株式会社神奈川銀行 有価証券報告書 第96期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第96期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 株式会社神奈川銀行
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                       有価証券報告書

    【根拠条文】                       金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年6月21日

                          第96期(自       2020年4月1日         至   2021年3月31日)

    【事業年度】
    【会社名】                       株式会社神奈川銀行

    【英訳名】                       THE KANAGAWA BANK, LTD.

    【代表者の役職氏名】                       取締役頭取  近 藤 和 明

    【本店の所在の場所】                       横浜市中区長者町9丁目166番地

    【電話番号】                       045(261)2641(代表)

    【事務連絡者氏名】                       総合企画部主計室長  宮 田 新 悟

    【最寄りの連絡場所】                       横浜市中区長者町9丁目166番地

    【電話番号】                       045(261)2641

    【事務連絡者氏名】                       総合企画部主計室長  宮 田 新 悟

    【縦覧に供する場所】                       該当ありません。

                                  1/105









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 当連結会計年度の前4連結会計年度及び当連結会計年度に係る次に掲げる主要な経営指標等の推移
                        2016年度       2017年度       2018年度       2019年度       2020年度

                        (自2016年       (自2017年       (自2018年       (自2019年       (自2020年
                         4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
                         至2017年       至2018年       至2019年       至2020年       至2021年
                         3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)
    連結経常収益               百万円        8,095       8,391       8,391       8,668       8,354
    連結経常利益               百万円         929      1,058       1,231       1,284       1,238

    親会社株主に帰属する当期純
                   百万円         618       839       801       840       795
    利益
    連結包括利益               百万円         166       778       556      △ 500      1,512
    連結純資産額               百万円       23,806       24,359       24,692       23,968       27,257

    連結総資産額               百万円       464,217       472,091       472,615       470,630       544,977

    1株当たり純資産額                円     5,338.73       5,463.04       5,537.90       5,375.69       5,664.47

    1株当たり当期純利益                円      138.65       188.31       179.81       188.52       177.86

    潜在株式調整後1株当たり
                    円         -       -       -       -     176.69
    当期純利益
    自己資本比率                %       5.12       5.15       5.22       5.09       5.00
    連結自己資本利益率                %       2.59       3.48       3.26       3.45       3.10

    連結株価収益率                倍         -       -       -       -       -

    営業活動による
                   百万円       △ 6,591       1,002      △ 11,591        2,552       43,434
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   百万円        4,677       4,082       2,067       4,740      △ 4,454
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   百万円        △ 347      △ 345      △ 346      △ 341      1,657
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                   百万円       14,329       19,070        9,199       16,151       56,789
    の期末残高
                            370       376       368       370       368
    従業員数
                    人
    〔外、平均臨時従業員数〕
                           ( 190  )     ( 180  )     ( 178  )     ( 172  )     ( 162  )
     (注) 1.当行及び国内連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       2.2016年度、2017年度、2018年度及び2019年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式
         がないので記載しておりません。
       3.自己資本比率は、期末純資産の部合計を期末資産の部合計で除して算出しております。
       4.連結自己資本利益率は、親会社株主に帰属する当期純利益を期中平均の純資産額で除して算出しておりま
         す。
          なお、期中平均の純資産額は、期首と期末の単純平均で算出しております。
                                  2/105




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (2) 当行の当事業年度の前4事業年度及び当事業年度に係る主要な経営指標等の推移
            回次             第92期       第93期       第94期       第95期       第96期

           決算年月             2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    経常収益               百万円        8,095       8,392       8,437       8,668       8,354
    経常利益               百万円         927      1,057       1,274       1,282       1,237
    当期純利益               百万円         617       839       845       839       794
    資本金               百万円        5,191       5,191       5,191       5,191       6,191
                                                   普通株式
                                                       4,474
    発行済株式総数               千株
                           4,474       4,474       4,474       4,474
                                                   第1回
                                                   A種優先株式
                                                        200
    純資産額               百万円       23,720       24,237       24,610       23,935       27,105
    総資産額               百万円       464,249       472,129       472,656       470,650       544,984
    預金残高               百万円       424,152       434,385       435,526       434,558       479,995
    貸出金残高               百万円       343,889       346,963       359,200       357,293       383,412
    有価証券残高               百万円       100,182        95,675       92,813       86,167       91,310
    1株当たり純資産額                円     5,319.48       5,435.55       5,519.47       5,368.12       5,630.46
                                                   普通株式
                    円        50       50       50       50       50
                    (円)        ( 25 )      ( 25 )      ( 25 )     ( 25 )      ( 25 )
    1株当たり配当額
    (内1株当たり中間配当額)
                                                   第1回
                                                   A種優先株式
                                                       10.36
                                                        (-)
    1株当たり当期純利益                円      138.44       188.17       189.62       188.25       177.68
    潜在株式調整後1株当たり当
                    円         -       -       -       -     176.50
    期純利益
    自己資本比率                %       5.10       5.13       5.20       5.08       4.97
    自己資本利益率                %       2.59       3.49       3.46       3.45       3.11
    株価収益率                倍         -       -       -       -       -
    配当性向                %       36.11       26.57       26.36       26.56       28.14
                            370       376       368       369       367
    従業員数
                    人
    〔外、平均臨時従業員数〕
                           ( 183  )     ( 173  )     ( 172  )     ( 166  )     ( 160  )
    株主総利回り                       101.3       102.5       103.8       105.0       106.3

                    %
    (比較指標:配当込みTOPIX)                      ( 114.7   )    ( 132.9   )    ( 126.2   )    ( 114.2   )    ( 162.3   )
    最高株価                円         -       -       -       -       -
    最低株価                円         -       -       -       -       -
     (注) 1.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       2.第96期(2021年3月)中間配当についての取締役会決議は2020年11月13日に行いました。
       3.第92期、第93期、第94及び第95期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については潜在株式がないので記
         載しておりません。
       4.自己資本比率は、期末純資産の部合計を期末資産の部合計で除して算出しております。
       5.自己資本利益率は、当期純利益を期中平均の純資産額で除して算出しております。
             なお、期中平均の純資産額は、期首と期末の単純平均で算出しております。
     (最近5年間の事業年度別最高・最低株価)

      当行の株式は非上場、非登録につき、事業年度別最高、最低株価は不明であります。
                                  3/105



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      1953年7月          株式会社神奈川相互銀行設立(資本金50百万円)
      1953年8月          営業開始(中区弁天通)
      1955年5月          本店を県中小企業会館内に移転(中区尾上町)
      1978年11月          新本店建設により移転(中区長者町)
      1985年3月          新総合オンライン開始
      1985年10月          外国為替業務を開始
      1987年6月          有価証券売買業務を開始
      1989年4月          普通銀行に転換、株式会社神奈川銀行となる
      1995年7月          株式会社かなぎんビジネスサービス(現・連結子会社)設立
      1998年1月          オンラインシステム「STAR‐ACE」開始
      1998年12月          証券投資信託の窓口販売業務開始
      2000年10月          第三者割当増資(資本金51億91百万円)
      2005年12月          横浜銀行とのATM提携サービス開始
      2007年3月          セブン銀行とのATM提携サービス開始
      2012年7月          新オンラインシステム「STELLA CUBE」開始
      2015年1月          金融商品仲介業務を開始
                イオン銀行、ビューカードが運営する「VIEW                     ALTTE」とのATM提携           サービス開始
      2017年6月
      2019年7月          ローソン銀行、イーネットとのATM提携サービス開始
      2019年12月          コンビニATMなど各種サービスの24時間化を開始
      2021年3月          第三者割当増資による優先株式発行(資本金61億91百万円)
         (2021年3月31日現在、本支店34ヵ店)
    3 【事業の内容】

      当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社㈱かなぎんビジネスサービスで構成され、銀行業務を中心に、証券
     業務、保険窓口販売業務などの金融サービスに係る事業を行っております。
      当行及び当行の関係会社の事業に係わる位置づけは次のとおりであります。
      [銀行業]
        (銀行業務)
         当行の本店のほか33支店においては、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務これらの業務に付
        帯する代理業務を行い、地域特化型の銀行として地域に密着した金融サービスに積極的に取組んでおります。
        (証券業務)
         当行の有価証券関連部門においては、商品有価証券売買業務、国債等公共債および証券投資信託の窓口販売
        業務、有価証券投資業務を行っております。
        (保険窓口販売業務)
         当行においては、保険窓口販売業務を行っております。
      [その他]
        連結子会社においては、当行の物品配送等の業務を行っております。
       以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  4/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                          当行との関係内容

                   資本金
                              議決権の
                        主要な事業
       名称       住所     又は出資金
                              所有割合
                         の内容
                                     役員の    資金
                                                        業務
                   (百万円)
                                (%)
                                            営業上の取引      設備の賃貸借
                                                        提携
                                     兼任等    援助
                                      人           当行より
    (連結子会社)
                                            業務受託
                        物品配送等業
    株式会社かなぎん        横浜市中区          10            100     3    -        建物の一部       -
                        務
                                            預金取引関係
    ビジネスサービス
                                     (2)            賃借
     (注) 1.上記連結子会社のうち、有価証券報告書を提出している会社はありません。
       2.「当行との関係内容」の「役員の兼任等」欄の(                          )内は、当行の役員(内書き)であります。
    5  【従業員の状況】

     (1) 連結会社における従業員数
                                               2021年3月31日       現在
      セグメントの名称                銀行業             その他              合計
       従業員数(人)                  367  [160]             1 [2]          368  [162]

     (注)   1.従業員数は、嘱託及び臨時従業員159人を含んでおりません。
       2.臨時従業員数は、[             ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
     (2) 当行の従業員数

                                               2021年3月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           367  [160]              38.2             14.9             5,273

     (注)   1.従業員数は、嘱託及び臨時従業員158人を含んでおりません。
         なお、取締役を兼任しない執行役員3人を含んでおります。
       2.当行の従業員はすべて銀行業のセグメントに属しております。
       3.臨時従業員数は、[  ]内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
       4.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       5.当行の従業員組合は、神奈川銀行従業員組合と称し、組合員数は279人であります。労使間においては特記
         すべき事項はありません。
                                  5/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      (1)  会社の経営の基本方針
        当行は、永続的な私たちの理念である「地域の皆さまから信頼され、支持され、地域とともに発展する銀行」
       の実現を目指しております。
        この基本方針の実現に向けた取組として、2021年4月1日より、地域に存在感のある銀行を目指し、第13次中
       期経営計画『地域密着 かなぎん 絆~あなたとともに~(2021年4月1日~2024年3月31日)』を実施してお
       ります。
      (2)  目標とする経営指標

        経営の基本方針の実現のために、2021年4月から実施しております第13次中期経営計画の計数目標は、以下の
       とおりであります。
                                                   (2024年3月末)
                         資金量(末残)                 5,050億円以上
                         融資量(末残)                 3,950億円以上
        業容目標
                         中小企業等貸出金比率                 90%以上
                         事業性融資取引先数                 5,200先以上
                         業務粗利益                 78億円以上

        収益目標

                         業務純益                 16億円以上
                         OHR(経費率)                 78%以下

      (3)  中長期的な会社の経営戦略

        当行では、新中期経営計画『地域密着 かなぎん 絆~あなたとともに~』を策定し、本計画では、「地域の
       皆さまから信頼され、支持され、地域とともに発展する銀行」を基本理念として掲げ、地域プレゼンス(地域に
       おける存在感)の向上をコンセプトとして、「営業戦略」、「チャネル戦略」、「人財・組織戦略」、「経営管
       理戦略」「DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略」の重点戦略を設定しております。
       <新中期経営計画『地域密着 かなぎん 絆~あなたとともに~』の重点戦略>

        ①  営業戦略
         ・神奈川県内の中小企業および個人のお客さま向けお取引の拡大・強化
         ・地域活性化への取組み
         ・サービス・商品の充実によるお客さま利便性の向上
        ②  チャネル戦略
         ・既存店舗の機能強化
         ・効率的な販売チャネルの構築・強化
        ③  人財・組織戦略
         ・効率的な組織運営
         ・人財の確保および育成
        ④  経営管理戦略
         ・経営管理態勢の強化 
        ⑤  DX戦略
         ・デジタル技術を活用した組織横断的な態勢の整備
                                  6/105



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      (4)  会社の経営環境及び対処すべき課題

       ①経営環境
        当期のわが国経済は、引き続き新型コロナウイルス感染症の影響を受けつつも、政府の財政出動や成長戦略が
       底支えとなり、持ち直しの動きが見られます。
        先行きにつきましては、東京五輪開催による内需拡大が見込まれるものの、感染症の拡大いかんによっては景
       気が下振れするリスクがあります。
        金融業界においては、新型コロナウイルス対策資金等の融資残高の増加傾向に落ち着きが見られます。先行き
       については依然として感染症の動向による不確実な経済環境であり、今後の市場動向等についても注視が必要で
       す。
       ②新型コロナウイルス感染症に対する影響
        当行の主要な取引先である中小、小規模企業においては、新型コロナウイルス感染症により営業自粛や受注減
       少といった厳しい環境にあります。感染症の収束には相当期間を要するものと考えられます。今般の新型コロナ
       ウイルスの問題に対する対応は、まさにこれまでの取り組みの真価が問われる局面にあると認識しております。
        当行は、かねてよりお取引先へのソリューションの提供による資金繰り改善に重点をおいた営業活動を行って
       おります。引き続きお取引先の実態把握に努め、お取引先の経営の維持継続に必要な支援活動を行ってまいりま
       す。
       ③対処すべき課題
        当行では、地域のお客さまを支えながら、ともに発展するという願いを込めて、2021年4月より3か年に亘る
       新中期経営計画『地域密着 かなぎん 絆~あなたとともに~』(2021年4月1日~2024年3月31日)を策定い
       たしました。
        本計画では、基本理念である「地域の皆さまから信頼され、支持され、地域とともに発展する銀行」を掲
       げ、  「1.お客さま本位の徹底 2.真のメイン化 3.収益力の強化」をキーワードとして「営業戦略、
       チャネル戦略、人財・組織戦略、経営管理戦略、DX(デジタルトランスフォーメーション)戦略」の各戦略を
       実施し「地域プレゼンス(地域における存在感)の向上」に取り組んでまいります。
        営業戦略では、お客さま本位の営業活動を意識し、お客さまが抱える多種多様な課題に対して、ライフステー
       ジ毎の経営課題解決へ向けたコンサルティング営業を展開することや、金融商品販売体制の整備・専門人財育
       成・CRM(顧客情報管理システム)の活用によって、お客さま志向の資産運用提案を行うことで、一番に相談
       される銀行=「真のメイン化」を目指します。それに伴い、お客さまが抱える様々な課題の解決に対応するた
       め、営業統括部内には地元企業応援室、マネーアドバイザーチーム、審査部内には経営サポートグループを設置
       し、サポート体制の強化を行っております。
        また、DX戦略については、2021年3月に当行のビジネスモデルに即したデジタル化を推進するため、デジタ
       ル戦略室を設置しました。商品・サービス等のデジタル化により、お客さまの利便性向上に努めてまいります。
        今後とも、地域でより一層存在感のある銀行を目指して、役職員一丸となって努力してまいりますので、変わ
       らぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
                                  7/105







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
     であります。
      なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。
      (1)   信用リスク(不良債権に関するリスク)
        当行のお取引先の財務状況の悪化などにより、資産(オフバランス資産を含む)の価値が減少ないし消失する
       ことにより当行が損失を被る可能性があります。
      (2)  市場リスク(有価証券投資に伴うリスク)
        金利、有価証券などの価格、為替などの様々な市場のリスクファクターの変動により、保有する資産負債(オ
       フバランスを含む)の価値が変動し当行が損失を被る可能性があります。
      (3)  流動性リスク
        運用と調達の期間のミスマッチや、予期せぬ資金の流出等により必要な資金の確保が困難になる、または通常
       よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより当行が損失を被るリスク、および市場の混乱等
       により市場において取引ができず、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされることにより当行が損
       失を被る可能性があります。
      (4)  オペレーショナルリスク
        オペレーショナルリスクとは、当行の業務の過程、役職員の活動もしくはシステムが不適切であること、また
       は外生的な事象により当行が損失を被るリスクであり、以下の7つに区分し管理しております。
        ①事務リスク
        行員が正確な事務を怠る、あるいは事故・不正等を起こすことにより、当行が損失を被る可能性があります。
        ②システムリスク
        コンピュータシステムのダウンまたは誤作動など、システムの不備などに伴い、当行が損失を被る可能性があ
       ります。さらに、コンピュータが不正に使用されることにより当行が損失を被る可能性があります。
        ③サイバーセキュリティリスク
        サイバー攻撃により、当行の重要基幹システム(勘定系システム・行内LANシステム・インターネットバン
       キング等)に期待されていた機能が果たされないことにより当行が損失を被る可能性があります。
        ④リーガルリスク
        当行(当行および役職員)と取引先等の法律関係において生じる結果、および当行の法令違反等により当行が
       損失を被る可能性があります。
        ⑤人的リスク
        人事運営上の不公平・不公正・差別的行為(セクシャル・ハラスメント等)から生じる結果により当行が損失
       を被る可能性があります。
        ⑥有形資産リスク
        災害、その他の事象により当行の有形資産に毀損・損害が生じる可能性があります。
        ⑦レピュテーショナルリスク(風評リスク)
        当行(当行および役職員)の言動・行動等の結果、対外的にマイナスイメージを与えることにより当行が損失
       を被る可能性があります。
      (5)  自己資本比率に関するリスク
        貸出金の増加に伴うリスク・アセットの増加や、不良債権処理に伴う与信費用の増加、自己資本比率規制の変
       更による自己資本控除額の変動等により、当行の自己資本比率が低下する可能性があります。
      (6)  個人情報等漏洩リスク
        顧客に関するデータの漏洩、不正、悪用等がないよう最大限の努力を払っておりますが、万一そのようなこと
       が発生した場合には、顧客や株主の当行に対する信任が低下し、当行の事業、営業成績及び財政状態に悪影響を
       及ぼす可能性があります。
      (7)  コンプライアンスリスク
        各種法令諸規則が遵守されるよう、役職員に対するコンプライアンスの徹底を行っておりますが、これらの法
       令諸規則が遵守されなかった場合には、当行の業務運営や業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (8)  その他のリスク(新型コロナウイルスによる影響)
        新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、上記の各リスクが急速に顕在化した場合には、当行の業務運営や業績
                                  8/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
       に影響を及ぼす可能性があります。お客さまへの金融サービスを維持しつつ、感染症拡大を防止する対策とし
       て、飛沫防止用のパーテーションの設置やテレワークの実施、職員の交代制勤務等を導入しております。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)経営成績等の状況の概要

      当連結会計年度における当行グループ(当行、連結子会社)の財政状態、経営成績およびキャッシュ・フロー(以
     下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      なお、当行グループは、銀行業以外に物品配送等業務を営んでおりますが、それら事業の全セグメントに占める割
     合が継続的に僅少であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
     ・財政状態、経営成績

      預金は、前連結会計年度末比454億38百万円増加し、                        4,799億77百万円        となりました。貸出金は、前連結会計年度末
     比261億19百万円増加し、            3,834億12百万円        となりました。有価証券は、前連結会計年度末比51億43百万円増加し、                                 913
     億円  となりました。
      損益につきましては、経常収益は                83億54百万円      (前連結会計年度          86億68百万円      )、経常利益は       12億38百万円      (前
     連結会計年度        12億84百万円      )、親会社株主に帰属する当期純利益は                   7億95百万円      (前連結会計年度           8億40百万
     円 )となりました。
     ・キャッシュ・フロー

       現金及び現金同等物の当連結会計年度末残高は                      567億89百万円       と前連結会計年度末比406億37百万円の増加となり
      ました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       預金の増加等により、          434億34百万円の収入          (前連結会計年度は         25億52百万円の収入         )となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       有価証券の購入等により、            44億54百万円の支出         (前連結会計年度は         47億40百万円の収入         )となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       増資等により、       16億57百万円の収入         (前連結会計年度は         3億41百万円の支出         )となりました。
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      経営者の視点による当行グループの経営成績等の状況に関する分析・検討内容は次のとおりであります。なお、以
     下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。
      このような経済情勢のもと、当行では、地域の皆さまとともに成長を続け、ともに飛躍するという願いを込めて、

     2か年に亘る第12次中期経営計画『地域密着 かなぎんJump!』(2019年4月1日~2021年3月31日)を進め、
     本年度は最終年度となりました。本計画に沿い、当期中に行った主な施策は次のとおりであります。
      お客さまの利便性向上のため、全店のATMのリニューアルを行い、従来のATMではお取扱いができなかった
     「硬貨引出、即時振込、定期預金解約等」の機能を新たに追加し、窓口でお待たせすることなく、よりスピーディー
     なお手続きを済ませることが可能となりました。
      商品ラインナップに関しましては、既存の無担保ローン商品の一部について、お申し込みからご融資までご来店が
     不要となるWeb完結型の取り扱いを開始しました。さらに、2020年11月には新規商品として「Web完結型 かなぎん
     オートローン」の取り扱いを開始しました。
      地域金融機関として、神奈川県内の地域経済活性化により一層取り組んでいくため、2021年3月に第三者割当によ
     る優先株式を発行し、20億円の資本増強を行いました。また、お客さまの多様なニーズにお応えするため、本部・支
     店が連携し、ビジネスマッチングの推進や、産学連携に取り組みました。
     SDGsへの取組については、2020年4月に「かながわSDGsパートナーズ」に登録したほか、2020年1月から6月までの
     期間限定で寄付型定期預金 神奈川応援定期「絆(きずな)」を取り扱い、同年9月に預入金額に応じた金額を寄付
     しました。神奈川県やパートナー企業との連携を強化し、SDGsの普及促進活動を行っております。
                                  9/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      (新型コロナウイルス感染症の影響と対策について)
      当行では、従来より事業性評価の実践によりお取引先の実態把握と必要な支援に取り組んでまいりましたが、今般
     の新型コロナウイルス感染症の問題に対する対応は、まさにこれまでの取り組みの真価が問われる局面であると認識
     しております。影響がさまざまな業種にわたり拡大していることから、お取引先の資金繰り支援において万全の対応
     を行うための取り組みを強化しております。さらに、感染症収束後についても念頭に置き、長期的な視点に立って、
     お取引先の経営改善(経費削減等)や資金繰りについて、寄り添った対応を行うこととしております。
      ①  経営成績の分析

      資金運用収支は、店舗周辺の事業所先の増加や新型コロナウイルス対策融資に積極的に取り組みました結果、貸出
     金の残高が順調に増加したことなどから貸出金利息が増加したことなどにより、前連結会計年度比73百万円増加し、
     67億50百万円となりました。
      役務取引等収支は、ビジネスマッチング手数料や金融商品販売手数料の増加などにより、前連結会計年度比34百万
     円増加し、7億51百万円となりました。
      その他業務収支は、前連結会計年度比24百万円増加し、△35百万円となりました。
      貸出金利息は前連結会計年度比88百万円の増加、役務取引等収益についても前連結会計年度比21百万円増加してい
     ることなどから、いわゆる本業部分での収益増加が図られたものと認識しております。
      ②  財政状態の分析

      貸出金は、地元企業向けの貸出を推進し、前連結会計年度比261億19百万円増加し、3,834億12百万円となりまし
     た。なお、注力している中小企業等貸出金比率は93.78%となりました。
      有価証券は、前連結会計年度比51億43百万円増加し913億円となりました。地方債について、57億80百万円の残高増
     加となりました。
      預金は、貸出金の歩留まりなどにより、前連結会計年度比454億38百万円増加し、4,799億77百万円となりました。
      純資産の部合計は、第三者割当増資20億円の増加や親会社株主に帰属する当期純利益7億95百万円の計上などによ
     り、前連結会計年度比32億88百万円増加し、272億57百万円となりました。
      ③  資本の財源および資金の流動性に係る情報

      当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、434億34百万円の収入(前連結会計年度は25億52百
     万円の収入)となりました。これは「預金の増加」による資金増加額が454億37百万円となったことなどが要因です。
      当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、44億54百万円の支出(前連結会計年度は47億40百
     万円の収入)となりました。これは、地方債の購入などによって「有価証券の購入による支出」による資金減少額が
     132億7百万円となっていることなどが主な要因です。
      当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、16億57百万円の収入(前連結会計年度は3億41百
     万円の支出)となりました。これは、「株式の発行による収入」が資金増加額が20億円、「配当金の支払」による資
     金減少額が2億22百万円、「リース債務の返済による支出」による資金減少額が1億18百万円となっていることが主
     な要因です。
      こうした結果、当連結会計年度末における「現金及び現金同等物」の残高は、567億89百万円と前連結会計年度比
     406億37百万円の増加となりました。これは、預金の残高の11.83%であり、十分な資金の流動性を確保しておりま
     す。
                                 10/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ④  経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
      当期は、第12次中期経営計画『地域密着 かなぎんJump!』の最終年度となりました。本経営計画において目標と
     していた主な経営指標(単体)の達成状況は、以下のとおりです。
             項目             2021年3月末目標           2021年3月末実績             達成状況

            融資量(末残)                 3,700億円以上             3,834億円            103.6%
            中小企業等貸出残高                 3,350億円以上             3,595億円            107.3%
    業容目標        中小企業等貸出金比率                   90%以上            93.8%          104.2%
            事業性融資取引先数               4,900先以上(※)                5,055先           103.1%
            資金量(末残)                 4,500億円以上             4,799億円            106.6%
            業務粗利益                  73億円以上          74億69百万円             102.3%
    収益目標
            業務純益                  10億円以上          14億56百万円             145.6%
           (※)2020年3月期において目標の4,700先を達成したため、計数目標の見直しを行いました。
      第12次中期経営計画では、「①神奈川県内の中小企業および個人のお客さま向け預貸の推進」「②お客さま志向の

     資産形成サポート」をコア業務として注力しました。結果2021年3月末時点において、融資量は242億円、資金量は
     444億円(2019年3月比)増加しました。併せて、店周区域への営業活動に努めたことで事業性融資取引先数も459先
     (2019年3月比)増加しました。
      また、役務取引等収益についてもお客さまの多種多様なニーズに対応する態勢整備を行った結果、本業に関わる収
     入である貸出金利息と役務収益の合計は、3億33百万円(2019年3月比)増加しました。
       ⑤  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

      当行グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しており
     ます。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定
     を用いておりますが、これらの見積もり及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
      連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積もり及び仮定のうち、重要なものは、「第5 経理の状況 
     1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 (注記事項)(重要な会計上の見積り)」に記載しております。
                                 11/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      (参考)

     (1)  国内業務部門・国際業務部門別収支
     (経営成績の説明)資金運用収支は73百万円の増加、役務取引等収支は34百万円の増加、その他業務収支は24百万円
     の増加となりました。
                           国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

         種類           期別
                           金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                 前連結会計年度             6,675          1        -      6,677
    資金運用収支
                 当連結会計年度             6,750         △0         -      6,750
                 前連結会計年度             6,848          1        -      6,850
     うち資金運用収益
                 当連結会計年度             6,900          0        -      6,900
                 前連結会計年度              172         0        -       173
     うち資金調達費用
                 当連結会計年度              149         0        -       150
                 前連結会計年度              716         0        -       717
    役務取引等収支
                 当連結会計年度              751        △0         -       751
                 前連結会計年度             1,126          2        -      1,128
     うち役務取引等収益
                 当連結会計年度             1,147          1        -      1,149
                 前連結会計年度              409         2        -       411
     うち役務取引等費用
                 当連結会計年度              395         2        -       397
                 前連結会計年度              △62         3        -      △59
    その他業務収支
                 当連結会計年度              △37         2        -      △35
                 前連結会計年度              182         3        -       185
     うちその他業務収益
                 当連結会計年度               97        2        -       99
                 前連結会計年度              245         -        -       245
     うちその他業務費用
                 当連結会計年度              135         -        -       135
     (注) 1.「国内業務部門」とは当行及び国内子会社の円建取引であります。
         「国際業務部門」とは当行及び国内子会社の外貨建取引であります。
         ただし、円建対非居住者取引は「国際業務部門」に含めております。
       2.国内業務部門と国際業務部門の相殺消去はしておりません。
                                 12/105









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (2) 国内業務部門・国際業務部門別資金運用/調達の状況
      (経営成績の説明)
       国内業務部門の資金運用勘定は貸出金の増加を主因として、570億76百万円増加しました。資金調達勘定は預金の
      増加等により、567億74百万円増加いたしました。
       国際業務部門の資金運用勘定はコールローンの減少を主因として、8百万円減少し、資金調達勘定は預金の減少
      を主因として、9百万円減少いたしました。
      ①  国内業務部門

                              平均残高           利息         利回り

         種類            期別
                             金額(百万円)          金額(百万円)            (%)
                  前連結会計年度               459,156           6,848          1.49
    資金運用勘定
                  当連結会計年度               516,232           6,900          1.33
                  前連結会計年度               354,550           6,196          1.74
     うち貸出金
                  当連結会計年度               381,354           6,284          1.64
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うち商品有価証券
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度               88,070            645         0.73
     うち有価証券
                  当連結会計年度               85,026            597         0.70
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うちコールローン及び
     買入手形
                  当連結会計年度                3,694           △0        △0.00
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うち買現先勘定
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うち債券貸借取引
     支払保証金
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度               16,536             5        0.03
     うち預け金
                  当連結会計年度               46,157            18         0.04
                  前連結会計年度               450,085            172         0.03
    資金調達勘定
                  当連結会計年度               506,859            149         0.02
                  前連結会計年度               437,167            170         0.03
     うち預金
                  当連結会計年度               483,508            145         0.03
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うち譲渡性預金
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度                3,333           △1        △0.04
     うちコールマネー及び
     売渡手形
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うち売現先勘定
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うち債券貸借取引
     受入担保金
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度                  -          -          -
     うちコマーシャル・
     ペーパー
                  当連結会計年度                  -          -          -
                  前連結会計年度                9,216            -          -
     うち借用金
                  当連結会計年度               22,966             -          -
     (注) 1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しております。
       2.「国内業務部門」とは、当行及び国内子会社の円建取引であります。
       3.資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度15,967百万円、当連結会計年度45,311百万円)を
         控除して表示しております。
                                 13/105




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ②  国際業務部門
                              平均残高           利息         利回り

         種類            期別
                             金額(百万円)          金額(百万円)            (%)
                   前連結会計年度                 115           1        1.45
    資金運用勘定
                   当連結会計年度                 107           0        0.03
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち貸出金
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち商品有価証券
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち有価証券
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                 97           1        1.61
     うちコールローン及び
     買入手形
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち買現先勘定
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち債券貸借取引
     支払保証金
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち預け金
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                 113           0        0.28
    資金調達勘定
                   当連結会計年度                 104           0        0.29
                   前連結会計年度                 113           0        0.28
     うち預金
                   当連結会計年度                 104           0        0.29
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち譲渡性預金
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うちコールマネー及び
     売渡手形
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち売現先勘定
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち債券貸借取引
     受入担保金
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うちコマーシャル・
     ペーパー
                   当連結会計年度                  -          -          -
                   前連結会計年度                  -          -          -
     うち借用金
                   当連結会計年度                  -          -          -
     (注)  「国際業務部門」とは当行及び国内子会社の外貨建取引であります。
        ただし、円建対非居住者取引は「国際業務部門」に含めております。
                                 14/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ③  合計
                             平均残高(百万円)               利息(百万円)

                                                      利回り
                                相殺              相殺
        種類           期別
                                                       (%)
                           小計    消去額     合計     小計    消去額     合計
                                (△)              (△)
                 前連結会計年度          459,271       -  459,271      6,850      -  6,850     1.49
    資金運用勘定
                 当連結会計年度          516,340       -  516,340      6,900      -  6,900     1.33
                 前連結会計年度          354,550       -  354,550      6,196      -  6,196     1.74
     うち貸出金
                 当連結会計年度          381,354       -  381,354      6,284      -  6,284     1.64
                 前連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     うち商品有価証券
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
                 前連結会計年度          88,070       -   88,070      645     -    645    0.73
     うち有価証券
                 当連結会計年度          85,026       -   85,026      597     -    597    0.70
                 前連結会計年度            97     -     97     1    -     1   1.61
     うちコールローン
     及び買入手形
                 当連結会計年度           3,694      -   3,694      △0     -    △0   △0.00
                 前連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     うち買現先勘定
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
                 前連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     うち債券貸借取引
     支払保証金
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
                 前連結会計年度          16,536       -   16,536       5    -     5   0.03
     うち預け金
                 当連結会計年度          46,157       -   46,157       18     -    18   0.04
                 前連結会計年度          450,199       -  450,199       173     -    173    0.03
    資金調達勘定
                 当連結会計年度          506,964       -  506,964       150     -    150    0.02
                 前連結会計年度          437,281       -  437,281       171     -    171    0.03
     うち預金
                 当連結会計年度          483,612       -  483,612       146     -    146    0.03
                 前連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     うち譲渡性預金
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
                 前連結会計年度           3,333      -   3,333      △1     -    △1   △0.04
     うちコールマネー及
     び売渡手形
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
                 前連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     うち売現先勘定
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
                 前連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     うち債券貸借取引
     受入担保金
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     うち
                 前連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     コマーシャル・
                 当連結会計年度             -    -     -     -    -     -     -
     ペーパー
                 前連結会計年度           9,216      -   9,216       -    -     -     -
     うち借用金
                 当連結会計年度          22,966       -   22,966       -    -     -     -
      (注)   1.平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しております。
       2.資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度15,967百万円、当連結会計年度45,311百万円)を
         控除して表示しております。
                                 15/105




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (3) 国内業務部門・国際業務部門別役務取引の状況
      (経営成績の説明)
       預金・貸出関連業務等の増収により役務取引等収益は21百万円増加、役務取引等費用は14百万円減少いたしまし
      た。
                           国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

         種類           期別
                           金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                 前連結会計年度             1,126          2        -      1,128
    役務取引等収益
                 当連結会計年度             1,147          1        -      1,149
                 前連結会計年度               493         -        -       493
     うち預金・貸出業務
                 当連結会計年度               504         -        -       504
                 前連結会計年度               331         2        -       333
     うち為替業務
                 当連結会計年度               324         1        -       326
                 前連結会計年度               76        -        -       76
     うち証券関連業務
                 当連結会計年度               91        -        -       91
                 前連結会計年度               158         -        -       158
     うち代理業務
                 当連結会計年度               161         -        -       161
                 前連結会計年度               65        -        -       65
     うち保護預り、
     貸金庫業務
                 当連結会計年度               63        -        -       63
                 前連結会計年度                1        -        -        1
     うち保証業務
                 当連結会計年度                1        -        -        1
                 前連結会計年度               409         2        -       411
    役務取引等費用
                 当連結会計年度               395         2        -       397
                 前連結会計年度               65        2        -       67
     うち為替業務
                 当連結会計年度               64        2        -       66
     (注)  「国内業務部門」とは当行及び国内子会社の円建取引であります。
        「国際業務部門」とは当行及び国内子会社の外貨建取引であります。
        ただし、円建対非居住者取引は「国際業務部門」に含めております。
                                 16/105









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (4) 国内業務部門・国際業務部門別預金残高の状況
      ○  預金の種類別残高(末残)
                          国内業務部門        国際業務部門       相殺消去額(△)          合計

        種類           期別

                          金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                 前連結会計年度            434,431          108         -     434,539

    預金合計
                 当連結会計年度            479,869          107         -     479,977
                 前連結会計年度            240,914           -        -     240,914
     うち流動性預金
                 当連結会計年度            287,569           -        -     287,569
                 前連結会計年度            192,586           -        -     192,586
     うち定期性預金
                 当連結会計年度            191,368           -        -     191,368
                 前連結会計年度              929        108         -      1,038
     うちその他
                 当連結会計年度              932        107         -      1,039
                 前連結会計年度                -        -        -        -
    譲渡性預金
                 当連結会計年度                -        -        -        -
                 前連結会計年度            434,431          108         -     434,539
    総合計
                 当連結会計年度            479,869          107         -     479,977
     (注) 1.「国内業務部門」とは当行及び国内子会社の円建取引であります。
         「国際業務部門」とは当行及び国内子会社の外貨建取引であります。
         ただし、円建対非居住者取引は「国際業務部門」に含めております。
       2.流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
       3.定期性預金=定期預金+定期積金
       4.国内業務部門と国際業務部門の相殺消去はしておりません。
                                 17/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (5) 国内業務貸出金残高の状況
        業種別貸出状況(末残・構成比)
                          前連結会計年度                  当連結会計年度

           業種別
                       金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
    国内                        357,293        100.00          383,412        100.00
     製造業                       23,428        6.56          24,811        6.47
     農業・林業                         468       0.13           460       0.12
     漁業                         15      0.00            13      0.00
     鉱業・採石業・砂利採取業                         82      0.02            61      0.02
     建設業                       36,607        10.25          49,685        12.96
     電気・ガス・熱供給・水道業                         659       0.18           738       0.19
     情報通信業                       2,521        0.71          3,604        0.94
     運輸業・郵便業                       13,979        3.91          15,678        4.09
     卸売業・小売業                       31,213        8.74          38,163        9.95
     金融業・保険業                       4,548        1.27          4,556        1.19
     不動産業・物品賃貸業                      104,496        29.25          106,016        27.65
     地方公共団体                       10,032        2.81          5,742        1.50
     その他                      129,245        36.17          133,885        34.92
           合計                357,293       -          383,412       -
     (注)  「国内」とは当行及び国内子会社であります。
                                 18/105












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (6) 国内業務部門・国際業務部門別有価証券の状況
      ○  有価証券残高(末残)
                          国内業務部門        国際業務部門          合計

        種類           期別
                          金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                 前連結会計年度             25,402          -     25,402
    国債
                 当連結会計年度             23,453          -     23,453
                 前連結会計年度             33,810          -     33,810
    地方債
                 当連結会計年度             39,590          -     39,590
                 前連結会計年度                -        -        -
    短期社債
                 当連結会計年度                -        -        -
                 前連結会計年度             17,488          -     17,488
    社債
                 当連結会計年度             17,468          -     17,468
                 前連結会計年度             5,416          -      5,416
    株式
                 当連結会計年度             6,262          -      6,262
                 前連結会計年度             4,039          -      4,039
    その他の証券
                 当連結会計年度             4,526          -      4,526
                 前連結会計年度             86,157          -     86,157
        合計
                 当連結会計年度             91,300          -     91,300
     (注) 1.「国内業務部門」とは当行及び国内子会社の円建取引であります。
         「国際業務部門」とは当行及び国内子会社の外貨建取引であります。
         ただし、円建対非居住者取引は「国際業務部門」に含めております。
       2.「その他の証券」は、投資信託及び組合出資金であります。
                                 19/105












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (自己資本比率の状況)
    (参考)
     自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適
    当であるかどうかを判断するための基準(平成18年金融庁告示第19号)に定められた算式に基づき、連結ベースと単体
    ベースの双方について算出しております。
     なお、当行は、国内基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては標準的手法を採用しております。
     連結自己資本比率(国内基準)

                                 (単位:百万円、%)
                                 2021年3月31日
    1.連結自己資本比率(2/3)                                    9.84

    2.連結における自己資本の額                                   25,577

    3.リスク・アセットの額                                   259,682

    4.連結総所要自己資本額                                   10,387

     単体自己資本比率(国内基準)

                                 (単位:百万円、%)
                                2021年3月31日
    1.自己資本比率(2/3)                                    9.78

    2.単体における自己資本の額                                   25,425

    3.リスク・アセットの額                                  259,879

    4.単体総所要自己資本額                                   10,395

                                 20/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (資産の査定)
    (参考)
     資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第132号)第6条に基づき、当行の貸
    借対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証しているも
    のであって、当該社債の発行が金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第2条第3項に規定する有価証券の私募による
    ものに限る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未収利息及び仮払金、支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並
    びに貸借対照表に注記することとされている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契
    約によるものに限る。)について債務者の財政状態及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するものであります。
    1.破産更生債権及びこれらに準ずる債権

      破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由により
     経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。
    2.危険債権

      危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権
     の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。
    3.要管理債権

      要管理債権とは、3ヵ月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。
    4.正常債権

      正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに掲げる債権以外
     のものに区分される債権をいう。
     資産の査定の額

                                 2020年3月31日              2021年3月31日

              債権の区分
                                 金額(百万円)              金額(百万円)
    破産更生債権及びこれらに準ずる債権                                    2,996              2,322

    危険債権                                    5,745              4,372

    要管理債権                                    1,704              1,273

    正常債権                                   347,264              375,830

    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 21/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当連結会計年度における当行の設備投資につきましては、お客様の利便性向上及び業務の一層の効率化をはかるた
     めの事務機器投資等を行いました。
      当連結会計年度の設備投資等は下記の通りです。
      1.  建物・構築物・付属設備等                    77 百万円
      2.  機械設備等                    271  百万円
      この結果、当連結会計年度の設備投資の総額は349百万円となりました。
    2 【主要な設備の状況】

      当連結会計年度末における主要な設備の状況は次のとおりであります。
                                               ( 2021年3月31日       現在)

                      セグメ                  その他の有
                             土地       建物        リース資産      合計
         店舗名                                              従業員数
                      ントの                  形固定資産
                所在地
         その他                                              (人)
                              帳簿価額     帳簿価額     帳簿価額     帳簿価額     帳簿価額
                      名称
                         面積(㎡)
                              (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
       本店・本部
              横浜市   中区
                           992.56      834     115     235     410    1,597     130
       横浜橋通支店
       洪福寺支店他
                          6,257.02
    当行                  銀行業
              神奈川県                  1,833      806     139      -   2,778     237
                         (1,447.77)
       31ヵ店
                          7,249.58
          計                      2,667      921     374     410    4,375     367
                         (1,447.77)
     (注)   1.土地の面積欄の(            )内は、借地面積(内書き)であり、その年間賃借料は建物も含め322百万円であります。
       2.その他の有形固定資産は、事務機械284百万円、その他89百万円であります。
       3.上記には、連結子会社に貸与している建物が含まれており、その内容は次のとおりであります。
         本店建物     1百万円
       4.上記の他、リース契約による主な賃借設備は次のとおりであります。
     リース契約

                        セグメント                         年間リース料
        店舗名その他         所在地                設備の内容        従業員数(人)
                         の名称                         (百万円)
                               オープン出納シス
                                                       11
    当行    事務部他      神奈川県横浜市他           銀行業
                               テム他
                                             367
                               自動車他                        27
    3 【設備の新設、除却等の計画】

      当連結会計年度末において計画中である重要な設備の新設、除却等は次のとおりであります。
     (1) 重要な設備の新設・改修

       該当事項はありません。
     (2) 重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 22/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    10,000,000

              A種優先株式                                      3,000,000

                計                                   10,000,000

     (注)「計」欄には定款で定める発行可能株式総数を記載しており、発行可能種類株式総数の合計とは一致しており
    ません。
      ②  【発行済株式】
              事業年度末現在

                        提出日現在        上場金融商品取引所
       種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                 内容
                      (2021年6月21日)          商品取引業協会名
             ( 2021年3月31日       )
                                          株主として権利内容に制限のな

                                該当事項はありま
                                          い、標準となる株式であります。
      普通株式           4,474,900         同左
                                せん。
                                          単元株式数は100株であります。
                                          (注)

     第1回A種                           該当事項はありま
                  200,000        同左
      優先株式                          せん。
                                          単元株式数は100株であります。
       計          4,674,900         同左           -             -

     (注)    第1回A種優先株式の内容は次のとおりであります。

     1.第1回A種優先配当金
     (1)第1回A種優先配当金     
      当行は、定款第47条第1項に定める期末配当をするときは、当該配当に係る基準日の最終の株主名簿に記載または
     記録された第1回A種優先株式を有する株主(以下「第1回A種優先株主」という。)または第1回A種優先株式の
     登録株式質権者(以下「第1回A種優先登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下「普通株
     主」という。)および普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式質権者」という。)に先立ち、第1回A種優
     先株式1株につき、第1回A種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、第1回A種優先株式につき、株式の
     分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整される。)に年率1.80%
     を乗じて算出した額の金銭(2021年3月31日を基準日とする剰余金の配当額は、年率1.80%に基づき払込期日(同日
     を含む。)から2021年3月31日(同日を含む。)までの間の日数につき1年を365日とする日割り計算により算出さ
     れる額とし、円位未満小数点第3位まで算出し、その小数第3位を切上げる。)(以下「第1回A種優先配当金」と
     いう。)の配当をする。また、当該基準の属する事業年度において第1回A種優先株主または第1回A種優先登録株
     式質権者に対して第2項に定める第1回A種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
     2.第1回A種優先中間配当金

      当行は、定款第47条第2項に定める中間配当をするときは、当該中間配当に係る基準日の最終の株主名簿に記載ま
     たは記録された第1回A種優先株主または第1回A種優先登録株式質権者に対し、普通株主および普通登録株式質権
     者に先立ち、第1回A種優先株式1株につき、第1回A種優先配当金の額の2分の1を上限とする金銭(以下「第1
     回A種優先中間配当金」という。)を支払う。
                                 23/105



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     3.残余財産

      (1)   残余財産の分配
      当行は、残余財産を分配するときは、第1回A種優先株主または第1回A種優先登録株式質権者に対し、普通株主
     および普通登録株式質権者に先立ち、第1回A種優先株式1株につき、第1回A種優先株式1株当たりの払込金額相
     当額(ただし、第1回A種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由が
     あった場合には、適切に調整される。)に下記に定める経過第1回A種優先配当金相当額を加えた額の金銭を支払
     う。
      (2)   非参加条項
      第1回A種優先株主または第1回A種優先登録株式質権者に対しては、上記(1)のほか、残余財産の分配は行わな
     い。
      (3)   経過第1回A種優先配当金相当額
      第1回A種優先株式1株当たりの経過第1回A種優先配当金相当額は、残余財産の分配が行われる日(以下「分配
     日」という。)において、分配日の属する事業年度の初日(同日を含む。)から分配日(同日を含む。)までの日数
     に第1回A種優先配当金の額を乗じた金額を365で除して得られる額(円位未満小数第3位まで算出し、その小数第
     3位を切上げる。)をいう。ただし、分配日の属する事業年度において第1回A種優先株主または第1回A種優先登
     録株式質権者に対して第1回A種優先中間配当金を支払ったときは、その額を控除した額とする。
     4.議決権

      第1回A種優先株主は、全ての事項につき株主総会において議決権を有しない。
     5.種類株主総会

      当行が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、第1回A種
     優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
     6.金銭を対価とする取得条項

      (1)   金銭を対価とする取得条項
      当行は、2026年4月1日以降、取締役会が別に定める日(以下「取得日」という。)が到来したときは、法令上可
     能な範囲で、第1回A種優先株式の全部または一部を取得することができる。ただし、取締役会は、金融庁の事前の
     確認を得ている場合に限り、取得日を定めることができる。この場合、当行は、かかる第1回A種優先株式を取得す
     るのと引換えに、下記(2)に定める財産を第1回A種優先株主に対して交付するものとする。なお、第1回A種優先
     株式の一部を取得するときは、按分比例の方法による。
      (2)   取得と引換えに交付すべき財産
      当行は、第1回A種優先株式の取得と引換えに、第1回A種優先株式1株につき、第1回A種優先株式の払込金額
     相当額(ただし、第1回A種優先株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由が
     あった場合には、適切に調整される。)に経過第1回A種優先配当金相当額を加えた額の金銭を交付する。なお、本
     (2)においては、上記3(3)に定める経過第1回A種優先配当金相当額の計算における「残余財産の分配が行われる
     日」および「分配日」をいずれも「取得日」と読み替えて、経過第1回A種優先配当金相当額を計算する。
     7.普通株式を対価とする取得条項

      (1)   普通株式を対価とする取得条項
      当行は、2031年4月1日(以下「一斉取得日」という。)をもって、一斉取得日に残存する第1回A種優先株式の
     全てを取得する。この場合、当行は、かかる第1回A種優先株式を取得するのと引換えに、第1回A種優先株主に対
     し、その有する第1回A種優先株式数に第1回A種優先株式1株当たりの払込金額相当額(ただし、第1回A種優先
     株式につき、株式の分割、株式無償割当て、株式の併合またはこれに類する事由があった場合には、適切に調整され
     る。)および経過第1回A種優先配当金相当額を加えた額を乗じた額を下記(2)に定める普通株式の時価(以下「一
     斉取得価額」という。)で除した数の普通株式を交付するものとする。第1回A種優先株式の取得と引換えに交付す
     べき普通株式の数に1株に満たない端数がある場合には、会社法第234条に従ってこれを取扱う。なお、本(1)におい
     ては、上記3(3)に定める経過第1回A種優先配当金相当額の計算における「残余財産の分配が行われる日」および
     「分配日」をいずれも「一斉取得日」と読み替えて、経過第1回A種優先配当金相当額を計算する。
                                 24/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      (2)  一斉取得価額
      イ.   一斉取得日に先立つ45連続取引日(同日を含む)の期間において、当行の普通株式が上場等(金融商品取引所
     ま たは店頭売買有価証券市場への上場または登録をいう。以下同じ。)をしている場合
      一斉取得価額は、一斉取得日に先立つ45取引日目に始まる30連続取引日(終値が算出されない日を除く。)の当行
     の普通株式が上場等をしている取引所等(金融商品取引所または店頭売買有価証券市場をいう。)における当行の普
     通株式の毎日の終値の平均値に相当する金額(円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨てる。)とす
     る。ただし、かかる計算の結果、一斉取得価額が下限取得価額(下記(3))に定義する。以下同じ。)を下回る場合
     は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
      ロ. 上記イ.以外の場合
      一斉取得価額は、一斉取得日における連結BPS(以下に定義する。以下同じ。)とする。「連結BPS」とは、
     1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針35項に従い、直近の継続開示書類(直近の当行の有価証券報告
     書、半期報告書または四半期報告書(連結BPSに関するこれらの訂正報告書を含む。))に記載の連結財務諸表に
     おける貸借対照表の純資産の部の合計額から、優先株式に係る払込金額および配当、新株予約権、非支配株主持分等
     を控除したものを、普通株式に係る純資産額として計算した1株当たり純資産額(円位未満小数第1位まで算出し、
     その小数第1位を切捨てる。)とする。ただし、当該直近の継続開示書類が開示された後において、下記(4)に定め
     る下限取得価額の調整事由が生じた場合においては、下記(4)に定める調整後下限取得価額の計算における「下限取
     得価額」をいずれも「一斉取得価額」と読み替えて、一斉取得価額を調整するものとする。かかる計算の結果、一斉
     取得価額が下限取得価額を下回る場合は、一斉取得価額は下限取得価額とする。
      (3)   下限取得価額
      下限取得価額は、第1回A種優先株式の発行日における連結BPSに0.5を乗じた金額(円位未満小数第1位まで
     算出し、その小数第1位を切捨てる。)とする(ただし、下記(4)による調整を受ける。)。    
      (4)  下限取得価額の調整
      イ.   第1回A種優先株式の発行後、次の各号のいずれかに該当する場合には、下限取得価額を次に定める算式(以
     下「下限取得価額調整式」という。)により調整する(以下、調整後の取得価額を「調整後下限取得価額」とい
     う。)。下限取得価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算出し、その小数第1位を切捨てる。
                                                1株当たりの

                                     交付普通株式数          ×
                           既発行普通                     払込金額
                                   +
                           株式数
      調整後下限          調整前下限
              =                               時価
      取得価額          取得価額        ×
                               既発行普通株式数  +  交付普通株式数
       (i)    下限取得価額調整式に使用する時価(下記ハ.(i)に定義する。以下同じ。)を下回る払込金額をもって普通

     株式を発行または自己株式である普通株式を処分する場合(無償割当ての場合を含む。)(ただし、当行の普通株式
     の交付を請求できる取得請求権付株式もしくは新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下本(4)に
     おいて同じ。)その他の証券(以下「取得請求権付株式等」という。)、または当行の普通株式の交付と引換えに当
     行が取得することができる取得条項付株式もしくは取得条項付新株予約権その他の証券(以下「取得条項付株式等」
     という。)が取得または行使され、これに対して普通株式が交付される場合を除く。)
     調整後下限取得価額は、払込期日(払込期間が定められた場合は当該払込期間の末日とする。以下同じ。)(無償割
     当ての場合はその効力発生日)の翌日以降、または株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるためもしくは無償
     割当てのための基準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
      (ii)    株式の分割をする場合
     調整後下限取得価額は、株式の分割のための基準日に分割により増加する普通株式数(基準日における当行の自己株
     式である普通株式に関して増加する普通株式数を除く。)が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用し
     て算出し、その基準日の翌日以降、これを適用する。
      (iii)    下限取得価額調整式に使用する時価を下回る価額(下記ニ.に定義する。以下、本(iii)、下記(iv)および
     (v)ならびに下記ハ.(iv)において同じ。)をもって当行の普通株式の交付を請求できる取得請求権付株式等を発行す
     る場合(無償割当ての場合を含む。)
      調整後下限取得価額は、当該取得請求権付株式等の払込期日(新株予約権の場合は割当日)に、または株主に取得
     請求権付株式等の割当てを受ける権利を与えるためもしくは無償割当てのための基準日がある場合はその日に、当該
     取得請求権付株式等の全部が当初の条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして下限取得価額
                                 25/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     調整式を適用して算出し、その払込期日(新株予約権の場合は割当日)の翌日以降、またはその基準日の翌日以降、
     これを適用する。
      上記にかかわらず、上記の普通株式が交付されたものとみなされる日において価額が確定しておらず、後日一定の
     日(以下「価額決定日」という。)に価額が決定される取得請求権付株式等を発行した場合において、決定された価
     額が下限取得価額調整式に使用する時価を下回る場合には、調整後下限取得価額は、当該価額決定日に残存する取得
     請求権付株式等の全部が価額決定日に確定した条件で取得または行使されて普通株式が交付されたものとみなして下
     限取得価額調整式を適用して算出し、当該価額決定日の翌日以降これを適用する。    
      (iv)    当行が発行した取得請求権付株式等に、価額がその発行日以降に修正される条件(本イ.またはロ.と類似す
     る希薄化防止のための調整を除く。)が付されている場合で、当該修正が行われる日(以下「修正日」という。)に
     おける修正後の価額(以下「修正価額」という。)が下限取得価額調整式に使用する時価を下回る場合
      調整後下限取得価額は、修正日に、残存する当該取得請求権付株式等の全部が修正価額で取得または行使されて普
     通株式が交付されたものとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、当該修正日の翌日以降これを適用する。
      (v)   取得条項付株式等の取得と引換えに下限取得価額調整式に使用される時価を下回る価額をもって普通株式を交
     付する場合
      調整後下限取得価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
      ただし、当該取得条項付株式等について既に上記(iii)または(iv)による下限取得価額の調整が行われている場合
     には、調整後下限取得価額は、当該取得と引換えに普通株式が交付された後の完全希薄化後普通株式数(下記ホ.に
     定義する。)が、当該取得の直前の既発行普通株式数を超えるときに限り、当該超過する普通株式数が交付されたも
     のとみなして下限取得価額調整式を適用して算出し、取得の直前の既発行普通株式数を超えないときは、本(v)によ
     る調整は行わない。
      (vi)    株式の併合をする場合
      調整後下限取得価額は、株式の併合の効力発生日以降、併合により減少する普通株式数(効力発生日における当行
     の自己株式である普通株式に関して減少した普通株式数を除く。)を負の値で表示して交付普通株式数とみなして下
     限取得価額調整式を適用して算出し、これを適用する。
     ロ.  上記イ.(i)ないし(vi)に掲げる場合のほか、合併、会社分割、株式交換または株式移転等により、下限取得価額

     の調整を必要とする場合は、取締役会が適当と判断する下限取得価額に変更される。
     ハ.  (i)  下限取得価額調整式に使用する「時価」は、調整後下限取得価額を適用する日に先立つ5連続取引日(同日

     を含む)の期間において、当行の普通株式が上場等をしている場合は、調整後下限取得価額を適用する日に先立つ5
     連続取引日(終値が算出されない日を除く。)の終値の平均値(平均値の計算は円位未満小数第1位まで算出し、そ
     の小数第1位を切捨てる。)とし、かかる期間において当行の普通株式が上場等をしていない場合は、連結BPSと
     する。
     (ii)   下限取得価額調整式に使用する「調整前下限取得価額」は、調整後下限取得価額を適用する日の前日において
     有効な下限取得価額とする。     
      (iii)    下限取得価額調整式に使用する「既発行普通株式数」は、基準日がある場合はその日(上記イ.(i)ないし
     (iii)に基づき当該基準日において交付されたものとみなされる普通株式数は含まない。)の、基準日がない場合は
     調整後下限取得価額を適用する日の1ヶ月前の日の、当行の発行済普通株式数(自己株式である普通株式の数を除
     く。)に当該下限取得価額の調整の前に上記イ.およびロ.に基づき「交付普通株式数」とみなされた普通株式であっ
     て未だ交付されていない普通株式数を加えたものとする。
     (iv)   下限取得価額調整式に使用する「1株当たりの払込金額」とは、上記イ.(i)の場合には、当該払込金額(無償
     割当ての場合は0円)(金銭以外の財産による払込の場合には適正な評価額)、上記イ.(ii)および(vi)の場合には
     0円、上記イ.(iii)ないし(v)の場合には価額(ただし、(iv)の場合は修正価額)とする。
     ニ.  上記イ.(iii)ないし(v)および上記ハ.(iv)において「価額」とは、取得請求権付株式等または取得条項付株式等

     の発行に際して払込みがなされた額(新株予約権の場合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額と
     する。)から、その取得または行使に際して当該取得請求権付株式等または取得条項付株式等の所持人に交付される
     普通株式以外の財産の価額を控除した金額を、その取得または行使に際して交付される普通株式の数で除した金額を
     いう。
                                 26/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     ホ.  上記イ.(v)において「完全希薄化後普通株式数」とは、調整後下限取得価額を適用する日の既発行普通株式数か
     ら、上記ハ.(iii)に従って既発行普通株式数に含められている未だ交付されていない普通株式数で当該取得条項付株
     式 等に係るものを除いて、当該取得条項付株式等の取得により交付される普通株式数を加えたものとする。
     ヘ.  上記イ.(i)ないし(iii)において、当該各行為に係る基準日が定められ、かつ当該各行為が当該基準日以降に開

     催される当行の株主総会における一定の事項に関する承認決議を停止条件としている場合には、上記イ.(i)ないし
     (iii)の規定にかかわらず、調整後下限取得価額は、当該承認決議をした株主総会の終結の日の翌日以降にこれを適
     用する。
     ト.  下限取得価額調整式により算出された上記イ.第2文を適用する前の調整後下限取得価額と調整前下限取得価額

     との差額が1円未満にとどまるときは、下限取得価額の調整は、これを行わない。ただし、その後下限取得価額調整
     式による下限取得価額の調整を必要とする事由が発生し、下限取得価額を算出する場合には、下限取得価額調整式中
     の調整前下限取得価額に代えて調整前下限取得価額からこの差額を差し引いた額(ただし、円位未満小数第2位まで
     を算出し、その小数第2位を切捨てる。)を使用する。
     8.株式の分割または併合および株式無償割当て

      当行は、法令に定める場合を除き、第1回A種優先株式について株式の分割または併合を行わない。当行は、第1
     回A種優先株主には、募集株式の割当てを受ける権利または募集新株予約権の割当てを受ける権利を与えず、また、
     株式無償割当てまたは新株予約権付無償割当てを行わない。
     9.法令変更等

      法令の変更等に伴い本要項の規定について読み替えその他の措置が必要となる場合には、当行の取締役会は合理的
     に必要な措置を講じる。
     10.その他

      上記各項は、各種の法令に基づく許認可等の効力発生を条件とする。
     11.議決権を有しないこととしている理由

      剰余金の配当及び残余財産の分配について普通株式に優先すること等を勘案し、株主総会において議決権を有しな
     いこととしております。
     12.会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無

      会社法第322条第2項に規定する定めを有しています。
                                 27/105








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    2000年10月1日
                 1,120,900       4,474,900         1,961       5,191       1,961       4,101
     (注1)
    2021年3月11日
                  200,000      4,674,900         1,000       6,191       1,000       5,101
    (注2)
     (注1)     有償第三者割当
                  1,120千株       発行価格       3,500円      資本組入額         1,750円
     (注2)第1回A種優先株式の発行による増加であります。
        第三者割当(第1回A種優先株式)発行株式数200,000株
        発行価格 1株につき10,000円 資本組入額 1株につき5,000円
        割当先 株式会社横浜銀行、みずほリース株式会社、株式会社あおぞら銀行、日本木槽木管株式会社 他11社
                                 28/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
    ①普通株式
                                               2021年3月31日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
      区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
    株主数(人)           -     22      3    399      -     -    806    1,230        -

    所有株式数
               -   7,849      232    27,075        -     -   9,368     44,524      22,500
    (単元)
    所有株式数
               -   17.63      0.52     60.81       -     -   21.04     100.00        -
    の割合(%)
     (注)    自己株式16,363株は「個人その他」に163単元、「単元未満株式の状況」に63株含まれております。
    ②第1回A種優先株式

                                               2021年3月31日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
      区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
    株主数(人)           -     3     -     12      -     -     -     15      -

    所有株式数
               -   1,215       -    785      -     -     -   2,000        -
    (単元)
    所有株式数
               -   60.75       -   39.25       -     -     -   100.00        -
    の割合(%)
                                 29/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】

     ①所有株式数別
                                               2021年3月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
    横浜振興株式会社                横浜市中区南仲通2-21-1                         430,608         9.24
    日本木槽木管株式会社                横浜市神奈川区鶴屋町2-20-3                         381,620         8.19

    株式会社朋栄                横浜市中区山下町2                         378,991         8.13

    株式会社日本カストディ銀行
                    東京都中央区晴海1-8-12                         237,800         5.10
    (信託口4)
    株式会社横浜銀行                横浜市西区みなとみらい3-1-1                         199,148         4.27
    丸全昭和運輸株式会社                横浜市中区南仲通2-15                         132,280         2.83

    株式会社みずほ銀行                東京都千代田区大手町1-5-5                         131,673         2.82

    公益財団法人はまぎん産業文化
                    横浜市西区みなとみらい3-1-1                         104,998         2.25
    振興財団
    馬淵建設株式会社                横浜市南区花之木町2-26                         104,675         2.24
    神奈川銀行行員持株会                横浜市中区長者町9-166                         72,523         1.55

           計                   -              2,174,316          46.67

     ②所有議決権数別                                

                                               2021年3月31日現在
                                                  総株主の議決
                                          所有議決権数        権に対する所
         氏名又は名称                     住所
                                            (個)      有議決権数の
                                                  割合(%)
    横浜振興株式会社                横浜市中区南仲通2-21-1                          4,306        9.70
    株式会社朋栄                横浜市中区山下町2                          3,789        8.54

    日本木槽木管株式会社                横浜市神奈川区鶴屋町2-20-3                          3,716        8.37

    株式会社日本カストディ銀行
                    東京都中央区晴海1-8-12                          2,378        5.36
    (信託口4)
    丸全昭和運輸株式会社                横浜市中区南仲通2-15                          1,322        2.98
    株式会社みずほ銀行                東京都千代田区大手町1-5-5                          1,316        2.96

    公益財団法人はまぎん産業文化
                    横浜市西区みなとみらい3-1-1                          1,049        2.36
    振興財団
    馬淵建設株式会社                横浜市南区花之木町2-26                          1,046        2.35
    株式会社横浜銀行                横浜市西区みなとみらい3-1-1                          1,026        2.31

    神奈川銀行行員持株会                横浜市中区長者町9-166                           725       1.63

           計                   -               20,673        46.60

                                 30/105



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年3月31日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
                    第1回A種優先株式
    無議決権株式                              -              -
                          200,000
    議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -
    議決権制限株式(その他)                    -          -              -

                    (自己保有株式)
                                        株主として権利内容に制限のない、
    完全議決権株式(自己株式等)                              -
                    普通株式     16,300
                                        標準となる株式
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               44,361           同上
                        4,436,100
                    普通株式
    単元未満株式                              -      1単元(100株)未満の株式
                          22,500
    発行済株式総数                    4,674,900         -              -
    総株主の議決権                    -           44,361            -

     (注)1.第1回A種優先株式の内容については、「1 株式等の状況 (1)株式の総数等 ②発行済株式」に記載
      しております。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当行所有の自己株式63株が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                              2021年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)             横浜市中区長者町9丁目
                                 16,300         -    16,300        0.36
    ㈱神奈川銀行             166番地
          計             -          16,300         -    16,300        0.36
                                 31/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】

     会社法第155条第7号の規定に基づく単元未満株式の買取請求による普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
             区分                株式数(株)               価額の総額(円)
    当事業年度における取得自己株式                                  229               911,420
    当期間における取得自己株式(注)                                  -                 -
     (注)当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含まれておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                  (円)                  (円)
    引き受ける者の募集を行った
                             -         -         -         -
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                         -         -         -         -
    合併、株式交換、株式交付、
    会社分割に係る移転を行った                         -         -         -         -
    取得自己株式
    その他                         -         -         -         -
                                      -
    保有自己株式数(注)                      16,363                  16,363           -
      (注)当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式数は含まれておりません。
                                 32/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    3 【配当政策】
     (1) 配当の基本的な方針
       当行では、株主に対する利益の還元を経営上重要な施策の一つとして位置付けております。従いまして、将来に
      おける企業成長と経営環境の変化に対応するために必要な内部留保資金を確保しつつ、安定的な配当を継続的に行
      うことを基本方針としています。確保した内部留保資金については、お客様の利便性向上のための設備投資など今
      後の事業戦略への備えとすることとしております。
       また、当行は剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を
      除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。
       これにより定めた毎期における配当の基準日は、9月30日(中間)及び3月31日(期末)の年2回としておりま
      す。
     (2) 当期の配当
       当期の配当につきましては、配当の基本的な方針に基づき1株当たり年間50円(うち中間配当25円)、第1種A
      種優先株式は1株当たり10.36円の配当を実施することといたしました。
       当期における剰余金の配当は以下のとおりです。
                                                1株当たりの配当額
           決議年月日              株式の種類         配当金の総額(百万円)
                                                   (円)
       2020年11月13日       取締役会決議            普通株式                 111             25
                          普通株式                 111             25
       2021年5月14日取締役会決議
                       第1回A種優先株式                     2          10.36
     (注)第1回A種優先株式は、2021年3月11日に発行しましたので、2021年3月期の配当金は、2021年3月31日を基
    準とする1株当たり10.36円です。
                                 33/105













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      当行ではコーポレート・ガバナンスの強化、充実を経営上の重要課題のひとつと位置付けており、お客様や地域社
     会との共存・共栄を図り、経営管理態勢を確立し、健全経営を堅持すること、また、活力ある組織と人材力の向上を
     図りながら、永続的な私たちの理念である「地域の皆さまから信頼され、支持され、地域とともに発展する銀行」の
     実現を目指しております。
      ①  会社の機関の内容

      (イ)    当行における経営の意思決定のプロセスについては、取締役会の他、常務会や職制ならびに事務分掌規程等
      の行内諸規程に基づき意思決定を行う体制としております。また、会計監査人には決算時の監査を受けている他、
      適宜アドバイスを受けております。顧問弁護士には必要に応じてアドバイスを受けております。
      (ロ)    取締役会は、原則として毎月1回開催する会議において、当行の業務執行に関する意思を決定するととも
      に、取締役の職務の執行を監督します。また、取締役は業務の執行状況について取締役会に報告します。さらに、
      取締役会で決定された方針に基づいた迅速な業務執行を図るため、役付取締役により構成される常務会を随時開催
      しております。
      (ハ)    当行は、監査役制度を採用しており、取締役の職務の執行を監査しております。監査役会は、監査役3名、
      そのうち社外監査役2名(非常勤2名)で構成されており、監査の透明性・実効性を高めております。各監査役は、
      取締役会、常務会の他各種重要会議等に参加し、必要に応じて意見を述べております。
      コーポレート・ガバナンス体制図(2021年6月21日現在)

                                 34/105













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ②  内部統制システムの整備の状況
      (イ)    内部統制システムの整備の状況
         取締役による職務の執行状況が法令や定款等に適合し、適正な業務運営体制が確保できるよう、内部統制シ
        ステムについて基本方針を定め、取締役会において決議しております。決議された「内部統制システムの基本
        方針」では、取締役や職員、監査役等がそれぞれの業務について、適正かつ効率的な対応が図れるような仕組
        みを明確に定めております。また、当行において財務報告の適正性を確保するため、取締役会で、「財務報告
        に関する基本方針」を制定し、財務報告に係る内部統制が有効に行われる体制の整備、向上を図り、また、そ
        の有効性を評価しております。
      (ロ)    会社と社外取締役及び社外監査役の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係の概要
         当行は社外取締役2名及び社外監査役2名を選任しております。
         社外取締役及び社外監査役と当行の取締役及び監査役との人的関係や当行関連会社役員との兼任関係、当行
        との資本関係はございません。また、当行との間に一般的な銀行取引の範囲を超えた特筆すべき取引関係、そ
        の他の利害関係はございません。
         社外取締役      飛鳥田一朗氏は医師として人格、見識を十分に備えており、企業の産業医としての経験から会社
        の組織にも精通しております。
         社外取締役       大場茂美氏は、長年、地方行政機関において要職を務められ、また信用保証協会の会長としての
        経験もあり、組織運営や金融業務について幅広い知見と豊富な経験を有しており、地元地域の事情にも精通し
        ております。
         社外監査役      菊池潔氏は浜銀TT証券株式会社の出身であります。当行と同社の間には預金取引及び業務委託
        取引があります。
         社外監査役      鷲山雄一氏は日本銀行の出身であります。当行と日本銀行との間では預け金や借入金等の経常的
        な取引があります。
      ③  リスク管理体制の整備の状況
        当行では、「リスク管理の基本規程」をはじめとしたリスク関連規程を体系的に整備するとともに、取締役会
       において、各年度の「リスク管理方針」を定め、当行全体の基本姿勢を確認しております。また、リスク管理の
       統括機関として「リスク管理常務会」を置き、リスク管理に関する重要な事項について決定し、報告を受けてお
       ります。
        具体的な管理体制としては、「リスク管理の基本規程」に定めた各リスクの主管部署が、主管するリスクに関
       して責任を負い、関連部署の協力を得て各リスクの管理業務を遂行しております。関連部署は、各業務における
       リスクに関する「内部管理基準」を定めており、「内部管理基準」に基づいた適切なリスク管理を実施しており
       ます。さらに、総合企画部内に設置した「リスク管理室」が、全行的なリスクを一元的・統合的に把握して経営
       への報告を行うほか、各部署でのリスク管理が適切であるかを検証し、必要に応じて改善を要請するなど、管理
       体制の整備を図っております。
      ④  子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
        「子会社管理規程」を策定し、子会社の業務の適正性を確保する体制整備を行っております。また、子会社に
       おいても、業務の決定及び執行についての相互監視が適正になされるよう、取締役会と監査役を設置しておりま
       す。子会社のコンプライアンス体制及び情報管理体制については、当行の担当部署が指導・監督し、子会社を含
       めた当行のグループ全体として、適正な体制が確保できるようにしております。
      ⑤  役員報酬等の内容
       当事業年度(自         2020年4月1日         至   2021年3月31日       )
                              報酬等の総額
            役員区分           員数
                               (百万円)
                                         固定報酬
        取締役                   6          69          69
        監査役(社外監査役を除く)
                           2          10          10
        社外役員                   4          18          18
      (注)1.上記には、2020年6月19日に退任した監査役1名が含まれております。
         2.上記報酬等の額のほか、重要な使用人兼務取締役の使用人としての給与・賞与は18百万円でありま
          す。 
         3.取締役の報酬限度額は年額200百万円以内、監査役の報酬限度額は年額50百万円以内(平成23年6月21日
          第86期定時株主総会決議)であります。
                                 35/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ⑥  責任限定契約
       当行と取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役は会社法第427条第1項の規定に基づき、会社
      法第423条第1項に規定する損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款で定めております。当
      該契約に基づく責任の限定は、法令が規定する限度額としております。
       これに基づき、社外取締役及び社外監査役(非常勤)との間で上記契約を締結しております。
      ⑦  役員等賠償責任保険契約に関する事項
       会社法上の役員(取締役、監査役、執行役員)が業務執行にあたり損害賠償請求を受けた場合に、個人として負
      担すべき法律上の損害賠償金や訴訟費用を負担するため、会社役員賠償責任保険(D&O保険)に加入しておりま
      す。
      ⑧  取締役の定数
       当行の取締役の定数は10名以内とする旨定款に定めております。
      ⑨  取締役の選任の決議要件
       当行は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
      が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
       また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
      ⑩  株主総会決議事項を取締役会で決議できることとしている事項
       当行は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除
      き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取
      締役会の権限とすることにより、経営環境の変化に応じた機動的な配当政策を可能とすることを目的としておりま
      す。
      ⑪  株主総会の特別決議要件
       当行は、株主総会を円滑に運営するため、会社法第309条第2項に定める決議については、議決権を行使するこ
      とができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款
      に定めております。
      ⑫  種類株式
       当行は、資金調達を柔軟かつ機動的に行うための選択肢の多様化を図り、適切な資本政策を実行することを可能
      とするため、会社法第108条第1項第3号に定める内容(いわゆる議決権制限)について普通株式と異なる定めを
      した議決権のない第1回A種優先株式を発行しております。単元株式数及び議決権の有無については下記に記載し
      ております。
       なお、株式の保有又はその議決権行使について特記すべきことはありません。
             株式の種類                 単元株式数                 議決権の有無
             普通株式                  100株                  有
           第1回A種優先株式                     100株                  無
       第1回A種優先株式の内容については、「1 株式等の状況 (1)株式の総数等 ②発行済株式」に記載してお
      ります。
                                 36/105







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
    ①  役員一覧
    男性11名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                       所有株
       役職名        氏名      生年月日                略歴              任期    式数
                                                        (株)
                           1977年4月     株式会社横浜銀行入行
                           2004年6月     同行執行役員厚木支店長兼県央ブロック営業本
                                 部長
                           2005年6月     同行常務執行役員横浜駅前支店長兼横浜中ブ
                                 ロック営業本部長
                           2006年6月     同行取締役常務執行役員本店営業部長兼本店ブ
                                 ロック営業本部長
      取締役会長
                           2009年4月     同行非常勤取締役、浜銀ファイナンス株式会社
                                                   2021年
                                                       普通株式
                                 代表取締役社長
             三 村 智 之       1955年3月3日生                               6月か
      代表取締役                                                  2,000
                                                   ら1年
                           2009年6月     株式会社横浜銀行取締役退任
       経営全般
                           2012年2月     株式会社ホテル、ニューグランド非常勤取締役
                           2014年4月     浜銀ファイナンス株式会社代表取締役社長退任
                           2014年4月     当行顧問として入行
                           2014年6月     当行代表取締役頭取
                           2015年2月     株式会社ホテル、ニューグランド非常勤取締役
                                 退任
                           2020年6月     当行代表取締役会長(現職)
                           1976年4月     当行入行
                           1997年2月     当行桜ヶ丘支店長
                           2000年10月     当行本店営業部副部長
                           2004年6月     当行営業統括部副部長
      取締役頭取
                           2005年7月     当行審査部長
                           2005年10月     当行執行役員審査部長
                                                       普通株式
      代表取締役
             近 藤 和 明       1953年5月7日生                                同上
                                                        2,700
                           2006年6月     当行取締役執行役員審査部長
       経営全般
                           2007年6月     当行常務取締役審査部長
                           2008年4月     当行常務取締役
                           2009年4月     当行代表取締役常務取締役
                           2014年4月     当行代表取締役専務取締役
                           2020年6月     当行代表取締役頭取(現職)
                           1984年4月     株式会社横浜銀行入行
                           2006年4月     同行三崎支店長
                           2009年1月     同行大船支店長
                           2010年10月     同行新宿支店長
                           2012年5月     同行上大岡支店長
      常務取締役
                           2014年4月     当行営業統括部長
    総合企画部・コンプラ                                                   普通株式
                           2016年4月     当行執行役員営業統括部長、営業統括部担当
              本 山  誠      1962年2月24日生                                同上
    イアンス統括部担当                                                   1,000
                           2016年6月     当行執行役員営業統括部長、営業統括部、資金
                                 証券部担当
      総合企画部長
                           2018年4月     当行執行役員総合企画部長、総合企画部担当
                           2018年6月     当行取締役総合企画部長、総合企画部担当
                           2019年6月     当行常務取締役総合企画部長、総合企画部担当
                           2021年6月     当行常務取締役総合企画部長、総合企画部、コ
                                 ンプライアンス統括部担当(現職)
                            1989年4月     当行入行
                            2005年7月     当行川崎支店長
                            2008年4月     当行中原支店長
                            2011年7月     当行平塚支店長
      常務取締役
                            2014年4月     当行洪福寺支店長
                            2016年4月     当行事務部長
    総務人事部、審査部、                                                   普通株式
              長谷川 隆      1965年6月29日生                                同上
    事務部担当総合企画部                                                    1,000
                            2018年4月     当行執行役員事務部長
     デジタル戦略室長
                            2019年6月     当行取締役事務部長
                            2021年4月     当行取締役、資金証券部、審査部、事務部担当
                                 総合企画部デジタル戦略室長
                            2021年6月     当行常務取締役、総務人事部、審査部、事務部
                                 担当総合企画部デジタル戦略室長(現職)
                                 37/105




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株
       役職名        氏名      生年月日                略歴              任期    式数
                                                        (株)
                            1990年4月     当行入行
                            2005年7月     当行本店営業部次長
                            2007年6月     当行横浜西口支店長
                            2012年4月     当行営業統括部法人営業担当部長
                            2014年4月     当行本店営業部長
                                                    2021
       取締役
                            2015年6月     当行執行役員本店営業部長
                                                    年6
                                                       普通株式
              小木曽 辰治      1967年5月30日生        2017年11月     当行執行役員本店営業部長兼横浜橋通支店長兼                   月か
    監査部担当、監査部長                                                    1,000
                                                    ら1
                                 本店エリア営業部長
                                                     年
                            2018年4月     当行執行役員営業統括部長、営業統括部、資金
                                 証券部担当
                            2018年6月     当行取締役営業統括部長、営業統括部、資金証
                                 券部担当
                            2021年4月     当行取締役監査部長、監査部担当(現職)
                            1989年4月     当行入行
                                 当行本牧支店長
                            2005年7月
                            2007年6月     当行六角橋支店長
                                 当行桜ケ丘支店長
                            2009年4月
                            2010年2月     当行高座渋谷支店長
       取締役
                                 当行審査部資産査定室長
                            2011年3月
                                                       普通株式
              佐々木 則夫      1967年1月25日生                                同上
    営業統括部、資金証券                                                     430
                                 当行審査部長
                            2018年4月
    部担当、営業統括部長
                            2019年6月     当行執行役員審査部長
                            2020年6月     当行執行役員監査部長
                            2021年4月     当行執行役員営業統括部長
                            2021年6月     当行取締役営業統括部長、営業統括部、資金
                                 証券部担当(現職)
                            1971年5月     第51回 医師国家試験合格
                            1986年11月     社会福祉法人竹生会理事長(現職)
                            2007年4月     社会福祉法人白根学園理事長
       取締役       飛鳥田 一朗      1946年10月19日生                                同上    -
                            2010年2月     飛鳥田医院院長(現職)
                            2015年6月     当行取締役(現職)
                            2019年4月     学校法人多摩美術大学理事(現職)
                            1971年4月     横浜市入庁
                            1995年6月     横浜市市民局勤労福祉部長
                            1998年5月     横浜市福祉局健康長寿部長
                            2001年4月     横浜市監査事務局行政監査部長
                            2002年5月     横浜市総務局行政部長
                            2003年4月     横浜市西区長
                            2006年4月     横浜市行政運営調整局長
                            2009年3月     横浜市退庁
       取締役      大 場 茂 美       1949年1月10日生                                同上    -
                            2009年4月     株式会社横浜アリーナ取締役副社長
                            2009年12月     横浜市副市長
                            2014年4月     横浜市信用保証協会会長
                            2014年9月     学校法人神奈川大学評議員
                            2016年6月     社会福祉法人横浜市社会福祉協議会会長
                            2017年4月     横浜市教育委員
                            2020年6月     当行取締役(現職)
                                 38/105







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株
       役職名         氏名       生年月日                略歴             任期    式数
                                                        (株)
                             1978年4月      株式会社横浜銀行入行
                             1996年6月      同行鵠沼支店長
                             1997年7月      同行総合企画部リスク管理室長
                             2003年6月      当行嘱託
                             2003年6月      当行企画部副部長
                                                    2021
                             2005年7月      当行総合企画部長
                                                    年6
       監査役
                                                       普通株式
              藤 井 秀 樹       1954年9月6日生                               月か
                             2006年5月      当行総合企画部長兼リスク管理室長
                                                        1,000
        常勤
                                                    ら4
                             2006年6月      当行取締役総合企画部長
                                                     年
                             2010年6月      当行常務取締役総合企画部長 コンプライ
                                   アンス統括部担当
                             2018年4月      当行常務取締役 監査部・頭取特命担当
                             2019年6月      当行顧問
                             2020年6月      当行常勤監査役(現職)
                             1981年4月      株式会社横浜銀行入行
                             2010年4月      同行取締役常務執行役員営業本部長ブラ
                                   ンド戦略本部副本部長
                                   県北ブロック、県央ブロック、横須賀・
                                   横浜南ブロック担当
       監査役
                             2011年6月      浜銀ファイナンス株式会社専務取締役
              菊 池  潔       1958年4月4日生                               同上    -
       非常勤
                             2011年6月      横浜魚類株式会社監査役
                             2013年6月      浜銀TT証券株式会社専務取締役
                             2017年4月      同社取締役
                             2017年6月      同社取締役退任
                             2017年6月      当行非常勤監査役(現職)
                             1980年4月      日本銀行入行
                             2004年7月      同行考査局企画役
                                  同行金融機構局企画役
                             2005年7月
                                  同行静岡支店次長
                             2006年1月
                                                    2021
                             2008年5月      同行金融機構局企画役
       監査役
                                                    年6
                             2010年6月      同行退職
              鷲 山 雄 一       1957年11月30日生                               月か    -
                                                    ら4
       非常勤
                             2010年6月      いちい信用金庫経営相談部長
                                                     年
                             2015年6月      同金庫理事総合企画部長
                             2019年6月      同金庫理事監査部長
                             2021年4月      同金庫退任
                             2021年6月      当行非常勤監査役(現職)
                                                       普通株式
                             計
                                                        9,130
     (注)   1.取締役 飛鳥田一朗及び大場茂美は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
       2.監査役 菊池潔及び鷲山雄一は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。  
     (3)  【監査の状況】

      ①  監査役監査の状況
        監査役監査を行う監査役は3名、そのうち2名が社外監査役であります。同監査は、本部、営業店、子会社の
       監査を実施し、監査役会に監査結果の報告をするなど監査の充実を図っております。また、監査役は、監査部、
       公認会計士及び顧問弁護士との定例会合における報告聴取等を通じて相互連携を図っております。
        監査役会の主な活動状況
        役 職          氏 名       監査役会への出席状況             監査役会における発言その他の活動状況
                                     議案審議等に必要な発言を適宜行っておりま
     常勤監査役             藤井 秀樹         12回開催中12回
                                     す。
                                     議案審議等に必要な発言を適宜行っておりま
     常勤監査役(社外)             加藤 正人         12回開催中12回
                                     す。
                                     議案審議等に必要な発言を適宜行っておりま
     非常勤監査役(社外)              菊池 潔         12回開催中12回
                                     す。
      ②  内部監査の状況

        2021年3月末現在の監査部の人員は8名となっております。
        当行は内部監査方針を制定し、営業店、本部、子会社の全部門を対象にリスク状況を評価し、業務執行状況や
       内部管理態勢が適切であるかを検証するため監査を実施することを明確にしており、監査機能の充実をはかって
       おります。また、監査部は各部署の監査結果及び改善状況を定期的に取締役会等に報告しております。
        内部監査部門は、定期的に監査役及び会計監査人との意見交換を行い、監査の透明性・実効性を高めるべく連
                                 39/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
       携を行っております。
      ③  会計監査の状況
        (イ)   監査法人の名称
          EY新日本有限責任監査法人
        (ロ)   継続監査期間
          37年間(1984年6月29日株主総会にて選任)
        (ハ)   業務を執行した公認会計士
          瀬底 治啓
          長澤 茂宣
        (ニ)   監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士6名、その他6名となっております。
        (ホ)   監査法人の選定方針と理由
          適切な監査の確保を目的として、監査法人の実態(法人の規模、品質管理体制、会社法上の欠格事由、監
         査法人の独立性)や監査の実施体制等を鑑みた上、当行の会社法監査、金融商品取引法監査、内部統制監査
         について、適切な水準で業務遂行可能かどうか検討しております。
        (ヘ)   監査役及び監査役会による監査法人の評価
          EY新日本有限責任監査法人が独立の立場を保持し、かつ適正な監査を実施しており、監査の方法及び結
         果は相当であると評価しております。
                                 40/105














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ④  監査報酬の内容等

        (イ)   監査公認会計士等に対する報酬
                     前連結会計年度                     当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                26           -          28           -
      連結子会社                 -           -           -           -
         計               26           -          28           -
       (ロ)   監査報酬の決定方針

          該当事項はありません。
       (ハ)   監査役及び監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査役会は、行内関係部署及び会計監査人からの必要な資料の入手や報告の聴取を通じ、会計監査人の監
         査計画における監査時間・配員計画等の内容、その他報酬額の見積もりに係る算定根拠の相当性等、またそ
         の職務執行状況を検討し、当連結会計年度の会計監査人の報酬等につき、同意を行っております。
                                 41/105














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
        該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

        該当事項はありません。
                                 42/105



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.当行の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基

     づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省
     令第10号)に準拠しております。
    2.当行の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて

     作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省令第10
     号)に準拠しております。
    3.当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自2020年4月1日  至2021年3月31日)

     の連結財務諸表及び事業年度(自2020年4月1日  至2021年3月31日)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査
     法人の監査証明を受けております。
    4.当行は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内

     容を適切に把握し、又は会計基準等の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人
     財務会計基準機構に加入し、企業会計基準委員会等の行う研修に参加しております。
                                 43/105














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ① 【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
                                     ※6  16,695            ※6  59,335
      現金預け金
      買入金銭債権                                    84              84
                                     ※6  86,157            ※6  91,300
      有価証券
                              ※1 ,※2 ,※3 ,※4 ,※5 ,※7  357,293     ※1 ,※2 ,※3 ,※4 ,※5 ,※7  383,412
      貸出金
      外国為替                                   105              106
                                      ※6  8,921            ※6  8,813
      その他資産
                                      ※9  4,418            ※9  4,375
      有形固定資産
        建物                                  951              921
                                      ※8  2,667            ※8  2,667
        土地
        リース資産                                  307              410
        その他の有形固定資産                                  491              374
      無形固定資産                                    27              27
        その他の無形固定資産                                  27              27
      繰延税金資産                                   278               -
      支払承諾見返                                   231              238
                                       △ 3,584             △ 2,717
      貸倒引当金
      資産の部合計                                 470,630              544,977
     負債の部
      預金                                 434,539              479,977
                                      ※6  8,300           ※6  33,600
      借用金
      その他負債                                  2,245              2,452
      賞与引当金                                   124              127
      退職給付に係る負債                                   666              494
      睡眠預金払戻損失引当金                                    47              41
      繰延税金負債                                    -             279
                                       ※8  507            ※8  507
      再評価に係る繰延税金負債
                                         231              238
      支払承諾
      負債の部合計                                 446,662              517,719
     純資産の部
      資本金                                  5,191              6,191
      資本剰余金                                  4,101              5,101
      利益剰余金                                 12,397              12,969
                                         △ 60             △ 61
      自己株式
      株主資本合計                                 21,629              24,200
      その他有価証券評価差額金
                                        1,339              1,939
                                       ※8  975            ※8  975
      土地再評価差額金
                                          24              141
      退職給付に係る調整累計額
      その他の包括利益累計額合計                                  2,339              3,056
      純資産の部合計                                 23,968              27,257
     負債及び純資産の部合計                                  470,630              544,977
                                 44/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     経常収益                                   8,668              8,354
      資金運用収益                                  6,850              6,900
        貸出金利息                                6,196              6,284
        有価証券利息配当金                                  645              597
        コールローン利息及び買入手形利息                                   1             △ 0
        預け金利息                                   5              18
        その他の受入利息                                   0              0
      役務取引等収益                                  1,128              1,149
      その他業務収益                                   185               99
      その他経常収益                                   504              204
        償却債権取立益                                   9              5
        その他の経常収益                                  494              198
     経常費用                                   7,384              7,115
      資金調達費用                                   173              150
        預金利息                                  171              146
        コールマネー利息及び売渡手形利息                                  △ 1              -
        その他の支払利息                                   3              4
      役務取引等費用                                   411              397
      その他業務費用                                   245              135
                                      ※1  5,961            ※1  5,985
      営業経費
      その他経常費用                                   593              447
        貸倒引当金繰入額                                  196               37
                                       ※2  397            ※2  409
        その他の経常費用
     経常利益                                   1,284              1,238
     特別利益
                                          9              -
      固定資産処分益                                    9              -
     特別損失                                      2              33
      固定資産処分損                                    2              25
                                          -              7
      減損損失
     税金等調整前当期純利益                                   1,291              1,204
     法人税、住民税及び事業税
                                         131              146
                                         319              262
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    451              409
     当期純利益                                    840              795
     親会社株主に帰属する当期純利益                                    840              795
                                 45/105







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     当期純利益                                    840              795
                                     ※1   △  1,341             ※1  717
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 1,291               600
                                         △ 49              117
      退職給付に係る調整額
     包括利益                                   △ 500             1,512
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  △ 500             1,512
                                 46/105

















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                       株主資本                その他の包括利益累計額
                                   その他有価         退職給付に    その他の包
                                                     純資産合計
                               株主資本合         土地再評価
               資本金   資本剰余金    利益剰余金     自己株式         証券評価         係る調整    括利益累
                                 計        差額金
                                    差額金         累計額    計額合計
    当期首残高           5,191    4,101    11,769     △ 60   21,001     2,630     986     74   3,691    24,692
    当期変動額
     新株の発行                             -                     -
     剰余金の配当                   △ 222        △ 222                     △ 222
     親会社株主に帰属す
                         840         840                     840
     る当期純利益
     土地再評価差額金の
                         10         10                     10
     取崩
     自己株式の取得                        △ 0   △ 0                     △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                               △ 1,291     △ 10   △ 49  △ 1,351   △ 1,351
     額)
    当期変動額合計             -    -   628    △ 0   627   △ 1,291     △ 10   △ 49  △ 1,351    △ 723
    当期末残高           5,191    4,101    12,397     △ 60   21,629     1,339     975     24   2,339    23,968
     当連結会計年度(自         2020年4月1日 至          2021年3月31日)


                                                 (単位:百万円)
                       株主資本                その他の包括利益累計額
                                   その他有価         退職給付に    その他の包
                                                     純資産合計
                               株主資本合         土地再評価
               資本金   資本剰余金    利益剰余金     自己株式         証券評価         係る調整    括利益累
                                 計        差額金
                                    差額金         累計額    計額合計
    当期首残高           5,191    4,101    12,397     △ 60   21,629     1,339     975     24   2,339    23,968
    当期変動額
     新株の発行          1,000    1,000             2,000                     2,000
     剰余金の配当                   △ 222        △ 222                     △ 222
     親会社株主に帰属す
                         795         795                     795
     る当期純利益
     土地再評価差額金の
                                  -                     -
     取崩
     自己株式の取得                        △ 0   △ 0                     △ 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                 600     -   117    717    717
     額)
    当期変動額合計           1,000    1,000     572    △ 0   2,571     600     -   117    717   3,288
    当期末残高           6,191    5,101    12,969     △ 61   24,200     1,939     975    141   3,056    27,257
                                 47/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  1,291              1,204
      減価償却費                                   385              359
      減損損失                                    -              7
      貸倒引当金の増減(△)                                    26             △ 866
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    3              2
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 22              △ 3
      睡眠預金払戻損失引当金の増減(△)                                  △ 23              △ 5
      資金運用収益                                 △ 6,850             △ 6,900
      資金調達費用                                   173              150
      有価証券関係損益(△)                                  △ 184              △ 82
      固定資産処分損益(△は益)                                   △ 9              25
      貸出金の純増(△)減                                  1,907             △ 26,119
      預金の純増減(△)                                  △ 969             45,437
      借用金の純増減(△)                                  △ 700             25,300
      預け金(日銀預け金を除く)の純増(△)減                                   208            △ 2,001
      コールローン等の純増(△)減                                   111               -
      外国為替(資産)の純増(△)減                                  △ 99              △ 0
      資金運用による収入                                  7,118              7,048
      資金調達による支出                                  △ 183             △ 161
      その他の負債の増減額(△は減少)                                   566               45
                                          25              97
      その他
      小計                                  2,774              43,538
      法人税等の支払額                                  △ 221             △ 103
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  2,552              43,434
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有価証券の取得による支出                                △ 10,164             △ 13,207
      有価証券の売却による収入                                  2,449              2,582
      有価証券の償還による収入                                 12,546               6,298
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 139             △ 127
                                          47               -
      有形固定資産の売却による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  4,740             △ 4,454
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      株式の発行による収入                                    -            2,000
      配当金の支払額                                  △ 222             △ 222
      自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
                                        △ 118             △ 118
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 341             1,657
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      -              -
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   6,952              40,637
     現金及び現金同等物の期首残高                                   9,199              16,151
                                     ※1  16,151            ※1  56,789
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 48/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    【注記事項】
    (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項

    (1)  連結子会社      1 社
       連結子会社名は、「第1             企業の概況       4.関係会社の状況」に記載しているため省略しました。
    (2) 非連結子会社    
        該当ありません。
    2.持分法の適用に関する事項
        非連結子会社及び関連会社がないため持分法適用会社はありません。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項
        連結子会社の事業年度の末日と連結決算日は一致しております。
    4.会計方針に関する事項
    (1) 商品有価証券の評価基準及び評価方法
        商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)により行っております。
    (2) 有価証券の評価基準及び評価方法
      有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、その他有価証券につい
     ては原則として連結決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)、ただし時価を
     把握することが極めて困難と認められるものについては移動平均法による原価法により行っております。
      なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
    (3) デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
        デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
    (4) 固定資産の減価償却の方法
     ①  有形固定資産(リース資産を除く)
       当行の有形固定資産は、定額法を採用しております。また、主な耐用年数は次のとおりであります。
       建物       3年~47年
       その他     3年~20年
     ②  無形固定資産(リース資産を除く)
       無形固定資産は定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、当行及び連結子会
      社で定める利用可能期間(主として5年)に基づいて償却しております。
     ③  リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」中のリース資産は、リース期間を耐用年数とし
      た定額法により償却しております。
       なお、残存価額については、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のも
      のは零としております。
    (5) 貸倒引当金の計上基準
      当行の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
      破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、「破綻先」という。)に係る債権及びそれと
     同等の状況にある債務者(以下、「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載されている
     直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上してお
     ります。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者(以下、
     「破綻懸念先」という。)に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込
     額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を計上しております。
      破綻懸念先及び貸出条件緩和債権等を有する債務者で、与信額が一定額以上の大口債務者のうち、債権の元本の回
     収及び利息の受取りに係るキャッシュ・フローを合理的に見積もることができる債権等については、当該キャッ
     シュ・フローを当初の約定利子率で割引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒引当金とする方法(キャッシュ・
     フロー見積法)等により計上しております。
      上記以外の債権については、過去の一定期間における貸倒実績から算出した貸倒実績率等に基づき計上しておりま
     す。
        すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産監
     査部署が査定結果を監査しております。
                                 49/105

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      なお、破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、債権額から担保の評価額及び保証による回
     収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直接減額しており、その金額は812百万
     円 (前連結会計年度末は728百万円)であります。
    (6) 賞与引当金の計上基準
        賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当連結会計年度
     に帰属する額を計上しております。
    (7)  睡眠預金払戻損失引当金の計上基準
      睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払戻
     請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
    (8)  退職給付に係る会計処理の方法
      退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については給付算
     定式基準によっております。また、数理計算上の差異の費用処理方法は次のとおりであります。
      数理計算上の差異:各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(主として10年)による定
     額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理
    (9)  外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
      当行の外貨建資産及び負債については、主として連結決算日の為替相場による円換算額を付しております。
    (10)   連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
      連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、連結貸借対照表上の「現金預け金」のうち現金及び日本銀
     行への預け金であります。
    (11)   消費税等の会計処理
      当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (12)   関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続
      証券投資信託(ETFを除く)の期中収益分配金(解約・償還時の差損益を含む)については、全体で益の場合は
     「有価証券利息配当金」に計上し、損の場合は「国債等債券償還損」に計上しております。
                                 50/105












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    (重要な会計上の見積り)
     会計上の見積りにより当連結会計年度に係る連結財務諸表にその額を計上した項目であって、翌連結会計年度に係る連
    結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりです。
    貸倒引当金

    (1)当連結会計年度に係る連結財務諸表に計上した額
      貸倒引当金 2,717百万円
    (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報
    ①算出方法
     貸倒引当金の算出方法は、4.会計方針に関する事項「(5)貸倒引当金の計上基準」に記載しております。
    ②主要な仮定
     主要な仮定は、「債務者区分の判定における貸出先の将来の業績見通し」であります。「債務者区分の判定における
    貸出先の将来の業績見通し」は、各債務者の収益獲得能力を個別に評価し、設定しております。また、新型コロナウイ
    ルス感染症(COVID-19)の影響については、当連結会計年度末においても収束には至ってはいないものの、ワクチン接
    種が国内でも開始されていることから、翌連結会計年度にかけて徐々に収束に向かうものと想定しております。
    ③翌連結会計年度に係る連結財務諸表に及ぼす影響
     個別貸出先の業績変化等により、当初の見積りに用いた仮定が変化した場合は、翌連結会計年度に係る連結財務諸表
    における貸倒引当金に重要な影響を及ぼす可能性があります。
                                 51/105














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    (未適用の会計基準等)
    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2020年3月31日)
    (1)概要
     収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
     ステップ1:顧客との契約を識別する。
     ステップ2:契約における履行義務を識別する。
     ステップ3:取引価格を算定する。
     ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
     ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)適用予定日
     2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)当該会計基準等の適用による影響
     影響額は、当連結財務諸表の作成時において軽微であります。
    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
    (1)概要 
     国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定に関
     する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイダン
     ス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
     ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
     また、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に注記事項
     が定められました。
    (2)適用予定日
     2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)当該会計基準等の適用による影響
     影響額は、当連結財務諸表の作成時において軽微であります。
    (表示方法の変更)

     「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日) を当連結会計年度から適用
    し、重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。ただし、当該注記においては、当該会計基準第11号ただ
    し書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る内容については記載しておりません。
    (追加情報)

     「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)を当連
    結会計年度の年度末に係る連結財務諸表から適用し、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計
    処理の原則及び手続」を開示しております。
                                 52/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1.貸出金のうち、破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       破綻先債権額                   210   百万円         267   百万円
       延滞債権額                  8,461    百万円        6,387    百万円
       なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又
      は利息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分
      を除く。以下、「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第
      1項第3号イからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
       また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図るこ
      とを目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
    ※2.貸出金のうち、3ヵ月以上延滞債権額は次のとおりであります。

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       3ヵ月以上延滞債権額                    2  百万円         40   百万円
          なお、3ヵ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が、約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出
      金で破綻先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
    ※3.貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       貸出条件緩和債権額                  1,701    百万円        1,233    百万円
          なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支
      払猶予、元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破綻先債権、延滞債
      権及び3ヵ月以上延滞債権に該当しないものであります。
    ※4.破綻先債権額、延滞債権額、3ヵ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は次のとおりでありま

      す。
                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       合計額                 10,375     百万円        7,928    百万円
       なお、上記1から4に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
    ※5.手形割引は、業種別委員会実務指針第24号に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入れ

      た銀行引受手形、商業手形、荷付為替手形及び買入外国為替等は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分
      できる権利を有しておりますが、その額面金額は次のとおりであります。
         前連結会計年度            当連結会計年度
        ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
           1,622    百万円        1,071    百万円
    ※6.担保に供している資産は次のとおりであります。

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       担保に供している資産
        有価証券                14,995     百万円        39,962     百万円
       担保資産に対応する債務

        借用金                8,300    百万円        33,600     百万円
                                 53/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
          上記のほか、為替決済、公金受託事務等の取引の担保として、次のものを差し入れております。

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       有価証券                 14,412     百万円       14,276     百万円
       預け金                    1  百万円          1  百万円
       その他資産                  8,021    百万円        8,021    百万円
          また、その他資産には、保証金及び敷金が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       保証金                   78   百万円         69   百万円
       敷金                   259   百万円         259   百万円
    ※7.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合

      に、契約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であ
      ります。これらの契約に係る融資未実行残高は、次のとおりであります。
                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       融資未実行残高                 23,485     百万円       25,328     百万円
       なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ず

      しも当行及び連結子会社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多
      くには、金融情勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行が実行申し込みを受けた融資
      の拒絶又は契約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要
      に応じて不動産・有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内手続に基づき顧客
      の業況等を把握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
    ※8.土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、当行の事業用の土地の再評価を行

      い、評価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に
      計上し、これを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
        再評価を行った年月日               1998年3月31日
            同法律第3条第3項に定める再評価の方法
              土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める地価税法
         の規定により地価税の課税価格の計算の基礎となる土地の価格を算定するために国税庁長官が定めて公
         表した方法により算定した価格に合理的な調整を行って算出する方法
          同法律第10条に定める再評価を行った事業用の土地の期末における時価の合計額と当該事業用の土地の再評
      価後の帳簿価額の合計額との差額
         前連結会計年度            当連結会計年度
        ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
           1,032    百万円         980   百万円
    ※9.有形固定資産の減価償却累計額

                      前連結会計年度            当連結会計年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       減価償却累計額                  4,969    百万円        4,982    百万円
                                 54/105







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (連結損益計算書関係)
    ※1.営業経費には、次のものを含んでおります。
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
                   (自    2019年4月1日                  (自    2020年4月1日
                    至   2020年3月31日       )            至   2021年3月31日       )
        給与・手当               2,584      百万円               2,533      百万円
        退職給付費用                83     百万円                95     百万円
    ※2.その他の経常費用には、次のものを含んでおります。

                      前連結会計年度                     当連結会計年度
                   (自    2019年4月1日                  (自    2020年4月1日
                    至   2020年3月31日       )            至   2021年3月31日       )
        貸出金償却                64     百万円                48     百万円
        株式等償却                183     百万円                41     百万円
     (連結包括利益計算書関係)

    ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                          (単位:百万円)      
                                 前連結会計年度            当連結会計年度
                                (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
        その他有価証券評価差額金
                                   △1,586               912
          当期発生額
                                    △262             △68
          組替調整額
           税効果調整前                        △1,849               844
                                     558            △244
           税効果額
           その他有価証券評価差額金                        △1,291               600
        退職給付に係る調整額
                                     △52             175
          当期発生額
                                     △18             △6
          組替調整額
           税効果調整前                          △71             168
                                      21            △51
           税効果額
           退職給付に係る調整額                          △49             117
             その他の包括利益合計                      △1,341               717
                                 55/105









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                  (単位:千株)
             当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度        当連結会計年度末
                                                    摘要
              期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
    発行済株式
    普通株式              4,474           -         -       4,474
       合計           4,474           -         -       4,474
    自己株式
    普通株式                16         0         -        16  (注)
       合計             16         0         -        16
    (注)自己株式中の普通株式の増加は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
    2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
    3.配当に関する事項

     (1) 当連結会計年度中の配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
       (決議)        株式の種類                           基準日         効力発生日
                       (百万円)        配当額(円)
    2019年5月13日
                普通株式           111          25    2019年3月31日          2019年6月17日
    取締役会
    2019年11月11日
                普通株式           111          25    2019年9月30日          2019年12月6日
    取締役会
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                                  1株当たり
                    配当金の総額
      (決議)       株式の種類              配当の原資               基準日        効力発生日
                    (百万円)
                                 配当額(円)
    2020年5月13日
             普通株式          111    利益剰余金         25   2020年3月31日         2020年6月22日
    取締役会
                                 56/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                  (単位:千株)
             当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度        当連結会計年度末
                                                    摘要
              期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
    発行済株式
      普通株式              4,474           -         -       4,474
     第1回A種
                    -        200          -        200  (注1)
     優先株式
       合計           4,474          200          -       4,674
    自己株式
      普通株式                16         0         -        16  (注2)
       合計             16         0         -        16
    (注1)第1回A種優先株式の発行済株式数の増加200千株は、第三者割当による新株の発行(払込期日2021年3月11
       日)によるものであります。
    (注2)自己株式中の普通株式の増加は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
    2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
    3.配当に関する事項

     (1) 当連結会計年度中の配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
       (決議)        株式の種類                           基準日         効力発生日
                       (百万円)         配当額(円)
    2020年5月13日
                普通株式           111          25    2020年3月31日          2020年6月22日
    取締役会
    2020年11月13日
                普通株式           111          25    2020年9月30日          2020年12月4日
    取締役会
     (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                                  1株当たり
                    配当金の総額
      (決議)       株式の種類              配当の原資               基準日        効力発生日
                    (百万円)
                                 配当額(円)
             普通株式          111    利益剰余金         25   2021年3月31日         2021年6月21日
    2021年5月14日
    取締役会
             第1回A種
                         2   利益剰余金        10.36     2021年3月31日         2021年6月21日
             優先株式
     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                     前連結会計年度              当連結会計年度
                   (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                    至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
    現金預け金勘定                   16,695     百万円         59,335     百万円
    定期預け金                     △1    ″        △1,501      ″
    普通預け金                    △483     ″          △988     ″
    郵便為替貯金                    △59    ″          △55    ″
    現金及び現金同等物                   16,151     ″         56,789      ″
                                 57/105




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
    (1)  金融商品に対する取組方針
      当行グループは、預金業務、貸出業務、外国為替業務などの金融サービス事業を行っております。その一環とし
     て、デリバティブ取引も行っております。また有価証券関連部門においては、商品有価証券売買業務、有価証券投資
     業務を行っております。このように、主として金利変動に伴う金融資産及び金融負債を有しているため、金利変動に
     よる不利な影響が生じないように、当行では、資産及び負債の総合的管理(ALM)を行っております。
    (2)  金融商品の内容及びそのリスク
      当行グループが保有する金融資産は、主として国内の取引先及び個人に対する貸付金であり、顧客の契約不履行に
     よってもたらされる信用リスクを有しております。当行の主要な営業地域である神奈川県の景気動向、融資先の経営
     状況、不動産価格及び株価の変動等によって、契約条件に従った債務履行がなされない可能性があります。また、有
     価証券は、主に債券、株式であり、純投資目的及び事業推進目的等で保有しております。これらは、金利の変動リス
     ク、発行体の信用リスク、市場価格の変動リスク等を有しております。
      デリバティブ取引は、当行の対顧客取引で発生する市場リスクをヘッジすることを主目的として、店頭為替予約取
     引を行っております。
    (3)  金融商品に係るリスク管理体制
     ①  信用リスクの管理
       当行では「信用リスク管理規程」を制定し、個別債務者に対する厳正な与信審査・管理を行うことで個別債務者
      の信用リスクを管理するとともに、ポートフォリオ管理により銀行全体の信用リスクの分散を図っております。
       個別債務者の新規与信時の信用リスク管理については、審査部門(審査部)が個別債務者毎に財務分析、業界動
      向、資金使途、返済計画等を審査し、同時に信用格付に基づく評価を行っております。与信実行後についても信用
      格付の見直しを実施し、自己査定により個別債務者の信用状況の確認を行い、取締役会に報告しております。銀行
      全体のポートフォリオ管理は、リスク分散化を基本として同一業種の集中状況や大口与信先の集中状況を信用リス
      ク管理部門(審査部)が計測し、最適なポートフォリオの構築を図っています。また計測した結果は「取締役会」
      及び「リスク管理常務会」に報告しております。
       有価証券の発行体の信用リスク及びデリバティブ取引のカウンターパーティーリスクに関しては、有価証券運用
      部門(資金証券部)で信用情報や時価の把握を定期的に行い、市場リスク管理部門(総合企画部リスク管理室)で確
      認を行うことで管理しております。
     ②  市場リスクの管理
      (イ)   金利リスクの管理
        当行では、ALMによって金利の変動リスクを管理しております。総合企画部リスク管理室において金融資産
       及び負債の金利や期間を総合的に把握し、ギャップ分析や金利感応度分析等によりモニタリングを行い、月次
       ベースで「取締役会」及び「リスク管理常務会」に報告しております。また、当行の金利リスクの多くを占める
       有価証券のうち債券については、半期毎に「リスク管理常務会」において保有限度額(保有額の上限)、リスク限
       度額(リスク量=VaRの上限)及び損失限度額(損失額の上限)を設定しています。資金証券部は、これらのリス
       クリミットルールに基づき、効率的な市場運用を行っております。また、アラームポイント(損失限度額に抵触
       しないためにリスク管理を強化する地点)を設けて、市場環境の変化等に機動的に対応しております。
      (ロ)   為替リスクの管理
        当行では、為替の変動リスクに関して、個別の案件ごとに管理しており、必要に応じて店頭為替予約取引を利
       用しております。
      (ハ)   価格変動リスクの管理
        有価証券の保有については、運用方針に基づき、「リスク管理常務会」の監督の下、投資運用規程に従い行わ
       れております。資金証券部では、計画に基づき業種・銘柄の分散に留意して純投資株式等のポートフォリオの構
       築を図っております。また、政策投資株式管理部門(営業統括部)で保有している株式は、事業推進目的等で保
       有しているものであり、取引先の市場環境や財務状況などをモニタリングしております。これらの株式合計につ
       いては、半期毎に「リスク管理常務会」において保有限度額、リスク限度額及び損失限度額を設定しています。
       また、アラームポイントを設けて、市場環境の変化等に機動的に対応しております。
                                 58/105



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      (ニ)   デリバティブ取引
        デリバティブ取引に関しては、資金証券部で運用規程に従って行い、総合の持高については総合企画部リスク
       管理室を通じ、「取締役会」及び「リスク管理常務会」において定期的に報告しております。
      (ホ)   市場リスクに係る定量的情報
        市場リスクに関して、当行では、その他有価証券として保有している有価証券についてVaRによる定量的分
       析を行っております。VaRの算定にあたっては、分散共分散法(保有期間3ヵ月~6ヵ月、信頼区間99%、観
       測期間1年~3年)を採用しております。
        当連結会計年度末の当行のその他有価証券にかかる市場リスク量は全体で2,686百万円であります。
        なお、当行では算定したVaRの値と実際の損益を比較するバックテスティングを実施し、使用する計測モデ
       ルが概ね十分な精度により市場リスクを捕捉しているものと考えております。ただし、VaRは過去の一定期間
       の相場変動をベースに統計的に算出した一定の発生確率での市場リスク量を計測しており、通常では考えられな
       いほど市場環境が激変する状況下におけるリスクについては捕捉できない場合があります。
     ③  資金調達に係る流動性リスクの管理
       当行は、主として預金を資金調達手段としております。流動性リスク管理部門(資金証券部)において、規程等
      に基づき、厳格に管理しております。また、半期毎に流動性リスクリミット(支払準備資金の下限等)を設定し、流
      動性リスク統括管理部門(総合企画部リスク管理室)で日々モニターしております。
    (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれて
     おります。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該
     価額が異なることもあります。
                                 59/105













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額は、次のとおりであります。なお、連結貸借対照表計上額の重要性
     の乏しい科目については記載を省略しております。また、時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式
     等は、次表に含めておりません((注2)参照)。
    前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                 (単位:百万円)
                              連結貸借対照表
                                          時価         差額
                                計上額
    (1)    現金預け金                           16,695         16,695            -
    (2)    コールローン及び買入手形                             -         -         -
    (3)    有価証券
        その他有価証券                           85,434         85,434            -
    (4)    貸出金                          357,293
                                   △3,540
          貸倒引当金(*)
                                   353,752         357,448          3,695
    資産計                              455,883         459,578          3,695

    (1)    預金                          434,539         434,598            59
    (2)    借用金                           8,300         8,300           -
    負債計                              442,839         442,898            59
    (*)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
    当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                                 (単位:百万円)
                              連結貸借対照表
                                          時価         差額
                                計上額
    (1)    現金預け金                           59,335         59,247          △87
    (2)    コールローン及び買入手形                             -         -         -
    (3)    有価証券
        その他有価証券                           90,543         90,543            -
    (4)    貸出金                          383,412
                                   △2,678
          貸倒引当金(*)
                                   380,734         387,326          6,592
    資産計                              530,613         537,118          6,504

    (1)    預金                          479,977         480,037            60
    (2)    借用金                           33,600         33,600            -
    負債計                              513,577         513,637            60
    (*)貸出金に対応する一般貸倒引当金及び個別貸倒引当金を控除しております。
                                 60/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    (注1)金融商品の時価の算定方法
     資産
     (1) 現金預け金
       満期のない預け金については、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
      満期のある預け金については、残存期間に基づく区分ごとに、新規に預け金を行った場合に想定される適用金利で
      割り引いた現在価値を算定しております。
     (2) コールローン及び買入手形
       これらは、残存期間が短期間(3ヵ月以内)であり、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時
      価としております。
     (3) 有価証券
       株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格によっております。投資信託
      は、公表されている基準価格等によっております。
       なお、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については「(有価証券関係)」に記載しております。
     (4) 貸出金
       貸出金のうち、固定金利によるものは、貸出金の種類及び内部格付、期間に基づく区分ごとに、元利金の合計額
      を同様の新規貸出を行った場合に想定される利率で割り引いて時価を算定しております。変動金利によるものは、
      金利更改時には市場金利を反映し時価は帳簿価額と近似していることから、貸出先の信用状態が実行後大きく異
      なっていない限り、次回金利更改時までを評価し算定しております。なお、残存期間が短期間(3ヵ月以内)のもの
      は、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
       また、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等については、見積将来キャッシュ・フローの現在価値
      又は担保及び保証による回収見込額等に基づいて貸倒見積額を算定しているため、時価は連結決算日における連結
      貸借対照表上の債権等計上額から貸倒引当金計上額を控除した金額に近似しており、当該価額を時価としておりま
      す。
       貸出金のうち、当該貸出を担保資産の範囲内に限るなどの特性により、返済期限を設けていないものについて
      は、返済見込み期間及び金利条件等から、時価は帳簿価額に近似しているものと想定されるため、帳簿価額を時価
      としております。
     負債
     (1)  預金
       要求払預金については、連結決算日に要求された場合の支払額(帳簿価額)を時価とみなしております。また、定
      期預金の時価は、一定の期間ごとに区分して、将来のキャッシュ・フローを割り引いて現在価値を算定しておりま
      す。その割引率は、新規に預金を受け入れる際に使用する利率を用いております。なお、残存期間が短期間(3ヵ月
      以内)のものは、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
     (2)  借用金
       借用金は固定金利によるものであり、一定の期間ごとに区分した当該借用金の元利金の合計額を同様の借入にお
      いて想定される利率で割り引いて現在価値を算定しております。なお、残存期間が短期間(3ヵ月以内)のもの
      は、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
                                 61/105







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額は次のとおりであり、金融商品
      の時価情報の「資産(3)その他有価証券」には含まれておりません。
                                         (単位:百万円)
                        前連結会計年度              当連結会計年度
          区  分
                       ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    ①非上場株式(*1)(*2)                            638              638
    ②組合出資金(*3)                             84              118
           合計                     723              756
     (*1)  非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから時価開示の
        対象としておりません。
     (*2) 前連結会計年度において、非上場株式について0百万円減損処理を行っております。
        当連結会計年度において、非上場株式について0百万円減損処理を行っております。
     (*3)  組合出資金のうち、組合財産が非上場株式など時価を把握することが極めて困難と認められるもので構成され
        ているものについては、時価開示の対象としておりません。
    (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

    前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                             1年超      3年超      5年超      7年超

                       1年以内                               10年超
                             3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預け金

                        12,003         -      -      -      -      -
    コールローン及び買入手形
                          -      -      -      -      -      -
    有価証券
                        8,246      24,889      18,749       6,587      10,020       8,900
      その他有価証券のうち満期のあるもの
                        8,246      24,889      18,749       6,587      10,020       8,900
        うち国債
                        2,000      6,000      6,000       400      600     8,800
            地方債
                        3,746      9,289      7,998      4,300      8,110        -
            社債
                        2,500      9,600      4,400       400      400      100
            その他
                          -      -     351     1,487       910       -
    貸出金(*)
                        80,984      59,863      39,310      28,374      29,080      92,860
           合計            101,234       84,752      58,059      34,961      39,101      101,760

     (*)貸出金のうち、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等、償還予定額が見込めない8,671百万円、期
       間の定めのないもの18,146百万円は含めておりません。
                                 62/105







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    当連結会計年度(        2021年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                             1年超      3年超      5年超      7年超

                       1年以内                               10年超
                             3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預け金

                        52,829         -      -      -      -    1,412
    コールローン及び買入手形
                          -      -      -      -      -      -
    有価証券
                        11,754      23,133      18,540       8,800      11,903       7,400
      その他有価証券のうち満期のあるもの
                        11,754      23,133      18,540       8,800      11,903       7,400
        うち国債
                        3,300      6,600      2,100       600      200     7,300
            地方債
                        3,754      9,633      10,400       6,100      9,410        -
            社債
                        4,700      6,900      4,800       800      100      100
            その他
                          -      -    1,240      1,300       193       -
    貸出金(*)
                        74,459      66,147      49,033      37,603      42,279      90,023
           合計            139,043       89,280      67,573      46,403      54,183      98,835

     (*)貸出金のうち、破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等、償還予定額が見込めない6,654百万円、期
       間の定めのないもの17,210百万円は含めておりません。
    (注4)社債、借用金及びその他有利子負債の連結決算日後の返済予定額

    前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                 (単位:百万円)
                          1年超      3年超      5年超      7年超

                   1年以内                                 10年超
                         3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預金(*)

                    415,776       17,107       1,655         -      -      -
    借用金
                     1,500      4,800      2,000         -      -      -
         合計          417,276       21,907       3,655         -      -      -
    (*)預金のうち、要求払預金については、「1年以内」に含めて開示しております。
    当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                                 (単位:百万円)
                          1年超      3年超      5年超      7年超

                   1年以内                                 10年超
                         3年以内      5年以内      7年以内      10年以内
    預金(*)

                    462,490       16,072       1,414         -      -      -
    借用金
                    29,100       4,200        300       -      -      -
         合計          491,590       20,272       1,714         -      -      -
    (*)預金のうち、要求払預金については、「1年以内」に含めて開示しております。
                                 63/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (有価証券関係)
     ※  「子会社株式及び関連会社株式」については、財務諸表における注記事項として記載しております。

      1.売買目的有価証券

        前連結会計年度(        2020年3月31日       )
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(        2021年3月31日       )

        該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券

        前連結会計年度(        2020年3月31日       )
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(        2021年3月31日       )

        該当事項はありません。
      3.その他有価証券

        前連結会計年度(        2020年3月31日       )
                         連結貸借対照表           取得原価          差額
                   種類
                         計上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
                株式               3,161         2,120         1,041
                債券              55,343         53,689          1,653
                 国債             25,106         23,732          1,374
      連結貸借対照表計
                 地方債             22,824         22,632           191
      上額が取得原価を
                 短期社債                -         -         -
      超えるもの
                 社債              7,412         7,324           87
                その他               1,782         1,710           72
                   小計           60,287         57,519          2,768
                株式               1,615         2,141         △526
                債券              21,358         21,412          △53
                 国債               295         297         △1
      連結貸借対照表計
                 地方債             10,986         11,009          △23
      上額が取得原価を
                 短期社債                -         -         -
      超えないもの
                 社債             10,076         10,105          △28
                その他               2,172         2,475         △303
                   小計           25,146         26,030          △883
              合計                85,434         83,549          1,884
                                 64/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(        2021年3月31日       )
                         連結貸借対照表           取得原価          差額
                   種類
                         計上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
                株式               4,569         3,073         1,495
                債券              62,517         61,135          1,382
                 国債             22,857         21,691          1,165
      連結貸借対照表計
                 地方債             27,984         27,827           157
      上額が取得原価を
                 短期社債                -         -         -
      超えるもの
                 社債             11,675         11,616           59
                その他               2,177         1,993          184
                   小計           69,264         66,202          3,062
                株式               1,054         1,240         △186
                債券              17,994         18,029          △34
                 国債               596         599         △3
      連結貸借対照表計
                 地方債             11,605         11,629          △23
      上額が取得原価を
                 短期社債                -         -         -
      超えないもの
                 社債              5,792         5,799          △6
                その他               2,230         2,342         △111
                   小計           21,279         21,612          △333
              合計                90,543         87,814          2,729
      4.当連結会計年度中に売却したその他有価証券

        前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
                     売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
          種類
                    (百万円)            (百万円)            (百万円)
      株式                   1,275             445             -
      債券                    503             -            2
       国債                   503             -            2
       地方債                    -            -            -
       短期社債                    -            -            -
       社債                    -            -            -
      その他                    671            110            57
          合計               2,451             556            60
                                 65/105








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                     売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
          種類
                    (百万円)            (百万円)            (百万円)
      株式                    326            110             -
      債券                   2,109              0            0
       国債                  2,008              0            0
       地方債                    -            -            -
       短期社債                    -            -            -
       社債                   100             0            -
      その他                    147             17            0
          合計               2,582             128             0
      5.減損処理を行った有価証券

            売買目的有価証券以外の有価証券(時価を把握することが極めて困難なものを除く)のうち、当該有価証券の
       時価が取得原価に比べて著しく下落しており、時価が取得原価まで回復する見込みがあると認められないものに
       ついては、当該時価をもって連結貸借対照表計上額とするとともに、評価差額を当該連結会計年度の損失として
       処理(以下「減損処理」という。)しております。
        前連結会計年度における減損処理額は上場株式183百万円、非上場株式0百万円、上場投資証券21百万円であり
       ます。
        当連結会計年度における減損処理額は上場株式41百万円、非上場株式0百万円であります。
            また、時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、時価が取得原価に比べて50%以上下落している銘
       柄及び時価が30%以上50%未満下落しており、一定期間の時価の推移や発行会社の財務内容により判断し時価の
       回復可能性がないと認められる銘柄としております。
                                 66/105












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (金銭の信託関係)
       前連結会計年度及び当連結会計年度においては、金銭の信託関係について該当はありません。
     (その他有価証券評価差額金)

       連結貸借対照表に計上されているその他有価証券評価差額金の内訳は、次のとおりであります。
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                         金額(百万円)
    評価差額                                                 1,884

     その他有価証券                                                1,884

    (△)繰延税金負債                                                   545

    その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                 1,339

    (△)非支配株主持分相当額                                                    -

    (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に係る
                                                        -
    評価差額金のうち親会社持分相当額
    その他有価証券評価差額金                                                 1,339
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                         金額(百万円)
    評価差額                                                 2,729

     その他有価証券                                                2,729

    (△)繰延税金負債                                                   789

    その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                                 1,939

    (△)非支配株主持分相当額                                                    -

    (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に係る
                                                        -
    評価差額金のうち親会社持分相当額
    その他有価証券評価差額金                                                 1,939
                                 67/105








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (デリバティブ取引関係)
    1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

       前連結会計年度(        2020年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(        2021年3月31日       )

        該当事項はありません。
    2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       前連結会計年度(        2020年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(        2021年3月31日       )

        該当事項はありません。
                                 68/105















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要

      当行は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用しておりま
     す。
      また、ポイント制を導入しており、各制度とも、勤続年数、職能等級、役職に応じたポイントの累計に基づき退職
     給付額が算出されます。
      確定給付企業年金制度(積立型)では、加入期間等により一時金又は年金を支給し、退職一時金制度(非積立型)
     では、一時金を支給します。
      なお、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                      (百万円)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    退職給付債務の期首残高                                       1,502            1,502
     勤務費用                                        96            96

     利息費用                                        13            13

     数理計算上の差異の発生額                                        △2             3

     退職給付の支払額                                       △108             △93

     過去勤務費用の発生額                                         -            -

     その他                                         -            -

    退職給付債務の期末残高                                       1,502            1,521

     (2)   年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                      (百万円)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    年金資産の期首残高                                        885            836
    期待運用収益                                         7            7

    数理計算上の差異の発生額                                       △54             178

    事業主からの拠出額                                        70            67

    退職給付の支払額                                       △71            △62

    その他                                         -            -

    年金資産の期末残高                                        836           1,027

                                 69/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (3)   退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産
    の調整表
                                                      (百万円)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    積立型制度の退職給付債務                                       1,020            1,033
    年金資産                                       △836           △1,027

                                            183             6

    非積立型制度の退職給付債務                                        482            487

    連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                        666            494

    退職給付に係る負債                                        666            494

    退職給付に係る資産                                         -            -

    連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                        666            494

     (4)   退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                      (百万円)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    勤務費用                                        96            96
    利息費用                                        13            13

    期待運用収益                                        △7            △7

    数理計算上の差異の費用処理額                                       △18             △6

    その他                                         -            -

    確定給付制度に係る退職給付費用                                        83            95

     (5)   退職給付に係る調整額

     退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                      (百万円)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    過去勤務費用                                         -            -
    数理計算上の差異                                       △71             168

    その他                                         -            -

      合計                                       △71             168

                                 70/105




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (6)   退職給付に係る調整累計額

     退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                      (百万円)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    未認識数理計算上の差異                                       △35            △203
    その他                                         -            -

      合計                                       △35            △203

     (7)   年金資産に関する事項

    ①  年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    債券                                      39.1%            34.7%
    株式                                      50.0%            57.1%

    一般勘定                                       5.9%            4.7%

    その他                                        5%           3.5%

      合計                                       100%            100%

    ②  長期期待運用収益率の設定方法

      年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様
     な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (8)   数理計算上の計算基礎に関する事項

     主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                  区分
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    割引率                                       0.9%            0.9%
    長期期待運用収益率                                       0.9%            0.9%

    3.   確定拠出制度

      当行及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は前連結会計年度30百万円、当連結会計年度29百万円でありま
      す。
                                 71/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (ストック・オプション等関係)
      該当事項はありません。
     (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                         前連結会計年度             当連結会計年度
                        ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
      繰延税金資産
       退職給付に係る負債                      203   百万円          151   百万円
        貸倒引当金                     1,188              945
        未払事業税                       18             15
        減価償却額                       61             55
                            205             228
        その他
      繰延税金資産小計                     1,677             1,396
       将来減算一時差異等の合計に係る
                           △853             △886
       評価性引当額
                           △853             △886
      評価性引当額小計
      繰延税金資産合計
                            824             509
      繰延税金負債
                           △545             △789
        その他有価証券評価差額金
      繰延税金負債合計                     △545             △789
       繰延税金資産(△は繰延税金負
                            278   百万円         △279    百万円
      債)の純額
                                 72/105













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    2.連結財務諸表提出会社の法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、

     当該差異の原因となった主な項目別の内訳
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               ( 2020年3月31日       )       ( 2021年3月31日       )
     法定実効税率                                 30.5   %            30.5   %
     (調整)
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.6               0.3
     受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 △1.0               △0.8
     住民税均等割等                                  0.9               1.0
     評価性引当額の増減                                  3.9               2.7
     その他                                 △0.1                0.1
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 34.9   %            34.0   %
     (資産除去債務関係)

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
          該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

          該当事項はありません。
     (賃貸等不動産関係)

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
        賃貸等不動産の総額の重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

        賃貸等不動産の総額の重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 73/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )           
         当行グループは、銀行業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
         当行グループは、銀行業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     【関連情報】

      前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
     1.サービスごとの情報
         当行グループは、銀行業の区分の外部顧客に対する経常収益が連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、
      記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報
      (1) 経常収益
            当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が連結損益計算書の経常収益の90%を超え
       るため、記載を省略しております。
      (2) 有形固定資産
            当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超
       えるため、記載を省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報
       特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略して
      おります。
      当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

     1.サービスごとの情報
         当行グループは、銀行業の区分の外部顧客に対する経常収益が連結損益計算書の経常収益の90%を超えるため、
      記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報
      (1) 経常収益
            当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が連結損益計算書の経常収益の90%を超え
       るため、記載を省略しております。
      (2) 有形固定資産
            当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超
       えるため、記載を省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報
       特定の顧客に対する経常収益で連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載を省略して
      おります。
                                 74/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
           当行グループは、銀行業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

        当行グループは、銀行業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
           該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

           該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
            該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

            該当事項はありません。
     【関連当事者情報】

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
        関連当事者との取引について記載すべき重要なものはありません。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

        関連当事者との取引について記載すべき重要なものはありません。
                                 75/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (1株当たり情報)
                          前連結会計年度                当連結会計年度

                         (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                         至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
    1株当たり純資産額                          5,375円69銭                5,664円47銭
    1株当たり当期純利益                           188円52銭                177円86銭

    潜在株式調整後
                                   -            176円69銭
    1株当たり当期純利益
     (注1)1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次

         のとおりであります。
        (1) 1株当たり純資産額

                                    前連結会計年度            当連結会計年度

                                   ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
          純資産の部の合計額(百万円)                                23,968            27,257
          純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                  -          2,002

          (うち優先株式)                                 (-)         (2,000)

          (うち優先株式に係る配当額)                                 (-)           (2)
          普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                23,968            25,255

          1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普
                                          4,458            4,458
          通株式の数(千株)
        (2)  1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
         1株当たり当期純利益
           親会社株主に帰属する
                          百万円               840              795
           当期純利益
           普通株主に帰属しない金額               百万円                -              2
           (うち優先株式配当額)               百万円               (-)              (2)

           普通株式に係る親会社株主に
                          百万円               840              793
           帰属する当期純利益
           普通株式の期中平均株式数               千株              4,458              4,458
          潜在株式調整後1株当たり当期純利益

           当期純利益調整額               百万円                -              2

           (うち優先株式配当額)               百万円               (-)              (2)

           普通株式増加数               千株                -             41

           (うち優先株式)               千株               (-)             (41)

          希薄化効果を有しないため、潜
          在株式調整後1株当たり当期純
                                          -              -
          利益の算定に含めなかった潜在
          株式の概要
     (注2)前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないので記載しておりませ
        ん。
                                 76/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (重要な後発事象)
       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

        該当事項はありません。
                                 77/105


















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
      【社債明細表】
         該当事項はありません。
      【借入金等明細表】

                     当期首残高          当期末残高
          区分                              平均利率(%)          返済期限
                     (百万円)          (百万円)
     借用金                    8,300          33,600           -      -
       再割引手形                      -          -        -      -
                                                  2021年4月~
       借入金                    8,300          33,600           -
                                                  2024年6月
     1年以内に返済予定のリー
                           98          108       0.992        -
     ス債務
     リース債務
                                                  2022年4月~
     (1年以内に返済予定のも                     214          307       0.969
                                                  2028年6月
     のを除く。)
     (注)1.「平均利率」は、期末日現在の「利率」及び「当期末残高」により算出(加重平均)しております。
        2.借入金及びリース債務の連結決算日後5年以内における返済額は次のとおりであります。
                     1年以内     1年超2年以内       2年超3年以内       3年超4年以内       4年超5年以内
               借入金
                      29,100        2,300       1,900        300        -
              (百万円)
              リース債務
                        108       96       91       27       28
              (百万円)
      銀行業は、預金の受入れ、コール・手形市場からの資金の調達・運用等を営業活動として行っているため、借入金

     等明細表については連結貸借対照表中「負債の部」の「借用金」及び「その他負債」中のリース債務の内訳を記載し
     ております。
      【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
                                 78/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【その他】
       当連結会計年度における四半期情報
         (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     経常収益(百万円)                    1,979         4,065         6,274         8,354

     税金等調整前四半期(当期)

     純利益金額                     258         491        1,022         1,204
     (百万円)
     親会社株主に帰属する

                          175         363         699         795
     四半期(当期)純利益金額
     (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純

                         39.37         81.42         156.80         177.86
     利益金額(円)
     (注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。

         (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額

                          39.37         42.05         75.38         21.06
     (円)
                                 79/105












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      現金預け金                                 16,695              59,335
        現金                                4,692              5,005
                                     ※7  12,003            ※7  54,329
        預け金
      買入金銭債権                                    84              84
                                    ※1 ,※7  86,167           ※1 ,※7  91,310
      有価証券
        国債                                25,402              23,453
        地方債                                33,810              39,590
        社債                                17,488              17,468
        株式                                5,426              6,272
        その他の証券                                4,039              4,526
                              ※2 ,※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※8  357,293     ※2 ,※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※8  383,412
      貸出金
        割引手形                                1,622              1,071
        手形貸付                                38,566              30,638
        証書貸付                               298,780              334,351
        当座貸越                                18,323              17,351
      外国為替                                   105              106
        外国他店預け                                  105              106
      その他資産                                  8,920              8,810
        未収収益                                  212              205
                                      ※7  8,707            ※7  8,605
        その他の資産
      有形固定資産                                  4,418              4,375
        建物                                  951              921
        土地                                2,667              2,667
        リース資産                                  307              410
        その他の有形固定資産                                  491              374
      無形固定資産                                    27              27
        その他の無形固定資産                                  27              27
      繰延税金資産                                   289               -
      支払承諾見返                                   231              238
                                       △ 3,584             △ 2,717
      貸倒引当金
      資産の部合計                                 470,650              544,984
                                 80/105








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
      預金                                 434,558              479,995
        当座預金                                16,793              19,296
        普通預金                               217,662              261,751
        貯蓄預金                                4,439              4,318
        通知預金                                2,037              2,220
        定期預金                               192,520              191,314
        定期積金                                  66              54
        その他の預金                                1,038              1,039
                                      ※7  8,300           ※7  33,600
      借用金
        借入金                                8,300              33,600
      その他負債                                  2,244              2,452
        未払法人税等                                  61              108
        未払費用                                  129              118
        前受収益                                  356              380
        給付補填備金                                   0              0
        リース債務                                  313              416
        その他の負債                                1,382              1,428
      賞与引当金                                   124              127
      退職給付引当金                                   701              698
      睡眠預金払戻損失引当金                                    47              41
      繰延税金負債                                    -             217
      再評価に係る繰延税金負債                                   507              507
                                         231              238
      支払承諾
      負債の部合計                                 446,715              517,878
     純資産の部
      資本金                                  5,191              6,191
      資本剰余金                                  4,101              5,101
        資本準備金                                4,101              5,101
      利益剰余金                                 12,388              12,959
        利益準備金                                1,090              1,090
        その他利益剰余金                                11,297              11,869
         別途積立金                               6,492              6,492
         繰越利益剰余金                               4,805              5,376
                                         △ 60             △ 61
      自己株式
      株主資本合計                                 21,620              24,190
      その他有価証券評価差額金
                                        1,339              1,939
                                         975              975
      土地再評価差額金
      評価・換算差額等合計                                  2,314              2,915
      純資産の部合計                                 23,935              27,105
     負債及び純資産の部合計                                  470,650              544,984
                                 81/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     経常収益                                   8,668              8,354
      資金運用収益                                  6,850              6,900
        貸出金利息                                6,196              6,284
        有価証券利息配当金                                  645              597
        コールローン利息                                   1             △ 0
        預け金利息                                   5              18
        その他の受入利息                                   0              0
      役務取引等収益                                  1,128              1,149
        受入為替手数料                                  333              326
        その他の役務収益                                  795              822
      その他業務収益                                   185               99
        外国為替売買益                                   3              2
        国債等債券売却益                                  110               18
        国債等債券償還益                                   1              19
        その他の業務収益                                  69              59
      その他経常収益                                   504              204
        償却債権取立益                                   9              5
        株式等売却益                                  445              110
        その他の経常収益                                  49              88
     経常費用                                   7,386              7,117
      資金調達費用                                   173              150
        預金利息                                  171              146
        コールマネー利息                                  △ 1              -
        その他の支払利息                                   3              4
      役務取引等費用                                   411              397
        支払為替手数料                                  67              66
        その他の役務費用                                  343              331
      その他業務費用                                   242              132
        国債等債券売却損                                  60               0
        国債等債券償還損                                  41              26
        国債等債券償却                                  21               -
        その他の業務費用                                  119              105
      営業経費                                  5,965              5,989
      その他経常費用                                   593              447
        貸倒引当金繰入額                                  196               37
        貸出金償却                                  64              48
        株式等償却                                  183               41
                                         148              320
        その他の経常費用
     経常利益                                   1,282              1,237
     特別利益
                                          9              -
      固定資産処分益                                    9              -
     特別損失                                      2              33
      固定資産処分損                                    2              25
                                          -              7
      減損損失
     税引前当期純利益                                   1,290              1,203
     法人税、住民税及び事業税
                                         131              146
                                         319              262
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    450              409
     当期純利益                                    839              794
                                 82/105



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                           株主資本                  評価・換算差額等
                  資本剰余金          利益剰余金
                                           その他有
                           その他利益剰余
                                                      純資産合
                                               土地再評    評価・換
                                      自己   株主資   価証券
                              金
                     資本剰                                   計
              資本金                                 価差額    算差額
                  資本準       利益準          利益剰余
                                      株式   本合計   評価差額
                     余金合
                               繰越利
                                                金   等合計
                  備金       備金          金合計
                           別途積
                                            金
                      計
                               益剰余
                            立金
                                金
    当期首残高          5,191   4,101   4,101   1,090   6,492   4,178   11,761   △ 60  20,993    2,630     986   3,616   24,610
    当期変動額
     新株の発行                                     -               -
     剰余金の配当                          △ 222   △ 222     △ 222              △ 222
     当期純利益                           839    839      839               839
     自己株式の取得                                 △ 0  △ 0              △ 0
     土地再評価差額金の
                                10   10      10               10
     取崩
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                      △ 1,291    △ 10 △ 1,301   △ 1,301
     額)
    当期変動額合計            -   -   -   -   -  627    627   △ 0  626  △ 1,291    △ 10 △ 1,301    △ 675
    当期末残高          5,191   4,101   4,101   1,090   6,492   4,805   12,388   △ 60  21,620    1,339     975   2,314   23,935
     当事業年度(自       2020年4月1日 至          2021年3月31日)


                                                  (単位:百万円)
                           株主資本                  評価・換算差額等
                  資本剰余金          利益剰余金
                                           その他有
                           その他利益剰余
                                                      純資産合
                                               土地再評    評価・換
                                      自己   株主資   価証券
                              金
                     資本剰                                   計
              資本金                                 価差額    算差額
                  資本準       利益準          利益剰余
                                      株式   本合計   評価差額
                     余金合
                               繰越利
                                                金   等合計
                  備金       備金          金合計
                           別途積
                                            金
                      計
                               益剰余
                            立金
                                金
    当期首残高          5,191   4,101   4,101   1,090   6,492   4,805   12,388   △ 60  21,620    1,339     975   2,314   23,935
    当期変動額
     新株の発行         1,000   1,000   1,000                   2,000               2,000
     剰余金の配当                          △ 222   △ 222     △ 222              △ 222
     当期純利益                           794    794      794               794
     自己株式の取得                                 △ 0  △ 0              △ 0
     土地再評価差額金の
                                          -               -
     取崩
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                        600     -   600    600
     額)
    当期変動額合計          1,000   1,000   1,000     -   -  571    571   △ 0  2,570     600     -   600   3,170
    当期末残高          6,191   5,101   5,101   1,090   6,492   5,376   12,959   △ 61  24,190    1,939     975   2,915   27,105
                                 83/105





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
    (重要な会計方針)

    1.商品有価証券の評価基準及び評価方法
      商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は主として移動平均法により算定)により行っております。
    2.有価証券の評価基準及び評価方法
      有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、子会社株式については
     移動平均法による原価法、その他有価証券については原則として決算日の市場価格等に基づく時価法(売却原価は主
     として移動平均法により算定)、ただし時価を把握することが極めて困難と認められるものについては移動平均法に
     よる原価法により行っております。
      なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
    3.デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
        デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
    4.固定資産の減価償却の方法
    (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
        有形固定資産は、定額法を採用しております。また、主な耐用年数は次のとおりであります。
       建物          3年~47年
       その他        3年~20年
    (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
        無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、行内における利用
     可能期間(主として5年)に基づいて償却しております。
    (3) リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」中のリース資産は、リース期間を耐用年数とした
     定額法により償却しております。
        なお、残存価額については、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のもの
     は零としております。
    5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建資産及び負債は、主として決算日の為替相場による円換算額を付しております。
    6.引当金の計上基準
    (1) 貸倒引当金
      貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
      破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、「破綻先」という。)に係る債権及びそれと
     同等の状況にある債務者(以下、「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載されている
     直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上してお
     ります。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者(以下、
     「破綻懸念先」という。)に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込
     額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を計上しております。
      破綻懸念先及び貸出条件緩和債権等を有する債務者で、与信額が一定額以上の大口債務者のうち、債権の元本の回
     収及び利息の受取りに係るキャッシュ・フローを合理的に見積もることができる債権等については、当該キャッ
     シュ・フローを当初の約定利子率で割引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒引当金とする方法(キャッシュ・
     フロー見積法)等により計上しております。
      上記以外の債権については、過去の一定期間における貸倒実績から算出した貸倒実績率等に基づき計上しておりま
     す。
      すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産監
     査部署が査定結果を監査しております。
      なお、破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、債権額から担保の評価額及び保証による回
     収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直接減額しており、その金額は812百万
     円(前事業年度末は728百万円)であります。
                                 84/105



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    (2) 賞与引当金
        賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当事業年度に帰
     属する額を計上しております。
    (3) 退職給付引当金
      退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に
     基づき、必要額を計上しております。また、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期
     間に帰属させる方法については給付算定式基準によっております。なお、数理計算上の差異の費用処理方法は次のと
     おりであります。
      数理計算上の差異:各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(主として10年)による定額法
      により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理
    (4)  睡眠預金払戻損失引当金
      睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払戻
     請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
    7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
    (1)  退職給付に係る会計処理
      退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理
     の方法と異なっております。
    (2)  消費税等の会計処理
      消費税及び地方消費税(以下、消費税等という。)の会計処理は、税抜方式によっております。
      ただし、有形固定資産に係る控除対象外消費税等は当事業年度の費用に計上しております。
    8.関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続
      証券投資信託(ETFを除く)の期中収益分配金(解約・償還時の差損益を含む)については、全体で益の場合は「有
     価証券利息配当金」に計上し、損の場合は「国債等債券償還損」に計上しております。
                                 85/105












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    (重要な会計上の見積り)
       会計上の見積りにより当事業年度に係る財務諸表にその額を計上した項目であって、翌事業年度に係る財務諸表に
     重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりです。
     貸倒引当金

     (1)当事業年度に係る財務諸表に計上した額
       貸倒引当金 2,717百万円
     (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報
     ①算出方法
      貸倒引当金の算出方法は、重要な会計方針「6.引当金の計上基準 (1)貸倒引当金」に記載しております。
     ②主要な仮定
      主要な仮定は、「債務者区分の判定における貸出先の将来の業績見通し」であります。「債務者区分の判定におけ
     る貸出先の将来の業績見通し」は、各債務者の収益獲得能力を個別に評価し、設定しております。また、新型コロナ
     ウイルス感染症(COVID-19)の影響については、当事業年度末においても収束には至ってはいないものの、ワクチン
     接種が国内でも開始されていることから、翌事業年度にかけて徐々に収束に向かうものと想定しております。
     ③翌事業年度に係る財務諸表に及ぼす影響
      個別貸出先の業績変化等により、当初の見積りに用いた仮定が変化した場合は、翌事業年度に係る財務諸表におけ
     る貸倒引当金に重要な影響を及ぼす可能性があります。
                                 86/105














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    (表示方法の変更)
     「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日) を当事業年度から適用し、重
    要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。ただし、当該注記においては、当該会計基準第11号ただし書き
    に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る内容については記載しておりません。
    以下の事項について、記載を省略しております。

    ・財務諸表等規則第8条の28に定める資産除去債務に関する注記については、同条第2項により、記載を省略しており
    ます。
    ・財務諸表等規則第26条に定める減価償却累計額の注記については、同条第2項により、記載を省略しております。
    ・財務諸表等規則第42条に定める事業用土地の再評価に関する注記については、同条第3項により、記載を省略してお
    ります。
    ・財務諸表等規則第68条の4に定める1株当たり純資産額の注記については、同条第3項により、記載を省略しており
    ます。
    ・財務諸表等規則第95条の5の2に定める1株当たり当期純損益金額に関する注記については、同条第3項により、記
    載を省略しております。
    ・財務諸表等規則第95条の5の3に定める潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額に関する注記については、同条第
    4項により、記載を省略しております。
    ・財務諸表等規則第107条に定める自己株式に関する注記については、同条第2項により、記載を省略しております。
    (追加情報)


      「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)を当
     事業年度の年度末に係る財務諸表から適用し、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理
     の原則及び手続」を開示しております。
                                 87/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
    ※1.関係会社の株式の総額
                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       株式                   10   百万円         10   百万円
    ※2.貸出金のうち、破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。

                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       破綻先債権額                   210   百万円         267   百万円
       延滞債権額                  8,461    百万円        6,387    百万円
       なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又
      は利息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分
      を除く。以下、「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第
      1項第3号イからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
       また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図るこ
      とを目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
    ※3.貸出金のうち、3ヵ月以上延滞債権額は次のとおりであります。

                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       3ヵ月以上延滞債権額                    2  百万円         40   百万円
          なお、3ヵ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が、約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出
      金で破綻先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
    ※4.貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。

                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       貸出条件緩和債権額                  1,701    百万円        1,233    百万円
          なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支
      払猶予、元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破綻先債権、延滞債
      権及び3ヵ月以上延滞債権に該当しないものであります。
    ※5.破綻先債権額、延滞債権額、3ヵ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は次のとおりでありま

      す。
                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       合計額                 10,375     百万円        7,928    百万円
          なお、上記2から5に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
    ※6.手形割引は、業種別委員会実務指針第24号に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入れ

      た銀行引受手形、商業手形、荷付為替手形及び買入外国為替等は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分
      できる権利を有しておりますが、その額面金額は次のとおりであります。
          前事業年度            当事業年度
        ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
           1,622    百万円        1,071    百万円
                                 88/105






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    ※7.担保に供している資産は次のとおりであります。

                       前事業年度            当事業年度

                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       担保に供している資産
        有価証券                14,995     百万円       39,962     百万円
       担保資産に対応する債務

        借用金                8,300     百万円       33,600     百万円
          上記のほか、為替決済、公金受託事務等の取引の担保として、次のものを差し入れております。

                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       有価証券                 14,412     百万円       14,276     百万円
       預け金                    1  百万円          1  百万円
       その他資産                 8,021    百万円        8,021    百万円
          また、その他の資産には、保証金及び敷金が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。

                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       保証金                   78   百万円         69   百万円
       敷金                   259   百万円         259   百万円
    ※8.当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合

      に、契約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であ
      ります。これらの契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                       前事業年度            当事業年度
                     ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
       融資未実行残高                 23,485     百万円       25,328     百万円
          なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ず
      しも当行の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情
      勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契約
      極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動
      産・有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内手続に基づき顧客の業況等を把
      握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
                                 89/105









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (有価証券関係)
       子会社株式及び関連会社株式

       前事業年度(      2020年3月31日       )
                      貸借対照表計上額              時価           差額
                       (百万円)           (百万円)           (百万円)
      子会社株式                        -           -           -
      関連会社株式                        -           -           -
      合計                        -           -           -
       当事業年度(      2021年3月31日       )

                      貸借対照表計上額              時価           差額
                       (百万円)           (百万円)           (百万円)
      子会社株式                        -           -           -
      関連会社株式                        -           -           -
      合計                        -           -           -
      (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額

                                        (百万円)
                        前事業年度            当事業年度
                      ( 2020年3月31日       )    ( 2021年3月31日       )
      子会社株式                         10            10
      関連会社株式                         -            -
      合計                         10            10
      これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「子会社株式及び
      関連会社株式」には含めておりません。
                                 90/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                          前事業年度             当事業年度
                        ( 2020年3月31日       )     ( 2021年3月31日       )
      繰延税金資産
        退職給付引当金                      214   百万円          213   百万円
        貸倒引当金                     1,188              945
        未払事業税                       18             15
        減価償却額                       61             55
                            205             228
        その他
      繰延税金資産小計                     1,688             1,458
       将来減算一時差異等の合計に係る
                           △853             △886
       評価性引当額
                           △853             △886
      評価性引当額小計
      繰延税金資産合計
                            835             572
      繰延税金負債
                           △545             △789
        その他有価証券評価差額金
      繰延税金負債合計                     △545             △789
       繰延税金資産(△は繰延税金負
                            289   百万円         △217    百万円
      債)の純額
                                 91/105














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     項目別の内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                              ( 2020年3月31日       )       ( 2021年3月31日       )
     法定実効税率                                  30.5   %            30.5   %
     (調整)
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.6               0.3
     受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 △1.0               △0.8
     住民税均等割等                                  0.9               1.0
     評価性引当額の増減                                  3.9               2.7
     その他                                 △0.1                0.1
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  34.9   %            34.0   %
                                 92/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (重要な後発事象)
       前事業年度(自         2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当事業年度(自         2020年4月1日        至   2021年3月31日       )

        該当事項はありません。
                                 93/105


















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      ④【附属明細表】
      【有形固定資産等明細表】

                                         当期末減価

                                         償却累計額            差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                 又は償却             残高
                  (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)            (百万円)
                                          累計額           (百万円)
                                         (百万円)
    有形固定資産
                                26
                                (6)
      建物               3,978       77          4,029      3,107       99     921
                   2,667        -      -    2,667        -      -    2,667

     土地
                  (1,482)         -     (-)    (1,482)        -      -   (1,482)
      リース資産                940      221      180      981      570      118      410
                                172
     その他の有形固定資産
                   1,802       50          1,679      1,304       141      374
                                (1)
                   9,388       349      379     9,357      4,982       359     4,375
       有形固定資産計
                     -           (7)
    無形固定資産
      ソフトウェア                 24      -      -     24      24      -      -

      その他の無形固定資産                 34      -      -     34      6      -     27

       無形固定資産計              58      -      -     58      30      -     27

    (注)1.土地の当期首残高、当期減少額及び当期末残高の(内書)は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日
    公布法律第34号)により行った事業用土地の再評価実施前の帳簿価格との差額であります。
       2.建物及びその他の有形固定資産の当期減少額欄の(内書)は、減損損失の計上額であります。
                                 94/105











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
      【引当金明細表】
                                  当期減少額        当期減少額

                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                   (百万円)        (百万円)                         (百万円)
                                   (百万円)        (百万円)
    貸倒引当金                 3,584        2,717         904       2,680        2,717
     一般貸倒引当金                1,193        1,210          -      1,193        1,210

     個別貸倒引当金                2,391        1,507         904       1,486        1,507

      うち非居住者向け債権
                        -        -        -        -        -
     分
    賞与引当金                  124        127        124         -       127
    睡眠預金払戻損失引当金                   47         -        5        -        41

          計            3,756        2,845        1,034        2,680        2,887

     (注)   当期減少額(その他)欄に記載の減少額はそれぞれ次の理由によるものであります。
         一般貸倒引当金         ・・・・・・・        洗替による取崩額
         個別貸倒引当金         ・・・・・・・        洗替による取崩額
     ○  未払法人税等


                                  当期減少額        当期減少額

                 当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                  (百万円)        (百万円)                         (百万円)
                                  (百万円)        (百万円)
    未払法人税等                  61        108         61         -       108
     未払法人税等                 11        63        11         -        63

     未払事業税                 49        44        49         -        44

                                 95/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【主な資産及び負債の内容】
       連結財務諸表を作成しているため記載を省略しております。

     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 96/105


















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             4月1日から3月31日まで

    定時株主総会             6月中

    基準日             3月31日

    剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日

    1単元の株式数             100株

    株式の名義書換え

                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
        取扱場所
                 三菱UFJ信託銀行株式会社  証券代行部
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
        株主名簿管理人
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
        取次所             三菱UFJ信託銀行株式会社  全国各支店
        名義書換手数料             無料

    単元未満株式の買取り

                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
        取扱場所
                 三菱UFJ信託銀行株式会社  証券代行部
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
        株主名簿管理人
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
        取次所             三菱UFJ信託銀行株式会社  全国各支店
        買取手数料             無料

                 当銀行の公告方法は電子公告とします。ただし、事故その他やむを得ない事由により
                 電子公告による公告ができない場合は、横浜市において発行する神奈川新聞に掲載い
    公告掲載方法
                 たします。
                 公告掲載URL https:/www.kanagawabank.co.jp/
    株主に対する特典             なし
     (注)   当行定款の定めにより単元未満株式を所有する株主は、次に掲げる権利以外の権利を行使することが出来ませ
         ん。
        (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)会社法第166条第1項による請求をする権利
        (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 97/105








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

     当行に親会社等は存在いたしません。
    2 【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

      事業年度      第95期   (自    2019年4月1日        至   2020年3月31日       )                2020年6月22日
                                          関東財務局長に提出
    (2)  内部統制報告書及びその添付書類                                                                      2020年6月22日

                                          関東財務局長に提出
    (3) 四半期報告書及び確認書

      第96期    第1四半期(自        2020年4月1日        至  2020年6月30日       )               2020年8月12日
                                          関東財務局長に提出
      第96期    第2四半期(自        2020年7月1日        至  2020年9月30日       )               2020年11月16日
                                          関東財務局長に提出
      第96期    第3四半期(自        2020年10月1日        至  2020年12月31日       )               2021年2月15日
                                          関東財務局長に提出
    (4)  臨時報告書

     金融商品取引法第24条の5第4項ならびに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第1項及び第2項第2号の規定
    に基づく臨時報告書 2021年2月12日 関東財務局長に提出
    (5)  臨時報告書の訂正報告書

     訂正報告書(上記(4)臨時報告書の訂正報告書) 2021年2月15日 関東財務局長に提出
                                 98/105










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 99/105



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2021年6月18日

    株式会社神奈川銀行
     取締役会  御中
                     EY新日本有限責任監査法人
                       東京事務所

                       指定有限責任社員

                                 公認会計士       瀬  底   治  啓            ㊞
                       業  務  執  行  社  員
                       指定有限責任社員
                                        長   澤         茂      宣
                                 公認会計士                    ㊞
                       業  務  執  行  社  員
     <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら
    れている株式会社神奈川銀行の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、す
    なわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フ
    ロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行っ
    た。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
    会社神奈川銀行及び連結子会社の2021年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経
    営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における
    職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任
    を果たしている。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                100/105









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重
    要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見
    の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    貸出金等に対する貸倒引当金の算定基礎となる債務者区分の判定

           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     会社は、銀行業を営んでおり、貸出業務はその中核を                           当監査法人は、債務者区分の妥当性を検討するに当

    なすものである。                           たって、主として以下の監査手続を実施した。
                                ・債務者区分の判定及びその基礎となる債務者に関す
     それにより会社が計上している貸出金及びその他の債
                                 る情報の正確性、網羅性を確保するための会社の内
    権の回収可能性は、国内外の景気動向、不動産価格や金
                                 部統制の整備及び運用状況の有効性の評価手続を実
    利、株価等金融経済環境の変動、取引先企業の経営状況
                                 施した。
    の変動、新型コロナウイルス感染症の影響等の不確実性
                                ・債務者区分の遷移が貸倒引当金計上額に及ぼす金額
    の高い事象の影響を受けるため、貸倒が発生する可能性
                                 的影響に加え、債務者の業種、返済状況、財務内容
    がある。
                                 又は業績悪化の程度、外部公表情報から推定される
     このため、会社は、将来の貸倒による予想損失額を算
                                 信用リスク増加の程度等を考慮し、必要と考えられ
    出し、貸倒引当金として計上している。
                                 る検証対象先を抽出した。 
     当連結会計年度末の連結貸借対照表における貸倒引当
                                ・債務者の新型コロナウイルス感染症拡大の影響を含
    金の計上額は、2,717百万円であり、【注記事項】(連
                                 む直近の返済状況、財務内容及び業績の実態を把握
    結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)4.会
                                 するため、債務者の事業内容等に関する説明資料、
    計方針に関する事項(5)貸倒引当金の計上基準及び
                                 借入及び返済状況に関する資料、実態的な財務内容
    (重要な会計上の見積り)に具体的な計上方法が記載さ
                                 把握のための調査資料、決算書、試算表等、会社の
    れている。
                                 自己査定関連資料一式を閲覧するとともに、必要に
     貸倒引当金は、会社が予め定めている自己査定基準及
                                 応じて、融資を所管する部門に質問を実施した。 
    び償却・引当基準に則り算定されるが、その算定過程に
                                ・債務者の返済状況、財務内容及び業績に係る将来見
    は、債務者の返済状況、財務内容、業績及びこれらの将
                                 通しを具体化した経営改善計画等の合理性及び実現
    来見通し等に基づき、債務者の返済能力を評価して決定
                                 可能性を検討するため、債務者の売上高、売上原
    される債務者区分の判定が含まれる。
                                 価、販売費及び一般管理費など、主要な損益項目に
     特に、返済状況、財務内容、又は業績に問題がある債
                                 ついて、過去実績からの趨勢分析、過年度の経営改
    務者に係る債務者区分の判定に当たっては、将来におけ
                                 善計画等の達成度合いに基づく見積りの精度の評価
    るこれらの改善見通しを具体化した経営改善計画等の合
                                 等を実施するとともに、融資を所管する部門と議論
    理性及び実現可能性が、重要な判定要素となる。経営改
                                 した。 
    善計画等の合理性及び実現可能性は、新型コロナウイル
                                ・不動産業を営む債務者については、不動産価格、賃
    ス感染症の影響を含む債務者を取り巻く経営環境の変化
                                 料・空室率等の不動産関連指標に係る最新の状況を
    や債務者の事業戦略の成否によって影響を受けるため、
                                 認識するとともに、必要に応じて、保有する物件の
    見積りの不確実性や経営者の判断に依拠する程度が高
                                 現地調査を行い、販売用不動産や物件賃貸の現況を
    い。
                                 把握した。
     また、会社の不動産業向けの貸出金については、貸出
    金全体に占める割合(物品賃貸業含む)が27.65%を占
    めていることから、業種を取り巻く環境変化に伴う債務
    者区分の変動による貸倒引当金計上額への影響が大き
    い。
     したがって、当監査法人は、返済状況、財務内容、又
    は業績に問題がある債務者及び不動産業を営む債務者に
    係る債務者区分の判定の妥当性を、監査上の主要な検討
    事項に該当するものと判断した。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
                                101/105

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示す
    る必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
     監査証拠を入手する。
    ・  連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事
     項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表
     に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠
     に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・  連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる
     取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・  連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
     手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意
     見に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判
    断した事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表
    が禁止されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利
    益を上回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    <内部統制監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に準じた監査証明を行うため、株式会社神奈川銀行の2
    021年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。                               当監査法人は、株式会社神奈川銀行が2021年3
    月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正
    妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、全
    ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                102/105

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
    制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
    いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
    ある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
     適用される。
    ・  財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
     統制報告書の表示を検討する。
    ・  内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
     は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責
     任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、
    識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項
    について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以  上

     (注)1      上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当行(有価証券報告書提出
        会社)が別途保管しております。
        2     XBRLデータは監査の対象に含まれていません。
                                103/105




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2021年6月18日

    株式会社神奈川銀行
     取締役会  御中
                     EY新日本有限責任監査法人
                       東京事務所

                       指定有限責任社員

                                 公認会計士       瀬  底   治  啓            ㊞
                       業  務  執  行  社  員
                       指定有限責任社員
                                        長      澤         茂      宣
                                 公認会計士                    ㊞
                       業  務  執  行  社  員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら
    れている株式会社神奈川銀行の2020年4月1日から2021年3月31日までの第96期事業年度の財務諸表、す
    なわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監
    査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    神奈川銀行の2021年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点
    において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

      監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
    貸出金等に対する貸倒引当金の算定基礎となる債務者区分の判定
     連結財務諸表の監査報告書に記載されている監査上の主要な検討事項(貸出金等に対する貸倒引当金の算定基礎
    となる債務者区分の判定)と同一内容であるため、記載を省略している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
                                104/105


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社神奈川銀行(E03672)
                                                           有価証券報告書
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
     監査証拠を入手する。
    ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付
     ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意
     を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項
     付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいている
     が、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事
     象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止さ
    れている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
    ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)1      上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当行(有価証券報告書提出
        会社)が別途保管しております。
        2     XBRLデータは監査の対象に含まれていません。
                                105/105








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク