アステラス製薬株式会社 有価証券報告書 第16期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第16期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 アステラス製薬株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2021年6月18日

    【事業年度】                     第16期    (自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    【会社名】                     アステラス製薬株式会社

    【英訳名】                     Astellas     Pharma    Inc.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 安川 健司

    【本店の所在の場所】                     東京都中央区日本橋本町二丁目5番1号

    【電話番号】                     03  (3244)    3000

    【事務連絡者氏名】                     財務経理部長 安田 叙恵

    【最寄りの連絡場所】                     東京都中央区日本橋本町二丁目5番1号

    【電話番号】                     03  (3244)    3000

    【事務連絡者氏名】                     財務経理部長 安田 叙恵

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
            回次            第12期       第13期       第14期       第15期       第16期

           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上収益               百万円      1,311,665       1,300,316       1,306,348       1,300,843       1,249,528

    税引前利益                〃      281,769       218,113       248,967       245,350       145,324

    当期利益
                    〃      218,701       164,679       222,265       195,411       120,589
     (親会社の所有者に帰属)
    当期包括利益
                    〃      174,644       198,539       222,250       156,692       181,499
     (親会社の所有者に帰属)
    親会社の所有者に帰属する
                    〃    1,271,810       1,268,289       1,258,396       1,289,168       1,386,115
    持分
    資産合計                〃    1,814,072       1,858,205       1,897,648       2,315,169       2,273,628
    1株当たり親会社所有者帰属
                    円      615.89       641.80       667.29       694.03       748.03
    持分
    基本的1株当たり当期利益
                    〃      103.69        81.11       115.05       104.15        64.93
     (親会社の所有者に帰属)
    希薄化後1株当たり当期利益
                    〃      103.55        81.02       114.94       104.08        64.90
     (親会社の所有者に帰属)
    親会社所有者帰属持分比率                %       70.1       68.3       66.3       55.7       61.0
    親会社所有者帰属持分
                    〃       17.3       13.0       17.6       15.3        9.0
    当期利益率
    株価収益率                倍       14.1       19.9       14.4       16.0       26.2
    営業活動による
                   百万円       235,612       312,614       258,630       221,998       306,843
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                    〃     △ 73,383      △ 121,799       △ 41,757      △ 389,793       △ 81,894
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                    〃    △ 166,153      △ 203,429      △ 233,681       181,055      △ 229,479
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                    〃      340,923       331,731       311,074       318,391       326,128
    期末残高
    従業員数                人      17,202       16,617       16,243       15,883       15,455
     (注)   1.国際会計基準         (以下「IFRS」)        に基づいて連結財務諸表を作成しています。
       2.百万円未満を四捨五入して記載しています。
       3.売上収益には、消費税等は含まれていません。
       4.第13期において企業結合に係る暫定的な会計処理を確定し、暫定的に測定された公正価値の修正を行ったた
         め、第12期の連結財政状態計算書を遡及修正しています。これに伴い、第12期の関連する主要な経営指標等
         については、当該修正が反映された後の金額を表示しています。
       5.  当連結会計年度において企業結合に係る暫定的な会計処理を確定し、暫定的に測定された公正価値の修正を
         行ったため、連結財政状態計算書を遡及修正しています。これに伴い、第15期の関連する主要な経営指標等
         については、当該修正が反映された後の金額を表示しています。遡及修正の内容については、                                           「第5    経理
         の 状況   1  連結財務諸表等        注記   33.企業結合」をご参照ください。
                                  2/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第12期       第13期       第14期       第15期       第16期

           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上高               百万円       629,915       613,657       607,321       600,626       545,553

    経常利益                〃      134,174       285,690       209,721       293,204       223,433

    当期純利益                〃      137,818       296,818       178,679       240,645       193,055

    資本金                〃      103,001       103,001       103,001       103,001       103,001
     (発行済株式総数)               (千株)     ( 2,153,823     )  ( 2,068,823     )  ( 1,979,823     )  ( 1,861,787     )  ( 1,861,787     )
    純資産額               百万円       514,609       612,379       565,624       671,615       787,715
    総資産額                〃    1,122,830       1,183,646       1,233,286       1,331,308       1,350,771

    1株当たり純資産額                円      248.34       309.14       299.34       361.08       424.69

    1株当たり配当額                〃       34.00       36.00       38.00       40.00       42.00
     (内1株当たり中間配当額)               (〃)       ( 17.00   )    ( 18.00   )    ( 19.00   )    ( 20.00   )    ( 21.00   )
    1株当たり当期純利益                〃       65.34       146.20        92.49       128.26       103.95
    潜在株式調整後
                    〃       65.26       146.04        92.40       128.17       103.89
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率                %       45.7       51.6       45.8       50.4       58.3
    自己資本利益率                〃       26.0       52.8       30.4       39.0       26.5

    株価収益率                倍       22.4       11.0       17.9       13.0       16.4

    配当性向                %       52.0       24.6       41.1       31.2       40.4

    従業員数                人       5,186       5,123       5,034       4,560       4,647

    株主総利回り                %       100.2       112.5       118.0       121.6       126.4
     (比較指標:配当込TOPIX)               (〃)       ( 114.7   )    ( 132.9   )    ( 126.2   )    ( 114.2   )    ( 162.3   )
    最高株価                円      1,779.0       1,623.5       2,056.0       1,987.0       1,982.0
    最低株価                〃      1,358.0       1,331.5       1,356.0       1,375.0       1,426.0

     (注)   1.提出会社の財務諸表は日本基準に基づいて作成しています。
       2.百万円未満を四捨五入して記載しています。
       3.売上高には、消費税等は含まれていません。
       4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所                      (市場第一部)       におけるものです。
                                  3/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
     1923年4月       故山内健二が大阪市において当社の母体、山之内薬品商会を創立。

     1939年3月       山之内薬品商会を株式会社組織に改組。(資本金18万円)
     1940年10月       商号を、山之内製薬株式会社に改称。
     1949年5月       東京証券取引所及び大阪証券取引所に株式を上場。
     1968年11月       焼津工場     (製剤工場)      完成。
     1974年11月       高萩工場     (合成工場)      完成。
     1986年4月       アイルランドに山之内アイルランドCo.,Ltd.を設立。
     1987年5月       西根工場     (製剤工場)      完成。
     1989年3月       筑波研究センター完成。
     2005年4月       藤沢薬品工業株式会社と合併し、アステラス製薬株式会社発足。
           同合併に伴い、海外・国内グループ会社を順次再編。
     2005年4月       製剤生産機能を統合・分社化し、アステラス東海株式会社を設立。
     2006年4月       原薬製造機能を統合・分社化し、アステラスファーマケミカルズ株式会社を設立。
     2007年12月       がん領域の抗体医薬を専門とするバイオベンチャー、アジェンシス                               Inc.   (米国)    を買収。
     2008年4月       米国にグローバル開発本社機能を有するアステラス                        ファーマ     グローバル      ディベロップメント
           Inc.を設立。
     2008年11月       インドに医薬品販売子会社アステラス                  ファーマ     インディア      PVT.Ltd.を設立。
     2009年7月       ブラジルに医薬品販売子会社アステラス                   ファーマ     ブラジルを設立。
     2010年6月       がん、糖尿病/肥満の領域に事業基盤をもつOSI                      ファーマシューティカルズ             Inc.   (米国)    を買
           収。
     2010年12月       オーストラリアに医薬品販売子会社アステラス                      ファーマ     オーストラリア        Pty  Ltdを設立。
     2011年4月       アステラス富山株式会社及びアステラスファーマケミカルズ株式会社をアステラス東海株式会社に
           統合し、その社名をアステラス               ファーマ     テック株式会社に変更。
     2013年7月       シンガポールに医薬品販売子会社アステラス                     ファーマ     シンガポール       Pte.Ltd.を設立。
     2013年10月       Amgen   Inc.   (米国)    との戦略的提携に伴う合弁会社アステラス・アムジェン・バイオファーマ株式
           会社が業務開始。
     2016年1月       マレーシアに医薬品販売子会社アステラス                    ファーマ     マレーシア      Sdn.Bhd.を設立。
     2016年2月       眼科領域における細胞医療の研究開発に強みを持つオカタ                           セラピューティクス          Inc.   (米国)    (後
           に社名をアステラス          インスティチュート          フォー    リジェネレイティブ          メディシンに変更)         を買
           収。
     2016年12月       がんに対する抗体医薬を開発するガニメド                    ファーマシューティカルズ             AG  (ドイツ)     を買収。
     2017年5月       Gタンパク質共役受容体を標的とする低分子薬を開発するオジェダ                               SA  (ベルギー)      を買収。
     2018年1月       ミトコンドリア関連疾患領域における共同研究・開発提携先であるマイトブリッジ                                      Inc.   (米国)
           を買収。
     2018年12月       がん免疫領域における共同研究・開発提携先であるポテンザ                            セラピューティクス          Inc.   (米国)    を
           買収。
     2020年1月       神経筋疾患を対象に、アデノ随伴ウイルスに基づく遺伝子治療薬を研究開発するオーデンテス                                           セ
           ラピューティクス         Inc.   (米国)    を買収。
                                  4/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社及び連結子会社76社、持分法適用会社3社から構成されており、医薬品の研究開発、製造及
     び販売を主要な事業としています。
      当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりです。
      なお、当社グループは、区分すべき事業セグメントが存在しないため、報告セグメントは医薬品事業単一となって
     います。
      当社は研究開発及び販売を行っており、各地域の関係会社へ原料及び製品の一部を供給しています。

      また、主に以下の関係会社が、研究開発、製造及び販売の各機能を担っています。
        機能                        主な関係会社の名称
               アステラス      ファーマ     グローバル      ディベロップメント          Inc.   (米国)
               アステラス      インスティチュート          フォー    リジェネレイティブ          メディシン      (米国)
    研究開発
               オーデンテス       セラピューティクス          Inc.   (米国)
               アステラス      ファーマ     テック株式会社        (日本)
               アステラス      アイルランド       Co.,Ltd.     (アイルランド)
    製造
               アステラス      ファーマ     ヨーロッパ      B.V.   (オランダ)
               アステラス製薬        (中国)    有限公司     (中国)
               アステラス      ファーマ     US,  Inc.   (米国)
               アステラス      ファーマ     GmbH   (ドイツ)
               アステラス      ファーマ     S.A.S   (フランス)
    販売
               アステラス      ファーマ     S.A.   (スペイン)
               アステラス製薬        (中国)    有限公司     (中国)
               韓国アステラス製薬株式会社              (韓国)
      以上で述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりです。

                                  5/173












                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                      議決権

                                                関係内容
                                      の所有
                                主要な事業
         名称           住所        資本金
                                 の内容
                                       割合   役員の
                                                営業上の取引等
                                       (%)    兼任
    (連結子会社)
    アステラス      US  ホール
                米国         千米ドル
                                医薬品事業        100   有         ―
    ディング     Inc.        イリノイ州               0
                米国                        100
    アステラス      US  LLC
                            ―    医薬品事業           有   当社へロイヤルティ支払
                イリノイ州                       (100)
    アステラス      ファーマ
                米国         千米ドル               100
                                医薬品事業           無         ―
    US,  Inc.          イリノイ州               0        (100)
    アステラス      ファーマ     グ
                米国         千米ドル               100
    ローバル     ディベロップ
                                医薬品事業           有   当社より開発の受託
                イリノイ州               0        (100)
    メント    Inc.
    アステラス      インスティ
                米国
    チュート     フォー    リジェ
                         千米ドル               100
                マサチューセッツ                医薬品事業           有         ―
                               0        (100)
    ネレイティブ       メディシ
                州
    ン
    オーデンテス       セラ
                米国         千米ドル               100
                                医薬品事業           有         ―
    ピューティクス        Inc.    カリフォルニア州               0        (100)
    アステラス      ファーマ
                オランダ         千ユーロ               100      当社より仕入
                                医薬品事業           有
    ヨーロッパ      B.V.       ライデン             33,750          (100)       当社へロイヤルティ支払
    アステラス      ファーマ
                英国         千ユーロ               100      当社より仕入
                                医薬品事業           有
    ヨーロッパ      Ltd.       アドルストン            138,858           (100)       当社へロイヤルティ支払
    アステラス      ファーマ
                ドイツ         千ユーロ               100
                                医薬品事業           無         ―
                ミュンヘン             14,001          (100)
    GmbH
                                              当社より仕入
    アステラス      アイルラン
                アイルランド         千ユーロ               100
                                医薬品事業           有   当社へ原料・製品の供給及
    ド  Co.,Ltd.           ダブリン             3,472          (100)
                                              びロイヤルティ支払
    アステラス      ファーマ
                フランス         千ユーロ               100
                                医薬品事業           無         ―
                パリ             4,022          (100)
    S.A.S
    アステラス      ファーマ
                スペイン         千ユーロ               100
                                医薬品事業           無         ―
                マドリード             2,981          (100)
    S.A.
                中国
    アステラス製薬        (中国)
                         千中国元
                遼寧省                医薬品事業        100   有   当社より仕入
                            299,191
    有限公司
                瀋陽市
    韓国アステラス製薬株式            大韓民国         百万ウォン
                                医薬品事業        100   有   当社より仕入
    会社            ソウル市             11,500
    アステラス      ファーマ
                東京都         百万円
                                医薬品事業        100   有   当社より医薬品の製造受託
                中央区               1
    テック株式会社
    その他 61社
    (持分法適用会社)
    その他 3社
     (注)   1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しています。
       2.議決権の所有割合欄の( )内は間接所有割合を内数で示しています。
       3.アステラス        US  ホールディング        Inc.、   アステラス      US  LLC、   アステラス      ファーマ     ヨーロッパ      Ltd.及びア
         ステラス     ファーマ     テック株式会社は、特定子会社に該当します。
       4.アステラス        ファーマ     US,  Inc.については売上収益            (連結会社相互間の内部売上収益を除く)                   の連結売上収
         益に占める割合が10%を超えています。
                    (1)  売上収益
          主要な損益情報等                 671,477    百万円
                    (2)  税引前利益
                            3,534   百万円
                    (3)  当期利益
                            2,760   百万円
                    (4)  資本合計
                            7,897   百万円
                    (5)  資産合計
                           216,011    百万円
                                  6/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                ( 2021年3月31日       現在)
                                          従業員数     (人)
             セグメントの名称
    医薬品事業                                                  15,455

                合計                                      15,455

     (注) 従業員数は就業人員を記載しています。
     (2)  提出会社の状況

                                                ( 2021年3月31日       現在)
       従業員数     (人)         平均年令     (才)        平均勤続年数       (年)       平均年間給与       (円)
         4,647              43.0              17.1            10,514,375

                                          従業員数     (人)

             セグメントの名称
    医薬品事業                                                  4,647

                合計                                      4,647

     (注)   1.従業員数は就業人員を記載しています。
       2.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでいます。
     (3)  労働組合の状況

       当社及び国内連結子会社の従業員は、アステラス労働組合を構成し、上部団体として医薬化粧品産業労働組合連
      合会に加盟しています。2021年3月31日現在における組合員数は3,512名です。また、労使は健全な関係を構築して
      います。
                                  7/173











                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中において将来について記載した事項は、提出日現在において判断したものです。
     (1)  経営理念
       当社の経営理念は、「存在意義」「使命」「信条」の3つのパートから構成されています。この経営理念は、有
      用性と信頼性の高い医薬品で世界の人々の健康に貢献し、企業価値を持続的に向上させることを目指していく当社
      の姿勢を表現しています。
      アステラスの存在意義:先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する

       ・生命科学の未知なる可能性を、誰よりも深く究めたい。
       ・新しい挑戦を続け、最先端の医薬品を生み出したい。
       ・高い品質を確かな情報と共に届け、揺るぎない信頼を築きたい。
       ・世界の人々の健やかな生活に応えていくために。
       ・世界で輝き続ける私たちであるために。
      アステラスの使命:企業価値の持続的向上

       ・アステラスは、企業価値の持続的向上を使命とします。
       ・アステラスは、企業価値向上のため、お客様、株主、社員、環境・社会など、すべてのステークホルダーから
        選ばれ、信頼されることを目指します。
      アステラスの信条

        アステラスの「信条」は、私たちが常に大事にする行動規範です。
        アステラスは、これらの信条に共鳴し実践する人々の集団であり続けます。
         高い倫理観:       常に、高い倫理観をもって、経営活動に取り組みます。

         顧客志向:       常に、お客様のニーズを把握し、お客様の満足に向かって行動します。
         創造性発揮:       常に、現状を是とせず、未来志向で自己革新に挑戦し、新しい価値を創造します。
         競争の視点:       常に、視野広く外に目を向け、より優れた価値を、より早く生み出し続けます。
        アステラスは、信条に則した行動を通じて、ステークホルダーの皆様への責任を適切に果たし続けるととも

        に、積極的な情報開示を行います。
     (2)  対処すべき課題

       製薬産業を取り巻く事業環境は、時代とともに大きく変化しています。新薬開発の難易度の上昇、医療費抑制政
      策等マイナスの影響がある一方で、イノベーションを評価する制度の拡充や、科学技術の進歩に伴い、創薬に活用
      できる治療手段が増加するなどプラスの動きもあります。また、デジタル技術や工学技術の進歩は、異業種との融
      合を促し、患者さんに新しい医療ソリューションの提供を可能にします。
       当社は、世界中の人々がより健康でより良い生活を送ることができるよう、「先端・信頼の医薬で、世界の人々
      の健康に貢献する」という経営理念のもと取り組みを続けています。そして、革新的な治療法を常に探究し続ける
      組織作りを進め、アンメットメディカルニーズが依然として高い領域において「価値」をもたらすよう取り組んで
      います。
                                  8/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      ① 持続的な成長に向けた取り組み
        当社は、「変化する医療の最先端に立ち、科学の進歩を患者さんの価値に変える」ことをVISIONに掲げ、最先
       端の科学を追求し、患者さんに「価値」をもたらす医療ソリューションの創出を継続的に目指しています。
        このVISION実現に向けて、2021年度からの5年間を対象とする「経営計画2021」を新たに策定しました。「経
       営計画2021」では、これまでの基本戦略を引き継ぎつつ進化・発展させた、患者さんの「価値」を最大化する戦
       略目標を設定しています。また、組織健全性目標のもと、イノベーションの促進、人材の活躍、コラボレーショ
       ンの浸透が相まった企業文化を醸成し、戦略の実行力を高めていきます。これによって意欲的な成果目標の達成
       を目指します。
        「経営計画2021」の4つの戦略目標は以下のとおりです。
      1)  患者さんのより良いアウトカムの実現

        中長期的な成長を牽引するXTANDI及び重点戦略製品について、計画しているスケジュールから遅滞のない承認
       申請やグローバル展開までの期間短縮、洗練された発売計画を実行していくことなどによって、「価値」最大化
       を図ります。
      2)  科学の進歩を確かな「価値」へ

        研究開発戦略上のPrimary            Focusに優先的に経営資源を投下し、パイプライン価値を高めます。バイオ医薬品に
       おける最先端のイノベーションを効果的に探索し、革新的な医薬品を創出するためのFocus                                           Areaアプローチの実
       行を新たな次元へ進めます。
      3)  Rx+ビジネスの進展

        Rx+ビジネスは、「経営計画2021」において事業創成に向けた取り組みが実を結ぶステージに入ります。科学の
       進歩を患者さんの「価値」に変えることを引き続き追求します。糖尿病を対象としたデジタルセラピューティク
       スであるBlueStarの日本展開や、腹部及び骨盤内手術時に尿管を可視化する蛍光造影剤であるASP5354の上市な
       ど、本経営計画期間中に複数のプロジェクトで事業化を予定しています。
      4)  持続可能性(サステナビリティ)向上の取り組みを強化

        当社は患者さんに貢献するコアビジネスにおいて、社会に「価値」を提供し続けています。さらに、今後はサ
       ステナビリティ向上への取り組みの重要性を認識し、社会及び当社の持続可能性向上に努めます。特に、「保健
       医療へのアクセス向上」と「環境(気候変動対策)」を重点テーマとし、ステークホルダーからの信頼獲得を目
       指します。
      ② 株主還元方針

        当社は、企業価値の持続的向上に努めるとともに、株主還元にも積極的に取り組んでいます。成長を実現する
       ための事業投資を優先しながら、配当については、連結ベースでの中長期的な利益成長に基づき、安定的かつ持
       続的な向上に努めます。           「経営計画2021」の期間中は堅調な利益成長予想に基づき、より高い水準の配当を目指
       します。
        また、自己株式の取得を必要に応じて機動的に実施し、資本効率の改善と1株当たり利益の向上を図ります。
      ③ 新型コロナウイルス感染症拡大に対する取り組み

        当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、製薬会社の使命として患者さんの安全性の確保及び医療現
       場の負担軽減に寄与するべく様々な取り組みを行っています。これまでに、医薬品の安定供給、治療薬等の研究
       開発への貢献、感染が拡大する地域への救援等の取り組みを実施しています。
        今後も各方面からの情報収集を迅速に行い、日々変化する状況を正確に把握し、各国の関係機関とも連携しな
       がら必要な対応を速やかに実施していきます。
                                  9/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      1)  事業の継続と医薬品の安定供給の維持について
       ・国や地域の状況に応じ、出社と在宅での勤務を組み合わせて、社員の安全確保及び感染拡大防止に努めていま
        す。
       ・社員の安全を最優先としながらも、当社の社会的使命である、医薬品の安定供給・品質管理・安全管理・情報
        提供につきましては、必要な活動を継続しています。
       ・営業活動に関しては、日本及び米国、欧州、アジアをはじめとする全ての地域において、感染拡大防止策をと
        りながら、適切な情報の提供及び収集を各医療機関のルールに従って実施しています。
       ・製品の供給に関しては、事業の継続と製品の安定供給を考慮した上で、原料や資材の調達元や製造委託先と緊
        密に連携することで、原料や資材の調達や完成品出荷への新型コロナウイルス感染症によるリスクを管理して
        います。
      2)  患者さんの安全確保と医療現場への負担軽減に向けて

        患者さんの安全を確保すること、そして医療現場への負担を軽減するために、以下のとおり、介入臨床試験の
       実施に関する対応を取っています。
       ・新型コロナウイルス感染者の増加が収まらない国・地域において、治験実施施設における新たな介入臨床試験
        立ち上げのための活動を一時中止していましたが、試験ごとにベネフィット/リスクを評価した上で、全ての
        国で臨床試験を再開しています。
       ・各国の薬事規制当局が発行したガイダンスに沿って、臨床試験実施計画書を評価し、患者さんの安全を確保し
        つつ、医療制度への負担を軽減するための対応を行っています。
       ・試験によっては、患者さんの安全を最優先するために、臨床試験実施計画書に定められた時期に患者さんが来
        院できない場合には、電話等による遠隔での安全性確認、治験実施施設以外の近隣施設での必要な検査の実施
        や患者さん宅への治験薬の送付等の取り組みも実施しています。
       ・いまだ続いている感染拡大に伴う変化に応じて、臨床試験実施計画書の改訂等で柔軟に対応できる仕組みを構
        築しています。
       ・当社が実施する全ての介入臨床試験について、常に状況を注視しながら対応を評価・検討していきます。
       ・引き続き、患者さんの安全性確保を第一に考え、臨床開発プログラムにおけるコンプライアンスの徹底及び
        データインテグリティ(データ完全性)の維持に注力します。
      3)  治療薬等の研究開発への貢献について

       ・政府の要請に応じた医薬品の提供等に対し、関係機関と連携しながら適切な対応を速やかに実施しています。
       ・厚生労働省・国立感染症研究所における「新型コロナウイルス感染症の治療に用いる医薬品の基礎的なスク
        リーニング計画」に応じた化合物の提供を行っています。
       ・欧州製薬団体連合会・画期的新薬イニシアチブによる「新型ウイルス治療薬の開発を目指した活動」への協力
        呼びかけにも対応しています。
       ・当社のグループ会社であるアステラス                   ファーマ     ヨーロッパ      Ltd.は、欧州で最大規模の、新型コロナウイルス
        感染症に関する課題解決に向けた官民パートナーシップである「CAREコンソーシアム」に参画しています。
        CAREコンソーシアムは、画期的新薬イニシアチブからの資金提供のもと、新型コロナウイルス感染症治療薬の
        開発をより一層加速させることを目指しています。
       ・米国では、非営利団体であるTransCelerate                      BioPharma     Inc.の会員活動の一環として、タスクフォースに参加
        し、他の製薬企業20社とともに、感染拡大下において、患者さんの安全とデータ完全性の維持を図りつつ、い
        かに臨床試験を継続していくかという点について、ベストプラクティスを共有しています。
       ・当社が保有する技術や開発・販売中の薬剤を新型コロナウイルス感染症の治療等に用いる様々な提案を社内外
        から受けており、迅速に評価・検討を行っています。
       ・各国政府からの要請に基づく研究段階の化合物の提供要請に対応しています。当社では、安全性を第一に考
        え、同時に一刻も早くあらゆる可能性を探るため、治療薬等の研究開発に引き続き貢献していきます。
                                 10/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      4)  各国・地域における救援活動について
       ・日本においては、新型コロナウイルス感染症関連研究への助成を目的として、公益財団法人アステラス病態代
        謝研究会に500万円の寄附を行いました。これは、同財団が募集する2020年度研究助成プログラムの中から新型
        コロナウイルス感染症関連の研究に活用されました。また、同財団では、研究者の海外留学を支援しており、
        その中で、新型コロナウイルス感染症によって経済的影響を受けた研究者に対し、同財団から資金援助が行わ
        れました。
       ・米国においては、当社のグループ会社であるアステラス                            ファーマ     US,  Inc.及びアステラス・グローバルヘル
        ス財団が、それぞれ個別に、患者さん、医療従事者、緊急対応員への支援となる財源・物資を緊急に提供する
        ための総額270万米ドル以上の資金援助を実施しています。
          米国全土レベルでは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けるコミュニティへの人道的支援を展開
         する組織・団体への援助を実施しています。具体的には、アメリケアズ、アメリカ赤十字社、ダイレクトリ
         リーフが行う緊急的措置への企業としての寄付・寄贈が含まれます。さらに、社内慈善寄附プロセスに則
         り、当社の注力領域に関連する非営利のヘルスケア団体に対し、新型コロナウイルス感染症対策支援のため
         の提案依頼書を発信し、パンデミック中の患者とケアパートナー支援のため、注力分野に沿った5つの非営
         利団体に資金援助を実施しました。また、各種機器・器具や個人防護具の寄贈、アメリカ疾病管理予防セン
         ターのガイダンスに沿った献血、社員による社会貢献やボランティア活動等も推進中です。さらに、アステ
         ラス   ファーマ     US,  Inc.があるイリノイ州で、州知事による新型コロナウイルス感染症対策基金、及び
         Illinois     Biotechnology       Innovation      Organizationによる個人防護具の新型コロナウイルス感染症救援基金
         において、それぞれ共同設立者を務めるなど、様々な州内の組織・団体と連携しています。
          アステラス・グローバルヘルス財団は、特に脆弱で医療へのアクセスが困難な地域において、新型コロナ
         ウイルス感染症の拡大と影響長期化を防ごうと奮闘している人道支援組織の差し迫ったニーズの支援に、総
         額200万米ドルの資金援助を実施しました。この資金援助は、医療インフラの整備及び新型コロナウイルス感
         染症に関する教育・訓練活動にあてられ、ケニアやドミニカ共和国、南スーダン、コンゴ民主共和国、ガー
         ナ、エチオピア、ナイジェリアに住む725,000人以上の生活の改善につながります。
       ・米国における、患者さんによる当社薬剤へのアクセスを確保し、保険償還をサポートするための取り組みを通
        じ、新型コロナウイルス感染症の影響で失業及び保険に加入できなくなってしまった患者さんがより迅速にサ
        ポートの申請を行い、審査されるようプロセスの変更を行い、カスタマーサービスによるサポート体制を強化
        しています。
       ・イタリアにおいては、当社のグループ会社であるアステラス                             ファーマ     S.p.A.が公的医療機関及びNPOへの必要
        物資補給のために17万4,800ユーロ分の寄付を行いました。
       ・スペインにおいては、当社のグループ会社であるアステラス                              ファーマ     S.A.が医療機関への必要物資補給を目
        的として、同国保健省に20万ユーロ分の寄付を行いました。
       ・政府や非営利団体等からの様々な医療現場の支援活動の要請に対応できるよう、医療資格を有するアステラス
        社員が自らのコミュニティで求められるボランティア活動への参加を希望する場合には、各国の法令及び社内
        規程に準拠した上で最長4週間の有給休暇を付与します。
                                 11/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (3)  目標とする経営指標
      ① 経営計画2018の達成度
       2018年度から3年間の「経営計画2018」において、最終年度である2020年度の計数ガイダンスの達成度は以下の
      とおりです。
       売上収益は計画策定時の想定を下回りましたが、将来成長に向けた先行投資を行った上でも、コア営業利益率は
      目標を達成しました。
       財務指標                     2020年度目標               2020年度実績
       売上収益                     2017年度水準               未達 12,495億円
                                            達成    2,245億円
       研究開発費                     2,000億円以上
       コア営業利益       (注1)                              達成        20.1%
                            コア営業利益率20%以上
       基本的1株当たりコア当期利益               (注2)                      達成     113.03円
                            2017年度を上回る
        (注)   1.当社は、会社の経常的な収益性を示す指標としてコアベースの業績を開示しています。当該コアベー
            スの業績は、フルベースの業績から当社が定める非経常的な項目を調整項目として除外したもので
            す。調整項目には、減損損失、有形固定資産売却損益、リストラクチャリング費用、災害による損
            失、訴訟等による多額の賠償又は和解費用等のほか、会社が除外すべきと判断する項目が含まれま
            す。
          2.基本的1株当たりコア当期利益は、コア当期利益をその期間の自己株式を調整した発行済普通株式の
            加重平均株式数で除して算定しています。
      ② 経営計画2021の成果目標

       「経営計画     2021  」では以下の成果目標を設定しています。
        1)  XTANDI及び重点戦略製品(注1)の売上:1.2兆円以上(2025年度)
        2)Focus     Areaプロジェクトからの売上:5,000億円以上(2030年度)
        3)コア営業利益率(注2):30%以上(2025年度)
       これらの成果目標達成により、足元の利益を大きく改善しつつ、将来の力強い成長をもたらすパイプラインの価

      値を高めることで、2025年度に株式時価総額7兆円以上と評価されるような企業となることを目指します。
        (注)   1.ゾスパタ,       PADCEV,    エベレンゾ,      fezolinetant,       ゾルベツキシマブ,         AT132
          2.当社は、会社の経常的な収益性を示す指標としてコアベースの業績を開示しています。当該コアベー
            スの業績は、フルベースの業績から当社が定める非経常的な項目を調整項目として除外したもので
            す。調整項目には、減損損失、有形固定資産売却損益、リストラクチャリング費用、災害による損
            失、訴訟等による多額の賠償又は和解費用等のほか、会社が除外すべきと判断する項目が含まれま
            す。
                                 12/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
     (1)   事業活動遂行に係るリスクの特定とリスク低減への取り組み
      グローバルに事業を展開する製薬企業には高い水準で各種規制を遵守することが求められており、当社も業績やレ
     ピュテーションに影響を及ぼしうる、多様なリスクに対応する必要があります。当社ではこれまでのリスク管理活動
     のさらなる発展を目指し、2019年度にリスク管理を統括するコーポレートリスクマネジメント部門及び経営管理・コ
     ンプライアンス担当が議長を務めるグローバル・リスク&レジリエンス委員会を新たに設置し、エンタープライズ・
     リスク管理の運用を進めています。
      エンタープライズ・リスク管理では、全社的並びに部門別に識別されたリスクを、一貫した評価によって優先順位
     を付けて分類し、必要に応じて普遍的な解決手段の策定に結び付けます。識別されたリスクはグローバル・リスク&
     レジリエンス委員会で定期的に評価し、優先順位の高いリスクに関しては、代表取締役社長が議長を務めるエグゼク
     ティブ・コミッティでその解決・低減策を協議します。
     (2)  リスク管理体制

      当社のリスク管理体制は以下のとおりです。
      詳細については、         「第4    提出会社の状況        4  コーポレート・ガバナンスの状況等                 (1)   コーポレート・ガバナン
     スの概要     ③ 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況                              2.リスク     (損失の危険)       の管理に関する
     規程その他の体制」をご参照ください。
                                 13/173














                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (3)  最重要リスク
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関連する事項のうち、経営者が、連結会社の財政状態、経
     営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している事項には、主として以下の
     ようなものがあります。
      なお、文中において将来について記載した事項は、当連結会計年度末において判断したものです。
      ①サイバーセキュリティに関するリスク

       近年、サイバー攻撃はこれまで以上に技術が高度化し、攻撃手法も多様化・巧妙化しています。このような状況
      を踏まえ、当社はサイバーセキュリティに関するリスクを最重要リスクの一つと認識し、情報システム部門を中心
      に、ネットワーク及び設備の監視を始めとする各種サイバー攻撃対策をグローバルベースで実施し、その管理には
      万全を期しています。
       しかしながら、これらの対策にもかかわらず、サイバー攻撃やそれに伴う深刻なシステム障害等により実質的に
      ビジネスが中断した場合、または個人を特定できる情報を含む重要データが逸失、破損、社外流出した場合、当社
      グループの経営成績は大きな影響を受ける可能性があります。
      ②サプライチェーンマネジメントに関するリスク

       医薬品事業において、安全で有効な医薬品を確実に製造し安定的に提供することは極めて重要です。当社はサプ
      ライチェーンマネジメントに関するリスクを最重要リスクの一つと認識し、製薬技術部門を中心に、医薬品の製造
      工程における製造管理、品質管理の基準                   (GMP)   及び適正流通の基準          (GDP)   に合致した独自の基準を設定し、製造
      施設・設備のほか、原料の調達から保管、製造、さらに配送まで、一貫した高水準の品質管理を徹底しています。
      また、サプライチェーンの複雑化に対応すべく、グローバルベースでの製造受託機関                                        (CMO)   管理の導入、緊急事態
      の供給に関する事業継続計画              (BCP)   の作成等の対策を進めています。
       しかしながら、これらの対策にもかかわらず、供給中断、欠品、品質問題が発生した場合、また、これらに伴い
      当社のレピュテーションが棄損した場合、当社グループの経営成績は大きな影響を受ける可能性があります。
      ③薬事行政の影響に関するリスク

       医薬品事業は、事業を行っている各国の薬事行政により様々な規制を受けています。当社は米国政府による医薬
      品価格政策の変更を最重要リスクの一つと認識し、動向を注視しています。
       このような先進国を中心とした医療費抑制策、開発、製造及び流通に関わる諸規制の厳格化等によって当社グ
      ループの経営成績は大きな影響を受ける可能性があります。
      これらの当社グループが認識している最重要リスクに加え、研究開発の不確実性、知的財産権を侵害される又は侵

     害するリスク、製品に副作用や安全性の問題が生じるリスク、当社グループのビジネスが他社の開発した医薬品のラ
     イセンス及び販売に一部依存するリスクなど、製薬産業に特有のリスクのほか、競合品との競争、環境・安全衛生に
     関する関係法令違反、事業を行う過程において訴訟を提起されるリスク、災害などによる製造の遅滞や休止、為替
     レートの変動など、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性のあるさまざまなリスクが存在して
     います。なお、       ここに記載されたものが当社グループのすべてのリスクではありません。
                                 14/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー                                        (以下「経営成績等」)           の
      状況の概要は次のとおりです。
      ① 財政状態及び経営成績の状況

       [財政状態]
        第1四半期連結会計期間において、2020年1月に買収したAudentes社の取得資産と引受負債の公正価値を修正
       したことにより前連結会計年度末の連結財政状態計算書を遡及修正しています。その結果、遡及修正前と比較
       し、のれんが増加、無形資産と繰延税金負債が減少しました。なお、当連結会計年度末において、支払対価の配
       分は完了しています。
        当連結会計年度末の連結財政状態計算書の概要及び遡及修正後の前連結会計年度末からの主な変動は以下のと

       おりです。
        総資産は、     2兆2,736億円        (前連結会計年度末比          415億円減     ) となりました。

        非流動資産は、       1兆4,010億円        (同  466億円減     ) となりました。有形固定資産は、               2,646億円      (同  40億円減    ) とな
       りました。のれんは         2,840億円      (同  58億円増    ) 、無形資産は      6,514億円      (同  733億円減     ) となりました。当連結会計
       年度において、抗TIGIT抗体ASP8374/PTZ-201の開発中止に伴う減損損失や遺伝子治療薬AT132の開発計画の見直
       しに伴う減損損失を計上したことなどにより、無形資産が減少しました。
        流動資産は、      8,726億円      (同  51億円増    ) となりました。現金及び現金同等物は                  3,261億円      (同  77億円増    ) となり
       ました。
        資本合計は、      1兆3,861億円        (同  969億円増     ) となり、親会社所有者帰属持分比率は                  61.0%   となりました。       当期

       利益1,206億円       を計上した一方で、剰余金の配当               762億円    を実施しました。
        負債合計は、      8,875億円      (同  1,385億円減      ) となりました。

        非流動負債は      2,951億円      (同  678億円増     ) となりました。その他の金融負債は                 1,990億円      (同  697億円増     ) となり
       ました。第1四半期連結会計期間において、短期借入金から長期借入金へ800億円の借り換えを実施したことによ
       り、増加しました。
        流動負債は     5,924億円      (同  2,063億円減      ) となりました。当連結会計年度末の社債の残高は1,200億円となりまし
       た。上述の短期借入金の長期借入金への借り換え及び返済などにより、その他の金融負債は                                           1,482億円      (同  1,975
       億円減   ) となりました。
                                 15/173








                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       [経営成績]
       <連結業績      (コアベース)       >
        当連結会計年度の連結業績             (コアベース)       は、下表のとおりです。売上収益、コア営業利益、コア当期利益は
       いずれも減少しました。
    [連結業績     (コアベース)       ]

                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                         増減額
                                      当連結会計年度
                           ( 2020年3月     期)                   (増減率)
                                      ( 2021年3月     期)
                                                      △51,315
    売上収益                           1,300,843           1,249,528
                                                      ( △3.9%    )
                                                      △30,676
    売上原価                            276,739           246,063
                                                      ( △11.1%    )
                                                        5,021
    販売費及び一般管理費                            499,295           504,316
                                                       ( 1.0%   )
                                                         263
    研究開発費                            224,226           224,489
                                                       ( 0.1%   )
                                                        2,598
    無形資産償却費                            21,164           23,763
                                                       ( 12.3%   )
                                                        2,139
    持分法による投資損益                            △1,660             478
                                                         (-)
                                                      △26,383
    コア営業利益                            277,758           251,375
                                                      ( △9.5%    )
                                                      △13,272
    コア当期利益                            223,178           209,906
                                                      ( △5.9%    )
                                                       △5.92
    基本的1株当たりコア当期利益               (円)                         113.03
                                118.95
                                                      ( △5.0%    )
       売上収益

        ・主要製品の前立腺がん治療剤XTANDI/イクスタンジ、急性骨髄性白血病治療剤ゾスパタの売上が引き続き増
         加したことに加え、尿路上皮がん治療剤PADCEVの共同販促収入の伸長が売上収益に貢献しました。
        ・加えて、過活動膀胱           (OAB)   治療剤ベタニス/ミラベトリック/ベットミガの売上が順調に推移したほか、骨
         粗鬆症治療剤イベニティや糖尿病治療剤スーグラとスージャヌ配合錠などの日本の新製品群が伸長しまし
         た。
        ・しかしながら、欧州におけるOAB治療剤ベシケアの独占販売期間満了をはじめ、日本における喘息治療剤シム
         ビコート、KMバイオロジクス株式会社のヒト用ワクチン、高血圧症治療剤ミカルディスファミリー及び消
         炎・鎮痛剤セレコックスの販売契約終了などにより、売上収益が減少しました。さらに、新型コロナウイル
         ス感染症の拡大の影響により、売上がマイナスの影響を受けました。
        以上の結果、      売上収益は、1兆2,495億円              (前連結会計年度比         3.9%減    ) となりました。

                                 16/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       コア営業利益/コア当期利益
        ・ 売上総利益は、1兆35億円             (同  2.0%減    ) となりました。売上原価率は、製品構成の変化等により前連結会計
         年度に比べ     1.6ポイント低下        し、  19.7%   となりました。
        ・販売費及び一般管理費は、              5,043億円      (同  1.0%増    ) となりました。経費の効率的な使用やリソース配分の最
         適化を推進したことに加えて、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い営業活動等を自粛したことなどによ
         る経費の減少がありましたが、XTANDIの米国での売上拡大に伴う共同販促費用の増加、さらには前連結会計
         年度において損失評価引当金の戻入れが一過性の費用減少要因となっていたこともあり、総額として僅かに
         増加しました。
        ・研究開発費は、        2,245億円      (同  0.1%増    ) となりました。新型コロナウイルス感染症の拡大が一部の臨床試験
         の実施に影響したことによる開発費用の減少がありましたが、重点後期開発品である選択的ニューロキニン
         3受容体拮抗薬fezolinetantの開発費用の増加やAudentes社の研究開発費が加わったことにより、総額とし
         て前連結会計年度と同程度となりました。売上収益研究開発費比率は、前連結会計年度に比べ                                           0.7ポイント増
         加 し、  18.0%   となりました。
        ・無形資産償却費は、          238億円     (同  12.3%増    ) となりました。
        以上の結果、      コア営業利益は2,514億円             (同  9.5%減    ) 、 コア当期利益は2,099億円             (同  5.9%減    ) となりまし

       た。
       <連結業績      (フルベース)       >

        当連結会計年度の連結業績             (フルベース)       は、下表のとおりです。売上収益、営業利益、税引前利益、当期利
       益はいずれも減少しました。
        フルベースの業績には、コアベースの業績で除外される「その他の収益」、「その他の費用」等が含まれま

       す。当連結会計年度における「その他の収益」は                        76億円    (前連結会計年度:          122億円    ) 、「その他の費用」は
       1,230億円      (前連結会計年度:         459億円    ) となりました。
        「その他の費用」として、第2四半期連結会計期間において、抗TIGIT抗体ASP8374/PTZ-201の開発中止に伴う
       減損損失を302億円計上したことに加えて、第4四半期連結会計期間においては、X連鎖性ミオチュブラーミオパ
       チー患者を対象とする遺伝子治療薬AT132の開発計画の見直しに伴う減損損失を588億円計上したことなどによ
       り、フルベースの業績はコアベースの業績と比較して減益幅が大きくなりました。
    [連結業績     (フルベース)       ]

                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                         増減額
                                      当連結会計年度
                           ( 2020年3月     期)                   (増減率)
                                      ( 2021年3月     期)
                                                      △51,315
    売上収益                           1,300,843           1,249,528
                                                      ( △3.9%    )
                                                      △107,940
    営業利益                            243,991           136,051
                                                      ( △44.2%    )
                                                      △100,026
    税引前利益                            245,350           145,324
                                                      ( △40.8%    )
                                                      △74,822
    当期利益                            195,411           120,589
                                                      ( △38.3%    )
                                                       △39.22
    基本的1株当たり当期利益             (円)
                                104.15            64.93
                                                      ( △37.7%    )
                                                       24,807
                                           181,499
    包括利益                            156,692
                                                       ( 15.8%   )
                                 17/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       <主要製品の売上>
                                                     (単位:億円)
                           前連結会計年度
                                      当連結会計年度
                                                    増減率
                           ( 2020年3月     期)
                                      ( 2021年3月     期)
    XTANDI/イクスタンジ                             4,000           4,584           14.6%
    ゾスパタ                              143           238          67.2%

    PADCEV                              18           128         607.3%

    エベレンゾ                               2           11         371.2%

    ベタニス/ミラベトリック/ベットミガ                             1,616           1,636           1.2%

    プログラフ      (注)                                  1,827

                                 1,929                      △5.3%
     (注) プログラフ:アドバグラフ、グラセプター、アスタグラフXLを含む
       ・XTANDI/イクスタンジの            売上は、4,584億円          (前連結会計年度比         14.6%増    ) となりました。日本、米国、エスタ

        ブリッシュドマーケット、グレーターチャイナ及びインターナショナルマーケットの全ての地域で売上が増加
        しました。
       ・ゾスパタの売上は、238億円              (同67.2%増)       となりました。日本、米国及びエスタブリッシュドマーケットで売
        上が増加したことに加え、2020年8月にインターナショナルマーケットで、2020年12月にグレーターチャイナ
        でそれぞれ販売を開始しました。
       ・PADCEVの米国での共同販促収入は大きく伸長し、128億円                            (同607.3%増)       となりました。
       ・2019年11月から日本において販売している腎性貧血治療剤エベレンゾは順調に伸長しました。
       ・ベタニス/ミラベトリック/ベットミガの                     売上は、1,636億円          (同  1.2%増    ) となりました。米国で新型コロナ
        ウイルス感染症の拡大の影響による受診抑制に伴う需要減などにより売上が減少しましたが、日本、エスタブ
        リッシュドマーケット、グレーターチャイナ及びインターナショナルマーケットでは売上が増加しました。
       ・プログラフの       売上は、1,827億円          (同  5.3%減    ) となりました。グレーターチャイナの売上は増加、インターナ
        ショナルマーケットの売上は前連結会計年度と同程度となりました。一方、それ以外の地域の売上は減少しま
        した。
       ・日本では、イベニティをはじめ、スーグラとスージャヌ配合錠などの新製品群の売上が引き続き増加しまし
        た。一方、シムビコート、KMバイオロジクス株式会社のヒト用ワクチン、ミカルディスファミリー及びセレ
        コックスの販売契約終了が主な売上の減少要因となりました。
       ・米国では、主に第1四半期連結会計期間において、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響による受診抑制に
        伴う需要減があったことから、心機能検査補助剤レキスキャンの売上が減少しました。
                                 18/173








                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       <地域別売上収益の状況>
        地域別の売上収益は下表のとおりです。米国は増加した一方、日本、エスタブリッシュドマーケット、グレー
       ターチャイナ及びインターナショナルマーケットは減少しました。
                                                     (単位:億円)

                           前連結会計年度
                                      当連結会計年度
                                                    増減率
                           ( 2020年3月     期)
                                      ( 2021年3月     期)
    日本                             3,454           2,791          △19.2%
    米国                             4,435           4,732           6.7%

    エスタブリッシュドマーケット                             2,961           2,932          △1.0%

    グレーターチャイナ                              604           593         △1.8%

                                            1,111

    インターナショナルマーケット                             1,348                     △17.6%
    (注) エスタブリッシュドマーケット:欧州、カナダ、オーストラリア
        グレーターチャイナ:中国、香港、台湾
        インターナショナルマーケット:ロシア、中南米、中東、アフリカ、東南アジア、南アジア、韓国、輸出売上等
       [セグメント情報]

        当社グループは、医薬品事業の単一セグメントのため、記載を省略しています。
      ② キャッシュ・フローの状況

       <営業活動によるキャッシュ・フロー>
        当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、                           3,068億円      (前連結会計年度比         848億円増     ) となりま
       した。
        ・法人所得税の支払額は179億円               (同301億円減)       となりました。
       <投資活動によるキャッシュ・フロー>

        当連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローは、                           △819億円      (同  3,079億円支出減        ) となりました。
       <財務活動によるキャッシュ・フロー>

        当連結会計年度の財務活動によるキャッシュ・フローは、                           △2,295億円       (前連結会計年度は1,811億円の収入)
       となりました。
        ・長期借入による収入800億円があった一方、社債及び短期借入金残高の減少が2,060億円ありました。また、
         配当金の支払額は        762億円     (前連結会計年度比         26億円増    ) となりました。
        以上の結果、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、                                 3,261億円      (前連結会計年度末比          77億円

       増 ) となりました。
                                 19/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      ③ 生産、受注及び販売の実績
       a.生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、以下のとおりです。
                              当連結会計年度
                            (自    2020年4月1日                前連結会計年度比
          セグメントの名称
                             至   2021年3月31日       )           (%)
                              金額(百万円)
    医薬品事業                                 600,312                  109.7
             合計                        600,312                  109.7

     (注)   1.金額は、販売価格によっています。
       2.上記の金額には、消費税等は含まれていません。
       b.受注実績

         当社グループは見込み生産を行っているため、該当事項はありません。
       c.販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、以下のとおりです。
                              当連結会計年度
                            (自    2020年4月1日                前連結会計年度比
          セグメントの名称
                             至   2021年3月31日       )           (%)
                              金額(百万円)
    医薬品事業                                1,249,528                    96.1
             合計                       1,249,528                    96.1

     (注)   1.主な相手先の販売実績及び総販売実績に対する割合は、以下のとおりです。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
              相手先
                             至   2020年3月31日       )        至   2021年3月31日       )
                          金額(百万円)          割合(%)       金額(百万円)          割合(%)
        McKesson     Group
                             162,361          12.5       193,182          15.5
       2.上記の金額には、消費税等は含まれていません。
                                 20/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。ま
      た、文中において将来について記載した事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。
       なお、新型コロナウイルス感染症の拡大による当連結会計年度における経営成績等への大きな影響はありません
      でした。
      ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

        財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容については、「第2                                       事業の状況      3  経営者によ
       る財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー状況の分析                            (1)  経営成績等の状況の概要            ①財政状態及び経営成
       績の状況」に記載しています。
      ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       [キャッシュ・フロー]
        キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容については、「第2                              事業の状況      3  経営者による財政状態、経営
       成績及びキャッシュ・フロー状況の分析                   (1)  経営成績等の状況の概要            ②キャッシュ・フローの状況」に記載し
       ています。
       [財務政策]

        当社グループは、企業価値の持続的向上に努めるとともに、株主還元にも積極的に取り組んでいます。
        成長を実現するための事業投資を優先しながら、配当については、連結ベースでの中長期的な利益成長に基づ
       き、安定的かつ持続的な向上に努めます。また、自己株式の取得を必要に応じて機動的に実施し、資本効率の改
       善と1株当たり利益の向上を図ります。資金の流動性については、短期社債及び借入金による資金調達を行い、
       当面の運転資金及び設備資金に加え、一定の戦略的投資機会にも備えられる現預金水準を確保しています。
        「第2    事業の状況      2  事業等のリスク」に記載のとおり、当社グループの事業等は医薬品事業に特有の様々な
       リスクを伴っています。事業展開にあたっては、必要資金を円滑にかつ低利で調達できるよう財務基盤の健全性
       の維持に努めます。
      ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループは、IFRSに準拠して連結財務諸表を作成しています。この連結財務諸表の作成にあたり、必要と
       思われる見積りは合理的な基準に基づいて実施しています。詳細については、「第5                                        経理の状況      1  連結財務諸
       表等    連結財務諸表注記         3.重要な会計方針         4.重要な会計上の見積り、判断及び仮定」に記載のとおりです。
                                 21/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)  技術導入契約
     契約会社名         相手先        国名       技術の種類           対価          契約期間

                         アトルバスタチン
                         (リピトール)       に関す    契約一時金        1993年11月~2021年7月まで
                         る技術
           Viatris    Group
    当社                米国
                         セレコキシブ       (セレ
                         コックス)      に関する     契約一時金        2001年3月~2021年7月まで
                         技術
                                             2005年6月~終期の定めなし
                         YM311    (FG-2216)      、
                                             (日本)
                         ロキサデュスタット
                                             2006年4月~後発品のシェア
                         (エベレンゾ)       及びこ
           FibroGen,     Inc.                             が一定率を越えた時点又は特
    当社                米国                契約一時金
                         れらと同様の作用機
                                             許満了日まで       (その後当社が
                         序を有する経口貧血
                                             販売継続オプション権を有す
                         治療剤に関する技術
                                             る)  (欧州等)
                         デガレリクス        (ゴ
                                    契約一時金及び
                                             2006年1月~発売後10年間
           Ferring    Group
    当社                スイス     ナックス)      に関する     一定率のロイヤ
                                             又は特許満了日まで
                                    ルティ
                         技術
                         ガレノキサシン
                                             2006年3月~特許満了日まで
           富士フイルム富
    当社                日本     (ジェニナック)        に関   契約一時金
           山化学株式会社
                                             (その後2年毎自動更新)
                         する技術
           協和キリン株式              抗CD40抗体に関する
    当社                日本                契約一時金        2007年1月~販売終了まで
           会社              技術
                                             2009年10月~販売終了まで
                                             (米国)
                         エンザルタミド
                                    契約一時金及び        2009年10月~特許満了、規制
           Medivation      Inc.
    当社                米国     (XTANDI)     に関する技      一定率のロイヤ        上の独占販売期間の満了及び
                                    ルティ        後発品発売の全事象の発生日
                         術
                                             まで   (その後販売継続可能)
                                             (米国以外)
           Ironwood
                                    契約一時金及び
                         リナクロチド       (リン
    当社       Pharmaceuticals         米国                一定率のロイヤ        2009年11月~販売終了まで
                         ゼス)   に関する技術
           , Inc.                        ルティ
           Basilea
                         isavuconazonium
                                    契約一時金及び
           Pharmaceutica                                  2010年2月~発売後15年間
                         sulfate    (クレセン
    当社                スイス                一定率のロイヤ
           International                                  又は特許満了日まで
                                    ルティ
                         バ)  に関する技術
           Ltd.
                         セルトリズマブ        ペゴ
           UCB  Pharma,S.A.
    当社                ベルギー     ル  (シムジア)      に関   契約一時金        2012年1月~特許満了日まで
                         する技術
                         エボロクマブ        (レ
                         パーサ)、ロモソズマ
                                    一定率のロイヤ        2013年5月~規制上の独占期
                         ブ  (イベニティ)       及
           Amgen   Inc.
    当社                米国                ルティ及び一定        間又は最長特許満了の遅い日
                         びブリナツモマブ
                                    率の費用負担        まで
                         (ビーリンサイト)         に
                         関する技術
                                             2015年8月~特許満了、規制
           Immunomic
                                    契約一時金及び
                                             上の独占販売期間の満了又は
                         LAMP-vax製品に関す
           Therapeutics,
    当社                米国                一定率のロイヤ
                                             発売後10年間のいずれか遅い
                         る技術
                                    ルティ
           Inc.
                                             日まで    (その後販売継続可能)
                                 22/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     契約会社名         相手先        国名       技術の種類           対価          契約期間
                                             2017年2月~特許満了、規制
                                    契約一時金及び
                         肺炎球菌起因疾患ワ                   上の独占販売期間の満了又は
           Affinivax,      Inc.
    当社                米国                一定率のロイヤ
                         クチンに関する技術                   発売後10年間のいずれか遅い
                                    ルティ
                                             日まで
           Frequency
                                             2019年7月~発売後10年間又
                                    契約一時金及び
                                             は特許満了日のいずれか遅い
    当社       Therapeutics,         米国     FX-322に関する技術           一定率のロイヤ
                                             日まで    (その後販売継続可能)
                                    ルティ
           Inc.
                                             2020年3月~特許満了、規制

           CytomX
                                    契約一時金及び
                                             上の独占販売期間の満了又は
                         二重特異性T細胞誘導
    当社       Therapeutics,         米国                一定率のロイヤ
                                             発売後10年間のいずれか遅い
                         抗体に関する技術
                                    ルティ
           Inc.
                                             日まで    (その後販売継続可能)
                                             2012年3月~四半期ベースで
                         フィダキソマイシン                   後発品のシェアが一定率を超
                                    契約一時金及び
           Merck   & Co.,
                                             えるまで     (その後当社が販売
    当社                米国     (ダフクリア)       に関す    一定率のロイヤ
           Inc.
                                    ルティ        継続オプション権を有する)
                         る技術
                                             (日本)
                         アンフォテリシンB
                                             1991年8月~2026年10月まで
    アステラス       Gilead
                                    一定率のロイヤ
                    米国     (アンビソーム)        に関
                                             (その後、別途の合意がなけれ
    US  LLC     Sciences,     Inc.                    ルティ
                                             ば5年間延長)
                         する技術
                                             2000年7月~発売後10年間又
                         レガデノソン       (レキ
                                    契約一時金及び
    アステラス       Gilead    Palo
                                             は特許満了日まで
                    米国     スキャン)      に関する     一定率のロイヤ
    US  LLC     Alto,   Inc.                               (その後当社が販売継続オプ
                                    ルティ
                         技術
                                             ション権を有する)
                                    契約一時金及び
                         抗体-薬物複合体
    アジェンシ
                                             2007年1月~全ての研究・開
           Seagen    Inc.
                    米国                一定率のロイヤ
    ス  Inc.
                         (ADC)   に関する技術                発・販売が終了する日まで
                                    ルティ
                                             2020年1月~販売終了まで
                                             (共同で商業化する製品)
                         多能性幹細胞由来の
    ユニバーサ
                                    契約一時金及び
           Adaptimmune
                         他家T細胞医療製品創
                                             2020年1月~特許満了又は発
    ル  セルズ
                    英国                一定率のロイヤ
                         製・開発に関する技
           Limited                                  売後12年間のいずれか遅い日
                                    ルティ
    Inc.
                         術
                                             まで   (その後販売継続可能)
                                             (それ以外の製品)
     (注)   1.以下の技術導入契約を終了しています。
        ・ゼリア新薬工業株式会社             (日本)    とのアコチアミド         (アコファイド)        に関する技術導入契約
        ・Immunomic      Therapeutics,       Inc.   (米国)    とのスギ花粉症治療ワクチンに関する技術導入契約
        ・Merck    & Co.,   Inc.   (米国)    との欧州等におけるフィダキソマイシン                   (ディフィクリア)         に関する技術導入
         契約
        ・TOLMAR     Inc.   (米国)    とのエリガードに関する技術導入契約
       2.以下の技術導入契約は記載を省略しています。
        ・AstraZeneca       UK  Limited    (英国)    とのクエチアピンフマル酸塩              (セロクエル)       に関する技術導入契約
        ・EAファーマ株式会社           (日本)    とのナテグリニド         (スターシス)       に関する技術導入契約
        ・Arbor    Group   (米国)    とのガバペンチン         エナカルビル       (レグナイト)       に関する技術導入契約
        ・Ilypsa,     Inc.   (米国)    とのビキサロマー         (キックリン)       に関する技術導入契約
        ・Cytokinetics,        Incorporated       (米国)    との骨格筋活性化剤に関する技術導入契約
        ・Ambrx    Inc.   (米国)    との新規抗体-薬物複合体            (ADC)   に関する技術導入契約
       3.アトルバスタチン           (リピトール)       に関する技術導入契約及びセレコキシブ                   (セレコックス)        に関する技術導
         入契約について、相手先の記載をPfizer                   Group   (米国)    からViatris      Group(米国)に変更しています。
       4.Viatris      Group   (米国)    とのアトルバスタチン           (リピトール)       に関する技術導入契約については、2021年7
         月をもって終了する変更契約を締結しています。また、当該契約の変更に伴い、2021年3月に製造権を返還
         しています。
       5.Viatris      Group   (米国)    とのセレコキシブ         (セレコックス)        に関する技術導入契約については、2021年7月
         をもって終了する変更契約を締結しています。また、当該契約の変更に伴い、2020年12月に共同販促を終了
         し、2021年3月に製造権を返還しています。
       6.Seattle      Genetics,     Inc.   (米国)    はSeagen     Inc.へ社名を変更しています。
                                 23/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (2)  技術導出契約

     契約会社名         相手先        国名       技術の種類           対価          契約期間

    アステラス
                                             2005年4月~2019年6月まで
    ファーマ
                                    なし        (その後最長2023年12月まで1
    ヨーロッパ
                                             年毎自動更新)       (欧州等)
    Ltd.
           Boehringer
                                             2006年4月~発売後10年間又
                                    一定率のロイヤ
                         塩酸タムスロシン
           Ingelheim
                                             は特許満了日まで         (カナダ等)
                                    ルティ
                    ドイツ     OCAS製剤に関する技
    当社及びア
           International
                         術
    ステラス
                                             2007年3月~発売後10年間又
           GmbH
                                    一定率のロイヤ
    ファーマ
                                             は特許満了日まで         (メキシコ
                                    ルティ
    ヨーロッパ
                                             等)
    Ltd.
                                             2007年5月~発売後10年間又
                                    なし
                                             は特許満了日まで         (南米)
                                    契約一時金及び
                                             2003年5月~2023年12月まで
           Cephalon,     Inc.
                    米国                一定率のロイヤ
                                             (北米)
                                    ルティ
                                    契約一時金及び
           Mundipharma                                  2006年10月~2021年9月まで
                    英国                一定率のロイヤ
           Group                                  (欧州)
                                    ルティ
                                             2007年3月~発売後10年間又
    アステラス
                                    契約一時金及び
                                             は一定の独占性を失った日ま
           シンバイオ製薬
                         ベンダムスチン塩酸
                    日本                一定率のロイヤ
    ドイッチラ
                                             で  (中国、韓国、台湾及びシ
           株式会社
                         塩に関する技術
                                    ルティ
    ンド   GmbH
                                             ンガポール)
                                             2010年7月~発売後10年間
                                             (その後Cilag       GmbH
                                    契約一時金及び
           Cilag   GmbH
                                             Internationalに5年間の契約
                    スイス                一定率のロイヤ
           International                                  更新オプション有り)
                                    ルティ
                                             (南米及び上述以外のアジア各
                                             国)
    OSI  ファー
                                             2001年1月~各国毎に特許満
                                    契約一時金及び
           F.  Hoffmann-
    マ  シ  ュ  ー                エルロチニブに関す
                                             了日まで     (特許のない国では
                    スイス                一定率のロイヤ
    ティカルズ       La  Roche   Ltd          る技術
                                    ルティ
                                             発売後10年間経過日まで)
    LLC
     (注)   1.以下の技術導出契約の契約期間を変更しています。
        ・Mundipharma       Group   (英国)    とのベンダムスチン塩酸塩に関する技術導出契約
       2.以下の技術導出契約を終了しています。
        ・シンバイオ製薬株式会社             (日本)    との日本におけるベンダムスチン塩酸塩に関する技術導出契約
                                 24/173








                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (3)  取引契約
     契約会社名         相手先        国名           契約内容                 契約期間

                                             2021年3月まで        (その後2年
           トーアエイヨー
    当社                日本     同社の医薬品の販売契約
           株式会社
                                             毎自動更新)
           サノフィ株式会
    当社                日本     同社の「マイスリー」の販売契約                   2008年1月~販売する限り
           社
           株式会社三和化              同社の「アーガメイト」の販売及び共同
    当社                日本                         2012年3月~2022年3月まで
           学研究所              販促契約
                         当社及び同社の「スーグラ」の日本国内
                                             2013年7月~特許満了日まで
                         事業提携契約
    当社       寿製薬株式会社         日本
                         「スージャヌ配合錠」の日本国内事業提                   2017年9月~配合剤又は原薬
                         携契約                   の最長特許満了日まで
           MSD
                         当社及び同社の「スージャヌ配合錠」の
                                             2015年9月~配合剤又は原薬
    当社       International         スイス     日本における共同開発及び共同商業化に
                                             の最長特許満了日まで
                         関する基本契約
           GmbH
                         当社及びMSD        International       GmbHの
                                             2017年11月~配合剤又は原薬
    当社       MSD株式会社         日本
                         「スージャヌ配合錠」の日本における共
                                             の最長特許満了日まで
                         同販促契約
     (注)   1.以下の取引契約の契約期間を変更しています。
        ・株式会社三和化学研究所             (日本)    との「アーガメイト」の販売及び共同販促契約
       2.以下の取引契約を終了しています。
        ・Genentech,       Inc.(米国)との「タルセバ」の共同開発及び共同事業化契約
       3.以下の取引契約は記載を省略しています。
        ・東レ株式会社        (日本)    との「ドルナー」の販売契約
        ・株式会社三和化学研究所             (日本)    との「キックリン」の共同販促契約
       4.トーアエイヨー株式会社              (日本)    との医薬品の販売提携契約については、提出日現在において契約期間を
         2022年3月までに変更しています。
     (4)  その他の提携契約

     契約会社名         相手先        国名                   契約内容

                    デンマー     グローバル皮膚科事業を同社へ譲渡する契約に基づき、当社は同事業の
           LEO  Pharma    A/S
    当社
                    ク     移管が完了するまで対象製品の供給を継続
     (5)  その他

      ・Nanna    Therapeutics       Limited    (英国)    買収に関する契約
        当連結会計年度において、当社の子会社であるアステラス                            ファーマ     ヨーロッパ      Ltd.は、バイオテクノロ
       ジー企業であるNanna           Therapeutics       Limitedとの間で、同社を買収する契約を締結しました。この契約に基づ
       き、英国時間2020年4月18日に同社の買収が完了し、同社を当社の完全子会社としました。
      ・Iota    Biosciences,       Inc.   (米国)    買収に関する契約

        当連結会計年度において、当社の子会社であるアステラス                            US  ホールディング        Inc.は、スタートアップ企業
       であるIota      Biosciences,       Inc.との間で、同社を買収する契約を締結しました。この契約に基づき、米国西海岸
       時間2020年10月29日に同社の買収が完了し、同社を当社の完全子会社としました。
                                 25/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      ・アステラス       ファーマ     テック株式会社との合併
        当社は、2022年4月1日            (予定)    を効力発生日として、当社を吸収合併存続会社、当社の子会社であるアステ
       ラス   ファーマ     テック株式会社を吸収合併消滅会社とする吸収合併を行うことを決定しました。
      ① 吸収合併の目的

        アステラス      ファーマ     テック株式会社は、当社の医療用医薬品や治験薬などの製造業務を行っています。今
       後、抗体医薬や細胞医療、遺伝子治療などのFocus                        Areaアプローチに基づく新たなモダリティを活用した新薬の
       早期上市、安定供給を実現するためには、早い段階から生産や供給を考慮して研究・開発を進めることが不可欠
       です。今回の吸収合併によって、2つの組織の隔たりがなくなり、製品化までのプロセス開発が加速され、さら
       に生産技術の融合が期待できます。
      ②   吸収合併の要旨

       (a)  吸収合併の日程
        合併決議日      :2020年11月11日
        合併契約締結日    :2021年12月中                   (予定)
        合併期日     (効力発生日)       :2022年4月1日         (予定)
       (b)  吸収合併の方法
        当社を存続会社とし、アステラス                ファーマ     テック株式会社を消滅会社とする吸収合併です。
       (c)  吸収合併に係る割当ての内容
        本合併による株式割当その他の対価の交付は行いません。
      ③ 引継資産・負債の状況             (2021年3月31日現在)           (日本基準)

        資産合計:95,247百万円
        負債合計:13,275百万円
      ④ 吸収合併存続会社となる会社の概要

        商号   :アステラス製薬株式会社
        資本金の額:103,001百万円
        事業の内容:医薬品の製造・販売及び輸出入
                                 26/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
     当社は、当連結会計年度を最終年度とする「経営計画2018」において、「製品価値の最大化とOperational
    Excellenceの更なる追求」「Focus                Areaアプローチによる価値創造」「Rx+プログラムへの挑戦」の3つを戦略目標とし
    て掲げ、中長期にわたる持続的な成長に向けた取り組みを進めてきました。
     当連結会計年度における主な取り組みは以下のとおりです。
    (1)  製品価値の最大化とOperational               Excellenceの更なる追求

     主要製品の前立腺がん治療剤XTANDI/イクスタンジや過活動膀胱(OAB)治療剤ベタニス/ミラベトリック/ベットミ
    ガに加え、「経営計画2018」の期間中に発売された急性骨髄性白血病治療剤ゾスパタや尿路上皮がん治療剤PADCEV、腎
    性貧血治療剤エベレンゾ等、当社の成長をけん引する製品の育成と製品価値の最大化を図りました。
    ・XTANDI/イクスタンジについては、更なるマーケットアクセスの強化と泌尿器科医への一層の浸透に取り組むととも

     に、発売後に蓄積した臨床試験に基づく豊富なデータを活用し、より早期ステージの前立腺がんへの浸透を図りまし
     た。
    ・ベタニス/ミラベトリック/ベットミガについては、継続的な疾患啓発活動による市場拡大を目指すとともに、作用
     機序及び製品特性である有効性と忍容性のバランスを浸透させることにより、第一選択薬としてのポジショニングの
     確立を図りました。
    ・ゾスパタについては、2018年12月に日本と米国で、2019年11月に欧州で発売するなど、順調に発売国が拡大しまし
     た。また、急性骨髄性白血病治療の新たな選択肢として、血液内科専門医/がん専門医への浸透に取り組むととも
     に、製品認知度向上や          FLT3  遺伝子変異検査実施率の向上に取り組むなど、マーケットリーダーとしてのポジショニン
     グの確立を図りました。
    ・PADCEVについては、2019年12月に米国で発売され、尿路上皮がんに対する新たな治療選択肢として、早期の市場浸透
     を図るとともに、承認を取得した適応症の患者層に対する推奨治療オプションとしてのポジショニングの確立を図り
     ました。
    ・エベレンゾについては、             2019年11月に日本で発売し、新たな作用メカニズムの普及を通じた差別化により市場浸透を
     図るとともに、ファーストインクラスの低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素阻害薬としてマーケットシェアの拡大に
     取り組みました。
     これらの製品を含む、中長期にわたる持続的な成長を支える重点後期開発品に優先的に経営資源を振り向け、着実に

    開発を進めました。中国におけるゾスパタの承認取得、日本におけるエベレンゾの追加適応承認取得や、米国における
    PADCEVの適応拡大を目的とした承認申請等、多くの進展がありました。
     各重点後期開発品の開発の主な進捗状況は以下のとおりです。

    ・前立腺がん治療剤XTANDI/イクスタンジ(一般名:エンザルタミド)
     2020年5月 日本において、遠隔転移を有する前立腺がんへの追加適応に関する承認を取得しました。
     2020年6月 欧州において、非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第Ⅲ相PROSPER試験で得られた全生存期
           間のデータを添付文書に追加することに関し、承認申請を行いました。
     2020年10月 米国において、非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第Ⅲ相PROSPER試験で得られた全生存期
           間のデータを添付文書に追加することに関し、承認を取得しました。
     2020年11月 中国において、非転移性去勢抵抗性前立腺がんへの追加適応に関する承認を取得しました。
     2021年3月 欧州において、転移性ホルモン感受性前立腺がんへの追加適応に関する販売承認勧告が採択されまし
           た。
                                 27/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    ・急性骨髄性白血病治療剤ゾスパタ(一般名:ギルテリチニブフマル酸塩)
     2020年12月 未治療の          FLT3  遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病患者を対象とした第Ⅲ相LACEWING試験において、主要評
           価項目(全生存期間の延長)が達成されず、当該試験への患者登録を中止しました。
     2021年1月 中国において、成人の再発又は難治性の                         FLT3  遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病に関し、条件付き承認を
           取得しました。
     2021年3月 再発又は難治性の              FLT3  遺伝子陽性急性骨髄性白血病患者を対象とした第Ⅲ相COMMODORE試験の中間解析に
           おいて、主要評価項目(全生存期間)を達成したことを公表しました。
    ・尿路上皮がん治療剤           PADCEV(一般名:エンホルツマブ                ベドチン)

     2020年9月 白金製剤を含む化学療法及び抗PD-1抗体薬又は抗PD-L1抗体薬による治療歴のある局所進行性又は転移性
           尿路上皮がん患者を対象とした第Ⅲ相EV-301試験に関し、化学療法と比較して主要評価項目である全生
           存期間が統計学的に有意な延長を示したことを発表しました。
     2020年10月 抗PD-1抗体薬又は抗PD-L1抗体薬による治療歴があり、白金製剤による化学療法未治療かつシスプラチン
           不適応の局所進行性又は転移性尿路上皮がん患者を対象とした第Ⅱ相EV-201試験コホート2に関し、良
           好な結果が得られたことを発表しました。
     2021年2月 米国において、白金製剤を含む化学療法及び抗PD-1抗体薬又は抗PD-L1抗体薬による治療歴のある局所進
           行性又は転移性尿路上皮がん患者を対象として、第Ⅲ相EV-301試験の結果に基づき、生物学的製剤一部
           変更承認を申請しました。
     2021年2月 米国において、抗PD-1抗体薬又は抗PD-L1抗体薬による治療歴があり、シスプラチン不適応の局所進行性
           又は転移性尿路上皮がん患者を対象として、第Ⅱ相EV-201試験コホート2の結果に基づき、生物学的製
           剤一部変更承認を申請しました。
     2021年3月 日本において、治療歴のある局所進行性又は転移性尿路上皮がんの治療薬として、製造販売承認を申請
           しました。
     2021年3月 欧州において、白金製剤を含む化学療法及び抗PD-1抗体薬又は抗PD-L1抗体薬による治療歴がある、局所
           進行性又は転移性尿路上皮がん患者を対象とした承認申請が、迅速審査の指定を受けました。
    ・腎性貧血治療剤エベレンゾ(一般名:ロキサデュスタット)

     2020年4月 欧州において、成人の慢性腎臓病に伴う貧血に関する承認申請を行いました。
     2020年11月 日本において、透析導入前(保存期)の慢性腎臓病に伴う貧血の追加適応に関する承認を取得しまし
           た。
    ・選択的ニューロキニン3受容体拮抗薬fezolinetant(一般名)

     2021年2月 閉経に伴う中等度から重度の血管運動神経症状患者を対象とした2つの国際共同第Ⅲ相試験(SKYLIGHT
           1及びSKYLIGHT       2)において、プラセボ投与群と比較して、統計学的に有意な血管運動神経症状の頻度及
           び重症度の改善を示し、全ての主要評価項目を達成したことを公表しました。
    ・抗Claudin18.2モノクローナル抗体ゾルベツキシマブ(一般名)

           胃腺がん及び食道胃接合部腺がんを対象とした第Ⅲ相試験並びに膵臓腺がんを対象とした第Ⅱ相試験が
           進行中です。
                                 28/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     その他、以下の承認取得及び承認申請がありました。

     2020年5月 過活動膀胱治療剤ベシケア(一般名:コハク酸ソリフェナシン)に関し、2歳以上の小児における神経
           因性膀胱を追加適応症として、米国において承認を取得しました。
     2020年12月 免疫抑制剤プログラフ(一般名:タクロリムス)に関し、肺移植における拒絶反応の抑制を追加適応症
           として、米国において承認申請を行いました。
     2021年3月 過活動膀胱治療剤ミラベトリック(一般名:ミラベグロン)に関し、新剤型である懸濁液用顆粒(経口
           徐放性製剤)と既存の錠剤(徐放性製剤)について、3歳以上の小児における神経因性排尿筋過活動の
           追加適応症に関し、米国において承認を取得しました。
     また、当連結会計年度において、以下の販売移管等がありました。

     2020年10月 精神神経用剤/消化性潰瘍用剤ドグマチール(一般名:スルピリド)に関し、日本において、日医工株
           式会社への製造販売承認の承継及び販売移管をしました。
     2020年12月 非ステロイド性消炎・鎮痛剤セレコックス(一般名:セレコキシブ)に関し、日本において、ヴィアト
           リス製薬株式会社と共同で行っていた販促活動を終了しました。また、2021年7月31日をもってセレ
           コックスに係る製造販売承認を当社から同社に承継し、販売を移管する予定です。
     2021年3月 機能性ディスペプシア治療剤アコファイド(一般名:アコチアミド塩酸塩水和物)に関し、日本におい
           てゼリア新薬工業株式会社と行っていた共同販促活動を終了し、当社が行っていた流通・販売を同社に
           移管しました。
     Operational      Excellenceの更なる追求の取り組みでは、多面的な視点から全ての活動を見直し、ビジネス基盤の強化

    を図りました。当連結会計年度における主な取り組みは以下のとおりです。
     2020年11月 当社の完全子会社であるアステラス                       ファーマ     テック株式会社及びアステラスグリーンサプライ株式会
           社を当社が吸収合併することを決定しました(合併期日:2022年4月1日(予定))。
     2020年11月 クロストリジウム・ディフィシル感染症治療剤ディフィクリア錠(一般名:フィダキソマイシン)に関
           し、欧州、中東、アフリカ及び独立国家共同体の一部地域において、製造販売承認をTillotts                                            Pharma社
           (スイス)に承継する資産譲渡契約を締結し、対象国・地域における承継を進めています。
     2021年1月 国内4カ所目の物流拠点となる九州物流センターを、福岡県北九州市に稼働させました。
     2021年1月 当社の生産子会社であるアステラス                       ファーマ     テック株式会社の焼津技術センター内に、無菌製剤の製
           造ラインを新設することを決定し、着工しました。
     2021年1月 当社子会社のアステラス                  ファーマ     ヨーロッパ      Ltd.が販売していた進行性前立腺がん治療剤エリガード
           (一般名:リュープロレリン酢酸塩)について、欧州や中東、独立国家共同体、アジア等におけるライ
           センスをTolmar        International社(アイルランド)に返還しました。また、同社から新たにライセンス
           を受けてエリガードを販売するRecordati                    Industria     Chimica    e Farmaceutica社(イタリア)との間
           で、製造販売承認の承継及び販売移管に関する契約を締結し、対象国・地域における承継及び移管を進
           めています。
                                 29/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    (2)  Focus   Areaアプローチによる価値創造
     当社は、Focus       Areaアプローチによる価値創造の取り組みとして、3つの構成要素「①病態関連性が高いバイオロ
    ジー」「②汎用性のあるモダリティ/テクノロジー」「③これらバイオロジー、モダリティ/テクノロジーの2つの要
    素により解決が期待されるアンメットメディカルニーズの高い疾患」の組合せの集合をFocus                                            Areaとして定義し、この
    Focus   Areaに独自の専門性とプラットフォームを構築することで、革新的製品の継続的な創出を目指しています。複数
    の新薬候補が生み出され、リード化合物が臨床段階まで進んだ時に、Primary                                    Focusという、最優先に経営資源を投下す
    る領域として認定しています。
     2021年3月現在、Primary            Focusとして「再生と視力の維持・回復」「ミトコンドリアバイオロジー」「遺伝子治療」
    「がん免疫」の4つを認定するとともに、新たに「がん原遺伝子変異」「免疫ホメオスタシス」の2つをPrimary                                                    Focus
    候補として認定しています。
     「遺伝子治療」においてはオーデンテス                   セラピューティクス          Inc.が、「がん免疫」においてはザイフォス                     バイオサ
    イエンシズ      Inc.が、それぞれ中核拠点としてPrimary                    Focusのさらなる前進に向けて取り組んできました。さらに、
    2021年4月には、オーデンテス部門の再編を行い、遺伝子治療の領域に特化した研究・製造部門、開発部門、コマー
    シャル部門(Astellas           Gene   Therapiesと総称する)を設置しました。
     また、各Primary         Focusの進捗に加え、もともと独立していたPrimary                        Focus同士が有機的につながり始めています。
    各Primary     Focusで研究していたモダリティ/テクノロジーが、他のPrimary                               Focusでも活用されることで、様々なバイ
    オロジーや疾患への展開が進んでいます。
     当連結会計年度における各Primary                Focusの主な進展は以下のとおりです。

    ・遺伝子治療
     2020年12月 米国食品医薬品局の指示により差し止めとなっていたX連鎖性ミオチュブラーミオパチー患者を対象とす
           る遺伝子治療AT132(一般名:resamirigene                     bilparvovec)の第Ⅰ/Ⅱ相試験(ASPIRO試験)に関し、米
           国食品医薬品局から差し止め解除の通知を受領しました。
     2021年3月 2021年4月1日付でオーデンテス部門を再編し、遺伝子治療の中核拠点の役割を担うAstellas                                                    Gene
           Therapiesを設置することを公表しました。
    ・再生と視力の維持・回復

     2020年9月 ピッツバーグ大学(米国)との間で、後眼部疾患の一つである萎縮型加齢黄斑変性の治療に対する開発
           候補品創出を目的として、アデノ随伴ウイルス(AAV)を用いた遺伝子治療に関する共同研究を開始した
           ことを公表しました。
    ・がん免疫

     2020年12月 KaliVir          Immunotherapeutics社(米国)と、静脈内投与が可能な腫瘍溶解性ウイルス「VET2-L2」及び2
           番目となる後続の開発候補品の共同研究開発及び商業化に関する、全世界における独占的ライセンス契
           約を締結しました。
    ・ミトコンドリアバイオロジー

     2020年4月 ミトコンドリア関連疾患を含むアンメットメディカルニーズの高い、加齢に伴う疾患に対する創薬研究
           に注力するバイオベンチャー企業であるNanna                      Therapeutics社(英国)を買収し、同社を当社の完全子
           会社としました。
     2020年10月 選択的PPARδ調節剤ASP0367/MA-0211に関し、原発性ミトコンドリアミオパチー治療薬としての開発につ
           いて、米国においてファストトラック指定を受けました。
                                 30/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    ・その他
     2020年4月 ハーバード大学(米国)と、相互に関心のある革新的治療薬及び技術に関する研究開発に向けた戦略的
           研究提携体制を構築すべく提携したことを公表しました。
     2020年7月 オピオイド使用障害の治療における追加維持療法を適応として開発中のGABA                                          受容体陽性アロステリック
                                              B
           修飾物質ASP8062の2つの第Ⅰ相試験に関し、米国国立薬物乱用研究所から、これらの試験に対する助成
           金を獲得しました。
     2020年9月 国立大学法人東京大学内の、東京大学ライフサイエンス連携研究教育拠点及び東京大学センター・オ
           ブ・イノベーションのそれぞれと、革新的な新薬や医療ソリューションの創出を目指して連携協力して
           行う取り組みに関する協定を締結しました。
     2020年10月 これまでPrimary               Focusに認定してきた「ASIM(抗原特異的免疫調節)バイオロジー」について、プロ
           ジェクトを創出する役割を完了したと判断し、次世代免疫調節技術の研究に移行することを公表しまし
           た。
     2021年3月 学校法人同志社              同志社大学及び公立大学法人和歌山県立医科大学のそれぞれと、AI及び統計学を活用し
           た、医薬品開発の意思決定最適化及び患者さん個別の治療効果推定に関する共同研究について、共同研
           究契約を締結しました。
    (3)  Rx+プログラムへの挑戦

     当社は、中長期にわたる持続的な成長を実現していくため、Rx+プログラムに挑戦しています。当社がこれまで医療用
    医薬品(Rx)事業で培ってきた強みをベースに、最先端の医療技術や異分野の先端技術を融合させることで、Patient
    Journey全体において患者さんに貢献し、かつ単独で利益を生み出せる事業をRx+事業と定義しています。Rx+事業創出の
    戦略的方向性を示すRx+            Storyに基づき、「科学的根拠に基づくヘルスケアソリューションによって、心身ともに健康
    に、自分らしく生きることができる社会」の実現を目指し、事業創出活動に鋭意取り組んでいます。
     当連結会計年度における主な取り組みは以下のとおりです。

    ・慢性疾患の重症化予防
     2020年4月 株式会社バンダイナムコエンターテインメントと、ゲーム性を取り入れた科学的根拠のある運動プログ
           ラムの提供を通じて、運動の継続を支援するスマートフォン等向けアプリの共同開発、試験販売等に関
           する契約を締結したことを公表しました。
     2020年9月 神奈川県横浜市、公立大学法人横浜市立大学との産官学連携により開発した、科学的根拠に基づいた2
           型糖尿病患者に対する運動療法のための運動プログラムについて、神奈川県内のフィットネスクラブを
           通じて、地域限定でサービスを開始しました。
    ・身体・運動機能の補完・代替

     2020年10月 バイオエレクトロニクス技術に特化し、画期的な極小体内埋め込み型医療機器に関する技術を有する
           Iota   Biosciences社(米国)を買収し、同社を当社の完全子会社としました。
    ・手術・診断精度向上による患者アウトカム最大化

     2020年10月 腹部及び骨盤内手術時に尿管を可視化する蛍光造影剤ASP5354の開発について、米国食品医薬品局から
           ファストトラック指定を受けました。
     2021年1月 Actinium           Pharmaceuticals社(米国)と、診断と治療を組み合わせるセラノスティクス開発への取り組
           みの一環として、分子標的型放射線治療に関する共同研究を開始したことを公表しました。
     なお、当連結会計年度の研究開発費は                  2,245   億円(前連結会計年度比           0.1%増    )、売上収益研究開発費比率は              18.0%   とな

    りました。
                                 31/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当連結会計年度は、主に、オーデンテス                   セラピューティクス          Inc.   (米国)    における工場の建設に着工したほか、
     国内生産拠点であるアステラス               ファーマ     テック株式会社において新棟の建設と製造ラインの新設に着工しました。
     当連結会計年度の設備投資額は、               33,702   百万円    (使用権資産を除く、有形固定資産ベース)                    となりました。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりです。
     (1)  セグメント内訳
                                                ( 2021年3月31日       現在)
                                  帳簿価額(百万円)
                                                       従業員数
         セグメントの名称
                                        土地
                     建物及び      機械装置     工具、器具
                                                        (人)
                                            使用権資産       合計
                      構築物     及び運搬具      及び備品
                                      (面積千㎡)
                                        16,812
          医薬品事業             111,253      20,794      18,002            67,228     234,089    15,455
                                        (1,407)
                                        16,812
           合計           111,253      20,794      18,002            67,228     234,089    15,455
                                        (1,407)
     (注)   1.帳簿価額には、消費税等を含んでいません                      (以下同じ)。
       2.帳簿価額の「合計」欄には建設仮勘定を含んでいません                            (以下同じ)。
     (2)  提出会社の状況

                                                ( 2021年3月31日       現在)
                                    帳簿価額(百万円)
         事業所名                                              従業員数
                   設備の内容
                                         土地
                         建物及び     機械装置     工具、器具
        (主な所在地)                                                (人)
                                             使用権資産      合計
                         構築物    及び運搬具      及び備品
                                        (面積千㎡)
    焼津製剤研究センター                                      229
                   研究設備       5,124      196     497           49    6,095     153
    (静岡県焼津市)                                      (69)
    高萩合成研究センター                                      213
                   研究設備       7,343      407     379           28    8,371     58
    (茨城県高萩市)                                      (63)
    つくば研究センター                                      8,076
                   研究設備       22,298       36    2,150           178    32,738     602
    (茨城県つくば市)                                      (191)
    つくばバイオ研究センター                                      671
                   研究設備       5,320       49    2,594            24    8,658     194
    (茨城県つくば市)                                      (34)
    本社                                       -
                   その他設備        1,312       0    472         18,152     19,936    1,629
    (東京都中央区)                                      (-)
    営業所                                       -
                   販売設備        586      -     26         13,524     14,136    2,011
    (東京都中央区他)                                      (-)
    物流センター                                       -
                   物流設備         0     -      1         1,930     1,931     -
    (埼玉県久喜市他)                                      (-)
     (注) 上記の設備は全て医薬品事業セグメントに属しています。
                                 32/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (3)  国内子会社の状況
                                                 ( 2021年3月31日       現在)
                                     帳簿価額(百万円)

       子会社事業所名              設備の                                  従業員数
                セグメント
                 の名称
       (主な所在地)              内容                                  (人)
                                          土地
                          建物及び     機械装置     工具、器具
                                             使用権資産      合計
                          構築物    及び運搬具     及び備品
                                        (面積千㎡)
    アステラス     ファーマ    テック
                 医薬品     生産
                                          4,289
                           27,517     12,533     1,891           156    46,386     947
    株式会社
                                           (526)
                 事業    設備
    (東京都中央区)
     (4)  在外子会社の状況

                                                 ( 2021年3月31日       現在)
                                     帳簿価額(百万円)

       子会社事業所名              設備の                                  従業員数
                セグメント
                 の名称
       (主な所在地)              内容                                  (人)
                                          土地
                          建物及び     機械装置     工具、器具
                                             使用権資産      合計
                          構築物    及び運搬具     及び備品
                                        (面積千㎡)
    アステラス     US LLC

                 医薬品    その他
                                          2,140
                           10,865       -     829          174    14,009    1,654
                                           (45)
    (米国   イリノイ州)
                 事業    設備
    アステラス      インスティ

    チュート    フォー   リジェネレ
                 医薬品     研究
                                            -
                           11,776       -    2,727          11,800     26,304     158
    イティブ    メディシン                                   (-)
                 事業    設備
    (米国   マサチューセッツ州)
    オーデンテス      セラピュー
                 医薬品     研究
                                           111
    ティクス    Inc.
                           4,378      840    1,127          3,835     10,291     339
                                           (62)
                 事業    設備
    (米国   カリフォルニア州)
    アステラス     アイルランド

                 医薬品     生産
                                           545
    Co.,Ltd.                       7,962     3,369     1,666           -   13,542     501
                                           (348)
                 事業    設備
    (アイルランド      ダブリン)
    3 【設備の新設、除却等の計画】

      当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修、除却、売却等の計画は以下のとおりです。
                                   投資予定金額               着手及び完了予定

          会社名            セグメント      設備の               資金調達
    区分             所在地
                                  総額    既投資額
         (事業所名)             の名称      内容                方法
                                                  着手     完了
                                 (百万円)     (百万円)
       アステラス     ファーマ
                 富山県
    新設                 医薬品事業      生産設備       10,000      6,832    自己資金     2020年4月     2021年8月
       テック株式会社
                 富山市
       (富山技術センター)
       アステラス     ファーマ

                 静岡県
    新設                 医薬品事業      生産設備       18,000      3,117    自己資金     2021年1月     2022年8月
       テック株式会社
                 焼津市
       (焼津技術センター)
                                 33/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                                        発行可能株式総数         (株)

                種類
               普通株式                                    9,000,000,000

                 計                                   9,000,000,000

      ②  【発行済株式】

                事業年度末          提出日現在

                                  上場金融商品取引所名又は登録
        種類       現在発行数      (株)     発行数    (株)                       内容
                                   認可金融商品取引業協会名
               ( 2021年3月31日       )  (2021年6月18日)
                                      東京証券取引所
       普通株式          1,861,787,075          1,861,787,075                       単元株式数100株
                                      (市場第一部)
        計        1,861,787,075          1,861,787,075              ―            ―
                                 34/173














                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
       旧商法に基づき発行した新株予約権
       (a)  2005年8月発行新株予約権             (2005年8月31日発行)
    決議年月日                   2005年8月24日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役6名及び執行役員26名
    新株予約権の数        (個) ※

                        20
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 10,000         (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2005年9月1日~至 2025年6月24日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格      1
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額     1
    額  (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注)3
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                        ―
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               提出日の前月末現在          (2021年5月31日)
       において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記
       載を省略しています。
     (注)   1.新株予約権1個当たりの目的となる株式の数                       (以下「付与株式数」)           は500株とします。なお、当社が当社
         普通株式の分割または併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとし、調整の結果生じる
         1株未満の端数は、これを切り捨てるものとします。
           調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割または併合の比率
         また、当社が資本の減少、合併または会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない
         事由が生じたときは、資本の減少、合併または会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式数
         を調整します。
       2.新株予約権の行使時の払込金額は、新株予約権を行使することにより交付を受けることができる株式1株当
         たりの金額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とします。
       3.新株予約権の行使の条件
        (1)  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日                                      (以下「権利行使開始
          日」)   以降、10年間に限り、新株予約権を行使することができる。
        (2)  上記   (1)  に拘わらず、新株予約権者は、以下の①または②に定める場合には、それぞれに定める期間内
          に限り新株予約権を行使できる。
         ① 新株予約権者が2024年6月24日に至るまでに権利行使開始日を迎えなかった場合
           2024年6月25日から2025年6月24日まで
         ② 権利行使開始日の前後に拘わらず、当社が消滅会社となる合併契約書、当社が完全子会社となる株式交
           換契約書の議案または株式移転の議案につき当社株主総会で承認された場合
           当該承認日の翌日から15日間
        (3)  各新株予約権の一部行使はできないものとする。
                                 35/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       会社法に基づき発行した新株予約権
       (b)  2007年2月発行新株予約権             (2007年2月13日発行)
    決議年月日                   2007年1月26日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役4名及び執行役員27名
    新株予約権の数        (個) ※

                        17
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 8,500        (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2007年2月14日~至 2026年6月27日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格 1,002.8
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 501.4
    額  (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注)3
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               提出日の前月末現在          (2021年5月31日)
       において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記
       載を省略しています。
     (注)   1.新株予約権1個当たりの目的となる株式の数                       (以下「付与株式数」)           は500株とします。なお、当社が当社
         普通株式につき、株式分割             (当社普通株式の株式無償割当てを含む。)                    または株式併合を行う場合には、付
         与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとします。
           調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
         また、上記のほか、付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で付与株式数を調整します。
       2.   (a)  2005年8月発行新株予約権の              (注)   2に同じです。
       3.新株予約権の行使の条件
        (1)  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日                                      (以下「権利行使開始
          日」)   以降に限り、新株予約権を行使することができる。
        (2)  新株予約権者は、権利行使開始日以降10年間に限り、新株予約権を行使することができる。
        (3)  上記   (1)  及び   (2)  に関わらず、新株予約権者は、以下の①または②に定める場合                             (ただし、②について
          は、組織再編における新株予約権の消滅及び再編対象会社の新株予約権交付の内容に関する決定方針に
          従って新株予約権者に再編対象会社の新株予約権が交付される場合を除く。)                                    には、それぞれに定める期
          間内に限り新株予約権を行使できるものとする。
         ① 新株予約権者が権利行使期間の満了日の1年前の日までに権利行使日を迎えなかった場合
           権利行使期間の満了日の1年前の日の翌日から権利行使期間の満了日までの間
         ② 当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、または当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式
           移転計画承認の議案につき当社株主総会で承認された場合                           (株主総会決議が不要な場合は、当社の取締
           役会決議がなされた場合)
           当該承認日の翌日から15日間
        (4)  各新株予約権の一部行使はできないものとする。
       4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が、合併       (当社が合併により消滅する場合に限る。)                    、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移
         転  (以上を総称して以下「組織再編行為」)                   をする場合において、組織再編行為の効力発生の直前の時点に
         おいて残存する新株予約権             (以下「残存新株予約権」)             の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社                            (以下「再編対象会社」)            の新株予約権を本新
         株予約権の発行要領に準じた条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予
         約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、本新株予約権の発行要領
         に準じた条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割
         契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
                                 36/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (c)  2007年8月発行新株予約権             (2007年8月10日発行)
    決議年月日                   2007年7月26日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役4名及び執行役員26名
    新株予約権の数        (個) ※

                        33
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 16,500         (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2007年8月11日~至 2027年6月26日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  928.8
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 464.4
    額  (円) ※
    新株予約権の行使の条件 ※                    (注)3
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               提出日の前月末現在          (2021年5月31日)
       において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記
       載を省略しています。
     (注)   1~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   1~4に同じです。
       (d)  2008年9月発行新株予約権             (2008年9月16日発行)

    決議年月日                   2008年8月29日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役3名及び執行役員23名
    新株予約権の数        (個) ※            36

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 18,000         (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500(注)2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2008年9月17日~至 2028年6月24日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  797
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 398.5
    額  (円) ※
                         (注)   3
    新株予約権の行使の条件 ※
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)   4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               提出日の前月末現在          (2021年5月31日)
       において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記
       載を省略しています。
     (注)   1~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   1~4に同じです。
                                 37/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (e)  2009年7月発行新株予約権             (2009年7月8日発行)
    決議年月日                   2009年6月23日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役3名及び執行役員25名
    新株予約権の数        (個) ※            87  [75]

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 43,500         [37,500]     (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)   2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2009年7月9日~至 2029年6月23日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  589.4
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 294.7
    額  (円) ※
                         (注)   3
    新株予約権の行使の条件 ※
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)   4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               当事業年度の末日から提出日の前月末現
       在  (2021年5月31日)         にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を                                  [ ] 内に記載し
       ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   1~4に同じです。
       (f)  2010年7月発行新株予約権             (2010年7月8日発行)

    決議年月日                   2010年6月23日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役3名及び執行役員26名
    新株予約権の数        (個) ※            154  [143]

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 77,000         [71,500]     (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)   2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2010年7月9日~至 2030年6月23日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  489
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 244.5
    額  (円) ※
                         (注)   3
    新株予約権の行使の条件 ※
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)   4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               当事業年度の末日から提出日の前月末現
       在  (2021年5月31日)         にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を                                  [ ] 内に記載し
       ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   1~4に同じです。
                                 38/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (g)  2011年7月発行新株予約権             (2011年7月5日発行)
    決議年月日                   2011年6月20日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役3名及び執行役員25名
    新株予約権の数        (個) ※            386  [381]

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 193,000         [190,500]     (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)   2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2011年7月6日~至 2031年6月20日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  536.4
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 268.2
    額  (円) ※
                         (注)   3
    新株予約権の行使の条件 ※
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)   4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               当事業年度の末日から提出日の前月末現
       在  (2021年5月31日)         にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を                                  [ ] 内に記載し
       ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   1~4に同じです。
       (h)  2012年7月発行新株予約権             (2012年7月5日発行)

    決議年月日                   2012年6月20日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役3名及び執行役員25名
    新株予約権の数        (個) ※            511  [486]

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 255,500         [243,000]     (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)   2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2012年7月6日~至 2032年6月20日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  610.6
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 305.3
    額  (円) ※
                         (注)   3
    新株予約権の行使の条件 ※
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)   4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               当事業年度の末日から提出日の前月末現
       在  (2021年5月31日)         にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を                                  [ ] 内に記載し
       ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   1~4に同じです。
                                 39/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (i)  2013年7月発行新株予約権             (2013年7月4日発行)
    決議年月日                   2013年6月19日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役3名及び執行役員24名
    新株予約権の数        (個) ※            392  [384]

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 196,000         [192,000]     (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        500  (注)   2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2013年7月5日~至 2033年6月19日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格 1,011.6
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 505.8
    額  (円) ※
                         (注)   3
    新株予約権の行使の条件 ※
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)   4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               当事業年度の末日から提出日の前月末現
       在  (2021年5月31日)         にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を                                  [ ] 内に記載し
       ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   1~4に同じです。
       (j)  2014年7月発行新株予約権             (2014年7月3日発行)

    決議年月日                   2014年6月18日

    付与対象者の区分及び人数             (名)

                        当社取締役3名及び執行役員20名
    新株予約権の数        (個) ※            1,459   [1,388]

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 145,900         [138,800]     (注)   1
    内容及び数      (株) ※
    新株予約権の行使時の払込金額
                        100  (注)   2
    (円) ※
    新株予約権の行使期間 ※                   自 2014年7月4日~至 2034年6月18日
    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格 1,280
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 640
    額  (円) ※
                         (注)   3
    新株予約権の行使の条件 ※
    新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   取締役会の承認を要す。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                         (注)   4
    交付に関する事項 ※
     ※ 当事業年度の末日           (2021年3月31日)         における内容を記載しています。               当事業年度の末日から提出日の前月末現
       在  (2021年5月31日)         にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を                                  [ ] 内に記載し
       ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個当たりの目的となる株式の数                       (以下「付与株式数」)           は100株とします。なお、当社が当社
         普通株式につき、株式分割             (当社普通株式の株式無償割当てを含む。)                    または株式併合を行う場合には、付
         与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てるものとします。
           調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
         また、上記のほか、付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で付与株式数を調整します。
       2~4については、          (b)  2007年2月発行新株予約権の              (注)   2~4に同じです。
                                 40/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (千株)       (千株)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    2016年6月20日
                  △68,000       2,153,823           ―     103,001          ―     176,822
          (注)
    2017年5月31日
                  △85,000       2,068,823           ―     103,001          ―     176,822
          (注)
    2018年5月31日
                  △89,000       1,979,823           ―     103,001          ―     176,822
          (注)
    2019年5月31日
                  △91,000       1,888,823           ―     103,001          ―     176,822
          (注)
    2020年2月14日
                  △27,036       1,861,787           ―     103,001          ―     176,822
          (注)
     (注)   自己株式の消却による減少です。
     (5)  【所有者別状況】

                                                 2021年3月31日       現在
                        株式の状況      (1単元の株式数        100  株)
                                                      単元未満
           政府及び
      区分                            外国法人等                   株式の状況
                      金融商品     その他の                 個人
           地方公共     金融機関                                 計
                                                       (株)
                      取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
            団体
    株主数
               ―     187      47     617    1,070      143    85,231      87,295        ―
    (人)
    所有株式数
               ―  7,123,525      801,130     581,724    8,489,379       1,074   1,614,511     18,611,343       652,775
    (単元)
    所有株式数
               ―    38.28      4.30     3.13     45.61      0.01     8.67      100      ―
    の割合    (%)
     (注)   1.当社所有の自己株式1,083,757株は、「個人その他」の欄に10,837単元及び「単元未満株式の状況」の欄に
         57株を含めて記載しています。
       2.証券保管振替機構名義株式5,050株は、「その他の法人」の欄に50単元及び「単元未満株式の状況」の欄に
         50株を含めて記載しています。
                                 41/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                                2021年3月31日       現在
                                                  発行済株式      (自己
                                                  株式を除く。)       の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                                  総数に対する所有
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                     (%)
    日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                         238,582          12.82
    株式会社     (信託口)
    株式会社日本カストディ銀行
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号                         128,764          6.92
     (信託口)
    STATE      STREET       BA
                     P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
    NK   AND    TRUST      COM
                     U.S.A.                          71,274          3.83
    PANY     505001
                      (東京都港区港南2丁目15番1号)
     (常任代理人 株式会社みずほ
    銀行決済営業部)
    日本生命保険相互会社
                     東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
     (常任代理人       日本マスタートラ                                   64,486          3.46
                     (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
    スト信託銀行株式会社)
    株式会社日本カストディ銀行
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号                          47,934          2.57
     (信託口7)
    STATE      STREET       BA
                     1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
    NK   WEST     CLIENT       -
                     02171,    U.S.A.                      29,094          1.56
    TREATY       505234
                     (東京都港区港南2丁目15番1号)
     (常任代理人 株式会社みずほ
    銀行決済営業部)
    BNYM     AS   AGT/CLT
                     240  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,   NEW  YORK
    S  NON    TREATY       JAS
                     10286   U.S.A.                       28,863          1.55
    DEC
                      (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
     (常任代理人 株式会社三菱U
    FJ銀行)
    株式会社日本カストディ銀行
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号                          26,589          1.42
     (信託口5)
    GOVERNMENT           OF   N
                     BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107   NO
    ORWAY
                                               26,537          1.42
                      (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     (常任代理人 シティバンク、
    エヌ・エイ東京支店)
    JP   MORGAN       CHASE
                     25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
    BANK     385781
                     E14  5JP,   UNITED    KINGDOM                  23,952          1.28
     (常任代理人 株式会社みずほ
                      (東京都港区港南2丁目15番1号)
    銀行決済営業部)
           計                   ―                686,078          36.87
     (注)   1.所有株式数は、千株未満を、また発行済株式                       (自己株式を除く。)          の総数に対する所有株式数の割合は小数
         第3位以下を、それぞれ切り捨てて表示しています。
       2.上記のほか、当社所有の自己株式1,083千株があります。
                                 42/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       3.当社は、以下のとおり大量保有報告書                    (変更報告書を含む)          が公衆の縦覧に供されていますが、2021年3月
         31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記「大株主の状況」には含めていません。
                                                  発行済株式      (自己
                                                  株式を除く。) の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                                  総数に対する所有
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                     (%)
    ブラックロック・ジャパン株式
                     東京都千代田区丸の内一丁目8番3号                         137,881          7.41
    会社
    株式会社三菱UFJフィナン
                     東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                         106,448          5.72
    シャル・グループ
    野村證券株式会社                東京都中央区日本橋一丁目9番1号                         115,063          6.18
    三井住友トラスト・アセットマ
                     東京都港区芝公園一丁目1番1号                         124,231          6.67
    ネジメント株式会社
                                 43/173
















                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                2021年3月31日       現在
                       株式数    (株)     議決権の数      (個)
           区分                                     内容
    無議決権株式                         ―          ―          ―

    議決権制限株式        (自己株式等)

                             ―          ―          ―
    議決権制限株式        (その他)

                             ―          ―          ―
                     普通株式
    完全議決権株式        (自己株式等)
                                       ―       単元株式数100株
                         1,083,700
                     普通株式
    完全議決権株式        (その他)
                                   18,600,506              同上
                       1,860,050,600
                     普通株式
                                           1単元    (100株)    未満の株式
    単元未満株式                                   ―
                          652,775
    発行済株式総数                   1,861,787,075                ―          ―
    総株主の議決権                         ―      18,600,506              ―

     (注)   1.「完全議決権株式           (自己株式等)       」欄は、全て当社所有の自己株式です。
       2.「完全議決権株式           (その他)     」欄には、役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託の所有する当社株式
         7,673,700株      (議決権の数76,737個)           及び証券保管振替機構名義の株式が5,000株                    (議決権の数50個)         含まれ
         ています。
       3.「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式57株、役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託の所有する当
         社株式248株及び証券保管振替機構名義の株式50株が含まれています。
      ② 【自己株式等】

                                                2021年3月31日       現在
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義       所有株式数
                                                    総数に対する
       所有者の氏名
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                     所有株式数
        又は名称
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合    (%)
                  東京都中央区日本橋本町
    アステラス製薬株式会社                            1,083,700           ―   1,083,700          0.06
                  二丁目5番1号
          計             ―         1,083,700           ―   1,083,700          0.06
     (注) 上記には、役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託の所有する当社株式は含まれていません。
                                 44/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】
       当社は、当社の取        締役   (社外取締役及び監査等委員である取締役を除く。以下「取締役」)                                及び担   当役員    (以下
      併せて「取締役等」)          を対象とした、当社グループの中長期的な企業価値・株主価値の向上を重視した経営を推進
      することを目的とする、企業価値・株主価値との連動性が高く、かつ、透明性・客観性の高い中長期インセンティ
      ブ報酬制度としての業績連動型株式報酬制度及び                       国内外の当社グループ幹部を対象とした、                    業績連動型株式交付制
      度  (以下両制度併せて「本制度」)               を導入しています。
      (1)  制度の概要

        当社の取締役等を対象とした業績連動型株式報酬制度は、役員報酬BIP                                  (Board    Incentive     Plan)   信託   (以下
       「BIP信託」)       と称される仕組みを採用しています。BIP信託とは、米国のパフォーマンス・シェア                                       (Performance
       Share)    制度及び譲渡制限付株式報酬              (Restricted      Stock)    制度を参考にした役員インセンティブプランであり、
       BIP信託が当社株式を取得し、企業価値・株主価値の成長度等に応じて取締役等に当該信託から当社株式の交付等
       を行うものです。
        また、国内外の当社グループ幹部を対象とする業績連動型株式交付制度は、株式付与                                         ESOP   (Employee     Stock
       Ownership     Plan)   信託   (以下「    ESOP  信託」)    と称される仕組みを採用しています。                  ESOP  信託とは、米国の        ESOP  制
       度を参考にした従業員インセンティブプランであり、                         ESOP  信託が当社株式を取得し、企業価値・株主価値の成長
       度等に応じて国内外の当社グループ幹部に当該信託から当社株式の交付等を行うものです。
        本制度において取締役等及び国内外の当社グループ幹部に対して交付される当社株式の数は、当社及び当社グ
       ループ会社の株式交付規程に従って、企業価値・株主価値の成長度等に応じて付与されるポイントにより、1ポ
       イント=1株として定まります。当社株式の交付等とは、                           取締役等及び国内外の当社グループ幹部                   が、付与され
       ているポイントに対応する当社株式の数の半数について本信託                              (下記参照)      から株式の交付を受け           (ただし、単
       元未満株式数については、本信託内で換価した上で、その換価処分金相当額の金銭の給付を受け)                                              、残りの半数
       については本信託内で換価した上で、その換価処分金相当額の金銭の給付を受けることをいいます。
                                 45/173












                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
        ① 当社及び当社グループ会社は、業績連動型株式報酬制度及び業績連動型株式交付制度の変更・継続、本制









          度に基づくインセンティブプランの実施及び内容に関して取締役会等必要な手続を行います。
        ② 当社は金銭を信託し、受益者要件を充足する当社の取締役を受益者とする信託「BIP信託a」、受益者要件
          を充足する当社の担当役員を受益者とする信託「BIP信託b」及び受益者要件を充足する国内外の当社グ
          ループ幹部を受益者とする信託「ESOP信託」                     (以下「BIP信託a」、「BIP信託b」及び「ESOP信託」を併せ
          て「本信託」)       を設定します。なお、国内外の当社グループ会社は各社の対象人数等に応じて信託金相当
          額を拠出します。なお、BIP信託aへ信託する金銭は、第14期定時株主総会で承認を受けた範囲内としま
          す。
        ③ 本信託は、信託管理人の指図に従い、②で拠出された金銭を原資として当社株式を株式市場から取得しま
          す。
        ④ 本信託内の当社株式に対しても、他の当社株式と同様に配当が行われます。
        ⑤ 本信託内の当社株式については、信託期間を通じ、議決権を行使しないものとします。
        ⑥ 信託期間中、受益者は、当社及び                  当社グループ会社        の株式交付規程に従い、当社株式の交付等を受けま
          す。
        ⑦ 信託期間中の企業価値・株主価値の成長度等により、信託期間の満了時に残余株式が生じた場合、信託契
          約の変更及び追加信託を行うことにより、本制度に基づくインセンティブプランとして本信託を継続利用
          するか、または、本信託から当社に当該残余株式を無償譲渡し、当社はこれを無償で取得した上で、取締
          役会決議によりその消却を行う予定です。
        ⑧ 本信託の終了時に、受益者に分配された後の残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用準
          備金の範囲内で当社に帰属する予定です。また、信託費用準備金を超過する部分については、当社及び当
          社役員と利害関係のない団体への寄附を行う予定です。
                                 46/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      (2)  信託契約の内容
       ① 2018年度に実施したインセンティブプラン                      (2018年5月11日        取締役会決議)
                       「BIP信託a」                      「BIP信託b」

               特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託                    (他益信託)

    信託の種類
    信託の目的           当社取締役に対するインセンティブの付与                      当社執行役員に対するインセンティブの付与

    委託者           当社

               三菱UFJ信託銀行株式会社
    受託者
                (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
    受益者           当社取締役のうち受益者要件を充足する者                      当社執行役員のうち受益者要件を充足する者
               当社と利害関係のない第三者              (公認会計士)

    信託管理人
    信託契約日           2018年8月2日

               2018年9月1日~2021年8月末日                (予定)

    信託の期間
    制度開始日           2018年9月1日

    議決権行使           行使しないものとします。

    取得株式の種類           当社普通株式

               304百万円                      576百万円
    信託金の金額
                (信託報酬及び信託費用を含む)                       (同左)
    株式の取得時期           2018年8月6日~2018年8月末日
    株式の取得方法           株式市場から取得

    帰属権利者           当社

               帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用
    残余財産
               準備金の範囲内とします。
                                 47/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ② 2019年度に実施するインセンティブプラン                      (2019年5月10日 取締役会決議)
                       「BIP信託a」                      「BIP信託b」

               特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託                    (他益信託)

    信託の種類
    信託の目的           当社取締役に対するインセンティブの付与                      当社執行役員に対するインセンティブの付与

    委託者           当社

               三菱UFJ信託銀行株式会社
    受託者
                (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
    受益者           当社取締役のうち受益者要件を充足する者                      当社執行役員のうち受益者要件を充足する者
               当社と利害関係のない第三者              (公認会計士)

    信託管理人
    信託契約日           2019年8月5日

               2019年9月1日~2022年8月末日                (予定)

    信託の期間
    制度開始日           2019年9月1日

    議決権行使           行使しないものとします。

    取得株式の種類           当社普通株式

               839百万円                      958百万円
    信託金の金額
                (信託報酬及び信託費用を含む)                       (同左)
    株式の取得時期           2019年8月7日~2019年8月末日
    株式の取得方法           株式市場から取得

    帰属権利者           当社

               帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用
    残余財産
               準備金の範囲内とします。
                                 48/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ③ 2020年度に実施するインセンティブプラン                      (2020年2月27日 取締役会決議)
                       「BIP信託b」                      「ESOP信託」

               特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託                    (他益信託)

    信託の種類
                                     国内外の当社グループ幹部に対するインセン
    信託の目的           当社担当役員に対するインセンティブの付与
                                     ティブの付与
    委託者           当社
               三菱UFJ信託銀行株式会社
    受託者
                (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
                                     国内外の当社グループ幹部のうち受益者要件
    受益者           当社担当役員のうち受益者要件を充足する者
                                     を充足する者
               当社と利害関係のない第三者              (公認会計士)
    信託管理人
    信託契約日           2020年3月4日

               2020年3月4日~2023年8月末日                (予定)

    信託の期間
    制度開始日           2020年4月1日

    議決権行使           行使しないものとします。

    取得株式の種類           当社普通株式

               976百万円                      1,020百万円
    信託金の金額
                (信託報酬及び信託費用を含む)                       (同左)
    株式の取得時期           2020年3月6日~2020年3月末日
    株式の取得方法           株式市場から取得

    帰属権利者           当社

               帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用
    残余財産
               準備金の範囲内とします。
                                 49/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ④ 2020年度に実施するインセンティブプラン                      (2020年5月20日 取締役会決議)
                                  「BIP信託a」

               特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託                    (他益信託)

    信託の種類
    信託の目的           当社取締役に対するインセンティブの付与

    委託者           当社

               三菱UFJ信託銀行株式会社
    受託者
                (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
    受益者           当社取締役のうち受益者要件を充足する者
               当社と利害関係のない第三者              (公認会計士)

    信託管理人
    信託契約日           2020年5月26日

               2020年5月26日~2023年8月末日                (予定)

    信託の期間
    制度開始日           2020年7月1日

    議決権行使           行使しないものとします。

    取得株式の種類           当社普通株式

               904百万円
    信託金の金額
                (信託報酬及び信託費用を含む)
    株式の取得時期           2020年5月28日~2020年6月末日
    株式の取得方法           株式市場から取得

    帰属権利者           当社

               帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用
    残余財産
               準備金の範囲内とします。
                                 50/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ⑤ 2021年度に実施するインセンティブプラン                      (2021年2月26日 取締役会決議)
                       「BIP信託b」                      「ESOP信託」

               特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託                    (他益信託)

    信託の種類
                                     国内外の当社グループ幹部に対するインセン
    信託の目的           当社担当役員に対するインセンティブの付与
                                     ティブの付与
    委託者           当社
               三菱UFJ信託銀行株式会社
    受託者
                (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
                                     国内外の当社グループ幹部のうち受益者要件
    受益者           当社担当役員のうち受益者要件を充足する者
                                     を充足する者
               当社と利害関係のない第三者              (公認会計士)
    信託管理人
    信託契約日           2021年3月4日

               2021年3月4日~2024年8月末日                (予定)

    信託の期間
    制度開始日           2021年4月1日

    議決権行使           行使しないものとします。

    取得株式の種類           当社普通株式

               883百万円                      7,727百万円
    信託金の金額
                (信託報酬及び信託費用を含む)                       (同左)
    株式の取得時期           2021年3月8日~2021年3月末日
    株式の取得方法           株式市場から取得

    帰属権利者           当社

               帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用
    残余財産
               準備金の範囲内とします。
                                 51/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ⑥ 2021年度に実施するインセンティブプラン                      (2021年5月12日 取締役会決議)
                                  「BIP信託a」

               特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託                    (他益信託)

    信託の種類
    信託の目的           当社取締役に対するインセンティブの付与

    委託者           当社

               三菱UFJ信託銀行株式会社
    受託者
                (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
    受益者           当社取締役のうち受益者要件を充足する者
               当社と利害関係のない第三者              (公認会計士)

    信託管理人
    信託契約日           2021年5月18日

               2021年5月18日~2024年8月末日                (予定)

    信託の期間
    制度開始日           2021年7月1日 (予定)

    議決権行使           行使しないものとします。

    取得株式の種類           当社普通株式

               866百万円
    信託金の金額
                (信託報酬及び信託費用を含む)
    株式の取得時期           2021年5月20日~2021年6月末日 (予定)
    株式の取得方法           株式市場から取得

    帰属権利者           当社

               帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用
    残余財産
               準備金の範囲内とします。
      (3)  信託・株式関連事務の内容

        ・信託関連事務           三菱UFJ信託銀行株式会社が本信託の受託者となり信託関連事務を行います。
        ・株式関連事務           三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が事務委託契約書に基づき受益者への当社株
                 式の交付事務を行います。
      (4)  本制度による受益権その他の権利を受け取ることができる者の範囲

        当社取締役等及び国内外の当社グループ幹部のうち受益者要件を充足する者
                                 52/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
                 会社法第155条第7号に規定する単元未満株式の買取請求による普通株式の取得
       【株式の種類等】
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                                 株式数    (株)          価額の総額      (円)

               区分
    当事業年度における取得自己株式                                    2,341             3,938,073

    当期間における取得自己株式                                     650            1,087,109

     (注)   1.上記は、すべて単元未満株式の買取請求による取得自己株式についての記載であり、役員報酬BIP信託                                                 及び
         株式付与ESOP信託        が取得した当社株式は含まれていません。
       2.当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請
         求による取得自己株式は含まれていません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                    当期間

           区分
                                処分価額の総額                   処分価額の総額
                       株式数    (株)               株式数    (株)
                                  (円)                   (円)
    引き受ける者の募集を行った取得自
                             ―         ―         ―         ―
    己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、会社分
                             ―         ―         ―         ―
    割に係る移転を行った取得自己株式
    その他    (ストックオプションの権利
                          212,400       400,114,520            37,600       70,818,776
    行使に代用した取得自己株式)
    その他    (単元未満株式の買増し制度
                             260       489,788            ―         ―
    の利用に伴い代用した取得自己株
    式)
    保有自己株式数                     1,083,757             ―      1,046,807             ―
     (注)   1.当期間における2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの処分は含まれていません。
       2.当期間の保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの取得及び処分は含まれてい
         ません。
       3.上記の保有自己株式数には、役員報酬BIP信託                       及び株式付与ESOP信託          の所有する当社株式は含まれていませ
         ん。
                                 53/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社は、企業価値の持続的向上に努めるとともに、株主還元にも積極的に取り組んでいます。成長を実現するため
     の事業投資を優先しながら、配当については、連結ベースでの中長期的な利益成長に基づき、安定的かつ持続的な向
     上に努めます。また、自己株式の取得を必要に応じて機動的に実施し、資本効率の改善と1株当たり利益の向上を図
     ります。
      このような方針のもと、当事業年度の配当金については、1株当たり                                42円   (うち中間配当金        21円  、期末配当金は       21
     円 ) となりました。
      当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行う方針としており、「剰余金の配当等会社法第459条第1

     項 各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、                                 取締役会の決議によって            定めることができ
     る。  」旨を定款に定めています。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりです。
                (決議年月日)                     (配当金の総額)          (1株当たり配当額)
      ・中間配当          2020年10月30日         取締役会決議                39,072   百万円           21 円
      ・期末配当          2021年4月27日         取締役会決議                39,075   百万円           21 円
     (注) 上記の配当金の総額には、役員報酬BIP信託                       及び株式付与ESOP信託          が所有する当社株式に対する配当金227百万
        円が含まれています。
                                 54/173














                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献することを存在意義とし、企業価値の持続的向上のた
       め、全てのステークホルダーから選ばれ、信頼されることを目指しています。この経営理念を踏まえ、下記の観
       点から、コーポレートガバナンスの実効性を確保・強化するよう努めます。
        1)  経営の透明性・妥当性・機動性の確保
        2)株主に対する受託者責任と説明責任の履行及び全てのステークホルダーとの適切な協働
      ② コーポレートガバナンス体制の概要及び当該体制を選択する理由等

       (コーポレートガバナンス体制の概要)
        当社のコーポレートガバナンス体制の概要は以下のとおりです。
        1.監査等委員会設置会社を選択し、取締役会及び監査等委員会はそれぞれ過半数を社外取締役で構成してい
          ます。
        2.取締役会は、経営の基本方針・経営戦略等を決定し、業務執行の監督機能を果たしています。
        3.業務執行に関わる体制として、重要事項の協議を行うエグゼクティブ・コミッティを設置するとともに、
          業務執行の責任を担うトップマネジメント                    (取締役社長並びに経営戦略・財務担当、経営管理・コンプラ
          イアンス担当、メディカル担当、販売統括担当、研究担当及び戦略実装担当の総称)                                        を選任しています。
          上記会議体及びトップマネジメントの業務執行の責任と権限の所在は決裁権限規程を制定して明確にして
          います。
        4.取締役会の諮問機関として、過半数を社外取締役で構成する指名委員会及び報酬委員会を設置していま
          す。
        提出日現在の当社のコーポレートガバナンスの体制図は以下のとおりです。

                                 55/173












                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (当該体制を選択する理由)
        取締役会の業務執行決定権限の相当な部分を業務執行取締役に委譲することが可能となる監査等委員会設置会
       社を選択することにより、取締役会における経営戦略等の議論を一層充実させるとともに、取締役会の監督機能
       のさらなる強化を図っています。また、取締役の選任等・報酬等に関わる事項などコーポレートガバナンスに関
       わる重要な事項については、社外取締役が過半数を占める取締役会において議論し、決定することが適当である
       と考えています。
       (取締役/取締役会)

        取締役は株主総会において選任され、監査等委員でない取締役の任期は1年、監査等委員である取締役の任期
       は2年としています。取締役会は、原則として毎月1回開催し、議長は取締役会長が務めています。
        取締役会は、経営の基本方針、経営戦略等を決定し、業務執行の監督機能を果たすことで、経営の透明性及び
       妥当性を確保しています。また、取締役会は、その決議によって重要な業務執行の決定の相当部分を業務執行取
       締役に委任するとともに、決裁権限規程を制定してトップマネジメント等の業務執行の責任と権限を明確にし、
       経営の機動性を確保しています。
        取締役会は、専門性・経験等の観点から、その多様性とバランスを考慮の上、機動性が確保できる適正な規模
       の取締役数で構成しています。なお、取締役会は、より広い見地からの意思決定と客観的な業務執行の監督を行
       うため、その過半数を社外取締役で構成しています。提出日現在において、取締役会は11名                                           (男性10名/女性1
       名)  で構成され、その過半数である7名は独立性の高い社外取締役です。
        取締役会全体の実効性を一層向上させていくため、各取締役の自己評価等の方法により、毎年、取締役会全体
       の実効性について取締役会としての分析・評価を行い、その結果の概要を開示しています。
       (監査等委員会)

        監査等委員会は、原則として毎月1回開催しています。
        監査等委員会は、監査等委員会の監査等に関する意見を形成するための唯一の協議機関かつ決議機関であり、
       必要に応じて取締役又は取締役会に対し監査等委員会の意見を表明します。
        監査等委員会は、全ての監査等委員である取締役をもって構成し、監査等委員会の委員長は監査等委員会の決
       議により定めています。なお、監査等委員会は、監査体制の独立性及び中立性を一層高めるため、その過半数を
       社外取締役で構成しています。また、監査等委員には、適切な経験・能力及び必要な財務・会計・法務に関する
       知識を有する者を選任し、特に、最低1名は財務・会計に関する十分な知見を有している者としています。提出
       日現在において、監査等委員会は4名                  (男性3名/女性1名)           で構成され、その過半数である3名は独立性の高
       い社外取締役です。
        なお、監査等委員会の職務を補助する監査等委員会室を設置しています。監査等委員会室の所属員は、監査等
       委員でない取締役から独立し、監査等委員会の指揮命令の下に職務を遂行すること、またその異動・評価等は監
       査等委員会の事前の同意を必要とすることを取締役会で定めることによって、監査等委員会室の所属員の他の業
       務執行部門からの独立性と同所属員に対する監査等委員会の指示の実効性を確保しています。
       (指名委員会/報酬委員会)

        当社は、役員人事及び報酬制度における審議プロセスの透明性と客観性を高めるため、取締役会の諮問機関と
       して指名委員会及び報酬委員会を設置しています。指名委員会及び報酬委員会は、取締役会が選任する委員で構
       成され、その委員の過半数は社外取締役とし、委員長は社外取締役が務めています。
        <指名委員会の役割>
         取締役及びトップマネジメント等の選任・解任等に関する事項について協議し、その結果を取締役会へ具申
        します。
        <報酬委員会の役割>
         取締役及びトップマネジメント等の報酬、賞与その他の職務執行の対価として受ける財産上の利益に関する
        事項   (監査等委員である取締役の個別の報酬を除く)                      について協議し、その結果を取締役会へ具申します。
                                 56/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (コーポレートガバナンス体制の構成員)

        提出日現在におけるコーポレートガバナンス体制の構成員は以下のとおりです。
                   氏名(役職名)                   指名委員会            報酬委員会

          畑中 好彦
     取
                                   委員            委員
          (代表取締役会長・取締役会議長)
     締
          安川 健司
                                   ―            ―
     役
          (代表取締役社長)
     会
          岡村 直樹
                                   ―            ―
          (代表取締役副社長)
          関山 護
                                   委員長            委員長
          (社外取締役)
          河邊 博史
                                   委員            委員
          (社外取締役)
          石塚 達郎
                                   委員            委員
          (社外取締役)
          田中 孝司
                                   委員            委員
          (社外取締役)
          吉光 透
        監
                                   ―            ―
          (取締役    (常勤監査等委員        ・委員長))
        査
          佐々木 宏夫
                                   ―            ―
        等
          (社外取締役      (監査等委員))
        委
          渋村 晴子
                                   ―            ―
        員
          (社外取締役      (監査等委員))
        会
          髙橋 雷太
                                   ―            ―
          (社外取締役      (監査等委員))
       (責任限定契約)

        当社は、取締役        (業務執行取締役等であるものを除く)                  がその期待される役割を十分に発揮できるよう、当社
       定款において、各取締役            (業務執行取締役等であるものを除く)                  との間で、会社法第423条第1項の賠償責任につ
       いて、法令に定める要件に該当する場合は、当該賠償責任を法令で定める責任限度額に限定する旨の契約                                                 (責任
       限定契約)     を締結できる旨を定めており、現在全ての取締役                       (業務執行取締役等であるものを除く)                  と責任限定
       契約を締結しています。
       (注) 定款の規定

        1.取締役の定数
          当社の監査等委員でない取締役は9名以内とし、監査等委員である取締役は5名以内とする旨定款に定め
         ています。
        2.取締役選任の要件
          当社は、取締役選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び累積投票によらない旨定款に定めています。
        3.定款の定めにより取締役会で決議できる株主総会決議事項
          当社は、機動的な剰余金の配当等を行うことを可能とするため、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号
         に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって定めることができ
         る旨定款に定めています。
        4.株主総会の特別決議の要件
          当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議の要件につ
         いて、その定足数を緩和することとし、当該特別決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3
         分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めています。
                                 57/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      ③ 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況
       1)  業務の適正を確保するための体制の基本方針
        当社は、業務の適正を確保するための体制の整備に関して以下のとおり基本方針を定めています。
       1.職務執行に関わる体制

        (1)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
        ・当社は、取締役会構成員として経営の基本方針、経営戦略等の決定に参画し、業務執行の監督を行う取締役
         と、業務執行の責任を担うトップマネジメント                      (取締役社長並びに経営戦略・財務担当、経営管理・コンプ
         ライアンス担当、メディカル担当、販売統括担当、研究担当及び戦略実装担当の総称)                                         の役割を明確に区分
         する。
        ・取締役会は、原則として毎月1回開催するほか、必要に応じ臨時取締役会を開催する。
        ・エグゼクティブ・コミッティを設置し、当社及びグループ会社における経営戦略、製品戦略、経営管理、人
         事等に関する重要事項を協議する。
        ・上記会議体に関する規程及び「決裁権限規程」を制定し、会議体及びトップマネジメントの権限や位置づけ
         を意思決定上の手続きとともに明確にする。
        ・業務執行が効率的に行えるよう人事・組織体制を整備する。
        (2)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

        ・「記録と情報の管理に関するグローバル規程」を制定し、取締役の職務の執行に係る情報を適切に保存、管
         理する。
        ・取締役会、エグゼクティブ・コミッティの議事録等、経営上重要な事項に係る文書は、取締役が適宜閲覧で
         きるような体制を構築する。
       2.リスク      (損失の危険)       の管理に関する規程その他の体制

         当社は、グループ全体のより適切なリスク管理を行うため、「経営上の戦略的意思決定に係るリスク                                               (事業
        機会に係るリスク)         」と「適正かつ効率的な業務遂行に係るリスク                      (事業活動遂行に係るリスク)              」に分け、
        当社及びグループ会社の各部門・部署が主体的にリスク管理実務を実践することを基本として、次のような活
        動を通じ、グループ内リスクの低減及びその適切な対応を推進する。
        ・事業機会に係るリスクへの対応については、各部門・部署がそれぞれの機能・役割の下、意思決定ルール、
         基準を明確にして実施する。これらのうち重要なリスクに関わる事項については、その重要度に応じて、エ
         グゼクティブ・コミッティ又はエグゼクティブ・コミッティ及び取締役会において審議を経た上で決定す
         る。
        ・事業活動遂行に係るリスクへの対応については、グローバル及び部門別の「リスク&レジリエンス委員会」
         を設置し、1)       リスクの識別と最適な管理活動並びに                  2)  危機対応計画及び事業継続計画の準備・対応状況を
         包括的に管理する。上記体制の方針についてはエグゼクティブ・コミッティ及び取締役会において審議を経
         た上で決定する。当該体制の下で識別された重要なリスクに関わる事項については、その対応も含めエグゼ
         クティブ・コミッティの審議を経て決定するとともに、取締役会に報告する。
        ・リスク管理業務の実効性を高めるため、災害対応、情報セキュリティー、個人情報保護等について、リスク
         の特性、内容に応じたポリシーやマニュアル等を個別に制定する。
                                 58/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       3.コンプライアンス体制             (取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体
         制)
         当社は、当社及びグループ会社の役員・従業員によるコンプライアンスのための中核的規範として「アステ
        ラス企業行動憲章」及び「アステラスグループ行動規準」を定める。
         当社は、コンプライアンスをいわゆる法令遵守にとどまらず、高い倫理観に基づく社会規範に沿った行動と
        位置付け、グループ全体において広い意味でのコンプライアンスを推進するための体制を構築するとともに、
        その浸透に向け、次のような取り組みを行う。
        ・「グローバル・コンプライアンス委員会」を設置し、当社及びグループ会社全体のコンプライアンスに関す
         る現状の把握、更に方針・計画を審議する。各地域毎のコンプライアンスに関する事項を審議するコンプラ
         イアンス委員会も別途設置する。
        ・グローバル・コンプライアンスに関する具体的な企画の立案、推進、浸透等は、経営管理・コンプライアン
         ス担当の指揮の下、エシックス&コンプライアンス部門が当社及びグループ会社の関係部門と連携の上実施
         する。また、継続的な研修等を通じ、当社及びグループ会社の役員・従業員一人ひとりが自らの責任におい
         てコンプライアンスを実践できる体制を構築する。
        ・独立した第三者機関がグローバルに運営するホットラインを設置し、アステラスグループの従業員又は社外
         関係者によるコンプライアンス違反・その疑義の報告を受け付ける。
         重要な情報は、適宜、経営管理・コンプライアンス担当に報告される体制を構築する。対応にあたっては、
         秘密厳守及び連絡者への不利益な取扱いの禁止を徹底する。
         上記の体制及び取り組みを通して、Speak                    Up  Culture    (「声を上げる」ことのできる企業風土)                   を醸成し、
        報復禁止の原則を徹底する。
       4.情報開示・情報管理に関する体制

        ・当社は、顧客、株主、社会など、全てのステークホルダーに対し適時適切かつ公平に情報を開示する。ま
         た、ステークホルダーとの対話を積極的に行い、そこで得た意見等を企業活動に適切に反映するよう努め
         る。このような情報開示と対話により、企業としての透明性を一層高めていくとともに、ステークホルダー
         との信頼関係の構築と維持に努める。
        ・上記基本姿勢のもと、当社は「ディスクロージャー・ポリシー」を制定するとともに、情報開示活動を推
         進・管理する「情報開示委員会」を設置する。
        ・当社は、当社及び当社グループの役員・従業員がその職務上知った重要情報の取扱い等についての規程を制
         定し、法令違反の未然防止及び適切な情報管理を図る。
       5.財務報告の信頼性を確保するための体制

        ・当社は、財務報告の信頼性を確保するため、一般に公正妥当と認められる基準に準拠して連結ベースの財務
         報告に係る内部統制を整備・運用し、その有効性を適正に評価する。
        ・取締役会が定める「グローバルJSOX規程」に基づき、グローバル内部統制責任者である取締役社長の指揮の
         下、連結ベースの財務報告に係る内部統制の評価を実施する。
                                 59/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       6.グループ管理体制           (当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制)
         当社は、グループ会社の適切な管理、運営を行うとともに、当社及びグループ会社との間での健全な関係を
        維持・構築するため、次の取り組みを行う。
        ・「アステラス企業行動憲章」及び「アステラスグループ行動規準」を全てのグループ会社に適用し、これら
         に基づくグループ会社の行動規準とあわせて、その周知徹底を図る。
        ・グループ会社の取締役等の職務の執行に係る事項は、機能別マネジメントの職制を通じて当社に報告される
         体制を構築する。
        ・グループ会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われるよう、グループ会社の役員構成及び意思決定権限
         並びにグループ内監督体制に関する明確なルールを整備する。
        ・リスク管理、コンプライアンスへの取り組みは、前述のとおりグループ全体の仕組みとして取り組む。
        ・「グローバル内部監査規程」をグループ全体に適用し、グループ一体での内部監査体制を整備する。
       7.内部監査体制

         当社は、通常の業務執行部門から独立した社長直轄の監査部門を設置し、当社及びグループ会社における内
        部監査体制を整備することとし、次の取り組みを行う。
        ・監査部門は、当社及びグループ会社全体の経営諸活動における各種体制や仕組みの有効性・効率性について
         検討・評価し、監査報告書にとりまとめ、取締役社長及び監査等委員会へ報告する。また、必要に応じて関
         係役員及び関係部門に説明する。年間監査結果の総括については取締役会及び会計監査人に報告する。
        ・当社は、医薬品企業として「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」等を遵
         守し、製品の有効性・安全性を確保することを使命として、高い専門知識の下で、適正性を確保した組織体
         制を通じ業務を遂行していく。このために、グループ全体において、現場での自己統制、薬事、品質等に関
         する専門部による専門統制、監査部門による内部監査の仕組みをそれぞれの機能別に構築する。
        ・監査部門は、関係する専門部と定期的な連絡会を開催する等の活動を通じて連携し、内部監査の質的向上を
         図る。
        ・地域    (欧州、米州、日本及びアジア・オセアニア)                     毎に内部監査機能を設置し、社長直轄の監査部門長が統
         括することにより、グローバル化するリスクに効果的に対応し、グループ会社に対し一貫した高質な保証業
         務及びアドバイザリー業務を提供するための機能を強化する。
       8.監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         当社は、監査等委員会設置会社として、監査等委員会の監査が実効的に行われることが可能となるよう、次
        の取り組みを行う。
         (1)  監査等委員会の職務を補助すべき従業員に関する事項
          ・監査等委員会の監査が適切に機能するよう、監査等委員会の職務を補助する監査等委員会室を設置し、
           専任の所属員を配置する。
         (2)  監査等委員会の職務を補助する従業員の監査等委員でない取締役からの独立性及び当該従業員に対する
           指示の実効性に関する事項
          ・監査等委員会室の所属員は、監査等委員でない取締役から独立し、監査等委員会の指揮命令の下に職務
           を遂行する。
          ・当該所属員の任命・評価・異動等については、予め監査等委員会の同意を必要とする。
         (3)  監査等委員でない取締役及び従業員が監査等委員会に報告するための体制その他の監査等委員会への報
           告に関する体制
          ・当社及びグループ会社の取締役等の職務の執行に係る月次報告、四半期報告に関して、監査等委員会が
           常時閲覧可能な体制を整備する。
          ・トップマネジメントは、管掌する部門に関して、監査等委員会に対して定期的に、又は臨時に報告する
           事項、報告者、報告の方法を監査等委員会と協議して決定する。
          ・内部監査、法務、コンプライアンス、リスクマネジメントを担う部門は、それぞれ定期的に監査等委員
           会へ報告する体制を構築し、当社及びグループ会社における現状の報告その他必要な情報の提供を行
           う。
                                 60/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
         (4)  監査等委員会に報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
          ・当社は、監査等委員会又はグループ会社の監査役へ報告を行った当社及びグループ会社の役員・従業員
           に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いをすることを禁止する。
         (5)  監査等委員の職務の執行について生ずる費用等の処理に係る方針に関する事項
          ・当  社は、監査等委員の職務の執行について生じる費用等に関して、監査等委員会室が予算の計上及び費
           用等の支払いを担う体制を整備する。
         (6)  その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          ・監査部門長の任命・評価・異動等については、予め監査等委員会の同意を必要とする。
          ・監査部門は、年度監査計画の策定に当たり監査等委員会の同意を得る。
          ・監査等委員会は、監査部門から監査結果等の報告を受け、必要に応じて監査部門に指示を行うことがで
           きる。当該指示と取締役社長の監査部門に対する指示が両立しえない場合、監査等委員会と取締役社長
           は協議し、調整をはかる。
          ・監査等委員会が選定する監査等委員は、当社の重要な業務執行の協議を行うエグゼクティブ・コミッ
           ティ、その他監査等委員会が重要と判断する会議に出席することができる。当該監査等委員がこれらの
           会議に出席できない場合、監査等委員会の指示により監査等委員会室の所属員がオブザーバーとして出
           席することができる。
          ・監査等委員会の監査が適切に実施できるよう、当社及びグループ会社における監査対象者                                           (部門)    は協
           力する。
       9.反社会的勢力排除のための体制

         当社及びグループ会社は、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対して会社組織として
        毅然とした姿勢で臨み、不当、不法な要求に応じないことはもちろん、一切の関係を遮断する。
        ・「アステラス企業行動憲章」及び「アステラスグループ行動規準」において、反社会的勢力及び団体に対し
         ては毅然とした姿勢で臨むことを明記し、関係排除に取り組む。
        ・特に日本においては、警察当局、関係団体等と十分に連携し、反社会的勢力及び団体に関する情報を積極的
         に収集すると共に組織的な対応が可能となるよう体制の整備を進める。また、役員・従業員に対しては、コ
         ンプライアンス研修、リスク管理研修等の機会を通じて反社会的勢力排除に向けた啓発活動を継続して行
         う。
                                 61/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       2)  業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要
        2020年度における当社の運用状況の概要は以下のとおりです。
       1.職務執行に関わる体制

         当社は、基本方針に基づき、原則として毎月1回取締役会を開催しています。また、決裁権限規程等に基づ
        き、エグゼクティブ・コミッティにて重要事項を協議し、トップマネジメントがその役割を果たすことによ
        り、取締役の効率的な職務の執行を確保しています。なお、2020年度においては、取締役会を15回、エグゼク
        ティブ・コミッティを24回開催しました。
         また、2021年4月付で研究担当、戦略実装担当という新たなトップマネジメントポジションを新設すること
        を決定しました。
       2.リスク      (損失の危険)       の管理に関する規程その他の体制

         当社は、基本方針に基づき、事業機会に係るリスクと事業活動遂行に係るリスクに分け、当社及び当社グ
        ループの各部門が主体的にリスク管理実務を実践しています。特に、クリティカル・リスクとして特定された
        事項について、リスクオーナーの指示のもとリスク低減策を策定し、実行しています。なお、2019年10月か
        ら、グループ全体のリスクをより効率的に管理するため、グローバル及び部門別の「リスク&レジリエンス委
        員会」を設置しています。
         また、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対して、2020年1月からグローバルクライシス対応チーム
        を組成して活動を開始し、当社事業への影響をモニタリングするとともに必要な対策を迅速に進めています。
       3.コンプライアンス体制             (取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体

         制)
         当社は、基本方針に基づき、グローバル・コンプライアンス委員会及びコンプライアンス委員会を開催し、
        当社及び当社グループのコンプライアンスの現状把握、方針・計画の審議を行っています。また、全従業員を
        対象としたコンプライアンスに関する様々な研修の実施等を通じ、コンプライアンスに対する意識向上を図る
        ほか、ホットラインの運用等により、問題の早期発見と改善措置に努めています。なお、各地域・各国のエ
        シックス&コンプライアンス機能がエシックス&コンプライアンス部門長に報告するグローバル・コンプライ
        アンス体制を構築しています。
       4.情報開示・情報管理に関する体制

         当社は、基本方針に基づき、全てのステークホルダーに対し、適時適切かつ公平な情報開示を行うととも
        に、ステークホルダーとの積極的な対話に努めています。2020年度においても、企業活動における一層の透明
        性向上を図るため、情報開示委員会のもと、重要情報の開示方針や開示内容等について部門横断的に審議を行
        うなど、適時的確かつ公平な情報開示に引き続き取り組みました。
       5.財務報告の信頼性を確保するための体制

         当社は、基本方針に基づき、連結ベースの財務報告に係る内部統制評価計画を策定するとともに、コント
        ロールオーナー及びプロセスオーナーによる内部統制の整備及びその実施、内部統制関連文書の改訂、監査部
        門による評価対象事業拠点の内部統制の整備及び運用状況の評価実施等により、財務報告の信頼性確保に努め
        ています。
       6.グループ管理体制           (当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制)

         当社は、基本方針に基づき、当社グループの取締役等の職務に係る事項を、機能別マネジメントの職制を通
        じ報告を受けるとともに、グループ会社の役員構成及び意思決定権限を明確に定めることで、グループ会社の
        適切な管理・運営を推進しています。なお、当社グループ会社の財務状況及びその他の状況については、月次
        や各四半期で報告を受け、当社の取締役会に適宜、報告しています。
                                 62/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       7.内部監査体制
         当社は、基本方針に基づき、内部監査の計画を立案・実行するとともに、監査等委員会、取締役会、会計監
        査人等へ報告を行い、監査結果をレビューする機会を確保しています。また、内部監査部門及び関連する専門
        部門との間で情報連携活動を実施し、内部監査体制の強化に努めています。なお、当社では、各地域の監査部
        が社長直轄の監査部門長に報告するグローバル監査体制を構築しています。
       8.監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         当社は、基本方針に基づき、監査等委員でない取締役及び従業員による監査等委員会への業務執行状況の報
        告並びに監査等委員によるエグゼクティブ・コミッティ等重要会議への継続的な出席等を通じ、監査等委員会
        による監査が実効的に行われる体制を確保しています。
         特に、全地域におけるホットラインの通報の概要及び法務部門が主管する訴訟・社内調査案件については、
        監査等委員会に月次で報告しています。
         また、監査等委員会による監査のサポート体制を強化するために、2020年4月から「監査等委員会室」を新
        設し、専任スタッフを増員のうえ配置しています。
       9.反社会的勢力排除のための体制

         当社は、基本方針に基づき、当社及び国内グループ会社の取引先の属性を確認するとともに、契約書への反
        社会的勢力排除条項の導入等を通じ、反社会的勢力及び団体との関係排除に取り組んでいます。
                                 63/173














                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      (1)  役員一覧
    男性  10 名 女性    1 名  (役員のうち女性の比率           9.1  %)
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                              1980年4月      藤沢薬品工業株式会社         入社
                              2003年4月      同社  経営企画部長
                              2005年4月      当社  経営戦略本部      経営企画部長
                              2005年6月      当社  執行役員    経営戦略本部
                                    経営企画部長
                              2006年4月      当社  執行役員    兼 アステラス     US
                                    LLC,  President    & CEO  兼 アステラス
                                    ファーマ    US,Inc.,    President    & CEO
       代表取締役
                              2008年6月      当社  上席執行役員      兼 アステラス     US
               畑中 好彦      1957年4月20日      生                        (注)4      95
        会長
                                    LLC,  President    & CEO  兼 アステラス
                                    ファーマ    US,Inc.,    President    & CEO
                              2009年4月      当社  上席執行役員      経営戦略・財務
                                    担当
                              2011年6月      当社  代表取締役社長
                              2018年4月      当社  代表取締役会長      (現任)
                              2019年6月      ソニー株式会社       (現ソニーグループ
                                    株式会社)    社外取締役     (現任)
                              1986年4月      当社  入社
                              2005年4月      当社  開発本部    泌尿器領域プロジェ
                                    クト推進グループ部長
                              2010年6月      当社  執行役員    兼 アステラス     ファー
                                    マ ヨーロッパ     B.V.,   Global   TA Head
                                    (Urology)
                              2010年10月      当社  執行役員    開発本部長付      兼
                                    アステラス     ファーマ    グローバル
       代表取締役
                                    ディベロップメント        Inc.,   Global   TA
               安川 健司      1960年6月7日      生                        (注)4      55
        社長
                                    Head  (Urology)
                              2011年4月      当社  執行役員    製品戦略部長
                              2012年4月      当社  執行役員    経営戦略担当
                              2012年6月      当社  上席執行役員      経営戦略担当
                              2017年4月      当社  上席執行役員      経営戦略・販売
                                    統括担当
                              2017年6月      当社  代表取締役副社長
                              2018年4月      当社  代表取締役社長      (現任)
                              1986年4月      当社  入社
                              2010年10月      OSI  ファーマシューティカルズ           Inc.,
                                    President    & CEO
                              2012年4月      アステラス     ファーマ    ヨーロッパ
                                    Ltd.,   Senior    Vice   President,
                                    Chief   Strategy    Officer
                              2014年7月      当社  ライセンシング&アライアンス
                                    部長
       代表取締役
               岡村 直樹      1962年9月18日      生                        (注)4      11
        副社長
                              2016年4月      当社  経営企画部長
                              2016年6月      当社  執行役員    経営企画部長
                              2018年4月      当社  執行役員    経営戦略担当
                              2019年4月      当社  副社長執行役員      経営戦略担当
                              2019年6月      当社  代表取締役副社長        経営戦略担
                                    当
                              2019年10月      当社  代表取締役副社長        経営戦略・
                                    財務担当    (現任)
                                 64/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                              1974年4月      丸紅株式会社      入社
                              1997年4月      同社  重電機第一部長
                              1998年4月      同社  電力プロジェクト       第三部長
                              1999年4月      同社  電力プロジェクト本部副本部長
                                    兼 電力プロジェクト第一部長
                              2001年4月      同社  ユーティリティ・インフラ部門
                                    長代行   兼 海外電力事業部長
                              2002年4月      同社  執行役員    ユーティリティ・イ
                                    ンフラ部門長
                              2005年4月      同社  常務執行役員
        取締役        関山 護      1949年8月14日      生                        (注)4      ―
                              2006年6月      同社  代表取締役常務執行役員
                              2007年4月      同社  代表取締役専務執行役員
                              2009年4月      同社  代表取締役副社長執行役員
                              2013年4月      同社  副会長
                              2015年4月      同社  顧問
                                    丸紅パワーシステムズ株式会社            会長
                              2017年6月      当社  取締役   (現任)
                              2020年4月      株式会社ADワークスグループ            社外取
                                    締役・監査等委員       (現任)
                              1979年5月      慶應義塾大学医学部        助手  (内科学教
                                    室)
                              1990年4月      同大学保健管理センター          専任講師
                              1991年4月      同大学医学部      兼担講師    (内科学教
                                    室)
                              1996年4月      同大学保健管理センター          助教授
                                    同大学医学部      兼担助教授     (内科学教
                                    室)
                              2002年4月      同大学保健管理センター          教授
                                    同大学医学部      兼担教授    (内科学教
                                    室)
        取締役        河邊 博史      1952年5月2日      生                        (注)4      ―
                              2003年10月      同大学保健管理センター          副所長
                              2011年10月      同大学保健管理センター          所長
                              2013年6月      公益社団法人      全国大学保健管理協会
                                    理事
                              2017年3月      公益財団法人      大和証券ヘルス財団理
                                    事 (現任)
                              2018年3月      公益財団法人      医療研修推進財団        理
                                    事長  (現任)
                              2018年4月      慶應義塾大学      名誉教授    (現任)
                              2019年6月      当社  取締役   (現任)
                              1978年4月      株式会社日立製作所        入社
                              2009年4月      同社  理事  電力グループ      日立事業所
                                    長
                              2011年4月      同社  執行役常務     兼 電力システム社
                                    社長
                              2013年4月      同社  執行役専務
                              2014年4月      同社  代表執行役     執行役副社長
                              2015年4月      日立ヨーロッパ         Ltd.,   Deputy
                                    Chairman
                              2016年7月      株式会社日立総合計画研究所            取締役
                                    会長
                              2017年4月      日立建機株式会社        代表執行役     執行
        取締役        石塚 達郎      1955年12月23日      生                        (注)4       1
                                    役会長
                              2017年6月      同社  代表執行役     執行役会長     兼 取
                                    締役
                              2019年4月      同社  取締役
                                    株式会社日立製作所         アドバイザー
                                    (現任)
                              2019年6月      当社  取締役   (現任)
                                    公益財団法人      日立財団    理事長(現
                                    任)
                              2020年3月      K&Oエナジーグループ株式会社             社外
                                    取締役   (現任)
                                 65/173


                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                              1981年4月      国際電信電話株式会社         入社
                              2003年4月      KDDI株式会社      執行役員    ソリュー
                                    ション事業本部       ソリューション商品
                                    開発本部長
                              2007年6月      同社  取締役執行役員常務         ソリュー
                                    ション事業統轄本部長
                              2007年8月      ワイヤレスブロードバンド企画株式
                                    会社  (現  UQコミュニケーションズ株
                                    式会社)   代表取締役社長
                              2009年4月      KDDI株式会社      取締役執行役員常務 
                                    ソリューション事業統轄本部担当
                              2010年4月      同社  取締役執行役員常務        ソリュー
                                    ション事業本部担当        兼 コンシュー
        取締役        田中 孝司      1957年2月26日      生                        (注)4      ―
                                    マ事業本部担当       兼 商品開発統括本
                                    部担当
                              2010年6月      同社  代表取締役執行役員専務           ソ
                                    リューション事業本部担当           兼 コン
                                    シューマ事業本部担当          兼 商品開発
                                    統括本部担当
                              2010年6月      UQコミュニケーションズ株式会社              取
                                    締役会長
                              2010年12月      KDDI株式会社      代表取締役社長
                              2018年4月      同社  代表取締役会長      (現任)
                              2018年6月      沖縄セルラー電話株式会社            取締役
                                    (現任)
                              2021年6月      当社  取締役   (現任)
                              1987年4月      当社  入社
                              2013年4月      当社  製品戦略部長
                              2015年6月      当社  執行役員    製品戦略部長
                              2017年4月      当社  執行役員    経営推進部長
                              2019年4月      当社  執行役員    コーポレート・ファ
        取締役
                                    イナンシャルプランニング&アナリ
                吉光 透      1963年3月11日      生                        (注)5      47
       監査等委員
                                    シス部長
                              2019年10月      当社  執行役員    ファイナンス長       兼
                                    コーポレート・ファイナンシャルプ
                                    ランニング&アナリシス長
                              2020年4月      当社  社長付
                              2020年6月      当社  取締役   (監査等委員)      (現任)
                              1987年4月      名古屋市立大学経済学部          専任講師
                              1990年4月      同大学経済学部      助教授
                              1993年4月      早稲田大学商学部       助教授
                              1996年4月      同大学商学部      教授
                              1997年7月      大蔵省   (現財務省)     財政金融研究所
                                    (現財務総合政策研究所)          主任研究官
                                    兼 大臣官房専門調査官
                              1999年7月      早稲田大学商学部       教授
        取締役
               佐々木 宏夫       1956年3月25日      生                        (注)5      ―
       監査等委員
                              2005年4月      同大学商学部      教授  兼 同大学大学院
                                    会計研究科     教授
                              2010年9月      同大学商学部      教授  兼 同大学大学院
                                    会計研究科長
                              2013年4月      同大学大学院会計研究科長
                              2016年9月      同大学大学院会計研究科          教授
                              2018年6月      当社  取締役   (監査等委員)      (現任)
                              2021年4月      早稲田大学     名誉教授    (現任)
                                 66/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                              1987年4月      千代田生命保険相互会社          入社
                              1987年8月      財団法人九州大学出版会          入社
                              1994年4月      弁護士登録     (第二東京弁護士会)
                                    本間・小松法律事務所         (現本間合同
                                    法律事務所)     入所
                              1999年4月      本間合同法律事務所        パートナー弁護
                                    士 (現任)
                              2006年10月      株式会社タムラ製作所         コンプライア
        取締役
               渋村 晴子      1964年12月6日      生                        (注)6      ―
       監査等委員
                                    ンス委員会委員
                              2015年6月      ニチレキ株式会社       社外監査役
                              2016年4月      株式会社タムラ製作所         コンプライア
                                    ンス特別委員会委員
                              2018年6月      同社  社外取締役     (現任)
                              2019年6月      当社  取締役   (監査等委員)      (現任)
                                    ニチレキ株式会社        社外取締役     (現
                                    任)
                              1986年10月      サンワ・等松青木監査法人           (現有限
                                    責任監査法人トーマツ)         入所
                              1995年8月      中央監査法人      入所
                              1997年5月      髙橋雷太公認会計士税理士事務所設
                                    立 同代表   (現任)
                              1999年4月      中央青山監査法人       代表社員
                              2000年12月      アルファグループ株式会社           社外監査
        取締役
               髙橋 雷太      1962年6月9日      生                        (注)5      ―
                                    役 (現任)
       監査等委員
                              2001年3月      株式会社吉田経営        代表取締役     (現
                                    任)
                              2011年6月      公益社団法人日本医業経営コンサル
                                    タント協会     理事  (現任)
                              2018年1月      日本公認会計士協会南九州会鹿児島
                                    県部会   部会長
                              2020年6月      当社  取締役   (監査等委員)      (現任)
                            計                            211
     (注)   1.所有株式数は、千株未満を切り捨てて表示しています。
       2.取締役のうち関山護氏、河邊博史氏、石塚達郎氏、田中孝司氏は、監査等委員でない社外取締役です。
       3.取締役のうち佐々木宏夫氏、渋村晴子氏、髙橋雷太氏は、監査等委員である社外取締役です。
       4.2021年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
       5.2020年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
       6.2021年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
       7.当社では、職責と成果に基づく公平・公正な処遇をより推進する観点から、担当役員制度を導入していま
         す。
          <担当役員      (取締役による兼務を除く)             の氏名等>
          専務担当役員  櫻井 文昭   経営管理・コンプライアンス担当
          専務担当役員  松井 幸郎   販売統括担当
          専務担当役員  志鷹 義嗣   研究担当
          常務担当役員  嶋  秀樹   製薬技術本部長
          常務担当役員  筒井 泰博   日本コマーシャル                         プレジデント       (営業本部長)
          担当役員    野澤 英輔   薬事部長
          担当役員    熊谷 裕輔   渉外部長
                                 67/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      (2)  社外取締役
        社外取締役は、東京証券取引所が定める独立役員の要件及び当社の定める社外取締役の独立性基準を満たして
       おり、一般株主と利益相反を生じるおそれのない独立役員です。社外取締役は、各人が有する企業経営、法律、
       医学などの専門的知見や幅広い経験を活かして取締役会における意思決定に参画するとともに、独立した立場か
       ら業務執行の監督を行っています。
        加えて、監査等委員である社外取締役は、各人が有する財務・会計、企業経営、法律などの専門的知見や幅広
       い経験を活かして、独立した立場から取締役の職務執行の監査等を行います。
        社外取締役に対しては、秘書部による情報提供をはじめ、取締役会の審議事項のうち、特に重要な案件に関し
       ては、事前に情報共有の場を設定することで、審議の活性化を図っています。
       ・員数及び氏名

        当社の監査等委員でない社外取締役は以下の4名です。
         取締役 関山 護
         取締役 河邊 博史
         取締役 石塚 達郎
         取締役 田中 孝司
        当社の監査等委員である社外取締役は以下の3名です。
         取締役 佐々木 宏夫
         取締役 渋村 晴子
         取締役 髙橋 雷太
        なお、当社は、東京証券取引所に対し、監査等委員でない社外取締役の関山護氏、河邊博史氏、石塚達郎氏、

       田中孝司氏の4氏及び監査等委員である社外取締役の佐々木宏夫氏、渋村晴子、髙橋雷太氏の3氏を、独立役員
       として届け出ています。
        社外取締役の独立性に関する具体的な判断基準については、当社が定める社外取締役の独立性基準に基づいて
       います。
        当社が定める社外取締役の独立性基準については、次に記載のとおりです。
       <社外取締役の独立性基準>
         当社は、社外取締役の独立性基準を以下のとおり定め、社外取締役が次の項目のいずれにも該当しない場
        合、当該社外取締役は当社からの独立性を有し、一般株主と利益相反が生じるおそれがないものと判断する。
         ① 当社及び当社の子会社             (以下「当社グループ」と総称する)                 の業務執行者       (注1)    又は過去10年間        (但
           し、過去10年内のいずれかの時において当社グループの非業務執行取締役、監査役又は会計参与であっ
           たことのある者にあっては、それらの役職への就任の前10年間)                              において当社グループの業務執行者で
           あった者
         ② 当社グループを主要な取引先とする者                    (注2)    又はその業務執行者
         ③ 当社グループの主要な取引先                (注3)    又はその業務執行者
         ④ 当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産                              (注4)    を得ているコンサルタント、会計専
           門家又は法律専門家          (当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は当該団体に所属する者)
         ⑤ 当社グループの法定監査を行う監査法人に所属する者
         ⑥ 当社グループから一定額を超える寄附又は助成                        (注5)    を受けている者        (当該寄附又は助成を受けてい
           る者が法人、組合等の団体である場合は当該団体の業務執行者)
         ⑦ 当社グループが借入れを行っている主要な金融機関                           (注6)    又はその親会社若しくは子会社の業務執行
           者
                                 68/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
         ⑧ 当社グループの主要株主              (注7)    又は当該主要株主が法人である場合には当該法人の業務執行者
         ⑨ 当社グループが主要株主である会社の業務執行者
         ⑩ 当社グループから取締役              (常勤・非常勤を問わない)             を受け入れている会社又はその親会社若しくは子
           会社の業務執行者
         ⑪ 過去3年間において上記②から⑩に該当していた者
         ⑫ 上記①から⑪に該当する者               (重要な地位にある者          (注8)    に限る)    の近親者等      (注9)
       (注)   1.業務執行者とは、会社法施行規則第2条第3項第6号に規定する業務執行者をいい、業務執行取締役の

           みならず、使用人を含む。監査役は含まれない。
         2.当社グループを主要な取引先とする者とは、当社グループに対して製品又はサービスを提供している取
           引先グループ       (直接の取引先、その親会社及び子会社並びに当該親会社の子会社から成る企業集団をい
           う。以下同じ)       であって、直近事業年度における取引額が、当該グループの年間連結売上高の2%を超
           える者
         3.当社グループの主要な取引先とは、当社グループが製品又はサービスを提供している取引先グループで
           あって、直近事業年度における取引額が、当社グループの年間連結売上高の2%を超える者
         4.多額の金銭その他の財産とは、直近事業年度における、役員報酬以外の年間1,000万円を超える金銭そ
           の他の財産上の利益をいう             (当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体の直
           近事業年度における総収入額の2%を超える金銭その他の財産上の利益をいう)
         5.一定額を超える寄附又は助成とは、過去3事業年度の平均で年間1,000万円又はその者の直近事業年度
           における総収入額の2%のいずれか高い方の額を超える寄附又は助成をいう
         6.主要な金融機関とは、直前事業年度末における全借入れ額が当社の連結総資産の2%を超える金融機関
           をいう
         7.主要株主とは、議決権保有割合10%以上                     (直接保有、間接保有の双方を含む)                 の株主をいう
         8.重要な地位にある者とは、取締役                  (社外取締役を除く)          、執行役、執行役員及び部長職以上の上級管理
           職にある使用人並びに監査法人又は会計事務所に所属する者のうち公認会計士、法律事務所に所属する
           者のうち弁護士、財団法人・社団法人・学校法人その他の法人に所属する者のうち評議員、理事及び監
           事等の役員、その他同等の重要性を持つと客観的・合理的に判断される者をいう
         9.近親者等とは、配偶者及び二親等内の親族をいう
       ・当社との関係

        社外取締役と当社との間には特に記載すべき関係                       (社外取締役が他の会社等の役員若しくは使用人である、又
       は役員若しくは使用人であった場合における当該他の会社等と当社の関係を含む)                                      はありません。なお、当社が
       定める社外取締役の独立性基準               (前掲)    に抵触しないものについては記載を省略しています。
       ・内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との連携並びに内部統制部門との関係

        監査等委員でない社外取締役は、取締役会において、内部監査、監査等委員会の監査及び会計監査の結果並び
       に内部統制部門による取り組みの状況報告を受け、意見を述べています。監査等委員である社外取締役は、主に
       監査等委員会を通じて、会計監査人による監査・レビューについての報告並びに内部統制及び内部監査について
       の報告を受けます。また、社外取締役は、社外取締役のみが参加する会合を定期的に開催し、本会合を監査等委
       員である社内取締役及び外部会計監査人等との連携の機会としても活用しています。
                                 69/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      (1)  監査等委員会監査の状況
       ① 監査等委員会の組織、人員及び手続
         監査等委員会の監査については、独立性の高い社外取締役3名を含む4名の監査等委員で監査等委員会を構
        成し、取締役の職務執行の監査にあたります。監査等委員会は原則として毎月1回開催し、社内事情に精通し
        た常勤の監査等委員である社内取締役と、独立性が高く、各専門分野に精通し実務経験豊富な監査等委員であ
        る社外取締役で構成され、各監査等委員の特性を活かした監査等委員会の監査が効果的に実施されます。ま
        た、監査等委員会の職務を補助する監査等委員会室                        (4名)    の設置、監査部門に対する指示系統の確立、会計
        監査人との連携等により、監査等委員会の機能強化を図っています。
         監査等委員である社内取締役の吉光透氏は、当社の財務及び会計を統括する部門の長を務めるなど、財務及
        び会計に関する相当程度の知見を有しています。監査等委員である社外取締役の髙橋雷太氏は、長年、公認会
        計士として企業のコンサルティングや監査の業務に従事し、現在は、髙橋雷太公認会計士税理士事務所の代表
        を務めるなど財務及び会計に関する相当程度の知見を有しています。
       ② 監査等委員会の活動状況

         当事業年度において当社は監査等委員会を15回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次の
        とおりです。
          区分              氏名             開催回数              出席回数
                  藤澤 友一
    常勤監査等委員                                  4              4
                  酒井 弘子
    常勤監査等委員                                  4              4
                  吉光 透
    常勤監査等委員                                 11              11
                  植松 則行
    監査等委員                                  4              4
    監査等委員              佐々木 宏夫                    15              15
    監査等委員              渋村 晴子                    15              15
                  髙橋 雷太
    監査等委員                                 11              11
     (注)   1.常勤監査等委員である藤澤友一及び酒井弘子、監査等委員である植松則行の各氏は、2020年6月18日開催の
         第15期定時株主総会の終結の時をもって退任したため、出席対象となる監査等委員会は退任前に開催の監査
         等委員会となっています。
       2.  常勤監査等委員である吉光透、監査等委員である髙橋雷太の各氏は、2020年6月18日開催の第15期定時株主
         総会の日に就任したため、出席対象となる監査等委員会は就任後に開催の監査等委員会となっています。
         監査等委員会における主な検討事項は、監査方針及び監査計画、内部統制システムの整備・運用状況、会計

        監査人の評価・報酬等、取締役(監査等委員である取締役を除く)の選任等・報酬等についての意見等です。
         常勤監査等委員は、重要会議への出席、業務執行に関わる報告聴取、事業所往査、会計監査人との連携、取
        締役との意見交換、重要書類の閲覧等を行っています。
         非常勤の監査等委員は、監査等委員会に出席して監査の状況の報告を受けるほか、往査への同席や業務執行
        に関わる報告聴取・会計監査人との連携等の場で、必要な意見の表明を行っています。
         監査等委員会は、当事業年度は買収会社のPMI                      (Post   Merger    Integration)       の状況、組織のグローバル化に
        伴う統制の状況、重要なリスクを伴う経営者による見積り・判断に基づく会計処理、Operational                                              Excellence
        に係る業務委託先の管理状況、リスク管理・CSR・コンプライアンスに係る取締役会の監督状況等を重点監査項
        目として取り組みました。
                                 70/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
         監査等委員会による組織監査においては、監査部門の監査等委員会への直接報告等の連携を強化し、監査部
        門が各部門に対して実施するリスク評価インタビュー、内部監査テーマ及び個別監査計画に対して監査等委員
        会の意見及び視点を盛り込み、内部監査の結果を監査等委員会による監査に効率的に活用し、より実効的な組
        織監査を実施しました。
         当事業年度に監査等委員会による監査の強化のための取り組みとして、経営課題についてのトップマネジメ
        ントとの意見交換の場を新設し、執行体からの報告の場も増やし、買収会社のPMIの方針・管理や税務戦略・ガ
        バナンス等についての意見交換も実施しています。
         なお、当事業      年度は新型コロナウイルス感染症                の影響により、業務執行に関わる報告聴取や事業所往査等を
        ウェブ会議システムを用いて実施しました。
      (2)  内部監査の状況等

        内部監査については、通常の業務執行部門から独立した社長直轄の監査部門                                     (34名)    を設置し、当社及びグ
       ループ会社における内部監査体制を整備しています。詳細については「(1)                                   コーポレート・ガバナンスの概要」
       の「  ③  内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況」に記載のとおりです。
       ・監査等委員会と監査部門の連携状況

        監査部門は、年度監査計画の策定に当たり監査等委員会の同意を得る必要があり、監査等委員会は、監査部門
       から監査結果等の報告を受け、必要に応じて監査部門に指示を行うことができます。更に、監査等委員である取
       締役と監査部門長は、原則として月1回定例会を開催し、監査内容等について意見交換し、連携強化を図ってい
       ます。
       ・監査等委員会と会計監査人の連携状況

        当社の監査等委員会と会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人は、定期的に及び必要に応じて会議を持
       ち、各々の年間監査計画の確認、監査結果及び重要な監査情報の共有を行うなど、連携を密にしています。
        四半期決算、期末決算時には、監査等委員会は会計監査人から会社法及び金融商品取引法に基づく監査・レ
       ビューについて結果報告及び説明を受けると共に、監査等委員会の行った業務監査の結果について会計監査人に
       報告し、意見交換を行っています。
       ・監査部門と会計監査人の連携状況

        監査部門と会計監査人は、財務報告に係る内部統制の整備・運用・評価及び内部監査結果等に関して定期的な
       情報共有・意見交換を行い、的確な内部統制監査等のための連携に努めています。
       ・内部監査、監査等委員会監査及び会計監査と内部統制部門との関係

        監査等委員会及び監査部門は、それぞれ監査等委員会の監査及び内部監査の手続において、その他の内部統制
       部門と意思疎通を図り、また会計監査人は、財務経理部門及び必要に応じ財務経理部門を通じてその他の内部統
       制部門と意見交換等を実施しています。
                                 71/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      (3)  会計監査の状況
       1)  監査法人の名称
         EY新日本有限責任監査法人
       2)  継続監査期間

         1968年以降
       3)  業務を執行した公認会計士の氏名

         指定有限責任社員 業務執行社員:古杉 裕亮
                         中村 昌之
                         小山 晃平
       4)  会計監査業務に係る補助者の構成

         公認会計士 21名、公認会計士試験合格者等 6名、その他 29名
       5)  監査法人の選定方針と理由

         会計監査人が会社法第340条第1項に定める解任事由に該当するときは、監査等委員全員の同意に基づく解
        任、又は監査等委員会の決議により、株主総会に提出する会計監査人の解任に関する議案の内容の決定を行い
        ます。また、監査等委員会は、会計監査人の独立性・専門性及び監査活動の適切性・妥当性の評価等を勘案
        し、株主総会に提出する会計監査人を再任しないことに関する議案の内容を決定します。
         会計監査人の独立性・専門性及び監査活動の適切性・妥当性を評価した結果、監査品質に影響を与える事項
        はなく、会計監査人を不再任とする事由には該当しません。
       6)  監査等委員会による監査法人の評価

         当社の監査等委員会は、会計監査人に対して評価を行っています。会計監査人の独立性・専門性及び監査活
        動の適切性・妥当性等に関する評価項目を設け、項目ごとに評価のために必要な資料を社内関係部門及び会計
        監査人から入手することや報告を受けることで、監査品質の評価を行っています。
                                 72/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      (4)  監査報酬の内容等
       ① 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                      当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
               基づく報酬      (百万円)     基づく報酬      (百万円)     基づく報酬      (百万円)     基づく報酬      (百万円)
       提出会社                191            ―           219            ―
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

         計               191            ―           219            ―

        (前連結会計年度)
        非監査業務の内容については、該当事項はありません。
        (当連結会計年度)
        非監査業務の内容については、該当事項はありません。
       ②   監査公認会計士等と同一のネットワーク                   (Ernst    & Young)    に属する組織に対する報酬             (①を除く)

                      前連結会計年度                      当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
               基づく報酬      (百万円)     基づく報酬      (百万円)     基づく報酬      (百万円)     基づく報酬      (百万円)
       提出会社                 ―            2           ―            6
      連結子会社                 918            48           934            94

         計               918            50           934           100

        (前連結会計年度)
        当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、主に税務コンサルティング業務等です。
        (当連結会計年度)
        当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、主に税務コンサルティング業務等です。
       ③   その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        (前連結会計年度)
        該当事項はありません。
        (当連結会計年度)
        該当事項はありません。
       ④ 監査報酬の決定方針

         当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬について、前連結会計年度の監査実績等を踏まえ、当連結会計
        年度の監査計画の内容、監査体制、監査時間、報酬単価等の妥当性を検証し、監査等委員会の同意を得た上で
        決定します。
       ⑤ 監査等委員会が監査報酬に同意した理由

         当社の監査等委員会は、社内関係部門及び会計監査人からの必要な資料の入手や報告の聴取を通じて、前連
        結会計年度の会計監査人の職務執行状況、監査時間の実績及び当連結会計年度の監査計画の内容、監査体制、
        監査時間の見積り、報酬単価等を精査・検討した結果、当連結会計年度の会計監査人の報酬等の額は妥当であ
        ると判断し、会社法第399条第1項及び同条第3項の同意を行っています。
                                 73/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ①   役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        役員の報酬等は、優秀な人材の獲得・保持が可能となり、職責に十分見合う報酬体系及び報酬水準となるよう
       設計しています。報酬水準の設定には、外部専門機関の報酬調査データを活用するなど、より客観性を高めるよ
       う努めています。
        監査等委員でない社内取締役の報酬等は、業績連動性が高く、中長期的な企業価値・株主価値の向上を重視し
       た報酬制度及び報酬構成として、定額の基本報酬、賞与及び株式報酬で構成し、業績との適切な連動を図りま
       す。また、監査等委員でない社外取締役及び監査等委員である取締役の報酬等は、定額での基本報酬のみとしま
       す。監査等委員でない取締役の個人別の報酬等は、株主総会で決議された総額の範囲内で取締役会決議により決
       定し、監査等委員である取締役の個人別の報酬等は、株主総会で決議された総額の範囲内で監査等委員の協議に
       より決定します。なお、監査等委員でない取締役の報酬等については、取締役会の決議に先立ち、報酬委員会に
       て協議することで、審議プロセスの透明性と客観性を高めます。
        当社は、報酬委員会による協議を経て、取締役会決議で定めた役員の報酬等に関する規程において、取締役の
       個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針を定めています。当該決定方針の詳細については、以下のと
       おりです。
        なお、取締役会により決定される監査等委員でない取締役の個人別の報酬等の内容については、報酬委員会が
       上記決定方針に沿うものであるかも含めて審議しており、取締役会としてもその答申を尊重し、上記決定方針に
       沿うと判断しています。また、監査等委員である取締役の個人別の報酬等は、監査等委員の協議により決定して
       います。
                                       ※

       1)   監査等委員でない社内取締役の報酬等の決定に関する方針と手続
        ※
         本項目の記述において、単に「取締役」と記載している場合、監査等委員でない社内取締役を意味します。
       報酬方針

        当社の取締役の報酬は、以下の考え方に基づき決定します。
        1.競争力のある報酬制度であること
          ・優秀な人材の獲得・保持が可能となる報酬体系及び報酬水準
        2.企業価値・株主価値向上を重視した報酬制度であること
          ・業績連動性が高く、中長期的な企業価値・株主価値の向上を重視した報酬制度及び報酬構成
        3.公平・公正な報酬制度であること
          ・国・地域を問わず、職責と成果に基づく公平かつ公正な報酬制度
                                 74/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       報酬体系
        当社の取締役の報酬体系は、「基本報酬                   (固定報酬)      」及び「インセンティブ報酬              (変動報酬)      」で構成し、
       インセンティブ報酬          (変動報酬)      は、「賞与      (短期インセンティブ報酬)             」と「株式報酬        (中長期インセンティ
       ブ報酬)    」の2種類を組み合せています。報酬の種類及び報酬の種類ごとの目的・概要は図表1のとおりです。
        図表1.当社取締役の報酬体系

          報酬の種類                           目的・概要
                      職責に応じた堅実な職務遂行を促すための固定報酬
    固
      基本報酬               ・報酬水準は報酬ベンチマーク企業群の動向を参考に決定
    定
                      ・各月毎に按分して支給
                      事業年度ごとの業績目標の達成に向けて、着実に成果を積み上げるための業績
                      連動報酬
                      ・目標達成時に支給する「基準額」は、職責等に応じて基本報酬に対する割合
      賞与
                       で設定    (報酬ベンチマーク企業群の動向を考慮)
      (短期インセンティブ報酬)
                      ・具体的な支給額は、事業年度ごとの業績目標の達成度等に応じて基準額の
                       0%~200%の範囲内で決定
                      ・原則として、各事業年度終了直後の6月~7月頃に一括して支給
                      中長期的な企業価値・株主価値の向上を重視した経営を推進するための業績連
                      動報酬
    変
                      ・「基準額」は、職責等に応じて基本報酬に対する割合で設定                               (報酬ベンチ
    動
                       マーク企業群の動向を考慮)
                      ・目標達成時に交付する株式の数                (基準ポイント)        は、「基準額」を3年間の
      株式報酬
                       対象期間開始時点の株価            (対象期間開始の前月の東京証券取引所における当
      (中長期インセンティブ報酬)
                       社株式の終値の平均値とする)              で除して算定
                      ・具体的な交付株式数は、3年間の当社株価成長率等に応じて基準ポイントの
                       0%~200%の範囲内で決定
                      ・原則として、3年間の対象期間終了直後の6月頃に一括して交付                                (ただし、
                       50%は金銭で支給)
       報酬水準

        当社の取締役の報酬水準は、優秀な人材の獲得・保持が可能となる競争力のある報酬水準となるよう、外部専
       門機関の客観的な報酬調査データ                (ウイリス・タワーズワトソンの「経営者報酬データベース」)                              等を活用し
       て、報酬ベンチマーク企業群を選定の上、職責等に応じて決定します。
       [報酬ベンチマーク企業群]

        報酬のベンチマークにあたっては、①「日本の株式市場に上場する大手製造業企業群」を主な比較対象としつ
       つ、②「当社と売上収益が同規模程度のグローバル製薬企業群」についても参考情報の一つとして参照します。
        当社の取締役の報酬          (基準額)     を決定するにあたり参照した報酬ベンチマーク企業群は、以下のとおりです。
                参照した報酬ベンチマーク企業群                              第16期        第17期
    ①  日本の株式市場に上場する大手製造業企業群

                                                 37社        43社
    ②  当社と売上収益が同規模程度のグローバル製薬企業群

                                                 18社        17社
     (注)   1.日本の株式市場に上場する大手製造業企業群は、参照時点において時価総額上位100社の中の製造業企業か
         ら選定しています。
       2.当社と売上収益が同規模程度のグローバル製薬企業群は、参照時点において売上収益が当社の0.5倍~2倍
         の範囲に位置するグローバル製薬企業から選定しています。
       3.当社の取締役の報酬(基準額)は、当社を除いた報酬ベンチマーク企業群の報酬調査データを参照して決定
         しています。
                                 75/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       報酬の構成割合
        当社の取締役の報酬の構成割合は、当社の経営戦略・事業環境、職責及びインセンティブ報酬における目標達
       成の難易度等を踏まえ、報酬ベンチマーク企業群の動向等を参考に、適切に設定します。また、業績連動性が高
       く、中長期的な企業価値・株主価値の向上を重視した報酬制度及び報酬構成とするため、インセンティブ報酬
       (特に中長期インセンティブ報酬)                の割合をより高め、代表取締役社長の報酬の構成割合は、「基本報酬:賞与
       (基準額)     : 株式報酬     (基準額)     」=「1     (27%)    :1.25    (33%)    :1.5   (40%)    」を目安とします。他の取締役
       の報酬構成割合は、代表取締役社長の報酬構成割合に準じて、職責や報酬水準を考慮し決定します。
        第16期及び第17期の当社取締役の役位別の報酬水準                        (基準額)     及び報酬構成割合は、以下             (図表2)     のとおり
       です。なお、報酬ベンチマーク企業群の報酬水準動向等を踏まえ、第17期の代表取締役社長の報酬水準を改定し
       ます。
        図表2.当社取締役の役位別報酬水準                  (基準額)     及び報酬構成割合

                                 76/173
















                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       インセンティブ報酬制度            (変動報酬)
       [賞与    (短期インセンティブ報酬)             ]
        賞与   (短期インセンティブ報酬)             は、事業年度ごとの目標の達成に向けて、着実に成果を積み上げるための業
       績連動報酬として、適切な連結業績評価指標を設定するとともに、業績連動性の高い仕組みとします。第16期の
       賞与   (短期インセンティブ報酬)             の業績評価指標及び仕組み並びに支給額の算定式は、以下                            (図表3、4)       のと
       おりです。なお、業績評価指標及び仕組みは、事業環境の変化や経営計画の見直し等に応じて、適宜、変更しま
       す。
        図表3.賞与       (短期インセンティブ報酬)             の業績評価指標及び仕組み

       業績評価指標           評価割合      評価係数変動幅                指標の選定理由・目標
                                選定理由:事業規模の拡大を評価するため
                                目標:以下を目安に設定
                                ・上限    (Maximum):目標×105%
    売上収益                 25%     0%~200%
                                ・目標    (Target)     :期初公表予想値
                                ・下限    (Minimum):目標×95%
                                選定理由:事業の収益性・効率性の向上を評価するため
                                目標:以下を目安に設定
                                ・上限    (Maximum):目標×110%
    コア営業利益率                 25%     0%~200%
                                ・目標    (Target)     :期初公表予想値
                                ・下限    (Minimum):目標×90%
                                選定理由:1株当たりの利益の拡大を評価するため
                                目標:以下を目安に設定
                                ・上限    (Maximum):目標×115%
    コアEPS                 25%     0%~200%
                                ・目標    (Target)     :期初公表予想値
                                ・下限    (Minimum):目標×85%
                                選定理由:継続的な成長の実現を評価するため
                                目標:研究と開発に区分して定量目標を設定
    研究開発業績                 25%     0%~200%
                                  ①    研究:新規新薬候補数
                                  ②    開発:開発パイプライン価値の増加額
         合計            100%     0%~200%

     (注)   EPS:Earnings       Per  Share   (1株当たり利益)
                                 77/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
        図表4.賞与       (短期インセンティブ報酬)             支給額の算定式
        第16期を評価対象期間とする賞与                (短期インセンティブ報酬)             の各業績評価指標の目標及び実績並びに賞与支








       給率   (基準額に対する実支給額の比率)                は以下のとおりです。
      業績評価指標          評価割合      評価係数変動幅              目標           実績       評価係数

                              上限:13,328億円
    売上収益              25%     0%~200%      目標:12,693億円               12,495億円          68.8%
                              下限:12,058億円
                              上限:22.5%
    コア営業利益率              25%     0%~200%      目標:20.5%                  20.1%        81.0%
                              下限:18.4%
                              上限:128.59円
                              目標:111.82円
    コアEPS              25%     0%~200%                       113.03円        107.2%
                              下限:    95.05円
                              ①研究:新規新薬候補数
                              ②開発:開発パイプライン
    研究開発業績              25%     0%~200%                          ―     193.3%
                                  価値の増加額
                                            賞与支給率          112.6%

     (注)   1.EPS:Earnings         Per  Share   (1株当たり利益)

       2.研究開発業績の目標、上限下限の設定及び評価係数は、報酬委員会における協議を経て取締役会にて決定し
         ています。
       3.第16期の売上収益、コア営業利益率、コアEPSの各業績評価指標の目標は、期初公表予想値とは異なる数値
         を設定しています。研究開発業績を含む各業績評価指標の目標数値の設定にあたっては、                                         新型コロナウイル
         ス感染症    拡大による業績への影響を勘案し、報酬委員会による協議を経て取締役会にて決定しています。
                                 78/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       [株式報酬      (中長期インセンティブ報酬)              ]
        株式報酬     (中長期インセンティブ報酬)              は、中長期的な企業価値・株主価値の向上を重視した経営を推進する
       ための業績連動報酬として、連続する3事業年度                       (以下「対象期間」)          における企業価値・株主価値の成長度等
       に応じて当社株式の交付等を行うものとし、適切な株価評価指標を設定するとともに、業績連動性の高い仕組み
       とします。
        第16期を対象期間開始事業年度とする株式報酬                      (中長期インセンティブ報酬)              の株価評価指標及び仕組み並び
       に交付株式数・金銭支給額の算定式は、以下                     (図表5、6)       のとおりです。
        株価評価指標として株主総利回り                (以下「TSR      (注1)    」)  を採用し、対象期間における「当社TSR」と「東証
       株価指数     (TOPIX)    成長率」との比較結果及び対象期間の「当社TSR」と「グローバル製薬企業                                   (TSR   Peer   Group
       (注2))    のTSR」との比較結果に応じて、当社株式の交付等を行います。ただし、交付される株式の50%は、源泉
       所得税等の納税資金に充当することを目的として、金銭に換価して支給されます。各取締役に対する株式及び金
       銭の給付は三菱UFJ信託銀行株式会社の役員報酬BIP                          (Board    Incentive     Plan)   信託を通じて行います。
       (注)   1.TSR:Total        Shareholder      Return    (株主総利回り)        の略。キャピタルゲインと配当を合わせた、株主に
            とっての総合投資利回り。
          2.TSR    Peer   Group:選定時点において売上収益が当社の0.5倍以上のグローバル製薬企業群
        図表5.株式報酬         (中長期インセンティブ報酬)              の株価評価指標及び仕組み

                               指標の
      株価評価指標         評価割合     評価係数変動幅                         目標
                              選定理由
                                    目標:以下を目安に設定
                                    ・上限    (Maximum) :200%
    TSR①
                  50%     0%~200%
                             中長期的な
                                    ・目標    (Target)       :100%    (=TOPIX成長率)
    (TOPIX成長率比較)
                             企業価値・
                                    ・下限    (Threshold):50%
                             株主価値の
                                    目標:以下を目安に設定
                             向上を評価
    TSR②
                                    ・上限    (Maximum) :100%ile           (1位)
                             するため
                  50%     0%~200%
    (グローバル製薬企業
                                    ・目標    (Target)       :50%ile     (中位)
    TSR比較)
                                    ・下限    (Threshold):25%ile           (下位1/4)
        合計         100%      0%~200%
                                 79/173











                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
        図表6.株式報酬         (中長期インセンティブ報酬)              の交付株式数・金銭支給額の算定式
                                 80/173




















                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
        第16期を評価対象期間終了事業年度とする株式報酬                        (中長期インセンティブ報酬)              の各業績評価指標の目標及
       び実績並びに株式交付率            (基準ポイントに対する実交付株式数の比率)                     は以下のとおりです。
      業績評価指標          評価割合      評価係数変動幅              目標           実績       評価係数

                              上限:13,371億円
    売上収益              30%     0%~200%      目標:12,155億円               12,495億円         128.0%
                              下限:10,940億円
                              上限:24.9%
    コア営業利益率              30%     0%~200%      目標:20.8%                  20.1%        83.3%
                              下限:16.6%
                              上限:25.2%
                              目標:16.1%
    コアROE              40%     0%~200%                        15.7%        95.6%
                              下限:    7.0%
                                            株式交付率          101.6%

     (注)   1.ROE:Return        On  Equity    (自己資本利益率)

       2.上記の株式報酬は、2018年6月15日開催の当社第13期定時株主総会において決議された業績連動型株式報酬
         制度に基づき、当社第14期事業年度において設定された信託から当社株式の交付等がなされるものであり、
         業績評価指標は、図表5に記載されている評価指標とは異なります。
       報酬決定手続

        当社の取締役の報酬等は、審議プロセスの客観性・透明性を高めるため、報酬委員会                                        (社外取締役が委員の過
       半数を占め、かつ社外取締役が委員長を務める)                       における協議結果を踏まえて、株主総会で決議された総額の範
       囲内で、取締役会決議により決定します。
       株式保有ガイドライン

        当社は、代表取締役社長に対して、就任後4年で基本報酬                           (年額)    の1.5倍の価値に相当する当社株式を保有す
       ることを奨励しています。その他の取締役については、これに準じ、役位に応じて設定した価値に相当する当社
       株式の保有を奨励しています。
       (参考)    担当役員の報酬等の決定に関する方針

        当社担当役員の報酬等の決定に関する方針は、取締役の報酬等の決定に関する方針に準ずるものとしていま
       す。ただし、賞与         (短期インセンティブ報酬)             については、取締役と同様の全社業績評価に加え、担当する部門
       の業績評価の結果等に応じて、個人別の支給額を決定します。
                                 81/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       2)   監査等委員でない社外取締役の報酬等の決定に関する方針と手続
        監査等委員でない社外取締役の報酬等は、客観的かつ独立した立場から当社の経営を監督するという役割に鑑
       みて、基本報酬        (固定報酬)      のみとします。基本報酬の水準は、外部専門機関の客観的な報酬調査データ等を参
       考に、その職責等に応じて決定します。当該取締役の個人別の報酬等は、報酬委員会における協議結果を踏まえ
       て、株主総会で決議された総額の範囲内で、取締役会決議により決定します。
       3)   監査等委員である社内取締役の報酬等の決定に関する方針と手続

        監査等委員である社内取締役の報酬等は、経営を監督・監査するという役割に鑑みて、基本報酬                                              (固定報酬)
       のみとします。基本報酬の水準は、外部専門機関の客観的な報酬調査データ等を参考に、その職責等に応じて決
       定します。当該取締役の個人別の報酬等は、株主総会で決議された総額の範囲内で、監査等委員である取締役の
       協議により決定します。
       4)   監査等委員である社外取締役の報酬等の決定に関する方針と手続

        監査等委員である社外取締役の報酬等は、客観的かつ独立した立場から当社の経営を監督・監査するという役
       割に鑑みて、基本報酬           (固定報酬)      のみとします。基本報酬の水準は、外部専門機関の客観的な報酬調査データ
       等を参考に、その職責等に応じて決定します。当該取締役の個人別の報酬等は、株主総会で決議された総額の範
       囲内で、監査等委員である取締役の協議により決定します。
       5)   報酬委員会及び取締役会の活動内容

        第16期は、第16期及び第17期に係る監査等委員でない取締役、担当役員等の報酬                                       (以下「役員報酬」)          の審
       議・決定について数多くの議論を重ねました。これらに関する最近の報酬委員会及び取締役会の活動内容は以下
       のとおりです。
        ① 2020年4月~2021年3月の1年間における報酬委員会の開催回数:7回                                   (注1)
        ② 第16期及び第17期に係る役員報酬に関して報酬委員会及び取締役会で協議・審議された主な内容                                               (注2)
          ・2020年度賞与及び2020年度株式報酬                  (注3)    の業績目標及び評価テーブルの決定                 ( 新型コロナウイルス
           感染症拡大     による業績への影響を踏まえた業績目標及び評価テーブルの改定の決定を含む)
          ・2020年度賞与に係る業績評価及び個人別支給額等の決定
          ・2020年度株式報酬          (注3)    の信託設定の決定
          ・2018年度株式報酬          (注4)    に係る業績評価及び個人別交付株式数等の決定
          ・2021年度以降の役員報酬水準・制度等の決定                      (インセンティブ報酬制度に係る業績目標及び評価テーブ
           ルの決定、国内外グループ幹部に対する報酬水準等の決定を含む)
       (注)   1.7回中2回については、客観的な立場からの専門的な情報提供を目的として、外部専門機関                                             (ウイリ
            ス・タワーズワトソン)           の報酬コンサルタントが陪席しました。
          2.当該内容には、2021年4月~2021年6月の期間において開催された報酬委員会及び取締役会において
            協議・審議した内容も含まれます。
          3.2020年度を評価対象期間開始事業年度とし、2022年度を評価対象期間終了事業年度とする株式報酬
          4.2018年度を評価対象期間開始事業年度とし、2020年度を評価対象期間終了事業年度とする株式報酬
                                 82/173







                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       6)   役員の報酬等に関する株主総会の決議
        (監査等委員でない取締役)
         監査等委員でない取締役に対する年間報酬総額(限度額)については、2019年6月18日開催の当社第14期定
        時株主総会において、以下のとおり決議されています。
                                                   (単位:百万円)
        社内/社外              基本報酬               賞与             株式報酬
    社内取締役                         590             1,370              1,640

    社外取締役                         130              ―              ―

     (注)   1.上記の限度額には使用人分給与は含まれません。当該定時株主総会終結時点の監査等委員でない社内取締役
         の員数は3名、監査等委員でない社外取締役の員数は4名です。
       2.企業業績と企業価値の持続的な向上に対する貢献意識を高めることを目的として、企業業績との連動性が高
         く、かつ透明性・客観性の高い中長期インセンティブ報酬制度として、役員報酬BIP                                       (Board    Incentive
         Plan)   信託と称される仕組みによる業績連動型株式報酬制度                         (株式報酬)      を導入しています。連続する3事
         業年度を一つの対象期間として、毎年、各対象期間の初年度に、役員報酬BIP信託に取締役への報酬として
         拠出する限度額は、当該定時株主総会において1,640百万円と決議されています。また、取締役が取得する
         当社株式数(換価処分の対象となる当社株式の数を含む)の上限は、対象期間ごとに、1,640百万円をその
         初年度開始月       (4月)    の前月    (3月)    の東京証券取引所における当社株式の終値の平均値をもって除して得
         られる数     (小数点以下の端数は切り捨て)               と当該定時株主総会において決議されています。当該定時株主総
         会終結時点の監査等委員でない社内取締役の員数は3名です。
         上記報酬等の対象となる取締役の員数                  (第16期定時株主総会終了時点)               は、基本報酬については7名              (社内

        取締役3名、社外取締役4名)               、賞与については3名           (社内取締役のみ)         、株式報酬については3名             (社内取
        締役のみ)     となります。
        (監査等委員である取締役)

         監査等委員である取締役に対する年間報酬総額(限度額)については、2018年6月15日開催の当社第13期定
        時株主総会において、以下のとおり決議されています。
                        基本報酬
    取締役
                           260百万円
    (社外取締役分を含む)
     (注)   当該定時株主総会終結時点の監査等委員である取締役の員数は5名です。
         上記報酬等の対象となる取締役の員数                  (第16期定時株主総会終了時点)               は、社内取締役1名、社外取締役3

        名となります。
                                 83/173








                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      ②   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                             報酬等の種類別の総額           (百万円)
               報酬等の
                                                     対象となる
                総額
       役員区分                                              役員の員数
                                               業績連動
               (百万円)
                                        金銭報酬     計
                     基本報酬       賞与     株式報酬
                                                      (名)
                                               報酬   計
              ①+②+③
                       ①      ②      ③
                                         ①+②
                                               ②+③
    監査等委員でない
                 1,160       292      392      476      684      868       3
    社内取締役
    監査等委員でない
                  82      82      ―      ―      82      ―       4
    社外取締役
        計         1,242       374      392      476      766      868       7
    監査等委員である
                  78      78      ―      ―      78      ―       3
    社内取締役
    監査等委員である
                  59      59      ―      ―      59      ―       4
    社外取締役
        計          137      137       ―      ―      137       ―       7
     (注)   1.上記の基本報酬には、2020年6月18日開催の当社第15期定時株主総会終結の時をもって退任した監査等委員
         である取締役3名         (うち社外取締役1名)           への支給額を含んでいます。
       2.  上記の賞与は、支給見込額です。
       3.上記の株式報酬は、日本基準により2020年度に費用計上した金額を記載しています。
      ③   役員ごとの報酬等の総額等

                                   報酬等の種類別の総額           (百万円)
                      報酬等の
        氏名               総額
               会社区分
                                                      業績連動
      (役員区分)               (百万円)
                                              金銭報酬     計
                            基本報酬       賞与     株式報酬
                                                      報酬   計
                     ①+②+③
                             ①      ②      ③
                                                ①+②
                                                      ②+③
    畑中 好彦
    (監査等委員でない          提出会社          436      102      144      190      246      334
    社内取締役)
    安川 健司
    (監査等委員でない          提出会社          488      120      169      199      289      368
    社内取締役)
    岡村 直樹
    (監査等委員でない          提出会社          236       70      79      87      149      166
    社内取締役)
     (注)   1.報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しています。
       2.上記の賞与は、支給見込額です。
       3.上記の株式報酬は、日本基準により2020年度に費用計上した金額を記載しています。
                                 84/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、保有
       目的が専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とするか否かで区分していま
       す。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       1)  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社は、業務提携など事業戦略上合理的と判断される場合を除き、新規に株式を取得・保有しません。保有
        株式については、その保有目的を当社の中長期的な事業戦略上の観点から毎年取締役会で検証し、保有価値が
        乏しいと判断した株式は売却します。
       2)  銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)        合計額    (百万円)
       非上場株式                 17           1,655
       非上場株式以外の株式                  5          26,112
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

       該当事項はありません。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                           株式数の減少に係る売却

                     銘柄数
                     (銘柄)      価額の合計額       (百万円)
       非上場株式                  5             0
       非上場株式以外の株式                  1             0
                                 85/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       3)  特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
              当事業年度         前事業年度

                                                      当社の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
              株式数    (株)      株式数    (株)
       銘柄                                               式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
                                                       の有無
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
               (百万円)         (百万円)
                                医薬事業戦略における関係の維持・強化を目
                4,968,367         4,968,367
                                的として保有しています。定量的な保有効果
    FibroGen,Inc.                           の記載は困難ですが、2021年2月末を基準と                        無
                                した保有の合理性は取締役会で検証していま
                  19,092         18,790
                                す。
                                医薬事業戦略における関係の維持・強化を目
                2,040,816         2,040,816
                                的として保有しています。定量的な保有効果
    Cytokinetics,
                                の記載は困難ですが、2021年2月末を基準と                        無
    Incorporated
                                した保有の合理性は取締役会で検証していま
                   5,255         2,619
                                す。
                                医薬品販売等における取引関係の維持・強化
                1,199,819         1,199,819
                                を目的として保有しています。定量的な保有
    株式会社ほくや
    く・竹山ホール                           効果の記載は困難ですが、2021年2月末を基                        有
    ディングス
                                準とした保有の合理性は取締役会で検証して
                    906         853
                                います。
                                医薬事業戦略における関係の維持・強化を目
                 727,200         727,200
                                的として保有しています。定量的な保有効果
    オンコリスバイ
    オファーマ株式                           の記載は困難ですが、2021年2月末を基準と                        無
    会社
                                した保有の合理性は取締役会で検証していま
                    857         954
                                す。
                                医薬事業戦略における関係の維持・強化を目
                  12,303         12,303
                                的として保有しています。定量的な保有効果
    Brickell
                                の記載は困難ですが、2021年2月末を基準と                        無
    Biotech,     Inc.
                                した保有の合理性は取締役会で検証していま
                     1         2
                                す。
                                医薬事業戦略における関係の維持・強化を目
    Plus
                    ―         191
    Therapeutics,                           的として保有していましたが、当事業年度に                        無
                    ―          0
    Inc.
                                全株式を売却しています。
     (注)   1.当社株式の保有の有無については、銘柄が持株会社の場合はその主要な子会社の保有分を勘案して記載して
         います。
       2.市場流動性が低いなど、当社の企図通り売却手続が進まない株式は保有継続となります。これら株式につい
         ても保有の合理性があると判断しています。
                                 86/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」 (昭和51年大蔵省令第28号) 
      第93条の規定により、国際会計基準 (以下「IFRS」) に準拠して作成しています。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」 (昭和38年大蔵省令第59号。以下

      「財務諸表等規則」) に基づいて作成しています。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成していま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度 (2020年4月1日から2021年3月31日ま
     で) の連結財務諸表及び事業年度 (2020年4月1日から2021年3月31日まで) の財務諸表について、EY新日本有限責
     任監査法人による監査を受けています。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成すること

     ができる体制の整備について
      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
     することができる体制の整備を行っています。その内容は、具体的には以下のとおりです。
      (1) 会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、IFRS
       に関する十分な知見を有した従業員を配置するとともに、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、セミナー等
       へ参加することを含め、社内における専門知識の蓄積に努めています。
      (2) IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方針を作成し、これに基づ

       きグループで統一した会計処理を行っています。グループ会計方針は、国際会計基準審議会 (IASB) が公表する
       プレスリリース及び基準書を随時入手し、最新の基準についての情報の把握並びに当社への影響の検討を行い、
       適時適切に内容を更新しています。
                                 87/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
       ①  【連結純損益計算書】
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                          注記    (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)                至 2021年3月31日)
     売上収益                     6          1,300,843                1,249,528
                                     △ 276,739               △ 246,063
     売上原価
      売上総利益
                                     1,024,104                1,003,465
     販売費及び一般管理費                               △ 499,295               △ 504,316

     研究開発費                               △ 224,226               △ 224,489
     無形資産償却費                     17           △ 21,164               △ 23,763
     持分法による投資損益                                △ 1,660                 478
     その他の収益                     7            12,154                7,639
                                     △ 45,921              △ 122,963
     その他の費用                     8
      営業利益
                                      243,991                136,051
     金融収益                     10            4,363               11,608

                                      △ 3,004               △ 2,335
     金融費用                     11
      税引前利益
                                      245,350                145,324
                                     △ 49,939               △ 24,734
     法人所得税費用                     12
      当期利益                               195,411                120,589
    当期利益の帰属

     親会社の所有者                                195,411                120,589
    1株当たり当期利益

     基本的1株当たり当期利益(円)                     13            104.15                64.93
     希薄化後1株当たり当期利益(円)                     13            104.08                64.90
                                 88/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ②  【連結包括利益計算書】
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                          注記    (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)                至 2021年3月31日)
    当期利益                                 195,411                120,589
    その他の包括利益

    純損益に振り替えられることのない項目
     その他の包括利益を通じて公正価値で
                                      △ 7,611                5,374
     測定する金融資産
                                       1,271                1,788
     確定給付制度の再測定
      小計
                                      △ 6,339                7,162
    純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                     △ 32,380                53,748
     在外営業活動体の外貨換算差額                     14
      小計
                                     △ 32,380                53,748
     その他の包括利益

                                     △ 38,719                60,910
     当期包括利益合計                                156,692                181,499

    当期包括利益の帰属

     親会社の所有者                                156,692                181,499
                                 89/173













                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ③  【連結財政状態計算書】
                                                 (単位:百万円)

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                          注記
                               (2020年3月31日)                (2021年3月31日)
    資産
     非流動資産
      有形固定資産                    15           268,600                264,623
                          16,  33
      のれん                               278,253                284,011
                          17,  33
      無形資産                               724,773                651,427
      売上債権及びその他の債権                    20            34,014                33,924
      持分法で会計処理されている投資                                4,692                7,117
      繰延税金資産                    18            52,876                54,176
      その他の金融資産                    29            74,264                95,850
                                      10,184                9,913
      その他の非流動資産
       非流動資産合計
                                     1,447,655                1,401,040
     流動資産

      棚卸資産                    19           151,017                164,080
      売上債権及びその他の債権                    20           347,042                343,178
      未収法人所得税                                23,556                13,984
      その他の金融資産                    29            9,459                5,560
      その他の流動資産                                18,049                19,658
                                      318,391                326,128
      現金及び現金同等物                    21
       流動資産合計                              867,514                872,588
     資産合計                               2,315,169                2,273,628
                                 90/173












                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                          注記
                               (2020年3月31日)                (2021年3月31日)
    資本及び負債
     資本
      資本金                    22           103,001                103,001
      資本剰余金                    22           177,506                177,830
      自己株式                    22           △ 7,178              △ 15,377
      利益剰余金                               905,851                953,289
                                      109,989                167,373
      その他の資本の構成要素                    22
      親会社の所有者に帰属する持分合計                              1,289,168                1,386,115
       資本合計
                                     1,289,168                1,386,115
     負債

      非流動負債
       仕入債務及びその他の債務                   28            3,142                 400
                          18,  33
       繰延税金負債                               24,670                18,161
       退職給付に係る負債                   25            38,074                38,982
       引当金                   26            6,135                5,796
       その他の金融負債                   29           129,272                199,021
                                      25,999                32,782
       その他の非流動負債                   27
        非流動負債合計
                                      227,293                295,141
      流動負債

       仕入債務及びその他の債務                   28           171,954                124,777
       未払法人所得税                               4,009                8,395
       引当金                   26            14,241                22,187
       その他の金融負債                   29           345,707                148,163
                                      262,797                288,851
       その他の流動負債                   27
        流動負債合計                             798,708                592,372
        負債合計                            1,026,001                 887,513
     資本及び負債合計                               2,315,169                2,273,628
                                 91/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ④  【連結持分変動計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                親会社の所有者に帰属する持分
                                               その他の資本の構成要素
                注記
                                                      在外営業
                    資本金      資本剰余金       自己株式      利益剰余金
                                               新株予約権       活動体の
                                                     外貨換算差額
    2019年4月1日残高                  103,001       177,301      △ 164,629       991,957       1,127      125,656

    当期包括利益
     当期利益                   -       -       -     195,411         -       -
     その他の包括利益                   -       -       -       -       -    △ 32,380
      当期包括利益合計                  -       -       -     195,411         -    △ 32,380
    所有者との取引額
     自己株式の取得           22        -       -    △ 52,899         -       -       -
     自己株式の処分           22        -      △ 313       954      △ 413      △ 228       -
     自己株式の消却           22        -       -     209,396      △ 209,396         -       -
     配当金           23        -       -       -    △ 73,539        -       -
     株式報酬取引           24        -      518       -       -       -       -
     振替                   -       -       -      1,831        -       -
     所有者との取引額合計                   -      205     157,451      △ 281,517       △ 228       -
    2020年3月31日残高                  103,001       177,506       △ 7,178      905,851        899     93,277
    当期包括利益
     当期利益                   -       -       -     120,589         -       -
     その他の包括利益                   -       -       -       -       -     53,748
      当期包括利益合計                  -       -       -     120,589         -     53,748
    所有者との取引額
     自己株式の取得           22        -       -     △ 9,163        -       -       -
     自己株式の処分           22        -      △ 444       964      △ 365      △ 154       -
     配当金           23        -       -       -    △ 76,157        -       -
     株式報酬取引           24        -      768       -       -       -       -
     振替                   -       -       -      3,371        -       -
     所有者との取引額合計                   -      324     △ 8,199      △ 73,151       △ 154       -
    2021年3月31日残高                  103,001       177,830      △ 15,377      953,289        745     147,024
                                 92/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                            親会社の所有者に帰属する持分
                          その他の資本の構成要素
                    その他の包括
                注記                                     資本合計
                    利益を通じて
                                              合計
                           確定給付制度の
                    公正価値で                 合計
                             再測定
                    測定する
                    金融資産
    2019年4月1日残高                   23,984          -      150,767       1,258,396        1,258,396
    当期包括利益
     当期利益                    -        -        -      195,411        195,411
     その他の包括利益                  △ 7,611        1,271       △ 38,719       △ 38,719       △ 38,719
      当期包括利益合計                 △ 7,611        1,271       △ 38,719        156,692        156,692
    所有者との取引額
     自己株式の取得           22         -        -        -      △ 52,899       △ 52,899
     自己株式の処分           22         -        -       △ 228         1        1
     自己株式の消却           22         -        -        -        -        -
     配当金           23         -        -        -      △ 73,539       △ 73,539
     株式報酬取引           24         -        -        -        518        518
     振替                   △ 560      △ 1,271       △ 1,831         -        -
     所有者との取引額合計                   △ 560      △ 1,271       △ 2,059      △ 125,920       △ 125,920
    2020年3月31日残高                   15,813          -      109,989       1,289,168        1,289,168
    当期包括利益
     当期利益                    -        -        -      120,589        120,589
     その他の包括利益                   5,374        1,788        60,910        60,910        60,910
      当期包括利益合計                  5,374        1,788        60,910        181,499        181,499
    所有者との取引額
     自己株式の取得           22         -        -        -      △ 9,163       △ 9,163
     自己株式の処分           22         -        -       △ 154         1        1
     配当金           23         -        -        -      △ 76,157       △ 76,157
     株式報酬取引           24         -        -        -        768        768
     振替                  △ 1,583       △ 1,788       △ 3,371         -        -
     所有者との取引額合計                  △ 1,583       △ 1,788       △ 3,525       △ 84,552       △ 84,552
    2021年3月31日残高                   19,604          -      167,373       1,386,115        1,386,115
                                 93/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       ⑤  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                           注記    (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)                至 2021年3月31日)
    営業活動によるキャッシュ・フロー
     税引前利益                                  245,350                145,324
     減価償却費及び無形資産償却費                                  66,396                72,652
     減損損失(又は戻入れ)                                  13,796               100,348
     金融収益及び金融費用                                  △ 1,359               △ 9,273
     棚卸資産の増減額                                  △ 6,038               △ 2,318
     売上債権及びその他の債権の増減額                                 △ 16,391                22,161
     仕入債務及びその他の債務の増減額                                 △ 21,363               △ 51,569
                                      △ 10,400                47,389
     その他
      小計
                                       269,991                324,714
                                      △ 47,993               △ 17,870
     法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       221,998                306,843
    投資活動によるキャッシュ・フロー
     有形固定資産の取得による支出                                 △ 41,267               △ 31,384
     有形固定資産の売却による収入                                   6,924                6,831
     無形資産の取得による支出                                 △ 36,621               △ 46,057
     子会社の取得による支出                       33          △ 320,764               △ 14,916
     利息及び配当金の受取額                                   2,062                1,037
                                        △ 127               2,594
     その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 389,793               △ 81,894
    財務活動によるキャッシュ・フロー
     社債及び短期借入金の増減額                                  326,000               △ 206,000
     長期借入れによる収入                                    -              80,000
     自己株式の取得による支出                       22           △ 52,899               △ 9,163
     親会社の所有者への配当金の支払額                       23           △ 73,539               △ 76,157
     リース負債の返済による支出                                 △ 17,660               △ 15,891
                                        △ 847              △ 2,268
     その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       181,055               △ 229,479
                                       △ 5,942               12,267

    現金及び現金同等物の為替変動による影響
    現金及び現金同等物の増減額
                                        7,317                7,737
                                       311,074                318,391
    現金及び現金同等物の期首残高                        21
    現金及び現金同等物の期末残高                        21           318,391                326,128
                                 94/173









                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      【連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      アステラス製薬株式会社及び連結子会社                   (以下「当社グループ」)            は、医薬品事業を展開しています。当社グルー
     プの親会社であるアステラス製薬株式会社                    (以下「当社」)        は、日本に所在する企業であり、登記されている本社及
     び主要な事業所の住所は、ホームページ                   (https://www.astellas.com/jp/)                で開示しています。また、株式は東京証
     券取引所     (市場第一部)       に上場しています。
      当社グループの2021年3月31日に終了する連結会計年度の連結財務諸表は、2021年6月18日に最高経営責任者であ
     る代表取締役社長         安川健司及び最高財務責任者である代表取締役副社長                         経営戦略・財務担当          岡村直樹によって承認
     されています。
    2.作成の基礎

     (1)  IFRSに準拠している旨
       当社グループの連結財務諸表は、国際会計基準審議会によって公表されたIFRSに準拠して作成しています。
       当社グループは、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)                                                第1条の
      2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、同第93条の規定を適用しています。
     (2)  測定の基礎

       当社グループの連結財務諸表は、公正価値で測定する金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成していま
      す。
     (3)  表示通貨

       当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、特に注釈の無い限り、百
      万円単位での四捨五入により表示しています。
     (4)  未適用の公表済み基準及び解釈指針

       連結財務諸表の承認日までに公表されている基準書及び解釈指針の新設又は改訂のうち、当社グループが適用し
      ていない重要なものはありません。
                                 95/173










                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    3.重要な会計方針
      当社グループが適用する重要な会計方針は、連結財務諸表に表示されているすべての期間において継続的に適用さ
     れています。
     (1)  連結の基礎

      ① 子会社
        子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。支配とは投資先に対するパワーを有し、投
       資先への関与により生じるリターンの変動にさらされ、かつ投資先に対するパワーを通じてリターンに影響を及
       ぼす能力を有している場合をいいます。当社グループは、子会社に対する支配を獲得した日から当該子会社を連
       結し、支配を喪失した日から連結を中止しています。
        グループ会社間の債権債務残高、取引高、及びグループ会社間取引によって発生した未実現損益は、連結財務
       諸表の作成にあたり消去しています。
      ② 関連会社

        関連会社とは、当社グループがその財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配又は共
       同支配はしていない企業をいいます。当社グループが他の企業の議決権の20%から50%を保有する場合、当社グ
       ループは当該企業に対して重要な影響力を有していると推定されます。当社グループは、関連会社に対する投資
       について、持分法を用いて会計処理を行っています。
      ③ 共同支配の取決め

        共同支配の取決めとは、当社グループが共同支配を有する取決めをいいます。共同支配とは、取決めに対する
       契約上合意された支配の共有であり、取決めのリターンに重要な影響を及ぼす活動に関する意思決定が、支配を
       共有している当事者の全員一致の合意を必要とする場合にのみ存在します。当社グループが有する共同支配の取
       決めは、以下の2つに分類され、会計処理されています。
        ・共同支配事業        ―  当社グループが取決めに関する資産の権利及び負債に係る義務を有する場合、その共同支
         配事業に関連する自らの資産、負債、収益及び費用を認識しています。
        ・ジョイント・ベンチャー             ―  当社グループが取決めの純資産に対する権利のみを有している場合、関連会社
         と同様に持分法により会計処理しています。
     (2)  企業結合

       企業結合については、取得法を用いて会計処理をしています。
       移転された対価は、当社グループが移転した資産、引き受けた負債及び発行した資本持分の公正価値の合計額で
      測定しています。移転された対価には、条件付対価契約から発生したすべての資産又は負債の公正価値が含まれま
      す。
       IFRS第3号「企業結合」の認識の要件を満たす被取得企業の識別可能な資産、負債及び偶発負債は、以下を除
      き、取得日時点の公正価値で測定しています。
       ・繰延税金資産及び負債はIAS第12号「法人所得税」に、従業員給付に係る負債                                     (又は資産)      はIAS第19号「従業
        員給付」に、株式報酬に係る負債はIFRS第2号「株式に基づく報酬」に準拠して、それぞれ認識及び測定して
        います。
       ・売却目的として分類される非流動資産又は処分グループは、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び
        非継続事業」に準拠して測定しています。
       ・ 使用権資産及びリース負債は、IFRS第16号「リース」に準拠して測定しています。
       のれんは、移転した対価と被取得企業の非支配持分の金額の合計が、取得日時点における識別可能な資産及び負
      債の正味価額を上回る場合に、その超過額として測定しています。この差額が負の金額である場合には、直ちに純
      損益として認識しています。
       企業結合に関連して発生した仲介手数料や助言費用等の取引関連コストは、発生時に費用処理しています。
                                 96/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (3)  外貨換算
      ① 機能通貨及び表示通貨
        当社グループの各企業の個別財務諸表は、それぞれの機能通貨で作成されています。当社グループの連結財務
       諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示されています。
      ② 外貨建取引

        外貨建取引は、取引日の直物為替レート又はそれに近似するレートを用いて機能通貨に換算しています。
        期末における外貨建貨幣性資産及び負債はすべて期末日の直物為替レートを用いて機能通貨に再換算し、その
       結果生ずる差額を純損益として認識しています。
      ③ 在外営業活動体

        在外営業活動体の資産及び負債は期末日の為替レート、収益及び費用は、期中の平均為替レートを用いて日本
       円に換算しています。
        在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる外貨換算差額は、その他の包括利益で認識しています。在外営業
       活動体を処分する場合、当該在外営業活動体に関連する外貨換算差額の累計額は、処分時に純損益に振り替えて
       います。
     (4)  売上収益

       当社グループは、医薬品の販売による収益及び第三者に製品の製造や販売、技術の使用等を認めた契約によるロ
      イヤルティ収入を得ています。
      ① 医薬品の販売
        医薬品の販売による収益は、当社グループが移転を約束した医薬品に対する支配を顧客が獲得した時点で認識
       しています。医薬品に対する支配は、通常、医薬品が顧客へ引き渡された時点で顧客に移転すると判断していま
       す。
        対価の支払条件については、原則として1年を超える契約はありません。取引価格に割戻、値引及びその他顧
       客に支払われる対価等の変動性のある金額が含まれている契約については、これらの変動対価を期待値又は最頻
       値により見積り、顧客から受領する対価から控除しています。変動対価は重要な戻し入れが生じない可能性が非
       常に高い場合のみ認識しています。
        他の企業から医薬品の販売を受託していると判断された取引、すなわち、当社グループが代理人として関与し
       ている取引については、当社グループが権利を得ると見込んでいる報酬又は手数料を純額で収益として認識して
       います。
      ② ロイヤルティ収入

        ロイヤルティ収入には、契約一時金、契約で定められた条件を達成した場合に受領する受取マイルストン及び
       売上高等をベースとしたランニング・ロイヤルティが含まれます。
        契約一時金は、履行義務が複数識別された場合には取引価格を配分し、それぞれの履行義務が充足された時点
       で又は履行義務が充足されるにつれて一定の期間にわたり、収益を認識しています。一時点で充足される履行義
       務については、契約に基づき当社グループが移転することを約束した権利の支配を顧客が獲得した時点で収益を
       認識しています。一定の期間にわたり充足される履行義務については、経過期間等のアウトプットと、契約で約
       束した残りのサービス提供期間等との比率に基づいて収益を認識しています。
        受取マイルストンは、原則として条件が達成された時点で一時に収益を認識しています。
        売上高等をベースとしたランニング・ロイヤルティは、その後の売上等が発生する、もしくは、売上高等を
       ベースとしたロイヤルティが配分されている履行義務が充足されるという事象のうち、遅い方が発生した時点で
       認識しています。
                                 97/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
        契約一時金及び受取マイルストンは、原則として契約で定められた金額を収益としています。ランニング・ロ
       イヤルティの収益については、顧客からランニング・ロイヤルティの計算対象期間の売上高等の報告を受け、そ
       れに契約で定められた料率を乗じて算出しています。ほとんどの契約で契約締結や条件達成後、及びランニン
       グ・ロイヤルティの計算対象期間の末日から短期間での支払期限が定められています。
     (5)  研究開発費

       当社グループ内で発生した研究開発に関する支出は、すべて研究開発費として発生時に費用計上しています。
       IAS第38号「無形資産」の下では、内部発生の開発費は、資産計上基準を満たした場合には無形資産として資産計
      上されますが、当社グループでは、グループ内で発生した進行中の開発プロジェクトに係る費用については、主要
      な市場における規制当局からの販売承認を得ていない限り、資産化の基準を満たしていないと判断しており、資産
      として計上していません。
       当社グループは、グループ内部における研究開発活動のほか、複数の第三者と共同研究開発に関する契約を締結
      しています。これらの共同研究開発に伴い発生した、研究開発業務に係る費用の精算に伴う支出及び収入は、グ
      ループ内で発生した研究開発に関する費用と同様に研究開発費として発生時に費用計上しています。
     (6)  金融収益及び金融費用

       金融収益は、主として利息収益及び配当収益から構成されています。利息収益は、実効金利法により発生時に認
      識しています。配当収益は、当社グループの受領権が確定した時に認識しています。
       金融費用は、主として利息費用及び手数料から構成されています。
     (7)  法人所得税費用

       法人所得税費用は、当期税金及び繰延税金から構成され、企業結合から生じる税金、及びその他の包括利益又は
      直接資本に認識される項目に関係する税金を除いて、純損益で認識しています。
       当期税金は、期末日において施行又は実質的に施行されている法定税率及び税法を適用して、税務当局に納付又
      は税務当局から還付されることが予想されている金額で算定しています。
       繰延税金資産及び繰延税金負債は、ある資産又は負債の連結財政状態計算書上の帳簿価額と税務基準額との間に
      生じる一時差異に対して認識しています。但し、以下の一時差異に対しては、繰延税金資産及び繰延税金負債を認
      識していません。
       ・のれんの当初認識から生じる場合
       ・企業結合以外の取引で、取引日に会計上の純損益にも課税所得                               (欠損金)     にも影響しない取引における資産及
        び負債の当初認識から生じる場合
       ・子会社、関連会社に対する投資及び共同支配の取決めに対する持分に係る将来減算一時差異については、予測
        し得る期間内に当該一時差異が解消する可能性が高くない場合又は当該一時差異の使用対象となる課税所得が
        獲得される可能性が高くない場合
       ・子会社、関連会社に対する投資及び共同支配の取決めに対する持分に係る将来加算一時差異については、一時
        差異を解消する時期をコントロールでき、予測可能な期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合
       繰延税金資産は、将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金及び繰越税額控除について、将来それらを使用できる

      課税所得が稼得される可能性が高い範囲内で認識しています。
       繰延税金資産及び繰延税金負債は、期末日における法定税率又は実質的法定税率、及び税法に基づいて、資産が
      実現する期又は負債が決済される期に適用されると予想される税率で算定しています。
       繰延税金資産と繰延税金負債は、当期税金資産と当期税金負債とを相殺する法的強制力のある権利を有する場合
      で、かつ同一の納税主体又は当期税金資産と当期税金負債とを純額で決済する予定の異なる納税主体に対して同一
      の税務当局によって課されている法人所得税費用に関連する場合、相殺しています。
                                 98/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     (8)  1株当たり当期利益
       基本的1株当たり当期利益は、親会社の所有者に帰属する当期利益を、その期間の自己株式を調整した発行済普
      通株式の加重平均株式数で除して算定しています。希薄化後1株当たり当期利益は、すべての希薄化効果のある潜
      在的普通株式による影響について、親会社の所有者に帰属する当期利益及び自己株式を調整した発行済株式の加重
      平均株式数を調整することにより算定しています。
     (9)  有形固定資産       (使用権資産を除く)

       有形固定資産の測定には、原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した価
      額で表示しています。取得原価には、資産の取得に直接付随する費用、資産の解体及び除去並びに原状回復費用の
      当初見積額が含まれています。
       当初認識後に生じたコストは、当該コストに関連する将来の経済的便益が当社グループに流入する可能性が高

      く、当該コストが信頼性をもって測定できる場合にのみ、資産として認識しています。有形固定資産に対する修繕
      及び維持のための日常的な保守費用は、発生時に費用計上しています。
       有形固定資産項目に重要な構成要素が存在する場合には、それぞれ別個の有形資産項目として計上しています。
      有形固定資産の減価償却は、当該資産が使用可能となった時点から開始されます。減価償却費は、償却可能価額を
      各構成要素の見積耐用年数にわたって、定額法により算定しています。償却可能価額は、資産の取得価額から残存
      価額を差し引いて算定しています。
       主要な資産項目ごとの見積耐用年数は以下のとおりです。

        建物及び構築物                   2~60年
        機械装置及び運搬具                   2~20年
        工具、器具及び備品                   2~20年
       有形固定資産の耐用年数、残存価額及び減価償却方法は各連結会計年度末に再検討を行い、必要に応じて改定し

      ています。
    (10)   リース

       当社グループは、契約時に契約がリース又はリースを含んだものであるかどうかを、契約の実質に基づき判断し
      ています。リース期間は、解約不能期間に合理的に確実な延長するオプションと解約するオプションを加えて決定
      しています。特性が合理的に類似したリースのポートフォリオには単一の割引率を使用しています。短期リース及
      び原資産が少額であるリースについては、使用権資産とリース負債を認識せず、当該リースに関連したリース料を
      リース期間にわたり費用として認識する場合があります。
      ① 使用権資産

        使用権資産は、リース開始日時点のリース負債の当初測定額に、発生した当初直接コスト等を調整した取得原
       価で測定しています。
        開始日後は、使用権資産の耐用年数又はリース期間のいずれか短い方の期間                                    (2~40年)      にわたり、定額法で
       減価償却しています。
      ② リース負債

        リース負債は、リース開始日時点で支払われていないリース料をリースの計算利子率を用いて割り引いた現在
       価値で当初測定しています。リースの計算利子率を容易に算定できない場合には、追加借入利子率を使用してい
       ます。
        開始日後は、リース負債に係る金利を反映するように帳簿価額を増額し、支払われたリース料を反映するよう
       に帳簿価額を減額し、リース負債の見直しやリースの条件変更等に伴って必要に応じて再測定しています。
                                 99/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    (11)   のれん
       当初認識時におけるのれんの測定については、「                       (2)  企業結合」に記載しています。当初認識後は、取得原価か
      ら減損損失累計額を控除して計上しています。
       のれんの減損については、「              (13)   有形固定資産、のれん及び無形資産の減損」に記載しています。
    (12)   無形資産

       無形資産は、のれん以外の物理的実体のない識別可能な非貨幣性資産であり、個別に取得した、又は企業結合の
      一環として取得した研究及び製造に関する技術、仕掛研究開発及び販売権等により構成されています。
       個別に取得した無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しており、企業結合により取得した無形資産は、支配
      獲得日の公正価値で測定しています。また、当初認識後の測定には原価モデルを採用しており、取得原価から償却
      累計額及び減損損失累計額を控除して計上しています。
       個別に取得した、又は企業結合に伴い取得した製品及び研究開発に関する権利のうち、研究開発の段階にあり、

      未だ規制当局の販売承認が得られていないものは、「仕掛研究開発」として無形資産に計上しています。
       取得した仕掛研究開発に関する支出は、当社グループに将来の経済的便益をもたらすことが期待され、かつ、識
      別可能である場合にのみ資産として計上しており、これには第三者に支払われた契約一時金及び目標達成時のマイ
      ルストン支払が含まれています。
       仕掛研究開発として計上された無形資産は、未だ使用可能な状態にないため、償却をせず、減損の兆候がある場
      合にはその都度及び減損の兆候の有無にかかわらず毎年一定の時期に減損テストを実施しています。
       仕掛研究開発は規制当局の販売承認が得られ、使用が可能となった時点で「販売権」に振り替えており、その時
      点から見積耐用年数にわたり定額法で償却しています。
       無形資産は、それらが使用可能となった時点から見積耐用年数                              (2年~25年)       にわたって定額法で償却していま

      す。個別に取得した、又は企業結合に伴い取得した研究及び製造に関する技術、製品及び研究開発に関する権利の
      償却費は、連結純損益計算書の「無形資産償却費」として表示しています。見積耐用年数は、法的保護期間又は経
      済的耐用年数のいずれか短い方を採用し、定期的に見直しを行っています。
    (13)   有形固定資産、のれん及び無形資産の減損

      ① 有形固定資産及び無形資産の減損
        当社グループは、各四半期末日に、有形固定資産及び無形資産が減損している可能性を示す兆候の有無を検討
       しています。
        減損の兆候がある場合には、回収可能価額の見積りを実施しています。また耐用年数を確定できない、もしく
       は未だ使用可能ではない無形資産については、減損の兆候の有無にかかわらず毎年一定の時期に減損テストを実
       施しています。
        回収可能価額の見積りにおいて、個々の資産の回収可能価額を見積もることができない場合には、その資産の

       属する資金生成単位の回収可能価額を見積もっています。資金生成単位とは、他の資産又は資産グループからお
       おむね独立したキャッシュ・イン・フローを生み出す最小単位の資産グループをいいます。
        回収可能価額は、処分費用控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方で算定しています。使用価値の算定
       において、見積将来キャッシュ・フローは評価日における貨幣の時間価値及び当該資産に固有のリスクを反映し
       た割引率を用いて現在価値に割り引いています。回収可能価額の算定に使用する割引率は、地域ごとに適切な水
       準で設定しています。
        資産又は資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、その帳簿価額を回収可能価額まで減額
       し、差額は減損損失として純損益で認識しています。
                                100/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
      ② のれんの減損
        のれんは、企業結合のシナジーから便益を得ると見込まれる資金生成単位又は資金生成単位グループに配分
       し、毎年一定の時期及び減損の兆候があると認められた場合にはその都度、減損テストを実施しています。減損
       テストにおいて資金生成単位又は資金生成単位グループの回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、その帳簿
       価額を回収可能価額まで減額し、差額は減損損失として純損益で認識しています。
        資金生成単位又は資金生成単位グループに関連して認識した減損損失は、まず資金生成単位又は資金生成単位
       グループに配分されたのれんの帳簿価額から減額するように配分し、次に資金生成単位又は資金生成単位グルー
       プにおけるその他の資産の帳簿価額を比例的に減額するよう配分しています。
      ③ 減損の戻入れ

        過年度に認識した減損損失については、各四半期末日において、損失が消滅又は減少している可能性を示す兆
       候の有無を検討しています。減損の戻入れの兆候がある場合には、その資産又は資金生成単位の回収可能価額の
       見積りを行っています。回収可能価額が、資産又は資金生成単位の帳簿価額を上回る場合には、過年度に減損損
       失が認識されていなかった場合の帳簿価額から必要な償却又は減価償却費を控除した後の帳簿価額を超えない金
       額を上限として、減損損失の戻入れを実施しています。
        のれんについて認識した減損損失は、その後の期間に戻入れを行いません。
    (14)   金融商品

      ① 当初認識及び測定
        金融資産及び金融負債は、当社グループが金融商品の契約上の当事者となった取引日に認識しています。
        金融資産及び金融負債は、重大な金融要素を含んでいない営業債権を除き、当初認識時に公正価値で測定して
       います。純損益を通じて公正価値で測定する金融資産                         (以下「FVTPLの金融資産」)             及び純損益を通じて公正価値
       で測定する金融負債          (以下「FVTPLの金融負債」)             を除き、金融資産の取得及び金融負債の発行に直接起因する取
       引コストは、当初認識時において、金融資産の公正価値に加算又は金融負債の公正価値から減算しています。
       FVTPLの金融資産及びFVTPLの金融負債の取得に直接起因する取引コストは純損益で認識しています。
      ② 金融資産

        当社グループはすべての金融資産を当初認識時に、「償却原価で測定する金融資産」、「その他の包括利益を
       通じて公正価値で測定する金融資産                  (以下「FVTOCIの金融資産」)」又は「FVTPLの金融資産」に分類していま
       す。
       (a)  償却原価で測定する金融資産

         以下の条件がともに満たされる場合には、償却原価で測定する金融資産に分類しています。
         ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融資産を保有することを目的とする事業モデルの中で保
          有されている。
         ・契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが所定の日に生じ
          る。
         当初認識後、実効金利法による償却原価から減損損失を控除した金額で測定し、実効金利法による利息収益
        は純損益で認識しています。
                                101/173






                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (b)  FVTOCIの金融資産         (負債性金融資産)
         以下の条件がともに満たされる場合には、FVTOCIの金融資産                            (負債性金融資産)         に分類しています。
         ・契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方によって目的が達成される事業モデルの中で保有されて
          いる。
         ・契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが所定の日に生じ
          る。
         当初認識後、公正価値で測定し、減損利得又は減損損失及び為替差損益を除き、公正価値の変動から生じる
        評価損益はその他の包括利益で認識しています。当該金融資産の認識を中止する場合、その他の資本の構成要
        素に計上されている累積損益を、純損益に組替調整額として振り替えています。
       (c)  FVTOCIの金融資産         (資本性金融資産)

         資本性金融資産は、一部を除いて公正価値の事後の変動をその他の包括利益に表示するという取消不能な選
        択を行っており、FVTOCIの金融資産に分類しています。
         当初認識後、公正価値で測定し、公正価値の変動から生じる評価損益はその他の包括利益で認識していま
        す。当該金融資産の認識を中止する場合、又は公正価値が著しく下落した場合には、その他の資本の構成要素
        に計上されている累積損益を利益剰余金に振り替えています。当該金融資産に係る受取配当金は、投資金額の
        一部回収である場合を除き、純損益として認識しています。
       (d)  FVTPLの金融資産

         償却原価で測定する金融資産及びFVTOCIの金融資産に分類されない金融資産をFVTPLの金融資産として分類し
        ています。
         当初認識後、公正価値で測定し、事後的な変動を純損益として認識しています。
      ③ 金融資産の減損

        当社グループは、償却原価で測定する金融資産又は負債性金融資産のうちFVTOCIの金融資産に分類された金融
       資産に係る予想信用損失に対する損失評価引当金を認識しています。
        損失評価引当金の測定は、各四半期末日において、当該金融資産に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増
       大している場合は、当該金融資産に係る全期間の予想信用損失に等しい金額とし、当該金融資産に係る信用リス
       クが当初認識以降に著しく増大していない場合は、当該金融資産に係る12ヶ月の予想信用損失に等しい金額とし
       ています。
        ただし、営業債権、契約資産及びリース債権に係る損失評価引当金については、常に全期間の予想信用損失と
       同額で測定しています。
        金融資産の全部又は一部について回収できないと合理的に判断した場合には債務不履行とみなしています。
        損失評価引当金の金額は、以下を反映して算定しています。
        ・一定範囲の生じ得る結果を評価することにより算定される、偏りのない確率加重金額
        ・貨幣の時間価値
        ・過去の事象、現在の状況及び将来の経済状況の予測についての、過大なコストや労力を掛けずに利用可能な
         合理的で裏付け可能な情報
        信用リスクが著しく増加しているか否かの評価を行う際には、期日経過の情報のほか、利用可能な合理的で裏

       付け可能な情報を考慮しています。また、債務者の破産等による法的整理の手続の開始等があった場合には、信
       用減損金融資産としています。なお、将来回収できないことが明らかな金額は、金融資産の帳簿価額を直接減額
       し、対応する損失評価引当金の金額を減額しています。
      ④ 金融負債

        当社グループはすべての金融負債を当初認識時に、「FVTPLの金融負債」又は「償却原価で測定する金融負債」
       に分類しています。
                                102/173



                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
       (a)  FVTPLの金融負債
         デリバティブによって認識した金融負債、FVTPLの金融負債として指定した金融負債及び企業結合において認
        識した条件付対価のうち金融負債の定義を満たすものをFVTPLの金融負債に分類しています。
         当初認識後、公正価値で測定し、事後的な変動を純損益として認識しています。
       (b)  償却原価で測定する金融負債

         FVTPLの金融負債として分類されない金融負債を償却原価で測定する金融負債に分類しています。
         当初認識後、実効金利法による償却原価で測定しています。
      ⑤ 認識の中止

        金融資産については、金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、金融資
       産のキャッシュ・フローを受け取る契約上の権利を譲渡し、当該金融資産の所有に係るリスクと経済価値のほと
       んどすべてを移転した場合、又は金融資産のキャッシュ・フローを受け取る契約上の権利を譲渡したが、当該金
       融資産の所有に係るリスクと経済価値のほとんどすべてを移転したわけでも、ほとんどすべてを保持しているわ
       けでもなく、かつ、当該金融資産に対する支配を保持していない場合に、当該金融資産の認識を中止していま
       す。
        金融負債については、金融負債が消滅した時、すなわち契約中に特定された債務が免責、取消し又は失効と
       なった場合に、当該金融負債の認識を中止しています。
    (15)   現金及び現金同等物

       現金及び現金同等物は、手元現金、随時引き出し可能な預金及び通常取得日後3ヶ月以内に満期を迎え、価格変
      動について僅少なリスクしか負わない、流動性の高い短期投資から構成されています。
    (16)   棚卸資産

       棚卸資産は取得原価又は正味実現可能価額のいずれか低い額で測定しています。取得原価には、購入原価、加工
      費及び棚卸資産が現在の場所及び状態に至るまでに発生したその他のすべての原価が含まれています。正味実現可
      能価額は、通常の事業の過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び販売に要する見積費用を控除
      して算定しています。棚卸資産の原価は、主として先入先出法により算定しています。
    (17)   売却目的で保有する資産

       継続的使用ではなく、主に売却取引により帳簿価額が回収される非流動資産又は処分グループは、「売却目的で
      保有する資産」として表示しています。売却目的で保有する資産へ分類するためには、現状で直ちに売却すること
      が可能であり、かつ、売却の可能性が非常に高いことを条件としており、当社グループの経営者が売却計画の実行
      を確約し、原則として1年以内に売却が完了する予定である場合に限られます。「売却目的で保有する資産」は、
      帳簿価額又は売却費用控除後の公正価値のいずれか低い金額で測定しており、売却目的保有に分類された後は減価
      償却又は償却を行っていません。
    (18)   資本

      ① 普通株式
        当社が発行した普通株式は、発行価額を資本金及び資本剰余金に計上し、取引コストは、関連する税効果を控
       除後に資本剰余金から控除しています。
      ② 自己株式

        自己株式を取得した場合は、取引コストを含む支払対価を資本の控除項目として認識しています。自己株式を
       売却した場合は、帳簿価額と売却対価の差額を資本として認識しています。
                                103/173




                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    (19)   株式報酬
       当社グループは、株式報酬制度として持分決済型の株式報酬制度と現金決済型の株式報酬制度を採用していま
      す。
      ① 持分決済型の株式報酬制度
        持分決済型の株式報酬制度では、受領するサービスを付与日における資本性金融資産の公正価値で測定し、付
       与日から権利確定期間にわたり費用として認識し、同額を資本の増加として認識しています。
      ② 現金決済型の株式報酬制度

        現金決済型の株式報酬制度では、受領するサービスを発生した負債の公正価値で測定し、権利確定期間にわた
       り費用として認識し、同額を負債の増加として認識しています。なお、負債は決済されるまで、その公正価値を
       各四半期末日及び決済日に再測定し、公正価値の変動を純損益として認識しています。
    (20)   従業員給付

      ① 退職後給付制度
        当社グループは、退職後給付制度として、確定給付型制度及び確定拠出型制度を採用しています。
       (a)  確定給付型制度

         確定給付型制度に係る資産又は負債の純額は、確定給付制度債務の現在価値から、制度資産の公正価値を控
        除したものであり、資産又は負債として連結財政状態計算書で認識しています。確定給付制度債務は、予測単
        位積増方式に基づいて算定され、その現在価値は、将来の予想支払額に割引率を適用して算定しています。割
        引率は、給付が見込まれる期間に近似した満期を有する優良社債の利回りを参照して決定しています。
         勤務費用及び確定給付負債             (資産)    の純額に係る純利息費用は純損益として認識しています。
         数理計算上の差異、純利息費用に含まれる部分を除く制度資産に係る収益及び資産上限額の影響の変動につ
        いては、それらが生じた期間において「確定給付制度の再測定」としてその他の包括利益に認識し、直ちにそ
        の他の資本の構成要素から利益剰余金へ振替えています。
       (b)  確定拠出型制度

         確定拠出型の退職給付に係る拠出は、従業員が関連するサービスを提供した期間に費用として計上していま
        す。
      ② 短期従業員給付

        短期従業員給付については、従業員から関連する勤務が提供された時点で費用として認識しています。なお、
       賞与については、過去に従業員から勤務を提供された結果、支払を行う法的又は推定的債務を有しており、か
       つ、当該債務について信頼性のある見積りが可能な場合に負債として認識しています。
    (21)   引当金

       当社グループが過去の事象の結果として法的又は推定的な現在の債務を有しており、当該債務を決済するために
      経済的便益を有する資源の流出が必要となる可能性が高く、当該債務の金額につき信頼性のある見積りができる場
      合に引当金を計上しています。
       貨幣の時間的価値の影響が重要な場合には、引当金額は債務の決済に必要と見込まれる支出の現在価値で測定し
      ています。
                                104/173





                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
    4.重要な会計上の見積り、判断及び仮定
      連結財務諸表の作成に当たり、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼ
     す見積り、判断及び仮定の設定を行っています。
      会計上の見積りの結果は、その性質上、実際の結果とは異なる可能性があります。
      見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直され、会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見直し
     た会計期間と将来の会計期間において認識されます。
      また、新型コロナウイルス感染症による今後の影響として、新製品の市場浸透、薬事関連のタイムライン、新薬の

     研究開発スケジュール、危機対応に伴う費用発生の要否など多くの不確実な要素が考えられます。しかし、当連結会
     計年度の業績に重要な影響がなかったことや当社グループの事業内容及び製品特性等を踏まえ、以下の重要な会計上
     の見積りを行うにあたっては、当社グループの今後の業績等への影響は限定的であると仮定しています。実際の結果
     と異なる場合には、翌連結会計年度において、資産や負債の帳簿価額に重要な影響を与える可能性があります。
      ・収益認識及び返金負債の見積計上                 (注記6及び27)

      ・のれん及び仕掛研究開発の減損                (注記16及び17)
      ・繰延税金資産の回収可能性              (注記18)
      ・条件付対価の公正価値測定              (注記29)
    5.セグメント情報

      当社グループの主要な事業内容は医薬品の研究開発、製造及び販売であり、区分すべき事業セグメントが存在しな
     いため、報告セグメントは医薬品事業単一となっています。
     製品及びサービスに関する情報

      製品及びサービスごとの外部顧客への売上収益は次のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
    XTANDI/イクスタンジ                                  399,989                458,434
    プログラフ                                  192,926                182,650
    ベタニス/ミラベトリック/ベットミガ                                  161,564                163,569
    その他                                  546,364                444,875
     合計                                1,300,843                1,249,528
                                105/173








                                                          EDINET提出書類
                                                    アステラス製薬株式会社(E00920)
                                                           有価証券報告書
     地域に関する情報
      売上収益及び非流動資産の地域別内訳は次のとおりです。
     地域別売上収益

                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
    日本                                  375,174                297,230
    米国                                  448,083                478,768
    その他                                  477,586                473,530
     合計                                1,300,843                1,249,528
     (注)    地域別売上収益は、当社グループ各社の所在地を基礎として分類しています。
     地域別非流動資産(有形固定資産・のれん及び無形資産)

                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                              ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
    日本                                  462,132       &n