レカム株式会社 四半期報告書 第28期第2四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第28期第2四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 レカム株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年5月14日

    【四半期会計期間】               第28期第2四半期(自            2021年1月1日         至   2021年3月31日)

    【会社名】               レカム株式会社

    【英訳名】               RECOMM    CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 伊          藤  秀  博

    【本店の所在の場所】               東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

    【電話番号】               03-4405-4566(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役財務本部長CFO 砥              綿  正  博

    【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

    【電話番号】               03-4405-4566(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役財務本部長CFO 砥              綿  正  博

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/25









                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第27期           第28期

             回次              第2四半期           第2四半期            第27期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2019年10月1日         自   2020年10月1日         自   2019年10月1日
            会計期間
                         至   2020年3月31日         至   2021年3月31日         至   2020年9月30日
    売上高                 (千円)          4,651,405           4,061,694           8,739,202
    経常利益又は経常損失(△)                 (千円)          △ 186,356            9,653         △ 244,734

    親会社株主に帰属する四半期(当
    期)純利益又は親会社株主に帰属                 (千円)           60,775         △ 100,665           327,061
    する四半期純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                 (千円)           229,862            6,230          284,480
    純資産額                 (千円)          4,527,326           5,249,371           5,396,333

    総資産額                 (千円)         10,100,793           9,253,549           9,910,948

    1株当たり四半期(当期)純利益
    又は1株当たり四半期純損失                 (円)           0.85          △ 1.23           4.37
    (△)
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)           0.84            -          4.35
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                 (%)           39.3           51.3           49.8
    営業活動による
                     (千円)           54,195           44,863          127,732
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                     (千円)          475,219           △ 2,943         1,287,229
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                     (千円)           50,102         △ 522,530          △ 133,438
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の四半期(期
                     (千円)         2,653,192           2,947,367           3,363,963
    末)残高
                            第27期           第28期

             回次              第2四半期           第2四半期
                          連結会計期間           連結会計期間
                         自   2020年1月1日         自   2021年1月1日
            会計期間
                         至   2020年3月31日         至   2021年3月31日
    1株当たり四半期純利益又は
                     (円)            3.61          △ 0.16
    1株当たり四半期純損失(△)
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.第28期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式
         は存在するものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載をしておりません。
                                 2/25





                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
      要な変更はありません。なお、第1四半期連結会計期間において回線事業取次事業である株式会社G・Sコミュニ
      ケーションズの株式を譲渡し、連結の範囲から除外しております。
                                 3/25



















                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に
       記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  業績の状況
      当第2四半期連結累計期間における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症の流行により企業収益、個人消費
     が急速に落ち込む状況となりました。その後経済活動の段階的再開により持ち直しの動きがありましたが、感染再拡
     大によりその終息時期が見通せず、不透明な状況で推移しております。世界経済においては米国や中国が力強い景気
     回復をみせた一方、欧州やASEANにおいては規制の再強化により景気が悪化する等、方向感に違いがみられました。
      当社の属する情報通信業界におきましては、情報通信機器や事務用機器のリース取扱高が前年比で減少傾向に歯止
     めがかからず、総じて厳しい状況で推移しております。
      こうした経営環境のなか、当社グループはグループ会社間のシナジーを最大化するべく、組織再編やグループ会社
     の統合を進めました。ITソリューション事業では、約6万件の顧客データベースを活用した情報通信機器や光回
     線、電力の取次、LED照明の顧客アップセルに注力してまいりました。エネルギーソリューション事業では、LE
     D照明の卸売拡販と家庭向け太陽光発電システムの導入顧客に対する蓄電池販売を推進しました。
      BPR(※1)事業では、業務改善のためのコンサルティング営業を通じてRPAやAI-OCRの販売及び、B
     PO業務の獲得に取り組みました。海外法人事業では、より強固な営業組織にするべく拠点の集約を実施し、ローカ
     ル企業への営業体制の構築に取り組んでまいりました。また、全事業でウイルス除菌装置「ReSPR」の販売に注力
     しました。
      以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高が前年同期比12.7%減の4,061百万円となりました。利益
     面では、10%を超える減収となったものの、ReSPR等の付加価値が高い商品販売が増加し売上マージン率が高まっ
     たこと等により、営業損益は11百万円の損失(前年同期は204百万円の営業損失)、経常利益は9百万円(前年同期は
     186百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損益は100百万円の損失(前年同期は60百万円の純利益)となり
     ました。
      ※1   BPR(Business         Process    Re-engineering)の略称です。
      セグメントの業績を示すと、次のとおりです。

      ①ITソリューション事業
      直営店チャネルにおいては、顧客データベースを活用した効率的な営業活動を実施しつつ、新規の顧客開拓に注力
     しました。企業のネットセキュリティ強化のための独自商品であるUTM※2の販売強化とテレワーク対応商品の販
     売に注力してまいりました。その結果、同チャネルの売上高は前年同期比21.2%増の1,192百万円となりました。
      FC加盟店チャネルにおいては、加盟店へ販売手法の共有を推し進め、UTM等のセキュリティ商材の販売支援を
     実施してまいりましたが、同チャネルの売上高は前年同期比23.7%減の541百万円となりました。
      代理店チャネルにおいては、取り扱い商材を拡充するとともに、代理店の開拓に取り組みましたが、同チャネルの
     売上高は前年同期比19.0%減の59百万円となりました。
      グループ会社においては、グループ再編により直営店チャネルへ統合した影響もあり、グループ会社の売上高は前
     年同期比15.2%減の340百万円となりました。
      これらの結果、ITソリューション事業全体(直営店・FC加盟店・代理店・グループ会社の合計)の売上高は、
     前年同期比1.6%減の2,133百万円となりました。セグメント利益は、減収となったものの、付加価値の高い商品の販
     売が増加したことによる売上マージン率の上昇、及び収益性の高い直営店チャネルが好調だったことから83百万円
     (前年同期比165.7%増)となりました。
        ※2    UTM(Unified        Threat    Management:統合脅威管理)の略称です。
                                 4/25




                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
      ②エネルギーソリューション事業
      エネルギーソリューション事業は、LED照明や業務用エアコン等の代理店への拡販に取り組み、各代理店の販売
     増加とグループ企業への販売を促進してまいりました。個人向けのビジネスにおいては太陽光発電システムを設置し
     ている住宅へ蓄電池の提案営業を行いました。これらの結果、売上高は前年同期比5.6%減の1,154百万円となりまし
     た。セグメント損益は、減収となりましたが間接部門の業務効率化や全般的なコスト削減に取り組んだこと等により7
     百万円の損失(前年同期は82百万円の損失)となりました。
      ③BPR事業

      BPR事業は、RPAやAI-OCR、BPO等を取り入れた業務改善や経費削減提案を実施し、新規顧客開拓や
     顧客からの新たな業務獲得に取り組みました。BPOセンターにおいては、より業務の自動化を進め、業務効率と品
     質向上に取り組みました。これらの結果、売上高は前年同期比13.4%増の302百万円となりました。セグメント損益
     は、BPOセンターの業務効率化やコスト削減に努めたこと等により、64百万円の利益(前年同期比32.1%増)とな
     りました。
      ④海外法人事業

      海外法人事業は、より強固な営業組織にするために進出国の集約と再構築に取り組み、LED等の従来商品とウイ
     ルス除菌装置の販売に取り組みました。また、ローカル営業社員の採用を実施し、ローカル企業の営業を実施してま
     いりました。また、コロナウイルスの感染拡大から行動制限令発令による営業停止や事業責任者が赴任できないなど
     の影響が発生しました。これらの結果、売上高は前年同期比52.2%減の470百万円となりました。セグメント損益は、
     減収幅が大きかったことにより93百万円の損失(前年同期は170百万円の損失)となりましたが、利益率の向上や経費
     削減に取り組んだことにより赤字額は減少しました。
      (セグメント別売上高)

                   セグメントの名称                          販売高(千円)
                           直営店                         1,192,638
                           FC加盟店                          541,546
       ITソリューション事業                     代理店                           59,048
                           グループ会社                          340,691
                            計                         2,133,924
        エネルギーソリューション事業                                            1,154,739
        BPR事業                                              302,633
        海外法人事業                                              470,397
                      合計                             4,061,694
      (注)上記の金額に消費税等は、含まれておりません。
       (2)   財政状態の分析

      当第2四半期連結会計期間末の資産につきましては、前連結会計年度末より657百万円減少し、9,253百万円となり
     ました。これは主に借入金の返済等により、現金及び預金が480百万円減少したこと、及びのれんが155百万円減少し
     たことによるものであります。
      当第2四半期連結会計期間末の負債につきましては、前連結会計年度末より510百万円減少し、4,004百万円となり
     ました。これは主に法人税等の支払により未払法人税等が348百万円減少したこと、長期借入金が365百万円減少した
     こと等によるものであります。
      当第2四半期連結会計期間末の純資産につきましては、前連結会計年度末より146百万円減少し、5,249百万円とな
     りました。これは主に配当金の支払い及び四半期純損失となったこと等によるものであります。
                                 5/25



                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
      (3)   キャッシュ・フローの状況

      当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末と比べ416
     百万円減少し、2,947百万円となりました。
     a.  営業活動によるキャッシュ・フロー

      営業活動によるキャッシュ・フローは、44百万円の収入となりました。これは税金等調整前四半期純利益が26百万
     円となり、支出を伴わないのれん償却額155百万円、事業構造改善引当金89百万円を計上し、売上債権が279百万円減
     少した一方、法人税として416百万円支払ったこと等によるものです。
     b.  投資活動によるキャッシュ・フロー

      投資活動によるキャッシュ・フローは、2百万円の支出となりました。これは定期預金が63百万円減少した一方、
     連結範囲の変更を伴う子会社株式の売却による支出37百万円等によるものです。
     c.  財務活動によるキャッシュ・フロー

      財務活動によるキャッシュ・フローは、522百万円の支出となりました。これは主に長期借入金の返済による支出
     363百万円、配当金の支払161百万円等によるものです。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
     に生じた課題はありません。
      (5)  研究開発活動

      該当事項はありません。
      (6)  主要な設備

      該当事項はありません。
      (7)  従業員数

       連結会社の状況
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの従業員数に大きな変動はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                 6/25








                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                     発行可能株式総数(株)

                普通株式                                  240,000,000

                 計                                 240,000,000

      ②  【発行済株式】

                         提出日現在

             第2四半期会計期間                     上場金融商品取引所
                         発行数(株)
        種類     末現在発行数(株)                    名又は登録認可金融                内容
                       (2021年5月14日)
             ( 2021年3月31日       )             商品取引業協会名
                          (注)
                                  東京証券取引所
                                           単元株式数は100株でありま
       普通株式          82,606,255           82,606,255       JASDAQ
                                           す。
                                  (スタンダード)
        計        82,606,255           82,606,255          ―            ―
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2021年5月1日からこの第2四半期報告書提出日までの新株予約権の行使によ
        り発行された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
                                 7/25









                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式

                              資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高
                                (千円)       (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
                  (株)       (株)
       2021年1月1日~
                     -   82,606,255           -    2,446,171           -    2,246,171
       2021年3月31日
     (5)  【大株主の状況】

                                              2021年3月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
                    KUALUMPUR     MALAYSIA(東京都中央区日本橋兜
    伊藤 秀博(常任代理人 三田
                                            5,045,000          6.18
    証券株式会社)
                    町3番11号)
    楽天証券株式会社                東京都港区南青山2丁目6番21号                        2,421,700          2.97
    株式会社エフティグループ                東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目13番6号                        2,000,000          2.45

    株式会社SBI証券                東京都港区六本木1丁目6番1号                        1,115,072          1.37

    亀山 与一                栃木県佐野市                         898,500         1.10

    日本証券金融株式会社                東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号                         800,900         0.98

    有限会社ヤマザキ                青森県弘前市駅前2丁目1番地4                         630,000         0.77

    清水 直也                東京都中央区                         505,000         0.62

    株式会社SBIネオトレード証
                    東京都千代田区丸の内1丁目11番1号                         502,000         0.62
    券
    井上 聡                東京都江東区                         500,000         0.61
           計                   ―             14,418,172          17.67

                                 8/25










                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                2021年3月31日       現在
             区分            株式数(株)          議決権の数(個)              内容
        無議決権株式                         -      ―            ―

        議決権制限株式(自己株式等)                         -      ―            ―

        議決権制限株式(その他)                         -      ―            ―

                      (自己保有株式)
        完全議決権株式(自己株式等)                               ―            ―
                       普通株式      1,013,000
                                            権利内容に何ら限定のない当
                      普通株式      81,583,700
        完全議決権株式(その他)                                815,837
                                            社における標準となる株式
                      普通株式        9,555
        単元未満株式                               ―            ―
        発行済株式総数                     82,606,255          ―            ―

        総株主の議決権                    ―            815,837           ―

      ②  【自己株式等】

                                             2021年3月31日       現在
                                                 発行済株式
                              自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                        総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                        所有株式数
                               (株)       (株)       (株)
                                                 の割合(%)
                 東京都渋谷区代々木
       (自己保有株式)
                              1,013,000          -   1,013,000         1.23
        レカム株式会社
                 三丁目25番3号
           計           ―        1,013,000          -   1,013,000         1.23
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 9/25










                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021年
     3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年10月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、新宿監査法人による四半期レビューを受けております。
                                10/25

















                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年9月30日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              3,478,027              2,997,879
        受取手形及び売掛金                              1,921,864              1,665,782
        商品及び製品                               766,132              819,792
        仕掛品                                4,530              5,795
        原材料及び貯蔵品                                4,188              3,685
        前払費用                                79,559              108,659
        未収入金                               224,460              332,167
        その他                               354,740              450,404
                                      △ 28,412             △ 29,095
        貸倒引当金
        流動資産合計                              6,805,091              6,355,071
      固定資産
        有形固定資産                               101,912               85,641
        無形固定資産
         のれん                             2,215,397              2,060,276
                                       254,140              225,879
         その他
         無形固定資産合計                             2,469,537              2,286,156
        投資その他の資産
         繰延税金資産                              144,303              144,208
         その他                              398,728              397,720
                                      △ 19,441             △ 24,180
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              523,590              517,748
        固定資産合計                              3,095,041              2,889,546
      繰延資産                                 10,815               8,931
      資産合計                                9,910,948              9,253,549
                                11/25










                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年9月30日)              (2021年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               912,920              856,914
        短期借入金                               710,563              711,531
        1年内返済予定の長期借入金                               424,828              410,959
        未払法人税等                               427,054               78,773
        受注損失引当金                                98,836              92,650
                                       705,142              842,846
        その他
        流動負債合計                              3,279,345              2,993,675
      固定負債
        長期借入金                              1,037,160               671,869
        繰延税金負債                                11,186              49,101
        事業構造改善引当金                                   -            89,612
                                       186,921              199,919
        その他
        固定負債合計                              1,235,269              1,010,502
      負債合計                                4,514,614              4,004,177
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              2,437,914              2,446,171
        資本剰余金                              2,382,254              2,390,502
        利益剰余金                               239,797              △ 23,585
                                      △ 84,427             △ 84,427
        自己株式
        株主資本合計                              4,975,539              4,728,661
      その他の包括利益累計額
        為替換算調整勘定                               △ 66,795              △ 7,369
                                        30,206              24,300
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                               △ 36,589              16,931
      新株予約権
                                        17,111              10,132
                                       440,271              493,646
      非支配株主持分
      純資産合計                                5,396,333              5,249,371
     負債純資産合計                                 9,910,948              9,253,549
                                12/25









                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     売上高                                 4,651,405              4,061,694
                                      3,284,638              2,650,839
     売上原価
     売上総利益                                 1,366,766              1,410,855
                                    ※  1,570,878            ※  1,422,207
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 204,112              △ 11,352
     営業外収益
      受取利息                                  4,749              1,932
      為替差益                                  8,347              5,120
                                        20,498              37,382
      その他
      営業外収益合計                                 33,596              44,435
     営業外費用
      支払利息                                  7,084              5,815
                                        8,756              17,614
      その他
      営業外費用合計                                 15,840              23,429
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 186,356               9,653
     特別利益
      固定資産売却益                                    -             426
      新株予約権戻入益                                  1,670               364
      投資有価証券売却益                                 431,882                 -
      事業譲渡益                                    -            40,000
                                          -            33,220
      事業再編等利益
      特別利益合計                                 433,553               74,011
     特別損失
      固定資産除売却損                                 10,245               9,227
      新型コロナウイルス感染症による損失                                    -            12,519
      子会社整理損                                    -            27,741
                                          -            7,437
      事務所移転費用
      特別損失合計                                 10,245              56,925
     税金等調整前四半期純利益                                  236,951               26,739
     法人税、住民税及び事業税
                                       130,313               63,488
                                        87,938              42,382
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  218,251              105,871
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   18,699             △ 79,131
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                      △ 42,075              21,533
     に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        60,775             △ 100,665
     に帰属する四半期純損失(△)
                                13/25






                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   18,699             △ 79,131
     その他の包括利益
      為替換算調整勘定                                △ 89,946              91,267
                                       301,109              △ 5,905
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                 211,163               85,361
     四半期包括利益                                  229,862               6,230
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 241,648              △ 47,144
      非支配株主に係る四半期包括利益                                △ 11,785              53,374
                                14/25
















                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                 236,951               26,739
      減価償却費                                 47,141              43,881
      のれん償却額                                 152,998              155,120
      新株予約権戻入益                                 △ 1,670              △ 364
      投資有価証券売却損益(△は益)                                △ 431,882                 -
      固定資産除売却損益(△は益)                                 10,245               8,800
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   759             4,691
      事業構造改善引当金の増減額(△は減少)                                    -            89,612
      受取利息及び受取配当金                                 △ 4,749             △ 1,932
      支払利息                                  7,084              5,815
      売上債権の増減額(△は増加)                                 393,507              279,128
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 120,693              △ 27,717
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 84,137               5,325
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 28,924             △ 29,607
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 5,706                -
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 42,352              29,477
      リース債務の増減額(△は減少)                                 △ 1,693                -
      その他の流動資産の増減額(△は増加)                                △ 137,569             △ 156,521
      その他の流動負債の増減額(△は減少)                                △ 16,385              52,202
      その他の固定負債の増減額(△は減少)                                  △ 246             11,151
                                      △ 24,014             △ 27,877
      その他
      小計                                 116,936              467,925
      利息及び配当金の受取額
                                        4,749              1,931
      利息の支払額                                 △ 7,084             △ 8,534
                                      △ 60,406             △ 416,458
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 54,195              44,863
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      貸付金の回収による収入                                   246             1,444
      貸付けによる支出                                 △ 6,120                -
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 7,898             △ 4,857
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 6,189             △ 4,093
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,268                -
      投資有価証券の売却による収入                                 450,582                 -
      定期預金の増減額(△は増加)                                  2,497              63,553
      敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 9,288             △ 15,857
      敷金及び保証金の回収による収入                                  6,135              16,629
      保険積立金の解約による収入                                 49,067               8,839
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                          -           △ 37,155
      る支出
                                       △ 2,545             △ 31,445
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 475,219              △ 2,943
                                15/25





                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入れによる収入                                 558,470              400,000
      短期借入金の返済による支出                                △ 549,998             △ 405,435
      長期借入れによる収入                                 546,751                 -
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                                    -            △ 404
      長期借入金の返済による支出                                △ 212,112             △ 363,720
      自己株式の取得による支出                                △ 83,582                 -
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          -             △ 10
      による支出
      配当金の支払額                                △ 210,252             △ 161,105
                                         826             8,144
      新株予約権の行使による株式の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 50,102             △ 522,530
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 32,632              64,013
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  546,885             △ 416,596
     現金及び現金同等物の期首残高                                 2,106,307              3,363,963
                                    ※  2,653,192            ※  2,947,367
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                16/25














                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (追加情報)

      (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用)
        当社及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(2020年法律第8号)において創設され
       たグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目に
       ついては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応
       報告第39号      2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準
       適用指針第28号        2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正
       前の税法の規定に基づいております。
      (新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関する会計上の見積りについて)

        前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した新型コロナウイルス感染症による影響に関する前
       提について重要な変更はありません。ただし、今後の状況の変化によっては、財務状態及び経営成績に重要な影
       響を与える可能性があります。
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                              (自    2019年10月1日            (自    2020年10月1日
                               至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
        従業員給与手当                           647,352    千円           565,319    千円
        賞与引当金繰入額                            9,782                -
        貸倒引当金繰入額                             761             4,691
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                              (自    2019年10月1日            (自    2020年10月1日
                               至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
        現金及び預金                          2,764,265千円              2,997,879千円
        預入期間が3ヶ月超の定期預金                          △111,072               △50,512
        現金及び現金同等物                          2,653,192              2,947,367
                                17/25








                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                  2019年10月1日        至   2020年3月31日       )
       1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり
           決議      株式の種類                     基準日        効力発生日       配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
         2019年12月25日
                 普通株式        212,404        3.0   2019年9月30日         2019年12月26日        利益剰余金
         定時株主総会
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
         該当事項はありません。
       3.株主資本の著しい変動

         該当事項はありません。
     Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                  2020年10月1日        至   2021年3月31日       )

       1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり
           決議      株式の種類                     基準日        効力発生日       配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
         2020年12月25日
                 普通株式        162,717        2.0   2020年9月30日         2020年12月28日        利益剰余金
         定時株主総会
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
         該当事項はありません。
       3.株主資本の著しい変動

         該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                2019年10月1日        至    2020年3月31日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                     四半期連結
                                                調整額     損益計算書
                  ITソ
                        エネルギー
                                    海外法人            (注)1      計上額
                 リューショ
                        ソリュー
                              BPR事業             計
                   ン
                                     事業                 (注)2
                        ション事業
                   事業
    売上高
     外部顧客への
                  2,168,125      1,222,959       266,956      984,087     4,642,129        9,275    4,651,405
     売上高
     セグメント間の
                   60,920      29,064      49,922       700    140,608     △ 140,608         -
     内部売上高又は振替高
          計        2,229,046      1,252,024       316,879      984,787     4,782,738      △ 131,333     4,651,405
    セグメント利益又は損失
                   31,262     △ 82,956      48,832    △ 170,891     △ 173,753     △ 30,359     △ 204,112
    (△)
     (注)1.調整額には報告セグメントに含まれない本社管理部門の収益及び費用が含まれております。
       2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                18/25




                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                2020年10月1日        至    2021年3月31日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                     四半期連結
                                                調整額     損益計算書
                  ITソ
                        エネルギー
                                    海外法人            (注)1      計上額
                 リューショ
                        ソリュー
                              BPR事業             計
                   ン
                                     事業                 (注)2
                        ション事業
                   事業
    売上高
     外部顧客への
                  2,133,924      1,154,739       302,633      470,397     4,061,694          -   4,061,694
     売上高
     セグメント間の
                   101,853       19,089      56,686      6,901     184,530     △ 184,530         -
     内部売上高又は振替高
          計        2,235,777      1,173,829       359,319      477,299     4,246,224      △ 184,530     4,061,694
    セグメント利益又は損失
                   83,069      △ 7,962     64,512     △ 93,876      45,743     △ 57,095     △ 11,352
    (△)
     (注)1.調整額には報告セグメントに含まれない本社管理部門の収益及び費用が含まれております。
       2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.   報告セグメントの変更等に関する事項

       第1四半期連結会計期間より、昨今業務のアウトソーシングを受託するのみならず、業務改革の提案コンサル
      ティングも      行っていることから「BPO事業」を「BPR事業」に名称変更いたしました。
      ※  BPOはBusiness         Process    Outsourcingの略、BPRはBusiness                 Process    Re-engineeringの略です。
      (金融商品関係)

       長期貸付金及び買掛金、短期借入金、長期借入金につきましては、企業集団の事業の運営において重要なものと
      なっており、かつ、四半期連結貸借対照表計上額に前連結会計年度の末日と比較して著しい変動が認められます
      が、当第2四半期連結貸借対照表計上額と時価との差額及び前連結会計年度に係る連結貸借対照表計上額と時価と
      の差額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (有価証券関係)

       有価証券は、企業集団の事業の運営において重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (デリバティブ取引関係)

       該当事項はありません。
                                19/25









                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利
      益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2019年10月1日           (自    2020年10月1日
                 項目
                                  至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
     (1)1株当たり四半期純利益又は
                                         0円85銭            △1円23銭
      1株当たり四半期純損失(△)
      (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親会社株
                                          60,775            △100,665
      主に帰属する四半期純損失(△) (千円)
      普通株主に帰属しない金額                (千円)
                                            ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又
                                          60,775            △100,665
      は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数               (株)
                                       71,761,401             81,549,115
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                         0円84銭                ―
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額 (千円)                                     ―             ―

      普通株式増加数 (株)                                   633,439                ―

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
                                            ―             ―
      たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、
      前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
    (注)当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するもの
    の、 
       1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       (株式取得による持分法適用会社化)
        当社は、2021年5月14日開催の取締役会において、シンガポールで電気部品の販売を行うGreentech
       International       Pte.Ltd.(本社:シンガポール、以下「GT社」という)の株式取得を決議し、株式譲渡契約を
       締結いたしました。
        なお、株式取得後は持分法適用会社となる予定です。
       1.株式取得の理由

        シンガポールにおいて大企業やローカル企業との取引があり、公共事業も含め、大型案件の販売実績も数多く
       あるGT社の株式を30%取得することで、当社グループが成長戦略に掲げる海外事業の拡大を目的としておりま
       す。
       2.株式取得の相手の名称

        Bernard    Sim、Lim     Kim  Hoon、Frankie       Tan
       3.株式取得する会社の概要

        (1)名称   :Greentech              International       Pte.Ltd.
        (2)所在地  :Singapore
        (3)事業内容 :電気ヒートトレースシステム、通信ケーブル、工業用LED照明等電気部品の販売
       4.株式取得日

        2021年5月31日(予定)
       5.取得する株式の数、取得金額及び取得後の持分比率

                                20/25


                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
        (1)取得する株式の数:60,000株
        (2)取得後の持分比率:30.0%
        なお、取得金額につきましては、当事者間の守秘義務により非公開とさせていただきます。
                                21/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。
                                22/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                23/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年5月14日

    レカム株式会社
     取締役会      御中
                       新宿監査法人

                        東京都新宿区
                        指定社員

                                          田  中         信  行
                                   公認会計士                   印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       加  藤  寛  司            印
                        業務執行社員
     監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているレカム株式会
     社の2020年10月1日から2021年9月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021年
     3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年10月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上
     記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠し
     て、レカム株式会社及び連結子会社の2021年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第2四半期連結累計
     期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
     監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを
     行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査
     人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社
     から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎
     となる証拠を入手したと判断している。
     四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
     結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成すること
     が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づ
     いて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                24/25






                                                          EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                            四半期報告書
     四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四
     半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を
     通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
      て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・  継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正
      妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認めら
      れないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー
      報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが
      求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や
      状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・  四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連
      結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していな
      いと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・  四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独
      で監査人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発
     見事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並び
     に監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガード
     を講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
     ない。
                                                        以  上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                25/25






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク