クオリティ企業先進国株式オープン(ラップ向け) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 クオリティ企業先進国株式オープン(ラップ向け)
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                   有価証券届出書

      【提出先】                   関東財務局長

      【提出日】                   2021年11月1日

      【発行者名】                   インベスコ・アセット・マネジメント株式会社

      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長兼CEO 佐藤 秀樹

      【本店の所在の場所】                   東京都港区六本木六丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー14階

      【事務連絡者氏名】                   塚本 直樹

      【電話番号】                   (03)6447-3087

      【届出の対象とした募集(売出)内国投                   クオリティ企業先進国株式オープン(ラップ向け)

       資信託受益証券に係るファンドの名
       称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投                   1兆円を上限とします。
       資信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                 1/95














                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

     (1)  【ファンドの名称】

       クオリティ企業先進国株式オープン(ラップ向け)
       以下「当ファンド」または「ファンド」という場合があります。
     (2)  【内国投資信託受益証券の形態等】

       ・ファンドの受益権は、追加型証券投資信託受益権(契約型)(以下「受益権」といい
        ます。)で、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規
        定の適用を受けます。
       ・受益権の帰属は、後記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振
                         ※
        替機関の下位の口座管理機関                  の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり
        ます(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受
        益権」といいます。)。
        ※社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といい
         ます。
       ・振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
       ・委託会社は、やむを得ない事情などがある場合を除き、振替受益権を表示する受益証
        券を発行しません。
       ・委託会社の依頼により、信用格付業者から提供または閲覧に供された信用格付はあり
        ません。また、信用格付業者から提供または閲覧に供される予定の信用格付もありま
        せん。
     (3)  【発行(売出)価額の総額】

       1兆円を上限とします。
       *受益権1口当たりの各発行価格に、各発行口数を乗じて得た金額の合計額です。
     (4)  【発行(売出)価格】

                              ※
       購入の申込受付日の翌営業日の基準価額                         とします。ただし、「分配金再投資コース」に
       おいて、分配金を再投資する場合の発行価格は、各計算期間終了日の基準価額としま
       す。
       ※基準価額は、委託会社の営業日に日々算出されます。ファンドの基準価額は、原則として、計算日
        の翌日付の日本経済新聞朝刊に「FWクオリテ」の銘柄名で掲載されます。また、後記「ファンド
        に関する照会先」に問い合わせることにより知ることができます。
     (5)  【申込手数料】

       ありません。
     (6)  【申込単位】

       購入単位は、お申し込みの販売会社にお問い合わせください。販売会社の詳細は、後記
       「ファンドに関する照会先」に問い合わせることにより知ることができます。
       *「分配金再投資コース」において分配金を再投資する場合は、1口単位とします。
     (7)  【申込期間】

       継続申込期間:2021年11月2日から2022年4月27日まで
       *継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
                                 2/95



                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (8)  【申込取扱場所】
       販売会社において、お申し込みを取り扱います。販売会社の詳細は、後記「ファンドに
       関する照会先」に問い合わせることにより知ることができます。
     (9)  【払込期日】

       購入申し込みを行う投資者は、販売会社の定める日までに、購入代金をお申し込みの販
       売会社にお支払いください。
       継続申込期間における各購入申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に、販
       売会社によって、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口
       座に払い込まれます。
     (10)   【払込取扱場所】

       販売会社において、払い込みを取り扱います。販売会社の詳細は、後記「ファンドに関
       する照会先」に問い合わせることにより知ることができます。
     (11)   【振替機関に関する事項】

       ファンドの受益権にかかる振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
       *ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、振替機関の振替業にかかる業務規程などの規則
        に従って取り扱われます。
       *ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および振替機関の業務規程その他の規則に従って
        支払われます。
     (12)   【その他】

       ・申込証拠金はありません。
       ・購入代金には利息を付しません。
       ・日本以外の地域における発行はありません。
       ・クーリングオフ(金融商品取引法第37条の6の規定)制度の適用はありません。
       ・ロンドン証券取引所の休業日およびロンドンの銀行休業日のいずれかに該当する日に
        は、購入のお申し込みの受け付けを行いません。
        *申込不可日は投資対象ETFの変更等に伴い変更される場合があります。
                                ※
       ・当ファンドは、ラップ口座にかかる契約                          に基づいてラップ口座の資金を運用するため
        のファンドであり、当ファンドの購入申込者は、販売会社にラップ口座を開設のうえ
        申込みを行うものとします。
        ※同様の権利義務関係を規定する契約の名称は販売会社によって異なります。
       ・ファンドに関する照会先は以下のとおりです。
                                 3/95








                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】
     (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】

      ①ファンドの目的
      ファンドの目的               上場投資信託証券(以下、「ETF」という場合がありま
                     す。)を主要投資対象とし、投資信託財産の成長を図ることを
                     目標として運用を行います。
      ②信託金の限度額

      信託金の限度額               委託会社は、受託会社と合意のうえ、金5,000億円を限度として
                     信託金を追加することができます。委託会社は、受託会社と合
                     意のうえ、当該限度額を変更することができます。
      ③ファンドの基本的性格

       a.ファンドの商品分類
                商品分類項目                          商品分類の定義
      単位型・追加                             一度設定されたファンドであってもその後追

                     単位型投信
      型の別                             加設定が行われ従来の信託財産とともに運用
                     追加型投信
                                   されるファンド
      投資対象地域                 国内            目論見書または信託約款において、国内およ

                                   び海外の資産による投資収益を実質的に源泉
                       海外
                                   とする旨の記載があるもの
                       内外
      投資対象資産            株式          債券       目論見書または信託約款において、組入資産

                                   による主たる投資収益が実質的に株式を源泉
                不動産投信          その他資産
                                   とする旨の記載があるもの
                 資産複合
      *ファンドの商品分類を網掛け表示しております。該当する定義は上記のとおりですが、その他の定義に

       ついては、一般社団法人投資信託協会のホームページ(http://www.toushin.or.jp/)をご覧くださ
       い。
                                 4/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       b.ファンドの属性区分
                  属性区分項目                          属性区分の定義
      投資対象                  株式             大型株、中小型株属性にあてはまらない
      資産                               すべてのもの(目論見書または信託約款
                 ( 一般)           ( 大型株)
                                     において、主として投資する株式につい
                ( 中小型株)
                                     て、大型株または中小型株の特段の記載
                        債券
                                     がないもの)
                 ( 一般)           ( 公債)
                 ( 社債)         ( その他債券)
              ( クレジット属性)
                     不動産投信
                その他資産(投資信託証券)
                       資産複合
              ( 資産配分固定型)           ( 資産配分変更型)
      決算頻度           年1回             年2回        目論見書または信託約款において、年1
                                     回決算する旨の記載があるもの
                 年4回          年6回(隔月)
              年12回(毎月)                日々
                その他
      投資対象         グローバル              日本        目論見書または信託約款において、組入
      地域                               資産による投資収益が世界の資産を源泉
                 北米             欧州
                                     とする旨の記載があるもの
                アジア           オセアニア
                                     ※なお、ファンドにおいては「世界の資
                中南米            アフリカ
                                      産」の中に「日本」を含みます
              中近東(中東)             エマージング
      為替                               目論見書または信託約款において、為替
                    為替ヘッジあり
          ※
                                     のヘッジを行わない旨の記載があるもの
      ヘッジ
                                     または為替のヘッジを行う旨の記載がな
                    為替ヘッジなし
                                     いもの
      ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しており
       ます。
      *ファンドの属性区分を網掛け表示しております。該当する定義は上記のとおりですが、その他の定義に
       ついては、      一般社団法人投資信託協会              のホームページ(http://www.toushin.or.jp/)をご覧くださ
       い。
                                 5/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④ファンドの特色
               主として、上場投資信託証券(ETF)への投資を通じて、日本を含む先
               進国の上場株式のうち、健全な財務内容や安定的な利益成長の可能性を有
               する企業の株式に投資します。
               上場投資信託証券(ETF)の組入比率は、原則として高位を維持します。
               直接株式へ投資する場合もあります。
               外貨建資産への投資にあたっては、原則として、対円での為替ヘッジを行

               いません。
      ⑤ファンドの運用プロセス

                             運用プロセス
      ファンドが投資対象とするETFは、以下の選定基準により委託会社が決定します。
      *2021年9月末現在における投資対象ETFは「iShares                              Edge   MSCI   World   Quality     Factor    UCITS   ETF」





       (運用会社      BlackRock      Advisors     (UK)   Limited)とします。なお、投資対象ETFは、委託会社の判断
       により今後変更となる場合があります。
       ◆ファンドの運用プロセス等は、2021年9月末現在のものであり、今後変更となる場合が

        あります。
      資金動向、市況動向の急激な変化が生じたとき、およびこれらに準ずる事態が生じたと

      き、あるいは投資信託財産の規模が上記の運用を行うに適さないものとなったときは、上
      記の運用ができない場合があります。
      *当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、償還の準備に入ったときなどが含まれま
        す。
     (2)  【ファンドの沿革】

      2020年1月7日               信託契約締結、ファンド設定、運用開始
                                 6/95





                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【ファンドの仕組み】
      ①ファンドの運営の仕組み
       a.ファンドの関係法人の概要
                                 7/95



















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       b.委託会社およびファンドの関係法人の役割
      委託会社                    投資信託財産の運用指図、信託約款の届け出、受託会
      インベスコ・アセット・マネジ                    社との信託契約の締結・解約の実行、受益権の発行、
      メント株式会社                    投資信託説明書(交付目論見書)・投資信託説明書
                          (請求目論見書)・運用報告書の作成、投資信託財産
                          の計算(受益権の基準価額の計算)および投資信託財
                          産に関する帳簿書類の作成などを行います。
      受託会社                    委託会社との信託契約の締結、投資信託財産の保管・
      三井住友信託銀行株式会社                    管理・計算などを行います。
      <再信託受託会社>                    なお、株式会社日本カストディ銀行に信託事務の一部
      株式会社日本カストディ銀行                    を委託することがあります。
      販売会社                    受益権の募集・販売の取り扱いを行い、投資信託説明
                          書(交付目論見書)・投資信託説明書(請求目論見
                          書)の交付、運用報告書の交付代行、分配金・換金代
                          金・償還金の支払いおよび分配金の再投資に関する事
                          務などを行います。
       c.委託会社がファンドの関係法人と締結している契約等の概要

      受託会社と締結している契約:                    信託約款に基づき締結され、運用方針、投資制限、委
      証券投資信託契約                    託会社・受託会社の業務、受益者の権利、信託報酬の
                          総額、信託期間などファンドの運営に関する事項が規
                          定されています。
      販売会社と締結している契約:                    受益権の募集・販売の取り扱い、分配金・換金代金・
      受益権の募集・販売等に関する                    償還金の支払いに関する事務、その他これらに付随す
      契約                    る事務および手続きなどの内容が規定されています。
                                 8/95












                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②委託会社等の概況
      名称(商号等)             インベスコ・アセット・マネジメント株式会社
                   (金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第306号)
      資本金             4,000百万円(2021年9月30日現在)
      沿革             1986年:エムアイエム・トウキョウ株式会社(後のインベスコ投資
                         顧問株式会社)設立
                   1990年:エムアイエム投信株式会社(後のインベスコ投信株式会
                         社)設立
                   1996年:インベスコ投資顧問株式会社とインベスコ投信株式会社が
                         合併し、インベスコ投信投資顧問株式会社に社名変更
                   1998年:エル・ジー・ティー投信・投資顧問株式会社と合併
                   2014年:インベスコ・アセット・マネジメント株式会社に社名変更
      大株主の状況                                      (2021年9月30日現在)
                       名称            住所          所有株式数        所有比率
                             Perpetual      Park,
                    インベスコ・
                             Perpetual      Park   Drive,
                    ファー・イー
                             Henley-on-Thames,
                                              40,000株         100%
                    スト・リミ
                             Oxfordshire,        RG9   1HH,
                    テッド
                             United    Kingdom
                                 9/95














                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】

     (1)  【投資方針】

      基本方針               この投資信託は、投資信託財産の成長を図ることを目標として
                     運用を行います。
      主な投資態度               ・上場投資信託証券への投資を通じて、主として、日本を含む
                       先進国の上場株式のうち、健全な財務内容や安定的な利益成
                       長の可能性を有する企業の株式に投資します。上場投資信託
                       証券の組入比率は、原則として高位を維持します。
                     ・外貨建資産については、原則として、対円での為替ヘッジを
                       行いません。
                     ・ファンドが投資する上場投資信託証券は、委託会社の判断に
                       より変更することがあります。
                     ・資金動向、市況動向の急激な変化が生じたとき、およびこれ
                       らに準ずる事態が生じたとき、あるいは投資信託財産の規模
                       が上記の運用を行うに適さないものとなったときは、上記の
                       運用ができない場合があります。
     (2)  【投資対象】

      投資対象とする資産の               a.有価証券
      種類(特定資産(投資               b.デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第
      信託及び投資法人に関                  20項に規定するものをいい、信託約款第24条に定めるもの
      する法律第2条第1項                  に限ります。)
      で定めるもの))               c.約束手形
                     d.金銭債権
      投資対象とする資産の               a.為替手形
      種類(特定資産以外の
      資産)
                                10/95










                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      投資対象とする有価証               委託会社は、信託金を、主として上場投資信託証券(金融商品
      券               取引所に上場等され、かつ当該取引所において常時売却可能
                     (市場急変等により一時的に流動性が低下している場合を除き
                     ます。)な投資信託証券をいいます。以下同じ。)のほか以下
                     の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証
                     券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資す
                     ることを指図します。
                     a.株券または新株引受権証書
                     b.国債証券
                     c.地方債証券
                     d.特別の法律により法人の発行する債券
                     e.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引
                        受権付社債券(以下「分離型新株引受権付社債券」といい
                        ます。)の新株引受権証券を除きます。)
                     f.特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条
                        第1項第4号で定めるものをいいます。)
                     g.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金
                        融商品取引法第2条第1項第6号で定めるものをいいま
                        す。)
                     h.協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法
                        第2条第1項第7号で定めるものをいいます。)
                     i.特定目的会社にかかる優先出資証券または新優先出資引受
                        権を表示する証券(金融商品取引法第2条第1項第8号で
                        定めるものをいいます。)
                     j.コマーシャル・ペーパー
                     k.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権
                        証券を含みます。以下同じ。)および新株予約権証券
                     l.外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記
                        a.からk.までの証券または証書の性質を有するもの
                     m.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法
                        第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)
                     n.投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融
                        商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいま
                        す。)
                     o.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項
                        第18号で定めるものをいいます。)
                     p.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第
                        2条第1項第19号で定めるものをいい、有価証券にかかる
                        ものに限ります。)
                     q.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるも
                        のをいいます。)
                     r.外国法人が発行する譲渡性預金証書
                     s.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第
                        14号で定める受益証券発行信託の受益証券に限ります。)
                     t.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるも
                        のをいいます。)
                     u.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項
                        第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に表示される
                        べきもの
                     v.外国の者に対する権利で前u.の有価証券の性質を有する
                        もの
                                11/95



                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      投資対象とする金融商               委託会社は、信託金を、以下の金融商品(金融商品取引法第2
      品               条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる
                     権利を含みます。)により運用することを指図することができ
                     ます。
                     a.預金
                     b.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定
                        する受益証券発行信託を除きます。)
                     c.コール・ローン
                     d.手形割引市場において売買される手形
                     e.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項
                        第1号で定めるもの
                     f.外国の者に対する権利で前e.の権利の性質を有するもの
                     *前記「投資対象とする有価証券」にかかわらず、ファンドの設定、解
                       約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認め
                       るときには、委託会社は、信託金を上記の金融商品により運用すること
                       ができます。
                                12/95















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【運用体制】
      ファンドの運用体制の概要
      内部管理および意思決               ・コンプライアンス部(5名程度)は、ファンドのガイドライ






      定を監督する組織                ンの遵守状況のモニタリングを行い、その結果異常がある場
                      合、リスク管理委員会に報告します。
                     ・プロダクト・マネジメント本部(20名程度)は、投資対象と
                      なる投資信託証券のパフォーマンス状況などを、運用リスク
                      管理委員会に報告し、定性・定量面におけるモニタリングを
                      継続的に実施します。
                     ・運用リスク管理委員会(5名程度)は、プロダクト・マネジ
                      メント本部からの報告を基に、運用の適切性・妥当性を検
                      証、審議して、その結果をリスク管理委員会へ報告します。
                     *「3 投資リスク (3)投資リスクに対する管理体制」もご覧下さい。
      運用に関する社内規程               ファンドの運用業務およびリスク管理について、それぞれ社内
                     規程を定めています。
      ファンドの関係法人に               受託会社などの管理・統制については、外部監査法人による
      対する管理体制               「内部統制監査報告書」を入手し、検証・モニタリングなどを
                     行っております。
       ◆上記運用体制における組織名称等は、2021年9月30日現在のものであり、委託会社の組

        織変更などにより変更となる場合があります。
                                13/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)  【分配方針】

      ファンドの決算日               年1回の8月5日(同日が休業日の場合は翌営業日)。
      分配方針               ・分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含む配当等収益
                       および売買益(評価益を含みます。)等の全額とします。
                     ・分配金額は、委託会社が、基準価額水準、市況動向等を勘案
                       して決定します。ただし、委託会社の判断により分配を行わ
                       ない場合があります。
                     ・留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判
                       断に基づき、元本部分と同一の運用を行います。
      分配金の支払い               a.「分配金再投資コース」
                        分配金は、税引き後無手数料で再投資されます。
                     b.「分配金受取りコース」
                        分配金は、原則として決算日から起算して5営業日目まで
                       に販売会社でお支払いを開始します。
                       *分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記
                        録されている受益者(当該分配金にかかる決算日以前において、一
                        部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該分
                        配金にかかる決算日以前に設定された受益権で、取得申込代金支払
                        い前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につ
                        いては、原則として取得申込者とします。)に支払います。
                       *「分配金再投資コース」の分配金の再投資により増加した受益権
                        は、振替口座簿に記載または記録されます。
       ◆上記は、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありま

        せん。
                                14/95












                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)  【投資制限】
      ①信託約款上の投資制限
      上場投資信託証券(E               上場投資信託証券(ETF)への投資割合には制限を設けませ
      TF)への投資制限(運               ん。
      用の基本方針)
      株式への投資制限(運               株式への投資割合には制限を設けません。
      用の基本方針)
      外貨建資産への投資制               外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
      限(運用の基本方針)
      新株引受権証券などへ               新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、取得時
      の投資制限(運用の基               において投資信託財産の純資産総額の20%以下とします。
      本方針)
      同一銘柄の株式への投               同一銘柄の株式への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の
      資制限(運用の基本方               10%以下とします。
      針)
      同一銘柄の新株引受権               同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合
      証券などへの投資制限               は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
      (運用の基本方針)
                                                       ※1
      同一銘柄の転換社債な
                      同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債                                    へ
      どへの投資制限(運用
                      の投資割合は、投資信託財産の純資産総額の10%以下としま
      の基本方針)
                      す。
                      ※1新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新
                        株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権
                        がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているも
                        の、ならびに会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および
                        第8号の定めがあるものをいいます。以下同じです。
                              ※2
      投資信託証券への投資
                      投資信託証券          への投資割合は、投資信託財産の純資産総額
      制限(運用の基本方
                      の5%以下とします。
      針)
                      ※2上場投資信託証券を除きます。
      デリバティブ取引の利               デリバティブ取引の利用はヘッジ目的に限定します。
      用(運用の基本方針)
      デリバティブ取引等に               デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会の
      かかる投資制限(第16               規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純
      条第6項)               資産総額を超えないものとします。
      信用リスク集中回避の               一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式
      ための投資制限(第20               等エクスポージャー、債券等エクスポージャー及びデリバティ
      条)               ブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比
                      率は、原則としてそれぞれ100分の10、合計で100分の20を超え
                      ないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、委託
                      会社は一般社団法人投資信託協会の規則にしたがい当該実質比
                      率以内となるよう調整を行うものとします。
      信用取引の指図(第23               ・投資信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により
      条)                 株券を売り付けることの指図をすることができます。
                      ・当該売り付けの決済は、株券の引き渡しまたは買い戻しによ
                       り行うことの指図をすることができます。
                                15/95





                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      先物取引等の運用指図               ・投資信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するた
      (第24条)                 め、以下の取引を行うことの指図をすることができます。な
                       お、選択権取引は、オプション取引に含めて取り扱うものと
                       します(以下同じです。)。
                                       ※3
                       -わが国の金融商品取引所                  における有価証券先物取引
                       -わが国の金融商品取引所における有価証券指数等先物取引
                       -わが国の金融商品取引所における有価証券オプション取引
                       -外国の金融商品取引所における上記の取引と類似の取引
                      ・投資信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するた
                       め、わが国の金融商品取引所における通貨にかかる先物取引
                       およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけ
                       る通貨にかかる先物取引および先物オプション取引を行うこ
                       との指図をすることができます。
                      ・投資信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するた
                       め、わが国の金融商品取引所における金利にかかる先物取引
                       およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけ
                       るこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることが
                       できます。
                      ※3金融商品取引所とは、金融商品取引法第2条第16項に規定する金融
                        商品取引所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する
                        外国金融商品市場をいいます。以下同じです。なお、金融商品取引
                        所を単に「取引所」という場合があり、取引所のうち、有価証券の
                        売買または金融商品取引法第28条第8項第3号もしくは同項第5号
                        の取引を行う市場および当該市場を開設する者を「証券取引所」と
                        いう場合があります。
      有価証券の貸し付けの               ・投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産に
      指図(第25条)                 属する株式および公社債を貸し付けることの指図をすること
                       ができます。
                      ・有価証券の貸し付けにあたって必要と認めたときは、担保の
                       受け入れの指図を行います。
      特別の場合の外貨建有               わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合
      価証券への投資制限               には、外貨建有価証券への投資が制約されることがあります。
      (第26条)
      外国為替予約取引の指               投資信託財産に属する外貨建資産の為替変動リスクを回避する
      図(第27条)               ため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができま
                      す。
      資金の借り入れ(第33               ・投資信託財産の効率的な運用および運用の安定性に資するた
      条)                 め、一部解約に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払
                       資金の手当てのために借り入れた資金の返済を含みます。)
                       を目的として、または再投資にかかる分配金の支払資金の手
                       当てを目的として、資金借り入れ(コール市場を通じる場合
                       を含みます。)の指図をすることができます。
                      ・当該借入金をもって有価証券等の運用は行いません。
                      ・借入金の利息は投資信託財産中から支弁します。
       ◆上記の投資制限の詳細は、信託約款をご覧ください。
                                16/95





                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②法令に基づく投資制限
      デリバティブ取引にか               委託会社は、信託財産に関して、金利、通貨の価格、金融商品
      かる投資制限(金融商               市場における相場その他の指標にかかる変動その他の理由によ
      品取引業等に関する内               り発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定
      閣府令第130条第1項第               めた合理的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額
      8号)               を超えることとなる場合において、デリバティブ取引(新株予
                      約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書にかか
                      る取引および選択権付債券売買を含みます。)を行い、または
                      継続することを受託会社に指図しません。
      同一の法人の発行する               委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が
      株式の投資制限(投資               運用指図を行うすべての委託者指図型投資信託につき投資信託
      信託及び投資法人に関               財産として保有する当該株式にかかる議決権の総数が、当該株
      する法律第9条)               式にかかる議決権総数の100分の50を超えることとなる場合、
                      投資信託財産をもって取得することを受託会社に指図しませ
                      ん。
                                17/95















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】

       投資信託はリスクを含む商品であり、ファンドは上場投資信託証券(E

      TF)への投資を通じて、実質的に国内外の株式など値動きのある有価証
      券等に投資しますので、以下のような要因により基準価額が変動し、損失
      を被ることがあります。したがって、ご投資家の皆さまの                                          投資元本は保証
      されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本
      を割り込むことがあります。
       委託会社の指図に基づく行為により投資信託財産に生じた利益および損
      失は、すべて受益者に帰属します。
       投資信託は預貯金とは異なります。
       投資信託は、預金保険機構または保険契約者保護機構の保護の対象では
      ありません。また、登録金融機関は投資者保護基金には加入しておりませ
      ん。
       ご投資家の皆さまにおかれましては、ファンドの内容・リスクを十分ご
      理解のうえお申し込みください。
     (1)基準価額の変動要因

      価格変動リスク               《株価の下落は、基準価額の下落要因です。》
      (株式)               株価は、政治・経済情勢、発行企業の業績や財務状況、市場の
                     需給などを反映し、下落することがあります。
                     ファンドは、特定のテーマに絞って投資を行うため、ファンド
                     が投資する企業の業種が偏在する場合があり、株式市場全体の
                     動きとファンドの基準価額の動きが大きく異なる可能性があり
                     ます。また、より幅広い業種・テーマの株式に投資する場合と
                     比べ、基準価額の変動が大きくなる可能性があります。
      信用リスク               《発行体や取引先の債務不履行等の発生は、基準価額の下落要
                     因です。》
                     ファンドが投資する有価証券の発行体が債務不履行や倒産に
                     陥った場合、または懸念される場合、当該有価証券の価格が大
                     きく下落したり、投資資金を回収できなくなることがありま
                     す。また、投資する金融商品の取引先に債務不履行等が発生し
                     た場合に、損失が生じることがあります。
      カントリー・リスク               《投資対象国・地域の政治・経済等の不安定化は、基準価額の
                     下落要因です。》
                     投資対象国・地域において、政治・経済情勢の急激な変化や新
                     たな取引規制が導入される場合などには、ファンドが投資する
                     有価証券等の価格が下落したり、新たな投資や投資資金の回収
                     ができなくなる可能性があります。
      為替変動リスク               《為替の変動(円高)は、基準価額の下落要因です。》
                     ファンドは為替ヘッジを行わないため為替変動の影響を受ける
                     ことになり、円高方向に変動した場合には外貨建資産の円での
                     資産価値が下落します。
      流動性リスク               《流動性の低い有価証券等は、不利な条件での売買となる可能
                     性があります。》
                     市場規模が小さい、または取引量が少ない有価証券等について
                     は、市場実勢から期待される価格で売買できない場合や、希望
                     する数量の一部またはすべての売買ができない可能性がありま
                     す。
                                18/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ◆基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。

     (2)その他の留意点

      投資信託に関する留意点
      換金に関する留意点               ファンドにおいて短期間に相当金額の換金資金の手当てを行う
                     場合や市場環境の急激な変化等が生じた場合は、当初期待され
                     た価格や数量で有価証券等を売却できないことや取引に時間を
                     要することがあるため、基準価額に影響を及ぼす可能性があり
                     ます。また、これらの要因等により有価証券等の売却・換金が
                     困難となった場合や、資金の受け渡しに関する障害が発生した
                     場合は、ファンドの換金のお申し込みの受付中止(既にお申し
                     込みを受け付けた場合を含みます。)や換金資金のお支払いの
                     遅延となる可能性があります。
                                19/95















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)投資リスクに対する管理体制
      ①投資リスク管理体制の概要
       リスク管理委員会               取締役会で定めたリスク管理の基本方針、およびリスク管理規程











       (RMC)               に従い、包括的なリスク管理に係る実務を「リスク管理委員会」
                     (以下「RMC」といいます。)で統括します。
                     RMCは、社内各部署から報告された各種リスクを検討、協議し、
                     具体的なリスク管理方針を策定します。
       運用リスク管理委員会               RMCでは、分会として「運用リスク管理委員会」(以下「IRMC」
       (IRMC)               といいます。)を開催し、運用リスクおよびファンドの流動性リ
                     スクの管理を行います。
                     IRMCは、上記のリスクを把握し、運用等の適切性・妥当性を検
                     証、審議して、その結果をRMCへ報告します。
       利益相反管理委員会               利益相反管理委員会(COI)は、顧客と委託会社の利益相反行為
       (COI)               等の顕在化防止のため、議決権行使を含む様々な取引等をモニタ
                     リングして、その結果を経営委員会へ報告します。
                                20/95





                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②関係部署の役割
      コンプライアンス部               ファンドの信託約款や法令等で規定されているガイドラインの
                     遵守状況などをモニタリングし、その結果異常があればRMCに報
                     告し、必要に応じてプロダクト・マネジメント本部へ是正を指
                     示し、是正状況を確認します。
      プロダクト・マネジメ               投資対象となる投資信託証券のパフォーマンス状況、ファンド
      ント本部               の流動性管理の状況などをIRMCに報告し、定性・定量面におけ
                     るモニタリングを継続的に実施します。また、ファンドの流動
                     性に関する緊急時対応策の有効性を検証し、その結果をIRMCに
                     報告します。
      パフォーマンス分析部               ファンドの流動性リスクに係るモニタリングや是正措置の策定
                     などの実務を統括し、その結果をIRMCに報告します。
       ◆上記「投資リスクに対する管理体制」における組織名称などは、委託会社の組織変更な

        どにより変更となる場合があります。この場合においても、ファンドの基本的な投資リ
        スク管理体制が変更されるものではありません。
                                21/95















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                22/95





















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】

     (1)【申込手数料】<投資者が直接的に負担する費用>

      購入時手数料               ありません。
      分配金の再投資にかか               「分配金再投資コース」において分配金を再投資する場合は、
      る手数料               無手数料とします。
     (2)【換金(解約)手数料】<投資者が直接的に負担する費用>

      換金(解約)手数料               ファンドの換金(解約)にあたり、手数料はありません。
      信託財産留保額               ありません。
       *「信託財産留保額」とは、換金(解約)する受益者と償還時まで投資を続ける受益者との間の公平性
        を確保するため、信託期間満了前に換金(解約)する受益者から徴収する一定の金額をいいます。差
        し引かれた信託財産留保額は、信託財産に留保されます。
     (3)【信託報酬等】<投資者が信託財産で間接的に負担する費用>

      信託報酬        日々の投資信託財産の純資産総額に年率0.176%(税抜き0.16%)を乗じて
      の額        得た額とします。信託報酬は日々計上され、ファンドの基準価額に反映され
              ます。
              なお、投資対象とする上場投資信託証券(ETF)においても信託報酬等が
              別途かかりますので、受益者が負担する実質的な信託報酬率は、投資信託財
                                                 ※
              産の純資産総額に対して合計で年率0.476%(税込み)程度                                    となります。
              ※この値は目安であり、実際の上場投資信託証券(ETF)への投資比率等によって変
               動します。
              (参考)

                        年率0.30%以内
                投資対象
                        *上記は本書作成時に委託会社が入手し得る公表データを掲載した
                ETFの
                        ものであり、今後変動する可能性があります。また、投資対象ET
                信託報酬等
                        Fの見直しに伴い変更される場合があります。
      信託報酬       信託報酬の配分は、以下の通り(税抜き)とします。

      の配分
                         委託会社         販売会社         受託会社          合計
                 配分
                (年率)
                         0.12  %       0.01  %       0.03  %       0.16  %
              信託報酬の配分先および役務の内容は以下の通りです。

                 配分先                     役務の内容
                       ファンドの運用とそれに伴う調査、受託会社への指図、法定書面等
                委託会社
                       の作成、基準価額の算出等
                       購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファ
                販売会社
                       ンドの管理および事務手続き等
                受託会社       ファンドの財産の保管・管理、委託会社からの指図の実行等
      支払方法        毎日計上し、毎計算期間の最初の6カ月終了日および毎計算期末または信託

              終了のとき、投資信託財産中から支弁するものとします。
                                23/95



                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【その他の手数料等】<投資者が信託財産で間接的に負担する費用>
      ①信託事務の諸経費
      該当する費用               ・組入有価証券売買時の売買委託手数料
                     ・先物取引やオプション取引等に要する費用
                     ・資産を外国で保管する場合の費用
                     ・投資対象ETFにおける諸費用および税金
                     ・借入金の利息、融資枠の設定に要する費用
                     ・受託会社の立て替えた立替金の利息
                     ・投資信託財産に関する租税
                     ・信託事務の処理等に要する諸費用
      計算方法等               運用状況などによって変動するため、事前に具体的な料率、金
                     額または計算方法を記載できません。
      支払方法               受益者の負担とし、投資信託財産中から実費を支弁します。
      ②その他諸費用

      該当する費用               ・監査費用(ファンドの決算時等に監査法人から監査を受ける
                       ための費用)
                     ・法律顧問および税務顧問への報酬
                     ・受益権の管理事務等に関連する費用
                     ・有価証券届出書、有価証券報告書、半期報告書および臨時報
                       告書の作成および届出または提出にかかる費用
                     ・目論見書の作成、印刷および交付にかかる費用
                     ・ファンドの受益者に対してする公告にかかる費用、ならびに
                       信託約款の変更または信託契約の解約にかかる事項を記載し
                       た書面の作成、印刷および交付にかかる費用
                     ・運用報告書の作成、印刷および交付にかかる費用
      計算方法等
                                 その他諸費用 上限固定率
                           純資産総額に対して年率0.11%(税抜き0.10%)
                     ・委託会社は、その他諸費用の支払いを投資信託財産のために
                       行い、支払金額の支払いを投資信託財産から受けることがで
                       きます。
                     ・委託会社は、実際に支払う金額の支弁を受ける代わりに、そ
                       の他諸費用の金額をあらかじめ合理的に見積もった結果とし
                       て、投資信託財産の純資産総額の年率0.11%(税抜き
                       0.10%)相当額を上限とし一定の率を定め、かかるその他諸
                       費用の合計額とみなし、ファンドより受領することができま
                       す。
                     ・委託会社は、投資信託財産の規模等を考慮して、信託期間中
                       に、上限、固定率または固定金額を合理的に計算された範囲
                       内で変更することができます。
      支払方法               毎日計上し、毎計算期間の最初の6カ月終了日および毎計算期
                     末または信託終了のときに投資信託財産中から、消費税等相当
                     額とともに、委託会社に支払われます。
      ◆上記、ファンドの費用の合計額については、保有期間などに応じて異なりますので、表示すること

        ができません。
                                24/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ( 参考)
      各費用をご負担いただく時期
      <照会先>



      上記、手数料等に関する詳細は、お申し込みの販売会社または以下の照会先へお問い合わ
      せください。
                              ◇照会先◇
                                25/95
















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【課税上の取扱い】
        ファンドは、課税上は株式投資信託として取り扱われます。日本の居住者(法人を含む。)
       である受益者に対する課税上の取り扱いは、以下のとおりです。
      ①個人の受益者に対する課税の取り扱い

       分配金に対する課税              ・分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得
                      として、以下の税率による源泉徴収が行われます。
                                             20.315%
                     2037年12月31日まで
                                      (所得税15.315%および地方税5%)
                                              20%
                     2038年1月1日以降
                                       (所得税15%および地方税5%)
                     ・原則として確定申告は不要ですが、確定申告により総合課税
                      (配当控除は適用されません。)または申告分離課税を選択す
                      ることも可能です。
       解約金および償還金              ・解約時および償還時の差益(譲渡益)については、譲渡所得と
       に対する課税               して、以下の税率による申告分離課税が適用されます。
                                             20.315%
                     2037年12月31日まで
                                      (所得税15.315%および地方税5%)
                                              20%
                     2038年1月1日以降
                                       (所得税15%および地方税5%)
                     ・原則として確定申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収あり)
                      を利用した場合は、申告不要です。
       損益通算について              ・解約時および償還時の差損(譲渡損)については、確定申告に
                      より他の上場株式等の譲渡益、上場株式等の配当所得および特
                      定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限りま
                      す。)と損益通算することができます。
                     ・解約時および償還時の差益(譲渡益)、普通分配金および特定
                      公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限りま
                      す。)については、他の上場株式等の譲渡損と損益通算するこ
                      とができます。
                     *特定口座にかかる課税上の取り扱いにつきましては、販売会社にお問い

                      合わせください。
      ②法人の受益者に対する課税の取り扱い

       分配金、解約金およ              ・分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および
       び償還金に対する課               償還時の個別元本超過額については、以下の税率により所得税
       税               が源泉徴収されます。
                     2037年12月31日まで                        15.315%
                     2038年1月1日以降                         15%
                     ・源泉徴収された所得税は、所有期間に応じて法人税額より控除
                      することができます。
                                26/95





                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ◇個別元本について
       ・追加型株式投資信託について、受益者ごとの取得時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手
        数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(以下「個別元本」といいま
        す。)にあたります。
       ・受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、原則として個別元本は、当該受益者が追加取
        得を行う都度、当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。詳しくは、販売会
        社にお問い合わせください。
                          ※
       ・受益者が元本払戻金(特別分配金)                    を受け取った場合、分配金発生時にその個別元本から当該元本払
        戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
         ※「元本払戻金(特別分配金)」については、下記「分配金の課税について」をご参照ください。
       ◇分配金の課税について

         追加型株式投資信託の分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払
        戻金(特別分配金)」(受益者ごとの元本の一部払い戻しに相当する部分)の区分があります。
       普通分配金
                                        分配金落ち後の基準価額が、受益者の
                                        個別元本と同額または上回っている場
                                        合、分配金の全額が普通分配金となり
                                        ます。
       元本払戻金(特別分配金)



                                        分配金落ち後の基準価額が、受益者の
                                        個別元本を下回っている場合、その下
                                        回る部分が元本払戻金(特別分配金)と
                                        なり、分配金から元本払戻金(特別分
                                        配金)を控除した額が普通分配金とな
                                        ります。
      ◆上記は、2021年9月末現在の情報に基づくものですので、税法が改正された場合等には、



        税率等が変更される場合があります。その結果、上記の記載内容に変更が生じることが
        あります。
      ◆外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。
      ◆税金の取り扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                27/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】

     (1)【投資状況】(2021年9月30日現在)

           投資資産の種類                  国/地域           時価合計(円)           投資比率(%)
      投資信託受益証券                     アイルランド                35,482,971             98.06
      コール・ローン、その他の資産(負債控除後)
                                              701,833           1.93
      合 計(純資産総額)                                     36,184,804            100.00
     (注)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。以下同じです。
     (2)【投資資産】(2021年9月30日現在)

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                      帳簿価額単価          評価額単価         投資
        国/                         数量
             種類         銘柄名                帳簿価額金額          評価額金額         比率
       地域                         ( 口数)
                                        ( 円)        ( 円)      ( %)
                 iShares     Edge   MSCI   World
      アイルラ      投資信託                             6,260.44         6,044.79
                 Quality     Factor    UCITS        5,870                       98.06
      ンド      受益証券                            36,748,834         35,482,971
                 ETF
     種類別投資比率

               種 類              投資比率(%)
           投資信託受益証券                       98.06
               合 計                    98.06
      ②【投資不動産物件】

        該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

        該当事項はありません。
     (3)【運用実績】

      ①【純資産の推移】
                               純資産総額       純資産総額       1口当たり        1口当たり
                                ( 百万円)      ( 百万円)     純資産額(円)        純資産額(円)
                                ( 分配落)      ( 分配付)       ( 分配落)       ( 分配付)
      第1期計算期間(2020年8月5日)                              13       13     0.9804        0.9804
      第2期計算期間(2021年8月5日)                              34       34     1.3708        1.3708
                2020年9月末日                   13       -     1.0058          -
                2020年10月末日                   13       -     0.9726          -
                2020年11月末日                   14       -     1.0750          -
                2020年12月末日                   15       -     1.1044          -
                2021年1月末日                   18       -     1.1187          -
                2021年2月末日                   19       -     1.1583          -
                2021年3月末日                   24       -     1.2233          -
                2021年4月末日                   28       -     1.2741          -
                2021年5月末日                   29       -     1.3020          -
                2021年6月末日                   29       -     1.3384          -
                2021年7月末日                   33       -     1.3647          -
                2021年8月末日                   35       -     1.3976          -
                                28/95

                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                2021年9月末日                   36       -     1.3518          -
      ②【分配の推移】

                                         1口当たりの分配金(円)
      第1期計算期間                                                 0.0000
      第2期計算期間                                                 0.0000
      ③【収益率の推移】

                                             収益率(%)
       第1期計算期間                                                 △1.96
       第2期計算期間                                                  39.82
      ( 注1)収益率は、計算期間末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額
         (分配落の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た
         数に100を乗じて得た数を記載しております。
      ( 注2)第1期計算期間については、前期末基準価額の代わりに当初設定元本(1口当たり1円)を使用して
         おります。
     (4)【設定及び解約の実績】

                                       設定数量(口)            解約数量(口)
      第1期計算期間                                   15,787,579            2,020,242
      第2期計算期間                                   14,453,006            3,319,794
      ( 注1)設定数量には当初設定数量を含みます。
      ( 注2)本邦外における設定、解約の実績はありません。

                                29/95











                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ( 参考情報)交付目論見書に記載する運用実績
                                30/95




















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                31/95





















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

    1【申込(販売)手続等】
      購入方法               販売会社において、販売会社所定の方法でお申し込みくださ

                     い。
                     「分配金再投資コース」をお申し込みいただく投資者は、積立
                     投資契約(別の名称で同様の権利義務を規定する契約を含みま
                     す。)をお申し込みの販売会社との間で結んでいただきます。
                     なお、クーリングオフ(金融商品取引法第37条の6の規定)制
                     度の適用はありません。
      購入申込不可日               ロンドン証券取引所の休業日およびロンドンの銀行休業日のい
                     ずれかに該当する日には、購入のお申し込みの受け付けを行い
                     ません。
                     *申込不可日は投資対象ETFの変更等に伴い変更される場合がありま
                      す。
      購入単位               お申し込みの販売会社にお問い合わせください。
                     *分配金の受け取り方法により、分配金が税引後無手数料で再投資される
                      「分配金再投資コース」と、分配金を受け取る「分配金受取りコース」
                      の2コースがあります。
                     *「分配金再投資コース」において分配金を再投資する場合は、1口単位
                      とします。
      購入申込締切時間               ・原則として、毎営業日の午後3時までに購入のお申し込みが
                       行われ、かつ販売会社所定の事務手続きが完了したものを、
                       当日の申込受付分とします。
                     ・当日の受付終了後のお申し込みは、翌営業日の申込受付分と
                       して取り扱います。
                     ・取引所などにおける取引の停止、外国為替取引の停止、その
                       他やむを得ない事情があるときは、委託会社の判断により、
                       受益権の購入申し込みの受け付けを中止すること、および既
                       に受け付けた購入申し込みの受け付けを取り消すことがあり
                       ます。
      購入価額               購入の申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
                     ただし、「分配金再投資コース」において分配金を再投資する
                     場合の購入価額は、ファンドの各計算期間終了日の基準価額と
                     します。
      購入時手数料               ありません。
      購入代金の支払い               販売会社が定める期日までにお支払いください。
                                32/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      購入の申し込みにかか               ・購入のお申し込みを行う投資者は、販売会社に、購入申し込
      る受益権の取り扱い                みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設されたファ
                       ンドの受益権の振り替えを行うための振替機関等の口座を申
                       し出るものとし、当該口座に当該申込者にかかる口数の増加
                       の記載または記録が行われます。
                     ・販売会社は、当該購入申し込みの代金の支払いと引き換え
                       に、当該口座に当該購入申込者にかかる口数の増加の記載ま
                       たは記録を行うことができます。
                     ・委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振
                       替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするた
                       め、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」とい
                       います。)に定める事項の振替機関への通知を行うものとし
                       ます。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があっ
                       た場合、社振法の規定に従い、その備える振替口座簿への新
                       たな記載または記録を行います。
                     ・受託会社は、追加信託により生じた受益権については、追加
                       信託の都度、振替機関の定める方法により振替機関へ当該受
                       益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
    2【換金(解約)手続等】

      換金方法               販売会社において、販売会社所定の方法でお申し込みくださ

                     い。
      換金申込不可日               ロンドン証券取引所の休業日およびロンドンの銀行休業日のい
                     ずれかに該当する日には、換金のお申し込みの受け付けを行い
                     ません。
                     *申込不可日は投資対象ETFの変更等に伴い変更される場合がありま
                      す。
      換金単位               お申し込みの販売会社にお問い合わせください。
      換金申込締切時間               原則として、毎営業日の午後3時までに換金のお申し込みが行
                     われ、かつ販売会社所定の事務手続きが完了したものを、当日
                     の申込受付分とします。
                     当日の受付終了後のお申し込みは、翌営業日の申込受付分とし
                     て取り扱います。
      換金価額               換金の申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
      換金手数料               ありません。
      信託財産留保額               ありません。
      換金代金の支払い               原則として、換金の申込受付日から起算して5営業日目から、
                     販売会社でお支払いいたします。
      換金の申し込み受け付               ・投資信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の換金申込
      けの中止等                には一定の制限を設ける場合があります。
                     ・取引所などにおける取引の停止、外国為替取引の停止、その
                       他やむを得ない事情があるときは、委託会社の判断により、
                       換金のお申し込みの受け付けを中止すること、および既に受
                       け付けた換金のお申し込みの受け付けを取り消すことがあり
                       ます。
                     ・換金のお申し込みの受け付けが中止された場合には、受益者
                       は当該受け付け中止以前に行った当日の換金のお申し込みを
                       撤回できます。ただし、受益者がその換金のお申し込みを撤
                       回しない場合には、当該受益権の換金価額は、当該受け付け
                       中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に換金のお申し
                       込みを受け付けたものとして、上記「換金価額」に準じて計
                       算された価額とします。
                                33/95

                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      換金にかかる受益権の               ・換金のお申し込みを行う受益者は、その口座が開設されてい
      取り扱い                る振替機関等に対して当該受益者の換金のお申し込みにかか
                       るファンドの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き
                       換えに、当該一部解約にかかる受益権の口数と同口数の抹消
                       の申請を行うものとし、社振法の規定に従い当該振替機関等
                       の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われま
                       す。
                     ・受益者が換金のお申し込みを行うときは、販売会社に対し、
                       振替受益権をもって行うものとします。
      償還金の支払い               原則として、信託終了日から起算して5営業日目までに、償還
                     日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されてい
                           ※
                     る受益者      に対し、販売会社でお支払いを開始いたします。
                     ※償還日以前において、一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除き
                      ます。また、当該償還日以前に設定された受益権で、購入代金支払い前
                      のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については、
                      原則として、購入申込者とします。
       <照会先>

       上記、購入価額および換金価額に関する詳細は、以下の照会先へお問い合わせください。
                              ◇照会先◇
                                34/95













                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】

     (1)  【資産の評価】

      基準価額の算定              基準価額とは、ファンドの投資信託財産に属する資産(受入担保
                    金代用有価証券を除きます。)を法令および一般社団法人投資信
                    託協会規則に従って時価評価して得た投資信託財産の資産総額か
                    ら負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)
                    を、計算日における受益権口数で除した金額をいいます。
                    基準価額の算定にあたり、投資信託財産に属する外貨建資産の円
                    換算は、原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買相
                    場の仲値によって計算します。
      基準価額の算出頻度              基準価額は委託会社の営業日に日々算出され、原則として、計算





      と公表              日の翌日付の日本経済新聞朝刊に「FWクオリテ」の銘柄名で掲
                    載されるほか、以下に照会することにより知ることができます。
                    なお、基準価額は便宜上1万口当たりに換算した価額で表示され
                    ることがあります。
                                 ◇基準価額の照会先◇
      主な投資資産の評価



      方法                 投資資産                   評価方法
                     ETF          原則として、金融商品取引所または外国金融商品市
                               場などにおける最終相場で評価します。
                                35/95






                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)  【保管】
      受益証券の保管               原則として受益証券は発行されないため、受益証券の保管に関
                     する事項はありません。
                     *ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録
                      されることにより定まります。
     (3)  【信託期間】

      ファンドの信託期間               無期限(設定日:2020年1月7日)とします。
                     なお、信託契約の一部解約により、受益権の総口数が30億口を
                     下回ることとなった場合などは、信託期間の途中で償還するこ
                     とがあります。
     (4)  【計算期間】

      ファンドの計算期間               ファンドの計算期間は、原則として毎年8月6日から翌年8月
                     5日までとします。
                     なお、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といい
                     ます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は該当日の翌営業
                     日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとしま
                     す。
     (5)  【その他】

      繰上償還              ・委託会社は、信託契約の一部解約により、受益権の総口数が30
                      億口を下回ることとなった場合、信託期間中においてファンド
                      の信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める
                      とき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と
                      合意のうえ、ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させる
                      ことができます。
                    ・委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届
                      け出ます。
                    ・信託契約の解約は、以下の手続きで行います。
                    *上記の手続き        は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合に




                      おいて、ファンドの信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁
                      的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。
                    *上記の手続きは、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情
                      が生じている場合であって、上記の手続きを行うことが困難な場合には
                      適用しません。
                    *委託会社は、監督官庁よりファンドの信託契約の解約の命令を受けたと
                      きは、その命令に従い、信託契約を解約し信託を終了させます。
                                36/95



                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      信託約款の変更等              ・委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはや
                      むを得ない事情が発生したときは受託会社と合意のうえ、ファ
                      ンドの信託約款を変更することまたはファンドと他のファンド
                           ※
                      との併合      を行うことができます。
                      ※投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者
                       指図型投資信託の併合」をいいます。以下同じです。
                    ・委託会社は、あらかじめ、変更しようとする旨およびその内容
                      を監督官庁に届け出ます。なお、ファンドの信託約款は当「信
                      託約款の変更等」に定める以外の方法によって変更することが
                      できないものとします。
                    ・その内容が重大なものおよび併合(以下「重大な信託約款の変
                      更等」といいます。)は、以下の手続きで行います。
                    *上記の手続き        は、委託会社が重大な信託約款の変更等について提案をし





                      た場合において、ファンドの信託契約にかかるすべての受益者が書面ま
                      たは電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。
                    *ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合にあっても、当該併
                      合にかかる一または複数の他のファンドにおいて当該併合の書面決議が
                      否決された場合は、当該他のファンドとの併合を行うことはできませ
                      ん。
                    *委託会社は、監督官庁の命令に基づいてファンドの信託約款を変更しよ
                      うとするときは、上記の手続きに従います。
      反対受益者の受益権              当ファンドは、前記「繰上償還」に規定する信託契約の解約、ま
      買取請求の不適用              たは「信託約款の変更等」に規定する重大な信託約款の変更等を
                    行う場合、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定
                    める反対受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けませ
                    ん。
      関係会社との契約の              委託会社と販売会社との間で締結される「受益権の募集・販売等
      更新等に関する手続              に関する契約」は、期間満了前に、委託会社、販売会社いずれか
      きについて              らも別段の意思表示のないときは、自動的に1年間延長されま
                    す。自動延長後の取り扱いも同様です。
      運用報告書              ・委託会社は、計算期間の終了ごとおよび償還時に交付運用報告
                      書(投資信託及び投資法人に関する法律第14条第4項に定める
                      運用報告書)を作成し、販売会社を通じて、知れている受益者
                      に対して交付します。
                    ・委託会社は、運用報告書(全体版)(投資信託及び投資法人に
                      関する法律第14条第1項に定める運用報告書)を作成し、委託
                      会社のホームページに掲載します。
                    ・上記にかかわらず、受益者から運用報告書(全体版)の交付の
                      請求があった場合には、これを交付します。
      公告              受益者に対する公告は、日本経済新聞に掲載します。
                                37/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【受益者の権利等】
      分配金に対する請求権               ・受益者は、委託会社の決定した分配金を、持ち分に応じて請

                       求する権利を有します。
                     ・分配金は、毎計算期間終了日後1カ月以内の委託会社の指定
                       する日から、毎計算期間の末日において振替機関等の振替口
                       座簿に記載または記録されている受益者に支払います。
                     ・「分配金再投資コース」に基づいて分配金を再投資する受益
                       者に対しては、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に、
                       分配金が販売会社に交付されます。販売会社は、受益者に対
                       し遅滞なく分配金の再投資にかかる受益権の取得申し込みに
                       応じます。
                     ・受益者が、分配金の支払開始日から5年間支払いを請求しな
                       いときはその権利を失い、その金額は、委託会社に帰属する
                       ものとします。
      償還金に対する請求権               ・受益者は、持ち分に応じて償還金を請求する権利を有しま
                       す。
                     ・償還金は、信託終了日後1カ月以内の委託会社の指定する日
                       から、信託終了日において振替機関等の振替口座簿に記載ま
                       たは記録されている受益者に支払います。
                     ・受益者が、償還金の支払開始日から10年間支払いを請求しな
                       いときはその権利を失い、その金額は、委託会社に帰属する
                       ものとします。
      受益権の換金               受益者は、受益権の換金(解約)を請求することができます。
      (解約)請求権
      受益権均等分割               受益者は、自己に帰属する受益権の口数に応じて、均等にファ
                     ンドの受益権を保有します。
      帳簿閲覧権               受益者は、委託会社に対し、その営業時間内にファンドの投資
                     信託財産に関する帳簿書類の閲覧・謄写を請求することができ
                     ます。
                                38/95










                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

     (1)   当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年

      大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」
      (平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
       なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2 ) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2期                                            計算   期間   (2020年8

      月6日から2021年8月5日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監
      査を受けております。
                                39/95
















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】

     クオリティ企業先進国株式オープン(ラップ向け)
     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:円)
                                    第1期              第2期
                                (2020年8月5日現在)              (2021年8月5日現在)
      資産の部
       流動資産
                                         96,970              187,603
         預金
                                         85,721              954,675
         コール・ローン
                                       13,318,028              33,028,628
         投資信託受益証券
                                       13,500,719              34,170,906
         流動資産合計
                                       13,500,719              34,170,906
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                           -              81
         派生商品評価勘定
                                           362             4,335
         未払受託者報酬
                                          1,566              18,694
         未払委託者報酬
                                           -               2
         未払利息
                                          1,191              14,372
         その他未払費用
                                          3,119              37,484
         流動負債合計
                                          3,119              37,484
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                       13,767,337              24,900,549
         元本
         剰余金
                                        △ 269,737             9,232,873
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                         52,658             6,642,398
          (分配準備積立金)
                                       13,497,600              34,133,422
         元本等合計
                                       13,497,600              34,133,422
       純資産合計
                                       13,500,719              34,170,906
      負債純資産合計
                                40/95









                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                    第1期              第2期
                                 自  2020年1月7日             自  2020年8月6日
                                 至  2020年8月5日             至  2021年8月5日
      営業収益
                                           68              -
       受取利息
                                         258,378             6,454,196
       有価証券売買等損益
                                        △ 442,419              682,507
       為替差損益
                                        △ 183,973             7,136,703
       営業収益合計
      営業費用
                                           103              178
       支払利息
                                          2,012              6,847
       受託者報酬
                                          8,617              29,488
       委託者報酬
                                         35,165              59,436
       その他費用
                                         45,897              95,949
       営業費用合計
                                        △ 229,870             7,040,754
      営業利益又は営業損失(△)
                                        △ 229,870             7,040,754
      経常利益又は経常損失(△)
                                        △ 229,870             7,040,754
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                        △ 282,498              441,860
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                           -           △ 269,737
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                         15,718             2,985,254
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                         15,718                -
       少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                           -           2,985,254
       少額
                                         338,083               81,538
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                           -            81,538
       加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                         338,083                 -
       加額
                                           -              -
      分配金
                                        △ 269,737             9,232,873
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                41/95








                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価            投資信託受益証券
      基準及び評価方           移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
      法           時価評価にあたっては、投資信託受益証券の基準価額、外国金融商品
                 市場(金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第2条第8項第3号ロに規定
                 するものをいいます。)における最終相場(最終相場のないものについて
                 は、それに準ずる価額)、又は金融商品取引業者から提示される気配相場
                 に基づいて評価しております。
     2.デリバティブ等            為替予約取引

      の評価基準及び           為替予約の評価は、原則として、当ファンドの計算期間末日における
      評価方法          わが国の対顧客先物売買相場の仲値によって計算しております。
     3.その他財務諸表            外貨建取引等の処理基準

      作成のための基           外貨建取引については、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12
      本となる重要な          年総理府令第133号)第60条に基づき、取引発生時の外国通貨の額をもっ
      事項          て記録する方法を採用しております。但し、同第61条に基づき、外国通
                 貨の売却時において、当該外国通貨に加えて、外貨建資産等の外貨基金
                 勘定及び外貨建各損益勘定の前日の外貨建純資産額に対する当該売却外
                 国通貨の割合相当額を当該外国通貨の売却時の外国為替相場等で円換算
                 し、前日の外貨基金勘定に対する円換算した外貨基金勘定の割合相当の
                 邦貨建資産等の外国投資勘定と、円換算した外貨基金勘定を相殺した差
                 額を為替差損益とする計理処理を採用しております。
    (重要な会計上の見積りに関する注記)

      当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが翌計算期間の財務諸表に
     重要な影響を及ぼすリスクは識別していないため、注記を省略しております。
    (貸借対照表に関する注記)

                 第1期                           第2期
            (2020年8月5日現在)                           (2021年8月5日現在)
     1.期首元本額                    1,000,000円        1.期首元本額                   13,767,337円
      期中追加設定元本額                   14,787,579円         期中追加設定元本額                   14,453,006円
      期中解約元本額                    2,020,242円         期中解約元本額                    3,319,794円
     2.計算期間末日における受益権の総数                           2.計算期間末日における受益権の総数

                        13,767,337口                           24,900,549口
     3.元本の欠損                           3.元本の欠損

      貸借対照表上の純資産額が元本総額を下
     回っており、その差額は269,737円でありま
     す。
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                42/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 第1期                           第2期
             自  2020年1月7日                         自  2020年8月6日
             至  2020年8月5日                         至  2021年8月5日
     分配金の計算過程                           分配金の計算過程
      計算期間末における解約に伴う当期純損失                            計算期間末における解約に伴う当期純利益
     金額分配後の配当等収益から費用を控除した                           金額分配後の配当等収益から費用を控除した
     額(0円)、解約に伴う当期純損失金額分配後の                           額(0円)、解約に伴う当期純利益金額分配後の
     有価証券売買等損益から費用を控除した額                           有価証券売買等損益から費用を控除し、繰越
     (52,658円)、信託約款に規定される収益調整                           欠損金を補填した額(6,599,039円)、信託約款
     金(0円)及び分配準備積立金(0円)より分配対                           に規定される収益調整金(2,590,475円)及び分
     象収益は52,658円(1万口当たり38.24円)です                           配準備積立金(43,359円)より分配対象収益は
     が、分配を行っておりません。                           9,232,873円(1万口当たり3,707.87円)です
                                が、分配を行っておりません。
    (金融商品に関する注記)

     Ⅰ   金融商品の状況に関する事項
     1.金融商品に対す            証券投資信託として、有価証券等の金融商品に対する投資を、信託約
      る取組方針          款に規定する「運用の基本方針」に従い行っております。
     2.金融商品の内容            当ファンドは、上場投資信託証券を主要投資対象としております。

      及び金融商品に           上場投資信託証券は、株式の価格変動リスク、信用リスク、カント
      係るリスク          リー・リスク、為替変動リスク、流動性リスク等にさらされています。
                 また、当ファンドは、為替予約取引を利用しております。当該デリバ
                ティブ取引は、外国通貨の取得又は売却取引について円貨額を確定する
                ことに限定しているため、当ファンドに対して重大な影響をおよぼすも
                のではありません。また、当ファンドが利用している為替予約取引の相
                手方は社内ルールに従った金融機関に限定しているため、相手方の契約
                不履行に係る信用リスクはほとんどないと認識しております。
     3.金融商品に係る            取締役会で定めたリスク管理の基本方針、及びリスク管理規程に従

      リスク管理体制          い、包括的なリスク管理を「リスク管理委員会」(以下「RMC」といいま
                す。)で行います。RMCは、社内各部署から報告された各種リスクを検
                討、協議し、具体的なリスク管理方針を策定します。
                 RMCでは、分会として「運用リスク管理委員会」(以下「IRMC」といい
                ます。)を開催し、運用リスクの管理を行います。IRMCは、運用リスク
                を把握し、運用の適切性・妥当性を検証、審議して、その結果をRMCへ報
                告します。
                                43/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     Ⅱ   金融商品の時価等に関する事項
                        第1期                       第2期
        項 目
                   (2020年8月5日現在)                       (2021年8月5日現在)
     1.貸借対照表計           貸借対照表計上額は期末の時価で                       同左
       上額、時価        計上しているため、その差額はあり
       及びこれら        ません。
       の差額
     2.時価の算定方          (1)有価証券                       (1)有価証券

       法          「(重要な会計方針に係る事項に                        同左
               関する注記)」に記載しておりま
               す。
               (2)デリバティブ取引                       (2)デリバティブ取引

                該当事項はありません。                        「(デリバティブ取引等に関する
                                      注記)」に記載しております。
               (3)上記以外の金融商品                       (3)上記以外の金融商品

                上記以外の金融商品については、                        同左
               短期間で決済されることから、時価
               は帳簿価額と近似しているため、当
               該金融商品の時価を帳簿価額として
               おります。
     3.金融商品の時           金融商品の時価には、市場価格に                        同左

       価等に関す        基づく価額のほか、市場価格がない
       る事項の補        場合には合理的に算定された価額が
       足事項        含まれております。当該価額の算定
               においては一定の前提条件等を採用
               しているため、異なる前提条件等に
               よった場合、当該価額が異なること
               もあります。
    (有価証券に関する注記)

     売買目的有価証券
                          第1期                     第2期
                      (2020年8月5日現在)                     (2021年8月5日現在)
         種  類
                      当計算期間の損益に                     当計算期間の損益に
                      含まれた評価差額(円)                     含まれた評価差額(円)
      投資信託受益証券                            457,899                    6,163,403
         合  計                         457,899                    6,163,403
    (デリバティブ取引等に関する注記)

     取引の時価等に関する事項
     通貨関連
                              第1期
                          (2020年8月5日現在)
      該当事項はありません。
                                44/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2期(2021年8月5日現在)

                                   うち
           種  類             契約額等(円)                 時価(円)         評価損益(円)
                                  1年超
     市場取引以外の取引
     為替予約取引
      買  建
       アメリカドル                       658,035        -       657,954             △81
           合  計                 658,035        -       657,954             △81
     ( 注)時価の算定方法

       為替予約の時価
       (1)当計算期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については以下のように評価しておりま
         す。
         ①同計算期間末日において為替予約の受渡日(以下「当該日」という。)の対顧客先物相場の仲値が発表
           されている場合は、当該為替予約は当該対顧客先物相場の仲値により評価しております。
         ②同計算期間末日において当該日の対顧客先物相場の仲値が発表されていない場合は以下の方法によっ
           ております。
          イ)同計算期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている先物
            相場のうち当該日に最も近い前後二つの対顧客先物相場の仲値をもとに計算したレートにより評価
            しております。
          ロ)同計算期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い
            発表されている対顧客先物相場の仲値により評価しております。
       (2)同計算期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、同計算期間末日の対顧客
         電信売買相場の仲値により評価しております。
    (関連当事者との取引に関する注記)

                 第1期                           第2期
             自  2020年1月7日                         自  2020年8月6日
             至  2020年8月5日                         至  2021年8月5日
      該当事項はありません。                           同左
    (1口当たり情報に関する注記)

                 第1期                           第2期
            (2020年8月5日現在)                           (2021年8月5日現在)
         1口当たり純資産額 0.9804円                           1口当たり純資産額 1.3708円
         (1万口当たり純資産額 9,804円)                           (1万口当たり純資産額 13,708円)
    (4)  【附属明細表】

    第1 有価証券明細表
     ①株式
      該当事項はありません。
     ②株式以外の有価証券(投資信託受益証券)

                                              (2021年8月5日現在)
                                45/95

                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                              評価額
       種類      通貨           銘柄           口数                      備考
                                         単価        金額
     投資信託      アメリカ      iShares     Edge   MSCI
     受益証券      ドル      World    Quality     Factor
                                    5,389      55.89       301,191.21
                  UCITS    ETF
                  アメリカドル小計                  5,389             301,191.21
                                                (33,028,628)
           合計                                      33,028,628
                                                (33,028,628)
    ( 注)1.小計欄の( )内は、邦貨換算額であります。

      2.合計金額欄の( )内は、外貨建有価証券に係わるもので、内書きであります。
      3.通貨の表示は、邦貨については円単位、外貨についてはその通貨の表記単位で表示しております。
      4.外貨建有価証券の内訳
                                  組入投資信託受益
            通貨             銘柄数                    合計金額に対する比率
                                   証券時価比率
                     投資信託
      アメリカドル                       1銘柄          100.00    %           100.00    %
                     受益証券
    第2 信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
    第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

        「注記表(デリバティブ取引等に関する注記)」に記載しております。
                                46/95











                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】

      【純資産額計算書】(2021年9月30日現在)

      Ⅰ 資産総額                                        36,223,811        円
      Ⅱ 負債総額                                           39,007     円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                        36,184,804        円
      Ⅳ 発行済数量                                        26,768,562        口
      Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                           1.3518     円
                                47/95

















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

      名義書換               該当事項はありません。

      受益者等に対する特典               該当事項はありません。
      譲渡制限の内容               譲渡制限は設けておりません。
      受益証券の不発行               委託会社は、やむを得ない事情などがある場合を除き、当該振
                     替受益権を表示する受益証券を発行しません。
                     受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を
                     発行する場合を除き、無記名式受益証券から記名式受益証券へ
                     の変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更
                     の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
      受益権の譲渡               ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受
                       益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
                       振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとしま
                       す。
                     ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該
                       譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少および譲受
                       人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口
                       座簿に記載または記録するものとします。ただし、上記①の
                       振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲
                       受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替
                       機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたが
                       い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または
                       記録が行なわれるよう通知するものとします。
                     ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対
                       象とする受益権が記載または記録されている振替口座簿に係
                       る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が
                       異なる場合等において、委託会社が必要と認めたときまたは
                       やむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振
                       替停止期間を設けることができます。
      受益権の譲渡の対抗要               受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなけれ
      件               ば、委託会社および受託会社に対抗することができません。
      受益権の再分割               委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法の規定に従い、一
                     定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
      質権口記載または記録               振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている
      の受益権の取り扱い               受益権にかかる分配金の支払い、換金の申し込みの受け付け、
                     換金代金および償還金の支払いなどについては、信託約款の規
                     定によるほか、民法その他の法令などに従って取り扱われま
                     す。
                                48/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】
     (1)  資本金の額

      2021   年9月30日            資本金:4,000百万円
      現在の状況               発行可能株式総数:56,400株
                     発行済株式総数:40,000株
      直近5カ年における主               該当事項はありません。
      な資本金の額の増減
     (2)  委託会社等の機構

      ①組織図
       ◆上記組織図における組織名称などは、2021年9月30日現在のものであり、委託会社の組








        織変更などにより変更となる場合があります。
                                49/95






                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②会社の意思決定機構
      取締役会               取締役の全員をもって構成される取締役会は、代表取締役社長
                     兼CEOを議長とし、原則として四半期ごとに開催されます。
                     取締役会は、経営管理全般に関する重要な事項について、取締
                     役の過半数が出席し、出席取締役の過半数をもって決議しま
                     す。
      代表取締役社長兼CEO               代表取締役社長兼CEOは、委託会社の全般的な業務執行の最高責
                     任者として、取締役会で決議された事項または委任を受けた事
                     項の遂行に対し、権限と責任を有します。
      経営委員会               取締役等から構成される経営委員会は、代表取締役社長兼CEOを
                     議長とし、原則として隔月で開催されます。
                     経営委員会は、取締役会で決定した基本方針に基づき、取締役
                     会から委譲を受けた権限の範囲内において、経営管理全般に関
                     する重要な事項を協議・決定します。
      ③投資運用に関する意思決定プロセス

      Plan   (計画)            基本的な運用方針は、投資戦略委員会(原則、月次で開催)で
                     分析・討議された投資環境を踏まえ、銘柄検討会議およびポー
                     トフォリオ構築/戦略会議(原則、週次あるいは日次で開催)を
                     経て決定されます。
      Do (実行)              運用部門のポートフォリオ・マネジャーは、上記の委員会また
                     は運用会議の討議内容等を踏まえ、運用計画書を策定し、運用
                     本部長の承認を受け、運用ガイドライン、運用基本方針および
                     運用計画書に従って、ポートフォリオを構築します。
      See  (検証)             運用リスク管理委員会(原則、月次で開催)は、リスク管理委員
                     会(原則、隔月で開催)の分会として、定量的なリスク計測結果
                     をもとに、運用の適切性・妥当性を検証、審議します。
                     また、運用本部から独立したコンプライアンス部が、常時、関
                     連法令および運用ガイドラインなどの遵守状況をチェックし、
                     運用の信頼性・安定性の確保を図ります。
    2【事業の内容及び営業の概況】

      事業の内容              「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会

                    社である委託会社は、証券投資信託の設定を行うとともに、「金
                    融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資
                    運用業)を行っています。
                    また「金融商品取引法」に定める投資助言業および第二種金融商
                    品取引業を行っています。
                                              (2021   年9月30日現在)
      運用する投資信託財
      産の合計純資産総額
                       基本的性格           ファンド数         純資産総額(単位:百万円)
                     株式投資信託                  132              3,495,383
                     公社債投資信託                    3              12,334
                     合 計                  135              3,507,717
                    *ファンド数および純資産総額は、親投資信託を除きます。
                                50/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】

    1.   当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

      号、以下「財務諸表等規則」という。)                      ならびに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等に関する
      内閣府令」 (平成19年8月6日内閣府令第52号) に基づいて作成しております。
       また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年
      大蔵省令第38号)ならびに同規則第38条及び第57条の規定により、「金融商品取引業等に関する内閣府
      令」   (平成19年8月6日内閣府令第52号)                  に基づいて作成しております。
       なお、財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
    2.   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事                                    業年度    (自 2020年1月1日              至 

      2020年12月31日)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けております。
       また、当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(自 2021年1月1日
      至 2021年6月30日)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により中間監査を受けてお
      ります。
                                51/95














                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1 . 財務諸表
    (1)  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                             前事業年度                  当事業年度
                           (2019年12月31日)                  (2020年12月31日)
      科目
                          内訳         金額         内訳         金額
         ( 資産の部)
     流動資産
      預金                             2,102,723                  2,164,795
      前払費用                               93,464                  102,117
      未収入金                             1,334,813                  1,161,017
      未収委託者報酬                              420,904                  478,340
      未収運用受託報酬                              517,283                  633,712
      未収投資助言報酬                               14,975                  25,294
      短期貸付金 ※1                             2,500,000                  2,500,000
                                       511                  319
      その他の流動資産
          流動資産計
                                   6,984,676                  7,065,597
     固定資産
      有形固定資産 ※2
       建物附属設備                    87,250                  74,816
       器具備品                    83,433                  116,552
       建設仮勘定                    22,651                    147
                            10,641                   7,865
       リース資産                             203,976                  199,382
      無形固定資産
       ソフトウェア                    61,134                  54,891
       ソフトウェア仮勘定                     5,982                  4,526
       電話加入権                     3,972                  3,972
       のれん                    262,274                  237,296
       顧客関連資産                   1,405,914         1,739,277         1,272,017         1,572,704
      投資その他の資産
       投資有価証券                    11,975                   3,232
       差入保証金                    386,931                  387,073
       繰延税金資産                    568,034                  567,529
                            6,045        972,986          4,130        961,965
       その他の投資
          固定資産計                            2,916,240                  2,734,052
                                   9,900,916                  9,799,649
           資産合計
                                52/95






                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)
                             前事業年度                  当事業年度
                           (2019年12月31日)                  (2020年12月31日)
      科目
                          内訳         金額         内訳         金額
         ( 負債の部)
     流動負債
      預り金                               42,071                  47,399
      リース債務                               3,043                  3,051
      未払金
       未払償還金                      37                  27
       未払手数料                    84,787                  127,387
                           229,112                  274,590
       その他未払金                             313,937                  402,005
      未払費用                              221,804                  220,685
      未払法人税等                              223,999                   59,737
      未払消費税等                               40,956                   8,460
      賞与引当金                             1,307,575                  1,339,032
                                     22,543                  23,800
      その他の流動負債
          流動負債計                            2,175,932                  2,104,171
     固定負債
      長期預り金                              117,535                  117,535
      リース債務                               8,664                  5,613
      退職給付引当金                              721,038                  776,659
      役員退職慰労引当金                              111,506                   76,535
      資産除去債務                               82,085                  81,946
         固定負債計                            1,040,829                  1,058,289
          負債合計
                                   3,216,762                  3,162,461
         ( 純資産の部)
     株主資本
      資本金                             4,000,000                  4,000,000
      資本剰余金
                          1,406,953         1,406,953         1,406,953         1,406,953
       資本準備金
        資本剰余金合計
                                   1,406,953                  1,406,953
      利益剰余金
       その他利益剰余金
                          1,276,443         1,276,443         1,229,257         1,229,257
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                            1,276,443                  1,229,257
        株主資本合計                            6,683,396                  6,636,210
     評価・換算差額等
      その他有価証券評価差額金                                757                  977
        評価・換算差額等合計                               757                  977
          純資産合計                            6,684,154                  6,637,187
                                   9,900,916                  9,799,649
        負債・純資産合計
                                53/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                             前事業年度                  当事業年度
                           ( 自 2019年1月1日                  ( 自 2020年1月1日
                           至 2019年12月31日)                    至 2020年12月31日)
      科目
                          内訳         金額         内訳         金額
     営業収益
      委託者報酬                             2,225,658                  2,271,434
      運用受託報酬                             2,853,116                  2,498,175
      投資助言報酬                               71,673                  75,426
                                   3,618,920                  3,882,344
      その他営業収益
         営業収益計
                                   8,769,368                  8,727,381
     営業費用
      支払手数料                              757,626                  817,411
      広告宣伝費                              109,237                   51,601
      調査費
       調査費                    307,384                  331,718
       委託調査費                    625,973                  628,412
                            1,545                  2,653
       図書費                             934,904                  962,783
      委託計算費                              310,498                  326,095
      営業雑経費
       通信費                    19,142                  23,463
       印刷費                    81,871                  86,976
                            11,237         112,251          12,178         122,618
       協会費
         営業費用計
                                   2,224,518                  2,280,511
     一般管理費
      給料
       役員報酬                    99,143                  98,393
       給料・手当                   1,872,168                  1,887,524
       賞与                    399,738        2,371,050          421,816        2,407,734
      交際費                               23,807                  14,386
      寄付金                               1,200                   760
      旅費交通費                              180,237                   39,417
      租税公課                               80,707                  91,601
      不動産賃借料                              367,305                  375,704
      退職給付費用                              195,896                  171,597
      役員退職慰労引当金繰入額                               12,524                  12,443
      賞与引当金繰入額                             1,307,575                  1,339,032
      減価償却費                              219,607                  230,936
      福利厚生費                              283,336                  287,630
                                   1,408,990                  1,418,109
      諸経費
         一般管理費計                            6,452,239                  6,389,353
     営業利益
                                     92,611                  57,517
                                54/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)
                             前事業年度                  当事業年度
                           ( 自 2019年1月1日                  ( 自 2020年1月1日
                           至 2019年12月31日)                    至 2020年12月31日)
      科目
                          内訳         金額         内訳         金額
     営業外収益
      受取利息 ※1                               43,944                  50,833
      保険配当金                               3,857                  4,386
      投資有価証券損益                                 1                 487
      雑益                                179                  243
          営業外収益計
                                     47,983                  55,950
     営業外費用
      支払利息                                 14                  25
      為替換算差損                               3,948                   695
      固定資産除却損                                 73                  179
                                     4,044                  4,816
      雑損
          営業外費用計                              8,081                  5,717
     経常利益                               132,513                  107,750
                                    132,513                  107,750

     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税
                                    262,118                  154,528
                                   △571,218                      408
     法人税等調整額
          法人税等計                            △309,099                   154,936
                                    441,613                  △47,186
     当期純利益又は当期純損失(△)
                                55/95













                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                     ( 単位:千円)
                                    株主資本
                           資本剰余金               利益剰余金

                                      その他利益

                 資本金                                    株主資本合計
                                       剰余金
                              資本剰余金                利益剰余金
                       資本準備金
                                合計                合計
                                       繰越利益
                                       剰余金
     当期首残高            4,000,000       1,406,953       1,406,953          834,830       834,830      6,241,783

     当期変動額
      当期純利益                          441,613         441,613       441,613       441,613
      株主資本以外の項目
      の当期の変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -       -       -      441,613       441,613       441,613
     当期末残高            4,000,000       1,406,953       1,406,953         1,276,443       1,276,443       6,683,396
                                                     (単位:千円)

                           評価・換算差額等
                                                  純資産合計

                 その他有価証券評価差額金                評価・換算差額等合計
     当期首残高                        354               354           6,242,138

     当期変動額
      当期純利益                                                  441,613
      株主資本以外の項目
      の当期の変動額(純                       402               402              402
      額)
     当期変動額合計                        402               402            442,015
     当期末残高                        757               757           6,684,154
                                56/95








                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                           資本剰余金               利益剰余金

                                      その他利益

                 資本金                                    株主資本合計
                                       剰余金
                              資本剰余金                利益剰余金
                       資本準備金
                                合計                合計
                                       繰越利益
                                       剰余金
     当期首残高            4,000,000       1,406,953       1,406,953         1,276,443       1,276,443        6,683,396

     当期変動額
      当期純損失(△)                                   △47,186       △47,186        △47,186
      株主資本以外の項目
      の当期の変動額
     当期変動額合計                -       -       -      △47,186       △47,186        △47,186
     当期末残高            4,000,000       1,406,953       1,406,953         1,229,257       1,229,257        6,636,210
                                                      (単位:千円)

                           評価・換算差額等
                                                   純資産合計

                 その他有価証券評価差額金                評価・換算差額等合計
     当期首残高                        757               757           6,684,154

     当期変動額
      当期純損失(△)                                                  △47,186
      株主資本以外の項目
      の当期の変動額(純                       219               219               219
      額)
     当期変動額合計                        219               219            △46,966
     当期末残高                        977               977           6,637,187
                                57/95









                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    [ 注記事項]
    (重要な会計方針)

      1.有価証券の評価基準及び評価方法
        その他有価証券
        時価のあるもの
         決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価
        は、移動平均法により算定)
      2.固定資産の減価償却の方法

      (1)有形固定資産
          定率法を採用しております。ただし、                     資産除去債務に係る建物附属設備及び                     2016  年4月1日以降
        に取得した建物附属設備については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物附属設備 5~18年
          器具備品   3~15年
      (2)無形固定資産

          定額法を採用しております。
          なお、主な償却年数は20年であります。
          ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
        を採用しております。
      (3)リース資産

          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3.引当金の計上基準

      (1)貸倒引当金
          一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性
        を検討し、回収不能見込額を計上しております。                           なお、当事業年度末に計上すべき貸倒引当金はあ
        りません。
      (2)賞与引当金

          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を
        計上しております。
      (3)退職給付引当金

          従業員の退職       給付  に備えるため、簡便法により、当事業年度末における自己都合退職による要支
        給額を計上しております。
      (4)役員退職慰労引当金

          役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づき、当事業年度末における要支給額を計上し
        ております。
      4.  外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、当事業年度末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は為替換算差
       益又は為替換算差損として処理しております。
      5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっております。
    ( 未適用の会計基準等           )

    「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31

    日)
                                58/95

                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)  概要

       関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すこ
       とを目的とするものです。
    (2)  適用予定日

       2021  年12月期の年度末より適用予定であります。
    「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)

    (1)  概要

       当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響
       を及ぼすリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情
       報を開示することを目的とするものです。
    (2)  適用予定日

       2021  年12月期の年度末より適用予定であります。
    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日)

    「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
    (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用して認識されま
       す。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)  適用予定日

       2022  年12月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                              2019年7月4日)

    「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                         2019年7月4日)
    「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                             2019年7月4日)
    (1)  概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時
       価の算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算
       定方法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されま
       す。
       ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
    (2)  適用予定日

       2022  年12月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                59/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                60/95





















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ( 貸借対照表      関係)
      ※1   関係会社に対する資産及び負債

       各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                               前事業年度                当事業年度
                              (2019   年12月31日)             (2020   年12月31日)
         短期貸付金                       2,500,000                2,500,000
      ※2   有形固定資産の減価償却累計額

                                                  (単位:千円)
                               前事業年度                当事業年度
                              (2019   年12月31日)             (2020   年12月31日)
         有形固定資産の減価償却累計額                        391,242                419,329
    ( 損益計算書      関係)

      ※1   関係会社に対する収益及び費用

       各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                               前事業年度                当事業年度
                             ( 自 2019年1月1日               ( 自 2020年1月1日
                             至   2019年12月31日        )     至   2020年12月31日         )
         受取利息                        43,944                50,833
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自 2019年1月1日 至                     2019年12月31日)

     1.発行済株式に関する事項

          株式の種類         当事業年度期首             増加         減少        当事業年度末
         普通株式(株)                40,000           -         -          40,000

      2.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
           該当事項はありません。
       (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

           該当事項はありません。
    当事業年度(自 2020年1月1日 至                     2020年12月31日)

     1.発行済株式に関する事項

          株式の種類         当事業年度期首             増加         減少        当事業年度末
         普通株式(株)                40,000           -         -          40,000

                                61/95



                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.配当に関する事項
      (1)配当金支払額
           該当事項はありません。
       (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

           該当事項はありません。
    (リース取引関係)

    1.オペレーティング・リース取引

    (借主側)

     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                  (単位:千円)
                            前事業年度                  当事業年度
                          (2019   年12月31日)               (2020   年12月31日)
                              249,762                   166,508
         1 年内
                              166,508                      -
         1 年超
                              416,270                   166,508
         合計
      なお、オペレーティング・リース取引の内容は、不動産賃借によるものであります。

                                62/95













                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ( 金融  商品  関係)
    1.  金融商品の状況に関する事項
     (1)    金融商品に対する取組方針
         当社は、主に投資助言・代理業及び投資運用業を行っており、資金計画に照らして、必要な資金
        (主にグループ本社より資本増資)を調達しております。デリバティブ等の投機的な取引は行わない
        方針であります。
     (2)    金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         国内の未収入金に関しては、顧客の契約不履行によってもたらされる信用リスクに晒されており、
        国外拠点に対する外貨建ての債権債務に関しては、各月末から次月精算までの短期為替変動によるリ
        スクに晒されております。また、投資有価証券は、主に投資信託であり、当社の投資信託設定のため
        の小額資金投資で売買目的ではありません。未収入金等については、定期的に残高、期日を適切に把
        握する体制を整えております。
    2.  金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
      ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
      前事業年度(2019年12月31日)

                                               (単位:千円)
                          貸借対照表
                                        時価  (*)         差額
                          計上額    (*)
        (1)  預金                   2,102,723             2,102,723            -

        (2)  未収入金                   1,334,813             1,334,813            -
        (3)  未収委託者報酬                    420,904             420,904           -
        (4)  未収運用受託報酬                    517,283             517,283           -
        (5)  未収投資助言報酬                     14,975             14,975          -
        (6)  短期貸付金                   2,500,000             2,500,000            -
        (7)  投資有価証券
           その他有価証券                    11,975             11,975          -
        (8)  差入保証金                    386,931             386,863          △67
             資産計                7,289,606             7,289,539           △67
        (1)  預り金                    (42,071)             (42,071)           -
        (2)  未払手数料                    (84,787)             (84,787)           -
        (3)  その他未払金                    (229,112)             (229,112)           -
        (4)  未払費用                    (221,804)             (221,804)           -
        (5)  未払法人税等                    (223,999)             (223,999)           -
        (6)  未払消費税等                    (40,956)             (40,956)           -
        (7)  長期預り金                    (117,535)             (117,513)           21
             負債計                (960,267)             (960,245)           21
        (*)   負債に計上されているものについては、( )で示しています。
                                63/95



                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(2020年12月31日)
                                               (単位:千円)
                          貸借対照表
                                        時価  (*)         差額
                          計上額    (*)
        (1)  預金                   2,164,795             2,164,795            -

        (2)  未収入金                   1,161,017             1,161,017            -
        (3)  未収委託者報酬                    478,340             478,340           -
        (4)  未収運用受託報酬                    633,712             633,712           -
        (5)  未収投資助言報酬                     25,294             25,294          -
        (6)  短期貸付金                   2,500,000             2,500,000            -
        (7)  投資有価証券
           その他有価証券                    3,232             3,232          -
        (8)  差入保証金                    387,073             387,205          132
             資産計                7,353,466             7,353,598           132
        (1)  預り金                    (47,399)             (47,399)           -
        (2)  未払手数料                    (127,387)             (127,387)           -
        (3)  その他未払金                    (274,590)             (274,590)           -
        (4)  未払費用                    (220,685)             (220,685)           -
        (5)  未払法人税等                    (59,737)             (59,737)           -
        (6)  未払消費税等                     (8,460)             (8,460)          -
        (7)  長期預り金                    (117,535)             (117,577)          △42
             負債計                (855,795)             (855,838)          △42
      (*) 負債に計上されているものについては、( )で示しています。
       ( 注1)   金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

      前事業年度(2019年12月31日)

      資産

       (1)  預金   (2)未収入金       (3)  未収委託者報酬         (4)  未収運用受託報酬          (5)  未収投資助言報酬          (6)  短期貸付金

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっており
       ます。
       (7)  投資有価証券

        基準価額を基に算出しております。
       (8)  差入保証金

        返還されるまでの残存期間に応じた日本円のスワップカーブにおける利回りで割り引いた現在価値に
       より算定しております。
                                64/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      負債
       (1)  預り金    (2)  未払手数料       (3)その他未払金          (4)未払費用       (5)未払法人税等          (6)未払消費税等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっており
       ま す。
       (7)  長期  預り金

        返還するまでの残存期間に応じた日本円のスワップカーブにおける利回りで割り引いた現在価値によ
       り算定しております。
      当事業年度(2020年12月31日)

      資産

       (1)  預金   (2)未収入金       (3)  未収委託者報酬         (4)  未収運用受託報酬          (5)  未収投資助言報酬          (6)  短期貸付金

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっており
       ます。
       (7)  投資有価証券

        基準価額を基に算出しております。
       (8)  差入保証金

        返還されるまでの残存期間に応じた日本円のスワップカーブにおける利回りで割り引いた現在価値に
       より算定しております。
      負債

       (1)  預り金    (2)  未払手数料       (3)その他未払金          (4)未払費用       (5)未払法人税等          (6)未払消費税等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっており
       ま す。
       (7)  長期  預り金

        返還するまでの残存期間に応じた日本円のスワップカーブにおける利回りで割り引いた現在価値によ
       り算定しております。
                                65/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ( 注2)   金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
       前事業年度(2019年12月31日)

                                                ( 単位:千円)
                                      1 年超
                            1 年以内                    10 年超
                                     10 年以内
         (1)  預金                  2,102,723              -          -
         (2)  未収入金                  1,334,813              -          -
         (3)  未収委託者報酬                   420,904             -          -
         (4)  未収運用受託報酬                   517,283             -          -
         (5)  未収投資助言報酬                    14,975            -          -
         (6)  短期貸付金                  2,500,000              -          -
         (7)  差入保証金                      -       386,931             -
             合計                    6,890,699           386,931             -
       当事業年度(2020年12月31日)

                                                ( 単位:千円)
                                      1 年超
                            1 年以内                    10 年超
                                     10 年以内
         (1)  預金                  2,164,795              -          -
         (2)  未収入金                  1,161,017              -          -
         (3)  未収委託者報酬                   478,340             -          -
         (4)  未収運用受託報酬                   633,712             -          -
         (5)  未収投資助言報酬                    25,294            -          -
         (6)  短期貸付金                  2,500,000              -          -
         (7)  差入保証金                   387,073             -          -
             合計                    7,350,233              -          -
                                66/95










                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)
     1.  その他有価証券

       前事業年度(2019年12月31日)

                                                  (単位:千円)
                                      貸借対照表日におけ

                             取得原価                        差額
                                      る貸借対照表計上額
         貸借対照表計上額が取得原価

         を超えるもの
           株式                        -            -          -
           債券                        -            -          -
           その他                      8,883            9,979          1,095
               小計                  8,883            9,979          1,095
         貸借対照表計上額が取得原価
         を超えないもの
           株式                        -            -          -
           債券                        -            -          -
           その他                      2,000            1,996           △3
               小計                  2,000            1,996           △3
               合計                 10,883            11,975          1,092
       当事業年度(2020年12月31日)

                                                  (単位:千円)
                                      貸借対照表日におけ

                             取得原価                        差額
                                      る貸借対照表計上額
         貸借対照表計上額が取得原価

         を超えるもの
           株式                        -            -          -
           債券                        -            -          -
           その他                      1,823            3,232          1,408
               小計                  1,823            3,232          1,408
         貸借対照表計上額が取得原価
         を超えないもの
           株式                        -            -          -
           債券                        -            -          -
           その他                        -            -          -
               小計                    -            -          -
               合計                  1,823            3,232          1,408
     2.  事業年度中に売却したその他有価証券

        前事業年度(自 2019年1月1日 至                     2019年12月31日)

        前事業年度におけるその他有価証券の売却はありません。
        当事業年度(自 2020年1月1日 至                     2020年12月31日)

         当事業年度におけるその他有価証券の売却はありません。
                                67/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (退職給付関係)

      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

      1.  採用している退職給付制度の概要

        当社は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付型の制度として退職一時金制度を採用し
        ており、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算しております。
      2.  簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                                   ( 単位:千円)
                                           当事業年度
                                         (2019   年12月31日)
         退職給付引当金の期首残高                                             652,632
          退職給付費用                                             156,956
          退職給付の支払額                                            △65,897
          その他の未払金への振替額                                           △22,653
         退職給付引当金の期末残高                                             721,038
      (2)退職給付に関連する損益

                                                   ( 単位:千円)
                                          前事業年度
                                        ( 自 2019年1月1日
                                        至 2019年12月31日)
         簡便法で計算した退職給付費用                                             156,956
      3.  確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は前事業年度                          (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)におい
        て、38,940千円であります。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

      1.  採用している退職給付制度の概要

        当社は、従業員の退職給付に充てるため、非積立型の確定給付型の制度として退職一時金制度を採用し
        ており、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算しております。
                                68/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.  簡便法を適用した確定給付制度
      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                                   ( 単位:千円)
                                           当事業年度
                                         (2020   年12月31日)
         退職給付引当金の期首残高                                             721,038
          退職給付費用                                             131,095
          退職給付の支払額                                            △75,474
          その他の未払金への振替額                                               -
         退職給付引当金の期末残高                                             776,659
      (2)退職給付に関連する損益

                                                   ( 単位:千円)
                                          当事業年度
                                        ( 自 2020年1月1日
                                        至 2020年12月31日)
         簡便法で計算した退職給付費用                                             131,095
      3.  確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は当事業年度                          (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)におい
        て、40,501千円であります。
    (税効果会計関係)

    1.  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                                                   ( 単位:千円)
                                前事業年度                当事業年度
                              (2019   年12月31日)             (2020   年12月31日)
         繰延税金資産
           賞与引当金                           400,379                410,011
           未払費用                            27,123                28,500
           未払退職金                            6,936                  -
           株式報酬費用                            94,642               100,682
           退職給付引当金                           220,781                237,813
           役員退職給付引当金                            34,143                23,435
           資産除去債務                            25,134                25,091
           その他                            41,068                29,477
         繰延税金資産小計                             850,209                855,013
         評価性引当額                            △280,059                △286,340
         繰延税金資産合計                             570,149                568,673
         繰延税金負債

           資産除去債務                            △1,781                 △712
          その他有価証券評価差額金                             △334                △431
         繰延税金負債合計                             △2,115                △1,143
         繰延税金資産(負債)の純額                             568,034                567,529
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

       因となった主要な項目別の内訳
      前事業年度(2019年12月31日)

                                69/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         法定実効税率                                             30.6  %
         (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                             86.2  %
         住民税均等割等                                              2.8  %
         評価性引当額の増減額                                            △348.2%
         過年度法人税等調整額                                             △4.3%
         その他                                             △0.3%
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                                            △233.2    %

      当事業年度(2020年12月31日)

         法定実効税率                                             30.6  %

         (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                             94.4  %
         住民税均等割等                                              3.5  %
         評価性引当額の増減額                                              5.8  %
         過年度法人税等調整額                                              1.3  %
         その他                                              8.0  %
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                                             143.7   %

                                70/95













                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (資産除去債務関係)
     資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの

      (1)当該資産除去債務の概要
         建物の不動産賃貸借取引に伴う原状回復義務等であります。
      (2)当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を取得から5年と見積り、割引率は△0.17%を使用して資産除去債務の金額を計算して
        おります。
      (3)当該資産除去債務の総額の増減

                                                   (単位:千円)
                               前事業年度                当事業年度
                             ( 自 2019年1月1日                ( 自 2020年1月1日
                             至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
       当期首残高                               82,225                82,085
       時の経過による調整額                                △139                △139
       当期末残高                               82,085                81,946
    (セグメント情報等)

      [ セグメント情報]

      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

       当社のセグメントは、投資運用業者として単一であるため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

       当社のセグメントは、投資運用業者として単一であるため、記載を省略しております。
      [ 関連情報]

      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

       ① 製品及びサービスごとの情報
         製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同じであることから、製品・
        サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       ② 地域ごとの情報

       (1)営業収益
                                                   ( 単位:千円)

             日本          米国          欧州         その他          合計
             1,896,061          3,144,550          1,320,253           182,844         6,543,710
                                71/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ( 注1)   営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        ( 注2)   営業収益のうち委託者報酬に関しては、委託者報酬を最終的に負担する受益者の情報は制度上
            把握しえないため、除外しております。
       (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
          ているため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       ③ 主要な顧客ごとの情報

       (1)その他営業収益
                                                   ( 単位:千円)

                顧客の氏名又は名称                   その他営業収益           関連するセグメント名
          Invesco     Advisers,      Inc.
                                       2,350,935          投資運用業
          Invesco     Management       SA
                                        345,967         投資運用業
       (2)委託者報酬

           委託者報酬については、制度上、顧客情報を知りえないため、記載を省略しております。
       (3)運用受託報酬

           運用受託報酬については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省
          略しております。
       (4)投資助言報酬

           投資助言報酬については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省
          略しております。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

       ① 製品及びサービスごとの情報
         製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同じであることから、製品・
        サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
                                72/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ② 地域ごとの情報
       (1)営業収益
                                                   ( 単位:千円)

             日本          米国          欧州         その他          合計
             1,298,569          3,419,581          1,545,865           191,930         6,455,946
        ( 注1)   営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        ( 注2)   営業収益のうち委託者報酬に関しては、委託者報酬を最終的に負担する受益者の情報は制度上
            把握しえないため、除外しております。
       (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
          ているため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       ③ 主要な顧客ごとの情報

       (1)その他営業収益
                                                   ( 単位:千円)

                顧客の氏名又は名称                   その他営業収益           関連するセグメント名
          Invesco     Advisers,      Inc.
                                       2,666,108          投資運用業
          Invesco     Management       SA
                                        421,720         投資運用業
       (2)委託者報酬

           委託者報酬については、制度上、顧客情報を知りえないため、記載を省略しております。
       (3)運用受託報酬

           運用受託報酬については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省
          略しております。
       (4)投資助言報酬

           投資助言報酬については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省
          略しております。
     [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

                                73/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      [ 報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    (関連当事者情報)

    1.関連当事者との取引

    (1)    財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等

      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                            議決権等の

                   資本金又は    事業の内容     所有(被所    関連当事者との            取引金額
        会社等の名称                                              期末残高
      種類         所在地                        取引の内容           科目
         又は氏名                                             (千円)
                    出資金    又は職業     有)割合      関係          (千円)
                             (%)
             Perpetual
      親
             Park,
       Invesco
                            (被所有)
             Perpetual    Park
       Holdings
                   16,328,158                    資金の返済      500,000
             Drive,   Henley-
      会                  持株会社     間接    資金の貸付                短期貸付金     2,500,000
       Company   Ltd.
                    千米ドル                    資金の貸付      1,000,000
             on-Thames,
                             100%
             Oxfordshire,
      社
             RG9  1HH,  UK
    (注1)資金の貸付の受取利息については、市場金利等を勘案して利率を合理的に決定しております。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                            議決権等の

                   資本金又は    事業の内容     所有(被所    関連当事者との            取引金額
        会社等の名称                                              期末残高
      種類         所在地                        取引の内容           科目
         又は氏名                                             (千円)
                    出資金    又は職業     有)割合      関係          (千円)
                             (%)
             Perpetual
      親
             Park,
        Invesco
                            (被所有)
             Perpetual    Park
        Holdings
                   16,328,158
             Drive,   Henley-
      会                  持株会社     間接    資金の貸付      利息の受取       50,833   短期貸付金     2,500,000
        Company   Ltd.
                    千米ドル
             on-Thames,
                             100%
             Oxfordshire,
      社
             RG9  1HH,  UK
    (注1)資金の貸付の受取利息については、市場金利等を勘案して利率を合理的に決定しております。
                                74/95





                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)    財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
      前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                             議決権等の
                                                      期末残高
        会社等の名称            資本金又は     事業の内容     所有(被所    関連当事者との            取引金額
      種類          所在地                         取引の内容           科目
         又は氏名            出資金    又は職業     有)割合      関係          (千円)
                                                      (千円)
                              (%)
      親
              1555  Peachtree
      会
              Street
      社
       Invesco
                    6,867,943              投資顧問契約の      運用受託報酬及
      の                  投資運用業      なし                2,442,881    未収入金      958,169
              Atlanta,
                    千米ドル               再委任等     びその他営業収
       Advisers,Inc.
      子
              Georgia   30309,
                                        益の受取
      会
              USA
      社
      親
      会
              1166  Avenue   of
       Invesco   Senior
      社
              the  Americas
                     4,502             投資顧問契約の
      の Secured                 投資運用業      なし         その他営業収益       687,941   未収入金      46,475
              New  York,  NY  千米ドル               再委任等
      子                                   の受取
       Management,Inc.
              10036,   USA
      会
      社
    (注1)取引金額、期末残高には消費税等が含まれておりません。
    (注2)運用受託報酬及びその他営業収益の算定方法については、第三者による検討結果に基づいたグループ
         内のポリシーにより決定しております。
      当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                             議決権等の
                                                      期末残高
        会社等の名称            資本金又は     事業の内容     所有(被所    関連当事者との            取引金額
      種類          所在地                         取引の内容           科目
         又は氏名            出資金    又は職業     有)割合      関係          (千円)
                                                      (千円)
                              (%)
      親
              1555  Peachtree
      会
              Street
      社
       Invesco
                    6,867,943              投資顧問契約の      運用受託報酬及
      の                  投資運用業      なし                2,931,854    未収入金      874,815
              Atlanta,
                    千米ドル               再委任等     びその他営業収
       Advisers,Inc.
      子
              Georgia   30309,
                                        益の受取
      会
              USA
      社
      親
      会
              1166  Avenue   of
       Invesco   Senior
      社
              the  Americas
                     4,502             投資顧問契約の
      の Secured                 投資運用業      なし         その他営業収益       479,124   未収入金      58,806
              New  York,  NY  千米ドル               再委任等
      子                                   の受取
       Management,Inc.
              10036,   USA
      会
      社
    (注1)取引金額、期末残高には消費税等が含まれておりません。
    (注2)運用受託報酬及びその他営業収益の算定方法については、第三者による検討結果に基づいたグループ
         内のポリシーにより決定しております。
    2.親会社に関する注記

        親会社情報
         Invesco     Far  East   Ltd.  (非上場)
         Invesco     Holdings     Company     Ltd.  (非上場)
         Invesco     Ltd.   (ニューヨーク証券取引所に上場)
                                75/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)
                前事業年度                          当事業年度

             ( 自 2019年1月1日                          ( 自 2020年1月1日
              至 2019年12月31日)                           至 2020年12月31日)
      1株当たり純資産額                          1株当たり純資産額
                        167,103    円85銭                      165,929    円69銭
      1株当たり当期純利益金額                          1株当たり当期純損失金額(△)
                         11,040    円32銭                      △1,179円65銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎
                                前事業年度               当事業年度
                              ( 自 2019年1月1日               ( 自 2020年1月1日
                              至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
      当期純利益又は                                441,613              △47,186
      当期純損失(△)(千円)
      普通株式に係る当期純利益又は                                441,613              △47,186
      当期純損失(△)         (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -
      期中平均株式数(株)                                40,000               40,000
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。

                                76/95











                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2 . 中間  財務諸表
    (1)  中間貸借対照表
                                                   (単位:千円)
                                      当中間会計期間
                                     (2021年6月30日)
       科目
                                 内訳                 金額
          ( 資産の部)
     流動資産
       預金                                              3,274,280
       前払費用                                                61,103
       未収入金                                               545,673
       未収委託者報酬                                               650,152
       未収運用受託報酬                                               404,596
       未収投資助言報酬                                                16,159
       短期貸付金                                              2,500,000
                                                         441
       その他の流動資産
            流動資産計                                            7,452,407
     固定資産
       有形固定資産 ※1
         建物附属設備                             68,425
         器具備品                             93,902
         リース資産                              6,477               168,805
       無形固定資産
         ソフトウェア                             49,905
         ソフトウェア仮勘定                              8,908
         電話加入権                              3,972
         のれん                             224,807
                                     1,205,069
         顧客関連資産                                            1,492,663
       投資その他の資産
         投資有価証券                              4,134
         差入保証金                             385,819
         繰延税金資産                             458,899
                                       3,244               852,097
         その他の投資
            固定資産計                                            2,513,565
                                                     9,965,973
             資産合計
                                77/95






                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:千円)

                                      当中間会計期間
                                     (2021年6月30日)
       科目
                                 内訳                 金額
          ( 負債の部)
     流動負債
       預り金                                                46,536
       リース債務                                                3,054
       未払金
         未払償還金                                27
         未払手数料                             214,556
                                      765,738
         その他未払金                                             980,322
       未払費用                                               185,771
       未払法人税等                                                39,866
       未払消費税等 ※2                                               129,554
       賞与引当金                                               895,933
                                                       21,553
       その他の流動負債
            流動負債計
                                                     2,302,593
     固定負債
       長期預り金                                               117,535
       リース債務                                                4,084
       退職給付引当金                                               757,157
       役員退職慰労引当金                                                82,879
       資産除去債務                                                81,876
           固定負債計                                            1,043,533
            負債合計
                                                     3,346,126
          ( 純資産の部)
     株主資本
       資本金                                              4,000,000
       資本剰余金
                                     1,406,953                 1,406,953
         資本準備金
          資本剰余金合計
                                                     1,406,953
       利益剰余金
         その他利益剰余金
                                     1,211,290                 1,211,290
           繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                                            1,211,290
          株主資本合計                                            6,618,243
     評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                                1,602
          評価・換算差額等合計                                              1,602
            純資産合計                                            6,619,846
                                                     9,965,973
          負債・純資産合計
                                78/95



                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)  中間損益計算書
                                          (単位:千円)
                                    当中間会計期間
                                   ( 自 2021年1月1日
                                    至 2021年6月30日)
       科目                                金額
     営業収益
       委託者報酬                                     1,595,004
       運用受託報酬                                     2,191,418
       投資助言報酬                                       48,632
                                            1,259,845
       その他営業収益
           営業収益計
                                            5,094,901
     営業費用
       支払手数料                                      634,946
       その他営業費用                                      877,984
           営業費用計                                   1,512,931
     一般管理費 ※1                                       3,507,919
     営業利益                                         74,050
     営業外収益 ※2
                                              27,151
     営業外費用                                         8,542
     経常利益                                         92,658
     税引前中間純利益                                         92,658
     法人税、住民税及び事業税                                         2,272
                                             108,353
     法人税等調整額
           法人税等計                                     110,625
                                             △17,967
     中間純損失(△)
    [ 注記事項]

    (重要な会計方針)

      1.有価証券の評価基準及び評価方法

        その他有価証券
        時価のあるもの
         中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売
        却原価は、移動平均法により算定)
      2.固定資産の減価償却の方法

      (1)有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。但し、                   資産除去債務に係る建物附属設備及び                    平成28年4月1日以降に取得
       した建物附属設備については定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物附属設備 5~18年
        器具備品   3~15年
      (2)無形固定資産

        定額法を採用しております。
        なお、主な償却年数は20年であります。
        ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
       よっております。
      (3)リース資産

                                79/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3.引当金の計上基準

      (1)貸倒引当金
        一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検
       討し、回収不能見込額を計上しております。なお、当中間会計期間末に計上すべき貸倒引当金はありま
       せん。
      (2)賞与引当金

        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき、当中間会計期間に見合う分
       を計上しております。
      (3)退職給付引当金

        従業員の退職給付に備えるため、簡便法により、当中間会計期間末における自己都合退職による要支
       給額を計上しております。
      (4)役員退職慰労引当金

        役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づき、当中間会計期間末における要支給額を計上し
       ております。
      4.  外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、当中間会計期間末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は為替換
       算差損益として処理しております。
      5.その他中間財務諸表作成のための基礎となる事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式によっております。
                                80/95












                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (中間    貸借対照表      関係)
     ※1   有形固定資産の減価償却累計額

                                                   (単位:千円)
                                            当中間会計期間末
                                             (2021   年6月30日)
         有形固定資産の減価償却累計額                                      450,155
     ※2   消費税等の取扱い

       仮払消費税等           及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「未払消費税等」として表示しておりま
       す。
    (中間損益計算書関係)

     ※1   減価償却実施額は、次のとおりであります。

                                                   (単位:千円)
                                             当中間会計期間
                                            ( 自 2021年1月1日
                                             至 2021年6月30日)
         有形固定資産                                       32,155
         無形固定資産                                       89,874
     ※2   営業外収益の主要な項目は              、次のとおりであります。

                                                   (単位:千円)
                                             当中間会計期間
                                            ( 自 2021年1月1日
                                             至 2021年6月30日)
         受取利息                                       25,138
    (リース取引関係)

    1.オペレーティング・リース取引

    (借主側)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                   (単位:千円)
                                          当中間会計期間末
                                          (2021   年6月30日)
                                             41,627
         1 年以内
                                                -
         1 年超
                                             41,627
         合計
      なお、オペレーティング・リース取引の内容は、不動産賃借契約によるものであります。

                                81/95




                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    1.    金融商品の時価等に関する事項

       中間貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把
      握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
      当中間会計期間末(2021年6月30日)

                                                  (単位:千円)
                         中間貸借対照表
                                          時価  (*)          差額
                           計上額    (*)
        (1)  預金                    3,274,280              3,274,280             -

        (2)  未収入金                     545,673              545,673           -
        (3)  未収委託者報酬                     650,152              650,152           -
        (4)  未収運用受託報酬                     404,596              404,596           -
        (5)  未収投資助言報酬                      16,159              16,159           -
        (6)  短期貸付金                    2,500,000              2,500,000             -
        (7)  投資有価証券
           その他有価証券                     4,134              4,134          -
        (8)  差入保証金                     385,819              385,859           40
             資産計                 7,780,815              7,780,855             40
        (1)  預り金                     (46,536)              (46,536)           -
        (2)  未払手数料                     (214,556)              (214,556)            -
        (3)  その他未払金                     (765,738)              (765,738)            -
        (4)  未払費用                     (185,771)              (185,771)            -
        (5)  未払法人税等                     (39,866)              (39,866)           -
        (6)  未払消費税等                     (129,554)              (129,554)            -
        (7)  長期預り金                     (117,535)              (117,548)           △12
             負債計                (1,499,559)              (1,499,572)            △12
      (*) 負債に計上されているものについては、( )で示しています。
     ( 注)金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

      資産

       (1)  預金   (2)未収入金       (3)  未収委託者報酬         (4)  未収運用受託報酬          (5)  未収投資助言報酬          (6)  短期貸付金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっており
       ます。
       (7)  投資有価証券
        基準価額を基に算出しております。
       (8)  差入保証金
        返還されるまでの残存期間に応じた日本円のスワップカーブにおける利回りで割り引いた現在価値に
       より算定しております。
      負債

       (1)  預り金    (2)未払手数料        (3)  その他未払金        (4)未払費用       (5)  未払法人税等        (6)未払消費税等
                                82/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっておりま                                                   す。
       (7)  長期  預り金
        返還するまでの残存期間に応じた日本円のスワップカーブにおける利回りで割り引いた現在価値によ
       り算定しております。
    (有価証券関係)

       その他有価証券

         当中間会計期間末(2021年6月30日)
                                      中間貸借対照表
                             取得原価                        差額
                                         計上額
                区分
                             ( 千円)           ( 千円)           ( 千円)
         中間貸借対照表計上額が取得
         原価を超えるもの
           株式                        -           -           -
           債券                        -           -           -
           その他                      1,823           4,134           2,310
                小計                  1,823           4,134           2,310
         中間貸借対照表計上額が取得
         原価を超えないもの
           株式                        -           -           -
           債券                        -           -           -
           その他                        -           -           -
                小計                   -           -           -
                合計                  1,823           4,134           2,310
    (資産除去債務関係)

      資産除去債務の総額の増減

                                                   (単位:千円)
                                          当中間会計期間
                                         ( 自 2021年1月1日
                                          至 2021年6月30日)
         当期首残高                                               81,946
         時の経過による調整額                                                △69
         当中間会計期間末残高                                               81,876
                                83/95





                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)
      [ セグメント情報]

      当社のセグメントは、投資運用業者として単一であるため、記載を省略しております。

      [ 関連情報]

      当中間会計期間(自 2021年1月1日 至 2021年6月30日)
     ① 製品及びサービスごとの情報

        製品・サービス区分の決定方法は、中間損益計算書の営業収益の区分と同じであることから、製品・
      サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
     ② 地域ごとの情報

        ( 1)  営業収益
                                                (単位:千円)
             日本          米国          欧州         その他          合計
             1,490,954           988,080          885,341          135,519         3,499,896

        ( 注1)   営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (注2)    営業収益のうち委託者報酬に関しては、                      当社が運用している投資信託には公募投信が多数含ま
        れており、      委託者報酬を最終的に負担する受益者の情報は制度上把握しえないため、除外しておりま
        す。
        ( 2)  有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の                                            90 %を超えて
          いるため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
     ③ 主要な顧客ごとの情報

       (1)    その他    営業収益

                                                   (単位:千円)
              顧客の氏名又は名称                  その他営業収益             関連するセグメント名
          Invesco     Advisers,      Inc.
                                      703,869          投資運用業
          Invesco     Management       SA
                                      190,231          投資運用業
       (2)委託者報酬

          委託者報酬については、制度上、顧客情報を知りえないため、記載を省略しております。
       (3)運用受託報酬

          運用受託報酬については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省略してお
        ります。
       (4)投資助言報酬

          投資助言報酬については、顧客との守秘義務契約により、開示が出来ないため、記載を省略してお
        ります。
      [ 報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

                                84/95

                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      [ 報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]

       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      [ 報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

       単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    (1株当たり情報)

      1株当たり純資産額及び1株当たり中間純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                          当中間会計期間末

                                          (2021   年6月30日)
         (1)1株当たり純資産額                                           165,496    円15銭
                                          当中間会計期間

                                          ( 自  2021年1月1日
                                          至  2021年6月30日)
         (2)1株当たり中間純損失金額(△)                                            △449円17銭
         (算定上の基礎)

         中間純損失金額(△)(             千円)                                △17,967

         普通株式に係る中間純損失(△)(千円)                                             △17,967

         普通株主に帰属しない金額               (千円)
                                                          -
         普通株式の期中平均株式数(株)                                               40,000

        (注)    潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません    。
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。

                                85/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】

      金融商品取引法で禁止               a.自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引

      されている、利害関係                  を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に
      人との取引行為                  欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業
                        の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定
                        めるものを除きます。)。
                     b.運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用
                        を行うこと(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を
                        害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれが
                        ないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
                     c.通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害す
                        るおそれのある条件で、委託会社の親法人等(委託会社の
                        総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当
                        該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団
                        体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下
                        同じです。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決
                        権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引
                        業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で
                        定める要件に該当する者をいいます。以下同じです。)と
                        有価証券の売買その他の取引または店頭デリバティブ取引
                        を行うこと。
                     d.委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、そ
                        の行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の額また
                        は市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容と
                        した運用を行うこと。
                     e.上記c.およびd.に掲げるもののほか、委託会社の親法
                        人等または子法人等が関与する行為であって、投資者の保
                        護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取
                        引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣府令
                        で定める行為。
    5【その他】

      定款の変更等               定款の変更は、株主総会の決議が必要です。

      訴訟事件その他重要事               訴訟、その他会社の経営に重要な影響を与えた事実、または与
      項               えると予想される事実はありません。
                                86/95







                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
     (1)  受託会社

                            資本金の額

             名称                                  事業の内容
                         (2021   年3月31日現在)
                                         銀行法に基づき銀行業を営む

                                         とともに、金融機関の信託業
      三井住友信託銀行株式会社                         342,037百万円          務の兼営等に関する法律(兼
                                         営法)に基づき信託業務を営
                                         んでいます。
     (2)  販売会社

                             資本金の額
             名称                                  事業の内容
                         (2021   年3月31日現在)
                                         「金融商品取引法」に定める

      三菱UFJモルガン・スタ
                                40,500百万円          第一種金融商品取引業を営ん
      ンレー証券株式会社
                                         でいます。
                                         銀行法に基づき銀行業を営む

                                         とともに、金融機関の信託業
      三井住友信託銀行株式会社                         342,037百万円          務の兼営等に関する法律(兼
                                         営法)に基づき信託業務を営
                                         んでいます。
                                87/95











                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【関係業務の概要】
       受託会社              ファンドの受託会社として、投資信託財産の保管・管理・計算な
                     どを行います。
                     受託会社は、ファンドにかかる信託事務の一部につき、下記再信
                     託受託会社に委託することができます。
       再信託受託会社の概

       要
                     名称        株式会社日本カストディ銀行
                     資本金        51,000百万円(2021年3月31日現在)
                     事業の内        銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関
                     容        の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)に基
                             づき信託業務を営んでいます。
                     再信託の        原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の
                     目的        管理)を、原信託受託会社から再信託受託会社
                             (株式会社日本カストディ銀行)へ委託するた
                             め、原信託財産のすべてを再信託受託会社へ移管
                             することを目的とします。
       販売会社              ファンドの販売会社として、受益権の募集・販売の取り扱いを行

                     い、投資信託説明書(交付目論見書)・投資信託説明書(請求目
                     論見書)の交付、運用報告書の交付代行、分配金・換金代金・償
                     還金の支払いおよび分配金の再投資に関する事務などを行いま
                     す。
    3【資本関係】

       受託会社               該当事項はありません。

       販売会社               該当事項はありません。

                                88/95










                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】

      目論見書の名称等               目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」ま
                     たは「投資信託説明書(請求目論見書)」という名称を用いる
                     ことがあります。
      目論見書の表紙等の記               ・交付目論見書の表紙等に、以下の趣旨の事項を記載します。

      載事項                -ファンドに関する「投資信託説明書(請求目論見書)」
                        (以下「請求目論見書」といいます。)を含む詳細な情報
                        は、委託会社のホームページに掲載しています。また、信
                        託約款の全文は請求目論見書に記載しています。
                      -ファンドの商品内容に関して重大な変更を行う場合には、
                        投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198
                        号)に基づき、事前に受益者の意向を確認します。
                      -ファンドの投資信託財産は、信託法(平成18年法律第108
                        号)に基づき、受託会社において分別管理されています。
                     ・請求目論見書の表紙等に、課税上は株式投資信託として取り
                       扱われる旨を記載することがあります。
                     ・目論見書の表紙等に使用開始日を記載することがあります。
                     ・目論見書の表紙等または本文にロゴ・マーク、図案および
                       キャッチコピーを採用すること、またファンドの商品分類、
                       お申し込みに関する事項などを記載することがあります。
                     ・目論見書の表紙等に、投信評価機関、投信評価会社などによ
                       るレーティング、評価情報および評価分類などを表示する場
                       合があります。
                     ・目論見書の表紙等に、ファンドおよび他の構成ファンドとの
                       総称として「サテライトポートフォリオ用」と表示すること
                       があります。
      請求目論見書の掲載事               請求目論見書に、ファンドの信託約款を掲載します。

      項
      目論見書の使用方法等               目論見書は、電子媒体として使用される他、インターネットな

                     どに掲載されることがあります。
                                89/95









                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                   2021  年 3 月 5 日
     インベスコ・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                         PwCあらた有限責任監査法人

                             東京  事務所
                          指定有限責任社員
                                    公認会計士  榊 原 康 太
                          業務執行社員
     監査意見


      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状
     況」に掲げられている          インベスコ・アセット・マネジメント株式会社                      の 2020  年1月1日     から  2020  年12月31日     までの第
     31 期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他
     の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、                                                  イン
     ベスコ・アセット・マネジメント株式会社                    の 2020  年12月31日     現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経
     営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠
      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準にお
     ける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
     る職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たして
     いる。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者           及び監査役     の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうか
     を評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
     必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役   の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における                         取締役   の職務の執行を監視することにある。
     財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の
     意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家
     としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
      続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
      適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
      及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
      結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
      項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
      づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
                                90/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
      会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、     監査役   に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不
     備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以    上
     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                91/95
















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                   2021年10月6日
     インベスコ・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                        PwCあらた有限責任監査法人

                            東京事務所
                         指定有限責任社員
                                   公認会計士 榊 原 康 太
                         業務執行社員
     監査意見


      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」
     に掲げられているクオリティ企業先進国株式オープン(ラップ向け)の2020年8月6日から2021年8月5日までの
     計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を
     行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ク
     オリティ企業先進国株式オープン(ラップ向け)の2021年8月5日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了す
     る計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠
      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準に
     おける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国に
     おける職業倫理に関する規定に従って、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社及びファンドから独立して
     おり、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分か
     つ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどう
     かを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
     する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
     示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
     することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利
     用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門
     家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査
      手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分
      かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
      価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理
      性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
      づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
      うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の
      注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸
      表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監
      査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性があ
      る。
                                92/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
      かどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取
      引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
     不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     利害関係
      インベスコ・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
     計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以    上
    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

         ます。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                93/95
















                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                  2021年9月3日
     インベスコ・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                        PwCあらた有限責任監査法人

                            東京事務所
                         指定有限責任社員
                                   公認会計士  榊 原 康 太
                         業務執行社員
     中間監査意見


      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状
     況」に掲げられているインベスコ・アセット・マネジメント株式会社の2021年1月1日から2021年12月31日まで
     の第32期事業年度の中間会計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、
     中間貸借対照表、中間損益計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
     に準拠して、インベスコ・アセット・マネジメント株式会社の2021年6月30日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する中間会計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示してい
     るものと認める。
     中間監査意見の根拠
      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中
     間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
     監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのそ
     の他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠
     を入手したと判断している。
     中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸
     表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸
     表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切で
     あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企
     業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     中間財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関し
     て投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において
     独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可
     能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場
     合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、
     職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・   不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リス
      クに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査
      と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表
      示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適
      用される。
     ・   中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リ
      スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な
      情報の表示に関連する内部統制を検討する。
     ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関
      連する注記事項の妥当性を評価する。
                                94/95


                                                          EDINET提出書類
                                           インベスコ・アセット・マネジメント株式会社(E06479)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ・   経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証
      拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら
      れるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書にお
      いて中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が
      適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論
      は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
      として存続できなくなる可能性がある。
     ・   中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中
      間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統
     制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項につい
     て報告を行う。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                   以    上
     (注)1.     上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管

          しております。
        2.  XBRL  データは中間監査の対象には含まれていません。
                                95/95














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。