MHAMキャピタル・グロース・オープン 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第44期(令和3年4月28日-令和3年10月27日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第44期(令和3年4月28日-令和3年10月27日)
提出日
提出者 MHAMキャピタル・グロース・オープン
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
     【提出書類】                      有価証券報告書

     【提出先】                      関東財務局長殿
     【提出日】                      2022年1月27日        提出
     【計算期間】                      第44期    (自  2021年4月28日        至  2021年10月27日         )
     【ファンド名】                      MHAMキャピタル・グロース・オープン
     【発行者名】                      アセットマネジメントOne株式会社
     【代表者の役職氏名】                      取締役社長  菅野 暁
     【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
     【事務連絡者氏名】                      酒井 隆
     【連絡場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
     【電話番号】                      03-6774-5100
     【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/106














                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

      ① 主としてわが国の株式に投資を行い、信託財産の中・長期的な成長を目指して、積極的な運用
       を行います。
       <ファンドの特色>

       Ⅰ.わが国の株式を主要投資対象とし、個別企業調査や産業調査に基づき、中・長期的に投資魅力
         が高いと判断される銘柄を厳選し投資します。
          ・以下の点を中心に個別銘柄の比較・分析・評価を行い、「当ファンドに組み入れるひとつ
            ひとつの銘柄の選択」を重視した運用を行います。
             *「それぞれの企業が事業を展開する産業分野の潜在的な成長力」
             *「各産業分野内におけるそれぞれの企業の競争力」
             *「個別銘柄の株価水準」   など
          ・わが国の企業を評価するために、わが国の企業と海外の企業との国境を越えた横断的な比
            較を行います。
       Ⅱ.組入上位10銘柄で株式組入純資産総額の30~50%程度となる集中投資を行うことを基本としま
         す。
       Ⅲ.国内企業に比べて投資魅力が大きいと判断される海外企業を見出した場合、海外の株式にも投
         資することがあります。
         ・外貨建資産への投資は、信託財産の純資産総額の50%を上限とします。
         ・外貨建資産に投資する場合には、為替変動リスクの低減を図るために、機動的に為替ヘッジ
           を行います。
       Ⅳ.株式の組入比率は高位を保つことを基本としますが、市況動向によって、この比率を弾力的に
         変更します。
       Ⅴ.東証株価指数(TOPIX)をベンチマークとして、中・長期的にベンチマークを上回る運用成果
         を目指します。
      ② 1兆円を上限に信託金を追加することができます。なお、信託金の上限については、受託会社

       と合意のうえ変更することができます。
      ③ 一般社団法人投資信託協会が定める分類方法において、以下のように分類・区分されます。

                                  2/106





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      <商品分類>
       ・商品分類表
                                       投資対象資産

          単位型・追加型               投資対象地域
                                    (収益の源泉となる資産)
                                        株  式
             単位型             国  内              債  券
                          海  外              不動産投信
             追加型             内  外              その他資産
                                        (   )
                                        資産複合
       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

       ・商品分類定義

        追加型       一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来

               の信託財産とともに運用されるファンドをいう。
        国内       目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資

               収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載があるものをい
               う。
        株式       目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資

               収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      <属性区分>

       ・属性区分表
          投資対象資産

                                                 ※2
                       決算頻度          投資対象地域
        (実際の組入れ資
                                           為替ヘッジ
            産)
                                  3/106








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  ※1

        株式             年1回
                               日本
         一般
                                     ※1
                               グローバル
         大型株
                    年2回
         中小型株
                                          あり
                               北米
                    年4回
                                                  ※3
        債券
                                          (適時ヘッジ)
                               欧州
         一般
                               アジア
                    年6回
         公債
                    (隔月)
                               オセアニア
         社債
         その他債券
                               中南米
                    年12回
         クレジット属性
                               アフリカ
                                          なし
                    (毎月)
         (   )
                               中近東
        不動産投信
                    日々
                               (中東)
        その他資産
                               エマージング
        (   )
                    その他
                    (   )
        資産複合
        (   )
        資産配分固定型
        資産配分変更型
       ※1   当ファンドは、組入資産による主たる投資収益が日本の資産を源泉とし、一部世界(海

          外)の資産にも投資可能です。
       ※2「為替ヘッジ」は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの有無を記載しております。

       ※3   当ファンドは、外貨建資産への投資にあたって、為替ヘッジを機動的に行います。

       (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

       ・属性区分定義

       株式・一般            目論見書又は投資信託約款において、主として株式に投資する

                   旨の記載があるもので、大型株、中小型株属性にあてはまらな
                   い全てのものをいう。
       年2回            目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載

                   があるものをいう。
       日本            目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益

                   が日本の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
       グローバル            目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益

                   が世界の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
       為替ヘッジあり            目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一

                   部の資産に為替のヘッジを行う旨の記載があるものをいう。
                                  4/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (注1)商品分類および属性区分は、委託会社が目論見書または約款の記載内容等に基づいて分類して
         います。
    (注2)当ファンドが該当しない商品分類および属性区分の定義につきましては、一般社団法人投資信
         託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でご覧いただけます。
    (2)【ファンドの沿革】

       1999年10月28日            信託契約締結、ファンドの設定・運用開始
       2007年1月4日            投資信託振替制度へ移行
       2007年7月1日            ファンドの名称を「DKAキャピタル・グロース・オープン」から「MHA
                   Mキャピタル・グロース・オープン」に変更
       2016年10月1日            ファンドの委託会社としての業務をみずほ投信投資顧問株式会社からアセッ
                   トマネジメントOne株式会社に承継
                                  5/106















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【ファンドの仕組み】
      ① 当ファンドの運営の仕組み
      ② 委託会社の概況











       名称:    アセットマネジメントOne株式会社

       本店の所在の場所:           東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
       資本金の額

        20億円(     2021年10月29日        現在)
       委託会社の沿革

        1985年7月1日             会社設立
        1998年3月31日             「証券投資信託法」に基づく証券投資信託の委託会社の免許取得
        1998年12月1日             証券投資信託法の改正に伴う証券投資信託委託業のみなし認可
        1999年10月1日             第一ライフ投信投資顧問株式会社を存続会社として興銀エヌダブ
                      リュ・アセットマネジメント株式会社および日本興業投信株式会社
                      と合併し、社名を興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社
                      とする。
                                  6/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        2008年1月1日             「興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社」から「DIA
                      Mアセットマネジメント株式会社」に商号変更
        2016年10月1日             DIAMアセットマネジメント株式会社、みずほ投信投資顧問株式
                      会社、新光投信株式会社、みずほ信託銀行株式会社(資産運用部
                      門)が統合し、商号をアセットマネジメントOne株式会社に変更
       大株主の状況

                                              ( 2021年10月29日        現在)
               株主名                     住所            所有株数      所有比率
                                                    ※
                                               28,000株
       株式会社みずほフィナンシャルグ
                                                          ※2
                           東京都千代田区大手町一丁目5番5号
                                                      70.0%
                                                    1
       ループ
                           東京都千代田区有楽町一丁目13番1

                                                          ※2
       第一生命ホールディングス株式会社                                         12,000株
                                                      30.0%
                           号
       ※1:A種種類株式(15,510株)を含みます。
       ※2:普通株式のみの場合の所有比率は、株式会社みずほフィナンシャルグループ51.0%、第一生
          命ホールディングス株式会社49.0%
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】

      ① 基本方針
        この投資信託は、信託財産の中・長期的な成長を目指して、積極的な運用を行います。
      ② 運用方法

       1.主要投資対象
          わが国の株式を主要投資対象とします。
       2.投資態度
        a.わが国の株式を主要投資対象とし、信託財産の中・長期的な成長を目指し、積極的な運用
          を行います。
        b.銘柄選定の基準は、企業訪問や産業調査など徹底したファンダメンタルズ分析に基づくボ
          トムアップ・アプローチにより、中・長期的に投資魅力が高いと判断される銘柄を厳選し投資
          します。
           ※ ボトムアップ・アプローチとは、個別企業の調査・分析等に基づく個別銘柄の選別を基に、組入銘柄
             を決定する手法をいいます。
        c.原則として株式の組入れは、高位を保つことを基本としますが、市況動向によって、組入
          比率を弾力的に変更します。
                                  7/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        d.ポートフォリオの中核をなす主要投資対象は国内株式ですが、投資魅力が大きい外国株式
          等がある場合、国内株式以外にも投資します。なお、外貨建資産へ投資する場合の為替ヘッジ
          は、機動的に対応し、為替変動リスクの低減を図ります。
         ※為替ヘッジは、通常は為替予約取引を利用して行います。為替予約取引の詳細については、
           後記「(5)      投資制限 a.約款で定める投資制限 ⑨ 外国為替予約」をご参照ください。
        e.東証株価指数(TOPIX)をベンチマークとして、中・長期的に当該ベンチマークを上回る運
          用成果を目指します。
           ※ 東証株価指数(TOPIX=Tokyo                Stock   Price   Index)とは、日本の株式市場を広範に網羅し、投資対象

             としての機能性を有するマーケット・ベンチマークで、基準時(1968年1月4日終値)の時価総額を
             100として、その後の時価総額を指数化したものです。東証株価指数(TOPIX)は、東証市場再編に伴
             い、2022年4月4日付で指数の算出要領が変更される予定です。東証株価指数(TOPIX)は、株式会社東
             京証券取引所(㈱東京証券取引所)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など同指数
             に関するすべての権利・ノウハウおよびTOPIXの商標に関するすべての権利は、㈱東京証券取引所が有
             しています。なお、本商品は、㈱東京証券取引所により提供、保証または販売されるものではなく、
             ㈱東京証券取引所は、ファンドの発行または売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しま
             せん。
           ※ ベンチマークとは、ファンドの運用にあたって、運用成果の目標の目安とする指数のことをいいま
             す。
        f.市場動向やファンドの資金事情等によっては、上記のような運用ができない場合がありま
          す。
                                  8/106












                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③ ファンドの投資プロセス
       1.わが国の株式の中から、産業動向調査等に基づく投資アイデアなどを基に、調査対象とする














        銘柄を選定します。当ファンドでは、「日本株の調査・運用部門のファンドマネジャーおよび企
        業調査アナリストが組織的に調査対象銘柄を選定して調査・分析を行う銘柄」に加えて当ファン
        ド独自に調査対象とする銘柄を選定し、運用担当者やそれをサポートするファンドマネジャーお
        よび企業調査アナリストが、その調査・分析を実施します。
       2.調査対象銘柄について、徹底した個別企業調査を行い、各企業の将来の業績を予想します。
        また、業績予想を基に、各銘柄の現在の株価水準が割高か割安かを分析します。
                                  9/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       3.投資対象銘柄の選定にあたっては、「それぞれの企業が事業を展開する産業分野の潜在的な
        成長力、各産業分野内におけるそれぞれの企業の競争力、個別銘柄の株価水準」の比較・分析・
        評価を特に重視し、株価に割高感がないことを考慮した上で「成長力・競争力がある優良企業」
        に投資すること、あるいは「将来において予想される収益力からみて、現在の株価が割安な銘
        柄」を見出して投資すること、などを目指します。
       4.当ファンドでは、わが国の企業を評価するために、わが国の企業と海外の企業との国境を越
        えた横断的な比較を行います。こうした個別銘柄の比較・分析・評価の過程の中で、国内企業に
        比べ投資魅力が大きいと判断される海外企業を見出した場合には、ファンドの純資産総額の50%
        を上限に、外貨建資産である海外の株式にも投資することがあります。
       5.なお、当ファンドでは、こうした銘柄選定のプロセスにおいて、信用リスク懸念も考慮して
        銘柄を精査することで投資対象銘柄を決定します。また、各銘柄の時価総額や平均売買代金デー
        タなどを参考に、流動性リスクが高いと判断される銘柄を除外します。
       6.以上のプロセスを経て、ファンドに組入れるひとつひとつの銘柄の選択を重視してポート
        フォリオを構築します。当ファンドでは、組入上位10銘柄で株式組入純資産総額の30~50%程度
        となる集中投資を行うことを基本とします。また、市況動向によって、株式の組入比率を弾力的
        に変更します。
       7.なお、外貨建資産への投資を行う場合には、為替変動リスクの低減を図るために、各国マク
        ロ経済の分析などに基づく為替動向の予測を踏まえて為替ヘッジ戦略を策定し、機動的に為替
        ヘッジを行います。
        ※ 上記のプロセスは、今後変更される場合があります。

    (2)【投資対象】

      ① 有価証券の指図範囲
        委託会社は、信託金を、主として有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券
       とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。なお、当該有
       価証券には、次に掲げるものを含みます。
       1.株券または新株引受権証書
       2.国債証券
       3.地方債証券
       4.特別の法律により法人が発行する債券
       5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株
        引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       6.特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいい
        ます。)
       7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号
        で定めるものをいいます。)
       8.協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるもの
        をいいます。)または優先出資引受権を表示する証書
       9.特定目的会社にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをい
        います。)
                                 10/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       10.コマーシャル・ペーパー
       11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)お
        よび新株予約権証券
       12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前記1.~11.の証券または証書の性格
        を有するもの
       13.証券投資信託または外国証券投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定
        めるものをいいます。)
       14.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいま
        す。)
       15.外国貸付債券信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
        す。)
       16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものを
        いい、有価証券に係るものに限ります。)
       17.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       18.外国法人が発行する譲渡性預金証書
       19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
        受益証券に限ります。)
       20.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
        の受益証券に表示されるべきもの
       21.外国の者に対する権利で前記20.の有価証券の性質を有するもの
        なお、前記1.の証券または証書、前記12.ならびに前記17.の証券または証書のうち前記1.
       の証券または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、前記2.から前記6.までの証券
       および前記12.ならびに前記17.の証券または証書のうち前記2.から前記6.までの証券の性
       質を有するものを以下「公社債」といい、前記13.の証券および前記14.の証券(外国投資証券
       で投資法人債券に類する証券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
      ② 金融商品の指図範囲

        委託会社は、信託金を、①に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2
       条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用す
       ることを指図することができます。また、①の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償
       還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託
       金を以下に掲げる金融商品により運用することの指図ができます。
       1.預金
       2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
        す。)
       3.コール・ローン
       4.手形割引市場において売買される手形
       5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
       6.外国の者に対する権利で前記5.の権利の性質を有するもの
                                 11/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③ その他の投資対象
        有価証券先物取引等
        委託会社は、有価証券等の価格変動リスクおよび為替変動リスクを回避するため、国内において
       行われる有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいます。以
       下同じ。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをい
       います。以下同じ。)、有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げ
       るものをいいます。以下同じ。)、通貨にかかる先物取引、金利にかかる先物取引および金利に
       かかるオプション取引ならびに外国の市場におけるこれらの取引と類似の取引および通貨にかか
       るオプション取引(以下「有価証券先物取引等」といいます。)を行うことの指図をすることが
       できます。
    (3)【運用体制】

      a.ファンドの運用体制
       ① 投資環境見通しおよび運用方針の策定








          経済環境見通し、資産別市場見通し、資産配分方針および資産別運用方針は月次で開催する
          「投資環境会議」および「投資方針会議」にて協議、策定致します。これらの会議は運用本
          部長・副本部長、運用グループ長等で構成されます。
       ② 運用計画の決定

          各ファンドの運用は「投資環境会議」および「投資方針会議」における協議の内容を踏まえ
          て、ファンド毎に個別に任命された運用担当者が行います。運用担当者は月次で運用計画書
          を作成し、運用本部長の承認を受けます。運用担当者は承認を受けた運用計画に基づき、運
          用を行います。
       ③ 売買執行の実施

                                 12/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          運用担当者は、売買計画に基づいて売買の執行を指図します。トレーディング担当者は、最
          良執行をめざして売買の執行を行います。
       ④ モニタリング

          運用担当部署から独立したコンプライアンス・リスク管理担当部署(人数60~70人程度)
          は、運用に関するパフォーマンス測定、リスク管理および法令・信託約款などの遵守状況等
          のモニタリングを実施し、必要に応じて対応を指示します。
          定期的に開催されるリスク管理に関する委員会等において運用リスク管理状況、運用実績、
          法令・信託約款などの遵守状況等について検証・報告を行います。
       ⑤ 内部管理等のモニタリング

          内部監査担当部署(人数10~20人程度)が運用、管理等に関する業務執行の適正性・妥当
          性・効率性等の観点からモニタリングを実施します。
      b.ファンドの関係法人に関する管理

         ファンドの関係法人である受託会社に対して、その業務に関する委託会社の管理担当部署は、
         内部統制に関する外部監査人による報告書等の定期的な提出を求め、必要に応じて具体的な事
         項に関するヒアリングを行う等の方法により、適切な業務執行体制にあることを確認します。
      c.運用体制に関する社内規則

         運用体制に関する社内規則として運用管理規程および職務責任権限規程等を設けており、運用
         担当者の任務と権限の範囲を明示するほか、各投資対象の取り扱いに関して基準を設け、ファ
         ンドの商品性に則った適切な運用の実現を図ります。
         また、売買執行、投資信託財産管理および法令遵守チェック等に関する各々の規程・内規を定
         めています。
      ※運用体制は       2021年10月29日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。

    (4)【分配方針】

      ① 収益分配方針
        年2回の毎決算時(原則として4月27日および10月27日。ただし、休業日の場合は翌日以降の最
       初の営業日)に、原則として次の通り収益分配を行う方針です。
       1.分配対象額の範囲は、繰越分を含めた利子・配当収益と売買益(評価益を含みます。)等の
        全額とします。
       2.分配金額は、委託会社が基準価額の水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配
        対象収益が少額の場合には分配を行わないことがあります。
       3.収益分配に充てなかった利益については、運用の基本方針に基づき再投資します。
       ※  将来の収益分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
                                 13/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ② 収益分配金の支払い
       1.収益分配金は、原則として毎計算期間終了日から起算して5営業日までに販売会社において
        支払いが開始されます。ただし、委託会社の自らの募集にかかる受益権に帰属する収益分配金の
        支払いは、委託会社において行うものとします。
       2.収益分配金の再投資に関する契約に基づいて収益分配金を再投資することにより増加した受
        益権は、振替口座簿に記載または記録されます。ただし、委託会社は、委託会社の自らの募集に
        応じた収益分配金の再投資に関する契約にかかる受益権に帰属する収益分配金については、この
        信託の受益権の取得申込金として、各受益者ごとに当該収益分配金の再投資にかかる受益権の取
        得申込みに応じたものとし、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録され
        ます。
        ※ 収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
          (当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を
          除きます。また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支
          払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申
          込者とします。)に対し、お支払いします。
    (5)【投資制限】

      a.約款で定める投資制限
       ① 株式、新株引受権証券および新株予約権証券(約款                               運用の基本方針         運用方法      (3)投資制
        限、約款第20条、第22条および第23条)
        1.株式への投資割合には、制限を設けません。
        2.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の株式の時価総額が、信託財産の純資産総額の100
         分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
        3.委託会社は、信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額が、取得時
         において信託財産の純資産総額の100分の20を超えることとなる投資の指図をしません。
        4.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額
         が、信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
        5.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、証券取
         引所(「証券取引所」とは、金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金
         融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する外国金融商品市場(以下「取引所」といいま
         す。)のうち、有価証券の売買または金融商品取引法第28条第8項第3号もしくは同項第5号
         の取引を行う市場および当該市場を開設するものをいいます。以下同じ。)に上場されている
         株式の発行会社の発行するもの、証券取引所に準ずる市場において取引されている株式の発行
         会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新
         株引受権証券および新株予約権証券についてはこの限りではありません。
          なお、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見書等
         において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資することを
         指図することができるものとします。
                                 14/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ② 投資信託証券(約款第20条)
         委託会社は、信託財産に属する投資信託証券の時価総額が、信託財産の純資産総額の100分の5
        を超えることとなる投資の指図をしません。
       ③ 外貨建資産(約款第25条および約款第28条)

         委託会社は、信託財産に属する外貨建資産の時価総額が、信託財産の純資産総額の100分の50を
        超えることとなる投資の指図をしません。ただし、外貨建有価証券への投資については、わが国
        の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合には、制約されることがあります。
       ④ 転換社債等(約款第24条)

         委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の転換社債、ならびに同一銘柄の新株予約権付社債の
        うち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債
        と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下、
        会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含
        め「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)の時価総額が、信託財産の純資産総額の100
        分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
       ⑤ 信用取引(約款第26条)

        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの
         指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻し
         により行うことの指図をすることができるものとします。
        2.信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行うことができ
         るものとし、かつ次に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
         a.信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
         b.株式分割により取得する株券
         c.有償増資により取得する株券
         d.売出しにより取得する株券
         e.信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の
          新株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
         f.信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または
          信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(前記e.に定め
          るものを除きます。)の行使により取得可能な株券
       ⑥ 信用リスク集中回避のための投資制限(約款第26条の1の2)

         一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エク
        スポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、
        原則としてそれぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることと
        なった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよ
        う調整を行うこととします。
                                 15/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ⑦ デリバティブ取引等(約款第26条の2)
         委託会社は、デリバティブ取引等(デリバティブ取引とは、金融商品取引法第2条第20項に規
        定するものをいい、新株予約権証券、新投資口予約権証券またはオプションを表示する証券もし
        くは証書に係る取引、選択権付債券売買および商品投資等取引(投資信託及び投資法人に関する
        法律施行令第3条第10号に規定するものをいいます。)を含みます。以下「デリバティブ取引
        等」といいます(ただし、この信託において取引可能なものに限ります。以下同じ。)。)につ
        いて、一般社団法人投資信託協会の規則に定める合理的な方法により算出した額が信託財産の純
        資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
       ⑧ 先物取引等(約款第27条)

        1.委託会社は、信託財産が運用対象とする有価証券の価格変動リスクを回避するため、わが国
         の証券取引所における有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引および有価証券オプション
         取引ならびに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を次の範囲で行うことの指図を
         することができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて取扱うものとします。
         (以下同じ。)
         a.先物取引の売建ておよびコール・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、ヘッジ
          の対象とする有価証券(以下「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額の範囲内と
          します。
         b.先物取引の買建ておよびプット・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、ヘッジ
          対象有価証券の組入可能額(組入ヘッジ対象有価証券を差引いた額)に信託財産が限月まで
          に受取る組入公社債、組入外国貸付債権信託受益証券および組入貸付債権信託受益権の利払
          金および償還金を加えた額を限度とし、かつ信託財産が限月までに受取る組入有価証券にか
          かる利払金および償還金等ならびに「(2)投資対象                             ②1.から4.」に掲げる金融商品で
          運用している額の範囲内とします。
         c.コール・オプションおよびプット・オプションの買付けの指図は、1.、2.および3.
          で規定する全オプション取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の
          純資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
        2.委託会社は、信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するため、わが国の取引所にお
         ける通貨にかかる先物取引ならびに外国の取引所における通貨にかかる先物取引およびオプ
         ション取引を次の範囲で行うことの指図をすることができます。
         a.先物取引の売建ておよびコール・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、為替の
          売予約と合わせてヘッジの対象とする外貨建資産(外貨建有価証券、預金その他の資産をい
          います。以下同じ。)の時価総額の範囲内とします。
         b.先物取引の買建ておよびプット・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、為替の
          買予約と合わせて、外貨建有価証券の買付代金等実需の範囲内とします。
         c.コール・オプションおよびプット・オプションの買付けの指図は、支払いプレミアム額の
          合計額が取引時点の保有外貨建資産の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ1.、
          2.および3.で規定する全オプション取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時
          点の信託財産の純資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
                                 16/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        3.委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の取引所にお
         ける金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所におけるこれらの取引
         と類似の取引を次の範囲で行うことの指図をすることができます。
         a.先物取引の売建ておよびコール・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、ヘッジ
          の対象とする金利商品(信託財産が1年以内に受取る組入有価証券の利払金および償還金等
          ならびに「(2)投資対象               ②1.から4.」に掲げる金融商品で運用されているものをい
          い、以下「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
         b.先物取引の買建ておよびプット・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、信託財
          産が限月までに受取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに「(2)投資対象
          ②1.から4.」に掲げる金融商品で運用している額(以下「金融商品運用額等」といいま
          す。)の範囲内とします。ただし、ヘッジ対象金利商品が外貨建で、信託財産の外貨建資産
          組入可能額(約款上の組入可能額から保有外貨建資産の時価総額を差引いた額。以下同
          じ。)に信託財産が限月までに受取る外貨建組入公社債および組入外国貸付債権信託受益証
          券ならびに外貨建組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額が、当該金融商
          品運用額等の額より少ない場合には、外貨建資産組入可能額に信託財産が限月までに受取る
          外貨建組入有価証券にかかる利払金および償還金等を加えた額を限度とします。
         c.コール・オプションおよびプット・オプションの買付けの指図は、支払プレミアム額の合
          計額が取引時点のヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ
          1.、2.および3.で規定する全オプション取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が
          取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
       ⑨ 外国為替予約(約款第29条)

         委託会社は、信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外
        国為替の売買の予約を指図することができます。
       ⑩ 有価証券の貸付(約款第37条)

        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を
         以下の範囲内で貸付の指図をすることができます。
         a.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の
          時価合計額を超えないものとします。
         b.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有
          する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
        2.前記1.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかにその超える額
         に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
        3.委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うも
         のとします。
                                 17/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ⑪ 公社債の空売り(約款第38条)
         信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さない公社
        債の売付けを約款第38条に規定する範囲内で行うことができます。なお、当該売付けの決済につ
        いては、公社債の引き渡し、または買戻しにより行うことの指図をすることができるものとしま
        す。
       ⑫ 資金の借入れ(約款第39条)

        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性を図るため、一部解約に伴なう
         支払資金の手当て(一部解約に伴なう支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みま
         す。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資
         金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該
         借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
        2.一部解約に伴なう支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日か
         ら信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払
         開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約
         代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以
         内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還
         金の合計額を限度とし、かつ借入指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%を上回ら
         ない範囲内とします。
        3.収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌
         営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        4.借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      b.法令で定める投資制限

       ○ 同一の法人の発行する株式の取得割合(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
         委託会社は、同一の法人の発行する株式を、運用の指図を行うすべての委託者指図型投資信託
        につき投資信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数が、当該株式にかかる議決権の
        総数に100分の50の率を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、信託財産をもって取
        得することを受託会社に指図しないものとします。
    3【投資リスク】

      (1)当ファンドにおける主として想定されるリスクと収益性に与える影響度合い
       ・当ファンドは、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)に投資
        しますので、ファンドの基準価額は変動します。したがって、元本や一定の投資成果が保証され
        ているものではなく、基準価額の下落により、損失を被ることがあります。
       ・運用により信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者の皆様に帰属します。
       ・投資信託は預金商品や保険商品ではなく、預金保険、保険契約者保護機構の保護の対象ではあり
        ません。
       ・登録金融機関および            アセットマネジメントOne株式会社                   が取扱う投資信託は、投資者保護基金の
        対象ではありません。
       ・投資信託は預貯金とは異なります。
                                 18/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ・当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
        フ)の適用はありません。
        当ファンドにおいて主として想定されるリスクは以下の通りですが、基準価額の変動要因はこれ

       らに限定されるものではありません。
       ① 株価変動リスク

         投資する企業の株価の下落は、基準価額の下落要因となります。

         株価変動リスクとは、株式市場および投資先となっている企業の株価が下落するリスクをいい
        ます。当ファンドが投資する企業の株価が下落した場合には、当ファンドの基準価額が下落する
        要因となります。また、当ファンドが投資する企業が業績悪化や倒産等に陥った場合には、当該
        企業の株価が大きく下落することや無くなることがあり、当ファンドの基準価額に大きな影響を
        及ぼすことがあります。なお、当ファンドでは、株式の組入比率を高位に保つことを基本とする
        ため、株式市場の動向により基準価額は大きく変動します。また、当ファンドでは、組入上位10
        銘柄で株式組入純資産総額の30~50%程度となる集中投資を行うことを基本とするため、こうし
        た集中投資を行わないファンドと比べて、1銘柄における株価変動が投資全体の成果に及ぼす影
        響度合いが大きくなる可能性があります。
       ② 為替変動リスク

         為替相場の円高は、基準価額の下落要因となります。

         為替変動リスクとは、為替変動により外貨建資産の円換算価格が下落するリスクをいいます。
        当ファンドが行う外貨建資産への投資のうち、為替ヘッジが行われていない部分において、投資
        対象通貨と円との外国為替相場が円高となった場合には、当ファンドの基準価額が下落する要因
        となります。
       ③ 流動性リスク

         投資資産の市場規模が小さいことなどで希望する価格で売買できない場合は、基準価額の下

         落要因となります。
         流動性リスクとは、有価証券を売却(または購入)しようとする際に、需要(または供給)が
        ないため、有価証券を希望する時期に、希望する価格で売却(または購入)することができなく
        なるリスクをいいます。一般に規模が小さい市場での売買や、取引量の少ない有価証券の売買に
        あたっては、流動性リスクへの留意が特に必要とされます。また、一般に市場を取り巻く外部環
        境の急変があった場合には、市場実勢価格での売買ができなくなる可能性が高まります。当ファ
        ンドが投資する株式等の流動性が損なわれた場合には、当ファンドの基準価額が下落する要因と
        なる可能性があります。
                                 19/106





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ④ 信用リスク
         投資する有価証券の発行者の財政難・経営不安・倒産等の発生は、基準価額の下落要因とな

         ります。
         信用リスクとは、公社債等の発行体が財政難、経営不振、その他の理由により、利息や償還金
        を予め決められた条件で支払うことができなくなる(債務不履行)リスクをいいます。一般に債
        務不履行が生じた場合、またはその可能性が高まった場合には、当該発行体が発行する公社債お
        よび短期金融商品(コマーシャル・ペーパー等)の価格は下落します。また、当該発行体が企業
        の場合には、一般にその企業の株価が下落する要因となります。当ファンドが投資する株式の発
        行企業や、株式以外の運用で投資する公社債等の発行体がこうした状況に陥った場合には、当
        ファンドの基準価額が下落する要因となる可能性があります。
       <その他>

        ・当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる
         取引市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実
         勢から期待できる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。こ
         れにより、基準価額にマイナスの影響をおよぼす可能性や、換金のお申込みの受付が中止とな
         る可能性、すでに受付けた換金のお申込みの受付が取り消しとなる可能性、換金代金のお支払
         が遅延する可能性があります。
        ・有価証券の貸付等においては、取引相手先の倒産等による決済不履行リスクを伴います。
        ・当ファンドは、証券取引所における取引の停止等があるときには、一部解約の実行の請求の受
         付けを中止すること、およびすでに受け付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消すこと
         があります。
       <収益分配金に関する留意点>

        ・投資信託の分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分
         配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
        ・分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)
         を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて
         下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益
         率を示すものではありません。
        ・投資家(受益者)のファンドの取得価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には
         元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド取得後の運用状況により、分配金額よ
         り基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
      (2)リスク管理体制

      委託会社におけるファンドの投資リスクに対する管理体制については、以下のとおりです。
      ・運用リスクの管理:運用担当部署から独立したコンプライアンス・リスク管理担当部署が、運用リ
       スクを把握、管理し、その結果に基づき運用担当部署へ対応の指示等を行うことにより、適切な管
       理を行います。
      ・運用パフォーマンス評価:運用担当部署から独立したリスク管理担当部署が、ファンドの運用パ
       フォーマンスについて定期的に分析を行い、結果の評価を行います。
                                 20/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ・運用評価委員会:上記のとおり運用リスクの管理状況、運用パフォーマンス評価等の報告を受け、
       運用評価委員会は総合的な見地から運用状況全般の管理・評価を行います。
      ※リスク管理体制は           2021年10月29日        現在のものであり、今後変更となる場合があります。







      流動性リスク管理体制

      委託会社では、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクのモニタ
      リング等を実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証等を行います。運用評価委員会等は、流動
      性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督します。
      ※流動性リスク管理体制は2022年1月1日現在のものであり、今後変更となる場合があります。
                                 21/106










                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 22/106





















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
    (1)【申込手数料】

      ① 申込手数料(受益権1口当たり)は、取得申込日の基準価額に、3.3%(税抜                                             3%)を上限に各
       販売会社が定める手数料率を乗じて得た額とします。なお、申込手数料には、消費税等相当額が
       課せられます。
      ② 申込手数料については、販売会社にお問い合わせください。
      ③ 「分配金再投資コース」における収益分配金は、毎計算期末の翌営業日に原則として税金を差
       し引いた後、自動的に無手数料で再投資されます。
      <申込手数料を対価とする役務の内容>
        商品や投資環境の説明および情報提供等、ならびに購入に関する事務手続き等にかかる費用の対
         価
    (2)【換金(解約)手数料】

      ありません。
    (3)【信託報酬等】

      ① 信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年1.87%(税抜1.7%)の
       率を乗じて得た額とします。
        信託報酬の配分(税抜)は、次の通りとします。
             委託会社                販売会社                受託会社

              0.80%                0.80%                0.10%
        なお、信託報酬のうち、委託会社による募集にかかる部分については、販売会社への配分相当
       額を委託会社が収受します。
      ② 信託報酬は、毎日計上(ファンドの基準価額に反映)され、毎計算期末または信託終了のとき
       信託財産中から支弁するものとします。なお、信託報酬にかかる消費税等相当額を、信託報酬支
       弁の時に信託財産中から支弁します。
         ※信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
      <信託報酬等を対価とする役務の内容>

        委託会社      信託財産の運用、目論見書等各種書類の作成、基準価額の算出等の対価

        販売会社      購入後の情報提供、交付運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管
              理等の対価
        受託会社      運用財産の保管・管理、委託会社からの運用指図の実行等の対価
    (4)【その他の手数料等】

      ① 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、信託財産の財務諸表の監査に要する
       費用および当該費用にかかる消費税等相当額、外国における資産の保管等に要する費用ならびに
       受託会社の立替えた立替金の利息および資金の借入れを行った際の当該借入金の利息は、受益者
       の負担とし、信託財産中から支弁します。なお、信託財産の財務諸表の監査に要する費用は、毎
       日計上(ファンドの基準価額に反映)され、当該費用にかかる消費税等相当額とともに、毎計算
       期末または信託終了のとき、信託財産中から支弁します。
                                 23/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ② 当ファンドの組入有価証券の売買時の売買委託手数料、先物・オプション取引等に要する費用
       およびこれら手数料ならびに費用にかかる消費税等相当額は、受益者の負担とし、信託財産中か
       ら 支弁するものとします。
    (5)【課税上の取扱い】

      ◇当ファンドは、課税上「株式投資信託」として取扱われます。
      ○個人の受益者に対する課税
       ①収益分配時
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として、20.315%(所得税
         15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率で源泉徴収による申告不要
         制度が適用されます。なお、確定申告により、申告分離課税または総合課税                                         (配当控除の適用
         なし)のいずれかを選択することもできます。
         詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       ②解約時および償還時
                               ※
         解約時および償還時の差益(譲渡益)                       については、譲渡所得として、20.315%(所得税
         15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率での申告分離課税が適用さ
         れます。
         原則として確定申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収口座)を利用する場合、20.315%(所
         得税15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率による源泉徴収が行わ
         れます。
         ※解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料にかかる消費税等に相
          当する金額を含みます。)を控除した利益。
          買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
       ③損益通算について
         解約(換金)時および償還時の差損(譲渡損)については、確定申告を行うことにより上場株式
         等(上場株式、上場投資信託(ETF)、上場不動産投資信託(REIT)、公募株式投資信託および
         特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)など。以下同じ。)の譲渡益ならびに上場
         株式等の配当所得および利子所得の金額(配当所得については申告分離課税を選択したものに
         限ります。)との損益通算ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができます。また、特定
         口座(源泉徴収口座)をご利用の場合、その口座内において損益通算を行います(確定申告不
         要)。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」および未成年者少額投資非課税制度「愛称:

       ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」をご利用の場合
       NISAおよびジュニアNISAは、上場株式や公募株式投資信託などにかかる非課税制度で
       す。毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡
       所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するな
       ど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
       なお、同非課税口座内で少額上場株式等にかかる譲渡損失が生じた場合には、課税上譲渡損失は
       ないものとみなされ、他の口座の上場株式等の譲渡益および上場株式等の配当所得等の金額との
       損益通算を行うことはできませんので、ご留意ください。
                                 24/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ○法人の受益者に対する課税
       収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過額につ
       いては、15.315%(所得税15.315%(復興特別所得税を含みます。))の税率による源泉徴収が
       行われます。なお、地方税の源泉徴収は行われません。
       買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
       なお、益金不算入制度の適用はありません。
      ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。

      ※上記は、      2021年10月末       現在のものです。税法が改正された場合等には、上記の内容が変更になる
       場合があります。
      ※課税上の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
      ◇個別元本方式について

       受益者毎の信託時の受益権の価額等を当該受益者の元本とする個別元本方式は次のとおりです。
      <個別元本について>

       ①受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等に相
         当する金額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
       ②受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を
         行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
         ただし、同一ファンドの受益権を複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎に個別
         元 本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドの受益権
         を取得する場合は当該支店等毎に、「分配金受取コース」と「分配金再投資コース」の両コー
         スで同一ファンドの受益権を取得する場合はコース別に個別元本の算出が行われる場合があり
         ます。
       ③収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別元本か
         ら当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
         す。(「元本払戻金(特別分配金)」については、下記の<収益分配金の課税について>を参
         照。)
      <収益分配金の課税について>

       収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配
       金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
       収益分配の際       、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合または
       当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、②
       当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る
       部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配
       金)を控除した額が普通分配金となります。
       なお、収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別元
       本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
       す。
                                 25/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ※税法が改正された場合等は、上記内容が変更になることがあります。
                                 26/106




















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
    (1)【投資状況】
                                                   2021年10月29日現在

                 資産の種類                      時価合計(円)             投資比率(%)
     株式                                      3,089,188,252             96.95
                   内 日本                         2,089,140,650             65.56
                   内 アメリカ                         1,000,047,602             31.39
     コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                        97,189,994            3.05
     純資産総額                                      3,186,378,246             100.00
    その他資産の投資状況

                                                   2021年10月29日現在
                 資産の種類                      時価合計(円)             投資比率(%)
     株価指数先物取引(買建)                                        59,775,000            1.88
                   内 日本                          59,775,000            1.88
    (注1)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    (注2)資産の種類の内書は、当該資産の発行体又は上場金融商品取引所の国/地域別に表示しています。
    (注3)先物取引の時価は、原則として計算日に知りうる直近の日の主たる金融商品取引所等の発表する清算値段又は最
        終相場で評価しています。
    (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                                   2021年10月29日現在

                                                         投資
                                    簿価単価        評価単価        利率
     順
            銘柄名          種類
                                    簿価金額        評価金額
                             数量                            比率
                                                    (%)
          発行体の国/地域             業種
     位
                                     (円)        (円)       償還日
                                                        (%)
       トヨタ自動車              株式                2,004.00        2,006.50       -
     1                輸送用機         64,500                          4.06
                  日本                  129,258,000        129,419,250         -
                        器
       ミスミグループ本社              株式                4,835.00        4,760.00       -
     2                         27,000                          4.03
                  日本    卸売業              130,545,000        128,520,000         -
       信越化学工業              株式               19,925.00        20,255.00        -
     3                          6,200                          3.94
                  日本     化学             123,535,000        125,581,000         -
       ZOETIS    INC
                      株式               23,929.80        24,174.19        -
     4                          4,700                          3.57
                アメリカ      医薬品              112,470,099        113,618,734         -
       MICROSOFT     CORP
                      株式               35,250.20        36,868.86        -
     5                          3,000                          3.47
                      ソフト
                アメリカ                    105,750,611        110,606,593         -
                      ウェア
       ルネサスエレクトロニクス              株式                1,403.00        1,402.00       -
     6                         65,000                          2.86
                  日本   電気機器               91,195,000        91,130,000        -
       ジャパンマテリアル              株式                1,552.00        1,582.00       -
     7                サービス         52,800                          2.62
                  日本                  81,945,600        83,529,600        -
                        業
       ALPHABET     INC-CL    A
                      株式               316,703.94        331,573.11        -
                     インタラ
                      クティ
     8                           250                         2.60
                      ブ・メ
                アメリカ                    79,175,985        82,893,279        -
                     ディアお
                     よびサー
                       ビス
                                 27/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       オリンパス              株式
                                      2,526.50        2,460.50       -
     9                         30,000                          2.32
                  日本   精密機器               75,795,000        73,815,000        -
       CADENCE    DESIGN    SYS  INC
                      株式               19,656.95        19,201.13        -
     10                          3,800                          2.29
                      ソフト
                アメリカ                    74,696,421        72,964,318        -
                      ウェア
       ADVANCED     MICRO   DEVICES
                      株式               13,973.45        13,772.25        -
                     半導体・
     11                          5,100                          2.20
                アメリカ     半導体製               71,264,610        70,238,511        -
                      造装置
       NEXTERA    ENERGY    INC
                      株式                9,715.37        9,823.36       -
     12                          7,100                          2.19
                アメリカ       電力             68,979,161        69,745,865        -
       KEYSIGHT     TECHNOLOGIES       INC
                      株式               20,208.25        20,386.71        -
                      電子装
     13                          3,400                          2.18
                アメリカ      置・機              68,708,058        69,314,829        -
                     器・部品
       KLA  CORPORATION
                      株式
                                     38,871.72        40,391.49        -
                     半導体・
     14                          1,700                          2.15
                アメリカ     半導体製               66,081,940        68,665,546        -
                      造装置
       INTUITIVE     SURGICAL     INC
                      株式               39,636.72        40,422.18        -
                     ヘルスケ
     15                          1,500                          1.90
                アメリカ     ア機器・               59,455,093        60,633,283        -
                       用品
       EQUIFAX    INC
                      株式               30,801.15        31,320.63        -
     16                          1,900                          1.87
                     専門サー
                アメリカ                    58,522,203        59,509,200        -
                       ビス
       ADOBE   INC
                      株式               73,032.97        72,666.95        -
     17                           800                         1.82
                      ソフト
                アメリカ
                                     58,426,380        58,133,566        -
                      ウェア
       協和キリン              株式                3,775.00        3,740.00       -
     18                          15,300                          1.80
                  日本    医薬品              57,757,500        57,222,000        -
       AMAZON.COM      INC
                      株式               383,757.87        391,771.60        -
                     インター
     19                           140                         1.72
                     ネット販
                アメリカ                    53,726,102        54,848,025        -
                     売・通信
                       販売
       SMC              株式               67,900.00        67,940.00        -
     20                           700                         1.49
                  日本     機械             47,530,000        47,558,000        -
       FISERV    INC
                      株式               12,485.51        11,199.90        -
     21                          3,800                          1.34
                     情報技術
                アメリカ                    47,444,948        42,559,639        -
                     サービス
       Sansan              株式               12,360.00        13,150.00        -
     22                情報・通          3,200                          1.32
                  日本                  39,552,000        42,080,000        -
                       信業
       朝日インテック              株式                2,993.00        2,999.00       -
     23                          13,000                          1.22
                  日本   精密機器               38,909,000        38,987,000        -
       イビデン              株式                6,670.00        6,810.00       -
     24                          5,500                          1.18
                  日本   電気機器               36,685,000        37,455,000        -
       三浦工業              株式                4,450.00        4,365.00       -
     25                          8,500                          1.16
                  日本     機械             37,825,000        37,102,500        -
                                 28/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                      株式
       HOYA                              17,290.00        16,725.00        -
     26                          2,200                          1.15
                  日本   精密機器               38,038,000        36,795,000        -
       AKAMAI    TECHNOLOGIES
                      株式               12,141.09        11,902.38        -
     27                          3,000                          1.12
                     情報技術
                アメリカ                    36,423,278        35,707,157        -
                     サービス
       マネーフォワード              株式                7,490.00        7,720.00       -
     28                情報・通          4,500                          1.09
                  日本                  33,705,000        34,740,000        -
                       信業
       ハーモニック・ドライブ・
                      株式                5,300.00        5,140.00       -
     29  システムズ                        6,700                          1.08
                  日本     機械             35,510,000        34,438,000        -
       マキタ              株式                5,780.00        5,263.00       -
     30                          6,500                          1.07
                  日本     機械             37,570,000        34,209,500        -
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    投資有価証券の種類別投資比率

                                                   2021年10月29日現在
                種類                         投資比率(%)
      株式                                                   96.95
      合計                                                   96.95
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    投資株式の業種別投資比率

                                                   2021年10月29日現在
                業種               国内/外国              投資比率(%)
      電気機器
                                                         10.78
                                 国内
      サービス業                                                    8.29
      機械                                                    8.11
      情報・通信業                                                    7.07
      化学                                                    6.59
      精密機器                                                    6.14
      輸送用機器                                                    5.43
      卸売業                                                    4.03
      医薬品                                                    3.92
      非鉄金属                                                    1.36
      ガラス・土石製品                                                    0.79
      保険業                                                    0.67
      その他製品                                                    0.65
      建設業                                                    0.64
      陸運業                                                    0.63
      不動産業                                                    0.47
      ソフトウェア                                                    7.59
                                 外国
      半導体・半導体製造装置                                                    4.36
      医薬品                                                    3.57
      インタラクティブ・メディアおよびサービス                                                    2.60
      情報技術サービス                                                    2.46
      電力                                                    2.19
      電子装置・機器・部品                                                    2.18
      ヘルスケア機器・用品                                                    1.90
      専門サービス                                                    1.87
      インターネット販売・通信販売                                                    1.72
                                 29/106

                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      各種電気通信サービス
                                                         0.96
      合計                                                   96.95
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
      ②【投資不動産物件】

    該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

                                                   2021年10月29日現在

                              買建/           簿価金額        評価金額      投資比率
       種類      取引所        資産の名称              数量
                              売建           (円)        (円)      (%)
     株価指数先物              TOPIX    
            大阪取引所                  買建        3   60,255,000        59,775,000       1.88
     取引              先物 0312月
    (注1)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
    (注2)先物取引の時価は、原則として計算日に知りうる直近の日の主たる金融商品取引所等の発表する清算値段又は最
        終相場で評価しています。
    (3)【運用実績】

      ①【純資産の推移】
    直近日(2021年10月末)、同日前1年以内における各月末及び下記計算期間末における純資産の推移は次の通りです。
                     純資産総額            純資産総額          1口当たりの         1口当たりの
                     (分配落)            (分配付)           純資産額         純資産額
                     (百万円)            (百万円)         (分配落)(円)         (分配付)(円)
          第25計算期間末
                           3,551            3,588        0.3800         0.3840
         (2012年    4月27日)
          第26計算期間末
                           3,070            3,070        0.3511         0.3511
         (2012年10月29日)
          第27計算期間末
                           4,782            4,815        0.5851         0.5891
         (2013年    4月30日)
          第28計算期間末
                           4,881            4,909        0.6185         0.6220
         (2013年10月28日)
          第29計算期間末
                           4,343            4,343        0.5962         0.5962
         (2014年    4月28日)
          第30計算期間末
                           4,602            4,632        0.6886         0.6931
         (2014年10月27日)
          第31計算期間末
                           5,120            5,150        0.8494         0.8544
         (2015年    4月27日)
          第32計算期間末
                           4,621            4,621        0.8217         0.8217
         (2015年10月27日)
          第33計算期間末
                           4,069            4,069        0.7600         0.7600
         (2016年    4月27日)
          第34計算期間末
                           3,781            3,781        0.7373         0.7373
         (2016年10月27日)
          第35計算期間末
                           3,841            3,864        0.8164         0.8214
         (2017年    4月27日)
          第36計算期間末
                           4,148            4,168        1.0200         1.0250
         (2017年10月27日)
                                 30/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          第37計算期間末
                           3,834            3,852        1.0792         1.0842
         (2018年    4月27日)
          第38計算期間末
                           3,187            3,187        0.9451         0.9451
         (2018年10月29日)
          第39計算期間末
                           3,284            3,300        0.9984         1.0034
         (2019年    5月  7日)
          第40計算期間末
                           3,219            3,232        1.0368         1.0408
         (2019年10月28日)
          第41計算期間末
                           2,753            2,753        0.9774         0.9774
          (2020年4月27日)
          第42計算期間末
                           3,041            3,050        1.2029         1.2064
         (2020年10月27日)
          第43計算期間末
                           3,055            3,066        1.3885         1.3935
          (2021年4月27日)
          第44計算期間末
                           3,185            3,195        1.5803         1.5853
         (2021年10月27日)
          2020年10月末日                 2,983         -            1.1816        -
             11月末日              3,157         -            1.3147        -
             12月末日              3,044         -            1.3374        -
           2021年1月末日                3,047         -            1.3391        -
              2月末日             2,953         -            1.3226        -
              3月末日             3,052         -            1.3769        -
              4月末日             3,032         -            1.3779        -
              5月末日             2,980         -            1.3671        -
              6月末日             3,061         -            1.4450        -
              7月末日             2,972         -            1.4392        -
              8月末日             3,134         -            1.5342        -
              9月末日             3,106         -            1.5377        -
             10月末日              3,186         -            1.5801        -
      ②【分配の推移】

                                        1口当たりの分配金(円)

               第25計算期間                                         0.0040
               第26計算期間                                         0.0000
               第27計算期間                                         0.0040
               第28計算期間                                         0.0035
               第29計算期間
                                                        0.0000
               第30計算期間                                         0.0045
               第31計算期間                                         0.0050
               第32計算期間                                         0.0000
               第33計算期間                                         0.0000
               第34計算期間                                         0.0000
               第35計算期間                                         0.0050
               第36計算期間                                         0.0050
               第37計算期間                                         0.0050
               第38計算期間                                         0.0000
               第39計算期間                                         0.0050
               第40計算期間                                         0.0040
               第41計算期間                                         0.0000
                                 31/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
               第42計算期間
                                                        0.0035
               第43計算期間                                         0.0050
               第44計算期間                                         0.0050
      ③【収益率の推移】

                                           収益率(%)

               第25計算期間                                          4.92
               第26計算期間                                         △7.61
               第27計算期間                                         67.79
               第28計算期間                                          6.31
               第29計算期間                                         △3.61
               第30計算期間                                         16.25
               第31計算期間                                         24.08
               第32計算期間                                         △3.26
               第33計算期間                                         △7.51
               第34計算期間
                                                        △2.99
               第35計算期間                                         11.41
               第36計算期間                                         25.55
               第37計算期間                                          6.29
               第38計算期間                                        △12.43
               第39計算期間                                          6.17
               第40計算期間                                          4.2
               第41計算期間                                         △5.7
               第42計算期間                                          23.4
               第43計算期間                                          15.8
               第44計算期間                                          14.2
    (注1)収益率は期間騰落率です。
    (注2)計算期間末が2019年8月29日以前の収益率については、小数点第2位で表示しています。
    (4)【設定及び解約の実績】

                           設定口数                    解約口数

         第25計算期間                         43,512,709                    783,485,125
         第26計算期間                         63,627,652                    662,288,785
         第27計算期間                        141,187,025                    714,450,576
         第28計算期間                        368,613,766                    649,768,739
         第29計算期間                        403,330,276                   1,010,209,478
         第30計算期間                         92,902,694                    695,154,087
         第31計算期間                         87,685,892                    743,227,052
         第32計算期間                         86,682,123                    489,876,410
         第33計算期間
                                  50,443,549                    321,153,779
         第34計算期間                         25,591,446                    251,372,498
         第35計算期間                         12,009,295                    435,246,415
         第36計算期間                         50,268,179                    688,365,133
         第37計算期間                        115,078,565                    629,102,370
         第38計算期間                         31,421,227                    212,296,376
         第39計算期間                         6,894,657                    89,561,620
         第40計算期間                         11,443,971                    195,277,132
         第41計算期間
                                  14,478,536                    303,576,992
         第42計算期間                         15,267,347                    303,449,218
                                 32/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         第43計算期間
                                  79,265,840                    407,299,347
         第44計算期間                         19,834,629                    204,725,170
    (注)本邦外における設定及び解約はありません。
                                 33/106




















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ≪参考情報≫
                                 34/106




















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

      (1)  当ファンドのお申込みは、原則として委託会社および販売会社の営業日の午後3時までにお買付
       けのお申込みが行われ、かつ当該お申込みの受付けにかかる販売会社の所定の事務手続きが完了し
       たものを当日分のお申込みといたします。この時間を過ぎてのお申込みおよび所定の事務手続き完
       了分については、翌営業日のお取扱いとなります。
      (2)  取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設されたファ
       ンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者に
       かかる口数の増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社(委託会社の自らの募集にかか
       る受益権については、委託会社の指定する口座管理機関)は、当該取得申込みの代金の支払いと引
       換えに、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。
       委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載
       または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。
      (3)  お申込みには、収益の分配がなされた場合に分配金を受領する「分配金受取コース」と、分配金
       は原則として税金を差し引いた後、自動的に無手数料で再投資される「分配金再投資コース」の2
       つの申込方法があります。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のコースのみの取扱いとな
       る場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      (4)  申込単位は、各販売会社が定める単位とします。申込単位については、販売会社にお問い合わせ
       ください。
      (5)  取得申込者と販売会社との間であらかじめ決められた一定の金額を一定期間毎に定時定額購入
       (積立)をすることができる場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      (6)  取得申込みにかかる受益権の価額は、取得申込日の基準価額に、販売会社が別に定める申込手数
       料および申込手数料にかかる消費税等相当額を加算した価額とします。
      (7)  販売会社において金額買付(申込単位が金額にて表示されている場合)によるお申込みをされた
       場合、申込手数料および申込手数料にかかる消費税等相当額はお申込代金の中から差し引かれま
       す。
      (8)  収益分配金の再投資に関する契約に基づき、収益分配金を再投資する際は、1口単位で購入でき
       るものとします。なお、その際の受益権の価額は、原則として各計算期間終了日の基準価額としま
       す。
      (9)  証券取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情があるときは、
       販売会社は、受益権の取得申込みの受付けを中止すること、およびすでに受付けた取得申込みの受
       付けを取り消すことができます。
    2【換金(解約)手続等】

      (1)  受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に各販売会社が定める単位をもって解約を請
       求することができます。
       ※ 解約単位は、販売会社にお問い合わせください。
      (2)  解約の請求を行う受益者は、振替制度にかかる口座が開設されている振替機関等に対して当該受
       益者の請求にかかるこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該一部解約にかか
       る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の
                                 35/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。なお、解約の請求を受益者が行う際
       は、販売会社に対し振替受益権をもって行うものとします。
      (3)  解約請求の受付けについては、原則として委託会社および販売会社の営業日の午後3時までに解
       約のお申込みが行われ、かつ当該お申込みの受付けにかかる販売会社の所定の事務手続きが完了し
       たものを当日分のお申込みとします。この時間を過ぎてのお申込みおよび所定の事務手続き完了分
       については、翌営業日のお取扱いとなります。
      (4)  解約の価額は、解約請求受付日の基準価額とします。詳しくは、販売会社または委託会社にお問
       い合わせください。なお、委託会社に対する照会は下記においてできます。
                                      ※
         照会先の名称
                                 電話番号
                                 0120-104-694
         アセットマネジメントOne株式会社
         ※ 電話によるお問い合わせは、               営業日の午前9時から午後5時まで                とさせていただきます。(以下同じ。)
      (5)  解約代金は、受益者の請求を受付けた日から起算して、原則として、4営業日目から販売会社に
       おいて当該受益者に支払われます。ただし、委託会社の自らの募集にかかる受益権に帰属する一部
       解約金の支払いは、委託会社において行います。
      (6)  信託財産の資金管理を円滑に行うために大口の解約請求には制限を設ける場合があります。
      (7)  委託会社は、証券取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情が
       あるときは、一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、およびすでに受付けた一部解約の実
       行の請求の受付けを取り消すことができます。この場合、受益者は当該受付中止以前に行った当日
       の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しな
       い場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算
       日に一部解約の実行の請求を受付けたものとして、当該基準価額の計算日の基準価額とします。
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

      ① 基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令および一
       般社団法人投資信託協会規則に従って時価評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除
       した金額(「純資産総額」といいます。)を計算日における受益権総口数で除した金額をいいま
       す。
       <主な投資対象の時価評価方法の原則>
            投資対象                        評価方法

                          ※
        株式
                       計算日     における取引所の最終相場
        外貨建資産の円換算              計算日の国内における対顧客電信売買相場の仲値
         ※  外国で取引されているものについては、計算日の直近の日とします。

      ② 当ファンドの基準価額は、委託会社の毎営業日(土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法

       律」に定める休日ならびに12月31日、1月2日および1月3日以外の日とします。)に計算され
       ます。基準価額については、販売会社または委託会社にお問い合わせください。なお、委託会社
       に対する照会は下記においてできます。基準価額は1万口単位で表示されたものが発表されま
       す。
                                 36/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        照会先の名称                       ホームページアドレス                電話番号
        アセットマネジメントOne株式会社                       http://www.am-one.co.jp/                0120-104-694
    (2)【保管】

      該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

      1999年10月28日から無期限です。
    (4)【計算期間】

      原則として毎年4月28日から10月27日までおよび10月28日から翌年4月27日までとします。ただ
     し、各計算期間終了日に該当する日(以下「当該日」といいます。)が休業日のとき、計算期間終了
     日は、当該日の翌日以降の最初の営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとしま
     す。
    (5)【その他】

      ① 信託契約の解約
        以下の場合には信託契約を解約し信託を終了することがあります。
       1.委託会社は、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、または
        やむを得ない事情が発生したとき、もしくは信託契約の一部解約により、受益権の口数が10億口
        を下回ることとなった場合には、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了さ
        せることができます。
        a.この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ま
          す。委託会社はかかる事項について、あらかじめ、解約しようとする旨を公告し、かつ、その
          旨を記載した書面をこの信託契約にかかる知られたる受益者に対して交付します。ただし、こ
          の信託契約にかかる全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いま
          せん。
        b.前記a.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して
          異議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一ヵ月を下らないものとします。
        c.前記b.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一
          を超えるときは、前記1.の信託契約の解約をしません。
        d.委託会社は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理由
          を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託契約にかかる知られたる受益者に対
          して交付します。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を
          行いません。
        e.前記b.からd.までの規定は、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じて
          いる場合であって、前記b.の一定の期間が一ヵ月を下らずにその公告および書面の交付を行
          うことが困難な場合には適用しません。
        f.前記1.に定める信託契約の解約を行う場合において、前記b.の期間内に異議を述べた受
          益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべき旨を請求す
          ることができます。なお、買取請求の取扱いについては、委託会社、受託会社の協議により決
          定するものとします。
                                 37/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       2.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、
        信託契約を解約し、信託を終了させます。
       3.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
        は、委託会社は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が、この信託
        契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、この信託
        は、「②     信託約款の変更4.」に該当する場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との
        間において存続します。
       4.受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合において、委託会社が新
        受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
      ② 信託約款の変更
       1.委託会社は、信託約款を変更することが受益者の利益のため必要であると認めるとき、また
        はやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託約款を変更できるもの
        とし、あらかじめ、変更しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
       2.委託会社は、前記1.の変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ、変
        更しようとする旨を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託約款にかかる知られ
        たる受益者に対して交付します。ただし、この信託約款にかかる全ての受益者に対して書面を交
        付したときは、原則として、公告を行いません。
       3.前記2.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して
        異議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一ヵ月を下らないものとします。
       4.前記3.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一
        を超えるときは、前記1.の信託約款の変更をしません。
       5.委託会社は、この信託約款を変更しないこととしたときは、変更しない旨およびその理由を
        公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただし、
        全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
       6.前記2.に定める変更を行う場合において、前記3.の期間内に異議を述べた受益者は、受
        託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべき旨を請求することができ
        ます。なお、買取請求の取扱いについては、委託会社、受託会社の協議により決定するものとし
        ます。
       7.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、上記の規
        定にしたがいます。
      ③ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴なう取扱い
       1.委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴ない、この信託契約に
        関する事業を譲渡することがあります。
       2.委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴ない、こ
        の信託契約に関する事業を承継させることがあります。
      ④ 関係法人との契約の更改および受託会社の辞任または解任に伴なう取扱い
       1.委託会社と販売会社との間の募集・販売等契約は、締結日から原則1年間とし、期間終了の
        3ヵ月前までに別段の意思表示のない時は、同一条件にて継続されます。
                                 38/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       2.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。また、受託会社
        がその任務に背いた場合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または受益者は、裁判所
        に受託会社の解任を請求することができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会
        社を解任した場合、委託会社は「② 信託約款の変更」の規定にしたがい、新受託会社を選任し
        ます。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を
        終了させます。
      ⑤ 信託事務処理の再信託
        受託会社は、当ファンドにかかる信託事務処理の一部について、                                   株式会社日本カストディ銀行                と
       再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託にかかる契約書類
       に基づいて所定の事務を行います。
      ⑥ 公告
        委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載しま
       す。
         http://www.am-one.co.jp/
        なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公
       告は、日本経済新聞に掲載します。
      ⑦ 運用報告書
        委託会社は、決算時および信託終了時に期中の運用経過のほか、信託財産の内容、有価証券売買
       状況などを記載した「運用報告書」を作成します。
       ・交付運用報告書は、販売会社を通じて交付いたします。
       ・運用報告書(全体版)は、次のアドレスに掲載します。ただし、受益者から運用報告書(全体
        版)の交付の請求があった場合には、交付いたします。
          http://www.am-one.co.jp/
    4【受益者の権利等】

      (1)  収益分配金請求権
        受益者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて請求する権利を有します。
        受益者が収益分配金支払開始日から5年間支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会社
       から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
       該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。
       また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のた
       め販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
       す。)に、原則として決算日から起算して5営業日までにお支払いを開始します。
        なお、「分配金再投資コース」により収益分配金を再投資する受益者に対しては、委託会社は受
       託会社から受けた収益分配金を、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に販売会社に交付しま
       す。販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付を行います。再
       投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
                                 39/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)  償還金請求権
        受益者は、持ち分に応じて償還金を請求する権利を有します。
        受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間支払いを請求しないときは、その
       権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
       以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定
       された受益権で取得申込代金支払前のため、販売会社の名義で記載または記録されている受益権に
       ついては原則として取得申込者とします。)に、原則として償還日(休業日の場合は翌営業日)か
       ら起算して5営業日までに委託会社または販売会社において、お支払いを開始します。
     (3)  一部解約請求権

        受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求をすることができます。
     (4)  帳簿書類の閲覧・謄写の請求権

        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿書類の
       閲覧または謄写を請求することができます。
                                 40/106













                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大
        蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平
        成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    (2)当ファンドの計算期間は6ヵ月であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。

    (3)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第44期計算期間(2021年4月28

        日から2021年10月27日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受け
        ております。
                                 41/106
















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】
    【MHAMキャピタル・グロース・オープン】
    (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第43期              第44期
                                2021年4月27日現在              2021年10月27日現在
     資産の部
       流動資産
        預金                              43,790,969              58,397,672
        コール・ローン                              58,325,957              87,359,659
        株式                            2,967,924,524              3,091,324,823
        派生商品評価勘定                              14,034,870                  -
        未収配当金                               9,806,289              6,617,569
        前払金                                  -            945,000
                                       2,520,000              2,385,000
        差入委託証拠金
        流動資産合計                            3,096,402,609              3,247,029,723
       資産合計                              3,096,402,609              3,247,029,723
     負債の部
       流動負債
        派生商品評価勘定                                  -          18,085,830
        前受金                               1,008,000                  -
        未払収益分配金                              11,001,961              10,077,508
        未払解約金                                417,707             4,988,588
        未払受託者報酬                               1,691,389              1,691,226
        未払委託者報酬                              27,062,679              27,060,285
                                        23,932              23,919
        その他未払費用
        流動負債合計                              41,205,668              61,927,356
       負債合計                                41,205,668              61,927,356
     純資産の部
       元本等
        元本                            2,200,392,303              2,015,501,762
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                            854,804,638             1,169,600,605
                                     1,068,198,832              1,353,650,068
          (分配準備積立金)
        元本等合計                            3,055,196,941              3,185,102,367
       純資産合計                              3,055,196,941              3,185,102,367
     負債純資産合計                               3,096,402,609              3,247,029,723
                                 42/106









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                   第43期              第44期
                                自 2020年10月28日              自 2021年4月28日
                                至 2021年4月27日              至 2021年10月27日
     営業収益
       受取配当金                                13,657,259              11,506,693
       受取利息                                    70              79
       有価証券売買等損益                               455,082,928              405,153,822
       派生商品取引等損益                                9,227,040              3,752,040
       為替差損益                                5,378,903              16,233,089
                                         1,408               398
       その他収益
       営業収益合計
                                      483,347,608              436,646,121
     営業費用
       支払利息                                  7,399              6,812
       受託者報酬                                1,691,389              1,691,226
       委託者報酬                                27,062,679              27,060,285
                                        105,851              119,514
       その他費用
       営業費用合計                                28,867,318              28,877,837
     営業利益又は営業損失(△)                                454,480,290              407,768,284
     経常利益又は経常損失(△)                                454,480,290              407,768,284
     当期純利益又は当期純損失(△)                                454,480,290              407,768,284
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                      46,891,421              13,167,839
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                513,047,738              854,804,638
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 28,366,204               9,815,697
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                          -              -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      28,366,204               9,815,697
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 83,196,212              79,542,667
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      83,196,212              79,542,667
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                          -              -
       額
                                      11,001,961              10,077,508
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                                854,804,638             1,169,600,605
                                 43/106









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                         第44期
              項目                        自 2021年4月28日
                                      至 2021年10月27日
     1.   有価証券の評価基準及び評価方法                 株式
                         移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあ
                         たっては、金融商品取引所等における最終相場(最終相場のないものにつ
                         いては、それに準ずる価額)、又は金融商品取引業者等から提示される気
                         配相場に基づいて評価しております。
     2.   デリバティブ等の評価基準及び評                 先物取引

         価方法
                         個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたっ
                         ては、原則として、計算日に知りうる直近の日の主たる金融商品取引所等
                         の発表する清算値段又は最終相場によっております。
                         為替予約取引

                         原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によって
                         計算しております。
     3.   収益及び費用の計上基準                 受取配当金

                         原則として、配当落ち日において、確定配当金額又は予想配当金額を計上
                         しております。
     4.   その他財務諸表作成のための基本                 外貨建取引等の処理基準

         となる重要な事項
                         外貨建資産及び負債は、計算日の対顧客電信売買相場の仲値により円貨に
                         換算するほか、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令
                         第133号)第60条及び同第61条にしたがって換算しております。
    (貸借対照表に関する注記)

                                第43期                  第44期
              項目
                             2021年4月27日現在                 2021年10月27日現在
     1.   期首元本額                          2,528,425,810円                  2,200,392,303円
        期中追加設定元本額                           79,265,840円                  19,834,629円
        期中一部解約元本額                           407,299,347円                  204,725,170円
     2.   受益権の総数                          2,200,392,303口                  2,015,501,762口

    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                第43期                  第44期
              項目               自 2020年10月28日                  自 2021年4月28日
                             至 2021年4月27日                 至 2021年10月27日
                                 44/106





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         分配金の計算過程                計算期間末における費用控除後の配                  計算期間末における費用控除後の配
     1.
                         当等収益(12,529,594円)、費用控                  当等収益(10,608,336円)、費用控
                         除後、繰越欠損金を補填した有価証                  除後、繰越欠損金を補填した有価証
                         券売買等損益(395,059,275円)、信                  券売買等損益(383,992,109円)、信
                         託約款に規定される収益調整金                  託約款に規定される収益調整金
                         (101,982,385円)及び分配準備積立                  (102,754,389円)及び分配準備積立
                         金(671,611,924円)より分配対象収                  金(969,127,131円)より分配対象収
                         益は1,181,183,178円(1万口当たり                  益は1,466,481,965円(1万口当たり
                         5,368.05円)であり、うち                  7,276.01円)であり、うち
                         11,001,961円(1万口当たり50円)を                  10,077,508円(1万口当たり50円)を
                         分配金額としております。                  分配金額としております。
    (金融商品に関する注記)

    1.金融商品の状況に関する事項
                                第43期                  第44期
              項目               自 2020年10月28日                  自 2021年4月28日
                             至 2021年4月27日                 至 2021年10月27日
     1.   金融商品に対する取組方針                 当ファンドは、証券投資信託であ                  同左
                         り、信託約款に規定する「運用の基
                         本方針」に従い、有価証券等の金融
                         商品に対して投資として運用するこ
                         とを目的としております。
     2.   金融商品の内容及び当該金融商品                 当ファンドが保有する金融商品の種                  同左

         に係るリスク                 類は、有価証券、デリバティブ取
                         引、コール・ローン等の金銭債権及
                         び金銭債務であります。当ファンド
                         が保有する有価証券の詳細は「附属
                         明細表」に記載しております。これ
                         らは、市場リスク(価格変動リス
                         ク、為替変動リスク、金利変動リス
                         ク)、信用リスク、及び流動性リス
                         クを有しております。
                         また、当ファンドの利用しているデ
                         リバティブ取引は、株価指数先物取
                         引及び為替予約取引であります。当
                         該デリバティブ取引は、信託財産が
                         運用対象とする資産の価格変動リス
                         クの低減及び信託財産に属する資産
                         の効率的な運用に資する事を目的と
                         し行っており、株価及び為替相場の
                         変動によるリスクを有しておりま
                         す。
                                 45/106





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3.   金融商品に係るリスク管理体制                 運用担当部署から独立したコンプラ                  同左
                         イアンス・リスク管理担当部署が、
                         運用リスクを把握、管理し、その結
                         果に基づき運用担当部署へ対応の指
                         示等を行うことにより、適切な管理
                         を行います。リスク管理に関する委
                         員会等はこれらの運用リスク管理状
                         況の報告を受け、総合的な見地から
                         運用状況全般の管理を行います。
    2.金融商品の時価等に関する事項

                                第43期                  第44期
              項目
                             2021年4月27日現在                 2021年10月27日現在
     1.   貸借対照表計上額、時価及びその                 貸借対照表上の金融商品は原則とし                  同左
         差額                 てすべて時価で評価しているため、
                         貸借対照表計上額と時価との差額は
                         ありません。
     2.   時価の算定方法                 (1)有価証券                  同左

                         「(重要な会計方針に係る事項に関
                         する注記)」にて記載しておりま
                         す。
                         (2)デリバティブ取引
                         「(デリバティブ取引等に関する注
                         記)」にて記載しております。
                         (3)上記以外の金融商品
                         上記以外の金融商品(コール・ロー
                         ン等の金銭債権及び金銭債務)は短
                         期間で決済されるため、帳簿価額は
                         時価と近似していることから、当該
                         帳簿価額を時価としております。
     3.   金融商品の時価等に関する事項に                 金融商品の時価には、市場価格に基                  同左

         ついての補足説明                 づく価額のほか、市場価格がない場
                         合には合理的に算定された価額が含
                         まれております。当該価額の算定に
                         おいては一定の前提条件等を採用し
                         ているため、異なる前提条件等に
                         よった場合、当該価額が異なること
                         もあります。また、デリバティブ取
                         引に関する契約額等は、あくまでも
                         デリバティブ取引における名目的な
                         契約額であり、当該金額自体がデリ
                         バティブ取引のリスクの大きさを示
                         すものではありません。
    (有価証券に関する注記)

    売買目的有価証券
                                 46/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                第43期                  第44期
                             2021年4月27日現在                 2021年10月27日現在
             種類
                                当期の                  当期の
                              損益に含まれた                  損益に含まれた
                              評価差額(円)                  評価差額(円)
     株式                               366,388,076                  354,175,566
     合計                               366,388,076                  354,175,566
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    通貨関連
                                         第43期
                                      2021年4月27日現在
              種類            契約額等(円)                  時価(円)       評価損益(円)
                                     うち
                                     1年超
     市場取引以外の取引
       為替予約取引
        売建                    597,113,640             -    583,635,780         13,477,860
          アメリカ・ドル                  597,113,640             -    583,635,780         13,477,860
     合計                       597,113,640             -    583,635,780         13,477,860
                                         第44期

                                      2021年10月27日現在
              種類            契約額等(円)                  時価(円)        評価損益(円)
                                     うち
                                     1年超
     市場取引以外の取引
       為替予約取引
        売建                    599,059,800             -    615,824,640        △16,764,840
          アメリカ・ドル                  599,059,800             -    615,824,640        △16,764,840
     合計                       599,059,800             -    615,824,640        △16,764,840
    (注)時価の算定方法
        為替予約取引
        1.   計算日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しております。
        ①計算日において為替予約の受渡日の対顧客先物売買相場の仲値が発表されている場合は、当該為替予約は当該仲
        値で評価しております。
        ②計算日において為替予約の受渡日の対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法によって
        おります。
        ・計算日に為替予約の受渡日を超える対顧客先物売買相場が発表されている場合には、発表されている先物相場の
        うち当該日に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算しております。
        ・計算日に為替予約の受渡日を超える対顧客先物売買相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表さ
        れている対顧客先物売買相場の仲値を用いております。
        2.   計算日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない外貨については、計算日の対顧客電信売買相場の仲
        値で評価しております。
        3.   換算において円未満の端数は切捨てております。
        ※上記取引で、ヘッジ会計が適用されているものはありません。
    株式関連

                                 47/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                         第43期
                                      2021年4月27日現在
              種類            契約額等(円)                  時価(円)       評価損益(円)
                                     うち
                                     1年超
     市場取引
       先物取引
        買建                    56,547,000             -    57,105,000          558,000
     合計                       56,547,000             -    57,105,000          558,000
                                         第44期

                                      2021年10月27日現在
              種類            契約額等(円)                  時価(円)       評価損益(円)
                                     うち
                                     1年超
     市場取引
       先物取引
        買建                    61,575,000             -    60,255,000        △1,320,000
     合計                       61,575,000             -    60,255,000        △1,320,000
    (注)時価の算定方法
        株価指数先物取引
        1.   原則として計算日に知りうる直近の日の主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場で評価しておりま
        す。
        2.   先物取引の残高表示は、契約額によっております。
        3.   契約額等には手数料相当額を含んでおりません。
        ※上記取引で、ヘッジ会計が適用されているものはありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

    該当事項はありません。
    (1口当たり情報に関する注記)

                                第43期                  第44期
                             2021年4月27日現在                 2021年10月27日現在
     1口当たり純資産額                                1.3885円                  1.5803円
     (1万口当たり純資産額)                               (13,885円)                  (15,803円)
    (4)【附属明細表】

    第1 有価証券明細表
    (1)株式
                                                   2021年10月27日現在
                                         評価額
        通貨           銘柄          株式数                          備考
                                    単価         金額
              五洋建設                26,000       795.00          20,670,000
     日本円
              エス・エム・エス                4,000      4,460.00           17,840,000
              エムスリー                4,300      7,245.00           31,153,500
              SHIFT                1,200     25,250.00           30,300,000
              メディカル・データ・ビ
                             11,500      1,463.00           16,824,500
              ジョン
              マネーフォワード                4,500      7,490.00           33,705,000
              SUN ASTERISK                8,200      2,494.00           20,450,800
              イビデン                5,500      6,670.00           36,685,000
                                 48/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
              信越化学工業
                              6,200     19,925.00           123,535,000
              プラスアルファ・コンサル
                              7,000      2,821.00           19,747,000
              ティング
              協和キリン                15,300      3,775.00           57,757,500
              ラクスル                4,300      6,180.00           26,574,000
              Sansan                3,200     12,360.00           39,552,000
              JMDC                2,000      8,380.00           16,760,000
              テルモ                3,000      5,125.00           15,375,000
              そーせいグループ                11,000      1,843.00           20,273,000
              第一三共                11,000      2,884.00           31,724,000
              ヘリオス                5,500      1,744.00           9,592,000
              中国塗料                19,000       889.00          16,891,000
              デジタルガレージ                2,900      5,080.00           14,732,000
              モダリス                6,200      1,072.00           6,646,400
              東洋合成工業                1,500     15,830.00           23,745,000
              OATアグリオ                12,500      2,079.00           25,987,500
              東海カーボン                17,000      1,528.00           25,976,000
              三井金属鉱業                6,000      3,355.00           20,130,000
              UACJ                9,000      2,677.00           24,093,000
              三浦工業                8,500      4,450.00           37,825,000
              イー・ガーディアン                4,800      3,165.00           15,192,000
              ジャパンマテリアル                52,800      1,552.00           81,945,600
              日進工具                17,300      1,488.00           25,742,400
              鎌倉新書                9,600       919.00          8,822,400
              アトラエ                8,500      2,484.00           21,114,000
              AIメカテック                9,000      1,527.00           13,743,000
              SMC                 700    67,900.00           47,530,000
              技研製作所                3,400      4,265.00           14,501,000
              ハーモニック・ドライブ・
                              6,700      5,300.00           35,510,000
              システムズ
              ダイキン工業                1,300     25,705.00           33,416,500
              CKD                8,000      2,243.00           17,944,000
              マキタ                6,500      5,780.00           37,570,000
              日本電産                2,200     12,225.00           26,895,000
              ヴィスコ・テクノロジーズ                12,000      1,712.00           20,544,000
              ルネサスエレクトロニクス                65,000      1,403.00           91,195,000
              ソニーグループ                2,400     13,105.00           31,452,000
              スミダコーポレーション                13,000      1,329.00           17,277,000
              堀場製作所                2,000      7,360.00           14,720,000
              OBARA GROUP                6,500      3,630.00           23,595,000
              イリソ電子工業                2,500      4,970.00           12,425,000
              ウシオ電機                11,000      2,027.00           22,297,000
              大真空                5,500      4,045.00           22,247,500
              三井ハイテック                2,500      8,540.00           21,350,000
              識学                5,800      2,260.00           13,108,000
              トヨタ自動車                64,500      2,004.00          129,258,000
              武蔵精密工業                8,600      2,150.00           18,490,000
              シマノ                 800    32,600.00           26,080,000
              LITALICO                4,500      3,380.00           15,210,000
              東京精密                3,000      4,485.00           13,455,000
                                 49/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
              オリンパス
                             30,000      2,526.50           75,795,000
              HOYA                2,200     17,290.00           38,038,000
              朝日インテック                13,000      2,993.00           38,909,000
              ホロン                5,000      3,380.00           16,900,000
              グローブライド                5,000      4,210.00           21,050,000
              ユニ・チャーム                3,800      4,475.00           17,005,000
              アニコム ホールディング
                             24,000       885.00          21,240,000
              ス
              三井不動産                5,800      2,614.00           15,161,200
              リログループ                12,000      2,338.00           28,056,000
              日立物流                4,500      4,830.00           21,735,000
              ダイセキ                6,300      5,380.00           33,894,000
              ミスミグループ本社                27,000      4,835.00          130,545,000
     日本円 小計                        695,300                2,095,501,800
              AMAZON.COM      INC
                               140    3,376.070           472,649.800
     アメリカ・ドル
              ADVANCED     MICRO   DEVICES
                              5,100      122.930          626,943.000
              ADOBE   INC
                               800     642.500          514,000.000
              VERIZON    COMM   INC
                              5,100       53.080         270,708.000
              CADENCE    DESIGN    SYS  INC
                              3,800      172.930          657,134.000
              EQUIFAX    INC
                              1,900      270.970          514,843.000
              NEXTERA    ENERGY    INC
                              7,100       85.470         606,837.000
              FISERV    INC
                              3,800      109.840          417,392.000
              KLA  CORPORATION
                              1,700      341.970          581,349.000
              AKAMAI    TECHNOLOGIES
                              3,000      106.810          320,430.000
              MICROSOFT     CORP
                              3,000      310.110          930,330.000
              INTUITIVE     SURGICAL     INC
                              1,500      348.700          523,050.000
              ZOETIS    INC
                              4,700      210.520          989,444.000
              KEYSIGHT     TECHNOLOGIES
                              3,400      177.780          604,452.000
              INC
              ALPHABET     INC-CL    A
                               250    2,786.170           696,542.500
     アメリカ・ドル 小計                        45,290               8,726,104.300
                                             (995,823,023)
     合計                        740,590                3,091,324,823
                                             (995,823,023)
    (2)株式以外の有価証券

    該当事項はありません。
    (注)

    1.各種通貨毎の小計の欄における( )内の金額は、邦貨換算額であります。
    2.合計欄における( )内の金額は、外貨建有価証券の邦貨換算額の合計額であり、内数で表示しております。
    3.外貨建有価証券の内訳
                                 組入株式           有価証券の合計金額に
            通貨             銘柄数         時価比率              対する比率
                                  (%)              (%)
     アメリカ・ドル                株式      15銘柄         31.27                    32.21
    (注)「組入時価比率」は、純資産に対する比率であります。
    第2 信用取引契約残高明細表

    該当事項はありません。
                                 50/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    「(デリバティブ取引等に関する注記)」にて記載しております。
                                 51/106




















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    【純資産額計算書】
                                                   2021年10月29日現在

     Ⅰ 資産総額                                              3,202,611,096円
     Ⅱ 負債総額                                                16,232,850円
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                              3,186,378,246円
     Ⅳ 発行済数量                                              2,016,520,579口
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                  1.5801円
                                 52/106

















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    (1)受益証券の名義書換
      該当事項はありません。
      ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まりま
      す。委託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取
      り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者
      が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券
      を発行しません。
      なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式
      受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請
      求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
    (2)受益者等名簿

      該当事項はありません。
    (3)受益者に対する特典

      該当事項はありません。
    (4)受益権の譲渡制限

      譲渡制限はありません。
      ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記
       載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益
       権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記
       載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでな
       い場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を
       含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載また
       は記録が行われるよう通知するものとします。
      ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録さ
       れている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場
       合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、
       振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
    (5)受益権の譲渡の対抗要件

      受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗
      することができません。
    (6)受益権の再分割

      委託会社は、社振法に定めるところにしたがい、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均
      等に再分割できるものとします。
    (7)質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて

                                 53/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
      い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定に
      よ るほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 54/106



















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】
    1【委託会社等の概況】
      (1)資本金の額(          2021年10月29日        現在)
            資本金の額        20億円
                     ※
            発行する株式総数              100,000株
                         (普通株式       上限100,000株、A種種類株式                 上限30,000株)
            発行済株式総数     40,000株
                         (普通株式24,490株、A種種類株式15,510株)
            ※種類株式の発行が可能
            直近5カ年の資本金の増減:該当事項はありません。

      (2)会社の機構(          2021年10月29日        現在)

       ① 会社の意思決定機構
         業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。
         取締役は株主総会で選任されます。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、そ
         の選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
         とし、任期の満了前に退任した取締役(監査等委員である取締役を除く。)の補欠として選任
         された取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、現任取締役(監査等委員である
         取締役を除く。)の任期の満了の時までとします。
         また、監査等委員である取締役の任期は、その選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終
         のものに関する定時株主総会の終結の時までとし、任期の満了前に退任した監査等委員である
         取締役の補欠として選任された監査等委員である取締役の任期は、退任した監査等委員である
         取締役の任期の満了の時までとします。
         取締役会は、決議によって代表取締役を選定します。代表取締役は、会社を代表し、取締役会
         の決議にしたがい業務を執行します。
         また、取締役会の決議によって、取締役社長を定めることができます。
         取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として取締役社長が招集します。取締
         役会の議長は、原則として取締役社長があたります。
         取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる取締役の
         過半数が出席し、出席取締役の過半数をもって行います。
       ② 投資運用の意思決定機構

         1.投資環境見通しおよび運用方針の策定
          経済環境見通し、資産別市場見通し、資産配分方針および資産別運用方針は月次で開催する
          「投資環境会議」および「投資方針会議」にて協議、策定致します。これらの会議は運用本
          部長・副本部長、運用グループ長等で構成されます。
         2.運用計画、売買計画の決定
          各ファンドの運用は「投資環境会議」および「投資方針会議」における協議の内容を踏まえ
          て、ファンド毎に個別に任命された運用担当者が行います。運用担当者は月次で運用計画書
                                 55/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          を作成し、運用本部長の承認を受けます。運用担当者は承認を受けた運用計画に基づき、運
          用を行います。
    2【事業の内容及び営業の概況】

      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、投資信託の設
      定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)なら
      びにその受益証券(受益権)の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また、「金
      融商品取引法」に定める投資助言・代理業を行っています。
      2021年10月29日        現在、委託会社の運用する投資信託は以下の通りです。(親投資信託を除く)
                                      純資産総額(単位:円)

             基本的性格               本数
                                 26          1,389,726,868,805
          追加型公社債投資信託
                                831          15,977,901,845,268
           追加型株式投資信託
                                 28            60,426,385,134
          単位型公社債投資信託
                                220           1,327,861,039,257
           単位型株式投資信託
                               1,105            18,755,916,138,464
               合計
                                 56/106














                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
    1.委託会社であるアセットマネジメントOne株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表は、
     「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)ならびに同規則
     第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)
     により作成しております。
      また、中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
      省令第38号)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣
      府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
    2.委託者の財務諸表及び中間財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円

      単位で記載しておりましたが、第37期事業年度の中間会計期間より百万円単位で記載することに変更
      いたしました。その結果、第36期事業年度の財務諸表の金額については千円未満の端数を、第37期事
      業年度の中間財務諸表の金額については百万円未満の端数を切り捨てて記載しております。
    3.委託会社は、第36期事業年度(自2020年4月1日至2021年3月31日)の財務諸表について、EY新日本

     有限責任監査法人の監査を受け、第37期中間会計期間(自2021年4月1日至2021年9月30日)の中間財
     務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の中間監査を受けております。
                                 57/106













                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                第35期                 第36期
                            (2020年3月31日現在)                 (2021年3月31日現在)
            (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                              32,932,013                 36,734,502
       金銭の信託                              28,548,165                 25,670,526
       有価証券                                 996                  -
       未収委託者報酬                              11,487,393                 16,804,456
       未収運用受託報酬                              4,674,225                 5,814,654
       未収投資助言報酬                               331,543                 317,567
       未収収益                                11,674                  7,412
       前払費用                               480,129                 724,591
       その他                              2,815,351                 2,419,487
                   流動資産計                 81,281,494                 88,493,198
      固定資産

       有形固定資産                              1,278,455                 1,119,327
        建物                       ※1      1,006,793          ※1        915,815
        器具備品                       ※1       270,768         ※1        202,902
        建設仮勘定                                894                 609
       無形固定資産                              3,524,781                 3,991,834
        ソフトウエア                             3,299,065                 2,878,179
        ソフトウエア仮勘定                              221,784                1,109,723
        電話加入権                               3,931                 3,931
       投資その他の資産                              9,482,127                 11,153,554
        投資有価証券                              261,361                 261,360
        関係会社株式                             5,299,196                 5,299,196
        長期差入保証金                             1,302,402                 1,324,203
        繰延税金資産                             2,508,004                 3,676,823
        その他                              111,162                 591,970
                   固定資産計                 14,285,364                 16,264,717
             資産合計                       95,566,859                 104,757,915
                                 58/106







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:千円)
                               第35期                 第36期
                           (2020年3月31日現在)                 (2021年3月31日現在)
           (負債の部)
      流動負債
       預り金                             3,702,906                 3,730,283
       未払金                             4,803,140                 7,337,541
        未払収益分配金                               966                 846
        未払償還金                              9,999                 9,999
        未払手数料                            4,582,140                 6,889,193
        その他未払金                             210,034                 437,502
       未払費用                             6,673,320                 9,713,972
       未払法人税等                             4,090,268                 4,199,922
       未払消費税等                             1,338,183                 2,106,617
       賞与引当金                             1,373,328                 1,789,597
       役員賞与引当金                               65,290                 76,410
                  流動負債計                 22,046,438                 28,954,345
      固定負債
       退職給付引当金                             2,118,947                 2,292,486
       時効後支払損引当金                              174,139                 157,945
                  固定負債計                 2,293,087                 2,450,431
            負債合計                       24,339,526                 31,404,777
           (純資産の部)
      株主資本
       資本金                             2,000,000                 2,000,000
       資本剰余金                             19,552,957                 19,552,957
        資本準備金                            2,428,478                 2,428,478
        その他資本剰余金                           17,124,479                 17,124,479
       利益剰余金                             49,674,383                 51,800,187
        利益準備金                             123,293                 123,293
        その他利益剰余金                           49,551,090                 51,676,893
         別途積立金                          31,680,000                 31,680,000
         繰越利益剰余金                          17,871,090                 19,996,893
                  株主資本計                 71,227,341                 73,353,144
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                △7                 △6
              評価・換算差額等計                         △7                 △6
            純資産合計                       71,227,333                 73,353,137
          負債・純資産合計                         95,566,859                104,757,915
                                 59/106





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                              第35期                  第36期
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                            至 2020年3月31日)                   至 2021年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                     84,426,075                  89,905,293
       運用受託報酬                     16,912,305                  17,640,234
       投資助言報酬                      1,208,954                  1,103,477
       その他営業収益                       68,156                 781,735
                営業収益計                  102,615,492                  109,430,741
      営業費用
       支払手数料                     34,980,736                  37,003,102
       広告宣伝費                       340,791                  424,598
       公告費                         375                  400
       調査費                     25,132,268                  30,794,092
        調査費                    10,586,542                  11,302,420
        委託調査費                    14,545,725                  19,491,671
       委託計算費                       698,723                  543,135
       営業雑経費                       990,002                  938,891
        通信費                      44,209                  46,358
        印刷費                      738,330                  680,272
        協会費                      71,386                  71,361
        諸会費                      22,790                  23,936
        支払販売手数料                      113,286                  116,962
                営業費用計                   62,142,897                  69,704,220
      一般管理費
       給料                     10,817,861                  10,586,117
        役員報酬                      174,795                  163,394
        給料・手当                     9,087,800                  9,030,562
        賞与                     1,555,264                  1,392,160
       交際費                       40,436                  8,168
       寄付金                        8,906                  7,757
       旅費交通費                       320,037                  50,081
       租税公課                       651,265                  912,570
       不動産賃借料                      1,479,503                  1,499,753
       退職給付費用                       505,189                  524,845
       固定資産減価償却費                       882,526                 1,078,185
       福利厚生費                       44,352                  44,004
       修繕費                        1,843                   777
       賞与引当金繰入額                      1,373,328                  1,789,597
       役員賞与引当金繰入額                       65,290                  76,410
       機器リース料                         233                  208
       事務委託費                      3,625,424                  3,793,883
       事務用消耗品費                       104,627                  68,534
       器具備品費                        1,620                   548
       諸経費                       197,094                  152,830
               一般管理費計                    20,119,543                  20,594,276
      営業利益                             20,353,050                  19,132,244
                                 60/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)
                              第35期                  第36期
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                            至 2020年3月31日)                   至 2021年3月31日)
      営業外収益
       受取利息                      4,440                 27,079
       受取配当金                      11,185                  2,356
       時効成立分配金・償還金                      49,164                   362
       投資信託償還益                      5,528                   -
       為替差益                        -                7,314
       金銭の信託運用益                        -              1,229,697
       受取負担金                     297,886                     -
       雑収入                      7,394                 13,505
       時効後支払損引当金戻入額                      3,473                 13,011
               営業外収益計                     379,073                 1,293,326
      営業外費用
       為替差損                      19,750                    -
       投資信託償還損                        1                  3
       金銭の信託運用損                     169,505                     -
       システム解約料                      31,680                    -
       早期割増退職金                        -                48,755
       雑損失                       104                   5
               営業外費用計                     221,042                  48,764
      経常利益                             20,511,082                  20,376,806
      特別利益
       投資有価証券売却益                    1,169,758                      -
                特別利益計                   1,169,758                      -
     特別損失
       固定資産除却損                 ※1     16,085              ※1     1,511
                特別損失計                     16,085                  1,511
     税引前当期純利益                              21,664,754                  20,375,294
      法人税、住民税及び事業税                              7,045,579                  7,418,311
      法人税等調整額                              △385,835                 △1,168,820
      法人税等合計                              6,659,743                  6,249,491
      当期純利益                             15,005,011                  14,125,803
                                 61/106







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
     第35期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                   利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                        株主資本
                        その他     資本剰余
             資本金
                                  利益               利益剰余金
                                                         合計
                  資本準備金
                                       別途     繰越利益
                                  準備金                 合計
                       資本剰余金      金合計
                                      積立金      剰余金
     当期首残高

             2,000,000     2,428,478     17,124,479     19,552,957      123,293    31,680,000      14,146,079      45,949,372      67,502,329
     当期変動額
      剰余金の配当
                                           △11,280,000      △11,280,000      △11,280,000
      当期純利益
                                           15,005,011      15,005,011      15,005,011
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                                                           -
      額(純額)
     当期変動額合計
                -     -     -     -    -     -   3,725,011      3,725,011      3,725,011
     当期末残高
             2,000,000     2,428,478     17,124,479     19,552,957      123,293    31,680,000      17,871,090      49,674,383      71,227,341
              評価・換算差額等

                         純資産

              その他
                  評価・換算
                         合計
             有価証券
                  差額等合計
             評価差額金
     当期首残高

              846,755     846,755      68,349,085
     当期変動額
      剰余金の配当
                        △11,280,000
      当期純利益
                         15,005,011
      株主資本以外の
      項目の当期変動
             △ 846,763    △ 846,763      △ 846,763
      額(純額)
     当期変動額合計        △ 846,763    △ 846,763
                         2,878,247
     当期末残高
               △ 7    △ 7
                         71,227,333
                                 62/106








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第36期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                   利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                        株主資本
             資本金          その他     資本剰余
                                  利益               利益剰余金
                                                         合計
                  資本準備金
                                       別途     繰越利益
                                  準備金                 合計
                       資本剰余金      金合計
                                      積立金      剰余金
     当期首残高

             2,000,000     2,428,478     17,124,479     19,552,957      123,293    31,680,000      17,871,090      49,674,383      71,227,341
     当期変動額
      剰余金の配当
                                           △12,000,000      △12,000,000      △12,000,000
      当期純利益
                                           14,125,803      14,125,803      14,125,803
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                                                            -
      額(純額)
     当期変動額合計
                                         -   2,125,803      2,125,803      2,125,803
                -     -     -     -    -
     当期末残高
             2,000,000     2,428,478     17,124,479     19,552,957      123,293    31,680,000      19,996,893      51,800,187      73,353,144
              評価・換算差額等

                         純資産

              その他
                  評価・換算
                         合計
             有価証券
                  差額等合計
             評価差額金
     当期首残高

               △ 7    △ 7
                         71,227,333
     当期変動額
      剰余金の配当
                        △12,000,000
      当期純利益
                         14,125,803
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                1     1       1
      額(純額)
     当期変動額合計
                1     1   2,125,804
     当期末残高           △ 6    △ 6
                         73,353,137
                                 63/106









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針
     1.  有価証券の評価基準及び評価                 (1)子会社株式及び関連会社株式
                                 :移動平均法による原価法
      方法
                       (2)その他有価証券
                         時価のあるもの:決算日の市場価格等に基づく時価法
                         (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
                         平均法により算定)
                         時価のないもの:          移動平均法による原価法
     2.  金銭の信託の評価基準及び評                 時価法

      価方法
     3.  固定資産の減価償却の方法                 (1)有形固定資産

                         定率法を採用しております。
                          ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備について
                         は、定額法を採用しております。
                       (2)無形固定資産
                         定額法を採用しております。
                          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用
                         可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
     4.  外貨建の資産及び負債の本邦                 外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に換

                        算し、換算差額は損益として処理しております。
      通貨への換算基準
     5.  引当金の計上基準                 (1)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てる

                         ため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上
                         しております。
                       (2)役員賞与引当金は、役員に対して支給する賞与の支出に充て
                         るため、将来の支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計
                         上しております。
                       (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、退職一
                         時金制度について、当事業年度末における退職給付債務の見込
                         額に基づき計上しております。
                         ①退職給付見込額の期間帰属方法
                          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度
                          末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準
                          によっております。
                         ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                          過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤
                          務期間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した
                          額を費用処理しております。
                          数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業員
                          の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)によ
                          る定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度か
                          ら費用処理しております。
                       (4)時効後支払損引当金は、時効成立のため利益計上した収益分
                         配金及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備え
                         るため、過去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上して
                         おります。
     6.消費税等の会計処理                   消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっておりま
                        す。
                                 64/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (未適用の会計基準等)
    1.収益認識に関する会計基準等
    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会
      計基準委員会)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企
      業会計基準委員会)
    (1)概要
      国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する
     包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいては
     IFRS第15号、FASBにおいてはTopic                   606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始す
     る事業年度から、Topic             606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏ま
     え、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わ
     せて公表されたものです。
      企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第
     15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原
     則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われて
     きた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追
     加することとされております。
    (2)適用予定日
      当社は、当該会計基準等を2021年4月1日に開始する会計年度の期首から適用する予定でありま
     す。
    (3)当該会計基準等の適用による影響
      当該会計基準等の適用による影響はありません。
    2.時価の算定に関する会計基準等

    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業
      会計基準委員会)
    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企
      業会計基準委員会)
    (1)概要
      国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ
     同じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、
     米国会計基準においてはAccounting                    Standards      CodificationのTopic            820「公正価値測定」)を定め
     ている状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開
     示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する
     会計基準」等が公表されたものです。
      企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一
     的な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点
     から、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われて
     きた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその
     他の取扱いを定めることとされています。
    (2)適用予定日
      当社は、当該会計基準等を2021年4月1日に開始する会計年度の期首から適用する予定でありま
     す。
    (3)当該会計基準等の適用による影響
      当該会計基準等の適用による影響は、評価中であります。
                                 65/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (貸借対照表関係)
    ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                                                       (千円)
                                第35期                 第36期
                            (2020年3月31日現在)                 (2021年3月31日現在)
      建物                                320,020                 407,133
      器具備品                                949,984                 978,763
    (損益計算書関係)

    ※1.固定資産除却損の内訳
                                                       (千円)
                                第35期                 第36期
                            (自   2019年4月      1日        (自   2020年4月      1日
                              至  2020年3月31日)                至  2021年3月31日)
      建物                                   -                944
      器具備品                                 9,609                  566
      ソフトウエア                                 6,475                   -
    (株主資本等変動計算書関係)

      第35期(自       2019年4月1日        至  2020年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
      発行済株式の種類
                  株式数(株)         増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                       24,490             -           -         24,490

         普通株式
                       15,510             -           -         15,510

        A種種類株式
                       40,000             -           -         40,000
          合計
     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                       配当金の総       1株当たり配
          決議        株式の                        基準日          効力発生日
                       額(千円)       当額(円)
                  種類
                 普通株式

       2019年6月20日
                       11,280,000          282,000
                                       2019年3月31日           2019年6月21日
       定時株主総会
                 A種種類
                  株式
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                        配当金の総       1株当たり配
         決議      株式の    配当の                      基準日          効力発生日
                        額(千円)       当額(円)
               種類    原資
               普通

               株式
      2020年6月17日              利益
                        12,000,000         300,000
                                       2020年3月31日           2020年6月18日
      定時株主総会             剰余金
               A種種
               類株式
                                 66/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
      発行済株式の種類
                  株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                       24,490              -           -        24,490

         普通株式
                       15,510              -           -        15,510

        A種種類株式
                       40,000              -           -        40,000

          合計
     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                       配当金の総       1株当たり配
          決議        株式の                        基準日          効力発生日
                       額(千円)       当額(円)
                  種類
                 普通株式

       2020年6月17日
                       12,000,000          300,000
                                       2020年3月31日           2020年6月18日
       定時株主総会
                 A種種類
                  株式
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

        2021年6月16日開催予定の定時株主総会において、以下のとおり決議を予定しております。
                        配当金の総       1株当たり配
         決議      株式の    配当の                      基準日          効力発生日
                        額(千円)       当額(円)
               種類    原資
               普通

               株式
      2021年6月16日              利益
                        11,280,000         282,000
                                       2021年3月31日           2021年6月17日
      定時株主総会             剰余金
               A種種
               類株式
                                 67/106










                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、短期的な預金等に限定しておりま
       す。
        当社が運用を行う投資信託の商品性を適正に維持するため、当該投資信託を特定金外信託を通じ
       て、または直接保有しております。なお、特定金外信託を通じて行っているデリバティブ取引は後
       述するリスクを低減する目的で行っております。当該デリバティブ取引は、実需の範囲内でのみ利
       用することとしており、投機的な取引は行わない方針であります。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

        金銭の信託の主な内容は、当社運用ファンドの安定運用を主な目的として資金投入した投資信託
       及びデリバティブ取引であります。金銭の信託に含まれる投資信託は為替及び市場価格の変動リス
       クに晒されておりますが、デリバティブ取引(為替予約取引、株価指数先物取引及び債券先物取
       引)を利用して一部リスクを低減しております。
        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、相手先の信用リスクに晒されておりま
       す。
        有価証券及び投資有価証券は、主にその他有価証券(投資信託)、業務上の関係を有する企業の
       株式であり、発行体の信用リスクや市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である未払手数料は、1年以内の支払期日であります。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          預金の預入先については、余資運用規程に従い、格付けの高い預入先に限定することによ
        り、リスクの軽減を図っております。
          営業債権の相手先の信用リスクに関しては、当社の信用リスク管理の基本方針に従い、取引
        先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な相手先の信用状況を把握する体制として
        います。
          有価証券及び投資有価証券の発行体の信用リスクに関しては、信用情報や時価の把握を定期
        的に行うことで管理しています。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          組織規程における分掌業務の定めに基づき、リスク管理担当所管にて、取引残高、損益及び
        リスク量等の実績管理を行い、定期的に社内委員会での報告を実施しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          取引実行担当所管からの報告に基づき、資金管理担当所管が資金繰りを確認するとともに、
        十分な手許流動性を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定され
       た価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前
       提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                 68/106







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2.金融商品の時価等に関する事項
       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参
       照)。
       第35期(2020        年3月31日現在)
                          貸借対照表計上額                時価           差額
                             (千円)            (千円)           (千円)
                               32,932,013            32,932,013                -
       (1)現金・預金
                               28,548,165            28,548,165                -
       (2)金銭の信託
                               11,487,393            11,487,393                -
       (3)未収委託者報酬
       (4)未収運用受託報酬
                               4,674,225            4,674,225               -
       (5)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券
                                  2,988            2,988             -
                               77,644,787            77,644,787                -
              資産計
                               4,582,140            4,582,140               -
       (1)未払手数料
                               4,582,140            4,582,140               -
              負債計
       第36期(2021年3月31日現在)

                          貸借対照表計上額                時価           差額
                             (千円)            (千円)           (千円)
                               36,734,502            36,734,502                -
       (1)現金・預金
                               25,670,526            25,670,526                -
       (2)金銭の信託
                               16,804,456            16,804,456                -
       (3)未収委託者報酬
       (4)未収運用受託報酬
                               5,814,654            5,814,654               -
       (5)投資有価証券
           その他有価証券
                                  1,990            1,990             -
                               85,026,130            85,026,130                -
              資産計
                               6,889,193            6,889,193               -
       (1)未払手数料
                               6,889,193            6,889,193               -
              負債計
      (注1)金融商品の時価の算定方法

        資 産
        (1)現金・預金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
        よっております。
        (2)金銭の信託

          有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている
        有価証券について、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相
        手先金融機関より提示された価格によっております。
        (3)未収委託者報酬及び(4)未収運用受託報酬

          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
        よっております。
        (5)有価証券及び投資有価証券

          これらの時価について、投資信託は基準価額によっております。
        負 債

        (1)未払手数料
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
        よっております。
                                 69/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                      (千円)
                                   第35期               第36期
                 区分
                              (2020年3月31日現在)               (2021年3月31日現在)
                                        259,369               259,369
       ①非上場株式
                                      5,299,196               5,299,196
       ②関係会社株式
        ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、
        時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(5)                                有価証券及び投資有価証券               その他有
        価証券」には含めておりません。
        ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができ
        ず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
      (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       第35期(2020年3月31日現在)
                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内           10年超
                           (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                           32,932,013             -         -         -
       (1)現金・預金
                           28,548,165             -         -         -
       (2)金銭の信託
                           11,487,393             -         -         -
       (3)未収委託者報酬
                           4,674,225             -         -         -
       (4)未収運用受託報酬
       (5)有価証券及び投資有価証券
                               996         994         997          -
          その他有価証券(投資信託)
       第36期(2021年3月31日現在)

                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内           10年超
                           (千円)         (千円)        (千円)         (千円)
                           36,734,502             -        -          -
       (1)現金・預金
                           25,670,526             -        -          -
       (2)金銭の信託
                           16,804,456             -        -          -
       (3)未収委託者報酬
                           5,814,654             -        -          -
       (4)未収運用受託報酬
       (5)投資有価証券
                               -       1,990          -          -
          その他有価証券(投資信託)
                                 70/106









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)
    1.  子会社株式及び関連会社株式
       関係会社株式(第35期の貸借対照表計上額5,299,196千円、第36期の貸借対照表計上額5,299,196
      千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載してお
      りません。
    2.  その他有価証券

       第35期(2020年3月31日現在)
                                                       (千円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価              差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                                -             -             -
       ①株式
                                -             -             -
       ②投資信託
       小計
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                -             -             -
       ①株式
                              2,988             3,000             △  11
       ②投資信託
                              2,988             3,000             △  11
       小計
                              2,988             3,000             △  11
       合計
      (注)非上場株式(貸借対照表計上額259,369千円)については、市場価格がなく、時価を把握す
         ることが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりませ
         ん。
       第36期(2021年3月31日現在)

                                                       (千円)
                    貸借対照表日における
            区分                         取得原価              差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                                -             -             -
       ①株式
                                -             -             -
       ②投資信託
       小計
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                -             -             -
       ①株式
                              1,990             2,000              △  9
       ②投資信託
                              1,990             2,000              △  9
       小計
                              1,990             2,000              △  9
       合計
      (注)非上場株式(貸借対照表計上額259,369千円)については、市場価格がなく、時価を把握す
         ることが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりませ
         ん。
                                 71/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3.当該事業年度中に売却したその他有価証券
       第35期(自       2019年4月1日        至  2020年3月31日)
                          売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                          (千円)             (千円)             (千円)
                            1,298,377             1,169,758                 -
       株式
       投資信託                      159,526              5,528               1

       第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)

                          売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
             区分
                          (千円)             (千円)             (千円)
                                996             -             3
       投資信託
       (注)投資信託の「売却額」、「売却益の合計額」及び「売却損の合計額」は、償還によるものであり
         ます。
    (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度(非積立型制度であります)を採用しておりま
      す。確定拠出型の制度としては確定拠出年金制度を採用しております。
    2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                       (千円)
                                     第35期              第36期
                                 (自   2019年4月      1日     (自   2020年4月      1日
                                 至   2020年3月31日)            至   2021年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                 2,289,044              2,422,901
        勤務費用                                302,546              303,999
        利息費用                                  2,087              2,180
        数理計算上の差異の発生額                                 18,448              △4,319
        退職給付の支払額                               △187,749              △245,143
        過去勤務費用の発生額                                   -           △1,567
        その他                                △1,476               1,567
       退職給付債務の期末残高                                 2,422,901              2,479,619
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                                       (千円)
                                     第35期              第36期
                                (2020年3月31日現在)              (2021年3月31日現在)
       非積立型制度の退職給付債務                                 2,422,901              2,479,619
       未積立退職給付債務                                 2,422,901              2,479,619
       未認識数理計算上の差異                                 △130,155               △84,264
       未認識過去勤務費用                                 △173,798              △102,868
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 2,118,947              2,292,486
       退職給付引当金                                 2,118,947              2,292,486

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 2,118,947              2,292,486
                                 72/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                       (千円)
                                     第35期              第36期
                                 (自   2019年4月      1日     (自   2020年4月      1日
                                 至   2020年3月31日)            至   2021年3月31日)
       勤務費用                                  302,546              303,999
       利息費用                                   2,087              2,180
       数理計算上の差異の費用処理額                                   38,861              41,571
       過去勤務費用の費用処理額                                   69,519              69,362
       その他                                 △11,303               △7,720
       確定給付制度に係る退職給付費用                                  401,711              409,394
    (注)上記退職給付費用以外に早期割増退職金として、当事業年度において48,755千円を営業外費用に
      計上しております。
      (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                     第35期              第36期
                                (2020年3月31日現在)              (2021年3月31日現在)
       割引率                                   0.09%              0.09%
       予想昇給率                              1.00%~4.42%              1.00%~3.76%
    3.確定拠出制度

     当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度103,477千円、当事業年度100,806千円であります。
                                 73/106












                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                第35期                 第36期
                             (2020年3月31日現在)                 (2021年3月31日現在)
                                     (千円)                  (千円)
       繰延税金資産
                                221,053                  260,377
        未払事業税
                                10,778                  10,711
        未払事業所税
                                420,513                  547,974
        賞与引当金
                                78,439                  92,748
        未払法定福利費
                                10,410                  8,535
         未払給与
                                47,781                    -
        受取負担金
                                331,395                 1,410,516
        運用受託報酬
                                14,116                  18,079
        資産除去債務
        減価償却超過額(一括償却資産)                         50,942                  25,808
                                82,684                  51,986
        減価償却超過額
         繰延資産償却超過額(税法上)                       323,132                  301,965
                                648,821                  701,959
        退職給付引当金
                                53,321                  48,362
        時効後支払損引当金
                                 7,360                  7,360
        ゴルフ会員権評価損
                                166,740                  166,740
         関係会社株式評価損
                                28,976                  28,976
         投資有価証券評価損
                                11,532                 △5,283
         その他
                                   3                  2
         その他有価証券評価差額金
                              2,508,004                  3,676,823
       繰延税金資産小計
                                   -                  -
         評価性引当額
                              2,508,004                  3,676,823
       繰延税金資産合計
       繰延税金負債
                                   -                  -
         その他有価証券評価差額金
                                   -                  -
       繰延税金負債合計
                              2,508,004                  3,676,823
       繰延税金資産の純額
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下
      であるため、注記を省略しております。
                                 74/106







                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (企業結合等関係)
      当社(以下「AMOne」という)は、2016年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社
    (以下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式
    会社(以下「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4
    社」という)間の「統合契約書」に基づき、2016年10月1日付で統合いたしました。
    1.結合当事企業

                    DIAM           MHAM            TB
      結合当事企業                                             新光投信
                投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
       事業の内容
                資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
    2.企業結合日

      2016年10月1日
    3.企業結合の方法

      ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、
     吸収合併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分
     割、③DIAMを吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
    4.結合後企業の名称

      アセットマネジメントOne株式会社
    5.企業結合の主な目的

      当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「MHFG」という)及び第一生命ホールディ
     ングス株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミット
     メントのもと、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、MHFGと第一生命
     両社グループとの連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバ
     ルな運用会社としての飛躍を目指してまいります。
    6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                         DIAM                      MHAM
        会社名
                       (存続会社)                      (消滅会社)
      合併比率(*)                    1                     0.0154
      (*)普通株式と種類株式を合算して算定しております。
    7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所
     有するMHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式
     15,510株を交付しました。
    8.経済的持分比率(議決権比率)

      MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                    50.00%
      MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                    20.00%
      MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                    70.00%
      なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
    9.取得企業を決定するに至った主な根拠

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社であるMHFGが、
     結合後企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当
     し、DIAMが被取得企業となるものです。
                                 75/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    10.会計処理
      「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結
     合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月
     13日公表分)に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下
     の取引として処理し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
    11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

      (1)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価         MHAMの普通株式          144,212,500千円
          取得原価                   144,212,500千円
      (2)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

          a.発生したのれんの金額                    76,224,837千円
                              被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた
          b.発生原因
                              負債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
      (3)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
          a.資産の額        資産合計                   40,451,657千円
                   うち現金・預金                  11,605,537千円
                   うち金銭の信託                  11,792,364千円
          b.負債の額        負債合計                    9,256,209千円
                   うち未払手数料及び未払費用                   4,539,592千円
         (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の額
             には含まれておりません。
      (4)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な種
          類別の加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額
                                     53,030,000千円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産
                                     53,030,000千円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産
                                          16.9年
    12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額

      (1)貸借対照表項目
                           第35期               第36期
                       (2020年3月31日現在)               (2021年3月31日現在)
       流動資産                        -千円               -千円
       固定資産                   94,605,736千円               84,609,003千円
       資産合計                   94,605,736千円               84,609,003千円
       流動負債                        -千円               -千円
       固定負債                    8,278,713千円               5,570,814千円
       負債合計                    8,278,713千円               5,570,814千円
       純資産                   86,327,023千円               79,038,188千円
      (注)固定資産及び資産合計には、のれん及び顧客関連資産の金額が含まれております。
       のれん                  62,885,491千円               59,074,249千円
       顧客関連資産                  34,810,031千円               29,793,358千円
                                 76/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)損益計算書項目
                           第35期               第36期
                       (自   2019年4月      1日      (自   2020年4月      1日
                        至    2020年3月31日)             至    2021年3月31日)
       営業収益                        -千円               -千円
       営業利益                  △8,954,439千円               △8,823,626千円
       経常利益                  △8,954,439千円               △8,823,626千円
       税引前当期純利益                  △9,111,312千円               △8,823,626千円
       当期純利益                  △7,536,465千円               △7,288,834千円
       1株当たり当期純利益                  △188,411円64銭               △182,220円85銭
      (注)営業利益には、のれん及び顧客関連資産の償却額が含まれております。
       のれんの償却額                   3,811,241千円               3,811,241千円
       顧客関連資産の償却額                   5,149,555千円               5,016,672千円
                                 77/106
















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (資産除去債務関係)
       当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務
     を有しているため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
       なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の
     負債計上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、その
     うち当期の負担に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
    (セグメント情報等)

    1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2.関連情報

      第35期(自       2019年4月1日        至  2020年3月31日)         及び  第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)
      (1)サービスごとの情報
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごと
       の営業収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報
       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報
        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記
       載を省略しております。
                                 78/106











                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)
    1.関連当事者との取引
    (1)親会社及び法人主要株主等
    第35期(自       2019年4月1日        至  2020年3月31日)
    該当はありません。
    第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)

    該当はありません。
    (2)子会社及び関連会社等

    第35期(自       2019年4月1日        至  2020年3月31日)
    該当はありません。
    第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)

    該当はありません。
    (3)兄弟会社等

    第35期(自       2019年4月1日        至  2020年3月31日)
                資本金    事業の    議決権      関係内容
      会社等の      住所    又は   内容又    等の所             取引の内容       取引金額       科目    期末残高
     属
                           役員の     事業上
        名称        出資金    は職業    有(被                    (千円)           (千円)
     性
                           兼任等     の関係
                        所有)
                        割合
     親
      株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の       5,793,912      未払    1,112,061
     会
      みずほ銀     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     社
      行     区                   の販売     数料
     の
      みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の      10,294,840       未払    1,231,431
     子
      券株式会     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     会
      社     区                   の販売     数料
     社
    第36期(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)

                資本金    事業の    議決権      関係内容
      会社等の      住所    又は   内容又    等の所             取引の内容       取引金額       科目    期末残高
                           役員の     事業上
     属
        名称        出資金    は職業    有(被                    (千円)           (千円)
                           兼任等     の関係
     性
                        所有)
                        割合
     親  株式会社     東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定     投資信託の       6,435,839      未払    1,457,765

     会  みずほ銀     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     社  行     区                   の販売     数料
     の
      みずほ証     東京都    1,251    証券業     -    -   当社設定     投資信託の      12,767,199       未払    2,524,882
     子
      券株式会     千代田                   投資信託     販売代行手             手数料
                億円
     会
      社     区                   の販売     数料
     社
    取引条件及び取引条件の決定方針等
    (注1)投資信託の販売代行手数料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
    (注2)上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれており
         ます。
                                 79/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
     (1)親会社情報
       株式会社みずほフィナンシャルグループ
       (東京証券取引所及びニューヨーク証券取引所に上場)
     (2)重要な関連会社の要約財務諸表

       該当はありません
    (1株当たり情報)

                               第35期                  第36期
                           (自   2019年4月      1日         (自   2020年4月      1日
                            至  2020年3月31日)                至  2021年3月31日)
     1株当たり純資産額                           1,780,683円32銭                  1,833,828円44銭
     1株当たり当期純利益金額                            375,125円27銭                  353,145円08銭
    (注1)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載して
        おりません。
    (注2)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               第35期                  第36期
                           (自   2019年4月      1日         (自   2020年4月      1日
                            至  2020年3月31日)                至  2021年3月31日)
     当期純利益金額                            15,005,011千円                  14,125,803千円
     普通株主及び普通株主と同等の株
                                        -                  -
     主に帰属しない金額
     普通株式及び普通株式と同等の株
                                 15,005,011千円                  14,125,803千円
     式に係る当期純利益金額
     普通株式及び普通株式と同等の株
     式の期中平均株式数                               40,000株                  40,000株
     (うち普通株式)                              (24,490株)                  (24,490株)

     (うちA種種類株式)                              (15,510株)                  (15,510株)

    (注1)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を
        有しているため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
                                 80/106








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)中間貸借対照表
                                                  (単位:百万円)
                                          第37期中間会計期間末
                                         (2021年9月30日現在)
                 (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                                                28,648
       金銭の信託                                                25,866
       未収委託者報酬                                                18,882
       未収運用受託報酬                                                 2,911
       未収投資助言報酬                                                  319
       未収収益                                                  15
       前払費用                                                  996
       その他                                                 2,470
                             流動資産計                          80,112
      固定資産

       有形固定資産                                                  977
        建物                                 ※1                792
        器具備品                                 ※1                184
       無形固定資産                                                 4,193
        ソフトウエア                                                3,475
        ソフトウエア仮勘定                                                 714
        電話加入権                                                  3
       投資その他の資産                                                10,724
        投資有価証券                                                 261
        関係会社株式                                                5,299
        長期差入保証金                                                1,273
        繰延税金資産                                                3,311
        その他                                                 578
                             固定資産計                          15,895
                  資産合計                                     96,007
                                 81/106








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:百万円)
                                          第37期中間会計期間末
                                         (2021年9月30日現在)
                 (負債の部)
     流動負債
       預り金                                                 1,845
       未払金                                                 7,922
        未払収益分配金                                                  0
        未払償還金                                                  9
        未払手数料                                                7,759
        その他未払金                                                 153
       未払費用                                                 7,337
       未払法人税等                                                 3,423
       未払消費税等                                                 1,234
       契約負債                                                   20
       賞与引当金                                                  836
       役員賞与引当金                                                   33
                             流動負債計                          22,653
     固定負債
       退職給付引当金                                                 2,391
       時効後支払損引当金                                                  147
                             固定負債計                          2,538
                  負債合計                                     25,192
                (純資産の部)
     株主資本
       資本金                                                 2,000
       資本剰余金                                                19,552
        資本準備金                                                2,428
        その他資本剰余金                                               17,124
       利益剰余金                                                49,261
        利益準備金                                                 123
        その他利益剰余金                                               49,138
         別途積立金                                              31,680
         繰越利益剰余金                                              17,458
                             株主資本計                          70,814
     評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                                  △0
                         評価・換算差額等計                                △0
                 純資産合計                                      70,814
                負債・純資産合計                                       96,007
                                 82/106





                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)中間損益計算書
                                                  (単位:百万円)
                                       第37期中間会計期間
                                  (自   2021年4月1日       至  2021年9月30日)
      営業収益
       委託者報酬                                  54,995
       運用受託報酬                                   7,193
       投資助言報酬                                    569
       その他営業収益                                     6
                        営業収益計                               62,765
      営業費用
       支払手数料                                  22,800
       広告宣伝費                                    126
       公告費                                     0
       調査費                                  17,656
        調査費                                  4,722
        委託調査費                                 12,934
       委託計算費                                    281
       営業雑経費                                    437
        通信費                                   17
        印刷費                                   315
        協会費                                   33
        諸会費                                   17
        支払販売手数料                                   52
                        営業費用計                               41,301
      一般管理費
       給料                                   4,865
        役員報酬                                   82
        給料・手当                                  4,565
        賞与                                   217
       交際費                                     1
       寄付金                                     4
       旅費交通費                                    13
       租税公課                                    292
       不動産賃借料                                    892
       退職給付費用                                    248
       固定資産減価償却費                             ※1       670
       福利厚生費                                    16
       修繕費                                     0
       賞与引当金繰入額                                    836
       役員賞与引当金繰入額                                    33
       機器リース料                                     0
       事務委託費                                   1,971
       事務用消耗品費                                    26
       器具備品費                                     0
       諸経費                                    99
                       一般管理費計                                 9,973
      営業利益                                                 11,490
                                 83/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:百万円)
                                       第37期中間会計期間
                                  (自   2021年4月1日       至  2021年9月30日)
      営業外収益
       受取利息                                     7
       受取配当金                                    548
       時効成立分配金・償還金                                     0
       時効後支払損引当金戻入額                                    10
       為替差益                                    26
       金銭の信託運用益                                    288
       雑収入                                     2
                       営業外収益計                                  884
      経常利益                                                 12,374
     特別損失
      固定資産除却損                                     5
      ゴルフ会員権売却損                                     3
      オフィス再編費用                                     5
                        特別損失計                                 13
      税引前中間純利益                                                 12,360
      法人税、住民税及び事業税                                                  3,254
      法人税等調整額                                                   364
      法人税等合計                                                  3,619
      中間純利益                                                  8,741
                                 84/106












                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)中間株主資本等変動計算書
     第37期中間会計期間(自             2021年4月1日       至  2021年9月30日)
                                              (単位:百万円)
                              株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                           その他利益剰余金
             資本金
                        その他     資本剰余金       利益
                 資本準備金
                                          別途      繰越利益
                       資本剰余金       合計     準備金
                                         積立金      剰余金
     当期首残高
              2,000     2,428      17,124      19,552       123     31,680       19,996
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                          △ 11,280
      中間純利益
                                                  8,741
      株主資本以
      外の項目の
      当中間期変
      動額(純額)
     当中間期変動額
                                                 △ 2,538
               -     -      -      -     -      -
     合計
     当中間期末残高
              2,000     2,428      17,124      19,552       123     31,680       17,458
                株主資本          評価・換算差額等

             利益剰余金                         純資産
                           その他
                    株主資本           評価・換算
                                      合計
                          有価証券
             利益剰余金
                     合計          差額等合計
                          評価差額金
              合計
     当期首残高
               51,800       73,353       △0     △0     73,353
     当中間期変動額
      剰余金の配当        △ 11,280      △ 11,280                △ 11,280
      中間純利益
                8,741       8,741                 8,741
      株主資本以
      外の項目の
                        -     △0     △0       △0
      当中間期変
      動額(純額)
     当中間期変動額
              △ 2,538      △ 2,538                △ 2,538
                             △0     △0
     合計
     当中間期末残高
               49,261       70,814       △0     △0     70,814
                                 85/106









                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針
                       (1)子会社株式及び関連会社株式
     1.有価証券の評価基準及び評
                                :移動平均法による原価法
       価方法
                       (2)その他有価証券
                        時価のあるもの:中間決算日の市場価格等に基づく時価法
                        (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
                          均法により算定)
                        時価のないもの:          移動平均法による原価法
     2.  金銭の信託の評価基準及び                時価法

       評価方法
                       (1)有形固定資産

     3.固定資産の減価償却の方法
                        定率法を採用しております。
                         ただし、     平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備について
                        は 、定額法を採用しております。
                        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                                …
                         建物           8~18年
                                …
                         器具備品           2~20年
                       (2)無形固定資産
                        定額法を採用しております。
                         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用
                        可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
     4.  外貨建の資産及び負債の本                 外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物等為替相場により円貨

                        に換算し、換算差額は損益として処理しております。
       邦通貨への換算基準
                       (1)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てる

     5.引当金の計上基準
                        ため、将来の支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う分を計
                        上しております。
                       (2)役員賞与引当金は、役員に対して支給する賞与の支出に充て
                        るため、将来の支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う分を
                        計上しております。
                       (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、退職一
                        時金制度について、           当事業年度末       における退職給付債務の見込額
                        に基づき当中間会計期間末において発生していると認められる額
                        を計上しております。
                         ①退職給付見込額の期間帰属方法
                          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計
                          期間末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式
                          基準によっております。
                         ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                          過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤
                          務期間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額
                          を費用処理しております。
                          数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業員
                          の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年または10年)による
                          定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から
                          費用処理しております。
                       (4)時効後支払損引当金は、時効成立のため利益計上した収益分
                        配金及び償還金について、受益者からの今後の支払請求に備える
                        ため、過去の支払実績に基づく将来の支払見込額を計上しており
                        ます。
                                 86/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                       (1)委託者報酬
     6.重要な収益及び費用の計上
       基準                 委託者報酬は、投資信託の信託約款に基づき日々の純資産総額に
                        対する一定割合として認識され、確定した報酬を投資信託によっ
                        て主に年1回受取ります。当該報酬は投資信託の運用期間にわた
                        り収益として認識しております。
                       (2)運用受託報酬
                        運用受託報酬は、投資顧問契約で定められた報酬に基づき、確定
                        した報酬を顧問口座によって主に年1回受取ります。当該報酬は
                        顧問口座の運用期間にわたり収益として認識しております。
                       (3)投資助言報酬
                        投資助言報酬は、投資助言契約で定められた報酬に基づき、確定
                        した報酬を顧問口座によって主に年1回受取ります。当該報酬は
                        顧問口座の運用期間にわたり収益として認識しております。
                       (4)成功報酬
                        成功報酬は、対象となる投資信託または顧問口座の特定のベンチ
                        マークまたはその他のパフォーマンス目標を上回る超過運用益に
                        対する一定割合として認識されます。当該報酬は成功報酬を受領
                        する権利が確定した時点で収益として認識しております。
     7.消費税等の会計処理                   消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっておりま
                        す。
                                 87/106














                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    会計上の見積りの変更
                           第37期中間会計期間

                     (自   2021年4月1日        至  2021年9月30日)
    当社は、当中間会計期間において、新しい働き方を踏まえたオフィスレイアウトの見直しを決定しまし
    た。これに伴い、当中間会計期間において、本社オフィスに係る内部造作物等の有形固定資産の見積耐
    用年数の見直しを行い、将来にわたり変更しております。また、本社オフィスの不動産賃借契約に伴う
    原状回復義務として認識していた資産除去債務について、退去時に必要とされる原状回復費用及び使用
    見込期間の見積の変更を行っております。これにより、従来の方法と比べて、当中間会計期間の営業利
    益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ124百万円減少しております。
    (会計方針の変更)

      1.  収益認識に関する会計基準等の適用
      「収益認識基準に関する会計基準」(企業会計基準第29号                                2020年3月31日。以下「収益認識会計基
    準」という。)等を当中間会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転し
    た時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしておりま
    す。当該会計方針の変更による影響はありません。
      2.  時価の算定に関する会計基準等の適用

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」と
    いう。)等を当中間会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計
    基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算
    定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。当該会計方針
    の変更による影響はありません。
      また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記
    を行うことといたしました。
    注記事項

    (中間貸借対照表関係)
                                      第37期中間会計期間末

               項目
                                      (2021年9月30日現在)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額

                              建物          …     520百万円
                              器具備品          …    1,004百万円
    (中間損益計算書関係)

                                       第37期中間会計期間

               項目
                                 (自   2021年4月1日        至  2021年9月30日)
     ※1.減価償却実施額

                              有形固定資産          …     156百万円
                              無形固定資産          …     514百万円
                                 88/106




                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (中間株主資本等変動計算書関係)
      第37期中間会計期間(自              2021年4月1日        至  2021年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首           当中間会計期間           当中間会計期間           当中間会計期間末

     発行済株式の種類
                株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)           株式数(株)
                      24,490              -           -         24,490

        普通株式
                      15,510              -           -         15,510

       A種種類株式
                      40,000              -           -         40,000

         合計
    2.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
                        配当金の       1株当たり

         決議        株式の                        基準日          効力発生日
                         総額       配当額
                  種類
                       (百万円)         (円)
                 普通株式

      2021年6月16日
                          11,280       282,000
                                        2021年3月31日           2021年6月17日
      定時株主総会
                 A種種類
                  株式
    (2)基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

         該当事項はありません。
                                 89/106











                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    第37期中間会計期間末(2021年9月30日現在)
    1.金融商品の時価等に関する事項
    2021年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであり
    ます。
                        中間貸借対照表計上額                  時価           差額
                           (百万円)             (百万円)           (百万円)
                                 25,866             25,866            -
     (1)金銭の信託
     (2)投資有価証券
                                    1             1         -
        その他有価証券
                                 25,868             25,868            -
            資産計
    (注)現金・預金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬及び未払手数料は、短期間で決済されるため時
    価が帳簿価額に近似するものであることから、注記を省略しております。
    2.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレ
     ベルに分類しております。
      レベル1の時価        : 観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される
                当該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
      レベル2の時価        : 観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価
                の算定に係るインプットを用いて算定した時価
      レベル3の時価        : 観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットが
     それぞれ属するレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しており
     ます
      時価で中間貸借対照表に計上している金融商品

                                     時価(百万円)
              区分
                          レベル1        レベル2         レベル3
                                                     合計
                              -       5,844          -       5,844
      金銭の信託
                              -         -         -         -

      投資有価証券
                              -         -         -         -

       その他有価証券
                              -       5,844          -       5,844

             資産計
     「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日。以

    下、「時価算定適用指針」という)第26項に従い、経過措置を適用した投資信託は上表には含めており
    ません。中間貸借対照表における当該投資信託の金額は、金銭の信託20,021百万円、投資有価証券1百
    万円となります。
    (注1)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

     金銭の信託
       信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金
     等)で構成されております。
       信託財産を構成する金融商品の時価について、投資信託は基準価額、デリバティブ取引は、取引相
     手先金融機関より提示された価格によっております。また、その他の資産については短期間で決済さ
     れるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
                                 90/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (注2)市場価格のない株式等の貸借対照表計上額は次の通りであります。
    これらについては、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号
    2020年3月31日)第5項に従い、金融商品の時価等及び時価のレベルごとの内訳等に関する事項で開
    示している表中には含めておりません。
                                        中間貸借対照表計上額
                  区分
                                           (百万円)
     投資有価証券(その他有価証券)
                                                         259
      非上場株式
     関係会社株式
                                                        5,299
      非上場株式
    (有価証券関係)

                          第37期中間会計期間末

                          (2021年9月30日現在)
     1.子会社株式

       関係会社株式(中間貸借対照表計上額                    5,299   百万円)で市場価格のあるものはありません。
     2.その他有価証券
                      中間貸借対照表               取得原価             差額
            区 分
                      計上額(百万円)               (百万円)            (百万円)
      中間貸借対照表計上額が
      取得原価を超えるもの
                                 -            -            -
      投資信託
      小計                          -            -            -
      中間貸借対照表計上額が
      取得原価を超えないもの
                                 1            2           △0
      投資信託
      小計                          1            2           △0
      合計                          1            2           △0
      (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額                       259  百万円)については、市場価格がないことから、上
       表に含めておりません。
                                 91/106








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (企業結合等関係)
      当社(以下「AMOne」という)は、2016年7月13日付で締結した、DIAMアセットマネジメント株式会社
    (以下「DIAM」という)、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」という)、みずほ信託銀行株式
    会社(以下「TB」という)及び新光投信株式会社(以下「新光投信」という)(以下総称して「統合4
    社」という)間の「統合契約書」に基づき、2016年10月1日付で統合いたしました。
    1.結合当事企業

                     DIAM           MHAM           TB
     結合当事企業                                               新光投信
                投資運用業務、投           投資運用業務、投           信託業務、銀行業           投資運用業務、投
     事業の内容
                資助言・代理業務           資助言・代理業務           務、投資運用業務           資助言・代理業務
    2.企業結合日

      2016年10月1日
    3.企業結合の方法

       ①MHAMを吸収合併存続会社、新光投信を吸収合併消滅会社とする吸収合併、②TBを吸収分割会社、
     吸収合併後のMHAMを吸収分割承継会社とし、同社がTB資産運用部門に係る権利義務を承継する吸収分
     割、③DIAMを吸収合併存続会社、MHAMを吸収合併消滅会社とする吸収合併の順に実施しております。
    4.結合後企業の名称

      アセットマネジメントOne株式会社
    5.企業結合の主な目的

       当社は、株式会社みずほフィナンシャルグループ(以下「                               MHFG  」という)及び第一生命ホールディ
     ングス株式会社(以下「第一生命」という)の資産運用ビジネス強化・発展に対する強力なコミット
     メントのもと、統合4社が長年にわたって培ってきた資産運用に係わる英知を結集し、                                              MHFG  と第一生命
     両社グループとの連携も最大限活用して、お客さまに最高水準のソリューションを提供するグローバ
     ルな運用会社としての飛躍を目指してまいります。
    6.合併比率

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併における合併比率は以下の通りであります。
                            DIAM                      MHAM
        会社名
                         (存続会社)                      (消滅会社)
      合併比率(*)                      1                     0.0154
      (*)   普通株式と種類株式を合算して算定しております。
    7.交付した株式数

      「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、                          DIAMは、MHAMの親会社であるMHFGに対して、その所
     有するMHAMの普通株式103万8,408株につき、DIAMの普通株式490株及び議決権を有しないA種種類株式
     15,510株を交付しました。
    8.経済的持分比率(議決権比率)

      MHFGが企業結合直前に所有していた当社に対する経済的持分比率                                    50.00%
      MHFGが企業結合日に追加取得した当社に対する経済的持分比率                                    20.00%
      MHFGの追加取得後の当社に対する経済的持分比率                                    70.00%
      なお、MHFGが所有する議決権比率については50.00%から51.00%に異動しております。
    9.取得企業を決定するに至った主な根拠

       「3.企業結合の方法」③の吸収合併において、法的に消滅会社となるMHAMの親会社である                                                MHFG  が、
     結合後企業の議決権の過半数を保有することになるため、企業結合の会計上はMHAMが取得企業に該当
     し、DIAMが被取得企業となるものです。
                                 92/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    10.会計処理
       「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日公表分)及び「企業結
     合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月
     13日公表分)に基づき、「3.企業結合の方法」①の吸収合併及び②の吸収分割については共通支配下
     の取引として処理し、③の吸収合併については逆取得として処理しております。
    11.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合に関する事項

       (1)中間財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
         2021年4月1日から2021年9月30日まで
       (2)被取得企業の取得原価及びその内訳
          取得の対価        MHAMの普通株式            144,212百万円
          取得原価                    144,212百万円
       (3)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
          a.発生したのれんの金額                    76,224百万円
                              被取得企業から受け入れた資産及び引き受けた負
          b.発生原因
                              債の純額と取得原価との差額によります。
          c.のれんの償却方法及び償却期間                    20年間の均等償却
       (4)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

          a.資産の額        資産合計                     40,451百万円
                   うち現金・預金                   11,605百万円
                   うち金銭の信託                   11,792百万円
          b.負債の額        負債合計                     9,256百万円
                   うち未払手数料及び未払費用                    4,539百万円
          (注)顧客関連資産に配分された金額及びそれに係る繰延税金負債は、資産の額及び負債の
             額には含まれておりません。
       (5)のれん以外の無形固定資産に配分された金額及び主要な種類別の内訳並びに全体及び主要な
          種類別の加重平均償却期間
          a.無形固定資産に配分された金額
                                       53,030百万円
          b.主要な種類別の内訳
           顧客関連資産
                                       53,030百万円
          c.全体及び主要な種類別の加重平均償却期間
           顧客関連資産
                                          16.9年
                                 93/106








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    12.被取得企業に対してパーチェス法を適用した場合の差額
       (1)貸借対照表項目
       流動資産                     -百万円
       固定資産                  80,759百万円
       資産合計                  80,759百万円
       流動負債                     -百万円
       固定負債                   5,228百万円
       負債合計                   5,228百万円
       純資産                  75,530百万円
       (注)固定資産及び資産合計には、のれんの金額57,168百万円及び顧客関連資産の金額27,484
          百万円が含まれております。
       (2)損益計算書項目

       営業収益                     -百万円
       営業利益                  △4,214百万円
       経常利益                  △4,214百万円
       税引前中間純利益                  △4,214百万円
       中間純利益                  △3,507百万円
       1株当たり中間純利益                 △87,690円34銭
       (注)営業利益には、のれんの償却額1,905百万円及び顧客関連資産の償却額2,309百万円が含
          まれております。
    (資産除去債務関係)

      当社は建物所有者との間で不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を

    有しているため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。
      なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負
    債計上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち
    当期の負担に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
                                 94/106










                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (収益認識関係)
    1.  収益の分解情報
      当中間会計期間の収益の構成は次の通りです。
                                      第37期中間会計期間
                                (自   2021年4月1日        至  2021年9月30日)
       委託者報酬                                            54,819百万円
       運用受託報酬                                             7,193百万円
       投資助言報酬                                              569百万円
       成功報酬(注)                                              175百万円
       その他営業収益                                               6百万円
       合計                                            62,765百万円
    (注)成功報酬は、中間損益計算書において委託者報酬に含めて表示しております。
    2.  収益を理解するための基礎となる情報

      収益を理解するための基礎となる情報は「重要な会計方針                                6.重要な収益及び費用の計上基準」に記
    載の通りであります。
    (セグメント情報等)

    第37期中間会計期間(自              2021年4月1日        至  2021年9月30日)
    1.セグメント情報
       当社は、資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2.関連情報

    (1)サービスごとの情報
        サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、サービスごと
       の営業収益の記載を省略しております。
    (2)地域ごとの情報

       ①営業収益
         本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
       ②有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
    (3)主要な顧客ごとの情報

        特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記
       載を省略しております。
    (1株当たり情報)

                           第37期中間会計期間
                      (自   2021年4月1日        至  2021年9月30日)
     1株当たり純資産額                                   1,770,364円46銭

     1株当たり中間純利益金額                                    218,536円02銭

    (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
        ません。
                                 95/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                        第37期中間会計期間
                                  (自   2021年4月1日        至  2021年9月30日)
      中間純利益金額                                    8,741百万円

      普通株主及び普通株主と同等の株主に帰属し
                                                -
      ない金額
      普通株式及び普通株式と同等の株式に係る中
                                          8,741百万円
      間純利益金額
      普通株式及び普通株式と同等の株式の期中平
                                           40,000株
      均株式数
      (うち普通株式)                                     (24,490株)
      (うちA種種類株式)                                     (15,510株)
    (注)A種種類株式は、剰余金の配当請求権及び                          残余財産     分配請求権について普通株式と同等の権利を
        有しているため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しています。
                                 96/106















                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる
      行為が禁止されています。
     (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ
        と(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
        るおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと                                        ( 投資者の保護に欠け、も
        しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
        閣府令で定めるものを除きます。                  ) 。
     (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
        法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
        者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
        下(4)(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有し
        ていることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で
        定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または店頭デ
        リバティブ取引を行うこと。
     (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
        針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行
        うこと。
     (5)上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であっ
        て、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
        るおそれのあるものとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

      (1)定款の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項
        該当事項はありません。
      (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありま
        せん。
                                 97/106








                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)受託会社
      名称           みずほ信託銀行株式会社

                  247,369百万円(2021年3月末日現在)
      資本金の額
      事業の内容           日本において銀行業務および信託業務を営んでいます。

      (2)販売会社

       販売会社の名称、資本金の額および事業内容は以下の通りです。
                          資本金の額
            名      称                          事  業  の  内  容
                         (単位:百万円)
      株式会社秋田銀行(※1)                        14,100
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社荘内銀行(※1)                         8,500
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
                              85,113
      株式会社常陽銀行                            日本において銀行業務を営んでおります。
                              48,868
      株式会社筑波銀行                            日本において銀行業務を営んでおります。
                              30,043
      スルガ銀行株式会社                            日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社三十三銀行(※1)                        37,400
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社宮崎銀行(※1)                        14,697
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社あおぞら銀行(※1)                        100,000
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社北日本銀行(※1)                         7,761
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
                               6,191
      株式会社神奈川銀行                            日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社大光銀行(※1)                        10,000
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社名古屋銀行(※1)                        25,090
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社徳島大正銀行(※1)                        11,036
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
      株式会社高知銀行(※1)                        19,544
                                   日本において銀行業務を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                           (※2)3,000
      アイザワ証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               7,196
      auカブコム証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
      いちよし証券株式会社(※1)                        14,577
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                100
      臼木証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                              48,323
      株式会社SBI証券
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                650
      岡安証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                600
      長野證券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                 98/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                850
      おきぎん証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                500
      木村証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               3,067
      あかつき証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
      三菱UFJモルガン・スタン
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                              40,500
      レー証券株式会社(※1)
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                              13,500
      岩井コスモ証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                305
      寿証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                100
      篠山証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                600
      静岡東海証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
      みずほ証券株式会社(※1)                        125,167
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               3,000
      北洋証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                343
      大熊本証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               5,000
      むさし証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                           (※3)7,495
      楽天証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                506
      中原証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                              10,000
      SMBC日興証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               1,500
      日産証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               3,000
      株式会社証券ジャパン
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
      野村證券株式会社(※1)                        10,000
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               1,558
      ばんせい証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                600
      広田証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                 99/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                100
      二浪証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
      FFG証券株式会社(※1)                         3,000
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                601
      丸國證券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                               3,794
      リテラ・クレア証券株式会社
                                   品取引業を営んでおります。
                                   「金融商品取引法」に定める第一種金融商
      明和證券株式会社(※1)                          511
                                   品取引業を営んでおります。
     (注)資本金の額は2021年3月末日現在
     (※1)新規の取得のお申込みのお取扱いを行っておりません。
     (※2)2021年10月1日現在
     (※3)2020年12月31日現在
    2【関係業務の概要】

      (1)受託会社
        当ファンドの受託会社として、信託財産を保管・管理し、受益権設定にかかる振替機関への通知
       等を行います。
      (2)販売会社
        当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求の受付なら
       びに収益分配金、償還金および一部解約金の支払等を行います。
    3【資本関係】

      該当事項はありません。
      ※持株比率5%以上を記載します。
    第3【参考情報】

        ファンドについては、当計算期間において以下の書類を提出いたしました。
           提出年月日                    提出書類
         2021年7月27日             有価証券報告書
         2021年7月27日             有価証券届出書
                                100/106






                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                2021年5月26日

    アセットマネジメントOne株式会社

      取 締 役 会          御 中
                          EY新日本有限責任監査法人

                          東  京  事  務  所
                          指定有限責任社員

                                       公認会計士         丘本 正彦          印
                          業  務  執  行  社  員
                          指定有限責任社員

                                       公認会計士         長谷川 敬          印
                          業  務  執  行  社  員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等
    の経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社の2020年4月1日から2021年3月
    31日までの第36期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、
    重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
    て、アセットマネジメントOne株式会社の2021年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事
    業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人
    は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他
    の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手した
    と判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成
    し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正
    に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関す
    る事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
    ある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な
    虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対す
    る意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計す
    ると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断され
    る。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業
    的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応し
     た監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基
     礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
                                101/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検
     討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積り
     の合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証
     拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書
     において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論
     は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     ているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が
     基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部
    統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について
    報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
    と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するた
    めにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
    (注1)上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管

     しております。
    (注2)XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。

                                102/106











                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書
                                                2021年12月3日

    アセットマネジメントOne株式会社

     取 締 役 会  御 中

                     EY新日本      有限責任監査法人

                     東    京    事    務    所

                     指定有限責任社員

                                公認会計士         丘   本   正    彦
                     業務執行社員
    監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファン

    ドの経理状況」に掲げられているMHAMキャピタル・グロース・オープンの2021年4月28日か
    ら2021年10月27日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算
    書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準

    拠して、MHAMキャピタル・グロース・オープンの2021年10月27日現在の信託財産の状態及
    び同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと
    認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監

    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、アセットマネジメントOne株式会社及び
    ファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人
    は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を

    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で

    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
                                103/106



                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重

    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、

    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
      表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
      部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
      実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
      は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
      ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
      況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
      務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統

    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

     アセットマネジメントOne株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会

    計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
    (注1)上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保

    管しております。
    (注2)XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                104/106






                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の中間監査報告書
                                               2021年11月25日
    アセットマネジメントOne株式会社
      取 締 役 会           御 中
                          EY新日本有限責任監査法人

                          東  京  事  務  所
                           指定有限責任社員
                                        公認会計士         丘本 正彦 印
                           業  務  執  行  社  員
                           指定有限責任社員
                                        公認会計士         長谷川 敬 印
                           業  務  執  行  社  員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等
    の経理状況」に掲げられているアセットマネジメントOne株式会社の2021年4月1日から2022年3月
    31日までの第37期事業年度の中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)に係
    る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方
    針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に準拠して、アセットマネジメントOne株式会社の2021年9月30日現在の財政状態及び同日をもっ
    て終了する中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の経営成績に関する有用な
    情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
    た。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監
    査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分
    かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
    務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用すること
    が含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
    ある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に
    関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書
    において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬によ
    り発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理
    的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示
      リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
      る。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続
      は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸
      表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の
      監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作
      成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
                                105/106


                                                          EDINET提出書類
                                              アセットマネジメントOne株式会社(E10677)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
      び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性
      が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監
      査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務
      諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況
      により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価す
      る。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別
    した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその
    他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
    と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するた
    めにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上
     (注1)上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保
     管しております。
    (注2)XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
                                106/106













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク