株式会社ダイショー 有価証券報告書 第55期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第55期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 株式会社ダイショー
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                 有価証券報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                 関東財務局長

    【提出日】                 2021年6月30日

    【事業年度】                 第55期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    【会社名】                 株式会社ダイショー

    【英訳名】                 DAISHO    CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                 代表取締役会長 松 本 洋 助

    【本店の所在の場所】                 東京都墨田区亀沢一丁目17番3号

    【電話番号】                 03(3626)9321(代表)

    【事務連絡者氏名】                 専務取締役管理本部長兼総務人事部長  松 本 俊 一

    【最寄りの連絡場所】                 (福岡本社)福岡市東区松田一丁目11番17号

    【電話番号】                 092(611)9321(代表)

    【事務連絡者氏名】                 専務取締役管理本部長兼総務人事部長  松 本 俊 一

    【縦覧に供する場所】                 株式会社ダイショー 福岡本社

                     (福岡市東区松田一丁目11番17号)

                    株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/62







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

            回次            第51期       第52期       第53期       第54期       第55期

           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上高             (百万円)        19,692       20,461       20,572       21,105       22,399

    経常利益             (百万円)         462       616       523       618       827

    当期純利益             (百万円)         296       395       326       404       533

    持分法を適用した
                 (百万円)          ―       ―       ―       ―       ―
    場合の投資利益
    資本金             (百万円)         870       870       870       870       870
    発行済株式総数              (株)     9,868,800       9,868,800       9,868,800       9,868,800       9,868,800

    純資産額             (百万円)        7,575       7,808       7,936       8,188       8,574

    総資産額             (百万円)        13,349       13,973       13,669       14,209       15,115

    1株当たり純資産額              (円)       784.76       808.92       822.17       848.28       888.30

    1株当たり配当額                     18.00       18.00       18.00       18.00       18.00
                  (円)
    (うち1株当たり
                          ( 9.00  )     ( 9.00  )     ( 9.00  )     ( 9.00  )     ( 9.00  )
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益              (円)       30.69       41.02       33.82       41.92       55.27
    潜在株式調整後
                  (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率              (%)        56.7       55.9       58.1       57.6       56.7
    自己資本利益率              (%)        3.9       5.1       4.1       5.0       6.4

    株価収益率              (倍)        40.6       31.6       35.8       26.7       24.6

    配当性向              (%)        58.6       43.9       53.2       42.9       32.6

    営業活動による
                 (百万円)         939       872       915      1,136       1,966
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                 (百万円)        △ 282      △ 175      △ 252      △ 534      △ 635
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                 (百万円)        △ 720      △ 481      △ 584      △ 337      △ 671
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                 (百万円)        1,427       1,642       1,720       1,985       2,645
    の期末残高
    従業員数
                           644       664       678       700       705
    〔外   平均臨時            (人)
                         〔 320  〕     〔 322  〕     〔 346  〕     〔 353  〕     〔 349  〕
    雇用人員〕
    株主総利回り
                  (%)
                           109       114       109       102       125
    (比較指標:配当込み
                  (%)
                         ( 115  )     ( 133  )     ( 126  )     ( 114  )     ( 162  )
    TOPIX)
    最高株価              (円)       1,329       1,498       1,364       1,243       1,400
    最低株価              (円)       1,130       1,201       1,150       1,015       1,046
     (注)   1 売上高には消費税等は含まれておりません。
       2 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社を有しておりませんので記載しておりません。
       3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       4 従業員数欄の〔 〕内は外数で、パートタイマー(7時間勤務)及び嘱託社員であります。
       5 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
                                 2/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    2 【沿革】
       年月                           概要
     1966年12月       焼肉栄養調味料並びに食品の製造及び販売を目的として大昌食品株式会社を設立
            福岡県福岡市箱崎前川町に本社工場を設置、“焼肉のたれ”の製造販売を開始(ブランド名「焼肉
     1966年12月
            一番」)
     1968年5月       「味・塩こしょう」の製造販売開始
     1970年4月       福岡県福岡市に福岡営業所(現福岡支店)を設置
     1970年4月       名古屋市西区に名古屋営業所(現名古屋支店)を設置し、東海地区での営業活動を開始
     1970年11月       神奈川県相模原市に横浜営業所を設置し、関東地区での営業活動を開始
     1973年4月       大阪府門真市に大阪営業所(現関西営業部)を設置し、関西地区での営業活動を開始
     1974年4月       福岡市東区社領に本社工場を新築移転
     1974年6月       福岡市東区社領に本社を移転
     1974年9月       宮城県泉市(現仙台市)に仙台営業所(現仙台支店)を設置し、東北地区での営業活動を開始
     1977年10月       石川県金沢市に金沢営業所を設置し、北陸地区での営業活動を開始
     1978年9月       広島県広島市に広島営業所(現広島支店)を設置し、中国地区での営業活動を開始
     1982年4月       愛媛県松山市に松山営業所を設置し、四国地区での営業活動を開始
     1982年5月       「焼肉一番」商標登録
     1985年4月       札幌市白石区に札幌営業所(現札幌支店)を設置し、北海道地区での営業活動を開始
     1987年5月       福岡市東区松田に本社・本社工場を移転
     1989年9月       茨城県東茨城郡(現小美玉市)に関東第一工場を新築設置
     1991年12月       「もつ鍋スープ」製造販売開始
     1993年6月       茨城県西茨城郡に関東第二工場を新築設置
     1993年8月       「味・塩こしょう」商標登録
     1994年1月       子会社ロックフーズ株式会社を合併
     1994年4月       商号を株式会社ダイショーに変更
     1995年10月       東京都墨田区に東日本地域の拠点となる自社ビルを竣工
     1996年1月       東京本社を新設し福岡との二本社体制を発足させるとともに本社工場を福岡工場に名称変更
     1996年2月       東京都墨田区に本店を移転
     1997年4月       日本証券業協会に店頭登録
     2000年5月       福岡工場レトルト部門においてHACCP(危害分析重点管理方式)承認取得
     2000年11月       東京証券取引所市場第二部に上場
     2001年4月       関東第一工場(現関東工場)を増設し、関東第二工場を統合
     2002年4月       支店制度を導入
     2004年2月       韓国(ソウル)に駐在事務所を設置
     2004年4月       福岡工場の近隣に福岡第二工場を新設
     2004年11月       現地法人㈱韓国ダイショーを設立
     2005年4月       通信販売部を新設
     2006年9月       子会社㈱韓国ダイショーを清算
     2008年2月       子会社㈱ダイショーフードシステムズを設立
     2010年7月       福岡工場、福岡第二工場、関東工場において食品安全マネジメントシステム(ISO22000)を取得
     2012年4月       子会社㈱ダイショーフードシステムズを清算
     2012年10月       福岡県糟屋郡に九州工場を新築設置
     2013年7月       九州工場において食品安全認証規格(FSSC22000)を取得
     2014年6月       関東工場において食品安全認証規格(FSSC22000)を取得
     2016年7月       福岡工場、福岡第二工場において食品安全認証規格(FSSC22000)を取得
                                 3/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社は、創業時より、たれやスープ等の液体調味料、味塩こしょう等を主力とする食品事業を営んでおります。
      以上に記載した事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

    4  【関係会社の状況】






       該当事項はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1)  提出会社の状況
                                               2021年3月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
        705  〔 349  〕          37.9             12.5            4,879,115
     (注)   1 従業員は就業人員であり、臨時雇用者数は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3 従業員の定年は満60歳であります。ただし、会社が必要と認めた場合は嘱託として期限を定めて再雇用する
         ことがあります。
       4 当社は、食品事業のみの単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
     (2)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりません。なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                 4/62








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において、当社が判断したものであります。
     (1)  経営方針
      当社は「おいしさで・しあわせをつくる」を企業理念として豊かな食文化の創造を目指し、安心・安全を第一義
     に、品質の高い調合調味料類を中心とした製品を付加価値の高い提案により、食場面におけるおいしさ、たのしさを
     創造する企業活動に取り組みます。また、「社是・社訓」、具体的行動を定めた「行動規範」を認識し、自らの責任
     と役割を果たすことで、仕事を通して社会と関わり合いながら、活力のある魅力的で社会貢献することを追求する企
     業として成長するとともに、ダイショーらしいユニークな製品やサービスを提供し続けることで、企業価値を高めて
     まいります。
     (2)  経営環境及び中期経営戦略

      新型コロナウイルス感染拡大と収束時期が見通せない状況で、かつて経験したことのない社会不安のなか、消費者
     の生活防衛意識・節約志向は今後一層高まると予想しております。食品業界においても、少子高齢化による国内市場
     の縮小、ネット販売市場の拡大などの流通の変化、消費者の価値観の多様化など、市場環境の変化はそのスピードを
     上げています。一方で物流コストの高止まりや人手不足の影響は今後も継続すると見込まれ、業界ではこうした数多
     くの課題への対応が求められます               。
      このようななか、当社としては、引き続き「主力製品の集中販売」「業務用製品のさらなる飛躍」「新製品の開
     発」「次世代の組織作り」という中期経営計画の4つの基本施策に則り、収益構造の改革を図り、成長を持続させて
     まいります     。
      小売用調味料市場に対しては、焼肉のたれや鍋スープなどの主力製品の売上拡大を一層推進するべく、経営資源の
     集中を図るとともに、即食製品など、消費者の多様なニーズを捉えた価値ある製品の開発と、機動的で魅力ある販促
     企画、キャンペーン、広告活動などの後方支援の充実化を推進してまいります。また、暖冬の頻度が高まっている現
     状に鑑み、鍋スープの通年製品化にも引き続き取り組んでまいりま                               す。
      さらに、成長軌道にある惣菜向け調味料など、業務用調味料市場の開拓にも引き続き注力し、流通チャネルごとに
     メニュー開発・提案を加速させ、積極的な拡販に努めてまいります。また、世界的な食糧需要の増大やアジア・新興
     国の経済成長、日本食の広まりといったトレンドを捉え、海外市場の開拓に向け販売体制を強化し、一層の売上拡大
     を図ります。
      その他、消費者の食の安心や健康に対する意識の高まりに対応するため、更なる安心・安全を確保した品質保証体
     制のもとでの製造に努め、「糖質オフ」や「機能性表示食品」など、健康をキーワードとした新製品の開発・投入を
     行い、価値ある製品の充実を図ってまいります                     。
      これらの具体的取り組みを加速させることで売上の拡大と利益率の改善を目指すとともに、選択と集中を意識した
     組織マネジメント、及び次世代人材育成への投資を積極化すること、さらには、企業の社会的責任に対する要請が一
     層高まっていることを踏まえ、SDGsを見据えた持続可能な社会と事業成長の両立の実現に向け、様々な取り組み
     を実行してまいります          。
      [中期経営計画の概要]

       中期計画テーマ 〈新時代を勝ち抜くための挑戦と変革〉
      ①   基本方針
      ・実力ある、収益力の高い主力製品の販売強化にあらためて注力し、当社の強みをさらに伸ばすことで、収益構造
       の改革を図り、成長を持続させる。
                                 5/62





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      ②   基本戦略
      ・主力製品の集中販売に注力するとともに、広告・販促企画などのサポートを強化させる。
      ・惣菜向けを中心とした業務用製品のさらなる飛躍を図るため、販売体制・開発体制を増強し、市場開拓を加速さ
       せる。
      ・潜在的ニーズを敏感にとらえた(ニーズを掘り起こす)新製品を開発する。
      ・人的投資、物的投資を積極化し、先を見据えた次世代の組織作りを推進する。
      ③ 数値目標

       2022年3月期に目指す主要な業績指標は以下のとおりです。
                                            単位:百万円
                     2021年3月期           2022年3月期
                                          2021年3月期比(%)
                      (実績)           (計画)
        売上高                  22,399           22,200            99.1
        経常利益                    827           900          108.8
        当期純利益                    533           570          106.9
      (注)当社は、2022年3月期より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適
       用しております       。
     (3)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      (1)及び(2)に記載の、経営方針及び中期経営計画を実行していく上で、当社が優先的に対処すべき事業上及び財務
     上の課題は以下のとおりであります                。
      ① 売上の継続的成長

      ・販売体制を再構築し、企画提案力の向上に取り組み、成長分野である業務用製品、即食向け製品の販売展開に注
       力してまいります。
      ・市場の変化を先取りし、付加価値と魅力ある製品開発に取り組み、販売力とコスト競争力の強化を図ってまいり
       ます。
      ② 食の安心・安全

      ・FSSC22000等の食品安全規格に則った生産を行うとともに、さらなる製品品質・衛生管理レベルの向上
       に取り組んでまいります。
      ③ 事業基盤の強化

      ・原材料調達、在庫管理、人員配置、生産計画、物流体制、販売・広告活動等、あらゆるコストについて生産性向
       上に取り組み、経営の効率化を進めてまいります。
      ・業務用調味料市場の開拓など販路拡大に伴い、製品アイテム数や在庫数が増加傾向にあるなか、自社倉庫・外部
       倉庫の在庫保管状況について適時・適切に管理を行い、製品の安定供給に努めてまいります。
      ・教育・人事諸制度の充実、職場環境の改善により、個々の社員の能力を発揮できる環境を整備し、将来にわたる
       成長力、収益力のある企業体質を目指してまいります。
      ・SDGsを見据えた持続可能な社会と事業成長の両立の実現に向け、様々な取り組みを実行し、企業としての社
       会的責任に対する要請に応えてまいります。
      ④   新型コロナウイルス感染症への対応

      ・ 新型コロナウイルス感染症の収束時期は見通しが立たない状況が続いております。
       当社は、引き続き厚生労働省の指針や当社の「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」に基づく感染防止策
       を着実に実行し、感染拡大に対し万全を期すとともに、堅実に業績を確保できるよう努めてまいります。
                                 6/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであり
     ます。
      なお、文中における将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。
      (1)  食品の安全性について

       食品業界におきまして、食品表示の偽装問題、産地偽装問題、残留農薬問題等が発生し、消費者の食品安全に対
      する関心はさらに高まっています。
       当社は、安心・安全につながる製品供給のため、HACCP及びFSSC22000に則った製造を行っており
      ます。また、品質方針として、『お客様の要求を満たすために、「信頼される品質」の製品を提供し、顧客満足を
      追及します。』を掲げ、万全の生産、品質管理、安全衛生管理体制で臨んでおります。
       しかしながら、予見不能な製品品質に関する問題が発生した場合、そのリカバリーには多大な労力とコストが発
      生する可能性があり、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  市場動向に伴うリスクについて

       当社は、液体調味料、粉末調味料を主力とする食品を中心に取り扱っております。当社の製品群は、主に、食
      肉、野菜、鮮魚類の調味料として使用されているため、その需要動向が、生鮮食品の消費動向に影響される可能性
      があります。さらに家畜の疾病(BSE、鳥インフルエンザ、口蹄疫等)の発生やセーフガード(緊急輸入制限措
      置)の発動等も当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)  原材料の価格変動の影響について

       原油・原材料価格の大幅な変動や国際的な需給動向等によりその価格が変動する可能性があります。この価格変
      動によって、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。また、原油価格の変動は、包装資材等の価格や製造コ
      スト、物流費用に影響を与える可能性があり、当社では、原材料の複数社購買や計画的購買によって安定的な調達
      を図っておりますが、価格が急激かつ想定を超えて高騰した場合、製造原価が上昇することにより、当社の業績に
      影響を及ぼす可能性があります。
      (4)  自然災害に伴うリスクについて

       当社の本社機能及び各拠点、とりわけ生産拠点において地震・火災・風水害等の自然災害により多大なる損害を
      蒙った場合、被害状況によっては企業活動に支障をきたし、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  気象変動に伴うリスクについて

       当社の主力事業である食品事業の販売業績は、気象変動に伴う影響を受ける可能性があります。冷夏、暖冬、台
      風等に起因する生鮮品の高騰により消費が鈍り企業活動に影響を受ける可能性があります。当社におきましては、
      これら気象変動が業績に与える影響を最小限に留めるために、販路、製・商品の多様化を図っておりますが、予測
      を超える気象変動が生じた場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)  法的規制に伴うリスクについて

       当社が属する食品業界においては、「食品衛生法」、「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律
      (JAS法)」、「製造物責任法(PL法)」、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律
      (容器包装リサイクル法)」、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」、「食品循環資源の再生
      利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)」、「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)」等
      による規制を受けております。当社では、法務担当部門と関連部門が専門家との連携を行うことにより、これらの
      関連法令を遵守する体制を整備しておりますが、今後、法規制の強化や変更、新たな法制定により当社の企業活動
      が制限された場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 7/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      (7)  情報・管理システムのリスクについて
       当社は、開発・生産・販売・物流等の情報をコンピューターにより管理しており、システムトラブル等に関しま
      しても、適切な管理体制にて運営しております。また、重要情報の紛失、誤用、改ざんを防止するため、情報管理
      に対して万全なセキュリティ対策を実施しております。しかしながら、停電や災害、ソフトウェアまたは機器の欠
      陥によるシステム作動不能、不正アクセス、予測不能のコンピュータウィルスの侵入、内部機密の漏洩、ソーシャ
      ルメディア上でのコメントその他不測の事態の発生により、社会に対する信用低下やシステムが一定期間使用でき
      なくなった場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (8)  新型コロナウイルス感染症について

       新型コロナウイルス感染症の発生・拡大に際し、当社は、お客様、取引先及び従業員の安全を第一に考えるとと
      もにさらなる感染拡大を防ぐため、厚生労働省の指針や当社の「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」に
      沿 い、従業員の体調管理・確認の徹底、テレワーク・時差出勤の導入や出張・会議の制限等の対応を実施してお
      ります。
       しかしながら、今後、さらなる感染拡大により、製造の一時停止や営業活動の自粛など、様々な影響が発生し、
      当社の業績に著しい影響を及ぼす可能性があります。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況
     の概要並びに経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
     す。
      なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。
      (1)  経営成績

       当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大により経済活動が大幅に制限されるなど、
      極めて厳しい状況で推移いたしました                 。
       食品業界におきましては、感染症拡大の影響による外出自粛の動きが広がり、巣ごもり消費の需要から生活必需
      品である食品の消費は拡大したものの、家計の先行き不透明感により、消費者の生活防衛意識や節約志向は一層高
      まる状況となりました          。
       このような状況のもと、当社は、2022年3月期までの中期経営計画に沿い、収益力の高い主力ロングセラー製品
      の拡販に注力する原点への回帰と、新時代における持続的成長を目指す事業活動を大きな柱とし、その実現に向け
      た重点施策に取り組み、業績の向上を目指してまいりました                            。
       製品群別の概況は、以下のとおりであります。
       液体調味料群においては、主力製品の販売に経営資源を集中させ一層の拡販に努めるなか、新型コロナウイルス
      感染症拡大の影響で家庭内での食事機会が拡大したこともあり、小売用製品が好調に推移いたしました。特に『秘
      伝  焼肉のたれ』、『博多もつ鍋スープ』、『キムチ鍋スープ』といった主力ロングセラー製品が、大きく売上を伸
      ばしました。鍋スープでは、通年製品化に注力すべく、製品面・販促面での方策を実施いたしました。製品面で
      は、通常の鍋に比べ気温の影響を受けにくい「しゃぶしゃぶ」に着目した「しゃぶ鍋」関連製品9アイテムをあら
      たに投入し、ラインアップを大幅に拡充いたしました。また「夏鍋」をテーマとした販促プロモーションを展開
      し、夏野菜メニューやスタミナメニューを訴求するとともに、ウェブCMの展開やインスタグラム投稿キャンペー
      ンを実施いたしました。商戦が本格化した秋冬期においては、12月の強い寒気による全国的な低気温もあり、鍋
      スープ類は主力製品を中心に大きく伸長し、『柑橘とり鍋スープ』などの新製品も好調に推移いたしました。さら
      に、2021年の春夏シーズンに向け、拡販及びブランド認知率向上を目的に、有名タレントを起用した焼肉のたれの
      ウェブ広告・テレビCM・消費者キャンペーンなどのプロモーションを積極的に展開いたしました。業務用製品で
      は、新規開拓への取り組みを継続するなか、内食市場の拡大の影響もあり、『アヒージョ風ソース』、『照焼ペッ
      パーソース』などの精肉向けのソースが伸長いたしました。この結果、売上高は159億35百万円(前期比107.6%)
      となりました      。
                                 8/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       粉体調味料群においては、『味・塩こしょう』シリーズが詰め替え用を中心に好調に推移し、リニューアルした
      『もちもちねぎチヂミの素』や、主力製品の『きのこがおいしい!アヒージョの素』などが家庭内消費の需要拡大
      を受け、大きく売上を伸ばしました。この結果、売上高は40億35百万円(前期比102.5%)となりました                                                。
       その他調味料群においては、新製品『ぱくぱくキャベツ用セット』が姉妹品の『レタスがおいしい                                              パリ麺サラダ
      用セット』とともに売上を牽引し、あらたに『コバラにうれしい                              5つの味のスープはるさめ』、『機能性表示食品
      GABA配合スープはるさめ』を投入し、一層ラインアップを充実させた「スープはるさめ」類も好調に推移いた
      しました。この結果、売上高は24億27百万円(前期比103.2%)となりました                                   。
       以上の結果、当事業年度における売上高は、223億99百万円(前期比106.1%)となりました。利益につきまして
      は、原材料価格は想定の範囲内で推移するなか、広告・販促企画活動といった後方支援への積極投資や、物流コス
      トの上昇の影響を受けたものの、営業利益は7億98百万円(前期比143.9%)、経常利益は8億27百万円(前期比
      133.8%)、当期純利益は5億33百万円(前期比131.9%)となりました                                 。
       生産、受注及び販売の実績は、次のとおりであります。

      ① 生産実績
        当事業年度における生産実績を品目群別に示すと、次のとおりであります。
                                         当事業年度
                                      (自    2020年4月1日
                 品目
                                       至     2021年3月31日       )
                                   金額(百万円)               前期比(%)
      液体調味料群                                      16,135          108.8
      粉体調味料群                                      3,935          103.7
      その他                                      1,664          107.4
                合計       
                                            21,734          107.7
     (注) 上記の金額は販売価格で表示しており、消費税等は含まれておりません。
      ② 受注実績

        当社は、受注見込による生産方式をとっております。
      ③ 販売実績

        当事業年度における販売実績を品目群別に示すと、次のとおりであります。
                                         当事業年度
                                      (自    2020年4月1日
                 品目
                                       至     2021年3月31日       )
                                   金額(百万円)              前期比(%)
      液体調味料群                                      15,935          107.6
      粉体調味料群                                      4,035          102.5
      その他                                      2,427          103.2
             合計                                     22,399          106.1
     (注)   1 販売実績に対する売上割合が10%以上の取引先はありません。
       2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 9/62





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      (2)  財政状態
       当事業年度末の総資産は、前事業年度末に比べ9億5百万円増加し、151億15百万円となりました。固定資産が総
      資産の54.8%を占め、流動資産は総資産の45.2%を占めております。主な資産の変動は、「現金及び預金」が6億
      59百万円、「商品及び製品」が1億85百万円、「建設仮勘定」が1億76百万円それぞれ増加し、「リース資産」が
      1億28百万円減少したことによるものです。
       負債は、前事業年度末に比べ5億19百万円増加し、65億40百万円となりました。流動負債が負債合計の70.4%を
      占め、固定負債は負債合計の29.6%を占めております。主な負債の変動は、「未払金」が3億48百万円、「未払法
      人税等」が1億93百万円、「買掛金」が1億59百万円それぞれ増加し、「長期借入金」が1億66百万円、「リース
      債務」が1億57百万円それぞれ減少したことによるものです。
       純資産は、前事業年度末に比べ3億86百万円増加し、85億74百万円となりました。主な純資産の変動は、当期純
      利益5億33百万円の計上、剰余金の配当1億73百万円の支出により「利益剰余金」が3億59百万円増加したことに
      よるものです。自己資本比率は56.7%となり、前事業年度末に比べ0.9ポイント下降しました。
      (3)  キャッシュ・フロー

       当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、26億45百万円となり、前事業年度末に比
      べ6億59百万円増加いたしました               。
       営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前当期純利益8億21百万円、減価償却費7億30百万円、未払金の増
      加額3億53百万円、仕入債務の増加額1億59百万円等による資金の増加と、たな卸資産の増加額2億28百万円、法
      人税等の支払額1億54百万円等による資金の減少により、前期比で8億29百万円収入増の19億66百万円の純収入と
      なりました。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出5億82百万円等による資金の減少によ
      り、前期比で1億円支出増の6億35百万円の純支出となりました                              。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、リース債務の返済3億30百万円、配当金の支払額1億73百万円、長期借
      入金の返済1億66百万円の支出により、前期比で3億33百万円支出増の6億71百万円の純支出となりました                                                 。
      (4)  当社の資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       当社の主な資金需要は、製品製造のための原材料費、労務費、経費、販売費及び一般管理費等の営業費用並びに
      当社の生産設備の更新、改修等に係る投資であります。
       これらの資金需要につきましては、営業活動によるキャッシュ・フロー及び自己資金のほか、金融機関からの借
      入等による資金調達にて対応していくこととしております。
       (5)   重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成しております。こ
      の財務諸表の作成にあたり、見積りが必要となる事項につきましては、合理的な基準に基づき、会計上の見積りを
      行っております。これらの見積りには不確実性が伴うため、将来において、これらの見積り及び仮定とは異なる結
      果となる可能性があります。
       当社の財務諸表で採用した重要な会計方針は、第5〔経理の状況〕1〔財務諸表等〕(1)〔財務諸表〕の〔注記
      事項〕(重要な会計方針)に記載しております。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                10/62





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
       当社の商品開発活動方針は、食品メーカーとして「安全・安心」な食品を提供すること、かつ消費者ニーズの変
      化に対応した商品を開発することにあります。家庭で外食の味を簡単に、「おいしさで・しあわせをつくる」を理
      念に商品開発活動を行っております。
       当事業年度の商品開発活動の体制は、小売用・業務用NB商品の企画・開発及びリニューアルを担当するNB商
      品開発課(福岡12名)、PB・特注品の開発を担当する東京商品開発課・特注品開発課(東京19名、九州12名)、加工
      調理品の開発を担当する加工調理食品開発課(福岡5名)、賞味期間の妥当性確認や検証業務等、開発業務全般の
      サポート業務を行う技術サポート課(5                  名)です。
       販売現場及び生産現場と直結した商品開発体制を整備することにより、新商品の企画・開発のスピードアップと
      精度の追求、商品の安全性確保を図っております。
       商品開発活動は、自社工場及び協力工場での調味料開発、具材と調味料をセットした即席食品の開発、新しい包
      装形態の商品開発、流通・加工食品ユーザーとの共同企画によるPB・特注商品開発、惣菜を中心とした中食の開
      発、技術資料の提供等を行っております。
       当事業年度の主な成果としては、即食・個食のニーズに対応した新商品、簡便調味料商品の開発を行いました。
       小売用商品ではパリパリ麺で作る「ぱくぱくキャベツ用セット」「柑橘とり鍋スープ」等をリリースしました。
       今後も、各販売チャネルと加工食品ルートに向けた新しいメニュー提案とともに、継続的な新製品開発に取り組
      んで参ります。
       当事業年度の研究開発費総額は、               290  百万円であります。
                                11/62














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当事業年度において実施いたしました設備投資の総額は、                           779  百万円となり、生産拡大に備えた生産設備の
     増設、更新並びに合理化投資であります。
      設備投資の主な内容は次のとおりであります。
      投資の種類        資産取得(百万円)         リース契約(百万円)          合計(百万円)               摘要
    食品事業関連
                                         燃料LNG化工事、排水処理施設増
     生産設備関連                541          99       641
                                         設工事他
     電算システム関連                44         43        87  社内ネットワークシステム構築
     (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
    2  【主要な設備の状況】

                                               2021年3月31日       現在
                                   帳簿価額(百万円)
       事業所名
                                                     従業員数
                設備の内容
                                                      (人)
                         建物    機械装置      土地
       (所在地)
                                       リース資産      その他     合計
                        及び構築物     及び運搬具      (面積㎡)
    東京本社及び首都圏
    営業部
              事務所等             172      0     528      0     4    706   73〔9〕
                                    (674)
    (東京都墨田区)
    福岡本社及び福岡工
                                    1,023
              事務所等
    場他
                          375     97   (16,230)       182     17   1,697   135〔67〕
              粉体調味料製造設備
                                   〔2,178〕
    (福岡市東区 他)
              事務所
    関東工場
                          850     547     488     260      0   2,146   78〔132〕
              液体調味料、粉体調味
    (茨城県小美玉市)
                                   (29,942)
              料製造設備
    九州工場          事務所
                          965     182     636     213      3   2,002   75〔114〕
    (福岡県糟屋郡)          液体調味料製造設備
                                   (52,610)
    福岡支店 管内
    (福岡県糟屋郡)          営業所             0    ―     ―     ―     0    1  38〔4〕
    他1営業所
    筑後支店 管内
    (福岡県筑後市)          営業所             6     0     ―     ―     0    6  24〔1〕
    他2営業所
    鹿児島支店 管内
    (鹿児島県鹿児島市)          営業所             2     0     ―     ―     0    2  31〔1〕
    他2営業所
    沖縄支店 管内
              営業所             1    ―     ―     ―     0    1  11〔1〕
    (沖縄県宜野湾市)
    広島支店 管内
              営業所             3     0     ―     2     0    5  36〔4〕
    (広島市安佐南区)
    他3営業所
    高松支店 管内
    (香川県高松市)          営業所             3    ―     ―     2     0    6  15〔3〕
    他2営業所
    関西営業部 管内
    (大阪府大東市)          営業所             3     0     ―     54     0    58   51〔8〕
    他4営業所
    名古屋支店 管内
    (愛知県一宮市)          営業所             4     0     ―     2     0    7  33〔4〕
     他2営業所
    静岡支店 管内
              営業所             1     0     ―     ―     0    1  11〔0〕
    (静岡市駿河区)
    横浜支店 管内
    (横浜市青葉区)          営業所             2     0     ―     51     1    54   21〔1〕
    他2営業所
    埼玉支店 管内
    (埼玉県上尾市)          営業所             4    ―     ―     ―     0    4  25〔4〕
    他3営業所
    仙台支店 管内
    (仙台市宮城野区)          営業所             3     0     ―     8     0    12   33〔3〕
    他3営業所
    札幌支店 管内
    (札幌市東区)          営業所             4     0     ―     4     0    10   15〔1〕
    他1営業所
                                12/62


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     (注)   1 提出会社の設備につきましては、全て食品事業に係るものであります。
       2 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。
       4 土地及び建物の一部を賃借しております。年間賃借料は245百万円であります。賃借している主な土地の面
         積については、〔 〕で外書きしております。
       5 従業員数の〔 〕は臨時雇用者数を外書きしております。
       6 埼玉支店管内の茨城営業所は関東工場内にありますので、設備につきましては、関東工場に含めて記載して
         おります。
       7 現在休止中の主要な設備はありません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
       重要な設備の新設等の計画はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       重要な設備の除却等の計画はありません。
                                13/62















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                   24,000,000

                計                                  24,000,000

      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)         発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2021年3月31日       )  (2021年6月30日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
      普通株式         9,868,800         9,868,800                  1単元の株式数  100株
                                  市場第二部
        計        9,868,800         9,868,800           ―            ―
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    2007年4月1日~
                   12,000     9,868,800           3      870        3      379
    2008年3月31日(注)
     (注) ストックオプションの行使による増加であります。
                                14/62






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2021年3月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
           政府及び
      区分                            外国法人等                  株式の状況
                     金融商品     その他の                 個人
           地方公共     金融機関                                計
                                                     (株)
                     取引業者      法人               その他
                               個人以外       個人
            団体
    株主数
              ―      6     6    126      19      27  18,286     18,470        ―
    (人)
    所有株式数
              ―    4,514       22   43,071       369      585   50,039     98,600      8,800
    (単元)
    所有株式数
              ―    4.58     0.02     43.68      0.37      0.59    50.75     100.00        ―
    の割合(%)
     (注)   1 個人その他には、単元未満株式買取制度による当社所有の自己株式2,160単元が含まれております。
       2 単元未満株式の状況には、当社所有の自己株式88株が含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2021年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                            所有株式数
                                                   除く。)の
          氏名又は名称                      住所
                                             (千株)
                                                   総数に対する
                                                   所有株式数の
                                                    割合(%)
    有限会社山田興産                   福岡市東区舞松原五丁目21番3号                       2,442      25.30
    一般財団法人金澤記念育英財団                   福岡市東区松田一丁目11番17号                       1,488      15.41
    松 本 賢 子                   福岡市東区                        853      8.83
    ダイショー従業員持株会                   福岡市東区松田一丁目11番17号                        268      2.78
    松 本 洋 助                   福岡市東区                        206      2.13
    株式会社西日本シティ銀行                   福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号                        180      1.86
    松 本 俊 一                   福岡市東区                        96     0.99
    株式会社福岡銀行                   福岡市中央区天神二丁目13番1号                        86     0.89
    松 本 ひ か る                   福岡市東区                        75     0.77
    東京海上日動火災保険株式会社                   東京都千代田区丸の内一丁目2番1号                        72     0.74
             計                    ―              5,768      59.75
                                15/62








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2021年3月31日       現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)              内容
    無議決権株式                      ―            ―            ―

    議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―
    議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―
                       (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                  ―            ―
                     普通株式       216,000
                     普通株式      9,644,000
    完全議決権株式(その他)                                 96,440             ―
                     普通株式        8,800
    単元未満株式                                  ―            ―
    発行済株式総数                      9,868,800            ―            ―
    総株主の議決権                      ―           96,440             ―
     (注)「単元未満株式」欄には、当社所有の自己保有株式88株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               2021年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
                 東京都墨田区亀沢
    (自己保有株式)
                               216,000        ―     216,000        2.18
    株式会社ダイショー
                 一丁目17番3号
          計             ―         216,000        ―     216,000        2.18
    2  【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 普通株式
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         該当事項はありません。
                                16/62







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                           当事業年度                   当期間

           区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                (百万円)                  (百万円)
    引き受ける者の募集を行った
                            ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、
    会社分割に係る移転を行った                        ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    その他                        ―         ―         ―         ―
    保有自己株式数                     216,088            ―      216,088            ―

     (注) 当期間における保有株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによ
        る株式数は含めておりません。
    3 【配当政策】

     当社は、業績の見通し、配当性向などを総合的に判断しつつ、長期安定的な配当の継続を基本方針とし、株主の皆様
    のご期待に応えてまいりたいと考えております。
     また、内部留保資金につきましては、経営基盤の強化を図る貴重な資金として捉え、今後の事業展開等に柔軟かつ効
    果的に活用させていただく予定であります。
     当社の剰余金の配当は、従来通りの第2四半期末日、期末日を基準とした年2回の配当を継続し、変更しない予定で
    あります。これらの剰余金の配当の決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であり、
    当社は毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
     当事業年度の剰余金の配当につきましては、利益配分に関する基本方針を基準に2021年6月29日の第55期定時株主総会
    において、1株につき9円と決議されました。中間配当(1株当たり9円)と合わせて、当事業年度の1株当たり配当
    金は18円となりました。
     なお、第55期の剰余金の配当は以下のとおりであります。
          決議年月日               配当金の総額(百万円)                 1株当たりの配当額(円)

         2020年11月4日
                               86                9.00
          取締役会決議
         2021年6月29日
                               86                9.00
        定時株主総会決議
                                17/62








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方
        当社は、企業倫理に根ざした透明性のある公正で迅速な企業活動を推進することが、全てのステークホルダー
       に対する最優先事項と考えております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

        当社は、取締役会・監査役会設置会社であり、それぞれの機関を通じて、コーポレートガバナンスの充実に努
       めています。会社の重要事項の審議決定は「取締役会」「経営会議」を通じて行われております。
        「取締役会」は、取締役社長              阿部孝博が議長を務めており、その他のメンバーは、代表取締役会長                                 松本洋
       助、専務取締役        中西昌至、専務取締役           松本俊一、常務取締役           坂田恵補、取締役         古田龍輔、社外取締役           本夛伸
       介の取締役7名(うち社外取締役は1名)で構成され、定例の取締役会のほか、必要に応じ臨時取締役会を開催
       しております。取締役会において各取締役は、法定の決議事項及び取締役会規程に定める付議事項を審議・決議
       し、法令遵守と適切なリスク管理の下で業務を執行しております。
        「監査役会」は、監査役            牛塚良信、社外監査役           成清一郎、社外監査役           馬場正宏の監査役3名(うち2名は社
       外監査役)で構成され、監査に関する重要な事項について報告を受け協議を行い、または決議を行っておりま
       す。各監査役は、監査役会が定めた監査方針に従い、取締役の職務執行の適法性、財産の状況等の監査を行って
       おります。原則として取締役会に合わせて開催しております。
        当社は経営の効率化、意思決定の迅速化及び経営監督機能を考慮し、現在の体制を採用しております。そのた
       め、社長及び役付役員である代表取締役会長                     松本洋助、取締役社長           阿部孝博、専務取締役           中西昌至、専務取締
       役  松本俊一及び常務取締役            坂田恵補により構成する経営会議を設けることにより意思決定の迅速化を図ってお
       り、また、取締役会7名のうち1名は社外取締役、監査役会3名のうち2名は社外監査役とすることにより社外
       から客観的に経営監督機能を発揮しております。
        当社は、急速に変化する経営環境、市場環境に対応するためにも現在の体制が最適と考えております。
        (参考)コーポレート・ガバナンス体制の模式図

                                18/62











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      ③ 企業統治に関するその他の事項
       イ.内部統制の体制
          当社の財務報告に係る内部統制は、専任の担当を配置し、監査室と連携しながら、独立性を確保し、内部統
         制状況の評価にあたっております。また取締役会及び監査役会に対し、適宜実施した評価の報告を行い、協
         議・連携をとることにより内部統制の運用・評価・改善を効率的に推進しております。
       ロ.業務の適正性を確保するための体制
         1. 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          a.取締役及び使用人の職務執行は、「業務分掌規程」により各担当部署の業務分掌を明確化し、「組織
           管理規程」及び「職務権限決裁基準表」に基づき、各職位の責任と権限を定めており、この規程に則っ
           た運営で業務の効率性と法令、定款に適合した業務運営を行う。
          b.当社はコンプライアンスの基本原則に基づいて制定した「ダイショー企業倫理5つの視点」を順守す
           る。
          c.監査室は、適切な業務運営体制を確保すべく、「内部監査規程」に基づき専任者を設け内部監査を実
           施する。
          d.当社は、反社会的勢力及び団体とは一切関係を持たず、毅然とした態度で対応する。
         2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

          a.取締役は、その職務の執行に係る文書その他の情報につき、別途定める「文書取扱規程」及び「情報
           セキュリティ管理規程」に従い適切に保存及び管理を行う。
          b.保存及び管理されている文書等は、取締役ならびに監査役がいつでも閲覧できるようにする。
         3. 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          a.取締役及び使用人は、当社の損害を防止するため、別途定める「危機管理規程」及び「コンプライア
           ンス規程」、「内部情報管理及び内部取引防止規程」、「民事暴力対策規程」等に従い業務運営を行
           う。
          b.危機が発生した場合は、必要に応じて対策本部を設置し、社内外への適切な情報伝達を含め、適切か
           つ迅速に対処するものとする。
         4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          a.取締役会は経営に関する重要事項の決定ならびに各取締役の職務執行状況の監督を行う。
          b.職務執行の効率化のため、「組織管理規程」、「稟議規程」の整備・運用により、役割・責任を明確
           にし、権限委譲を図る。
         5. 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項ならび
           にその使用人の取締役からの独立性に関する事項
          a.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、協議のうえ、補助使用人を配置する
           ものとする。
          b.要請を受け配置する場合の補助使用人は、その属する組織が取締役の下にある場合でも、独立性確保
           のため監査役補助職務の専任とし、その補助使用人の人事異動・評価等は予め監査役に相談し、これを
           決定する。
         6. 取締役及び使用人が監査役(会)に報告するための体制その他の監査役(会)への報告に関する体制
          a.取締役及び使用人は、法令違反、社内規則違反あるいは社会通念に反する行為等が行われていること
           を知った場合、「内部通報規程」に則り速やかに報告・相談し、通報責任者は、その報告・相談事項に
           ついて重要と判断した場合には監査役に報告する。
          b.取締役及び使用人は、監査役の求めに応じ、その職務の執行に関する事項の説明をすることとする。
         7. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          a.監査役は各部門等で開催される各種会議にいつでも出席できる。
          b.監査役は会計監査人及び監査室と緊密な連携を保ちつつ、相互補完、相互牽制の立場に立って効率的
           な監査が実施できる体制を整備する。
                                19/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       ハ.取締役の定数・選任要件

          当社は、取締役の定数については15名以内とする旨、取締役の選任決議については、議決権を行使すること
         ができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、累
         積投票によらない旨を定款に定めております。
       ニ.株主総会決議事項を取締役会で決議できる事項
        a.自己の株式の取得
          当社は、機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によっ
         て市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
        b.中間配当
          当社は、業績の動向により株式への機動的な利益還元を可能とするため、会社法第454条第5項の規定に
         より、取締役会の決議によって中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
        c.取締役及び監査役の責任免除
          当社は、取締役及び監査役がその期待される役割を十分に発揮できるように、会社法第426条第1項の規
         定により、取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の会社法第423
         条第1項の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議をもって、法令の定める限度
         額の範囲内で、その責任を免除することができる旨を定款に定めております。
          当該定款においては、社外取締役及び社外監査役の会社法第423条第1項の責任について、善意でかつ重
         大な過失がないときは法令が定める額を限度として責任を負担する契約を締結することができる旨を定めて
         おりますが、現時点では当社と社外取締役、社外監査役との間で責任限定契約を締結しておりません。
       ホ.株主総会の特別決議要件
          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、株主総会における特別決議の定
         足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を目的として、議決権を行使することができる株主の3分
         の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
                                20/62












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  10 名 女性     0 名 (役員のうち女性の比率               0 %)
                                                      所有株式数
       役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1983年2月      当社入社
                               1993年3月      取締役就任
                               1995年3月      常務取締役就任
      代表取締役会長
                               1995年10月      取締役副社長就任
               松 本 洋 助        1951年11月9日                            (注)5     206
       CEO
                               1996年6月      代表取締役副社長就任
                               2000年1月      代表取締役社長就任
                               2016年4月      代表取締役会長CEO就任(現任)
                               1981年10月      当社入社
                               1996年6月      取締役就任
                               1998年10月      福岡工場長
                               2001年6月      管理本部長
       取締役社長
               阿 部 孝 博        1957年8月16日                            (注)5      4
       COO
                               2001年6月      常務取締役就任
                               2010年5月      専務取締役就任
                               2013年6月      取締役副社長就任
                               2016年4月      取締役社長COO就任(現任)
                               1988年4月      当社入社
                               2007年10月      営業本部首都圏営業部長
                               2009年4月      執行役員
                                    営業本部副本部長
                               2010年4月
       専務取締役
               中 西 昌 至        1970年3月27日                            (注)5      2
       営業本部長
                                    取締役就任
                               2010年6月
                                    営業本部長(現任)
                               2011年4月
                                    常務取締役就任
                               2014年6月
                                    専務取締役就任(現任)
                               2018年6月
                               2014年3月      当社入社
                               2018年4月      営業本部営業管理部部長代理
                               2019年4月      生産本部部長
       専務取締役
               松 本 俊 一        1987年5月3日                            (注)5      96
                               2019年6月      取締役就任
       管理本部長
                                    管理本部長(現任)
                               2019年10月
                                    常務取締役就任
                               2020年6月
                                    専務取締役就任(現任)
                               2021年6月
                               1985年4月      当社入社
                                    管理本部総務部長
                               2005年4月
                                    執行役員
                               2006年1月
                                    取締役就任
                               2010年6月
                                    商品本部長
       常務取締役                        2013年4月
               坂 田 恵 補        1964年8月29日                            (注)5      2
       生産本部長
                                    九州工場・福岡工場・福岡第二工
                               2016年11月
                                    場工場長
                                    生産本部副本部長
                               2017年4月
                                    生産本部長(現任)
                               2018年4月
                                    常務取締役就任(現任)
                               2020年6月
                               1991年7月      熊本学園大学商学部教授
                               1994年6月      当社監査役就任
                               1995年6月      取締役就任(現任)
                               2015年4月      学校法人筑紫女学園大学現代社会
                                    学部教授
       取締役       古 田 龍 輔        1952年2月7日                            (注)5      3
                               2018年4月      関西国際大学人間科学部客員教授
                               2019年4月      関西国際大学経営学部教授
                               2021年4月      熊本学園大学商学部非常勤講師、
                                    熊本大学大学院非常勤講師
                                    (現任)
                               2014年4月      弁理士登録
                               2014年5月      本夛知財総合事務所開設
       取締役       本 夛 伸 介        1957年8月14日                            (注)5      ―
                               2014年5月      同所所長(現任)
                               2016年6月      当社取締役就任(現任)
                                21/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1981年4月      当社入社
                               2000年4月      営業本部西日本統括部九州ブロッ
                                    ク部長
                               2002年4月      営業本部東日本統括部東海ブロッ
       常勤監査役        牛 塚 良 信        1959年1月23日                            (注)6      1
                                    ク名古屋支店長
                               2003年2月      物流部部長
                               2008年3月      監査室部長代理
                               2019年6月      監査役就任(現任)
                               1968年4月      福岡県警察入庁
                               2008年3月      福岡県小郡警察署長
       監査役       成 清 一 郎        1949年9月14日                            (注)6      ―
                               2009年10月      株式会社ピエトロ入社 渉外部長
                               2015年6月      当社監査役就任(現任)
                               1978年4月      株式会社親和銀行入行
                               1983年10月      等松青木監査法人(現 有限責任
                                    監査法人トーマツ)入所
                               2018年8月      同法人退所
       監査役       馬 場 正 宏        1956年3月31日                            (注)6      ―
                               2018年9月      馬場正宏公認会計士事務所開設
                                    同所所長(現任)
                               2019年6月      当社監査役就任(現任)
                            計                            314
    (注)  1 取締役本夛伸介は、社外取締役であります。

       2 専務取締役松本俊一は、代表取締役会長CEO松本洋助の長男であります。
       3 取締役古田龍輔は、代表取締役会長CEO松本洋助の二親等以内の親族であります。
       4 監査役成清一郎及び馬場正宏は、社外監査役であります。
       5 取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
       6 監査役の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2023年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
       7 当社では、部門の責任と権限をもって、迅速な業務遂行を行なうために執行役員制度を導入しております。
         執行役員は、営業本部特販部長松永竜明、営業本部部長松岡栄治、営業本部北日本営業部長佐藤強、生産本部九州工場・福岡
         工場・福岡第二工場工場長三浦和信、生産本部関東工場工場長中野俊明、商品本部部長根岸宏樹、管理本部副本部長・経理部
         長矢野宏一の7名であります。
       8 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役1名を選出しておりま
         す。補欠監査役の略歴は以下のとおりであり、予選の効力は2022年3月期に係る定時株主総会の開始の時までであります。
                                                所有株式数
       氏名       生年月日                  略歴
                                                 (千株)
                            弁護士登録 國武法律事務所
                      1994年4月
                            (現 國武綜合法律事務所)入所
                      2002年9月      同所所長(現任)
     八 谷 戦 太        1950年7月27日                                    ―
                      2006年2月      当社仮監査役就任
                      2006年6月      仮監査役退任
      ② 社外役員の状況

        当社の社外取締役は1名であります。また、社外監査役は2名であります。
        社外取締役本夛伸介氏、社外監査役成清一郎氏及び社外監査役馬場正宏氏につきましては、人的関係、資本的
       関係及び取引関係はありません。
        社外取締役本夛伸介氏は本夛知財総合事務所の所長、社外監査役成清一郎氏は福岡県警察本部の出身、社外監
       査役馬場正宏氏は馬場正宏公認会計士事務所の所長であります。当社は、これらの会社等との人的、資本的関係
       及び取引関係はありません。
        社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針はないものの、選任にあたっては、
       東京証券取引所が定める独立役員に関する判断基準等を参考にし、会社との関係、代表取締役その他の取締役、
       執行役員及び主要な使用人との関係等を勘案し、一般株主と利益相反が生じるおそれがない等、独立性の確保に
       問題がないことを重視しております。
                                22/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部
       統制部門との関係
        社外取締役は、取締役会において、主に学識経験者として専門的見地からの発言を行っております。                                               社外監査
       役は、取締役会及び監査役会において、審議に関しての質問及び財務・会計の専門家としての経験を生かした発
       言を行っております。
        社外取締役及び社外監査役は、取締役会、監査役会その他の面談の場において監査の状況の報告を受け協議
       し、社外取締役、社外監査役の視点から情報を提供するなどにより常勤の監査役と相互に連携しております。
        監査室、内部統制担当等の内部統制部門は、必要に応じて取締役会、監査役会を通して、社外取締役、社外監
       査役に対し内部統制等の実施状況について報告しております。
        会計監査の経過及び結果については、取締役会、監査役会を通して、社外取締役、社外監査役に対し定期的な
       報告が行われております。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査役監査の状況
        当社は監査役会制度を採用しており、監査役会は監査役                          牛塚良信、社外監査役           成清一郎、社外監査役           馬場正
       宏の3名の監査役(1名は常勤)で構成され、うち監査役2名は社外監査役であります。なお、社外監査役馬場
       正宏氏は公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有するものであります。
        当事業年度において当社は監査役会を合計9回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおり
       であります。
            区分               氏名            監査役会出席状況
           常勤監査役               牛塚 良信              全9回中9回

           社外監査役               成清 一郎              全9回中9回

           社外監査役               馬場 正宏              全9回中9回

        監査役会における主な検討事項として、取締役の職務執行の妥当性、内部統制システムの整備・運用状況、会
       計監査人の監査の方法及び結果の相当性等です。
        また常勤監査役の活動として、監査計画策定時、四半期レビュー時、期末監査時における会計監査人との会合
       に出席し、計画書・報告書の説明を聴取し、受領するとともに意見交換を実施している他、会計監査人監査への
       立会を実施しております。
      ② 内部監査の状況

        当社における内部監査は、監査室を設置し、監査室室長                          藤本政数、有村勝宏の2名で構成され、監査役及び会
       計監査人との協力連携のもと、社内各部門の業務監査を実施し、法令遵守、不正防止に努めており、当事業年度
       の実施状況は各部門にわたり86回の定期監査及び追加監査を実施しております。
        内部統制担当は、監査室、監査役、会計監査業務を執行した公認会計士それぞれに対し、必要に応じ随時打合
       せを実施し、内部統制に関する報告、意見交換を実施しております。
        監査室及び監査役は、各々内部監査及び監査役監査の手続きにおいて、その他の内部統制部門と意思疎通を図
       り、また会計監査人も、内部統制担当を通じてその他の内部統制部門と、必要に応じて意見交換等を実施してお
       ります。
        監査役と内部監査部門については、必要に応じて随時打合せを実施し、監査室の監査結果の報告を受け、意見
       交換を実施しております。
        内部監査部門と会計監査人については、必要に応じて意見交換を実施しております。
                                23/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      ③ 会計監査の状況
       a.監査法人の名称
         有限責任監査法人トーマツ
       b.  継続監査期間

         25年間
         1996年以前の調査が著しく困難なため、継続監査期間は上記年数を超えている可能性があります。
       c.  業務を執行した公認会計士

         池田 徹
         吉田 秀敏
       d.  監査業務に係る補助者の構成

         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士5名、その他10名であります。
       e.  監査法人の選定方針と理由

         当社の業務内容に対応して効率的な監査業務を実施することができる一定の規模と審査体制が確立されて
        い        ること、監査期間及び具体的な監査実施要領並びに監査費用が合理的且つ妥当であること、監
        査実績などにより総合的に判断いたします。
       f.  監査役及び監査役会による監査法人の評価

         当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については、会計監査人
        が独立の立場を保持し、且つ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からそ
        の職務の執行状況についての報告を受け、必要に応じて説明を求めております。その結果、会計監査人の職務
        執行に問題はないと評価し、有限責任監査法人トーマツの再任を決議いたしました。
      ④ 監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前事業年度                      当事業年度
        区 分
               監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
              基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                22            1           24            5
         当社における非監査業務の内容は、収益認識に関する会計基準の適用準備に関する助言、指導業務及びサイ
        バーセキュリティ対策強化に関する助言業務についての対価であります。
       b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトトーマツグループ)に対する報酬(a.を除く)

                      前事業年度                      当事業年度
        区 分
               監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
              基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                ―           ―           ―            4
         当社における非監査業務の内容は、ランサムウェアに関する情報流出の調査についての対価であります。
       c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d.  監査報酬の決定方針

         該当事項はありませんが、監査日程等を勘案した上で決定しております。
                                24/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       e.  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
         監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積などが当社の事業規模
        や    事業内容に適切であるかどうかについて必要な検証を行なったうえで、会計監査人の報酬等の額について
        同意     の判断を行っております。
     (4)  【役員の報酬等】

      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        企業価値の持続的な向上を図り、業績向上に対するインセンティブとして有効に機能する報酬体系を構築すべ
       く、取締役の個人別報酬等の決定方針を2021年2月2日開催の取締役会において以下の通り決議いたしました                                                 。
      1.基本方針

        当社の取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能するよう株主利益と
       連動した報酬体系とし、個々の取締役の報酬の決定に際しては各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方
       針とする。具体的には、業務執行取締役の報酬は固定報酬としての基本報酬、業績連動報酬等、及び退職慰労金
       により構成し、支払うこととする。
      2.基本報酬の個人別の報酬等の額の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件の決定に関する方針を含

       む)
        当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責、在任年数に応じ、他社水準、当社の業績、従
       業員給与の水準をも考慮しながら、総合的に勘案し妥当な水準を決定するものとする。
      3.業績連動報酬等の額の算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件の決定に関する方針を含

       む)
        業績連動金銭報酬等は、当該年度の業績水準(経常利益)及び年度業績目標の達成度に基づき、各取締役の担
       当事業部門の業績及び重点施策の推進状況を反映した現金報酬とし、算出された支給額を賞与として毎年、一定
       の時期に支給する。目標は、業績に関わる重要な経営指標(売上高、経常利益等)とする。
      4.退職慰労金の額の算定方法の決定に関する方針

        退職慰労金は、役員規程に従い、報酬月額及び在任年数等に基づき、引当計上する。
      5.金銭報酬の額、業績連動報酬の額の取締役の個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する方針

        取締役の種類別の報酬割合については、当社と同程度の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチ
       マークとする報酬水準を踏まえ、当社の経営環境・事業環境、職責及び業績連動報酬における目標達成の難易度
       等を考慮し、適切に決定する。取締役会(6の委任を受けた代表取締役会長)は当該事業年度の各取締役の業績
       評価を行い、その結果を反映して取締役の個人別の報酬等の内容を決定することとする。
      6.取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項

        個人別の報酬額については取締役会決議にもとづき代表取締役会長がその具体的内容について委任を受けるも
       のとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬の額及び各取締役の担当事業の業績を踏まえた賞与の評価配分
       とする。
      7.その他取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する重要な事項

        経営環境の変化に対応し、報酬水準、報酬構成等について適時・適切に見直しを行っていく。
                                25/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
        なお、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬額は、2020年6月26日開催の取締役会において代表取締役会長
       松本洋助に委任する旨の決議をしており、委任の理由は、当社全体の業績を俯瞰しつつ各取締役の担当部門の評
       価を行うにあたり最も適任であるからであります。
        また、報酬の構成および水準について審議を行った結果、役職・職責に応じた妥当な水準であると判断したう
       えで、各取締役の報酬を決定しており、これは2021年2月2日開催の取締役会において決議した当該方針に沿うも
       のであると取締役会において判断しております。
        監査役の報酬については、監査役会にて協議の上、職位別の定額報酬を支給しております。賞与及び退職慰労

       金については、取締役と同じ基準で支給、計上しております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                    対象となる
                  報酬等の総額
          役員区分                                           役員の員数
                                             左記のうち、
                                業績連動報酬
                  (百万円)
                          固定報酬             退職慰労金
                                                      (名)
                                 (賞与)             非金銭報酬等
          取締役
                      202       138       19       43       ―    6
       (社外取締役を除く)
          監査役
                       4       3       0       0       ―    1
       (社外監査役を除く)
          社外役員              6       5       0       0       ―    3
      (注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
         2.支給額には当事業年度に係る役員退職慰労引当金繰入額44百万円を含んでおります。
         3.取締役の報酬限度額は、2010年6月29日開催の第44期定時株主総会において、年額3億円以内(ただ
           し、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。当該株主総会終結時点の取締役の員数
           は、8名(うち、社外取締役は1名)です。
         4.監査役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第40期定時株主総会において、年額20百万円以内と決議
           いただいております。当該株主総会終結時点の監査役の員数は、3名です。
         5.上記業績連動報酬等は、当該年度の業績水準(経常利益)及び年度業績目標の達成度に基づき、各取締
           役の担当事業部門の業績及び重点施策の推進状況を反映した現金報酬とし、算出された支給額を賞与と
           して毎年、一定の時期に支給いたします。目標は、業績に関わる重要な経営指標(売上高、経常利益
           等)といたします。
      ③ 役員ごとの報酬等の総額等

         報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与

         該当事項はありません。
                                26/62








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的と
        して保有する株式を純投資目的である投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政
        策保有株式)に区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社は、取引先との良好な取引関係を構築し、事業の円滑な推進を図ることを基本とし、取引先の株式を取
        得し、保有することがあります。取引先の株式は、取引関係の強化、ひいては当社事業の発展に資すると判断
        する限り保有し続けますが、              保有先企業との取引状況並びに保有先企業の財政状態、経営成績の状況について
        モニタリングを実施するとともに、収益性や将来の見通し等、保有の合理性・必要性を検討し、政策保有の継
        続の可否について定期的に検討を行っております。                        保有する意義の乏しい銘柄については、適宜株価や市場動
        向を見て売却いたします。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(百万円)
        非上場株式              ―               ―
        非上場株式以外の株式              16               259
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式              ―               ―                  ―
                                        持株会株式の購入、株式分割及び、経
        非上場株式以外の株式              11                8
                                        営統合による株式割当によるものです
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却

                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式              ―               ―
        非上場株式以外の株式               1               0
                                27/62







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

              当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                              式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                  64,000         32,000
                                良好な営業関係取引の維持、強化
    ㈱ピー・ビーシ
                                                       無
    ステムズ
                               (増加理由)株式分割
                    60         51
                  15,865         15,114
                                良好な営業関係取引の維持、強化
    ㈱フジ                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入 
                    34         27
                  22,130         22,130
    ㈱リテールパー
                               良好な営業関係取引の維持、強化                        無
    トナーズ
                    30         13
                  12,569         12,080
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    ㈱プレナス                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    23         22
                  13,606         13,074
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    丸大食品㈱                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    23         25
                               良好な営業関係取引の維持、強化
                  11,509         6,917
    イオン九州㈱                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入及び、マック
                    22         12
                               スバリュ九州㈱との吸収合併による株式割当
                  15,862         15,122
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    ヤマエ久野㈱                                                  有
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    18         16
                  22,391         21,401
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    ㈱ヤマナカ                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    16         12
                  3,272         3,154
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    滝沢ハム㈱                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    10         9
                  6,805         6,209
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    ㈱オークワ                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    8        10
    セントラルフォ
                  2,914         2,567
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    レストグループ                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    5         4
    ㈱
                   440         440
    ㈱イズミ                          良好な営業関係取引の維持、強化                        無
                    1         1
                  1,000         1,000
    ㈱T&Dホール
                               良好な営業関係取引の維持、強化                        無
    ディングス
                    1         0
                  1,000         1,000
    ㈱マルイチ産商                          良好な営業関係取引の維持、強化                        無
                    1         0
                   400         400
    ㈱ライフフーズ                          良好な営業関係取引の維持、強化                        無
                    0         0
                   194         143
                               良好な営業関係取引の維持、強化
    アルビス㈱                                                  無
                               (増加理由)持株会株式の購入
                    0         0
     (注)  定量的な保有効果については記載が困難であります。保有の合理性は、適宜株価や市場動向を確認し、
        検証しております。
                                28/62








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    みなし保有株式
              当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                              式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                  45,000         45,000
    ㈱エスライン                          議決権行使権限(退職給付信託)                        有
                    41         38
                  12,000         12,000
    ㈱リテールパー
                               議決権行使権限(退職給付信託)                        無
    トナーズ
                    16         7
    ㈱ふくおかフィ
                  5,800         5,800
    ナンシャルグ                          議決権行使権限(退職給付信託)                        有
                    12         8
    ループ
    ㈱西日本フィナ
                  12,800         12,800
    ンシャルホール                          議決権行使権限(退職給付信託)                        有
                    10         7
    ディングス
    三井住友トラス
                  1,000         1,000
    ト・ホールディ                          議決権行使権限(退職給付信託)                        有
                    3         3
    ングス㈱
    ㈱みずほフィナ
                   900        9,000
    ンシャルグルー                          議決権行使権限(退職給付信託)                        無
                    1         1
    プ
     (注)1     定量的な保有効果については記載が困難であります。保有の合理性は、適宜株価や市場動向を確認し、
        検証しております。
       2 貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

                      当事業年度                   前事業年度
                          貸借対照表計                   貸借対照表計
         区分
                  銘柄数                   銘柄数
                          上額の合計額                   上額の合計額
                  (銘柄)                   (銘柄)
                           (百万円)                   (百万円)
    非上場株式                  ―           ―        ―           ―
    非上場株式以外の株式                  ―           ―        ―           ―
                                当事業年度

         区分
                   受取配当金の             売却損益の             評価損益の
                  合計額(百万円)             合計額(百万円)            合計額(百万円)
    非上場株式                      ―             ―            ―
    非上場株式以外の株式                      ―             ―            ―
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

            銘柄                株式数(株)              貸借対照表計上額(百万円)
            ―                          ―                  ―
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

            銘柄                株式数(株)              貸借対照表計上額(百万円)
            ―                          ―                  ―
                                29/62





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第5 【経理の状況】
    1 財務諸表の作成方法について

       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい
     て作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の
     財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
    3 連結財務諸表について

      当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
    4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
     適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
     務会計基準機構へ加入しております。また、公益財団法人財務会計基準機構の行う研修に参加しております。
                                30/62














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    1  【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                1,985              2,645
        受取手形                                  14              22
        売掛金                                2,755              2,764
        商品及び製品                                  771              957
        原材料                                  304              346
        前払費用                                  43              45
        未収入金                                  148               70
        その他                                  32               4
                                         △ 17             △ 17
        貸倒引当金
        流動資産合計                                6,037              6,839
      固定資産
        有形固定資産
                                      ※1  5,208            ※1  5,301
         建物
                                       △ 3,217             △ 3,324
          減価償却累計額
          建物(純額)                              1,991              1,977
                                       ※1  877            ※1  985
         構築物
                                        △ 513             △ 555
          減価償却累計額
          構築物(純額)                               363              430
                                      ※1  3,416            ※1  3,562
         機械及び装置
                                       △ 2,519             △ 2,740
          減価償却累計額
          機械及び装置(純額)                               896              822
         車両運搬具
                                          23              27
                                         △ 19             △ 22
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                                4              5
         工具、器具及び備品
                                         200              202
                                        △ 166             △ 172
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                               34              29
         土地
                                        2,677              2,677
         リース資産                               2,495              1,355
                                       △ 1,584              △ 572
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                               911              783
         建設仮勘定                                 5             182
         有形固定資産合計                               6,884              6,908
        無形固定資産
         ソフトウエア                                 ―              73
         ソフトウエア仮勘定                                 35              ―
         リース資産                                 90              71
                                          2              2
         その他
         無形固定資産合計                                129              147
                                31/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
        投資その他の資産
         投資有価証券                                214              259
         長期前払費用                                 5              1
         繰延税金資産                                540              585
         敷金及び保証金                                255              234
         その他                                146              143
                                         △ 5             △ 5
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               1,157              1,219
        固定資産合計                                8,171              8,275
      資産合計                                 14,209              15,115
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                1,618              1,777
        1年内返済予定の長期借入金                                  166              166
        リース債務                                  324              211
        未払金                                1,137              1,486
        未払費用                                  133              137
        未払法人税等                                  107              301
        未払消費税等                                  -              30
        預り金                                  24              37
        賞与引当金                                  412              437
                                          15              21
        役員賞与引当金
        流動負債合計                                3,938              4,605
      固定負債
        長期借入金                                  208               42
        リース債務                                  788              744
        退職給付引当金                                  436              464
        役員退職慰労引当金                                  612              648
                                          36              35
        その他
        固定負債合計                                2,083              1,935
      負債合計                                  6,021              6,540
                                32/62









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                  870              870
        資本剰余金
                                         379              379
         資本準備金
         資本剰余金合計                                379              379
        利益剰余金
         利益準備金                                 90              90
         その他利益剰余金
          別途積立金                              6,350              6,550
                                         554              713
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               6,994              7,354
        自己株式                                △ 114             △ 114
        株主資本合計                                8,130              8,490
      評価・換算差額等
                                          57              84
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                  57              84
      純資産合計                                  8,188              8,574
     負債純資産合計                                   14,209              15,115
                                33/62













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     売上高
      製品売上高                                 20,859              22,156
                                         246              243
      商品売上高
      売上高合計                                 21,105              22,399
     売上原価
      製品期首たな卸高                                   742              763
      商品期首たな卸高                                    7              8
                                     ※1  12,263            ※1  12,961
      当期製品製造原価
                                         194              195
      当期商品仕入高
      合計                                 13,207              13,928
                                       ※2  73            ※2  93
      他勘定振替高
      製品期末たな卸高                                   763              944
                                          8              12
      商品期末たな卸高
                                     ※3  12,362            ※3  12,877
      売上原価合計
     売上総利益                                   8,743              9,522
     販売費及び一般管理費
      販売促進費                                   611              536
      広告宣伝費                                   162              225
      配送費                                  2,327              2,530
      貸倒引当金繰入額                                    4              0
      役員報酬                                   150              147
      給料及び手当                                  1,958              2,028
      賞与                                   279              361
      賞与引当金繰入額                                   284              309
      役員賞与引当金繰入額                                    15              21
      退職給付費用                                    88              100
      役員退職慰労引当金繰入額                                    43              44
      福利厚生費                                   417              454
      旅費及び通信費                                   243              192
      減価償却費                                    81              94
      賃借料                                   729              747
                                         790              927
      その他
                                      ※1  8,187            ※1  8,723
      販売費及び一般管理費合計
     営業利益                                    555              798
                                34/62








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業外収益
      受取利息及び受取配当金                                    2              2
      不動産賃貸料                                    7              7
      物品売却益                                    3              2
      保険解約返戻金                                    17              -
      受取補償金                                    40              -
      受取保険金                                    -              17
      助成金収入                                    -               5
                                          14               8
      その他
      営業外収益合計                                    85              43
     営業外費用
      支払利息                                    14              13
      固定資産圧縮損                                    3              -
                                          3              0
      その他
      営業外費用合計                                    22              14
     経常利益                                    618              827
     特別利益
                                          -              36
      補助金収入
      特別利益合計                                    -              36
     特別損失
                                       ※4  10            ※4  6
      固定資産除売却損
      固定資産圧縮損                                    -              36
                                          0              -
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                    10              42
     税引前当期純利益                                    607              821
     法人税、住民税及び事業税
                                         168              343
                                          35             △ 55
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    203              287
     当期純利益                                    404              533
                                35/62










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      【製造原価明細書】
                            前事業年度                 当事業年度

                          (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                          至 2020年3月31日)                 至 2021年3月31日)
                    注記               構成比                 構成比
          区分              金額(百万円)                 金額(百万円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ 原材料費                          8,580      70.0           9,168      70.8
    Ⅱ 労務費                          1,673      13.7           1,805      13.9

                               2,008                 1,987

    Ⅲ 経費               ※1                 16.3                 15.3
      当期総製造費用                                100.0                 100.0

                              12,263                 12,961
                                ―                 ―

      期首仕掛品たな卸高
       合計

                              12,263                 12,961
                                ―                 ―

      期末仕掛品たな卸高
      当期製品製造原価

                              12,263                 12,961
    ※1 主な内訳は、次のとおりであります。

                             前事業年度                 当事業年度
       賃借料                          60百万円                 73百万円
       減価償却費                          608                 632
       研究開発費                          401                 290
       水道光熱費                          346                 311
    (原価計算の方法)

       原価計算の方法は組別工程別総合原価計算を採用しております。
                                36/62










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                                                評価・換算
                             株主資本
                                                 差額等
                  資本剰余金           利益剰余金
                                                     純資産合計
                                                 その他
                                            株主資本
                            その他利益剰余金
               資本金                         自己株式         有価証券
                                   利益剰余金
                                             合計
                  資本準備金    利益準備金
                                繰越利益                 評価差額金
                                     合計
                           別途積立金
                                剰余金
    当期首残高            870    379     90   6,250     423   6,763    △ 114   7,899      36   7,936
    当期変動額
     別途積立金の積立                        100   △ 100     ―         ―         ―
     剰余金の配当                            △ 173   △ 173        △ 173        △ 173
     当期純利益                            404    404         404         404
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                              21    21
     額)
    当期変動額合計             ―    ―    ―    100    130    230     ―    230     21    251
    当期末残高            870    379     90   6,350     554   6,994    △ 114   8,130      57   8,188
     当事業年度(自       2020年4月1日 至          2021年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                                                評価・換算
                             株主資本
                                                 差額等
                  資本剰余金           利益剰余金
                                                     純資産合計
                                                 その他
                                            株主資本
                            その他利益剰余金
               資本金                         自己株式         有価証券
                                   利益剰余金
                                             合計
                  資本準備金    利益準備金
                                繰越利益                 評価差額金
                                     合計
                           別途積立金
                                剰余金
    当期首残高            870    379     90   6,350     554   6,994    △ 114   8,130      57   8,188
    当期変動額
     別途積立金の積立                        200   △ 200     ―         ―         ―
     剰余金の配当                            △ 173   △ 173        △ 173        △ 173
     当期純利益                            533    533         533         533
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                              26    26
     額)
    当期変動額合計             ―    ―    ―    200    159    359     ―    359     26    386
    当期末残高            870    379     90   6,550     713   7,354    △ 114   8,490      84   8,574
                                37/62








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                   607              821
      減価償却費                                   694              730
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    4             △ 0
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                    11              28
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  △ 165               35
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    16              25
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 3              6
      受取利息及び受取配当金                                   △ 2             △ 2
      支払利息                                    14              13
      固定資産除売却損益(△は益)                                    10               6
      補助金収入                                    -             △ 36
      固定資産圧縮損                                    -              36
      売上債権の増減額(△は増加)                                   272              △ 16
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                    1            △ 228
      仕入債務の増減額(△は減少)                                   108              159
      未払金の増減額(△は減少)                                  △ 91              353
                                        △ 173              198
      その他
      小計                                  1,305              2,131
      利息及び配当金の受取額
                                          2              2
      利息の支払額                                  △ 14             △ 13
                                        △ 156             △ 154
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  1,136              1,966
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 496             △ 582
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 30             △ 44
      投資有価証券の取得による支出                                   △ 8             △ 8
                                          -               0
      投資有価証券の売却による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 534             △ 635
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 200               -
      長期借入れによる収入                                   500               -
      長期借入金の返済による支出                                  △ 124             △ 166
      リース債務の返済による支出                                  △ 339             △ 330
                                        △ 173             △ 173
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 337             △ 671
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      0              0
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    264              659
     現金及び現金同等物の期首残高                                   1,720              1,985
                                      ※1  1,985            ※1  2,645
     現金及び現金同等物の期末残高
                                38/62






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
       その他有価証券
        時価のあるもの
         期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
         より算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
    2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

       商品及び製品、原材料
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)
    3 固定資産の減価償却の方法

     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法を採用しております。
       ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属
       設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物    38~50年
        機械及び装置  10年
     (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
       定額法を採用しております。
       なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
     (3)  リース資産

       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    4 引当金の計上基準

     (1)  貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定の債権に
      ついては、個別に回収可能性を検討して回収不能見込額を計上しております。
     (2)  賞与引当金
       従業員への賞与の支給に備えるため、支給見込額基準により計上しております。
     (3)  役員賞与引当金
       役員に対する賞与の支給に充てるため、当事業年度における支給見込額を計上しております。
     (4)  退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
       ります。
      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
       算定式基準によっております。
      ② 数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)によ
       る定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
     (5)  役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
                                39/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    5 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
      手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わ
     ない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
    6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しております。
     (未適用の会計基準等)

     収益認識
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2021年3月26日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用により、当社に影響のある主な変更は顧客に支払う対価の会計処理方法
      であります。従来、販売費及び一般管理費として計上していた一部の費用について、売上の減額として計上するこ
      とになります。なお、2022年3月期の損益計算書の売上に対して重要な影響はないものと見込んでおります。ま
      た、営業利益に与える影響はないものと見込んでおります。
                                40/62











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
    ※1    国庫補助金等により有形固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳額及びその内訳は次のとおりでありま
      す。
                             前事業年度                 当事業年度

                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
       圧縮記帳額                          50百万円                 86百万円
       (うち、建物)                          27                 27
       (うち、構築物)                           9                 9
       (うち、機械及び装置)                          14                 50
      (損益計算書関係)

    ※1 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。
                             前事業年度                 当事業年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
                                 401  百万円               290  百万円
    ※2 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

                             前事業年度                 当事業年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
       見本品費
                                 55百万円                 53百万円
       (販売費及び一般管理費のその他)
       販売促進費                           3                10
       その他                          14                 30
       計                          73                 93
    ※3 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切り下げ後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれて

       おります。
                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
       売上原価に含まれているたな卸資産
                                  9 百万円                14 百万円
       評価損
    ※4 固定資産除売却損の内訳は次のとおりであります。

                             前事業年度                 当事業年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
       建物                           1百万円                 2百万円
       機械及び装置                           8                 3
       その他                           0                 0
       計                          10                 6
                                41/62






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自         2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
      普通株式(株)           9,868,800            ―           ―         9,868,800

     2 自己株式に関する事項

      株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
      普通株式(株)            216,088            ―           ―         216,088

     3 新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                       (百万円)         (円)
    2019年6月27日
               普通株式             86        9.00    2019年3月31日         2019年6月28日
    定時株主総会
    2019年11月5日
               普通株式             86        9.00    2019年9月30日         2019年12月2日
    取締役会
      (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                          (百万円)       配当額(円)
    2020年6月26日
              普通株式      利益剰余金           86      9.00   2020年3月31日         2020年6月29日
    定時株主総会
     当事業年度(自         2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
      普通株式(株)           9,868,800            ―           ―         9,868,800

     2 自己株式に関する事項

      株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
      普通株式(株)            216,088            ―           ―         216,088

     3 新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
                                42/62





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     4 配当に関する事項
      (1)配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                       (百万円)         (円)
    2020年6月26日
               普通株式             86        9.00    2020年3月31日         2020年6月29日
    定時株主総会
    2020年11月4日
               普通株式             86        9.00    2020年9月30日         2020年12月1日
    取締役会
      (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                          (百万円)       配当額(円)
    2021年6月29日
              普通株式      利益剰余金           86      9.00   2021年3月31日         2021年6月30日
    定時株主総会
      (キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
       現金及び預金                         1,985百万円                 2,645百万円
       現金及び現金同等物                         1,985                 2,645
     2 重要な非資金取引の内容

      ファイナンス・リースに係る資産及び債務の額は次のとおりであります。
                                前事業年度              当事業年度
                              (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                              至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
       ファイナンス・リース取引に係る資産の額                            563百万円              157百万円
       ファイナンス・リース取引に係る債務の額                            620              173
      (リース取引関係)

     1 ファイナンス・リース取引
       (1)  所有権移転ファイナンス・リース取引
         該当事項はありません。
       (2)  所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①リース資産の内容
         a.有形固定資産
          主として、調味料製造設備、ネットワーク機器等の電子機器及び車両であります。
         b.無形固定資産
          ソフトウエアであります。
        ②リース資産の減価償却の方法
          重要な会計方針「3 固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2 オペレーティング・リース取引

        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                             (単位:百万円)
                             前事業年度              当事業年度
                           ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
        1年内                              9              9
        1年超                             120              111
        合計                             130              120
                                43/62


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
      (1)  金融商品の状況に関する事項
       ①   金融商品に対する取組方針
         当社では、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については銀行等金融機関からの
        借入による方針であります。
       ②   金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、売
        上債権管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を随時把
        握する体制としております。
         投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上の関係を有する企業
        の株式であり、定期的に把握された時価が取締役会に報告されております。
         営業債務である買掛金は、その全てが一年以内の支払期日であります。
         借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金(原則として5年以内)は主
        に設備投資に係る資金調達であります。
         また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社では、月次に資金繰計画を作成する
        などの方法により管理しております。
      (2)  金融商品の時価等に関する事項

         貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については次のとおりであります。                                     なお、時価を把握することが
        極めて困難と認められるものは次表には含まれておりません((注2)参照)。
        前事業年度(        2020年3月31日       )                         (単位:百万円)
                           貸借対照表計上額              時価         差額
       (1)   現金及び預金                         1,985          1,985         ―

       (2)    受取手形                          14          14        ―
       (3) 売掛金                           2,755          2,755         ―
       (4)    投資有価証券                          214          214        ―
              資産計                    4,970          4,970         ―
       (1)    買掛金                         1,618          1,618         ―

       (2) 未払金                           1,137          1,137         ―
       (3)    長期借入金                          375          375        △0
       (4)    リース債務                         1,112          1,135         23
              負債計                    4,243          4,266         22
        当事業年度(        2021年3月31日       )                         (単位:百万円)

                           貸借対照表計上額              時価         差額
       (1)   現金及び預金                         2,645          2,645         ―

       (2)    受取手形                          22          22        ―
       (3) 売掛金                           2,764          2,764         ―
       (4)    投資有価証券                          259          259        ―
              資産計                    5,691          5,691         ―
       (1)    買掛金                         1,777          1,777         ―

       (2) 未払金                           1,486          1,486         ―
       (3)    長期借入金                          208          208         0
       (4)    リース債務                          955          976        20
              負債計                    4,428          4,448         20
                                44/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    (注1)     金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
      資産
      (1)  現金及び預金、(2)受取手形、及び(3)売掛金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
      (4)  投資有価証券
         株式は取引所の価格によっております。なお、有価証券はその他有価証券として保有しており、これに関す
        る貸借対照表計上額と取得原価との差額に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さ
        い。
      負債

      (1)  買掛金、及び(2)未払金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
      (3)  長期借入金
         長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引い
        て算定する方法によっております。
      (4)  リース債務
         リース債務の時価については、元利金の合計額を同様の新規契約を行った場合に想定される利率で割り引い
        て算定する方法によっております。
    (注2)     金銭債権の決算日後の償還予定額

        前事業年度(        2020年3月31日       )                   
                     1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
        現金及び預金                1,985          ―        ―        ―
        受取手形                  14        ―        ―        ―
        売掛金                2,755          ―        ―        ―
            合計            4,755          ―        ―        ―
        当事業年度(        2021年3月31日       )                   

                     1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
        現金及び預金                2,645          ―        ―        ―
        受取手形                  22        ―        ―        ―
        売掛金                2,764          ―        ―        ―
            合計            5,432          ―        ―        ―
                                45/62







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    (注3)     長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額
        前事業年度(        2020年3月31日       )          
                       1年超        2年超        3年超        4年超
               1年以内                                      5年超
                       2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
               (百万円)                                      (百万円)
                       (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
        長期借入金           166        166        42        ―        ―      ―
        リース債務           324        181        155        125        105      221
        当事業年度(        2021年3月31日       )                   

                       1年超        2年超        3年超        4年超
               1年以内                                      5年超
                       2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
               (百万円)                                      (百万円)
                       (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
        長期借入金           166        42        ―        ―        ―      ―
        リース債務           211        185        155        135        109      158
      (有価証券関係)

    1.その他有価証券
      前事業年度(      2020年3月31日       )
                           貸借対照表計上額            取得原価           差額
              区分
                             (百万円)          (百万円)          (百万円)
    貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
      株式                              163           79          84
    貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
      株式                              51          56          △5
              合計                    214          136           78
     (注)   1 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。なお、当事業年度中において減損処理を行い、株
         式について0百万円の減損を行っております。
       2 減損処理にあたっては、事業年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理
         を行い、30%から50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた金額の減損処理を
         行っております。
      当事業年度(      2021年3月31日       )

                           貸借対照表計上額            取得原価           差額
              区分
                             (百万円)          (百万円)          (百万円)
    貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
      株式                              259          144          115
    貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
      株式                              ―          ―          ―
              合計                    259          144          115
     (注)   1 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。
       2 減損処理にあたっては、事業年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理
         を行い、30%から50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた金額の減損処理を
         行っております。
                                46/62






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    2.事業年度中に売却したその他有価証券
      前事業年度(自         2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
          区分
                       (百万円)             (百万円)             (百万円)
    株式                          ―             ―             ―
    その他                          ―             ―             ―
          合計                    ―             ―             ―
      当事業年度(自         2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
          区分
                       (百万円)             (百万円)             (百万円)
    株式                           0             0             ―
    その他                          ―             ―             ―
          合計                     0             0             ―
      (退職給付関係)

    1 採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の退職一時金制度及び確定拠出型の退職給付制度を設けております。
      なお、確定給付型の退職一時金制度には、退職給付信託が設定されております。
    2 確定給付制度       

      (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                前事業年度               当事業年度
                             (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                              至   2020年3月31日       )      至   2021年3月31日       )
       退職給付債務の期首残高                           527百万円               555百万円
        勤務費用                            42               44
        利息費用                            4               4
        数理計算上の差異の発生額                            4              15
        退職給付の支払額                           △24               △21
       退職給付債務の期末残高                           555               598
      (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                前事業年度               当事業年度
                             (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                              至   2020年3月31日       )      至   2021年3月31日       )
       年金資産の期首残高                           113百万円               87百万円
        期待運用収益                            1               1
        数理計算上の差異の発生額                           △27                19
       年金資産の期末残高                            87              108
      (3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                前事業年度               当事業年度
                              ( 2020年3月31日       )       ( 2021年3月31日       )
       積立型制度の退職給付債務                           555百万円               598百万円
       年金資産                           △87              △108
       未積立退職給付債務                           467               489
       未認識数理計算上の差異                           △31               △25
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                           436               464
       退職給付引当金                           436               464

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                           436               464
                                47/62


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      (4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                前事業年度               当事業年度
                             (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                              至   2020年3月31日       )      至   2021年3月31日       )
       勤務費用                            42百万円               44百万円
       利息費用                            4               4
       期待運用収益                           △1               △1
       数理計算上の差異の費用処理額                           △9                2
       確定給付制度に係る退職給付費用                            35               50
      (5) 年金資産に関する事項

       ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの金額は、次のとおりであります。
                                前事業年度               当事業年度
                              ( 2020年3月31日       )       ( 2021年3月31日       )
       株式                            66百万円               85百万円
       現金及び預金                            20               22
       その他                            1               1
       合計                            87              108
       (注)年金資産はすべて、企業年金制度に対して設定した退職給付信託であります。
       ②   長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
        る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6) 数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                前事業年度               当事業年度
                             (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                              至   2020年3月31日       )      至   2021年3月31日       )
       割引率                           0.8%               0.8%
       長期期待運用収益率                           1.5%               1.5%
    3 確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度96百万円、当事業年度92百万円でありました。
      (税効果会計関係)

    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前事業年度            当事業年度
                                 ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       (繰延税金資産)
         役員退職慰労引当金                           186百万円            197百万円
         退職給付引当金                           152            160
         賞与引当金                           125            133
         その他                           112            140
         繰延税金資産小計                           576            631
         評価性引当額                          △15            △15
         繰延税金資産合計                           561            616
       (繰延税金負債)
         その他有価証券評価差額金                          △21            △30
         繰延税金負債合計                          △21            △30
         繰延税金資産の純額                           540            585
                                48/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                  前事業年度            当事業年度
                                 ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
         法定実効税率                          30.5%            30.5%
         (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                           3.1            1.7
         住民税均等割額                           7.4            5.4
         試験研究費税額控除                          △7.2            △2.0
         その他                          △0.4            △0.6
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                          33.4            35.0
      (セグメント情報等)

     【セグメント情報】
      当社は、食品事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略しております。
     【関連情報】

      前事業年度(自         2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
    1.製品及びサービスごとの情報
      単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
     ります。
    2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
       本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2) 有形固定資産
       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
    3.主要な顧客ごとの情報

      外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
      当事業年度(自         2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

    1.製品及びサービスごとの情報
      単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
     ります。
    2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
       本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2) 有形固定資産
       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
    3.主要な顧客ごとの情報

      外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      前事業年度(自         2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当事業年度(自         2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

       該当事項はありません。
                                49/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
      前事業年度(自         2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当事業年度(自         2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前事業年度(自         2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当事業年度(自         2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

       該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

                                  前事業年度              当事業年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    1株当たり純資産額                                  848円28銭              888円30銭
    1株当たり当期純利益                                  41円92銭              55円27銭

     (注)1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      当期純利益(百万円)                                   404              533
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    ―              ―

      普通株式に係る当期純利益(百万円)                                   404              533

      普通株式の期中平均株式数(株)                                9,652,712              9,652,712

       3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

                                  前事業年度              当事業年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
      純資産の部の合計額(百万円)                                  8,188              8,574
      純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                    ―              ―

      普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                  8,188              8,574

      1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                      9,652,712              9,652,712
      期末の普通株式の数(株)
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                50/62






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                        当期末減価
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
       資産の種類
                 (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      又は償却累       (百万円)     残高(百万円)
                                        計額(百万円)
    有形固定資産
     建物               5,208       106      12    5,301      3,324       117     1,977
     構築物                877      107      ―     985      555      41      430
     機械及び装置               3,416       173      26    3,562      2,740       243      822
     車両運搬具                23      5      1     27      22      4      5
     工具、器具及び備品                200       7      6     202      172      11      29
     土地               2,677       ―      ―    2,677        ―      ―     2,677
     リース資産               2,495       157     1,297      1,355       572      285      783
     建設仮勘定                 5     423      246      182       ―      ―      182
      有形固定資産計            14,905       981     1,591     14,295       7,386       704     6,908
    無形固定資産
     リース資産                109      ―      ―     109       38      19      71
      ソフトウエア                ―      80      ―      80       6      6      73
      ソフトウエア仮勘定                35      52      88      ―      ―      ―      ―
     その他                 5     ―      ―      5      2      0      2
      無形固定資産計              150      132      88     195       47      26      147
    長期前払費用                17      1      4     14      12      0      1
     (注) 1 当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
          建設仮勘定     九州工場                        排水処理施設増設工事                   182百万円
          構築物       関東工場    燃料LNG化工事                                     107百万円
          機械装置           関東工場                燃料LNG化工事       55百万円
          ソフトウェア            社内ネットワーク構築                                          80百万円
        2 当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

          リース資産(有形) 九州工場    鍋スープライン製造設備                                          502百万円
                    九州工場    業務ボトルライン製造設備                          174百万円
                    九州工場    高温高圧調理殺菌装置                           156百万円
        3 長期前払費用は、定額法により償却しております。

       【社債明細表】

       該当事項はありません。
                                51/62





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       【借入金等明細表】
                      当期首残高         当期末残高         平均利率
           区分                                       返済期限
                       (百万円)         (百万円)          (%)
    1年以内に返済予定の長期借入金                       166         166     0.2          ―
    1年以内に返済予定のリース債務                       324         211     1.0          ―

    長期借入金(1年以内に返済予定
                           208         42     0.2        2022年6月30日
    のものを除く。)
    リース債務(1年以内に返済予定                                             2022年4月5日
                           788         744     1.0
    のものを除く。)                                            ~2038年1月31日
           合計               1,488         1,164       ―          ―
       (注)1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年内における返済
          予定額は次のとおりであります。
                   1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
            区分
                    (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
         長期借入金                  42          ―          ―          ―
        リース債務                 185          155          135          109

       【引当金明細表】

                                  当期減少額        当期減少額
                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                  (百万円)        (百万円)                         (百万円)
                                  (百万円)        (百万円)
    貸倒引当金                  22        17         0        17        22
    賞与引当金                  412        437        412         ―        437
    役員賞与引当金                  15        21        15        ―        21
    役員退職慰労引当金                  612         44         8        ―        648
       (注) 貸倒引当金の当期減少額の「その他」は一般債権の貸倒実績率による洗替額17百万円及び個別引当対象債
          権が回収されたことによる戻入額0百万円であります。
       【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
                                52/62









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【主な資産及び負債の内容】
       ① 現金及び預金
                    区分                     金額(百万円)

          現金                                            1
          預金
           当座預金                                          528
           普通預金                                        2,019
           定期預金                                          95
           外貨預金                                           0
                    計                               2,643
                    合計                                2,645
       ② 受取手形

          相手先別内訳
                   相手先                     金額(百万円)
          ㈱フンドーダイ                                           14
          コゲツ産業㈱                                            2
          冨士丸物産㈱                                            1
          稲尾食品                                            1
          その他                                            2
                    合計                                 22
          期日別内訳

                    期日                     金額(百万円)
          2021年4月満期                                            8
           〃  5月   〃
                                                      9
            〃   6月   〃
                                                      4
                    合計                                 22
       ③ 売掛金

          相手先別内訳
                   相手先                     金額(百万円)
          伊藤忠商事㈱                                           306
          国分㈱                                           223
          加藤産業㈱                                           155
          三井食品㈱                                           129
          三菱食品㈱                                           64
          その他                                          1,884
                    合計                                2,764
                                53/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
          売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
                                               滞留期間(日)
                                       回収率(%)
          当期首残高       当期発生高       当期回収高       当期末残高
                                              ((A)+(D))×1/2
           (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                                       (C)
                                                 (B)
            (A)       (B)       (C)       (D)
                                           ×100
                                     (A)+(B)
                                                  365
             2,755      24,191       24,182       2,764          89.7          42
         (注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
       ④ 商品及び製品

                     品名                     金額(百万円)

           商品    たれ他                                       12
              液体調味料                                      675
              粉体調味料                                      181
           製品
              その他                                       88
                        計                             944
                     合計                                957
       ⑤ 原材料

                    品名                     金額(百万円)

          原料                                           134
          包装資材                                           212
                    合計                                 346
       ⑥ 買掛金

                   相手先                     金額(百万円)

          凸版印刷㈱                                           187
          池田糖化工業㈱                                           127
          ㈱カネカサンスパイス                                           106
          大成ラミック㈱                                           75
          大日本印刷㈱                                           65
          その他                                          1,214
                    合計                                1,777
       ⑦ 未払金

                   相手先                     金額(百万円)

          鳥栖倉庫㈱                                           262
          日本年金機構                                           170
          ㈱西鉄エージェンシー                                           81
          ㈱芝製作所                                           66
          鴻池運輸㈱                                           63
          その他                                           841
                    合計                                1,486
                                54/62



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
       ⑧ リース債務
                   相手先                     金額(百万円)

          三菱UFJリース㈱                                           355
          みずほリース㈱                                           177
          日立キャピタル㈱                                           169
          ニッセイ・リース㈱                                           66
          浅田壽子                                           65
          その他                                           121
                                                    955
                    合計
                                                   (211)
         (注)    (   )内の金額は内数で、1年内返済予定額であり、貸借対照表では流動負債の「リース債務」
            にて表示しております。
     (3)  【その他】

      当事業年度における四半期情報等
           (累計期間)               第1四半期         第2四半期         第3四半期         当事業年度
    売上高                  (百万円)

                              5,065        10,670         17,591         22,399
    税引前四半期(当期)純利益                (百万円)

                               157         495       1,279          821
    四半期(当期)純利益                (百万円)

                               103         328         863         533
    1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)

                              10.67         33.98         89.47         55.27
           (会計期間)               第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

    1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期
                      (円)
                              10.67         23.31         55.49       △34.20
    純損失(△)
                                55/62










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第6 【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             4月1日から3月31日まで

    定時株主総会             6月中

    基準日             3月31日

    剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日

    1単元の株式数             100株

    単元未満株式の買取り

                 (特別口座)
      取扱場所             東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                 (特別口座)
      株主名簿管理人             東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                 三井住友信託銀行株式会社
      取次所             ―
      買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                 当会社の公告方法は電子公告としております。ただし、事故その他やむを得ない事由
                 によって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して
                 行います。
    公告掲載方法             なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおり
                 であります。
                   http://www.daisho.co.jp

                 毎年3月31日現在及び9月30日現在の株主に対し、自社製品を年2回、次の基準によ
                 り贈呈する。
                 (1)100株以上500株未満保有株主    1,000円相当の自社製品
    株主に対する特典
                 (2)500株以上1,000株未満保有株主   2,000円相当の自社製品
                 (3)1,000株以上5,000株未満保有株主  3,000円相当の自社製品
                 (4)5,000株以上保有株主                         6,000円相当の自社製品
     (注) 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができないと定
       款に規定しております。
       (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
       (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
       (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                56/62









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1【提出会社の親会社等の情報】

      当社の金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1)   有価証券報告書              事業年度        自   2019年4月1日          2020年6月29日

      及びその添付書類並びに              ( 第54期   )    至   2020年3月31日          関東財務局長に提出
      確認書
    (2)  内部統制報告書及びその              事業年度        自   2019年4月1日          2020年6月29日

      添付書類              ( 第54期   )    至   2020年3月31日          関東財務局長に提出
    (3)  四半期報告書            第55期   第1四半期       自   2020年4月1日          2020年8月12日

      及び確認書                      至   2020年6月30日          関東財務局長に提出
                  第55期   第2四半期       自   2020年7月1日          2020年11月13日
                            至   2020年9月30日          関東財務局長に提出
                  第55期   第3四半期       自   2020年10月1日          2021年2月12日
                            至   2020年12月31日          関東財務局長に提出
    (4)  臨時報告書                                  2020年6月30日

                                        関東財務局長に提出
      企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
      時報告書であります。
    (5)  臨時報告書の訂正報告書                                  2020年10月2日

                                        関東財務局長に提出
      上記(4)    臨時報告書の訂正報告書であります。
                                57/62











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                58/62



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                  2021年6月29日

    株  式  会  社   ダ  イ  シ  ョ  ー
     取   締   役   会    御  中
                       有限責任監査法人          ト  ー  マ  ツ

                       福岡事務所
                       指定有限責任社員

                                   公認会計士       池  田     徹            ㊞
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                   公認会計士       吉  田  秀  敏            ㊞
                       業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
    る株式会社ダイショーの2020年4月1日から2021年3月31日までの第55期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損
    益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につい
    て監査を行った       。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社ダイショーの2021年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フロー
    の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める                                。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している                                         。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない                                           。
                                59/62







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
     商品及び製品在庫の実在性、原価差額の配賦計算の正確性
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                  監査上の対応

      当事業年度の貸借対照表において、商品及び製品が                           当監査法人は、商品及び製品在庫の実在性、原価差額

     957百万円計上されている。商品及び製品残高の総資産                           の配賦計算の正確性を検討するに当たり、主として以下
     に占める割合は6%程度であるものの、近年、売上高の                           の監査手続を実施した          。
     増加に伴い、商品及び製品の在庫金額が増加傾向にあ
     る 。                         【内部統制の整備及び運用状況の評価】
      中期経営計画において、特に業務用向けの製品の成長                          ・実地棚卸の実施とその後の帳簿への反映方法に関す
     に注力して製品受注に対応してきた結果、製品アイテム                            る主要なコントロールの整備及び運用状況を評価し
     数が増加傾向にある         。                   た。
      製品アイテム数の増加傾向に伴い、商品及び製品の在                          ・外部預け在庫の帳簿への反映方法に関する主要なコ
     庫金額も増加傾向にあることから、実在性に関する管理                            ントロールの整備及び運用状況を評価した。
     の重要性が増している。さらに、会社とは物理的に離れ                           ・原価差額の算定とその後の製品在庫金額への配賦方
     た外部倉庫に委託した商品及び製品が保管されており、                            法 に関する主要なコントロールの整備及び運用状況
     会社は、自社倉庫の在庫とは異なる管理状況について検                            を評価した。
     証している     。
      また、   【製造原価明細書】(原価計算の方法)                   に記載    【実証手続】
     されているとおり、会社は、原価計算の方法として、組                           <商品及び製品の数量の実在性>
     別工程別総合原価計算を採用している。毎期発生する原                           ・商品及び製品の売上金額と在庫金額の過去の実績と
     価差額は、製品の残高にも配賦されており、配賦計算の                            の比較分析を行った         。
     正確性についても製品の在庫金額に影響を及ぼす可能性                           ・拠点別、品群別の商品及び製品の在庫金額の過去の
     がある   。                         実績との比較分析及び著増減理由について質問し
      商品及び製品残高については、貸借対照表における金                           た 。
     額的重要性が比較的高く、虚偽表示が発見された場合に                           ・棚卸差異が多額となっている拠点、商品及び製品に
     は金額的な影響が大きいと想定される。また、製品アイ                            関して発生原因の調査結果の把握と処理の妥当性に
     テム数が増加傾向にあるなか、外部倉庫に保管されてい                            ついて検討した       。
     る在庫もあり、さらに、原価差異について配賦計算がさ                           ・実地棚卸の立会とともに、結果の集計、帳簿への反
     れることを勘案すると、質的な重要性も高いといえる。                            映について検討した         。
     当監査法人は、商品及び製品在庫の実在性、原価差額の                           ・外部預け在庫について保管状況の視察及び実地棚卸
     配賦計算の正確性を監査上の主要な検討事項に該当する                            の立会を実施した。
     ものと判断した。                           ・外部預け在庫について確認状の発送及び帳簿残高と
                                 整合しているか確かめた。
                                ・棚卸差異の集計過程の妥当性について検討した                       。
                                <配賦計算の正確性>

                                ・予定製造原価の計算結果の妥当性について検討し
                                 た 。
                                ・製造原価差額の発生額について、四半期毎に生産量
                                 の季節的変動を考慮して異常な傾向を示していない
                                 か分析した     。
                                ・原価差額の配賦計算についての継続性の検討及び再
                                 計 算を実施した。
                                60/62




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる                              。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある                     。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る 。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される                                   。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する                            。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する          。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する                                              。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する                  。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある                                        。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する                     。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う                                                    。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う                        。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止さ
    れている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
    ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                                61/62





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                           有価証券報告書
    <内部統制監査>
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ダイショーの2021年3
    月31日現在の内部統制報告書について監査を行った                        。
     当監査法人は、株式会社ダイショーが2021年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
    部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
    報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める                                              。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
    制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
    また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
    査証拠を入手したと判断している               。
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある                                          。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある                                                。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る 。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
    いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
    ある  。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する                                        。
    ・   内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
     適用される     。
    ・   財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内
     部統制報告書の表示を検討する              。
    ・   内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
     は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある                                   。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、
    識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項
    について報告を行う         。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う                        。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない                                               。
                                                       以  上
    ※1    上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)

       が別途保管しております。
     2    XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                62/62



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。