株式会社佐賀銀行 有価証券報告書 第92期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第92期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 株式会社佐賀銀行
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                    有価証券報告書

    【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                    関東財務局長

    【提出日】                    2021年6月29日

    【事業年度】                    第92期(自       2020年4月1日         至   2021年3月31日)

    【会社名】                    株式会社佐賀銀行

    【英訳名】                    THE BANK OF SAGA LTD.

    【代表者の役職氏名】                    取締役頭取          坂 井 秀 明

    【本店の所在の場所】                    佐賀県佐賀市唐人二丁目7番20号

    【電話番号】                    0952(24)5111(代表)

    【事務連絡者氏名】                    総合企画部長           中 島 秀 樹

    【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区銀座一丁目10番6号

                        株式会社佐賀銀行          東京事務所
    【電話番号】                    03(5250)8704(代表)

    【事務連絡者氏名】                    東京支店長兼東京事務所長                 山 下 陽 三 

    【縦覧に供する場所】                    株式会社佐賀銀行  福岡支店

                         (福岡市中央区天神二丁目8番41号)
                        株式会社佐賀銀行  東京支店
                         (東京都中央区銀座一丁目10番6号)
                        株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                        証券会員制法人福岡証券取引所
                         (福岡市中央区天神二丁目14番2号)
                                  1/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 当連結会計年度の前4連結会計年度及び当連結会計年度に係る次に掲げる主要な経営指標等の推移
                       2016年度       2017年度       2018年度       2019年度       2020年度

                       (自2016年       (自2017年       (自2018年       (自2019年       (自2020年
                        4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
                       至2017年       至2018年       至2019年       至2020年       至2021年
                        3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)
    連結経常収益             百万円       44,106       39,622       46,664       41,400       41,153
      うち連結信託報酬             百万円         ―       ―       ―       ―       ―

    連結経常利益             百万円        4,057       3,471       3,419       4,602       4,213

    親会社株主に帰属する
                 百万円        2,898       6,650       2,636       2,441       2,465
    当期純利益
    連結包括利益             百万円        2,391       10,062       △ 4,957      △ 4,620       12,796
    連結純資産額             百万円       120,687       126,574       120,493       114,746       126,412

    連結総資産額             百万円      2,335,305       2,421,231       2,470,292       2,559,886       3,051,047

    1株当たり純資産額              円     6,932.60       7,557.06       7,184.46       6,838.06       7,520.80

    1株当たり当期純利益              円      173.55       397.98       157.50       145.80       146.97

    潜在株式調整後1株当たり
                   円      172.67       395.92       156.71       144.89       145.97
    当期純利益
    自己資本比率              %       4.95       5.21       4.86       4.47       4.13
    連結自己資本利益率              %       2.51       5.49       2.13       2.07       2.04

    連結株価収益率              倍       17.57        5.85       12.10        7.87       10.04

    営業活動による
                 百万円       27,555       22,423      △ 150,863        50,914       232,201
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                 百万円      △ 24,129       134,719        58,782      △ 68,692      △ 67,859
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                 百万円      △ 13,676       △ 4,266      △ 3,674      △ 1,173      △ 1,173
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                 百万円       169,387       322,262       226,506       207,554       370,725
    の期末残高
                         1,565       1,557       1,516       1,464       1,389
    従業員数
                   人
    [外、平均臨時従業員数]
                          [ 356  ]     [ 360  ]     [ 346  ]     [ 326  ]     [ 316  ]
    信託財産額             百万円         ―       ―       ―       ―       ―
    (注) 1.当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       2.2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したことから、1株当たり純資産額、
        1株当たり当期純利益、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、2016年度の期首に当該株式併合が
        行われたと仮定して算定しております。
       3.自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権-期末非支配株主持分)を期末資産の部の合計で除
        して算出しております。
       4.従業員数は、就業人員数を表示しております。
       5.平均臨時従業員数は、銀行業の所定労働時間に換算し算出しております。
       6.信託財産額は、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務に係る信託財産額を記載し
        ております。なお、連結会社のうち、該当する信託業務を営む会社は提出会社1社です。
                                  2/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (2) 当行の当事業年度の前4事業年度及び当事業年度に係る主要な経営指標等の推移
            回次            第88期       第89期       第90期       第91期       第92期

           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    経常収益               百万円       43,508       43,760       38,971       33,476       33,159

      うち信託報酬               百万円         ―       ―       ―       ―       ―

    経常利益               百万円       3,394      11,278       3,250       4,233       3,765

    当期純利益               百万円       2,859      12,597       2,630       2,311       2,316

    資本金               百万円       16,062       16,062       16,062       16,062       16,062

    発行済株式総数               千株      171,359       17,135       17,135       17,135       17,135

    純資産額               百万円      116,523       130,639       124,979       118,791       128,379

    総資産額               百万円     2,334,955       2,418,524       2,467,354       2,555,392       3,047,554

    預金残高               百万円     2,158,203       2,237,738       2,290,853       2,377,904       2,704,160

    貸出金残高               百万円     1,456,516       1,515,294       1,730,856       1,774,191       2,024,989

    有価証券残高               百万円      667,850       533,054       470,826       528,229       609,365

    1株当たり純資産額                円     6,964.21       7,800.16       7,452.41       7,079.60       7,638.03

    1株当たり配当額                円

                           7.00      38.50       70.00       70.00       70.00
                          ( 3.50  )    ( 3.50  )    ( 35.00   )    ( 35.00   )    ( 35.00   )
    (内1株当たり中間配当額)               (円)
    1株当たり当期純利益                円      171.21       753.48       157.16       138.02       138.13

    潜在株式調整後1株当たり
                    円      170.34       749.59       156.37       137.15       137.19
    当期純利益
    自己資本比率                %       4.98       5.39       5.05       4.63       4.20
    自己資本利益率                %       2.46      10.20       2.06       1.89       1.87

    株価収益率                倍      17.81       3.09      12.12       8.31      10.68

    配当性向                %      40.88       9.29      44.53       50.71       50.67

                          1,456       1,425       1,385       1,319       1,249
    従業員数
                    人
    [外、平均臨時従業員数]
                           [ 342  ]     [ 342  ]     [ 330  ]     [ 306  ]     [ 298  ]
    信託財産額               百万円         ―       ―       ―       ―       ―
    信託勘定貸出金残高               百万円         ―       ―       ―       ―       ―

    信託勘定有価証券残高               百万円         ―       ―       ―       ―       ―

    株主総利回り                %      147.2       116.6       99.8       67.4       86.1

    (比較指標:配当込みTOPIX)               (%)      ( 114.7   )    ( 132.9   )    ( 126.2   )    ( 114.2   )    ( 162.3   )
                                 2,987
    最高株価                円       325             2,698       1,965       1,708
                                 (311)
                                 2,297
    最低株価                円       195             1,583        851       968
                                 (256)
                                  3/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    (注) 1.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       2.第92期(2021年3月)中間配当についての取締役会決議は2020年11月10日に行いました。
       3.2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したことから、1株当たり純資産額、
        1株当たり当期純利益、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第88期(2017年3月)の期首に当該
        株式併合が行われたと仮定して算定しております。また、配当性向は第89期(2018年3月)の期首に株式併合が
        行われたと仮定して算出しております。
       4.第89期(2018年3月)の1株当たり配当額38.50円は、1株当たり中間配当額3.50円と1株当たり期末配当額
        35.00円の合計であります。2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しているた
        め、1株当たり中間配当額3.50円は株式併合前、1株当たり期末配当額35.00円は株式併合後の金額となりま
        す。
       5.自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権)を期末資産の部の合計で除して算出しておりま
        す。
       6.従業員数は、就業人員数を表示しております。
       7.平均臨時従業員数は、当行の所定労働時間に換算し算出しております。
       8.信託財産額は、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務に係る信託財産額を記載し
        ております。
       9.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
       10.2017年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したことから、第89期の最高・最低株
        価のうち、(       )内は株式併合前の最高・最低株価を記載しております。
                                  4/124















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      1955年7月        佐賀市に本店を置く佐賀興業銀行と佐賀中央銀行が合併し、現在の株式会社佐賀銀行設立

              (設立7月11日、資本金258,000千円、本店佐賀市)。
      1961年4月        外国為替業務取扱開始。

      1965年4月        東京支店を開設。

      1971年10月        事務センター完成。

      1974年10月        当行株式福岡証券取引所に上場。

      1975年10月        新本店(現在地)完成。

      1976年7月        全店オンラインシステム完成(1983年1月第二次総合オンラインシステム稼働)。

      1978年6月        佐賀市に事務代行業務・人材派遣業務等を行う佐銀ビジネスサービス株式会社を設立(現・

              連結子会社)。
      1979年4月        佐賀市に信用保証業務を行う佐銀信用保証株式会社を設立(現・連結子会社)。

      1984年7月        佐賀市に情報処理業務等を行う佐銀コンピュータサービス株式会社を設立(現・連結子会

              社)。
      1985年6月        債券ディーリング業務開始。

       〃  年10月      当行株式東京証券取引所市場第一部に上場。

      1987年8月        新事務センター完成。

      1992年3月        さぎん福岡ビル完成。

      1994年4月        信託業務の取扱を開始。

      1998年12月        投資信託窓販の取扱を開始。

      2001年4月        損害保険業務の取扱を開始。

      2002年10月        生命保険業務の取扱を開始。

      2007年3月        金融先物取引業務(店頭)の取扱を開始。

      2010年5月        新オンラインシステム稼動。

              株式追加取得により、佐銀リース株式会社、佐銀信用保証株式会社、佐銀コンピュータサー

      2017年11月
              ビス株式会社、株式会社佐銀キャピタル&コンサルティングを完全子会社化。
                                  5/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社5社で構成され、銀行業務を中心に金融サービスに係る事業を行っ
     ております。
      当行及び当行の関係会社の事業に係る位置づけは次のとおりであります。
      以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
     [銀行業]

       当行の本店ほか支店71か店、出張所31か所において、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務、商品
      有価証券売買業務、有価証券投資業務などを行い、地域金融機関としての優良な金融サービス提供に積極的に取り
      組んでおります。
     [リース業]
       連結子会社である佐銀リース株式会社においては、リース業務等を行っております。
     [信用保証業]
       連結子会社である佐銀信用保証株式会社においては、信用保証業務等を行っております。
     [その他]
       その他の連結子会社においては、情報処理業務、事務代行業務、ベンチャーキャピタル業務等を行っておりま
      す。
      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  6/124













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                           当行との関係内容

                               議決権の
                   資本金     主要な事業
        名称       住所                所有割合
                                    役員の
                   (百万円)       の内容
                                        資金     営業上      設備の     業務
                                (%)
                                    兼任等
                                        援助     の取引      賃貸借     提携
                                    (人)
     (連結子会社)
                                                  提出会社
     佐銀リース          佐賀県                             預金取引
                                     1
                      30    リース業       100.0         ―         より建物      ―
                                    (0)
     株式会社          佐賀市                             与信取引
                                                  の賃借
                                                  提出会社
     佐銀信用保証          佐賀県                             預金取引
                                     2
                      50   信用保証業        100.0         ―         より建物      ―
                                    (0)
     株式会社          佐賀市                             保証取引
                                                  の賃借
                                                  提出会社
               佐賀県           その他                  預金取引
     佐銀コンピュータ                                2
                      10           100.0         ―         より建物      ―
     サービス株式会社                               (0)
               佐賀市         (情報処理業)                    事務代行等
                                                  の賃借
     株式会社佐銀キャ                     その他                        提出会社
               佐賀県
                                     4
     ピタル&コンサル                 80   (ベンチャー        100.0         ―   預金取引      より建物      ―
                                    (1)
               佐賀市
     ティング                   キャピタル業)                          の賃借
                                                  提出会社
               佐賀県           その他                  預金取引
     佐銀ビジネスサー                                3
                     104           100.0         ―         より建物      ―
     ビス株式会社                               (0)
               佐賀市         (事務代行業)                    事務代行等
                                                  の賃借
     (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
       2.上記関係会社のうち、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       3.「当行との関係内容」の「役員の兼任等」欄の( )内は、当行の役員(内書き)であります。
    5 【従業員の状況】

     (1) 連結会社における従業員数
                                               2021年3月31日       現在
     セグメントの名称            銀行業        リース業        信用保証業         その他         合計
                    1,249          33        12        95       1,389
      従業員数(人)
                   [   298  ]      [   3 ]      [   1 ]      [   14 ]     [   316  ]
     (注)   1.従業員数は、嘱託及び臨時従業員388人を含んでおりません。
       2.臨時従業員数は、[  ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
       3.臨時従業員数は、銀行業の所定労働時間に換算し算出しております。
     (2) 当行の従業員数

                                               2021年3月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              1,249
                            40.9             18.3             5,937
             [   298  ]
     (注)   1.従業員数は、嘱託及び臨時従業員352人を含んでおりません。
       2.当行の従業員はすべて銀行業のセグメントに属しております。
       3.臨時従業員数は、[  ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
       4.臨時従業員数は、当行の所定労働時間に換算し算出しております。
       5.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       6.当行の従業員組合は、佐賀銀行従業員組合と称し、組合員数は1,132人であります。労使間においては特記
        すべき事項はありません。
                                  7/124





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       以下の内容は、当行グループの主体であります提出会社(当行)についてのものであります。

       また、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において、提出会社(当行)が判断し
      たものであります。
     (1)  経営方針 

      経営の基本方針
       当行は「地域密着と健全経営」を経営理念に掲げております。
       佐賀・福岡を中心とした地域の銀行として地場産業の振興・発展をお手伝いし、地域社会の皆さまの豊かな生活
      づくりに奉仕すること、さらには、お客さまにご満足いただける質の高いサービスを提供することで、株主の皆さ
      ま、お客さま、そして地域の皆さまのご期待に応えていくことが当行の使命と考えております。
       近年においては、佐賀・福岡経済圏に県境という垣根が無くなりつつある中、当行は経営理念を踏まえ、地域の
      皆さまとの末永い信頼関係を築いていけるよう、着実に歩みを進めてまいります。
      中長期的な経営戦略

      ①第16次中期経営計画
       当行は2019年度からスタートした第16次中期経営計画(2019年4月1日~2022年3月31日)で、「このまちで、
      あなたと・・・ 地域の活力を未来へつなぐ銀行」を目指す姿とし、その基本方針に「コンサルティングを起点と
      する営業態勢の構築と生産性向上による効率化を進め、対顧客利益の黒字化を実現します。」「地域経済の活力と
      なる良質な金融サービスを提供し、さらなる金融仲介機能の向上を実現します。」の2つの項目を掲げておりま
      す。これら基本方針に全役職員一丸となって取り組んだ結果、一般的には「本業利益」と言われる2020年度の「対
      顧客利益」は、前事業年度比16億37百万円増加の13億98百万円となり、9期ぶりの黒字となりました。引き続き全
      行員のコンサルティング能力を高め、ステークホルダーの皆さま(お客さま、株主さま、地域社会、従業員)の将
      来のお役に立つ良質な金融サービスをご提供し続けることで、「地域活性化」と「当行の経営体力増強」の好循環
      を確立し、地域の未来へとつなげてまいります。
      ②2020年度に行った主な施策

      ○   店舗・チャネル
       店舗などのお客さまとのチャネルにつきましては、お客さまのニーズや動向を踏まえた上で、見直しを実施しま
      した。 
       有人店舗につきましては、2020年5月に肥前町支店有浦出張所を玄海町役場内へ移転しました。また2021年2月
      に渡辺通支店を福岡支店内へ、2021年3月に呉服町支店を本店営業部内へブランチインブランチ方式により移転統
      合しました。また、無人店舗(店舗外現金自動設備)につきましては、2カ所に新設し、11カ所を廃止しました。 
       この結果、当年度末の有人店舗数は本支店72カ店、出張所31カ所、無人店舗(店舗外現金自動設備)は78カ所と
      なりました。
      ○   地方創生及び事業性評価に向けた取組み

       地方創生に向けた取組みについては、「お客さまの付加価値向上」と「地域の価値向上」の2つの面から当行が
      能動的にお手伝いすることで、活力ある地域未来の創造=地域社会の発展に資することを目指しています。
       2020年4月に、営業ネットワークを9つのブロックに編成した営業態勢とする「ブロック制」を新設しました。
      各ブロックには、専門性が高い分野(事業承継、M&A、医療など)への高い知識や経験を有する担当者を駐在さ
      せ、営業店と本部が一体となって、地域へ包括的な支援・サービスを提供する態勢としています。
       2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大によって、個人、法人という人格や規模を問わず、多くのお客さまが
      様々な影響を受けるといういまだかつてない環境に陥りましたが、営業店行員のお客さまに寄り添う営業態勢と新
      設したブロック制が力を発揮し、ブロック内の営業店、本部人材が得意分野を組み合わせて約2万先のお客さまと
      面談し、1万5千件のお客さまのご要望をお受けするに至りました。
       一方で、従来の「地方銀行フードセレクション」をWEB商談会として開催したことなど、コロナ禍でのニュー
      ノーマル(新しい生活様式)に対応してお客さまのニーズに向き合っていくことがお客さまの付加価値を向上し、
                                  8/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      地域の価値向上に繋がっていくものと考え、持続可能な地域社会の形成に今後も深く関わってまいります。
      ○   取扱商品・サービスなどの拡充

        ブロック制では資産運用・資産形成サポートの面でも成果が表れ、将来に備えた資産形成を始めとするライフプ
      ランの良きサポーターとしてお客さまとの伴走姿勢を強めることができた結果、預かり金融資産の販売は好調な結
      果となりました。今後はライフコンサルタントとして幅広い知識を身に付け、特に「人生100年時代」と言われる現
      代では、高齢化が招く諸問題に関してご本人さまはもちろんのこと、ご家族の方々とも良好な関係を築いていくこ
      とで、サステナブル(持続可能)な地域社会の形成に寄与してまいります。
       また、2020年度は、加速するデジタル化、お客さまニーズの多様化に対応するため、スマートフォン専用アプリ
      「Wallet+」や即時決済型キャッシュレスサービス「さぎんJCBデビット」の取扱いを開始いたしました。
      「Wallet+」および「さぎんJCBデビット」によって、スマートフォンがあればお金にまつわる様々なサービスを
      シームレスに繋ぐことが可能となり、より便利にご利用いただけます。
       今後も、環境の変化に素早く適応し、お客さまや地域のニーズに応えていくため、DX(デジタルトランス
      フォーメーション)に積極的に取組んでサービスの高度化を続け、一方で、お客さまのライフパートナーとして存
      在感を高めていけるよう研鑽を続けてまいります。
      ○   SDGsへの取組み

        2020年6月よりSDGs私募債「地域の芽 未来の芽・育む債」の取扱いを開始し、SDGsの普及拡大や社会
      的課題解決への取り組みを後押ししています。SDGs私募債ではお客さまからいただいた発行手数料の一部を活
      用して、SDGsの普及拡大や社会的課題解決への取り組みを行う団体へ寄付や寄贈を行っており、2021年3月ま
      でに148件/91億円をお引受けし、72件/9百万円の寄付・寄贈を行っています。
       また各事業者の方や地域が抱える課題等に対して、お客さまとともに解決の道を探る議論を行うため、「SDG
      s異業種交流会」を2020年10月から11月にかけて地区別に計10回開催いたしました。当交流会を機に、お客さま同
      士の新たな結びつきが数多く生まれているほか、地域活性化につながるビジネスの創出につながっています。
       今後もSDGs異業種交流会等を通じて、地域の課題解決や新たな地域資源の発掘、磨き上げ等のため貢献でき
      る活動を継続し、地域の持続的な成長・発展に貢献してまいります。
     (2)  経営環境及び対処すべき課題

       当行は2021年3月に創業140周年を迎えましたが、10年後に迎える創業150周年に向けたスタートの年と位置付
      け、ウィズコロナで急速に変化する経営環境やお客さまのニーズに対して的確に対応していくため、これまで以上
      の挑戦意欲とスピード感をもって、新たなビジネスモデルを構築してまいります。
       ブロック制につきまして、2021年4月からは地域(ブロック)貢献をより反映した評価制度等の見直しなど実効
      性向上にむけた取組みを行うことでブロック制を深化させ、着実に経営基盤の強化を行ってまいります。
       また、ウィズコロナを前提としたニューノーマル(新しい生活様式)への対応など、ビジネスモデルの転換が必
      要となる中、当行においても環境の変化に適応し、デジタル技術を大いに活用しながらお客さまや地域のニーズに
      応えていくため、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推し進めています。
       この取組みをさらに加速化していくため、2021年4月に「DI(デジタルイノベーション)本部」を新設いたし
      ました。デジタルイノベーションによる顧客接点の刷新と行内業務のさらなる効率化実現、人とデジタルが融合し
      たハイブリッド型ビジネスの早期確立に向けて取組んでまいります。
       なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う経済への影響は、今後1年程度続くものと想定しておりま
      す。主に当行グループの貸出金等の信用リスクに一定の影響があると認識しておりますが、これによる与信費用の
      増加は、政府や自治体の経済対策や金融機関による支援等もあり、多額にはならないとの仮定を置いております。
      当該仮定には不確実性があり、新型コロナウイルス感染症の状況やその経済への影響が変化した場合には、損失額
      が増減する可能性があります。
       当行では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に応じて、「新型コロナウイルス対策本部」を設置し、行員の
      マスク着用等の感染防止策を講じるほか、時差出勤や在宅勤務、交代勤務等の業務継続対策も行っております。ま
      た、お客さまの資金繰りを迅速かつ丁寧に支援するため、当行から積極的に情報提供するとともに、相談窓口設置
      等の対応を行っております。今後も地域金融機関としての社会的責任を全うしてまいります。
    2  【事業等のリスク】

      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
                                  9/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     であります。
      なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において当行グループ(当行及び連結子
     会社)が判断したものであります。
      金融業務が一段と多様化、高度化するなかで、取り巻くリスクも多岐にわたり複雑化しております。当行では、現

     実に存在するリスクを的確に把握し、発生の可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の対応に努めて
     おります。
      当行では、リスクを要因別に信用リスク、市場リスク、流動性リスク、オペレーショナルリスクの4つのカテゴ
     リーに分類し、それぞれにリスク主管部を定め、各々のリスク特性に応じた適切なリスク管理を行うとともに、経営
     管理部がこれらのリスクを統合的に管理しております。具体的には、統計的手法等によりリスク量の計測を行い、信
     用リスク、市場リスク、オペレーショナルリスクについてリスク資本を配賦し、経営として許容できる範囲にリスク
     を制御しております。統合的リスクの状況は毎月開催している経営会議、ALM会議等に報告し、必要な施策を機動
     的に実施する態勢としております。
     (ア)信用リスク

       信用リスクとは、信用供与先の財務状況の悪化等により元本や利息が回収できなくなるリスクをいいます。
       当行の債権中に占める金融再生法開示債権の比率、いわゆる不良債権比率は2020年3月末の2.06%が2021年3月末
      には2.09%となりました。
       業績への影響(損失の発生)は、貸倒引当金の追加、貸出金の償却及び債権の売却損の計上でありますが、当行は
      事前に損失が予測される部分に十分な引当を行っており、その影響は限定的なものになります。
       しかしながら、取引先の経営状況の悪化や担保価格の下落等が発生した場合には、追加引当が必要になるなど、
      当行の業績に影響を与える可能性があります。
     (イ)市場リスク

       市場リスクとは金利、為替、有価証券価格等の変動により、保有するオフバランスを含む資産・負債等の価値が
      変動し損失を被るリスクをいいます。
       当行は、国債等の債券、株式、投資信託等、また外貨建取引による資産及び負債を保有しており、将来の債券価
      格や株価の下落あるいは為替レートの変動等により損失が発生し、当行の業績に影響を与える可能性があります。
      また、貸出金・有価証券や預金などの資産・負債には金利または期間のミスマッチが存在しているため、将来の金
      利変動などによって資金利益が減少する可能性があります。
       当行におきましては、リスクを適正にコントロールし、収益性と健全性の両立を目指した適切な対策を講じるた
      め、常務会直轄組織として収益管理室を設置し、市場動向、資産・負債状況の把握・分析などALM(資産・負債の
      総合管理)の充実に注力しています。
     (ウ)流動性リスク

       当行の財務内容の悪化等により必要な資金が確保できなかったり、通常よりも著しく高い金利での資金調達を余
      儀なくされることにより損失を被るリスク、および市場の混乱等により市場において取引ができなかったり、通常
      よりも著しく不利な価格で取引を余儀なくされることにより損失を被るリスクがあります。
                                 10/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (エ)オペレーショナルリスク
      ① 事務リスク
        銀行では、預金、融資、為替等多くの事務処理を正確にかつ迅速に行う必要があります。事務ミスによる事故
       を回避するため、当行では規程、マニュアル等の一層の充実を図るとともに本部集合研修や臨店指導による営業
       現場の指導を通して、絶えず管理能力向上と事務レベルアップに努めています。
      ② システムリスク
        金融機関において、コンピュータの停止は社会的に大きな影響を及ぼします。当行は、このリスクを回避する
       ため、システム障害や災害等に備えたバックアップシステムの構築、通信回線の二重化、および外部からの不正
       アクセスや情報漏洩の防止を図るなど、万全のリスク管理体制で取り組んでいます。
        しかしながら、コンピュータシステムの停止、誤作動や不正使用、または外部からのサイバー攻撃等により、
       万一、重大な障害が発生した場合には、当行の業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ③ リーガルリスク
        当行グループは各種法令等に則り業務を遂行していますが、各種取引等において法律関係に不確実性、不備が
       発生した場合やコンプライアンスの欠如により、信用の毀損や損失が発生する可能性があります。
      ④ イベントリスク
        犯罪・自然災害・感染症等の発生により、店舗等の損傷による損失の他、当行グループの業務運営に支障が生
       じる可能性があります。
      ⑤ レピュテーショナルリスク
        レピュテーショナルリスクとは経営内容が誤って伝えられる風評等により損失を被るリスクをいいます。
        当行のような金融機関にとって、特に信用を損なう風評は不測の損失を発生させる可能性があるものと認識し
       ております。
      ⑥ 人的リスク
        人事運営上の不公平・不公正(報酬・手当・解雇等の問題)や差別的行為(パワーハラスメント・セクシャル
       ハラスメント・マタニティハラスメント等)により、信用の毀損や損失が発生する可能性があります。
     (オ)自己資本比率

       当行の連結自己資本比率及び単体自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づく2006年金融庁告示第19号に
      定められた算式に基づき算出しており、当行は国内基準を採用しております。
       当行の自己資本比率が要求される基準(4%)を下回った場合には、金融庁長官から、自己資本比率の状況に応じ
      た業務の全部又は一部の停止等を含む様々な命令を受けることとなります。当行の自己資本比率に影響を与える要
      因としては以下のもの等が含まれます。
       a.有価証券ポートフォリオの価値の低下等(上記(イ)市場リスク)
       b.債務者の信用力の悪化等(上記(ア)信用リスク)に際して生じうる与信関係費用の増加
       c.繰延税金資産の資産性低下又は算入制限(※)
       d.自己資本比率の基準及び算定方法の変更
      ※   繰延税金資産の計上は、将来の課税所得など様々な予測・仮定に基づくものであるため、当行が将来繰延税金

       資産の一部が回収できないと判断した場合、その一部は取り崩され、自己資本比率の低下につながる可能性があ
       ります。
     (カ)新型コロナウイルス感染症の影響

       新型コロナウイルス等の感染症の流行によって、当行グループ役職員の感染者が増加する等により、業務継続に
      支障をきたしたり、さらには、影響が経済・市場全体に波及し、信用リスク、市場リスク等の増加、顕在化によ
      り、当行グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。新型コロナウイルス感染症の拡大を防止
      するため、当行では、「新型コロナウイルス対策本部」を設置し、迅速かつ適切な対応を図る態勢としておりま
      す。
       感染拡大の影響は、今後1年程度続くものと想定しておりますが、当該影響を正確に見積もることは困難であ
      り、新型コロナウイルス感染症の状況やその経済への影響が変化した場合には、影響額が増減する可能性がありま
      す。
                                 11/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当行グループ(当行、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
      下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①  財政状態及び経営成績の状況

        当行グループの2021年3月末の財政状態につきましては、総預金残高が前連結会計年度末比3,258億円増加し2
       兆6,992億円、総貸出金残高が前連結会計年度末比2,511億円増加し2兆161億円、有価証券残高が前連結会計年度
       末比808億円増加し6,020億円となりました。
        当行グループの経営成績につきましては、連結経常収益は、貸出金利息や役務取引等収益の前連結会計年度比

       増加があったものの、国債等債券売却益の減少を主因に前連結会計年度比2億47百万円減少し411億53百万円とな
       りました。連結経常費用は、外国為替売買損や営業経費が減少したものの、貸倒引当金繰入額が増加したこと等
       から、前連結会計年度比1億42百万円増加し369億40百万円となりました。
        以上の結果、連結経常利益は前連結会計年度比3億89百万円減少し、42億13百万円となりました。また、親会
       社株主に帰属する当期純利益は、経常利益は減少したものの、固定資産処分益の増加を主因に、前連結会計年度
       比24百万円増加し24億65百万円となりました。
        セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

       a.銀行業
         経常収益は、前連結会計年度比3億17百万円減少し331億59百万円となり、セグメント利益は、前連結会計年
        度比4億68百万円減少し37億65百万円となりました。
       b.リース業
         経常収益は前連結会計年度比59百万円増加し78億91百万円となり、セグメント利益は前連結会計年度比1億
        71百万円増加し2億70百万円となりました。
       c.信用保証業
         経常収益は前連結会計年度比29百万円減少し6億49百万円となり、セグメント利益は前連結会計年度比44百
        万円増加し4億68百万円となりました。
       d.その他
         銀行業、リース業、信用保証業を除くその他の経常収益は前連結会計年度比32百万円増加し8億98百万円と
        なり、セグメント利益は前連結会計年度比12百万円減少し92百万円となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度の連結キャッシュ・フローの状況に関しましては、営業活動によるキャッシュ・フローは、貸
       出金の増加による2,511億47百万円の減少等があったものの、預金の増加による3,258億84百万円の増加等があ
       り、合計で2,322億1百万円のプラスとなりました。なお、前連結会計年度比では1,812億87百万円増加しており
       ます。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の売却による収入764億62百万円の増加等があったものの、有
       価証券の取得による支出2,125億55百万円の減少等により、合計で678億59百万円のマイナスとなりました。な
       お、前連結会計年度比では8億33百万円増加しております。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払11億73百万円を主因に、合計で11億73百万円のマイナス
       となりました。なお、前連結会計年度比では0百万円減少しております。
        以上の結果、現金及び現金同等物の当連結会計年度末残高は、前連結会計年度末比1,631億71百万円増加して
       3,707億25百万円となりました。
      ③  生産、受注及び販売の実績

        「生産、受注及び販売の実績」は、銀行業における業務の特殊性のため、該当する情報がないので記載してお
       りません。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当行グループの経営成績等の状況に関する分析・検討は次のとおりであります。
                                 12/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。
      ①  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       [金融経済環境]
        2020年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業活動や個人消費が停滞すると
       ともに、雇用環境も弱い動きが見られる等、総じて厳しい状況が続きました。
        当行の主要営業基盤である北部九州の経済につきましても、同感染症の影響により、雇用・所得環境を中心に
       足もと弱い動きとなっております。
        金融業界につきましては、マイナス金利政策が継続する資金運用環境下、企業向け貸出や個人ローンマーケッ
       トにおいて、金利は極めて低水準で推移しています。引続き日米欧の金融緩和政策や、新型コロナウイルス感染
       症に対する緊急経済対策が及ぼす影響等について注視する必要があります。
       [財政状態]

        当行グループの2021年3月末の財政状態につきましては、総預金残高が前連結会計年度末比3,258億円増加し2
       兆6,992億円、総貸出金残高が前連結会計年度末比2,511億円増加し2兆161億円、有価証券残高が前連結会計年度
       末比808億円増加し6,020億円となりました。
        セグメントごとの財政状態は次のとおりであります。

       a.銀行業
         セグメント資産は、前連結会計年度末比4,921億円増加し3兆475億円となり、セグメント負債は前連結会計
        年度末比4,825億円増加し2兆9,191億円となりました。
         銀行業である当行単体の財政状態につきましては、2021年3月末の総預金残高は、個人預金が1,201億円、一
        般法人預金は1,356億円伸びたことで、前事業年度末比3,262億円増加し2兆7,041億円となりました。地区別で
        は佐賀県で2,543億円、福岡県で655億円、それぞれ増加しました。
         総貸出金残高に関しましても、政府系向けや中小企業さま等への貸出が増加したことで、前事業年度末比
        2,507億円増加し2兆249億円となりました。
         有価証券につきましては、将来の金利変動リスクを考慮しながら資金の有効な運用に努めており、前事業年
        度末比811億円増加し6,093億円となりました。
         なお、自己資本比率(国内基準)は、前事業年度末と比べて利益の積み上げ等により自己資本の増加があっ
        たことに加え、リスクウェイトの低い貸出金の増加を主因にリスクアセットの減少があったことにより、前事
        業年度末比0.08ポイント増加し8.11%となりました。
         不良債権(金融再生法開示債権)比率は、2020年3月末の2.06%が2021年3月末には2.09%となりました。
       b.リース業
         セグメント資産は、前連結会計年度末比6億円減少し204億円となり、セグメント負債は前連結会計年度末比
        7億円減少し180億円となりました。
       c.信用保証業
         セグメント資産は、前連結会計年度末比37百万円増加し31億円となり、セグメント負債は前連結会計年度末
        比11百万円増加し15億円となりました。
       d.その他
         その他の事業の主なものは、情報処理業務等であります。セグメント資産は、前連結会計年度末比1億円減
        少し9億円となり、セグメント負債は、前連結会計年度末比1億円減少し2億円となりました。
       [経営成績]

        当行グループの連結経営成績につきまして、連結経常収益は、貸出金利息や役務取引等収益の前連結会計年度
       比増加があったものの、国債等債券売却益の減少を主因に前連結会計年度比2億47百万円減少し411億53百万円と
       なりました。
        連結経常費用は、外国為替売買損や営業経費が減少したものの、貸倒引当金繰入額が増加したこと等から、前
       連結会計年度比1億42百万円増加し369億40百万円となりました。
        以上の結果、連結経常利益は前連結会計年度比3億89百万円減少し、42億13百万円となりました。
        また、親会社株主に帰属する当期純利益は、経常利益は減少したものの、固定資産処分益の増加を主因に、前
       連結会計年度比24百万円増加し24億65百万円となりました。
                                 13/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
        セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

       a.銀行業
         経常収益は、前連結会計年度比3億17百万円減少し331億59百万円となり、セグメント利益は、前連結会計年
        度比4億68百万円減少し37億65百万円となりました。
         銀行業である当行単体の業績につきまして、経常収益は、貸出金利息が前事業年度比3億21百万円増加した
        ことや、役務取引等収益4億49百万円の増加があったものの、国債等債券売却益10億72百万円の減少を主因
        に、前事業年度比3億17百万円減少し331億59百万円となりました。
         経常費用につきましては、外国為替売買損が前事業年度比5億43百万円減少したことや、営業経費が4億87
        百万円減少したものの、貸倒引当金繰入額が9億91百万円増加したこと等から、前事業年度比1億51百万円増
        加し293億94百万円となりました。
         この結果、経常利益は前事業年度比4億68百万円減少し、37億65百万円となりました。
         また、当期純利益につきましては、経常利益は減少したものの、固定資産処分益5億57百万円の増加を主因
        に、前事業年度比5百万円増加し23億16百万円となりました。
       b.リース業
         経常収益は前連結会計年度比59百万円増加し78億91百万円となり、セグメント利益は前連結会計年度比1億
        71百万円増加し2億70百万円となりました。
       c.信用保証業
         経常収益は前連結会計年度比29百万円減少し6億49百万円となり、セグメント利益は前連結会計年度比44百
        万円増加し4億68百万円となりました。
       d.その他
         銀行業、リース業、信用保証業を除くその他の経常収益は前連結会計年度比32百万円増加し8億98百万円と
        なり、セグメント利益は前連結会計年度比12百万円減少し92百万円となりました。
       [経営成績に重要な影響を与える要因]

        当行グループの経営成績に重要な影響を与える要因(含む新型コロナウイルス感染症の影響)につきまして
       は、「第2      事業の状況      2  事業等のリスク」に記載のとおりであります。
       [資本の財源及び資金の流動性]

        当行グループの中核事業は銀行業であり、主に本店ほか支店が立地する地域のお客さまから預入れいただいた
       預金を貸出金や有価証券で運用しております。
        今後につきましても、銀行経営の公共性に鑑み、長期にわたる安定的な経営基盤の確保に努め、当行が地域と
       ともに成長するため、地域の資金需要等に今まで以上に積極的に応えていく体制を強化してまいります。地域金
       融機関として、お客さまに良質な金融サービスをご提供していく為には、相応の自己資本を有しておく必要性を
       認識しており、内部留保につきましては、効率的な資金運用を行い、経営体質の一層の強化と業績向上に努めて
       まいりたいと考えております。
        なお、当面の設備資金、成長分野への投資並びに株主還元等は自己資金で対応する予定であります。
       [重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定]

        当行の連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されておりま
       す。重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等注記事項(連結財務諸表作成のため
       の基本となる重要な事項)」に記載しておりますが、会計上の見積りにおいて特に重要なものとして貸倒引当金
       があげられます。貸倒引当金は、すべての債権について資産の自己査定基準に基づく資産査定を実施し、自己査
       定の区分に応じて必要と認める額を計上しております。しかしながら、取引先の財務状況は常に変動するため、
       貸倒引当金の見積りは不確実性があり、将来的に損失額が増減する可能性があります。
        また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響については、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等注
       記事項(追加情報)」に記載のとおりであります。
      ②  目標とする経営指標

        当行は2019年4月から2022年3月までの3年間を計画期間とする第16次中期経営計画において、目標とする経
       営指標を次のとおりとしており、2年目(2020年度)の実績は次のとおりとなりました。
                                 14/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       「第16次中期経営計画」の目標とする経営指標とその実績

                                    2020年度目標
                        2021年度目標                       2020年度実績
         目標とする経営指標
                                  (2021年3月期)
                       (2022年3月期)                       (2021年3月期)
        (ア)対顧客利益(※1)                    30億円           12億円            13億円
        (イ)当期純利益                    42億円           26億円            23億円
        (ウ)ROE(※2)                    3.3%           2.1%          1.87%
        (エ)自己資本比率                    7.6%           7.5%          8.11%
        ※1.対顧客利益:預貸金利益+役務利益-経費 ※除く信用コスト
        ※2.ROE:資本の効率性を示す指標。ROE=当期純利益÷純資産平均残高
        上記目標の達成状況につきましては、以下のとおり評価しております。

        (ア)対顧客利益
         対顧客利益につきましては、トップラインの若干の未達を経費削減でカバーしたことにより、目標を上回り
        ました。
        (イ)当期純利益
         当期純利益につきましては、貸出金利息の計画比マイナス、また信用コストの増加等により、目標を下回り
        ました。
        (ウ)ROE
         ROEにつきましても、当期純利益が目標未達となったため、目標を下回る結果となりました。
        (エ)自己資本比率
         自己資本比率は、リスクアセットの増加が想定を下回ったこともあり、目標を上回る結果となりました。
        当行では2019年度を初年度とする第16次中期経営計画(2019年4月1日~2022年3月31日)においては、「こ

       のまちで、あなたと・・・ 地域の活力を未来へつなぐ銀行」を目指すべき姿としております。徹底した対顧
       サービスの拡充と生産性向上による対顧客利益の黒字化を最大の目標として掲げ、金融仲介機能の十分な発揮に
       より地域の活性化に貢献していくことを目指します。
        金融仲介機能の発揮は、地域の活性化に貢献するとともに、当行の経営体力増強に資するものであり、経営体
       力の増強が実現すれば、さらに良質な金融サービスの提供が可能となり、地域経済へ活力を与えることができま
       す。
        全行員のコンサルティング能力を高め、お客さまの将来のお役に立つ良質な金融サービスをご提供し続けるこ
       とで、「地域活性化」と「当行の経営体力増強」の好循環を確立し、地域の未来へとつなげてまいります。
                                 15/124








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (参考)
     (1) 国内業務部門・国際業務部門別収支
       当連結会計年度の資金運用収支は230億80百万円、役務取引等収支は42億33百万円、その他業務収支は6億71百万
      円となりました。
                           国内業務部門        国際業務部門        相殺消去額(△)           合計

         種類           期別
                           金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度             21,946         1,169          ―      23,115
    資金運用収支
                  当連結会計年度             22,063         1,017          ―      23,080
                  前連結会計年度             22,260         1,301          18      23,542
     うち資金運用収益
                  当連結会計年度             22,326         1,207          12      23,521
                  前連結会計年度               314        131         18        426
     うち資金調達費用
                  当連結会計年度               263        189         12        440
                  前連結会計年度               ―        ―        ―        ―
    信託報酬
                  当連結会計年度               ―        ―        ―        ―
                  前連結会計年度              3,595          28        ―      3,623
    役務取引等収支
                  当連結会計年度              4,208          24        ―      4,233
                  前連結会計年度              7,093          63        ―      7,156
     うち役務取引等収益
                  当連結会計年度              7,547          58        ―      7,605
                  前連結会計年度              3,494          35        ―      3,530
     うち役務取引等費用
                  当連結会計年度              3,338          33        ―      3,371
                  前連結会計年度              1,330          17        ―      1,347
    その他業務収支
                  当連結会計年度               417        254         ―        671
                  前連結会計年度              8,921         576         ―      9,498
     うちその他業務収益
                  当連結会計年度              8,088         393         ―      8,482
                  前連結会計年度              7,591         559         ―      8,150
     うちその他業務費用
                  当連結会計年度              7,671         139         ―      7,810
     (注) 1.「国内業務部門」は、当行の円建取引並びに連結子会社の取引、「国際業務部門」は、当行の外貨建取引で
         あります。ただし、円建対非居住者取引は、国際業務部門に含めております。
       2.資金調達費用は、金銭の信託運用見合費用(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を控除して
         表示しております。
       3.相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門との間における、資金貸借の利息であります。
                                 16/124








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (2) 国内業務部門・国際業務部門別資金運用/調達の状況
      ①  国内業務部門
        貸出金を中心に、資金運用勘定は、平均残高2兆6,475億42百万円、利息223億26百万円、利回り0.84%となり
       ました。一方、預金を中心に、資金調達勘定は、平均残高2兆6,718億94百万円、利息2億63百万円、利回り
       0.00%となりました。
                              平均残高            利息          利回り

         種類            期別
                             金額(百万円)          金額(百万円)             (%)
                                 (56,776)             (18)
                  前連結会計年度                                      0.95
                                2,337,708            22,260
    資金運用勘定
                                 (47,927)             (12)
                  当連結会計年度                                      0.84
                                2,647,542            22,326
                  前連結会計年度              1,730,343            18,189            1.05
     うち貸出金
                  当連結会計年度              1,924,165            18,507            0.96
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち商品有価証券
                  当連結会計年度                  9          0         0.65
                  前連結会計年度               416,458            3,849           0.92
     うち有価証券
                  当連結会計年度               460,426            3,561           0.77
                  前連結会計年度                2,226            △0         △0.03
     うちコールローン及び
     買入手形
                  当連結会計年度                9,000            △3         △0.03
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち買現先勘定
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち債券貸借取引
     支払保証金
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度               129,734             129          0.09
     うち預け金
                  当連結会計年度               203,964             203          0.09
                  前連結会計年度              2,345,096              314          0.01
    資金調達勘定
                  当連結会計年度              2,671,894              263          0.00
                  前連結会計年度              2,274,194              286          0.01
     うち預金
                  当連結会計年度              2,518,371              238          0.00
                  前連結会計年度                40,475             7         0.01
     うち譲渡性預金
                  当連結会計年度                46,991             4         0.00
                  前連結会計年度                23,482            △7         △0.03
     うちコールマネー及び
     売渡手形
                  当連結会計年度                31,802            △7         △0.02
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち売現先勘定
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち債券貸借取引
     受入担保金
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うちコマーシャル・
     ペーパー
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                8,010            27         0.34
     うち借用金
                  当連結会計年度                75,909             27         0.03
     (注) 1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、連結子会社については、半年毎
        の残高に基づく平均残高を利用しております。
       2.「国内業務部門」は、当行の円建取引並びに連結子会社の取引であります。ただし、円建対非居住者取引
        は、国際業務部門に含めております。
       3.(    )内は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の平均残高及び利息(内書き)であります。
                                 17/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ②  国際業務部門
        有価証券を中心に、資金運用勘定は、平均残高893億70百万円、利息12億7百万円、利回り1.35%となりまし
       た。一方、預金を中心に、資金調達勘定は、平均残高895億39百万円、利息1億89百万円、利回り0.21%となりま
       した。
                              平均残高            利息          利回り

         種類            期別
                             金額(百万円)          金額(百万円)             (%)
                  前連結会計年度                69,349           1,301           1.87
    資金運用勘定
                  当連結会計年度                89,370           1,207           1.35
                  前連結会計年度                6,591            148          2.24
     うち貸出金
                  当連結会計年度                10,590            153          1.44
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち商品有価証券
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                58,739           1,143           1.94
     うち有価証券
                  当連結会計年度                74,050           1,047           1.41
                  前連結会計年度                  78           1         2.39
     うちコールローン及び
     買入手形
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち買現先勘定
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち債券貸借取引
     支払保証金
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                 789            0         0.10
     うち預け金
                  当連結会計年度                1,000             1         0.10
                                 (56,776)             (18)
                  前連結会計年度                                      0.18
                                  70,239            131
    資金調達勘定
                                 (47,927)             (12)
                  当連結会計年度                                      0.21
                                  89,539            189
                  前連結会計年度                6,103            26         0.43
     うち預金
                  当連結会計年度                10,039             69         0.69
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち譲渡性預金
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                2,191            54         2.46
     うちコールマネー及び
     売渡手形
                  当連結会計年度                1,812            11         0.64
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うち売現先勘定
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                4,484            19         0.44
     うち債券貸借取引
     受入担保金
                  当連結会計年度                14,924             48         0.32
                  前連結会計年度                  ―          ―          ―
     うちコマーシャル・
     ペーパー
                  当連結会計年度                  ―          ―          ―
                  前連結会計年度                 568           12         2.11
     うち借用金
                  当連結会計年度                14,717             47         0.32
     (注) 1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、連結子会社については、半年毎
        の残高に基づく平均残高を利用しております。
       2.「国際業務部門」は、当行の外貨建取引であります。ただし、円建対非居住者取引は、国際業務部門に含め
        ております。
       3.(    )内は、国内業務部門と国際業務部門の間の資金貸借の平均残高及び利息(内書き)であります。
       4.国際業務部門の外貨建取引の平均残高は、月次カレント方式(前月末TT仲値を当該月のノンエクスチェンジ
        取引に適用する方式)により算出しております。
                                 18/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ③  合計
                            平均残高(百万円)               利息(百万円)

                                                       利回り
                                相殺              相殺
        種類           期別
                                                       (%)
                           小計    消去額     合計     小計    消去額     合計
                                (△)              (△)
                          2,407,057      56,776   2,350,281      23,561      18   23,542      1.00
                 前連結会計年度
    資金運用勘定
                          2,736,912      47,927   2,688,985      23,534      12   23,521      0.87
                 当連結会計年度
                          1,736,934        ―  1,736,934      18,338      ―   18,338      1.05
                 前連結会計年度
     うち貸出金
                          1,934,755        ―  1,934,755      18,660      ―   18,660      0.96
                 当連結会計年度
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 前連結会計年度
     うち商品有価証券
                             9    ―     9     0    ―     0   0.65
                 当連結会計年度
                           475,198       ―   475,198      4,993      ―   4,993     1.05
                 前連結会計年度
     うち有価証券
                           534,477       ―   534,477      4,608      ―   4,608     0.86
                 当連結会計年度
                            2,304      ―   2,304      1    ―     1   0.05
                 前連結会計年度
     うちコールローン
     及び買入手形
                            9,000      ―   9,000      △3     ―    △3   △0.03
                 当連結会計年度
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 前連結会計年度
     うち買現先勘定
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 当連結会計年度
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 前連結会計年度
     うち債券貸借取引
     支払保証金
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 当連結会計年度
                           130,524       ―   130,524      130     ―    130    0.09
                 前連結会計年度
     うち預け金
                           204,964       ―   204,964      204     ―    204    0.09
                 当連結会計年度
                          2,415,335      56,776   2,358,559       445     18    427    0.01
                 前連結会計年度
    資金調達勘定
                          2,761,434      47,927   2,713,507       453     12    440    0.01
                 当連結会計年度
                          2,280,297        ―  2,280,297       313     ―    313    0.01
                 前連結会計年度
     うち預金
                          2,528,410        ―  2,528,410       307     ―    307    0.01
                 当連結会計年度
                           40,475      ―   40,475       7    ―     7   0.01
                 前連結会計年度
     うち譲渡性預金
                           46,991      ―   46,991       4    ―     4   0.00
                 当連結会計年度
                           25,674      ―   25,674      46     ―     46    0.18
                 前連結会計年度
     うちコールマネー及
     び売渡手形
                           33,614      ―   33,614       4    ―     4   0.01
                 当連結会計年度
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 前連結会計年度
     うち売現先勘定
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 当連結会計年度
                            4,484      ―   4,484      19     ―     19    0.44
                 前連結会計年度
     うち債券貸借取引
     受入担保金
                           14,924      ―   14,924      48     ―     48    0.32
                 当連結会計年度
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 前連結会計年度
     うちコマーシャル
     ・ペーパー
                             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
                 当連結会計年度
                            8,579      ―   8,579      39     ―     39    0.46
                 前連結会計年度
     うち借用金
                           90,626      ―   90,626      75     ―     75    0.08
                 当連結会計年度
     (注) 1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、連結子会社については、半年毎
        の残高に基づく平均残高を利用しております。
       2.相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門との間における、資金貸借の平均残高及び利息であります。
                                 19/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (3) 国内業務部門・国際業務部門別役務取引の状況
       当連結会計年度の役務取引等収益は、国内業務部門で75億47百万円、国際業務部門で58百万円、合計で76億5百
      万円となりました。その主なものは為替業務の23億26百万円であります。
       役務取引等費用は33億71百万円となりました。
                           国内業務部門        国際業務部門        相殺消去額(△)           合計

         種類           期別
                           金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度              7,093          63        ―      7,156
    役務取引等収益
                  当連結会計年度              7,547          58        ―      7,605
                  前連結会計年度              1,382          ―        ―      1,382
     うち預金・貸出業務
                  当連結会計年度              1,441          ―        ―      1,441
                  前連結会計年度              2,301          53        ―      2,354
     うち為替業務
                  当連結会計年度              2,272          53        ―      2,326
                  前連結会計年度               209         ―        ―        209
     うち証券関連業務
                  当連結会計年度               245         ―        ―        245
                  前連結会計年度               139         ―        ―        139
     うち代理業務
                  当連結会計年度               236         ―        ―        236
                  前連結会計年度               98        ―        ―        98
     うち保護預り貸金庫
     業務
                  当連結会計年度               97        ―        ―        97
                  前連結会計年度               349         10        ―        360
     うち保証業務
                  当連結会計年度               366         4       ―        371
                  前連結会計年度              3,494          35        ―      3,530
    役務取引等費用
                  当連結会計年度              3,338          33        ―      3,371
                  前連結会計年度               690         27        ―        718
     うち為替業務
                  当連結会計年度               649         25        ―        675
     (注) 1.「国内業務部門」は、当行の円建取引並びに連結子会社の取引、「国際業務部門」は、当行の外貨建取引で
        あります。ただし、円建対非居住者取引は、国際業務部門に含めております。
       2.相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門との間における、部門間取引の額であります。
                                 20/124









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (4)  国内業務部門・国際業務部門別預金残高の状況
      ○  預金の種類別残高(末残)
                           国内業務部門        国際業務部門        相殺消去額(△)           合計

         種類           期別
                           金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度            2,367,663          5,715          ―    2,373,378
    預金合計
                  当連結会計年度            2,686,648          12,614          ―    2,699,263
                  前連結会計年度            1,582,006            ―        ―    1,582,006
     うち流動性預金
                  当連結会計年度            1,897,606            ―        ―    1,897,606
                  前連結会計年度             765,369           ―        ―     765,369
     うち定期性預金
                  当連結会計年度             767,724           ―        ―     767,724
                  前連結会計年度             20,287         5,715          ―      26,002
     うちその他
                  当連結会計年度             21,317        12,614          ―      33,932
                  前連結会計年度              9,863          ―        ―      9,863
    譲渡性預金
                  当連結会計年度              9,322          ―        ―      9,322
                  前連結会計年度            2,377,526          5,715          ―    2,383,241
    総合計
                  当連結会計年度            2,695,970          12,614          ―    2,708,585
     (注) 1.「国内業務部門」は、当行の円建取引、「国際業務部門」は、当行の外貨建取引であります。ただし、円建
        対非居住者取引は、国際業務部門に含めております。
       2.流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
       3.定期性預金=定期預金
       4.相殺消去額は、国内業務部門と国際業務部門との間における、部門間取引の額であります。
     (5)  国内業務部門・国際業務部門別貸出金残高の状況

      ①  業種別貸出状況(末残・構成比)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

            業種別
                         金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
    国内(除く特別国際金融取引勘定分)                        1,765,020        100.00         2,016,168        100.00
      製造業                         114,247        6.47         124,340        6.17
      農業、林業                          3,905       0.22          3,190       0.16
      漁業                          3,484       0.20          3,533       0.17
      鉱業、採石業、砂利採取業                          5,168       0.29          5,127       0.25
      建設業                          73,643        4.17          87,293        4.33
      電気・ガス・熱供給・水道業                          30,057        1.70          35,078        1.74
      情報通信業                          8,852       0.50          10,832        0.54
      運輸業、郵便業                          64,359        3.65          78,171        3.88
      卸売業、小売業                         179,857        10.19          199,760        9.91
      金融業、保険業                          76,817        4.35          95,484        4.74
      不動産業、物品賃貸業                         269,345        15.26          281,922        13.98
      各種サービス業                         207,272        11.75          241,728        11.99
      地方公共団体                         151,475        8.58         153,273        7.60
      その他                         576,533        32.67          696,429        34.54
    特別国際金融取引勘定分                            ―       ―           ―       ―
      政府等                            ―       ―           ―       ―
      金融機関                            ―       ―           ―       ―
      その他                            ―       ―           ―       ―
            合計                1,765,020        ―          2,016,168        ―
     (注)  「国内」とは、当行及び連結子会社であります。
                                 21/124



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ②  外国政府等向け債権残高(国別)
        前連結会計年度及び当連結会計年度とも、該当事項はありません。
     (6)  国内業務部門・国際業務部門別有価証券の状況

      ○  有価証券残高(末残)
                            国内業務部門           国際業務部門             合計

         種類           期別
                            金額(百万円)           金額(百万円)           金額(百万円)
                 前連結会計年度                25,186             ―         25,186
    国債
                 当連結会計年度                23,292             ―         23,292
                 前連結会計年度               211,364             ―        211,364
    地方債
                 当連結会計年度               238,025             ―        238,025
                 前連結会計年度                  ―           ―           ―
    短期社債
                 当連結会計年度                8,999            ―         8,999
                 前連結会計年度               150,151             ―        150,151
    社債
                 当連結会計年度               161,124             ―        161,124
                 前連結会計年度                25,964             ―         25,964
    株式
                 当連結会計年度                33,441             ―         33,441
                 前連結会計年度                47,975           60,553          108,529
    その他の証券
                 当連結会計年度                45,820           91,327          137,147
                 前連結会計年度               460,642           60,553          521,195
    合計
                 当連結会計年度               510,703           91,327          602,031
     (注)   1.「国内業務部門」は、当行の円建取引並びに連結子会社の取引、「国際業務部門」は、当行の外貨建取引で
        あります。ただし、円建対非居住者取引は、国際業務部門に含めております。
       2.「その他の証券」には、外国債券及び外国株式を含んでおります。
     (7)  「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務の状況

       連結会社のうち、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づき信託業務を営む会社は提出会社1社で
      す。
       なお、前連結会計年度末及び当連結会計年度末においては、信託財産額はありません。
                                 22/124











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    (自己資本比率等の状況)
    (参考)
     自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適
    当であるかどうかを判断するための基準(2006年金融庁告示第19号)に定められた算式に基づき、連結ベースと単体ベー
    スの双方について算出しております。
     なお、当行は、国内基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては標準的手法を採用しております。
     連結自己資本比率(国内基準)

                                 (単位:億円、%)
                                2021年3月31日
    1.連結自己資本比率           (2/3)

                                       8.01
    2.連結における自己資本の額                                   1,082

    3.リスク・アセットの額                                  13,509

    4.連結総所要自己資本額                                    540

     単体自己資本比率(国内基準)

                                 (単位:億円、%)
                                2021年3月31日
    1.自己資本比率         (2/3)
                                       8.11
    2.単体における自己資本の額                                   1,089

    3.リスク・アセットの額                                  13,424

    4.単体総所要自己資本額                                    536

                                 23/124











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    (資産の査定)
    (参考)
     資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(1998年法律第132号)第6条に基づき、当行の貸借
    対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証しているもので
    あって、当該社債の発行が金融商品取引法(1948年法律第25号)第2条第3項に規定する有価証券の私募によるものに限
    る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未収利息及び仮払金並びに支払承諾見返の各勘定について債務者の財政状態
    及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するものであります。
    1.破産更生債権及びこれらに準ずる債権

      破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由により
     経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。
    2.危険債権

      危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権
     の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。
    3.要管理債権

      要管理債権とは、3ヵ月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。
    4.正常債権

      正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに掲げる債権以外
     のものに区分される債権をいう。
     資産の査定の額

                                 2020年3月31日              2021年3月31日

              債権の区分
                                  金額(億円)              金額(億円)
    破産更生債権及びこれらに準ずる債権                                     93             103

    危険債権                                     182              207

    要管理債権                                     95             121

    正常債権                                   17,628              20,152

    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 24/124





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      セグメントごとの設備投資については、次のとおりであります。
      銀行業においては、店舗用地の取得、及びソフトウェアや事務機器への投資を実施いたしました。
      これらの設備投資等の総額は             1,301   百万円であります。
      リース業、信用保証業及びその他においては、記載すべき重要な設備投資はありません。
      なお、当連結会計年度において、営業上重要な影響を及ぼすような設備の売却・撤去等はありません。
    2 【主要な設備の状況】

      当連結会計年度末における主要な設備の状況は次のとおりであります。
                                               2021年3月31日       現在
                                                        従業
                                      土地      建物    動産    合計
               店舗名                 設備の
                          セグメン
        会社名             所在地                                   員数
                          トの名称
               その他                 内容
                                   面積(㎡)        帳簿価額(百万円)
                                                        (人)
                    佐賀県(佐賀市
              本店
                                    20,221
         ―                 銀行業     店舗         4,533     585    383   5,502     391
                    内地区)
                                    (2,262)
              ほか17か店
                    佐賀県(除く佐
              唐津支店
                                    40,097
         ―                  〃    店舗         2,915    1,150     310   4,376     327
                    賀市内地区)
                                    (9,513)
              ほか42か店
                    福岡県(福岡市
              福岡支店
                                    11,122
         ―                  〃    店舗         1,950     399    181   2,531     328
                    中央区ほか)
                                    (3,411)
              ほか37か店
                    長崎県(長崎市
              長崎支店
         ―                  〃    店舗     1,684    1,248     79    17   1,345     32
                    ほか)
              ほか2か店
                    東京都中央区
         ―    東京支店              〃    店舗      ―    ―    37    7    44    22
    当行
              事務                  事務
                                    8,665
                    佐賀県佐賀市
         ―                  〃              372    351    213    936    149
                                     (81)
              センター                 センター
                    佐賀県佐賀市
         ―    研修所              〃   研修所     1,680     269    24    4   297    ―
                    佐賀県
                                厚生
         ―    社宅・寮              〃        35,539     3,925    1,809     12   5,747     ―
                    佐賀市ほか
                                施設
              その他の
                                    25,288
         ―             ―      〃    ―        1,633     421    96   2,150     ―
                                    (1,427)
              設備
                                   144,299
         合計       ―      ―      ―    ―        16,847    4,858    1,226    22,932    1,249
                                   (16,696)
                    佐賀県佐賀市
       佐銀リース㈱        本社等            リース業     事務所      460    133    21    23    177    33
       佐銀信用保証                   信用保証
               本社       〃          〃      ―    ―    1    0    2   12
         ㈱                  業
        佐銀コン
    連結
       ピュータサー        本社等       〃     その他     〃     362     35    12    27    75    60
    子会
        ビス㈱
    社
       ㈱佐銀キャピ
       タル&コンサ        本社       〃      〃    〃      ―    ―    ―    0    0    4
       ルティング
       佐銀ビジネス
               本社       〃      〃    〃      ―    ―    0    1    1   31
       サービス㈱
     (注)   1.土地の面積欄の(               )内は借地の面積(内書き)であり、その年間賃借料は建物も含め486百万円でありま
        す。
       2.動産は、事務機械479百万円、その他794百万円であります。
       3.店舗外現金自動設備73か所は上記に含めて記載しております。
                                 25/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    3 【設備の新設、除却等の計画】
      当連結会計年度末において、計画中である重要な設備の新設、除却等は次のとおりであります。
     (1)  新設、改修

                                  投資予定金額

          店舗名                                 資金調達           完了予定
                      セグメント
      会社名          所在地    区分       設備の内容                      着手年月
                                 総額     既支払額
                       の名称
          その他                                  方法           年月
                                 (百万円)     (百万円)
          有田支店      佐賀県    移転   銀行業     建物他       369      ―  自己資金     2021年3月     2021年10月

      当行
         事務センター      佐賀県    改修   銀行業    付属設備        321      ―  自己資金     2021年10月     2022年3月
      合計                             690      ―         ―     ―

           ―     ―    ―    ―     ―                ―
     (注) 1.上記設備計画の記載金額については、消費税及び地方消費税を含んでおりません。

       2.連結子会社については、設備の新設、改修の計画はありません。
     (2)  売却、除却

       提出会社及び連結子会社における重要な設備の売却、除却の計画はありません。 
                                 26/124














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                           49,914,200

                計                         49,914,200

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                 商品取引業協会名
              ( 2021年3月31日       )  (2021年6月29日)
                                           完全議決権株式であり、権利内
                                 東京証券取引所
                                           容に何ら限定のない当行におけ
       普通株式           17,135,909          17,135,909      市場第一部
                                           る標準となる株式で、単元株式
                                 福岡証券取引所
                                           数は、100株であります。
        計         17,135,909          17,135,909          ―             ―

     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        ストックオプション制度の内容は、「第5                    経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項」の(ストック・オプ
       ション等関係)に記載しております。
      ②  【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
    2017年10月1日(注)             △154,223         17,135         ―     16,062         ―     11,374
     (注)   2017年6月29日開催の第88期定時株主総会決議により、2017年10月1日付で株式併合(普通株式10株を1株に併
      合)及び単元株式数の変更(1,000株を100株に変更)を実施しております。これにより発行済株式総数は154,223,181
      株減少し、17,135,909株となっております。
                                 27/124





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                 2021年3月31日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
                                  外国法人等
      区分                                               株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数(人)          ―     51     30     503      86      3   5,097     5,770       ―

    所有株式数
              ―   74,570      3,868     30,757     12,619        7   48,593     170,414      94,509
    (単元)
    所有株式数
              ―    43.76      2.27     18.05      7.40     0.01     28.51     100.00        ―
    の割合(%)
     (注)   自己株式355,008株は「個人その他」に3,550単元、「単元未満株式の状況」に8株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                                 2021年3月31日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                                所有
                                                     除く。)の
            氏名又は名称                       住所            株式数
                                                    総数に対する
                                               (千株)
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
    明治安田生命保険相互会社                       東京都千代田区丸の内二丁目1番1号                       796       4.74
    日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託
                           東京都港区浜松町二丁目11番3号                       724       4.31
    口)
    佐賀銀行行員持株会                       佐賀市唐人二丁目7番20号                       720       4.29
    株式会社十八親和銀行                       長崎市銅座町1番11号                       522       3.11

    株式会社日本カストディ銀行(信託口)                       東京都中央区晴海一丁目8番12号                       505       3.01

    日本生命保険相互会社                       東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                       380       2.26

    株式会社肥後銀行                       熊本市中央区練兵町1番地                       347       2.07

    株式会社福岡銀行                       福岡市中央区天神二丁目13番1号                       307       1.83

    住友生命保険相互会社                       東京都中央区築地七丁目18番24号                       281       1.67

    株式会社西日本シティ銀行                       福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号                       279       1.66

              計                     ―             4,867       29.00

     (注)1.当行は、自己株式として355千株を所有しておりますが、上記大株主からは除外しております。
       2.発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点第3位以下を切り捨てて表示し
        ております。
                                 28/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                 2021年3月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(その他)                        ―          ―          ―

                     (自己保有株式)                    権利内容に何ら限定のない当行にお
    完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式                 ―  ける標準となる株式で、単元株式数
                          355,000              は、100株であります。
                     普通株式
    完全議決権株式(その他)                                166,864            同上
                        16,686,400
                     普通株式
    単元未満株式                                  ―  1単元(100株)未満の株式
                           94,509
    発行済株式総数                    17,135,909              ―          ―
    総株主の議決権                        ―       166,864             ―

     (注)   上記の「単元未満株式」の欄には、当行所有の自己株式8株が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                                 2021年3月31日       現在
                                                    発行済株式
                               自己名義       他人名義       所有株式数
       所有者の氏名
                                                   総数に対する所
                    所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                     有株式数
        又は名称
                                (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)
                 佐賀市唐人二丁目7番20号                355,000          ―     355,000         2.07
    株式会社佐賀銀行
         計             ―          355,000          ―     355,000         2.07
                                 29/124











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
    【株式の種類等】                  会社法第155条第7号による普通株式の取得

     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)              価額の総額(円)
    当事業年度における取得自己株式                                     588             797,497

    当期間における取得自己株式                                     27             37,341

     (注)    当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間
            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (円)                  (円)
    引き受ける者の募集を行った
                             ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、
    会社分割に係る移転を行った                         ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    その他(新株予約権の権利行使)                       36,070       98,567,668             ―         ―
    その他(単元未満株式の買増請求)                         ―         ―         ―         ―
    保有自己株式数                       355,008            ―       355,035            ―

     (注)    当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請求
        及び買増請求による株式数は含めておりません。
                                 30/124









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当行は、銀行経営の公共性に鑑み、長期にわたる安定的な経営基盤の確保に努め、剰余金の配当については内部留
     保に意を用いながら安定的な配当を行うことを基本方針としております。
      当行の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間
     配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
      この方針に基づき第92期におきましては、中間配当は2020年11月10日に取締役会の決議を行い、1株当たり35円の
     配当を実施いたしました。期末配当についてもその基本方針に基づき安定した配当を維持することとし、1株当たり
     35円といたしました。これにより中間配当35円と合わせた第92期の配当金は1株につき70円となりました。
      今後につきましても、安定配当を基本方針としながら、業績等を総合的に勘案しつつ、株主の皆様への利益還元を
     図っていきたいと考えております。
      内部留保につきましては、効率的な資金運用を行い、経営体質の一層の強化と業績向上に努めてまいりたいと考え
     ております。
      なお、当行は取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定
     めております。
     (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は以下のとおりであります。

            決議年月日          配当金の総額(百万円)             1株当たり配当額(円)

        2020年11月10日
                               587            35.00
        取締役会決議
        2021年6月29日
                               587            35.00
        定時株主総会決議
                                 31/124













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       当行は、当行が持続的に成長し、中長期的な企業価値を向上させ、お客様・株主様にとって、「なくてはならな
      い銀行」であり続けるための最良なコーポレートガバナンスを実現することを目的とし、以下の基本的な考え方に
      基づき、コーポレートガバナンスに関する施策の実施と体制の整備に努めております。
       (Ⅰ)   株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
       (Ⅱ)   ステークホルダーである「地域社会」、「顧客および株主」、「従業員」の利益を考慮し、それらステーク
        ホルダーと適切に協働する。
       (Ⅲ)   会社情報を適切に開示し、透明性を確保する。
       (Ⅳ)   独立社外取締役および監査役並びに監査役会の活用により、取締役会の監督機能の実効性向上を図る。
       (Ⅴ)   中長期的な株主の利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行う。
      ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

      a.企業統治の体制
        当行の取締役会は、取締役11名により構成され、当行の業務執行を決定し、取締役の職務の執行を監督してい
       ます。また、社外取締役2名を選任し、取締役会の監督機能強化や、取締役会における意思決定の公正性、客観
       性の向上を図っています。
        当行は監査役制度を採用しており、社外監査役3名を含む4名からなる監査役会が、取締役の職務執行状況を
       監査し、助言を行っています。
        また、当行及び当行グループに在籍経験のない社外取締役及び社外監査役が、独立した立場より当行の業務執
       行の監査・監督を行う体制とすることにより、コーポレートガバナンスの実効性と健全性の確保に努めていま
       す。
        なお、当行の取締役は14名以内、監査役は4名以内とする旨を定款で定めています。
        当行では、急速に変化する経営環境に適切かつ迅速に対応していくため、また、業務執行が適正に行われるよ
       う、取締役会等における審議の充実と意思決定の迅速化を図っています。
        取締役会は、原則月1回開催され、法令等で定められた事項及び経営に関する重要事項について決定していま
       す。また、業務執行取締役の位置付けを明確にし、その取締役会への報告を充実させるなど取締役会の機能強化
       を図っています。
        取締役会より委任を受けた銀行の常務に関する事項については、会長、頭取、専務取締役及び常務取締役によ
       り構成される常務会を原則週1回開催しており、迅速な意思決定を図っています。さらに、業務の推進状況や全
       行的なリスク管理状況について協議・検討を行う機関として、会長、頭取、専務取締役、常務取締役及び社外取
       締役並びに関係部長により構成される経営会議(毎月)・コンプライアンス委員会(四半期毎)を開催するなど、
       コーポレートガバナンスの充実を図っています。また、取締役会はもちろんのこと、常務会など経営の重要な会
       議には監査役が出席し、「動態的監査機能」を充実させています。
        当行は、指名・報酬委員会に相当する任意の委員会として、取締役・監査役候補の指名、頭取を含む役付取締
       役である経営陣幹部の選解任や報酬、頭取等の後継者育成等、重要事項に関する論議を行うことを目的とし、独
       立社外役員である社外取締役及び社外監査役にて構成される「独立社外役員会議」を、取締役会の諮問機関とし
       て設置しています。
      b.当該体制を採用する理由

        当行は、社外取締役2名、社外監査役3名を選任しています。
        社外取締役には、取締役会の監督機能強化や、取締役会における意思決定の公平性、客観性の向上を、社外監
       査役には、監査体制の中立性及び独立性の向上を図る目的で、それぞれの経験・識見等に基づく中立的な意見の
       表明を期待して選任します。
        また、当行は金融商品取引所が定める独立性基準を踏まえ、当行が定める「独立性判断基準」に則って、社外
       取締役及び社外監査役を選任しています。
        なお、当行は、社外取締役及び社外監査役が、当行の業務執行の監督・監査を行うにあたり、独立した客観的
       な立場に基づく情報交換・認識共有を図ること、及び取締役会の諮問機関として、取締役・監査役候補の指名、
       頭取を含む役付取締役である経営陣幹部の選解任や報酬、頭取等の後継者育成等、重要事項に関する論議を行う
       ことを目的とし、独立社外役員である社外取締役及び社外監査役にて構成される「独立社外役員会議」を設置し
                                 32/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       ています。
        これらの体制に基づき、独立性の高い社外取締役による経営監督機能や監査役・監査役会による監査機能を活
       用することにより、コーポレートガバナンスの実効性を確保できるものと考えています。
     <各機関等の内容>

          名称            目的、権限            機関等の長               構成員
                                          ・取締役会長(陣内芳博)
                                          ・取締役頭取(坂井秀明)
                                          ・専務取締役(富永金吾)
                                          ・常務取締役(堤和幸、中村紳三
                 ・業務執行の決定
     取締役会                             取締役頭取         郎、鵜池徹)
                 ・取締役の職務の執行の監督
                                          ・取締役(山﨑繁行、牟田日出光、
                                           高祖浩)
                                          ・社外取締役(古舘直人、富吉賢
                                           太郎)
                 ・株主の負託を受けた独立の
                  機関として取締役の職務の
                                          ・常勤監査役(城野吉章)
                  執行を監査
     監査役会                             常勤監査役        ・社外監査役(井寺修一、田中俊
                 ・監査の方針、監査計画、監
                                           章、池田巧)
                  査の方法、監査業務の分担
                  等の決議、策定
                                          ・取締役会長(陣内芳博)
                                          ・取締役頭取(坂井秀明)
                 ・取締役会より委任を受けた
     常務会              銀行の常務に関する事項の                取締役頭取
                                          ・専務取締役(富永金吾)
                  決定
                                          ・常務取締役(堤和幸、中村紳三
                                           郎、鵜池徹)
                                          ・社外取締役(古舘直人           ※、
                 ・取締役会の諮問機関として
                  役員選解任や報酬等に関す                         富吉賢太郎)
     独立社外役員会議              る重要事項の論議              筆頭独立社外取締役
                                            ※筆頭独立社外取締役 
                 ・業務執行に係る監督監査上
                                          ・社外監査役(井寺修一、田中俊 
                  の情報共有、意見交換等
                                           章、池田巧)
                                          ・取締役会長(陣内芳博)
                                          ・取締役頭取(坂井秀明)
                                          ・専務取締役(富永金吾)
                 ・業務の推進状況や全行的な
                                          ・常務取締役(堤和幸、中村紳三
     経営会議              リスク管理状況についての                取締役頭取
                                           郎、鵜池徹)
                  協議・検討
                                          ・社外取締役(古舘直人、富吉賢
                                           太郎)
                                          ・行内各部門の本部長、副本部
                                           長、部長
                                          ・取締役会長(陣内芳博)
                                          ・取締役頭取(坂井秀明)
                                          ・専務取締役(富永金吾)
                 ・コンプライアンス態勢の確
                                          ・常務取締役(堤和幸、中村紳三
     コンプライアンス委員会              立、浸透、定着に向けた協                取締役頭取
                                           郎、鵜池徹)、
                  議、検討
                                          ・社外取締役(古舘直人、富吉賢
                                           太郎)
                                          ・行内各部門の本部長、副本部
                                           長、部長
                                 33/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     <コーポレートガバナンス体制図>
      ③  企業統治に関するその他の事項













      a.内部統制システムの整備の状況
       (Ⅰ)   当行取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         法令等の遵守に係る「法令遵守の基本方針」・「法令遵守の遵守基準」・「コンプライアンス・マニュア
        ル」等を制定し、全役職員が法令・定款及び内規を遵守した行動をとるための行動規範を定め、法令・定款に
        違反する行為を未然に防止するよう努めています。
         また、コンプライアンスの確立・浸透・定着を目的に、頭取を委員長とする「コンプライアンス委員会」を
        設置するとともに、経営管理部を担当部署としコンプライアンスに関する指導、教育等の実務を担わせていま
        す。
         さらに、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で断固として対決
        し、関係遮断及び被害の防止のための体制整備に努めています。
       (Ⅱ)   当行取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         取締役の職務執行に関する情報については、「取締役会規程」・「常務会規程」・「経営会議規定」・「文
        書管理要領」その他規定に基づき保存・管理しています。
       (Ⅲ)   当行の損失の危険の管理に関する規定その他の体制
                                 34/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
         「リスク管理方針」・「リスク管理規程」に基づき、リスクカテゴリー毎の責任部署を定めるとともに統合
        管理部署を経営管理部と定め、リスクを網羅的・総括的に管理しています。
         また、リスク管理状況については、経営管理部が定期的(四半期ごと)に取締役会に報告する体制とし、取締
        役会は問題点の把握と改善に努めています。
       (Ⅳ)   当行取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         中期経営計画、営業方針その他全行的な目標を定め、各部門が実施すべき目標や施策を明確にするととも
        に、「職務および権限規程」に基づいた職務分担・権限・執行方法を定め、また、取締役会等において定期的
        にその結果を把握し、改善を促すことにより目標達成の確度を高め、業務の効率化を実現することとしていま
        す。
       (Ⅴ)   当行並びに子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         当行は健全且つ円滑なグループ経営の実現・維持を目的として「関連会社管理規程」を制定しています。
         当行のグループ会社に対しては、契約に基づく当行監査部による監査および当行より派遣するグループ会社
        の監査役による監査を実施するとともに、当行の監査役会による往査を実施しています。
         また、「さぎんグループ会社懇談会」、「関連会社ヒアリング」等を通じて、各社の業績、要望・課題、内
        部統制システムの整備状況その他について把握すると共に、緊密な連携を図っています。
         これらの取組みにより、「グループ会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当行への報告に関する体
        制」、「グループ会社の損失の危険の管理に関する規定その他の体制」、「グループ会社の取締役等の職務の
        執行が効率的に行われることを確保するための体制」、「グループ会社の取締役等及び使用人の職務の執行が
        法令及び定款に適合することを確保するための体制」について、当行グループとしての適正性を確保していま
        す。
       (Ⅵ)   財務報告の適正性を確保するための体制
         当行グループの財務報告の適正性を確保するため、法令等に従い、財務報告に係る内部統制を整備し、適切
        に運用しています。
       (Ⅶ)   当行監査役の職務を補助すべき使用人を置くこと及びその使用人の取締役からの独立性並びに当該監査役の
        使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         監査役の職務を補助すべき使用人として、監査役室を設置し専任のスタッフを配置しています。当該専任ス
        タッフは、監査役(会)の指示に基づき調査、情報収集を行いその結果を報告する等の監査業務の補助を行って
        います。
         また、当該専任スタッフの取締役からの独立性を確保するため、その人事異動・人事評価等については、事
        前に監査役会に意見を求め、これを尊重することとしています。
       (Ⅷ)   取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
       (ⅰ)   当行及びグループ会社の取締役、使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当行監査役に報告・通報を
         するための体制
         当行取締役は、当行に著しい損害を及ぼすおそれのある事実その他重要な事項について、監査役へ報告する
        こととしています。また、当行及びグループ会社の法令等違反行為や不正行為等につき、当行を含め各グルー
        プ会社制定の「倫理ホットライン取扱規定」に基づき、当行グループの役職員から当行が設置する内部通報窓
        口(経営管理部、常勤監査役、行外受付窓口)に対し報告または通報を行う体制とし、報告・通報を受けた内
        部通報窓口は、当該事実を監査役に報告することとしています。
         さらに、監査役が、取締役会・常務会その他重要な会議に出席するなど常に当行の経営に係る重要な情報を
        把握できる体制としています。
       (ⅱ)   報告・通報した者が当該報告・通報をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するため
         の体制
         当行及びグループ会社制定の「倫理ホットライン取扱規定」では、当該報告・通報したことを理由として報
        告・通報者に対し、解雇・懲戒処分・降格・減給等不利益な処遇をしてはならないことを定め、報告・通報者
        の保護を図る体制としています。
       (Ⅸ)   当行監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる
        費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
         当行は、監査役(会)が監査の実施のために弁護士、公認会計士その他の社外の専門家に対して助言を求めた
        り、調査・鑑定等を委託した場合の所要の費用については、当行が速やかに支払うこととしています。
       (Ⅹ)   その他当行監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         代表取締役及び内部監査部門は、監査役会とそれぞれ定期的に意見を交換しています。また、取締役及び使
                                 35/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
        用人は監査役会から報告を求められた事項について報告することとしています。
         さらに、経営の重要な会議には監査役の出席を認め、「動態的監査機能」を強化しています。
      b.リスク管理体制の整備の状況

      <リスク管理体制図>
        金融業務が一段と多様化、高度化するなかで、リスクも多岐にわたり複雑化しております。当行では、適切な









       リスク管理を行うため、戦略目標を踏まえた「リスク管理方針」を取締役会において定めております。
        また、リスク管理体制図に記載しておりますリスクに関して、「リスク管理方針」や「リスク管理規程」等に
       基づき、現実に存在するリスクを的確に把握し、発生の可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合
       の対応に努めております。
      c.法令等遵守体制の状況

        法令等遵守(コンプライアンス)体制につきましては、経営管理部を統括部署とし、「法令遵守の基本方針」及
       び「法令遵守の遵守基準」を取締役会で策定しています。また、頭取を委員長とするコンプライアンス委員会を
       設置するなど当行の法令等遵守体制の確立を図っております。
        また、当行の役職員の法令等遵守意識を向上させるための施策として、日常業務におけるコンプライアンス上
       の規範を網羅した「コンプライアンスマニュアル」を使用して勉強会を実施させるなど、順法精神の向上に努め
       る一方、取締役、執行役員及び重要な使用人に対して部下から上司を評価する「360度評価」を実施しているほ
       か、行員に対する人事考課や営業店に対する業績評価においても、コンプライアンスに関する評定項目の設定な
       ど法令等遵守姿勢を重視した評価制度を取り入れています。
                                 36/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      d.責任限定契約
        当行は会社法第427条第1項に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、当該社外取締役及び社外監
       査役が任務を怠ったことによって当行に損害を与えた場合、その職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない
       ときは会社法第425条第1項各号に定める額の合計額を限度としてその責任を負う旨の、責任限定契約を締結して
       おります。
      e.取締役の定数及び選解任決議の内容

        当行は、「当銀行の取締役は14名以内とする。」旨を定款で定めております。
        当行は、「取締役は、株主総会の決議によって選任する。取締役の選任決議は、議決権を行使することができ
       る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う。取締
       役の選任決議は累積投票によらないものとする。」旨を定款で定めております。
      f.株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

      (Ⅰ)   自己株式の取得
        当行は、自己株式の取得について、「当銀行は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によっ
       て市場取引等により自己株式を取得することができる。」旨を定款で定めております。これは、機動的な資本政
       策の遂行を可能とすることを目的とするものであります。
      (Ⅱ)   中間配当
        当行は、中間配当について、「当銀行は、取締役会の決議によって、毎年9月30日の最終の株主名簿に記載ま
       たは記録された株主または登録株式質権者に対し、会社法第454条第5項の規定による剰余金の配当をすること
       ができる。」旨を定款で定めております。これは、必要な場合に株主への機動的な利益還元を行うことを目的と
       するものであります。
      g.株主総会の特別決議要件

        当行は、「会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
       を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上をもって行う。」旨を定款で定めておりま
       す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
       的とするものであります。
      h.役員等賠償責任保険契約に関する事項

         会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結し、被保険者が負担す
       ることになる法律上の損害賠償金および争訴費用の損害を当該保険契約により墳補することとしております。当
       該保険契約の被保険者は取締役および監査役であります。
                                 37/124








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ①  役員一覧
    男性  15 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             0 %) 
                                                       所有株式
        役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       数(株)
                              1972年4月     当行入行
                              2002年6月     システム部長兼共同化推進プロジェクト
                                   チームプロジェクトリーダー
                              2003年6月     取締役総合企画部長
                              2005年6月     常務取締役総合企画部長
                                                    2021年
       取締役会長        陣  内  芳  博       1949年12月28日      生                        6月か    7,300
                              2007年6月     常務取締役
                                                    ら2年
                              2010年6月     専務取締役と同時に代表取締役就任
                              2011年6月     取締役副頭取
                              2012年6月     取締役頭取
                              2018年4月     取締役会長
                              2020年6月     代表取締役退任、取締役会長(現職)
                              1981年4月     当行入行
                              2009年6月     総合企画部長
                                                    2021年
                              2011年6月     取締役総合企画部長
               坂   井   秀   明
      代表取締役頭取               1958年9月5日      生                        6月か    4,500
                              2014年4月     常務取締役
                                                    ら2年
                              2018年4月     取締役頭取と同時に代表取締役就任
                                   (現職)
                              1982年4月     当行入行
                              2012年6月     鳥栖エリア長兼鳥栖支店長
                              2014年4月     執行役員営業統括本部福岡本部推進部長
                                                    2020年
                              2016年4月     執行役員営業統括本部営業推進部長
      代表取締役専務
               富 永 金 吾       1960年3月15日      生                        6月か    3,100
      営業統括本部長
                              2016年6月     取締役営業統括本部営業推進部長
                                                    ら2年
                              2018年6月     常務取締役
                              2020年6月     専務取締役営業統括本部長と同時に代表
                                   取締役就任(現職)
                              1984年4月     当行入行
                              2012年6月     神野町エリア長兼神野町支店長
                              2015年4月     執行役員神野町エリア長兼神野町支店長
                                                    2020年
       常務取締役        堤   和 幸       1960年5月29日      生  2016年4月     執行役員本店営業部長                 6月か    8,700
                                                    ら2年
                              2016年6月     取締役本店営業部長
                              2018年4月     取締役
                              2018年6月     常務取締役(現職)
                              1985年4月     当行入行
                              2014年4月     総合企画部長
                              2017年6月     取締役総合企画部長
                              2018年4月     取締役営業統括本部長代理
       常務取締役
                                                    2021年
                                   兼福岡本部推進部長
      業務統括本部長         中 村 紳三郎       1962年12月11日      生                        6月か    6,500
                              2018年6月     取締役営業統括本部副本部長
                                                    ら2年
       兼DI本部長
                              2020年4月     取締役
                              2020年6月     常務取締役業務統括本部長
                              2021年4月     常務取締役業務統括本部長兼DI本部長
                                   (現職)
                              1986年4月     当行入行
                              2016年4月     営業統括本部福岡本部推進部長
                              2017年4月     執行役員営業統括本部福岡本部推進部長
                                                    2020年
       常務取締役        鵜 池   徹       1962年4月24日      生  2018年4月     執行役員本店営業部長                 6月か    1,900
                                                    ら2年
                              2018年6月     取締役本店営業部長
                              2020年4月     取締役
                              2020年6月     常務取締役(現職)
                              1987年4月     当行入行
                              2016年4月     生産性企画部長
                              2018年4月     執行役員総合企画部長兼生産性企画部長
                                   兼For"S"プロジェクトチーム
        取締役
                                   プロジェクトリーダー
      唐津ブロック長
                                                    2021年
                              2019年4月     執行役員唐津エリア長兼唐津支店長
      兼唐津エリア長         山 﨑 繁 行       1963年3月15日      生                        6月か    3,300
                                                    ら2年
       兼唐津支店長
                                   兼唐津駅前支店長
      兼唐津駅前支店長
                              2019年6月     取締役唐津エリア長兼唐津支店長
                                   兼唐津駅前支店長
                              2020年4月     取締役唐津ブロック長兼唐津エリア長
                                   兼唐津支店長兼唐津駅前支店長(現職)
                                 38/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式

        役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        数(株)
                              1987年4月     当行入行
                              2016年4月     伊万里支店長
                              2018年4月     執行役員福岡エリア長兼福岡支店長
        取締役
                                                    2020年
                              2020年4月     執行役員佐賀南ブロック長
      佐賀南ブロック長
               牟 田    日出光
                      1964年7月2日      生                        6月か    1,400
       兼本店営業部長
                                   兼本店営業部長
                                                    ら2年
       兼呉服町支店長
                              2020年6月     取締役佐賀南ブロック長兼本店営業部長
                              2021年3月     取締役佐賀南ブロック長兼本店営業部長
                                   兼呉服町支店長(現職)
                              1988年4月     当行入行
                              2020年4月     営業統括本部副本部長
                                                    2020年
        取締役
               高 祖          浩
                      1965年6月18日      生                        6月か    1,500
                              2020年6月     取締役営業統括本部副本部長(現職)
     営業統括本部副本部長
                                                    ら2年
                                   株式会社佐銀キャピタル&コンサルティ
                              2020年6月
                                   ング代表取締役社長(現職)
                              1969年7月     日本銀行入行
                              1998年5月     同行検査室長
                              1999年6月     財団法人金融情報システムセンター理事
                                                    2021年
                              2001年6月     中部証券金融株式会社取締役社長
        取締役       古 舘 直 人       1946年6月1日      生                        6月か     ―
                                                    ら2年
                              2008年4月     日証金信託銀行株式会社代表取締役社長
                              2013年7月     明治安田生命保険相互会社非常勤顧問
                              2015年6月     当行取締役(現職)
                              1972年4月     株式会社佐賀新聞社入社
                              2018年4月     同社専務取締役編集主幹論説委員会
                                                    2021年
                                   論説委員長
        取締役       富 吉 賢太郎       1949年12月22日      生                        6月か     ―
                              2019年4月     同社非常勤取締役名誉論説委員長(現職)
                                                    ら2年
                              2019年4月     学校法人佐賀清和学園理事長(現職)
                              2019年6月     当行取締役(現職)
                              1990年4月     当行入行
                              2019年4月     総合企画部長兼収益管理室長
                                                    2021年
                              2020年4月     執行役員総合企画部長兼収益管理室長
       常勤監査役        城 野 吉 章       1965年9月14日      生                        6月か    2,256
                                                    ら4年
                              2021年4月     執行役員
                              2021年6月     常勤監査役(現職)
                              2005年10月     弁護士開業(現職)
                                                    2020年
               井   寺   修   一
        監査役              1977年6月15日      生  2016年5月     医療法人財団友朋会監事(現職)                 6月か     ―
                                                    ら4年
                              2016年6月     当行監査役(現職)
                              1972年4月     大蔵省北九州財務局入局
                              2003年7月     福岡財務支局理財部検査監理官
                              2004年4月     国家公務員共済組合連合会横浜栄共済
                                   病院事務部次長
                                                    2018年
        監査役       田 中 俊 章       1950年1月28日      生                        6月か     ―
                              2005年4月     国家公務員共済組合連合会浜の町病院
                                                    ら4年
                                   事務部長
                              2012年4月     独立行政法人中小企業基盤整備機構
                                   九州本部共済普及専門員
                              2018年6月     当行監査役(現職)
                              1968年4月     佐賀県庁入庁
                              2006年4月     県土づくり本部長
                              2008年6月     株式会社ANAエアサービス佐賀取締役
                              2009年6月     佐賀ターミナルビル株式会社取締役社長
                                                    2019年
                              2011年7月     佐賀県代表監査委員
        監査役       池 田   巧       1949年11月28日      生                        6月か     ―
                              2018年9月     公益財団法人佐賀県産業振興機構監事
                                                    ら4年
                                   (非常勤)(現職)
                              2019年6月     当行監査役(現職)
                              2019年10月     一般財団法人量子医療推進機構監事
                                   (非常勤)(現職)
                             計                           40,456
                                 39/124





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (注)1.取締役古舘直人及び富吉賢太郎は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
       2.監査役井寺修一、田中俊章及び池田巧は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
       3.当行は、定款に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役
        1名を選出しております。補欠監査役の略歴は以下のとおりであります。
                                                 所有株式
            氏名       生年月日                 略歴
                                                  数(株)
                         1981年4月      当行入行
                         2009年6月      人事企画部長
                         2012年6月      執行役員人事企画部長
         草 場   稔       1958年3月2日生                                  3,781
                         2013年4月      執行役員
                         2013年6月      常勤監査役
                         2017年6月      佐銀リース株式会社専務取締役
                               (代表取締役)(現職)
      ②  社外役員の状況

        当行は、社外取締役2名、社外監査役3名を選任しております。社外取締役である古舘直人、富吉賢太郎、社
       外監査役である井寺修一、田中俊章及び池田巧は当行及び当行グループの出身者ではありません。また、当行の
       その他の取締役、監査役との間に人的関係は有しておらず、当行との間に特別な利害関係もないため、一般株主
       と利益相反が生じる恐れがないと判断しております。なお、社外取締役古舘直人は日証金信託銀行株式会社の代
       表取締役社長を、社外取締役富吉賢太郎は株式会社佐賀新聞社の専務取締役を、社外監査役池田巧は佐賀ターミ
       ナルビル株式会社の取締役社長をしておりました。また、社外取締役富吉賢太郎は、現在学校法人佐賀清和学園
       理事長及び株式会社佐賀新聞社非常勤取締役をしておりますが、いずれも当行との間には人的関係、資本的関係
       又は取引関係その他の利害関係はありません。
        社外取締役には、取締役会の監督機能強化や、取締役会における意思決定の公正性、客観性の向上を、社外監
       査役には、監査体制の中立性及び独立性の向上を図る目的で、それぞれの経験・識見等に基づく中立的な意見の
       表明を期待して選任しております。また、社外取締役および社外監査役が、当行の業務執行の監督・監査を行う
       にあたり、独立した客観的な立場に基づく情報交換・認識共有を図ることを目的とし、独立社外役員である社外
       取締役および社外監査役にて構成される「独立社外役員会議」を原則年2回開催しております。
        なお、社外取締役に対しては、取締役会開催前に担当部署による議案内容の事前説明や各種情報提供を行い、
       社外監査役に対しては、監査役会にて常勤監査役が事前に議案説明を行うなど、社外取締役及び社外監査役の職
       務遂行をサポートする体制を整備しています。また、社外監査役を含め監査役・監査役会を補助する組織とし
       て、監査役室を設置し、専任のスタッフを配置しております。社外監査役へは、監査役会開催時などに必要な情
       報について報告し、社外監査役からの調査依頼については、常勤監査役及び監査役室が対応しております。
        社外役員(社外取締役、社外監査役)候補者については、金融商品取引所が定める独立性基準を踏まえ、当行
       が定める「独立性判断基準」に則って選定しております。「独立性判断基準」の詳細については以下のとおりで
       あります。
        <社外役員に係る独立性判断基準>
        (1)当行を主要な取引先(※1)とする者若しくはその業務執行者(※2)に該当しないこと。
        (2)当行の主要な取引先若しくはその業務執行者(※2)に該当しないこと。
        (3)当行から役員報酬以外に多額(※3)の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家または
          法律専門家(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者をいう。)
          に該当しないこと。
        (4)当行から多額(※3)の寄付または助成を受ける者若しくはその業務執行者(※2)に該当しないこと。
        (5)当行の主要株主(※4)若しくはその業務執行者(※2)に該当しないこと。
        (6)最近(※5)において、上記(1)~(5)に該当していないこと。
        (7)次のいずれかに掲げる者(重要(※6)でない者を除く)の近親者(※7)に該当しないこと。
         ①上記(1)~(6)までに掲げる者
         ②当行または当行子会社の業務執行者(業務執行者でない取締役を含む)
         ③最近(※5)において上記②に該当していた者
         ※1.主要な取引先
           直近事業年度における年間連結総売上高(当行の場合は連結粗利益)の2%以上の取引のある先
           融資取引に関して、当行との取引が資金調達において必要不可欠であり、代替性がない場合は、当該取
           引先を「主要な取引先」とみなす。
         ※2.業務執行者
           会社の業務執行取締役、執行役、支配人その他の使用人、その他法人並びに団体の業務を執行する役
                                 40/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
           員、理事およびこれらに類する者として業務を執行する者
         ※3.多額 : 過去3年間の平均で年間1,000万円を超える金額
         ※4.主要株主 : 議決権所有割合(直接保有と間接保有の双方を含む)10%以上の株主
         ※5.最近
           実質的に現在と同視できるような場合をいい、例えば、当該独立役員を社外取締役または社外監査役と
           して選任する株主総会の議案の内容が決定された時点において該当していた場合等を含む。 
         ※6.「重要」な者 
           会社の役員・部長クラスの者、監査法人や法律事務所等に所属する公認会計士や弁護士
         ※7.近親者 : 二親等内の親族
      ③  社外取締役又は社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門と

      の関係
        当行は、独立社外取締役及び独立社外監査役が、当行の業務執行の監督・監査を行うにあたり、独立した客観
       的な立場に基づく情報交換・認識共有を図ること、及び取締役会の諮問機関として、取締役・監査役候補の指
       名、頭取を含む役付取締役である経営陣幹部の選解任や報酬、頭取等の後継者育成等、重要事項に関する論議を
       行うことを目的とする「独立社外役員会議」を設置しています。
        監査役会は会計監査人と定期的に意見交換会を開催し、監査状況の説明を受け、相互に意見交換を行うなど緊
       密な連携を保っています。
        また、監査役は内部監査部門と定期的に意見交換会を開催し、監査役の業務監査が効率的に行えるよう、監査
       役は適宜必要な情報を内部監査部門に求めることができる体制としています。
     (3)  【監査の状況】

      ①  監査役監査の状況
        当行の監査役会は、社外監査役3名を含む4名で構成し、監査の方針、監査計画、監査の方法、監査業務の分
       担の検討・策定等を行い、取締役の職務執行状況の監査・監督、業務監査等を実施しております。さらに会計監
       査人による外部監査の結果について報告を受け、その適正性をチェックしております。
        監査役会においては、常勤監査役の選定、監査の方針・業務及び財産の状況の調査の方法、監査報告書の作
       成、その他監査役の職務の執行に関する事項の決定を主な検討事項としております。さらに、会計監査人の選任
       や、会計監査人の報酬等に対する同意等、監査役会の決議による事項についても検討を行っております。
        また、監査役会は内部監査部門と定期的に意見交換会を開催しております。監査役の業務監査が効率的に行え
       るよう、監査役は適宜必要な情報を内部監査部門に求めることができる体制としております。
        なお、当行の内部監査部署、監査役、会計監査人、及び内部統制部署は密接な連携を保ち、効率的な監査を実
       施するよう努めております。さらに監査役会は、会計監査人と定例会合をもち、報告や意見交換を実施しており
       ます。
        常勤監査役は、監査役会において定めた監査計画等に従い、取締役会や常務会、経営会議をはじめとする重要
       な会議への出席や、重要書類の閲覧、営業店への往査、本部各部へのヒアリング等を通して、客観的・合理的な
       監査を実施しております。
        また、当行は監査役の職務を補助する取締役から独立した使用人を配置し、監査役(会)の指示に基づき調
       査、情報収集を行いその結果を報告する等の監査業務の補助を行っております。
        なお、当行の社内監査役は銀行員としての十分な経歴を持ち、社外監査役も企業法務等に関する十分な経歴
       や、企業財務に関する深い知識を持っているなど、両者とも財務・会計に関する十分な知見を有しております。
                                 41/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (監査役会への出席状況)
        当行では監査役会を原則月2回開催しており、当事業年度における個々の監査役の出席状況については次のと
       おりであります。
              氏名          役職名          開催回数          出席回数
          鶴田 賢二          監査役(常勤)              27回          27回
          井寺 修一          監査役(非常勤)              27回          27回
          田中 俊章          監査役(非常勤)              27回          27回
          池田 巧          監査役(非常勤)              27回          27回
      ②  内部監査の状況

        当行の内部監査は、各営業店等及び本部部門ごとに監査部(人員:12名(嘱託4名含む))が行う部署別監査及び
       自己査定の検証、並びに経営管理部によるリスク管理態勢の適切性・有効性の検証等により構成されており、監
       査・検証結果等は取締役会に報告されております。
      ③  会計監査の状況

      a.監査法人の名称
         EY新日本有限責任監査法人
      b.継続監査期間

         1976年以降
      c.業務を執行した公認会計士

                       伊  加  井 真    弓
          指定有限責任社員
          業務執行社員
                       川 口 輝 朗
      d.監査業務に係る補助者の構成

         当行の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士17名、会計士試験合格者等15名、その他9名であります。
      e.監査法人の選定方針と理由

         当行監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項に定める解任事由に該当するとき、その他社会的信用を
        失墜する等により当行の監査業務に重大な支障を来すと認められる事由が生じたときは、会計監査人の解任ま
        たは不再任に必要な手続きを行います。監査役会は、会計監査人を評価した結果、会計監査人の解任または不
        再任の決定の方針には該当しないと判断し、会計監査人を再任しました。
      f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

         監査役会は、会計監査人を評価した結果、会計監査人に求められる独立性、専門性はじめ適切な監査品質に
        基づき職務の遂行が適正に行われる態勢が整備されており、会計監査人としての適切性を確保していることを
        確認しております。
                                 42/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ④  監査報酬の内容等
      a.監査公認会計士等に対する報酬
                    前連結会計年度                      当連結会計年度

       区分
                         非監査業務に基づく                      非監査業務に基づく
             監査証明業務に基づく                      監査証明業務に基づく
               報酬(百万円)                      報酬(百万円)
                          報酬(百万円)                      報酬(百万円)
      提出会社                48           ―           48           ―
      連結子会社                 4          ―            4          ―
        計               52           ―           52           ―
      b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッド)に対する

        報酬(a.を除く)
         該当事項はありません。
      c.その他の重要な監査証明業務に基づく監査報酬の内容

         該当事項はありません。
      d.監査報酬の決定方針

         該当事項はありません。
      e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         当行監査役会は、会計監査人及び行内関係部署等から必要な資料を入手し且つ説明・報告を受け、会計監査
        人の監査計画の内容、監査品質、職務遂行状況、報酬見積もりの算定根拠等を検討した結果、会計監査人の報
        酬額は相当と認められたため、同意いたしております。
     (4)  【役員の報酬等】

      ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
        当行は、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針(以下、決定方針という。)を定めており、その概要
       は、役位に応じて定額で支給する「固定報酬」、当行の業績等を勘案して支給する「賞与」、当行の企業価値を
       反映した株価と報酬の連動性を高めるための「株式報酬型ストック・オプション」にて構成しております。な
       お、社外取締役及び監査役の報酬については、独立性の確保から定額で支給する「固定報酬」のみとしておりま
       す。当該方針につきましては、2012年5月11日開催の取締役会決議により決定しております。
        当行の取締役及び監査役の固定報酬については、株主総会の決議により取締役全員及び監査役全員のそれぞれ
       の報酬総額の最高限度額を決定しており、同限度額の範囲内で、取締役の報酬は取締役会の決議により、監査役
       の報酬は監査役の協議により決定しております。また、株式報酬型ストック・オプションとしての新株予約権に
       関する報酬については、株主総会で定められた範囲内で取締役会の決議により決定しております。
        また、取締役の個人別の報酬等の決定にあたっては、原則年1回、取締役会の諮問機関である「独立社外役員
       会議」において、決定方針との整合性を含めた多角的な議論がなされており、当該手続きを経て取締役の個人別
       の報酬額が決定されていることから、取締役会はその内容が決定方針に沿うものであると判断しております。
        当行役員の報酬等に関する株主総会決議内容等は以下のとおりであります。

       <株主総会決議内容> 
        ・取締役の固定報酬(使用人兼務取締役の使用人としての給与は除く)
          月 額:1,900万円以内(対象となる取締役は8名 当行定款上の員数は14名以内)
          決議日:2012年6月28日
        ・監査役の固定報酬
          月 額:290万円以内(対象となる監査役は4名 当行定款上の員数は4名以内)
          決議日:2012年6月28日
        ・株式報酬型ストック・オプションとしての新株予約権に関する報酬
          年 額:6,000万円以内(対象となる取締役は8名)
          決議日:2012年6月28日
                                 43/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       <報酬等の決定権限を有する者等> 

        ・取締役報酬
          決定権限を有する者:取締役会
          活動内容等    :支給実績等を基準に決議
        ・監査役報酬
          決定権限を有する者:監査役
          活動内容等    :支給実績等を基準に決議
      ②  役員の区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                     員数     報酬等の総額

            役員区分
                                            株式報酬型スト
                    (名)      (百万円)
                                    固定報酬
                                            ック・オプション
           取   締   役
                       12         224         181          43
         (社外取締役を除く)
           監  査  役
                       1         21         21          ―
         (社外監査役を除く)
            社外役員            5         19         19          ―
        (注)1.非金銭報酬等として取締役(社外取締役を除く)に対して株式報酬型ストック・オプションを付与し
           ております。当該株式報酬型ストック・オプションにつきましては、2020年6月26日開催の取締役会決
           議に基づき、取締役(社外取締役を除く)9名に対し、新株予約権3,995個(新株予約権1個につき10
           株)を付与しております。
          2.重要な使用人兼務取締役の使用人給与額は27百万円、員数は4名であり、その内容は、使用人として
           の報酬その他の職務遂行の対価であります。
      ③  役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 44/124











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当行は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式について以下のとおり
       区分しております。
       a.純投資目的である投資株式
         専ら株式の価値の変動又は株式の配当により利益を得ることを目的とする投資株式。
       b.純投資目的以外の目的である投資株式
         株式の価値の変動又は株式の配当により利益を得ることを目的としつつ、当該企業との取引や地域経済の発
        展に資すると判断される政策投資を目的とする投資株式。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
       <保有方針>
         保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式(政策投資株式)については、地域金融機関として、取引先
        や事業連携等に係る他金融機関等との関係維持・強化のために必要とされる場合に保有することとしておりま
        す。
         また、政策保有株式の保有については、保有目的の適切性、保有に伴うメリット、リスク、資本コストとの
        バランス等を検証し保有の可否を判断し、保有する必要がないと判断した株式は売却を進め、縮減に努めるこ
        ととしております。
       <保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容>
         銘柄毎に保有目的の評価(定性評価)及びリスク・リターン評価などを踏まえた経済合理性の評価並びに資本
        コスト対比の運用評価を(定量評価)を実施し、これらを総合的に判断して総合評価を行い、保有可否の判断を
        行い、取締役会に報告しております。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(百万円)
        上場株式              50             29,981
        非上場株式              73              1,339
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        上場株式              ―               ―          ―
                                        当行の重要な営業基盤である「地域
                                       社会」との関わりが深い同社との関係
        非上場株式               3               51
                                       維持・向上により、当行の中長期的な
                                       企業価値向上に資するため。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却

                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        上場株式              ―               ―
        非上場株式              ―               ―
                                 45/124



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

                当事業年度         前事業年度

                                                      当行の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
                (百万円)         (百万円)
                                 当行の重要な営業基盤である「地域社会」
                  2,356,000         2,356,000      との関わりが深い同社との関係維持・向上に
    久光製薬㈱                                                   有
                   16,986         11,874    より、当行の中長期的な企業価値向上に資す
                                るため。
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
    ㈱ふくおかフィナ             1,134,844         1,134,844
                                                      無  (注)3
                                当行の中長期的な企業価値向上に資するた
    ンシャルグループ               2,382         1,623
                                め。
                                 当行の重要な営業基盤である「地域社会」
                  1,969,500         1,969,500      との関わりが深い同社との関係維持・向上に
    九州電力㈱                                                   有
                    2,150         1,711    より、当行の中長期的な企業価値向上に資す
                                るため。 
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
    ㈱九州フィナン             3,831,240         3,831,240
                                                      無  (注)3
                                当行の中長期的な企業価値向上に資するた
    シャルグループ               1,819         1,582
                                め。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   314,600         314,600     の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    九州旅客鉄道㈱                                                   無
                     809         975   り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                   630,000         630,000
    鳥越製粉㈱                            同上                       有
                     527         547
    ㈱西日本フィナン                            事業上の連携・協力等の維持・向上により、
                   643,341         643,341
                                                      無  (注)3
    シャルホールディ                            当行の中長期的な企業価値向上に資するた
                     511         392
    ングス                            め。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   220,000         220,000     の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    ㈱戸上電機製作所                                                   有
                     405         328   り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
                   175,220         175,220
    ㈱筑邦銀行                            当行の中長期的な企業価値向上に資するた                       有
                     322         297
                                め。
    ㈱第四北越フィナ              122,500         122,500
                                                      無  (注)3
                                同上
    ンシャルグループ                319         289
                   250,000         250,000     取引関係の維持・向上により、当行の中長期
    ㈱リコー                                                   無
                     281         198   的な企業価値向上に資するため。
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
                   150,080        1,500,800
    ㈱みずほフィナン
                                                      無  (注)3
                                当行の中長期的な企業価値向上に資するた
                     239         185
    シャルグループ
                                め。
                   101,100         101,100
    ㈱宮崎銀行                            同上                       有
                     236         241
    ㈱ヤマダホール              369,040         369,040     取引関係の維持・向上により、当行の中長期
                                                        無
    ディングス                220         159   的な企業価値向上に資するため。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
    アイ・ケイ・ケイ              304,000         304,000     の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
                                                        無
    ㈱                214         189   り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
    ㈱大和証券グルー              360,000         360,000
                                当行の中長期的な企業価値向上に資するた                       有
    プ本社                205         150
                                め。
                   83,800         83,800
    ㈱岩手銀行                            同上                       有
                     200         224
                   62,160         62,160
    ㈱沖縄銀行                            同上                       有
                     189         196
                   637,000         637,000

    ㈱東邦銀行                            同上                       有
                     156         171
                   412,000         412,000
    ㈱百五銀行                            同上                       有
                     137         124
                                 46/124



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
                当事業年度         前事業年度
                                                      当行の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
                (百万円)         (百万円)
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
    野村ホールディン              220,000         220,000
                                当行の中長期的な企業価値向上に資するた                       有
    グス㈱                127         100
                                め。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
    ㈱RKB毎日ホー               16,400         16,400    の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
                                                        無
    ルディングス                102         98  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                   110,000         110,000
    ㈱酉島製作所                            同上                       有
                     95         84
    日本タングステン               50,000         50,000
                                同上                       無
    ㈱                 90         82
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
                   38,600         38,600
    ㈱大分銀行                            当行の中長期的な企業価値向上に資するた                       有
                     83         73
                                め。
                   145,000         145,000     取引関係の維持・向上により、当行の中長期
    日本農薬㈱                                                   有
                     78         60  的な企業価値向上に資するため。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   130,000         130,000     の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    ㈱ヤマウ                                                   有
                     75         43  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                   50,000         50,000    取引関係の維持・向上により、当行の中長期
    ㈱片倉工業                                                   無
                     72         53  的な企業価値向上に資するため。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   140,000         140,000     の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    ㈱きょくとう                                                   有
                     69         57  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
                   89,000         89,000
    ㈱四国銀行                            当行の中長期的な企業価値向上に資するた                       有
                     69         75
                                め。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   312,800         312,800     の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    ㈱名村造船所                                                   有
                     69         63  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                   30,000         30,000
    丸東産業㈱                            同上                       無
                     65         52
                   33,600         33,600
    イオン九州㈱                            同上                       無
                     64         60
                   42,900         42,900
    小野建㈱                            同上                       無
                     59         48
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
    ㈱T&D     ホ  ー  ル       41,400         41,400
                                                      無  (注)3
                                当行の中長期的な企業価値向上に資するた
    ディングス                 59         36
                                め。
                   50,000         50,000    取引関係の維持・向上により、当行の中長期
    日本精工㈱                                                   無
                     56         34  的な企業価値向上に資するため。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   29,200         29,200    の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    ㈱トーホー                                                   有
                     55         49  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                   22,000         22,000
    サッポロホール                            取引関係の維持・向上により、当行の中長期
                                                        無
                     50         43
    ディングス㈱                            的な企業価値向上に資するため。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
    ヤマシタヘルスケ
                   22,000         22,000    の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    アホールディング                                                   無
                     48         38  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
    ス㈱
                                ため。
                   37,000         37,000    取引関係の維持・向上により、当行の中長期
    中越パルプ工業㈱                                                   有
                     46         51  的な企業価値向上に資するため。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   24,200         24,200    の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    ㈱南陽                                                   有
                     41         30  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                   51,000         51,000
    第一交通産業㈱                            同上                       有
                     35         29
                                 47/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
                当事業年度         前事業年度
                                                      当行の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
                (百万円)         (百万円)
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
                   10,000         10,000
    日本ユニシス㈱                            当行の中長期的な企業価値向上に資するた                       有
                     34         28
                                め。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
    OCHI     ホ  ー  ル       24,300         24,300    の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
                                                        無
    ディングス㈱                 32         36  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
                                当行の重要な営業基盤である「地域社会」と
                   33,000         33,000    の関わりが深い同社との関係維持・向上によ
    ㈱高田工業所                                                   無
                     29         21  り、当行の中長期的な企業価値向上に資する
                                ため。
    オーケー食品工業               13,000         13,000
                                同上                       有
    ㈱                 15         16
                    7,500         7,500
    昭和鉄工㈱                            同上                       有
                     14         10
                             7,000
    ㈱リテールパート               7,000
                                同上                       無
    ナーズ                 9         4
                    7,000         7,000
    ㈱梅の花                            同上                       無
                      7        10
                                事業上の連携・協力等の維持・向上により、
    第一生命ホール               1,500         1,500
                                                      無  (注)3
                                当行の中長期的な企業価値向上に資するた
    ディングス㈱                 2         1
                                め。
     (注)   1.定量的な保有効果は個別の取引条件を開示できないため記載が困難であります。
       2.保有の合理性は銘柄毎のリスク・リターン分析等により検証し、取締役会に報告しております。
       3.㈱ふくおかフィナンシャルグループ、㈱九州フィナンシャルグループ、㈱西日本フィナンシャルホールディ
         ングス、㈱第四北越フィナンシャルグループ、㈱みずほフィナンシャルグループ、㈱T&Dホールディング
         ス、第一生命ホールディングス㈱は当行の株式を保有しておりませんが、同社子会社が当行の株式を保有し
         ております。
    みなし保有株式

                当事業年度         前事業年度

                                                      当行の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
                株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                      の有無
                (百万円)         (百万円)
                   407,854         407,854     退職給付信託の信託財産としている株式で、
    西日本鉄道㈱                                                   有
                    1,206         1,083    議決権行使の指図権限を有しております。
                   402,416         402,416
    西部ガス㈱                            同上                       有
                    1,275         1,050
                   960,000         960,000
    三愛石油㈱                            同上                       無
                    1,260         1,083
     (注)   1.定量的な保有効果は個別の取引条件を開示できないため記載が困難であります。 
       2.保有の合理性は銘柄毎のリスク・リターン分析等により検証し、取締役会に報告しております。
       3.株式数が増加した銘柄はありません。
                                 48/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式
                      当事業年度                   前事業年度

                          貸借対照表計                   貸借対照表計
         区分
                  銘柄数                   銘柄数
                          上額の合計額                   上額の合計額
                  (銘柄)                   (銘柄)
                           (百万円)                   (百万円)
    上場株式                  31         1,947          34         1,640
    非上場株式                  1          158         1          158
                                当事業年度

         区分
                   受取配当金の             売却損益の             評価損益の
                  合計額(百万円)             合計額(百万円)            合計額(百万円)
    上場株式                      30             4           375
    非上場株式                       3            ―            ―
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。 
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。 
                                 49/124













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.当行の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づ

     いて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(1982年大蔵省令第
     10号)に準拠しております。
    2.当行の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作

     成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(1982年大蔵省令第10号)
     に準拠しております。
    3.当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自 2020年4月1日  至 2021年3月31

     日)の連結財務諸表及び事業年度(自 2020年4月1日  至 2021年3月31日)の財務諸表について、EY新日本有限責任監
     査法人の監査証明を受けております。
    4.当行は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内

     容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構に加入し、企業会計基準委員会の行う研
     修等に参加しております。
                                 50/124














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ① 【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      現金預け金                                 214,707              377,496
      買入金銭債権                                  2,162              2,143
      金銭の信託                                   862              862
                                  ※1 ,※7 ,※12   521,195         ※1 ,※7 ,※12   602,031
      有価証券
                                   ※2 ,※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※      ※2 ,※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※7 ,※
      貸出金
                                    8  1,765,020             8  2,016,168
                                      ※6  3,460            ※6  2,411
      外国為替
                                     ※7  15,546            ※7  15,344
      リース債権及びリース投資資産
                                    ※2 ,※7  11,999           ※2 ,※7  13,113
      その他資産
                                   ※10 ,※11   24,378          ※10 ,※11   23,245
      有形固定資産
        建物                                5,074              4,868
                                     ※9  18,052            ※9  16,866
        土地
        建設仮勘定                                  18              89
        その他の有形固定資産                                1,233              1,420
      無形固定資産                                  1,168              1,173
        ソフトウエア                                  659              981
        その他の無形固定資産                                  508              191
      退職給付に係る資産                                    ―              251
      繰延税金資産                                  1,962               585
      支払承諾見返                                 11,610              11,759
      貸倒引当金                                △ 14,156             △ 15,507
                                         △ 31             △ 31
      投資損失引当金
      資産の部合計                                2,559,886              3,051,047
     負債の部
                                    ※7  2,373,378            ※7  2,699,263
      預金
      譲渡性預金                                  9,863              9,322
      コールマネー及び売渡手形                                  1,741              5,092
                                      ※7  2,365           ※7  26,709
      債券貸借取引受入担保金
                                   ※7 ,※12   14,429          ※7 ,※12   136,753
      借用金
      外国為替                                   248              386
      その他負債                                 23,558              27,415
      賞与引当金                                   654              628
      退職給付に係る負債                                  3,439              1,157
      役員退職慰労引当金                                    21              12
      睡眠預金払戻損失引当金                                   301              229
      繰延税金負債                                   115             2,782
                                      ※9  3,410            ※9  3,122
      再評価に係る繰延税金負債
                                        11,610              11,759
      支払承諾
      負債の部合計                                2,445,140              2,924,634
                                 51/124





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     純資産の部
      資本金                                 16,062              16,062
      資本剰余金                                 13,327              13,327
      利益剰余金                                 71,783              73,492
                                       △ 1,067              △ 969
      自己株式
      株主資本合計                                 100,105              101,911
      その他有価証券評価差額金
                                        8,660              17,062
                                      ※9  6,860            ※9  6,422
      土地再評価差額金
                                       △ 1,120               808
      退職給付に係る調整累計額
      その他の包括利益累計額合計                                 14,400              24,293
      新株予約権                                   240              206
      純資産の部合計                                 114,746              126,412
     負債及び純資産の部合計                                 2,559,886              3,051,047
                                 52/124















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     経常収益                                   41,400              41,153
      資金運用収益                                 23,542              23,521
        貸出金利息                                18,338              18,660
        有価証券利息配当金                                4,993              4,608
        コールローン利息及び買入手形利息                                   1             △ 3
        預け金利息                                  130              204
        その他の受入利息                                  80              51
      役務取引等収益                                  7,156              7,605
      その他業務収益                                  9,498              8,482
      その他経常収益                                  1,203              1,544
        償却債権取立益                                   0              0
                                      ※1  1,202            ※1  1,544
        その他の経常収益
     経常費用                                   36,798              36,940
      資金調達費用                                   427              440
        預金利息                                  313              307
        譲渡性預金利息                                   7              4
        コールマネー利息及び売渡手形利息                                  46               4
        債券貸借取引支払利息                                  19              48
        借用金利息                                  39              75
        その他の支払利息                                   0              0
      役務取引等費用                                  3,530              3,371
      その他業務費用                                  8,150              7,810
                                     ※2  22,704            ※2  22,266
      営業経費
      その他経常費用                                  1,985              3,051
        貸倒引当金繰入額                                1,594              2,418
                                       ※3  391            ※3  632
        その他の経常費用
     経常利益                                   4,602              4,213
     特別利益
                                          1             558
      固定資産処分益                                    1             558
     特別損失                                    513              879
      固定資産処分損                                    15              148
                                       ※4  492            ※4  728
      減損損失
                                          5              3
      その他の特別損失
     税金等調整前当期純利益                                   4,090              3,892
     法人税、住民税及び事業税
                                         831             2,017
                                         817             △ 590
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   1,649              1,427
     当期純利益                                   2,441              2,465
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   2,441              2,465
                                 53/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     当期純利益                                   2,441              2,465
                                     ※1   △  7,062           ※1  10,330
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 7,373              8,402
                                         311             1,928
      退職給付に係る調整額
     包括利益                                  △ 4,620              12,796
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 △ 4,620              12,796
                                 54/124

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                          (単位:百万円)
                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              16,062       13,327       70,163       △ 1,073       98,479
    当期変動額
     剰余金の配当                           △ 1,172             △ 1,172
     親会社株主に帰属す
                                 2,441              2,441
     る当期純利益
     自己株式の取得                                    △ 1      △ 1
     自己株式の処分                            △ 0       7       7
     土地再評価差額金の
                                  351              351
     取崩
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計               ―       ―      1,619         6     1,625
    当期末残高              16,062       13,327       71,783       △ 1,067      100,105
                        その他の包括利益累計額

                                            新株予約権       純資産合計
               その他有価証券        土地再評価      退職給付に係る       その他の包括利
               評価差額金        差額金      調整累計額       益累計額合計
    当期首残高              16,034        7,211      △ 1,431       21,814        199     120,493
    当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 1,172
     親会社株主に帰属す
                                                      2,441
     る当期純利益
     自己株式の取得                                                  △ 1
     自己株式の処分                                                   7
     土地再評価差額金の
                                                       351
     取崩
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            △ 7,373       △ 351       311     △ 7,413        40     △ 7,372
     額)
    当期変動額合計             △ 7,373       △ 351       311     △ 7,413        40     △ 5,746
    当期末残高              8,660       6,860      △ 1,120       14,400        240     114,746
                                 55/124









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自         2020年4月1日 至          2021年3月31日)
                                          (単位:百万円)
                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              16,062       13,327       71,783       △ 1,067      100,105
    当期変動額
     剰余金の配当                           △ 1,173             △ 1,173
     親会社株主に帰属す
                                 2,465              2,465
     る当期純利益
     自己株式の取得                                    △ 0      △ 0
     自己株式の処分                            △ 20       98       77
     土地再評価差額金の
                                  437              437
     取崩
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計               ―       ―      1,708        97      1,806
    当期末残高              16,062       13,327       73,492        △ 969     101,911
                        その他の包括利益累計額

                                            新株予約権       純資産合計
               その他有価証券        土地再評価      退職給付に係る       その他の包括利
               評価差額金        差額金      調整累計額       益累計額合計
    当期首残高              8,660       6,860      △ 1,120       14,400        240     114,746
    当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 1,173
     親会社株主に帰属す
                                                      2,465
     る当期純利益
     自己株式の取得                                                  △ 0
     自己株式の処分                                                  77
     土地再評価差額金の
                                                       437
     取崩
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純             8,402       △ 437      1,928       9,893        △ 34      9,858
     額)
    当期変動額合計              8,402       △ 437      1,928       9,893        △ 34     11,665
    当期末残高              17,062        6,422        808      24,293        206     126,412
                                 56/124









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  4,090              3,892
      減価償却費                                  1,352              1,042
      減損損失                                   492              728
      貸倒引当金の増減(△)                                 △ 1,613              1,350
      投資損失引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 0
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 9             △ 26
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                    ―             1,105
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   144             △ 867
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 9
      睡眠預金払戻損失引当金の増減(△)                                  △ 98             △ 72
      資金運用収益                                △ 23,542             △ 23,521
      資金調達費用                                   427              440
      有価証券関係損益(△)                                 △ 1,540              △ 678
      金銭の信託の運用損益(△は運用益)                                    12             △ 12
      為替差損益(△は益)                                    0             △ 2
      固定資産処分損益(△は益)                                    6            △ 518
      貸出金の純増(△)減                                △ 43,635             △ 251,147
      預金の純増減(△)                                 87,271              325,884
      譲渡性預金の純増減(△)                                  △ 782             △ 541
      借用金(劣後特約付借入金を除く)の純増減
                                        5,718             122,324
      (△)
      預け金(日銀預け金を除く)の純増(△)減                                 △ 6,584               381
      コールローン等の純増(△)減                                  △ 30              18
      コールマネー等の純増減(△)                                  1,741              3,351
      債券貸借取引受入担保金の純増減(△)                                 △ 5,348              24,344
      外国為替(資産)の純増(△)減                                  △ 57             1,049
      外国為替(負債)の純増減(△)                                   109              137
      リース債権及びリース投資資産の純増(△)減                                 △ 1,254               202
      資金運用による収入                                 24,277              23,804
      資金調達による支出                                  △ 466             △ 484
                                        13,332                45
      その他
      小計                                 54,009              232,223
      法人税等の支払額
                                       △ 3,184              △ 685
                                          88              663
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 50,914              232,201
                                 57/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有価証券の取得による支出                                △ 201,192             △ 212,555
      有価証券の売却による収入                                 80,614              76,462
      有価証券の償還による収入                                 52,557              68,346
      金銭の信託の減少による収入                                    ―              12
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 317             △ 944
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 425             △ 403
                                          71             1,222
      有形固定資産の売却による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 68,692             △ 67,859
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      配当金の支払額                                 △ 1,172             △ 1,173
      自己株式の取得による支出                                   △ 1             △ 0
                                          0              0
      ストックオプションの行使による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,173             △ 1,173
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 0              2
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 18,952              163,170
     現金及び現金同等物の期首残高                                  226,506              207,554
                                     ※1  207,554            ※1  370,725
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 58/124













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社             5 社
       主要な連結子会社名は、「第1               企業の概況      4  関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
     (2) 非連結子会社
       佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第三号
       佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第四号
       デジタルトランスフォーメーションファンド投資事業有限責任組合第1号
       非連結子会社は、その資産、経常収益、当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)及びその他
      の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、連結の範囲から除いても企業集団の財政状態及び経営成績に関す
      る合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいため、連結の範囲から除外しております。
    2.持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用の非連結子会社
       該当事項はありません。
     (2)  持分法適用の関連会社
       該当事項はありません。
     (3) 持分法非適用の非連結子会社
       佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第三号
       佐銀ベンチャーキャピタル投資事業有限責任組合第四号
       デジタルトランスフォーメーションファンド投資事業有限責任組合第1号
     (4) 持分法非適用の関連会社
       佐賀観光活性化投資事業有限責任組合第1号
       持分法非適用の非連結子会社及び関連会社は、当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)及び
      その他の包括利益累計額(持分に見合う額)からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に重要な影響を与え
      ないため、持分法の対象から除いております。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
    4.会計方針に関する事項

     (1)  商品有価証券の評価基準及び評価方法
       商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)により行っております。
     (2) 有価証券の評価基準及び評価方法
     ① 有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、その他有価証券につ
      いては原則として連結決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)、ただし時
      価を把握することが極めて困難と認められるものについては移動平均法による原価法により行っております。
       なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
     ② 有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券の評価は、
      時価法により行っております。
     (3) デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
       デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
     (4) 固定資産の減価償却の方法
      ① 有形固定資産
       当行の有形固定資産は、定率法(ただし、1998年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに2016
      年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
       また、主な耐用年数は次のとおりであります。
       建  物:3年~60年
       その他:2年~20年
       連結子会社の有形固定資産については、法人税法の定める耐用年数に基づき、主として定率法により償却してお
      ります。
                                 59/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      ② 無形固定資産
       無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、当行及び連結子
      会社で定める利用可能期間(5年)に基づいて償却しております。
     (5) 貸倒引当金の計上基準
       当行の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
       「銀行等金融機関の資産の自己査定並びに貸倒償却及び貸倒引当金の監査に関する実務指針」(日本公認会計士協
      会銀行等監査特別委員会報告第4号 2020年10月8日)に規定する正常先債権及び要注意先債権(要管理債権、その
      他の要注意先債権)に相当する債権については、主として正常先債権及びその他の要注意先債権は今後1年間の予
      想損失額、要管理先債権は今後3年間の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失額は、それぞれ1年間又は
      3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、これに将来見
      込み等必要な修正を加えて算出しております。破綻懸念先債権に相当する債権については、債権額から担保の処分
      可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額(未保全額)のうち必要と認める額を計上しており
      ます。具体的には、その未保全額が一定額以上の破綻懸念先債権については、債務者の状況を総合的に判断して
      キャッシュ・フローによる回収可能額を見積もり、未保全額から当該キャッシュ・フローを控除した残額を貸倒引
      当金とする方法(キャッシュ・フロー控除法)により算出しており、その他の破綻懸念先債権は3年間の貸倒実績
      を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値を未保全額に乗じて算出しております。破綻先債権及び
      実質破綻先債権に相当する債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を
      控除した残額を計上しております。
       すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署の協力の下に資産査定部署が資産査定を実施して
      おります。
       連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額を、貸倒懸念債
      権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上しております。
      (追加情報)
        新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う経済への影響は、今後1年程度続くものと想定しております。主
       に当行グループの貸出金等の信用リスクに一定の影響があると認識しておりますが、これによる与信費用の増加
       は、政府や自治体の経済対策や金融機関による支援等もあり、多額にはならないとの仮定を置いております。当
       該仮定には不確実性があり、新型コロナウイルス感染症の状況やその経済への影響が変化した場合には、損失額
       が増減する可能性があります。
     (6)  投資損失引当金の計上基準
       連結子会社の投資損失引当金は、投資に対する損失に備えるため、有価証券の発行会社の財政状態等を勘案して
      必要と認められる額を計上しております。
     (7)  賞与引当金の計上基準
       賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当連結会計年
      度に帰属する額を計上しております。
     (8)  役員退職慰労引当金の計上基準
       連結子会社の役員退職慰労引当金は、役員への退職慰労金の支払いに備えるため、役員に対する退職慰労金の支
      給見積額のうち、当連結会計年度末までに発生していると認められる額を計上しております。
     (9)  睡眠預金払戻損失引当金の計上基準
       睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払
      戻請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
     (10)退職給付に係る会計処理の方法
       退職給付債務の算定に当たり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については給付
      算定式基準によっております。また、過去勤務費用及び数理計算上の差異の損益処理方法は次のとおりでありま
      す。
       過去勤務費用:その発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年)による定額法により損益処理
       数理計算上の差異:各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(5年)による定額法に
                より按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理
       なお、連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を
      退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (11)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       当行の外貨建資産・負債については、連結決算日の為替相場による円換算額を付しております。
                                 60/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (12)収益及び費用の計上基準
       ファイナンス・リース取引に係る収益の計上基準
       リース料受取時(またはリース料を収受すべき時)に売上高と売上原価を計上する方法によっております。
     (13)重要なヘッジ会計の方法
      ①  金利リスク・ヘッジ
       当行の金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における金融商品会計基準
      適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別委員会実務指針第24号 2020年10月8日。以
      下「業種別委員会実務指針第24号」という。)に規定する繰延へッジによっております。ヘッジ有効性評価の方法に
      ついては、相場変動を相殺するヘッジについて、ヘッジ対象となる貸出金とヘッジ手段である金利スワップ取引を
      一定の(残存)期間毎にグルーピングのうえ特定し評価しております。
       なお、一部の資産については、金利スワップの特例処理を行っております。
      ②  為替変動リスク・ヘッジ
       当行の外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における外貨建
      取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別委員会実務指針第25号 2020年
      10月8日)に規定する繰延ヘッジによっております。ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の
      為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワップ取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象で
      ある外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の外貨ポジション相当額が存在することを確認することによりヘッ
      ジの有効性を評価しております。
       また、外貨建その他有価証券(債券以外)の為替変動リスクをヘッジするため、事前にヘッジ対象となる外貨建有
      価証券の銘柄を特定し、当該外貨建有価証券について外貨ベースで取得原価以上の直先負債が存在していること等
      を条件に包括ヘッジとして時価ヘッジを適用しております。
       連結子会社においては、上記①及び②について、ヘッジ会計を行っておりません。
     (14)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、連結貸借対照表上の「現金預け金」のうち現金及び日本
      銀行への預け金であります。
     (15)消費税等の会計処理
       当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)の会計処理は、税抜方式によってお
      ります。ただし、有形固定資産に係る控除対象外消費税等は当連結会計年度の費用に計上しております。
     (16)関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続
       投資信託(上場投資信託を除く。)の解約・償還に伴う差損益については、投資信託全体で集計し、期中収益分
      配金等含めた全体で益の場合は「有価証券利息配当金」に計上し、損の場合は「その他業務費用」の国債等債券償
      還損に計上しております。
       前連結会計年度は、投資信託(上場投資信託を除く。)の期中収益分配金が全体で益となるため、「有価証券利
      息配当金」に304百万円を計上しております。
       当連結会計年度は、投資信託(上場投資信託を除く。)の期中収益分配金が全体で益となるため、「有価証券利
      息配当金」に152百万円を計上しております。
      (追加情報)
        「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31
       日)を当連結会計年度の年度末に係る連結財務諸表から適用し、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場
       合に採用した会計処理の原則及び手続」を開示しております。
                                 61/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (重要な会計上の見積り)
        会計上の見積りにより当連結会計年度に係る連結財務諸表にその額を計上した項目であって、翌連結会計年度
       に係る連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりです。
       貸倒引当金

       1. 当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                              当連結会計年度

                              ( 2021年3月31日       )
        貸倒引当金                      15,507百万円
       2. 識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       (1)   算出方法
         貸倒引当金の算出方法は、「注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」の4.「(5)貸
        倒引当金の計上基準」に記載しております。
       (2)   主要な仮定
         主要な仮定は、「債務者区分の判定における貸出先の将来の業績見通し」及び「キャッシュ・フローの見積
        り」であります。「債務者区分の判定における貸出先の将来の業績見通し」は、各債務者の収益獲得能力を個
        別に評価し、設定しております。また、「キャッシュ・フロー控除法におけるキャッシュ・フローの見積り」
        は、各債務者の支払能力を個別に評価し、設定しております。
       (3)   翌連結会計年度の連結財務諸表に与える影響
         個別貸出先の業績変化等により、当初の見積りに用いた仮定が変化した場合は、翌連結会計年度に係る連結
        財務諸表における貸倒引当金に重要な影響を及ぼす可能性があります。
      (未適用の会計基準等)

      1.収益認識に関する会計基準
       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日)
       (1)  概要
         収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。
          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
          ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2)  適用予定日
         2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)  当該会計基準の適用による影響
         影響額は、当連結財務諸表の作成時において軽微であります。
      2.時価の算定に関する会計基準

       ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
       ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
       ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
       ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
       (1)  概要
         国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の
        算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に
        関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
         また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注
                                 62/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
        記事項が定められました。
       (2)  適用予定日
         2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)  当該会計基準の適用による影響
         影響額は、当連結財務諸表の作成時において軽微であります。
      (表示方法の変更)

        「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の年
       度末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
        ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会計
       年度に係る内容については記載しておりません。
      (連結貸借対照表関係)

     ※1.非連結子会社及び関連会社の株式又は出資金の総額
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
                                832百万円                926百万円
        出資金
     ※2.貸出金及びその他資産のうち破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
        破綻先債権額                       1,990百万円                 2,577百万円
        延滞債権額                      25,372百万円                28,266百万円
       なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利

      息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。
      以下、「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(1965年政令第97号)第96条第1項第3号イか
      らホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
       また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを
      目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
       その他資産のうち、貸出金に準じるものとして、求償債権を上記の対象としており、その債権額は次のとおりで
      あります。
                  前連結会計年度                 当連結会計年度

                  ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
                    335百万円                 303百万円
     ※3.貸出金のうち3カ月以上延滞債権額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
        3カ月以上延滞債権額                        ―百万円                 ―百万円
       なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が、約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出金で

      破綻先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
     ※4.貸出金のうち貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
        貸出条件緩和債権額                      9,520百万円               12,123百万円
       なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶

      予、元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び3
      カ月以上延滞債権に該当しないものであります。
                                 63/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     ※5.破綻先債権額、延滞債権額、3カ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は次のとおりでありま
       す。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
        合計額                      36,883百万円                42,967百万円
       なお、上記2.から5.に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。

     ※6.手形割引は、業種別委員会実務指針第24号に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入れた

       商業手形及び買入外国為替は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有しておりますが、その
       額面金額は次のとおりであります。
                   前連結会計年度                 当連結会計年度

                   ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
                     6,803百万円                  4,897百万円
     ※7.担保に供している資産は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
        担保に供している資産
          有価証券                       13,334百万円                 79,572百万円
                                 ―百万円
         貸出金                                      80,165百万円
                               2,446百万円                2,249百万円
         リース投資資産
        担保資産に対応する債務

                               3,690百万円                2,396百万円
          預金
                               2,365百万円
          債券貸借取引受入担保金                                      26,709百万円
         借用金                      7,425百万円
                                              130,260百万円
       上記のほか、為替決済、デリバティブ等の取引の担保として、次のものを差し入れております。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
            有価証券                    67,991百万円                 60,068百万円
                                 ―百万円
            貸出金                                   63,371百万円
                                875百万円
            その他資産                                   1,090百万円
       また、その他資産には、保証金が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
            保証金                    1,065百万円                 1,067百万円
     ※8.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、

       契約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約でありま
       す。これらの契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
        融資未実行残高                      539,149百万円                578,735百万円
          うち原契約期間が1年以内のもの
                              532,479百万円                572,446百万円
         (又は任意の時期に無条件で取消
          可能なもの)
       なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも

      当行及び連結子会社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、
      金融情勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行及び連結子会社が実行申し込みを受けた融
      資の拒絶又は契約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に
      応じて不動産・有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に(半年毎に)予め定めている行内(社内)手続に
      基づき顧客の業況等を把握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
                                 64/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     ※9.土地の再評価に関する法律(1998年3月31日公布法律第34号)に基づき、当行の事業用の土地の再評価を行い、

       評価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上
       し、これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
            再評価を行った年月日
              1998年3月31日
            同法律第3条第3項に定める再評価の方法
         土地の再評価に関する法律施行令(1998年3月31日公布政令第119号)第2条第1号に定める地価公示法に基づ
        いて、(奥行価格補正、時点修正、近隣売買事例による補正等)合理的な調整を行って算出。
            同法律第10条に定める再評価を行った事業用の土地の期末における時価の合計額と当該事業用の土地の再評価
        後の帳簿価額の合計額との差額
                   前連結会計年度                 当連結会計年度

                   ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
                    7,572百万円                 6,736百万円
     ※10.有形固定資産の減価償却累計額

                              前連結会計年度               当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
        減価償却累計額                      26,933   百万円            25,937   百万円
     ※11.有形固定資産の圧縮記帳額

                              前連結会計年度               当連結会計年度

                             ( 2020年3月31日       )        ( 2021年3月31日       )
                               4,074百万円                3,611百万円
        圧縮記帳額
                              (     ―百万円)             (      ―百万円)
        (当該連結会計年度の圧縮記帳額)
     ※12.「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の

       額
                   前連結会計年度                 当連結会計年度

                   ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
                    12,874百万円                 20,629百万円
                                 65/124









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
     ※1.その他の経常収益には、次のものを含んでおります。 
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                             至    2020年3月31日       )       至    2021年3月31日       )
                                261百万円                794百万円
        株式等売却益
        固定資産貸付料                        139百万円                129百万円
        時効完成預金繰入                         69百万円                 33百万円
        保証料・団信配当金                        249百万円                 72百万円
     ※2.営業経費には、次のものを含んでおります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                             至    2020年3月31日       )       至    2021年3月31日       )
        給料・手当                        9,358百万円                9,076百万円
     ※3.その他の経常費用には、次のものを含んでおります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                             至    2020年3月31日       )       至    2021年3月31日       )
        株式等償却                         ―百万円                 76百万円
        時効完成預金支払                        110百万円                101百万円
     ※4.減損損失

        当行グループは、営業キャッシュ・フローの低下や市場価格の著しい低下により以下の資産について回収可能
       価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
       前連結会計年度(自          2019年4月1日        至  2020年3月31日       )

                                    (単位:百万円)
           地域        主な用途          種類        減損損失
          佐賀県内        営業店舗16か所         土地・建物・動産               395
          佐賀県内        遊休資産1か所          土地・建物               2
          福岡県内        営業店舗2か所          土地・建物              15
          福岡県内        遊休資産1か所            土地             46
          長崎県内        営業店舗1か所          土地・建物              31
           合計          ―         ―            492
        当該資産の回収可能価額は、正味売却価額により測定しております。正味売却価額については不動産鑑定評価

       基準等に準じて評価した額から処分費用見込額を控除して算定しております。
        資産のグルーピング方法は、当行では管理会計上の最小区分である営業店単位(ただし、連携して営業を行って
       いる営業店グループは当該グループ単位)でグルーピングを行っておりますが、銀行全体に関連する資産(本部使
       用資産、社宅、ATMコーナー等)は共用資産とし、遊休資産については各々独立した単位として取り扱っておりま
       す。また、連結子会社では各社をグルーピングの単位として取り扱っております。
                                 66/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(自          2020年4月1日        至  2021年3月31日       )
                                    (単位:百万円)
           地域        主な用途          種類        減損損失
          佐賀県内        営業店舗16か所         土地・建物・動産               608
          福岡県内        営業店舗4か所         土地・建物・動産                81
          大分県内        遊休資産1か所            土地             37
           合計          ―         ―            728
        当該資産の回収可能価額は、正味売却価額により測定しております。正味売却価額については不動産鑑定評価

       基準等に準じて評価した額から処分費用見込額を控除して算定しております。
        資産のグルーピング方法は、当行では管理会計上の最小区分である営業店単位(ただし、連携して営業を行って
       いる営業店グループは当該グループ単位)でグルーピングを行っておりますが、銀行全体に関連する資産(本部使
       用資産、社宅、ATMコーナー等)は共用資産とし、遊休資産については各々独立した単位として取り扱っておりま
       す。また、連結子会社では各社をグルーピングの単位として取り扱っております。
      (連結包括利益計算書関係)

      ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                                 (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                 至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
          その他有価証券評価差額金
              当期発生額                      △8,377    百万円          12,903   百万円
                                   △1,822              △998
              組替調整額                           〃             〃
               税効果調整前                         〃             〃
                                   △10,200              11,905
                                    2,826            △3,502
               税効果額                         〃             〃
               その他有価証券評価差額金                     △7,373     〃         8,402    〃
          退職給付に係る調整額
              当期発生額                       △357    〃         1,770    〃
                                      804            1,000
              組替調整額                           〃             〃
               税効果調整前                         〃             〃
                                      447            2,771
                                    △136             △842
               税効果額                         〃             〃
               退職給付に係る調整額                       311   〃         1,928    〃
                     その他の包括利益合計              △7,062     〃        10,330    〃
                                 67/124








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自         2019年4月1日        至  2020年3月31日       )

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                                                   (単位:千株)
             当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度        当連結会計年度末
                                                   摘要
              期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
    発行済株式
      普通株式              17,135           ―         ―       17,135
    自己株式
      普通株式               392          1         2        390   (注)
      (注)増加は単元未満株式の買取り1千株、減少は新株予約権の行使2千株及び単元未満株式の買増し0千株による
       ものであります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                          新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                 当連結会計
               新株予約権の
        新株予約権
     区分          目的となる株                                 年度末残高      摘要
                               当連結会計年度
                       当連結会計                  当連結会計
        の内訳
               式の種類
                                                 (百万円)
                        年度期首                   年度末
                               増加     減少
        ストック・
        オプション
     当行                          ―                    240
        としての新
        株予約権
        合計                      ―                    240
      3.配当に関する事項

      (1)当連結会計年度中の配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                          基準日        効力発生日
                       (百万円)         (円)
    2019年6月27日
               普通株式            586        35.00    2019年3月31日         2019年6月28日
    定時株主総会
    2019年11月8日
               普通株式            586        35.00    2019年9月30日         2019年12月4日
    取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                                  1株当た
                    配当金の総額
                                  り配当額
       (決議)       株式の種類              配当の原資              基準日        効力発生日
                    (百万円)
                                  (円)
    2020年6月26日
              普通株式           586   利益剰余金       35.00    2020年3月31日         2020年6月29日
    定時株主総会
                                 68/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自         2020年4月1日        至  2021年3月31日       )
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                                                   (単位:千株)
             当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度        当連結会計年度末
                                                   摘要
              期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
    発行済株式
      普通株式              17,135           ―         ―       17,135
    自己株式
      普通株式               390          0        36        355   (注)
      (注)増加は単元未満株式の買取り0千株、減少は新株予約権の行使36千株によるものであります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                          新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                 当連結会計
               新株予約権の
        新株予約権
     区分          目的となる株                                 年度末残高      摘要
                               当連結会計年度
                       当連結会計                  当連結会計
        の内訳
               式の種類
                                                 (百万円)
                        年度期首                   年度末
                               増加     減少
        ストック・
        オプション
     当行                          ―                    206
        としての新
        株予約権
        合計                      ―                    206
      3.配当に関する事項

      (1)当連結会計年度中の配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                          基準日        効力発生日
                       (百万円)         (円)
    2020年6月26日
               普通株式            586        35.00    2020年3月31日         2020年6月29日
    定時株主総会
    2020年11月10日
               普通株式            587        35.00    2020年9月30日         2020年12月4日
    取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                                  1株当た
                    配当金の総額
                                  り配当額
       (決議)       株式の種類              配当の原資              基準日        効力発生日
                    (百万円)
                                  (円)
    2021年6月29日
              普通株式           587   利益剰余金       35.00    2021年3月31日         2021年6月30日
    定時株主総会
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                             至    2020年3月31日       )       至    2021年3月31日       )
        現金預け金勘定                       214,707    百万円            377,496    百万円
                               △7,152                △6,771
        預け金(日本銀行への預け金を除く)                             〃                  〃
        現金及び現金同等物                       207,554      〃            370,725      〃
                                 69/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (リース取引関係)
      1.ファイナンス・リース取引
      (借手側)
       該当事項はありません。
      (貸手側)

       (1)  リース投資資産の内訳
                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
        リース料債権部分                              16,905                 16,711
        見積残存価額部分                                19                 19
        受取利息相当額                             △1,378                 △1,387
               合計                       15,546                 15,344
       (2)  リース投資資産に係るリース料債権部分の金額の回収期日別内訳

                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
        1年以内                              5,085                 5,181
        1年超2年以内                              4,155                 4,185
        2年超3年以内                              3,196                 3,354
        3年超4年以内                              2,435                 2,157
        4年超5年以内                              1,270                 1,249
        5年超                               762                 583
               合計                       16,905                 16,711
      2.オペレーティング・リース取引

        借手側、貸手側ともに該当事項はありません。
                                 70/124









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
        当行グループは、預金等で資金を調達し、貸出金や有価証券等で運用するという銀行業務を主として営んでお
       ります。預金、貸出金や有価証券等の金融資産・金融負債は、金利リスク・価格変動リスク等を有しており、こ
       れらのリスクを適切にコントロールし安定的な収益を計上するため、当行では、資産及び負債の総合的管理(A
       LM)を行い、その一環として、デリバティブ取引を行っております。
      (2) 金融商品の内容及びそのリスク
        当行グループが保有する金融資産は、主として国内の事業会社、地方公共団体及び個人に対する貸出金であ
       り、取引先の契約不履行による信用リスクに晒されております。当行では融資の規範であるクレジットポリシー
       に業種毎の与信限度シェアを定めており、特定業種への与信集中はありません。
        有価証券は、主に株式、債券、投資信託及び組合出資金であり、満期保有目的、純投資目的及び事業推進目的
       で保有しているほか、一部は売買目的で保有しております。これらは、それぞれ発行体の信用リスク及び金利リ
       スク、価格変動リスクに晒されております。
        借入金及びコールマネーは、一定の環境の下で当行グループが市場を利用できなくなる場合など、支払期日に
       その支払いを実行できなくなる流動性リスクに晒されております。
        デリバティブ取引にはALMの一環で行っている金利スワップ取引があります。当行では、金利スワップ取引
       をヘッジ手段として、ヘッジ対象である貸出金に関わる金利の変動リスクに対してヘッジ会計を適用しておりま
       す。これらのヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段のキャッシュ・フ
       ロー変動の累計を比較し、両者の変動額等を基礎にして、ヘッジの有効性を評価しております。
        また、金利スワップ取引をヘッジ手段として、ヘッジ対象である長期貸出金に金利スワップの特例処理を行っ
       ております。一部ヘッジ会計の要件を満たしていない取引は、為替及び金利の変動リスクに晒されております。
      (3) 金融商品に係るリスク管理体制
       ① 信用リスクの管理
         当行グループは、当行の信用リスクに関する管理諸規程に従い、「債務者信用格付制度」、「自己査定」な
        どの個別のリスク管理に加え、統計的手法によって、今後1年間の損失額を計量的に把握する「信用リスク計
        量化」に取り組んでいる他、与信限度額の設定、問題債権への対応など与信管理に関する体制を整備し運営し
        ております。これらの与信管理は、与信関連部署より定期的に経営陣に対し大口取引先への与信状況やポート
        フォリオ全体のリスク量等の報告を行っております。
                                 71/124










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       ② 市場リスクの管理
       (ⅰ) 金利リスクの管理
         当行グループは、ALMによって金利リスクを管理しております。「市場リスク管理規程」など市場リスク
        管理に関する諸規定において、リスク管理方法や手続等の詳細を規定しており、リスク限度額をALM会議で
        協議の上、常務会で決定しております。所管部はALM会議において実施状況の把握・確認、今後の対応等の
        協議を行っております。日常的にはALM担当部において金融資産及び負債について、ギャップ分析や金利感
        応度分析等によりモニタリングを行い、毎月ALM会議で報告しております。なお、ALMにより金利リスク
        をヘッジするための金利スワップ等のデリバティブ取引も行っております。
       (ⅱ) 為替リスクの管理
         当行グループは、為替の変動リスクに関して、当行全体の為替ポジションを把握した上で管理を行い、必要
        に応じて通貨スワップ等を利用しております。
       (ⅲ) 価格変動リスクの管理
         株式等の保有については、ALM会議の方針に基づき、ALM会議で協議の上、常務会で決定したリスク限
        度額の枠内で行っております。このうち、純投資目的については、事前審査、継続的なモニタリングを通じ
        て、価格変動リスクの軽減を図っており、業務・資本提携を含む事業推進目的で保有しているものについて
        は、取引先の事業環境や財務状況などをモニタリングの上、リスク・リターン評価などを踏まえた中長期的な
        経済合理性や将来の見通しも検証し保有の可否を判断しております。
       (ⅳ) デリバティブ取引
         デリバティブ取引に関しては、取引の執行、ヘッジ有効性の評価、事務管理に関する部門をそれぞれ分離し
        内部牽制体制のもとで実施しております。
       (ⅴ) 市場リスクに係る定量的情報
        (ア) トレーディング目的の金融商品
         当行グループでは、トレーディング目的として保有している「金融商品」のバリュー・アット・リスク(以
        下「VaR」という)の算定にあたっては、分散共分散法(保有期間:10日間、信頼区間99%、観測期間1年)を
        採用しております。
         2021年3月31日(当期の連結決算日)現在で当行グループのトレーディング業務の市場リスク量(損失額の
        推計値)は、全体で0百万円(前連結会計年度は全体で0百万円)です。
        (イ) トレーディング目的以外の金融商品
         当行グループにおいて、主要なリスク変数である金利リスクの影響を受ける主たる金融商品は、「貸出
        金」、「有価証券のうちその他有価証券及び満期保有目的の債券に分類される債券」、「預金」、「借用
        金」、「デリバティブ取引のうちの金利スワップ取引、債券先物取引、債券店頭オプション取引等」です。こ
        れらの金融資産及び金融負債に関するVaRの算定にあたっては、分散共分散法(円貨:保有期間60日、信頼区間
        99%、観測期間5年/円貨のうち債券店頭オプション取引:保有期間・満期までの日数、信頼区間99%、観測期
        間1年/外貨:保有期間20日、信頼区間99%、観測期間1年)を採用しております。
         また、価格変動リスクの影響を受ける株式等に関するVaRの算定にあたっては、分散共分散法(政策投資:保
        有期間125日、信頼区間99%、観測期間5年/純投資・投資信託・特定金銭信託:保有期間20日、信頼区間99%、
        観測期間1年)を採用しております。
         2021年3月31日(当期の連結決算日)現在で当行グループのトレーディング業務以外の市場リスク量は、全
        体で11,722百万円(2020年3月31現在で全体で10,953百万円)です。なお、当行では内部管理上、政策投資株
        式Varについては、Varから評価損益を差し引いた計数をリスク量として使用しており、政策株式の評価益が政
        策投資株式Varを上回っているため、政策投資株式のリスク量はゼロとなっております。
         なお、計測されたVaRの値については、バックテストによる検証を定期的に実施しております。バックテス
        ティング(保有期間1日VaR及び保有期間VaR、信頼区間99%)の結果、使用するリスク計測モデルは十分な精度
        により市場リスクを捕捉しているものと考えておりますが、VaRは過去の相場変動をベースとして統計的に算出
        した一定の発生確率での市場リスク量を計測しているため、通常では考えられないほど市場環境が激変する状
        況下におけるリスクは捕捉できない場合があります。
                                 72/124



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       ③ 資金調達に係る流動性リスクの管理
         当行グループは、ALMを通して、適時にグループ全体の資金管理を行うほか、預金、貸出金の満期ミス
        マッチ管理、流動性を考慮した有価証券及び短期金融市場での運用などによって、流動性リスクを管理してお
        ります。
      (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場
       合、当該価額が異なることもあります。また、「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取
       引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありませ
       ん。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額は、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極め
       て困難と認められる非上場株式等は、次表には含めておりません((注2)参照)。
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                 (単位:百万円)
                              連結貸借対照表
                                          時価         差額
                                計上額
    (1)現金預け金                              214,707         214,707            ―
    (2)買入金銭債権         (*1)
                                    2,151         2,151           ―
    (3)有価証券 (*1)
         満期保有目的の債券                               15,696         15,950           254
         その他有価証券                              503,158         503,158            ―
    (4)貸出金                             1,765,020
                                  △11,822
           貸倒引当金 (*1)
                                  1,753,198         1,791,058           37,860
    (5)リース債権及びリース投資資産
                                   15,546
                                    △61
           貸倒引当金 (*1)
                                   15,484         15,371          △112
    資産計                             2,504,396         2,542,398           38,001
    (1)預金                             2,373,378         2,373,376            △2
    (2)譲渡性預金                               9,863         9,863           0
    (3)コールマネー及び売渡手形                               1,741         1,741           ―
    (4)債券貸借取引受入担保金                               2,365         2,365           ―
    (5)借用金                               14,429         14,429            0
    負債計                             2,401,778         2,401,775            △2
    デリバティブ取引 (*2)
                                             ( 92)
      ヘッジ会計が適用されていないもの                                (92)                   ―
      ヘッジ会計が適用されているもの                                 ―        (508)         △508
    デリバティブ取引計                                (92)         (600)         △508
     (*1)   貸出金及びリース債権及びリース投資資産に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
      なお、買入金銭債権に対する貸倒引当金及び有価証券に対する投資損失引当金については、重要性が乏しいため、
      連結貸借対照表計上額から直接減額しております。
     (*2)   その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括表示しております。
       デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
      ては、(      )で表示しております。
                                 73/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )
                                                 (単位:百万円)
                              連結貸借対照表
                                          時価         差額
                                計上額
    (1)現金預け金                              377,496         377,496            ―
    (2)買入金銭債権         (*1)
                                    2,132         2,132           ―
    (3)有価証券 (*1)
         満期保有目的の債券                               14,500         14,962           461
         その他有価証券                              585,049         585,049            ―
    (4)貸出金                             2,016,168
                                  △13,198
           貸倒引当金 (*1)
                                  2,002,969         2,033,005           30,035
    (5)リース債権及びリース投資資産
                                   15,344
                                    △55
           貸倒引当金 (*1)
                                   15,288         15,089          △199
    資産計                             2,997,437         3,027,735           30,297
    (1)預金                             2,699,263         2,699,284             21
    (2)譲渡性預金                               9,322         9,322           0
    (3)コールマネー及び売渡手形                               5,092         5,092           ―
    (4)債券貸借取引受入担保金                               26,709         26,709           ―
    (5)借用金                              136,753         136,753            0
    負債計                             2,877,141         2,877,163             21
    デリバティブ取引 (*2)
      ヘッジ会計が適用されていないもの                               (1,617)         (1,617)           ―
      ヘッジ会計が適用されているもの                                 ―        (395)         △395
    デリバティブ取引計                               (1,617)         (2,012)          △395
     (*1)   貸出金及びリース債権及びリース投資資産に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
      なお、買入金銭債権に対する貸倒引当金及び有価証券に対する投資損失引当金については、重要性が乏しいため、
      連結貸借対照表計上額から直接減額しております。
     (*2)   その他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括表示しております。
       デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
      ては、(      )で表示しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法

       資  産
      (1) 現金預け金
        預け金については、満期のないものであり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価と
       しております。
      (2)   買入金銭債権
        買入金銭債権については、約定期間が短期間(1年以内)であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当
       該帳簿価額を時価としております。
      (3)   有価証券
        株式は取引所の価格、債券は取引所の価格、合理的に算定された価格又は取引金融機関から提示された価格に
       よっております。投資信託は、公表されている基準価格によっております。債券の合理的に算定された価格につ
       いては、元利金の合計額を信用リスク相当分を調整した利率で割り引いて算定しております。
        なお、保有目的ごとの有価証券に関する注記については、「(有価証券関係)」に記載しております。
                                 74/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (4)   貸出金
        貸出金については、元利金の合計額を信用リスク相当分を調整した利率で割り引いて時価を算定しておりま
       す。なお、約定期間が短期間(1年以内)のものは、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時
       価としております。
        また、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等については、見積将来キャッシュ・フローの現在価
       値又は担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は連結決算日における
       連結貸借対照表上の債権等計上額から貸倒引当金計上額を控除した金額に近似しており、当該価額を時価として
       おります。
        貸出金のうち、当該貸出を担保資産の範囲内に限るなどの特性により、返済期限を設けていないものについて
       は、返済見込み期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額と近似しているものと想定されるため、帳簿価額を時
       価としております。
      (5)   リース債権及びリース投資資産
        リース債権及びリース投資資産については、一定の期間ごとに分類し、その将来キャッシュ・フローを新規契
       約を行った場合に想定される利率で割り引いて現在価値を算定しております。
       負  債

      (1)   預金、(2)譲渡性預金
        要求払預金については、連結決算日に要求された場合の支払額(帳簿価額)を時価とみなしております。また、
       定期預金の時価は、元利金の合計額を割り引いて現在価値を算定しております。その割引率は、新規に預金を受
       け入れる際に使用する利率を用いております。なお、預入期間が短期間(1年以内)のものは、時価は帳簿価額と
       近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
      (3)   コールマネー及び売渡手形、(4)債券貸借取引受入担保金
        これらは、約定期間が短期間(1年以内)であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時
       価としております。
      (5)   借用金
        借用金については、元利金の合計額を同様の借入において想定される利率で割り引いて現在価値を算定してお
       ります。なお、約定期間が短期間(1年以内)のものは、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
       を時価としております。
       デリバティブ取引

        デリバティブ取引については、「(デリバティブ取引関係)」に記載しております。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額は次のとおりであり、金融

        商品の時価情報の「資産(3)その他有価証券」には含まれておりません。
                                             (単位:百万円)

                              前連結会計年度             当連結会計年度
                 区  分
                             ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
          ①非上場株式       (*1)(*2)
                                     1,454             1,505
          ②非上場外国株式         (*1)(*2)
                                       7             7
          ③組合出資金       (*3)
                                      848             936
                 合  計                    2,309             2,449
          (*1)   非上場株式及び非上場外国株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認
            められることから時価開示の対象とはしておりません。
          (*2)   前連結会計年度における減損処理額は、該当ありません。
            当連結会計年度における減損処理額は、該当ありません。
          (*3) 組合出資金のうち、組合財産が非上場株式など時価を把握することが極めて困難と認められるもので
            構成されているものについては、時価開示の対象とはしておりません。
                                 75/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                           1年超      3年超      5年超      7年超
                     1年以内                                10年超
                           3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預け金                  214,707         ―      ―      ―      ―      ―
    買入金銭債権                   2,151        ―      ―      ―      ―      ―
    有価証券
     満期保有目的の債券                   593     2,220      2,482       400       ―    10,000
      国債                  ―      301       ―      ―      ―      ―
      社債                  593     1,918      2,482       400       ―      ―
      その他                  ―      ―      ―      ―      ―    10,000
     その他有価証券のうち
                      53,621      75,072      108,944       38,913      57,285      122,151
     満期があるもの
      債券                44,166      58,701      84,352      25,862      45,739      122,151
       国債               9,576      5,489      9,818        ―      ―      ―
       地方債               22,985      34,521      47,721      22,465      41,696      41,974
       短期社債                 ―      ―      ―      ―      ―      ―
       社債               11,604      18,690      26,812       3,397      4,042      80,176
      その他                 9,454      16,370      24,591      13,051      11,546        ―
    貸出金 (*)                  587,641      293,138      229,161      119,628      129,491      350,309
    リース債権及びリース投資資産                   4,545      6,791      3,552       656       ―      ―
          合  計            863,260      377,223      344,141      159,599      186,776      482,460
    (*)  貸出金のうち、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等、償還予定額が見込めない5,821百万円、期間
      の定めのないもの49,828百万円は含めておりません。
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                           1年超      3年超      5年超      7年超
                     1年以内                                 10年超
                           3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預け金                  343,652         ―      ―      ―      ―      ―
    買入金銭債権                   2,132        ―      ―      ―      ―      ―
    有価証券
     満期保有目的の債券                   910     3,190       400       ―      ―    10,000
      国債                  ―      ―      ―      ―      ―      ―
      社債                  910     3,190       400       ―      ―      ―
      その他                  ―      ―      ―      ―      ―    10,000
     その他有価証券のうち
                       47,592      88,264      116,300       51,653      80,980      144,796
     満期があるもの
      債券                40,258      65,801      85,922      28,909      61,220      144,796
       国債                5,013      2,499      7,752        ―     2,001      6,024
       地方債               16,206      47,679      40,900      24,273      57,440      51,524
       短期社債                8,999        ―      ―      ―      ―      ―
       社債               10,038      15,622      37,269       4,635      1,778      87,247
      その他                 7,334      22,463      30,377      22,744      19,759        ―
    貸出金 (*)                  705,940      308,283      270,044      146,794      172,802      364,086
    リース債権及びリース投資資産                   4,619      6,977      3,238       507       ―      ―
          合  計           1,104,848       406,716      389,983      198,955      253,782      518,883
    (*)  貸出金のうち、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等、償還予定額が見込めない5,947百万円、期間
      の定めのないもの42,269百万円は含めておりません。
                                 76/124



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
     (注4)借用金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                           1年超      3年超      5年超      7年超
                    1年以内                                10年超
                           3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預金 (*)                 2,236,806       129,993       6,578        ―      ―      ―
    譲渡性預金                   9,863        ―      ―      ―      ―      ―
    コールマネー及び売渡手形                   1,741        ―      ―      ―      ―      ―
    債券貸借取引受入担保金                   2,365        ―      ―      ―      ―      ―
    借用金                   9,505      3,539      1,384        ―      ―      ―
          合  計           2,260,282       133,532       7,962        ―      ―      ―
     (*) 預金のうち、要求払預金については、「1年以内」に含めて開示しております。
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                           1年超      3年超      5年超      7年超
                    1年以内                                10年超
                           3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預金 (*)                 2,548,240       144,439       6,583        ―      ―      ―
    譲渡性預金                   9,322        ―      ―      ―      ―      ―
    コールマネー及び売渡手形                   5,092        ―      ―      ―      ―      ―
    債券貸借取引受入担保金                  26,709        ―      ―      ―      ―      ―
    借用金                  131,818       3,760      1,174        ―      ―      ―
          合  計           2,721,183       148,199       7,758        ―      ―      ―
     (*) 預金のうち、要求払預金については、「1年以内」に含めて開示しております。
                                 77/124












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
     ※「子会社株式及び関連会社株式」については、財務諸表における注記事項として記載しております。
      1.売買目的有価証券

        前連結会計年度(自         2019年4月1日        至  2020年3月31日       )及び当連結会計年度(自            2020年4月1日        至  2021年
       3月31日    )とも、該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券

      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                           連結貸借対照表

                   種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                           計上額(百万円)
               国債                   301           303            1
               地方債                   ―           ―           ―
    時価が連結貸借対照
               短期社債                   ―           ―           ―
    表計上額を超えるも
               社債                  4,388           4,429            41
    の
               その他                 10,000           10,218            218
                   小計             14,689           14,951            261
               国債                   ―           ―           ―
               地方債                   ―           ―           ―
    時価が連結貸借対照
               短期社債                   ―           ―           ―
    表計上額を超えない
               社債                  1,006            998           △7
    もの
               その他                   ―           ―           ―
                   小計              1,006            998           △7
             合計                   15,696           15,950            254
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                           連結貸借対照表

                   種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                           計上額(百万円)
               国債                   ―           ―           ―
               地方債                   ―           ―           ―
    時価が連結貸借対照
               短期社債                   ―           ―           ―
    表計上額を超えるも
               社債                  3,630           3,651            20
    の
               その他                 10,000           10,447            447
                   小計             13,630           14,099            468
               国債                   ―           ―           ―
               地方債                   ―           ―           ―
    時価が連結貸借対照
               短期社債                   ―           ―           ―
    表計上額を超えない
               社債                   870           863           △6
    もの
               その他                   ―           ―           ―
                   小計               870           863           △6
             合計                   14,500           14,962            461
                                 78/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      3.その他有価証券
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                           連結貸借対照表

                   種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                           計上額(百万円)
               株式                 16,525           5,008          11,517
               債券                 307,161           299,705            7,456
                 国債                 15,065           15,008             56
    連結貸借対照表計上
                 地方債                 178,283           173,029            5,253
    額が取得原価を超え
                短期社債                  ―           ―           ―
    るもの
                社債                113,812           111,666            2,146
               その他                 46,167           44,667           1,499
                   小計             369,854           349,380           20,473
               株式                  7,985          10,084          △2,099
               債券                 73,812           74,484           △671
                 国債                  9,818          10,152           △333
    連結貸借対照表計上
                 地方債                 33,080           33,268           △187
    額が取得原価を超え
                短期社債                  ―           ―           ―
    ないもの
                社債                30,913           31,064           △151
               その他                 51,506           56,764          △5,258
                   小計             133,304           141,334           △8,029
             合計                  503,158           490,714           12,443
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                           連結貸借対照表

                   種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                           計上額(百万円)
               株式                 28,576           10,494           18,081
               債券                 284,265           278,649            5,616
                 国債                  9,497           9,477            20
    連結貸借対照表計上
                 地方債                 158,990           155,131            3,858
    額が取得原価を超え
                短期社債                  ―           ―           ―
    るもの
                社債                115,777           114,040            1,737
               その他                 76,981           72,224           4,757
                   小計             389,823           361,368           28,455
               株式                  3,359           4,329           △969
               債券                 142,644           143,661           △1,016
                 国債                 13,794           14,078           △284
    連結貸借対照表計上
                 地方債                 79,034           79,578           △543
    額が取得原価を超え
                短期社債                 8,999           8,999            ―
    ないもの
                社債                40,814           41,004           △189
               その他                 49,221           51,342          △2,120
                   小計             195,225           199,332           △4,106
             合計                  585,049           560,701           24,348
      4.当連結会計年度中に売却した満期保有目的の債券

        前連結会計年度(自         2019年4月1日        至  2020年3月31日       )及び当連結会計年度(自            2020年4月1日        至  2021年
       3月31日    )とも、該当事項はありません。
                                 79/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      5.当連結会計年度中に売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自         2019年4月1日        至  2020年3月31日       )

    種類              売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)

    株式                     1,020               242               20
    債券                     5,401               138               ―
      国債                     2,030                23              ―
      地方債                     3,371               114               ―
     短期社債                      ―              ―              ―
     社債                      ―              ―              ―
    その他                     54,573               1,617               460
        合計                 60,995               1,998               480
      当連結会計年度(自         2020年4月1日        至  2021年3月31日       )

    種類              売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)              売却損の合計額(百万円)

    株式                      599               24              19
    債券                     16,428                249               12
      国債                     8,143                12              12
      地方債                     8,284               236               ―
     短期社債                      ―              ―              ―
     社債                      ―              ―              ―
    その他                     47,624               1,181               473
        合計                 64,652               1,454               505
      6.保有目的を変更した有価証券

        前連結会計年度(自         2019年4月1日        至  2020年3月31日       )及び当連結会計年度(自            2020年4月1日        至  2021年
       3月31日    )とも、該当事項はありません。
      7.減損処理を行った有価証券

        売買目的有価証券以外の有価証券(時価を把握することが極めて困難なものを除く)のうち、当該有価証券の時
       価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回復する見込みがあると認められないものにつ
       いては、当該時価をもって連結貸借対照表計上額とするとともに、評価差額を当該連結会計年度の損失として処
       理(以下、「減損処理」という。)しております。
        前連結会計年度における減損処理額は、該当ありません。
        当連結会計年度における減損処理額は、74百万円(全て株式)であります。
        また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は以下のとおりであります。
         (1)  期末日の時価が取得原価の50%以上下落した銘柄
         (2)  期末日の時価が取得原価の30%以上50%未満下落し、かつ下記ア、イ、ウのいずれかに該当する銘柄
            ア  時価が過去2年間にわたり、常に簿価の70%以下である場合
            イ  株式の発行会社が債務超過の状態にある場合
            ウ  株式の発行会社が2期連続で損失を計上し、翌期も損失を計上すると予想される場合
                                 80/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (金銭の信託関係)
      1.運用目的の金銭の信託
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                     連結会計年度の損益に含まれた評価差額

                   連結貸借対照表計上額(百万円)
                                            (百万円)
    運用目的の金銭の信託                              862                     ―
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                     連結会計年度の損益に含まれた評価差額

                   連結貸借対照表計上額(百万円)
                                            (百万円)
    運用目的の金銭の信託                              862                     ―
      2.満期保有目的の金銭の信託

        前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
      3.その他の金銭の信託(運用目的及び満期保有目的以外)

        前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
      (その他有価証券評価差額金)

       連結貸借対照表に計上されているその他有価証券評価差額金の内訳は、次のとおりであります。
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                         金額(百万円)

    評価差額                                                 12,443

     その他有価証券                                                12,443
    (△)繰延税金負債                                                 3,782
    その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                 8,660
    (△)非支配株主持分相当額                                                   ―
    (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に係る
                                                       ―
    評価差額金のうち親会社持分相当額
    その他有価証券評価差額金                                                 8,660
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                         金額(百万円)

    評価差額                                                 24,348

     その他有価証券                                                24,348
    (△)繰延税金負債                                                 7,285
    その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                 17,062
    (△)非支配株主持分相当額                                                   ―
    (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に係る
                                                       ―
    評価差額金のうち親会社持分相当額
    その他有価証券評価差額金                                                 17,062
                                 81/124



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごとの連結決算日における契約
      額又は契約において定められた元本相当額、時価及び評価損益並びに当該時価の算定方法は、次のとおりでありま
      す。なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
       (1) 金利関連取引

         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
       (2) 通貨関連取引

      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                             契約額等のうち1年

     区分        種類       契約額等(百万円)                    時価(百万円)        評価損益(百万円)
                              超のもの(百万円)
         通貨先物
          売建                 ―          ―         ―         ―
    金融商
          買建                 ―          ―         ―         ―
    品取引
         通貨オプション
    所
          売建                 ―          ―         ―         ―
          買建                 ―          ―         ―         ―
         通貨スワップ                  ―          ―         ―         ―
         為替予約
          売建               34,362            ―        △97         △97
          買建                1,082           ―         22         22
         通貨オプション
    店頭
          売建               16,758          10,174          △451          353
          買建               16,758          10,174           433        △269
         その他
          売建                 ―          ―         ―         ―
          買建                 ―          ―         ―         ―
           合計             ―          ―            △92           9
     (注) 1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
       2.時価の算定
         割引現在価値等により算定しております。
                                 82/124









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )
                             契約額等のうち1年

     区分        種類       契約額等(百万円)                    時価(百万円)        評価損益(百万円)
                              超のもの(百万円)
         通貨先物
          売建                 ―          ―         ―         ―
    金融商
          買建                 ―          ―         ―         ―
    品取引
         通貨オプション
    所
          売建                 ―          ―         ―         ―
          買建                 ―          ―         ―         ―
         通貨スワップ                  ―          ―         ―         ―
         為替予約
          売建               42,320            ―      △1,329         △1,329
          買建                1,915           ―         17         17
         通貨オプション
    店頭
          売建               23,065          9,891         △608          210
          買建               23,065          9,891          302        △399
         その他
          売建                 ―          ―         ―         ―
          買建                 ―          ―         ―         ―
           合計             ―          ―          △1,617         △1,501
     (注) 1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
       2.時価の算定
         割引現在価値等により算定しております。
       (3) 株式関連取引

         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
       (4) 債券関連取引

         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
       (5) 商品関連取引

         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
       (6) クレジット・デリバティブ取引

         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
                                 83/124








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごと、ヘッジ会計の方法別の連結
      決算日における契約額又は契約において定められた元本相当額及び時価並びに当該時価の算定方法は、次のとおり
      であります。なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではあり
      ません。
       (1) 金利関連取引

      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                         契約額等のうち

                                  契約額等                  時価
    ヘッジ会計の方
                 種類       主なヘッジ対象                 1年超のもの
    法
                                  (百万円)                 (百万円)
                                           (百万円)
             金利スワップ            ―
    原則的処理
              受取固定・支払変動                         ―        ―        ―
    方法
              受取変動・支払固定                         ―        ―        ―
             金利オプション            ―
              売建                         ―        ―        ―
              買建                         ―        ―        ―
             その他            ―
              売建                         ―        ―        ―
              買建                         ―        ―        ―
             金利スワップ            貸出金
    金利スワップの
              受取固定・支払変動                         ―        ―        ―
    特例処理
              受取変動・支払固定                        7,424        6,602        △508
             合計               ―        ―        ―          △508
     (注) 時価の算定
       店頭取引につきましては、割引現在価値等により算定しております。
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                         契約額等のうち

                                  契約額等                  時価
    ヘッジ会計の方
                 種類       主なヘッジ対象                 1年超のもの
    法
                                  (百万円)                 (百万円)
                                           (百万円)
             金利スワップ            ―
    原則的処理
              受取固定・支払変動                         ―        ―        ―
    方法
              受取変動・支払固定                         ―        ―        ―
             金利オプション            ―
              売建                         ―        ―        ―
              買建                         ―        ―        ―
             その他            ―
              売建                         ―        ―        ―
              買建                         ―        ―        ―
             金利スワップ            貸出金
    金利スワップの
              受取固定・支払変動                         ―        ―        ―
    特例処理
              受取変動・支払固定                        6,602        5,780        △395
             合計               ―        ―        ―          △395
     (注) 時価の算定
       店頭取引につきましては、割引現在価値等により算定しております。
                                 84/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       (2) 通貨関連取引
         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
       (3) 株式関連取引

         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
       (4) 債券関連取引

         前連結会計年度(        2020年3月31日       )及び当連結会計年度(          2021年3月31日       )とも、該当事項はありません。
      (退職給付関係)

      1.採用している退職給付制度の概要
       (1) 当行は、確定給付型の制度として、企業年金基金制度及び退職一時金制度を設けております。
         連結子会社においては、退職一時金制度を設けており、一部の連結子会社は、中小企業退職金共済制度(中退
        共)に加入しております。当行において退職給付信託を設定しております。
         なお、連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算し
        ております。
       (2) 制度別の補足説明

         ① 退職一時金制度
                             設定時期          その他
           当行及び連結子会社(3社)                 会社設立時等            ―
         ② 企業年金基金
                             設定時期          その他
           当行                  2004年          ―
         ③ 中小企業退職金共済制度
                             設定時期          その他
           佐銀リース㈱                  2007年          ―
           佐銀コンピュータサービス㈱                  2005年          ―
      2.確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (百万円)
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          退職給付債務の期首残高                               24,630            24,125
           勤務費用                                 856            829
           利息費用                                 24            23
           数理計算上の差異の発生額                                △86             194
           退職給付の支払額
                                         △1,299            △1,382
          退職給付債務の期末残高                               24,125            23,790
                                 85/124





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (百万円)
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          年金資産の期首残高                               20,887            20,685
          期待運用収益                                 383            371
          数理計算上の差異の発生額                                △443            1,965
          事業主からの拠出額                                 429            416
          退職給付の支払額                                △627            △609
          その他                                 56            54
          年金資産の期末残高                               20,685            22,884
       (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係

        る資産の調整表
                                                     (百万円)
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          積立型制度の退職給付債務                               23,885            23,539
          年金資産                              △20,685            △22,884
                                          3,200             655
          非積立型制度の退職給付債務                                 239            251
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                3,439             906
          退職給付に係る負債                                3,439            1,157

          退職給付に係る資産                                 ―           △251
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                3,439             906
       (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (百万円)
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          勤務費用                                 800            774
          利息費用                                 24            23
          期待運用収益                                △383            △371
          数理計算上の差異の損益処理額                                 804           1,000
          過去勤務費用の損益処理額                                 ―            ―
          確定給付制度に係る退職給付費用                                1,245            1,427
         (注) 1.企業年金基金に対する従業員拠出額を「勤務費用」から控除しております。
            2.簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、一括して「勤務費用」に含めて計上してお
             ります。
                                 86/124






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       (5)  退職給付に係る調整額
         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          数理計算上の差異                                 447           2,771
          合計                                 447           2,771
       (6)  退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          未認識数理計算上の差異                                1,609           △1,162
          合計                                1,609           △1,162
       (7)  年金資産に関する事項

         ①  年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          債券                                19 %           17 %
          株式                                30 %           36 %
          現金及び預け金                                0 %            0 %
          保険資産(一般勘定)                                26 %           23 %
          その他                                25 %           24 %
          合計                               100  %           100  %
          (注)年金資産合計には、退職一時金制度及び企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度
           47%、退職一時金制度及び企業年金制度に対して設定した退職給付信託が当連結会計年度46%含まれて
           おります。
         ②  長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
         する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)  数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (自  2019年4月1日          (自  2020年4月1日
                    区分
                                  至  2020年3月31日       )     至  2021年3月31日       ) 
          割引率                               0.1  %           0.1  %
          長期期待運用収益率
           年金資産(退職給付信託を除く)                              2.0  %           2.0  %
           退職給付信託                              2.4  %           2.4  %
          予想昇給率
                                                  3.3%~3.5
           退職金制度                           3.3%~3.5     %            %
           確定給付企業年金制度                              1.7  %           1.7  %
                                 87/124




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
      1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
                      前連結会計年度                当連結会計年度
                     (自  2019年4月1日              (自  2020年4月1日
                     至  2020年3月31日       )       至  2021年3月31日       )
                        47百万円                 43百万円
         営業経費
      2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       (1) ストック・オプションの内容
                         2012年             2013年             2014年
                     ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
    決議年月日                2012年6月28日             2013年6月27日             2014年6月27日
    付与対象者の区分及び人数                当行の取締役8名             当行の取締役9名             当行の取締役11名
    株式の種類別のストック・オプ
                    普通株式21,130株             普通株式23,710株             普通株式24,110株
    ションの数
    付与日                2012年7月31日             2013年7月30日             2014年7月31日
    権利確定条件                権利確定条件は定めていない。
    対象勤務期間                対象勤務期間は定めていない。
                                              2014年8月1日から
                    2012年8月1日から             2013年7月31日から
    権利行使期間
                    2042年7月31日まで             2043年7月30日まで
                                              2044年7月31日まで
                    658個   (注2)          655個   (注2)          567個   (注2)
    新株予約権の数(注1)
    新株予約権の目的となる株式の
                    普通株式6,580株(注3)             普通株式6,550株(注3)             普通株式5,670株(注3)
    種類、内容及び数(注1)
    新株予約権の行使時の払込金額
                    1株当たり1円
    (注2)
    新株予約権の行使により株式を
                    発行価格         1,741円       発行価格         1,901円       発行価格         2,231円
    発行する場合の株式の発行価格
                    資本組入額          871円      資本組入額          951円      資本組入額       1,116円
    及び資本組入額(注1)
    新株予約権の行使の条件
                    (注4)
    (注2)
    新株予約権の譲渡に関する事項                譲渡による新株予約権の取得については、当行取締役会の承認を要するものとす
    (注1)                る。
    組織再編成行為に伴う新株予約
                    (注5)
    権の交付に関する事項(注1)
                         2015年             2016年             2017年
                     ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
    決議年月日                2015年6月26日             2016年6月29日             2017年6月29日
    付与対象者の区分及び人数                当行の取締役11名             当行の取締役11名             当行の取締役11名
    株式の種類別のストック・オプ
                    普通株式17,530株             普通株式24,700株             普通株式18,950株
    ションの数
    付与日                2015年7月30日             2016年7月27日             2017年7月26日
    権利確定条件                権利確定条件は定めていない。
    対象勤務期間                対象勤務期間は定めていない。
                                              2017年7月27日から
                    2015年7月31日から             2016年7月28日から
    権利行使期間
                    2045年7月30日まで             2046年7月27日まで
                                              2047年7月26日まで
                    429個   (注2)          912個   (注2)          909個   (注2)
    新株予約権の数(注1)
    新株予約権の目的となる株式の
                    普通株式4,290株(注3)             普通株式9,120株(注3)             普通株式9,090株(注3)
    種類、内容及び数(注1)
    新株予約権の行使時の払込金額
                    1株当たり1円
    (注1)
    新株予約権の行使により株式を
                    発行価格         2,811円       発行価格         2,391円       発行価格         2,501円
    発行する場合の株式の発行価格
                    資本組入額       1,406円       資本組入額       1,196円       資本組入額       1,251円
    及び資本組入額(注1)
    新株予約権の行使の条件
                    (注4)
    (注1)
    新株予約権の譲渡に関する事項                譲渡による新株予約権の取得については、当行取締役会の承認を要するものとす
    (注1)                る。
    組織再編成行為に伴う新株予約
                    (注5)
    権の交付に関する事項(注1)
                                 88/124


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
                         2018年             2019年             2020年
                     ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
    決議年月日                2018年6月28日             2019年6月27日             2020年6月26日
    付与対象者の区分及び人数                当行の取締役10名             当行の取締役10名             当行の取締役9名
    株式の種類別のストック・オプ
                    普通株式20,280株             普通株式32,240株             普通株式39,950株
    ションの数
    付与日                2018年7月27日             2019年7月24日             2020年7月30日
    権利確定条件                権利確定条件は定めていない。
    対象勤務期間                対象勤務期間は定めていない。
                    2018年7月28日から             2019年7月25日から             2020年7月31日から
    権利行使期間
                    2048年7月27日まで             2049年7月24日まで             2050年7月30日まで
                    1,376個    (注2)         2,424個    (注2)         3,995個    (注2)
    新株予約権の数(注1)
    新株予約権の目的となる株式の
                    普通株式13,760株(注3)             普通株式24,240株(注3)             普通株式39,950株(注3)
    種類、内容及び数(注1)
    新株予約権の行使時の払込金額
                    1株当たり1円
    (注1)
    新株予約権の行使により株式を
                    発行価格         2,451円       発行価格         1,484円       発行価格         1,090円
    発行する場合の株式の発行価格
                    資本組入額       1,226円       資本組入額        742円       資本組入額        545円
    及び資本組入額(注1)
    新株予約権の行使の条件
                    (注4)
    (注1)
    新株予約権の譲渡に関する事項                譲渡による新株予約権の取得については、当行取締役会の承認を要するものとす
    (注1)                る。
    組織再編成行為に伴う新株予約
                    (注5)
    権の交付に関する事項(注1)
                         2021年

                     ストック・オプション
    決議年月日                2021年6月29日
    付与対象者の区分及び人数                当行の取締役9名
     (注)   1.当連結会計年度末における内容を記載しております。なお、有価証券報告書提出日の属する月の前月末

         (2021年5月31日)現在において、これらの事項に変更はありません。 
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数                      10株
       3.新株予約権の目的となる株式の数
          新株予約権の割当日後に、当行が普通株式の株式分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併
         合を行う場合は、新株予約権のうち、当該株式分割または株式併合の時点で行使されていない新株予約権に
         ついて、次の計算式により新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)の
         調整を行い、調整により生じる1株未満の端数株は、これを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割または併合の比率
          また、割当日後に当行が合併または会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じ付与株式数の調整を
         必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。
       4.新株予約権の行使の条件
        (1) 新株予約権者は、権利行使時において、当行の取締役の地位を喪失した時に限り、新株予約権を行使でき
         るものとする。ただし、この場合、新株予約権者は、取締役の地位を喪失した日の翌日(以下、「権利行使
         開始日」という。)から10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を一括して行使することができる。
        (2) 新株予約権者が死亡した場合、新株予約権が、新株予約権者の法定相続人のうちの1名(以下、「相続承
         継人」という。)のみに帰属した場合に限り、相続承継人は次の各号の条件のもと、新株予約権割当契約に
         従って新株予約権を行使することができる。ただし、刑法犯のうち、重大な事犯を行ったと認められる者
         は、相続承継人となることができない。
         ① 相続承継人が死亡した場合、その相続人は新株予約権を相続することはできない。
         ② 相続承継人は、相続開始後10カ月以内かつ権利行使期間の最終日までに当行所定の相続手続を完了しな
          ければならない。
         ③ 相続承継人は、前記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間内で、かつ、当行所定の相続手続完了
          時から2カ月以内に限り一括して新株予約権を行使することができる。
       5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当行が、合併(当行が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日におい
         て残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)については、会社法第236条第1項8号イからホ
         までに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づき、新株予約権
         者に交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株予約権を新
         たに交付するものとする。
                                 89/124

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
          ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設
         分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
        (1) 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数を交付するものとする。
        (2) 新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類および数
          新株予約権の目的となる株式の種類は再編対象会社普通株式とし、新株予約権の行使により交付する再編
         対象会社普通株式の数は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記(注3)に準じて決定する。
        (3) 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に当該各新
         株予約権の目的となる株式数を乗じて得られる金額とする。再編後行使価額は、交付される新株予約権を行
         使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たりの金額を1円とする。
        (4) 新株予約権を行使することができる期間
          前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為
         の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権の行使期間の
         満了日までとする。
        (5) 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金および資本準備金に関する事項
         ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
          項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じ
          たときは、その端数を切り上げるものとする。
         ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
          等増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた金額とする。
        (6) 新株予約権の譲渡制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
        (7) 新株予約権の取得に関する事項
         ①  新株予約権者が権利行使をする前に、前記(注4)の定めまたは新株予約権割当契約の定めにより新株予
          約権の行使をできなくなった場合、当行は当行の取締役会が別途定める日をもって、当該新株予約権を無
          償で取得することができる。
         ②  当行が消滅会社となる合併契約、当行が分割会社となる吸収分割契約もしくは新設分割計画または当行
          が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画の承認の議案が当行の株主総会(株主総会が不要
          な場合は当行の取締役会)において承認された場合は、当行は当行の取締役会が別途定める日をもって、
          同日時点で権利行使されていない新株予約権を無償で取得することができる。
       (追加情報)

         「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ①ストックオプション制度の内容」
        に記載すべき事項をストック・オプション等関係注記に集約して記載しております。
                                 90/124










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
       (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
         当連結会計年度(2021年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプション
        の数については、株式数に換算して記載しております。
        ① ストック・オプションの数
                2012年      2013年      2014年      2015年
                                         2016年      2017年      2018年
               ストック・      ストック・      ストック・      ストック・
                                        ストック・      ストック・      ストック・
                                        オプション      オプション      オプション
               オプション      オプション      オプション      オプション
    権利確定前 (株)
     前連結会計年度末
                   ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
     付与
                   ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
     失効
                   ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
     権利確定
                   ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
     未確定残
                   ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
    権利確定後 (株)
     前連結会計年度末
                  8,490      10,350       9,090      8,060      14,600      13,740      18,800
     権利確定
                   ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
     権利行使
                  1,910      3,800      3,420      3,770      5,480      4,650      5,040
     失効
                   ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
     未行使残
                  6,580      6,550      5,670      4,290      9,120      9,090      13,760
                2019年      2020年

               ストック・      ストック・
               オプション      オプション
    権利確定前 (株)
     前連結会計年度末
                   ―      ―
     付与
                   ―    39,950
     失効
                   ―      ―
     権利確定
                   ―    39,950
     未確定残
                   ―      ―
    権利確定後 (株)
     前連結会計年度末
                 32,240        ―
     権利確定
                   ―    39,950
     権利行使
                  8,000        ―
     失効
                   ―      ―
     未行使残
                 24,240      39,950
                                 91/124







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社佐賀銀行(E03599)
                                                           有価証券報告書
        ②  単価情報
                2012年      2013年      2014年      2015年      2016年      2017年      2018年

               ストック・      ストック・      ストック・      ストック・      ストック・      ストック・      ストック・
               オプション &nbs