東京地下鉄株式会社 有価証券報告書 第17期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第17期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 東京地下鉄株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                       有価証券報告書

    【根拠条文】                       金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年6月30日

    【事業年度】                       第17期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    【会社名】                       東京地下鉄株式会社

    【英訳名】                       Tokyo Metro Co., Ltd.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長  山 村  明 義

    【本店の所在の場所】                       東京都台東区東上野三丁目19番6号

    【電話番号】                       03 (3837)7059

    【事務連絡者氏名】                       財務部長  鈴 木  信 行

    【最寄りの連絡場所】                       東京都台東区東上野三丁目19番6号

    【電話番号】                       03 (3837)7059

    【事務連絡者氏名】                       財務部長  鈴 木  信 行

    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。

                                  1/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)連結経営指標等
            回次            第13期       第14期       第15期       第16期       第17期

           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    営業収益              (百万円)       415,413       425,821       434,894       433,147       295,729

    経常利益又は経常損失(△)              (百万円)       89,117       87,719       89,191       74,910      △ 47,689

    親会社株主に帰属する当期
    純利益又は親会社株主に帰              (百万円)       62,256       60,370       60,709       51,391      △ 52,927
    属する当期純損失(△)
    包括利益              (百万円)       60,981       63,195       59,154       46,233      △ 50,617
    純資産額              (百万円)       586,840       634,930       678,978       710,106       644,412

    総資産額              (百万円)      1,451,901       1,550,132       1,676,081       1,734,788       1,762,461

    1株当たり純資産額               (円)     1,010.05       1,092.82       1,168.64       1,222.21       1,109.14

    1株当たり当期純利益金額
    又は1株当たり当期純損失               (円)      107.15       103.91       104.49       88.45      △ 91.10
    金額(△)
    潜在株式調整後
                   (円)         -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率               (%)       40.4       41.0       40.5       40.9       36.6
    自己資本利益率               (%)       11.1       9.9       9.2       7.4      △ 7.8

    株価収益率               (倍)         -       -       -       -       -

    営業活動による
                  (百万円)       128,356       138,683       140,104       136,626       11,622
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (百万円)      △ 130,822      △ 156,473      △ 159,914      △ 165,822      △ 137,831
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (百万円)        3,835      14,946       49,889       25,326      131,486
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                  (百万円)       42,176       39,333       69,412       65,542       70,820
    の期末残高
    従業員数
                         11,177       11,419       11,584       11,742       11,818
                   (名)
    (外、平均臨時雇用者数)                     ( 2,578   )    ( 2,762   )    ( 2,763   )    ( 2,672   )    ( 2,347   )
     (注) 1 営業収益には、消費税及び地方消費税は含まれていません。
       2 キャッシュ・フローに関する数値の△は、現金及び現金同等物の流出を示しています。
       3 第13期、第14期、第15期及び第16期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がな
         いため、記載していません。第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当
         期純損失金額であり、また、潜在株式がないため、記載していません。
       4 株価収益率については、当社株式が非上場であるため、記載していません。
                                  2/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (2)提出会社の経営指標等
            回次            第13期       第14期       第15期       第16期       第17期

           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    営業収益              (百万円)       382,994       391,600       399,429       397,430       269,670

    経常利益又は経常損失(△)              (百万円)        84,133       81,444       83,723       69,354      △ 49,161

    当期純利益又は
                  (百万円)        59,942       57,171       58,222       49,093      △ 51,595
    当期純損失(△)
    資本金              (百万円)        58,100       58,100       58,100       58,100       58,100
    発行済株式総数               (株)    581,000,000       581,000,000       581,000,000       581,000,000       581,000,000

    純資産額              (百万円)       554,559       596,067       639,730       673,543       606,944

    総資産額              (百万円)      1,436,857       1,527,150       1,653,406       1,712,725       1,738,989

    1株当たり純資産額               (円)       954.49      1,025.93       1,101.08       1,159.28       1,044.65

    1株当たり配当額
                            26       26       26       26       16
                   (円)
                           ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
    (1株当たり中間配当額)
    1株当たり当期純利益金額
    又は1株当たり当期純損失               (円)       103.17       98.40      100.21       84.50      △ 88.81
    金額(△)
    潜在株式調整後
                   (円)         -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率               (%)        38.6       39.0       38.7       39.3       34.9
    自己資本利益率               (%)        11.3       9.9       9.4       7.5      △ 8.1

    株価収益率               (倍)         -       -       -       -       -

    配当性向               (%)        25.2       26.4       25.9       30.8        -

    従業員数               (名)       9,475       9,574       9,741       9,865       9,881

     (注)   1 営業収益には、消費税及び地方消費税は含まれていません。
       2 第13期、第14期、第15期及び第16期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がな
         いため、記載していません。第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当
         期純損失金額であり、また、潜在株式がないため、記載していません。
       3 株価収益率については、当社株式が非上場であるため、記載していません。
       4 第17期の配当性向については、当期純損失のため、記載していません。
       5 2018年4月から、定年を60歳から65歳に変更しています。
    (最近5年間の株主総利回りの推移)

      当社は非上場であるため、該当事項はありません。
    (最近5年間の事業年度別最高・最低株価)

      当社は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  3/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
     (1) 提出会社の沿革
       当社は、東京地下鉄株式会社法(平成14年法律第188号)に基づき、帝都高速度交通営団(以下「営団」といいま
      す。)の財産の全部を現物出資により引継ぎ、営団の一切の権利及び義務を承継して2004年4月1日に設立されま
      した。なお、参考として、営団の「沿革」を以下にあわせて記載します。
       年月                           摘要

      2004年4月       東京地下鉄株式会社法により、東京地下鉄㈱設立
         10月        ㈱メトロフルール設立
      2006年4月         ㈱メトロプロパティーズ設立
         10月        ㈱地下鉄ビルデイング(東京メトロ都市開発㈱)、㈱メトロセルビス、㈱メトロコマース及びメ
             トロ開発㈱の4社について、それぞれの事業を会社分割により同名の新会社に継承させ、当社
             を存続会社として分割会社を吸収合併
      2007年2月         ㈱メトロアドエージェンシー設立
             ㈱メトロレールファシリティーズ設立
         3月        ICカード乗車券「PASMO」のサービス開始
      2008年6月         副都心線運輸営業開始・全線開通
      2011年11月         日本コンサルタンツ㈱設立
      2013年4月         ㈱地下鉄ビルデイング(東京メトロ都市開発㈱)及び㈱メトロスポーツの2社について、㈱地
             下鉄ビルデイング(東京メトロ都市開発㈱)を存続会社として㈱メトロスポーツを吸収合併
      2017年3月         ベトナム国にベトナム東京メトロ(VIETNAM                    TOKYO   METRO   ONE  MEMBER    LIMITED    LIABILITY
             COMPANY)設立
         4月         ㈱メトロステーションファシリティーズ設立
             ㈱メトロビジネスアソシエ設立
     (2)  営団の沿革

       年月                           摘要

      1941年3月       帝都高速度交通営団法公布
         7月         帝都高速度交通営団法に基づき、特殊法人として、帝都高速度交通営団設立(設立時の営業キ
             ロは現銀座線14.3キロ)
         8月        東京地下鉄道㈱及び東京高速鉄道㈱から営業線(現銀座線)、東京市等から地下鉄道の免許線
             を譲受
         9月        帝都高速度交通営団として営業開始
      1946年12月         日観興業㈱(㈱メトロセルビス)設立
      1948年8月         新日本観光㈱(㈱はとバス)設立
      1954年1月         丸ノ内線運輸営業開始
      1956年6月         財団法人地下鉄互助会(公益財団法人メトロ文化財団)設立
      1957年12月         銀座地下鉄興業㈱(㈱メトロコマース)設立
      1961年3月         日比谷線運輸営業開始
      1962年3月         丸ノ内線全線開通
      1963年2月         ㈱地下鉄ビルデイング(東京メトロ都市開発㈱)設立
      1964年8月         日比谷線全線開通
         12月        東西線運輸営業開始
      1968年3月         メトロ高架㈱(メトロ開発㈱)設立
         9月        ㈱メトロ給食センター(㈱メトロライフサポート)設立
      1969年3月         東西線全線開通
         12月        千代田線運輸営業開始
      1974年10月         有楽町線運輸営業開始
      1978年8月         半蔵門線運輸営業開始
      1979年12月         千代田線全線開通
      1981年4月         ㈱地下鉄メインテナンス設立
      1984年4月         メトロ車両㈱設立
      1988年4月         メトロカードを新発売
         6月        有楽町線全線開通
      1991年11月       南北線運輸営業開始
             NSメトロカードを新発売
      1995年3月         ㈱メトロスポーツ設立
                                  4/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       年月                           摘要
      1996年3月         SFメトロカードを新発売(都営地下鉄と共通化)
      1997年1月         渋谷熱供給㈱設立
      1999年3月         ㈱渋谷マークシティ設立
      2000年9月         南北線全線開通
         10月         共通乗車カードシステム(パスネット)を導入
      2002年1月         鉄道事業法に基づく認定鉄道事業者制度の一般認定(鉄道土木/鉄道電気/車両)を取得
         12月        東京地下鉄株式会社法公布
      2003年3月         半蔵門線全線開通
      2004年4月         帝都高速度交通営団法廃止 営団解散
     (3)  当社の完全民営化について

       東京における地下鉄は、1927年12月、民間会社である東京地下鉄道株式会社により浅草~上野間が開業されたこ
      とに始まりますが、民間会社では、巨額の資金を必要とする新線建設を進めることは困難でありました。このよう
      な情勢の中で、当社の前身である営団は、東京都の区の存する区域及びその付近における交通機関の整備拡充を図
      るため、地下鉄を建設運営することを目的として、1941年7月4日に設立されました。以来、設立から62年余り、
      営団は設立目的に従い、地下鉄の建設及び運営を行ってきました。
       政府の行政改革の一環として、営団の完全民営化の方針が初めて示されたのは、臨時行政改革推進審議会が1986
      年6月10日に答申した「今後における行財政改革の基本方向」においてでした。当時は地下鉄ネットワークが整備
      途上であったこともあり、具体的措置は実施されませんでしたが、南北線、半蔵門線の全区間が着工され、地下鉄
      ネットワークがほぼ概成される見込みとなったことを受け、1995年2月24日に閣議決定された「特殊法人の整理合
      理化について」において、営団は完全民営化の第一段階として当時建設中の南北線及び半蔵門線が完成した時点を
      目途に特殊会社化することとされました。
       その後、南北線が全線開業し、半蔵門線についても2003年春に開業が見込まれるという状況の中、特殊法人等改
      革基本法(平成13年法律第58号)に基づき、2001年12月19日に閣議決定された「特殊法人等整理合理化計画」にお
      いて、営団について以下のとおり明記されました。
         特殊法人等整理合理化計画(平成13年12月19日閣議決定)(抄)

          帝都高速度交通営団
           完全民営化に向けた第一段階として、現在建設中の11号線が開業した時点から概ね1年後                                          (平成16年春
          の予定)に特殊会社化する。
       この計画の決定を受け、東京地下鉄株式会社法案が第155回国会に提出され、2002年12月11日に成立し、同18日に

      公布、施行されました。これにより、2004年4月1日、東京地下鉄株式会社が設立されることとなりました。
       さらに、上記の「特殊法人等整理合理化計画」を受け、東京地下鉄株式会社法附則第2条においても、「国及び

      東京都は、特殊法人等整理合理化計画の趣旨を踏まえ、この法律の施行の状況を勘案し、できる限り速やかにこの
      法律の廃止、その保有する株式の売却その他の必要な措置を講ずるものとする」旨規定されています。当社は、こ
      の趣旨に沿って、できる限り早期の完全民営化が可能となるよう、経営基盤の確立に努めていきます。
                                  5/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社、子会社14社(連結子会社13社、非連結子会社1社)及び関連会社2社で構成され、その営
     んでいる事業内容は、次のとおりです。
      なお、各区分は、セグメント情報の報告セグメントと同一です。
     (1)  運輸業

       東京都区部を中心に、9路線からなる地下鉄ネットワークを保有し、鉄道の運行及び運営並びに鉄道施設等の保
      守管理を行っています。
        事業の内容                           主な会社名

    鉄道事業              当社
    鉄道駅の清掃及び運営管理              ㈱メトロセルビス(鉄道駅の清掃等)、㈱メトロコマース(鉄道駅の運営管理)
                  ㈱メトロステーションファシリティーズ(駅設備関係)、メトロ車両㈱(車両関
    鉄道施設等の整備及び保守
                  係)、㈱メトロレールファシリティーズ(土木構築物・建築物関係)、メトロ開発
    管理
                  ㈱(土木構築物関係)、㈱地下鉄メインテナンス(電気設備関係)
                  ベトナム東京メトロ(VIETNAM              TOKYO   METRO   ONE  MEMBER    LIMITED    LIABILITY
    海外都市鉄道運営・維持の
    支援
                  COMPANY)
     (2)  不動産事業

       鉄道事業とのシナジー効果が発揮できる事業展開を基本とし、当社路線の沿線において、渋谷マークシティな
      ど、オフィスビルやホテルを中心とした不動産の賃貸を行っています。
        事業の内容                           主な会社名

    不動産の開発              当社
    不動産の賃貸              当社、東京メトロ都市開発㈱
    不動産の管理              東京メトロ都市開発㈱
     (3)  流通・広告事業

       当社資産などを活用し、当社路線の駅においてEchikaなどの商業施設の運営、主として駅構内や電車内の
      広告を取り扱う広告事業、光ファイバーの賃貸などを行う情報通信事業などを行っています。
        事業の内容                           主な会社名

    商業施設の開発              当社
                  ㈱メトロコマース(駅構内売店等の運営)、メトロ開発㈱(高架下商業施設の運
    商業施設の運営              営)、㈱メトロプロパティーズ(Echika等駅構内及び駅周辺における商業施
                  設及び飲食店舗の運営)
    広告事業              ㈱メトロアドエージェンシー
    情報通信事業              当社
     (4)  その他

        事業の内容                           主な会社名

    福利厚生施設の運営              ㈱メトロライフサポート
    人事・経理・システムサー
                  ㈱メトロビジネスアソシエ
    ビスに関する事務
    施設の清掃              ㈱メトロフルール
     (注) 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、当社施設の管理運営事業等を含ん

        でいます。
                                  6/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       以上の企業集団の状況について、事業系統図を示すと次のとおりです。
     (注)   1 上図は、当社及び子会社14社の概要図です。

















       2 ※は非連結子会社です。
                                  7/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                  8/102





















                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
     (1)  連結子会社

                                  議決権の所有割合
                    資本金     主要な事業
       名称        住所                                  関係内容
                                直接所有    間接所有     合計
                    (百万円)      の内容
                                 (%)    (%)    (%)
                                            当社は施設の清掃業務等を委託して
                                           います。
    ㈱メトロセルビス         東京都台東区         10  運輸業         100.0     -   100.0
                                           (当社社員の役員兼任3名)
                                            当社は駅運営管理業務を委託し、ま
                        運輸業
                                           た、施設を賃貸しています。
    ㈱メトロコマース         東京都台東区         12           100.0     -   100.0
                        流通・広告事業
                                           (当社社員の役員兼任4名)
                                            当社は駅設備の整備及び保守管理を
    ㈱メトロステーショ
                                           委託しています。
             東京都台東区         10  運輸業         100.0     -   100.0
    ンファシリティーズ
                                           (当社社員の役員兼任5名)
                                            当社は車両の整備及び保守管理を委
                                           託しています。
    メトロ車両㈱         東京都台東区         20  運輸業         100.0     -   100.0
                                           (当社社員の役員兼任2名)
                                            当社は施設の整備及び保守管理を委
    ㈱メトロレールファ
                                           託しています。
             東京都台東区         20  運輸業         100.0     -   100.0
    シリティーズ
                                           (当社社員の役員兼任2名)
                                            当社は高架下等を賃貸し、また、施
                        運輸業
                                           設の整備を委託しています。
    メトロ開発㈱         東京都中央区         30           100.0     -   100.0
                        流通・広告事業
                                           (当社社員の役員兼任2名)
                                            当社は設備の整備及び保守管理を委
    ㈱地下鉄メインテナ
                                           託しています。
             東京都台東区         20  運輸業         100.0     -   100.0
    ンス
                                           (当社社員の役員兼任1名)
                                            当社は土地・建物を賃貸し、また、
    東京メトロ都市開発
                                           施設の管理を委託しています。
             東京都新宿区         106  不動産事業         100.0     -   100.0
    ㈱
                                           (当社社員の役員兼任2名)
    ㈱メトロプロパティ                                        当社は施設を賃貸しています。
             東京都台東区         10  流通・広告事業         100.0     -   100.0
    ーズ                                       (当社社員の役員兼任3名)
                                            当社は広告販売の委託等を行ってい
    ㈱メトロアドエージ
                                           ます。
             東京都港区         50  流通・広告事業         100.0     -   100.0
    ェンシー
                                           (当社社員の役員兼任5名)
                                            当社は福利厚生施設運営業務を委託
    ㈱メトロライフサポ
                                           しています。
             東京都台東区         20  その他         100.0     -   100.0
    ート
                                           (当社社員の役員兼任3名)
                                            当社は人事・経理・システムサービ
    ㈱メトロビジネスア                                       スに関する事務業務を委託していま
             東京都台東区         10  その他         100.0     -   100.0
                                           す。
    ソシエ
                                           (当社社員の役員兼任4名)
                                            当社は施設の清掃業務等を委託して
                                           います。
    ㈱メトロフルール         東京都江東区         10  その他         100.0     -   100.0
                                           (当社社員の役員兼任3名)
     (注)   1 主要な事業の内容欄には、セグメント情報の名称を記載しています。
       2 上記子会社のうち特定子会社に該当するものはありません。
                                  9/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (2)  持分法適用関連会社
                                  議決権の所有割合
                    資本金     主要な事業
       名称        住所                                  関係内容
                                直接所有    間接所有     合計
                    (百万円)      の内容
                                 (%)    (%)    (%)
                                                  -
    渋谷熱供給㈱         東京都渋谷区         400  熱供給事業         39.0     -   39.0
                                           (当社社員の役員兼任2名)
                                      -   10.0
    ㈱はとバス         東京都千代田区         450  観光バス事業等         10.0
                                                  -
                                    (12.5)    (12.5)
    (注) 議決権の所有割合欄の中で(外書)は緊密な者(公益財団法人メトロ文化財団)の所有割合です。なお、当財
        団は、1956年に当社の前身である営団が寄付金を出捐し、設立された財団法人(設立当初の名称は財団法人地
        下鉄互助会)です。
                                 10/102

















                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2021年3月31日       現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
    運輸業                                         10,914       (1,368)

    不動産事業                                          143       (29)

    流通・広告事業                                          479       (721)

    その他                                          282       (229)

                合計                             11,818       (2,347)

     (注)   1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載しています。
       2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントです。
     (2) 提出会社の状況

                                               2021年3月31日       現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
              9,881              37.8             16.6           7,202,535

             セグメントの名称                            従業員数(名)

    運輸業                                                  9,789

    不動産事業                                                   54

    流通・広告事業                                                   36

    その他                                                    2

                合計                                      9,881

     (注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しています。
       2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
       3 平均勤続年数は、営団における勤続年数を含んでいます。なお、当社設立後の平均勤続年数は11.7年です。
       4 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントです。
     (3) 労働組合の状況

       提出会社の従業員により、東京地下鉄労働組合(組合員数9,622人)が組織されており、日本私鉄労働組合総連合
      会に加盟しています。
       また、提出会社の労使間及び連結子会社の労使間において、特記すべき事項はありません。
                                 11/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において、当社グループが判断したものです。
     (1)  会社の経営の基本方針
       当社グループは、グループ理念「東京を走らせる力」の実現を目指して、中期経営計画及び事業計画に基づき、
      東京を中心とした首都圏の鉄道ネットワークの中核を担う交通事業者として、様々な取組を進めることで、持続的
      な企業価値の向上を目指しています。
                          <東京メトログループ理念>

                           東京を走らせる力

                        私たち東京メトログループは、

              鉄道事業を中心とした事業展開を図ることで、首都東京の都市機能を支え、
                     都市としての魅力と活力を引き出すとともに、
             優れた技術力と創造力により、安全・安心で快適なより良いサービスを提供し、
                   東京に集う人々の活き活きとした毎日に貢献します。
     (2)  経営環境、優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題等

       当社グループを取り巻く環境は、台風や地震等の災害リスク、東京都区部における生産年齢人口の減少、人手不
      足に伴う労務単価の上昇や物価の上昇による諸経費の増加、デジタル技術革新の動きへ対応するほか、SDGsが
      対象としている様々な社会課題の解決にも貢献していく必要があります。
       さらに、昨年から続く新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、再度の緊急事態宣言の発出等も含め、旅客運輸
      収入は大きく落ち込んでおり、今後についても、対面によらないコミュニケーションの進展等による人々の意識・
      行動や、企業活動、社会構造等が大きく変化し、元の水準まで回復しないと想定しています。
       このような環境を踏まえ、2020年度当初に社長をトップとした経営改革会議を立ち上げたほか、設備投資・経費
      の削減や成長戦略に関する各種会議を創設し、抜本的な経営改善に向けた取組を進めました。その中で、当社は、
      安全の確保を前提としつつ、優先順位や仕様、時期の見直し等による設備投資・経費の削減に取り組むとともに、
      ポストコロナにおける社会・行動変容を見据え、「安心な空間」、「パーソナライズド」、「デジタル」の3つの
      キーワードを設定し、これらに基づく施策にキャッシュフローを重点的に配分していくことで、持続的な企業価値
      の向上に努めることとしました。
       2021年度においても、引き続き、設備投資・経費・人件費の削減を継続的に進めることにより経営の効率を高
      め、業績の回復に努めるとともに、中期経営計画「東京メトロプラン2021」に掲げる「安心の提供」、「持続的な
      成長の実現」、「東京の魅力・活力の共創」の全てに対し「挑戦」とそれを支える「志」を持って、各種施策を進
      めていきます。
     (「東京メトロプラン2021」に基づく取組について)

      (安心の提供)
      ① 自然災害対策の推進
       これまで取り組んできた自然災害対策に加え、タイムライン(防災行動計画)の充実や異常時対応訓練の実施に
      より、異常時の体制を強化します。また、日本各地で発生した自然災害の被害状況を踏まえた基準等の改正や被害
      想定の見直しを受け、追加対策を進めていきます。お客様に安心してご利用いただけるよう、ハード・ソフト両面
      から安全対策を講じ、首都東京の都市機能を支えていきます。
      ② 駅ホームの安全性向上
       お客様のホーム上からの転落事故や列車との接触事故を防止し、ホーム上の事故0を達成するため、全路線全駅
      へのホームドア整備や駅社員によるお声掛けの実施等を推進していきます。
      ③ 新型車両の導入
       新技術を導入し、さらなる安全性の向上に加え、車内の快適性及び省エネルギー性の向上を図っていきます。
                                 12/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ④ セキュリティの強化
       東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」といいます。)の開催も踏まえ、テロ
      行為や犯罪に備えたさらなるセキュリティレベルの向上を図っていきます。
      ⑤ 安全・安定性向上に資する施策
       列車運行の安定性を高めるため、列車無線のデジタル空間波無線化工事を推進するほか、CBTC(無線式列車
      制御)システムの導入準備を進めていきます。
      ⑥ 輸送サービスの改善
       東西線各駅での大規模改良や、南北線の8両編成化等、快適な輸送サービスの提供を目的とした設備整備を進
      め、お客様の利便性向上や輸送の安定性の向上を図っていきます。
      ⑦ バリアフリー設備の整備
       高齢者やお身体の不自由なお客様にもシームレスに安心してご利用いただけるよう、引き続きバリアフリー設備
      の整備を積極的に推進していきます。
      ⑧ 利便性・快適性の向上
       駅空間の快適性向上を積極的に進めるとともに、訪日外国人を含む全てのお客様へのご案内の充実や「メトロポ
      イントクラブ」のサービス拡大等により、利便性の向上を図っていきます。
      (持続的な成長の実現)

      ① お客様ニーズをとらえた取組
       将来の少子高齢化の進行等による社会構造の変化や、働き方改革に伴う移動減少を見据え、多様化するお客様の
      ニーズに応えていけるよう、新たな企画乗車券の発売等を進めていきます。
      ② 関連事業の拡大
       成長のエンジンとして鉄道事業とのシナジー効果を発揮しつつ、事業展開を図り、当社グループ全体の収益力向
      上に取り組んでいきます。また、お客様ニーズに応えていけるよう様々なサービスを展開し、さらなる利便性の向
      上を図っていきます。
      ③ 海外での事業展開
       これまで培ってきたノウハウや国際協力の経験を活かし、海外での新たな事業展開に力を入れていきます。
      ④ 新規事業の創出・推進
       社会の変化を捉え、当社グループの経営資源を活用しながら新たな事業に取り組むとともに、社内提案制度の充
      実や新規事業創出体制の強化により、新たな価値を提供していきます。
      ⑤ 新技術の開発・導入
       AI、ビッグデータ、IoT等のデジタル技術が加速度的に進化する中、持続的な企業価値の向上を図るため、
      「技術開発ビジョン」に基づき、CBM(状態基準保全)の実現に向けた設備状態監視の充実等、企業や研究機関
      等と連携して新技術の開発・導入を進めていきます。
      (東京の魅力・活力の共創)

      ① 沿線地域と連携したにぎわいの創出
       沿線地域や相互直通運転先の各社との連携を密にし、これまで以上に沿線地域の魅力を発掘・発信し、沿線の価
      値向上に努めていきます。
      ② まちづくりとの連携
       駅周辺で計画されている都市開発と一体となって鉄道施設の整備を行い、「まちの顔」となるような魅力的な空
      間の形成に寄与していきます。また、各駅が抱える課題等を公表し、行政や都市開発事業者等との早期連携を可能
      とすることで、駅周辺における都市開発のさらなる活性化に寄与する「えき・まち連携プロジェクト」を進めてい
      きます。
      ③ オープンイノベーションの推進
       当社グループの保有する経営資源と外部のアイデア・技術との連携により、新たな事業や価値を創出していきま
      す。
      ④ 新たなモビリティサービスの実現に向けた取組
       当社が考える大都市型MaaS(Mobility as a Service)「my! 東京MaaS」の
      推進により、多様なモビリティやサービスと連携しながら、東京に集う一人ひとりの移動・ビジネス・生活を支
      え、都市の活力を高め、さらには移動需要の創出を目指していきます。
                                 13/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (経営基盤の強化)
      ① 安全文化の醸成
       安全を最優先とする意識を持ち、事故の未然防止、再発防止に取り組むために、安全研修をはじめとした施策を
      通じて、社員一人ひとりが自ら考え行動を起こすことができる安全文化を醸成します。
      ② 環境保全活動
       安心で持続可能な社会の実現を目指し、環境基本方針に基づき、東京メトログループ全事業における環境負荷の
      低減を図っていきます。特に、マテリアリティに掲げる気候変動の緩和を目的とし、東京メトログループ長期環境
      目標「メトロCO2          ゼロチャレンジ        2050」を設定しました。今後は、再生可能エネルギーの活用や省エネ施策の
      推進等、目標の達成に向け様々な取組を実施することにより、2050年度までに当社グループ全事業におけるCO2
      排出量の実質ゼロを目指していきます。
      ③ 社会貢献活動
       誰もが安心して鉄道をご利用いただくための取組や、ステークホルダーとの連携による社会課題解決に向けた取
      組のほか、教育、スポーツ、文化支援等を通じて、社会へ貢献していきます。
       また、公益財団法人メトロ文化財団と連携し、地下鉄博物館をはじめとした交通文化啓発活動や芸術・文化活動
      を推進していくほか、同財団が継続的かつ安定的に社会貢献活動を行えるように支援していきます。(注)
      ④ オープンで活き活きとした企業風土づくり
       働き方改革の一環としての柔軟な服装選択を可能とする「装い改革」や、健康経営の一環としての運動習慣定着
      施策の実施等により、社員一人ひとりが最大限活躍できる会社を目指し、オープンで活き活きとした企業風土づく
      りを行うとともに、当社グループの企業価値向上を実現するための人財を育成していきます。
      ⑤ グループ総合力の強化
       グループ全体の効率化やガバナンスの充実を図るとともに、各社の専門力を向上させることで、グループ総合力
      を強化していきます。
      ⑥ コーポレート・ガバナンスの充実
       より信頼される企業集団となるため、経営の透明性・公正性を確保し迅速な業務執行に努めるとともに、コーポ
      レート・ガバナンスのさらなる充実を図っていきます。
      ⑦ サステナビリティ経営の推進
       「安心で、持続可能な社会」の実現を目指し、当社グループのマテリアリティに基づき、より長期的な対応方針
      や具体的な目標を設定し、サステナビリティ経営を推進していきます。
      (注)当社は、公益財団法人メトロ文化財団に対し、地下鉄博物館の運営に供する土地として東西線葛西駅周辺の

        高架下用地を無償で貸し付けているほか、当連結会計年度において5億4千3百万円の寄付を行いました。
       当社グループは、中長期的視点で期待される様々な施策を実現していくとともに、新たな価値の創造により、持

      続的な企業価値の向上を図り、全てのステークホルダーから信頼され、選択され、支持される企業グループを目指
      していきます。
     (3)  目標とする経営指標

       当社グループは、中期経営計画「東京メトロプラン2021」における経営目標値として、キャッシュ創出力を持続
      的に向上させていくという観点から連結キャッシュフロー、積極的な設備投資に伴い総資産・営業費の増加が見込
      まれる中でも一定の資産効率性を確保するという観点から連結ROA、本業から得られるキャッシュと負債のバラ
      ンスを踏まえて一定の財務健全性を確保するという観点から連結純有利子負債/EBITDA倍率の3つを定めて
      いました。
       一方で、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、当社グループを取り巻く経営環境は大きく変化しており、こ
      れらの経営指標の達成が困難な見通しであること、かつ、経営の見通しも引き続き不透明感が払拭できないことか
      ら、これらの経営指標については2021年3月25日の当社取締役会決議をもって、取り下げることとしました。
       引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響やテレワークの浸透等、経営環境の変化を注視しながら、設備投
      資・営業費用の抑制、増収施策の推進に努めていきます。
    2  【事業等のリスク】

       当社グループの事業等において、経営者が当社グループの財務状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に
      重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクについては、次のようなものがあります。
                                 14/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       なお、当社グループでは、事業等のリスクを、将来の経営成績等に与える影響の程度や蓋然性、リスクの性質等
      に応じて、分類しています。
       文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が判断したものです。また、以下のリスク
      は当社グループの全てのリスクを網羅したものではなく、予想される主なリスクを例示したものです。
     (1)  当社グループの経営環境に関連するリスク

     ①  人口動向等について
       当社グループは、東京都区部及びその周辺地域で鉄道事業を中心に事業を展開しています。わが国における経済
      的中心地である東京都区部に強固な基盤を有することは、高い営業収益力を保つ上で当社グループの強みの一つで
      あり、この営業基盤の特性を最大限活用していきます。
       しかしながら、首都圏の人口動向については、中長期的には減少傾向となることが予想されています。また、首
      都圏における就業・就学人口の減少、高齢化の進展等による人口構造の変化や、テレワークの進展・定着とこれに
      伴う通勤需要の減少等の社会構造の変化が進んだ場合、さらには今後、首都圏における経済情勢の大きな変化、大
      企業の本社機能又は政府機関の東京都区部からの移転等が生じた場合には、当社グループの業績等に影響を及ぼす
      可能性があります。
     ②  電力料金、原材料価格及び労務費の高騰について

       当社グループは、今後も効率的な事業運営に努めていきますが、列車の運行等に際し多大な電力を消費するほ
      か、継続的な設備投資やトンネルをはじめとした鉄軌道設備の維持補修等を行っていることから、電力料金、原材
      料価格及び労務費の動向が、当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、これらのコストが上昇する要因としては、円安の進行や燃料価格等の高騰、再生可能エネルギー発電促進
      賦課金の増額、労働需給のひっ迫等が想定されます。
     (2)  自然災害等に関連するリスク

     ①  自然災害・事故等について
       当社グループは、安全の確保を常に念頭に置き、技術面からの更なる安全性向上に向けた取組を実施するととも
      に、安全管理規程に基づく安全マネジメント体制の運用等制度面からの取組も推進し、安全の確保を目指していま
      す。さらに、首都直下地震や大規模浸水等に備えた鉄道事業における自然災害対策として、施設の耐震性の強化、
      帰宅困難者対策、洪水等による浸水対策等の諸課題への取組を強化するとともに、危機管理機能の強化を推進して
      います。
       しかしながら、地震・洪水・台風等の自然災害、大規模停電又は電力の使用制限や、これらに伴う保守部品等の
      リソース供給不足、テロリストによる攻撃等により当社の路線の運行に支障を来す事態となった場合や、当社の路
      線において重大な事故が発生した場合には、当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
       特に当社の路線、コンピューターシステム及び本社施設等は、そのほとんどが東京都区部に位置していることか
      ら、当該地域に大地震をはじめとする重大な自然災害・事故等が発生した場合には、当社グループの多くの施設等
      に被害が及ぶ可能性があります。また、当社の路線、施設の大半は地下にあるため、火災、浸水等の災害が発生し
      た場合には、その被害が大きくなる可能性があり、これにより、事業が復旧するまでに相応の時間を要する等、当
      社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     ②  感染症について
       新型インフルエンザや新型コロナウイルス等の感染症が当社沿線地域において大規模に流行し、外出自粛等によ
      り通勤・業務・私事利用を問わず鉄道利用者が大幅に減少した場合、世界的な流行に伴い訪日外国人旅行客が大幅
      に減少した場合や、列車運行等の事業運営に支障を来す場合等には、当社グループの業績等に重大な影響を及ぼす
      可能性があります。
       また、新型コロナウイルス感染症の我が国を含む世界的な感染拡大とこれに伴う外出自粛要請等を受け、当社グ
      ループの事業の根幹をなす旅客運輸収入は足元では大幅に減少しており、今後の見通しは、関連事業も含め不透明
      な状況にあります。新型コロナウイルス感染症の流行が今後も長期にわたって続き、外出自粛、休業要請の継続や
      休校等により利用者が減少した場合、当社グループの業績等への影響も継続する可能性があります。
       なお、2020年度における旅客運輸収入は、2019年度比35.4%減となっています。今後のテレワークやウェブ会議
      の定着等により、当社グループの業績等が新型コロナウイルス感染症の感染拡大前の水準に戻らない可能性があり
      ます。
     (3)  当社グループの経営に関連するリスク

     ①  法的規制等について
       鉄道事業においては、鉄道事業法(昭和61年法律第92号)の定めにより、経営しようとする路線及び鉄道事業の
      種別について許可を受ける必要があります(同法第3条)。
       収益の中心となる運賃面においては、上限運賃を設定するときは国土交通大臣の認可を受けなければならず、上
      限運賃の範囲内で運賃を改定する場合にも、事前に国土交通大臣に届け出ることとされています(同法第16条)。
       当社が現在取得しているこれらの国土交通大臣の許可及び認可には期間の定めは無く、当社の現在の運賃は、
      2019年9月5日に変更の認可を受けたものです(2019年10月1日より改定後の運賃を適用)。
       なお、運賃の改定を施行するに当たっては、所定の手続を経る必要があることから、機動的に改定を行うことが
      できない場合等には、当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
       鉄道事業を休廃止する場合には、事前に(廃止の場合は廃止日の1年前までに)国土交通大臣に届出を行うこと
      とされています(同法第28条、第28条の2)。また、鉄道事業法、同法に基づく命令、これらに基づく処分、許
      可・認可に付した条件に違反した場合、正当な理由がないのに許可又は認可を受けた事項を実施しない場合、同法
      第6条に定める事業許可の欠格事由に該当することとなった場合などの際には、国土交通大臣は事業の停止を命じ
      又は許可を取り消すことができるとされています(同法第30条)。仮に、国土交通大臣より事業の停止や許可の取
      消しを受けた場合には、事業活動の継続に支障を来すこととなりますが、現在、同法に抵触する事実等は存在せ
      ず、事業活動の継続に支障を来す要因は発生していません。
       そのほか、鉄道事業法に加えて、当社は東京地下鉄株式会社法(平成14年法律第188号)や安全、環境、バリアフ
      リー等の規制に関する様々な法令の適用を受けており、これらの法令が改正され又はその運用が変更された場合、
      その内容によっては当社の事業活動における柔軟性の減少、費用の増加等を招き、当社グループの業績等に影響を
      及ぼす可能性があります。
       なお、東京地下鉄株式会社法の概要は以下のとおりですが、この法律においては、国及び同法附則第11条の規定
      により営団から株式の譲渡を受けた地方公共団体は、特殊法人等改革基本法に基づく特殊法人等整理合理化計画の
      趣旨を踏まえ、この法律の施行の状況を勘案し、できる限り速やかにこの法律の廃止、その保有する株式の売却そ
      の他の必要な措置を講ずるものとする旨規定されています(東京地下鉄株式会社法附則第2条)。
       (ⅰ)   制定趣旨・目的等
        東京地下鉄株式会社法は、当社の設立について定めるとともに、その目的、事業に関する事項について規定し
       ています。同法は、鉄道事業法に加えて当社を規制するとともに、商号の使用制限等の特例措置を定めていま
       す。
        なお、東京地下鉄株式会社法に基づく政府の規制は、当社の経営の自主性の確保を前提とするものであり、毎
       事業年度の開始前に事業計画を国土交通大臣に提出することは求められているものの、事業計画の認可、関連事
       業の実施についての認可等は不要とされています。
       (ⅱ)   概要
       ア  国土交通大臣による認可を必要とする事項
        (ア)   発行する株式又は新株予約権を引き受ける者の募集等の認可(東京地下鉄株式会社法第4条第1項)
          会社法(平成17年法律第86号)第199条第1項に規定するその発行する株式若しくは会社法第238条第1項
         に規定する募集新株予約権を引き受ける者の募集をし、又は株式交換に際して株式、新株予約権若しくは新
         株予約権付社債を発行しようとするときは、国土交通大臣の認可を受けなければなりません。
                                 16/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
        (イ)   代表取締役等の選定等の決議の認可(同法第5条)
          代表取締役又は代表執行役の選定及び解職並びに監査等委員である取締役若しくは監査役の選任及び解任
         又は監査委員の選定及び解職の決議は、国土交通大臣の認可を受けなければ、その効力を生じません。
        (ウ)   定款の変更等の認可(同法第7条)
          定款の変更、剰余金の配当その他の剰余金の処分(損失の処理を除く)、合併、分割及び解散の決議は、
         国土交通大臣の認可を受けなければ、その効力を生じません。
       イ  その他の規制事項
         国土交通大臣への事業計画及び財務諸表の提出義務(同法第6条、第8条)、国土交通大臣の監督・命令権限
        並びに報告指示及び検査権限(同法第9条、第10条)が規定されています。
       ウ  特例措置
        (ア)   商号の使用制限(同法第2条)
          当社でない者は、その商号中に東京地下鉄株式会社という文字を使用してはなりません。
        (イ)   一般担保(同法第3条)
          社債権者は、当社の財産について、民法の規定による一般の先取特権に次いで優先弁済を受けることがで
         きます。
     ②  鉄道事業に関する道路占用料について

       当社の路線は、主として道路の地下を運行しているため、道路法(昭和27年法律第180号)第39条第1項の規定に
      より、道路占用料徴収の対象となっていますが、出入口等の地上施設を除く地下施設については、現在、各種法
      令・条例等の減免措置の適用により、道路占用料の全額を免除されています。しかしながら、民間資本導入後につ
      いては、指定国道の地下施設の道路占用料の取扱いが未定となっています。さらに、現行の各種法令等の改正によ
      り、指定国道以外の道路においてもこの減免措置が受けられなくなった場合には、当社グループの業績等に影響を
      及ぼす可能性があります。
     ③  他事業者との競合等について

       当社グループは、運輸業において一部の鉄道事業者及びタクシー、バス等の交通機関と競合関係にあるほか、自
      家用車等の他の交通手段の利用の多寡にも影響を受けます。したがって、他事業者による新線開業や、他事業者同
      士による相互乗り入れ等の新しいサービスの提供は、当社の路線の輸送人員を減少させ、当社グループの業績等に
      影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社は他事業者との相互乗り入れ等により、当社の利用者の利便性向上及び輸送人員の拡大を図っていま
      すが、自然災害や事故、停電又は電力の使用制限その他の理由により相互乗り入れ等のサービスを提供できなく
      なった場合には、当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
     ④  長期債務について

       当社は、前身の営団時代から地下鉄ネットワークの整備拡充に努め、その建設資金の多くを財政融資資金法(昭
      和26年法律第100号)に基づく財政投融資による政府からの借入金及び交通債券等の長期資金にて調達してきまし
      た。また、当社は、これら債務の償還や鉄道事業を中心とした継続的な設備投資のために、社債の発行や借入金に
      より長期資金を調達しており、2021年3月31日現在の社債及び借入金残高は9,038億7千2百万円となっています。
       当社グループは、債務残高を収益力との関係性において一定の水準に抑制するなど財務規律を堅持し、財務健全
      性の維持・向上を図っていますが、金利が大幅に上昇した場合や当社の信用格付が引き下げられた場合には、当社
      グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
     ⑤  不動産事業及び流通・広告事業等について

       今後の人口動向やそれに伴う競争激化等の経営環境の変化を踏まえると、運輸業の拡大には一定の限度があるた
      め、当社グループの今後の成長及び収益基盤の強化という観点から、不動産事業及び流通・広告事業等、運輸業以
      外の事業分野である事業領域・規模の拡大を追求することが将来的な課題となっています。そのため、今後さらに
      これら事業の積極的な展開を促進していきますが、当社グループの経営資源の制約や経済環境の悪化等で、期待さ
      れる収益が獲得できず、又は、新たな事業分野におけるリスクが顕在化した場合等には、当社グループの業績等に
      影響を及ぼす可能性があります。
     ⑥  都営地下鉄との一元化について

                                 17/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       特殊会社である当社の使命は、東京地下鉄株式会社法の趣旨を踏まえて、できる限り速やかに完全民営化を目指
      すことであると認識しており、そのため、財務基盤の充実・強化を図るなどにより、できる限り早期の上場を目指
      す こととしています。
       当社は、当社と同じく東京都区部及びその周辺地域における地下鉄道事業を営む都営地下鉄とのサービスの一体
      化は、当社の利用者の利便性向上につながるものと考えており、地下鉄利用者の利便性向上への取組の検討を進め
      ていきます。
       また、当社は、当社株式のできる限り早期の上場を実現するため、国及び東京都との間で、当社の完全民営化並
      びに当社と都営地下鉄とのサービスの一体化及び経営の一元化に関して従来から意見交換を行っています。これら
      の課題について具体的な解決策やサービス向上策の実現に向けて実務的な検討を行うことを目的として、「東京の
      地下鉄の一元化等に関する協議会」が2010年8月に設置されました。また、2013年7月には都営地下鉄と当社との
      サービスの改善・一体化を推進することを目的として「東京の地下鉄の運営改革会議」が設置されました。当社・
      都営地下鉄間の運賃の乗換負担軽減策を含むサービスの一体化に関するこれらの協議の結果によっては、当社グ
      ループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
       他方、都営地下鉄については、公営企業という組織形態や累積欠損を抱えていること等を考慮すると、当社との
      経営の一元化を図るために解決されなければならない多くの問題が残されており、仮に経営の一元化を実施する場
      合においても、相当程度の時間を要することが想定されます。また、経営の一元化を実施する場合には、都営地下
      鉄の経営状況の改善や当社の企業価値向上が図られることが基本と考えますが、経営の一元化の具体的な内容に
      よっては、当社グループの経営に影響を及ぼす可能性があります。
     ⑦  新線建設について

       営団を廃止し、株式会社である当社を設立して民営化していくという国及び東京都の方針は、営団の設立目的で
      ある「地下鉄網の整備」に目途が立ったことから決定されたものであるという経緯も勘案し、当社は、2008年6月
      14日に開業した副都心線を最後として、今後は新線建設を行わない方針です。
       なお、今後新線建設に対する協力を求められる場合には、当社は都市鉄道ネットワークの一部を構成する事業者
      としての立場から、「当社の経営に悪影響を及ぼさない範囲内において行う」という方針で対応していきたいと考
      えています。
       また、1982年1月に免許申請を行った8号線(豊洲~亀有間14.7km)については、半蔵門線(水天宮前~押上
      間)の開業や輸送需要予測の減少等、免許申請時とは事業環境が異なってきたことから、当社としては、整備主体
      となることは極めて困難と認識しています。
     (4)  システム関連のリスク

     ①  情報システムについて
       当社グループの事業は、コンピューターシステムや通信ネットワークといった情報システムに大きく依存してい
      ます。当社グループでは、サイバーセキュリティ推進体制の整備や専門機関による定期的なシステム監査の実施等
      の施策に取り組んでいます。しかしながら、上記(2)①に記載した自然災害・事故等のほか、人為的ミス及びコン
      ピューターウィルス等並びに第三者による妨害行為等により、列車運行や電力供給に関するシステム等に障害が発
      生した場合には、正常な列車運行その他の事業運営に支障を来す可能性があり、またこれに伴う当社グループの社
      会的信用の低下等により、当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
     ②  個人情報保護について

       当社グループでは、各事業において顧客情報等の個人情報を保有しています。個人情報については当社グループ
      の「個人情報保護方針」に基づき厳正な管理を行っていますが、何らかの原因により情報が流出した場合には、損
      害賠償等による費用を負担する必要が生じるほか、当社グループに対する信用が損なわれる等により、当社グルー
      プの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

    (1)  経営成績等の状況の概要
      当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
     シュ・フロー(以下、「経営成績等」といいます。)の状況の概要は次のとおりです。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。
                                 18/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ①  財政状態及び経営成績の状況
       当連結会計年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により個人消費が弱含んでいるなど、
      厳しい状況が続いています。
       このような状況下で、当社グループは、中期経営計画「東京メトロプラン2021」に基づき、「安心の提供」、
      「持続的な成長の実現」、「東京の魅力・活力の共創」の全てに対し「挑戦」とそれを支える「志」を持って、各
      種施策を積極的に推進しました。
       また、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、経営は厳しい状況が続いており、今後の経営の見通しが不透明
      である中で、当社は、社長をトップとした経営改革会議を立ち上げ、設備投資・経費の削減をはじめとした抜本的
      な経営改善に向け、「選ばれる鉄道会社」を目指すべく新たに設定した3つのキーワードに基づき、各種施策に取
      り組みました。
       新型コロナウイルス感染症への取組については、緊急事態宣言を受けた終電時刻の繰上げや、窓開けによる車内
      換気、駅設備の消毒及び駅構内への消毒液設置、車両内及び駅構内の抗ウイルス・抗菌処置等を実施しました。一
      部駅のインフォメーションカウンターにおいては、飛沫感染防止用ビニールシートを設置しました。また、「東京
      メトロmy!アプリ」を公開し、改札口及び列車内の混雑状況の見える化に資する情報を提供しました。さらに、
      一部商業施設等については、緊急事態宣言を踏まえ、休業及び営業時間の短縮を実施しました。今後も、より一層
      お客様に安心してご利用いただけるよう努めていきます。
       当連結会計年度の業績は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、輸送人員の減による旅客運輸収入等の減少
      及び流通事業の売上の減少等により、営業収益が                       2,957億2千9百万円          (前期比    31.7%減    )となり、営業損失が          402
      億9千9百万円       (前期は営業利益        839億1千7百万円         )、経常損失が       476億8千9百万円         (前期は経常利益        749億1千
      万円  )、親会社株主に帰属する当期純損失が                   529億2千7百万円         (前期は親会社株主に帰属する当期純利益                    513億9
      千1百万円     )となりました。
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりです。

      [運輸業]
      <安心の提供>
       「安心=安全+サービス」の考えのもと、優れた技術力と創造力により、安全で快適な世界トップレベルの輸送
      サービスを提供するため、各種取組を実施しました。
      (自然災害対策の推進)
       震災対策として、震災時の早期運行再開を目的にトンネル中柱等の耐震補強工事を進めています。また、2020年
      12月に高架橋柱の耐震補強工事が完了しました。
       大規模浸水対策として、駅出入口において想定浸水の高さに応じた改良や防水扉・止水板等の設置を進めるとと
      もに、トンネル坑口への防水ゲートの設置を進めています。2020年度は、日比谷線三ノ輪駅等5駅8箇所に防水扉
      を、丸ノ内線銀座駅等4駅5箇所に止水板等を設置しました。
                                 19/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (駅ホームの安全性向上)
       ホームドアの整備として、2025年度までの全路線全駅への設置完了を目指しており、現在3路線において設置工
      事を進めています。2020年度に設置が完了した駅は以下のとおりです。
          設置時期                          設置駅
                  銀座線渋谷駅、日比谷線虎ノ門ヒルズ駅、日比谷線秋葉原駅、日比谷線中目黒駅、
        2020年4月~12月
                  東西線大手町駅、半蔵門線三越前駅、半蔵門線錦糸町駅
        2021年1月          東西線東陽町駅
        2021年2月          日比谷線上野駅
        2021年3月          日比谷線北千住駅、半蔵門線神保町駅
       ※銀座線、丸ノ内線、千代田線、有楽町線、南北線、副都心線は設置完了
       また、2020年11月に東西線東陽町駅で発生した白杖をご利用のお客様の転落事故を踏まえ、ホームドア稼働前の
      安全性向上のため、警備員の増配置や音声案内装置の設置等により「見守る目」の強化に取り組みました。さら
      に、当初の予定よりも工事期間を短縮し、当該駅においては2021年1月にホームドアの設置が完了しました。
      (新型車両の導入)
       安全性及び車内での快適性を向上させ、環境にも配慮した新型車両の導入を進めており、有楽町線・副都心線に
      導入した17000系車両については、2020年度グッドデザイン賞を受賞しました。なお、2020年度に導入した車両は以
      下のとおりです。
            路線名             車両名            今期導入数             導入数合計
        有楽町線・副都心線             17000系車両                 40両(4編成)             40両(4編成)
        丸ノ内線             2000系車両                 78両(13編成)            192両(32編成)
        日比谷線             13000系車両                 14両(2編成)            308両(44編成)
       ※日比谷線13000系車両は導入完了
      (セキュリティの強化)
       駅構内・車内でのテロ行為や犯罪に備え、駅構内のセキュリティカメラの更新及び増設を実施しました。また、
      車内セキュリティカメラの導入を進めています。
      (輸送サービスの改善)
       東西線における遅延・混雑対策として、南砂町駅における線路・ホーム増設等の各種工事を進めています。ま
      た、日比谷線においては、2020年6月に東武鉄道70090型車両を使用した座席指定制直通列車「THライナー」の運
      行開始及び利便性向上を目的としたダイヤ改正を実施しました。さらに、2021年3月に全路線でダイヤ改正を行
      い、夜間保守・作業時間の確保を目的に終電時刻を繰り上げるとともに、お客様のご利用状況に合わせ、運転本数
      の見直しを実施しました。
       オフピーク通勤・通学に向けた取組として、「メトロポイントクラブ(愛称:メトポ)」を活用した「東西線オ
      フピークプロジェクト」及び「豊洲オフピークプロジェクト」を通年で実施しました。
      (バリアフリー設備の整備)
       お身体の不自由なお客様をはじめとした全てのお客様に安心してご利用いただけるよう、エレベーター及びエス
      カレーターの整備を進めており、エレベーターを日比谷線仲御徒町駅等14駅に22基、エスカレーターを銀座線外苑
      前駅等7駅に14基設置しました。
      (利便性・快適性の向上)
       2020年6月に日比谷線虎ノ門ヒルズ駅を開業しました。また、同駅と銀座線虎ノ門駅、銀座線・丸ノ内線・日比
      谷線銀座駅と有楽町線銀座一丁目駅を新たな乗換駅として設定するとともに、一度改札を出場する場合の乗換時間
      を30分から60分へ拡大しました。また、駅構内のバリアフリー移動経路やホームと車両床面の段差・隙間等に関す
      る情報を分かりやすくお届けするWebサービス「スムーズメトロ」の提供を2020年7月に開始しました。さら
      に、2020年10月に旅行者や地下鉄に不慣れなお客様へのご案内のため、有楽町線池袋駅に旅客案内所を新設したほ
      か、銀座線リニューアルとして日本橋駅等5駅の改装工事が完了しました。
       東京の地下鉄のサービス一体化として、九段下駅等3駅で乗換エレベーターを整備しました。また、大手町駅に
      おいても乗換エレベーター設置工事を進めています。
      <持続的な成長の実現>

       積極的な事業展開や新技術の開発・導入によって収益基盤を強化し、将来にわたる持続的な成長を実現するた
                                 20/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      め、各種取組を実施しました。
      (お客様ニーズをとらえた取組)
       「東京メトロ24時間券」等の企画乗車券について、2020年6月からクレジットカードでのキャッシュレス購入が
                                  TM
      可能となりました。また、2020年10月からApple Pay                              のPASMOがご利用できるようになりました。
      (海外での事業展開)
       ベトナム及びフィリピンにおいて、独立行政法人国際協力機構から受注したプロジェクトを推進しています。ま
      た、インドネシアにおいて、ジャカルタMRT南北線の運営維持管理支援として実施される「インドネシア ジャ
      カルタMRT南北線 運営維持管理コンサルティングサービス 2nd Stage」に協力会社として参画して
      います。
      (新規事業の創出・推進)
       個室型ワークスペース「CocoDesk」については、設置拠点を拡大し、渋谷駅等24駅に43台を設置してい
      ます。
      <東京の魅力・活力の共創>

       地域や外部との積極的な連携を通じて、東京2020大会の成功につなげるとともに、その先の東京の発展も見据
      え、都市としての魅力・活力の創出と東京に集う人々の活き活きとした毎日に貢献するため、各種取組を実施しま
      した。
      (沿線地域と連携したにぎわいの創出)
       新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、例年開催していた車両基地イベントを中止し、「おうちで車両基
      地見学 in AYASE」を2020年12月からホームページ上で公開しています。
      (まちづくりとの連携)
       駅周辺開発を計画・検討する都市開発事業者等と連携した「えき・まち連携プロジェクト」として、2021年3月
      に日比谷線東銀座駅等5駅について新たに公募を行っています。
      (オープンイノベーションの推進)
       新規事業の創出、鉄道事業の進化等を目的に、「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」の
      実施を通じて、外部連携により新たな知見や技術を導入する取組を進めています。また、視覚障がいのあるお客様
      に駅を安心してご利用いただくことを目的としたナビゲーションシステム「shikAI」の提供を2021年1月か
      ら開始し、3月までに副都心線西早稲田駅等9駅に拡大しました。
      (新たなモビリティサービスの実現に向けた取組)
       鉄道、シェアサイクル、タクシー、コミュニティバス等の多様なモビリティやサービスと連携し、東京における
      大都市型MaaSとして「my! 東京MaaS」を開始しました。
       2020年8月に「my! 東京MaaS」の取組の一環として、MaaS機能を搭載した新アプリ「東京メトロm
      y!アプリ」を公開しました。また、2021年3月に東京都交通局と連携し、東京都心部における大都市型MaaS
      の実現を目指して、駅構内ナビゲーション機能を共同で提供しました。
      <経営基盤の強化>

       ESGの視点も踏まえ、中期経営計画に掲げる3つの柱の実現を確かなものとするため、経営基盤の強化を図っ
      ていきます。また、事業を通じて社会的課題の解決に取り組み、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献し
      ていきます。
       SDGsを踏まえた取組としては、環境問題・社会課題双方の解決に資する施策に充当する資金の調達手段とし
      て、当社初となる「サステナビリティボンド」を2020年6月に発行したほか、事業を通じて社会課題の解決を図る
      べく「サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)」を特定し、2020年9月に公表しました。さらに、地方と東
      京の交流人口増加による双方の持続的な発展に貢献するため、銀座駅にて地方自治体が開催する観光PR・物産展
      等を支援する取組を行ったほか、社会課題解決の意義等について社員の理解を深めるため、SDGsに関する社内
      研修を継続的に行っています。
       環境保全活動への取組としては、本年度までの長期環境戦略「みんなでECO.」に基づき、長期的かつ戦略的
      に環境負荷の低減につながる様々な施策に取り組んでいます。その一環として、新型車両(環境配慮型車両)の導
      入や車内及び駅構内照明のLED化を実施したほか、丸ノ内線四ツ谷駅に太陽光パネルを設置しました。
       社会貢献活動への取組としては、東京メトロ女子駅伝部「東京メトロ マーキュリー」の活動を通じてスポーツ
      選手が活躍できる環境づくりや社会・地域の活性化に貢献していきます。
                                 21/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       このほか、東京2020大会への取組として、東京2020大会のオフィシャルパートナー(旅客鉄道輸送サービス)で
      ある当社は、車両内のビジョン等で各競技の見どころ・観戦ポイントを紹介するプロジェクト「TOKYO SP
      O RTS STATION」を東日本旅客鉄道株式会社と共同で公開しています。
       運輸業の当連結会計年度の業績は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、輸送人員の減により旅客運輸収入
      が減少し、営業収益が          2,557億8千4百万円          (前期比    33.4%減    )、営業損失が       507億9千1百万円         (前期は営業利益
      709億9千9百万円         )となりました。
       (運輸成績表)

                              前連結会計年度
                                            当連結会計年度
                             (自    2019年4月1日
             種別         単位                    (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日       )
                                            至    2021年3月31日       )
        営業日数               日                366              365
        旅客営業キロ              キロ               195.0              195.0
        客車走行キロ              千キロ               292,574              296,597
                 定期      千人             1,608,003              1,129,132
        輸送人員
                 定期外       〃             1,156,999               690,355
                  計     〃             2,765,003              1,819,487
                 定期      百万円               155,188              107,587
        旅客運輸収入
                 定期外       〃              191,354              116,341
                  計     〃              346,542              223,928
        乗車効率               %                53              35
        (注)1 記載数値は、千キロ未満、千人未満、百万円未満を切り捨てて表示しています。
           2 乗車効率の算出方法:人キロ÷(客車走行キロ×客車平均定員)×100
      [不動産事業]

       不動産事業においては、鉄道事業とのシナジー効果を発揮しつつ、収益力向上を図るべく、各種開発を推進しま
      した。
       駅直結のエレベーター・エスカレーターと一体となった建物の整備を推進しており、2020年5月に日比谷線六本
      木駅において、「メトロシティ六本木」を開業しました。
       不動産事業の当連結会計年度の業績は、営業収益が                        134億7千4百万円         (前期比    3.2%減    )、営業利益が       44億9千
      9百万円    (前期比    3.6%減    )となりました。
      [流通・広告事業]

       流通・広告事業においては、収益確保を図るとともに、駅をご利用されるお客様の利便性を高めるため、グルー
      プ各社等との連携を図りながら各種施策を推進しました。
       流通事業については、2020年7月に「有楽町メトロピア」を新規開業したほか、銀座駅改装工事に伴い閉店して
      いた「Echika fit銀座」の営業を再開しました。また、「Esola池袋」や「Echika fit
      東京」等において店舗の入替を実施し、収益性の向上を図りました。
       広告事業については、車内デジタル広告「Tokyo Metro Vision」を合計295編成で販売し、駅
      コンコースデジタル広告「Metro Concourse Vision」等と合わせて、収益確保に努めまし
      た。
       情報通信事業については、車両内Wi-Fiサービスを全路線へ拡大しました。
       流通・広告事業の当連結会計年度の業績は、営業収益が                          310億8千6百万円         (前期比    25.5%減    )、営業利益が       53億
      4千4百万円      (前期比    35.8%減    )となりました。
       当社グループの財政状態については、当連結会計年度末における資産合計は前連結会計年度末に比べ                                              276億7千3

      百万円増    の 1兆7,624億6千1百万円            、負債合計は      933億6千7百万円増          の 1兆1,180億4千9百万円            、純資産合計は
      656億9千3百万円減          の 6,444億1千2百万円          となりました。
       資産の部の増加については、主に設備投資に伴う固定資産の増加等によるものです。
       負債の部の増加については、社債の発行及び長期借入れ等によるものです。
       純資産の部の減少については、主に親会社株主に帰属する当期純損失の計上によるものです。
                                 22/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       この結果、当連結会計年度末の自己資本比率は、                      36.6%   となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)は、前連結会計年度末に比べ                                                52億7千
      7百万円増加      し、当連結会計年度末には            708億2千万円       となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       当連結会計年度における営業活動による資金の増加は、                          116億2千2百万円         (前期比    1,250億3百万円収入減           )と
      なりました。これは、非資金科目である減価償却費867億7千5百万円を計上したこと等によるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当連結会計年度における投資活動による資金の減少は、                           1,378億3千1百万円          (前期比    279億9千1百万円支出
      減 )となりました。これは、有形及び無形固定資産の取得による支出が1,398億5千8百万円あったこと等によるも
      のです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       当連結会計年度における財務活動による資金の増加は、                          1,314億8千6百万円          (前期比    1,061億6千万円収入増           )
      となりました。これは、長期借入金の返済による支出が271億7千8百万円、社債の償還による支出が250億円あっ
      た一方で、社債の発行による収入が1,092億2千万円、長期借入れによる収入が900億円あったこと等によるもので
      す。
      ③  生産、受注及び販売の実績

       当社グループの業種構成はサービス業が中心であり、受注生産形態をとらない会社が多いため、「①                                               財政状態及
      び経営成績の状況」においてセグメントの業績を記載することとしています。
    (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。
     ①  当連結会計年度の財政状態及び経営成績に関する認識及び分析・検討内容
       財政状態及び経営成績の分析は次のとおりです。
       当連結会計年度の財政状態については、「(1)                      経営成績等の状況の概要」の「①                財政状態及び経営成績の状況」
      に記載しています。
                                 23/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                       前連結会計年度            当連結会計年度
                      (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日          増減額       増減率
                      至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
                                                         %
     営業収益                         433,147            295,729      △137,417        △31.7
     営業費                         349,229            336,029      △13,199        △3.8
     営業利益又は営業損失(△)                         83,917           △40,299      △124,217          -
     営業外収益                          2,134            3,789       1,655       77.5
     営業外費用                         11,142            11,179         36      0.3
     経常利益又は経常損失(△)                         74,910           △47,689      △122,599          -
     特別利益                         20,594            27,881       7,287       35.4
     特別損失                         20,438            29,587       9,149       44.8
     税金等調整前当期純利益又は
                             75,066           △49,395      △124,461          -
     税金等調整前当期純損失(△)
     親会社株主に帰属する当期純利益
     又は親会社株主に帰属する当期                         51,391           △52,927      △104,318          -
     純損失(△)
     [営業収益及び営業損失]

       当連結会計年度の営業収益は、前連結会計年度に比べ                         1,374億1千7百万円減           の 2,957億2千9百万円          となりまし
      た。
       これは、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、輸送人員の減による旅客運輸収入等の減少及び流通事業の売
      上が減少したことによるものです。
       営業費は、前連結会計年度に比べ                131億9千9百万円減          の 3,360億2千9百万円          となりました。これは、コスト削
      減の取組み及び流通事業の売上の減に伴う売上原価の減少等によるものです。
       以上の結果、当連結会計年度の営業損失は、前連結会計年度に比べ                               1,242億1千7百万円減           の 402億9千9百万円
      となりました。なお、各セグメントの営業損失の分析については、「(1)                                  経営成績等の状況の概要」の「①                財政状
      態及び経営成績の状況」に記載しています。
     [営業外損益及び経常損失]

       当連結会計年度の営業外収益は、受取受託工事事務費等の計上により、前連結会計年度に比べ                                            16億5千5百万円
      増 の 37億8千9百万円        となりました。
       営業外費用は、前連結会計年度に比べ                 3千6百万円増       の 111億7千9百万円         となりました。
       以上の結果、当連結会計年度の経常損失は、前連結会計年度に比べ                               1,225億9千9百万円減           の 476億8千9百万円
      となりました。
     [特別損益及び親会社株主に帰属する当期純損失]

       当連結会計年度の特別利益は、鉄道施設受贈財産評価額等の計上により、前連結会計年度に比べ                                             72億8千7百万
      円増  の 278億8千1百万円         となりました。
       特別損失は、固定資産圧縮損及び減損損失等の計上により、前連結会計年度に比べ                                      91億4千9百万円増         の 295億8
      千7百万円     となりました。
       以上の結果、当連結会計年度の税金等調整前当期純損失は                           493億9千5百万円         となり、法人税等を加減した親会社
      株主に帰属する当期純損失は前連結会計年度に比べ                        1,043億1千8百万円減           の 529億2千7百万円         となりました。
       当社グループは、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、厳しい経営状況にある中で、設備投資・経費・人件

      費の削減を継続的に進めることにより経営の効率性を高め、業績の回復に努めました。今後は、ポストコロナも見
      据え「選ばれる鉄道会社」を目指すべく新たに設定した3つのキーワードを念頭に、中期経営計画「東京メトロプ
      ラン2021」に基づく各種施策を進めることで、持続的な企業価値の向上を図っていきます。
       なお、詳細につきましては、「(2)経営環境、優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題等」をご参照くださ
      い。
     ②  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況については、「(1)                              経営成績等の状況の概要」の「②キャッシュ・
      フローの状況」に記載のとおりであり、営業活動により得られた資金並びに社債及び借入金を設備投資などに充当
      しています。
       当社グループの主な資金需要は、営業活動に係る資金支出では、鉄道事業に係る修繕費や管理委託費等の経費、
                                 24/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      人件費などがあります。また、投資活動に係る資金支出では、車両更新やホームドア整備などの安全対策、バリア
      フリー設備の整備などの旅客サービス等の運輸業への投資のほか、持続的な成長を実現する不動産事業及び流通・
      広 告事業への投資等があります。
       資金調達の方法は、償却前営業利益を基本に、不足する資金を金融市場動向等に鑑み、社債の募集及び金融機関
      からの借入により長期資金を調達しています。なお、社債の募集にあたっては、株式会社格付投資情報センターよ
      りAA、株式会社日本格付研究所よりAAAの信用格付を取得しています。また、運転資金として短期的に資金を
      必要とする場合は、国内金融機関との当座貸越契約により短期資金を調達することで、緊急時の流動性を確保して
      います。これらにより、当社グループの事業運営に必要な運転資金、設備投資資金の調達は問題なく対応可能と認
      識しています。
     ③  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づき作成され、連結財務諸表
      の作成にあたっては連結決算日における資産・負債及び当連結会計年度における収益・費用の数値に影響を与える
      事項について、過去の実績や現在の状況に応じ合理的と考えられる様々な要因に基づき見積りを行った上で、継続
      して評価を行っています。ただし、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、見積りと異なる場合があり
      ます。なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、「重要な会計上の見積り」に記載しています。
      ⅰ有価証券の評価
        当社グループが保有する有価証券のうち、市場価額のある有価証券は時価の著しい下落が生じた場合に、市場
       価額のない有価証券は、発行会社の財政状態の悪化により実質価額が著しく下落した場合等に、損失の計上が必
       要となる場合があります。
      ⅱ固定資産の減損

        当社グループは多くの固定資産を保有しており、回収可能価額を将来キャッシュ・フロー、割引率、正味売却
       価額など多くの前提条件に基づいて算出しています。そのため、当初見込んだ収益が得られなかった場合、又は
       算出の前提条件に変更があった場合には、損失が発生する可能性があります。
      ⅲ繰延税金資産

        当社グループは、繰延税金資産の回収可能性の評価に際して、将来の課税所得を合理的に見積っています。繰
       延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存しますので、その見積額が減少し繰延税金資産の一部
       又は全部を将来実現できないと判断した場合、その判断を行った期間に繰延税金資産が減額され税金費用が計上
       される可能性があります。
      ⅳ退職給付債務及び費用

        従業員の退職給付債務及び費用は、数理計算上で設定される割引率、退職率、死亡率及び長期期待運用収益率
       等の前提条件に基づいて算出しています。
        実際の結果が、前提条件と異なる場合、又は前提条件が変更された場合、退職給付債務及び費用に影響を及ぼ
       す可能性があります。
    4  【経営上の重要な契約等】

       特記すべき事項はありません。
    5  【研究開発活動】

       特記すべき事項はありません。
                                 25/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

       当連結会計年度の総投資額は、1,285億2千6百万円となりました。なお、設備投資の金額には、無形固定資産へ
      の投資額を含めて記載しています。
       運輸業については、車両更新などの安全対策、駅空間整備やバリアフリー設備の整備などの旅客サービス等を実
      施し、設備投資額は1,243億4千8百万円となりました。
       不動産事業については、渋谷マークシティ設備更新工事等に伴い、設備投資額は27億5千2百万円、流通・広告
      事業については、Echika            fit銀座の営業再開等に伴い、設備投資額は15億7千3百万円となりました。
       その他の設備投資額は、1億2千5百万円となりました。
    2  【主要な設備の状況】

       当社グループの2021年3月31日現在におけるセグメントごとの設備の概要は次のとおりです。
     (1)  セグメント総括表

                           帳簿価額(百万円)

                                                土地面積     従業員数
     セグメントの名称
               建物及び     機械装置
                                                 (㎡)     (人)
                           土地    建設仮勘定      その他      合計
                構築物    及び運搬具
                                               1,345,245       10,914
    運輸業            893,663     197,183     163,401     146,703      10,678    1,411,630
                                                [58,915]      [1,368]
                                                 40,984       143
    不動産事業            38,658       219    10,472      3,618       72    53,041
                                                  [-]     [29]
                                                 27,325       479
    流通・広告事業            11,928       936    1,895      385     400    15,547
                                                  [654]     [721]
                                                   -     282
    その他(注4)              212      1     9     13      9     247
                                                  [-]     [229]
                                                   -     -
    セグメント間消去額             △562       -     -     -     -    △562
                                                  [-]     [-]
                                               1,413,555       11,818
        合計        943,900     198,342     175,778     150,721      11,161    1,479,904
                                                [59.569]      [2,347]
     (注)   1 帳簿価額「その他」は工具器具備品等です。
       2 土地面積[ ]内は連結会社以外から賃借中の面積(外書)です。
       3 従業員数[ ]内は臨時従業員の平均人員(外書)です。
       4 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントです。
      ※以下にセグメント別の主要な設備の内訳を記載します。

     (2)  運輸業

      (提出会社)
       線路及び電路設備
                       営業キロ        駅数       軌間       電圧

               区間                                    集電方式
                        (km)      (ヶ所)       (m)       (V)
    銀座線      浅草~渋谷               14.2        19
           池袋~荻窪               24.2        25     1.435      直流600     サードレール
    丸ノ内線
           中野坂上~方南町                3.2        3
    日比谷線      北千住~中目黒               20.3        22
    東西線      中野~西船橋               30.8        23
    千代田線      北綾瀬~代々木上原               24.0        20
    有楽町線      和光市~新木場               28.3        24     1.067     直流1,500      架空線
    半蔵門線      渋谷~押上               16.8        14
    南北線      目黒~赤羽岩淵               21.3        19
    副都心線      小竹向原~渋谷               11.9        11
            合計              195.0        180     -       -       -
                                 26/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       車両数
                      電動客車             付随客車               計

                       (両)             (両)             (両)
    銀座線                       240              -             240
    丸ノ内線                       235             101             336
    日比谷線                       308              -             308
    東西線                       234             286             520
    千代田線                       166             232             398
    有楽町線・副都心線                       276             284             560
    半蔵門線                       125             125             250
    南北線                        82             56             138
         合計                 1,666             1,084             2,750
       車両基地

                                            帳簿価額(百万円)

                 車庫・工場名              所在地
                                                   土地
                                        建物及び構築物
                                                  (面積㎡)
                                                      1,587
    銀座線           上野車両基地            東京都台東区                  1,869
                                                     (9,810)
                                                       239
               小石川車両基地            東京都文京区                  1,606
                                                     (27,216)
    丸ノ内線
                                                       118
               中野車両基地            東京都中野区                  2,077
                                                     (59,100)
                                                       495
               千住車両基地            東京都荒川区                  1,069
                                                     (40,957)
    日比谷線
                                                       932
               竹ノ塚車両基地            東京都足立区                   754
                                                     (38,631)
                                                      2,060
               深川車両基地            東京都江東区                  5,127
                                                     (86,860)
    東西線
                                                       485
               行徳車両基地            千葉県市川市                  1,057
                                                     (56,270)
                                                      1,712
    千代田線           綾瀬車両基地            東京都足立区                  2,607
                                                    (147,477)
                                                      2,168
               新木場車両基地            東京都江東区                  2,709
                                                    (144,577)
    有楽町線・副都心線
                                                      4,082
               和光車両基地            埼玉県和光市                  2,046
                                                    (119,281)
                                                      7,673
    半蔵門線           鷺沼車両基地            神奈川県川崎市                  1,918
                                                     (67,132)
                                                       -
    南北線           王子車両基地            東京都北区                   778
                                                       (-)
                                 27/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (3)  不動産事業
      (提出会社)
                               建物及び構築物             土地

                                                     賃貸面積
            名称             所在地
                                 帳簿価額        面積     帳簿価額
                                                     (㎡)
                                 (百万円)        (㎡)     (百万円)
     赤坂MKビル※1                  東京都港区              311      654        4    2,073
     メトロシティ南池袋                  東京都豊島区              207      219      104     1,384
     メトロシティ西池袋                  東京都豊島区              285      620      319     3,338
     千住MKビル※1                  東京都足立区              252      275       86     1,229
     アクロポリス東京※1                  東京都新宿区              227      286       67     2,075
     ベルビー赤坂ビル                  東京都港区             1,617        -      -    11,191
     茗荷谷駅MFビル※1                  東京都文京区              413       -      -     2,444
     渋谷マークシティ※1                  東京都渋谷区             7,157        50      222     27,727
     東京メトロ清澄白河ビル                  東京都江東区              468       999       70     4,174
     東京メトロ東陽町ビル                  東京都江東区              299       -      -     3,407
     AOYAMA       M's   TOWER※2
                       東京都港区             1,241        878      760     9,753
     渋谷ヒカリエ※1                  東京都渋谷区             3,121        15      30     7,582
     メトロシティ神谷町※1                  東京都港区              833       -      -     6,789
     メトロステージ上野                  東京都台東区              783       556      358     5,206
     早稲田駅前ビル                  東京都新宿区              919       -      -     2,920
     築地第一長岡ビル                  東京都中央区             1,885        -      -     6,342
                       東京都千代田
     PMO半蔵門                               3,119        -      -     8,105
                       区
     西陣上野ビル                  東京都台東区              161       321      877     1,704
     PMO新宿御苑前                  東京都新宿区             2,394        -      -     4,238
     渋谷スクランブルスクエア※1                  東京都渋谷区             2,102        -      -     4,177
                       東京都千代田
     新半蔵門ビル                               1,662        -      -     3,931
                       区
     (注)   ※1 赤坂MKビル、千住MKビル、アクロポリス東京、茗荷谷駅MFビル、渋谷マークシティ、渋谷ヒカリ
         エ、メトロシティ神谷町及び渋谷スクランブルスクエアは共同所有物件であり、記載の数値は当社の持分相
         当です。
       ※2 AOYAMA M's TOWERは当社子会社との共同所有物件であり、記載の数値は当社の持分相当
         です。
      (子会社)

                               建物及び構築物             土地

                                                     賃貸面積
            名称             所在地
                                 帳簿価額         面積     帳簿価額
                                                      (㎡)
                                 (百万円)         (㎡)     (百万円)
     東京メトロ都市開発㈱                  東京都新宿区             3,609      2,851      4,771      40,962
     メトロ開発㈱                  東京都中央区              52      233      113     1,129
     (注) 賃貸面積は、連結会社以外への賃貸面積です。
                                 28/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (4)  流通・広告事業
      (提出会社)
                               建物及び構築物             土地

                                                     賃貸面積
            名称             所在地
                                 帳簿価額         面積     帳簿価額
                                                      (㎡)
                                 (百万円)         (㎡)     (百万円)
     アコルデ代々木上原(注)                  東京都渋谷区              430       -      -     3,690
     メトロ・エム後楽園                  東京都文京区              405       -      -     4,018
     メトロ・エム高島平                  東京都板橋区              670     18,182         33    12,161
     M’avみょうでん                  千葉県市川市              516       -      -     3,722
     南砂一丁目店舗                  東京都江東区              223      2,538       473     3,563
     Esola池袋                  東京都豊島区             2,289        -      -     4,894
     (注) アコルデ代々木上原は共同所有物件であり、記載の数値は当社の持分相当です。
      (子会社)

                               建物及び構築物             土地

                                                     賃貸面積
            名称             所在地
                                 帳簿価額         面積     帳簿価額
                                                      (㎡)
                                 (百万円)         (㎡)     (百万円)
     メトロ開発㈱                  東京都中央区             2,360        -      -    35,000
     (注) 賃貸面積は、連結会社以外への賃貸面積です。
                                 29/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    3  【設備の新設、除却等の計画】
                                 投資予定金額           着手及び完了予定年月

     セグメントの
                    工事件名
                                 総額    既支払額
       名称
                                            着手        完了
                                (百万円)     (百万円)
       運輸業      浅草駅折返し線整備                    15,000      4,268    2016年2月        2023年度

                     (注)3

       運輸業                          71,000     44,917     2008年11月        2028年度
             銀座線渋谷駅移設
       運輸業      飯田橋駅~九段下駅間折返し設備整備                    27,000      8,143    2015年4月        2027年度

       運輸業      茅場町駅改良                    17,000      8,390    2011年2月        2027年度

       運輸業      木場駅改良                    22,000      5,948    2013年12月        2026年度

       運輸業      南砂町駅改良                    75,000     38,196     2012年3月        2029年度

       運輸業      銀座駅改装                    22,000     16,348     2017年3月        2023年度

       運輸業      日比谷線ホームドア整備                    13,000      5,259    2017年3月        2023年度

       運輸業      東西線ホームドア整備                    27,000      7,185    2016年6月        2027年度

       運輸業      半蔵門線ホームドア整備                    10,000      6,554    2016年6月        2023年度

       運輸業      セキュリティカメラ整備                    18,500      6,920    2016年7月        2030年度

       運輸業      車両更新                    22,000       ―   2021年4月        2021年度

     (注)   1 経常的な設備投資に伴うものを除き、重要な設備の除却及び売却の計画はありません。

       2 設備の新設に対する所要資金は、自己資金、社債、借入金及び工事負担金等で充当する予定です。
       3 当該工事については、関係先と調整中のため総額は総事業費、既支払額は当社の支払総額を記載していま
         す。
                                 30/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                   2,324,000,000

                計                                 2,324,000,000

      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2021年3月31日       )  (2021年6月30日)          商品取引業協会名
                                            単元株式数 1,000株
                                          完全議決権株式であり、権利内
       普通株式          581,000,000          581,000,000         非上場
                                          容に何ら限定のない当社におけ
                                          る標準となる株式です。
        計         581,000,000          581,000,000           -            -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】

       該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    2004年4月1日            581,000,000       581,000,000         58,100       58,100       62,167       62,167
     (注) 発行済株式総数、資本金及び資本準備金の増加は会社設立によるものです。
        なお、営団は、東京地下鉄株式会社法附則第6条、第7条及び第11条の規定に基づき、2004年4月1日付けで
        当社にその財産の全部を出資しており、それにより取得した株式を営団への出資の割合に応じて政府及び東京
        都に無償譲渡しています。1株当たりの発行価格は207円(内資本組入額100円)です。
                                 31/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2021年3月31日       現在
                      株式の状況(1単元の株式数1,000株)
                                                    単元未満
                                 外国法人等
           政府及び
      区分                                              株式の状況
                     金融商品     その他の                個人
           地方公共     金融機関                                計
                                                     (株)
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数
              2   -     -     -     -     -     -       2   -
    (人)
    所有株式数
           580,999      -     -     -     -     -     -    580,999       1,000
    (単元)
    所有株式数
            100.00     -     -     -     -     -     -     100.00      -
    の割合(%)
     (6)  【大株主の状況】

                                               2021年3月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
          財務大臣           東京都千代田区霞が関三丁目1番1号                       310,343,185           53.42
          東京都          東京都新宿区西新宿二丁目8番1号                       270,656,815           46.58

           計                   -             581,000,000          100.00

     (7)  【議決権の状況】

      ①【発行済株式】
                                               2021年3月31日       現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                      -          -             -

    議決権制限株式(自己株式等)                      -          -             -

    議決権制限株式(その他)                      -          -             -

    完全議決権株式(自己株式等)                      -          -             -

                                           単元株式数 1,000株
                      普通株式
    完全議決権株式(その他)                                     権利内容に何ら限定のない当社
                                   580,999
                        580,999,000
                                         における標準となる株式です。
                      普通株式
    単元未満株式                                -      1単元(1,000株)未満の株式
                           1,000
    発行済株式総数                   581,000,000            -             -
    総株主の議決権                      -         580,999              -

      ②【自己株式等】

                                               2021年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名
                                                  総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
        又は名称
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
          -             -          -       -       -       -
          計             -          -       -       -       -
                                 32/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】

       該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3 【配当政策】

       当社は、東京都区部及びその周辺において、公共性の高い地下鉄事業を中心に事業展開を行っており、長期にわ
      たる安定的な経営基盤の確保・強化に努めるとともに、継続的かつ安定的な配当を行うことを基本方針とします。
       また、当社は会社法第454条第5項に規定する剰余金の配当(以下「中間配当」といいます。)を行うことができ
      る旨を定款に定めており、配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会です。
      ただし、当面は、各事業年度につき1回、期末配当のみを実施することを基本的な方針とします。
       当事業年度の剰余金の配当については、新型コロナウイルス感染症の影響により旅客運輸収入が減少し、大幅に
      赤字となったこと等を踏まえ、1株当たり16円としました。この結果、当事業年度は、自己資本当期純利益率△
      8.1%、純資産配当率1.5%となりました。
       内部留保金については、企業価値向上の観点から、ホームドア整備等の安全対策やバリアフリー設備整備等の旅
      客サービス向上に向けた投資等へ活用していく方針としています。
       なお、東京地下鉄株式会社法に基づき、剰余金の配当その他剰余金の処分の決議は、国土交通大臣の認可を受け
      なければその効力を生じません。
      (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりです。

                      配当金の総額            1株当たり配当額
          決議年月日
                       (百万円)              (円)
         2021年6月29日
                            9,296              16
        定時株主総会決議
                                 33/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、全てのステークホルダーへの提供価値を高め、より信頼される企業となるため、コーポレート・ガバ
       ナンスの充実を図ることで経営の透明性・公正性を確保するとともに、迅速な業務遂行に努め、より効率的な企
       業経営による経営基盤の強化を目指しています。
      ②会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況(有価証券報告書提出日現在)

      ⅰ会社の機関の基本説明
        当社の取締役会は、社外取締役1名を含む14名で構成され、原則月1回の開催により、法令又は定款に規定す
       るもののほか、経営に関する重要な事項についての決定及び業務執行の監督を行っています。
        また、社長の諮問機関である経営会議は、社長、副社長、専務取締役及び常務取締役並びに取締役(経営企画
       本部長及び鉄道本部長)で構成する(必要に応じ、社長の指名する者が出席)こととしており、経営に関する重
       要な事項について審議し、迅速かつ適切な業務執行を行っています。
        当社は監査役制度を採用しており、3名の社外監査役を含む監査役4名で構成され、監査役会の開催のほか、
       取締役会その他重要な会議への出席、重要な決裁書類の閲覧など、取締役の職務執行について厳正な監査を行っ
       ています。
                  コーポレート・ガバナンス体制に関する模式図

    ※当社は、東京メトログループの全役職員からコンプライアンスに関する相談・通報を受け付ける








    窓口として「東京メトログループヘルプライン」を開設しています。相談・通報内容に対しては、
    事実関係の調査、対策方針等の検討を行うとともに、必要に応じてコンプライアンス・リスクマネ
    ジメント委員会で協議し、適切に対応しています。
      ⅱ内部統制システムの整備状況

        コンプライアンスの推進、財務報告の信頼性の確保、業務の有効性・効率性の向上及び資産の保全の4つの目
       的を達成するため、当社における内部統制システムの基本方針を次のとおり決議しています。
       ア 当社の取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
        ・ コンプライアンスに関する規程及び行動基準に基づき、取締役社長を最高推進責任者とする体制のもと、
         コンプライアンスを重視した職務の執行を推進します。
        ・ 総括推進責任者(最高推進責任者の指名した取締役)を委員長とするコンプライアンスに関する委員会を
                                 34/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
         設置し、必要な案件を協議します。
        ・ 監査室は、各部門の業務全般について内部監査に関する規程に基づき監査を実施します。
        ・ コンプライアンスの一層の浸透を図るため、すべての役職員を対象とする研修を継続的に実施します。
        ・ 内部通報制度を設け、コンプライアンスに反する行為又は疑問のある行為に対して適切に対処します。
          内部通報をした者に対しては、内部通報制度を活用したことを理由として、不利益な取扱いは行いませ
         ん。
        ・ 財務報告の信頼性を確保するための内部統制を整備及び運用します。
        ・ 秩序や安全を脅かす反社会的勢力とは決して関係を持たず、反社会的勢力の活動を助長するような行為は
         行いません。
       イ 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

        ・ 取締役の職務執行に係る文書に関し、文書管理に関する規程に基づき適切に保存及び管理します。
       ウ 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

        ・ リスクマネジメントに関する規程及び基本方針に基づき、取締役社長を最高推進責任者とする体制のも
         と、リスク管理体制を構築し、具体的リスクへの対応を適切に実施します。
        ・ 総括推進責任者(最高推進責任者の指名した取締役)を委員長とするリスクマネジメントに関する委員会
         を設置し、必要な案件を協議します。
        ・ 鉄道輸送の安全確保のため、事故、災害及び不測の異常事態に関しては、事故、災害等の対策に関する規
         程に基づき適切に対応するほか、鉄道輸送について更なる安全管理体制の充実を図ります。
       エ 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        ・ 社長を議長とする取締役会を開催し、経営に関する最重要事項の審議、取締役の職務執行状況の監督等を
         行うほか、経営の機動的かつ円滑な遂行のために、社長を議長とする経営会議を開催し、経営に関する重要
         事項を審議します。
        ・ 取締役会において中期経営計画に基づく経営目標値及び業績評価指標を踏まえた年度計画を策定し、業績
         の管理を行います。
        ・ 業務組織、業務分掌、職制及び職務権限に関する規程に基づき、組織的かつ効率的な職務執行を図りま
         す。
       オ 当社及び当社子会社(以下「グループ会社」といいます。)から成る企業集団における業務の適正を確保す

        るための体制
        ・ コンプライアンス及びリスクマネジメントに関する規程に基づき、コンプライアンス及びリスクマネジメ
         ントへの取組を、グループ全体として推進します。さらに、内部通報制度の相談・通報範囲をグループ全体
         とします。内部通報をした者に対しては、内部通報制度を活用したことを理由として、不利益な取扱いは行
         いません。
        ・ グループ会社管理に関する規程に基づき、グループ全体の適正かつ効率的な業務執行を図ります。
        ・ 財務報告の信頼性を確保するための内部統制を、グループ全体の取組として推進します。
        ・ グループ会社は、グループ会社管理に関する規程の定めるところに従い、当社に報告し、決定に際して
         は、当社の承認を経るものとします。
        ・ 監査室は、グループ会社の業務全般について内部監査に関する規程に基づき監査を実施します。
       カ 当社の監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項

        ・ 監査役室は業務執行部門から独立した組織とし、監査役室長は監査役の命を受け、監査役の監査に関する
         補助業務を行います。
        ・ 監査役室に室長を含む使用人数名を置き、監査業務を補助すべき専属の使用人とします。
        ・ 監査役室の使用人の人事については、監査役と事前協議します。
       キ 当社の監査役への報告に関する体制

        ・ 監査室は、内部監査結果について社長に報告後、監査役に報告します。
        ・ 取締役及び使用人は、監査役に対し、計算書類及びその附属明細書、株主総会に提出する議案及び書類並
                                 35/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
         びに会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実及び後発事象に関する文書を提出するとともに、業務執行
         に関する重要な決裁文書等の文書類を回付し、説明を行います。
        ・ 取締役及び使用人は、監査役会規程の定めるところに従い、監査役会において報告を行います。
        ・ 取締役及び使用人は、グループ会社管理に関する規程の定めるところに従い、グループ会社の取締役及び
         使用人から報告を受け、監査役に報告します。
        ・ 上記の報告をした者に対しては、当該報告を行ったことを理由として、不利益な取扱いは行いません。
       ク その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

        ・ 代表取締役は、監査役と定期的に意見交換を行います。
        ・ 取締役は、監査役が重要な会議に出席し、必要に応じて意見を述べることができるよう措置します。
        ・ 監査室及び会計監査人は、監査役又は監査役会に、監査に関する報告をするほか、相互の監査計画につい
         ての意見の交換を図り、連絡を密にします。
        ・ 監査役又は監査役会は、その職務の執行上必要がある場合は、社長の承認を得て監査役室以外の使用人に
         臨時に監査に関する業務を行わせることができます。
        ・ 監査役は、職務の執行上必要と認める費用について、監査役監査規程の定めに従い、会社に請求すること
         ができます。
      ③リスク管理体制の整備状況

        当社は、鉄道運行に関する事故等への対応強化を図るとともに、グループ全体のリスクマネジメント体制の強
       化を図るため、コンプライアンス・リスクマネジメント基本規程に基づき、リスクに対する施策を実行し、リス
       クの低減と防止に努めています。
        また、企業不祥事や法令違反などを惹起するリスクに対しては、東京メトログループコンプライアンス行動基
       準を基に、コンプライアンスマニュアルの活用や社員に対する教育を行うなど、コンプライアンス経営の推進を
       図っています。
      ④責任限定契約の内容の概要

        当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び監査役との間において、会社法第423条第1項の損害
       賠償責任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としてい
       ます。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役及び監査役が責任の原因となった職務の遂行につ
       いて善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
      ⑤役員等賠償責任保険契約の内容の概要

        当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しています。当
       該保険により被保険者が法律上負担することになる、第三者訴訟において発生する争訟費用及び損害賠償金を塡
       補することとしています。
        当該保険契約の被保険者は取締役及び監査役です。
      ⑥役員報酬の内容

        当事業年度において、当社の取締役及び監査役に支払った報酬等は以下のとおりです。
                     報酬等の総額             対象となる
          役員区分                                       摘要
                     (基本報酬)             役員の員数
          取締役            287百万円              15名        うち、社外取締役7百万円
          監査役            56百万円             4名        うち、社外監査役35百万円
        (注)1 上記には、2020年10月31日をもって退任した取締役1名を含めています。
          2 上記支給額には、当期中に役員退職慰労引当金として費用計上した、取締役分31百万円(うち社外取
            締役分0百万円)、監査役分4百万円(うち社外監査役分1百万円)を含んでいます。  
          3 取締役の報酬限度額は、年額300百万円です。
            (2004年3月24日開催の創立総会決議)
          4 監査役の報酬限度額は、年額70百万円です。
            (2004年3月24日開催の創立総会決議)
                                 36/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ⑦取締役の定数
        当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めています。
      ⑧取締役の選解任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
       株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めています。
        また、累積投票による取締役の選任については、累積投票によらない旨を定款に定めています。
      ⑨株主総会の特別決議要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議に
       ついては、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3
       分の2以上をもって行う旨を定款に定めています。
      ⑩株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項

        当社は、株主への利益還元を機動的に行えるよう、取締役会の決議によって、毎年9月30日の最終の株主名簿
       に記載又は記録された株主又は登録株式質権者に対して会社法第454条第5項による中間配当をすることができる
       旨を定款に定めています。
                                 37/102














                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性17名 女性1名 (役員のうち女性の比率                      5.5%)
                                                     所有株式
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      数(株)
                                1976年4月     運輸省入省
                                2014年7月     国土交通省国土交通事務次官
                                2015年8月     同 顧問
        代表取締役
                                                  (注)
                 本 田   勝       1953年4月27日                               -
                                                   1
         会長
                                2015年12月     損害保険ジャパン日本興亜株式
                                     会社 顧問
                                2019年6月     当社代表取締役会長(現在)
                                1980年6月     東京都入都
                                2010年7月     同 病院経営本部長
                                2012年7月     同 福祉保健局長
        代表取締役
                                                  (注)
                 川 澄 俊 文       1955年7月18日        2014年7月     同 政策企画局長                  -
                                                   1
         副会長
                                2016年6月     同 副知事
                                2018年8月     (公財)東京都環境公社理事長
                                2019年6月     当社代表取締役副会長(現在)
                                1980年4月     帝都高速度交通営団入団
                                2007年6月     当社鉄道本部鉄道統括部長
                                2011年6月     同 取締役 鉄道本部安全・技
                                     術部及び運転部担当
                                2013年6月     同 取締役 鉄道本部鉄道統括
        代表取締役
                                                  (注)
                                     部及び営業部担当
                 山 村 明 義       1958年3月3日                               -
                                                   1
         社長
                                2014年6月     同 常務取締役 鉄道本部鉄道
                                     統括部及び営業部担当
                                2015年6月     同 専務取締役 鉄道本部長 
                                     社長特命事項担当
                                2017年6月     同 代表取締役社長(現在)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1984年4月
                                2011年4月     当社人事部長
                                2015年6月     同 取締役 人事部長
                                     同 取締役 経営企画本部副本
                                2016年4月
                                     部長 人事部及びシェアードサ
        常務取締役
                                                  (注)
                                     ービスセンター担当
       経営企画本部長          古 屋 俊 秀       1960年9月17日                               -
                                                   1
                                     同 取締役 経営企画本部副本
                                2017年5月
                                     部長 人事部担当
                                     同 常務取締役 経営企画本部
                                2017年6月
                                     長 人事部担当
                                     同 常務取締役 経営企画本部
                                2021年6月
                                     長(現在)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1984年4月
                                     当社鉄道本部改良建設部長
                                2010年4月
                                     同 取締役 鉄道本部改良建設
                                2015年6月
                                     部長 鉄道本部工務部担当
        常務取締役
                                                  (注)
                 野 焼 計 史       1959年3月26日                               -
                                                   1
        鉄道本部長
                                     同 取締役 鉄道本部工務部及
                                2016年4月
                                     び改良建設部担当
                                2017年6月     同 常務取締役 鉄道本部長
                                     (現在)
                                 38/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      数(株)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1984年4月
                                2013年4月     当社事業開発部長
                                     同 取締役 事業開発部長
                                2015年6月
        常務取締役
                                                  (注)
                 黒 須 良 行       1961年1月13日                               -
                                                   1
       事業開発本部長
                                     同 取締役 事業開発本部長
                                2016年4月
                                     同 常務取締役 事業開発本部
                                2017年6月
                                       長(現在)
                                     東京都入都
                                1982年4月
                                2016年7月     建設局長
        常務取締役
                                                  (注)
                 西 倉 鉄 也       1958年4月26日                               -
                                2018年4月     東京都技監(建設局長兼務)
                                                   1
      総務部及び広報部担当
                                     当社常務取締役 総務部及び広
                                2019年6月
                                     報担当(現在)
                                     運輸省入省
                                1984年4月
                                2014年7月     国土交通省北海道運輸局長
                                     同 気象庁総務部長
                                2015年7月
        常務取締役
                                                  (注)
                 渡 邊   良       1961年9月14日                               -
                                     同 気象庁次長
                                2016年6月
                                                   1
        財務部担当
                                     西日本鉄道株式会社顧問
                                2017年11月
                                     当社常務取締役 財務部担当
                                2019年6月
                                     (現在)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1986年4月
                                     当社経営企画本部投資計画部長
                                2013年4月
                                     及び渋谷駅基盤整備担当部長
                                     同 経営企画本部投資計画部長
                                2015年4月
                                     及びまちづくり連携担当部長
                                     同 経営企画本部企業価値創造
                                2016年4月
                                     部長及びまちづくり連携担当部
                                     長
                                     同 経営企画本部経営管理部
                                2017年4月
                                     長、株式上場準備室長、企業価
                                     値創造部長及びまちづくり連携
                                     担当部長
                                     同 取締役 経営企画本部経営
                                2017年6月
                                     管理部長、株式上場準備室長及
                                     び企業価値創造部長
                                     同 取締役 経営企画本部経営
                                2018年4月
        常務取締役
                                     管理部長及び株式上場準備室
      経営企画本部副本部長
                                     長、経営企画本部企業価値創造
                                                  (注)
     経営企画本部経営管理部及び            小 坂 彰 洋       1962年6月11日                               -
                                                   1
                                     部担当
      株式上場準備室並びに
                                     同 取締役 経営企画本部経営
                                2019年4月
        人事部担当
                                     管理部、株式上場準備室及び企
                                     業価値創造部担当
                                     同 取締役 経営企画本部副本
                                2019年6月
                                     部長 経営企画本部経営管理
                                     部、株式上場準備室及び企業価
                                     値創造部担当
                                     同 取締役 経営企画本部副本
                                2020年11月
                                     部長 経営企画本部経営管理
                                     部、株式上場準備室及び企業価
                                     値創造部並びに管財部及びまち
                                     づくり連携プロジェクトチーム
                                     担当
                                     同 常務取締役 経営企画本部
                                2021年6月
                                     副本部長 経営企画本部経営
                                     管理部及び株式上場準備室並び
                                     に人事部担当(現在)
                                 39/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      数(株)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1986年4月
                                2013年4月     当社鉄道本部営業部長
                                2017年4月     同 鉄道本部鉄道統括部長
                                     同 取締役 鉄道本部鉄道統括
                                2017年6月
                                     部長 鉄道本部需要創出・マー
                                     ケティング部及び営業部担当
                                     同 取締役 鉄道本部鉄道統括
                                2018年4月
                                     部、需要創出・マーケティング
        常務取締役
                                     部、営業部及びオリンピック・
       鉄道本部副本部長
                                     パラリンピック推進室担当
      鉄道本部鉄道統括部、
                                                  (注)
                 小 川 孝 行       1963年10月23日                               -
                                     同 取締役 鉄道本部副本部
                                2019年6月
                                                   1
    需要創出・マーケティング部、
                                     長 
     営業部及びオリンピック・
     パラリンピック推進室担当
                                     鉄道本部鉄道統括部、需要創
                                     出・マーケティング部、営業部
                                     及びオリンピック・パラリン
                                     ピック推進室担当
                                     同 常務取締役 鉄道本部副
                                2021年6月
                                     本部長 鉄道本部鉄道統括部、
                                     需要創出・マーケティング部、
                                     営業部及びオリンピック・パラ
                                     リンピック推進室担当(現在)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1986年4月
                                     当社鉄道本部運転部長
                                2014年4月
                                     同 取締役 鉄道本部車両部及
         取締役                       2019年6月
                                                  (注)
       鉄道本部副本部長          中 澤 英 樹       1962年5月22日                               -
                                     び電気部担当
                                                   1
    鉄道本部車両部及び電気部担当
                                     同 取締役 鉄道本部副本部
                                2021年6月
                                     長 鉄道本部車両部及び電気部
                                     担当(現在)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1993年4月
                                     当社鉄道本部運転部長
         取締役
                                                  (注)
                                2019年6月
                 是 澤 正 人       1968年11月9日                               -
                                                   1
       鉄道本部運転部長
                                     同 取締役 鉄道本部運転部長
                                2021年6月
                                     (現在)
                                     建設省入省
                                1983年4月
                                     国土交通省大臣官房技術審議官
                                2018年7月
         取締役
                                     当社審議役
                                                  (注)
                                2020年11月
     管財部及びまちづくり連携            德 永 幸 久       1961年3月9日                               -
                                                   1
                                     同 取締役 管財部及びまち
     プロジェクトチーム担当
                                2021年6月
                                     づくり連携プロジェクトチーム
                                     担当(現在)
                                     一橋大学学長
                                2004年12月
                                     成城大学社会イノベーション学
                                2010年12月
                                     部政策イノベーション学科教授
                                     一般財団法人運輸政策研究機構
                                                  (注)
                                2011年4月
         取締役        杉 山 武 彦       1944年11月26日                               -
                                                   1
                                     副会長・運輸政策研究所所長
                                     空港施設株式会社社外取締役
                                2015年6月
                                     (現在)
                                     当社取締役(現在)
                                2017年6月
                                 40/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                      数(株)
                                     帝都高速度交通営団入団
                                1990年4月
                                     当社鉄道本部需要創出・マーケ
                                2016年4月
                                                  (注)
                                     ティング部長
        常勤監査役         上 田 正 人       1966年6月7日                               -
                                                   2
                                     同 総務部長及び秘書室長
                                2019年4月
                                     同 常勤監査役(現在)
                                2021年6月
                                     大蔵省入省
                                1990年4月
                                     東京税関総務部長
                                2018年6月
                                     大臣官房付兼内閣官房内閣
                                2019年7月
                                     参事官(内閣官房副長官補付)
                                     兼内閣官房特定複合観光施設区
                                     域整備推進室参事官
                                                  (注)
        常勤監査役         徳 田 郁 生       1967年2月26日                               -
                                     兼特定複合観光施設区域整備推
                                                   2
                                     進本部事務局参事官
                                     兼内閣府大臣官房カジノ管理委
                                     員会設立準備室参事官
                                     カジノ管理委員会事務局総務企
                                2020年1月
                                     画部長
                                2021年6月     当社常勤監査役(現在)
                                     株式会社日本興業銀行入行
                                1966年4月
                                     同 常務取締役
                                1997年2月
                                     株式会社みずほホールディング
                                2000年9月
                                     ス常務執行役員
                                     同 取締役兼常務執行役員
                                2002年1月
                                     株式会社みずほコーポレート銀
                                2002年4月
                                     行取締役頭取
                                                  (注)
                                     株式会社みずほフィナンシャル
         監査役        齋 藤   宏       1944年3月29日                               -
                                2003年1月
                                                   2
                                     グループ取締役
                                     当社監査役(現在)
                                2007年6月
                                     株式会社みずほコーポレート銀
                                2009年4月
                                     行取締役会長
                                     株式会社みずほフィナンシャル
                                2010年6月
                                     グループ特別顧問
                                     同 名誉顧問(現在)
                                2011年7月
                                     東京都入都
                                1974年4月
                                     同 監査事務局長
                                2006年7月
                                     同 議会局長
                                2009年7月
                                     財団法人東京都福祉保健財団理
                                2011年8月
                                     事長
                                                  (注)
                 白 石 弥 生 子
         監査役               1951年11月4日                               -
                                                   2
                                     公益財団法人東京都保健医療公
                                2012年10月
                                     社理事長
                                     社会福祉法人東京都社会福祉事
                                2014年10月
                                     業団理事長
                                     当社監査役(現在)
                                2015年6月
                            計                            -
     (注)   1 取締役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時

         までです。
       2 監査役の任期は、2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から2025年3月期に係る定時株主総会終結の時
         までです。
      ② 社外役員の状況

        当社の社外取締役は杉山武彦の1名です。また、社外監査役は徳田郁生、齋藤宏及び白石弥生子の3名です。
        社外取締役及び各社外監査役と当社との間に開示すべき特別な利害関係はありません。
                                 41/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ①監査役監査の状況
        当社の監査役会は、常勤監査役2名(社外監査役1名)及び非常勤監査役2名(社外監査役2名)で構成され
       ています。当事業年度において監査役会は12回開催しており、個々の監査役の出席状況は次のとおりです。
        役職              氏名              出席状況
        常勤監査役              長谷部 昭二              12回/12回
        常勤監査役(社外)              牧田 宗孝              12回/12回
        監査役(社外)              齋藤 宏              12回/12回
        監査役(社外)              白石 弥生子              12回/12回
        監査役会における主な検討事項は、監査報告の作成、会計監査人の再任、監査計画及び各監査役の活動状況等
       です。
        各監査役は、監査役会が定めた監査役監査の規程等に準拠し、監査計画に従い、取締役会に出席し、取締役の
       職務の執行状況の監査を実施しています。また、常勤監査役は、取締役、内部監査部門その他の使用人等と意思
       疎通を図るため、取締役会以外の重要な会議に出席し、取締役及び使用人等からその職務の執行状況について報
       告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所において業務及び財産
       の状況を調査しました。
      ②内部監査の状況

        内部監査については、社長直轄の組織である監査室に25名を配置し、うち室長以下9名が社内規程に基づく適
       正な業務の執行状況について内部監査を行うとともに、グループ会社の監査も行っています。また、監査結果に
       ついて社長に報告しています。
      ③監査役、会計監査人及び内部監査部門の連携

        監査役は、会計監査人から監査計画や、会計監査人の職務の遂行が適正に行われることを確保するための体
       制、監査結果、会計監査人が把握した内部統制の状況について報告を受けるとともに、意見交換を行う等、緊密
       に連携しています。また、監査室から、内部監査及び財務報告に係る内部統制評価の計画及び結果の報告を受け
       ています。
        監査室は、内部監査及び財務報告に係る内部統制評価の計画の策定及びその実施にあたっては、会計監査人の
       行う監査との調整を図るとともに、会計監査人の求めに応じて内部監査及び財務報告に係る内部統制評価の計
       画、進捗状況及び結果を報告する等、緊密に連携しています。
      ④会計監査の状況

       a.  監査法人の名称
        有限責任監査法人トーマツ
       b.   提出会社の財務書類について連続して監査関連業務を行っている場合におけるその期間

        20年間(有価証券届出書提出前の監査期間を含む)
       c.  業務を執行した公認会計士

        坂本一朗(継続監査年数 1年)
        小堀一英(継続監査年数 6年)
       d.  監査業務に係る補助者の構成

        当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士10名、公認会計士試験合格者3名、その他9名です。
       e.   監査法人の選定方針と理由

        監査役会は、監査役会で定めている基準により、監査法人の品質管理体制、独立性、専門性及び監査実績を総
       合的に勘案し、有限責任監査法人トーマツを会計監査人として選定しています。
        なお、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に該当する場合は、監査役の全員の同意により会計
       監査人を解任します。この場合、監査役会が選定した監査役は、会計監査人を解任した旨及び解任の理由を解任
                                 42/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       後最初に招集される株主総会に報告します。
        また、監査役会は、会計監査人の職務執行に支障がある場合等解任又は不再任の必要があると判断した場合
       は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定します。
       f.   監査役及び監査役会による監査法人の評価

        当社監査役会は、会計監査人に対する評価を行っています。この評価にあたっては、監査役会で定めている基
       準により、会計監査人の職務執行状況等を確認しています。
      ⑤監査報酬の内容等

       a.  監査公認会計士等に対する報酬
                     前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                73           12           78           14
      連結子会社                 -           -           -           -

         計               73           12           78           14

       (注)前連結会計年度の提出会社に対する監査証明業務に基づく報酬について会計監査人と協議した結果、
          76百万円から73百万円に変更しています。
       b.     監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

        前連結会計年度
         当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である、社債発行に係る
        コンフォートレター作成業務についての対価を支払っています。また、支払うべき報酬として、環境マネジメ
        ントシステムに関するアドバイザリー業務があります。
        当連結会計年度

         当社は、監査公認会計士等に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務である、社債発行に係る
        コンフォートレター作成業務についての対価を支払っています。また、支払うべき報酬として、環境マネジメ
        ントシステムに関するアドバイザリー業務があります。
       c.  監査公認会計士等と同一のネットワークに属するDeloitte                           Touche    Tohmatsu     Limitedのメンバーファームに対

       する報酬(a.を除く)
                     前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                -           -           -           -
      連結子会社                 -           1          -           1

         計               -           1          -           1

       d.  監査公認会計士等と同一のネットワークに属するDeloitte                           Touche    Tohmatsu     Limitedのメンバーファームの連

       結子会社に対する非監査業務の内容
                                 43/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
        前連結会計年度
         連結子会社における非監査業務の内容は、会計税務に関するアドバイザリー業務です。
        当連結会計年度

         連結子会社における非監査業務の内容は、会計税務に関するアドバイザリー業務です。
       e.  その他重要な報酬の内容

        該当事項はありません。
       f.  監査報酬の決定方針

        監査公認会計士等に対する監査報酬は、当社グループの資産額、取引額、監査時間等を勘案し、監査計画の妥
       当性を判断したうえで決定し、代表取締役が監査役会の同意を得ることとしています。
       g.  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        監査役会は、会計監査人から説明を受けた当事業年度の会計監査計画の監査日数や人員配置などの内容、前年
       度の監査実績の検証と評価、会計監査人の監査の遂行状況の相当性、報酬の前提となる見積金額の算出根拠を精
       査した結果、会計監査人の報酬等の額について同意しました。
     (4)  【役員の報酬等】

      ①取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針に関する事項
        当社は、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針を取締役会の決議により決定しており、その報酬は、
       月例による固定報酬とし、株主総会で決議された取締役の報酬総額の範囲内で、取締役の役位、職責に応じて他
       社水準、当社の業績、従業員給与の水準も考慮しながら総合的に勘案し、取締役会の決議により決定することと
       しています。
      ②取締役の個人別の報酬等の内容の決定に係る委任に関する事項

        当社においては、取締役会の委任決議に基づき取締役社長山村明義が取締役の個人別の報酬額の具体的内容を
       決定しています。
        これらの権限を委任した理由は、当社全体の業績を俯瞰し、各取締役の職責を勘案して報酬内容を決定するに
       は、業務執行を統括する取締役社長が適しているためです。
      ③役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

        (1)「コーポレート・ガバナンスの概要」の「⑥役員報酬の内容」に記載しています。
     (5)  【株式の保有状況】

      当社は非上場であるため、記載していません。
      なお、当事業年度末に当社が保有する有価証券については第5「経理の状況」2「財務諸表等」(1)「財務諸表」の
     ④「附属明細表」「有価証券明細表」に記載しています。
                                 44/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    第5 【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
      に基づいて作成しています。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

      「財務諸表等規則」という。)第2条の規定に基づき、「財務諸表等規則」及び「鉄道事業会計規則」(昭和62年
      運輸省令第7号)により作成しています。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法
     人トーマツにより監査を受けています。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組について

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っています。具体的には、会計基準等の内容を
     適切に把握し、連結財務諸表を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入すると
     ともに、監査法人等が主催するセミナー等に参加しています。
                                 45/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)【連結財務諸表】
      ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                20,042              70,820
        受取手形及び売掛金                                3,067              2,048
        未収運賃                                21,774              20,666
        未収金                                11,697               9,007
        未収消費税等                                  63             5,465
        未収法人税等                                   0             720
        有価証券                                45,513                -
        商品                                  167               49
        仕掛品                                1,653              1,381
        貯蔵品                                6,448              6,048
        その他                                9,931              7,870
                                         △ 8             △ 6
        貸倒引当金
        流動資産合計                               120,351              124,072
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              902,765              943,900
         機械装置及び運搬具(純額)                              184,126              198,342
         土地                              174,576              175,778
         建設仮勘定                              180,892              150,721
                                        15,095              11,161
         その他(純額)
                                  ※1 ,※2  1,457,455           ※1 ,※2  1,479,904
         有形固定資産合計
                                     ※2  107,959            ※2  105,663
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                      ※3  2,120            ※3  2,051
         投資有価証券
         退職給付に係る資産                               18,613              25,481
         繰延税金資産                               25,852              22,895
         その他                               2,437              2,394
                                         △ 1             △ 2
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               49,021              52,821
        固定資産合計                              1,614,436              1,638,389
                                    ※4  1,734,788            ※4  1,762,461
      資産合計
                                 46/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                1,096               958
                                     ※4  25,000            ※4  10,000
        1年内償還予定の社債
        1年内返済予定の長期借入金                                27,178              35,576
        未払金                                92,635              64,937
        未払消費税等                                2,125               486
        未払法人税等                                10,948               1,058
        前受運賃                                19,170              14,033
        賞与引当金                                11,359              10,145
        その他の引当金                                  -              29
                                        39,468              29,440
        その他
        流動負債合計                               228,983              166,666
      固定負債
                                     ※4  462,000            ※4  562,000
        社債
        長期借入金                               241,872              296,295
        役員退職慰労引当金                                  280              299
        環境安全対策引当金                                3,699              1,079
        退職給付に係る負債                                64,756              68,545
        資産除去債務                                3,405              3,247
                                        19,684              19,915
        その他
        固定負債合計                               795,699              951,382
      負債合計                                1,024,682              1,118,049
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                58,100              58,100
        資本剰余金                                62,167              62,167
                                       583,508              515,504
        利益剰余金
        株主資本合計                               703,775              635,771
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                △ 107              △ 5
        為替換算調整勘定                                 △ 20             △ 34
                                        6,458              8,680
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                6,330              8,641
      純資産合計                                 710,106              644,412
     負債純資産合計                                 1,734,788              1,762,461
                                 47/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業収益                                  433,147              295,729
     営業費
                                     ※2  297,061            ※2  289,071
      運輸業等営業費及び売上原価
                                    ※1 ,※2  52,168           ※1 ,※2  46,958
      販売費及び一般管理費
      営業費合計                                 349,229              336,029
     営業利益又は営業損失(△)                                   83,917             △ 40,299
     営業外収益
      受取受託工事事務費                                   750             1,429
      物品売却益                                   404              342
      助成金収入                                    16             1,427
                                         962              589
      その他
      営業外収益合計                                  2,134              3,789
     営業外費用
      支払利息                                 10,179               9,991
      持分法による投資損失                                   466              275
                                         497              911
      その他
      営業外費用合計                                 11,142              11,179
     経常利益又は経常損失(△)                                   74,910             △ 47,689
     特別利益
                                      ※3  4,318            ※3  1,083
      補助金
                                      ※4  4,202           ※4  25,515
      鉄道施設受贈財産評価額
                                     ※5  11,867             ※5  964
      工事負担金等受入額
                                         205              318
      その他
      特別利益合計                                 20,594              27,881
     特別損失
                                     ※6  20,162            ※6  27,517
      固定資産圧縮損
                                                    ※7  1,614
      減損損失                                    86
                                         188              455
      その他
      特別損失合計                                 20,438              29,587
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                        75,066             △ 49,395
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        23,557               1,601
                                         117             1,931
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   23,675               3,532
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   51,391             △ 52,927
     非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                          -              -
     帰属する当期純損失(△)
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        51,391             △ 52,927
     帰属する当期純損失(△)
                                 48/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   51,391             △ 52,927
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  △ 179              102
      為替換算調整勘定                                   △ 2             △ 13
      退職給付に係る調整額                                 △ 4,981              2,222
                                          5             △ 0
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                     ※  △  5,157            ※  2,310
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   46,233             △ 50,617
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 46,233             △ 50,617
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 49/102















                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ③【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2019年4月1日         至  2020年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                      株主資本                その他の包括利益累計額
                                  その他         退職給付に     その他の
                                                    純資産合計
                             株主資本          為替換算
               資本金    資本剰余金     利益剰余金          有価証券          係る調整     包括利益
                              合計         調整勘定
                                 評価差額金          累計額    累計額合計
    当期首残高           58,100     62,167    547,223     667,490       72    △ 18   11,433     11,488    678,978
    当期変動額
     剰余金の配当                   △ 15,106    △ 15,106                       △ 15,106
     親会社株主に帰属す
                         51,391     51,391                        51,391
     る当期純利益
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                              △ 179     △ 2  △ 4,975    △ 5,157    △ 5,157
     額)
    当期変動額合計             -     -   36,285     36,285     △ 179     △ 2  △ 4,975    △ 5,157    31,127
    当期末残高           58,100     62,167    583,508     703,775      △ 107    △ 20    6,458     6,330    710,106
     当連結会計年度(自         2020年4月1日         至  2021年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                      株主資本                その他の包括利益累計額
                                  その他         退職給付に     その他の
                                                    純資産合計
                             株主資本          為替換算
               資本金    資本剰余金     利益剰余金          有価証券          係る調整     包括利益
                              合計         調整勘定
                                 評価差額金          累計額    累計額合計
    当期首残高           58,100     62,167    583,508     703,775      △ 107    △ 20    6,458     6,330    710,106
    当期変動額
     剰余金の配当                   △ 15,106    △ 15,106                       △ 15,106
     親会社株主に帰属す
                        △ 52,927    △ 52,927                       △ 52,927
     る当期純損失(△)
     持分法の適用範囲の
                           29     29                        29
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                               102    △ 13    2,222     2,310     2,310
     額)
    当期変動額合計             -     -  △ 68,003    △ 68,003      102    △ 13    2,222     2,310   △ 65,693
    当期末残高           58,100     62,167    515,504     635,771      △ 5    △ 34    8,680     8,641    644,412
                                 50/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期
                                        75,066             △ 49,395
      純損失(△)
      減価償却費                                 82,662              86,775
      減損損失                                    86             1,614
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 2
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                   238            △ 1,213
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                 △ 2,946             △ 6,868
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  2,383              2,561
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  △ 52              18
      環境安全対策引当金の増減額(△は減少)                                  △ 235            △ 2,620
      受取利息及び受取配当金                                  △ 20             △ 12
      助成金収入                                  △ 16            △ 1,427
      支払利息                                 10,179               9,991
      固定資産除却損                                  4,708              5,767
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 114               -
      持分法による投資損益(△は益)                                   466              275
      営業債権の増減額(△は増加)                                  4,438              4,819
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 701              790
      営業債務の増減額(△は減少)                                  4,581             △ 16,935
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 2,164             △ 1,638
                                       △ 4,376              △ 603
      その他
      小計                                 174,182               31,898
      利息及び配当金の受取額
                                          20              12
      利息の支払額                                △ 10,299              △ 9,953
      法人税等の支払額                                △ 27,293             △ 11,588
                                          16             1,254
      助成金の受取額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 136,626               11,622
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形及び無形固定資産の取得による支出                                △ 170,792             △ 139,858
      補助金受入れによる収入                                  2,925               362
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 34              -
      投資有価証券の売却による収入                                   130               -
                                        1,948              1,664
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 165,822             △ 137,831
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入れによる収入                                 40,000              90,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 18,760             △ 27,178
      社債の発行による収入                                 59,591              109,220
      社債の償還による支出                                △ 40,000             △ 25,000
      配当金の支払額                                △ 15,106             △ 15,106
                                        △ 398             △ 448
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 25,326              131,486
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 3,870              5,277
     現金及び現金同等物の期首残高                                   69,412              65,542
                                      ※  65,542            ※  70,820
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 51/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
      連結子会社数        13 社
      連結子会社は、東京メトロ都市開発㈱、㈱メトロセルビス、㈱メトロコマース、メトロ開発㈱、㈱メトロライフサ
     ポート、㈱地下鉄メインテナンス、メトロ車両㈱、㈱メトロフルール、㈱メトロプロパティーズ、㈱メトロアドエー
     ジェンシー、㈱メトロレールファシリティーズ、㈱メトロステーションファシリティーズ及び㈱メトロビジネスアソ
     シエです。
    2 持分法の適用に関する事項
     (1)  非連結子会社
      非連結子会社は、ベトナム東京メトロ(VIETNAM                       TOKYO   METRO   ONE  MEMBER    LIMITED    LIABILITY     COMPANY)の      1 社であ
     り、会社に対する投資について持分法を適用しています。
      (連結の範囲から除いた理由)
       非連結子会社は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
      額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためです。
     (2)  関連会社
      関連会社は、渋谷熱供給㈱及び㈱はとバスの                     2 社であり、これらすべての会社に対する投資について持分法を適用し
     ています。
      日本コンサルタンツ㈱は、2021年3月30日付けで当社以外の出資者の増資により、当社の持分比率が減少したた
     め、当連結会計年度末において持分法適用の関連会社から除外しています。
      なお、2021年5月28日当社取締役会において、同社への追加出資を決議しており、同社の株主総会における増資決
     議を経て、2021年6月30日時点では持分法適用の関連会社となります。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項
      連結子会社の決算日はすべて3月31日であり、連結決算日と同一です。
    4 会計方針に関する事項
     (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券
        その他有価証券
        ア 時価のあるもの
          連結決算日の市場価格等による時価法によっています。
          (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により算定しています)
        イ 時価のないもの
          総平均法による原価法によっています。
      ② たな卸資産
        ア 商品
          主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)によっていま
         す。
        イ 仕掛品
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)によっています。
        ウ 貯蔵品
          主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)によってい
         ます。
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法によっています。
        ただし、取替資産については取替法によっています。また、1998年4月1日以降に取得した建物(建物付属設
       備は除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物付属設備及び構築物については、定額法によっています。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
        建物及び構築物                       12年~60年
        機械装置及び運搬具                       5年~17年
                                 52/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法によっています。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
        施設利用権                       5年~42年
        ソフトウェア(自社利用)                          5年
      ③ リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっています。
     (3)  繰延資産の処理方法

       社債発行費
        支出時に全額費用処理しています。
     (4)  重要な引当金の計上基準

      ① 貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。
      ② 賞与引当金
        従業員に支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しています。
      ③ 役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく連結会計年度末要支給額を計上しています。
      ④ 環境安全対策引当金
        保管するポリ塩化ビフェニル(PCB)の処理費用の支出に備えるため、今後発生すると見込まれる金額を計上
       しています。
     (5)  退職給付に係る会計処理の方法

      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定に当たり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
       給付算定式基準によっています。
      ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主とし
       て15年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しています。
        過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により費用
       処理しています。
     (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
      び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限
      の到来する短期投資からなっています。
     (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

      ① 消費税等の会計処理
        税抜方式によっています。
      ② 工事負担金等の処理
        地方公共団体等による工事負担金等(補助金、鉄道施設受贈財産評価額を含む)は、工事完成時に当該工事負
       担金等相当額を取得した固定資産の取得原価から直接減額して計上しています。
        なお、連結損益計算書においては、工事負担金等相当額を特別利益に計上するとともに、固定資産の取得原価
       から直接減額した額を固定資産圧縮損として特別損失に計上しています。
                                 53/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (重要な会計上の見積り)
      当社グループは、連結財務諸表の作成にあたって様々な会計上の見積りを行っています。この見積りの前提となる
     当社グループの業績の見通しについて、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた外出自粛等の影響により鉄道等の
     ご利用が大幅に減少しており、当社グループの業績は大きな影響を受けています。この影響を会計上の見積りに反映
     するにあたり、主として次のような仮定を置いています。
      当社グループは、主な収益である旅客運輸収入についての見積りを基礎として、運輸業をはじめ、各セグメントの
     将来にわたる経営状況を予測しています。今後、人々の意識や行動、社会構造の大きな変化は継続するものと認識し
     ており、旅客運輸収入は新型コロナウイルス感染症の影響拡大前の水準には戻らないものと仮定しています。
      旅客運輸収入のうち、定期旅客収入については、テレワークの進展に伴う都心部のオフィスへの出勤頻度の減少
     等、様々な行動変容を中心に予測しています。一方、定期外旅客収入については、行動制限の緩和及びワクチン接種
     の普及に伴い、プライベート利用をはじめとしたお出かけ需要の一定程度の回復を中心に予測しています。さらに国
     等の公表する各種統計数値や各種団体の調査公表資料等の結果を考慮し、2021年度以降の旅客運輸収入を見積ってい
     ます。
      この見積りをもとに策定した合理的な計画に基づき、固定資産の減損及び繰延税金資産の回収可能性について見積
     りを行っています。
      なお、    現在の状況及び入手可能な情報に基づき、合理的と考えられる見積り及び判断を行っていますが、今後の感
     染症の再拡大や収束時期を予測することは困難であり、さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大から1年以上が経
     過し、人々の意識や行動、社会構造の大きな変化が定着することで、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響
     と、それ以外の影響について、それぞれ区別して当社グループの業績を合理的に見積もることは極めて困難でありま
     す。したがって、見積りには不確実性を伴い、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があります。
     1   固定資産の減損

      (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
        1,614百万円
      (2)  会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
       ① 金額の算出方法
         当社グループでは、減損の認識の判定及び回収可能額の算定に際し、合理的な計画に基づきそれらを見積
        もっています。
         なお、資産のグルーピングについては、独立したキャッシュ・フローを生み出す単位を構成する物件を1つ
        のグルーピングとしています。ただし、鉄道事業における固定資産についてはネットワーク性に鑑み、単一の
        グルーピングとして整理しています。
         また、減損損失の測定にあたって割引率を用いる際、加重平均資本コストを採用することとしています。
       ② 主要な仮定
         上述の計画を主な仮定としています。
       ③ 翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響等
         現在の状況及び入手可能な情報に基づき、合理的と考えられる見積り及び判断を行っていますが、将来の不
        確実な状況変化等によって影響を受ける可能性があり、見込んだ収益が得られなかった場合、又は算出の前提
        条件に変更があった場合には、減損損失の発生に重要な影響を与える可能性があります。
     2 繰延税金資産の回収可能性

      (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
        22,895百万円
      (2)  会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
       ① 金額の算出方法
         当社グループでは、合理的な計画に基づき、将来の課税所得の発生時期や主要な一時差異等の項目にかかる
        解消年度のスケジューリングを行い、企業分類を判定し、回収可能と見込まれる金額について繰延税金資産を
        計上しています。
       ② 主要な仮定
         上述の計画を主な仮定としています。
       ③ 翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響等
         現在の状況及び入手可能な情報に基づき、合理的と考えられる見積り及び判断を行っていますが、将来の不
                                 54/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
        確実な状況変化等によって影響を受ける可能性があり、実際に発生した課税所得の時期及び金額が見積りと異
        なった場合には、繰延税金資産の金額に重要な影響を与える可能性があります。
      (未適用の会計基準等)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2021年3月26日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準です。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定です。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
     ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日)

     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2019年7月4日)
     ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                          2019年7月4日)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日)
     (1) 概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
      ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
       ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
       また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
      項が定められました。
     (2) 適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定です。
     (3) 当該会計基準等の適用による影響

       金額的重要性が乏しいため、記載を省略しています。
                                 55/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (表示方法の変更)
     (連結貸借対照表関係)
      前連結会計年度において、「流動資産」の「その他」に含まれていた「未収消費税等」及び「未収法人税等」は、
     金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しています。この表示方法の変更を反映させるため、前連
     結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っています。また、独立掲記していました「投資その他の資産」の「長期貸
     付金」は、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しています。この表示方
     法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っています。
      この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「その他」に表示していた9,994百万円は、
     「未収消費税等」63百万円、「未収法人税等」0百万円、「その他」9,931百万円、「投資その他の資産」に表示して
     いた「長期貸付金」42百万円、「その他」2,394百万円は、「その他」2,437百万円として組み替えています。
     (連結損益計算書関係)

      前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含まれていた「助成金収入」は、金額的重要性が増した
     ため、当連結会計年度より独立掲記しています。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務
     諸表の組替えを行っています。また、独立掲記していました「営業外収益」の「受取利息」及び「受取配当金」は、
     営業収益費用の総額の100分の10以下となったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しています。この表
     示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っています。
      この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」に表示していた「受取利息」0百万円、
     「受取配当金」19百万円、「その他」958百万円は、「助成金収入」16百万円、「その他」962百万円として組み替え
     ています。
     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「税金等調整前当期純利益又は税金等調整前
     当期純損失」に含まれていた「助成金収入」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記していま
     す。
      これに伴い、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「小計」欄以下において「助成金の受取額」を独立掲記す
     ることとしています。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っていま
     す。
      この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の
     「小計」に表示しておりました174,198百万円は、「助成金収入」△16百万円、「助成金の受取額」16百万円、「小
     計」174,182百万円として組み替えています。
     (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

      「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の年度末
     に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しています。
      ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度
     に係る内容については記載していません。
                                 56/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
       ※1 有形固定資産減価償却累計額
                                  前連結会計年度            当連結会計年度
                                 ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
                                   1,787,694     百万円       1,832,590     百万円
       ※2 固定資産の取得価額から控除した国庫補助金等などの圧縮記帳累計額及び内訳は、次のとおりです。

                                  前連結会計年度            当連結会計年度
                                 ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
        地方公共団体等による工事負担金等(補助金、鉄
        道施設受贈財産評価額を含む)に伴う圧縮記帳累                            422,012    百万円        448,697    百万円
        計額
        収用等に伴う圧縮記帳累計額                             16,608   百万円         16,653   百万円
        計                            438,621    百万円        465,351    百万円
       ※3 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりです。

                                  前連結会計年度            当連結会計年度
                                 ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
        投資有価証券(株式)                             1,225   百万円          896  百万円
       ※4 担保に供している資産及び担保付債務

          前連結会計年度(自                 2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
           東京地下鉄株式会社法第3条及び附則第14条第1項の規定により、当社の総財産を社債                                        487,000百万円       の
          一般担保に供しています。
          当連結会計年度(自                 2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

           東京地下鉄株式会社法第3条及び附則第14条第1項の規定により、当社の総財産を社債                                        572,000百万円       の
          一般担保に供しています。
                                 57/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
       ※1 販売費及び一般管理費の内訳は、次のとおりです。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        人件費                       16,553   百万円              16,310   百万円
        経費                       16,115   百万円              12,414   百万円
        諸税                       13,360   百万円              12,261   百万円
        減価償却費                       6,138   百万円              5,971   百万円
        計                       52,168   百万円              46,958   百万円
       ※2 引当金繰入額の内訳及び退職給付費用は、次のとおりです。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        賞与引当金繰入額                       11,124   百万円              9,935   百万円
        退職給付費用                       3,198   百万円              3,967   百万円
        役員退職慰労引当金繰入額                         70 百万円                64 百万円
       ※3 補助金の内訳は、次のとおりです。

                             前連結会計年度                当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        バリアフリー施設整備                       4,195   百万円               785  百万円
        輸送改善                         -                257  百万円
        その他                        123  百万円               41 百万円
        計                       4,318   百万円              1,083   百万円
       ※4 鉄道施設受贈財産評価額の内訳は、次のとおりです。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        虎ノ門ヒルズ駅整備                         ―               15,961   百万円
        虎ノ門ヒルズ駅地下通路                         ―               3,418   百万円
        大手町駅連絡通路                         ―               1,868   百万円
        日本橋駅鉄道施設                       3,007   百万円              1,522   百万円
        六本木一丁目駅連絡通路                        584  百万円                ―
        その他                        610  百万円              2,744   百万円
        計                       4,202   百万円              25,515   百万円
       ※5 工事負担金等受入額の内訳は、次のとおりです。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        渋谷駅移設工事                       11,697   百万円               717  百万円
        その他                        170  百万円               247  百万円
        計                       11,867   百万円               964  百万円
       ※6 固定資産圧縮損は、法人税法第42条ほかの規定に基づく国庫補助金等などによる圧縮額です。

                                 58/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       ※7 減損損失

        当連結会計年度において、以下のとおり減損損失を計上しました。
         (1)減損損失を認識した資産及び減損損失の金額    
                                   種類及び金額
            場所          用途
                                建物         その他
                                           6百万円

         東京都新宿区他          賃貸物件(4件)             1,476百万円
         東京都大田区他          遊休資産(7件)              62百万円         69百万円

         合計          計11件             1,539百万円           75百万円

         (2)減損損失の認識に至った経緯   

          賃貸物件については、収益性の低下等により投資額の回収が見込めなくなったこと、遊休資産について
         は、除却の決定をしたことにより投資額の回収が見込めなくなったことから、減損損失を認識しています。
         (3)資産グルーピングの方法   

          管理会計上の物件ごとに資産のグルーピングを行っています。また、鉄道事業資産については、全路線が
         ネットワークとしてキャッシュ・フローを生成していることから、一つの資産グループとしています。な
         お、遊休資産等については、それぞれ個別に資産グループとしています。
         (4)回収可能価額の算定方法   

          当該資産グループの回収可能価額は、正味売却価額及び使用価値により測定しています。賃貸物件につい
         て、将来キャッシュ・フローに基づく使用価値がマイナスとなる資産は、回収可能価額を零として評価して
         います。遊休資産については、備忘価額まで減損損失を計上しています。
                                 59/102











                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
       ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
       その他有価証券評価差額金
        当期発生額
                              △143   百万円               147  百万円
                              △114   百万円                -
        組替調整額
         税効果調整前
                              △258   百万円               147  百万円
         税効果額                       79 百万円               △45  百万円
         その他有価証券評価差額金
                              △179   百万円               102  百万円
       為替換算調整勘定
                               △2  百万円               △13  百万円
        当期発生額
       退職給付に係る調整額
        当期発生額                      △5,217    百万円              4,780   百万円
                             △1,960    百万円             △1,578    百万円
        組替調整額
         税効果調整前
                             △7,177    百万円              3,201   百万円
                              2,196   百万円              △979   百万円
         税効果額
         退職給付に係る調整額                      △4,981    百万円              2,222   百万円
       持分法適用会社に対する
       持分相当額
        当期発生額
                               △0  百万円               △0  百万円
        組替調整額                        5 百万円                0 百万円
         持分法適用会社に対する
                                 5 百万円               △0  百万円
         持分相当額
          その他の包括利益合計
                             △5,157    百万円              2,310   百万円
                                 60/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
     1 発行済株式の種類及び総数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                株式数(千株)          増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
    発行済株式
       普通株式              581,000             -           -        581,000
     2 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)         (円)
    2019年6月27日
               普通株式           15,106           26   2019年3月31日         2019年6月28日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                          (百万円)       配当額(円)
    2020年6月26日
              普通株式      利益剰余金         15,106         26  2020年3月31日         2020年6月29日
    定時株主総会
     当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

     1 発行済株式の種類及び総数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                株式数(千株)          増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
    発行済株式
       普通株式              581,000             -           -        581,000
     2 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (百万円)         (円)
    2020年6月26日
               普通株式           15,106           26   2020年3月31日         2020年6月29日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                          (百万円)       配当額(円)
    2021年6月29日
              普通株式      利益剰余金          9,296         16  2021年3月31日         2021年6月30日
    定時株主総会
                                 61/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりです。
                                  前連結会計年度            当連結会計年度
                                 (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
        現金及び預金勘定                              20,042   百万円         70,820   百万円
        有価証券勘定に含まれる譲渡性預金                              45,500   百万円           -
       現金及び現金同等物                              65,542   百万円         70,820   百万円
      (リース取引関係)

      (借主側)
    1 ファイナンス・リース取引
      リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、金額的重要
     性が乏しいため、記載を省略しています。
    2 オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
       1年内                         260  百万円               177  百万円
       1年超                         373  百万円               197  百万円
       合計                         633  百万円               375  百万円
    3 転リース取引に該当し、かつ、利息相当額控除前の金額で連結貸借対照表に計上している額

      金額的重要性が乏しいため、記載を省略しています。
      (貸主側)

      オペレーティング・リース取引
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
       1年内                        3,002   百万円              4,089   百万円
       1年超                        7,800   百万円              12,911   百万円
       合計                       10,802   百万円              17,001   百万円
                                 62/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1 金融商品の状況に関する事項
     (1)   金融商品に対する取組方針
       当社グループの所要資金は、設備投資資金、社債償還及び借入金返済のための借換資金並びに運転資金に大別さ
      れます。このうち、設備投資資金及び借換資金については、社債発行や銀行等からの長期借入により調達し、運転
      資金の一時的な不足については、銀行からの短期借入により調達する方針です。
       また、一時的な余資については、年度ごとの資金運用方針に基づき、安全性の高い金融資産で運用しています。
     (2)   金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       営業債権である受取手形及び売掛金、未収運賃並びに未収金は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リス
      クに関しては、取引相手ごとに期日及び残高を把握することにより管理しています。
       有価証券及び投資有価証券は、譲渡性預金及び業務上の関係を有する企業の株式等であり、市場価格の変動リス
      ク等に晒されていますが、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握しています。
       営業債務である支払手形及び買掛金、未払金、未払消費税等並びに未払法人税等は、そのすべてが1年以内の支
      払期日です。
       社債及び長期借入金は、主として設備投資及び前身の営団時代の地下鉄ネットワークの整備拡充に必要な資金の
      調達を目的としたものです。これらはすべて固定金利であり、また、返済・償還期限が長期間となっており、将来
      の想定外の事由によるフリー・キャッシュ・フローの減少に伴い、支払期日に支払いを実行できなくなるリスクに
      晒されています。
    2 金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極めて
     困難と認められるものは、次表には含めていません。((注)2を参照ください。)
     前連結会計年度(         2020年3月31日       )

                      連結貸借対照表計上額                時価            差額
                         (百万円)            (百万円)            (百万円)
    (1)    現金及び預金
                             20,042            20,042              -
    (2)    受取手形及び売掛金
                              3,067            3,067             -
    (3)    未収運賃
                             21,774            21,774              -
    (4)    未収金
                             11,697            11,697              -
    (5)    有価証券及び投資有価証券
                             46,230            46,230              -
           資産計                  102,812            102,812              -
    (6)    支払手形及び買掛金
                              1,096            1,096             -
    (7)    未払金
                             92,635            92,635              -
    (8) 未払消費税等                          2,125            2,125             -
    (9)    未払法人税等
                             10,948            10,948              -
    (10)   社債
                             487,000            517,214            30,214
    (11)   長期借入金
                             269,051            279,920            10,869
           負債計                  862,857            903,941            41,083
                                 63/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(         2021年3月31日       )
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額
                         (百万円)            (百万円)            (百万円)
    (1)    現金及び預金
                             70,820            70,820              -
    (2)    受取手形及び売掛金
                              2,048            2,048             -
    (3)    未収運賃
                             20,666            20,666              -
    (4)    未収金
                              9,007            9,007             -
    (5)    未収消費税等
                              5,465            5,465             -
    (6)    未収法人税等
                               720            720            -
    (7)    投資有価証券
                               878            878            -
           資産計                  109,607            109,607              -
    (8)    支払手形及び買掛金
                               958            958            -
    (9)    未払金
                             64,937            64,937              -
    (10)   未払消費税等
                               486            486            -
    (11)   未払法人税等
                              1,058            1,058             -
    (12)   社債
                             572,000            591,656            19,656
    (13)   長期借入金
                             331,872            341,966            10,093
           負債計                  971,313           1,001,063             29,749
     (注)1 金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

      資 産
       (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、(3)            未収運賃、(4)       未収金、(5)      未収消費税等並びに(6)           未収法
         人税等
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       (7)  投資有価証券
         これらの時価については、市場価格によっています。
      負 債
       (8)  支払手形及び買掛金、(9)            未払金、(10)       未払消費税等並びに(11)            未払法人税等
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       (12)   社債
          社債の時価については、市場価格によっています。
       (13)   長期借入金
         長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引い
        て算定する方法等によっています。
         なお、長期借入金のうち、財政投融資資金については、法令に基づく特殊な金銭債務であり、同様の手段で
        の再調達が困難なため、新規に同様の社債を発行した場合に想定される利率で、元利金の合計額を割り引いた
        現在価値により算定しています。
       2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:百万円)
            区分          2020年3月31日             2021年3月31日
           非上場株式                1,403             1,173
        上記については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握する
        ことが極めて困難と認められるため、前連結会計年度「(5)                            有価証券及び投資有価証券」及び当連結会計年度
        「(7)投資有価証券」には含めていません。
       3 社債及び長期借入金の連結貸借対照表計上額及び時価については、それぞれ1年内償還予定の社債及び1年

         内返済予定の長期借入金を含めています。
                                 64/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       4 金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
        前連結会計年度(        2020年3月31日       )
                       1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                      (百万円)         (百万円)        (百万円)         (百万円)
        現金及び預金                  20,042           -         -         -
        受取手形及び売掛金                  3,067          -         -         -
        未収運賃                  21,774           -         -         -
        未収金                  11,697           -         -         -
        有価証券及び投資有価証券
         その他有価証券のうち
         満期があるもの
          譲渡性預金                  45,500           -         -         -
             合計            102,082           -         -         -
        当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                       1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                      (百万円)         (百万円)        (百万円)         (百万円)
        現金及び預金                  70,820           -         -         -
        受取手形及び売掛金                  2,048          -         -         -
        未収運賃                  20,666           -         -         -
        未収金                  9,007          -         -         -
        未収消費税等                  5,465          -         -         -
        未収法人税等                   720         -         -         -
             合計            108,729           -         -         -
       5 社債、長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(        2020年3月31日       )
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                     1年以内                               5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)                               (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
        社債               25,000      10,000      55,000      30,000      10,000      357,000
        長期借入金               27,178      35,576      13,426      11,087      32,086      149,694
        リース債務                 367      339      270      176       47      -
             合計          52,546      45,916      68,697      41,264      42,134      506,694
        当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                            1年超      2年超      3年超      4年超
                     1年以内                               5年超
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)                               (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
        社債               10,000      55,000      30,000      10,000        -    467,000
        長期借入金               35,576      13,426      11,087      32,086      40,312      199,382
        リース債務                 387      318      223       94      34       5
             合計          45,964      68,745      41,311      42,181      40,346      666,387
                                 65/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1 その他有価証券
     前連結会計年度(        2020年3月31日       )
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      株式                          -            -            -
            小計                    -            -            -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      株式                          730           2,526           △1,796
      その他                        45,500            45,500              -
            小計                  46,230            48,026           △1,796
            合計                  46,230            48,026           △1,796
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額117百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
        と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めていません。
     当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      株式                          264            192            72
            小計                    264            192            72
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      株式                          613           2,334           △1,720
            小計                    613           2,334           △1,720
            合計                    878           2,526           △1,648
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額277百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
        と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めていません。
    2 連結会計年度中に売却したその他有価証券

     前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
      金額的重要性が乏しいため、記載を省略しています。
     当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

      該当事項はありません。
                                 66/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1 採用している退職給付制度の概要
      当社は確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けています。なお、当社は2009年1
     月に適格退職年金制度の廃止及び退職一時金の制度変更を行い、また、2018年4月に導入した60歳から65歳への定年
     延長に伴う確定給付型年金及び退職一時金の制度変更を行っています。また、一部の連結子会社は確定給付型の制度
     として退職一時金制度を設けています。
      なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算し
     ています。
    2 確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                 (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      退職給付債務の期首残高                                  169,441             169,535
       勤務費用                                  6,564             6,819
       利息費用                                  1,193             1,193
       数理計算上の差異の発生額                                  △44            2,314
       退職給付の支払額                                 △7,619             △7,527
      退職給付債務の期末残高                                  169,535             172,335
      (注)簡便法を適用している制度を含めています。
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                 (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
      年金資産の期首残高                                  129,913             123,392
       期待運用収益                                   2,599             2,467
       数理計算上の差異の発生額                                  △5,261              7,094
       事業主からの拠出額                                  2,540             2,584
       退職給付の支払額                                 △6,398             △6,267
      年金資産の期末残高                                  123,392             129,271
     (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                                                 (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      積立型制度の退職給付債務                                  104,779             103,790
      年金資産                                 △123,392             △129,271
                                        △18,613             △25,481
      非積立型制度の退職給付債務                                  64,756             68,545
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  46,143             43,063
      退職給付に係る負債                                  64,756             68,545

      退職給付に係る資産                                 △18,613             △25,481
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  46,143             43,063
                                 67/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                 (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      勤務費用                                   6,564             6,819
      利息費用                                   1,193             1,193
      期待運用収益                                  △2,599             △2,467
      数理計算上の差異の費用処理額                                  △1,574             △1,193
      過去勤務費用の費用処理額                                   △385             △385
      確定給付制度に係る退職給付費用                                   3,198             3,967
      (注)簡便法を適用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に含めています。
     (5)退職給付に係る調整額

      退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      数理計算上の差異                                  △6,792              3,587
      過去勤務費用                                   △385             △385
      合計                                  △7,177              3,201
     (6)退職給付に係る調整累計額

      退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                  ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
      未認識数理計算上の差異                                   3,920             7,508
      未認識過去勤務費用                                   5,399             5,013
      合計                                   9,320            12,521
     (7)年金資産に関する事項

       ① 年金資産の主な内訳
       年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
                          前連結会計年度             当連結会計年度
                         ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
        債券                         37  %           37  %
        株式                         15  %           21  %
        一般勘定                         31  %           30  %
        その他                         17  %           12  %
        合計                        100  %          100  %
       ② 長期期待運用収益率の設定方法

       年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多
      様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
     (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

      主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しています。)
                       前連結会計年度             当連結会計年度
                      ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
        割引率                主として    0.7   %     主として    0.7   %
        長期期待運用収益率                    2.0   %         2.0   %
        予想昇給率                主として    4.4   %     主として    5.2   %
                                 68/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳は、次のとおりです。
                               前連結会計年度              当連結会計年度
                               ( 2020年3月31日       )       ( 2021年3月31日       )
      (繰延税金資産)
       税務上の繰越欠損金(注2)                            -            18,088   百万円
       退職給付に係る負債                          19,815   百万円           20,974   百万円
       未収連絡運賃                            172  百万円             103  百万円
       賞与引当金                           3,475   百万円            3,104   百万円
       期渡撤去工事                           2,400   百万円            2,413   百万円
       投資有価証券等評価損                           2,727   百万円            2,690   百万円
       未払社会保険料                            566  百万円             547  百万円
       環境安全対策引当金                           1,132   百万円             330  百万円
       資産除去債務                           1,042   百万円             993  百万円
       減損損失                            611  百万円            1,047   百万円
       未払事業税等                            829  百万円             236  百万円
                                 2,103   百万円            2,027   百万円
       その他
      繰延税金資産小計                          34,877   百万円           52,557   百万円
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
                                  -           △11,631    百万円
       (注2)
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性
                                △3,329    百万円          △10,186    百万円
       引当額
      評価性引当額小計(注1)                          △3,329    百万円          △21,818    百万円
      繰延税金資産合計
                                31,548   百万円           30,739   百万円
      (繰延税金負債)

       退職給付に係る資産                           5,695   百万円            7,797   百万円
                                  -              45 百万円
       その他
      繰延税金負債合計                           5,695   百万円            7,843   百万円
      繰延税金資産の純額                          25,852   百万円           22,895   百万円
     (注)1     評価性引当額が18,489百万円増加しています。この主な内容は、当社において税務上の繰越欠損金に係る評

         価性引当額を11,631百万円認識したことに伴うものです。
        2  税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        当連結会計年度(2021年3月31日)

                      1年超     2年超     3年超     4年超
                1年以内                            5年超        合計
                      2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
        税務上の繰越
                    -     -     -     -     -   18,088      18,088百万円
        欠損金(a)
        評価性引当額            -     -     -     -     -  △11,631      △11,631百万円
        繰延税金資産            -     -     -     -     -   6,456      6,456百万円
       (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

       前連結会計年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の
      5以下であるため、注記を省略しています。
       当連結会計年度は、税金等調整前当期純損失であるため注記を省略しています。
                                 69/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
    1 資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
     (1) 資産除去債務の概要
       保有する車両等についてアスベストを含むものがあり、その車両等を除去する際に石綿障害予防規則等が規定す
      る特別な方法による必要があるという法令上の義務です。
     (2) 当該資産除去債務の金額の算定方法
       当該資産除去債務については、除去費用の見積り等をもとに算出しています。なお、対象資産は取得時より相当
      年数を経過しているため、割引計算を行っていません。
     (3) 当該資産除去債務の総額の増減
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        期首残高                         3,611   百万円              3,405   百万円
        資産除去債務の履行による減少額                         △225   百万円              △157   百万円
        見積りの変更による増加額                          20 百万円                -
        期末残高                         3,405   百万円              3,247   百万円
    2 資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上していないもの

      当社の鉄道路線は、主として道路の地下を運行しているため、道路法(昭和27年法律第180号)第40条の規定によ
     り、道路占用を廃止した場合には、これらの施設を撤去し、原状回復する義務を有していますが、道路占用を廃止す
     る蓋然性は極めて低いことから、当該資産除去債務を計上していません。
      (賃貸等不動産関係)

       当社グループでは、東京都その他の地域において、賃貸用のオフィスビル及び商業施設等を有しています。
       2020年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は5,624百万円(賃貸収益は営業収益に、賃貸費用は営
      業費に計上)です。
       2021年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は5,524百万円(賃貸収益は営業収益に、賃貸費用は営
      業費に計上)及び減損損失は1,394百万円(特別損失に計上)です。
       また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は次のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                          至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
     連結貸借対照表計上額
         期首残高                           52,139                 61,400
         期中増減額                           9,260                △1,750
         期末残高                           61,400                 59,649
     期末時価                              107,402                 103,118
     (注)1 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額です。
        2 期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加額は不動産取得(12,066百万円)、主な減少額は減価償却
          (2,714百万円)、当連結会計年度の主な増加額は不動産取得(2,646百万円)、主な減少額は減価償却(2,865
          百万円)及び減損損失(1,394百万円)です。
        3 連結決算日における時価は、主要な物件については不動産鑑定評価基準に基づく価額、その他の物件につ
          いては一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる指標に基づく価額等です。
                                 70/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報)
       【セグメント情報】
     1   報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
      役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
       当社グループは、当社の鉄道事業を中心とした運輸業に加え、鉄道事業とのシナジー効果が発揮できる不動産事
      業、並びに当社資産等を活用した流通・広告事業を展開しています。
       したがって、当社グループは、上記の事業別セグメントから構成されており、これらを「運輸業」、「不動産事
      業」及び「流通・広告事業」の3つの報告セグメントに区分しています。
       「運輸業」は、東京都区部を中心に、9路線からなる地下鉄ネットワークを保有し、鉄道の運行及び運営並びに
      鉄道施設等の保守管理を行っています。
       「不動産事業」は、鉄道事業とのシナジー効果が発揮できる事業展開を基本とし、当社の沿線において、渋谷
      マークシティなど、オフィスビルやホテルを中心とした不動産の賃貸を行っています。
       「流通・広告事業」は、当社資産などを活用し、当社沿線の駅においてEchikaなどの商業施設の運営、主
      として駅構内や電車内の広告を取り扱う広告事業、光ファイバーの賃貸などを行う情報通信事業などを行っていま
      す。
     2   報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
      ける記載と概ね同一です。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であり、セグメント間の内部営業収益
      又は振替高は市場価格等に基づいています。
                                 71/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     3   報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                                                       連結
                       報告セグメント
                                                 調整額
                                                      財務諸表
                                      その他      合計
                                                (注)1,
                                                      計上額
                 運輸     不動産    流通・広告       計
                                                  2
                                                      (注)3
    営業収益
     外部顧客への営業収益            380,998      13,899     37,873     432,771       375   433,147        -   433,147

     セグメント間の内部
                  2,890       13    3,876     6,781     3,027     9,808    △ 9,808       -
     営業収益又は振替高
         計        383,889      13,913     41,750     439,553      3,402    442,956     △ 9,808    433,147
    セグメント利益             70,999      4,667     8,327     83,994       52   84,047      △ 129    83,917

    セグメント資産           1,583,243       56,226     23,097    1,662,567        876  1,663,444       71,343    1,734,788

    その他の項目

     減価償却費             78,964      2,236     1,575     82,776       23   82,799      △ 136    82,662

     有形固定資産及び
                 155,722      7,614     5,270    168,607       469   169,077      △ 656   168,420
     無形固定資産の増加額
     (注)   1 セグメント利益の調整額             △129百万円      、その他の項目における減価償却費の調整額                    △136百万円      及び有形固定
         資産及び無形固定資産の増加額の調整額                  △656百万円      は、セグメント間取引消去です。
       2 セグメント資産の調整額             71,343百万円      は、各報告セグメントに配分していない全社資産                      73,372百万円      及びセ
         グメント間取引消去         △2,028百万円       です。また、全社資産の主なものは、当社での運用資金(現金及び預
         金)、有価証券及び投資有価証券等です。
       3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                                                       連結
                       報告セグメント
                                                 調整額
                                                      財務諸表
                                      その他      合計
                                                (注)1,
                                                      計上額
                 運輸     不動産    流通・広告       計
                                                  2
                                                      (注)3
    営業収益
     外部顧客への営業収益            253,393      13,388     28,648     295,429       300   295,729        -   295,729

     セグメント間の内部
                  2,391       86    2,437     4,916     2,859     7,776    △ 7,776       -
     営業収益又は振替高
         計        255,784      13,474     31,086     300,345      3,160    303,505     △ 7,776    295,729
    セグメント利益
                △ 50,791      4,499     5,344    △ 40,947       43  △ 40,904       604   △ 40,299
    又は損失(△)
    セグメント資産           1,604,237       54,741     21,863    1,680,842        871  1,681,714       80,747    1,762,461
    その他の項目

     減価償却費             82,627      2,355     1,822     86,805       20   86,825      △ 50   86,775

     有形固定資産及び
                 124,348      2,752     1,573    128,674       125   128,800      △ 273   128,526
     無形固定資産の増加額
     (注)   1 セグメント利益又は損失の調整額                 604百万円     、その他の項目における減価償却費の調整額                    △50百万円     及び有
         形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                     △273百万円      は、セグメント間取引消去です。
       2 セグメント資産の調整額             80,747百万円      は、各報告セグメントに配分していない全社資産                      82,387百万円      及びセ
         グメント間取引消去         △1,640百万円       です。また、全社資産の主なものは、当社での運用資金(現金及び預
         金)及び投資有価証券等です。
       3 セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っています。
       【関連情報】

     1   製品及びサービスごとの情報
                                 72/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
       「セグメント情報」に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
     2   地域ごとの情報

       海外の外部顧客への営業収益が存在しないため、該当事項はありません。
       海外に所在している有形固定資産が存在しないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

       連結損益計算書の営業収益の10%以上を占める顧客が存在しないため、記載を省略しています。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
        金額的重要性が乏しいため、記載を省略しています。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                      その他      全社・消去         合計
                 運輸       不動産      流通・広告
        減損損失            80      1,347        165        21       ―      1,614
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
                                 73/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    1 関連当事者との取引
     (1)   連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る)等
      前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

                             議決権等
                   資本金又
          会社等                   の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
     種類          所在地    は出資金    事業の内容                取引の内容           科目
          の名称                  (被所有)割合      との関係           (百万円)         (百万円)
                   (百万円)
                              (%)
                                                 1年内返済
                                                 予定の長期      8,876
                                       借入金の返済       10,218
                            (被所有)                      借入金
    主要株主     財務省     東京都                    資金の
                      ―  財務行政      直接
    (会社等)     (財務大臣)      千代田区                    借入等
                                                 長期借入金      45,060
                             53.42
                                       利息の支払       1,738    未払費用       179
     (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        財務省からの借入金の利率は1.2%~6.7%、最終償還日は2033年3月20日です。
      当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

                             議決権等
                   資本金又
          会社等                   の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
     種類          所在地    は出資金    事業の内容                取引の内容           科目
          の名称                  (被所有)割合      との関係           (百万円)         (百万円)
                   (百万円)
                              (%)
                                                 1年内返済
                                                 予定の長期      8,174
                                       借入金の返済       8,876
                            (被所有)                      借入金
    主要株主     財務省     東京都                    資金の
                      ―  財務行政      直接
    (会社等)     (財務大臣)      千代田区                    借入等
                                                 長期借入金      36,886
                             53.42
                                       利息の支払       1,352    未払費用       140
     (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        財務省からの借入金の利率は1.2%~6.3%、最終償還日は2033年3月20日です。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

       該当事項はありません。
                                 74/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                項目                (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    1株当たり純資産額                                 1,222円21銭             1,109円14銭
    1株当たり当期純利益金額又は
                                       88円45銭            △91円10銭
    1株当たり当期純損失金額(△)
     (注)1     前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載

         していません。当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失
         であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2  1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりです。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                項目                (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      親会社株主に帰属する当期純利益又は
                          (百万円)              51,391            △52,927
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)
      普通株主に帰属しない金額                    (百万円)                -             -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                          (百万円)              51,391            △52,927
      当期純利益又は普通株式に係る親会社株
      主に帰属する当期純損失(△)
      普通株式の期中平均株式数                    (千株)              581,000             581,000
        3  1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                項目
                                 ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
      純資産の部の合計額                    (百万円)              710,106             644,412

      純資産の部の合計額から控除する金額                    (百万円)                -             -

      普通株式に係る期末の純資産額                    (百万円)              710,106             644,412

      1株当たり純資産額の算定に用いられた
                          (千株)              581,000             581,000
      期末の普通株式の数
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 75/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                           当期首残高      当期末残高
    会社名        銘柄        発行年月日                    利率(%)      担保      償還期限
                            (百万円)      (百万円)
         第334回東京交通債券           2000年6月30日          10,000        -     2.5   あり    2020年6月30日
         第337回東京交通債券           2001年3月21日          15,000        -    2.23    〃    2021年3月19日
         第342回東京交通債券           2002年6月21日          10,000      10,000      2.4    〃    2022年6月21日
         第343回東京交通債券           2002年11月28日          20,000      20,000      2.0    〃    2022年11月28日
         第344回東京交通債券           2003年2月18日          25,000      25,000      1.67    〃    2023年2月17日
         第346回東京交通債券           2003年6月20日          15,000      15,000      1.13    〃    2023年6月20日
         第347回東京交通債券           2004年3月10日          15,000      15,000      2.05    〃    2024年3月8日
         東京地下鉄株式会社
                   2004年9月24日          10,000      10,000      2.36    〃    2024年6月20日
         第2回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2006年9月29日          10,000      10,000      2.38    〃    2026年6月19日
         第4回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2007年10月31日          10,000      10,000      2.43    〃    2027年9月17日
         第6回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2008年2月22日          10,000      10,000      2.31    〃    2027年12月20日
         第8回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2010年4月28日          20,000      20,000     2.230     〃    2030年3月19日
         第10回社債
         東京地下鉄株式会社                           10,000
                   2011年12月9日          10,000            1.160     〃    2021年12月9日
         第11回社債                          (10,000)
         東京地下鉄株式会社
                   2011年12月9日          20,000      20,000     1.905     〃    2031年12月9日
         第12回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2012年5月25日          10,000      10,000     1.702     〃    2032年5月25日
         第13回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2013年6月14日          10,000      10,000     1.760     〃    2033年6月14日
         第14回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2015年6月19日          15,000      15,000     1.329     〃    2035年6月19日
         第15回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2016年3月11日          10,000      10,000     0.778     〃    2036年3月11日
         第16回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2016年3月11日          12,000      12,000     1.317     〃    2046年3月9日
         第17回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2016年6月21日          10,000      10,000     0.343     〃    2036年6月20日
         第18回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2016年6月21日          10,000      10,000     0.608     〃    2046年6月21日
         第19回社債
     東京
         東京地下鉄株式会社
    地下鉄
                   2017年1月31日          10,000      10,000     0.220     〃    2027年1月29日
         第20回社債
     (株)
         東京地下鉄株式会社
                   2017年1月31日          10,000      10,000     0.975     〃    2047年1月31日
         第21回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2017年6月21日          10,000      10,000     0.215     〃    2027年6月21日
         第22回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2017年6月21日          10,000      10,000     0.661     〃    2037年6月19日
         第23回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2017年6月21日          10,000      10,000     1.035     〃    2047年6月21日
         第24回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2017年12月15日          10,000      10,000     0.240     〃    2027年12月15日
         第25回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2017年12月15日          10,000      10,000     0.665     〃    2037年12月15日
         第26回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2017年12月15日          10,000      10,000     1.065     〃    2047年12月13日
         第27回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2018年5月24日          10,000      10,000     0.250     〃    2028年5月24日
         第28回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2018年5月24日          10,000      10,000     0.638     〃    2038年5月24日
         第29回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2018年5月24日          10,000      10,000     0.968     〃    2048年5月22日
         第30回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2018年5月24日          10,000      10,000     1.220     〃    2058年5月24日
         第31回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2019年1月31日          10,000      10,000     0.220     〃    2029年1月31日
         第32回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2019年1月31日          10,000      10,000     0.884     〃    2049年1月29日
         第33回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2019年1月31日          10,000      10,000     1.104     〃    2059年1月31日
         第34回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2019年6月27日          10,000      10,000     0.114     〃    2029年6月27日
         第35回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2019年6月27日          10,000      10,000     0.604     〃    2049年6月25日
         第36回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2019年6月27日          10,000      10,000     0.772     〃    2059年6月27日
         第37回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年1月31日          10,000      10,000     0.445     〃    2040年1月31日
         第38回社債
                                 76/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                           当期首残高      当期末残高

    会社名        銘柄        発行年月日                    利率(%)      担保      償還期限
                            (百万円)      (百万円)
         東京地下鉄株式会社
                   2020年1月31日          10,000      10,000     0.601     〃    2050年1月31日
         第39回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年1月31日          10,000      10,000     0.937     〃    2070年1月31日
         第40回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年6月12日            -     10,000     0.275     〃    2030年6月12日
         第41回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年6月12日            -     10,000     0.761     〃    2050年6月10日
         第42回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年6月12日            -     10,000     0.919     〃    2060年6月11日
         第43回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年6月12日            -     10,000     1.087     〃    2070年6月12日
         第44回社債
     東京
         東京地下鉄株式会社
    地下鉄               2020年9月18日            -     10,000     0.215     〃    2030年9月18日
         第45回社債
     (株)
         東京地下鉄株式会社
                   2020年9月18日            -     10,000     0.795     〃    2050年9月16日
         第46回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年9月18日            -     10,000     0.909     〃    2060年9月17日
         第47回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2020年9月18日            -     10,000     1.072     〃    2070年9月18日
         第48回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2021年1月22日            -     10,000     0.574     〃    2041年1月22日
         第49回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2021年1月22日            -     10,000     0.839     〃    2051年1月20日
         第50回社債
         東京地下鉄株式会社
                   2021年1月22日            -     10,000     1.130     〃    2071年1月22日
         第51回社債
                                   572,000
     合計        -         -       487,000            -     -      -
                                   (10,000)
     (注)   1 ( )内は、1年以内の償還予定額です。
       2 東京交通債券は、営団が発行した公募交通債券であり、東京地下鉄株式会社法附則第14条の規定に基づき、
         社債とみなされています。
       3 連結決算日後5年以内における償還予定額は次のとおりです。
            1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
            (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                10,000          55,000          30,000          10,000           -
        【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                       (百万円)         (百万円)          (%)
    短期借入金                       -         -         -      -
    1年以内に返済予定の長期借入金                     27,178         35,576          1.5       -

    1年以内に返済予定のリース債務                       367         387         -      -

    長期借入金(1年以内に返済予定                                           2022年6月21日~
                         241,872         296,295           1.0
    のものを除く)                                           2042年9月18日
    リース債務(1年以内に返済予定                                           2022年4月30日~
                           834         676         -
    のものを除く)                                           2026年12月31日
    その他有利子負債                       -         -         -      -
           合計              270,253         332,936           -      -

     (注)   1 「平均利率」については、借入金の当連結会計年度末残高に対する加重平均利率を記載しています。
       2 リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
         連結貸借対照表に計上しているため、記載していません。
       3 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年以内における返済予定額
         は次のとおりです。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
             区分
                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
          長期借入金               13,426          11,087          32,086          40,312
          リース債務                 318          223          94          34
                                 77/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
        【資産除去債務明細表】
        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
       計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しています。
     (2)  【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
    営業収益            (百万円)          62,794         139,905         221,530         295,729

    税金等調整前四半期(当

                (百万円)         △18,456         △26,751         △31,443         △49,395
    期)純損失金額(△)
    親会社株主に帰属する四
    半期(当期)純損失金額            (百万円)         △13,603         △30,286         △35,164         △52,927
    (△)
    1株当たり四半期(当期)
                 (円)        △23.41         △52.13         △60.52         △91.10
    純損失金額(△)
         (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

    1株当たり

                 (円)        △23.41         △28.71          △8.40         △30.57
    四半期純損失金額(△)
                                 78/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                18,382              69,530
        未収運賃                                21,806              20,696
        未収金                                12,864               9,720
        未収消費税等                                  -             5,411
        未収法人税等                                  -              560
        有価証券                                45,500                -
        貯蔵品                                6,083              5,716
        前払金                                1,155              1,832
        前払費用                                  961             1,018
        受託工事支出金                                4,868               877
                                        3,098              3,735
        その他
        流動資産合計                               114,721              119,101
      固定資産
        鉄道事業固定資産
         有形固定資産                             2,869,836              2,966,101
                                     △ 1,696,654             △ 1,736,742
          減価償却累計額
          有形固定資産(純額)                            1,173,181              1,229,359
         無形固定資産                              103,593              102,340
                                    ※1  1,276,774            ※1  1,331,700
         鉄道事業固定資産合計
        関連事業固定資産
         有形固定資産                               97,235              98,003
                                      △ 44,223             △ 46,409
          減価償却累計額
          有形固定資産(純額)                             53,011              51,593
         無形固定資産                                 64              38
                                     ※1  53,076            ※1  51,631
         関連事業固定資産合計
        各事業関連固定資産
         有形固定資産                               64,376              64,755
                                      △ 26,960             △ 28,772
          減価償却累計額
          有形固定資産(純額)                             37,416              35,982
         無形固定資産                               3,238              2,722
                                     ※1  40,654            ※1  38,705
         各事業関連固定資産合計
        建設仮勘定
         鉄道事業                              176,633              146,293
         関連事業                               3,401              3,867
                                         224              419
         各事業関連
         建設仮勘定合計                              180,258              150,580
                                 79/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
        投資その他の資産
         投資有価証券                                893             1,141
         関係会社株式                               9,853              9,753
         長期貸付金                                 30              30
         従業員に対する長期貸付金                                 12               9
         長期前払費用                                 13              19
         前払年金費用                               8,408              10,847
         繰延税金資産                               27,088              24,569
                                         939              898
         その他
         投資その他の資産合計                               47,239              47,269
        固定資産合計                              1,598,004              1,619,887
                                    ※2  1,712,725            ※2  1,738,989
      資産合計
     負債の部
      流動負債
        短期借入金                                12,570                -
                                     ※2  25,000            ※2  10,000
        1年内償還予定の社債
        1年内返済予定の長期借入金                                27,178              35,576
        リース債務                                  376              402
        未払金                                92,885              66,876
        未払費用                                5,865              5,734
        未払消費税等                                1,524                -
        未払法人税等                                9,228               612
        預り連絡運賃                                  378              218
        預り金                                34,267              42,561
        前受運賃                                19,170              14,033
        前受金                                2,291              2,858
        前受収益                                3,732              2,997
        賞与引当金                                9,587              8,358
                                        8,488               608
        その他
        流動負債合計                               252,547              190,837
      固定負債
                                     ※2  462,000            ※2  562,000
        社債
        長期借入金                               241,872              296,295
        リース債務                                  815              772
        退職給付引当金                                60,297              62,606
        役員退職慰労引当金                                  169              205
        環境安全対策引当金                                3,699              1,079
        資産除去債務                                3,291              3,148
                                        14,488              15,100
        その他
        固定負債合計                               786,635              941,207
      負債合計                                1,039,182              1,132,045
                                 80/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                58,100              58,100
        資本剰余金
                                        62,167              62,167
         資本準備金
         資本剰余金合計                               62,167              62,167
        利益剰余金
         その他利益剰余金
          別途積立金                             434,000              474,000
                                       119,381               12,679
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              553,381              486,679
        株主資本合計                               673,648              606,946
      評価・換算差額等
                                        △ 105              △ 2
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                △ 105              △ 2
      純資産合計                                 673,543              606,944
     負債純資産合計                                 1,712,725              1,738,989
                                 81/102














                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     鉄道事業営業利益
      営業収益
        旅客運輸収入                               346,542              223,928
        鉄道線路使用料収入                                1,221              1,248
                                        32,715              27,362
        運輸雑収
        鉄道事業営業収益合計                               380,480              252,540
      営業費
        運送営業費                               206,159              198,843
        一般管理費                                16,826              13,774
        諸税                                12,060              10,888
                                        78,798              82,455
        減価償却費
        鉄道事業営業費合計                               313,845              305,962
      鉄道事業営業利益又は鉄道事業営業損失(△)                                 66,634             △ 53,421
     関連事業営業利益
      営業収益
        不動産賃貸収入                                12,001              12,011
                                        4,949              5,119
        その他の営業収入
        関連事業営業収益合計                                16,950              17,130
      営業費
        販売費及び一般管理費                                4,252              4,010
        諸税                                1,175              1,255
                                        2,554              2,693
        減価償却費
        関連事業営業費合計                                7,983              7,959
      関連事業営業利益                                  8,967              9,170
     全事業営業利益又は全事業営業損失(△)                                   75,601             △ 44,251
     営業外収益
                                      ※1  2,527            ※1  2,749
      受取配当金
      受取受託工事事務費                                   753             1,432
      物品売却益                                   417              351
      助成金収入                                    -              933
                                       ※1  752            ※1  508
      雑収入
      営業外収益合計                                  4,450              5,975
     営業外費用
      支払利息                                  3,600              3,503
      社債利息                                  6,617              6,516
                                         479              867
      雑支出
      営業外費用合計                                 10,697              10,886
     経常利益又は経常損失(△)                                   69,354             △ 49,161
                                 82/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     特別利益
                                      ※2  4,318            ※2  1,083
      補助金
                                      ※3  4,202           ※3  25,515
      鉄道施設受贈財産評価額
                                     ※4  11,867             ※4  964
      工事負担金等受入額
                                         233              278
      その他
      特別利益合計                                 20,622              27,842
     特別損失
                                     ※5  20,162            ※5  27,517
      固定資産圧縮損
      減損損失                                    49              103
                                          0              1
      その他
      特別損失合計                                 20,213              27,622
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   69,763             △ 48,941
     法人税、住民税及び事業税
                                        20,480                180
                                         190             2,473
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   20,670               2,653
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   49,093             △ 51,595
                                 83/102














                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      【営業費明細表】
                            前事業年度                 当事業年度
                          (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                          至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
                    注記
          区分                 金額(百万円)                 金額(百万円)
                    番号
    Ⅰ 鉄道事業営業費
     1 運送営業費              ※1
      (1)  人件費
                        85,831                 84,195
      (2)  経費               120,328                 114,648
                              206,159                 198,843
     2 一般管理費
      (1)  人件費
                         5,912                 5,953
      (2)  経費
                        10,913                  7,820
                              16,826                 13,774
     3 諸税                         12,060                 10,888
                              78,798                 82,455
     4 減価償却費
       鉄道事業営業費合計                            313,845                 305,962
    Ⅱ 関連事業営業費
     1 販売費及び一般管理費              ※2
      (1)  人件費
                          649                 654
      (2)  経費                3,603                 3,356
                               4,252                 4,010
     2 諸税              ※2           1,175                 1,255
                               2,554                 2,693
     3 減価償却費
                                    7,983                 7,959
       関連事業営業費合計
       全事業営業費合計            ※3                321,828                 313,922
     (注) 事業別営業費合計の100分の5を超える主な費用並びに営業費(全事業)に含まれている引当金繰入額は次のと

        おりです。
                                   (前事業年度)           (当事業年度)
        ※1 鉄道事業営業費 運送営業費
                    給料                36,213百万円           36,647百万円
                    手当                17,675百万円           16,557百万円
                    賞与                17,191百万円           15,942百万円
                    修繕費                36,066百万円           34,640百万円
                    管理委託費                18,425百万円           14,578百万円
                    固定資産除却費                13,799百万円           15,870百万円
        ※2 関連事業営業費 販売費及び一般管理費
                    修繕費                  905百万円           923百万円
                    管理委託費                 1,130百万円           1,102百万円
                    賃借料                  400百万円           428百万円
                   諸税
                    固定資産税                  900百万円           966百万円
        ※3 営業費(全事業)に含まれている引当金繰入額
                    賞与引当金繰入額                 9,352百万円           8,126百万円
                    役員退職慰労引当金繰入額                  39百万円           36百万円
           なお、退職給付費用は次のとおりです。
                                     2,792百万円           3,523百万円
                                 84/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ③【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                                                評価・換算
                             株主資本
                                                差額等
                   資本剰余金            利益剰余金
                                                    純資産合計
                                                その他
                                           株主資本
                           その他利益剰余金
               資本金                                 有価証券
                                      利益剰余金
                                            合計
                   資本準備金
                        特別償却          繰越利益              評価差額金
                                       合計
                             別途積立金
                         準備金          剰余金
    当期首残高           58,100     62,167       0  394,000     125,393     519,394     639,661       68   639,730
    当期変動額
     特別償却準備金の取
                          △ 0          0    -     -          -
     崩
     別途積立金の積立                         40,000    △ 40,000      -     -          -
     剰余金の配当                             △ 15,106    △ 15,106    △ 15,106         △ 15,106
     当期純利益                              49,093     49,093     49,093          49,093
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                            △ 174    △ 174
     額)
    当期変動額合計             -     -    △ 0   40,000    △ 6,012    33,987     33,987     △ 174   33,812
    当期末残高           58,100     62,167      -   434,000     119,381     553,381     673,648      △ 105   673,543
     当事業年度(自       2020年4月1日 至          2021年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                                評価・換算
                             株主資本
                                                差額等
                   資本剰余金            利益剰余金
                                                    純資産合計
                                                その他
                                           株主資本
                           その他利益剰余金
               資本金                                 有価証券
                                      利益剰余金
                                            合計
                   資本準備金
                        特別償却          繰越利益              評価差額金
                                       合計
                             別途積立金
                         準備金          剰余金
    当期首残高           58,100     62,167      -   434,000     119,381     553,381     673,648      △ 105   673,543
    当期変動額
     特別償却準備金の取
                                         -     -          -
     崩
     別途積立金の積立                         40,000    △ 40,000      -     -          -
     剰余金の配当                             △ 15,106    △ 15,106    △ 15,106         △ 15,106
     当期純損失(△)                             △ 51,595    △ 51,595    △ 51,595         △ 51,595
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                             102     102
     額)
    当期変動額合計             -     -     -   40,000   △ 106,701    △ 66,701    △ 66,701      102   △ 66,598
    当期末残高           58,100     62,167      -   474,000     12,679    486,679     606,946      △ 2  606,944
                                 85/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)  子会社株式及び関連会社株式
       総平均法による原価法によっています。
     (2)  その他有価証券
      ① 時価のあるもの
        決算日の市場価格等による時価法によっています。
        (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により算定しています)
      ② 時価のないもの
        総平均法による原価法によっています。
    2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
      貯蔵品
       移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法)によっています。
    3 固定資産の減価償却の方法
     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法によっています。
       ただし、取替資産については取替法によっています。また、1998年4月1日以降に取得した建物(建物付属設備
      を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物付属設備及び構築物については、定額法によっています。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
       建物                        12年~50年
       構築物                        12年~60年
       車両                           13年
       機械装置                        5年~17年
     (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
       定額法によっています。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
       施設利用権                        5年~42年
       ソフトウェア(自社利用)                            5年
     (3)  リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっています。
    4 繰延資産の処理方法
      社債発行費
       支出時に全額費用処理しています。
    5 引当金の計上基準
     (1)  貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
      いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。
     (2)  賞与引当金
       従業員に支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しています。
     (3)  退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してい
      ます。
      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定に当たり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
       算定式基準によっています。
                                 86/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による
       定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しています。
        過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により費用処
       理しています。
     (4)  役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく事業年度末要支給額を計上しています。
     (5)  環境安全対策引当金
       保管するポリ塩化ビフェニル(PCB)の処理費用の支出に備えるため、今後発生すると見込まれる金額を計上
      しています。
    6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
     (1)  退職給付に係る会計処理
       退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこ
      れらの会計処理の方法と異なっています。
     (2)  消費税等の会計処理
       税抜方式によっています。
     (3)  工事負担金等の処理
       地方公共団体等による工事負担金等(補助金、鉄道施設受贈財産評価額を含む)は、工事完成時に当該工事負担
      金等相当額を取得した固定資産の取得原価から直接減額して計上しています。
       なお、損益計算書においては、工事負担金等相当額を特別利益に計上するとともに、固定資産の取得原価から直
      接減額した額を固定資産圧縮損として特別損失に計上しています。
                                 87/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (重要な会計上の見積り)
      当社は、財務諸表の作成にあたって様々な会計上の見積りを行っています。この見積りの前提となる当社の業績の
     見通しについて、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた外出自粛等の影響により鉄道等のご利用が大幅に減少し
     ており、当社の業績は大きな影響を受けています。この影響を会計上の見積りに反映するにあたり、主として次のよ
     うな仮定を置いています。
      当社は、主な収益である旅客運輸収入についての見積りを基礎として、将来にわたる経営状況を予測しています。
     今後、人々の意識や行動、社会構造の大きな変化は継続するものと認識しており、旅客運輸収入は新型コロナウイル
     ス感染症の影響拡大前の水準には戻らないものと仮定しています。
      旅客運輸収入のうち、定期旅客収入については、テレワークの進展に伴う都心部のオフィスへの出勤頻度の減少
     等、様々な行動変容を中心に予測しています。一方、定期外旅客収入については、行動制限の緩和及びワクチン接種
     の普及に伴い、プライベート利用をはじめとしたお出かけ需要の一定程度の回復を中心に予測しています。さらに国
     等の公表する各種統計数値や各種団体の調査公表資料等の結果を考慮し、2021年度以降の旅客運輸収入を見積ってい
     ます。
      この見積りをもとに策定した合理的な計画に基づき、固定資産の減損及び繰延税金資産の回収可能性について見積
     りを行っています。
      なお、現在の状況及び入手可能な情報に基づき、合理的と考えられる見積り及び判断を行っていますが、今後の感
     染症の再拡大や収束時期を予測することは困難であり、さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大から1年以上が経
     過し、人々の意識や行動、社会構造の大きな変化が定着することで、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響
     と、それ以外の影響について、それぞれ区別して当社の業績を合理的に見積もることは極めて困難であります。した
     がって、見積りには不確実性を伴い、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があります。
    1 固定資産の減損

     (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
       103百万円
     (2)  会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
      ① 金額の算出方法
        当社では、減損の認識の判定及び回収可能額の算定に際し、合理的な計画に基づきそれらを見積もっていま
       す。
        なお、資産のグルーピングについては、独立したキャッシュ・フローを生み出す単位を構成する物件を1つの
       グルーピングとしています。ただし、鉄道事業における固定資産についてはネットワーク性に鑑み、単一のグ
       ルーピングとして整理しています。
        また、減損損失の測定にあたって割引率を用いる際、加重平均資本コストを採用することとしています。
      ② 主要な仮定
        上述の計画を主な仮定としています。
      ③ 翌事業年度の財務諸表に与える影響等
        現在の状況及び入手可能な情報に基づき、合理的と考えられる見積り及び判断を行っていますが、将来の不確
       実な状況変化等によって影響を受ける可能性があり、見込んだ収益が得られなかった場合、又は算出の前提条件
       に変更があった場合には、減損損失の発生に重要な影響を与える可能性があります。
    2 繰延税金資産の回収可能性

     (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
       24,569百万円
     (2)  会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
      ① 金額の算出方法
        当社では、合理的な計画に基づき、将来の課税所得の発生時期や主要な一時差異等の項目にかかる解消年度の
       スケジューリングを行い、企業分類を判定し、回収可能と見込まれる金額について繰延税金資産を計上していま
       す。
                                 88/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ② 主要な仮定
        上述の計画を主な仮定としています。
      ③ 翌事業年度の財務諸表に与える影響等
        現在の状況及び入手可能な情報に基づき、合理的と考えられる見積り及び判断を行っていますが、将来の不確
       実な状況変化等によって影響を受ける可能性があり、実際に発生した課税所得の時期及び金額が見積りと異なっ
       た場合には、繰延税金資産の金額に重要な影響を与える可能性があります。
      (表示方法の変更)

     (貸借対照表関係)
      前事業年度において、独立掲記していた「流動資産」の「未収収益」及び「短期貸付金」は、金額的重要性が乏し
     くなったため、当事業年度より「その他」に含めて表示しています。この表示方法の変更を反映させるため、前事業
     年度の財務諸表の組替えを行っています。
      この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「未収収益」82百万円、「短期貸付
     金」2百万円は、「その他」3,098百万円として組み替えています。
     (損益計算書関係)

      前事業年度において、独立掲記していた「営業外収益」の「受取利息」及び「有価証券利息」は、金額的重要性が
     乏しくなったため、当事業年度より「雑収入」に含めて表示しています。この表示方法の変更を反映させるため、前
     事業年度の財務諸表の組替えを行っています。
      この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収益」に表示していた「受取利息」0百万円、「有価証券
     利息」0百万円は、「雑収入」752百万円として組み替えています。
      (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

      「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度末に係る
     財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しています。
      ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係
     る内容については記載していません。
                                 89/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
    ※1 固定資産の取得価額から控除した国庫補助金等などの圧縮記帳累計額及び内訳は、以下のとおりです。
                                    前事業年度            当事業年度
                                  ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
        地方公共団体等による工事負担金等(補助金、鉄
        道施設受贈財産評価額を含む)に伴う圧縮記帳累                            422,012    百万円        448,697    百万円
        計額
        収用等に伴う圧縮記帳累計額                             16,608   百万円         16,653   百万円
        計                            438,621    百万円        465,351    百万円

    ※2 担保に供している資産及び担保付債務

        前事業年度(自             2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
         東京地下鉄株式会社法第3条及び附則第14条第1項の規定により、当社の総財産を社債                                         487,000百万円       の一般
        担保に供しています。         
        当事業年度(自         2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

         東京地下鉄株式会社法第3条及び附則第14条第1項の規定により、当社の総財産を社債                                         572,000百万円       の一般
        担保に供しています。         
                                 90/102














                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (損益計算書関係)
    ※1 営業外収益のうち関係会社に係る取引は、次のとおりです。
                              前事業年度                当事業年度
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        受取配当金                       2,508   百万円              2,737   百万円
        その他                        231  百万円               260  百万円
        計                       2,740   百万円              2,998   百万円
    ※2 補助金の内訳は、次のとおりです。

                              前事業年度                当事業年度
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        バリアフリー施設整備                       4,195   百万円               785  百万円
        輸送改善                         -                257  百万円
        その他                        123  百万円               41 百万円
        計                       4,318   百万円              1,083   百万円
    ※3 鉄道施設受贈財産評価額の内訳は、次のとおりです。

                              前事業年度                当事業年度
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        虎ノ門ヒルズ駅整備                         -              15,961   百万円
        虎ノ門ヒルズ駅地下通路                         -               3,418   百万円
        大手町駅連絡通路                         -               1,868   百万円
        日本橋駅鉄道施設                       3,007   百万円              1,522   百万円
        六本木一丁目駅連絡通路                        584  百万円               -
        その他                        610  百万円              2,744   百万円
        計                       4,202   百万円             25,515   百万円
    ※4 工事負担金等受入額の内訳は、次のとおりです。

                              前事業年度                当事業年度
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        渋谷駅移設工事                       11,697   百万円               717  百万円
        その他                        170  百万円               247  百万円
        計                       11,867   百万円               964  百万円
    ※5 固定資産圧縮損は、法人税法第42条ほかの規定に基づく国庫補助金等などによる圧縮額です。

      (有価証券関係)

    (子会社株式及び関連会社株式)
     時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額
                                               (単位:百万円)
                                   前事業年度             当事業年度
                区分
                                 ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
      子会社株式                                  9,550             9,550

      関連会社株式                                    303             203

     これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものです。
                                 91/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)

    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳は、次のとおりです。
                                前事業年度              当事業年度
                               ( 2020年3月31日       )       ( 2021年3月31日       )
      (繰延税金資産)
       税務上の繰越欠損金                            -            17,963   百万円
       退職給付引当金                          18,451   百万円           19,157   百万円
       未収連絡運賃                            172  百万円             103  百万円
       賞与引当金                           2,933   百万円            2,557   百万円
       期渡撤去工事                           2,400   百万円            2,413   百万円
       関係会社株式
                                  882  百万円             882  百万円
       (事業再編に伴う税効果額)
       投資有価証券等評価損                           2,687   百万円            2,687   百万円
       環境安全対策引当金                           1,132   百万円             330  百万円
       資産除去債務                           1,007   百万円             963  百万円
       減損損失                            528  百万円             507  百万円
       未払事業税等                            664  百万円             174  百万円
                                 2,232   百万円            2,078   百万円
       その他
      繰延税金資産小計
                                33,093   百万円           49,818   百万円
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                            -           △11,631    百万円
       将来減算一時差異等の合計に係る
                                △3,431    百万円          △10,260    百万円
       評価性引当額
      評価性引当額小計                          △3,431    百万円          △21,892    百万円
      繰延税金資産合計
                                29,661   百万円           27,926   百万円
      (繰延税金負債)

       前払年金費用                           2,572   百万円            3,319   百万円
                                  -              37 百万円
       その他
      繰延税金負債合計                           2,572   百万円            3,357   百万円
      繰延税金資産の純額                          27,088   百万円           24,569   百万円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

       前事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以
      下であるため、注記を省略しています。
       当事業年度は、税引前当期純損失であるため、注記を省略しています。
      (1株当たり情報)

                            前事業年度                  当事業年度
                         (自    2019年4月1日               (自    2020年4月1日
                          至   2020年3月31日       )         至   2021年3月31日       )
    1株当たり純資産額                             1,159円28銭                  1,044円65銭
    1株当たり当期純利益金額又は
                                   84円50銭                 △88円81銭
    1株当たり当期純損失金額(△)
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                 92/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
        【有価証券明細表】
         【株式】
                 銘柄                   株式数(株)          貸借対照表計上額(百万円)

               ㈱ぐるなび                         973,600               600
               第一生命ホールディングス㈱                         123,200               234
               ㈱海外交通・都市開発事業支援機構                          2,000              100
               日本コンサルタンツ㈱                          2,000              100
    投資     その他
    有価証券     有価証券
               渋谷スクランブルスクエア㈱                          3,473               34
               ㈱スペースマーケット                          34,200               30
               ㈱パスモ                           480              24
               その他7銘柄                       15,984,983                 17
                 計                     17,123,936                1,141
        【有形固定資産等明細表】

                                        当期末減価
                                        償却累計額            差引当期末
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
                                        又は償却
       資産の種類                                             残高
                 (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)            (百万円)
                                         累計額
                                                    (百万円)
                                        (百万円)
    有形固定資産
     土地              170,620       1,252       708    171,164        -      -   171,164
                               4,243
     建物              374,258      19,151           389,167      191,509      10,972     197,658
                                (69)
                              38,032
     構築物             1,763,354       94,574          1,819,897      1,079,729       27,437     740,167
                                (3)
     車両              418,154      25,437      16,404     427,187      305,663      22,475     121,523
                              14,575
     その他              305,060      30,959           321,444      235,022      18,207      86,421
                                (30)
     建設仮勘定              180,258      121,869      151,547      150,580        -      -   150,580
                              225,511
      有形固定資産計          3,211,707       293,245           3,279,441      1,811,925       79,092    1,467,516
                               (103)
    無形固定資産
     地上権              37,078        33      16    37,095        -      -    37,095
     借地権              19,623        0     -    19,623        -      -    19,623
                                 0
     電話加入権                43      1           44      -      -      44
                                (0)
     商標権                22      4     -      26      11      2     15
     施設利用権              65,025      2,577       203    67,400      31,364      2,071     36,035
     ソフトウェア              22,898      4,403      3,136     24,165      12,253      3,982     11,912
     ソフトウェア仮勘定                629     3,076      3,330       374      -      -     374
                               6,687
      無形固定資産計            145,321      10,097           148,731      43,629      6,056     105,101
                                (0)
    長期前払費用                13      12      7     19      -      -      19
                                 93/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
      (注)1  当期増加額の主なものは、次のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
          (1)   バリアフリー設備整備工事による増
                                                      29,356
              ・土地
                                                       203
              ・建物
                                                      2,666
              ・構築物
                                                      21,155
              ・その他(機械装置)
                                                       751
              ・建設仮勘定
                                                      4,579
          (2)   新造車両(2000系 72両、13000系 14両、17000系 40両)取得による増
                                                      20,288
              ・車両
                                                      20,288
          (3)   虎ノ門ヒルズ駅工事による増
                                                      17,683
              ・建物
                                                       571
              ・構築物
                                                      14,700
              ・その他(機械装置)
                                                       954
              ・建設仮勘定
                                                      1,278
              ・ソフトウェア
                                                       177
         なお、建設仮勘定の当期増加額の主なものは、固定資産に振り替えている金額を差し引いた純額のみ記載し
         ています。
        2  当期減少額の主なものは、次のとおりです。

                                                 (単位:百万円)
          (1)   鉄道資産工事負担金に係る圧縮記帳による減
                                                      19,090
              ・建物                                             740
              ・構築物                                           17,062
              ・その他(機械装置)                                            1,109
              ・ソフトウェア                                             177
          (2)   車両廃車(02系 72両、7000系 20両)に伴う除却による減
                                                      14,182
              ・車両                                            14,182
         なお、当期減少額のうち                 ( )   内は、内書きで減損損失の計上額です。
        3 「商標権」、「施設利用権」及び「ソフトウェア」については、期末残高には当期末償却済の残高を含

         んでいます。
        【引当金明細表】

                                  当期減少額        当期減少額
                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                  (百万円)        (百万円)                         (百万円)
                                  (百万円)        (百万円)
    賞与引当金                 9,587        8,358        9,587          -       8,358
    役員退職慰労引当金                  169         36        -        -        205
    環境安全対策引当金                 3,699          -       2,257         362       1,079
      (注)環境安全対策引当金の「当期減少額(その他)」は、見積りの変更に伴うものであります。
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。
     (3)  【その他】

       該当事項はありません。
                                 94/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度              4月1日から3月31日まで

    定時株主総会              6月中

    基準日              3月31日

    株券の種類                                ─

                  9月30日
    剰余金の配当の基準日
                  3月31日
    1単元の株式数              1,000株
    株式の名義書換え

                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部

      取扱場所
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

      株主名簿管理人
                  みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
      取次所
                  みずほ証券株式会社 本店、全国各支店及び営業所
                  無料
      名義書換手数料
    単元未満株式の買取り

                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部

      取扱場所
                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

      株主名簿管理人
                  みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
      取次所
                  みずほ証券株式会社 本店、全国各支店及び営業所
                  無料
      買取手数料
                  日本経済新聞

    公告掲載方法
                  該当事項なし

    株主に対する特典
                                 95/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      東京地下鉄株式会社(E04153)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

     当社には、親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しています。
    (1)  有価証券報告書及びその添付書類
      事業年度      第16期   (自    2019年4月1日        至    2020年3月31日       )              2020年6月29日
                                               関東財務局長に提出
    (2)  四半期報告書

      第17期   第1四半期(自