東京海上セレクション・物価連動国債 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第17期(令和2年10月27日-令和3年10月26日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第17期(令和2年10月27日-令和3年10月26日)
提出日
提出者 東京海上セレクション・物価連動国債
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                     有価証券報告書

      【提出先】                     関東財務局長

      【提出日】                     2022年1月26日

      【計算期間】                     第17期(自 2020年10月27日 至 2021年10月26日)

      【ファンド名】                     東京海上セレクション・物価連動国債

      【発行者名】                     東京海上アセットマネジメント株式会社

      【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  後藤 俊夫

      【本店の所在の場所】                     東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

      【事務連絡者氏名】                     尾崎 正幸

      【連絡場所】                     東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

      【電話番号】                     03-3212-8421

      【縦覧に供する場所】                     該当なし

                                 1/79














                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】
    1【ファンドの性格】
      (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】
       ①ファンドの目的

        主として「TMA物価連動国債マザーファンド」(以下「マザーファンド」ということがありま
        す。)受益証券に投資を行い、安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を目標として運用を行い
        ます。
        ※「TMA」とは委託会社である「東京海上アセットマネジメント株式会社(TOKIO                                          MARINE    ASSET   MANAGEMENT
         CO.,LTD.)」の略称です。
       ②基本的性格
        当ファンドは、追加型投信/国内/債券に属します。
        当ファンドの商品分類表および属性区分表は、以下の通りです。
                               商品分類表
                                               投資対象資産
          単位型投信・追加型投信                    投資対象地域
                                              (収益の源泉)
                                                株  式
                               国  内
              単位型投信                                  債  券
                               海  外                不動産投信

              追加型投信                                  その他資産

                               内  外                (    )
                                                資産複合

                               属性区分表

              投資対象資産               決算頻度        投資対象地域            投資形態
        株式                   年1回         グローバル

         一般
         大型株                   年2回         日本
         中小型株
                            年4回         北米
        債券                                      ファミリーファンド
         一般                   年6回         欧州
         公債                   (隔月)
         社債                            アジア
         その他債券                   年12回
          クレジット属性                  (毎月)         オセアニア
          (  )
                            日々         中南米
        不動産投信                                      ファンド・オブ・
                            その他         アフリカ          ファンズ
        その他資産                   (  )
        (投資信託証券(債券(公債)))                            中近東
                                    (中東)
        資産複合
        (    )                            エマージング
         資産配分固定型
         資産配分変更型
        ※当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示しています。
        ※投資形態が、ファミリーファンドまたはファンド・オブ・ファンズに該当する場合、投資信託証券を通じて投
         資することとなりますので、商品分類表と属性区分表の投資対象資産が異なります。
                                 2/79



                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                              商品分類の定義

        単位型・       単位型投信              当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その
        追加型                    後の追加設定は一切行われないファンドをいいます。
               追加型投信              一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行わ
                             れ従来の信託財産とともに運用されるファンドをいいま
                             す。
        投資対象       国内              目論見書または投資信託約款において、組入資産による主
        地域                    たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の記載
                             があるものをいいます。
               海外              目論見書または投資信託約款において、組入資産による主
                             たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の記載
                             があるものをいいます。
               内外              目論見書または投資信託約款において、国内および海外の
                             資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載がある
                             ものをいいます。
        投資対象       株式              目論見書または投資信託約款において、組入資産による主
        資産                    たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載がある
                             ものをいいます。
               債券              目論見書または投資信託約款において、組入資産による主
                             たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載がある
                             ものをいいます。
               不動産投信(リート)              目論見書または投資信託約款において、組入資産による主
                             たる投資収益が実質的に不動産投資信託の受益証券および
                             不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるも
                             のをいいます。
               その他資産              目論見書または投資信託約款において、組入資産による主
                             たる投資収益が実質的に株式、債券および不動産投信以外
                             の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
               資産複合              目論見書または投資信託約款において、株式、債券、不動
                             産投信およびその他資産のうち複数の資産による投資収益
                             を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        独立区分       MMF(マネー・マネー              一般社団法人投資信託協会の「MMF等の運営に関する規
               ジメント・ファンド)              則」に定められるMMFをいいます。
               MRF(マネー・リザー              一般社団法人投資信託協会の「MMF等の運営に関する規
               ブ・ファンド)              則」に定められるMRFをいいます。
               ETF              投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令
                             480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信託並び
                             に租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規
                             定する上場証券投資信託をいいます。
        補足分類       インデックス型              目論見書または投資信託約款において、各種指数に連動す
                             る運用成果を目指す旨の記載があるものをいいます。
               特殊型              目論見書または投資信託約款において、投資者に対して注
                             意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組みあるいは
                             運用手法の記載があるものをいいます。
        ※商品分類の定義は、一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」をもとに委託会社が作成し
         ております。
                              属性区分の定義

        投資対象       株式       一般       次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのもの
        資産                      をいいます。
                      大型株       目論見書または投資信託約款において、主として大型株
                              に投資する旨の記載があるものをいいます。
                      中小型株       目論見書または投資信託約款において、主として中小型
                              株に投資する旨の記載があるものをいいます。
               債券       一般       次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全て
                              のものをいいます。
                                 3/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                      公債       目論見書または投資信託約款において、日本国または各
                              国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機
                              関債、国際機関債を含みます。以下同じ。)に主として
                              投資する旨の記載があるものをいいます。
                      社債       目論見書または投資信託約款において、企業等が発行す
                              る社債に主として投資する旨の記載があるものをいいま
                              す。
                      その他債券       目論見書または投資信託約款において、公債または社債
                              以外の債券に主として投資する旨の記載があるものをい
                              います。
                      格付等クレ       目論見書または投資信託約款において、上記債券の「発
                      ジットによる       行体」による区分のほか、特にクレジットに対して明確
                      属性       な記載があるものについては、上記債券に掲げる区分に
                              加え「高格付債」「低格付債」等を併記します。
               不動産投信               目論見書または投資信託約款において、主として不動産
                              投信に投資する旨の記載があるものをいいます。
               その他資産               目論見書または投資信託約款において、主として株式、
                              債券および不動産投信以外に投資する旨の記載があるも
                              のをいいます。
               資産複合       資産配分       目論見書または投資信託約款において、複数資産を投資
                      固定型       対象とし、組入比率については固定的とする旨の記載が
                              あるものをいいます。
                      資産配分       目論見書または投資信託約款において、複数資産を投資
                      変更型       対象とし、組入比率については、機動的な変更を行う旨
                              の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載がない
                              ものをいいます。
        決算頻度       年1回               目論見書または投資信託約款において、年1回決算する
                              旨の記載があるものをいいます。
               年2回               目論見書または投資信託約款において、年2回決算する
                              旨の記載があるものをいいます。
               年4回               目論見書または投資信託約款において、年4回決算する
                              旨の記載があるものをいいます。
               年6回(隔月)               目論見書または投資信託約款において、年6回決算する
                              旨の記載があるものをいいます。
               年12回(毎月)               目論見書または投資信託約款において、年12回(毎月)
                              決算する旨の記載があるものをいいます。
               日々               目論見書または投資信託約款において、日々決算する旨
                              の記載があるものをいいます。
               その他               上記属性にあてはまらない全てのものをいいます。
        投資対象       グローバル               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
        地域                      投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載があるもの
                              をいいます。
               日本               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるもの
                              をいいます。
               北米               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載がある
                              ものをいいます。
               欧州               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載がある
                              ものをいいます。
               アジア               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とする旨
                              の記載があるものをいいます。
               オセアニア               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする旨の記載
                              があるものをいいます。
               中南米               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載があ
                              るものをいいます。
                                 4/79

                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
               アフリカ               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の記載が
                              あるものをいいます。
               中近東(中東)               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨の記載があ
                              るものをいいます。
               エマージング               目論見書または投資信託約款において、組入資産による
                              投資収益がエマージング地域(新興成長国(地域))の
                              資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        投資形態       ファミリーファンド               目論見書または投資信託約款において、親投資信託
                              (ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるものを除
                              きます。)を投資対象として投資するものをいいます。
               ファンド・オブ・               一般社団法人投資信託協会の「投資信託等の運用に関す
               ファンズ               る規則」第2条に規定されるファンド・オブ・ファンズを
                              いいます。
        為替       あり               目論見書または投資信託約款において、為替のフルヘッ
        ヘッジ                      ジまたは一部の資産に為替のヘッジを行う旨の記載があ
                              るものをいいます。
               なし               目論見書または投資信託約款において、為替のヘッジを
                              行わない旨の記載があるものまたは為替のヘッジを行う
                              旨の記載がないものをいいます。
        対象イン       日経225               目論見書または投資信託約款において、日経225に連
        デックス                      動する運用成果を目指す旨の記載があるものをいいま
                              す。
               TOPIX               目論見書または投資信託約款において、TOPIXに連
                              動する運用成果を目指す旨の記載があるものをいいま
                              す。
               その他               上記指数にあてはまらない全てのものをいいます。
        特殊型       ブル・ベア型               目論見書または投資信託約款において、派生商品をヘッ
                              ジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとともに各種指
                              数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若し
                              くは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものをい
                              います。
               条件付運用型               目論見書または投資信託約款において、仕組債への投資
                              またはその他特殊な仕組みを用いることにより、目標と
                              する投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や
                              信託終了日等が、明示的な指標等の値により定められる
                              一定の条件によって決定される旨の記載があるものをい
                              います。
               ロング・ショート型               目論見書または投資信託約款において、特定の市場に左
               /絶対収益追求型               右されにくい収益の追求を目指す旨若しくはロング・
                              ショート戦略により収益の追求を目指す旨の記載がある
                              ものをいいます。
               その他型               目論見書または投資信託約款において、上記特殊型に掲
                              げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組みあるいは
                              運用手法の記載があるものをいいます。
        ※属性区分の定義は、一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」をもとに委託会社が作成し
         ております。
       ③信託金の限度額

         当ファンドの信託金限度額は、信託約款の定めにより1兆円となっています。ただし、受託会社と
        合意のうえ、変更することができます。
                                 5/79




                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ④ファンドの特色
                                 6/79




















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 7/79





















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 8/79





















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【ファンドの沿革】
       2004年11月17日  ファンドの設定、運用開始
    (3)  【ファンドの仕組み】

       ①ファンドの仕組み
       ②委託会社の概況









        ・名称    東京海上アセットマネジメント株式会社
        ・資本金の額 20億円(2021年10月末日現在)
        ・会社の沿革
       ・大株主の状況(2021年10月末日現在)





                 株主名                     住所            所有株数     所有比率
         東京海上ホールディングス株式会社                    東京都千代田区丸の内一丁目2番1号                     38,300   株  100.0   %
    2【投資方針】

      (1)  【投資方針】
       1.基本方針
                                 9/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         当ファンドは、主としてマザーファンド受益証券に投資を行い、安定した収益の確保と信託財産の
        着実な成長を目標として運用を行います。
       2.運用方法
       (1)主要投資対象
          主としてマザーファンド受益証券に投資し、高位の組入比率を維持します。なお、このほか国内
         の債券等に直接投資することがあります。
       (2)投資態度
         ①主としてわが国の物価連動国債を主要投資対象として運用するマザーファンド受益証券に投資し
          ます。
         ②当ファンドの運用は、ファミリーファンド方式により行います。したがって、実質的な運用は主
          にマザーファンドで行うこととなります。
         ③当初設定直後、大量の追加設定または解約が生じたとき、市況の急激な変化が予想されるとき、
          償還の準備に入ったとき等ならびに信託財産の規模によっては上記のような運用ができない場合
          があります。
      <参考情報>マザーファンドの投資方針、主な投資対象と投資制限(要約)
      ◇TMA物価連動国債マザーファンド
       <基本方針>
        安定した収益の確保と信託財産の着実な成長を図ることを目標として運用を行います。
       (1)  投資対象
        わが国の物価連動国債を主要投資対象とします。
       (2)  投資態度
        ①主としてわが国の物価連動国債に投資を行い、将来のインフレリスクをヘッジすることにより実質的
         な資産価値の保全を図りつつ、安定した収益の確保をめざします。
        ②物価連動国債の組入比率は、高位を保つことを基本とします。
        ③信託財産に組入れる物価連動国債の加重平均残存期間は、2013                                年10月以降に発行された            物価連動国債
         全体の加重平均残存期間±3年の範囲内とすることを基本とします。
       <運用制限>
       (1)  株式、新株引受権証券および新株予約権証券への投資は行いません。
       (2)  外貨建資産への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以下とします。
       (3)  同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産総額の
         10%以下とします。
      ※大量の追加設定または解約が生じたとき、市況の急激な変化が予想されるとき、ならびに信託財産の規模
       によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (2)  【投資対象】

       1.当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       (1)  次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条で定めるものをいいます。
         以下同じ。)
         ①有価証券
         ②デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款第23
          条(先物取引等の運用指図)、第24条(スワップ取引の運用指図)および第25条(金利先渡取引
          および為替先渡取引の運用指図)に定めるものに限ります。)
         ③金銭債権(①④に掲げるものに該当するものを除きます。)
         ④約束手形(金融商品取引法第2条第1項第15号に掲げるものを除きます。)
       (2)  次に掲げる特定資産以外の資産
         為替手形
       2.委託会社は、信託金を、主として東京海上アセットマネジメント株式会社を委託会社とし、三菱U
         FJ信託銀行株式会社を受託会社として締結された「TMA物価連動国債マザーファンド」の受益
         証券および次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各
         号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
         (1)  転換社債の転換、新株引受権の行使および新株予約権の行使により取得した株券および新株引
           受権証書
         (2)  国債証券
         (3)  地方債証券
         (4)  特別の法律により法人の発行する債券
         (5)  社債券(新株引受権証券と社債券が一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券を除き
           ます。)
         (6)  特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
           す。)
                                10/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         (7)  特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で
           定めるものをいいます。)
         (8)  協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものを
           いいます。)
         (9)  特定目的会社にかかる優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法
           第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
         (10)コマーシャル・ペーパー
         (11)新株引受権証券(新株引受権証券と社債券が一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証
           券を含みます。)および新株予約権証券
         (12)外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記(1)から(11)までの証券または証書の性
           質を有するもの
         (13)投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
           いいます。)
         (14)投資証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるも
           のをいいます。)
         (15)外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
         (16)オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
           い、有価証券にかかるものに限ります。)
         (17)預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
         (18)外国法人が発行する譲渡性預金証書
         (19)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受
           益証券に限ります。)
         (20)抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
         (21)貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
           受益証券に表示されるべきもの
         (22)外国の者に対する権利で上記(21)の有価証券の性質を有するもの
         なお、(1)の証券または証書、(12)および(17)の証券または証書のうち(1)の証券または証書の性質
         を有するものを以下「株式」といい、(2)から(6)までの証券、(12)および(17)の証券または証書の
         うち(2)から(6)までの証券の性質を有するものならびに(14)の投資法人債券を以下「公社債」とい
         い、(13)の証券および(14)の証券(投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいま
         す。
       3.委託会社は、信託金を、上記2.に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法
         第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用
         することを指図することができます。
         (1)  預金
         (2)  指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
           す。)
         (3)  コール・ローン
         (4)  手形割引市場において売買される手形
         (5)  貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         (6)  外国の者に対する権利で上記(5)の権利の性質を有するもの
       4.上記2.の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委
         託会社が運用上必要と認めるときは、委託会社は、信託金を、上記3.に掲げる金融商品により運
         用することの指図ができます。
      (3)  【運用体制】

        当ファンドの運用体制は以下の通りです。
                                11/79






                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ファンドの運用に関する社内規則として投資運用業に係る業務運営規程」を設けております。







        運用におけるリスク管理は、運用リスク管理部門(5~10名程度)による法令・運用ガイドライン等
       の遵守状況のチェックや運用リスク項目のチェック等が随時実施され、担当運用部へフィードバックさ
       れるとともに、原則として月1回開催される運用管理委員会(運用リスク管理部門担当役員を委員長
       に、運用・営業・商品企画などファンド運用に関係する各部長が参加)において投資行動の評価が行わ
       れます。(リスク管理についての詳細は、「3                          投資リスク」の「3.管理体制」をご参照ください)
        この運用管理委員会での評価もふまえて、投資政策委員会(運用本部長を委員長とし、各運用部長が
       参加)において運用方針を決定し、より質の高い運用体制の維持・向上を目指します。
        また、    受託銀行等      の管理については、関連部署において、受託銀行業務等に関する                                   「 内部統制の整備
       及び運用状況報告書           」 の入手・検証、現地モニタリング等を通じて実施しております。
        (上記の体制や人員等については、2021年10月末日現在)
      (4)  【分配方針】

        年1回(原則として10月26日、休業日の場合は翌営業日)決算を行い、毎決算時に原則として以下の
       通り収益分配を行う方針です。
       ①分配対象額は、経費控除後の、繰越分を含めた利子・配当等収益および売買益(評価益を含みま
        す。)等の全額とし、委託会社が基準価額の水準、市況動向等を勘案して収益分配金額を決定しま
        す。ただし、分配対象収益が少額の場合等には、収益分配を行わないことがあります。なお、収益の
        分配に充当せず、信託財産内に留保した利益については、投資方針に基づいて運用を行います。
       ②信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
        a.配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額
          (「配当等収益」といいます。)は、諸経費                        (※)   、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税
          および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)に相当する金額を控除した後、その残額を受
          益者に分配することができます。なお、次期以降の分配金にあてるため、その一部を分配準備積立
          金として積み立てることができます。
        b.売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費                                               (※)   、信託
          報酬および当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、そ
          の全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配
          にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
         (※)諸経費とは、信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用(消費税等相当額を含みま
            す。)、信託財産の財務諸表の監査に要する費用(消費税等相当額を含みます。)ならびに受託                                               会社  の
            立替えた立替金の利息をいいます。
       ③計算期末において信託財産に損失が生じた場合は、次期に繰越します。
       ④ 分配金は、自動けいぞく(累積)投資に関する契約に基づき、自動的に                                      無手数料で      再投資されます。
        なお、    再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      (5)  【投資制限】

      ①運用の基本方針に基づく制限(約款別紙「運用の基本方針」)
                                12/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       a.委託会社は、信託財産に属する株式の時価総額とマザーファンドに属する株式の時価総額のうち信託
        財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資
        の指図をしません。
        ※信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額に、マザーファ
         ンドの信託財産の純資産総額に占める当該資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。(以下同じ。)
       b.委託会社は、信託財産に属する外貨建資産の時価総額とマザーファンドに属する外貨建資産の時価総
        額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の20を超えるこ
        ととなる投資の指図をしません。
       c.委託会社は、信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額とマザーファンドに
        属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合
        計額が、信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
       d.委託会社は、信託財産に属する投資信託証券(マザーファンド受益証券を除きます。)の時価総額と
        マザーファンドに属する投資信託証券の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額
        が、信託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
       e.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の株式の時価総額とマザーファンドに属する当該同一銘柄の
        株式の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の
        5を超えることとなる投資の指図をしません。
       f.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額とマザー
        ファンドに属する当該同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額のうち信託財産に
        属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図
        をしません。
       g.委託会社は、信託財産に属する同一銘柄の転換社債ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第
        1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれ
        ぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第
        1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」とい
        います。)の時価総額とマザーファンドに属する当該同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予
        約権付社債の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が、信託財産の純資産総額の
        100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
      ②投資する株式等の範囲(約款第20条)
       a.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、証券取引所に上
        場されている株式の発行会社の発行するものおよび証券取引所に準ずる市場において取引されている
        株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株
        式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。
       b.上記a.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券
        で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資する
        ことを指図することができるものとします。
      ③信用取引(約款第22条)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指図をす
        ることができます。なお、当該売付の決済については、株券の引渡または買戻により行うことの指図
        をすることができるものとします。
       b.上記a.の信用取引の指図は、当該売付にかかる建玉の時価総額とマザーファンドの信託財産に属する
        当該売付にかかる建玉の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額が信託財産の純資
        産総額の範囲内とします。
       c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の売付にかかる建玉の時価総額の合計額が信託財産の純
        資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付の一部
        を決済するための指図をするものとします。
      ④先物取引等(約款第23条)
       a.委託会社は、日本国内の証券取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号
        イに掲げるものをいいます。本書において同じ。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28
        条第8項第3号ロに掲げるものをいいます。本書において同じ。)および有価証券オプション取引
        (金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをいいます。本書において同じ。)ならびに外
        国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択
        権取引は、オプション取引に含めるものとします(以下同じ。)。
       b.委託会社は、日本国内の取引所における通貨にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の
        取引所における通貨にかかる先物取引およびオプション取引を行うことの指図をすることができま
        す。
       c.委託会社は、日本国内の取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の
        取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。
      ⑤スワップ取引(約款第24条)
                                13/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった受取金利または異なっ
        た受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を
        行うことの指図をすることができます。
       b.スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものとし
        ます。ただし、当該取引が信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
       c.スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で行うものと
        します。
       d.委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入が必要と認めたときは、担保の提
        供あるいは受入の指図を行うものとします。
      ⑥金利先渡取引および為替先渡取引(約款第25条)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行うことの
        指図をすることができます。
       b.金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を
        超えないものとします。ただし、当該取引が信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
        ではありません。
       c.金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出し
        た価額で行うものとします。
       d.委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入が必要と認め
        たときは、担保の提供あるいは受入の指図を行うものとします。
      ⑦デリバティブ取引等に係る投資制限(約款第25条の2)
       デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたがい、合理的な方
       法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ⑧有価証券の貸付(約款第26条)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次の範囲
        内で貸付の指図をすることができます。
        ・株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合計
         額を超えないものとします。
        ・公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公社
         債の額面金額の合計額を超えないものとします。
       b.上記a.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当す
        る契約の一部の解約を指図するものとします。
       c.委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入の指図を行うものとしま
        す。
      ⑨有価証券の空売(約款第27条)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産において有しない有価証券または下記
        「⑩有価証券の借入」の規定により借入れた有価証券を売付けることの指図をすることができます。
        なお、当該売付の決済については、売付けた有価証券の引渡または買戻により行うことの指図をする
        ことができるものとします。
       b.上記a.の売付の指図は、当該売付にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内で行
        うことができるものとします。
       c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の売付にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産
        総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その額を超える額に相当する売付の一部
        を決済するための指図をするものとします。
      ⑩有価証券の借入(約款第28条)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、有価証券の借入の指図をすることができます。
        なお、当該有価証券の借入を行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を行
        うものとします。
       b.上記a.の借入の指図は、当該借入にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内で行
        うことができるものとします。
       c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の借入にかかる有価証券の時価総額が信託財産の純資産
        総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた有価証
        券の一部を返還するための指図をするものとします。
       d.上記a.の借入にかかる品借料は信託財産中から支弁します。
      ⑪特別な場合の外貨建有価証券への投資制限(約款第29条)
        外貨建有価証券への投資については、日本の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合に
       は、制約されることがあります。
      ⑫外国為替予約取引(約款第30条)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることが
        できます。
       b.上記a.の指図は、信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につき円換算し
        た額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する外貨建資産(マ
                                14/79

                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした額を含みます。)の
        為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りではありません。
       c.信託財産の一部解約等の事由により上記b.の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定
        の期間内にその超える額に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指
        図をするものとします。
      ⑬信用リスク集中回避のための投資制限(約款第30条の2)
        一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
       ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、
       それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、
       委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこととしま
       す。
      ⑭資金の借入(約款第37条)
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資金
        の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的とし
        て、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を
        通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運
        用は行わないものとします。
       b.一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産
        で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託財
        産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託
        財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、
        資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。
       c.収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日ま
        でとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       d.借入金の利息は信託財産中から支弁します。
    3【投資リスク】

      1.投資リスク

       ※以下の記載は、当ファンドが主要投資対象とするマザーファンドを組み入れることにより、当ファンドが間接的
        に受ける実質的なリスクを含みます。
       (1)  価格変動リスク

        当ファンドは、主に円建公社債など値動きのある証券を実質的な投資対象としますので、基準価額は
        変動します。したがって、当ファンドは元本が保証されているものではありません。
        委託会社の運用指図によって信託財産に生じた利益および損失は、全て投資家に帰属します。
        投資信託は預貯金や保険と異なります。
        当ファンドへの投資には主に以下のリスクが想定され、これらの影響により損失を被り、投資元本を
        割り込むことがあります。
         ①物価変動リスク
          当ファンドは、主として物価連動国債に投資します。物価連動国債の価格は物価変動の影響を受
          ける(満期時に物価が下落した場合は債券の償還金額が元本を下回ることもあります)ため、
          ファンドの基準価額の動きが必ずしも金利動向と一致しない場合があります。
         ②金利変動リスク
          公社債は、一般に金利が上昇した場合には価格が下落し、反対に金利が下落した場合には価格が
          上昇します。したがって、金利が上昇した場合、当ファンドの基準価額の下落要因となります。
          ただし、当ファンドのデュレーションがマイナスとなっている場合は金利の下落が基準価額の下
          落要因となります。
         ③信用リスク
          一般に公社債や短期金融商品等の発行体にデフォルト(債務不履行)が生じた場合、またはデ
          フォルトが予想される場合には、当該公社債等の価格は大幅に下落することになります。した
          がって、当ファンドの組入公社債等にデフォルトが生じた場合、またデフォルトが予想される場
          合には、当ファンドの基準価額の下落要因となります。
         ④流動性リスク
          受益者から短期間に相当金額の解約申込があった場合、ファンドは組入資産を売却することで解
          約資金の手当てを行いますが、組入資産の市場における流動性が低いときには直前の市場価格よ
          りも大幅に安い価格で売却せざるを得ないことがあります。これに伴い基準価額が大きく下落す
          ることがあります。
       (2)  デリバティブ取引のリスク

                                15/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         当ファンドはデリバティブに投資することがあります。デリバティブの運用には、ヘッジする商品
        とヘッジされるべき資産との間の相関性を欠いてしまう可能性、流動性を欠く可能性、証拠金を積む
        こ とによるリスク等様々なリスクが伴います。これらの運用手法は、信託財産に属する資産の価格変
        動リスクを回避する目的のみならず、効率的な運用に資する目的でも用いられることがありますが、
        実際の価格変動が委託会社の見通しと異なった場合に当ファンドが損失を被るリスクを伴います。
      2.その他の留意事項

       (1)  一般的な留意事項
         投資信託は、その商品性格から次の特徴をご理解のうえご購入ください。
        ・投資信託は株式・公社債などの値動きのある証券に投資しますので、基準価額は変動します。
        ・投資信託は金融機関の預金と異なり元金が保証されているものではありません。
        ・投資信託は保険契約および預金ではありません。
        ・投資信託は保険契約者保護機構の補償対象契約ではありません。
        ・投資信託は預金保険の対象ではありません。
        ・登録金融機関から購入した投資信託は投資者保護基金の補償対象ではありません。
        ・当ファンドは、主に円建公社債を実質的な投資対象としています。当ファンドの基準価額は、組入
          れた公社債の値動きやそれらの公社債の発行者の信用状況の変化等の影響により上下しますので、
          投資元本を割り込むことがあります。したがって、当ファンドは元本が保証されているものではあ
          りません。
        ・委託会社の運用指図によって信託財産に生じた利益および損失は、全て投資家に帰属します。
       (2)  法令・税制・会計等の変更可能性

         法令・税制・会計方法等は今後変更される可能性があります。
       (3)  その他の留意点

       ①取得申込者から販売会社に申込代金が支払われた場合であっても、販売会社より委託会社に対して申
        込代金の払込が現実になされるまでは、当ファンドも委託会社もいかなる責任も負わず、かつその
        後、受託会社に払込がなされるまでは、取得申込者は受益権および受益権に付随するいかなる権利も
        取得しません。
       ②一部解約金、収益分配金および償還金の支払は全て販売会社を通じて行われます。
       ③委託会社は、販売会社とは別法人であり、委託会社は設定・運用を善良なる管理者の注意をもって行
        う責任を負担し、販売会社は販売(申込代金の預り等を含みます。)について責任を負担しており、
        互いに他について責任を負担しません。
       ④受託会社は、委託会社に収益分配金、一部解約金および償還金を委託会社の指定する預金口座等へ払
        い込んだ後は、受益者に対し、それらを支払う責任を負いません。
       ⑤当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の
        適用はありません。
       ⑥当ファンドは、大量の解約申込が発生し短期間で解約資金を手当てする必要が生じた場合や主たる取
        引市場において市場環境が急変した場合等に、一時的に組入資産の流動性が低下し、市場実勢から期
        待できる価格で取引できないリスク、取引量が限られてしまうリスクがあります。これにより、基準
        価額が下落する可能性や、換金のお申込みの受付が中止となる可能性、換金代金のお支払いが遅延す
        る可能性があります。
       ⑦当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、当ファンドが投資対象とする
        マザーファンドを投資対象とする他のベビーファンドに追加設定・解約等に伴う資金変動等があり、
        その結果、当該マザーファンドにおいて売買等が生じた場合等には、当ファンドの基準価額に影響を
        及ぼす場合があります。
       ⑧分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので分配金が支払われる
        と、その金額相当分、基準価額は下がります。分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の
        配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日
        の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期
        間におけるファンドの収益率を示すものではありません。受益者のファンドの購入価額によっては、
        分配金の一部または全額が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入
        後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
                                16/79




                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      3.管理体制
       <リスク管理体制>
        委託会社のリスク管理体制は、担当運用部が自主管理を行うと同時に、担当運用部とは独立した部門
       において厳格に実施される体制としています。
        法令等の遵守状況についてはコンプライアンス部門が、運用リスクの各項目および運用ガイドライン
       の遵守状況については運用リスク管理部門が、それぞれ適切な運用が行われるよう監視し、担当運用部
       へのフィードバックおよび所管の委員会への報告・審議を行っています。
        これらの内容については、社長をはじめとする関係役員に随時報告が行われるとともに、内部監査部
       門がこれらの業務全般にわたる運営体制の監査を行うことで、より実効性の高いリスク管理体制を構築
       しております。
       <流動性リスク管理>












        委託会社では、流動性リスク管理に関する規程を定め、ファンドの組入資産の流動性リスクのモニタ
       リング等を実施するとともに、緊急時対応策の策定・検証等を行います。
        取締役会等は、流動性リスク管理の適切な実施の確保や流動性リスク管理態勢について、監督しま
       す。
                                17/79





                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                18/79





















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
      (1)  【申込手数料】

        申込時の手数料はありません。
      (2)  【換金(解約)手数料】

        換金時(解約時)の手数料はありません。
      (3)  【信託報酬等】

       ①委託会社、販売会社および受託会社の信託報酬の総額は信託財産の純資産総額に対し、年率0.275%
        (税抜0.25%)を乗じて得た金額とし、計算期間を通じて、毎日計上します。
       ②①の信託報酬(消費税等相当額を含みます。)は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期
        末または信託終了のときに信託財産中から支弁します。
       ③信託報酬の配分(税抜)については以下の通りとします。
                  *1                 *2                 *3
             委託会社                 販売会社                 受託会社
             年率0.11%                 年率0.1%                年率0.04%

        *1   委託した資金の運用、基準価額の計算、目論見書作成等の対価
        *2   購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理および事務手続き
           等の対価
        *3   運用財産の保管・管理、委託会社からの指図の実行の対価
      (4)  【その他の手数料等】

       ①信託財産の財務諸表の監査に要する費用(消費税等相当額を含みます。)は                                          、 監査法人に支払うファ
        ンドの監査      にかかる費用であり、            毎日、純資産総額に対し、年率0.0055%(税抜0.005%)を乗じて得
        た金額(ただし、年49.5万円(税抜45万円)の1日分相当額を上限とします。)を計上し、毎計算期
        間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のときに信託財産中から支弁します。
       ②信託財産に関する租税および信託事務等に要する諸費用(消費税等相当額を含みます。)ならびに受
        託会社の立替えた立替金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
       ③ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、先物・オプション取引に要する費
        用、外国における資産の保管等に要する費用等(全て消費税等相当額を含みます。)は、受益者の負
        担とし、信託財産中から支弁します。
       ④信託財産の一部解約に伴う支払資金の手当て、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当て
        等を目的として資金借入れの指図を行った場合、借入金の利息は受益者の負担とし、信託財産中から
        支弁します。
       ※監査費用を除くその他の手数料等については実際の取引等により変動するため、事前に料率、上限額等を表示す
        ることができません。
       上記(1)から(4)の手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、あらかじめ表示

       することができません。
                                19/79








                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (5)  【課税上の取扱い】
        当ファンドは、課税上は株式投資信託として取扱われますが、受益者が確定拠出年金法に規定する資
        産管理機関および連合会等の場合は、収益分配金および解約時・償還時の各受益者の個別元本                                                  (※1)
        超過額に対する所得税、復興特別所得税および地方税はかかりません。また、確定拠出年金制度の加
        入者については、確定拠出年金の積立金の運用にかかる税制が適用されます。
        上記によらない受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなります。
        なお、税法が改正された場合は、変更になることがあります。
       <個人の受益者に対する課税>

        収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として課税され、20.315%(所得
                         ※
        税15%、復興特別所得税0.315%                  および地方税5%)の税率による源泉徴収が行われます。申告不要
        制度の適用がありますが、総合課税または申告分離課税を選択することも可能です。いずれの場合も
        配当控除の適用はありません。申告分離課税を選択した場合の税率は、20.315%(所得税15%、復興
        特別所得税0.315%および地方税5%)となります。                            収益分配金のうち課税対象となるのは普通分配金
        のみであり、元本払戻金(特別分配金)                     ( ※2  ) は課税されません。
        ※2037年12月31日までの間、復興特別所得税(所得税15%×2.1%)が付加されます。
        解約時および償還時の差益               (解約時および償還時の価額から取得費(申込手数料(税込)を含む)を

        控除した差額)        は、その全額が譲渡所得等の金額とみなされ課税対象となります。譲渡所得等につい
        ては、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)の税率による申告分離課税
        が適用されます(特定口座(源泉徴収選択口座)での取扱いも可能です。)。
        普通分配金(申告分離課税を選択したものに限ります。)ならびに解約時および償還時の損益につい

        ては、確定申告により、上場株式等(特定公社債および公募公社債投信を含みます。)の利子所得お
        よび配当所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)ならびに譲渡所得等との間で損益通算を
        行うことができます。
        外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記とは異なる場合があります。

       <法人の受益者に対する課税>

        収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の「各受益者の個別元本」
        (※1)    超過額については15.315%(所得税15%および復興特別所得税0.315%)の税率による源泉徴
        収が行われます。地方税の源泉徴収はありません。収益分配金のうち課税対象となるのは普通分配金
        のみであり、元本払戻金(特別分配金)                     (※2)    は課税されません。
        なお、益金不算入制度の適用はありません。
        (※1)「各受益者の個別元本」とは、原則として各受益者の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該

            申込手数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)をいい、追加信託のつど当該口数により加重平
            均され、元本払戻金(特別分配金)が支払われた際に調整されます。ただし、同一ファンドを複数の販
            売会社で取得する場合や、同一販売会社であっても複数の支店等で同一ファンドを取得する場合等は、
            個別元本の算出方法が異なる場合があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
        (※2)「元本払戻金(特別分配金)」とは、収益分配金落ち後の基準価額が各受益者の個別元本を下回る場
            合、収益分配金のうち当該下回る部分に相当する額をさし、元本の一部払戻しに相当するものです。こ
            の場合、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
       *上記は、2021年10月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、内容等が変更される場合

        があります。
                                20/79






                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
    以下は2021年10月29日現在の運用状況です。
    また、投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    (1)  【投資状況】

            資産の種類                 地域          時価合計(円)            投資比率(%)
          親投資信託受益証券                    日本             1,634,892,413               100.00
        コール・ローン等、その他の資産(負債控除後)                                     △37,406            △0.00
                合計(純資産総額)                           1,634,855,007               100.00
    (ご参考:親投資信託の投資状況)

    当ファンドが主要投資対象とする親投資信託の投資状況は以下の通りです。
    TMA物価連動国債マザーファンド

            資産の種類                 地域          時価合計(円)            投資比率(%)
             国債証券                 日本             6,509,918,512               99.83
        コール・ローン等、その他の資産(負債控除後)                                    10,733,822              0.16
                合計(純資産総額)                           6,520,652,334               100.00
    (2)  【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】
    a. 主要銘柄の明細
                                                          投資
                                    帳簿価額              評価額
      順
          銘柄名      地域    種類      口数
                                                          比率
      位
                                単価(円)       金額(円)       単価(円)       金額(円)
                                                          (%)
       TMA物価連動国債            親投資信託

      1          日本          1,374,783,395        1.1865     1,631,204,873        1.1892     1,634,892,413      100.00
       マザーファンド            受益証券
    b. 投資有価証券の種類

                      種類                         投資比率(%)
                  親投資信託受益証券                                       100.00

                      合 計                                   100.00

    ②【投資不動産物件】

        該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

        該当事項はありません。
                                21/79






                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (ご参考:親投資信託の投資資産)
    ①投資有価証券の主要銘柄
    a. 主要銘柄の明細
    TMA物価連動国債マザーファンド
                                                           投資
                                       帳簿価額            評価額
      順
         銘柄名     地域   種類    利率   償還期限       額面
                                                           比率
      位
                                    単価(円)      金額(円)      単価(円)      金額(円)
                                                           (%)
       第20回利付国
      1 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2025/03/10      1,030,000,000       100.86    1,050,285,438       102.25    1,074,238,500      16.47
       10年)
       第22回利付国
      2 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2027/03/10      860,000,000       100.82     878,790,064       103.85     912,856,661     13.99
       10年)
       第23回利付国
      3 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2028/03/10      840,000,000       100.77     850,255,088       103.35     879,408,457     13.48
       10年)
       第21回利付国
      4 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2026/03/10      825,000,000       100.96     841,782,319       102.90     865,173,423     13.26
       10年)
       第24回利付国
      5 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2029/03/10      820,000,000       100.73     823,974,161       103.50     853,775,226     13.09
       10年)
       第19回利付国
      6 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2024/09/10      530,000,000       100.95     540,395,430       102.10     550,870,340      8.44
       10年)
       第18回利付国
      7 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2024/03/10      405,000,000       100.78     423,691,600       101.75     431,043,525      6.61
       10年)
       第25回利付国
      8 債(物価連動・       日本   国債証券    0.200   2030/03/10      390,000,000       102.24     394,613,069       105.85     412,034,779      6.31
       10年)
       第17回利付国
      9 債(物価連動・       日本   国債証券    0.100   2023/09/10      310,000,000       100.80     326,229,120       101.65     331,816,095      5.08
       10年)
       第26回利付国
      10 債(物価連動・       日本   国債証券    0.005   2031/03/10      190,000,000       102.52     196,255,576       103.65     198,701,506      3.04
       10年)
    b. 投資有価証券の種類

    TMA物価連動国債マザーファンド
                      種類                         投資比率(%)
                     国債証券                                     99.83

                      合 計                                    99.83

    ②投資不動産物件

    TMA物価連動国債マザーファンド
        該当事項はありません。
    ③その他投資資産の主要なもの

    TMA物価連動国債マザーファンド
        該当事項はありません。
                                22/79



                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【運用実績】
    ①【純資産の推移】
                             純資産総額        純資産総額         1 口当たり        1 口当たり
          期          年月日         (百万円)        (百万円)        純資産額(円)         純資産額(円)
                             (分配落)        (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第8計算期間末          (2012年10月26日)                 228        228       1.1058         1.1058
       第9計算期間末          (2013年10月28日)                 261        261       1.1422         1.1422
      第10計算期間末          (2014年10月27日)                 340        340       1.1782         1.1782
      第11計算期間末          (2015年10月26日)                 343        343       1.1609         1.1609
      第12計算期間末          (2016年10月26日)                 686        686       1.1434         1.1434
      第13計算期間末          (2017年10月26日)                 946        946       1.1386         1.1386
      第14計算期間末          (2018年10月26日)                1,204        1,204        1.1341         1.1341
      第15計算期間末          (2019年10月28日)                1,424        1,424        1.1252         1.1252
      第16計算期間末          (2020年10月26日)                1,415        1,415        1.0879         1.0879
      第17計算期間末          (2021年10月26日)                1,614        1,614        1.1252         1.1252
            2020  年10月末日                 1,427          ―      1.0871           ―
              11 月末日                 1,431          ―      1.0923           ―
              12 月末日                 1,464          ―      1.0932           ―
            2021  年  1月末日                1,461          ―      1.0972           ―
               2 月末日                 1,445          ―      1.0963           ―
               3 月末日                 1,482          ―      1.1000           ―
               4 月末日                 1,486          ―      1.1024           ―
               5 月末日                 1,516          ―      1.1160           ―
               6 月末日                 1,540          ―      1.1159           ―
               7 月末日                 1,552          ―      1.1148           ―
               8 月末日                 1,565          ―      1.1168           ―
               9 月末日                 1,604          ―      1.1223           ―
              10 月末日                 1,634          ―      1.1277           ―
    ②【分配の推移】

        該当事項はありません。
    ③【収益率の推移】

           期                 計算期間                 収益率(%)(分配付)
        第8計算期間              2011  年10月27日~2012年10月26日                                  5.2
        第9計算期間              2012  年10月27日~2013年10月28日                                  3.3
        第10計算期間              2013  年10月29日~2014年10月27日                                  3.2
        第11計算期間              2014  年10月28日~2015年10月26日                                 △1.5
        第12計算期間              2015  年10月27日~2016年10月26日                                 △1.5
        第13計算期間              2016  年10月27日~2017年10月26日                                 △0.4
        第14計算期間              2017  年10月27日~2018年10月26日                                 △0.4
        第15計算期間              2018  年10月27日~2019年10月28日                                 △0.8
        第16計算期間              2019  年10月29日~2020年10月26日                                 △3.3
        第17計算期間              2020  年10月27日~2021年10月26日                                  3.4
    (4)  【設定及び解約の実績】

          期            計算期間            設定口数(口)         解約口数(口)         発行済み口数(口)
                                23/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       第8計算期間         2011  年10月27日~2012年10月26日                  79,043,224         49,867,863          206,362,399
       第9計算期間         2012  年10月27日~2013年10月28日                 158,297,072         135,748,581           228,910,890
       第10計算期間         2013  年10月29日~2014年10月27日                 154,567,584         94,210,635          289,267,839
       第11計算期間         2014  年10月28日~2015年10月26日                 119,682,782         112,988,843           295,961,778
       第12計算期間         2015  年10月27日~2016年10月26日                 394,301,632         90,175,199          600,088,211
       第13計算期間         2016  年10月27日~2017年10月26日                 474,910,379         244,150,214           830,848,376
       第14計算期間         2017  年10月27日~2018年10月26日                 504,970,486         273,953,188          1,061,865,674
       第15計算期間         2018  年10月27日~2019年10月28日                 400,205,462         196,353,576          1,265,717,560
       第16計算期間         2019  年10月29日~2020年10月26日                 462,544,004         426,895,523          1,301,366,041
       第17計算期間         2020  年10月27日~2021年10月26日                 488,504,943         355,195,107          1,434,675,877
                                24/79
















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <参考情報>
                                25/79




















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

       a.毎営業日にお申込みを受け付けます。
       b.当ファンドは、収益の分配がなされた場合、分配金を自動的に無手数料で再投資する自動けいぞく
        (累積)投資専用ファンドです。このため、取得申込者と販売会社の間で、自動けいぞく(累積)投
        資に関する契約を締結する必要があります。
       c.申込単位は1円以上1円単位です。
        なお、自動けいぞく(累積)投資に基づく収益分配金の再投資に際しては、1口の整数倍をもって取
        得できます。
       d.取得申込の受付は、原則として午後3時までとします。受付時間を過ぎてからのお申込みについては
        翌営業日受付の取扱いとなります。
       e.受益権の取得申込価額は以下の通りです。
        取得申込受付日の基準価額
        基準価額は原則として委託会社の毎営業日に算出され、販売会社または委託会社サービスデスクに問
        い合わせることにより知ることができます。
        ●委託会社のお問い合わせ先(委託会社サービスデスク)
          東京海上アセットマネジメント サービスデスク
          0120-712-016              (土日祝日・年末年始を除く9時~17時)
       f.取得申込にかかる手数料はありません。
       g. 上記にかかわらず、           証券取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情が
        発生し、委託会社が追加設定を制限する措置を取った場合には、販売会社は、受益権の取得申込の受
        付を中止すること、および既に受け付けた取得申込の受付を取り消すことができます。
       h.取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたはあらかじめ当該取得申込者が受益権の振替を行う
        ための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載
        または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当該口座
        に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信
        託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため
        社振法に定める事項の振替機関等への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機
        関等への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または
        記録を行います。受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関等
        の定める方法により、振替機関等へ当該受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
                                26/79










                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【換金(解約)手続等】
       a.受益者は、自己に帰属する受益権につき、一部解約の実行請求(解約請求)の方法によりご換金の請
        求を行うことができます。
       b.ご換金のお申込みは販売会社で受け付けます。なお、販売会社の買取りによるご換金の請求について
        は、販売会社にお問い合わせください。
       c.解約請求による換金のお申込みは、毎営業日に行うことができます。
       d.解約請求は、1口単位で行うことができます。
       e.解約請求のお申込みの受付は、原則として午後3時までとします。受付時間を過ぎてからのお申込み
        は翌営業日受付としてお取扱いします。
       f.解約時の価額(解約価額)は、解約請求受付日の基準価額とします。
        ※信託財産留保額はありません。
        ※確定拠出年金法に規定する資産管理機関および連合会等の場合は、収益分配金および解約時・償還時の個別元
         本超過額に対する所得税、地方税はかかりません。
         その他の受益者(法人)の場合は、収益分配金および解約時・償還時の個別元本超過額について、15.315%
         (所得税15%および復興特別所得税0.315%)の税率による源泉徴収が行われます。
       g.解約価額は、原則として委託会社の毎営業日に算出され、販売会社または委託会社サービスデスクに
        問い合わせることにより知ることができます。
       h.解約にかかる手数料はありません。
       i.解約代金は、原則として解約請求受付日から起算して5営業日目から、お支払いします。
       j.委託会社は、証券取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情があると
        きは、解約請求の受付を中止することができます。その場合には、受益者は当該受付中止以前に行っ
        た当日を解約請求受付日とする解約請求を撤回できます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しな
        い場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日にその請求を受け付けたものとし
        て取扱います。
       k.信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口解約には制限を設ける場合があります。ただし、確定拠
        出年金制度に基づく受益者である場合には制限はありません。
       l.受益者が解約の請求をするときは、振替受益権をもって行うものとし、その口座が開設されている振
        替機関等に対して当該受益者の請求にかかる信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、
        当該一部解約にかかる受益権の口数と同口数の抹消の申請が行われ、社振法の規定にしたがい当該振
        替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
                                27/79











                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
      (1)  【資産の評価】
        a.基準価額とは、受益権1口当たりの純資産価額(純資産総額を計算日における受益権総口数で除し
         た金額)をいいます。ただし、便宜上1万口当たりに換算した価額で表示されることがあります。
        b.純資産総額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きま
         す。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価または一部償却原価法により
         評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額をいいます。なお、外貨建資産の円
         換算については、原則として日本における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算し、外
         国為替予約に基づく予約為替の評価は、原則として日本における計算日の対顧客先物売買相場の仲
         値によるものとします。
        <主要投資対象資産の評価方法>
            対象                        評価方法
         マザーファンド

                    原則として、当ファンドの基準価額計算日の基準価額で評価します。
           受益証券
                    原則として、以下のいずれかの価額で評価します。

                     a.日本証券業協会発表の売買参考統計値(平均値)
           公社債等
                     b.金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(売気配相場を除く)
                     c.価格情報会社の提供する価額
        c.基準価額は、原則として委託会社の毎営業日に算出され、販売会社または委託会社サービスデスク
         に問い合わせることにより知ることができます。
      (2)  【保管】

        該当事項はありません。
      (3)  【信託期間】

        原則として、2004年11月17日から無期限とします。ただし、後記「(5)その他                                          ①信託の終了(繰上償
       還)」に該当する場合には、信託を終了させることがあります。
      (4)  【計算期間】

        原則として、毎年10月27日から翌年10月26日までとします。ただし、各計算期間の末日が休業日のと
       きはその翌営業日          (※)   を計算期間の末日とし、その翌日より次の計算期間が開始するものとします。
        (※)法令により、これと異なる日を計算期間の末日と定めている場合には、法令にしたがいます。
      (5)  【その他】

       ①  信託の終了(繰上償還)
        a.委託会社は、信託契約の一部を解約することにより受益権の総口数が10億口を下ることとなったと
         き、信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるときまたはやむを得ない事情が発
         生したときは、受託会社と合意のうえ、信託契約を解約し、信託を終了させることができます。こ
         の場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
        b.委託会社は、上記a.の事項について、あらかじめ、解約しようとする旨を公告し、かつ、その旨を
         記載した書面を信託契約にかかる知られたる受益者に対して交付します。ただし、信託契約にかか
         る全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として公告を行いません。
        c.上記b.の公告および書面には、受益者で異議のある者は、1ヵ月以上の一定の期間内に委託会社に
         対し異議を述べるべき旨を付記します。
        d.上記c.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超える
         ときは、上記a.の信託契約の解約をしません。
        e.委託会社は、信託契約を解約しないこととしたときは、解約をしない旨およびその理由を公告し、
         かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただし、全ての受益
         者に対して書面を交付したときは、原則として公告を行いません。
        f.上記c.からe.の規定は、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であっ
         て、上記c.の一定の期間が1ヵ月を下らずにその公告および書面の交付を行うことが困難な場合は
         適用しません。
        g.信託契約を解約する場合において、上記c.の一定の期間内に異議を申し出た受益者は、受託会社に
         対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべき旨を請求することができます。
        h.委託会社は、監督官庁より信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契約
         を解約し、信託を終了させます。
        i.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
         託会社は信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が信託契約に関する委託会社
                                28/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、下記「②信託約款の変更」d.に該当
         する場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
        j.委託会社は、受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した後、あるいは裁判所が受託会
         社を解任した後、委託会社が新受託会社を選任できないときは、あらかじめ、監督官庁に届出のう
         え、信託契約を解約し、信託を終了させます。
       ②  信託約款の変更
        a.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、
         受託会社と合意のうえ、あらかじめ監督官庁に届出ることにより、信託約款を変更することができ
         ます。
        b.変更事項のうち、その内容が重大なものとして内閣府令で定めるものに該当するときは、内閣府令
         で定めるところにより、あらかじめ変更しようとする旨およびその内容を公告し、かつこれらの事
         項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただし、全ての受益者に対して書面を
         交付したときは、原則として公告を行いません。
        c.上記b.の公告および書面には、受益者で異議のある者は、1ヵ月以上の一定の期間内に委託会社に
         対し異議を述べるべき旨を付記します。
        d.上記c.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超える
         ときは、上記a.の約款変更を行いません。その場合には、委託会社は、内閣府令で定めるところに
         より、変更しない旨およびその理由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受
         益者に対して交付します。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として公告
         を行いません。
        e.その内容が重大なものとして内閣府令で定めるものに該当する信託約款の変更を行う場合におい
         て、上記c.の一定の期間内に異議を申し出た受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権
         を、信託財産をもって買取るべき旨を請求することができます。
        f.委託会社は、監督官庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、上記b.からd.の規定
         にしたがいます。
       ③  関係会社との契約の更改等
         委託会社と販売会社との間の募集・販売等の取扱いに関する契約は、当事者の別段の意思表示がな
         い限り、1年ごとに自動更新されます。募集・販売等の取扱いに関する契約は、当事者間の合意に
         より変更することができます。
       ④  運用報告書
         a.毎決算時および償還時に、委託会社が、期間中の運用経過のほか、信託財産の内容などを記載し
          た交付運用報告書を作成します。交付運用報告書は、知れている受益者に対して、販売会社か
          ら、あらかじめお申し出いただいたご住所にお届けします。
         b.委託会社は、運用報告書(全体版)を作成し、委託会社のホームページ
          (https://www.tokiomarineam.co.jp/)に掲載します。
         c.上記b.の規定にかかわらず、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合は、交
          付します。
       ⑤  公告
         委託会社が受益者に対してする公告は、原則として電子公告の方法により行い、委託会社のホーム
         ページ(https://www.tokiomarineam.co.jp/)に掲載します。
         なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
         は、日本経済新聞に掲載します。
    4【受益者の権利等】

        当ファンドの受益者の有する主な権利は以下の通りです。なお、議決権、受益者集会に関する権利は
       有しません。
       a.収益分配金の請求権
         収益分配金は、自動けいぞく(累積)投資に関する契約に基づき、自動的に無手数料で当ファンド
        に再投資されます。なお、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       b.償還金の請求権
         償還金(信託終了時における信託財産の純資産総額を受益権総口数で除した金額をいいます。以下
        同じ。)は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日
        の場合には当該償還日の翌営業日)から起算して5営業日まで)から、償還日において振替機関等の
        振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前において一部解約が行われた受益権にか
        かる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売
        会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)にお支
        払いします。ただし、受益者が償還金について、上記に規定する支払開始日から10年間その支払いを
        請求しないときは、その権利を失い、委託会社が受託会社より交付を受けた金銭は委託会社に帰属し
        ます。
       c.換金(解約)請求権
                                29/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行請求の方法により、換金を請求するこ
        とができます。詳細は上記「2                 換金(解約)手続等」をご参照ください。
       d.買取請求権
         信託契約を解約して信託を終了させるとき、および信託約款の変更を行う場合において、その内容
        が重大なものとして内閣府令で定めるものに該当するときは、委託会社によって定められた期間内に
        異議を述べた受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべき旨
        を請求することができます。
                                30/79


















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    (1)  当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令

       第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府
       令第133号)に基づいて作成しております。
       なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    (2)  当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づいて、第17期計算期間(2020年10月27日か

       ら2021年10月26日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けており
       ます。
                                31/79

















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】

     【東京海上セレクション・物価連動国債】
     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:円)
                                    第16期              第17期
                                [2020年10月26日現在]              [2021年10月26日現在]
      資産の部
       流動資産
                                     1,415,812,866              1,614,331,079
         親投資信託受益証券
                                       11,653,936               3,176,561
         未収入金
                                     1,427,466,802              1,617,507,640
         流動資産合計
                                     1,427,466,802              1,617,507,640
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        9,696,884              1,009,764
         未払解約金
                                         307,018              339,911
         未払受託者報酬
                                        1,611,755              1,784,494
         未払委託者報酬
                                         38,279              42,392
         その他未払費用
                                       11,653,936               3,176,561
         流動負債合計
                                       11,653,936               3,176,561
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                     1,301,366,041              1,434,675,877
                                    ※1              ※1
         元本
         剰余金
                                      114,446,825              179,655,202
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                        3,262,929              3,921,855
          (分配準備積立金)
                                     1,415,812,866              1,614,331,079
         元本等合計
                                     1,415,812,866              1,614,331,079
       純資産合計
                                     1,427,466,802              1,617,507,640
      負債純資産合計
                                32/79










                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                    第16期              第17期
                                 自  2019年10月29日             自  2020年10月27日
                                 至  2020年10月26日             至  2021年10月26日
      営業収益
                                      △ 44,140,361              54,768,036
       有価証券売買等損益
                                      △ 44,140,361              54,768,036
       営業収益合計
      営業費用
                                         620,036              658,859
       受託者報酬
                                        3,255,028              3,458,938
       委託者報酬
                                         77,317              82,176
       その他費用
                                        3,952,381              4,199,973
       営業費用合計
                                      △ 48,092,742              50,568,063
      営業利益又は営業損失(△)
                                      △ 48,092,742              50,568,063
      経常利益又は経常損失(△)
                                      △ 48,092,742              50,568,063
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                      △ 7,729,810              5,554,160
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                      158,412,087              114,446,825
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       49,037,044              52,070,024
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                           -              -
       少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                       49,037,044              52,070,024
       少額
                                       52,639,374              31,875,550
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                       52,639,374              31,875,550
       加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                           -              -
       加額
                                           -              -
                                          ※1              ※1
      分配金
                                      114,446,825              179,655,202
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                33/79









                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【注記表】
      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                           第17期
                                       自  2020年10月27日
               区 分
                                       至  2021年10月26日
      有価証券の評価基準及び評価方法                      親投資信託受益証券

                              移動平均法に基づき、原則として時価で評価しておりま
                              す。時価評価にあたっては、親投資信託受益証券の基準価
                              額に基づいて評価しております。
      (重要な会計上の見積りに関する注記)

                                第17期
                            自  2020年10月27日
                            至  2021年10月26日
      当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが、翌計算期間の財務諸表に重要な影

      響を及ぼすリスクを識別していないため、注記を省略しております。
      (貸借対照表に関する注記)

                                       第16期              第17期
                    区 分
                                   [2020   年10月26日現在]           [2021   年10月26日現在]
      1. ※1   期首元本額                            1,265,717,560        円      1,301,366,041        円
          期中追加設定元本額                             462,544,004       円       488,504,943       円
          期中一部解約元本額                             426,895,523       円       355,195,107       円
      2. ※1   計算期間末日における受益権の総数                            1,301,366,041        口      1,434,675,877        口
      (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                  第16期                            第17期
               自  2019年10月29日                          自  2020年10月27日
               至  2020年10月26日                          至  2021年10月26日
      ※1 分配金の計算過程                            ※1 分配金の計算過程

      計算期間末における解約に伴う当期純利益金額分                            計算期間末における解約に伴う当期純利益金額分
      配後の配当等収益から費用を控除した額(0円)、                            配後の配当等収益から費用を控除した額
      解約に伴う当期純利益金額分配後の有価証券売買                            (1,414,861円)、解約に伴う当期純利益金額分配
      等損益から費用を控除し、繰越欠損金を補填した                            後の有価証券売買等損益から費用を控除し、繰越
      額(0円)、投資信託約款に規定される収益調整金                            欠損金を補填した額(0円)、投資信託約款に規定
      (224,033,800円)及び分配準備積立金                            される収益調整金(248,115,353円)及び分配準備
      (3,262,929円)より、分配対象額は227,296,729                            積立金(2,506,994円)より、分配対象額は
      円(1万口当たり1,746.58円)でありますが、分                            252,037,208円(1万口当たり1,756.73円)であり
      配を行っておりません。                            ますが、分配を行っておりません。
                                34/79





                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品に関する注記)
      Ⅰ.金融商品の状況に関する事項
                               第16期                   第17期
                            自  2019年10月29日                 自  2020年10月27日
              区 分
                            至  2020年10月26日                 至  2021年10月26日
      1.  金融商品に対する取組方針                当ファンドは、「投資信託及び投                     同左
                        資法人に関する法律」(昭和26年
                        法律第198号)第2条第4項に定める
                        証券投資信託であり、有価証券等
                        の金融商品への投資を信託約款に
                        定める「運用の基本方針」に基づ
                        き行なっております。
      2.  金融商品の内容及びその                当ファンドが運用する主な金融商                     同左
        リスク                品は「重要な会計方針に係る事項
                        に関する注記」の「有価証券の評
                        価基準及び評価方法」に記載の有
                        価証券であります。当該有価証券
                        には、性質に応じてそれぞれ価格
                        変動リスク、流動性リスク、信用
                        リスク等があります。
      3.  金融商品に係るリスク管理                委託会社のリスク管理体制は、担                     同左
        体制                当運用部が自主管理を行うと同時
                        に、担当運用部とは独立した部門
                        において厳格に実施される体制と
                        しています。
                        法令等の遵守状況についてはコン
                        プライアンス部門が、運用リスク
                        の各項目および運用ガイドライン
                        の遵守状況については運用リスク
                        管理部門が、それぞれ適切な運用
                        が行われるよう監視し、担当運用
                        部へのフィードバックおよび所管
                        の委員会への報告・審議を行って
                        います。
                        これらの内容については、社長を
                        はじめとする関係役員に随時報告
                        が行われるとともに、内部監査部
                        門がこれらの業務全般にわたる運
                        営体制の監査を行うことで、より
                        実効性の高いリスク管理体制を構
                        築しております。
      Ⅱ.金融商品の時価等に関する事項

                                第16期                  第17期
               区 分
                            [2020   年10月26日現在]               [2021   年10月26日現在]
      1.  貸借対照表計上額、時価及び                時価で計上しているため、その                    同左
        これらの差額                差額はありません。
      2.  時価の算定方法並びに有価                (1)  有価証券                (1)  有価証券
        証券及びデリバティブ取引に
                          (重要な会計方針に係る事項                    同左
        関する事項
                          に関する注記)に記載してお
                          ります。
                         (2)  デリバティブ取引                (2)  デリバティブ取引
                          該当事項はありません。                    同左
                                35/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                         (3)  有価証券及びデリバティブ取                (3)  有価証券及びデリバティブ取
                          引以外の金融商品                  引以外の金融商品
                          有価証券及びデリバティブ取                    同左
                          引以外の金融商品について
                          は、短期間で決済され、時価
                          は帳簿価額と近似しているた
                          め、当該帳簿価額を時価とし
                          ております。
      3.  金融商品の時価等に関する                金融商品の時価には、市場価格                    同左
        事項についての補足説明                に基づく価額のほか、市場価格
                         がない場合には合理的に算定さ
                         れた価額が含まれております。
                         当該価額の算定においては一定
                         の前提条件等を採用しているた
                         め、異なる前提条件等によった
                         場合、当該価額が異なることも
                         あります。
      (有価証券に関する注記)

      第16期(自       2019年10月29日 至           2020年10月26日)
      売買目的有価証券
                  種 類                   当計算期間の損益に含まれた評価差額
              親投資信託受益証券                                      △21,284,837円

                  合計                                  △21,284,837円

      ( 注)時価の算定方法については、重要な会計方針に係る事項に関する注記「有価証券の評価基準及び評価方法」に記
        載しております。
      第17期(自       2020年10月27日 至           2021年10月26日)

      売買目的有価証券
                  種 類                   当計算期間の損益に含まれた評価差額
              親投資信託受益証券                                       54,282,173      円

                  合計                                   54,282,173      円

      ( 注)時価の算定方法については、重要な会計方針に係る事項に関する注記「有価証券の評価基準及び評価方法」に記
        載しております。
      (1口当たり情報に関する注記)

                  第16期                            第17期
              [2020   年10月26日現在]                         [2021   年10月26日現在]
         1 口当たり純資産額                 1.0879    円       1 口当たり純資産額                 1.1252    円

        (1万口当たり純資産額                   10,879    円)     (1万口当たり純資産額                   11,252    円)
                                36/79






                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (4)  【附属明細表】
      第1 有価証券明細表
      (1)  株式
        該当事項はありません。
      (2)  株式以外の有価証券

                                                      (単位:円)
        種 類              銘 柄               券面総額           評価額        備 考
      親投資信託       TMA物価連動国債マザーファンド
                                     1,360,467,790           1,614,331,079
       受益証券
       親投資信託受益証券 合計                               1,360,467,790           1,614,331,079
                   合計                  1,360,467,790           1,614,331,079
      第2 信用取引契約残高明細表

        該当事項はありません。
      第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

        該当事項はありません。
                                37/79














                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (ご参考)
       当ファンドは、「TMA物価連動国債マザーファンド」を主要な投資対象としており、貸借対照表の資
       産の部に計上された「親投資信託受益証券」はすべて同ファンドの受益証券です。なお、同ファンドの
       状況は次のとおりです。
       なお、以下に記載した情報は監査の対象ではありません。
                     「TMA物価連動国債マザーファンド」の状況

    (1)貸借対照表

                                  [2020   年10月26日現在]           [2021   年10月26日現在]
                              注記
               区  分                          金額(円)              金額(円)
                              番号
      資産の部
       流動資産
         コール・ローン                                39,840,018              16,955,769
         国債証券                              6,099,032,165              6,474,604,261
         未収利息                                  796,812              825,677
         前払費用                                     ―             684
         流動資産合計
                                       6,139,668,995              6,492,386,391
       資産合計
                                       6,139,668,995              6,492,386,391
      負債の部
       流動負債
         未払解約金                                11,653,936               3,176,561
         未払利息                                     17              19
         流動負債合計
                                         11,653,953               3,176,580
       負債合計
                                         11,653,953               3,176,580
      純資産の部
       元本等
         元本                     ※1         5,356,367,039              5,468,687,372
         剰余金
          剰余金又は欠損金(△)                              771,648,003             1,020,522,439
         元本等合計
                                       6,128,015,042              6,489,209,811
       純資産合計
                                       6,128,015,042              6,489,209,811
      負債純資産合計
                                       6,139,668,995              6,492,386,391
                                38/79







                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                       自  2020年10月27日
               区 分
                                       至  2021年10月26日
      有価証券の評価基準及び評価方法                      国債証券

                              個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時
                              価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示す
                              る価額(但し、売気配相場は使用しない)、価格情報会社
                              の提供する価額又は日本証券業協会発表の売買参考統計値
                              (平均値)等で評価しております。
      (重要な会計上の見積りに関する注記)

                            自  2020年10月27日
                            至  2021年10月26日
      本書における開示対象ファンドの当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが、

      本書における開示対象ファンドの翌計算期間の財務諸表に重要な影響を及ぼすリスクを識別していな
      いため、注記を省略しております。
      (貸借対照表に関する注記)

                    区 分               [2020   年10月26日現在]          [2021   年10月26日現在]
      1. ※1   本書における開示対象ファンドの期首にお
                                      5,870,964,199        円      5,356,367,039        円
          ける当該親投資信託の元本額
          同期中における追加設定元本額                             452,228,507       円       463,873,715       円
          同期中における一部解約元本額                             966,825,667       円       351,553,382       円
          同期末における元本額                            5,356,367,039        円      5,468,687,372        円
          元本の内訳*

          東京海上セレクション・物価連動国債                            1,237,490,487        円      1,360,467,790        円
          TMA物価連動国債ファンド〈適格機関投
                                      2,463,862,027        円      2,457,130,690        円
          資家限定〉
          年金国内物価連動国債ファンド<適格機関
                                      1,563,848,067        円      1,559,922,434        円
          投資家限定>
          TMA債券バランスファンド<適格機関投
                                        91,166,458      円        91,166,458      円
          資家限定>
                計                            5,356,367,039        円      5,468,687,372        円
      2. ※1   本書における開示対象ファンドの計算期間
          末日における当該親投資信託の受益権の総                            5,356,367,039        口      5,468,687,372        口
          数
      (注)*は当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託ごとの元本額

                                39/79





                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品に関する注記)
      Ⅰ.金融商品の状況に関する事項
                            自  2019年10月29日                 自  2020年10月27日
              区 分
                            至  2020年10月26日                 至  2021年10月26日
      1.  金融商品に対する取組方針                当ファンドは、「投資信託及び投                     同左
                        資法人に関する法律」(昭和26年
                        法律第198号)第2条第4項に定める
                        証券投資信託であり、有価証券等
                        の金融商品への投資を信託約款に
                        定める「運用の基本方針」に基づ
                        き行なっております。
      2.  金融商品の内容及びその                当ファンドが運用する主な金融商                     同左
        リスク                品は「重要な会計方針に係る事項
                        に関する注記」の「有価証券の評
                        価基準及び評価方法」に記載の有
                        価証券であります。当該有価証券
                        には、性質に応じてそれぞれ価格
                        変動リスク、流動性リスク、信用
                        リスク等があります。
      3.  金融商品に係るリスク管理                委託会社のリスク管理体制は、担                     同左
        体制                当運用部が自主管理を行うと同時
                        に、担当運用部とは独立した部門
                        において厳格に実施される体制と
                        しています。
                        法令等の遵守状況についてはコン
                        プライアンス部門が、運用リスク
                        の各項目および運用ガイドライン
                        の遵守状況については運用リスク
                        管理部門が、それぞれ適切な運用
                        が行われるよう監視し、担当運用
                        部へのフィードバックおよび所管
                        の委員会への報告・審議を行って
                        います。
                        これらの内容については、社長を
                        はじめとする関係役員に随時報告
                        が行われるとともに、内部監査部
                        門がこれらの業務全般にわたる運
                        営体制の監査を行うことで、より
                        実効性の高いリスク管理体制を構
                        築しております。
      Ⅱ.金融商品の時価等に関する事項

               区 分             [2020   年10月26日現在]               [2021   年10月26日現在]
      1.  貸借対照表計上額、時価及び                時価で計上しているため、その                    同左
        これらの差額                差額はありません。
      2.  時価の算定方法並びに有価                (1)  有価証券                (1)  有価証券
        証券及びデリバティブ取引に
                          (重要な会計方針に係る事項                    同左
        関する事項
                          に関する注記)に記載してお
                          ります。
                         (2)  デリバティブ取引                (2)  デリバティブ取引
                          該当事項はありません。                    同左
                                40/79



                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                         (3)  有価証券及びデリバティブ取                (3)  有価証券及びデリバティブ取
                          引以外の金融商品                  引以外の金融商品
                          有価証券及びデリバティブ取                    同左
                          引以外の金融商品について
                          は、短期間で決済され、時価
                          は帳簿価額と近似しているた
                          め、当該帳簿価額を時価とし
                          ております。
      3.  金融商品の時価等に関する                金融商品の時価には、市場価格                    同左
        事項についての補足説明                に基づく価額のほか、市場価格
                         がない場合には合理的に算定さ
                         れた価額が含まれております。
                         当該価額の算定においては一定
                         の前提条件等を採用しているた
                         め、異なる前提条件等によった
                         場合、当該価額が異なることも
                         あります。
      (有価証券に関する注記)

      (自   2019年10月29日 至           2020年10月26日)
      売買目的有価証券
                  種 類                    当期間の損益に含まれた評価差額
                 国債証券                                   △176,112,762円

                  合計                                 △176,112,762円

      ( 注1)時価の算定方法については、重要な会計方針に係る事項に関する注記「有価証券の評価基準及び評価方法」に記
        載しております。
      ( 注2)「当期間」とは当親投資信託の計算期間の開始日から本書における開示対象ファンドの期末までの期間(2020年2
        月27日から2020年10月26日まで)を指しております。
      (自   2020年10月27日 至           2021年10月26日)

      売買目的有価証券
                  種 類                    当期間の損益に含まれた評価差額
                 国債証券                                    170,231,540       円

                  合計                                   170,231,540       円

      ( 注1)時価の算定方法については、重要な会計方針に係る事項に関する注記「有価証券の評価基準及び評価方法」に記
        載しております。
      ( 注2)「当期間」とは当親投資信託の計算期間の開始日から本書における開示対象ファンドの期末までの期間(2021年2
        月27日から2021年10月26日まで)を指しております。
      (1口当たり情報に関する注記)

              [2020   年10月26日現在]                         [2021   年10月26日現在]
         1 口当たり純資産額                 1.1441    円       1 口当たり純資産額                 1.1866    円

        (1万口当たり純資産額                   11,441    円)     (1万口当たり純資産額                   11,866    円)
                                41/79





                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)附属明細表
      第1 有価証券明細表
      (1)  株式
        該当事項はありません。
      (2)  株式以外の有価証券

                                                      (単位:円)
       種 類                銘 柄                 券面総額          評価額       備 考
      国債証券      第17回利付国債(物価連動・10年)                            310,000,000          331,489,665
            第18回利付国債(物価連動・10年)                            405,000,000          430,408,080
            第19回利付国債(物価連動・10年)                            530,000,000          549,791,260
            第20回利付国債(物価連動・10年)                           1,050,000,000          1,090,813,500
            第21回利付国債(物価連動・10年)                            845,000,000          883,563,805
            第22回利付国債(物価連動・10年)                            860,000,000          911,098,632
            第23回利付国債(物価連動・10年)                            840,000,000          877,281,199
            第24回利付国債(物価連動・10年)                            820,000,000          852,950,322
            第25回利付国債(物価連動・10年)                            390,000,000          411,450,885
            第26回利付国債(物価連動・10年)                            130,000,000          135,756,913
       国債証券 合計                                 6,180,000,000          6,474,604,261
                    合計                  6,180,000,000          6,474,604,261
      第2 信用取引契約残高明細表

        該当事項はありません。
      第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

        該当事項はありません。
                                42/79











                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    【純資産額計算書】

                                               2021  年10月29日      現在
                   種類                            金額
      Ⅰ 資産総額                                         1,638,186,806        円
      Ⅱ 負債総額                                            3,331,799      円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                         1,634,855,007        円
      Ⅳ 発行済数量                                         1,449,772,624        口
      Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                              1.1277    円
    (ご参考:親投資信託の現況)

    TMA物価連動国債マザーファンド
                                               2021  年10月29日      現在
                   種類                            金額
      Ⅰ 資産総額                                         6,586,694,610        円
      Ⅱ 負債総額                                           66,042,276      円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                         6,520,652,334        円
      Ⅳ 発行済数量                                         5,483,002,977        口
      Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                              1.1892    円
                                43/79












                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
      ファンドの受益権は、振替受益権となり、委託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の

      規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機
      関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を
      表示する受益証券を発行しません。
      1.名義書換

        該当事項はありません。
      2.受益者に対する特典

        特典はありません。
      3.内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容

        譲渡制限はありません。
      4.受益権の譲渡

        ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載
         または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
        ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益権
         の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載ま
         たは記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合
         には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みま
         す。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が
         行われるよう通知するものとします。
        ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録され
         ている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等
         において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停
         止日や振替停止期間を設けることができます。
      5.受益権の譲渡の対抗要件

        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗す
        ることができません。
      6.受益権の再分割

        委託会社は、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
      7.償還金

        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前
        において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された
        受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
        則として取得申込者とします。)にお支払いします。
      8.質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、
        一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほ
        か、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                44/79






                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】
       2021  年10月末日現在、資本金の額は20億円です。なお、会社の発行可能株式総数は160,000株であり、
     38,300株を発行済みです。
       委託会社業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役の選任は株主総会にお
     いて、議決権を行使することができる株主の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数を
     もってこれを行い、累積投票によらないものとします。取締役の任期は、選任後1年内に終了する事業年
     度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。取締役会はその決議をもって、取締
     役中より代表取締役を選任します。
       投資信託の投資運用の意思決定プロセスは以下の通りです。
      ①運用本部で運用計画案、収益分配方針案等の運用の基本方針案を作成します。
      ②運用の基本方針は、運用本部長を委員長とする投資政策委員会で投資環境見通し等をふまえて決定され
       ます。
      ③決定された運用の基本方針に基づき、具体的運用計画を策定し、運用を行います。
      ④売買の執行はトレーディング部が行います。
      ⑤運用部門とは独立した運用リスク管理部門にて運用評価、ガイドライン遵守状況のチェックを行い、                                                        運
       用リスク管理部門担当役員               を委員長としリスク管理部を事務局とする運用管理委員会に結果報告しま
       す。
      ⑥運用管理委員会から投資政策委員会へ運用評価、ガイドライン遵守状況がフィードバックされ次の基本
       方針決定に生かされます。
    2【事業の内容及び営業の概況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の
      設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っ
      ています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行っています。
       2021  年10月末日現在、委託会社が運用を行っている証券投資信託(親投資信託を除きます。)は次の通
      りです。
                              本数            純資産総額(百万円)
       追加型公社債投資信託                            0                     0
       追加型株式投資信託                           173                  2,939,539
       単位型公社債投資信託                            2                   5,158
       単位型株式投資信託                           11                   39,738
              合計                    186                  2,984,436
                                45/79








                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
      1.     当社の財務諸表は「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

         号)並びに同規則第2条により、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52
         号)に基づいて作成しております。
         また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和
         52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条及び第57条により、「金融商品取引業等に関する内閣府
         令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
      2.     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第36期事業年度(2020年4月1日から

         2021年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けてお
         ります。
         また、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間会計期間(2021年4月1日から
         2021年9月30日まで)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による中間監査を
         受けております。
                                46/79
















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                第35期                第36期
                            (2020年3月31日現在)                (2021年3月31日現在)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                             19,928,671                22,550,090
       前払費用                              207,883                235,902
       未収委託者報酬                             2,864,007                2,973,733
       未収収益                             2,126,212                2,375,688
       未収入金                              101,676                 3,865
                                      22,090                21,479
       その他の流動資産
       流動資産計                             25,250,541                28,160,759
      固定資産
       有形固定資産                        *1      576,200          *1      530,601
         建物                             388,342                354,556
         器具備品                             187,858                176,045
       無形固定資産                               5,385               137,430
         電話加入権                              3,795                3,795
         ソフトウエア                                -              89,839
         ソフトウエア仮勘定                              1,590                43,795
       投資その他の資産                             2,987,389                3,057,965
         投資有価証券                              65,610                49,477
         関係会社株式                            1,673,049                1,673,049
         その他の関係会社有価証券                              31,200                71,200
         長期前払費用                              32,906                45,424
         敷金                             450,632                474,324
         その他長期差入保証金                              10,030                10,030
                                      723,961                734,459
         繰延税金資産
       固定資産計                             3,568,975                3,725,997
      資産合計                              28,819,517                31,886,757
     負債の部
      流動負債
       未払金                             2,555,940                2,979,963
         未払手数料                            1,315,027                1,349,326
         その他未払金                            1,240,912                1,630,636
       未払費用                              544,639                429,654
       未払消費税等                              367,506                468,610
       未払法人税等                             1,347,000                1,378,000
       預り金                               43,576                45,524
       前受収益                               3,128                2,329
       賞与引当金                              244,679                273,836
                                         -               946
       その他の流動負債
       流動負債計                             5,106,470                5,578,864
      固定負債
       退職給付引当金                              750,413                802,176
       固定負債計                              750,413                802,176
      負債合計                              5,856,883                6,381,041
     純資産の部
      株主資本                              22,965,811                25,499,322
       資本金                             2,000,000                2,000,000
       資本剰余金                              400,000                400,000
        その他資本剰余金                             400,000
                                                      400,000
       利益剰余金                             20,565,811                23,099,322
         利益準備金                             500,000                500,000
                                    20,065,811
         その他利益剰余金                                            22,599,322
                                         0
          特別償却準備金                                               0
                                    20,065,811
          繰越利益剰余金                                           22,599,322
                                47/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                     △  3,177
      評価・換算差額等                                                 6,393
                                     △  3,177
       その他有価証券評価差額金                                               6,393
      純資産合計                              22,962,634                25,505,715
     負債・純資産合計                               28,819,517                31,886,757
    (2)  【損益計算書】

                                                   (単位:千円)
                                第35期                第36期
                            (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                             至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                              16,536,369                17,997,091
      運用受託報酬                              9,077,029                9,745,973
      投資助言報酬                                60,786                59,827
                                      412,354                453,173
      その他営業収益
      営業収益計                              26,086,540                28,256,066
     営業費用
      支払手数料                              7,818,291                8,444,858
      広告宣伝費                               254,153                233,667
      調査費                              5,425,141                6,150,198
       調査費                             2,525,312                2,540,308
       委託調査費                             2,899,828                3,609,889
      委託計算費                               122,584                118,443
      営業雑経費                               285,550                278,728
       通信費                               35,052                44,106
       印刷費                              205,117                189,670
       協会費                               24,696                26,080
       諸会費                               12,157                10,102
                                       8,525                8,768
       図書費
      営業費用計                              13,905,720                15,225,895
     一般管理費
      給料                              3,509,999                3,799,821
       役員報酬                              112,566                129,108
       給料・手当                             2,541,727                2,761,131
       賞与                              855,706                909,581
      交際費                                17,797                 4,415
      寄付金                                5,833                3,449
      旅費交通費                               174,094                 13,735
      租税公課                               164,117                170,294
      不動産賃借料                               375,694                375,691
      退職給付費用                               466,387                156,614
      賞与引当金繰入                               244,679                273,836
      固定資産減価償却費                               118,517                139,782
      法定福利費                               580,893                596,481
      福利厚生費                                9,971                10,114
                                      482,967                394,336
      諸経費
      一般管理費計                              6,150,953                5,938,574
     営業利益                                6,029,866                7,091,595
     営業外収益
      受取利息                                 434                455
      受取配当金                          *1      4,704          *1       7,512
      匿名組合投資利益                          *1      39,334          *1      60,878
                                      10,094                 9,958
      雑益
      営業外収益計                                54,568                78,804
     営業外費用
      為替差損                                15,577                44,450
                                       5,174                5,811
      雑損
      営業外費用計                                20,752                50,261
     経常利益                                6,063,682                7,120,138
                                48/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     特別損失
                                        545                 0
      器具備品除却損
      特別損失計                                 545                 0
     税引前当期純利益                                6,063,137                7,120,138
     法人税、住民税及び事業税
                                     2,044,481                2,197,641
                                    △  188,875               △  14,721
     法人税等調整額
     法人税等合計                                1,855,605                2,182,919
     当期純利益                                4,207,531                4,937,219
    (3)  【株主資本等変動計算書】

       第35期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                     ( 単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                                 その他利益
                   資本金                               剰余金
                         その他資本       資本剰余金
                                      利益準備金
                          剰余金       合計
                                              特別償却        繰越利益
                                               準備金        剰余金
     当期首残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000          16    17,875,907
     当期変動額
                                                     △  2,017,644
      剰余金の配当
                                                 △  16        16
      特別償却準備金の取崩
                                                       4,207,531
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                                 △  16    2,189,903
     当期変動額合計                  -       -       -       -
     当期末残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000           0   20,065,811
                      株主資本           評価・換算差額等

                  利益剰余金
                                 その他     評価・換算
                                              純資産合計
                          株主資本
                                有価証券       差額等
                  利益剰余金
                           合計
                                評価差額金        合計
                    合計
     当期首残高              18,375,924       20,775,924         2,096       2,096     20,778,021
     当期変動額
                  △  2,017,644     △  2,017,644                   △  2,017,644
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩                   -                            -
                              -
      当期純利益               4,207,531       4,207,531                     4,207,531
      株主資本以外の項目の
                                 △  5,273     △  5,273      △  5,273
      当期変動額(純額)
                    2,189,887       2,189,887       △  5,273     △  5,273      2,184,613
     当期変動額合計
                   20,565,811       22,965,811       △  3,177     △  3,177     22,962,634
     当期末残高
       第36期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                     ( 単位:千円)
                                49/79




                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                     株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                                 その他利益
                   資本金                               剰余金
                         その他資本       資本剰余金
                                      利益準備金
                          剰余金       合計
                                              特別償却        繰越利益
                                               準備金        剰余金
     当期首残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000           0   20,065,811
     当期変動額
                                                     △  2,403,708
      剰余金の配当
                                                  △  0        0
      特別償却準備金の取崩
                                                       4,937,219
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                                  △  0    2,533,511
     当期変動額合計                  -       -       -       -
     当期末残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000           0   22,599,322
                      株主資本           評価・換算差額等

                  利益剰余金
                                 その他     評価・換算
                                              純資産合計
                          株主資本
                                有価証券       差額等
                  利益剰余金
                           合計
                                評価差額金        合計
                    合計
                                 △  3,177     △  3,177
     当期首残高              20,565,811       22,965,811                     22,962,634
     当期変動額
                  △  2,403,708     △  2,403,708                   △  2,403,708
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩                   -                            -
                              -
      当期純利益               4,937,219       4,937,219                     4,937,219
      株主資本以外の項目の
                                   9,570       9,570        9,570
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               2,533,511       2,533,511        9,570       9,570      2,543,081
     当期末残高              23,099,322       25,499,322         6,393       6,393     25,505,715
    注記事項

    (重要な会計方針)
                              第36期
                          自 2020年4月1日
                          至 2021年3月31日
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)  子会社株式及び関連会社株式並びにその他の関係会社有価証券
       移動平均法による原価法
     (2)  その他有価証券
       時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法
         (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
       時価を把握することが極めて困難と認められるもの
         移動平均法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法

     (1)  有形固定資産
                                50/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、
       定額法を採用しております。また、取得価額が10万円以上20万円未満の少額減価償却資産につい
       ては、一括償却資産として3年間で均等償却する方法を採用しております。
     (2)  無形固定資産
       定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能
       期間(5年)に基づく定額法によっております。
     3.引当金の計上基準

     (1)  賞与引当金
       従業員賞与の支給に充てるため、支給見込額の当期負担額を計上しております。
     (2)  退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上して
       おります。
      ①  退職給付見込額の期間帰属方法
       退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法につ
       いては給付算定式基準によっております。
      ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
       数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
       (10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しておりま
       す。
       過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額
       法により費用処理しております。
     4.消費税等の会計処理方法

       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (重要な会計上の見積り)

                              第36期
                          自 2020年4月1日
                          至 2021年3月31日
     当事業年度の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが翌事業年度の財務諸表に重要な影
     響を及ぼすリスクを識別していないため、注記を省略しております。
    (未適用の会計基準等)

                              第36期
                          自 2020年4月1日
                          至 2021年3月31日
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識さ
       れます。
        ステップ1        : 顧客との契約を識別する。
        ステップ2        : 契約における履行義務を識別する。
         ステップ3      : 取引価格を算定する。
         ステップ4      : 契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5      : 履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                51/79

                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表関係)

                第35期                           第36期
             2020年3月31日現在                           2021年3月31日現在
     *1.有形固定資産の減価償却累計額は次のとお                           *1.有形固定資産の減価償却累計額は次のとお
       りであります。                           りであります。
         建物               114,303千円            建物               148,089千円
         器具備品               364,003千円            器具備品               458,314千円
    (損益計算書関係)

                 第35期                            第36期
             自 2019年4月1日                            自 2020年4月1日
             至 2020年3月31日                            至 2021年3月31日
     *1.関係会社との主な取引高は次のとおりで                           *1.関係会社との主な取引高は次のとおりで
       あります。                           あります。
         関係会社からの受取配当金                   2,400千円           関係会社からの受取配当金                   2,000千円
         関係会社からの匿名組合契約                           関係会社からの匿名組合契約
         に基づく利益の分配                    39,334千円           に基づく利益の分配                    60,878千円
    (株主資本等変動計算書関係)

     第35期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1.発行済株式に関する事項
                                                   (単位:株)
                  2019年4月1日                               2020年3月31日
        株式の種類                        増加          減少
                     現在                               現在
        普通株式               38,300             -          -        38,300
      2.配当に関する事項

         (1)     配当金支払額
          2019年6月28日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                             2,017,644千円
             (ロ)   1株当たり配当額                                   52,680円
             (ハ)   基準日                                               2019年3月31日
             (ニ)   効力発生日                                     2019年6月28日
        (2)    基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

          2020年6月26日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                             2,403,708千円
             (ロ)   配当の原資                               繰越利益剰余金
             (ハ)   1株当たり配当額                                   62,760円
             (ニ)   基準日                                               2020年3月31日
             (ホ)   効力発生日                                     2020年6月26日
     第36期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

      1.発行済株式に関する事項
                                                   (単位:株)
                  2020年4月1日                               2021年3月31日
        株式の種類                        増加          減少
                     現在                               現在
        普通株式               38,300             -          -        38,300
      2.配当に関する事項

                                52/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        (1)    配当金支払額
          2020年6月26日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                             2,403,708千円
             (ロ)   1株当たり配当額                                   62,760円
             (ハ)   基準日                                               2020年3月31日
             (ニ)   効力発生日                                     2020年6月26日
        (2)    基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

          2021年6月30日の定時株主総会において、次のとおり配当を提案する予定であります。
          ・普通株式の配当に関する事項
             (イ)   配当金の総額                             4,937,214千円
             (ロ)   配当の原資                               繰越利益剰余金
             (ハ)   1株当たり配当額                                   128,909円
             (ニ)   基準日                                               2021年3月31日
             (ホ)   効力発生日                                     2021年6月30日
    (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
                第35期                           第36期
             自 2019年4月1日                           自 2020年4月1日
             至 2020年3月31日                           至 2021年3月31日
     (1)  金融商品に対する取組方針                        (1)  金融商品に対する取組方針
       当社の資本は本来の事業目的のために使用す                           同左
       ることを基本とし、資産の運用に際しては、
       資産運用リスクを極力最小限に留めることを
       基本方針としております。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク                        (2)  金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である未収収益は顧客の信用リスク                           同左
       に晒されており、未収委託者報酬は市場リス
       クに晒されております。投資有価証券は、主
       にファンドの自己設定に関連する投資信託で
       あり、基準価額の変動リスクに晒されており
       ます。
       営業債務である未払金は、ほとんど1年以内
       の支払期日であり、流動性リスクに晒されて
       おります。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制                        (3)  金融商品に係るリスク管理体制

     ①  信用リスク                         ①  信用リスク
       未収収益については、管理部門において取引                           同左
       先ごとに期日及び残高を把握することで、回
       収懸念の早期把握や軽減を図っております。
     ②  市場リスク                         ②  市場リスク
       未収委託者報酬には、運用資産の悪化から回                           同左
       収できず当社が損失を被るリスクが存在しま
       すが、過去の回収実績からリスクは僅少であ
       ると判断しております。
       投資有価証券については、管理部門において
       定期的に時価を把握する体制としておりま
       す。
     ③  流動性リスク                         ③  流動性リスク
       当社は、日々資金残高管理を行っており流動                           同左
       性リスクを管理しております。
    2.金融商品の時価等に関する事項

                                53/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       第35期(2020年3月31日現在)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のと
       おりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは次表には含めておりませ
       ん ((注2)参照)。
                                                  (単位:千円)
                      貸借対照表計上額(*)                 時価(*)             差額
                             19,928,671            19,928,671
      (1)  現金・預金                                                  -
                             2,864,007            2,864,007
      (2)  未収委託者報酬                                                  -
                             2,126,212            2,126,212
      (3)  未収収益                                                  -
                               101,676            101,676
      (4)  未収入金                                                  -
      (5)  投資有価証券
                               65,610            65,610
        その他有価証券                                                 -
                              (43,576)            (43,576)
      (6)  預り金                                                  -
                            (2,555,940)            (2,555,940)
      (7)  未払金                                                  -
                             (544,639)            (544,639)
      (8)  未払費用                                                  -
                             (367,506)            (367,506)
      (9)  未払消費税等                                                  -
                            (1,347,000)            (1,347,000)
      (10)  未払法人税等                                                 -
    ( *)負債に計上されているものについては、(                         )で示しております。
       第36期(2021年3月31日現在)における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のと

       おりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは次表には含めておりませ
       ん((注2)参照)。
                                                  (単位:千円)
                      貸借対照表計上額(*)                 時価(*)             差額
                             22,550,090            22,550,090
      (1)  現金・預金                                                  -
                             2,973,733            2,973,733
      (2)  未収委託者報酬                                                  -
                             2,375,688            2,375,688
      (3)  未収収益                                                  -
                                3,865            3,865
      (4)  未収入金                                                  -
      (5)  投資有価証券
                               49,477            49,477
        その他有価証券                                                 -
                              (45,524)            (45,524)
      (6)  預り金                                                  -
                            (2,979,963)            (2,979,963)
      (7)  未払金                                                  -
                             (429,654)            (429,654)
      (8)  未払費用                                                  -
                             (468,610)            (468,610)
      (9)  未払消費税等                                                  -
                            (1,378,000)            (1,378,000)
      (10)  未払法人税等                                                 -
     ( *)負債に計上されているものについては、(                         )で示しております。
    (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

                第35期                           第36期
             2020年3月31日現在                           2021年3月31日現在
     (1)  現金・預金、(2)          未収委託者報酬、(3)            未収   (1)  現金・預金、(2)          未収委託者報酬、(3)            未収
     収益、(4)      未収入金、       (6)  預り金、(7)未払           収益、(4)      未収入金、       (6)  預り金、(7)未払
     金、(8)未払費用、(9)              未払消費税等及び(10)             金、(8)未払費用、(9)              未払消費税等及び(10)
     未払法人税等                           未払法人税等
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳                           同左
      簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額
      によっております。
     (5)  投資有価証券                        (5)  投資有価証券

      時価の算定方法につきましては「重要な会計                           同左
      方針」の「1.有価証券の評価基準及び評価
      方法」に記載しております。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                第35期                           第36期
             2020年3月31日現在                           2021年3月31日現在
                                54/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     以下については、市場価格がなく、かつ将来                           以下については、市場価格がなく、かつ将来
     キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時                           キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時
     価を把握することが極めて困難と認められるた                           価を把握することが極めて困難と認められるた
     め、上表には含めておりません。                           め、上表には含めておりません。
                       (単位:千円)                           (単位:千円)

                    貸借対照表計上額                           貸借対照表計上額
      子会社株式                   1,640,302        子会社株式                   1,640,302
      関連会社株式                     32,747      関連会社株式                     32,747
     その他の関係会社                     31,200      その他の関係会社                     71,200
      有価証券                           有価証券
     敷金                    450,632      敷金                    474,324
     その他長期差入保証金                     10,030      その他長期差入保証金                     10,030
    (注3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

                                           第36期
                第35期
                                       2021年3月31日現在
            2020年3月31日現在
     該当事項はありません。                           同左
    (注4)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

     第35期(2020年3月31日現在)
                                                   (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                          1年以内                           10年超
                                   5年以内         10年以内
     預金                     19,928,370              -         -         -
     未収委託者報酬                      2,864,007              -         -         -
     未収収益                      2,126,212              -         -         -
     未収入金                       101,676            -         -         -
     投資有価証券
      その他有価証券のうち満期があ                       2,247        21,678         22,121            -
      るもの
     合計                     25,022,515           21,678         22,121            -
     第36期(2021年3月31日現在)

                                                   (単位:千円)
                                   1年超         5年超
                          1年以内                           10年超
                                   5年以内         10年以内
     預金                     22,549,627              -         -         -
     未収委託者報酬                      2,973,733              -         -         -
     未収収益                      2,375,688              -         -         -
     未収入金                        3,865           -         -         -
     投資有価証券
      その他有価証券のうち満期があ                       8,474        16,416         5,279           -
      るもの
     合計                     27,911,389           16,416         5,279           -
    (有価証券関係)

                第35期                           第36期
             2020年3月31日現在                           2021年3月31日現在
                                55/79



                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1.子会社株式及び関連会社株式並びにその他                           1.子会社株式及び関連会社株式並びにその他
       の関係会社有価証券                           の関係会社有価証券
      子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計                           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計

      上額 子会社株式1,640,302千円、関連会社株                           上額 子会社株式1,640,302千円、関連会社株
      式32,747千円)並びにその他の関係会社有価                           式32,747千円)並びにその他の関係会社有価
      証券(貸借対照表計上額 31,200千円)は、                           証券(貸借対照表計上額 71,200千円)は、
      市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フ                           市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フ
      ローを見積ること等ができず、時価を把握す                           ローを見積ること等ができず、時価を把握す
      ることが極めて困難と認められることから、                           ることが極めて困難と認められることから、
      記載しておりません。                           記載しておりません。
     2.その他有価証券                           2.その他有価証券

                       (単位:千円)                           (単位:千円)
             貸借対照表                           貸借対照表
        区分            取得原価       差額         区分            取得原価       差額
              計上額                           計上額
      ①貸借対照                           ①貸借対照
      表計上額が                           表計上額が
      取得原価を                           取得原価を
      超えるもの                           超えるもの
       証券投資                           証券投資
               32,071     27,816      4,254               37,407     27,442      9,964
       信託                           信託
      ②貸借対照                           ②貸借対照
      表計上額が                           表計上額が
      取得原価を                           取得原価を
      超えないも                           超えないも
       の                           の
       証券投資                           証券投資
               33,538     42,372     △8,834                 12,070     12,820      △749
       信託                           信託
        合計       65,610     70,189     △4,579          合計       49,477     40,262      9,214
     3.当事業年度中に売却したその他有価証券                           3.当事業年度中に売却したその他有価証券

      該当事項はありません。                           同左
    (退職給付関係)

                              第35期
                          自 2019年4月1日
                          至 2020年3月31日
     1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、従業員の退職給付に備えるため、非積立型の確定給付制度及び確定拠出年金制度を採用
      しております。
      退職一時金制度(非積立型制度であります。)では、当社従業員を制度対象として、給与と勤続
      年数に基づき算出した一時金を支給しております。受入出向者については退職給付負担金を支
      払っており、損益計算書上の退職給付費用には当該金額が含まれております。貸借対照表上は出
      向期間3年以下の出向者に係る金額が退職給付引当金に、出向期間3年超の出向者に係る金額が
      その他未払金にそれぞれ含まれております。
      当社は当事業年度より退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法に変更しております。
     2.確定給付制度

                                56/79




                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付債務の期首残高                            378,099千円
          簡便法から原則法への変更に伴う費用処理額                          319,413千円
          勤務費用                           70,137千円
          利息費用                            1,378千円
          数理計算上の差異の発生額                          △11,130千円
          退職給付の支払額                          △9,404千円
          確定拠出年金制度への移管額                          △9,212千円
         退職給付債務の期末残高                            739,283千円
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年

        金費用の調整表
         積立型制度の退職給付債務                                  -
         年金資産                                  -
                                           -
         非積立型制度の退職給付債務                            739,283千円
         未積立退職給付債務                            739,283千円
         未認識数理計算上の差異                            11,130千円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            750,413千円
         退職給付引当金                            750,413千円

         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            750,413千円
      (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

         勤務費用                            70,137千円
         利息費用                             1,378千円
         簡便法から原則法への変更に伴う費用処理額                            319,413千円
         その他                             9,272千円
         確定給付制度に係る退職給付費用                            400,202千円
      (4)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       当事業年度末における主要な                数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
         割引率                               0.4%
     3.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、66,184千円であります。
                              第36期

                          自 2020年4月1日
                          至 2021年3月31日
     1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、従業員の退職給付に備えるため、非積立型の確定給付制度及び確定拠出年金制度を採用
      しております。
      退職一時金制度(非積立型制度であります。)では、当社従業員を制度対象として、給与と勤続
      年数に基づき算出した一時金を支給しております。受入出向者については退職給付負担金を支
      払っており、損益計算書上の退職給付費用には当該金額が含まれております。貸借対照表上は出
      向期間3年以下の出向者に係る金額が退職給付引当金に、出向期間3年超の出向者に係る金額が
      その他未払金にそれぞれ含まれております。
     2.確定給付制度

                                57/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
         退職給付債務の期首残高                            739,283千円
          勤務費用                           69,269千円
          利息費用                            2,907千円
          数理計算上の差異の発生額                            8,451千円
          退職給付の支払額                          △19,300千円
         退職給付債務の期末残高                            800,611千円
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年

        金費用の調整表
         積立型制度の退職給付債務                                  -
         年金資産                                  -
                                           -
         非積立型制度の退職給付債務                            800,611千円
         未積立退職給付債務                            800,611千円
         未認識数理計算上の差異                             1,565千円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            802,176千円
         退職給付引当金                            802,176千円

         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            802,176千円
      (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

         勤務費用                            69,269千円
         利息費用                             2,907千円
         数理計算上の差異の費用処理額                            △1,113千円
         その他                            12,353千円
         確定給付制度に係る退職給付費用                            83,417千円
      (4)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       当事業年度末における主要な                数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
         割引率                               0.4%
     3.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、73,196千円であります。
    (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  第35期               第36期
                             (2020年3月31日現在)               (2021年3月31日現在)
    繰延税金資産
      退職給付引当金                             229,776千円               245,626千円
      未払金                               3,802千円               3,859千円
      賞与引当金                              74,920千円               83,848千円
      未払法定福利費                               9,935千円              10,817千円
      未払事業所税                               3,672千円               3,840千円
      未払事業税                              70,737千円               81,915千円
      未払調査費                              82,822千円               79,792千円
      減価償却超過額                             124,870千円                86,208千円
      繰延資産超過額                               3,293千円               6,297千円
      未払確定拠出年金                               1,666千円               1,901千円
                                58/79

                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      未収実績連動報酬                              21,260千円               31,761千円
      その他有価証券評価差額金                               1,402千円                    -
      未払費用                              95,799千円              101,413千円
    繰延税金資産小計                               723,961千円               737,281千円
                                         -               -
      評価性引当額
    繰延税金資産合計                               723,961千円               737,281千円
    繰延税金負債
      特別償却準備金                                 0千円               0千円
                                         -          2,821千円
      その他有価証券評価差額金
    繰延税金負債合計                                  0千円             2,821千円
      繰延税金資産の純額
                                   723,961千円               734,459千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の

        内訳
                第35期                           第36期
            (2020年3月31日現在)                           (2021年3月31日現在)
     法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負                           同左
     担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下
     であるため注記を省略しております。
    (セグメント情報等)

                第35期                           第36期
             自 2019年4月1日                           自 2020年4月1日
             至 2020年3月31日                           至 2021年3月31日
     [セグメント情報]                           [セグメント情報]
     当社は「投資信託及び投資法人に関する法律」に                            同左
     定める投資信託委託会社であり証券投資信託の設
     定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金
     融商品取引業者として運用(投資運用業)を行っ
     ております。また「金融商品取引法」に定める投
     資助言・代理業を行っております。
     当社は、投資運用業及び投資助言・代理業にこれ

     らの附帯業務を集約した単一セグメントを報告セ
     グメントとしております。従いまして、開示対象
     となるセグメントはありませんので、記載を省略
     しております。
                                59/79







                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     [関連情報]                           [関連情報]
     1.  製品及びサービスごとの情報                         1.  製品及びサービスごとの情報
      単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が                           同左
      損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記
      載を省略しております。
     2.  地域ごとの情報                         2.  地域ごとの情報

     (1)  営業収益                         (1)  営業収益
                       (単位:千円)            本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書
                                  の営業収益の90%を超えるため、記載を省
        日本        その他         合計
                                  略しております。
       23,387,535         2,699,004        26,086,540
     (注) 営業収益は顧客の所在地を基準とし、国ご
     とに分類しております。
                                (2)  有形固定資産

     (2)  有形固定資産
                                  同左
       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸
       借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
       るため、記載を省略しております。
                                3.  主要な顧客ごとの情報

     3.  主要な顧客ごとの情報
                                (1)  投資信託の名称
     (1)  投資信託の名称
                                  東京海上・円資産バランスファンド(毎月
       東京海上・円資産バランスファンド(毎月決
                                  決算型)
       算型)
                                (2)  委託者報酬

     (2)  委託者報酬
                                  5,399,003千円
       5,339,902千円
                                (3)  関連するセグメント名

     (3)  関連するセグメント名
                                  投資運用業及び投資助言・代理業にこれら
      投資運用業及び投資助言・代理業にこれらの附
                                  の附帯業務を集約した単一セグメント
      帯業務を集約した単一セグメント
    (関連当事者情報)

     第35期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1.  関連当事者との取引
      (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
        重要な取引はありません。
      (2)  財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

        重要な取引はありません。
      (3)  財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

        重要な取引はありません。
      (4)  財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

        重要な取引はありません。
     2.    親会社又は重要な関連会社に関する情報

      (1)  親会社情報
        東京海上ホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

        重要な関連会社はありません。
     第36期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

      1.  関連当事者との取引
      (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
        重要な取引はありません。
                                60/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)  財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

        重要な取引はありません。
      (3)  財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

        重要な取引はありません。
      (4)  財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

        重要な取引はありません。
     2.    親会社又は重要な関連会社に関する情報

      (1)  親会社情報
        東京海上ホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

        重要な関連会社はありません。
    (1株当たり情報)

                              第35期
                          (自 2019年4月1日
                           至 2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                                                 599,546円59銭
     1株当たり当期純利益金額                                             109,857円21銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載し
      ておりません。
     (注)1株当たり純資産額の算定上の基礎

         貸借対照表の純資産の部の合計額                                            22,962,634千円
          純資産の部の合計額から控除する金額                                                                  -
         普通株式に係る当期末の純資産額                 22,962,634千円
         1株当たり純資産額の算定に用いられた当期末の普通株式の数       38,300株
        1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎

         損益計算書上の当期純利益金額                                            4,207,531千円
         普通株主に帰属しない金額                                                                          -
         普通株式に係る当期純利益金額                                          4,207,531千円
         普通株式の期中平均株式数                                                    38,300株
                              第36期

                          (自 2020年4月1日
                           至 2021年3月31日)
     1株当たり純資産額                                                 665,945円58銭
     1株当たり当期純利益金額                                             128,909円11銭
                                61/79






                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載し
      ておりません。
     (注)1株当たり純資産額の算定上の基礎

         貸借対照表の純資産の部の合計額                                            25,505,715千円
          純資産の部の合計額から控除する金額                                                                  -
         普通株式に係る当期末の純資産額                 25,505,715千円
         1株当たり純資産額の算定に用いられた当期末の普通株式の数       38,300株
        1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎

         損益計算書上の当期純利益金額                                            4,937,219千円
         普通株主に帰属しない金額                                                                          -
         普通株式に係る当期純利益金額                                          4,937,219千円
         普通株式の期中平均株式数                                                    38,300株
                                62/79
















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表
      中間貸借対照表
                                    (単位:千円)
                    当中間会計期間
                  (2021年9月30日現在)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                               18,650,313
       前払費用                                 181,371
       未収委託者報酬                                3,092,025
       未収収益                                3,209,267
       未収入金                                 25,743
                                        21,944
       その他の流動資産
       流動資産計                               25,180,666
      固定資産
       有形固定資産                   *1             471,105
        建物                                337,674
        器具備品                                133,430
       無形固定資産                                 156,859
        電話加入権                                 3,795
        ソフトウエア                                140,315
        ソフトウエア仮勘定                                12,748
       投資その他の資産                                3,287,429
        投資有価証券                                46,790
        関係会社株式                               1,673,049
        その他の関係会社有価証券                                71,200
        長期前払費用                                36,955
        敷金                                474,324
        その他長期差入保証金                                20,230
        繰延税金資産                                964,879
       固定資産計                                3,915,393
      資産合計                                29,096,059
     負債の部
      流動負債
       未払金                                2,741,875
        未払手数料                               1,400,568
        その他未払金                               1,341,306
       未払費用                                 484,629
       未払消費税等                   *2             247,866
       未払法人税等                                1,306,000
       預り金                                 51,203
       前受収益                                 13,273
                                       599,058
       賞与引当金
       流動負債計                                5,443,908
      固定負債
                                       828,932
       退職給付引当金
       固定負債計                                 828,932
      負債合計                                6,272,841
     純資産の部
      株主資本                                22,817,163
       資本金                                2,000,000
       資本剰余金                                 400,000
                                63/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        その他資本剰余金                                 400,000
       利益剰余金                               20,417,163
        利益準備金                                500,000
        その他利益剰余金                              19,917,163
         特別償却準備金                                  0
         繰越利益剰余金                             19,917,163
      評価・換算差額等                                  6,054
                                        6,054
       その他有価証券評価差額金
      純資産合計                                22,823,218
     負債・純資産合計                                 29,096,059
      中間損益計算書

                                    (単位:千円)
                    当中間会計期間
                  (自 2021年4月1日
                   至 2021年9月30日)
     営業収益
      委託者報酬                                9,246,109
      運用受託報酬
                                      4,955,773
      投資助言報酬
                                        31,414
                                       258,494
      その他営業収益
      営業収益計                                14,491,792
     営業費用
      支払手数料                                4,296,414
      広告宣伝費                                 114,331
      調査費                                3,418,391
       調査費                               1,425,657
       委託調査費                               1,992,734
      委託計算費                                  57,490
      営業雑経費                                 138,868
       通信費                                18,011
       印刷費                                91,047
       協会費                                14,604
       諸会費                                 8,337
                                        6,867
       図書費
      営業費用計                                8,025,496
     一般管理費
      給料                                1,589,022
       役員報酬                                63,507
       給料・手当                               1,397,094
       賞与                                128,421
      交際費                                  1,934
      旅費交通費                                  5,113
      租税公課                                  87,309
      不動産賃借料                                 234,046
      退職給付費用                                  82,426
      賞与引当金繰入                                 599,058
      固定資産減価償却費                         *1        74,067
      法定福利費                                 313,891
      福利厚生費                                  8,484
                                       199,635
      諸経費
      一般管理費計                                3,194,992
     営業利益                                 3,271,303
                                64/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     営業外収益
      受取利息                                    79
      受取配当金                                  3,240
                                        7,390
      雑益
      営業外収益計                                  10,711
     営業外費用
      為替差損                                  7,160
                                        22,194
      雑損
      営業外費用計                                  29,355
     経常利益                                 3,252,659
     特別損失
                                          25
      器具備品除却損
      特別損失計                                    25
     税引前中間純利益                                 3,252,634
     法人税、住民税及び事業税                                 1,227,848
                                      △  230,270
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  997,578
     中間純利益                                 2,255,055
      中間株主資本等変動計算書

       当中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
                                                     ( 単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                                 その他利益
                   資本金                               剰余金
                         その他資本       資本剰余金
                                      利益準備金
                          剰余金       合計
                                              特別償却        繰越利益
                                               準備金        剰余金
     当期首残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000           0   22,599,322
     当中間期変動額
                                                     △  4,937,214
      剰余金の配当
                                                  △  0        0
      特別償却準備金の取崩
                                                       2,255,055
      中間純利益
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額        (純額)
                                                  △  0  △  2,682,158
     当中間期変動額合計                  -       -       -       -
     当中間期末残高              2,000,000        400,000       400,000       500,000           0   19,917,163
                      株主資本           評価・換算差額等

                  利益剰余金
                                 その他     評価・換算
                                              純資産合計
                          株主資本
                                有価証券       差額等
                  利益剰余金
                           合計
                                評価差額金        合計
                    合計
     当期首残高              23,099,322       25,499,322         6,393        6,393      25,505,715
     当中間期変動額
                  △  4,937,214     △  4,937,214                   △  4,937,214
      剰余金の配当
      特別償却準備金の取崩
                        -       -                     -
      中間純利益               2,255,055       2,255,055                     2,255,055
      株主資本以外の項目の
                                  △  338     △  338      △  338
      当中間期変動額        (純額)
                                65/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                  △  2,682,159     △  2,682,159        △  338     △  338   △  2,682,497
     当中間期変動額合計
     当中間期末残高              20,417,163       22,817,163         6,054       6,054     22,823,218
    注記事項

    (重要な会計方針)
                            当中間会計期間
                           自 2021年4月1日
                           至   2021  年9月30日
      1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)  子会社株式及び関連会社株式並びにその他の関係会社有価証券
         移動平均法による原価法
      (2)  その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
          中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法
          (評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
         市場価格のない株式等
          移動平均法による原価法
      2.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産
         定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備について
         は、定額法を採用しております。また、取得価額が10万円以上20万円未満の少額減価償却資
         産については、一括償却資産として3年間で均等償却する方法を採用しております。
      (2)  無形固定資産
         定額法を採用しております。なお、                    自社利用のソフトウエアについては、社内における利用
         可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
      3.引当金の計上基準

      (1)  賞与引当金
         従業員賞与の支給に充てるため、支給見込額の当中間会計期間負担額を計上しております。
      (2)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当中間会計期間末における退職給付債務の見込額に基づき
         計上しております。
       ①  退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる
         方法については給付算定式基準によっております。
       ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
         年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理して
         おります。
         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による
         定額法により費用処理しております。
      4.収益及び費用の計上基準

        当社は、顧客への投資運用業及び投資助言・代理業に関するサービスから生じる委託者報酬、
        運用受託報酬等により収益を獲得しております。これらには成功報酬が含まれる場合がありま
        す。
      (1)  運用報酬
                                66/79



                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         投資運用・助言サービスのうち運用資産残高等を基礎として算定される報酬(運用報酬)に
         ついては、当該サービスに係る履行義務は日々充足されると判断し、運用期間にわたり収益
         として認識しております。確定した報酬は、月次、年4回、年2回もしくは年1回受け取りま
         す。
      (2)  成功報酬
         成功報酬は、契約上定められる超過収益の達成等により履行義務を充足し、報酬額及び支払
         われることが確定した時点で収益として認識しております。確定した報酬は、履行義務充足
         時点から短期間で支払いを受けます。
      5.消費税等の会計処理方法

         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (会計方針の変更)

                            当中間会計期間
                           自 2021年4月1日
                           至   2021  年9月30日
      「収益認識に関する会計基準」                 (企業会計基準第29号 2020年3月31日)                       等を当    中間会計期間の
      期首から適用し、約束した又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと
      交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。なお、当該変更による
      影響額は軽微であります。
       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)                                         等を当    中間会計期
      間の期首から適用するとともに、「時価の算定に関する会計基準の適用指針(企業会計基準適用
      指針第31号 2021年6月17日改正)」を当中間会計期間の期首から早期適用しております。な
      お、当該変更による中間財務諸表に与える影響はございません。
    (中間貸借対照表関係)

                              当中間会計期間
                           ( 2021  年 9月30日現在)
       ※1 有形固定資産の               建物           164,970    千円
          減価償却累計額           器具備品           452,358    千円
       ※2 消費税等の取扱               仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のう
          い           え、未払消費税等として表示しております。
    (中間損益計算書関係)

                              当中間会計期間
                            自 2021年4月1日
                            至   2021  年9月30日
       ※1 減価償却実施額               有形固定資産            59,491    千円
                     無形固定資産            14,575    千円
    (中間株主資本等変動計算書関係)

                            当中間会計期間
                           自   2021  年4月1日
                           至 2021年      9月30日
       1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                当事業年度期首          当中間会計期間          当中間会計期間          当中間会計期間末

        株式の種類
                      (株)    増加  (株)          減少  (株)                 (株)
                                   -          -
         普通株式            38,300                                38,300
       2.配当に関する事項

                                67/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         配当金支払額
          2021  年6月30日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。
          ・普通株式の配当に関する事項
            (イ)    配当金の総額・・・・・・・・・4,937,214千円
            (ロ)    1株当たり配当額・・・・・・・128,909円
            (ハ)    基準日・・・・・・・・・・・・2021年3月31日
            (ニ)    効力発生日・・・・・・・・・・2021年6月30日
    (金融商品関係)

      当中間会計期間(2021            年 9月30日現在)
    1.金融商品の時価等に関する事項
      2021  年 9 月30日現在における中間貸借対照表計上額、時価及びこ                              れらの差額については、次のとおりであ
      ります。
                                                 (単位:千円)
                     中間貸借対照表計上額                   時価           差額
       投資有価証券
        その他有価証券                       46,790            46,790              -
       敷金                        474,324            476,269            1,945
           資産計                    521,114            523,060            1,945
    (*1)以下の金融商品については、現金であること、及び短期で決済されるため時価が帳簿価額に近似す
         るものであることから、記載を省略しております。
          現金・預金
         未収委託者報酬
         未収収益
         未収入金
         預り金
         未払金
         未払費用
    (*2    ) 関係会社株式及びその他の関係会社有価証券(持分相当額を純額で計上する組合等への出資1,200千

         円を除く)については、市場価格のない株式等に該当することから、時価を注記しておりません。
         これらの中間貸借対照表計上額は、それぞれ以下のとおりです。
         関係会社株式

           子会社株式         1,640,302千円
          関連会社株式                                   32,747千円
         その他の関係会社有価証券                              70,000千円
    (*3)     その他の関係会社有価証券のうち1,200千円については、中間貸借対照表に持分相当額を純額で計上

         する組合等への出資に該当するため、「                      時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準
         適用指針第31号 2021年6月17日改正)                      の第24-16項を適用し、時価に関する注記を省略しておりま
         す。
    2.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

      金融商品の時価を時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに
      分類しております。
      レベル1の時価          : 観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成

                 される当該時価の算定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により
                 算定した時価
      レベル2の時価          : 観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以
                 外の時価の算定に係るインプットを用いて算定した時価
      レベル3の時価          : 観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
    (1)時価で中間貸借対照表に計上している金融商品

                                                 (単位:千円)
                                     時価
                     レベル1          レベル2          レベル3           合計
       投資有価証券
        その他有価証券                   -       46,790             -       46,790
                                68/79

                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           資産計                 -       46,790             -       46,790
    (2)時価で中間貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

                                                 (単位:千円)
                                     時価
                     レベル1          レベル2          レベル3           合計
       敷金                     -      476,269             -      476,269
          資産計                 -      476,269             -      476,269
     (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

      投資有価証券
        投資信託は基準価額を用いて評価しており、活発な市場における相場価格とはいえないこと
        から、レベル2の時価に分類しております。
      敷金
        敷金は、回収可能性を反映した将来キャッシュ・フローを残存期間に対応する国債の利回り
        等で割り引いた現在価値により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
    (有価証券関係)

      当中間会計期間(2021年9月30日現在)
      その他有価証券
                           中間貸借対照表             取得原価
                    種類                            差額(千円)
                           計上額(千円)             (千円)
       中間貸借対照表計
       上額が取得原価を           証券投資信託              43,583           34,357           9,226
       超えるもの
       中間貸借対照表計
       上額が取得原価を           証券投資信託               3,206           3,706          △499
       超えないもの
              合計                  46,790           38,063           8,727
    (収益認識関係)

    1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)

                                        (単位:千円)
                     運用報酬           成功報酬           合計
      委託者報酬                 9,246,109              -      9,246,109
      運用受託報酬                 4,955,773              -      4,955,773
      投資助言報酬                  31,414             -       31,414
      その他営業収益                  258,494             -       258,494
          合計            14,491,792               -     14,491,792
    2.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当中間

      会計期間末において存在する顧客との契約から当中間会計期間の末日後に認識すると見込まれる収益の金
      額及び時期に関する情報
     顧客との契約から生じた債権等

                                        (単位:千円)
                                   当中間会計期間
                                  自 2021年4月1日
                                  至   2021  年9月30日
      顧客との契約から生じた債権(期首残高)                                     5,349,421
      顧客との契約から生じた債権(期末残高)                                     6,301,292
    (*)なお、当中間会計期間の期首及び期末において、顧客との契約から生じた契約資産及び契約負債はあ
        りません。
                                69/79

                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)

    [セグメント情報]
     当中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
    当社は「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社であり証券投資信託の設定を行う
    とともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として運用(投資運用業)を行っております。また
    「金融商品取引法」に定める投資助言・代理業を行っております。
    当社は、投資運用業及び投資助言・代理業にこれらの附帯業務を集約した単一セグメントを報告セグメント
    としております。従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。
    [関連情報]

     当中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
    1.製品及びサービスごとの情報
      単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省
      略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1)  営業収益
                              (単位:千円)
          日本           その他            合計
          13,030,226            1,461,565           14,491,791
     (注) 営業収益は顧客の所在地を基準とし、国ごとに分類しております。
      (2)   有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

                               委託者報酬
            投資信託の名称                               関連するセグメント名
                              (単位:千円)
                                         投資運用業及び投資助言・代
      東京海上・円資産バランスファンド
                                  2,554,248       理業にこれらの附帯業務を集
      (毎月決算型)
                                         約した単一セグメント
      (1株当たり情報)

                            当中間会計期間
                          自 2021年4月1日
                          至 2021年9月30日
     1株当たり純資産額                                                 595,906円49銭
     1株当たり中間純利益金額                                             58,878円73銭
       なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
       しておりません。
     (注)1株当たり純資産額の算定上の基礎

         中間貸借対照表の純資産の部の合計額                                           22,823,218千円
          純資産の部の合計額から控除する金額                                                                  -
         普通株式に係る中間会計期間末の純資産額             22,823,218千円
         1株当たり純資産額の算定に用いられた中間会計期間末の普通株式の数   38,300株
         1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎

          中間損益計算書上の中間純利益金額                                               2,255,055千円
          普通株主に帰属しない金額                                                                          -
         普通株式に係る中間純利益金額                                          2,255,055千円
         普通株式の期中平均株式数                                                    38,300株
                                70/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為
      が禁止されています。
       ①自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資
        者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがない
        ものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは
        取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定め
        るものを除きます。)。
       ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人
        等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接
        な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤におい
        て同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金
        融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいい
        ます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は金融デリバティブ取引を行うこと。
       ④委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
        財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
       ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の
        保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるもの
        として内閣府令で定める行為。
    5【その他】

      (1)  定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
      (2)  訴訟事件その他の重要事項

        提出日現在、訴訟事件その他委託会社等に重要な影響を及ぼした事実、及び重要な影響を与えること
       が予想される事実はありません。
                                71/79












                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)  受託会社
        ・名称         三菱UFJ信託銀行株式会社
                 (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
        ・資本金の額         324,279    百万円(2021年3月末日現在)

        ・事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する

                 法律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
        < 参考情報:再信託受託会社の概要>

        ・名称         日本マスタートラスト信託銀行株式会社
        ・資本金の額         10,000    百万円(2021年3月末日現在)

        ・事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する

                 法律に基づき信託業務を営んでいます。
      (2)  販売会社

                             資本金の額      (※)
                名称                              事業の内容
                                        銀行法に基づき銀行業を営んでい

        株式会社八十二銀行                       52,243    百万円
                                        ます。
                                        保険業法に基づき損害保険業を営

        東京海上日動火災保険株式会社                      101,994    百万円
                                        んでいます。
       (※)2021年3月末日現在。
    2【関係業務の概要】

       受託会社は、信託財産の保管・管理等を行います。また、当ファンドにかかる信託事務の一部につき日
       本マスタートラスト信託銀行株式会社に委託することがあります。
       販売会社は、募集・販売の取扱い、一部解約事務および収益分配金・解約金・償還金の支払い等を行い
       ます。
    3【資本関係】

       資本関係はありません。
                                72/79








                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【参考情報】

      当計算期間において、当ファンドに係る以下の書類を関東財務局長宛に提出しております。
                 書類名                       提出年月日
                                       2021年1月26日
               有価証券届出書
                                       2021年7月26日
               有価証券報告書                        2021年1月26日
                半期報告書                       2021年7月26日
                                73/79


















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                    2021年6月3日

      東京海上アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                         PwCあらた有限責任監査法人

                              東京事務所
                          指定有限責任社員
                                    公認会計士 奈良昌彦 ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士 久保直毅 ㊞
                          業務執行社員
    監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「                                         委託会社等の経理状況          」に
    掲げられている       東京海上アセットマネジメント株式会社                   の 2020年4月1日       から  2021年3月31日       までの   第36期   事業年度の
    財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監
    査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、東京海
    上アセットマネジメント株式会社                の 2021年3月31日       現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、
    全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・   不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・   財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・   経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
                                74/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・   財務諸表の表示及び注記事項が、                我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準                            に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備
    を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以    上
    (注)    1.  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

          す。
        2.  XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                75/79















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  2021年12月15日
    東京海上アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                        PwCあらた有限責任監査法人

                            東京事務所
                         指定有限責任社員
                                  公認会計士 久保 直毅
                         業務執行社員
    監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」
    に掲げられている東京海上セレクション・物価連動国債の2020年10月27日から2021年10月26日までの計算期間の財務
    諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、東京
    海上セレクション・物価連動国債の2021年10月26日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する計算期間の損益
    の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準にお
    ける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、東京海上アセットマネジメント株式会社及びファンドから独立しており、また、
    監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証
    拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうか
    を評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家
    としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
     続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
     適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
     及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
     項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
     づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
     会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
                                76/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不
    備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
     東京海上アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の
    規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以    上
    (注)    1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                77/79

















                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                    2021年12月3日

      東京海上アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                         PwCあらた有限責任監査法人

                              東京事務所
                          指定有限責任社員
                                    公認会計士 奈 良 昌 彦
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士 久 保 直 毅
                          業務執行社員
    中間監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に
    掲げられている東京海上アセットマネジメント株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第37期事業年度の
    中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益
    計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
    して、東京海上アセットマネジメント株式会社の2021年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期
    間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査
    の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、
    我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任
    を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
    る。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
    成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
    用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資
    者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場か
    ら中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に
    又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断
    される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的
    専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・   不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
     応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の
     意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一
     部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、
     分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・   中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に
     関連する内部統制を検討する。
                                78/79


                                                          EDINET提出書類
                                              東京海上アセットマネジメント株式会社(E06433)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する
     注記事項の妥当性を評価する。
    ・   経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の
     注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財
     務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手し
     た監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・   中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
     しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が
     基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重
    要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行
    う。
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以    上
    (注)    1.  上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
        2.  XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                79/79













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク