くら寿司株式会社 有価証券報告書 第26期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)

提出書類 有価証券報告書-第26期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)
提出日
提出者 くら寿司株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   2022年1月26日
     【事業年度】                   第26期(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
     【会社名】                   くら寿司株式会社
     【英訳名】                   Kura   Sushi,    Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  田中 邦彦
     【本店の所在の場所】                   堺市中区深阪1丁2番2号
                         (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行って
                         おります。)
     【電話番号】                   該当事項はありません。
     【事務連絡者氏名】                   該当事項はありません。
     【最寄りの連絡場所】                   大阪府貝塚市小瀬188番地
     【電話番号】                   072 ( 493 ) 6189
     【事務連絡者氏名】                   取締役経理本部長  津田 京一
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/85












                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第22期       第23期       第24期       第25期       第26期
            決算年月             2017年10月       2018年10月       2019年10月       2020年10月       2021年10月

                          122,766       132,499       136,134       135,835       147,592
     売上高             (百万円)
                           7,285       7,655       6,135       1,135       3,174
     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する当期
                           4,884       5,130       3,766              1,901
     純利益又は親会社株主に帰             (百万円)                               △ 262
     属する当期純損失(△)
                           5,060       5,134       3,615              2,041
     包括利益             (百万円)                               △ 905
                           34,724       39,275       47,211       47,569       54,657
     純資産額             (百万円)
                           52,745       59,068       68,216       85,102       98,989
     総資産額             (百万円)
                           877.15       992.18      1,113.95       1,116.12       1,216.39
     1株当たり純資産額              (円)
     1株当たり当期純利益又は
                           123.70       129.92        95.39              47.98
     1株当たり当期純損失              (円)                             △ 6.65
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                          95.05
                   (円)          -       -              -       -
     当期純利益
                            65.7       66.3       64.5       51.9       48.7
     自己資本比率              (%)
                            15.1       13.9        9.1              4.1
     自己資本利益率              (%)                             △ 0.6
                            20.5       25.2       23.9              76.6
     株価収益率              (倍)                               -
     営業活動による
                           8,235       10,209        8,626       8,935       4,738
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (百万円)        △ 5,073      △ 4,407      △ 6,602      △ 8,336      △ 9,477
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                          2,560              2,458
                  (百万円)        △ 1,712      △ 2,231             △ 1,164
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                           12,840       16,451       20,965       20,611       18,748
                  (百万円)
     期末残高
                           1,537       1,690       1,882       2,090       2,185
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                     [ 12,535   ]    [ 12,922   ]    [ 13,873   ]    [ 14,205   ]    [ 16,330   ]
     (注)1.第22期から第23期連結会計年度及び当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、希薄化効果
           を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.第25期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損
           失であるため記載しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を第24期連結会
           計年度の期首から適用しており、第23期連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等
           を遡って適用した後の指標等となっております。
         5.第25期より、国際財務報告基準(IFRS)を適用する在外子会社及び米国会計基準を適用する在外子会社につい
           て、IFRS第16号「リース」及び米国会計基準ASU2016-02「リース」を適用しております。
           なお、過年度に遡及適用しておりません。
         6.当社は、2021年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第22期の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1
           株当たり当期純利益を算定しております。
                                 2/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第22期       第23期       第24期       第25期       第26期
            決算年月             2017年10月       2018年10月       2019年10月       2020年10月       2021年10月

                          115,954       121,930       122,530       123,160       131,562
     売上高             (百万円)
                           7,010       6,882       5,502       2,953       4,451
     経常利益             (百万円)
                           4,599       4,536       3,366        948      2,668
     当期純利益             (百万円)
                           2,005       2,005       2,005       2,005       2,005
     資本金             (百万円)
                         20,699,800       20,699,800       20,699,800       20,699,800       41,399,600
     発行済株式総数              (株)
                           34,568       38,509       41,277       41,504       43,722
     純資産額             (百万円)
                           50,875       56,080       59,164       65,887       67,826
     総資産額             (百万円)
                           873.20       973.09      1,043.33       1,049.53       1,102.51
     1株当たり純資産額              (円)
                           30.00       30.00       40.00       40.00       20.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     額)
                           116.49       114.90        85.25       23.99       67.35
     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                            67.8       68.5       69.6       63.0       64.5
     自己資本比率              (%)
                            14.2       12.4        8.5       2.3       6.3
     自己資本利益率              (%)
                            21.8       28.5       26.8       131.0        54.6
     株価収益率              (倍)
                            12.9       13.1       23.5       83.3       29.7
     配当性向              (%)
                           1,225       1,252       1,261       1,401       1,530
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                     [ 11,891   ]    [ 11,881   ]    [ 12,536   ]    [ 13,064   ]    [ 14,124   ]
                            96.4       124.6        87.8       121.2       142.0
     株主総利回り              (%)
     (比較指標:配当込み
                   (%)        ( 129.4   )    ( 123.2   )    ( 128.0   )    ( 124.3   )    ( 160.8   )
     TOPIX)
                                                        4,715
     最高株価              (円)        6,130       8,340       7,240       6,720
                                                       (8,350)
                                                        2,735
     最低株価              (円)        4,465       4,935       3,965       3,145
                                                       (5,470)
     (注)1.第25期及び第26期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載して
           おりません。
         2.第22期から第24期事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、希薄化効果を有している潜在株式が
           存在しないため記載しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         4.当社は、2021年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第22期の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1
           株当たり当期純利益を算定しております。
         5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。なお、第26期の株価につ
           いては株式分割後の最高株価及び最低株価を記載しており、( )内に株式分割前の最高株価及び最低株価
           を記載しております。
                                 3/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
      1995年11月      回転すしの製造・販売を目的として、資本金10,000千円で大阪府堺市(現                                  堺市中区)に株式会社くら
            コーポレーションを設立。従来から存続していた回転すしの製造・販売を事業目的とする株式会社くら
            寿司(大阪府堺市(現           堺市中区)に所在)と、同じく株式会社くら寿司(大阪府大阪狭山市に所在)よ
            り、設立と同時に両社の直営店13店の営業権を取得。
            なお、大阪府堺市(現           堺市中区)に所在の株式会社くら寿司は1995年8月31日付で解散し、1999年12月
            24日に清算結了しております。また、大阪府大阪狭山市に所在の株式会社くら寿司(2000年10月24日付
            で株式会社ウォルナットコーポレーションに商号変更)は、不動産の賃貸業等を営み当社と競業取引は
            ありません。
      1996年7月      飲食店における皿の自動回収装置「自動皿カウント水回収システム」を新規導入
      1997年2月      飲食物搬送装置「QRコード時間制限管理システム」が完成
      1997年4月      飲食店における皿の自動回収装置「自動皿カウント水回収システム」の特許取得
      1997年10月      無担保新株引受権付社債2億円を発行、資本金を40,000千円に増資
      1998年2月      お客様のご来店状況を基に、寿司皿の適正量を計測する「製造管理システム」を導入
      1998年3月      飲食物搬送装置「QRコード時間制限管理システム」の特許取得
      1999年8月      大阪府堺市(現        堺市中区)にセントラルキッチンとして深阪第二工場(現                           大阪センター)が完成
      2000年12月      自動回収した皿枚数に応じてゲームを楽しめる「ビッくらポン」を導入
      2001年1月      社団法人ニュービジネス協議会主催による第11回「アントレプレナー大賞」の最優秀賞を当社代表取締
            役が受賞
      2001年5月      株式会社大阪証券取引所、ナスダック・ジャパン市場(現                           東京証券取引所「JASDAQ」)に上場
            資本金を776,700千円に増資
      2002年4月      資本金を1,311,840千円に増資、東京都八王子市に関東圏の第1号店として八王子店を開店
            携帯会員登録で待たずに座れる「epark(順番予約)システム」を導入
      2002年11月      簡単操作で注文できる「タッチで注文システム」を導入
      2003年8月      リアルタイムの動画中継で店舗運営をサポートする「店舗遠隔支援システム」を導入
      2004年5月      100号店として、都市開発の進むJR品川駅港南口の京王品川ビルに品川駅前店を開店
      2004年10月      株式会社東京証券取引所市場第二部に上場、資本金を1,963,732千円に増資
      2005年3月      埼玉県日高市に関東圏全店舗のセントラルキッチンとして埼玉センターを新設
      2005年10月      株式会社東京証券取引所市場第一部に指定
      2006年4月      大阪府大阪狭山市に従業員の教育、研修などの拠点として大阪狭山研修センターを新設
      2007年3月      海外進出に向けた市場調査のため米国ロサンゼルス市に100%出資の子会社「KRA                                     CORPORATION」を設立
      2008年11月      米国アーバイン市に、回転すしレストラン出店に向けて100%出資の子会社「Kula                                      West   Irvine,Inc.」
            を設立。これに伴い、ロサンゼルス市の子会社「KRA                         CORPORATION」は閉鎖
      2009年3月      福岡県糟屋郡に九州及び西中国地区店舗のセントラルキッチンとして、大阪・埼玉に次いで3番目とな
            る福岡センターを開設
      2009年7月      ご注文商品を高速レーンで素早くお届けする「オーダーレーン」を導入
      2009年9月      米国アーバイン市に回転すしレストラン海外1号店「Kula                           Revolving     Sushi   Bar」を開店
      2011年6月      米国子会社「Kula         West   Irvine,Inc.」の商号を「Kula              Sushi   USA,Inc.」に変更
      2011年11月      ウイルスやほこりから守る寿司キャップ「鮮度くん」全店配置を完了
      2014年1月      台湾台北市に、100%出資の子会社「台灣國際藏壽司股份有限公司」を設立
      2014年4月      お客様の利便性向上のため、「待たずに食べられる時間指定予約システム」を全店導入
      2015年7月      酢飯(シャリ)を使用した「すしやのシャリカレー」を販売開始
      2016年10月      大阪府貝塚市に天然魚加工を目的とした「貝塚センター」新設。鮮魚小売り「くら天然魚市場」開店
      2018年7月      創業以来41年ぶり「健康黒酢のシャリ」に変更
      2019年5月      くら寿司株式会社に商号変更
      2019年7月      スマートフォンアプリによる新サービス「スマホdeくら」開始
      2019年8月      米国子会社「Kura         Sushi   USA,Inc.」がNASDAQ          Global    Marketに上場
      2019年9月      高品質とおいしさを追求した新スイーツブランド「KURA                          ROYAL(クラロワイヤル)」を販売開始
      2020年1月      世界共通の新ロゴを導入
            和の文化を世界に発信するグローバル旗艦店として「浅草ROX店」をオープン
      2020年9月      台湾子会社「亞洲藏壽司股份有限公司」がTaipei                       Exchangeに上場
      2020年11月      非接触型サービスを標準装備したスマートくら寿司1号店「東村山店」をオープンし、全店展開を開始
            (2021年12月全店装備完了)
      2021年7月      北海道に「ラソラ札幌店」をオープン、全都道府県への出店を完了
                                 4/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
         当社グループは当社及び連結子会社2社により構成されており、すしを主力とする直営による回転すし店の
        チェーン展開が主たる事業であります。
         事業の系統図は次のとおりであります。
     4【関係会社の状況】









                                            議決権の所有
          名称          住所        資本金      主要な事業の内容                  関係内容
                                            割合(%)
      (連結子会社)
      Kura   Sushi   USA,Inc.
                 米国                  米国における回転
                              9千US$                 75.5   役員の兼任
                 デラウェア州                  すし店舗の展開
      亞洲藏壽司股份有限公           台湾                  台湾における回転
                           458,400千NT$                    68.1   -
      司           台北市                  すし店舗の展開
     (注)1.Kura        Sushi   USA,Inc.及び亞洲藏壽司股份有限公司は、特定子会社であります。
         2.Kura     Sushi   USA,Inc.はNASDAQ         Global    Marketに上場しております。
         3.亞洲藏壽司股份有限公司はTaipei                  Exchangeに上場しております。
                                 5/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                (2021年10月31日現在)
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                              1,530

     日本                                            ( 14,124   )
                                               181

     北米                                             ( 1,156   )
                                               474

     アジア                                             ( 1,050   )
                                              2,185

                 合計                                ( 16,330   )
     (注)従業員数は、就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
      (2)提出会社の状況

                                                (2021年10月31日現在)
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
          1,530                  31.1              6.8           4,536,011

            ( 14,124   )
     (注)1.従業員数は、就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、基準外賃金を含んでおります。
      (3)労働組合の状況

         「くら労働組合」が2007年5月に結成されておりますが、労使関係は円満に推移しており特記すべき事項はあり
        ません。
                                 6/85













                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)会社の経営の基本方針
        当社グループは『食の戦前回帰』を企業理念とし、添加物を含まない、素材そのものの味わいを求め、「食」が安
      心・安全だった戦前のバランスの取れた理想的で健康的な食生活を取り戻すという理念のもと、創業以来全食材から
      『四大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)』を完全に排除した商品を開発・提供してまい
      りました。
        当社の企業理念“食の戦前回帰”を貫くことが、「食の本来あるべき姿をお客様に提供する」こととなり、社会に
      貢献できるものと考えております。さらには、日本の食文化の代表である寿司を通して、世界の人々の幸せに貢献で
      きる企業を目指してまいります。
     (2)経営環境

        当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の発出やまん延防止等
      重点措置の適用により、企業や個人の経済活動は停滞いたしました。また、原油や商品価格が上昇するなど、先行き
      不透明な状況が続いております。
        外食産業におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた各自治体からの営業自粛要請や酒類提供の
      中止等の制約により厳しい状況が続きました。新型コロナウイルス感染症は収束に向かいつつあるものの、新たな変
      異株の拡大懸念もあり、依然として不透明な状況が続いております。加えて、競合他社の積極的な出店による影響
      や、労働需給ひっ迫による人件費の上昇など、経営環境は引き続き厳しいものとなっております。
     (3)目標とする経営指標

        当社は、2024年10月期を最終年度とする「中期経営計画」を公表しております。計画の基本方針は、「コロナ禍を
      いち早く乗り越え、国内事業を安定的な成長軌道に戻し、海外事業の拡大を積極的に進める3ヶ年とする」とし、連
      結売上2,200億円、連結経常利益率5%以上、海外売上比率20%以上を目標値として設定しております。
      (4)中長期的な会社の経営戦略

        競合他社との差別化を図り、「無添(むてん)くら寿司」ブランド認知を推し進め、回転すし業界の中で確固たる
      地位を築いてまいります。出店形態は直営店のみとし、地域間格差のない均一の品質・サービス等を提供できる体制
      の構築を図っております。また、より一層人材の育成を行い、さらなる店舗運営システムの向上を図るとともに、費
      用対効果を追求し、経営基盤の強化、業績の向上に努めてまいります。さらに、世界の人々に日本の食文化のすばら
      しさを伝え、幸せに貢献するため、蓄積してきたノウハウと、ゆるぎない企業理念をもって海外展開を加速してまい
      ります。
      (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

        今後の外食産業は、国内外における新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の制限などから、消費にマイナ
      スの影響を与えることが懸念されております。
        様々なウイルスの感染リスク及びお客様の感染症に対する懸念は当面継続するものと考え、「完全非接触店舗(ス
      マートくら寿司)」や抗菌寿司カバー「鮮度くん」などの高いレベルの感染症対策を進めてまいります。また、全て
      の食材から化学調味料等『四大添加物』の除去等、安全で高品質な商品の提供を徹底することにより、競合との一層
      の差別化を進めてまいります。
      ①  効率的な店舗運営

        “安心・おいしい・安価”そして“楽しい”食事を提供し続けるため、コストパフォーマンスの向上に取り組み、
      AIの導入などさらにIT化を推進するとともに、アミューズメント機能を充実させ、顧客満足度を高めてまいりま
      す。ますます多様化するお客様のニーズを敏感に捉えた商品・サービスの提供を迅速かつ確実にする体制を整えてま
      いります。
      ②  出店戦略

        「無添(むてん)くら寿司」ブランドを広く認知していただけるよう出店地域の拡大を図りつつ、出店条件の厳格
      化及び一層のコスト削減に取り組みます。今後につきましては従来手薄であった都市部への出店も強化してまいりま
      す。
        次期の国内出店は30店舗以上、アメリカ、台湾につきましてはそれぞれ8~10店舗、当社グループで合計50店舗以
      上の出店を予定しております。
                                 7/85


                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      ③  顧客満足度の向上

        入店から退店までお客様が従業員と接することなく飲食できるセルフ会計やセルフレジを備えた「スマートくら寿
      司」を全店に導入し、感染症対策を強化するとともにお客様の利便性を向上いたしました。引き続きサービスの改善
      による顧客満足度の向上を図ることにより、来店客数の増加、既存店売上高の維持・向上に努めてまいります。
      ④  人材の確保・育成

        競争が激化する外食産業におきましては人材の確保・育成が重要な課題と認識しております。「貝塚事務所」にお
      きましては、“教育日本一企業”を目指し、社長が講師を務める“社長塾”をはじめ、パート・アルバイト従業員を
      対象にした研修会を実施しております。また、各分野に精通したプロフェッショナル人材の積極的な中途採用も行っ
      ております。さらに海外展開に対応したカリキュラムも充実させ、台湾子会社の社員研修を貝塚事務所で行うなど、
      グローバルな人材育成にも注力してまいります。
      ⑤  商品戦略

        日本固有の食文化である寿司をベースに食の可能性を追求し、高付加価値商品の開発と既存商品の価値拡大に努め
      ます。日本の漁業の持続性を念頭に多くの漁協様と連携し、海に囲まれた日本の天然魚を消費者に届け、商品競争力
      を向上させることによって、成熟市場の中でシェアの拡大及び収益の向上を図ってまいります。
      ⑥  ESGの取り組み

        多くの魚介類を取り扱い、飲食インフラの一端を担う企業として、水産資源の保全と漁業の持続的な発展に貢献す
      べく、水産事業者との協力や養殖事業への参入を通じて安定的・持続的な魚介類の調達を目指します。高品質でリー
      ズナブルな商品の提供により他社との差別化を目指します。
      ⑦  海外戦略

        当社グループは現在、米国及び台湾において子会社を設立し、それぞれ現地株式市場に上場しております。「海外
      での出店を促進し、日本の食文化を世界に広げる」との考えのもと、新たな成長のため、日本で築き上げたフォー
      マットを海外に移植し、積極的に海外展開を行ってまいります。
        今後も、上記課題を克服し、高付加価値を生み出す企業体質を構築していくことで、全てのステークホルダーの皆

      様のご期待に応えてまいります。
                                 8/85










                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        当社グループが事業を遂行するにあたって、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のあるリスク事項には、
       次のようなものがあります。なお、本項における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループ
       が判断したものであります。
        すしを主力とする回転すし店のチェーン展開を主たる事業とする当社グループにとりましては、外食産業の抱え
       る一般的なリスクに加え、当社グループ固有の戦略に起因するリスクがあります。
        当社グループは、これらのリスク発生の可能性を十分認識しており、発生の回避に努めるとともに、万が一、発
       生した場合の対応には万全を期する方針であります。
       ①  食品の安全管理について

        当社グループは、“食の戦前回帰”を経営理念に、創業以来、食の安全にこだわりを持ち、無添加米の使用、全て
       の食材から「化学調味料」・「人工甘味料」・「合成着色料」・「人工保存料」の四大添加物除去等を実現し、「安
       心・美味しい・安価」な食を提供してきた当社グループにとって、最大のリスク要因は食中毒の発生と認識してお
       り、「貝塚センター」におけるHACCP(ハサップ)認証や、衛生管理の専門家を配置した「衛生管理部」の設
       置、当社特許取得済みの抗菌寿司カバー「鮮度くん」の全店導入等、さまざまな対策を講じておりますが、万が一、
       食中毒などの衛生問題が発生した場合、企業イメージの失墜による売上高の減少、損害賠償費用の発生、一定期間の
       営業停止や営業許可取り消し等により、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ②  食材の仕入れについて

        当社グループは、トレーサビリティ(生産履歴)の追求や産地仕入れの分散・拡大に努める等、食材の品質管理を
       最重要課題と認識しております。全ての食材におきまして、当社グループ基準に則った品質内容の確認、検査及び定
       期的な報告を義務付けておりますが、万が一、不適切な食材の混入が発生した場合には、社会的信用が失墜し、当社
       グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
        当社では養殖事業の推進としまして、2021年11月に新会社「KURAおさかなファーム株式会社」を設立し、安定した
       仕入れを目指し、効率的な自社及び委託養殖に取り組んでいく所存でございます。
        また、資源の枯渇が危惧される品種の漁獲規制等により、原材料の入荷が困難になった場合、顧客のニーズに即し
       た商品提供が適わないことによる顧客満足度の低下を招き、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能
       性があります。
       ③  出店戦略について

        新規出店の際には、賃料、商圏人口、アクセス、競合店の状況等を総合的に勘案いたしますので、条件に適う物件
       が確保できない場合には計画通りの出店ができなくなり、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性
       があります。
        また、出店計画に見合った人材確保のため、採用計画を立てておりますが、必要な人材の確保及び育成が不芳に終
       わった場合、店舗運営に支障をきたすこととなり、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があり
       ます。
       ④  システム障害について

        当社グループは、外食産業にあって積極的にIT化を推進している企業と評されております。全食材の受発注、従
       業員の勤怠管理、売上管理等の店舗管理システムの運営管理は、信頼のおける外部業者に委託しており、万全の体制
       を整えておりますが、万が一、大災害、停電や機器の欠陥、コンピュータウィルス等不測の事態によりシステム障害
       が発生した場合には食材調達、勤怠管理等店舗運営に支障をきたすことになり、当社グループの業績及び財政状態に
       悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑤  為替変動について

        当社グループは、原材料である魚介類の一部について、商社経由で輸入しております。したがって、為替変動によ
       り、当社グループの原材料調達価格に影響し、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がありま
       す。また在外子会社の外貨建て財務諸表を日本円に換算した場合、資産・負債、売上・費用は変動することとなりま
       す。
                                 9/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
       ⑥  特有の取引慣行に基づく損害について
        当社グループは、回転すし事業を展開するに当たり、店舗オーナーとの賃貸借契約締結に基づく保証金の差入れを
       行っております。また、オーナーが店舗建物を建設するための建設協力金を融資する場合もあり、賃借料との相殺に
       より分割返済を受けておりますが、オーナーの破産等による保証金及び建設協力金の回収不能が発生した場合、当社
       グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦  法規制に係るものについて

        当社グループが営んでいる外食産業に関する法的規制には、食品の安全性の確保のために公衆衛生の見地から必要
       な規制その他の措置を定めた「食品衛生法」及び食品循環資源の再生利用並びに食品廃棄物等の発生の抑制及び減量
       に関し基本的な事項を定めた「食品循環資源の再利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)」があります。ま
       た、消費税増税に伴う影響も懸念されます。これらの法的規制の強化や法改正が行われた場合、当社グループの業績
       及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑧  自然災害リスクについて

        当社グループの営業店舗やセントラルキッチンを含む地域において、大規模な地震や洪水、台風等の自然災害が発
       生した場合、被害の状況によっては正常な営業活動が困難となり、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼ
       す可能性があります。
       ⑨  知的財産について

        当社グループは、当社グループにおいて開発した技術については、必要に応じて、特許権、実用新案権、商標権等
       の工業所有権を取得しており、重要な経営資源であると考えております。しかし、他社が類似したものやより優れた
       ものを開発した場合、当社グループの優位性が損なわれることとなり、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を
       及ぼす可能性があります。
       ⑩  インターネット等による風評被害について

        当社グループは、当社およびその関係者による不適切な行為が発覚した場合、速やかに適切な対応を図りますが、
       悪質な風評がインターネット上で拡散・流布した場合、その内容の真偽に関わらず、当社グループのブランドや社会
       的信用が棄損し、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑪  海外戦略について

        当社グループは、日本の食文化の代表である寿司を通して、世界の人々の幸せに貢献できる企業を目指し、海外戦
       略を具体的に推進するため、米国子会社「Kura                      Sushi   USA,   Inc.」におきまして、当連結会計年度末現在32店舗を運
       営しております。また、2番目の海外拠点、台湾子会社「亞洲藏壽司股份有限公司」におきまして、40店舗を運営し
       ております。両国におきまして引続き多店舗展開に向けて、市場調査(候補地域選定、関係法令の精査等)を念入り
       に行い、万全を期してまいりますものの、事業展開する国において、政治、経済、社会の変化など、予期せぬ事象に
       より当該事業の活動に問題が生じた場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ⑫  新型コロナウイルス感染症拡大に関するリスクについて

        新型コロナウイルス感染症につきましては、変異株の蔓延等により今後パンデミックが発生した場合、政府や自治
       体における営業制限の実施や、消費者の行動抑制などにより、当社の業績に大きな影響を与える可能性があります。
       その結果、予期せぬ減損損失の計上等、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループの取り組みとしまして、抗菌寿司カバー「鮮度くん」の導入や「スマートくら寿司」を積極的に推進し
       ていくことでお客様が安心・安全に当社をご利用出来る環境づくりに邁進してまいります。
                                10/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況
        当連結会計年度(2020年11月1日から2021年10月31日まで)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症拡
       大に伴う緊急事態宣言の発出やまん延防止等重点措置の適用により、企業や個人の経済活動は停滞いたしました。ま
       た、原油や商品価格が上昇するなど、先行き不透明な状況が続いております。
        外食業界におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた各自治体からの営業自粛要請や酒類提供の
       中止等の制約により厳しい状況が続きました。
        このような状況のもと、当社グループはお客様と従業員の安全を第一に考え、様々な感染症対策を講じてまいりま
       した。2011年に導入した会話による飛沫などの菌やウイルスからお寿司とお皿を守る、当社特許取得済みの抗菌寿司
       カバー『鮮度くん』を含め、入店から退店までお客様が従業員と接することなく飲食できるセルフ会計やセルフレジ
       を備えた「スマートくら寿司」への積極的な投資を行い、2021年10月には国内ほぼ全店に導入を完了いたしました。
        また、漁業の持続的な発展に資するため、日本で初めて飼料製造から養殖、製品加工までの生産プロセスを管理
       し、第三者機関から有機水産物認証を受けた「オーガニックはまち」の養殖を開始いたしました。安心・安全な食の
       提供のため創業以来全食材から『四大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)』を排除した商
       品を開発・提供しておりますが、養殖におきましても安心・安全な食材の安定調達のため、積極的な取り組みを行っ
       てまいります。
        店舗開発につきましては、日本30店舗、米国7店舗、台湾11店舗に新規出店し、新型コロナウイルス感染症拡大の
       環境下ではありましたが、収束後を見据え、都市部を中心に積極的な出店を継続し、当社グループ全体で48店舗の新
       規出店を行いました。これにより、当連結会計年度末の店舗数は、全て直営で567店舗(「無添蔵」4店舗、くら天
       然魚市場1店舗、米国32店舗、台湾40店舗を含む)となりました。設備投資としては、新規出店に伴う造作設備等に
       100億23百万円、既存店舗の設備等に19億31百万円、その他5億17百万円、合計124億72百万円となりました。前連結
       会計年度の94億3百万円を大きく上回りました。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は過去最高となる1,475億92百万円となりました。経常利益は31億74百万
       円、親会社株主に帰属する当期純利益は19億1百万円となりました。
        なお、第2四半期連結会計期間より従来の飲食事業の単一セグメントから「日本」「北米」「アジア」の3区分の

       セグメントに変更しております。前連結会計年度のセグメント情報は、当該報告セグメントの区分に基づき変更した
       ものを記載しております。
        セグメント業績は次の通りであります。

        ① 日本
        3度にわたる緊急事態宣言の発出やまん延防止等重点措置の適用により、2021年9月には約9割の店舗において時
       短営業の実施や酒類提供の中止等大きく営業制限を受けました。
        このような状況のもと、「贅沢かに」「超とろづくし」など主に定番商品を中心としたフェアを毎月実施いたしま
       した。また、フェアに合わせて「ビッくらポン!」で「鬼滅の刃」など人気アニメのグッズが当たるキャンペーンを
       実施いたしました。
        この結果、「スマートくら寿司」などの感染症対策への高い評価もあり、当連結会計年度の既存店売上高がコロナ
       前の2019年10月期比で100.4%とコロナ前の水準を回復いたしました。緊急事態宣言が解除された10月以降は営業制
       限の緩和に伴い売上は回復基調にあります。
        以上の結果売上高は1,315億62百万円(前年同期比6.8%増)、経常利益44億51百万円となり当該連結会計期間の日
       本における売上高は過去最高を更新いたしました。
        ② 北米
        米国子会社(KSU)におきましては、2021年6月以降、全米のレストランの座席制限規制が撤廃され、16店舗を展
       開するカリフォルニア州における50%の座席制限も撤廃されました。コロナにより閉店した飲食店も多く、通常営業
       再開後は既存店売上高も特にカリフォルニア州やテキサス州においてコロナ前を上回るなど順調な回復となっており
       ます。
        この結果売上高69億51百万円(前年同期比42.5%増)、経常損失10億79百万円となりました。
                                11/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ③ アジア
        台湾子会社(KSA)におきましては、2021年5月にコロナ感染症が拡大し、5月21日に全台湾を対象に4段階ある
       警戒レベルの上から2番目の「警戒レベル第3級」が発令され、7月末までの約2か月半、飲食店における店内飲食
       が禁止されました。その後売上は急速に回復し、売上高は90億77百万円(前年同期比16.4%増)と過去最高を更新い
       たしました。経常損益は店内飲食禁止の影響により1億36百万円の損失となりました。
      (2)キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度におけるキャッシュ・フローは、営業活動によるキャッシュ・フローが47億38百万円の収入、投資
       活動によるキャッシュ・フローが94億77百万円の支出、財務活動によるキャッシュ・フローが24億58百万円の収入と
       なりました。この結果、当連結会計年度末の現金及び現金同等物(以下「資金」という)残高は、187億48百万円と
       なりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において営業活動の結果得られた資金は47億38百万円(前年同期比47.0%減)となりました。これ
       は主に税金等調整前当期純利益が29億23百万円であったことに加えて、減価償却費が62億69百万円、申請済の助成金
       収入52億33百万円の内、助成金の受取額が33億22百万円あった一方で、未払消費税等の減少額が17億76百万円あった
       こと等によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において投資活動の結果使用した資金は94億77百万円(前年同期比13.7%増)となりました。これ
       は主に有形固定資産の取得による支出が81億16百万円、貸付けによる支出が3億25百万円、差入保証金の差入による
       支出が7億49百万円あったこと等によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において財務活動の結果得られた資金は24億58百万円(前年同期は11億64百万円の支出)となりま
       した。これは連結子会社の増資による収入が52億57百万円あった一方で、リース債務の返済による支出が28億49百万
       円、配当金の支払が7億92百万円あったこと等によるものであります。
      (3)生産、受注及び販売の実績

        ①生産実績
         当社グループは、最終消費者へ直接販売する飲食業を行っておりますので、生産実績は記載しておりません。
        ②仕入実績

         当連結会計年度の仕入実績は、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
               品目              (自 2020年11月1日                   前年同期比(%)
                               至 2021年10月31日)
         魚介類(百万円)                              40,182              13.5

         穀類・麺類(百万円)                               4,683              4.5

         調味料(百万円)                               4,614              17.9

         野菜・果物類(百万円)                               2,778              7.2

         酒類・飲料(百万円)                               1,714             △19.8

         その他(百万円)                               7,964              8.9

             合計(百万円)                          61,936              10.9

        (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        ③受注実績

         当社グループは、最終消費者へ直接販売する飲食業を行っておりますので、受注実績は記載しておりません。
                                12/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ④販売実績
         当連結会計年度の販売実績は、次のとおりであります。
                                当連結会計年度
              事業部門別                (自 2020年11月1日                   前年同期比(%)
                               至 2021年10月31日)
         回転すし(百万円)                              147,592               8.7

             合計(百万円)                          147,592               8.7

        (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (4)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析

        ①経営成績
        (売上高)
         国内におきましては、新型コロナウイルス感染症による営業制限の影響を受けたものの、抗菌寿司カバー「鮮
        度くん」や「スマートくら寿司」の感染症対策への取り組みが高い評価を得たこともあり、当連結会計年度の既
        存店売上高が2019年10月期比100.4%とコロナ前の水準まで回復いたしました。当社グループ全体におきまして
        は、米国及び台湾が営業規制の影響を受けたものの、順調に回復し、当連結会計年度の売上高は1,475億92百万円
        (前年同期比8.7%増)となりました。
        (営業利益)

         お客様及び従業員の安全を確保するため、新型コロナウイルス感染症対策や「スマートくら寿司」への投資を
        積極的に行ったことに加え、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う売上高の大幅な振幅による人件費率の上昇
        等により、営業損失は26億78百万円(前年同期は営業利益3億50百万円)となりました。
        (経常利益)

         当連結会計年度における営業外収益は、前連結会計年度に比べ51億58百万円増加し、61億63百万円となりまし
        た。これは主に営業時間短縮に伴う助成金収入を52億33百万円計上したこと等によるものです。
         この結果、経常利益は31億74百万円(同179.5%増)となりました。
        (特別損益及び親会社株主に帰属する当期純利益)

         当連結会計年度における特別損失は、前連結会計年度に比べ5億25百万円減少し、2億51百万円となりまし
        た。これは主に減損損失1億30百万円及び固定資産除却損1億20百万円を計上したことによるものです。また、
        親会社株主に帰属する当期純利益は19億1百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失2億62百万円)
        となりました。
        ②財政状態

        (資産の部)
         当連結会計年度末の総資産額は989億89百万円となり、前連結会計年度末と比較して138億86百万円増加となりま
        した。これは主に連結子会社における使用権資産の増加等により有形固定資産が114億50百万円増加したことに加
        え、流動資産のその他が33億86百万円増加したこと等によるものであります。
        (負債の部)

         負債につきましては、前連結会計年度末と比較して67億98百万円増加し、443億32百万円となりました。これは
        主に連結子会社における固定負債のリース債務が57億93百万円増加したことに加え、未払法人税等が11億12百万
        円増加したこと等によるものであります。
        (純資産の部)

         純資産につきましては、連結子会社の増資に伴い、資本剰余金が24億39百万円、非支配株主持分が28億25百万
        円増加したこと等により、前連結会計年度末と比較して70億88百万円増加し、546億57百万円となりました。
                                13/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (5)資本の財源及び資金の流動性についての分析
        (キャッシュ・フロー)
         当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの概況については、「3                                経営者による財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フローの状況の分析(2)キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。
        (資金調達及び流動性)

         取引銀行1行と貸出コミットメントライン契約(総額15億円)を締結しております。本契約における当連結会
        計年度末の借入実行残高はありません。
         加えて、リスク管理の一環として、大規模な天災等の不測の事態に備え、流動性を確保するためのバックアッ
        プラインとして総額20億円の長期コミットメントライン契約を取引銀行2行との間で締結しております。本契約
        における当連結会計年度末の借入実行残高はありません。
         また、当連結会計年度におきましては、連結子会社の増資により、52億円の資金調達を行っております。
      (6)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されてお
        ります。この連結財務諸表の作成にあたって、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し
        ております。
         新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りにつきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸
        表等 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載しております。
      (7)経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、中期経営計画において2024年10月期の連結経常利益率5%以上の達成を目標としておりま
        す。
         なお、当連結会計年度における連結経常利益率は2.2%であり、前連結会計年度と比較して、1.3%増加いたし
        ました。連結経常利益率は前連結会計年度から改善したものの、まん延防止等重点措置の適用による長期間にわ
        たる時短営業の実施等に加え、米国における座席制限及び台湾における店内飲食禁止の影響により、2024年10月
        期の目標利益率には届かない結果となりました。引き続き、コロナ禍における厳しい経営環境を乗り越え、中長
        期的な企業価値の向上に努めてまいります。
     4【経営上の重要な契約等】

         該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

         当連結会計年度における主な研究開発活動は、新規メニュー開発のための食材購入費用等で総額                                            66 百万円(日
        本 64 百万円、アジア       1 百万円)となっております。
                                14/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、店舗設備を中心に                 12,472   百万円(差入保証金、建設協力金を含む)の設備投資を実施いたし
       ました。そのうち主なものは、新規出店に伴う造作設備等に10,023百万円及び既存店舗の造作設備等に1,931百万円
       であります。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
                                15/85


















                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は以下のとおりであります。
      (1)提出会社
        当社は、回転すしの直営店495店舗とすしネタ加工センター4ヶ所及びその他の設備を設けております。
                                                (2021年10月31日現在)
                                   帳簿価額(百万円)

              事業
                                                         従業
       事業所名       部門    設備の内
                                                         員数
                             機械装
       (所在地)        別の    容
                       建物及び            土地
                             置及び           リース資産      その他      合計     (人)
              名称
                       構築物           (面積㎡)
                             運搬具
                                     309
     大阪センター他         回転    すしネタ                                        32
                          111      6  (2,217.07)         53     2     484
     (堺市中区)         すし    加工設備                                       (220)
                                     [-]
                                     724
     貝塚センター他         回転    すしネタ                                        312
                         1,000       9  (6,064.11)         13     95     1,791
     (大阪府貝塚市)         すし    加工設備                                       (249)
                                     [-]
                                      27
     埼玉センター         回転    すしネタ                                        207
                          242     11    (601.00)        87     16      386
     (埼玉県日高市)         すし    加工設備                                       (166)
                                  [8,779.00]
     福岡センター         回転    すしネタ                    -                    33
                          104      1           18     0     124
     (福岡県糟屋郡)         すし    加工設備                [3,530.00]                       (52)
                                      -
              回転                                            9
     北海道     2店舗        店舗設備        200      9           111     11      332
              すし                                           (67)
                                   [890.25]
                                      -
              回転                                            6
     青森県     5店舗        店舗設備        323      5           54     2     385
              すし                                           (136)
                                  [9,427.07]
              回転                       -                     4
     岩手県     3店舗        店舗設備        173      3           16     3     197
              すし                    [7,235.69]                       (89)
              回転                       -                    13
     宮城県     6店舗        店舗設備        126      8           71     4     211
              すし                    [9,381.02]                       (155)
              回転                       -                     3
     秋田県     3店舗        店舗設備        302      3           35     1     342
              すし                    [8,521.90]                       (79)
              回転                       -                     6
     山形県     4店舗        店舗設備        260      5           42     2     310
              すし                    [9,664.38]                       (104)
              回転                       -                     2
     福島県     1店舗        店舗設備        105      1           36     0     144
              すし                     [558.57]                      (28)
              回転                       -                    14
     茨城県     7店舗        店舗設備        228      6           25     2     263
              すし                   [18,530.14]                       (172)
              回転                       -                     6
     栃木県     3店舗        店舗設備         93     2           31     2     130
              すし                    [2,887.52]                       (74)
              回転                       -                     9
     群馬県     4店舗        店舗設備         47     4           14     1      67
              すし                    [9,583.69]                       (98)
              回転                       -                    42
     埼玉県     27店舗        店舗設備        593     37           188     26      845
              すし                   [46,052.40]                       (699)
              回転                       -                    41
     千葉県     18店舗        店舗設備        374     20           129     20      545
              すし                   [23,158.04]                       (477)
                                     880
              回転                                           100
     東京都     49店舗        店舗設備       2,532      78   (1,737.00)        1,010      97     4,598
              すし                                          (1,414)
                                  [41,936.79]
                                     425
              回転                                            81
     神奈川県     41店舗        店舗設備       1,384      50   (1,869.09)         515     45     2,420
              すし                                          (1,094)
                                  [48,027.54]
              回転                       -                     7
     新潟県     4店舗        店舗設備        286      3           23     2     316
              すし                   [11,940.96]                       (106)
              回転                       -                     7
     富山県     4店舗        店舗設備         23     4           16     6      51
              すし                   [10,567.71]                       (102)
              回転                       -                     7
     石川県     4店舗        店舗設備         72     4           12     6      95
              すし                    [9,723.00]                       (99)
                                16/85


                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                                   帳簿価額(百万円)
              事業
                                                         従業
       事業所名       部門    設備の内
                                                         員数
                             機械装
       (所在地)        別の    容
                       建物及び            土地
                             置及び           リース資産      その他      合計     (人)
              名称
                       構築物           (面積㎡)
                             運搬具
              回転                       -                     3
     福井県     3店舗        店舗設備         93     1            8     5     109
              すし                    [4,674.71]                       (81)
              回転                       -                     6
     山梨県     3店舗        店舗設備         10     2           10     4      27
              すし                    [5,081.57]                       (73)
              回転                       -                     7
     長野県     4店舗        店舗設備         84     4           14     3     107
              すし                   [10,092.55]                        (99)
              回転                       -                    10
     岐阜県     8店舗        店舗設備        276     11            61     13      362
              すし                   [12,921.09]                       (200)
              回転                       -                    20
     静岡県     12店舗        店舗設備        310     13           121      4     449
              すし                   [21,795.27]                       (316)
              回転                       -                    68
     愛知県     36店舗        店舗設備       2,086      46           410     56     2,600
              すし                   [57,260.75]                       (957)
              回転                       -                    12
     三重県     7店舗        店舗設備        167      7           27     12      214
              すし                   [15,627.79]                       (183)
                                      -
              回転                                            12
     滋賀県     8店舗        店舗設備        134     11            38     9     193
              すし                                           (220)
                                  [17,612.38]
              回転                       -                    38
     京都府     18店舗        店舗設備        393     16            61     21      492
              すし                   [42,798.03]                       (510)
                                    2,469
              回転                                           146
     大阪府     71店舗        店舗設備       2,657      97  (11,854.73)         717     107     6,049
              すし                                          (1,932)
                                  [93,604.89]
              回転                       -                    56
     兵庫県     31店舗        店舗設備        687     36           173     36      933
              すし                   [43,257.27]                       (858)
              回転                       -                    22
     奈良県     10店舗        店舗設備        145      9           28     16      200
              すし                   [35,235.80]                       (256)
              回転                       -                    12
     和歌山県     7店舗        店舗設備        104      8           24     7     145
              すし                   [18,812.78]                       (199)
              回転                       -                     4
     鳥取県     3店舗        店舗設備         88     3           17     3     112
              すし                    [5,370.75]                       (85)
              回転                       -                     3
     島根県     2店舗        店舗設備         10     1            5     2      19
              すし                    [4,588.97]                       (70)
              回転                       -                    12
     岡山県     6店舗        店舗設備        199      7           72     7     287
              すし                   [11,793.92]                       (172)
              回転                       -                    14
     広島県     8店舗        店舗設備        368      6           47     10      432
              すし                   [19,856.03]                       (244)
              回転                       -                     8
     山口県     5店舗        店舗設備        186      3           17     4     212
              すし                    [9,904.10]                       (140)
              回転                       -                     6
     徳島県     2店舗        店舗設備         87     1            7     2      99
              すし                    [4,057.76]                       (59)
              回転                       -                     9
     香川県     4店舗        店舗設備        182      9           70     8     271
              すし                    [8,147.53]                       (107)
              回転                       -                     7
     愛媛県     5店舗        店舗設備        240      4           14     9     268
              すし                   [12,034.54]                       (131)
              回転                       -                     4
     高知県     2店舗        店舗設備         89     2           11     4     107
              すし                    [4,505.08]                       (51)
              回転                       -                    36
     福岡県     24店舗        店舗設備        649     33           210     21      915
              すし                   [97,988.76]                       (648)
              回転                       -                     7
     佐賀県     3店舗        店舗設備         30     4           13     2      51
              すし                    [4,176.67]                       (83)
              回転                       -                     3
     長崎県     2店舗        店舗設備         44     1            2     3      51
              すし                    [3,136.88]                       (49)
              回転                       -                     7
     熊本県     5店舗        店舗設備         36     8           28     5      78
              すし                    [9,628.29]                       (133)
                                17/85


                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                                   帳簿価額(百万円)
              事業
                                                         従業
       事業所名       部門    設備の内
                                                         員数
                             機械装
       (所在地)        別の    容
                       建物及び            土地
                             置及び           リース資産      その他      合計     (人)
              名称
                       構築物           (面積㎡)
                             運搬具
              回転                       -                    11
     大分県     5店舗        店舗設備        263      7           91     6     369
              すし                    [8,902.46]                       (132)
              回転                       -                     7
     宮崎県     4店舗        店舗設備        215      2           37     0     256
              すし                    [6,186.36]                       (99)
              回転                       -                     9
     鹿児島県     6店舗        店舗設備        342      9           63     4     419
              すし                    [9,294.68]                       (167)
              回転                       -                    11
     沖縄県     6店舗        店舗設備        290      7           30     4     332
              すし                    [5,373.69]                       (182)
     梅田事務所         管理                       -                     9
                  事務所         0    -            -     0      0
     (大阪市北区)         部門                     [108.44]                       (2)
     中野事務所         管理                       -                     5
                  事務所         0    -            -     0      0
     (東京都中野区)         部門                     [137.23]                       (2)
     田無事務所          管理                       -                     5
                  事務所         20     -            -     4      24
     (東京都西東京市)          部門                    [186.77]                       (4)
     賃貸設備                                 -                    -
               -   賃貸設備         49     -            -     0      49
     (千葉県印西市)                             [4,432.46]                       (-)
     賃貸設備
                                      -                    -
     (大阪府大阪狭山          -   賃貸設備         1    -            -     0      1
                                   [299.95]                      (-)
     市)
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
            なお、金額には消費税等を含めておりません。
          2.土地の( )内面積は、外数で自社保有分を示しております。
          3.土地の[ ]内面積は、外数で賃借分を示しております。
          4.従業員数の( )は臨時雇用者数であり、年間平均人員を外数で示しております。
      (2)国内子会社

         該当事項はありません。
      (3)在外子会社

                                                (2021年10月31日現在)
                                    帳簿価額(百万円)

                セグ
                                                         従業
           事業所名     メン    設備の
      会社名                         機械装                           員数
          (所在地)      トの    内容
                         建物及び           土地    リース    使用権
                                                         (人)
                              置及び                   その他    合計
                名称
                         構築物          (面積㎡)      資産    資産
                              運搬具
           米国         店舗設備
     Kura  Sushi
                                      ―                     181
           カリフォル      北米   (32店舗)        3,881       4         368   7,051    1,190   12,496
                                   [10,948.54]                      (1,156)
     USA,Inc.
           ニア州他         及び事務所
     亞洲藏壽司              店舗設備
           台湾                           ―                     474
                アジア
     股份有限公              (40店舗)        3,080     1,596           ―   7,740     150  12,567
           台北市他                         [23,561.94]                      (1,050)
     司              及び事務所
      (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、建設仮勘定を含んでおりません。
            なお、金額には、消費税等を含めておりません。
          2.土地の[ ]内面積は、外数で賃借分を示しております。
          3.従業員数の( )は臨時雇用者数であり、年間平均人員を外数で示しております。
                                18/85





                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、ドミナントエリアの構築、投資効率、社内体制等を総合的に勘案して計画し
      ております。
        2021年10月31日現在における重要な設備の新設、改修等の計画は次のとおりであります。
      (1)重要な設備の新設
                            投資予定金額                着手及び完了予定
               事業部門別                     資金調達                  増加能力
      所在地     店舗数等          設備の内容
               の名称            総額     既支払額     方法                 (増加客席数)
                                            着手      完了
                          (百万円)     (百万円)
     西日本地区        9  回転すし     店舗設備        1,941      273  自己資金      2021年7月      2022年10月        2,064
     東日本地区          回転すし     店舗設備                自己資金      2021年4月      2022年10月

             21               4,677      485                      4,359
       合計      30               6,618      758                      6,423
                 ―     ―
     (注)1.投資予定金額の総額には差入保証金及び建設協力金1,029百万円を含んでおります。
         2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.月別出店計画は次のとおりであります。
               2021年        2022年
           年月        12月        2月    3月    4月    5月    6月    7月    8月    9月    10月
               11月        1月
                 3    3    3    3    3    2    2    2    3    1    3    2
      (2)重要な改修

        重要な改修の計画はありません。
      (3)重要な除却等

        重要な設備の除却等の計画はありません。
                                19/85












                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                          160,000,000

                  計                               160,000,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数              提出日現在発行数            上場金融商品取引所名
        種類          (株)             (株)         又は登録認可金融商品               内容
               (2021年10月31日)             (2022年1月26日)            取引業協会名
                                       東京証券取引所             単元株式数
                   41,399,600             41,399,600
     普通株式
                                       市場第一部             100株
                   41,399,600             41,399,600
        計                                    -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金       資本準備金
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高
        年月日                                       増減額        残高
                増減数(株)        残高(株)        (百万円)       (百万円)
                                              (百万円)       (百万円)
     2021年5月1日
                20,699,800        41,399,600            -     2,005         -      2,334
     (注)
    (注)2021年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これにより、発行済株式総数は
        20,699,800株増加し、41,399,600株となっております
      (5)【所有者別状況】

                                                    2021年10月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満
                                                       株式の状
       区分                             外国法人等
           政府及び地           金融商品     その他の
                                                       況(株)
                 金融機関                          個人その他       計
           方公共団体           取引業者     法人
                                 個人以外      個人
     株主数(人)          -     24     36     132     131      64    26,734     27,121        -
     所有株式数
               -    61,276     13,938     140,593      26,576       305    171,175     413,863      13,300
     (単元)
     所有株式数の
               -    14.81      3.37     33.97      6.42     0.07     41.36     100.00        -
     割合(%)
     (注)1.自己株式1,743,030株は、「個人その他」に17,430単元及び「単元未満株式の状況」に30株を含めて記載し
           ております。
         2.「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が24単元含まれております。
                                20/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                   2021年10月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                             所有株式数
            氏名又は名称                      住所                  総数に対する所有
                                              (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                          堺市中区楢葉170-1-406                   13,542,000            34.15

     株式会社ウォルナットコーポレーション
                                             4,000,000           10.09
     田中 信                    堺市東区
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                          東京都港区浜松町2丁目11-3                   2,728,500            6.88
     (信託口)
     株式会社日本カストディ銀行(信託口)                    東京都中央区晴海1丁目8-12                   1,407,400            3.55
                          大阪府貝塚市小瀬188                    764,700           1.93

     くら寿司従業員持株会
                                              640,000           1.61
     田中 邦彦                    堺市東区
                          50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON
     NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE  HCR00
                                              484,000           1.22
                          E14  5NT,   UK
     (常任代理人       香港上海銀行東京支店)
                          (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
                                              480,000           1.21
     田中 節子                    堺市東区
                          東京都千代田区有楽町1丁目13-1                    427,800           1.08

     第一生命保険株式会社
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                              384,000           0.97
                          東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (退職給付信託口・株式会社紀陽銀行口)
                                            24,858,400            62.68
              計                    -
    (注)発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点第3位以下を切り捨てて表示してお
        ります。
                                21/85











                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年10月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                              -       -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                              -       -           -

      議決権制限株式(その他)                              -       -           -

                                1,743,000
      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                  -           -
                                39,643,300             396,433
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                             -
                                  13,300
      単元未満株式                   普通株式                  -           -
                                41,399,600
      発行済株式総数                                     -           -
                                            396,433
      総株主の議決権                              -                  -
    (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄には証券保管振替機構名義の株式が2,400株含まれております。
          また、「議決権の数」の欄には同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数24個が含まれております。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式1,743,030株のうち30株が含まれております。
        3.2021年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これにより、発行済株式数
          が20,699,800株増加し、41,399,600株となっております。
        ②【自己株式等】
                                                  2021年10月31日現在
      所有者の氏名                  自己名義所有        他人名義所有         所有株式数       発行済株式総数に対する
               所有者の住所
       又は名称                 株式数(株)        株式数(株)        の合計(株)        所有株式数の割合(%)
              堺市中区深阪1丁
                          1,743,000                 1,743,000               4.21
     くら寿司株式会社                                 -
              2番2号
                          1,743,000                 1,743,000               4.21
        計         -                    -
    (注)1.自己株式は、2021年3月31日に実施した譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分により、57,400株減少し
          ました。
        2.2021年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
     2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 普通株式
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                      5           31,200

      当期間における取得自己株式                                     -              -

    (注)当期間における取得自己株式数には、2022年1月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式は含まれておりません。
                                22/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                当事業年度                  当期間
              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                    (百万円)                 (百万円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に
                                -        -        -        -
      係る移転を行った取得自己株式
      その他                           -        -        -        -
      保有自己株式数                       1,743,030            -     1,743,030            -
    (注)当期間における保有自己株式数には、2022年1月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

         当社は、株主各位に対する配当政策を重要な経営課題の一つとして位置付けておりますが、今後の積極的な事業
        展開を勘案し、必要な内部留保を確保するとともに、将来においても安定した利益配当を継続することを基本方針
        としております。
         当社は、毎年10月31日を基準日とする期末配当と、毎年4月30日を基準日とする中間配当、及び別に基準日を定
        めて剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。
         内部留保資金につきましては、業容の拡大に向けた財務体質の強化及び店舗の新設、その他の資金需要を賄う原
        資として活用してまいります。
         上記の方針に基づき、当連結会計年度の配当につきましては、当社普通株式1株につき20円といたしました。
         なお、当社は「会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、株主
        総会の決議によらず取締役会の決議により定めることができる」旨を定款に定めております。
         当連結会計年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                             配当金の総額          1株当たり配当額
              決議年月日
                             (百万円)            (円)
             2021年12月21日
                                  793            20
              取締役会決議
        (注)当連結会計年度に係る中間配当はありません。
                                23/85










                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、経営の健全性及び透明性の確保と継続的な企業価値の向上を経営課題として、その実現に向け、
          コーポレート・ガバナンスの強化及び充実が重要課題であると認識しております。法令遵守の徹底、内部牽制
          機能の強化を通じて、経営の健全化と透明性の確保に努めてまいります。
         ②  企業統治の体制

           当社は、2019年1月29日開催の第23期定時株主総会決議に基づき、同日付で監査役会設置会社から監査等委
          員会設置会社へ移行しており、株主総会、取締役会、監査等委員会、戦略会議、内部監査室といった機関を適
          切に機能させ、企業として適法な運営を行っております。また、コンプライアンスや重要な法的判断について
          は、弁護士と顧問契約を締結しており、随時相談・確認できる体制を整えております。
          イ.  企業統治の体制の概要
           a.  取締役会
            当社の取締役会は、提出日現在10名(うち社外取締役2名)で構成され、経営の基本方針、法令で定め
           られた事項や経営に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職務の執行状況を監督しております。
           また、取締役会規程に則り、月1回を原則とし、必要に応じ随時、臨時取締役会を開催し、迅速かつ的確
           な意思決定をしております。
           b.  監査等委員会
            当社の監査等委員会は、提出日現在3名(常勤取締役1名、社外取締役2名)の監査等委員で構成さ
           れ、監査等委員会規程に則り、原則3ヵ月に1回、必要に応じ随時、臨時監査等委員会を開催し、公正・
           客観的立場から監査を実施しております。
           c.  内部監査室
            内部監査につきましては、社長直属の内部監査室を設置しており、監査等委員会との協力関係の下、年
           間計画を立てて必要な内部監査を実施しております。内部監査室の人員は1名であります。監査結果は内
           部監査室に集約され、内部監査室は監査等委員会及び会計監査を担当する監査法人と監査結果に基づいて
           意見交換を行い、業務の改善に向けた具体的な助言や勧告を行う等、内部監査・監査等委員監査・会計監
           査それぞれが実効あるものとなるよう相互間の連携強化を図っております。
           d.  会計監査人
            会計監査人として有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、独立した公正な立場から会計に関す
           る監査を受けております。
           e.  会議体等
            ・戦略会議
              取締役と業務部門を中心にした各部門責任者で構成し、毎月2回開催しております。取締役会で決
             定した業務の執行状況、事業計画の進捗状況等について、徹底的に審議を行う一方、経営の根幹に関
             わる重要事項については取締役会の付議事項として上程するなど大きな役割を担っております。
            ・リスク管理委員会
              事業運営上の様々なリスクを徹底的に洗い出し、未然防止に努めるとともに、万一発生した場合に
             経営に及ぼす影響を極小化するため、危機管理マニュアルを策定しておりますが、より実効性あるも
             のとなるようリスク管理委員会を年2回の定期開催のほか、適時開催し、絶えず見直しを行っており
             ます。
            ・賞罰委員会
              広く社会の「きまり」を守ることを徹底するため、使命感・倫理観の向上を図るため様々な取り組
             みを行い、コンプライアンス体制を確立しております。
           f.  その他
            経営諸施策及び日常業務に関して、必要に応じてアドバイスを受けられるよう複数の弁護士事務所及び
           税理士事務所と顧問契約を結んでおります。
          ロ.  企業統治の体制を採用する理由

            当社は、コーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的かつ中立の経営監視機能が重要と考えて
           いるため、監査等委員会を設置し、社外取締役2名を含む監査等委員である取締役に取締役会における議決
           権を付与することで、取締役会の監査・監督機能を強化し、さらなる企業価値の向上を図るために当該体制
           を採用しております。
                                24/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
          当社の業務執行及び監視体制を図で示すと以下のとおりであります。
          ハ.  内部統制システムの整備の状況






            当社は、会社法施行に伴う内部統制システム構築のための基本方針を2006年5月16日開催の取締役会にお
           いて決議(2008年4月11日及び2013年11月14日並びに2015年5月15日にその一部を改定)し、公表いたして
           おりますが、監査等委員会設置会社への移行に伴い、2019年1月29日開催の取締役会にて承認された下記の
           「内部統制システム構築に関する基本方針」に則り体制の整備を行っております。
           (1)当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款

              に適合することを確保するための体制
             ・当社グループは「食の戦前回帰」を企業理念として掲げ、日本文化の良い面を見直し、世界に伝える
              という使命感を共通の志として、コンプライアンスを最優先し、当社グループの取締役が、意思決定
              を行い、事業展開する。
             ・監査等委員は、取締役の業務執行状況について監査を行い、内部監査室は当社グループ各部門におけ
              る業務執行が、法令・定款に適合しているかどうか内部監査を行い、企業倫理向上及びコンプライア
              ンスの徹底を図る。
             ・社会規範・業界規範・社内規程等、広く社会の「きまり」を守ることを徹底するため、社内に「賞罰
              委員会」を設置し、使命感・倫理観の向上を図るとともに、コンプライアンス体制を確立する。ま
              た、取締役及び使用人の職務の執行に係る法令上疑義のある行為等について、内部通報制度を運用
              し、不祥事の早期発見及び未然防止に努める。
           (2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             ・取締役の職務の執行に係る主要な情報については、「文書管理規程」に基づき、その保存媒体に応じ
              て、適切かつ確実に保存・管理する。「文書管理規程」は見直し・整備を推進する。
             ・取締役は、「文書管理規程」により、常時これらの文書等を検索、閲覧することができる。
           (3)当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他体制
             ・リスク管理に係る規程を制定し、取締役を含めた各部門で構成する「リスク管理委員会」を、年2回
              の定期開催のほか、適時開催し、予め想定されるリスクの洗い出しを行い、被害を最小限にとどめ
              る。
             ・子会社に損失の危険があると認められるときには、関連部門から取締役に報告する。
             ・内部監査部門は、各部門におけるリスク管理の状況を監査し、その結果を定期的に、監査等委員会及
              び取締役会に報告する。
             ・リスクが顕在化した場合には、「危機管理マニュアル」に基づき、代表取締役社長指揮下の対策本部
              を設置、または対応責任者を定め、迅速且つ組織的な対応を行い、損害の拡大の防止に努める。
                                25/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
           (4)当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             ・経営に関する重要事項については、「出店会議」「戦略会議」を毎月定期的に開催し、取締役会付議
              事項の事前審議を行う。
             ・取締役会の決定に基づく業務執行については、組織規程、職務権限規程、業務分掌規程に基づき、そ
              の責任者が職務権限・決裁基準に則った決定を行う体制とする。
             ・子会社においては、子会社において予算を策定し、その進捗状況を当社の関連部署が分析及び管理す
              るとともに、定期的に取締役会に報告する。
           (5)当社グループの業務の適正を確保するための体制
             ・子会社及び関連会社に対しては、その業務の適正を確保し、相互に利益と発展をもたらすことを目的
              とした「関係会社管理規程」に基づいて統制する体制とする。
              また、当社の関連各部門が、子会社の関連各部門から定期的に報告を受ける体制とする。
             ・監査等委員会は、当社グループの連結経営に対応した業務が適正であるか、監査を行う。また、監査
              を実効的かつ適正に行えるよう内部監査室及び会計監査人との緊密な連携等、的確な体制を構築す
              る。
             ・内部監査室は、当社グループのコンプライアンスの徹底及びリスク管理体制等内部統制システムの構
              築と運用について、定期的かつ包括的に監査を実行することと合わせて、当社グループの業務全般に
              わたる内部統制の有効性と妥当性を確保する。
           (6)監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事
              項
             ・監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、監査等委員会の職務が適切
              に行われるよう、適時にこれを設置する。
           (7)前号の使用人の取締役からの独立性及び監査等委員会の当該使用人に対する指示の実効性に関する事
              項
             ・補助の使用人を置く場合には、当該使用人は監査等委員会の直属の指揮命令下に配置し、取締役(監
              査等委員である取締役を除く。)等の指揮命令を受けない。人事処遇については、監査等委員会の意
              見を尊重した上で決定する。
           (8)取締役及び使用人が監査等委員会に報告するための体制その他監査等委員会への報告に関する事項
             ・監査等委員は、取締役より重要事項の報告を受け、関係書類の配付並びに詳細な説明を受ける。
             ・当社グループの取締役及び使用人は、その業務または業績に与える重要な事項について監査等委員会
              に報告することとし、職務の執行に関する法令違反、定款違反、及び不正行為の事実、または当社に
              損害を及ぼす事実を知った時は、遅滞なく報告する。
             ・監査等委員会への報告を行ったことを理由として、当該報告を行った当社グループの取締役及び使用
              人の不利益となる取扱いを行わないことを、当社グループの取締役及び各関係部門に周知徹底する。
             ・監査等委員会が監査に要した費用又は債務を弁済するため、あらかじめ予算化するとともに、監査等
              委員会の職務の執行について生ずる費用の前払い等を請求したときは、速やかに処理する。
           (9)その他監査等委員会の監査が効率的に行われることを確保するための体制
             ・監査等委員会は、内部監査室、会計監査人と定期的な報告会を開催し、相互連携を図る。また、監査
              等委員会は、必要に応じて内部監査室に調査を求めることができる。
             ・監査等委員会は、代表取締役社長と定期的に情報・意見交換を行う。
           (10)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
             ・社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体に対しては、組織全体として毅然とした態度で
              臨むものとし、反社会的勢力・団体との取引関係を排除、その他一切の関係を持つことのない体制を
              整えております。また、不当要求が発生した場合は総務部に情報を一元化し、直ちに所轄警察署と連
              携し対応する。
          ニ.  リスク管理体制の整備の状況

            当社は、2006年5月に制定した「リスク管理規程」に則って、リスク管理体制の強化を図っております。
           具体的には、取締役と各部門長を委員とする「リスク管理委員会」を2006年8月25日に発足し、年2回の定
           期開催のほか適時、委員会を開催することとしております。当社を取り巻く事業運営上の危機の発生を未然
           に防止し、また発生した危機が経営に及ぼす影響を極小化させることを目的として、2007年9月1日に「危
           機管理マニュアル」を構築いたしました。「危機管理マニュアル」の遵守により、リスク管理能力と有事に
           おける対応能力の向上を図っております。
                                26/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         ③  責任限定契約の内容の概要
           当社と各取締役(監査等委員)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
          任を限定する契約を締結しております。
           当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、3名の取締役(監査等委員)いずれも法令が定める額としてお
          ります。
         ④  取締役の定数

           当社の取締役は10名以内とする旨を定款に定めております。
         ⑤  取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
          る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び選任決議は累積投票によらない旨を定款に定めて
          おります。
         ⑥  取締役会にて決議できる株主総会決議事項

          イ.  当社は、経済情勢の変化に対応して、財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするた
            め、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することができる旨
            を定款に定めております。
          ロ.  当社は、2013年1月29日開催の定時株主総会において、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定め
            る事項について、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議により定めることができる旨の
            定款変更決議を行っております。
          ハ.  当社は、取締役及び監査等委員が期待される役割を十分に発揮することができるよう、会社法第426条第
            1項の規定に基づき、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む)及び監査等委員(監
            査等委員であった者を含む)の損害賠償責任を法令の限度において、取締役会の決議をもって免除でき
            る旨を定款に定めております。
         ⑦  株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議については、議決権を行使することができる株
          主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めて
          おります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行う
          ことを目的とするものであります。
          ⑧  役員等賠償責任保険契約の内容の概要等

           当社は、保険会社との間で、当社取締役(監査等委員を含む)を被保険者として、会社法第430条の3第1
          項に規定する役員等賠償責任保険契約を締結しております。当該保険により、被保険者が負担することになる
          株主代表訴訟、第三者訴訟、会社訴訟の訴訟費用及び損害賠償金を補填することとしており、保険料は原則と
          して当社が負担しており、特約の一部を役員負担としております。なお、故意または重過失に起因する損害賠
          償請求は当該保険契約により填補されないこととしております。
                                27/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  9 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             10.0  %)
                                                       所有株式数
          役職名          氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                                1977年5月      個人の寿司店を創業
                                1984年7月      回転寿司くら寿司を開店
        代表取締役社長          田中 邦彦      1951年1月27日      生
                                1995年11月      当社設立              (注)5    640,000
                                      当社代表取締役社長
                                      (現任)
                                1998年4月      当社入社
                                2008年11月      株式会社ウォルナットコーポレー
                                      ション代表取締役(現任)
                                2014年1月      取締役西日本業務本部長兼
                                      人事本部長
                                2014年11月      取締役副社長
                                      西日本業務本部長兼人事本部長兼
                                      経営戦略本部長
         取締役副社長          田中  信      1975年3月26日      生
                                                    (注)5   4,000,000
                                2015年5月      取締役副社長
                                      業務本部長兼人事本部長兼
                                      経営戦略本部長
                                2018年6月      取締役副社長
                                      業務本部長兼人事本部長兼
                                      経営戦略本部長兼法務本部長
                                2019年12月
                                      取締役副社長(現任)
                                1995年11月      当社入社
                                2007年1月      取締役関東担当シニアマネージャー
                                2008年11月      取締役東日本業務本部長
                                2012年1月      取締役製造本部長兼経理本部長
         常務取締役
                   久宗 裕行      1971年2月15日      生                      (注)5     18,800
                                2014年11月      常務取締役製造本部長兼経理本部長
         商品本部長
                                2015年1月      常務取締役製造本部長
                                2018年6月      常務取締役製造本部長兼購買本部長
                                2019年12月      常務取締役商品本部長(現任)
                                1995年11月      当社入社
                                2011年1月      取締役東日本業務本部長
          取締役
                                2015年5月      取締役店舗建設本部長
                   伊藤 敬人      1971年9月11日      生
                                                    (注)5     28,800
        店舗建設本部長
                                2017年3月      取締役店舗建設本部長兼購買本部長
                                2019年12月      取締役店舗建設本部長(現任)
                                1995年11月      当社入社
                                      取締役営業企画室長
                                2001年9月      取締役社長室長兼環境対策室長
          取締役
                   田中 節子      1949年3月31日      生
                                                    (注)5    480,000
                                2003年10月      取締役環境事業部シニアマネー
        環境事業本部長
                                      ジャー
                                2008年11月      取締役環境事業本部長(現任)
                                1986年4月      エスケー化研株式会社入社
                                1999年10月      天藤製薬株式会社入社
                                2004年12月      第一精工株式会社入社
          取締役
                   津田 京一      1962年11月3日      生                      (注)5      400
                                2007年11月      当社入社
         経理本部長
                                2009年1月      経理部シニアマネージャー
                                2015年1月      取締役経理本部長(現任)
                                1984年4月      三洋電機株式会社入社
                                2012年7月      江崎グリコ株式会社入社
                                2018年12月      当社入社
          取締役
                                2019年12月      執行役員広報宣伝IR本部長
                   岡本 浩之      1962年2月22日      生                      (注)5      -
      広報・マーケティング本部長
                                2021年1月      取締役広報宣伝IR本部長
                                2021年11月      取締役広報・マーケティング本部長
                                      (現任)
                                1974年11月      株式会社西洋フードシステムズ入社
                                1996年11月      株式会社魚国総本社入社
                                2004年7月      当社入社
          取締役
                   山本  保      1949年10月2日      生
                                                    (注)6      -
                                2013年6月      総務部参与
       (常勤監査等委員)
                                2015年1月      常勤監査役
                                2019年1月
                                      取締役(常勤監査等委員)(現任)
                                2000年4月      大阪弁護士会弁護士登録
                                      辻中法律事務所入所
          取締役
                                2006年7月
                                      大雪法律事務所開設 所長(現任)
                   大田口 宏      1974年8月26日      生                      (注)6      -
        (監査等委員)
                                2012年1月      当社監査役
                                2019年1月
                                      取締役(監査等委員)(現任)
                                28/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                                2001年10月      監査法人トーマツ 入所
                                      (現有限責任監査法人トーマツ)
                                2006年5月      公認会計士登録
          取締役
                                2014年10月      北川洋士会計事務所開業
                   北川 洋士      1976年7月21日      生                      (注)6      -
        (監査等委員)
                                      所長(現任)
                                2018年1月      当社監査役
                                2019年1月      取締役(監査等委員)(現任)
                                         計              5,168,000
     (注)1.2019年1月29日開催の第23期定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付を
           もって監査等委員会設置会社に移行しております。
         2.取締役田中節子は代表取締役社長田中邦彦の配偶者であります。
         3.取締役副社長田中 信は代表取締役社長田中邦彦の長男であります。
         4.取締役大田口         宏氏・北川洋士氏は、社外取締役であります。
         5.2022年1月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         6.2021年1月26日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は2名であり、両名が監査等委員であります。
          社外取締役大田口 宏氏は大雪法律事務所所長であります。当社と大雪法律事務所とは法律顧問契約を締結し
          ております。
          社外取締役北川洋士氏は、北川洋士会計事務所の所長であります。当社と北川洋士会計事務所とは、特別な関
          係はありません。なお、社外取締役北川洋士氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取
          引所に届けております。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門と
         の関係
          社外取締役は内部監査室、会計監査人と定期的な報告会を開催し、相互連携を図っております。
                                29/85












                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
         ①  内部監査及び監査等委員監査の状況
           監査等委員である取締役3名のうち1名は常勤監査等委員として常時勤務し、非常勤監査等委員2名も取締
          役会に参加するなど、業務執行を行う取締役の職務を十分に監視できる体制になっており、各事業所への監査
          も定期的に行うこととしております。また、監査等委員である取締役は会計監査人より会計監査の方法と結果
          の報告を受けるなど、相互連携に努めております。
           内部統制の有効性の評価を含む内部監査については、内部監査室が選任したメンバーとともに各事業所にお
          いて適正な業務執行がなされているかについて監査を行い、その結果を監査等委員会に定期的に報告すること
          とし、監査等委員である取締役の監査との連携を図っております。また、取締役会に適宜報告し、社外役員と
          も意見交換を行っております。
           当事業年度において開催された監査等委員会のうち、個々の監査等委員の出席状況は次のとおりでありま
          す。
              氏名            開催回数               出席回数
             山本 保                    5回               5回
             大田口 宏                    5回               5回
             北川 洋士                    5回               5回
         ②  会計監査の状況

           (1)監査法人の名称
            有限責任監査法人トーマツ
           (2)継続監査期間

            14年
           (3)業務を執行した公認会計士の氏名

            指定有限責任社員  業務執行社員   髙見 勝文
            指定有限責任社員  業務執行社員   桂 雄一郎
           (4)監査業務に係る補助者の構成

            公認会計士 11名 その他 10名
           (5)監査法人の選定方針と理由

            当社が会計監査人を選定するにあたっては、監査法人の概要(品質管理体制、会社法上の欠格事由への
           該当の有無、独立性等を含む)、監査の実施体制(監査計画、監査チームの編成等)、監査報酬見積額等
           を総合的に判断して、選解任や不再任の可否等について判断しております。
           (6)監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価

            当社の監査等委員及び監査等委員会は、監査法人に対して評価を行っております。会計監査人との監査
           報告会にて独立性及び専門性を確認し、会計監査人の職務執行が適正であると確認しております。
                                30/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         ③  監査公認会計士等に対する報酬の内容

          a.監査公認会計士等に対する報酬
                          前連結会計年度                    当連結会計年度
             区分
                    監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ
                    く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)
                            35                    35

         提出会社                            -                    -
         連結子会社                  -          -          -          -

                            35                    35

             計                        -                    -
          b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトグループ)に対する報酬(a.を除く)

                          前連結会計年度                    当連結会計年度
             区分
                    監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ
                    く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)
         提出会社                  -          -          -          -

                            15          13          11          40

         連結子会社
                            15          13          11          40

             計
         非監査業務の内容
          (前連結会計年度)
           連結子会社における非監査業務の内容は、税務関連業務であります。
          (当連結会計年度)
           連結子会社における非監査業務の内容は、税務関連業務及びコンフォートレター作成業務であります。
         ④  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
         ⑤  監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

           該当事項はありません。
         ⑥  監査報酬の決定方針

           監査日数、当社の規模・事業の特性等の要素を勘案して適切に決定しております。
         ⑦  監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査等委員会は、取締役会、社内関係部署及び会計監査人より必要な資料の入手、報告を受けた上で、会計
          監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況、報酬見積もりの算定根拠について確認し、審議した結
          果、これらについて適切であると判断し、会計監査人の報酬等の額について同意しております。
                                31/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
          ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
            当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、株主総会が決定する取締役
           (監査等委員である取締役を除く)及び監査等委員である取締役ごとの総額の限度内で、取締役報酬につい
           ては取締役会において各自の職務及び職責並びに当社の業績に応じて算定しており、監査等委員報酬につい
           ては監査等委員の協議により、監査等委員会において決定いたします。
            当社の役員報酬の限度額は、2022年1月25日開催の第26期定時株主総会において、取締役(監査等委員で
           ある取締役を除く)は年額500百万円の枠内(報酬額には使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない)、
           2019年1月29日開催の第23期定時株主総会において、監査等委員である取締役は年額50百万円の枠内と決議
           いただいております。
            また、2022年1月25日開催の第26期定時株主総会において、この役員報酬の限度額と別枠にて、譲渡制限
           付株式のための報酬額として、年額300百万円の枠内(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く)と
           決議いただいております。
            当社の取締役(監査等委員である取締役を除く)の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決
           定権限を有する者は取締役会であり、その権限の内容及び裁量の範囲は、株主総会で決定された総額限度内
           で、当社の業績を勘案したうえで各取締役の職務・職責・成果などの評価をもとに、取締役会において決定
           いたします。
            また、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決
           定された報酬等の内容が取締役会で決議された決定方針と整合していることを確認しており、当該決定方針
           に沿うものであると判断しております。
            当社の監査等委員である取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者
           は監査等委員会であり、その権限の内容及び裁量の範囲は、株主総会で決定された総額の限度内で、監査等
           委員の全員の同意により、監査等委員会において決定いたします。
            当事業年度における、当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動においては、方針と算
           定方法について2019年1月29日開催の取締役会で決議しております。
          ②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                  対象となる
                       報酬等の総額
              役員区分                                    役員の員数
                                            ストック
                        (百万円)
                               基本報酬       賞与
                                                   (人)
                                           オプション
           取締役(監査等委員及び
                            117      117                     8
                                        -       -
           社外取締役を除く)
           監査等委員
                             9      9                    3
                                        -       -
           (社外取締役を除く)
                             4      4                    2
           社外取締役                             -       -
          ③  役員ごとの報酬等の総額等

            報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
          ④  使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

            該当事項はありません。
      (5)【株式の保有状況】

           該当事項はありません。
                                32/85





                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号。)に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
         「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
          また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成してお
         ります。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年11月1日から2021年10月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年11月1日から2021年10月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
      法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、公益財団法人財
      務会計基準機構へ加入しており、会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応するこ
      とができる体制を整備しております。
                                33/85














                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        20,611              18,748
        現金及び預金
                                         3,854              3,554
        売掛金
                                         1,715              1,798
        原材料及び貯蔵品
                                         1,977              5,363
        その他
                                        28,158              29,464
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        41,284              47,230
          建物及び構築物
                                       △ 19,035             △ 21,134
           減価償却累計額
                                        22,249              26,096
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                               5,323              6,474
                                        △ 3,716             △ 4,181
           減価償却累計額
                                         1,607              2,292
           機械装置及び運搬具(純額)
          土地                               4,692              4,836
                                         8,630              10,046
          リース資産
                                        △ 4,169             △ 4,725
           減価償却累計額
                                         4,460              5,320
           リース資産(純額)
          使用権資産                               9,895              16,881
                                         △ 189            △ 2,090
           減価償却累計額
                                         9,706              14,791
           使用権資産(純額)
          その他
                                         2,577              3,406
           その他(純額)
                                        45,293              56,744
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          200              224
          リース資産
                                          505              675
          その他
                                          705              899
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       ※2  4,428             ※2  4,380
          長期貸付金
                                          355              531
          繰延税金資産
                                         5,411              6,132
          差入保証金
                                          750              836
          その他
                                        10,945              11,881
          投資その他の資産合計
                                        56,944              69,525
        固定資産合計
                                        85,102              98,989
       資産合計
                                34/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         6,509              6,086
        買掛金
                                                        805
        短期借入金                                  -
                                         2,688              2,996
        リース債務
                                         6,798              6,885
        未払金
                                         1,564              2,676
        未払法人税等
                                         5,023              3,745
        その他
                                        22,584              23,195
        流動負債合計
       固定負債
                                        12,356              18,149
        リース債務
                                         2,093              2,371
        資産除去債務
                                          499              616
        その他
                                        14,948              21,136
        固定負債合計
                                        37,533              44,332
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         2,005              2,005
        資本金
                                         5,183              7,622
        資本剰余金
                                        39,203              40,313
        利益剰余金
                                        △ 2,280             △ 2,139
        自己株式
                                        44,111              47,802
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          26              435
        為替換算調整勘定
                                          26              435
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   190              354
                                         3,239              6,065
       非支配株主持分
                                        47,569              54,657
       純資産合計
                                        85,102              98,989
     負債純資産合計
                                35/85










                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                        135,835              147,592
     売上高
                                       ※2  60,902             ※2  66,795
     売上原価
                                        74,933              80,796
     売上総利益
                                     ※1 ,※2  74,582           ※1 ,※2  83,475
     販売費及び一般管理費
                                          350
     営業利益又は営業損失(△)                                                 △ 2,678
     営業外収益
                                          106               49
       受取利息
                                          62              206
       為替差益
                                          412              443
       受取手数料
                                          150              102
       物販収入
                                          120             5,233
       助成金収入
                                          153              129
       その他
                                         1,005              6,163
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          108              161
       支払利息
                                          80              59
       物販原価
                                          31              90
       その他
                                          220              311
       営業外費用合計
                                         1,135              3,174
     経常利益
     特別利益
                                          80
                                                         -
       新株予約権戻入益
                                          80
       特別利益合計                                                  -
     特別損失
                                         ※3  76            ※3  120
       固定資産除却損
                                        ※4  700            ※4  130
       減損損失
                                          776              251
       特別損失合計
                                          439             2,923
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    1,031              1,670
                                          421
                                                       △ 166
     法人税等調整額
                                         1,453              1,504
     法人税等合計
                                                       1,419
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   △ 1,013
     非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                    △ 750             △ 482
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                                       1,901
                                         △ 262
     帰属する当期純損失(△)
                                36/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                                       1,419
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   △ 1,013
     その他の包括利益
                                          107              622
       為替換算調整勘定
                                        ※1  107            ※1  622
       その他の包括利益合計
                                                       2,041
     包括利益                                    △ 905
     (内訳)
                                                       2,310
       親会社株主に係る包括利益                                  △ 168
       非支配株主に係る包括利益                                  △ 737             △ 268
                                37/85
















                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  2,005         4,146        40,255        △ 2,354        44,053
     当期変動額
      剰余金の配当
                                        △ 789                △ 789
      親会社株主に帰属する当期
                                        △ 262                △ 262
      純損失(△)
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0

      自己株式の処分                           74                 74        148

      連結子会社の増資による持

                                962                          962
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -       1,036        △ 1,052          73         58
     当期末残高                  2,005         5,183        39,203        △ 2,280        44,111
                    その他の包括利益累計額

                                    新株予約権        非支配株主持分          純資産合計
                          その他の包括利益累
                 為替換算調整勘定
                          計額合計
     当期首残高
                       △ 67        △ 67        167        3,058        47,211
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 789
      親会社株主に帰属する当期
                                                         △ 262
      純損失(△)
      自己株式の取得                                                    △ 0

      自己株式の処分                                                    148

      連結子会社の増資による持

                                                          962
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期
                        94         94         23        181         299
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   94         94         23        181         357
     当期末残高
                        26         26        190        3,239        47,569
                                38/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                   資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  2,005         5,183        39,203        △ 2,280        44,111
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 790                △ 790
      親会社株主に帰属する当期
                                        1,901                 1,901
      純利益
      自己株式の取得

                                                 △ 0        △ 0
      自己株式の処分                          198                 141         339

      連結子会社の増資による持

                               2,240                          2,240
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -       2,439         1,110          141        3,690
     当期末残高                  2,005         7,622        40,313        △ 2,139        47,802
                    その他の包括利益累計額

                                    新株予約権        非支配株主持分          純資産合計
                          その他の包括利益累
                 為替換算調整勘定
                          計額合計
     当期首残高                   26         26        190        3,239        47,569
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 790
      親会社株主に帰属する当期
                                                         1,901
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 0

      自己株式の処分                                                    339

      連結子会社の増資による持

                                                         2,240
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期
                       409         409         163        2,825         3,397
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  409         409         163        2,825         7,088
     当期末残高                  435         435         354        6,065        54,657
                                39/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          439             2,923
       税金等調整前当期純利益
                                         5,290              6,269
       減価償却費
                                          700              130
       減損損失
       受取利息                                  △ 106              △ 49
                                          108              161
       支払利息
       新株予約権戻入益                                   △ 80              -
       助成金収入                                    -            △ 5,233
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 371              △ 71
                                                        327
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,961
                                         1,373
       仕入債務の増減額(△は減少)                                                △ 466
                                         3,162
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                               △ 1,776
                                         1,529                15
       その他
                                        10,085               2,230
       小計
       利息の受取額                                    60               6
       利息の支払額                                  △ 108             △ 161
                                                       3,322
       助成金の受取額                                    -
                                        △ 1,101              △ 658
       法人税等の支払額
                                         8,935              4,738
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 7,014             △ 8,116
                                                         19
       有形固定資産の売却による収入                                    -
       無形固定資産の取得による支出                                  △ 218             △ 299
       貸付けによる支出                                  △ 481             △ 325
       差入保証金の差入による支出                                  △ 580             △ 749
                                          55              83
       差入保証金の回収による収入
                                         △ 97             △ 89
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 8,336             △ 9,477
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                        766
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                   △ 38
       リース債務の返済による支出                                 △ 2,218             △ 2,849
       自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
       配当金の支払額                                  △ 788             △ 792
       非支配株主への配当金の支払額                                   △ 11             △ 29
                                                        105
       ストックオプションの行使による収入                                    -
                                         1,892              5,257
       連結子会社の増資による収入
                                                       2,458
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,164
                                          210              417
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 354            △ 1,862
                                        20,965              20,611
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  20,611             ※1  18,748
     現金及び現金同等物の期末残高
                                40/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
         (1)   連結子会社の数         2 社
            連結子会社の名称 Kura            Sushi   USA,Inc.
                     亞洲藏壽司股份有限公司
         (2)   主要な非連結子会社の名称 Kura                Sushi   Hong   Kong   Limited
                         Kura    Sushi   Shanghai     Co.,   Ltd.
            連結の範囲から除いた理由 総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見
                         合う額)等は、いずれも連結財務諸表への影響が軽微なためであります。
         2.持分法の適用に関する事項

            持分法を適用していない非連結子会社
            主要な会社等の名称 Kura             Sushi   Hong   Kong   Limited
                      Kura    Sushi   Shanghai     Co.,   Ltd.
            持分法を適用しない理由 当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いず
                        れも持分法の対象から除いても連結財務諸表への影響が軽微であり、かつ、全
                        体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社であるKura           Sushi   USA,Inc.と亞洲藏壽司股份有限公司の決算日はそれぞれ、8月31日と12月
           31日であります。連結財務諸表の作成にあたっては、Kura                           Sushi   USA,Inc.については同日現在の財務諸表
           を使用し、亞洲藏壽司股份有限公司については9月30日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用して
           おります。連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整を行っております。
         4.会計方針に関する事項

         (1)   重要な資産の評価基準及び評価方法
            たな卸資産
            原材料
            主として月次総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方
           法)
            貯蔵品
            最終仕入原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
         (2)   重要な減価償却資産の減価償却の方法

          ①  有形固定資産(リース資産を除く)
            当社は主として定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016
           年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用し、在外連結子会社は主とし
           て定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物及び構築物    8年~47年
             機械装置及び運搬具  6年~17年
             その他        2年~15年
          ②  無形固定資産(リース資産を除く)
            自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
           ます。
          ③  リース資産(所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産)
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
          ④  使用権資産
           リース期間及び使用可能期間に基づく定額法によっております。
          ⑤  長期前払費用
           定額法を採用しております。ただし、食器等、新規出店に際し一括して購入し、長期にわたり使用する物
           品については、償却年数4年、残存価額を零とする級数法を採用しております。
                                41/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (3)   重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。
            なお、在外連結子会社の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期
           中平均相場により円貨に換算し、為替差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
         (4)   連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (5)   その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当連
           結会計年度の費用として処理しております。
         (重要な会計上の見積り)

          国内店舗に係る固定資産の減損
          (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                      連結貸借対照表計上額(百万円)
          建物及び構築物                        17,603
          機械装置及び運搬具                          633
          土地                         3,775
          リース資産                         4,841
          その他                          643
          無形固定資産                          223
          投資その他の資産                          89
          合計                        27,810
          (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する事項

            当社グループは、すしを主力とする直営による回転すし店のチェーン展開を営んでおり、店舗運営用の建
           物及び構築物等の資産を保有しております。
            このうち、国内の店舗運営を行う親会社においては、固定資産の減損に係る会計基準及び同適用指針を適
           用し、減損損失の算定を行っており、資産グループは各店舗を単位としております。
            減損の兆候があると認められる店舗については、該当する資産グループから得られる割引前将来キャッ
           シュ・フローの総額と帳簿価額を比較し、減損損失の認識の要否を判定しております。
            判定の結果、減損損失の認識が必要となった場合、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減
           損損失として計上しております。
            回収可能価額は、「注記事項 (連結損益計算書関係) ※4                             減損損失」に記載の通り、使用価値を回
           収可能価額としております。
            この使用価値は各店舗予算を基に検討しており、各店舗の売上高及び営業利益の予測は、新型コロナウイ
           ルス感染症が拡大する前後の実績に現在及び今後見込まれる経営環境等を考慮して見積もっております。
            また、新型コロナウイルス感染症による業績への影響につきましては、営業時間短縮等の要請が解除され
           たことにより、当連結会計年度より小さくなると見込んでおりますが、引き続きインバウンド需要の低迷等
           の影響が2022年度末までは継続するという仮定を置いております。
            これらの見積りにおいて用いた仮定が新型コロナウイルスの感染状況や経営環境の悪化等により、仮定の
           見直しが必要となった場合、翌連結会計年度において、減損損失を認識する可能性があります。
                                42/85





                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2021年3月26日)
          (1)  概要

          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。
          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
          ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
          (2)  適用予定日

           2022年10月期の期首より適用予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的
          な取扱いに従い、2022年10月期の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、2022
          年10月期の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しますが、当該期首利益剰
          余金に与える影響はありません。
         (表示方法の変更)

          「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の年
         度末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
          ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会計
         年度に係る内容については記載しておりません。
         (連結貸借対照表関係)

           1 貸出コミットメント
             当社においては、従来より運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行1行と貸出コミットメント契
            約(15億円)を締結しております。
             また、不測の事態に備え、流動性を確保するためのバックアップラインとして、取引銀行2行と長期コ
            ミットメントライン契約(20億円)を締結しております。
             連結会計年度末における貸出コミットメントにかかる借入未実行残高等は以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2020年10月31日)                 (2021年10月31日)
            貸出コミットメントの総額                        3,500百万円                 3,500百万円
            借入実行残高                          -                 -
                 差引額                   3,500百万円                 3,500百万円
          ※2 金融商品に関する会計基準を適用し、現在価値に割り引いた建設協力金であります。

                                43/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                              至 2020年10月31日)                   至 2021年10月31日)
            給与手当                        38,122   百万円              40,978   百万円
                                    9,051                 10,077
            賃借料
          ※2 研究開発費の総額

             一般管理費及び売上原価に含まれる研究開発費
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                              至 2020年10月31日)                   至 2021年10月31日)
                                      18 百万円                66 百万円
          ※3 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                             至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
             建物及び構築物                          3百万円                 26百万円
             機械装置及び運搬具                          3                 1
             工具、器具及び備品                          4                 0
             解体撤去費用                         62                 81
             その他                          1                 10
                  計                    76                 120
          ※4 減損損失

              前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                 場所         用途          種類         金額
                                建物及び構築物            505百万円
                                機械装置及び運搬具             23百万円
              福岡県他
                       事業用資産         工具、器具及び備品              1百万円
              計20店
                                リース資産            168百万円
                                その他              1百万円
                 合計                            700百万円
              当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、営業店舗を基礎としてグルーピングを行っ
             ております。
              営業活動から生ずる損益が継続してマイナスとなっている店舗について、帳簿価額を回収可能価額ま
             で減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
              なお、当該資産の回収可能価額は、使用価値により測定しており、割引率は10.53%を使用しており
             ます。
                                44/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
              当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                 場所         用途          種類         金額
                                建物及び構築物             83百万円
                                機械装置及び運搬具             12百万円
              静岡県他
                       事業用資産
              計2店
                                工具、器具及び備品              2百万円
                                リース資産             32百万円
                 合計                            130百万円
              当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、営業店舗を基礎としてグルーピングを行っ
             ております。
              営業活動から生ずる損益が継続してマイナスとなっている店舗について、帳簿価額を回収可能価額ま
             で減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
              なお、当該資産の回収可能価額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローが
             見込めないため、零としております。
         (連結包括利益計算書関係)

          ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                              至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
            為替換算調整勘定:
             当期発生額                        107百万円                622百万円
               その他の包括利益合計
                                      107                622
                                45/85













                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                   株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
     発行済株式
      普通株式                 20,699,800              -          -      20,699,800
           合計            20,699,800              -          -      20,699,800
     自己株式
      普通株式(注)1                  956,866             44        30,100          926,810
           合計              956,866             44        30,100          926,810
    (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加44株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳            目的となる                             年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                         株式の種類                             (百万円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
            ストック・オプションとして
     連結子会社                        -      -       -      -      -     190
           の新株予約権
              合計               -      -       -      -      -     190
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2019年12月18日
                普通株式              789          40   2019年10月31日         2020年1月30日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              当額(円)
     2020年12月17日
               普通株式          790    利益剰余金            40   2020年10月31日         2021年1月27日
     取締役会
          当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
                   株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
     発行済株式
      普通株式(注)1,2                 20,699,800          20,699,800              -      41,399,600
           合計            20,699,800          20,699,800              -      41,399,600
     自己株式
      普通株式(注)1,3,4,5                  926,810          873,620           57,400         1,743,030
           合計              926,810          873,620           57,400         1,743,030
    (注)1.当社は、2021年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
        2.普通株式の発行済株式総数の増加20,699,800株は、株式分割によるものであります。
        3.普通株式の自己株式数の増加870,215株は、株式分割によるものであります。
        4.普通株式の自己株式数の増加3,400株は、譲渡制限付株式の無償取得によるものであります。
        5.普通株式の自己株式数の増加5株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
                                46/85


                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳            目的となる                             年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                         株式の種類                             (百万円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
            ストック・オプションとして
     連結子会社                        -      -       -      -      -     354
           の新株予約権
              合計               -      -       -      -      -     354
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2020年12月17日
                普通株式              790          40   2020年10月31日         2021年1月27日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              当額(円)
     2021年12月21日
               普通株式          793    利益剰余金            20   2021年10月31日         2022年1月26日
     取締役会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 2019年11月1日                (自 2020年11月1日
                              至 2020年10月31日)                至 2021年10月31日)
            現金及び預金勘定                        20,611百万円                18,748百万円
            現金及び現金同等物                        20,611                18,748
           2 同一相手先に対する店舗地代家賃の支払と貸付金(利息含む)の回収は相殺されております。

           3 重要な非資金取引の内容

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2019年11月1日               (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
            ファイナンスリース取引に係る
                                       1,894百万円              2,869百万円
            資産の増加額
            使用権資産の増加額                           4,173              6,424
                                47/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
          1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
           ①  リース資産の内容
            (ア)有形固定資産
               店舗設備、生産設備等における機械装置及び運搬具並びにその他であります。
            (イ)無形固定資産
               ソフトウエアであります。
           ②  リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却
            資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
             該当事項はありません。
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、資金調達については主として銀行等金融機関からの借入により行う方針であります。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

            現金及び預金の一部は外貨預金であり、為替変動リスクに晒されております。当該リスクにおきまして
           は、定期的に為替相場を把握し、管理しております。
            売掛金や長期貸付金、差入保証金は、取引先の信用リスクに晒されております。当該リスクについては、
           取引先の状況を定期的にモニタリングし、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握によりリスク軽減を
           図っております。
            買掛金、未払金及び未払法人税等は2ヶ月以内の支払期日となっており、経理部が管理する体制をとって
           おります。
            ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、
           固定金利によっております。
            また、営業債務は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、月次に資金繰計画を作成す
           るなどの方法により管理するとともに、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行1行と貸出コミット
           メント契約を締結しております。また、不測の事態に備え、流動性を確保するためのバックアップラインと
           して、取引銀行2行と長期コミットメントライン契約を締結しております。
          (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価は市場価格がないため、合理的に算定された価額によっております。当該価額の算定にお
           いては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動すること
           があります。
                                48/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
            前連結会計年度(2020年10月31日)

                        連結貸借対照表計上額              時価          差額
                           (百万円)          (百万円)          (百万円)
            (1)    現金及び預金               20,611          20,611            -
            (2)    売掛金                3,854          3,854           -
            (3)    長期貸付金                4,428          4,428           -
            (4)    差入保証金                5,411          5,331          △79
             資産計                  34,305          34,225           △79
            (1)    買掛金                6,509          6,509           -
            (2)    未払金                6,798          6,798           -
            (3)    未払法人税等                1,564          1,564           -
            (4)    リース債務(※)                4,730          4,710          △20
             負債計                  19,603          19,583           △20
           (※)1年内に返済予定のリース債務を含んでおります。また、IFRS第16号及び米国会計基準
              ASU2016-02の適用により認識したリース債務については、上記に含めておりません。
           (注)1.金融商品の時価の算定方法

            資産
            (1)現金及び預金 (2)売掛金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
            (3)長期貸付金
              長期貸付金は建設協力金であり、その時価については信用リスクが僅少であるため、回収予定額を契
             約期間に対する国債の利回り等適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定しておりま
             す。
              なお、「金融商品会計に関する実務指針」に基づき、上記による算定額を連結貸借対照表に計上して
             いるため、時価は帳簿価額と一致しております。
            (4)差入保証金
              差入保証金の時価は、信用リスクが僅少であるため、回収予定額を契約期間に対応する国債の利回り
             等適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定しております。
            負債

            (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
            (4)リース債務
              リース債務の時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想
             定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
                                49/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(2021年10月31日)
                        連結貸借対照表計上額              時価          差額
                           (百万円)          (百万円)          (百万円)
            (1)    現金及び預金               18,748          18,748            -
            (2)    売掛金                3,554          3,554           -
            (3)    長期貸付金                4,380          4,380           -
            (4)    差入保証金                6,132          6,052          △80
             資産計                  32,816          32,735           △80
            (1)    買掛金                6,086          6,086           -
            (2)    未払金                6,885          6,885           -
            (3)    未払法人税等                2,676          2,676           -
            (4)    リース債務(※)                5,519          5,514           △5
             負債計                  21,167          21,162           △5
           (※)1年内に返済予定のリース債務を含んでおります。また、IFRS第16号及び米国会計基準
              ASU2016-02の適用により認識したリース債務については、上記に含めておりません。
           (注)1.金融商品の時価の算定方法

            資産
            (1)現金及び預金 (2)売掛金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
            (3)長期貸付金
              長期貸付金は建設協力金であり、その時価については信用リスクが僅少であるため、回収予定額を契
             約期間に対する国債の利回り等適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定しておりま
             す。
              なお、「金融商品会計に関する実務指針」に基づき、上記による算定額を連結貸借対照表に計上して
             いるため、時価は帳簿価額と一致しております。
            (4)差入保証金
              差入保証金の時価は、信用リスクが僅少であるため、回収予定額を契約期間に対応する国債の利回り
             等適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定しております。
            負債

            (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
             おります。
            (4)リース債務
              リース債務の時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想
             定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
                                50/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
               2.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                  前連結会計年度(2020年10月31日)
                           1年以内      1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                          (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                  現金及び預金           20,611          -        -        -
                  売  掛  金      3,854         -        -        -

                    合計         24,465          -        -        -

                 (注)長期貸付金及び差入保証金は回収日が確定していないため、上表には記載しておりませ
                    ん。
                  当連結会計年度(2021年10月31日)

                           1年以内      1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                          (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                  現金及び預金           18,748          -        -        -
                  売  掛  金      3,554         -        -        -

                    合計         22,302          -        -        -

                 (注)長期貸付金及び差入保証金は回収日が確定していないため、上表には記載しておりませ
                    ん。
               3.リース債務の連結決算日後の返済予定額

                  前連結会計年度(2020年10月31日)
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                         1年以内                              5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                         (百万円)                              (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                  リース債務        1,728      1,346       937      556      161      -
                    合計       1,728      1,346       937      556      161      -
                  当連結会計年度(2021年10月31日)

                               1年超      2年超      3年超      4年超
                         1年以内                              5年超
                               2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                         (百万円)                              (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                  リース債務        1,910      1,516      1,134       744      215      -
                    合計       1,910      1,516      1,134       744      215      -
                 (※)IFRS第16号及び米国会計基準ASU2016-02の適用により認識したリース債務については、
                    上記に含めておりません。
         (有価証券関係)

          該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

          当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
                                51/85





                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
        (提出会社)
        1.ストック・オプションに係る当初の資産計上額及び科目名
          該当事項はありません。
        2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                                                    (単位:百万円)
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 2019年11月1日                   (自 2020年11月1日
                          至 2020年10月31日)                   至 2021年10月31日)
         その他営業外収益                              0                   -
         新株予約権戻入益                              80                   -

        3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

          該当事項はありません。
        4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

          該当事項はありません。
                                52/85















                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        (連結子会社)
        1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 2019年11月1日                   (自 2020年11月1日
                          至 2020年10月31日)                   至 2021年10月31日)
         販売費及び一般管理費                             103                   162
        2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

        (1)ストック・オプションの内容
                       2018年第1回ストック・オプション                   2018年第2回ストック・オプション
                      Kura   Sushi   USA,Inc.              Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
                      同社取締役      1名・    同社従業員      83名
                                         同社従業員      9名
         付与対象者の区分及び人数
                      当社取締役      1名・    当社従業員      10名
         株式の種類別のストック・
                      普通株式       415,162株              普通株式       22,000株
         オプションの数(注)1、
         3
         付与日              2018年6月16日                    2018年12月14日
         権利確定条件(注)2              3ヶ月毎に16分の1ずつ権利確定                    3ヶ月毎に16分の1ずつ権利確定

         対象勤務期間              -                    -

                      自2018年6月16日           至2028年6月15日          自2018年12月14日           至2028年12月14日
         権利行使期間
                        2019年ストック・オプション                   2020年ストック・オプション

                      Kura   Sushi   USA,Inc.              Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
                      同社取締役      4名・    同社従業員      49名
                                         同社従業員      8名
         付与対象者の区分及び人数
                      当社取締役      1名
         株式の種類別のストック・
                      普通株式       91,057株              普通株式       66,482株
         オプションの数(注)1、
         3
         付与日              2019年12月2日                    2020年5月1日又は2020年5月2日
                      3ヶ月毎に16分の1、8分の1又は4                    3ヶ月毎に16分の1、12分の1又は8

         権利確定条件(注)2
                      分の1ずつ権利確定                   分の1ずつ権利確定
         対象勤務期間              -                    -

                                         自2020年5月1日           至2030年5月1日
                      自2019年12月2日           至2029年12月2日
         権利行使期間                                 又は自2020年5月2日            至2030年5月
                                         2日
                                53/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                        2021年ストック・オプション

                      Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
                      同社取締役      5名・    同社従業員      114名
         付与対象者の区分及び人数
                      当社従業員      2名
         株式の種類別のストック・
                      普通株式       221,260株
         オプションの数(注)1、
         3
                      2020年12月1日、2021年2月1日、
         付与日              2021年4月1日、2021年7月26日、
                      又は2021年8月11日
                      1年並びに3ヶ月毎に16の1又は12分
         権利確定条件(注)2
                      の1ずつ権利確定
         対象勤務期間              -

                      自2020年12月1日           至2031年8月11日
         権利行使期間
                        2018年ストック・オプション

         会社名              亞洲藏壽司股份有限公司
                      同社取締役      3名・    同社従業員      310名
         付与対象者の区分及び人数
                      当社従業員      9名
         株式の種類別のストック・
                      普通株式       2,400,000株
         オプションの数(注)1
         付与日              2018年12月31日
                      付与日から2年後 50%
         権利確定条件(注)2              付与日から3年後 100%
                     (1単位未満は四捨五入)
                      自2018年12月31日           至2020年12月31日
         対象勤務期間
                      自2020年12月31日           至2028年12月30日
         権利行使期間
        (注)1.株式数に換算して記載しております。
           2.当該連結子会社と新株予約権付与対象者との間で締結する契約に定める条件を満たした場合に限り、権
             利行使ができるものとしております。
           3.2019年7月30日付株式併合(普通株式2株につき1株の割合)による併合後の株式数に換算して記載し
             ております。
                                54/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
           当連結会計年度(2021年10月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
          ンの数については、株式数に換算して記載しております。
          ①ストック・オプションの数
                          2018年第1回ストック・オプション                 2018年第2回ストック・オプション
                              Kura   Sushi   USA,Inc.            Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
         権利確定前                       (株)
          前連結会計年度末
                                    139,526                 10,125
          付与
                                       ―                 ―
          失効
                                    12,746                 3,056
          権利確定
                                    75,225                   ―
          未確定残
                                    51,555                 7,069
         権利確定後                       (株)
          前連結会計年度末
                                    221,082                  7,876
          権利確定
                                    75,225                   ―
          権利行使
                                    85,238                 3,444
          失効
                                     7,297                  ―
          未行使残
                                    203,772                  4,432
                           2019年ストック・オプション                 2020年ストック・オプション

                              Kura   Sushi   USA,Inc.            Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
         権利確定前                       (株)
          前連結会計年度末
                                    63,239                 62,109
          付与
                                       ―                 ―
          失効
                                     2,392                  139
          権利確定
                                    24,622                 17,452
          未確定残
                                    36,225                 44,518
         権利確定後                       (株)
          前連結会計年度末
                                    23,402                 4,373
          権利確定
                                    24,622                 17,452
          権利行使
                                     4,696                  ―
          失効
                                     1,662                  84
          未行使残
                                    41,666                 21,741
        (注)2019年7月30日付株式併合(普通株式2株につき1株の割合)による併合後の株式数に換算して記載して
           おります。
                           2021年ストック・オプション

                                            2018年ストック・オプション
                              Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名                                      亞洲藏壽司股份有限公司
         権利確定前                       (株)
          前連結会計年度末                             ―
                                                    2,081,000
          付与                          221,260
                                                       ―
          失効                           6,860
                                                     21,000
          権利確定                           9,375
                                                    1,090,000
          未確定残                          205,025
                                                     970,000
         権利確定後                       (株)
          前連結会計年度末                             ―
                                                       ―
          権利確定                           9,375
                                                    1,090,000
          権利行使                             ―
                                                     873,000
          失効                             ―
                                                       ―
          未行使残                           9,375
                                                     217,000
                                55/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
          ②単価情報
                                2018年第1回                2018年第2回
                              ストック・オプション                ストック・オプション
                               Kura   Sushi   USA,Inc.           Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
         権利行使価格                              (US$)
                                       4.26                8.76
         行使時平均株価                            (US$)
                                      25.51                26.88
         付与日における公正な評価単価(US$)                              4.05                6.91
                                  2019年                2020年

                              ストック・オプション                ストック・オプション
                               Kura   Sushi   USA,Inc.           Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
         権利行使価格                              (US$)
                                      25.94                16.83
         行使時平均株価                            (US$)
                                      32.51                 ―
         付与日における公正な評価単価(US$)                              11.01                11.01
        (注)2019年7月30日付株式併合(普通株式2株につき1株の割合)による併合後の価格に換算して記載して
           おります。
                                  2021年

                              ストック・オプション
                               Kura   Sushi   USA,Inc.
         会社名
         権利行使価格                              (US$)
                                   16.47-52.07
         行使時平均株価                            (US$)
                                        ―
         付与日における公正な評価単価(US$)                               16.66
                             2018年ストック・オプション

         会社名                      亞洲藏壽司股份有限公司
         権利行使価格                              (NT$)
                                      11.00
         行使時平均株価                            (NT$)
                                      73.06
                                   満2年 4.92
         付与日における公正な評価単価(NT$)
                                   満3年 5.00
        3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

          当連結会計年度において付与されたストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以下のとお
         りであります。
         (1)Kura      Sushi   USA,Inc.

         ① 使用した評価技法       ブラック・ショールズ式
         ② 主な基礎数値及び見積方法
                            2021年ストック・オプション
         株価変動性(注)1                         61.7%-62.7%
         予想残存期間(注)2                         5.50年-6.11年
         予想配当                              ―
         無リスク利子率(注)3                         0.47%-1.16%
        (注)1.類似会社比較方式により算定しております。
           2.平均対象勤務期間と契約年数を基に見積っております。
           3.予想残存期間に対応する米国国債利回りであります。
        4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

          基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採用
         しております。
                                56/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
           繰延税金資産
            資産除去債務                              600百万円             657百万円
            リース債務                             1,752             2,066
            減損損失                              433             409
            長期貸付金                               81             71
            未払事業税                              191             255
            海外連結子会社の税額控除                              211             274
            繰越欠損金(注)                              681             855
            減価償却費                               17             16
            一括償却資産                               15             29
                                          138             262
            その他
           繰延税金資産小計                              4,124             4,898
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)
                                         △586             △787
                                         △610             △794
            将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
           評価性引当額小計                             △1,196             △1,581
           繰延税金資産合計
                                         2,927             3,316
           繰延税金負債
            使用権資産                            △1,632             △1,855
            減価償却費                             △476             △466
            長期前払費用                             △135             △124
            資産除去債務に対応する除去費用                             △245             △268
            在外子会社の留保利益                              △60             △50
                                         △22             △20
            固定資産圧縮積立金
           繰延税金負債合計                             △2,572             △2,785
           繰延税金資産の純額                               355             531
         (注)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

         前連結会計年度(2020年10月31日)
                         1年超      2年超      3年超      4年超
                   1年以内                             5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (百万円)                            (百万円)       (百万円)
                        (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
          税務上の繰越欠
                      -      -      -      -      -     681        681
          損金 ※1
          評価性引当額            -      -      -      -      -    △586        △586
          繰延税金資産            -      -      -      -      -      95     95 ※2

         ※1 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         ※2 税務上の欠損金681百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産95百万円を計上しており
            ます。当該繰延税金資産95百万円は、連結子会社Kura                         Sushi   USA,   Inc.における税務上の繰越欠損金の
            残高681百万円(法定実効税率を乗じた額)の一部について認識したものであり、将来の課税所得の見込
            みにより回収可能とし、評価性引当額を認識しておりません。
                                57/85





                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(2021年10月31日)
                         1年超      2年超      3年超      4年超
                   1年以内                             5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (百万円)                            (百万円)       (百万円)
                        (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
          税務上の繰越欠
                      -      -      -      -      -     855        855
          損金 ※3
          評価性引当額            -      -      -      -      -     787        787
          繰延税金資産            -      -      -      -      -      67     67 ※4

         ※3 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         ※4 税務上の欠損金855百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産67百万円を計上しており
            ます。当該繰延税金資産67百万円は、連結子会社亞洲藏壽司股份有限公司における税務上の繰越欠損金
            の残高67百万円(法定実効税率を乗じた額)について認識したものであり、将来の課税所得の見込みに
            より回収可能とし、評価性引当額を認識しておりません。
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
           法定実効税率
                                            30.6%             30.6%
           (調整)
                                             4.3             0.8
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                             47.4              7.0
            住民税均等割
                                            272.2              13.2
            評価性引当額の増減
                                             15.5              2.1
            海外連結子会社の税率差異
                                            △3.4             △0.3
            在外子会社の留保利益
                                            △31.9               ―
            賃上げ・生産性向上のための税制による税額控除
                                            △4.2             △1.9
            その他
                                            330.5              51.5
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
             店舗用の建物の事業用定期借地権及び定期建物賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間を取得から8年から36年と見積り、割引率は0.000%~4.260%を使用して資産除去債務の
            金額を計算しております。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                  至 2020年10月31日)              至 2021年10月31日)
              期首残高                         1,853百万円              2,093百万円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                          197              253
              時の経過による調整額                           20              20
              その他増減額(△は減少)                           22               4
              期末残高                         2,093              2,371
                                58/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          1.報告セグメントの概要
          (1)報告セグメントの決定方法
            当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
           営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
            当社グループは、飲食事業を営んでおり、国内においては当社が、北米及びアジアはそれぞれの現地法人
           が担当しております。
            現地法人はそれぞれ独立した経営単位であり、取り扱う商品について各地域の包括的な戦略を立案し、事
           業活動を展開しております。
            したがって、当社グループは飲食事業を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日本」、
           「北米」及び「アジア」の3つを報告セグメントとしております。
          (2)報告セグメントの変更等に関する事項
            当社グループは、従来より飲食事業のみの単一セグメントとしておりましたが、2019年8月に米国子会社
           「Kura    Sushi   USA,   Inc.」、2020年9月に台湾子会社「亞洲藏壽司股份有限公司」がそれぞれ現地証券取引
           所に上場したことにより、海外における新規出店及び店舗の管理体制が順次強化されたため、第2四半期連
           結会計期間より、単一セグメントから「日本」、「北米」、「アジア」の3区分に変更しております。
            なお、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後報告セグメントの区分に基づき作成したもの
           を記載しております。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、連結財務諸表作成のために採用している会計処理の
           方法と同一であります。
            報告セグメントの利益又は損失は、経常利益又は経常損失ベースの数値であります。
          3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

           前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                      連結財務諸表
                                報告セグメント
                                                 調整額
                                                       計上額
                                                 (注)1
                         日本      北米      アジア       計
                                                       (注)2
          売上高
                         123,160       4,879      7,796     135,835             135,835
           外部顧客への売上高                                         -
           セグメント間の内部
                            -      -      -      -      -       -
           売上高又は振替高
                         123,160       4,879      7,796     135,835             135,835
                計                                    -
          セグメント利益又は
                          2,953                  1,192             1,135
                               △ 1,743       △ 17           △ 56
          損失(△)
                          65,887      12,472      10,024      88,384             85,102
           セグメント資産                                      △ 3,281
           その他の項目
                          3,498       607     1,184      5,290             5,290
           減価償却費                                         -
           有形固定資産及び
                          6,042      4,108      5,816      15,967             15,967
                                                    -
           無形固定資産の増加額
          (注)1.セグメント利益又は損失の調整額及びセグメント資産の調整額は、セグメント間取引消去等であり
               ます。
             2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
                                59/85





                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                      連結財務諸表
                                報告セグメント
                                                 調整額
                                                       計上額
                                                 (注)1
                         日本      北米      アジア       計
                                                       (注)2
          売上高
                         131,562       6,951      9,077     147,592             147,592
           外部顧客への売上高                                         -
           セグメント間の内部
                            -      -      -      -      -       -
           売上高又は振替高
                         131,562       6,951      9,077     147,592             147,592
                計                                    -
          セグメント利益又は
                          4,451                  3,236             3,174
                               △ 1,079      △ 136            △ 62
          損失(△)
                          67,826      19,525      15,572      102,924             98,989
           セグメント資産                                      △ 3,934
           その他の項目
                          4,020       782     1,467      6,269             6,269
           減価償却費                                         -
           有形固定資産及び
                          7,512      2,624      6,724      16,861             16,861
                                                    -
           無形固定資産の増加額
          (注)1.セグメント利益又は損失の調整額及びセグメント資産の調整額は、セグメント間取引消去等であり
               ます。
             2.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
         【関連情報】

          前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            当社グループは、飲食事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1) 売上高
            「セグメント情報 3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額」に記
            載の通りです。
           (2) 有形固定資産

                                             (単位:百万円)
                日本          北米          アジア           合計
                  27,594          10,663           7,035          45,293

          3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略
           しております。
                                60/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            当社グループは、飲食事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1) 売上高
            「セグメント情報 3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額」に記
            載の通りです。
           (2) 有形固定資産

                                             (単位:百万円)
                日本          北米          アジア           合計
                  30,776          12,925          13,041          56,744

          3.主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略
           しております。
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                                   連結損益
                                                  計算書計上額
                         日本      北米      アジア        計
                           700                    700        700
           減損損失                       -      -
           当連結会計年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                                   連結損益
                                                  計算書計上額
                         日本      北米      アジア        計
                           130                    130        130
           減損損失                       -      -
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          該当事項はありません。
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          該当事項はありません。
                                61/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                  至 2020年10月31日)              至 2021年10月31日)
     1株当たり純資産額                                 1,116.12円              1,216.39円
     1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)                                  △6.65円               47.98円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                    -円              -円
     (注)1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり
           当期純損失であるため記載しておりません。また、当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益
           については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、2021年5月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益又は当期純損失を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益又は当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の
           とおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                  至 2020年10月31日)              至 2021年10月31日)
     (1)1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は当期純損失
                                         △262              1,901
      (△)(百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                         △262              1,901
      当期純損失(△)(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                39,526,120              39,621,093
     (2)潜在株式調整後1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                          -              -
      (百万円)
      (うち、連結子会社の潜在株式による調整額)(百万
                                          -              -
      円)
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                                          -              -
      り当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                62/85









                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          当社は、2021年12月9日開催の取締役会において、下記のとおり、自己株式の処分(以下「本自己株式処分」
         といいます。)を行うことについて決議いたしました。
          1.処分の概要
         (1)処分期日                  2022年2月28日
         (2)処分する株式の種類及び数                  当社普通株式 37,000株
         (3)処分価額                  1株につき3,680円
         (4)処分総額                  136,160,000円
         (5)募集又は処分方法                  譲渡制限付株式を割り当てる方法
         (6)出資の履行方法                  金銭報酬債権の現物出資による
          2.処分の目的及び理由

          当社は、2019年12月18日開催の取締役会において、当社の従業員(以下、「対象従業員」といいます。)を対
         象とする制度として、譲渡制限付株式を活用したインセンティブ制度(以下「本制度」といいます。)を導入す
         ることを決議しました。
          本制度に基づき、2021年12月9日開催の取締役会において、対象従業員に普通株式を付与することを決議しま
         した。
          対象従業員は、本制度に基づき当社から支給された金銭債権の全部を現物出資財産として払込み、当社の普通
         株式について発行又は処分を受けることとなります。なお、譲渡制限期間は2022年2月28日から2024年11月15日
         としております。
                                63/85













                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                               (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                               -       805      1.05       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                               -       -      -      -
     1年以内に返済予定のリース債務                             2,226       2,737        -      -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                               -       -      -      -
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             6,282       10,552        -   2022年~2037年
     その他有利子負債                               -       -      -      -
                合計                  8,509       14,094        -      -
     (注)1.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         2.米国会計基準ASU2016-02の適用により認識したリース債務については、上記に含めておりません。
         3.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     リース債務                2,381           1,980           1,540            952

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                    38,861          74,584          110,578          147,592

     税金等調整前四半期(当期)
                           891         1,138          1,313          2,923
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                           588          668          774         1,901
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          14.88          16.89          19.55          47.98
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                          14.88           2.02          2.67          28.40
     (円)
                                64/85





                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        17,273              12,680
        現金及び預金
                                         3,563              3,245
        売掛金
                                         1,555              1,620
        原材料及び貯蔵品
                                         1,070              1,239
        前払費用
                                        ※3  294           ※3  2,175
        その他
                                        23,759              20,962
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        16,781              18,298
          建物
                                          921              836
          構築物
                                          555              691
          機械装置及び運搬具
                                          306              734
          工具、器具及び備品
                                         4,692              4,836
          土地
                                         4,045              4,952
          リース資産
                                          290              426
          建設仮勘定
                                        27,594              30,776
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          364              514
          ソフトウエア
                                           8              8
          電話加入権
                                          200              224
          リース資産
                                          572              747
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         3,200              3,826
          関係会社株式
                                       ※2  4,428             ※2  4,380
          長期貸付金
                                          703              783
          長期前払費用
                                          396              488
          繰延税金資産
                                         5,231              5,858
          差入保証金
                                           1              1
          その他
                                        13,961              15,338
          投資その他の資産合計
                                        42,128              46,863
        固定資産合計
                                        65,887              67,826
       資産合計
                                65/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         6,031              5,475
        買掛金
                                         1,622              1,807
        リース債務
                                         5,645              5,491
        未払金
                                         1,546              2,658
        未払法人税等
                                         3,909              2,132
        未払消費税等
                                          127              126
        預り金
                                          42              68
        前受収益
                                          242              162
        設備関係未払金
                                          99              107
        その他
                                        19,267              18,030
        流動負債合計
       固定負債
                                         2,845              3,549
        リース債務
                                         1,889              2,050
        資産除去債務
                                          379              474
        その他
                                         5,114              6,073
        固定負債合計
                                        24,382              24,103
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         2,005              2,005
        資本金
        資本剰余金
                                         2,334              2,334
          資本準備金
                                          74              273
          その他資本剰余金
                                         2,409              2,607
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                          83              83
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                          50              46
           固定資産圧縮積立金
                                        38,140              38,140
           別途積立金
                                         1,096              2,978
           繰越利益剰余金
                                        39,370              41,248
          利益剰余金合計
        自己株式                                △ 2,280             △ 2,139
                                        41,504              43,722
        株主資本合計
                                        41,504              43,722
       純資産合計
                                        65,887              67,826
     負債純資産合計
                                66/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
                                        123,160              131,562
     売上高
                                        56,184              61,027
     売上原価
                                        66,975              70,535
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                        33,998              36,777
       給与及び手当
                                         8,211              9,174
       賃借料
                                         3,387              3,890
       減価償却費
                                        19,319              22,306
       その他
                                        64,917              72,148
       販売費及び一般管理費合計
                                         2,058
     営業利益又は営業損失(△)                                                 △ 1,612
     営業外収益
                                          56              55
       受取利息
                                          56              62
       受取配当金
                                          40              176
       為替差益
                                          414              448
       受取手数料
                                          150              102
       物販収入
                                          120             5,233
       助成金収入
                                        ※1  211            ※1  178
       雑収入
                                         1,051              6,255
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          47              54
       支払利息
                                          80              59
       物販原価
                                          28              76
       雑損失
                                          156              190
       営業外費用合計
                                         2,953              4,451
     経常利益
     特別利益
                                          48
       関係会社株式売却益                                                  -
                                          80
                                                         -
       新株予約権戻入益
                                          128
       特別利益合計                                                  -
     特別損失
                                         ※2  70            ※2  108
       固定資産除却損
                                          700              130
       減損損失
                                          771              239
       特別損失合計
                                         2,310              4,212
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    1,045              1,636
                                          317
                                                        △ 91
     法人税等調整額
                                         1,362              1,544
     法人税等合計
                                          948             2,668
     当期純利益
                                67/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2019年11月1日                  (自 2020年11月1日
                            至 2020年10月31日)                  至 2021年10月31日)
                    注記                 構成比                  構成比
           区分               金額(百万円)                  金額(百万円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                          50,831      90.5            55,062      90.2

     Ⅱ 労務費                           2,073      3.7            2,195      3.6

                                3,279                  3,769

     Ⅲ 経費               ※2                  5.8                  6.2
       売上原価                        56,184      100.0            61,027      100.0

     (注) 1.当社は事業の性質上、製品・仕掛品在庫はありませんので、材料費、労務費、経費の全額を売上高に対応

            するものとして、売上原価としております。
         ※2.経費の主な内訳は次のとおりであります。
                前事業年度                            当事業年度
             (自 2019年11月1日                            (自 2020年11月1日
              至 2020年10月31日)                            至 2021年10月31日)
         賃借料                  29百万円          賃借料                  38百万円

         消耗品費                 255百万円           消耗品費                 305百万円
         水道光熱費                 131百万円           水道光熱費                 138百万円
         減価償却費                 111百万円           減価償却費                 130百万円
         運賃                2,492百万円            運賃                2,772百万円
                                68/85












                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   株主資本
                           資本剰余金                    利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                資本金
                          その他資本剰      資本剰余金
                     資本準備金                 利益準備金
                            余金    合計           固定資産圧           繰越利益剰
                                                 別途積立金
                                           縮積立金           余金
     当期首残高             2,005      2,334       -    2,334       83      54    35,540      3,533
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                                               △ 4           4
      取崩
      別途積立金の積立                                              2,600     △ 2,600
      剰余金の配当                                                   △ 789
      当期純利益                                                    948
      自己株式の取得
      自己株式の処分                        74      74
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   -      -      74      74      -     △ 4    2,600     △ 2,436
     当期末残高             2,005      2,334       74    2,409       83      50    38,140      1,096
                     株主資本

               利益剰余金
                                新株予約権      純資産合計
                     自己株式     株主資本合計
               利益剰余金
               合計
     当期首残高            39,211     △ 2,354     41,197       80    41,277
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                   -           -           -
      取崩
      別途積立金の積立             -           -           -
      剰余金の配当            △ 789          △ 789          △ 789
      当期純利益
                   948           948           948
      自己株式の取得                  △ 0     △ 0          △ 0
      自己株式の処分                   74     148           148
      株主資本以外の項目の
                                   △ 80     △ 80
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              158      73     307     △ 80     226
     当期末残高            39,370     △ 2,280     41,504       -    41,504
                                69/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                   株主資本
                           資本剰余金                    利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                資本金
                          その他資本剰      資本剰余金
                     資本準備金                 利益準備金
                            余金    合計           固定資産圧           繰越利益剰
                                                 別途積立金
                                           縮積立金           余金
     当期首残高
                  2,005      2,334       74    2,409       83      50    38,140      1,096
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                                               △ 4           4
      取崩
      別途積立金の積立
      剰余金の配当
                                                         △ 790
      当期純利益                                                   2,668
      自己株式の取得
      自己株式の処分
                              198      198
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -      -     198      198      -     △ 4     -    1,881
     当期末残高
                  2,005      2,334      273     2,607       83      46    38,140      2,978
                     株主資本

               利益剰余金
                                新株予約権      純資産合計
                     自己株式     株主資本合計
               利益剰余金
               合計
     当期首残高            39,370     △ 2,280     41,504       -    41,504
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                   -           -           -
      取崩
      別途積立金の積立
                   -           -           -
      剰余金の配当            △ 790          △ 790          △ 790
      当期純利益            2,668           2,668           2,668
      自己株式の取得                  △ 0     △ 0          △ 0
      自己株式の処分                  141      339           339
      株主資本以外の項目の
                                    -      -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                  1,877      141     2,217       -    2,217
     当期末残高            41,248     △ 2,139     43,722       -    43,722
                                70/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
           関係会社株式…移動平均法による原価法
         2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
           原材料…月次総平均法による原価法
              (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
           貯蔵品…最終仕入原価法
              (貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
         3.固定資産の減価償却の方法
         (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに
           2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物                  8年~47年
             構築物                 10年~20年
             機械装置及び運搬具           6年~17年
             工具、器具及び備品 2年~15年
         (2)   無形固定資産(リース資産を除く)
            自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
           ます。
         (3)   リース資産(所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産)
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
         (4)   長期前払費用
            定額法を採用しております。ただし、食器等、新規出店に際し一括して購入し、長期にわたり使用する物
           品については、償却年数4年、残存価額を零とする級数法を採用しております。
         4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当事
           業年度の費用として処理しております。
         (重要な会計上の見積り)

          国内店舗に係る固定資産の減損
          (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
                      貸借対照表計上額(百万円)
          建物                       16,880
          構築物                        723
          機械装置及び運搬具                        633
          工具、器具及び備品                        643
          土地                       3,775
          リース資産                       4,841
          無形固定資産                        223
          長期前払費用                         89
          合計                       27,810
          (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する事項

            内容につきましては、連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)国内店舗に係る固定資産の減
           損」の内容と同一であります。
                                71/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度末
         に係る財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
          ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度
         に係る内容については記載しておりません。
         (貸借対照表関係)

           1 貸出コミットメント
             当社においては、従来より運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行1行と貸出コミットメント契
            約(15億円)を締結しております。
             また、不測の事態に備え、流動性を確保するためのバックアップラインとして、取引銀行2行と長期コ
            ミットメントライン契約(20億円)を締結しております。
             事業年度末における貸出コミットメントにかかる借入未実行残高等は以下のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2020年10月31日)                 (2021年10月31日)
            貸出コミットメントの総額                        3,500百万円                 3,500百万円
            借入実行残高                          -                 -
                 差引額                   3,500                 3,500
          ※2 金融商品に関する会計基準を適用し、現在価値に割り引いた建設協力金であります。

          ※3 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務は以下のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                              (2020年10月31日)                 (2021年10月31日)
            短期金銭債権                          70百万円                 52百万円
                                72/85












                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 関係会社との取引高は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                              至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
            営業取引以外の取引高                          68百万円                 109百万円
          ※2 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                              至 2020年10月31日)                 至 2021年10月31日)
            建物                          3百万円                 23百万円
            構築物                          0                 2
            機械装置及び運搬具                          3                 1
            工具、器具及び備品                          0                 1
            解体撤去費用                          62                 81
            その他                          -                 -
                  計                    70                 108
         (有価証券関係)

         子会社株式
         前事業年度(2020年10月31日)
                            貸借対照表計上額
                 区分                       時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
          子会社株式                       3,200          15,198           11,997

                 合計                3,200          15,198           11,997

         当事業年度(2021年10月31日)

                            貸借対照表計上額
                 区分                       時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
          子会社株式                       3,826          33,636           29,810

                 合計                3,826          33,636           29,810

                                73/85









                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度             当事業年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
          繰延税金資産
           資産除去債務                               578百万円             627百万円
           減損損失                               433             409
           長期貸付金                                81             71
           未払事業税                               191             255
           減価償却費                                17             16
           一括償却資産                                15             29
           支払手数料                                29             31
           未払事業所税                                13             29
                                          40             83
           その他
          繰延税金資産小計                               1,402             1,554
           評価性引当額                              △610             △660
          繰延税金資産合計                                791             893
          繰延税金負債
           長期前払費用                               135             124
           資産除去債務に対応する除去費用                               237             260
                                          22             20
           固定資産圧縮積立金
          繰延税金負債合計                                395             405
          繰延税金資産の純額                                396             488
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                      前事業年度             当事業年度
                                    (2020年10月31日)             (2021年10月31日)
          法定実効税率
                                          30.6%             30.6%
          (調整)
           交際費等永久に損金に算入されない項目                                0.8             0.5
           住民税均等割                                9.0             4.9
           評価性引当額の増減                                26.4              1.2
           賃上げ・生産性向上のための税制による税額控除                               △7.0               -
                                          △0.8             △0.5
           その他
          税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 59.0             36.7
         (重要な後発事象)

          連結財務諸表「第5          経理の状況      1  連結財務諸表等        注記事項(重要な後発事象)」に記載しているため、注
         記を省略しています。
                                74/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                 当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高      減価償却累計額

        資産の種類
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)        (百万円)       (百万円)
     有形固定資産

                                   104
      建物              16,781        2,972               1,351       18,298       16,218
                                   (80)
                                    4
      構築物
                     921        76              156       836      2,590
                                   (2)
                                    15
      機械装置及び運搬具               555       376               224       691      3,022
                                   (12)
                                    3
      工具、器具及び備品               306       673               241       734      1,404
                                   (2)
      土地
                    4,692        144        -       -      4,836         -
                                    30
      リース資産              4,045       2,753               1,815       4,952       4,419
                                   (30)
      建設仮勘定               290      5,893       5,757         -       426        -
                                   5,917
       有形固定資産計
                    27,594       12,890               3,789       30,776       27,655
                                   (129)
     無形固定資産
      ソフトウェア               363        99       -       117       346       671

      電話加入権                8       -       -       -        8       -

      建設仮勘定                0      284       116        -       168        -

                                    1
      リース資産
                     200       112               87       224       271
                                   (1)
                                   117
       無形固定資産計              572       496               204       747       942
                                   (1)
    (注)1.「当期減少額」欄の()内は内書きで、減損損失の計上額であります。
        2.当期増加額の主なものは、次のとおりであります。
          建物            新規出店2,632百万円、既存店造作144百万円、資産除去債務に対応する資産
                        151百万円であります。
          構築物           新規出店75百万円であります。
          機械装置及び運搬具     新規出店103百万円、既存店分221百万円であります。
          土地            事業用土地144百万円であります。
          リース資産(有形固定資産) 新規出店1,707百万円、既存店分879百万円であります。
          建設仮勘定(有形固定資産) 新規出店のための店舗工事代金3,717百万円、既存店分1,921百万円でありま
                        す。
          リース資産(無形固定資産) 新規出店69百万円、既存店分41百万円であります。
         【引当金明細表】

          該当事項はありません。
      (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                75/85




                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度               11月1日から10月31日まで
      定時株主総会               1月中

      基準日               10月31日

                     4月30日      10月31日
      剰余金の配当の基準日
                     上記のほか、基準日を定めて剰余金の配当をすることができる。
      1単元の株式数               100株
      単元未満株式の買取り
       取扱場所              大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号

                     三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
       株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

                     三井住友信託銀行株式会社
       取次所                              ──────

       買取手数料              無料

      公告掲載方法               電子公告(注)1
                     年1回、4月末日現在の株主名簿に記録された株主に対し、100株以上2,500円相
      株主に対する特典               当、200株以上5,000円相当、400株以上10,000円相当、1,000株以上20,000円相当の
                     株主割引券を贈呈します。
    (注)1.事故その他のやむを得ない事由により電子公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載します。
          公告掲載URL            https://www.kurasushi.co.jp/
        2.特別口座に記録されている株式の買取については、三菱UFJ信託銀行株式会社が取り扱いを行います。
                                76/85











                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
      (1)   有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

        事業年度(第25期)(自 2019年11月1日 至 2020年10月31日)2021年1月27日近畿財務局長に提出。
      (2)   内部統制報告書及びその添付書類
        2021年1月27日近畿財務局長に提出。
      (3)   四半期報告書及び確認書
       (第26期第1四半期)(自 2020年11月1日 至 2021年1月31日)2021年3月12日近畿財務局長に提出。
       (第26期第2四半期)(自 2021年2月1日 至 2021年4月30日)2021年6月11日近畿財務局長に提出。
       (第26期第3四半期)(自 2021年5月1日 至 2021年7月31日)2021年9月14日近畿財務局長に提出。
      (4)   臨時報告書
        2021年1月27日近畿財務局長に提出。
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
        時報告書であります。
        2021年12月9日近畿財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第2号の2(届出を要しない株券等又は新株予約権証券等の発
        行)の規定に基づく臨時報告書であります。
                                77/85













                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                78/85




















                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   2022年1月25日

    くら寿司株式会社
       取締役会御中

                         有限責任監査法人トーマツ

                         大阪事務所

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           髙 見 勝 文           印
                          業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           桂  雄     一  郎    印
                          業務執行社員
    <財務諸表監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
     るくら寿司株式会社の2020年11月1日から2021年10月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照
     表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸
     表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、く
     ら寿司株式会社及び連結子会社の2021年10月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績
     及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
     る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
     る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
     任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査上の主要な検討事項

      監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重
     要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見
     の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                79/85






                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     国内店舗固定資産に関する減損の認識
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

      当連結会計年度の連結貸借対照表において、有形固定資                            当監査法人は、国内店舗固定資産に関する減損の認識要
     産56,744百万円、無形固定資産899百万円、投資その他の                            否に関する判断の妥当性を検討するにあたり、将来キャッ
     資産11,881百万円が計上されている。そのうち、親会社で                            シュ・フローの見積り及び見積りに使用された重要な仮定
     あるくら寿司株式会社の国内店舗固定資産は有形固定資産                            を検討するため、以下の監査手続を実施した。
     27,497百万円、無形固定資産223百万円、投資その他の資
     産89百万円であり、これらが連結総資産に占める割合は合
                                 (1)内部統制の評価
     計で28.1%である。また、            注記事項(連結損益計算書関
                                 ・経営者による国内店舗固定資産の減損の認識要否の判断
     係)の「※4      減損損失」     に記載されているとおり、当連結
                                 に関連する内部統制を理解し、整備及び運用状況の有効性
     会計年度において国内店舗固定資産について減損損失130                            の評価手続を実施した。特に、将来事業計画の立案に関す
     百万円が計上されている。                            る内部統制に焦点を当てた。
      会社は、国内店舗固定資産の減損を検討するにあたり、
     各店舗を独立したキャッシュ・フローを生み出す最小の単
                                 (2)将来キャッシュ・フローの見積りの合理性の評価
     位とし、営業活動から生ずる損益が継続してマイナス又は
                                 ・各店舗の将来キャッシュ・フローの基礎となる将来事業
     継続してマイナスとなる見込みである場合、閉店の意思決
                                 計画については、その立案過程及び経営者の採用する仮
     定をした場合、国内店舗固定資産の時価が著しく下落した
                                 定、不確実性の検討過程を適切な階層の経営者に対するヒ
     場合に減損の兆候があると判定している。
                                 アリングにより理解した。また、将来事業計画について、
      減損の兆候があると判定された国内店舗固定資産につい
                                 過年度における予算とその後の実績との比較を実施し、経
     て、将来事業計画に基づいて、主要な資産の経済的残存使
                                 営者による見積りの信頼性の程度や不確実性の程度を評価
     用年数に基づく将来キャッシュ・フローを見積り、その総
                                 した。
     額と帳簿価額を比較することによって減損の認識要否の判
     定を行っている。
                                 ・新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた各店舗の将
      減損損失を認識すべきと判定した店舗については、固定
                                 来事業計画に含まれる売上予測やそれに伴った食材費率・
     資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額しているが、回収
                                 人件費率等における重要な仮定を検討するため、経営者等
     可能価額は、使用価値により算定している。
                                 との協議及び取締役会議事録の閲覧を行った。また、売上
      各店舗の将来キャッシュ・フローは、経営環境等の影響
                                 予測等について、過去の実績や2021年10月期末前後の実績
     を受け、各店舗の売上予測やそれに伴った食材費率・人件
                                 との比較を行うことにより各店舗の将来事業計画の達成可
     費率等から算定される営業損益予測には経営者による主観
                                 能性を検討し、当該仮定の合理性を評価した。
     的な判断や不確実性を伴う。
      さらに、    注記事項(重要な会計上の見積り)                に記載され
                                 ・各店舗の将来キャッシュ・フローの算定について、将来
     ているとおり、当連結会計年度末における国内店舗固定資
                                 事業計画における各店舗の売上高・売上原価・販売費一般
     産の減損の認識及び測定に係る回収可能価額の見積りは、
                                 管理費等との整合性を検討した。
     新型コロナウイルス感染症の収束に伴うインバウンド需要
     の回復時期を2022年10月期末と見込んでおり、回復後には
                                 ・各店舗の将来事業計画における重要な仮定の一つである
     売上水準が新型コロナウイルス感染症の発生前の水準に回
                                 新型コロナウイルス感染症の収束に伴うインバウンド需要
     復するという仮定に基づいている。
                                 の回復時期を2022年10月期末とし、回復後には売上水準が
      これらの各店舗の売上予測及び営業損益予測並びに新型
                                 新型コロナウイルス感染症の発生前の水準に回復すること
     コロナウイルス感染症の収束時期及び収束した際の売上の
                                 について、経営者等への質問により不合理な点がないかど
     回復水準に関する見積りは経営者による主観的な判断を伴
                                 うか検討するとともに、過去の売上実績との比較により、
     う重要な仮定により影響を受け、不確実性が高いことか
                                 当該仮定の合理性を評価した。
     ら、当監査法人は国内店舗固定資産に関する減損の認識を
     監査上の主要な検討事項と判断した。
     連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
     どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
     する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                80/85


                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     連結財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
     示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
     することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
     用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
     しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
     続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
      ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
     評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
      ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
     及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
     基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事
     項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に
     対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
     づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
      ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠してい
     るかどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎とな
     る取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠
     を入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     意見に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
     な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断した
     事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止
     されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上
     回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    <内部統制監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、くら寿司株式会社の2021年10
     月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
      当監査法人は、くら寿司株式会社が2021年10月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
     部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
     報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
     制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
     の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
     独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十
     分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                81/85



                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任
      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     内部統制監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
     いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
     ある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
     を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施
     する。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
     適用される。
      ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての
     内部統制報告書の表示を検討する。
      ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査
     人は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責
     任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別し
     た内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につい
     て報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                       以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                82/85








                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   2022年1月25日

    くら寿司株式会社
       取締役会御中

                         有限責任監査法人トーマツ

                         大阪事務所

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           髙 見 勝 文           印
                          業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           桂  雄     一  郎    印
                          業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるくら寿司株式会社の2020年11月1日から2021年10月31日までの第26期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、くら寿
     司株式会社の2021年10月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点におい
     て適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
     る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
     業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査上の主要な検討事項

      監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
     と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
     て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                83/85







                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
     (国内店舗固定資産に関する減損の認識)
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

      当事業年度の貸借対照表において、有形固定資産30,776                            左記のとおりであり、記載を省略する。
     百万円、無形固定資産747百万円、投資その他の資産
     15,338百万円が計上されている。そのうち、親会社である
     くら寿司株式会社の国内店舗固定資産は有形固定資産
     27,497百万円、無形固定資産223百万円、投資その他の資
     産89百万円であり、これらが総資産に占める割合は合計で
     41.0%である。また、          注記事項(連結損益計算書関係)の
     「※4   減損損失」     に記載されているとおり、当事業年度に
     おいて国内店舗固定資産について減損損失130百万円が計
     上されている。
      監査上の主要な検討事項の内容、決定理由及び監査上の
     対応については、連結財務諸表の監査報告書に記載されて
     いる監査上の主要な検討事項(国内店舗固定資産に関する
     減損の認識)と同一内容であるため、記載を省略してい
     る。
     財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
     評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
     がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
     ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
     定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
     しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
     続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
      ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
      ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
     及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意
     を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付
     意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将
     来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
      ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要

     な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
                                84/85


                                                          EDINET提出書類
                                                       くら寿司株式会社(E03375)
                                                           有価証券報告書
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事項を監
     査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止されてい
     る場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると合
     理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                85/85
















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク