富士精工株式会社 四半期報告書 第64期第2四半期(令和3年6月1日-令和3年8月31日)

提出書類 四半期報告書-第64期第2四半期(令和3年6月1日-令和3年8月31日)
提出日
提出者 富士精工株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                    東海財務局長
     【提出日】                    2021年10月13日
     【四半期会計期間】                    第64期第2四半期(自 2021年6月1日 至 2021年8月31日)
     【会社名】                    富士精工株式会社
     【英訳名】                    FUJI   SEIKO   LIMITED
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  鈴木 龍城
     【本店の所在の場所】                    愛知県豊田市吉原町平子26番地
     【電話番号】                    (0565)53-6611(代表)
     【事務連絡者氏名】                    経営企画部長  近藤 規央
     【最寄りの連絡場所】                    愛知県豊田市吉原町平子26番地
     【電話番号】                    (0565)53-6611(代表)
     【事務連絡者氏名】                    経営企画部長  近藤 規央
     【縦覧に供する場所】                    株式会社名古屋証券取引所
                          (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                 1/21













                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第63期           第64期
              回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第63期
                              累計期間           累計期間
                           自2020年3月1日           自2021年3月1日           自2020年3月1日
             会計期間
                           至2020年8月31日           至2021年8月31日           至2021年2月28日
                                8,127,557           10,083,994           17,354,371
     売上高                (千円)
                                            617,025            96,918
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 134,561
     親会社株主に帰属する四半期純利
                                            444,354
     益又は親会社株主に帰属する四半                (千円)           △ 143,145                      △ 24,840
     期(当期)純損失(△)
                                            990,160           308,629
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           △ 412,310
                                20,113,124           21,670,972           20,741,390
     純資産額                (千円)
                                24,721,929           26,660,161           25,665,363
     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                             121.16
     1株当たり四半期(当期)純損失                 (円)           △ 39.03                      △ 6.77
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                                   72.8           72.7           72.4
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                                1,149,977           1,034,751           1,448,563
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (千円)           △ 811,445          △ 785,298         △ 1,220,933
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (千円)           △ 67,068          △ 305,847           △ 94,307
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                8,276,486           8,320,162           8,189,607
                     (千円)
     (期末)残高
                              第63期           第64期

              回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自2020年6月1日           自2021年6月1日
             会計期間
                           至2020年8月31日           至2021年8月31日
     1株当たり四半期純利益金額
                                             72.65
     又は1株当たり四半期純損失                 (円)           △ 70.67
     金額(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につきましては記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第64期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額につきましては、潜在株式が
           存在しないため記載しておりません。第63期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純
           利益金額及び第63期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては、1株当たり四半期(当
           期)純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 2/21




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
        また  、 主要な関係会社の異動につきましては                 、 第1四半期連結会計期間において               、 当社は   、 志賀機械工業株式会          社の
      全株式を取得し連結子会社といたしました                   。
        この結果    、 2021年8月31日現在では           、 当社グループは       、 当社  、 連結子会社13社及び持分法適用関連会社1社により                        構
      成されることになりました            。
                                 3/21


















                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1) 財政状態及び経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間における世界経済は                     、 前連結会計年度から続く新型コロナウイルスの感染拡大によ
        り 、 当社グループの受注環境及び生産態勢は依然として不透明感が続いております                                    。 また  、 米中の貿易摩擦などによ
        る先行きの不透明さは依然として継続している状況にあり                           、 中国子会社をはじめとする当社グループの受注環境に
        影響を及ぼしております           。 さらに、世界的に半導体不足の影響が深刻化しており、先行きの不透明感が一層強まっ
        ている状況となっております。
         わが国経済におきましても、政府による緊急事態宣言は発出と解除を繰り返している状況にあり、一部の業種
        に持ち直しの兆しが見えるなど国内経済は緩やかに回復しつつあるもの                                 、 新型コロナウイルスの感染拡大前の水準
        には至っておりません          。
         当社グループの主要な取引先であります自動車産業界におきましては                                、 電動化の推進      、 自動運転や安全装備など
        の技術開発への投資は継続されるものの                  、 東南アジアからの部品供給不足や世界的な半導体不足の影響により生産
        額の計画値に対して下振れリスクが懸念され                    、 先行きの不透明感が強まっている状況となっております                          。
         このような状況のもと          、 当社グループは工作機械の製造に実績のある志賀機械工業株式会社を新たな仲間として
        迎え  、 収益基盤の強化を図るべく新たな取り組みを開始しております                             。 また  、 データとデジタル技術を活用し              、 新た
        なビジネススタイルを創造していくことを目的としたDX管理室を新設し                                  、 中期的な競争力の強化を狙った活動を
        行っております       。
         この結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は10,083百万円(前年同四半期比24.1%増)、営業利益
        は313百万円(前年同四半期は221百万円の営業損失)、経常利益は617百万円(前年同四半期は134百万円の経常
        損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益は444百万円(前年同四半期は143百万円の親会社株主に帰属する四
        半期純損失)となりました。
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

        ①日本
         当地域におきましては、足元の設備投資は回復傾向にあり、工具、治具等の売上も堅調に推移したことなどに
        より、売上高は4,622百万円(前年同四半期比12.8%増)となりました。
         また、経費最小活動により売上原価や販売管理費を圧縮したものの、生産調整による固定費負担増などによ
        り、セグメント損失は35百万円(前年同四半期は212百万円のセグメント損失)となりました。
        ②アジア
         当地域におきましては、中国を中心に、新型コロナウイルスの感染拡大により失速していた自動車生産が回復
        し、売上高は3,077百万円(前年同四半期比29.0%増)となりました。
         また、超硬素材高騰による材料費の増加や労務費高騰などにより売上原価が増加しているものの、経費削減を
        進めたことなどにより、セグメント利益は136百万円(前年同四半期は127百万円のセグメント損失)となりまし
        た。
        ③北米・中米
         当地域におきましては、個人消費を中心に需要が増加し、自動車産業界も一時は供給が追い付かない状況とな
        るなど、国内生産が好調に推移したことから、売上高は1,224百万円(前年同四半期比66.2%増)となりました。
         また、まとまった受注が入ることで生産性が大幅に向上し、セグメント利益は108百万円(前年同四半期比
        1,290.9%増)となりました。
        ④オセアニア
         当地域におきましては、断熱材の需要が引き続き堅調に推移したことにより、売上高は869百万円(前年同四半
        期比27.8%増)となりました。
         また、堅調な受注に支えられ利益を確保することとなり、セグメント利益は62百万円(前年同四半期比53.6%
        増)となりました。
        ⑤その他
         当地域におきましては、売上高は290百万円(前年同四半期比28.4%増)、セグメント利益は23百万円(前年同
        四半期比267.5%増)となりました。
                                 4/21


                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
         財政状態は、次のとおりであります。
        ①資産
         当第2四半期連結会計期間末における総資産は26,660百万円となり、前連結会計年度末と比較して、994百万円
        増加いたしました。これは主に、現金及び預金が322百万円、受取手形及び売掛金が213百万円減少したものの、
        有価証券が831百万円、土地が671百万円それぞれ増加したことなどによるものであります。
        ②負債
         当第2四半期連結会計期間末における負債合計は4,989百万円となり、前連結会計年度末と比較して、65百万円
        増加いたしました。これは主に、短期借入金が298百万円減少したものの、長期借入金が150百万円、未払法人税
        等が109百万円、1年内返済予定の長期借入金が95百万円それぞれ増加したことなどによるものであります。
        ③純資産
         当第2四半期連結会計期間末における純資産は21,670百万円となり、前連結会計年度末と比較して、929百万円
        増加いたしました。これは主に、利益剰余金が389百万円、為替換算調整勘定が307百万円、それぞれ増加したこ
        となどによるものであります。
         この結果、当第2四半期連結会計期間末の自己資本比率は72.7%となりました。
      (2) キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結
        会計年度末と比較して、130百万円増加し、8,320百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果、得られた資金は1,034百万円(前年同四半期比10.0%減)となりました。
         これは主に、仕入債務の減少額226百万円などがあったものの、税金等調整前四半期純利益710百万円、減価償
        却費526百万円などによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果、使用した資金は785百万円(前年同四半期比3.2%減)となりました。
         これは主に、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出352百万円、有形固定資産の取得による支出
        288百万円などによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果、使用した資金は305百万円(前年同四半期比356.0%増)となりました。
         これは主に、短期借入金の純増減額△343百万円、配当金の支払額55百万円などによるものであります。
      (3) 会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の
        分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (4) 経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
        ありません。
      (5) 事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (6) 研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間における当社グループ全体の研究開発活動の金額は53百万円であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                 5/21




                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          10,000,000

                  計                               10,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2021年10月13日)
              (2021年8月31日)                          取引業協会名
                                       名古屋証券取引所             単元株式数
                   4,306,778             4,306,778
     普通株式
                                       市場第二部             100株
                   4,306,778             4,306,778
        計                                    -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                 6/21












                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                 (株)
     2021年6月1日~
                    -    4,306,778           -    2,882,016           -    4,132,557
     2021年8月31日
      (5)【大株主の状況】

                                                  2021年8月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数       除く。)の総
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)      数に対する所
                                                     有株式数の割
                                                     合(%)
      C.I.F.HOLDING株式会社
                                                 251       6.84
                       東京都渋谷区東1丁目2番20号 1204号
                                                 236       6.43
      有限会社シーマックス                 愛知県豊田市吉原町平子26番地
                                                 210       5.72
      株式会社晃永                 東京都品川区南大井6丁目17番1号
                                                 125       3.41
      森 誠                 愛知県豊田市
                                                 112       3.06
      富士精工従業員持株会                 愛知県豊田市吉原町平子26番地
                                                 111       3.04
      株式会社大垣共立銀行                 岐阜県大垣市郭町3丁目98番地
                                                  92       2.51
      株式会社三菱UFJ銀行                 東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                                                  90       2.47
      森 仁志                 愛知県安城市
                                                  77       2.10
      三菱マテリアル株式会社                 東京都千代田区丸の内3丁目2番3号
                                                  62       1.70
      第一生命保険株式会社                 東京都千代田区有楽町1丁目13番1号
                                                1,369        37.30
             計                    -
                                 7/21










                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年8月31日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                            -       -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                            -       -            -

      議決権制限株式(その他)                            -       -            -

                      (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                   -            -
                               639,300
                      普通株式
                              3,646,600          36,466
      完全議決権株式(その他)                 普通株式                               -
                                20,878
      単元未満株式                 普通株式                   -            -
                              4,306,778
      発行済株式総数                                   -            -
                                        36,466
      総株主の議決権                            -                   -
     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式36株が含まれております。

        ②【自己株式等】

                                                  2021年8月31日現在
                                                   発行済株式総数
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                   (%)
                 愛知県豊田市吉原町
                              639,300               639,300          14.84
      富士精工株式会社                                   -
                 平子26番地
                              639,300               639,300          14.84
          計           -                   -
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 8/21










                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年6月1日から2021
      年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任           あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 9/21

















                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年2月28日)              (2021年8月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       7,977,563              7,655,559
        現金及び預金
                                       3,325,792              3,112,550
        受取手形及び売掛金
                                        951,452             1,100,691
        電子記録債権
                                        461,684             1,293,263
        有価証券
                                       1,498,854              1,407,697
        商品及び製品
                                        556,730              596,762
        仕掛品
                                        444,355              595,443
        原材料及び貯蔵品
                                        495,759              322,383
        その他
                                       △ 73,239             △ 78,837
        貸倒引当金
                                      15,638,953              16,005,514
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       1,853,958              1,876,078
          建物及び構築物(純額)
                                       4,262,487              4,189,963
          機械装置及び運搬具(純額)
                                       1,456,649              2,127,737
          土地
                                        23,123              56,777
          建設仮勘定
                                        236,003              213,520
          その他(純額)
                                       7,832,222              8,464,076
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                268,638              366,335
        投資その他の資産
                                       1,414,174              1,302,411
          投資有価証券
                                         4,599              6,769
          長期貸付金
                                        348,519              322,655
          繰延税金資産
                                        186,429              217,244
          その他
                                       △ 28,174             △ 24,846
          貸倒引当金
                                       1,925,549              1,824,235
          投資その他の資産合計
                                      10,026,410              10,654,646
        固定資産合計
                                      25,665,363              26,660,161
       資産合計
                                10/21









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年2月28日)              (2021年8月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       1,185,618              1,011,327
        支払手形及び買掛金
                                        826,202              528,011
        短期借入金
                                        106,830              202,499
        1年内返済予定の長期借入金
                                        46,015              155,661
        未払法人税等
                                        126,588              173,165
        賞与引当金
                                       1,530,194              1,337,724
        その他
                                       3,821,450              3,408,390
        流動負債合計
       固定負債
                                        82,849              233,701
        長期借入金
                                                      164,343
        繰延税金負債                                  -
                                        848,894              967,026
        退職給付に係る負債
                                                       40,860
        役員退職慰労引当金                                  -
                                        170,778              174,866
        その他
                                       1,102,522              1,580,797
        固定負債合計
                                       4,923,972              4,989,188
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,882,016              2,882,016
        資本金
                                       4,162,614              4,162,611
        資本剰余金
                                      13,334,986              13,724,326
        利益剰余金
                                       △ 918,349             △ 918,675
        自己株式
                                      19,461,267              19,850,279
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        355,232              380,432
        その他有価証券評価差額金
        為替換算調整勘定                               △ 412,070             △ 104,810
                                       △ 810,078             △ 741,426
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               △ 866,917             △ 465,803
                                       2,147,040              2,286,496
       非支配株主持分
                                      20,741,390              21,670,972
       純資産合計
                                      25,665,363              26,660,161
     負債純資産合計
                                11/21









                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年8月31日)               至 2021年8月31日)
                                       8,127,557              10,083,994
     売上高
                                       6,481,723              7,768,250
     売上原価
                                       1,645,834              2,315,744
     売上総利益
                                      ※ 1,867,543             ※ 2,002,546
     販売費及び一般管理費
                                                      313,198
     営業利益又は営業損失(△)                                 △ 221,708
     営業外収益
                                        21,521              20,730
       受取利息
                                        15,094              36,351
       受取配当金
                                                       92,922
       為替差益                                    -
                                                       46,081
       持分法による投資利益                                    -
                                        40,886              31,993
       技術指導料
                                        52,959              78,392
       その他
                                        130,461              306,471
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         4,446              2,204
       支払利息
                                          365              131
       売上割引
                                        18,726
       為替差損                                                  -
                                        19,514
       持分法による投資損失                                                  -
                                          261              308
       その他
                                        43,314               2,644
       営業外費用合計
                                                      617,025
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 134,561
     特別利益
                                          443               49
       固定資産売却益
                                                      102,130
                                          -
       投資有価証券売却益
                                          443            102,180
       特別利益合計
     特別損失
                                          714             7,249
       固定資産除売却損
                                                        875
       投資有価証券売却損                                    -
                                        26,199
       投資有価証券評価損                                                  -
                                                        302
                                          -
       ゴルフ会員権評価損
                                        26,914               8,426
       特別損失合計
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                                      710,778
                                       △ 161,032
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税                                   51,131              165,726
                                                       31,340
                                       △ 16,777
     法人税等調整額
                                        34,353              197,067
     法人税等合計
                                                      513,711
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                 △ 195,386
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                                       69,356
                                       △ 52,240
     に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                                      444,354
                                       △ 143,145
     に帰属する四半期純損失(△)
                                12/21





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年8月31日)               至 2021年8月31日)
                                                      513,711
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                 △ 195,386
     その他の包括利益
                                        27,734              25,200
       その他有価証券評価差額金
                                                      385,238
       為替換算調整勘定                                △ 326,606
                                        87,275              68,306
       退職給付に係る調整額
                                        △ 5,328             △ 2,296
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                                      476,448
       その他の包括利益合計                                △ 216,924
                                                      990,160
     四半期包括利益                                 △ 412,310
     (内訳)
                                                      845,468
       親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 294,960
                                                      144,691
       非支配株主に係る四半期包括利益                                △ 117,349
                                13/21















                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年8月31日)               至 2021年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                                      710,778
                                       △ 161,032
       期純損失(△)
                                        519,484              526,509
       減価償却費
                                        19,514
       持分法による投資損益(△は益)                                               △ 46,081
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 39,937             △ 20,671
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 13,130                -
                                        36,482              44,458
       賞与引当金の増減額(△は減少)
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,741             △ 3,781
                                                        540
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    -
       受取利息及び受取配当金                                 △ 36,615             △ 57,082
                                         4,446              2,204
       支払利息
                                          270             7,200
       有形固定資産除売却損益(△は益)
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -           △ 101,255
                                        26,199
       投資有価証券評価損益(△は益)                                                  -
                                       1,504,748               214,915
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        173,452              104,263
       たな卸資産の増減額(△は増加)
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 745,572             △ 226,148
                                       △ 79,135             △ 116,253
       その他
                                       1,205,435              1,039,595
       小計
                                        36,563              57,027
       利息及び配当金の受取額
       利息の支払額                                 △ 2,278             △ 1,848
                                                       74,961
       法人税等の還付額                                    -
                                       △ 89,743             △ 134,985
       法人税等の支払額
                                       1,149,977              1,034,751
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                    -           △ 77,810
       有価証券の取得による支出                                △ 209,945             △ 203,875
                                        55,128              274,464
       有価証券の売却及び償還による収入
       有形固定資産の取得による支出                                △ 616,331             △ 288,250
                                         3,736                78
       有形固定資産の売却による収入
       貸付けによる支出                                 △ 1,391             △ 2,786
                                         1,027               515
       貸付金の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                          -           △ 352,657
       支出
                                       △ 43,670             △ 134,978
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 811,445             △ 785,298
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 10,853             △ 343,743
                                        98,871              200,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 59,896             △ 105,500
                                          107               54
       自己株式の売却による収入
       自己株式の取得による支出                                  △ 371             △ 382
       配当金の支払額                                 △ 91,612             △ 55,151
       非支配株主への配当金の支払額                                 △ 2,783             △ 1,035
                                         △ 529              △ 88
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 67,068             △ 305,847
                                                      186,949
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                 △ 157,613
                                        113,849              130,555
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       8,162,636              8,189,607
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 8,276,486             ※ 8,320,162
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/21



                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項はありません。
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

         第1四半期連結会計期間において、株式取得により志賀機械工業株式会社を子会社化したことにともない、第1
        四半期連結会計期間から同社を連結の範囲に含めております。
         なお、被取得企業のみなし取得日を2021年3月1日としており、かつ四半期連結決算日との差異が3ヵ月を超え
        ないことから、第1四半期連結会計期間は貸借対照表のみ連結し、当第2四半期連結会計期間より損益計算書を連
        結しております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         該当事項はありません。
        (財政状態、経営成績又はキャッシュ・フローの状況に関する事項で、企業集団の財政状態、経営成績及びキャッ

        シュ・フローの状況の判断に影響を与えると認められる重要なもの)
         該当事項はありません。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
          前連結会計年度の有価証券報告書に記載した新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見
         積りの仮定について、重要な変更はありません。
         (新型コロナウイルス感染症に関するその他の事項)

          当社及び国内連結子会社2社は               、 新型コロナウイルス感染症の影響にともない                    、 休業を実施したことにより支給
         した休業手当等について           、 雇用調整助成金の特例措置の適用を受け                  、 助成金の支給見込額49,465千円を販売費及び
         一般管理費ならびに当期製造費用の給料手当から控除しております                               。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    2020年3月1日              (自    2021年3月1日
                             至     2020年8月31日)               至     2021年8月31日)
     役員報酬                                77,719   千円              90,969   千円
                                    806,279                 891,075
     給料手当
                                     52,887                 56,211
     賞与引当金繰入額
                                     65,116                 68,735
     退職給付費用
                                     61,903                 67,362
     減価償却費
                                     50,352                 53,260
     研究開発費
                                15/21







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
           おりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2020年3月1日              (自    2021年3月1日
                             至   2020年8月31日)               至   2021年8月31日)
     現金及び預金勘定                              7,468,593千円                 7,655,559千円
     有価証券(MMF等)                               807,893                 744,842
     預入期間が3ヶ月超の定期預金                                  -              △80,240
     現金及び現金同等物                              8,276,486                 8,320,162
        (株主資本等関係)

        Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年8月31日)
         1.配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             配当額(円)
      2020年5月20日
               普通株式         91,697         25   2020年2月29日         2020年5月21日         利益剰余金
      定時株主総会
        2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
                             1株当たり
                     配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             配当額(円)
      2020年10月14日
               普通株式         91,693         25   2020年8月31日         2020年11月16日         利益剰余金
       取締役会
         3.株主資本の著しい変動に関する事項

           株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動はありません。
        Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)

         1.配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             配当額(円)
      2021年5月19日
               普通株式         55,015         15   2021年2月28日         2021年5月20日         利益剰余金
      定時株主総会
        2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
                             1株当たり
                     配当金の総額
       (決    議)
               株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             配当額(円)
      2021年10月13日
               普通株式         55,011         15   2021年8月31日         2021年11月15日         利益剰余金
       取締役会
         3.株主資本の著しい変動に関する事項

           株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動はありません。
                                16/21





                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自2020年3月1日 至2020年8月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                                                        計上額
                                        (注)1           (注)2
              日本     アジア    北米・中米     オセアニア       計
                                                        (注)3
     売上高
      外部顧客への
             4,098,053     2,385,763      736,895     680,647    7,901,360      226,197    8,127,557        -  8,127,557
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高        864,384     279,897       784      -  1,145,067       5,677    1,150,744    △ 1,150,744        -
      又は振替高
        計     4,962,438     2,665,661      737,680     680,647    9,046,427      231,874    9,278,302    △ 1,150,744     8,127,557
     セグメント利益
             △ 212,267    △ 127,369      7,828     40,389    △ 291,418      6,291    △ 285,126      63,418    △ 221,708
     又は損失(△)
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、欧州の現地法人の事業活動
             であります。
           2.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
           3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自2021年3月1日 至2021年8月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                        その他           調整額    損益計算書
                                              合計
                                                        計上額
                                        (注)1           (注)2
              日本     アジア    北米・中米     オセアニア       計
                                                        (注)3
     売上高
      外部顧客への
             4,622,098     3,077,043     1,224,772      869,581    9,793,496      290,497    10,083,994         -  10,083,994
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高       1,109,726      349,155       19     -  1,458,901       13,291    1,472,192    △ 1,472,192        -
      又は振替高
        計     5,731,824     3,426,199     1,224,792      869,581    11,252,397       303,788    11,556,186     △ 1,472,192     10,083,994
     セグメント利益
              △ 35,497     136,168     108,885      62,048     271,605      23,124     294,729      18,468     313,198
     又は損失(△)
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、欧州の現地法人の事業活動
             であります。
           2.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
           3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                17/21






                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
        (金融商品関係)
         金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動はありま
        せん。
        (有価証券関係)

         有価証券の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動はありま
        せん。
        (デリバティブ取引関係)

         該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年3月1日               (自 2021年3月1日
                                至 2020年8月31日)               至 2021年8月31日)
      1株当たり四半期純利益金額
                                     △39円03銭                121円16銭
      又は1株当たり四半期純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                               △143,145                444,354
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損                               △143,145                444,354
       失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 3,667               3,667
    (注)前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額につきましては、1株当たり四半期純損
       失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整
       後1株当たり四半期純利益金額につきましては、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     2【その他】

        2021年10月13日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)配当金の総額………………………………………55,011千円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………15円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2021年11月15日
        (注)    2021年8月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                18/21







                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                19/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年10月13日

    富士精工株式会社

      取締役会 御中

                           有限責任     あずさ監査法人

                           名古屋事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             加藤 浩幸        印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             池ヶ谷 正        印
                            業  務  執  行  社  員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている富士精工株式会
    社の2021年3月1日から2022年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年6月1日から2021年8月
    31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書
    及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、富士精工株式会社及び連結子会社の2021年8月31日現在の財政状態並
    びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
    信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手
    続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年
    度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら
    れると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結
    論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連
    結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない
                                20/21

                                                          EDINET提出書類
                                                       富士精工株式会社(E01503)
                                                            四半期報告書
    場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四
    半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続でき
    な くなる可能性がある。
    ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基
    準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表
    の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事
    項が認められないかどうかを評価する。
    ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人
    は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の
    結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                21/21













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。