積水ハウス・リート投資法人 有価証券報告書(内国投資証券) 第14期(令和3年5月1日-令和3年10月31日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資証券)-第14期(令和3年5月1日-令和3年10月31日)
提出日
提出者 積水ハウス・リート投資法人
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資証券)

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    【表紙】
    【提出書類】                   有価証券報告書

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2022年1月25日

    【計算期間】                   第14期(自      2021年5月1日 至         2021年10月31日)

    【発行者名】                   積水ハウス・リート投資法人

    【代表者の役職氏名】                   執行役員  木田 敦宏

    【本店の所在の場所】                   東京都港区赤坂四丁目15番1号

    【事務連絡者氏名】                   積水ハウス・アセットマネジメント株式会社

                      経理部長 磯 浩一
    【連絡場所】                   東京都港区赤坂四丁目15番1号

    【電話番号】                   03-6447-4870

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/250











                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    第一部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【投資法人の概況】

     (1)【主要な経営指標等の推移】
      ① 主要な経営指標等の推移
              回次              第5期      第6期      第7期      第8期      第9期

             決算年月              2017年4月      2017年10月       2018年4月      2018年10月       2019年4月
    営業収益                 (百万円)         4,144      4,580      4,655      12,174      12,369
    (うち不動産賃貸事業収益)                 (百万円)        (4,144)      (4,580)      (4,655)      (12,166)      (12,369)
    営業費用                 (百万円)         1,440      1,592      1,661      6,380      5,742
    (うち不動産賃貸事業費用)                 (百万円)        (1,053)      (1,178)      (1,223)      (4,579)      (4,643)
    営業利益                 (百万円)         2,704      2,987      2,994      5,793      6,627
    経常利益                 (百万円)         2,381      2,626      2,622      5,109      5,894
    当期純利益                 (百万円)         2,380      2,625      2,621      7,402      5,894
    総資産額                 (百万円)       189,627      207,142      207,450      457,588      474,985
    (対前期比)                   (%)       (0.2)      (9.2)      (0.1)     (120.6)        (3.8)
    純資産額                 (百万円)       102,421      112,815      112,810      245,663      245,695
    (対前期比)                   (%)       (0.1)      (10.1)      (△0.0)      (117.8)        (0.0)
    有利子負債額                 (百万円)        77,300      84,400      84,400      197,932      214,932
    出資総額                 (百万円)       100,040      110,189      110,189      110,189      110,189
    発行済投資口の総口数                   (口)     894,000      969,000      969,000     3,762,091      3,762,091
    1口当たり純資産額         (注3)
                       (円)     114,565       58,212      58,209      65,299      65,308
    1口当たり当期純利益          (注3)(注4)
                       (円)      2,663      1,368      1,352      1,967      1,566
    分配総額                 (百万円)         2,380      2,625      2,621      5,846      5,996
    1口当たり分配金                   (円)      2,663      2,710      2,705      1,554      1,594
    (うち1口当たり利益分配金)                   (円)      (2,663)      (2,710)      (2,705)      (1,554)      (1,594)
    (うち1口当たり利益超過分配金)                   (円)        (-)      (-)      (-)      (-)      (-)
    総資産経常利益率        (注5)
                       (%)       1.3      1.3      1.3      1.1      1.3
    (年換算値)                   (%)       2.5      2.6      2.6      2.2      2.5
    自己資本利益率       (注6)
                       (%)       2.3      2.4      2.3      3.0      2.4
    (年換算値)                   (%)       4.7      4.8      4.7      6.0      4.8
    自己資本比率      (注7)
                       (%)       54.0      54.5      54.4      53.7      51.7
    (対前期増減)                   (%)      (△0.1)       (0.5)     (△0.1)      (△0.7)      (△2.0)
    配当性向    (注8)
                       (%)      100.0      100.0      100.0       79.0      101.7
    [その他参考情報]
    当期運用日数      (注1)
                       (日)       181      184      181      184      181
    期末投資物件数                   (件)         6      6      6     112      115
    当期減価償却費                 (百万円)          649      730      731     2,142      2,189
    当期資本的支出額                 (百万円)          80      12      52      572      638
    賃貸NOI(Net       Operating     Income)
                     (百万円)         3,740      4,132      4,164      9,729      9,915
    (注9)
    FFO(Funds      from   Operation)
                     (百万円)         3,031      3,356      3,353      7,244      8,084
    (注10)
    1口当たりFFO      (注3)(注11)
                       (円)      3,390      1,731      1,730      1,925      2,148
    期末総資産有利子負債比率(LTV)
                       (%)       40.8      40.7      40.7      43.3      45.3
    (注12)
                                  2/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
              回次              第10期      第11期      第12期      第13期      第14期
             決算年月              2019年10月       2020年4月      2020年10月       2021年4月      2021年10月
    営業収益                 (百万円)        14,683      14,590      14,826      15,055      17,291
    (うち不動産賃貸事業収益)                 (百万円)       (13,879)      (14,590)      (14,826)      (14,925)      (14,474)
    営業費用                 (百万円)         6,457      6,716      6,958      7,066      7,877
    (うち不動産賃貸事業費用)                 (百万円)        (5,124)      (5,372)      (5,660)      (5,706)      (5,769)
    営業利益                 (百万円)         8,226      7,874      7,868      7,989      9,413
    経常利益                 (百万円)         7,406      6,991      6,993      7,103      8,520
    当期純利益                 (百万円)         7,405      6,991      6,992      7,103      8,520
    総資産額                 (百万円)       547,989      553,988      554,067      556,569      555,644
    (対前期比)                   (%)      (15.4)       (1.1)      (0.0)      (0.5)     (△0.2)
    純資産額                 (百万円)       286,192      286,323      286,259      286,220      287,642
    (対前期比)                   (%)      (16.5)       (0.0)     (△0.0)      (△0.0)       (0.5)
    有利子負債額                 (百万円)       244,242      249,942      249,942      252,942      249,942
    出資総額                 (百万円)       149,210      149,210      149,210      149,210      149,210
    発行済投資口の総口数                   (口)    4,288,666      4,288,666      4,288,666      4,288,666      4,288,666
    1口当たり純資産額         (注3)                66,732      66,762      66,747      66,738      67,070
                       (円)
    1口当たり当期純利益          (注3)(注4)                1,775      1,630      1,630      1,656      1,986
                       (円)
    分配総額                 (百万円)         6,994      7,140      7,226      7,183      7,732
    1口当たり分配金                   (円)      1,631      1,665      1,685      1,675      1,803
    (うち1口当たり利益分配金)                   (円)      (1,631)      (1,665)      (1,685)      (1,675)      (1,803)
    (うち1口当たり利益超過分配金)                   (円)        (-)      (-)      (-)      (-)      (-)
    総資産経常利益率        (注5)                  1.4      1.3      1.3      1.3      1.5
                       (%)
    (年換算値)                   (%)       2.9      2.5      2.5      2.6      3.0
    自己資本利益率       (注6)                   2.8      2.4      2.4      2.5      3.0
                       (%)
    (年換算値)                   (%)       5.5      4.9      4.8      5.0      5.9
    自己資本比率      (注7)                    52.2      51.7      51.7      51.4      51.8
                       (%)
    (対前期増減)                   (%)       (0.5)     (△0.5)       (0.0)     (△0.3)        (0.4)
    配当性向    (注8)                      94.5      102.1      103.3      101.1       90.8
                       (%)
    [その他参考情報]
    当期運用日数      (注1)                    184      182      184      181      184
                       (日)
    期末投資物件数                   (件)       119      121      121      123      117
    当期減価償却費                 (百万円)         2,369      2,413      2,444      2,468      2,455
    当期資本的支出額                 (百万円)          826      650      591      654      727
    賃貸NOI(Net       Operating     Income)
                     (百万円)        11,123      11,630      11,610      11,687      11,160
    (注9)
    FFO(Funds      from   Operation)
                     (百万円)         8,971      9,405      9,438      9,441      8,523
    (注10)
    1口当たりFFO      (注3)(注11)
                       (円)      2,091      2,193      2,200      2,201      1,987
    期末総資産有利子負債比率(LTV)
                       (%)       44.6      45.1      45.1      45.4      45.0
    (注12)
    (注1) 積水ハウス・リート投資法人(以下「本投資法人」といいます。)の営業期間(以下「事業年度」ということがあります。)は、毎年5
       月1日から10月末日まで及び11月1日から翌年4月末日までの各6か月間です。
    (注2) 本書において記載する数値は、別途記載する場合を除き、単位未満の金額については切り捨てて記載し、比率については小数第2位を四
       捨五入した数値を記載しています。
    (注3) 2018年4月30日を分割の基準日とし、2018年5月1日を効力発生日として投資口1口につき2口の割合による投資口の分割を行いました。1口
       当たり純資産額、1口当たり当期純利益及び1口当たりFFOについては、第6期期首に当該投資口分割が行われたと仮定して算定していま
       す。
    (注4) 1口当たり当期純利益は、当期純利益を日数による加重平均投資口数で除することにより算定しています。
    (注5) 総資産経常利益率=経常利益÷{(期首総資産額+期末総資産額)÷2}×100
    (注6) 自己資本利益率=当期純利益÷{(期首純資産額+期末純資産額)÷2}×100
    (注7) 自己資本比率=期末純資産額÷期末総資産額×100
    (注8)    配当性向=分配総額(利益超過分配金を含みません。)÷当期純利益×100
    (注9)    賃貸NOI=不動産賃貸事業収益-不動産賃貸事業費用(減価償却費を除きます。)
    (注10)   FFO=当期純利益+当期減価償却費±不動産等売却損益±特別損益
    (注11)   1口当たりFFO=FFO÷発行済投資口の総口数(円未満を切り捨てています。)
    (注12)   期末総資産有利子負債比率(LTV)=有利子負債額÷総資産額×100
                                  3/250


                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ② 事業の概況
      (イ)当期の概況
        a. 投資法人の主な推移
         本投資法人は、日本を代表するハウスメーカーであり、ディベロッパー事業でも豊富な開発・運用実績を有
        する積水ハウス株式会社(以下「積水ハウス」といいます。)をスポンサーとし、オフィスビル、ホテル及び
        商業施設等の商業用不動産を中心的な投資対象とする投資法人として、2014年9月8日に設立され、2014年12月
        3日に株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)不動産投資信託証券市場に上場(銘
        柄コード:3309)しました。
         積水ハウス・レジデンシャル投資法人(以下「SHI」といい、本投資法人と併せて「両投資法人」といいま
        す。)は、住居及び商業施設を中心的な投資対象とする投資法人として、「ジョイント・リート投資法人」と
        の商号で2005年4月20日に設立され、2005年7月28日に東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場しまし
        た。2010年3月にはメインスポンサーを積水ハウス、共同スポンサーを株式会社スプリング・インベストメン
        トとする協働体制を敷き、2010年6月には「ジョイント・リート投資法人」から「積水ハウス・SI                                             投資法人」
        へと商号を変更した後、2014年6月には住居のみを投資対象とする規約変更を行い、「積水ハウス・SI                                               レジデ
        ンシャル投資法人」へと商号を変更しました。その後、2017年3月に積水ハウスによる単独スポンサー体制へ
        移行したことに伴い、2017年6月にSHIは「積水ハウス・レジデンシャル投資法人」へと商号を変更しました。
         両投資法人は、いずれも積水ハウスグループ                     (注1)  のサポートのもと、それぞれの特徴を生かし継続的な投資
        主価値の向上を目指して資産規模の拡大とともに安定収益の確保に努めた運用を行ってきましたが、更に資産
        規模を拡大してマーケットプレゼンスを向上させること、及び積水ハウスグループの総合力を活用して多様な
        成長機会を拡大することで、運用資産の着実な成長を通じた収益の確保及び分配金の安定・向上を図り、投資
        主価値の最大化を目指すことを目的として、2018年5月1日を効力発生日とし、本投資法人を吸収合併存続法
        人、SHIを吸収合併消滅法人とする吸収合併(以下「本投資法人合併」といいます。)を行いました                                              (注2)  。
         本投資法人は、居住用不動産             (注3)  及び商業用不動産等         (注4)  を主な投資対象とし、中長期にわたる安定した収
        益の確保と運用資産の着実な成長を目指して資産の運用を行うことを投資方針としています。
        (注1)   「積水ハウスグループ」とは、積水ハウスとその連結子会社及び持分法適用会社で構成される企業集団をいいます。以下同じ
          です。
        (注2)   本投資法人合併に伴い、SHIの資産運用会社であった「積水ハウス・アセットマネジメント株式会社」(以下「旧SHAM」とい
          います。)と本投資法人の資産運用会社である「積水ハウス・アセットマネジメント株式会社」(旧商号:積水ハウス投資顧
          問株式会社)(以下「本資産運用会社」といいます。)は、本投資法人合併の効力発生日と同日付で本資産運用会社を吸収合
          併存続会社、旧SHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併(以下「本資産運用会社合併」といいます。)を行い、商号を変更し
          ました。
        (注3)   「居住用不動産」とは、主たる用途が住居(学生寮、社宅、サービスアパートメント(*1)(*2)に該当しない家具家電付住居を
          含みます。)に用いられる不動産をいいます。以下同じです。
           (*1)  「サービスアパートメント」とは、専門のオペレーターが利用者に対して一定のサービスを提供する家具家電付住居を
          いいます。以下同じです。
           (*2)  サービスアパートメントには、建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を含みます。)(以下「建築基準
          法」といいます。)上の共同住宅に該当するものを含む場合があります。以下同じです。
        (注4)   「商業用不動産等」とは、主たる用途がオフィスビル、ホテル及び商業施設等(サービスアパートメント、サービス付高齢者
          向け住宅、有料老人ホーム及びデイケアセンター(*)を含みます。以下同じです。)の住居以外の事業的用途に用いられる不
          動産をいいます。以下同じです。
        (*)   サービス付高齢者向け住宅、有料老人ホーム及びデイケアセンターには、建築基準法上の共同住宅に該当するものを含む場合
          があります。以下同じです。 
        b. 運用環境と運用実績

        運用環境
         当期における日本経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるなか、持
        ち直しの動きが続いているものの、そのテンポが弱まっています。
         このような環境のもと、不動産賃貸市場においては、本投資法人がポートフォリオの中核資産として位置付
        け、2021年10月31日現在(以下「当期末現在」といいます。)ポートフォリオの約93%(取得価格ベース)を
        構成する住居及びオフィスビルについて、住居は、雇用環境の変化を受け易い単身者向け                                         シングルタイプの需
        要は依然として弱含みの傾向が継続しましたが、全体的な新規契約賃料は従前賃料を上回る水準を維持し、稼
        働率は期末にかけて持ち直しの動きをみせました。                        また、オフィスビルは、           テナントの移転ニーズが限定的な
        状況が続いていること等からマーケットにおける空室率は上昇傾向にあるものの影響は軽微で、稼働率・賃料
        水準ともに概ね       堅調に推移しました。一方、本投資法人のポートフォリオの約7%(取得価格ベース)を構成
        するホテルについては、新型コロナウイルス感染症の拡大に対する各国の渡航・入国規制に伴い世界的に旅行
        需要は停滞し、同様に、国内需要も減少していることから厳しい状況が続いており、宿泊需要の回復には時間
        を要することが想定されます。
         また、不動産売買市場においては、コロナ禍の影響を受けにくいアセットタイプが選好される傾向にあり、
                                  4/250


                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        世界的な金融緩和等を背景に、引き続き国内外投資家の物件取得意欲は根強く、本投資法人が投資対象と考え
        る優良な物件は品薄であり、期待利回りは継続して低位で推移しています。
        運用実績

         前記「運用環境」に記載の環境下において、本投資法人はポートフォリオの充実と収益基盤の更なる強化及
        び譲渡益の計上とその一部を内部留保することによる分配金水準の安定化を目的として、9物件を売却し新た
        に3物件を取得し、資産の入替えを行いました。
         その結果、当期末現在において本投資法人が保有する物件は117物件(居住用不動産:109物件、商業用不動
        産等:8物件)、取得価格            (注)  の合計は527,786百万円(居住用不動産:242,966百万円、商業用不動産等:
        284,820百万円)となっています。
         また、前述の不動産賃貸市場を背景に、本投資法人の運用物件における当期末現在の稼働率は、居住用不動
        産については96.8%、商業用不動産等については97.9%、ポートフォリオ全体の稼働率については97.2%とな
        りました。
        (注)  「取得価格」は、各物件に係る売買契約書に記載された売買代金額(消費税及び地方消費税並びに売買手数料等の諸費用を含
          まず、百万円未満を切り捨てています。)をそれぞれ記載しています。ただし、本投資法人合併によりSHIから承継した物件
          については、本投資法人を取得企業、SHIを被取得企業とするパーチェス法により会計処理されることにより本投資法人が取
          得した鑑定評価額が受入価格となることから、2018年4月30日を価格時点とする不動産鑑定士による鑑定評価に基づく評価額
          を取得価格としています。以下同じです。
        c. 資金調達の概要

        ⅰ.資金の借入れについて
         本投資法人は、今期返済期日が到来した借入金の返済を目的とした総額8,760百万円のリファイナンスを行
        うとともに、2021年5月19日付でグリーンボンド(第9回投資法人債、年限10年、発行総額2,000百万円)を発
        行し、2020年11月30日に調達した長期借入金の期限前返済に充当しました。その他に、2021年8月20日付の資
        産の譲渡による譲渡代金の一部にて、2021年8月31日に短期借入金3,000百万円の期限前返済を行いました。
         この結果、当期末現在の有利子負債残高は249,942百万円となり、資産総額のうち有利子負債総額の占める
        割合(以下「総資産LTV」といいます。)は45.0%となっています。
         なお、機動的かつ安定的な資金調達手段を確保するため、2021年10月25日付で、極度額15,000百万円のコ
        ミットメントライン契約を再度締結しました。
        ⅱ.格付について

         本投資法人の当期末現在における格付状況は、以下のとおりです。
              信用格付業者                  格付の内容
           株式会社日本格付研究所                   長期発行体格付
               (JCR)               AA(安定的)
           株式会社日本格付研究所                     債券格付
               (JCR)                  AA
         株式会社格付投資情報センター                      発行体格付
               (R&I)               AA-(安定的)
        d. 業績及び分配金の概要

         当期の実績は、営業収益17,291百万円、営業利益9,413百万円、経常利益8,520百万円となり、当期純利益は
        8,520百万円となりました。また分配金については、投資法人の税制の特例(租税特別措置法(昭和32年法律
        第26号。その後の改正を含みます。)(以下「租税特別措置法」といいます。)第67条の15)を適用し、当期
        未処分利益に一時差異等調整積立金取崩額70百万円及び圧縮積立金取崩額337百万円を加算し、租税特別措置
        法第65条の7による圧縮積立金として1,195百万円を留保した後の残額である7,732百万円を利益分配金として
        分配することとしました。
                                  5/250





                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ロ)次期の見通し
        a. 想定される将来動向
         今後の日本経済は、新型コロナウイルス感染症の感染対策を徹底し、ワクチン接種を促進するなかで、各種
        政策の効果や海外経済の改善もあって、景気が持ち直していくことが期待されます。ただし、サプライチェー
        ンを通じた影響による下振れリスクに十分注意する必要があります。また、国内外の感染症の動向や金融資本
        市場の変動等の影響を注視する必要があります。
         このような環境のもと、不動産賃貸市場のうち生活拠点である住居については、新型コロナウイルス感染症
        の影響を受けた都区部人口流入の減少可能性                     や新常態(ニューノーマル)がテナント動向に与える影響につい
        て引き続き注視が必要であると考えています。                      事業活動拠点であるオフィスについては、新型コロナウイルス
        感染症の影響に伴う景気後退不安やテレワークの拡大を受け、オフィスマーケットにおける空室率は上昇傾向
        にあり、賃料は弱含みで推移すると考えています。                        ホテルについては、各国の渡航・入国規制に伴う訪日外国
        人旅行者数の減少及び国内観光客数の減少等によりホテル客室への需要は当面の間は厳しい状況が続くものと
        考えています。
         不動産売買市場に関しては、コロナ禍で緩和的な金融環境の下、期待利回りが低位で推移する状況は当面の
        間継続していくものと考えています。
        b. 今後の運用方針及び対処すべき課題

         本投資法人は、主な投資対象の中でも、戦略的立地に所在する高品質な居住用不動産及び商業用不動産等で
        あるプライム・プロパティ            (後記「2     投資方針     (1)  投資方針     ①  基本理念」に定義されます。)               を投資対象
        の中核とし、これまでに居住用不動産及び商業用不動産等を開発し、運営してきた豊富な実績を有する積水ハ
        ウスグループの不動産開発力及び運営力等を最大限に活用する成長戦略を推進することで、中長期にわたる安
        定した収益の確保と運用資産の着実な成長を実現し、投資主価値を最大化することを目指します。
         一方、本資産運用会社独自の取組みによる投資機会も探索することで、資産規模の拡大に努めていきます。
         居住用不動産に係る国内における主たる投資対象地域については、東京圏                                   (注1)  を重点投資エリアと位置付
        け、その中でも、入居者のニーズに適した立地及び快適性や安全性などの住居としての高い基本性能等を備え
        たプライム・プロパティが数多く存在すると考えられ、豊富な賃貸需要と優良な物件供給が期待できると考え
        る東京23区を中心に投資することとし、また、積水ハウス及び積水ハウス不動産各社(6社)                                            (注2)  のネット
        ワークを最大限活用できる政令指定都市をはじめとする東京圏以外の全国主要都市及びその周辺通勤圏にも投
        資を行います。
         商業用不動産等に係る国内における主たる投資対象地域については、積水ハウスの開発実績に基づき知見が
        ある東京23区、大阪市及び名古屋市の三大都市を中核とする三大都市圏                                 (注1)  を重点投資エリアと位置付け、そ
        の中でも、テナント企業の事業活動の拠点としての需要の厚みを背景として安定的な運用が期待できると考え
        る三大都市を中心に投資することとします。また、三大都市圏以外の全国主要都市も投資対象地域としていま
        す。
         本投資法人は、積水ハウスとの間でスポンサー・サポート契約を締結し、積水ハウスの有する都市再開発事
        業に関する実績やノウハウを活用して、(a)積水ハウスが保有又は開発する国内不動産等の売却に関する優先
        交渉権の付与、(b)第三者が国内において保有又は開発する不動産等に関する情報提供、(c)ウェアハウジング
        機能の提供及び(d)保有資産の再開発サポートといった、外部成長のための物件取得に向けたサポート(パイ
        プラインサポート)を積水ハウスより受けることができます。
         また、積水ハウス不動産各社(6社)との間で優先交渉権(等)に関する契約を締結し、特に居住用不動産
        について、積水ハウス不動産各社(6社)が保有又は開発する国内不動産等の売却に関する優先交渉権の付与
        といった、外部成長のための物件取得に向けたサポートを積水ハウス不動産各社(6社)から受けることがで
        きます。
         積水ハウス及び積水ハウス不動産グループ                    (注3)  は、(a)テナントリレーションに基づくプロパティ・マネ
        ジメント(以下「PM」といいます。)力、(b)不動産開発事業者としての大規模修繕、リニューアル・バ
        リューアップ及び再開発等による不動産価値の維持・向上を図るノウハウ、並びに(c)様々なタイプのマス
        ターリース事業を展開するノウハウを有しています。本投資法人と本資産運用会社は、積水ハウスとの間でス
        ポンサー・サポート契約を締結することにより、保有資産の運用に関わる(i)テナント満足度の向上又は省
        エネルギー・環境配慮等をはじめとするリニューアル・バリューアップ等に資する技術及びノウハウの提供、
        (ii)本投資法人の運営に必要なノウハウの提供を含む人的サポート、並びに(iii)商業用不動産等に関す
        るマスターリース契約の締結協議等のサポートを受けることができます。
        (注1)   「三大都市圏」とは、「東京圏」、「大阪圏」及び「名古屋圏」をいいます。なお、「東京圏」とは、東京都、神奈川県、千
          葉県及び埼玉県を、「大阪圏」とは、大阪府、京都府、兵庫県及び奈良県を、「名古屋圏」とは、愛知県をいいます。以下同
          じです。
                                  6/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (注2)   「積水ハウス不動産各社(6社)」とは、積水ハウスが100%出資し、全国に展開する積水ハウスグループの不動産部門の中核
          企業である積水ハウス不動産東北株式会社(以下「積水ハウス不動産東北」といいます。)、積水ハウス不動産東京株式会社
          (以下「積水ハウス不動産東京」といいます。)、積水ハウス不動産中部株式会社(以下「積水ハウス不動産中部」といいま
          す。)、積水ハウス不動産関西株式会社(以下「積水ハウス不動産関西」といいます。)、積水ハウス不動産中国四国株式会
          社(以下「積水ハウス不動産中国四国」といいます。)及び積水ハウス不動産九州株式会社(以下「積水ハウス不動産九州」
          といいます。)の総称です。以下同じです。
        (注3)   「積水ハウス不動産グループ」とは積水ハウス不動産各社(6社)が中核となり、その子会社及び関連会社で構成される企業
          集団をいいます。以下同じです。
        c. 財務戦略

         本投資法人は、中長期的に安定収益の確保及び投資主価値の向上のために安定的かつ健全な財務運営を行っ
        ていく方針です。具体的には、スポンサーである積水ハウスの信用力を背景にメガバンク中心の国内有力金融
        機関との強固かつ安定的な取引関係を築くとともに、固定金利及び変動金利の最適なバランスを図りつつ、借
        入期間の長期化を検討し、返済期限の分散化等を図ることで、リファイナンスリスクや金利変動リスクを低減
        していく方針です。
         また、総資産LTVについては、60%を上限の目処としていますが、当面は50%程度を上限の目処とした保守
        的な運営方針とし、巡航水準を40%台半ばとして資金余力の確保に留意しながら運営する方針です。
         なお、本投資法人は、引き続き安定的かつ健全な財務運営に努めるとともに、マーケット環境及び本投資法
        人の財務状況等を総合的に勘案し、                投資法人債の発行等を含む、直接金融・間接金融等の手法の多様化を図り
        ます。
      (ハ)決算後に生じた重要な事実

        a.新投資口の発行
          本投資法人は、2021年10月18日及び2021年10月25日開催の役員会において、新投資口の発行に関する決議
        を行い、公募による新投資口については2021年11月1日、第三者割当による新投資口については2021年11月29
        日にそれぞれ払込が完了しています。この結果、出資総額は161,283,304,673円、発行済投資口数は
        4,431,133口となっています。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しに伴う第三者割当による新投資口の発行については、割当先
        より発行予定投資口数の一部につき申込みを行う旨の通知がありました。この結果、当該第三者割当に係る
        発行投資口数及び払込金額(発行価額)の総額がそれぞれ以下のとおり変更されています。
        ⅰ.公募による新投資口発行(一般募集)

         発行投資口数      :137,500口
         発行価格        :1口当たり87,574円
         発行価格の総額     :12,041,425,000円
         払込金額(発行価額)   :1口当たり84,744円
         払込金額(発行価額)の総額:11,652,300,000円
         払込期日        :2021年11月1日
        ⅱ.第三者割当による新投資口発行

         発行投資口数      :4,967口(発行予定投資口数 6,875口)
         払込金額(発行価額)   :1口当たり84,744円
         払込金額(発行価額)の総額:420,923,448円(予定払込金額の総額582,615,000円)
         払込期日        :2021年11月29日
         割当先         :野村證券株式会社
        ⅲ.調達資金の使途

         上記の公募による新投資口発行により調達した資金は、2021年11月1日に追加取得した赤坂ガーデンシティの
        取得資金の一部に充当し、第三者割当による新投資口発行により調達した資金については、2022年2月1日に取
        得を予定しているプライムメゾン中目黒及びプライムメゾン板橋の取得資金の一部に充当する予定です。
                                  7/250





                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (参考情報)
      a.資産の取得
        以下のとおり2021年7月30日付で住居2物件、2021年10月18日付でオフィスビル1物件の取得を決定し、信託受
       益権売買契約を締結しています。なお、オフィスビル1物件は2021年11月1日付で取得を完了しており、住居2物
       件は2022年2月1日付での取得完了を予定しています。
                                  取得(予定)価格
         物件名称            用途       所在地                取得(予定)日          取得先
                                    (百万円)
      赤坂ガーデンシティ
                                                      薬研坂
                   オフィスビル        東京都港区            21,300     2021年11月1日
      (追加取得部分)        (注)
                                                    特定目的会社
      プライムメゾン中目黒                     東京都目黒区             10,000
                                                     積水ハウス
                     住居                       2022年2月1日
                                                     株式会社
      プライムメゾン板橋                    東京都板橋区             4,800
             取得(予定)価格の合計                          36,100        -        -

    (注)本投資法人は、「赤坂ガーデンシティ」の建物のうち、2019年6月10日付で、地下1階から4階まで及び11階から19階までの専有部分の全
       てに係る区分所有権とそれに伴う敷地権(敷地権割合:1,000,000分の662,768(約66.3%))に係る不動産信託受益権の準共有持分
       65.45%を取得価格28,700百万円で取得しています。
       本投資法人は、2021年11月1日付で「赤坂ガーデンシティ」の建物のうち5階から9階までの専有部分の全てに係る区分所有権とそれに伴
       う敷地権(敷地権割合:1,000,000分の273,490(約27.3%))及び10階の専有部分の全てに係る区分所有権とそれに伴う敷地権(敷地
       権割合:1,000,000分の54,698(約5.5%))に係る共有持分96.05%に係る不動産信託受益権を追加取得しました。
      b.資金の借入れ

        本投資法人は、2021年11月30日付で、同日に返済期日が到来した総額17,000百万円の長期借入金の返済資金に
       充当するために、以下のとおり資金の借入れを行いました。
    ⅰ.固定金利借入れ

                           利率
                    借入金額
            借入先                                 返済期日     返済方法
                           (注2)
    区分                           借入実行日       借入方法                 担保
            (注1)                                 (注4)     (注5)
                    (百万円)
                           (注3)
        株式会社三菱UFJ銀行
                      1,060
            (注6)
         株式会社みずほ銀行              340
                                     左記借入先を貸
        株式会社三井住友銀行               760
                                                   期限
                                    付人とする2021年
                                2021年    11月25日付の個別                   無担保
                                             2028年     一括
    長期                      0.460%
       三井住友信託銀行株式会社               1,500
                                    ローン契約に基づ
                                             5月31日
                               11月30日                        無保証
                                                   弁済
                                      く借入れ
         株式会社りそな銀行              1,400
       株式会社日本政策投資銀行                800
          農林中央金庫             700
           合計           6,560     -     -       -       -     -     -
    (注1)   上記借入れのアレンジャーは株式会社三菱UFJ銀行、株式会社みずほ銀行及び株式会社三井住友銀行です。
    (注2)   借入先に支払われる融資手数料等は含まれていません。
    (注3)   利払日は、2022年5月末日を初回とし、以降6か月毎の末日及び元本返済期日です。ただし、当該日が営業日でない場合は翌営業日と
        し、翌営業日が翌月となる場合には直前の営業日を利払日とします。
    (注4)   返済期日が営業日でない場合は翌営業日とし、当該日が翌月となる場合には直前の営業日を返済期日とします。
    (注5)   上記借入れの実行後返済期日までの間に本投資法人が事前に書面で通知する等、一定の条件が成就した場合、本投資法人は、借入金
       の 
        一部又は全部を期限前返済することができます。
    (注6)   株式会社三菱UFJ銀行からの借入れは、J-REIT向けESG評価ローンです。
                                  8/250






                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ⅱ.変動金利借入れ
                           利率
            借入先         借入金額            借入            返済期日     返済方法
                           (注2)
    区分                                  借入方法                 担保
            (注1)                                 (注4)     (注5)
                    (百万円)            実行日
                           (注3)
                          基準金利
         株式会社三菱UFJ銀行
                      1,550
                          (全銀協1
            (注6)
                         か月日本円
                                             2023年
                          TIBOR)に
         株式会社みずほ銀行              1,270                       11月30日
                          0.190%を
                         加えた利率
        株式会社三井住友銀行              1,180
                           (注7)
                                     左記借入先を貸
         株式会社三菱UFJ銀行
                                                   期限
                                    付人とする2021年
                      2,490
            (注6)
                                2021年    11月25日付の個別                   無担保
                                                   一括
                          基準金利
    長期
                                    ローン契約に基づ
                               11月30日                        無保証
                                                   弁済
                          (全銀協    3
         株式会社みずほ銀行               790
                                      く借入れ
                         か月日本円
                          TIBOR   )に
                                              2030年
        株式会社三井住友銀行              1,760
                          0.405   %を
                                            11月29日
                         加えた利率
                           (注8)
       三井住友信託銀行株式会社                500
                           (注9  )
        みずほ信託銀行株式会社                900
           合計           10,440      -     -       -       -     -     -

    (注1)   上記借入れのアレンジャーは株式会社三菱UFJ銀行、株式会社みずほ銀行及び株式会社三井住友銀行です。
    (注2)   借入先に支払われる融資手数料等は含まれていません。
    (注3)   利払日に支払う利息の計算期間に適用する基準金利は、一般社団法人全銀協TIBOR運営機関が公表する、各利払日の直前の利払日の2営
       業日前の時点における利息計算期間に対応した日本円TIBOR(Tokyo                          InterBank    Offered   Rate)となります。かかる基準金利は、利払日
       毎に見直されます。ただし、利息計算期間に対応するレートが存在しない場合は、個別ローン契約に定められた方法に基づき算定され
       る当該期間に対応する基準金利となります。基準金利である全銀協日本円TIBORの変動については、一般社団法人全銀協TIBOR運営機関
       のウェブサイト(http://www.jbatibor.or.jp/rate/)でご確認ください。
    (注4)   返済期日が営業日でない場合は翌営業日とし、当該日が翌月となる場合には直前の営業日を返済期日とします。
    (注5)   上記借入れの実行後返済期日までの間に本投資法人が事前に書面で通知する等、一定の条件が成就した場合、本投資法人は、借入金の
       一部又は全部を期限前返済することができます。
    (注6)   株式会社三菱UFJ銀行からの借入れは、J-REIT向けESG評価ローンです。
    (注7)   利払日は、2021年12月末日を初回とし、以降毎月末日及び元本返済期日です。ただし、当該日が営業日でない場合は翌営業日とし、翌
       営業日が翌月となる場合には直前の営業日を利払日とします。
    (注8)   利払日は、2022年2月末日を初回とし、以降3か月毎の末日及び元本返済期日です。ただし、当該日が営業日でない場合は翌営業日と
       し、翌営業日が翌月となる場合には直前の営業日を利払日とします。
    (注9)   金利スワップ契約により金利は実質的に0.602%で固定されています。
                                  9/250











                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
      ① 投資法人の目的及び基本的性格
        本投資法人は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以
       下「投信法」といいます。)に基づき設立された投資法人であり、主として、不動産等(不動産、不動産の賃借
       権、地上権、これらの資産のみを信託する信託の受益権及び投資信託及び投資法人に関する法律施行規則(平成
       12年総理府令第129号。その後の改正を含みます。)(以下「投信法施行規則」といいます。)第221条の2第1項
       に規定する法人(以下「海外不動産保有法人」といいます。)の発行済株式(当該発行済株式(当該海外不動産
       保有法人が有する自己の株式を除きます。)の総数に投信法施行規則第221条に規定する率を乗じて得た数を超え
       て取得する当該発行済株式に限ります。)をいいます。以下同じです。)へ継続的に投資し、その資産を運用し
       ます。本投資法人は、投資主やテナントをはじめとする全てのステークホルダーと共に発展することを目的と
       し、中長期にわたる安定した収益の確保と運用資産の着実な成長を目指した資産運用を通じて、質の高い社会資
       本の提供と投資主価値の最大化を目指すものとします(規約第31条)。
      ② 投資法人の特色

        本投資法人は、投信法に基づき、その資産を特定資産のうち主として不動産等資産(投信法施行規則に定める
       ものをいいます。以下同じです。)に対する投資として運用することを目的とします。本投資法人は、投資主の
       請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です。本投資法人の資産運用は、金融商品取引
       法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。)(以下「金融商品取引法」といいます。)上の金融商品
       取引業者である本資産運用会社に全て委託してこれを行います。
       (注1)   投資法人に関する法的枠組みは、大要以下のとおりです。
         投資法人は、金融商品取引法上の金融商品取引業者等の一定の資格を有する設立企画人により設立されます。投資法人を設立す
         るには、設立企画人が規約を作成しなければなりません。規約とは、株式会社における定款に相当するものであり、投資法人の
         商号、発行可能投資口総口数、資産運用の対象及び方針、金銭の分配の方針等を規定する投資法人の根本規則です(以下同じで
         す。)。投資法人は、かかる規約に沿って運営されます。なお、規約は、投資法人の設立後には、投資主総会の特別決議により
         変更することができます。
         投資法人は、投資口を発行して、投資家より出資を受けます。投資口を有する者を投資主といい、投資主は、投資主総会を通じ
         て、一定の重要事項につき投資法人の意思決定に参画できるほか、投資法人に対して一定の権利を行使することができますが、
         かかる権利は株式会社における株主の権利とは必ずしも同一ではありません。また、投資法人は、投信法に定めるところに従っ
         て新投資口予約権証券を発行することができます。
         投資法人には、その機関として、投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人が設置されます。執行役員は、投資
         法人の業務を執行し、投資法人を代表します。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督します。執行役員及び監督役員は役員
         会を構成し、かかる役員会は、執行役員の一定の重要な職務の執行に対する承認、計算書類等(金銭の分配に係る計算書を含み
         ます。)の承認等、投資法人の一定の業務の執行に係る重要な意思決定を行います。更に、会計監査人は、投資法人の会計監査
         を行います。これらの執行役員、監督役員及び会計監査人はいずれも投資主総会において選任されます。投資主総会、執行役
         員、監督役員、役員会及び会計監査人については、後記「(4)                        投資法人の機構 ①        投資法人の統治に関する事項」をご参照くだ
         さい。
         投資法人は、規約に定める額を限度として、借入れを行うことができるほか、投資主の請求により投資口の払戻しをしない旨を
         規約に定めたクローズド・エンド型の投資法人の場合には、規約に定める額を限度として、投資法人債を引き受ける者を募集す
         ることもできます。また、投資法人は一定の要件を充足した場合に、短期投資法人債を発行することができます。
         投資法人は、投資口及び投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下同じです。)の発行による手取金及び借入金を、規約に
         定める資産運用の対象及び方針に従い運用します。なお、投資法人がこのような資産の運用を行うためには、内閣総理大臣の登
         録を受ける必要があります(以下、この登録を受けた投資法人を「登録投資法人」といいます。)。本投資法人の資産運用の対
         象及び方針については、後記「2             投資方針 (1)      投資方針」及び同「(2)         投資対象」をご参照ください。
         投資法人は、投資主に対して、規約で定めた金銭の分配の方針に従って、金銭の分配を行います。本投資法人の投資主に対する
         分配方針については、後記「2            投資方針 (3)      分配方針」をご参照ください。
         登録投資法人は、投信法上の資産運用会社(内閣総理大臣の登録を受けた金融商品取引業者(投資運用業を行うものに限り、信
         託会社を除きます。))にその資産の運用に係る業務を委託しなければなりません。また、登録投資法人は、信託銀行等の一定
         の資格を有する資産保管会社にその資産の保管に係る業務を委託しなければなりません。更に、投資法人は、一般事務受託者に
         投資口及び投資法人債を引き受ける者の募集に関する事務、投資主名簿等に関する事務その他の事務を委託しなければなりませ
         ん。資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者等については、後記「(3)                               投資法人の仕組み」をご参照ください。
       (注2)   本投資法人の投資口(以下「本投資口」といいます。)は、振替投資口(社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75
         号。その後の改正を含みます。)(以下「振替法」といいます。)第226条第1項に定める意味を有します。以下同じです。ま
         た、振替投資口である本投資口を、以下「本振替投資口」といいます。)です。本振替投資口については、本投資法人は投資証
         券を発行することができず、権利の帰属は振替口座簿の記載又は記録により定まります(振替法第226条第1項、第227条第1
         項)。なお、以下、本投資法人が発行する投資証券を「本投資証券」ということとしますが、同時に本投資証券には、別途明記
         する場合を除き、本振替投資口を含むものとします。
         また、本投資法人が発行する投資法人債は、振替投資法人債(振替法第116条に定める意味を有します。以下同じです。)です
         (振替投資法人債である本投資法人の投資法人債を、以下「本振替投資法人債」といいます。)。なお、以下では、別途明記す
         る場合を除き、本投資法人が発行する投資法人債券(以下「本投資法人債券」といいます。)についての記載は、本振替投資法
         人債を含むものとします。
                                 10/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (3)【投資法人の仕組み】
      ① 本投資法人の仕組図
      ① 資産運用委託契約










      ② スポンサー・サポート契約
      ③ 優先交渉権(等)に関する契約
      ④ 一般事務委託契約
      ⑤ 資産保管業務委託契約
      ⑥ 事務委託契約(投資口事務受託契約)
      ⑦ 財務代理契約
       (注1)   積水ハウスは、本資産運用会社の親会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号。その

         後の改正を含みます。)第8条第3項に規定する親会社をいいます。以下同じです。)であり、特定有価証券の内容等の開示に関
         する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後の改正を含みます。)第12条第3項に定める本資産運用会社の特定関係法人に該
         当します。積水ハウスとの間の取引の概要については、後記「5                         運用状況 (2)      投資資産 ③      その他投資資産の主要なもの 
         (リ)  主要なテナントに関する情報」及び「第二部                  投資法人の詳細情報 第3           管理及び運営 1       資産管理等の概要 (5)          その
         他 ④   関係法人との契約の更改等に関する手続」をご参照ください。
       (注2)   積水ハウス不動産東京は、本資産運用会社の利害関係人等(投信法第201条第1項に規定する利害関係人等をいいます。)であっ
         て、金融商品取引法施行令(昭和40年政令第321号。その後の改正を含みます。)(以下「金融商品取引法施行令」といいま
         す。)第29条の3第3項第4号に該当する取引を行っている法人であり、2021年10月期(2021年5月1日~2021年10月31日)の開始の
         日から3年間において、本投資法人及び本投資法人の特定資産である信託の受益権に係る信託の受託者が積水ハウス不動産東京か
         ら不動産及び信託財産である不動産の貸借の取引の対価として受領することが見込まれる金額の合計額の一営業期間当たりの平
         均額が、2021年4月期(2020年11月1日~2021年4月30日)における本投資法人の営業収益の合計額の20%以上に該当するため、本
         資産運用会社の特定関係法人(金融商品取引法施行令第29条の3第3項第4号に掲げる取引を行った法人)に該当します。積水ハウ
         ス不動産東京     との間の取引の概要については、後記「5                運用状況 (2)      投資資産 ③      その他投資資産の主要なもの (リ)              主要
         なテナントに関する情報」及び「第二部                投資法人の詳細情報 第3          管理及び運営 1       資産管理等の概要 (5)          その他 ④     関係
         法人との契約の更改等に関する手続」をご参照ください。
                                 11/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ② 本投資法人及び本投資法人の資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者の名称、運営上の役割及び関係
        業務の概要
     運営上の役割             名称                     関係業務の概要
             積水ハウス・リート             規約に基づき、投資主より払い込まれた資金等を、主として不動産
    投資法人
                          等資産に対する投資として運用を行います。
             投資法人
                           本投資法人との間で2014年9月8日付の資産運用委託契約(その後の
                          変更を含みます。)を締結しています。
                           投信法上の資産運用会社として、同契約に基づき、本投資法人の規
                          約に定める資産運用の対象及び方針に従い、資産の運用に係る業務を
             積水ハウス・
                          行います(投信法第198条第1項)。
             アセットマネジメント
    資産運用会社
                           本資産運用会社に委託された業務の内容は、(イ)本投資法人の資産
             株式会社
                          の運用に係る業務、(ロ)本投資法人の資金調達に係る業務、(ハ)本投
                          資法人への報告業務及び(ニ)その他本投資法人が随時委託する上記
                          (イ)から(ハ)までに関連し又は付随する業務(本投資法人の役員会に
                          出席して報告を行うことを含みます。)です。
                           本投資法人との間で2014年9月8日付の資産保管業務委託契約を締結
                          しています。
             三菱UFJ信託銀行
    資産保管会社                      投信法上の資産保管会社(投信法第208条第1項)として、資産保管
             株式会社
                          業務委託契約に基づき、本投資法人の保有する資産の保管に係る業務
                          等を行います。
                           本投資法人との間で2014年9月8日付の事務委託契約(投資口事務受
                          託契約)(その後の変更を含みます。)を締結しています。
                           投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第2号、第3号及び第6
                          号。ただし、投資法人債に関する事務を除きます。)として、事務委
             みずほ信託銀行
    投資主名簿等
                          託契約書(投資口事務受託契約書)に基づき、①投資主名簿の作成及
    管理人
             株式会社
                          び備置きその他の投資主名簿に関する事務、②投資証券の発行に関す
                          る事務、③投資主に対して分配をする金銭の支払に関する事務、④投
                          資主の権利行使に関する請求その他の投資主からの申出の受付に関す
                          る事務、並びに⑤納税に関する事務等を行います。
                                 12/250











                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     運営上の役割             名称                     関係業務の概要
                           積水ハウス・リート投資法人第1回無担保投資法人債(特定投資法人
                          債間限定同順位特約付)(以下「SHR第1回無担保投資法人債」といい
                          ます。)に関し、本投資法人との間で2016年9月2日付の財務代理契約
                          を、積水ハウス・リート投資法人第2回無担保投資法人債(特定投資法
                          人債間限定同順位特約付)(以下「SHR第2回無担保投資法人債」とい
                          います。)に関し、本投資法人との間で2017年7月7日付の財務代理契
                          約を、積水ハウス・リート投資法人第3回無担保投資法人債(特定投資
                          法人債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)(以下「SHR第3回無担
                          保投資法人債」といいます。)に関し、本投資法人との間で2019年7月
                          5日付の財務代理契約を、積水ハウス・リート投資法人第4回無担保投
                          資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)
                          (以下「SHR第4回無担保投資法人債」といいます。)に関し、本投資
                          法人との間で2019年7月5日付の財務代理契約を、積水ハウス・リート
                          投資法人第5回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約
                          付)(グリーンボンド)(以下「SHR第5回無担保投資法人債」といい
                          ます。)に関し、本投資法人との間で2019年10月25日付の財務代理契
                          約を、積水ハウス・リート投資法人第6回無担保投資法人債(特定投資
                          法人債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)(以下「SHR第6回無
                          担保投資法人債」といいます。)に関し、本投資法人との間で2020年2
                          月14日付の財務代理契約を、積水ハウス・リート投資法人第7回無担保
                          投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)(グリーンボン
                          ド)(以下「SHR第7回無担保投資法人債」といいます。)に関し、本
                          投資法人との間で2020年9月3日付の財務代理契約を、積水ハウス・
                          リート投資法人第8回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位
    投資法人債に
                          特約付)(グリーンボンド)(以下「SHR第8回無担保投資法人債」と
    関する         株式会社三菱UFJ銀行            いいます。)に関し、本投資法人との間で2020年9月3日付の財務代理
                          契約を、積水ハウス・リート投資法人第9回無担保投資法人債(特定投
    一般事務受託者
                          資法人債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)(以下「SHR第9回
                          無担保投資法人債」といいます。)(以下、これらの投資法人債を個
                          別に又は総称して「SHR投資法人債」ということがあります。)に関
                          し、本投資法人との間で2021年5月13日付の財務代理契約を、それぞれ
                          締結しています。
                           また、本投資法人は、本投資法人合併によりSHIと株式会社三菱UFJ
                          銀行との間でそれぞれ締結していた積水ハウス・レジデンシャル投資
                          法人第4回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)
                          (以下「SHI第4回無担保投資法人債」といいます。)に関する2014年2
                          月18日付の財務代理契約、及び積水ハウス・レジデンシャル投資法人
                          第5回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)(以下
                          「SHI第5回無担保投資法人債」といいます。)(以下、これらの投資
                          法人債を個別に又は総称して「SHI投資法人債」ということがありま
                          す。)に関する2014年8月8日付の財務代理契約に係るSHIの地位をそれ
                          ぞれ承継しています。
                           投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第2号、第3号及び第6号
                          のうち、投資法人債に関する事務)として、SHR第1回無担保投資法人
                          債、SHR第2回無担保投資法人債、SHR第3回無担保投資法人債、SHR第4
                          回無担保投資法人債、SHR第5回無担保投資法人債、SHR第6回無担保投
                          資法人債、SHR第7回無担保投資法人債、SHR第8回無担保投資法人債及
                          びSHR第9回無担保投資法人債並びに各SHI投資法人債に関し、それぞれ
                          ①発行代理人事務、②支払代理人事務、③投資法人債原簿関係事務及
                          び④投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の投資法人債権者
                          からの申出の受付に関する事務等を行います。
                           本投資法人との間で2014年9月8日付の一般事務委託契約を締結して
                          います。
             三菱UFJ信託銀行
    機関運営事務等
                           投信法上の機関運営事務等に関する一般事務受託者(投信法第117条
                          第4号、第5号及び第6号)として、①機関の運営に関する事務、②計算
    受託者
             株式会社
                          に関する事務、③会計帳簿の作成に関する事務及び④納税に関する事
                          務等を行います。
                                 13/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ③ 上記以外の本投資法人の関係法人
       役割           名称                      業務の内容
                           本投資法人及び本資産運用会社との間で2014年10月16日付の投資口
                          の保有に関する覚書を、本投資法人との間で2014年10月16日付の商標
                          の使用に関する覚書を締結しています。また、本投資法人及び本資産
                          運用会社との間で2018年1月24日付のスポンサー・サポート契約を締結
                          しています。詳細については、後記「第二部                     投資法人の詳細情報 第
                          3 管理及び運営 1        資産管理等の概要 (5)           その他 ④      関係法人との
    本資産運用会社                     契約の更改等に関する手続」をご参照ください。
    の親会社/         積水ハウス株式会社             また、本投資法人との間で締結した各信託受益権売買契約書に基づ
    スポンサー                     き、本投資法人に対して保有資産を譲渡しています。
                           更に、保有資産の一部について、本投資法人及び本資産運用会社と
                          の間でマスターリース兼プロパティ・マネジメント業務委託契約書を
                          締結しており、当該保有資産を賃借しています。積水ハウスとの取引
                          の概要については、後記「5              運用状況 (2)       投資資産      ③  その他投資
                          資産の主要なもの (リ)            主要なテナントに関する情報             」をご参照くだ
                          さい。
                           本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人合併及び本資産運用
                          会社合併により、SHI及び旧SHAMと積水ハウス不動産東京との間で締結
                          された2012年1月11日付及び2013年8月1日付の優先交渉権等に関する契
                          約を承継しています。詳細については、後記「第二部                         投資法人の詳細
                          情報 第3     管理及び運営 1        資産管理等の概要 (5)           その他 ④      関係
                          法人との契約の更改等に関する手続」をご参照ください。
                           また、本投資法人は、SHIとの間で締結した各信託受益権売買契約書
    パイプライン
             積水ハウス不動産東京            に基づき積水ハウス不動産東京がSHIに譲渡した保有資産を、本投資法
    サポート会社/
             株式会社            人合併に伴い、SHIより承継しています。
    特定関係法人
                           更に、本投資法人は、保有資産の一部についてSHIとの間で締結した
                          マスターリース契約書及びプロパティ・マネジメント業務委託契約書
                          を、本投資法人合併に伴いそれぞれ承継し、当該保有資産を積水ハウ
                          ス不動産東京に賃貸しています。積水ハウス不動産東京との取引の概
                          要については、後記「5           運用状況 (2)       投資資産      ③  その他投資資産
                          の主要なもの (リ)          主要なテナントに関する情報              」をご参照くださ
                          い。
                           本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人合併及び本資産運用
             積水ハウス不動産東北
                          会社合併がそれぞれ成立したことにより、SHI及び旧SHAMと積水ハウス
             株式会社
                          不動産中部、積水ハウス不動産関西及び積水ハウス不動産九州との間
             積水ハウス不動産中部
                          でそれぞれ締結された2012年1月11日付の優先交渉権に関する契約、
             株式会社
                          SHI及び旧SHAMと積水ハウス不動産東北及び積水ハウス不動産中国四国
    パイプライン         積水ハウス不動産関西
                          との間でそれぞれ締結された2014年7月31日付の優先交渉権に関する契
    サポート会社         株式会社
                          約を承継しています。詳細については、後記「第二部                         投資法人の詳細
             積水ハウス不動産中国
                          情報 第3     管理及び運営 1        資産管理等の概要 (5)           その他 ④      関係
             四国株式会社
                          法人との契約の更改等に関する手続」をご参照ください。
             積水ハウス不動産九州
             株式会社
                                 14/250






                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (4)【投資法人の機構】
      ① 投資法人の統治に関する事項
      (イ)機関の内容
        本投資法人の執行役員は1名以上、監督役員は2名以上(ただし、執行役員の数に1を加えた数以上とします。)
       とされています(規約第20条)。
        本書の日付現在、本投資法人の機関は、投資主により構成される投資主総会に加えて、執行役員1名、監督役員
       2名、執行役員及び監督役員を構成員とする役員会並びに会計監査人により構成されています。
       a. 投資主総会

         投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資主総会に
        て決定されます。投資主総会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、出席した当該投資主の
        議決権の過半数をもって行います(規約第16条)が、規約の変更(投信法第140条)等、投信法第93条の2第2項
        に定める決議は、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出席し、出席した当該投資主の議決権の3分
        の2以上に当たる多数をもって行われます(特別決議)(投信法第93条の2第2項)。ただし、投資主が投資主総
        会に出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当該投資主は、その投資主総会に提出された議案(複数の
        議案が提出された場合において、これらのうちに相反する趣旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除
        きます。)について賛成するものとみなします(投信法第93条第1項、規約第17条第1項)。
         本投資法人の資産運用の対象及び方針は、本投資法人の規約に定められています(規約第31条から第36条ま
        で)。かかる規約中に定められた資産運用の対象及び方針を変更する場合には、上記のとおり投資主総会の特
        別決議による規約の変更が必要となります。
         本投資法人の投資主総会は、その開催場所を東京都23区内として、(i)2020年1月1日及び同日以後遅滞なく招
        集し、以後、隔年毎の1月1日及び同日以後遅滞なく招集します。また、(ii)必要があるときは随時投資主総会
        を招集することができます(規約第9条第1項)。投資主総会を招集するには、投資主総会の日の2か月前までに
        当該日を公告し、当該日の2週間前までに各投資主に対して、書面をもって、又は法令の定めるところに従い、
        電磁的方法により通知を発するものとします。ただし、上記(i)に従って開催された直前の投資主総会の日から
        25か月を経過する前に開催される投資主総会については、当該公告をすることを要しないものとします(規約
        第9条第2項)。
         また、本投資法人は、本資産運用会社との間で資産運用委託契約を締結し、本投資法人の資産の運用に係る
        業務を委託しています。本資産運用会社が資産運用委託契約を解約するためには本投資法人の同意を得なけれ
        ばならず、執行役員は、かかる同意を与えるために原則として投資主総会の承認を受けることが必要となりま
        す(投信法第205条)。また、本投資法人が資産運用委託契約を解約する場合にも原則として投資主総会の決議
        が必要です(投信法第206条第1項)。
       b. 執行役員、監督役員及び役員会

         執行役員は、本投資法人の業務を執行するとともに、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する一切
        の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有しています(投信法第109条第1項、第5項、会社法(平成17年法律第
        86号。その後の改正を含みます。)(以下「会社法」といいます。)第349条第4項)。ただし、投資主総会の
        招集、一般事務受託者への事務委託、資産運用委託契約又は資産保管業務委託契約の締結、本資産運用会社か
        らの資産運用委託契約の解約への同意その他投信法に定められた一定の職務執行については、役員会の承認を
        受けなければなりません(投信法第109条第2項)。
         監督役員は、執行役員の職務の執行を監督する権限を有しています(投信法第111条第1項)。また、役員会
        は、一定の職務執行に関する上記の承認権限を有する(投信法第109条第2項)ほか、投信法及び規約に定める
        権限並びに執行役員の職務の執行を監督する権限を有しています(投信法第114条第1項)。役員会の決議は、
        法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることのできる執行役員及び監督役員の過半数が出
        席し、その過半数をもって行います(投信法第115条第1項、会社法第369条第1項、規約第24条)。
         決議について特別の利害関係を有する執行役員及び監督役員は、議決に加わることができないこと及びその
        場合には当該執行役員又は監督役員の数は、出席した執行役員又は監督役員の数に算入しないことが、法令上
        定められています(投信法第115条第1項、会社法第369条第2項)。
         執行役員又は監督役員は、その任務を怠ったときには、本投資法人に対し、これによって生じた損害を賠償
        する責任を負いますが(投信法第115条の6第1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6第7項)
        により、規約をもって、当該執行役員又は監督役員が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合にお
        いて、責任の原因となった事実の内容、当該執行役員又は監督役員の職務の執行の状況その他の事情を勘案し
        て特に必要と認めるときは、法令に定める限度において、役員会の決議によって前記賠償責任を免除すること
        ができます(規約第27条)。
                                 15/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       c. 会計監査人
         本投資法人は、EY新日本有限責任監査法人を会計監査人に選任しています。会計監査人は、本投資法人の計
        算書類等の監査を行う(投信法第115条の2第1項)とともに、その職務を行うに際して執行役員の職務の執行に
        関し不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した場合における監督役員への
        報告その他法令で定める職務を行います(投信法第115条の3第1項等)。
         会計監査人は、その任務を怠ったときには、本投資法人に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を
        負いますが(投信法第115条の6第1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6第7項)により、規
        約をもって、当該会計監査人が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因と
        なった事実の内容、当該会計監査人の職務の執行の状況その他の事情を勘案して特に必要と認めるときは、法
        令に定める限度において、役員会の決議によって前記賠償責任を免除することができます(規約第30条)。
      (ロ)内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続

        本投資法人の役員会は、全ての執行役員及び監督役員により構成され、3か月に1回以上開催します。本投資法
       人の役員会においては、投信法及び規約に定める承認及び決議事項に加え、業務の執行の状況が報告されます。
       また、必要に応じて本資産運用会社や一般事務受託者から業務の執行の状況の詳細について報告されます。
        監督役員は、役員会における承認等の手続を通じ、本投資法人の業務及び財産の状況を把握し、必要であれ
       ば、執行役員、機関運営事務等受託者、投資主名簿等管理人、本資産運用会社及び資産保管会社に対して報告を
       求め、又は必要な調査を実施し、執行役員の職務の執行を監督しています。
        本書の日付現在、監督役員には、外部の専門性を有した有識者として弁護士1名、公認会計士1名の合計2名が選
       任されており、各監督役員は、これまでの実務経験を活かした専門的見地から監督を行っています。
      (ハ)内部管理、監督役員による監督及び会計監査の相互連携

        各監督役員は、前記「(ロ)             内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続」に記載の手続を通して、
       執行役員の職務の執行を監督します。また、監督役員は、その職務を行うため必要があるときは、会計監査人に
       対し、その監査に関する報告を求めることができます。
        一方、会計監査人は、計算書類、資産運用報告及び金銭の分配に係る計算書並びにこれらの附属明細書(資産
       運用報告及びその附属明細書については、会計に関する部分に限ります。)の監査を行います。監査を受けた計
       算書類、資産運用報告及び金銭の分配に係る計算書並びにこれらの附属明細書は、執行役員により役員会に提出
       又は、提供され、役員会での承認を受けますが、原則として当該役員会に先立ち開催される監査報告会におい
       て、監査の手続、内容及び結果について監督役員に対し報告がなされます。
        また、会計監査人は、その職務を行うに際して執行役員の職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは規約
       に違反する重大な事実があることを発見したときは、遅滞なく、これを監督役員に報告しなければなりません。
      (ニ)投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

       a. 本資産運用会社に対する管理体制
         本投資法人と本資産運用会社との間で締結された資産運用委託契約においては、本資産運用会社は、本投資
        法人の定める規約及び本資産運用会社の社内規程である運用ガイドライン等に従い、資産の運用にかかる業務
        を行うこととされています。また、同契約上、本資産運用会社は、投信法に従い、委託業務に関して定期的に
        報告書を作成し本投資法人に対し交付することとされています。
       b. 資産保管会社に対する管理体制

         本投資法人と資産保管会社との間で締結された資産保管業務委託契約においては、投信法第209条、同法第
        209条の2に定める義務及び同法第210条に定める責任に加えて、資産保管会社の固有財産等との分別保管や委託
        業務の執行状況について、本投資法人へ報告すること等資産保管会社が委託事務を遂行するに当たって負う一
        定の義務や賠償責任を定めており、かつ、その業務執行状況を監督するための体制を維持しています。
       c. 一般事務受託者に対する管理体制

         本投資法人と機関運営事務等受託者との間で締結された一般事務委託契約及び本投資法人と投資主名簿等管
        理人との間で締結された事務委託契約書(投資口事務受託契約書)においては、投信法第118条に定める義務及
        び同法第119条に定める責任に加えて、委託業務の執行又は処理状況について、本投資法人へ報告すること等、
        機関運営事務等受託者及び投資主名簿等管理人が委託事務を遂行するに当たって負う一定の義務や賠償責任を
        定めており、かつ、その業務執行状況を監督するための体制を維持しています。
                                 16/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ② 投資法人の運用体制
        前記のとおり、本投資法人は資産の運用を本資産運用会社に委託して行います。
      (イ)業務運営の組織体制
        本資産運用会社の業務運営の組織体制は、以下のとおりです。
        本資産運用会社は、上記組織の下、本投資法人より委託を受けた資産の運用に係る業務を行います。各種業務







       は、不動産投資一部、不動産投資二部(以下、総称して「不動産投資各部」といいます。)、不動産運用一部、
       不動産運用二部、不動産運用三部(以下、総称して「不動産運用各部」といいます。)、アカウンティング部、
       技術管理部及びこれらを統括する不動産統括部並びに財務部、IR部、経理部及び総務部、並びに経営戦略室及び
       内部統制推進室の各部署に分掌されます。なお、各業務担当取締役は、それぞれ関連する業務を所管します。
        また、コンプライアンスに関する審議を行う機関としてコンプライアンス委員会を、投資判断に関する審議を
       行う機関として投資委員会を設置しています。
                                 17/250










                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ロ)本資産運用会社の各組織の業務分掌体制
        各組織の業務分掌体制は、以下のとおりです。
           部門名                         業務範囲
           取締役会        取締役会は、法令又は定款に定める事項のほか、次の事項を決定します。
                    a. 本資産運用会社の株主総会等に関する事項
                    b. 本資産運用会社の役員・使用人等に関する事項
                    c. 本資産運用会社の資産又は財務に関する事項
                    d. 本資産運用会社の業務運営に関する重要な事項
                    e. 本投資法人の資産運用に関する重要な事項
                    f. コンプライアンスに関する事項
                    g. その他業務執行に関する重要な事項
          不動産統括部          a. 不動産投資各部、不動産運用各部、アカウンティング部及び技術管理部の統括
                      業務
                    b. 本投資法人の投資方針の策定に関する業務
                    c. 本投資法人の運用資産の売却方針の策定に関する業務
                    d. 本投資法人の運用方針の策定に関する業務
                    e. その他付随する業務
         不動産投資各部           a. 本投資法人の投資計画・売却計画の策定に関する業務
                    b. 運用資産の取得のための物件調査に関する業務
                    c. 運用資産の取得の実行及び諸契約締結に関する業務
                    d. 運用資産の売却の実行及び諸契約締結に関する業務
                    e. 不動産売買市場の調査及び分析に関する業務
                    f. その他付随する業務
         不動産運用各部           a. 本投資法人の運用計画の策定に関する業務
                    b. 運用資産の価値維持・向上に関する業務
                    c. 運用資産に係る物件調査に関する業務
                    d. 不動産の管理状況の把握に関する業務
                    e. PM業務の受託者の指示及び監督に関する業務
                    f. 運用資産に係る諸契約締結に関する業務
                    g. 不動産の賃借人からの苦情対応に関する業務
                    h. 不動産賃貸市場の調査及び分析に関する業務
                    i. その他付随する業務
        アカウンティング部            a. 運用資産の予実管理に関する業務
                    b. 本投資法人のポートフォリオ管理に関する業務
                    c. 不動産市場全般の動向調査及び分析に関する業務
                    d. その他付随する業務
          技術管理部          a. 運用資産の長期修繕計画の策定及び実施管理に関する業務
                    b. 運用資産に係る各種工事の技術的検討及び助言に関する業務
                    c. 運用資産及び取得対象資産に係る専門的調査に関する業務
                    d. 不動産投資各部及び不動産運用各部の支援に関する業務
                    e. その他付随する業務
           財務部         a. ファイナンス方針及び計画の策定に関する業務
                    b. 本投資法人の資金調達に関する業務
                    c. 分配方針及び計画の策定及び実行に関する業務
                    d. 余資の運用方針及び計画の策定及び実行に関する業務
                    e. 金融市場の動向調査及び分析に関する業務
                    f. その他付随する業務
            IR部        a. 本投資法人の情報開示(IR)及びディスクロージャーに関する業務
                    b. 投資口発行に伴う有価証券届出書等の作成及び投資家対応に関する業務
                    c. 投資主等からの苦情対応及び一般的事項に関する照会等に関する業務
                    d. J-REIT市場の動向調査及び分析に関する業務
                    e. その他付随する業務
                                 18/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           部門名                         業務範囲
           経理部
                    a. 本資産運用会社の年度経理方針及び予算策定に関する業務
                    b. 本資産運用会社の経理及び出納に関する業務
                    c. 本投資法人の会計、税務及び資金管理の補助に関する業務
                    d. その他付随する業務
           総務部
                    a. 本資産運用会社の人事に関する業務
                    b. 本資産運用会社の広報に関する業務
                    c. 本資産運用会社の株主総会及び取締役会運営に関する業務
                    d. 本投資法人の機関運営(投資主総会等)の補助に関する業務
                    e. 本資産運用会社の規程の改廃に関する業務
                    f. 情報システム機器の運用、保全及び管理に関する業務
                    g. その他付随する業務
          経営戦略室
                    a. 本資産運用会社の経営戦略及び事業戦略の立案、企画及び推進に関する業務
                    b. 本資産運用会社の業務改革の提案に関する業務
                    c. ESG(Environment,           Social,    Governance)に関する企画及び推進に関する業務
                    d. 不動産市場及び金融市場の動向調査及び分析の統括業務
                    e. その他付随する業務
         内部統制推進室
                    a. 本資産運用会社各部署におけるリスク管理の統括に関する業務
                    b. 本資産運用会社の内部管理に関する業務
                    c. 本資産運用会社の内部監査に関する業務
                    d. 法令諸規則遵守状況のモニタリングに関する業務
                    e. 本資産運用会社の法務に関する業務
                    f. 本投資法人の法務に関する業務
                    g. 行政機関及び業界諸団体等への定例報告及び届出等その他の対応に関する業務
                    h. 本資産運用会社の各種稟議等の事前審査に関する業務
                    i. 不動産の賃借人及び投資主等その他からの苦情対応の統括に関する業務
                    j. その他付随する業務
        コンプライアンス・
                    a. 本資産運用会社のコンプライアンスに関する統括業務
          オフィサー
                    b. 本投資法人のコンプライアンスに関する統括業務
                    c. 内部統制推進室に分掌される各業務の統括業務
                    d. その他付随する業務
                                 19/250










                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ハ)委員会の概要
        各委員会の概要は、以下のとおりです。
       a. 投資委員会
       委員
             代表取締役社長(委員長)及び取締役としての地位を有するコンプライアンス・オフィサー(以
             下「取締役コンプライアンス・オフィサー」といいます。)を含む全常勤取締役、経営戦略室
             長、  内部統制推進室長、         不動産統括部長、財務部長、IR部長、経理部長及び総務部長並びに外部
             委員  (注)  。
             なお、外部委員の選任及び解任は、本資産運用会社の取締役会の決議をもって行いますが、事前
             又は事後に本投資法人の役員会の承認を得ることが必要とされています。
       審議内容
             ・  本投資法人の投資方針及び投資計画の策定及び改定
             ・  本投資法人の運用方針及び運用計画の策定及び改定
             ・  本投資法人の資金調達に係る基本方針の策定及び改定
             ・  本投資法人の資産の取得及び売却の決定
             ・  本投資法人の資産の賃貸借、管理の委託及び工事の実施の決定(本資産運用会社の「職務権限
               規程」に定めるものに限ります。)
             ・  長期修繕計画の策定及び改定
             ・  本投資法人の資金調達に係る事項の決定
             ・  その他「利害関係者取引規程」に定める本投資法人と利害関係者(以下「利害関係者」といい
               ます。なお、「利害関係者」については後記「第二部                          投資法人の詳細情報 第3             管理及び運
               営 2   利害関係人との取引制限 (2)              本資産運用会社の自主ルール(利害関係者取引規程)」
               をご参照ください。以下同じです。)との間の取引の決定
             ・  本投資法人の投資方針に係る重要事項
             ・  各委員が審議及び決議を求めた事項
             ・  委員長が必要と認めた事項及び本資産運用会社の社内規程により別途定める事項
             ・  その他付随する事項
       審議方法等
             ・  投資委員会は、議決に加わることのできる委員の過半数の出席により成立します。ただし、委
               員長、取締役コンプライアンス・オフィサー、不動産統括部長及び不動産鑑定士の資格を有す
               る外部委員1名以上の出席(なお、不動産鑑定士の資格を有する外部委員の代理出席をする場
               合は、代理人となる補欠外部委員も、不動産鑑定士の資格を有する者でなければならないもの
               とされています。)は必須とされています。
             ・  投資委員会の決議は、外部委員を含む出席した議決権を有する委員全員の賛成によります。
             ・  取締役コンプライアンス・オフィサーは、投資委員会の決議に当たり、法令・諸規則等の遵守
               その他コンプライアンスに関する観点から問題の有無を検証し、コンプライアンス上の問題が
               ある議案については反対しなければならず、また、その議決権については、主として議案のコ
               ンプライアンス面からの検証の観点から行使するものとされています。なお、取締役コンプラ
               イアンス・オフィサーは、コンプライアンス上重大な問題があると判断する場合、投資委員会
               の審議中においても審議の中断を命じ、又は議案を起案部署に差し戻さなければなりません。
             ・  投資委員会は、必要に応じ、審議事項に関係ある役職員を委員会に出席させ、その報告又は意
               見を徴することができます。なお、各部署の長は、原則として委員会に出席し、その報告又は
               意見を投資委員会に提供するように努めるものとされています。
             ・  (コンプライアンス・オフィサーが取締役でない場合の特則)
               コンプライアンス・オフィサーが取締役でなく、投資委員会の委員とならない場合には、コン
               プライアンス・オフィサーは、オブザーバーとして投資委員会に出席するものとします。かか
               る場合、コンプライアンス・オフィサーは、委員会において、委員と同様に発言又は質問その
               他の方法により議事に参加することができます。ただし、コンプライアンス・オフィサーは、
               委員会での決議に当たり、議決権を有しないものとします。なお、かかる場合においても、コ
               ンプライアンス・オフィサーの出席は必須とされています。
       (注) 本書の日付現在、本資産運用会社、本資産運用会社の役職員又は利害関係者との間に特別の利害関係を有していない、不動産鑑
         定士1名及び弁護士1名の計2名が外部委員として選任されています。
                                 20/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       b. コンプライアンス委員会
       委員      コンプライアンス・オフィサー(委員長)、代表取締役社長を含む全常勤取締役及び外部委員
             (注)  。
             なお、外部委員の選任及び解任は、本資産運用会社の取締役会の決議をもって行いますが、事前
             又は事後に本投資法人の役員会の承認を得ることが必要とされています。
       審議内容      ・  利害関係者との間の取引の決定
             ・  コンプライアンス規程、コンプライアンス・マニュアル及びコンプライアンス・プログラムの
               策定及び改定
             ・  内部監査規程の策定及び改定
             ・  本資産運用会社のリスク管理に関する事項
             ・  委員長が審議及び決議を求めた事項
             ・  委員長が必要と認めた事項及び本資産運用会社の社内規程により別途定める事項
             ・  本資産運用会社に対する苦情等の処理に関する事項その他コンプライアンス上不適切な行為及
               び不適切であるとの疑義がある行為に関する事項
             ・  本投資法人の資産の取得及び売却の決定
             ・  その他付随する事項
       審議方法等      ・  コンプライアンス委員会は、議決に加わることのできる委員の過半数の出席により成立しま
               す。ただし、委員長及び外部委員の出席は必須とされています。
             ・  コンプライアンス委員会の決議は、委員長及び外部委員を含む出席した議決権を有する委員全
               員の賛成によるものとされています。
       (注) 本書の日付現在、本資産運用会社、本資産運用会社の役職員又は利害関係者との間に特別の利害関係を有していない弁護士1名が
         外部委員として選任されています。
                                 21/250













                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ③ 投資運用の意思決定機構
        本資産運用会社は、規約に沿って、本投資法人から資産運用の一任を受けた資産運用会社として、運用ガイド
       ラインを策定し、投資方針、利害関係者との取引についてのルール、分配の方針、開示の方針等の投資運用に関
       する基本的な考え方について定めます。
        また、本資産運用会社は、運用ガイドラインに従い、資産管理計画書等を策定し、運用ガイドラインに定める
       投資方針、利害関係者との取引についてのルールに従い、投資物件を選定し、その取得を決定します。
        運用ガイドライン等の策定及び変更に係る意思決定フロー並びに資産の取得及び売却に係る意思決定フロー
       は、以下のとおりです。
      (イ)本投資法人の資産の運用に係る投資方針に関する意思決定

        投資方針の策定及び変更については、起案部署である不動産統括部が起案し、コンプライアンス・オフィサー
       の事前審査、投資委員会の審議及び決議並びにコンプライアンス委員会の審議及び決議を経て、取締役会に上程
       され、取締役会において審議及び決議されることにより、策定又は変更されます。ただし、当該投資方針の策定
       又は変更が、利害関係者との取引制限に関する事項の策定又は変更である場合には、取締役会の決議後、更に本
       投資法人の役員会に上程され、本投資法人の役員会において審議及び承認されることにより、策定又は変更され
       ます。なお、かかる意思決定手続の過程において否決された議案は、起案部署に差し戻されるものとされていま
       す。
        資産管理計画書の策定及び変更については、起案部署が、資産管理計画書の策定の場合には総務部になり、改
       正の場合には、改正の内容に対応した所管部署になる他は、投資方針の策定及び変更と同様の手続で決定されま
       す。
                                 22/250














                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ロ)資産の取得及び売却に関する意思決定
        資産の取得及び売却については、起案部署である不動産投資各部が起案し、不動産統括部長の承認、コンプラ
       イアンス・オフィサーの事前審査、投資委員会の審議及び決議並びにコンプライアンス委員会の審議及び決議を
       経て、取締役会に上程され、取締役会において審議及び決議されることにより、決定されます。ただし、当該資
       産の取得又は売却が、利害関係者取引である場合には、取締役会の決議後、更に本投資法人の役員会に上程さ
       れ、本投資法人の役員会において審議及び承認の決議並びに当該決議に基づき本投資法人による同意がなされる
       ことにより、決定されます。なお、かかる意思決定手続の過程において否決された議案は、起案部署に差し戻さ
       れるものとされています。
      ④ 投資運用に関するリスク管理体制の整備状況











        本資産運用会社が、本投資法人の資産運用に関して整備しているリスク管理体制については、後記「3                                               投資リ
       スク (2)     投資リスクに対する管理体制」をご参照ください。
                                 23/250






                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (5)【投資法人の出資総額】
                                     (本書の日付現在)
      出資総額                                161,283百万円
      発行可能投資口総口数                                 20,000,000口

      発行済投資口の総口数                                  4,431,133口

       最近5年間における出資総額及び発行済投資口の総口数の増減は、以下のとおりです。

                            出資総額(百万円)            発行済投資口の総口数(口)
         年月日          摘要                                   備考
                            増減       残高       増減       残高
       2017年5月24日           公募増資           9,661      109,702       71,400      965,400      (注1)

       2017年6月12日          第三者割当増資             487     110,189        3,600      969,000      (注2)

       2018年5月1日          投資口の分割             -    110,189       969,000      1,938,000       (注3)

       2018年5月1日        合併による割当交付               -    110,189      1,824,091       3,762,091       (注4)

       2019年6月10日           公募増資          37,162      147,351       501,500      4,263,591       (注5)

       2019年7月9日         第三者割当増資            1,858      149,210       25,075     4,288,666       (注6)

       2021年11月1日           公募増資          11,652      160,862       137,500      4,426,166       (注7)

       2021年11月29日          第三者割当増資             420     161,283        4,967     4,431,133       (注8)

      (注1) 1口当たり発行価格139,912円(発行価額135,320円)にて、新規物件の取得資金の調達を目的として、公募により新投資口を発行
         しました。
      (注2) 1口当たり発行価額135,320円にて、新規物件の取得に伴う短期借入金の一部の返済資金に充当することを目的として、第三者割
         当により新投資口を発行しました。
      (注3)    2018年4月30日を分割の基準日とし、2018年5月1日を効力発生日として、投資口1口につき2口の割合による投資口の分割を行いま
         した。
      (注4)   本投資法人合併に当たって、2018年5月1日付でSHIの投資口1口に対し本投資法人の分割後の投資口1.65口を割当交付し、
         1,824,091口の新投資口を発行しました。
      (注5)    1口当たり発行価格76,537円(発行価額74,103円)にて、新規物件の取得資金の調達を目的として、公募により新投資口を発行し
         ました。
      (注6)    1口当たり発行価額74,103円にて、新規物件の取得に伴う短期借入金の一部の返済資金に充当することを目的として、第三者割当
         により新投資口を発行しました。
      (注7)    1口当たり発行価格87,574円(発行価額84,744円)にて、新規物件の取得資金の調達を目的として、公募により新投資口を発行し
         ました。
      (注8)    1口当たり発行価額84,744円にて、新規物件の取得資金の調達を目的として、第三者割当により新投資口を発行しました。
                                 24/250









                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (6)【主要な投資主の状況】
       当期末現在における主要な投資主の状況及び所有者別状況は以下のとおりです。
      ① 主要な投資主の状況
                                                  発行済投資口の
                                                  総口数に対する
                                         所有投資口数
          氏名又は名称                   住所
                                                 所有投資口数の割合
                                           (口)
                                                   (%)   (注)
      株式会社日本カストディ
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号                       973,034            22.69
      銀行(信託口)
      日本マスタートラスト
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                       725,159            16.91
      信託銀行株式会社(信託口)
      積水ハウス株式会社               大阪府大阪市北区大淀中1丁目1番88号                       200,750            4.68
      野村信託銀行
                     東京都千代田区大手町2丁目2番2号                       154,911            3.61
      株式会社(投信口)
      株式会社日本カストディ
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号                       132,291            3.08
      銀行(証券投資信託口)
      SMBC日興証券株式会社               東京都千代田区丸の内3丁目3番1号                       131,080            3.06
      STATE   STREET   BANK  WEST
                     1776   HERITAGE     DRIVE,NORTH      QUINCY,MA
                                            61,823            1.44
                     02171,U.S.A.
      CLIENT   - TREATY   505234
      JP  MORGAN    CHASE
                     25  BANK   STREET,CANARY       WHARF,LONDON,
                                            52,030            1.21
                     E14  5JP,UNITED      KINGDOM
      BANK   385781
      日本証券金融株式会社               東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号                       49,126            1.15
      全国信用協同組合連合会               東京都中央区京橋1丁目9番5号                       42,614            0.99

                      合計                     2,522,818             58.83

      (注) 「発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合」は、小数第3位を四捨五入して記載しています。
      ② 所有者別状況

                                    投資口の状況
           区分
                      金融機関        その他の
                                     外国法人等        個人その他          計
                    (証券会社を含む)          国内法人
      投資主数(人)                    222        327        300      17,788        18,637

      投資主数の割合(%)                   1.19        1.75        1.61       95.44       100.00

      所有投資口数(口)                3,035,554         271,440        703,511        278,161       4,288,666

      所有投資口数の割合(%)                  70.78        6.33       16.40        6.49       100.00

      (注) 割合については、小数第3位を四捨五入して記載しています。
                                 25/250







                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    2【投資方針】
     (1)【投資方針】
      ① 基本理念
        本投資法人は、       積水ハウスと理念を共有し、              全てのステークホルダーと共に発展することを目的とし、資産運
       用を通じて、質の高い社会資本の提供と投資主価値の最大化を目指すことを基本理念としています。また、基本
       理念に基づく本投資法人のビジョンを以下のとおり定めています。
                             資産運用を通じて

                           人・社会・未来を豊かにする
                             投資主価値の最大化

                            質の高い社会資本の提供
                          人生100年時代をリードするREIT
        本投資法人は、かかる基本理念を打ち立てるに際し、資産の運用を委託する本資産運用会社の親会社である積

       水ハウスとその取組み(人間性豊かな住まいと環境の創造に取り組み、全ての人々が快適に暮らせる社会の構築
       に寄与できる「住環境創造企業」を目指すこと)を共有しています。すなわち、積水ハウスは、住まいとまちが
       作り出す住環境を人の大切な生活基盤と受け止め、新しい時代の社会資本となる都市開発に取り組んでいます。
       また、自然と共生し、時が経つほどに美しさが高まる「経年美化」の思想に基づき、都市空間、住環境を創造
       し、質の高い社会資本を提供していくことを目指しており、これらを実現することで、人間性豊かな住まいと環
       境の創造に取り組み、全ての人々が快適に暮らせる社会の構築に寄与できる「住環境創造企業」となることを目
       指しています。更に、積水ハウスは、住宅を基軸としたサステナブル社会(持続可能な社会)の実現を目指して
       おり、「住まいづくり」及び「まちづくり」を通じて地球温暖化、エネルギー問題、生態系の破壊等を含む様々
       な社会課題に取り組んでいます。
        本投資法人は、かかる基本理念の背景として、主な投資対象と位置付ける居住用不動産及び商業用不動産等の
       キャッシュ・フローの源泉となるテナントにおいて、入居者の「持続可能な生活拠点」又はテナント企業の「持
       続可能な事業活動拠点」に適した立地(本投資法人は、このような立地を「戦略的立地」と呼称します。以下同
       じです。)に所在している不動産、及び快適性や安全性など住居としての高い基本性能やテナント企業が求める
       機能性等(本投資法人は、これらの要素を個別に又は総称して「高品質」と呼称します。以下同じです。)を有
       する不動産に対するニーズが高まりつつあるとの基本認識を有しています。
        本投資法人は、かかる基本理念及び基本認識の下、主な投資対象の中でも、戦略的立地に所在する高品質な居
       住用不動産及び商業用不動産等を、中長期にわたる安定した収益の確保が期待される投資対象であると考え、こ
       れをプライム・プロパティと呼称し、重点的な投資対象とします(以下、本投資法人が重点的な投資対象とする
       かかる居住用不動産及び商業用不動産等を「プライム・プロパティ」といいます。)。
        本投資法人は、これまでに居住用不動産及び商業用不動産等を開発し、運営してきた豊富な実績を有する積水
       ハウスの不動産開発力及び運営力等を、スポンサーサポートを通じて最大限に活用する成長戦略を推進すること
       で、中長期にわたる安定した収益の確保と着実な運用資産の成長を実現し、投資主価値を最大化することを目指
       します。
      ② 基本方針

      (イ)「戦略的立地」と「高品質」を柱とするプライム・プロパティへの重点投資
        本投資法人は、前記「①            基本理念」に記載のとおり、プライム・プロパティへの投資を行いますが、プライ
       ム・プロパティを選別して投資する際は、戦略的立地に所在しており、かつ、高品質を有しているかを見極める
       基準として、居住用不動産及び商業用不動産等において、それぞれキャッシュ・フローの源泉となる入居者が
       「持続可能な生活拠点」として又はテナント企業が「持続可能な事業活動拠点」として不動産に求める要素を重
       視します。
        本投資法人は、この「入居者が『持続可能な生活拠点』として又はテナント企業が『持続可能な事業活動拠
       点』として不動産に求める要素」には、(a)経済圏、(b)利便性、(c)機能性/居住性、(d)環境配慮、(e)事業継続
       計画(Business        Continuity      Planning)(以下「BCP」といいます。)/安全性、及び(f)ブランドの6つの要素が
       あると考えており、これらの6つの要素を投資の着眼点として重視し分析した上で総合的判断を行うことにより、
       当該不動産が、戦略的立地に所在しており、かつ、高品質を有しているか、すなわちプライム・プロパティに該
       当するかについて見極め、投資判断を行う方針です。
        また、本投資法人が重点的な投資対象と位置付けるプライム・プロパティにおいては、立地や機能性の観点か
       ら十分な競争力があると判断されるものの、一定以上の築年数が経過している物件等を取得する場合も想定され
       ます。こうした物件の取得に際しては、取得後における将来的な本投資法人の収益性に対する影響及びその対処
       に関わるリニューアル・バリューアップ等の戦略等について、積水ハウスをはじめとする関係者との協働により
                                 26/250


                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       検討の上、判断していく方針です。加えて、本投資法人は、プライム・プロパティに該当する居住用不動産及び
       商業用不動産等以外にも、ポートフォリオの収益性の向上に資することが期待される物件については、中長期的
       に 安定した収益の確保が見込まれるか慎重に検討の上、厳選して投資を行う方針です。
        更に、本投資法人は、規約第33条第2項に基づき、投資エリアを主として国内とするとともに、海外に対しても
       投資できると定めており、上記の居住用不動産及び商業用不動産等への投資方針(投資戦略)と基本的に同様の
       方針の下、海外に所在する居住用不動産及び商業用不動産等への投資を行う方針です                                       (注)  。なお、本投資法人が海
       外に所在する不動産に投資する場合には、原則として積水ハウス、又は積水ハウスが出資する事業体等が開発に
       関与し、当該国・地域での信頼のおける不動産運営事業者が運営している不動産又は当該不動産を裏付けとする
       資産を投資対象とする方針です。
       (注) 海外不動産投資に関する基本的な方針に本書の日付現在において特段の変更はありませんが、海外不動産投資を取り巻く現行の
         法制度及び税制度の進展状況、為替変動をはじめとした投資に関わるリスク、また、これらも背景の一つとして考えられる海外
         不動産投資に対する投資家の懸念、並びに本投資法人による投資スキームの検討状況等に鑑み、本投資法人としては、本書の日
         付現在において海外不動産への投資は時期尚早であると判断しており、かかる状況について一定の変化や改善等が確認できるま
         での少なくとも当面の間は、海外不動産投資全般に関して慎重姿勢をとる方針です。以下同じです。
      (ロ)積水ハウスグループによる多様なサポートを最大限に活用した成長戦略

        本投資法人は、積水ハウスとの間でスポンサー・サポート契約を締結し、積水ハウスの有する都市再開発事業
       に関する実績やノウハウを活用して、(a)積水ハウスが保有又は開発する国内不動産等の売却に関する優先交渉権
       の付与、(b)第三者が国内において保有又は開発する不動産等に関する情報提供、(c)ウェアハウジング機能の提
       供及び(d)保有資産の再開発サポートといった、外部成長のための物件取得に向けたサポート(パイプラインサ
       ポート)を積水ハウスより受けることができます。
        また、積水ハウスグループに属する積水ハウス不動産各社(6社)との間で優先交渉権(等)に関する契約を締
       結し、特に居住用不動産について、積水ハウス不動産各社(6社)が保有又は開発する国内不動産等の売却に関す
       る優先交渉権の付与といった、外部成長のための物件取得に向けたサポートを積水ハウス不動産各社(6社)から
       受けることができます。
        積水ハウス及び積水ハウス不動産グループは、(a)テナントリレーションに基づくPM力、(b)不動産開発事業者
       としての大規模修繕、リニューアル・バリューアップ及び再開発等による不動産価値の維持・向上を図るノウハ
       ウ、並びに(c)様々なタイプのマスターリース事業を展開するノウハウを有しています。
        本投資法人と本資産運用会社は、積水ハウスとの間でスポンサー・サポート契約を締結することにより、保有
       資産の運用に関わる(i)テナント満足度の向上又は省エネルギー・環境配慮等をはじめとするリニューアル・バ
       リューアップ等に資する技術及びノウハウの提供、(ii)本投資法人の運営に必要なノウハウの提供を含む人的サ
       ポート、並びに(iii)商業用不動産等に関するマスターリース契約の締結協議等のサポートを受けることができま
       す。
        本投資法人は、これらの外部成長及び内部成長のための積水ハウス                               を中核事業とする        積水ハウスグループの多
       様なサポートを成長戦略に最大限に活用し、安定的な収益の確保と運用資産の着実な成長を実現し、投資主価値
       を最大化することを目指します。
      (ハ)投資主利益を重視した仕組みの採用

        本投資法人は、上記のとおり、スポンサーである積水ハウスの多様なサポートを成長戦略に最大限に活用して
       いくことで、投資主価値を最大化することを目指しますが、一方で、積水ハウスをはじめとする本資産運用会社
       の利害関係者(以下、本(ハ)において「積水ハウス等」といいます。)と本投資法人との利益相反により投資主
       利益を損なうことがないよう、本投資法人及び本資産運用会社においては、第三者性を確保したガバナンス体制
       を構築しています。具体的には、(a)投資委員会及びコンプライアンス委員会における各議決に際しては、積水ハ
       ウス等との間に特別の利害関係を有していない専門家の中から選任した外部委員の出席及び賛成を必須とする仕
       組みや、(b)コンプライアンス・オフィサー及び外部委員の選任及び解任に際しては、積水ハウス等と利害関係の
       ない専門家が監督役員を務める投資法人役員会の承認を必要とする仕組みを取り入れています(かかる第三者性
       を確保したガバナンス体制の詳細については、前記「1                          投資法人の概況 (4)          投資法人の機構 ③          投資運用の意
       思決定機構」をご参照ください。)。
        また、上記のガバナンス体制の構築以外にも、(a)積水ハウスによる本投資口の保有、(b)本投資法人と積水ハ
       ウスとの物件の共有又は区分所有の依頼・検討に関する、本資産運用会社と積水ハウスとの間の合意、及び(c)本
       投資法人と本資産運用会社の間で業績連動型の資産運用報酬を導入すること等により、本投資法人の投資主及び
       スポンサーである積水ハウスの利益の一致を図っています。
                                 27/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ニ)安定的かつ健全な財務運営
        本投資法人は、中長期的に安定収益の確保及び投資主価値の向上のために安定的かつ健全な財務運営を行って
       いく方針です。具体的には、スポンサーである積水ハウスの信用力を背景にメガバンク中心の国内有力金融機関
       との強固かつ安定的な取引関係を築くとともに、固定金利及び変動金利の最適なバランスを図りつつ、借入期間
       の長期化を検討し、返済期限の分散化等を図ることで、リファイナンスリスクや金利変動リスクを低減していく
       方針です。
        また、総資産LTVについては、60%を上限の目処としていますが、当面は50%程度を上限の目処とした保守的な
       運営方針とし、巡航水準を40%台半ばとして資金余力の確保に留意しながら運営する方針です。加えて、本投資
       法人は、資金効率の向上に向けた最適なキャッシュ・マネジメントを図っていく方針です(かかる財務運営の詳
       細については、後記「⑦            財務方針 (ロ)        デット・ファイナンス」及び同「(ハ)                  キャッシュ・マネジメント」を
       ご参照ください。)。
      ③ 投資戦略

      (イ)プライム・プロパティへの重点投資
        本投資法人は、前記「①            基本理念」に記載のとおり、主としてプライム・プロパティへ重点的に投資を行うこ
       とを通じて、中長期にわたる安定した収益の確保の実現を目指します。
        居住用不動産に係る国内における主たる投資対象地域については、東京圏を重点投資エリアと位置付け、その
       中でも、入居者の「持続可能な生活拠点」に適した立地及び快適性や安全性などの住居としての高い基本性能等
       を備えたプライム・プロパティが数多く存在すると考えられ、豊富な賃貸需要と優良な物件供給が期待できると
       考える東京23区を中心に投資することとし、また、積水ハウス及び積水ハウス不動産各社(6社)のネットワーク
       を最大限活用できる政令指定都市をはじめとする東京圏以外の全国主要都市及びその周辺通勤圏にも投資を行い
       ます。
        商業用不動産等に係る国内における主たる投資対象地域については、我が国の経済活動の中心になり、テナン
       ト企業の「持続可能な事業活動拠点」に適した立地及び機能性を備えたプライム・プロパティが数多く存在する
       と考えられ、また、積水ハウスの開発実績に基づき知見がある東京23区、大阪市及び名古屋市の三大都市を中核
       とする三大都市圏を重点投資エリアと位置付け、その中でも、テナント企業の事業活動の拠点としての需要の厚
       みを背景として安定的な運用が期待できると考える三大都市を中心に投資することとします。また、三大都市圏
       以外の全国主要都市も投資対象地域としています。
        海外においては、国内不動産に関わる投資戦略と基本的に同様の方針の下、海外に所在する居住用不動産及び
       商業用不動産等への投資を行うこととし、積水ハウスの開発実績に基づき知見があるシンガポール、オーストラ
       リア及びアメリカを中心的な投資対象地域に位置付けています。
       a. 本投資法人が着目する「戦略的立地」及び「高品質」について

         居住用不動産については、入居者の生活の拠点として用いられるものであることから、その生活の拠点に適
        した立地であること及び快適性や安全性等をはじめとする高い機能性を備えていることがとりわけ重要視さ
        れ、そのような立地及び機能性を備えた居住用不動産は、入居者の「持続可能な生活拠点」として、相対的に
        高い賃貸需要が見込まれ、競争上の優位性を有していると、本投資法人は考えています。
         また、商業用不動産等については、テナント企業の事業活動の拠点として用いられるものであることから、
        その事業の活動の拠点に適した立地であること及び利便性等をはじめとする高い機能性を備えていることがと
        りわけ重要視され、そのような立地・品質を備えた商業用不動産等は、テナント企業の「持続可能な事業活動
        拠点」として、相対的に高い賃貸需要が見込まれ、競争上の優位性を有していると、本投資法人は考えていま
        す。
       b. プライム・プロパティに該当するかについて判断する際の着眼点

         本投資法人は、居住用不動産及び商業用不動産等への投資に際しては、前記「②                                      基本方針 (イ)「戦略的立
        地」と「高品質」を柱とするプライム・プロパティへの重点投資」に記載のとおり、居住用不動産及び商業用
        不動産等において、それぞれキャッシュ・フローの源泉となる入居者が「持続可能な生活拠点」として又はテ
        ナント企業が「持続可能な事業活動拠点」として不動産に求める要素を重視しています。本投資法人は、この
        「入居者が『持続可能な生活拠点』として又はテナント企業が『持続可能な事業活動拠点』として不動産に求
        める要素」には、(a)経済圏、(b)利便性、(c)機能性/居住性、(d)環境配慮、(e)BCP/安全性、及び(f)ブラン
        ドの6つの要素があると考えており、本投資法人は、これらの6つの要素を投資の着眼点として重視し分析した
        上で総合的判断を行うことにより、当該不動産が、戦略的立地に所在しており、かつ、高品質を有している
        か、すなわちプライム・プロパティに該当するかについて見極め、投資判断を行う方針です。
         なお、本投資法人が取得を検討する住居、オフィスビル又はホテルである不動産について、かかる6つの要素
        の分析結果を判断する際の着眼点は、以下のとおりです。
        <本投資法人によるかかる6つの要素及びその着眼点>
                                 28/250


                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ・住居についての具体的な例
                                                      関連事項
            要素                     着眼点
                                                       (注1)
                   ■  通勤圏   (注2)  内・居住人口・駅乗降客数等の観点から安定的な賃貸需
          (a)経済圏                                             立地
                    要の期待できるエリア
                   ■  主要交通路線や主要ターミナルへの良好なアクセス、商業店舗等の
          (b)利便性                                             立地
                    併設
                   ■  居住空間としての快適性を与える設計と機能的な設備の設置
          (c)居住性                                             品質
                   ■  快適な共用空間や機能的な設備の設置、サービスの提供
                   ■  共用部及び専有部の省エネ設備等により環境性能を具備
          (d)環境配慮                                             品質
                   ■  生物多様性に配慮した植栽やランドスケープデザイン
                   ■  災害に対してリスクマネジメントに配慮された建物
                                                       立地
          (e)安全性
                   ■  安全性の高い立地、建物の耐震性、災害時の強靭性                                   品質
                   ■  エリアとしての人気、物件の認知度
                                                       立地
          (f)ブランド
                   ■  建物グレード・デザイン性等、品質の高さ                                   品質
         ・オフィスビルについての具体的な例

                                                      関連事項
            要素                     着眼点
                                                       (注1)
                   ■  商圏人口・居住人口・駅乗降客数等、経済圏としての厚み
          (a)経済圏                                             立地
                   ■  主要交通路線からの良好なアクセス
          (b)利便性                                             立地
                   ■  通勤・集客に資する利便性・商業集積・繁華性等
                   ■  テナント企業の生産性向上につながる快適性を備えた機能設計
          (c)機能性                                             品質
                   ■  十分な基準階床面積やゆとりある空間設計等
                   ■  省エネ、屋上緑化等、環境性能を具備
          (d)環境配慮                                             品質
                   ■  「事業継続性」の基盤となる重要施設を提供
                                                       立地
          (e)BCP
                   ■  災害に対する立地・スペック両面からの耐性                                   品質
                                                       立地
                   ■  エリアとしての品位や建物としての高級感・清潔感
          (f)ブランド
                                                       品質
         ・ホテルについての具体的な例              (注3)

                                                      関連事項
            要素                     着眼点
                                                       (注1)
                   ■  観光・レジャー・ビジネスにおいて集客に適した立地
          (a)経済圏                                             立地
                   ■  観光資源への良好なアクセス、               集客に資する利便性         又は  商業集積    若
          (b)利便性                                             立地
                    しくは   繁華性   のいずれかを満たす立地
                   ■  利用者に配慮したプランニング・施設配置等、                      快適な共用空間・客
          (c)機能性                                             品質
                    室を備えた     空間構成
                   ■  生物多様性に配慮した植栽やランドスケープデザイン
          (d)環境配慮                                             品質
                   ■  「事業継続性」の基盤となる重要施設を提供
          (e)BCP・                                             立地
             安全性      ■  災害に対する立地・スペック両面からの耐性                                   品質
                                                       立地
                   ■  エリアとしての品位や建物としての高級感・清潔感
          (f)ブランド
                                                       品質
         (注1) 「関連事項」に記載された「立地」は戦略的立地を、「品質」は高品質を、それぞれ意味し、上記各要素が優れているこ
            とが、戦略的立地に所在することと高品質を有することのいずれに強く関連すると本投資法人が分析しているかについて
            記載しています。上記は本投資法人における分析を簡略化して示したものであり、当該要素が優れている不動産が、戦略
            的立地に所在すること又は高品質を有することを保証又は約束するものではありません。
         (注2) 「通勤圏」とは、対象の都市の中心部から概ね30分程度の所要時間にて通勤可能な周辺部をいいます。以下同じです。
         (注3) ホテルに関するプライム・プロパティの判定に際しては、上記「ホテルについての具体的な例」の6要素を投資の着眼点と
            して重視し、分析した上で、後記「⑤               投資方針 (ロ)       投資基準 a.      用途別 iii     ホテル (ii)      立地」に定めるエリア
            クラスのうちSクラス及びAクラスに該当するエリアに所在し、かつ、後記「⑤                               投資方針 (ロ)       投資基準 a.      用途別 
            iii  ホテル (v)     ブランド」に定める        Upscale以上のホテルクラスであるものはいずれもプライム・プロパティに該当す
            るものとします。その他については、個別物件の状況に照らしてプライム・プロパティに該当するか否かを判断するもの
            とします。
                                 29/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         また、本投資法人は、プライム・プロパティに該当する不動産以外にも、独自の市場性を有する物件や、当
        該エリアにおいて特筆するランドマーク性を有する物件、ポートフォリオの収益性の向上に資することが期待
        される物件については、プライム・プロパティに該当しないと判断される場合であっても、中長期的に安定し
        た収益の確保が見込まれるかについて慎重に検討の上、総合的判断から厳選して投資を行うことがあります。
      (ロ)海外不動産への投資

        本投資法人は、国内不動産に関わる投資戦略と基本的に同様の戦略の下、海外に所在する居住用不動産及び商
       業用不動産等への投資も行っていく方針です。すなわち、成長戦略の主軸である国内不動産への投資に組み合わ
       せ、海外不動産への投資機会の確保による外部成長余地の拡大及び当該国・地域における経済成長や人口増加等
       に伴う不動産から創出されるキャッシュ・フローの増加による内部成長を追求する投資を行うことで、中長期の
       視点に立った運用資産の着実な成長と安定的な収益の確保を目指す戦略を掲げています。
        投資対象とする海外不動産については、国内不動産と同様、プライム・プロパティを中心に投資を行います。
       また、本投資法人は、海外不動産への投資に当たっては、政治動向、人口動態、経済成長等マクロ的な観点を踏
       まえ、各国の不動産市場動向・制度及び規則等を含めた投資対象資産の位置する市場を総合的に分析します。ま
       た、投資収益性と投資に関わる潜在的リスクの検証(投資適格性の検証)に加え、取得後の現地における管理・
       運営(リスク管理)の実施が必要になることから、原則として、スポンサーである積水ハウス、又は積水ハウス
       が出資する事業体等が開発に関与し、当該国・地域での信頼のおける不動産運営事業者が運営し、本投資法人
       が、投資判断における充分な情報及び管理・運営面のサポートを容易に得られる不動産を投資対象とする方針で
       す。本投資法人の海外不動産に関する投資対象地域は、積水ハウスの開発実績に基づき知見があるシンガポー
       ル、オーストラリア及びアメリカを中心的な投資対象エリアとしています。また、各国の法制度、会計制度、税
       制等のリスクや投資及び収益還元に関連する為替リスク等も総合的に勘案し、慎重に投資を行う方針です。
        積水ハウスは、海外不動産事業を、原則として、当該国・地域における有力な不動産開発・運営事業者(以下
       「現地パートナー」といいます。)との協働事業として取り組んでいます。そのため、本投資法人が海外不動産
       への投資を検討する際には、当該現地パートナーが当該物件に対して有する運営力等も重視して、投資判断を行
       う方針です。
        なお、本書の日付現在、本投資法人が取得を予定している海外不動産はありません。今後、上記投資戦略及び
       投資方針に適合し、本投資法人のポートフォリオの質的な向上や中長期的に安定的な収益の確保が期待できるこ
       と(運営状況のトラックレコード及び当該不動産の収益が既に安定化していることの確認を含みます。)等の観
       点から、投資主価値の向上に資すると総合的に判断できる海外不動産について、投資を検討していく方針です。
        また、海外不動産への投資に当たっては、当該国及び地域における経済成長及び人口動態等に加え、法制度、
       税制度、会計制度、政治制度及び文化的親和性等の各種の観点からの複合的な検証を行うほか、(a)カントリー・
       リスク、(b)オペレーショナル・リスク及び(c)為替リスクについても考慮しながら、慎重に判断します。なお、
       本投資法人が考える海外不動産への投資のリスクについては、後記「3                                 投資リスク (1)        リスク要因 ②        本投資
       法人の運用方針に関するリスク (ヨ)                  海外不動産等への投資に関するリスク」をご参照ください。
      ④ 成長戦略

      (イ)外部成長戦略
       a. 積水ハウスのスポンサーサポートを活用した外部成長戦略
        -積水ハウスの物件供給力を活用した資産規模の拡大-
         本投資法人は、スポンサーである積水ハウスと締結したスポンサー・サポート契約に基づき、日本を代表す
        るハウスメーカーである同社の有する賃貸住宅等の設計、施工及び請負等やオフィスビル開発を含む多数の大
        規模な都市再開発事業に関わる実績とノウハウを各物件の特性に応じて活用し、着実な外部成長を図っていく
        方針です。
         本投資法人は、スポンサー・サポート契約を、本投資法人及び本資産運用会社並びに積水ハウスとの間で締
        結しています。
         本投資法人は、スポンサー・サポート契約に基づいて、(a)積水ハウスが保有又は開発する国内不動産等の売
        却に関する優先交渉権の付与、(b)第三者が国内において保有又は開発する不動産等に関する情報提供、(c)
        ウェアハウジング機能の提供、及び(d)保有資産の再開発サポートを受けることができます。
         物件の情報の獲得の面からは、積水ハウスが、自ら投資対象不動産等(積水ハウスが保有又は開発する日本
        国内の不動産等のうち、積水ハウスが本投資法人の投資基準に適合するものと合理的に判断する不動産等をい
        います。以下、本a.において同じです。)を売却しようとする場合、原則として第三者への提供に優先して本
        資産運用会社に当該売却関連の情報が提供され、本資産運用会社が購入の申込みをした場合には、更に所定の
        期間、本資産運用会社との間でのみ、売買の条件について誠実に協議するものとされています((a)積水ハウス
        が保有又は開発する国内不動産等の売却に関する優先交渉権の付与)。また、積水ハウスは、本投資法人の投
        資基準に適合するものと合理的に判断した国内における不動産等を第三者が売却しようとする旨の情報を入手
        した場合には、当該売却関連情報を第三者への提供に優先して本資産運用会社に提供するよう努めるものとさ
                                 30/250


                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        れています((b)第三者が国内において保有又は開発する不動産等に関する情報提供)。本投資法人は、これら
        の積水ハウスからのサポートにより、プライム・プロパティに関する物件の情報を第三者に優先して獲得し、
        本 投資法人の外部成長の原動力とすることを目指します。
         なお、本書の日付現在、本投資法人が有する優先交渉権の状況は、以下のとおりです。
         <本投資法人が有する優先交渉権の状況>
                              対象                   未取得準共有持分
            対象物件名称           所在地               優先交渉期間
                                                    (注1)
                              用途
                       東京都      オフィス
          赤坂ガーデンシティ                           2019年6月10日より               34.55%
                        港区       ビル
         ザ・リッツ・カールトン              京都府
                              ホテル       2019年1月31日より               51.00%
              京都         京都市
         (注1) 「未取得準共有持分」とは、上記の物件について設定された信託受益権について、本投資法人が取得に関わる優先交渉権を
            有する未取得準共有持分の割合をいいます。なお、未取得準共有持分は、「赤坂ガーデンシティ」については、建物のう
            ち、現所有者(積水ハウス)が保有する地下1階から4階まで及び11階から19階までの専有部分の全てに係る区分所有権とそ
            れに伴う敷地権(敷地権割合:1,000,000分の662,768(約66.3%)に係る不動産信託受益権の準共有持分34.55%であり、
            「ザ・リッツ・カールトン京都」については、物件全体に係る不動産信託受益権の準共有持分51.00%です。
         (注2) 上記の未取得準共有持分に関して、本書の日付現在、本投資法人による具体的な取得の予定はありません。また、本投資法
            人による取得が義務付けられ、又は保証されているものではありません。
         また、物件の取得機会の確保の面からは、本資産運用会社は、第三者が保有している不動産等を積水ハウス

        が購入し、本投資法人への売却を前提として一時的に保有する手法であるウェアハウジングを積水ハウスに依
        頼でき、この場合、積水ハウスはかかる依頼を真摯に検討することとされています((c)ウェアハウジング機能
        の提供)。本投資法人は、かかる積水ハウスからのサポートにより、本投資法人による直接取得が困難な場面
        においても、積水ハウスがウェアハウジングを行い、その後に本投資法人が積水ハウスから物件を購入する可
        能性を創出することで、本投資法人の将来の物件取得の可能性を高め、もって本投資法人の取得機会を最大化
        することを目指します。
         本投資法人は、かかる積水ハウスのサポートを各物件の特性に応じて活用し、外部成長の効果的なドライ
        バーとする方針です。
       b. 積水ハウス不動産各社(6社)との優先交渉権を活用した外部成長戦略

        -積水ハウス不動産各社(6社)からの物件取得ルートの更なる強化-
         積水ハウスグループにおける不動産部門(売買、分譲、賃貸借、物件管理・運営、リフォーム等)を展開す
        る積水ハウス不動産グループは、いずれも不動産売買の仲介、賃貸住宅におけるリーシング及び管理・運営等
        を業務内容とする不動産総合企業として、地域毎の営業戦略をもってそれぞれ全国各地で事業を展開してお
        り、地元に密着することで得られる各地域の賃貸住宅マーケット情報を活用して賃貸住宅の企画・開発やその
        価値を認めた外部の物件に投資・保有を行っています。
         本投資法人は、積水ハウス不動産各社(6社)からの居住用不動産に係る物件取得ルートの更なる強化を図る
        べく、積水ハウスからの物件取得ルートに加えて、積水ハウス不動産東京をはじめとする積水ハウス不動産各
        社(6社)とそれぞれ優先交渉権(等)に関する契約を締結し、積水ハウス不動産各社(6社)との協働体制を
        確立しています。これにより、物件取得ルートを東京圏のみならず全国主要都市にも展開し、本投資法人の居
        住用不動産に係る投資対象地域を網羅することが可能な積水ハウス不動産各社(6社)のパイプラインサポート
        を活用して外部成長を図っていく方針です。
         本投資法人及び本資産運用会社は、積水ハウス不動産東京との間でそれぞれ優先交渉権等に関する契約を締
        結しており、当該契約に基づき(a)積水ハウス不動産東京が保有又は開発する国内不動産等の売却に関する優先
        交渉権の付与、(b)第三者が国内において保有又は開発する不動産等に関する情報提供を受けることができま
        す。また、本投資法人及び本資産運用会社は、積水ハウス不動産東北、積水ハウス不動産中部、積水ハウス不
        動産関西、積水ハウス不動産中国四国及び積水ハウス不動産九州との間でそれぞれ優先交渉権に関する契約を
        締結しており、当該契約に基づき(a)積水ハウス不動産東北、積水ハウス不動産中部、積水ハウス不動産関西、
        積水ハウス不動産中国四国及び積水ハウス不動産九州が保有又は開発する国内不動産等の売却に関する優先交
        渉権の付与を受けることができます。
         本投資法人は、これらの積水ハウス不動産各社(6社)からのサポートを活用することにより、居住用不動産
        を中心とする安定的な物件取得機会を確保していく方針です。
                                 31/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       c. 本資産運用会社の独自のノウハウ等を活用した外部成長戦略
        -本資産運用会社独自のルートによる第三者からのソーシング-
         本資産運用会社は、積水ハウスにおいて都市再開発事業(本投資法人の主な投資対象となる居住用不動産及
        び商業用不動産等の開発・運営・管理等)を長年にわたり経験したメンバーとJ-REITの資産運用会社において
        資産運用を長年にわたり経験したメンバーを中心に構成されています。本資産運用会社は、積水ハウスからの
        情報提供に基づく資産取得による外部成長のみならず、かかるメンバーが積水ハウスでの開発・運営又はJ-
        REITの資産運用会社における資産運用等で培った資産取得に関する独自のノウハウと情報収集ネットワークを
        活用して、本投資法人の外部成長を目指します。
      (ロ)内部成長戦略

        本投資法人は、積水ハウスとの間で                 締結したスポンサー・サポート契約に基づくサポートをはじめとする積水
       ハウスグループの不動産賃貸事業に係るノウハウ及び全国ネットワークを内部成長に活用します。更に、積水ハ
       ウスグループ以外のPM会社ともリレーション構築に努め、PM業務を委託することで、積水ハウスグループ以外の
       者が持つノウハウを集約し、内部成長に活用します。
       a. テナントリレーションに基づくプロパティ・マネジメント

         本投資法人は、       積水ハウスグループその他のPM業務を行う会社の中から、テナントリレーション、新規テナ
        ントリーシングに関する情報網、営業力、建物運用能力等に照らし、各運用資産の特性に応じて最適と判断さ
        れる者にPM業務を委託することで、内部成長をより効果的に達成することを目指します。なお、PM業務の委託
        を行わなくても運用資産の管理・運営等に支障がないと判断する場合には、PM業務の委託を行わず、本資産運
        用会社が自らPM業務を行う場合があります。                     PM会社と協働して、テナントニーズを反映したきめ細かい対応を
        行い、テナント満足度の向上と解約によるテナント流出の回避に努めることで、賃料及び稼働率の維持向上を
        図る方針です。
       b. PM会社等の有するノウハウを活用した運営管理

         本投資法人は、各運用資産において、PM会社等と協働の上、運営管理の効率化及び管理費用の随時見直しに
        より、   コストマネジメント         に努める方針です。管理費用の削減に際しては、各運用資産の競争力及びテナント
        満足度の維持向上を図りつつ、総合的な観点から、以下のような一連のコストマネジメントを実施します。
        ・  テナント退去後の原状回復費用及び予防保全の観点での計画修繕等工事に関する品質・コスト・工程の適切
         な管理
        ・  運営管理の効率化と管理費用の適正化
        ・  リーシングコストの適正化
        ・  省エネ機器等の新技術の導入によるエネルギー使用量の削減に伴う水道光熱費のコストダウン
         また、本投資法人は、かかる              コストマネジメント         の実施に当たり、PM会社等の持つコストマネジメントに関
        するノウハウを運用資産の特性に応じて活用することで、本投資法人が保有する運用資産のプレゼンスを高
        め、内部成長をより効果的に達成することを目指します。
       c. リニューアル・バリューアップ等を通じた不動産価値の維持・向上を図る取組み

         本投資法人は、各運用資産のPM会社等と協働の上、入居者及びテナント企業に対して、安全で快適な環境及
        び空間の提供と、その満足度を高める環境性能や高い機能性を確保するため、リニューアル・バリューアップ
        等を含む適切なメンテナンスを実施し、これらを通じて各運用資産の価値と競争力の維持・向上を図っていく
        方針です。また、本投資法人は、かかるメンテナンスの実施にあたりPM会社等のテナント満足度の向上又は省
        エネルギー・環境配慮等をはじめとするリニューアル・バリューアップ等に資する技術及びノウハウを活用
        し、各運用資産の競争力の維持及び向上を図る方針です。
       d. マスターリースの導入による円滑な資産運用

         本投資法人は、各運用資産の状況、賃料収入の安定性及び運営管理の効率性等の事情を総合的に勘案し、各
        運用資産の特性に応じて、テナントとの直接契約(ダイレクトリース)、パススルー型マスターリース又は賃
        料固定型マスターリース等の賃貸借スキームを採用する方針です(かかる本資産運用会社の賃貸借スキーム選
        定方針の詳細については、後記「⑥                 ポートフォリオ運営・管理方針 (イ)                  テナント管理・リーシング方針 
        c.  賃貸借スキーム選定方針」をご参照ください。)。また、取得を検討している商業用不動産等において、本
        資産運用会社が有効と判断した場合、スポンサー・サポート契約に基づき、本資産運用会社は積水ハウスとの
        間で各物件の特性に応じた形態によるマスターリース契約の締結等に向けた検討・協議を行うことができるも
        のとされています。本投資法人は、各商業用不動産等の特性に応じて積水ハウスをマスターレッシー                                                (後記
        「⑥   ポートフォリオ運営・管理方針 (イ)                   テナント管理・リーシング方針 c.                 賃貸借スキーム選定方針」
        に定義されます。)         に採用するなど、各運用資産の特性に応じた形態での賃貸借スキームを採用することで、
        高い信用力を有するテナントを確保しつつ、必要に応じて収益連動型賃料による運用資産の内部成長余力等を
        確保する等、円滑な資産運用に向けた施策を検討していく方針です。
                                 32/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ハ)海外不動産投資にかかる成長戦略
        本投資法人は、国内不動産に関わる投資戦略と基本的に同様の戦略の下、海外に所在する居住用不動産及び商
       業用不動産等への投資も行っていくに当たり、投資に関わるデュー・ディリジェンス(投資適格性の検証)の観
       点、取得後の管理・運営(リスク管理)の観点から、原則として積水ハウス、又は積水ハウスが出資する事業体
       等が開発に関与し、当該国・地域での信頼のおける不動産運営事業者が運営している不動産を投資対象とする方
       針です。
        本投資法人は、前記「②            基本方針 (イ)        「戦略的立地」と「高品質」を柱とするプライム・プロパティへの
       重点投資」に記載のとおり、海外不動産投資に際しては、原則として積水ハウス、又は積水ハウスが出資する事
       業体等が開発に関与し、当該国・地域での信頼のおける不動産運営事業者が運営している不動産又は当該不動産
       を裏付けとする資産を投資対象とする方針であり、投資対象地域は、積水ハウスの開発実績に基づき知見がある
       シンガポール、オーストラリア及びアメリカを中心的な投資対象エリアとしています。
        海外不動産の取得時期は、当該海外不動産の運営が軌道に乗り、安定した収益及びキャッシュ・フローの創出
       が確認された以降のタイミングを想定しており、中長期的な海外不動産への投資残高の増加と、運用資産に占め
       る海外不動産比率の増加を目指します。
      ⑤ 投資方針

      (イ)ポートフォリオ構築方針
        本投資法人は、主たる用途が住居又はオフィスビルである不動産をポートフォリオの中核資産として位置付
       け、用途別の投資比率及び中長期的な投資比率目標は、それぞれ以下を目途とします。
       <用途別投資比率>
                                              中長期的な
                                  投資比率
                       用途  (注1)
         主な投資対象資産
                                            投資比率目標      (注2)
                               (取得価格ベース)
          居住用不動産              住居          30%~55%             45%程度
                      オフィスビル            30%~55%             45%程度

          商業用不動産等              ホテル          0%~30%

                                              15%程度
                                           (ホテルは10%程度)
                      商業施設等           0%~10%
       (注1)   複合的な用途に供される不動産について、その主たる用途を判断するに際しては、以下に掲げる基準を参考として決定します。
         なお、複合的な用途に供される不動産には、一棟の建物が複合的な用途に供されている場合のほか、総合的設計制度等により複
         数の建物が一体として機能している場合又は複数の建物が隣接する場合も含みます。
         (i)    主たる用途は、原則として賃貸可能面積比率が過半を超える用途としますが、著しく収益性が異なるなど賃貸可能面積の
            比率により用途を決することが妥当でない場合には、賃料収入の比率等を考慮の上、総合的に判断します。
         (ii)    取得価格、不動産鑑定評価等のバリュエーション等において用途別の分別管理が可能な場合には用途毎に分割します。
         (iii)   取得価格、不動産鑑定評価等のバリュエーション上、群管理が必要となるような施設設計であり一体としての運用が望ま
            しい場合、群管理後の一体となった不動産で判断することも可能とします。
       (注2)   中長期的に目標とするポートフォリオにおける投資比率の目安を記載しています。当該各比率を達成することについて保証又は
         約束するものではなく、実際の投資比率は当該各比率と大幅に異なる可能性があります。
                                 33/250








                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        投資エリアは、主として国内とし、その比率は80%以上(海外への投資比率は20%未満)(取得価格ベース)
       を目途として運用します。国内への投資のうち居住用不動産については東京圏を、商業用不動産等については三
       大都市圏を重点投資エリアと位置付け、居住用不動産については、東京圏の中でも、豊富な賃貸需要と優良な物
       件供給が期待できると考える東京23区を中心に投資をしていく方針です。商業用不動産等については、重点投資
       エリアである三大都市圏の中でも、テナント企業の事業活動の拠点としての需要の厚みを背景として安定的な運
       用ができると期待できると考える三大都市を中心に投資をしていく方針です。なお、投資エリア毎の投資比率の
       詳細については、以下に記載の表のとおりとします。
       <居住用不動産の投資エリア別投資比率>
                                       投資比率
            区分            具体的なエリア
                                    (取得価格ベース)
                       (a)東京都
            東京圏           (b)神奈川県
                                       70%以上
         ≪重点投資エリア≫              (c)千葉県
                       (d)埼玉県
                       (a)政令指定都市等         (注)
          全国主要都市                            30%未満
                       (b)上記(a)の通勤圏
       (注)  「政令指定都市等」とは、東京圏以外の都市で、政令指定都市、中核市、施行時特例市及び県庁所在地のいずれかに該当するもの
         をいいます。
       <商業用不動産等の投資エリア別投資比率>

                                       投資比率
            区分            具体的なエリア
                                    (取得価格ベース)
                       (a)東京圏
           三大都市圏
                       (b)大阪圏                80%以上
         ≪重点投資エリア≫
                       (c)名古屋圏
            その他          三大都市圏以外の全国地域                 20%未満

      (ロ)投資基準

        本投資法人は、国内不動産及び海外不動産を取得するに際し、以下の投資基準により投資を行います。
        a. 用途別

         i. 住居
          (i)    投資金額    (注)   原則として3億円以上とします。ただし、区分所有物件の持分、共有物件の共有持
                    分、運用資産の隣接地の不動産又は運用資産と一体として機能している不動産を買い
                    増す場合には、この限りではありません(以下、投資金額について同じです。)。
                     (注) 「投資金額」とは、取得価格をいい、消費税等の諸費用(海外不動産の場合は、税金及び諸
                       費用)は含まず、海外不動産の場合は、邦貨換算額によります。ただし、国内不動産又は海
                       外不動産を保有する法人の株式や匿名組合出資等を含まず、これらの資産には、投資金額の
                       制限は適用しません。以下同じです。
          (ii)   立地       東京圏及び政令指定都市をはじめとする東京圏以外の全国主要都市並びにそれらの周
                    辺通勤圏を主たる投資対象地域と位置付け、そのうち特に東京圏を重点投資エリアと
                    し、中でも     東京23区    を中心に投資します。
          (iii)規模          原則として建物の延床面積が660㎡以上の物件を投資対象とします。
          (iv)   タイプ       本投資法人は、以下の住居タイプの物件を投資対象とします。その中でも、相対的に
                    高い賃貸需要と収益性が見込まれるシングル・コンパクトタイプを主な住居タイプと
                    する物件に加え、エリア特性を勘案し、安定的な収益性が見込まれるファミリータイ
                    プを主な住居タイプとする物件を主たる投資対象とします。
                    また、ラージタイプを主な住居タイプとする物件については、立地環境等を慎重に分
                    析の上、厳選して投資を行います。
                                 34/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       区分                        投資基準・分類方法
            ○主たるテナント
             単身生活者、会社都合による単身生活者
      シングル
            ○望ましい立地環境
             交通利便性、商業利便性が高い周辺住環境
            ○主たるテナント
             子供のいない共働きの夫婦、所得水準の高い単身生活者、会社都合による単身生活者及び夫婦、
     コンパクト        子供が独立した高齢の夫婦、自宅を仕事場とする独立事業者(SOHO)
            ○望ましい立地環境
             交通利便性、商業利便性が高く、文化施設至近の周辺住環境
            ○主たるテナント
             家族数2から4名程度の一般的家族、所得水準の高い単身生活者、会社都合による単身生活者、
     ファミリー        夫婦及び家族
            ○望ましい立地環境
             職場への通勤利便性、教育施設への通学利便性が高く、かつ閑静で治安良好な周辺住環境
            ○主たるテナント
             企業経営者、個人事業主、外国人駐在員等の富裕層
      ラージ      ○望ましい立地環境
             東京圏主要都市部においても厳選した立地にあり、職場への通勤利便性が著しく高く、かつ閑静
             で治安良好な周辺住環境
         ii.  オフィスビル

          (i)    投資金額       原則として10億円以上とします。
          (ii)   立地       三大都市を中核とする三大都市圏及び三大都市圏以外の全国主要都市を主たる投資対
                    象地域と位置付け、そのうち特に三大都市圏を重点投資エリアとし、中でも三大都市
                    を中心に投資します。
          (iii)規模          原則として、建物の延床面積3,000㎡以上の物件を投資対象とします。
         iii.ホテル

          (i)    投資金額       原則として10億円以上とします。
          (ii)   立地       ビジネス需要又は観光需要が期待できるSクラスのエリアに所在するホテルに主                                    に投
                    資します。
                    具体的なエリア及び投資方針は以下のとおりです。
      エリア                                            投資方針
                         具体的なエリア
      クラス                                          (取得価格ベース)
            東京23区、横浜市、箱根町、京都市、大阪市、神戸市、札幌市、福岡市、                                     主たる投資対象
      Sクラス
            名古屋市、広島市、金沢市、那覇市、浦安市                                    (80%以上を目安)
            Sクラスエリアを除く、東京都、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県、北
      Aクラス      海道、福岡県、沖縄県、奈良県、長野県、静岡県、宮城県及び特定の需要                                       投資可能
            層をターゲットとしたホテルが所在するエリア(エアポートホテル等)
      Bクラス      Sクラス、Aクラス以外                                       厳選投資
          (iii)規模          ホテルについては様々な業態があり、業態によって物件特性が異なることに鑑み、具

                    体的な規模の基準は設けず、対象不動産毎に、個別の立地特性による地域性、業態毎
                    の規模・客室数等を総合的に勘案した上で、投資を行います。
          (iv)タイプ          主にシングルルーム又はダブルルーム(ツインを含みます。)で構成されるホテルを
                    中心に投資するものとし、簡易宿泊所及びこれに類するものには原則として投資しな
                    いものとします。
          (v)ブランド          高い競争力を備えた最高級(Luxury)・高級(Upper                         Upscale)ブランドホテルに主
                    に投資します。
                    具体的なホテルクラス及び投資方針は以下のとおりです。
                                 35/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                  投資方針
     ホテルクラス      (注)
                           具体的な内容
                                                (取得価格ベース)
       Luxury       最高級ホテルブランドとして認知されているホテル
                                                 主たる投資対象
                                                (70%以上を目安)
     Upper   Upscale
              高級ホテルブランドとして認知されているホテル
              スタンダードクラスとして認知されているホテルのうち、よりハイエ
       Upscale
              ンド層の顧客を対象としたホテル
                                                  投資可能
              一般的なビジネスユーズ(観光ユーズ)を対象としたスタンダードク
     Upper   Midscale
              ラスのホテルとして認知されているホテル
       Midscale        コストが抑えられた経済的なホテル
                                                  原則として
                                                 投資しません
       Economy       Midscaleよりも低価格なホテル
     (注) ホテルクラスについては、原則として取得時点のホテルクラスをもとに判定するものとします。
         iv.  商業施設等

          投資金額については、原則として3億円以上とし、エリアについては、三大都市を中核とする三大都市圏及
         び三大都市圏以外の全国主要都市を主たる投資対象地域と位置付け、そのうち特に三大都市圏を重点投資エ
         リアとし、中でも三大都市を中心に投資しますが、商業施設等については様々な用途があり、用途によって
         物件特性が異なることに鑑み、具体的な用途別の規模等の基準は設けず、対象不動産毎に、個別の立地特性
         による地域性、代替テナント確保の容易性、設備の汎用性等を総合的に勘案した上で、投資を行います。
        b. 共通

         i. 取得価格
          投資に際しては、鑑定評価額等を参考に、本資産運用会社の評価額を基本として総合的に判断します。
          利害関係者との取引においては、鑑定評価額等(不動産鑑定評価額等の対象となっていない税金及び取得
         費用等のほか、信託勘定内の積立金、信託収益、固定資産税等の期間按分の精算額を含みません。)を超え
         た価格での取得は行いません。
          なお、海外資産についても上記に準じるものとします。
         ii.  耐震性

          原則として、新耐震基準(昭和56年改正の建築基準法に基づく耐震基準)に基づく施工又は補強工事等に
         より新耐震基準と同等以上の耐震性能を有すると判断される物件を取得します。
          なお、海外資産については、当該国・地域における耐震性の法令上の基準を遵守し、かつ地域での実務を
         勘案し総合的な判断の上投資決定をします。
         iii.地震PML

          個別PML(Probable         Maximum    Loss:   予想最大損失率)(以下「PML」               (注)  といいます。)値が20%を超える
         場合は地震保険の付保を検討します。原則、国内ポートフォリオPML値は10%を超えないものとします。
          なお、海外資産については、当該国・地域における耐震性の法令上の基準を遵守し、かつ地域でのPML値の
         取得の可否、地震保険の存否、現地実務等を勘案し総合的な判断を行います。
         (注) 「PML」とは、地震による予想最大損失率(Probable                       Maximum   Loss)を意味します。PMLについての統一された厳密な定義は
           ありませんが、本書においては、50年間(一般的な建物の耐用年数)での超過確率10%の損失を生じる地震によりどの程度
           の被害を受けるかを、90%非超過確率に相当する予想損失額の再調達価格に対する割合(%)で示したものです。ただし、
           予想損失額は、地震動による建物(構造体、仕上げ、建築設備)のみの直接損失に関するものだけであり、機器、家具、什
           器等の被害や地震後の水又は火災による損失、被災者に対する補償、営業中断による営業損失等の二次的被害は含まれてい
           ません。以下同じです。なお、海外においてPMLに準じた規制又は基準がない場合には、これに代わる基準を定めて投資決定
           をします。
         iv.  環境・地質

          建物内におけるアスベスト等の有害物質の取扱い・保管状況及び敷地内の土壌の状況・状態が大気汚染防
         止法(昭和43年法律第97号。その後の改正を含みます。)や土壌汚染対策法(平成14年法律第53号。その後
         の改正を含みます。)(以下「土壌汚染対策法」といいます。)等関連法令に適合している若しくはこれら
         への対応策が十分に講じられていることを原則とします。ただし、取得後是正が見込まれる場合には、取得
         することがあります。また、海外資産においては、当該国・地域における環境・地質等の法令上の基準を遵
         守し、かつ地域での実務を勘案し総合的な判断の上投資決定をします。
                                 36/250


                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         v. 権利関係
          所有権、賃借権、地上権等権利の態様を確認した上で、共有、区分所有、借地の場合は、物件の特性を総
         合的に勘案し、権利関係者の信用力・属性等に特段問題が無く、運営・管理や持分処分における制約事項・
         リスクが少ないことを原則とします。
          また、海外資産においては、当該国・地域における権利関係等の調査を行い、かつ地域での実務を勘案し
         総合的な判断の上投資決定をします。
         vi.  安定稼働不動産への投資

          本投資法人は、安定したキャッシュ・フローを確保するため、原則として、安定してキャッシュ・フロー
         を創出している不動産等に投資します。ただし、短期的に稼働率の低下した不動産等については、将来にお
         ける稼働率の向上が早期に見込める場合や、スポンサーサポートを伴う場合には、厳選して投資決定を行う
         ことがあります。この場合には、慎重な判断を行うものとします。
          なお、海外資産についても同様とします。
         vii.開発物件に対する投資

          建設中の不動産については、竣工後のテナントの確保が十分可能と判断され、かつ完工・引渡しのリスク
         が低い場合、建物竣工後の取得及び当該不動産にかかるデュー・ディリジェンスの結果に問題がないことを
         条件として、当該建設中の不動産等にかかる不動産関連資産(後記「(2)                                   投資対象 ①       投資対象とする資
         産の種類 (ロ)        その他特定資産」に定義されます。)又は不動産対応証券(後記「(2)                                 投資対象 ①       投資
         対象とする資産の種類 (ロ)              その他特定資産」に定義されます。)の取得に関する契約を締結できます。
      (ハ)デュー・ディリジェンス基準

        投資対象資産の取得に際して、本資産運用会社は以下に記載の経済的調査、物理的調査及び法的調査を十分に
       実施し、資産価値の維持・向上を阻害する要因等の有無等の把握及びそれらの評価を中心とした、当該運用資産
       の投資対象としての妥当性について検討を行います。かかる検討に当たり、本資産運用会社は調査能力及び経験
       を有する第三者が作成する建物状況調査報告書、マーケットレポート、地震リスク調査報告書等を参考とし、現
       地調査、譲渡予定者等へのヒアリング等を実施します。
        なお、海外不動産に投資する場合は、基本的に日本の不動産に投資する場合の基準に準じ、現地の法制度や特
       殊事情を加味した上でデュー・ディリジェンスを実施します。
               調査項目                           内容
                           ・信用状況(業種、業容、業歴、決算内容、財務状況等)
         経済的調査        テナント調査
                           ・賃料支払状況等
                           ・テナント数、賃借目的、契約形態、契約内容及びその継承の有
                            無、世帯状況(居住用不動産の場合)及び用途等
                           ・現在及び過去の稼働率、平均入居期間、賃料推移及び将来の見通
                            し
                           ・各物件における各既存テナントの専有割合、分布割合等
                           ・連帯保証人の有無及びその保証能力
                           ・商圏の状況(商圏人口、世帯数及び商業指標等)
                 マーケット調査
                           ・市場賃料、稼働率の調査
                           ・競合物件の有無及び競合状況
                           ・周辺の開発計画の動向
                           ・テナントの需要動向等
                           ・テナント誘致の可能性
                           ・物件の処分(売却)の可能性
                           ・賃貸借契約形態と賃料の安定性
                 収益性調査
                           ・レントロールの確認
                           ・賃貸借契約水準、賃貸借契約体系及び更新の可能性
                           ・費用水準、費用関係の契約体系及び更新の可能性
                           ・適正賃料水準、適正費用水準の調査及び将来予想される費用負担
                            の可能性
                           ・修繕履歴及び修繕計画との比較
                           ・修繕積立状況
                           ・公租公課の確認
                                 37/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
               調査項目                           内容

                           ・街路の状況、鉄道等の公共交通機関の利便性及び公共交通機関の
         物理的調査        立地調査
                            乗降客数
                           ・利便施設、経済施設、教育施設、官公署、娯楽施設等の配置及び
                            近接性(居住用不動産の場合)
                           ・周辺土地の利用状況及び将来の動向
                           ・日照、眺望、景観及び騒音等の状況
                           ・公共サービス・インフラ整備状況(居住用不動産の場合)
                           ・都市計画及び地区計画
                           ・地域の知名度及び評判、規模の状況
                           ・意匠、主要構造、築年数、設計者・確認検査機関・施工業者等
                 建物調査
                           ・内外装の部材状況
                           ・設計図書、建築確認通知書、検査済証等の書類調査
                           ・外構、屋上、外装、設備等についての現地調査
                           ・建築基準法・消防法(昭和23年法律第186号。その後の改正を含
                            みます。)(以下「消防法」といいます。)・都市計画法(昭和
                            43年法律第100号。その後の改正を含みます。)(以下「都市計
                            画法」といいます。)等建築関連法令及び自治体による指導要項
                            等の遵守状況等
                           ・建物状況評価報告書における将来(10年~12年程度)の修繕費見
                            込み
                           ・耐震性能(新耐震基準又は同等の耐震性能を有しているか)
                           ・地震リスク分析、耐震診断実施及び地震PML値の検証
                           ・管理規約の有無・内容、管理委託契約の内容(形態、仕様水準
                            等)及び建物管理状況の良否、建物管理会社等へのヒアリング
                           ・施工業者からの保証及びアフターサービス内容
                           ・近隣住民との協定書の有無
                           <居住用不動産>
                           ・戸数、住居タイプ、間取り、天井高、空調設備、防犯設備、放送
                            受信設備、インターネット配備状況、給排水設備、昇降機設備、
                            駐車場、駐輪場、エントランス仕様等その他共用設備の状況等
                           <商業用不動産等>
                           ・前面道路との位置関係及び前面道路からの視認性、周辺環境の繁
                            華性、開口又は奥行等の形状と広さ、賃貸可能面積、テナント
                            数、営業可能業種、階数、天井高、空調方式、フリーアクセスフ
                            ロア、床荷重、セキュリティ設備、電気容量、照度、区画割対
                            応、防災設備、昇降機設備、駐車場その他共用設備の状況
                           ・アスベスト・PCB等の有害物質の使用履歴、使用状況及び保管状
                 環境調査
                            況
                           ・地質状況、土地利用履歴、土壌汚染状況等
                           ・土地及び建物について、その権利関係(完全所有権、地上権、借
         法的調査        権利関係
                            地権、共有、分有、区分所有、区分所有の共有等)の把握と権利
                            関係に付随する各種契約等(共有物分割請求及び共有物分割等に
                            関する措置、対抗要件具備の状況等を含みます。)の内容の検討
                           ・抵当権、地役権及び通行権等の権利の付着
                           ・隣接地権者等との紛争の有無
                           ・遵法性、既存不適格の有無
                 法令上の制限
                           ・建築関連法規、条例、協定等による建築制限、用途制限、使用制
                            限等の有無
                           ・信託契約、賃貸借契約、転貸借契約、使用契約等の第三者との契
                 契約関係
                            約内容の確認・調査
                           ・テナントとの紛争の有無
                           ・境界確定の状況、越境物の有無とその状況
                 境界調査
                           ・実測面積の確定状況
                           ・境界紛争の有無
                                 38/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ニ)フォワード・コミットメントに関する方針
        フォワード・コミットメント等(先日付での売買契約であって、契約締結から1か月以上経過した後に決済・物
       件引渡しを行うこととしているものその他これに類する契約をいいます。以下同じです。)に係る物件は、決済
       までの間、本投資法人の貸借対照表には計上されずオフバランスとなりますが、当該期間中の当該物件の価格変
       動リスクは本投資法人に帰属することになります。このため、本資産運用会社は、フォワード・コミットメント
       等を行う場合、違約金の上限、物件の取得額の上限、契約締結から物件引渡しまでの期間の上限等についての
       ルールを定めたフォワード・コミットメント等に係る規則に基づき、当該リスクを管理しています。
      ⑥ ポートフォリオ運営・管理方針

        本投資法人は、日本国内において取得した資産の運営及び管理を行うに際し、以下の方針と基準によるものと
       します。
        また、海外において取得した資産の運営及び管理に際しても、原則として、日本国内に準じた基準によるもの
       とします。
      (イ)テナント管理・リーシング方針
        a. テナント管理方針
         i. テナント管理
          本投資法人は、PM会社の協力の下で、テナントとの良好な関係を構築し、テナントの意見・不満・要望等
         を反映した運営管理を行うことを目指します。また、テナントからのクレームに対しては、PM会社と協働し
         て誠実に対応します。
          これらを通じて、テナント満足度の向上に努めます。
         ii.  賃料保全策
          (i) 居住用不動産の場合
           本投資法人は、賃貸借契約締結の際、テナントが保証会社の倒産リスク等を負うことをPM会社を通じ事
          前に伝えた上で、テナントに、連帯保証人による保証又は保証会社による賃料保証を選択させます。
          (ii)   商業用不動産等の場合
           本投資法人は、商業用不動産等については、敷金による賃料保全を原則としますが、テナントの属性、
          資力等を勘案して、保証による賃料保全が必要と判断した場合には、PM会社を通じて、テナントが負うべ
          き保証会社の倒産リスク等を含め協議した上で、連帯保証人による保証、保証会社による賃料保証等を用
          いた適切な賃料保全を図るものとします。
         iii.賃料回収手続
          万一賃料の延滞が発生した場合には、PM会社を通じ、テナント若しくは連帯保証人に対する催告又は保証
         会社への賃料督促及び賃料回収代行の依頼を行い、一定期間内に回収できない賃料については、連帯保証人
         又は保証会社に代位弁済を求めます。賃料の遅延が長期化し、その解消が見込めないと本投資法人が判断し
         た場合は、賃貸人をして、賃貸借契約を解除させ、当該テナントの早期退去を求めるとともに、敷金の清算
         及び未収金の回収を行わせます。
        b. リーシング方針

          運用資産の立地、用途、テナント等の分類に応じた周辺の賃貸マーケット動向及びテナントの需要動向を
         調査・把握し、個別物件における適正な賃貸条件等の検討を行うとともに、PM会社を最大限に活用し、的確
         なリーシング活動を実施することにより、テナント情報の収集及び優良テナントの選定に努めます。
          また、PM会社と連携し、良好なテナントリレーションを維持することにより、既存テナントの転居、増床
         又は移転ニーズ等の早期把握に努めます。テナントとの賃貸借契約締結に際しては、本資産運用会社がその
         社内規程に従い属性、業績、信用力、及び賃料、賃貸借期間等の契約内容等について検討を行い、総合的に
         判断するものとします。
                                 39/250






                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        c. 賃貸借スキーム選定方針
          本投資法人は、運用資産の状況、賃料収入の安定性及び運営管理の効率性等の事情を総合的に勘案し、テ
         ナントとの直接契約(ダイレクトリース)、パススルー型マスターリース又は賃料固定型マスターリース等
         の賃貸借スキームを選定します。本投資法人の用いる主たる賃貸借スキームは、以下のとおりです。
            賃貸借スキームの形態                           スキームの説明
                           マスターリースを採用せず、信託受託者又は本投資法人がエンドテ
          ダイレクトリース
                           ナント(賃借人)に直接賃貸する方式
                           信託受託者又は本投資法人がマスターレッシー(転貸人)                           (注)  に一
          マスターリース                 括して賃貸し、マスターレッシーがエンドテナント(転借人)                             (注)
                           に転貸する方式
                           マスターレッシーが支払う賃料と、エンドテナントが支払う賃料が
           パススルー型マスターリース
                           常に同額となるマスターリース方式
                           マスターレッシーが支払う賃料を、転借人がマスターレッシーに支
           賃料固定型マスターリース
                           払う賃料にかかわらず一定額とするマスターリース方式
         (注) 「マスターレッシー」とは、信託受託者又は本投資法人から各物件を一括して借り受け、各物件の区画を他の第三者に転貸
           する者をいい、以下「マスターリース会社」ということがあります。また、「エンドテナント」とは、借り受けた各物件の
           区画につき、賃貸人に対して実質的に賃料を支払う者(賃料固定型マスターリースにおけるマスターレッシーを含みま
           す。)をいいます。以下同じです。
        d. 商業用不動産等に係る賃料固定型マスターリースにおける一部収益連動型賃料の採用

          本投資法人は、商業用不動産等について賃料固定型マスターリースを賃貸借スキームに採用した場合にお
         いて、運用資産の内部成長余力等を勘案し、賃料の一部に、マスターレッシーが獲得する収益が一定額を超
         過した場合等、一定の場合にマスターレッシーの収益に連動した賃料が支払われる旨の定め(収益連動型賃
         料)を採用することがあります。
      (ロ)PM会社の選定・管理方針

        a. PM会社の選定・管理
          PM会社の選定に当たっては、業歴や財務体質、管理体制及び人員体制等の組織体制、対象となる運用資産
         の所在地域に関する知識・経験、対象となる運用資産における実績、報酬及び手数料の水準等を総合的に考
         慮し、本投資法人の総合的な収益向上に寄与する会社を選定します。なお、上記業務委託に当たり、「利害
         関係者取引規程」及び「プロパティ・マネジメント会社選定・管理基準」に基づき、業務遂行状況等につい
         て外部の評価機関による評価等を定期的に行い、その結果が一定水準に達しない場合には、業務内容の変更
         及び改善の指示を行い、又はPM会社の変更を行います。
        b. 物件管理運営状況の把握

          本投資法人は、PM会社から原則として毎月、各運用資産の収支状況、テナントからの要望・クレーム等、
         諸問題に関し、管理運営状況を把握して、運営計画と実績について差異分析を行うとともに、PM会社に必要
         な指図を行い、安定した収益の確保を目指します。
      (ハ)修繕・資本的支出

        中長期的な運用資産の収益の維持及び向上を図ることを目的として、運用資産の状況及び特性、テナントニー
       ズ等を考慮した個別物件毎の修繕及び資本的支出に関する計画をPM会社と協議の上策定し、必要な修繕・資本的
       支出を行うものとします。
        修繕及び資本的支出は、原則としてポートフォリオ全体の減価償却費も勘案して判断するものとします。ただ
       し、テナントの満足度向上に向けた運営上の観点から必要なものについては早期に実施するものとします。
        修繕積立金は、中長期的なポートフォリオ運営を考慮し、減価償却費、並びに修繕及び資本的支出に関する計
       画を考慮した上で、必要な額を積み立てます。
      (ニ)不動産に関する匿名組合出資、優先出資等のエクイティ出資案件における管理等の方針

        不動産に関する匿名組合出資、優先出資等の不動産を裏付けとした資産たるエクイティ出資を行う場合におけ
       る当該不動産の管理等に当たっては、当該エクイティ出資先の管理の状況を適切にモニタリングするように努め
       るとともに、当該エクイティ出資先に必要な要請を行う等により、適切な管理を実施させるよう努めることを原
       則としますが、共同出資者の有無及び持分割合、エクイティ出資先の管理能力、パートナーの有無及び関与の程
       度その他諸般の事情を総合的に考慮し、必要に応じて個別に対応します。
                                 40/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ホ)運用資産に関する付保の方針
        火災・事故等に起因する建物への損害や、第三者からの損害賠償請求等のリスクに対処するため、必要な火災
       保険及び損害賠償保険等を運用資産に付保します。
        地震保険の付保は、前記「⑤              投資方針 (ロ)        投資基準」に記載のとおり、個別PML値が20%を超える場合にお
       いて、地震の発生時に予想される個別物件及びポートフォリオ全体に対する影響並びに保険の実効性を勘案して
       総合的に判断します。
        海外において取得した資産についても原則として上記と同様としますが、当該国・地域における特有のリスク
       の調査を行い、かつ地域での実務を勘案して総合的に判断します。
      ⑦ 財務方針

      (イ)エクイティ・ファイナンス
        資産の取得、工事代金の支払、敷金・保証金の返済、本投資法人の運営に係る費用の支払又は債務の返済等を
       目的として、新投資口の発行を行うことができます。新投資口の発行は、中長期的な観点から、本投資法人の運
       用資産の着実な成長を目指し、金融環境を的確に把握するとともに、投資口の希薄化に配慮しつつ機動的に実施
       するものとします。
      (ロ)デット・ファイナンス

        運用資産の着実な成長並びに効率的な運用及び運用の安定性に資するため、資産の取得、修繕費若しくは分配
       金の支払、本投資法人の運営に要する資金、若しくは債務の返済(敷金・保証金並びに借入金及び投資法人債の
       債務の返済を含みます。)等の資金の手当てを目的として、資金を借入れ(コール市場を通じる場合を含みま
       す。)又は投資法人債を発行することができます。ただし、短期投資法人債の発行により調達した資金の使途又
       は目的については、法令に定める範囲に限るものとします。なお、資金を借り入れる場合には、金融商品取引法
       に規定する適格機関投資家(ただし、租税特別措置法第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)からの借
       入れに限るものとします。
        本投資法人の借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えな
       いものとします。なお、原則として無担保無保証での資金調達を行うものの、資金の借入れ及び投資法人債の発
       行において、運用資産を担保として提供することができます。
        海外不動産への投資を行う場合には、現地通貨建てで借入れを行う場合があります。また、調達時点のマー
       ケット環境等を勘案し、円建てで調達し、現地通貨へ換金する場合もあります。
        a. LTVコントロール
          総資産LTVの水準は、60%を上限の目処としますが、資金余力の確保に留意して保守的な水準で運営する方
         針です。ただし、新規投資や資産評価の変動等により、一時的にかかる上限の目処を超えることがありま
         す。
        b. 金利の固定化・借入期間の長期化・返済期限の分散化

          固定金利及び変動金利の最適なバランスを図りつつ、借入期間の長期化を検討し、適切な運営を目指しま
         す。更に、返済期限の分散化等を図ることにより、リファイナンスリスクを低減し、安定的かつ健全な財務
         基盤の強化を目指します。
        c. 強固なレンダーフォーメーションと資金調達手法の多様化

          積水ハウスの信用力を背景に、メガバンクを中心とした国内有力金融機関との強固かつ安定的な取引を目
         指します。また、負債性の資金調達に際しては、マーケット環境及び本投資法人の財務状況等を総合的に勘
         案し、投資法人債の発行等を含む、直接金融・間接金融等の手法の多様化を図ります。
                                 41/250






                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ハ)キャッシュ・マネジメント
        本投資法人は、居住用不動産及び商業用不動産等の管理・運営において高い専門性と実績を有する積水ハウス
       グループをはじめ各運用資産の特性に応じて最適と判断されるPM会社のPM力を最大限に活用することで、運用資
       産の競争力の維持・向上に向けた適切な対応を行うと共に、資金効率の向上に向けた最適なキャッシュ・マネジ
       メントを図っていく方針です。具体的には、以下への配分を考えます。本投資法人は、かかるキャッシュ・マネ
       ジメントに関するこれらの直接的及び間接的な施策を通じて、中長期的な投資主価値の向上を図ります。
        i. 新規の不動産投資
        ii.  不動産の競争力を高める適切な維持管理修繕
        iii.有利子負債返済による負債コストの削減
        iv.  利益超過分配の実施
        v.  自己投資口の取得
        なお、本投資法人は、キャッシュ・マネジメントに係る以下の3つの基本的な方針を定めています。
        a. 本投資法人の想定される資金需要に対応するため、妥当と考えられる金額の現預金を常時保有します。
        b. 余剰資金の運用は、安全性及び換金性を考慮し、市場環境及び資金繰りの状況を十分に勘案の上、慎重に
          行います。
        c. 本投資法人がテナントから預かった敷金及び保証金等を資金として活用することができます。
      (ニ)格付の取得

        本投資法人は、当期末現在、株式会社日本格付研究所(JCR)よりAA(格付の見通し:安定的)の長期発行体
       格付及びAAの債券格付を付与されており、株式会社格付投資情報センター(R&I)よりAA-(格付の方向性:
       安定的)の発行体格付を付与されています。かかる格付は、本投資法人又は本投資法人が発行した投資法人債に
       関する格付であり、本投資口に付された格付ではありません。なお、本投資口について、本投資法人の依頼によ
       り、信用格付業者から提供され若しくは閲覧に供された信用格付、又は信用格付業者から提供され若しくは閲覧
       に供される予定の信用格付はありません。
               信用格付業者                   格付の内容
            株式会社日本格付研究所                    長期発行体格付
                (JCR)                AA(安定的)
            株式会社日本格付研究所                      債券格付
                (JCR)                   AA
           株式会社格付投資情報センター
                                 発行体格付
                (R&I)                AA-(安定的)
      ⑧ 情報開示方針

      (イ)本投資法人は、投資判断上重要と考える情報を積極的に開示するものとします。また、情報の透明性及び解
        りやすさに配慮し、法定開示以外の情報開示についても、投資主への迅速、正確かつ公平な情報開示に努めま
        す。
      (ロ)投資主に公平な情報取得機会を提供できるよう、正確かつ有用な情報を集約できる体制を構築し、速やかに

        開示できるように努めます。
      (ハ)専門的な見解を積極的に取り入れ、より一層、開示情報の正確さを追求します。

      (ニ)投信法、金融商品取引法、東京証券取引所、一般社団法人投資信託協会(以下「投資信託協会」といいま

        す。)等がそれぞれ要請する開示情報につき、それぞれ所定の様式に従って開示を行います。
                                 42/250





                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (2)【投資対象】
      ① 投資対象とする資産の種類
        本投資法人は、主として下記「(イ)                 不動産等」に掲げる資産に投資を行います。また、本投資法人は、下記
       「(イ)    不動産等」に掲げる資産のほか、以下に掲げる特定資産に投資することができるものとします(規約第32
       条)。
      (イ)不動産等

        a. 不動産
        b. 不動産の賃借権
        c. 地上権
        d. 上記a.からc.までの資産のみを信託する信託の受益権
        e. 海外不動産保有法人の発行済株式(当該発行済株式(当該海外不動産保有法人が有する自己の株式を除き
          ます。)の総数に投信法施行規則第221条に規定する率を乗じて得た数を超えて取得する当該発行済株式に
          限ります。)
      (ロ)その他特定資産

        本投資法人は、上記「(イ)             不動産等」のほか、次に掲げる特定資産に投資することができます。
        a. 不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と併せて信託する包
          括信託の受益権を含みます。また、当該信託の受益権を信託する信託の受益権を含みます。ただし、上記
          「(イ)    不動産等」に該当するものを除きます。)
        b. 信託財産を不動産、不動産の賃借権又は地上権に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託
          の受益権
        c. 当事者の一方が相手方の行う上記「(イ)                     不動産等」又は上記a.及びb.に掲げる資産の運用のために出資を
          行い、相手方がその出資された財産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該運用から生じる
          利益の分配を行うことを約する契約に係る出資の持分(以下「不動産に関する匿名組合出資持分」といい
          ます。)
        d. 信託財産を主として不動産に関する匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とする金銭
          の信託の受益権
        e. 外国の法令に基づく不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又は外国の法令に準拠して組成された不動
          産、不動産の賃借権若しくは地上権のみを信託する信託の受益権若しくは上記a.からd.までに掲げる資産
        f. 優先出資証券(資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号。その後の改正を含みます。)(以下
          「資産流動化法」といいます。)に定めるものをいいます。)(ただし、資産の2分の1を超える額を上記
          「(イ)    不動産等」又は上記a.からe.までに掲げる資産(以下「不動産関連資産」といいます。)に投資す
          ることを目的とするものに限ります。)
        g. 受益証券(投信法に定めるものをいいます。)(ただし、資産の2分の1を超える額を不動産関連資産に投
          資することを目的とするものに限ります。)
        h. 投資証券(投信法に定めるものをいいます。)(ただし、資産の2分の1を超える額を不動産関連資産に投
          資することを目的とするものに限ります。)
        i. 特定目的信託の受益証券(資産流動化法に定めるものをいいます。)(上記「(イ)                                         不動産等」、上記a.、
          b.又はd.に掲げる資産に該当するもの及び上記e.に掲げる資産のうち、上記「(イ)                                       不動産等」、上記a.、
          b.又はc.に掲げる資産に投資するものを除きます。)(ただし、資産の2分の1を超える額を不動産関連資
          産に投資することを目的とするものに限ります。)
        j. 外国の法令に準拠して組成された上記f.又はi.に掲げる資産と同様の性質を有する資産(ただし、資産の2
          分の1を超える額を不動産関連資産に投資することを目的とするものに限ります。)(上記f.からj.に掲げ
          る資産を総称して、「不動産対応証券」といいます。)
        k. 預金
        l. コール・ローン
        m. 金銭債権(ただし、上記k.又はl.に掲げる資産を除きます。)
        n. 国債証券
        o. 地方債証券
        p. 特別の法律により法人の発行する債券(金融商品取引法に定めるものをいいます。)
        q. 資産流動化法に定める特定社債券
        r. 社債券
                                 43/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        s. 株券(外国の法令に準拠した法人に係るものを含みます。ただし、実質的に不動産関連資産に投資するこ
          とを目的とするもの又は不動産関連資産への投資に付随し若しくは関連して取得するものに限り、また、
          上記(イ)e.に定める海外不動産保有法人に係る株券を除きます。)
        t. 公社債投資信託の受益証券(投信法に定める証券投資信託の受益証券のうち、上記n.、o.、r.、下記v.又
          はw.に掲げる資産等への投資として運用することを目的としたものをいいます。)
        u. 投信法に定める投資法人債券
        v. コマーシャル・ペーパー
        w. 外国法人が発行する譲渡性預金証書
        x. 信託財産を上記k.からw.までに掲げる資産に対する投資として運用することを目的とした金銭の信託の受
          益権
        y. 外国の法令に準拠して組成された上記w.に掲げる資産と同様の性質を有する資産
        z. デリバティブ取引に係る権利(投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。その後
          の改正を含みます。)(以下「投信法施行令」といいます。)において定めるものをいいます。)
        aa.  再生可能エネルギー発電設備(投信法施行令第3条第11号に定めるものをいいます。)
      (ハ)その他の投資対象資産

        本投資法人は、上記「(イ)             不動産等」及び「(ロ)           その他特定資産」に定める特定資産のほか、次に掲げる資
       産に投資することがあります。
        a. 商標法(昭和34年法律第127号。その後の改正を含みます。)に定める商標権又はその専用使用権若しくは
          通常使用権
        b. 温泉法(昭和23年法律第125号。その後の改正を含みます。)に定める温泉の源泉を利用する権利、観光施
          設財団抵当法(昭和43年法律第91号。その後の改正を含みます。)に定める温泉を利用する権利及び慣習
          法上の権利として認められる温泉権又は温泉利用権並びに当該温泉に関する設備等
        c. 地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。その後の改正を含みます。)に基づく算定割
          当量その他これに類似するもの、又は排出権(温室効果ガスに関する排出権を含みます。)
        d. 不動産関連資産に付随する器具備品等の民法(明治29年法律第89号。その後の改正を含みます。)(以下
          「民法」といいます。)上の動産(ただし、上記(ロ)aa.に定めるものを除きます。)
        e. 著作権法(昭和45年法律第48号。その後の改正を含みます。)に定める著作権等
        f. 民法上の組合の出資持分(ただし、不動産、不動産の賃借権又は地上権を出資することにより設立され、
          その賃貸、運営又は管理等を目的としたものに限ります。)
        g. 地役権
        h. 資産流動化法に定める特定出資
        i. 会社法に定める合同会社の社員たる地位
        j. 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号。その後の改正を含みます。)に定め
          る一般社団法人の基金拠出者の地位(基金返還請求権を含みます。)
        k. 信託財産として上記a.からj.に掲げる資産を信託する信託の受益権
        l. 各種保険契約に係る権利
        m. 外国の法令に準拠して組成された、上記f.及びh.からl.までに掲げる資産と同様の性質を有する資産
        n. その他、金融商品取引所等の規則上取得可能なものであり、本投資法人の保有に係る不動産関連資産の運
          用に必要又は有用なもの
      (ニ)金融商品取引法第2条第2項に定める有価証券表示権利について、当該権利を表示する有価証券が発行されて

        いない場合においては、当該権利を当該有価証券とみなして、上記(イ)から(ハ)までを適用します。
      ② 投資基準及び種類別、地域別、用途別等による投資割合

      (イ)投資基準については、前記「(1)                  投資方針 ⑤       投資方針 (ロ)        投資基準」をご参照ください。
      (ロ)種類別、地域別、用途別等による投資割合については、前記「(1)                                   投資方針 ⑤       投資方針 (イ)        ポート

        フォリオ構築方針」をご参照ください。
                                 44/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (3)【分配方針】
        本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行うものとします。
      ① 利益の分配(規約第46条第1号)
      (イ)本投資法人の利益(以下「分配可能金額」といいます。)は、決算期の貸借対照表上の資産合計額から負債
        合計額を控除した金額(純資産額)から出資総額及び出資剰余金の合計額(出資総額等)を控除した金額をい
        い、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準及び慣行に従い計算されるものとします。
      (ロ)本投資法人は、原則として租税特別措置法第67条の15第1項に規定される本投資法人の配当可能利益の額の

        100分の90に相当する金額(法令改正等により当該金額の計算に変更があった場合には変更後の金額とします。
        以下、本(3)において同じです。)を超えて分配するものとします。なお、本投資法人は、運用資産の維持又は
        価値向上に必要と認められる長期修繕積立金、分配準備積立金並びにこれらに類する積立金及び引当金等のほ
        か、必要な金額を積み立て、又は留保その他の処理を行うことができます。ただし、税務上の欠損金が発生し
        た場合、又は欠損金の繰越控除により税務上の所得が発生しない場合はこの限りではなく、本投資法人が合理
        的に決定する金額とします。
      ② 利益を超えた金銭の分配(規約第46条第2号)

        本投資法人は、経済環境、不動産市場、賃貸市場等の動向により本投資法人が適切と判断した場合、又は本投
       資法人における法人税等の課税の発生を抑えることができる場合、本投資法人が決定した金額を、利益を超えた
       金銭として分配することができます。利益を超えて投資主に分配される金額は、まず出資剰余金から控除し、控
       除しきれない額は出資総額から控除します。
      ③ 分配金の分配方法(規約第47条)

        本投資法人は、決算期現在の最終の投資主名簿に記載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者に対して、
       その所有口数又は登録投資口質権の対象たる投資口の口数に相当する金銭の分配を行います。当該分配は、原則
       として決算期から3か月以内に行われます。
      ④ 分配金請求権の除斥期間(規約第48条)

        投資主に対する金銭の分配が受領されずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、本投資法人はその支
       払いの義務を免れるものとします。なお、金銭の分配の未払金には利息を付さないものとします。
      ⑤ 投資信託協会規則(規約第49条)

        本投資法人は、規約に定めるほか、金銭の分配に当たっては、投資信託協会の定める規則等に従うものとしま
       す。
                                 45/250









                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (4)【投資制限】
       ① 規約に基づく投資制限
         本投資法人の規約に基づく投資制限は、以下のとおりです。
       (イ)投資制限(規約第34条)
         a. 本投資法人は、金銭債権及び有価証券(不動産関連資産に該当するものを除きます。)への投資を、安
          全性及び換金性を重視して行うものとし、積極的な運用益の取得のみを目指した投資を行わないものとし
          ます。
         b. 本投資法人は、前記「(2)               投資対象 ①       投資対象とする資産の種類 (ロ)                その他特定資産 z.」に掲
          げるデリバティブ取引に係る権利への投資を、本投資法人の運用資産又は負債から生じる為替リスク、価
          格変動リスク、金利変動リスクその他のリスクをヘッジすることを目的としてのみ行うものとします。
         c. 本投資法人は、特定不動産(本投資法人が取得する特定資産のうち不動産、不動産の賃借権若しくは地
          上権又は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権をいいます。)の価額の
          合計額の本投資法人の有する特定資産の価額の合計額に占める割合が100分の75以上となるよう資産運用を
          行うものとします。
       (ロ)組入資産の貸付けの目的及び範囲(規約第36条)

         a. 本投資法人は、中長期的な安定収益の確保を目的として、運用資産に属する不動産(不動産関連資産の
          裏付けとなる不動産を含みます。)を、原則として賃貸するものとします。
         b. 本投資法人は、不動産の賃貸に際し、敷金又は保証金等これらに類する金銭を収受することがあり、か
          かる収受した金銭を本投資法人の規約の定めに従い運用します。
         c. 本投資法人は、運用資産に属する不動産(不動産関連資産の裏付けとなる不動産を含みます。)以外の
          運用資産の貸付けを行うことがあります。
       (ハ)借入金及び投資法人債発行の限度額等(規約第43条)

         借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えないものとし
        ます。
       ② その他の投資制限

       (イ)有価証券の引受け及び信用取引
         本投資法人は、有価証券の引受け及び信用取引は行わないものとします。
       (ロ)集中投資

         集中投資について制限はありません。なお、ポートフォリオの構築方針については、前記「(1)                                             投資方針 
        ⑤  投資方針 (イ)        ポートフォリオ構築方針」をご参照ください。
       (ハ)他のファンドへの投資

         他のファンドへの投資について制限はありません。
                                 46/250








                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    3【投資リスク】
     (1)リスク要因
       以下には、本投資証券又は本投資法人債券への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事
      項を記載しています。ただし、以下は本投資証券又は本投資法人債券への投資に関する全てのリスクを網羅したも
      のではなく、記載されたリスク以外のリスクも存在します。
       本投資法人は、対応可能な限りにおいてこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針です
      が、回避及び対応が結果的に十分である保証はありません。以下に記載するリスクが現実化した場合、本投資証券
      又は本投資法人債券の市場価格は下落し、発行価格に比べ低くなることもあると予想され、その結果、投資主又は
      投資法人債権者が損失を被る可能性があります。また、本投資法人の純資産額の減少その他の財務状況の悪化によ
      り、分配金の減少が生じる可能性があります。
       各投資家は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で、本投資証券又
      は本投資法人債券に関する投資判断を行う必要があります。
       なお、本書に記載の事項には、将来に関する事項が含まれますが、別段の記載のない限り、これらの事項は本書
      の日付現在における本投資法人及び本資産運用会社の判断によるものです。
       本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。
      ① 本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク

     (イ)本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
     (ロ)本投資証券の市場での取引に関するリスク
     (ハ)金銭の分配に関するリスク
     (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク
     (ホ)新投資口の発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
     (ヘ)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク
     (ト)投資法人債券の償還・利払に関するリスク
     (チ)投資法人の法律上、税制上、その他諸制度上の取扱いに関するリスク
      ② 本投資法人の運用方針に関するリスク
     (イ)スポンサー・サポート契約等に基づき想定どおりの物件取得が行えないリスク
     (ロ)不動産を取得又は処分できないリスク
     (ハ)新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
     (ニ)運用資産の偏在に関するリスク
     (ホ)テナントの集中に関するリスク
     (ヘ)シングルテナント物件に関するリスク
     (ト)特定の物件への収入の依存に関するリスク
     (チ)住居への投資に関するリスク
     (リ)オフィスビルへの投資に関するリスク
     (ヌ)データセンターへの投資に関するリスク
     (ル)ホテルへの投資に関するリスク
     (ヲ)商業施設への投資に関するリスク
     (ワ)PM会社に関するリスク
     (カ)賃料保証会社に関するリスク
     (ヨ)海外不動産等への投資に関するリスク
      ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク
     (イ)積水ハウスグループへの依存、利益相反に関するリスク
     (ロ)本投資法人の役員及び本資産運用会社の人材その他本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
     (ハ)本投資法人の投資方針等の変更に関するリスク
     (ニ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
     (ホ)敷金及び保証金に関するリスク
                                 47/250





                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ④ 不動産及び信託の受益権に関するリスク
     (イ)不動産の欠陥・瑕疵や境界に関するリスク
     (ロ)不動産の売却に伴う責任に関するリスク
     (ハ)賃貸借契約に関するリスク
     (ニ)災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク
     (ホ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク
     (ヘ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク
     (ト)法令の制定・変更に関するリスク
     (チ)売主の倒産等の影響を受けるリスク
     (リ)マスターリース会社に関するリスク
     (ヌ)転貸に関するリスク
     (ル)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク
     (ヲ)共有物件に関するリスク
     (ワ)区分所有建物に関するリスク
     (カ)借地物件に関するリスク
     (ヨ)底地物件に関するリスク
     (タ)借家物件に関するリスク
     (レ)開発物件に関するリスク
     (ソ)フォワード・コミットメント等に係るリスク
     (ツ)有害物質に関するリスク
     (ネ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク
     (ナ)不動産信託の信託受益権の準共有等に関するリスク
     (ラ)売却時の不動産の流動性に関するリスク
     (ム)地球温暖化対策に係るリスク
     (ウ)物件取得の競争及びテナントの獲得競争に関するリスク
     (ヰ)不動産の運用費用の増加に関するリスク
      ⑤ 税制に関するリスク
     (イ)導管性要件に関するリスク
     (ロ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク
     (ハ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
     (ニ)一般的な税制の変更に関するリスク
      ⑥ その他
     (イ)専門家報告書等に伴うリスク
     (ロ)減損会計の適用に関するリスク
     (ハ)取得予定資産を取得することができないリスク
     (ニ)匿名組合出資持分への投資に関するリスク
     (ホ)優先出資証券への投資に関するリスク
     (ヘ)内部留保の活用に関するリスク
                                 48/250








                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ① 本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク
     (イ)本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
       本投資法人は、投資主からの請求による払戻しを行わないクローズド・エンド型であるため、投資主が本投資証
      券を換価する手段は、第三者に対する売却に限定されます。
       本投資証券又は本投資法人債券の市場価格は、取引所等における需給バランスにより影響を受け、一定の期間内
      に大量の売却が出た場合には、大きく価格が下落する可能性があります。また、市場価格は、金利情勢、経済情
      勢、不動産市況その他市場を取り巻く様々な要因の影響を受けて変動します。今後、新型コロナウイルス感染症の
      影響拡大や長期化等により、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が大きな影響を受ける可能性があります。
       本投資法人若しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対して監督官庁による行政
      処分の勧告や行政処分が行われた場合にも、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が下落することがありま
      す。
       本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が下落した場合、投資主又は投資法人債権者は、本投資証券又は本投
      資法人債券を取得した価格以上で売却できない可能性があり、その結果、損失を被る可能性があります。
     (ロ)本投資証券の市場での取引に関するリスク

       本投資証券は、東京証券取引所に上場していますが、本投資法人の資産総額の減少、投資口の売買高の減少その
      他の東京証券取引所の定める有価証券上場規程に規定される上場不動産投資信託証券の上場廃止基準に抵触する場
      合には廃止されます。
       本投資証券の上場が廃止される場合、投資主は、保有する本投資証券を相対で譲渡する他に換金の手段がないた
      め、本投資証券を本投資法人の純資産額に比して相当に廉価で譲渡せざるを得ない場合や本投資証券の譲渡自体が
      事実上不可能となる場合があり、損失を被る可能性があります。
     (ハ)金銭の分配に関するリスク

       本投資法人は前記「2          投資方針 (3)       分配方針」に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の分配を行う
      予定ですが、分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証されるものではありません。本投資法人が
      取得する不動産及び不動産を裏付けとする資産の当該裏付け不動産(本「(1)                                     リスク要因」の項において、以下
      「不動産」と総称します。)の賃貸状況、売却に伴う損益、減損損失の発生や建替えに伴う除却損等により、期間
      損益が変動し、投資主への分配金が増減することがあります。
     (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク

       本投資法人の収入は、主として本投資法人が取得する不動産関連資産又はその裏付けとなる不動産からの賃料収
      入に依存しています。かかる賃料収入は、物件の稼働率の低下等により、大きく減少する可能性があるほか、賃借
      人との協議や賃借人からの請求等により賃料が減額されたり、契約どおりの増額改定を行えない可能性もあります
      (なお、これら賃料収入に関するリスクについては、後記「④                             不動産及び信託の受益権に関するリスク (ハ)                      賃
      貸借契約に関するリスク」をご参照ください。)。
       一方、収入の減少だけでなく、退去するテナントへの預り敷金及び保証金の返還、大規模修繕等に要する費用支
      出、多額の資本的支出、不動産の取得等に要する費用、その他不動産に関する支出が状況により増大し、キャッ
      シュ・フローを減ずる要因となる可能性があります。
       更に、不動産関連資産に関して減価償却費、公租公課、保険料、管理組合費、水道光熱費、不動産管理費用、清
      掃衛生費、保安警備業務及び設備管理業務等の建物管理業務に係る費用、維持修繕費用、借地借家料並びにテナン
      ト誘致費用(媒介手数料、広告料等)の費用負担があります。かかる費用の額は状況により増大する可能性があり
      ます。
       このように、収入が減少する可能性があるとともに、支出は増大する可能性があり、これら双方又はいずれか一
      方の事由が生じた場合、投資主への分配金額が減少したり、本投資証券の市場価格が下落すること、又は本投資法
      人債券について元本や利子の支払いが滞ったり、支払不能が生じることがあります。
     (ホ)新投資口の発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク

       本投資法人は、その事業遂行のために必要に応じて資金を調達しますが、その資金調達が投資口の追加発行によ
      り行われる場合には、既存の投資主が有する投資口の投資法人の発行済投資口の総口数に対する割合が希薄化する
      可能性があります。
       また、期中において投資口が追加発行される場合、当該追加発行された投資口に対して、その期の投資口保有期
      間にかかわらず、既存の投資主が有する投資口と同額の金銭の分配がなされるため、既存の投資主が有する投資口
      への分配額に影響を与える可能性があります。更に、今後、追加発行がなされる場合、投資口1口当たりの純資産
      額が減少する場合や、市場における投資口の需給バランスに悪影響を与える場合があり、その結果、投資口の価格
      が悪影響を受けるおそれがあります。
                                 49/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヘ)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク
       本投資法人の投資主は、投資主総会を通じて、一定の重要事項につき本投資法人の意思決定に参画できるほか、
      本投資法人に対して一定の権利を行使することができますが、かかる権利は株式会社における株主の権利とは必ず
      しも同一ではありません。
       例えば、金銭の分配に係る計算書を含む本投資法人の計算書類等は、役員会の承認のみで確定し(投信法第131
      条第2項)、投資主総会の承認を得る必要はないことから、投資主総会は必ずしも決算期毎に招集されるわけでは
      ありません。また、投資主が投資主総会に出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当該投資主は、その投資
      主総会に提出された議案(複数の議案が提出された場合において、これらのうちに相反する趣旨の議案があるとき
      は、当該議案のいずれをも除きます。)について賛成するものとみなされます(投信法第93条第1項、規約第17条
      第1項)。更に、本投資法人は、資産の運用に係る業務その他の業務を本資産運用会社その他の第三者に委託して
      います。これらの要因により、投資主による資産の運用に係る業務その他の業務に対する統制が効果的に行えない
      可能性もあります。
     (ト)投資法人債券の償還・利払に関するリスク

       本投資法人の信用状況の悪化その他の事由により、本投資法人債券について元本や利子の支払いが滞ったり、支
      払不能が生じるリスクがあります。
     (チ)投資法人の法律上、税制上、その他諸制度上の取扱いに関するリスク

       投資法人に関する法律上、税制上、その他諸制度上の取扱い若しくは解釈が大幅に変更され、又は新たな法律が
      制定される可能性があり、それに伴い、本投資法人の現在の運用方針、運用形態等の変更が必要となる可能性があ
      ります。その結果、本投資法人の存続、収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ② 本投資法人の運用方針に関するリスク

     (イ)スポンサー・サポート契約等に基づき想定どおりの物件取得が行えないリスク
       本投資法人及び本資産運用会社は、積水ハウス及び積水ハウス不動産各社(6社)との間で、スポンサー・サ
      ポート契約又は優先交渉権(等)に関する契約を締結しています(スポンサー・サポート契約及び優先交渉権
      (等)に関する契約については、後記「第二部 投資法人の詳細情報 第3                                   管理及び運営 1        資産管理等の概要 
      (5)  その他 ④      関係法人との契約の更改等に関する手続 (ヘ)                      本資産運用会社の親会社/スポンサー:積水ハウ
      ス」及び同「(ト)         パイプラインサポート会社:積水ハウス不動産各社(6社)」をご参照ください。)。しかし、
      積水ハウス及び積水ハウス不動産各社(6社)が本投資法人の投資基準に合致する情報を十分に取得又は提供でき
      ない可能性があるほか、スポンサー・サポート契約は、本投資法人及び本資産運用会社に優先交渉権等を与えるも
      のにすぎず、積水ハウス及び積水ハウス不動産各社(6社)は、本投資法人に対して、不動産を本投資法人の希望
      する価格で売却する義務を負っているわけではありません。すなわち、本投資法人は、スポンサー・サポート契約
      及び優先交渉権(等)に関する契約により、本投資法人が適切であると判断する不動産を適切な価格で取得できる
      ことまで常に確保されているわけではありません。
       したがって、本投資法人は、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポート
      フォリオを構築できない可能性があります。
     (ロ)不動産を取得又は処分できないリスク

       不動産は、一般的にそれぞれの物件の個別性が強いために代替性がなく、流動性が低いため、希望する時期に希
      望する物件を取得又は処分できない可能性があります。また、必ずしも、本投資法人が取得を希望した不動産を取
      得することができるとは限りません。取得が可能であったとしても、投資採算の観点から希望した価格、時期その
      他の条件で取引を行えない可能性等もあります。更に、本投資法人が不動産を取得した後にこれらを処分する場合
      にも、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で取引を行えない可能性等もあります。加えて、不動
      産の中でも、本投資法人が投資対象としているホテルや学生寮、社宅等の運営者(オペレーター)が運営する不動
      産(いわゆるオペレーショナルアセット)及びデータセンターは、他の種類の不動産に比べ、立地、用途及び構造
      等が特殊であり、売手及び買手ともに限定される傾向があるため、他の種類の不動産よりも一層流動性が低い点に
      留意が必要です。とりわけ、ホテルのテナントが世界的にブランドを展開するオペレーターである場合、一般に、
      当該ホテルのテナントは競合オペレーターに対して不動産が譲渡されることを敬遠する傾向があり、そのため、ホ
      テルの賃貸借契約において、ホテルの競合オペレーターを含む第三者への譲渡について、ホテルテナントの同意が
      必要とされる等の制限が規定されることがあり、かかる制限により、本投資法人が希望した相手方、価格、時期そ
      の他の条件で当該ホテルの譲渡を行うことができない可能性があります。
       以上の結果、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポートフォリオを構築で
      きない可能性があり、また、ポートフォリオの組替えが適時に行えない可能性があります。
                                 50/250


                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ハ)新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
       新投資口の発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法人の経済的信用力、金利情
      勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資法人の希望する時期及び条件で新投資口の発行、金銭の借入
      れ及び投資法人債の発行を行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取得できなかったり、予定し
      ない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りがつかなくなる可能性があります。
       また、本投資法人が金銭の借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該金銭の借入れ又は投資法人債
      の発行の条件として、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数値を維持する、本投資法人の信用状態に関する
      評価を一定の水準に維持する、投資主への金銭の分配を制約する等の財務制限条項が新たに設けられたり、運用資
      産に担保を新たに又は追加して設定することとなったり、規約の変更が制限される等の可能性があり、このような
      制約が本投資法人の運営に支障をきたし、又は投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性がありま
      す。加えて、これらの制限に違反した場合には、追加の担保設定や費用負担等を求められ、本投資法人の運営に重
      大な悪影響が生じる可能性があります。なお、本投資法人は、一定の金融機関との間で資金の借入れに関する基本
      合意書を締結し、当該基本合意書に基づき、ローン契約を締結しています。かかる基本合意書においては、資産・
      負債等に基づく一定の財務指標上の数値を一定範囲に維持する旨の財務制限条項が設定されています。
       本投資法人の運用資産に担保が設定された場合、本投資法人が担保の設定された運用資産の売却を希望したとし
      ても、担保の解除手続その他の事情により、希望どおりの時期に売却できない可能性又は希望する価格で売却でき
      ない可能性があります。また、収益性の悪化等により運用資産の評価額が引き下げられた場合又は他の借入れを行
      う場合等、一定の条件の下に運用資産に対して追加して担保を設定することを要求される可能性もあります。この
      場合、他の借入れ等のために担保が既に設定されている等の理由で担保に供する適切な資産がない可能性もありま
      す。また、担保不動産からのキャッシュ・フローが減少したり、その評価額が引き下げられたりした場合には、本
      投資法人の希望しない条件で借換資金を調達せざるを得なくなったり、本投資法人の希望しない時期及び条件で運
      用資産を処分せざるを得なくなる状況も想定され、その結果、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性がありま
      す。更に、担保に供する適切な資産がないために、本投資法人の希望どおりの借入れ等を行えない可能性もありま
      す。
       また、借入れ及び投資法人債の金利その他の条件やこれに関する費用は、借入れ時及び投資法人債発行時の市場
      動向並びに投資法人債に係る格付等に左右され、変動金利の場合には、その後の市場動向にも左右されます。借入
      れ及び投資法人債の金利が上昇し、又は、本投資法人の借入額及び投資法人債発行額が増加した場合には、本投資
      法人の利払額は増加します。このような利払額の増加により、投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を与える可
      能性があります。
       本投資法人の総資産LTVの水準は、60%を上限の目処としていますが、資産の取得等に伴い一時的に60%を超え
      ることがあります。また、変動金利での資金調達に伴ってLTVの値が高まった場合には、分配可能金額が金利変動
      の影響をより受け易くなり、その結果投資主への分配金額が減少するおそれがあります。
     (ニ)運用資産の偏在に関するリスク

       本投資法人は、前記「2           投資方針 (1)       投資方針」に記載された投資方針に基づき運用を行いますが、今後の運
      用次第では、本投資法人の運用資産の立地に地域的な偏在が生じる可能性があります。運用資産が一定の用途又は
      地域に偏在した場合には、当該地域における地震その他の災害、市況の低迷による稼働率の低下、賃料水準の下落
      等が、本投資法人の収益等又は存続に著しい悪影響を与える可能性があります。
       また、一般的に、総資産額に占める個別の運用資産の割合は、総資産額の規模が拡大する過程で低下していくと
      予想されるものの、総資産額に占める割合が大きい運用資産に関して、地震その他の災害、稼働率の低下、賃料水
      準の下落等の事情が発生した場合には、本投資法人の収益等又は存続に著しい悪影響を与える可能性があります。
     (ホ)テナントの集中に関するリスク

       投資対象不動産のテナント数が少なくなる場合、本投資法人の収益等は特定のテナントの退去、支払能力の悪化
      その他の事情による影響を受けやすくなります。すなわち、賃貸面積の大きなテナントが退去した場合には、稼働
      率が低くなる上に、他のテナントを探し稼働率を回復させるのが難しくなることがあり、その期間が長期にわたる
      場合には、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。また、全賃料収入のうち特定のテナントか
      らの賃料収入が占める割合が高い場合においては、当該テナントの賃料の支払能力が低下し、又は失われた場合に
      は、総賃料収入に与える影響が大きくなります。本投資法人は、かかるリスクを低減するために、投資対象及びテ
      ナントの適切な分散を図りますが、かかるリスクが現実化しないという保証はありません。
                                 51/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヘ)シングルテナント物件に関するリスク
       単一のテナントが物件全体を賃借するいわゆるシングルテナント物件において、当該シングルテナント物件が個
      性の強い物件である場合等、当該単一のテナントが退去し、同等の後継のテナントが存在しないと、代替テナント
      となり得る者が限定されているために、代替テナントが入居するまでの空室期間が長期化する可能性があります。
      その結果、当該物件の稼働率が大きく減少したり、代替テナント確保のために賃料水準を引き下げざるを得なくな
      ることがあり、賃料収入に大きな悪影響を与える可能性があります。
     (ト)特定の物件への収入の依存に関するリスク

       本投資法人は、前記「2           投資方針 (1)       投資方針」に記載された投資方針に基づき運用を行いますが、今後の運
      用次第では、本投資法人の収入が一部の物件に大きく依存することがあります。この場合、当該依存している物件
      のいずれかが何らかの理由で毀損、滅失若しくは劣化し、若しくは賃貸が不可能となる事由が生じた場合、又はそ
      のテナントの財政状態及び経営成績が悪化し、若しくはこれらのテナントが中途解約等により退去した場合におい
      て、テナントが退去し、同等の後継のテナントが存在しない場合(承継すべき転貸先のテナントとの契約が存在し
      ない場合を含みます。)若しくはこれらのテナントとの賃貸借契約所定の賃料が賃料改定その他の理由により減額
      された場合には、本投資法人の収益等に大きな悪影響を与える可能性があります。
     (チ)住居への投資に関するリスク

       本投資法人は、住居への投資を行います。したがって、人口動態による賃貸住宅の需要や賃料の動向が本投資法
      人の収益に悪影響を与える可能性があります。また、住居においてはテナントの退去要因が多様であり、一定程度
      の頻度でテナントの退去に伴う空室の発生が見込まれ、また、空室に伴う賃貸人等による原状回復費の負担及び後
      継テナントのリーシング費用の発生や、後継テナントとの賃料交渉において本投資法人が想定する賃料での賃貸借
      契約が締結できないこと等により、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
     (リ)オフィスビルへの投資に関するリスク

       本投資法人は、オフィスビルへの投資を行いますが、オフィスビルの賃貸需要は一般に景気の動向に左右される
      ことが多く、かかる需要の動向によっては本投資法人の収益に悪影響を与える可能性があります。また、一般に、
      オフィスビルの賃貸においては、前記「(ト)                     特定の物件への収入の依存に関するリスク」に記載のテナントが中
      途解約等により退去した場合の本投資法人の収益等に与える悪影響の程度が、居住用不動産と比較して大きくなる
      傾向があります。
     (ヌ)データセンターへの投資に関するリスク

       本投資法人は、データセンターへの投資を行うことがありますが、データセンターは、コンピューターやデータ
      通信等の装置を設置・運営することに特化した施設であり、今後の我が国の通信技術その他のインフラのあり方の
      変化等により、データセンターに対する需要が低下し、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。ま
      た、データセンターは、用途の変更が困難であり、物件の特性から賃借人となり得る者が限定されるため、既存の
      賃借人が退去した場合、住居、オフィスビル、商業施設等に比べ、代替賃借人となり得る者が限定され、代替賃借
      人が入居するまでの非稼働期間が長期化する等の事態が生じ、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性がありま
      す。更に、データセンターには、その用途のために様々な特別な設計が施されますが、当該設備が陳腐化した場合
      には、競争力が低下し、本投資法人の収益に悪影響を与える可能性があるほか、当該設備等の更新のため、多額の
      費用を要する可能性もあります。これらにより、本投資法人の収益に悪影響を与える可能性があります。
                                 52/250







                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ル)ホテルへの投資に関するリスク
       本投資法人は、ホテルへの投資を行います。したがって、ホテルテナントの売上減少又は利益の減少等が本投資
      法人の賃料収入に直接的な悪影響を与える可能性があります。また、本投資法人が、ホテルテナントとの間で売上
      歩合賃料その他一定の経営指標に応じて賃料が変動する賃料体系を採用している場合、賃料は変動賃料となるた
      め、ホテルテナントの売上等の減少が、本投資法人の賃料収入に一層直接的な悪影響を与える可能性があります。
      そして、ホテル業界の業績や収益は、以下のものを含む様々な要素により悪影響を受ける可能性があります。
      ・国内外の景気及び経済状況の悪化並びに災害、悪天候、伝染病の流行等による消費者行動の変化の影響を受けた
       旅行者数の減少
      ・政治及び外交上の出来事及び動向(戦争、暴動、騒乱、テロ等を含みます。)や為替要因等による、旅行者数の
       減少
      ・旅行代理店の倒産等による、旅行代理店との間の信用取引によって発生した債務の不履行
      ・保有する設備や周辺環境の陳腐化又は交通環境の変化による集客力の低下
      ・周辺の特定の施設に集客力が依存している場合の当該施設の閉鎖等による集客力の低下
      ・当該施設や周辺において提供されている特定のサービスに集客力が依存している場合の当該サービス提供の終
       了、当該サービスに対する旅行者の選好の変化等による集客力の低下
      ・類似するコンセプトのホテルとの競合による集客力の低下
      ・旅行者の旅のニーズ又はトレンドの変化
      ・機械化が難しいサービスを提供するホテルテナント従業員等の確保の失敗
      ・提供する飲食物による食中毒等の事故の発生
      ・ホテルテナント従業員等の故意又は過失による顧客情報の漏洩
      ・旅館業法(昭和23年法律第138号。その後の改正を含みます。)及びこれに相当する所在国・地域の法令等に基
       づく営業許可その他許認可の取消し
       また、ホテル業界の業績や収益は、季節的要因等により変動します。
       更に、ホテル業界は、装置産業としての性格が強く、内装のように、施設運営に不可欠の資産、権利等をホテル
      テナント又はオペレーターが有している場合もあり、また、運営に当たり高度な知識が要求されることから、既存
      ホテルテナント又は既存オペレーターが退去した場合、代替するホテルテナント又はオペレーターとなり得る者が
      少ないために、代替ホテルテナントが入居するか、又は新たな運営委託契約の締結後代替オペレーターが運営を開
      始するまでの空室期間が長期化し、不動産の稼働率が大きく低下すること、代替するホテルテナント又はオペレー
      ター確保のために賃料や受託手数料水準を下げざるを得なくなること、運営の移行期間において十分な収益が実現
      できないこと、又は賃貸借契約や運営委託契約の条件が不利になることがあり、その結果、本投資法人の収益等に
      悪影響を与える可能性があります。
       更に、既存ホテルテナントへの賃貸借契約又は既存オペレーターへの運営委託の終了によってホテルテナント又
      はオペレーターが交代するものとしていても、円滑な交代ができず、又は交代に伴って多額の費用が生じ、その結
      果、本投資法人の収益等に悪影響を与える可能性があります。
       加えて、ホテルは、競争力維持のためのいわゆるFF&E                         (注)  の定期的な更新投資及び単なる更新に留まらない競争
      力強化のための大規模投資が必要となりますが、本投資法人がその多くを所有し、その負担能力を超えて初期投
      資、修繕、更新等を行うこととなった場合、本投資法人の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       また、これらの理由で工事が行われる場合、施設の全部又は一部が相当期間閉鎖される場合もあり、この間ホテ
      ルテナントは収益をあげることができず、又は収益が減少します。施設の閉鎖を伴うような大規模なFF&Eの修繕及
      び更新が行われる場合、賃料等の減少の形で本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性もあります。また、かかる
      FF&Eの初期投資、修繕、更新等がホテルの売上又は利益の増加につながらず、期待どおりの効果が得られない場
      合、本投資法人の収益等に悪影響を与える可能性があります。
      (注) 「FF&E」は、Furniture,            Fixture   & Equipmentの略であり、家具、什器、備品、装飾品並びに厨房機器等、ホテル運営に必要な資
         産をいいます。原則的にFF&Eは償却資産です。
       その他、ホテルの場合、用途に応じた構造の特殊性から、オペレーターの業態を大きく変更することが困難であ
      ることが多く、また、経済の動向、消費性向の変化に伴い、収益力が減退するときには業務の撤退・縮小を余儀な
      くされることもあり、そのような場合には、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
                                 53/250





                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヲ)商業施設への投資に関するリスク
       本投資法人は、商業施設への投資を行いますが、商業施設の場合、その立地条件や建物の構造により、テナント
      の業態を大きく変更することは困難であることが多く、投資対象不動産のテナントの業態が、総合スーパーマー
      ケット、百貨店等の特定の業態に偏った場合には、当該業態が、消費性向の変化に伴い小売業としての競争力を失
      う等により、本投資法人の収益に著しい悪影響を及ぼす可能性がある等、当該テナントの業種に係る事業上のリス
      クの影響を受けるおそれがあります。また、本投資法人が、テナントとの間で売上歩合賃料を採用している場合、
      賃料は変動賃料となるため、テナントの売上減少が、本投資法人の賃料収入に直接的な悪影響を与える可能性があ
      ります。
     (ワ)PM会社に関するリスク

       一般に、賃借人の管理、建物の保守管理等不動産の管理業務全般の成否は、PM会社の能力、経験、知見によると
      ころが大きく、本投資法人が保有する不動産の管理についても、管理を委託するPM会社の業務遂行能力に相当程度
      依拠することになります。管理委託先を選定するに当たっては、各PM会社の能力、経験、知見を十分考慮すること
      が前提となりますが、当該PM会社における人的・財産的基盤が維持される保証はありません。また、PM会社は複数
      の不動産に関して、他の顧客(他の不動産投資法人を含みます。)から不動産の管理及び運営業務を受託し、本投
      資法人の投資対象不動産に係るPM業務と類似又は同種の業務を行う可能性があります。これらの場合、当該PM会社
      は、本投資法人以外の者の利益を優先することにより、分配可能金額を害する可能性があります。
       本投資法人は、PM会社につき、業務懈怠又は倒産事由が認められた場合、管理委託契約を解除することはできま
      すが、後任のPM会社が任命されるまではPM会社不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に当該投資対象不
      動産の管理状況が悪化する可能性があります。
     (カ)賃料保証会社に関するリスク

       本投資法人は、保有物件において賃料保証会社の滞納賃料保証システムを導入することがありますが、当該保証
      システムは、PM会社、エンドテナント及びエンドテナントの賃料債務等に係る保証人たる賃料保証会社の3者間の
      保証契約に基づくものであり、当該保証契約上、エンドテナントにおいて賃料の滞納が発生した場合、PM会社が賃
      料保証会社に代位弁済を請求することが可能ですが、賃料保証会社が破産及びその他の法的倒産手続等に入った場
      合には、PM会社が同社から当該代位弁済の履行を受けることができなくなる、又はエンドテナントが賃料相当額を
      賃料保証会社に支払っているときは、その回収ができなくなることで、本投資法人の収益が悪影響を受ける可能性
      があります。
     (ヨ)海外不動産等への投資に関するリスク

       a. 海外不動産等の取得並びに管理及び運用その他の海外不動産等の投資対象地域に関するリスク
        本投資法人の保有資産は、いずれも日本国内に所在する不動産ですが、本投資法人は、将来的には、海外不動
       産等を取得する可能性があります。
        本資産運用会社は、海外不動産等の取得並びに管理及び運用の経験は限定的であり、その結果、本投資法人
       は、日本国内における一般的な取扱いとの相違等により、本投資法人が将来取得する海外不動産等を取得し又は
       管理若しくは運用する上で予期せぬ問題に直面し、取得を実行できない、又は取得した海外不動産等の管理上の
       問題を抱える可能性があります。
        本投資法人は、海外不動産等への投資に対する政府の統制、外国為替規制、海外不動産等への投資から生じる
       収益を日本国内に送金することができないリスク、投資対象不動産等の所在国の経済情勢の悪化、地方の政治姿
       勢の変化、為替レートの変動、海外事業の人員配置及び経営の問題、複数の管轄権で課税されるリスク、海外不
       動産等の所在国や所在地域において政治・経済情勢の変化や新たな取引規制ができるリスク等にさらされるおそ
       れがあります。かかる国際的要因に伴う一般的なリスクが実現することによって、本投資法人は、その収益に悪
       影響を受ける可能性があります。
        更に、日本と海外不動産等の所在する国の関係が悪化した場合には、本投資法人の当該国での事業が制限又は
       禁止される可能性があります。本投資法人がこれらのリスクを適切に管理できない場合、当該リスクが、本投資
       法人に悪影響を及ぼす可能性があります。
        加えて、日本と諸外国との間の関係の悪化により、海外不動産等の価値に悪影響が生じるおそれがあります。
        また、海外不動産等が所在する国において、紛争等が生じ、現地の不動産の価値が減損し、又は金融市場や経
       済環境が世界的に悪化するおそれがあります。
                                 54/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       b. 外国為替についての会計処理に関するリスク
        本投資法人は、海外不動産等への投資に関して外貨建ての取引を行う場合があります。そのような取引では外
       国為替相場の変動に係るリスクを有しており、外国為替相場の変動は本投資法人の損益に悪影響を及ぼす可能性
       があります。外国通貨に対して円高が進んだ場合、海外不動産等への投資に関して発生する外貨建て取引の円換
       算額が目減りし、本投資法人の当期純利益に悪影響を及ぼす可能性があります。
        また、海外不動産等への投資に関して外貨建て資産及び負債が発生する場合には、それらの一部の項目は、財
       務諸表作成のために決算時の外国為替相場により円換算されます。これらの項目は、為替変動により本投資法人
       の当期純利益に悪影響を及ぼす可能性があります。
       c. 海外不動産等への減損会計の適用に関するリスク

        海外不動産等への投資についても、国内不動産と同様、減損会計の適用を受けます。減損会計の適用に関する
       リスクについては後記「⑥             その他 (ロ)       減損会計の適用に関するリスク」に記載のとおりです。なお、外国為
       替相場の変動が減損会計の適用により生じる可能性のある減損損失に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク

     (イ)積水ハウスグループへの依存、利益相反に関するリスク
       積水ハウスは、本書の日付現在、本資産運用会社の全株式を保有しており、本資産運用会社の一部の役職員の出
      向元であり、本資産運用会社の非常勤取締役及び非常勤監査役の兼任先です。また、積水ハウスグループは、本投
      資法人の本書の日付現在のポートフォリオにおける主要なテナントでもあります。更に、本投資法人及び本資産運
      用会社は、積水ハウス及び積水ハウス不動産各社(6社)との間で、スポンサー・サポート契約又は優先交渉権
      (等)に関する契約等を締結し、スポンサーサポートをはじめとする各種のサポートの提供を受けています。
       すなわち、本投資法人及び本資産運用会社は、積水ハウスグループと密接な関係を有しており、本投資法人によ
      る安定した収益の確保と成長性に対する積水ハウスグループの影響は相当程度高いということができます。
       したがって、本投資法人及び本資産運用会社が、積水ハウスグループとの間で、本書の日付現在における関係と
      同様の関係を維持できなくなった場合には、本投資法人に悪影響が及ぶ可能性があります。
       更に、本投資法人や本資産運用会社が、資産運用活動その他を通じて、積水ハウスグループとの間で不動産の売
      買や賃貸借その他の取引を行う場合等、本資産運用会社がその株主並びにその連結子会社及び持分法適用会社であ
      る積水ハウスグループの利益を図るため、本投資法人又は本投資法人の投資主又は投資法人債権者の利益に反する
      行為を行う可能性があります。本投資法人及び本資産運用会社は、かかるリスクを低減するため、利害関係者取引
      規程に基づく手続の履践等、一定の利益相反対策は行っているものの、当該対策にもかかわらず、本資産運用会社
      が本投資法人又は本投資法人の投資主又は投資法人債権者の利益に反する行為を行う可能性があり、その場合に
      は、本投資法人の投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があります。加えて、本投資法人及び本資産
      運用会社が積水ハウスグループとの間で締結している契約は、積水ハウスグループが、本投資法人と競合する事業
      を行うことを禁止するものではありません。積水ハウスグループは、不動産の開発、所有、運営、PM業務の提供、
      上場投資法人の資産運用等、様々な形で不動産に関連する業務を行っています。したがって、本投資法人又は本資
      産運用会社と積水ハウスグループとが、特定の資産の取得、賃貸借、運営管理、処分等に関して競合する可能性や
      その他利益相反が問題となる状況が生じる可能性は否定できません。これらの利益相反を原因として、本投資法人
      に悪影響が及ぶ可能性があります。
     (ロ)本投資法人の役員及び本資産運用会社の人材その他本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク

       本投資法人の運営は、本投資法人の役員及び本資産運用会社の人材に大きく依存しており、これらの人材が失わ
      れた場合、本投資法人の運営に悪影響をもたらす可能性があります。
       本投資法人は、投信法に基づき、全ての執行役員及び監督役員から構成される役員会において重要な意思決定を
      行い、資産の運用を本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社に、一般事務を一般事務受託者に、それぞれ委
      託しています。本投資法人の円滑な業務遂行の実現のためにはこれらの者の能力、経験及び知見に依存するところ
      が大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財政的基盤等を必ずしも維持できる保証はあり
      ません。
       また、投信法は、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本投資法人の関係者に関し、善良な管理者としての
      注意義務(善管注意義務)又は本投資法人のために忠実に職務を遂行する義務(忠実義務)等の義務及び責任を定
      めていますが、これらの本投資法人の関係者が投信法その他の法令に反し、又は、法定の措置をとらないときは、
      投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があります。また、これらの者が業務遂行に必要な業務遂行能
      力を失った場合には、本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者が損害を受ける
      可能性があります。とりわけ、「赤坂ガーデンシティ」については、その一部を本資産運用会社が賃借しているこ
      とから、本書の日付現在、本投資法人と本資産運用会社の間には、実質的な賃貸人と賃借人としての利益相反状況
      が生じています。そのため、本資産運用会社が、法令上又は契約上負っている前記の善管注意義務、忠実義務等に
      違反した場合には、本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可
                                 55/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      能性があります。
       更に、本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者が、法令上又は契約上負っている善良な管理者として
      の注意義務(善管注意義務)、本投資法人のために忠実に職務を遂行する義務(忠実義務)、利益相反状況にある
      場合に本投資法人の利益を害してはならない義務、その他の義務に違反した場合や、これらの者が業務遂行に必要
      な人的・財政的基盤等の業務遂行能力を失った場合には、本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、投資主
      又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。更に、本資産運用会社、資産保管会社又は一般事務受託者
      が、破産手続又は会社更生手続その他の倒産手続等により業務遂行能力を喪失する場合においては、本投資法人は
      それらの者に対する債権の回収に困難が生じるおそれがあり、更に本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受
      託者との契約を解約し又は解除することが求められることがあります。そのような場合、本投資法人は、投信法
      上、資産の運用、資産の保管及び一般事務に関しては第三者へ委託することが義務付けられているため、日常の業
      務遂行に影響を受けることになります。また、委託契約が解約又は解除された場合には、新たな資産運用会社、資
      産保管会社又は一般事務受託者を選定し、これらの者に対して前記各業務を委託することが必要とされます。しか
      し、本投資法人の希望する時期及び条件で現在と同等又はそれ以上の能力と専門性を有する第三者を選定し、前記
      各業務及び事務を委託できるとの保証はなく、そのような第三者を速やかに選定できない場合には、本投資法人の
      存続及び損益の状況等に悪影響を及ぼすほか、適切な資産運用会社を選定できない場合には、本投資口が上場廃止
      になる可能性もあります。
       この他に、本資産運用会社又は本投資法人若しくは今後運用資産となり得る不動産信託受益権に関する信託受託
      者から委託を受ける業者として、PM会社、建物の管理会社等があります。本投資法人の収益性の向上のためにはこ
      れらの者の能力、経験及び知見に依存するところも大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人
      的・財政的基盤等を必ずしも維持できる保証はありません。これらの者について業務の懈怠その他の義務違反が
      あった場合や業務遂行能力が失われた場合には本投資法人の存続及び収益等に悪影響を与える可能性があります。
     (ハ)本投資法人の投資方針等の変更に関するリスク

       本投資法人の規約に記載されている資産運用の対象及び方針等の基本的な事項の変更には、投資主総会の承認が
      必要ですが、本投資法人の役員会及び本資産運用会社の取締役会が定めたより詳細な投資方針、ポートフォリオ構
      築方針、運用ガイドライン等については、投資主総会の承認を経ることなく、変更することが可能です。そのた
      め、本投資法人の投資主の意思が反映されないまま、これらが変更される可能性があります。
       また、本投資法人の発行する投資証券について支配権獲得その他を意図した取得が行われた場合、投資主総会で
      の決議等の結果として本投資法人の運用方針、運営形態等が他の投資主の想定しなかった方針、形態等に変更され
      る可能性があります。
       一方で、運用環境の変化に対応して、適切に本投資法人の運用方針、運用形態等を変更できない可能性もあり、
      そのような場合には、本投資法人の収益等に悪影響を与える可能性があります。
     (ニ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク

       本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。)(以下「破産法」といいます。)上
      の破産手続、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含みます。)(以下「民事再生法」といいま
      す。)上の再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服する可能性があります。
       本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場合に投信法
      に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投資証券の上場が廃止
      され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。
       本投資法人が清算される場合、投資主は、全ての債権者への弁済(投資法人債の償還を含みます。)後の残余財
      産の分配にあずかることによってしか投資金額を回収することができません。このため、投資主は、投資金額の全
      部又は一部について回収することができない可能性があります。
     (ホ)敷金及び保証金に関するリスク

       本投資法人は、運用資産の賃借人が無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を運用資産の取得資金の一部とし
      て利用する場合があります。しかし、賃貸市場の動向、賃借人との交渉等により、本投資法人の想定よりも賃借人
      からの敷金及び保証金の預託額が少なくなり、又は預託期間が短くなる可能性があり、この場合、必要な資金を借
      入れ等により調達せざるを得なくなります。また、不動産を信託する信託の受益権を取得した場合に、その信託財
      産である不動産に関する敷金又は保証金を本投資法人が利用する条件として、本投資法人が敷金又は保証金の返還
      債務を負う場合があり、当該返還債務の履行に必要な資金を借入れ等により調達する可能性があります。これらの
      結果、本投資法人の収益に悪影響を与える可能性があります。
                                 56/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ④ 不動産及び信託の受益権に関するリスク
       本投資法人の主たる運用資産は、前記「2                    投資方針 (2)       投資対象 ①       投資対象とする資産の種類」に記載のと
      おり、不動産等です。本投資法人は、後記「5                      運用状況 (2)       投資資産 ⑤       保有資産の個別不動産の概要」に記載
      する不動産等を信託する信託の受益権を取得しています。不動産を信託する信託の受益権その他不動産を裏付けと
      する資産の所有者は、その信託財産である不動産又は裏付けとなる不動産を直接所有する場合と、経済的には、ほ
      ぼ同様の利益状況に置かれます。したがって、以下に記載する不動産に関するリスクは、不動産を信託する信託の
      受益権その他不動産を裏付けとする資産についても、ほぼ同様にあてはまります。
       なお、信託の受益権特有のリスクについては、後記「(ネ)                           不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有の
      リスク」をご参照ください。
     (イ)不動産の欠陥・瑕疵や境界に関するリスク

       第三者の権利の存在、建物の建設工事における施工の不具合や施工時に利用するデータの転用その他の不適切な
      利用、土地の地形や組成等の様々な原因により、不動産には権利、土地の地盤及び地質並びに建物の杭や梁等の構
      造、設計及び施工、免震装置、制振装置を含む建物の素材の強度・機能等に関して欠陥、不具合、基準への不適
      合、瑕疵(     物の種類、数量、性能、性質又は品質等が不十分又は契約の内容に適合しない場合におけるその不適合
      をいいます。以下同じです。)              等(隠れたものを含みます。)が存在している可能性があり、また、かかる欠陥、
      瑕疵等が取得後に判明する可能性もあります。本投資法人の取得時にはかかる欠陥、瑕疵等がなかった場合であっ
      ても、取得後に建物の建材等の許可や認定等が取り消される等により取得後にかかる欠陥、瑕疵等が生じる可能性
      もあります。本投資法人は、状況によっては、前所有者に対し一定の事項につき表明及び保証を要求し、瑕疵担保
      責任や契約不適合責任を負担させる場合もありますが、たとえかかる表明及び保証が真実でなかったことを理由と
      する損害賠償責任、瑕疵担保責任や契約不適合責任を追及できたとしても、これらの責任の期間及び責任額は一定
      範囲に限定されるのが通例であり、また、前所有者が解散したり無資力になっているために実効性がない場合もあ
      ります。
       これらの場合には、当該欠陥、瑕疵等の程度によっては、当該不動産の資産価値が低下することを防ぐために必
      要となる当該欠陥、瑕疵等の修補、建物の建替えその他の対応に係る費用が甚大となる可能性があるとともに、当
      該不動産の買主である本投資法人が当該費用を負担せざるを得なくなることがあり、投資主又は投資法人債権者に
      損害を与える可能性があります。
       また、不動産登記簿の記載を信じて取引した場合にも、買主は不動産に係る権利を取得できないことがありま
      す。更に、不動産登記簿中の不動産の権利に関する事項が現況と一致していない場合もあります。加えて、権利に
      関する事項のみならず、不動産登記簿中の不動産の表示に関する事項も現況と一致していない場合もあります。こ
      のような場合、上記と同じく、本投資法人は売主等に対して法律上又は契約上可能な範囲で責任を追及することと
      なりますが、その実効性があるとの保証はありません。
       更に、不動産の中には、周辺の不動産との境界が確定していないものが多数存在し、本投資法人は、このような
      境界が確定していない物件であっても、紛争等の可能性や運営への影響等を検討の上で取得する可能性があります
      が、本投資法人の想定に反し、隣地との間で紛争が生じたり、境界確定の過程で運用資産の運営に不可欠の土地が
      隣地所有者の所有に属するものとされること等により、本投資法人の収益等に悪影響が生じる可能性があります。
     (ロ)不動産の売却に伴う責任に関するリスク

       本投資法人が不動産を売却する場合、本投資法人は、宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号。その後の改正
      を含みます。)(以下「宅地建物取引業法」といいます。)上、宅地建物取引業者とみなされるため、同法に基づ
      き、売却の相手方が宅地建物取引業者である場合を除いて、不動産の売買契約において、瑕疵担保責任や契約不適
      合責任に関し、買主に不利となる特約をすることが制限されています。したがって、本投資法人が不動産を売却す
      る場合には、売却した不動産の欠陥、瑕疵等の修補、建物の建替えその他の対応に係る費用を負担せざるを得なく
      なることがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
       加えて、不動産をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、不動産に関する権利が第三者の権利や行政法規等により
      制限を受けたり、第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があります。その結果、本投資法
      人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。更には、不動産の形状や利用によっては、当該不動産の存在や
      利用状況によって意図しない第三者の権利の侵害が生じる可能性もあります。
       更に、賃貸不動産の売却においては、新所有者が賃借人に対する敷金返還債務等を承継するものと解されてお
      り、実務もこれにならうのが通常ですが、旧所有者(本投資法人)が当該債務を免れることについて賃借人の承諾
      を得ていない場合には、旧所有者(本投資法人)は新所有者とともに当該債務を負い続けると解される可能性があ
      り、予想外の債務又は義務等を負う場合があり得ます。
                                 57/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ハ)賃貸借契約に関するリスク
       a. 賃貸借契約の解約及び更新に関するリスク
        賃借人が賃貸借契約上解約権を留保している場合等には、契約期間中であっても賃貸借契約が終了したり、ま
       た、賃貸借契約の期間満了時に契約の更新がなされない場合もあるため、稼働率が低下し、不動産に係る賃料収
       入が減少することがあります。また、解約禁止条項、解約ペナルティ条項等を置いて期間中の解約権を制限して
       いる場合や更新料を定めている場合でも、裁判所によって所定の金額から減額されたり、かかる条項の効力が否
       定される可能性があります。
        以上のような事由により、賃料収入等が減少した場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投
       資法人債権者に損害を与える可能性があります。
       b. 賃料不払に関するリスク

        賃借人の財務状況が悪化した場合又は破産手続、民事再生法上の再生手続若しくは会社更生法(平成14年法律
       第154号。その後の改正を含みます。)(以下「会社更生法」といいます。)上の更生手続その他の倒産手続
       (以下、併せて「倒産等手続」と総称します。)の対象となった場合、賃貸借契約に基づく賃料、諸費用、その
       他賃借人が賃貸人に対して支払うべき金銭の支払いが滞る可能性があり、この延滞賃料等の債務の合計額が敷金
       及び保証金で担保される範囲を超える状況になった場合には、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性
       があります。また、本投資法人は、保証会社による保証等を付して賃貸することがありますが、テナントの財務
       状況が悪化した場合において、保証会社等の保証人の財務状況も悪化している場合には、賃料等を回収すること
       ができないこととなります。更に、代金回収会社に委託して口座振替によりテナントから賃料等を回収すること
       がありますが、この場合において代金回収会社の財務状況が悪化した場合には、代金回収会社からの賃料等の入
       金が滞り又は回収ができなくなるおそれがあります。加えて、賃貸人が賃貸借契約上の債務の履行を怠った場合
       には、テナントは賃料等の不払をもってこれに対抗することができるため、テナントが賃貸人側の何らかの落ち
       度を理由に意図的な賃料等の不払をもって対抗する可能性もあり、その場合には当該不動産から得られる収入に
       も悪影響を与えることとなります。
       c. 賃料改定に係るリスク

        テナントとの賃貸借契約の期間が比較的長期間である場合には、多くの場合、賃料等の賃貸借契約の内容につ
       いて、定期的に見直しを行うこととされています。
        したがって、本書の日付現在の賃料が今後も維持される保証はありません。賃料改定により賃料が減額された
       場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。特
       に、単一のテナントが物件全体を賃借するいわゆるシングルテナント物件の場合には、当該テナントとの賃料改
       定により賃料が減額されたときは、当該物件の収入全体が低下することになるため、その影響は相対的に大きく
       なります。
        また、定期的に賃料等を増額する旨の規定が賃貸借契約にある場合でも、賃借人との交渉如何によっては、必
       ずしも、規定どおりに賃料を増額できるとは限りません。
       d. 賃借人による賃料減額請求権行使のリスク

        建物の賃借人は、定期建物賃貸借契約において借地借家法(平成3年法律第90号。その後の改正を含みま
       す。)(以下「借地借家法」といいます。)第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特約を設けた場合を除い
       て、同条に基づく賃料減額請求をすることができます。請求が認められた場合、当該不動産から得られる賃料収
       入が減少し、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性がありま
       す。
       e. 定期建物賃貸借契約に関するリスク

        本投資法人は、投資資産について、定期建物賃貸借契約によりテナントに対して賃貸することがあります。建
       物の賃借人との間で定期建物賃貸借契約を締結するためには借地借家法第38条に規定される所定の要件を充足す
       る必要がありますが、かかる要件が充足されなかった(又は充足されたと認められない)場合には、定期建物賃
       貸借契約としての効力が認められない可能性があります。その結果、上記賃料減額請求権排除特約が認められ
       ず、又は当該賃貸借契約が本投資法人の意向に反し更新されること等により、本投資法人の収益性に悪影響を及
       ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
                                 58/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       f. 変動賃料に関するリスク
        本投資法人は、投資資産について、本投資法人とテナントとの間の賃貸借契約又はマスターレッシーとエンド
       テナントとの間の賃貸借契約において、賃料の全部又は一部に売上又は利益等に連動した変動賃料が定められる
       ことがありますが、売上又は利益等に連動した変動賃料の支払いを受ける場合には、売上の減少又は利益の減少
       等が賃料総額の減少につながり、その結果、本投資法人の収益に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に
       損害を与える可能性があります。
        また、変動賃料の支払いを受ける賃貸借契約において、変動賃料の計算の基礎となる売上等の数値について、
       賃貸人がその正確性について十分な検証を行えない場合があり得ます。その結果、本来支払われるべき金額全額
       の変動賃料の支払いがなされず、本投資法人の収益に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与え
       る可能性があります。
       g. 更新料に関するリスク

        本投資法人は地域によっては更新料をテナントから徴収しています。更新料はテナントと締結された賃貸借契
       約を根拠として徴収していますが、消費者契約法(平成12年法律第61号。その後の改正を含みます。)等の解釈
       から更新料を徴収することの根拠が否定される可能性があります。また、過去に遡及して更新料の払い戻しを請
       求される可能性があり、その場合、当初予定していた利益を確保できない可能性があります。
       h.   新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関するリスク

        新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、国内のみならず世界的に経済活動に重大な停滞が生じて
       います。今後、新型コロナウイルス感染症の感染拡大や長期化等により、外出自粛を含む新型コロナウイルス感
       染症の感染拡大防止に向けた             政府及び地方自治体が実施する              各施策の要請が長期化又は強化された場合、運用資
       産におけるテナントの経済活動等に支障が生じ、テナントの賃料負担力の低下等を理由とした賃料支払猶予の要
       請又は一定期間の賃料減額請求や               賃料不払又はテナントの倒産、テレワーク等の働き方の変化によるオフィスス
       ペース需要の減少に伴う           賃借面積の縮小又は解約等が生じる可能性があり、その結果、本投資法人の収益や本投
       資法人の保有資産の価値等に著しい悪影響が出る可能性があります。
     (ニ)災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク

       火災、地震、津波、暴風雨、洪水、落雷、竜巻、戦争、暴動、騒乱、テロ等(以下「災害等」といいます。)に
      より不動産が滅失、劣化又は毀損し、その価値が影響を受ける可能性があります。このような場合には、滅失、劣
      化又は毀損した個所を修復するため一定期間建物の不稼働を余儀なくされることにより、賃料収入が減少し、又は
      当該不動産の価値が下落する結果、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。不動産の個別事
      情により保険契約(地震保険に関する契約を含みます。)が締結されない場合、保険契約で支払われる上限額を上
      回る損害が発生した場合、保険契約で填補されない災害等が発生した場合又は保険契約に基づく保険会社による支
      払いが他の何らかの理由により行われず、減額され若しくは遅れる場合には、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼ
      し、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
       また、今後、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と同規模又はそれ以上の地震その他の天災、事故
      等が発生する可能性を否定できません。その場合には、本投資法人が保有又は取得する物件が滅失、劣化又は毀損
      するおそれがあるほか、賃料水準の低下、稼働率の低下又はテナントの支払能力の低下が生じる可能性があり、ま
      た、周辺地域及び日本の経済全体が悪影響を受ける可能性があり、それらの結果、本投資法人の収益や本投資法人
      の保有資産の価値等に悪影響を及ぼすおそれがあります。
     (ホ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク

       運用資産である不動産を原因として、第三者の生命、身体又は財産等を侵害した場合に、損害賠償義務が発生
      し、結果的に本投資法人が予期せぬ損害を被る可能性があります。特に、土地の工作物の所有者は、民法上無過失
      責任を負うことがあります。なお、本投資法人が投資対象としているホテルについては、アスレチックやプールと
      いったレジャー用施設を建物の一部又は土地の工作物として併設しているものがあるため、ホテルにおいては、建
      物の一部又は土地の工作物により第三者、特に利用客の生命、身体又は財産等が侵害されるリスクは他の種類の不
      動産に比べて高いといえます。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合や生じた事故に対して保険金
      が支払われない場合、前記「(ニ)                災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク」と同様、本投資法人の収益
      等は悪影響を受ける可能性があります。
       また、不動産につき滅失、毀損又は劣化等が生じ、修繕が必要となる場合には、かかる修繕に関連して多額の費
      用を要する可能性があります。また、かかる修繕が困難又は不可能な場合には、不動産から得られる賃料収入が減
      少し、不動産の価格が下落する可能性があります。
       更に、不動産の修繕・維持費用等の不動産の維持管理に要する費用は一定ではないため、金利の上昇、税制変
      更、経済情勢の変動等の事情により、今後、不動産の修繕管理に要する費用が増加する可能性があります。
                                 59/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヘ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク
       建築基準法又はこれに基づく命令若しくは条例、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整理等の
      行政行為の規定の施行又は適用の際、原則としてこれらの規定に適合しない現に存する建物(現に建築中のものを
      含みます。)又はその敷地については、当該規定が適用されない扱いとされています(いわゆる既存不適格)。し
      かし、かかる既存不適格の建物の建替え等を行う場合には、現行の規定が適用されるため、現行の規定に合致する
      よう手直しをする必要があり、追加的な費用負担が必要となる可能性があり、また、現状と同規模の建物を建築で
      きない可能性やそもそも建物を再建築できない可能性もあります。更に、いわゆる既存不適格となるのは、新たな
      立法や行政行為の規定の施行又は適用の場合に限られるため、建物の建設後に敷地の形状に変更が生じた場合や、
      建物の建材等の許可や認定等が取り消された場合等は、現行の規定に合致するよう手直しをする必要があり、追加
      的な費用負担が必要となる可能性があり、また、現状と同規模の建物を維持できない可能性もあります。
       また、不動産に係る様々な行政法規や各地の条例による規制が運用資産である不動産に適用される可能性があり
      ます。例えば、都市計画法、地方公共団体の条例による風致地区内における建築等の規制、河川法(昭和39年法律
      第167号。その後の改正を含みます。)による河川保全区域における工作物の新築等の制限、文化財保護法(昭和
      25年法律第214号。その後の改正を含みます。)に基づく試掘調査義務、一定割合において住宅を付置する義務
      や、駐車場設置義務、福祉配慮設備設置義務、緑化推進義務及び雨水流出抑制施設設置義務、地球温暖化対策とし
      ての温室効果ガス排出に関する報告や排出量制限の義務等が挙げられます。このような義務が課せられている場
      合、当該不動産の処分及び建替え等に際して、事実上の困難が生じたり、これらの義務を遵守するための追加的な
      費用負担が生じる可能性があります。更に、運用資産である不動産を含む地域が道路設置等の都市計画の対象とな
      る場合には、当該都市計画対象部分に建築制限が付されたり、建物の敷地とされる面積が減少し収益が減少する可
      能性があります。また、当該不動産に関して建替え等を行う際に、現状と同規模の建築物を建築できない可能性が
      あります。
     (ト)法令の制定・変更に関するリスク

       土壌汚染対策法のほか、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不動
      産につき大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査、除去、損害賠償等の義務等が課される可能性があります。
       また、消防法その他不動産の管理に影響する関係法令の改正により、不動産の管理費用等が増加する可能性があ
      るほか、エネルギーや温室効果ガス削減を目的とした法令、条例等の制定、適用、改正等によっても、追加的な費
      用負担等が発生する可能性があります。加えて、建築基準法、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区
      画整理等の行政行為等により不動産に関する権利が制限され又は義務を課される可能性があります。このような法
      令若しくは行政行為又はその変更等が本投資法人の収益に悪影響をもたらす可能性があります。
     (チ)売主の倒産等の影響を受けるリスク

       本投資法人が、債務超過の状況にある等財務状態が実質的危機時期にあると認められる又はその疑義がある者を
      売主として不動産を取得した場合には、当該不動産の売買が売主の債権者により取り消される(詐害行為取消)可
      能性があります。また、本投資法人が不動産を取得した後、売主について倒産等手続が開始された場合には、不動
      産の売買が破産管財人、監督委員又は管財人により否認される可能性が生じます。
       また、本投資法人が、ある売主から不動産を取得した別の者(以下、本(チ)において「買主」といいます。)か
      ら更に不動産を取得した場合において、本投資法人が、当該不動産の取得時において、売主と買主間の当該不動産
      の売買が詐害行為として取消され又は否認される根拠となり得る事実関係を知っている場合には、本投資法人に対
      しても、売主・買主間の売買が否認され、その効果を主張される可能性があります。
       本投資法人は、管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等について諸般の事情を慎重に検討し、実務的
      に可能な限り管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等を回避するよう努めますが、このリスクを完全に
      排除することは困難です。
       更に、本投資法人が売主から不動産を取得すると同時に当該不動産を一括して売主に賃貸する取引(いわゆる
      セール・アンド・リースバック取引)等、取引の態様如何によっては売主と本投資法人との間の不動産の売買が、
      担保取引であると判断され、当該不動産は破産者である売主の破産財団の一部を構成し、又は更生会社若しくは再
      生債務者である売主の財産に属するとみなされる可能性(いわゆる真正譲渡でないとみなされるリスク)もありま
      す。
                                 60/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (リ)マスターリース会社に関するリスク
       本投資法人は、マスターレッシー(転貸人)が本投資法人又は信託受託者とマスターリース契約を締結した上
      で、各転借人に対して転貸するマスターリースの形態をとる物件を取得することがあります。
       マスターリースの形態をとる物件においてマスターレッシーの財務状況が悪化した場合、転借人がマスターレッ
      シーに賃料を支払ったとしても、マスターレッシーの債権者がマスターレッシーの転借人に対する賃料債権を差し
      押さえる等により、マスターレッシーから本投資法人又は信託受託者への賃料の支払いが滞る可能性があります。
       また、本投資法人では、エンドテナントが賃料を本投資法人又は信託受託者の口座に直接振り込む方法により賃
      料を収受することがあります。しかし、賃料の支払いの遅延等の理由でマスターレッシーがエンドテナントから賃
      料を回収した後、マスターレッシーが財務状態の悪化などに陥った場合は、マスターレッシーから賃貸人である本
      投資法人又は信託受託者への賃料の支払いが滞る可能性があります。また、マスターレッシーが破綻し、かつ、エ
      ンドテナントからの賃料の支払いが延滞している場合には、当該延滞部分の賃料相当額がマスターレッシーに対す
      る倒産債権となると解釈される可能性があり、かかる解釈が採用された場合、延滞部分の賃料相当額の回収が非常
      に困難となり、本投資法人の財務状況等に悪影響を与えるおそれがあります。
     (ヌ)転貸に関するリスク

       賃借人(転借人を含みます。)に、不動産の一部又は全部を転貸する権限を与えた場合、本投資法人は、不動産
      に入居するテナントを自己の意思により選択できなくなったり、退去させられなくなる可能性があるほか、賃借人
      の賃料が、転借人の賃借人に対する賃料に連動する場合、転借人の信用状態等が、本投資法人の収益に悪影響を及
      ぼす可能性があります。
       また、賃貸借契約が合意解約された場合、又は債務不履行を理由に解除された場合であっても、賃貸借契約上、
      賃貸借契約終了の場合に転貸人の転借人に対する敷金等の返還義務が賃貸人に承継される旨規定されている場合等
      には、かかる敷金等の返還義務が、賃貸人に承継される可能性があります。このような場合、敷金等の返還原資は
      賃貸人の負担となり、本投資法人の収益に悪影響を与える可能性があります。
     (ル)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク

       テナントによる不動産の利用・管理状況により、当該不動産の資産価値や、本投資法人の収益に悪影響が及ぶ可
      能性があります。また、転借人や賃借権の譲受人の属性によっては、運用資産である不動産のテナント属性が悪化
      し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する可能性があります。また、建物そのものが法令や条例等の基準
      を満たす場合であっても、テナントによる建物への変更工事、内装の変更、その他利用状況等により、建築基準
      法、消防法その他の法令や条例等に違反する状態となり、本投資法人が、その改善のための費用を負担する必要が
      生じ、又は法令上不利益を被る可能性があります。
       なお、本投資法人は、かかるリスクを低減するため、PM会社を通じてテナントの不動産の利用状況の調査を行っ
      ていますが、かかるリスクが現実化しないという保証はありません。
     (ヲ)共有物件に関するリスク

       運用資産である不動産が第三者との間で共有されている場合には、その保存・利用・処分等について単独で所有
      する場合には存在しない種々のリスクがあります。
       まず、共有物の管理は、共有者間で別段の定めをした場合を除き、共有者の持分の価格に従い、その過半数で行
      うものとされているため(民法第252条)、本投資法人が共有持分の過半数を有していない場合には、当該不動産
      の管理及び運営について本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。また、共有者はその持
      分の割合に応じて共有物の全体を利用することができるため(民法第249条)、他の共有者によるこれらの権利行
      使によって、本投資法人の当該不動産の保有又は利用が妨げられるおそれがあります。
       更に、共有の場合、他の共有者からの共有物全体に対する分割請求権行使を受ける可能性(民法第256条)、及
      び裁判所により共有物全体の競売を命じられる可能性(民法第258条第2項)があり、ある共有者の意図に反して他
      の共有者からの分割請求権行使によって共有物全体が処分されるリスクがあります。
       この分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、この特約は5年を超えては効力を有しませ
      ん。また、登記済みの不分割特約がある場合でも、特約をした者について倒産手続の対象となった場合には、管財
      人等はその換価処分権を確保するために分割請求ができるとされています。ただし、共有者は、倒産手続の対象と
      なった他の共有者の有する共有持分を相当の対価で取得することができます(破産法第52条、民事再生法第48条、
      会社更生法第60条)。
       他の共有者の共有持分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、共有されていた物件全体につい
      て当該共有者(抵当権設定者)の持分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶことになると考えられています。し
      たがって、運用資産である共有持分には抵当権が設定されていなくても、他の共有者の共有持分に抵当権が設定さ
      れた場合には、共有物が分割されると、分割後の運用資産についても、他の共有者の持分割合に応じて、当該抵当
      権の効力が及ぶこととなるリスクがあります。
       また、共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されていますが、共有不動産については、共有者
      間で共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、共有者がその共有持分を第三者に売却する場合に他の共有
                                 61/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があります。
       更に、不動産の共有者が賃貸人となる場合には、賃料債権は不可分債権となり敷金返還債務は不可分債務になる
      と一般的には解されており、共有者は他の賃貸人である共有者の信用リスクの影響を受ける可能性があります。
       共有不動産については、単独所有の場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却により多
      くの時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性があります。
     (ワ)区分所有建物に関するリスク

       区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号。その後の改正を含みます。)(以下
      「区分所有法」といいます。)の適用を受ける建物で、単独所有の対象となる専有部分と共有となる共用部分及び
      建物の敷地部分から構成されます(以下同じです。)。区分所有建物の場合には、区分所有法上、法定の管理方法
      及び管理規約(管理規約の定めがある場合)によって管理方法が定められます。建替え決議等をする場合には集会
      において区分所有者及び議決権(管理規約に別段の定めのない限り、その有する専有部分の床面積の割合)の各5
      分の4以上の多数の建替え決議が必要とされる等(区分所有法第62条)、区分所有法の適用を受けない単独所有物
      件と異なり管理方法に制限があります。
       区分所有建物の専有部分の処分は自由に行うことができますが、区分所有者間で優先的購入権の合意をすること
      があることは、共有物件の場合と同様です。
       区分所有建物と敷地の関係については以下のようなリスクがあります。
       区分所有建物の専有部分を所有するために区分所有者が敷地に関して有する権利を敷地利用権といいます。区分
      所有建物では、専有部分と敷地利用権の一体性を保持するために、法律で、専有部分とそれに係る敷地利用権を分
      離して処分することが原則として禁止されています(区分所有法第22条)。ただし、敷地権の登記がなされていな
      い場合には、分離処分の禁止を善意の第三者に対抗することができず、分離処分が有効となります(区分所有法第
      23条)。また、区分所有建物の敷地が数筆に分かれ、区分所有者が、それぞれ、その敷地のうちの一筆又は数筆の
      土地について、単独で、所有権、賃借権等を敷地利用権(いわゆる分有形式の敷地利用権)として有している場合
      には、分離して処分することが可能とされています。このように専有部分とそれに係る敷地利用権が分離して処分
      された場合、敷地利用権を有しない区分所有者が出現する可能性があります。
       また、敷地利用権が使用借権及びそれに類似した権利である場合には、当該敷地が売却、競売等により第三者に
      移転された場合に、区分所有者が当該第三者に対して従前の敷地利用権を対抗できなくなる可能性があります。
       このような区分所有建物と敷地の関係を反映して、区分所有建物の場合には、取得及び売却により多くの時間と
      費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性があります。
     (カ)借地物件に関するリスク

       本投資法人は、借地権(土地の賃借権及び地上権)とその借地権設定地上に存在する建物(以下「借地物件」と
      いいます。)に投資することがありますが、借地物件は、土地建物ともに所有する場合と比べて特有のリスクがあ
      ります。借地権は、所有権と異なり永久に存続するものではなく、期限の到来により当然に消滅し(定期借地権の
      場合)又は期限到来時に借地権設定者が更新を拒絶しかつ更新を拒絶する正当事由がある場合に消滅します(普通
      借地権の場合)。また、借地権が地代の不払その他により解除その他の理由により消滅する可能性もあります(更
      に、借地法(大正10年法律第49号。その後の改正を含みます。)(以下「借地法」といいます。)においては、借
      地上の建物の朽廃という法定の消滅原因も存在します。)。借地権が消滅すれば、時価での建物買取りを請求でき
      る場合(借地借家法第13条、借地法第4条第2項)を除き、借地上に存在する建物を取り壊した上で、土地を返還し
      なければなりません。普通借地権の場合、借地権の期限到来時の更新拒絶につき上記正当事由が認められるか否か
      を本投資法人の物件取得時に正確に予測することは不可能であり、仮に建物の買取請求権を有する場合でも、買取
      価格が本投資法人が希望する価格以上である保証はありません。
       また、本投資法人が借地権を有している土地の所有権が、他に転売されたり、借地権設定時に既に存在する土地
      上の抵当権等の実行により第三者に移転する可能性があります。この場合、借地権について適用のある法令に従い
      第三者対抗要件(借地権の登記又は借地権を有している土地上に借地権者が登記されている建物を所有しているこ
      とが該当します。)が具備されていないときは、本投資法人は、借地権を当該土地の新所有者に対して対抗でき
      ず、当該土地の明渡義務を負う可能性があります。
       更に、借地権が賃借権である場合、借地権を譲渡するには、原則として、借地権設定者の承諾が必要となりま
      す。借地上の建物の所有権を譲渡する場合には、当該借地に係る借地権も一緒に譲渡することになるので、原則と
      して、借地権設定者の承諾が必要となります。かかる借地権設定者の承諾に関しては、借地権設定者への承諾料の
      支払いが予め約束されていたり、約束されていなくても慣行を理由として借地権設定者が承諾料を承諾の条件とし
      て請求してくる場合があります(なお、法律上借地権設定者に当然に承諾料請求権が認められているものではあり
      ません。)。
       加えて、借地権設定者の資力の悪化や倒産等により、借地権設定者に差し入れた敷金及び保証金等の全額又は一
      部が返還されない可能性があります。借地権設定者に対する敷金及び保証金等の返還請求権について担保設定や保
      証はなされないのが通例です。
       その他、地方自治法(昭和22年法律第67号。その後の改正を含みます。)(以下「地方自治法」といいます。)
                                 62/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      に定める地方公共団体がその普通財産を貸し付けた場合、その貸付期間中であっても、当該地方公共団体において
      公用又は公共用に供するため必要が生じたときは、普通地方公共団体の長はその契約を解除できるとされています
      (地  方自治法第238条の5第4項)。したがって、地方公共団体から土地その他の資産を賃借した場合、本投資法人
      は、その契約に違反がない場合であっても解除されることがあり、その場合には本投資法人の資産運用及び収益に
      悪影響を及ぼす可能性があります。
       借地権と借地上に建てられている建物については、敷地と建物を一括して所有している場合と比べて、上記のよ
      うな制限やリスクがあるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性が
      あります。
     (ヨ)底地物件に関するリスク

       本投資法人は、第三者が賃借してその上に建物を所有している土地、いわゆる底地を取得することがあります。
      底地物件には特有のリスクがあります。借地権が消滅する場合、本投資法人は借地権者より時価での建物買取りを
      請求される場合があります(借地借家法第13条、借地法第4条)。借地権者より時価での建物買取りを請求される
      場合、買取価格が本投資法人の希望する価格以下である保証はありません。
       また、借地権が賃借権である場合、借地権者による借地権の譲渡には、原則として、本投資法人の承諾が必要と
      なりますが、裁判所が承諾に代わる許可をした場合(借地借家法第19条)や、借地契約上事前に一定範囲での借地
      権の譲渡を承諾している場合には、本投資法人の承諾なく借地権が譲渡される結果、財務状態に問題がある等の本
      投資法人が望まない者に借地権が譲渡される可能性があり、その結果、投資主又は投資法人債権者に損害を与える
      可能性があります。
       更に、借地契約に基づく土地の賃料の支払いが滞り、延滞賃料の合計額が敷金及び保証金等で担保される範囲を
      超える場合には投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。加えて、土地の賃料の改定、又は、
      借地権者による借地借家法第11条に基づく土地の借賃の減額請求により、当該底地から得られる賃料収入が減少
      し、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
     (タ)借家物件に関するリスク

       本投資法人は、建物(共有持分、区分所有権等を含みます。)を第三者から賃借の上又は信託受託者に賃借させ
      た上、当該賃借部分を直接若しくは信託受託者を通じて保有する建物と一体的に又は当該賃借部分を単独で、テナ
      ントへ転貸することがあります。
       この場合、建物の賃貸人の資力の悪化や倒産等により、建物の賃貸人に差し入れた敷金及び保証金等の全額又は
      一部が返還されない可能性があることは、前記「(カ)                         借地物件に関するリスク」の場合と同じです。
       加えて、民法上、本投資法人が第三者との間で直接又は信託受託者を通じて締結した賃貸借契約が何らかの理由
      により終了した場合、原則として、本投資法人又は当該受託者とテナントの間の転貸借契約も終了するとされてい
      るため、テナントから、転貸借契約の終了に基づく損害賠償請求等がなされるおそれがあります。
     (レ)開発物件に関するリスク

       本投資法人は、規約に定める投資方針に従って、竣工後の物件を取得するために予め開発段階で売買契約を締結
      する場合があります。かかる場合、既に完成した物件につき売買契約を締結して取得する場合とは異なり、様々な
      事由により、開発が遅延、変更又は中止され、売買契約どおりの引渡しを受けられない可能性があります。この結
      果、開発物件からの収益等が本投資法人の予想を大きく下回る可能性があるほか、予定された時期に収益等が得ら
      れなかったり、収益等が全く得られなかったり、又は予定されていない費用、損害若しくは損失を本投資法人が負
      担し若しくは被る可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
     (ソ)フォワード・コミットメント等に係るリスク

       本投資法人は、不動産又は不動産を信託する信託の受益権を取得するに当たり、フォワード・コミットメント等
      を行うことがあります。不動産売買契約が買主の事情により解約された場合には、買主は債務不履行による損害賠
      償義務を負担することとなります。また、損害額等の立証にかかわらず、不動産又は不動産を信託する信託の受益
      権の売買価格に対して一定の割合の違約金が発生する旨の合意がなされることも少なくありません。フォワード・
      コミットメント等の場合には、契約締結後、決済・物件引渡しまでに一定の期間があるため、その期間における市
      場環境の変化等により本投資法人が不動産取得資金を調達できない場合等、売買契約を解約せざるを得なくなった
      場合には、違約金等の支払いにより、本投資法人の財務状況等が悪影響を受ける可能性があります。
     (ツ)有害物質に関するリスク

       本投資法人が土地又は土地の賃借権若しくは地上権又はこれらを信託する信託の受益権を取得する場合におい
      て、当該土地について産業廃棄物等の有害物質が埋蔵されている可能性があり、かかる有害物質が埋蔵されている
      場合には当該土地の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために土壌の入替えや洗
      浄が必要となる場合には、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性があります。また、かかる有害物質
      によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人がかかる損害を賠償
                                 63/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      する義務を負う可能性があります。なお、土壌汚染対策法によれば、土地の所有者、管理者又は占有者は、鉛、砒
      素、トリクロロエチレンその他の特定有害物質による土地の土壌の汚染の状況について、都道府県知事により調
      査・  報告を命ぜられることがあり、また、土壌の特定有害物質による汚染により、人の健康に係る被害が生じ、又
      は生じるおそれがあるときは、都道府県知事によりその被害を防止するため必要な汚染の除去等の措置を命ぜられ
      ることがあります。
       この場合、本投資法人に多額の負担が生じる可能性があり、また、本投資法人は、支出を余儀なくされた費用に
      ついて、その原因となった者やその他の者から常に償還を受けられるとは限りません。
       また、本投資法人が建物又は建物を信託する信託の受益権を取得する場合において、当該建物の建材等にアスベ
      ストその他の有害物質を含む建材が使用されているか若しくは使用されている可能性がある場合やPCBが保管され
      ている場合等には、当該建物の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために建材の
      全面的若しくは部分的交換が必要となる場合又は有害物質の処分若しくは保管が必要となる場合には、これに係る
      予想外の費用や時間が必要となる可能性があります。また、かかる有害物質によって第三者が損害を受けた場合に
      は、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人にかかる損害を賠償する義務が発生する可能性がありま
      す。
     (ネ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク

       本投資法人は、不動産を信託の受益権の形式で取得することがあります。
       信託受託者が信託財産としての不動産、不動産の賃借権、地上権又は地役権を所有し管理するのは信託受益者の
      ためであり、その経済的利益と損失は、最終的には全て信託受益者に帰属することになります。したがって、本投
      資法人は、信託の受益権の保有に伴い、信託受託者を介して、運用資産が不動産である場合と実質的にほぼ同じリ
      スクを負担することになります。
       信託契約上信託の受益権を譲渡しようとする場合には、信託受託者の承諾を要求されるのが通常です。更に、不
      動産、不動産の賃借権、地上権又は地役権を信託する信託の受益権については受益証券発行信託の受益証券でない
      限り私法上の有価証券としての性格を有していませんので、債権譲渡と同様の譲渡方法によって譲渡することにな
      り、有価証券のような流動性がありません。
       信託法(大正11年法律第62号。その後の改正を含みますが、信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律
      (平成18年法律第109号)による改正前のもの)及び信託法(平成18年法律第108号。その後の改正を含みます。)
      上、信託受託者が倒産等手続の対象となった場合に、信託の受益権の目的となっている不動産が信託財産であるこ
      とを破産管財人等の第三者に対抗するためには、信託された不動産に信託設定登記をする必要があり、仮にかかる
      登記が具備されていない場合には、本投資法人は、当該不動産が信託の受益権の目的となっていることを第三者に
      対抗できない可能性があります。
       また、信託財産の受託者が、信託目的に反して信託財産である不動産を処分した場合、又は信託財産である不動
      産を引当てとして、何らかの債務を負うことにより、不動産を信託する信託の受益権を保有する本投資法人が不測
      の損害を被る可能性があります。
       更に、信託契約上、信託開始時において既に存在していた信託不動産の欠陥、瑕疵等につき、当初委託者が信託
      財産の受託者に対し一定の瑕疵担保責任や契約不適合責任を負担する場合に、信託財産の受託者が、かかる瑕疵担
      保責任や契約不適合責任を適切に追及しない、又はできない結果、本投資法人が不測の損害を被り、投資主又は投
      資法人債権者に損害を与える可能性があります。
     (ナ)不動産信託の信託受益権の準共有等に関するリスク

       運用資産である不動産信託の信託受益権が第三者との間で準共有されている場合には、その保存・利用・処分等
      について単独で所有する場合には存在しない種々のリスクがあります。
       まず、準共有されている権利の管理は、準共有者間で別段の定めをした場合を除き、準共有者の持分の価格に従
      い、その過半数で行うものとされているため(民法第252条)、本投資法人が準共有持分の過半数を有していない
      場合には、不動産の管理及び運営についての信託受益者の指図に本投資法人の意向を反映させることができない可
      能性があります。また、準共有者はその持分の割合に応じて準共有している権利の全体を利用することができるた
      め(民法第249条)、他の準共有者によるこれらの権利行使によって、本投資法人の当該信託受益権の保有又は利
      用が妨げられるおそれがあります。
       また、準共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されていますが、信託受益権が準共有されてい
      る場合には、準共有者間で準共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、準共有者がその準共有持分を第三
      者に売却する場合に他の準共有者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があります。
       更に、不動産信託の信託受益権の準共有者が不動産信託受託者に対して有する信託交付金の請求権は不可分債権
      となり不動産信託受託者に対して負担する信託費用等の支払義務は不可分債務になると一般的には解されており、
      準共有者は他の準共有者の信用リスクの影響を受ける可能性があります。
       加えて、準共有者間においては、準共有者間の協定書等が締結され、準共有者間で準共有持分の優先的購入権に
      ついて合意されたり、一定の場合に当事者間で売渡請求権若しくは買取請求権が生じることが合意され、又は信託
      受益者としての意思決定の方法等が合意されることがあります(その内容は様々です。)が、これらの合意がなさ
                                 64/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      れている場合、本投資法人が所有する準共有持分の処分が制限される可能性があるほか、想定しない時期に準共有
      持分を取得若しくは譲渡することを強制され、又は、持分割合にかかわらず、不動産の管理及び運営についての信
      託 受益者の指図に本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。
       不動産信託の信託受益権が第三者との間で準共有されている場合には、単独所有の場合と比べて上記のような制
      限やリスクがあるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性がありま
      す。
     (ラ)売却時の不動産の流動性に関するリスク

       不動産には、上記の各リスクが存在することから、流通市場の発達した有価証券等と比較すると、相対的に流動
      性が低いといえます。また、上記の各リスクの状況によっては、特に流動性が低くなるおそれもあります。そのた
      め、経済環境や不動産需給関係の影響によっては、本投資法人が売却を希望する不動産を希望どおりの時期・条件
      で売却できず、あるいは、これらの不動産について予定外の費用又は損失が発生する可能性があります。これらの
      結果、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
     (ム)地球温暖化対策に係るリスク

       法律又は条例により、地球温暖化対策として、一定の不動産の所有者に温室効果ガス排出に関する報告や排出量
      制限の義務が課されることがあります。これらの制度設計又は拡充に伴い、排出量削減のための建物改修を実施し
      たり、排出権あるいは再エネクレジット等を取得する等の負担を余儀なくされる可能性があります。
     (ウ)物件取得の競争及びテナントの獲得競争に関するリスク

       不動産投資信託その他のファンド、大小の投資家等による不動産投資が活発化し、物件取得の競争が激化する場
      合があります。このような状況下にあっては、希望した条件での物件取得ができない等の事情により、本投資法人
      が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産ポートフォリオを実現できない可能性があります。
       また、不動産関連資産は、他の不動産とのテナント獲得競争にさらされているため、競合する不動産の新築、リ
      ニューアル、募集賃料の引下げ等の競争条件の変化により、賃料引下げ、入居前の内装工事等の多額の費用負担や
      稼働率の低下を余儀なくされ、本投資法人の収益に悪影響を与える場合があります。
     (ヰ)不動産の運用費用の増加に関するリスク

       経済全般のインフレーション、人件費や水道光熱費の高騰、不動産管理や建物管理に係る費用又は備品調達等の
      管理コストの上昇、建物の経年劣化による修繕費の負担、各種保険料の値上げ、公租公課の増大その他の理由によ
      り、不動産の運用に関する費用が増加する可能性があります。一方で、不動産関連資産からの収入がこれに対応し
      て増加するとの保証はありません。
                                 65/250










                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ⑤ 税制に関するリスク
     (イ)導管性要件に関するリスク
       税法上、租税特別措置法第67条の15第1項(以下「投資法人に係る課税の特例規定」といいます。)により、一
      定の要件(導管性要件)を満たした投資法人に対しては、投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、利
      益の配当等を投資法人の損金に算入することが認められています。
                           投資法人の主な導管性要件
                      配当等の額が配当可能利益の額の90%超であること
         支払配当要件            (利益を超えた金銭の分配を行った場合には、金銭の分配の額が配当可能額の
                      90%超であること)
                      投資法人規約において、投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集さ
         国内50%超募集要件            れる投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨の記載又は記録があるこ
                      と
                      機関投資家(租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定するもの
         借入先要件            をいいます。次の「所有先要件」において同じです。)以外の者から借入れを
                      行っていないこと
                      事業年度の終了の時において、発行済投資口が50人以上の者によって所有され
         所有先要件
                      ていること又は機関投資家のみによって所有されていること
                      事業年度の終了の時において、投資主の1人及びその特殊関係者により発行済
         非同族会社要件            投資口の総口数あるいは議決権総数の50%超を保有されている同族会社に該当
                      していないこと
                      他の法人の株式又は出資の50%以上を有していないこと(匿名組合出資を含
         会社支配禁止要件
                      み、一定の海外子会社          の株式又は出資       を除きます。)
       本投資法人は、導管性要件を満たすよう努める予定ですが、今後、下記に記載した要因又はその他の要因により

      導管性要件を満たすことができない可能性があります。本投資法人が、導管性要件を満たすことができなかった場
      合、利益の配当等を損金算入することができなくなり、本投資法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額等
      に悪影響を与える可能性があります。
       a. 会計処理と税務処理との不一致によるリスク
        会計処理と税務処理との不一致(税会不一致)が生じた場合、会計上発生した費用・損失について、税務上そ
       の全部又は一部を損金に算入することができない等の理由により、法人税等の税負担が発生し、配当の原資とな
       る会計上の利益は減少します。支払配当要件における配当可能利益の額(又は配当可能額)は会計上の税引前利
       益に基づき算定されることから、多額の法人税額が発生した場合には、配当可能利益の額の90%超の配当(又は
       配当可能額の90%超の金銭分配)ができず、支払配当要件を満たすことが困難となる可能性があります。なお、
       2015年度税制改正により、交際費、寄附金、法人税等を除く税会不一致に対しては、一時差異等調整引当額の分
       配により法人税額の発生を抑えることができるようになりましたが、本投資法人の過去の事業年度に対する更正
       処分等により多額の追徴税額(過年度法人税等)が発生した場合には、法人税等は一時差異等調整引当額の対象に
       ならないため、支払配当要件を満たすことができないリスクは残ります。
       b. 資金不足により計上された利益の配当等の金額が制限されるリスク
        借入先要件に基づく借入先等の制限や資産の処分の遅延等により機動的な資金調達ができない場合には、配当
       の原資となる資金の不足により支払配当要件を満たせない可能性があります。
       c. 借入先要件に関するリスク
        本投資法人が何らかの理由により機関投資家以外からの借入れを行わざるを得ない場合又は本投資法人の既存
       借入金に関する貸付債権が機関投資家以外に譲渡された場合、あるいはこの要件の下における借入金の定義が税
       法上において明確ではないためテナント等からの預り金等が借入金に該当すると解釈された場合においては、借
       入先要件を満たせなくなる可能性があります。
       d. 投資主の異動について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
        本投資口が市場で流通することにより、本投資法人のコントロールの及ばないところで、所有先要件あるいは
       非同族会社要件が満たされなくなる可能性があります。
                                 66/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ロ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク
       本投資法人に対して税務調査が行われ、導管性要件に関する取扱いに関して、税務当局との見解の相違により更
      正処分を受け、過年度における導管性要件が事後的に満たされなくなる可能性があります。このような場合には、
      本投資法人が過年度において行った利益の配当等の損金算入が否認される結果、本投資法人の税負担が増大し、投
      資主への分配額等に悪影響を与える可能性があります。
     (ハ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク

       本投資法人は、規約における投資方針において、その有する特定資産の価額の合計額に占める特定不動産の価額
      の合計額の割合を75%以上とすること(規約第34条第3項)としています。本投資法人は、上記内容の投資方針を
      規約に定めること、及びその他の税法上の要件を充足することを前提として、直接に不動産を取得する場合の不動
      産流通税(登録免許税及び不動産取得税)の軽減措置の適用を受けることができると考えています。しかし、本投
      資法人がかかる軽減措置の要件を満たすことができない場合、又は軽減措置の要件が変更された場合には、軽減措
      置の適用を受けることができない可能性があります。
     (ニ)一般的な税制の変更に関するリスク

       不動産、不動産信託受益権その他本投資法人の資産に関する税制若しくは本投資法人に関する税制又はかかる税
      制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、公租公課の負担が増大し、その結果本投資法人の収益に悪影響
      を与える可能性があります。また、投資口に係る利益の配当、資本の払戻し、譲渡等に関する税制又はかかる税制
      に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、本投資口の保有又は売却による投資主の手取金の額が減少し、又
      は税務申告等の税務上の手続面での負担が投資主に生じる可能性があります。
      ⑥ その他

     (イ)専門家報告書等に伴うリスク
       本投資法人又は本資産運用会社は、不動産を取得するに際して又は取得後、当該不動産の鑑定評価を不動産鑑定
      士等に依頼し、鑑定評価書を取得することがありますが、不動産の鑑定評価額は、個々の不動産鑑定士等の分析に
      基づく、分析の時点における評価に関する意見を示したものにとどまり、客観的に適正な不動産価格と一致すると
      は限りません。同じ物件について鑑定、調査を行った場合でも、不動産鑑定士等、評価方法又は調査の方法若しく
      は時期によって鑑定評価額の内容が異なる可能性があります。また、かかる鑑定等の結果は、現在及び将来におい
      て当該鑑定評価額による売買の可能性を保証又は約束するものではありません。更に、不動産鑑定評価書に記載さ
      れた運営純収益である鑑定NOIは、個々の不動産鑑定士等が、不動産の鑑定評価額を算出するに当たり、その分析
      に基づいて算出した金額であり、分析の時点における意見を示したものにとどまり、実際の当該不動産から得られ
      る運営純収益の額と一致するとは限りません。とりわけ、本投資法人の取得に伴い賃料固定型マスターリース契約
      が締結される場合等、不動産の賃貸条件が取得に伴って変更される場合には、鑑定NOIは、必ずしも当該変更後の
      賃貸条件に基づく運営純収益と一致するとは限りません。本投資法人が当該不動産から収受する実際の運営純収益
      の額は、当該不動産の賃貸条件、稼働状況、費用支出の状況その他の事由により影響を受けるため、鑑定NOIと一
      致するとは限りません。鑑定NOIは、当該不動産取得後の本投資法人の運営純収益の額を保証又は約束するもので
      はありません。
       また、本投資法人又は本資産運用会社は、不動産を取得するに際して又は取得後、当該不動産の建物状況調査評
      価書及び地震リスク診断報告書並びに構造計算書の妥当性に関する第三者の報告書を取得することがありますが、
      建物状況調査評価書及び地震リスク診断報告書並びに構造計算書の妥当性に関する第三者の報告書は、建物の評価
      に関する専門家が、設計図書等の確認、現況の目視調査又は施設管理者への聞取り等を行うことにより、現在又は
      将来発生することが予想される建物の不具合、必要と考えられる修繕又は更新工事の抽出及びそれらに要する概算
      費用並びに再調達価格の算出、並びに建物の耐震性能及び地震による損失リスク等を検討した結果を記載したもの
      であり、不動産に欠陥、瑕疵等が存在しないことを保証又は約束するものではありません。
       更に、不動産に関して算出されるPML値も個々の専門家の分析に基づく予想値にすぎません。PML値は、損害の予
      想復旧費用の再調達価格に対する比率で示されますが、将来、地震が発生した場合、予想以上の多額の復旧費用が
      必要となる可能性があります。
       加えて、本投資法人又は本資産運用会社は、不動産を取得するに際して又は取得後、当該不動産又は(ホテル投
      資の場合)オペレーターのサービス提供の体制及び内容並びに設備及び稼働状況等に関するマーケットレポートを
      取得することがあります。マーケットレポートにより提示される第三者によるマーケット分析、統計情報及び想定
      賃料水準並びに(ホテル投資の場合)オペレーターの能力、業績、財務状態、信用力及び将来の業績の予想に関す
      る分析等は、個々の調査会社の分析に基づく、分析の時点における評価に関する意見を示したものにとどまり、客
      観的に適正なエリア特性、需要と供給、マーケットにおける位置付け、市場の動向、(ホテル投資の場合)オペ
      レーターの提供するサービスの水準及び内容並びに設備及び稼働状況等と一致するとは限りません。同じ物件につ
      いて調査分析を行った場合でも、調査会社及び調査の時期又は方法によってマーケット分析、統計情報及び想定賃
      料水準並びに(ホテル投資の場合)オペレーターの能力、業績、財務状態、信用力及び将来の業績の予想に関する
      分析等の内容が異なる可能性があります。また、想定賃料水準は、現在及び将来において当該賃料水準による賃貸
                                 67/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      借の可能性を保証又は約束するものではなく、また、(ホテル投資の場合)当該報告書の記載内容や分析(オペ
      レーターの能力、業績、財務状態、信用力及び将来の業績の予想に関する分析を含みます。)が正確である保証は
      あ りません。更に、本投資法人の中心的な投資対象の一つであるホテルは、一般的に施設毎の特殊性が強く、マー
      ケット分析及び想定賃料水準の前提となる類似物件の情報の取得が困難である可能性があります。また、ホテルの
      マーケット分析及び想定賃料水準は、観光業界の動向等に左右されますが、調査会社が観光業界の動向を適切に予
      想することが困難である可能性があります。更に、オペレーターの提供するサービスの水準及び内容並びに設備及
      び稼働状況等は、繁閑期で大きく異なる可能性があります。したがって、他の不動産等に比べ、ホテルについて
      は、マーケットレポートにおけるマーケット分析、統計情報及び想定賃料水準並びにオペレーターの能力、業績、
      財務状態、信用力及び将来の業績の予想に関する分析等が概括的なものになる可能性があり、場合によっては、
      マーケットレポートの取得自体が不可能となる可能性がある等、本投資法人によるマーケットレポートを用いた情
      報収集が限定的なものに留まる可能性もあります。
     (ロ)減損会計の適用に関するリスク

       固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議会
      平成14年8月9日)及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号                                              平成15年10月
      31日。その後の改正を含みます。))が、適用されています。
       「減損会計」とは、主として土地・建物等の事業用不動産について、収益性の低下により投資額を回収する見込
      みが立たなくなった場合に、一定の条件のもとで回収可能性を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理のこ
      とをいいます。「減損会計」の適用に伴い、地価の動向及び運用資産の収益状況等によっては、会計上減損損失が
      発生し、本投資法人の損益に悪影響を与える可能性があります。
     (ハ)   取得予定資産を取得することができないリスク

       経済環境等が著しく変わった場合又は相手方の事情等により売買契約において定められた停止条件又は前提条件
      が成就しない場合等においては、取得予定資産を取得することができない可能性があります。また、取得資金の一
      部に充当するための追加借入れが実行できない場合においても、取得予定資産を取得できない可能性があります。
      この場合、本投資法人は、代替資産の取得のための努力を行う予定ですが、取得予定資産の代替資産として、短期
      間に投資に適した物件を取得することができる保証はなく、資金を有効に運用することができない場合には、投資
      主に損害を与える可能性があります。
     (ニ)匿名組合出資持分への投資に関するリスク

       本投資法人はその規約に基づき、不動産に関する匿名組合出資持分への投資を行うことがあります。本投資法人
      が出資するかかる匿名組合は、本投資法人の出資金を不動産に投資しますが、当該不動産に係る収益が悪化した場
      合や当該不動産の価値が下落した場合、意図されない課税が生じた場合等には、本投資法人が匿名組合員として得
      られる分配金や元本の償還金額等が減少し、その結果、本投資法人が営業者に出資した金額を回収できない等の損
      害を被る可能性があります。また、匿名組合出資持分については契約上譲渡が禁止若しくは制限されていることが
      あり、又は、確立された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図しても、適切な
      時期及び価格で譲渡することが困難となる可能性があり、又は、予定より低い価額での売買を余儀なくされる可能
      性があります。
     (ホ)優先出資証券への投資に関するリスク

       本投資法人はその規約に基づき、資産流動化法に基づく特定目的会社が発行する優先出資証券への投資を行うこ
      とがあります。本投資法人が出資するかかる特定目的会社は、本投資法人の出資金を不動産に投資しますが、当該
      不動産に係る収益が悪化した場合や当該不動産の価値が下落した場合、更には導管体である特定目的会社において
      意図されない課税が生じた場合等には、本投資法人が当該優先出資証券より得られる配当金や分配される残余財産
      が減少し、その結果、本投資法人が特定目的会社に出資した金額を回収できない等の損害を被る可能性がありま
      す。また、優先出資証券については、特定目的会社への出資者の間で契約上譲渡を禁止若しくは制限されているこ
      とがあり、また、確立された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図しても、適
      切な時期及び価格で譲渡することが困難となる可能性があり、又は、予定より低い価額での売買を余儀なくされる
      可能性があります。
                                 68/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヘ)内部留保の活用に関するリスク
       本投資法人は、負ののれん等の内部留保を有しており、法令等の定めにより分配金に加算する他、物件売却によ
      る損失発生やテナント退去による一時的な賃料の減少による分配金への悪影響の緩和、更には税務と会計の取扱い
      の不一致により生ずるおそれのある課税への対応等のために活用し、安定した金銭の分配を行う方針(以下「内部
      留保の活用方針」といいます。)です。しかしながら、投資法人に関する内部留保にかかる会計処理又は取扱いに
      関する解釈、運用又は取扱いが変更された場合、内部留保の金額が変更される可能性、及び内部留保の活用が困難
      になるなどの投資主への分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
       また、内部留保のうち負ののれん発生益に由来する一時差異等調整積立金は資金の裏付けのない会計上の利益で
      あるため、分配金支払原資の不足により税法上の導管性要件の一つである支払配当要件を満たせない可能性があり
      ます。本投資法人は、内部留保の取崩予定額を公表することがあり(以下、公表した内部留保の取崩予定額を「公
      表済内部留保取崩予定額」といいます。)、公表済内部留保取崩予定額を分配すべく、本投資法人はキャッシュ・
      マネジメントに最大限留意しますが、本投資法人が金銭の分配を行う時点において公表済内部留保取崩予定額分の
      資金が存在するという保証はなく、公表済内部留保取崩予定額よりも低い金額が実際の内部留保からの取崩額とな
      る可能性があります。また、公表済内部留保取崩予定額の分配が可能であっても、公表済内部留保取崩予定額まで
      の分配を行わない可能性があります。
       更に、本投資法人は、内部留保の活用方針に基づく運用上の施策や、想定外の損失の発生等により、公表済内部
      留保取崩予定額以上の取崩しを行う可能性があります。その場合、本投資法人の想定以上に内部留保が減少するこ
      ととなり、将来的に、内部留保の活用方針が重大な影響を受ける可能性や、公表済内部留保取崩予定額の分配を行
      うことができなくなる可能性があります。
                                 69/250














                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (2)投資リスクに対する管理体制
       上記の様々なリスクに鑑み、本投資法人及び本資産運用会社は、本投資法人の資産運用に関し、以下のガバナン
      スを通じ、実効性のあるリスク管理体制を整備し、かつ、かかる管理体制が最大限の効果を発揮するよう努めてい
      ます。
       本投資法人及び本資産運用会社は、可能な限り、本投資証券及び本投資法人債券への投資に関するリスクの発生
      の回避及びリスクが発生した場合の損害の極小化等の対応に努める方針ですが、これらの措置が結果的に十分な成
      果を収める保証はありません。
      ① 本投資法人の体制
        本投資法人は、投信法に基づき設立され、執行役員1名及び監督役員2名により構成される役員会により運営さ
       れています。執行役員は、3か月に1回以上の頻度で役員会を開催し、役員会においては、法令又は本投資法人及
       び本資産運用会社の各社内規程で定められた承認事項の審議を行います。本投資法人は、当該手続により本資産
       運用会社の利害関係者との取引について、利益相反取引のおそれがあるか否かについての確認を行い、利益相反
       等にかかるリスクの管理に努めています。加えて、執行役員は、役員会において本投資法人の運営及び自らの業
       務執行状況に関する報告を行います。当該報告を通じ、監督役員は的確に情報を入手し、執行役員の業務執行状
       況を監視する体制を維持しています。
        本投資法人は、資産運用委託契約上、本資産運用会社から各種報告を受ける権利及び本資産運用会社の帳簿及
       び記録その他の資料の調査を行う権利を有しています。かかる権利の行使により、本投資法人は、本資産運用会
       社の業務執行状況を監視できる体制を維持しています。
      ② 本資産運用会社の体制

        本資産運用会社は、リスク管理規程において、リスク管理の方法、リスク管理状況のモニタリング、及びリス
       クについて不測の重大な事態が発生した場合の対応方法等を規定しています。本資産運用会社の各組織は、その
       業務分掌に関連する業務に係るリスクについて、以下の手法等を通じて管理します。また、本資産運用会社のコ
       ンプライアンス・オフィサー及び内部統制推進室は、本資産運用会社のリスク管理に関する責任部署として、各
       組織におけるリスク管理の統括及びモニタリングを実施するとともに、本資産運用会社取締役会へ報告していま
       す。本資産運用会社の各組織における業務分掌の詳細については、前記「1                                   投資法人の概況 (4)          投資法人の機
       構 ②    投資法人の運用体制 (ロ)             本資産運用会社の各組織の業務分掌体制」をご参照ください。
       (イ)本資産運用会社は、運用ガイドラインにおいて、ポートフォリオの構築方針、ポートフォリオの運営・管
         理方針、投資を行う場合の審査基準、物件のデュー・ディリジェンスの基準等を定めています。また、PM会
         社等の業務委託先及びテナント等の選定に関する社内規程を定めており、かかる運用ガイドラインその他社
         内規程等を遵守することにより、不動産や不動産信託受益権に係るリスクの管理に努めています。
       (ロ)本資産運用会社は、職務分掌規程、職務権限規程、委員会規程及びコンプライアンス規程等の社内規程を

         定めて本投資法人の資産運用に係る重要な事項の決定プロセスの明確化及びかかる意思決定プロセスの過程
         での法令遵守状況の監視を図っているほか、不動産の調査、取得、運営管理その他の業務それぞれについ
         て、客観的な業務手順を確立して、リスクの管理に努めています。
       (ハ)本資産運用会社は、内部統制推進室が法令諸規則の遵守状況を監視するとともに利益相反取引、インサイ

         ダー取引及び反社会的勢力との取引の排除等コンプライアンスの徹底に関して統括しています。また、コン
         プライアンス・オフィサーは、法令諸規則の定めに則り、コンプライアンス・マニュアルをはじめコンプラ
         イアンスに係る諸規則を整備するとともに、社内研修等を通じ、本資産運用会社役職員のコンプライアンス
         に関する知識向上等の啓蒙に努めています。
       (ニ)本資産運用会社の内部監査は、他の組織及び部署から独立したコンプライアンス・オフィサー及び内部統

         制推進室が担当し、コンプライアンス・オフィサーがその責任者となります。ただし、コンプライアンス・
         オフィサー及び内部統制推進室に対する内部監査については、代表取締役社長を責任者とし、総務部が担当
         します。内部監査に係る体制は、内部監査規程等に基づき整備され、内部監査の結果及び指摘事項に係る改
         善状況についてはコンプライアンス・オフィサーより適宜取締役会に報告されます。かかる体制を整備する
         ことにより、客観性をもった内部監査が実施されるとともに、取締役会が本資産運用会社における各組織の
         業務遂行状況を監視しています。
                                 70/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (ホ)フォワード・コミットメント等に係る物件は、決済までの間、本投資法人の貸借対照表には計上されずオ
         フバランスとなりますが、当該期間中の当該物件の価格変動リスクは本投資法人に帰属することになりま
         す。このため、フォワード・コミットメント等を行う場合、本資産運用会社において、違約金の上限、物件
         の取得額の上限、契約締結から物件引渡しまでの期間の上限等についてのルールを定めたフォワード・コ
         ミットメント等に係る規則に基づき、当該リスクを管理しています。
       (ヘ)本投資法人の新投資口発行、借入れ、投資法人債の発行等資金調達行為に関しては、法令諸規則等の定め

         に基づき、本投資法人役員会の承認を経る体制を整備しています。また、本資産運用会社において、余資の
         運用に関するガイドライン及びデリバティブ取引の取扱及びリスク管理規程を定め、本投資法人の財務面に
         関するリスクを管理しています。
       (ト)本資産運用会社は、緊急時対応規程及び事業継続計画を定めて、災害等の緊急時における本投資法人の保

         有資産及び本資産運用会社のBCPについて体制を整備しています。
       (チ)本資産運用会社は、情報管理規程、文書管理規程、情報システム管理規程、個人情報保護方針及び個人情

         報保護規程等の情報資産に関する社内規程を定めて、本資産運用会社における業務遂行上の重要情報並びに
         本資産運用会社の役職員及び本投資法人の投資主やテナントをはじめとする全てのステークホルダーに係る
         個人情報等の情報資産に関する管理体制を整えるとともに、業務委託先における情報管理状況について監視
         する体制を整備しています。
                                 71/250














                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    4【手数料等及び税金】
     (1)【申込手数料】
       該当事項はありません。
     (2)【買戻し手数料】

       本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しを行わないため(規約第6条第1項)、該当事項はありませ
      ん。
     (3)【管理報酬等】

      ① 役員報酬(規約第51条)
      (イ)各執行役員に対する報酬は、月額100万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして役員会が定める
        金額とし、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
      (ロ)各監督役員に対する報酬は、月額50万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして役員会が定める

        金額とし、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
      ② 本資産運用会社への資産運用報酬(規約第50条及び別紙)

        本投資法人が本資産運用会社に支払う報酬の計算方法及び支払の時期はそれぞれ以下のとおりです。
      (イ)運用報酬①(期中管理報酬①)
        本投資法人の直前決算期における貸借対照表(投信法第131条第2項に基づき、役員会の承認を受けたものに限
       ります。)に記載された総資産額(ただし、未償却の正ののれんに相当する金額を控除します。)に対して、本
       投資法人及び資産運用会社が別途合意する料率(ただし、年率0.5%を上限とします。)に対東証REIT指数パ
       フォーマンス連動料率(以下に定義します。)を加えた合計の料率(年率)を乗じ、対象となる営業期間の実日
       数で1年を365日として日割計算をした金額(円単位未満切捨て)とします。
       本b.において、「対東証REIT指数パフォーマンス連動料率」とは、対象となる営業期間ごとに以下の計算式に
       従って算出される数値を意味します。なお、対東証REIT指数パフォーマンス連動料率の上限は0.02%、下限は-
       0.02%とします。ただし、対象となる営業期間の以下の計算式に従って算出される数値が正の数値である場合で
       あっても、その前営業期間の最終営業日における本投資口の最終価格(同日において最終価格がない場合には、
       同日前直近における最終価格をいいます。以下同じです。)から前々営業期間の最終営業日における本投資口の
       最終価格を控除した値が負の数値となるときは、当該営業期間の対東証REIT指数パフォーマンス連動料率は0とみ
       なします。
         <計算式>
          対東証REIT指数パフォーマンス連動料率=(A-B)÷1,000(小数第6位を四捨五入します。)
          A:(前営業期間の最終営業日における本投資口の最終価格+前営業期間における一口当たり分配金額-
           前々営業期間の最終営業日における本投資口の最終価格)÷前々営業期間の最終営業日における本投資
           口の最終価格
          B:(前営業期間の最終営業日における東証REIT指数(配当込み)の終値-前々営業期間の最終営業日にお
           ける東証REIT指数(配当込み)の終値)÷前々営業期間の最終営業日における東証REIT指数(配当込
           み)の終値
           「東証REIT指数(配当込み)」とは、株式会社東京証券取引所が公表する東証REIT指数のうち配当込み指
           数を意味します。ただし、東証REIT指数(配当込み)の終値については、株式会社東京証券取引所が東
           証REIT指数(配当込み)を公表しない等の理由により数値を得られない場合には、当該営業期間の直近
           時点で公表されている東証REIT指数(配当込み)の算出方法に従い本投資法人が算出した数値を用いて
           算出するものとします。
                                 72/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ロ)運用報酬②(期中管理報酬②)
        各営業期間について、(i)本投資法人の当該営業期間の運用報酬②控除前の分配可能金額(損益計算書(投信法
       第131条第2項に基づき、役員会の承認を受けたものに限ります。以下同じです。)に記載された税引前当期純利
       益の額(ただし、のれん償却額を加算し、負ののれん発生益を控除した後の金額とします。)に、当該営業期間
       の運用報酬②の金額(当該運用報酬②に係る控除対象外消費税の金額を含みます。)を加え、繰越欠損金がある
       ときはその金額を補填した後の金額をいいます。)を、(ii)当該営業期間の決算期における発行済投資口の総口
       数で除した金額(以下「一口当たり分配可能金額」といいます。)に、(iii)運用報酬②控除前の営業利益(損益
       計算書に記載された営業利益の額に、のれん償却額及び当該営業期間の運用報酬②の金額(当該運用報酬②に係
       る控除対象外消費税の金額を含みます。)を加えた後の金額をいいます。)と、本投資法人及び本資産運用会社
       が別途合意する料率(ただし、0.004%を上限とします。)を乗じた金額(円単位未満切捨て。なお、除算は最後
       に行い、下限を0円とします。)とします。
      (ハ)運用報酬③(取得報酬)

        不動産関連資産の取得に関わる売買代金額(消費税等及び費用等は含みません。)に本投資法人及び本資産運
       用会社が別途合意する料率(ただし、0.5%を上限とします。)(なお、利害関係者からの取得の場合には、取得
       報酬は無しとします。)を乗じた金額(円単位未満切捨て)とします。
      (ニ)運用報酬④(譲渡報酬)

        不動産関連資産の譲渡に関わる売買代金額(消費税等及び費用等は含みません。)に本投資法人及び本資産運
       用会社が別途合意する料率(ただし、0.5%を上限とします。)(なお、利害関係者に対する譲渡の場合には、譲
       渡報酬は無しとします。)を乗じた金額(円単位未満切捨て)とします。
      (ホ)運用報酬⑤(合併報酬)

        本投資法人と他の投資法人との間の新設合併又は吸収合併(以下、本②において「合併」と総称します。)に
       おいて、資産運用会社が当該他の投資法人の保有資産等の調査及び評価その他の合併に係る業務を実施し、当該
       合併の効力が発生した場合、当該合併の効力発生時において当該他の投資法人が保有していた不動産関連資産の
       当該合併の効力発生時における評価額に対して、本投資法人及び資産運用会社が別途合意する料率(ただし、
       0.8%を上限とします。)を乗じた額とします。
      (ヘ)運用報酬の支払時期

        運用報酬①及び運用報酬②の支払時期は、本投資法人の当該営業期間にかかる決算期後、3か月以内とします。
        運用報酬③の支払時期は、本投資法人による当該資産の取得の日が属する月の翌月末日までとします。
        運用報酬④の支払時期は、本投資法人による当該資産の譲渡の日が属する月の翌月末日までとします。
        運用報酬⑤の支払時期は、合併の効力発生日後、2か月以内とします。
      (ト)調整条項

        a. 本投資法人が自己の投資口の取得を行い、当該自己の投資口の取得を行った営業期間に係る決算期におい
         て未処分又は未消却の自己の投資口を保有する場合には、運用報酬②における一口当たり分配可能金額の算
         出に当たっては、当該決算期における発行済投資口の総口数は、本投資法人の保有する自己の投資口を除い
         た数として算出するものとします。
                                 73/250





                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        b. 本投資口について、投資口の分割が行われ、発行済投資口の総口数が増加した場合には、以下のとおり取
         り扱うものとします。
          ・当該投資口の分割の効力発生日が属する営業期間の翌営業期間に係る運用報酬①の算出に当たっては、
           対象となる営業期間の前営業期間の最終営業日における本投資口の最終価格及び前営業期間における一
           口当たり分配金額にいずれも分割割合(以下に定義します。以下、本項において同じです。)を乗じる
           調整をして算出するものとします。
          ・当該投資口の分割の効力発生日以降に終了する営業期間に係る運用報酬②の算出に当たっては、発行済
           投資口の総口数に関する分割割合を一口当たり分配可能金額に乗じる調整をして算出するものとしま
           す。
          本b.において「分割割合」とは、本投資口について、投資口の分割が行われ、発行済投資口の総口数が増
          加した場合における、当該投資口の分割の効力発生直後の発行済投資口の総口数を当該投資口の分割の効
          力発生直前の発行済投資口の総口数で除した割合を意味します。
        c. ライツオファリング(以下に定義します。)が行われ、発行済投資口の総口数が増加した場合には、以下

         のとおり取り扱うものとします。
          ・当該ライツオファリングに係る発行日が属する営業期間の翌営業期間に係る運用報酬①の算出に当たっ
           ては、対象となる営業期間の前営業期間の最終営業日における本投資口の最終価格及び前営業期間にお
           ける一口当たり分配金額にいずれも無償割当割合(以下に定義します。以下、本項において同じで
           す。)を乗じる調整をして算出するものとします。
          ・当該ライツオファリングに係る発行日以降に終了する営業期間に係る運用報酬②の算出に当たっては、
           無償割当割合を一口当たり分配可能金額に乗じる調整をして算出するものとします。
          本c.において「ライツオファリング」とは、投資主に対する無償割当てに係る新投資口予約権の行使によ

          る新投資口の発行を意味します。
           「無償割当割合」とは、ライツオファリングが行われた場合における、以下の計算式に従って算出され
          る割合を意味します。
          <計算式>
           無償割当割合=A/B
           A:当該ライツオファリング直後の発行済投資口の総口数からみなし時価発行口数(以下に定義しま
            す。)を控除した口数
           B:当該ライツオファリング直前の発行済投資口の総口数
           「みなし時価発行口数」とは、ライツオファリングが行われた場合における、当該ライツオファリング
          で無償割当てがなされた新投資口予約権の行使時の一口当たり払込金額を一口当たりの時価(以下に定義
          します。)で除した割合(又は役員会で定める割合)を増加口数(以下に定義します。)に乗じた口数(1
          口未満切捨て)を意味します。
           「一口当たりの時価」とは、ライツオファリングが行われた場合における、当該ライツオファリングで
          無償割当てがなされた新投資口予約権の行使期間の末日の東京証券取引所における本投資口の普通取引の
          最終価格(当日に最終価格のない場合には、その日に先立つ直近日の最終価格)をいいます。
           「増加口数」とは、ライツオファリングが行われた場合における、当該ライツオファリングにより増加
          した投資口の数を意味します。
                                 74/250





                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ③ 資産保管会社、一般事務受託者、投資主名簿等管理人及び投資法人債に関する一般事務受託者への支払手数料
        資産保管会社、機関運営事務等受託者、投資主名簿等管理人、及び投資法人債に関する一般事務受託者がそれ
       ぞれの業務を遂行することに対する対価である事務受託手数料は、以下のとおりです。
      (イ)資産保管会社の報酬
        a. 本投資法人は、委託事務遂行の対価として資産保管会社に対し、以下に定める報酬(以下、本(イ)におい
         て「資産保管業務報酬」といいます。)を支払います。資産保管業務報酬は、1月、4月、7月、10月の末日を
         最終日とする3か月毎の各計算期間において、本投資法人の当該計算期間初日の直前の決算期における貸借対
         照表上の資産総額(投信法第129条第2項に規定する貸借対照表上の資産の部の合計額をいいます。)に基づ
         き、以下の「基準報酬額表」(以下、本(イ)において「基準報酬額表」といいます。)により計算した金額
         を上限として、別途本投資法人及び資産保管会社間で合意した金額に消費税及び地方消費税を加算した金額
         とします。
        b. 本投資法人は、各計算期間の資産保管業務報酬を、各計算期間末日の翌月末日までに資産保管会社の指定

         する銀行口座への振込又は口座振替の方法により支払います。
        c. 本投資法人及び資産保管会社は、経済情勢の変動等により資産保管業務報酬の金額が不適当となった場

         合、互いに協議の上、資産保管業務報酬の金額を変更することができます。
                            <基準報酬額表>
               資産総額                     算定方法(年間)
         100億円以下                 4,200,000円
         100億円超500億円以下                 4,200,000円+(資産総額- 100億円)×0.030%
         500億円超1,000億円以下                 16,200,000円+(資産総額- 500億円)×0.024%
         1,000億円超2,000億円以下                 28,200,000円+(資産総額-1,000億円)×0.021%
         2,000億円超3,000億円以下                 49,200,000円+(資産総額-2,000億円)×0.018%
         3,000億円超5,000億円以下                 67,200,000円+(資産総額-3,000億円)×0.015%
         5,000億円超7,000億円以下                 97,200,000円+(資産総額-5,000億円)×0.012%
         7,000億円超9,000億円以下                121,200,000円+(資産総額-7,000億円)×0.009%
         9,000億円超                139,200,000円+(資産総額-9,000億円)×0.006%
                                 75/250










                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ロ)投資主名簿等管理人の報酬
        a. 本投資法人は委託事務手数料として、以下の委託事務手数料表により計算した金額を上限として別途合意
         する金額を支払うものとします。ただし、募集投資口の発行に関する事務その他本投資法人が臨時に委託す
         る事務については、その都度本投資法人及び投資主名簿等管理人協議の上その手数料を定めるものとしま
         す。
        b. 投資主名簿等管理人は、上記a.の手数料を毎月末に締切り、翌月20日までに本投資法人に請求し、本投資

         法人はその月末までにこれを支払うものとします。支払日が銀行休業日の場合、前営業日を支払日としま
         す。
                          <委託事務手数料表>
        項 目            対象事務の内容                 計算単位及び計算方法(消費税別)
                                 (i) 毎月の基本料は、各月末現在の投資主数につき下
                                   記段階に応じ区分計算したものの合計額の6分の
                                   1。ただし、月額最低基本料を200,000円としま
                                   す。
                                                (投資主1名当たり
                                      (投資主数)
                                                の基本料)
                                   投資主数のうち最初の
                (i) 投資主名簿の作成、管理
                                                      420円
                                   5,000名について
                  及び備置き
                  投資主名簿の維持管理
                                   5,000名超10,000名以下
                                                      360円
                  期末投資主の確定
                                   の部分について
    基本料   (注1)        (ii)   期末統計資料の作成
                                   10,000名超30,000名以下
                  (所有者別、所有数別、
                                                      300円
                                   の部分について
                  地域別分布状況)
                  投資主一覧表の作成                 30,000名超50,000名以下
                                                      300円
                  (全投資主、大投資主)                 の部分について
                                   50,000名超100,000名以下
                                                      260円
                                   の部分について
                                   100,000名を超える
                                                      225円
                                   部分について
                                 ※資料提供はWebによる。書面での提供は、別途
                                  手数料。
                                 (i) 分配金等を受領する投資主数につき、下記段階に
                                   応じ区分計算したものの合計額。ただし、1回の対
                                   象事務の最低管理料を350,000円とします。
                                                (投資主1名当たり
                                      (投資主数)
                                                の管理料)
                                   投資主数のうち最初の
                (i) 分配金支払原簿、
                                                      120円
                                   5,000名について
                  分配金領収証、
                  指定口座振込票、
                                   5,000名超10,000名以下
                                                      110円
                  払込通知書の作成、
                                   の部分について
                  支払済分配金領収証等による
                                   10,000名超30,000名以下
                  記帳整理、
    分配金支払
                                                      100円
                                   の部分について
                  未払分配金確定及び
    管理料
                  支払調書の作成、
                                   30,000名超50,000名以下
                                                       80円
                  印紙税納付の手続。                 の部分について
                (ii)   銀行取扱期間経過後の
                                   50,000名超100,000名以下
                                                       60円
                  分配金等の支払及び
                                   の部分について
                  支払原簿の管理。
                                   100,000名を超える部分に
                                                       50円
                                   ついて
                                 (ii)   指定口座振込分については1件につき130円を
                                   加算。
                                 (iii)各支払基準日現在の未払い対象投資主に対する
                                   支払1件につき 450円
                                 76/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        項 目            対象事務の内容                 計算単位及び計算方法(消費税別)
                (i) 投資主等からの諸届関係等の
                  照会、受付
                  (投資主情報等変更通知の              (i) 照会、受付1件につき 600円
    諸届管理料     (注2)
                  受付を含みます。)              (ii)   調査、証明1件につき 600円
                (ii)   投資主等からの依頼に基づく
                  調査、証明
                (i) 議決権行使書用紙の作成及び                 (i) 議決権行使書用紙の作成1通につき 15円
                  返送議決権行使書面の受理、              (ii)   議決権行使書用紙の集計1通につき 30円
                  集計。
                                   ただし、1回の議決権行使書用紙集計の
    投資主総会関係手数料
                (ii)   投資主総会当日出席投資主の
                                   最低管理料を50,000円とします。
                  受付、議決権個数集計の記録              (iii)派遣者1名につき 10,000円
                  等の事務。                 ただし、電子機器等の取扱支援者は別途手数料。
                (i) 投資主総会の招集通知、
                                 (i) 封入物3種まで
                  同決議通知、決算報告書、
                                   期末、基準日現在投資主1名につき 35円
                  分配金領収証(又は計算書、
                                   ハガキ
                  振込案内)等投資主総会、
    郵便物関係手数料
                                   期末、基準日現在投資主1名につき 23円
                  決算関係書類の封入・
                                 (ii)   返戻郵便物を登録する都度、郵便1通につき
                  発送事務。
                                   200円
                (ii)   返戻郵便物データの管理
                振替機関からの総投資主通知の
    投資主等データ受付料                            データ1件につき 150円
                受付、新規記録に伴う受付、通知
    契約終了・解除に伴う           契約終了・解除に伴うデータ引継
                                 対象投資主1名につき 2,000円
    データ引継料           等事務作業費
    (注1)   「基本料」については日割り計算はしません。事務取扱開始月(初月)から事務取扱終了月まで適用するものとし、初月が1か月に満たな
      い場合は翌月分から適用するものとします。
    (注2)   行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。その後の改正を含みます。)(以下
      「番号法」といいます。)に関する事務の手数料は、上記の「諸届管理料」に基づき、本投資法人の投資主等の個人番号等を振替機関に
      請求し通知を受ける事務において振替機関から通知を受付した数に応じて算出された額とします。ただし、同一投資主番号の投資主につ
      いて2回目以降に通知を受付した数は除くものとします。
      (ハ)機関運営事務等受託者の報酬

        a. 本投資法人は委託事務遂行の対価として機関運営事務等受託者に対し、以下に定める委託事務報酬(以
         下、本(ハ)において「一般事務報酬」といいます。)を支払います。一般事務報酬は、1月、4月、7月、10月
         の末日を最終日とする3か月毎の各計算期間において、本投資法人の当該計算期間初日の直前の決算期におけ
         る貸借対照表上の資産総額(投信法第129条第2項に規定する貸借対照表上の資産の部の合計額をいいま
         す。)に基づき、以下の「基準報酬額表」(以下、本(ハ)において「基準報酬額表」といいます。)により
         計算した金額を上限として、別途本投資法人及び機関運営事務等受託者間で合意した金額に消費税及び地方
         消費税を加算した金額とします。
        b. 本投資法人は、各計算期間の一般事務報酬を、各計算期間末日の翌月末日までに機関運営事務等受託者の

         指定する銀行口座への振込又は口座振替の方法により支払うものとします。
        c. 本投資法人及び機関運営事務等受託者は、経済情勢の変動等により一般事務報酬の金額が不適当となった

         場合、互いに協議の上、一般事務報酬の金額を変更することができます。
                            <基準報酬額表>
               資産総額                     算定方法(年間)
         100億円以下                 11,000,000円
         100億円超500億円以下                 11,000,000円+(資産総額- 100億円)×0.080%
         500億円超1,000億円以下                 43,000,000円+(資産総額- 500億円)×0.060%
         1,000億円超2,000億円以下                 73,000,000円+(資産総額-1,000億円)×0.055%
         2,000億円超3,000億円以下                128,000,000円+(資産総額-2,000億円)×0.040%
         3,000億円超5,000億円以下                168,000,000円+(資産総額-3,000億円)×0.035%
         5,000億円超7,000億円以下                238,000,000円+(資産総額-5,000億円)×0.030%
         7,000億円超9,000億円以下                298,000,000円+(資産総額-7,000億円)×0.025%
         9,000億円超                348,000,000円+(資産総額-9,000億円)×0.020%
                                 77/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ニ)SHR投資法人債に関する一般事務受託者への支払報酬
        a. SHR第1回無担保投資法人債
          本投資法人は、SHR第1回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、720万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2016年9月8日に支払っています。
        b. SHR第2回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第2回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、555万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2017年7月13日に支払っています。
        c. SHR第3回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第3回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、590万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2019年7月11日に支払っています。
        d. SHR第4回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第4回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、687万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2019年7月11日に支払っています。
        e. SHR第5回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第5回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、625万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2019年11月1日に支払っています。
        f.SHR第6回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第6回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、670万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2020年2月28日に支払っています。
        g.SHR第7回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第7回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、590万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2020年9月9日に支払っています。
        h.SHR第8回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第8回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、740万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2020年9月9日に支払っています。
        i.SHR第9回無担保投資法人債

          本投資法人は、SHR第9回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行
         代理人事務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の
         投資法人債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、670万円に消費税及び地方消費
         税相当額を加算した金額を2021年5月19日に支払っています。
                                 78/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ホ)SHI投資法人債に関する一般事務受託者への支払報酬

        a. SHI第4回無担保投資法人債
          SHIは、SHI第4回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行代理人事
         務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の投資法人
         債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、755万円に消費税及び地方消費税相当額
         を加算した金額を2014年2月28日に支払っています。
        b. SHI第5回無担保投資法人債

          SHIは、SHI第5回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して、財務代理契約に従い、発行代理人事
         務、支払代理人事務、投資法人債原簿関係事務、投資法人債権者の権利行使に関する請求その他の投資法人
         債権者からの申出の受付に関する事務等を委託し、その報酬として、755万円に消費税及び地方消費税相当額
         を加算した金額を2014年8月29日に支払っています。
       ④ 会計監査人報酬(規約第52条)

         会計監査人に対する報酬は、監査の対象となる決算期毎に2,500万円を上限として役員会が定める金額とし、
        当該金額を、毎年2月及び8月の各末日までにそれまでの6か月分を支払うものとします。
       ⑤ 手数料等の金額又は料率についての投資者による照会方法

         上記手数料等については、以下の照会先までお問い合わせください。
        (照会先)
        積水ハウス・アセットマネジメント株式会社
        東京都港区赤坂四丁目15番1号
        電話番号 03-6447-4870
     (4)【その他の手数料等】

       本投資法人は、以下の費用について負担するものとします。
      ① 運用資産に関する租税、一般事務受託者、資産保管会社、投資主名簿等管理人及び本資産運用会社との間の各
        委託契約において本投資法人が負担することと定められた委託業務又は事務を処理するために要した諸費用
      ② 投資口及び投資法人債券の発行に関する費用
      ③ 借入れ等に関する費用
      ④ 分配金支払に関する費用
      ⑤ 有価証券届出書、目論見書、資産運用報告、有価証券報告書及び臨時報告書の作成、印刷及び提出に係る費用
      ⑥ 本投資法人の公告に要する費用及び広告宣伝等に要する費用
      ⑦ 本投資法人の法律顧問及び税務顧問等に対する報酬及び費用
      ⑧ 執行役員、監督役員に係る実費及び立替金等
      ⑨ 運用資産の取得、管理、売却等に係る費用
      ⑩ 本投資口が東京証券取引所への上場及び上場を維持するのに要する費用
      ⑪ 信託報酬
      ⑫ その他上記①から⑪までに類する費用
                                 79/250







                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (5)【課税上の取扱い】
       日本の居住者又は日本法人である投資主及び投資法人に関する課税上の一般的な取扱いは以下のとおりです。な
      お、税法等の改正、税務当局等による解釈・運用の変更により、以下の内容は変更されることがあります。また、
      個々の投資主の固有の事情によっては異なる取扱いが行われることがあります。
      ① 投資主の税務
      (イ)個人投資主の税務
        a. 利益の分配に係る税務
          個人投資主が上場投資法人である本投資法人から受け取る利益の分配の取扱いは、原則として上場株式の
         配当の取扱いと同じです。ただし、配当控除の適用はありません。
        (i) 源泉徴収税率
                 分配金支払開始日                          源泉徴収税率
         2014年1月1日~2037年12月31日                         20.315%(所得税15.315% 住民税5%)
         2038年1月1日~                         20%  (所得税15%   住民税5%)
         (注1)   2014年1月1日~2037年12月31日の所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
         (注2)   配当基準日において発行済投資口の総口数の3%以上を保有する個人(以下「大口個人投資主」といいます。)に対しては、
           上記税率ではなく、所得税20%(2014年1月1日~2037年12月31日は20.42%)の源泉徴収税率が適用されます。
        (ii)    確定申告
           大口個人投資主を除き、金額にかかわらず、分配時の源泉徴収だけで納税を完結させることが可能です
          (確定申告不要制度)。
           ただし、次のケースでは、上場株式等の配当等について確定申告を行う方が有利になることがありま
          す。
          ・総合課税による累進税率が上記(i)の税率より低くなる場合
          ・上場株式等を金融商品取引業者等(証券会社等)を通じて譲渡したこと等により生じた損失(以下「上
           場株式等に係る譲渡損失」といいます。)がある場合(後記「d.                               投資口の譲渡に係る税務            (ii)上場
           株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除」をご参照ください。)
                              確定申告をする
                                                確定申告をしない
                           (下記のいずれか一方を選択)
                                               (確定申告不要制度)
                                                   (注1)
                          総合課税           申告分離課税
           借入金利子の控除                あり            あり
              税率           累進税率           上記(ⅰ)と同じ
                                                    -
                          なし  (注2)
             配当控除                          なし
          上場株式等に係る譲渡損
                           なし            あり
            失との損益通算
                                    合計所得金額に
                        合計所得金額に                         合計所得金額に
           扶養控除等の判定
                                     含まれる    (注3)
                          含まれる                        含まれない
         (注1)   大口個人投資主が1回に受け取る配当金額が5万円超(6か月決算換算)の場合には、必ず総合課税による確定申告を行う必要
           があります。
         (注2)   投資法人から受け取る利益の分配については、配当控除の適用はありません。
         (注3)   上場株式等に係る譲渡損失との損益通算を行う場合にはその通算後の金額に、上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除を行う
           場合にはその控除前の金額になります。
        (iii)源泉徴収選択口座への受入れ

           源泉徴収ありを選択した特定口座(以下「源泉徴収選択口座」といいます。)が開設されている金融商
          品取引業者等(証券会社等)に対して『源泉徴収選択口座内配当等受入開始届出書』を提出することによ
          り、上場株式等の配当等を源泉徴収選択口座に受け入れることができます。この場合、配当金の受取方法
          については『株式数比例配分方式』を選択する必要があります。
        (iv)    少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)

           金融商品取引業者等(証券会社等)に開設した非課税口座(以下「                               一般  NISA口座」といいます。)に設
          けられた非課税管理勘定で取得した上場株式等に係る配当等で、その非課税管理勘定の開設年の1月1日か
          ら5年内に支払を受けるべきものについては、所得税及び住民税が課されません。ただし、上場株式等の配
          当等について非課税の適用を受けるためには、配当金の受取方法について『株式数比例配分方式』を選択
          する必要があります。なお、2018年に                  一般  NISAとの選択制で非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制
          度(以下「つみたてNISA」といいます。)が導入されましたが、その対象商品は金融庁が定めた要件を満
          たす公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されているため、つみたてNISAでは上場株式等の
          個別銘柄の取得はできません。
           また、現行の一般NISAの非課税管理勘定の設定期間の終了に合わせて、2024年からつみたてNISAとの選
                                 80/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          択制で、特定非課税累積投資契約に係る非課税制度(以下「新NISA」といいます。)                                       が導入されます。新
          NISAにおいては、金融商品取引業者等に開設した非課税口座に設けられた特定累積投資勘定で取得した公
          募 株式投資信託等(対象商品はつみたてNISAと同様です。)に係る配当等及び特定非課税管理勘定で取得
          した上場株式等や公募株式投資信託等(上場株式等のうち整理銘柄や監理銘柄、また一定のデリバティブ
          取引に係る権利に対する投資として運用を行うこととされていることが定められている公社債投資信託以
          外の証券投資信託の受益権や投資法人の投資口、その他一定の上場株式等は除きます。)に係る配当等
          で、その特定累積投資勘定及び特定非課税管理勘定の開設年の1月1日から5年内に支払を受けるべきものに
          ついては、所得税及び住民税が課されません。
                                                   新NISA
           年間投資上限額              一般  NISA         ジュニアNISA
                                               (特定非課税管理勘定)
           2014年~2015年              100万円              -            -
           2016年~2023年              120万円             80万円             -
           2024年~2028年                -            -           102万円
         (注)  一般NISA及び新NISAはその年の1月1日において成年者である者、ジュニアNISAはその年の1月1日において未成年者である者が
           非課税口座の開設が可能です。
        b. 一時差異等調整引当額の分配に係る税務

          投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、税会不一致等に基因する課税の解消を目的として
         行われる一時差異等調整引当額の増加額に相当する分配(以下「一時差異等調整引当額の分配」といいま
         す。)は、所得税法(昭和40年法律第33号。その後の改正を含みます。)上本則配当として扱われ、前記
         「a.   利益の分配に係る税務」における利益の分配と同様の課税関係が適用されます(投資口の譲渡損益は発
         生しません。)。
        c. その他の利益超過分配に係る税務

          投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調整引当額の分配以外のものは、投資
         法人の資本の払戻しに該当し、投資主においては、みなし配当及びみなし譲渡収入から成るものとして取り
         扱われます。
        (i) みなし配当
           この金額は本投資法人から通知します。みなし配当には前記「a.                              利益の分配に係る税務」における利益
          の分配と同様の課税関係が適用されます。
        (ii)    みなし譲渡収入
           資本の払戻し額のうちみなし配当以外の部分の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額とみなされます。
          各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価                     (注1)  を算定し、投資口の譲渡損益             (注2)  を計算します。この譲
          渡損益の取扱いは、下記「d.              投資口の譲渡に係る税務」における投資口の譲渡と原則同様になります。ま
          た、投資口の取得価額の調整(減額)                 (注3)  を行います。
          (注1)   譲渡原価の額=従前の取得価額×純資産減少割合
            ※ 純資産減少割合は、本投資法人から通知します。
          (注2)   譲渡損益の額=みなし譲渡収入金額-譲渡原価の額
          (注3)   調整後の取得価額=従前の取得価額-譲渡原価の額
        d. 投資口の譲渡に係る税務

          個人投資主が上場投資法人である本投資口を譲渡した際の譲渡益は、上場株式等に係る譲渡所得等とし
         て、一般株式等に係る譲渡所得等とは別の区分による申告分離課税の対象となります。譲渡損が生じた場合
         は、他の上場株式等に係る譲渡所得等との相殺を除き、他の所得との損益通算はできません。
        (i) 税率
                    譲渡日                     申告分離課税による税率
         2014年1月1日~2037年12月31日                         20.315%(所得税15.315% 住民税5%)

         2038年1月1日~                         20%  (所得税15%   住民税5%)

         (注) 2014年1月1日~2037年12月31日の所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
        (ii)    上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除

           上場株式等に係る譲渡損失の金額がある場合は、確定申告により、その年に申告分離課税を選択した上
          場株式等に係る配当所得の金額と損益通算することができます。また、損益通算してもなお控除しきれな
          い金額については、翌年以後3年間にわたり、上場株式等に係る譲渡所得等の金額及び申告分離課税を選択
          した上場株式等に係る配当所得の金額から繰越控除することができます。なお、譲渡損失の繰越控除の適
          用を受けるためには、損失が生じた年に確定申告書を提出するとともに、その後の年において連続して確
          定申告書を提出する必要があります。
        (iii)源泉徴収選択口座内の譲渡
           源泉徴収選択口座内における上場株式等の譲渡による所得は、上記(i)と同じ税率による源泉徴収だけ
                                 81/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          で納税が完結し、確定申告は不要となります。また、上場株式等の配当等を前記「a.                                        利益の分配に係る税
          務  (iii)源泉徴収選択口座への受入れ」により源泉徴収選択口座に受け入れた場合において、その年に
          そ の源泉徴収選択口座内における上場株式等に係る譲渡損失の金額があるときは、年末に口座内で損益通
          算が行われ、配当等に係る源泉徴収税額の過納分が翌年の初めに還付されます。
        (iv)    少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)
           一般  NISA口座に設けられた非課税管理勘定で取得した上場株式等を、その非課税管理勘定の開設年の1月
          1日から5年内に譲渡した場合には、その譲渡所得等については所得税及び住民税が課されません。なお、
          一般  NISA口座内で生じた譲渡損失はないものとみなされるため、上記(ii)及び(iii)の損益通算や繰越
          控除は適用できません。
          (注1)   一般  NISAの年間投資上限額については前記「a.                 利益の分配に係る税務(iv)少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)」を
            ご参照ください。
          (注2)   新NISAにおいても、金融商品取引業者等に開設した非課税口座に設けられた特定非課税管理勘定で取得した上場株式等
            を、その特定非課税管理勘定の開設年の1月1日から5年内に譲渡した場合には、一般NISAと同様の課税関係が適用されま
            す 。
                                 82/250
















                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ロ)法人投資主の税務
        a. 利益の分配に係る税務
          法人投資主が投資法人から受け取る利益の分配については、受取配当等の益金不算入の適用はありませ
         ん。
          上場投資法人である本投資法人から受け取る利益の分配については、下記の税率による源泉徴収が行われ
         ますが、源泉徴収された所得税及び復興特別所得税は法人税の前払いとして所得税額控除の対象となりま
         す。
                 分配金支払開始日                          源泉徴収税率
         2014年1月1日~2037年12月31日                         15.315%(復興特別所得税0.315%を含みます。)

         2038年1月1日~                         15%

        b. 一時差異等調整引当額の分配に係る税務

          投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調整引当額の分配は、法人税法上本則
         配当として扱われ、上記「a.              利益の分配に係る税務」における利益の分配と同様の課税関係が適用されます
         (投資口の譲渡損益は発生しません。)。また、所得税額控除においては、利益の分配と同様に所有期間の
         按分が必要になります。
        c. その他の利益超過分配に係る税務
          投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調整引当額の分配以外のものは、投資
         法人の資本の払戻しに該当し、投資主においては、みなし配当及びみなし譲渡収入から成るものとして取り
         扱われます。
        (i) みなし配当
           この金額は本投資法人から通知します。みなし配当には上記「a.                              利益の分配に係る税務」における利益
          の分配と同様の課税関係が適用されます。なお、所得税額控除においては、所有期間の按分を行いませ
          ん。
        (ii)    みなし譲渡収入
           資本の払戻し額のうちみなし配当以外の部分の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額とみなされます。
          各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価を算定し、投資口の譲渡損益を計算します。また、投資口の
          取得価額の調整(減額)を行います。
          (注) 譲渡原価、譲渡損益、取得価額の調整(減額)の計算方法は、個人投資主の場合と同じです。
        d. 投資口の譲渡に係る税務

          法人投資主が投資口を譲渡した際の譲渡損益は、原則として約定日の属する事業年度に計上します。
                                 83/250









                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ② 投資法人の税務
      (イ)利益配当等の損金算入
        税法上、投資法人に係る課税の特例規定により、一定の要件(導管性要件)を満たした投資法人に対しては、
       投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、利益の配当等を投資法人の損金に算入することが認められ
       ています。
                            投資法人の主な導管性要件

                      配当等の額が配当可能利益の額の90%超であること
         支払配当要件             (利益を超えた金銭の分配を行った場合には、金銭の分配の額が配当可能額の
                      90%超であること)
                      投資法人規約において、投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集さ
         国内50%超募集要件             れる投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨の記載又は記録があるこ
                      と
                      機関投資家(租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定するものをい
         借入先要件             います。次の「所有先要件」において同じです。)以外の者から借入れを行っ
                      ていないこと
                      事業年度の終了の時において、発行済投資口が50人以上の者によって所有され
         所有先要件
                      ていること又は機関投資家のみによって所有されていること
                      事業年度の終了の時において、投資主の1人及びその特殊関係者により発行済
         非同族会社要件             投資口の総口数あるいは議決権総数の50%超を保有されている同族会社に該当
                      していないこと
                      他の法人の株式又は出資の50%以上を有していないこと(匿名組合出資を含
         会社支配禁止要件
                      み、一定の海外子会社          の株式又は出資       を除きます。)
      (ロ)不動産流通税の軽減措置

        a. 登録免許税
          本投資法人が2023年3月31日までに取得する不動産に対しては、所有権の移転登記に係る登録免許税の税率
         が1.3%に軽減されます。
                              2012年4月1日
            不動産の所有権の取得日                                   2023年4月1日~
                             ~2023年3月31日
              土地(一般)                1.5%
              建物(一般)                2.0%(原則)                  2.0%(原則)

           本投資法人が取得する不動産                   1.3%

        b. 不動産取得税

          本投資法人が2023年3月31日までに取得する一定の不動産に対しては、不動産取得税の課税標準額が5分の2
         に軽減されます。
         (注1)   共同住宅とその敷地は、全ての居住用区画が50㎡以上(サービス付高齢者向け住宅にあっては30㎡以上)のものに限り適用
           されます。
         (注2)   倉庫とその敷地は、建物の床面積が3,000㎡以上で流通加工用空間が設けられているものに限り適用されます。
         (注3)   介護施設等とその敷地は、地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律(平成元年法律第64号。その後の
           改正を含みます。)第2条に規定する公的介護施設等と特定民間施設に限り適用されます。
                                 84/250






                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    5【運用状況】
     (1)【投資状況】
     本投資法人の投資状況の概要は、以下のとおりです。
                                  前期                当期
                               2021年4月30日現在                2021年10月31日現在
              アセット
      資産の種類                地域等
                             保有総額        対総資産比率         保有総額       対総資産比率
             カテゴリー
                            (百万円)         (%)       (百万円)         (%)
                              (注1)        (注2)        (注1)        (注2)
                      東京圏         186,270         33.5      181,971         32.7
             居住用不動産
                     その他地域          60,579         10.9       56,509         10.2
      信託不動産
                     三大都市圏          277,526         49.9      276,725         49.8
            商業用不動産等
                     その他地域            -        -        -        -
            信託不動産合計                  524,375         94.2      515,206         92.7

           預金・その他の資産                    32,193         5.8      40,438         7.3
             資産総額計                 556,569         100.0       555,644         100.0
              負債総額                 270,348         48.6      268,002         48.2

             純資産総額                 286,220         51.4      287,642         51.8
     (注1)「保有総額」は、各期末時点の貸借対照表計上額(「信託不動産」については、減価償却後の帳簿価額)を、百万円未満を切り捨てて
       記載しています。
     (注2)「対総資産比率」は、小数第2位を四捨五入して記載しています。
     (注3)   当期末現在、本投資法人が保有する海外不動産等はありません。
     (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
       該当事項はありません。
      ②【投資不動産物件】

       該当事項はありません。
                                 85/250










                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ③【その他投資資産の主要なもの】
     (イ)不動産及び不動産信託受益権の概要
       本投資法人が当期末現在において保有する不動産信託受益権の概要は、以下のとおりです。
                                      期末     期末
      物件                          投資比率
                       所在地     取得価格         帳簿価額     算定価額     竣工年月      取得年月
                                 (%)
    用途   番号       物件名称
                        (注2)    (百万円)         (百万円)     (百万円)       (注2)      (注6)
      (注1)                           (注3)
                                      (注4)     (注5)
                       東京都

      R-001   エスティメゾン銀座                    6,540     1.2    6,471     7,320    2005年2月      2018年5月
                       中央区
                        銀座
                       東京都
      R-002   エスティメゾン麻布永坂                    1,790     0.3    1,763     1,940    2004年1月      2018年5月
                        港区
                       六本木
                       東京都
      R-003   エスティメゾン恵比寿Ⅱ                    2,040     0.4    2,020     2,340    2003年6月      2018年5月
                       渋谷区
                        東
                       東京都
      R-004   エスティメゾン恵比寿                     873    0.2     918     920  2004年10月      2018年5月
                       渋谷区
                        広尾
                       東京都
      R-005   エスティメゾン神田                    1,610     0.3    1,554     1,850    2004年2月      2018年5月
                       千代田区
                       神田多町
                       東京都
      R-006   エスティメゾン北新宿                    1,590     0.3    1,539     1,770    2004年8月      2018年5月
                       新宿区
                       北新宿
                       東京都
      R-007   エスティメゾン浅草駒形                    2,190     0.4    2,092     2,450    2004年7月      2018年5月
                       台東区
                        駒形
                       神奈川県
                       川崎市
      R-008   エスティメゾン川崎                    2,400     0.5    2,403     2,760    2004年7月      2018年5月
                       川崎区
                       小川町
                       東京都
    住
      R-010   エスティメゾン亀戸                    1,580     0.3    1,495     1,880   2005年11月      2018年5月
                       江東区
                        亀戸
    居
                       東京都
      R-011   エスティメゾン目黒                    1,060     0.2    1,072     1,270   2005年11月      2018年5月
                       目黒区
                        三田
                       東京都
      R-012   エスティメゾン巣鴨                    1,630     0.3    1,595     1,830    2007年2月      2018年5月
                       豊島区
                        巣鴨
                       大阪府
                       大阪市
      R-013   エスティメゾン京橋                    2,970     0.6    2,956     3,070    2006年3月      2018年5月
                       都島区
                       東野田町
                       神奈川県
                       横浜市
      R-014   エスティメゾン白楽                     931    0.2     891     976   2006年2月      2018年5月
                       神奈川区
                       六角橋
                       大阪府
                       大阪市
      R-015   エスティメゾン南堀江                    1,060     0.2    1,040     1,140    2007年2月      2018年5月
                        西区
                       南堀江
                       東京都
         エスティメゾン五反田          (注7)
      R-016                       3,110     0.6    3,039     3,500    2006年3月      2018年5月
                       品川区
                       西五反田
                       東京都
      R-017   エスティメゾン大井仙台坂                    2,720     0.5    2,725     3,000    2006年8月      2018年5月
                       品川区
                       東大井
                       東京都
         エスティメゾン
      R-018                       2,050     0.4    2,116     2,470    2006年6月      2018年5月
                       品川区
         品川シーサイド
                       東品川
                                 86/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                      期末     期末
      物件                          投資比率
                       所在地     取得価格         帳簿価額     算定価額     竣工年月      取得年月
                                 (%)
    用途   番号       物件名称
                        (注2)    (百万円)         (百万円)     (百万円)       (注2)      (注6)
      (注1)                           (注3)
                                      (注4)     (注5)
                       東京都

      R-019   エスティメゾン南麻布                    1,250     0.2    1,285     1,380    2006年8月      2018年5月
                        港区
                       南麻布
                       神奈川県
                       川崎市
      R-021   エスティメゾン川崎Ⅱ                    1,910     0.4    1,909     2,420    2007年2月      2018年5月
                       川崎区
                       小川町
                       東京都
      R-022   エスティメゾン麻布十番                    2,690     0.5    2,714     3,040    2007年2月      2018年5月
                        港区
                       麻布十番
                       東京都
      R-023   エスティメゾン板橋本町                     937    0.2     902    1,030    2007年2月      2018年5月
                       板橋区
                       大和町
                       東京都
         エスティメゾン武蔵小山
      R-027                       1,050     0.2    1,015     1,190   2007年11月      2018年5月
                       品川区
         (注8)
                        荏原
                       東京都
         エスティメゾン千駄木          (注9)
      R-028                        698    0.1     678     800   2008年1月      2018年5月
                       文京区
                       千駄木
                       福岡県
                       福岡市
      R-030   エスティメゾン博多東                    2,400     0.5    2,233     2,560   2007年11月      2018年5月
                       博多区
                        吉塚
                       東京都
      R-033   プライムメゾン武蔵野の杜                    1,850     0.4    1,778     2,120   2007年12月      2018年5月
                       小平市
                       上水本町
                       愛知県
                       名古屋市
      R-034   プライムメゾン東桜                    1,500     0.3    1,433     1,660    2008年2月      2018年5月
                        東区
                        東桜
    住
                       愛知県
                       名古屋市
    居
      R-035   プライムメゾン萱場公園                     801    0.2     824     925  2006年11月      2018年5月
                       千種区
                        萱場
                       東京都
      R-036   エスティメゾン三軒茶屋Ⅱ                     785    0.1     762     871   2008年1月      2018年5月
                       世田谷区
                        下馬
                       東京都
      R-037   エスティメゾン板橋C6              板橋区      2,560     0.5    2,478     2,830    2008年3月      2018年5月
                       大山東町
                       福岡県
                       福岡市
         シャーメゾンステージ博多
      R-038                       2,360     0.4    2,405     2,740    2005年1月      2018年5月
         (注10)
                       博多区
                       博多駅前
                       東京都
      R-039   エスティメゾン錦糸町              墨田区      1,260     0.2    1,208     1,350    2006年9月      2018年5月
                        錦糸
                       東京都
      R-040   エスティメゾン武蔵小金井              小金井市       1,790     0.3    1,747     2,090    2005年2月      2018年5月
                        本町
                       愛知県
                       名古屋市
      R-041   プライムメゾン御器所                    1,950     0.4    1,968     2,140   2008年10月      2018年5月
                       昭和区
                       阿由知通
                       大阪府
                       大阪市
      R-042   プライムメゾン夕陽ヶ丘                     909    0.2     875    1,060    2007年2月      2018年5月
                       天王寺区
                        上汐
                       大阪府
                       大阪市
      R-043   プライムメゾン北田辺                     601    0.1     622     671   2006年6月      2018年5月
                       東住吉区
                       北田辺
                                 87/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                      期末     期末
      物件                          投資比率
                       所在地     取得価格         帳簿価額     算定価額     竣工年月      取得年月
                                 (%)
    用途   番号       物件名称
                        (注2)    (百万円)         (百万円)     (百万円)       (注2)      (注6)
      (注1)                           (注3)
                                      (注4)     (注5)
                       福岡県
                       福岡市
      R-044   プライムメゾン百道浜                    1,940     0.4    1,912     2,150    1996年2月      2018年5月
                       早良区
                       百道浜
                       東京都
      R-045   エスティメゾン秋葉原              台東区      1,930     0.4    1,907     2,060    2006年2月      2018年5月
                        上野
                       東京都
      R-046   エスティメゾン笹塚                    3,340     0.6    3,386     3,780    2004年9月      2018年5月
                       渋谷区
                        笹塚
                       東京都
         プライムメゾン
      R-047                       6,250     1.2    6,058     7,000    2006年2月      2018年5月
                       中央区
         銀座イースト
                        築地
                       愛知県
                       名古屋市
      R-048   プライムメゾン高見                    1,050     0.2    1,069     1,160    2008年8月      2018年5月
                       千種区
                        高見
                       愛知県
                       名古屋市
      R-049   プライムメゾン矢田南                     812    0.2     853     891   2007年7月      2018年5月
                        東区
                       矢田南
                       福岡県
                       福岡市
      R-050   プライムメゾン照葉                    1,260     0.2    1,178     1,320    2005年8月      2018年5月
                        東区
                       香椎照葉
                       愛知県
                       名古屋市
      R-051   エスティメゾン東白壁                    1,580     0.3    1,622     1,730    2006年2月      2018年5月
                        東区
                        芳野
                       東京都
      R-052   エスティメゾン千石                    1,360     0.3    1,331     1,470    2009年8月      2018年5月
                       文京区
    住
                        千石
    居
                       東京都
      R-053   エスティメゾン代沢                    2,270     0.4    2,223     2,510    2010年2月      2018年5月
                       世田谷区
                        代沢
                       東京都
      R-054   エスティメゾン戸越                    1,770     0.3    1,724     1,950    2009年6月      2018年5月
                       品川区
                        戸越
                       大阪府
                       大阪市
      R-055   エスティメゾン西天満                    1,680     0.3    1,617     1,730   2007年11月      2018年5月
                        北区
                       西天満
                       東京都
      R-056   エスティメゾン白金台              品川区      2,400     0.5    2,377     2,930    2003年9月      2018年5月
                       上大崎
                       東京都
      R-057   エスティメゾン東新宿              新宿区      1,680     0.3    1,608     1,860    2009年4月      2018年5月
                        新宿
                       東京都
      R-058   エスティメゾン元麻布               港区      1,540     0.3    1,512     1,710   2009年11月      2018年5月
                       元麻布
                       東京都
      R-059   エスティメゾン都立大学              目黒区       861    0.2     841     919   2009年2月      2018年5月
                        平町
                       東京都
      R-060   エスティメゾン武蔵小山Ⅱ              品川区      1,030     0.2     999    1,130    2009年5月      2018年5月
                        小山
                       東京都
      R-061   エスティメゾン中野              中野区      1,870     0.4    1,820     2,010    2009年6月      2018年5月
                        中央
                                 88/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                      期末     期末
      物件                          投資比率
                       所在地     取得価格         帳簿価額     算定価額     竣工年月      取得年月
                                 (%)
    用途   番号       物件名称
                        (注2)    (百万円)         (百万円)     (百万円)       (注2)      (注6)
      (注1)                           (注3)
                                      (注4)     (注5)
                       東京都

      R-062   エスティメゾン新中野                    1,020     0.2     984    1,070   2009年10月      2018年5月
                       中野区
                        本町
                       東京都
         エスティメゾン
      R-063                        984    0.2     953    1,050    2009年2月      2018年5月
                       中野区
         中野富士見町
                       弥生町
                       東京都
      R-064   エスティメゾン哲学堂                    1,160     0.2    1,114     1,240   2009年10月      2018年5月
                       中野区
                       松が丘
                       東京都
      R-065   エスティメゾン高円寺                    1,160     0.2    1,127     1,270    2009年3月      2018年5月
                       杉並区
                       高円寺南
                       東京都
      R-066   エスティメゾン押上                    2,490     0.5    2,410     2,670    2010年4月      2018年5月
                       墨田区
                        業平
                       東京都
      R-067   エスティメゾン赤羽                    3,290     0.6    3,131     3,550   2009年11月      2018年5月
                        北区
                        赤羽
                       東京都
      R-068   エスティメゾン王子                    1,650     0.3    1,577     1,850    2010年7月      2018年5月
                        北区
                        王子
                       東京都
                       新宿区
      R-069   プライムメゾン早稲田                    1,580     0.3    1,512     1,810   2012年11月      2018年5月
                       早稲田
                       鶴巻町
                       東京都
      R-070   プライムメゾン八丁堀                    1,460     0.3    1,390     1,620   2012年11月      2018年5月
                       中央区
                       八丁堀
    住
                       東京都
      R-071   プライムメゾン神保町                    1,960     0.4    1,877     2,070    2013年3月      2018年5月
                       千代田区
    居
                      神田神保町
                       東京都
         プライムメゾン
      R-072                       2,910     0.6    2,874     3,200    2011年1月      2018年5月
                       品川区
         御殿山イースト
                       北品川
                       東京都
         シャーメゾンステージ
                       千代田区
      R-073                        555    0.1     542     608  2006年10月      2018年5月
         秋葉原
                      神田佐久間
                        河岸
                       愛知県
                       名古屋市
      R-074   エスティメゾン葵                    2,460     0.5    2,361     2,510   2007年10月      2018年5月
                        東区
                        葵
                       福岡県
                       福岡市
      R-075   エスティメゾン薬院                    2,430     0.5    2,571     2,570    2006年2月      2018年5月
                       中央区
                        平尾
                       東京都
      R-076   エスティメゾン錦糸町Ⅱ              墨田区      8,250     1.6    7,957     9,500    2008年1月      2018年5月
                       江東橋
                       東京都
      R-077   エスティメゾン大島              江東区      8,630     1.6    8,343    10,200    2007年9月      2018年5月
                        大島
                       愛知県
                       名古屋市
      R-078   プライムメゾン富士見台                    2,070     0.4    2,170     2,180    2007年4月      2018年5月
                       千種区
                       富士見台
                       愛知県
                       名古屋市
      R-079   エスティメゾン鶴舞                    4,490     0.9    4,545     4,960   1999年11月      2018年5月
                        中区
                       千代田
                                 89/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                      期末     期末
      物件                          投資比率
                       所在地     取得価格         帳簿価額     算定価額     竣工年月      取得年月
                                 (%)
    用途   番号       物件名称
                        (注2)    (百万円)         (百万円)     (百万円)       (注2)      (注6)
      (注1)                           (注3)
                                      (注4)     (注5)
                       東京都

      R-080   プライムメゾン森下                    1,930     0.4    1,841     2,130    2013年5月      2018年5月
                       江東区
                        森下
                       東京都
      R-081   プライムメゾン品川                    1,960     0.4    1,895     2,170    2014年2月      2018年5月
                       品川区
                       北品川
                       北海道
                       札幌市
      R-082   プライムメゾン大通公園                    3,160     0.6    3,052     3,120   2008年12月      2018年5月
                       中央区
                       大通西
                       北海道
                       札幌市
      R-083   プライムメゾン南2条                    1,930     0.4    1,820     1,890   2009年11月      2018年5月
                       中央区
                       南二条西
                       北海道
                       札幌市
      R-084   プライムメゾン鴨々川                    1,250     0.2    1,197     1,180   2009年10月      2018年5月
                       中央区
                       南七条西
                       福岡県
         プライムメゾン
                       福岡市
      R-085                       2,309     0.4    2,163     2,424    2011年2月      2018年5月
         セントラルパーク        (注11)
                        東区
                       香椎照葉
                       東京都
      R-086   シャーメゾンステージ八広                    1,910     0.4    1,825     2,030    2011年1月      2018年5月
                       墨田区
                        八広
                       東京都
      R-087   プライムメゾン恵比寿                    4,360     0.8    4,265     5,170    2014年6月      2018年5月
                       渋谷区
                       恵比寿
                       石川県
         シャーメゾンステージ
      R-088                       1,080     0.2    1,012      956   2007年9月      2018年5月
                       金沢市
         金沢西泉
                        西泉
    住
                       三重県
    居
      R-089   エスティメゾン鵜の森                     830    0.2     772     813   2009年4月      2018年5月
                       四日市市
                       鵜の森
                       東京都
      R-091   シャーメゾンステージ日野                    1,390     0.3    1,308     1,480    2010年1月      2018年5月
                       日野市
                        新町
                       神奈川県
                       横浜市
         プライムメゾン
      R-092                       4,870     0.9    4,642     5,010    2014年6月      2018年5月
         横濱日本大通
                        中区
                        本町
                       兵庫県
                       神戸市
      R-093   神戸女子学生会館                    5,880     1.1    5,319     5,870    2002年2月      2018年5月
                       東灘区
                       向洋町中
                       東京都
      R-094   プライムメゾン渋谷              渋谷区      2,430     0.5    2,385     2,660    2014年7月      2018年5月
                        渋谷
                       東京都
      R-095   プライムメゾン初台              渋谷区      3,010     0.6    2,921     3,200   2014年12月      2018年5月
                        初台
                       大阪府
                       大阪市
      R-096   エスティメゾン上町台                    1,040     0.2    1,065     1,150    2005年8月      2018年5月
                       中央区
                       上本町西
                       東京都
      R-098   プライムメゾン白金高輪               港区      4,900     0.9    4,796     5,470    2015年6月      2018年5月
                        三田
                       東京都
      R-099   プライムメゾン市谷山伏町              新宿区      4,220     0.8    4,115     4,270   2015年10月      2018年5月
                      市谷山伏町
                                 90/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                      期末     期末
      物件                          投資比率
                       所在地     取得価格         帳簿価額     算定価額     竣工年月      取得年月
                                 (%)
    用途   番号       物件名称
                        (注2)    (百万円)         (百万円)     (百万円)       (注2)      (注6)
      (注1)                           (注3)
                                      (注4)     (注5)
                       東京都

      R-100   エスティメゾン森下                     655    0.1     633     709   2017年2月      2018年5月
                       墨田区
                        菊川
                       東京都
         プライムメゾン
      R-101                 品川区      7,950     1.5    7,939    10,300    2016年5月      2018年5月
         白金台タワー
                       上大崎
                       東京都
      R-102   プライムメゾン大塚              豊島区      3,700     0.7    3,687     4,510    2017年1月      2018年5月
                       北大塚
                       東京都
      R-103   プライムメゾン浅草橋              台東区      1,680     0.3    1,678     2,060   2016年10月      2018年5月
                        柳橋
                       東京都
      R-104   プライムメゾン代官山              目黒区      2,520     0.5    2,520     3,170    2017年1月      2018年5月
                       青葉台
                       東京都
         プライムメゾン
      R-105                 品川区      3,400     0.6    3,412     4,360    2011年1月      2018年5月
         御殿山ウエスト
                       北品川
                       東京都
         エスティメゾン
      R-106                 江東区      6,050     1.1    5,854     7,160    2008年2月      2018年5月
         豊洲レジデンス       (注12)
                        豊洲
                       福岡県
                       福岡市
      R-108   エスティメゾン井尻                     390    0.1     393     421   2008年1月      2019年1月
                        南区
                        井尻
                       東京都
      R-109   プライムメゾン三田綱町               港区      2,040     0.4    2,047     2,330   2017年10月      2019年6月
                        三田
    住
                       東京都
    居
      R-110   プライムメゾン本郷              文京区      2,600     0.5    2,605     2,830    2018年3月      2019年6月
                        本郷
                       東京都
      R-111   プライムメゾン蔵前              台東区      2,190     0.4    2,193     2,410   2018年11月      2019年6月
                        蔵前
                       神奈川県
         エスティメゾン横浜青葉台              横浜市                              2019年6月
      R-112                       3,020     0.6    3,020     3,330    1990年7月
         (注13)
                       青葉区                              2019年9月
                       青葉台
                       静岡県
                       静岡市
      R-113   エスティメゾン静岡鷹匠                     660    0.1     671     662   2006年2月      2020年1月
                        葵区
                        鷹匠
                       宮城県
         シャーメゾンステージ              仙台市
      R-114                        865    0.2     876     909   2006年1月      2020年4月
         広瀬通              青葉区
                        立町
                       愛知県
                       名古屋市
      R-115   エスティメゾン東別院                    2,190     0.4    2,275     2,200    2009年2月      2021年4月
                        中区
                        松原
                       愛知県
                       名古屋市
      R-116   エスティメゾン萱場                     900    0.2     938     946   2012年2月      2021年4月
                       千種区
                        萱場
                       愛知県
                       名古屋市
      R-117   エスティメゾン白壁南                     660    0.1     686     682   2014年1月      2021年4月
                        東区
                       橦木町
                       東京都
      R-118   プライムメゾン下北沢              世田谷区       2,580     0.5    2,655     2,580   2019年12月      2021年9月
                        代沢
                                 91/250



                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                      期末     期末
      物件                          投資比率
                       所在地     取得価格         帳簿価額     算定価額     竣工年月      取得年月
                                 (%)
    用途   番号       物件名称
                        (注2)    (百万円)         (百万円)     (百万円)       (注2)      (注6)
      (注1)                           (注3)
                                      (注4)     (注5)
                       東京都

      R-119   プライムメゾン目黒              目黒区      2,310     0.4    2,368     2,310    2018年8月      2021年9月
                        三田
    住
                       東京都
      R-120   プライムメゾン両国              墨田区      1,530     0.3    1,585     1,540    2019年2月      2021年9月
                        亀沢
    居
                小計              242,966      46.0   238,481     270,013       -      -

                                                     2014年12月

                       東京都
                                                     2016年5月
      O-001   ガーデンシティ品川御殿山              品川区      71,950     13.6    70,119     89,100    2011年2月
                                                     2017年5月
                       北品川
                                                     2019年6月
                       東京都
      O-002   御殿山SHビル              品川区      51,500      9.8   49,606     61,700    2011年2月      2014年12月
                       北品川
                       大阪府
                       大阪市                              2014年12月
      O-003   本町南ガーデンシティ                    44,000      8.3   42,483     56,000    2011年2月
                       中央区                              2019年6月
                      北久宝寺町
                       大阪府
    オ
         本町ガーデンシティ
                       大阪市
      O-004                       38,600      7.3   36,439     44,800    2010年5月      2015年5月
    フ
         (オフィスビル部分)          (注14)
                       中央区
    ィ
                        本町
    ス
                       大阪府
    ビ
         HK淀屋橋
                       大阪市
      O-005                       4,400     0.8    4,220     6,410    2015年7月      2016年5月
    ル
         ガーデンアベニュー         (注15)
                       中央区
                       伏見町
                       愛知県
                       名古屋市
      O-006   広小路ガーデンアベニュー                    6,350     1.2    6,167     7,190    2011年3月      2016年5月
                       中村区
                        名駅
                       東京都
         赤坂ガーデンシティ         (注16)
      O-007                  港区     28,700      5.4   28,700     30,000    2006年1月      2019年6月
                        赤坂
               小計              245,500      46.5   237,737     295,200       -      -

                       大阪府
         本町ガーデンシティ
                       大阪市
      H-001                       17,200      3.3   16,819     18,000    2010年5月      2017年5月
         (ホテル部分)       (注14)
                       中央区
                        本町
                       京都府
    ホ
                       京都市
         ザ・リッツ・カールトン
                                                     2019年1月
    テ
      H-002                 中京区      22,120      4.2   22,169     22,295    2013年10月
         京都  (注17)
                                                     2020年4月
    ル
                       二条大橋
                      上る鉾田町
               小計              39,320      7.4   38,988     40,295      -      -
               合計              527,786     100.0    515,206     605,508       -      -

    (注1) 「物件番号」は、本投資法人の保有物件を各用途に応じて分類し、物件毎に番号を付したものであり、Rは住居を、Oはオフィスビル

       を、Hはホテルをそれぞれ表します。以下同じです。
    (注2) 「所在地」及び「竣工年月」は、登記簿上の表示に基づき記載しています。なお、「所在地」について登記簿上の表示が複数ある場合
       にはいずれか一筆を記載しています。
    (注3) 「投資比率」は、取得価格の合計に対する各物件の取得価格又は各用途に応じた各物件の取得価格の小計又は合計の割合を、小数第2位
       を四捨五入して記載しています。
    (注4) 「期末帳簿価額」は、当期末現在における各物件に係る減価償却後の帳簿価額を、百万円未満を切り捨てて記載しています。
    (注5) 「期末算定価額」について各年4月期は当該期末を価格時点とする各不動産鑑定評価書に記載された鑑定評価額を、各年10月期は当該期
       末を価格時点とする各不動産鑑定評価書に記載された鑑定評価額又は不動産鑑定評価基準に則らない価格調査の結果である各不動産価
       格調査書に記載された調査価額を、それぞれ百万円未満を切り捨てて記載しています。
    (注6) 「取得年月」は、本投資法人合併に伴い取得した物件については、当該合併の効力発生日に基づき記載しています。
    (注7) 本投資法人は、「エスティメゾン五反田」について、建物の専有部分の一部に係る区分所有権とそれに伴う敷地権(敷地権割合:
       426,933分の387,036(約90.7%))に係る不動産信託受益権を保有しています。
    (注8) 本投資法人は、「エスティメゾン武蔵小山」について、建物の専有部分の一部に係る区分所有権とそれに伴う敷地権(敷地権割合:
       127,609分の117,678(約92.2%))に係る不動産信託受益権を保有しています。
                                 92/250

                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (注9) 本投資法人は、「エスティメゾン千駄木」について、建物の専有部分の一部に係る区分所有権とそれに伴う敷地権(敷地権割合:
       103,842分の89,730(約86.4%))に係る不動産信託受益権を保有しています。
    (注10)   「シャーメゾンステージ博多」は、独立行政法人都市再生機構を土地所有者とし、借地期間を2002年12月1日から50年間とする一般定期
       借地権が設定されている借地上の物件です。
    (注11)   「プライムメゾンセントラルパーク」の土地の一部(地番:23番32)は貸地であり、貸地上の建物(店舗)は借地人所有となっている
       ことから、上記「竣工年月」は本投資法人が保有する建物(住居)の竣工年月を記載しています。
    (注12)   「エスティメゾン豊洲レジデンス」は、独立行政法人都市再生機構を土地所有者とし、借地期間を2006年3月17日から65年間とする一般
       定期借地権が設定されている借地上の物件です。
    (注13)   「エスティメゾン横浜青葉台」は、合計2棟の建物(2019年6月10日付で取得した「エスティメゾン横浜青葉台ノース」(2018年7月に竣
       工)及び2019年9月27日付で取得した「エスティメゾン横浜青葉台サウス」(1990年7月に竣工))から構成されていますが、同一敷地
       内に立地することから、これらを「エスティメゾン横浜青葉台」と総称し1物件として運用します。上記「竣工年月」には、便宜上「エ
       スティメゾン横浜青葉台サウス」の竣工年月を記載しています。なお、本書において当該物件の概要等について「エスティメゾン横浜
       青葉台ノース」と「エスティメゾン横浜青葉台サウス」とに分けて記載する場合があります。以下同じです。
    (注14)   「本町ガーデンシティ」は、オフィスビル及び商業施設の用途に用いられる部分(以下「本町ガーデンシティ(オフィスビル部分)」
       といいます。)とホテルの用途に用いられる部分(以下「本町ガーデンシティ(ホテル部分)」といいます。)から構成されており、
       本書において当該物件の概要等については「オフィスビル部分」と「ホテル部分」とに分けて記載する場合があります。
    (注15)   本投資法人は、「HK淀屋橋ガーデンアベニュー」について、建物のうち1階から6階までの専有部分の全てに係る区分所有権とそれに
       伴う敷地権(敷地権割合:1,000,000分の405,901(約40.6%))に係る不動産信託受益権を保有しています。
    (注16)   本投資法人は、「赤坂ガーデンシティ」について、建物のうち地下1階から4階まで及び11階から19階までの専有部分の全てに係る区分
       所有権とそれに伴う敷地権(敷地権割合:1,000,000分の662,768(約66.3%))に係る不動産信託受益権の準共有持分65.45%を保有し
       ています。したがって、「赤坂ガーデンシティ」の「期末算定価額」は、本投資法人が保有する準共有持分に対応する金額を記載して
       います。
    (注17)   本投資法人は、「ザ・リッツ・カールトン京都」について、本物件に係る不動産信託受益権の準共有持分49%を保有しています。した
       がって、「ザ・リッツ・カールトン京都」の「期末算定価額」は、本投資法人が保有する準共有持分に対応する金額を記載していま
       す。
                                 93/250













                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ロ)賃貸借状況の概要
       本投資法人が当期において保有する物件に係る賃貸借状況の概要は、以下のとおりです。
                          不動産賃貸      対総不動産
                                            賃貸
                          事業収益      賃貸事業      テナント           賃貸面積      稼働率
        物件                                   可能面積
    用途            物件名称          [期間中]      収益比率       総数           (㎡)     (%)
        番号                                   (㎡)
                                       (注3)           (注5)     (注6)
                          (百万円)       (%)
                                            (注4)
                           (注1)      (注2)
        R-001    エスティメゾン銀座                 177      1.2      1  5,515.43      5,280.50       95.7
        R-002    エスティメゾン麻布永坂                  48     0.3      1  2,019.10      1,823.40       90.3

        R-003    エスティメゾン恵比寿Ⅱ                  58     0.4      1  2,062.10      1,995.69       96.8

        R-004    エスティメゾン恵比寿                  23     0.2      1   781.02      719.52      92.1

        R-005    エスティメゾン神田                  43     0.3      1  1,706.54      1,618.37       94.8

        R-006    エスティメゾン北新宿                  44     0.3      1  1,881.19      1,734.61       92.2

        R-007    エスティメゾン浅草駒形                  65     0.5      1  2,978.28      2,900.01       97.4

        R-008    エスティメゾン川崎                  76     0.5      1  3,741.01      3,615.93       96.7

        R-010    エスティメゾン亀戸                  52     0.4      1  2,279.21      2,162.19       94.9

        R-011    エスティメゾン目黒                  29     0.2      1  1,070.13       989.30      92.4

        R-012    エスティメゾン巣鴨                  50     0.4      1  2,619.17      2,544.16       97.1

        R-013    エスティメゾン京橋                  85     0.6      1  4,613.04      4,369.08       94.7

     住
        R-014    エスティメゾン白楽                  30     0.2      1  1,285.83      1,285.83      100.0
     居
        R-015    エスティメゾン南堀江                  34     0.2      1  1,804.48      1,775.32       98.4
        R-016    エスティメゾン五反田                  91     0.6      1  3,871.15      3,745.55       96.8

        R-017    エスティメゾン大井仙台坂                  76     0.5      1  2,979.85      2,821.75       94.7

            エスティメゾン
        R-018                      63     0.4      1  2,602.30      2,511.63       96.5
            品川シーサイド
        R-019    エスティメゾン南麻布                  34     0.2      1  1,082.12       978.07      90.4
            エスティメゾン塚本         (注7)

        R-020                      24     0.2      -      -      -     -
        R-021    エスティメゾン川崎Ⅱ                  62     0.4      1  2,824.86      2,664.13       94.3

        R-022    エスティメゾン麻布十番                  66     0.5      1  1,755.31      1,726.19       98.3

        R-023    エスティメゾン板橋本町                  29     0.2      1  1,274.49      1,254.89       98.5

            エスティメゾン大泉学園
        R-024                      16     0.1      -      -      -     -
            (注7)
            エスティメゾン東品川          (注7)
        R-025                      43     0.3      -      -      -     -
            エスティメゾン
        R-026                      43     0.3      -      -      -     -
            板橋区役所前      (注7)
                                 94/250




                                                          EDINET提出書類
                                                  積水ハウス・リート投資法人(E31038)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                          不動産賃貸      対総不動産
                                            賃貸
                          事業収益      賃貸事業      テナント           賃貸面積      稼働率
        物件                                   可能面積
    用途            物件名称          [期間中]      収益比率       総数           (㎡)     (%)
        番号                                   (㎡)
                                       (注3)           (注5)     (注6)
                          (百万円)       (%)
                                            (注4)
                           (注1)      (注2)
        R-027    エスティメゾン武蔵小山                  31     0.2      1  1,176.78      1,156.68       98.3
        R-028    エスティメゾン千駄木                  22     0.2      1   897.30      851.21      94.9

            エスティメゾン四谷坂町
        R-029                      36     0.3      -      -      -     -
            (注7)
        R-030    エスティメゾン博多東                  86     0.6      1  9,106.08      9,060.08       99.5

            エスティメゾン上呉服          (注7)

        R-031                      17     0.1      -      -      -     -
        R-033    プライムメゾン武蔵野の杜                  67     0.5      1  3,924.58      3,869.84       98.6

        R-034    プライムメゾン東桜                  51     0.4      1  3,118.11      3,071.31       98.5

        R-035    プライムメゾン萱場公園                  29     0.2      1  2,163.98      2,163.98      100.0

        R-036    エスティメゾン三軒茶屋Ⅱ                  24     0.2      1   894.64      894.64     100.0

        R-037    エスティメゾン板橋C6                  75     0.5      1  4,036.66      3,799.15       94.1

        R-038    シャーメゾンステージ博多                  94     0.7      1  9,614.80      9,614.80      100.0

        R-039    エスティメゾン錦糸町                  36     0.3      1  1,611.54      1,611.54      100.0

        R-040    エスティメゾン武蔵小金井                  54     0.4      1  2,275.24      2,252.99       99.0

     住

        R-041    プライムメゾン御器所                  64     0.4      1  4,427.65      4,353.88       98.3
        R-042    プライムメゾン夕陽