株式会社セイファート 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社セイファート
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年12月24日

    【会社名】                       株式会社セイファート

    【英訳名】                       SEYFERT    LTD.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 長谷川 高志

    【本店の所在の場所】                       東京都渋谷区渋谷三丁目27番11号

    【電話番号】                       03-5464-3690(代表)

    【事務連絡者氏名】                       執行役員 管理本部本部長兼経理部部長 西山 一広

    【最寄りの連絡場所】                       東京都渋谷区渋谷三丁目27番11号

    【電話番号】                       03-5464-1490

    【事務連絡者氏名】                       執行役員 管理本部本部長兼経理部部長 西山 一広

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                              400,601,600円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                              363,776,000円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                             125,216,000円
                           (注)    募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法
                              上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書
                              提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。
                                  1/159







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類          発行数(株)                      内容

                            完全議決権株式であり、株主としての権利内容に何ら限定のな
                            い、当社における標準となる株式であります。なお、単元株式
        普通株式          420,800(注)2.
                            数は100株であります。
     (注)   1.2021年12月24日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2022年1月17日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
       4.上記とは別に、2021年12月24日開催の取締役会において、みずほ証券株式会社を割当先とする当社普通株式
         111,800株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照ください。
                                  2/159














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2022年1月26日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年1月17日開催予定の取
     締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当
     社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受
     手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価格
     で行います。
            区分             発行数(株)         発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                           ―            ―            ―

    入札方式のうち入札によらない募集                           ―            ―            ―

    ブックビルディング方式                        420,800          400,601,600            216,796,160

         計(総発行株式)                   420,800          400,601,600            216,796,160

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の                             「有価証券上場規程施行規則」              により規定されて
         おります。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2021年12月24日開催の取締役会決議に基づき、
         2022年1月26日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。
       5.  有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,120円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は471,296,000円となります。
       6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
         (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を
         勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
         ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
         ください。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
         しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照ください。
                                  3/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    資本    申込株数                   申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                    組入額      単位        申込期間         証拠金       払込期日
     (円)     (円)     (円)
                    (円)     (株)                  (円)
     未定     未定     未定     未定         自 2022年1月27日(木)             未定
                           100                    2022年2月3日(木)
    (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 2022年2月1日(火)            (注)4.
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2022年1月17日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
         等を総合的に勘案した上で、2022年1月26日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年1月17日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年1月
         26日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
         取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2021年12月24日開催の取締役会において、
         増加する資本金の額は、2022年1月26日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
         1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
         きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
         する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2022年2月4日(金)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券
         は、発行されません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2022年1月19日から2022年1月25日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分
         に関する基本方針及び社内規程等に従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各
         社の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認ください。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
                                  4/159






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  【申込取扱場所】
        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の本店並びに全国各支店及び
       営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

    株式会社みずほ銀行 浜松町支店                           東京都港区浜松町二丁目4番1号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                       引受株式

     引受人の氏名又は名称                      住所              数       引受けの条件
                                        (株)
                                            1.買取引受けによります。
    みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                            2.引受人は新株式払込金と
                                              して、2022年2月3日ま
    大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                              でに払込取扱場所へ引受
                                              価額と同額を払込むこと
    岩井コスモ証券株式会社             大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号
                                        未定      といたします。
                                            3.引受手数料は支払われま
    いちよし証券株式会社             東京都中央区日本橋茅場町一丁目5番8号
                                              せん。但し、発行価格と
                                              引受価額との差額の総額
    マネックス証券株式会社             東京都港区赤坂一丁目12番32号
                                              は引受人の手取金となり
                                              ます。
          計                 ―            420,800           ―

     (注)   1.2022年1月17日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2022年1月26日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
                                  5/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

               433,592,320                  10,000,000                 423,592,320

     (注)   1.  払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,120円)を基礎として算出した見込額であり
         ます  。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額423,592千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算
      額上限115,198千円と合わせた手取概算金額合計上限538,791千円について、①現行「re-quest/QJ                                               navi」全面リ
      ニューアルに80,000千円、②新規アプリ開発に100,650千円、③ERP導入・構築に180,000千円、④オフィス設備購入
      に10,000千円、⑤人材投資に36,000千円、⑥既存取引金融機関への融資返済に132,141千円をそれぞれ充当する予定
      です。具体的には、以下のとおりであります。
      ①  現行「re-quest/QJ         navi」全面リニューアル

        当社の主要商品「広告求人サービス」における「re-quest/QJ                             navi」について、80,000千円を2022年12月期に
       充当し、当社の顧客である美容室経営企業が利用する管理画面等の改修を行うことで、顧客満足度の向上並びに
       掲載件数の増加を目指して参ります。
      ②  新規アプリ開発

        今後成長が見込まれる人材・紹介サービスにおいて、新たなプラットフォーム型事業の創出として、「Z世代向
       け  美容師情報アプリ」の開発を進めております。
        当該開発における、投資総額114,000千円の一部として100,650千円を2022年12月期に充当する計画です。当ア
       プリのローンチは2022年3月に予定しており、同年5月からのマネタイズ開始を目指すとともに、将来的には当
       社の中核商品の一つとして発展させる計画であります。
      ③  ERP導入・構築

        当社営業基幹システムを、汎用的なERPへ入れ換えるため、180,000千円(2023年12月期45,000千円、2024年12月
       期135,000千円)を充当し、現在「広告求人サービス」、「紹介・派遣サービス」、「教育(その他)サービス」
       と、それぞれのサービス別に分かれている基幹システムの一元管理化・顧客管理の一元化を計画しております。
       これにより、内部管理能力向上、顧客管理等名寄せの省力化、商流システムと会計ソフト等の連動、顧客情報の
       安全性の強化、ソフトウエアの毀損リスク対策、管理部門の業務オペレーションの標準化による人員の抑制等を
       図り、また、上場企業としてより迅速な開示体制を構築する計画であります                                   。
      ④  オフィス設備購入

        10,000千円を2022年12月期に充当し、当社が強みとしている「製販一体」の制作部分を担う当社デザイナーが
       使用するオフィス設備について、画像解像度の高い複合機、及びプリンターサーバの取得、並びに事務用複合機
       の取替投資を行う計画であります。
      ⑤  人材投資

        当社の主要商品「広告求人サービス」における「re-quest/QJ                             navi」、及び将来的な当社の中核商品として計
       画している「Z世代向け           美容師情報アプリ」の開発・保守等を行うIT系人材2名、並びに管理部門の幹部人材
       1名の採用費用・人件費用として、36,000千円(2023年12月18,000千円、2024年12月期18,000千円)の充当を計画
       しております。IT系人材を採用することにより、当社内にてIT・アプリの開発を行うことができるため、いち
       早く市場ニーズに即した開発及び実装が可能となります。また、管理部門の幹部人材の採用により、開示体制の
       強化及び内部統制の向上を図ります。
                                  6/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑥  既存取引金融機関への融資返済
        当社は従前より、資金調達につきましては金融機関よりの間接金融で運転資金需要、及び財務安全性の一助と
       しておりました。貸借対照表上も「現金及び預金」と「借入金」を両建てにし、手元資金を厚めに積んでおりま
       すが、既存取引金融機関への借入金の返済及び社債の償還に、2022年12月期に132,141千円を充当いたします。こ
       れにより、総資産の圧縮、支払利息低減による経常利益、税金等調整前当期純利益、当期純利益の増加を図り、
       ROA等の資本効率性を高めて参る所存であります。
       なお、上記調達資金については、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であり

      ます。
      (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の

         項をご参照ください。
                                  7/159
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2022年1月26日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引
     受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                              売出価額の総額        売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
       種類           売出数(株)
                                (円)             又は名称
             入札方式のうち入札によ
       ―                    ―        ―            ―
             る売出し
             入札方式のうち入札によ
       ―                    ―        ―            ―
             らない売出し
                                      東京都世田谷区
                                      長谷川 高志               221,800株
                                      東京都世田谷区

                                      長谷川 美栄               45,000株
                                      東京都世田谷区

    普通株式        ブックビルディング方式            324,800      363,776,000
                                      山田   実                        33,000株
                                      東京都渋谷区

                                      藤本  宏志                        22,000株
                                      東京都世田谷区

                                      岡       孝司           3,000株
    計(総売出株式)              ―       324,800      363,776,000                ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の                            「有価証券上場規程施行規則」              により規定されてお
         ります。
       2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
         ます。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格                                (1,120円)     で算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
         よる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照ください。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
         いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照ください。
                                  8/159







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                      申込株数      申込                        元引受

    売出価格     引受価額                               引受人の住所及び氏名
                申込期間       単位     証拠金     申込受付場所                    契約の
     (円)     (円)                                 又は名称
                       (株)     (円)                         内容
                                引受人及びその
                                委託販売先金融
               自 2022年
     未定                                    東京都千代田区大手町
                                商品取引業者の
           未定    1月27日(木)              未定                         未定
    (注)1.                    100                一丁目5番1号
                                本店並びに全国
          (注)2.      至 2022年            (注)2.                         (注)3.
    (注)2.                                     みずほ証券株式会社
                                各支店及び営業
               2月1日(火)
                                所
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と
         同様であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。但し、申
         込証拠金には、利息をつけません。
         引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2022年1月26日)に決定する予定であります。
         なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。但し、売出価格と引受価額との差額の総額は
         引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
         ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  9/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                             売出価額の総額        売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名又

       種類           売出数(株)
                                (円)              は名称
             入札方式のうち入札
       ―                    ―        ―            ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                    ―        ―            ―
             によらない売出し
                                     東京都千代田区大手町一丁目5番1号
             ブックビルディング
    普通株式                    111,800      125,216,000       みずほ証券株式会社
             方式
                                                     111,800株
    計(総売出株式)             ―        111,800      125,216,000                ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
         況を勘案し、みずほ証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
         しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少もしくは中止される場合があり
         ます。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2021年12月24日開催の取締役会において、みず
         ほ証券株式会社を割当先とする当社普通株式111,800株の第三者割当増資の決議を行っております。また、
         みずほ証券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を
         上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照ください。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の                            「有価証券上場規程施行規則」              により規定されてお
         ります。
       4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格                                (1,120円)     で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
                                 10/159












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     売出価格             申込株数単位       申込証拠金              引受人の住所及び

            申込期間                    申込受付場所                 元引受契約の内容
      (円)              (株)       (円)             氏名又は名称
                                みずほ証券株
                                式会社及びそ
           自 2022年
                                の委託販売先
      未定     1月27日(木)                未定
                      100         金融商品取引           ―         ―
     (注)1.      至 2022年              (注)1.
                                業者の本店並
           2月1日(火)
                                びに全国各支
                                店及び営業所
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。但し、申込証拠金には、利息をつけません。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
         ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
         従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーアロッ
         トメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.みずほ証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの
         条件(引受人の買取引受による売出し) (2)                    ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同
         様であります。
                                 11/159











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所           JASDAQ       (スタンダード)への上場について

      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、みずほ証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所                                JASDAQ      (スタンダード)への上場を予定し
     ております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である株式会社ビューティープロスペリティー(以下「貸株人」という。)より借入れる株
     式であります。これに関連して、当社は、2021年12月24日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社
     普通株式111,800株の第三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第
     三者割当増資の会社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
    (1)   募集株式の種類及び数               当社普通株式111,800株

    (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1.

                      増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に
                      基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果
       増加する資本金及び資本準備金
    (3)                  1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。ま
       に関する事項
                      た、増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金
                      の額を減じた額とする。 (注)2.
    (4)   払込期日               2022年3月8日(火)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、                        2022年1月17日       開催予定の取締役会において決定される予定
         の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
         す。
       2.割当価格は、2022年1月26日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
         一とする予定であります。
      また、主幹事会社は、2022年2月4日から2022年3月3日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的とし
     て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式については、貸株人から借入れている株式の返還
     に充当し、当該株式数については、割当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資におけ
     る発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行
     数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内において
     も、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないかもしくは上限株式数に至らない株式数でシンジ
     ケートカバー取引を終了させる場合があります。
    3.ロックアップについて

      本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人である株式会社ビューティープロスペリティー、売
     出人である長谷川高志、長谷川美栄、山田実、藤本宏志、岡孝司並びに当社株主である株式会社フルキャストホール
     ディングス、株式会社デイバイデイ、平野岳史、金井武弘、沼田安弘、野田浩一、株式会社アイパス、鹿島修司、荻
     野忠彦、髙木貴美子及び村瀬慶祐は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後
     180日目の2022年8月2日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(但し、引受
     人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除
     く。)等を行わない旨合意しております。
      また、当社株主であるみずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から
     上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の2022年5月4日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なし
     には、当社普通株式の売却(但し、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京
     証券取引所における初値が形成された後にみずほ証券株式会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等
     を行わない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始日)日(当日を含む。)後180日目の2022年8月
     2日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換もしくは交換さ
                                 12/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     れる有価証券の発行又は当社株式を取得もしくは受領する権利を付与された有価証券の発行(但し、本募集、株式分
     割、ストックオプションとしての新株予約券の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2021年12月
     24 日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等は除く。)等を行わない旨合
     意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は上記90日間又は180日間のロックアップ期間中であってもその
     裁量で当該合意の内容を一部もしくは全部につき解除できる権限を有しております。
                                 13/159


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)  表紙及び裏表紙に当社のロゴマーク

                                      を記載いたします。
     (2)  表紙の次に「01 企業理念」~「08 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 14/159

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/159





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/159





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/159





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/159





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/159





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/159





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/159





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
            回次             第30期       第31期

           決算年月             2019年12月       2020年12月

    売上高               (千円)      2,615,616       2,204,720

    経常利益               (千円)       127,945       136,875

    親会社株主に帰属する
                   (千円)       71,039       34,866
    当期純利益
    包括利益               (千円)       70,381       32,125
    純資産額               (千円)       356,558       370,684

    総資産額               (千円)      2,069,416       2,342,291

    1株当たり純資産額               (円)       396.18       411.87

    1株当たり当期純利益金額               (円)       78.93       38.74

    潜在株式調整後

                   (円)         ―       ―
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率               (%)        17.2       15.8

    自己資本利益率               (%)        21.5        9.6

    株価収益率               (倍)         ―       ―

    営業活動による
                   (千円)       111,994       148,990
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (千円)       12,018      △ 71,630
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (千円)      △ 135,177       210,265
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                   (千円)      1,280,569       1,563,952
    期末残高
    従業員数
                            155       149
                   (名)
                            〔 5 〕      〔 4 〕
    〔他、平均臨時雇用人員〕
     (注)   1.  売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       4.第30期及び第31期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
         (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、東
         陽監査法人により監査を受けております。
       5.従業員数は就業人員であります。臨時雇用者数(契約社員、人材派遣会社からの派遣社員)は年間の平均人員
         を〔   〕内に外数で記載しております。派遣就業スタッフは含んでおりません。
       6.  当社は、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。第30期の期首
         に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しており
         ます。
                                 22/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第27期       第28期       第29期       第30期       第31期

           決算年月            2016年12月       2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月

    売上高              (千円)     2,600,907       2,561,077       2,595,067       2,482,114       2,123,199

    経常利益              (千円)      213,106       152,823       158,144       128,380       145,634

    当期純利益              (千円)      89,949       94,013       98,987       76,341       62,087

    資本金              (千円)      50,000       50,000       50,000       50,000       50,000
    発行済株式総数               (株)      9,000       9,000       9,000       9,000       9,000
    純資産額              (千円)      161,361       237,501       318,434       376,900       420,927

    総資産額              (千円)     2,195,396       2,804,981       2,056,118       2,053,868       2,375,271

    1株当たり純資産額               (円)    17,929.01       26,389.08       35,381.66         418.78       467.70

    1株当たり配当額
                         2,000       2,000       2,000       2,000       2,000
                   (円)
                          ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    (1株当たり中間配当額)
    1株当たり当期純利益金額               (円)     9,994.43       10,445.94       10,998.65         84.82       68.99
    潜在株式調整後

                   (円)        ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率               (%)       7.3       8.5       15.5       18.4       17.7

    自己資本利益率               (%)       71.7       47.1       35.6       22.0       15.6

    株価収益率               (倍)        ―       ―       ―       ―       ―

    配当性向               (%)       20.0       19.1       18.2       23.6       29.0

    従業員数
                          139       143       146       139       137
                   (名)
                          〔 8 〕      〔 7 〕      〔 7 〕      〔 5 〕      〔 4 〕
    〔他、平均臨時雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       4.第30期及び第31期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
         年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、東陽監査法
         人により監査を受けております。
         なお、第27期、第28期及び29期の財務諸表については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)                                               の規
         定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく東陽監査法
         人の監査を受けておりません。
       5.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(契約社員、人材派遣会社からの派遣社員)は年間の平均人員を〔
         〕内に外数で記載しております。派遣就業スタッフは含んでおりません。
       6.第27期の1株当たり配当額2,000円には、「re-quest/QJ                            navi」サイト開設10周年記念配当700円を含んでお
         ります。
       7.当社は、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。第30期の期首
         に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
         す。
                                 23/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       8.当社は2021年10月6日付で株式1株につき100株の株式分割を行っております。
         そこで、東京証券取引所自主規制法人(現                   日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
         のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に
         基づき、第27期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考ま
         でに掲げると、以下のとおりとなります。なお、第27期、第28期及び29期の数                                    値(1株当たり配当額につい
         ては全ての数値)        については、東陽監査法人の監査を受けておりません。
            回次            第27期       第28期       第29期        第30期       第31期

           決算年月            2016年12月       2017年12月       2018年12月        2019年12月       2020年12月

                         179.29

    1株当たり純資産額               (円)             263.89       353.82        418.78       467.70
    1株当たり当期純利益金額               (円)      99.94       104.46       109.99        84.82       68.99

    潜在株式調整後
                   (円)        ―       ―       ―        ―       ―
    1株当たり当期純利益金額
    1株当たり配当額
                           20       20       20        20       20
                   (円)
                          (-)       (-)       (-)        (-)       (-)
    (1株当たり中間配当額)
                                 24/159















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
      当社代表取締役社長          長谷川高志は、1991年3月に美容師に向けた就職情報誌「re-quest/QJ」を創刊、同年7月に
     は「株式会社セイファート」を設立して美容業界に向けて広告求人サービスをスタートいたしました。
      1999年以降は、美容師の紹介及び派遣、日本人美容師による米国での美容室経営、及び国際美容技能証明を行うグ
     ループ会社をそれぞれ設立して、現在の当社グループの基盤となる分野へ進出して事業範囲を拡大して参りました。
      その後、2007年には持株会社体制に移行いたしましたが、2013年には経営管理機能の集約化を図るため、持株会社
     であった「株式会社セイファートホールディングス(現在の当社)」が存続会社として国内事業関係会社を吸収合併し
     て現在に至っております。
                                 25/159


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当社の沿革は下記のとおりであります。
      年月                           内容
     1991年3月      当社グループの創業者である長谷川高志が美容業界専門の就職情報誌「re-quest/QJ」を創刊
     1991年7月      「re-quest/QJ」の出版等を目的として、株式会社セイファートを設立

     1991年7月      美容学生を対象とした就職活動イベントの開催を目的として「re-quest/QJ                                   就職フェア」を開始

     1999年11月

           美容師専門の紹介・派遣業を営むことを目的として、株式会社ビーキャリアを設立(株式会社セイ
           ファート100%出資)
     2003年5月

           求人サービスのエリア拡大を目的として、大阪府大阪市に西日本支社(現:関西ブランチ)設立
     2003年10月

           求人サービスのエリア拡大を目的として、愛知県名古屋市に東海支社(現:東海ブランチ)設立
     2004年3月

           日本人美容師の優秀さとホスピタリティの海外市場での具現化を目的に、米国カリフォルニア州に
           SEYFERT    International       USA,   Inc.設立(株式会社セイファート100%出資)
     2004年12月

           英国の美容教育機関HABIAとの業務提携による株式会社HABIA                            EASTを設立(株式会社セイファート100%
           出資)
     2006年3月

           SEYFERT    International       USA,   Inc.が米国カリフォルニア州の美容室PIA                   HAIR   SALONを買収
     2007年3月

           美容師求人情報をウェブサイト上で検索できるサービス「re-quest/QJ                                 navi」を開始
     2007年11月

           グループ各社の意思決定の迅速化を目的に、株式会社セイファートを株式会社セイファートホールディ
           ングスに社名変更。持株会社として運営スタート
     2007年11月

           事業会社として株式会社セイファートを新会社として設立(新設分割)
     2008年11月

           株式会社HABIA       EASTを株式会社HABIA          JAPANに社名変更
     2013年1月

           グループ経営の効率化のため、株式会社セイファートホールディングスと株式会社セイファート、株式
           会社ビーキャリア、株式会社HABIA                JAPANの4社が合併(存続会社:株式会社セイファートホールディン
           グス)し、株式会社セイファートに社名変更
     2013年4月

           美容師紹介・派遣サービスのブランド名をリニューアルし、美容師紹介サービス「re-quest/QJ
           agent」美容師派遣サービス「re-quest/QJ                    casting」としてスタート
     2015年9月

                                               ※1
           海外で通用する美容師の育成及び教育を目的に、英国教育機関「City&Guilds」                                       と、日本・香港に
           おける独占的業務提携契約を締結し、日本の美容師の美容技能水準を、英国本国と同等のレベルである
           と認証する「Accreditation             Programme(アクリディテーション(認証)プログラム)」を開始
     2016年2月

           美容学生に特化した美容師新卒求人Webサイト「re-quest/QJ                            navi新卒」を開始
     2017年2月

           高水準の美容技能試験を実施することを目的に、英国教育機関「City&Guilds」と、国際美容技能試験
           「Technical      Qualification(テクニカル             クオリフィケーション)」を普及するための戦略的パートナー
                   ※2
           シップ契約を締結
                                 26/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      年月                           内容
     2017年2月      米国で培ったノウハウを活用し、日本にてインバウンドサロンの運営を行うことを目的に東京都渋谷区
           に株式会社G3D        Japanを設立(SEYFERT          International       USA,Inc.100%出資)          (2021年4月清算結了)
     2017年10月

           ユーザーと掲載企業との利便性向上を目的に、チャット形式でプロフィール登録ができるらくらくプロ
           フ機能や職種・ランク別に求人情報の掲載を可能とした、Webサイト「re-quest/QJ                                      navi」をフルリ
           ニューアルオープン
     2018年9月

           幅広い美容業界の人材ニーズに応えることを目的に、日々紹介サービス「re-quest/QJ                                        agent   mini」を
           スタート
     2018年10月

           英国教育機関「City&Guilds」と締結した戦略的パートナーシップ契約のもと、日本初となる国際美容
                                                 ※2
           技能試験「Technical          Qualification(テクニカル             クオリフィケーション)」を実施
     2019年3月

           美容学生と掲載企業の利便性向上を目的に、美容学生限定クーポン機能や厳選求人が掲載されたWebサ
           イト「re-quest/QJ         navi   新卒」をフルリニューアルオープン
     2019年9月

           教育プログラムの拡充と拡販を目的に、英国教育機関「City&Guilds」と「Assured                                      Programme(アシュ
                                                         ※2
           アード    プログラム)契約」を締結し早期育成することで即戦力化を叶える、国際美容技能認証を開始
     2020年5月

           美容学生の就活イベント「re-quest/QJ                  就職フェア」のオンライン版をスタートし、多くの美容学生と
           美容室経営企業が参加できる非接触型の会社説明会を実施
     2021年6月

           「re-quest/QJ」を20代の購読者へよりインパクトの受ける記事にし、更に愛読者を増やすため、また
           「re-quest/QJ」ブランドの永続化を図ることを目的に、雑誌からタブロイド誌へと刷新
       ※1「City&Guilds」は、1878年に英国の伝統的な職業別徒弟制度(ギルド制度)保護のために設立された「City
         andGuilds     London    Institute」を中心とした、英国最大手の職業訓練・教育機関であります。英国内28産業
         1,000種類以上の職業能力に関する資格認定を行っており、ヘアドレッシング部門(日本における美容・理容
         分野)の資格認定においては、英国内でも大きなシェアを誇っております。現在、約80ヵ国を超す国の教育
         機関や産業界で採用されており、理美容職種を含め26の業界に教育訓練を実施。世界で1万ヶ所のトレーニ
         ングセンターを運営しており、同団体を通じての資格取得者は、2000年以降だけでも、全世界で年間2,000
         万人を超えております。
       ※2   当社グループでは、2015年9月、上述の「City&Guilds」と独占業務提携契約を締結し、その後、2017年2
         月、戦略的パートナーシップ契約の締結を行いました。当該両契約については、2019年9月に締結した
         「Assured     Programme(アシュアード            プログラム)契約」内に包括されたことにより、いずれも契約を終了し
         ております。
                                 27/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】

     当社グループは、当社及び連結子会社 SEYFERT                       International       USA,   Inc.(米国)の計2社で構成されており、美容室
    経営企業を主要顧客として、様々なサービスを展開しております。それらのサービスがバリューチェーンとして繋がる
    ことで、美容室経営企業の多様な経営課題に対して、総合的なサポートの実現を可能にしております。なお、2020年12
    月期までのグループ連結子会社のうち株式会社G3D                        Japanは、2020年12月に清算決議を行い、2021年4月に清算結了し
    ております。
    [当社事業の特徴]

     当社グループは、        創業以来一貫して「美容師の社会的地位向上、美容師への一生を通じたサポート及び美容室経営者
    の抱える課題改善を支援する」ことを経営方針としており、美容業界の発展のために事業を行っております。
     当社は、美容師のための就職情報誌「re-quest/QJ」を、創業より30年間継続して発行しております。

     当該誌面には、当社専任の雑誌制作・編集部門が手掛けた、東名阪を中心にした全国の美容室の求人情報と、最新の
    ビューティトレンド情報を掲載しており、感性の豊かな美容師ユーザーから多くの支持を頂くとともに、全国の約5万
    人の美容師の自宅へ継続して配布する等、全国各地で高い認知度を保持しているものと考えております。
     また、「re-quest/QJ」は、美容師のみならず、美容業界全体からも高い認知度と社会的信用度を得られていると自負
    しております。
     この「re-quest/QJ」を2021年の当社グループ30周年を機に、雑誌版からタブロイド版へとモデルチェンジさせ、内容
    についても、ビジュアル化を促進し、美容師が読みたくなるコンテンツをより充実させた媒体へとリニューアルいたし
    ました。これにより、「re-quest/QJ」のブランド価値及び認知度が、更に広く認知されるものと考えております。
     当社の営業は、クライアントの抱える課題を深くヒアリングする「コンサルティング型営業」を行っております。

     その課題に対しては、制作と一体(「製販一体」)となって解決するサポート体制を整えていることも当社の強みの一
    つであります。
     また、当社は美容学校から招聘され、美容学生向けの就職活動レクチャーや模擬面接、並びに教員向け勉強会の講師
    活動を行うことで、創業以来、美容学校との関係も強化しております。                                 全国の美容学校        278校(出典:文部科学省            令和
    2年度    学校基本調査)       のうち、259校(カバー率:93%)との間にある取引関係は、当社が長年にわたって積み上げてきた
    信頼関係の上にこそ成り立つ、当業界における強みであり、他社が手に入れたいと望んでも簡単に手に入れることがで
    きないものと考えております。
     当社は、美容学校専任のチームを作り、この美容学校との強い関係性を活かした全国の美容学生を対象とした就職活
    動イベント「re-quest/QJ            就職フェア」を主催することで、参加した美容学生に対し、「re-quest/QJ                                   navi」及び「re-
    quest/QJ     navi   新卒」への登録・活用を促すことで、美容学生の段階から、ユーザーの囲い込みを行っております。
     これらの美容学校との強い関係性、及び美容学校在学中からのユーザー囲い込みにより、当社は美容学生の就職傾向
    やトレンド等の情報を収集する               ととも   に、それらを当社のクライアント(美容室経営企業)に還元することで、クライア
    ント満足度を高め、より一層の関係性の強化を図るものとしております。
     更に、当社は、上述の高い認知度を誇る「re-quest/QJ」を活用し、その名を冠した商品を幅広く展開することで、美

    容業界からの幅広いニーズに対応しております。
     当社グループの報告セグメントは、「サロンサポート事業」の単一セグメントとしております。

     そのため、当該「サロンサポート事業」を構成する「広告求人サービス」、「紹介・派遣サービス」、「教育(その
    他)サービス」における主要商品について、下記のとおり説明いたします。
    (1)  広告求人サービス

     当サービスでは、紙媒体、Web媒体、イベントによる中途・新卒の採用支援サービスを提供しております。なお、当
    サービスにおける主要商品については、以下のとおりとなります。
                                 28/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     ①  「re-quest/QJ       navi」
        Web媒体である「re-quest/QJ              navi」は、美容師に特化した求人サイトです。求人情報には、当社従業員が広
       告の制作段階から関与することによって、定型的な広告内容を掲載するのではなく、より美容室の魅力を伝え
       られる情報を掲載しております。豊富な情報量と工夫された検索システムは、就職活動を行う美容師から様々
       なニーズ・ウォンツに応じて利用できるようになっており、日々活用されています。また、サイト上には就職
       情報だけでなく美容業界の最新トレンドやキャリアアップのためのコンテンツも掲載することで、美容師のた
       めの総合メディアとしての役割も担い、その結果、毎月約20万人(                               2021年1月から11月までの平均ユニーク
            ※
       ユーザー数      )の美容師ユーザーから活用されています。
        なお、当商品の売上高は、美容室経営企業からの「re-quest/QJ                              navi」への求人広告掲載料の積上げにて構
       成されております。
     ②  「新卒採用商品」

       a.「re-quest/QJ        就職フェア」
           就活イベントである「re-quest/QJ                就職フェア」では、美容学生及び就職活動中の美容師と、活発な採
          用活動を行っている美容室経営企業が、直接のコミュニケーションをフェア会場で図ることで、双方に
          とってのベストマッチとなる就職を実現できるようサポートしています。
           1991年より毎年開催している当フェアは、全国の参加美容室経営企業や、美容学校から好評を博してお
          り、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた2020年を除き、年々規模、また開催回数を拡大してお
          り、東京、大阪、名古屋、福岡等全国の主要都市で開催し、多くの美容学生の動員を実現しております。
           なお、当商品の売上高は、「re-quest/QJ                    就職フェア」への参加企業からの出展料金の積上げにて構
          成されております。
       b.「re-quest/QJ        navi   新卒」

           Web媒体である「re-quest/QJ              navi   新卒」は、「re-quest/QJ            navi」を更に美容学生向けに特化させ
          た美容師新卒求人サイトです。サイト内には、求人情報を掲載中の美容室が発行する美容学生限定クーポ
          ンや、美容学校を卒業した先輩美容師の活躍状況等を載せることで、興味を持った美容学生が、美容室へ
          と足を運ぶきっかけを作り、双方の接触機会を増やすことができる仕掛けを施しております。また、サイ
          ト上には、美容室経営企業の採用担当者目線の情報や、就職活動のコツ等の記事を掲載することで、初め
          て就職活動を行う美容学生が、安心して就職活動を行うことができるよう支援をしております。
           なお、当商品の売上高は、「re-quest/QJ                    navi」同様に、美容室経営企業からの「re-quest/QJ                         navi
          新卒」への求人広告掲載料の積上げにて構成されております。
        また、「広告求人サービス」においては、その他に、美容学生向け就職情報誌「re-quest/QJ                                                FOR

       ROOKIES」の発行や、美容室プロモーション・メディアサービス「beauqet」、美容室新規出店時等のノベル
       ティ制作サービス「セールスプロモーション」等、美容室経営企業をサポートするサービスを取り扱っており
       ます。
    (2)  紹介・派遣サービス

     当サービスでは、美容室経営企業、美容師双方の多様なニーズに応えることのできる美容師に特化した紹介・派遣
    サービスを提供しております。なお、当サービスにおける主要商品については、以下のとおりとなります。
      「re-quest/QJ       casting」
        「re-quest/QJ       casting」は、美容室経営企業が「働く期間」、「タイムシフト」、「スキルレベル」を指定
       し、必要な時だけ必要な人材を確保できる美容師人材派遣サービスです。これは、今までの経験やスキルを活
       かした柔軟な働き方、主婦になった女性美容師等の多種多様なライフスタイルを大切にしながら働きたいと希
       望する美容師に応えるものであります。また、美容室経営企業にとっては、経営を圧迫する一つの要因である
       固定費化する人件費を変動費化し、店舗収益を効率的に向上する要望に応える人材派遣サービスであります。
        なお、当商品の売上高は、当社が美容室経営企業へ派遣した美容師の派遣料金の積上げにて構成されており
                                 29/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ます。
        また、「紹介・派遣サービス」においては、その他に成功報酬型の美容師紹介サービス「re-quest/QJ

       agent」、単発日程にて仕事をしたい美容師と労働力が必要な美容室の間を結ぶ、日々紹介サービス「re-
       quest/QJ     agent   mini」等の美容師・美容室経営企業を人材面でサポートするサービスを取り扱っております。
    (3)  教育(その他)サービス

     当サービスでは、美容師の国内での地位向上、国際化推進を目指し、美容師に特化した教育サービスを提供してお
    ります。なお、当サービスにおける主要商品については、以下のとおりとなります。
      「資格証明」
        「資格証明」は、美容学校及び美容室経営企業へ英国教育機関「City&Guilds」から認証された美容に係る
       教育プログラムを提供しております。
        なお、当商品の売上高は、当社が教育認証団体「City&Guilds」に準じた教育を国内の美容学校・美容学生
       におこないますので、年会費、授業料、資格取得試験料等の積上げにて構成されております。
        また、「教育(その他)サービス」においては、米国カリフォルニア州の子会社                                    SEYFERT    International       USA,

       Inc.  による美容室2店舗の運営を行っております。
      ※ ユニークユーザー(Unique              User)とは、Webサイトにアクセスしたユーザー数(訪問者数)のことを指しておりま

         す。
     当社グループの事業の系統図は、以下のとおりです。

                                 30/159












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【関係会社の状況】
                                  主要な事業      議決権の所有

         名称           住所        資本金       の内容     (又は被所有)          関係内容
                                   (注)1      割合(%)
    (連結子会社)
                                               米国での美容室経営
                                               及び留学生の受入れ
                                               を主として行ってお
                                  美容サービ
                                               ります。
    SEYFERT    International
                                  ス及び教育
                 米国                              当社従業員2名が役
    USA,   Inc.(米国)                   300,000USドル        サービス          100
                 カリフォルニア州                              員を兼務しておりま
                                  (留学生の
    (注)2
                                               す。
                                  受入)
                                               営業上の取引(美容
                                               師留学生事業)を
                                               行っております。
    株式会社G3D       Japan
                                  美容サービ
                 東京都渋谷区           30,000千円                 100     ―(注)4
                                  ス
    (注)2
     (注)   1.「主要な事業の内容欄」には、主に当社グループの提供するサービスの名称を記載しております。
       2.特定子会社であります。
       3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       4.2020年12月に株式会社G3D               Japanを清算することを決議し、2021年4月に清算結了しております。
                                 31/159















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                    2021年11月30日現在
              従業員数(名)
                      139  ( 5 )

     (注)   1.従業員数は、就業人員であり、臨時従業員数(                       契約社員、     人材派遣会社からの派遣社員含む)は、最近1年間
         の年間平均人数を( )内に外数で記載しております。なお、派遣美容師スタッフの人員数は含まれておりま
         せん。
       2.当社グループの事業は「サロンサポート事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしてお
         りません。
     (2)  提出会社の状況

                                               2021年11月30日現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            131  ( 5 )             37.2              9.6            4,817

     (注)   1.従業員数は、就業人員であり、臨時従業員数(                       契約社員、     人材派遣会社からの派遣社員含む)は、最近1年間
         の年間平均人数を( )外数で記載しております。なお、派遣美容師スタッフの人員数は含まれておりませ
         ん。
       2.当社の事業は「サロンサポート事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりませ
         ん。
     (3)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 32/159












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営理念

       当社グループは、経営理念及び経営方針に、「CREDO(クレド)                             - ミッション」を掲げ、運営しております。
       
       美容に携わるひとたちとともに、世の中に新しい価値を創造する。
       事業とは、未来を創る営み。

       ひとびとの役に立ち、喜ばれる未来を創ることを目的とした活動、それが事業。
       不要なものがあればそれを壊し、必要なものがあれば創造する。
       つまり、事業とは「世の中を変える」ということ。
       ならば「美容を通して世の中を変える」。

       それが私たちの事業です。
       私たちのミッションは、

       「美容に携わるひとたちとともに、あたらしい価値を創造すること」。
       美容にはもっともっと大きな可能性がある。
       その秘められた可能性を開拓し、具現化することで、
       世の中はきっと変えられる。
       私たちは美容を通して、よりよい未来創造のための原動力となります。

       上述のミッションが示すとおり、当社グループは創業以来一貫して「美容に携わるひとたちとともに、世の中に

      新しい価値を創造する」ため、美容師の社会的地位向上、美容師への一生を通じたサポート、及び美容室経営者の
      抱える課題解決を支援することを目的としてし、美容業界の発展のために事業運営を行っております。
     (2)  目標とする経営指標

       当社グループは、美容業界の発展とともに当社グループの持続的成長を目指しております。このため、中長期的
      な企業価値の向上を達成するために、売上高及び営業利益を重視しており、収益性を意識しながら当社グループの
      拡大、成長を目指しております。
     (3)  中長期的な会社の経営戦略、並びに優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当社グループ事業は、美容業界が主な関連市場であり、美容室経営に向けた求人広告、人材の紹介・派遣による
      サポート、美容学生及び美容師への教育機会の提供等、幅広いサービスを提供しております。
       2020年度の理容を含めた美容市場については、新型コロナウイルス感染症による消費者の活動制限や、外出自粛
      等による消費マインドの冷え込み、及び美容室への来店間隔の長期化等による来店者数の減少等の影響を受けなが
      らも、一方で美容サービスについては、消費者に欠くことのできないサービスのひとつでもあるため、底堅い需要
      を維持いたしました。
       理美容市場の事業者売上高は、株式会社矢野総合研究所「2021年版                               理美容サロンマーケティング総鑑」理美容市
      場規模    2020年~2023年        実績・予測によると、2020年度は1兆9,700億円(前年度比92.7%)となっております。な
      お、理容市場を控除した美容市場については、1兆3,810億円(前年度比92.2%)の市場規模であります。
       また、理美容市場の市場規模については、2021年度以降も、2021年度は2兆1,052億円(内、美容市場1兆4,820億
      円)、2022年度は2兆898億円(内、美容市場1兆4,711億円)、2023年度は2兆745億円(内、美容市場1兆4,604億円)と常
      に2兆円台を安定推移予測であります。
       上述の経営環境の中で、当社グループは、これからの業界に起こる環境変化に常に適応し、美容室経営者の経営

                                 33/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      課題の解決と美容師・美容学生の夢を叶える商品開発を続け、「美容に携わるひとたちと                                          とも  に、世の中に新しい
      価値を創造する」というミッションの実現に向け、既存商品及びサービスの成長と新規商品開発に取り組んでまい
      り ます。
       そのため、中長期的な経営戦略については、以下のとおりとなります。
      ①既存商品及びサービスの成長

       当社グループは、「コンサルティング型営業」と「デジタル(IT)」の融合により既存商品を拡販し、市場にお
      けるシェアを拡大して参る計画であります。
       主として、「広告求人サービス」の主要商品である「re-quest/QJ                               navi」、及び「新卒採用商品(re-quest/QJ                    就
      職フェア、re-quest/QJ           navi   新卒)」の拡販を計画しております。
       「re-quest/QJ       navi」は、現在乱立するデジタル人材マッチングサービスに先駆け、2007年より当社にて運用を
      開始し、その後、継続してシステム改善を行った結果、現在では多くの美容師ユーザーを誇る美容師求人サイトへ
      と成長し、美容師・美容室経営企業との関係性と先行優位性から、当社の核となる最大収益商品に至りました。
       また当媒体は、今後も新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、リアル媒体からインターネット媒体への顧
      客関心の移行が加速している状況を鑑みますと、製販一体(「コンサルティング型営業」と「デジタル(IT)」)と
      なった当社ならではの強みを活かしながら、販売エリアを拡大していくことで、インターネット媒体からの更なる
      収益の拡大が可能であると確信するサービスのひとつでもあります。
       「re-quest/QJ       navi」の強みは、その求人広告において、美容業界における豊富な知識を基にクライアントニー
      ズを満たすことのできるサービス提案ができる営業と、当社グループのデザイナーやコピーライターがひとつの
      チームとなり、ヒアリングを行った上で求人広告を作成できる点であります。
       この当社グループならではの強みを活かして、多店舗展開を行う大型美容室経営企業を対象とした広範囲かつ多
      店舗の求人掲載が可能な高価格プランや、個人で経営する小規模美容室向けのスポットで活用可能な少額プランを
      拡販するのとともに、取扱いエリアについても全国への展開を計画しております。
       「re-quest/QJ       就職フェア」は、当社とつながりのある全国259校の美容学校と、良い人材を採用したい当社クラ

      イアントの美容室経営企業を繋ぐことで、双方                      とも  にベストマッチに繋がる接触機会を創出する役割を担っており
      ます。
       当就職フェアは全国の参加美容室や、美容学校から好評を博しており、年を重ねる毎に規模並びに開催回数を拡
      大し続け、当社グループの業績拡大にも大いに寄与するサービスへと成長しております。
       2020年では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、その前年まではオフラインでのみ実施しておりました当
      フェアを、オンライン上でも開催できるようシステム等の構築を行いました。これにより参加美容室経営企業と美
      容学生に対する同感染症の影響や移動時間及び開催場所等の制約を受けず、Web媒体「re-quest/QJ                                              navi   新卒」同
      様に安全安心に結びつけることが可能になりました。
       オンライン上での就職フェアにつきましては、この先も成長が見込まれる分野でありますため、オフラインの
      フェアと織り交ぜながら、今後も引き続き販売等の拡大に注力することで、より一層の収益拡大を目指していく計
      画であります。
      ②新規商品開発への取り組み

                                ※
       当社グループは、次の美容師の中心世代となる「Z世代                          向け美容師情報アプリ」の開発を行っております。
       これからの美容業界の最前線で活躍するZ世代は、スマートフォンが当たり前のSNSネイティブ世代と言われてお
      ります。
       そのため、当アプリは、知りたい情報を検索するための検索型メディアではなく、読み物記事や、トレンド情
      報、スキルアップ情報をアプリ上に、SNSライクなビジュアルで表示する計画としております。
       これにより当アプリは、必要な情報を探す時にだけアクセスするツールではなく、鮮度の高い情報に触れるため
      に、ユーザー自らが頻繁にアクセスするプラットフォームとなります。
       プラットフォームには、現在当社の情報サイト「re-quest/QJ                              navi   DAILY」に掲載する「メイクアップのHOW

      TO」や「トレンドヘアスタイル情報」、「転職」、「ワークライフ」、「センス・スキルアップ」、「ライフ・
      キャリアプラン」、「サロンあるあるコラム」、「占い」、「DIY」といった情報、及びそれぞれのユーザーが発信
                                 34/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      する多種多様な情報で溢れるようにいたします。
        これらの情報で美容師ユーザーを囲い込みながら、ユーザーの動向を分析し、その個人と適合する美容室経営
      企業との採用マッチングを行って参る計画であります。
       また当アプリの可能性は、求人サービスだけにとどまらず、彼らが発信する情報も併せて分析することで、彼ら

      の潜在的な「購買ニーズ」や「教育ニーズ」といった様々なニーズを抽出することができるようになります。
       そのため、将来的にはこの情報を活用し、ECサイトに発展させ、必要な商品を最適なタイミングで提案すること
      や、美容メーカーや代理店等が望む情報を提供すること、様々な商品へと発展させていくことも計画しておりま
      す。
      ※ Z世代とは、1990年代半ばから、2000年代にかけて生まれた世代を指します。

                                 35/159

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
     当社グループの事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッ
    シュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであります。ま
    た、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、投資者の投資判断上重要であると考えられる事
    項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下のとおり記載しております。
     なお、以下の記載事項は、本書提出日現在の事項であり、将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グルー
    プが判断したものです。また、以下の事業等のリスクは、全ての事業活動又は投資判断上のリスクを網羅するものでは
    ありません。
     (1)  市場環境に関するリスクについて

        ①  紙媒体の影響力
         (顕在化可能性:中          / 影響度:小)
          当社グループは、創業より就職情報誌「re-quest/QJ」の発行を通じて、美容業界での認知度を高めて参り
         ました。それにより多数の美容師ユーザーに直接リーチができる広告求人媒体へと成長したことは、当社グ
         ループが持つ優位性でありますが、近年のWeb媒体へ移行する利用者の増加傾向により、紙媒体の認知度及び
         影響力が低下する可能性があります。
          そのため、当社グループでは利用者が増加するWeb媒体「re-quest/QJ                                navi」のプラットフォームの拡充や
         プラットフォーム内の美容コンテンツの充実を図ることで、ブランド価値の維持に努めております。また、
         就職情報誌「re-quest/QJ」の価値を向上させるために雑誌版からタブロイド版へ変更し、ビジュアル化の充
         実等により、読者増を図っております。
          しかしながら、これらの取り組みによって影響力が維持できない場合には、当社グループが持つ広告求人
         サービスや、紹介・派遣サービス等の影響力にも波及し、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす
         可能性があります。
        ②  IT商品開発力の維持及び強化

         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループの提供するサービスの一部は、PC、スマートフォンを中心としたインターネット関連市場に
         属しており、技術革新や技術水準の向上、市場環境の変化に対応することが競争を勝ち抜くために必要であ
         ります。このため、当社は最新の技術動向や企業ニーズ等に注視するとともに、新技術及び新サービスの開
         発を行うために、継続的な技術革新に取り組んでおります。
          しかしながら、当社グループが技術革新等の方向性判断を見誤り、開発計画とおりに進まない場合は顧客
         やユーザーの求めるサービスを適切なタイミングで提案できなくなり、それにより想定外の追加投資が発生
         することで、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  競合他社の影響

         (顕在化可能性:中          / 影響度:中)
          インターネット求人市場の活発化により、競合他社の参入が相次ぎ、競合状況が激化しております。当社
         グループでは、顧客の声に向き合い、当社グループ独自の有益なサービスの開発及び提供、営業体制の構築
         に継続的に取組むことで、競合優位性の維持に努めております。
          しかしながら、同業者のみならず異業種の大手企業等による                            美容業界向け広告求人サービス               への参入等が
         生じた場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。 
        ④  美容業界の動向

         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループでは、美容業界向け広告求人サービス、紹介・派遣サービス、教育(その他)サービスの販売事
         業を行っております。現在のところ、美容室の出店件数及び美容師人口は増加傾向にあり、当社の提供する
         サービスに影響はないと考えられますが、今後、人口減少による出店件数及び美容師人口の減少に伴い、当業
         界の市場規模が縮小するような場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
                                 36/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  当社グループ事業に関するリスクについて
        ①  人材の確保、育成
         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループでは、Webマッチング等のデジタル技術のみに依存せず、営業一人一人が顧客の声に真摯に向
         き合い、最適なサービスを提供することで、競合他社との差別化を図っております。そのため、営業人員の
         安定的な確保が必要不可欠であり、またそれらの営業に対する美容室経営を支援するための知識習得等、人
         材育成に努めております。
          しかしながら、十分な人材の確保及び育成ができない場合には、顧客へのアプローチ数の減少や、                                              クライ
         アントニーズ      に即したサービスの提案ができないこと等によるサービス品質の低下が起こり、当社グループ
         の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  著作権・商標権等

         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループの提供する「re-quest/QJ」、「re-quest/QJ                            navi」等の広告求人媒体においては、写真、デ
         ザイン、動画等を取り扱うため、著作権や商標権について第三者の権利を侵害することがないか事前に確認
         を取った上で広告制作、記事編集業務等を行っております。
          しかしながら、第三者の保有するものとの類似性が指摘される等、当該第三者の権利を侵害していると認
         定され、損害賠償請求等を求められた場合、当社グループの業績及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があ
         ります。
          また、当社グループが保有する商標権等の知的財産権が第三者に侵害された場合には、解決までに多くの
         時間を要することにより、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  情報システムのトラブル

         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループの提供するサービスの一部は、PC、スマートフォン等の通信ネットワークの上に成り立って
         おり、また事業を円滑に運営するための管理システム等の利用のためにも、安定的なネットワークの稼働が
         不可欠であります。当該システムが稼働している複数のサーバについては、不測の事態による停止や保存
         データの喪失等に備え、バックアップ体制、ファイアウォールの構築、遠隔地での保管、ディザスタリカバ
         リ体制を構築し、考えられるリスクに備えた回避策を講じております。
          しかしながら、自然災害、事故等による通信ネットワークの障害、ハードウェアやソフトウエアの欠陥、
         事故によるシステム障害、過失や妨害行為、コンピュータウイルスや第三者による不正アクセス等のサイ
         バーアタックが生じた場合、システムや通信ネットワークが使用できなくなることや、当社グループが保存
         する当社の個人ユーザー、又は企業クライアントの個人情報及び機密情報が損失又は流出することにより、
         当社グループの社会的信用、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ④  資金調達リスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループは、金融機関からの借入れや社債の発行等により事業資金を調達しておりますが、金融市場
         の不安定化、金利上昇等が生じた場合には、資金調達コストが増加する可能性等があり、当社の経営成績及
         び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          当社グループでは、シンジケーション方式タームローン契約、及びシンジケーション方式コミットメント
         ライン契約を締結していますが、この契約には各連結会計年度の末日における当社単体の貸借対照表の純資
         産の部の金額や、各連結会計年度の末日における単体の損益計算書の経常損益を基準として財務制限条項が
         付されており、これに抵触した場合には期限の利益を喪失し、有利子負債の返済を求められる可能性があり
         ます。これにより、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 37/159




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  事業運営体制について
        ①  特定の人物への依存について
         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          創業より代表取締役社長を務めております長谷川高志は、当社グループが事業対象とする美容業界につい
         て、豊富な知識と事業経験、並びに多数の人的関係を有しており、当社グループの経営において極めて重要
         な役割を果たしております。
          当社グループでは、役員、            幹部従業員     の情報共有や権限の委譲を徐々に進め、経営組織の強化を図り、過
         度の依存を避けた体制の構築を図って参りますが、何らかの理由で同氏が当社グループの経営に参画できな
         くなった場合には、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  内部管理体制の強化について

         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループは、グループ内の内部統制に係る体制が健全に機能することが、企業価値の継続的な発展に
         資すると認識しております。そのため、業務の適正性と財務報告の信頼性を維持するための内部統制システ
         ムの健全な運用と法令の遵守を推進しておりますが、事業環境の変化や事業の拡大に伴い、これらの体制の
         構築に不備が生じた場合には、適切な業務運営が難しくなり、当社グループの業績及び財政状態に影響を及
         ぼす可能性があります。
        ③  小規模組織であることについて

         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループは、小規模な組織であり業務執行体制もこれに応じたものになっております。当社グループ
         は、今後想定される事業及びエリア拡大に応じて、従業員の育成、人員の採用を行うとともに、業務執行体
         制の充実を図っていく方針であります。またそれに加え、既存事業を拡大・成長させていくための事業開発
         力・マネジメント能力を有する人材や、システム技術分野のスキルを有する人材、及び高度な専門性を持つ
         コーポレート人材の確保に努めるとともに、人事制度、教育体制の整備を進め、人材の定着と能力の底上げ
         に努めております。
          しかしながら、当社グループの求める人材が、必要な時期に十分に育成・確保できなかった場合や、人材
         の流出が進んだ場合には、恒常的な業務運営及び拡大等に支障が生じ、当社グループの業績及び財政状態に
         影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  法的規制について

         ①  一般的な法規制に関するリスク
         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループは、自らが事業を展開する国又は地域の法令等を遵守する必要があります。当社グループに
         適用される法令等に違反した場合、当社グループの事業運営、業績、財政状態、及び社会的信用に重大な影
         響を及ぼす可能性があります。
          また、将来当社グループに適用される法令等の新設又は改正、司法・行政解釈等の変更がある場合、複雑
         化する法規制への対応の遅れや、それにより当社グループが事業機会を逸する可能性や、当社グループの事
         業運営、業績、財政状態、及び社会的信用等に影響を与える可能性があります。
        ②  紹介・派遣サービスに関するリスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループでは、美容師人材の派遣及び人材紹介に係るサービスを広く提供しており、当該サービスに
         つきましては、それぞれ「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」、
         「職業安定法」に基づく許可を取得して事業を行っております。また、当社グループは、法規制を遵守した
         運営を行うとともに、今後も社内教育の継続的な実施や管理体制強化の推進に努めて参ります。
          しかしながら、近年は特に、労働者の権利に関係する政策により、人材を取り巻く事業への規制はより強
         化されており、これらの法改正又は新たな規制の新設等があった場合には、当社グループの提供するこれら
         のサービスに影響が生じ、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          また、これらの紹介・派遣サービスにおいて、当社グループによる法令違反等が発生した場合、又は派遣
         事業者もしくは人材紹介事業者の一定の要件を満たさない場合には、許認可の取り消し、業務停止命令又は
                                 38/159

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         業務改善命令等の対象となり、当社グループの業績、財政状態及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があり
         ます。
        ③  広告求人等インターネット経由のサービスに関するリスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループでは、顧客の要望に応じた広告求人を、インターネットを利用して提供する等インターネッ
         トを経由したサービスの提供を多く行っております。そのため「電気通信事業法」、「不正アクセス行為の
         禁止等に関する法律」、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」及び「特定電気通信役務提供者
         の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」等の規制を受ける立場にあります。
          そのため、当社グループは、法規制を遵守した運営を行うとともに、今後も社内教育の継続的な実施や管
         理体制強化の推進に努めて参ります。
          しかしながら、インターネットに関係する事業者を規制する法令は近年急速に整備が進んでおり、今後こ
         れに伴い規制の強化や新設等があった場合には、当社グループの提供するインターネットを通じた各種サー
         ビスに影響が生じ、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ④  社会保険料負担に関するリスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループでは、従業員に加えて現行の社会保険制度において社会保険加入対象となる派遣美容師を加
         入させております。社会保険料の保険料率や、被保険者の範囲等は適宜改定されており、今後の法改正にお
         いて、これらの社会保険の保険料率や適用範囲が更に拡大された場合には、社会保険負担額が増加するこ
         と、及び取得・喪失手続きの処理対象件数が増加し、事務処理費用が増加する可能性があります。当社グ
         ループでは、当該リスクへの対応策として、法令の改正に関して適時に情報を収集し、当社グループの経営
         成績、財政状況に与える影響を早期に把握するよう努めるとともに、当該リスクが顕在化した際には、クラ
         イアントに対する請求金額への転嫁や、業務効率化等の内部努力によるコスト削減等に取り組む所存であり
         ますが、これらの取り組みによって費用の増加を吸収できない場合には、当社グループの業績及び財政状態
         に影響を及ぼす可能性があります。
         ⑤  個人情報・機密情報漏洩に関するリスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループでは、読者情報や派遣美容師情報、会員情報等、当社グループのサービスに係る多くの個人
         情報、及び顧客サービスに必要な機密情報を保持しており、「個人情報の保護に関する法律」が定める個人
         情報取扱業者としての義務が課されております。
          これらの情報について、当社グループでは、個人情報及び機密情報に関する規程を設け、保管場所、方
         法、パスワードの設定、施錠の管理等、安全な取扱いに努めております。また当社グループのコンピュータ
         システムは、外部からの不正アクセスを防止するための、ファイアウォール等のセキュリティ手段によって
         保護されております。
          しかしながら、個人情報等の取扱に関する法規制が今後より厳格となる場合や、万が一、不測の事態によ
         り個人情報や機密情報が漏洩した場合には、当社グループが損害賠償を含む法的責任を追及される可能性が
         ある他、当社グループの社会的信用及びサービスの信頼性の失墜により、当社グループの業績及び財政状態
         に影響を及ぼす可能性があります。
     (5)  その他のリスクについて

        ①  新株予約権による株式価値希薄化のリスク
         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループでは、取締役、従業員に対するインセンティブとして新株予約権を発行しております。この
         新株予約権が権利行使された場合には、他の既存株主の保有する株式の価値が希薄化する可能性がありま
         す。
          なお、提出日現在の新株予約権による潜在株式数は54,000株であり、発行済株式総数900,000株の6.0%に
         相当しております。
        ②  米国の入国政策が緩和されないことによるリスク

                                 39/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (顕在化可能性:低          / 影響度:低)
          当社グループでは、グループ会社のSEYFERT                     International       USA,   Inc.(米国)を通じて米国で美容サービス
         を提供しております。そのため、当社は美容サービスを行う人員について、日本人美容師と現地美容師の双
         方から採用を行い、安定したサービスの供給に努めております。しかしながら、米国の移民政策の転換によ
         り、就労ビザを取得できない日本人美容師が複数生じた場合には、人員減による生産性の低下等により、当
         社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  債権回収に関するリスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:中)
          当社グループは、顧客に対する売上債権等信用リスクのある債権を有しております。顧客数は多数に及び
         ますが、債権回収リスクを極小化すべく、顧客毎に調査を行い、与信限度額を設定しております。
          しかしながら、経済情勢の変化等により、顧客によっては急速に経営状況が悪化する場合も考えられま
         す。このような場合には、売上債権の回収が遅延する他、回収不能になる可能性があり、当社グループの業
         績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ④  訴訟・不祥事及びレピュテーションリスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループは、法令遵守を重視した事業活動を行っておりますが、その事業活動の遂行過程において、
         個人ユーザー、企業クライアント及び競合他社その他の関係者から、当社グループが提供するサービスの不
         備、派遣社員も含む従業員の労務管理、個人情報及び機密情報の漏洩、もしくはその他の知的財産の侵害、
         又は当社グループのプラットフォームにおけるクライアントによる虚偽誇大広告等による各種係争や、損害
         賠償請求の当事者になる可能性、不祥事、誹謗中傷のリスク、及び当社グループ従業員・派遣美容師の過失
         による事故、不法行為等による訴訟等のリスクによる法的手続に関連し、多額の費用を支出することで、事
         業活動に支障をきたす恐れがあります。
          かかる法的手続は長期的かつ多額、また結果の予測が困難となり、当社グループに不利な判断がなされた
         場合には、当社グループの社会的信用、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          また、派遣美容師が派遣先での業務遂行に際して、死亡、負傷した場合、又は疾病にかかった場合には、
         使用者である当社グループに補償義務が課せられるため、当社グループが損害賠償義務を負う可能性があり
         ます。
        ⑤  新型コロナウイルス感染症に関するリスク

         (顕在化可能性:低          / 影響度:大)
          当社グループでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止や、従業員を含むステークホルダーの安全確保
         を目的に、緊急事態宣言の発令・解除の状況等を鑑み、一部の従業員に関しては在宅勤務(リモートワーク)
         での業務運営を行う他、不要不急のイベント参加や国内外出張の取りやめ、及びオンラインツールを使用し
         た社内会議の開催等を実施しております。
          しかしながら、これらの感染症が更に拡大し、事態が悪化した場合には、従業員の健康被害、事業所閉鎖
         による事業活動の停滞、市況の悪化及び営業活動や受注の縮小による収益低下等に波及する可能性がありま
         す。
          また、感染症拡大時において、事業環境の悪化を反映し、人材採用活動の鈍化による、企業クライアント
         の有料求人広告出稿数の減少や、対面での就職フェア等のイベントの延期、派遣労働者受け入れ需要の減少
         等が継続する場合、売上収益が減少し、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
                                 40/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という)の状況の概要は次の
      とおりであります。なお、当社の報告セグメントは、「サロンサポート事業」の単一セグメントであるため、セグ
      メント別の記載はしておりません。
      ① 財政状態及び経営成績の状況

        第31期連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
        経営成績は下記のとおりであります。
        当連結会計年度におけるわが国経済は、当初企業収益や雇用環境が改善基調にあったものの、新型コロナウイ
       ルス感染症拡大の影響が起因となり、個人消費の減少や経済活動の停滞等の結果、国内外の景気は悪化いたしま
       した。また新型コロナウイルス感染症については、依然として収束時期の見通しが立たず、先行き不透明な状況
       が続いております。
        当社グループの属する美容業界におきましては、人口減少と少子化の進展による新卒美容師の減少に伴う美容
       室スタッフの採用難、SNSの普及による集客方法の変化や、フリーランス美容師の増加等、美容業界を取り巻く経
       営環境が急速に変化しており、美容室経営企業間のみならず、美容師間でも顧客獲得競争は激化してきておりま
       す。更に、新型コロナウイルス感染症対策を講じた店舗営業体制の再構築や、顧客の消費マインドの冷え込み等
       により、美容室経営はより厳しいものとなっております。
        このような事業環境のもと、当社                グループ    のサロンサポート事業は「美容業界及び関連市場の活性化の促進」
       のため、引き続き「美容室経営向上に向けた求人広告の拡大、優秀な人材の紹介・派遣による経営サポート、美
       容師への教育機会の提供」等のサービス提供により、美容業界のための取り組みを継続して参りました。
        「広告求人サービス」につきましては、収益の柱であるWeb求人媒体「re-quest/QJ                                       navi」において、新型コロ

       ナウイルス感染症拡大により、採用活動全般が一時的に消極化した影響を受けましたが、広告求人競合他社と顧
       客獲得競争を続け、下半期には経済活動の回復に伴い採用活動も復調したことを受け、順調に伸長いたしまし
       た。
        今後につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響下において、就職情報誌等のリアル媒体からインター
       ネット媒体へ顧客の関心が移行している状況に鑑み、製販一体(広告制作内製、Webプラットフォーム内製、対面
       営業、インサイドセールス)となった当社グループならではの強みを活かしながら、販売エリアを拡大していくこ
       とで、インターネット媒体からの更なる収益の拡大を目指して参ります。
        「広告求人サービス」の第2の柱である新卒採用商品の「re-quest/QJ                                 就職フェア」ですが、新型コロナウイ
       ルス感染症による緊急事態宣言発令を受け、春の就職フェアの開催を中止又は順延いたしました。
        しかしながら、従来の春の大型フェアについて衛生環境等を鑑みて、開催時期を秋に移し、改めて「re-
       quest/QJ     就職フェア」として開催することで、取引先美容室経営企業と美容学生を結び付ける機会を提供するこ
       とができ、美容業界全体からご好評を頂いたと自負しております。
        併せて、当フェアをオンライン上でも開催できるようシステム等の構築を行いました。これにより美容室経営
       企業と美容学生を、感染症の影響や、移動時間及び開催場所等の制約を受けることなく、Web求人媒体「re-
       quest/QJ     navi   新卒」同様、安全・安心に結びつけることが可能になりました。
        オンライン上での「re-quest/QJ                就職フェア」につきましては、この先も成長が見込まれる分野でありますた
       め、オフラインと織り交ぜながら、今後も引き続き販売等の拡大に注力して参ります。
        「紹介・派遣サービス」においては、新型コロナウイルス感染症の影響が、当初想定した期間を超えて継続し

       ており、売上高の回復に時間を要しております。
        具体的には、美容室の営業日数・時間が短縮、及び消費者の外出自粛等もあり、繁忙期にニーズのある美容師
       派遣サービスは低調に推移いたしました。
        「教育(その他)サービス」においては、産学協同に向けて美容学校及び美容室経営企業との関係性を深め、英

       国の最大手教育認証団体「City&Guilds」ライセンスに基づく国際美容認定サービスの普及に引き続き尽力してお
       ります。
        また、関係会社であるSEYFERT              International       USA,   Inc.(米国)の業績は、アメリカ国内における新型コロナウ
       イルス感染症対策のため行われたロックダウン政策により、店内営業を行うことが困難な状況が続いたことを受
                                 41/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       け、収益は減少いたしました。
        併せて、同社100%子会社の株式会社G3D                    Japanは、新型コロナウイルス感染症の影響によるインバウンド需要
       の低迷に伴い、黒字化には時間を要することが想定されることから、当連結会計年度末に清算を決議いたしまし
       た。
        これらの結果、当連結会計年度における当社グループの業績は、売上高2,204百万円(前年同期比15.7%減)、営

       業利益85百万円(同48.0%減)、経常利益は136百万円(同7.0%増)となり、特別利益として固定資産売却益等1百
       万円、特別損失として新型コロナウイルス感染症による損失65百万円、関係会社整理損等5百万円を計上いたし
       まして、親会社株主に帰属する当期純利益は34百万円(同50.9%減)となりました。
      財政状態は下記のとおりであります。

       (資産)
        当連結会計年度末における総資産は2,342百万円となり、前連結会計年度末と比べ272百万円の増加となりまし
       た。
       流動資産

        当連結会計年度末における流動資産は2,023百万円となり、前連結会計年度末と比べ259百万円の増加となりま
       した。
        これは、主に借入の実施に伴う現金及び預金の増加283百万円、1年内償還予定の投資有価証券を振替えたこと
       に伴う有価証券の増加19百万円があった一方で、当連結会計年度末の売上高の減少に伴う売掛金の減少27百万円
       があったこと等によるものです。
       固定資産

        当連結会計年度末における固定資産は319百万円となり、前連結会計年度末と比べ13百万円の増加となりまし
       た。
        これは、主に投資有価証券の購入による増加37百万円があった一方で、1年内償還予定の投資有価証券を有価
       証券へ振替えたことに伴う減少19百万円、車輌運搬具の譲渡等による機械装置及び運搬具(純額)の減少6百万
       円があったこと等によるものです。
       (負債)

        当連結会計年度末における負債は1,971百万円となり、前連結会計年度末と比べ258百万円の増加となりまし
       た。
       流動負債

        当連結会計年度末における流動負債は1,518百万円となり、前連結会計年度末と比べ470百万円の増加となりま
       した。
        これは、主に当座貸越契約及びコミットメントライン契約の借入実行に伴う短期借入金の増加492百万円、前連
       結会計年度では年度内に納付していたことに伴う未払消費税等の増加25百万円、「新卒採用商品」の売上高の減
       少等に伴う前受金の増加17百万円があった一方で、約定弁済に伴う1年内返済予定長期借入金の減少34百万円、
       当連結会計年度末の売上高の減少に伴う買掛金の減少30百万円があったこと等によるものです。
       固定負債

        当連結会計年度末における固定負債は453百万円となり、前連結会計年度末と比べ211百万円の減少となりまし
       た。
        これは、主に約定弁済に伴う長期借入金の減少167百万円、定時償還に伴う社債の減少40百万円等によるもので
       す。
       (純資産)

        当連結会計年度末における純資産は370百万円となり、前連結会計年度末と比べ14百万円の増加となりました。
        これは、親会社株主に帰属する当期純利益を34百万円計上したこと、及び前連結会計年度末配当金により利益
       剰余金が18百万円減少したこと等によるものであります。
                                 42/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      第32期第3四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年9月30日)

        経営成績は下記のとおりであります。
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナワクチンの接種が進んだものの、首都圏をはじ
       め一部地域には緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令され、更に期間延長が繰り返されておりました。政
       府、各自治体等による各種経済対策が行われておりますが、個人消費等は十分に回復しているとは言い難いた
       め、依然として厳しい経済状況が続いております。
        当社グループの属する美容業界におきましても、新型コロナウイルス感染症の影響による消費者の活動制限や
       外出自粛等による消費マインドの冷え込み、及び美容室への来店間隔の長期化等による来店者数の減少の影響を
       受け、厳しい状況が続いております。
        このような状況のなか、当社グループのサロンサポート事業は「美容業界及び関連市場の活性化の促進」のた
       め引き続き「美容室経営に向けた求人広告、人材の紹介・派遣によるサポート、美容師への教育機会の提供」等
       のサービス提供により、美容業界のための取り組みを継続して参りました。
        当第3四半期連結累計期間において、「広告求人サービス」では、新型コロナウイルス感染症の影響と、広告
       求人競合他社との顧客獲得競争による影響を若干受けましたが、当社ならではの強みである製販一体(Web開発+
       コンサルティング営業)を活かした広告求人商品の拡販を行ったことにより、売上高は順調に推移いたしました。
        「紹介・派遣サービス」では、新型コロナウイルス感染症による影響は軽減されたものの続いており、美容室
       経営企業からの当該サービスの需要回復に時間を要していることから、売上高はいまだ停滞いたしました。
        「教育(その他)サービス」では、産学協同に向けて美容学校及び美容室経営企業との関係性を深め、引き続き
       「City&Guilds」を活用した資格認証サービスの普及に尽力しております。
        関係会社であるSEYFERT           International       USA,   Inc.(米国)の業績については、新型コロナウイルス感染症の影響
       が、新型コロナワクチン接種者の増加により減少しつつあることで、客足も順調に回復しているため、概ね計画
       どおりに推移しております。また、米国政府の新型コロナウイルス感染症対策支援の一つであります連邦中小企
       業庁の「Paycheck         Protection      Program」による融資を2021年2月に受けましたが、同年7月に返済免除が承認さ
       れ、債務勘定整理益12百万円を計上しております。
        これらの結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの連結業績につきましては、売上高1,700百万
       円、営業利益197百万円、経常利益は189百万円となり、新型コロナウイルス感染症による損失18百万円を特別損
       失に計上したこと等により、親会社株主に帰属する四半期純利益は116百万円となりました。
        財政状態は下記のとおりであります。

       (資産)
        当第3四半期連結会計期間末における総資産は1,852百万円となり、前連結会計年度末と比べ489百万円の減少
       となりました。
        流動資産

        当第3四半期連結会計期間末における流動資産は1,526百万円となり、前連結会計年度末と比べ496百万円の減
       少となりました。
        これは、主に借入の返済に伴う現金及び預金の減少459百万円、及び外国債券の満期償還等に伴う有価証券の減
       少20百万円等によるものです。
        固定資産

        当第3四半期連結会計期間末における固定資産は326百万円となり、前連結会計年度末と比べ6百万円の増加と
       なりました。
        これは、主に新規取得に伴う工具、器具及び備品(純額)の増加5百万円、及び新規アプリ開発に伴うソフトウ
       エア仮勘定の増加11百万円があった一方で、賞与引当金による一時差異減少等に伴う繰延税金資産の減少11百万
       円等によるものです。
        (負債)

        当第3四半期連結会計期間末における負債は1,381百万円となり、前連結会計年度末と比べ590百万円の減少と
       なりました。
                                 43/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        流動負債

        当第3四半期連結会計期間末における流動負債は1,052百万円となり、前連結会計年度末と比べ466百万円の減
       少となりました。
        これは、主に返済に伴う短期借入金の減少300百万円、約定弁済に伴う1年内返済予定長期借入金の減少65百万
       円、当第3四半期連結会計期間の「ZASSI                    MART」売上高減少等に伴う前受金の減少19百万円、当第3四半期連結
       会計期間末の「re-quest/QJ」未発行号に伴う買掛金の減少16百万円、及び前連結会計年度末は6ヶ月分の賞与引
       当に対し、当第3四半期連結会計期間末は3ヶ月分の賞与引当であったことに伴う賞与引当金の減少29百万円等
       によるものです。
        固定負債

        当第3四半期連結会計期間末における固定負債は329百万円となり、前連結会計年度末と比べ123百万円の減少
       となりました。
        これは、主に約定弁済に伴う長期借入金の減少97百万円、及び定時償還に伴う社債の減少30百万円等によるも
       のです。
        (純資産)

        当第3四半期連結会計期間末における純資産は471百万円となり、前連結会計年度末と比べ100百万円の増加と
       なりました。
        これは、親会社株主に帰属する四半期純利益を116百万円計上しましたが、前連結会計年度末配当金により利益
       剰余金が18百万円減少したこと等によるものです。
      ② キャッシュ・フローの状況

       第31期連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度に比べ283百
       万円増加し1,563百万円となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの概況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は148百万円(前年同期は111百万円の資金の獲得)となりました。これは主な増
       加要因として、税金等調整前当期純利益68百万円(前年同期は126百万円)、減価償却費36百万円(前年同期は38百
       万円)、売上債権の減少額27百万円(前年同期は売上債権の増加額29百万円)、前受金の増加額17百万円(前年同期
       は前受金の減少額8百万円)、退職給付に係る負債の増加額10百万円(前年同期は退職給付に係る負債の減少額3
       百万円)、等があった一方で、減少要因として、仕入債務の減少額30百万円(前年同期は仕入債務の増加額29百万
       円)等があったことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果支出した資金は71百万円(前年同期は12百万円の資金の獲得)となりました。これは主に、投資
       有価証券の取得による支出37百万円(前年同期は投資有価証券の取得による支出0百万円)、無形固定資産の取得
       による支出33百万円(前年同期は無形固定資産の取得による支出24百万円)等によるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果得られた資金は210百万円(前年同期は135百万円の資金の支出)となりました。これは主な増加
       要因として、短期借入金の純増額492百万円(前年同期は短期借入金の純増額96百万円)、長期借入れによる収入
       206百万円(前年同期は長期借入れによる収入410百万円)があった一方で、減少要因として、長期借入金の返済に
       よる支出407百万円(前年同期は長期借入金の返済による支出551百万円)、社債の償還による支出40百万円(前年同
       期は社債の償還による支出40百万円)、配当金の支払額18百万円(前年同期は配当金の支払額18百万円)等があった
       ことによるものです。
                                 44/159

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 生産、受注及び販売の状況

       a.生産実績及び受注実績
         当社グループの事業内容は、提供するサービスの性格上、生産実績及び受注実績の記載になじまないため、
        当該記載を省略しております。
       b.販売実績
         第31期連結会計年度及び第32期第3四半期連結累計期間における販売実績は、次のとおりであります。な
        お、当社の報告セグメントは、「サロンサポート事業」の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を
        しておりません。
                        第31期連結会計年度                  第32期第3四半期連結累計期間

                        (自 2020年1月1日                    (自 2021年1月1日
     セグメントの名称
                         至 2020年12月31日)                      至 2021年9月30日)
                     販売高(千円)            前年同期比(%)             販売高(千円)
     サロンサポート事業                     2,204,720            84.3              1,700,101

          合計                2,204,720            84.3              1,700,101

     (注)   1.当社の事業区分は「サロンサポート事業」の単一セグメントであります。
       2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 45/159













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      ① 重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
       ております。その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の金額及び開示に
       影響を与える見積りを必要としております。これらの見積りにつきましては、過去の実績等を勘案し合理的に判
       断しておりますが、見積りによる不確実性のため、実際の結果はこれらの見積りとは異なる場合があります。こ
       の連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については、「第一部 企業情報 第5 経理の状況 
       1 連結財務諸表等 (1)            連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載
       しております。
        また、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、特に重要なものは以下のとおりです。
       a. 貸倒引当金

         当社グループは、債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債
        権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。将来、顧客の財
        政状態の悪化等の事情によってその支払能力が低下した場合には、引当金の追加計上等による損失が発生する
        可能性があります。
       b. 繰延税金資産

         当社グループは、将来年度の当社の収益力に基づく課税所得による回収可能性を検討した上で、繰延税金資
        産を計上しております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するため、課税所得がそ
        の見積り額を下回る場合、繰延税金資産が取崩され、税金費用が計上される可能性があります。
      ② 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

        第31期連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
       a.財政状態の分析
         財政状態の分析は、上記「(1)               経営成績等の状況の概要① 財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおり
        です。
       b.経営成績の分析

         (売上高)
         当連結会計年度における売上高は、前連結会計年度に比べ410百万円減少し、2,204百万円となりました。
         なお、サービス毎の売上高については、「広告求人サービス」1,561百万円(前年同期比227百万円減少)、
        「紹介・派遣サービス」527百万円(前年同期比83百万円減少)、「教育(その他)サービス」115百万円(前年同期
        比100百万円減少)であります。
         これは主に、「広告求人サービス」における、新型コロナウイルス感染症の影響による「re-quest/QJ                                                就職
        フェア」の中止や延期、及び就職情報誌「re-quest/QJ」の年間発行回数の減少、「紹介・派遣サービス」にお
        ける、美容室の休業や営業体制変更による派遣サービスの需要減によるものであります。
         (売上原価、売上総利益)

         当連結会計年度における売上原価は、前連結会計年度に比べ269百万円減少し、940百万円となりました。こ
        れは主に、就職情報誌「re-quest/QJ」の年間発行回数を減らしたことに伴う売上原価の減少(前年同期比89百
        万円減少)、派遣サービスの売上減少に伴う派遣美容師の給与減少(前年同期比53百万円減少)等によります。
         以上の結果、売上総利益は前連結会計年度に比べ141百万円減少し、1,264百万円となりました。
         (販売費及び一般管理費、営業利益)

         当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ61百万円減少し、1,178百万円とな
        りました。これは主に、生産性向上を目的とした人員数抑制による人件費の減少(前年同期比28百万円減少)、
                                 46/159

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        新型コロナウイルス感染症対策としてリモートワークを推進したことによる旅費交通費(前年同期比16百万円減
        少)、会議費の減少(前年同期比6百万円減少)等によるものです。
         以上の結果、営業利益は前連結会計年度に比べ79百万円減少し、85百万円となりました。
         (営業外損益、経常利益)

         当連結会計年度における営業外収益は、前連結会計年度に比べ72百万円増加し79百万円となりました。これ
        は主に、新型コロナウイルス感染症に関わる雇用調整助成金や持続化給付金等の助成金収入が新たに56百万円
        計上されたことによります。
         営業外費用は、前連結会計年度に比べ15百万円減少し、28百万円となりました。これは主に、前連結会計年
        度に組成しましたコミットメントライン契約のアレンジメントフィーが当連結会計年度には発生せず、シンジ
        ケートローン手数料が12百万円減少したことによります。
         以上の結果、当連結会計年度の経常利益は、前連結会計年度に比べ8百万円増加し、136百万円となりまし
        た。
         (特別損益、税金等調整前当期純利益)

         当連結会計年度において、特別利益として固定資産売却益等1百万円を計上いたしました。固定資産売却益
        の内容は主に社用車の譲渡によるものです。
         特別損失については、新型コロナウイルス感染症による損失65百万円、株式会社G3D                                        Japanに対する関係会
        社整理損等5百万円計上により70百万円となりました。新型コロナウイルス感染症による損失は、新型コロナ
        ウイルス感染症拡大により発生しました派遣美容師、及び従業員に対し支給した休業補償等を計上しておりま
        す。
         以上の結果、税金等調整前当期純利益は、前連結会計年度に比べ58百万円減少し、68百万円となりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

         当連結会計年度における法人税等合計は、法人税、住民税及び事業税、法人税等調整額を併せ、前連結会計
        年度に比べ22百万円減少し、33百万円となりました。これは、税金等調整前当期純利益が減少したこと等によ
        ります。
         以上の結果、当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ36百万円
        減少し、34百万円となりました。
        第32期第3四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年9月30日)

       a.財政状態の分析
         財政状態の分析は、上記「(1)経営成績等の状況の概要① 財政状態及び経営成績の状況」に記載のとおりで
        す。
       b.経営成績の分析

         (売上高)
         当第3四半期連結累計期間における売上高は1,700百万円となりました。なお、各サービスの売上高について
        は、「広告求人サービス」1,228百万円、「紹介・派遣サービス」365百万円、「教育(その他)サービス」106百
        万円であります。
         これは主に、「紹介・派遣サービス」における派遣サービスではクライアントニーズの回復に時間を要して
        おり減少した一方で、「広告求人サービス」における「re-quest/QJ                                navi」の単価向上を伴う販売強化、「新
        卒採用商品」のオンラインを含むイベント回数の増加等による売上高増加によるものです。
         (売上原価、売上総利益)

         当第3四半期連結累計期間における売上原価は624百万円となりました。これは主に、就職情報誌「re-
        quest/QJ」の年間発行回数を減らしたことに伴う売上原価の減少、派遣サービスの売上減少に伴う派遣美容師
        の給与減少、「beauqet」、「ZASSI                 MART」の売上高減少に伴う仕入高減少等によります。
         以上の結果、売上総利益は1,075百万円となりました。
                                 47/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (販売費及び一般管理費、営業利益)
         当第3四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費は878百万円となりました。
         これは主に、支払賞与の増加に伴い人件費が増加した一方で、支払完了に伴うリース料減少、中途採用の紹
        介料未発生に伴う採用費減少、業務委託契約の解約に伴う支払報酬の減少等があったことによるものです。
         以上の結果、営業利益は197百万円となりました。
         (営業外損益、経常利益)

         当第3四半期連結累計期間における営業外収益は33百万円となりました。これは主に雇用調整助成金による
        助成金収入18百万円、及びSEYFERT                 International       USA,   Inc.のPPP(給与保護プログラム)による債務勘定整
        理益12百万円等によるものです。前年同期から休業補償の金額が減少していることに伴い、助成金収入の金額
        も減少しております。
         営業外費用は42百万円となりました。
         これは主に、支払利息12百万円、及びシンジケートローン手数料25百万円等によるものです。シンジケート
        ローン手数料の主な内容は、2021年8月27日締結のコミットメントライン契約に関する手数料となります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の経常利益は189百万円となりました。
         (特別損益、税金等調整前当期純利益)

         当第3四半期連結累計期間において、特別利益として在外子会社清算に伴う為替換算調整勘定取崩益1百万
        円を計上いたしました。
         特別損失につきましては、新型コロナウイルス感染症による損失18百万円を計上いたしました。新型コロナ
        ウイルス感染症による損失は、新型コロナウイルス感染症拡大により発生しました派遣美容師や、従業員に対
        し支給した休業補償等を計上しております。
         以上の結果、税金等調整前四半期純利益は172百万円となりました。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)

         当第3四半期連結累計期間における法人税等合計は法人税、住民税及び事業税、法人税等調整額を併せ、56
        百万円となりました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間における親会社株主に帰属する四半期純利益は116百万円となりまし
        た。
      ③ キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         (キャッシュ・フロー)
         当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの概況については、「第2 事業の状況 3 経営者による財
        政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フ
        ローの状況」をご参照ください。
         (資本の財源及び資金の流動性について)

         当社グループの運転資金需要のうち主なものは、人件費や地代家賃等の経費支払や派遣サービスにおける派
        遣美容師への賃金の支払、販売管理費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要
        は、「re-quest/QJ         navi」のソフトウエア開発等の設備投資資金の調達によるものであります。
         当社グループは不透明な世界経済状況の中で、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保するこ
        とを基本方針としております。
         短期運転資金は自己資金を基本としており、設備投資資金の調達につきましては、金融機関からの長期借入
        金を基本としております。
      ④  経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等につきましては、「第2                                                 事
        業の状況     1  経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                    (2)  目標とする経営指標         」に記載のとおり、主な経営
        指標として売上高、営業利益を重要な経営指標として位置付けております。当連結会計年度における主な経営
        指標の前年同期比の増減率は以下のとおりであり、引続き対処すべき経営課題の改善を図りながら、経営戦略
                                 48/159

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        を推進してまいります。
                     2019年12月期             2020年12月期
                                            前年同期比増減率
                  (前連結会計年度実績)             (当連結会計年度実績)
       売上高                2,615百万円            2,204百万円             △15.7%
       営業利益                 165百万円             85百万円           △48.0%

                                 49/159



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)  シンジケートローン契約
       当社は、2017年3月15日付で、株式会社商工組合中央金庫をアレンジャーとしてシンジケートローン契約を締結
      いたしました。契約の概要は、以下のとおりです。
      ① 契約締結日             2017年3月15日
      ② 満期日             2022年12月26日
      ③ 契約金額             500,000千円
      ④ 資金用途             運転資金
      ⑤ アレンジャー             株式会社商工組合中央金庫
      ⑥ エージェント             株式会社商工組合中央金庫
      ⑦ 参加金融機関             株式会社商工組合中央金庫、株式会社東日本銀行、西京信用金庫
      ⑧ 財務制限条項             「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項(連結貸借対照表関係)」に記載
                   のとおりであります。
     (2)  コミットメントライン契約

       当社は、2021年8月18日開催の取締役会の決議に基づき、2021年8月27日付にて株式会社商工組合中央金庫をア
      レンジャーとしてコミットメントライン契約を締結いたしました。契約の概要は、以下のとおりです。
      ① 契約締結日             2021年8月27日
      ② コミットメント期間             2021年9月6日から2022年8月31日(2026年8月31日まで期間延長可能)
      ③ 設定した資金調達枠             1,200,000千円
      ④ アレンジャー             株式会社商工組合中央金庫
      ⑤ エージェント             株式会社商工組合中央金庫
      ⑥ 参加金融機関             株式会社商工組合中央金庫、株式会社みずほ銀行、
                   株式会社きらぼし銀行、株式会社東日本銀行、
                   株式会社群馬銀行、さわやか信用金庫、株式会社武蔵野銀行
      ⑦ 財務制限条項             a.  連結会計年度の末日において単体の貸借対照表に記載される純資産の部の金額を
                     マイナスとしないこと。
                   b.  連結会計年度の末日において単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続
                     で損失としないこと。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 50/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

     第31期連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      当連結会計年度において、実施した設備投資等の総額は                          35,234   千円であり、その主なものは事業運営を行うための
     ソフトウエアの取得によるものであります。
      なお、当社は「サロンサポート事業」の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載をしておりません。
     第32期第3四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年9月30日)

      当第3四半期連結累計期間において、実施した設備投資等の総額は                               34,302   千円であり、その主なものは事業運営を
     行うためのソフトウエアの取得24,523千円、及びセキュリティ対策のための工具器具備品の取得9,378千円によるもの
     であります。
      なお、当社は「サロンサポート事業」の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載をしておりません。
    2  【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社                                  2020年12月31日現在
                                 帳簿価額(千円)
      事業所名                                                従業員数
              設備の内容
      (所在地)                                                 (名)
                                工具、器具      ソフト    ソフトウエア
                      建物    車輌運搬具                        合計
                                 及び備品      ウエア      仮勘定
       本社      事務所用設備                                            114
                      10,902         0    7,492    76,172       3,621    98,189
    (東京都渋谷区)        ソフトウエア                                            (4)
     東海ブランチ
             事務所用設備           226      ―     534     ―       ―    760     10
    (名古屋市中区)
     関西ブランチ
             事務所用設備           212      ―     693     ―       ―    905     13
     (大阪市西区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.従業員数は就業人員であります。臨時雇用者数(                        契約社員、人材派遣会社からの派遣社員                  )は、最近1年間の
         年間平均人数を( )内に外数で記載しております。
       4.上記の他、連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。
              事業所名                                  年間賃借料

                                      床面積
                          設備の内容
                                      (㎡)
              (所在地)                                   (千円)
                本社           本社機能
                                         1,089.46             93,252
             (東京都渋谷区)              営業拠点
             東海ブランチ
                           営業拠点               107.59            4,384
             (名古屋市中区)
             関西ブランチ
                           営業拠点               224.43            8,506
             (大阪市西区)
     (2) 国内子会社

       該当事項はありません。
                                 51/159






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  在外子会社
                                               2020年12月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
                                                      従業員数
         会社名
                  設備の内容
                                   工具、
        (所在地)
                                                       (名)
                                        ソフト
                               車輌
                          建物         器具及び          その他     合計
                               運搬具
                                        ウエア
                                    備品
    SEYFERT    International
    USA,   Inc.           美容室用設備         8,949      69     85     ―    144    9,249      9
    (米国カリフォルニア州)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.上記の他、連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。
              事業所名                                  年間賃借料

                                      床面積
                          設備の内容
                                      (㎡)
              (所在地)                                   (千円)
           PIA  HAIR   SALON   TORRANCE
                         美容室兼事務所                 211.53            11,494
           (米国カリフォルニア州)
           PIA  HAIR   SALON   Irvine
                           美容室              111.48            7,021
           (米国カリフォルニア州)
                                 52/159















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2021年11月30日現在)
     (1)   重要な設備の新設等
                          投資予定額

          事業所名                                     完了予定      完成後の
     会社名            設備の内容                   資金調達方法       着手年月
          (所在地)                                      年月     増加能力
                        総額     既支払額
                       (千円)      (千円)
           本社                        自己資金及び増
    提出会社            アプリ制作        114,000       13,350           2021年2月     2022年2月       (注)2
         (東京都渋谷区)                            資資金
           本社     サーバ・PC老
    提出会社                    18,000         -   自己資金      2021年9月     2021年12月       (注)2
         (東京都渋谷区)       朽化更改
     (注)   1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       2.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 53/159
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     3,600,000

                計                                   3,600,000

    (注)2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で株式分割に伴う定款の変更を行い、発行可能株式
      総数は2,970,000株増加し、3,000,000株となっております。また、2021年10月6日開催の臨時株主総会において、
      発行可能株式総数を変更する旨の定款変更を行い、発行可能株式総数は600,000株増加し、3,600,000株となってお
      ります。
      ② 【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は

        種類           発行数(株)                               内容
                            登録認可金融商品取引業協会名
                                           権利内容に何ら限定のない当
                                           社における標準となる株式で
      普通株式                 900,000          非上場
                                           す。なお、単元株式数は100
                                           株であります。
        計                900,000           ―               ―
      (注)1.     2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分
         割を行っております。これにより株式数は891,000株増加し、発行済株式総数は900,000株となっておりま
         す。
       2.  2021年10月6日開催の臨時株主総会決議により、1単元を100株とする単元株制度を採用しております。
                                 54/159











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
                          2016年4月27日
    決議年月日
                          第6回新株予約権
    付与対象者の区分及び人数(名)                      当社取締役2、当社従業員9、当社子会社取締役1(注)7

    新株予約権の数(個)          ※

                          270〔270〕(注)1
    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

                          - [-]
    ※
    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及
                          普通株式 270       [27,000](注)1,6
    び数(株)     ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)                 ※       100,000    [1,000]    (注)2,6

                          自  2018年5月1日

    新株予約権の行使期間           ※
                          至  2026年3月31日
                          発行価格       100,000    [1,000]    (注)6
    新株予約権の行使により株式を発行する場合
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                  ※
                          資本組入額 50,000          [500]   (注)6
    新株予約権の行使の条件            ※

                          (注)3
    新株予約権の譲渡に関する事項               ※

                          譲渡することはできない。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関

                          (注)5
    する事項     ※
     ※  最近事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年11月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                              ]内に記載し
       ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、発行時点では当社普通株式1株であり、提出日の前月末現在で
         は、当社普通株式100株であります。
         但し、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整
         し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
          調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
         やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるもの
         とする。
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
         により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                      1
           調整後払込金額        =   調整前払込金額         ×
                                  分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、
         次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
           調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
       3.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は当社
          子会社の取締役、従業員の地位を有していなければならない。但し、取締役会が正当な理由があると認め
          た場合はこの限りではない。
        ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
        ③ その他の詳細事項については、新株予約権割当契約書に定めるところによる。
       4.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
          なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
          が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合又は新株予
          約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
        ③ 当社は、その選択により、当社取締役会が別途定める日の到来をもって、本新株予約権の全部又は一部を
          無償で取得することができる。なお、本新株予約権の一部を取得する場合には、当社取締役会の決議によ
                                 55/159

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          りその取得する本新株予約権の一部を定める。
       5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転                                               (以上
         を総称して以下「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生日において
         残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権
         を交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新た
         に発行するものとする。但し、新株予約権割当契約書に定める一定の条件に沿って再編対象会社の新株予約
         権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
       6.2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
       7.付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役
         2名、当社従業員3名、当社子会社取締役2名となっております。
                          2017年8月15日

    決議年月日
                          第7回新株予約権(1回目付与)
    付与対象者の区分及び人数(名)                      当社従業員134、当社子会社取締役2、当社子会社従業員15(注)8

    新株予約権の数(個)          ※

                          279〔266〕(注)1,7
    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

                          5  [5]   (注)7
    ※
    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及
                          普通株式 279       [26,600](注)1,6
    び数(株)     ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)                 ※     110,000    [1,100]    (注)2,6

                          自  2019年9月16日

    新株予約権の行使期間           ※
                          至  2027年8月15日
                          発行価格       110,000    [1,100]    (注)6
    新株予約権の行使により株式を発行する場合
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                  ※
                          資本組入額 55,000          [550]   (注)6
    新株予約権の行使の条件             ※

                          (注)3
    新株予約権の譲渡に関する事項                ※

                          譲渡することはできない。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関

                          (注)5
    する事項      ※
     ※  最近事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年11月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                              ]内に記載し
       ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)  1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、発行時点では当社普通株式1株であり、提出日の前月末現在で
         は、当社普通株式100株であります。
         但し、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整
         し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
          調整後付与株式数         = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
         やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるもの
         とする。
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
         により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                              1
          調整後払込金額       = 調整前払込金額       ×
                          分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
         式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                          既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
         調整後払込金額       = 調整前払込金額       ×
                                既発行株式数+新株発行(処分)株式数
       3.新株予約権の行使の条件
                                 56/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は当社
          子会社の取締役、従業員の地位を有していなければならない。但し、取締役会が正当な理由があると認め
          た 場合はこの限りではない。
        ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
        ③ その他の詳細事項については、新株予約権割当契約書に定めるところによる。
       4.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
          なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
          が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合又は新株予
          約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
        ③ 当社は、その選択により、当社取締役会が別途定める日の到来をもって、本新株予約権の全部又は一部を
          無償で取得することができる。なお、本新株予約権の一部を取得する場合には、当社取締役会の決議によ
          りその取得する本新株予約権の一部を定める。
       5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生日において
         残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権
         を交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新た
         に発行するものとする。但し、新株予約権割当契約書に定める一定の条件に沿って再編対象会社の新株予約
         権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
       6.2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
       7.  当社は、2020年12月31日時点の自己新株予約権5個、及び2021年1月に取得した自己新株予約権4個につい
         て、2021年1月20日の取締役会決議に基づき、同年2月2日付でその全ての消却登記を終えております。ま
         た、新株予約権者の一部が退職したことに伴い、残存する新株予約権の一部について2021年5月6日に新た
         に4個を取得しましたが、2021年7月15日の取締役会決議に基づき、同年7月29日付でその消却登記を終え
         ております。その後、新株予約権者の一部が退職したことに伴い、残存する新株予約権の一部について2021
         年11月1日に1個、同年11月30日に4個を取得し、当社名義の自己新株予約権の数を5個としております。
       8.付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役
         2名、当社従業員93名、当社子会社取締役1名、当社子会社従業員4名となっております。
                                 57/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                          2018年1月18日
    決議年月日
                          第7回新株予約権(2回目付与)
    付与対象者の区分及び人数(名)                      当社従業員10(注)8

    新株予約権の数(個)          ※            7  [4](注)1,7

    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)

                          1  [-](注)7
    ※
    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及
                          普通株式 7[400]         (注)1,6
    び数(株)     ※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)                 ※     110,000    [1,100]    (注)2,6

                          自  2020年1月26日

    新株予約権の行使期間           ※
                          至  2027年12月25日
                          発行価格       110,000    [1,100](注)6
    新株予約権の行使により株式を発行する場合
    の株式の発行価格及び資本組入額(円)                  ※
                          資本組入額 55,000          [550](注)6
    新株予約権の行使の条件            ※

                          (注)3
    新株予約権の譲渡に関する事項               ※

                          譲渡することはできない。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関

                          (注)5
    する事項     ※
     ※  新株予約権発行時における内容を記載しております。新株予約権発行時から提出日の前月末現在(2021年11月30
       日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                     ]内に記載しており、その他の事
       項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.  新株予約権1個につき目的となる株式数は、発行時点では当社普通株式1株であり、提出日の前月末現在で
         は、当社普通株式100株であります。
         但し、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調整
         し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
          調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行う場合又はその他
         やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるもの
         とする。
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
         により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
          調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の算
         式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                  新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                          既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
         調整後払込金額       = 調整前払込金額       ×
                                既発行株式数+新株発行(処分)株式数
       3.新株予約権の行使の条件
        ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は当社
          子会社の取締役、従業員の地位を有していなければならない。但し、取締役会が正当な理由があると認め
          た場合はこの限りではない。
        ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
        ③ その他の詳細事項については、新株予約権割当契約書に定めるところによる。
       4.新株予約権の取得事由
        ① 新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
          なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
          が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合又は新株予
          約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
        ③ 当社は、その選択により、当社取締役会が別途定める日の到来をもって、本新株予約権の全部又は一部を
          無償で取得することができる。なお、本新株予約権の一部を取得する場合には、当社取締役会の決議によ
          りその取得する本新株予約権の一部を定める。
       5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生日において
                                 58/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権
         を 交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新た
         に発行するものとする。但し、新株予約権割当契約書に定める一定の条件に沿って再編対象会社の新株予約
         権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移
         転計画において定めた場合に限るものとする。
       6.  2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分
         割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております         。
       7.当社は、2020年12月31日時点の自己新株予約権1個について、2021年1月20日の取締役会決議に基づき、同
         年2月2日付でその消却登記を終えております。その後、新株予約権者の一部が退職したことに伴い、残存
         する新株予約権の一部について2021年1月29日に1個、同年4月1日に1個を取得しましたが、同年7月15
         日の取締役会決議に基づき、同年7月29日付でその全ての消却登記を終えております。
       8.付与対象者の退職等による権利の喪失により、提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社従業員
         4名となっております。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 59/159














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2021年10月6日(注)              891,000       900,000          -    50,000         -       -
    (注)2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を
      行っております。これにより発行済株式総数は891,000株増加し、900,000株となっております。
     (4)  【所有者別状況】

                                               2021年11月30日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                個人
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数
              ―     ―     ―     28     ―     ―     43     71      ―
    (人)
    所有株式数
              ―     ―     ―    4,156       ―     ―    4,844     9,000       ―
    (単元)
    所有株式数
              ―     ―     ―    46.2      ―     ―    53.8     100.0       ―
    の割合(%)
     (5)  【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                               2021年11月30日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

    完全議決権株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

                                        株主としての権利内容に何ら限定の
                    普通株式
                                        ない当社における標準となる株式で
    完全議決権株式(その他)                                9,000
                                        あります。なお、単元株式数は100
                         900,000
                                        株となっております。
    単元未満株式                    ―          ―              ―
    発行済株式総数                     900,000        ―              ―

    総株主の議決権                    ―            9,000           ―

     (注)2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を
       行うとともに、2021年10月6日開催の臨時株主総会により、1単元を100株とする単元株制度を採用しておりま
       す。これに伴い、提出日現在において、完全議決権株式(その他)の株式数は普通株式900,000株、議決権の数は
       9,000個、発行済株式総数の株式数は900,000株、総株主の議決権の議決権の数は9,000個となっております。
      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 60/159




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
    【株式の種類等】
       該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社は、美容室、美容師の地位向上を支援し、美容業界の発展に資するという事業目的達成のため、当社の経営基
     盤を強固なものにするべく内部留保を確保すると同時に、業績の動向を踏まえつつ、株主への利益還元についても着
     実に行っていくことを基本的な方針としております。
      当社の剰余金の配当は、年1回の期末配当(12月31日基準日)の実施を基本的な方針としており、期末配当の決定機
     関は株主総会であります。この方針に基づき、当事業年度につきましては、1株当たり2,000円の期末配当を実施する
     ことを決定いたしました。この結果、当事業年度の配当性向は29.0%となりました。
      内部留保資金につきましては、経営基盤の長期安定に向けた財務体質の強化及び事業の拡大発展と効率化の実現の
     ための資金として、有効に活用して参ります。
      なお、当社は「取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として、会社法第454条第5項の規定に定める剰余
     金の配当をすることができる」旨を定款に定めております。
      基準日が第31期(2020年12月期)に属する事業年度の剰余金の配当は以下のとおりであります。
          決議年月日                配当金の総額(千円)                 1株当たり配当額(円)

         2021年3月30日
                                    18,000                  2,000
        定時株主総会決議
     (注)2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割
       を行っております。当該分割について当事業年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり配当額は20円で
       あります。
                                 61/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、    監査役会設置会社としてコーポレート・ガバナンス体制を構築しております。この体制により、経営
       の最高意思決定機関である取締役会に業務執行の権限・責任を集中させ、取締役会から独立した監査役及び監査
       役会に、取締役会に対する監査機能を担わせることで、適切な経営の意思決定と業務執行を実現するとともに組
       織的に十分牽制の効くコーポレート・ガバナンス体制の確立を目指しております。
        また、当社は、株主、顧客、従業員、取引先、地域社会等全てのステークホルダーと良好な関係を構築し、満
       足、信頼される企業であり続けるために、コーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要課題と認識しており
       ます。
        この考え方に基づき、法令・定款・社内規程等を遵守、また社会的規範を尊重し、これらに基づいた経営を行
       うために、コーポレート・ガバナンス体制の強化に取り組んでおります。
      ② 企業統治に関する体制の概要及び当該企業統治の体制を採用する理由

        当社は、    当社の企業規模、事業内容を勘案し、経営監視機能の客観性及び中立性を確保する経営管理体制とし
       て、監査役会設置会社が有効と判断したため、当該企業統治の体制を採用しております。
        なお、当社における企業統治の体制は、以下のとおりであります。
       a.取締役会








         当社の取締役会は、取締役5名で構成され、業務執行を決定し、他の取締役の職務執行を相互に監督してお
        ります。うち取締役1名は、社外取締役であり、公認会計士の資格を有しております。
         業務執行については、執行役員2名を選任しており、一部の業務執行権限は執行役員に委任して組織運営を
        行っております。これにより、取締役会が決定する経営に関する重要事項については、当該執行役員が、その
        意思決定に沿って、迅速にその業務の執行を果たしております。
         取締役会は毎月1回定時取締役会を開催する他、必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速な意思決定を行
        える体制となっております。取締役会では、法令・定款に定められた事項の他、経営に関する重要事項の共有
        及び検討を行っており、代表取締役社長の意見のみでは決定せず、各取締役からコーポレート・ガバナンスを
        意識した忌憚のない意見が出され、協議が十分に行える体制となっております。
         なお、本書提出日現在の取締役会の構成は以下のとおりです。
         構成員:代表取締役社長            長谷川高志(議長)、藤本宏志、鹿島修司、村瀬慶祐、津倉眞(社外取締役)
       b.監査役会

                                 62/159

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当社は、監査役会制度を採用しており、毎月1回定例の監査役会を開催しております。当社の監査役会は、
        監査役3名で構成されており、うち2名は社外監査役であります。社外監査役のうち1名は公認会計士及び税
        理 士であり、1名は弁護士であります。それぞれに会計及び税務の専門家として、また法律の専門家として、
        更に職業倫理の観点からも経営の監視を実施しております。
         当社の監査役会は、監査役会で定めた監査役監査計画に基づき、株主総会、取締役会、後出の事業部報告会
        議等の重要会議への出席、取締役を含む経営幹部、会計監査人及び内部監査担当者との意見交換、並びにブラ
        ンチ及び関係会社への往査等モニタリングを通じて、実効性のある監査業務に取り組み、取締役の職務の執行
        を含む業務監査、及び現在は上場申請前であるため会計監査を実施しております。
         なお、本書提出日現在の監査役会の構成は以下のとおりです。
         構成員:常勤監査役          髙木貴美子(議長)、荻野忠彦(社外監査役)、江木晋(社外監査役)
       c.事業部報告会議

         事業部報告会議は当社グループの会議体では、株主総会、取締役会に次ぐ上位会議体であります。出席者は
        取締役及び監査役の全員並びに執行役員と部長(又は副部長)以上の管理職従業員となっております。同会議で
        は、取締役会決定事項の共有、前月の振返り、当月の業務執行状況、会社の課題、対策等を協議し、経営の方
        向性の共有と業務執行状況の確認をいたします。これにより日常の自律的な業務執行と軌道修正をできるよう
        にしております。
         なお、本書提出日現在の事業部報告会議の構成は以下のとおりです。
         構成員:    代表取締役社長        長谷川高志(議長)、藤本宏志、鹿島修司、村瀬慶祐、津倉眞(社外取締役)、髙木貴
             美子  (常勤監査役)      、荻野忠彦(社外監査役)、江木晋(社外監査役)、山田実、長谷川美栄、西山一
             広、片岡利彰、髙洲安彰、中原章統、伊藤隆宏、稲毛大輔、金孝大、酒向秀典、山﨑恭兵、平居沙
             織
       d.リスク・コンプライアンス推進委員会

         リスク・コンプライアンス推進委員会は、「リスクマネジメント及びコンプライアンス規程」にて、当社と
        してのコンプライアンスの方針、体制、運用方法等を定めた上で、リスク・コンプライアンス推進委員会を四
        半期に1回開催しております。リスク・コンプライアンス推進委員会は、コンプライアンスの推進のための施
        策及び法令違反に対する未然防止策の協議、並びに全従業員に対する法令遵守意識の浸透と徹底を図ることを
        目的とした機関として機能しております。
         なお、本書提出日現在のリスク・コンプライアンス推進委員会の構成は以下のとおりです。
         構成員:代表取締役社長            長谷川高志(議長)、藤本宏志、村瀬慶祐、髙木貴美子(常勤監査役)、荻野忠彦
             (社外監査役)、江木晋(社外監査役)、長谷川美栄
       e.会計監査人

         当社は、会計監査人として、東陽監査法人を選任し、独立した立場から随時適切な監査が実施されておりま
        す。
       f.内部監査

         当社は、内部監査担当者を配置し、内部監査を実施するとともに、その結果を代表取締役社長に報告してお
        ります。代表取締役社長は内部監査結果の報告を受け、被監査部門に内部監査結果及び改善事項を通知し、改
        善指示回答書を提出させることとしております。なお、内部監査担当者は、内部監査の状況等について、適宜
        監査役会及び会計監査人と連携して監査全体の品質向上に努めております。
      ③ その他の企業統治に関する事項

       a.内部統制システムの状況
         当社では、会社法及び会社法施行規則に基づき、業務の適正性を確保するための体制整備の基本方針とし
        て、「内部統制システムに関する基本方針」を定め、2021年8月の取締役会にて決議を行い、現在その基本方
        針に基づき内部統制の運用を行っております。概要は以下のとおりです。
                                 63/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (a)  取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         イ)  当社は、当社及び子会社の取締役及び使用人(以下、「当社及び子会社の役職員」という)の職務執行
           が、法令及び定款に適合する事を確保するため、「クレド」、「セイファートコンプライアンス基本方
           針」、「企業行動基準」を制定し、これを遵守いたします。
         ロ)  当社は、コンプライアンス担当取締役をコンプライアンス担当責任者として任命するものとし、当該コ
           ンプライアンス担当責任者は、当社及び子会社の横断的なコンプライアンス体制の整備及び問題点の解
           決に努めるものといたします。
         ハ)  当社は、コンプライアンスの推進及び徹底を図るため、リスク・コンプライアンス推進委員会を設置
           し、コンプライアンス担当責任者が主体となってコンプライアンスに関わる取組みの検討及び審議を行
           います。
         ニ)  「取締役会規程」、「リスクマネジメント及びコンプライアンス規程」を始めとする社内諸規程を制定
           し、これを遵守いたします。
         ホ)  総務人事部は、当社及び子会社の役職員に対する適切な教育研修体制を構築し、コンプライアンス遵守
           に関する研修を実施いたします。
         ヘ)  監査役は「監査役監査規程」に基づき、公正不偏な立場から取締役の職務執行状況について適宜監査を
           実施し、取締役の職務執行が法令及び定款に適合することを監査しております。
         ト)  当社及び子会社の役職員の職務執行の適切性を確保するため、総務人事部内に内部監査担当者を配置
           し、「内部監査規程」に基づき内部監査を実施しております。また、内部監査担当者は、必要に応じ監
           査役と情報交換を行い、内部監査の質の向上を図っております。
         チ)  当社は、社内外に内部通報窓口を設け、当社及び子会社の役職員に周知運営・対応するものとし、問題
           行為について情報を迅速に把握し、その対処に努めております。
        (b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         イ)  取締役会議事録、稟議書、その他重要な会議記録等の取締役の職務執行に係る情報の取扱いは、文書管
           理規程等の社内規程に基づき、文書又は電磁媒体に記録し、適切に保存及び管理しております。
         ロ)  保存期間は、文書・情報の種類、重要性に応じて社内規程に定められた期間とします。
         ハ)  文書管理は総務人事部で行い、取締役及び監査役の閲覧請求に対して、何時でもこれら文書を閲覧に供
           します。
        (c)  損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         イ)  当社においては、「リスクマネジメント及びコンプライアンス規程」に基づき、当社及び子会社におけ
           るリスクを洗い出し、各組織において、リスク低減及び未然防止を図るとともに、リスク・コンプライ
           アンス推進委員会におけるリスクのモニタリング及びそのリスク内容を取締役社長に報告する体制を整
           えております。
         ロ)  当社は、「リスクマネジメント及びコンプライアンス規程」、「情報システム管理規程」を制定し、当
           社及び子会社の役職員はこれを遵守しております。また、定期的にリスク管理に関する教育を実施し、
           危機発生時には企業価値の毀損を極小化するために対応手順に則り速やかに対応いたします。
         ハ)  取締役、執行役員は、重要会議等において報告される各会社の活動状況及び財務状況を把握し、当社及
           び子会社の損失に影響を与える重要事実の早期発見に努めます。
        (d)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         イ)  定時取締役会を毎月1回開催する他、機動的に意思決定を行うため、臨時で取締役会を開催することも
           できるものとし、適切な職務執行が行える体制を確保しております。
         ロ)  取締役会の承認のもと、事業部報告会議を設置し、各部門責任者は業務執行状況を報告しております。
         ハ)  取締役会の意思決定に資するため、取締役会に執行役員をオブザーバーとして同席させ、執行役員は、
           取締役会付議事項の事前検討内容及び取締役会における業務執行状況報告に関する補足等を行います。
         ニ)  日常の職務の執行において、取締役会の決定に基づく職務の執行を効率的に行うため、職務権限規程等
           の社内諸規程に基づき、権限の委譲を行い、各レベルの責任者が意思決定ルールに則り業務を分担して
           おります。
         ホ)  当社は、「取締役会規程」を定め、取締役会の決議事項を明確にするとともに、その付議事項について
                                 64/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           は資料を準備し、十分な検討ができる体制の構築に努めております。
         ヘ)  当社は、中期経営計画及び年度予算計画を策定し、各組織において目的達成のために活動し、これらに
           基づいた業績管理を行っており、取締役に業績進捗状況の報告がなされる体制を整備しております。
        (e)  当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         イ)「クレド」、「関係会社管理規程」をグループ間で共有し、企業グループ価値の向上と業務の適正性確保
           を図っております。
         ロ)  内部監査による業務監査により、グループ会社の業務全般にわたる業務の効率化、不正の未然防止・事
           後の速やかな発見を可能にするための体制を確保しております。
         ハ)  グループ会社に取締役として派遣し、グループ全体のリスクの抑止を図る体制を確保しております。
         ニ)  子会社の重要な意思決定事項については、「関係会社管理規程」に基づき、当社取締役会に報告し承認
           を得るものとしております。
        (f)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及びその

          使用人の取締役からの独立性に関する事項
         イ)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、当該要請に対して適切な人員を確保し
           ます。
         ロ)  当該使用人が監査役の職務を補助すべき期間中の指揮権は、監査役に委嘱されたものとして、取締役か
           ら  の指揮命令は受けないものとし、その期間中の当該使用人の人事評価については、監査役から事前の
           同意を得ます。
        (g)  取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他監査役への報告に関する体制及び報告した者が当

          該報告を理由として不利な扱いを受けないことを確保するための体制
         イ)  監査役は監査役会規程及び監査計画に基づき取締役会及び重要会議への出席、関係資料の閲覧等を行
           い、必要があれば取締役及び使用人に対しその報告を求めることができます。
         ロ)  内部監査担当者は、監査計画や内部監査結果を監査役に定期的に報告する。
         ハ)  取締役及び使用人は、監査役から業務の執行状況等について報告を求められた場合、会社に著しい損害
           を及ぼす事実を発見した場合は直ちに取締役会へ報告する。
         ニ)  取締役及び使用人は内部通報の状況や内部統制システムの整備及び運用状況等について定期的に監査役
           へ報告する。
        (h)  監査役の職務について生じる費用の前払又は償還の手続きその他の当該職務の執行について生じる費用又

          は債務の処理に係る方針に関する事項
         イ)  監査役が、職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還等の請求をしたときは、当該監査役の職務
           の執行に必要でないと合理的に認められる場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
        (i)  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         イ)  内部監査担当者は、内部監査規程及び監査役監査規程に基づき、内部監査の立案及び実施にあたって
           は、監査役と緊密な連携を保つと同時に、定期的な報告を行います。
         ロ)  監査役は株主総会提出資料の調査をし、法令もしくは定款に違反し、又は著しく不当な事項があると認
           めるときは、その調査の結果を株主総会に報告いたします。
        (j)  財務報告の信頼性を確保するための体制

         イ)  各種社内規程の整備と運用に対する内部監査担当者の評価及び報告体制に加え、監査役との連携強化に
           より財務報告の信頼性を確保しております。
         ロ)  適切な会計処理を確保し、財務報告の信頼性を向上させるため、「経理規程」を定めております。今後
           は財務報告に関わる内部統制の体制整備と有効性の更なる向上を図る予定でおります。
        (k)  反社会的勢力との取引排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

         イ)  反社会的勢力との取引排除に向けた基本的な考え方
           ・当社は社会的責任を自覚し、いかなる場合においても、反社会的勢力に対し金銭その他の経済的利益
                                 65/159


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            を提供しません。
         ロ)  反社会的勢力との取引排除に向けた基本的な考え方
           ・反社会的勢力との取引排除を推進するために総務人事部長を統括責任者とし、各部の部長が規程を実
            施する責任のもと、統括責任者と密接な連携を図り、必要な措置を講じます。
           ・「反社会的勢力対応規程」を整備し、反社会的勢力排除のための体制構築に取り組んでおります。
           ・新規取引先について、反社会的勢力との関係に関して確認を行います。取引開始前に取引先が反社会
            的勢力との関係があることを調査し判明した場合には、統括責任者が取締役社長に報告の上、取引を
            行わない体制としております。
           ・既存の取引先について、少なくとも1年に1回の頻度で反社会的勢力との関係有無を確認しておりま
            す。
           ・反社会的勢力の該当有無の確認のため、外部関係機関等から得た反社会的勢力情報の収集に取り組ん
            でおります。
       b.リスク管理体制の整備の状況

         当社は、リスクの防止及び会社損失の最小化を図るため、「リスクマネジメント及びコンプライアンス規
        程」を制定施行し、リスク・コンプライアンス推進委員会において、その実施状況等を含めてリスクマネジメ
        ント活動全般を管理しております。そのメンバーは当社取締役会にて選任されたもので構成され、原則として
        四半期に一回以上の開催をしております。また必要に応じて、弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士
        等の外部専門家の助言を受けられる体制を整えており、リスクの未然防止と早期発見に努めております。
       c.責任限定契約の内容

         当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、
        同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度
        額は、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、法令の規定する額としております。
       d.取締役及び監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項に規定する取締
        役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を法令の限度において
        免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その
        能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
       e.取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。
       f.中間配当

         当社は、会社法第454条第5項の規定により取締役会の決議によって毎年6月30日の最終の株主名簿に記載又
        は記録された株主又は登録株式質権者に対し、中間配当をすることができる旨を定款に定めております。これ
        は株主への機動的な利益還元を可能とするためであります。
       g.取締役の選任の決議事項

         当社は、取締役の選任の決議は、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、
        その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任決議については、累積投票
        に寄らないものとする旨についても、定款で定めております。
                                 66/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       h.自己株式の取得
         当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行す
        ることを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自
        己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
       i.  株主総会の特別決議要件

         当社は、当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議要
        件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権
        の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
                                 67/159

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  7 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             12.5  %)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1987年4月      株式会社東京カレン 入社
                              1991年7月      当社代表取締役社長
                              1999年11月      株式会社ビーキャリア
                                    代表取締役社長
                                    株式会社ビューティープロスペリ
                              2002年2月
                                    ティー
                                                      529,800
                                    代表取締役社長(現任)
      代表取締役社長         長谷川 高志       1961年2月24日                            (注)3
                                                      (注)6
                              2004年12月      株式会社HABIA      EAST(現当社)
                                    代表取締役社長
                              2007年11月      株式会社セイファート(新設分割
                                    設立)代表取締役社長
                              2016年1月      当社代表取締役社長CEO
                              2017年1月      当社代表取締役社長(現任)
                              1983年4月      日本加工製紙株式会社 入社
                              1991年5月      株式会社アオキインターナショナ
                                    ル 入社
                              1992年1月      株式会社ワールド 入社
                              1999年10月      同社計画管理部長
                              2000年5月      株式会社ウィズ(現株式会社プ
                                    レックス)
                                    入社 経理部長
                              2001年8月      同社取締役 経営管理本部本部長
                              2005年8月      同社常務取締役
                              2007年9月      株式会社サイバードホールディン
                                    グス 入社
                                    執行役員    財務本部長
                              2008年7月      株式会社サマンサタバサジャパン
                                    リミテッド    入社
                              2010年4月      同社上席執行役員       経営管理部長
      取締役副社長         藤本 宏志       1961年3月25日                            (注)3     37,000
                              2010年9月      MARK  STYLER株式会社 入社
                                    管理本部本部長       コーポレート本
                                    部長
                              2013年3月      同社財務部長
                              2014年1月      当社入社 執行役員 管理本部本
                                    部長
                              2014年12月      当社取締役
                              2015年1月      当社常務取締役
                              2015年3月      SEYFERT   International
                                    USA,  Inc. 取締役
                              2016年1月      当社取締役副社長CFO
                              2017年1月      当社取締役副社長
                              2020年10月      当社取締役副社長兼管理管掌取締
                                    役兼管理本部本部長
                              2021年8月      当社取締役副社長(現任)
                                 68/159







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              2001年4月      株式会社カメガヤ       入社
                              2003年8月      当社入社
                              2005年5月      営業部   リーダー
                              2006年5月      営業部   シニアリーダー
                              2007年5月      第3営業部     マネージャー
                              2008年11月      第1営業部     部長代理
                              2010年11月      第1営業部     部長
                              2011年11月      第2営業部     部長
        取締役
                              2014年1月      執行役員    事業企画本部      本部長
     サロン営業企画本部          鹿島 修司       1978年9月19日                            (注)3     1,000
                              2016年1月      上席執行役員      営業本部    本部長
        本部長
                              2017年1月      上席執行役員      サロン営業企画本
                                    部 本部長
                                    サロンコミュニケーション事業部
                                    部長
                              2019年3月      当社取締役     サロン営業企画本部
                                    本部長(現任)
                              2019年4月      学校法人産業能率大学経営学部
                                    非常勤講師(現任)
                              2002年4月      当社入社
                              2005年5月      営業部   リーダー
                              2006年5月      営業部   シニアリーダー
                              2007年5月      第2営業部     マネージャー
                              2010年11月      第2営業部     シニアマネージャー
                              2011年11月      第1営業部     シニアマネージャー
                              2015年1月      執行役員    営業本部    本部長
                              2016年1月      執行役員    事業企画本部      本部長
        取締役
                              2017年1月      執行役員    サロン営業企画本部
     事業企画本部 本部長
     兼キャリアデザイン          村瀬 慶祐       1980年1月18日                            (注)3      100
                                    副本部長
        事業部
                              2018年8月      執行役員    事業企画本部      本部長
       管掌取締役
                                    事業企画本部      メディア編集部
                                    部長
                                    事業企画本部      メディアソリュー
                                    ション部    部長
                              2019年3月      当社取締役     事業企画本部      本部長
                              2020年10月      当社取締役 事業企画本部本部長
                                    兼キャリアデザイン事業部管掌取
                                    締役(現任)
                              1974年9月      監査法人中央会計事務所          入所
                              1982年2月      公認会計士保森会計事務所           入所
                                    (現  監査法人保森会計事務所)
                              2002年7月      監査法人保森会計事務所
                                    代表社員
                              2009年5月      監査法人保森会計事務所
        取締役        津倉 眞      1947年10月16日                            (注)3      ―
                                    副包括代表社員
                              2015年12月      津倉公認会計士事務所
                                    所長(現任)
                              2017年5月      株式会社放電精密加工研究所
                                    社外取締役
                              2018年3月      当社取締役(現任)
                                 69/159






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              1988年4月      株式会社東京カレン        入社
                              1998年10月      当社入社
                              2000年1月      株式会社ビーキャリア         転籍
                              2003年11月      当社総務人事部
                              2007年11月      内部監査室
                              2010年11月      内部監査室     マネージャー
       常勤監査役        髙木 貴美子       1965年10月22日                            (注)4      500
                              2014年4月      社長室内部監査担当
                              2016年3月      SEYFERT    International      USA,Inc.
                                    取締役
                              2017年1月      総務人事部内部監査担当
                              2017年2月      株式会社G3D      Japan   監査役
                              2017年5月      当社監査役(現任)
                              1991年10月      KPMGセンチュリー監査法人
                                    (現あずさ監査法人)入所
                              1997年10月      KPMGコンサルティング株式会社
                                    (現プライスウォーターハウスクーパース
                                    ㈱) 出向
                              2000年5月      荻野公認会計士事務所
                                    (現アイピー法律会計事務所)           設立(現
                                    任)
                              2002年3月      当社監査役
                                                       3,600
        監査役        荻野 忠彦       1966年6月17日                            (注)4
                              2004年2月      株式会社アイパス 設立
                                                      (注)7
                              2004年7月      株式会社B.B.インキュべーション
                                    代表取締役
                              2013年1月      株式会社IP     Management     Services
                                    (現エムレボ・ジャパン株式会社)
                                    代表取締役(現任)
                              2014年3月      当社監査役(現任)
                              2014年6月      晴連監査法人代表社員(現任)
                              2017年7月      株式会社アイパス代表取締役(現
                                    任)
                              1997年4月      鹿内・上田・犬塚法律事務所            入
                                    所
                              2000年10月      清水直法律事務所       入所
                              2005年4月      角家・江木法律事務所開設(現任)
                              2012年11月      経営革新等支援機関認定
                                    (経済産業省所管)(現任)
        監査役        江木 晋      1967年12月26日                            (注)4      ―
                              2016年6月      日揮商事株式会社社外取締役(現
                                    任)
                              2017年1月      株式会社スリープログループ(現
                                    ギグワークス株式会社)社外監査
                                    役(現任)
                              2018年3月      当社監査役(現任)
                            計                          572,000
     (注)   1.取締役津倉眞は、社外取締役であります。
       2.監査役荻野忠彦及び監査役江木晋は、社外監査役であります。
       3.  2021年10月6日開催の臨時株主総会終結の時から、2023年12月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
         す。
       4.2021年10月6日開催の臨時株主総会終結の時から、2025年12月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
         す。
       5.  当社は、執行役員制度を導入しております。執行役員の氏名及び担当は以下のとおりであります。
              地位           氏名               担当
             執行役員          長谷川 美栄               事業推進部部長
             執行役員           西山 一広           管理本部本部長兼経理部部長
       6.  代表取締役社長長谷川高志の所有株式数は、同氏が議決権の過半数を保有する株式会社ビューティープロス
         ペリティーが保有する株式数も含んでおります。
       7.  社外監査役荻野忠彦の所有株式数は、同氏が議決権の過半数を保有する株式会社アイパスが保有する株式数
         も含んでおります        。
                                 70/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 社外役員の状況
        当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
        当社における社外取締役と社外監査役の選任基準及び独立性に関する考え方については、次のとおりでありま
       す。
        社外取締役及び監査役の選任にあたっては、高い専門性及び見識等は当然ながら、そのうえで客観的・中立的
       な観点からの助言機能・監督機能を果たすことができる人物を選定するように努めております。
        なお、当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性の基準及び方針は定めておりませんが、選
       任にあたっては、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準を参考にしております。
        社外取締役津倉眞氏は、公認会計士としての豊富な経験と財務及び会計の専門知識、並びに開示資料や金融商
       品取引法に関する深い知識と指導力を有しており、当社社外取締役に適任であると判断しております。また、経
       営のチェック機能を果たす際に経営陣からの独立性が十分に確保できると判断しております。同氏は当社の株式
       を保有しておらず、当社グループとの間に資本的関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありませ
       ん。
        社外監査役荻野忠彦氏は、公認会計士及び税理士として、企業再編やIPO支援業務等に従事し、金融商品取引
       法、会社法、法人税法等の専門知識、及び内部統制等の知識にも精通していることから、当社監査役に適任であ
       ると考えます。同氏は、当社の株式1,000株(議決権割合0.11%)を保有し、同氏が代表取締役を務める株式会社ア
       イパスは、当社の株式2,600株(議決権割合0.28%)を保有しておりますが、この他、当社グループとの間に資本的
       関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外監査役江木晋氏は、弁護士として、会社組織再編、M&A、株主総会指導等に従事し、会社法、金融商品取引
       法等の法律、会計・税務等の様々な知識への精通、リスク管理、コンプライアンスの遵守等についての提言、是
       正対応ができることから、当社監査役に適任であると考えます。同氏は当社の株式を保有しておらず、当社グ
       ループとの間に資本的関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

      統制部門との関係
        当社は、2021年11月末現在、社外取締役を1名及び社外監査役2名を選任しております。社外取締役及び社外
       監査役に対しては、管理本部総務人事部が窓口となり、適宜必要な報告及び連絡を行うことで、取締役の職務執
       行を監督及び監査するために必要な情報が把握できる体制としております。
        社外取締役は、取締役会において、内部監査の状況、会計監査の状況及びその結果について適時報告を受け、
       必要に応じて説明を求めること等により、経営監督機能としての役割を担うことを想定しております。
        社外監査役は、取締役会への出席や、内部監査担当者及び会計監査人との間で意見交換を行うことで、取締役
       の職務執行を監査するとともに、監査機能のさらなる充実を図っております。
        以上により、当社では社外取締役1名及び社外監査役2名により、経営監視体制という面では十分に機能する
       体制が整っていると判断しております。
                                 71/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
        当社の監査役は3名で、監査役会を構成しております。3名のうち1名が常勤監査役、2名が非常勤の社外監
       査役であります。取締役会やその他の重要会議への出席、議事録・稟議書等の社内文書の閲覧、取締役及び使用
       人との意見交換等を通じて、取締役による職務執行状況の法令・定款への適合状況、規程に沿った内部統制の整
       備や運用状況及び財務状況等について監査を実施しております。
        当事業年度において当社は監査役会を13回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであ
       ります。
             区分            氏名           開催回数            出席回数
           常勤監査役            髙木 貴美子              13回            13回
            監査役           荻野 忠彦              13回            13回
            監査役           江木  晋              13回            13回
        監査役会における主な検討事項は、監査方針及び監査実施計画の作成、内部統制の整備・運用状況の確認、内

       部監査による監査結果についてです。
        常勤の監査役の活動として、取締役会やその他重要会議へ出席し、経営の意思決定が適正になされているか等
       について確認・検証し必要に応じて意見を述べる他、内部監査と連携して事業所の往査や稟議書・重要な決裁書
       類等の閲覧を行い意思決定過程が法令や定款と相違ないかの確認及び検証を図っております。
      ② 内部監査の状況

        当社における内部監査は、内部監査担当者1名が担当し、代表取締役社長の直接指示の下で、内部監査を実施
       しております。内部監査担当者は当社の全部門及び当社関係会社を対象として代表取締役社長の承認を得た年度
       方針及び年度計画のもと、内部監査を実施しております。監査結果は代表取締役社長及び実施部署へ報告を行っ
       ており、指摘事項については後日改善状況の確認を行っております。また、内部監査担当者は、管理本部内に在
       籍しておりますため、管理本部に関する内部監査につきましては牽制体制を確保するため、相互監査担当者を立
       て実施しております。
        なお、監査役会、内部監査担当者及び会計監査人は、相互に連携をして、三様監査の体制のもと、情報共有を
       行い、効果的な監査を実施するよう努めております。
      ③ 会計監査の状況

       a. 監査法人の名称
         東陽監査法人
       b. 継続監査期間

         5年間
       c. 業務を執行した公認会計士

         業務執行社員        髙木康行
         業務執行社員        太田裕士
       d. 監査業務に係る補助者の構成

         当社の会計監査業務にかかる補助者は、公認会計士7名、その他3名であります。
                                 72/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       e. 監査法人の選定方針と理由
         監査法人の選定方針としては、品質管理体制、独立性及び専門性の有無、当社が展開する事業分野への理解
        度等を総合的に勘案及び検討した結果で適否を判断し、東陽監査法人を選定しております。
         監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に
        提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
         また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目等に該当すると認められる場合は、
        監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後
        最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。
       f. 監査役及び監査役会による監査法人の評価

         監査役及び監査役会は、公益社団法人日本監査役協会の「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査
        役等の実務指針」を参考に、経営陣から会計監査人の活動実態やその独立性・専門性について報告、聴取する
        他、自ら事業年度を通して、会計監査人から会計監査についての報告、現場立ち会いを行い、会計監査人が監
        査品質を維持し適切に監査しているか評価しております。
      ④ 監査報酬の内容等

       a. 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                         最近連結会計年度

        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社              17,000             ―         17,500             ―
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

         計             17,000             ―         17,500             ―

       b. 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

         該当事項はありません。
       c. その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d. 監査報酬の決定方針

         監査公認会計士等からの監査報酬の見積提案をもとに、当社の規模や監査日数、監査内容等を勘案して決定
        しております。
       e. 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         当社の監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務執行状況及び報酬見積りの算出根拠等が
        適切かどうかについて検討した結果、会計監査人の報酬等は妥当であると判断しております。
                                 73/159






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の取締役及び監査役会の報酬限度額は、2004年7月30日開催の第13期定時株主総会決議において、取締役
       会の報酬限度額は年額300,000千円以内、監査役会の報酬限度額は、年額100,000千円以内と定められておりま
       す。また、提出日現在における取締役の員数は5名、監査役会の員数は3名であります。
        当社の取締役の報酬等については、それぞれの職務と業務執行の対価として会社業績や職責・成果、従業員給
       与の水準や他社動向、過去の支給実績等を総合的に勘案して決定する方針としております。
        個別の報酬額は、株主総会の決議により承認された報酬等の総額の範囲内で、代表取締役社長が社外取締役の
       意見を求め、その意見を勘案の上、取締役会決議により代表取締役社長                                  長谷川高志     に一任され決定しておりま
       す。
        当事業年度の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動内容は、2021年3月30日開催の臨時取締役
       会において、取締役の個別の報酬額の決定を代表取締役社長に一任する決議を行っております。
        監査役会の個別の報酬額については、株主総会の決議により承認された報酬等の総額の範囲内で、監査役会員
       が協議の上、決定しております。
        取締役の報酬は、固定報酬を基本としており、業績連動報酬は採用しておりません。基本報酬については、当
       社の持続的な成長及び企業価値の向上に資するため、取締役が中長期的にその能力を十分に発揮できるように、
       安定した報酬が必要との判断から支給するものであります。
      ② 役員区分毎の報酬等の総額、報酬等の種類別総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                報酬等の総額
        役員区分                                             役員の員数
                   (千円)
                                            非金銭報酬等
                                                      (名)
                        固定報酬     業績連動報酬       退職慰労金
    取締役
                   70,043      70,043         ―       ―       ―        4
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                    7,000      7,000        ―       ―       ―        1
    (社外監査役を除く。)
    社外役員               10,800      10,800         ―       ―       ―        3
      ③ 役員毎の連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

        該当事項はありません。
                                 74/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は純投資目的である株式は保有しておらず、全て純投資目的以外の目的である株式投資に区分しておりま
       す。なお、純投資目的とは株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることのみを目的とする場
       合とし、それ以外の目的で保有する株式は全て純投資目的以外の株式としております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社は、中長期的な企業価値向上の観点から、取引先との安定的・長期的な関係維持・強化等を目的とし、
        政策保有株式を保有しております。
         個別の政策保有株式の保有の合理性については、保有意義の再確認や、保有に伴う便益やリスクが資本コス
        トに見合っているか等を具体的に精査し、保有の適否を取締役会において定期的に検証し、保有の意義が乏し
        いと判断される銘柄については売却又は縮減を図ることとしております。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                     銘柄数       貸借対照表計上額の
                     (銘柄)        合計額(千円)
       非上場株式                 2          17,412
       非上場株式以外の株式                 6            878
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                          株式数の増加に係る取得
                     銘柄数
                                           株式数の増加の理由
                     (銘柄)
                           価額の合計額(千円)
       非上場株式                 1          17,412    取引関係の維持強化のため
       非上場株式以外の株式                 ―             ―          ―
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄毎の株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

        特定投資株式
               当事業年度         前事業年度
                                                    当該株式の
                                                    発行者によ
                                                株式数が
                                       定量的保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
                                                    る当社の株
        銘柄                         保有目的               増加した
                                         (注)1
                                                 理由    式の保有
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
                (千円)         (千円)
                                       前述の検証方法
                    200         200
    ㈱アルテサロン                           取引関係の維        に従い、保有の
                                                 -     無
    ホールディングス                           持強化のため        合理性を判断し
                    100         110
                                       ています。
                    100         100
    ㈱エム・エイチ・
                                  同上        同上       -     無
    グループ
                    19         23
                    191         174
    コタ㈱                             同上        同上       -     無
                    269         270
                    100         100
    ㈱田谷                             同上        同上       -     無
                    53         61
                    100         100
    ㈱ビューティガ
                                  同上        同上       -     無
    レージ
                    276         254
                               業務面での協
                    100         100
    ㈱フルキャスト
                               力関係を維持           同上       -     有
    ホールディングス
                    160         249
                               するため
    (注)   1.定量的保有効果の開示は困難であるため、保有の合理性を検証した方法を記載しています。
                                 75/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び          四半期連結財務諸表並びに            財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号。以下
      「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令

      第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財務

      諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2019年1月1日から2019年12月31
      日まで)及び当連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2019年1
      月1日から2019年12月31日まで)及び当事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の財務諸表について、東
      陽監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年7月1日から2021

      年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、会計基準等の変更等について適確に対応することができる体制を整備するため、専門的な情報を
     有する団体が主催する研修の参加や財務・会計の専門書の購読等を行っております。
                                 76/159











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1  【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年12月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   ※1   1,460,569            ※1   1,743,952
        現金及び預金
        受取手形及び売掛金                               140,513              112,671
        有価証券                                  869             20,757
                                     ※2   5,487            ※2   6,266
        たな卸資産
        その他                               159,053              142,018
                                       △ 3,168             △ 2,473
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,763,324              2,023,193
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               46,806              43,076
                                      △ 21,463             △ 22,785
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                             25,343              20,290
         機械装置及び運搬具
                                        21,239               6,661
                                      △ 14,892              △ 6,591
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                              6,346                69
         工具、器具及び備品
                                        68,267              51,098
                                      △ 57,254             △ 42,294
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             11,012               8,804
         有形固定資産合計                               42,702              29,165
        無形固定資産
         ソフトウエア                               70,500              76,172
         ソフトウエア仮勘定                               2,874              3,621
                                         175              144
         その他
         無形固定資産合計                               73,550              79,939
        投資その他の資産
         投資有価証券                               22,087              38,400
         長期貸付金                               9,090              9,090
         繰延税金資産                               76,948              79,346
         その他                              129,148              129,302
                                      △ 47,434             △ 46,147
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              189,839              209,992
        固定資産合計                               306,092              319,097
      資産合計                                2,069,416              2,342,291
                                 77/159







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年12月31日)              (2020年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                95,473              65,114
        1年内償還予定の社債                                40,000              40,000
                                 ※1 ,※3 ,※4   96,000        ※1 ,※3 ,※4   588,000
        短期借入金
                                   ※1 ,※4   371,152          ※1 ,※4   336,204
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                9,174              8,885
        未払法人税等                                31,437              32,315
        前受金                               244,645              261,675
        賞与引当金                                42,213              49,572
                                       117,741              136,741
        その他
        流動負債合計                              1,047,839              1,518,508
      固定負債
        社債                                70,000              30,000
                                   ※1 ,※4   451,467          ※1 ,※4   283,843
        長期借入金
        リース債務                                14,984               6,099
        退職給付に係る負債                               121,028              131,267
                                        7,537              1,889
        その他
        固定負債合計                               665,018              453,099
      負債合計                                1,712,857              1,971,607
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000              50,000
                                       309,475              326,341
        利益剰余金
        株主資本合計                               359,475              376,341
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  167              107
                                       △ 3,083             △ 5,764
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 2,916             △ 5,656
      純資産合計                                 356,558              370,684
     負債純資産合計                                 2,069,416              2,342,291
                                 78/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2021年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,284,890
        受取手形及び売掛金                               107,376
        たな卸資産                                4,980
        その他                               131,791
                                       △ 2,190
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,526,848
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               44,359
                                      △ 25,065
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                             19,294
         機械装置及び運搬具
                                        6,945
                                       △ 6,725
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                               219
         工具、器具及び備品
                                        62,501
                                      △ 48,285
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             14,215
         有形固定資産合計                               33,729
        無形固定資産
         ソフトウエア                               77,338
         ソフトウエア仮勘定                               15,480
                                         139
         その他
         無形固定資産合計                               92,958
        投資その他の資産
         投資有価証券                               38,640
         長期貸付金                               9,090
         繰延税金資産                               68,244
         その他                              129,630
                                      △ 46,258
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              199,346
        固定資産合計                               326,035
      資産合計                                1,852,884
                                 79/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2021年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                48,605
        1年内償還予定の社債                                30,000
                                    ※1   288,000
        短期借入金
                                    ※1   271,115
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                7,905
        未払法人税等                                29,921
        前受金                               241,925
        賞与引当金                                20,253
                                       114,524
        その他
        流動負債合計                              1,052,250
      固定負債
                                    ※1   186,439
        長期借入金
        リース債務                                  429
        退職給付に係る負債                               141,118
                                        1,213
        その他
        固定負債合計                               329,199
      負債合計                                1,381,449
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                50,000
                                       424,593
        利益剰余金
        株主資本合計                               474,593
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  273
                                       △ 3,432
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 3,158
      純資産合計                                 471,434
     負債純資産合計                                 1,852,884
                                 80/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     売上高                                 2,615,616              2,204,720
                                      1,210,443               940,636
     売上原価
     売上総利益                                 1,405,173              1,264,083
                                   ※1   1,239,926            ※1   1,178,086
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  165,246               85,997
     営業外収益
      受取利息及び配当金                                   530              802
      助成金収入                                    ―            56,609
      債務勘定整理益                                  3,567              19,830
      保険解約返戻金                                  1,360                ―
                                         642             1,816
      その他
      営業外収益合計                                  6,099              79,058
     営業外費用
      支払利息                                 23,190              21,081
      為替差損                                  1,433              2,467
      シンジケートローン手数料                                 13,866                900
                                        4,910              3,732
      その他
      営業外費用合計                                 43,401              28,180
     経常利益                                  127,945              136,875
     特別利益
                                                    ※2   1,334
      固定資産売却益                                    ―
                                          ―              365
      在外子会社清算に伴う為替換算調整勘定取崩益
      特別利益合計                                    ―             1,700
     特別損失
                                     ※3   1,477              ※3   0
      固定資産除却損
      関係会社整理損                                    ―             5,373
                                                   ※4   65,060
                                          ―
      新型コロナウイルス感染症による損失
      特別損失合計                                  1,477              70,433
     税金等調整前当期純利益                                  126,468               68,141
     法人税、住民税及び事業税
                                        48,642              33,164
     過年度法人税等                                   6,099                ―
                                         687              111
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   55,429              33,275
     当期純利益                                   71,039              34,866
     非支配株主に帰属する当期純利益                                     ―              ―
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   71,039              34,866
                                 81/159







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     当期純利益                                   71,039              34,866
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   123              △ 59
                                        △ 781            △ 2,681
      為替換算調整勘定
                                     ※1   △  657          ※1   △  2,740
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   70,381              32,125
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 70,381              32,125
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                 82/159
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年1月1日
                                至 2021年9月30日)
     売上高                                 1,700,101
                                       624,720
     売上原価
     売上総利益                                 1,075,380
     販売費及び一般管理費                                  878,015
     営業利益                                  197,365
     営業外収益
      受取利息及び配当金                                   401
      為替差益                                  1,781
      助成金収入                                 18,262
      債務勘定整理益                                 12,814
                                         656
      その他
      営業外収益合計                                 33,916
     営業外費用
      支払利息                                 12,605
      シンジケートローン手数料                                 25,648
                                        3,840
      その他
      営業外費用合計                                 42,094
     経常利益                                  189,187
     特別利益
                                        1,264
      在外子会社清算に伴う為替換算調整勘定取崩益
      特別利益合計                                  1,264
     特別損失
                                     ※1   18,127
      新型コロナウイルス感染症による損失
      特別損失合計                                 18,127
     税金等調整前四半期純利益                                  172,324
     法人税、住民税及び事業税
                                        46,494
                                        9,577
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   56,072
     四半期純利益                                  116,252
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  116,252
                                 83/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2021年1月1日
                                至 2021年9月30日)
     四半期純利益                                  116,252
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   165
                                        2,332
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  2,498
     四半期包括利益                                  118,750
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 118,750
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -
                                 84/159
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                  (単位:千円)
                     株主資本               その他の包括利益累計額
                                  その他            その他の
                                                    純資産合計
                                       為替換算調整
                資本金     利益剰余金      株主資本合計       有価証券            包括利益
                                         勘定
                                 評価差額金            累計額合計
    当期首残高             50,000      256,435      306,435        43    △ 2,302     △ 2,258     304,177
    当期変動額
     剰余金の配当                 △ 18,000     △ 18,000                        △ 18,000
     親会社株主に帰属する
                       71,039      71,039                         71,039
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                     123     △ 781     △ 657     △ 657
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―    53,039      53,039       123     △ 781     △ 657     52,381
    当期末残高             50,000      309,475      359,475        167    △ 3,083     △ 2,916     356,558
      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                                                  (単位:千円)
                     株主資本               その他の包括利益累計額
                                  その他            その他の
                                                    純資産合計
                                       為替換算調整
                資本金     利益剰余金      株主資本合計       有価証券            包括利益
                                         勘定
                                 評価差額金            累計額合計
    当期首残高             50,000      309,475      359,475        167    △ 3,083     △ 2,916     356,558
    当期変動額
     剰余金の配当                 △ 18,000     △ 18,000                        △ 18,000
     親会社株主に帰属する
                       34,866      34,866                         34,866
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                    △ 59    △ 2,681     △ 2,740     △ 2,740
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―    16,866      16,866       △ 59    △ 2,681     △ 2,740      14,125
    当期末残高             50,000      326,341      376,341        107    △ 5,764     △ 5,656     370,684
                                 85/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 126,468               68,141
      減価償却費                                 38,365              36,454
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,448             △ 1,983
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 297             7,359
      受取利息及び受取配当金                                  △ 530             △ 802
      支払利息                                 23,190              21,081
      助成金収入                                    ―           △ 56,609
      保険解約返戻金                                 △ 1,360                ―
      為替差損益(△は益)                                   739             1,848
      シンジケートローン手数料                                 13,866                900
      固定資産売却益                                    ―            △ 1,334
      在外子会社清算に伴う為替換算調整勘定取崩益                                    ―             △ 365
      固定資産除却損                                  1,477                0
      関係会社整理損                                    ―             5,373
      新型コロナウイルス感染症による損失                                    ―            65,060
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 29,757              27,841
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  3,174             △ 1,104
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 29,307             △ 30,296
      前受金の増減額(△は減少)                                 △ 8,758              17,035
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 3,784              10,238
                                      △ 18,592              42,391
      その他
      小計                                 172,060              211,230
      利息及び配当金の受取額
                                         530              816
      利息の支払額                                △ 21,627             △ 23,174
      助成金の受取額                                    ―            56,609
      保険解約返戻金の受取額                                  1,360                ―
      関係会社整理損の支払額                                    ―             △ 557
      新型コロナウイルス感染症による損失の支払額                                    ―           △ 63,759
      法人税等の支払額                                △ 34,381             △ 32,174
      法人税等の還付額                                   151               ―
                                       △ 6,099                ―
      過年度法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 111,994              148,990
                                 86/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の払戻による収入                                 50,000                ―
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 8,434             △ 2,954
      有形固定資産の売却による収入                                    ―             5,908
      無形固定資産の取得による支出                                △ 24,131             △ 33,720
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 238            △ 37,535
                                       △ 5,176             △ 3,328
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 12,018             △ 71,630
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 96,000              492,000
      シンジケートローン手数料の支払額                                △ 13,950               △ 901
      長期借入れによる収入                                 410,000              206,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 551,348             △ 407,684
      社債の償還による支出                                △ 40,000             △ 40,000
      リース債務の返済による支出                                △ 12,412              △ 9,174
      割賦債務の返済による支出                                 △ 4,906             △ 11,467
      配当金の支払額                                △ 18,000             △ 18,000
                                        △ 560             △ 506
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 135,177              210,265
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 1,553             △ 4,242
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 12,718              283,382
     現金及び現金同等物の期首残高                                 1,293,287              1,280,569
                                   ※1   1,280,569            ※1   1,563,952
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 87/159












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      1. 連結の範囲に関する事項
        全ての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         3社
        連結子会社の名称
         SEYFERT    International       USA,   Inc.
         Seyfert    International       Limited
         株式会社G3D       Japan
      2. 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      3. 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
         a. 満期保有目的の債券
           償却原価法(定額法)          を採用しております。
         b. その他有価証券
           時価のあるもの
            連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
           移動平均法により算定)を採用しております。
           時価のないもの
            移動平均法による原価法を採用しております。
        ② たな卸資産
         a. 商品・貯蔵品
           月次総平均法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算出)
         b. 仕掛品
           個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算出)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ① 有形固定資産(リース資産を除く)
          当社は定率法を採用しております。但し、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並び
         に2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用しております。また、在
         外連結子会社は定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物        8年~40年
           機械装置及び運搬具 2年~6年
           工具、器具及び備品 4年~20年
        ② 無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ③ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 88/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ① 貸倒引当金
          当社は、債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
         定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          当社は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う
         分を計上しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付
        債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
       (5)  重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 89/159












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      1. 連結の範囲に関する事項
        全ての子会社を連結しております。
        連結子会社の数
         2社
        連結子会社の名称
         SEYFERT    International       USA,   Inc.
         株式会社G3D       Japan
         なお、Seyfert       International       Limitedは、当連結会計年度において清算結了したため、連結の範囲から除外
        しております。
      2. 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      3. 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
         a. 満期保有目的の債券
           償却原価法(定額法)          を採用しております。
         b. その他有価証券
           時価のあるもの
            連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
            移動平均法により算定)を採用しております。
           時価のないもの
            移動平均法による原価法を採用しております。
        ② たな卸資産

         a. 商品・貯蔵品
           月次総平均法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算出)
         b. 仕掛品
           個別法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下による簿価切下げの方法により算出)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ① 有形固定資産(リース資産を除く)
          当社は定率法を採用しております。但し、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並び
         に2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用しております。また、在
         外連結子会社は定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物        8年~40年
           機械装置及び運搬具 2年~5年
           工具、器具及び備品 4年~20年
        ② 無形固定資産(リース資産を除く)

          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
                                 90/159




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
          当社は、債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
         定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金

          当社は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う
         分を計上しております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付
        債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
       (5)  重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 91/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基準委員
       会)
     (1)  概要
       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準
      の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
      Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日よ
      り後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な
      会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
       企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
      を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
      点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
      には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     (2)  適用予定日
       2022年12月期の期首から適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響
       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

    1.収益認識に関する会計基準等
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員
       会)
     (1)  概要
       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準
      の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
      Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日よ
      り後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な
      会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
       企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
      を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
      点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
      には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     (2)  適用予定日
       2022年12月期の期首から適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響
       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
    2.時価の算定に関する会計基準等

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員
       会)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委
       員会)
                                 92/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (1)  概要
       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、公正価値測定についてほぼ同じ内容の詳細な
      ガイダンスを定めております(IASBにおいてはIFRS第13号、FASBにおいてはTopic820)。これらの国際的な会計基準
      の定めとの比較可能性を向上させるために、企業会計基準委員会において、時価の算定に関する会計基準が開発さ
      れ、適用指針と合わせて公表されたものであります。
       企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方法
      を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定めを
      基本的に全て取り入れることとされております。但し、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表
      間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
     (2)  適用予定日
       2022年12月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響
       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
    3.会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準

      ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日 企
       業会計基準委員会)
     (1)  概要
       関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目的
      とするものです。
     (2)  適用予定日
       2021年12月期の年度末より適用予定であります。
    4.会計上の見積りの開示に関する会計基準

      ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     (1)  概要
       当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼす
      リスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示することを
      目的とするものです。
     (2)  適用予定日
       2021年12月期の年度末より適用予定であります。
       (表示方法の変更)

     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会計基準一
      部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税
      金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しました。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」24,637千円は、「投資
      その他の資産」の「繰延税金資産」77,899千円に含めて表示しております。
       また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会
      計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しております。
                                 93/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (追加情報)
      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
       (新型コロナウイルス感染症の影響に伴う会計上の見積りに関して)
        当社グループは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響が少なくとも一定期間続くとの仮定のもと会計
       上の見積りを会計処理に反映しております。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は
       不確定要素が多く、翌連結会計年度の当社グループの財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 94/159


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
    ※1    担保資産及び担保付債務
       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
        (差入資産の種類)
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年12月31日)                (2020年12月31日)
       定期預金                         80,000   千円             80,000   千円
       計                         80,000   千円             80,000   千円
        (債務の種類)

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年12月31日)                (2020年12月31日)
       短期借入金                         32,000   千円            146,000    千円
       1年内返済予定の長期借入金                         40,000    〃            40,000    〃
       長期借入金                         80,000    〃            40,000    〃
       計                         152,000    千円            226,000    千円
    ※2    たな卸資産の内訳は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年12月31日)                (2020年12月31日)
       商品及び製品                          2,338   千円             2,602   千円
       仕掛品                          2,668   〃             2,034   〃
       原材料及び貯蔵品                           480  〃             1,628   〃
       計                          5,487   千円             6,266   千円
    ※3 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約及び取引銀行5行と貸出コミットメン

      ト契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年12月31日)                (2020年12月31日)
       当座貸越限度額及び
                                900,000    千円            900,000    千円
       貸出コミットメントの総額
       借入実行残高                         96,000    〃            538,000    〃
       差引額                         804,000    千円            362,000    千円
    ※4 財務制限条項

      (1)  借入金(2017年3月15日締結のシンジケートローン)については、以下の財務制限条項が付されております。
       ① 各連結会計年度の末日において単体の貸借対照表に記載される純資産の部の金額をマイナスとしないこと。
       ② 各連結会計年度の末日において単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続で損失としないこと。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年12月31日)                (2020年12月31日)
       借入金残高                         300,000    千円            200,000    千円
      (2)  借入金(2019年1月25日締結のコミットメントライン)については、以下の財務制限条項が付されております。

       ① 各連結会計年度の末日において単体の貸借対照表に記載される純資産の部の金額をマイナスとしないこと。
       ② 各連結会計年度の末日において単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続で損失としないこと。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年12月31日)                (2020年12月31日)
       借入金残高                         96,000   千円            288,000    千円
                                 95/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
    ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自    2019年1月1日             (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日)              至   2020年12月31日)
       給料手当                         490,712    千円            474,310    千円
       賞与引当金繰入額                         33,035    〃            38,967    〃
       退職給付費用                         17,219    〃            13,189    〃
       地代家賃                         131,230    〃            133,335    〃
       貸倒引当金繰入額                          3,621   〃             △69   〃
    ※2    固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自    2019年1月1日             (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日)              至   2020年12月31日)
       機械装置及び運搬具                           ― 千円             1,331   千円
       工具、器具及び備品                           ―  〃               3 〃
       計                           ― 千円             1,334   千円
    ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自    2019年1月1日             (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日)              至   2020年12月31日)
       工具、器具及び備品                           ― 千円               0 千円
       ソフトウエア                          1,477   〃              ―  〃
       計                          1,477   千円               0 千円
    ※4 新型コロナウイルス感染症による損失

      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
       新型コロナウイルス感染症拡大により、政府及び各自治体からの営業自粛要請や緊急事態宣言が発令され、当社
      がスタッフを派遣する美容室や当社グループが営業する美容室で臨時休業や営業時間の短縮が実施されました。こ
      れに伴い、派遣スタッフや従業員に対し支給した休業補償等を、新型コロナウイルス感染症による損失として特別
      損失に計上しております。
                                 96/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                    (千円)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    2019年1月1日             (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日)              至   2020年12月31日)
       その他有価証券評価差額金
        当期発生額                          189               △91
                                   ―                ―
        組替調整額
         税効果調整前
                                   189               △91
                                  △65                 31
         税効果額
         その他有価証券評価差額金                         123               △59
       為替換算調整勘定
        当期発生額                         △649               △2,534
                                   ―              △365
        組替調整額
         税効果調整前
                                  △649               △2,900
                                  △132                 218
         税効果額
         為替換算調整勘定                        △781               △2,681
              その他の包括利益合計                   △657               △2,740
                                 97/159














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                  9,000            ―           ―         9,000
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                   当連結会計
                      目的となる
      会社名         内訳                                    年度末残高
                            当連結会計
                                               当連結
                      株式の種類
                                    増加      減少
                                                    (千円)
                                              会計年度末
                             年度期首
            2016年ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
     提出会社
            2017年ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
               合計                 ―      ―      ―      ―      ―
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
       決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (千円)         (円)
    2019年3月26日
               普通株式           18,000         2,000    2018年12月31日         2019年3月27日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2020年3月24日
              普通株式      利益剰余金         18,000        2,000    2019年12月31日         2020年3月25日
    定時株主総会
                                 98/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                  9,000            ―           ―         9,000
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                   当連結会計
                      目的となる
      会社名         内訳                                    年度末残高
                            当連結会計
                                               当連結
                      株式の種類
                                    増加      減少
                                                    (千円)
                                              会計年度末
                             年度期首
            2016年ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
     提出会社
            2017年ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
               合計                 ―      ―      ―      ―      ―
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2020年3月24日
              普通株式      利益剰余金         18,000        2,000    2019年12月31日         2020年3月25日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2021年3月30日
              普通株式      利益剰余金         18,000        2,000    2020年12月31日         2021年3月31日
    定時株主総会
                                 99/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、以下のとおりであり
      ます。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自 2019年1月1日                (自 2020年1月1日
                             至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
       現金及び預金                        1,460,569     千円           1,743,952     千円
       預入期間が3ヶ月を超える定期預金                        △180,000     〃           △180,000     〃
       現金及び現金同等物                        1,280,569     千円           1,563,952     千円
       (リース取引関係)

     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      ファイナンス・リース取引
       (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ① リース資産の内容
          無形固定資産 主として、広告求人関連のソフトウエアであります。
        ② リース資産の減価償却の方法

          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

      ファイナンス・リース取引
       (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ① リース資産の内容
          無形固定資産 主として、広告求人関連のソフトウエアであります。
        ② リース資産の減価償却の方法

          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                100/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1 金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、広告求人サービス、紹介・派遣サービス並びに教育(その他)サービスを行うための投資計画に
      照らして、必要な資金を銀行借入と社債により調達しております。また、短期的な運転資金についても銀行借入に
      より調達しており、一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。長期貸付金については、貸付先
      の信用リスクに晒されております。これらの信用リスクに関しては、主要な取引先の状況を定期的にモニタリング
      し、取引相手毎に期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っ
      ております。
       有価証券及び投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式及び満期保有目的の債券であります。これ
      らの有価証券及び投資有価証券については、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、定期的に時価や発行体
      (取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引先との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。ま
      た、外貨建の有価証券については、為替の変動リスクに晒されておりますが、定期的に為替差損益等を把握し、取
      締役会に報告されております。
       営業債務である買掛金、未払法人税等は、全て1年以内の支払期日であります。借入金及び社債は、主に運転資
      金及び設備投資に必要な資金を調達したものであり、返済期日は決算日後、最長で5年以内であります。また、
      ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
      これらの金銭債務については、流動性リスクに晒されておりますが、定期的に資金計画を作成・更新するととも
      に、手元流動性の維持により流動性リスクを管理しております。
       また、変動金利の借入金及び社債については、金利の変動リスクに晒されておりますが、定期的に金利の変動状
      況をモニタリングしており、金利変動による負担増減の早期把握に努めております。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれて
      おります。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
      当該価額が変動することもあります。
                                101/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、以下のとおりであります。なお、時価を把握すること
     が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                         (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                            1,460,569            1,460,569                ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                             140,513
           (※)
                             △3,168
      貸倒引当金
                             137,344            137,344               ―
    (3)  有価証券及び投資有価証券
                             21,787            21,391             △395
    (4)  長期貸付金
                              9,090
           (※)
                             △9,090
      貸倒引当金
                               ―            ―            ―
           資産計                 1,619,701            1,619,305              △395
    (1)  買掛金
                             95,473            95,473              ―
    (2)  短期借入金
                             96,000            96,000              ―
    (3)  未払法人税等
                             31,437            31,437              ―
    (4)  社債(1年以内含む)
                             110,000            110,000               ―
    (5)  長期借入金(1年以内含む)
                             822,620            825,407             2,786
    (6)  リース債務(1年以内含む)
                             24,158            23,645             △513
           負債計                 1,179,690            1,181,964              2,273
     (※) 受取手形及び売掛金、長期貸付金については対応する貸倒引当金を控除しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、及び(2)           受取手形及び売掛金
        これらは全て短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (3)  有価証券及び投資有価証券
        有価証券及び投資有価証券の時価については、株式は取引所の価格によっており、債券は金融機関から提示さ
       れた価格によっております。
      (4)  長期貸付金
        長期貸付金の時価については、個別に信用リスクを見積もった回収見込額により算定しております。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、       及び(3)    未払法人税等
        これらは全て短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (4)  社債
        変動金利によるものであり、短期間で市場金利が反映されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、
       当該帳簿価額によっております。
      (5)  長期借入金、及び(6)          リース債務
        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される利
       率で割り引いた現在価値によっております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区分            2019年12月31日
        非上場株式                      300
        非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)                                                  有
       価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                102/159




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注3)    金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                                1年以内                    10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                            1,460,569          ―       ―       ―
    受取手形及び売掛金                             140,513         ―       ―       ―
    投資有価証券
     満期保有目的の債券                              ―     20,816         ―       ―
                合計                1,601,083        20,816         ―       ―
        長期貸付金については、償還予定額が見込めないため記載しておりません。
     (注4)    社債、借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金                96,000         ―       ―       ―       ―       ―
    社債                40,000       40,000       30,000         ―       ―       ―
    長期借入金               371,152       283,870       153,206       12,705       1,686        ―
    リース債務                9,174       8,885       6,099        ―       ―       ―
         合計          516,327       332,755       189,305       12,705       1,686        ―
                                103/159













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
    1 金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、広告求人サービス、紹介・派遣サービス並びに教育(その他)サービスを行うための投資計画に
      照らして、必要な資金を銀行借入と社債により調達しております。また、短期的な運転資金についても銀行借入に
      より調達しており、一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。長期貸付金については、貸付先
      の信用リスクに晒されております。これらの信用リスクに関しては、主要な取引先の状況を定期的にモニタリング
      し、取引相手毎に期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っ
      ております。
       有価証券及び投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式及び満期保有目的の債券であります。これ
      らの有価証券及び投資有価証券については、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、定期的に時価や発行体
      (取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引先との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。ま
      た、外貨建の有価証券については、為替の変動リスクに晒されておりますが、定期的に為替差損益等を把握し、取
      締役会に報告されております。
       営業債務である買掛金、未払法人税等は、全て1年以内の支払期日であります。借入金及び社債は、主に運転資
      金及び設備投資に必要な資金を調達したものであり、返済期日は決算日後、最長で5年以内であります。また、
      ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
      これらの金銭債務については、流動性リスクに晒されておりますが、定期的に資金計画を作成・更新するととも
      に、手元流動性の維持により流動性リスクを管理しております。
       また、変動金利の借入金及び社債については、金利の変動リスクに晒されておりますが、定期的に金利の変動状
      況をモニタリングしており、金利変動による負担増減の早期把握に努めております。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれて
      おります。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
      当該価額が変動することもあります。
                                104/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、以下のとおりであります。なお、時価を把握すること
     が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                         (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                            1,743,952            1,743,952                ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                             112,671
           (※)
                             △2,473
      貸倒引当金
                             110,198            110,198               ―
    (3)  有価証券及び投資有価証券
                             40,652            40,589             △63
    (4)  長期貸付金
                              9,090
           (※)
                             △9,090
      貸倒引当金
                               ―            ―            ―
           資産計                 1,894,804            1,894,740               △63
    (1)  買掛金
                             65,114            65,114              ―
    (2)  短期借入金
                             588,000            588,000               ―
    (3)  未払法人税等
                             32,315            32,315              ―
    (4)  社債(1年以内含む)
                             70,000            70,000              ―
    (5)  長期借入金(1年以内含む)
                             620,047            620,578              531
    (6)  リース債務(1年以内含む)
                             14,984            14,830             △153
           負債計                 1,390,461            1,390,839               378
     (※) 受取手形及び売掛金、長期貸付金については対応する貸倒引当金を控除しております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、及び(2)           受取手形及び売掛金
        これらは全て短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (3)  有価証券及び投資有価証券
        有価証券及び投資有価証券の時価については、株式は取引所の価格によっており、債券は金融機関から提示さ
       れた価格によっております。
      (4)  長期貸付金
        長期貸付金の時価については、個別に信用リスクを見積もった回収見込額により算定しております。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、及び(3)          未払法人税等
        これらは全て短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
       す。
      (4)  社債
        変動金利によるものであり、短期間で市場金利が反映されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、
       当該帳簿価額によっております。
      (5)  長期借入金、及び(6)          リース債務
        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される利
       率で割り引いた現在価値によっております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区分            2020年12月31日
        非上場株式                     17,412
        非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)                                                  有
       価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                105/159




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注3)    金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                                1年以内                    10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                            1,743,952          ―       ―       ―
    受取手形及び売掛金                             112,671         ―       ―       ―
    有価証券及び投資有価証券
     満期保有目的の債券                            19,665         ―     20,109         ―
                合計                1,876,289          ―     20,109         ―
        長期貸付金については、償還予定額が見込めないため記載しておりません。
     (注4)    社債、借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金               588,000         ―       ―       ―       ―       ―
    社債                40,000       30,000         ―       ―       ―       ―
    長期借入金               336,204       207,015       40,961       21,682       14,185         ―
    リース債務                8,885       6,099        ―       ―       ―       ―
         合計          973,089       243,114       40,961       21,682       14,185         ―
                                106/159














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
      前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1 満期保有目的の債券
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

           区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    時価が連結貸借対照表計上額を
                               ―            ―            ―
    超えるもの
    時価が連結貸借対照表計上額を
                             20,816            20,421            △395
    超えないもの
           合計                  20,816            20,421            △395
    2 その他有価証券

                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

           区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価
    を超えるもの
     株式                          885            594            290
     債券                          ―            ―            ―

     その他                          ―            ―            ―

           小計                    885            594            290

    連結貸借対照表計上額が取得原価
    を超えないもの
     株式                          85           119           △34
     債券                          ―            ―            ―

     その他                          ―            ―            ―

           小計                    85           119           △34

           合計                    970            714            256

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額300千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と
        認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                107/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
    1 満期保有目的の債券
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

           区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    時価が連結貸借対照表計上額を
                             19,665            19,690              25
    超えるもの
    時価が連結貸借対照表計上額を
                             20,109            20,020             △89
    超えないもの
           合計                  39,774            39,710             △63
    2 その他有価証券

                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

           区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価
    を超えるもの
     株式                          645            355            289
     債券                          ―            ―            ―

     その他                          ―            ―            ―

           小計                    645            355            289

    連結貸借対照表計上額が取得原価
    を超えないもの
     株式                          233            358           △124
     債券                          ―            ―            ―

     その他                          ―            ―            ―

           小計                    233            358           △124

           合計                    878            713            164

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額17,412千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
        難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                108/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
      前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。なお、簡便法により計算した退職給付債
       務を用いて、退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
      2.簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                                124,812千円

                                          19,830    〃
          退職給付費用
                                         △23,614     〃
          退職給付の支払額
                                         121,028    〃
         退職給付に係る負債の期末残高
       (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

         非積立型制度の退職給付債務                                121,028千円

                                         121,028    〃
         連結貸借対照表に計上された負債
         退職給付に係る負債                                121,028千円

                                         121,028    〃
         連結貸借対照表に計上された負債
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                                 19,830千円

                                109/159












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。なお、簡便法により計算した退職給付債
       務を用いて、退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
      2.簡便法を適用した確定給付制度

       (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付に係る負債の期首残高                                121,028千円

                                          15,082    〃
          退職給付費用
                                         △4,843    〃
          退職給付の支払額
                                         131,267    〃
         退職給付に係る負債の期末残高
       (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

         非積立型制度の退職給付債務                                131,267千円

                                         131,267    〃
         連結貸借対照表に計上された負債
         退職給付に係る負債                                131,267千円

                                         131,267    〃
         連結貸借対照表に計上された負債
       (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                                 15,082千円

                                110/159












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
      前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      当社は、ストック・オプション付与日時点において未公開企業であり、付与日時点におけるストック・オプション
     の単位当たりの本源的価値は0円であるため、費用計上はしておりません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容(提出会社)
                                 第7回新株予約権             第7回新株予約権
                    第6回新株予約権
                                  (1回目付与)             (2回目付与)
    決議年月日                2016年4月27日             2017年8月15日             2018年1月18日
                                子会社取締役 2名
                   当社取締役  2名
    付与対象者の区分及び人
                   子会社取締役 1名                           当社従業員        10名
                                当社従業員        134名
    数
                   当社従業員  9名
                                子会社従業員 15名
    株式の種類及び付与数
                   普通株式 45,000株             普通株式 43,000株             普通株式 2,000株
    (株)
    付与日                2016年4月30日             2017年9月15日             2018年1月25日
                  ① 新株予約権の割当を             ① 新株予約権の割当を             ① 新株予約権の割当を
                    受けた者(以下「新株             受けた者(以下「新株             受けた者(以下「新株
                    予約権者」という。)             予約権者」という。)             予約権者」という。)
                    は、権利行使時にお             は、権利行使時にお             は、権利行使時にお
                    いても、当社又は当             いても、当社又は当             いても、当社又は当
                    社子会社の取締役、             社子会社の取締役、             社子会社の取締役、
                    従業員の地位を有し             従業員の地位を有し             従業員の地位を有し
                    ていなければならな             ていなければならな             ていなければならな
                    い。             い。             い。
    権利確定条件
                  ② 新株予約権者が死亡             ② 新株予約権者が死亡             ② 新株予約権者が死亡
                    した場合、その相続             した場合、その相続             した場合、その相続
                    人による新株予約権             人による新株予約権             人による新株予約権
                    の権利行使は認めな             の権利行使は認めな             の権利行使は認めな
                    いものとする。             いものとする。             いものとする。
                    その他の条件は、当             その他の条件は、当             その他の条件は、当
                    社と新株予約権割当             社と新株予約権割当             社と新株予約権割当
                    契約で定めるところ             契約で定めるところ             契約で定めるところ
                    による。             による。             による。
    対象勤務期間               対象期間の定めなし             対象期間の定めなし             対象期間の定めなし
                   自 2018年5月1日             自 2019年9月16日             自 2020年1月26日
    権利行使期間
                   至 2026年3月31日             至 2027年8月15日             至 2027年12月25日
    (注)株式数に換算して記載しております。なお、2021年9月15日開催の取締役会決議による、2021年10月6日付の株
       式分割(普通株式1株につき100株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                111/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       前連結会計年度(2019年12月期)において存在したストック・オプションの数については、株式数に換算して記載
      しております。
      ① ストック・オプションの数(提出会社)
                                 第7回新株予約権             第7回新株予約権
                    第6回新株予約権
                                  (1回目付与)             (2回目付与)
    権利確定前(株)
     前連結会計年度末                        ―           43,000              2,000
     付与                        ―             ―             ―
     失効・消却                        ―           13,800              1,300
     権利確定                        ―           29,200               ―
     未確定残                        ―             ―             700
    権利確定後(株)
     前連結会計年度末                      27,000               ―             ―
     権利確定                        ―           29,200               ―
     権利行使                        ―             ―             ―
     失効                        ―             ―             ―
     未行使残                      27,000             29,200               ―
     (注)   株式数に換算して記載しております。なお、2021年9月15日開催の取締役会決議による、2021年10月6日付の
        株式分割(普通株式1株につき100株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
      ② 単価情報

                           第6回新株予約権                 第7回新株予約権
    権利行使価格(円)                                 1,000                 1,100
    行使時平均株価(円)                                  ―                 ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                  ―                 ―
     (注)   2021年9月15日開催の取締役会決議による、2021年10月6日付の株式分割(普通株式1株につき100株)
       による分割後の価格に換算して記載しております。
    3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      ストック・オプションの付与日時点において当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評
     価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積によっております。
      また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッ
     シュフロー法)、純資産方式及び類似会社比準方式により算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
      なお、当社は未公開企業であり、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値は0円であるため、費用計上は
     しておりません。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採用してお
     ります。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
     (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額
       ―  千円
     (2)  当連結会計年度において行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
       ―  千円
                                112/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      当社は、ストック・オプション付与日時点において未公開企業であり、付与日時点におけるストック・オプション
     の単位当たりの本源的価値は0円であるため、費用計上はしておりません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容(提出会社)
                                 第7回新株予約権             第7回新株予約権
                    第6回新株予約権
                                  (1回目付与)             (2回目付与)
    決議年月日                2016年4月27日             2017年8月15日             2018年1月18日
                                 子会社取締役 2名
                   当社取締役  2名
                                 当社従業員        134名       当社従業員        10名
    付与対象者の区分及び人数               子会社取締役 1名
                   当社従業員  9名
                                 子会社従業員 15名
    株式の種類及び付与数(株)               普通株式 45,000株             普通株式 43,000株             普通株式 2,000株

    付与日                2016年4月30日             2017年9月15日             2018年1月25日

                  ① 新株予約権の割当を             ① 新株予約権の割当を             ① 新株予約権の割当を
                    受けた者(以下「新株             受けた者(以下「新株             受けた者(以下「新株
                    予約権者」という。)             予約権者」という。)             予約権者」という。)
                    は、権利行使時にお             は、権利行使時にお             は、権利行使時にお
                    いても、当社又は当             いても、当社又は当             いても、当社又は当
                    社子会社の取締役、             社子会社の取締役、             社子会社の取締役、
                    従業員の地位を有し             従業員の地位を有し             従業員の地位を有し
                    ていなければならな             ていなければならな             ていなければならな
                    い。             い。             い。
    権利確定条件
                  ② 新株予約権者が死亡             ② 新株予約権者が死亡             ② 新株予約権者が死亡
                    した場合、その相続             した場合、その相続             した場合、その相続
                    人による新株予約権             人による新株予約権             人による新株予約権
                    の権利行使は認めな             の権利行使は認めな             の権利行使は認めな
                    いものとする。             いものとする。             いものとする。
                    その他の条件は、当             その他の条件は、当             その他の条件は、当
                    社と新株予約権割当             社と新株予約権割当             社と新株予約権割当
                    契約で定めるところ             契約で定めるところ             契約で定めるところ
                    による。             による。             による。
    対象勤務期間               対象期間の定めなし             対象期間の定めなし             対象期間の定めなし
                   自 2018年5月1日             自 2019年9月16日             自 2020年1月26日
    権利行使期間
                   至 2026年3月31日             至 2027年8月15日             至 2027年12月25日
     (注)   株式数に換算して記載しております。なお、2021年9月15日開催の取締役会決議による、2021年10月6日付の株
       式分割(普通株式1株につき100株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                113/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       当連結会計年度(2020年12月期)において存在したストック・オプションの数については、株式数に換算して記載
      しております。
      ① ストック・オプションの数(提出会社)
                                 第7回新株予約権             第7回新株予約権
                    第6回新株予約権
                                  (1回目付与)             (2回目付与)
    権利確定前(株)
     前連結会計年度末                        ―             ―             700
     付与                        ―             ―             ―
     失効・消却                        ―             ―             ―
     権利確定                        ―             ―             700
     未確定残                        ―             ―             ―
    権利確定後(株)
     前連結会計年度末                      27,000             29,200               ―
     権利確定                        ―             ―             700
     権利行使                        ―             ―             ―
     失効                        ―            1,300               ―
     未行使残                      27,000             27,900               700
     (注)   株式数に換算して記載しております。なお、2021年9月15日開催の取締役会決議による、2021年10月6日付の株
       式分割(普通株式1株につき100株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
     ② 単価情報

                           第6回新株予約権                 第7回新株予約権
    権利行使価格(円)                                 1,000                 1,100
    行使時平均株価(円)                                  ―                 ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                  ―                 ―
     (注)   2021年9月15日開催の取締役会決議による、2021年10月6日付の株式分割(普通株式1株につき100株)による分
       割後の価格に換算して記載しております。
    3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      ストック・オプションの付与日時点において当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評
     価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積によっております。
      また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッ
     シュフロー法)、純資産方式及び類似会社比準方式により算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
      なお、当社は未公開企業であり、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値は0円であるため、費用計上は
     しておりません。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみを反映させる方法を採用してお
     ります。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
     (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額
       ―  千円
     (2)  当連結会計年度において行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
       ―  千円
                                114/159



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        退職給付に係る負債                              41,875   千円
                                     14,605
        賞与引当金                                 〃
        貸倒引当金                              16,551    〃
        減損損失                              2,308   〃
        資産除去債務                              6,815   〃
        繰越欠損金(注)2                              16,649    〃
        在外子会社留保利益                              7,143   〃
                                      8,696   〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                     114,646    千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △16,649    千円
                                    △17,821     〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注)1                              △34,470    千円
       繰延税金資産合計                               80,176   千円
       繰延税金負債

        在外子会社の減価償却不足額                             △3,139    千円
                                      △88
                                         〃
        その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                              △3,228    千円
       繰延税金資産の純額                               76,948   千円
       (注)   1.評価性引当額が11,428千円減少しております。この減少の主な理由は、連結子会社Seyfert
           International       Limitedの清算手続の進行によるものであります。
         2.税務上の繰越欠損金及びその繰越期限別の金額は以下のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                          1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                           5年超      合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
          税務上の
                       ―     ―     ―     ―     ―   16,649     16,649
          越欠損金     (a)
          評価性引当額             ―     ―     ―     ―     ―  △16,649     △16,649
          繰延税金資産             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
         (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                34.6  %

       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                 1.7  %
       住民税均等割                                 1.1  %
       評価性引当額の増減                                △5.4   %
       過年度法人税                                 4.8  %
       在外子会社の消滅した繰越欠損金                                 8.6  %
                                      △1.6   %
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                43.8  %
                                115/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        退職給付に係る負債                              45,418   千円
                                     17,152
        賞与引当金                                 〃
        貸倒引当金                              15,811    〃
        減損損失                              1,115   〃
        資産除去債務                              7,137   〃
        繰越欠損金(注)2                              25,256    〃
                                     10,419    〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                     122,311    千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △25,256    千円
                                    △16,563     〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注)1                              △41,820     千円
       繰延税金資産合計                               80,491   千円
       繰延税金負債

        在外子会社の減価償却不足額                             △2,547    千円
                                      △57   〃
        その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                              △2,604    千円
       繰延税金資産の純額                               77,886   千円
       (注)   1.評価性引当額が7,349千円増加しております。この増加の主な理由は、連結子会社における税務上の繰
           越欠損金の増加によるものであります。
         2.税務上の繰越欠損金及びその繰越期限別の金額は以下のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                          1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                           5年超      合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
          税務上の
                       ―     ―     ―     ―     ―   25,256     25,256
          繰越欠損金      (a)
          評価性引当額             ―     ―     ―     ―     ―  △25,256     △25,256
          繰延税金資産             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
         (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                34.6  %

       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                 0.2  %
       住民税均等割                                 2.1  %
       評価性引当額の増減                                10.8  %
                                       1.1  %
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                48.8  %
                                116/159






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
       前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
        当社グループは、本社及び営業拠点等の不動産賃貸借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を資
       産除去債務として認識しております。
        なお、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終的に見込めないと認め
       られる金額を合理的に見積もり、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によってお
       ります。
       当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

        当社グループは、本社及び営業拠点等の不動産賃貸借契約に基づき、退去時における原状回復に係る債務を資
       産除去債務として認識しております。
        なお、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終的に見込めないと認め
       られる金額を合理的に見積もり、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によってお
       ります。
                                117/159















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      当社グループは、サロンサポート事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

      当社グループは、サロンサポート事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
     1. 製品及びサービス毎の情報
       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2. 地域毎の情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

                                                  (単位:千円)
         日本             米国             その他              合計
             31,483             11,219               ―           42,702
     3. 主要な顧客毎の情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
      ん。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

     1. 製品及びサービス毎の情報
       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2. 地域毎の情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

                                                  (単位:千円)
         日本             米国             その他              合計
             20,060              9,104               ―           29,165
     3. 主要な顧客毎の情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
      ん。
                                118/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【報告セグメント毎の固定資産の減損損失に関する情報】
     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      当社グループは、サロンサポート事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

      当社グループは、サロンサポート事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     【報告セグメント毎ののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

      該当事項はありません。
     【報告セグメント毎の負ののれん発生益に関する情報】

     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

      該当事項はありません。
                                119/159













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
     前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1. 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      ①連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        該当事項はありません。
      ②連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

                            議決権等

                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                            の所有
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                       当社
                            (被所有)         債務被保証
    役員    長谷川 高志        ―    ―   代表取締役           ―          651,306     ―     ―
                            直接28.4         (注)
                       社長
     (注) 当社は、銀行借入の一部、割賦債務の一部並びにリース債務に対して代表取締役社長長谷川高志より債務保証
        を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2. 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

    1. 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      ①連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        該当事項はありません。
      ②連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

                            議決権等

                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                            の所有
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                       当社
                            (被所有)         債務被保証
    役員    長谷川 高志        ―    ―   代表取締役           ―          991,808     ―     ―
                            直接24.6         (注)
                       社長
     (注) 当社は、銀行借入の一部並びに割賦債務の一部に対して代表取締役社長長谷川                                       高志より債務保証を受けており
        ます。なお、保証料の支払は行っておりません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2. 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                120/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度

                         (自    2019年1月1日               (自    2020年1月1日
                          至   2019年12月31日)                至   2020年12月31日)
    1株当たり純資産額                              396.18円                  411.87円
    1株当たり当期純利益金額                               78.93円                  38.74円

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式の残高はありますが、当社株式は非上場で
         あり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       2.当社は、2021年10月6日付で、普通株式1株につき普通株式100株の割合で、株式分割を行っております
         が、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額、及び1株当たり当
         期純利益金額を算出しております。
       3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度             当連結会計年度

                                (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                項目
                                至   2019年12月31日)           至   2020年12月31日)
    1株当たり当期純利益金額
    親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                    71,039             34,866

    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―             ―

    普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                        71,039             34,866
    (千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                   900,000             900,000
       4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                 前連結会計年度             当連結会計年度

                項目
                                 (2019年12月31日)             (2020年12月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                   356,558             370,684
    純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                      ―             ―

    普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                   356,558             370,684

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株
                                       900,000             900,000
    式の数(株)
                                121/159









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       (連結の範囲の重要な変更)
        第2四半期連結会計期間において、株式会社G3D                       Japanは清算結了したため、連結の範囲から除外しておりま
       す。
       (追加情報)

       新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り
        当社グループは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響が少なくとも一定期間続くとの仮定のもと会計
       上の見積りを会計処理に反映しております。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は
       不確定要素が多く、翌連結会計年度の当社グループの財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1 財務制限条項
      (1)  借入金(2017年3月15日締結のシンジケートローン契約)については、以下の財務制限条項が付されておりま
        す。
        ①  連結会計年度の末日において単体の貸借対照表に記載される純資産の部の金額をマイナスとしないこと。

        ②  連結会計年度の末日において単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続で損失としないこと。
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年9月30日)
       借入金残高                               200,000千円              125,000千円
      (2)  借入金(2019年1月25日締結のコミットメントライン契約)については、以下の財務制限条項が付されておりま

        す。
        ①  連結会計年度の末日において単体の貸借対照表に記載される純資産の部の金額をマイナスとしないこと。

        ②  連結会計年度の末日において単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続で損失としないこと。
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年9月30日)
       借入金残高                               288,000千円                 -千円
      (3)  借入金(2021年8月27日締結のコミットメントライン契約)については、以下の財務制限条項が付されておりま

        す。
        ①  連結会計年度の末日において単体の貸借対照表に記載される純資産の部の金額をマイナスとしないこと。

        ②  連結会計年度の末日において単体の損益計算書に記載される経常損益を2期連続で損失としないこと。
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年9月30日)
       借入金残高                                 -千円            288,000千円
                                122/159





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (四半期連結損益計算書関係)
     ※1 新型コロナウイルス感染症による損失
      当第3四半期連結累計期間(自  2021年1月1日  至  2021年9月30日)
       新型コロナウイルス感染症拡大により、政府及び各自治体からの営業自粛要請や緊急事態宣言が発令され、当社
      がスタッフを派遣する美容室や当社グループが営業する美容室で臨時休業や営業時間の短縮が実施されました。こ
      れに伴い、従業員や派遣スタッフに対し支給した休業補償等を、「新型コロナウイルス感染症による損失」として
      特別損失に計上しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、以下のとおりであります。
                           当第3四半期連結累計期間

                            (自    2021年1月1日
                             至   2021年9月30日)
       減価償却費                            30,313千円
       (株主資本等関係)

     当第3四半期連結累計期間(自                2021年1月1日 至           2021年9月30日)
     1.    配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類                       基準日       効力発生日       配当の原資
                      (千円)       配当額(円)
    2021年3月30日
              普通株式         18,000        2,000    2020年12月31日        2021年3月31日        利益剰余金
    定時株主総会
     (注)   当社は、2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株
        式分割を行っております。「1株当たり配当額」については、当該株式分割前の金額を記載しております。
     2.    基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
       当社グループは、サロンサポート事業並びにこれらの付帯事業の単一セグメントであるため、記載を省略してお
      ります。
                                123/159








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第3四半期連結累計期間

                                (自    2021年1月1日
                項目
                                至   2021年9月30日)
    1株当たり四半期純利益                                  129円17銭
    (算定上の基礎)

    親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                   116,252

    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―

    普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                       116,252
    (千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                   900,000
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た

    り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      ―
    連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)1.      潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ

         り、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       2.  当社は、2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合
         で株式分割を行っております。当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半
         期純利益を算定しております。
                                124/159













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
       (株式分割及び単元株制度の採用)
       当社は、2021年9月15日開催の取締役会決議により、2021年10月6日付で普通株式1株につき100株の割合で株式
      分割を行っております。また、2021年10月6日開催の臨時株主総会において、単元株制度の採用及び発行可能株式
      総数を変更する旨の定款変更を行い、発行可能株式総数は600,000株増加し、3,600,000株となっております。
      1.株式分割、単元株制度の採用の目的
        当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元を100
       株とする単元株制度を採用いたします。
      2.株式分割の概要

      (1)分割方法
         2021年10月6日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき100株の割合
        をもって分割しております。
      (2)分割により増加する株式数

        株式分割前の発行済株式総数       9,000株
        今回の分割により増加する株式数    891,000株
        株式分割後の発行済株式総数      900,000株
        株式分割後の発行可能株式総数    3,600,000株
      (3)株式分割の効力発生日

        2021年10月6日
      (4)1株あたり情報に与える影響

         「1株当たり情報」は、当該株式分割が期首に行われたと仮定して算出しており、これによる影響について
        は、当該箇所に反映されております。
      3.単元株制度の採用

        単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                125/159










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社セイファート(E37304)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(2020年12月31日現在)
       【社債明細表】
                             当期首残高      当期末残高       利率

       会社名          銘柄      発行年月日                        担保     償還期限
                              (千円)      (千円)      (%)
    株式会社セイ          第1回期限前償還         2017年3月               30,000     0.12         2022年3月
                               50,000                なし
    ファート          条項付無担保社債           31日             (20,000)     (注2)           31日
    株式会社セイ          第2回期限前償還         2017年9月               40,000     0.12         2022年9月
                               60,000                なし
    ファート          条項付無担保社債           29日             (20,000)     (注3)           30日
                                      70,000
        合計          ―        ―      110,000             ―    ―      ―
                                     (40,000)
     (注)   1.当期末残高欄の(          )内書は、1年以内の償還予定額であります。
       2.発行日の翌日から2017年9月30日までは年0.1%、2017年9月30日の翌日以降は、各利息期間の開始直前の
         各利払日の2銀行営業日前の6ヶ月TIBORを使用した変動利率であります。
       3.発行日の翌日から2018年3月31日までは年0.1%、2018年3月31日の翌日以降は、各利息期間の開始直前の
         各利払日の2銀行営業日前の6ヶ月TIBORを使用した変動利率であります。
       4.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
                  1年以内       1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内

           区分
                   (千円)        (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
        社債            40,000        30,000          ―        ―        ―
       【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                       (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                     96,000        588,000          1.54       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                     371,152         336,204          1.40       ―

    1年以内に返済予定のリース債務                      9,174         8,885         1.85       ―

    長期借入金(1年以内に返済予定                                             2022年3月~
                         451,467         283,843          1.22
    のものを除く)                                             2025年11月
    リース債務(1年以内に返済予定                                             2022年5月~
                         14,984         6,099         1.85
    のものを除く)