          当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末から22億21百万円増加し3,037億54百万円となりました。

         主な要因として「現金及び預金」は75億29百万円増加した一方で、「受取手形及び売掛金」は21億45百万円、
         「レンタル用資産」は32億61百万円それぞれ減少したことによるものです。
          負債合計は、前連結会計年度末から65億7百万円減少し1,688億37百万円となりました。主な要因として
         「長期借入金」は13億77百万円増加した一方で、「長期未払金」は77億60百万円減少したことによるもので
         す。
          純資産合計は、前連結会計年度末から87億28百万円増加し、1,349億17百万円となりました。これは主に
         「親会社株主に帰属する当期純利益」を89億7百万円計上した一方で、剰余金の配当により24億57百万円減少
         したことによるものです。
        ② キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は555億57百万円となり、前連結会計年度
         末から75億34百万円増加しました。各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりです。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動によって得られた資金は393億51百万円(前年同期比3.3%減)となりました。これは主に「税金等調
         整前当期純利益」は147億47百万円、「減価償却費」は310億64百万円の収入をそれぞれ計上した一方で、「レン
         タル用資産の取得による支出」は54億24百万円、「法人税等の支払額」は47億42百万円の支出をそれぞれ計上し
         たことが要因であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動によって支出した資金は33億73百万円(前連結会計年度末は140億40百万円の支出)となりました。
         これは主に「有形固定資産の取得による支出」を35億28百万円計上したことが要因であります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動によって支出した資金は287億94百万円(前連結会計年度末は222億4百万円の支出)となりました。
         これは主に「長期借入れによる収入」は149億80百万円の収入を計上した一方で、「長期借入金の返済による支
         出」は144億15百万円、「割賦債務の返済による支出」は253億31百万円、「配当金の支払額」は24億54百万円の
         支出をそれぞれ計上したことが要因であります。
        ③ 販売の実績

          当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                   当連結会計年度
                 セグメントの名称                 (自 2020年11月1日                 前年同期比
                                  至 2021年10月31日)
           建設関連                            171,020百万円                6.3%
           その他                            18,395百万円               0.9%
           セグメント間取引消去                              -              -
                    合計                  189,416百万円                5.8%
           (注)本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                13/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
          経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
         す。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在にて判断したものであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

          当社グループの当連結会計年度の財政状態及び経営成績は、「3 経営者による財政状態、経営成績及び
         キャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ① 財政状態及び経営成績の状況」に記載
         のとおりであります。また、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「2 事業等のリ
         スク」に記載のとおりであります。
          なお、当社グループの目標とする経営指標の実績値は、下表の通りであります。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                  至 2020年10月31日)              至 2021年10月31日)
          自己資本比率                              39.5%              41.8%
          ROE(自己資本利益率)                              7.2%              7.2%
          EBITDA+(減価償却他調整前営業利益)                             53,785百万円              57,031百万円
        ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

          イ.キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容
            当社グループのキャッシュ・フローの状況の分析については、「3 経営者による財政状態、経営成績及
           びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に
           記載のとおりであります。
          ロ.資本の財源及び資金の流動性
            当社グループの運転資金需要の主なものは、売上原価、販売費及び一般管理費の営業費用であります。投
           資を目的とした資金需要は、レンタル用資産の購入及び有形固定資産の取得等によるものであります。短期
           運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につき
           ましては、割賦契約及びリース契約等の資金調達手段を活用しながら安定的な資金の源泉を確保するため、
           金融機関からの長期借入を行うことを基本としております。
            なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務等を含む有利子負債残高は以下の通りです。

                                   年度別要支払額(百万円)
              契約債務           合計       1年以内      1年超3年以内        3年超5年以内          5年超
          短期借入金                  960        960        -        -        -
          長期借入金                44,515        13,055        18,030        12,985         443
          長期未払金(割賦)                64,612        21,657        31,235        11,246         472
          リース債務                 4,157        1,269        1,922         790        175
            上記の表において、連結貸借対照表の1年内返済予定の長期借入金、未払金に含まれている割賦契約に係

           る未払金及び流動負債のリース債務は、長期借入金、長期未払金(割賦)及びリース債務にそれぞれ含めて
           おります。
        ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについ
         ては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に
         記載のとおりであります。
                                14/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (3)経営成績に影響を与える重要な要因について
          「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
      (4)財務政策

          レンタル用資産購入等の設備投資計画を踏まえながら、より有効かつ安価な資金調達手段を模索しており、資
         金調達と資金運用の多様化・効率化を図りつつ、さらには受取手形等の債権について流動化等を行うことで、資
         産・負債バランスの軽量化に取り組んでおります。
     4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                15/99















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、営業エリアの拡大や売上競争の激化に対処するため、建設関連事業を中心に                                            28,596   百万円の設
      備投資を実施しました。
        主力事業である建設関連においては、適正な資産構成の維持を目的とした既存機械の更新や営業規模の拡大に伴う
      増強のためにレンタル用資産で25,346百万円の設備投資を実施しました。また、シェア拡大のため、営業拠点の新
      設、その他移転等で3,249百万円の設備投資を実施しました。
        セグメントのその他においては、特に重要な設備投資はありません。
        当連結会計年度完成の主要な設備としては、レンタル用資産設備及び新設営業所と付帯設備等があります。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の売却、除却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                  (2021年10月31日現在)
                                      帳簿価額
       事業所名      セグメントの                                           従業員数
                                          土地
                         レンタル用     建物及び     機械装置及
                    設備の内容
                                              その他      合計
             名称
      (所在地)                                                  (人)
                         資産     構築物     び運搬具     (百万円)
                                              (百万円)     (百万円)
                         (百万円)     (百万円)     (百万円)
                                         (面積㎡)
     苫小牧営業所
                                          28,938
                    レンタル・
     (北海道苫小牧市)        建設関連              61,897     11,170      1,038           229   103,273     1,771
                    販売設備
                                         (989,890)
     ほか207営業所
     室蘭事業所
                                            20
                    レンタル・
     (北海道室蘭市)        その他               -     11      2          0     35    40
                    販売設備
                                          (14,109)
     ほか3事業所
                                           4,581
     本社
             全社(共通)       管理設備         -    1,852      88          82    6,605     205
     (札幌市中央区)
                                         (131,337)
     (注)帳簿価額「その他」は、「工具、器具及び備品」及び「建設仮勘定」であります。なお、金額には消費税等を含
         めておりません。
      (2)国内子会社

                                                  (2021年10月31日現在)
                                        帳簿価額
             事業所名      セグメン                                     従業員数
                            レンタル用     建物及び構     機械装置及      土地
       会社名                 設備の内容
                                               その他     合計
             (所在地)      トの名称                                      (人)
                            資産     築物     び運搬具
                                          (百万円)
                                               (百万円)     (百万円)
                            (百万円)     (百万円)     (百万円)     (面積㎡)
            本社兼営業所           レンタル・
     ㈱アシスト              建設関連            669     202      3    -     9    884    167
                       販売設備
            (北海道北広島市)
            本社兼営業所           レンタル・                      0
     ㈱カンキ              建設関連           1,397      82     6         16   1,503      91
                       販売設備
            (神戸市須磨区)                               (1,366)
            本社兼営業所           レンタル・                     287
     ㈱九州建産              建設関連
                              2,303      127     11         11   2,741     126
            (福岡市東区)           販売設備                    (8,360)
            本社兼営業所
                       レンタル・
     ㈱ソーキ              建設関連            801     57     5    -     52    916    162
            (大阪市西区)           販売設備
            本社兼営業所
                       レンタル・                     592
     第一機械産業㈱              建設関連           2,152      286     19          1   3,052      97
            (鹿児島県鹿屋市)            販売設備
                                           (46,971)
            本社兼営業所           レンタル・                     196
     東洋工業㈱              建設関連            791     23     4         1   1,017      28
                       販売設備
            (東京都港区)                              (11,888)
            本社兼営業所      建設関連    レンタル・                    3,724
     ㈱ニシケン                        10,838     2,255      313         231   17,363      527
            (福岡県久留米市)       ・その他    販売設備                   (178,295)
            本社兼営業所           レンタル・                     196
     ユナイト㈱              建設関連          10,024     1,804      61         46   12,133      450
            (東京都中央区)           販売設備
                                           (9,892)
     (注)帳簿価額「その他」は、「工具、器具及び備品」及び「建設仮勘定」であります。なお、金額には消費税等を含
         めておりません。
                                16/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (3)在外子会社
                                                  (2021年10月31日現在)
                                        帳簿価額
             事業所名      セグメン                                     従業員数
                            レンタル用     建物及び構     機械装置及      土地
       会社名                設備の内容
                                               その他     合計
                   トの名称
             (所在地)                                           (人)
                            資産     築物     び運搬具     (百万円)
                                               (百万円)     (百万円)
                            (百万円)     (百万円)     (百万円)
                                          (面積㎡)
     卡納磨拓(中国)         本社         レンタル・
                   建設関連           1,460      -     8    -     0   1,469      12
     投資有限公司        (中国上海市)           販売設備
     PORTER
              本社
                       レンタル・
     EXCAVATIONS       (オーストラリア
                   建設関連           4,966      40     35     -     71   5,112      61
                       販売設備
             バララット)
     PTY.LTD.
     (注)帳簿価額「その他」は、「工具、器具及び備品」及び「建設仮勘定」であります。なお、金額には消費税等を含
         めておりません。
     3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
        設備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定していますが、計画策定に当たってはグループ内で当社を中心に調
      整を図っております。
        当連結会計年度末における重要な設備の新設、改修は次のとおりであります。また、経常的な設備の更新による売
      却・除却等を除き、重要な設備の売却・除却の計画はありません。
        なお、連結子会社においては重要な設備投資計画はありません。
      重要な設備の新設

                                 投資予定金額              着手及び完了予定年月
             事業所名      セグメン                                     完成後の
      会社名                   設備の内容                資金調達方法
                                総額    既支払額
                   トの名称                                     増加能力
             (所在地)
                                                着手     完了
                               (百万円)     (百万円)
          苫小牧営業所(北海
                       レンタル用資産・
                                        自己資金・借
     ㈱カナモト     道苫小牧市)ほか207         建設関連             16,335      -        2021年11月     2022年10月      -
                                        入金
                       販売設備
          営業所
     (注)完成後の増加能力については、その貸出能力の合理的な測定が困難であるため、記載を省略しております。
                                17/99











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                         130,000,000
                  計                               130,000,000
        ②【発行済株式】

              事業年度末現在            提出日現在         上場金融商品取引所名
       種類       発行数(株)           発行数(株)          又は登録認可金融商品                 内容
             (2021年10月31日)           (2022年1月27日)              取引業協会名
                                               権利内容に何ら限定のない
                                  東京証券取引所市場第一部
                                               当社における標準となる株
                 38,742,241           38,742,241
      普通株式
                                               式、単元株式数は100株で
                                  札幌証券取引所
                                               あります。
                 38,742,241           38,742,241
        計                                -             -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数       発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高      資本準備金増減       資本準備金残高
        年月日
               増減数(千株)        残高(千株)        (百万円)       (百万円)       額(百万円)        (百万円)
      2018年11月28日
                   2,250       38,342        3,546       17,199        3,546       18,320
        (注)1
      2018年12月19日
                    400      38,742         630      17,829         630      18,950
        (注)2
     (注)1.有償一般募集              2,250千株
           発行価額           3,288   円
           資本組入額         1,576.20    円
         2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
                   400千株
           発行価額           3,288   円
           資本組入額         1,576.20    円
           割当先      野村證券株式会社
      (5)【所有者別状況】

                                                    2021年10月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
         区分                             外国法人等                 株式の状況
                政府及び地          金融商品     その他
                      金融機関                        個人その他       計
                                                        (株)
                方公共団体          取引業者     の法人
                                    個人以外      個人
     株主数      (人)               -     34     25    190     215     11    8,402     8,877     -
     所有株式数   (単元)               -   112,905     13,651     52,912    101,494       44   106,245     387,251     17,141
     所有株式数の割合 (%)               -    29.15     3.53    13.66     26.21     0.01    27.44    100.00     -
     (注)1.自己株式924,846株は「個人その他」に9,248単元及び「単元未満株式の状況」に46株含めて記載しておりま
           す。
         2.上記「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ42
           単元及び10株含まれております。
                                18/99


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                   2021年10月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己株式を除
                                             所有株式数
            氏名又は名称                      住所                  く。)の総数に
                                              (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)                     東京都港区浜松町2-11-3                      3,368         8.91
     ㈱日本カストディ銀行(信託口)                     東京都中央区晴海1-8-12                      2,695         7.13
     オリックス㈱                     東京都港区浜松町2-4-1                       960        2.54
     カナモトキャピタル㈱                     札幌市中央区大通東3-1-19                       915        2.42
                          札幌市中央区大通西4-1                       888        2.35
     ㈱北海道銀行
     東京海上日動火災保険㈱                     東京都千代田区丸の内1-2-1                       802        2.12
                          札幌市中央区大通西3-7                       763        2.02
     ㈱北洋銀行
                          ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT
                                                 756        2.00
                          02111
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店)
                          (東京都中央区日本橋3-11-1)
                          31  Z.  A.  BOURMICHT,      L-8070
     CEP  LUX-ORBIS     SICAV
                                                 731        1.93
                          BERTRANGE,      LUXEMBOURG
     (常任代理人 シティバンク、エヌ・エイ東
     京支店)
                          (東京都新宿区新宿6-27-30)
     デンヨー㈱                     東京都中央区日本橋堀留町2-8-5                       625        1.65
                                                12,507         33.07
               計                    -
     (注)1.上記のほか、自己株式が924千株あります。
         2.上記、日本マスタートラスト信託銀行㈱の3,368千株及び㈱日本カストディ銀行の2,695千株は、信託業務に
           係る株式であります。
         3.2021年9月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書№1)において、野村證券㈱か
           ら、2021年8月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年10月31
           日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。
                                             保有株券等       株券等保有割合
            氏名又は名称                      住所
                                             の数(株)         (%)
     ノムラ インターナショナル ピーエル
                          1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,
     シー(NOMURA INTERNATI                                           98,000         0.25
                          United    Kingdom
     ONAL PLC)
     野村アセットマネジメント㈱                     東京都江東区豊洲2-2-1                    1,865,300           4.81
                                19/99









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年10月31日現在
            区分            株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -       -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -       -             -

     議決権制限株式(その他)                           -       -             -

                                              権利内容に何ら限定のない当
                             924,800
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                 -
                                              社における標準となる株式
                           37,800,300              378,003
     完全議決権株式(その他)                普通株式                              同上
                             17,141
     単元未満株式                普通株式                 -             同上
                           38,742,241
     発行済株式総数                                  -             -
                                         378,003
     総株主の議決権                           -                    -
     (注)完全議決権株式(その他)には、証券保管振替機構名義の株式4,200株(議決権の数42個)が含まれておりま
         す。
        ②【自己株式等】

                                                   2021年10月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                に対する所有株
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    式数の割合(%)
                  札幌市中央区大通東
                                924,800               924,800          2.39
     ㈱カナモト                                     -
                  3-1-19
                                924,800               924,800          2.39
          計            -                    -
                                20/99












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式
                 の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定にもとづく取得
                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
     取締役会(2021年12月10日)での決議状況
                                        1,200,000            2,000,000,000
     (取得期間 2021年12月13日~2022年4月21日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       -              -
     当事業年度における取得自己株式                                       -              -

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                       -              -

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       -              -
     当期間における取得自己株式                                    133,700            311,941,693

     提出日現在の未行使割合(%)                                      88.9              84.4
     (注)当期間における取得自己株式には、2022年1月1日からこの有価証券報告書提出日までの取締役会決議により取
         得した株式は含まれておりません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                      304            770,558
      当期間における取得自己株式                                      89           218,851
     (注)当期間における取得自己株式には、2022年1月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式は含まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                 当期間
               区分
                                     処分価額の総額                処分価額の総額
                             株式数(株)                株式数(株)
                                       (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -       -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                             -       -        -        -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移
                                  -       -        -        -
      転を行った取得自己株式
      その他
                                14,600     31,236,014            -        -
      (譲渡制限付株式報酬による自己株式の処分)
      保有自己株式数                          924,846          -     1,058,635           -
     (注)1.保有自己株式は受渡日基準で記載しております。
         2.当事業年度における「その他(譲渡制限付株式報酬による自己株式の処分)」は2021年1月28日開催の取締
           役会決議に基づき実施した、譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分であります。
         3.当期間における処分自己株式には、2022年1月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
           渡による株式は含まれておりません。
         4.当期間における保有自己株式には、2022年1月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
           取り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                21/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
        当社は、株主の皆様に対する利益還元を最重要の経営課題の一つとして位置付けております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、剰余金の配当の決定機関
      は、中間配当及び期末配当ともに取締役会であります。
        配当政策に関しましては、今後も事業環境に関わらず一定の配当を安定して行い、さらに業績に応じた利益還元を
      加えていきたいと考えております。その上で、財務体質の強化と将来の積極的事業展開に必要な内部留保の充実を図
      ることを基本方針としております。
        当期2021年10月期の期末配当は、1株当たり普通配当45円(中間は普通配当25円、年間配当70円)を取締役会で決
      議しております。また、内部留保金は、レンタル用資産等の設備投資の源泉として株主資本充実に充てる予定です。
      なお、資本政策を機動的に行えるよう自己株式買入れの体制も整えております。
        当社は、「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除

      き、取締役会の決議によって定め、株主総会の決議によらないものとする。」旨を定款に定めております。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                              配当金の総額        1株当たり配当額

                     決議年月日
                               (百万円)          (円)
                    2021年6月4日
                                   945        25.00
                    取締役会決議
                    2021年12月27日
                                  1,701         45.00
                    取締役会決議
                                22/99













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、株主、顧客、協力会社、地域社会、社員・家族
         との信頼を創造して、より強固にすることが会社の持続的発展と企業価値の向上に繋がるとの経営理念のもと、
         事業活動を行なっております。そのために社内管理体制を整備するとともに、経営の透明性・公正性の維持向上
         に努め、適時情報開示と経営に対する情報のフィードバック体制を確立して、適時適切な施策を実施していくこ
         とが、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方であります。
          また、当社の経営理念がより具体的に社内へ周知されるよう以下の行動指針を定めております。
           1 変革を求め会社の活性化に総力を結集せよ
             会社を取り巻く外部環境は、常に変わり続けており、ひとところに留まることはありません。環境の変
            化に対応し、自己変革しなければ、その先に待ち構えるものは衰弱であり、倒産であります。常に活力み
            なぎる組織であるために、絶え間ない自己変革が必要とされます。過去の成功体験は確実に慢心という副
            作用をもたらします。成功はなるべく早く忘れ去り、失敗にこそ学ぶ、という心構えが我々に求められて
            います。
           2 我が社は利益を追求する戦斗集団であることを自覚せよ
             会社には、提供する商品やサービスを通じた社会貢献や、納税、雇用維持等々、様々な目的があります
            が、会社が存続しなければ意味をなしません。そして、会社の存続は利潤によってのみ保証されるのであ
            り、利潤は自ら勝ち取るものであります。
             しかしながら、利潤獲得のためなら、どんな手段も許されるというものではなく、会社のみならず個人
            個人が一社会人としてコンプライアンスを遵守し、公的存在(パブリックカンパニー)として、不正行為に
            は一切加担してはなりません。
           3 自主・自律の心を持て
             他人に頼ることなく我々の会社・我々の生活は自分自身で守る、ということであります。我々は己の力
            を頼りに、大きく飛躍する余地をもっていますが、一方で、失敗したからといって、誰も後始末してくれ
            ることはありません。全て自己責任であります。
             外部環境が悪い時こそ、自己変革の好機、それにより、競合他社に差をつける好機であります。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          コーポレート・ガバナンスは、企業の社会的価値を高めるための基盤となります。当社並びに当社グループの
         状況、規模に照らして、最良かつ発展的なコーポレート・ガバナンス体制を運営するために、現状のそれぞれの
         制度を導入しております。
          経営においては、経営の効率化と健全化、経営の意思決定は社外取締役制度の導入によって透明性を確保し、
         執行役員制度により監督責任と執行責任の明確化を整えております。
          また、取締役の任期を1年とすることで、機動的な経営体制を構築し、経営の監査については、監査役会制度
         を採用しております。当社は、有価証券報告書提出日現在、監査役5名のうち3名が社外監査役であり、その3
         名全てが独立役員であります。独立性の高い社外監査役を選任することで、経営に対する監督機能を強化すると
         ともに、監査役の機能を有効に活用することを可能としており、コーポレート・ガバナンスの充実を図っており
         ます。
          また、取締役会については、当社業務に精通した9名に加え、当社の業界とは異なる経験と知識を有し、かつ
         独立性の高い社外取締役5名によって、迅速かつ的確な経営判断を行うことが可能であると考えております。
          イ.取締役会
            取締役会については、より広い見地からの意思決定の実施、業務執行の監督を図るため、有価証券報告書
           提出日現在、社外取締役5名を含む14名で構成しております。経営戦略・事業計画の執行及び監視に関する
           最高意思決定機関として「取締役会規則」に基づき、定時取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開
           催して、刻々と変化する経営状況にいち早く対応すべく努めております。
            また、監査役及び執行役員(取締役との兼任者を除く9名)も取締役会に出席しております。
            議長:代表取締役会長 金本寛中
            構成員:代表取締役社長 金本哲男、取締役 成田仁志、取締役 金本龍男、取締役 橋口和典、取締
                役 三野宮朗、取締役 渡部純、取締役 廣瀨俊、取締役 山下英明、社外取締役 内藤進、社
                外取締役 有田英司、社外取締役 米川元樹、社外取締役 田端綾子、社外取締役 大川哲也
          ロ.監査役会

            当社は監査役会設置会社であります。有価証券報告書提出日現在、監査役会は5名(うち3名は社外監査
           役)で構成され、取締役の業務執行に対する監査を行うため取締役会に常時参加しているほか、日頃から経
           営者と情報交換を行う等適正な意見交換ができる環境を整えており、監査機能を果たしております。
            議長:常勤監査役 金本栄中
            構成員:常勤監査役 横田直之、社外監査役 生島典明、社外監査役 松下克則、社外監査役 石若保志
                                23/99


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          ハ.執行役員制度
            当社では2001年から執行役員制度を取り入れ、業務執行責任を明確化させるとともに経営方針などトップ
           ダウンの指示通達の伝達機能を高め、会社の方針が全社員に周知される体制を整えております。また、市場
           環境の変化に即応した緻密な経営戦略の策定と併せて、各事業部・各関連会社の包括的管理を徹底しており
           ます。なお、有価証券報告書提出日現在、執行役員は17名(うち、取締役との兼務者が8名)で構成されて
           おります。
          ニ.サステナビリティ委員会

            サステナビリティ委員会は社長を委員長とし、グループビジョンである持続可能な成長基盤の構築を目指
           すとともに、社会と共生する「良き企業市民」として持続可能な社会の実現に貢献することを目的として設
           置しております。
            当社のコーポレート・ガバナンス体制図は次のとおりです。

                                24/99
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ③ 企業統治に関するその他の事項

          a 内部統制システムの整備の状況
            当社の内部統制システムとしましては、業務活動全般に関して社内手続規程や法律・法令の遵守状況、店
           舗の運営状況並びに連結子会社を含め財務報告に係る内部統制の運用及び有効性の評価・改善・是正を行う
           内部統制監査室、法務的課題に対応する法務室、社長を委員長とするコンプライアンス委員会、総務部長を
           委員長とする内部統制委員会をそれぞれ設置し、内部統制システムに対応した体制を整えております。
            当社の内部統制システム構築の基本方針は次のとおりであります。
            イ.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

              当社及び当社子会社は、コンプライアンスに関する規範として「倫理規程」を定め、社長を委員長と
             するコンプライアンス委員会の下、全社を挙げて法令・倫理規程遵守の体制を整備するとともに、当社
             の経営理念、社員行動基準を集約したハンドブックを全役職員に配付することでコンプライアンス精神
             の浸透を図っており、相談・通報制度として、窓口を社内外に設置し、社員等からの相談・通報を直接
             受けた際は、問題の早期解決を図りつつ、通報者の秘密を厳守するとともに、通報者が不利益を被るこ
             とがないよう万全の体制を期しております。
              なお、重要な法的課題に対しては社長直轄の組織として法務室を設置し、意思決定において適法な判
             断を行うことができる体制を整えております。
            ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

              当社は、法令及び「文書取扱規程」、「文書保存規程」に則り文書等の保存を行っております。
              また、情報の管理は「内部者情報管理規程」及び「一般情報管理規程」に則り、個人情報については
             「個人情報保護規程」及び「個人情報保護マニュアル」に則って対応しております。
            ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

              当社及び当社子会社は、各部門が所管業務に付随するリスクを認識、評価する仕組みを整備し、事前
             に予防する体制を構築しております。各部門の権限と責任を明確にし、取締役会の下、組織横断的にリ
             スク管理の状況を監督し、新たなリスクを発見できる体制を構築しております。
              また、経営に重大な影響を及ぼす不測の事態が発生、又は発生するおそれが生じた場合は、「有事対
             応マニュアル(コンティンジェンシー・プラン)」に基づき適切に対応するとともに、再発防止策を講
             じます。
            ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

              当社及び当社子会社は、定時取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、重要事項の決
             定、経営戦略・事業計画の執行及び監視に関する意思決定を機動的に行っております。当社の取締役会
             では、子会社の財務状況その他の重要事項の報告を受けております。経営計画は、次期事業年度及び中
             期の計画を立案し、具体的数値に基づいた全社的な目標を各部門の責任者に明示しております。各部門
             では部門目標を設定し、達成に向けて、進捗管理と具体的施策を実行します。
              また、当社は、経営の意思決定の迅速化を図りつつ、監督責任と執行責任を明確化するため執行役員
             制度を導入し、各執行役員は取締役会から示された経営計画の達成を担うものとしております。取締役
             の任期は1年とし、変化の厳しい経営環境に迅速に対応するものとしております。
            ホ.会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

              当社は、当社の「倫理規程」をグループ各社へ準用するよう求め、そこで規定されるコンプライアン
             ス委員会や相談・通報制度の対象範囲をグループ企業全体に広げ、業務の適正化が行き渡るようにして
             おります。
              また、当社及び関係会社は金融商品取引法の定めに従い、良好な統制環境を保持しつつ、全社的な内
             部統制及び決算財務報告に係る内部統制並びに業務プロセスの統制活動を強化し、適正かつ有効な評価
             ができるよう内部統制システムを構築し、かつ適正な運用を行っております。なお、財務報告に係る内
             部統制において、各組織(者)は次の役割を確認しております。
              ・経営者は、組織のすべての活動において最終的な責任を有しており、本基本方針に基づき内部統制
               を整備・運用しております。
              ・取締役会は、経営者の内部統制の整備及び運用に対して監督責任を有しており、財務報告とその内
               部統制が確実に実行しているか経営者を監視、監督しております。
              ・監査役は、独立した立場から、財務報告とその内部統制の整備及び運用状況を監視、検証しており
               ます。
              ・内部統制監査室は、「監査規程」に則り、当社及び関係会社における財務報告に係る内部統制の有
               効性について経営者に代わり独立した立場で客観的に評価し、必要に応じてその改善、是正に関す
               る提言とともに経営者並びに取締役会に報告しております。
                                25/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
            ヘ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
              監査役の職務を補助すべき使用人については、監査役の要請に応じて業務補助のため監査役スタッフ
             を置くこととしております。監査役が指定する補助すべき事項については、指名された使用人への指揮
             権は監査役に移譲されたものとし、取締役の指揮命令は受けないものとすることで、監査役の指示の実
             効性を確保しております。
            ト.前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項

              使用人の人事(任命・異動・評定)については、監査役の同意を得るものとします。
            チ.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制、その他監

              査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
              監査役は、取締役に対する監査を行うため取締役会に出席し、その他重要な意思決定や業務執行状況
             の把握のため、主要な会議や委員会へも出席します。
              当社及び当社子会社の取締役及び使用人は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実があることを
             発見したときは、直ちに監査役に報告します。常勤監査役は、稟議書の回覧を受け、必要に応じて、取
             締役及び使用人にその説明を求めることができます。監査役に報告をした者は、当該報告をしたことを
             理由として不利な取扱いを受けないものとします。
              また、監査役は、代表取締役と定期的に会合を持ち、会社が対処すべき課題や監査上の重要事項につ
             いて意見交換をします。内部統制監査室は、監査終了後すみやかに、監査の結果について、代表取締役
             並びに監査役に内部統制監査報告書を提出します。
              なお、監査役及び内部統制監査室は、会計監査人や弁護士など外部の専門家と、情報の交換を行うな
             ど連携を図っております。
            リ.監査役の職務の執行について生ずる費用等の処理に係る方針に関する事項

              監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ず
             る費用又は債務の処理については、当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、監
             査役の請求により当該費用又は債務を処理しております。
            ヌ.反社会的勢力の排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

              当社は、「倫理規程」の中で、社会の秩序や安全並びに企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢
             力や個人・団体に対しては、毅然とした態度で臨み、一切の取引や関係を遮断し、一切関わらないこと
             とする旨を定め、対応部署において外部専門機関などから情報を収集するとともに、社内研修など社員
             教育に努めております。また、有事に際しては、所轄警察署、顧問弁護士等と連携し、組織的に反社会
             的勢力からの不当要求を遮断、排除するものとしております。
          b 提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

            当社は、グループ各社の経営管理を「関係会社運営指導規程」に基づき管理し、グループ各社から定期的
           に業務執行状況、経営成績及び財政状態の報告を義務付けるとともに、必要に応じて内部統制監査室の監査
           を行う事で業務の適正を確保しております。
        ④ 責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
         任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、社外取締役、社外監査役と
         もに法令が規定する額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役又は社外監査役
         が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑤ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

          当社及び一部の子会社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で
         締結しております。被保険者は当社及び一部の子会社の取締役・監査役、執行役員とし、当該保険契約により被
         保険者が職務の執行に関し責任を負うことまたは当該責任の追及に掛かる請求を受けることによって生ずること
         のある損害を当該保険契約により填補することとしております。ただし、被保険者の職務の執行の適正性が損な
         われないようにするため、故意による法令違反に係る損害賠償請求など一定の事由に対しては填補の対象としな
         いこととしております。なお、保険料は全額会社が負担しております。
        ⑥ 取締役の定数

          当社の取締役は20名以内とする旨を定款に定めております。
                                26/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ⑦ 取締役の選任の決議要件
          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席して、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また取締役の選任決議は、累積投
         票によらない旨定款に定めております。
        ⑧ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席して、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めて
         おります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこ
         とを目的とするものであります。
        ⑨ 剰余金の配当等の決定機関

          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨を定款に定めております。これは、剰余金の配当等
         を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑩ 自己の株式の取得

          当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行する
         ことを可能とするために、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自
         己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
        ⑪ 取締役及び監査役の責任免除

          当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締
         役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の責任を法令の限度において免除するこ
         とができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に
         発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
        ⑫ 株式会社の支配に関する基本方針について

          当社では、会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針は特に定めておりませ
         ん。
                                27/99











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    18 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率               5.3  %)
                                                         所有
                                                         株式数
           役職名           氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                 1973年4月    当社入社
                                 1981年11月    当社取締役
                                 1990年1月    当社常務取締役
                                 1996年4月    当社代表取締役副社長
                                 1998年6月    当社代表取締役社長
         代表取締役会長           金本 寛中     1946年11月29日      生                       (注)4    489
                                 2000年9月    ㈱カナテック代表取締役社長
                                 2001年1月    当社執行役員
                                 2016年11月    当社代表取締役会長(現任)
                                 2017年9月    卡納磨拓(中国)投資有限公司董事長(現任)
                                 1983年1月    当社入社
                                 2000年9月    当社レンタル事業部関東事業部長
                                 2001年4月    当社執行役員
                                 2001年7月    当社情報機器事業部長
                                 2002年11月    当社レンタル事業部長
                                 2003年4月    当社レンタル事業部近畿中部地区担当部長
                                 2004年1月    当社取締役
                                 2005年6月    当社営業統括本部長(現任)
                                 2008年7月    東洋工業㈱代表取締役社長(現任)
         代表取締役社長
                                 2008年11月    ㈱KGマシナリー(現・㈱KGフローテク
          (執行役員)          金本 哲男     1960年5月21日      生                       (注)4    17
                                     ノ)代表取締役会長(現任)
         営業統括本部長
                                 2009年6月    金本(香港)有限公司董事長(現任)
                                 2011年1月
                                     KANAMOTO    & JP NELSON   EQUIPMENT(S)
                                     PTE.LTD.代表取締役(現任)
                                 2012年4月    当社常務執行役員
                                 2012年6月    ユナイト㈱代表取締役会長(現任)
                                 2014年11月    当社副社長執行役員
                                 2016年11月
                                     当社代表取締役社長(現任)
                                     当社執行役員(現任)
                                 1981年11月    当社入社
                                 2000年1月
                                     当社業務企画部長(現・業務部長)(現任)
          取 締 役
                                 2001年1月    当社執行役員(現任)
                    成田 仁志     1957年7月10日      生
         (執行役員)                                            (注)4     7
                                 2004年1月    当社取締役(現任)
        業務部長兼特販部長
                                 2006年9月    ㈱カナテック代表取締役社長
                                 2021年1月    当社特販部長(現任)
                                 1994年4月    当社入社
                                 2001年4月    当社レンタル事業部近畿中部事業部長
                                 2003年1月
                                     当社執行役員(現任)
                                 2003年4月    当社レンタル事業部東北地区担当部長
                                 2005年4月    当社レンタル事業部北海道地区担当部長
                                     (現・レンタル事業部北海道地区統括部長)
          取 締 役
                                     (現任)
         (執行役員)
                                 2007年1月
                                     当社取締役(現任)
                    金本 龍男     1962年2月2日      生
         レンタル事業部長                                             (注)4    90
                                 2011年11月    当社レンタル事業部北海道地区仮設部長
     兼レンタル事業部北海道地区統括部長
                                 2012年2月    当社レンタル事業部副事業部長
         兼鉄鋼事業部管掌
                                 2014年2月    当社鉄鋼事業部長
                                 2016年2月    当社鉄鋼事業部管掌(現任)
                                 2016年4月    当社レンタル事業部関東信越地区統括部長
                                     (現・レンタル事業部関東甲信越地区統括
                                     部長)
                                 2016年11月
                                     当社レンタル事業部長(現任)
                                28/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
           役職名           氏名      生年月日               略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                 2012年1月    当社入社
                                     当社取締役(現任)
                                     当社執行役員(現任)
                                     当社営業統括本部長補佐
                                 2012年4月    当社情報機器事業部長
          取 締 役
                                     当社事業開発部長(現・事業開発室長)
         (執行役員)           橋口 和典     1960年3月28日      生                       (注)4     2
                                     (現任)
       人事部長兼事業開発室長
                                 2013年11月    当社レンタル事業部イベント営業部管掌
                                     当社レンタル事業部ニュープロダクツ室管
                                     掌
                                 2016年2月    当社情報機器事業部管掌
                                 2018年11月
                                     当社人事部長(現任)
                                 1988年3月    当社入社
                                 2012年5月    当社関連企業室 部長
                                 2016年4月    当社レンタル事業部関西中部地区(現・西
          取 締 役
                                     日本地区)統括部長(現任)
         (執行役員)
                    三野宮 朗     1965年2月22日      生
                                                      (注)4    10
                                 2019年11月
                                     当社執行役員(現任)
     レンタル事業部西日本地区統括部長
                                 2020年11月    当社レンタル事業部九州地区統括部長(現
        兼九州地区統括部長
                                     任)
                                 2021年1月
                                     当社取締役(現任)
                                 1990年9月    当社入社
                                 2006年5月    当社レンタル事業部広域特需営業部長(現
                                     任)
                                 2016年12月    ㈱KGフローテクノ代表取締役社長(現
          取 締 役
                                     任)
         (執行役員)
                    渡部 純     1970年1月2日      生                       (注)4     5
                                 2017年1月    当社執行役員(現任)
      レンタル事業部広域特需営業部長
                                 2018年11月    当社ニュープロダクツ室管掌
       兼ニュープロダクツ室長
                                     当社レンタル事業部イベント営業部管掌
                                 2021年1月
                                     当社取締役(現任)
                                 2021年11月
                                     当社ニュープロダクツ室長(現任)
                                 1988年4月    ㈱日本興業銀行(現・㈱みずほ銀行)入行
                                 2013年4月    みずほコーポレート銀行(中国)有限公司
                                     (現・みずほ銀行(中国)有限公司)青島支店
                                     長
                                 2016年4月    ㈱みずほ銀行中国営業推進部長
                                 2018年6月    当社顧問
          取 締 役
                                 2018年11月    当社入社
         (執行役員)
                                     当社執行役員(現任)
                    廣瀨 俊     1964年7月1日      生
                                                      (注)4     1
        経理部長兼広報室長
                                     当社総務部長代行
        兼事務センター管掌
                                 2019年1月    当社総務部長
                                     当社広報室長(現任)
                                     当社秘書室長
                                 2021年1月
                                     当社取締役(現任)
                                     当社経理部長(現任)
                                     当社事務センター管掌(現任)
                                 1988年4月    ㈱東京銀行(現・㈱三菱UFJ銀行)入行
                                 2011年9月    マレーシア三菱東京UFJ銀行(現・MU
                                     FGバンク(マレーシア))副頭取
                                 2015年4月    ㈱三菱東京UFJ銀行(現・㈱三菱UFJ
                                     銀行)青山通支社長
          取 締 役
                                 2017年2月    同行赤坂支社長
         (執行役員)           山下 英明     1965年6月15日      生                       (注)4     1
                                 2018年6月    当社顧問
         海外事業部長
                                 2018年11月    当社入社
                                     当社執行役員(現任)
                                     当社海外事業部部長代行
                                 2019年1月    当社海外事業部長(現任)
                                 2021年1月
                                     当社取締役(現任)
                                29/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有
           役職名           氏名      生年月日               略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                 1990年4月    オリックス㈱入社
                                 2011年11月    同社電力事業部長
                                 2012年5月    オリックス電力㈱代表取締役社長
                                 2013年3月    オリックス㈱事業法人営業第一部長
                                 2016年1月    同社理事 東京営業本部副本部長
                                     事業法人営業第一部長
                                 2017年1月    同社理事 東日本営業本部副本部長
                                     オリックス・フードサプライ㈱代表取締役
          取 締 役          内藤  進     1967年7月4日      生
                                                      (注)4    -
                                     社長
                                     当社取締役(現任)
                                 2018年6月    百五リース㈱取締役
                                 2019年1月    オリックス自動車㈱専務執行役員 リース
                                     営業本部長兼フリートマネジメント部管掌
                                     兼トラックレンタル本部総括(現任)
                                     リスクコンサルティング部・購買部管掌
                                 1989年4月    オリックス㈱入社
                                 2005年3月    同社甲府支店支店長
                                 2009年3月    同社さいたま支店支店長
                                 2009年6月    ㈱日本メディケアサポート(現㈱ユニマッ
                                     トリタイアメントコミュニティ)取締役
                                 2013年3月    同社統合中央第二ブロック長
                                 2015年3月    同社中央ブロック長
                                 2017年1月    同社理事 東日本営業本部副本部長
          取 締 役          有田 英司     1966年4月17日      生                       (注)4    -
                                 2019年1月    同社業務執行役員 法人営業本部副本部
                                     長 地域営業担当
                                 2019年4月    ㈱キューコーリース取締役(現任)
                                 2019年6月    とりぎんリース㈱取締役(現任)
                                 2020年1月    オリックス㈱執行役 法人営業本部副本部
                                     長(国内営業担当本部長)(現任)
                                     当社取締役(現任)
                                 1985年5月    札幌北楡病院副院長
                                 1996年4月    医療法人北楡会札幌北楡病院院長
                                 2007年4月    特定医療法人北楡会理事長
          取 締 役          米川 元樹     1946年12月22日      生
                                                      (注)4    -
                                 2011年9月    社会医療法人北楡会理事長(現任)
                                 2016年1月
                                     当社取締役(現任)
                                 2000年4月    札幌弁護士会登録(浅野元広法律事務所勤
                                     務)
                                 2002年10月
                                     ラベンダー法律事務所所長(現任)
                                 2009年5月
                                     医療事故情報センター理事(現任)
          取 締 役          田端 綾子     1974年12月3日      生
                                                      (注)4    -
                                 2014年10月
                                     札幌法務局人権擁護委員(現任)
                                 2019年5月
                                     札幌医療事故問題研究会副代表(現任)
                                 2020年1月    当社取締役(現任)
                                 1992年4月    札幌弁護士会登録
                                     橋本昭夫法律事務所入所
                                 1998年4月    橋本・大川合同法律事務所(現弁護士法人
                                     橋本・大川合同法律事務所)パートナー弁
                                     護士
                                 2008年4月    札幌弁護士会 副会長
                                 2012年10月    NPO法人「子どもシェルターレラピリ
                                     カ」副理事長(現任)
                                 2013年4月    北海道大学法学研究所 特任教授
          取 締 役          大川 哲也     1966年1月12日      生                       (注)4    -
                                 2013年10月    北海道人事委員
                                 2015年4月    北海道弁護士会連合会常務理事
                                 2017年4月    札幌弁護士会会長
                                 2018年4月    北海道弁護士会連合会理事長
                                 2020年4月    日本弁護士連合会副会長
                                 2021年1月    当社取締役(現任)
                                 2021年12月    弁護士法人橋本・大川合同法律事務所代表
                                     社員(現任)
                                                         所有

           役職名           氏名      生年月日               略歴            任期   株式数
                                                         (千株)
                                30/99


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
                                 1975年6月    当社入社
                                 1987年3月    当社東北レンタル事業部長
                                     当社関東レンタル事業部長
                                 1990年1月    当社取締役
                                 1996年5月    当社債権管理部長
          常勤監査役          金本 栄中     1949年7月26日      生                       (注)5    308
                                 2001年1月    当社執行役員
                                 2003年1月    当社取締役
                                 2003年4月    当社総務部長
                                 2007年1月
                                     当社常勤監査役(現任)
                                 1979年4月    ㈱北洋相互銀行(現・㈱北洋銀行)入行
                                 2004年1月    同行道庁支店長兼道庁別館出張所長
                                 2006年4月    同行深川支店長
          常勤監査役          横田 直之     1954年7月20日      生                       (注)5    -
                                 2009年4月    同行白石中央支店長
                                 2011年1月    当社常勤監査役(現任)
                                 1977年7月    札幌市役所奉職
                                 2001年4月    同市中央区役所市民部長
                                 2003年4月    同市財政局財政部長
                                 2005年4月    同市総務局市政推進室長
                                 2007年4月    同市総務局長
                                 2009年4月    同市副市長
          監 査 役          生島 典明     1952年6月7日      生                       (注)5    -
                                 2015年5月    同上退任
                                 2015年5月    公益財団法人第8回札幌アジア冬季競技大
                                     会組織委員会専務理事
                                 2018年3月    同上退任
                                 2019年1月    当社監査役(現任)
                                 1983年4月    ㈱北海道相互銀行(現・㈱北洋銀行)入行
                                 2008年10月    ㈱北洋銀行経営管理部企画第二課長
                                 2010年5月    同行経営管理部副部長兼企画第二課長
                                 2011年1月    同行札幌西支店長兼札幌医大病院出張所長
                                 2013年4月    同行本店営業部法人営業部長
          監 査 役          松下 克則     1959年7月25日      生                       (注)5    -
                                 2014年6月    同行執行役員本店営業部副本店長
                                 2016年6月    同行取締役
                                 2018年6月    同行常勤監査役(現任)
                                 2019年1月    当社監査役(現任)
                                 1984年7月    監査法人榮光会計事務所(現・EY新日本有
                                     限責任監査法人)入所
                                 1986年3月    公認会計士登録
                                 2013年6月    日本公認会計士協会北海道会会長
                                 2013年7月    同協会常務理事(本部)
                                 2013年7月
                                     同協会監事(本部)
                                 2017年7月    公益社団法人北海道不動産鑑定士協会外部
          監 査 役          石若 保志     1959年1月10日      生                       (注)6     4
                                     監事(現任)
                                 2018年6月    新日本有限責任監査法人退所
                                 2018年7月
                                     石若保志公認会計士事務所所長(現任)
                                 2018年7月    日本高圧コンクリート㈱調査役
                                 2019年12月
                                     同社執行役員経理部長(現任)
                                 2020年1月
                                     当社監査役(現任)
                                 2021年6月    北海道放送㈱監査役(現任)
                                          計                939
     (注)1.取締役内藤進、有田英司、米川元樹、田端綾子及び大川哲也は、社外取締役であります。
         2.監査役生島典明、松下克則及び石若保志は、社外監査役であります。
         3.常勤監査役金本栄中は代表取締役会長金本寛中の実弟であります。
         4.2022年1月27日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         5.2019年1月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         6.2020年1月28日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         7.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しています。
           上記のほか、執行役員は9名で情報システム部長 熊谷浩、レンタル事業部部長(㈱アシスト代表取締役社
           長) 問谷悟、営業企画部長(㈱サンワ機械リース代表取締役社長) 佐藤信幸、内部統制監査室長兼業務
           改善推進室長 中谷秀樹、㈱ニシケン代表取締役社長 田中誠一、ユナイト㈱代表取締役社長 渡辺光郎、
           総務部長兼秘書室長 小野田隆司、関東甲信越地区統括部長兼特機エンジニアリング部長兼東京ブロック
           長 山根恵司、東北地区統括部長 伊藤徹で構成されています。
                                31/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役5名はオリックス自動車㈱専務執行役員、オリックス㈱執行役、社会医療法人北楡会理事
         長、ラベンダー法律事務所所長及び弁護士法人橋本・大川合同法律事務所代表社員であります。オリックス㈱は
         当社の大株主であり、割賦契約等の取引があります。オリックス自動車㈱はオペレーティング・リース等の取引
         があります。また、弁護士法人橋本・大川合同法律事務所は当社の顧問弁護士事務所でありますが、いずれの取
         引におきましても営業上の便宜供与はありません。また、社外監査役3名は市の行政運営に携わり豊富な経験と
         知識を有するOB、当社の主要取引銀行の常勤監査役及び会計の専門的実務経験を有する公認会計士でありま
         す。社外取締役、社外監査役ともに、それぞれの視点で当社の業務執行に対して適宜指導指針を発していただい
         ており、当社役員との個人的関係はありません。なお、社外取締役及び社外監査役による当社株式の所有を除き
         ます。社外取締役及び社外監査役による当社株式の所有状況は「① 役員一覧」に記載のとおりであります。
          当社は、社外取締役を選任するために「社外取締役の独立性の判断基準」を定めており、また、社外監査役の
         選任にあたっては当社が株式を上場している東京証券取引所及び札幌証券取引所の規則等に定める独立役員の独
         立性に関する判断基準等を参考にして、社外取締役5名及び社外監査役3名について独立役員としております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

          統制部門との関係
          社外監査役は、監査役会を通して、内部監査部門及び会計監査人から監査計画及び監査結果の報告を受けるこ
         となどにより情報の収集・相互連携に努め監査の実効性を高めております。
          社外取締役及び社外監査役は、取締役会において、内部統制監査室、コンプライアンス委員会、業務改善推進
         室の報告等を受け、内部統制の状況を確認しております。
                                32/99














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
          イ.監査役監査の組織、人員及び手続
            当社は、監査役会設置会社であり監査役会は、監査役5名で構成されております。うち常勤監査役は2
           名、独立役員でもある社外監査役は3名です。
            常勤監査役横田直之氏及び社外監査役松下克則氏は銀行業務の経験が長く、社外監査役石若保志氏は公認
           会計士として企業会計に長年携わり、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
          ロ.監査役及び監査役会の活動状況

            当社は、当事業年度において、監査役会を合計8回開催しており、個々の監査役の出席状況は次の通りで
           す。
                 区分            氏名           出席状況

               常勤監査役            金本 栄中            全8回中7回
               常勤監査役            横田 直之            全8回中8回
               社外監査役            生島 典明            全8回中8回
               社外監査役            松下 克則            全8回中8回
               社外監査役            石若 保志            全8回中8回
            監査役会における主な検討事項は、監査方針・計画の策定、監査報告書の作成、会計監査の相当性、会計

           監査人の評価・報酬の同意、内部統制システムの整備・運用状況、株主総会議案内容の監査、中間・期末配
           当の相当性等であります。
            常勤監査役の活動としては、監査役会で定めた監査の方針・計画等に基づき、取締役会等の重要な会議へ
           の出席、取締役等からの職務執行状況の聴取、重要な決裁書類等の閲覧、また、営業拠点や子会社への往査
           等を通じ、業務執行全般に対する監査を行っております。会計監査人からは期初に監査計画の説明を受け、
           期中に適宜監査状況を聴取・立会し、期末に監査結果の報告を受けるなど密接な連携を図っております。
            社外監査役は、監査役会のほか取締役会、関係会社事業報告会、社長・役員との意見交換会等に出席し、
           また重要拠点の視察や従業員との対話を通して情報を収集しております。内部監査部門、会計監査人とは、
           報告の受領・意見交換の実施により連携強化を図り、監査意見の形成に努めております。
        ② 内部監査の状況

          内部監査は、内部統制監査室・監査役・会計監査人が連携して情報交換を行い、年間の監査計画に基づいて業
         務活動全般に関する内部監査を行っております。実施状況については、内部統制監査室は6名体制で全営業所に
         対して概ね3年に一度をめどに臨店監査を行い、業務の改善に向け具体的な指摘とそれに係る是正指示、指導を
         行っております。なお、この1年間の監査実施拠点数は71拠点でした。また、この監査状況については、監査終
         了後すみやかに社長及び会長をはじめとする経営層、監査役、関係部門に監査報告書として提出されておりま
         す。
                                33/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ③ 会計監査の状況
          イ.監査法人の名称
            EY新日本有限責任監査法人
          ロ.継続監査期間

            1988年以降
             上記継続監査期間は、当社において調査可能な範囲での期間であり、実際の継続監査期間は上記期間を
            超えている可能性があります。
          ハ.業務を執行した公認会計士

            林  達郎
            藤森 允浩
          ニ.監査業務に係る補助者の構成

            当社の会計監査に係る補助者は公認会計士が24名、その他が20名であります。
          ホ.監査法人の選定方針と理由

            監査役会で定めた「会計監査人候補を選定する基準」に基づき、監査法人の概要・独立性に関する事項、
           内部管理体制、監査報酬等に留意して選定しております。
            また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当する状況にあり、かつ改善
           の見込みがないと判断した場合には、監査役全員の同意に基づき会計監査人を解任いたします。
            なお、会計監査人の適格性・独立性を害する事由等の発生により、適正な監査の遂行が困難であると認め
           られる場合等、その必要があると判断した場合、監査役会は、会計監査人の解任又は不再任に関する決定を
           行います。
          ヘ.監査役及び監査役会による監査法人の評価

            監査役会で定めた「会計監査人を評価する基準」に基づき、会計監査人とのコミュニケーションや監査現
           場の立会等を通じ、会計監査人の適格性、品質管理体制の整備、監査計画、監査チーム体制、監査結果、監
           査役とのコミュニケーション実施等により評価しております。
            以上を踏まえ、監査役会は当連結会計年度の会計監査人の職務執行に問題はないと評価しております。
                                34/99











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
          イ.監査公認会計士等に対する報酬
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
             区分
                   監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                   く報酬(百万円)          報酬(百万円)          く報酬(百万円)          報酬(百万円)
                           45                    50          15
          提出会社                            -
                           17                    19
          連結子会社                            -                    -
                           63                    69          15
             計                        -
           (前連結会計年度)
            当社及び連結子会社における非監査業務はありません。
           (当連結会計年度)

            当社における非監査業務の内容は、収益認識会計基準の導入にかかるアドバイザリー業務であります。ま
           た、連結子会社における非監査業務はありません。
          ロ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst&Youngメンバーファーム)に対する報酬(イ.を除く)

                         前連結会計年度                    当連結会計年度
             区分
                   監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                   く報酬(百万円)          報酬(百万円)          く報酬(百万円)          報酬(百万円)
                                     98                    12
          提出会社                 -                    -
          連結子会社                 -          -          -          -
                                     98                    12
             計              -                    -
           (前連結会計年度)
            当社における非監査業務の内容は、財務デューデリジェンス業務等及び税務助言業務等であります。
           (当連結会計年度)

            当社における非監査業務の内容は、税務コンサルティング業務等であります。
          ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

            該当事項はありません。
          ニ.監査報酬の決定方針

            当社の事業規模、業務の特性、監査時間等を勘案し、監査役会の同意を得て決定しております。
          ホ.監査役会が会計監査人の報酬に同意した理由

            監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況等を総合的に検討し、また過去の報
           酬実績も参考にして、会計監査人の報酬等の額について同意しております。
                                35/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は、多数の取締役が執行役員を兼務しております。取締役の報酬は経営の意思決定及び監督機能の対価と
         して定額的なもの、執行役員の報酬は業績に応じた評価を反映したものとし、報酬の一定部分を業績に連動させ
         ることでインセンティブとして機能するようにしており、それぞれを明確に分けて考えております。
          取締役の報酬については、取締役会において代表取締役社長に一任することを決議した上で、各取締役に対す
         る評価をもとに、株主総会で決議頂いた報酬限度額の範囲内で報酬を決定しております。
          社外取締役の報酬については、その役割と独立性の観点から定額報酬としております。監査役の報酬について
         は、株主総会で決議頂いた報酬限度額の範囲内で監査役会の協議により決定しております。
          取締役会は個人別の報酬等について当該決定方針に沿うものであると判断しております。
          取締役の報酬限度額は、1991年1月24日開催の第26回定時株主総会において年額240百万円以内(ただし、使
         用人分給与は含まない)と決議いただいております。当該定時株主総会終結時点の取締役の人数は9名です。ま
         た上記報酬限度額とは別枠で、2021年1月28日開催の第56期定時株主総会において、取締役(社外取締役を除
         く)に対して、譲渡制限株式として年額100百万円以内と決議いただいております。
          監査役の報酬限度額は、2007年1月26日開催の第42回定時株主総会において年額50百万円以内と決議いただい
         ております。当該定時株主総会終結時点の監査役の人数は2名です。
          取締役の個人別の報酬額については、取締役会決議にもとづき、代表取締役社長金本哲男に委任しておりま
         す。委任した理由は、当社業績を勘案しつつ、各取締役の担当部門について評価を行うには代表取締役社長が適
         していると判断したためであります。
          当社は取締役(社外取締役を除く。以下「対象取締役」という。)に対し、企業価値の持続的な向上を図るイ
         ンセンティブを与えるとともに、株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、譲渡制限付株式報
         酬制度を導入しております。対象取締役は当社の取締役会決議に基づき、支給される金銭報酬債権の全部を現物
         出資財産として払込み、当社の普通株式について発行又は処分を受けることとなります。この金銭報酬債権の総
         額は年額100百万円以内、これにより発行又は処分をされる当社の普通株式の総数は年50,000株以内といたしま
         す。また、各対象取締役への具体的な支給時期及び配分については、取締役会において決定することといたしま
         す。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                    報酬等の総額
            役員区分                                          役員の員数
                     (百万円)                          左記のうち、
                            固定報酬      業績連動報酬       退職慰労金              (人)
                                               非金銭報酬等
        取締役
                        105       105                    11       12
                                      -       -
        (社外取締役を除く。)
        監査役
                        25       25                           2
                                      -       -       -
        (社外監査役を除く。)
                        10       10                           6
        社外役員                              -       -       -
          (注)取締役(社外取締役を除く。)に対する非金銭報酬等の総額の内訳は、固定報酬11百万円であります。
        ③ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

             総額(百万円)              対象となる役員の員数(人)                       内容
                      102                  10  使用人分としての給与であります。

        ④ 譲渡制限付株式報酬制度の導入

          当社は、2021年1月28日開催の第56期定時株主総会における決議に基づき譲渡制限付株式報酬制度を導入して
         おります。
                                36/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          純投資目的である投資株式は、主に株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的と
         するものであり、純投資目的以外の投資株式は、営業活動における取引関係の維持強化を目的とするものであり
         ます。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

          イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
            の内容
            当社は、営業活動における取引関係の維持強化や事業運営上の必要性その他の理由を勘案し、保有目的が
           適切であり中長期的に見て企業価値向上に資すると判断した場合に取得し、保有します。
            当社が保有する投資株式について、個別銘柄ごとに保有目的や保有に伴う便益やリスクが資本コストに見
           合っているかなどを検証し、保有の適否を毎年取締役会で中長期的な視点で精査しております。
          ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額

                        銘柄数      貸借対照表計上額の
                        (銘柄)       合計額(百万円)
                           12            288
           非上場株式
                           24           5,206
           非上場株式以外の株式
           (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                        銘柄数     株式数の増加に係る取得
                                              株式数の増加の理由
                        (銘柄)      価額の合計額(百万円)
           非上場株式                -            -          -
                            4            1
           非上場株式以外の株式                                 取引先持株会を通じた取得
           (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                        銘柄数     株式数の減少に係る売却
                        (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                            3            32
           非上場株式
           非上場株式以外の株式                -            -
                                37/99










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
            特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                                    保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
                株式数(株)         株式数(株)
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                   1,000,000         1,000,000
     オリックス㈱
                                 維持・強化のため                       有
                     2,255         1,215
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                  11,300,000         11,300,000
     JP  Nelson    Holdings
                                 維持・強化のため                       無
                      487         529
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    888,400         888,400
     ㈱タカミヤ                             維持・強化のため                       無
                      397         481
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    273,000         273,000
     月島機械㈱
                                 維持・強化のため                       有
                      317         338
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    102,500         102,500
     ㈱小松製作所                             維持・強化のため                       無
                      304         239
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                    989,000         989,000
                                 (保有目的)取引関係の維持・強化のため
     ㈱北洋銀行                                                   有
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                      233         217
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    165,000         165,000
     ㈱ニューテック                             維持・強化のため                       有
                      216         421
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    105,603         105,603
     デンヨー㈱
                                 維持・強化のため                       有
                      208         245
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    50,000         50,000
     日立建機㈱
                                 維持・強化のため                       有
                      181         128
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                  64,800,648         64,800,648
     AP  Rentals    Holdings
                                 維持・強化のため                       無
     Limited
                      156         173
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    58,200         58,200
     ㈱不動テトラ                             維持・強化のため                       無
                      105          84
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                    161,040         161,040
                                                        無
     ㈱三菱UFJフィナ                             (保有目的)取引関係の維持・強化のため
     ンシャル・グループ                             (定量的な保有効果)(注)1
                                                      (注)2
                      100          66
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    46,179         45,841
                                 維持・強化のため
     ㈱鶴見製作所                             (定量的な保有効果)(注)1                       有
                                 (株式が増加した理由)取引先持株会を通
                      80         80
                                 じた株式の取得
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    44,294         44,294
     北越工業㈱
                                 維持・強化のため                       有
                      42         44
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                     5,250         5,250
                                                        無
     東京海上ホールディ
                                 (保有目的)取引関係の維持・強化のため
     ングス㈱
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                                      (注)3
                      31         24
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    42,641         41,525
                                 維持・強化のため
     日本基礎技術㈱
                                 (定量的な保有効果)(注)1                       無
                                 (株式が増加した理由)取引先持株会を通
                      21         17
                                 じた株式の取得
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                     1,440         1,440
     ㈱ナガワ                             維持・強化のため                       無
                      15         10
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                    14,000         14,000
     ㈱アイチコーポレー
                                 維持・強化のため                       有
     ション
                      11         12
                                 (定量的な保有効果)(注)1
     MS&ADインシュ
                     3,000         3,000
                                                        無
                                 (保有目的)取引関係の維持・強化のため
     アランスグループ
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                                      (注)4
                      11          8
     ホールディングス㈱
                                38/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                                    保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
                株式数(株)         株式数(株)
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    12,172         12,172
                                                        無
     ㈱ほくほくフィナン                             (保有目的)取引関係の維持・強化のため
     シャルグループ                             (定量的な保有効果)(注)1
                                                      (注)5
                       9         12
                     6,580         6,580
                                                        無
     ㈱みずほフィナン                             (保有目的)取引関係の維持・強化のため
     シャルグループ                             (定量的な保有効果)(注)1
                                                      (注)6
                       9         8
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                     1,756         1,756
     西尾レントオール㈱
                                 維持・強化のため                       無
                       4         3
                                 (定量的な保有効果)(注)1
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                     5,812         5,640
                                 維持・強化のため
     日特建設㈱
                                 (定量的な保有効果)(注)1                       無
                                 (株式が増加した理由)取引先持株会を通
                       4         4
                                 じた株式の取得
                                 (保有目的)営業活動における取引関係の
                      323         323
                                 維持・強化のため
     飛島建設㈱
                                 (定量的な保有効果)(注)1                       無
                                 (株式が増加した理由)取引先持株会を通
                       0         0
                                 じた株式の取得
    (注)1.当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難なため記載しておりません。また、保有の合理
         性について取引状況、配当利回り等を取締役会等に報告し検証しております。
        2.㈱三菱UFJフィナンシャル・グループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である三菱UFJモ
          ルガン・スタンレー証券㈱、三菱UFJ信託銀行㈱及び㈱三菱UFJ銀行は当社株式を保有しております。
        3.東京海上ホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である東京海上日動火災保険㈱
          は当社株式を保有しております。
        4.MS&ADインシュアランスグループホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社で
          ある三井住友海上火災保険㈱は当社株式を保有しております。
        5.㈱ほくほくフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱北海道銀行は当
          社株式を保有しております。
        6.㈱みずほフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱みずほ銀行及びみ
          ずほ証券㈱は当社株式を保有しております。
             みなし保有株式

              該当事項はありません。
          ニ.保有目的が純投資目的である投資株式

                              当事業年度                  前事業年度
                区分
                        銘柄数      貸借対照表計上額の            銘柄数      貸借対照表計上額の
                        (銘柄)       合計額(百万円)           (銘柄)       合計額(百万円)
           非上場株式                -            -      -            -
                            1            56       1            41
           非上場株式以外の株式
                                       当事業年度

                区分
                          受取配当金の             売却損益の            評価損益の
                         合計額(百万円)            合計額(百万円)            合計額(百万円)
           非上場株式                      -            -            -
                                  1
           非上場株式以外の株式                                   -            -
                                39/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下、
        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており

        ます。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年
        10月31日)の連結財務諸表及び事業年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)の財務諸表について、EY新
        日本有限責任監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
        内容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益
        財団法人財務会計基準機構に加入しております。
                                40/99














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        48,563              56,093
        現金及び預金
                                     ※5 ,※6  41,451           ※5 ,※6  39,305
        受取手形及び売掛金
                                       ※6  6,166             ※6  7,319
        電子記録債権
                                         1,205              1,666
        商品及び製品
                                          148               82
        未成工事支出金
                                         1,234              1,375
        原材料及び貯蔵品
                                        19,918              18,055
        建設機材
                                         2,495              3,123
        その他
                                         △ 230             △ 269
        貸倒引当金
                                        120,952              126,751
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                      ※2  254,532             ※2  262,239
          レンタル用資産
                                       △ 153,225             △ 164,193
           減価償却累計額
                                      ※2  101,307             ※2  98,046
           レンタル用資産(純額)
                                       ※2  39,804             ※2  42,680
          建物及び構築物
                                       △ 23,293             △ 24,656
           減価償却累計額
                                       ※2  16,510             ※2  18,024
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                               9,619              9,764
                                        △ 8,025             △ 8,141
           減価償却累計額
                                         1,593              1,623
           機械装置及び運搬具(純額)
          土地                               37,421              37,684
                                         4,143              2,899
          その他
                                        △ 2,054             △ 2,143
           減価償却累計額
                                         2,088               756
           その他(純額)
                                        158,921              156,135
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         4,636              4,111
          のれん
                                         1,276              1,276
          顧客関連資産
                                         1,455              1,516
          その他
                                         7,368              6,904
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       ※1  8,974             ※1  9,249
          投資有価証券
                                         2,377              2,175
          繰延税金資産
                                         3,557              3,046
          その他
                                         △ 618             △ 507
          貸倒引当金
                                        14,291              13,963
          投資その他の資産合計
                                        180,581              177,003
        固定資産合計
                                        301,533              303,754
       資産合計
                                41/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       ※6  37,975             ※6  37,082
        支払手形及び買掛金
                                         1,035               960
        短期借入金
                                          44              24
        1年内償還予定の社債
                                       ※2  12,942             ※2  13,055
        1年内返済予定の長期借入金
                                         1,342              1,269
        リース債務
                                         2,401              2,681
        未払法人税等
                                         1,462              1,548
        賞与引当金
                                        25,489              24,545
        未払金
                                       ※6  4,913             ※6  6,063
        その他
                                        87,606              87,230
        流動負債合計
       固定負債
                                          24
        社債                                                -
                                       ※2  30,082             ※2  31,460
        長期借入金
                                         2,857              2,888
        リース債務
                                        52,246              44,486
        長期未払金
                                          498              566
        退職給付に係る負債
                                          545              588
        資産除去債務
                                         1,392              1,501
        繰延税金負債
                                          91              115
        その他
                                        87,738              81,607
        固定負債合計
                                        175,345              168,837
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        17,829              17,829
        資本金
                                        19,324              19,326
        資本剰余金
                                        82,599              89,048
        利益剰余金
                                        △ 2,009             △ 1,978
        自己株式
                                        117,744              124,226
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,522              2,249
        その他有価証券評価差額金
                                                         0
        繰延ヘッジ損益                                  -
                                                        541
        為替換算調整勘定                                 △ 126
                                         △ 49             △ 60
        退職給付に係る調整累計額
                                         1,346              2,729
        その他の包括利益累計額合計
                                         7,097              7,960
       非支配株主持分
                                        126,188              134,917
       純資産合計
                                        301,533              303,754
     負債純資産合計
                                42/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                        179,053              189,416
     売上高
                                        127,925              133,812
     売上原価
                                        51,128              55,604
     売上総利益
                                       ※1  36,877             ※1  40,979
     販売費及び一般管理費
                                        14,250              14,624
     営業利益
     営業外収益
                                          44              46
       受取利息
                                          170              159
       受取配当金
                                          86              83
       受取賃貸料
                                          77              357
       受取保険金
                                          91              69
       受取出向料
                                                         97
       為替差益                                    -
                                          28              25
       貸倒引当金戻入額
                                          241              300
       その他
                                          740             1,140
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          82              102
       支払利息
                                          75
       為替差損                                                  -
                                          60              27
       リース解約損
                                          10              41
       廃棄物処理費用
                                          340
       貸倒引当金繰入額                                                  -
                                          153              201
       その他
                                          722              372
       営業外費用合計
                                        14,268              15,391
     経常利益
     特別利益
                                         ※2  17            ※2  21
       固定資産売却益
                                                         20
       関係会社株式売却益                                    -
                                          12              18
       補助金収入
                                          30              59
       特別利益合計
     特別損失
                                        ※3  206            ※3  275
       固定資産除売却損
                                          171              172
       投資有価証券評価損
                                          188              174
       関係会社株式評価損
                                                         81
                                          -
       抱合せ株式消滅差損
                                          567              703
       特別損失合計
                                        13,731              14,747
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    4,785              5,145
                                         △ 381             △ 190
     法人税等調整額
                                         4,403              4,954
     法人税等合計
                                         9,327              9,793
     当期純利益
                                          860              885
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                         8,466              8,907
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                43/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                         9,327              9,793
     当期純利益
     その他の包括利益
                                                        727
       その他有価証券評価差額金                                  △ 397
                                                         0
       繰延ヘッジ損益                                   △ 0
                                          66              667
       為替換算調整勘定
                                         △ 60             △ 14
       退職給付に係る調整額
                                        ※ △ 391            ※ 1,381
       その他の包括利益合計
                                         8,936              11,174
     包括利益
     (内訳)
                                         8,089              10,290
       親会社株主に係る包括利益
                                          846              884
       非支配株主に係る包括利益
                                44/99















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 17,829         19,324         76,638          △ 9      113,783
     当期変動額
      剰余金の配当
                                       △ 2,505                △ 2,505
      親会社株主に帰属する当期
                                        8,466                 8,466
      純利益
      非支配株主との取引に係る
                                △ 0                         △ 0
      親会社の持分変動
      自己株式の取得                                          △ 2,000        △ 2,000
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -        △ 0       5,960        △ 2,000         3,960
     当期末残高                 17,829         19,324         82,599        △ 2,009        117,744
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分       純資産合計
                 その他有価証             為替換算     退職給付に係る      その他の包括利
                       繰延ヘッジ損益
                 券評価差額金             調整勘定      調整累計額     益累計額合計
     当期首残高               1,918        0    △ 192      △ 2    1,723      6,272     121,779
     当期変動額
      剰余金の配当                                        -          △ 2,505
      親会社株主に帰属する当期
                                              -           8,466
      純利益
      非支配株主との取引に係る
                                              -            △ 0
      親会社の持分変動
      自己株式の取得                                        -          △ 2,000
      株主資本以外の項目の当期
                    △ 395      △ 0      66     △ 46     △ 376      825      448
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    △ 395      △ 0      66     △ 46     △ 376      825     4,409
     当期末残高               1,522       -     △ 126      △ 49     1,346      7,097     126,188
                                45/99









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 17,829         19,324         82,599        △ 2,009        117,744
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 2,457                △ 2,457
      親会社株主に帰属する当期
                                        8,907                 8,907
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0
      譲渡制限付株式報酬                           2                 31         33
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         2       6,449          30       6,482
     当期末残高                 17,829         19,326         89,048        △ 1,978        124,226
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分       純資産合計
                 その他有価証             為替換算     退職給付に係る      その他の包括利
                       繰延ヘッジ損益
                 券評価差額金             調整勘定      調整累計額     益累計額合計
     当期首残高
                    1,522       -     △ 126      △ 49     1,346      7,097     126,188
     当期変動額
      剰余金の配当                                        -          △ 2,457
      親会社株主に帰属する当期
                                              -           8,907
      純利益
      自己株式の取得                                        -            △ 0
      譲渡制限付株式報酬                                        -            33
      株主資本以外の項目の当期
                     726       0     667      △ 10     1,383       863     2,246
      変動額(純額)
     当期変動額合計                726       0     667      △ 10     1,383       863     8,728
     当期末残高               2,249        0     541      △ 60     2,729      7,960     134,917
                                46/99









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        13,731              14,747
       税金等調整前当期純利益
                                        28,896              31,064
       減価償却費
                                          176              648
       のれん償却額
                                          188              254
       固定資産除売却損益(△は益)
                                          744              793
       レンタル用資産売却に伴う原価振替額
       建設機材の取得による支出                                 △ 1,743              △ 968
       レンタル用資産の取得による支出                                 △ 4,124             △ 5,424
                                          171              172
       投資有価証券評価損益(△は益)
                                          188              174
       関係会社株式評価損
                                                         81
       抱合せ株式消滅差損益(△は益)                                    -
       関係会社株式売却損益(△は益)                                    -             △ 20
                                          227
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                                 △ 76
                                          88              70
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           8              47
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
       受取利息及び受取配当金                                  △ 215             △ 206
                                          472              622
       レンタル用資産割賦購入支払利息
                                          82              102
       支払利息
                                          80
       為替差損益(△は益)                                                 △ 95
                                          51             1,242
       売上債権の増減額(△は増加)
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 558             △ 513
                                         3,891
       仕入債務の増減額(△は減少)                                               △ 1,237
                                         3,679              1,886
       未払金の増減額(△は減少)
                                         1,773              1,252
       その他
                                        47,810              44,619
       小計
                                          207              202
       利息及び配当金の受取額
       利息の支払額                                  △ 548             △ 727
                                        △ 6,768             △ 4,742
       法人税等の支払額
                                        40,701              39,351
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                  △ 430             △ 757
                                          430              763
       定期預金の払戻による収入
       投資有価証券の取得による支出                                   △ 9             △ 9
                                          25              32
       投資有価証券の売却による収入
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 3,211             △ 3,528
                                          20              95
       有形固定資産の売却による収入
       無形固定資産の取得による支出                                  △ 341             △ 562
                                                         12
       無形固定資産の売却による収入                                    -
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        △ 9,821                -
       支出
       子会社株式の取得による支出                                  △ 532              △ 8
       関係会社株式の取得による支出                                  △ 133               -
                                                         22
       関係会社株式の売却による収入                                    -
       貸付けによる支出                                  △ 398              △ 14
                                          376              177
       貸付金の回収による収入
                                          140              186
       長期未収入金の回収による収入
                                                        216
                                         △ 155
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 14,040              △ 3,373
                                47/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       社債の償還による支出                                    -             △ 44
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                   △ 85             △ 75
                                        23,270              14,980
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 12,425             △ 14,415
       割賦債務の返済による支出                                 △ 27,294             △ 25,331
       リース債務の返済による支出                                 △ 1,143             △ 1,432
       自己株式の取得による支出                                 △ 2,000               △ 0
       配当金の支払額                                 △ 2,504             △ 2,454
       非支配株主への配当金の支払額                                   △ 20             △ 20
                                          △ 0              -
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 22,204             △ 28,794
                                          16              90
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         4,473              7,274
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        43,511              48,023
     現金及び現金同等物の期首残高
     非連結子会社との合併に伴う現金及び現金同等物の
                                          38              260
     増加額
                                       ※1  48,023             ※1  55,557
     現金及び現金同等物の期末残高
                                48/99













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数                18 社
             連結子会社の名称
              主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため省略してお
             ります。
          (2)主要な非連結子会社の名称等

             ㈱小松土木通商
             ㈱サンワ機械リース
             KANAMOTO     FECON   HASSYU    CONSTRUCTION       EQUIPMENT     RENTAL    JSC
             KANAMOTO     & JP  NELSON    EQUIPMENT     (M)  SDN.   BHD.
             PT  KANAMOTO     INDONESIA
             SIAM   KANAMOTO     CO.,LTD.
             SK  ADMINISTRATION        SERVICE(THAILAND)CO.,LTD.
             (連結の範囲から除いた理由)

              非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及
             び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであ
             ります。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)持分法適用の関連会社
             持分法適用の関連会社はありません。
          (2)持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社

             関連会社の数    4社
             主要な会社名
              ㈱朝日レンタックス
              東友エンジニアリング㈱
              名岐エンジニアリング㈱
              KNK  MACHINERY&EQUIPMENT          CORPORATION
             (持分法を適用しない理由)

              非連結子会社11社及び関連会社4社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合
             う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体と
             しても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社のうち、卡          纳 磨拓(中国)投      资 有限公司の決算日は12月31日、KANAMOTO                   AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY
          LTD、MADICA      PTY  LTD、PORTER      GROUP   NOMINEES     PTY  LTD、PORTER      UTILITIES     HOLDINGS     PTY  LTD、PORTER
          EXCAVATIONS      PTY.LTD.及びPORTER          UTILITIES     PTY  LTDの決算日は6月30日、その他の会社は、連結決算日と一
          致しております。
           連結財務諸表の作成に当たっては、卡                 纳 磨拓(中国)投      资 有限公司、KANAMOTO          AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY
          LTD、MADICA      PTY  LTD、PORTER      GROUP   NOMINEES     PTY  LTD、PORTER      UTILITIES     HOLDINGS     PTY  LTD、PORTER
          EXCAVATIONS      PTY.LTD.及びPORTER          UTILITIES     PTY  LTDは9月30日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使
          用し、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
                                49/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         4.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             イ.有価証券
               その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                 移動平均法により算定)を採用しております。
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
             ロ.建設機材
               購入年度別原価から、定額法による減価償却費を控除した額
             ハ.たな卸資産
               (イ)商品及び製品
                  総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
                  定)
               (ロ)未成工事支出金
                  個別法による原価法
               (ハ)原材料及び貯蔵品
                  最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ.有形固定資産(リース資産を除く)
               レンタル用資産は主に定額法、その他の資産は主に定率法を採用しております。
               ただし、定期借地権契約による借地上の建物については、耐用年数を定期借地権の残存期間、残存
              価額を零とした定額法によっております。なお、一部の連結子会社については、1998年4月1日以降
              取得した建物附属設備を除く建物並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物につ
              いては、定額法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                レンタル用資産 2年~17年
                建物及び構築物 2年~60年
             ロ.無形固定資産(のれん、リース資産を除く)
               定額法を採用しております。
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)、顧客関連資産に
              ついては、その効果の発現する期間(16年~19年)に基づく定額法に基づいております。
             ハ.リース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準

             イ.貸倒引当金
               売上債権等の貸倒損失に備えるために、当社及び連結子会社は一般債権については貸倒実績率によ
              り、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上してお
              ります。
             ロ.賞与引当金
               当社及び国内連結子会社は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連
              結会計年度負担額を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

             イ.退職給付見込額の期間帰属方法
               退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法に
              ついては、期間定額基準によっております。
             ロ.数理計算上の差異の費用処理方法
               数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の
              一定の年数(7.7年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理
              しております。
                                50/99


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
             ハ.未認識数理計算上の差異の会計処理方法
               未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累
              計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
             ニ.小規模企業等における簡便法の採用
               一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都
              合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要な収益及び費用の計上基準

             完成工事高及び完成工事原価の計上基準
             イ.当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
               工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
             ロ.その他の工事
               工事完成基準
          (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

             外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
            ております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、在外子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換
            算し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘
            定及び非支配株主持分に含めて計上しております。
          (7)重要なヘッジ会計の方法

             イ.ヘッジ会計の方法
               繰延ヘッジ処理を採用しております。また、為替変動リスクのヘッジについて振当処理の要件を充
              たしている場合には振当処理を、金利スワップ取引について特例処理の条件を充たしている場合には
              特例処理を採用しております。
             ロ.ヘッジ手段とヘッジ対象
               ヘッジ会計を適用したヘッジ対象とヘッジ手段は以下のとおりであります。
               (イ)ヘッジ手段…為替予約
                  ヘッジ対象…原材料輸入による外貨建買入債務及び外貨建予定取引
               (ロ)ヘッジ手段…金利スワップ
                  ヘッジ対象…借入金
             ハ.ヘッジ方針
               相場変動リスクを受ける資産・負債の範囲内でリスクヘッジ目的に限定してデリバティブ取引を利
              用しております。
             ニ.ヘッジ有効性評価の方法
               ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計
              を比較し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。また、金利スワップ取引は特例処理の要
              件を充たしており、その判定をもって有効性の判定に代えております。
          (8)のれんの償却方法及び償却期間

             のれんの償却については、効果の及ぶ期間を合理的に見積り、当該期間にわたり均等償却しておりま
            す。ただし、僅少なものについては発生年度に全額償却をしております。
          (9)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (10)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当
             連結会計年度の費用として処理しております。
                                51/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
         (繰延税金資産の回収可能性)
          当連結会計年度末の連結財務諸表に計上した繰延税金資産は、2,175百万円であります。繰延税金資産は、会
         計上と税務上の違いから生じる一時差異等に係る税金の額について、税効果会計を適用し将来において回収が見
         込まれない税金の額を除き計上しています。
          繰延税金資産の回収可能性の判断に使用する将来の課税所得の見積りについては、当連結グループの事業計画
         を基礎として決定しておりますが、当該事業計画には新型コロナウイルス感染症の影響を考慮しており、回収可
         能性には仮定が含まれております。
          課税所得が生じる時期及び金額には不確実性が高く、将来における実績値に基づく結果は当連結会計年度末に
         おける将来の課税所得の見積りとは異なる可能性があります。
         (企業結合取引により計上したのれん、有形固定資産及び無形固定資産の評価)

          当社グループは、当連結会計年度において、㈱ソーキホールディングス及びKANAMOTO                                       AUSTRALIA     HOLDINGS
         PTY  LTDの株式取得に関する暫定的な会計処理の確定により取得原価の配分額の見直しを完了しました。㈱ソー
         キホールディングス及びKANAMOTO                AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTDのそれぞれの取得原価の配分は、外部の評価専
         門家を利用し、取得した識別可能な資産及び引き受けた負債の認識及び測定を行い、暫定的な会計処理を確定さ
         せております。
          1.当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額及び残存償却年数
            ㈱ソーキホールディングス
                勘定科目           金額(百万円)            残存償却年数
             のれん                    2,184        7年
             レンタル用資産                    2,406       1年~8年
            KANAMOTO     AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTD
                勘定科目           金額(百万円)            残存償却年数
             のれん                    1,927        7年
             機械装置及び運搬具                      6      4年
             顧客関連資産                    1,276       15年~18年
          2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            のれん、有形固定資産及び無形固定資産の評価については、将来の経済状況や経営環境等の変動により将
           来の営業利益が㈱ソーキホールディングス及びKANAMOTO                          AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTDそれぞれの株式取得
           時に使用した事業計画と乖離した場合などにおいては、減損の兆候に該当し、連結財務諸表に重要な影響を
           与える可能性があります。
                                52/99










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準
           委員会)
           (1)概要

              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包
             括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第
             15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度
             から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基
             準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたも
             のです。
              企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15
             号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を
             取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実
             務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加するこ
             ととされております。
           (2)適用予定日

              2022年10月期の期首から適用します。
           (3)当該会計基準等の適用による影響

              「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評
             価中であります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基
           準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
           基準委員会)
           (1)概要

              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同
             じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国
             会計基準においてはAccounting               Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている
             状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関し
             て、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」
             等が公表されたものです。
              企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的
             な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点か
             ら、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた
             実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取
             扱いを定めることとされております。
           (2)適用予定日

              2022年10月期の期首から適用します。
           (3)当該会計基準等の適用による影響

              「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点
             で未定であります。
                                53/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (連結損益計算書)
           前連結会計年度において「営業外費用」の「その他」に含めていた「廃棄物処理費用」は、営業外費用の総
          額の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映
          させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表示していた163百
          万円は、「廃棄物処理費用」10百万円、「その他」153百万円として組替えております。
          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の
          年度末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しておりま
          す。
           ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会
          計年度に係る内容については記載しておりません。
                                54/99
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     投資有価証券(株式)                              3,890百万円                3,313百万円
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     レンタル用資産                              4,827百万円                4,966百万円
     建物及び構築物                                36百万円                71百万円
               計                    4,864百万円                5,037百万円
             担保付債務は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                              1,058百万円                1,264百万円
     長期借入金                              2,231百万円                1,668百万円
               計                    3,290百万円                2,933百万円
           3 保証債務

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     従業員の銀行借入に対する連帯保証(㈱北洋銀
                                     3百万円                2百万円
     行他)
     非連結子会社(SIAM          KANAMOTO)のファイナン
                                   4,862千THB                  -千THB
                                    (16百万円)                (-百万円)
     ス・リース債務に対する債務保証
     非連結子会社(PT         KANAMOTO     INDONESIA)の借入
                                 21,085,128千IDR                14,866,596千IDR
                                    (151百万円)                (120百万円)
     債務に対する債務保証
     非連結子会社(PT         KANAMOTO     INDONESIA)の借入
                                    990千USD                801千USD
                                    (103百万円)                 (91百万円)
     債務に対する債務保証
     非連結子会社(PT         KANAMOTO     INDONESIA)の借入
                                    105百万円                 79百万円
     債務に対する債務保証
     非連結子会社(PT         KANAMOTO     INDONESIA)のファ
                                   48,296千IDR                  -千IDR
                                    (0百万円)                (-百万円)
     イナンス・リース債務に対する債務保証
               計                     381百万円                293百万円
     (USD:アメリカドル、THB:タイバーツ、IDR:インドネシアルピア)
           4 受取手形割引高

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     受取手形割引高                                94 百万円               103  百万円
          ※5 債権譲渡契約に基づく債権流動化

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     受取手形                              2,698百万円                2,590百万円
             受取手形の譲渡残高のうち、遡及権の及ぶものは次のとおりです。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     受取手形                               600百万円                434百万円
                                55/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          ※6 連結会計年度末日満期手形
             連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。な
            お、当連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年
            度末残高に含まれております。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2020年10月31日)                (2021年10月31日)
     受取手形                               909百万円                580百万円
     電子記録債権                               126百万円                172百万円
     支払手形                              4,155百万円                3,996百万円
     流動負債その他                                69百万円                12百万円
         (連結損益計算書関係)

          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
     従業員給料手当                              15,298   百万円             17,262   百万円
     減価償却費                              2,344   百万円              2,708   百万円
     賃借料                              3,858   百万円              4,135   百万円
     貸倒引当金繰入額                                20 百万円               107  百万円
     賞与引当金繰入額                              1,407   百万円              1,515   百万円
     退職給付費用                               558  百万円               639  百万円
     のれん償却額                               176  百万円               648  百万円
          ※2 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
     建物及び構築物                                0百万円                2百万円
     機械装置及び運搬具                                11百万円                18百万円
     その他(有形固定資産)                                6百万円                0百万円
     その他(無形固定資産)                                -百万円                 0百万円
               計                     17百万円                21百万円
          ※3 固定資産除売却損の内訳は次のとおりであります。

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
    (固定資産売却損)
     レンタル用資産                                0百万円                -百万円
     建物及び構築物                               -百万円                 2百万円
     機械装置及び運搬具                                0百万円                2百万円
     土地                               -百万円                64百万円
     その他                                0百万円                6百万円
    (固定資産除却損)
     レンタル用資産                               71百万円                63百万円
     建物及び構築物                               100百万円                 43百万円
     機械装置及び運搬具                                9百万円                6百万円
     土地                                0百万円                0百万円
     その他(有形固定資産)                               22百万円                53百万円
     その他(無形固定資産)                                1百万円                32百万円
               計                     206百万円                275百万円
                                56/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △743百万円                 875百万円
      組替調整額                                171百万円                172百万円
       税効果調整前
                                     △571百万円                1,047百万円
       税効果額                               174百万円               △319百万円
       その他有価証券評価差額金
                                     △397百万円                 727百万円
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                △0百万円                 0百万円
      組替調整額                                 -百万円                -百万円
       税効果調整前
                                      △0百万円                 0百万円
       税効果額                                0百万円               △0百万円
       繰延ヘッジ損益
                                      △0百万円                 0百万円
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 66百万円                667百万円
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △92百万円                △32百万円
      組替調整額                                 5百万円                11百万円
       税効果調整前
                                      △87百万円                △20百万円
       税効果額                                26百万円                 6百万円
       退職給付に係る調整額
                                      △60百万円                △14百万円
        その他の包括利益合計
                                     △391百万円                1,381百万円
                                57/99












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                    38,742            -          -        38,742
            合計               38,742            -          -        38,742
     自己株式
      普通株式 (注)                       3         935          -         939
            合計                 3         935          -         939
     (注)普通株式の自己株式の株式数の増加935千株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加935千株及び単元
         未満株式の買取りによる増加0千株によるものであります。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
         決議        株式の種類                          基準日         効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
     2019年12月26日
                  普通株式           1,549        40.00     2019年10月31日          2020年1月29日
     取締役会
     2020年6月5日
                  普通株式            956       25.00     2020年4月30日          2020年7月3日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
        決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     2020年12月28日
                普通株式         1,512     利益剰余金         40.00    2020年10月31日         2021年1月29日
     取締役会
          当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                     首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                    38,742            -          -        38,742
            合計               38,742            -          -        38,742
     自己株式
      普通株式 (注)                      939           0         14         924
            合計                939           0         14         924
     (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加0千株によるものでありま
           す。
         2.普通株式の自己株式の株式数の減少14千株は、譲渡制限付株式報酬によるものであります。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
                                58/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          3.配当に関する事項
           (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
         決議        株式の種類                          基準日         効力発生日
                         (百万円)        配当額(円)
     2020年12月28日
                  普通株式           1,512        40.00     2020年10月31日          2021年1月29日
     取締役会
     2021年6月4日
                  普通株式            945       25.00     2021年4月30日          2021年7月2日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
        決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     2021年12月27日
                普通株式         1,701     利益剰余金         45.00    2021年10月31日         2022年1月28日
     取締役会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
     現金及び預金勘定                              48,563百万円                56,093百万円
     預入期間が3ケ月を超える定期預金                              △540百万円                △535百万円
     現金及び現金同等物                              48,023百万円                55,557百万円
           2.重要な非資金取引の内容

            (1)新たに計上した割賦取引に係る資産及び債務の額、リース取引に係る資産及び債務の額
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
     割賦取引に係る資産及び債務の額                              28,915百万円                15,147百万円
     リース取引に係る資産及び債務の額                              1,619百万円                1,702百万円
            (2)新たに計上した資産除去債務に係る額

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
     資産除去債務に係る額
                                     48百万円                43百万円
                                59/99









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
             所有権移転外ファイナンス・リース取引
            (1)リース資産の内容
               有形固定資産
               主として、建設関連及びその他事業におけるレンタル用資産であります。
            (2)リース資産の減価償却の方法

               連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価
              償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2020年10月31日)               (2021年10月31日)
             1年内                            2,122               2,827
             1年超                            8,754               12,293
                    合計                    10,877               15,120
          (貸主側)

           オペレーティング・リース取引
             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2020年10月31日)               (2021年10月31日)
             1年内                             973              1,314
             1年超                             317              4,741
                    合計                     1,291               6,056
                                60/99











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時
             的な余剰資金は安全性の高い金融商品で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達してお
             ります。
              また、デリバティブ取引は、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わな
             い方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である受取手形、売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。ま
             た、海外で事業を行うにあたり生じる外貨建ての営業債権は為替の変動リスクに晒されておりますが、
             同じ外貨建ての買掛金の残高の範囲内にあるものを除き、必要に応じて先物為替予約を利用してヘッジ
             しております。投資有価証券は主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに
             晒されております。
              営業債務である支払手形及び買掛金並びに未払金(1年内期限到来分の長期未払金を除く)は、その
             ほとんどが1年内の支払期日であります。一部外貨建てのものについては、為替の変動リスクに晒され
             ておりますが、恒常的に同じ外貨建ての売掛金残高の範囲内にあります。借入金、割賦契約に基づく長
             期未払金(1年内期限到来分を含む)は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、
             償還日は最長で決算日後7年であります。このうち、借入金は、金利の変動リスクに晒されております
             が、デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。
              デリバティブ取引は、外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした
             先物為替予約取引、借入金に係る支払金利の変動リスクをヘッジする目的とした金利スワップ取引であ
             ります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法
             等については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項
             (7)  重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社は、債権管理規程に従い、営業債権について、管理本部が主要な取引先の状況を定期的にモニタ
             リングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早
             期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、当社の管理方法に準じて、同様の管理を行っ
             ております。
              デリバティブ取引については、取引相手先が信用度の高い国内金融機関であるため、信用リスクはほ
             とんどないと判断しております。
            ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              当社及び一部の連結子会社は、外貨建ての営業債権債務について、通貨別月別に把握された為替の変
             動リスクに対して、必要に応じて先物為替予約を利用してヘッジをしております。また、借入金に係る
             支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用しております。
              有価証券及び投資有価証券については、定期的な時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握
             し、市況や取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
              デリバティブ取引の執行・管理については、社内管理規程に従い、担当部署が決裁担当者の承認を得
             て行っております。
            ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社グループは、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するととも
             に、手元流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。取引実績は、定例取締役会におい
             てデリバティブ取引を含む財務報告をしております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合は合理的に算定された価額
             が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を
             採用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」
             におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場
             リスクを示すものではありません。
                                61/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2020年10月31日)

                                 連結貸借対照表
                                          時価(百万円)         差額(百万円)
                                 計上額(百万円)
     (1)現金及び預金                                48,563         48,563           -
     (2)受取手形及び売掛金                                41,451         41,451           -
     (3)電子記録債権                                 6,166         6,166           -
     (4)投資有価証券
                                      4,652         4,652           -
        その他有価証券
                 資産計                    100,832         100,832            -
     (1)支払手形及び買掛金                                37,975         37,975           -
     (2)短期借入金                                 1,035         1,035           -
     (3)未払金(1年内期限到来分の長期未払金を除く)                                 3,471         3,471           -
     (4)長期借入金(1年内期限到来分を含む)                                43,024         43,042           17
     (5)長期未払金(1年内期限到来分を含む)                                74,265         73,748          △517
                 負債計                    159,771         159,272          △499
      デリバティブ取引                                  -         -         -
            当連結会計年度(2021年10月31日)

                                 連結貸借対照表
                                          時価(百万円)         差額(百万円)
                                 計上額(百万円)
     (1)現金及び預金                                56,093         56,093           -
     (2)受取手形及び売掛金                                39,305         39,305           -
     (3)電子記録債権                                 7,319         7,319           -
     (4)投資有価証券
                                      5,530         5,530           -
        その他有価証券
                 資産計                    108,249         108,249            -
     (1)支払手形及び買掛金                                37,082         37,082           -
     (2)短期借入金                                  960         960          -
     (3)未払金(1年内期限到来分の長期未払金を除く)                                 2,887         2,887           -
     (4)長期借入金(1年内期限到来分を含む)                                44,515         44,510           △5
     (5)長期未払金(1年内期限到来分を含む)                                66,144         66,019          △124
                 負債計                    151,590         151,459          △130
      デリバティブ取引                                  -         -         -
     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
         (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
         (4)投資有価証券
            株式は取引所の価格によっており、債券等は取引金融機関から提示された価格によっております。また、
           保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
         負 債
         (1)支払手形及び買掛金、(3)未払金(1年内期限到来分の長期未払金を除く)
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
         (2)短期借入金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
         (4)長期借入金(1年内期限到来分を含む)、(5)長期未払金(1年内期限到来分を含む)
            これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入又は割賦契約を行った場合に想定される利率で割り
           引いた現在価値により算定しております。変動金利による長期借入金は金利スワップ取引の特例処理の対象
           とされており、当該金利スワップ取引と一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合
           に適用される合理的に見積られる利率で割り引いて算定する方法によっております。
         デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
                                62/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
             区分
                           (2020年10月31日)                  (2021年10月31日)
     非上場株式                                 4,322                  3,718
      (注)これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)投資
          有価証券 その他有価証券」には含めておりません。
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2020年10月31日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                       48,563           -         -         -
     受取手形及び売掛金                       41,451           -         -         -
     電子記録債権                       6,166           -         -         -
     投資有価証券
      その他有価証券
       その他                       -         -         -         -
             合計               96,180           -         -         -
           当連結会計年度(2021年10月31日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                       56,093           -         -         -
     受取手形及び売掛金                       39,305           -         -         -
     電子記録債権                       7,319           -         -         -
     投資有価証券
      その他有価証券
       その他                       -         -         -         -
             合計               102,718            -         -         -
         4.長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(2020年10月31日)
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                               5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                               (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
      短期借入金                    1,035        -      -      -      -      -
      長期借入金                   12,942       9,985      7,215      4,754      7,861       263
      長期未払金(割賦)                   22,018      18,656      14,909      10,473       5,484      1,233
             合計            35,995      28,641      22,125      15,228      13,346       1,497
           当連結会計年度(2021年10月31日)

                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                               5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                               (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
      短期借入金                     960       -      -      -      -      -
      長期借入金                   13,055      10,266       7,764      10,848       2,136       443
      長期未払金(割賦)                   21,657      17,844      13,391       8,162      3,084       472
             合計            35,673      28,110      21,155      19,011       5,220       916
                                63/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
            前連結会計年度(2020年10月31日)
                             連結貸借対照表
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             計上額(百万円)
                 (1)株式                  3,727           1,339           2,388
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計              3,727           1,339           2,388
                 (1)株式                   924          1,095           △170
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               924          1,095           △170
               合計                    4,652           2,434           2,217
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額4,322百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含まれておりません。
            当連結会計年度(2021年10月31日)

                             連結貸借対照表
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             計上額(百万円)
                 (1)株式                  4,952           1,663           3,289
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えるもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計              4,952           1,663           3,289
                 (1)株式                   578           608          △30
                 (2)債券
                  ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                  ② 社債                  -           -           -
     取得原価を超えないもの
                  ③ その他                  -           -           -
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               578           608          △30
               合計                    5,530           2,272           3,258
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額3,718百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含まれておりません。
                                64/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          2.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
          種類           売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
    (1)株式                         25              -              -
    (2)債券
      ① 国債・地方債等                        -              -              -
      ② 社債                        -              -              -
      ③ その他                        -              -              -
    (3)その他                         -              -              -
          合計                    25              -              -
            当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

          種類           売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)
    (1)株式                         32              -              -
    (2)債券
      ① 国債・地方債等                        -              -              -
      ② 社債                        -              -              -
      ③ その他                        -              -              -
    (3)その他                         -              -              -
          合計                    32              -              -
          3.減損処理を行った有価証券

            前連結会計年度において、その他有価証券の株式171百万円、関係会社株式188百万円減損処理を行ってお
           ります。
            当連結会計年度において、その他有価証券の株式172百万円、関係会社株式174百万円減損処理を行ってお
           ります。
            なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処
           理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理
           を行っております。
                                65/99










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
           金利関連
            前連結会計年度(2020年10月31日)
                                            契約額等のうち
                                      契約額等                 時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象                  1年超
                                      (百万円)                (百万円)
                                             (百万円)
                 金利スワップ取引
     金利スワップの特例処理
                  変動受取・固定支払           長期借入金            310        191     (注)
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
            当連結会計年度(2021年10月31日)

                                            契約額等のうち
                                      契約額等                 時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象                  1年超
                                      (百万円)                (百万円)
                                             (百万円)
                 金利スワップ取引
     金利スワップの特例処理
                  変動受取・固定支払           長期借入金            411        332     (注)
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
           通貨関連

            前連結会計年度(2020年10月31日)
            該当事項はありません。
            当連結会計年度(2021年10月31日)

                                            契約額等のうち
                                      契約額等                 時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象                  1年超
                                      (百万円)                (百万円)
                                             (百万円)
                 為替予約取引
     為替予約等の振当処理             買建             買掛金            3       -    (注)
                   ユーロ
     (注)為替予約等の振当処理によるものは                   、 ヘッジ対象とされている買掛金と一体として処理されているため                              、 その時
         価は  、 当該ヘッジ対象の時価に含めて記載しています                     。
                                66/99










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び連結子会社(一部の連結子会社は、退職一時金制度と併用)は、執行役員を除く従業員の退職金
           制度は確定拠出年金制度を設けております。また、一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付
           費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用して
           おります。なお、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象と
           されない割増退職金を支払う場合があります。
            その他に、一部の連結子会社は、複数事業主制度の企業年金基金に加入しており、このうち、自社の拠出
           に対応する年金資産の額を合理的に計算することができない制度については、確定拠出制度と同様に会計処
           理しております。
          2.確定給付制度(簡便法を適用した制度を除く)

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (自 2019年11月1日            (自 2020年11月1日
                                     至 2020年10月31日)            至 2021年10月31日)
              退職給付債務の期首残高                             285  百万円          382  百万円
               勤務費用                            31 百万円           37 百万円
               利息費用                            - 百万円           - 百万円
               数理計算上の差異の発生額                            92 百万円           32 百万円
               退職給付の支払額                           △28  百万円          △6  百万円
              退職給付債務の期末残高                             382  百万円          444  百万円
           (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給

              付に係る資産の調整表
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (2020年10月31日)            (2021年10月31日)
              積立型制度の退職給付債務                             - 百万円           - 百万円
              年金資産                             - 百万円           - 百万円
                                           - 百万円           - 百万円
              非積立型制度の退職給付債務                             382  百万円          444  百万円
              連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             382  百万円          444  百万円
              退職給付に係る負債                             382  百万円          444  百万円

              連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             382  百万円          444  百万円
           (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                      (2020年10月31日)            (2021年10月31日)
              勤務費用                             31 百万円           37 百万円
              利息費用                             - 百万円           - 百万円
              期待運用収益                             - 百万円           - 百万円
              数理計算上の差異の費用処理額                              5 百万円           11 百万円
              簡便法で計算した退職給付費用                             - 百万円           - 百万円
              確定給付制度に係る退職給付費用                             37 百万円           49 百万円
           (4)退職給付に係る調整額

              退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                      (2020年10月31日)            (2021年10月31日)
              数理計算上の差異                            △87  百万円          △20  百万円
              合計                            △87  百万円          △20  百万円
           (5)退職給付に係る調整累計額

              退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                      (2020年10月31日)            (2021年10月31日)
              未認識数理計算上の差異                            △92  百万円         △112   百万円
              合計                            △92  百万円         △112   百万円
                                67/99


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
           (6)数理計算上の計算基礎に関する事項
              主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                      (2020年10月31日)            (2021年10月31日)
              割引率                             0.0  %          0.0  %
          3.簡便法を適用した確定給付制度

           (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (自 2019年11月1日            (自 2020年11月1日
                                     至 2020年10月31日)            至 2021年10月31日)
              退職給付に係る負債の期首残高                             - 百万円          116  百万円
               退職給付費用                            - 百万円           12 百万円
               退職給付の支払額                            - 百万円          △7  百万円
               制度への拠出額                            - 百万円           - 百万円
               連結範囲の変更に伴う増加                            116  百万円           - 百万円
              退職給付に係るの期末残高                             116  百万円          121  百万円
           (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給

              付に係る資産の調整表
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (2020年10月31日)            (2021年10月31日)
              積立型制度の退職給付債務                             - 百万円           - 百万円
              年金資産                             - 百万円           - 百万円
                                           - 百万円           - 百万円
              非積立型制度の退職給付債務                             116  百万円          121  百万円
              連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             116  百万円          121  百万円
              退職給付に係る負債                             116  百万円          121  百万円

              連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             116  百万円          121  百万円
           (3)退職給付費用

              簡便法で計算した退職給付費用 前連結会計年度-百万円 当連結会計年度12百万円
          4.確定拠出制度

            当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度521百万円、当連結会計年度550百万
           円であります。
          5.複数事業主制度

            確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、前連結会計年
           度-百万円、当連結会計年度9百万円であります。
           (1)複数事業主制度の直近の積立状況
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
              年金資産の額                           58,255   百万円         63,838   百万円
              年金財政計算上の数理債務の額と最低責任準備
                                         46,764   百万円         47,057   百万円
              金の額との合計額
              差引額                           11,490   百万円         16,781   百万円
           (2)複数事業主制度の掛金に占める当社グループの割合

              前連結会計年度 0.51%(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
              当連結会計年度 0.50%(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
           (3)補足説明

              上記(1)差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高(前連結会計年度0百万円、当
             連結会計年度0百万円)及び繰越剰余金(前連結会計年度11,490百万円、当連結会計年度16,781百万
             円)であります。
              なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
                                68/99


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.譲渡制限付株式報酬に係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                                        当連結会計年度
                                       (自 2020年11月1日
                                        至 2021年10月31日)
            販売費及び一般管理費                                            25
          2.譲渡制限付株式報酬の内容

                                      第1回譲渡制限付株式報酬
            付与対象者の区分及び人数                    当社取締役8名、当社執行役員7名、当社理事13名
            付与数                          当社普通株式 14,600株
            付与日                            2021年2月26日
                                       自 2021年2月26日
            譲渡制限期間
                                       至 2051年2月26日
                             対象取締役等が譲渡制限期間中、継続して、当社の取締役、取締
                             役を兼務しない執行役員、理事のいずれかの地位にあることを条
                             件として、本割当株式の全部について、譲渡制限期間の満了時点
                             で譲渡制限を解除する。ただし、譲渡制限期間中に、当社の取締
                             役、取締役を兼務しない執行役員、理事のいずれの地位からも任
                             期満了又は定年その他正当な事由により退任又は退職した場合に
                             は、対象取締役等の退任又は退職の直後の時点をもって、譲渡制
            解除条件
                             限を解除する。譲渡制限の解除対象となる株式数は、当該退任又
                             は退職した時点において保有する本割当株式の数に、対象取締役
                             等の譲渡制限期間に係る在職期間(月単位)を12で除した数(そ
                             の数が1を超える場合は、1とする。)を乗じた数の株数(ただ
                             し、計算の結果、1株未満の端数が生ずる場合は、これを切り捨
                             てる)とし、譲渡制限が解除されない本割当株式については、当
                             社は当然に無償で取得する。
            付与日における公正な評価単価                                           2,297円
          3.譲渡制限付株式報酬の数

                                      第1回譲渡制限付株式報酬
            前連結会計年度末                                            -
            付与                                          14,600
            無償取得                                            -
            譲渡制限解除                                            -
            譲渡制限残                                          14,600
                                69/99








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
           繰延税金資産
            貸倒引当金                              260百万円              256百万円
            未払事業税                              198百万円              193百万円
            退職給付に係る負債                              156百万円              135百万円
            賞与引当金                              453百万円              482百万円
            関係会社株式評価損                              431百万円              436百万円
            投資有価証券評価損                              146百万円              103百万円
            減価償却費                             1,213百万円              1,379百万円
            減損損失                              399百万円              399百万円
            税務上の繰越欠損金(注)                              -百万円              53百万円
                                        1,228百万円              1,251百万円
            その他
            繰延税金資産小計
                                        4,490百万円              4,692百万円
                                       △1,074百万円              △1,179百万円
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                        3,415百万円              3,513百万円
           繰延税金負債

            その他有価証券評価差額金                              722百万円             1,000百万円
            在外子会社の減価償却不足額                              244百万円              330百万円
            資本連結に係る投資差額                              -百万円            1,215百万円
                                         292百万円              293百万円
            その他
            繰延税金負債小計                             1,259百万円              2,839百万円
           繰延税金資産の純額                              2,156百万円               673百万円
           (注)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額については、金額的重要性が乏しいた
              め記載を省略しております。
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
           法定実効税率
                                          30.4%              30.4%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                               0.6%              0.4%
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △0.2%              △0.2%
            住民税均等割                               1.4%              1.3%
            評価性引当額の増減                               0.4%              0.7%
                                          △0.5%               1.0%
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                                32.1%              33.6%
                                70/99






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          企業結合に係る暫定的な会計処理の確定
          (㈱ソーキホールディングス)
           2020年9月30日に行われた㈱ソーキホールディングスとの企業結合について、前連結会計年度において暫定
          的な会計処理を行っておりましたが、当連結会計年度に確定しております。この暫定的な会計処理の確定に伴
          い、当連結会計年度の連結財務諸表に含まれる比較情報において取得原価の当初配分額に重要な見直しが反映
          されており、のれんとして計上していた金額の一部を組替えております。
           この結果、レンタル用資産に2,749百万円及び繰延税金負債に948百万円が配分されたことにより、暫定的に
          算定されたのれんの金額4,325百万円は1,800百万円減少し2,524百万円となっております。
          (KANAMOTO      AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTD)

           2020年10月15日に行われたKANAMOTO                 AUSTRALIA     HOLDINGS     PTY  LTDとの企業結合について、前連結会計年度
          において暫定的な会計処理を行っておりましたが、当連結会計年度に確定しております。この暫定的な会計処
          理の確定に伴い、当連結会計年度の連結財務諸表に含まれる比較情報において取得原価の当初配分額に重要な
          見直しが反映されており、のれんとして計上していた金額の一部を組替えております。
           この結果、機械装置及び運搬具に7百万円、顧客関連資産に1,276百万円及び繰延税金負債に222百万円が配
          分されたことにより、暫定的に算定されたのれんの金額3,114百万円は1,062百万円減少し2,052百万円となっ
          ております。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
          1.当該資産除去債務の概要
            営業所施設用土地の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
          2.当該資産除去債務の金額の算定方法

            使用見込期間を取得から10~45年と見積り、割引率は使用見込期間に対応する国債の利回り(0.047~
           2.191%)を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
          3.当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                  至 2020年10月31日)              至 2021年10月31日)
             期首残高                           492百万円              545百万円
             有形固定資産の取得に伴う増加額                            48百万円              43百万円
             時の経過による調整額                            5百万円              6百万円
             資産除去債務の履行による減少額                           △0百万円              △6百万円
             期末残高                           545百万円              588百万円
         (賃貸等不動産関係)

          賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                71/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
            営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
             当社は、製品・サービス別に事業展開しており、そのうち「建設関連」を報告セグメントとしておりま
            す。
             「建設関連」は、建設用機械及び建設用仮設資材等のレンタル及び販売を行っております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、たな卸資産の評価基準を除き、「連結財務諸表作
            成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
             たな卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ前の価額で評価しております。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                            その他
                                                      合計
                                            (注)
                                  建設関連
           売上高
                                   160,826          18,226         179,053
            外部顧客への売上高
            セグメント間の内部売上高又は振替高                          -          -          -
                                   160,826          18,226         179,053
                    計
                                    12,852           969        13,822
           セグメント利益
                                   235,719           8,169         243,888
           セグメント資産
           その他の項目
                                    27,222          1,255         28,478
            減価償却費
                                     110          66         176
            のれんの償却額
                                    48,275          1,594         49,869
            有形固定資産及び無形固定資産の増加額
            (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、鉄鋼関連、情報関
               連、福祉関連及びその他の事業を含んでおります。
             当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

                                                   (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                            その他
                                                      合計
                                            (注)
                                  建設関連
           売上高
                                   171,020          18,395         189,416
            外部顧客への売上高
            セグメント間の内部売上高又は振替高                          -          -          -
                                   171,020          18,395         189,416
                    計
                                    13,043          1,110         14,153
           セグメント利益
                                   233,729           8,988         242,718
           セグメント資産
           その他の項目
                                    29,396          1,211         30,607
            減価償却費
                                     620          27         648
            のれんの償却額
                                    25,141          1,360         26,501
            有形固定資産及び無形固定資産の増加額
            (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、鉄鋼関連、情報関
               連、福祉関連及びその他の事業を含んでおります。
                                72/99




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
           4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:百万円)
                   売上高               前連結会計年度              当連結会計年度
           報告セグメント計                              160,826              171,020
           「その他」の区分の売上高                               18,226              18,395
           セグメント間取引消去                                 -              -
           連結財務諸表の売上高                              179,053              189,416
                                                   (単位:百万円)

                    利益               前連結会計年度              当連結会計年度
           報告セグメント計                               12,852              13,043
           「その他」の区分の利益                                969             1,110
           その他の調整額                                428              471
           連結財務諸表の営業利益                               14,250              14,624
                                                   (単位:百万円)

                    資産               前連結会計年度              当連結会計年度
           報告セグメント計                              235,719              233,729
           「その他」の区分の資産                               8,169              8,988
           全社資産(注)                               56,474              61,036
           連結財務諸表の資産合計                              300,362              303,754
            (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない管理部門に係る資産等であります。
                                                   (単位:百万円)

                 報告セグメント計              その他           調整額        連結財務諸表計上額
       その他の項目
                前連結会      当連結会      前連結会      当連結会      前連結会      当連結会      前連結会      当連結会
                計年度      計年度      計年度      計年度      計年度      計年度      計年度      計年度
     減価償却費             27,222      29,396      1,255      1,211       418      456    28,896      31,064
     有形固定資産及び無
                  48,275      25,141      1,594      1,360       404      158    50,274      26,659
     形固定資産の増加額
     (注)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、管理部門に係る設備投資額であります。
                                73/99










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)及び当連結会計年度(自 2020年11月1日 
           至 2021年10月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
               本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
              す。
            (2)有形固定資産
               本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
              め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるもの
            がないため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                   (単位:百万円)
                             建設関連         その他       全社・消去          合計
                                 110         66                176
           当期償却額(のれん)                                       -
                                4,608          27               4,636
           当期末残高                                       -
           当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

                                                   (単位:百万円)
                             建設関連         その他       全社・消去          合計
                                 620         27                648
           当期償却額(のれん)                                       -
                                4,111                         4,111
           当期末残高                               -        -
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                74/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          1.関連当事者との取引
           (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
              連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
               前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                    資本金又は         議決権等の所
                                              取引金額         期末残高
          会社等の名               事業の内容          関連当事者
      種類          所在地    出資金         有(被所有)           取引の内容           科目
          称又は氏名               又は職業          との関係
                                              (百万円)         (百万円)
                     (百万円)         割合(%)
                                        鋼材の販売及          受取手形及
                                                 37          0
                                        びレンタル          び売掛金
                         敷板鋼材・     当社役員の近
                                                   支払手形及
                                    商品売買及
                                                          77
          ㈱カナス               中古鋼材の     親者が
                                                   び買掛金
               北海道室蘭市         30            びレンタル
          チール               売買・レン     100.00%を直
                                    役員の兼任
                                        鋼材の購入
                                                 916
                                                   未払金        28
                         タル・輸出     接所有
     役員及びその
     近親者が議決
                                                   長期未払金        89
     権の過半数を
     自己の計算に
                              当社役員及び
                         鉄板敷板等               鉄板敷板等の
     おいて所有し
          ㈱カナック                    その近親者が      商品売買               支払手形及
               北海道室蘭市         10  の販売、修               購入、修理、        123          73
     ている会社
          ス                    100.00%を直      役員の兼任               び買掛金
                         理、賃貸               賃借
                              接所有
                              当社役員及び
                         鉄板敷板等               鉄板敷板等の
          ㈲カナレン                    その近親者が      商品売買               支払手形及
               千葉県市原市         5 の販売、修               購入、修理、         53         32
          テム                    100.00%を直      役員の兼任               び買掛金
                         理、賃貸               賃借
                              接所有
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           上記各社との取引については一般の取引と同様に市場価格を参考に、また取引条件については一般の取引と
           同様な取引条件となっております。
               当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

                    資本金又は         議決権等の所
          会社等の名               事業の内容          関連当事者           取引金額         期末残高
                    出資金         有(被所有)
      種類          所在地                         取引の内容           科目
          称又は氏名               又は職業          との関係          (百万円)         (百万円)
                     (百万円)         割合(%)
                                        鋼材の販売及          受取手形及
                                                 504          1
                                        びレンタル          び売掛金
                         敷板鋼材・     当社役員の近
                                    商品売買及
          ㈱カナス               中古鋼材の     親者が
               北海道室蘭市         30            びレンタル
          チール               売買・レン     100.00%を直
                                                   支払手形及
                                    役員の兼任
                                        鋼材の購入         41          8
                         タル・輸出     接所有
                                                   び買掛金
     役員及びその
     近親者が議決
     権の過半数を
                              当社役員及び
                         鉄板敷板等               鉄板敷板等の
     自己の計算に
          ㈱カナック                    その近親者が      商品売買               支払手形及
               北海道室蘭市         10  の販売、修               購入、修理、        104          64
     おいて所有し
          ス                    100.00%を直      役員の兼任               び買掛金
                         理、賃貸               賃借
     ている会社
                              接所有
                              当社役員及び
                         鉄板敷板等               鉄板敷板等の
          ㈲カナレン                    その近親者が      商品売買               支払手形及
               千葉県市原市          の販売、修               購入、修理、
                        5                         54         35
          テム                    100.00%を直      役員の兼任               び買掛金
                         理、賃貸               賃借
                              接所有
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           上記各社との取引については一般の取引と同様に市場価格を参考に、また取引条件については一般の取引と
           同様な取引条件となっております。
           (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

              連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
               前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)及び当連結会計年度(自 2020年11
               月1日 至 2021年10月31日)
              該当事項はありません。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

           (1)親会社情報
              該当事項はありません。
           (2)重要な関連会社の要約財務情報

              該当事項はありません。
                                75/99



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2019年11月1日                            (自 2020年11月1日
              至 2020年10月31日)                            至 2021年10月31日)
     1株当たり純資産額                     3,150.30    円   1株当たり純資産額                     3,357.10    円
     1株当たり当期純利益                      221.45   円   1株当たり当期純利益                      235.55   円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                        -    潜在株式調整後1株当たり当期純利益                        -
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
                                             同左
     は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                               至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                  8,466                8,907
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -                -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                       8,466                8,907
     利益(百万円)
     期中平均株式数(株)                                38,232,825                37,813,895
         (重要な後発事象)

          (自己株式の取得)
           当社は2021年12月10日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される
          同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を次のとおり決議しました。
           1.自己株式の取得を行う理由
             株主還元のため
           2.取得に係る事項の内容

             (1)取得する株式の種類  :当社普通株式
             (2)取得する株式の総数  :1,200,000株(上限)
             (3)取得する期間     :2021年12月13日~2022年4月21日
             (4)取得価額の総額    :2,000,000,000円(上限)
             (5)取得の方法      :市場買付
                                76/99









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利率
       会社名         銘柄       発行年月日                          担保     償還期限
                              (百万円)       (百万円)       (%)
                                  48       24
     ㈱ソーキ        第11回無担保社債         2017年7月31日                     (注)2      なし    2022年5月31日
                                 (24)       (24)
                                  20       -
     ㈱ソーキ        第12回無担保社債         2018年2月26日                      0.43     なし    2021年2月26日
                                 (20)       (-)
                                  68       24
        合計         -        -                   -     -      -
                                 (44)       (24)
     (注)1.( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
         2.第11回無担保社債の利率は6ケ月円TIBORの変動利率であります。
         3.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
            1年以内         1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
           (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                 24          -          -          -          -
         【借入金等明細表】

                              当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                     返済期限
                              (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                            1,035        960       0.78       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                           12,942       13,055        0.36       -
     1年以内に返済予定のリース債務                            1,342       1,269        2.62       -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           30,082       31,460        0.27    2022年~2028年
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                            2,857       2,888        2.55    2022年~2035年

     その他有利子負債
     未払金(割賦)                           22,018       21,657        0.55       -
     長期未払金(割賦)                           50,758       42,954        0.61     2022年~2027年
                合計                121,036       114,245          -      -
     (注)1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)及び長期未払金の連結決算日後5年間の
           返済予定額は以下のとおりであります。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                     (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
         長期借入金                10,266           7,764          10,848           2,136
         リース債務                 1,071           850          552          237
         長期未払金(割賦)                17,844          13,391           8,162          3,084
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
                                77/99






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
      (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     売上高(百万円)                       47,660         95,225         141,455         189,416
     税金等調整前四半期(当期)純利益
                            3,989         8,397         11,377         14,747
     (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                            2,265         4,943         6,826         8,907
     純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利益
                            59.92         130.75         180.53         235.55
     (円)
     (会計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益(円)                        59.92         70.83         49.78         55.03
                                78/99
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        30,761              35,310
        現金及び預金
                                    ※1 ,※3 ,※4  5,664         ※1 ,※3 ,※4  4,920
        受取手形
                                     ※1 ,※4  5,088           ※1 ,※4  5,334
        電子記録債権
                                        19,449              18,999
        売掛金
                                          298              368
        商品及び製品
                                          58              47
        未成工事支出金
                                          756              866
        原材料及び貯蔵品
                                        16,260              14,378
        建設機材
                                          325              346
        前払費用
                                        ※1  693            ※1  752
        短期貸付金
                                        ※1  804           ※1  1,037
        その他
                                         △ 55             △ 72
        貸倒引当金
                                        80,105              82,288
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        65,587              61,897
          レンタル用資産
                                         9,610              10,390
          建物
                                         2,465              2,644
          構築物
                                         1,050              1,091
          機械及び装置
                                          41              37
          車両運搬具
                                          246              256
          工具、器具及び備品
                                        33,672              33,539
          土地
                                         1,388                55
          建設仮勘定
                                        114,062              109,914
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          780              574
          ソフトウエア
                                          20              20
          電話加入権
                                          76              162
          その他
                                          876              757
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         4,732              5,550
          投資有価証券
                                        28,849              28,428
          関係会社株式
                                         1,151               820
          繰延税金資産
                                          10              10
          出資金
                                       ※1  1,764             ※1  1,567
          長期貸付金
                                         1,462              1,101
          その他
                                        △ 1,007              △ 896
          貸倒引当金
                                        36,965              36,583
          投資その他の資産合計
                                        151,904              147,255
        固定資産合計
                                        232,009              229,544
       資産合計
                                79/99





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     負債の部
       流動負債
                                     ※1 ,※4  20,910           ※1 ,※4  20,516
        支払手形
                                       ※1  6,152             ※1  5,597
        買掛金
                                         9,860              9,550
        短期借入金
                                          947             1,456
        未払法人税等
                                          769              759
        賞与引当金
                                       ※1  20,186             ※1  19,117
        未払金
                                          463              474
        未払費用
                                        ※4  990            ※4  399
        設備関係支払手形
                                       ※1  1,439             ※1  2,200
        その他
                                        61,719              60,071
        流動負債合計
       固定負債
                                        23,490              25,240
        長期借入金
                                       ※1  42,655             ※1  36,378
        長期未払金
                                          341              373
        資産除去債務
                                        66,487              61,992
        固定負債合計
                                        128,207              122,063
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        17,829              17,829
        資本金
        資本剰余金
                                        18,950              18,950
          資本準備金
                                          387              389
          その他資本剰余金
                                        19,337              19,340
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                         1,375              1,375
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                          22              22
           固定資産圧縮積立金
                                        57,731              62,731
           別途積立金
                                         8,001              5,936
           繰越利益剰余金
                                        67,130              70,065
          利益剰余金合計
        自己株式                                △ 2,009             △ 1,978
                                        102,289              105,257
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,512              2,223
        その他有価証券評価差額金
                                         1,512              2,223
        評価・換算差額等合計
                                        103,802              107,480
       純資産合計
                                        232,009              229,544
     負債純資産合計
                                80/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                      ※1  118,654             ※1  117,687
     売上高
                                       ※1  88,411             ※1  87,508
     売上原価
                                        30,243              30,179
     売上総利益
                                     ※1 ,※2  22,072           ※1 ,※2  22,676
     販売費及び一般管理費
                                         8,170              7,503
     営業利益
     営業外収益
                                          269              267
       受取利息及び受取配当金
                                          329              340
       受取賃貸料
                                          210              206
       受取出向料
                                                         98
       為替差益                                    -
                                          56              69
       貸倒引当金戻入額
                                          216              237
       その他
                                       ※1  1,082             ※1  1,220
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          40              53
       支払利息
                                          75
       為替差損                                                  -
                                          257
       貸倒引当金繰入額                                                  -
                                          176              200
       その他
                                        ※1  549            ※1  253
       営業外費用合計
                                         8,702              8,471
     経常利益
     特別利益
                                           3              10
       固定資産売却益
                                          12              18
       補助金収入
                                                         0
                                          -
       関係会社株式売却益
                                          15              29
       特別利益合計
     特別損失
                                          101              178
       固定資産除売却損
                                          171              172
       投資有価証券評価損
                                          188              174
       関係会社株式評価損
                                          462              525
       特別損失合計
                                         8,256              7,975
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    2,620              2,562
                                                         20
                                         △ 221
     法人税等調整額
                                         2,399              2,582
     法人税等合計
                                         5,856              5,392
     当期純利益
                                81/99








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
         【売上原価明細書】
          (レンタル売上原価明細書)
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2019年11月1日                  (自 2020年11月1日
                           至 2020年10月31日)                  至 2021年10月31日)
                    注記
                                     構成比                  構成比
           区分               金額(百万円)                  金額(百万円)
                                     (%)                  (%)
                    番号
      賃借料                          26,643       41.9            25,780       41.7
      修理費                           5,094       8.0            4,867       7.9
      運賃                           9,796      15.4            9,835      15.9
      減価償却費              ※2            18,318       28.8            18,167       29.4
      消耗品費                            738      1.2             344      0.6
      その他              ※3            2,977                  2,813
                                       4.7                  4.5
                                      100.0                  100.0
           合計                     63,569                  61,808
                       レンタル売上原価とは、建設用機械等

               (注) 1         をレンタルして収入するための直接費                          同左
                       用であります。
                       レンタル用資産減価償却費16,305百万                  レンタル用資産減価償却費15,924百万
                  ※2      円、及び建設機材減価償却費2,012百                  円、及び建設機材減価償却費2,242百
                       万円を計上しております。                  万円を計上しております。
                       その他のうち主なものは、租税公課                  その他のうち主なものは、租税公課
                       988百万円、保険料917百万円、及びレ                  959百万円、保険料922百万円、及びレ
                  ※3
                       ンタル用資産の割賦購入に係る利息                  ンタル用資産の割賦購入に係る利息
                       324百万円であります。                  342百万円であります。
          (商品売上原価明細書)

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2019年11月1日                  (自 2020年11月1日
                           至 2020年10月31日)                  至 2021年10月31日)
                    注記
                                     構成比                  構成比
           区分               金額(百万円)                  金額(百万円)
                                     (%)                  (%)
                    番号
      商品期首たな卸高                            294                  298
      当期商品仕入高                          24,272                  25,240
                                  573                  528
      他勘定受入高               ※
      合計                          25,140      100.0            26,067      100.0
      商品期末たな卸高
                                  298                  368
                                   0                  -
      商品評価損
         商品売上原価
                                24,842                  25,699
                       他勘定受入高とは、販売したレンタル

                       用資産及び建設機材の原価受入分であ                          同左
                       り、内訳は次のとおりであります。
                  ※
                       レンタル用資産             567百万円      レンタル用資産             519百万円
                       建設機材              6百万円     建設機材              9百万円
                                82/99






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                     利益剰余金
                                           その他利益剰余金
              資本金
                        その他資本     資本剰余金                          利益剰余金
                   資本準備金                利益準備金
                        剰余金     合計          固定資産圧          繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                       縮積立金          余金
     当期首残高          17,829     18,950      387    19,337      1,375      22   51,731     10,650     63,780
     当期変動額
      別途積立金の積立                           -              6,000    △ 6,000      -
      剰余金の配当
                                 -                   △ 2,505    △ 2,505
      当期純利益                           -                   5,856     5,856
      自己株式の取得                           -                          -
      譲渡制限付株式報
                                 -                          -
      酬
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                                 -                          -
      (純額)
     当期変動額合計            -     -     -     -     -     -    6,000    △ 2,649     3,350
     当期末残高          17,829     18,950      387    19,337      1,375      22   57,731      8,001     67,130
                     株主資本                 評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                その他有価証券評価差
                自己株式        株主資本合計                 評価・換算差額等合計
                                額金
     当期首残高
                     △ 9       100,938          1,884         1,884        102,823
     当期変動額
      別途積立金の積立                         -                   -         -
      剰余金の配当                       △ 2,505                    -       △ 2,505
      当期純利益
                             5,856                    -        5,856
      自己株式の取得             △ 2,000        △ 2,000                    -       △ 2,000
      譲渡制限付株式報
                              -                   -         -
      酬
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                         -        △ 371        △ 371        △ 371
      (純額)
     当期変動額合計
                   △ 2,000         1,350         △ 371        △ 371         978
     当期末残高              △ 2,009        102,289          1,512         1,512        103,802
                                83/99







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社カナモト(E04862)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                     利益剰余金
                                           その他利益剰余金
              資本金
                        その他資本     資本剰余金                          利益剰余金
                   資本準備金                利益準備金
                        剰余金     合計          固定資産圧          繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                       縮積立金          余金
     当期首残高
               17,829     18,950      387    19,337      1,375      22   57,731      8,001     67,130
     当期変動額
      別途積立金の積立                           -              5,000    △ 5,000      -
      剰余金の配当                           -                   △ 2,457    △ 2,457
      当期純利益
                                 -                   5,392     5,392
      自己株式の取得                           -                          -
      譲渡制限付株式報
                            2     2                         -
      酬
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                           -                          -
      (純額)
     当期変動額合計
                 -     -      2     2     -      -   5,000    △ 2,065     2,934
     当期末残高          17,829     18,950      389    19,340      1,375      22   62,731      5,936     70,065
                     株主資本                 評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                その他有価証券評価差
                自己株式        株主資本合計                 評価・換算差額等合計
                                額金
     当期首残高              △ 2,009        102,289          1,512         1,512        103,802
     当期変動額
      別途積立金の積立                         -                   -         -
      剰余金の配当                       △ 2,457                    -       △ 2,457
      当期純利益                       5,392                    -        5,392
      自己株式の取得
                     △ 0        △ 0                  -         △ 0
      譲渡制限付株式報
                     31         33                   -         33
      酬
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                              -         711         711         711
      (純額)
     当期変動額合計