小野薬品工業株式会社 臨時報告書

提出書類 臨時報告書 訴訟 和解
提出日
提出者 小野薬品工業株式会社
カテゴリ 臨時報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     小野薬品工業株式会社(E00945)
                                                             臨時報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   臨時報告書

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2021年11月12日

    【会社名】                   小野薬品工業株式会社

    【英訳名】                   ONO  PHARMACEUTICAL        CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長         相 良 暁

    【本店の所在の場所】                   大阪市中央区道修町二丁目1番5号

                        (上記所在の場所は、登記簿上の本店所在地であり、事実上の本社業務は、
                       大阪市中央区久太郎町一丁目8番2号において行っております。)
    【電話番号】                   該当事項はありません。

    【事務連絡者氏名】                   該当事項はありません。

    【最寄りの連絡場所】                   大阪市中央区久太郎町一丁目8番2号

    【電話番号】                   大阪(06)6263局5670番

    【事務連絡者氏名】                   経理部長  長 濱 一 弘

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2










                                                          EDINET提出書類
                                                     小野薬品工業株式会社(E00945)
                                                             臨時報告書
    1【提出理由】
     2021年11月12日、当社に対する訴訟が大阪地方裁判所における和解により解決しましたので、金融商品取引法第24条
    の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第6号の規定に基づき提出するものであります。
    2【報告内容】

    (1)当該訴訟の提起があった年月日
       2020年6月19日
    (2)当該訴訟を提起した者の氏名及び住所

       ①氏名  本庶 佑
       ②住所  京都府京都市
    (3)当該訴訟の内容及び請求金額

       ①訴訟の内容          PD-1特許に関する対第三者訴訟関連分配金請求訴訟
       ②請求金額          262億780万1623円
    (4)訴訟の解決があった年月日

       2021年11月12日
    (5)訴訟の解決の内容及び寄付金他支払金額

        当社と本庶佑氏(以下「本庶氏」)は、免疫抑制の阻害による新たながん治療法の発見、およびそれを活用し
       たがん免疫治療薬(オプジーボ)の開発におけるそれぞれの貢献を高く評価するとともに、我が国における産学
       連携の新たな形を示すために和解によって当該訴訟を終了させることにいたしました。なお、今回合意した和解
       内容は、2020年6月19日付けにて提起されたPD-1特許に関する対第三者訴訟関連金として262億円を請求する当該
       訴訟のみならず、2006年10月23日に締結された「PD-1遺伝子特許実施権許諾に関する契約書」(以下「ライセン
       ス契約」)に係る当社と本庶氏との紛争について全面解決を図るものとなります。
       <和解の要旨>

       ①当社は、ライセンス契約で定められたロイヤルティ料率を変更することなく、今後も本庶氏にロイヤルティを
       支払います。
       ②当社は、以下の趣旨で、本庶氏に対し50億円を支払います。

         1)ライセンス契約に係る紛争の全面解決に対する解決金
         2)3つの特許(特許第4409430号、特許第5159730号および特許第5885764号、以下
           「本特許」)およびこれに関連する国内外の特許の有効性を巡る対第三者訴訟において本庶氏が当社に
           協力したことに対する報奨金
         3)本特許を含むライセンス契約の対象特許における本庶氏以外の発明者に対する清算金
       ③当社は、国立大学法人京都大学(以下「京都大学」)における今後の教育研究環境の充実および教育研究支援

       事業に対する経済的基盤を拡充し、我が国における産学連携の新たな形を示すために、かねてより社内にて検討
       してきたとおり、当社の自由な意思に基づいて、京都大学内に設立される基金「小野薬品・本庶                                             記念研究基金」
       に230億円の寄付を行います。
                                                        以 上

                                 2/2




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク