PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型/隔月決算型) 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第3期(令和2年11月11日-令和3年5月10日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第3期(令和2年11月11日-令和3年5月10日)
提出日
提出者 PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型/隔月決算型)
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【提出先】                    関東財務局長殿

     【提出日】                    2021年8月3日        提出

     【計算期間】                    PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算

                          型) 第3期
                          PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算
                          型) 第3特定期間
                          (自   令和2年11月11日          至  令和3年5月10日)
     【ファンド名】                    PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算

                          型)
                          PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)
     【発行者名】                    PayPayアセットマネジメント株式会社

     【代表者の役職氏名】                    代表取締役  明丸 大悟

     【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田錦町一丁目1番地

     【事務連絡者氏名】                    川田 純司

     【連絡場所】                    東京都千代田区神田錦町一丁目1番地

     【電話番号】                    03-6275-0936

     【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。

                                 1/96










                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

      (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
       ① ファンドの目的
         この投資信託は、信託財産の成長を図ることを目的として運用を行ないます。
       ② 信託金の限度額
         委託会社は、受託会社と合意のうえ、各ファンドについて                               金1兆円を限       度として信託金を追加
        できるものとします。また、受託会社と合意のうえ、限度額を変更することができます。
       ③ ファンドの基本的性格
         一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類・
        属性区分は以下の通りです。
              「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
                単位型投信・追加型投信                 追加型投信
                投資対象地域                 内外
        商品分類
                投資対象資産(収益の源泉)                 資産複合
                投資対象資産                 その他資産(投資信託証券(資産複
                                  合(その他資産(上場投資信託証券
                                  (債券)、債券先物、商品先物))
                                  資産配分固定型))
        属性区分
                決算頻度                 年2回
                投資対象地域                 グローバル(日本含む)
                投資形態                 ファミリーファンド
                為替ヘッジ                 為替ヘッジなし
         ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記
          載しております。
         上記、商品分類及び属性区分の定義については、下記をご覧ください。
        商品分類表の各項目の定義について
        ・「追加型投信」とは、一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行なわれ従来の信
         託財産とともに運用されるファンドをいいます。
        ・「内外」とは、目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実
         質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        ・ 「資産複合」とは、目論見書又は投資信託約款において、株式、債券、不動産投信(リー
         ト)、その他資産のうち複数の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるもの
         をいいます。
        属性区分表の各項目の定義について
        ・「  その他資産(投資信託証券(資産複合(その他資産(上場投資信託証券(債券)、債券先
         物、商品先物))資産配分固定型))                    」とは、目論見書又は投資信託約款において、                         投資信託
         証券(親投資信託)を通じて実質的に債券を投資対象とする                                上場投資信託証券          、 債券先物、商
         品先物    に主として投資する旨の記載があるものをいいます。資産配分固定型とは、目論見書又
         は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とする旨の記
         載があるものをいいます。
                                 2/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ・「年2回」とは、目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものを
         いいます。
        ・「グローバル(日本含む)」とは、目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資
         収益が日本を含む世界の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        ・「ファミリーファンド」とは、目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・
         オブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資するものをいいます。
        ・ 「為替ヘッジなし」とは、目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨
         の記載があるものまたは為替のヘッジを行なう旨の記載がないものをいいます。
               「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」
                単位型投信・追加型投信                 追加型投信
                投資対象地域                 内外
        商品分類
                投資対象資産(収益の源泉)                 資産複合
                投資対象資産                 その他資産(投資信託証券(資産複
                                  合(その他資産(上場投資信託証券
                                  (債券)、債券先物、商品先物))
                                  資産配分固定型))
        属性区分
                決算頻度                 年6回
                投資対象地域                 グローバル(日本含む)
                投資形態                 ファミリーファンド
                為替ヘッジ                 為替ヘッジなし
         ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記
          載しております。
         上記、商品分類及び属性区分の定義については、下記をご覧ください。
        商品分類表の各項目の定義について
        ・「追加型投信」とは、一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行なわれ従来の信
         託財産とともに運用されるファンドをいいます。
        ・「内外」とは、目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実
         質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        ・ 「資産複合」とは、目論見書又は投資信託約款において、株式、債券、不動産投信(リー
         ト)、その他資産のうち複数の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるもの
         をいいます。
        属性区分表の各項目の定義について
        ・「  その他資産(投資信託証券(資産複合(その他資産(上場投資信託証券(債券)、債券先
         物、商品先物))資産配分固定型))                    」とは、目論見書又は投資信託約款において、                         投資信託
         証券(親投資信託)を通じて実質的に債券を投資対象とする                                上場投資信託証券          、 債券先物、商
         品先物    に主として投資する旨の記載があるものをいいます。資産配分固定型とは、目論見書又
         は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とする旨の記
         載があるものをいいます。
        ・「年6回」とは、目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものを
         いいます。
        ・「グローバル(日本含む)」とは、目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資
         収益が日本を含む世界の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
                                 3/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ・「ファミリーファンド」とは、目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・
         オブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資するものをいいます。
        ・ 「為替ヘッジなし」とは、目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨
         の記載があるものまたは為替のヘッジを行なう旨の記載がないものをいいます。
        ※当ファンドの商品分類及び属性区分に該当しない定義につきましては、一般社団法人投資信託
         協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
       ④ ファンドの特色
        a.  ハイ・イールド債券と新興国の債券                   に投資するとともに、国内外の債券先物取引及び商品先
         物取引を活用します。
         ◇ ハイ・イールド債券           への投資は、上場投資信託証券である                    iShares        ブロード     米ドル建
          てハイイールドコーポレイトボンド・ETF                        を通じて行ない、          新興国の債券       への投資は、上
          場投資信託証券である            iShares J.P.              Morgan米ドル建てエマージングマー
          ケッツボンド・ETF            (以下、これらを          総称して     、 また、それぞれを指して             「投資信託証
          券」という場合があります。)を通じて行ないます。債券先物取引は、米国の国債先物取引
          とフランスの国債先物取引、わが国の国債先物取引を活用し、商品先物取引は、米国の金先
          物取引を活用します。
          基本的な資産配分については、投資信託証券への投資割合は信託財産の純資産総額の80%程
          度(1つの投資信託証券に40%程度)を基本とします。米国の国債先物取引は                                          買建玉の時価
          総額の合計額が信託財産の純資産総額                    の70%程度、フランスの国債先物取引は同70%程度、
          わが国の国債先物取引は同35%程度、米国の金先物取引は同35%程度を基本とします。
                       <当ファンドの基本的な資産配分について>

          当ファンドの基本的な資産配分においては、保有する投資信託証券の時価総額と債券先物取







          引及び商品先物取引の買建玉の時価総額の合計額が信託財産の純資産総額の290%程度とな
          ります。そのため、投資信託証券や債券先物、商品先物の値動きの影響を受け、基準価額が
          大きく変動することがあります。
          ※上記は資産配分のイメージであり、実際のポートフォリオは上記と一致しない場合があり
            ます。また、投資対象資産や資産配分等は、今後変更となる場合があります。
                                 4/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ※投資対象資産や資産配分等の決定は、期待収益率やリスク水準、投資環境等を勘案した上
            で行ないます。
                         <ファミリーファンド方式について>

          当ファンドの運用は、「ファミリーファンド方式」により行ないます。「ファミリーファン
          ド方式」とは、複数のファンド(「ファミリーファンド方式」において、「ベビーファン
          ド」といいます。)の資金をまとめて「マザーファンド」に投資することにより、実質的な
          運用は「マザーファンド」において行なう仕組みです。当ファンドは、マザーファンド受益
          証券を通じて、        ハイ・イールド債券や新興国の債券                   を主要投資対象とする投資信託証券、国
          内外の債券先物取引及び商品先物取引に実質的に投資を行ないます。
          ※ベビーファンドがマザーファンドに投資する際のコストはかかりません。マザーファンド





            の運用損益はすべてベビーファンドに還元されます。また、新たなベビーファンドを設定
            し、ウルトラ       高利回り債券       マザーファンド受益証券へ投資することがあります。
        b.実質外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。
        c.「年2回決算型」は5月および11月の10日(休業日の場合は翌営業日)、「隔月決算型」は
         奇数月の10日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行ない、収益分配方針に基づいて収益の分
         配を行ないます。
                            ≪分配方針≫
         ・毎決算期に収益の分配を行なう方針です。ただし、基準価額の水準や市場動向等を勘案して
          収益の分配を行なわない場合もあります。
         ・分配対象額は、経費控除後の配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等とします。
         ・信託財産に留保した収益の運用については、特に制限を設けず、「基本方針」および「運用
          方法」に基づき元本と同一の運用を行ないます。
                                 5/96






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ※上記はイメージ図であり、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆、保証する



            ものではありません。
          ※分配金額は、収益分配方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配
            をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。
                        ≪収益分配に関する留意事項≫
        ・分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支
          払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
         ・分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買


          益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と
          比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファン
          ドの収益率を示すものではありません。
           (注)分配対象額は、①経費控除後の配当等収益および②経費控除後の評価益を含む売買益






              ならびに③分配準備積立金および④収益調整金です。分配金は、分配方針に基づき、
              分配対象額から支払われます。
          ※上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご
            留意ください。
         ・投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部又は全部が、実質的には元本の一部
          払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価
          額の値上がりが小さかった場合も同様です。
                                 6/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          普通分配金:個別元本(投資者のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。



          元本払戻金(特別分配金):個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者の個
                          別元本は、元本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。
          (注)普通分配金に対する課税については、後掲「4 手数料等及び税金 (5)課税上の
              取扱い」をご参照ください。
       ※上記は2021年6月末日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

       ※当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市場動向                                       等に急激な変化が生じた
        ときまたは予想されるとき、償還の準備に入ったとき、ならびに残存元本が運用に支障をきたす
        水準となったとき等やむを得ない事情が発生した場合には運用の基本方針にしたがって運用でき
        ない場合があります。
      (2)【ファンドの沿革】

       2019年11月22日             信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始
       2021年2月10日   ファンドの名称を「ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」か
                   ら「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」、「ウ
                   ルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」から「PayPay投信ウルトラ
                   バランス 高利回り債券(隔月決算型)」へ変更
                                 7/96










                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)【ファンドの仕組み】
       ①  ファンドの仕組み
        委託会社:PayPayアセットマネジメント株式会社






        信託財産の運用指図等を行ないます。
        受託会社:三井住友信託銀行株式会社

        (再信託受託会社:株式会社日本カストディ銀行)
        信託財産の管理業務等を行ないます。
        販売会社

        当ファンドの募集・販売の取扱い、一部解約の実行の請求の受付ならびに収益分配金・償還金・
        一部解約金の支払いの取扱い等を行ないます。
       ② 関係法人との契約等の概要

        a.証券投資信託契約
          委託会社と受託会社との間において締結しており、委託会社及び受託会社の業務、受益者の
         権利、信託財産の運用・評価・管理、収益の分配、信託の期間・償還等を規定しています。
        b.受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約
          委託会社と販売会社との間において締結しており、販売会社が行なう受益権の募集・販売等
         の取扱い、収益分配金及び償還金の支払い、一部解約の取扱い等を規定しています。
       ③ 委託会社等の概況            (2021年6月末日現           在)

        a.資本金の額
          資本金の額は金95百万円です。
        b.委託会社の沿革
          平成16年5月12日 「株式会社フィスコアセットマネジメント」設立
          平成16年8月4日 有価証券に係る投資顧問業の登録
          平成19年1月30日 投資信託委託業の認可取得
          平成20年5月20日 商号を「株式会社フィスコアセットマネジメント」から「TAKMA
                     キャピタル株式会社」に変更
          平成21年4月1日 商号を「TAKMAキャピタル株式会社」から「ITC                                         インベストメン
                     ト・パートナーズ株式会社」に変更
          平成25年4月1日 商号を「ITCインベストメント・パートナーズ株式会                                         社」から「アス
                     トマックス投信投資顧問株式会社」に変更
                                 8/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          令和3年3月8日 商号を「                アストマックス投信投資顧問株式会社」から「PayPayアセット
                     マネジメント株式会社」に変更
        c.大株主の状況
               名称                   住所             所有株式数        比率
                                                       50.1%
        Zフィナンシャル株式会社                 東京都千代田区紀尾井町1番3号                         35,635株
                                                       49.9%
        アストマックス株式会社                 東京都品川区東五反田二丁目10番2号                         35,494株
                                 9/96


















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
      (1)【投資方針】
        ①投資対象
         ウルトラ     高利回り債券       マザーファンド(以下            、「マザーファンド」という場合があります。)
         受益証券を主要投資対象とします。
        ②投資態度
         ・マザーファンド受益証券を通じて、主として、投資信託証券(金融商品取引法第2条第1項
          第10号に規定する投資信託及び外国投資信託の受益証券並びに同項第11号に規定する投資証
          券及び外国投資証券をいい、この投資信託においては、上場投資信託証券とします。)、国
          内外の債券先物取引及び商品先物取引に投資を行ないます。
         ・マザーファンドの運用にあたっては、投資信託証券を通じてハイ・イールド債券と新興国の
          債券に投資するとともに、国内外の債券先物取引及び商品先物取引を積極的に活用します。
          投資対象資産や資産配分等の決定は、期待収益率やリスク水準、投資環境等を勘案した上で
          行ないます。
         ・マザーファンド受益証券の組入比率は、原則として高位を維持することを基本とします。
         ・実質外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。
         ・市場動向、資金動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
        ※当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市場動向等に急激な変化が生じ

         たときまたは予想されるとき、償還の準備に入ったとき、ならびに残存元本が運用に支障をき
         たす水準となったとき等やむを得ない事情が発生した場合には運用の基本方針にしたがって運
         用できない場合があります。
      (2)【投資対象】

        ① この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
         1.次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項に掲げるものをい
          います。以下、同じ。)
          イ.有価証券
          ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、信
            託約款第23条、第24条および第25条に定めるものに限ります。)
          ハ.約束手形(金融商品取引法第2条第1項第15号に掲げるものを除きます。以下、同
            じ。)
          ニ.金銭債権
          ホ.商品投資等取引に係る権利(投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条第10号に
            規定する商品投資等取引をいい、同号イに定めるものに限ります。)
         2.次に掲げる特定資産以外の資産
          イ.為替手形
        ② 委託会社は、信託金を、主として、PayPayアセットマネジメント株式会社を委託会社とし、
         三井住友信託銀行株式会社を受託会社として締結された                              ウルトラ     高利回り債券       マザーファンド
         受益  証券、ならびに次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみな
         される同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図することができます。
         1.株券または新株引受権証書
         2.国債証券
         3.地方債証券
         4.特別の法律により法人の発行する債券
         5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下、「分離型
          新株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
                                10/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         6.特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいい
          ます。)
         7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6
          号で定めるものをいいます。)
         8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるもの
          をいいます。)
         9.特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引
          法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
         10.コマーシャル・ペーパー
         11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下、同
          じ。)および新株予約権証券
         12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有す
          るもの
         13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるも
          のをいいます。)
         14.投資証券、投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定め
          るものをいいます。)
         15.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
          す。)
         16.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
         17.外国法人が発行する譲渡性預金証書
         18.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
          の受益証券に限ります。)
         19.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
         20.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信
          託の受益証券に表示されるべきもの
         21.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
           なお、第1号の証券または証書、第12号ならびに第16号の証券または証書のうち第1号の証
         券または証書の性質を有するものを以下、「株式」といい、第2号から第6号までの証券なら
         びに第14号の証券のうち投資法人債券および第12号ならびに第16号の証券または証書のうち第
         2号から第6号までの証券の性質を有するものを以下、「公社債」といい、第13号の証券およ
         び第14号の証券(投資法人債券を除きます。)を以下、「投資信託証券」といいます。
        ③ 委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取
         引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)に
         より運用することを指図することができます。
         1.預金
         2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
          す。)
         3.コール・ローン
         4.手形割引市場において売買される手形
         5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
         6.外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
                                11/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)【運用体制】
       ◆委託会社では、投資運用方針の審議・決定機関である商品企画委員会の決定に則り、運用部門が
        運用計画の策定、信託財産の運用の指図に関する事項を担当しています。運用部門は、常時ポー
        トフォリオ運用のための投資環境分析を行なっています。
       ◆トレーディング部門は、運用部門の指図に基づいた発注および約定の確認等を行ないます。ト
        レーディング部門は、運用部門が決定する投資内容がファンドの投資運用方針等に沿っているか
        どうかの第一次チェックを行ない、必要に応じて速やかに是正措置を講じます。また、管理部門
        においても日々運用状況のモニタリングを行なっており、運用委員会で承認された運用計画と投
        資行動の整合性、法令および信託約款、運用ガイドライン等の遵守状況等を確認します。
       ◆リーガル・コンプライアンス部門は、管理部門からのモニタリング結果の報告等を通して運用状
        況の点検を行なうとともに、管理部門が行なうモニタリングの適切性等の確認を行なっていま
        す。これらの結果は月次の運用委員会に報告され、同委員会でも運用状況の点検等が行なわれま
        す。
        なお、リーガル・コンプライアンス部門は2名程度、商品企画委員会及び運用委員会は代表取締
        役、運用部門責任者、リーガル・コンプライアンス部門責任者等4~10名程度で構成されていま
        す。
       ◆委託会社では、受託会社に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合等を行なっていま








        す。また、証券投資信託契約に基づく受託会社としての業務の遂行状況等をモニターしていま
        す。
       ◆委託会社では、ファンドの運用に関する社内規程として、投資信託業務に係るファンド・マネー
        ジャーが遵守すべき規定並びにデリバティブ取引、資金の借入れ、外国為替の予約取引、信用取
        引等に関して各々、取扱い基準を設けています。
       ※上記    は2021年6月末日現在のものであり                   、今後変更となる場合があります。

                                12/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (4)【分配方針】
       「年2回決算型」は年2回、「隔月決算型」は年6回の毎決算時に、原則として以下の方針に基づ
       き分配を行ないます。
       ①毎決算期に収益の分配を行なう方針です。ただし、基準価額の水準や市場動向等を勘案して収益
        の分配を行なわない場合もあります。
       ②分配対象額は、経費控除後の配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等とします。
       ③信託財産に留保した収益の運用については、特に制限を設けず、「基本方針」および「運用方
        法」に基づき元本と同一の運用を行ないます。
       ※配当金、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこれ等に類する収益から支払利息を控除した額
        (「配当等収益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相
        当する金額を控除した後、その残金を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配
        金にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       ※売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下、「売買益」といいます。)は、諸経費、信託報
        酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その
        全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配
        にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       ※毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰越します。
       ◆ファンドの決算日

         「年2回決算型」は、            原則とし     て 毎年  5月10日、11月10日           (休業日の      場合は翌営業日)を決算
        日とします。
         「隔月決算型」は、           原則とし     て 毎年  1月10日、3月10日、5月10日、7月10日、9月10日、11
        月10日    (休業日の      場合は翌営業日)を決算日とします。
       ◆収益分配金の支払い

         収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
        (当該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行なわれた受益権に係る受益者を除きま
        す。また、当該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販
        売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)
        に、原則として決算日から起算して5営業日までに支払いを開始します。「分配金再投資コー
        ス」をお申込みの場合は、収益分配金は税引後、無手数料で再投資されますが、再投資により増
        加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
                                13/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (5)【投資制限】
       ① 株式への投資割合(信託約款)
         株式への実質投資割合には、制限を設けません。
       ② 投資信託証券への投資割合(信託約款)
         投資信託証券(マザーファンド受益証券及び上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割
         合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ③ 外貨建資産への投資割合(信託約款)
         外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。
       ④ 投資する株式等の範囲(信託約款)
        1.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商
         品取引所に上場されている株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準ずる市場にお
         いて取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権
         者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りでは
         ありません。
        2.上記1.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株
         予約権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委
         託会社が投資することを指図することができるものとします。
       ⑤ 信用取引の指図範囲(信託約款)
        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの
         指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻し
         により行なうことの指図をすることができるものとします。
        2.上記1.の信用取引の指図は、当該売付けに係る建玉の時価総額が信託財産の純資産総額の
         範囲内とします。
        3.信託財産の一部解約等の事由により、上記2.の売付けに係る建玉の時価総額が信託財産の
         純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売
         付けの一部を決済するための指図をするものとします。
       ⑥ 信用リスク集中回避のための投資制限(信託約款)
         一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エ
         クスポージャー及びデリバティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比
         率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
         なった場合には、一般社団法人投資信託協会の規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を
         行なうこととします。
       ⑦ 先物取引等の運用指図・目的・範囲(信託約款)
        1.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の金融商品取引所
         における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいま
         す。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいい
         ます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるもの
         をいいます。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行なうこ
         との指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めるものとします
         (以下、同じ。)。
        2.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の金融商品取引所
         における通貨に係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引およ
         びオプション取引を行なうことの指図をすることができます。
        3.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、わが国の金融商品取引所
         における金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所における金
         利に係るこれらの取引と類似の取引を行なうことの指図をすることができます。
                                14/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ⑧ スワップ取引の運用指図・目的・範囲(信託約款)
        1.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、異なった通貨、異なった
         受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下、「ス
         ワップ取引」といいます。)を行なうことの指図をすることができます。
        2.スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として、ファンドの信託期
         間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものにつ
         いてはこの限りではありません。
        3.スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で行
         なうものとします。
        4.委託会社は、スワップ取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
         は、担保の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
       ⑨ 金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の運用指図・目的・範囲(信託約款)
        1.委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引、為替先渡
         取引および直物為替先渡取引を行なうことの指図をすることができます。
        2.金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済
         日が、原則として、ファンドの信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信
         託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
        3.金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市
         場実勢金利等をもとに算出した価額で評価するものとします。
        4.委託会社は、金利先渡取引、為替先渡取引および直物為替先渡取引を行なうにあたり担保の
         提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行なうものと
         します。
       ⑩ 商品投資等取引に係る権利の運用指図および範囲(信託約款)
         委託会社は、投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条第10号に規定する商品投資等取
         引(同号イに掲げるものに限ります。)に係る権利に投資を行なうことの指図をすることがで
         きます。
       ⑪ デリバティブ取引等に係る投資制限(信託約款)
         デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会の規則に定める合理的な方法によ
         り算出した額が信託財産の純資産総額を超えないこととします。
       ⑫ 有価証券の貸付けの指図および範囲(信託約款)
        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を
         次の各号の範囲内で貸付けることの指図をすることができます。
         ・株式の貸付けは、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の
          時価合計額の50%を超えないものとします。
         ・公社債の貸付けは、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有
          する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
        2.上記1.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は、すみやかにその超え
         る額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
        3.委託会社は、有価証券の貸付けにあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行な
         うものとします。
       ⑬ 特別の場合の外貨建有価証券への投資制限(信託約款)
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められ
         る場合には、制約されることがあります。
       ⑭ 外国為替予約取引の指図(信託約款)
         委託会社は、信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外
         国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
                                15/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ⑮ 資金の借入れ(信託約款)
        1.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う
         支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みま
         す。)を目的として、または再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金
         借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借
         入金をもって有価証券等の運用は行なわないものとします。
        2.一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から、
         信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間、または解約代金の入金日までの
         間、もしくは償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入
         額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資
         金借入額は、借入指図を行なう日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととしま
         す。
        3.収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌
         営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        4.借入金の利息は信託財産中から支弁します。
       ⑯ 同一法人の発行する株式の取得制限(投資信託及び投資法人に関する法律)
         同一法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行なうすべての委託者指図型投資
         信託の投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式に係る議決権の総
         数の50%を超えることとなるときは、投資信託財産をもって当該株式を取得することはできま
         せん。
       ⑰ 投資信託財産の運用として行なうデリバティブ取引の制限(金融商品取引業等に関する内閣府
         令)
         投資信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動
         その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な
         方法により算出した額が当該投資信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリ
         バティブ取引(本⑰においてデリバティブ取引とは金融商品取引法第2条第20項に規定するも
         のをいい、新株予約権証券又はオプションを表示する証券若しくは証書に係る取引、選択権付
         債券売買及び商品投資等取引(投資信託及び投資法人に関する法律施行令第3条第10号に規定
         するものをいいます。)を含みます。)を行ない、または継続することを内容とした運用を行
         なうことはできません。
       ⑱ 信用リスク集中回避のための投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令)
         投資信託財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産について取引の相手方の債
         務不履行その他の理由により発生し得る危険をいいます。)を適正に管理する方法としてあら
         かじめ委託会社が定めた合理的な方法に反することとなる取引を行うことを内容とした運用を
         行なうことはできません。
                                16/96







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考    )ウルトラ      高利回り債券       マザーファンド        の投資方針等
    (1)基本方針

      この投資信託は、信託財産の成長を図ることを目的として運用を行ないます。
    (2)運用方法
      ①投資対象
       主として、投資信託証券(金融商品取引法第2条第1項第10号に規定する投資信託及び外国投資信
       託の受益証券並びに同項第11号に規定する投資証券及び外国投資証券をいい、この投資信託におい
       ては、上場投資信託証券とします。)、国内外の債券先物取引及び商品先物取引に投資を行ないま
       す。
      ②投資態度
       ・投資信託証券を通じて             ハイ・イールド債券と新興国の債券                   に投資するとともに、国内外の債券先
        物取引及び商品先物取引を積極的に活用し、信託財産の成長を図ることを目的として運用を行な
        います。
       ・投資対象資産や資産配分等の決定は、期待収益率やリスク水準、投資環境等を勘案した上で行な
        います。
       ・外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。
       ・市場動向、資金動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
      ③投資制限
       ・株式への投資割合には、制限を設けません。
       ・投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%
        以下とします。
       ・一般社団法人投資信託協会の規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エク
        スポージャー及びデリバティブ取引等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率
        は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった
        場合には、一般社団法人投資信託協会の規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行なうこ
        ととします。
       ・デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会の規則に定める合理的な方法により
        算出した額が信託財産の純資産総額を超えないこととします。
       ・外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
                                17/96









                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
      (1)投資リスク
        当ファンドは、主としてマザーファンド受益証券を通じて、                                ハイ・イールド債券と新興国の債券
       を主要投資対象とする投資信託証券、国内外の債券先物取引及び商品先物取引に実質的に投資しま
       すので、基準価額は大きく変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、基
       準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。当ファンドの運用による損
       益は、全て投資者の皆様に帰属します。なお、投資信託は預貯金と異なります。
        基準価額の主な変動要因については、次のとおりです。
       ① 公社債の価格変動(価格変動リスク・信用リスク)
         公社債の価格は、一般に金利が低下した場合には上昇し、金利が上昇した場合には下落しま
        す。また、公社債の価格は、発行体の信用状況によっても変動します。特に、発行体が債務不履
        行となった場合、またはその可能性が予想される場合には、当該公社債の価格は大きく下落しま
        す。
         当ファンドが実質的に組入れている公社債の価格が下落した場合には、基準価額が下落する要
        因となり、投資元本を割込むことがあります。
         ハイ・イールド債券は投資適格債券に比べ、また、新興国の債券は先進国の債券に比べ、一般
        に債務不履行が生じるリスクが高いと考えられます。ハイ・イールド債券や新興国の債券の市場
        規模が小さく、取引量が少ない場合等には機動的に売買できない場合があります。流動性の低さ
        などから本来想定される投資価値とは乖離した価格水準で取引される場合もあり、価格の変動性
        が大きくなる傾向もあります。
       ② 債券先物取引による運用に伴うリスク
         債券先物取引の価格は、様々な要因(金利水準、政治・経済・社会情勢、金融・証券市場の動
        向、貿易動向等)に基づき変動します。先物市場の変動の影響を受け、基準価額が下落し、投資
        元本を下回ることがあります。
       ③ 商品先物取引による運用に伴うリスク
         商品先物取引の価格は、様々な要因(商品の需給関係の変化、天候、貿易動向、為替レート、
        金利の変動、政治的・経済的事由および政策、技術発展等)に基づき変動します(個々の品目に
        より具体的な変動要因は異なります。)。当ファンドの基準価額は、商品先物市場の変動の影響
        を受け、短期的または長期的に大きく下落し、投資元本を下回ることがあります。
       ④   当ファンドの資産配分に係るリスク
         当ファンドの基本的な資産配分においては、保有する投資信託証券の時価総額と債券先物取引
        及び商品先物取引の買建玉の時価総額の合計額が信託財産の純資産総額の290%程度となりま
        す。そのため、投資信託証券や債券先物、商品先物の値動きの影響を受け、基準価額が大きく変
        動することがあります。
       ⑤ カントリー・リスク
         発行国の政治、経済および社会情勢の変化により、金融・証券市場が混乱し、金融商品等の価
        格が大きく変動する可能性があります。また、法制度や決済制度、政府規制、税制、送金規制等
        の変化により、運用の基本方針に沿った運用を行なうことが困難になる可能性があります。
       ⑥ 為替リスク
         実質外貨建資産に対し原則として為替ヘッジを行ないませんので、為替相場の変動により当
        ファンドの基準価額が影響を受けます。
       ⑦ 一部解約によるファンドの資金流出に伴う基準価額変動のリスク
         受益者によるファンドの一部解約請求額が追加設定額を大きく上回った場合、解約資金を手当
        てするために保有する有価証券等を大量に売却しなければならないことがあります。その際に
        は、市況動向や取引量等の状況によっては、市場実勢から期待される価格で売却できない可能性
        があります。その結果、当ファンドの基準価額が下落することが考えられます。
       ⑧   ファミリーファンド方式での運用におけるリスク
                                18/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         ファンドが投資対象とするマザーファンドを投資対象とする他のベビーファンドに追加設定・
        解約等に伴う資金変動等があり、その結果、当該マザーファンドにおいて売買等が生じた場合な
        どには、ファンドの基準価額に影響を及ぼす場合があります。
       ⑨ 当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市場動向等に急激な変化が生じ
        たときまたは予想されるとき、償還の準備に入ったとき、ならびに残存元本が運用に支障をきた
        す水準となったとき等やむを得ない事情が発生した場合には、運用の基本方針にしたがって運用
        できない場合があります。
      (2)投資リスクの管理体制

       ① 信託財産における運用リスクについては、運用部門責任者およびファンド・マネージャーが常







        時モニターし、協議、点検を行なっています。
       ② リーガル・コンプライアンス部門においては、管理部門からのモニタリング結果の報告等を通
        して法令および信託約款等の遵守状況を日々チェックしています。
       ③ これらの結果は、代表取締役、運用部門責任者、リーガル・コンプライアンス部門責任者等で
        構成される月次の運用委員会に報告されており、同委員会でも運用状況の点検が行なわれていま
        す。
       ※上記は     2021年6月末日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

                                19/96







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (参考情報)
                                20/96




















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                21/96





















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
      (1)【申込手数料】
       ① 申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価                              額に、3.3%(税抜3.0%)を上限として販
        売会社が定める手数料率を乗じて得た金額とします。
         販売会社が定める手数料率については、販売会社にお問い合わせください。
       ② 税引き後の収益分配金を再投資する場合の受益権の価額は、原則として各計算期間終了日の基
        準価額とし、申込手数料は無手数料となります。
       ※当ファンドの販売会社、基準価額等については、下記の照会先までお問い合わせください。
                            ■  照会先    ■
                     PayPayアセットマネジメント株式会社
                      照会ダイヤル:Tel           0120-580446
                    <受付時間>営業日の午前9時~午後5時
                  ホームページ[https://www.paypay-am.co.jp]
       ※申込手数料は、購入時の商品および投資環境に関する説明や情報提供、事務手続き等の対価とし

        て販売会社にお支払いいただきます。詳しくは販売会社にお問合わせ下さい。
      (2)【換金(解約)手数料】

        ありません。
      (3)【信託報酬等】

        信託報酬の総額は、当ファンドの計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年                                             0. 583  %
       (税抜年0.53%)の率を乗じて得た額です。
        委託会社、受託会社、販売会社間の配分については次のとおりです。
                    委託会社                 年0.25%
        信託報酬の配分
                    受託会社                 年0.03%
          (税抜)
                    販売会社                 年0.25%
        実質的な投資対象とする投資信託証券の運用管理費用(信託報酬)等を加えた場合、当該運用管
       理費用等と信託報酬の合計は、年0.799%程度になります。なお、当該合計は、投資信託証券の実
       際の組入状況等により変動します。また、投資対象とする投資信託証券の変更等(投資対象とする
       投資信託証券の運用管理報酬等の変更を含みます。)により今後変更となる場合があります。
        信託報酬の総額は、毎計算期末または信託終了のときに、信託財産中                                     から支払われます。
       ※信託報酬を対価とする役務の内容は、配分先に応じて、それぞれ以下のとおりです。

        委託会社:資金の運用の対価
        受託会社:運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価
        販売会社:運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理、購入後の情報提供等の対
              価
                                22/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (4)【その他の手数料等】
       ①その他の費用
       (イ)ファンドに関する組入有価証券や債券先物、商品先物の売買の際に発生する売買委託手数料、
         売買委託手数料に対する消費税等相当額、外貨建資産の保管等に要する費用は信託財産中から
         支払われます。
       (ロ)信託財産において一部解約金の支払資金等に不足額が生じるときに資金借入れを行なった場
         合、その借入金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支払われます。
       (ハ)信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用(消費税等相当額を含みます。)およ
         び受託会社の立替えた立替金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支払われます。
       ※上記「その他の費用」については、運用状況等により変動しますので、事前に料率、上限額等を
        示すことができません。
       ②以下に定める諸費用(消費税等相当額を含みます。)は、受益者の負担とし、信託財産中から支
        払うことができます。
       (イ)信託約款の作成および監督官庁への届出等に係る費用
       (ロ)有価証券届出書、有価証券報告書等の作成ならびに監督官庁への届出等に係る費用
       (ハ)目論見書の作成、印刷および交付等に係る費用
       (ニ)運用報告書の作成、印刷および交付ならびに監督官庁への届出等に係る費用
       (ホ)信託約款の変更または信託契約の解約に係る事項を記載した書面の作成、印刷等に係る費用
       (ヘ)この信託契約に係る受益者に対する公告に係る費用
       (ト)投資信託財産の監査に係る費用
       (チ)この信託契約に係る法律顧問および税務顧問に対する報酬
       ③上記②の諸費用は、委託会社が合理的な見積率により計算した額を、かかる諸費用の合計額とみ
        なして、実際または予想される費用額を上限として、ファンドより受領することができます。た
        だし、委託会社は、信託財産の規模等を考慮のうえ、あらかじめ委託会社が定めた範囲内で、受
        領する金額の上限、一定の率または一定の金額を変更することができます。なお、これら諸費用
        は、毎計算期末または信託終了のときに、信託財産中から支払われます。
       ※上記「その他の手数料等」については、運用状況等により変動しますので、事前に料率、上限額
        等を示すことができません。
      ※当ファンドの手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することが

       できません。
                                23/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (5)【課税上の取扱い】
       当ファンドは、課税上は、株式投資信託として取扱われます。
       ① 個別元本について
        a.追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該
         申込手数料に係る消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあた
         ります。
        b.受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託
         を行なうつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
        c.元本払戻金(特別分配金)が支払われた場合、収益分配金発生時に受益者の個別元本から当
         該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
       ② 収益分配金の課税について
         追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる
        「元本払戻金(特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分がありま
        す。
         受益者が収益分配金を受取る際、
        a.収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の個別元本と同額の場合または受益者の個別元本を
         上回っている場合には、収益分配金の全額が普通分配金となります。
        b.収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部
         分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金から元本払戻金(特別分配金)を控除
         した額が普通分配金となります。
       ③ 個人、法人別の課税の取扱いについて
        a.個人の受益者に対する課税
         1.収益分配金に対する課税
            収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、20.315%(所得税15%、復興特
          別所得税0.315%および地方税5%)の税率による源泉徴収が行なわれます。なお、確定申
          告を行ない、申告分離課税または総合課税(配当控除は適用されません。)を選択すること
          もできます。
         2.一部解約金および償還金に対する課税
            一部解約時および償還時の譲渡益については、20.315%(所得税15%、復興特別所得税
          0.315%および地方税5%)の税率による申告分離課税が適用されます。なお、源泉徴収選
          択口座においては原則として確定申告は不要となります。
         ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合
          少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」は、平成26年1月1日より開始された非課税制度で
          す。公募株式投資信託は税法上、NISAの適用対象となります。NISAをご利用の場合、毎年、
          年間120万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び譲渡所
          得が5年間非課税となります。ご利用になれるのは、満20歳以上の方で、販売会社で非課税
          口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。なお、「ジュニアNISA」
          は、年間80万円の範囲で20歳未満の方を対象とした非課税制度となります。詳しくは、販売
          会社にお問い合わせください。
                                24/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        b.法人の受益者に対する課税
            法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部
          解約時および償還時の個別元本超過額については、15.315%(所得税15%および復興特別所
          得税0.315%)の税率で源泉徴収され法人の受取額となります。地方税の源泉徴収はありま
          せん。なお、益金不算入制度は適用されません。
       ※外貨建資産への投資により外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる

        場合があります。
       ※税法が改正された場合等には、上記の内容が変更になることがあります。
       ※課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家等に確認されることをお勧めいたします。
                                25/96
















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
      以下は2021年6        月30  日現在の運用状況です。また、「投資比率」とは、ファンドの純資産総額に対す
    る当該資産の時価比率をいいます。
      (1)【投資状況】
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
      投資状況
              資産の種類                国/地域         時価合計(円)           投資比率(%)
      親投資信託受益証券                         日本            185,819,983             97.10
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                          -            5,547,162            2.90
            合計(純資産総額)                    -           191,367,145            100.00
      「 PayPay投信      ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」

      投資状況
              資産の種類                国/地域         時価合計(円)           投資比率(%)
      親投資信託受益証券                         日本            212,332,050             97.22
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                          -            6,063,392            2.78
            合計(純資産総額)                    -           218,395,442            100.00
      <ご参考>      ウルトラ     高利回り債券       マザーファンド

      投資状況
              資産の種類                国/地域         時価合計(円)           投資比率(%)
      投資信託受益証券                        アメリカ             317,770,871             79.81
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                          -            80,394,625            20.19
            合計(純資産総額)                    -           398,165,496            100.00
      その他資産の投資状況

                   資産の種類                    時価合計(円)           投資比率(%)
      債券先物取引(買建)                                     685,609,062            172.19
      商品先物取引(買建)                                     136,513,222             34.29
      国内の取引所に上場されている債券先物取引の評価にあたっては、                                    原則として取引所          の発表する清算
      値段等を用いています。海外の取引所に上場されている債券先物取引及び商品先物取引の評価にあ
      たっては、      原則として      当該日に知り得る直近の日の取引所の発表する清算値段等又は最終相場を用い
      ています。
      ※取引される取引所については、下記「(2)投資資産 ③その他投資資産の主要なもの」末尾をご
       参照ください。
                                26/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)【投資資産】
       ①【投資有価証券の主要銘柄】
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
                                       簿価          時価
                                                       投資比
         国/
      順位       種類        銘柄名         数量
         地域
                                                       率(%)
                                   単価(円)     金額(円)     単価(円)     金額(円)
           親投資信託      ウルトラ   高利回り債券     マ
         日本
       1                       160,217,265      1.1465    183,687,525      1.1598    185,819,983      97.10
           受益証券      ザーファンド
       種類別投資比率

                   種類                投資比率(%)
       親投資信託受益証券                                  97.10
       合計                                  97.10
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券                         (隔月決算型)        」

                                       簿価          時価
                                                       投資比
         国/
      順位       種類        銘柄名         数量
         地域
                                                       率(%)
                                   単価(円)     金額(円)     単価(円)     金額(円)
           親投資信託      ウルトラ高利回り債券マ
         日本
       1                       183,076,436      1.1465    209,895,172      1.1598    212,332,050      97.22
           受益証券      ザーファンド
       種類別投資比率

                   種類                投資比率(%)
       親投資信託受益証券                                  97.22
       合計                                  97.22
       ②【投資不動産物件】

      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
         該当事項はございません。
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券                         (隔月決算型)        」

         該当事項はございません。
       ③【その他投資資産の主要なもの】

      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
         該当事項はございません。
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券                         (隔月決算型)        」

         該当事項はございません。
                                27/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      <ご参考>      ウルトラ     高利回り債券       マザーファンド
       ①投資有価証券の主要銘柄
                                                         投資
                                        簿価           時価
      順
                                                         比率
        国/地域     種類        銘柄名          数量
      位
                                    単価(円)     金額(円)     単価(円)     金額(円)
                                                         (%)
                 iSharesブロード米ドル
            投資信託受
                 建てハイイールドコーポレイト
        アメリカ
      1                          34,700    4,470.68     155,132,505      4,612.29     160,046,525     40.20
            益証券
                 ボンド・ETF
                 iShares J.P.          Mo
            投資信託受
                 rgan米ドル建てエマージン
        アメリカ
      2                          12,700   12,528.71     159,114,668     12,419.24     157,724,345     39.61
            益証券
                 グマーケッツボンド・ETF
       種類別投資比率

                  種類                投資比率(%)
       投資信託受益証券                                  79.81
       合計                                  79.81
       ②投資不動産物件

         該当事項はございません。
       ③その他投資資産の主要なもの

                                       簿価      評価額       評価額     投資比
                          買建/
         名称        取引所      種類      通貨    数量
                          売建
                                      (各通貨)      (時価、各通貨)       (時価、円)      率(%)
      米国10年国債先物
                      債券先
              シカゴ商品取引所            買建   米ドル
                                   19    2,509,573       2,513,047      277,892,734     69.79
                      物取引
      (2021年9月限)
      フランス10年国債先
              ユーレックス・ドイ        債券先
                          買建   ユーロ
                                   13    2,058,342       2,061,410      271,240,328     68.12
              ツ金融先物取引所        物取引
      物(2021年9月限)
      金先物(2021年8月
              ニューヨーク商品取        商品先
                          買建   米ドル
                                    7   1,336,412       1,234,520      136,513,222     34.29
              引所        物取引
      限)
      長期国債先物(2021
                      債券先
              シンガポール取引所            買建    円
                                90,000,000      136,372,500       136,476,000       136,476,000     34.28
                      物取引
      年9月限)
      国内の取引所に上場されている債券先物取引の評価にあたっては、                                    原則として取引所          の発表する清算
      値段等を用いています。海外の取引所に上場されている債券先物取引及び商品先物取引の評価にあ
      たっては、      原則として      当該日に知り得る直近の日の取引所の発表する清算値段等又は最終相場を用い
      ています。
                                28/96










                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)【運用実績】
       ①【純資産の推移】
        2021年6月末日及び同日前1年以内における各月末ならびに下記決算期末もしくは下記特定期間
        末の純資産の推移は次のとおりです。
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
                             純資産総額(百万円)               1口当たり純資産額(円)
         計算期間           年月日
                            (分配落)        (分配付)        (分配落)        (分配付)
        第1計算期間末          (2020年5月11日)               195        195      1.0068        1.0068
        第2計算期間末
                 (2020年11月10日)               209        209      1.1208        1.1208
        第3計算期間末          (2021年5月10日)               187        187      1.1218        1.1218
                   2020年6月末日                      -                -
                                 201              1.0742
                      7月末日                   -                -
                                 203              1.1293
                      8月末日                   -                -
                                 207              1.1285
                      9月末日                   -                -
                                 207              1.1198
                      10月末日                   -                -
                                 206              1.1032
                      11月末日                   -                -
                                 208              1.1146
                      12月末日                   -                -
                                 209              1.1435
                   2021年1月末日                      -                -
                                 198              1.1294
                      2月末日                   -                -
                                 179              1.0684
                      3月末日                   -                -
                                 179              1.0818
                      4月末日                   -                -
                                 184              1.1000
                      5月末日                   -                -
                                 186              1.1443
                      6月末日                   -                -
                                 191              1.1328
        (注)純資産総額は、百万円未満を切り捨てた額を記載しております。
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」

                             純資産総額(百万円)               1口当たり純資産額(円)
         特定期間           年月日
                            (分配落)        (分配付)        (分配落)        (分配付)
        第1特定期間末          (2020年5月11日)               187        188      0.9939        0.9998
        第2特定期間末
                 (2020年11月10日)               233        236      1.0695        1.0803
        第3特定期間末          (2021年5月10日)               212        214      1.0447        1.0547
                   2020年6月末日                      -                -
                                 114              1.0605
                      7月末日                   -                -
                                 131              1.1036
                      8月末日                   -                -
                                 173              1.1040
                      9月末日                   -                -
                                 206              1.0796
                      10月末日                   -                -
                                 227              1.0633
                      11月末日                   -                -
                                 230              1.0632
                      12月末日                   -                -
                                 225              1.0906
                   2021年1月末日                      -                -
                                 220              1.0673
                      2月末日                   -                -
                                 202              1.0101
                      3月末日                   -                -
                                 197              1.0176
                      4月末日                   -                -
                                 210              1.0343
                      5月末日                   -                -
                                 215              1.0655
                      6月末日                   -                -
                                 218              1.0549
        (注)純資産総額は、百万円未満を切り捨てた額を記載しております。
                                29/96






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ②【分配の推移】
      「 PayPay投信      ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
          計算期間            1口当たり分配金(円)
           第1期
                                0.0000
           第2期                     0.0000
           第3期                     0.0000
      「 PayPay投信      ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」

          特定期間            1口当たり分配金(円)
          第1特定期間                       0.0165
          第2特定期間                       0.0370
          第3特定期間                       0.0258
       ③【収益率の推移】

      「 PayPay投信      ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
          計算期間              収益率(%)
           第1期                       0.7
           第2期                      11.3
           第3期                       0.1
      「 PayPay投信      ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」

          特定期間              収益率(%)
         第1特定期間                        1.0
         第2特定期間                        11.3
         第3特定期間                        0.1
      (4)【設定及び解約の実績】

      「 PayPay投信      ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
           計算期間             設定口数            解約口数            発行済口数
            第1期               312,392,317            117,748,746            194,643,571
            第2期               101,745,296            109,357,401            187,031,466
            第3期               28,719,063            48,538,292            167,212,237
      (注1)     本邦外における設定、解約の実績はありません。
      (注2)     第1期の設定口数は、当初募集期間中の販売口数を含みます。
      「 PayPay投信      ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」

           特定期間             設定口数            解約口数            発行済口数
          第1特定期間                219,858,826             31,377,347            188,481,479
          第2特定期間                156,431,228            126,384,665            218,528,042
          第3特定期間                 57,009,313            72,463,005            203,074,350
      (注1)     本邦外における設定、解約の実績はありません。
      (注2)     第1特定期間の設定口数は、当初募集期間中の販売口数を含みます。
                                30/96






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
                                31/96




















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                32/96





















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

      (1)受益権の取得申込者は、販売会社に取引口座を開設のうえ、取得の申込みを行なうものとしま
       す。
        お申込みには、分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受取るコース(「分配金受取
       コース」といいます。)と、分配金が税引き後無手数料で再投資されるコース(「分配金再投資
       コース」といいます。)の2つのコースがあります。ただし、販売会社によって取扱うコースが異
       なることがありますので、お申込みの際は、必ず販売会社にご確認ください。
        受益権の取得申込者は「分配金受取コース」と「分配金再投資コース」のいずれかの方法により
       取得の申込みを行ないます。
        詳しくは、販売会社にお問い合せください。
      (2)受益権の取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設さ
       れた当ファンドの受益権の振替を行なうための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該
       取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行なわれます。
        なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引換えに、当該口座に当該取得申込者に係
       る口数の増加の記載または記録を行なうことができます。委託会社は、追加信託により分割された
       受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事
       項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知が
       あった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行ない
       ます。受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方
       法により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行ないます。
      (3)申込単位は、販売会社が定める単位とします。申込単位については、販売会社にお問い合わせく
       ださい。
        ただし、「分配金再投資コース」により、税引き後の収益分配金を再投資する場合は、1口以上
       1口単位となります。
      (4)受益権の販売価額は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ただし、「分配金再投資コース」により、税引き後の収益分配金を再投資する場合の価額は、原
       則として決算日の基準価額とします。
        基準価額は、原則として毎営業日に算出されます。基準価額は、販売会社もしくは下記「照会
       先」に問い合わせることにより知ることができます。また、日本経済新聞にも掲載されます。
      (5)当ファンドの受益権の取得申込みは、毎営業日に販売会社において受付けます。ただし、取得申
       込日  がニューヨークの銀行またはニューヨーク証券取引所もしくはロンドンの銀行の                                           休業日と同日
       の場合には、原則として受益権の取得申込みの受付は行ないません。なお、取得申込みの受付は、
       原則として営業日の午後3時までとし、当該受付時間を過ぎてのお申込みは、翌営業日の取扱いと
       なります。詳しくは、販売会社にお問い合せください。
        また、金融商品取引所および商品市場等における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを
       得ない事情があるときは、取得申込みの受付を中止することがあります。
      (6)受益権の取得申込者は、お申込金額と申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を販売
       会社が指定する期日までにお支払いいただきます。
      ※販売会社によっては、一部のファンドのみのお取扱いとなる場合があります。
                                33/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ※ファンドの販売会社、基準価額等については、下記の照会先までお問い合わせください。
                            ■  照会先    ■
                     PayPayアセットマネジメント株式会社
                      照会ダイヤル:Tel           0120-580446
                    <受付時間>営業日の午前9時~午後5時
                  ホームページ[https://www.paypay-am.co.jp]
    2【換金(解約)手続等】

       受益者は、保有する受益権について、一部解約の実行を請求することにより換金することができま
      す。
      (1)受益者は、原則として毎営業日において、自己に帰属する受益権について、販売会社を通じて委
       託会社に対して最低単位を1口単位として販売会社が定める単位をもって一部解約の実行の請求を
       することができます。ただし、一部解約請求の申                          込日がニューヨークの銀行またはニューヨーク証
       券取引所もしくはロンドンの銀行の休業日と同日の場合には、原則として受益権の一部解約請求の
       受付は行ないません。なお、一部解約の実行の請求をする場合は、振替受益権をもって行なうもの
       とします。
        一部解約の実行の請求の受付は、原則として営業日の午後3時までとし、当該受付時間を過ぎて
       の一部解約の実行の請求は、翌営業日の取扱いとなります。
        詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      (2)一部解約の実行の請求を行なう受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受
       益者の請求に係るこの信託契約の一部解約を委託会社が行なうのと引換えに、当該一部解約に係る
       受益権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の
       口座において当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
      (3)委託会社は、一部解約の実行の請求を受付けたときは、1口単位をもってこの信託契約の一部を
       解約します。
      (4)一部解約の価額は、一部解約の実行の請求を受付けた日の翌営業日の基準価額とします。
        基準価額は、原則として毎営業日に算出されます。基準価額は、販売会社もしくは上記「1 申
       込(販売)手続等」に記載の照会先に問い合わせることにより知ることができます。また、基準価
       額は、日本経済新聞にも掲載されます。
      (5)一部解約金は、一部解約の実行の請求を受付けた日から起算して、原則として7営業日目                                                  から販
       売会社において、受益者に支払います。
      (6)委託会社は、金融商品取引所および商品市場等における取引の停止、外国為替取引の停止その他
       やむを得ない事情があるときは、一部解約の実行の請求の受付を中止することができます。また、
       信託財産の資産管理を円滑に行なうために大口の一部解約の実行の請求には、制限を設ける場合が
       あります。
      (7)一部解約の実行の請求の受付が中止されたときは、受益者は当該受付中止以前に行なった当日の
       一部解約の実行の請求を撤回することができます。
                                34/96






                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
      (1)【資産の評価】
       ① 基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令および
        一般社団法人投資信託協会規則に従って時価または一部償却原価法により評価して得た信託財産
        の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を計算日における受益
        権総口数で除した金額で、当ファンドでは1万口当たりの価額で表示します。基準価額は、原則
        として毎営業日に算出されます。
         なお、信託財産に属する外貨建資産の円換算については、原則として、わが国における計算日
        の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。予約為替の評価は、原則として、わが国にお
        ける計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
         基準価額は、販売会社もしくは上記「1 申込(販売)手続等」に記載の照会先に問い合わせ
        ることにより知ることができます。また、日本経済新聞にも掲載されます。
       ② 国内の取引所に上場されている債券先物取引及び商品投資等取引は、原則として当該取引所の
        発表する基準価額計算日の清算値段等で評価します。海外の取引所に上場されている債券先物取
        引及び商品投資等取引は、原則として当該取引所の発表する基準価額計算日に知り得る直近の日
        の清算値段等又は最終相場で評価します。
         投資信託証券の評価は、原則として基準価額計算時に知り得る直近の日(親投資信託は、原則
        として基準価額計算日)の基準価額で評価します。海外の取引所に上場されている投資信託証券
        については、原則として当該取引所における基準価額計算時に知り得る直近の日の最終相場で評
        価します。
      (2)【保管】

        ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定ま
       り、受益証券を発行しませんので、受益証券の保管に関する該当事項はありません。
      (3)【信託期間】

        当ファンドの信託期間は無期限とします。ただし、下記「(5)その他 ① 信託の終了」の場
       合にはこの信託契約を解約し、信託を終了させる場合があります。
      (4)【計算期間】

       「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
        ① 当ファンドの計算期間は、原則として毎年5月11日から11月10日まで、11月11日から翌年5
         月10日までとします。
        ② 上記の場合において、計算期間の最終日が休日に当たるときは、休日の翌営業日を当該計算
         期間の最終日とし、次の計算期間は、その翌日から開始します。なお、第1計算期間は、当初
         設定日から2020年5月11日までとします。
       「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」
        ① 当ファンドの計算期間は、原則として毎年1月11日から3月10日まで、3月11日から5月10
         日まで、5月11日から7月10日まで、7月11日から9月10日まで、9月11日から11月10日ま
         で、11月11日から翌年1月10日までとします。
        ② 上記の場合において、計算期間の最終日が休日に当たるときは、休日の翌営業日を当該計算
         期間の最終日とし、次の計算期間は、その翌日から開始します。なお、第1計算期間は、当初
         設定日から2020年3月10日までとします。
                                35/96



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (5)【その他】
       ① 信託の終了
        1.委託会社は、受益権の口数が10億口を下ることとなった場合もしくは信託契約を解約するこ
         とが受益者のため有利であると認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託会
         社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合におい
         て、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
        2.委託会社は、上記1.の事項について、書面による決議(以下、「書面決議」といいま
         す。)を行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約
         の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている受
         益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        3.上記2.の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンド
         の受益権が属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下、本3.
         において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。
         なお、この信託契約に係る知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受
         益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        4.上記2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあた
         る多数をもって行ないます。
        5.上記2.から4.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合におい
         て、当該提案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意
         の意思表示をしたときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない
         事情が生じている場合であって、上記2.から4.までの手続きを行なうことが困難な場合も
         同じとします。
        6.委託会社は、監督官庁より信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信
         託契約を解約し、信託を終了させます。
        7.委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したと
         きは、委託会社は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が信託契
         約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、「②信託約
         款の変更」の書面決議で否決された場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間にお
         いて存続します。
        8.受託会社が辞任した場合または裁判所が受託会社を解任した場合において、委託会社が新受
         託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
       ② 信託約款の変更
        1.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
         は、受託会社と合意のうえ、この信託約款を変更することまたは当ファンドと他のファンドと
         の併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託
         の併合」をいいます。以下、同じ。)を行なうことができるものとし、あらかじめ、変更また
         は併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届出ます。なお、信託約款は本「②信託約
         款の変更」に定める以外の方法によって変更することができないものとします。
        2.委託会社は、上記1.の事項(上記1.の変更事項にあってはその内容が重大なものに該当
         する場合に限り、併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該
         当する場合を除き、以下、合わせて「重大な信託約款の変更等」といいます。)について、書
         面決議を行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な信託約款
         の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託
         約款に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を
         発します。
                                36/96



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        3.上記2.の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンド
         の受益権が属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下、本3.
         において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。
         なお、この信託約款に係る知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受
         益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        4.上記2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあた
         る多数をもって行ないます。
        5.書面決議の効力は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
        6.上記2.から5.までの規定は、委託会社が重大な信託約款の変更等について提案をした場
         合において、当該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録に
         より同意の意思表示をしたときには適用しません。
        7.上記1.から6.までの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決さ
         れた場合にあっても、当該併合に係る一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決
         議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行なうことはできません。
        8.委託会社は、監督官庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、上記1.から
         7.までの規定にしたがいます。
       ③ 反対受益者の受益権買取請求の不適用
         当ファンドは、受益者が自己が保有する受益権について一部解約の実行の請求を行なったとき
        は、委託会社が信託契約の一部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価
        格が当該受益者に一部解約金として支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するた
        め、上記①に規定する信託契約の解約または上記②に規定する重大な信託約款の変更等を行なう
        場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益
        権の買取請求の規定の適用を受けません。
       ④ 関係法人との契約の更改等
        a.受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約
          委託会社および販売会社いずれからも別段の意思表示のないときは、自動的に1年間延長さ
         れるものとします。
       ⑤ 運用報告書
        「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
         委託会社は、毎決算時および償還時、運用経過のほか信託財産の内容、有価証券や債券先物、
        商品先物の売買状況、費用明細等のうち重要な事項を記載した交付運用報告書を作成し、販売会
        社を通じて交付します。
        「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」
         委託会社は、5月、11月の決算時および償還時、運用経過のほか信託財産の内容、有価証券や
        債券先物、商品先物の売買状況、費用明細等のうち重要な事項を記載した交付運用報告書を作成
        し、販売会社を通じて交付します。
         運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページ(https://www.paypay-am.co.jp)に掲載
        されます。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の交付請求があった場合には、交付しま
        す。
       ⑥ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
        a.委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関
         する事業を譲渡することがあります。
        b.委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この
         信託契約に関する事業を承継させることがあります。
                                37/96



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ⑦ 公告
         委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告により行ないます。
         公告アドレス https://www.paypay-am.co.jp/notification/
    4【受益者の権利等】

      (1)収益分配金に対する請求権
       ① 受益者は保有する受益権の口数に応じて収益分配金を請求する権利を有します。
       ② 収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
        (当該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行なわれた受益権に係る受益者を除きま
        す。また、当該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販
        売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)
        に帰属します。
       ③ 受託会社が、委託会社の指定する預金口座等に払込むことにより、原則として、毎決算日の翌
        営業日に、収益分配金が販売会社に交付されます。
        a.「分配金受取コース」により取得している場合
          収益分配金は、毎決算日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算
         して5営業日までの日)から、毎決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録さ
         れている受益者に販売会社において支払います。
        b.「分配金再投資コース」により取得している場合
          原則として、決算日の翌営業日に税引後、無手数料で決算日の基準価額で再投資されます
         が、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       ④ 受益者が、収益分配金について上記③の支払開始日から5年間その支払いを請求しないとき
        は、その権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
      (2)償還金に対する請求権
       ① 受益者は保有する受益権の口数に応じて償還金(信託終了時における信託財産の純資産総額を
        受益権総口数で除した額をいいます。以下同じ。)を請求する権利を有します。
       ② 償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として信託終了の日から起
        算して5営業日までの日)から、信託終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録
        されている受益者(信託終了日以前において一部解約が行なわれた受益権に係る受益者を除きま
        す。また、当該信託終了日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義
        で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、販売会社
        において支払います。
         なお、当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社が当ファンドの
        償還をするのと引換えに、当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものと
        し、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が
        行なわれます。
       ③ 受益者が、信託終了による償還金について、上記②の支払開始日から10年間その支払いを請求
        しないときは、その権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
      (3)一部解約請求権
       ① 受益者は自己に帰属する受益権について、販売会社を通じて委託会社に対して1口単位をもっ
        て一部解約の実行の請求をすることができるものとし、その場合振替受益権をもって行なうもの
        とします。
                                38/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         一部解約の実行の請求を行なう受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該
        受益者の請求に係るこの信託契約の一部解約を委託会社が行なうのと引換えに、当該一部解約に
        係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機
        関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
       ② 一部解約金は、一部解約請求受付日から起算して、原則として                                    7営業日目から        販売会社におい
        て、受益者に支払います。
      (4)反対受益者の買取請求権
         上記「3 資産管理等の概要(5)③」の項をご参照ください。
      (5)帳簿閲覧権
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内において当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の
       閲覧を請求する権利を有します。
                                39/96
















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
                PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)

             (旧ファンド名:ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型))
      1.当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大

       蔵省令第59号)」並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則(平
       成12年総理府令第133号)」に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表の記載金額は、円単位で表示しております。
      2.  当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3期計算期間(自令和2年11

       月11日    至令和3年5月10日)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けて
       おります。
                                40/96
















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    1【財務諸表】
     【PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)(旧ファンド名:ウルトラバラン
                     ス 高利回り債券(年2回決算型)】
      (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                   第2期              第3期
                              (令和2年11月10日現在)              (令和3年5月10日現在)
     資産の部
       流動資産
        コール・ローン                               8,077,709              5,981,532
                                      203,423,035              183,684,038
        親投資信託受益証券
        流動資産合計                              211,500,744              189,665,570
       資産合計                               211,500,744              189,665,570
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                                652,148              973,006
        未払受託者報酬                                34,430              31,874
        未払委託者報酬                                573,779              531,244
        未払利息                                   7              1
                                        606,480              547,706
        その他未払費用
        流動負債合計                               1,866,844              2,083,831
       負債合計                                1,866,844              2,083,831
     純資産の部
       元本等
        元本                              187,031,466              167,212,237
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                             22,602,434              20,369,502
                                      209,633,900              187,581,739
        元本等合計
       純資産合計                               209,633,900              187,581,739
     負債純資産合計                                211,500,744              189,665,570
                                41/96











                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                   第2期              第3期
                               (自 令和2年5月12日              (自 令和2年11月11日
                                至 令和2年11月10日)               至 令和3年5月10日)
     営業収益
       受取利息                                   112               23
                                      23,248,348               1,261,003
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                                23,248,460               1,261,026
     営業費用
       支払利息                                  2,024               528
       受託者報酬                                  34,430              31,874
       委託者報酬                                 573,779              531,244
                                        606,480              547,706
       その他費用
       営業費用合計                                1,216,713              1,111,352
     営業利益又は営業損失(△)                                 22,031,747                149,674
     経常利益又は経常損失(△)                                 22,031,747                149,674
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 22,031,747                149,674
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                       9,602,499              △ 164,707
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                 1,331,329              22,602,434
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 11,924,742               3,337,688
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                          -              -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      11,924,742               3,337,688
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 3,082,885              5,885,001
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       3,082,885              5,885,001
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                          -              -
       額
                                          -              -
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                                 22,602,434              20,369,502
                                42/96










                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)【注記表】
      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                   親投資信託受益証券

                         移動平均法に基づき、当該親投資信託の基準価額で評価しており
                        ます。
     2.収益及び費用の計上基準                   有価証券売買等損益の計上基準

                         約定日基準で計上しております。
      (貸借対照表に関する注記)

                              第2期                第3期
             項目
                         (令和2年11月10日現在)                (令和3年5月10日現在)
     1.当該計算期間末日における受益権                           187,031,466口                167,212,237口

      の総数
     2.「投資信託財産の計算に関する規                   元本の欠損                元本の欠損

      則(平成12年総理府令第133号)」                               -円                -円
      第55条の6第10号に規定する額
     3.1口当たり純資産額                             1.1208円                1.1218円

       (10,000口当たり純資産額)                         (11,208円)                (11,218円)
      (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                              第2期                第3期
                          (自   令和2年    5月12日         (自   令和2年11月11日
             項目
                           至  令和2年11月10日)               至  令和3年    5月10日)
     1.分配金の計算過程

                         計算期間末における費用控除                計算期間末における費用控除
                        後の配当等収益(3,003,763                後の配当等収益(2,337,626
                        円)、費用控除後・繰越欠損金                円)、費用控除後・繰越欠損金
                        補填後の有価証券売買等損益                補填後の有価証券売買等損益(-
                        (6,676,544円)、収益調整金                円)、収益調整金(10,000,500
                        (12,024,948円)及び分配準備                円)及び分配準備積立金
                        積立金(897,179円)より、分配                (8,031,376円)より、分配対象
                        対  象  収  益  は  22,602,434      円  収益は20,369,502円(10,000口
                        (10,000口当たり1,208.46円)                当たり1,218.15円)であります
                        でありますが、基準価額の水準                が、基準価額の水準や市場動向
                        や市場動向等を勘案して分配は                等を勘案して分配はしておりま
                        しておりません。                せん。
     2.剰余金増加額・減少額及び欠損金                    「当期追加信託に伴う剰余金                「当期追加信託に伴う剰余金

      減少額・増加額                  増加額又は欠損金減少額」及び                増加額又は欠損金減少額」及び
                        「当期一部解約に伴う剰余金減                「当期一部解約に伴う剰余金減
                        少額又は欠損金増加額」はそれ                少額又は欠損金増加額」はそれ
                        ぞれ剰余金減少額と増加額との                ぞれ剰余金減少額と増加額との
                        純額を表示しております。                純額を表示しております。
                                43/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品に関する注記)
       Ⅰ.金融商品の状況に関する事項
                               第2期                第3期
                          (自   令和2年    5月12日         (自   令和2年11月11日
             項目
                            至  令和2年11月10日)               至  令和3年    5月10日)
     1.金融商品に対する取組方針                    当ファンドは、投資信託及び                当ファンドは、投資信託及び

                        投資法人に関する法律第2条第                投資法人に関する法律第2条第
                        4項に定める証券投資信託であ                4項に定める証券投資信託であ
                        り、信託約款に規定する「運用                り、信託約款に規定する「運用
                        の基本方針」に従い、有価証券                の基本方針」に従い、有価証券
                        等の金融商品に対して投資とし                等の金融商品に対して投資とし
                        て運用することを目的としてお                て運用することを目的としてお
                        ります。                ります。
     2.金融商品の内容及びそのリスク                    当ファンドが保有する金融商                当ファンドが保有する金融商

                        品の種類は、有価証券、コー                品の種類は、有価証券、コー
                        ル・ローン等の金銭債権及び金                ル・ローン等の金銭債権及び金
                        銭債務であります。また当ファ                銭債務であります。また当ファ
                        ンドが保有する有価証券は             親投   ンドが保有する有価証券は             親投
                        資信託受益証券で        あります。        資信託受益証券で        あります。
                         これらの金融商品は、価格変                これらの金融商品は、価格変
                        動リスク、     為替変動リスク、カ           動リスク、     為替変動リスク、カ
                        ントリーリスク、        信用リスク並        ントリーリスク、        信用リスク並
                        びに流動性リスク等に晒されて                びに流動性リスク等に晒されて
                        おります。                おります。
     3.金融商品に係るリスク管理体制                    運用業務に関する社内規程及                運用業務に関する社内規程及

                        びマニュアルに従い、運用部門                びマニュアルに従い、運用部門
                        責任者及びファンド・マネー                責任者及びファンド・マネー
                        ジャーが常時モニターし、協                ジャーが常時モニターし、協
                        議、点検を行っております。管                議、点検を行っております。管
                        理部門においては、日々運用状                理部門においては、日々運用状
                        況のモニタリングを行ってお                況のモニタリングを行ってお
                        り、投資運用方針・運用計画と                り、投資運用方針・運用計画と
                        投資行動の整合性、法令及び信                投資行動の整合性、法令及び信
                        託約款、運用ガイドライン等の                託約款、運用ガイドライン等の
                        遵守状況等を確認しておりま                遵守状況等を確認しておりま
                        す。リーガル・コンプライアン                す。リーガル・コンプライアン
                        ス部門は、リスク管理統括部署                ス部門は、リスク管理統括部署
                        として、管理部門からのモニタ                として、管理部門からのモニタ
                        リング結果の報告等を通して                リング結果の報告等を通して
                        日々運用状況の点検を行うとと                日々運用状況の点検を行うとと
                        もに、管理部門が行うモニタリ                もに、管理部門が行うモニタリ
                        ングの適切性等の確認を行って                ングの適切性等の確認を行って
                        おります。これらの結果は代表                おります。これらの結果は代表
                        取締役、運用部門責任者、リー                取締役、運用部門責任者、リー
                        ガル・コンプライアンス部門責                ガル・コンプライアンス部門責
                        任者等で構成される月次の運用                任者等で構成される月次の運用
                        委員会に報告されており、同委                委員会に報告されており、同委
                        員会においても運用状況の点検                員会においても運用状況の点検
                        が行われております。                が行われております。
                                44/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       Ⅱ.金融商品の時価等に関する事項
                第2期                         第3期
           (令和2年11月10日現在)                          (令和3年5月10日現在)
     1.貸借対照表計上額、時価及びその差額                         1.貸借対照表計上額、時価及びその差額

      貸借対照表上の金融商品については、原則として                         貸借対照表上の金融商品については、原則として
     すべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額                         すべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額
     と時価との差額はありません。                         と時価との差額はありません。
     2.時価の算定方法                         2.時価の算定方法

     (1)親投資信託受益証券                         (1)親投資信託受益証券
       (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に                         (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に
      記載しております。                         記載しております。
     (2)上記以外の金融商品                         (2)上記以外の金融商品
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿                         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿
      価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ                         価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
      ております。                         ております。
     3.金融商品の時価等に関する事項についての補足                         3.金融商品の時価等に関する事項についての補足

      説明                         説明
      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほ                         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほ
     か、市場価格がない場合には合理的に算定された価                         か、市場価格がない場合には合理的に算定された価
     額が含まれております。当該価額の算定においては                         額が含まれております。当該価額の算定においては
     一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提                         一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提
     条件等によった場合、当該価額が異なることもあり                         条件等によった場合、当該価額が異なることもあり
     ます。                         ます。
     4.金銭債権の計算期間末日後の償還予定額                         4.金銭債権の計算期間末日後の償還予定額

      金銭債権は全て1年以内に償還予定であります。                         金銭債権は全て1年以内に償還予定であります。
      (有価証券に関する注記)

       売買目的有価証券
                          第2期                   第3期
                     (令和2年11月10日現在)                   (令和3年5月10日現在)
          種類
                  最終の計算期間の損益に含まれた評価差                   最終の計算期間の損益に含まれた評価差
                         額(円)                   額(円)
      親投資信託受益証券                        16,977,667                    1,185,781
          合計                     16,977,667                    1,185,781
      (デリバティブ取引等に関する注記)

       該当事項はありません。
      (関連当事者との取引に関する注記)

       該当事項はありません。
      (重要な後発事象に関する注記)

       該当事項はありません。
                                45/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (その他の注記)
       元本の変動
                第2期                         第3期
            (自   令和2年    5月12日                   (自   令和2年11月11日
             至  令和2年11月10日)                        至  令和3年    5月10日)
     期首元本額                 194,643,571円        期首元本額                  187,031,466円

     期中追加設定元本額                 101,745,296円        期中追加設定元本額                  28,719,063円
     期中一部解約元本額                 109,357,401円        期中一部解約元本額                  48,538,292円
                                46/96


















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (4)【附属明細表】
       第1.有価証券明細表
          ①株式
            該当事項はありません。
          ②株式以外の有価証券

         種類              銘柄          券面総額(口)          評価額(円)         備考
                 ウルトラ高利回り債券マザー
     親投資信託受益証券                               160,240,808         183,684,038
                 ファンド
                  合計                  160,240,808         183,684,038
       第2.信用取引契約残高明細表

          該当事項はありません。
       第3.デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

          該当事項はありません。
       第4.不動産等明細表

          該当事項はありません。
       第5.商品明細表

          該当事項はありません。
       第6.商品投資等取引の契約額等及び時価の状況表

          該当事項はありません。
       第7.再生可能エネルギー発電設備等明細表

          該当事項はありません。
       第8.公共施設等運営権等明細表

          該当事項はありません。
       第9.その他特定資産の明細表

          該当事項はありません。
       第10.借入金明細表

          該当事項はありません。
                                47/96







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)
              (旧ファンド名:ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型))
      1.当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大

       蔵省令第59号)」並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則(平
       成12年総理府令第133号)」に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表の記載金額は、円単位で表示しております。
      2.当ファンドの計算期間は6ヶ月未満であるため、財務諸表は6ヶ月(特定期間)ごとに作成して

       おります。
      3.  当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3期特定期間(自令和2年11

       月11日    至令和3年5月10日)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けて
       おります。
                                48/96















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      【PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)(旧ファンド名:ウルトラバラン
                      ス 高利回り債券(隔月決算型)】
      (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                 第2特定期間              第3特定期間
                              (令和2年11月10日現在)              (令和3年5月10日現在)
     資産の部
       流動資産
        コール・ローン                              10,921,962               7,573,556
                                      225,807,133              208,895,171
        親投資信託受益証券
        流動資産合計                              236,729,095              216,468,727
       資産合計                               236,729,095              216,468,727
     負債の部
       流動負債
        未払収益分配金                               2,360,102              2,030,743
        未払解約金                                306,692             1,968,482
        未払受託者報酬                                11,831              11,245
        未払委託者報酬                                197,155              187,340
        未払利息                                   9              2
                                        137,116              115,326
        その他未払費用
        流動負債合計                               3,012,905              4,313,138
       負債合計                                3,012,905              4,313,138
     純資産の部
       元本等
        元本                              218,528,042              203,074,350
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                             15,188,148               9,081,239
                                      233,716,190              212,155,589
        元本等合計
       純資産合計                               233,716,190              212,155,589
     負債純資産合計                                236,729,095              216,468,727
                                49/96











                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                 第2特定期間              第3特定期間
                               (自 令和2年5月12日              (自 令和2年11月11日
                                至 令和2年11月10日)               至 令和3年5月10日)
     営業収益
       受取利息                                    72              21
                                      17,553,122               1,088,038
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                                17,553,194               1,088,059
     営業費用
       支払利息                                  2,454               714
       受託者報酬                                  29,649              35,585
       委託者報酬                                 494,028              592,942
                                        534,192              604,440
       その他費用
       営業費用合計                                1,060,323              1,233,681
     営業利益又は営業損失(△)                                 16,492,871               △ 145,622
     経常利益又は経常損失(△)                                 16,492,871               △ 145,622
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 16,492,871               △ 145,622
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                       6,320,437              △ 316,753
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                △ 1,151,318              15,188,148
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 14,477,401               3,232,384
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                          -              -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      14,477,401               3,232,384
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 2,174,428              4,248,626
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       2,174,428              4,248,626
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                          -              -
       額
                                       6,135,941              5,261,798
     分配金
     期末剰余金又は期末欠損金(△)                                 15,188,148               9,081,239
                                50/96










                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)【注記表】
      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                   親投資信託受益証券

                         移動平均法に基づき、当該親投資信託の基準価額で評価しており
                        ます。
     2.収益及び費用の計上基準                   有価証券売買等損益の計上基準

                         約定日基準で計上しております。
      (貸借対照表に関する注記)

                            第2特定期間                第3特定期間
             項目
                         (令和2年11月10日現在)                (令和3年5月10日現在)
     1.当該特定期間末日における受益権                           218,528,042口                203,074,350口

      の総数
     2.「投資信託財産の計算に関する規                   元本の欠損                元本の欠損

      則(平成12年総理府令第133号)」                               -円                -円
      第55条の6第10号に規定する額
     3.1口当たり純資産額                             1.0695円                1.0447円

       (10,000口当たり純資産額)                         (10,695円)                (10,447円)
      (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                            第2特定期間                第3特定期間
                          (自   令和2年    5月12日         (自   令和2年11月11日
             項目
                           至  令和2年11月10日)               至  令和3年    5月10日)
     1.分配金の計算過程                       第3期計算期間                第6期計算期間

                          (自   令和2年5月12日              (自   令和2年11月11日
                           至  令和2年7月10日)               至  令和3年1月12日)
                         計算期間末における費用控除                計算期間末における費用控除
                        後の配当等収益(673,457円)、                後の配当等収益(1,405,446
                        費用控除後・繰越欠損金補填後                円)、費用控除後・繰越欠損金
                        の有価証券売買等損益                補填後の有価証券売買等損益(-
                        (5,282,952円)、収益調整金                円)、収益調整金(8,721,254
                        (1,536,337円)及び分配準備積                円)及び分配準備積立金
                        立金(833,665円)より、分配対                (6,004,226円)より、分配対象
                        象収益は8,326,411円(10,000口                収益は16,130,926円(10,000口
                        当たり752.88円)であり、うち                当たり767.96円)であり、うち
                        1,183,328円(10,000口当たり107                2,268,468円(10,000口当たり108
                        円)を分配金額としております。                円)を分配金額としております。
                            第4期計算期間                第7期計算期間

                          (自   令和2年7月11日              (自   令和3年1月13日
                           至  令和2年9月10日)               至  令和3年3月10日)
                         計算期間末における費用控除                計算期間末における費用控除
                        後の配当等収益(688,492円)、                後の配当等収益(135,247円)、
                        費用控除後・繰越欠損金補填後                費用控除後・繰越欠損金補填後
                        の有価証券売買等損益                の有価証券売買等損益(-円)、
                        (4,226,322円)、収益調整金                収益調整金(8,277,251円)及び
                        (9,564,689円)及び分配準備積                分配準備積立金(4,441,627円)
                        立金(4,609,005円)より、分配                より、分配対象収益は
                        対  象  収  益  は  19,088,508      円  12,854,125円(10,000口当たり
                        (10,000口当たり1,141.23円)                667.66円)であり、うち962,587
                        であり、うち2,592,511円                円(10,000口当たり50円)を分配
                        (10,000口当たり155円)を分配金                金額としております。
                        額としております。
                                51/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                            第5期計算期間                第8期計算期間

                          (自   令和2年9月11日              (自   令和3年3月11日
                           至  令和2年11月10日)               至  令和3年5月10日)
                         計算期間末における費用控除                計算期間末における費用控除
                        後の配当等収益(758,213円)、                後の配当等収益(1,415,311
                        費用控除後・繰越欠損金補填後                円)、費用控除後・繰越欠損金
                        の有価証券売買等損益(-円)、                補填後の有価証券売買等損益(-
                        収益調整金(10,008,846円)及                円)、収益調整金(9,161,231
                        び分配準備積立金(6,781,191                円)及び分配準備積立金
                        円)より、分配対象収益は                (3,461,646円)より、分配対象
                        17,548,250円(10,000口当たり                収益は14,038,188円(10,000口
                        802.99円)であり、うち                当たり691.27円)であり、うち
                        2,360,102円(10,000口当たり108                2,030,743円(10,000口当たり100
                        円)を分配金額としております。                円)を分配金額としております。
     2.剰余金増加額・減少額及び欠損金                    「当期追加信託に伴う剰余金                「当期追加信託に伴う剰余金

      減少額・増加額                  増加額又は欠損金減少額」及び                増加額又は欠損金減少額」及び
                        「当期一部解約に伴う剰余金減                「当期一部解約に伴う剰余金減
                        少額又は欠損金増加額」はそれ                少額又は欠損金増加額」はそれ
                        ぞれ剰余金減少額と増加額との                ぞれ剰余金減少額と増加額との
                        純額を表示しております。                純額を表示しております。
                                52/96














                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品に関する注記)
       Ⅰ.金融商品の状況に関する事項
                            第2特定期間                第3特定期間
                          (自   令和2年    5月12日         (自   令和2年11月11日
             項目
                           至  令和2年11月10日)               至  令和3年    5月10日)
     1.金融商品に対する取組方針                    当ファンドは、投資信託及び                当ファンドは、投資信託及び

                        投資法人に関する法律第2条第                投資法人に関する法律第2条第
                        4項に定める証券投資信託であ                4項に定める証券投資信託であ
                        り、信託約款に規定する「運用                り、信託約款に規定する「運用
                        の基本方針」に従い、有価証券                の基本方針」に従い、有価証券
                        等の金融商品に対して投資とし                等の金融商品に対して投資とし
                        て運用することを目的としてお                て運用することを目的としてお
                        ります。                ります。
     2.金融商品の内容及びそのリスク                    当ファンドが保有する金融商                当ファンドが保有する金融商

                        品の種類は、有価証券、コー                品の種類は、有価証券、コー
                        ル・ローン等の金銭債権及び金                ル・ローン等の金銭債権及び金
                        銭債務であります。また当ファ                銭債務であります。また当ファ
                        ンドが保有する有価証券は             親投   ンドが保有する有価証券は             親投
                        資信託受益証券で        あります。        資信託受益証券で        あります。
                         これらの金融商品は、価格変                これらの金融商品は、価格変
                        動リスク、     為替変動リスク、カ           動リスク、     為替変動リスク、カ
                        ントリーリスク、        信用リスク並        ントリーリスク、        信用リスク並
                        びに流動性リスク等に晒されて                びに流動性リスク等に晒されて
                        おります。                おります。
     3.金融商品に係るリスク管理体制                    運用業務に関する社内規程及                運用業務に関する社内規程及

                        びマニュアルに従い、運用部門                びマニュアルに従い、運用部門
                        責任者及びファンド・マネー                責任者及びファンド・マネー
                        ジャーが常時モニターし、協                ジャーが常時モニターし、協
                        議、点検を行っております。管                議、点検を行っております。管
                        理部門においては、日々運用状                理部門においては、日々運用状
                        況のモニタリングを行ってお                況のモニタリングを行ってお
                        り、投資運用方針・運用計画と                り、投資運用方針・運用計画と
                        投資行動の整合性、法令及び信                投資行動の整合性、法令及び信
                        託約款、運用ガイドライン等の                託約款、運用ガイドライン等の
                        遵守状況等を確認しておりま                遵守状況等を確認しておりま
                        す。リーガル・コンプライアン                す。リーガル・コンプライアン
                        ス部門は、リスク管理統括部署                ス部門は、リスク管理統括部署
                        として、管理部門からのモニタ                として、管理部門からのモニタ
                        リング結果の報告等を通して                リング結果の報告等を通して
                        日々運用状況の点検を行うとと                日々運用状況の点検を行うとと
                        もに、管理部門が行うモニタリ                もに、管理部門が行うモニタリ
                        ングの適切性等の確認を行って                ングの適切性等の確認を行って
                        おります。これらの結果は代表                おります。これらの結果は代表
                        取締役、運用部門責任者、リー                取締役、運用部門責任者、リー
                        ガル・コンプライアンス部門責                ガル・コンプライアンス部門責
                        任者等で構成される月次の運用                任者等で構成される月次の運用
                        委員会に報告されており、同委                委員会に報告されており、同委
                        員会においても運用状況の点検                員会においても運用状況の点検
                        が行われております。                が行われております。
                                53/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       Ⅱ.金融商品の時価等に関する事項
              第2特定期間                         第3特定期間
           (令和2年11月10日現在)                          (令和3年5月10日現在)
     1.貸借対照表計上額、時価及びその差額                         1.貸借対照表計上額、時価及びその差額

      貸借対照表上の金融商品については、原則として                         貸借対照表上の金融商品については、原則として
     すべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額                         すべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額
     と時価との差額はありません。                         と時価との差額はありません。
     2.時価の算定方法                         2.時価の算定方法

     (1)親投資信託受益証券                         (1)親投資信託受益証券
       (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に                         (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に
      記載しております。                         記載しております。
     (2)上記以外の金融商品                         (2)上記以外の金融商品
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿                         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿
      価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ                         価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
      ております。                         ております。
     3.金融商品の時価等に関する事項についての補足                         3.金融商品の時価等に関する事項についての補足

      説明                         説明
      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほ                         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほ
     か、市場価格がない場合には合理的に算定された価                         か、市場価格がない場合には合理的に算定された価
     額が含まれております。当該価額の算定においては                         額が含まれております。当該価額の算定においては
     一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提                         一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提
     条件等によった場合、当該価額が異なることもあり                         条件等によった場合、当該価額が異なることもあり
     ます。                         ます。
     4.金銭債権の特定期間末日後の償還予定額                         4.金銭債権の特定期間末日後の償還予定額

      金銭債権は全て1年以内に償還予定であります。                         金銭債権は全て1年以内に償還予定であります。
      (有価証券に関する注記)

       売買目的有価証券
                        第2特定期間                   第3特定期間
                     (令和2年11月10日現在)                   (令和3年5月10日現在)
          種類
                  最終の計算期間の損益に含まれた評価差                   最終の計算期間の損益に含まれた評価差
                         額(円)                   額(円)
      親投資信託受益証券                        △2,839,656                    9,370,143
          合計                    △2,839,656                    9,370,143
      (デリバティブ取引等に関する注記)

       該当事項はありません。
      (関連当事者との取引に関する注記)

       該当事項はありません。
      (重要な後発事象に関する注記)

       該当事項はありません。
                                54/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (その他の注記)
       元本の変動
              第2特定期間                         第3特定期間
            (自   令和2年    5月12日                   (自   令和2年11月11日
             至  令和2年11月10日)                        至  令和3年    5月10日)
     期首元本額                 188,481,479円        期首元本額                 218,528,042円

     期中追加設定元本額                 156,431,228円        期中追加設定元本額                  57,009,313円
     期中一部解約元本額                 126,384,665円        期中一部解約元本額                  72,463,005円
                                55/96


















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (4)【附属明細表】
       第1.有価証券明細表
          ①株式
            該当事項はありません。
          ②株式以外の有価証券

         種類              銘柄          券面総額(口)          評価額(円)         備考
                 ウルトラ高利回り債券マザー
     親投資信託受益証券                               182,234,294         208,895,171
                 ファンド
                  合計                  182,234,294         208,895,171
       第2.信用取引契約残高明細表

          該当事項はありません。
       第3.デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

          該当事項はありません。
       第4.不動産等明細表

          該当事項はありません。
       第5.商品明細表

          該当事項はありません。
       第6.商品投資等取引の契約額等及び時価の状況表

          該当事項はありません。
       第7.再生可能エネルギー発電設備等明細表

          該当事項はありません。
       第8.公共施設等運営権等明細表

          該当事項はありません。
       第9.その他特定資産の明細表

          該当事項はありません。
       第10.借入金明細表

          該当事項はありません。
                                56/96







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <ご参考>
                      ウルトラ高利回り債券マザーファンド
      当ファンドは、「ウルトラ高利回り債券マザーファンド」の受益証券を主要投資対象としており、貸

    借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」はすべて同マザーファンドの受益証券です。
      なお、同マザーファンドの令和3年5月10日現在(以下「計算日」といいます。)の状況は次の通りで
    す。
      「ウルトラ高利回り債券マザーファンド」の状況

        以下に記載した状況は監査意見の対象外となっております。
    (1)貸借対照表

                                                 (単位:円)
                                     (令和3年5月10日現在)
     資産の部
      流動資産
       預金                                            420,913
       コール・ローン                                          16,192,594
       投資信託受益証券                                          310,079,014
       派生商品評価勘定                                           7,857,543
       未収配当金                                           1,052,080
       差入委託証拠金                                          62,762,805
       流動資産合計                                          398,364,949
      資産合計                                           398,364,949
     負債の部
      流動負債
       派生商品評価勘定                                           5,769,464
       未払利息                                               5
       流動負債合計                                           5,769,469
      負債合計                                            5,769,469
     純資産の部
      元本等
       元本                                          342,475,102
       剰余金
        剰余金又は欠損金(△)                                         50,120,378
       元本等合計                                          392,595,480
      純資産合計                                           392,595,480
     負債純資産合計                                            398,364,949
                                57/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                         投資信託受益証券

                                移動平均法に基づき、時価で評価しております。
                               時価評価にあたっては、原則として金融商品取引所
                               における計算日に知りうる直近の日の最終相場で評
                               価しております。
     2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法                         (1)   債券先物取引

                                個別法に基づき、時価で評価しております。時価
                               評価にあたっては、外国の取引については、                     計算日
                               に知りうる直近の日の金融商品取引所の発表する清
                               算値段等又は最終相場によっております。国内の取
                               引については、       計算日   の金融商品取引所の発表する
                               清算値段等によっております。
                               (2)商品先物取引

                                個別法に基づき、時価で評価しております。時価
                               評価にあたっては、計算日に知りうる直近の日の商
                               品取引所の発表する清算値段等又は最終相場によっ
                               ております。
                               (3)   為替予約    取引

                                個別法に基づき、国内における計算日の対顧客先
                               物売買相場の仲値で評価しております。
                                当マザーファンドにおける派生商品評価勘定は、

                               当該先物取引に係るものであります。
     3 .外貨建資産・負債の本邦通貨への換算基準                         信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、

                               原則として、国内における             計算日   の対顧客電信売買
                               相場の仲値によって計算しております。
     4.収益及び費用の計上基準                         (1)受取配当金

                                原則として、当該投資信託受益証券の分配落ち日
                               において、当該収益分配金を計上しております。
                               (2)有価証券売買等損益の計上基準

                                約定日基準で計上しております。
                               (3)   派生商品取引等損益及び為替予約取引による

                               為替差損益の計上基準
                                約定日基準で計上しております。
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な                         外貨建資産等の会計処理

      事項                         外貨建資産等については、「投資信託財産の計算
                               に関する規則(平成12年総理府令第133号)」第60条
                               の規定に基づき、通貨の種類ごとに勘定を設けて、
                               邦貨建資産等と区分して整理する方法を採用してお
                               ります。従って、外貨の売買については、同規則第
                               61条の規定により処理し、為替差損益を算定してお
                               ります。
                                58/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
                項目                     (令和3年5月10日現在)

     1.計算日における受益権の総数                                           342,475,102口

     2.「   投資信託財産の計算に関する規則(平成12年                      元本の欠損

      総理府令第133号)」第55条の6第10号に規定する                                               -円
      額
     3.1口当たり純資産額                                             1.1463円

       (10,000口当たり純資産額)                                         (11,463円)
                                59/96

















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
      Ⅰ.金融商品の状況に関する事項
                                     (自   令和2年11月11日
                項目
                                      至  令和3年    5月10日)
     1.金融商品に対する取組方針                          当マザーファンドは、投資信託及び投資法人に関

                               する法律第2条第4項に定める証券投資信託であ
                               り、信託約款に規定する「運用の基本方針」に従
                               い、有価証券      及びデリバティブ取引           等の金融商品に
                               対して投資として運用することを目的としておりま
                               す。
     2.金融商品の内容及びそのリスク                          当マザーファンドが保有する金融商品の種類は、

                               有価証券、デリバティブ取引、コール・ローン等の
                               金銭債権及び金銭債務であります。また当マザー
                               ファンドが保有する有価証券は               投資信託受益証券        で
                               あります。
                                これらの金融商品は、価格変動リスク、                   為替変動
                               リスク、カントリーリスク、              信用リスク並びに流動
                               性リスク等に晒されております。
                                なお、当マザーファンドは信託財産の成長を図る
                               ことを目的として国内外の債券先物取引及び商品先
                               物取引を行っております。
                                債券先物取引に係る主要なリスクは、                  債券先物価
                               格の変動による価格変動リスク及び為替変動による
                               為替変動リスク等であります。
                                商品先物取引に係る主要なリスクは、商品先物相
                               場の変動による価格変動リスク及び為替の変動によ
                               る為替変動リスク        等 であります。
                                また、当マザーファンドは主に外貨建資産の売買
                               代金等の受取又は支払を目的として為替予約取引を
                               行っております。
                                為替予約取引に係る主要なリスクは、為替相場の
                               変動による価格変動リスク及び取引相手の信用状況
                               の変動により損失が発生する信用リスクでありま
                               す。
     3.金融商品に係るリスク管理体制                          運用業務に関する社内規程及びマニュアルに従

                               い、運用部門責任者及びファンド・マネージャーが
                               常時モニターし、協議、点検を行っております。管
                               理部門においては、日々運用状況のモニタリングを
                               行っており、投資運用方針・運用計画と投資行動の
                               整合性、法令及び信託約款、運用ガイドライン等の
                               遵守状況等を確認しております。リーガル・コンプ
                               ライアンス部門は、リスク管理統括部署として、管
                               理部門からのモニタリング結果の報告等を通して
                               日々運用状況の点検を行うとともに、管理部門が行
                               うモニタリングの適切性等の確認を行っておりま
                               す。これらの結果は代表取締役、運用部門責任者、
                               リーガル・コンプライアンス部門責任者等で構成さ
                               れる月次の運用委員会に報告されており、同委員会
                               においても運用状況の点検が行われております。
                                60/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      Ⅱ.金融商品の時価等に関する事項
                        (令和3年5月10日現在)
     1.貸借対照表計上額、時価及びその差額

      貸借対照表上の金融商品については、原則としてすべて時価で評価しているため、貸借対照表計上額と時
     価との差額はありません。
     2.時価の算定方法

     (1)   投資信託受益証券
       (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載しております。
     (2)デリバティブ取引
       (デリバティブ取引等に関する注記)に記載しております。
     (3)上記以外の金融商品
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
      ます。
     3.金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
     含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等に
     よった場合、当該価額が異なることもあります。
      また  、 デリバティブ取引の契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示
     すものではありません。
     4.金銭債権の計算日後の償還予定額

      金銭債権は全て1年以内に償還予定であります。
    (有価証券に関する注記)

      売買目的有価証券
                                     (令和3年5月10日現在)
                種類
                                 当期間の損益に含まれた評価差額(円)
             投資信託受益証券                                      975,515
                合計                                   975,515
     (注)当期間の損益に含まれた評価差額は当マザーファンドの期首                               (令和2年11月11日)          から計算日までの期間に対応
        するものです。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

      取引の時価等に関する事項
      債券関連
                                (令和3年5月10日現在)
       区分        種類
                         契約額等(円)
                                      時価(円)         評価損益(円)
                              うち1年超
     市場取引      債券先物取引
             買建          692,226,897            -     686,891,425          △5,335,472
           合計           692,226,897            -     686,891,425          △5,335,472
    (注)1.時価の算定方法
         外国の債券先物取引の時価については、計算日                      に知りうる直近の日の金融商品取引所の発表する清算値段等又
         は最終相場によっております。また、国内の債券先物取引の時価については、計算日の金融商品取引所の発表
         する清算値段等によっております。
        2.  国内における計算日の対顧客電信売買相場の仲値により邦貨換算しております。
        3.債券    先物取引の残高表示は、契約額によっております。
        4.評価損益は当マザーファンドの計算期間の期首                        (令和2年11月11日)か           ら計算日までの期間に対応するもので
          す。
        5.ヘッジ会計が適用されているものはありません。
                                61/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      商品関連
                                 (令和3年5月10日現在)
       区分        種類
                         契約額等(円)
                                       時価(円)         評価損益(円)
                              うち1年超
     市場取引      商品先物取引
             買建          132,009,799            -     139,433,350           7,423,551
            合計           132,009,799            -     139,433,350           7,423,551
    (注)1.時価の算定方法
         商品先物取引の時価については、計算日に知りうる直近の日の商品取引所の発表する清算値段等又は最終相場
         によっております。
        2.  国内における計算日の対顧客電信売買相場の仲値により邦貨換算しております。
        3.商品    先物取引の残高表示は、契約額によっております。
        4.評価損益は当マザーファンドの計算期間の期首                        (令和2年11月11日)か           ら計算日までの期間に対応するもので
          す。
        5.ヘッジ会計が適用されているものはありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

      該当事項はありません。
    (重要な後発事象に関する注記)

      該当事項はありません。
    (その他の注記)

      元本の変動
                         (自   令和2年11月11日
                          至  令和3年    5月10日)
     期首元本額                                           376,881,350円

     期中追加設定元本額                                           14,960,052円
     期中一部解約元本額                                           49,366,300円
     計算日における元本額                                           342,475,102円

     計算日における元本額の内訳              *

     PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)                                           160,240,808円
                                                182,234,294円
     PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)
      (注)*は当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託ごとの元本額

                                62/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)附属明細表(令和3年5月10日現在)
      第1.有価証券明細表
         ①株式
          該当事項はありません。
         ②株式以外の有価証券

      種類     通貨           銘柄           券面総額(口)             評価額       備考
     投資  信託   米ドル     iShares    Broad   USD  High   Yield          34,700       1,433,457.00
     受益証券
                Corporate     Bond   ETF
                iShares     J.P   Morgan     USD         12,700       1,417,320.00
                Emerging     Markets    Bond   ETF
                                      47,400       2,850,777.00
           米ドル    小計
                                            (310,079,014)
                                        -      310,079,014
                 合計
                                            (310,079,014)
     (注)有価証券明細表注記
        1.  通貨毎の小計欄の( )内は、邦貨換算額であります。
        2.  合計金額欄の記載は、邦貨額であります。( )内は、外貨建有価証券に係るもので、内書であります。
        3.  通貨の表示は、外貨についてはその通貨の単位、邦貨については円単位で表示しております。
        4.  外貨建有価証券の内訳
                          組入投資    信託受益証券      時価比率     有価証券の合計金額に対する比
      通貨          銘柄数
                                               率
      米ドル     投資  信託受益証券       2銘柄                  79.0%              100.0%
      組入投資    信託受益    証券時価比率は、通貨毎の組入投資証券の純資産に対する比率であります。
      第2.信用取引契約残高明細表

         該当事項はありません。
      第3.デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

         (デリバティブ取引等に関する注記)に記載したとおりであります。
      第4.不動産等明細表

         該当事項はありません。
      第5.商品明細表

         該当事項はありません。
      第6.商品投資等取引の契約額等及び時価の状況表

         (デリバティブ取引等に関する注記)に記載したとおりであります。
      第7.再生可能エネルギー発電設備等明細表

         該当事項はありません。
      第8.公共施設等運営権等明細表

         該当事項はありません。
      第9.その他特定資産の明細表

         該当事項はありません。
      第10.借入金明細表

         該当事項はありません。
                                63/96



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
      【純資産額計算書】

      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)」
                                   2021年6月30日現在
      Ⅰ 資産総額                              192,113,677      円
      Ⅱ 負債総額                                746,532    円
                                          円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              191,367,145
      Ⅳ 発行済数量                              168,930,109      口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                1.1328    円
      「PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)」

                                   2021年6月30日現在
      Ⅰ 資産総額                              221,283,982      円
      Ⅱ 負債総額                               2,888,540     円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              218,395,442      円
      Ⅳ 発行済数量                              207,020,769      口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                1.0549    円
                                64/96














                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
      (1)名義書換等
        該当事項はありません。
        ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定ま
       り、当ファンドの受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された
       場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しな
       い場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しま
       せん。なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無
       記名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変
       更の請求、受益証券の再発行の請求を行なわないものとします。
      (2)受益者等に対する特典
        該当事項はありません。
      (3)譲渡制限の内容
        譲渡制限はありません。
      (4)受益証券の再発行
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再
       発行の請求を行なわないものとします。
      (5)受益権の譲渡
       ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
        記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益
        権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記
        載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでな
        い場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を
        含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載また
        は記録が行なわれるよう通知するものとします。
       ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
        されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場
        合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、
        振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
      (6)受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対
       抗することができません。
      (7)受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を
       均等に再分割できるものとします。
      (8)償還金
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
       以前において一部解約が行なわれた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定
       された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権につ
       いては原則として取得申込者とします。)に支払います。
      (9)質権口記載又は記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払
       い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、信託約款の規
       定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                65/96



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

      (1)資本金の額
        2021年6月末日現在           の資本金の額は金95百万円です。なお、発行可能株式総数は100,000株であ
        り、発行済株式総数は71,129株です。
        最近5年間における資本金の増減はありません。

      (2)会社の機構

       a.組織図
                                66/96
















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       b.投資信託財産の運用の指図に係わる決定を行なう社内組織:
         代表取締役、運用部門責任者、リーガル・コンプライアンス部門責任者等で構成される商品企
         画委員会を投資運用方針の審議・決定機関として、その決定に則り、運用部門が運用計画の策
         定、信託財産の運用の指図に関する事項を担当しています。投資方針の決定から運用の指図及
         び投信計理処理の流れは、下図「投資運用の意思決定と運用指図実施及び計理処理の流れ」の
         とおりです。
        投資運用の意思決定と運用指図実施及び計理処理の流れ

                                67/96

















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【事業の内容及び営業の概況】
       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社であるPayPayアセットマネジメ
      ント株式会社は、証券投資信託の設定を行なうとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業
      者としてその運用(投資運用業)を行なっております。また、「金融商品取引法」に定める投資助言
      業務、第二種金融商品取引業務を行なっております。
       委託会社の運用する証券投資信託は                   2021年6月末日        現在次の通りです(ただし、親投資信託を除き
      ます。)。
                                       純資産総額(百万円)

                種類              本数
                                    63           228,174
           追加型株式投資信託
                                    17           37,290
           単位型株式投資信託
           追加型公社債投資信託
                                     2           8,898
           単位型公社債投資信託
                                    82           274,363
                合計
                                68/96















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
      1.財務諸表の作成方法について

      (1)  委託会社であるPayPayアセットマネジメント株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は
        「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務
        諸表等規則」という。)第2条の規定により、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する
        内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づき作成しております。
      (2)  財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。

      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第19期事業年度(自                                            2020年4月1日
      至  2021年3月31日)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けておりま
      す。
                                69/96















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (1)【貸借対照表】
                             前事業年度                 当事業年度
                          (2020年3月31日現在)                 (2021年3月31日現在)
             区分
                              金 額                 金 額
     (資産の部)                        千円        千円        千円        千円
     Ⅰ 流 動 資 産
      1  現金・預金                             247,640                 273,008
      2  前払費用                             20,428                 13,388
      3  未収委託者報酬                             255,503                 203,230
      4  未収運用受託報酬                              2,775                 2,478
      5  未収投資助言報酬                             10,261                 4,170
      6  未収収益                             18,245                 1,475
      7  金銭の信託                              1,000                 1,000
      8  未収還付法人税                             38,065                  649
      9  その他                              9,050                12,650
         流 動 資 産 合 計                             602,970                 512,052
     Ⅱ 固 定 資 産

      1  有形固定資産                             87,414                 76,130
       (1)建物         *1                     55,738                 51,845
       (2)器具備品       *1                     31,676                 24,284
      2  無形固定資産                             13,302                 9,947
       (1)ソフトウェア                     13,302                 9,947
      3  投資その他の資産                             177,647                 84,114
       (1)投資有価証券                    129,503                 37,000
       (2)出資金                      173                 173
       (3)長期差入保証金                     46,855                 46,855
       (4)その他                     1,116                  85
         固 定 資 産 合 計                             278,365                 170,192
          資 産 合 計                          881,336                 682,244
     (負債の部)
     Ⅰ 流 動 負 債
                                    11,681                 10,802
      1  預り金
                                    96,161                 91,877
      2  未払金
                            81,124                 69,392
       (1)未払手数料
                            15,037                 22,484
       (2)その他未払金
                                    12,432                 7,180
      3  関係会社未払金
                                    89,996                 89,023
      4  未払費用
       未払法人税等
                                     1,624                  2,290
      5
       未払消費税等
                                       -               5,104
      6
       賞与引当金
                                    24,499                  28,906
      7
       前受金
                                       -                134
      8
         流 動 負 債 合 計                             236,396                 235,318
     Ⅱ 固 定 負 債

      1  繰延税金負債                              7,513                 8,723
      2  資産除去債務                             23,648                 23,672
      3  その他                              2,371                 2,371
         固 定 負 債 合 計                             33,534                 34,767
          負 債 合 計                          269,930                 270,086
     (純資産の部)
     Ⅰ 株 主 資 本
      1  資本金                             95,000                 95,000
      2  資本剰余金
       (1)資本準備金                    253,212                 253,212
       (2)その他資本剰余金                     57,136                 57,136
         資本剰余金計                             310,348                 310,348
      3  利益剰余金
       (1)その他利益剰余金
          繰越利益剰余金                    208,557                  4,528
         利益剰余金計                             208,557                  4,528
         株 主 資 本 合 計                             613,906                 409,876
     Ⅱ  評価・換算差額等
                                70/96

                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (1)その他有価証券評価差額金                    △2,500                  2,281
         評価・換算差額等合計                             △2,500                  2,281
         純 資 産 合 計                           611,405                 412,157
      負 債 ・ 純 資 産 合 計                              881,336                 682,244
                                71/96



















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)【損益計算書】
                             前事業年度                 当事業年度
                          (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
             区分
                           至 2020年3月31日)                    至 2021年3月31日)
                              金 額                 金 額
                             千円        千円        千円        千円
     Ⅰ 営業収益
      1  委託者報酬                           1,539,414                 1,215,887
      2  運用受託報酬                             22,553                 32,517
      3  投資助言報酬                             39,914                 46,635
      4  その他営業収益                             18,097                 3,342
            営業収益計                           1,619,979                 1,298,384
     Ⅱ 営業費用

      1  支払手数料                            385,097                 304,023
      2  広告宣伝費                             40,103                 46,998
      3  調査費                            494,000                 436,010
        (1)調査費                    44,236                 45,223
        (2)委託調査費                    449,763                 390,786
      4  委託計算費                             87,729                 90,493
      5  振替投信費                             5,553                 4,875
      6  営業雑経費                             13,691                 14,958
        (1)通信費                     6,492                 8,842
        (2)印刷費                     2,334                 1,781
        (3)諸会費                     2,966                 2,786
        (4)その他                     1,898                 1,548
            営業費用計                           1,026,176                  897,360
     Ⅲ 一般管理費

      1  給与                            347,416                 403,208
        (1)役員報酬                    50,188                 44,986
        (2)給与・手当                    270,395                 313,841
        (3)賞与引当金繰入額                    24,499                 28,906
        (4)賞与                       -               4,663
        (5)その他報酬給料                     2,331                10,809
      2  事務委託費                             86,815                 45,672
      3  交際費                              869                 311
      4  旅費交通費                             13,852                 1,955
      5  租税公課                              908                2,395
      6  不動産賃借料                             45,683                 44,355
      7  退職給付費用                             4,455                 5,608
      8  福利厚生費                             45,160                 54,644
      9  固定資産減価償却費                             10,526                 19,210
     10  諸経費                             20,070                 20,264
            一般管理費計                            575,758                 597,627
       営業利益又は営業損失(△)                             18,044               △196,603
     Ⅳ 営業外収益
      1  受取配当金                              491                 170
      2  投資有価証券償還益                             1,036                   -
      3  投資有価証券評価益                               -                103
      4  為替差益                               -                 1
      5  その他                              191                 818
            営業外収益計                         1,719                 1,093
     Ⅴ 営業外費用
      1  為替差損                               2                 -
      2  投資有価証券償還損                               -               6,602
      3  投資有価証券評価損                              394                  -
      4  その他                               -                16
            営業外費用計                          397                6,618
       経常利益又は経常損失(△)                             19,365               △202,128
     Ⅵ 特別損失
      1 固定資産除却損                     *1
                                     3,306                  612
      2 移転費用                               13,346                   -
                                72/96

                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
            特別損失計                         16,652                  612
       税引前当期純利益又は税引前当
                                     2,713               △202,741
     期純損失(△)
     Ⅶ 法人税等
      1  法人税、住民税及び事業税                     2,140                 1,285
      2  法人税等調整額                    26,509                   3
            法人税等合計                         28,649                 1,288
       当期純損失(△)                            △25,936                △204,029
                                73/96


















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                       株主資本
                        資本金            資本剰余金                利益剰余金
                             資本準備      その他資      資本剰余      その他利      利益剰余
                             金      本剰余金      金合計      益剰余金      金合計
                                                繰越利益
                                                剰余金
     当期首残高                   95,000      253,212       57,136      310,348      368,785      368,785
     当期変動額
      剰余金の配当                                           △134,291      △134,291
      当期純損失                                            △25,936      △25,936
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                      -      -      -      -  △160,227      △160,227
     当期末残高                   95,000      253,212       57,136      310,348      208,557      208,557
                       株主資本        評価・換算差額等           純資産合計

                       株主資本      その他有      評価・換
                       合計      価証券評      算差額等
                             価差額金      合計
     当期首残高

                        774,133        468      468    774,601
     当期変動額
      剰余金の配当                  △134,291                   △134,291
      当期純損失                  △25,936                   △25,936
      株主資本以外の項目の当期変動
                              △2,968      △2,968      △2,968
      額(純額)
     当期変動額合計                  △160,227       △2,968      △2,968     △163,196
     当期末残高                   613,906      △2,500      △2,500      611,405
                                74/96







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                       株主資本
                        資本金            資本剰余金                利益剰余金
                             資本準備      その他資      資本剰余      その他利      利益剰余
                             金      本剰余金      金合計      益剰余金      金合計
                                                繰越利益
                                                剰余金
     当期首残高                   95,000      253,212       57,136      310,348      208,557      208,557
     当期変動額
      剰余金の配当                                               -      -
      当期純損失                                           △204,029      △204,029
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                      -      -      -      -  △204,029      △204,029
     当期末残高                   95,000      253,212       57,136      310,348       4,528      4,528
                       株主資本        評価・換算差額等           純資産合計

                       株主資本      その他有      評価・換
                       合計      価証券評      算差額等
                             価差額金      合計
     当期首残高

                        613,906      △2,500      △2,500      611,405
     当期変動額
      剰余金の配当                      -                   -
      当期純損失                  △204,029                   △204,029
      株主資本以外の項目の当期変動
                               4,781      4,781      4,781
      額(純額)
     当期変動額合計                  △204,029        4,781      4,781    △199,247
     当期末残高                   409,876       2,281      2,281     412,157
                                75/96







                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    注記事項
    (重要な会計方針)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法                   その他有価証券
                         時価のあるもの
                          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法
                          により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しており
                          ます。
                         時価のないもの
                          移動平均法による原価法を採用しております。
                        (1)  有形固定資産
      2 固定資産の減価償却の方法
                         定率法によっております。
                         ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定
                         額法を採用しております。
                         なお、主な耐用年数は、建物3~15年、器具備品3~15年です。
                        (2)  無形固定資産
                         自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5
                         年)に基づく定額法によっております。
      3 引当金の計上基準                   賞与引当金
                         従業員に対する賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当
                         事業年度の負担額を計上しております。
      4 消費税等の会計処理方法                   消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
    (重要な会計上の見積り)

     固定資産に係る評価
     (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
       建物               51,845千円
       器具備品              24,284千円
       ソフトウェア   9,947千円
     (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報

       当社は、アセット・マネジメント事業の単一事業を営んでおり、当社の取締役会で承認した事業計
      画に基づき固定資産の減損の兆候の有無を判断した結果、当事業年度において減損の兆候は識別して
      おりません。
       事業計画は、今後の当社の事業構想をベースとする将来の運用資産の伸びに対し、一定の仮定を置
      いて策定しております。事業計画に含まれる仮定には一定の不確実性が残るため、計画進捗において
      大幅な遅れが発生する等、資産グループの収益性の低下が確認された場合には、翌事業年度におい
      て、減損損失を認識する可能性があります。
    (未適用の会計基準等)

     (1)  収益認識に関する会計基準等
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日)
      ① 概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識され
       ます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      ② 適用予定日
        2022年3月期の期首より適用予定であります。
                                76/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ③ 当該会計基準等の適用による影響
        当該会計基準等の適用による財務諸表に与える影響はない見込みであります。
     (2)  時価の算定に関する会計基準等

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
      ① 概要
        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及
       び「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(以下、「時価算定会計基準等」という。)が開発
       され、時価の算定方法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の
       時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ② 適用予定日
        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      ③ 当該会計基準等の適用による影響
        当該会計基準等の適用による財務諸表に与える影響はない見込みであります。
    (表示方法の変更)

    (貸借対照表関係)
      前事業年度において、「流動資産」の「未収運用受託報酬」に含めていた「未収投資助言報酬」
     は、財務諸表利用者への有用な情報提供に資すると判断したため、当事業年度より区分掲記すること
     としております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行ってお
     ります。
      この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「未収運用受託報酬」に表示してい
     た13,036千円は、「未収運用受託報酬」2,775千円、「未収投資助言報酬」10,261千円として組み替え
     ております。
    (損益計算書関係)

      前事業年度において、「営業収益」の「運用受託報酬」に含めていた「投資助言報酬」は、財務諸
     表利用者への有用な情報提供に資すると判断したため、当事業年度より区分掲記することとしており
     ます。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
      この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業収益」の「運用受託報酬」に表示していた
     62,467千円は、「運用受託報酬」22,553千円、「投資助言報酬」39,914千円として組み替えておりま
     す。
    (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

      「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年
     度の年度末に係る財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載してお
     ります。
      ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、
     前事業年度に係る内容については記載しておりません。
    (貸借対照表関係)

                前事業年度                          当事業年度
             (2020年3月31日現在)                          (2021年3月31日現在)
      *1  有形固定資産の減価償却累計額は、16,513千円で                        *1  有形固定資産の減価償却累計額は、31,705千円であ
        あります。                          ります。
                                77/96



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (損益計算書関係)
                前事業年度                          当事業年度
             (自 2019年4月1日                          (自 2020年4月1日
              至 2020年3月31日)                          至 2021年3月31日)
      *1固定資産除却損の内訳                          *1固定資産除却損の内訳
       建物      2,883千円                      ソフトウェア 612千円
       器具備品      422千円
    (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.発行済株式に関する事項
         株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
       普通株式(株)                 71,129             -           -        71,129
       合計                 71,129             -           -        71,129
    2.配当金に関する事項

     (1)  配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                  株式の
          決議                                  基準日         効力発生日
                   種類
                         (百万円)          (円)
        2019年6月20日

                 普通株式           134         1,888    2019年3月31日          2019年6月20日
        定例株主総会
     (2)  基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

       該当事項はありません。
      当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1.発行済株式に関する事項
         株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
       普通株式(株)                 71,129             -           -        71,129
       合計                 71,129             -           -        71,129
    2.配当金に関する事項

     (1)  配当金支払額
       該当事項はありません。
     (2)  基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

       該当事項はありません。
    (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社は、短期的な運転資金確保の観点から、資金運用については短期的な預金等に限定しておりま
      す。前事業年度及び当事業年度において金融機関からの借入及び社債発行等による資金の調達はあり
      ません。
                                78/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬及び未収投資助言報酬は、投資運用業及び投資
      助言業等からの債権であり、信用リスクに晒されておりますが、会社で定められた手続に従い管理し
      ておりますので投資運用業者等の性格上そのリスクは軽微であると考えております。
       営業債務である未払金、未払手数料、未払費用は、投資運用業及び投資助言業等の債務であり、会
      社で定められた手続に従い管理しております。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された
      価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条
      件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
    ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注)2を参照ください。)
        前事業年度(2020年3月31日現在)

                             貸借対照表計上額             時価        差額
                               (千円)          (千円)        (千円)
         (1)   現金・預金                      247,640        247,640           -
         (2)   未収委託者報酬                      255,503        255,503           -
         (3)   未収運用受託報酬                       2,775        2,775          -
         (4)   未収投資助言報酬                      10,261        10,261           -
         (5)   未収還付法人税等                      38,065        38,065           -
         (6)   投資有価証券                      129,476        129,476           -
         (7)   長期差入保証金                      46,855        45,021        △1,833
          資産計                        730,578        728,745        △1,833
         (1)   未払手数料                      81,124        81,124           -
         (2)   その他未払金                      15,037        15,037           -
         (3)   関係会社未払金                      12,432        12,432           -
         (4)   未払費用                      89,996        89,996           -
         (5)   未払法人税等                       1,624        1,624          -
          負債計                        200,214        200,214           -
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項は、次のとおりであります。

        資産
        (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収投資助言報酬、(5)未収還付法人税
          等
         これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
         ております。
        (6)投資有価証券
         これらは投資信託であり、時価は基準価額によっております。
        (7)長期差入保証金
         長期差入保証金の時価は、返還時期を見積ったうえ、将来キャッシュフローを国債の利回りで割り引いた現在
         価値により算定しております。
        負債
        (1)未払手数料、(2)その他未払金、(3)関係会社未払金、(4)未払費用、(5)未払法人税等
         これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
         ております。
                                79/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(2021年3月31日現在)
                             貸借対照表計上額             時価        差額
                               (千円)          (千円)        (千円)
         (1)   現金・預金                      273,008        273,008           -
         (2)   未収委託者報酬                      203,230        203,230           -
         (3)   未収運用受託報酬                       2,478        2,478          -
         (4)   未収投資助言報酬                       4,170        4,170          -
         (5)   未収還付法人税等                        649        649         -
         (6)   投資有価証券                      36,964        36,964           -
         (7)   長期差入保証金                      46,855        45,324        △1,530
          資産計                        567,357        565,827        △1,530
         (1)   未払手数料                      69,392        69,392           -
         (2)   その他未払金                      22,484        22,484           -
         (3)   関係会社未払金                       7,180        7,180          -
         (4)   未払費用                      89,023        89,023           -
         (5)   未払法人税等                       2,290        2,290          -
          負債計                        190,370        190,370           -
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項は、次のとおりであります。

       資産
        (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収投資助言報酬、(5)未収還付法人税
          等
         これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
         ております。
        (6)投資有価証券
         これらは投資信託であり、時価は基準価額によっております。
        (7)長期差入保証金
         長期差入保証金の時価は、返還時期を見積ったうえ、将来キャッシュフローを国債の利回りで割り引いた現在
         価値により算定しております。
        負債
        (1)未払手数料、(2)その他未払金、(3)関係会社未払金、(4)未払費用、(5)未払法人税等
         これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
         ております。
       (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                               (単位:千円)
                            前事業年度                当事業年度
                         (2020年3月31日現在)                (2021年3月31日現在)
         匿名組合出資金(注1)                            26                35
         出資金(注1)                           173                173
        (注1)上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから上表には含め
            ておりません。
       (注)3.金銭債権の決算日後の償還予定額

        前事業年度(2020年3月31日現在)
                             1年以内        1年超5年以内           5年超
                             (千円)         (千円)         (千円)
         現金・預金                       247,640            -         -
         未収委託者報酬                       255,503            -         -
         未収運用受託報酬                        2,775           -         -
         未収投資助言報酬                       10,261            -         -
         未収還付法人税等                       38,065            -         -
         長期差入保証金                          -         -       46,855
                                80/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(2021年3月31日現在)
                             1年以内        1年超5年以内           5年超
                             (千円)         (千円)         (千円)
         現金・預金                       273,008            -         -
         未収委託者報酬                       203,230            -         -
         未収運用受託報酬                        2,478           -         -
         未収投資助言報酬                        4,170           -         -
         未収還付法人税等                         649          -         -
         長期差入保証金                          -         -       46,855
       (注)4.金銭債務の決算日後の返済予定額

        前事業年度(2020年3月31日現在)
                             1年以内        1年超5年以内           5年超
                             (千円)         (千円)         (千円)
         未払手数料
                                81,124            -         -
         その他未払金                        15,037            -         -
         関係会社未払金                        12,432            -         -
         未払費用                        89,996            -         -
         未払法人税等
                                 1,624           -         -
        当事業年度(2021年3月31日現在)

                             1年以内        1年超5年以内           5年超
                             (千円)         (千円)         (千円)
         未払手数料                        69,392            -         -
         その他未払金                        22,484            -         -
         関係会社未払金                        7,180           -         -
         未払費用                        89,023            -         -
         未払法人税等                        2,290           -         -
    (有価証券関係)

    1.その他有価証券
       前事業年度(2020年3月31日現在)
                                              (単位:千円)
                    貸借対照表日における
            区分                      取得原価             差額
                     貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が取得
                           18,471           15,000            3,471
       原価を超えるもの
            小計              18,471           15,000            3,471
       貸借対照表計上額が取得
                          111,004           116,977            △5,972
       原価を超えないもの
            小計              111,004           116,977            △5,972
            合計              129,476           131,977            △2,500
        (注)1.取得原価の内訳
            投資信託受益証券                          131,977千円
        (注)2.前事業年度において、投資信託受益証券について503千円の減損処理を行っております。

            減損処理にあたっては時価が取得原価に比べ50%程度以上下落しているものについては、合理的な反証が
            無い限り、時価が取得原価まで回復する見込みの無い著しい下落とみなし、減損処理を行っておりま
            す。
                                81/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       当事業年度(2021年3月31日現在)
                                             (単位:千円)
                    貸借対照表日における
            区分                      取得原価             差額
                     貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が取得
                           29,335           25,500            3,835
       原価を超えるもの
            小計              29,335           25,500            3,835
       貸借対照表計上額が取得
                           7,629           7,977            △347
       原価を超えないもの
            小計               7,629           7,977            △347
            合計              36,964           33,477            3,487
        (注)1.取得原価の内訳
            投資信託受益証券                          33,477千円
    2.償還したその他有価証券

       前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                               (単位:千円)
            種類           償還額         償還益の合計額           償還損の合計額
        投資信託受益証券                    7,536           1,479             443
           合計                 7,536           1,479             443
       当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                               (単位:千円)
            種類           償還額         償還益の合計額           償還損の合計額
        投資信託受益証券                   104,897            2,997            9,599
           合計                104,897            2,997            9,599
    (デリバティブ取引関係)

      当社はデリバティブ取引を利用していないため、該当事項はありません。
    (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
      当社では、確定拠出年金制度を採用しております。
    2.確定拠出制度
      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度(自                              2019年4月1日 至            2020年3月31日)4,455
    千円、当事業年度(自             2020年4月1日 至           2021年3月31日)5,608千円であります。
                                82/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                  (単位:千円)
                                前事業年度                当事業年度
                              (2020年3月31日)                (2021年3月31日)
        (繰延税金資産)
          賞与引当金                          8,474               9,998
          未払法定福利費                          1,329               1,418
          未払退職金                           820               820
          投資有価証券評価損                           353               353
          繰越欠損金                          10,919               75,570
          資産除去債務                          8,180               8,188
          繰延資産償却費                          1,024                899
                                     115                90
          その他
              繰延税金資産小計                          31,218               97,339
          税務上の繰越欠損金に係る評価性引
                                   △10,919               △75,570
          当額(注2)
          将来減算一時差異等の合計に係る評
                                   △16,288               △21,768
          価性引当額
         評価性引当額       小計(注1)
                                   △27,207               △97,339
         繰延税金資産合計
                                    4,010                  -
        (繰延税金負債)
          資産除去債務に対応する除去費用
                                   △8,041               △7,496
          未収還付事業税
                                   △3,464                   -
          その他有価証券評価差額金
                                      -            △1,206
          その他
                                     △17               △20
          繰延税金負債合計                         △11,523                △8,723
          繰延税金資産(△負債)の純額
                                   △7,513               △8,723
        (注1)評価性引当額が70,132千円増加しております。この増加の主な要因は、繰越欠損金に係る将来減算一時
            差異の増加64,651千円であります。
        (注2)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰延期限別の金額

         前事業年度(2020年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                      1年超      2年超      3年超      4年超
               1年以内                                5年超      合計
                      2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
       税務上の繰越
                   -      -      -      -      -    10,919      10,919
       欠損金(※1)
       評価性引当額            -      -      -      -      -   △10,919      △10,919
       繰延税金資産            -      -      -      -      -      -      -
        (※1)    税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         当事業年度(2021年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                      1年超      2年超      3年超      4年超
               1年以内                                5年超      合計
                      2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
       税務上の繰越
                   -      -      -      -      -    75,570      75,570
       欠損金(※1)
       評価性引当額            -      -      -      -      -   △75,570      △75,570
       繰延税金資産            -      -      -      -      -      -      -
        (※1)    税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                83/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                     前事業年度             当事業年度
                                   (2020年3月31日)             (2021年3月31日)
        法定実効税率                               34.59   %          34.59   %
        (調整)
                                                    △0.63
         住民税均等割額                              77.36   %             %
                                                   △34.59
         評価性引当額の増減額                              943.94   %             %
                                                     0.00
         その他                               0.01  %             %
                                                    △0.64    %
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                              1055.91    %
    (資産除去債務関係)

      資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
    1.当該資産除去債務の概要
      不動産賃借契約に基づく本社オフィスの退去時における原状回復費
    2.当該資産除去債務の金額の算定法

      使用見込期間を主として取得から15年と見積り、使用見込期間に対応した割引率として国債の利回り
    を使用して資産除去債務金額を計算しております。
    3.当該資産除去債務の総額の増減

                             前事業年度              当事業年度
                          (2020年3月31日現在)              (2021年3月31日現在)
        期首残高                            -千円            23,648千円
        有形固定資産の取得に伴う増加額                         23,642千円                 -千円
        時の経過による調整額                            5千円              23千円
        その他増減額                            -千円              -千円
        期末残高                         23,648千円              23,672千円
    (セグメント情報等)

    (セグメント情報)
      当社は、アセット・マネジメント事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    (関連情報)

      前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.製品及びサービスごとの情報
      当社の製品・サービス区分は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製品・サービス
    ごとの営業収益の記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1)営業収益
                                            (単位:千円)
            日本         ケイマン諸島            その他            合計
             1,588,504            11,709           19,765          1,619,979
        (注)営業収益の地域区分は、契約相手方の所在地(ファンドの場合は組成地)を基礎として分類しております。
     (2)有形固定資産

       当社は、本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
                                84/96




                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3.主要な顧客ごとの情報
      委託者報酬については、一部営業収益の10%以上を占める投資信託があるものの、公募投資信託であ
    り、委託者報酬を最終的に負担する受益者は不特定多数のため、記載を省略しております。
      運用受託報酬・投資助言報酬・その他営業収益については、営業収益の10%以上を占める単一の外部
    顧客がないため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    1.製品及びサービスごとの情報
      当社の製品・サービス区分は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製品・サービス
    ごとの営業収益の記載を省略しております。
    2.地域ごとの情報

     (1)営業収益
                                             (単位:千円)
            日本         ケイマン諸島            その他           合計
             1,271,460             9,954          16,969          1,298,384
        (注)営業収益の地域区分は、契約相手方の所在地(ファンドの場合は組成地)を基礎として分類しております。
     (2)有形固定資産

       当社は、本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
    3.主要な顧客ごとの情報

      委託者報酬については、一部営業収益の10%以上を占める投資信託があるものの、委託者報酬を最終
    的に負担する受益者は制度上把握していないため、記載を省略しております。
      運用受託報酬・投資助言報酬・その他営業収益については、営業収益の10%以上を占める単一の外部
    顧客がないため、記載を省略しております。
    (関連当事者情報)

    1.関連当事者との取引
     (1)財務諸表提出会社の親会社及び法人主要株主(会社等に限る。)等
        前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                               議決権等の所
                     資本金                            取引金額       期末残高
           会社等の                          関連当事者と
                               有(被所有)
      種類           所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
           名称                          の関係
                    (百万円)                             (千円)       (千円)
                               割合(%)
                               (被所有)
                                           業務委託料
     その他の    アストマックス       東京都                    役員の兼務、
                          持株会社      直接
                      2,013                            62,790    -     -
     関係会社      株式会社      品川区                    業務委託
                                             (注1)
                                49.9
     上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1)業務委託料については、委託業務の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
        当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                               議決権等の所
                     資本金                            取引金額       期末残高
           会社等の                          関連当事者と
                               有(被所有)
      種類           所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
           名称                          の関係
                    (百万円)                             (千円)       (千円)
                               割合(%)
                               (被所有)
                                           業務委託料
     その他の    アストマックス       東京都                    役員の兼務、
                          持株会社      直接
                      2,013                            13,000    -     -
     関係会社      株式会社      品川区                    業務委託
                                              (注1)
                                49.9
     上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1)業務委託料については、委託業務の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
                                85/96



                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)  財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等
       該当事項はありません。
     (3)  財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会

       社等
        前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                              議決権等の所
                     資本金                          取引金額         期末残高
            会社等の                        関連当事者との
                              有(被所有)
       種類          所在地        事業の内容                 取引の内容          科目
             名称                         関係
                    (百万円)                           (千円)         (千円)
                              割合(%)
            株式会社
     財務諸表作成
                                    役員の兼務、
            Magne-Max
                                          投資顧問料
     会社と同一の            大阪府
                         投資助言業           投資顧問契約の                未払費用
                        95         -                114,595         28,785
     親会社をもつ       Capital     大阪市
                                            (注1)
                                      締結
       会社
           Management
     上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1)投資顧問料については、投資顧問契約の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
        当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                              議決権等の所
                     資本金                          取引金額         期末残高
            会社等の                        関連当事者との
                              有(被所有)
       種類          所在地        事業の内容                 取引の内容          科目
             名称                         関係
                    (百万円)                           (千円)         (千円)
                              割合(%)
            株式会社
     財務諸表作成
                                    役員の兼務、
            Magne-Max
                                          投資顧問料
     会社と同一の            大阪府
                         投資助言業           投資顧問契約の                未払費用
                        95         -                79,411        33,993
            Capital
     親会社をもつ            大阪市
                                            (注1)
                                      締結
       会社
           Management
     上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1)投資顧問料については、投資顧問契約の内容を勘案し、両社協議の上決定しております。
    2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報
       ソフトバンクグループ株式会社(東京証券取引所に上場)
       ソフトバンクグループジャパン株式会社(非上場)
       ソフトバンク株式会社(東京証券取引所に上場)
       Aホールディングス株式会社(非上場)
       Zホールディングス株式会社(東京証券取引所に上場)
       Zホールディングス中間株式会社(非上場)
       ヤフー株式会社(非上場)(注)
       (注)Zホールディングスグループの組織再編に伴い、2021年4月1日に当社の株式がヤフー株式会社からZフィナン
          シャル株式会社へ異動したため、直接の親会社につきましては、Zフィナンシャル株式会社に変更しておりま
          す。
     (2)  重要な関連会社の要約財務情報

       該当事項はありません。
                                86/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)
                             前事業年度              当事業年度
                          (自   2019年4月1日            (自   2020年4月1日
                           至    2020年3月31日)             至    2021年3月31日)
        1株当たり純資産額                         8,595円73銭              5,794円51銭
        1株当たり当期純損失金額(△)                         △364円64銭             △2,868円44銭
        潜在株式調整後1株当たり当期純利
                               -              -
        益金額
                         潜在株式調整後1株当たり当              潜在株式調整後1株当たり当
                         期純利益金額については、              期純利益金額については、
                         潜在株式が存在しないため              潜在株式が存在しないため
                         記載しておりません。              記載しておりません。
       (注1)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                             前事業年度              当事業年度
                          (2020年3月31日現在)              (2021年3月31日現在)
        純資産の部の合計額                         611,405千円              412,157千円
        普通株式に係る期末の純資産額                         611,405千円              412,157千円
        普通株式の発行済株式数                           71,129株              71,129株
        1株当たり純資産額の算定に用いら
                                  71,129株              71,129株
        れた期末の普通株式の数
       (注2)1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                             前事業年度              当事業年度
                          (自   2019年4月1日            (自   2020年4月1日
                           至  2020年3月31日)             至  2021年3月31日)
        当期純損失金額(△)                         △25,936千円              △204,029千円
        普通株式に係る当期純損失金額
                                △25,936千円              △204,029千円
        (△)
        普通株式の期中平均株式数                           71,129株              71,129株
    (重要な後発事象)

    (多額な資金の借入)
    1.当社は、2021年5月31日開催の臨時取締役会決議に基づき、運転資金の効率的な調達を行うため、
      以下のとおり極度貸付契約を締結いたしました。
    2.極度貸付契約締結の概要

        (1)契約締結先            Zホールディングス株式会社                アストマックス株式会社

        (2)極度額            300,000千円                100,000千円
        (3)借入金利
                   短期プライムレート+0.1%                短期プライムレート+0.1%
        (4)契約日            2021年5月31日                2021年5月31日
        (5)契約期間            2021年5月31日から2年間                2021年5月31日から2年間
        (6)担保状況            無し                無し
        (7)資金使途            運転資金                運転資金
                                87/96





                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げ
      る行為が禁止されています。
      (1)  自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なう
       こと(投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させる
       おそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
      (2)  運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠
       け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして
       内閣府令で定めるものを除きます。)。
      (3)  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
       法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者
       と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同
       じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融
       商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいい
       ます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行なうこと。
      (4)  委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方
       針、運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行
       なうこと。
      (5)  上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投
       資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれの
       あるものとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

      (1)  定款の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項
        委託会社は、定款について令和3年3月8日付で下記の通り変更を行ないました。委託会社の定
        款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
        ・商号の変更を行うための変更
        出資の状況について、令和3年4月1日付でZフィナンシャル株式会社が委託会社の議決権の数
        の割合の50.1%(議決権の数は35,635)を保有することとなりました。
      (2)  訴訟事件その他の重要事項

        該当事項はありません。
                                88/96








                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)  三井住友信託銀行株式会社(「受託会社」)
       ① 資本金の額
         2021年3月末日現在、342,037                百万円
       ② 事業の内容
         銀行法に基づき銀行業を営むと共に、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)に
        基づき信託業務を営んでいます。
         <再信託受託会社の概要>
          名称:株式会社日本カストディ銀行
          資本金の額      :51,000百万円(2021年3月末日                  現在)
          事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する
                  法律に基づき信託業務を営んでいます。
          再信託の目的:原信託契約に係る信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から
                   再信託受託会社(株式会社日本カストディ銀行)へ委託するため、原信託財
                   産のすべてを再信託受託会社へ移管することを目的とします。
      (2)  販売会社
                                      (資本金の額       は2021年3月末日現在            )
                               資本金の額

                 名称                           事業の内容
                               (百万円)
                                      「銀行法」に基づき銀行業を営んで
                  ※1
                                 37,250
                                      います。「銀行法」に基づき銀行業
        PayPay銀行株式会社
                                      を営んでいます。
                                 48,323
        株式会社SBI証券
                                 11,945
        松井証券株式会社
                                      「金融商品取引法」に定める第一種
                                   ※2
                                      金融商品取引業を営んでいます。
        フィデリティ証券株式会社
                               10,857
                                  7,495
        楽天証券株式会社
                               資本金の額は(1)①、事業の内容は(1)②をご参照
                      ※3
        三井住友信託銀行株式会社
                               ください。
       ※1PayPay銀行株式会社は2021年4月5日現在
       ※2フィデリティ証券株式会社は2021年2月17日現在
       ※3三井住友信託銀行株式会社は、委託会社等(委託会社の親法人等及び法人主要株主を含みま
         す。)が自己資金等の拠出を行なう場合等の取扱いのみを行ないます。一般の投資家向けの募
         集等の取扱いは行ないません。
    2【関係業務の概要】
      (1)  受託会社の業務
        当ファンドの受託会社として信託財産の保管・管理・計算等を行ないます。
      (2)  販売会社の業務
        当ファンドの取扱販売会社として、受益権の募集・販売の取扱い、一部解約の請求の受付、収益
       分配金、償還金、一部解約金の支払いの取扱い等を行ないます。
    3【資本関係】
      (1)  受託会社
        該当事項はありません。
      (2)  販売会社
        該当事項はありません。
                                89/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【参考情報】
      計算期間中に提出した書類及び提出年月日
       2 020年11月17日 臨時報告書
       2021年1月19日 臨時報告書
       2021年2月9日 有価証券報告書
       2021年2月9日 有価証券届出書
       2021年3月17日 臨時報告書
                                90/96


















                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の監査報告書

                                                    2021年6月24日

    PayPayアセットマネジメント株式会社

       取   締   役   会    御    中

                       有限責任監査法人ト ー マ ツ

                          東   京   事   務   所
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                       山    田    信    之   印
                        業 務 執 行 社 員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等
    の経理状況」に掲げられているPayPayアセットマネジメント株式会社(旧社名 アストマックス投信投
    資顧問株式会社)の2020年4月1日から2021年3月31日までの第19期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
    借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行っ
    た。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
    拠して、PayPayアセットマネジメント株式会社(旧社名 アストマックス投信投資顧問株式会社)の
    2021年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点にお
    いて適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人と
    してのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
    査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                91/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
      表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
      部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
      実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
      は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
      ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
      況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
      務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統
    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     ※1.上記は、当社が監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社

        が別途保管しております。
      2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                92/96










                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の監査報告書

                                                 令和3年6月28日

    PayPayアセットマネジメント株式会社

       取    締    役    会   御中

                         有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                             東  京  事  務  所
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                           山    田    信    之   印
                          業 務 執 行 社 員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファン
    ドの経理状況」に掲げられているPayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)(旧
    ファンド名:ウルトラバランス                  高利回り債券(年2回決算型))の令和2年11月11日から令和3
    年5月10日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並び
    に附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
    拠して、PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(年2回決算型)(旧ファンド名:ウルトラバラ
    ンス   高利回り債券(年2回決算型))の令和3年5月10日現在の信託財産の状態及び同日をもって
    終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、PayPayアセットマネジメント株式会社及
    びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法
    人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
      表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
      部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
                                93/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
      実 性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
      は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
      ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
      況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
      務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統
    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

     PayPayアセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認
    会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     ※1.上記は、当社が監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社

        が別途保管しております。
      2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                94/96













                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の監査報告書

                                                 令和3年6月28日

    PayPayアセットマネジメント株式会社

       取    締    役    会   御中

                         有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                             東  京  事  務  所
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                           山    田    信    之   印
                          業 務 執 行 社 員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファン
    ドの経理状況」に掲げられているPayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)(旧ファ
    ンド名:ウルトラバランス               高利回り債券(隔月決算型))の令和2年11月11日から令和3年5月
    10日までの特定期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属
    明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
    拠して、PayPay投信ウルトラバランス 高利回り債券(隔月決算型)(旧ファンド名:ウルトラバラン
    ス  高利回り債券(隔月決算型))の令和3年5月10日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了
    する特定期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、PayPayアセットマネジメント株式会社及
    びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法
    人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
      表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
      部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
                                95/96


                                                          EDINET提出書類
                                            PayPayアセットマネジメント株式会社(E14601)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
      実 性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
      は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
      ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
      況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
      務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統
    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

     PayPayアセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認
    会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     ※1.上記は、当社が監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社

        が別途保管しております。
      2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                96/96













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク