JPM・E-フロンティア・オープン 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第22期(令和2年10月29日-令和3年10月28日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第22期(令和2年10月29日-令和3年10月28日)
提出日
提出者 JPM・E-フロンティア・オープン
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【提出先】                     関東財務局長殿

    【提出日】                     2022年1月27日

    【計算期間】                     第22期(自 2020年10月29日 至 2021年10月28日)

    【ファンド名】                     JPM・E-フロンティア・オープン

    【発行者名】                     JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  大越 昇一

    【本店の所在の場所】                     東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング

    【事務連絡者氏名】                     内藤 敏信

    【連絡場所】                     東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビルディング

    【電話番号】                     03-6736-2000

    【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。

                                  1/104












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

    (イ)ファンドの目的

        当ファンドは、日本の株式を主要投資対象とし、信託財産の長期的な成長を図ることを目的とし
       て、積極的な運用を行います。
    (ロ)信託金の限度額

        委託会社は、受託会社と合意のうえ、金3,000億円を限度として信託金を追加することができま
       す。
    (ハ)基本的性格

        一般社団法人投資信託協会の商品分類に関する指針に基づく、当ファンドの商品分類および属性
       区分は以下のとおりです。
             *1

        商品分類         -追加型投信/国内/株式
             *2
        属性区分         -投資対象資産         :株式    一般
                決算頻度          :年1回
                投資対象地域        :日本
                      *3
                為替ヘッジ        :なし
                *3 属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無
                  を記載しています。
       *1 商品分類の定義(一般社団法人投資信託協会-商品分類に関する指針)

           追加型投信         一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産ととも
                    に運用されるファンド。
           国内         目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内
                    の資産を源泉とする旨の記載があるもの。
           株式         目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式
                    を源泉とする旨の記載があるもの。
       *2 属性区分の定義(一般社団法人投資信託協会-商品分類に関する指針)

           投資対象資産         株式 一般:
                                           *        *
                    主として株式に投資するもののうち、大型株属性                        、中小型株属性        のいずれにも
                    あてはまらない全てのもの。
                    年1回:
           決算頻度
                    目論見書または信託約款において、年1回決算する旨の記載があるもの。
           投資対象地域         日本:
                    目論見書または信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉
                    とする旨の記載があるもの。
           為替ヘッジ         なし:
                    目論見書または信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるもの
                    または為替のヘッジを行う旨の記載がないもの。
           *「大型株属性」……目論見書または信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載がある
                     もの。
            「中小型株属性」…目論見書または信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載がある
                     もの。
                                  2/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (参考)一般社団法人投資信託協会が規定する商品分類および属性区分の一覧

        商品分類表

                             投資対象資産
         単位型・追加型          投資対象地域
                             (収益の源泉)
                              株  式

                    国  内
            単位型                   債  券
                    海  外         不動産投信

            追加型                  その他資産

                             (    )
                    内  外
                              資産複合

        (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

        属性区分表

           投資対象資産          決算頻度       投資対象地域         為替ヘッジ
                            グローバル

         株式           年1回
          一般
                    年2回
          大型株                  日本
          中小型株
                    年4回       北米
         債券                             あり
          一般           年6回       欧州         (   )
          公債           (隔月)
          社債                  アジア
          その他債券           年12回
          クレジット属性           (毎月)       オセアニア
         (  )
                    日々       中南米
         不動産投信
                                      なし
                    その他       アフリカ
         その他資産           (  )
         (  )                  中近東
                            (中東)
         資産複合
         (  )                  エマージング
          資産配分固定型
          資産配分変更型
        (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

                                  3/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
             当ファンドを含むすべての商品分類、属性区分の定義については、

               一般社団法人投資信託協会のホームページをご覧ください。
               HPアドレス:http://www.toushin.or.jp/
    (ニ)ファンドの特色

        本書で使用される名称等について、以下のとおり定義します。
                                  4/104


















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       J.P.モルガン・アセット・マネジメント

        JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーおよび世界の関連会社の資産運用ビジネスの
        ブランドです。委託会社は、J.P.モルガン・アセット・マネジメントの一員です。
       日本株式グロース戦略運用担当

        日本株式グロース戦略により、日本の株式の運用を担当するポートフォリオ・マネジャーの
        総称です。J.P.モルガン・アセット・マネジメント各社で横断的に構成されているた
        め、委託会社の所属でない者を含みます。
        日本株式グロース戦略運用担当は、J.P.モルガン・アセット・マネジメント内で横断的
        に構成された、新興国および日本を含むアジア太平洋地域の各国への投資を担当する、エ
        マージング・マーケット・アンド・アジア・パシフィック・エクイティーズ・チーム(略
        称:EMAP)に属します。日本株式グロース戦略運用担当を含めたEMAP内で情報交換
        が行われ、各銘柄の調査・分析に活用されています。
       日本株式グロース戦略

        企業取材に基づくボトムアップ・アプローチ方式で行う株式運用戦略です。具体的には、企
        業取材を基本とする徹底的なボトムアップ・アプローチによる調査・分析を行い、企業の成
        長力に比べて株価が割安な銘柄に投資することにより、超過収益の獲得を目指す運用を行い
        ます。当運用戦略は、日本株式グロース戦略運用担当が運用を担当しています。
       企業取材

        企業訪問、企業来訪、電話取材等を通じて、企業の情報を得ることをいいます。なお、RE
           *
        IT   にかかる企業取材は、その運用会社や投資法人に対して行います。
          * 「REIT」とは、不動産投資信託等の受益証券、法令により当該受益証券とみなされる受益権お
           よび投資証券をいいます。
            「不動産投資信託等」とは、投資信託および投資法人のうち、その投資信託約款または投資法人規
           約において、投資信託財産または投資法人の財産の総額についてその2分の1超の額を不動産等(土
           地の賃借権、地上権、不動産を主たる投資対象とする信託受益権等を含みます。)で運用することを
           目的とするものをいいます。
       ボトムアップ・アプローチ

        経済等の予測・分析により銘柄を選定するのではなく、個別企業の調査・分析から銘柄の選
        定を行う運用手法です。
       定量モデル

        財務データ等の定量化(数値化)された客観的な情報を利用して、ポートフォリオのリスク
        を分析するモデルをいいます。
       バリュエーション

        企業の利益・資産等の企業価値に対して、株価が相対的に割安か割高かの判断をいいます。
       PER(株価収益率)

        株価を1株当たり利益で割ったものをいいます。PERが低いほどその企業の収益力に対し
        て株価が割安であるとみることができます。
       PBR(株価純資産倍率)

        株価を1株当たり純資産で割ったものをいいます。PBRが低いほど資産価値に対して株価
        が割安であるとみることができます。
                                  5/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       EV/EBITDA
        EV(企業価値)が、EBITDA(利払前税引前償却前利益)の何倍かという指標をいい
        ます。
        EV/EBITDAの値(倍率)が低いほど、その企業の株価は割安であるとみることがで
        きます。
       配当利回り

        株価に対する年間配当金の割合を示す指標をいいます。
       市場コンセンサス予想

        市場関係者による企業業績、株価、経済指標等の予想数値のことをいいます。
       ① 主として日本の株式の中から、企業の成長性に着目し、株価水準が割安と判断される銘柄を中

        心に、日本経済の構造変化の中で最も活躍が期待できる企業群に投資します。
       ② 6つの「E」に着目し、3つの「E」により、銘柄の選定を行います。
         6Eプラス3Eの条件を満たす企業が、今後の日本経済の構造変化の中で最も活躍が期待でき
        ると考え、これらの企業に投資することにより、積極的に売買益の獲得を目指します。
               *

       ●6Eのテーマ         (日本経済の構造変化への着目点)
        E -commerce(電子商取引) インターネットを利用した商取引。消費者が主役
         インターネットを媒介とした電子商取引の進展により、新しいビジネスモデルの構築が行われ
         ていく点に着目
        E lectronics(エレクトロニクス) E-commerceを支えるのは情報通信・インフラ整備
         電子商取引の進展をハード面で支える分野。デジタル化の進展に着目
        E nergy(元気) 大事なことは、活き活き元気に暮らすこと
         活力にあふれた毎日を送るため、生涯学習や健康増進、文化発展等に関連した分野に着目
        E cology(環境) 社会に受け入れられる企業は、地球に優しい環境を考える企業
         「環境」そのものを事業にして、そこで収益を上げている企業に着目
        E ntertainment(娯楽) エレクトロニクスの進歩で変わる楽しみ方
         エレクトロニクス分野以外で日本が世界に誇るべき産業。ゲームやアニメーション、ほか様々
         な娯楽関係の産業の進歩に着目
        E lder   Society(高齢化社会) 高齢者に優しい社会
         高齢人口の増加により介護を必要とする人は増加の見込み。大きく成長すると考えられる介護
         関連産業等に着目
        * 投資対象となる企業には、6Eのテーマに当てはまる業務を主要業務としていない企業や、複数の6Eの

         テーマに当てはまる業務を行っている企業を含みます。
                                  6/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ●3E(会社を選ぶ基準)
         6Eのテーマに当てはまる企業群の中から、銀行借入ではなく                                  E quity(株主資本)を、売上げ
         ではなく     E arnings(利益)を、ゼネラリストではなく                       E xpert(専門家)を、という観点で銘柄
         を選定し、積極的な運用を行います。
       ③ 銘柄の選定は、日本株式グロース戦略運用担当が行う企業取材に基づくボトムアップ・アプ





        ローチ方式で行います。
      ■ポイント1  徹底した企業取材を基にした分析
         日本株式グロース戦略運用担当のポートフォリオ・マネジャー全員が業種にこだわらず企業取
         *
        材  を行うことにより、業種間の比較が容易になります。企業取材においては、事業戦略の優位
        性や経営陣の質の見極めに重点を置いており、特に経営陣との対話を重視しています。これらを
        総合的に分析し、銘柄の選定に反映します。
         * J.P.モルガン・アセット・マネジメントで日本株式グロース戦略の運用を担当するポートフォリオ・
          マネジャー、ならびに委託会社の株式運用本部に所属する他の運用チームおよび投資調査部所属のアナリス
          トによる日本の株式についての企業取材件数の合計は、年間延べ約4,500件(2020年実績)です。
      ■ポイント2  J.P.モルガン・アセット・マネジメントの国内およびグローバルでの情報の
        活用
         日本株式グロース戦略運用担当のポートフォリオ・マネジャーによる横断的・多面的な企業取
        材に加えて、委託会社の株式運用本部に所属する他の運用チームや投資調査部との情報共有を積
        極的に行っているほか、J.P.モルガン・アセット・マネジメントのグローバルなネットワー
        クを積極的に活用することで調査・運用能力を強化しています。
    (2)【ファンドの沿革】

       1999年10月29日  当ファンドの信託契約締結、および設定・運用開始
       2013年1月29日  当ファンドの名称変更
                                  7/104






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【ファンドの仕組み】
    (イ)仕組図
    (ロ)当ファンドの委託会社および関係法人の名称、役割、委託会社等が締結している契約等の概要






       ① JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(委託会社)
         当ファンドの委託会社として、受益権の発行、信託財産の運用指図、目論見書および運用報告
        書の作成等を行います。
       ② 三菱UFJ信託銀行株式会社(受託会社)
         (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
         委託会社との契約により、当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理業務および信
        託財産の計算等を行います。
       ③ 販売会社
         委託会社との契約により、当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、目論見書の
        交付、運用報告書に記載すべき事項のうち重要な事項のみを記載した交付運用報告書の交付代
        行、収益分配金の再投資に関する事務、収益分配金・一部解約金・償還金の支払い等を行いま
        す。
    (ハ)委託会社の概況

       ① 資本金 2,218百万円(2021年11月末現在)
       ② 金融商品取引業者登録番号 関東財務局長(金商)第330号
       ③ 設立年月日 1990年10月18日
       ④ 会社の沿革
        1971年 ジャーディン・フレミング、日本市場の成長性に着目し東京に駐在員事務所を開設
        1985年 ジャーディン・フレミング投資顧問株式会社設立、有価証券に係る投資顧問業の規制等
             に関する法律施行に伴い、同社は1987年に投資一任契約にかかる業務の認可を受ける。
        1990年 ジャーディン・フレミング投信株式会社(委託会社)設立
        1995年 ジャーディン・フレミング投資顧問株式会社とジャーディン・フレミング投信株式会社
             が合併し、ジャーディン フレミング投信・投資顧問株式会社となる。
        2001年 ジェー・ピー・モルガン・フレミング・アセット・マネジメント・ジャパン株式会社に
             商号変更
        2006年 JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社に商号変更
        2008年 JPモルガン信託銀行株式会社より資産運用部門の事業を譲受
       ⑤ 大株主の状況(2021年11月末現在)
                                         所有株式数(株)           比率(%)
               名    称                 住   所
                                  8/104

                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ジェー・ピー・モルガン・アセット・
                                              56,265         100
                              米国デラウェア州
        マネジメント(アジア)インク
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】

    (イ)運用方針

        日本の株式を主要投資対象とし、信託財産の長期的な成長を図ることを目的に、積極的な運用を
       行います。
    (ロ)投資態度

        当ファンドにおける投資プロセスは次のとおりです。
        なお、資金動向や市況動向により、次のような運用ができない場合があります。
      ① 当ファンドの運用は、委託会社において、日本株式グロース戦略運用担当のポートフォリオ・マ

       ネジャー(以下「当ファンドのポートフォリオ・マネジャー」といいます。)が行います。
                *1                                       *2

      ② 全ての上場銘柄             が投資対象銘柄群になります。投資対象銘柄群は、コア・カバレッジ                                       に属
       する銘柄と、それ以外の銘柄から構成されます。
       *1 REITも含みます。
       *2 詳しくは後記「③(a)リサーチ」をご参照ください。
                                  9/104












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③ 当ファンドにおける運用プロセスは次のとおりです。
       (a)リサーチ





         銘柄の調査では、各企業の将来の利益成長や経営の質等を把握するための企業取材を重視し
        ています。ポートフォリオ・マネジャー自身による横断的・多面的な調査に加えて、委託会社
        の株式運用本部に所属する他の運用チームや投資調査部との情報共有を積極的に行っていま
        す。
       (b)レーティング
         前記(a)の企業取材をふまえて、現在の株価が企業の成長力を反映しているか等を日本株
        式グロース戦略運用担当同士で総合的に議論・分析し、銘柄を評価します。
       (c)ポートフォリオ構築
         前記(b)での評価が高い銘柄を中心にポートフォリオを構築します。構築したポートフォ
        リオについて定量モデルに基づき、リスクおよびベンチマークからのパフォーマンス(運用実
        績)のかい離の要因を定期的に分析します。更に、定量化が難しいリスク要因について日本株
        式グロース戦略運用担当同士で議論したうえで、必要に応じて投資判断の修正とポートフォリ
        オの組み替えを行います。
     前記における運用プロセスの詳細は以下のとおりとなります。

    (a)リサーチ

      ● コア・カバレッジ
       日本株式グロース戦略では、日本の株式について、市場全体の動向を的確に分析するため、重点調
      査対象銘柄としてコア・カバレッジを活用します。コア・カバレッジは約400銘柄の大型株式および
      中小型株式で構成されます。原則、投資対象銘柄群の全ての業種から銘柄を選び、東京証券取引所の
              *
      第一部上場銘柄         の時価総額に対して70%以上をカバーしています。コア・カバレッジの銘柄は必要
      に応じ見直します。
       コア・カバレッジの活用により、大型株式から小型株式まで、業種をまたいだ横断的な調査を行
      い、個別企業・業界の分析や投資テーマの発掘を行うことが可能となります。また、新しく魅力的な
      投資テーマや銘柄を発掘するため、コア・カバレッジ以外の銘柄の調査活動も積極的に行っていま
      す。
       当ファンドのポートフォリオ・マネジャーは、コア・カバレッジを含む全ての投資銘柄群に対する
      企業調査の結果、各銘柄のレーティングをもとに最終的な投資判断を行います。
      * 2022年4月4日以降、「東京証券取引所のプライム市場上場銘柄」に変更される予定です。
                                 10/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ●徹底した企業取材の重視と国内およびグローバルのネットワークによる情報の活用
       日本株式グロース戦略では、ポートフォリオ・マネジャー自身が業種をまたいで企業取材を行い、
      当ファンドの運用に反映させています。
       日本株式グロース戦略運用担当のポートフォリオ・マネジャーによる横断的・多面的な企業取材に
      加えて、委託会社の株式運用本部に属する他の運用チームや投資調査部との情報共有を積極的に行っ
      ています。投資調査部には業界知識豊富なアナリストが所属しており、同部との情報共有を通じて調
      査能力の強化に繋げています。また、J.P.モルガン・アセット・マネジメントのグローバルな
      ネットワークを積極的に活用します。J.P.モルガン・アセット・マネジメント内の海外拠点に所
      属する債券、株式等の運用チームと情報を共有し、海外各地域のマクロ経済・企業動向が日本の経済
      および資本市場に与える影響を勘案し、当ファンドの投資判断に活用します。
    (b)レーティング

       日本株式グロース戦略では、リサーチに基づいて各銘柄に5段階のレーティングを付与します。
      レーティングの付与にあたっては、ボトムアップ・アプローチにより企業の中長期的な成長力を把握
      し、現在の株価が企業の成長力を反映しているかを分析します。
       ● 戦略分類とレーティング

         戦略分類は、「Is            this   a business     we  want   to  own   ?(この会社のオーナーになりたい
        か?)」という観点から、企業の中長期的な成長の可能性および競争優位の持続性を判断する枠
        組みです。収益性、持続性、ガバナンスの3つの側面からのアプローチで約100項目のチェック
        リストを基に各銘柄のリスクを徹底的に分析し、優れている順に「プレミアム」「クオリティ」
        「トレーディング」「ストラクチャリー・チャレンジド」に分類します。
         戦略分類により中長期的な成長性を見極めたうえで、バリュエーション分析等を重ねることで
        「Do   we  want   to  own  it  at  today's     price?(現在の株価でこの会社のオーナーになりたい
        か?)」を判断し、1から5のレーティングを決定します。
         戦略分類およびバリュエーション分析等を行うにあたって着目するポイントの例は以下のとお
        りです。
                                 11/104










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (c)ポートフォリオ構築
        銘柄評価を基に当ファンドのポートフォリオ・マネジャーが、当ファンドの投資目標、リスク許





       容度および運用ガイドラインを考慮し、最終的な組入れ銘柄、および各銘柄の組入れ比率を決定し
       ます。構築したポートフォリオについて定量モデルに基づき、リスクおよびベンチマークからのパ
       フォーマンス(運用実績)のかい離の要因を定期的に分析します。更に、定量化が難しいリスク要
       因について日本株式グロース戦略運用担当同士で議論したうえで、必要に応じて投資判断の修正と
       ポートフォリオの組み替えを行います。
        実際の当ファンドのポートフォリオでは、市場環境、売買のタイミング、流動性等の理由によ
       り、評価「1」銘柄の非保有や、評価「5」銘柄の保有が生じる場合があります。
         *

      ESG     投資について
      当ファンドの運用プロセスにおいて、環境、社会、そしてガバナンス面(企業統治)の要素が、投
      資対象候補銘柄のリスク要因となり得るかどうかを分析・評価しています。なお、この評価のみが投
      資判断を決定付けるものではなく、リスク要因を十分考慮しつつも、リスクが認められる銘柄を組み
      入れる可能性や、当該銘柄を継続的に保有する可能性があります。
       * 「ESG」とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を合わせたもの
        をいいます。
       ESG分析の枠組みとしては、マテリアリティフレームワークを用います。マテリアリティフ

      レームワークでは、調査対象企業を業種ごとに分類し、各業種に関連するESGに関する重要な論
      点を精査し、スコア化します。このスコアの合計点をポートフォリオ構築上の定性判断の材料や、
      企業との対話の際の参考資料として用います。
    <当ファンドにおいて行われることがある、投資者の利益を害することとなる潜在的なおそれのある取

     引の内容、および当該取引が投資者の利益を害しないことを確保するための措置>
       委託会社は、当ファンドにおいて、自己または第三者の利益を図るために投資者の利益を害するこ
      ととなる潜在的なおそれのある取引を行うことがあり、それらの内容は後記のとおりです。委託会社
      は、当該取引が投資者の利益を害しないことを確保するための措置として、社内規程等を制定してそ
      れにしたがった管理を行うとともに、社内規程等の遵守状況についてモニタリングを必要に応じて
      行っています。当該措置の詳細については、後記「3投資リスク(2)投資リスクに関する管理体
      制」をご参照ください。
      ・ 委託会社の関係会社である証券会社が引受けを行った有価証券の当ファンドでの組入れ
      ・ 当ファンドにおける有価証券取引等の、委託会社の関係会社である証券会社等に対する発注
      ・ 当ファンドにおいて保有もしくは取引する有価証券または当ファンドの受益権の、委託会社また
       はその関係会社の役職員による売買等の取引
                                 12/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ・ 当ファンドにおける有価証券取引等の発注と、委託会社が運用する他の運用資産における有価証
       券取引等の発注を、束ねて一括して発注すること(一括発注)
      ・ 当ファンドの運用担当者(ポートフォリオ・マネジャー、アナリスト等)が贈答、茶菓の接待等
       を受けた、証券会社等に対する当ファンドにおける有価証券等の発注、または有価証券の発行体の
       発行する有価証券の当ファンドでの組入れ
      ・ 委託会社またはその関係会社と取引関係のある有価証券の発行体が発行する有価証券にかかる議
       決権の当ファンドにおける行使
      ・ 当ファンドと、委託会社が運用する他の運用資産間において行う有価証券等の取引(クロス取
       引)
      ・ 委託会社による当ファンドの受益権の取得申込みおよび換金
    (2)【投資対象】

    (イ)委託会社は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価
       証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。以下(イ)において同じ。)に投資すること
       を指図します。(JPM・E-フロンティア・オープン約款(以下「信託約款」といいます。))
      1.株券または新株引受権証書
      2.国債証券
      3.地方債証券
      4.特別の法律により法人の発行する債券
      5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受
       権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
      6.特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
       す。)
      7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定
       めるものをいいます。)
      8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいい
       ます。)
      9.特定目的会社に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいま
       す。)
      10.コマーシャル・ペーパー
      11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および
       新株予約権証券
      12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、1から11までの証券または証書の性質を有す
       るもの
      13.証券投資信託または外国証券投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定める
       ものをいいます。)
      14.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)
      15.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
      16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
       い、有価証券にかかるものに限ります。)
      17.預託証券(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
      18.外国法人が発行する譲渡性預金証書
      19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
       証券に限ります。)
      20.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
       益証券に表示されるべきもの
      21.外国の者に対する権利で20の有価証券の性質を有するもの
                                 13/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       なお、1の証券または証書ならびに12および17の証券または証書のうち1の証券または証書の性質
      を有するものを以下「株式」といい、2から6までの証券ならびに12および17の証券または証書のう
      ち 2から6までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、13および14の証券を以下「投資
      信託証券」といいます。
    (ロ)委託会社は、信託金を、前記(イ)に掲げる有価証券のほか、次に掲げる投資対象(金融商品取
       引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により
       運用することを指図することができます。
      1.預金
      2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
      3.コール・ローン
      4.手形割引市場において売買される手形
      5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
      6.外国の者に対する権利で5の権利の性質を有するもの
    (ハ)前記(イ)の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応
       等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、前記(ロ)に掲げる投資対
       象により運用することの指図ができます。
    (3)【運用体制】

       当ファンドにかかる委託会社における運用体制は以下のとおりです。
      ① 日本株式グロース戦略運用担当は、委託会社内の組織上、株式運用本部の株式運用部に所属して
       います。また、アナリストが所属する投資調査部も株式運用本部に属しています。
      ② 株式運用本部の株式運用部には12名のポートフォリオ・マネジャーが所属しています。株式運用
       部内で開催される運用に関わる諸会議にて、銘柄評価、資産配分、投資政策等、運用の基本方針を
       策定します。
      ③ 当ファンドのポートフォリオ・マネジャーは、前記②における運用に関わる諸会議で策定された
       基本方針を踏まえ、運用計画を策定しそれに基づき投資判断を行います。その際、日本株式グロー
       ス戦略運用担当同士でまたは株式運用本部の株式運用部に所属する他のポートフォリオ・マネ
       ジャーと意見交換した結果も参考にします。
      ④ 有価証券等の売買執行業務は、運用部門から独立しているトレーディング部門で行われます。な
       お、当該執行業務は、当該運用部門の拠点以外のJ.P.モルガン・アセット・マネジメントに所
       属する他の拠点で行われる場合があります。
      ⑤ 運用分析部門において、ポートフォリオの分析および評価が行われ、運用部門から独立したイン
       ベストメント・ダイレクターや当ファンドのポートフォリオ・マネジャーにその情報を提供しま
       す。また、ポートフォリオ分析部門は、運用分析部門からの情報を基に、必要に応じて更なる分析
       を行い、当ファンドのポートフォリオ・マネジャーにその情報を提供します。
      ⑥ 運用部門から独立した以下の部門が以下に掲げる事項その他のリスク管理を行います。
       ・ インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果や当ファンドが取ったリスクが妥当な
        水準であるか、および当ファンドの運用がその投資目標にしたがっているかを定期的にチェック
                                         *
        し、必要があれば是正を求めます。また、投資ガイドライン                                 の遵守状況の報告を受け、必要が
        あれば是正を求めます。
       ・ コンプライアンス部門は、取引価格の妥当性、利益相反取引の有無等、有価証券等の取引が適
        正であるかのチェックを行います。
                              *
       ・ リスク管理部門は、投資ガイドライン                        の遵守状況を取引前・取引後においてモニターし、そ
        の結果必要があれば、当ファンドのポートフォリオ・マネジャーに対し、適切な対応を求める
        等、管理・監督を行います。また、有価証券等の取引の相手先である証券会社等のブローカーの
        信用リスクを管理し、特定のブローカーとの取引を制限する必要がある場合はその旨をトレー
        ディング部門に指示します。
                                 14/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        * 「投資ガイドライン」とは、当ファンドの投資範囲、投資制限等の詳細を定めた内部のガイドラインをいい
         ます。
      (注)前記の運用体制、組織名称等は、2021年9月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

       委託会社では社内規程を定め、運用等にかかわる組織およびその組織の権限と責任を明らかにする

      とともに、当ファンド固有の運用に関する社内ルールを定めています。
      ・委託会社による、受託会社に対する管理体制

        委託会社の事務管理部門において、日々の業務を通じ、受託会社の管理体制および知識・経験等
       を評価しています。また、必要に応じミーティングを行い、受託会社の業務の状況を確認していま
       す。
    (4)【分配方針】

       毎計算期間終了時に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。
       なお、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
      ① 分配対象額の範囲
        繰越分を含めた利子・配当収入および売買益(評価益を含みます。)等の全額とします。(詳細
       については信託約款第46条第1項をご参照ください。)
        なお、分配対象額の範囲には分配準備積立金および収益調整金が含まれます。
      ② 収益分配金の分配方針
        委託会社が基準価額水準、市況動向、残存信託期間等を勘案して、分配金額を決定します。ただ
       し、分配対象額が少額の場合は分配を行わないことがあります。
      ③ 留保益の運用方針
        留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用
       を行います。
      <参考>
       収益分配金の支払いについて
       ① 収益分配金は、計算期間終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている
        受益者(当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前において一部解約が行われた受益権にかか
        る受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前に設定された受益権で
        取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則と
        して取得申込者とします。)に、原則として計算期間終了日から起算して5営業日目までに支払
        いを開始します。
       ② 受益者が、時効前の収益分配金にかかる収益分配金交付票(当ファンドが振替受益権化される
        以前に発行されたもの)を保有している場合には、その収益分配金交付票と引換えに当該収益分
        配金を受益者に支払います。
       ③ 「分配金再投資コース」を申込みの場合は、収益分配金は税引き後無手数料で再投資され、再
        投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
                                 15/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       収益分配金に関する留意事項
       ・ 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払
        われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
                                 *1             *2
       ・ 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費                            控除後の配当等収益             および評価益を含む売
          *3
        買益    )を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日
        と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間における当ファン
        ドの収益率を示すものではありません。
       ・ 受益者の当ファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一
        部払戻しに相当する場合があります。当ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価
        額の値上がりが小さかった場合も同様です。
       *1 後記「4手数料等及び税金」の「(3)信託報酬等」および「(4)その他の手数料等」をご参照くださ
         い。
       *2 信託約款第46条第1項第1号をご参照ください。
       *3 信託約款第46条第1項第2号をご参照ください。
    (5)【投資制限】

    (イ)信託約款は、委託会社による当ファンドの運用に関して以下のような一定の制限および限度を定
       めています。
      ① 株式への投資制限
        株式への投資には、制限を設けません。
      ② 外貨建資産への投資制限
        委託会社は、信託財産に属する外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(以下「外貨建有価証券」
       といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の時価総額が、信託財産の純資産総
       額(信託約款第8条第2項に規定するものをいいます。以下⑤、⑧、⑨、⑭、⑯および⑰において
       同じ。)の100分の20を超えることとなる投資の指図をしません。ただし、有価証券の値上り等に
       より100分の20を超えることとなった場合には、速やかにこれを調整します。
        外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
       場合には、制約されることがあります。
      ③ デリバティブ取引の利用目的
        デリバティブ取引(有価証券先物取引等、スワップ取引、金利先渡取引および為替先渡取引をい
       います。以下⑯において同じ。)の利用はヘッジ目的に限定しません。
      ④ 投資する株式等の範囲
       A 委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引所金
        融商品市場(金融商品取引法第2条第17項に規定するものをいいます。以下同じ。)または外国
        金融商品市場(金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定するものをいいます。以下同じ。)
        に上場されている株式の発行会社の発行するもの、取引所金融商品市場または外国金融商品市場
        に準ずる市場において取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割
        当または社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、
        この限りではありません。
       B 前記Aの規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約
        権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては委託会社が
        投資することを指図することができるものとします。
      ⑤ 投資信託証券への投資制限
        委託会社は、信託財産に属する投資信託証券の時価総額が、信託財産の純資産総額の100分の5
       を超えることとなる投資の指図をしません。
                                 16/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ⑥ 信用取引の指図範囲
       A 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けることの
        指図をすることができます。なお、当該売り付けの決済については、株券の引き渡しまたは買い
        戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
       B 前記Aの信用取引の指図は、次の1から6までに掲げる有価証券の発行会社の発行する株券に
        ついて行うことができるものとし、かつ次の1から6までに掲げる株券数の合計数を超えないも
        のとします。
        1.信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
        2.株式分割により取得する株券
        3.有償増資により取得する株券
        4.売り出しにより取得する株券
        5.信託財産に属する転換社債の転換請求または転換社債型新株予約権付社債の新株予約権によ
         り取得可能な株券。「転換社債型新株予約権付社債」とは、新株予約権付社債のうち、会社法
         第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該
         新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの、または会社
         法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがあるものをいいます。
        6.信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または信
         託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(5に定めるものを除
         きます。)の行使により取得可能な株券
      ⑦ 先物取引等の運用指図・目的・範囲
       A 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、および信託財産が運用対象とする有価証
        券の価格変動リスクを回避するため、取引所金融商品市場における有価証券先物取引(金融商品
        取引法施行前の旧証券取引法(以下「旧証取法」といいます。)第2条第20項に定める有価証券
        先物取引をいいます。)、有価証券指数等先物取引(旧証取法第2条第21項に定める有価証券指
        数等先物取引をいいます。)および有価証券オプション取引(旧証取法第2条第22項に定める有
        価証券オプション取引をいいます。)ならびに外国金融商品市場におけるこれらの取引と類似の
        取引を次の1および2の範囲で行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オ
        プション取引に含めて取り扱うものとします(以下同じ。)。
        1.先物取引の売建、コール・オプションの売付けおよびプット・オプションの買付けの指図
         は、建玉の合計額が、ヘッジの対象とする有価証券(以下「ヘッジ対象有価証券」といいま
         す。)の時価総額の範囲内とします。
        2.先物取引の買建、コール・オプションの買付けおよびプット・オプションの売付けの指図
         は、建玉の合計額が、ヘッジ対象有価証券の組入可能額(組入ヘッジ対象有価証券を差し引い
         た額)に信託財産が限月までに受け取る組入公社債および組入外国貸付債権信託受益証券なら
         びに組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額を限度とし、かつ信託財産が限
         月までに受け取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに信託約款第20条第2項
         各号に掲げる投資対象で運用している額の範囲内とします。
       B 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、および信託財産に属する資産の為替変動
        リスクを回避するため、取引所金融商品市場における通貨にかかる先物取引およびオプション取
        引ならびに外国金融商品市場における通貨にかかる先物取引およびオプション取引を次の1およ
        び2の範囲で行うことの指図をすることができます。
        1.先物取引の売建、コール・オプションの売付けおよびプット・オプションの買付けの指図
         は、建玉の合計額が、為替の売予約と合わせて、ヘッジ対象とする外貨建資産の時価総額の範
         囲内とします。
        2.先物取引の買建、コール・オプションの買付けおよびプット・オプションの売付けの指図
         は、建玉の合計額が、為替の買予約と合わせて、外貨建有価証券の買付代金等実需の範囲内と
         します。
                                 17/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       C 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、および信託財産に属する資産の価格変動
        リスクを回避するため、取引所金融商品市場における金利にかかる先物取引およびオプション取
        引ならびに外国金融商品市場におけるこれらの取引と類似の取引を次の1および2の範囲で行う
        こ との指図をすることができます。
        1.先物取引の売建、コール・オプションの売付けおよびプット・オプションの買付けの指図
         は、建玉の合計額が、ヘッジ対象とする金利商品(信託財産が1年以内に受け取る組入有価証
         券の利払金および償還金等ならびに信託約款第20条第2項各号に掲げる投資対象で運用されて
         いるものをいい、以下「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
        2.先物取引の買建、コール・オプションの買付けおよびプット・オプションの売付けの指図
         は、建玉の合計額が、信託財産が限月までに受け取る組入有価証券にかかる利払金および償還
         金等ならびに信託約款第20条第2項各号に掲げる投資対象で運用している額(以下2において
         「余資投資対象運用額等」といいます。)の範囲内とします。ただし、ヘッジ対象金利商品が
         外貨建で、信託財産の外貨建資産組入可能額(信託約款上の組入可能額から保有外貨建資産の
         時価総額を差し引いた額。以下同じ。)に信託財産が限月までに受け取る組入外貨建公社債お
         よび組入外国貸付債権信託受益証券ならびに組入外貨建貸付債権信託受益権の利払金および償
         還金を加えた額が余資投資対象運用額等の額より少ない場合には外貨建資産組入可能額に信託
         財産が限月までに受け取る組入外貨建有価証券にかかる利払金および償還金等を加えた額を限
         度とします。
      ⑧ スワップ取引の運用指図・目的・範囲
       A 委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびにその価格変動リス
        クおよび為替変動リスクを回避するため、スワップ取引(金融商品取引法施行前の旧投資信託及
        び投資法人に関する法律施行規則(以下「旧投信法施行規則」といいます。)第4条第5号に規
        定するものをいいます。以下同じ。)を行うことの指図をすることができます。
       B スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託約款第4条に定め
        る信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なも
        のについてはこの限りではありません。
       C スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の合計額
        が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事由によ
        り、上記純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超
        えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に該当するスワップ取引の一部
        の解約を指図するものとします。
       D スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価
        するものとします。
       E 委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、
        担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
      ⑨ 金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図・目的・範囲
       A 委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびにその価格変動リス
        クおよび為替変動リスクを回避するため、金利先渡取引および為替先渡取引(旧投信法施行規則
        第4条第1号および第2号に規定するものをいいます。以下同じ。)を行うことの指図をするこ
        とができます。
       B 金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として、信
        託約款第4条に定める信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で
        全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
       C 金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかる金利先渡取引ま
        たは為替先渡取引の想定元本の合計額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。な
        お、信託財産の一部解約等の事由により、上記純資産総額が減少して、金利先渡取引または為替
        先渡取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社
                                 18/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        は、速やかに、その超える額に相当する金利先渡取引または為替先渡取引の一部の解約を指図す
        るものとします。
       D 金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに
        算出した価額で評価するものとします。
       E 委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入が必要
        と認めたときは、担保の提供あるいは受入の指図を行うものとします。
      ⑩ 有価証券の貸付の指図および範囲
       A 委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次
        の1および2の範囲内で貸付ける指図をすることができます。
        1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時
         価合計額を超えないものとします。
        2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有す
         る公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
       B 前記A1および2に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その
        超える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
       C 委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うもの
        とします。
      ⑪ 外国為替予約の指図
        委託会社は、信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産のヘッジのため、外国為替
       の売買の予約を指図することができます。
      ⑫ 有価証券の売却等の指図
        委託会社は、信託財産に属する有価証券の売却等に関して一切の指図ができます。
      ⑬ 再投資の指図
        委託会社は、⑫の規定による売却代金、有価証券の償還金等、株式の清算分配金、有価証券等の
       利子等、株式の配当金およびその他の収入金を再投資することの指図ができます。
      ⑭ 資金の借入れ
       A 委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支
        払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)
        を目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができま
        す。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       B 一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信
        託財産で保有する有価証券の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日か
        ら信託財産で保有する信託約款第20条第2項各号に掲げる投資対象の解約代金入金日までの間も
        しくは受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日まで
        の期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券の売却代金、当該
        投資対象の解約代金および当該有価証券等の償還金の合計額を限度とします。ただし、資金借入
        額は借入れ指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%以内とします。
        C 借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ⑮ 受託会社による資金の立替え
       A 信託財産に属する有価証券について、借替、転換、新株発行または株式割当がある場合で、委
        託会社の申出があるときは、受託会社は資金の立替えをすることができます。
       B 信託財産に属する有価証券の償還金等、株式の清算分配金、有価証券の利子等、株式配当金お
        よびその他の未収入金で信託終了日までにその金額を見積もりうるものがあるときは、受託会社
        がこれを立て替えて信託財産に繰り入れることができます。
       C 前記AおよびBの立替金の決済および利息については、受託会社と委託会社との協議によりそ
        のつど別にこれを定めます。
      ⑯ デリバティブ取引等の市場リスク量の管理
                                 19/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        デリバティブ取引ならびに信託約款第20条第1項第11号および第16号に定める有価証券にかかる
       取引(以下あわせて⑯において「デリバティブ取引等」といいます。)を行う場合は、デリバティ
       ブ取引等による投資についてのリスク量(以下⑯において「市場リスク量」といいます。)が、信
       託 財産の純資産総額の80%以内となるよう管理するものとします。ただし、実際にはデリバティブ
       取引等を行っていない場合には、当該管理を行わないことができます。市場リスク量は、平成19年
       金融庁告示第59号「金融商品取引業者の市場リスク相当額、取引先リスク相当額及び基礎的リスク
       相当額の算出の基準等を定める件」における「市場リスク相当額」の算出方法のうち、内部管理モ
       デル方式(バリュー・アット・リスク方式)による市場リスク相当額の算出方法を参考に算出する
       ものとします。
      ⑰ 分散投資規制の管理
        一般社団法人投資信託協会規則に定める、一の者に対する「株式等エクスポージャー」、「債券
       等エクスポージャー」および「デリバティブ等エクスポージャー」それぞれの信託財産の純資産総
       額に対する比率は、原則として、それぞれで10%、合計で20%を超えないものとし、当該比率を超
       えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内
       となるよう調整するものとします。
     (ロ)投資信託及び投資法人に関する法律ならびに金融商品取引業等に関する内閣府令には以下のよ

       うな投資制限があります。
      ① 委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行う全ての委託者
       指図型投資信託につき投資信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数が、当該株式に
       かかる議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、当該株式を
       当ファンドの投資信託財産をもって取得することを受託会社に指図してはなりません。
      ② 委託会社は当ファンドの信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その
       他の指標にかかる変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会
       社が定めた合理的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合に
       おいて、デリバティブ取引(新株予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書にか
       かる取引および選択権付債券売買を含みます。以下同じ。)を行い、または継続することを受託
       会社に指図してはなりません。具体的には、当ファンドにおいてデリバティブ取引を行う場合
       は、デリバティブ取引による投資についてのリスク量(以下「市場リスク量」といいます。)
       が、当ファンドの純資産総額の80%以内となるよう管理するものとします。ただし、実際にはデ
       リバティブ取引を行っていない場合には、当該管理を行わないことができます。市場リスク量
       は、平成19年金融庁告示第59号「金融商品取引業者の市場リスク相当額、取引先リスク相当額及
       び基礎的リスク相当額の算出の基準等を定める件」における「市場リスク相当額」の算出方法の
       うち、内部管理モデル方式(バリュー・アット・リスク方式)による市場リスク相当額の算出方
       法を参考に算出するものとします。
                                 20/104







                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③ 一般社団法人投資信託協会規則に定める、一の者に対する「株式等エクスポージャー」、「債
       券等エクスポージャー」および「デリバティブ等エクスポージャー」それぞれの当ファンドの純
       資産総額に対する比率は、原則として、それぞれで10%、合計で20%を超えないものとし、当該
       比率を超えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当
       該比率以内となるよう調整するものとします。
    3【投資リスク】

    (1)リスク要因

        当ファンドは、主に国内の株式を投資対象としますので、組入株式の価格の下落や、組入株式の
       発行会社の財務状況の悪化や倒産等の影響により、基準価額が下落し、その結果損失を被ることが
       あります。したがって、当ファンドは元本が保証されているものではありません。当ファンドに生
       じた利益および損失は、全て受益者に帰属します。当ファンドは預貯金と異なります。当ファンド
       が有する主なリスクは以下のとおりです。なお、以下の説明は、全てのリスクについて記載したも
       のではなく、それ以外のリスクも存在することがあります。
      ① 株価変動リスク
        株式の価格は、政治・経済情勢、発行会社の業績・財務状況の変化による影響を受け、変動する
       ことがあります。(発行会社の財務状況の悪化、倒産等により価格がゼロになることもありま
       す。)また株式の価格は、株式市場における需給や流動性の影響を受け、変動することがありま
       す。当ファンドは、株価の上昇を捉えることを目標とした、積極的な運用を行うため、株式(株価
       指数先物取引を含みます。)の組入比率は高位に保ちます。そのため、当ファンドの基準価額は、
       株式の価格変動の結果、大幅に変動・下落する可能性があります。当ファンドでは中小型株式に投
       資することがありますが、その場合大型株式への投資に比べて大きなリスクを伴います。中小型株
       式の発行会社の業績・財務状況は、国内外の政治・経済情勢からより大きな影響を受け、大型株式
       に比べ、株価がより大幅に変動する可能性があります。このリスクは、比較的小規模で業歴の浅い
       発行会社の株式に投資する場合にはより高くなります。
      ② 銘柄選定方法に関するリスク
        銘柄の選定はボトムアップ・アプローチにより行いますので、ポートフォリオの構成銘柄や業種
       配分は、日本の株式市場全体におけるものとは異なるものになります。そのため、当ファンドの基
       準価額の変動が日本の株式市場全体の動きと異なるものになり、より大きく変動する可能性があり
       ます。これにより、投資元本を割り込むことも考えられます。
      ③ 流動性リスク
        ある種の有価証券、特に市場での取引頻度が少なかったり、比較的小規模な市場で取引されてい
       るものは、特に取引金額が大きいと、望ましい時点と価格で売買することが難しくなる場合があり
       ます。
        市場が極端な状況にあるときは、買い手が減って望ましい時点または価格で有価証券をすぐに売
       却できず、当ファンドが低い価格で有価証券を売却することを余儀なくされるか、あるいはまった
       く売却できない可能性があります。特定の有価証券またはその他の金融商品は、取扱う取引所また
       は政府もしくは監督当局により取引を停止または制限される場合があり、その結果当ファンドに損
       失が生じる可能性があります。有価証券を売却できないことにより、当ファンドはその基準価額が
       下がったり、他の投資機会を活用できなくなる可能性があります。
        流動性リスクには、通常とは異なる市場環境や通常以上に多額の換金申込み、あるいはその他の
       制御不能な要因によって、当ファンドが所定の期間内に換金代金の支払いに応じられないリスクも
       含まれます。換金申込みに応えるため、当ファンドは不利な時点や条件で有価証券の売却を余儀な
       くされることがあります。
                                 21/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        特に、債券、中小型株式または新興市場で発行される有価証券に投資している場合、特定の期間
       において、経済状況、市況もしくは政情の悪材料、またはそれが正確か否かにかかわらず投資家に
       よる市場見通しの悪化により、特定の発行会社もしくは業種、または特定の投資分野のすべての有
       価証券の流動性が前触れなく突然低下もしくは消滅するリスクがあります。
      ④ 当ファンドに特有の流動性リスクに関する留意事項
        当ファンドでは中小型株式に投資することがありますが、中小型株式は大型株式に比べて、市場
       での売買高が少ない場合があり、注文が成立しないこと、売買が成立しても注文時に想定していた
       価格と大きく異なることがあります。特に、急激かつ大量の売買により市場が大きな影響を受けた
       場合、または市場を取り巻く外部環境に急激な変化があり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた
       場合には、そのような状況に陥る可能性が高まります。この場合には、当該株式の価格の下落によ
       り、当ファンドの基準価額が影響を受けることがあります。
      ⑤ 為替変動リスク
        為替相場の変動の影響による価格変動リスクです。当ファンドは、信託財産の純資産総額の20%
       以下の範囲内で外貨建資産に投資することができますので、外貨建資産に投資した場合には、為替
       相場の変動により当ファンドの基準価額が変動します。
      ⑥ 投資銘柄集中リスク
        当ファンドは少数の銘柄に集中して投資する場合があります。このため、日本の株式市場全体の
       動きと異なり、当ファンドの基準価額が大きく上下することがあります。それにより、投資元本を
       割り込むこともあります。
      ⑦ 投資方針の変更について
        経済情勢や投資環境の変化、または投資効率の観点等から、投資対象または投資手法の変更を行
       う場合があります。
      ⑧ 解約・追加による資金流出入に伴うリスクおよび留意点
        一度に大量の解約があった場合に、解約資金の手当てをするため保有有価証券を大量に売却する
       ことがあります。その際に当ファンドの基準価額が大きく変動する可能性があります。また、大量
       の資金の追加があった場合には、原則として、迅速に有価証券の組入れを行いますが、買付け予定
       銘柄によっては流動性等の観点から買付け終了までに時間がかかることもあります。
      ⑨ 繰上償還等について
        当ファンドは、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が当初
       設定口数の10分の1を下回ることとなった場合、委託会社が受益者のため有利であると認める場
       合、またはやむを得ない事情が発生した場合には、信託期間の途中であっても繰上償還することが
       あります。
        また、投資環境の変化等により、委託会社が当ファンドの申込期間を更新しないことや申込みの
       受付を停止することがあります。この場合は新たに当ファンドを購入することはできなくなりま
       す。
      ⑩ 予測不可能な事態が起きた場合等について
        その他予測不可能な事態(天変地異、クーデター等)が起きたとき等、市場が混乱することが考
       えられます。このような場合に、有価証券が取引される市場の取引停止等やむを得ない事情がある
       ときは、一時的に当ファンドの受益権が換金できないこともあります。また、これらの事情や有価
       証券の売買にかかる代金の受渡しに関する障害が起きた場合等には、当ファンドの受益権の換金代
       金の支払いが遅延することや、一時的に当ファンドの運用方針に基づいた運用ができなくなるリス
       クがあります。
        さらに、当ファンドは、短期間に大量の解約があった場合等に、信託財産が十分な資産規模にな
       らないことがあり得ます。その場合、本書で説明する運用方針および投資態度に完全に合致した運
       用ができないおそれがあり、その結果当ファンドの基準価額が大きく変動したり、適切な資産規模
       の場合と比較して収益性が劣ることとなる可能性があります。
                                 22/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ⑪ 市場に関する留意点
        当ファンドが投資している有価証券等の価格は日々変動し、金融市場全般や特定の業種に影響を
       及ぼす様々な要因を受け、下落することがあります。
        世界全体における経済および金融市場の相互影響度合いが高まってきており、1つの国や地域に
       おける事象や状況が、他の国々や地域の市場や銘柄に悪影響を及ぼす傾向が強まっています。ま
       た、戦争、テロリズム、環境災害、自然災害、政情不安、感染症の流行やパンデミック(世界的大
       流行)などの世界的な事象も当ファンドの投資対象の価値の下落をもたらす要因となる可能性があ
       ります。
        例えば、新型コロナウイルス(COVID-19)による疾患の拡大は、世界全体の経済、市場および各
       企業に悪影響を与えており、当ファンドが投資する有価証券等に対しても同様です。新型コロナウ
       イルスのパンデミックや将来的に起こりうる他の感染症等の流行およびパンデミックの影響によ
       り、現在から将来に渡り当ファンドについて、その投資対象の価値の著しい下落、その価格の乱高
       下、その価格算出への悪影響、その既存リスクの拡大、その純資産総額算出の中断または延期、お
       よびその事務の一時中断が生じる可能性があります。新型コロナウイルスのパンデミックが当ファ
       ンドに与える全ての影響の把握はできていないのが現状です。
      ⑫ LIBORの公表停止または利用できない場合のリスクおよび留意点
        LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)とは、英国ロンドンの銀行間市場において、参加する銀行が
       相互に短期資金を借り入れる際の金利指標のことをいいます。英国金融行為規制機構(FCA)は、
       LIBORの特定の期間と通貨について、特定の将来の日付においてその公表が停止されること、ま
       た、当該LIBORの特定の期間と通貨が測定することを目指す市場および経済の現状がそれを示すも
       のではなくなることを発表しています。この特定の将来の日付に関する情報は、
       https://www.jpmorgan.com/disclosures/interbank_offered_ratesに記載されています。FCAよ
       り発表された日程は変更される可能性があり、また、LIBORの運営機関や規制当局がLIBORの算出、
       構成、特性のほか、算出対象の通貨および期間に影響を与える可能性のある措置を取る可能性もあ
       ります。そのような進展について常に情報を入手するよう、委託会社に問い合わせることを推奨し
       ます(後記「1 申込(販売)手続等 ⑦申込取扱場所」の照会先までお問い合わせください)。
       現在、LIBORに代わる新しい参照金利または代替参照金利を策定するため、業界において公的およ
       び民間の取り組みが進行しています。しかし、そのような代替基準金利が、LIBORと類似するまた
       は同等の価値もしくは経済的同等性をもたらすことや、公表停止または利用不可能になる前の
       LIBORと同等の取引量または流動性を有することは保証されません。その結果、当ファンドを含む
       ファンドまたは他の顧客の口座において投資する特定の貸付債権、債券、デリバティブ取引、およ
       びその他の金融商品、または当ファンドを含むファンドまたは他の顧客の口座の投資対象の一部ま
       たは全部を含む投資にかかる価格、流動性、または投資結果に影響を与える可能性、ならびに反対
       売買および新しい取引の開始に関連して費用が発生する可能性があります。これらのリスクは、他
       の銀行間取引金利(Euriborなど)や、ベンチマークとして扱われ、最近の規制改革の対象となっ
       ているその他のさまざまな指標、金利、価格に関連する変更に関しても生じる可能性があります。
      ⑬ 法律、税制および規制に関するリスク
        法律、税制および規制の変更が当ファンドの信託期間中に生じ、それが当ファンドに悪影響を及
       ぼすことがあります。現在施行されている法律および規制が変更された場合、または新しい法律お
       よび規制が制定された場合、当ファンドおよび投資者に対する法的要件は現在求められているもの
       と大幅に異なる可能性があり、当ファンドおよび投資者に重大かつ悪い影響を及ぼすことがありま
       す。
                                 23/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 24/104





















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)投資リスクに関する管理体制
        委託会社においては、運用部門から独立した以下の部門が以下に掲げる事項その他のリスク管理
       を行います。
                                                 (2021年9月末現在)




       ・ インベストメント・ダイレクターは、達成した運用成果や当ファンドが取ったリスクが妥当な
        水準であるか、および当ファンドの運用がその投資目標にしたがっているかを定期的にチェック
        し、必要があれば是正を求めます。また、投資ガイドラインの遵守状況の報告を受け、必要があ
        れば是正を求めます。
       ・ コンプライアンス部門は、取引価格の妥当性、利益相反取引の有無等、有価証券等の取引が適
        正であるかのチェックを行います。
       ・ リスク管理部門は、投資ガイドラインの遵守状況を取引前・取引後においてモニターし、その
        結果必要があれば、当ファンドのポートフォリオ・マネジャーに対し、適切な対応を求める等、
        管理・監督を行います。また、有価証券等の取引の相手先である証券会社等のブローカーの信用
        リスクを管理し、特定のブローカーとの取引を制限する必要がある場合はその旨をトレーディン
        グ部門に指示します。
      流動性リスクの管理

                                                 *
       JPモルガン・アセット・マネジメント(アジア・パシフィック)リミテッド                                           (香港法人)は、
      当ファンドの流動性リスクのモニタリングを行います。
       委託会社のリスク管理部門は、流動性リスクのモニタリングに係る手順書に従い、当ファンドの組
      入資産の流動性リスクのモニタリング状況を把握するとともに、必要に応じて緊急時対応策の策定・
      検証等を行います。
       委託会社のビジネス・コントロール・コミッティは、当ファンドの流動性リスク管理の適切な実施
      状況や流動性リスク管理態勢等について管理・監督を行います。
        * JPモルガン・アセット・マネジメント(アジア・パシフィック)リミテッドは、J.P.モルガン・ア
         セット・マネジメントの一員です。
      その他のリスク管理

       当ファンドのポートフォリオ・マネジャーは、投資資産の流動性が低下することにより投資資産の
      換金等が困難となる事態に備え、当ファンドにおける申込みおよび換金に伴う入出金を日々把握し、
      受益者による受益権の換金に極力影響が生じないよう管理します。
                                 25/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      <当ファンドにおいて行われることがある、投資者の利益を害することとなる潜在的なおそれのある
      取引が、投資者の利益を害しないことを確保するための措置の詳細>
       委託会社が当ファンドにおいて行うことがある、自己または第三者の利益を図るために投資者の利
      益を害することとなる潜在的なおそれのある取引が、投資者の利益を害しないことを確保するための
      措置の詳細は以下のとおりです。
       投資者の利益を害することとなる
                              投資者の利益を害しないことを確保するための措置
       潜在的なおそれのある取引の内容
     委託会社の関係会社である証券会社が引受                     関係会社である証券会社が引受けを行った有価証券の組入れにあたっ
     けを行った有価証券の当ファンドでの組入                    ては、社内規程等に基づき、原則として、関係会社である証券会社から
     れ                    購入せず、引受団に属する他の証券会社から購入することとしていま
                         す。また、コンプライアンス部門は、組入れ後に組入れの事跡をモニタ
                         リングし、社内規程等に違反していないことを確認します。さらに、リ
                         スク管理部門が、組入銘柄が投資ガイドラインにおいて問題なく投資で
                         きるものであることを取引前・取引後においてモニタリングしていま
                         す。
     当ファンドにおける有価証券取引等の、委                     社内規程等に基づき、各証券会社等の調査能力、売買執行能力等を考
     託会社の関係会社である証券会社等に対す                    慮して、発注先として選定する証券会社等を定期的に見直します。株式
     る発注                    については、前記で選定した証券会社への予定発注量も定期的に見直し
                         たうえで、リスク管理部門とインベストメント・ダイレクターが各証券
                         会社への実際の発注量を定期的にモニタリングし、関係会社である証券
                         会社に対し合理的な理由なく多量に発注されていないことを確認してい
                         ます。株式以外については、関係会社であるかどうかに関わりなく、最
                         良の取引条件となる証券会社等に発注しているかをコンプライアンス部
                         門が確認しています。なお、当ファンドが関係会社である証券会社に対
                         し支払った売買委託手数料の額(手数料相当額が取引の価格に織り込ま
                         れているものを除きます。)は、当ファンドの運用報告書で開示されま
                         す。
     当ファンドにおいて保有もしくは取引する                     委託会社の役職員による有価証券の売買等の取引は、社内規程等に基
     有価証券または当ファンドの受益権の、委                    づき原則としてコンプライアンス部門の事前承認を得ることが義務付け
     託会社またはその関係会社の役職員による                    られており、利益相反をうかがわせる事実がないことが確認できた場合
     売買等の取引                    のみ承認がなされます。また、取引後にコンプライアンス部門が取引内
                         容を精査し、役職員の取引の時期・銘柄が、当ファンドにおいて取引さ
                         れたものと重なる等の利益相反が生じていないことを確認します。
     当ファンドにおける有価証券取引等の発注                     一括発注は、社内規程等に定める条件の下に行われ、その約定結果は
     と、委託会社が運用する他の運用資産にお                    社内規程等に基づき、発注のあった運用資産間で公平に配分します。コ
     ける有価証券取引等の発注を、束ねて一括                    ンプライアンス部門は、配分結果が社内規程等にしたがって公平になさ
     して発注すること(一括発注)                    れたかどうかをモニタリングします。
     当ファンドの運用担当者(ポートフォリ                     委託会社の役職員が贈答、茶菓の接待等を受けた際は、原則として社
     オ・マネジャー、アナリスト等)が贈答、                    内規程等に基づきその内容をコンプライアンス部門に報告する義務があ
     茶菓の接待等を受けた、証券会社等に対す                    ります。コンプライアンス部門は、当該報告に基づき、贈答、茶菓の接
     る当ファンドにおける有価証券等の発注、                    待等を受けたことが、特定の証券会社等への取引の発注や特定の銘柄の
     または有価証券の発行体の発行する有価証                    有価証券の組入れにつながっていないことをモニタリングします。
     券の当ファンドでの組入れ
     委託会社またはその関係会社と取引関係の                     当ファンドで保有する有価証券にかかる議決権の行使は、社内規程等
     ある有価証券の発行体が発行する有価証券                    に基づいて、当ファンドの受益者の経済的利益に最も資するという原則
     にかかる議決権の当ファンドにおける行使                    の下に行われます。インベストメント・ダイレクターは、議決権行使の
                         前にその内容が社内規程等に沿っているか確認します。
     当ファンドと、委託会社が運用する他の運                     有価証券届出書提出日現在、社内規程等によりクロス取引は原則とし
     用資産間において行う有価証券等の取引                    て禁止されています。今後、クロス取引を行う場合には、社内規程等を
     (クロス取引)                    変更して投資者の利益を損ねることのない一定の条件を定め、当該条件
                         を満たすクロス取引のみを行うこととし、当該条件の逸脱がないことを
                         コンプライアンス部門がモニタリングする体制を構築する予定です。
     委託会社による当ファンドの受益権の取得                     委託会社による当ファンドの受益権の取得申込みおよび換金は、社内
     申込みおよび換金                    規程等に則り、取得申込みの目的および金額、受益権の保有期間、換金
                         時期等について一定の制限を設けて、一般的な投資者の利益を害しない
                         ように行います。また、財務部門が、社内規程等にしたがった取得申込
                         み等が行われていることをモニタリングします。
                                 26/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    JPモルガン・アセット・マネジメントにおける利益相反の開示について
      委託会社を含むJPモルガン・アセット・マネジメントは、ファンド(JPモルガン・アセット・マ
    ネジメントが設定、設立、運用等を行っている投資信託等のファンドをいい、当ファンドを含みます。
    以下この項において同じ。)と、JPモルガン・アセット・マネジメントの間において利益相反が生じ
    る可能性を認識しており、その内容は以下のとおりです。
      ファンドへの投資には、いくつかの実際の利益相反または潜在的利益相反が伴います。たとえば、委

    託会社等のファンドの運用を担当する者(以下「アドバイザー」といいます。)やその関係会社(この
    項においてあわせて「JPモルガン」といいます。)は、様々な異なるサービスをファンドに提供しま
    す。ファンドはJPモルガンに報酬を支払います。その結果、JPモルガンには、ファンドとの取り決
    めをする動機があり、その動機とファンドの最良の利益とのバランスをとろうとして、JPモルガンは
    利益相反に直面します。JPモルガンは、他の顧客の投資顧問会社としてサービスを提供する場合も、
    利益相反に直面し、他の顧客のために、アドバイザーがファンドのために行った投資判断とは異なる投
    資判断を行ったり、あるいはアドバイザーがファンドのために行った投資判断にマイナスの影響を与え
    るような投資判断を行うことがあります。さらに、アドバイザーの関係会社は、幅広い各種サービスと
    金融商品を顧客に提供しており、ファンドが現に投資しているか、将来投資する可能性のある世界的な
    通貨、株式、商品、債券等の市場への主要な参加者です。ある場合においては、サービスや金融商品を
    顧客に提供することにより、これらの関係会社の活動は、ファンドにとっての不利益や制約となった
    り、これらの関係会社にとっては利益になったりします。アドバイザーは、ファンドのために有価証券
    を取引するアドバイザーの能力にマイナスの影響を及ぼす可能性のある、いわゆるインサイダー情報を
    入手することがあるかもしれません。JPモルガンとファンドは、十分適切に利益相反を防止し、制限
    し、軽減できる方針と手順を採用しています。さらに、例外が適用されない限り、これらの利益相反を
    引き起こす活動の多くは、法律によって制限されており、禁止されています。利益相反の詳細について
    は、後記「潜在的利益相反」をご覧ください。
    潜在的利益相反

      JPモルガンは、多数の投資一任運用サービスおよび投資助言運用サービスならびに金融商品を、機
    関投資家顧客と個人投資家に提供しています。さらに、JPモルガンは、幅広い各種サービスと金融商
    品をその顧客に提供する多角化された投資サービス提供会社であり、ファンドが現に投資しているか、
    今後投資する可能性のある、世界的な通貨、株式、商品、債券等の市場への主要な参加者です。投資者
    には、以下に記されている、JPモルガンが投資運用サービスの運営にあたって直面することがある、
    潜在的および実際の利益相反を、慎重に確認していただく必要があります。JPモルガンとファンド
    は、以下に述べる利益相反を防止し、制限し、軽減するように合理的に設計された方針と手順を採用し
    ています。また、例外が適用されない限り、これらの利益相反を引き起こす行為の多くは法律によって
    制限されているか、または禁止されています。
      この記載は、起きうる潜在的な利益相反の完全な列挙または説明ではなく、またそれを意図したもの

    でもありません。
                                 27/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    複数の顧客のための代理行為                  一般に、複数の顧客に投資運用サービスを提供して、随時、異なる投資
    アドバイスを異なる顧客に提供する場合、アドバイザーは利益相反に直面します。たとえば、アドバイ
    ザーが運用する資産または口座(以下「他の口座」といいます。)が、ファンドが保有する有価証券と
    同じ有価証券を空売りする場合、空売りが当該有価証券の市場価格が下がる原因となれば、アドバイ
    ザーは空売りを行った他の口座のためにファンドの運用成果を害したとみなされることがあります。さ
    らに、一つ以上の他の口座が、ファンドが投資している金融商品または有価証券の発行体が発行する、
    別の種類の金融商品または有価証券に投資する場合、利益相反が起こることがあります。ある状況で
    は、ファンドが投資している発行体について、他の口座においては異なる投資目的があったり、または
    権利を求めたり実行する可能性があり、これらの活動がファンドに悪い影響を与える可能性がありま
    す。たとえば、ファンドがある発行体の債券を保有し、他の口座が同じ発行体の株式を保有する場合
    に、その発行者が財務上または営業上の難局を経験したときは、ファンド(債券を保有する)は発行体
    の清算を求めるかもしれず、他方で他の口座(株式を保有する)は発行体の再建を選択するかもしれま
    せん。そのうえ、ファンドが投資する発行体は、ファンドからの投資資金を、JPモルガンまたは他の
    口座に対する債務の返済につながる結果になる、借換や資本構成の再編成を行うために使うかもしれま
    せん。そのような借換または再編成の後、当該発行体の業績が向上しなければ、ファンドの運用成績は
    影響を受けますが、他の口座はもはや当該発行体に対し投資していないので、運用成績に影響がありま
    せん。利益相反は、破たんする発行体については大きなものとなります。債務超過、破産、再編または
    類似した手続きに関連して、JPモルガンまたは他の口座が保有する他の権利や行動または立場によっ
    て、ファンドが取ることができる立場または行動が(適用される法、法廷その他によって)制限される
    ことがあります。
      他の口座が保有するポジション(持ち高)により、ファンドが保有するポジションの価値や価格が希

    薄化したり、ファンドが保有するポジションと関連した投資戦略の効果が薄れてしまったり、あるいは
    そのような価値、価格または投資戦略にマイナスの影響を及ぼすこともあります。たとえば、このよう
    な状況は、ファンドのための投資判断が、アドバイザーが異なる投資戦略に従う他の口座のために行
    う、またはアドバイザーの関係会社がその顧客の口座のために行うポートフォリオにおける投資決定の
    ためにも使用される、企業調査等の情報に基づいて行われる場合に生じることがあります。他の口座ま
    たはアドバイザーの関係会社が運用する口座が、ファンドのためのポートフォリオにおける投資決定ま
    たは戦略と類似した、ポートフォリオにおける投資決定または戦略を先だってまたは同時に実行する場
    合、(ポートフォリオにおける投資決定が同じ企業調査の分析またはその他の情報から由来する否かを
    問わず)、市場への影響、流動性の制約または他の要因によりファンドにとって不利な投資結果となる
    可能性があり、そして、そのようなポートフォリオにおける投資決定または戦略を実行する費用は増え
    る可能性があり、あるいはそれ以外にファンドにとって不利な結果となる可能性があります。
      ファンドに適切である投資機会は他の口座にとっても適切である場合があり、ファンドが望むとおり

    に、それらの投資の配分を全てまたは一部分受けられるという保証はありません。アドバイザーは、成
    功報酬またはより高い運用報酬を支払い、かつファンドと同一または類似の運用戦略を採用するかまた
    はファンドとほぼ同様の資産に投資する他の口座を運用しているため、そのことがアドバイザーが(例
    えば、有価証券の取引にあたって)より高い報酬を支払う可能性のある口座を有利に扱う動機となるこ
    とがあります。
                                 28/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      また、JPモルガン、その取締役、役員または従業員も、自身の口座またはJPモルガンの自己勘定
    において、有価証券の売買等の取引をすることができます。JPモルガンは、自己の裁量の範囲内で、
    顧客口座のために行ったものと(時点または投資決定もしくは行動の性質を含め)異なる投資決定や投
    資行動を、自己の勘定について行うことができます。さらに、アドバイザーは、JPモルガンまたはそ
    の従業員が自己の口座、アドバイザーの自己勘定口座、アドバイザーの関係会社の自己勘定口座、また
    はアドバイザーの関係会社の顧客口座のために売買した有価証券と同一のものを、アドバイザーの顧客
    口座のために売買する義務を負いません。JPモルガンとその取締役、役員および従業員は、自身の口
    座または自己勘定にとって有利となる、収入を得る等の動機があるため、利益相反に直面します。
      一部のファンド・オブ・ファンズのポートフォリオ・マネージャーは、ファンド・オブ・ファンズと

    類似の運用戦略を採用する単独運用の口座のポートフォリオ・マネージャーであるため、当該ファン
    ド・オブ・ファンズの投資対象ファンドの保有資産の状況を知り、また当該投資対象ファンドの投資戦
    略および投資手法についての知識を有することがあります。したがって、そのようなポートフォリオ・
    マネージャーは、投資先ファンドへの投資配分のタイミングおよび金額の決定、ならびに投資先ファン
    ドの選択にあたって、利益相反に直面します。また、JPモルガンは、ある手数料を免除する場合、そ
    の免除により運用成績が向上する場合に、利益相反に直面します。
    複数の業務機能での行為              JPモルガンは、幅広い各種サービスと金融商品をその顧客に提供する多角

    化された投資サービス提供会社であり、ファンドが現に投資しているか、投資する可能性がある、世界
    的な通貨、株式、商品、債券等の市場への主要な参加者です。JPモルガンには通常これらの活動によ
    り報酬を得ることができますが、ファンドはそのような報酬を得ることはできません。サービスと金融
    商品をファンド以外の顧客に提供する際に、JPモルガンは、一方でファンドのために推奨したり実施
    したことと、他方でJPモルガンの他の顧客のために推奨したり実施したことに関し、随時利益相反に
    直面します。たとえば、JPモルガンは、多数の米国内外の人々および政府と、銀行業務およびその他
    の金融・アドバイス業務にかかる関係があり、そのような関係をさらに発展させようと努めています。
    JPモルガンはまた、世界中で企業の潜在的な買い手と売り手に対し、アドバイスの提供・代理を行っ
    ています。ファンドは、JPモルガンが代理するまたはJPモルガンと銀行業務もしくはその他の金融
    業務の関係がある企業に、投資しているか投資しようとすることがあります。また、JPモルガンのあ
    る顧客は、ファンドを含むJPモルガンが利害関係を持つ法人等に投資することがあります。その顧客
    にサービスを提供する際に、JPモルガンは、ファンドまたはファンドにおける投資と競争関係にある
    か、さもなければ悪影響を与える行動を推奨することがあります。そのような関係がファンドが特定の
    取引を行うのを妨げることがあり、ファンドにおける投資の柔軟性を阻害することもあることも、ご理
    解いただく必要があります。
      JPモルガンは、ファンドに対して投資運用、資産保管、管理、会計処理、受益者管理その他のサー

    ビスを提供することにより補助的利益を得ており、そのようなサービスをファンドに提供することは、
    様々な関係者とJPモルガンの関係を強化し、さらなる事業開発を容易にし、JPモルガンがさらなる
    ビジネスを得て追加の収益を生み出すことを可能とする可能性があります。
                                 29/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ファンドに悪影響を与える参加                   JPモルガンがある市場へ参加することにより、または特定の顧客の
    ためのJPモルガンの行動により、ファンドが当該市場で取引することが制限され、JPモルガンは関
    係する利益に関して利益相反に直面することがあります。たとえば、ファンドと別のJPモルガンの顧
    客がそれぞれ、ある発行体の資本構成の異なる部分に投資する場合、債務処理の過程で「債務不履行事
    由(イベント・オブ・ディフォルト)」を引き起こすべきかどうか、または、投資からどのように離脱
    するかの決定は、利益相反となることがあります。前記「複数の顧客のための代理行為」もご参照くだ
    さい。
    優遇措置       アドバイザーは、特定のファンドまたは他の口座に関して、他のファンドに関して受領する

    よりも多くの報酬を受領することがあり、または特定の口座における運用成績が一部分反映して算出さ
    れる報酬を受領することがあります。このことは、それらの口座を有利に取り扱う動機をアドバイザー
    とそのポートフォリオ・マネージャーに提供することとなり、利益相反を生じます。実際のまたは潜在
    的な利益相反は、ポートフォリオ・マネージャーが複数の口座またはファンドに運用責任を持っている
    場合にも生じ、例えばそれぞれのファンドまたは口座の運用に向ける時間や注意が不平等になることが
    あります。
    発注の配分と一括            潜在的利益相反は、有価証券取引の発注の一括や、有価証券取引または投資機会の

    配分にあたっても生じます。JPモルガンには、取引または投資する機会を特定の口座またはファンド
    に割り当てようとする動機があるため、一括発注された取引の配分(特に流通量が限られているために
    部分的にしか約定が成立しなかった場合)、および投資する機会の配分においては、潜在的な利益相反
    が生じます。たとえば、JPモルガンには、その運用する口座を有価証券の公募に参加させる動機があ
    りますが、それは当該参加によりJPモルガンへの当該公募における有価証券の全体的な配分を増やす
    こととなり得るためです。また、JPモルガンがあるファンド・オブ・ファンズの運用を行うと共にそ
    の投資先ファンドも運用する場合、ファンド・オブ・ファンズの資産を投資先ファンドに配分するとき
    には、ある種の潜在的利益相反に直面します。たとえば、JPモルガンには、ファンド・オブ・ファン
    ズの資産を、新しい投資先ファンドの設定時の当初資金とするために配分したり、または規模の小さい
    投資先ファンドであってJPモルガンに高い報酬を支払ってくれるもの、もしくはJPモルガンが設定
    時の当初資金を拠出しているものに配分する動機があります。
    総合的持ち高限度            潜在的利益相反は、法律、規制、契約、内部方針等によってJPモルガンに課せら

    れた投資規制のため、JPモルガンが有価証券または他の金融商品のグループ全体での投資における持
    ち高制限を遵守する場合にも生じます。当該制限により、たとえ他の条件ではある有価証券または金融
    商品があるファンドの投資目的に適合していたとしても、そのファンドは当該有価証券または金融商品
    を購入できず、または将来購入できないこととなることがあります。たとえば、特定の種類の有価証券
    に対する関係会社である投資家による投資額合計に対する制限があり、当該制限は追加的な規制当局ま
    たは社内の許可手続きなしには越えることができません。また、ファンドによるオプションの引き受け
    についての制限もあり、当該制限はアドバイザーが他の投資運用顧客のために引き受けるオプションの
    数量によって生じます。ある総所有基準額に達したり、またはある取引を行うことによって、ファンド
    が投資対象を購入もしくは売却し、または権利を行使し商取引を行うことは制限されます。
    ソフトダラー         アドバイザーは、統計情報の提供やその他の企業調査サービスの利用に対し、有価証券

    仲介取引により生じる手数料(いわゆる「ソフトダラー」)を特定のブローカーに支払う場合がありま
    す。統計情報やその他の企業調査は、ファンドのみでなくアドバイザーの他の顧客のために使われるこ
    とがあり、また当該手数料を生じさせた口座以外の口座の運用に関連して使われることもあるので、ア
    ドバイザーは利益相反に直面します。
                                 30/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      加えて、アドバイザーが統計情報やその他の企業調査サービスを入手するために、顧客口座から生じ
    る売買委託手数料を使用する場合、アドバイザーは自分自身で当該統計情報やその他の企業調査サービ
    スのために費用を捻出して支払う必要がないので、メリットを享受します。その結果、アドバイザー
    は、取引執行のために最低の費用とする目的ではなく、統計情報やその他の企業調査サービスを得るた
    めに、特定のブローカーを選択する動機を持つことがあります。
    一部解約       JPモルガンは、あるファンドに対し、自己資金で大きな資金拠出をしていることがありま

    す。そのようなファンドにおいて、JPモルガンが一部解約をなすべきか、またいつ一部解約をすべき
    かを決定するにあたり、ファンドおよび他の受益者に対する一部解約の影響を検討するとき、JPモル
    ガンは利益相反に直面します。JPモルガンによるファンドの大規模な一部解約は、ファンドが(当該
    一部解約がなければ売却する必要のなかった)保有有価証券の売却をすることにつながり、キャピタ
    ル・ゲインの実現を加速し、取引費用が増えるという結果となるおそれがあります。大規模な一部解約
    は、ファンドの資産を大幅に減らすことがあり、流動性の減少と、(費用負担の上限が適用されるもの
    の)費用負担率の上昇を引き起こします。
    関係会社との取引            ファンドが他のファンドとまたはJPモルガンと、仕切売買または委託売買取引を

    行う場合、ファンドは利益相反の対象となります。
      法律により許される範囲で、ファンドは、JPモルガンと、JPモルガンが自己勘定で自身のために

    行う取引(仕切売買取引)を行うことができ、JPモルガンが取引の売り手・買い手の両当事者にアド
    バイスしつつ両当事者に対するブローカーとなる取引(クロス取引)を行うことができ、またJPモル
    ガンが手数料を受け取る取引(委託売買取引)を行うことができます。仕切売買取引および委託売買取
    引は、JPモルガンのみが単独で取引することにつながります。ファンドのために仕切売買または委託
    売買取引を行う場合、当該取引はJPモルガンに追加の報酬をもたらすため、JPモルガンは利益相反
    に直面します。JPモルガンは、これらの取引にかかわる関係者に対して、忠実義務と責任の分担が矛
    盾する関係になる可能性のある利益相反に直面します。
      そのうえ、アドバイザーの関係会社は、電子コミュニケーション・ネットワークと代替トレーディン

    グ・システム(以下、あわせて「ECN」といいます。)に直接的または間接的な利害関係を有しま
    す。アドバイザーは、最良執行を追及するという信認義務に従って、アドバイザーの関係会社が利害関
    係を持つかまたは持つ可能性のあるECNを通じて、顧客のための取引を執行することがあります。こ
    のような場合、アドバイザーの関係会社は、ECNが請求する取引手数料を、ECNに対する出資割合
    に応じて間接的に得ることになります。
      JPモルガンがメンバーに含まれる有価証券の引受シンジケートが存在するときに、ファンドがその

    有価証券を購入する場合、JPモルガンは利益相反に直面することとなります。それは、JPモルガン
    は通常シンジケートにサービスを提供することにより手数料を受領し、場合によっては、ファンドが有
    価証券を購入する結果として、JPモルガンが直接または間接的に金融取引上の義務から解放されるこ
    とがあるからです。
                                 31/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    関係会社である業務提供者                 ファンドがJPモルガンの関係会社である業務提供者を使用する場合、J
    Pモルガンは利益相反に直面します。それは、関係会社を使用することで、JPモルガンは全体として
    より多額の手数料を受領することとなるからです。関係会社は、ファンドから報酬を得て、投資運用、
    資産保管、管理、会計処理および受益者管理サービスをファンドに対し提供します。同様に、アドバイ
    ザーがファンドのために融資枠を使用するまたは融資枠の条件を交渉すると決定した場合に、当該融資
    枠が関係会社によって提供されると、アドバイザーは利益相反に直面します。また、アドバイザーは、
    JPモルガンが運営するファンド・オブ・ファンズのために、その投資先となるアクティブ運用のファ
    ンドを選ぶ際には、JPモルガン・グループ内のものからのみ選択することとなります。たとえ、当該
    ファンド・オブ・ファンズにとってより適切である可能性があり、または優れた収益を上げている、グ
    ループ関係にはない投資先ファンドがあったとしても、アドバイザーは、グループ関係にはない投資先
    ファンドで利用可能なものについて、検討や調査はしません。サービスをファンドに提供するJPモル
    ガンの関係会社は、ファンドがJPモルガンが運営するファンド・オブ・ファンズの投資先ファンドに
    含まれる場合、更に報酬を得ることにより利益を得ることとなります。
    議決権行使        アドバイザーがファンドが保有する有価証券について議決権を行使する場合、潜在的利益

    相反が生じることがあります。議決権行使が、(JPモルガンの持株会社である)JPモルガン・
    チェース・アンド・カンパニーの株式またはファンドの受益権について行われる場合、あるいは議決権
    行使についての管理者が、当該議決権行使にかかる議案について、JPモルガンの関係会社が投資銀行
    として関与しているかまたは公正意見書を提供していることを表明している場合、利益相反が存在する
    とみなされます。そのような利益相反が確認される場合、議決権行使は、独立した第三者によって、ア
    ドバイザーの議決権行使ガイドラインに従うか、当該第三者自身のガイドラインを使用して、行使され
    ます。アドバイザーがファンドの資産を、アドバイザーの顧客でもある企業の有価証券に投資する場
    合、またはアドバイザーまたはその関係会社と重要な取引関係がある企業の有価証券に投資する場合
    で、当該企業の経営陣に反対する議決権行使が当該企業とアドバイザーまたはその関係会社との取引関
    係を損ねるか影響する可能性があるとき、潜在的利益相反が起きることがあります。
    融資     JPモルガンは、ファンド間の融資またはJPモルガン・チェース銀行が提供する与信枠に関し

    て利益相反に直面します。そのような融資や与信枠の提供は、JPモルガンが1つのファンドの利益ま
    たはJPモルガン自身の利益を、他のファンドの利益より優先した場合、貸し手または借り手となる
    ファンドを害することがあります。ファンドが有価証券貸出取引を実施する場合、アドバイザーの関係
    会社が有価証券貸出において業務提供者の役割を担う場合、あるいは有価証券貸出取引の一環で報酬を
    受領する場合、アドバイザーは利益相反に直面します。
    個人の取引        JPモルガンとその取締役、役員、代理人または従業員のいずれかが、自身の口座で有価

    証券取引を行った場合、利益相反に直面します。それは、ファンドが取引するものと同じ有価証券を取
    引することで利益を得る可能性があり、それによりファンドには不利な影響を引き起こすことがあるか
    らです。
    評価     アドバイザーは、ファンドの資産評価方針に従ってファンド内の有価証券と資産を評価します。

    アドバイザーは、場合によっては、その関係会社が同様の資産について行った評価とは異なる評価をす
    ることがあります。その理由には、当該関係会社が、アドバイザーとは共有しない評価技法・モデル等
    に関する情報を持っていることが含まれます。このようなことは、特に、市場の相場が容易に入手でき
    ない、または市場相場が値付け時の価値を表していない(例えば新興企業のもの)有価証券その他の資
    産について、公正価値の算出を行った場合に生じます。アドバイザーが運用会社等として受領する報酬
    金額に影響を与えるため、アドバイザーは資産の評価に際しても利益相反に直面します。
                                 32/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    情報アクセス         JPモルガンの様々な他の事業の結果、関係会社は随時、ある市場と投資に関する情報
    を入手することがあります。当該情報は、アドバイザーが知ったとしたら、ファンドが保有する投資資
    産を処分、保持または追加するようになるようなものであり、またはファンドのために持ち高を持ちた
    くなるようなものです。しかし、JPモルガン内部の情報隔壁により、それがファンドの運用に関係す
    るとしても、アドバイザーはそのような情報に触れることを制限されます。そのような関係会社は、ア
    ドバイザーが利用できない情報に基づいても、ファンドとは異なる形で取引することができます。
      アドバイザーが有価証券の発行体に関していわゆるインサイダー情報を入手するか、入手したとみな

    された場合、当該情報が公開されるか重要とはみなされなくなるまで、アドバイザーはその発行体の有
    価証券を、ファンドを含む顧客のために購入・売却することを制限されます。(そのような発行体に
    は、ファンド・オブ・ファンズの投資先ファンドを含むことがあります。)
    贈答・接待        アドバイザーの従業員は、時折、顧客、ブローカー等の仲介者またはファンドもしくはア

    ドバイザーの業務提供者から、贈答・接待を受けることがあります。そのような贈答・接待は、アドバ
    イザーの従業員の判断または従業員が業務を行う方法に影響を及ぼし、または影響を及ぼすことがある
    と見られる可能性があります。
    4【手数料等及び税金】

    (1)【申込手数料】

       ① 発行価格に販売会社が定める手数料率を乗じて得た額とします。ただし、有価証券届出書提出
        日現在、販売会社における手数料率は、3.3%(税抜3.0%)が上限となっています。
               *
         申込手数料         の詳細(具体的な手数料率、徴収時期、徴収方法)については、販売会社にお問
        い合わせください。
         * 購入時における当ファンド・投資環境についての説明・情報提供、事務手続き等の対価として、販売会社
          に支払われます。
       ② 累積投資契約に基づいて収益分配金を再投資する場合は、無手数料とします。

         販売会社に関しては、以下の照会先までお問い合わせください。

         照会先:
         JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
         TEL:03-6736-2350(受付時間は営業日の午前9時~午後5時)
         HPアドレス:https://www.jpmorgan.com/jp/am/
    (2)【換金(解約)手数料】

        かかりません。
                     *
        ただし、信託財産留保額               として、換金申込日の基準価額に対し0.3%を乗じて得た額がかかりま
       す。
        * 「信託財産留保額」とは、引き続き受益権を保有する受益者と解約者との公平性に資するため、信託満了前
         の解約に対し解約者が負担する一定の金額をいい、信託財産に繰り入れられます。
                                 33/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【信託報酬等】
        委託会社および受託会社の信託報酬の総額は、当ファンドの計算期間を通じて毎日、前営業日の
       信託財産の純資産総額に対し年率1.76%(税抜1.60%)を乗じて得た額とします。
        委託会社は、収受した信託報酬から販売会社に対し、委託会社が販売会社に委託した業務に対す
       る報酬を支払います。その結果、実質的な信託報酬の配分は、次のとおりとなります。
      (注)「販売会社毎の取扱純資産残高」とは、ある販売会社における全ての顧客口座で管理している当ファンドの受





         益権の時価残高を合計したものをいいます。
        信託報酬は、毎日費用計上し、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期間終了日および信託

       終了日の翌営業日に信託財産中から支弁されます。
    (4)【その他の手数料等】

      1 以下の費用等を信託財産で負担します。
                                                     *
       ① 有価証券取引、先物取引およびオプション取引にかかる費用(売買委託手数料)                                               ならびに外
                                         *
        国為替取引(外貨建資産に投資した場合のみ)にかかる費用                                  が実費でかかります。なお、手数
        料相当額が取引の価格に織り込まれていることがあります。
         * 当該取引等の仲介業務およびこれに付随する業務の対価として証券会社等に支払われます。
                                       *
       ② 外貨建資産に投資した場合には、外貨建資産の保管費用                                 が実費でかかります。
         * 当該資産の保管業務の対価として受託会社の委託先である保管銀行等に支払われます。
       ③ 信託財産に関する租税、信託事務の処理に関する諸費用、受託会社の立替えた立替金の利息お
        よび借入金の利息が実費でかかります。
       ④ 投資信託もしくは外国投資信託の受益証券、投資証券、または外国投資証券(REITを含
        み、以下総称して「投資信託証券」といいます。)に投資する場合には、当該投資信託証券にか
        かる投資信託、外国投資信託、投資法人または外国投資法人内において発生する、以下のような
        費用が間接的に当ファンドの負担となります。
        (a)運用報酬
        (b)運用に付随して発生する費用
        (c)法人の運営のための各種の費用(投資法人および外国投資法人のみ)
         投資信託証券の銘柄によってはこれら以外の費用がかかる場合があります。
                                 34/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        前記①から④までの費用等は、当ファンドの運用状況、保有銘柄、投資比率等により変動し、事
       前に確定しておらず、また、銘柄ごとに種類、金額および算出方法が異なり、費用等の概要を適切
       に記載することが困難なことから、具体的な種類、金額および計算方法を記載していません。さら
       に、これらの費用等の合計額は、受益者が当ファンドの受益権を保有する期間その他の要因により
       変動し、表示することができないことから、記載していません。当該費用等は、認識された時点
       で、当ファンドの計理基準にしたがい信託財産に計上されます。当該費用等は、当ファンドにおい
       て間接的にご負担いただきます。
             *

      2 監査費用        を信託財産で負担します。
        * 信託財産の財務諸表の監査業務の対価として監査法人に支払われます。
        委託会社は、当ファンドの監査費用の支払いを信託財産のために行うことができます。この場
       合、委託会社が支払った実額に代えて、信託財産の純資産総額に年率0.022%(税抜0.02%)を乗
       じて得た額(ただし、年間330万円(税抜300万円)を上限とします。)を当該監査費用とみなし、
       委託会社は、そのみなし額の支弁を、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日、毎計算期間終了日および
       信託終了日の翌営業日に、信託財産中から受けるものとします。委託会社が信託財産から支弁を受
       ける金額については、計算期間を通じて毎日費用計上するものとします。
    (5)【課税上の取扱い】

        日本の居住者(法人を含みます。)である受益者に対する課税については、以下のような取扱い
       となります。
        なお、税法が改正された場合には、以下の内容が変更になることがあります。以下の税制は2021
       年11月末現在適用されるものです。
      ① 個別元本について

        追加型の株式投資信託については、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該
       申込手数料にかかる消費税等は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
        受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行
       う都度当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
        ただし、同一販売会社であっても、「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」の両コー
       スで取得する場合にはそれぞれ別個に、個別元本が計算される場合があります。また、同一販売会
       社であっても複数支店等で同一ファンドを取得する場合は当該支店等毎に個別元本の算出が行われ
       る場合があります。
        受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から
       当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
       (「元本払戻金(特別分配金)」については、後記「②収益分配金の課税について」をご参照く
       ださい。)
      ② 収益分配金の課税について

        追加型の株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる
       「元本払戻金(特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分がありま
       す。
        受益者が収益分配金を受け取る際、当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と
       同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分
       配金となります。また、当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている
       場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本
       払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
        なお、受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本
       から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
                                 35/104

                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③ 法人、個人別の課税の取扱について

      (a)個人の受益者に対する課税
       (イ)収益分配金
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については配当所得となり、税率は20.315%(所
                                     *
        得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)                              となります。なお、収益分配金のうち課
        税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)は課税されません。
         原則として、源泉徴収による申告不要制度が適用されます。また、確定申告を行い、申告分離
        課税もしくは総合課税(配当控除の適用あり)のいずれかを選択することもできます。
          * 2037年12月31日までの税率です。
       (ロ)一部解約時・償還時

                             *1
         解約価額および償還価額から取得費                     を控除した差益は譲渡所得等として、申告分離課税と
        なり、確定申告を行うことが必要となります。税率は20.315%(所得税15%、復興特別所得税
                       *2
        0.315%および地方税5%)                 となります。当該控除結果がマイナスの場合は「差損」となり、
        損益通算の対象となります。(損益通算については後記(ハ)損益通算についてをご参照くださ
        い。)
         前記にかかわらず、販売会社において源泉徴収ありの特定口座をご利用の場合確定申告は不要
                                                 *2
        となり、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)                                           の税率で源泉徴
        収されます。
          *1 「取得費」とは、個別元本に申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等を加算した額をいい
            ます。
          *2 2037年12月31日までの税率です。
       (ハ)損益通算について

                   *1
         公募株式投資信託            (当ファンドを含みます。以下同じ。)の配当所得および譲渡所得、な
                       *2
        らびにその他の上場株式等                 の利子所得、配当所得および譲渡所得の各所得間において損益通
        算が可能です。また、ある年における損益通算の結果、譲渡益等から控除しきれない損失がある
        場合は、その翌年以降3年間当該損失を繰越して、同様の損益通算において控除の対象とするこ
        とができます。損益通算の条件等については、税務専門家(税務署等)または販売会社にご確認
        ください。
          *1 「公募株式投資信託」とは、不特定多数の投資者を対象に販売することを目的として設定され、信託
            約款上において債券以外の組入れが可能である投資信託をいいます。
          *2 「上場株式等」とは、上場株式、上場特定株式投資信託(ETF)、上場特定不動産投資信託(RE
            IT)および公募株式投資信託ならびに特定公社債および公募公社債投資信託等をいいます。詳しくは
            税務専門家(税務署等)にお問い合わせください。
                                 36/104






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (ニ)少額投資非課税制度について
         公募株式投資信託は、税法上の少額投資非課税制度である「NISA」および「ジュニアNI
        SA」の適用対象です。毎年、NISAをご利用の場合は年間120万円の範囲で、またジュニア
        NISAをご利用の場合は年間80万円の範囲で、新たに取得した公募株式投資信託等から生じる
        配当所得および譲渡所得が5年間非課税となります。ご利用になれるのは、その年の1月1日現
        在、NISAをご利用の場合は満20歳以上の方、ジュニアNISAをご利用の場合は満20歳未満
        の方で、販売会社で非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象となります。な
        お、少額投資非課税制度をご利用の場合、非課税口座で生じた配当所得および譲渡所得を、非課
        税口座以外で生じた配当所得および譲渡所得と損益通算することはできません。詳しくは販売会
        社にご確認ください。
      (b)法人の受益者に対する課税

        法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約時
       および償還時の個別元本超過額については、15.315%(所得税15%および復興特別所得税
            *
       0.315%)      の税率で源泉徴収され法人の受取額となります。なお、地方税の源泉徴収はありませ
       ん。
        また、元本払戻金(特別分配金)は課税されません。益金不算入制度は適用されません。
        * 2037年12月31日までの税率です。
      ※ 外国税額控除の適用となった場合には、収益分配時の税金が前記と異なる場合があります。

      ※ 課税上の取扱いの詳細については、税務専門家(税務署等)に確認することをお勧めします。
                                 37/104












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
    (1)【投資状況】
                                              (2021年11月30日現在)
                                        時価合計(円)          投資比率(%)
               資産の種類                 国/地域
                                         5,675,209,340             99.20
      株式                           日本
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                           -         45,492,303            0.80
             合計(純資産総額)                            5,720,701,643            100.00
     (注)投資比率とは、当ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。投資比率は四捨五入です。
    (2)【投資資産】

       ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                              (2021年11月30日現在)
                                     帳簿価額     帳簿価額     評価額     評価額    投資
      順
       国/
                                      単価     金額     単価     金額   比率
         種類        銘柄名           業種     株式数
      位
       地域
                                      (円)     (円)     (円)     (円)   (%)
       日本  株式  昭和電線ホールディングス               非鉄金属
      1                           105,900    2,166.00    229,379,400      1,878.00    198,880,200     3.48
       日本  株式  東京製鐵               鉄鋼
      2                           162,200    1,279.00    207,453,800      1,203.00    195,126,600     3.41
       日本  株式  TREホールディングス               サービス業
      3                           104,900    1,779.00    186,617,100      1,775.00    186,197,500     3.25
       日本  株式  日立造船               機械
      4                           220,400     879.00   193,731,600       841.00   185,356,400     3.24
       日本  株式  ワコム               電気機器
      5                           211,300     737.00   155,728,100       874.00   184,676,200     3.23
       日本  株式  セガサミーホールディングス               機械
      6                            91,600    1,613.00    147,750,800      1,845.00    169,002,000     2.95
       日本  株式  ソニーグループ               電気機器
      7                            12,000   12,895.00    154,740,000     13,825.00    165,900,000     2.90
       日本  株式  日揮ホールディングス               建設業
      8                           171,500    1,099.00    188,478,500       957.00   164,125,500     2.87
       日本  株式  アウトソーシング               サービス業
      9                           108,400    2,157.00    233,818,800      1,504.00    163,033,600     2.85
       日本  株式  野村マイクロ・サイエンス               機械
      10                            32,100    4,935.00    158,413,500      4,845.00    155,524,500     2.72
       日本  株式  商船三井               海運業
      11                            23,900    6,658.18    159,130,739      6,500.00    155,350,000     2.72
       日本  株式                 機械
      12     IHI                       70,100    2,672.00    187,307,200      2,141.00    150,084,100     2.62
       日本  株式  日立製作所               電気機器
      13                            21,700    6,650.00    144,305,000      6,688.00    145,129,600     2.54
       日本  株式  東京都競馬               サービス業
      14                            36,100    4,405.00    159,020,500      3,990.00    144,039,000     2.52
       日本  株式  ローツェ               機械
      15                            12,000   10,840.00    130,080,000     11,950.00    143,400,000     2.51
       日本  株式  イビデン               電気機器
      16                            20,200    6,760.00    136,552,000      7,070.00    142,814,000     2.50
       日本  株式  コナミホールディングス               情報・通信業
      17                            24,400    6,390.00    155,916,000      5,810.00    141,764,000     2.48
       日本  株式  日本酸素ホールディングス               化学
      18                            57,000    2,684.00    152,988,000      2,403.00    136,971,000     2.39
       日本  株式  エンビプロ・ホールディングス               鉄鋼
      19                            68,400    2,466.00    168,674,400      1,897.00    129,754,800     2.27
       日本  株式  ネクステージ               小売業
      20                            56,500    2,102.00    118,763,000      2,290.00    129,385,000     2.26
       日本  株式  良品計画               小売業
      21                            70,000    2,246.00    157,220,000      1,835.00    128,450,000     2.25
       日本  株式  トプコン               精密機器
      22                            68,400    1,982.00    135,568,800      1,791.00    122,504,400     2.14
       日本  株式  東洋エンジニアリング               建設業
      23                           166,000     844.00   140,104,000       710.00   117,860,000     2.06
       日本  株式  アルバック               電気機器
      24                            17,600    6,340.00    111,584,000      6,500.00    114,400,000     2.00
       日本  株式  ヘリオス               医薬品
      25                            84,300    1,767.00    148,958,100      1,326.00    111,781,800     1.95
       日本  株式  第一稀元素化学工業               化学
      26                            85,200    1,446.00    123,199,200      1,278.00    108,885,600     1.90
       日本  株式  ローム               電気機器
      27                            9,500   10,560.61    100,325,801     10,630.00    100,985,000     1.77
                          ガラス・土石
       日本  株式  東海カーボン
      28                            79,700    1,480.00    117,956,000      1,177.00    93,806,900    1.64
                          製品
       日本  株式  ティーケーピー               不動産業
      29                            63,400    1,803.00    114,310,200      1,459.00    92,500,600    1.62
       日本  株式  アンリツ               電気機器
      30                            45,400    2,072.00    94,068,800     1,765.00    80,131,000    1.40
                                 38/104






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      種類別および業種別投資比率
                                              (2021年11月30日現在)
                                                投資比率(%)
        種類     国内/外国                   業種
                                                   8.21
                   建設業
        株式       国内
                                                   6.45
                   化学
                                                   1.95
                   医薬品
                                                   1.64
                   ガラス・土石製品
                                                   7.36
                   鉄鋼
                                                   4.87
                   非鉄金属
                                                   1.91
                   金属製品
                                                   14.80
                   機械
                                                   16.31
                   電気機器
                                                   2.14
                   精密機器
                                                   0.79
                   その他製品
                                                   2.72
                   海運業
                                                   9.48
                   情報・通信業
                                                   5.54
                   小売業
                                                   1.04
                   証券、商品先物取引業
                                                   1.62
                   不動産業
                                                   12.37
                   サービス業
                                                   99.20
        合計
       ②【投資不動産物件】

         該当事項はありません。
       ③【その他投資資産の主要なもの】

         該当事項はありません。
                                 39/104









                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用実績】
       ①【純資産の推移】
          2021年11月末日および同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末の純資産の推
         移は次の通りです。
                                            1口当たり       1口当たり
                            純資産総額        純資産総額
                                             純資産額       純資産額
                            (百万円)        (百万円)
          期         年月日
                                             (円)       (円)
                            (分配落)        (分配付)
                                            (分配落)       (分配付)
                (2012年10月29日)                4,655         4,655      0.8956       0.8956
         13期
                (2013年10月28日)               10,961         11,071       1.9923       2.0123
         14期
                (2014年10月28日)               16,533         16,533       1.7983       1.7983
         15期
                (2015年10月28日)               11,688         11,753       1.7963       1.8063
         16期
                (2016年10月28日)                7,532         7,573      1.8302       1.8402
         17期
         18期       (2017年10月30日)                8,412         8,541      2.6172       2.6572
                (2018年10月29日)                7,302         7,302      2.1643       2.1643
         19期
                (2019年10月28日)                6,872         6,994      2.2571       2.2971
         20期
                (2020年10月28日)                6,077         6,174      2.4884       2.5284
         21期
         22期       (2021年10月28日)                6,245         6,348      3.0433       3.0933
                                6,365           -     2.6653         -
                 2020年11月末日
                                6,407           -     2.7144         -
                 2020年12月末日
                                6,359           -     2.7226         -
                 2021年1月末日
                                6,420           -     2.7945         -
                 2021年2月末日
                                6,520           -     2.9253         -
                 2021年3月末日
                                6,390           -     2.9134         -
                 2021年4月末日
                                6,314           -     2.9196         -
                 2021年5月末日
                                6,356           -     2.9663         -
                 2021年6月末日
                                6,132           -     2.8835         -
                 2021年7月末日
                                6,352           -     3.0183         -
                 2021年8月末日
                                6,370           -     3.0892         -
                 2021年9月末日
                                6,255           -     3.0488         -
                 2021年10月末日
                                5,720           -     2.8173         -
                 2021年11月末日
                                 40/104






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ②【分配の推移】
                1口当たり分配金(円)
          期
                       0.0000
         13期
                       0.0200
         14期
                       0.0000
         15期
                       0.0100
         16期
                       0.0100
         17期
         18期              0.0400
                       0.0000
         19期
                       0.0400
         20期
                       0.0400
         21期
                       0.0500
         22期
       ③【収益率の推移】

                   収益率(%)
          期
                       2.4
         13期
                      124.7
         14期
                      △9.7
         15期
                       0.4
         16期
         17期              2.4
         18期              45.2
                      △17.3
         19期
                       6.1
         20期
                       12.0
         21期
                       24.3
         22期
     (注)収益率とは計算期間末の基準価額(分配付)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落)(以下
         「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除したものです。
                                 41/104








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (4)【設定及び解約の実績】
       下記計算期間中の設定および解約の実績ならびに当該計算期間末の残存口数は次の通りです。
                  設定口数(口)              解約口数(口)              残存口数(口)
          期
                  3,377,109,173              2,038,683,276              5,197,512,749
         13期
                  4,618,099,994              4,313,728,295              5,501,884,448
         14期
                  5,729,519,664              2,037,012,449              9,194,391,663
         15期
         16期           122,541,255             2,809,868,077              6,507,064,841
         17期           53,903,318            2,445,295,359              4,115,672,800
         18期           190,237,055             1,091,449,437              3,214,460,418
                    466,772,576              307,316,558             3,373,916,436
         19期
                    42,129,665              371,157,747             3,044,888,354
         20期
                    15,151,268              617,771,664             2,442,267,958
         21期
                     6,369,386             396,312,291             2,052,325,053
         22期
     (注)設定口数、解約口数は、全て本邦内におけるものです。
                                 42/104














                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      <参考情報>
     最新の運用実績は、委託会社ホームページ(https://www.jpmorgan.com/jp/am/)、または販売会社でご確認いただけます。
     過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
          基準日            2021年11月30日                設定日            1999年10月29日

         純資産総額               57億円              決算回数               年1回
                                         分配の推移
     基準価額・純資産の推移
                                           期       年月        円
                                           18期      2017年10月
                                                           400
                                           19期      2018年10月
                                                           0
                                           20期      2019年10月
                                                           400
                                           21期      2020年10月
                                                           400
                                           22期      2021年10月
                                                           500
                                                 設定来累計
                                                          2,100
                                         *分配金は税引前1万口当たりの金額です。
     *分配金再投資基準価額は、税引前の分配金を分配時にファンドへ再投資したとみなして算
      出したものです。
     *分配金再投資基準価額は、1万口当たり、信託報酬控除後です。
                                           業種別構成状況

     組入上位銘柄
                                               業種
                                                       投資比率※
                                            電気機器
                                                          16.3%
                                            機械
                                                          14.8%
                                            サービス業
                                                          12.4%
                                            情報・通信業
                                                          9.5%
                                            建設業
                                                          8.2%
                                            その他
                                                          38.0%
            ※                               ※

     業種別投資比率        (対TOPIX)上位・下位5業種                     時価総額別投資比率          (対TOPIX)
     年間収益率の推移




     *年間収益率(%)={(年末営業日の基準価額+その年に支払われた税引前の分配金)÷前年末営業日の基準価額-1}×100


     *2021年の年間収益率は前年末営業日から2021年11月30日までのものです。
     *ベンチマークは設定していません。
     *当ページにおける「ファンド」は、JPM・E-フロンティア・オープンです。
     *業種別投資比率(対TOPIX)上位・下位5業種および時価総額別投資比率(対TOPIX)は、Factsetのデータを使用しています。
         運用実績において、金額は表示単位以下を切捨て、投資比率および収益率は表示単位以下を四捨五入して記載しています。
     ※ファンドの純資産総額に対する投資比率です。
                                 43/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

      ① 申込方法

        申込期間中の毎営業日に販売会社において、販売会社所定の方法で当ファンドの受益権の取得申
       込みの受付が行われます。
      ② 申込価格

        取得申込日の基準価額とします。
        取得申込みには申込手数料を要します。
      ③ 申込単位

        販売会社が定める単位とします。
        ただし、「分配金再投資コース」において収益分配金を再投資する場合は、1円以上1円単位と
       します。
      ④ 受渡方法

      (a)取得申込代金の支払いについて
        投資者は、申込みの販売会社が定める日までに取得申込代金を当該販売会社に支払うものとしま
       す。
      (b)受益権の引渡しについて
        当ファンドの受益権は振替受益権のため、申込みの販売会社が、取得申込代金の支払いと引き換
       えに振替機関等の口座に投資者にかかる受益権口数の増加を記載または記録することにより、受益
       権の引渡しが行われます。当該口座は、当該投資者が販売会社に取得申込みと同時にまたはあらか
       じめ申し出た口座とします。なお、委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替
       機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知
       を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定
       にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会社は、追加信託
       により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受
       益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
      ⑤ 受付時間

        原則として午後3時までとします。ただし、販売会社によっては受付時間が異なる場合がありま
       す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      ⑥ 緊急事態発生時における受付の中止

        委託会社は、天災や、電気・通信情報設備の機能停止等の不測の事態が生じ、有価証券が取引さ
       れる市場における取引の停止や異常な混乱等の緊急事態が発生した場合、当ファンドへの追加信託
       を行うことが当ファンドの適正な運営を害すると判断したときは、やむを得ず取得申込みの受付を
       中止することがあります。
      ⑦ 申込取扱場所

        申込期間中、販売会社において申込みを取扱います。
        販売会社に関しては、以下の照会先までお問い合わせください。

        照会先:
        JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
        TEL:03-6736-2350(受付時間は営業日の午前9時~午後5時)
                                 44/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        HPアドレス:https://www.jpmorgan.com/jp/am/
    2【換金(解約)手続等】

      ① 換金方法

        原則として毎営業日に販売会社にて解約請求により受付けます。
      ② 換金価格

        換金申込日の基準価額から信託財産留保額を差し引いた額とします。
       (課税については、「第1ファンドの状況 4手数料等及び税金(5)課税上の取扱い」をご参照ください。)
        換金価格は、毎営業日に計算され、販売会社に問い合わせることにより知ることができます。

        販売会社に関しては、前記「1申込(販売)手続等 ⑦申込取扱場所」の照会先までお問い合わ
       せください。
        換金時に手数料はかかりません。

      ③ 信託財産留保額

        換金申込日の基準価額に対し0.3%を乗じて得た額とします。
      ④ 換金単位

        販売会社が定める単位とします。
      ⑤ 受渡方法

      (a)換金代金の支払いについて
        原則として換金申込日から起算して4営業日目から、販売会社の本・支店等において支払いま
       す。
      (b)受益権の引渡しについて
        当ファンドの受益権は振替受益権のため、換金申込みを行う受益者は、その口座が開設されてい
       る振替機関等に対して当該受益者の申込みにかかる当ファンドの一部解約の通知を委託会社が行う
       のと引き換えに、販売会社を通じて当該一部解約にかかる受益権の口数と同口数の抹消の申請を行
       うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少を記載または
       記録することにより、受益権の引渡しが行われます。なお、換金申込みは振替受益権をもって行う
       ものとします。当ファンドが振替受益権化される以前に発行された当ファンドの受益証券をお手許
       で保有されている方は、換金申込みに際して個別に振替受益権とするための所要の手続が必要であ
       り、この手続には時間を要しますのでご留意ください。
      ⑥ 受付時間

        原則として午後3時までとします。ただし、販売会社によっては受付時間が異なる場合がありま
       す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
                                 45/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ⑦ 換金の中止
        有価証券が取引される市場における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情が
       あるときは、換金申込みの受付が中止される場合があります。その場合には、受益者は当該受付中
       止以前に行った当日の換金申込みを撤回できます。ただし、受益者がその換金申込みを撤回しない
       場合には、その換金申込みは当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日にその換金申込
       みを受付けたものとして取扱うこととします。
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

        受益権1口当たりの純資産価額(基準価額)は、原則として各営業日に委託会社が計算します。
       受益権1口当たりの純資産価額は、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きま
       す。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財産の資産
       総額から負債総額を控除した金額を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。な
       お、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示することがあります。
        信託財産に属する外貨建資産の円換算は、原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買
       相場の仲値によって計算し、外国為替予約の評価は、原則として、わが国における計算日の対顧客
       先物売買相場の仲値によって計算します。
        受益権1万口当たりの基準価額は、販売会社に問い合わせることにより知ることができます。ま
       た、受益権1万口当たりの基準価額は、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載され
       ます。
        販売会社に関しては、以下の照会先までお問い合わせください。

        照会先:
        JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
        TEL:03-6736-2350(受付時間は営業日の午前9時~午後5時)
        HPアドレス:https://www.jpmorgan.com/jp/am/
    (2)【保管】

        該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

        無期限です。
        ただし、後記「(5)その他 ①信託の終了等」に記載する特定の場合には、信託は終了しま
       す。
    (4)【計算期間】

        当ファンドの計算期間は、毎年10月29日から翌年10月28日までとします。
        ただし、計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、計算期
       間終了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
        なお、計算期間終了日を「決算日」ということがあり、前記より当ファンドの決算日は原則とし
       て毎年10月28日(該当日が休業日の場合は翌営業日)となります。
                                 46/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (5)【その他】
      ① 信託の終了等(詳しくは、信託約款をご参照ください。)
      (a)信託契約の解約
        a.委託会社は、当ファンドの信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が当初設定口
         数の10分の1を下回ることとなった場合、当ファンドの信託契約を解約することが受益者のた
         め有利であると認める場合、またはやむを得ない事情が発生した場合は、受託会社と合意のう
         え、当ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、
         委託会社はあらかじめ解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
        b.委託会社は、前記a.の場合において、あらかじめ、解約しようとする旨を公告し、かつ、
         その旨を記載した書面を知れている受益者に対し交付します。ただし、全ての受益者に対して
         書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
        c.前記b.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対し異
         議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
        d.前記c.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一
         を超えるときは、前記a.の信託契約の解約をしません。
        e.委託会社は、前記d.により当ファンドの信託契約の解約をしないこととしたときは、解約
         しない旨およびその理由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知れている受益者に
         対して交付します。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告
         を行いません。
        f.前記c.からe.までの規定は、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じて
         いる場合であって、前記c.の一定の期間が一月を下らないこととすることが困難な場合には
         適用しません。
        (注)委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
      (b)信託契約に関する監督官庁の命令
         委託会社は、監督官庁より当ファンドの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にし
        たがい、当ファンドの信託契約を解約し信託を終了させます。また、委託会社は、監督官庁の命
        令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、後記「②信託約款の変更」の規定にしたがい
        ます。
      (c)委託会社の登録取消に伴う取扱い
         委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
        は、委託会社は、当ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が当
        ファンドの信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じたときは、後
        記「②信託約款の変更」で受益者による反対が受益権総口数の二分の一を超える場合を除き、当
        ファンドはその委託会社と受託会社との間において存続します。
      (d)委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、当ファンドの信託契
        約に関する事業を譲渡することがあります。また、委託会社は、分割により事業の全部または一
        部を承継させることがあり、これに伴い、当ファンドの信託契約に関する事業は承継されること
        があります。
      (e)受託会社の辞任および解任に伴う取扱い
         受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任
        務に背いた場合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または受益者は、裁判所に受託会
        社の解任を請求することができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任
        した場合、委託会社は、後記「②信託約款の変更」の規定にしたがい、新受託会社を選任しま
        す。ただし、委託会社が新受託会社を選任できないときは、当ファンドの信託契約を解約し、信
        託を終了させます。
      ② 信託約款の変更(詳しくは、信託約款をご参照ください。)

                                 47/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (a)委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したとき
        は、受託会社と合意のうえ、信託約款を変更することができるものとし、あらかじめ変更しよう
        と する旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
      (b)委託会社は、前記(a)の変更のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ変更しよ
        うとする旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知れている受益者に
        対して交付します。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として公告を行
        いません。
      (c)前記(b)の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対し異
        議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
      (d)前記(c)の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一
        を超えるときは、前記(a)の信託約款の変更をしません。
      (e)委託会社は、前記(d)により信託約款の変更をしないこととしたときは、変更しない旨およ
        びその理由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知れている受益者に対して交付しま
        す。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として公告を行いません。
      (f)委託会社は、監督官庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、前記(a)から
        (e)までの規定にしたがいます。
      (注)委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
      ③ 運用報告書

        委託会社は、当ファンドについて、計算期間終了日毎および償還時に、運用経過、信託財産の内
       容、有価証券の売買状況等を記載した運用報告書および運用報告書に記載すべき事項のうち重要な
       事項のみを記載した交付運用報告書を作成します。そのうえで、委託会社は交付運用報告書を知れ
       ている受益者に対して販売会社を通して交付します。また、運用報告書のすべての内容を委託会社
       のホームページに掲載します。これにより、委託会社は運用報告書を知れている受益者に対して交
       付したものとみなされますが、受益者から書面による運用報告書の交付の請求があった場合には、
       販売会社を通して交付します。
         HPアドレス:https://www.jpmorgan.com/jp/am/
      ④ 関係会社との契約の更新等に関する手続について

        委託会社と販売会社との間の募集等の取扱い等に関する契約において、有効期間満了の3ヵ月前
       までに、当事者のいずれからも何らの意思表示がないときは、自動的に1年間更新されるものと
       し、自動延長後の取扱いについてもこれと同様とするとされています。委託会社と販売会社との間
       の当該契約は、かかる規定にしたがって自動更新され、現在に至っています。当ファンドの受益権
       の募集等の取扱い等も当該契約に基づいています。
    4【受益者の権利等】

       当ファンドの受益権は、その取得申込口数に応じて、取得申込者に帰属します。この受益権は、信

      託の日時を異にすることにより差異を生ずることはありません。
       受益者の有する主な権利は次のとおりです。
    (1)収益分配金の請求権

        受益者は、当ファンドにかかる収益の分配を持分に応じて請求する権利を有します。
                                 48/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として毎計算期間
       終了日から起算して5営業日目)までに、毎計算期間終了日において振替機関等の口座簿に記載ま
       たは記録されている受益者(当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前において一部解約が行わ
       れた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間終了日以前に設定
       された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につ
       いては原則として取得申込者とします。)に支払いを開始します。ただし、受益者が、時効前の収
       益分配金にかかる収益分配金交付票(当ファンドが振替受益権化される以前に発行されたもの)を
       保有している場合には、その収益分配金交付票と引換えに当該収益分配金を受益者に支払います。
       また、累積投資契約に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、原則として毎計算期間
       終了日の翌営業日に、収益分配金が販売会社に交付され、販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益
       分配金の再投資にかかる受益権の売付を行います。当該再投資により増加した受益権は、振替口座
       簿に記載または記録されます。
        収益分配金の支払いは、販売会社において行うものとします。
        収益分配金の請求権は、支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
       い、受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
    (2)償還金の請求権

        受益者は、償還金を持分に応じて委託会社に請求する権利を有します。
        償還金は、信託終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日
       の場合は当該償還日の翌営業日)から起算して5営業日目)までに、信託終了日において振替機関
       等の口座簿に記載または記録されている受益者(信託終了日以前において一部解約が行われた受益
       権にかかる受益者を除きます。また、当該信託終了日以前に設定された受益権で取得申込代金支払
       前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とし
       ます。)に支払いを開始します。当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委
       託会社が当ファンドの償還の通知をするのと引き換えに、販売会社を通じて当該償還にかかる受益
       権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座に
       おいて当該口数の減少の記載または記録が行われます。当ファンドが振替受益権化される以前に発
       行された当ファンドの受益証券を保有している受益者に対しては、償還金は、信託終了日後1ヵ月
       以内の委託会社の指定する日から当該受益証券と引き換えに当該受益者に支払われます。
        償還金の支払いは、販売会社において行うものとします。
        受益者が、償還金について前記の支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権
       利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属するものとします。
    (3)受益権の一部解約の実行請求権

        受益者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に一部解約を請求する権利を有します。
    (4)反対者の買取請求権

        当ファンドの信託契約の解約または信託約款の重大な内容の変更を行う場合において、一定の期
       間内に委託会社に対して異議を述べた受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を信託財
       産をもって買取るべき旨を請求することができます。この買取請求権の内容および買取請求の手続
       に関する事項は、前述の「3資産管理等の概要(5)その他 ①信託の終了等」または「②信託約
       款の変更」に規定する公告または書面に付記します。
    (5)帳簿の閲覧権

        受益者は委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿書類の閲
       覧または謄写を請求することができます。
                                 49/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
     1.当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大

      蔵省令第59号)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」
      (平成12年総理府令第133号)に基づき作成しております。
        なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第22期計算期間(2020年10月

      29日から2021年10月28日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を
      受けております。
                                 50/104

















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】
    【JPM・E-フロンティア・オープン】
    (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第21期              第22期
                               (2020年10月28日現在)              (2021年10月28日現在)
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                              244,354,288              195,607,754
        株式                            5,981,111,500              6,199,364,420
        未収入金                              21,278,310              23,608,943
                                      15,381,440              27,885,950
        未収配当金
        流動資産合計                            6,262,125,538              6,446,467,067
       資産合計                              6,262,125,538              6,446,467,067
     負債の部
       流動負債
        未払金                              26,941,405              27,592,767
        未払収益分配金                              97,690,718              102,616,252
        未払解約金                               8,168,235              13,916,750
        未払受託者報酬                               3,216,285              3,483,654
        未払委託者報酬                              48,244,112              52,254,695
                                        643,195              696,670
        その他未払費用
        流動負債合計                              184,903,950              200,560,788
       負債合計                               184,903,950              200,560,788
     純資産の部
       元本等
                                   ※1  2,442,267,958             ※1  2,052,325,053
        元本
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                           3,634,953,630              4,193,581,226
                                     1,864,424,210              2,462,828,832
          (分配準備積立金)
        元本等合計                            6,077,221,588              6,245,906,279
       純資産合計                              6,077,221,588              6,245,906,279
     負債純資産合計                               6,262,125,538              6,446,467,067
                                 51/104










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                   第21期              第22期
                                (自 2019年10月29日              (自 2020年10月29日
                                至 2020年10月28日)               至 2021年10月28日)
     営業収益
       受取配当金                                71,438,940              90,717,050
       有価証券売買等損益                               672,287,020             1,414,185,721
                                         3,942              1,381
       その他収益
       営業収益合計                               743,729,902             1,504,904,152
     営業費用
       支払利息                                  37,653                -
       受託者報酬                                6,651,520              7,023,729
       委託者報酬                                99,772,565              105,355,758
                                       1,413,195              1,550,646
       その他費用
       営業費用合計
                                      107,874,933              113,930,133
     営業利益又は営業損失(△)                                635,854,969             1,390,974,019
     経常利益又は経常損失(△)                                635,854,969             1,390,974,019
     当期純利益又は当期純損失(△)                                635,854,969             1,390,974,019
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                     △ 27,556,287              153,646,083
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                               3,827,738,074              3,634,953,630
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 14,420,349              11,854,795
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      14,420,349              11,854,795
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                772,925,331              587,938,883
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      772,925,331              587,938,883
       額
                                     ※1  97,690,718            ※1  102,616,252
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                               3,634,953,630              4,193,581,226
                                 52/104











                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                               当財務諸表対象期間
      有価証券の評価          株式
      基準および評価           移動平均法に基づき、以下のとおり原則として時価で評価しております。
      方法          (1)金融商品取引所等に上場されている有価証券
                  金融商品取引所等に上場されている有価証券は、原則として金融商品取
                 引所等における最終相場(外貨建証券の場合は知りうる直近の最終相場)
                 で評価しております。
                  当該金融商品取引所等の最終相場がない場合には、当該金融商品取引所
                 等における直近の日の最終相場で評価しておりますが、直近の日の最終相
                 場によることが適当でないと認められた場合は、当該金融商品取引所等に
                 おける気配相場で評価しております。
                (2)金融商品取引所等に上場されていない有価証券
                  当該有価証券については、原則として、日本証券業協会発表の売買参考
                 統計値(平均値)、金融機関の提示する価額(ただし、売気配相場は使用
                 しない)又は価格提供会社の提供する価額のいずれかから入手した価額で
                 評価しております。
                (3)時価が入手できなかった有価証券
                  適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評価額が時価と認定
                 できない事由が認められた場合は、委託会社が忠実義務に基づいて合理的
                 事由をもって時価と認めた価額もしくは受託者と協議のうえ両者が合理的
                 事由をもって時価と認めた価額で評価しております。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

     第22期(2021年10月28日現在)
       当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが当計算期間の翌計算期間の財務諸
      表に重要な影響を及ぼすリスクは識別していないため、注記を省略しております。
    (貸借対照表に関する注記)

                                  第21期               第22期
                区分
                              (2020年10月28日現在)               (2021年10月28日現在)
      ※1期首元本額                          3,044,888,354円               2,442,267,958円
        期中追加設定元本額                         15,151,268円               6,369,386円
        期中一部解約元本額                        617,771,664円               396,312,291円
       受益権の総数                        2,442,267,958口               2,052,325,053口
       1口当たりの純資産額                             2.4884円               3.0433円
      (1万口当たりの純資産額)                             (24,884円)               (30,433円)
                                 53/104






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)
                               第21期                第22期
                            (自 2019年10月29日                (自 2020年10月29日
              区分
                            至 2020年10月28日)                 至 2021年10月28日)
      ※1分配金の計算過程
        費用控除後の配当等収益額                        61,418,207円                78,928,117円
        費用控除後・繰越欠損金補填後
                                     -円           922,337,535円
        の有価証券売買等損益額
        収益調整金額                      1,770,529,420円                1,730,752,394円
        分配準備積立金額                      1,900,696,721円                1,564,179,432円
        当ファンドの分配対象収益額                      3,732,644,348円                4,296,197,478円
        当ファンドの期末残存口数                      2,442,267,958口                2,052,325,053口
        1万口当たり収益分配対象額                        15,283.51円                20,933.31円
        1万口当たり分配金額                          400.00円                500.00円
        収益分配金金額                        97,690,718円                102,616,252円
    (金融商品に関する注記)

     Ⅰ 金融商品の状況に関する注記
                                 当財務諸表対象期間
      1.金融商品に対する               当ファンドは証券投資信託として、有価証券等の金融商品への投資
        取組方針           を信託約款に定める「運用の基本方針」に基づき行っております。
      2.金融商品の内容お               当ファンドが保有した主な金融商品は、株式であります。当ファン
        よびそのリスク           ドが保有した金融商品には、株価変動リスク、金利変動リスク、信用
                    リスク、流動性のリスクがあります。
      3.金融商品に係るリ               当ファンドで投資対象とする金融商品に係るリスク管理体制は次の
        スク管理体制           とおりです。
                    (1)運用部門から独立したインベストメント・ダイレクターは、パ
                     フォーマンス評価担当部署から報告を受け、運用成果(パフォーマ
                     ンス)のモニターおよびリスク指標やリスク水準のチェックを行
                     い、必要があれば是正を求めます。更に、投資制限の管理を行いま
                     す。
                    (2)リスク管理部門は、投資制限遵守状況の管理等、運用状況の管
                     理・監督を行っています。
                                 54/104







                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項
                                   各計算期間末
      1.貸借対照表計上               貸借対照表計上額は期末の時価で計上しているため、その差額はあ
        額、時価およびそ           りません。
        の差額
      2.時価の算定方法              (1)有価証券
                      「重要な会計方針に係る事項に関する注記」に記載しておりま
                     す。
                    (2)有価証券以外の金融商品
                      有価証券以外の金融商品は、短期間で決済され、時価は帳簿価額
                     と近似していることから、当該金融商品の帳簿価額を時価としてお
                     ります。
      3.金融商品の時価等               金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がな
        に関する事項につ           い場合には合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の
        いての補足説明           算定においては、一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提
                    条件によった場合、当該価額が異なることもあります。
    (有価証券に関する注記)

      売買目的有価証券
                          第21期                    第22期
                      (2020年10月28日現在)                    (2021年10月28日現在)
           種類
                  当計算期間の損益に含まれた評価差                    当計算期間の損益に含まれた評価差
                  額(円)                    額(円)
                               935,832,482                    712,261,603
      株式
                               935,832,482                    712,261,603
           合計
    (デリバティブ取引等に関する注記)

      該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

      該当事項はありません。
                                 55/104








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (4)【附属明細表】
      第1 有価証券明細表(2021年10月28日現在)
      (イ)株式
        通貨              銘柄             株式数     評価額単価       評価額金額       備考
      日本円       オリエンタル白石                       120,700       269.00      32,468,300
             熊谷組                       22,900      2,833.00       64,875,700
             ライト工業
                                    16,100      2,008.00       32,328,800
             日揮ホールディングス                       173,200      1,099.00       190,346,800
             インフロニア・ホールディングス                       78,400       937.00      73,460,800
             東洋エンジニアリング                       166,000       844.00      140,104,000
             第一稀元素化学工業                       85,200      1,446.00       123,199,200
             日本酸素ホールディングス                       57,800      2,684.00       155,135,200
             三菱ケミカルホールディングス                       55,600       944.20      52,497,520
             扶桑化学工業                       10,200      5,280.00       53,856,000
             I-ne                        9,000     4,370.00       39,330,000
             ヘリオス                       84,300      1,767.00       148,958,100
             東海カーボン                       81,900      1,480.00       121,212,000
             日本製鉄                       14,800      1,977.00       29,259,600
             東京製鐵                       162,200      1,279.00       207,453,800
             大和工業                       20,300      3,850.00       78,155,000
             エンビプロ・ホールディングス                       68,400      2,466.00       168,674,400
             住友金属鉱山                       19,400      4,427.00       85,883,800
             昭和電線ホールディングス
                                    106,200      2,166.00       230,029,200
             SUMCO                       36,500      2,206.00       80,519,000
             東京製綱                       47,500       880.00      41,800,000
             ヤマシンフィルタ                       17,600       665.00      11,704,000
             野村マイクロ・サイエンス                       32,400      4,935.00       159,894,000
             ローツェ                       12,800     10,840.00       138,752,000
             オルガノ                        5,100     7,060.00       36,006,000
             セガサミーホールディングス                       91,600      1,613.00       147,750,800
             日立造船
                                    221,100       879.00      194,346,900
             IHI                       71,000      2,672.00       189,712,000
             イビデン                       22,300      6,760.00       150,748,000
             日立製作所                       23,000      6,650.00       152,950,000
             ワコム                       213,500       737.00      157,349,500
             アルバック                       19,000      6,340.00       120,460,000
             アンリツ                       47,200      2,072.00       97,798,400
             ソニーグループ                       12,400     12,895.00       159,898,000
             ローム
                                     8,500     10,500.00        89,250,000
             トプコン                       72,500      1,982.00       143,695,000
             任天堂                        1,000     49,360.00        49,360,000
             商船三井                       20,900      6,540.00       136,686,000
             オプティム                        7,800     1,828.00       14,258,400
             クリーマ                        9,200     1,753.00       16,127,600
             Kaizen Platform                       34,000       914.00      31,076,000
             Appier Group                       49,700      1,210.00       60,137,000
             スパイダープラス
                                    15,600      1,924.00       30,014,400
             ビジョナル                        1,800     8,460.00       15,228,000
             セーフィー                       13,400      3,760.00       50,384,000
             ラクスル                        4,600     6,120.00       28,152,000
             メルカリ                        3,500     6,370.00       22,295,000
             ミンカブ・ジ・インフォノイド                       24,000      3,515.00       84,360,000
             Sansan                        3,300     13,200.00        43,560,000
             コナミホールディングス                       25,200      6,390.00       161,028,000
             ネクステージ
                                    57,600      2,102.00       121,075,200
             良品計画                       72,500      2,246.00       162,835,000
                                 56/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
             日本瓦斯                       41,600      1,355.00       56,368,000
             ウェルスナビ                       19,800      3,160.00       62,568,000
             ティーケーピー                       63,400      1,803.00       114,310,200
             アイティメディア                       23,700      2,299.00       54,486,300
             アウトソーシング
                                    109,300      2,157.00       235,760,100
             楽天グループ                       43,600      1,241.00       54,107,600
             ウェルビー                       12,500      1,646.00       20,575,000
             グッドパッチ                        5,500     3,050.00       16,775,000
             アドバンテッジリスクマネジメント                       25,000       928.00      23,200,000
             東祥                       43,600      1,876.00       81,793,600
             TREホールディングス                       106,800      1,779.00       189,997,200
             東京都競馬                       37,000      4,405.00       162,985,000
      小計
             銘柄数:                         64         6,199,364,420
             組入時価比率:                        99.3%              100.0%
      合計                                         6,199,364,420

    (注)比率は左より組入時価の純資産に対する比率、および各通貨計欄の合計金額に対する比率であります。
      (ロ)株式以外の有価証券

         該当事項はありません。
      第2 信用取引契約残高明細表

         該当事項はありません。
      第3 デリバティブ取引および為替予約取引の契約額等および時価の状況表

         該当事項はありません。
                                 57/104











                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    【純資産額計算書】
                                              (2021年11月30日現在)
                     種類                      金額           単位

                                           5,732,668,310
        Ⅰ 資産総額                                              円
                                             11,966,667
        Ⅱ 負債総額                                              円
        Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                   5,720,701,643
                                                      円
                                           2,030,585,021
        Ⅳ 発行済口数                                              口
        Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                       2.8173
                                                      円
                                 58/104
















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    1 名義書換

       当ファンドの受益権は、社振法に定める振替投資信託受益権の形態で発行されますので、名義書換

      手続はありませんが、その譲渡は以下の手続により行われます。
    (1)受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記

       載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
    (2)前記(1)の申請があった場合には、前記(1)の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保
       有する受益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口
       座簿に記載または記録するものとします。ただし、前記(1)の振替機関等が振替先口座を開設し
       たものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上
       位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記
       載または記録が行われるよう通知するものとします。
    (3)前記(1)の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記
       録されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる
       場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、
       振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
    2 受益者に対する特典

       ありません。

    3 受益証券の譲渡制限の内容

       当ファンドの受益権には、譲渡制限はありません。なお、受益権の譲渡は、振替口座簿への記載ま

      たは記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗することができません。
    4 その他内国投資信託受益証券事務の概要

    (1)受益権の再分割

        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を
       均等に再分割できます。
    (2)償還金
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
       以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定
       された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につ
       いては原則として取得申込者とします。)に支払います。
    (3)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
       い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、信託約款の規
       定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                 59/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

      ① 資本金の額(2021年11月末現在)

        資本金の額         2,218百万円
        会社が発行する株式の総数  70,000株
        発行済株式総数       56,265株
      ② 会社の意思決定機構

        取締役会は、会社の業務執行上重要な事項を決定し、その決議は、取締役の過半数が出席し、そ
       の出席取締役の過半数をもって行われます。
        取締役は、株主総会において選任され、任期は選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終の
       ものに関する定時株主総会の終結の時までとします。増員により、または補欠として選任された取
       締役の任期は、他の在任取締役の任期の満了する時までとします。
        また、取締役会は以下の事項(法令上取締役会の決議事項とされているものを除きます。)を決
       議または審議することを以下の機関に委任しています。
        (イ)業務執行にかかる重要な事項(リスク管理に関する事項を除きます。):経営委員会
        (ロ)リスク管理上の重要な事項:ビジネス・コントロール・コミッティ
      ③ 投資運用の意思決定機構

      (イ)株式運用本部
       (a)株式運用本部は、株式運用部、投資調査部、株式運用サポート室およびインベストメント・



         スチュワードシップ部で構成されます。
       (b)株式運用部では、運用業務遂行上必要と認められる諸会議の開催による運用戦略の方向性の
         決定等により投資判断を行います。なお、投資調査部のアナリストとの議論を通じ投資判断の
         際の参考とします。また、同部が行う国内外の株式の運用や海外関係会社に運用を委託してい
         る株式の運用等について、関係各部署と連携し、顧客、投資家、販売会社およびコンサルタン
         ト会社への商品内容説明、販売支援、新商品の企画立案等に関する事項を行います。
       (c)投資調査部に所属するアナリストは主に国内株式の分析を行い、その結果に基づき各銘柄に
         評価を付します。
       (d)株式運用サポート室は、運用実績の分析を行い、前記(b)の株式運用部にその結果を提供
         します。
       (e)インベストメント・スチュワードシップ部は、以下の業務を行います。
         1.スチュワードシップ活動(企業とのエンゲージメント、議決権行使等)を統括します。
         2.スチュワードシップ活動に関して、株式運用部、投資調査部への助言、サポートを行いま
          す。
         3.スチュワードシップ活動に関して、「JPモルガン・アセット・マネジメント」グループ
          の海外拠点との連携を行います。
                                 60/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (ロ)前記(イ)以外に為替ヘッジを行う場合は、クライアント・ビジネス本部のグローバル運用商
        品部およびグローバル債券商品部が為替ヘッジのための投資判断を行います。
      (ハ)インベストメント・ダイレクターは、コーポレート・ガバナンス活動に関して、株式運用本部
        への助言、サポートを行います。
     (注)前記(イ)、(ロ)および(ハ)の意思決定機構、組織名称等は、2021年11月末現在のものであり、今後変更と

       なる場合があります。
    2【事業の内容及び営業の概況】

       投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社として、証券投資信託の設定を行う

      とともに、金融商品取引法に定める金融商品取引業者として当該証券投資信託および投資一任契約に
      基づき委託された資産の運用(投資運用業)を行っています。また金融商品取引法に定める以下の業
      務を行っています。
       ・投資助言・代理業
       ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱いに関する第一種金融商品取引業
       ・有価証券の募集もしくは売出しの取扱いまたは私募の取扱い、および証券投資信託の募集また
         は私募に関する第二種金融商品取引業
       委託会社が設定・運用している投資信託は、2021年11月末現在以下のとおりです(親投資信託は本
      数のみ。)。
                                純資産額(百万円)
                          本数
                             64           780,829
         公募追加型株式投資信託
                             -              -
         公募単位型株式投資信託
                             -              -
         公募追加型債券投資信託
                             -              -
         公募単位型債券投資信託
                             66          5,275,804
         私募投資信託
                            130           6,056,633
         総合計
                             55              -
         親投資信託
        (注)百万円未満は四捨五入
                                 61/104










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
       1.委託会社であるJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」という。)の

        財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59
        号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等
        に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号。以下「金融商品取引業等に関する内閣府令」と
        いう。)に基づいて作成しております。
         また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
        (昭和52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条及び第57条に基づき、「金融商品取引業等に関
        する内閣府令」に基づいて作成しております。
         なお、財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しておりま
        す。
       2.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第31期事業年度(2020年4月1

        日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を
        受けております。
         また、第32期中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の中間財務諸表につい
        ては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、PwCあらた有限責任監査法人によ
        る中間監査を受けております。
                                 62/104













                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 第30期                 第31期
                             (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     15,043,754                 18,142,958
       現金及び預金
                                       22,555                 21,674
       前払費用
                                       37,718                  8,485
       未収入金
                                     1,716,518                 2,100,011
       未収委託者報酬
                                     1,488,866                 2,599,647
       未収収益
                                     2,800,000                 1,700,000
       関係会社短期貸付金
                                         965                4,938
       その他
                                     21,110,379                 24,577,716
       流動資産合計
      固定資産
       有形固定資産
                                       22,517                 21,892
         器具備品
                                      △7,082                △12,845
         器具備品減価償却累計額
                                       15,435                  9,046
         有形固定資産計
       投資その他の資産
                                       60,000                 60,000
         関係会社株式
                                       96,312                192,744
         投資有価証券
                                       97,415                 83,967
         敷金保証金
                                      111,558                 150,945
         前払年金費用
                                         -              393,031
         繰延税金資産
                                       10,438                  8,754
         その他
                                      375,723                 889,443
         投資その他の資産合計
                                      391,159                 898,490
       固定資産合計
                                     21,501,539                 25,476,207
      資産合計
                                 63/104









                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                                 第30期                 第31期
                             (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                      126,790                 152,810
       預り金
                                     1,356,914                 1,657,429
       未払金
                                      819,678                 969,445
         未払手数料
                                      537,235                 687,983
         その他未払金
                                      453,324                 513,505
       未払費用
                                      393,642                1,604,718
       未払法人税等
                                      566,403                 852,844
       賞与引当金
                                       46,164                 66,485
       役員賞与引当金
                                     2,943,239                 4,847,794
       流動負債合計
      固定負債
                                      248,016                 230,152
       長期未払金
                                      319,062                 468,136
       賞与引当金
                                      122,076                 132,202
       役員賞与引当金
                                       34,159                   -
       繰延税金負債
                                      723,315                 830,491
       固定負債合計
                                     3,666,554                 5,678,285
      負債合計
     純資産の部

      株主資本
                                     2,218,000                 2,218,000
       資本金
       資本剰余金
                                     1,000,000                 1,000,000
         資本準備金
                                     1,000,000                 1,000,000
         資本剰余金合計
       利益剰余金
                                       33,676                 33,676
         利益準備金
         その他利益剰余金
                                     14,583,253                 16,546,042
          繰越利益剰余金
                                     14,616,930                 16,579,718
         利益剰余金合計
                                     17,834,930                 19,797,718
       株主資本合計
      評価・換算差額等
                                         54                202
       その他有価証券評価差額金
                                         54                202
       評価・換算差額等合計
                                     17,834,985                 19,797,921
      純資産合計
                                     21,501,539                 25,476,207
      負債・純資産合計
                                 64/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 第30期                 第31期
                             (自2019年4月1日                 (自2020年4月1日
                              至2020年3月31日)                 至2021年3月31日)
     営業収益
                                     11,978,587                 11,210,022
      委託者報酬
                                     6,385,101                 9,990,252
      運用受託報酬
                                     1,979,026                 1,781,474
      業務受託報酬
                                      103,415                  93,012
      その他営業収益
      営業収益合計                              20,446,131                 23,074,762
     営業費用
                                     6,356,526                 5,711,697
      支払手数料
                                      142,371                  92,591
      広告宣伝費
                                     1,647,780                 1,989,635
      調査費
                                     1,353,529                 1,704,125
       委託調査費
                                      276,173                 267,484
       調査費
                                       18,077                 18,025
       図書費
                                      273,937                 279,663
      委託計算費
                                      207,406                 202,218
      営業雑経費
                                       11,047                 12,892
       通信費
                                      161,123                 147,956
       印刷費
                                       32,570                 41,369
       協会費
                                        2,664                   -
       諸会費
      営業費用合計                               8,628,022                 8,275,806
     一般管理費
                                     4,697,592                 5,189,294
      給料
                                      271,615                 282,890
       役員報酬及び賞与
                                     3,032,042                 2,896,911
       給料・手当
                                      762,778                 867,658
       賞与
                                      556,677                1,070,437
       賞与引当金繰入額
                                       74,478                 71,396
       役員賞与引当金繰入額
                                      359,980                 376,875
      福利厚生費
                                       22,481                 12,096
      交際費
                                       16,498                 16,761
      寄付金
                                      142,717                   687
      旅費交通費
                                      125,827                 171,713
      租税公課
                                     1,136,155                 1,071,717
      不動産関連費用
                                      215,714                 195,441
      退職給付費用
                                       93,567                215,744
      退職金
                                       25,049                 19,208
      消耗器具備品費
                                      210,452                 246,791
      事務委託費
                                     1,946,956                 2,096,413
      関係会社等配賦経費
                                        7,082                 6,092
      減価償却費
                                       84,678                 70,894
      諸経費
                                     9,084,753                 9,689,732
      一般管理費合計
                                     2,733,355                 5,109,223
     営業利益
                                 65/104


                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                                 第30期                 第31期
                             (自2019年4月1日                 (自2020年4月1日
                              至2020年3月31日)                 至2021年3月31日)
     営業外収益
                       ※1               421,000                 352,360
      受取配当金
                                         536                 268
      投資有価証券売却益
                       ※1                12,991                  8,463
      受取利息
                                         -               27,896
      為替差益
                                       21,032                   326
      その他営業外収益
                                      455,561                 389,316
      営業外収益合計
     営業外費用
                                          0                -
      投資有価証券売却損
                                       12,975                   -
      為替差損
                                       11,795                   -
      事務処理損失
                                         -               2,756
      その他営業外費用
                                       24,771                  2,756
      営業外費用合計
                                     3,164,145                 5,495,782
     経常利益
                                     3,164,145                 5,495,782
     税引前当期純利益
                                      914,672                1,960,274
     法人税、住民税及び事業税
                                       34,159               △427,280
     法人税等調整額
                                      948,831                1,532,993
     法人税等合計
                                     2,215,313                 3,962,788
     当期純利益
                                 66/104











                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
       第30期(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本

                        資本剰余金                 利益剰余金

                                        その他利益

                                                       株主資本
               資本金                           剰余金
                           資本剰余金                    利益剰余金         合計
                    資本準備金             利益準備金
                             合計                    合計
                                         繰越利益
                                         剰余金
              2,218,000      1,000,000       1,000,000        33,676     15,367,939       15,401,616       18,619,616

     当期首残高
     当期変動額

                  -      -       -      -  △3,000,000       △3,000,000       △3,000,000

      剰余金の配当
                  -      -       -      -   2,215,313       2,215,313       2,215,313

      当期純利益
      株主資本以外

      の項目の当期            -      -       -      -       -       -       -
      変動額(純額)
                  -      -       -      -   △784,686       △784,686       △784,686

     当期変動額合計
              2,218,000      1,000,000       1,000,000        33,676     14,583,253       14,616,930       17,834,930

     当期末残高
                評価・換算差額等

               その他有       評価・換      純資産合計

               価証券評       算差額等
               価差額金        合計
                   △2       △2   18,619,613

     当期首残高
     当期変動額

                   -       -  △3,000,000

      剰余金の配当
                   -       -   2,215,313

      当期純利益
      株主資本以外

      の項目の当期             57       57       57
      変動額(純額)
                   57       57   △784,628

     当期変動額合計
                   54       54  17,834,985

     当期末残高
                                 67/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本

                        資本剰余金                 利益剰余金

                                        その他利益

                                                       株主資本
               資本金                           剰余金
                           資本剰余金                    利益剰余金         合計
                    資本準備金             利益準備金
                             合計                    合計
                                         繰越利益
                                         剰余金
              2,218,000      1,000,000       1,000,000        33,676     14,583,253       14,616,930       17,834,930

     当期首残高
     当期変動額

                  -      -       -      -  △2,000,000       △2,000,000       △2,000,000

      剰余金の配当
                  -      -       -      -   3,962,788       3,962,788       3,962,788

      当期純利益
      株主資本以外

      の項目の当期            -      -       -      -       -       -       -
      変動額(純額)
                  -      -       -      -   1,962,788       1,962,788       1,962,788

     当期変動額合計
              2,218,000      1,000,000       1,000,000        33,676     16,546,042       16,579,718       19,797,718

     当期末残高
                評価・換算差額等

               その他有       評価・換      純資産合計

               価証券評       算差額等
               価差額金        合計
                   54       54  17,834,985

     当期首残高
     当期変動額

                   -       -  △2,000,000

      剰余金の配当
                   -       -   3,962,788

      当期純利益
      株主資本以外

      の項目の当期            147       147       147
      変動額(純額)
                   147       147   1,962,936

     当期変動額合計
                   202       202   19,797,921

     当期末残高
                                 68/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)関係会社株式
       移動平均法による原価法を採用しております。
      (2)その他有価証券

       時価のあるもの
        期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
       動平均法により算定)を採用しております。
       時価のないもの
        移動平均法による原価法を採用しております。
    2.引当金の計上基準

      (1)賞与引当金
        従業員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度に帰属する額を計上しております。
      (2)役員賞与引当金

        役員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度に帰属する額を計上しております。
      (3)退職給付引当金

        従業員に対する退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務と年金資産の見込額
       に基づき退職給付引当金を計上しております。ただし、当事業年度末においては、年金資産の額
       が、退職給付債務に未認識数理計算上の差異等を加減した額を超過するため、資産の部に前払年金
       費用を計上しております。
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法につ
       いては、期間定額基準によっております。
        過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8
       年)による定額法により、発生した事業年度から費用処理しております。
        数理計算上の差異は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8年)
       による定額法により按分額を、それぞれ発生した翌事業年度から費用処理することとしておりま
       す。
    3.固定資産の減価償却の方法

       有形固定資産
        定率法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        器具備品 5年
    4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 69/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計上の見積りに関する注記
     当事業年度の財務諸表等の作成にあたって行った会計上の見積りが当事業年度の翌事業年度の財務諸
    表等に重要な影響を及ぼすリスクを識別していないため、注記を省略しております。
    未適用の会計基準等

    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
    「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
    (1)概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されま
      す。
      ステップ1:顧客との契約を識別する。
      ステップ2:契約における履行義務を識別する。
      ステップ3:取引価格を算定する。
      ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
      ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 70/104












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (貸借対照表関係)
    関係会社に対する資産及び負債
                第30期                            第31期
             (2020年3月31日)                            (2021年3月31日)
     関係会社に対する資産および負債には区分掲記さ                            関係会社に対する資産および負債には区分掲記さ
     れたもの以外に注記すべき事項はありません。                            れたもの以外に注記すべき事項はありません。
    (損益計算書関係)

    ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                 第30期                 第31期
                            (自2019年4月1日                 (自2020年4月1日
                              至2020年3月31日)                 至2021年3月31日)
     関係会社からの受取利息                               12,991千円                 8,463千円
     関係会社からの受取配当金                               421,000千円                 344,000千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    第30期(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首             当事業年度           当事業年度           当事業年度末
                  株式数          増加株式数           減少株式数             株式数
     発行済株式

                     56,265              -           -         56,265

      普通株式
                     56,265              -           -         56,265

        合計
    2.配当に関する事項

    配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)
               株式の種類                             基準日        効力発生日
                        (千円)          (円)
     2019年7月25日

                        3,000,000            53,319
               普通株式                           2019年7月31日          2019年8月1日
     臨時株主総会
                                 71/104







                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首             当事業年度           当事業年度           当事業年度末

                  株式数          増加株式数           減少株式数             株式数
     発行済株式

                     56,265              -           -         56,265

      普通株式
                     56,265              -           -         56,265

        合計
    2.配当に関する事項

    配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)
               株式の種類                             基準日        効力発生日
                        (千円)          (円)
     2020年6月23日

                        2,000,000            35,546
               普通株式                           2020年3月31日          2020年6月26日
     定時株主総会
    (リース取引関係)

                第30期                            第31期

            (自2019年4月1日                            (自2020年4月1日
             至2020年3月31日)                            至2021年3月31日)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能の                            該当事項はありません。

     ものに係る未経過リース料は以下のとおりであり
     ます。
       1年以内                20,201    千円

       1年超                  - 千円
       合計                20,201    千円
                                 72/104










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
      (1)金融商品の状況に関する事項
       ① 金融商品に対する取組方針
         自社が設定する投資信託やグループ会社が運用する投資信託について、その設定時に運用上十
        分な信託財産があることが見込めない場合に、「シードキャピタル」として当該投資信託を自己
        資金により取得することがあります。
         当社は、営業活動援助のため、子会社であるJPMAMジャパン・ケイマン・ファンド・リミテッ
        ドへの短期貸付を行っております。
       ② 金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権のうち、自社が設定・運用する投資信託から受領する未収委託者報酬、及び未収収益
        のうち国内年金基金等から受領する債権については信託銀行により分別管理されている信託財産
        から回収され、一般債権とは異なり、信用リスクは極めて低いと認識しております。海外グルー
        プ会社に対する未収収益は未払費用と部分的に相殺され、信用リスクが軽減されております。ま
        た、外貨建て債権の未収収益については為替の変動リスクに晒されておりますが、外貨建て債務
        と部分的に相殺され、為替変動リスクが軽減されております。
         営業債務である未払金は基本的に3ヶ月以内の支払い期日であり、未払手数料、及び未払費用
        についてはそのほとんどが6ヶ月以内の支払い期日であります。一部外貨建てのものについて
        は、為替の変動リスクに晒されておりますが、上述の通り外貨建て債権と部分的に相殺され、リ
        スクが軽減されております。
         関係会社に対し短期貸付を行っており、関係会社短期貸付金は貸出先の信用リスクに晒されて
        おります。関係会社短期貸付金は、3ヶ月の期日であり、金利の変動リスクは僅少です。
         投資有価証券のうち、上述のシードキャピタルは、市場価格の変動リスクに晒されておりま
        す。
         敷金保証金は建物等の賃貸契約に関連する保証金であり、差入先の信用リスクに晒されており
        ます。
       ③ 金融商品に係るリスク管理体制

       (ⅰ)信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          営業債権のうち、海外グループ会社に対する未収収益は担当部署が各関係会社ごとに期日及
         び残高を定期的に管理し、回収懸念の早期把握を図っております。
          関係会社短期貸付金は、子会社であるJPMAMジャパン・ケイマン・ファンド・リミテッドの
         営業活動から得られるキャッシュ・フローをモニタリングしており、貸倒や回収遅延の懸念は
         ほぼないと認識しております。
       (ⅱ)市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          外貨建ての営業債権債務のうち、大半を占める米国ドル建ての債権債務に対しての為替変動
         リスクについては担当部署が月次でモニタリングしており、債権もしくは債務の超過に対して
         米国ドル建て預金と円建て預金との間で資金移動をして為替変動リスクの軽減に努めておりま
         す。
       (ⅲ)資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          各部署からの報告に基づき担当部署が適宜資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動
         性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
                                 73/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)金融商品の時価等に関する事項
        ① 貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、金額
         的重要性が低いと判断するものは次表には含めておりません。また、時価を把握することが極
         めて困難と認められるものは次表には含めておりません((注2)参照)。
       第30期(2020年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                            貸借対照表計上額              時価           差額

                               15,043,754           15,043,754                -

       (1)現金及び預金
                                1,716,518           1,716,518               -

       (2)未収委託者報酬
                                1,488,866           1,488,866               -

       (3)未収収益
                                2,800,000           2,800,000               -

       (4)関係会社短期貸付金
                               21,049,139           21,049,139                -

         資産計
                                 819,678           819,678              -

       (1)未払手数料
                                 537,235           537,235              -

       (2)その他未払金
                                 453,324           453,324              -

       (3)未払費用
                                 248,016           248,016              -

       (4)長期未払金
                                2,058,255           2,058,255               -

         負債計
      (注1)金融商品の時価算定方法

       資産
       (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収収益及び(4)関係会社短期貸付金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       負債
       (1)未払手数料、(2)その他未払金、及び(3)未払費用
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (4)長期未払金
         長期未払金の時価については、当該未払金の支払までの期間を基にリスクフリーレートで割り
        引いた現在価値により算定しており、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
        よっております。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                   (単位:千円)
                                貸借対照表計上額
                                       60,000
       関係会社株式
       投資有価証券(合同会社出資金)                               92,737
        上記の関係会社株式及び投資有価証券(合同会社出資金)については、市場価格がなく、かつ、
       将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められ
       るものであるため、上表に含めておりません。
                                 74/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       第31期(2021年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                            貸借対照表計上額              時価           差額

                               18,142,958           18,142,958                -

       (1)現金及び預金
                                2,100,011           2,100,011               -

       (2)未収委託者報酬
                                2,599,647           2,599,647               -

       (3)未収収益
                                1,700,000           1,700,000               -

       (4)関係会社短期貸付金
                               24,542,617           24,542,617                -

         資産計
                                 969,445           969,445              -

       (1)未払手数料
                                 687,983           687,983              -

       (2)その他未払金
                                 513,505           513,505              -

       (3)未払費用
                                 230,152           230,152              -

       (4)長期未払金
                                2,401,087           2,401,087               -

         負債計
      (注1)金融商品の時価算定方法

       資産
       (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収収益及び(4)関係会社短期貸付金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       負債
       (1)未払手数料、(2)その他未払金、及び(3)未払費用
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
       (4)長期未払金
         長期未払金の時価については、当該未払金の支払までの期間を基にリスクフリーレートで割り
        引いた現在価値により算定しており、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
        よっております。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                   (単位:千円)
                                貸借対照表計上額
                                       60,000
       関係会社株式
       投資有価証券(合同会社出資金)                               188,432
        上記の関係会社株式及び投資有価証券(合同会社出資金)については、市場価格がなく、かつ、

       将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められ
       るものであるため、上表に含めておりません。
                                 75/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ② 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定さ
        れた価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異な
        る前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
       (3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       第30期(2020年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                  5年以内         10年以内
                          15,043,754              -         -         -

       現金及び預金
                          1,716,518             -         -         -

       未収委託者報酬
                          1,488,866             -         -         -

       未収収益
                          2,800,000             -         -         -

       関係会社短期貸付金
                          21,049,139              -         -         -

              合計
       第31期(2021年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                  5年以内         10年以内
                          18,142,958              -         -         -

       現金及び預金
                          2,100,011             -         -         -

       未収委託者報酬
                          2,599,647             -         -         -

       未収収益
                          1,700,000             -         -         -

       関係会社短期貸付金
                          24,542,617              -         -         -

              合計
                                 76/104









                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)
    1.関係会社株式
     関係会社株式 (第30期の貸借対照表計上額は60,000千円、第31期の貸借対照表計上額は60,000千
    円)については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものであることから、
    記載しておりません。
    2.その他有価証券

    第30期(2020年3月31日)
     投資有価証券(合同会社出資金) (貸借対照表計上額 92,737千円)については市場価格がなく、
    時価を把握することが極めて困難と認められるものであることから、次表には記載しておりません。
                                                   (単位:千円)
                     種類      貸借対照表計上額             取得原価            差額

     貸借対照表計上額が取              その他

                                 3,557           3,500             57
     得原価を超えるもの               投資信託
     貸借対照表計上額が取              その他

                                   17           20          △2
     得原価を超えないもの               投資信託
                                 3,574           3,520             54

               合計
    第31期(2021年3月31日)

     投資有価証券(合同会社出資金) (貸借対照表計上額 188,432千円)については市場価格がな
    く、時価を把握することが極めて困難と認められるものであることから、次表には記載しておりませ
    ん。
                                                   (単位:千円)
                     種類      貸借対照表計上額             取得原価            差額

     貸借対照表計上額が取              その他

                                 4,312           4,020            292
     得原価を超えるもの               投資信託
                                 4,312           4,020            292

               合計
    3.当事業年度中に売却したその他有価証券

    第30期(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
                                                   (単位:千円)
          種類             売却額           売却益の合計額              売却損の合計額

      その他

                           22,546                536               0
       投資信託
    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)

                                                   (単位:千円)
          種類             売却額           売却益の合計額              売却損の合計額

      その他

                            3,768               268              -
       投資信託
                                 77/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は確定拠出型年金制度、及びキャッシュバランス型年金制度を採用しております。
    2.キャッシュバランス型年金制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                        第30期            第31期
                                     (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
       退職給付債務の期首残高                                   1,510,256            1,395,783
        勤務費用                                   179,190            167,249
        利息費用                                    4,531            6,979
        数理計算上の差異の発生額                                  △218,537              53,192
        退職給付の支払額
                                          △79,657            △158,789
       退職給付債務の期末残高                                   1,395,783            1,464,414
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                        第30期            第31期
                                     (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
       年金資産の期首残高                                   1,739,834            1,604,595
        期待運用収益                                    8,699            8,023
        数理計算上の差異の発生額                                  △233,361             149,600
        事業主からの拠出額                                   169,080            173,332
        退職給付の支払額                                  △79,657            △158,789
       年金資産の期末残高                                   1,604,595            1,776,761
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費

        用の調整表
                                        第30期            第31期
                                     (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
       積立型制度の退職給付債務                                   1,395,783            1,464,414
       年金資産                                  △1,604,595            △1,776,761
                                          △208,812            △312,347
       未認識数理計算上の差異                                     97,254            161,402
       未認識過去勤務費用                                       -            -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   △111,558            △150,945
       前払年金費用                                   △111,558            △150,945
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   △111,558            △150,945
                                 78/104






                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                        第30期            第31期
                                    (自2019年4月1日            (自2020年4月1日
                                     至2020年3月31日)            至2021年3月31日)
                                          (千円)            (千円)
        勤務費用                                   179,190            167,249
        利息費用                                    4,531            6,979
        期待運用収益
                                           △8,699            △8,023
        数理計算上の差異の費用処理額                                  △28,600            △32,260
        過去勤務債務の費用処理額                                      -            -
        その他(注1)                                    3,412            1,303
       キャッシュバランス型年金制度に係る退職給付費用(注2)                                    149,834            135,248
      (注1)その他の金額は、主に当社への出向者分の退職給付費用であります。
      (注2)当社からの出向者分の退職給付費用は、上記金額に含まれておりません。
      (5)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                        第30期            第31期
                                     (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
          債券                                  52%            13%
          現金及び預金                                  48%            87%
          合計                                  100%            100%
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金
        資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

                                        第30期            第31期
                                     (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
        主要な数理計算上の計算基礎
        割引率                                    0.3%            0.5%
        長期期待運用収益率                                    0.5%            0.5%
    3.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、第30期事業年度65,879千円、第31期事業年度60,193千円であ
      ります。
                                 79/104







                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     第30期              第31期
                                  (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
    繰延税金資産                                    (千円)              (千円)
      賞与引当金                                  259,768              391,656
      未払費用                                  104,842               82,101
      未払事業税                                  28,299              86,823
      長期前払費用                                  92,670              100,644
      減価償却超過額                                  146,254              146,344
                                         21,994               6,254
      その他
    繰延税金資産小計                                    653,827              813,822
      評価性引当額                                 △653,827              △374,481
    繰延税金資産合計                                       -            439,340
    繰延税金負債
                                         34,159             △46,309
    繰延税金負債合計
    繰延税金資産又は繰延税金負債(△)の純額                                    △34,159               393,031
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異

       の原因となった主要な項目別の内訳
                                  第30期                 第31期
                               (2020年3月31日)                 (2021年3月31日)
                             法定実効税率と税効果会計適
     法定実効税率                                                   30.62%
                             用後の法人税等の負担率との
       (調整)
                             間の差異が法定実効税率の
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                                 1.85%
                             100分の5以下であるため注
       評価性引当額                                                △4.81%
                             記を省略しております。
       住民税等均等割                                                 0.08%
       過年度法人税等                                                 0.16%
                                                       △0.01%
       その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                                   27.90%
                                 80/104








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)
    セグメント情報
     当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    関連情報

    第30期(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
    1.サービスごとの情報

                                                     (単位:千円)
                          投資一任及び
                投資信託委託業務                   業務受託報酬          その他         合計
                          投資助言業務
     外部顧客への売上高              11,978,587         6,385,101         1,979,026          103,415       20,446,131

    2.地域ごとの情報

    営業収益
                                                   (単位:千円)
         日本           英国           香港          その他            合計
        13,049,154            2,454,420           2,828,014           2,114,541          20,446,131

    (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
              顧客の名称                     営業収益            関連するセグメント

     JPMorgan     Asset    Management       (UK)   Limited              2,448,851

                                                 資産運用業
     JPMorgan     Asset    Management       (Asia    Pacific)

                                      2,738,452
                                                 資産運用業
     Limited
                                 81/104










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
    1.サービスごとの情報

                                                     (単位:千円)
                          投資一任及び
                投資信託委託業務                   業務受託報酬          その他         合計
                          投資助言業務
     外部顧客への売上高              11,210,022         9,990,252         1,781,474          93,012       23,074,762

    2.地域ごとの情報

    営業収益
                                                   (単位:千円)
         日本           英国           香港          その他            合計

        12,799,203            4,977,728           3,394,022           1,903,807          23,074,762

    (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
              顧客の名称                     営業収益            関連するセグメント
     JPMorgan     Asset    Management       (UK)   Limited              4,966,592

                                                 資産運用業
     JPMorgan     Asset    Management       (Asia    Pacific)

                                      3,333,286
                                                 資産運用業
     Limited
                                 82/104












                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)
    1.関連当事者との取引
    第30期(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
    親会社
                               議決権等
                                              取引金額          期末残高
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称        所在地                                  科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                              (千円)          (千円)
                               有)割合
         JPモルガン・
                               被所有
         チェース・ホー         米国
                       212,773
                                間接
     親会社                      持株会社         人件費の立替                未払金
                                           -      -       396,378
         ルディングス・       ニューヨーク
                      百万米ドル
                                100%
         エルエルシー
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        当社の役職員への賞与の支払いの一部はJPモルガン・チェース・ホールディングス・エルエル
        シー(以下、「親会社」という。)により行われております。これらの費用は親会社より当社に
        請求されるものであり、未払いの金額については親会社に対する債務として処理しております。
    子会社

                              議決権等
                                             取引金額          期末残高
                     資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称       所在地                                   科目
                     は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                             (千円)          (千円)
                              有)割合
                                        資金の貸付
                                             13,000,000
                                         (注)
                                                   関係会社
                                                       2,800,000
         JPMAMジャパ                 外国投資
                                                  短期貸付金
               英国領
                                        資金の回収
                                             14,101,000
                               所有
         ン・ケイマ                 信託の管         資金の貸借等
               ケイマン諸島
                               直接
     子会社    ン・ファン            3,500千円     理会社と         及び役員の兼
               グランドケイ
         ド・リミテッ                 しての業         任
                               100%
                                         受取利息          未収収益
                                               12,991           28
               マン
         ド                  務
                                        配当の受取
                                              421,000      -      -
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件
        は期間3ヶ月であります。なお、担保は受け入れておりません。
    兄弟会社等

                               議決権等
                                              取引金額          期末残高
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称        所在地                                  科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                              (千円)          (千円)
                               有)割合
     最終的な
         JPMorgan    Asset
     親会社が             英国     24百万             投資の助言ま
         Management
                          投資運用業      なし          調査費         未払費用
                                              941,829          249,973
     同一であ            ロンドン      ポンド             たは投資一任
         (UK)  Limited
     る会社
         JPMorgan    Asset
     最終的な
         Management
     親会社が             香港     60百万             投資の助言ま      運用受託
                          投資運用業      なし                   未収収益
                                             2,652,034          781,020
         (Asia   Pacific)
     同一であ            セントラル      香港ドル             たは投資一任       報酬
     る会社
         Limited
    (注1)取引金額および期末残高には、消費税等は含まれておりません。
    (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
         運用受託報酬及び調査費に関しては、運用の再委託の一般的な手数料率を勘案し、協議の上、
         再委託契約を結んで行っております。
                                 83/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第31期(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
    親会社
                               議決権等
                                              取引金額          期末残高
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称        所在地                                  科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                              (千円)          (千円)
                               有)割合
         JPモルガン・
                               被所有
         チェース・ホー         米国
                       213,649
                                間接
     親会社                      持株会社         人件費の立替                未払金
                                           -      -       391,741
         ルディングス・       ニューヨーク
                      百万米ドル
                                100%
         エルエルシー
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        当社の役職員への賞与の支払いの一部はJPモルガン・チェース・ホールディングス・エルエル
        シー(以下、「親会社」という。)により行われております。これらの費用は親会社より当社に
        請求されるものであり、未払いの金額については親会社に対する債務として処理しております。
    子会社

                              議決権等
                                             取引金額          期末残高
                     資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称       所在地                                   科目
                     は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                             (千円)          (千円)
                              有)割合
                                        資金の貸付
                                             8,000,000
                                         (注)
                                                   関係会社
                                                       1,700,000
         JPMAMジャパ                 外国投資
                                                  短期貸付金
               英国領
                                        資金の回収
                                             9,100,000
                               所有
         ン・ケイマ                 信託の管         資金の貸借等
               ケイマン諸島
                               直接
     子会社    ン・ファン            3,500千円     理会社と         及び役員の兼
               グランドケイ
         ド・リミテッ                 しての業         任
                               100%
                                         受取利息          未収収益
                                               8,463           17
               マン
         ド                  務
                                        配当の受取
                                              344,000      -      -
    (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件
        は期間3ヶ月であります。なお、担保は受け入れておりません。
    兄弟会社等

                               議決権等
                                              取引金額          期末残高
                      資本金又     事業の    の所有    関連当事者      取引の
      種類    会社等の名称        所在地                                  科目
                      は出資金     内容    (被所     との関係      内容
                                              (千円)          (千円)
                               有)割合
                                          運用受託
     最終的な
                                                   未収収益
                                             4,733,256          790,138
         JPMorgan    Asset
                                          報酬
     親会社が             英国     24百万             投資の助言ま
         Management
                          投資運用業      なし
     同一であ            ロンドン      ポンド             たは投資一任
         (UK)  Limited
                                          調査費         未払費用
                                              994,861          299,344
     る会社
         JPMorgan    Asset
     最終的な
         Management
     親会社が             香港     60百万             投資の助言ま      運用受託
                          投資運用業      なし                   未収収益
                                             3,325,196          968,603
     同一であ    (Asia   Pacific)     セントラル      香港ドル             たは投資一任       報酬
     る会社
         Limited
    (注1)取引金額および期末残高には、消費税等は含まれておりません。
    (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
         運用受託報酬及び調査費に関しては、運用の再委託の一般的な手数料率を勘案し、協議の上、
         再委託契約を結んで行っております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       親会社情報
       直接親会社   JPモルガン・アセット・マネジメント(アジア)インク(非上場)
       最終的な親会社 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(ニューヨーク証券取引所、ロン
                ドン証券取引所に上場)
                                 84/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)
                                      第30期             第31期
                                   (自2019年4月1日             (自2020年4月1日
                                    至2020年3月31日)             至2021年3月31日)
    1株当たり純資産額                                   316,981.87円             351,869.22円
    1株当たり当期純利益                                   39,372.85円             70,430.80円
     なお、当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していな
    いため記載しておりません。
    1株当たりの当期純利益の算定上の基礎

                                      第30期             第31期
                                   (自2019年4月1日             (自2020年4月1日
                                    至2020年3月31日)             至2021年3月31日)
    損益計算書上の当期純利益                                  2,215,313千円             3,962,788千円
    普通株主に帰属しない金額                                        -             -
    普通株式に係る当期純利益                                  2,215,313千円             3,962,788千円
    普通株式の期中平均株式数                                     56,265株             56,265株
                                 85/104















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表
    (1)中間貸借対照表
                                   (単位:千円)
                             第32期中間会計期間末
                             (2021年9月30日)
     資産の部
      流動資産
                                     15,721,923
       現金及び預金
                                       52,263
       前払費用
                                       11,355
       未収入金
                                     2,203,738
       未収委託者報酬
                                     1,177,534
       未収収益
                                     1,300,000
       関係会社短期貸付金
                                         523
       その他
                                     20,467,339
       流動資産計
      固定資産
       有形固定資産
                                       21,892
         器具備品
                                      △14,611
         器具備品減価償却累計額
                                        7,280
         有形固定資産計
       投資その他の資産
                                       60,000
         関係会社株式
                                     2,374,266
         投資有価証券
                                       79,904
         敷金保証金
                                      169,571
         前払年金費用
                                      570,456
         繰延税金資産
                                        7,428
         その他
                                     3,261,628
         投資その他の資産計
                                     3,268,909
       固定資産計
                                     23,736,248
      資産合計
                                 86/104








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                   (単位:千円)
                             第32期中間会計期間末
                             (2021年9月30日)
     負債の部
      流動負債
                                       54,174
       預り金
                                     1,424,478
       未払金
                                     1,013,646
         未払手数料
                       ※1               410,831
         その他未払金
                                      308,745
       未払費用
                                     1,105,859
       未払法人税等
                                     1,428,497
       賞与引当金
                                       66,485
       役員賞与引当金
                                     4,388,240
       流動負債計
      固定負債
                                      231,989
       長期未払金
                                      779,306
       賞与引当金
                                      191,973
       役員賞与引当金
                                     1,203,269
       固定負債計
                                     5,591,510
      負債合計
     純資産の部

      株主資本
                                     2,218,000
       資本金
       資本剰余金
                                     1,000,000
         資本準備金
                                     1,000,000
         資本剰余金合計
       利益剰余金
                                       33,676
         利益準備金
         その他利益剰余金
                                     14,923,033
          繰越利益剰余金
                                     14,956,710
         利益剰余金合計
                                     18,174,710
       株主資本合計
      評価・換算差額等
                                      △29,972
       その他有価証券評価差額金
                                      △29,972
       評価・換算差額等合計
                                     18,144,738
      純資産合計
                                     23,736,248
      負債・純資産合計
                                 87/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)中間損益計算書
                                   (単位:千円)
                             第32期中間会計期間
                             (自2021年4月1日
                              至2021年9月30日)
     営業収益
      委託者報酬                               6,037,156
      運用受託報酬                               3,863,147
      業務受託報酬                               1,131,821
      その他                                 61,529
      営業収益計
                                     11,093,654
     営業費用
      支払手数料                               3,029,303
      調査費                               1,034,778
      その他営業費用                                275,599
      営業費用計
                                     4,339,682
     一般管理費                  ※1              4,620,743
     営業利益
                                     2,133,228
     営業外収益                  ※2
                                       19,919
     営業外費用                  ※3                10,580
     経常利益
                                     2,142,567
     税引前中間純利益
                                     2,142,567
     法人税、住民税及び事業税
                                     1,029,684
     法人税等調整額                                △164,108
     法人税等合計
                                      865,576
     中間純利益
                                     1,276,991
                                 88/104










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (重要な会計方針)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法

      (1)関係会社株式
       移動平均法による原価法を採用しております。
      (2)その他有価証券

       市場価格のない株式等以外のもの
        中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価
       は移動平均法により算定)を採用しております。
       市場価格のない株式等
        移動平均法による原価法を採用しております。
    2.引当金の計上基準

      (1)賞与引当金
        従業員に対する賞与の支給に備えるため、当中間会計期間に帰属する額を計上しております。
      (2)役員賞与引当金

        役員に対する賞与の支給に備えるため、当中間会計期間に帰属する額を計上しております。
      (3)退職給付引当金

        従業員に対する退職給付に備えるため、当中間期末における退職給付債務と年金資産の見込額に
       基づき退職給付引当金を計上しております。ただし、当中間期末においては、年金資産の額が、退
       職給付債務に未認識数理計算上の差異等を加減した額を超過するため、資産の部に前払年金費用を
       計上しております。
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間期末までの期間に帰属させる方法につい
       ては、期間定額基準によっております。
        過去勤務債務については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8
       年)による定額法により、発生した事業年度から費用処理しております。
        数理計算上の差異は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8年)
       による定額法により按分額を、それぞれ発生した翌事業年度から費用処理することとしておりま
       す。
    3.固定資産の減価償却の方法

       有形固定資産
        定率法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        器具備品 5年
                                 89/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4.収益及び費用の計上基準
       当社は、投資運用サービスから委託者報酬、運用受託報酬、業務受託報酬およびその他営業収益を
      稼得しております。これらには成功報酬が含まれる場合があります。
       委託者報酬:投資信託の信託約款に基づき日々の純資産価額に対する一定割合として認識され、当
      該報酬は投資信託の運用期間にわたり収益として認識しております。
       運用受託報酬:運用受託報酬は、対象顧客との投資一任契約等に基づき純資産価額に対する一定割
      合として認識され、当該報酬は対象口座の運用期間にわたり収益として認識しております。
       業務受託報酬およびその他営業収益:グループ会社から受領する収益は、当社のグループ会社との
      契約で定められた算式に基づき月次で認識され、当該報酬は当社がグループ会社にオフショアファン
      ド関連のサービス等を提供する期間にわたり収益として認識しております。
       成功報酬:成功報酬は対象となるファンドまたは口座の運用益に対する一定割合、もしくは特定の
      ベンチマークまたはその他のパフォーマンス目標を上回る超過運用益に対する一定割合として認識さ
      れます。当該報酬は契約上支払われることが確定した時点で収益として認識しております。
    5.その他中間財務諸表作成のための基礎となる事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    会計方針の変更

     「収益認識に関する会計基準」を当中間会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配
    が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識するこ
    とといたしました。これによる当期の財務諸表に与える影響はありません。
     「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」
    といいます。)等を当中間会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関す
    る会計基準」(企業会計基準第10号2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時
    価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしました。
                                 90/104










                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (中間貸借対照表関係)
            第32期中間会計期間末

             (2021年9月30日)
     ※1 消費税等の取扱い

        仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺の
       うえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債
       の「その他未払金」に含めて表示しておりま
       す。
    (中間損益計算書関係)

             第32期中間会計期間

            (自2021年4月1日
             至2021年9月30日)
     ※1 減価償却実施額

         有形固定資産                         1,766千円
     ※2 営業外収益のうち主要なもの
         受取配当金           12千円
         受取利息                           2,917千円
         雑益            16,990千円
     ※3 営業外費用のうち主要なもの
         為替差損          10,580千円
    (リース取引関係)

            第32期中間会計期間末

             (2021年9月30日)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能の

     ものに係る未経過リース料は以下のとおりであり
     ます。
       1年以内                   2,087千円

       1年超                   8,177千円
       合計                  10,265千円
                                 91/104








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    第32期中間会計期間末(2021年9月30日)
      ① 金融商品の時価等に関する事項
         2021年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとお
        りであります。なお、金額的重要性が低いと判断するものは次表には含めておりません。また、
        「市場価格のない株式等」は次表には含めておりません((注)2.参照)。
                                                   (単位:千円)
                            中間貸借対照表
                                          時価           差額
                               計上額
                                2,160,820           2,160,820               -
      投資有価証券
                                2,160,820           2,160,820               -
      資産計
                                 231,989           231,989              -
      長期未払金
                                 231,989           231,989              -
      負債計
       (注)1.時価と中間貸借対照表計上額との差額の表への記載を省略しているものとその理由

       資産

        「現金及び預金」「未収委託者報酬」「未収収益」「関係会社短期貸付金」
         これらは短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略
        しています。
       負債

        「未払手数料」「その他未払金」「未払費用」
         これらは短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略
        しています。
       (注)2.市場価格のない株式等

                                   (単位:千円)

                              中間貸借対照表計上額

                                       60,000

       関係会社株式
       投資有価証券(合同会社出資金)                               213,446

         上記の関係会社株式及び投資有価証券(合同会社出資金)については、市場価格のない株式等
        と認められるため、上表に含めておりません。
      ② 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用する
       ことにより、当該価額が変動することもあります。
                                 92/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③ 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
        金融商品の時価を、時価の算定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3
       つのレベルに分類しております。
        レベル1の時価:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により算定し
                  た時価
        レベル2の時価:レベル1のインプット以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを用いて
                  算定した時価
        レベル3の時価:重要な観察できないインプットを使用して算定した時価
        時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプット
       がそれぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類して
       おります。
       時価をもって中間貸借対照表計上額とする金融資産及び金融負債

                                                  (単位:千円)
                    レベル1          レベル2          レベル3

                                                   合計
                         -       231,989             -         231,989

     長期未払金
                         -       231,989             -         231,989

     負債計
       (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

        「長期未払金」

         長期未払金の時価については、当該未払金の支払までの期間を基にリスクフリーレートで割り
        引いた現在価値により算定しており、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額に
        よっております。これに伴い、レベル2の時価に分類しております。
         なお、(金融商品関係)の「①金融商品の時価等に関する事項」に記載の「投資有価証券」
        は、投資信託受益証券であり、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」第26項の経過措置を
        適用しており、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」第5-2項の注記を行っておりま
        せん。
         当該投資信託受益証券の中間貸借対照表計上額は(金融商品関係)の「①金融商品の時価等に
        関する事項」に記載しております。
    (有価証券関係)

    第32期中間会計期間末(2021年9月30日)
    1.関係会社株式
       関係会社株式(中間貸借対照表計上額 60,000千円)については市場価格のない株式等と認められ
      るものであることから、記載しておりません。
    2.その他有価証券

       投資有価証券(合同会社出資金)(中間貸借対照表計上額 213,446千円)については市場価格の
      ない株式等と認められるものであることから、記載しておりません。
                                 93/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)
    顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当社は、資産運用業の単一セグメントであり、顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、以下
    のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                  委託者報酬        運用受託報酬        業務受託報酬          その他         合計
                   6,037,156        3,863,147        1,131,821          61,529       11,093,654

     残高報酬
                       -        -        -        -         -

     成功報酬
                   6,037,156        3,863,147        1,131,821          61,529       11,093,654

     合計
    (セグメント情報等)

    セグメント情報
     当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    関連情報

    第32期中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
    1.サービスごとの情報

                                                   (単位:千円)
                  委託者報酬        運用受託報酬        業務受託報酬          その他         合計

                   6,037,156        3,863,147        1,131,821          61,529       11,093,654

     外部顧客への売上高
    2.地域ごとの情報

                                                   (単位:千円)
    営業収益
         日本           香港           英国          その他           合計
          6,137,669           1,449,215           2,346,383           1,160,387          11,093,654

    (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

                                    (単位:千円)
         顧客の名称              営業収益         関連するセグメント
     JPMorgan     Asset

                          2,337,676
                                   資産運用業
     Management       (UK)   Limited
     JPMorgan     Asset

     Management                     1,413,920
                                   資産運用業
     (Asia    Pacific)     Limited
                                 94/104





                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)
             第32期中間会計期間

            (自2021年4月1日
             至2021年9月30日)
     1株当たり純資産額                   322,487.12円

     1株当たり中間純利益金額                    22,696.01円
      なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金

     額については、潜在株式が存在しないため記載し
     ておりません。
     1株当たりの中間純利益の算定上の基礎
      中間損益計算書上の中間純利益                 1,276,991千円

      普通株主に帰属しない金額                        -
      普通株式に係る中間純利益                 1,276,991千円
      普通株式の期中平均株式数                    56,265株
                                 95/104















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行

      為を行うことが禁止されています。
    (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ

       と(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させる
       おそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
    (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、も
       しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣
       府令で定めるものを除きます。)。
    (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
       法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者
       と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下
       (4)(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有して
       いることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定め
       る要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)において同じ。)と有価証券の売買その他の取
       引または店頭デリバティブ取引を行うこと。
    (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
       針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行う
       こと。
    (5)前記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為で
       あって投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
       るおそれのあるものとして内閣府令で定める行為
    5【その他】

    (1)定款の変更

       定款の変更に関しては、株主総会の特別決議が必要です。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
       本書提出日現在、委託会社および当ファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想さ
       れる事実はありません。
                                 96/104








                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

    (1)受託会社

      ① 名   称 三菱UFJ信託銀行株式会社
      ② 資本金の額 324,279百万円(2021年3月末現在)
      ③ 事業の内容
        銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託
       業務を営んでいます。
       <再信託受託会社の概要>
       名   称 :日本マスタートラスト信託銀行株式会社
       事業の内容 :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律
               に基づき信託業務を営んでいます。
       再信託の目的:原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信
               託受託会社(日本マスタートラスト信託銀行株式会社)へ委託するため、原信託財
               産のすべてを再信託受託会社へ移管することを目的とします。
    (2)販売会社

                             資本金の額
             名    称                                 事業の内容
                          (2021年3月末現在)
                                        金融商品取引法に定める第一種金

         丸三証券株式会社                       10,000百万円
       1
                                        融商品取引業を営んでいます。
                                        銀行法に基づき銀行業を営むとと

                                        もに、金融機関の信託業務の兼営
         三菱UFJ信託銀行株式会社                       324,279百万円
       2
                                        等に関する法律に基づき信託業務
                                        を営んでいます。
    2【関係業務の概要】

    (1)受託会社

        当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理業務および信託財産の計算等を行います。
    (2)販売会社

        当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、目論見書の交付、運用報告書に記載すべ
       き事項のうち重要な事項のみを記載した交付運用報告書の交付代行、収益分配金の再投資に関する
       事務、収益分配金・一部解約金・償還金の支払い等を行います。
    3【資本関係】

      受託会社および販売会社との間に直接的な資本関係はありません。

                                 97/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【参考情報】
      下記の書類を関東財務局長へ提出しております。

       2021年1月27日  有価証券報告書

       2021年1月27日  有価証券届出書
       2021年7月27日  半期報告書
       2021年7月27日  有価証券届出書の訂正届出書
                                 98/104

















                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  2021年6月7日

    JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

       取 締 役 会 御 中

                             PwCあらた有限責任監査法人

                                東京事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士       鶴 田 光 夫
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員
                                       公認会計士       山 口 健 志
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状
    況」に掲げられているJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの
    第31期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその
    他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、JP
    モルガン・アセット・マネジメント株式会社の2021年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の
    経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準にお
    ける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たして
    いる。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうか
    を評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家
    としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
     続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
     適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
     及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
                                 99/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
     項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
     づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
     会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不
    備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以  上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

          ます。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

                                100/104














                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  2021年12月1日

    JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

       取 締 役 会 御 中

                             PwCあらた有限責任監査法人

                                東京事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士       鶴 田 光 夫
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員
                                       公認会計士       山 口 健 志
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」
    に掲げられているJPM・E-フロンティア・オープンの2020年10月29日から2021年10月28日までの計算期間の財務
    諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、JP
    M・E-フロンティア・オープンの2021年10月28日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する計算期間の損益
    の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準にお
    ける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社及びファンドから独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうか
    を評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家
    としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
     続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
     適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
     及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
                                101/104




                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
     項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
     づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
     会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不
    備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
    計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以  上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

          ます。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

                                102/104














                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                  2021年12月3日

    JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

       取 締 役 会 御 中

                             PwCあらた有限責任監査法人

                                東京事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士       鶴 田 光 夫
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員
                                       公認会計士       山 口 健 志
                              業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状
    況」に掲げられているJPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの
    第32期事業年度の中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸
    借対照表、中間損益計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
    拠して、JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社の2021年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了す
    る中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認
    める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監
    査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
    は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上
    の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断
    している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を
    作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成
    し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関す
    る事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投
    資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立
    場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、
    個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があ
    ると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業
    的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに
     対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監
     査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手
     続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基
     づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク
     評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表
     示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連す
     る注記事項の妥当性を評価する。
                                103/104



                                                          EDINET提出書類
                                          JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(E06264)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に
     基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
     うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務
     諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合
     は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日
     までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可
     能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
     拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸
     表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を
    行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以  上

    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。

                                104/104














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク