キーウェアソリューションズ株式会社 四半期報告書 第57期第2四半期(令和3年7月1日-令和3年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第57期第2四半期(令和3年7月1日-令和3年9月30日)
提出日
提出者 キーウェアソリューションズ株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年11月12日

    【四半期会計期間】               第57期第2四半期(自            2021年7月1日         至   2021年9月30日)

    【会社名】               キーウェアソリューションズ株式会社

    【英訳名】               Keyware    Solutions     Inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 三田 昌弘

    【本店の所在の場所】               東京都世田谷区上北沢5丁目37番18号

    【電話番号】               03-3290-1111(代表)

    【事務連絡者氏名】               経営管理部長 鈴木 正之

    【最寄りの連絡場所】               東京都世田谷区上北沢5丁目37番18号

    【電話番号】               03-3290-1111(代表)

    【事務連絡者氏名】               経営管理部長 鈴木 正之

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/23









                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第56期           第57期

             回次              第2四半期           第2四半期            第56期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2020年4月1日         自   2021年4月1日         自   2020年4月1日
            会計期間
                         至   2020年9月30日         至   2021年9月30日         至   2021年3月31日
    売上高                (千円)         8,130,915           8,663,546          18,627,767
    経常利益                (千円)           37,354          175,899           755,551

    親会社株主に帰属する
                     (千円)           26,800          138,500           685,886
    四半期(当期)純利益
    四半期包括利益又は包括利益                (千円)           43,573          126,707           838,141
    純資産額                (千円)         5,253,951           7,059,960           6,048,519

    総資産額                (千円)         8,790,255           9,286,120          10,310,508

    1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)           3.64          18.14           96.61

    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)            ―           ─           ─
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                 (%)           59.8           76.0           58.7
    営業活動による
                     (千円)          312,666           950,012          △ 193,901
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                     (千円)          △ 32,121         △ 293,813          △ 82,234
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                     (千円)         △ 233,069          △ 688,513           153,488
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                     (千円)         1,265,496           1,063,058           1,095,372
    四半期末(期末)残高
                            第56期           第57期

             回次              第2四半期           第2四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   2020年7月1日         自   2021年7月1日
            会計期間
                         至   2020年9月30日         至   2021年9月30日
    1株当たり四半期純利益                 (円)           23.10           14.14
    (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
        おりません。
      2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期首か
        ら適用しており、当第2四半期連結累計期間および当第2四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等につい
        ては、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
      3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
    2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容に重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社の異動は、次のとおりであります。
      (その他事業)
       当第2四半期連結会計期間において、株式会社オーガルを新規設立しております。
       この結果、2021年9月30日現在では、当社グループは、当社、子会社6社および関連会社2社(うち1社は持分法

      適用関連会社)により構成されることとなりました。
                                 2/23


                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると
      認識している主要なリスクの発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について、重
      要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  財政状態及び経営成績の状況
      (経営成績の状況)
       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の再拡大により、一部地域におい
      て再度の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令され経済活動が制約されるなど、厳しい状況が継続いたしま
      した。新型コロナウイルスワクチン接種の進展や海外経済の改善もあり、持ち直しの動きが見られるものの、サプ
      ライチェーンを通じた影響による下振れリスク等により、先行きは依然として不透明な状況が続いております。
       当社が属する情報サービス産業につきましては、本年10月に経済産業省が発表した2021年8月の特定サービス産
      業動態統計(確報)によれば、売上高合計は前年同月比3.4%増と前年を上回ったほか、売上高の半分を占める「受注
      ソフトウェア」は前年同月比6.1%増と5ヵ月連続で前年を上回りました。
                                  ※
       このような事業環境のなか、当社グループは、「基盤事業                            の拡大と収益向上」「新規事業の創出・育成」「社
      員の成長と活躍を推進」を主要方針として取り組みを進めました。
       基盤事業においては、収益性の高い大型請負案件や一次請け案件の受注拡大を推進いたしました。顧客企業のデ
      ジタルトランスフォーメーション(DX)実現に向けた需要を取り込むべく、当社の強みであるERPパッケージを
      活用した基幹システム刷新案件の提案活動を積極的に展開したほか、新たな技術や製品・ソリューションの活用を
      進めました。また、本年5月に兼松エレクトロニクス株式会社およびキヤノンマーケティングジャパン株式会社と
      の間でそれぞれ資本業務提携を締結し、早期のシナジー創出に向けて両社それぞれと連携し取り組みを進めており
      ます。
       新事業では、農業ICT、ヘルスケア領域での事業育成を継続するとともに、新規顧客獲得に向けてDXファー
      ストステップソリューション(企業のデジタル化を支援する業務最適化コンサルティングや各種ITソリューショ
      ン)のラインナップを拡充し提案力の強化をはかりました。また、本年8月に農業ICT領域に特化した子会社「株
      式会社オーガル」を設立しました。新会社では農業ICTソリューション「OGAL(オーガル)」を活用した熟練
      農業者の技能継承を支援するサービスを提供するとともに、これまで蓄積した栽培ノウハウとITソリューション
      を組み合わせて農作物の栽培に取り組むなど活動の幅を広げ、より競争力の高いサービス・事業の創出を目指して
      いく予定です。
       社員の成長と活躍の推進に向けては、DX、IoT等の最新技術や業務スキルの習得に向けた新たな研修プログ
      ラムを開始するなど教育・研修の充実をはかりました。また、社員一人ひとりが能力を発揮し、安心して働くこと
      ができるよう働き方改革の推進や健康経営に取り組みました。
      ※ 当社グループの売上高の大部分を占めるシステム開発事業とSI事業を基盤事業と位置付けております。
       当社グループの当第2四半期連結累計期間の受注高は8,708百万円(前年同期比438百万円減、4.8%減)、売上高は

      8,663百万円(同532百万円増、6.6%増)、営業利益は70百万円(前年同期は29百万円の損失)となりました。営業外収
      益として持分法による投資利益145百万円を計上したことなどにより、経常利益は175百万円(前年同期比138百万円
      増、370.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は138百万円(同111百万円増、416.8%増)となりました。な
      お、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
      を第1四半期連結会計期間の期首から適用しております。収益認識会計基準等の適用の詳細・影響等につきまして
      は、「第4      経理の状況 1        四半期連結財務諸表 注記事項               (会計方針の変更)」に記載の(収益認識に関する会
      計基準等の適用)および「注記事項(セグメント情報等)」に記載の「2.報告セグメントの変更等に関する事
      項」をご参照ください。
                                 3/23


                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。
      ①  システム開発事業

        受注高は5,601百万円(前年同期比272百万円減、4.6%減)、売上高は5,479百万円(同219百万円増、4.2%増)、
       営業利益は242百万円(同170百万円増、237.9%増)となりました。
        受注高につきましては、官庁系、金融系などにおいて前期から継続している案件の増額・追加受注などがあり
       ましたが、前期に大型案件のあった宇宙系での反動減などが影響し、前期比で減少となりました。売上高につき
       ましては、官庁系、公共系などで前期に受注した案件の開発が順調に進んだことに加え、IoT関連も堅調に推
       移したことなどにより、前期比で増加いたしました。損益面につきましては、売上高の増加に加え利益率も改善
       したことなどにより、前期比で大幅な増益となりました。
      ②  SI事業

        受注高は2,197百万円(前年同期比262百万円減、10.7%減)、売上高は2,251百万円(同215百万円増、10.6%
       増)、営業損失は150百万円(前年同期は52百万円の損失)となりました。
        受注高につきましては、ERP系での新規大型案件の獲得や前期から継続している案件の維持保守工程の受注
       などがあったものの、流通・サービス系で生じた顧客都合による受注延伸や失注に加え、前期に基幹系システム
       刷新の大型案件獲得があった反動減などが影響し、前期比で減少いたしました。売上高につきましては、前期か
       ら継続しているERP系案件に加え、流通・サービス系や基盤系での案件拡大などにより、前期比で増加いたし
       ました。損益面につきましては、ERP系での不採算案件の発生などが影響し、損失計上となりました。
      ③  その他事業

        受注高は909百万円(前年同期比96百万円増、11.9%増)、売上高は932百万円(同96百万円増、11.6%増)、営業
       損失は9百万円(前年同期は46百万円の損失)となりました。
        受注・売上高につきましては、販売系が軟調に推移したものの、新事業系、サポートサービス系が好調に推移
       し、前期比で増加いたしました。損益面につきましては、売上高の増加に伴い、損失が縮小いたしました。
      (財政状態)

       当第2四半期連結会計期間末における資産、負債及び純資産の状況は、次のとおりであります。
      ①  流動資産

        流動資産残高は、5,724百万円(前連結会計年度末比1,349百万円減、19.1%減)となりました。主な変動要因
       は、売掛金の減少であります。
      ②  固定資産

        固定資産残高は、3,561百万円(前連結会計年度末比325百万円増、10.1%増)となりました。主な変動要因は、
       投資有価証券の増加であります。
      ③  流動負債

        流動負債残高は、2,112百万円(前連結会計年度末比2,036百万円減、49.1%減)となりました。主な変動要因
       は、買掛金の減少、短期借入金の減少、賞与引当金の減少であります。
      ④  固定負債

        固定負債残高は、113百万円(前連結会計年度末比0百万円増、0.5%増)となりました。
      ⑤  純資産

        純資産残高は、7,059百万円(前連結会計年度末比1,011百万円増、16.7%増)となりました。主な変動要因は、
       資本剰余金の増加、自己株式の減少であります。
                                 4/23





                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
     (2)  キャッシュ・フローの状況
       当第2四半期連結累計期間における連結キャッシュ・フローの状況は、次のとおりであります。
       当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、1,063百万円(前連結会計
      年度末比32百万円減、3.0%減)となりました。
       各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
      ①  営業活動によるキャッシュ・フロー

        営業活動による資金は、持分法による投資利益の計上(145百万円)、仕入債務の減少(236百万円)、賞与引当金
       の減少(189百万円)、未払消費税等の減少(106百万円)などがあったものの、税金等調整前四半期純利益の計上
       (175百万円)、売上債権の減少(1,264百万円)などにより、950百万円の増加(前年同四半期は312百万円の増加)と
       なりました。
      ②  投資活動によるキャッシュ・フロー

        投資活動による資金は、投資有価証券の取得による支出(210百万円)などにより、293百万円の減少(前年同四半
       期は32百万円の減少)となりました。
      ③  財務活動によるキャッシュ・フロー

        財務活動による資金は、自己株式の売却による収入(960百万円)があったものの、短期借入金の純減(1,500百万
       円)などにより、688百万円の減少(前年同四半期は233百万円の減少)となりました。
     (3)  会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
      析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定について、重要な変更はありません。
     (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
     (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                 5/23









                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)
                普通株式                          36,440,000

                  計                         36,440,000

      ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                     上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
         種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (2021年11月12日)
                ( 2021年9月30日       )             商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                              単元株式数は100株であ
        普通株式            9,110,000           9,110,000
                                              ります。
                                      市場第二部
         計           9,110,000           9,110,000         ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2021年9月30日                ―   9,110,000          ―   1,737,237          ―    507,237
                                 6/23







                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                2021年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
     株式会社HBA                 北海道札幌市中央区北四条西7丁目1-8                       1,385,000          16.65
     キーウェアソリューションズ
                      東京都世田谷区上北沢5丁目37-18                        854,900         10.28
     従業員持株会
     兼松エレクトロニクス株式会社                 東京都中央区京橋2丁目13-10                        600,000         7.21
     キヤノンマーケティングジャパン
                      東京都港区港南2丁目16-6                        600,000         7.21
     株式会社
     日本電気株式会社                 東京都港区芝5丁目7-1                        420,000         5.05
     住友生命保険相互会社                 東京都中央区築地7丁目18-24                        260,000         3.13

     株式会社JR東日本情報システム                 東京都新宿区大久保3丁目8-2                        240,000         2.89

     日本証券金融株式会社                 東京都中央区日本橋茅場町1丁目2-10                        159,400         1.92

     楽天証券株式会社                 東京都港区南青山2丁目6-21                        144,600         1.74

     株式会社三井住友銀行                 東京都千代田区丸の内1丁目1-2                        100,000         1.20

     岩 始                 埼玉県川口市                        100,000         1.20

             計                   -              4,863,900          58.48

     (注)上記のほか、自己株式として、当社所有の株式792,673株があります。
                                 7/23











                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                2021年9月30日       現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                    ―           ―             ―

                       (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                               ―             ―
                     普通株式      792,600
     完全議決権株式(その他)                普通株式     8,314,500            83,145           ―

     単元未満株式                普通株式       2,900        ―      1単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                     9,110,000          ―             ―

     総株主の議決権                    ―             83,145           ―

      ②  【自己株式等】

                                                2021年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                          総数に対する
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                          所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                    東京都世田谷区上北沢
     キーウェアソリューションズ                            792,600         ─    792,600        8.70
                    5丁目37-18
     株式会社
            計             ―         792,600         ─    792,600        8.70
    2  【役員の状況】


      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 8/23








                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年7月1日から2021年
     9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 9/23

















                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,095,372              1,063,058
        受取手形及び売掛金                              5,633,751                  -
        受取手形、売掛金及び契約資産                                   -          4,414,063
        電子記録債権                                44,657                 -
        商品及び製品                                14,505              50,358
        仕掛品                               131,821               39,708
        その他                               157,885              160,190
                                       △ 3,563             △ 2,676
        貸倒引当金
        流動資産合計                              7,074,430              5,724,702
      固定資産
        有形固定資産                                94,610              94,575
        無形固定資産
         のれん                              149,164              138,509
                                       108,356              164,360
         その他
         無形固定資産合計                              257,520              302,869
        投資その他の資産
         投資有価証券                             2,679,262              2,976,221
         その他                              208,641              190,839
                                       △ 3,957             △ 3,088
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             2,883,946              3,163,972
        固定資産合計                              3,236,077              3,561,417
      資産合計                               10,310,508               9,286,120
                                10/23











                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              1,073,840               837,825
        短期借入金                              1,500,000                  -
        1年内返済予定の長期借入金                                93,344              30,000
        未払法人税等                               112,938               50,053
        賞与引当金                               758,658              569,313
        受注損失引当金                                25,559              40,544
                                       584,239              584,444
        その他
        流動負債合計                              4,148,581              2,112,181
      固定負債
        資産除去債務                               112,931              113,977
                                         476               -
        その他
        固定負債合計                               113,408              113,977
      負債合計                                4,261,989              2,226,159
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              1,737,237              1,737,237
        資本剰余金                               507,237              758,294
        利益剰余金                              5,030,675              5,093,934
                                     △ 1,343,903              △ 634,984
        自己株式
        株主資本合計                              5,931,247              6,954,481
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                31,631              30,774
                                        85,639              74,704
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               117,271              105,479
      純資産合計                                6,048,519              7,059,960
     負債純資産合計                                 10,310,508               9,286,120
                                11/23










                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年9月30日)               至 2021年9月30日)
                                    ※1  8,130,915            ※1  8,663,546
     売上高
                                      6,959,871              7,324,406
     売上原価
     売上総利益                                 1,171,043              1,339,140
                                    ※2  1,200,234            ※2  1,268,348
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                  △ 29,190              70,792
     営業外収益
      受取利息                                    11              11
      受取配当金                                  1,509              1,434
      持分法による投資利益                                 62,742              145,074
                                        18,794              36,367
      その他
      営業外収益合計                                 83,057              182,887
     営業外費用
      支払利息                                  5,449              7,246
      支払手数料                                  9,515              20,234
      株式交付費                                    -            45,726
                                        1,548              4,573
      その他
      営業外費用合計                                 16,513              77,779
     経常利益                                   37,354              175,899
     税金等調整前四半期純利益                                   37,354              175,899
     法人税等                                   10,554              37,399
     四半期純利益                                   26,800              138,500
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -              -
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   26,800              138,500
                                12/23











                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年9月30日)               至 2021年9月30日)
     四半期純利益                                   26,800              138,500
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  4,230              △ 240
                                        12,543             △ 11,552
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 16,773             △ 11,792
     四半期包括利益                                   43,573              126,707
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 43,573              126,707
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                13/23
















                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年9月30日)               至 2021年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                 37,354              175,899
      減価償却費                                 27,416              34,158
      のれん償却額                                 10,654              10,654
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                △ 15,422              14,984
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,660             △ 1,755
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,520             △ 1,445
      支払利息                                  5,449              7,246
      持分法による投資損益(△は益)                                △ 62,742             △ 145,074
      売上債権の増減額(△は増加)                                1,041,352              1,264,345
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 453,304               56,260
      その他の資産の増減額(△は増加)                                △ 33,478              29,417
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 89,271             △ 236,015
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 152,379             △ 189,345
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 189,239             △ 106,065
      その他の負債の増減額(△は減少)                                 205,665               81,970
                                         794            △ 6,816
      その他
      小計                                 328,668              988,419
      利息及び配当金の受取額
                                        55,305              55,229
      利息の支払額                                 △ 5,449             △ 7,254
                                      △ 65,857             △ 86,381
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 312,666              950,012
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 1,049             △ 5,673
      無形固定資産の取得による支出                                △ 25,441             △ 83,578
      投資有価証券の取得による支出                                    -          △ 210,000
      投資有価証券の売却による収入                                    -            12,000
      貸付金の回収による収入                                   140               -
                                       △ 5,769             △ 6,561
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 32,121             △ 293,813
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                1,000,000             △ 1,500,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 113,332              △ 63,344
      自己株式の取得による支出                               △ 1,017,975                 △ 24
      自己株式の売却による収入                                    -           960,000
                                      △ 101,762              △ 85,145
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 233,069             △ 688,513
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      -              -
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   47,476             △ 32,314
     現金及び現金同等物の期首残高                                 1,218,020              1,095,372
                                    ※1  1,265,496            ※1  1,063,058
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/23





                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

       当第2四半期連結会計期間から、2021年8月30日付で新たに設立した子会社「株式会社オーガル」を連結の範囲
      に含めております。
      (会計方針の変更)

     (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を
      第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又は
      サービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
       従来、受注制作のソフトウェアに係る収益については、進捗部分について成果の確実性が認められるものは進行
      基準によっており、その他のものは完成基準によっておりましたが、収益認識会計基準等の適用に伴い、履行義務
      の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を一定の期間にわたり認識する方法に変更しております。
      なお、進捗度を合理的に見積もることができないが、当該履行義務を充足する際に発生する費用を回収することが
      見込まれるものについては、原価回収基準により収益を認識しております。また、契約における開始日から完全に
      履行義務を充足すると見込まれる時点までの期間がごく短い案件については、収益認識会計基準等で認められる代
      替的な取扱いを適用し、一定の期間にわたり収益を認識せず、完全に履行義務を充足した時点で収益を認識してお
      ります。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      り、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半期連
      結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認
      識会計基準第86項に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取扱いに従ってほと
      んど全ての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。
       この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高および売上原価はともに27,526千円増加しており、営業外収益は
      13,480千円増加しております。営業利益への影響はありませんが、経常利益および税金等調整前四半期純利益はそ
      れぞれ13,480千円増加しております。また、利益剰余金の期首残高は10,166千円増加しております。
       収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた
      「受取手形及び売掛金」は、第1四半期連結会計期間から「受取手形、売掛金及び契約資産」に含めて表示するこ
      ととしました。なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新た
      な表示方法により組替えを行っておりません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号
      2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第2四半期連結累計期間に係る顧客との契約から
      生じる収益を分解した情報を記載しておりません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                          2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等
      を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項および「金融商品に関する会計基準」(企業
      会計基準第10号        2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな
      会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありませ
      ん。
                                15/23




                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
      (追加情報)
                         当第2四半期連結累計期間
                    (自    2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
    (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用について)
     当社および連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグルー
    プ通算制度への移行およびグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、
    「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号                                                    2020
    年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号                                                   2018年
    2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産および繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいて
    おります。
    (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積りについて)

     当社グループでは、繰延税金資産の回収可能性、貸倒引当金や受注損失引当金などの会計上の見積りについては、
    四半期連結財務諸表作成時において入手可能な情報および合理的に判断される前提等に基づいて実施しております。
     当第2四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルスの感染拡大を受け緊急事態宣言やまん延防止等重点措
    置が発出されるなど企業活動に制約を受ける状況下ではありましたが、当社グループの業績に与える影響につきまし
    ては概ね解消したものと判断しております。また、今冬に向け感染の再拡大やインフルエンザの流行などの懸念はあ
    るものの、この先ワクチン接種の更なる進展、経口治療薬の開発等に加え、大規模イベント等における行動制限緩和
    の実証実験の実施など、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えた取り組みも進んでおり、社会経済活動の本格的な
    再開が期待されます。一方、各企業においても、新型コロナウイルス感染症に対応する中で浮き彫りとなった課題に
    対する施策としてのシステム化対応に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進や老朽化した基幹業務
    システムの刷新など、この先も企業のIT投資に対する意欲は底堅く推移するものと見込んでおります。
     以上から、前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した、新型コロナウイルス感染症の今後の広が
    り方や収束時期等を含む仮定を前提とした会計上の見積りにつきまして、重要な変更はありません。
      (四半期連結損益計算書関係)


     ※1 売上高の季節的変動
        前第2四半期連結累計期間(自                 2020年4月1日        至    2020年9月30日       )及び当第2四半期連結累計期間(自 
       2021年4月1日        至    2021年9月30日       )
        当社および当社の連結子会社は、事業の性質上、第4四半期連結会計期間に売上が増加する傾向にあるため、
       業績に季節的変動が生じます。
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                             前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                              (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                              至   2020年9月30日       )      至   2021年9月30日       )
       給与手当                           473,899    千円            484,948    千円
       賞与引当金繰入額                            94,894   千円            101,648    千円
       貸倒引当金繰入額                           △ 2,660   千円            △ 1,755   千円
                                16/23





                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のと
        おりであります。 
                             前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                              (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                              至   2020年9月30日       )      至   2021年9月30日       )
       現金及び預金                          1,265,496千円               1,063,058千円
       預入期間が3ヵ月を超える定期預金                                ―               ─
       現金及び現金同等物                          1,265,496千円               1,063,058千円
      (株主資本等関係)

     前第2四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年9月30日       )
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2020年5月15日
               普通株式        102,028        12.00    2020年3月31日         2020年6月9日         利益剰余金
     取締役会
     (注)   配当金の総額には、持分法適用会社が保有する自己株式(当社株式の持分相当分)に係る配当金3,448千円が含ま
       れております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       当社は、2020年6月11日付で、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社が売却した当社株式
      1,385,000株を自己株式として取得いたしました。この結果、当第2四半期連結累計期間において自己株式が
      1,017,975千円増加し、当第2四半期連結会計期間末における自己株式は1,343,903千円となっております。
     当第2四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年9月30日       )

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2021年5月13日
               普通株式         85,408        12.00    2021年3月31日         2021年6月9日         利益剰余金
     取締役会
     (注)   配当金の総額には、持分法適用会社が保有する自己株式(当社株式の持分相当分)に係る配当金3,448千円が含ま
       れております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       当社は、2021年5月31日付で、兼松エレクトロニクス株式会社およびキヤノンマーケティングジャパン株式会社
      を処分先とする第三者割当による自己株式1,200,000株の処分を行いました。この結果、当第2四半期連結累計期間
      において資本剰余金が251,056千円増加、自己株式が708,918千円減少し、当第2四半期連結会計期間末における資
      本剰余金は758,294千円、自己株式は634,984千円となっております。
                                17/23




                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年9月30日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                    四半期連結
                システム                              調整額       財務諸表
                        SI事業       その他事業         合計
                開発事業                              (注)1       計上額
                                                     (注)2
     売上高
      外部顧客への
                 5,259,222       2,036,083        835,608      8,130,915           ―    8,130,915
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高又は            116,050          ―     74,936       190,986      △ 190,986          ―
      振替高
         計        5,375,272       2,036,083        910,545      8,321,901       △ 190,986      8,130,915
     セグメント利益

                   71,675      △ 52,770      △ 46,683      △ 27,778       △ 1,412      △ 29,190
     又は損失(△)
     (注)   1.セグメント利益又は損失の調整額△1,412千円は、セグメント間取引消去△1,330千円および各報告セグメン
         トに配分していない全社費用等△82千円であります。全社費用等は、報告セグメントに帰属しない新規の事
         業・市場開拓等に係る費用であります。
       2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
    Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年9月30日       )

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                    四半期連結
                システム                              調整額       財務諸表
                        SI事業       その他事業         合計
                開発事業                              (注)1       計上額
                                                     (注)2
     売上高
      外部顧客への
                 5,479,160       2,251,857        932,528      8,663,546           ─    8,663,546
      売上高
      セグメント間の
      内部売上高又は            207,851          ─     72,423       280,274      △ 280,274          ─
      振替高
         計        5,687,012       2,251,857       1,004,951       8,943,820       △ 280,274      8,663,546
     セグメント利益

                  242,173      △ 150,165       △ 9,738       82,269      △ 11,477       70,792
     又は損失(△)
     (注)   1.セグメント利益又は損失の調整額△11,477千円は、セグメント間取引消去△1,454千円および各報告セグメ
         ントに配分していない全社費用等△10,023千円であります。全社費用等は、報告セグメントに帰属しない新
         規の事業・市場開拓等に係る費用であります。
       2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントの変更等に関する事項

       会計方針の変更に記載のとおり、第1四半期連結会計期間の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識に
      関する会計処理方法を変更したため、事業セグメント別の売上高および利益又は損失の算定方法を同様に変更して
      おります。
       当該変更により、従来の方法に比べて、当第2四半期連結累計期間の売上高は、「システム開発事業」で9,975千
      円増加、「SI事業」で8,151千円増加、「その他事業」で9,399千円増加しております。なお、報告セグメントご
      とのセグメント利益又は損失に与える影響はございません。
       なお、2021年8月30日付で新規設立し連結子会社とした株式会社オーガルは「その他事業」に含めております。
                                18/23



                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)
     顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当第2四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                    合計
                    システム開発事業            SI事業         その他事業
       一定の期間にわたり移転さ

                        5,474,068          2,137,866           822,852         8,434,786
       れる財又はサービス
       一時点で移転される財又は
                          5,092         113,990          109,676          228,759
       サービス
      顧客との契約から生じる収益                  5,479,160          2,251,857           932,528         8,663,546

      その他の収益                      ─          ─          ─          ─

      外部顧客への売上高                  5,479,160          2,251,857           932,528         8,663,546

      (1株当たり情報)


       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                 項目
                                  至   2020年9月30日       )    至   2021年9月30日       )
     1株当たり四半期純利益                                   3円64銭             18円14銭
      (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                  26,800             138,500

        普通株主に帰属しない金額(千円)

                                           ―             ─
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         26,800             138,500
        四半期純利益(千円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                  7,367,319             7,636,500
     (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                19/23






                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。

                                20/23



















                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                21/23



















                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                               2021年11月12日

    キーウェアソリューションズ株式会社
     取締役会      御中
                           EY新日本有限責任監査法人

                            東京事務所

                            指定有限責任社員

                                       公認会計士        鈴  木  達  也
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士        成  田  礼  子
                            業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているキーウェア
    ソリューションズ株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計
    期間(2021年7月1日から2021年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年4月1日から2
    021年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四
    半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、キーウェアソリューションズ株式会社及び連結子会社の2021
    年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フロー
    の状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                22/23


                                                          EDINET提出書類
                                              キーウェアソリューションズ株式会社(E05553)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当 と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                23/23










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク