荏原実業株式会社 四半期報告書 第83期第2四半期(令和3年4月1日-令和3年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第83期第2四半期(令和3年4月1日-令和3年6月30日)
提出日
提出者 荏原実業株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2021年8月6日
     【四半期会計期間】                    第83期第2四半期(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
     【会社名】                    荏原実業株式会社
     【英訳名】                    EBARA   JITSUGYO     CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長執行役員兼COO 吉田 俊範
     【本店の所在の場所】                    東京都中央区銀座七丁目14番1号
     【電話番号】                    03(5565)2881(代表)
     【事務連絡者氏名】                    経理部長 工藤 太樹
     【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区銀座七丁目14番1号
     【電話番号】                    03(5565)2881(代表)
     【事務連絡者氏名】                    経理部長      工藤 太樹
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/22













                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第82期           第83期
               回次               第2四半期           第2四半期            第82期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2020年1月1日           自2021年1月1日           自2020年1月1日
              会計期間
                            至2020年6月30日           至2021年6月30日           至2020年12月31日
                                  16,087           19,013           30,250
     売上高                 (百万円)
                                  2,062           3,334           3,363
     経常利益                 (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                                  1,428           2,555           2,342
                      (百万円)
     純利益
                                  1,245           2,520           2,715
     四半期包括利益又は包括利益                 (百万円)
                                  15,422           18,775           16,703
     純資産額                 (百万円)
                                  30,117           36,349           32,509
     総資産額                 (百万円)
                                  111.44           203.23           186.37
     1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             -           -           -
     (当期)純利益
                                   51.2           51.7           51.4
     自己資本比率                  (%)
                                  6,461           6,534           4,073
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)
                                  1,029                      1,037
     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)                       △ 110
     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)            △ 768          △ 193          △ 957
     現金及び現金同等物の四半期末
                                  11,949           15,612           9,381
                      (百万円)
     (期末)残高
                               第82期           第83期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自2020年4月1日           自2021年4月1日
              会計期間
                            至2020年6月30日           至2021年6月30日
     1株当たり四半期純利益又は1株当
                                   2.27
                       (円)                     △ 11.72
     たり四半期純損失(△)
    (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
         おりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
        4.2021年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当
         該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益又は1株当たり四半期純損失を算定してお
         ります。
        5.1株当たり四半期純利益の算定上、株主資本において自己株式として計上されている従業員持株会信託型ES
         OPが所有する当社株式を、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
     2【事業の内容】

      当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
     変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/22





                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
      当社グループは、消費税等の会計処理につき税抜方式を採用しているため、以下の記載金額には消費税等は含まれて
     おりません。
     1【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載し
     た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)財政状態及び経営成績の状況
        当第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感
      染症拡大が収まらず、引き続き個人消費や経済活動が大きな影響を受け、業種間で差はあるものの全般的に極めて厳
      しい状況で推移しました。ワクチン接種の開始や緊急事態宣言の再発出、まん延防止等重点措置の適用など、感染症
      拡大防止対策の奏功が期待されるものの、経済活動への影響の収束時期は依然として見通せず、景気の先行きは全く
      予断を許さない状況が続いております。
        当社を取り巻く環境装置機械業界においては、第1四半期に引き続き公共分野での、上下水道関連設備の更新・改
      修・機能強化や国土強靭化基本計画に基づく雨水排水処理施設等の防災、減災需要は堅調に推移するものの、民間分
      野では、景気の先行きの不透明感から、設備投資の停滞が前年度に引き続いて見られております。
        このような事業環境の下、当社グループは、新型コロナウイルス感染症の業績への影響を最小限に止め企業価値の
      更なる向上を目指し、以下の戦略に取り組んでおります。
      ①新事業の創出、新製品開発の加速

        研究開発活動の成果を基に、新規事業の創出、新製品の市場投入の加速を図る。
      ②事業領域の拡大
        既存事業の顧客・エリアの拡大を図る。
      ③安定的収益基盤の確立
        既存事業の収益性を一層向上させると共に、メンテナンス体制を強化し、アフターマーケットを獲得する。
      ④成長投資
        財務健全性や資本効率、利益還元のバランスを追求しつつ、新規事業展開のための設備投資、業務提携、M&Aな
      どの成長投資により利益拡大を図る。
      ⑤ガバナンスの充実強化
        コンプライアンスの徹底を図ると共に、経営の透明性と効率性を高め、コーポレートガバナンス体制の一層の充実
      を図る。
        これらの活動の結果、当第2四半期連結累計期間の受注高は15,184百万円(前年同期比2.2%減)、売上高は

      19,013百万円(前年同期比18.2%増)、営業利益は3,271百万円(前年同期比65.1%増)、経常利益は3,334百万円
      (前年同期比61.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2,555百万円(前年同期比78.9%増)となりまし
      た。
        また、当第2四半期連結会計期間末における資産合計は36,349百万円となり、前連結会計年度末に比べ3,839百万

      円の増加となりました。当社グループは売上高に占める官公庁の割合が高いことから、通常の営業形態として第1四
      半期連結累計期間に計上される売上高割合が高く、第2四半期連結会計期間末に向けて売上債権の回収が進むことか
      ら、前連結会計年度末に比べ、現金及び預金が6,506百万円増加したこと、受取手形及び売掛金が2,300百万円減少し
      たこと等が主な要因であります。
        当第2四半期連結会計期間末における負債合計は17,574百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,768百万円の増
      加となりました。3月に公共物件の売上高が集中することにより、支払手形及び買掛金が283百万円増加したこと等
      が主な要因であります。
        当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は18,775百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,071百万円の
      増加となりました。主な要因は、親会社株主に帰属する四半期純利益2,555百万円の計上、剰余金の配当502百万円等
      であります。この結果、自己資本比率は51.7%となりました。
                                 3/22




                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
        セグメントの業績は、以下のとおりであります。
     (環境関連)
        環境関連製品の製造・販売を手掛ける当セグメントの受注高は、水景施設、水産関連などの水処理プラント分野が
      減少したものの、ゲリラ豪雨対策に関連した脱臭分野の増加などにより、前年同期比5.3%増の3,510百万円となりま
      した。売上高は、新型コロナウイルス感染症拡大を受け簡易陰圧装置等の感染症対策製品の増加等により、前年同期
      比92.7%増の5,591百万円となりました。セグメント利益も売上高の増加に加え、セールスミックスの変動による売
      上総利益率の上昇に伴い、前年同期比276.8%増となる1,524百万円となりました。
     (水処理関連)

        上下水道向けの設計・施工を手掛ける当セグメントの市場環境は、上下水道設備の更新案件の増加に加え、国土強
      靭化基本計画に基づく雨水排水施設などの防災、減災需要も増加し、堅調に推移しました。その結果、売上高は前年
      同期比11.9%増の8,949百万円となりましたが、受注高は前年同期受注の大型案件の反動減により、前年同期比
      11.8%減の6,506百万円となりました。セグメント利益は、売上高の増加及び原価意識の徹底や採算性を重視した選
      別受注等による売上総利益率の上昇により、前年同期比25.2%増となる1,713百万円となりました。
     (風水力冷熱機器等関連)

        主にポンプ、冷凍機、空調機器などを商社として販売する当セグメントの市場環境は、新型コロナウイルスの感染
      拡大により、経済活動が制限され、民間の設備投資には停滞感が見られるなど厳しい状況で推移しました。こうした
      市場環境の中、受注高は空調関連機器の大口案件が寄与し前年同期比7.3%増の5,167百万円となりましたが、売上高
      は期首受注残高の減少もあり前年同期比13.8%減の4,472百万円となり、セグメント利益も売上高の減少に伴い、前
      年同期比12.0%減の540百万円となりました。
        当第2四半期連結累計期間の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

         セグメントの名称              受注高(百万円)          前年同期比(%)         受注残高(百万円)          前年同期比(%)
      環境関連                     3,510          105.3          2,463          71.2
      水処理関連                     6,506          88.2         11,565          107.1
      風水力冷熱機器等関連                     5,167          107.3          4,870          116.9
            合計              15,184           97.8         18,899          102.6
     (2)キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
      6,230百万円増加し15,612百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりでありま
      す。
     (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は6,534百万円(前年同期は6,461百万円の獲得)となりました。
        税金等調整前四半期純利益3,646百万円の計上に加え、売上債権が2,300百万円減少し、仕入債務が283百万円増加
      するなどしたため、営業活動全体では6,534百万円の増加となったものであります。
     (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は110百万円(前年同期は1,029百万円の獲得)となりました。
        主な内訳は、投資有価証券の売却及び償還による収入636百万円、有形固定資産の取得による支出324百万円などで
      あります。
     (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は193百万円(前年同期は768百万円の使用)となりました。
       主な内訳は、長期借入れによる収入300百万円、配当金の支払額502百万円などであります。
     (3)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の
      分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
                                 4/22





                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
     (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な
      変更及び新たに生じた課題はありません。
     (5)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間における研究開発費の総額は324百万円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/22

















                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           20,000,000
                  計                                20,000,000
    (注)2021年7月1日付で株式分割に伴う定款の変更が行われ、発行可能株式総数は20,000,000株増加し、40,000,000株
        となっております。
        ②【発行済株式】

             第2四半期会計期間                     上場金融商品取引所名
                        提出日現在発行数(株)
       種類      末現在発行数(株)                     又は登録認可金融商品                 内容
                         (2021年8月6日)
             (2021年6月30日)                     取引業協会名
                                              権利内容に何ら限定のない
                                    東京証券取引所
                 6,715,000          13,430,000
      普通株式                                        当社における標準となる株式
                                    市場第一部
                                              単元株式数100株
                 6,715,000          13,430,000
        計                               -             -
    (注)2021年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これにより、発行済株式数は、
        6,715,000株増加し、13,430,000株となっております。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                 数増減数(株)       数残高(株)        (百万円)       (百万円)      減額(百万円)       高(百万円)
      2021年4月1日~
                      -   6,715,000           -     1,001         -      831
      2021年6月30日
    (注)2021年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これにより、発行済株式総数
        は、6,715,000株増加し、13,430,000株となっております。
                                 6/22








                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2021年6月30日現在
                                                   発行済株式(自
                                                   己株式を除
         氏名又は名称                    住所            所有株式数(株)          く。)の総数に
                                                   対する所有株式
                                                   数の割合(%)
                                            614,200           9.66
     光通信株式会社                東京都豊島区西池袋1丁目4番10号
     NIPPON    ACTIVE    VALUE   FUND   PLC   1ST  FLOOR   SENATOR    HOUSE,    85  QUEEN
                                            391,800           6.16
     (香港上海銀行東京支店)                VICTORIA     STREET,    LONDON,    EC4V   4AB
     日本マスタートラスト信託銀行
                                            337,900           5.31
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     株式会社(信託口)
     株式会社日本カストディ銀行
                                            242,606           3.81
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号
     (信託口)
     MLI  FOR  CLIENT    GENERAL    OMNI
                     MERRILL    LYNCH   FINANCIAL     CENTRE    2 KING
     NON  COLLATERAL      NON  TREATY-PB
                                            180,000           2.83
                     EDWARD    STREET    LONDON    EC1A   1HQ
     (常任代理人 メリルリンチ日
     本証券株式会社)
                                            150,000           2.36
     株式会社みずほ銀行                東京都千代田区大手町1丁目5番5号
                                            150,000           2.36
     東京海上日動火災保険株式会社                東京都千代田区丸の内1丁目2番1号
                                            150,000           2.36
     三井住友信託銀行株式会社                東京都千代田区丸の内1丁目4番1号
                                            143,200           2.25
     荏原実業社員持株会                東京都中央区銀座7丁目14番1号
                                            139,614           2.19
     鈴木 久司                神奈川県横浜市港北区
                                           2,499,320            39.34
            計                  -
    (注)1.上記所有株式数のほか、役員持株会を通じて所有している株式数は以下のとおりであります。
          鈴木 久司 1,029株
        2.上記大株主以外に当社が362,313株(持株比率5.39%)を自己株式として保有しております。なお、「従業員
          持株会信託型ESOP」の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託口)が所有する当社株式
          58,106株については、自己株式には含めておりません。
                                 7/22











                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年6月30日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -           -         -
     議決権制限株式(自己株式等)                           -           -         -

     議決権制限株式(その他)                           -           -         -

                                              権利内容に何ら限定のない
                             362,300
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                      -   当社における標準となる株式
                                              単元株式数100株
                            6,347,800             63,478
     完全議決権株式(その他)                普通株式                              同上
                              4,900
     単元未満株式                普通株式                      -   一単元(100株)未満の株式
                            6,715,000
     発行済株式総数                                      -         -
                                         63,478
     総株主の議決権                           -                    -
    (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、従業員持株会信託型ESOPの信託口が保有する当社株式58,106株(議
        決権581個)が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2021年6月30日現在
                                                    発行済株式総数
                           自己名義所有        他人名義所有         所有株式数
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所                                  に対する所有株
                           株式数(株)        株式数(株)         の合計(株)
                                                    式数の割合(%)
                 東京都中央区銀座
                              362,300                 362,300          5.39
      荏原実業株式会社                                   -
                 七丁目14番1号
                              362,300                 362,300          5.39
          計           -                     -
    (注)従業員持株会信託型ESOPの信託口が保有する当社株式58,106株は、上記自己株式には含めておりません。
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 8/22










                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021
      年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 9/22

















                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年6月30日)
     資産の部
       流動資産
                                         9,386              15,893
        現金及び預金
                                       ※ 10,804              ※ 8,504
        受取手形及び売掛金
                                          660              654
        商品及び製品
                                          224              368
        仕掛品
                                          576              198
        未成工事支出金
                                          435              338
        原材料及び貯蔵品
                                          210              454
        その他
                                          △ 1             △ 1
        貸倒引当金
                                        22,296              26,409
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         3,194              3,196
          建物及び構築物
                                        △ 1,847             △ 1,889
           減価償却累計額
                                         1,346              1,306
           建物及び構築物(純額)
                                          194              192
          機械装置及び運搬具
                                         △ 137             △ 143
           減価償却累計額
                                          56              48
           機械装置及び運搬具(純額)
                                          658              651
          工具、器具及び備品
                                         △ 573             △ 579
           減価償却累計額
                                          84              71
           工具、器具及び備品(純額)
                                         1,356              1,356
          土地
                                          13              274
          建設仮勘定
                                         2,857              3,058
          有形固定資産合計
                                          131              135
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                         5,715              5,456
          投資有価証券
                                          687              398
          保険積立金
                                          666              707
          投資不動産(純額)
                                          13              35
          繰延税金資産
                                          247              255
          その他
                                         △ 106             △ 105
          貸倒引当金
                                         7,224              6,747
          投資その他の資産合計
                                        10,213               9,940
        固定資産合計
                                        32,509              36,349
       資産合計
                                10/22







                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年6月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        ※ 9,946             ※ 10,229
        支払手形及び買掛金
                                         1,090              1,165
        短期借入金
                                          788             1,170
        未払法人税等
                                          261              391
        未払消費税等
                                         1,411              2,127
        前受金
                                          152              122
        工事損失引当金
                                          628              623
        その他
                                        14,278              15,830
        流動負債合計
       固定負債
                                         1,086              1,067
        繰延税金負債
                                          158              158
        役員退職慰労引当金
                                          195              210
        退職給付に係る負債
                                          86              307
        その他
                                         1,527              1,743
        固定負債合計
                                        15,805              17,574
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         1,001              1,001
        資本金
                                          831             1,032
        資本剰余金
                                        12,952              15,008
        利益剰余金
                                         △ 862            △ 1,013
        自己株式
                                        13,923              16,029
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         2,811              2,769
        その他有価証券評価差額金
                                         △ 31             △ 23
        退職給付に係る調整累計額
                                         2,780              2,746
        その他の包括利益累計額合計
                                        16,703              18,775
       純資産合計
                                        32,509              36,349
     負債純資産合計
                                11/22










                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
                                       ※2  16,087             ※2  19,013
     売上高
                                        11,285              12,549
     売上原価
                                         4,802              6,463
     売上総利益
                                       ※1  2,819             ※1  3,191
     販売費及び一般管理費
                                         1,982              3,271
     営業利益
     営業外収益
                                           0              0
       受取利息
                                          46              54
       受取配当金
                                          50              46
       投資不動産賃貸料
                                          12              17
       その他
                                          110              119
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           3              3
       支払利息
                                          19              19
       不動産賃貸費用
                                           0              21
       保険解約損
                                           5              12
       その他
                                          29              57
       営業外費用合計
                                         2,062              3,334
     経常利益
     特別利益
                                                        338
       投資有価証券売却益                                    -
                                                         0
                                           -
       会員権売却益
                                                        338
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                                         26
       投資有価証券売却損                                    -
                                          28
       投資有価証券評価損                                                  -
                                                         0
       固定資産処分損                                    -
                                                         0
                                           -
       会員権売却損
                                          28              26
       特別損失合計
                                         2,034              3,646
     税金等調整前四半期純利益
                                          622             1,118
     法人税、住民税及び事業税
                                         △ 16             △ 27
     法人税等調整額
                                          605             1,091
     法人税等合計
                                         1,428              2,555
     四半期純利益
                                         1,428              2,555
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                12/22







                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
                                         1,428              2,555
     四半期純利益
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  △ 191              △ 42
                                           8              7
       退職給付に係る調整額
       その他の包括利益合計                                  △ 183              △ 34
                                         1,245              2,520
     四半期包括利益
     (内訳)
                                         1,245              2,520
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                13/22
















                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,034              3,646
       税金等調整前四半期純利益
                                          99              97
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 0
                                          12
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                                 △ 29
                                          27              27
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
       受取利息及び受取配当金                                   △ 47             △ 55
                                           3              3
       支払利息
                                           0              18
       保険解約損益(△は益)
                                         2,901              2,300
       売上債権の増減額(△は増加)
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -            △ 323
                                          28
       投資有価証券評価損益(△は益)                                                  -
                                          366              337
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          737              283
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          630              716
       前受金の増減額(△は減少)
                                          112              129
       未払又は未収消費税等の増減額
                                                         80
                                         △ 131
       その他
                                         6,774              7,231
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    47              55
       利息の支払額                                   △ 3             △ 4
                                         △ 357             △ 747
       法人税等の支払額
                                         6,461              6,534
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,175
       拘束性預金の純増減額(△は増加)                                                △ 279
       有形固定資産の取得による支出                                   △ 29             △ 324
       無形固定資産の取得による支出                                   △ 2             △ 22
       投資有価証券の取得による支出                                  △ 118             △ 115
                                           0             636
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                          10
       保険積立金の解約による収入                                                  -
                                          △ 6             △ 4
       その他
                                         1,029
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                                △ 110
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                        300
       長期借入れによる収入                                    -
       長期借入金の返済による支出                                    -             △ 2
       配当金の支払額                                  △ 197             △ 502
       自己株式の取得による支出                                  △ 570              △ 0
                                                         12
                                           -
       自己株式の処分による収入
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 768             △ 193
                                         6,722              6,230
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         5,227              9,381
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 11,949             ※ 15,612
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/22






                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (追加情報)
        (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
         前連結会計年度の有価証券報告書における「(追加情報)(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見
        積りについて)」に記載した仮定について重要な変更はありません。
        (従業員持株会信託型ESOP)

         当社は、2021年4月20日開催の取締役会において、「従業員持株会信託型ESOP」(以下「本制度」といい
        ます。)の導入に伴う第三者割当による自己株式の処分(以下「本自己株式処分」といいます。)について決議
        いたしました。
         本制度は、「荏原実業社員持株会」(以下「持株会」といいます。)に加入する当社グループ従業員(以下
        「対象従業員」といいます。)を対象といたします。そして、対象従業員のうち、一定要件を充足する者を受益
        者とする「従業員持株会信託(他益信託)」(以下「持株会信託」といいます。)を設定いたしました。
         持株会信託は、信託契約後約5年にわたり持株会が取得すると見込まれる数の当社株式を、銀行借入により調
        達した資金で一括して取得いたしました。なお、当社は、持株会信託の当該借入に対し、補償を行っています。
         本制度では、持株会による当社株式の取得は持株会信託からの買付により行います。持株会による当社株式の
        取得を通じ、持株会信託に売却益相当額が累積した場合には、信託終了の際に、これを受益者たる対象従業員に
        対して分配いたします。一方、当社株価の下落により持株会信託が借入債務を完済出来なかった場合には、当社
        が借入銀行に対して残存債務を弁済いたします。その際、対象従業員がその負担を負うことはありません。な
        お、当社は2021年5月12日付で、自己株式60,606株を持株会信託へ譲渡しております。
         本自己株式処分に関する会計処理については、当社と持株会信託は一体であるとする会計処理をしており、持
        株会信託が所有する当社株式や持株会信託の資産及び負債については、四半期連結貸借対照表及び四半期連結
        キャッシュ・フロー計算書に含めて計上しております。なお、当第2四半期連結会計期間末現在において、持株
        会信託が所有する当社株式(自己株式)数は58,106株、帳簿価額は287百万円であります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

     ※ 四半期連結会計期間末日満期手形等
        四半期連結会計期間末日満期手形等の会計処理は、手形交換日等をもって決済処理しております。なお、前連結会
      計年度末日が金融機関の休日であったため、次の前連結会計年度末日満期手形等が前連結会計年度末残高に含まれて
      おります。
                            前連結会計年度                当第2四半期連結会計期間
                            (2020年12月31日)                  (2021年6月30日)
        受取手形及び売掛金                           81百万円                   -百万円
        支払手形及び買掛金                          501                   -
        (四半期連結損益計算書関係)

     ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                           (自 2020年1月1日                  (自 2021年1月1日
                           至 2020年6月30日)                   至 2021年6月30日)
        従業員給料及び手当                          862  百万円                 871  百万円
                                  85                  86
        退職給付費用
                                  375                  324
        研究開発費
                                15/22






                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
     ※2.前第2四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年6月30日)及び当第2四半期連結累計期間(自 

        2021年1月1日 至 2021年6月30日)
        当社グループは、売上高の官公庁依存度が高いことから、第1四半期連結会計期間の売上高が他の四半期連結会計
      期間の売上高と比べ著しく高くなっております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおり
      であります。
                          前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                           (自 2020年1月1日                  (自 2021年1月1日
                            至 2020年6月30日)                   至 2021年6月30日)
        現金及び預金勘定                         11,955百万円                  15,893百万円
        拘束性預金(別段預金含む)                          △5                 △280
        現金及び現金同等物                         11,949                  15,612
        (株主資本等関係)

      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年6月30日)
      1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
     2020年3月26日
                普通株式          197      30.00    2019年12月31日         2020年3月27日         利益剰余金
     第81期定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後と

        なるもの
                      配当金の総額       1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
     2020年8月4日
                普通株式          188      30.00    2020年6月30日         2020年9月7日         利益剰余金
     取締役会
      3.株主資本の金額の著しい変動

        当社は、2020年3月9日開催の取締役会決議に基づき、自己株式250,000株の取得を行いました。また、2020年3
      月11日開催の取締役会決議に基づき、自己株式57,500株の取得を行いました。この結果、当第2四半期連結累計期間
      において自己株式が570百万円増加し、当第2四半期連結累計期間末において自己株式が861百万円となっておりま
      す。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年6月30日)

      1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
     2021年3月25日
                普通株式          502      80.00    2020年12月31日         2021年3月26日         利益剰余金
     第82期定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後と

        なるもの
                      配当金の総額       1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
     2021年8月4日
                普通株式          476      75.00    2021年6月30日         2021年9月6日         利益剰余金
     取締役会
    (注)2021年8月4日取締役会決議による配当金の総額には、従業員持株会信託型ESOPの信託口が保有する当社株式
        に対する配当金4百万円を含めております。
                                16/22




                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
      3.株主資本の金額の著しい変動
        当社は、2021年4月20日開催の取締役会決議に基づき、譲渡制限付株式報酬としての自己株式7,676株の処分を行
      いました。また、同日開催の取締役会決議に基づき、「従業員持株会信託型ESOP」を導入したことに伴い、本制
      度導入のために設定された信託(以下「持株会信託」といいます。)に対し、第三者割当による自己株式60,606株の
      処分を行いました。この結果、自己株式処分差益が201百万円発生し、資本剰余金が同額増加するとともに、自己株
      式が136百万円減少しております。
        「従業員持株会信託型ESOP」の導入に伴う会計処理については、当社と持株会信託は一体であるとする会計処
      理をしており、当第2四半期連結会計期間末に持株会信託が所有する当社株式58,106株の帳簿価額287百万円につい
      ては、四半期連結貸借対照表の自己株式に含めて計上しております。
        これらの結果、当第2四半期連結会計期間末において、資本剰余金が1,032百万円、自己株式が1,013百万円となっ
      ております。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年6月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                                調整額
                                          合計           益計算書計上
                                  風水力冷熱
                                                (注)1
                     環境関連      水処理関連
                                                     額(注)2
                                  機器等関連
     売上高
                       2,901       8,000       5,185      16,087             16,087
      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の内部売上高
                         -       -       -       -       -       -
      又は振替高
                       2,901       8,000       5,185      16,087             16,087
           計                                        -
                        404      1,368        614      2,386             1,982
     セグメント利益                                            △ 404
    (注)1.セグメント利益の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年6月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                                調整額
                                          合計           益計算書計上
                                  風水力冷熱
                                                (注)1
                     環境関連      水処理関連
                                                     額(注)2
                                  機器等関連
     売上高
                       5,591       8,949       4,472      19,013             19,013
      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の内部売上高
                         -       -       -       -       -       -
      又は振替高
                       5,591       8,949       4,472      19,013             19,013
           計                                        -
                       1,524       1,713        540      3,778             3,271
     セグメント利益                                            △ 506
    (注)1.セグメント利益の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
        (金融商品関係)

      当第2四半期連結会計期間末(2021年6月30日)
        当第2四半期連結貸借対照表計上額と時価との差額及び前連結会計年度に係る連結貸借対照表計上額と時価との差
      額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                17/22



                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
        (有価証券関係)

      当第2四半期連結会計期間末(2021年6月30日)
        有価証券は、企業集団の事業の運営において重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

      当第2四半期連結会計期間末(2021年6月30日)
        該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                至 2020年6月30日)                至 2021年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                111円44銭               203円23銭
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益                  (百万円)               1,428               2,555
      普通株主に帰属しない金額                  (百万円)                 -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                        (百万円)               1,428               2,555
      四半期純利益
      普通株式の期中平均株式数                   (株)            12,819,531               12,573,681
    (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.2021年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当
          該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益を算定しております。
        3.1株当たり四半期純利益の算定上、株主資本において自己株式として計上されている従業員持株会信託型ES
          OPが所有する当社株式を期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
        (重要な後発事象)

         (株式分割)
         当社は、2021年5月18日開催の取締役会において、株式分割について決議し、2021年7月1日付でその効力が
        発生しております。
         1.株式分割の目的
            当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げることにより、投資家の皆様がより投資しやすい環境を整
           え、当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的とするものであります。
         2.株式分割の概要

           (1)分割の方法
              2021年6月30日を基準日として、同日の最終の株主名簿に記録された株主の所有する普通株式1株
             につき、2株の割合をもって分割いたします。
           (2)分割により増加する株式数

              株式分割前の発行済株式総数   6,715,000                     株
              株式分割による増加株式数    6,715,000                     株
              株式分割後の発行済株式総数                13,430,000        株
              株式分割後の発行可能株式総数                40,000,000       株
           (3)分割の日程

              基準日公告日        2021年6月15日
              基準日            2021年6月30日
              効力発生日          2021年7月1日
                                18/22





                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
           (4)1株当たり情報に及ぼす影響

             1株当たり情報に及ぼす影響については、該当箇所に記載しております。
           (5)その他

              今回の株式分割に際して、資本金の額の変更はありません。
         (自己株式の取得)

         当社は、2021年8月4日開催の取締役会において、会社法459条第1項の規定による定款の定めに基づき、自己
        株式を取得することを決議いたしました。
         1.自己株式の取得を行う理由

            株主還元の拡充を図るとともに、資本効率の向上を図るために、自己株式の取得を実施するものです。
         2.自己株式取得の内容

           (1)取得する株式の種類  当社普通株式
           (2)取得する株式の総数  450,000株(上限)

                         (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合3.57%)
           (3)株式の取得価額の総額 10億円(上限)

           (4)取得期間       2021年8月5日から2021年11月30日まで

           (5)取得方法       自己株式取得に係る取引一任契約に基づく市場買付

         (注)当社は、2021年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。上記自己株式

            取得の内容は、当該株式分割の影響を考慮して記載しております。
     2【その他】

        2021年8月4日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
      (イ)配当金の総額            476百万円
      (ロ)1株当たりの金額          75円00銭
      (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日 2021年9月6日
      (注)1.2021年6月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
          2.配当金の総額には、従業員持株会信託型ESOPの信託口が保有する当社株式に対する配当金4百万円を
            含めております。
                                19/22









                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                20/22




















                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  2021年8月6日

    荏 原 実 業 株 式 会 社
        取 締 役 会  御 中

                       有限責任監査法人トーマツ

                          東 京 事 務 所
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           鈴 木 登樹男           印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           滝 沢 勝 己           印
                         業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている荏原実業株式会社
    の2021年1月1日から2021年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021年6月30日ま
    で)及び第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期
    連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記に
    ついて四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、荏原実業株式会社及び連結子会社の2021年6月30日現在の財政状態並
    びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
    信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
      当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
      いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
                                21/22

                                                          EDINET提出書類
                                                       荏原実業株式会社(E01714)
                                                            四半期報告書
      注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
      企 業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
      財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
      信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                22/22












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。