イオンフィナンシャルサービス株式会社 四半期報告書 第41期第3四半期(令和3年9月1日-令和3年11月30日)

提出書類 四半期報告書-第41期第3四半期(令和3年9月1日-令和3年11月30日)
提出日
提出者 イオンフィナンシャルサービス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年1月13日
     【四半期会計期間】                   第41期    第3四半期(自 2021年9月1日 至 2021年11月30日)
     【会社名】                   イオンフィナンシャルサービス株式会社
     【英訳名】                   AEON   Financial     Service    Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 藤田 健二
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区神田錦町一丁目1番地
                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の本店業務は下記の連絡場所で
                         行っております。)
     【電話番号】                   03-5281-2027
     【事務連絡者氏名】                   取締役兼常務執行役員 木坂 有朗
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区神田錦町三丁目22番地
     【電話番号】                   03-5281-2027
     【事務連絡者氏名】                   取締役兼常務執行役員 木坂 有朗
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/20












                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第40期           第41期
              回次               第3四半期           第3四半期            第40期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2020年3月1日           自 2021年3月1日           自 2020年3月1日

             会計期間
                           至 2020年11月30日           至 2021年11月30日           至 2021年2月28日
                                 361,557           348,739           487,309
     営業収益               (百万円)
                                  24,298           45,283           40,238
     経常利益               (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                                  10,053           22,348           17,693
                    (百万円)
     (当期)純利益
                                  13,542           38,520           27,775
     四半期包括利益又は包括利益               (百万円)
                                 460,348           499,857           474,667
     純資産額               (百万円)
                                6,041,676           6,258,711           6,123,721
     総資産額               (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                                  46.58           103.54            81.99
                     (円)
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                                  46.58           103.53            81.97
                     (円)
     期(当期)純利益
                                   6.5           6.7           6.6
     自己資本比率                (%)
                              第40期           第41期

              回次               第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自 2020年9月1日           自 2021年9月1日

             会計期間
                           至 2020年11月30日           至 2021年11月30日
                                  39.72           19.43
     1株当たり四半期純利益                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業内容について、重要な変更はありませ
      ん。また、主要な関係会社についても、異動はありません。
                                 2/20








                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

        当社は、中期経営計画(2021年度~2025年度)の基本方針を「第二の創業:バリューチェーンの革新とネット
       ワークの創造」と定め、グループの成長に向けた改革を進めております。初年度となる2021年度において、国内で
       は、イオングループの共通ID化に向けた投資及び基盤整備を進めるとともに、キャッシュレス化の推進や保険商品
       等の新規サービスの導入に取り組んでおります。海外では、各種商品の申込みからご利用までをスマートフォンで
       完結するためのアプリ開発や、与信・債権管理の高度化を通じ、デジタル金融包摂に取り組んでおります。
        当第3四半期累計期間における連結業績は、展開国・地域において新型コロナウイルス感染症の沈静化に伴う活
       動制限緩和の動きの中、引き続きグループを挙げての徹底した感染対策に取り組みながらも、オンラインサービス
       の拡充やグループ共通ポイントを活用した生活圏の構築、新規サービスの開始など、中長期的な成長に向けた取り
       組みを進めました。また、お客さまの消費動向の変化に対応した販促施策の実施により各種取扱高の拡大を図り、
       特に国内カードショッピング取扱高についてはコロナ禍以前の水準を上回り過去最高となりました。しかし、クレ
       ジットカードや個品割賦を中心に債権残高の回復が鈍く、連結営業収益は3,487億39百万円(前年同期比3.5%減)
       となりました。一方で、前年度から継続して審査の精緻化や債権回収体制の強化に努め、貸倒関連費用が大幅に改
       善したことで、連結営業利益は442億29百万円(前年同期比78.0%増)、連結経常利益は452億83百万円(前年同期
       比86.4%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は223億48百万円(前年同期比122.3%増)と大きく改善しまし
       た。
        なお、11月に、当社グループのサステナビリティ経営を推進する上でのガイドラインとなる、「サステナビリ
       ティ基本方針」を制定しました。当社グループは、「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に
       貢献する」というイオンの基本理念のもと、「持続可能な社会の実現」と「グループの成長」の両立を目指してま
       いります。
        報告セグメントごとの損益状況につきましては、「国内」の「リテール」セグメントにおける営業収益は1,599億
       83百万円(前年同期比5.4%減)となり、セグメント利益は41億22百万円(前年同期比65.9%増)となりました。
       「ソリューション」セグメントにおける営業収益は1,304億35百万円(前年同期比4.5%減)となり、セグメント利
       益は141億61百万円(前年同期比0.7%増)となりました。
        また、「国際」の「中華圏」セグメントにおける営業収益は114億69百万円(前年同期比4.6%減)となり、セグ
       メント利益は41億20百万円(前年同期比14.1%増)となりました。「メコン圏」セグメントにおける営業収益は543
       億21百万円(前年同期比3.6%減)となり、セグメント利益は110億33百万円(前年同期比79.0%増)となりまし
       た。「マレー圏」セグメントにおける営業収益は377億47百万円(前年同期比7.3%増)となり、セグメント利益は
       118億79百万円(前年同期はセグメント損失9億55百万円)となりました。
        当第3四半期連結会計期間末の財政状態につきましては、営業貸付金は前連結会計年度末と比較して11億60百万
       円増加し7,840億77百万円となり、銀行業における貸出金は同1,454億24百万円増加し2兆1,438億4百万円となり、
       割賦売掛金は同1,431億42百万円増加し1兆6,642億91百万円となりました。また、銀行業における預金につきまし
       ては同867億1百万円増加し4兆1,053億67百万円となり、借入金は同660億27百万円増加し6,816億80百万円となり
       ました。以上の結果、当第3四半期連結会計期間末の総資産は同1,349億89百万円増加し6兆2,587億11百万円とな
       り、負債は同1,098億円増加し5兆7,588億54百万円となりました。
                                 3/20






                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
      (2)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
        前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
       析」中の重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (3)経営方針・経営戦略等

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
       りません。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループの優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題に重要な変更
       及び新たに生じた課題はありません。
      (5)研究開発活動

        該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                 4/20















                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
        普通株式                                         540,000,000

                  計                               540,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末
                          提出日現在発行数(株)            上場金融商品取引所名又は登
       種類     現在発行数(株)                                          内容
                           (2022年1月13日)           録認可金融商品取引業協会名
             (2021年11月30日)
                                         東京証券取引所            単元株式数
                 216,010,128            216,010,128
     普通株式
                                         (市場第一部)             100株
                 216,010,128            216,010,128
        計                                    -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2022年1月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
         された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                      増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     2021年9月1日~
                      -    216,010          -     45,698         -     121,506
     2021年11月30日
      (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/20







                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2021年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                (2021年8月31日現在)
          区分            株式数(株)             議決権の数(個)                内容
        無議決権株式                      -            -         -

        議決権制限株式
                              -            -         -
        (自己株式等)
      議決権制限株式(その他)                         -            -         -
                   (自己保有株式)
        完全議決権株式
                                           -         -
                            176,000
        (自己株式等)
                   普通株式
                          215,746,200             2,157,462
      完全議決権株式(その他)             普通株式                                 -
                                              一単元(100株)
                            87,928
        単元未満株式           普通株式                        -
                                              未満の株式
                          216,010,128
        発行済株式総数                                   -         -
                                       2,157,462
        総株主の議決権                       -                      -
     (注)   「完全議決権株式(その他)」の「株式数」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が5,800株含まれておりま
        す。また、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数58個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                (2021年8月31日現在)
                                                   発行済株式総数
      所有者の氏名                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                  に対する所有株式
       又は名称                     株式数(株)        株式数(株)         合計(株)
                                                    数の割合(%)
     イオンフィナン

              東京都千代田区神田錦町
                              176,000                176,000           0.08
                                        -
     シャルサービス㈱
              一丁目1番地
                              176,000                176,000           0.08

         計           -                     -
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動
         新役職名             旧役職名               氏名             異動年月日
     取締役兼常務執行役員

     グループ経営企画担当             取締役兼常務執行役員
                                    木坂 有朗             2021年9月1日
     兼 グループ事業推進担当             グループ経営企画担当
     兼 保険事業担当
                                 6/20







                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(自2021年9月1日 至
      2021年11月30日)及び第3四半期連結累計期間(自2021年3月1日 至2021年11月30日)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任監査法人トーマツの四半期レビューを受けております。
                                 7/20

















                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年2月28日)              (2021年11月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        705,739              626,595
        現金及び預金
                                        30,841               2,275
        コールローン
                                       1,521,149              1,664,291
        割賦売掛金
                                        12,284              12,385
        リース債権及びリース投資資産
                                      ※2  782,916             ※2  784,077
        営業貸付金
                                     ※2  1,998,379            ※2  2,143,804
        銀行業における貸出金
                                        519,023              480,021
        銀行業における有価証券
                                        70,261              50,066
        保険業における有価証券
                                        30,800              28,256
        買入金銭債権
                                        92,567              110,783
        金銭の信託
                                        184,176              176,543
        その他
                                       △ 133,331             △ 121,716
        貸倒引当金
                                       5,814,809              5,957,382
        流動資産合計
       固定資産
                                        39,152              36,015
        有形固定資産
        無形固定資産
                                        16,784              15,403
          のれん
                                        100,249              106,263
          ソフトウエア
                                         4,738              4,444
          その他
                                        121,773              126,111
          無形固定資産合計
                                        147,205              138,511
        投資その他の資産
                                        308,130              300,637
        固定資産合計
                                          780              690
       繰延資産
                                       6,123,721              6,258,711
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        270,015              275,571
        買掛金
                                       4,018,666              4,105,367
        銀行業における預金
                                        216,468              259,816
        短期借入金
                                        62,159              92,933
        1年内返済予定の長期借入金
                                        23,012              58,299
        1年内償還予定の社債
                                        85,000              85,000
        コマーシャル・ペーパー
                                         3,511              5,890
        賞与引当金
                                        20,685              14,107
        ポイント引当金
                                          197              145
        その他の引当金
                                        189,143              166,322
        その他
                                       4,888,859              5,063,454
        流動負債合計
       固定負債
                                        86,639              66,380
        保険契約準備金
                                        282,721              263,072
        社債
                                        337,026              328,931
        長期借入金
                                         4,707              2,609
        退職給付に係る負債
                                         5,706              3,024
        利息返還損失引当金
                                          530              532
        その他の引当金
                                         1,518              1,578
        繰延税金負債
                                        41,344              29,271
        その他
                                        760,194              695,400
        固定負債合計
                                       5,649,053              5,758,854
       負債合計
                                 8/20



                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年2月28日)              (2021年11月30日)
     純資産の部
       株主資本
                                        45,698              45,698
        資本金
                                        120,145              120,117
        資本剰余金
                                        237,385              250,661
        利益剰余金
                                         △ 460             △ 451
        自己株式
                                        402,768              416,026
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         3,283              5,531
        その他有価証券評価差額金
        繰延ヘッジ損益                                △ 3,902             △ 2,659
                                                       1,826
        為替換算調整勘定                                 △ 334
                                         △ 352             △ 225
        退職給付に係る調整累計額
                                                       4,473
        その他の包括利益累計額合計                                △ 1,306
       新株予約権                                    43              40
                                        73,162              79,316
       非支配株主持分
                                        474,667              499,857
       純資産合計
                                       6,123,721              6,258,711
     負債純資産合計
                                 9/20














                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年11月30日)               至 2021年11月30日)
     営業収益
                                        96,319              97,741
       包括信用購入あっせん収益
                                        31,830              32,562
       個別信用購入あっせん収益
                                        104,865               96,981
       融資収益
                                         7,011              8,747
       償却債権取立益
                                        24,042              25,426
       金融収益
                                        37,535              25,494
       保険収益
                                        45,228              44,894
       役務取引等収益
                                        14,724              16,890
       その他
                                        361,557              348,739
       営業収益合計
     営業費用
                                        17,371              15,985
       金融費用
                                        36,616              25,004
       保険費用
                                         8,060              8,602
       役務取引等費用
                                        272,113              252,693
       販売費及び一般管理費
                                         2,541              2,224
       その他
                                        336,704              304,509
       営業費用合計
                                        24,852              44,229
     営業利益
     営業外収益
                                          142              187
       受取配当金
                                          243              324
       投資事業組合運用益
                                                        493
       補助金収入                                    -
                                          155              121
       その他
                                          541             1,127
       営業外収益合計
     営業外費用
                                                         37
       持分法による投資損失                                    -
                                          670
       投資有価証券評価損                                                  -
                                          395               18
       為替差損
                                                         10
       債権売却損                                    -
                                          29               6
       雑損失
                                         1,095                72
       営業外費用合計
                                        24,298              45,283
     経常利益
     特別利益
                                           7              16
       固定資産売却益
                                                        436
       投資有価証券売却益                                    -
                                                        239
       退職給付制度終了益                                    -
                                          274               7
       雇用調整助成金
                                          282              699
       特別利益合計
                                10/20






                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年11月30日)               至 2021年11月30日)
     特別損失
                                          309              408
       固定資産処分損
                                          95              183
       減損損失
                                                         53
       子会社清算損                                    -
                                          409               37
       新型感染症対応による損失
                                                         24
                                          -
       その他
                                          813              707
       特別損失合計
                                        23,767              45,275
     税金等調整前四半期純利益
                                        14,963               8,579
     法人税、住民税及び事業税
                                                       5,669
                                        △ 6,227
     法人税等調整額
                                         8,735              14,248
     法人税等合計
                                        15,031              31,027
     四半期純利益
                                         4,978              8,679
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        10,053              22,348
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                11/20















                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年11月30日)               至 2021年11月30日)
                                        15,031              31,027
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                         2,976              2,110
       その他有価証券評価差額金
                                                       2,155
       繰延ヘッジ損益                                  △ 990
                                                       3,100
       為替換算調整勘定                                 △ 3,571
                                          94              127
       退職給付に係る調整額
                                                       7,493
     その他の包括利益合計                                   △ 1,489
                                        13,542              38,520
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        10,198              28,127
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         3,343              10,392
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                12/20















                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (1)連結の範囲の重要な変更
           該当事項はありません。
         (2)持分法適用の範囲の重要な変更

           該当事項はありません。
         (3)連結子会社の事業年度等に関する事項の変更

           該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

         該当事項はありません。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
          当社グループにおいては、新型コロナウイルスの感染拡大の影響について、一部の国における返済猶予債権等
         に係る回収状況から、依然として影響の収束に時間を要するものと仮定しています。当該仮定に基づき、返済猶
         予債権等に対して将来の信用リスクの増加を見込み、貸倒引当金の見積りに含めています。
          なお、当該金額は現時点の最善の見積りであるものの、見積りに用いた仮定の不確実性は高く、新型コロナウ
         イルスの感染状況やその経済環境への影響が変化した場合には、年度末以降の連結財務諸表及び四半期連結財務
         諸表において当該貸倒引当金は増減する可能性があります。
                                13/20













                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
          1.偶発債務
          保証債務
                             前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                            (2021年2月28日)                 (2021年11月30日)
        連結子会社が営む一般顧客向け信
                                   60,082百万円                 52,781百万円
        用保証業務に係るもの
         ※2.貸出コミットメント契約

         (貸手側)
         ①当社グループは、クレジットカード業務に附帯するキャッシング業務等を行っております。当該業務における
         貸出コミットメントに係る貸出未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2021年2月28日)                 (2021年11月30日)
        貸出コミットメント総額                          9,627,547百万円                 9,836,203百万円
        貸出実行額                           523,260百万円                 508,739百万円
        差引:貸出未実行残高                          9,104,287百万円                 9,327,463百万円
          なお、上記には、流動化の対象とした債権に係る金額を含んでおります。

          また、上記貸出コミットメント契約においては、借入人の資金使途、信用状態等に関する審査が貸出の条件と
         なっているため、必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
         ②当社グループは、法人に対する当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約を締結しておりま

         す。当該契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契約上規定された条件について違反がない限
         り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。これらの契約に係る融資未実行残高は次の
         とおりであります。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2021年2月28日)                 (2021年11月30日)
        融資未実行残高                           24,696百万円                 21,287百万円
         うち原契約期間が1年以内のもの                           4,471百万円                 2,064百万円
          なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずし

         も将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢の変化、
         債権の保全及びその他相当の事由があるときは、実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契約極度額の減額をする
         ことができる旨の条項が付けられております。また、契約後も定期的に予め定めている行内(社内)手続に基づ
         き顧客の業況等を把握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
         ③当社の連結子会社である㈱イオン銀行は、自社で設定の合同運用指定金銭信託に対する流動性補完のため、極

         度貸付に関する契約を締結しております。当契約はリファイナンス時の一時的な資金調達力の低下を回避するこ
         とを目的としております。また、契約上、融資実行については、選択権が付与されており貸出実行が約束されて
         いるものではありません。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2021年2月28日)                 (2021年11月30日)
        融資未実行残高                           12,655百万円                 32,406百万円
         うち原契約期間が1年以内のもの                           4,276百万円                 12,350百万円
                                14/20





                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自 2020年3月1日                 (自 2021年3月1日
                             至 2020年11月30日)                 至 2021年11月30日)
        減価償却費                            22,300百万円                 23,135百万円
        のれんの償却額                            1,400百万円                 1,395百万円
        (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年11月30日)
        1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2020年4月23日
               普通株式         8,416       39.00    2020年2月29日         2020年5月11日         利益剰余金
       取締役会
     2020年10月7日
               普通株式         2,374       11.00    2020年8月31日         2020年11月6日         利益剰余金
       取締役会
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
        3.株主資本の著しい変動

         該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年11月30日)

        1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2021年4月21日
               普通株式         4,964       23.00    2021年2月28日         2021年5月7日         利益剰余金
       取締役会
     2021年10月6日
               普通株式         4,100       19.00    2021年8月31日         2021年11月5日         利益剰余金
       取締役会
    (注)2021年10月6日取締役会決議による1株当たり配当額には、設立40周年記念配当2円を含んでおります。
        2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
        3.株主資本の著しい変動

         該当事項はありません。
                                15/20






                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      前第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年11月30日)
        1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                      四半期連結
                                                  調整額    損益計算書
                     国内             国際
                                             合計
                                                  (注)2      計上額
                       ソリュー
                  リテール           中華圏     メコン圏     マレー圏
                                                       (注)3
                       ション
      営業収益
       外部顧客への
                  166,669      91,589     12,023     56,313     35,184     361,780           361,557
                                                   △ 223
       営業収益
       セグメント間の内部
                   2,424     45,035        2     46         47,509
                                          -        △ 47,509       -
       営業収益又は振替高
                  169,093     136,624      12,026     56,360     35,184     409,290           361,557
           計                                      △ 47,733
      セグメント利益又は損
                   2,485     14,066      3,610     6,162          25,369           24,852
                                        △ 955          △ 517
      失(△)
           (注)1.一般企業の売上高に代えて、営業収益を記載しております。
              2.調整額は次のとおりであります。
               外部顧客への営業収益の調整額△223百万円は、事業セグメントに帰属しない持株会社等の営業収
               益であります。
               セグメント利益又は損失(△)の調整額△517百万円の主な内訳は、事業セグメントに帰属しない
               持株会社等の営業利益及びセグメント間取引消去であります。
              3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年11月30日)

        1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                      四半期連結
                                                  調整額    損益計算書
                     国内             国際
                                             合計
                                                  (注)2      計上額
                       ソリュー
                  リテール           中華圏     メコン圏     マレー圏
                                                       (注)3
                       ション
      営業収益
       外部顧客への
                  157,450      88,122     11,469     54,282     37,747     349,072           348,739
                                                   △ 333
       営業収益
       セグメント間の内部
                   2,533     42,312        0     38         44,885
                                          -        △ 44,885       -
       営業収益又は振替高
                  159,983     130,435      11,469     54,321     37,747     393,958           348,739
           計                                      △ 45,218
                   4,122     14,161      4,120     11,033     11,879     45,318           44,229
      セグメント利益                                            △ 1,089
           (注)1.一般企業の売上高に代えて、営業収益を記載しております。
              2.調整額は次のとおりであります。
               外部顧客への営業収益の調整額△333百万円は、事業セグメントに帰属しない持株会社等の営業収
               益であります。
               セグメント利益の調整額△1,089百万円の主な内訳は、事業セグメントに帰属しない持株会社等の
               営業利益及びセグメント間取引消去であります。
              3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
                                16/20



                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
        次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年3月1日                (自 2021年3月1日
                                至 2020年11月30日)                至 2021年11月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                46円58銭               103円54銭

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                10,053                22,348

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                      10,053                22,348
      利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                               215,810                215,833
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                46円58銭               103円53銭

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                        -                -
      (百万円)
      普通株式増加数(千株)                                  41                24
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があった                                   -                -
     ものの概要
     2【その他】

      (剰余金の配当)
       2021年10月6日開催の取締役会において、剰余金の配当につき次のとおり決議いたしました。
        (1)配当金の総額                      4,100百万円
        (2)1株当たり配当金                        19円00銭
        (3)効力発生日                    2021年11月5日
        (注)1株当たり配当金には、設立40周年記念配当2円を含んでおります。
                                17/20









                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
         該当事項はありません。
                                18/20




















                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2022年1月12日

    イオンフィナンシャルサービス株式会社

       取締役会 御中

                          有限責任監査法人トーマツ

                          東京事務所

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             奥 津     佳 樹        印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員
                                      公認会計士
                                             山 﨑     健 介        印
                            業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているイオンフィナン
    シャルサービス株式会社の2021年3月1日から2022年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2021年9月1日
    から2021年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、イオンフィナンシャルサービス株式会社及び連結子会社の2021年11月
    30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
    事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・   主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                19/20


                                                          EDINET提出書類
                                              イオンフィナンシャルサービス株式会社(E04912)
                                                            四半期報告書
     ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
      当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
      いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
      注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
      企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・   四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
      財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
      信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・   四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                20/20












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク