DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)/Dコース(為替ヘッジなし) 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第8期(令和2年4月21日-令和3年4月20日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第8期(令和2年4月21日-令和3年4月20日)
提出日
提出者 DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)/Dコース(為替ヘッジなし)
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                     有価証券報告書

      【提出先】                     関東財務局長殿

      【提出日】                     2021年7月20日

      【計算期間】                     第8期(自      2020年4月21日 至          2021年4月20日)

      【ファンド名】                     DWS    グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッ

                           ジあり)
                           DWS    グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッ
                           ジなし)
      【発行者名】                     ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  石谷 洋章

      【本店の所在の場所】                     東京都千代田区永田町二丁目11番1号 山王パークタワー

      【事務連絡者氏名】                     出仙 学恭

      【連絡場所】                     東京都千代田区永田町二丁目11番1号 山王パークタワー

      【電話番号】                     03(5156)5000

      【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。

                                 1/97













                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】
    (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】
    ①ファンドの目的
    当ファンドは、インカム・ゲインの獲得と信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
    ②信託金の限度額
    各ファンドについて1兆円を限度とします。
    ただし、委託会社は、受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
    ③基本的性格
    当ファンドの商品分類及び属性区分は以下の通りです。
    <商品分類表>

       単位型投信・          投資対象          投資対象資産              独立
                                                  補足分類
       追加型投信           地域        (収益の源泉)              区分
                             株式
       単位型投信           国内           債券           MMF         インデックス型
                  海外         不動産投信            MRF
       追加型投信           内外       その他資産(   )               ETF           特殊型
                            資産複合
     (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
    <商品分類の定義について>

    一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づく定義は以下の通りです。
    1.「単位型投信・追加型投信」の区分のうち、「追加型投信」とは、一度設定されたファンドであってもその後
       追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファンドをいいます。
    2.「投資対象地域」の区分のうち、「内外」とは、目論見書または投資信託約款において、国内及び海外の資産
       による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    3.「投資対象資産(収益の源泉)」の区分のうち、「債券」とは、目論見書または投資信託約款において、組入
       資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
    なお、上記は当ファンドに該当する分類について記載したものです。上記以外の商品分類の定義については、一般
    社団法人投資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)をご参照下さい。
                                 2/97







                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <属性区分表>
                    決算     投資対象               為替     対象イン
         投資対象資産                        投資形態                    特殊型
                    頻度      地域              ヘッジ      デックス
      株式
                       グローバル
                       ( 日本を含む)
       一般
                                                   ブル・
                                                   ベア型
       大型株
                       日本
       中小型株                                        日経225
                   年1回
                                      Cコース
                               ファミリー
                       北米               あり
                               ファンド
      債券
                                      ( フルヘッジ     )
                   年2回
                                                   条件付
       一般
                                                   運用型
                       欧州
       公債
                   年4回
       社債
                       アジア
       その他債券
                   年6回
                                             TOPIX
       クレジット属性
                                                   ロング・
                   (隔月)
      (   )
                       オセアニア
                                                   ショート型/
                                                   絶対収益追
                   年12回
                                                   求型
                   (毎月)
      不動産投信
                       中南米
                   日々
                               ファンド・
      その他資産
                                      Dコース
                       アフリカ        オブ・
                                      なし
      ( 投資信託証券(債券))
                   その他
                               ファンズ
                                             その他
                   (  )
                                                   その他
                                             (   )
                       中近東
      資産複合                                              (   )
                       (中東)
      (   )
       資産配分固定型
                       エマージング
       資産配分変更型
     (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
      ※  「為替ヘッジ」は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの有無を記載しております。
    <属性区分の定義について>

    一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づく定義は以下の通りです。
    1.「投資対象資産」の区分のうち、「その他資産」とは、目論見書または投資信託約款において、株式、債券及
       び不動産投信(リート)以外の資産を主要投資対象とする旨の記載があるものをいいます。なお、当ファンド
       は、マザーファンド(投資信託証券)を通じて実質的に債券に投資するため、商品分類表の「投資対象資産
       (収益の源泉)」においては「債券」に分類されます。
    2.「決算頻度」の区分のうち、「年1回」とは、目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記
       載があるものをいいます。
    3.「投資対象地域」の区分のうち、「グローバル」とは、目論見書または投資信託約款において、組入資産によ
       る投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。なお、「世界の資産」の中に「日本」
       を含むか含まないかを明確に記載するものとします。
    4.「投資形態」の区分のうち、「ファミリーファンド」とは、目論見書または投資信託約款において、親投資信
       託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資するものをいいます。
    5.「為替ヘッジ」の区分のうち、「あり」とは、目論見書または投資信託約款において、為替のフルヘッジまた
       は一部の資産に為替のヘッジを行う旨の記載があるものをいい、「なし」とは、目論見書または投資信託約款
       において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるものまたは為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいい
       ます。
    なお、上記は当ファンドに該当する属性について記載したものです。上記以外の属性区分の定義については、一般
    社団法人投資信託協会のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)をご参照下さい。
                                 3/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ④ファンドの特色(以下は、ファンドが主として投資を行うマザーファンドの特色を含みます。)
    1.DWS       グローバル公益債券マザーファンドへの投資を通じて、主に世界各国の公益企業・公社が発
       行する債券に投資するファンドです。
       ■主に電力・ガス・水道等を供給する世界の公益企業・公社が発行する債券を投資対象とします。
       ■上記に加え、その他の日常生活に密接なサービスを行う企業が発行する債券にも投資します。
       ■組入債券の平均格付は、原則としてA格相当以上となることを目指します。
       ■投資対象は、取得時において原則としてBBB格相当以上の投資適格債とします。
        (注1)格付が公表されていない場合は、発行体の財務内容等を分析して適切と判断した格付を用います。
        (注2)複数の格付機関により異なる格付が付与されている場合は、原則として上位の格付を採用します。
       ■債券への投資にあたっては、金利水準・流動性・信用力等を勘案して選択した銘柄に投資します。
    2.Cコース(為替ヘッジあり)とDコース(為替ヘッジなし)があります。

       ■Cコース:実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図
              ります。(ヘッジコストがかかる場合があります。)
       ■Dコース:実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。
        (注1)販売会社によっては、Cコース、Dコースどちらか一方のみの取扱いとなる場合があります。詳しくは販売会

            社にお問合せ下さい。
        (注2)各ファンド間でのスイッチングの取扱いは販売会社により異なります。詳しくは販売会社にお問合せ下さい。
    3.Cコースの為替ヘッジに係る運用指図及びマザーファンドに係る運用指図に関する権限を、DWS

       インベストメントGmbHに委託します。
       ■DWSインベストメントGmbHはドイツ銀行グループの資産運用部門のドイツにおける拠点です。グローバ
        ルなネットワークを駆使し、投資家の多様なニーズに応える商品開発と優れた運用実績の実現を目指しま
        す。
                     ※

    4.ファミリーファンド方式                 で運用を行います。
       ※  「ファミリーファンド方式」とは、運用及び管理面の合理化・効率化をはかるため、投資者から集めた資金をまとめて

        ベビーファンドとし、その資金を主としてマザーファンドに投資して実質的な運用を行う仕組みです。
                                 4/97









                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <運用プロセス>
         (注1)上記運用プロセスはマザーファンドに関するものです。









         (注2)上記は本書作成時点のものであり、今後変更となることがあ                               ります。
    (注)   市況動向及び資金動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

    (2)  【ファンドの沿革】

    2013  年7月23日   信託契約締結、ファンドの設定、運用開始
                                 5/97









                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【ファンドの仕組み】

    ①ファンドの仕組み
    ②委託会社及びファンドの関係法人











    委託会社及びファンドの関係法人の名称、ファンドの運営上の役割は次の通りです。
    a.ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(「委託会社」)
    当ファンドの委託会社として、信託財産の運用指図、受託会社との信託契約の締結、目論見書・運用報告書の作成
    等を行います。
    b.株式会社りそな銀行(「受託会社」)
    (再信託受託会社:株式会社日本カストディ銀行)
    委託会社との間で「証券投資信託契約」を締結し、これに基づき、当ファンドの受託会社として、信託財産の保
    管・管理、基準価額の計算、外国証券を保管・管理する外国の金融機関への指図等を行います。なお、信託事務の
    一部につき株式会社日本カストディ銀行に委託することができます。
    c.「販売会社」
    委託会社との間で「投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」を締結し、これに基づき、当ファンド
    の販売会社として、受益権の募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求の受付、収益分配金・償還金及び一部解
    約金の支払い等を行います。
    d.DWSインベストメントGmbH(「投資顧問会社」)
    委託会社から運用の指図に関する権限の委託を受け、Cコースの為替ヘッジに係る運用指図及びマザーファンドの
    運用指図等を行います。なお、委託を受けた者が、法令に違反した場合、信託契約に違反した場合、信託財産に重
                                 6/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    大な損失を生ぜしめた場合等において、委託会社は、運用の指図に関する権限の委託を中止または委託の内容を変
    更することができます。
    ③委託会社の概況

    a.資本金の額(2021年5月末現在)
       3,078百万円
    b.沿革
       1985   年  モルガン     グレンフェル       インターナショナル           アセット     マネジメント(株)設立
       1987   年  投資顧問業登録、投資一任業務認可取得
       1990   年  ドイツ銀投資顧問(株)と合併し、ディービー                        モルガン     グレンフェル       アセット     マネジ
            メント(株)に社名を変更
       1995   年  ディービー      モルガン     グレンフェル投信投資顧問(株)に社名を変更
            証券投資信託委託会社免許取得
       1996   年  ドイチェ・モルガン・グレンフェル投信投資顧問(株)に社名を変更
       1999   年  バンカース・トラスト投信投資顧問(株)と合併し、ドイチェ・アセット・マネジメント
            (株)に社名を変更
       2002   年  チューリッヒ・スカダー投資顧問(株)と合併
       2005   年  ドイチェ・アセット・マネジメント(株)とドイチェ信託銀行(株)の資産運用サービス
            業務を統合
            資産運用部門はドイチェ・アセット・マネジメント(株)に一本化
    c.大株主の状況(2021年5月末現在)
       名  称:      DWS    グループ     GmbH     &  Co.KGaA
       住  所:      ドイツ連邦共和国60329 ヘッセン フランクフルト・アム・マイン マインツァー・ラ
             ント通り11-17
       所有株式:      61,560株
       所有比率:      100%
                                 7/97










                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
    (1)  【投資方針】
    ①基本方針
    当ファンドは、インカム・ゲインの獲得と信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
    ②運用方法
    a.投資対象
       DWS    グローバル公益債券マザーファンド(以下「マザーファンド」ということがあります。)の受益証券
       を主要投資対象とします。
    b.投資態度
       1)主としてマザーファンドの受益証券への投資を通じて、主に世界各国の公益企業・公社が発行する債券に
        投資を行い、インカム・ゲインの獲得と信託財産の中長期的な成長を目指します。
       2)<Cコース>
         実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行います。
        <Dコース>
         実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。
       3)信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避するため、
        わが国の取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいま
        す。以下同じ。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいい
        ます。以下同じ。)、有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをい
        います。以下同じ。)、通貨に係る先物取引、通貨に係るオプション取引、金利に係る先物取引及び金利
        に係るオプション取引、並びに外国の取引所における有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引、有価
        証券オプション取引、通貨に係る先物取引、通貨に係るオプション取引、金利に係る先物取引及び金利に
        係るオプション取引と類似の取引(以下「有価証券先物取引等」といいます。)を行うことができます。
       4)信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避するため、
        異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引
        (以下「スワップ取引」といいます。)を行うことができます。
       5)信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避するため、
        金利先渡取引及び為替先渡取引を行うことができます。
       6)市況動向及び資金動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
    <マザーファンドの投資方針>

    ①基本方針
    マザーファンドは、インカム・ゲインの獲得と信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。
    ②運用方法
    a.投資対象
       世界各国の公益企業・公社が発行する債券を主要投資対象とします。
    b.投資態度
       1)主として、世界各国の公益企業・公社が発行する債券に投資を行い、インカム・ゲインの獲得と信託財産
        の中長期的な成長を目指します。
       2)債券への投資にあたっては、金利水準・流動性・信用力等を勘案して選択した銘柄に投資します。
       3)外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。
       4)信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避するため、
        有価証券先物取引等を行うことができます。
       5)信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避するため、
        スワップ取引を行うことができます。
       6)信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避するため、
        金利先渡取引及び為替先渡取引を行うことができます。
       7)市況動向及び資金動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
                                 8/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【投資対象】

    ①投資の対象とする資産の種類
    当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
    1.次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律(以下「投信法」といいます。)第2条第1項で定
       めるものをいいます。以下同じ。)
       イ.有価証券
       ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、信託約款に定めるも
         のに限ります。)
       ハ.金銭債権
       ニ.約束手形
    2.次に掲げる特定資産以外の資産
       イ.為替手形
    ②投資の対象とする有価証券等
    a.委託会社は、信託金を、主として、ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社を委託会社とし、株式会社り
       そな銀行を受託会社として締結されたDWS                        グローバル公益債券マザーファンドの受益証券のほか、次の有
       価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きま
       す。)に投資することを指図するものとします。
       1.株券または新株引受権証書
       2.国債証券
       3.地方債証券
       4.特別の法律により法人の発行する債券
       5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権付社債
         券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       6.資産の流動化に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
       7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定めるもの
         をいいます。)
       8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいます。)
       9.資産の流動化に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第2条第1項
         第8号で定めるものをいいます。)
       10.資産の流動化に係る特定目的信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第13号で定めるものをいいま
         す。)
       11.コマーシャル・ペーパー
       12.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)及び新株予約権
         証券
       13.外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記1.から上記12.までの証券または証書の性質を
         有するもの
       14.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいま
         す。)
       15.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。下記16.に
         おいて同じ。)で下記16.で定めるもの以外のもの
       16.投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下本16.において同
         じ。)または外国投資証券で投資法人債券に類する証券
       17.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       18.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、有価証
         券に係るものに限ります。)
       19.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       20.外国法人が発行する譲渡性預金証書
                                 9/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       21.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に限
         ります。)
       22.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
       23.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に
         表示されるべきもの
       24.外国の者に対する権利で上記23.の有価証券の性質を有するもの
       なお、上記1.の証券または証書及び上記13.並びに上記19.の証券または証書のうち上記1.の証券または
       証書の性質を有するものを以下「株式」といい、上記2.から上記6.までの証券並びに上記16.の証券及び
       上記13.並びに上記19.の証券または証書のうち上記2.から上記6.までの証券の性質を有するものを以下
       「公社債」といい、上記14.及び上記15.の証券を以下「投資信託証券」といいます。
    b.委託会社は、信託金を、上記a.に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2
       項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。以下同じ。)により運用することを
       指図することができます。
       1.預金
       2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       3.コール・ローン
       4.手形割引市場において売買される手形
       5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
       6.外国の者に対する権利で上記5.の権利の性質を有するもの
    c.上記a.の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運
       用上必要と認めるときには、委託会社は信託金を主として上記b.に掲げる金融商品により運用することの指
       図ができます。
    <マザーファンドの投資対象>

    ①投資の対象とする資産の種類
    マザーファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
    1.次に掲げる特定資産
       イ.有価証券
       ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、信託約款に定めるも
         のに限ります。)
       ハ.金銭債権
       ニ.約束手形
    2.次に掲げる特定資産以外の資産
       イ.為替手形
    ②投資の対象とする有価証券等
    a.委託会社(委託会社から運用の指図に関する権限の委託を受けた者を含みます。)は、信託金を、主として次
       の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きま
       す。)に投資することを指図するものとします。
       1.株券または新株引受権証書
       2.国債証券
       3.地方債証券
       4.特別の法律により法人の発行する債券
       5.社債券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を除きます。)
       6.資産の流動化に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
       7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定めるもの
         をいいます。)
       8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいます。)
                                10/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       9.資産の流動化に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第2条第1項
         第8号で定めるものをいいます。)
       10.資産の流動化に係る特定目的信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第13号で定めるものをいいま
         す。)
       11.コマーシャル・ペーパー
       12.新株引受権証券及び新株予約権証券
       13.外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記1.から上記12.までの証券または証書の性質を
         有するもの
       14.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいま
         す。)
       15.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。下記16.に
         おいて同じ。)で下記16.で定めるもの以外のもの
       16.投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。以下本16.において同
         じ。)または外国投資証券で投資法人債券に類する証券
       17.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       18.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、有価証
         券に係るものに限ります。)
       19.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       20.外国法人が発行する譲渡性預金証書
       21.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に限
         ります。)
       22.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
       23.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券に
         表示されるべきもの
       24.外国の者に対する権利で上記23.の有価証券の性質を有するもの
       なお、上記1.の証券または証書及び上記13.並びに上記19.の証券または証書のうち上記1.の証券または
       証書の性質を有するものを以下「株式」といい、上記2.から上記6.までの証券並びに上記16.の証券及び
       上記13.並びに上記19.の証券または証書のうち上記2.から上記6.までの証券の性質を有するものを以下
       「公社債」といい、上記14.及び上記15.の証券を以下「投資信託証券」といいます。
    b.委託会社は、信託金を、上記a.に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品により運用することを指図す
       ることができます。
       1.預金
       2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       3.コール・ローン
       4.手形割引市場において売買される手形
       5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
       6.外国の者に対する権利で上記5.の権利の性質を有するもの
    c.上記a.の規定にかかわらず、マザーファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社
       が運用上必要と認めるときには、委託会社は信託金を主として上記b.に掲げる金融商品により運用すること
       の指図ができます。
                                11/97





                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【運用体制】
    当ファンドの運用体制は、以下の通りです。
    <運用体制>

    委託会社は、Cコースの為替ヘッジに係る運用指図及びマザーファンドの運用指図に関する権限をDWSインベス








    トメントGmbH(所在地:ドイツ フランクフルト)に委託します(以下「運用委託先」という場合がありま
    す。)。運用計画の作成、法令等の遵守状況確認、運用評価及びリスク管理等のその他運用に関連する業務は、委
    託会社の運用部が行います。当該運用部における主な意思決定機関は、投資戦略会議、運用評価会議、インベスト
    メント・コントロール・コミッティーの3つがあります。これらはいずれも運用部長が主催し、各運用担当者及び
    必要に応じて関係部署の代表者が参加して行われます。
    投資戦略会議では、投資環境予測や運用戦略の方向性の決定等、運用計画の作成に必要な基本的な事項を審議しま

    す。運用評価会議では、超過収益率の要因分析や投資行動、均一性等を含めて審議します。インベストメント・コ
    ントロール・コミッティーでは、顧客勘定における運用リスクに係る諸問題等を把握し、必要な意思決定を行いま
    す。これらの運用体制については、社内規程及び運用部部内規程により定められています。
    運用委託先の管理体制については、当該委託先との継続的な情報交換及び定期的な訪問等を通じて、運用面、法令

    遵守面、業務執行面から評価を行います。評価結果は上述のインベストメント・コントロール・コミッティーに報
    告され、同コミッティーは必要に応じて適切な措置を行います。
                                12/97





                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    <運用の流れ>
    <内部管理及びファンドに係る意思決定を監督する組織>









    インベストメント・コントロール・コミッティーは、その活動内容等をエグゼクティブ・コミッティーに報告しま
    す。エグゼクティブ・コミッティーは代表取締役が議長を務め、委託会社の業務運営、リスク管理及び内部統制等
    に係る諸問題を把握し、取締役会決議事項については取締役会に対する諮問機関であるとともに、それ以外の事項
    については代表取締役が行う意思決定を補佐する機関としての役割を担います。さらに、コンプライアンス統括部
    は、運用部から独立した立場でガイドライン遵守状況及び利益相反取引等の検証を行います。また、独立したモニ
    タリング活動として、すべての部門から独立した監査部が内部統制の有効性及び業務プロセスの効率性を検証し、
    経営陣に対して問題点の指摘、改善点の提案を行います。上記各組織については、その内部管理機能の有効性の観
    点から十分な人員を確保しております。
    <委託会社等によるファンドの関係法人に対する管理体制>

    当ファンドの受託会社に対する管理については、証券投資信託契約に基づく受託会社としての業務の適切な遂行及
    び全体的なサービスレベルを委託会社の業務部においてモニターしております。
    運用委託先に対しては、運用委託に関する社内規程に基づき管理します。委託会社は、資産運用能力(運用パ
    フォーマンス実績)、信用力、リスク管理能力(運用ガイドラインの遵守状況を含みます。)及び内部統制の状況
    (または内部監査の実施状況)の観点から、定期的に運用委託先を定量的・定性的に評価します。評価結果はイン
    ベストメント・コントロール・コミッティーに報告され、同コミッティーは評価結果を踏まえて運用委託先の契約
    継続の可否等を検討します。また重要な契約違反、エラーまたは問題点等が判明した場合、直ちに運用委託先に報
    告及び是正を求めるものとします。
    (注)運用体制は、今後変更となる場合があります。

    (4)  【分配方針】

    毎決算時(原則として毎年4月20日。ただし、当該日が休業日の場合は翌営業日。)に、原則として以下の方針に
    基づき収益分配を行います。
                                13/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ①分配対象額の範囲は、経費等控除後の繰越分を含めた利子・配当収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額
     とします。
    ②収益分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、必ず分配を行うもので
     はありません。
    ③留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき元本部分と同一の運用を行います。
    (注)将来の分配金の支払い及びその金額について保証するものではありません。

    (5)  【投資制限】

    <信託約款で定める投資制限>
    ①株式への投資制限
                ※
    株式への実質投資割合            は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
    ※  「実質投資割合」とは、ファンドに属する当該資産の時価総額とマザーファンドに属する当該資産のうちファンドに属する
      とみなした額(ファンドに属するマザーファンドの時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める当該資産の
      時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)との合計額の信託財産の純資産総額に占める割合をいいます。以下同じ。
    ②外貨建資産への投資制限
    外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
    ③新株引受権証券及び新株予約権証券への投資制限
    新株引受権証券及び新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の5%以下としま
    す。
    ④投資信託証券への投資制限
    投資信託証券(マザーファンドの受益証券                      及び上場投資信託証券(金融商品取引所に上場等され、かつ当該取引所
    において常時売却可能(市場急変等により一時的に流動性が低下している場合を除きます。)な投資信託証券をい
    います。)      を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    ⑤信用リスク集中回避のための投資制限
    一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャー及びデ
    リバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以
    下とし、当該比率を超えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比
    率以内となるよう調整を行うこととします。
    ⑥同一銘柄の株式等への投資制限
    a.同一銘柄の株式への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    b.同一銘柄の新株引受権証券及び新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下としま
       す。
    ⑦同一銘柄の転換社債及び転換社債型新株予約権付社債への投資制限
    同一銘柄の転換社債及び転換社債型新株予約権付社債(新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財
    産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないこと
    をあらかじめ明確にしているもの並びに会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号及び第8号の定めがある
    ものをいいます。以下同じ。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    ⑧投資する株式等の範囲
    a.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券及び新株予約権証券は、金融商品取引所に上場され
       ている株式の発行会社の発行するもの及び金融商品取引所に準ずる市場において取引されている株式の発行会
       社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券及び
       新株予約権証券については、この限りではありません。
    b.上記a.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券及び新株予約権証券で目論見
       書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資することを指図するこ
       とができるものとします。
    ⑨信用取引の指図範囲
                                14/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指図をすることが
       できます。なお、当該売付の決済については、株券の引渡しまたは買戻しにより行うことの指図をすることが
       できるものとします。
    b.上記a.の信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社が発行する株券について行うことができるもの
       とし、かつ次に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
       1.信託財産に属する株券及び新株引受権証書の権利行使により取得する株券
       2.株式分割により取得する株券
       3.有償増資により取得する株券
       4.売出しにより取得する株券
       5.信託財産に属する転換社債の転換請求及び新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限り
         ます。)の行使により取得可能な株券
       6.信託財産に属する新株引受権証券及び新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または信託財産に属する
         新株予約権証券及び新株予約権付社債券の新株予約権(上記5.に定めるものを除きます。)の行使によ
         り取得可能な株券
    c.委託会社は、信託財産で保有する有価証券を信用取引の委託保証金の代用として差入れることの指図をするこ
       とができるものとします。
    ⑩先物取引等の運用指図
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商
       品取引所における有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引及び有価証券オプション取引並びに外国の取引
       所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引はオプショ
       ン取引に含めて取扱うものとします。(以下同じ。)
    b.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに為替変動リスクを回避するため、わが国の取引所
       における通貨に係る先物取引並びに外国の取引所における通貨に係る先物取引及びオプション取引を行うこと
       の指図をすることができます。
    c.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクを回避するため、わが国の取引所
       における金利に係る先物取引及びオプション取引並びに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行
       うことの指図をすることができます。
    ⑪スワップ取引の運用指図
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避す
       るため、スワップ取引を行うことの指図をすることができます。
    b.スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものとします。た
       だし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
    c.スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価するものとしま
       す。
    d.委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提供ある
       いは受入れの指図を行うものとします。
    ⑫金利先渡取引及び為替先渡取引の運用指図
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避す
       るため、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
    b.金利先渡取引及び為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を超えないも
       のとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありませ
       ん。
    c.金利先渡取引及び為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評
       価するものとします。
    d.委託会社は、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
       は、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
                                15/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ⑬デリバティブ取引等に係る投資制限
    デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたがい、合理的な方法により算
    出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
    ⑭有価証券の貸付の指図及び範囲
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式及び公社債を次の範囲内で貸付け
       ることの指図をすることができます。
       1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合計額を超
         えないものとします。
       2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公社債の額
         面金額の合計額を超えないものとします。
    b.上記a.に規定する限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する契
       約の一部の解約を指図するものとします。
    c.委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとします。
    ⑮公社債の空売り
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さない公社債
       を売付けることを指図することができます。なお、当該売付の決済については、公社債(信託財産により借入
       れた公社債を含みます。)の引渡しまたは買戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
    b.上記a.の売付の指図は、当該売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
    c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額を超え
       ることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付の一部を決済するための指図を
       するものとします。
    ⑯公社債の借入れ
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができます。なお、当
       該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を行うものとします。
    b.上記a.の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
    c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額を超
       えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた公社債の一部を返還する
       ための指図をするものとします。
    d.上記a.の借入れに係る品借料は信託財産中から支弁します。
    ⑰特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
    外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合には、制約さ
    れることがあります。
    ⑱外国為替予約取引の指図
    a.委託会社は、信託財産に属する外貨建資産(マザーファンドの信託財産に属する外貨建資産の時価総額のうち
       信託財産に属するとみなした額を含みます。以下本⑱において同じ。)について、信託財産の効率的な運用に
       資するため、並びに為替変動リスクを回避するため、外国為替の売買の予約取引を指図することができます。
    b.上記a.の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につき円換算
       した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する外貨建資産の為替変動
       リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りではありません。
    c.上記b.の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額に相当する為替
       予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。
    d.上記a.において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額
       にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額とします。
    ⑲資金の借入れ
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用並びに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資金の手当て
       (一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的として、または再投資
       に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の
       指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
                                16/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    b.一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する
       有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証
       券 等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の
       償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代
       金、当該有価証券等の解約代金及び当該有価証券等の償還金の合計額を限度とします。
    c.収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日までとし、
       資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
    d.借入金の利息は信託財産中より支弁します。
    <マザーファンドの信託約款で定める投資制限>

    ①株式への投資制限
    株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
    ②外貨建資産への投資制限
    外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
    ③新株引受権証券及び新株予約権証券への投資制限
    新株引受権証券及び新株予約権証券への投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    ④投資信託証券への投資制限
    投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    ⑤信用リスク集中回避のための投資制限
    一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャー及びデ
    リバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以
    下とし、当該比率を超えることとなった場合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比
    率以内となるよう調整を行うこととします。
    ⑥同一銘柄の株式等への投資制限
    a.同一銘柄の株式への投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    b.同一銘柄の新株引受権証券及び新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
    ⑦同一銘柄の転換社債及び転換社債型新株予約権付社債への投資制限
    同一銘柄の転換社債及び転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下としま
    す。
    ⑧投資する株式等の範囲
    a.委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券及び新株予約権証券は、金融商品取引所に上場され
       ている株式の発行会社の発行するもの及び金融商品取引所に準ずる市場において取引されている株式の発行会
       社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新株引受権証券及び
       新株予約権証券については、この限りではありません。
    b.上記a.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券及び新株予約権証券で目論見
       書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資することを指図するこ
       とができるものとします。
    ⑨信用取引の指図範囲
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指図をすることが
       できます。なお、当該売付の決済については、株券の引渡しまたは買戻しにより行うことの指図をすることが
       できるものとします。
    b.上記a.の信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社が発行する株券について行うことができるもの
       とし、かつ次に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
       1.信託財産に属する株券及び新株引受権証書の権利行使により取得する株券
       2.株式分割により取得する株券
       3.有償増資により取得する株券
       4.売出しにより取得する株券
                                17/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       5.信託財産に属する転換社債の転換請求及び新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限り
         ます。)の行使により取得可能な株券
       6.信託財産に属する新株引受権証券及び新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または信託財産に属する
         新株予約権証券及び新株予約権付社債券の新株予約権(上記5.に定めるものを除きます。)の行使によ
         り取得可能な株券
    c.委託会社は、信託財産で保有する有価証券を信用取引の委託保証金の代用として差入れることの指図をするこ
       とができるものとします。
    ⑩先物取引等の運用指図
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商
       品取引所における有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引及び有価証券オプション取引並びに外国の取引
       所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。
    b.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに為替変動リスクを回避するため、わが国の取引所
       における通貨に係る先物取引並びに外国の取引所における通貨に係る先物取引及びオプション取引を行うこと
       の指図をすることができます。
    c.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクを回避するため、わが国の取引所
       における金利に係る先物取引及びオプション取引並びに外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行
       うことの指図をすることができます。
    ⑪スワップ取引の運用指図
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避す
       るため、スワップ取引を行うことの指図をすることができます。
    b.スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものとします。た
       だし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありません。
    c.スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価するものとしま
       す。
    d.委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の提供ある
       いは受入れの指図を行うものとします。
    ⑫金利先渡取引及び為替先渡取引の運用指図
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに価格変動リスクもしくは為替変動リスクを回避す
       るため、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
    b.金利先渡取引及び為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を超えないも
       のとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありませ
       ん。
    c.金利先渡取引及び為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評
       価するものとします。
    d.委託会社は、金利先渡取引及び為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたとき
       は、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
    ⑬デリバティブ取引等に係る投資制限
    デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたがい、合理的な方法により算
    出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
    ⑭有価証券の貸付の指図及び範囲
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式及び公社債を次の範囲内で貸付け
       ることの指図をすることができます。
       1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価合計額を超
         えないものとします。
       2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する公社債の額
         面金額の合計額を超えないものとします。
    b.上記a.に規定する限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する契
       約の一部の解約を指図するものとします。
                                18/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    c.委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとします。
    ⑮公社債の空売り
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さない公社債
       を売付けることを指図することができます。なお、当該売付の決済については、公社債(信託財産により借入
       れた公社債を含みます。)の引渡しまたは買戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
    b.上記a.の売付の指図は、当該売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
    c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の売付に係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額を超え
       ることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付の一部を決済するための指図を
       するものとします。
    ⑯公社債の借入れ
    a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができます。なお、当
       該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を行うものとします。
    b.上記a.の指図は、当該借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
    c.信託財産の一部解約等の事由により、上記b.の借入れに係る公社債の時価総額が信託財産の純資産総額を超
       えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた公社債の一部を返還する
       ための指図をするものとします。
    d.上記a.の借入れに係る品借料は信託財産中から支弁します。
    ⑰特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
    外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合には、制約さ
    れることがあります。
    ⑱外国為替予約取引の指図
    a.委託会社は、信託財産に属する外貨建資産について、信託財産の効率的な運用に資するため、並びに為替変動
       リスクを回避するため、外国為替の売買の予約取引を指図することができます。
    b.上記a.の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につき円換算
       した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する外貨建資産の為替変動
       リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りではありません。
    c.上記b.の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額に相当する為替
       予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。
    <法令で定める投資制限>

    ①同一法人の発行する株式への投資制限(投信法第9条)
    委託会社は、同一の法人の発行する株式について、次のa.の数がb.の数を超えることとなる場合には、当該株
    式を信託財産で取得することを受託会社に指図しないものとします。
    a.委託会社が運用の指図を行うすべてのファンドで保有する当該株式に係る議決権の総数
    b.当該株式に係る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数
    ②デリバティブ取引に係る投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号)
    委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動その他の理
    由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法により算出した額が当該信
    託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリバティブ取引(新株予約権証券、新投資口予約権証券ま
    たはオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引及び選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続
    することを受託会社に指図しないものとします。
    ③信用リスク集中回避のための投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8号の2)
    委託会社は、信託財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産について取引の相手方の債務不履行そ
    の他の理由により発生し得る危険をいう。)を適正に管理する方法としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方
    法に反することとなる取引を行うことを受託会社に指図しないものとします。
                                19/97



                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】

    (1)当ファンドの主なリスク及び留意点
    当ファンドは、マザーファンドへの投資を通じて、債券等の値動きのある証券(外貨建資産には、この他に為替変
    動リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元金が保証されているもの
    ではありません。当ファンドに生じた利益及び損失は、すべて受益者に帰属します。
    当ファンドの基準価額は、主に以下のリスクにより変動し、損失を生じるおそれがあります。
    なお、当ファンドは預貯金と異なります。
    ①金利変動リスク
    債券価格は、通常、金利が上昇した場合には下落傾向となり、金利が低下した場合には上昇傾向となります。した
    がって、金利が上昇した場合には、保有している債券の価格は下落し、ファンドの基準価額が影響を受け損失を被
    ることがあります。
    ②信用リスク
    債券及びコマーシャル・ペーパー等短期金融商品の価格は、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外
    部評価の変化を含む信用状況等の悪化により、下落することがあります。特に、デフォルト(債務不履行)が生じ
    た場合または予想される場合には、当該商品の価格は大きく下落(価格がゼロとなることもあります。)し、ファ
    ンドの基準価額が影響を受け損失を被ることがあります。
    ③為替変動リスク
    当ファンドは主に外国の債券に投資しますので、ファンドの基準価額は、当該外貨建資産の通貨と日本円との間の
    為替レートの変動の影響を受けます。外貨建資産の価格は、通常、為替レートが円安になれば上昇しますが、円高
    になれば下落します。したがって、為替レートが円高になれば外貨建資産の価格が下落し、ファンドの基準価額が
    影響を受け損失を被ることがあります。
    Cコースについては、原則として対円での為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図りますので、為替変動に
    よる基準価額への影響は軽減されますが、影響がすべて排除されるわけではありません。また、ヘッジ対象通貨と
    円との金利差等が反映されたヘッジコストがかかり、基準価額の下落要因となることがあります。Dコースについ
    ては、原則として対円での為替ヘッジを行いませんので、基準価額は為替変動による影響を直接受けます。
    ④カントリーリスク
    投資対象国の政治、経済情勢の変化等により、市場が混乱した場合や、組入資産の取引に関わる法制度の変更が行
    われた場合等には、有価証券等の価格が変動したり、投資方針に沿った運用が困難な場合があります。これらによ
    り、ファンドの基準価額が影響を受け損失を被ることがあります。
    ⑤流動性リスク
    急激かつ多量の売買により市場が大きな影響を受けた場合、または市場を取り巻く外部環境に急激な変化があり、
    市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、機動的に有価証券等を売買できないことがあります。このよう
    な場合には、当該有価証券等の価格の下落により、ファンドの基準価額が影響を受け損失を被ることがあります。
    ⑥その他の留意点
    ・当ファンドの追加設定(ファンドへの資金流入)及び一部解約(ファンドからの資金流出)による資金の流出入
     に伴い、基準価額が影響を受ける場合があります。大量の追加設定があった場合、マザーファンドにおいても原
     則として迅速に有価証券の組入れを行いますが、買付予定銘柄によっては流動性等の観点から買付終了までに時
     間がかかることがあります。同様に大量の解約があった場合にも解約資金を手当てするため保有証券を大量に売
     却しなければならないことがあります。その際には、市況動向や取引量等の状況によって、基準価額が大きく変
     動する可能性があります。また、マザーファンドを投資対象とする他のベビーファンドの追加設定・一部解約等
     により、当該マザーファンドにおいて売買が生じた場合等には、ファンドの基準価額が影響を受けることがあり
     ます。
    ・委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止その他合理的な事情(投資対象国にお
     ける非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結を含む規制の導入、自然災害、クーデターや
     重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖もしくは流動性の極端な減少等が発生した場合、システムの
     誤作動等により決済または基準価額の計算が不能となった場合、計算された基準価額の正確性に合理的な疑いが
                                20/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     生じた場合等を含みます。)があると委託会社が判断した場合は、取得申込み・解約請求の受付を中止すること
     及び既に受付けた取得申込み・解約請求の受付を取消すことができます。
    ・当ファンドの資産規模によっては、投資方針に沿った運用が効率的にできない場合があります。その場合には、
     適切な資産規模の場合と比較して収益性が劣る可能性があります。
    ・各ファンドは、受益権の口数が10億口を下回ることとなった場合等に必要な手続き等を経て繰上償還されること
     があります。
    ・資金動向、市況動向その他の要因により、投資方針に沿った運用ができない場合があります。
    ・当ファンドは、以下の日は取得申込み及び解約請求の受付を行いません。
     フランクフルト証券取引所の休業日、フランクフルトの銀行休業日、ニューヨーク証券取引所の休業日、ニュー
     ヨークの銀行休業日、ニューヨークにおける債券市場の取引停止日のいずれかに該当する日
    ・法令・税制・会計制度等は今後変更される可能性もあります。
    ・投資対象国の政府当局による、海外からの投資規制や課徴的な税制、海外からの送回金規制等の様々な規制の導
     入や政策変更等により、投資対象国の証券への投資が悪影響を被る可能性があります。
    ・当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はあり
     ません。
    ・分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金
     額相当分、基準価額は下がります。分配金は、計算期間中に発生した収益を超えて支払われる場合があり、その
     場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。分配金の水準は、必ずしも計算期
     間におけるファンドの収益率を示すものではありません。また、投資者のファンドの取得価額によっては、分配
     金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド取得後の運用状況に
     より、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
                                21/97












                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)投資リスクに対する管理体制
    委託会社のリスク管理体制は以下の通りです。
    委託会社では2つの検証機能を有しています。1つは運用評価会議で、ここではパフォーマンス分析及び定量的リ







    スク分析が行われます。もう1つはインベストメント・コントロール・コミッティーで、ここでは運用部、業務
    部、コンプライアンス統括部から市場リスク、流動性リスク、信用リスク、委託先リスク、運用ガイドライン・法
    令等遵守状況等様々なリスク管理状況が報告され、検証が行われます。このコミッティーで議論された内容は、取
    締役会から一部権限を委譲されたエグゼクティブ・コミッティーに報告され、委託会社として必要な対策を指示す
    る体制がとられています。運用部ではこうしたリスク管理の結果も考慮し、次の投資戦略を決定し、日々の運用委
    託先管理業務を行っております。
    (注)投資リスクに対する管理体制は、今後変更となる場合があります。

                                22/97










                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
                                23/97




















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】








    (1)  【申込手数料】
    申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に3.3%(税抜3.0%)を上限として販売会社が定める手数料
    率を乗じて得た額とします。申込手数料の詳細については、販売会社にお問合せ下さい。
    収益分配金を再投資する場合の申込手数料は無手数料とします。
    (注)申込手数料は、販売会社による商品及び関連する投資環境の説明や情報提供等並びに購入受付事務等の対価です。
    (2)  【換金(解約)手数料】

    換金(解約)に係る手数料はありません。
    (3)  【信託報酬等】

    ①各ファンドの信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、各ファンドの信託財産の純資産総額に年率1.584%
     (税抜1.44%)を乗じて得た額とし、その配分及び役務の内容は以下の通りです。
                配分(年率、税抜)                        役務の内容
        委託会社            0.70%         委託した資金の運用等の対価

                            購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座

        販売会社            0.70%
                            内での当ファンドの管理等の対価
        受託会社            0.04%         運用財産の管理、委託会社からの指図の実行等の対価

      (注)委託会社及び受託会社の報酬は、ファンドから支払われます。信託報酬の販売会社への配分は、販売会社が行うファ
         ンドの募集の取扱い等に関する業務に対する代行手数料であり、ファンドから委託会社に支払われた後、委託会社よ
         り販売会社に対して支払われます。
    ②上記①の信託報酬並びに当該信託報酬に係る消費税及び地方消費税に相当する金額(以下「消費税等相当額」と
     いいます。)は毎日計上され、基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終了日
     が休業日のときは、その翌営業日を6ヵ月の終了日とします。以下同じ。)及び毎計算期末または信託終了のと
     き、信託財産中から支弁するものとします。
    ③Cコースの為替ヘッジに係る運用指図及びマザーファンドの運用指図を行うDWSインベストメントGmbHに対す
     る投資顧問報酬は、委託会社が受ける信託報酬の中から支払われます。
    ④委託会社が受ける信託報酬の一部を、公益財団法人日本盲導犬協会及び社会福祉法人日本介助犬協会に寄付しま
     す。寄付金額については運用報告書等において開示します。なお、寄付先・寄付条件等については、委託会社の
     判断により予告なく変更する場合があります。
                                24/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (4)  【その他の手数料等】

    ①当ファンドにおいて、信託事務の処理等に要する諸費用(ファンドの監査に係る監査法人への報酬、法律・税務
     顧問への報酬、目論見書・運用報告書等の作成・印刷等に係る費用等を含みます。以下同じ。)、組入資産の売
     買委託手数料、資産を外国で保管する場合の費用、租税等がかかります。これらは原則として信託財産が負担し
     ます。
     ただし、これらの費用のうち信託事務の処理等に要する諸費用の信託財産での負担は、その純資産総額に対して
     年率0.10%を上限とします。
    ②信託事務の処理等に要する諸費用は毎日計上され、基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の最初の6ヵ月
     終了日及び毎計算期末または信託終了のときに消費税等相当額とともに信託財産中から支払われます。
    ③上記①の手数料等は、運用状況等により変動するものであり、信託事務の処理等に要する諸費用を除き事前に料
     率、上限額等を表示することができません。
                                25/97
















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (5)  【課税上の取扱い】

    日本の居住者(法人を含みます。)である受益者に対する課税については、以下の取扱いとなります。
    ①個別元本方式について
    追加型株式投資信託については、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料及び申込手数料に係る消費税等
    相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
    受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、原則として、個別元本は、当該受益者が追加信託を行うつ
    ど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
    ただし、同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎に、個別元本の算出が行われます。
    また、同一販売会社であっても複数口座で同一ファンドを取得する場合は当該口座毎に、「一般コース」と「自動
    けいぞく投資コース」の両コースで取得する場合はコース別に、個別元本の算出が行われる場合があります。
    受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本払戻金(特
    別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。(「元本払戻金(特別分配金)」につい
    ては下記「②収益分配金について」をご参照下さい。)
    ②収益分配金について
    追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分
    配金)」(受益者の元本の一部払戻しに相当する部分)の区別があります。
    受益者が収益分配金を受け取る際、(ⅰ)当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合ま
    たは当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、(ⅱ)当該収益分
    配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別
    分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
    ③課税の取扱いについて
    以下の内容は2021年5月末現在の税法に基づくものであり、税法が改正された場合等には内容が変更されることが
    あります。
    a.個人の受益者に対する課税

    ◆ 収益分配金の取扱い
       収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、原則として20.315%(所得税15.315%及び地方税
       5%)の税率による源泉徴収が行われ、申告不要制度が適用されます。なお、確定申告を行い、総合課税また
       は申告分離課税を選択することもできます。
    ◆ 一部解約金、償還金の取扱い

       一部解約時及び償還時の差益については譲渡所得となり、原則として20.315%(所得税15.315%及び地方税
       5%)の税率による申告分離課税が適用されます。なお、特定口座において「源泉徴収あり」を選択した場合
       には、20.315%(所得税15.315%及び地方税5%)の税率による源泉徴収が行われます。
    収益分配金のうち、所得税法上課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)は課税され

    ません。また、配当控除の適用はありません。
    公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度の適用対象です。

    少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」、「ジュニアNISA」をご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入し
    た公募株式投資信託等から生じる配当所得及び譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売
    会社で非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方となります。詳しくは、販売会社にお問合せ下さい。
                                26/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    b.法人の受益者に対する課税
    ◆ 収益分配金、一部解約金、償還金の取扱い
       収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金並びに一部解約時及び償還時の個別元本超過額については、
       15.315%(所得税のみ)の税率で源泉徴収され、法人の受取額となります。なお、地方税の源泉徴収はありま
       せん。
    収益分配金のうち、所得税法上課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金は)課税され

    ません。また、益金不算入制度は適用されません。
    (注1)上記のほか、販売会社によっては、受益権を買い取る場合があります。買取請求時の課税の取扱いについて、詳しく

        は、販売会社にお問合せ下さい。
    (注2)外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。
    (注3)課税上の取扱いの詳細については、税務専門家または税務署にご確認下さい。
                                27/97
















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
    (1)  【投資状況】
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
                                                (2021   年  5月31日現在)
               資産の種類                地域別(国名)         時価合計(円)         投資比率(%)
             親投資信託受益証券                    日本        8,401,012,357             101.25
        コール・ローン・その他の資産(負債控除後)                           ―        △103,432,196             △1.25
                  合計(純資産総額)                        8,297,580,161             100.00
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

                                                (2021   年  5月31日現在)
               資産の種類                地域別(国名)         時価合計(円)         投資比率(%)
             親投資信託受益証券                    日本        1,406,768,629             100.34
        コール・ローン・その他の資産(負債控除後)                           ―         △4,752,840            △0.34
                  合計(純資産総額)                        1,402,015,789             100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいいます。

    (参考)DWS グローバル公益債券マザーファンド

                                                (2021   年  5月31日現在)
               資産の種類                地域別(国名)          時価合計(円)         投資比率(%)
               特殊債券                 イタリア           263,572,425             0.27
                                フランス          1,327,241,441              1.33
                                オランダ          2,019,758,866              2.03
                               スウェーデン            419,579,828             0.42
                                デンマーク          2,484,432,629              2.50
                                スロバキア           538,873,968             0.54
                               ケイマン諸島           1,003,065,073              1.01
                                 インド          384,849,644             0.39
                              英ヴァージン諸島             574,116,144             0.58
                              アラブ首長国連邦            1,917,334,300              1.93
                                 小計        10,932,824,318              10.99
                社債券                アメリカ         52,000,765,026              52.29
                                 カナダ         2,590,157,091              2.60
                                 チリ          204,840,698             0.21
                                 ドイツ         2,512,548,771              2.53
                                イタリア          4,512,970,305              4.54
                                フランス          2,051,735,476              2.06
                                オランダ          9,158,120,783              9.21
                                スペイン          1,674,967,915              1.68
                               ルクセンブルグ           1,012,975,836              1.02
                               フィンランド            458,671,494             0.46
                               アイルランド           1,653,531,670              1.66
                                イギリス           887,773,450             0.89
                               スウェーデン            273,090,259             0.27
                                 チェコ          987,020,659             0.99
                                28/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               オーストラリア           1,625,575,704              1.63
                                 インド          923,345,323             0.93
                                イスラエル           321,222,848             0.32
                              英ヴァージン諸島             642,074,048             0.65
                                 小計        83,491,387,356              83.96
       コール・ローン・その他の資産(負債控除後)                           ―        5,014,232,907              5.05
                   合計(純資産総額)                       99,438,444,581             100.00
    (注)投資比率は、マザーファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいいます。
    (2)  【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
    < 評価額(全銘柄)>
                                                (2021   年  5月31日現在)
                                                       投資

                                   簿価          評価
                            数量又は          簿価金額          評価金額
      順  国/
                                   単価          単価
            種類        銘柄名                                    比率
      位  地域
                            額面総額           (円)          (円)
                                   (円)          (円)
                                                       (%)
      1 日本   親投資信託     DWS グローバル公           3,869,829,268       2.1234   8,217,195,468       2.1709   8,401,012,357       101.25
           受益証券     益債券マザーファンド
    < 種類別投資比率>

                                                (2021   年  5月31日現在)
                種類                国内/外国              投資比率(%)

            親投資信託受益証券                     国内                      101.25
                合計                                       101.25
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

    < 評価額(全銘柄)>
                                                (2021   年  5月31日現在)
                                                       投資

                                   簿価          評価
                             数量又は          簿価金額          評価金額
      順  国/
                                   単価          単価
            種類        銘柄名                                   比率
      位  地域
                             額面総額           (円)          (円)
                                   (円)          (円)
                                                       (%)
      1 日本   親投資信託      DWS グローバル公益            648,011,714      2.1254   1,377,289,854       2.1709   1,406,768,629       100.34
           受益証券     債券マザーファンド
    < 種類別投資比率>

                                                (2021   年  5月31日現在)
                種類                国内/外国              投資比率(%)

            親投資信託受益証券                     国内                      100.34
                合計                                       100.34
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄及び種類別の評価金額の比率をいいます。

                                29/97





                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考)DWS グローバル公益債券マザーファンド
    < 評価額(上位30銘柄)>
                                                (2021   年  5月31日現在)
                                                        投資
                   数量又は     簿価単価      簿価金額      評価単価      評価金額      利率
      順  国/   種
             銘柄名                                      償還期限     比率
      位  地域   類
                   額面総額      (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
                                                        (%)
      1 アメ   社  KMI  6.95%    17,800,000     15,054.90     2,679,772,399       15,283.20     2,720,409,942       6.95   2038/1/15     2.74
       リカ   債
            01/15/38
          券
      2 アメ   社  DUK  6.4%    16,000,000     15,951.96     2,552,315,136       15,893.90     2,543,025,050        6.4  2038/6/15     2.56
       リカ   債
            06/15/38
          券
      3 カナ   社  TRPCN      14,000,000     16,539.62     2,315,547,450       16,584.40     2,321,816,941       7.625   2039/1/15     2.33
       ダ   債
            7.625%
          券
            01/15/39
      4 アメ   社  BRKHEC      15,000,000     15,450.47     2,317,571,424       15,445.42     2,316,814,080       6.25  2037/10/15     2.33
       リカ   債
            6.25%
          券
            10/15/37
      5 アメ   社  D 7%     13,610,000     15,856.69     2,158,096,586       16,028.36     2,181,460,144         7 2038/6/15     2.19
       リカ   債
            06/15/38
          券
      6 アメ   社  ONCRTX      13,000,000     14,508.62     1,886,121,328       14,483.81     1,882,896,579       5.25   2040/9/30     1.89
       リカ   債
            5.25%
          券
            09/30/40
      7 アメ   社  ED  4.45%     14,000,000     12,994.26     1,819,197,363       12,863.65     1,800,911,347       4.45   2044/3/15     1.81
       リカ   債
            03/15/44
          券
      8 アメ   社  ETP  6.5%    13,000,000     13,291.16     1,727,851,798       13,830.85     1,798,011,488        6.5   2042/2/1    1.81
       リカ   債
            02/01/42
          券
      9 オラ   社  EOANGR      11,000,000     15,674.82     1,724,230,816       15,712.47     1,728,372,061       6.65   2038/4/30     1.74
       ンダ   債
            6.65%
          券
            04/30/38
      10  アメ   社  PPL  5.125%    10,640,000     13,933.48     1,482,522,612       13,958.94     1,485,232,016       5.125   2040/11/1     1.49
       リカ   債
            11/01/40
          券
      11  アラ   特  TAQAUH      11,495,000     12,291.14     1,412,867,039       12,361.72     1,420,979,714       4.375   2025/4/23     1.43
       ブ首   殊
            4.375%
       長国   債
            04/23/25
       連邦   券
      12  オラ   社  EOANGR       6,500,000     22,169.88     1,441,042,720       21,798.00     1,416,870,260       6.375    2032/6/7    1.42
       ンダ   債
            6.375%
          券
            06/07/32
      13  アメ   社  EPD  5.95%     9,000,000     14,611.58     1,315,042,243       14,660.86     1,319,477,645       5.95   2041/2/1    1.33
       リカ   債
            02/01/41
          券
      14  アメ   社  BRKHEC    3.5%   11,000,000     12,093.79     1,330,317,542       11,923.11     1,311,543,094        3.5   2025/2/1    1.32
       リカ   債
            02/01/25
          券
      15  アメ   社  DTE  3.65%    10,370,000     11,831.90     1,226,968,909       11,848.59     1,228,698,990       3.65   2024/3/15     1.24
       リカ   債
            03/15/24
          券
      16  アメ   社  PEG  3.8%     9,300,000     12,307.16     1,144,566,743       12,293.44     1,143,290,783        3.8   2043/1/1    1.15
       リカ   債
            01/01/43
          券
      17  オラ   特  TENN   FRN    7,900,000     14,110.63     1,114,740,554       14,004.98     1,106,393,840       2.995       ― 1.11
       ンダ   殊
            PERPETUAL
          債
          券
                                30/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      18  ドイ   社  EOANGR       7,470,000     14,641.72     1,093,736,593       14,641.85     1,093,746,583       1.625   2029/5/22     1.10
       ツ   債
            1.625%
          券
            05/22/29
      19  アメ   社  SRE  3.15%     9,000,000     11,803.59     1,062,323,136       11,814.67     1,063,320,854       3.15   2024/9/15     1.07
       リカ   債
            09/15/24
          券
      20  イタ   社  ENELIM       6,000,000     17,819.51     1,069,171,056       17,707.17     1,062,430,560       5.625   2027/6/21     1.07
       リア   債
            5.625%
          券
            06/21/27
      21  アメ   社  DUK  4.8%     8,000,000     13,027.30     1,042,184,371       13,069.67     1,045,573,760        4.8  2045/12/15     1.05
       リカ   債
            12/15/45
          券
      22  アメ   社  SO  4.3%     8,000,000     12,588.48     1,007,078,733       12,690.56     1,015,244,877        4.3  2042/3/15     1.02
       リカ   債
            03/15/42
          券
      23  デン   特  ORSTED       5,000,000     20,353.56     1,017,678,460       20,230.48     1,011,524,480       4.875   2032/1/12     1.02
       マー   殊
            4.875%
       ク   債
            01/12/32
          券
      24  アメ   社  EVRG   5.3%    7,000,000     14,052.90      983,703,146      14,095.92      986,714,960       5.3  2041/10/1     0.99
       リカ   債
            10/01/41
          券
      25  スペ   社  IBESM       5,200,000     18,415.26      957,593,520      18,290.00      951,080,104      7.375   2024/1/29     0.96
       イン   債
            7.375%
          券
            01/29/24
      26  アイ   社  ESBIRE       6,230,000     15,172.80      945,265,627      15,040.40      937,016,945      1.875   2031/6/14     0.94
       ルラ   債
            1.875%
       ンド   券
            06/14/31
      27  オラ   社  ENELIM       4,000,000     23,481.59      939,263,840      23,217.07      928,683,040      5.75   2040/9/14     0.93
       ンダ   債
            5.75%
          券
            09/14/40
      28  アメ   社  WMB  4%     7,500,000     12,131.66      909,874,728      12,214.86      916,114,584        4 2025/9/15     0.92
       リカ   債
            09/15/25
          券
      29  アメ   社  EXC  3.7%     7,500,000     12,175.78      913,183,992      12,160.74      912,056,208       3.7  2047/9/15     0.92
       リカ   債
            09/15/47
          券
      30  ドイ   社  ENBW   FRN    6,290,000     13,752.61      865,039,668      13,668.22      859,731,541      3.375    2077/4/5    0.86
       ツ   債
            04/05/77
          券
    (注)投資比率は、マザーファンドの純資産総額に対する当該銘柄の評価金額の比率をいいます。
    < 種類別投資比率>

                                                (2021   年  5月31日現在)
           種類              国内/外国                  投資比率(%)
          特殊債券                外国                             10.99
           社債券                外国                             83.96
           合計                                            94.96
    (注)投資比率は、マザーファンドの純資産総額に対する当該種類別の評価金額の比率をいいます。
    ②【投資不動産物件】

    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
    該当事項はありません。
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

    該当事項はありません。
    (参考)DWS グローバル公益債券マザーファンド

                                31/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
    該当事項はありません。
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

    該当事項はありません。
    (参考)DWS グローバル公益債券マザーファンド

    該当事項はありません。
    (3)  【運用実績】

    ①【純資産の推移】
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
                             純資産総額(百万円)               1 口当たり純資産額(円)
           計算期間末または各月末
                            (分配落)        (分配付)        (分配落)        (分配付)
       第1計算期間末          (2014   年  4月21日)
                                892        892       1.0357        1.0357
       第2計算期間末          (2015   年  4月20日)
                               5,154        5,154        1.0936        1.0936
       第3計算期間末          (2016   年  4月20日)
                               5,438        5,438        1.0599        1.0599
       第4計算期間末          (2017   年  4月20日)
                               8,149        8,149        1.0859        1.0859
       第5計算期間末          (2018   年  4月20日)
                               8,040        8,040        1.0788        1.0788
       第6計算期間末          (2019   年  4月22日)
                               6,162        6,162        1.0859        1.0859
       第7計算期間末          (2020   年  4月20日)
                               6,455        6,455        1.1184        1.1184
       第8計算期間末          (2021   年  4月20日)
                               8,163        8,163        1.1718        1.1718
                 2020  年  5月末日
                               6,541         ―      1.1384          ―
                     6月末日
                               6,634         ―      1.1540          ―
                     7月末日
                               6,934         ―      1.1891          ―
                     8月末日
                               7,176         ―      1.1699          ―
                     9月末日
                               7,239         ―      1.1713          ―
                    10月末日              7,368         ―      1.1722          ―
                    11月末日              7,403         ―      1.1958          ―
                    12月末日              7,337         ―      1.2008          ―
                 2021  年  1月末日
                               8,343         ―      1.1945          ―
                     2月末日
                               8,076         ―      1.1677          ―
                     3月末日
                               8,090         ―      1.1609          ―
                     4月末日
                               8,193         ―      1.1690          ―
                     5月末日
                               8,297         ―      1.1740          ―
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

                             純資産総額(百万円)               1 口当たり純資産額(円)
           計算期間末または各月末
                            (分配落)        (分配付)        (分配落)        (分配付)
       第1計算期間末          (2014   年  4月21日)
                                696        696       1.0981        1.0981
       第2計算期間末          (2015   年  4月20日)
                               1,354        1,354        1.2534        1.2534
       第3計算期間末          (2016   年  4月20日)
                               1,174        1,174        1.1342        1.1342
       第4計算期間末          (2017   年  4月20日)
                               1,691        1,691        1.1468        1.1468
       第5計算期間末          (2018   年  4月20日)
                               1,817        1,817        1.1861        1.1861
       第6計算期間末          (2019   年  4月22日)
                               1,381        1,381        1.2286        1.2286
       第7計算期間末          (2020   年  4月20日)
                               1,190        1,190        1.2278        1.2278
       第8計算期間末          (2021   年  4月20日)
                               1,271        1,271        1.3362        1.3362
                 2020  年  5月末日
                               1,208         ―      1.2504          ―
                                32/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     6月末日
                               1,197         ―      1.2734          ―
                     7月末日
                               1,193         ―      1.2971          ―
                     8月末日
                               1,159         ―      1.2889          ―
                     9月末日
                               1,122         ―      1.2874          ―
                    10月末日              1,102         ―      1.2730          ―
                    11月末日              1,120         ―      1.3006          ―
                    12月末日              1,206         ―      1.3104          ―
                 2021  年  1月末日
                               1,227         ―      1.3133          ―
                     2月末日
                               1,241         ―      1.3100          ―
                     3月末日
                               1,317         ―      1.3440          ―
                     4月末日
                               1,269         ―      1.3439          ―
                     5月末日
                               1,402         ―      1.3635          ―
    (注)純資産総額は、百万円未満を切捨てしております。

    ②【分配の推移】

    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
                                           1 口当たりの分配金(円)
        第1計算期間            2013  年  7月23日~2014年        4月21日                       0.0000
        第2計算期間            2014  年  4月22日~2015年        4月20日                       0.0000
        第3計算期間            2015  年  4月21日~2016年        4月20日                       0.0000
        第4計算期間            2016  年  4月21日~2017年        4月20日                       0.0000
        第5計算期間            2017  年  4月21日~2018年        4月20日                       0.0000
        第6計算期間            2018  年  4月21日~2019年        4月22日                       0.0000
        第7計算期間            2019  年  4月23日~2020年        4月20日                       0.0000
        第8計算期間            2020  年  4月21日~2021年        4月20日                       0.0000
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

                                           1 口当たりの分配金(円)
        第1計算期間            2013  年  7月23日~2014年        4月21日                       0.0000
        第2計算期間            2014  年  4月22日~2015年        4月20日                       0.0000
        第3計算期間            2015  年  4月21日~2016年        4月20日                       0.0000
        第4計算期間            2016  年  4月21日~2017年        4月20日                       0.0000
        第5計算期間            2017  年  4月21日~2018年        4月20日                       0.0000
        第6計算期間            2018  年  4月21日~2019年        4月22日                       0.0000
        第7計算期間            2019  年  4月23日~2020年        4月20日                       0.0000
        第8計算期間            2020  年  4月21日~2021年        4月20日                       0.0000
    ③【収益率の推移】

    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
                                                 収益率(%)
         第1計算期間               2013  年  7月23日~2014年        4月21日                     3.6
         第2計算期間               2014  年  4月22日~2015年        4月20日                     5.6
         第3計算期間               2015  年  4月21日~2016年        4月20日                    △3.1
         第4計算期間               2016  年  4月21日~2017年        4月20日                     2.5
         第5計算期間               2017  年  4月21日~2018年        4月20日                    △0.7
                                33/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         第6計算期間               2018  年  4月21日~2019年        4月22日                     0.7
         第7計算期間               2019  年  4月23日~2020年        4月20日                     3.0
         第8計算期間               2020  年  4月21日~2021年        4月20日                     4.8
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

                                                 収益率(%)
         第1計算期間               2013  年  7月23日~2014年        4月21日                     9.8
         第2計算期間               2014  年  4月22日~2015年        4月20日                    14.1
         第3計算期間               2015  年  4月21日~2016年        4月20日                    △9.5
         第4計算期間               2016  年  4月21日~2017年        4月20日                     1.1
         第5計算期間               2017  年  4月21日~2018年        4月20日                     3.4
         第6計算期間               2018  年  4月21日~2019年        4月22日                     3.6
         第7計算期間               2019  年  4月23日~2020年        4月20日                    △0.1
         第8計算期間               2020  年  4月21日~2021年        4月20日                     8.8
    (注)収益率は、小数第2位を四捨五入しております。

    (4)  【設定及び解約の実績】

    下記期間中の設定及び解約の実績は次の通りです。
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
                                      設定口数(口)           解約口数(口)
       第1計算期間           2013  年  7月23日~2014年        4月21日            871,480,317            9,491,095
       第2計算期間           2014  年  4月22日~2015年        4月20日           4,096,046,456            244,684,845
       第3計算期間           2015  年  4月21日~2016年        4月20日           1,992,290,505           1,574,203,150
       第4計算期間           2016  年  4月21日~2017年        4月20日           5,548,328,441           3,175,028,142
       第5計算期間           2017  年  4月21日~2018年        4月20日           1,844,921,626           1,896,980,219
       第6計算期間           2018  年  4月21日~2019年        4月22日            628,636,257          2,406,427,915
       第7計算期間           2019  年  4月23日~2020年        4月20日           2,011,745,555           1,914,218,296
       第8計算期間           2020  年  4月21日~2021年        4月20日           3,114,260,285           1,920,346,617
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

                                      設定口数(口)           解約口数(口)
       第1計算期間           2013  年  7月23日~2014年        4月21日            638,438,304            3,870,307
       第2計算期間           2014  年  4月22日~2015年        4月20日            817,312,521           371,314,867
       第3計算期間           2015  年  4月21日~2016年        4月20日            489,411,650           534,113,400
       第4計算期間           2016  年  4月21日~2017年        4月20日            854,272,579           415,073,783
       第5計算期間           2017  年  4月21日~2018年        4月20日            360,952,323           303,911,682
       第6計算期間           2018  年  4月21日~2019年        4月22日            169,638,215           577,197,985
       第7計算期間           2019  年  4月23日~2020年        4月20日            249,102,744           403,714,931
       第8計算期間           2020  年  4月21日~2021年        4月20日            266,635,979           285,146,692
    (注)設定数量には、当初設定数量を含みます。

                                34/97



                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)

                                35/97




















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】
    ①取得申込みの受付は、原則として販売会社の営業日(ただし、フランクフルト証券取引所の休業日、フランクフ
     ルトの銀行休業日、ニューヨーク証券取引所の休業日、ニューヨークの銀行休業日、ニューヨークにおける債券
     市場の取引停止日のいずれかに該当する日を除きます。)の午後3時までに取得申込みが行われ、かつ、当該取
     得申込みの受付に係る販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分として取扱います。なお、当該
     受付時間を過ぎた場合は、翌営業日の受付分として取扱います。
     当ファンドは収益分配金の受取方法により、収益の分配時に収益分配金を受け取る「一般コース」と、収益分配
     金が原則として税引き後無手数料で再投資される「自動けいぞく投資コース」の2つのコースがあります。当
     ファンドの取得申込者は、取得申込みをする際に、「一般コース」か「自動けいぞく投資コース」か、どちらか
     のコースを申し出るものとします。ただし、申込取扱場所によっては、どちらか一方のみの取扱いとなる場合が
     あります。
     「自動けいぞく投資コース」を選択する場合、取得申込者は、当該販売会社との間で「自動けいぞく投資約款」
               ※
     にしたがって契約          を締結します。なお、収益分配金を再投資せず受取りを希望される場合は、販売会社によっ
     ては再投資の停止を申し出ることができます。詳しくは、販売会社にお問合せ下さい。
      ※  販売会社によっては、当該契約または規定について、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を用い
       ることがあり、この場合、該当する別の名称に読み替えるものとします。
    ②当ファンドの取得申込者は、販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ当該取得申込者が受益権の振替
     を行うための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または
     記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引き換えに、当該口座に当該取得申込
     者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信託により分割された受益権に
     ついて、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知
     を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、
     その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会社は、追加信託により生じた受益権につい
     ては追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行
     います。
    ③申込単位は、販売会社が定める単位とします。ただし、収益分配金を再投資する場合は1口単位とします。申込
     単位の詳細については、販売会社にお問合せ下さい。
    ④申込価額は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。ただし、収益分配金を再投資する場合は、各計算
     期間終了日(決算日)の基準価額とします。基準価額については、販売会社または委託会社の後記照会先にお問
     合せ下さい。
    ⑤申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に3.3%(税抜3.0%)を上限として販売会社が定める手数
     料率を乗じて得た額とします。申込手数料の詳細については、販売会社にお問合せ下さい。
     収益分配金を再投資する場合の申込手数料は無手数料とします。
    ⑥申込代金については、原則として販売会社が定める日までに申込みの販売会社に支払うものとします。詳細につ
     いては、販売会社にお問合せ下さい。
    ⑦取得申込みの受付の中止、既に受付けた取得申込みの受付の取消し等
    a.信託財産の効率的な運用に資するため必要があると委託会社が判断する場合、委託会社は、受益権の取得申込
       みの受付を制限または停止することができます。
    b.委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止その他合理的な事情(投資対象国に
       おける非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結を含む規制の導入、自然災害、クーデ
       ターや重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖もしくは流動性の極端な減少等が発生した場合、シ
       ステムの誤作動等により決済または基準価額の計算が不能となった場合、計算された基準価額の正確性に合理
       的な疑いが生じた場合等を含みます。)があると委託会社が判断した場合は、受益権の取得申込みの受付を中
       止すること及び既に受付けた取得申込みの受付を取消すことができます。
                                36/97



                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    委託会社の照会先は以下の通りです。
       ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社

        ・ホームページアドレス https://funds.dws.com/jp/
        ・電話番号 03-5156-5108(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
    2【換金(解約)手続等】

    ①受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に一部解約の実行を請求することができます。
     一部解約の実行の請求の受付は、原則として販売会社の営業日(ただし、フランクフルト証券取引所の休業日、
     フランクフルトの銀行休業日、ニューヨーク証券取引所の休業日、ニューヨークの銀行休業日、ニューヨークに
     おける債券市場の取引停止日のいずれかに該当する日を除きます。)の午後3時までに一部解約の実行の請求が
     行われ、かつ、当該請求の受付に係る販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分として取扱いま
     す。なお、当該受付時間を過ぎた場合は、翌営業日の受付分として取扱います。
    ②当ファンドの一部解約の実行の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者
     の請求に係るこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同
     口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記
     載または記録が行われます。
    ③解約単位は、販売会社が定める単位とします。解約単位の詳細については、販売会社にお問合せ下さい。
    ④解約価額は、一部解約の実行の請求を受付けた日の翌営業日の基準価額とします。基準価額については、販売会
     社または委託会社の後記照会先にお問合せ下さい。
    ⑤お手取額は、解約価額から解約に係る所定の税金を差し引いた額となります。詳しくは前記「第1                                                    ファンドの
     状況 4     手数料等及び税金          (5)  課税上の取扱い」をご参照下さい。
    ⑥解約代金は、原則として一部解約の実行の請求を受付けた日から起算して6営業日目から販売会社の本・支店、
     営業所等にて支払われます。
    ⑦委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止その他合理的な事情(投資対象国にお
     ける非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結を含む規制の導入、自然災害、クーデターや
     重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖もしくは流動性の極端な減少等が発生した場合、システムの
     誤作動等により決済または基準価額の計算が不能となった場合、計算された基準価額の正確性に合理的な疑いが
     生じた場合等を含みます。)があると委託会社が判断した場合は、一部解約の実行の請求の受付を中止すること
     及び既に受付けた一部解約の実行の請求の受付を取消すことができます。
     その場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益
     者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除し
     た後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとして上記④に準じて計算された価額と
     します。
    ⑧信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の解約請求には制限を設ける場合があります。
    (注)上記のほか、販売会社によっては受益権を買い取る場合があります。詳しくは、販売会社にお問合せ下さい。

    委託会社の照会先は以下の通りです。

       ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社

        ・ホームページアドレス https://funds.dws.com/jp/
        ・電話番号 03-5156-5108(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
                                37/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
    (1)  【資産の評価】
    <基準価額の計算方法等について>
     基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券及び借入有価証券を除きます。)を法令及び一
     般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額
     (以下「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。
     受益権1口当たりの純資産総額が基準価額です。なお、便宜上、1万口当たりに換算した価額で表示されること
     があります。基準価額は、原則として委託会社の営業日に日々算出されます。
     基準価額については、販売会社または委託会社の下記照会先にお問合せ下さい。
       ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社

        ・ホームページアドレス https://funds.dws.com/jp/
        ・電話番号 03-5156-5108(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
     また、原則として日本経済新聞(朝刊)の「オープン基準価格」欄に、前日付の基準価額が掲載されます。

             ファンド                    略称
             Cコース                   公益債C

             Dコース                   公益債D

    <運用資産の評価基準及び評価方法>
       マザーファンド             基準価額で評価します。
                    原則として、金融商品取引所における計算日の最終相場(外国で取引され
       株式             ているものについては、原則として、計算日に知りうる直近の日の最終相
                    場)で評価します。
       公社債等             法令及び一般社団法人投資信託協会規則にしたがって、時価評価します。
                    原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値により評
       外貨建資産
                    価します。
                    原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値により評
       外国為替予約取引
                    価します。
    (2)  【保管】

    当ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まりますので、保管
    に関する該当事項はありません。
    (3)  【信託期間】

    信託契約締結日(2013年7月23日)から無期限とします。
    (4)  【計算期間】

    ①当ファンドの計算期間は、毎年4月21日から翌年4月20日までとすることを原則とします。
    ②上記①にかかわらず、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算
     期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
    (5)  【その他】

    ①信託の終了
    (イ)委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより、各ファンドの受益権の口数が10億
       口を下回ることとなったとき、この信託契約を解約することが受益者のために有利であると認めるとき、また
       はやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了させるこ
       とができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
                                38/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (ロ)委託会社は、上記(イ)の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行います。この
       場合において、あらかじめ、書面決議の日並びに信託契約の解約の理由等の事項を定め、当該決議の日の2週
       間前までに、この信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の
       通 知を発します。
    (ハ)上記(ロ)の書面決議において、受益者(委託会社及びこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属するときの
       当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本(ハ)において同じ。)は受益権の口数に応じ
       て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、
       当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
    (ニ)上記(ロ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行
       います。
    (ホ)上記(ロ)から(ニ)までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案につ
       き、この信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用し
       ません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、上記(ロ)から
       (ニ)までに規定するこの信託契約の解約の手続きを行うことが困難なときには適用しません。
    ②信託約款の変更等
    (イ)委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合
       意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投信法第16条第2号に規定する
       「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更
       または併合しようとする旨及びその内容を監督官庁に届け出ます。なお、この信託約款は本②に定める以外の
       方法によって変更することができないものとします。
    (ロ)委託会社は、上記(イ)の事項(上記(イ)の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合に限
       り、上記(イ)の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除
       きます。以下「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行います。この場合において、あ
       らかじめ、書面決議の日並びに重大な約款の変更等の内容及びその理由等の事項を定め、当該決議の日の2週
       間前までに、この信託約款に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の
       通知を発します。
    (ハ)上記(ロ)の書面決議において、受益者(委託会社及びこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属するときの
       当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本(ハ)において同じ。)は受益権の口数に応じ
       て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、
       当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
    (ニ)上記(ロ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行
       います。
    (ホ)書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
    (ヘ)上記(ロ)から(ホ)までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当該提案
       につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適
       用しません。
    (ト)上記(イ)から(ヘ)までの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合にあって
       も、当該併合に係る一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の
       投資信託との併合を行うことはできません。
    ③信託契約に関する監督官庁の命令
    (イ)委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契約を解約
       し信託を終了させます。
    (ロ)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、上記②の規定にしたがいま
       す。
    ④委託会社の登録取消し等に伴う取扱い
    (イ)委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託会社
       は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。
                                39/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (ロ)上記(イ)の規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引
       き継ぐことを命じたときは、この信託は、上記②の書面決議で否決された場合を除き、当該投資信託委託会社
       と受託会社との間において存続します。
    ⑤運用報告書
    委託会社は、法令に基づき、当該信託財産の計算期間の末日毎及び信託終了時に、期中の運用経過及び組入有価証
    券の内容等を記載した交付運用報告書を作成し、これを販売会社を通じて当該信託財産に係る知れている受益者に
    対して交付します。なお、委託会社は、運用報告書(全体版)については電磁的方法により受益者に提供します。
    ただし、受益者から運用報告書(全体版)の請求があった場合には、これを交付します。
    ⑥関係法人との契約の更改等
    <投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約>
     当初の契約の有効期間は原則として1年間とします。ただし、期間満了3ヵ月前までに、委託会社及び販売会社
     いずれからも、何らの意思表示のないときは、自動的に1年間更新されるものとし、自動延長後の取扱いについ
     てもこれと同様とします。
    <投資顧問契約>
     契約の期間については、特段の定めはありません。ただし、90日以上前の書面による相手方への通知により、ど
     ちらの当事者も投資顧問契約を終了することができます。終了の通知に際し、投資顧問会社は委託会社により別
     段指示されない限り、終了日まで運用の指図を続けるものとします。
    ⑦委託会社の事業の譲渡及び承継に伴う取扱い
    (イ)委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を譲渡す
       ることがあります。
    (ロ)委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託契約に関する
       事業を承継させることがあります。
    ⑧受託会社の辞任及び解任に伴う取扱い
    (イ)受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に違反して信
       託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社または受益者は、裁判所に受託会
       社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委
       託会社は、上記②の規定にしたがい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除
       き、受託会社を解任することはできないものとします。
    (ロ)委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
    ⑨公告
    委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
    ⑩信託約款に関する疑義の取扱い
    信託約款の解釈について疑義が生じたときは、委託会社と受託会社との協議により定めます。
    ⑪再信託
    受託会社は、当ファンドに係る信託事務の処理の一部について株式会社日本カストディ銀行と再信託契約を締結
    し、これを委託することがあります。その場合には、再信託に係る契約書類に基づいて所定の事務を行います。
                                40/97






                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【受益者の権利等】

    受益者の有する主な権利は次の通りです。
    (1)収益分配金に対する請求権
      受益者は、委託会社が支払いを決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
      収益分配金は、原則として毎計算期間終了日から起算して5営業日までに、毎計算期間の末日において振替機
      関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金に係る計算期間の末日以前において一
      部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該収益分配金に係る計算期間の末日以前に設定さ
      れた受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則と
      して取得申込者とします。)に支払いを開始します。「自動けいぞく投資コース」をお申込みの場合は、収益
      分配金は原則として税引き後無手数料で再投資され、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載また
      は記録されます。
      受益者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託会
      社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
    (2)償還金に対する請求権
      受益者は、当ファンドの償還金を持分に応じて請求する権利を有します。
      償還金は、原則として信託終了日(信託終了日が休業日の場合は翌営業日)から起算して5営業日までに                                                      、信
      託終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている                                     受益者   (信託終了日以前において一部
      解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該信託終了日以前に設定された受益権で取得申込代
      金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
      す。)   に支払いを開始します。
      受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
      い、受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
    (3)受益権の一部解約請求権
      受益者は、自己に帰属する受益権について、販売会社を通じて、販売会社が定める単位をもって一部解約を委
      託会社に請求する権利を有します。一部解約金は、原則として一部解約の実行の請求を受付けた日から起算し
      て6営業日目から受益者に支払われます。
    (4)帳簿閲覧権
      受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧または謄写を請
      求することができます。
                                41/97









                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    1 .当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

      号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)
      に基づいて作成しております。
      なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2 .当ファンドは、         金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第8期計算期間(2020年4月21日から2021年4

      月20日まで)       の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による監査を受けております。
                                42/97

















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】

     【DWS     グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)】
     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:円)
                                  第7期計算期間              第8期計算期間
                                (2020年4月20日現在)              (2021年4月20日現在)
      資産の部
       流動資産
                                         88,118             8,045,724
         コール・ローン
                                     6,465,750,169              8,220,131,465
         親投資信託受益証券
                                       93,939,812              28,039,745
         派生商品評価勘定
                                     6,559,778,099              8,256,216,934
         流動資産合計
                                     6,559,778,099              8,256,216,934
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       28,293,459              16,059,391
         派生商品評価勘定
                                       24,750,379              15,035,717
         未払解約金
                                        1,400,297              1,703,677
         未払受託者報酬
                                       49,010,632              59,628,661
         未払委託者報酬
                                           -              22
         未払利息
                                         697,834              708,931
         その他未払費用
                                      104,152,601               93,136,399
         流動負債合計
                                      104,152,601               93,136,399
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                     5,772,415,495              6,966,329,163
         元本
         剰余金
                                      683,210,003             1,196,751,372
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      443,781,322              477,658,623
          (分配準備積立金)
                                     6,455,625,498              8,163,080,535
         元本等合計
                                     6,455,625,498              8,163,080,535
       純資産合計
                                     6,559,778,099              8,256,216,934
      負債純資産合計
                                43/97









                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                  第7期計算期間              第8期計算期間
                                 (自 2019年4月23日              (自 2020年4月21日
                                 至 2020年4月20日)               至 2021年4月20日)
      営業収益
                                      104,986,392              735,947,400
       有価証券売買等損益
                                      172,713,092             △ 326,280,458
       為替差損益
                                      277,699,484              409,666,942
       営業収益合計
      営業費用
                                          2,424              2,544
       支払利息
                                        2,778,360              3,209,088
       受託者報酬
                                       97,242,666              112,317,965
       委託者報酬
                                        2,405,483              1,708,602
       その他費用
                                      102,428,933              117,238,199
       営業費用合計
                                      175,270,551              292,428,743
      営業利益
                                      175,270,551              292,428,743
      経常利益
                                      175,270,551              292,428,743
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額                                 71,375,203              101,451,367
                                      487,708,643              683,210,003
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                      267,744,633              572,246,354
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                      267,744,633              572,246,354
       少額
                                      176,138,621              249,682,361
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                      176,138,621              249,682,361
       加額
                                           -              -
      分配金
                                      683,210,003             1,196,751,372
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                44/97










                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方                親投資信託受益証券
     法                 移動平均法に基づき、親投資信託受益証券の基準価額で評価しておりま
                     す。
     2.デリバティブの評価基準及び評                 為替予約の評価は、個別法に基づき、原則として、わが国における計算期
     価方法                間末日の対顧客先物相場の仲値によって計算しております。ただし、為替予
                     約のうち対顧客先物相場が発表されていない通貨については、対顧客相場の
                     仲値によって計算しております。
    ( 重要な会計上の見積りに関する注記                  )

                            第8期計算期間
                          (2021年4月20日現在)
     当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが当計算期間の翌計算期間の財務諸表に重要な影響
     を及ぼすリスクは識別していないため、注記を省略しております。
    (貸借対照表に関する注記)

                          第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目
                         (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
     1.受益権の総数                         5,772,415,495口                   6,966,329,163口
                                  1.1184円                   1.1718円
     2.1口当たり純資産額
     (1万口当たり純資産額)
                                 (11,184円)                   (11,718円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                           第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目              (自 2019年4月23日                  (自 2020年4月21日
                          至 2020年4月20日)                   至 2021年4月20日)
     1.信託財産の運用の指図に係る                 純資産総額に対して年率0.2%以内                  同左
     権限の全部又は一部を委託する                の額
     ために要する費用として委託者
     報酬の中から支弁している額
     2.分配金の計算方法                 計算期間末における費用控除後の                  計算期間末における費用控除後の
                     配当等収益(130,542,781円)、収益調                  配当等収益(152,506,491円)、収益調
                     整金(597,163,657円)、分配準備積立                  整金(936,147,735円)、分配準備積立
                     金(313,238,541円)より、分配対象収                  金(325,152,132円)より、分配対象収
                     益は、1,040,944,979円(1万口当たり                  益は、1,413,806,358円(1万口当たり
                     1,803円)でありますが、今期は分配                  2,029円)でありますが、今期は分配
                     を行っておりません。                  を行っておりません。
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ  金融商品の状況に関する事項
                           第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目              (自 2019年4月23日                  (自 2020年4月21日
                          至 2020年4月20日)                   至 2021年4月20日)
     1.金融商品に対する取組方針                 当ファンドは証券投資信託とし                  同左
                     て、有価証券、デリバティブ取引等
                     の金融商品への投資を信託約款に定
                     める「運用の基本方針」に基づき
                     行っております。
     2.金融商品の内容及び当該金融                 当ファンド及び主要投資対象であ                  同左
     商品に係るリスク                る親投資信託が保有する金融商品の
                     種類は、有価証券、デリバティブ取
                     引、金銭債権及び金銭債務であり、
                     その詳細は貸借対照表、注記表及び
                     附属明細表に記載しております。当
                     該金融商品には、性質に応じてそれ
                     ぞれ市場リスク(価格変動リスク、為
                     替変動リスク、金利変動リスク等)、
                     流動性リスク、信用リスク等があり
                     ます。
                      当ファンドが行うデリバティブ取
                     引については、外貨建金銭債権債務
                     等の為替変動リスクを回避し、安定
                     的な利益の確保を図る目的で利用し
                     ております。
                                45/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスク管理体                 委託会社では2つの検証機能を有                  同左
     制                しています。1つは運用評価会議
                     で、ここではパフォーマンス分析及
                     び定量的リスク分析が行われます。
                     もう1つはインベストメント・コン
                     トロール・コミッティーで、ここで
                     は運用部、業務部、コンプライアン
                     ス統括部から市場リスク、流動性リ
                     スク、信用リスク、委託先リスク、
                     運用ガイドライン・法令等遵守状況
                     等様々なリスク管理状況が報告さ
                     れ、検証が行われます。このコミッ
                     ティーで議論された内容は、取締役
                     会から一部権限を委譲されたエグゼ
                     クティブ・コミッティーに報告さ
                     れ、委託会社として必要な対策を指
                     示する体制がとられています。運用
                     部ではこうしたリスク管理の結果も
                     考慮し、次の投資戦略を決定し、
                     日々の運用委託先管理業務を行って
                     おります。
    Ⅱ  金融商品の時価等に関する事項

                           第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目
                         (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
     1.貸借対照表計上額、時価及び                 貸借対照表計上額は期末の時価で                  同左
     その差額                計上しているため、その差額はあり
                     ません。
     2.時価の算定方法                (1)  有価証券及びデリバティブ取引以                 (1)  有価証券及びデリバティブ取引以
                     外の金融商品                  外の金融商品
                      有価証券及びデリバティブ取引以                  同左
                     外の金融商品は、短期間で決済さ
                     れ、時価は帳簿価額と近似している
                     ことから、当該金融商品の帳簿価額
                     を時価としております。
                     (2)  売買目的有価証券                 (2)  売買目的有価証券
                      ( 重要な会計方針に係る事項に関す                  同左
                     る注記)に記載しております。
                     (3)  デリバティブ取引                 (3)  デリバティブ取引
                      ( デリバティブ取引に関する注記)                  同左
                     に記載しております。
     3.金融商品の時価等に関する事                 金融商品の時価には、市場価格に                  同左
     項についての補足説明                基づく価額のほか、市場価格がない
                     場合には合理的に算定された価額が
                     含まれております。当該価額の算定
                     においては一定の前提条件等を採用
                     しているため、異なる前提条件等に
                     よった場合、当該価額が異なること
                     もあります。また、デリバティブ取
                     引に関する契約額等はあくまでもデ
                     リバティブ取引における名目的な契
                     約額であり、当該金額自体がデリバ
                     ティブ取引のリスクの大きさを示す
                     ものではありません。
    (有価証券に関する注記)

     売買目的有価証券
      計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
                           第7期計算期間                  第8期計算期間
            種類
                          (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
        親投資信託受益証券                         85,885,307                  619,393,912
            合計                      85,885,307                  619,393,912
    (デリバティブ取引に関する注記)

     取引の時価等に関する事項
    (通貨関連)
                                46/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               第7期計算期間(2020年4月20日現在)
      区分        種類
                      契約額等(円)
                                          時価(円)        評価損益(円)
                               うち1年超(円)
         為替予約取引
     市場取     売建
     引以外      アメリカドル           4,606,341,821           -        4,521,655,583           84,686,238
     の取引      ユーロ           1,329,914,074           -        1,322,492,637           7,421,437
           イギリスポンド            524,299,247          -         550,760,569         △26,461,322
              合計         6,460,555,142           -        6,394,908,789           65,646,353
                               第8期計算期間(2021年4月20日現在)

      区分        種類
                      契約額等(円)
                                          時価(円)        評価損益(円)
                               うち1年超(円)
         為替予約取引
          買建
           アメリカドル            285,981,737          -         283,644,707         △2,337,030
     市場取
           ユーロ            42,026,925          -         42,147,686           120,761
     引以外
     の取引     売建
           アメリカドル           5,807,015,066           -        5,779,096,082           27,918,984
           ユーロ           1,976,874,742           -        1,986,710,182          △9,835,440
           イギリスポンド            728,705,652          -         732,592,573         △3,886,921
              合計         8,840,604,122           -        8,824,191,230           11,980,354
    (注1)時価の算定方法
       1.対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しております。
        ①為替予約の受渡日(以下「当該日」という。)の対顧客先物相場の仲値が発表されている場合は、当該為替予約は当該
         仲値で評価しております。
        ②当該日の対顧客先物相場が発表されていない場合は、以下の方法によっております。
        ・当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている対顧客先物相場のうち当該日に最も近
         い前後2つの対顧客先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
        ・当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表されている対顧客先物相場の
         仲値を用いております。
       2.対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、対顧客相場の仲値で評価しております。
    (注2)デリバティブ取引にヘッジ会計は適用されておりません。

    (関連当事者との取引に関する注記)

     該当事項はありません。
    (その他の注記)

                           第7期計算期間                   第8期計算期間
                         (2020年4月20日現在)                   (2021年4月20日現在)
           項目
                            金額(円)                   金額(円)
     元本の推移
      期首元本額                          5,674,888,236                   5,772,415,495
      期中追加設定元本額                          2,011,745,555                   3,114,260,285
      期中一部解約元本額                          1,914,218,296                   1,920,346,617
    (4)【附属明細表】

     ①有価証券明細表
      (ア)株式
       該当事項はありません。
      (イ)株式以外の有価証券

         種類             銘柄             口数         評価額(円)          備考
               DWS    グローバル公益債券マ
     親投資信託受益証券                             3,871,211,955           8,220,131,465
               ザーファンド
         合計                         3,871,211,955           8,220,131,465
     ②信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
     ③デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       (3)  注記表(デリバティブ取引に関する注記)                     取引の時価等に関する事項に記載しております。
                                47/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【DWS     グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)】

     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:円)
                                  第7期計算期間              第8期計算期間
                                (2020年4月20日現在)              (2021年4月20日現在)
      資産の部
       流動資産
                                         51,450              11,186
         コール・ローン
                                     1,203,264,872              1,281,019,409
         親投資信託受益証券
                                     1,203,316,322              1,281,030,595
         流動資産合計
                                     1,203,316,322              1,281,030,595
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        2,025,870                  -
         未払解約金
                                         282,257              263,922
         未払受託者報酬
                                        9,878,896              9,237,145
         未払委託者報酬
                                         237,525              196,658
         その他未払費用
                                       12,424,548               9,697,725
         流動負債合計
                                       12,424,548               9,697,725
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      969,931,381              951,420,668
         元本
         剰余金
                                      220,960,393              319,912,202
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                      104,283,399              111,497,130
          (分配準備積立金)
                                     1,190,891,774              1,271,332,870
         元本等合計
                                     1,190,891,774              1,271,332,870
       純資産合計
                                     1,203,316,322              1,281,030,595
      負債純資産合計
                                48/97










                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                  第7期計算期間              第8期計算期間
                                 (自 2019年4月23日              (自 2020年4月21日
                                 至 2020年4月20日)               至 2021年4月20日)
      営業収益
                                       26,175,699              123,107,878
       有価証券売買等損益
                                       26,175,699              123,107,878
       営業収益合計
      営業費用
                                           113              149
       支払利息
                                         583,482              524,230
       受託者報酬
                                       20,421,748              18,348,168
       委託者報酬
                                         640,829              469,637
       その他費用
                                       21,646,172              19,342,184
       営業費用合計
                                        4,529,527             103,765,694
      営業利益
                                        4,529,527             103,765,694
      経常利益
                                        4,529,527             103,765,694
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額                                 5,431,614              19,511,264
                                      257,115,734              220,960,393
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       57,215,474              81,530,091
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                       57,215,474              81,530,091
       少額
                                       92,468,728              66,832,712
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                       92,468,728              66,832,712
       加額
                                           -              -
      分配金
                                      220,960,393              319,912,202
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                49/97











                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     有価証券の評価基準及び評価方法                親投資信託受益証券
                      移動平均法に基づき、親投資信託受益証券の基準価額で評価しておりま
                     す。
    ( 重要な会計上の見積りに関する注記                  )

                            第8期計算期間
                          (2021年4月20日現在)
     当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが当計算期間の翌計算期間の財務諸表に重要な影響
     を及ぼすリスクは識別していないため、注記を省略しております。
    (貸借対照表に関する注記)

                           第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目
                         (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
     1.受益権の総数                           969,931,381      口             951,420,668口
                                  1.2278円                  1.3362円
     2.1口当たり純資産額
     (1万口当たり純資産額)
                                 (12,278円)                  (13,362円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                           第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目              (自 2019年4月23日                  (自 2020年4月21日
                          至 2020年4月20日)                   至 2021年4月20日)
     1.信託財産の運用の指図に係る                 純資産総額に対して年率0.2%以内                  同左
     権限の全部又は一部を委託する                の額
     ために要する費用として委託者
     報酬の中から支弁している額
     2.分配金の計算方法                 計算期間末における費用控除後の                  計算期間末における費用控除後の
                     配当等収益(22,339,709円)、収益調                  配当等収益(32,402,213円)、費用控
                     整金(163,268,095円)、分配準備積立                  除後・繰越欠損金補填後の有価証券
                     金(81,943,690円)より、分配対象収                  売買等損益(2,398,068円)、収益調整
                     益は、267,551,494円(1万口当たり                  金(208,415,072円)、分配準備積立金
                     2,758円)でありますが、今期は分配                  (76,696,849円)より、分配対象収益
                     を行っておりません。                  は、319,912,202円(1万口当たり
                                        3,362円)でありますが、今期は分配
                                        を行っておりません。
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ  金融商品の状況に関する事項
                           第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目              (自 2019年4月23日                  (自 2020年4月21日
                          至 2020年4月20日)                   至 2021年4月20日)
     1.金融商品に対する取組方針                 当ファンドは証券投資信託とし                  同左
                     て、有価証券、デリバティブ取引等
                     の金融商品への投資を信託約款に定
                     める「運用の基本方針」に基づき
                     行っております。
     2.金融商品の内容及び当該金融                 当ファンド及び主要投資対象であ                  同左
     商品に係るリスク                る親投資信託が保有する金融商品の
                     種類は、有価証券、デリバティブ取
                     引、金銭債権及び金銭債務であり、
                     その詳細は貸借対照表、注記表及び
                     附属明細表に記載しております。当
                     該金融商品には、性質に応じてそれ
                     ぞれ市場リスク(価格変動リスク、為
                     替変動リスク、金利変動リスク等)、
                     流動性リスク、信用リスク等があり
                     ます。
                                50/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスク管理体                 委託会社では2つの検証機能を有                  同左
     制                しています。1つは運用評価会議
                     で、ここではパフォーマンス分析及
                     び定量的リスク分析が行われます。
                     もう1つはインベストメント・コン
                     トロール・コミッティーで、ここで
                     は運用部、業務部、コンプライアン
                     ス統括部から市場リスク、流動性リ
                     スク、信用リスク、運用ガイドライ
                     ン・法令等遵守状況等様々なリスク
                     管理状況が報告され、検証が行われ
                     ます。このコミッティーで議論され
                     た内容は、取締役会から一部権限を
                     委譲されたエグゼクティブ・コミッ
                     ティーに報告され、委託会社として
                     必要な対策を指示する体制がとられ
                     ています。運用部ではこうしたリス
                     ク管理の結果も考慮し、次の投資戦
                     略を決定し、日々の運用業務を行っ
                     ております。
    Ⅱ  金融商品の時価等に関する事項

                           第7期計算期間                  第8期計算期間
           項目
                         (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
     1.貸借対照表計上額、時価及び                 貸借対照表計上額は期末の時価で                  同左
     その差額                計上しているため、その差額はあり
                     ません。
     2.時価の算定方法                (1)  有価証券及びデリバティブ取引以                 (1)  有価証券及びデリバティブ取引以
                     外の金融商品                  外の金融商品
                      有価証券及びデリバティブ取引以                  同左
                     外の金融商品は、短期間で決済さ
                     れ、時価は帳簿価額と近似している
                     ことから、当該金融商品の帳簿価額
                     を時価としております。
                     (2)  売買目的有価証券                 (2)  売買目的有価証券
                      ( 重要な会計方針に係る事項に関す                  同左
                     る注記)に記載しております。
     3.金融商品の時価等に関する事                 金融商品の時価には、市場価格に                  同左
     項についての補足説明                基づく価額のほか、市場価格がない
                     場合には合理的に算定された価額が
                     含まれております。当該価額の算定
                     においては一定の前提条件等を採用
                     しているため、異なる前提条件等に
                     よった場合、当該価額が異なること
                     もあります。
    (有価証券に関する注記)

     売買目的有価証券
      計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
                           第7期計算期間                  第8期計算期間
            種類
                          (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
        親投資信託受益証券                         20,068,497                  104,308,304
            合計                      20,068,497                  104,308,304
    (デリバティブ取引に関する注記)

     該当事項はありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)

     該当事項はありません。
    (その他の注記)

                           第7期計算期間                  第8期計算期間
                         (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
           項目
                            金額(円)                  金額(円)
     元本の推移
      期首元本額                          1,124,543,568                   969,931,381
      期中追加設定元本額                           249,102,744                  266,635,979
      期中一部解約元本額                           403,714,931                  285,146,692
                                51/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (4)【附属明細表】

     ①有価証券明細表
      (ア)株式
       該当事項はありません。
      (イ)株式以外の有価証券

         種類             銘柄             口数         評価額(円)          備考
               DWS    グローバル公益債券マ
     親投資信託受益証券                              603,286,903          1,281,019,409
               ザーファンド
         合計                          603,286,903          1,281,019,409
     ②信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
     ③デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       該当事項はありません。
                                52/97
















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
      当ファンドは「DWS            グローバル公益債券マザーファンド」受益証券を主要投資対象としており、貸借対照
     表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託の受益証券です。
      なお、当ファンドの計算期間末日における同親投資信託の状況は次の通りです。
     「DWS     グローバル公益債券マザーファンド」の状況

     以下に記載した状況は監査の対象外となっております。
    (1)貸借対照表

                            (2020年4月20日現在)                (2021年4月20日現在)
             区分
                               金額(円)                金額(円)
     資産の部
     流動資産
      預金                            3,559,848,191                4,027,199,674
      コール・ローン                              65,453,250                104,181,260
      特殊債券                           11,074,251,838                10,472,641,565
      社債券                           80,325,280,238                81,542,056,786
      派生商品評価勘定                              17,661,132                224,972,664
      未収利息                             959,214,488                878,727,245
      前払費用                              1,520,945                2,996,690
      差入委託証拠金                            1,068,855,983                1,308,202,766
     流動資産合計                             97,072,086,065                98,560,978,650
     資産合計                             97,072,086,065                98,560,978,650
     負債の部
     流動負債
      派生商品評価勘定                             494,211,965                     -
      未払金                                  -            247,532,000
      未払利息                                 179                285
     流動負債合計                              494,212,144                247,532,285
     負債合計                              494,212,144                247,532,285
     純資産の部
     元本等
      元本                           50,337,296,110                46,299,944,259
      剰余金
       剰余金又は欠損金(△)                          46,240,577,811                52,013,502,106
     元本等合計                             96,577,873,921                98,313,446,365
     純資産合計                             96,577,873,921                98,313,446,365
     負債純資産合計                             97,072,086,065                98,560,978,650
                                53/97









                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方                 特殊債券及び社債券につきましては個別法に基づき、以下の通り原則とし
     法                て時価で評価しております。
                     (1)金融商品取引所等に上場されている有価証券
                      金融商品取引所等に上場されている有価証券は、原則として、金融商品取引
                     所等における計算期間末日の最終相場(外貨建証券等の場合は計算期間末日に
                     おいて知りうる直近の最終相場)で評価しております。
                      計算期間の末日に当該金融商品取引所等の最終相場がない場合には、当該金
                     融商品取引所等における直近の日の最終相場で評価しておりますが、直近の日
                     の最終相場によることが適当でないと認められた場合は、当該金融商品取引所
                     等における計算期間末日又は直近の日の気配相場で評価しております。
                     (2)金融商品取引所等に上場されていない有価証券
                      当該有価証券については、日本証券業協会の公社債店頭売買参考統計値、金
                     融機関の提示する価額(ただし、売気配相場は使用しない)又は価格提供会社の
                     提供する価額のいずれかから入手した価額で評価しております。
                     (3)時価が入手できなかった有価証券
                      適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評価額が時価と認定でき
                     ない事由が認められた場合は、投資信託委託会社が忠実義務に基づいて合理的
                     事由をもって時価と認めた価額もしくは受託会社と協議のうえ両者が合理的事
                     由をもって時価と認めた価額で評価しております。
     2.デリバティブの評価基準及び評                (1)先物取引については、個別法に基づき、原則として、計算日に知りうる直
     価方法                近の日の、主たる取引所の発表する清算値段又は最終相場を用いております。
                     (2)為替予約の評価は、個別法に基づき、原則として、わが国における計算期
                     間末日の対顧客先物相場の仲値によって計算しております。ただし、為替予約
                     のうち対顧客先物相場が発表されていない通貨については、対顧客相場の仲値
                     によって計算しております。
     3.その他財務諸表作成のための基                外貨建取引等の処理基準
     本となる重要な事項                 「投資信託財産の計算に関する規則」第60条及び第61条に基づいておりま
                     す。
    ( 重要な会計上の見積りに関する注記)

                           (2021年4月20日現在)
      本書における開示対象ファンドの当計算期間の財務諸表の作成にあたって行った会計上の見積りが本書におけ
      る開示対象ファンドの当計算期間の翌計算期間の財務諸表に重要な影響を及ぼすリスクは識別していないた
      め、注記を省略しております。
    (貸借対照表に関する注記)

           項目              (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
     1.受益権の総数                         50,337,296,110口                  46,299,944,259口
                                  1.9186円                  2.1234円
     2.1口当たり純資産額
     (1万口当たり純資産額)
                                 (19,186円)                  (21,234円)
    (金融商品に関する注記)

    Ⅰ  金融商品の状況に関する事項
                         (自 2019年4月23日                  (自 2020年4月21日
           項目
                          至 2020年4月20日)                   至 2021年4月20日)
     1.金融商品に対する取組方針                 当親投資信託は証券投資信託とし                  同左
                     て、有価証券、デリバティブ取引等の
                     金融商品への投資を信託約款に定める
                     「運用の基本方針」に基づき行ってお
                     ります。
     2.金融商品の内容及び当該金融                 当親投資信託が保有する金融商品                  同左
     商品に係るリスク                の種類は、有価証券、デリバティブ取
                     引、金銭債権及び金銭債務であり、そ
                     の詳細は貸借対照表、注記表及び附属
                     明細表に記載しております。当該金融
                     商品には、性質に応じてそれぞれ市場
                     リスク(価格変動リスク、為替変動リ
                     スク、金利変動リスク等)、流動性リ
                     スク、信用リスク等があります。
                      当親投資信託が行うデリバティブ
                     取引については、外貨建金銭債権債務
                     等の為替変動リスク、有価証券の価格
                     変動リスク及び金利変動リスクを回避
                     し、安定的な利益の確保を図る目的で
                     利用しております。
                                54/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスク管理体                 委託会社では2つの検証機能を有                  同左
     制                しています。1つは運用評価会議で、
                     ここではパフォーマンス分析及び定量
                     的リスク分析が行われます。もう1つ
                     はインベストメント・コントロール・
                     コミッティーで、ここでは運用部、業
                     務部、コンプライアンス統括部から市
                     場リスク、流動性リスク、信用リス
                     ク、委託先リスク、運用ガイドライ
                     ン・法令等遵守状況等様々なリスク管
                     理状況が報告され、検証が行われま
                     す。このコミッティーで議論された内
                     容は、取締役会から一部権限を委譲さ
                     れたエグゼクティブ・コミッティーに
                     報告され、委託会社として必要な対策
                     を指示する体制がとられています。運
                     用部ではこうしたリスク管理の結果も
                     考慮し、次の投資戦略を決定し、日々
                     の運用委託先管理業務を行っておりま
                     す。
    Ⅱ  金融商品の時価等に関する事項

           項目              (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
     1.貸借対照表計上額、時価及び                 貸借対照表計上額は期末の時価で計                  同左
     その差額                上しているため、その差額はありませ
                     ん。
     2.時価の算定方法                (1)  有価証券及びデリバティブ取引以                 (1)  有価証券及びデリバティブ取引以
                     外の金融商品                  外の金融商品
                      有価証券及びデリバティブ取引以外                  同左
                     の金融商品は、短期間で決済され、時
                     価は帳簿価額と近似していることか
                     ら、当該金融商品の帳簿価額を時価と
                     しております。
                     (2)  売買目的有価証券                 (2)  売買目的有価証券
                      ( 重要な会計方針に係る事項に関す                  同左
                     る注記)に記載しております。
                     (3)  デリバティブ取引                 (3)  デリバティブ取引
                      ( デリバティブ取引に関する注記)                  同左
                     に記載しております。
     3.金融商品の時価等に関する事                 金融商品の時価には、市場価格に基                  同左
     項についての補足説明                づく価額のほか、市場価格がない場合
                     には合理的に算定された価額が含まれ
                     ております。当該価額の算定において
                     は一定の前提条件等を採用しているた
                     め、異なる前提条件等によった場合、
                     当該価額が異なることもあります。ま
                     た、デリバティブ取引に関する契約額
                     等はあくまでもデリバティブ取引にお
                     ける名目的な契約額であり、当該金額
                     自体がデリバティブ取引のリスクの大
                     きさを示すものではありません。
    (有価証券に関する注記)

     売買目的有価証券
      計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
           種類              (2020年4月20日現在)                  (2021年4月20日現在)
          特殊債券                       392,703,333                  368,156,000
           社債券                     3,668,907,171                  1,738,776,318
           合計                    4,061,610,504                  2,106,932,318
    (デリバティブ取引に関する注記)

     取引の時価等に関する事項
    ( 通貨関連)
                                  (2020年4月20日現在)
      区分        種類
                      契約額等(円)
                                          時価(円)        評価損益(円)
                               うち1年超(円)
                                55/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          為替予約取引
     市場取      買建
     引以外       アメリカドル            16,691,457           -         16,704,308           12,851
     の取引      売建
            アメリカドル           548,526,641           -        551,811,868         △3,285,227
              合計         565,218,098           -        568,516,176         △3,272,376
                                  (2021年4月20日現在)

      区分        種類
                      契約額等(円)
                                          時価(円)        評価損益(円)
                               うち1年超(円)
     市場取     為替予約取引
     引以外      売建
     の取引       アメリカドル           358,585,671           -        356,277,419          2,308,252
              合計         358,585,671           -        356,277,419          2,308,252
    (注1)時価の算定方法
       1.対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しております。
        ①為替予約の受渡日(以下「当該日」という。)の対顧客先物相場の仲値が発表されている場合は、当該為替予約は当該
         仲値で評価しております。
        ②当該日の対顧客先物相場が発表されていない場合は、以下の方法によっております。
         ・当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている対顧客先物相場のうち当該日に最も近
          い前後2つの対顧客先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
         ・当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表されている対顧客先物相場の
          仲値を用いております。
       2.対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、対顧客相場の仲値で評価しております。
    (注2)デリバティブ取引にヘッジ会計は適用されておりません。

    ( 債券関連)

                                  (2020年4月20日現在)
      区分       種類
                     契約額等(円)
                                          時価(円)         評価損益(円)
                               うち1年超(円)
      市場    債券先物取引
      取引     売建           8,435,797,841           -        8,909,076,298         △473,278,457
             合計         8,435,797,841           -        8,909,076,298         △473,278,457
                                  (2021年4月20日現在)

      区分       種類
                     契約額等(円)
                                          時価(円)         評価損益(円)
                              うち1年超(円)
      市場    債券先物取引
      取引     売建           12,868,880,970            -       12,646,216,558           222,664,412
             合計         12,868,880,970            -       12,646,216,558           222,664,412
    (注1)時価の算定方法
       1.先物取引の残高表示は、契約額によっております。
       2.先物取引の評価においては、原則として、計算日に知りうる直近の日の、主たる取引所の発表する清算値段又は最終相
        場で評価しております。
    (注2)デリバティブ取引にヘッジ会計は適用されておりません。

    ( 関連当事者との取引に関する注記)

     該当事項はありません。
    (その他の注記)

                                 (2020年4月20日現在)             (2021年4月20日現在)
                 項目
                                    金額(円)             金額(円)
     1.元本の推移
      期首元本額                               59,938,024,702             50,337,296,110
      期中追加設定元本額                               4,038,041,671             5,571,894,583
      期中一部解約元本額                               13,638,770,263             9,609,246,434
      期末元本額                               50,337,296,110             46,299,944,259
     2.元本の内訳
      DWS    グローバル公益債券ファンド
                                     32,315,141,526             29,690,457,410
      (毎月分配型)Aコース(為替ヘッジあり)
      DWS    グローバル公益債券ファンド
                                     6,953,211,553             6,334,998,589
      (毎月分配型)Bコース(為替ヘッジなし)
      DWS    グローバル公益債券ファンドDC                 Aコース
                                       21,268,491             4,772,064
      (為替ヘッジあり)
                                56/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      DWS    グローバル公益債券ファンドDC                 Bコース
                                       6,836,688             3,755,305
      (為替ヘッジなし)
      DWS    グローバル公益債券ファンド
                                     3,370,035,531             3,871,211,955
      (年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
      DWS    グローバル公益債券ファンド
                                      627,157,757             603,286,903
      (年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)
      ドイチェ・グローバル公益債券ファンド
      2014-07    A(為替ヘッジあり)
                                     4,119,273,391             3,495,191,925
      (適格機関投資家転売制限付)
      ドイチェ・グローバル公益債券ファンド
      2015-03    A(為替ヘッジあり)
                                      975,683,162             927,237,239
      (適格機関投資家転売制限付)
      ドイチェ・グローバル公益債券ファンド
      2015-06    A(為替ヘッジあり)
                                     1,016,633,642              483,341,379
      (適格機関投資家転売制限付)
      ドイチェ・グローバル公益債券ファンド
      2017-07    A(為替ヘッジあり)
                                      932,054,369             885,691,490
      (適格機関投資家転売制限付)
                                57/97
















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)附属明細表
     ①有価証券明細表
      (ア)株式
       該当事項はありません。
      (イ)株式以外の有価証券

       種類       通貨           銘柄            数量           評価額        備考
      特殊債券      アメリカドル         CHGRID    3.125%    05/22/23        5,000,000.00            5,235,950.00
                    EDF  6.95%   01/26/39           2,000,000.00            2,938,260.00
                    EDF  FRN  PERPETUAL            4,700,000.00            5,098,936.00
                    POWFIN    3.95%   04/23/30         3,430,000.00            3,456,445.30
                    SECO   2.413%    09/17/30          5,020,000.00            5,049,216.40
                    SECO   5.06%   04/08/43          3,400,000.00            4,053,922.00
                    TAQAUH    3.625%    01/12/23        4,300,000.00            4,524,374.00
                    TAQAUH    4.375%    04/23/25        11,495,000.00            12,872,330.90
              計                                 43,229,434.60
                                              (4,677,424,823)
           ユーロ         ACEIM   0.25%   07/28/30          2,360,000.00            2,307,136.00
                    ACEIM   1.75%   05/23/28          1,810,000.00            1,980,791.60
                    EDF  FRN  PERPETUAL            3,000,000.00            3,421,860.00
                    ORSTED    FRN  06/26/13           990,000.00           1,117,017.00
                    ORSTED    FRN  11/24/17          2,810,000.00            2,955,867.10
                    ORSTED    FRN  12/09/19          1,160,000.00            1,197,676.80
                    SPPEUS    1.625%    06/25/27        3,810,000.00            4,041,838.50
                    TENN   FRN  PERPETUAL           7,900,000.00            8,335,132.00
                    VATFAL    0.125%    02/12/29        3,200,000.00            3,152,960.00
                    VERAV   0.9%   04/01/41          2,600,000.00            2,580,630.00
              計                                 31,090,909.00
                                              (4,050,523,624)
           イギリスポンド         ORSTED    2.125%    05/17/27        2,080,000.00            2,186,288.00
                    ORSTED    4.875%    01/12/32        5,000,000.00            6,540,350.00
                    ORSTED    FRN  02/18/21          2,800,000.00            2,800,140.00
              計                                 11,526,778.00
                                              (1,744,693,118)
              小計                                 10,472,641,565
                                              (10,472,641,565)
      社債券      アメリカドル         ADTIN   4%  08/03/26           3,934,000.00            4,176,216.38
                    AEE  3.9%   09/15/42           6,330,000.00            7,155,811.80
                    AEP  2.75%   10/01/26           3,000,000.00            3,182,430.00
                    AEP  3.3%   06/01/27           4,000,000.00            4,339,280.00
                    BRKHEC    3.5%   02/01/25         11,000,000.00            12,120,240.00
                    BRKHEC    3.75%   11/15/23         5,500,000.00            5,920,035.00
                    BRKHEC    6.25%   10/15/37        15,000,000.00            21,114,900.00
                    CHINLP    3.125%    05/06/25        5,500,000.00            5,838,525.00
                    COLBUN    3.95%   10/11/27         1,700,000.00            1,864,152.00
                    D 2.875%    07/15/29           2,000,000.00            2,124,740.00
                    D 3.15%   01/15/26            6,300,000.00            6,829,200.00
                    D 7%  06/15/38             13,610,000.00            19,661,958.70
                    D FRN  10/01/54             4,730,000.00            5,234,407.20
                    DTE  3.65%   03/15/24          10,370,000.00            11,178,652.60
                    DTE  3.7%   03/15/45           5,000,000.00            5,489,000.00
                    DTE  6.375%    04/15/33          5,000,000.00            6,683,700.00
                    DUK  3.25%   08/15/25           6,665,000.00            7,245,854.75
                    DUK  3.75%   09/01/46           5,500,000.00            5,692,005.00
                    DUK  4.8%   12/15/45           8,000,000.00            9,495,120.00
                    DUK  6.4%   06/15/38           16,000,000.00            23,253,600.00
                    ED  3.35%   04/01/30           3,000,000.00            3,254,130.00
                    ED  4.45%   03/15/44           14,000,000.00            16,574,320.00
                    ED  6.75%   04/01/38           4,000,000.00            5,801,840.00
                    EDPPL   1.71%   01/24/28          7,500,000.00            7,296,150.00
                    ENELIM    6.8%   09/15/37          5,000,000.00            7,195,200.00
                    ENGIFP    2.875%    10/10/22        4,020,000.00            4,158,649.80
                    EOANGR    6.65%   04/30/38        11,000,000.00            15,709,100.00
                    EPD  4.45%   02/15/43           5,000,000.00            5,648,850.00
                    EPD  4.85%   03/15/44           6,200,000.00            7,285,372.00
                    EPD  5.95%   02/01/41           9,000,000.00            11,981,070.00
                    ETP  6.5%   02/01/42           13,000,000.00            15,742,090.00
                    ETR  2.4%   06/15/31           5,125,000.00            5,009,226.25
                                58/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                    EVRG   5.3%   10/01/41           7,000,000.00            8,962,310.00
                    EXC  2.4%   08/15/26           4,340,000.00            4,577,220.06
                    EXC  3.7%   08/15/28           3,000,000.00            3,438,840.00
                    EXC  3.7%   09/15/47           7,500,000.00            8,319,825.00
                    EXC  4.95%   06/15/35           2,000,000.00            2,408,480.00
                    EXC  7.6%   04/01/32           5,000,000.00            7,084,700.00
                    FE  5.4%   12/15/43            5,200,000.00            6,538,064.00
                    ISRELE    5%  11/12/24           2,610,000.00            2,938,468.50
                    KMI  3.6%   02/15/51           5,118,000.00            4,847,974.32
                    KMI  4.25%   09/01/24           3,000,000.00            3,311,160.00
                    KMI  4.3%   03/01/28           3,000,000.00            3,376,440.00
                    KMI  5.05%   02/15/46           1,000,000.00            1,148,410.00
                    KMI  6.95%   01/15/38          17,800,000.00            24,414,836.00
                    MPLX   4.125%    03/01/27          3,480,000.00            3,878,390.40
                    MPLX   4.7%   04/15/48           4,440,000.00            4,867,483.20
                    NEE  2.25%   06/01/30           5,000,000.00            4,953,300.00
                    NEE  4.125%    02/01/42          4,180,000.00            4,977,084.20
                    NEE  FRN  12/01/77            3,935,000.00            4,340,108.25
                    NGGLN   2.742%    08/15/26         6,010,000.00            6,357,918.90
                    NGGLN   4.278%    10/01/34         4,000,000.00            4,601,280.00
                    NRUC   2.4%   03/15/30           3,599,000.00            3,649,242.04
                    NRUC   3.4%   02/07/28           3,250,000.00            3,537,397.50
                    NRUC   FRN  04/30/43           5,539,000.00            5,883,415.02
                    OKE  3.4%   09/01/29           5,000,000.00            5,202,700.00
                    OKE  6.85%   10/15/37           4,000,000.00            5,205,200.00
                    ONCRTX    5.25%   09/30/40        13,000,000.00            17,184,050.00
                    PCG  2.5%   02/01/31           3,000,000.00            2,840,820.00
                    PEG  1.6%   08/15/30           5,000,000.00            4,673,950.00
                    PEG  3.8%   01/01/43           9,300,000.00            10,427,904.00
                    POWFIN    3.9%   09/16/29          4,100,000.00            4,119,844.00
                    PPL  5.125%    11/01/40          10,640,000.00            13,506,948.00
                    PPL  5%  03/15/44            2,370,000.00            2,917,138.20
                    SGSPAA    3.25%   07/29/26         2,053,000.00            2,180,860.84
                    SO  0.9%   01/15/26            7,000,000.00            6,855,450.00
                    SO  3.75%   03/01/45           4,190,000.00            4,634,642.80
                    SO  4.15%   12/01/25           2,350,000.00            2,625,537.50
                    SO  4.3%   03/15/42            8,000,000.00            9,175,280.00
                    SRE  1.7%   10/01/30           2,770,000.00            2,645,627.00
                    SRE  3.15%   09/15/24           9,000,000.00            9,678,600.00
                    TRPCN   7.625%    01/15/39        14,000,000.00            21,096,460.00
                    TRPCN   FRN  03/15/77           2,270,000.00            2,402,953.90
                    VLP  4.375%    12/15/26          3,505,000.00            3,943,335.33
                    WMB  3.75%   06/15/27           4,180,000.00            4,606,025.60
                    WMB  4%  09/15/25            7,500,000.00            8,289,675.00
                    WMB  6.3%   04/15/40           3,000,000.00            3,913,110.00
              計                                 550,794,286.04
                                              (59,595,941,749)
           ユーロ         ALLRNV    FRN  PERPETUAL          5,000,000.00            5,234,600.00
                    ANVAU   0.625%    08/25/30         1,530,000.00            1,549,507.50
                    ANVAU   FRN  03/11/81           1,600,000.00            1,633,200.00
                    APAAU   2%  07/15/30           3,300,000.00            3,612,675.00
                    CZGRID    0.875%    03/31/31        5,610,000.00            5,578,864.50
                    CZGRID    1%  07/16/27           1,930,000.00            1,994,462.00
                    EDF  1%  10/13/26            3,900,000.00            4,085,250.00
                    ELENIA    0.375%    02/06/27        3,420,000.00            3,432,483.00
                    ENAPHO    1.659%    04/26/24        2,600,000.00            2,688,270.00
                    ENAPHO    1.816%    03/02/31        2,030,000.00            2,048,676.00
                    ENAPHO    2.045%    10/09/28        2,530,000.00            2,655,235.00
                    ENBW   0.25%   10/19/30          1,810,000.00            1,778,687.00
                    ENBW   6.125%    07/07/39          2,305,000.00            4,283,151.00
                    ENBW   FRN  04/05/77           6,290,000.00            6,468,069.90
                    ENELIM    5.625%    06/21/27        6,000,000.00            7,994,400.00
                    ENELIM    FRN  PERPETUAL          2,930,000.00            3,077,818.50
                    ENELIM    FRN  PERPETUAL          2,080,000.00            2,192,320.00
                    ENELIM    FRN  PERPETUAL          4,640,000.00            4,612,856.00
                    ENEXIS    0.75%   07/02/31         2,330,000.00            2,412,715.00
                    ENGIFP    FRN  PERPETUAL           800,000.00            808,008.00
                    EOANGR    1.625%    05/22/29        7,470,000.00            8,178,081.30
                                59/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                    ESBIRE    1.875%    06/14/31        6,230,000.00            7,067,935.00
                    ESBIRE    2.125%    06/08/27        4,800,000.00            5,387,760.00
                    EUROGR    0.741%    04/21/33        1,900,000.00            1,900,285.00
                    HERIM   0.25%   12/03/30          3,070,000.00            2,974,830.00
                    IBESM   FRN  PERPETUAL           1,900,000.00            1,926,790.00
                    IGIM   0.875%    04/24/30          2,780,000.00            2,865,763.00
                    IREIM   1%  07/01/30           5,890,000.00            6,089,965.50
                    NATUEN    0.905%    01/22/31        3,000,000.00            2,972,100.00
                    REDEXS    1.875%    05/28/25        4,000,000.00            4,241,200.00
                    SEVFP   1.75%   09/10/25          2,200,000.00            2,364,560.00
                    TENN   1.5%   06/03/39           2,630,000.00            2,849,394.60
                    TRNIM   1%  10/11/28           4,010,000.00            4,236,164.00
                    TTLINF    0.875%    09/17/30        1,700,000.00            1,717,340.00
                    VATFAL    FRN  03/19/77          1,900,000.00            2,050,480.00
                    VGASDE    1.5%   09/25/28          2,100,000.00            2,298,555.00
              計                                 127,262,451.80
                                              (16,579,752,220)
           イギリスポンド         APAAU   3.125%    07/18/31         2,890,000.00            3,134,927.50
                    CNALN   7%  09/19/33           1,500,000.00            2,323,125.00
                    ENELIM    5.75%   09/14/40         4,000,000.00            6,036,400.00
                    EOANGR    6.375%    06/07/32        6,500,000.00            9,261,200.00
                    IBESM   7.375%    01/29/24         5,200,000.00            6,154,200.00
                    IGYGY   4.75%   01/31/34          4,000,000.00            5,117,800.00
                    NGGLN   1.125%    01/14/33         2,600,000.00            2,368,340.00
                    NGGLN   1.375%    02/07/31         1,110,000.00            1,058,307.30
              計                                 35,454,299.80
                                              (5,366,362,817)
              小計                                 81,542,056,786
                                              (81,542,056,786)
                                               92,014,698,351
           合計
                                              (92,014,698,351)
    (注)1.通貨種類毎の小計欄の()内は、邦貨換算額であります。
      2.小計・合計金額欄の()内は、外貨建有価証券に係わるもので、内書であります。
      3.外貨建有価証券の内訳
                                       組入債券          合計金額に
          通貨               銘柄数
                                       時価比率          対する比率
                  特殊債券               8 銘柄            4.8%
        アメリカドル                                               69.9%
                  社債券              77 銘柄           60.6%
                  特殊債券              10 銘柄            4.1%
         ユーロ                                             22.4%
                  社債券              36 銘柄           16.9%
                  特殊債券               3 銘柄            1.8%
       イギリスポンド                                                7.7%
                  社債券               8 銘柄            5.5%
     ②信用取引契約残高明細表

       該当事項はありません。
     ③デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       (2)注記表(デリバティブ取引に関する注記)                       取引の時価等に関する事項に記載しております。
                                60/97







                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
    【純資産額計算書】
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)
                                                (2021   年  5月31日現在)
      Ⅰ 資産総額                                        8,449,428,682       円 
      Ⅱ 負債総額                                         151,848,521      円 
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                        8,297,580,161       円 
      Ⅳ 発行済口数                                        7,067,794,614       口 
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                            1.1740    円 
        (1万口当たり純資産額)                                          (11,740     円)
    DWS グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)

                                                (2021   年  5月31日現在)
      Ⅰ 資産総額                                        1,407,289,460       円 
      Ⅱ 負債総額                                          5,273,671     円 
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                        1,402,015,789       円 
      Ⅳ 発行済口数                                        1,028,242,137       口 
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                            1.3635    円 
        (1万口当たり純資産額)                                          (13,635     円)
    (参考)DWS グローバル公益債券マザーファンド

                                                (2021   年  5月31日現在)
      Ⅰ 資産総額                                       100,778,582,652        円 
      Ⅱ 負債総額                                        1,340,138,071       円 
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                        99,438,444,581        円 
      Ⅳ 発行済口数                                        45,805,338,387        口 
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                            2.1709    円 
        (1万口当たり純資産額)                                           (21,709     円)
                                61/97









                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    1.名義書換について
       該当事項はありません。
    2.受益者に対する特典
       該当事項はありません。
    3.内国投資信託受益権の譲渡制限の内容
       譲渡制限は設けておりません。ただし、受益権の譲渡の手続き及び受益権の譲渡の対抗要件は以下によるもの
       とします。
       (1)  受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または
        記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       (2)  上記(1)の申請のある場合には、上記(1)の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数
        の減少及び譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するも
        のとします。ただし、上記(1)の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先
        口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたが
        い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
       (3)  上記(1)の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
        振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委託
        会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を
        設けることができます。
       (4)  受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社及び受託会社に対抗すること
        ができません。
    4.受益権の再分割
       委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再分割
       できるものとします。
    5.償還金
       償還金は、信託終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(信託終了日以前
       において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該信託終了日以前に設定された受益権
       で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申
       込者とします。)に支払います。
    6.質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払い、一部解約の
       実行の請求の受付、一部解約金及び償還金の支払い等については、信託約款の規定によるほか、民法その他の
       法令等にしたがって取扱われます。
                                62/97







                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】
    (1)資本金等
    ①資本金の額
     3,078百万円(2021年5月末現在)
    ②発行する株式の総数
     200,000株(2021年5月末現在)
    ③発行済株式総数
     61,560株(2021年5月末現在)
    ④最近5年間における資本金の額の増減
     該当事項はありません。
    (2)委託会社の機構

    委託会社は、取締役会及び監査役をおきます。
    取締役及び監査役は、株主総会の決議をもって選任され、その員数は取締役については3名以上、監査役について
    は1名以上とします。
    取締役会は、取締役全員で組織され、経営に関するすべての重要事項及び法令または定款によって定められた事項
    につき意思決定を行います。
    取締役の任期は、選任後1年以内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会終結の時までとし、補欠または
    増員のために選任された取締役の任期は、他の取締役の残存任期と同一とします。
    監査役は、委託会社の会計監査及び業務監査を行います。
    監査役の任期は、選任後4年以内に終了する最終の事業年度に関する定時株主総会終結の時までとし、補欠のため
    に選任された監査役の任期は、前任者の任期の残存期間とします。
    (投資信託の運用プロセス)

    ①四半期毎に行われる投資戦略会議において、ドイツ銀行グループの資産運用部門(グローバル)からの情報を参
     考にしつつ、各投資対象についての市場見通し並びに大まかな運用方針を決定します。
    ②運用担当者は、投資戦略会議の方針にしたがって各ファンドの運用計画を作成し、運用部長の承認を得ます。そ
     の際、必要に応じてグループ内の投資環境調査やモデルポートフォリオを参考にします。
    ③承認された運用計画にしたがって、運用担当者は売買を指示し、ポートフォリオの構築を行います。その際ファ
     ンドによっては、外部運用機関と投資助言契約もしくは運用委託契約を結んだ上で運用を行う場合があります。
    ④コンプライアンス統括部が、個々の売買についてガイドライン違反等がないか速やかにチェックを行います。
    ⑤運用評価会議では、各ファンドの運用成績を分析するとともに、運用に際して取っているアクティブリスクの状
     況や他ファンドとの均一性についてレビューを行い、今後の運用へのフィードバックを行います。
    ⑥インベストメント・コントロール・コミッティーにおいて、ガイドラインの遵守状況や運用上の改善すべき点等
     について検討を行います。
    ⑦コンプライアンス統括部は、運用部から独立した立場で、取引の妥当性のチェック及び利益相反取引のチェック
     を行います。
                                63/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【事業の内容及び営業の概況】
    投信法に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行うとともに金融商品取引法に定める
    金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っています。また金融商品取引法に定める投資助言・代理業
    務、第一種金融商品取引業務及び第二種金融商品取引業務を行っています。
    2021年5月末現在、委託会社の運用するファンドは89本、純資産総額は680,440百万円です(ただし、親投資信託
    を除きます。)。
    ファンドの種類別の本数及び純資産総額は下記の通りです。
                  種類                    本数           純資産総額
      公募         追加型         株式投資信託                 69 本      253,370    百万円

               単位型         株式投資信託                  4 本       12,341   百万円

      私募
               追加型         株式投資信託                 16 本      414,729    百万円
                  合計                        89 本      680,440    百万円

                                64/97















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
     1.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(                                          昭和38   年大蔵省令第59号)第

       2条に基づき、同規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19                                       年8  月6日内閣府令第52号)によ
       り作成しております。
       財務諸表に記載している金額については、千円未満の端数を切り捨てにより記載しております。
     2.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(2020年4月1日から2021年3月

       31日まで)の財務諸表について、有限責任                      あずさ監査法人により監査を受けております。
                                65/97

















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                           前事業年度                      当事業年度
                         (2020年3月31日)                      (2021年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                4,179,859
          預金              ※1                     ※1        3,635,116
          前払費用                        6,084                     18,514
          未収入金                       31,104                        -
          未収委託者報酬                       419,358                      454,967
          未収運用受託報酬                        4,146                      2,271
          未収収益                      1,012,488                       709,619
          未収還付消費税等                        7,341                     14,645
          立替金                       43,273                      38,451
                                   176                      614
          為替予約
         流動資産計                       5,703,834                      4,874,202
       固定資産
         投資その他の資産
          投資有価証券                        9,479                      9,857
          敷金                       20,316                      18,320
          供託金                       10,000                      10,000
                                  1,000                      1,000
          預託金
          投資その他の資産合計                       40,795                      39,177
         固定資産合計                        40,795                      39,177
       資産合計                         5,744,629                      4,913,379
                                66/97











                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)
                             前事業年度                    当事業年度
                           (2020年3月31日)                    (2021年3月31日)
     負債の部
       流動負債
        預り金                          198,737                    197,876
        未払収益分配金                             3                    3
        未払償還金                           1,508                    1,508
        未払手数料                          208,121                    225,390
        その他未払金                          54,956                    24,502
        未払費用                  ※1       575,298             ※1        928,564
        未払法人税等                          28,723                    11,262
        賞与引当金                          118,431                    136,011
                                   6,269                    12,682
        為替予約
        流動負債合計                         1,192,050                    1,537,800
       固定負債
        退職給付引当金                          497,764                    439,883
        長期未払費用                          61,981                    43,850
        賞与引当金                          87,975                    77,057
                                     -                   444
        繰延税金負債
        固定負債合計                          647,721                    561,235
       負債合計                          1,839,771                    2,099,036
     純資産の部

       株主資本
        資本金                         3,078,000                    3,078,000
        資本剰余金
                                 1,830,000                    1,830,000
            資本準備金
            資本剰余金合計                     1,830,000                    1,830,000
        利益剰余金
            その他利益剰余金
                               △  1,002,124                   △  2,094,662
              繰越利益剰余金
                               △  1,002,124                   △  2,094,662
            利益剰余金合計
        株主資本合計                         3,905,875                    2,813,337
       評価・換算差額等
                                 △  1,017
                                                       1,006
        その他有価証券評価差額金
                                 △  1,017
        評価・換算差額等合計                                               1,006
       純資産合計                          3,904,857                    2,814,343
     負債純資産合計                            5,744,629                    4,913,379
                                67/97






                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【損益計算書】
                                                  (単位:千円)
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自   2019年4月1日                (自   2020年4月1日
                           至   2020年3月31日)                 至   2021年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                            4,029,921                  3,371,259
      運用受託報酬                             18,096                  13,399
                                  1,868,787                  1,513,878
      その他営業収益
      営業収益合計                            5,916,805                  4,898,536
     営業費用
      支払手数料                            2,038,720                  1,682,888
      広告宣伝費                             40,076                  30,982
      調査費                             77,908                  61,011
      委託調査費                             324,357                  294,392
      情報機器関連費                             181,196                  167,001
      委託計算費                             202,416                  197,629
      通信費                              6,298                  7,233
      印刷費                             39,319                  29,134
      協会費                             13,341                  10,585
      諸会費                               185                   53
                                   24,932                  26,717
      諸経費
      営業費用合計                            2,948,754                  2,507,628
     一般管理費
      役員報酬                             59,100                  57,975
      給料・手当                            1,162,628                  1,108,247
      賞与                             491,833                  405,716
      交際費                              9,820                   620
      寄付金                              2,000                  2,000
      旅費交通費                             35,705                   1,375
      租税公課                             34,398                  39,916
      不動産賃借料                             194,695                  245,732
      退職給付費用                             112,065                  107,556
      福利厚生費                             263,743                  291,556
      業務委託費                 ※1           539,084       ※1          1,110,776
      退職金                              6,485                  4,848
                                   81,627                  115,248
      諸経費
      一般管理費合計                            2,993,188                  3,491,571
                                  △  25,137               △  1,100,663
     営業損失(△)
     営業外収益
                                    6,563                  3,874
      雑収益
      営業外収益合計                              6,563                  3,874
     営業外費用

      為替差損                             10,548                  13,565
                                    3,382                   495
      その他
      営業外費用合計                             13,931                  14,061
                                  △  32,504               △  1,110,850
     経常損失(△)
     特別利益
                                      -               21,045
      割増退職金の取崩しによる戻入益
                                68/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      特別利益合計                                 -               21,045
     特別損失
                                   13,046                     -
      割増退職金
      特別損失合計                             13,046                     -
                                  △  45,551               △  1,089,804
     税引前当期純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税                               2,290                  2,734
                                   782,916                     -
     法人税等調整額
     法人税等合計                              785,206                   2,734
                                 △  830,757               △  1,092,538
     当期純損失(△)
                                69/97

















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自        2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                    株主資本
                              資本剰余金           利益剰余金
                    資本金                   その他利益剰余金            株主資本合計
                              資本準備金
                                        繰越利益剰余金
      当期首残高                3,078,000           1,830,000          △  171,366          4,736,633
      当期変動額
       剰余金の配当                                         -           -
       当期純損失(△)                                    △  830,757         △  830,757
       株主資本以外の項目
                                                          -
       の当期変動額      ( 純額  )
      当期変動額合計                    -           -      △  830,757         △  830,757
      当期末残高                3,078,000           1,830,000         △  1,002,124           3,905,875
                       評価・換算差額等

                                         純資産合計
                  その他有価証券          評価・換算差額等
                   評価差額金            合計
      当期首残高                    43            43        4,736,676
      当期変動額
       剰余金の配当                                         -
       当期純損失(△)                                    △  830,757
       株主資本以外の項目
                      △  1,061         △  1,061         △  1,061
       の当期変動額      ( 純額  )
      当期変動額合計                 △  1,061         △  1,061        △  831,818
      当期末残高                 △  1,017         △  1,017         3,904,857
                                70/97








                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度 (自         2020年4月1日 至          2021年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                    株主資本
                              資本剰余金           利益剰余金
                     資本金                   その他利益剰余金            株主資本合計
                              資本準備金
                                        繰越利益剰余金
      当期首残高                3,078,000           1,830,000         △  1,002,124           3,905,875
      当期変動額
       剰余金の配当                                         -           -
       当期純損失(△)                                   △  1,092,538         △  1,092,538
       株主資本以外の項目
                                                          -
       の当期変動額      ( 純額  )
      当期変動額合計                     -            -     △  1,092,538         △  1,092,538
      当期末残高                3,078,000           1,830,000         △  2,094,662           2,813,337
                       評価・換算差額等

                                         純資産合計
                  その他有価証券          評価・換算差額等
                   評価差額金            合計
      当期首残高                 △  1,017         △  1,017         3,904,857
      当期変動額
       剰余金の配当                                         -
       当期純損失(△)                                   △  1,092,538
       株主資本以外の項目
                        2,024           2,024           2,024
       の当期変動額      ( 純額  )
      当期変動額合計                  2,024           2,024       △  1,090,514
      当期末残高                  1,006           1,006         2,814,343
                                71/97








                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    注記事項

     (重要な会計方針)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
    (1)  その他有価証券
      時価のあるもの
      当事業年度末の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算
     定)を採用しております。
    2.デリバティブ取引の評価基準及び評価方法

      時価法を採用しております。
    3.引当金の計上基準

    (1)  貸倒引当金
      一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上して
     おります。但し、当社においては過去より貸倒実績がないため引当金の計上をしておりません。
    (2)  賞与引当金

      従業員等に対する賞与の支払及び親会社の運営する株式報酬制度に係る将来の支払に備えるため、当社所定の計算基準に
     より算出した支払見込額の当事業年度負担分を計上しております。
    (3)  退職給付引当金

      従業員等の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当事業年度末において発生し
     ていると認められる額を計上しております。
      退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、期間定額基準に
     よっております。
      数理計算上の差異は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(                                          5 年)による定額法により按分
     した額を翌期から費用処理することとしております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

      外貨建の金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
    5.その他財務諸表のための基本となる重要な事項

    (1)  消費税等の処理方法
      税抜方式を採用しております。
                                72/97








                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (未適用の会計基準等)
    1.収益認識に関する会計基準等
    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
    (1)  概要

      収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)  適用予定日

      2022  年3月期    の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

      影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    2.時価の算定に関する会計基準等

    ・「  時価の算定に関する会計基準」               (企業会計基準第        30 号  2019年7月4日)
    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」                      (企業会計基準適用指針第31号               2019年7月4日)
    ・「金融商品に関する会計基準」                (企業会計基準第10号           2019年7月4日)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」                       (企業会計基準適用指針第19号               2020年3月31日)
    (1)  概要

      国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、                            「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定に関する会
    計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、                                   時価の算定方法に関するガイダンス等が定められ
    ました。    時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
    ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事項が定めら
    れました。
    (2)  適用予定日

      2022  年3月期    の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

      重要な影響は生じないと見込んでおります。
                                73/97









                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (貸借対照表関係)

      ※1    各科目に含まれている関係会社に対するものは以下のとおりであります。
                           前事業年度                   当事業年度

                         (2020年3月31日)                   (2021年3月31日)
         預金                  941,757    千円              1,198,619      千円
         未払費用                   29,781    千円               120,801    千円
     (損益計算書関係)

      ※1 関係会社に対するものは以下のとおりであります。
                           前事業年度                   当事業年度

                         (自 2019年4月1日                   (自 2020年4月1日
                          至 2020年3月31日)                     至 2021年3月31日)
         業務委託費                  101,157    千円               172,944    千円
     (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度 (自         2019年4月1日 至         2020年3月31日)
    1 .発行済株式の種類及び総数に関する事項
          株式の種類           当事業年度期首            増加         減少       当事業年度末
         普通株式(株)                 61,560            -         -       61,560
    2 .配当に関する事項

    (1)  配当金支払額
     該当事項はありません。
    (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

     該当事項はありません。
     当事業年度 (自         2020年4月1日 至          2021年3月31日)

    1 .発行済株式の種類及び総数に関する事項
          株式の種類           当事業年度期首            増加         減少       当事業年度末
         普通株式(株)                 61,560            -         -       61,560
    2 .配当に関する事項

    (1)  配当金支払額
     該当事項はありません。
    (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

     該当事項はありません。
     (リース取引関係)

      重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                74/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
    (1)  金融商品に対する取組方針
      当社は顧客資産について投資助言・代理及び投資運用業務等を行っており、業務上必要と認められる場合以外は、自己勘
     定による資金運用は行っておりません。預金については全て決済性の当座預金であります。また、銀行借入や社債等による
     資金調達は行っておりません。
      デリバティブについても、外貨建営業債権及び債務の為替変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引は行ってお
     りません。
    (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

      当座預金並びに営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬、未収投資助言報酬及び未収収益は、取引先の信用リ
     スクに晒されています。預金に関するリスクは、当社の社内規程に従い、取引先の信用リスクのモニタリングを行ってお
     り、営業債権に関するリスクは、取引先毎の期日管理及び残高管理を実施し、主要な取引先の信用状況を定期的に把握する
     体制としております。
      投資有価証券は当社設定の投資信託に対するシードマネーであり、業務上の必要性から保有しているもので、投資額も必
     要最低額であるため、市場価格の変動リスク、市場の流動性リスクは限定的であります。
      外貨建営業債権及び債務は為替変動リスクに晒されており、通貨別に把握された為替の変動リスクに対して先物為替予約
     によりリスクの回避を実施しております。
      デリバティブ取引の執行・管理については、社内規程に基づいて取引、記帳及び取引先との残高照合等を行っておりま
     す。
      営業債務に関する流動性リスクについては、経理部において資金繰りをモニタリングしております。
      上記、信用、市場、為替リスクに関する事項は、社内規程に基づいて定期的に社内委員会に報告され、審議、検討を行っ

     ております。また、流動性リスクに関する事項につきましても逐次、社内担当役員に報告されております。
    2.  金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、以下のとおりであります。
     前事業年度(2020年3月31日)
                                               ( 単位  : 千円  )
                         貸借対照表計上額             時価         差額
      (1)  預金                      4,179,859         4,179,859              -
      (2)  未収委託者報酬                       419,358         419,358             -
      (3)  未収運用受託報酬                        4,146         4,146            -
      (4)  未収収益                      1,012,488         1,012,488              -
      (5)  投資有価証券
       その他の有価証券                        9,479         9,479            -
             資産計                5,625,331         5,625,331
                                                    -
      (1)  預り金                       198,737         198,737
                                                    -
      (2)  未払手数料                       208,121         208,121
                                                    -
      (3)  その他未払金                       54,956         54,956
                                                    -
      (4)  未払費用                       575,298         575,298
                                                    -
             負債計                1,037,114         1,037,114
                                                    -
      デリバティブ取引         (* 1 )
       ヘッジ会計が適用されていないもの                       (6,093)         (6,093)             -
          デリバティブ取引計                    (6,093)         (6,093)
                                                    -
      (* 1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
        は、(     )で示しております。
                                75/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ( 注)1.    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
    資 産

    (1)  預金、(2)     未収  委託者報酬、(3)        未収運用受託報酬及び(4)            未収収益
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    (5)  投資有価証券

      投資有価証券はその他有価証券に区分されており、時価については、基準価額によっております。
      また、有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照下さい。   
    負 債

    (1)  預り金、(2)      未払手数料、      (3)  その他未払金及び        (4)  未払費用
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    デリバティブ取引

      「デリバティブ取引関係」注記を参照下さい。
      ( 注)2.    金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                            ( 単位:千円)
                     1年以内          1年超5年以内             5年超
      預金                 4,179,859               -           -
      未収委託者報酬                  419,358              -           -
      未収運用受託報酬                   4,146             -           -
      未収収益                 1,012,488               -           -
      投資有価証券
       その他の有価証券                  1,834            307            -
          合計             5,617,687              307            -
    (注)償還期間が見込めないものについては表中に記載を行わず、除外しております。
     当事業年度(2021年3月31日)

                                               ( 単位:千円)
                         貸借対照表計上額             時価         差額
      (1)  預金
                             3,635,116         3,635,116              -
      (2)  未収委託者報酬
                              454,967         454,967             -
      (3)  未収運用受託報酬
                               2,271         2,271            -
      (4)  未収収益
                              709,619         709,619             -
      (5)  投資有価証券
       その他の有価証券
                               9,857         9,857            -
             資産計
                             4,811,832         4,811,832
                                                    -
      (1)  預り金
                              197,876         197,876
                                                    -
      (2)  未払手数料
                              225,390         225,390
                                                    -
      (3)  その他未払金
                               24,502         24,502
                                                    -
      (4)  未払費用
                              928,564         928,564
                                                    -
             負債計
                             1,376,332         1,376,332              -
      デリバティブ取引         (*1)
       ヘッジ会計が適用されていないもの
                              (12,067)         (12,067)             -
          デリバティブ取引計
                              (12,067)         (12,067)
                                                    -
      (* 1)  デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
        は、(     )で示しております。
                                76/97



                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ( 注)1.    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
    資 産

    (1)  預金、(2)     未収  委託者報酬、(3)        未収運用受託報酬及び(4)            未収収益
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    (5)  投資有価証券

      投資有価証券はその他有価証券に区分されており、時価については、基準価額によっております。
      また、有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照下さい。   
    負 債

    (1)  預り金、(2)      未払手数料、      (3)  その他未払金及び        (4)  未払費用
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
    デリバティブ取引

      「デリバティブ取引関係」注記を参照下さい。
      ( 注)2.    金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                            ( 単位:千円)
                     1年以内          1年超5年以内             5年超
      預金                 3,635,116               -           -
      未収委託者報酬                  454,967              -           -
      未収運用受託報酬                   2,271             -           -
      未収収益                  709,619              -           -
      投資有価証券
       その他の有価証券                    -          468            -
          合計             4,801,975              468            -
    (注)償還期間が見込めないものについては表中に記載を行わず、除外しております。
     (有価証券関係)  

     1.  その他有価証券        
     前事業年度 (2020年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                     種類      貸借対照表計上額            取得原価           差額
      貸借対照表計上額が
                   その他                                    -
      取得原価を超えるもの                              -          -
      貸借対照表計上額が
                                                   △  1,017
                   その他
      取得原価を超えないもの                            9,479         10,496
                                                   △  1,017
               合計                   9,479         10,496
     当事業年度 (2021年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                     種類      貸借対照表計上額            取得原価           差額
      貸借対照表計上額が
                   その他                                  1,451
      取得原価を超えるもの                            9,740          8,289
      貸借対照表計上額が
                                                     △  0
                   その他
      取得原価を超えないもの                             116          117
                                                     1,450
               合計                   9,857          8,406
                                77/97




                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     2.  売却したその他有価証券
     前事業年度 (自         2019年4月1日 至          2020年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度 (自         2020年4月1日 至          2021年3月31日)

                                                (単位:千円)
           種類             売却額         売却益の合計額           売却損の合計額
                                                     -
           その他                 1,960             49
     (デリバティブ取引関係)

      ヘッジ会計が適用されていないもの
      ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引について、取引の対象物は通貨のみであり、貸借対照表日における契約
     額又は契約において定められた元本相当額、時価及び評価損益並びに当該時価の算定方法は、次のとおりであります。
     前事業年度 (2020年3月31日)

     通貨関連(時価の算定方法は、先物為替相場によっております。)                                         ( 単位:千円)
         区分         為替予約取引          契約額等              時価      評価損益

                                 うち1年超
                売建
                 ユーロ            13,917         -      176       176
                 米ドル           350,105         -   △  1,741     △  1,741
     市場取引以外の取引
                買建
                 ユーロ           378,861         -   △  4,527     △  4,527
                             742,884         -   △  6,093     △  6,093
              合計
     当事業年度 (2021年3月31日)

     通貨関連(時価の算定方法は、先物為替相場によっております。)                                         ( 単位:千円)
         区分        為替予約取引          契約額等              時価      評価損益

                                 うち1年超
                売建
                 ユーロ           284,734         -   △  2,742     △  2,742
                 米ドル           436,136         -   △  14,695     △  14,695
     市場取引以外の取引
                買建
                 ユーロ           943,008         -     3,356      3,356
                 米ドル           350,829         -     2,013      2,013
                            2,014,708          -   △  12,067     △  12,067
              合計
                                78/97








                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (退職給付関係)
    1.  採用している退職給付制度の概要
      当社は、退職一時金制度と確定拠出年金制度を採用しております。加えて、一部の従業員を対象とした特別慰労金制度を
     採用しております。
    2.  確定給付制度

    (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                  (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                              (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                              497,615              499,466
          勤務費用                              58,504              56,878
          利息費用                              1,572              1,977
          数理計算上の差異の発生額                             △  6,325            △  14,238
          退職給付の支払額                            △  52,880            △  124,408
          転籍者調整額                               980              140
         退職給付債務の期末残高                              499,466              419,816
    (2)  退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                                  (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                              (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         非積立型制度の退職給付債務                              499,466              419,816
         未積立退職給付債務                              499,466              419,816
         未認識数理計算上の差異                              △  1,702             20,329
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              497,764              440,145
         退職給付引当金                              497,764              440,145

         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              497,764              440,145
    (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                  (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                              (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         勤務費用                               58,504              56,878
         利息費用                               1,572              1,977
         数理計算上の差異の費用処理額                               11,436              7,793
         確定給付制度に係る退職給付費用                               71,514              66,649
    (4)  数理計算上の計算基礎に関する事項

      主要な数理計算上の計算基礎
                                  前事業年度              当事業年度
                              (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         割引率                               0.50  %            0.90  %
    3.  確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度40,551千円、当事業年度                                  40,907千円でありました。
                                79/97



                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (税効果会計関係)
    1.  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                    (単位:千円)
                                    前事業年度             当事業年度
                                  (2020年3月31日)             (2021年3月31日)
         繰延税金資産
          賞与引当金                             52,129             65,241
          その他未払金                             16,827              7,502
          未払費用                             176,156             284,326
          未払事業税                              8,093             8,808
          長期未払費用                             30,051             13,427
          退職給付引当金                             152,415             134,692
          減価償却超過額                             26,694             113,657
          繰越欠損金                             624,026             824,633
          その他有価証券評価差額金                               311              -
                                       74,318             20,891
          その他
         繰延税金資産小計
                                     1,161,025             1,473,180
                                     △  624,026            △  824,633
          税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
                                     △  536,998            △  648,547
          将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                    △  1,161,025            △  1,473,180
         評価性引当額小計
         繰延税金資産合計                                 -             -
         繰延税金負債

                                                    △  444
                                         -
          その他有価証券評価差額金
                                                    △  444
         繰延税金負債合計                                 -
                                                    △  444

         繰延税金資産(負債)の純額                                 -
    ( 注)  1.評価性引当額が312,155             千 円増加しております。この増加内容は、繰延税金資産全額に係る評価性引当額を追加的に認
        識したことに伴うものであります。
      2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

      前事業年度(2020年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                       1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                             5年超        合計
                      2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
      税務上の繰越欠損金               -      -      -      -      -    624,026        624,026
      評価性引当額               -      -      -      -      -  △  624,026      △  624,026
      繰延税金資産               -      -      -      -      -       -        -
       (a)   税務上の繰越欠損金は法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)   税務上の繰越欠損金624,026千円(法定実効税率を乗じた額)の全額について、評価性引当金を計上しております。当
        該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損金は、将来の課税所得の見込みの計画により、回収不可能と判断し、繰
        延税金資産を認識しておりません。
      当事業年度(2021年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                       1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                             5年超        合計
                      2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
      税務上の繰越欠損金               -      -      -      -      -    824,633        824,633
      評価性引当額               -      -      -      -      -  △  824,633      △  824,633
      繰延税金資産               -      -      -      -      -       -        -
       (a)   税務上の繰越欠損金は法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)   税務上の繰越欠損金824,633千円(法定実効税率を乗じた額)の全額について、評価性引当金を計上しております。当
        該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損金は、将来の課税所得の見込みの計画により、回収不可能と判断し、繰
        延税金資産を認識しておりません。
                                80/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な

      項目別の内訳
                                                    (単位:    % )
                                     前事業年度             当事業年度
                                   (2020年3月31日)             (2021年3月31日)
         法定実効税率
                                          30.6           30.6
          ( 調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                               △  4.4         △  0.0
          役員賞与等永久に損金に算入されない項目                               △  45.6          △  1.9
          評価性引当金                             △  1,718.7           △  28.6
          住民税均等割                               △  5.0         △  0.2
          法人税調整額等                                19.4             -
          その他                                  -        △  0.0
          税 効果会計適用後の法人税の負担率
                                       △  1,723.7           △  0.2
     (セグメント情報等)

    セグメント情報
      当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    関連情報

     前事業年度 (自         2019年4月1日          至  2020年3月31日)
    1.  製品及びサービスごとの情報 
      単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しており
     ます。
    2.  地域ごとの情報

    (1)  営業収益
      本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。
    (2)  有形固定資産

      当社は有形固定資産を保有していないため、記載しておりません。
    3.  主要な顧客ごとの情報

      当社の主要な顧客は一般投資家であり、損益計算書の営業収益の10%以上を占める顧客が存在しないため、記載を省略し
     ております。
     当事業年度 (自         2020年4月1日          至  2021年3月31日)

    1.  製品及びサービスごとの情報 
      単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しており
     ます。
    2.  地域ごとの情報

    (1)  営業収益
      本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。
    (2)  有形固定資産

      当社は有形固定資産を保有していないため、記載しておりません。
    3.  主要な顧客ごとの情報

      当社の主要な顧客は一般投資家であり、損益計算書の営業収益の10%以上を占める顧客が存在しないため、記載を省略し
     ております。
    報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      該当事項はありません。
    報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      該当事項はありません。
                                81/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      該当事項はありません。
                                82/97




















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ( 関連当事者情報        )
    1.  関連当事者との取引
    (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
     前事業年度 (自         2019年4月1日          至  2020年3月31日)
     当事業年度 (自         2020年4月1日          至  2021年3月31日)


    上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。


    取引条件及び取引条件の決定方針等

    *1 当該会社とのサービス契約に基づき、当社のIT環境、総務購買部門等の管理部門業務に関連し支出した費用の計上を
        行っております。
    *2 当座預金口座を開設しております。
    (2)  財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

    前事業年度 (自         2019年4月1日          至  2020年3月31日)
                                83/97












                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度 (自         2020年4月1日          至  2021年3月31日)
    上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。










    取引条件及び取引条件の決定方針等
    *1 当該会社とのサービス契約に基づき、予め定められた料率で計算された収益の計上を行っております。
    *2 当該会社とのサービス契約に基づき、当社のIT環境、総務購買部門等の管理部門業務に関連し支出した費用の計上を
        行っております。
    *3 当該会社とのサービス契約に基づき、発生した費用の計上を行っております。
    2.  親会社に関する注記

    (1)  親会社情報
      Deutsche     Bank   Aktiengesellschaft          フランクフルト証券取引所に上場
                       ニューヨーク証券取引所に上場
      DB  Beteiligungs-Holding           GmbH     
      DWS  Group   GmbH   & Co.  KGaA               フランクフルト証券取引所に上場
     (1株当たり情報)

                                 前事業年度              当事業年度
                項目               ( 自 2019年4月1日              ( 自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     1 株当たり純資産額                           63,431.73     円          45,717.08     円
                               △  13,495.09             △  17,747.53
     1 株当たり当期純損失金額(△)                                円               円
    ( 注)1.    潜在株式調整後1株当たり当期純損失金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
      2.  1株当たり     当期純損失金額(△)          の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                 前事業年度              当事業年度
                項目               ( 自 2019年4月1日              ( 自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                                84/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 △  830,757            △  1,092,538
     当期純損失金額(△)(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -              -
     普通株主に係る当期純損失金額(△)                  (千円)          △  830,757            △  1,092,538
     期中平均株式数        (株)
                                   61,560              61,560
                                85/97



















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
    委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁止されて
    います。
    (1)自己またはその取締役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、も
      しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定め
      るものを除きます。)。
    (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、もしくは取引の
      公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除き
      ます。)。
    (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等(委託
      会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法
      人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)及び(5)において同じ。)または子
      法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関
      係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売
      買その他の取引または金融デリバティブ取引を行うこと。
    (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の
      額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
    (5)上記(3)及び(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、投資者の
      保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして
      内閣府令で定める行為。
    5【その他】

    (1)定款の変更
    委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
    (2)訴訟その他重要事項
    委託会社及びファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
                                86/97










                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
    ①受託会社
     名   称         株式会社りそな銀行
     資本金の額         279,928百万円(2021年3月末現在)
     事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律
               (兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
    <参考>再信託受託会社の概要
     名   称         株式会社日本カストディ銀行
     資本金の額         51,000百万円(2021年3月末現在)
     事業の内容         銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律
              (兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
     関係業務の概要         受託会社より委託を受け、当ファンドの信託事務の一部(信託財産の管理等)を行
              います。
    ②販売会社
            名    称              資本金の額                 事業の内容
                                87/97














                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                              52,243   百万円

                 (注1)
      株式会社八十二銀行
                            (2021年3月末現在)
                              51,250   百万円

                 (注1)
      株式会社イオン銀行
                            (2021年3月末現在)
                              37,461   百万円

      株式会社三十三銀行
                           (2021年5月1日現在)
                              17,965   百万円

               ※、(注1)
      株式会社福井銀行
                            (2021年3月末現在)
                              10,005   百万円

               (注1)
      株式会社山口銀行
                            (2021年3月末現在)
                              10,000   百万円

                 (注1)
      株式会社もみじ銀行
                            (2021年3月末現在)
                              10,000   百万円

                 (注1)
      株式会社北九州銀行
                            (2021年3月末現在)
                              46,773   百万円

                  (注1)
      株式会社大垣共立銀行
                            (2021年3月末現在)
                                            銀行法に基づき銀行業を営
                              38,971   百万円
                                            んでいます。
      株式会社関西みらい銀行
                            (2021年3月末現在)
                              10,000   百万円

      株式会社熊本銀行
                            (2021年3月末現在)
                              70,000   百万円

      株式会社埼玉りそな銀行
                            (2021年3月末現在)
                              36,878   百万円

      株式会社十八親和銀行
                            (2021年3月末現在)
                              82,329   百万円

      株式会社福岡銀行
                            (2021年3月末現在)
                              36,000   百万円

                 (注1)
      ソニー銀行株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              37,924   百万円

      株式会社南都銀行
                            (2021年3月末現在)
                              90,845   百万円

               (注2)
      株式会社静岡銀行
                            (2021年3月末現在)
                             3,500,000     百万円

      株式会社ゆうちょ銀行
                            (2021年3月末現在)
                                88/97



                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                              10,000   百万円
      SMBC日興証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              14,577   百万円

      いちよし証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              5,251   百万円

      極東証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              6,000   百万円

      東海東京証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              10,000   百万円

      丸三証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              3,751   百万円

      丸八証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                               852  百万円

      岡三にいがた証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              1,000   百万円

      ニュース証券株式会社
                            (2021年5月末現在)
                              8,831   百万円

      エース証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              5,000   百万円

      岡三証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              1,270   百万円

      ワイエム証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                                            金融商品取引法に定める第
                                            一種金融商品取引業を営ん
                              7,196   百万円
                                            でいます。
      au カブコム証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              48,323   百万円

      株式会社SBI証券
                            (2021年3月末現在)
                              7,495   百万円

      楽天証券株式会社
                            (2020年12月末現在)
                              12,200   百万円

      マネックス証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              8,932   百万円

      株式会社だいこう証券ビジネス
                            (2021年4月末現在)
                              1,500   百万円

      日産証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                               585  百万円

      山和証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              13,500   百万円

      岩井コスモ証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              13,494   百万円

      東洋証券株式会社
                                89/97

                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                            (2021年3月末現在)
                              12,272   百万円

      水戸証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                              1,500   百万円

                 (注1)
      OKB証券株式会社
                            (2021年3月末現在)
                                            銀行法に基づき銀行業を営

                                            むとともに、金融機関の信
                              279,928    百万円
      株式会社りそな銀行                                     託業務の兼営等に関する法
                            (2021年3月末現在)
                                            律(兼営法)に基づき信託
                                            業務を営んでいます。
      ※  新規申込みの取扱いを行いません。

      (注1)   Cコースのみの取扱いとなります。
      (注2)   Dコースのみの取扱いとなります。
    ③投資顧問会社
     名   称         DWSインベストメントGmbH
     資本金の額         11,500万ユーロ(約154億円)(2021年3月末現在)
     事業の内容         有価証券等に係る投資顧問業務及びその業務に付帯関連する一切の業務を営んでい
              ます。
     (注)ユーロの円換算は、便宜上、2021年5月末現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値
        (1ユーロ=133.74円)によります。
    2【関係業務の概要】

    ①受託会社
     当ファンドの受託会社として、信託財産の保管・管理、基準価額の計算、外国証券を保管・管理する外国の金融
     機関への指図等を行います。
    ②販売会社
     当ファンドの販売会社として、受益権の募集の取扱い、販売、一部解約の実行の請求の受付、収益分配金・償還
     金及び一部解約金の支払い等を行います。
    ③投資顧問会社
     委託会社から運用の指図に関する権限の委託を受け、Cコースの為替ヘッジに係る運用指図及びマザーファンド
     の運用指図等を行います。
    3【資本関係】

    委託会社及び投資顧問会社の最終的な親会社は、ドイツ銀行です。
                                90/97







                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【参考情報】

    下記の書類が関東財務局長に提出されています。
    2020年7月20日  有価証券報告書

    2020年7月20日  有価証券届出書
    2021年1月20日  半期報告書
    2021年1月20日  有価証券届出書
                                91/97


















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                2021年6月11日
    ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社
      取締役会 御中
                       有限責任      あずさ監査法人

                         東京事務所

                        指定有限責任社員

                                     公認会計士          林 秀行 ㊞
                        業  務  執  行  社  員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
    「委託会社等の経理状況」に掲げられているドイチェ・アセット・マネジメント株式会社の
    2020年4月1日から2021年3月31日までの第37期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
    行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
    基準に準拠して、ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社の2021年3月31日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示して
    いるものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
    行った。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独
    立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意
    見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
    ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
    することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
    る。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視する
    ことにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬
    による重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立
    の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発
    生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると
    合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リ
      スクに対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断に
      よる。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
                                92/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、
      監査に関連する内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会
      計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
      手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況
      に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要
      な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起す
      ること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表
      に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書
      日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
      として存続できなくなる可能性がある。
    ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成
      及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを
      評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
    関係はない。
                                                     以 上

    1.  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別






      途保管しております。
    2.  XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                93/97





                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  2021年5月19日
    ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                        PwCあらた有限責任監査法人

                            東京事務所
                         指定有限責任社員
                                   公認会計士 鶴田 光夫
                         業務執行社員
    監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」
    に掲げられているDWS            グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)の2020年4月
    21日から2021年4月20日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並び
    に附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、D
    WS   グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Cコース(為替ヘッジあり)の2021年4月20日現在の信託財産
    の状態及び同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認
    める。
    監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準に
    おける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国に
    おける職業倫理に関する規定に従って、ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社及びファンドから独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ
    適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどう
    かを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門
    家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査
     手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分
     かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理
     性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
     うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の
     注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸
     表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監
     査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性があ
     る。
                                94/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
     かどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取
     引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
     ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計
    士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以    上
    (注)    1.   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                95/97
















                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                  2021年5月19日
    ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                        PwCあらた有限責任監査法人

                            東京事務所
                         指定有限責任社員
                                   公認会計士 鶴田 光夫
                         業務執行社員
    監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」
    に掲げられているDWS            グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)の2020年4月
    21日から2021年4月20日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並び
    に附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、D
    WS   グローバル公益債券ファンド(年1回決算型)Dコース(為替ヘッジなし)の2021年4月20日現在の信託財産
    の状態及び同日をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認
    める。
    監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準に
    おける当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国に
    おける職業倫理に関する規定に従って、ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社及びファンドから独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ
    適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどう
    かを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門
    家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査
     手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分
     かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理
     性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかど
     うか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の
     注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸
     表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監
     査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性があ
     る。
                                96/97


                                                          EDINET提出書類
                                            ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社(E06458)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
     かどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取
     引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
     ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計
    士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以    上
    (注)    1.   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                97/97
















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。