カレラBEV関連株ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 カレラBEV関連株ファンド
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
     【提出書類】                  有価証券届出書

     【提出先】                  関東財務局長 殿
     【提出日】                  2022年1月14日        提出
     【発行者名】                  カレラアセットマネジメント株式会社
     【代表者の役職氏名】                  代表取締役社長 廣川 雅一
     【本店の所在の場所】                  東京都港区赤坂一丁目12番32号アーク森ビル12階
     【事務連絡者氏名】                  秋永 芳郎
     【電話番号】                  03-6691-2017
     【届出の対象とした募集                  カレラBEV関連株ファンド
       (売出)内国投資信託受
       益証券に係るファンドの
       名称】
     【届出の対象とした募集                  (1)当初申込期間
       (売出)内国投資信託受                    100億円を上限とします。
       益証券の金額】                (2)継続申込期間
                           1,000億円を上限とします。
     【縦覧に供する場所】                  該当事項はありません。
                                 1/82













                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】
     (1)【ファンドの名称】

       カレラBEV関連株ファンド(以下「ファンド」または「当ファンド」ということがありま
       す。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       当ファンドの受益権は契約型の追加型証券投資信託の受益権(以下「受益権」といいます。)で
       す。
       当ファンドについて、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供さ
       れた信用格付または信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はあり
       ません。
       当ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規
       定の適用を受けており、受益権の帰属は、後記の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替
       機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をい
       い、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録される
       ことにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を
       「振替受益権」といいます。)。当ファンドの委託者であるカレラアセットマネジメント株式会
       社(以下「委託会社」ということがあります。)は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当
       該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形
       態はありません。
       なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名
       式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更
       の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

       ①  当初申込期間 100億円を上限とします。
       ②  継続申込期間 1,000億円を上限とします。
       なお、上記金額には、申込手数料(当該手数料に係る消費税および地方消費税(以下「消費税

       等」といいます。)に相当する金額を含みます。以下同じ。)は含まれていません。
     (4)【発行(売出)価格】

       ①  当初申込期間 1口当たり1円とします。
       ②  継続申込期間 取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
       ※「基準価額」とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入れ有価証券を

        除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価評価して得た信託財産
        の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)を、計算日にお
        ける受益権総口数で除した金額をいいます。ただし、便宜上1万口単位に換算した価額で表示
        することがあります。
       基準価額については、販売会社または委託会社の後記照会先にお問い合わせ下さい。
     (5)【申込手数料】

       申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間は1口当たり1円)に対し
       3.30%(税抜3.00%)を上限として販売会社がそれぞれ定める手数料率を乗じて得た額としま
       す。申込手数料率の詳細については、販売会社または委託会社の後記照会先にお問い合わせ下さ
       い。
       ・購入時手数料:販売会社によるファンドの募集・販売の取扱いの事務等の対価
                                 2/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (注)販売会社によっては、償還乗換え優遇措置等の適用が受けられる場合があります。詳しく
          は、販売会社にお問い合わせ下さい。
       「分配金再投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合の申込手数料はかかり
       ません。なお、「分配金受取りコース」「分配金再投資コース」については、後記「(12)その
       他⑤、⑥」をご参照下さい。
     (6)【申込単位】

       申込単位は、最低単位を1円単位または1口単位として販売会社がそれぞれ定める単位としま
       す。詳細については販売会社または委託会社の後記照会先にお問い合わせ下さい。
     (7)【申込期間】

       ①  当初申込期間 2022年2月1日から2022年2月24日まで
       ②  継続申込期間         2022年2月25日から2023年5月19日まで
       ただし、継続申込期間中であってもニューヨーク、パリ、フランクフルト、香港の銀行または証
       券取引所の休業日には、原則として、取得のお申込みの受付はできません。
         (継続申込期間は、上記の期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されま
       す。)
     (8)【申込取扱場所】

       原則として、販売会社の本・支店、営業所等において申込の取扱いを行います。ただし、販売会
       社によっては一部の店舗で申込の取扱いを行わない場合があります。
       申込取扱場所の詳細については、販売会社または委託会社の後記照会先にお問い合わせ下さい。
     (9)【払込期日】

       ①  当初申込期間
       受益権の取得申込者は、当初申込期間中に、取得申込代金(取得申込金額、申込手数料および申
       込手数料に係る消費税等に相当する金額の合計額をいいます。以下同じ。)を販売会社において
       支払うものとします。
       販売会社は、当初申込期間中における取得申込金額の総額を、当初設定日(2022年2月25日)
       に、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込みます。
       ②  継続申込期間
       受益権の取得申込者は、販売会社が定める期日(詳しくは、販売会社にお問い合わせ下さい。)
       までに、取得申込代金を販売会社において支払うものとします。
       販売会社は、各取得申込受付日における取得申込金額の総額に相当する金額を、追加信託が行わ
       れる日に、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込みま
       す。
     (10)【払込取扱場所】

       受益権の取得申込者は、取得申込代金を申込取扱場所において支払うものとします。申込取扱場
       所については、上記「(8)申込取扱場所」をご参照下さい。
     (11)【振替機関に関する事項】

       当ファンドの受益権に係る振替機関は、次の通りです。
       株式会社証券保管振替機構
     (12)【その他】

       ①  受益権の取得申込者は、申込取扱場所において取引口座を開設のうえ、取得の申込みを行うも
         のとします。
                                 3/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ②  販売会社の各営業日の午後3時までに受付けた取得および換金の申込み(当該申込みに係る販
         売会社所定の事務手続きが完了したもの)を、当日の受付分として取扱います。この時刻を過
         ぎて行われる申込みは、翌営業日の取扱いとなります。
       ③  販売会社の営業日であっても、ニューヨーク、パリ、フランクフルト、香港の銀行または証券
         取引所の休業日に該当する日には、原則として、お申込みができません。
       ④  金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および同法第2条第
         8項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいい、単に「取引所」ということがあります。以
         下同じ。)等における取引の停止、決済機能の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得な
         い事情があるときは、受益権の取得申込みの受付を中止することおよび既に受け付けた取得申
         込みの受付けを取り消すことができます。
       ⑤  当ファンドには、収益分配金から税金を差引いた後、無手数料で自動的に再投資する「分配金
         再投資コース」と、収益の分配が行われるごとに収益分配金を受益者に支払う「分配金受取り
         コース」があります。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のコースのみの取扱いとな
         る場合がありますので、取扱い可能なコースについては、販売会社にお問合わせ下さい。な
         お、コース名は、販売会社により異なる場合があります。
       ⑥  「分配金再投資コース」を利用する場合、取得申込者は、販売会社と別に定める累積投資約款
         にしたがい累積投資契約を締結します。なお、上記の契約または規定について、別の名称で同
         様の権利義務関係を規定する契約または規定が用いられることがあり、この場合上記の契約ま
         たは規定は、当該別の名称に読替えるものとします(以下同じ。)。
       ⑦  取得申込金額に利息は付きません。
       ⑧  振替受益権について
         ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に
          記載の振替機関の振替業に係る業務規程等の規則にしたがって取扱われるものとします。
          ファンドの分配金、償還金、一部解約金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事
          項」に記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        (ご参考)

        ◆投資信託振替制度(「振替制度」と称する場合があります。)とは
         ・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
         ・ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいま
           す。)への記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されません。
        ◆振替制度では

         ・原則として受益証券を保有することはできません。
         ・受益証券を発行しませんので、盗難や紛失のリスクが削減されます。
         ・ファンドの設定、解約等における決済リスクが削減されます。
         ・振替口座簿に記録されますので、受益権の所在が明確になります。
       照会先:カレラアセットマネジメント株式会社

          ・ホームページアドレス:https://www.carrera-am.co.jp/
          ・電話03-6691-2017(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
                                 4/82





                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
       当ファンドは、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
       信託約款の定めにより、当ファンドの信託金の上限額は100億円、追加信託金の上限額は1,000億
       円です。ただし、委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
       当ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品の分類方法において、次の商品分類およ

       び属性区分に該当します。
        商品分類表

           単位型・追加型             投資対象地域          投資対象資産(収益の源泉)
                          国内               株式
             単位型                           債券
                          海外             不動産投信
             追加型                       その他資産(    )
                          内外             資産複合
        属性区分表

           投資対象資産             決算頻度           投資対象地域             為替ヘッジ
         株式                年1回           グローバル

          一般               年2回          (日本を含む)
          大型株               年4回             日本            あり
          中小型株               年6回             北米
         債券               (隔月)             欧州
          一般               年12回            アジア
          公債              (毎月)            オセアニア              なし
          社債               日々            中南米
          その他債券               その他            アフリカ
          クレジット              (    )             中近東
          属性(    )                          (中東)
         不動産投信                          エマージング
         その他資産(  )
         資産複合(  )
        ※当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示しています。

        商品分類の定義

         単位型・        追加型         一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従
         追加型                 来の信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
         投資対象        内外         目論見書または信託約款において、国内及び海外の資産による
         地域                 投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいま
                         す。
         投資対象        株式         目論見書または信託約款において、組入資産による主たる投資
         資産                収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいま
                         す。
                                 5/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        属性区分の定義

         投資対象        株式 一般          目論見書または信託約款において、大型株・小型株に投資
         資産                  する旨の記載がないものをいいます。
         決算頻度        年4回          目論見書または信託約款において、年4回決算する旨の記
                           載があるものをいいます。
         投資対象        グローバル          目論見書または信託約款において、組入資産による投資収
         地域                  益が日本を含む世界の資産を源泉とする旨の記載があるも
                 (日本を含む)
                           のをいいます。
         為替ヘッジ        なし          目論見書または信託約款において、為替ヘッジを行わない
                           旨の記載があるものまたは為替ヘッジを行う旨の記載がな
                           いものをいいます。
        ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載
         しております。
        ※上記は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づき記載しています。上記以外の商
         品分類および属性区分の定義につきましては、一般社団法人投資信託協会のホームページ
         (https://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
       <ファンドの特色>

        ◆ 主として日本を含む世界の金融商品取引所に上場しているBEV(電気自動車)関連企業の
                   ※  1                                 ※2
          株式、預託証券           、優先株式ならびに株価に連動する効果を有する有価証券                                  等に投資
          し、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
          ※1   預託証券とは、預託証書(DR:Depositary                      Receipt)ともいい、ある国の企業の株式を当該国
             外の市場で流通させるために現地法に従い発行した代替証券のことで、株式と同様に金融商品取
             引所等で取引されます。BEV(電気自動車)関連企業のなかには預託証券(DR)を発行し、
             ニューヨーク等の金融商品取引所に上場している企業があります。
          ※2   当ファンドは、「株価に連動する効果を有する有価証券」として、例えばBEV(電気自動車)
             関連企業の株式ETF等に投資する場合があります。
             ETF(Exchange        Traded    Funds)とは、株価指数などに代表される指標への連動を目指す上場投資
             信託をいいます。
                                 6/82










                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 7/82





















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 8/82





















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 9/82





















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ◆ 年4回(原則として毎年2月20日、5月20日、8月20日、11月20日。ただし、休業日の場合

          は翌営業日。)決算を行い、収益の分配を行います。
        ◆ 分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子、配当等収益と売買益(評価損益を
          含みます。)等の全額とします。
        ◆ 委託会社が毎決算時に、基準価額水準、市況動向、残存信託期間等を勘案して、分配金額を
          決定します。ただし、必ず分配を行うものではなく、分配対象額が少額な場合等には分配を
          行わないことがあります。初回決算日は2022年5月20日になります。
          留保益の運用については、運用の基本方針に基づいて運用を行います。

          ・ 上記は、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありま

             せん。
          ・ 分配金の金額は、あらかじめ一定の分配を確約するものではなく、分配金が支払われな
             い場合もあります。
        ◆ 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いませんが、機動的に市場変動に対応す
          ることがあります。
                                10/82














                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】

       2022年2月25日 信託契約締結、当初設定、運用開始(予定)
     (3)【ファンドの仕組み】

       ①  ファンドの仕組み
       ②  委託会社およびファンドの関係法人









         委託会社およびファンドの関係法人の名称、ファンドの運営上の役割は次の通りです。
         イ.カレラアセットマネジメント株式会社(「委託会社」)
            当ファンドの委託者として、信託財産の運用指図、受託会社との信託契約の締結、目論見
            書・運用報告書の作成等を行います。
         ロ.三菱UFJ信託銀行株式会社(「受託会社」)
            (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
            委託会社との間で「証券投資信託契約」を締結し、これに基づき、当ファンドの受託者と
            して、信託財産の保管・管理、基準価額の計算、委託会社の指図に基づく信託財産の処分
            等を行います。なお、信託事務の一部につき日本マスタートラスト信託銀行株式会社に委
            託することができます。
         ハ.「販売会社」
            委託会社との間で「投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」を締結し、こ
            れに基づき当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱、販売、一部解約の実行の
            請求の受付、収益分配金・償還金および一部解約金の支払い等を行います。
                                11/82



                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③  委託会社の概況

         イ.資本金の額(2021年11月末日現在)
            資本金       1億6,240万円
            発行済株式の総数  790株(普通株式)
         ロ.委託会社の沿革
           2011年7月 カレラアセットマネジメント株式会社設立
           2012年4月 金融商品取引業登録  関東財務局長                            (金商)    第2636号
         ハ.大株主の状況(2021年11月末日現在)

                名称                住所           保有株式数          比率

                          愛知県名古屋市中区錦三丁目

                                                      50.6%
             安藤証券株式会社                                 400株
                                23番21号
               安藤 敏行               東京都世田谷区                390株        49.4%

                                12/82














                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

       ①  主要投資対象
         日本を含む世界のBEV(電気自動車)関連企業の株式等を主要投資対象とします。
       ②  投資態度
         イ. 主として日本を含む世界の金融商品取引所に上場しているBEV(電気自動車)関連企
             業の株式、預託証券、優先株式ならびに株価に連動する効果を有する有価証券等に投資
             し、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
         ロ. 銘柄選定にあたっては、事業内容、成長性、収益性、財務健全性などを勘案して厳選し
             ます。また、バリュエーション、流動性などを考慮して、ポートフォリオを構築しま
             す。
         ハ. 株式への投資割合は、原則として高位を維持することを基本とします。ただし、投資環
             境、資金動向、市況動向などを勘案して、運用担当者が適切と判断した場合には、現金
             割合の引上げ等により、株式への投資割合を引下げることがあります。
         ニ. 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いませんが、機動的に市場変動に対
             応することがあります。
         ホ. 資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
     (2)【投資対象】

        ①  当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げる特定資産(投資信託及び投
         資法人に関する法律第2条第1項の「特定資産」をいいます。)とします。
          イ.有価証券
          ロ.  デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約
             款第23条、第24条および第25条に定めるものに限ります。)
          ハ.約束手形
          ニ.金銭債権
       ②  委託会社は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有
         価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
         1.株券または新株引受権証書
         2.国債証券
         3.地方債証券
         4.特別の法律により法人の発行する債券
         5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新
           株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
         6.特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをい
           います。)
         7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6
           号で定めるものをいいます。)
         8.協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるも
           のをいいます。)
         9.特定目的会社にかかる優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取
           引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
         10.コマーシャル・ペーパー
         11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)
           および新株予約権証券
         12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有す
           るもの
                                13/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるも
           のをいいます。)
         14.投資証券、新投資口予約権証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2
           条第1項第11号で定めるものをいいます。)
         15.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
           す。)
         16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるもの
           をいい、有価証券にかかるものに限ります。)
         17.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
         18.外国法人が発行する譲渡性預金証書
         19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
           の受益証券に限ります。)
         20.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信
           託の受益証券に表示されるべきもの
         21.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
           なお、上記1.の証券または証書、12.ならびに17.の証券または証書のうち1.の証券また
           は証書の性質を有するものを以下「株式」といい、2.から6.までの証券および12.なら
           びに17.の証券または証書のうち2.から6.までの証券の性質を有するもの、および14.の
           証券のうち投資法人債券を以下「公社債」といい、13.の証券および14.の証券(ただし、
           新投資口予約権証券および投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいま
           す。
       ③  委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引
         法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)によ
         り運用することを指図することができます。
         1.預金
         2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
            す。)
         3.コール・ローン
         4.手形割引市場において売買される手形
         5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         6.外国の者に対する権利で上記5.の権利の性質を有するもの
       ④  前記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委
         託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、前項に掲げる金融商品により
         運用することの指図ができます。
       ⑤  委託会社は、信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額が、信託財産
         の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
       ⑥  委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(上場投資信託証券(金融商品取引所に上場等さ
         れ、かつ当該取引所において常時売却可能(市場急変等により一時的に流動性が低下している
         場合を除きます。)な投資信託証券をいいます。)を除きます。)の時価総額が、信託財産の純
         資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
       ⑦  デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合理的
         な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       ⑧  一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対するエクスポージャーの信託財産の純資産
         総額に対する比率は、原則として35%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場
         合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
                                14/82




                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用体制】

       ①  運用体制
         ファンドの運用体制は、以下の通りとなっています。
       当ファンドについて、委託会社の投資政策委員会が、運用部が企画、立案して作成した商品概要

       に基づいて、基本的な投資方針である運用哲学(運用の目的)、運用プロセス、運用手法ならび
       に中期(四半期または半期をいいます。)の運用計画および収益の分配方針等を策定し、運用管
       理委員会の承認を経て決定し、さらに原則として毎月上旬に、前月までの実績を分析したうえ
       で、月間および中期の運用計画を決定する運用体制としております。
       また、運用管理委員会、コンプライアンス・オフィサーにおいて、運用管理、リスク管理等を行
       い、必要があれば、投資政策委員会、運用担当者に是正、改善を指示します。
                                15/82
















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ②  内部管理体制

         当ファンドの投資信託約款、基本的な投資方針等に則した適正な運営を行うべく、管理部門に
         より運用管理業務、コンプライアンス部門によるモニタリングおよび内部監査室による業務監
         査を行い、適切性の確保に努める体制としております。また、運用管理委員会において当ファ
         ンドの資産運用状況等を総合的に分析、検討し適切な施策を決定するとともに、運用部門の運
         用成果、運用プロセス等のリスク管理を行います。また、必要なときは、投資政策委員会、運
         用担当者に是正、改善指示を行い、その結果を検証します。
         なお、委託会社では、信託財産の適正な運用および受益者と利益相反となる取引の防止を目的
         として、社内規程(投資信託業務に係る方法書、投資信託財産運用に係る業務運営規程、投資
         信託財産運用に係る細則等の社内規程、その他業務に関係する社内規程、運用担当者服務規程
         等)を設けております。
         関係法人に関する管理体制

         受託会社:業務の遂行能力、コスト等を勘案して受託会社の選定を行います。また、投資信託
               に係る受託会社の内部統制報告書を定期的に入手し、説明・報告を受けます。投資
               信託財産の日々の指図の実行、定期的な資産残高照合等を通じ業務が適正に遂行さ
               れているかの確認を行います。
        (注)運用体制は2021年11月末日現在のものであり、今後、変更となる場合があります。

     (4)【分配方針】

       年4回(原則として毎年2月20日、5月20日、8月20日、11月20日。ただし、休業日の場合は翌
       営業日。)決算を行い、原則として以下の方針に基づき収益分配を行います。
       ①  分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子、配当等収益と売買益(評価損益を含
         みます。)等の全額とします。
       ②  委託会社が毎決算時に、基準価額水準、市況動向、残存信託期間等を勘案して、分配金額を決
         定します。ただし、必ず分配を行うものではなく、分配対象額が少額な場合等には分配を行わ
         ないことがあります。初回決算日は2022年5月20日になります。
       ③  留保益の運用については、運用の基本方針に基づいて運用を行います。
                                16/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【投資制限】

       <信託約款による投資制限>
       ①  株式への投資割合には制限を設けません。
       ②  新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とし
         ます。
       ③  投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の
         5%以下とします。
       ④  外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       ⑤  同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の25%以下とします。
       ⑥  同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の
         10%以下とします。
       ⑦  同一銘柄の転換社債、ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が
         当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存
         在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの、および会社法施行前の旧商法第341条ノ3
         第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産
         総額の10%以下とします。
       ⑧  有価証券先物取引等は、約款第23条の範囲内で行います。
       ⑨  スワップ取引は、約款第24条の範囲内で行います。
       ⑩  金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引は、約款第25条の範囲内で行います。
       ⑪  デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合理的
         な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       ⑫  一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対するエクスポージャーの信託財産の純資産
         総額に対する比率は、原則として35%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場
         合には、同規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
       ⑬  資金の借入れ
         イ.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴
            う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借り入れた資金の返済を
            含みます。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的
            として、資金の借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができ
            ます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
         ロ.一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日か
            ら信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金
            支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者
            への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間
            が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解
            約代金および償還金の合計額を限度とします。
         ハ.収益分配金の再投資にかかる借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からそ
            の翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         ニ.借入金の利息は受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
       <法令等による投資制限>

       ①  同一法人の発行する株式(投資信託及び投資法人に関する法律および同法施行規則)
         委託会社は、同一法人の発行する株式について、その委託会社が運用の指図を行うすべての委
         託者指図型投資信託につき、信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式
         に係る議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合において、当該株式
         を信託財産をもって取得することを受託会社に指図しないものとします。
       ②  デリバティブ取引に係る投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令)
                                17/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に
         係る変動、その他の理由により発生し得る危険に対応する額として、あらかじめ委託会社が定
         めた合理的な方法により算出した額が、当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合にお
         い て、デリバティブ取引(新株予約権証券、またはオプションを表示する証券、もしくは証書
         に係る取引および選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続することを受託会社に
         指図しないものとします。
                                18/82


















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【投資リスク】

     (1)基準価額の変動要因
       当ファンドは、主として日本を含む世界の金融商品取引所に上場しているBEV(電気自動車)
       関連企業の株式、預託証券、優先株式ならびに株価に連動する効果を有する有価証券等に投資し
       ます(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動します。したがっ
       て、元金が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被ることがあります。
       当ファンドに生じた利益および損失は、すべて投資家の皆様に帰属することになります。投資信
       託は預貯金と異なります。
       当ファンドの基準価額は、主に以下のリスク要因により、変動することが想定されます。ただ
       し、基準価額の変動要因は、以下に限定されるものではありません。
       ①  株式(以下、「預託証券」等を含みます。)の価格変動リスク

         当ファンドは、主に日本を含む世界の株式に投資しますので、当ファンドの基準価額は、株式
         の価格変動の影響を受けます。株式の価格は政治経済情勢、発行企業の業績、市場の需給を反
         映して変動し、短期的または長期的に大きく下落することがあります。このような場合には、
         当ファンドの基準価額が影響を受け損失を被ることがあります。
       ②  為替変動リスク

         当ファンドは、主に外貨建ての株式に投資します(ただし、これに限定されるものではありま
         せん)。投資している通貨が円に対して強く(円安に)なればファンドの基準価額の上昇要因
         となり、弱く(円高に)なればファンドの基準価額の下落要因となります。したがって、投資
         している通貨が対円で下落した場合には、当ファンドの基準価額が影響を受け損失を被ること
         があります。
       ③  カントリーリスク

         当ファンドは、日本を含む世界のBEV(電気自動車)関連企業の株式等を主要投資対象とし
         ます。
         海外の株式に投資する場合には、投資する有価証券の発行者に起因するリスクのほか、投資対
         象国の政治経済情勢、通貨規制、資本規制等の要因により、当ファンドの基準価額が影響を受
         け損失を被ることがあります。
       ④  信用リスク

         株式を発行する企業が、経営不安・倒産等に陥った場合、投資した資金が回収できなくなるこ
         とがあります。また、こうした状況に陥ると予想された場合、当該企業の株式等の価格は下落
         し、当ファンドの基準価額が下がる要因となる可能性があります。
       ⑤  流動性リスク

         急激かつ多量の売買により市場が大きな影響を受けた場合、または市場を取り巻く外部環境に
         急激な変化があり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、機動的に株式を売買で
         きないことがあります。このような場合には、効率的な運用が妨げられ、当該株式の価格の下
         落により、当ファンドの基準価額が影響を受け損失を被ることがあります。
       ⑥  解約によるファンドの資金流出に伴う基準価額変動リスク

         解約によるファンドの資金流出に伴い、保有有価証券等を大量に売却しなければならないこと
         があります。その際には、市況動向や市場の流動性等の状況によって、保有有価証券を市場実
         勢と乖離した価格で売却せざるをえないこともあり、基準価額が大きく下落することがありま
         す。
                                19/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ⑦  資金移動に係るリスク
         当ファンドの投資対象国の当局が資金移動の規制政策等を導入した場合、一部解約、償還等の
         支払資金の国内への回金が滞ることがあります。
       ⑧  予測不可能な事態が起きた場合等について

         その他予測不可能な事態(天変地異、クーデター等)が起きた場合等、市場が混乱することが
         あり、一時的に当ファンドの受益権が換金できないこともあります。また、これらの事情や有
         価証券の売買にかかる代金の受渡しに関する障害が起きた場合等には、当ファンドの受益権の
         換金代金の支払いが遅延することや、一時的に当ファンドの運用方針に基づいた運用ができな
         くなるリスクがあります。
     (2)買付、換金が制限される場合

       通常と異なる状況において、お買付、ご換金に制限を設けることがあります。
       ①  取引所等における取引の停止、決済機能の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事
         情があるときは、お買付の申込みの受付を中止することができるほか、すでに受付けたものを
         取り消すことができます。
       ②  取引所等における取引の停止、決済機能の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事
         情があるときは、ご換金の申込みの受付を中止することがあります。ご換金の申込みの受付が
         中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日のご換金の申込みを撤回できま
         す。ただし、受益者がそのご換金の申込みを撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後
         の最初の基準価額の計算日にご換金の申込みを受付けたものとして取り扱います。
      その他の留意点

       当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
       フ)の適用はありません。
       流動性リスクに関する事項
       当ファンドが保有する資産の市場環境等の状況により、保有有価証券の流動性が低下し、投資者
       からの換金請求に制約がかかる等のリスク(流動性リスク)があります。これにより、基準価額
       にマイナスの影響を及ぼす可能性や、換金の申込みの受付けが中止となる可能性、換金代金のお
       支払が遅延する可能性があります。当ファンドにおいて流動性リスクが顕在化すると考えられる
       状況は以下の通りです。
       ・経済全体または個別企業の業績の影響により、株価変動が大きくなるまたは取引量が著しく少
        なくなる等、市場環境が急変した場合
       ・大量の解約が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合
       当ファンドは、受益権口数が3億口を下回ることとなった場合等には、信託期間中であっても償
       還されることがあります。
       収益分配は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買
       益)を超えて行う場合があります。したがって、収益分配金の水準は必ずしも計算期間における
       ファンドの収益率を示唆するものではありません。また、投資者の個別元本の状況によっては、
       収益分配金の一部または全部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。なお、
       収益分配金はファンドの純資産から支払われますので、分配金の支払いは純資産総額の減少につ
       ながり、基準価額の下落要因となります。計算期間中の運用収益を超えて分配を行った場合、当
       期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
                                20/82




                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)リスク管理体制

       委託会社におけるリスク管理体制は以下の通りです。
       ①  リスク管理体制について
       委託会社では流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクのモニ












       タリングなどを実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証などを行います。運用管理委員会
       は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督します。
       ②  リスク管理担当部署等の概要
        ◆ コンプライアンス・オフィサー
         ・ 関係する法令諸規則の遵守状況・運用業務等の適正な執行の管理を行います。
         ・ 違反等の是正・改善および未然防止のための助言、チェック、取締役会への報告を行いま
           す。
         ・ 資産運用は、運用部、管理部による内部管理のほか、コンプライアンス・オフィサーが投
           資信託約款の遵守等、運用部、管理部から独立した立場で以下の項目をチェックします。
           ・ 関係する法令諸規則、投資信託約款の遵守状況のモニタリング
           ・ 取引の妥当性のチェック、検証
           ・ 利益相反取引のチェック、検証
        ◆ 内部監査室
         ・ 内部監査室は、内部監査の立案、実施等を行い、委託会社における内部管理体制、リスク
           管理体制の適切性、有効性の検証を行います。
                                21/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (注)投資リスクに対する管理体制は2021年11月末日現在のものであり、今後、変更となる場合
           があります。
                                22/82




















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】
       申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間は1口当たり1円)に
       3.30%(税抜3.00%)を上限として販売会社がそれぞれ定める手数料率を乗じて得た額としま
       す。申込手数料の詳細については、販売会社または委託会社の後記照会先にお問合せ下さい。
       ・購入時手数料:販売会社によるファンドの募集・販売の取扱いの事務等の対価
        (注)販売会社によっては、償還乗換え優遇措置等の適用が受けられる場合があります。
            詳しくは、販売会社にお問合せ下さい。
       「分配金受取りコース」を選択した受益者は、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額
       ×取得申込の口数)に申込手数料を加算した金額を申込代金として申込みの販売会社に支払うも
       のとします。
       「分配金再投資コース」を選択した受益者は、申込代金を申込みの販売会社に支払うものとしま
       す(申込手数料は申込代金から差し引かれます。)。
       「分配金再投資コース」を選択した受益者が収益分配金を再投資する場合の申込手数料は、無手
       数料とします。
     (2)【換金(解約)手数料】

       換金(解約)に係る手数料は、徴収しません。
                                                       ※
       ただし、換金(解約)時に、ご換金申込受付日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額                                                 (当
       該基準価額に0.3%の率を乗じて得た額)が差し引かれます。
        ※「信託財産留保額」とは、引続き受益権を保有する受益者と解約者との公平性の確保を図る
          ため、クローズド期間の有無に関係なく、信託期間満了前の解約に対し解約者から徴収する
          一定の金額(当ファンドでは換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%の率を乗じて得
          た額)をいい、信託財産に繰り入れられます。
     (3)【信託報酬等】

       ①  運用管理費用の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年1.4267%(税抜
         1.2970%)の率を乗じて得た額とします。
         ・信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
          信託報酬の配分は、次の通りとなります。
            委託会社         年率0.4950%(税抜0.450%)                  資金の運用指図等の対価

                                       購入後の情報提供等の対価、運用報

            販売会社         年率0.8800%(税抜0.800%)                  告書等各種書類の送付、口座内での
                                       ファンドの管理
                                       運用財産の保管及び管理、委託会社
            受託会社         年率0.0517%(税抜0.047%)
                                       からの指図の実行等の対価
       ②  上記①の信託報酬額は毎日計上され、毎計算期末または信託終了のとき信託財産中から支払う

         ものとします。
       ③  委託会社および販売会社に対する信託報酬は、ファンドから委託会社に対して支払われます。
         信託報酬の販売会社への配分は、販売会社が行うファンドの募集の取扱い等に関する業務に対
         する代行手数料であり、ファンドから委託会社に支払われた後、委託会社より販売会社に対し
         て支払われます。受託会社に対する信託報酬は、ファンドから受託会社に対して支払われま
         す。
                                23/82



                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【その他の手数料等】

       ①  信託財産において資金借入れを行った場合、当該借入金の利息は受益者の負担とし、信託財産
         中から支弁します。
       ②  投資信託財産に関する租税、受託会社の立替えた立替金の利息および借入金の利息は、受益者
         の負担とし、信託財産中から支弁します。
       ③  投資信託財産に関する法定開示のための監査費用は、受益者の負担とし、当該費用に係る消費
         税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)に相当する額とともに投資信託財産中
         から支弁します。
       ④  前記①、②、③の諸経費の他、以下に定める費用は受益者の負担とし、当該費用に係る消費税
         等に相当する額とともに投資信託財産中から支弁します。
         1.法律顧問に対する報酬および費用
         2.法定目論見書の作成、印刷および交付に係る費用
         3.有価証券届出書、有価証券報告書および臨時報告書の作成および提出に係る費用
         4.投資信託約款及び運用報告書の作成、印刷および交付に係る費用
         5.公告および投資信託約款の変更および解約に関する書面の作成、印刷および交付に係る費
          用
         6.組入有価証券等の取引に伴う手数料および租税
         7.投資信託振替制度に係る手数料および費用
         8.証券投資信託管理事務委託手数料
         9.投資信託財産に属する資産のデフォルト等の発生に伴う諸費用(債権回収に要する弁護士
           費用等を含む。)
         10.その他、投資信託設定に伴う諸費用
          ・監査費用:ファンド監査にかかる費用
          ・売買委託手数料:有価証券等の売買の際に支払う手数料
          ・保管費用:資産を海外で保管する場合の費用
       ⑤  委託会社は前記①、②、③、④に定める費用の支払を投資信託財産のために行い、支払金額の
         支弁を投資信託財産から受けることができます。委託会社はこれらの費用の合計額をあらかじ
         め合理的に見積もった上で、実際の費用額にかかわらず、固定率または固定金額で投資信託財
         産から支弁を受けることができるものとします。但し、この固定率または固定金額は、投資信
         託財産の規模等を考慮して、期中に変更することができます。係る費用の額は、ファンドの計
         算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に応じて計上し、毎計算期末または信託終了
         のときに、当該費用に係る消費税等に相当する額とともに投資信託財産中から支弁し、委託会
         社に支払います。
       ⑥  信託財産で有価証券の売買を行う際に発生する売買委託手数料、当該売買委託手数料に係る消
         費税等に相当する金額、信託財産に属する資産を外国で保管する場合の費用は、信託財産中よ
         り支弁します。
       ※「その他の手数料等」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を
         表示することができません。
       ※  手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができませ
         ん。
     (5)【課税上の取扱い】

       課税上は、株式投資信託として取り扱われます。公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制
       度、未成年者少額投資非課税制度の適用対象です。
       ①  個人、法人別の課税の取扱いについて

       (注)所得税については、2013年1月1日から2037年12月31日までの間、別途、所得税の額に対
           し、2.1%の金額が復興特別所得税として徴収されます。
                                24/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       1.個人受益者の場合

         イ.収益分配金に対する課税
          ・ 収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金は配当所得として、20%(所得税15%およ
             び地方税5%)の税率による源泉徴収が行われます(原則として、確定申告は不要で
             す。なお、確定申告により、総合課税または申告分離課税のいずれかを選択することも
             可能です。)。
         ロ.解約時および償還金に対する課税
          ・ 解約時および償還時の差益(譲渡益)は譲渡所得として、20%(所得税15%および地方
             税5%)の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要です。なお、「源泉
             徴収あり」の特定口座については、源泉徴収が行われます。
          ※ 解約時および償還時の差損(譲渡損)については、確定申告により、上場株式等の譲渡
             益および上場株式等の配当等(申告分離課税を選択したものに限ります。)と損益通算
             が可能です。また、解約時および償還時の差益(譲渡益)については、上場株式等の譲
             渡損と損益通算が可能です。
             また、特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)の利子所得および譲渡所得等
             との損益通算も可能です。
          ※ 少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」、未成年者少額投資非課税制度「愛称:
             ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」をご利用の場合
             NISA及びジュニアNISAは、上場株式、公募株式投資信託等に係る非課税制度です。
             ご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる
             配当所得及び譲渡所得が一定期間非課税となります。
             販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳
             しくは、販売会社にお問い合わせください。
          ※ 買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせ下さい。
       2.法人受益者の場合

         イ.収益分配金、解約金、償還金に対する課税
          ・ 収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の差益(譲渡
             益)については、15%(所得税のみ)の税率による源泉徴収が行われます。
          ・ 源泉徴収された税金は、所有期間に応じて法人税から控除される場合があります。
         ロ.益金不算入制度の適用
             益金不算入制度は適用されません。
       ②  個別元本

         イ.各受益者の買付時の基準価額(申込手数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金
            額は含まれません。)が個別元本となります。
         ロ.受益者が同一ファンドを複数回お申し込みの場合、1口当たりの個別元本は、申込口数で
            加重平均した値となります。ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申し込み
            の場合などにより把握方式が異なる場合がありますので、販売会社にお問い合わせ下さ
            い。
       ③  普通分配金と元本払戻金(特別分配金)

         イ.収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分
            配金)」(元本の一部払い戻しに相当する部分)の区分があります。
         ロ.受益者が収益分配金を受け取る際
          ・ 収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っ
             ている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
                                25/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ・ 収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本を下回っている場合に
             は、収益分配金の範囲内でその下回っている部分との額が元本払戻金(特別分配金)とな
             り、収益分配金から元本払戻金(特別分配金)を控除した金額が普通分配金となります。
          ・ 収益分配金発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その
             後の受益者の個別元本となります。
       ④  外国税額控除

         外貨建資産への投資により外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異な
         る場合があります。
    <分配金に関するイメージ図>

         収益分配金落ち後の基準価額が受益者の個別元本と同額か上回る場合

         収益分配金落ち後の基準価額が受益者の個別元本を下回る場合





         ※ 税法が改正された場合などには、上記の内容が変更になる場合があります。






       照会先:カレラアセットマネジメント株式会社

          ・ホームページアドレス:https://www.carrera-am.co.jp/
          ・電話03-6691-2017(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
                                26/82



                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】

     当ファンドは、令和4年2月25日から運用を開始する予定であり、本書作成日現在、下記の各項目に
     記載すべき事項はありません。
    (1)【投資状況】

     該当事項はありません。
    (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】
        該当事項はありません。
     ②【投資不動産物件】
        該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】
        該当事項はありません。
    (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】
        該当事項はありません。
     ②【分配の推移】
        該当事項はありません。
     ③【収益率の推移】
        該当事項はありません。
    (4)【設定及び解約の実績】

         該当事項はありません。
                                27/82










                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)

    当ファンドは、令和4年2月25日から運用を開始する予定であり、本書作成日現在、下記の各項目に記
    載すべき事項はありません。
    基準価額・純資産の推移

    該当事項はありません。
    分配の推移

    該当事項はありません。
    主要な資産の状況

    該当事項はありません。
    年間収益率の推移

    該当事項はありません。
    当ファンドにはベンチマークはありません。
    (注)当ファンドの運用状況は、委託会社または販売会社のホームページ等で開示する予定です。

                                28/82













                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

     1【申込(販売)手続等】
       当ファンドの受益権の取得申込者は、販売会社において取引口座を開設のうえ、取得の申込みを
       行うものとします。
       当ファンドには、収益分配金から税金を差引いた後、無手数料で自動的に再投資する「分配金再
       投資コース」と、収益の分配が行われるごとに収益分配金を受益者に支払う「分配金受取りコー
       ス」があります。
       「分配金再投資コース」を利用する場合、取得申込者は、販売会社と別に定める累積投資約款に
       したがい累積投資契約を締結します。
       販売会社は、受益権の取得申込者に対し、最低単位を1円単位または1口単位として販売会社が
       定める単位をもって、取得の申込みに応じることができます。
       お買付価額(1口当たり)は、お買付申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間は1口当
       たり1円)です。
       お買付時の申込手数料については、販売会社が別に定めるものとします。申込手数料には、消費
       税等に相当する金額が課されます。なお、「分配金再投資コース」の収益分配金の再投資の際に
       は、申込手数料はかかりません。
       販売会社の各営業日の午後3時までに受付けた取得の申込み(当該申込みに係る販売会社の所定
       の事務手続きが完了したもの)を、当日の受付分として取扱います。この時刻を過ぎて行われる
       申込みは、翌営業日の取扱いとなります。ただし、継続申込期間中は販売会社の営業日であって
       も、ニューヨーク、パリ、フランクフルト、香港の銀行または証券取引所の休業日に該当する日
       には、原則として、お申込みができません。
       取引所等における取引の停止、決済機能の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事情
       があるときは、販売会社は、受益権の取得申込みの受付を中止することができるほか、すでに受
       け付けた取得申込みを取消すことができるものとします。
       取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設された当
       ファンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申
       込者に係る口数の増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代
       金の支払いと引換えに、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うこ
       とができます。委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座
       簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとし
       ます。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、
       その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会社は、信託契約締結日に生
       じた受益権については信託契約締結時に、追加信託により生じた受益権については追加信託のつ
       ど、振替機関の定める方法により、振替機関にへ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行
       います。
     2【換金(解約)手続等】

       受益者は、保有する受益権について、一部解約の実行を請求すること、または買取りを請求する
       ことにより換金することができます。
       販売会社の各営業日の午後3時までに受付けた換金の申込み(当該申込みに係る販売会社の所定
       の事務手続きが完了したもの)を、当日の受付分として取扱います。この時刻を過ぎて行われる
       申込みは、翌営業日の取扱いとなります。ただし、販売会社の営業日であっても、ニューヨー
       ク、パリ、フランクフルト、香港の銀行または証券取引所の休業日に該当する日には、原則とし
       て、お申込みができません。
       なお、信託財産の資金管理を円滑に行うために大口の解約請求には制限があります。
       ①  一部解約

         受益者は、自己に帰属する受益権につき、最低単位を1口単位として販売会社が定める単位を
         もって、委託会社に一部解約の実行を請求することができます。
                                29/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うもの
         とします。
         解約価額は、一部解約の実行の請求受付日の翌営業日の基準価額から当該基準価額に0.3%の
         率を乗じて得た額を信託財産留保額として控除した価額とします。
         解約価額は、原則として、委託会社の各営業日に計算されます。
         基準価額は、販売会社または委託会社に問合わせることにより知ることができるほか、原則と
         して日本経済新聞(朝刊)の「オープン基準価格」欄に、前日付の基準価額が掲載されます。
         (略称:カレラBEV)また、委託会社のホームページでもご覧になれます。
           照会先:カレラアセットマネジメント株式会社

               ・ホームページアドレス https://www.carrera-am.co.jp/
               ・電話番号 03-6691-2017(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
         1口当たりの手取り額は、個人の場合は解約価額から所得税および地方税を、法人の場合は所

         得税のみを差し引いた金額となります。
         ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
         委託会社は、取引所等における取引の停止、決済機能の停止、外国為替取引の停止、その他や

         むを得ない事情があるときは、一部解約の実行の請求の受付を中止することができます。この
         場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一部解約の実行の請求を撤回できます。
         ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合には、当該振替受益権の解約価
         額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付け
         たものとして、当該計算日の翌営業日の基準価額から当該基準価額に0.3%の率を乗じて得た
         額を信託財産留保額として控除した価額とします。
         一部解約金は、販売会社の営業所等において、原則として一部解約の実行の請求受付日から起
         算して6営業日目から受益者に支払います。
         受託会社は、一部解約金について、受益者への支払開始日までに、その全額を委託会社の指定
         する預金口座等に払込みます。受託会社は、委託会社の指定する預金口座等に一部解約金を払
         込んだ後は、受益者に対する支払いにつき、その責に任じません。
         一部解約の実行の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受
         益者の請求に係る信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る
         受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関の
         口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
       ②  買取り
         受益者が買取請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うものとします。
         販売会社は、受益者の請求があるときは、最低単位を1口単位として販売会社が定める単位を
         もって、その振替受益権を買取ります。ただし、販売会社によっては、買取請求の受付けを行
         わない場合があります。お買付けの販売会社にご確認ください。
         なお、振替受益権の買取価額は、買取りの申込みを受付けた日の翌営業日の基準価額から、当
         該買取りに関して課税対象者に係る源泉徴収額に相当する金額を控除した額とします(当該課
         税対象者に係る源泉徴収は、免除されることがあります。)。
         受益者は、買取価額を、販売会社に問合わせることにより知ることができます。
         販売会社は、取引所等における取引の停止、決済機能の停止、外国為替取引の停止、その他や
         むを得ない事情があるときは、委託会社との協議に基づいて、振替受益権の買取りを中止する
         ことができます。振替受益権の買取りが中止された場合には、受益者は買取中止以前に行った
         当日の買取請求を撤回することができます。ただし、受益者がその買取請求を撤回しない場合
         には、当該振替受益権の買取価額は、買取中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に買取
         りの申込みを受付けたものとして、上記に準じて計算された価額とします。
                                30/82



                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】
       ①  基準価額の計算方法等
         基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入れ有価証券を除き
         ます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価評価して得た信託財産の資
         産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)を計算日における受
         益権総口数で除した金額をいいます。
         受益権1口当たりの純資産額が基準価額です。ただし、便宜上1万口当たりに換算した価額で
         表示されることがあります。
         基準価額は、原則として委託会社の営業日に日々算出されます。
         基準価額については、販売会社または委託会社の後記照会先にお問い合わせ下さい。
         原則として、日本経済新聞(朝刊)の「オープン基準価格」欄に、前日付の基準価額が掲載さ
         れます。(略称:カレラBEV)また、後記照会先のホームページでもご覧になれます。
       ②  主な運用対象資産の評価基準および評価方法
         イ.株式
           原則として、基準価額計算日における証券取引所の終値(外国で取引されているものにつ
           いては、原則として、基準価額計算日の前日の終値)で評価します。
         ロ.外貨建資産
           原則として、基準価額計算日の対顧客電信売買相場の仲値で円換算を行います。
     (2)【保管】

       当ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定ま
       るため、受益証券の保管に関する該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

       信託契約締結日から2032年2月20日までとします。
       ただし、信託期間中において、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める
       とき、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が3億口を下回ることとなったとき、
       その他やむを得ない事情が発生したときは、委託会社は受託会社と合意のうえ、この信託契約を
       解約し、信託を終了させることができます。
       委託会社は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託会
       社と協議の上、信託期間を延長することができます。
     (4)【計算期間】

       ①  この信託の計算期間は、毎年2月21日から5月20日まで、5月21日から8月20日まで、8月21
         日から11月20日まで、11月21日から翌年2月20日までとすることを原則とします。ただし、第
         1計算期間は2022年2月25日から2022年5月20日までとします。
       ②  上記①の規定にかかわらず、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)
         が休業日の場合には、各計算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間
         が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終了日は、2032年2月20日とします。
     (5)【その他】

       ①  信託の終了
         イ.委託会社は、信託期間中において、この信託契約を解約することが受益者のため有利であ
           ると認めるとき、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が3億口を下回るこ
           ととなったとき、その他やむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、こ
           の信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社
           は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
                                31/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ロ.委託会社は、上記イ.にしたがい信託を終了させるには、書面による決議(以下「書面決
           議」といいます。)を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに
           信託契約の解約の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約
           に かかる知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知
           を発します。
         ハ.上記ロ.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の
           受益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。)は受益
           権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受
           益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するも
           のとみなします。
         ニ.上記ロ.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあ
           たる多数をもって行います。
         ホ.上記ロ.からニ.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合にお
           いて、当該提案につき、この信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録に
           より同意の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状況に照らし、真に
           やむを得ない事情が生じている場合であって、上記ロ.からニ.までの手続を行うことが
           困難な場合も同様とします。
       ②  信託約款の変更等
         イ.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したと
           きは、受託会社と合意の上、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との
           併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信
           託の併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更ま
           たは併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。なお、この信託約款は
           本②のイ.からト.に定める以外の方法によって変更することができないものとします。
         ロ.委託会社は、上記イ.の事項(上記イ.の変更事項にあっては、その内容が重大なものに
           該当する場合に限り、前項の併合にあっては、投資信託及び投資法人に関する法律施行規
           則第29条の2に規定する「軽微な併合」を除きます。以下、併合と合わせて「重大な約款
           の変更等」といいます。)について、書面決議を行います。この場合において、あらかじ
           め、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、
           当該決議の日の2週間前までに、この信託約款にかかる知れている受益者に対し、書面を
           もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         ハ.上記ロ.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の
           受益権が帰属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。)は、
           受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れてい
           る受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成す
           るものとみなします。
         ニ.上記ロ.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあ
           たる多数をもって行います。
         ホ.書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
         ヘ.上記ロ.からホ.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合
           において、当該提案につき、この信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記
           録により同意の意思表示をしたときには適用しません。
         ト.上記イ.からヘ.の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決され
           た場合にあっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書
           面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
       ③  関係法人との契約の更改等
       <投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約書>
         当初の契約の有効期間は、1年間とします。ただし、期間満了3ヵ月前までに、委託会社およ
         び販売会社いずれからも、何らかの意思表示がないときは、自動的に1年間更新されるものと
         し、自動延長後の取扱いについてもこれと同様とします。また、委託会社または販売会社は、
                                32/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         他方に対して書面による通知を3ヵ月前になすことにより当該契約を解除することができま
         す。
       ④  運用報告書
         イ.委託会社は、6ヵ月ごと(毎年2月および8月の決算日を基準とします。)および信託終
           了時に、運用経過、信託財産の内容、有価証券の売買状況および費用明細などのうち重要
           な事項を記載した交付運用報告書を作成し、知れている受益者に対して販売会社を通じて
           交付します。また、電子交付を選択された場合には、所定の方法により交付します。
         ロ.委託会社は、運用報告書(全体版)を作成し、後記照会先のアドレスに掲載します。
         ハ.上記ロ.の規定にかかわらず、受益者から運用報告書の交付の請求があった場合には、こ
           れを交付するものとします。
       ⑤  信託契約に関する監督官庁の命令
         イ.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従い、
           信託契約を解約し信託を終了させます。
         ロ.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、上記②
           の規定にしたがいます。
       ⑥  委託会社の登録取消等に伴う取扱い
         イ.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したと
           きは、委託会社は、この信託契約を解約し信託を終了させます。
         ロ.上記イ.の規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投
           資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、上記②ロ.の書面決議で否
           決された場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
       ⑦  委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         イ.委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、信託契約に関す
           る事業を譲渡することがあります。
         ロ.委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、信
           託契約に関する事業を承継させることがあります。
       ⑧  受託会社の辞任および解任に伴う取扱い
         イ.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がそ
           の任務に違反して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委
           託会社または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申し立てることができます。受託会社
           が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、上記②の規定に
           したがい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、本イ.によって行う場合を除き、
           受託会社を解任することはできないものとします。
         ロ.委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を
           終了させます。
       ⑨  公告
         イ.委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告により行い、後記照会先のアドレスに掲
           載します。
         ロ.イ.の電子公告による公告をすることができない事故その他のやむを得ない事由が生じた
           場合の公告は、日本経済新聞に掲載します。
       ⑩  信託約款に関する疑義の取扱い
         この信託約款の解釈について疑義を生じたときは、委託会社と受託会社との協議により定めま
         す。
       ⑪  再信託
         受託会社は、当ファンドに係る信託事務の処理の一部について日本マスタートラスト信託銀行
         株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託に係
         る契約書類に基づいて所定の事務を行います。
     4【受益者の権利等】

       ①  収益分配金に対する請求権
                                33/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         受益者は、委託会社が支払を決定した収益分配金を自己に帰属する受益権の口数に応じて請求
         する権利を有します。収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記
         録されている受益者(当該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に
         係 る受益者を除きます。また、当該収益分配金に係る計算期間の末日以前に設定された受益権
         で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
         則として取得申込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日目からお支払い
         します。「分配金再投資コース」をお申込の場合は、収益分配金は税引き後、無手数料で再投
         資されますが、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。受益
         者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
         い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
       ②  償還金に対する請求権
         受益者は、ファンドの償還金を自己に帰属する受益権の口数に応じて請求する権利を有しま
         す。償還金は、原則として信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還
         日(償還日が休業日の場合は当該償還日の翌営業日))から起算して、5営業日目までに、償
         還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前におい
         て一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受
         益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権について
         は原則として取得申込者とします。)に支払いを開始します。
         なお、当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社がこの信託の償
         還をするのと引換えに、当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、
         社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行
         われます。償還金の支払は、販売会社の営業所等において行います。
         受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないとき
         は、その権利を失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属するもの
         とします。
       ③  受益権の一部解約請求権
         受益者は、自己に帰属する受益権について、販売会社を通じて、一部解約を委託会社に請求す
         る権利を有します。一部解約金は、原則として一部解約の実行の請求を受付けた日から起算し
         て6営業日目から受益者に支払われます。
       ④  反対受益者の受益権買取請求の不適用
         受益者が上記③の規定による一部解約の実行の請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一
         部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約
         金として支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、「3                                         資産管理等の概
         要(5)その他         ①  信託の終了」に規定する信託契約の解約または「3                            資産管理等の概要
         (5)その他        ②  信託約款の変更等」に規定する重大な約款の変更等を行う場合において、投
         資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権の買取請求の
         規定の適用を受けません。
       ⑤  帳簿閲覧権
         受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧
         または謄写を請求することができます。
       照会先:カレラアセットマネジメント株式会社

          ・ホームページアドレス:https://www.carrera-am.co.jp/
          ・電話03-6691-2017(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
                                34/82




                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
       当ファンドは、2022年2月25日から運用を開始する予定であり、本書作成日現在、下記の各項目
       に記載すべき事項はありません。
     1【財務諸表】

     (1)【貸借対照表】
         該当事項はありません。
     (2)【損益及び剰余金計算書】

         該当事項はありません。
     (3)【注記表】

         該当事項はありません。
     (4)【附属明細表】

         該当事項はありません。
     2【ファンドの現況】

        【純資産額計算書】

         該当事項はありません。
                                35/82













                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
     1.名義書換

         該当事項はありません。
     2.受益者名簿について

         作成しません。
     3.受益者集会

         受益者集会は開催しません。したがってその議決権は存在しません。
     4.受益者に対する特典

         該当事項はありません。
     5.内国投資信託受益権の譲渡制限の内容

        受益権の譲渡制限は設けておりません。ただし、受益権の譲渡の手続きおよび受益権の譲渡の対
        抗要件は、以下によるものとします。
       ①  受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
         記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ②  上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益
         権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に
         記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したもの
         でない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位
         機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の
         記載または記録が行われるよう通知するものとします。
       ③  上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
         されている振替口座簿に係る振替機関と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場
         合等において、委託会社が必要と認めたとき、またはやむを得ない事情があると判断したとき
         は、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
       ④  受益権の譲渡の対抗要件
         受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に
         対抗することができません。
     6.受益権の再分割

        委託会社は、受益権の再分割を行いません。ただし、社振法に定めるところに従い、受託会社と
        協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
     7.償還金

        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
        以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設
        定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権
        については原則として取得申込者とします。)に支払います。
     8.質権口記載または記録の受益権の取扱いについて

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払
        い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、信託約款
        の規定によるほか、民法その他の法令等に従って取り扱われます。
                                36/82






                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

     (1)資本金等(2021年11月末日現在)
        ①  資本金の額
          1億6,240万円
        ②  会社が発行する株式総数(発行可能株式総数)
          1,000株
        ③  発行済株式総数
          790株(普通株式)
        ④  過去5年間における資本金の増減
          該当事項はありません。
     (2)委託会社の機構

        ①  会社の組織図
    (注)上記組織は、2021年11月末日現在のものであり、今後、変更となる可能性があります。








                                37/82






                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ②  会社の意思決定機構

          委託会社の取締役は3名以上、監査役は1名以上とし、株主総会で選任されます。取締役及
          び監査役の選任は議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
          が出席し、その議決権の過半数をもって行い、累積投票によりません。取締役の任期は、選
          任後1年以内、監査役の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度うち最終のものに関す
          る定時株主総会の終結の時までとし、任期満了前に退任した取締役または監査役の補欠とし
          て選任された取締役または監査役の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とします。委託
          会社の業務の重要な事項は、取締役会の決議により決定します。取締役会は、その決議に
          よって代表取締役を選定し、必要に応じて専務取締役、常務取締役長各若干名を選定するこ
          とができます。代表取締役社長は、当会社を代表し、会社の業務を統括します。
        ③  投資信託の運用の流れ

      (注)上記組織は、2021年11月末日現在のものであり、今後、変更となる可能性があります。








     2【事業の内容及び営業の概況】

        委託会社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社で、証券投資信
        託の設定を行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者(投資運用業)で、投
        資信託委託業務(投資信託の運用、管理)を行っております。
       2021年11月末日現在、委託会社の運用する証券投資信託は、以下の通りです。

                   種類                   本数          純資産総額
         公募       追加型        株式投資信託              28本         55,266百万円
         合計                             28本         55,266百万円
       (親投資信託を除く)
                                38/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
    (1)当社の財務諸表は、改正後の「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵

        省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取
        引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
    (2)当社の中間財務諸表は、改正後の「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和

        52年大蔵省令第38号。以下「中間財務諸表等規則」という。)並びに同規則第38条及び第57条の規定
        に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成して
        おります。
    (3)財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。

    (4)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第10期事業年度(令和2年4月1日から

        令和3年3月31日まで)の財務諸表について、UHY東京監査法人により監査を受けております。
       また、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第11期事業年度の中間会計期間(令和3年
        4月1日から令和3年9月30日まで)の中間財務諸表について、UHY東京監査法人により中間監査
        を受けております。
                                39/82












                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表等

    1 財務諸表
    (1)【貸借対照表】
                              第9期               第10期

                          (令和2年3月31日現在)               (令和3年3月31日現在)
                     注記
           区分                  金額(千円)               金額(千円)
                     番号
         (資産の部)
     Ⅰ 流動資産
      1 現金及び預金                             634,461               594,409
      2 立替金                              4,565               1,911
      3 前払費用                              1,464               1,453
      4 未収委託者報酬                              76,795               87,040
      5 未収入金                              24,680               25,911
      6 未収投資助言報酬                               140               185
                                      -              2,394
      7 未収還付法人税等
        流動資産合計                           742,105               713,306
     Ⅱ 固定資産                ※1
      1 有形固定資産                              4,345               4,846
      (1)器具備品                       4,345               4,846
      2 無形固定資産                              1,815               2,054
      (1)ソフトウェア                       1,815               2,054
      3 投資その他の資産                              3,431               2,600
      (1)繰延税金資産                       3,328               2,600
      (2)前払年金費用                        103                -
        固定資産合計                            9,592               9,501
     Ⅲ 繰延資産                ※2
                                      50               -
      1 入会金
        繰延資産合計                              50               -
        資産合計
                                   751,748               722,808
                                40/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              第9期               第10期

                          (令和2年3月31日現在)               (令和3年3月31日現在)
                     注記
           区分                  金額(千円)               金額(千円)
                     番号
         (負債の部)
     Ⅰ 流動負債
      1 未払金                              89,342               93,896
      (1)未払手数料               ※3       44,200               51,174
      (2)その他未払金                      45,142               42,722
      2 未払法人税等                              5,717               1,805
      3 未払消費税等                              2,250               2,131
                                    5,700               4,150
      4 賞与引当金
        流動負債合計                           103,011               101,983
     Ⅱ 固定負債
      1 退職給付引当金                                -               271
        固定負債合計                              -               271
        負債合計                           103,011               102,254
         (純資産の部)
     Ⅰ 株主資本
      1 資本金                             162,400               162,400
      2 資本剰余金                             162,400               162,400
      (1)資本準備金                      162,400               162,400
      3 利益剰余金                             323,937               295,753
      (1)その他利益剰余金
         繰越利益剰余金                  323,937               295,753
        株主資本合計                           648,737               620,553
        純資産合計                           648,737               620,553
        負債及び純資産合計
                                   751,748               722,808
                                41/82










                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】

                               第9期               第10期

                           (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                           至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
                     注記
           区分                  金額(千円)               金額(千円)
                     番号
     Ⅰ 営業収益
      1 委託者報酬                             772,130               635,921
                                    2,452               1,776
      2 投資助言報酬
        営業収益合計                           774,582               637,697
     Ⅱ 営業費用
      1 支払手数料                ※1              496,590               409,389
      2 委託計算費                              33,475               32,401
      3 広告宣伝費                              1,851                454
      4 調査費                              7,559               7,697
      5 営業雑経費                              15,121               10,723
      (1)通信費                       2,190               2,600
      (2)協会費                       1,549               1,436
      (3)印刷費                      11,381                6,686
        営業費用合計                           554,599               460,666
     Ⅲ 一般管理費
      1 給料                             105,242               109,349
      (1)役員報酬                      12,000               12,258
      (2)給料・手当                      73,134               78,584
      (3)賞与                       6,234               4,828
      (4)法定福利費                      13,873               13,677
      2 旅費交通費                              4,485               2,574
      3 不動産賃借料                              7,374               16,236
      4 業務委託費                              3,496               3,186
      5 賞与引当金繰入                              5,700               4,150
      6 退職給付引当金繰入                              2,351               2,610
      7 租税公課                              3,869               3,432
      8 減価償却費                ※2               1,957               1,439
      9 その他一般管理費                              8,973               6,923
        一般管理費合計                           143,450               149,902
        営業利益
                                    76,532               27,128
                                42/82







                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               第9期               第10期

                           (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                           至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
                     注記
           区分                  金額(千円)               金額(千円)
                     番号
     Ⅳ 営業外収益
      1 受取利息                                0               0
      2 雑収入                                21               -
                                     101               578
      3 賞与引当金戻入
        営業外収益合計                             123               578
     Ⅴ 営業外費用
      1 繰延資産償却                ※3                200                50
        営業外費用合計                             200                50
       経常利益                             76,456               27,657
       税引前当期純利益                             76,456               27,657
       法人税、住民税及び事業税                             24,975                9,293
       法人税等調整額                              266               727
       当期純利益
                                    51,214               17,636
                                43/82













                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】

                                  第9期               第10期

                              (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                               至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
               区分                 金額(千円)               金額(千円)
     株主資本
      資本金
       当期首残高                               162,400               162,400
       当事業年度中の変動額
        当事業年度中の変動額合計                                -               -
       当期末残高                               162,400               162,400
      資本剰余金
       資本準備金
        当期首残高                              162,400               162,400
        当事業年度中の変動額
         当事業年度中の変動額合計                               -               -
       当期末残高                               162,400               162,400
      資本剰余金合計
       当期首残高                               162,400               162,400
       当事業年度中の変動額
        当事業年度中の変動額合計                                -               -
       当期末残高                               162,400               162,400
      利益剰余金
       その他利益剰余金
         繰越利益剰余金
          当期首残高                            328,022               323,937
          当事業年度中の変動額
           当期純利益                           51,214               17,636
           剰余金の配当                          △55,300               △45,820
           当事業年度中の変動額合計                           △4,085               △28,183
       当期末残高                               323,937               295,753
                                44/82






                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  第9期               第10期

                              (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                              至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
               区分                 金額(千円)               金額(千円)
      利益剰余金合計
       当期首残高                               328,022               323,937
       当事業年度中の変動額
        当期純利益                              51,214               17,636
        剰余金の配当                             △55,300               △45,820
        当事業年度中の変動額合計                              △4,085               △28,183
       当期末残高                               323,937               295,753
      株主資本合計
       当期首残高                               652,822               648,737
       当事業年度中の変動額
        当期純利益                              51,214               17,636
        剰余金の配当                             △55,300               △45,820
        当事業年度中の変動額合計                              △4,085               △28,183
       当期末残高                               648,737               620,553
      純資産合計
       当期首残高                               652,822               648,737
       当事業年度中の変動額
        当期純利益                              51,214               17,636
        剰余金の配当                             △55,300               △45,820
        当事業年度中の変動額合計                              △4,085               △28,183
       当期末残高                               648,737               620,553
                                45/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針

     1 繰延資産の償却方法                 (1)入会金

                        繰延資産として計上した一般社団法人日本投資顧問業協会への入会
                        金は、資産として繰延べ、5年均等償却しております。
     2 固定資産の減価償却の方法                 (1)有形固定資産(リース資産を除く)
                        定額法を採用しております。
                        なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
                         器具備品  3年~20年
                      (2)無形固定資産(リース資産を除く)
                        定額法を採用しております。
                        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能
                        期間(5年)に基づいております。
     3 引当金の計上基準                 (1)賞与引当金
                        従業員に対して支給する賞与の支給に充てるため、支給見込額に基
                        づき計上しております。
                      (2)退職給付引当金(前払年金費用)
                        従業員の退職給付に備えるため、事業年度末における退職給付債務
                        及び年金資産に基づき、当期末において発生していると認められる
                        額を計上しております。
     4 その他財務諸表作成のための                  消費税等の会計処理
       基本となる重要な事項                 税抜方式によっております。
                                46/82













                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項

    (貸借対照表関係)
                 第9期                             第10期
             (令和2年3月31日現在)                             (令和3年3月31日現在)
     ※1.固定資産の減価償却累計額は次の通りであります。                             ※1.固定資産の減価償却累計額は次の通りであります。
         有形固定資産の減価償却累計額                             有形固定資産の減価償却累計額
          器具備品    4,818千円                             器具備品    5,667千円
         無形固定資産の減価償却累計額                             無形固定資産の減価償却累計額
          ソフトウェア  2,229千円                             ソフトウェア  2,820千円
     ※2.繰延資産の償却累計額は次の通りであります。                             ※2.繰延資産の償却累計額は次の通りであります。

         繰延資産償却累計額  6,506千円                             繰延資産償却累計額  6,556千円
          創立費償却累計額   556千円                             創立費償却累計額   556千円
          入会金償却累計額  5,950千円                             入会金償却累計額  6,000千円
     ※3.関係会社に対する負債は次の通りであります。                             ※3.関係会社に対する負債は次の通りであります。

        (流動負債)                             (流動負債)
         未払手数料  40,693千円                             未払手数料  43,188千円
    (損益計算書関係)

                 第9期                             第10期
             (自 平成31年4月1日                             (自 令和2年4月1日
              至 令和2年3月31日)                             至 令和3年3月31日)
     ※1.関係会社との取引に係るものが次の通り含まれてお                             ※1.関係会社との取引に係るものが次の通り含まれてお
        ります。                             ります。
         支払手数料  491,718千円                             支払手数料  346,572千円
     ※2.減価償却費の内容は次の通りであります。                             ※2.減価償却費の内容は次の通りであります。

         減価償却費額        1,957千円                             減価償却費額        1,439千円
          有形固定資産減価償却費額 1,183千円                             有形固定資産減価償却費額   848千円
          無形固定資産減価償却費額  773千円                             無形固定資産減価償却費額  590千円
     ※3.繰延資産償却の内容は次の通りであります。                             ※3.繰延資産償却の内容は次の通りであります。

         繰延資産償却額  200千円                             繰延資産償却額  50千円
          入会金償却額  200千円                             入会金償却額  50千円
                                47/82








                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (株主資本等変動計算書関係)

      第9期(自 平成31年4月1日 至 令和2年3月31日)
       1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                     前事業年度末           当事業年度         当事業年度          当事業年度末
                      株式数         増加株式数         減少株式数           株式数
           発行済株式
            普通株式           790株           -         -         790株
             合計          790株           -         -         790株
       2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

           該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり配当額
               株式の種類                           基準日         効力発生日
       (決議)               (千円)         (円)
     令和元年6月19日
               普通株式        55,300         70,000       平成31年3月31日          令和元年6月20日
      定時株主総会
       (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                                   1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当の原資       配当額        基準日         効力発生日
       (決議)               (千円)
                                     (円)
     令和2年6月15日
                普通株式       45,820      利益剰余金       58,000     令和2年3月31日          令和2年6月16日
      定時株主総会
                                48/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第10期(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)

       1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                     前事業年度末           当事業年度         当事業年度          当事業年度末
                      株式数         増加株式数         減少株式数           株式数
           発行済株式
            普通株式           790株           -         -         790株
             合計          790株           -         -         790株
       2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

           該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり配当額
               株式の種類                           基準日         効力発生日
       (決議)               (千円)         (円)
     令和2年6月15日
               普通株式        45,820         58,000       令和2年3月31日          令和2年6月16日
      定時株主総会
       (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                                   1株当たり
                     配当金の総額
              株式の種類               配当の原資       配当額        基準日         効力発生日
       (決議)               (千円)
                                     (円)
     令和3年6月16日
               普通株式        13,430      利益剰余金       17,000      令和3年3月31日          令和3年6月17日
      定時株主総会
                                49/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (リース取引関係)

                 第9期(自 平成31年4月1日 至 令和2年3月31日)

        ファイナンス・リース取引の内容は次の通りであります。
         リース取引開始日が、平成20年4月1日以降の所有権移転外ファイナンス・リース取引
          ただし、一契約のリース料総額が300万円以下の取引であるため、従来通り「賃貸借処理」を
          行っております。
         (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末
           残高相当額                         (単位:千円)
                                 減価償却累計額           期末
                      取得価額相当額
                                 相当額           残高相当額
           コピー複合機一式                804           549           254
               合計             804           549           254

         (2)未経過リース料期末残高相当額
             1年内   180千円
             1年超   109千円
              合計   289千円
         (3)支払リース料、減価償却費相当額、支払利息相当額、リース資産除却損及びリース債務解
            約損
             支払リース料    190千円
             減価償却費相当額  160千円
             支払利息相当額              19千円
         (4)減価償却費相当額の算定方法及び利息相当額の算定方法
             減価償却費相当額の算定方法
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
             利息相当額の算定方法
              リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各期への分配
              方法については、利息法によっております。
                                50/82








                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 第10期(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)

        ファイナンス・リース取引の内容は次の通りであります。
         リース取引開始日が、平成20年4月1日以降の所有権移転外ファイナンス・リース取引
          ただし、一契約のリース料総額が300万円以下の取引であるため、従来通り「賃貸借処理」を
          行っております。
         (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末
           残高相当額                         (単位:千円)
                                 減価償却累計額           期末
                      取得価額相当額
                                 相当額           残高相当額
           コピー複合機一式                 804           710           93
               合計             804           710           93

         (2)未経過リース料期末残高相当額
             1年内   109千円
             1年超     0千円
              合計   109千円
         (3)支払リース料、減価償却費相当額、支払利息相当額、リース資産除却損及びリース債務解
            約損
             支払リース料    190千円
             減価償却費相当額  160千円
             支払利息相当額              10千円
         (4)減価償却費相当額の算定方法及び利息相当額の算定方法
             減価償却費相当額の算定方法
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
             利息相当額の算定方法
              リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各期への分配
              方法については、利息法によっております。
                                51/82








                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

      1.金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に関する取組方針
         当社は、経営方針に基づいて資金調達計画を決定いたしますが、当期会計期間においては新規の出
        資による資金調達は行っておりません。また、当期会計期間において銀行借入れによる調達も行って
        おりません。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク
         当社の営業債権は、契約により決定された委託者報酬等の計上に限定されるため、信用リスクに晒
        されることはほとんどないと認識しております。
      (3)金融商品にかかるリスク管理体制
        ① 信用リスク(取引先の契約不履行にかかるリスク)の管理
          当社の営業債権は、契約により金額が決定されるため、滞留債権が発生することはほとんどな
         く、営業債権について信用リスクに晒されることはほとんどないと認識しております。
        ② 市場リスク(為替や金利などの変動リスク)の管理
          当社は、投資信託財産の為替変動リスクの回避又は効率的運用を図るため、外国為替の売買予約
         を行うことができるものとし、その取扱いについては、投資信託約款及び社内規程において定める
         ところによるものといたします。
        ③ 資金調達にかかる流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社は、銀行借入れによる資金調達を行っておらず、親会社からの出資に依存して資金調達を行
         います。資金管理責任者は、常に資金繰りの状況を把握し、資金の調達または運用に関して的確な
         施策を講じるとともに、手元流動性の維持等により流動性リスクを管理しています。
      (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された
        価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条
        件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                52/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.金融商品の時価等に関する事項

        第9期(令和2年3月31日現在)
        令和2年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りです。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
                                              (単位:千円)
                        貸借対照表計上額               時価          差額
        (1)現金及び預金                     634,461            634,461           -
        (2)未収委託者報酬                      76,795            76,795          -
        (3)未収投資助言報酬                       140            140         -
        (4)未収入金                      24,680            24,680          -
        資産計                      736,078            736,078
        (5)未払金                     (89,342)             (89,342)           -
            未払手数料                 (44,200)            (44,200)           -
            その他未払金                 (45,142)            (45,142)           -
      (注)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券及びデリバティブに関する事項
          資 産
          (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収投資助言報酬、(4)未収入金
              短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
            価額によっています。
          負 債
          (5)未払金(未払手数料及びその他未払金)
              短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
            価額によっています。
          投資有価証券、デリバティブ取引
              該当事項はありません。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

             該当事項はありません。
                                53/82







                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第10期(令和3年3月31日現在)

        令和3年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りです。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
                                              (単位:千円)
                        貸借対照表計上額               時価          差額
        (1)現金及び預金                     594,409            594,409           -
        (2)未収委託者報酬                      87,040            87,040          -
        (3)未収投資助言報酬                       185            185         -
        (4)未収入金                      25,911            25,911          -
           資産計                  707,547            707,547           -
        (5)未払金                     (93,896)             (93,896)           -
            未払手数料                 (51,174)            (51,174)           -
            その他未払金                 (42,722)            (42,722)           -
      (注)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券及びデリバティブに関する事項
          資 産
          (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収投資助言報酬、(4)未収入金
              短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
            価額によっています。
          負 債
          (5)未払金(未払手数料及びその他未払金)
              短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
            価額によっています。
          投資有価証券、デリバティブ取引
              該当事項はありません。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

             該当事項はありません。
                                54/82







                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)

      第9期(令和2年3月31日現在)
      1.子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの
          該当事項はありません。
      2.その他有価証券で時価のあるもの

          該当事項はありません。
      3.時価評価されていない有価証券

          該当事項はありません。
      第10期(令和3年3月31日現在)

      1.子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの
          該当事項はありません。
      2.その他有価証券で時価のあるもの

          該当事項はありません。
      3.時価評価されていない有価証券

          該当事項はありません。
    (税効果会計関係)


                             第9期                   第10期
            項目              (自 平成31年4月1日                   (自 令和2年4月1日
                          至 令和2年3月31日)                   至 令和3年3月31日)
                                 単位:千円                   単位:千円
     1 繰延税金資産及び繰延税金負                  繰延税金資産                   繰延税金資産
       債の発生の主な原因別の内訳                 貯蔵品                   751        貯蔵品                   675
                        賞与引当金              1,745         賞与引当金              1,270
                        未払金                   203        未払金                   203
                        未払事業税                 610        未払事業税                 351
                        退職給付引当金     -                   退職給付引当金     83
                        一括償却資産          48                   一括償却資産          17
                         合計               3,359          合計               2,600
                        評価性引当額     -                   評価性引当額     -
                        繰延税金資産合計           3,359         繰延税金資産合計           2,600
                       繰延税金負債                   繰延税金負債
                        前払年金費用    △31                   前払年金費用      -
                         合計       △31                   合計         -
                        繰延税金負債合計  △31                   繰延税金負債合計    -
                        繰延税金資産の純額          3,328         繰延税金資産の純額          2,600
                                55/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2 法定実効税率と税効果会計適                 法定実効税率                 30.62%       法定実効税率                 30.62%
       用後の法人税等の負担率との
                      (調整)                   (調整)
       間に重要な差異があるとき
                      寄付金等永久に                   寄付金等永久に
       の、当該差異の原因となった
                      損金算入されない項目             0.91%       損金算入されない項目             1.79%
       主要な項目別の内訳
                      役員賞与等永久に                   役員賞与等永久に
                      損金算入されない項目             1.2%       損金算入されない項目             3.12%
                      住民税均等割額                0.35%       住民税均等割額                1.05%
                      その他                     0.05%       その他                  △0.23%
                      税効果会計適用後の                   税効果会計適用後の
                      法人税等の負担率               33.014%       法人税等の負担率               36.35%
    (セグメント情報等)


    セグメント情報
      第9期(自 平成31年4月1日 至 令和2年3月31日)
       当社は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    関連情報

      第9期(自 平成31年4月1日 至 令和2年3月31日)
      1.サービスごとの情報
       単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が、損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
      2.地域ごとの情報

      (1)営業収益
         本邦以外の外部顧客からの営業収益がないため、記載を省略しております。
      (2)有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
            投資信託の名称                   営業収益           関連するサービスの種類
     ニュージーランド株式ファンド                          19,935              投資運用業
     スイス株式ファンド                          15,074              投資運用業
     カレラ    Jリートファンド
                               118,720              投資運用業
     メキシコ株式ファンド                          11,202              投資運用業
     オランダ株式ファンド                          24,710              投資運用業
     カタール・アブダビ株式ファンド                           6,779             投資運用業
     ロシア株式ファンド                          11,671              投資運用業
     21世紀東京       日本株式ファンド
                                26,090              投資運用業
     イタリア株式ファンド                          14,227              投資運用業
     フランス株式ファンド                          15,922              投資運用業
                                56/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3つの財布      欧州リートファンド
                                85,644              投資運用業
     3つの財布      欧州銀行株式ファンド
                               102,515              投資運用業
     (毎月分配型)
     スロベニア・クロアチア・ギリシャ株式ファ
                                6,281             投資運用業
     ンド
     3つの財布      欧州不動産関連株ファンド
                                85,530              投資運用業
     (毎月分配型)
     3つの財布      米国銀行株式ファンド
                               107,105              投資運用業
     (毎月分配型)
     テキサス州株式ファンド                          20,052              投資運用業
     カレラワールド債券アクティブファンド                           2,365             投資運用業
     フィリピン株式ファンド                           3,372             投資運用業
     カレラ    日本小型株式ファンド
                                4,809             投資運用業
     オーストラリアリートファンド                          49,774              投資運用業
     カレラ    米国小型株式アクティブファンド
                                11,499              投資運用業
     中欧株式ファンド                          10,834              投資運用業
     グローバル医薬品株式ファンド                          16,336              投資運用業
     カレラ改日本株式ファンド                           1,182             投資運用業
     未来の光     日本小型株式ファンド                                   投資運用業
                                492
                                57/82












                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    セグメント情報

      第10期(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)
       当社は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    関連情報

      第10期(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)
      1.サービスごとの情報
       単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が、損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
      2.地域ごとの情報

      (1)営業収益
         本邦以外の外部顧客からの営業収益がないため、記載を省略しております。
      (2)有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
            投資信託の名称                   営業収益           関連するサービスの種類
     ニュージーランド株式ファンド                          19,023             投資運用業
     スイス株式ファンド                          11,923             投資運用業
     カレラ    Jリートファンド
                               89,870             投資運用業
     メキシコ株式ファンド                          7,714             投資運用業
     オランダ株式ファンド                          24,439             投資運用業
     カタール・アブダビ株式ファンド                          5,123             投資運用業
     ロシア株式ファンド                          8,827             投資運用業
     21世紀東京       日本株式ファンド
                               20,954             投資運用業
     イタリア株式ファンド                          10,408             投資運用業
     フランス株式ファンド                          12,606             投資運用業
     3つの財布      欧州リートファンド
                               60,139             投資運用業
     3つの財布      欧州銀行株式ファンド
                               49,928             投資運用業
     (毎月分配型)
     スロベニア・クロアチア・ギリシャ株式ファ
                                4,358             投資運用業
     ンド
     3つの財布      欧州不動産関連株ファンド
                               60,062             投資運用業
     (毎月分配型)
     3つの財布      米国銀行株式ファンド
                               75,727             投資運用業
     (毎月分配型)
     テキサス州株式ファンド                          14,991             投資運用業
                                58/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     カレラワールド債券アクティブファンド                          1,439             投資運用業
     フィリピン株式ファンド                          2,409             投資運用業
     カレラ    日本小型株式ファンド
                                4,859             投資運用業
     オーストラリアリートファンド                          33,644             投資運用業
     カレラ    米国小型株式アクティブファンド
                               10,919             投資運用業
     中欧株式ファンド                          7,482             投資運用業
     グローバル医薬品株式ファンド                          32,222             投資運用業
     カレラ改日本株式ファンド                          13,505             投資運用業
     未来の光     日本小型株式ファンド
                               33,339             投資運用業
     ニュー・ニッチ        日本小型株ファンド                                投資運用業
                                7,696
     カレラインフラ・ファンド                          10,999             投資運用業
     ブラジル株式ファンド                          1,303             投資運用業
                                59/82















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者との取引)

      第9期(自 平成31年4月1日 至 令和2年3月31日)
      1.関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
                                    関係内容
                             議決権等の
                    資本金    事業の                  取引の     取引金額          期末残高
     属性    会社等の名称       住所            被所有割合                         科目
                                  役員の    事業上
                    (百万円)     内容                  内容     (千円)          (千円)
                              (%)
                                  兼任等    の関係
                愛知県        金融商品             投資信託の

     親会社    安藤証券(株)            2,280         50.6    あり        証券代行     491,718     未払手数料      40,693
                名古屋市         取引業者              販売等
     (注)1 取引金額には消費税等は含んでおりません。

        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
           支払手数料については、一般的な契約条件を参考に価格及びその他の条件を決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       (1)親会社情報
            安藤証券株式会社(非上場)
       (2)重要な関連会社
            該当事項はありません。
      第10期(自 令和2年4月1日 至 令和3年3月31日)

      1.関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
                                    関係内容
                             議決権等の
                    資本金    事業の                  取引の     取引金額          期末残高
     属性    会社等の名称       住所            被所有割合                         科目
                                  役員の    事業上
                    (百万円)     内容                  内容     (千円)          (千円)
                              (%)
                                  兼任等    の関係
                愛知県        金融商品             投資信託の

     親会社    安藤証券(株)            2,280         50.6    あり        証券代行     346,572     未払手数料      43,188
                名古屋市         取引業者              販売等
     (注)1 取引金額には消費税等は含んでおりません。

        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
           支払手数料については、一般的な契約条件を参考に価格及びその他の条件を決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       (1)親会社情報
            安藤証券株式会社(非上場)
       (2)重要な関連会社
            該当事項はありません。
                                60/82




                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)

                             第9期                   第10期
            項目             (自 平成31年4月1日                   (自 令和2年4月1日
                         至 令和2年3月31日)                   至 令和3年3月31日)
      1株当たり純資産額                         821,186円39銭                   785,510円91銭
      1株当たり当期純利益                         64,828円94銭                   22,324円52銭

                     なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利                   なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利
                     益金額については、潜在株式が存在しない                   益金額については、潜在株式が存在しない
                     ため記載しておりません。                   ため記載しておりません。
     (注) 1株当たり純資産額の算定上の基礎

                                   第9期               第10期
                項目               (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                                至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
      貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                                648,737               620,553
      普通株式以外に帰属する純資産合計額(千円)                                   -               -
      普通株式に係る当事業年度末の純資産額(千円)                                648,737               620,553
      普通株式の当事業年度末株式数(株)                                  790               790
     (注) 1株当たり当期純利益の算定上の基礎

                                   第9期               第10期
                項目               (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                                至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
      損益計算書上の当期純利益(千円)                                51,214               17,636
      普通株式以外に帰属する純利益(千円)                                   -               -
      普通株式に係る当期純利益(千円)                                51,214               17,636
      普通株式の当期中平均株式数(株)                                  790               790
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                61/82








                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表等

    1 中間財務諸表
    (1)中間貸借対照表
                            当中間会計期間末

                          (令和3年9月30日現在)
                      注記
           区分                  金額(千円)
                      番号
          (資産の部)
     Ⅰ 流動資産
      1 現金及び預金                             623,196
      2 立替金                              2,196
      3 前払費用                              2.495
      4 未収委託者報酬                              92,380
      5 未収投資助言報酬                               160
                                   27,060
      6 未収入金
        流動資産合計                           747,489
     Ⅱ 固定資産                 ※1
      1 有形固定資産                              4,714
      (1)器具備品                      4,714
      2 無形固定資産                              3,511
      (1)ソフトウェア                      3,511
      3 投資その他の資産                              3,614
      (1)繰延税金資産                      3,032
      (2)前払年金費用                       581
        固定資産合計                           11,841
        資産合計
                                   759,330
                                62/82










                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            当中間会計期間末

                          (令和3年9月30日現在)
                      注記
           区分                  金額(千円)
                      番号
          (負債の部)
     Ⅰ 流動負債
      1 未払金                              93,773
      (1)未払手数料                ※2      54,114
      (2)その他未払金                      39,658
      2 未払法人税等                              17,300
      3 未払消費税等                              5,998
                                    4,400
      4 賞与引当金
        流動負債合計                           121,472
     Ⅱ 固定負債
      1 退職給付引当金                                 -
        固定負債合計                              -
        負債合計                           121,472
         (純資産の部)
     Ⅰ 株主資本
      1 資本金                             162,400
      2 資本剰余金                             162,400
      (1)資本準備金                     162,400
      3 利益剰余金                             313,057
      (1)その他利益剰余金
         繰越利益剰余金                  313,057
        株主資本合計                           637,857
        純資産合計                           637,857
        負債及び純資産合計
                                   759,330
                                63/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)中間損益計算書

                            当中間会計期間

                          (自 令和3年4月1日
                           至 令和3年9月30日)
                      注記
           区分                  金額(千円)
                      番号
     Ⅰ 営業収益
      1 委託者報酬                             379,022
                                    1,023
      2 投資助言報酬                ※1
        営業収益合計                           380,045
     Ⅱ 営業費用
      1 支払手数料                ※2             244,825
      2 委託計算費                              16,859
      3 調査費                              3,992
      5 営業雑経費                              3,988
      (1)通信費                      1,437
      (2)協会費                       869
      (3)印刷費                      1,681
        営業費用合計                           269,666
     Ⅲ 一般管理費
      1 給料                              44,319
      (1)役員報酬                      6,327
      (2)給料・手当                      32,338
      (3)法定福利費                      5,653
      2 旅費交通費                              1,087
      3 不動産賃借料                              7,840
      4 業務委託費                              1,308
      5 賞与引当繰入                              4,400
      6 退職給付引当金繰入                               △59
      7 租税公課                              2,077
      8 減価償却費                ※3               994
                                    2,869
      9 その他一般管理費
        一般管理費合計                           64,837
        営業利益                           45,541
                                64/82







                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            当中間会計期間

                          (自 令和3年4月1日
                           至 令和3年9月30日)
                      注記
           区分                  金額(千円)
                      番号
     Ⅳ 営業外収益
      1 受取利息                                0
                                     66
      2 雑収入
        営業外収益合計                              66
     Ⅴ 営業外費用
        営業外費用合計                              -
       経常利益                            45,607
       税引前中間純利益                            45,607
        法人税、住民税及び事業税                           15,305
        法人税等調整額                            △432
       中間純利益
                                   30,734
                                65/82














                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)中間株主資本等変動計算書

                                       当中間会計期間

                                     (自 令和3年4月1日
                                     至 令和3年9月30日)
                   区分                    金額(千円)
     株主資本
      資本金
       当期首残高                                    162,400
       当中間会計期間の変動額
         当中間会計期間の変動額合計                                      -
        当中間会計期間末残高                                    162,400
      資本剰余金
       資本準備金
         当期首残高                                   162,400
         当中間会計期間の変動額
          当中間会計期間の変動額合計                                     -
       当中間会計期間末残高                                    162,400
      資本剰余金合計
       当期首残高                                    162,400
       当中間会計期間の変動額
         当中間会計期間の変動額合計                                      -
       当中間会計期間末残高                                    162,400
      利益剰余金
       その他利益剰余金
         繰越利益剰余金
          当期首残高                                  295,753
          当中間会計期間の変動額
           当中間会計期間純利益                                  30,734
           剰余金の配当                                 -13,430
           当中間会計期間の変動額合計                                  17,304
       当中間会計期間末残高                                    313,057
                                66/82






                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                      当中間会計期間

                                     (自 令和3年4月1日
                                     至 令和3年9月30日)
                   区分                    金額(千円)
      利益剰余金合計
       当期首残高
                                            295,753
       当中間会計期間の変動額
                                            30,734
         当中間会計期間純利益
                                            -13.430
         剰余金の配当
                                            17,304
         剰余金の配当当中間会計期間の変動額合計
       当中間会計期間末残高                                    313,057
      株主資本合計
       当期首残高                                    620,553
       当中間会計期間の変動額
         当中間会計期間純利益                                    30,734
         剰余金の配当                                   -13,430
         当中間会計期間の変動額合計                                    17,304
       当中間会計期間末残高                                    637,857
      純資産合計
       当期首残高                                    620,553
         当中間会計期間純利益                                    30,734
         剰余金の配当                                   -13,430
         当中間会計期間の変動額合計                                    17,304
       当中間会計期間末残高                                    637,857
                                67/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    重要な会計方針

                                 当中間会計期間

            項目                   (自 令和3年4月1日
                                至 令和3年9月30日)
     1 固定資産の減価償却の方法                   (1)有形固定資産(リース資産を除く)
                          定額法を採用しております。
                          なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
                           器具備品   3年~20年
                        (2)無形固定資産          (リース資産を除く)
                          定額法を採用しております。
                          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内に
                          おける利用可能期間(5年)に基づいております。
     2 引当金の計上基準                   (1)賞与引当金
                          従業員に対して支給する賞与の支給に充てるため、
                          支給見込額に基づき計上しております。
                        (2)退職給付引当金
                          従業員の退職給付に備えるため、事業年度末におけ
                          る退職給付債務及び年金資産に基づき、当中間会計
                          期間末において発生していると認められる額を計上
                          しております。
     3 その他財務諸表作成のための基                   消費税等の会計処理
       本となる重要な事項                  税抜方式によっております。
    (収益認識に関する会計基準等の適用)

     「収益認識に関する会計基準」等を当中間会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転し
    た時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
     収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従い、当中間会
    計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当中間会計期間の期首の利益剰余金に加減
    し、当該期首残高から新たな会計方針を適用する方法によっております。
     その結果、当中間会計期間の期首の利益剰余金、及び当中間会計期間の損益に与える影響はありませんでした。
                                68/82








                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注記事項

    (中間貸借対照表関係)
                    当中間会計期間

                  (自 令和3年4月1日
                   至 令和3年9月30日)
     ※1.固定資産の減価償却累計額は次の通りであります。
         有形固定資産の減価償却累計額
          器具備品    6,169千円
         無形固定資産の減価償却累計額
          ソフトウェア  3,313千円
     ※2.関係会社に対する負債は次の通りであります。

        (流動負債)
         未払手数料  54,114千円
    (中間損益計算書関係)

                    当中間会計期間

                  (自 令和3年4月1日
                   至 令和3年9月30日)
     ※1.営業収益の投資助言報酬は、平成27年6月15日に業務の種別に係る変更
        登録につき、投資助言・代理業の追加を行い計上するものであります。
     ※2.関係会社との取引に係るものが次の通り含まれております。

         支払手数料  203,362千円
     ※3.減価償却費の内容は次の通りであります。

         減価償却費額         994千円
          有形固定資産減価償却費額  502千円
          無形固定資産減価償却費額  492千円
                                69/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (中間株主資本等変動計算書関係)

      当中間会計期間(自 令和3年4月1日 至 令和3年9月30日)
       1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
               前事業年度末         当中間会計期間          当中間会計期間         当中間会計期間末

                株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
      発行済株式
       普通株式          790株          -          -         790株
        合計         790株          -          -         790株
       2.配当に関する事項 配当金支払額

                        配当金の総額        1株当たり配当額

                株式の種類                          基準日       効力発生日
        (決議)                 (千円)          (円)
      令和3年6月16日
                                          令和3年
                                                令和3年6月16
       定時株主総会          普通株式         13,430         17,000
                                          3月31日
                                                   日
       自己株式の種類及び株式数に関する事項

        該当事項はありません。
                                70/82












                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

      当中間会計期間末(令和3年9月30日)
      金融商品の時価等に関する事項
       令和3年9月30日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りです。な
      お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
                                           (単位:千円)
                      貸借対照表計上額               時価            差額
        (1)現金及び預金                   623,196            623,196               -
        (2)未収委託者報酬                    92,380            92,380              -
        (3)未収入金                    27,060            27,060              -
           資産計                742,637            742,637
        (4)未払金                   (93,773)            (93,773)               -
            未払手数料               (54,114)            (54,114)               -
            その他未払金               (39,658)            (39,658)               -
           負債計                (93,773)            (93,773)
      (注)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券及びデリバティブに関する事項

           資 産
          (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収入金
              短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
            価額によっています。
           負 債
          (4)未払金(未払手数料及びその他未払金)
              短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
            価額によっています。
           投資有価証券、デリバティブ取引
              該当事項はありません。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

              該当事項はありません。
                                71/82






                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)

      当中間会計期間末(令和3年9月30日)
      1.子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの
          該当事項はありません。
      2.その他有価証券で時価のあるもの

          該当事項はありません。
      3.時価評価されていない有価証券

          該当事項はありません。
    (税効果会計関係)

                                 当中間会計期間

               項目                (自 令和3年4月1日
                               至 令和3年9月30日)
                                     単位:千円
      1 繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳                       繰延税金資産
                              退職給付引当金                  -
                              貯蔵品                  677
                              賞与引当金              1,347
                              未払金        33
                              未払事業税              1,144
                              一括償却資産                 8
                              前払年金費用             △178
                               合計               3,032
                              評価性引当額                 0
                              合計                  3,032
                              繰延税金資産合計           3,032
      2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人                      法定実効税率                 30.62%
        税等の負担率との間に重要な差異がある
                            (調整)
        ときの、当該差異の原因となった主要な
                            寄付金等永久に
        項目別の内訳
                            損金算入されない項目             1.07%
                            役員賞与等永久に
                            損金算入されない項目             0.54%
                            住民税均等割額                0.32%
                            その他                   0.06%
                            税効果会計適用後の
                            法人税等の負担率               32.61%
                                72/82






                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)

    セグメント情報
      当中間会計期間(自 令和3年4月1日 至 令和3年9月30日)
       当社は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                73/82


















                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    関連情報

      当中間会計期間(自 令和3年4月1日 至 令和3年9月30日)
      1.サービスごとの情報
        当社は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

      (1)営業収益
         本邦以外の外部顧客からの営業収益がないため、記載を省略しております。
      (2)有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                (単位:千円)
             投資信託の名称                   営業収益          関連するサービスの種類
          ニュージーランド株式ファンド                        11,220            投資運用業
            スイス株式ファンド                      6,111            投資運用業
           カレラ    Jリートファンド
                                  56,989            投資運用業
            メキシコ株式ファンド                       4,894            投資運用業
            オランダ株式ファンド                      16,490            投資運用業
         カタール・アブダビ株式ファンド                         2,851            投資運用業
            ロシア株式ファンド                      4,835            投資運用業
         21世紀東京       日本株式ファンド
                                  10,047            投資運用業
            イタリア株式ファンド                       5,870            投資運用業
            フランス株式ファンド                       8,189            投資運用業
         3つの財布      欧州リートファンド
                                  32,058            投資運用業
      3つの財布      欧州銀行株式ファンド
                                  27,678            投資運用業
             (毎月分配型)
      スロベニア・クロアチア・ギリシャ株式ファンド                             2,537            投資運用業
      3つの財布      欧州不動産関連株ファンド
                                  31,017            投資運用業
             (毎月分配型)
      3つの財布      米国銀行株式ファンド
                                  48,016            投資運用業
             (毎月分配型)
           テキサス州株式ファンド                       8,426            投資運用業
           フィリピン株式ファンド                       1,309            投資運用業
          カレラ    日本小型株式ファンド
                                  2,804            投資運用業
          オーストラリアリートファンド                        13,389            投資運用業
       カレラ    米国小型株式アクティブファンド
                                  5,852            投資運用業
             中欧株式ファンド                     3,839            投資運用業
          グローバル医薬品株式ファンド                        16,578            投資運用業
                                74/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           カレラ改日本株式ファンド                        4,536            投資運用業
         未来の光     日本小型株式ファンド
                                  19,296            投資運用業
        ニュー・ニッチ        日本小型株ファンド                              投資運用業
                                  4,958
           カレラインフラ・ファンド                       12,439            投資運用業
            ブラジル株式ファンド                      11,760            投資運用業
        アジア    サプライチェーン株式ファンド                                  投資運用業
                                    61
    (1株当たり情報)

                                当中間会計期間

               項目               (自 令和3年4月1日
                              至 令和3年9月30日)
       1株当たり純資産額                              807,414円84銭
       1株当たり当中間会計期間純利益                               38,903円93銭

                          なお、潜在株式調整後1株当たり当中間会
                          計期間純利益金額については、潜在株式が
                          存在しないため記載しておりません。
      (注) 1株当たり当中間会計期間純資産額の算定上の基礎

                                   当中間会計期間
                  項目               (自 令和3年4月1日
                                 至 令和3年9月30日)
       中間貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                                  637,857
       普通株式以外に帰属する純資産合計額(千円)                                    -

       普通株式に係る当中間会計期間末の純資産額(千円)                                  637,857

       普通株式の当中間会計期間末株式数(株)                                    790

      (注) 1株当たり当中間会計期間純利益及び当中間会計期間純損失の算定上の基礎

                                   当中間会計期間
                  項目               (自 令和3年4月1日
                                 至 令和3年9月30日)
       中間損益計算書上の当中間会計期間純利益(千円)                                  30,734
       普通株式以外に帰属する純利益(千円)                                    -

       普通株式に係る当中間会計期間純利益(千円)                                  30,734

       普通株式の当中間会計期間中平均株式数(株)                                    790

    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                75/82




                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲

       げる行為が禁止されています。
       ①  自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行う
         こと(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜
         させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       ②  運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、
         もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとし
         て内閣府令で定めるものを除きます。)。
       ③  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の
         親法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取
         引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいま
         す。以下、④および⑤において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半
         数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体
         として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取
         引または店頭デリバティブ取引を行うこと。
       ④  委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
         針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を
         行うこと。
       ⑤  上記③および④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為で
         あって、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失
         墜させるおそれのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

       ①  定款の変更等

         委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
       ②  訴訟事件その他重要事項
         該当事項はありません。
                                76/82









                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】
       ①  受託会社
         名   称    三菱UFJ信託銀行株式会社
         資本金の額    324,279百万円(2021年11月末日現在)
         事業の内容    銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営に関す
                    る法律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
       <参考> 再信託受託会社の概要

         名   称    日本マスタートラスト信託銀行株式会社
         資本金の額    10,000百万円(2021年11月末日現在)
         事業の内容    銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関
                    する法律に基づき信託業務を営んでいます。
         関係業務の概要  受託会社より委託を受け、当ファンドの信託事務の一部(信託財産の管理
                    等)を行います。
       ②  販売会社
             名 称              資本金の額                   事業の内容
                                       金融商品取引法に定める第一種金融商
          安藤証券株式会社                 2,280百万円
                                       品取引業を営んでいます。
          播陽証券株式会社                  112百万円                    同上
       2021年11月末日現在
     2【関係業務の概要】

       ①  受託会社
         当ファンドの受託者として、委託会社との信託契約の締結、受益権の通知、信託財産の保管、
         管理、基準価額の計算等を行います。
       ②  販売会社
         当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求の受付な
         らびに収益分配金、償還金および一部解約金の支払い、再投資等に関する事務等を行います。
     3【資本関係】

        販売会社である安藤証券株式会社は、委託会社であるカレラアセットマネジメント株式会社の株
        式を400株保有しており、2021年11月末日現在の発行済普通株式数に対する比率は、50.6%で
        す。
        その他の上記関係法人との間に資本関係はありません。
                                77/82







                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】

     1.金融商品取引法第15条第2項本文に規定するあらかじめ又は同時に交付しなければならない目論

        見書(以下「交付目論見書」といいます。)の名称を「投資信託説明書(交付目論見書)」、ま
        た、金融商品取引法第15条第3項本文に規定する交付の請求があった時に直ちに交付しなければ
        ならない目論見書(以下「請求目論見書」といいます。)の名称を「投資信託説明書(請求目論
        見書)」と記載することがあります。
     2.目論見書の表紙等にロゴ・マーク、図案及びその注釈、キャッチコピー並びにファンドの基本的
        性格等を記載することがあります。
     3.目論見書の表紙等に以下の趣旨の事項を記載することがあります。
        ①ファンドの信託財産は、信託法に基づき受託会社において分別管理されています。
        ②本書は、金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書です。
        ③交付目論見書にはファンドの約款の主な内容が含まれておりますが、約款の全文は請求目論見
         書に掲載されております。
        ④ファンドに関する請求目論見書は、委託会社のホームページで閲覧、ダウンロードできます。
        ⑤ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。
     4.目論見書の表紙に目論見書の使用開始日を記載します。
     5.目論見書の表紙等にファンドの管理番号等を記載することがあります。
     6.交付目論見書の表紙等に委託会社のインターネットホームページのアドレスに加え、他のイン
        ターネットのアドレス(当該アドレスをコード化した図形等も含みます。)を掲載することがあ
        ります。また、これらのアドレスにアクセスすることにより基準価額等の情報を入手できる旨を
        記載することがあります。
     7.有価証券届出書に記載された内容を明瞭に表示するため、目論見書にグラフ、図表等を使用する
        ことがあります。
     8.目論見書は電子媒体などとして使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがありま
        す。
     9.目論見書に投信評価機関、投信評価会社等によるレーティング、評価情報及び評価分類等を表示
        することがあります。また、投資対象の投資信託証券等に関して、投信評価機関、投信評価会社
        等によるレーティング、評価情報及び評価分類等を表示することがあります。
     10.有価証券届出書に記載された運用実績の参考情報のデータを適時更新し、目論見書に記載するこ
        とがあります。
                                78/82








                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                    令和3年6月7日

    カレラアセットマネジメント株式会社
     取締役会 御中
                            UHY東京監査法人
                               東京都品川区
                           指定社員
                                      公認会計士         若槻 明  印
                           業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等

    の経理状況」に掲げられているカレラアセットマネジメント株式会社の令和2年4月1日から令和3年3月
    31日までの第10期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、
    重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準

    拠して、カレラアセットマネジメント株式会社の令和3年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了
    する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監

    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人と
    してのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
    査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
     応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
     表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
                                79/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
     は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
     部 統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
     積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
     査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
     実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
     は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
     務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
     ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
     況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
     拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
     務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統
    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以  上
    (注1) 上記は、独立監査人の監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本
          は、当社が別途保管しております。
    (注2) XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                80/82










                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                  令和3年     11 月8日

    カレラアセットマネジメント株式会社
     取締役会 御中
                            UHY   東京監査法人
                               東京都品川区
                           指定社員
                                      公認会計士         若槻 明
                           業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社

    等の経理状況」に掲げられているカレラアセットマネジメント株式会社の令和3年4月1日から令和4
    年3月31日までの第11期事業年度の中間会計期間(令和3年4月1日から令和3年9月30日まで)に係
    る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会
    計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の

    作成基準に準拠して、カレラアセットマネジメント株式会社の令和3年9月30日現在の財政状態及び同
    日をもって終了する中間会計期間(令和3年4月1日から令和3年9月30日まで)の経営成績に関する
    有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を

    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明
    の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
    運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表
    示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監
    査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正
    又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
                                81/82


                                                          EDINET提出書類
                                              カレラアセットマネジメント株式会社(E26704)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽
     表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判
     断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中
     間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬に
     よる中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に
     必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・  中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
     人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸
     表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理
     性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
     た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な
     不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場
     合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性
     に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明
     することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
     いるが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・  中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
     作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及
     び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどう
     かを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
    (注1) 上記は、独立監査人の中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その
          原本は、当社が別途保管しております。
    (注2) XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                82/82







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク