グローバル債券ポートフォリオ(B) 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第1期(令和2年10月9日-令和3年10月25日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第1期(令和2年10月9日-令和3年10月25日)
提出日
提出者 グローバル債券ポートフォリオ(B)
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                     有価証券報告書

      【提出先】                     関東財務局長殿

      【提出日】                     2022年1月25日

      【計算期間】                     第1期(自 2020年10月9日 至 2021年10月25日)

      【ファンド名】                     グローバル債券ポートフォリオ(B)

      【発行者名】                     株式会社sustenキャピタル・マネジメント

      【代表者の役職氏名】                     代表取締役  岡野 大

      【本店の所在の場所】                     東京都港区虎ノ門一丁目3番1号 東京虎ノ門グローバルスクエア

      【事務連絡者氏名】                     北野   記実

      【連絡場所】                     東京都港区虎ノ門一丁目3番1号 東京虎ノ門グローバルスクエア

      【電話番号】                     03-6810-7856

      【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。

                                 1/60














                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部 【ファンド情報】

     第1 【ファンドの状況】

       1   【ファンドの性格】

        (1) 【ファンドの目的及び基本的性格】

         ①ファンドの目的
          当ファンドは、主として国内外の上場投資信託受益証券(                                 ETF  )への投資を通じて、実質的
          に日本を含む先進国の国債・政府機関債・社債等に投資し、また、外貨建資産について
          は、原則として対円での為替ヘッジを行うことにより、長期的に日本を含む先進国の投資
          適格債券市場全体(対円での為替ヘッジベース)の値動きに概ね連動する投資成果の獲得
          を目指して運用を行います。
          ※投資適格債券とは、信用力が高く、第三者の格付け機関より一定の評価を得ている債券
          のことを指します。
         ②信託金の限度額
          当ファンドの信託金限度額は、                  1 兆円   とします。ただし、委託会社は、受託会社との合意に
          より当該限度額を変更することができます。
         ③基本的性格
          当ファンドの        基本的性格は、以下の一般社団法人投資信託協会による商品分類および属性
          区分をご参照ください。当ファンドが該当する項目を網掛け表示しています。
         商品分類表

          単位型    ・追加型投信の別             投資対象地域          投資対象資産        (収益の源泉となる資産)
                                               株  式

                             国  内
                                               債    券
               単位型投信
                             海  外                 不動産投信
               追加型投信
                                              その他資産
                             内  外
                                               資産複合
         該当する商品分類の定義について

                     一度設定されたファンドであっても、その後追加設定が行われ、従
            追加型投信
                     来の信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
                     目論見書または投資信託約款において、国内および海外の資産によ
             内  外
                     る投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
                     目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資

             債  券
                     収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         属性区分表

             投資対象資産
                         決算頻度         投資対象地域                   為替ヘッジ
                                              投資形態
           (実際の組入資産)
                                 2/60



                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          株式
                                グローバル(日本を含
            一般
                                     む)
            大型株
                          年 1 回
            中小型株
                                     日本
                          年 2 回

          債券
                                     北米
            一般
                          年 4 回
            公債
                                     欧州
                                             ファミリー
                                                       あり
            社債
                                              ファンド
                          年 6 回
                                                     (フルヘッ
            その他債券
                                    アジア
                         (隔月)
                                                       ジ)
            クレジット属性
                                              ファンド・
                                               オブ・
                                   オセアニア
                          年 12 回
                                                       なし
          不動産投信
                                              ファンズ
                         (毎月)
                                    中南米
           その他資産(投資信
                          日々
          託
                                   アフリカ
           受益証券(債券))
                          その他
                                  中近東    (中東)
          資産複合
            資産配分固定型
                                  エマージング
            資産配分変更型
         該当する属性区分の定義について

          その他資産       (投資信託
                          投資信託受益証券への投資を通じて、国内外の債券                             へ実質的
                          に分散投資するものをいいます。
          受益証券(債券))
                          目論見書または投資信託約款において、                      年 1 回 決算する旨の
          年 1 回
                          記載があるものをいいます。
                          目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資
          グローバル       ( 日本を含
                          収益が世界(日本を含む)の資産を源泉とする旨の記載があ
          む )
                          るものをいいます。
          ファンド・オブ・ファン               「投資信託等の運用に関する規則」第                     2 条に規定するファン
          ズ               ド・オブ・ファンズをいいます。
          為替ヘッジあり(フル               目論見書または投資信託約款において、為替のフルヘッジを
          ヘッジ)               行う旨の記載があるものをいいます。
         ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの
           有無を記載しています。
         ※当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ方式により運用を行います。このため、「組
           入れている資産そのもの」を示す属性区分上の投資対象資産(その他資産(投資信託受
           益証券(債券)))と「収益の源泉となる資産」を示す商品分類上の投資対象資産(債
           券)とが異なります。
         ※商品分類、属性区分は、一般社団法人投資信託協会「商品分類に関する指針」に基づき
           記載しています。商品分類、属性区分の全体的な定義等は、一般社団法人投資信託協会
           のホームページをご覧ください(                   https://www.toushin.or.jp/                )。
         ④ファンドの特色
         (イ)長期的に日本を含む先進国の投資適格債券市場全体(対円での為替ヘッジベース)の
            値動きに概ね連動する投資成果の獲得を目指して運用を行います。
                                 3/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         (ロ)主として国内外の上場投資信託受益証券(                            ETF  )への投資を通じて、実質的に日本を
            含む先進国の国債・政府機関債・社債等に投資します。
            ※投資対象とする投資信託受益証券については、<投資対象の投資信託受益証券候補一
            覧>をご覧ください。なお、投資対象の投資信託受益証券は、今後変更となる場合が
            あります。
         (ハ)国内外の上場投資信託受益証券(                       ETF  )への投資を通じて、実質的に保有する主要外
            貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行います。
            ※対円での為替ヘッジにより、為替変動による影響(為替変動リスク)は低減されます
            が、その影響を完全に排除できるものではありません。また、ヘッジ対象通貨と日本
            円の短期金利の差により為替ヘッジコストが生じる場合があります。
    <投資対象の投資信託受益証券候補一覧>

                                                        総経費率
      資産            銘柄           主要投資対象              ベンチマーク
                                                        (年率)
                              米国投資
                                      Bloomberg      US  Aggregate
           i シェアーズ・コア米国総合
      債券                                                   0.04%
           債券市場      ETF
                                      Bond   Index
                              適格債券
                                      Bloomberg      Global    Aggregate

                             先進国債券
           バンガード・トータル・イ                           ex-USD    Float    Adjusted      RIC
      債券                                                   0.08%
           ンターナショナル債券             ETF
                                      Capped    Index    ( USD
                             (除く米国)
                                      Hedged    )
                              米国投資

                                      Bloomberg      U.S.   Aggregate
           バンガード・トータル債券
      債券                                                   0.035%
            市場  ETF                       Float    Adjusted      Index
                              適格債券
                                      ICE   U.S.   Treasury      20+  Year

           i シェアーズ       米国国債     20 年
      債券                       米国長期国債                            0.15%
                                      Bond   Index
            超 ETF
                                      Bloomberg      U.S.   Treasury

                              米国物価
           i シェアーズ       米国物価連動
                                      Inflation      Protected
      債券                                                   0.19%
           国債   ETF
                              連動国債
                                      Securities       Index
                                      ICE   U.S.   Treasury      Short

           i シェアーズ       米国短期国債
      債券                       米国短期国債                            0.15%
                                      Bond   Index
           ETF
    ※ 上記は、     2021  年 10 月末現在における投資対象とする投資信託受益証券であり、同時点のデータを基

      に作成しています。
    ※投資対象とする投資信託受益証券は、今後変更となる場合があります。
        (2)【ファンドの沿革】

         2020  年 10 月 9 日  証券投資信託契約締結、設定、運用開始
        (3)【ファンドの仕組み】

         ①当ファンドの関係法人とその役割
         (イ)委託会社(株式会社sustenキャピタル・マネジメント)
           証券投資信託契約に基づき、信託財産の運用指図、投資信託説明書(目論見書)および
           運用報告書の作成等を行います。
         (ロ)受託会社(みずほ信託銀行株式会社、再信託受託会社:株式会社日本カストディ銀
         行)
           証券投資信託契約に基づき、信託財産の保管および管理等を行います。
                                 4/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         (ハ)販売会社
           委託会社である株式会社sustenキャピタル・マネジメントが販売会社としての役
           割を兼ねており、当ファンドの募集・販売の取扱い、投資信託説明書(目論見書)の提
           供、一部解約の実行の請求の受付け、収益分配金、償還金の支払事務等を行います。
          なお、当ファンドは、投資者と株式会社sustenキャピタル・マネジメントが締結す

          る投資一任契約に基づいて、資産を管理する口座の資金を運用するためのファンドです。
          当ファンドの取得には、株式会社sustenキャピタル・マネジメントと投資一任契約
          に基づいて資産を管理する口座に関する契約および投資一任契約を締結する必要がありま
          す。ただし、委託会社が、一般社団法人投資信託協会「正会員の業務運営等に関する規
          則」(第     6 条の   2 第 1 項各号に掲げる事由)に基づき、当ファンドの取得を行う場合を除きま
          す。
           ※ 証券投資信託契約の概要




            委託会社と受託会社との間においては、当ファンドにかかる証券投資信託契約を締結
            しています。当該契約の内容は、当ファンドの運用の基本方針、投資対象ならびに委
            託会社、受託会社および受益者の権利義務関係ならびに受益権の取扱い方法等を規定
            したものです。
         <当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ方式により運用を行います。>

           ファンド・オブ・ファンズ方式とは、株式や債券などに直接投資するのではなく、複数
           の投資信託受益証券への投資を通じて、実質的に株式や債券等に投資する仕組みです。
           なお、ファンド・オブ・               ファンズとは、一般社団法人投資信託協会が定める規則「投資
           信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをいいます。
         ②委託会社の概況




            ( イ)資本金の額
           540  百万円(     2021   年 10 月末現在)
         (ロ)委託会社の沿革

           2019  年 7 月 4 日      会社設立
                                 5/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           2019  年 11 月 22 日    資本金    20 百万円から      61 百万円に増資
           2020  年 5 月 29 日  資本金       61 百万円から      220  百万円に増資
           2020  年 6 月 26 日  金融商品取引業者登録(関東財務局長(金商)第                               3201  号)
           2021  年 4 月 30 日  資本金       220  百万円から      430  百万円に増資
           2021  年 6 月 25 日  資本金       430  百万円から      540  百万円に増資
         (ハ)大株主の状況(            2021   年 10 月末現在)

                                   住所             所有株数         比率
                株主名称
            岡野   大

                           東京都世田谷区
                                               1,250,000      株    29.6   %
            山口   雅史

                           東京都中央区
                                                900,000    株    21.3   %
       2 【投資方針】

        (1)【投資方針】

         ①基本方針
          当ファンドは、主として国内外の上場投資信託受益証券(                                ETF  )への投資を通じて、実質的
          に日本を含む先進国の国債・政府機関債・社債等に投資し、また、外貨建資産について
          は、原則として対円での為替ヘッジを行うことにより、長期的に日本を含む先進国の投資
          適格債券市場全体(対円での為替ヘッジベース)の値動きに概ね連動する投資成果の獲得
          を目指して運用を行います。
         ②投資態度
         (イ)国内外の上場投資信託受益証券(                       ETF  )への投資を通じて、実質的に日本を含む先進
            国の国債・政府機関債・社債等に投資し、また、外貨建資産については、原則として対
            円での為替ヘッジを行うことにより、長期的に日本を含む先進国の投資適格債券市場全
            体(対円での為替ヘッジベース)の値動きに概ね連動する投資成果の獲得を目指して運
            用を行います。
         (ロ)投資環境等により、実質的な投資対象を米国の国債・政府機関債・社債等のみに絞り
            込む場合があります。
         (ハ)外貨建資産については、対円での為替変動リスクを低減する目的で原則として為替
            ヘッジを行います。
         (ニ)資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
        (2)【投資対象】

         国内外の金融商品取引所(金融商品取引法第                         2 条第   16 項に規定する金融商品取引所および金
         融商品取引法第         2 条第  8 項第  3 号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。以下同じ。)に
         上場している投資信託受益証券(                   ETF  )を主要投資対象とします。
         ①投資の対象とする資産の種類

          当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は次に掲げるものとします。
          (イ)次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行令第                                         3 条に掲げるもの
            をいいます。以下同じ。)
            A )  有価証券
            B ) デリバティブ取引(金融商品取引法第                        2 条第   20 項に規定するものをいい、投資信託
            約款に定めるものに限ります。)に係る権利
                                 6/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
             C  )  約束手形
            D )  金銭債権
          (ロ)次に掲げる特定資産以外の資産
            A )  為替手形
         ②有価証券の運用の指図範囲等
          委託会社は、信託金を、主として、次の有価証券(金融商品取引法第                                       2 条第   2 項の規定によ
          り有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図しま
          す。
          (イ)短期社債等(社振法第                66 条第1号に規定する短期社債、保険業法第                        61 条の   10 第1項
            に規定する短期社債、資産の流動化に関する法律第2条第8項に規定する特定短期社
            債、信用金庫法第          54 条の4第1項に規定する短期債、農林中央金庫法第                             62 条の2第1
            項に規定する短期農林債および一般振替機関の監督に関する命令第                                      38 条第2項に規定
            する短期外債をいいます。)
          (ロ)コマーシャル・ペーパー
          (ハ)外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質
            を有するもの
          (ニ)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第                                      2 条第   1 項第   10 号で定め
            るものをいいます。)
          (ホ)投資証券、新投資口予約権証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引
            法第  2 条第   1 項第   11 号で定めるものをいいます。)
          (ヘ)外国法人が発行する譲渡性預金証書
          なお、(イ)および(ホ)の証券のうち投資法人債券、ならびに(ハ)の証券または証書
          のうち(イ)の証券の性質を有するものを以下「社債」といい、(ニ)の証券および
          (ホ)の証券(新投資口予約権証券、投資法人債券および外国投資証券で投資法人債券に
          類する証券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
         ③金融商品の運用の指図範囲等
          委託会社は、信託金を上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取
          引法第    2 条第   2 項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)
          により運用することの指図をすることができます。
          (イ)預金
          (ロ)指定金銭信託(金融商品取引法第                       2 条第   1 項第   14 号に規定する受益証券発行信託を除
            きます。)
          (ハ)コール・ローン
          (ニ)手形割引市場において売買される手形
         ④上記②の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応
          等、委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を上記③に掲げる金融
          商品により運用することの指図ができます。
        (3)【運用体制】

         ①体制
          当ファンドの運用体制は次の通りです。
                                 7/60




                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         ②構成及び機能









          当ファンドの運用体制を構成する委員会及び各部の機能は次の通りです。
          【投資政策委員会】
           ・最高投資責任者を委員長とし、代表取締役、リスク管理本部長及び法務コンプライア
            ンス本部長により構成されます。
           ・当ファンドの運用方針に関する事項等を審議する他、リスク管理及びコンプライアン
            スの観点から日々の運用業務全体の検証も行います。
           ・原則として毎月開催される他、随時必要に応じて開催されます。
          【リスク管理本部】
           ・運用本部から独立した立場で、運用本部が管理するポートフォリオのリスクについ
            て、予め定められた方針の通り運用されているかを監視します。
           ・投資運用に係るリスクに関して異常や問題を発見した場合、速やかに運用本部、最高
            経営責任者及び法務コンプライアンス本部に報告し、関係部署と協力して対応策を策定
            します。
          【運用本部       投資判断部】
           ・クオンツ運用の改良のために必要なリサーチ業務を行います。
           ・運用モデル及びアルゴリズムの開発、研究を行います。
           ・投資政策委員会によって承認された運用方針等に基づき、クオンツ運用によるファン
            ドの運用指図を行い、ポートフォリオの運用リスクを管理します。
          【運用本部       運用管理部】
           ・投資判断部により作成された注文に従い、最良執行方針に基づき売買を執行します。
         ※上記の体制は、          2021  年 10 月末  現在のものであり、将来変更される可能性があります。

        (4)【分配方針】

         ①収益分配方針
                                 8/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          毎決算時(原則として毎年               10 月 25 日。休業日の場合は翌営業日。)に、原則として次の通
          り収益分配を行う方針です。
          (イ)分配対象額の範囲
            経費控除後の繰越分を含めた配当等収益および売買益(評価益を含みます。)等の全額
            とします。
          (ロ)分配対象額についての分配方針
            委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配を行わない
            ことがあります。
          (ハ)留保益の運用方針
            収益分配に充てず信託財産内に留保した利益については、特に制限を設けず、委託会社
            の判断に基づき、運用の基本方針に則した運用を行います。
          なお、上記は収益分配方針であり、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証す
          るものではありません。
         ②収益の分配方式
          (イ)信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
            A )  信託財産に属する配当等収益(配当金、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこ
             れ等に類する収益から支払利息を控除した額をいいます。以下同じ。)は、諸経
             費、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除した後、そ
             の残金を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配金にあてるた
             め、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
            B )  売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経
             費、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠
             損金のあるときは、その全額を売買益をもって補填した後、受益者に分配すること
             ができます。なお、次期以降の分配にあてるため、分配準備積立金として積み立て
             ることができます。
            ※諸経費とは、         信託財産に関する租税、特定資産の価格等の調査に要する費用および当
             該費用に係る消費税等に相当する金額、信託事務の処理に要する諸費用、信託財産
             の財務諸表等の監査に要する費用および当該費用に係る消費税等に相当する金額お
             よび受託者の立替えた立替金の利息をいいます。
          (ロ)毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
         ③収益分配金の支払い
          収益分配金は、毎計算期間終了日後                    1 ヶ月以内の委託会社の指定する日から、毎計算期間の
          末日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配
          金に係る計算期間の末日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きま
          す。また、当該収益分配金に係る計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金
          支払前のため、指定販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則と
          して取得申込者とします。)に支払います。
        (5)【投資制限】

        <投資信託約款に定める主な投資制限>
         ①国内外の金融商品取引所に上場している投資信託受益証券(                                    ETF  )の投資割合(日本を含
          む先進国の国債・政府機関債・社債等の実質投資割合)には制限を設けません。
         ②投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額
          の 5 %以下とします。
         ③外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
         ④外国為替予約取引の利用はヘッジ目的に限定します。
         ⑤信用リスク集中回避のための投資制限
           一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券
           等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に
                                 9/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           対する比率は、原則としてそれぞれ                    10 %、合計で      20 %以内とすることとし、当該比率を
           超えることとなった場合には、委託者は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比
           率 以内となるよう調整を行うこととします。
         ⑥有価証券指標先物取引の運用指図
           委託会社は、上場投資信託を組入れた場合において、当該上場投資信託の市場価格とこ
           の投資信託の基準価額との乖離を防止するための当該上場投資信託の連動対象指標(投
           資信託及び投資法人に関する法律施行規則(平成                            12 年総理府令第        129  号)第    19 条第   2 項に
           規定する連動対象指標をいう。)に係る有価証券指標先物取引(有価証券の取引等の規
           制に関する内閣府令(平成               19 年内閣府令第        59 号)第    14 条第   6 号に規定する有価証券指標先
           物取引をいう。)を行うことの指図をすることができます。
         ⑦デリバティブ取引等に係る投資制限
           デリバティブ取引(金融商品取引法第                     2 条第   20 項に規定するものをいい、投資信託約款に
           定めるものに限ります。)について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに
           従い、合理的な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとしま
           す。
         ⑧特別な場合の外貨建有価証券への投資制限
           外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認
           められる場合には、制約されることがあります。
         ⑨外国為替予約取引の指図
          (イ)委託会社は、信託財産に属する外貨建資産について当該外貨建資産の為替ヘッジの
            ため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
          (ロ)委託会社は、外国為替の売買の予約取引を行うにあたり担保の提供または受入れが
            必要と認めたときは、担保の提供または受入れの指図を行うものとします。
         ⑩資金の借入れ
          (イ)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、ならびに運用の安定性を図る
            ため、一部解約に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために
            借入れた資金の返済を含みます。)を目的として、または再投資に係る収益分配金の
            支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みま
            す。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は
            行わないものとします。
          (ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始
            日から信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間、または受益者へ
            の解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの
            間、もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償
            還金の入金日までの期間が               5 営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は、当
            該有価証券等の売却代金または解約代金および有価証券等の償還金の合計額を限度と
            します。ただし、資金借入額は、借入れ指図を行う日における信託財産の純資産総額
            の 10 %を超えないこととします。
          (ハ)収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日か
            らその翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
          (ニ)借入金の利息は信託財産中から支弁します。
         <関係法令で定める投資制限>

           デリバティブ取引に係る投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第                                         130  条第1項第
           8号)
            委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の
            指標に係る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託
            会社が定めた合理的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることと
                                10/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
            なる場合において、デリバティブ取引(新株予約権証券、新投資口予約権証券またはオ
            プションを表示する証券もしくは証書に係る取引及び選択権付債券売買を含みます。)
            を 行い、または継続することを受託会社に指図しないものとします。
       3 【投資リスク】

        (1)ファンドのリスク

         当ファンドは、主に価格変動のある有価証券等(外貨建資産の場合は為替変動も含まれま
         す。)に投資しますので、               以下に掲げる要因等により基準価額が変動します。                             したがって、
         投資者の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を
         被り、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆
         さまに帰属します。           なお、    投資信託は預貯金とは異なります。
         以下は当ファンドの主なリスクおよび留意点であり、これらに限定されるものではありませ
         んのでご注意ください。
         ①金利変動リスク

          当ファンドは、投資信託受益証券への投資を通じて、実質的には国内外の公社債等に投資
          するため、金利変動リスクを伴います。一般に、公社債等の価格は、金利が上昇した場合
          には下落し、金利が下落した場合には上昇します(価格の変動幅は、残存期間、発行体、
          公社債の種類等により異なります。)。したがって、金利が上昇した場合、保有する投資
          信託受益証券の価格が下落し、基準価額が下落する要因となります。
         ②信用リスク
          当ファンドは、投資信託受益証券への投資を通じて、実質的には国内外の公社債等に投資
          するため、公社債等の発行体の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変
          化等、信用状況によって変動し、特に発行体が財政難や経営不安等により、利息および償
          還金をあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなった場合(債務不履行)、ま
          たはできなくなることが予想される場合には、公社債等の価格は大きく下落します(利息
          および償還金が支払われないこともあります。)。したがって、このような状態が生じた
          場合には、保有する投資信託受益証券の価格が下落し、基準価額が下落する要因となりま
          す。
         ③為替変動リスク
          当ファンドは、保有する外貨建資産について、原則として対円で為替ヘッジを行います
          が、為替変動リスクを完全に排除できるのものではありません。また、為替ヘッジを行う
          にあたり、ヘッジコストがかかります。ヘッジコストとは、為替ヘッジに伴う経費を指
          し、一般的に日本(円)と投資対象国(ヘッジ対象通貨)の短期金利差に相当します。日
          本(円)よりも投資対象国(ヘッジ対象通貨)の短期金利が高い場合、この金利差分が収
          益の低下要因となります。
         ④流動性リスク
          当ファンドは、大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要性が生じた場合
          や、市場規模、取引量、取引規制等により十分な流動性の下での取引を行えない場合に
          は、市場実勢から期待できる価格どおりに取引できないことや、値動きが大きくなること
          があります。これにより、基準価額にマイナスに影響をおよぼす可能性や、換金の申込み
          の受付が中止となる可能性、換金代金のお支払いが遅延する可能性があります。
         ⑤カントリーリスク
          当ファンドは、投資信託受益証券を通じて実質的には                              国内外の公社債等を投資対象としま
          す。実質的な投資対象国の政治や経済情勢等の変化により金融市場・証券市場が混乱し
          て、投資した資金の回収が困難になることや、投資した投資信託受益証券の価格が大きく
          変動する可能性があります。
                                11/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         ⑥収益分配金に関する留意点
          収益分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配
          金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
          収益分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む
          売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決
          算日と比べて下落することになります。また、収益分配金の水準は、必ずしも計算期間に
          おけるファンドの収益率を示すものではありません。
          投資者のファンドの購入価額(取得元本)によっては、収益分配金の一部または全部が、
          実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。また、購入後の運用状況によ
          り、収益分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
        (2)投資リスクに対する管理体制

         当ファンドの投資リスクに対する管理体制は次の通りです。
         委託会社では、投資運用に関する社内規程等に基づき、運用本部から独立したリスク管理本
         部が流動性リスク管理を含む運用リスクの管理を行います。
         ※上記の体制は、          2021  年 10 月末  現在のものであり、将来変更される可能性があります。









     参考情報


     <当ファンドの年間騰落率及び分配金再投資基準価額                              <当ファンドと代表的な資産クラスとの騰落率の
     の推移>                              比較>
     ( 2016  年 11 月~  2021  年 10 月)                  ( 2016  年 11 月~  2021  年 10 月)
                                12/60



                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                   〇 当ファンドと代表的な資産クラスの過去                   5 年間の各




     〇 当ファンドは設定日が          2020  年 10 月 9 日のため、分配金再
                                    月末における直近         1 年間の騰落率の平均値・最大
      投資基準価額は       2020  年 10 月末以降のデータ、ファンドの
                                    値・最小値について、定量的に比較できるように作
      年間騰落率は設定        1 年後の   2021  年 10 月末以降の各月末に
                                    成したものです。
      おける直近     1 年間のデータを表示しています。
                                    ただし、当ファンドは設定日が              2020  年 10 月 9 日のた
     〇 分配金再投資基準価額は、分配金(税引前)を分配時
                                    め、設定    1 年後の   2021  年 10 月末以降のデータを使用
      に再投資したものとみなして計算していますので、実際
                                    しています。
      の基準価額とは異なる場合があります。
                                   〇 代表的な資産クラスの全てが当ファンドの投資対
     〇 ファンドの年間騰落率は、分配金(税引前)を分配時
                                    象とは限りません。また、海外の指数は、為替ヘッジ
      に再投資したものとみなして計算していますので、実際
                                    なしによる投資を想定して円ベースの指数を採用し
      の基準価額に基づいて計算した年間騰落率とは異なる
                                    ています。
      場合があります。
                                   〇 代表的な資産クラスを表す指数については、「代表
                                    的な資産クラスを表す指数の詳細」にてご確認くだ
                                    さい。
    ※ 上記は過去の実績であり、将来の投資成果を保証するものではありません。
     代表的な資産クラスを表す指数の詳細

                Morningstar      日本株式指数(税引前配当込み、円ベース)

        日本株:
                Morningstar      先進国株式指数(除く日本、税引前配当込み、円ベース)
        先進国株:
                Morningstar      新興国株式指数(税引前配当込み、円ベース)
        新興国株:
                Morningstar      日本国債指数(税引前利子込み、円ベース)
        日本国債:
                Morningstar      グローバル国債指数(除く日本、税引前利子込み、円ベース)
        先進国債:
                Morningstar      新興国ソブリン債指数(税引前利子込み、円ベース)
        新興国債:
    (注  1 )  Morningstar      日本株式指数(税引前配当込み、円ベース)は、                        Morningstar,      Inc.  が発表している円ベースの

        税引前配当込み株価指数で、日本に上場する株式で構成されています。
    (注  2 )  Morningstar      先進国株式指数(除く日本、税引前配当込み、円ベース)は、                              Morningstar,      Inc.  が発表している
        円ベースの税引前配当込み株価指数で、日本を除く世界の先進国に上場する株式で構成されています。な
        お、対円での為替変動リスクに対するヘッジをしていない指数です                                  。
    (注  3 )  Morningstar      新興国株式指数(税引前配当込み、円ベース)は、                         Morningstar,      Inc.  が発表している円ベース
        の税引前配当込み株価指数で、世界の新興国に上場する株式で構成されています。なお、対円での為替変
        動リスクに対するヘッジをしていない指数です                        。
    (注  4 )  Morningstar      日本国債指数(税引前利子込み、円ベース)は、                        Morningstar,      Inc.  が発表している円ベースの
        税引前利子込み債券指数で、日本の国債で構成されています。
    (注  5 )  Morningstar      グローバル国債指数(除く日本、税引前利子込み、円ベース)は、                                 Morningstar,      Inc.  が発表して
        いる円ベースの税引前利子込み債券指数で、日本を除く主要先進国の政府や政府系機関により発行され
        た債券で構成されています。なお、対円での為替変動リスクに対するヘッジをしていない指数です                                                 。
    (注  6 )  Morningstar      新興国ソブリン債指数(税引前利子込み、円ベース)は、                             Morningstar,      Inc.  が発表している円
        ベースの税引前利子込み債券指数で、エマージング諸国の政府や政府系機関により発行された米ドル建
        て債券で構成されています。なお、対円での為替変動リスクに対するヘッジをしていない指数です                                                 。
                                13/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <注意事項および免責事項> 

    グローバル債券ポートフォリオ(B)(以下「当ファンド」といいます。)は、                                        Morningstar,      Inc.  又はイボットソ
    ン・アソシエイツ・ジャパン株式会社を含む                       Morningstar,      Inc.  の関連会社(以下、これらの法人全てを総称して
    「 Morningstar      グループ」といいます。)が組成、推薦、販売または宣伝するものではありません。                                           Morningstar      グ
    ループは、投資信託への一般的な投資の当否、特に当ファンドに投資することの当否、または一般的な内外の株
    式・債券・      REIT   市場の騰落率と連動する             Morningstar      インデックスの能力について、当ファンドの所有者又は公
    衆に対し、明示又は黙示を問わず、いかなる表明保証も行いません。株式会社sustenキャピタル・マネジメ
    ント(以下「委託会社」といいます。)と                     Morningstar      グループとの唯一の関係は、              Morningstar      のサービスマーク
    及びサービス名並びに特定の               Morningstar      のインデックス(以下「             Morningstar      インデックス」といいます。)の使
    用の許諾であり、         Morningstar      インデックスは、         Morningstar      グループが委託会社又は当ファンドとは無関係に判断、
    構成、算定しています。           Morningstar      グループは、      Morningstar      インデックスの判断、構成又は算定を行うにあたり、委
    託会社又は当ファンドの受益者のニーズを考慮する義務を負いません。                                    Morningstar      グループは、当ファンドの基
    準価額及び設定金額あるいは当ファンドの設定あるいは販売の時期の決定、または当ファンドの解約時の基準価
    額算出式の決定あるいは計算について責任を負わず、また関与しておりません。                                        Morningstar      グループは、当ファン
    ドの運営管理、マーケティング又は売買取引に関連していかなる義務も責任も負いません。
    Morningstar      グループは、      Morningstar      インデックス又はそれに含まれるデータの正確性及び/又は完全性を保証せ
    ず、また、     Morningstar      グループは、その誤謬、脱漏、中断についていかなる責任も負いません。                                    Morningstar      グループ
    は、委託会社、当ファンドの受益者又はユーザー、またはその他の人又は法人が、                                        Morningstar      インデックス又はそ
    れに含まれるデータを使用して得る結果について、明示又は黙示を問わず、いかなる保証も行いません。
    Morningstar      グループは、      Morningstar      インデックス又はそれに含まれるデータについて明示又は黙示の保証を行わ
    ず、また商品性あるいは特定目的又は使用への適合性に関する一切の保証を明確に否認します。上記のいずれも
    制限することなく、いかなる場合であれ、                    Morningstar      グループは、特別損害、懲罰的損害、間接損害または結果損害
    (逸失利益を含む)について、例えこれらの損害の可能性を告知されていたとしても責任を負いません。
       4 【手数料等及び税金】

        (1)【申込手数料】

         ありません。
        (2)【換金(解約)手数料】

         ありません。
        (3)【信託報酬等】

         ①信託報酬の総額は、             当ファンドの日々の純資産総額に年率                     0.022   %(税抜     0.02   %)の信託
           報酬率を乗じて得た額とします。
           信託報酬は、日々計上され、当ファンドの基準価額に反映されます。なお、毎計算期間
           の最初の     6 ヶ月終了日(休業日の場合は翌営業日とします。)および毎計算期末または信
           託終了のときに、信託財産中から支払われます。
         ② 信託報酬の各支払先への配分は、以下の通りで、委託会社および販売会社は、当ファン
           ドから信託報酬を収受しません。
          <信託報酬率の内訳>
             支払先        信託報酬率                     役務の内容
            委託会社            ―       ファンドの運用、基準価額の計算、目論見書作成等
                              交付運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファ

            販売会社            ―
                              ンドの管理、購入後の情報提供等
                     年率   0.022   %    信託財産の保管および管理、委託会社からの指図の

            受託会社
                     (税抜    0.02%   )   実行等
                                14/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         ③上記の他に当ファンドが投資対象とする投資信託受益証券において、別途、運用管理費
           用がかかります。
           したがって、当ファンドの信託報酬率と投資対象とする投資信託受益証券の想定配分に
           基づく加重平均の総経費率(運用管理経費率およびその他経費率)を合わせた実質的な
           信託報酬率は、当ファンドの純資産総額に対して年率                               0.0795    %程度(税込概算値)、年
           率 0.0775    %程度(税抜概算値)となります。
           なお、当ファンドは、投資信託受益証券の配分比率を変動することや異なる総経費率の
           投資信託受益証券を投資対象に追加することがありますので、実質的な信託報酬率は変
           動することがあります。
        (4)【その他の手数料等】

         当ファンドから支払われる費用には以下のものがあります。
         ①信託財産に関する租税、特定資産の価格等の調査に要する費用および当該費用に係る消
           費税等に相当する金額、信託事務の処理に要する諸費用、信託財産の財務諸表等の監査
           に要する費用および当該費用に係る消費税等に相当する金額および受託者の立替えた立
           替金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
         ②組入有価証券等の売買の際に発生する証券会社等に支払われる手数料・税金、組入有価
           証券を外国で保管する場合、外国の保管機関に支払われる諸費用等は、受益者の負担と
           して、信託財産中から支弁します。
           ※上記の「その他の手数料等」は、手数料等に保有期間に応じて異なるものが含まれて
            いたり、運用状況等により変動するものであったり、また、発生時・請求時にはじめ
            て具体的な金額を認識するものであったりすることから、あらかじめ料率、上限額お
            よび計算方法を具体的に記載することができません。
        (5)【課税上の取扱い】

         当ファンドは、課税上「株式投資信託」として取扱われます。
         ①個人の受益者に対する課税
          (イ)収益分配時
            収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として、                                            20.315    %
            (所得税     15.315    %(復興特別所得税を含みます。)および地方税                            5 %)の税率で源泉徴
            収による申告不要制度が適用されます。なお、確定申告により、申告分離課税または総
            合課税(配当控除の適用はありません。)を選択することもできます。
          (ロ)換金(解約)時および償還時
                                        ※
            換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)                              については、譲渡所得として、
            20.315    %(所得税      15.315    %(復興特別所得税を含みます。)および地方税                            5 %)の税率
            での申告分離課税が適用されます。
            ※解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料に係る消費税等
            相当額を含みます。)を控除した利益。
          (ハ)損益通算について
            解約時および償還時の差損(譲渡損失)については、確定申告等により上場株式等の譲
            渡益、上場株式等の配当等および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したも
            のに限ります。)と損益通算が可能です。また、解約時および償還時の差益(譲渡
            益)、普通分配金および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限り
            ます。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算が可能です。
         ②法人の受益者に対する課税
          収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金(解約)時および償還時の個別
          元本超過額については、配当所得として、                        15.315    %(所得税      15.315    %(復興特別所得税を
                                15/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          含みます。))の税率による源泉徴収が行われます。なお、地方税の源泉徴収は行われま
          せん。
          なお、益金不算入制度の適用はありません。
          ※上記は、      2021   年 10 月末現在のものです。税法が改正された場合等には、上記の内容が変
            更になる場合があります。
          ※課税上の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
        <個別元本について>

         ①受益者毎の信託時の受益権の価額等が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
         ②受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信
           託を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
           ただし、同一ファンドの受益権を複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎
           に個別元本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファ
           ンドの受益権を取得する場合は当該支店等毎に、「分配金受取コース」と「自動けいぞ
           く投資コース」の両コースで同一ファンドの受益権を取得する場合はコース別に個別元
           本の算出が行われる場合があります。
         ③収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別元
           本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本
           となります。(「元本払戻金(特別分配金)」については、下記の<収益分配金の課税
           について>を参照ください。)
        <収益分配金の課税について>

         追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる
         「元本払戻金(特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があ
         ります。
         受益者が収益分配金を受取る際は、
         ①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合または当該受益者
           の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
         ②当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その
           下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻
           金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
           なお、収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にそ
           の個別元本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の
           個別元本となります。
           ※税法が改正された場合等は、上記内容が変更になることがあります。
       5 【運用状況】

        (1)【投資状況】

                                                 ( 2021  年 10 月末日現在)
                  資産の種類                      時価合計    ( 円 )      投資比率    ( % )
     投資信託受益証券                                       166,370,048              83.78
             内 アメリカ                               166,370,048              83.78
     コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                       32,208,743             16.22
     純資産総額                                       198,578,791             100.00
     (注  1 )投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
     (注  2 ) 投資資産の内書きの時価及び比率は、当該資産の発行体又は上場金融商品取引所の国                                       / 地域別に表示しています。
                                16/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        (2)【投資資産】
         ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                                 ( 2021  年 10 月末日現在)
                                          簿価単価        評価単価
                                                         投資
             銘柄名          国 / 地域     種類      数量      簿価金額        評価金額
                                                         比率
                                           (円)        (円)
                                            9,656.26       9,702.87
       VANGUARD     TOTAL   BOND   MARKET
                            投資信託受
     1                  アメリカ              8,595                    42.00%
                            益証券
       ETF
                                          82,995,610       83,396,177
                                            6,440.54       6,462.13
       VANGUARD     TOTAL   INTERNATIONAL
                            投資信託受
     2                  アメリカ              12,840                    41.78%
       BOND   ETF                   益証券
                                          82,696,561       82,973,871
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の評価金額の比率です。
     種類別投資比率

                                                 ( 2021  年 10 月末日現在)
                 種類                          投資比率(%)
     投資信託受益証券                                                    83.78
      合 計(対純資産総額比)                                                    83.78
         ②【投資不動産物件】

           該当事項はありません。
         ③【その他投資資産の主要なもの】

           該当事項はありません。
        (3)【運用実績】

         ①【純資産の推移】
     2021  年 10 月末日および同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末日の純資産の推移は次の通りです。
                     純資産総額          純資産総額

                                          1口当たりの           1口当たりの
                     (分配落)          (分配付)
                                           純資産額           純資産額
                      (円)          (円)
                                          ( 分配落   )( 円 )     ( 分配付   )( 円 )
               設定時
                       10,000,000          -             1.0000         -
          (2020   年 10 月 9 日 )
          第 1 計算期間末日
                       195,354,233          195,354,233             0.9516           0.9516
          (2021   年 10 月 25 日 )
           2020  年 10 月末日
                        9,943,028          -             0.9943         -
              11 月末日
                       34,821,354          -             0.9909         -
              12 月末日
                       34,769,532          -             0.9887         -
           2021  年 1 月末日
                       34,600,555          -             0.9805         -
              2 月末日
                       55,079,541          -             0.9547         -
              3 月末日
                       89,761,259          -             0.9538         -
              4 月末日
                       102,242,421           -             0.9544         -
              5 月末日
                       116,378,634           -             0.9546         -
              6 月末日
                       131,494,858           -             0.9583         -
              7 月末日
                       156,754,551           -             0.9693         -
              8 月末日
                       167,369,098           -             0.9691         -
              9 月末日
                       182,909,308           -             0.9568         -
              10 月末日
                       198,578,791           -             0.9548         -
         ②【分配の推移】

                                         1口当たり分配金        ( 円 )
                                17/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
               第 1 計算期間                                        0.0000
         ③【収益率の推移】

                                            収益率   ( % )
               第 1 計算期間                                         △ 4.8
    (注)収益率は各計算期間における騰落率です。
        (4)【設定及び解約の実績】

                     設定数量(口)               解約数量(口)              発行済数量(口)
        第 1 計算期間                342,030,994               136,744,143               205,286,851
     (注)第    1 計算期間の設定数量には当初設定数量を含んでおります。
       ≪参考情報≫

                        3 . 運用実績                                              基準日:     2021  年 10 月 29 日

     基準価額・純資産総額の推移                              分配の推移(税引前)
    ※ 基準価額および分配金再投資基準価額は、信託報酬控除後の




      1万口当たりの価額です。
    ※ 分配金再投資基準価額は、分配金(税引前)を再投資したもの
      とみなして計算しています。
     主要な資産の状況

    ※ 投資比率は、当ファンドの純資産総額に対する比率です。


    ※ 表示桁未満の数値は四捨五入しています。
     年間収益率の推移         (暦年ベース)

                                18/60




                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ※ 当ファンドの収益率は、分配金(税引前)を再投資したものとみなして計算しています。




    ※ 2020  年は設定日から年末までの収益率、                2021  年は年初から基準日までの収益率を表示しています。
    ※ 当ファンドにベンチマークはありません。
    ※ 最新の運用実績は、委託会社のホームページでご確認いただけます。

    ※ 上記は過去の実績であり、将来の投資成果を保証するものではありません。
     第2 【管理及び運営】

       1 【申込(販売)手続等】

        (1)申込      (販売)     方法

         ①取得申込みは、委託会社(販売会社)が原則として毎営業日受付けますが、受付時限は販
          売会社としての役割を兼ねている委託会社が一般社団法人投資信託協会規則に準じて定め
          ます。
         ②取得申込日が、ニューヨーク証券取引所の休業日またはニューヨークの銀行休業日の場合
          には、原則として受益権の取得申込みに応じないものとします。ただし、収益分配金の再
          投資に係る場合を除きます。
         ③委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得な
          い事情(投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規
          制の導入、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争、天災地変等)による市場の閉鎖ま
          たは流動性の極端な減少ならびに決済機能の障害や停止等)が発生したときは、受益権の
          取得申込みの受付を中止することおよび既に受付けた取得申込みを取り消すことができま
          す。
        (2)申込      (販売)     単位

         委託会社(販売会社)が定める単位(当初元本1口=1円)
         ただし、収益分配金(税引後)の再投資にかかる取得申込については、                                        1 口単位とします。
        (3)申込      (販売)     価額

         取得申込み受付日の翌営業日の基準価額
        (4)申込      (販売)     手数料

         ありません。
        (5)申込      (販売)     代金

         取得申込み受付日の翌営業日の基準価額に申込口数を乗じて得た額
        (6)申込      (販売)     代金の受渡日

                                19/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         委託会社(販売会社)が定める期日
       2 【換金(解約)手続等】

        (1)換金(解約)方法

         ①換金(解約)請求は、委託会社(販売会社)が原則として毎営業日受付けますが、受付時
          限は販売会社としての役割を兼ねている委託会社が一般社団法人投資信託協会規則に準じ
          て定めます。
         ②換金(解約)請求日が、ニューヨーク証券取引所の休業日またはニューヨークの銀行休業
          日の場合には、原則として受益権の換金(解約)請求に応じないものとします。
         ③委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得な
          い事情(投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規
          制の導入、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争、天災地変等)による市場の閉鎖ま
          たは流動性の極端な減少ならびに決済機能の障害や停止等)が発生したときは、一部解約
          の実行の請求の受付を中止することおよび既に受付けた一部解約の実行の請求の受付を取
          り消すことができます。
        (2)換金(解約)単位

         委託会社(販売会社)が定める単位
        (3)換金(解約)価額

         換金(解約)請求受付日の翌営業日の基準価額
        (4)換金(解約)手数料

         ありません。
        (5)換金(解約)代金

         換金(解約)請求受付日の翌営業日の解約価額に申込口数を乗じて得た額
        (6)換金(解約)代金の受渡日

         委託会社(販売会社)は、原則として換金(解約)請求受付日より起算して                                           4 営業日目から
         受益者に支払います。
         換金(解約)手続等については、下記の委託会社(販売会社)の照会先までお問合せくださ

         い。
         <委託会社(販売会社)>
          株式会社sustenキャピタル・マネジメント
          電話番号       03-6810-7856        (受付時間:営業日の午前               9 時から午後      5 時まで)
          ホームページ        https://susten.jp/
         ※委託会社である株式会社sustenキャピタル・マネジメントは当ファンドの販売会社

           としての役割を兼ねています。
       3 【資産管理等の概要】

                                20/60



                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        (1)【資産の評価】

         ①基準価額の算出方法
          基準価額とは、信託財産の純資産総額を計算日における受益権総口数で除して得た                                              1 口当た
          りの額で、便宜上、           1 万口単位で表示される場合があります。
         ②主な投資対象の評価方法
          (イ)金融商品取引所に上場している投資信託受益証券(                                 ETF  )
            原則として、金融商品取引所における計算時に知り得る直近の日の最終相場で評価しま
            す。
          (ロ)外貨建資産
            外貨建資産の円換算については、原則として、計算日の対顧客直物電信売買相場の仲値
            をもとに評価します。また、予約為替の評価は、原則として、計算日の対顧客先物売買
            相場の仲値によるものとします。
         ③基準価額の算出頻度
          委託会社において毎営業日に算出されます。
         ④基準価額の照会方法
          基準価額は、       下記の委託会社の照会先までお問合せください。
           <委託会社(販売会社)>
           株式会社sustenキャピタル・マネジメント
           電話番号       03-6810-7856        (受付時間:営業日の午前               9 時から午後      5 時まで)
           ホームページ        https://susten.jp/
        (2)【保管】

         当ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより
         定まり、受益証券を発行しませんので、受益証券の保管に関して該当事項はありません。
        (3)【信託期間】

         信託期間は、信託契約締結日である                    2020   年 10 月 9 日から無期限とします。ただし、投資信託
         約款の規定により、信託期間の途中で償還する場合があります。
        (4)【計算期間】

         原則として毎年         10 月 26 日から翌年      10 月 25 日までとします。
         なお、計算期間終了日が休業日のときは翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始さ
         れるものとします。また、最終計算期間の終了日は、投資信託約款に定める信託期間の終了
         日とします。
        (5)【その他】

         ①償還条件等(信託契約の終了)
          (イ)    委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより受益権口
            数が   10 億口を下回ることとなった場合または下回ることが明らかとなった場合、もし
            くはこの信託契約を解約することが受益者のために有利であると認める場合、または
            やむを得ない事情が発生した場合は、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約
            し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじ
            め、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
          (ロ)委託会社は、前項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を
            行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日および信託契約の解約の理
            由等の事項を定め、当該決議の日の                    2 週間前までに、この信託契約に係る知れている受
            益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
                                21/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          (ハ)書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの
            受益権が属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本
            項 において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することが
            できます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受
            益者は書面決議について賛成するものとみなします。
          (ニ)書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の                                      3 分の   2 以上に当たる多
            数をもって行います。
          (ホ)(ロ)から(ニ)までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場
            合において、当該提案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁
            的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状態に
            照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合にあって、上記(ロ)から(ニ)ま
            での手続きを行うことが困難な場合にも適用しません。
          (ヘ)    委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に
            従い、この信託契約を解約し信託を終了させます。
          (ト)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止
            したときは、委託会社は、信託契約を解約し、信託を終了させます。
          (チ)監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐ
            ことを命じたときは、この信託契約は、下記②の(ロ)に規定する書面決議が否決さ
            れた場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
          (リ)受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した場合、または委託会社もし
            くは受益者が裁判所に受託会社の解任を申立て裁判所が受託会社を解任した場合、委
            託会社が新受託会社を選任できない場合は、委託会社はこの信託契約を解約し、信託
            を終了させます。
         ②投資信託約款の変更
          (イ)委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生
            したときは、受託会社と合意のうえ、この投資信託約款を変更することまたは当ファ
            ンドと他の信託との併合(投資信託法第                       16 条第   2 号に規定する「委託会社指図型投資信
            託の併合」をいいます。以下、同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、
            変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出るものとします。
            なお、この      投資   信託約款は、(イ)から(ト)に定める以外の方法によって変更する
            ことができないものとします。
          (ロ)    委託会社は、(イ)の事項((イ)の変更事項にあっては、その内容が重大なもの
            に該当する場合に限り、(イ)の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及
            ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除きます。以下、合わせて「重大な約款の変
            更等」といいます。)について、書面決議を行います。この場合において、あらかじ
            め、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由等の事項を定
            め、当該決議の日の            2 週間前までに、この            投資   信託約款に係る知れている受益者に対
            し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
          (ハ)(ロ)の書面決議において、受益者(委託会社および                                   当ファンド       の信託財産に当
            ファンドの受益権が属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きま
            す。以下、(ハ)において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを
            行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当
            該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
          (ニ)    (ロ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の                                       3 分の   2 以上に
            あたる多数をもって行います。
          (ホ)    書面決議の効力は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
                                22/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          (ヘ)    (ロ)から(ホ)までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をし
            た場合において、当該提案につき、この投資信託約款に係るすべての受益者が書面ま
            たは電磁的記録により同意の意思表示をしたときは適用しません。
          (ト)    (イ)から(ヘ)までの規定にかかわらず、                         当ファンド      において併合の書面決議が
            可決された場合にあっても、当該併合に係る一または複数の他の投資信託において当
            該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはでき
            ません。
         ③反対受益者の受益権買取請求の不適用
          当ファンドは、受益者が一部解約の実行の請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一
          部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部
          解約金として支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解
          約または重大な約款の変更等を行う場合において、投資信託法第                                    18 条第   1 項に定める反対受
          益者による受益権買取請求の規定の適用を受けません。
         ④ 他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
          当ファンド      の受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を
          行うことはできません。
          (イ)    他の受益者の氏名または名称および住所
          (ロ)    他の受益者が有する受益権の内容
         ⑤公告
          委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載
          します。
           https://susten.jp/
          なお、前項の電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生
          じた場合の公告は、日本経済新聞に掲載します。
         ⑥運用報告書
          毎決算時および償還時に交付運用報告書および運用報告書(全体版)を作成し、委託会社
          のホームページにおいて開示します。交付運用報告書は、原則として委託会社(販売会
          社)を通じて知れている受益者に対して交付します。
       4 【受益者の権利等】

        受益者の有する主な権利及び権利行使の手続は以下の通りです。

        (1)収益分配金の受領権

         受益者は、収益分配金を持分に応じて受領する権利を有します。
         収益分配金は、税金を差し引いた後、毎計算期間終了                              日 後 1 ヵ月以内の委託会社の指定する
         日から、販売会社(委託会社)において、受益者に支払われます。
         ただし、受益者が収益分配金支払開始日から                         5 年間支払いを請求しないときは、その権利を
         失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        (2)償還金の受領権

         受益者は、償還金を持分に応じて受領する権利を有します。
         償還金は、信託終了日後              1 ヵ月以内の委託会社の指定する日から、販売会社(委託会社)に
         おいて、受益者に支払います。
         ただし、受益者が償還金支払開始日から                       10 年間支払いを請求しないときは、その権利を失
         い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        (3)内国投資信託受益証券の換金(解約)請求権

                                23/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         受益者は、自己に帰属する受益権について、一部換金(解約)の請求をする権利を有しま
         す。
         なお、換金には制限があります。詳細については、「第2 管理及び運営 2 換金(解
         約)手続等」を参照してください。
        (4)帳簿書類の閲覧・謄写の請求権

         受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者に係る信託財産に関する帳簿書類
         の閲覧または謄写を請求することができます。
                                24/60

















                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第3 【ファンドの経理状況】

      (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和                                                   38

      年大蔵省令第       59 号)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
      則」(平成      12 年総理府令第       133  号)に基づいて作成しております。
       なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
      (2)当ファンドは、金融商品取引法第                     193  条の2第1項の規定に基づき、第                  1 期計算期間(       2020  年

      10 月 9 日から    2021  年 10 月 25 日まで)の財務諸表について、                 EY 新日本有限責任監査法人による監査を受
      けております。
                                25/60
















                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      1【財務諸表】

       グローバル債券ポートフォリオ(B)
       (1)【貸借対照表】
                                       (単位:円)
                                    第1期
                                 2021年10月25日現在
      資産の部
       流動資産
                                        3,766,576
         預金
                                       32,833,486
         コール・ローン
                                      165,765,055
         投資信託受益証券
                                         815,567
         派生商品評価勘定
                                      203,180,684
         流動資産合計
                                      203,180,684
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        6,793,910
         未払金
                                         542,157
         未払解約金
                                         17,384
         未払受託者報酬
                                         473,000
         その他未払費用
                                        7,826,451
         流動負債合計
                                        7,826,451
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      205,286,851
         元本
         剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                            △  9,932,618
                                         103,347
          (分配準備積立金)
                                      195,354,233
         元本等合計
                                      195,354,233
       純資産合計
                                      203,180,684
      負債純資産合計
                                26/60









                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)【損益及び剰余金計算書】

                                        (単位:円)
                                     第1期
                                 自    2020年10月9日
                                 至    2021年10月25日
      営業収益
                                         1,200,979
       受取配当金
                                            59
       受取利息
                                       △  2,356,279
       有価証券売買等損益
                                        △  620,803
       為替差損益
                                       △  1,776,044
       営業収益合計
      営業費用
                                           5,840
       支払利息
                                          21,723
       受託者報酬
                                         1,064,970
       その他費用
                                         1,092,533
       営業費用合計
                                       △  2,868,577
      営業利益又は営業損失(△)
                                       △  2,868,577
      経常利益又は経常損失(△)
                                       △  2,868,577
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解約
                                        △  789,061
      に伴う当期純損失金額の分配額(△)
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                      -
                                         4,261,120
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                         4,261,120
       額
                                        12,114,222
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        12,114,222
       額
                                            -
      分配金
                                       △  9,932,618
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                27/60










                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】


     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                           第 1 期
              区 分                         自   2020  年 10 月 9 日
                                       至   2021  年 10 月 25 日
     1.   有価証券の評価基準及び評価方法                    投資信託受益証券
                            移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                            時価評価にあたっては、金融商品取引所等における最終相場(最終相
                            場のないものについては、それに準ずる価額)、又は金融商品取引業
                            者等から提示される気配相場に基づいて評価しております。
     2.   デリバティブ等の評価基準及び評価方法                    為替予約取引

                            原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値に
                            よって計算しております。
     3.   収益及び費用の計上基準                    受取配当金

                            投資信託受益証券の収益分配金を、原則として収益分配金落ちの売買
                            が行われる日において、当該金額を計上しております。
     4.   その他財務諸表作成のための基本となる                    外貨建取引等の処理基準

        重要な事項
                            外貨建資産及び負債は、計算日の対顧客電信売買相場の仲値により円
                            貨に換算するほか、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成                              12 年
                            総理府令第     133  号)第   60 条及び同第     61 条にしたがって換算しておりま
                            す。
     (貸借対照表に関する注記)

                                           第 1 期
              区 分
                                        2021  年 10 月 25 日現在
     1.   期首元本額                                              10,000,000     円
        期中追加設定元本額                                             332,030,994      円
        期中一部解約元本額                                             136,744,143      円
     2.   受益権の総数                                             205,286,851      口

     3.   元本の欠損                    貸借対照表上の純資産額が元本総額を下回っており、その差額は

                            9,932,618     円であります。
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                           第 1 期
              区 分                         自   2020  年 10 月 9 日 
                                       至   2021  年 10 月 25 日
     1.   その他費用                    その他費用の内訳は、監査費用(               946,000    円)、保管費用(        105,330
                            円)、その他(       13,640   円)となっております。
     2.   分配金の計算過程                    計算期間末における費用控除後の配当等収益(                     103,347    円)、費用控

                            除後、繰越欠損金を補填した有価証券売買等損益(                        0 円)、信託約款
                            に規定される収益調整金(            17,480   円)及び分配準備積立金(            0 円)よ
                            り分配対象額は       120,827    円(  1 万口当たり     5.89  円)であります。分配は
                            行っておりません。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
                                28/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                           第 1 期
              区 分                         自   2020  年 10 月 9 日
                                       至   2021  年 10 月 25 日
     1.   金融商品に対する取組方針                    当ファンドは、「投資信託及び投資法人に関する法律」第                           2 条第  4 項に
                            定める証券投資信託であり、信託約款に規定する「運用の基本方針」
                            に従っております。
     2.   金融商品の内容及び当該金融商品に係る                    当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、デリバティブ取

        リスク                    引、コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務であり、その詳細を附
                            属明細表に記載しております。これらの金融商品に係るリスクは、市
                            場リスク(価格変動、為替変動、金利変動等)、信用リスク、流動性
                            リスクであります。
                            また、当ファンドの利用しているデリバティブ取引は、為替予約取引
                            であります。当該デリバティブ取引は、信託財産に属する資産の効率
                            的な運用に資する事を目的とし行っており、為替相場の変動によるリ
                            スクを有しております。
     3.   金融商品に係るリスク管理体制                    運用部門から独立した管理部門としてリスク管理本部が運用リスクの

                            管理を行っており、異常・問題を認識した場合には、速やかに関係部
                            署に報告及び連携して、対応できる体制をとっております。
                            また、リスク管理本部は、リスク管理状況について定期的に投資政策
                            委員会に報告を行っており、投資政策委員会は、リスク管理等の観点
                            から日々の運用業務全体の検証を行っております。
     Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

                                           第 1 期
              区 分
                                       2021  年 10 月 25 日現在
     1.   貸借対照表計上額と時価との差額                    貸借対照表上の金融商品は全て時価で計上されているため、貸借対照
                            表計上額と時価との差額はありません。
     2.   時価の算定方法                    ( 1 ) 有価証券

                            重要な会計方針に係る事項に関する注記に記載しております。
                            ( 2 ) デリバティブ取引
                            デリバティブ取引に関する注記に記載しております。
                            ( 3 ) 上記以外の金融商品
                            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似しているこ
                            とから、当該帳簿価額を時価としております。
     3.   金融商品の時価等に関する事項について                    金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない

        の補足説明                    場合には合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算
                            定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件
                            等によった場合、当該価額が異なることもあります。また、デリバ
                            ティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティ
                            ブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
     (有価証券に関する注記)

      売買目的有価証券
                                           第 1 期
                                       2021  年 10 月 25 日現在
               種類
                                   当期の損益に含まれた評価差額(円)
     投資信託受益証券                                                 △ 2,215,459
     合計                                                 △ 2,215,459
     (デリバティブ取引に関する注記)

     通貨関連

                                29/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                      第 1 期
                                   2021  年 10 月 25 日現在
                      契約額等                   時価           評価損益
          種類
                       (円)                  (円)            (円)
                                うち
                                1年超
     市場取引以外の取引

      為替予約取引

       売 建

                        170,972,758           -        170,157,191              815,567
        アメリカ・ドル

                        170,972,758           -        170,157,191              815,567
     合計                   170,972,758           -        170,157,191              815,567

     (注)    時価の算定方法

         1 .  計算日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しておりま
            す。
         ①   計算日において為替予約の受渡日の対顧客先物売買相場の仲値が発表されている場合は、当該為替予約
            は当該仲値で評価しております。
         ②   計算日において為替予約の受渡日の対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法
            によっております。
         ・   計算日に為替予約の受渡日を超える対顧客先物売買相場が発表されている場合には、発表されている先
            物相場のうち当該日に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算しております。
         ・   計算日に為替予約の受渡日を超える対顧客先物売買相場が発表されていない場合には、当該日に最も近
            い発表されている対顧客先物売買相場の仲値を用いております。
         2 .  計算日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない外貨については、計算日の対顧客電信売買相場
            の仲値で評価しております。
         3 .  換算において円未満の端数は切捨てております。
         ※   上記取引で、ヘッジ会計が適用されているものはありません。
     (関連当事者との取引に関する注記)

      該当事項はありません。
     ( 1 口当たり情報)

                                           第 1 期
                                       2021  年 10 月 25 日現在
     1 口当たり純資産額                                                  0.9516   円
     ( 1 万口当たり純資産額)                                                 (9,516   円 )
     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

     (1)株式
      該当事項はありません。
     (2)株式以外の有価証券

        種類          通貨             銘柄名           券面総額         評価額       備考
                         VANGUARD     TOTAL   BOND   MARKET
     投資信託受益証
                                          8,595.000        730,145.250
             アメリカ・ドル
     券                    ETF
                         VANGUARD     TOTAL
                                          12,840.000        727,514.400
                         INTERNATIONAL       BOND   ETF
             アメリカ・ドル 小計                             21,435.000       1,457,659.650
                                                 (165,765,055)
     投資信託受益証券 合計                                       21,435      165,765,055
                                                 (165,765,055)
     合計                                             165,765,055
                                                 (165,765,055)
     (注)投資信託受益証券における券面総額欄の数値は、証券数を表示しております。
                                30/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (注)1.      各種通貨毎の小計の欄における( )内の金額は、邦貨換算額であります。

        2.   合計欄における( )内の金額は、外貨建有価証券の邦貨換算額の合計額であり、内数で表示しております。
        3.   外貨建有価証券の内訳
                                        組入
                                                 有価証券の合計金額に
      通貨               銘柄数               投資信託受益証券
                                                    対する比率
                                      時価比率
     アメリ      投資信託受益証券                    2 銘柄
                                           84.85%                100%
     カ・ドル
    (注)「組入時価比率」は、純資産に対する比率であります。
     第2 信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       デリバティブ取引に関する注記に記載しております。
                                31/60















                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       2 【ファンドの現況】

        【純資産額計算書】

                                                 ( 2021  年 10 月末日現在)
      Ⅰ 資産総額                                                200,025,610      円
      Ⅱ 負債総額                                                 1,446,819     円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                                198,578,791      円
      Ⅳ 発行済数量                                                207,989,822      口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                   0.9548   円
     第4 【内国投資信託受益証券事務の概要】

        (1)名義書換についてその手続、取扱場所、取次所、代理人の名称及び住所並びに手数料

         該当事項はありません。
         当ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより
         定まります。委託会社は、当ファンドの受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主
         務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機
         関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該
         振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
         なお、受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記
         名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券へ
         の変更の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
        (2)受益者等に対する特典

         該当事項はありません。
        (3)内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容

         ①受益権の譲渡
          (イ)受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とす
            る受益権が記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をす
            るものとします。
          (ロ)当該申請のある場合には、当該振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受
            益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振
            替口座簿に記載または記録するものとします。ただし、当該振替機関等が振替先口座
            を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当
            該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定に従い、譲受人の振替先
            口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
          (ハ)委託会社は、上記(イ)の振替について、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
            記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設
            した振替機関等が異なる場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを
            えない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができ
            ます。
         ②受益権の譲渡制限及び譲渡の対抗要件
          譲渡制限はありません。ただし、受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によら
          なければ、委託会社および受託会社に対抗することができません。
                                32/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        (4)その他内国投資信託受益証券事務に関し投資者に示すことが必要な事項
         ①受益権の再分割
          委託会社は、受託会社と協議の上、社振法に定めるところに従い、一定日現在の受益権を
          均等に再分割できるものとします。
         ②償還金
          償還金は、原則として、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されて
          いる受益者に支払います。
         ③質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
          振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の
          支払い、一部換金(解約)の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等につ
          いては、投資信託約款の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われま
          す。
                                33/60
















                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部 【委託会社等の情報】

     第1 【委託会社等の概況】

       1 【委託会社等の概況】

        (1)資本金の額等           ( 2021  年 10 月末現在)

         資本金の額                 540  百万円
         発行する株式の総数             7,500,000      株
         発行済株式総数               4,225,852      株
        <過去    5 年間における資本金の額の増減>

         2019  年 11 月 22 日    資本金    20 百万円から      61 百万円に増資
         2020  年 5 月 29 日  資本金       61 百万円から      220  百万円に増資
         2021  年 4 月 30 日  資本金       220  百万円から      430  百万円に増資
         2021  年 6 月 25 日  資本金       430  百万円から      540  百万円に増資
        (2)委託会社の機構

         ①会社の意思決定機構
          委託会社の最高意思決定機関として取締役会を設置します。取締役会を構成する取締役
          は、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株
          主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって選任します。取締役の任期は、
          選任後    2 年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで
          です。取締役会は、委託会社の業務執行の基本方針を決定し、最高経営責任者並びに最高
          投資責任者を指名します。最高経営責任者は、委託会社を代表し、全般の業務執行につい
          て指揮統括します。最高投資責任者は投資政策委員会の委員長を務め、当社が運用する
          ポートフォリオの運用方針及び管理に対して指揮統括します。
                                34/60









                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         ②投資運用の意思決定機構









          【投資政策委員会】










           ・最高投資責任者を委員長とし、代表取締役、リスク管理本部長及び法務コンプライア
            ンス本部長により構成されます。
                                35/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           ・当ファンドの運用方針に関する事項等を審議する他、リスク管理及びコンプライアン
            スの観点から日々の運用業務全体の検証も行います。
           ・原則として毎月開催される他、随時必要に応じて開催されます。
          【リスク管理本部】
           ・運用本部から独立した立場で、運用本部が管理するポートフォリオのリスクについ
            て、予め定められた方針の通り運用されているかを監視します。
           ・投資運用に係るリスクに関して異常や問題を発見した場合、速やかに運用本部、最高
            経営責任者及び法務コンプライアンス本部に報告し、関係部署と協力して対応策を策定
            します。
          【運用本部       投資判断部】
           ・クオンツ運用の改良のために必要なリサーチ業務を行います。
           ・運用モデル及びアルゴリズムの開発、研究を行います。
           ・投資政策委員会によって承認された運用方針等に基づき、クオンツ運用によるファン
            ドの運用指図を行い、ポートフォリオの運用リスクを管理します。
          【運用本部       運用管理部】
           ・投資判断部により作成された注文に従い、最良執行方針に基づき売買を実行します。
          ※上記の意思決定機構は、               2021  年 10  月末   現在のものであり、将来変更される可能性があり

            ます。
       2 【事業の内容及び営業の概況】

        委託会社である株式会社sustenキャピタル・マネジメントは投資信託及び投資法人に関

        する法律に定める投資信託委託会社として、証券投資信託の設定を行うとともに金融商品取引
        法に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)等を行っています。また、金融商
        品取引法に定める第一種金融商品取引業および第二種金融商品取引業に係る業務を行っていま
        す。
        2021   年 10 月末現在における、委託会社の運用する証券投資信託は追加型株式投資信託                                           3 本、合

        計純資産総額は         1,775   百万円です。
       3 【委託会社等の経理状況】


      1.委託会社である株式会社                susten    キャピタル・マネジメント(以下「委託会社」という。)の財務諸

       表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和                                     38 年大蔵省第      59 号、以下「財務
       諸表等規則」という。)第2条の規定により、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する内閣
       府令」(平成       19 年内閣府令第       52 号)に基づき作成しております。
        委託会社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、株式及び作成方法に関する規則」(昭和                                                 52 年大
       蔵省令第     38 号、以下「中間財務諸表等規則」という。)第                        38 条及び第     57 条の規定により、中間財務諸表等
       規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成                             19 年内閣府令第       52 号)に基づき作成しておりま
       す。
      2.財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
      3.委託会社は、金融商品取引法第                    193  条の2第1項の規定に基づき、事業年度(自                           2020  年 1 月 1 日
       至   2020  年 12 月 31 日)の財務諸表ならびに当中間会計期間(自                        2021  年 1 月 1 日 至    2021  年 6 月 30 日)の
       中間財務諸表について、             EY  新日本有限責任監査法人による監査及び中間監査を受けております。
                                36/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        なお、委託会社は2019年7月4日に設立され、2020年6月26日に金融商品取引業の登録を行っており
       ます。従って、前事業年度(自                 2019年7月4日 至          2019年12月31日)の財務諸表については、監査法
       人による監査報告書はございません。
    (1)【貸借対照表】


                                                      (単位:千円)
                         注記番号          前事業年度               当事業年度
                                  (2019年12月31日)               (2020年12月31日)
    資産の部
      流動資産
       現金・預金                                   92,626                49,016
       有価証券                                      -             231,545
       前払費用                                     699               2,780
       未収入金                                      -              2,003
                                            503               4,500
       未収消費税等
       流動資産合計                                   93,829               289,845
      固定資産
       有形固定資産
                                    1,542               2,096
         器具備品                  1
         有形固定資産合計                                  1,542                2,096
       無形固定資産
                                      -              492
         ソフトウェア
         無形固定資産合計                                    -               492
       投資その他の資産
         長期差入保証金                           1,089               4,072
                                      -             4,233
         長期前払費用
         投資その他の資産合計                                  1,089                8,305
       固定資産合計                                    2,631               10,895
      繰延資産
       創立費                                     217                169
                                            316                208
       株式交付費
       繰延資産合計                                     534                377
      資産合計                                     96,994               301,118
    負債の部
      流動負債
       預り金                                     127                538
       未払金                                      -               690
       未払費用                                      -             12,935
                                            120               2,419
       未払法人税等
       流動負債合計                                     248              16,583
      負債合計                                      248              16,583
                                                      (単位:千円)

                          注記番号          前事業年度               当事業年度
                                  (2019年12月31日)               (2020年12月31日)
    純資産の部
      株主資本
                                37/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       資本金                                   61,000               220,000
       資本剰余金
                                    44,316              185,649
         資本準備金
         資本剰余金合計                                  44,316               185,649
       利益剰余金
         その他利益剰余金
                                   △  9,090            △  121,635
          繰越利益剰余金
                                          △  9,090             △  121,635
         利益剰余金合計
       株主資本合計                                   96,226               284,014
      新株予約権                                      520                520
      純資産合計                                     96,746               284,534
    負債・純資産合計                                      96,994               301,118
    (2)【損益計算書】

                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                 (自   2019年7月4日             (自   2020年1月1日
                                 至  2019年12月31日)              至  2020年12月31日)
                                            -               -
    営業収益
    営業費用
      広告宣伝費                                       -              255
      調査費
       調査費                              -              460
       情報機器関連費                             750              4,200
                                     -               67
       その他の調査費
       調査費合計                                    750              4,728
      営業雑経費
       通信費                             76               474
       印刷費                              -               11
       協会費                              -             1,797
       諸会費                              -              415
                                     -              357
       その他
       営業雑経費合計                                     76              3,056
      営業費用合計                                      826              8,040
    一般管理費
      給料
       役員報酬                            3,200               18,000
       給料・手当                            1,060               24,868
       法定福利費                             376              5,582
                                     -              183
       その他の福利厚生費
       給料合計                                   4,636               48,634
      旅費交通費
                                            -               1
      租税公課                                      37              4,754
      不動産関係費
       不動産賃借料                             907              3,306
                                     78               874
       その他の不動産関係費
       不動産関係費合計                                    985              4,181
      固定資産減価償却費
                                           190              1,020
      諸経費
       業務委託費                             795              34,009
                                38/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       消耗品費                             334               424
       器具備品費                             717              2,690
       システム利用料                             25              3,884
                                    385              6,432
       その他
       諸経費合計                                   2,258               47,441
      一般管理費合計                                     8,108              106,032
                                         △  8,936             △  114,073
    営業損失(△)
                                                     (単位:千円)

                                   前事業年度                当事業年度
                                 (自   2019年7月4日             (自   2020年1月1日
                                至  2019年12月31日)              至  2020年12月31日)
    営業外収益
      受取利息                                       -                1
      助成金                                       -              2,003
                                            -                2
      雑益
      営業外収益合計                                       -              2,007
    営業外費用
      有価証券売却損                                       -               31
      為替差損                                       -                1
      創立費償却                                      24               108
                                            9               48
      株式交付費償却
      営業外費用合計                                      33               189
                                         △  8,969             △  112,256
    経常損失(△)
                                         △  8,969             △  112,256
    税引前当期純損失        (△)
    法人税、住民税及び事業税                                       120                290
                                         △  9,090             △  112,546
    当期純損失(△)
    ( 3 ) 【株主資本等変動計算書】

    前事業年度(自       2019  年 7 月 4 日 至   2019  年 12 月 31 日)                      (単位:千円)
                               株主資本
                         資本剰余金           利益剰余金
                                                   新株     純資産
                                 その他利益
                                             株主資本
                             資本           利益
                                                   予約権      合計
                  資本金
                                  剰余金
                        資本
                                              合計
                             剰余金           剰余金
                        準備金
                                  繰越利益
                             合計           合計
                                  剰余金
    当期首残高               20,000      5,000     5,000        -      -   25,000       -   25,000
    当期変動額
      新株の発行              41,000     39,316     39,316        -      -   80,316       -   80,316
                                  △  9,090    △  9,090    △  9,090         △  9,090
      当期純損失(△)                -     -     -                      -
      株主資本以外の項目の
                      -     -     -      -      -      -    520      520
      当期変動額(純額)
                                  △  9,090    △  9,090
    当期変動額合計               41,000     39,316     39,316                 71,226      520    71,746
                                  △  9,090    △  9,090
    当期末残高               61,000     44,316     44,316                 96,226      520    96,746
    当事業年度(自        2020  年 1 月 1 日 至    2020  年 12 月 31 日)                     (単位:千円)

                                39/60



                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               株主資本
                         資本剰余金           利益剰余金
                                 その他利益                  新株     純資産
                                             株主資本
                             資本           利益
                                  剰余金                 予約権      合計
                 資本金
                        資本
                                              合計
                             剰余金           剰余金
                       準備金
                                  繰越利益
                             合計           合計
                                  剰余金
                                  △  9,090    △  9,090
    当期首残高              61,000     44,316     44,316                 96,226      520    96,746
    当期変動額
      新株の発行             159,000     141,333     141,333         -      -   300,333        -   300,333
                                 △  112,546    △  112,546    △  112,546         △  112,546
      当期純損失(△)                -     -     -                      -
                                 △  112,546    △  112,546
    当期変動額合計              159,000     141,333     141,333                 187,787        -   187,787
                                 △  121,635    △  121,635
    当期末残高              220,000     185,649     185,649                 284,014       520    284,534
    【注記事項】


    (重要な会計方針)

    1.有価証券の評価基準及び評価方法

       売買目的有価証券              決算期末日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は移動平均法により算定)

    2.固定資産の減価償却の方法

       ① 有形固定資産              定率法によっております。なお、主な耐用年数は次のとおりであります。

                  器具・備品              3 ~ 5 年

       ② 無形固定資産              自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(                                  3 年)に

                  基づく定額法によっております。

       ③ 長期前払費用              均等償却によっております。なお、主な償却期間は                          5 年であります。

    3.繰延資産の処理方法

       ① 創立費                    5 年間の均等償却によっております。

       ② 株式交付費                3 年間の均等償却によっております。

    4.消費税等の会計処理

        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

    (未適用の会計基準等)

    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第                          29 号   2020  年 3 月 31 日)

    ・「収益認識に関する会計基準の適用方針」(企業会計基準適用指針第                                    30 号   2020  年 3 月 31 日)

    ( 1 )概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の                                5 つのステップを適用し認識されます。

         ステップ     1 :顧客との契約を識別する。

         ステップ     2 :契約における履行義務を識別する。

         ステップ     3 :取引価格を算定する。

         ステップ     4 :契約における履行義務に取引価格を配分する。

         ステップ     5 :履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。

                                40/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ( 2 )適用予定日

        2022  年 12 月期の期首より適用予定であります。

    ( 3 )当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。

    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第                           30 号   2019  年 7 月 4 日)

    ・「時価の算定に関する会計基準の適用方針」(企業会計基準適用指針第                                      31 号   2019  年 7 月 4 日)

    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第                          10 号   2019  年 7 月 4 日)

    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用方針」(企業会計基準適用指針第                                       19 号   2020  年 3 月 31 日)

    ( 1 )概要

        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時

      価の算定に関する会計基準の適用方針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定
      方法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
     ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品

        また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改定され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等

      の注記事項が定められました。
    ( 2 )適用予定日

       2022  年 12 月期の期首より適用予定であります。

    ( 3 )当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。

    ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第                                               24 号  2020  年 3 月 31

    日)
    ( 1 )概要

        関連する会計基準の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すこと

       を目的とするものです。
    ( 2 )適用予定日

       2021  年 12 月期の期末より適用予定であります。

    ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第                                 31 号   2020  年 3 月 31 日)

    ( 1 )概要

        当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響

       を及ぼすリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報
       を開示することを目的とするものです。
    ( 2 )適用予定日

       2021  年 12 月期の期末より適用予定であります。

    (貸借対照表関係)

    1.有形固定資産の減価償却累計額

                                41/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)
                              前事業年度                 当事業年度
                            ( 2019  年 12 月 31 日)          ( 2020  年 12 月 31 日)
                                       190                1,196
     器具備品
    ( 株主資本等変動計算書関係              )

    前事業年度      ( 自  2019  年 7 月 4 日 至    2019  年 12 月 31 日 )

    1.発行済株式に関する事項

      株式の種類              当事業年度期首            増加          減少        当事業年度末
      普通株式(株)                  2,500,000              -         -      2,500,000
      S 種優先株式(株)                     -       373,563             -       373,563
      合計(株)                  2,500,000           373,563             -      2,873,563
       (変動事由の概要)

        S 種優先株式の発行による増資                   373,563    株

    2.自己株式に関する事項

        該当事項はありません。

    3.新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式数
                                                     当事業
                    目的となる
           内訳                                         年度末残高
                           当事業                    当事業
                    株式の種類
                                  増加       減少
                                                     (千円)
                          年度期首                     年度末
      ストック・オプションとし
      ての
                        -      -       -       -      -     520
      新株予約権
              合計                -       -       -      -     520
    4.配当に関する事項

        該当事項はありません。

    当事業年度(自         2020  年 1 月 1 日 至    2020  年 12 月 31 日)

    1.発行済株式に関する事項

      株式の種類              当事業年度期首            増加          減少        当事業年度末
      普通株式(株)                  2,500,000              -         -      2,500,000
      S 種優先株式(株)                  373,563             -         -       373,563
      A 種優先株式(株)                     -       718,500             -       718,500
      合計(株)                  2,873,563           718,500             -      3,592,063
     (変動事由の概要)

       A 種優先株式の発行による増資                    718,500    株

    2.自己株式に関する事項
        該当事項はありません。

    3.新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式数
                                                     当事業
                    目的となる
           内訳                                         年度末残高
                           当事業                    当事業
                    株式の種類
                                  増加       減少
                                                     (千円)
                          年度期首                     年度末
      ストック・オプションとし
      ての
                        -      -       -       -      -     520
      新株予約権
              合計                -       -       -      -     520
                                42/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4.配当に関する事項

        該当事項はありません。

    (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項

      ( 1 )金融商品に対する取組方針

         当社は、投資運用業、第一種金融商品取引業及び第二種金融商品取引業を行っております。余資運用

        については、安全性の高い金融商品及び自社が運用する証券投資信託に限定しております。
      ( 2 )金融商品の内容及びそのリスク

         有価証券は、証券投資信託であります。証券投資信託は、市場価格の変動リスク及び為替変動リスク

        に晒されております。
         未払金は、主に営業費用における調査費の未払額であります。

         未払費用は、主に一般管理費の諸経費における業務委託費の未払額であります。これらはそのほとん

        どが1年以内の支払期日であるため、信用リスクはほとんどないと認識しております。
      ( 3 )金融商品に係るリスク管理体制

        ①市場リスクの管理

            当社は、社内規程に基づき、リスク管理本部が市場価格の変動リスク及び為替変動リスクの管理

          を毎日行っております。
        ②信用リスクの管理

            当社は、社内規程に基づき取引先の選定を行い、担当部署が定期的に取引先の財務状況等を把握

          することに努め、その信用リスクを管理しております。
    2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については次のとおりであります。なお、時価を把握するこ

       とが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照のこと)。
    前事業年度      ( 2019  年 12 月 31 日現在   )

                                                (単位:千円)
                          貸借対照表
                                        時価          差額
                           計上額
    資産
      (1)    現金・預金                       92,626            92,626          -
      資産合計                         92,626            92,626          -
    (注  1 )金融商品の時価の算定方法

    ( 1 )現金・預金

        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま

       す。
    (注  2 )時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

        該当事項はありません。

    (注  3 )金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                   1年超       5年超
                           1年以内                       10 年超
                                   5年以内       10 年以内
                           (千円)                      (千円)
                                   (千円)       (千円)
                                43/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     現金・預金                         92,626          -       -       -
    当事業年度      ( 2020  年 12 月 31 日現在   )


                                                (単位:千円)
                          貸借対照表
                                        時価          差額
                           計上額
    資産
      (1)    現金・預金
                               49,016             49,016           -
      (2)    有価証券                      231,545             231,545           -
      資産合計                         280,561             280,561           -
    (注1)金融商品の時価の算定方法

    (1)現金・預金

        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま

        す。
    (2)有価証券

        証券投資信託については、基準価額によっております。

    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

     該当事項はありません。

    (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                   1年超        5年超
                           1年以内                       10 年超
                                  5年以内        10 年以内
                           (千円)                       (千円)
                                  (千円)        (千円)
    現金・預金                         49,016          -        -        -
    ( 有価証券関係       )
    1.  売買目的有価証券

                                                 (単位:千円)
                                  前事業年度             当事業年度
                                ( 2019  年 12 月 31 日)      ( 2020  年 12 月 31 日)
                                                     △  33
       事業年度の損益に含まれた評価差額                                  -
    (ストック・オプション等関係)

    1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名

       該当事項はありません。

    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       当事業年度(自         2020  年 1 月 1 日 至    2020  年 12 月 31 日)において存在したストック・オプションを対象                           と

       し、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
       ( 1 )ストック・オプションの内容

                                第1回新株予約権
                                天笠   勝(注1)
     付与対象者の区分及び人数
     株式の種類別の
                               普通株式      520,000    株
     ストック・オプションの数
     付与日                           2019  年 10 月 21 日
     権利確定条件                             (注2)
     対象勤務期間                         期間の定めはありません。
                                44/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               自   2019  年 10 月 25 日
     権利行使期間
                               至   2029  年 10 月 20 日
         (注1)

          本新株予約権は、天笠勝氏を受託者とする信託に割り当てられ、信託期間満了日時点に受益者とし

         て指定された者に交付されます。
         (注2)

          ①  本新株予約権者は、権利行使時においても、当社又はその子会社若しくは関連会社の取締

           役、執行役、監査役若しくは従業員又は外部協力者のいずれかの地位にあることを要します。た
           だし、任期満了による退任、定年退職、その他取締役会が行使を認める正当な理由がある場合は
           この限りではありません。
          ②  当社の株式につき、金融商品取引所への上場がなされ、または買収が決定されるまでの期間

           は、本新株予約権を行使することはできません。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限
           りではありません。
    ( 2 )ストック・オプションの規模及びその変動状況

       ①ストック・オプションの数

                                  第1回新株予約権

       権利確定前(株)
        前事業年度末                            520,000
        付与                              -
        失効                              -
        権利確定                              -
        未確定残                            520,000
       権利確定後(株)
        前事業年度末                              -
        権利確定                              -
        権利行使                              -
        失効                              -
        未行使残                              -
       ②単価情報

                                  第1回新株予約権

       権利行使価格                              20 円
       行使時平均株価                              -
       付与日における公正な評価単価                              -
    3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

        ストック・オプションの付与時点においては当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公

       正な評価単価は、本源的価値の見積りによっております。なお、本源的価値を算出する基礎となった自社
       の株式の評価方法は、簿価純資産方式等により算出した価格を総合的に勘案して決定しております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

        基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採

       用しております。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算出を行う場合の当事業年度末における本源的価

       値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価
       値の合計額
                                45/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (1)  当事業年度末における本源的価値の合計額

         - 千円

       (2)  当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額

         該当事項はありません。

    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                                                  (単位:千円)

                                   前事業年度             当事業年度
                                 ( 2019  年 12 月 31 日)      ( 2020  年 12 月 31 日)
     繰延税金資産
      税務上の繰越欠損金(注           1 )                         -          33,718
                                           -            652
      その他
      繰延税金資産小計                                     -          34,370
     評価性引当額
                                                    △  33,718
      税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注                    1 )                -
                                                      △  652
                                           -
      将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                                    △  34,370
      評価性引当額小計                                     -
     繰延税金資産合計                                      -             -
    (注  1 )税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額


    前事業年度      ( 2019  年 12 月 31 日現在   )

                                                 (単位:千円)
                      1年超     2年超     3年超     4年超
               1年以内                            5年超        合計
                     2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
     税務上の
                    -     -     -     -     -       -       -
     繰越欠損金      (a  )
     評価性引当額               -     -     -     -     -       -       -
     繰延税金資産               -     -     -     -     -       -       -
    当事業年度      ( 2020  年 12 月 31 日現在   )

                                                 (単位:千円)
                      1年超     2年超     3年超     4年超
               1年以内                            5年超        合計
                     2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
     税務上の
                    -     -     -     -     -     33,718       33,718
     繰越欠損金      (a  )
                                            △  33,718      △  33,718
     評価性引当額               -     -     -     -     -
     繰延税金資産               -     -     -     -     -       -       -
    (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた金額であります。

    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                前事業年度               当事業年度
                                46/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                              ( 2019  年 12 月 31 日)        ( 2020  年 12 月 31 日)
    法定実効税率                                     -               -
    (調整)
    交際費等永久に損金に算入されない項目
    受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                            税引前当期純損失であるため               税引前当期純損失であるため
    住民税均等割
                            注記を省略しております。               注記を省略しております。
    評価性引当額の増減
    その他
    税効果会計適用後の法人税等の負担率                                     -               -
    (セグメント情報等)

    1.セグメント情報
        当社の事業セグメントは、投資一任サービス事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の
       記載を省略しております。
    2.関連情報
       前事業年度(自         2019  年 7 月 4 日 至    2019  年 12 月 31 日)
      ( 1 )製品及びサービスごとの情報
         サービス提供を開始しておらず営業収益がないため、該当事項はありません。
      ( 2 )地域ごとの情報
        ① 営業収益
          サービス提供を開始しておらず営業収益がないため、該当事項はありません。
        ② 有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      ( 3 )主要な顧客ごとの情報
          サービス提供を開始しておらず、該当事項はありません。
       当事業年度(自         2020  年 1 月 1 日 至    2020  年 12 月 31 日)
      ( 1 )製品及びサービスごとの情報
         サービス提供を開始しておらず営業収益がないため、該当事項はありません。
      ( 2 )地域ごとの情報
         ① 営業収益
           サービス提供を開始しておらず営業収益がないため、該当事項はありません。
         ② 有形固定資産
           本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      ( 3 )主要な顧客ごとの情報
         サービス提供を開始しておらず、該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

       該当事項はありません。

    (1株当たり情報         )

                                    前事業年度             当事業年度
                                 (自   2019  年 7 月 4 日       (自   2020  年 1 月 1 日  
                                  至   2019  年 12 月 31 日)     至   2020  年 12 月 31 日)
    1株当たり純資産額(円)                                      6.36             0.00
                                         △  3.52           △  34.11
    1株当たり当期純損失(△)(円)
    (注  1 )潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失

    であるため記載しておりません。
                                47/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (注  2 )1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                     前事業年度             当事業年度
                                  (自   2019  年 7 月 4 日       (自   2020  年 1 月 1 日  
                                   至   2019  年 12 月 31 日)     至   2020  年 12 月 31 日)
                                         △  9,090          △  112,546
     当期純損失     (△)(    千円  )
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                        -             -
     普通株式及び普通株式と同等の株式に係る
                                         △  9,090          △  112,546
     当期純損失(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,582,555             3,299,558
      うち普通株式                                   2,500,000             2,500,000
      うち  S 種優先株式                                  82,555            373,563
                                             -          425,995
      うち  A 種優先株式
                                        新株予約権             新株予約権
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                   (普通株式      520,000    株)    (普通株式      520,000    株)
     当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
    (注  3 )1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                     前事業年度             当事業年度

                                   ( 2019  年 12 月 31 日)      ( 2020  年 12 月 31 日)
     純資産の部の合計額(千円)                                     96,746            284,534
     純資産の部から控除する金額(千円)                                     80,836            284,534
      うち  S 種優先株式                                  80,316               -
      うち  A 種優先株式                                    -          284,014
      うち新株予約権                                      520             520
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                     15,910               -
     1株当たりの純資産額の算定に用いられた
                                         2,500,000             2,500,000
     期末の普通株式数(株)
    (重要な後発事象)

        該当事項はありません。

    中間財務諸表

    (1)   中間貸借対照表
                                                     (単位:千円)
                          注記番号                当中間会計期間
                                         (2021年6月30日)
    資産の部
      流動資産
       現金・預金                                                 682,282
       顧客分別金信託                                                  50,000
       未収運用受託報酬                                                   685
                                                         17,897
       その他                    2
       流動資産合計                                                 750,866
      固定資産
       有形固定資産                    1                              2,288
       無形固定資産                                                   408
                                                         38,146
       投資その他の資産
       固定資産合計                                                  40,843
      繰延資産                                                    3,128
                                48/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      資産合計                                                   794,837
    負債の部
      流動負債
       預り金                                                  17,134
       未払金                                                  1,311
       未払費用                                                  14,550
       未払法人税等                                                  3,115
                                                          2,080
       その他
       流動負債合計                                                  38,191
      負債合計                                                   38,191
    純資産の部
      株主資本
       資本金                                                 540,000
       資本剰余金
                                          465,847
         資本準備金
         資本剰余金合計                                                465,847
       利益剰余金
         その他利益剰余金
                                        △  249,722
          繰越利益剰余金
                                                       △  249,722
         利益剰余金合計
       株主資本合計                                                 756,126
      新株予約権                                                     520
      純資産合計                                                   756,646
    負債・純資産合計                                                    794,837
    (2)   中間損益計算書


                                                     (単位:千円)
                                          当中間会計期間
                                         (自   2021年1月1日
                                         至  2021年6月30日)
    営業収益
      運用受託報酬                                     3,593
                                            35
      その他営業収益
      営業収益合計                                                    3,629
    営業費用
                                                         44,937
                                                         95,027
    一般管理費                      1
                                                       △  136,336
    営業損失(△)
    営業外収益                      2
                                                          9,002
                                                           278
    営業外費用
                                                       △  127,612
    経常損失(△)
                                                       △  127,612
    税引前中間純損失        (△)
    法人税、住民税及び事業税                                                      475
    法人税等合計
                                                           475
                                                       △  128,087
    中間純損失(△)
    (3)中間株主資本等変動計算書

    当中間会計期間(自          2021  年 1 月 1 日 至    2021  年 6 月 30 日)                                        (単位:千円)
                                49/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               株主資本
                         資本剰余金           利益剰余金
                                 その他利益
                                                   新株     純資産
                                             株主資本
                             資本           利益
                                  剰余金
                                                   予約権      合計
                  資本金
                        資本
                                              合計
                             剰余金           剰余金
                       準備金
                                  繰越利益
                             合計           合計
                                  剰余金
                                 △  121,635    △  121,635
     当期首残高              220,000     185,649     185,649                 284,014       520    284,534
     当中間期変動額
      新株の発行              320,000     280,198     280,198         -      -   600,198        -   600,198
                                 △  128,087    △  128,087    △  128,087         △  128,087
      中間純損失(△)                 -     -     -                      -
                                 △  128,087    △  128,087
     当中間期変動額合計              320,000     280,198     280,198                 472,111        -   472,111
                                 △  249,722    △  249,722
     当中間期末残高              540,000     465,847     465,847                 756,126       520    756,646
    注記事項


    (重要な会計方針)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
       売買目的有価証券   決算期末日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は移動平均法により算定)
    2.固定資産の減価償却の方法
       ① 有形固定資産   定率法によっております。なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                  器具・備品                         3 ~ 5 年
       ② 無形固定資産   自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(                                               3 年)に
                  基づく定額法によっております。
       ③ 長期前払費用   均等償却によっております。なお、主な償却期間は                                       5 年であります。
    3.繰延資産の処理方法
       ① 創立費      5年間の均等償却によっております。
       ② 株式交付費                 3 年間の均等償却によっております。
    4.消費税等の会計処理
       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    ( 中間貸借対照表関係          )
    1.有形固定資産の減価償却累計額
                                                     (単位:千円)
                                                当中間会計期間
                                               (2021年6月30日)
                                                          1,507
    有形固定資産合計
    2.消費税等の取扱い

       仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動資産の「その他」に含めて表示しております。
    ( 中間損益計算書関係          )
    1.減価償却実施額
                                                     (単位:千円)
                                                当中間会計期間
                                               (自   2021年1月1日
                                               至  2021年6月30日)
    有形固定資産                                                      609
    無形固定資産                                                       84
    2.営業外収益のうち主要なもの
                                                     (単位:千円)
                                                当中間会計期間
                                               (自   2021年1月1日
                                               至  2021年6月30日)
    有価証券売却益                                                     2,002
    補助金収入                                                     7,000
    ( 中間株主資本等変動計算書関係                )

    当中間会計期間        ( 自  2021  年 1 月 1 日 至    2021  年 6 月 30 日 )
    1.発行済株式に関する事項
                                50/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     発行の種類                 当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末
     普通株式(株)                    2,500,000              -          -      2,500,000
     S種優先株式(株)                     373,563             -          -       373,563
     A種優先株式(株)                     718,500             -          -       718,500
     B種優先株式(株)                         -       633,789             -       633,789
     合計(株)                    3,592,063           633,789             -      4,225,852
      (変動事由の概要)

       B 種優先株式の発行による増資                         633,789    株
    2.自己株式に関する事項
        該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項
                                    目的となる株式数
                                                       当中間会計
                    目的となる
           内訳                                            期間末残高
                            当事業                      当事業
                    株式の種類
                                   増加        減少
                                                       (千円)
                           年度期首                      年度末
     ストック・オプションとしての
                         -      -        -        -      -     520
     新株予約権
              合計                 -        -        -      -     520
    4.配当に関する事項
        該当事項はありません。
    (金融商品関係)
    1.金融商品の時価等に関する事項
       中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については次のとおりであります。なお、時価を把握す
       ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照のこと)。
      当中間会計期間       ( 2021  年 6 月 30 日 )                                (単位:千円)
                           中間貸借対照表
                                            時価           差額
                             計上額
    資産
                                  682,282               682,282           -
      現金・預金
      資産合計                            682,282               682,282           -
       (注  1 )金融商品の時価の算定方法
       現金・預金
         短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
       (注  2 )時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
         該当事項はありません。
    (セグメント情報等)
    1.セグメント情報
        当社の事業セグメントは、投資一任サービス事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の
       記載を省略しております。
    2.関連情報
       当中間会計期間(自           2021  年 1 月 1 日 至    2021  年 6 月 30 日)
     ( 1 )製品及びサービスごとの情報
          単一のサービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の                                        90%  を超えるため、記
         載を省略しています。
     ( 2 )地域ごとの情報
        ① 営業収益
          本邦以外の外部顧客への営業収益がないため、該当事項はありません。
        ② 有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
      ( 3 )主要な顧客ごとの情報
          外部顧客への営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の                               10%  以上を占める相手先がいないため、
         該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

                                              当中間会計期間
                                            (自   2021年1月1日  
                                              至   2021年6月30日)
    1株当たり純資産額(円)                                                     -
                                                      △  34.21
    1株当たり中間純損失(△)(円)
    (注  1 )潜在株式調整後1株当たり中間純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり中間純損失
    であるため記載しておりません。
    (注  2 )1株当たり中間純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                              当中間会計期間
                                51/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                            (自   2021年1月1日  
                                              至   2021年6月30日)
                                                     △  128,087
    中間純損失     (△)(    千円  )
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                                     -
                                                     △  128,087
    普通株式及び普通株式と同等の株式に係る中間純損失(△)(千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                                 3,743,756
      うち普通株式                                                2,500,000
      うちS種優先株式                                                 373,563
      うちA種優先株式                                                 718,500
                                                      151,693
      うちB種優先株式
                                                     新株予約権
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり中間純利益の算定に
                                               (普通株式      520,000株)
    含めなかった潜在株式の概要
       4 【利害関係人との取引制限】


        委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げ

        る行為が禁止されています。
        (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用
         を行うこと      ( 投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信
         用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。                                          ) 。
        (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと                                           ( 投資者の保護に
         欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがない
         ものとして内閣府令で定めるものを除きます。                          ) 。
        (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託
         会社の親法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金
         融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する
         者をいいます。以下同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有
         していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として
         政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引ま
         たは金融デリバティブ取引を行うこと。
        (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運
         用の方針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とし
         た運用を行うこと。
        (5)上記(3)および(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関
         与する行為であって、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取
         引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣府令で定める行為。
       5 【その他】

        (1)定款の変更

          委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
        (2)事業譲渡又は事業譲受
          該当事項はありません。
        (3)出資の状況その他の重要事項
          該当事項はありません。
                                52/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        (4)訴訟事件その他委託会社等に重要な影響を及ぼした事実及び重要な影響を及ぼすことが
          予想される事実
          該当事項はありません。
     第2 【その他の関係法人の概況】

       1 【名称、資本金の額及び事業の内容】

        (1)受託会社

              名称           資本金の額                    事業の内容
          みずほ信託銀行              247,369    百万円        銀行法に基づき銀行業を営むとともに、
          株式会社            ( 2021  年 3 月末現在)         金融機関の信託業務の兼営等に関する法
                                    律(以下「兼営法」といいます。)に基
                                    づき信託業務を営んでいます。
         <再信託受託会社の概要>
              名称           資本金の額                    事業の内容
          株式会社日本カ              51,000    百万円        銀行法に基づき銀行業を営むとともに、
          ストディ銀行            ( 2021   年 3 月末現在)         兼営法に基づき信託業務を営んでいま
                                    す。
        (2)販売会社

         該当事項はありません。
         当ファンドは、委託会社である株式会社sustenキャピタル・マネジメントが販売会社
         としての役割を兼ねています。
       2 【関係業務の概要】

        (1)受託会社

         信託契約の受託会社であり、信託財産の保管・管理・処分、信託財産の計算、信託財産に関
         する報告書の作成等を行います。
        <再信託受託会社>
         受託会社との間で締結された信託契約に基づき、受託会社の業務の一部について、再受託し
         ます。
        (2)販売会社
         当ファンドは、委託会社である株式会社sustenキャピタル・マネジメントが販売会社
         としての役割を兼ねており、                 当ファンドの募集・販売の取扱い、投資信託説明書(目論見
         書)の提供、一部解約の実行の請求の受付け、収益分配金、償還金の支払事務等を行いま
         す。
       3 【資本関係】

        (1)受託会社

         該当事項はありません。
        (2)販売会社
         委託会社である株式会社sustenキャピタル・マネジメントが販売会社としての役割を
         兼ねています。
                                53/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第3 【参考情報】
       ファンドについては、当計算期間において以下の書類が提出されております。

          提出年月日                 提出書類

        2021   年  7 月 8 日
                    有価証券届出書の訂正届出書
        2021   年  7 月 8 日
                    半期報告書
                                54/60


















                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告                書

                                                2021年3月29日

    株式会社     susten    キャピタル・マネジメント

      取 締 役 会  御 中

                     EY 新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員
                                  公認会計士          伊藤志保
                     業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
    「委託会社等の経理状況」に掲げられている株式会社sustenキャピタル・マネジメントの20
    20年1月1日か          ら2020年12月31日ま                で の第2期事業年度の財            務諸   表、す    な わ ち、貸    借対  照
    表、損    益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記                                       につ  い て監  査 を行った。
     当   監 査法   人 は、上    記 の財  務 諸 表 が、我    が 国 にお   い て一   般 に公  正妥   当 と認   め ら れ る企業会計の基準に

    準 拠し  て、株式会社sustenキャピタル・マネジメントの2020年12月31日現                                              在 の財政状
    態及   び同  日 をもって終      了す  る事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているも
    のと認める。
    監査意見の根拠

     当   監 査法   人 は、我    が 国 にお   い て一  般 に公  正妥   当 と認  め ら れ る監   査 の基  準 に準  拠し   て 監 査 を行った。
    監 査 の基   準 にお   け る当   監 査法   人 の責   任 は、「財     務 諸 表監   査 にお   け る監   査 人 の責   任」   に記   載さ   れ てい
    る。当    監 査法   人 は、我    が 国 にお   け る職   業倫  理 に関   す る規   定 に従って、会社か          ら独  立し   てお  り、ま    た、
    監 査 人と  し てのそ    の 他 の倫  理 上 の責  任 を果  た し てい  る。当    監 査法   人 は、意    見表  明 の基   礎と  な る十  分か
    つ適   切 な監   査証  拠 を入   手し  た と判  断し   て い る。
    その他の事項

     会社の2019年12月31日をもって終了した前事業年度の財務諸表は、監査されていない。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経   営 者 の責   任 は、我    が 国 にお   い て一   般 に公  正妥   当 と認   め ら れ る企業会計      の基  準 に準   拠し  て財   務 諸 表
    を作   成 し適正に     表 示す   るこ  と にあ  る。こ    れに  は、不    正又   は誤  謬 によ   る重  要 な虚  偽表   示 のな  い財   務 諸 表
    を作   成 し適正に表      示す   るた   め に経   営 者 が必   要 と判   断し   た内   部統   制 を整   備及   び運   用す   るこ   と が含   ま れ
    る。
     財   務 諸 表 を作  成す   る に当  た り、経    営 者 は、継    続企  業 の前   提 に基   づ き財  務 諸 表 を作   成す  るこ   と が適  切
    であ   る かど   う か を評   価 し、我    が 国 にお   い て一  般 に公  正妥   当 と認  め ら れ る企業会計      の基   準 に基   づ い て継
    続企   業 に関   す る事  項 を開  示す   る必  要 があ   る場  合に   は当  該事   項 を開   示す  る責   任 が あ る。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
    ある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監   査 人 の責   任 は、監    査 人 が実   施し  た監   査 に基   づ い て、全    体と  し ての財    務 諸 表 に不正又は誤謬による

    重 要 な虚  偽表   示 がな   い かど  う か について合      理 的 な保  証 を得   て、監    査報  告 書 にお  い て独   立 の立   場か  ら財
    務 諸 表 に対   す る意   見 を表   明す   るこ   と にあ   る。虚    偽表   示 は、不    正又   は誤   謬 によ   り発生    す る可   能 性 があ
    り、個    別 に又   は集  計す   る と、財    務 諸 表 の利  用 者 の意  思決   定 に影  響 を与  え る と合  理 的 に見  込 ま れ る場  合
    に、重    要 性 があ  る と判   断 さ れ る。
                                55/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     監   査 人 は、我    が 国 にお   い て一   般 に公   正妥   当 と認   め ら れ る監   査 の基   準 に従って、監        査 の過   程 を通   じ
    て、職    業 的専   門 家と   し ての判    断 を行  い、職    業 的懐   疑 心 を保   持し  て以   下 を実   施 す る。
    ・ 不    正又   は誤  謬 によ   る重  要 な虚  偽表   示リ  ス ク を識  別 し、評    価す   る。ま    た、重    要 な虚   偽表  示リ   ス ク に
      対 応した監     査手  続 を立  案 し、実    施す   る。監    査手   続 の選   択及  び適   用 は監  査 人 の判  断 によ  る。さ    ら に、
      意 見表  明 の基  礎とな    る十  分か   つ適  切 な監  査証   拠 を入  手す   る。
    ・ 財    務 諸 表監  査 の目   的 は、内    部統  制 の有  効 性 につ  い て意   見表  明す   るた  め のも  ので   はな  い が、監    査 人
      は、リ    ス ク評  価 の実   施 に際   し て、状    況 に応  じ た適  切 な監   査手  続 を立  案す   るた  め に、監査に関        連す  る
      内 部統  制 を検  討 す る。
    ・ 経    営 者 が採  用し   た会  計方   針及  びそ   の適  用方   法の適切性、並         び に経  営 者 によって行      わ れ た会   計 上 の
      見 積 り の合   理 性及   び関  連す   る注  記事   項 の妥  当 性 を評  価 す る。
    ・ 経    営 者 が継  続企   業 を前  提と   し て財   務 諸 表 を作   成す  るこ   と が適   切 であ  る かど  う か、ま    た、入    手し  た
      監 査証  拠 に基  づ き、継    続企   業 の前  提 に重  要 な疑   義 を生   じさ  せ るよ   う な事   象又  は状   況 に関  し て重  要 な
      不 確 実 性 が認  め ら れ る かど   う か結  論 付 け る。継    続企  業 の前  提 に関   す る重   要 な不  確 実 性 が認   め ら れ る
      場 合 は、監    査報  告 書 にお  い て財  務 諸 表 の注  記事   項 に注   意 を喚  起す   るこ  と、又    は重   要 な不  確 実 性 に関
      す る財  務 諸 表 の注   記事  項 が適   切 でな   い場  合 は、財    務 諸 表 に対  し て除  外事   項 付意  見 を表  明す   るこ  と が
      求 め ら れ てい  る。監    査 人 の結   論 は、監    査報  告 書 日ま  で に入  手し   た監  査証   拠 に基  づ い てい  る が、将    来
      の事  象 や状   況 によ   り、企業     は継  続企   業と  し て存   続で  き な くな  る可   能 性 が あ る。
    ・ 財    務 諸 表 の表  示及   び注  記事   項 が、我    が 国 にお   い て一   般 に公  正妥   当 と認   め ら れ る企業会計      の基  準に
      準 拠し  てい   る かど   う かとと    も に、関    連す  る注   記事  項 を含   め た財   務 諸 表 の表   示、構    成及  び内   容、並    び
      に財  務 諸 表 が基  礎とな    る取   引 や会  計事   象 を適正に表      示し   てい  る かど  う か を評  価 す る。
     監   査 人 は、監査役      に対  し て、計    画し   た監  査 の範   囲 とそ   の実  施時   期、監    査 の実  施過   程 で識  別し   た内  部
    統 制 の重  要 な不  備 を含   む監  査 上 の重  要 な発  見事   項、及    び監   査 の基   準 で求  め ら れ てい   るそ  の 他 の事  項 に
    つ い て報  告 を 行 う。
    利害関係

     会社と当監        査法  人又   は業  務執   行社  員と   の間に    は、公    認会   計 士 法 の規  定 によ   り記  載す   べ き利   害関  係 は

    な い。
                                                      以  上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、

         その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                56/60









                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告                書

                                                2021年12月8日

    株式会社     susten    キャピタル・マネジメント

      取 締 役 会  御 中

                     EY 新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員
                                  公認会計士          伊藤志保
                     業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
    「ファンドの経理状況」に掲げられている                        グローバル債券ポートフォリオ(B)                     の2020年10月
    9日か    ら2021年10月25日ま                で の計  算期   間 の財  務諸   表、す    な わ ち、貸    借対  照 表、損    益及   び剰  余
    金計   算 書、注    記 表並   び に 附属明細表につ         い て監   査 を行った。
     当   監 査法   人 は、上    記 の財  務 諸 表 が、我    が 国 にお   い て一   般 に公  正妥   当 と認   め ら れ る企業会計の基         準に

    準 拠し  て、   グローバル債券ポートフォリオ(B)                     の2021年10月25日現                在 の信   託財  産 の状  態及
    び同   日 をもって終      了す   る計  算期   間の損    益 の状  況 を、全ての重要な点において適正に表                     示し  てい   るも  の
    と認   め る。
    監査意見の根拠

     当   監 査法   人 は、我    が 国 にお   い て一  般 に公  正妥   当 と認  め ら れ る監   査 の基  準 に準  拠し   て 監 査 を行った。
    監 査 の基   準 にお   け る当   監 査法   人 の責   任 は、「財     務 諸 表監   査 にお   け る監   査 人 の責   任」   に記   載さ   れ てい
    る。当    監 査法   人 は、我    が 国 にお   け る職   業倫  理 に関   す る規   定 に従って、      株式会社     susten    キャピタル・マ
    ネジメント      及 びファン     ドか  ら独   立し  てお   り、ま    た、監    査 人と  し てのそ    の 他 の倫  理 上 の責  任 を果   た し て
    い る。当    監 査法  人 は、意    見表   明 の基  礎と   な る十   分か  つ適   切 な監  査証   拠 を入   手し  た と判   断し  て い る。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経   営 者 の責   任 は、我    が 国 にお   い て一   般 に公  正妥   当 と認   め ら れ る企業会計の基         準 に準   拠し  て財   務 諸 表
    を作   成 し適正に表      示す   るこ  と にあ  る。こ    れに  は、不    正又   は誤  謬 によ   る重  要 な虚  偽表   示 のな  い財   務 諸 表
    を作   成 し適正に表      示す   るた   め に経   営 者 が必   要 と判   断し   た内   部統   制 を整   備及   び運   用す   るこ   と が含   ま れ
    る。
     財   務 諸 表 を作  成す   る に当  た り、経    営 者 は、継    続企  業 の前   提 に基   づ き財  務 諸 表 を作   成す  るこ   と が適  切
    であ   る かど   う か を評   価 し、我    が 国 にお   い て一  般 に公  正妥   当 と認  め ら れ る企業会計の基         準 に基   づ い て継
    続企   業 に関   す る事  項 を開  示す   る必  要 があ   る場  合に   は当  該事   項 を開   示す  る責   任 が あ る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監   査 人 の責   任 は、監    査 人 が実   施し  た監   査 に基   づ い て、全    体と  し ての財    務 諸 表 に不正又は誤謬による

    重 要 な虚  偽表   示 がな   い かど  う かについて合       理 的 な保  証 を得   て、監    査報  告 書 にお  い て独   立 の立   場か  ら財
    務 諸 表 に対   す る意   見 を表   明す   るこ   と にあ   る。虚    偽表   示 は、不    正又   は誤   謬 によ   り発生    す る可   能 性 があ
    り、個    別 に又   は集  計す   る と、財    務 諸 表 の利  用 者 の意  思決   定 に影  響 を与  え る と合  理 的 に見  込 ま れ る場  合
    に、重    要 性 があ  る と判   断 さ れ る。
     監   査 人 は、我    が 国 にお   い て一   般 に公   正妥   当 と認   め ら れ る監   査 の基   準 に従って、監        査 の過   程 を通   じ
    て、職    業 的専   門 家と   し ての判    断 を行  い、職    業 的懐   疑 心 を保   持し  て以   下 を実   施 す る。
    ・ 不    正又   は誤  謬 によ   る重  要 な虚  偽表   示リ  ス ク を識  別 し、評    価す   る。ま    た、重    要 な虚   偽表  示リ   ス ク に
      対 応した監     査手  続 を立  案 し、実    施す   る。監    査手   続 の選   択及  び適   用 は監  査 人 の判  断 によ  る。さ    ら に、
      意 見表  明 の基  礎とな    る十  分か   つ適  切 な監  査証   拠 を入  手す   る。
                                57/60

                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財    務 諸 表監  査 の目   的 は、内    部統  制 の有  効 性 につ  い て意   見表  明す   るた  め のも  ので   はな  い が、監    査 人
      は、リ    ス ク評  価 の実   施 に際   し て、状    況 に応  じ た適  切 な監   査手  続 を立  案す   るた  め に、監査に関        連す  る
      内 部統  制 を検  討 す る。
    ・ 経    営 者 が採  用し   た会  計方   針及  びそ   の適  用方   法の適切性、並         び に経  営 者 によって行      わ れ た会   計 上 の
      見 積 り の合   理 性及   び関  連す   る注  記事   項 の妥  当 性 を評  価 す る。
    ・ 経    営 者 が継  続企   業 を前  提と   し て財   務 諸 表 を作   成す  るこ   と が適   切 であ  る かど  う か、ま    た、入    手し  た
      監 査証  拠 に基  づ き、継    続企   業 の前  提 に重  要 な疑   義 を生   じさ  せ るよ   う な事   象又  は状   況 に関  し て重  要 な
      不 確 実 性 が認  め ら れ る かど   う か結  論 付 け る。継    続企  業 の前  提 に関   す る重   要 な不  確 実 性 が認   め ら れ る
      場 合 は、監    査報  告 書 にお  い て財  務 諸 表 の注  記事   項 に注   意 を喚  起す   るこ  と、又    は重   要 な不  確 実 性 に関
      す る財  務 諸 表 の注   記事  項 が適   切 でな   い場  合 は、財    務 諸 表 に対  し て除  外事   項 付意  見 を表  明す   るこ  と が
      求 め ら れ てい  る。監    査 人 の結   論 は、監    査報  告 書 日ま  で に入  手し   た監  査証   拠 に基  づ い てい  る が、将    来
      の事  象 や状   況 によ   り、ファン      ド は継   続企  業と   し て存  続で   き な くな   る可  能 性 が あ る。
    ・ 財    務 諸 表 の表  示及   び注  記事   項 が、我    が 国 にお   い て一   般 に公  正妥   当 と認   め ら れ る企業会計の基         準に
      準 拠し  てい   る かど   う かとと    も に、関    連す  る注   記事  項 を含   め た財   務 諸 表 の表   示、構    成及  び内   容、並    び
      に財  務 諸 表 が基  礎とな    る取   引 や会  計事   象 を適正に表      示し   てい  る かど  う か を評  価 す る。
     監   査 人 は、経    営 者 に対  し て、計    画し   た監  査 の範   囲 とそ   の実  施時   期、監    査 の実  施過   程 で識  別し   た内  部
    統 制 の重  要 な不  備 を含   む監  査 上 の重  要 な発  見事   項、及    び監   査 の基   準 で求  め ら れ てい   るそ  の 他 の事  項 に
    つ い て報  告 を 行 う。
    利害関係

      株式会社     susten    キャピタル・マネジメント               及 びファン     ド と当監    査法   人又   は業   務執   行社   員と   の間に

    は、公    認会   計 士 法 の規   定 によ   り記  載す   べ き利  害関   係 はな   い。
                                                      以  上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、

         その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                58/60











                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の中間監査報告                    書

                                                2021年9月29日

    株式会社sustenキャピタル・マネジメント

      取 締 役 会  御 中

                     EY 新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員
                                  公認会計士          伊藤志保
                     業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
    「委託会社等の経理状況」に掲げられている株式会社sustenキャピタル・マネジメントの20
    21年1月1日か          ら2021年12月31日ま                で の第3期事業年度の中間会計期間(2021年1月
    1日から2021年6月30日まで)に係る中間財                             務諸   表、す    な わ ち、中間貸      借対   照 表、中間損      益計
    算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記                                       につ   い て中間監     査 を行った。
     当   監 査法   人 は、上    記 の中間財     務 諸 表 が、我    が 国 にお  い て一  般 に公   正妥  当 と認  め ら れ る中間財務諸表

    の作成基準に準         拠し   て、株式会社sustenキャピタル・マネジメントの2021年6月30日現
    在 の財政状     態及  び同   日 をもって終      了す   る中間会計期間(2021年1月1日から2021年6月30
    日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当   監 査法   人 は、我    が 国 にお   い て一  般 に公  正妥   当 と認  め ら れ る中間監     査 の基   準 に準   拠し  て中間    監 査 を
    行った。中間監         査 の基   準 にお   け る当  監 査法  人 の責   任 は、「中間財        務 諸 表監   査 にお  け る監  査 人 の責  任」
    に記   載さ  れ てい  る。当    監 査法   人 は、我    が 国 にお   け る職  業倫   理 に関   す る規  定 に従って、会社か          ら独  立し
    てお   り、ま    た、監    査 人と  し てのそ    の 他 の倫  理 上 の責  任 を果   た し てい   る。当    監 査法  人 は、中間監査の意
    見表   明 の基   礎と  な る十   分か  つ適   切 な監   査証  拠 を入   手し  た と判  断し   て い る。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経   営 者 の責   任 は、我    が 国 にお   い て一   般 に公  正妥   当 と認   め ら れ る中間財務諸表の作成基              準 に準   拠して
    中間財    務 諸 表 を作  成 し有用な情報を         表 示す  るこ   と にあ  る。こ    れに   は、不    正又   は誤  謬 によ  る重   要 な虚  偽
    表 示 のな  い中間財     務 諸 表 を作   成 し有用な情報を表          示す  るた   め に経   営 者 が必   要 と判  断し   た内  部統   制 を整
    備及   び運  用す   るこ  と が含  ま れ る。
     中間財     務 諸 表 を作   成す  る に当   た り、経    営 者 は、継    続企   業 の前  提 に基  づ き中間財     務 諸 表 を作   成す  るこ
    と が適  切 であ   る かど   う か を評   価 し、我    が 国 にお   い て一  般 に公  正妥   当 と認  め ら れ る中間財務諸表の作成
    基 準 に基   づ い て継   続企   業 に関   す る事   項 を開   示す   る必   要 があ   る場   合に   は当   該事   項 を開   示す   る責   任 が あ
    る。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
    ある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監   査 人 の責   任 は、監    査 人 が実   施し  た中間監     査 に基  づ い て、全    体と   し て中間財     務 諸 表の有用な情報の

    表示に関して投資者の判断を損なうような重                         要 な虚  偽表   示 がな  い かど  う かの合    理 的 な保  証 を得   て、中
    間監   査報   告 書 にお   い て独   立 の立   場か   ら中間財     務 諸 表 に対   す る意   見 を表   明す   るこ   と にあ   る。虚    偽表   示
    は、不    正又   は誤  謬 によ   り発生    す る可  能 性 があ  り、個    別 に又   は集  計す   る と、中間財      務 諸 表 の利   用 者 の意
    思決   定 に影   響 を与  え る と合  理 的 に見  込 ま れ る場   合 に、重    要 性 があ   る と判  断 さ れ る。
                                59/60


                                                          EDINET提出書類
                                          株式会社sustenキャピタル・マネジメント(E36006)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     監   査 人 は、我    が 国 にお  い て一   般 に公   正妥  当 と認   め ら れ る中間監     査 の基  準 に従って、中間監          査 の過  程
    を通   じ て、職    業 的専   門 家と  し ての判    断 を行  い、職    業 的懐   疑 心 を保   持し  て以   下 を実  施 す る。
    ・ 不    正又   は誤  謬 によ   る中間財務諸表の重           要 な虚   偽表  示リ   ス ク を識   別 し、評    価す  る。ま    た、重    要 な虚
      偽表  示リ   ス ク に対   応する中間監       査手   続 を立  案 し、実    施す   る。中間監      査手   続 の選  択及   び適  用 は監  査 人
      の判  断 によ   る。さ    ら に、中間監査の意          見表  明 の基  礎とな    る十  分か   つ適  切 な監  査証   拠 を入  手す   る。な
      お、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又
      は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
      監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財      務 諸 表監   査 の目  的 は、内    部統   制 の有   効 性 につ   い て意  見表   明す  るた   め のも   ので  はな   い が、監
      査 人 は、リ    ス ク評   価 の実  施 に際  し て、状    況 に応   じ た適   切 な中間監     査手  続 を立  案す   るた  め に、中間財
      務諸表の作成と有用な情報の表示に関                     連す  る内   部統  制 を検  討 す る。
    ・ 経    営 者 が採  用し   た会  計方   針及  びそ   の適  用方   法並  び に経   営 者 によって行      わ れ た会   計 上 の見   積 り の合
      理 性及  び関   連す  る注   記事  項 の妥  当 性 を評  価 す る。
    ・ 経    営 者 が継  続企   業 を前  提と   し て中間財     務 諸 表 を作  成す   るこ  と が適  切 であ   る かど   う か、ま    た、入    手
      し た監  査証   拠 に基   づ き、継    続企  業 の前   提 に重   要 な疑  義 を生  じさ   せ るよ  う な事  象又   は状  況 に関   し て重
      要 な不  確 実 性 が認   め ら れ る かど  う か結   論 付 け る。継    続企   業 の前   提 に関  す る重  要 な不   確 実 性 が認  め ら
      れ る場  合 は、中間監      査報  告 書 にお  い て中間財     務 諸 表 の注   記事  項 に注  意 を喚   起す  るこ   と、又    は重  要 な
      不 確 実 性 に関  す る中間財     務 諸 表 の注   記事  項 が適   切 でな   い場  合 は、中間財      務 諸 表 に対   し て除   外事  項 付
      意 見 を表   明す  るこ   と が求  め ら れ てい   る。監    査 人 の結  論 は、中間監      査報  告 書 日ま  で に入  手し   た監  査証
      拠 に基  づ い てい  る が、将    来 の事  象 や状   況 によ   り、企業     は継  続企   業と  し て存   続で  き な くな  る可   能 性 が
      あ る。
    ・ 中間財      務 諸 表 の表   示及  び注   記事  項 が、我    が 国 にお  い て一  般 に公   正妥  当 と認  め ら れ る中間財務諸表
      の作成基     準に準    拠し   てい  る かど  う かとと    も に、関    連す   る注  記事   項 を含  め た中間財     務 諸 表 の表   示、構
      成及  び内   容、並    び に中間財     務 諸 表 が基   礎とな    る取  引 や会   計事  象 に関して有用な情報を表              示し   てい  る
      かど  う か を評  価 す る。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別
    した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められてい
    るその他の事項について報告を行う。
     監   査 人 は、監査役      に対  し て、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
    と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減
    するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監        査法  人又   は業  務執   行社  員と   の間に    は、公    認会   計 士 法 の規  定 によ   り記  載す   べ き利   害関  係 は

    な い。
                                                      以  上
     (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、

         その原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                60/60






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク