大日本コンサルタント株式会社 四半期報告書 第59期第3四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第59期第3四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 大日本コンサルタント株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年5月14日

    【四半期会計期間】               第59第3四半期(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)

    【会社名】               大日本コンサルタント株式会社

    【英訳名】               NIPPON    ENGINEERING      CONSULTANTS      CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長執行役員  新井 伸博

    【本店の所在の場所】               東京都千代田区神田練塀町300番地

    【電話番号】               03(5298)2051(代表)

    【事務連絡者氏名】               執行役員 業務統括部統括部長  税所 博文

    【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区神田練塀町300番地

    【電話番号】               03(5298)2051(代表)

    【事務連絡者氏名】               執行役員 業務統括部統括部長  税所 博文

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/24









                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第58期           第59期

             回次              第3四半期           第3四半期            第58期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2019年7月1日         自   2020年7月1日         自   2019年7月1日
            会計期間
                         至   2020年3月31日         至   2021年3月31日         至   2020年6月30日
    売上高                (千円)         5,706,118           6,511,460          16,503,531
                                       △  1,005,015

    経常利益又は経常損失(△)                (千円)         △ 974,256                     1,641,261
    親会社株主に帰属する四半期純
                                        △  724,958
    損失(△)又は親会社株主に帰属                (千円)         △ 710,598                     1,120,894
    する当期純利益
                                        △  672,429
    四半期包括利益又は包括利益                (千円)         △ 707,704                      995,666
    純資産額                (千円)         4,783,133           5,623,294           6,488,818

    総資産額                (千円)         13,746,956           14,258,686           13,516,639

    1株当たり四半期純損失(△)
                                         △  100.63
                     (円)          △ 98.81                     155.85
    又は1株当たり当期純利益
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)             ―           ―         155.20
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                 (%)           34.7           39.3           47.9
                            第58期           第59期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   2020年1月1日         自   2021年1月1日
            会計期間
                         至   2020年3月31日         至   2021年3月31日
    1株当たり四半期純利益                 (円)           23.44           2.63
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.  売上高には消費税及び地方消費税(以下、「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、第58期第3四半期連結累計期間及び第59期第3
         四半期連結累計期間は潜在株式が存在するものの、1株当たり四半期純損失であるため記載しておりませ
         ん。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/24






                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況などに関する事項のう
     ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
     業等のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

       ①経営成績の状況
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳
       しい状況にある中、感染拡大の防止策を講じつつ、各種政策の効果や海外経済の改善もあって、持ち直していく
       ことが期待されております。しかし、感染の動向が内外経済に与える影響に十分注意する必要があり、先行きが
       不透明な状況は今なお続いております。
        当社グループが属する建設コンサルタント業界では、自然災害の頻発化・激甚化、地球環境問題の深刻化、既
       設の社会インフラの老朽化など、様々な社会課題への対応が求められております。また、公共施設の維持管理・
       運営など、社会資本整備に対するニーズの多様化が急速に進んできており、このコロナ禍においても、建設コン
       サルタントの果たすべき役割は益々重要になってきております。
        このような状況の下で、当社グループは、第12次中期経営計画(2019年7月から2022年6月まで)において重
       点課題として設定した「品質確保」「事業領域拡大」「人財育成」に対する諸施策の取り組みを引き続き実施す
       るとともに、第12次中期経営計画の2年目となる今期は、「新型コロナウイルスを含むリスク対応」を新たな重
       点課題として追加し、積極的に取り組んでまいりました。新型コロナウイルスの影響により、急激に変化した就
       業環境に対応した新たな働き方を推進するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)の促進を図り、テ
       レワーク環境を整備し、多様化する働き方の中での生産性の向上や成果品質の確保に向けた取り組みを実施し、
       企業の持続的な発展に努めてまいりました。
        これらの結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループ全体の業績は、前期からの繰越業務量が豊富
       に確保されていた状況から新規受注を抑制していることにより、受注高は115億3千1百万円(前年同四半期比
       86.8%)、受注残高は199億7百万円(同100.0%)となりました。売上高は65億1千1百万円(同114.1%)、営
       業損失は10億4千9百万円(前年同四半期9億8千2百万円)、経常損失は10億5百万円(同9億7千4百万
       円)、親会社株主に帰属する四半期純損失は7億2千4百万円(同7億1千万円)となりました。なお、当社グ
       ループの売上高は官公庁への納期に対応して下半期に偏重し、上半期は販売費及び一般管理費の占める割合が著
       しく高くなる傾向にあります。そのため、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益ともに損失
       計上となっております。
        部門別の状況を示すと次のとおりであります。なお、当社グループは単一の報告セグメントであるため、セグ
       メントごとの記載はしておりません。
       〔構造保全部門〕
        当部門の受注高は57億7千8百万円(前年同四半期比76.1%)、受注残高は104億6千1百万円(同91.0%)、
       売上高は30億9千万円(同122.5%)となりました。主な受注業務として、国土交通省九州地方整備局福岡国道事
       務所管内における松国-曲り田高架橋(P82-A2)詳細設計業務、国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事
       務所管内における金沢東環堅田高架橋詳細設計業務があげられます。
       〔社会創造部門〕
        当部門の受注高32億1千8百万円(前年同四半期比107.5%)、受注残高は48億6千6百万円(同120.7%)、
       売上高は14億9百万円(同106.1%)となりました。主な受注業務として、秋田県大仙市の多目的人工芝グラウン
       ド等整備基本・実施設計業務、京都府舞鶴市の地域エネルギービジョン策定業務があげられます。
                                 3/24



                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
       〔国土保全部門〕
        当部門の受注高は18億8千5百万円(前年同四半期比98.4%)、受注残高は22億7千6百万円(同83.7%)、
       売上高は11億4千3百万円(同132.8%)となりました。主な受注業務として、国土交通省関東地方整備局利根川
       上流河川事務所管内における行田・熊谷地区外堤防整備検討業務、青森県の国道103号外災害防除道路防災点検業
       務があげられます。
       〔海外・施工管理部門〕
        当部門の受注高は6億4千9百万円(前年同四半期比82.8%)、受注残高は23億3百万円(同138.7%)、売上
       高は8億6千8百万円(同87.4%)となりました。主な受注業務として、国際協力機構(JICA)よりモザン
       ビーク国橋梁維持管理能力強化プロジェクト、滋賀県草津市の第二学校給食センター駐車場他整備監理業務があ
       げられます。
      ②財政状態の状況

       当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末と比べて7億4千2百万円増加し、142億5
      千8百万円となりました。主な変動は、運転資金並びに法人税等の支払による現金及び預金の減少27億7千3百万
      円、完成業務未収入金の減少13億9百万円、たな卸資産の増加42億4千8百万円、繰延税金資産の増加3億1千3
      百万円によるものであります。
       負債合計は、前連結会計年度末と比べて16億7百万円増加し、86億3千5百万円となりました。主な変動は、業
      務未払金の増加4億1千7百万円、短期借入金の増加2億円、未払法人税等の減少1億5千1百万円、未成業務受
      入金の増加15億7千7百万円、賞与引当金の増加4億6千3百万円によるものであります。
       純資産合計は、前連結会計年度末と比べて8億6千5百万円減少し、56億2千3百万円となりました。主な変動
      は、剰余金の配当2億1千5百万円、親会社株主に帰属する四半期純損失7億2千4百万円を計上し利益剰余金が
      減少したことによるものであります。
       これらの結果、当社グループの自己資本比率は39.3%となりました。
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、8千7百万円であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当社及び株式会社ダイヤコンサルタント(以下「ダイヤコンサルタント」といい、当社とダイヤコンサルタントを
     総称して、以下「両社」といいます。)は、当社が2020年8月7日に「株式会社ダイヤコンサルタントとの経営統合
     に向けた協議開始に関するお知らせ」で公表しましたとおり、両社の経営統合に向けた協議を開始することについて
     基本合意書を締結し、その後、鋭意協議を重ねてまいりました。
      2021年2月12日、両社はそれぞれの取締役会の決議に基づき、共同株式移転の方式により両社の親会社となるDN
     ホールディングス株式会社(以下「共同持株会社」といいます。)を設立し(以下「本株式移転」といいます。)、
     経営統合(以下「本経営統合」といいます。)を行うことを決議し、両社間で対等の精神に基づいた経営統合契約書
     (以下「本統合契約」といいます。)を締結するとともに、本株式移転に関する株式移転計画書を共同で作成いたし
     ました。
      本経営統合は、両社の株主総会における承認及び関係当局の承認等を得られることを前提としております。また、
     両社は本株式移転の効力発生日(以下「本効力発生日」といいます。)の2年後を目途に、両社の合併を実行するこ
     とを基本方針としておりますが、具体的な方針については、事業上の合理性を考慮した上で、今後両社の協議にて決
     定いたします。
      なお、当社は、2021年2月12日付け取締役会において、本株式移転に先立ち、三菱マテリアル株式会社(以下「三
     菱マテリアル」といいます。)が保有するダイヤコンサルタントの株式を取得し(以下「本株式取得」といいま
     す。)、ダイヤコンサルタントを、本経営統合までの一時的なプロセスとして、子会社とした上で本株式移転を実行
     することについても決議し、本株式取得に係る三菱マテリアルとの株式譲渡契約書(以下「本株式譲渡契約」といい
     ます。)を締結いたしました。
                                 4/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
      1.本株式取得及び本株式移転による経営統合の背景及び目的
       (1)本経営統合の背景
         建設コンサルティング業界におきましては、将来、地方の衰退・担い手不足・予算を上回るインフラの老朽
        化が予想され、同業界に対する社会要請も官主導から民間の資金・ノウハウを活用した運営による事業に変化
        すると考えられます。
         当社は、1963年に橋梁の調査・設計などのコンサルティング業務を目的として設立し、現在では総合建設コ
        ンサルタントとして官公庁が発注する建設事業に関する調査・設計などのコンサルティング業務全体の業務を
        行っています。これからの建設コンサルタントが担っていくべき領域として事業マネジメントを見据えるとと
        もに、民間事業などの市場拡大や、エネルギー事業などの新しい事業領域の拡大を進めています。
         一方、ダイヤコンサルタントは、1963年に資源系の地質調査会社として発足し、現在では総合建設コンサル
        タントとして地質・地盤・地下水・資源の調査・解析とこれを活かした土木設計の業務を行っています。近年
        の自然災害の激甚化に伴う社会資本の強靭化に貢献するとともに、地球温暖化対策や資源・エネルギーの確保
        など我が国が直面するグローバルな課題に対しても取り組んでいます。
         両社は、これらの取り組みを推進するためには、両社が保有する人材及び技術などの経営資源を相互に活用
        することに加え、迅速かつ機動的な意思決定に基づきそれぞれの事業を成長させることにより、グループとし
        て、事業領域と顧客基盤を拡大し、生産性の向上を実現していくことが必要であるとの認識で一致し、本株式
        移転により共同持株会社を設立し経営統合を行うことについて合意いたしました。
       (2)本経営統合の目的
         企業の持続的な発展のために業務領域の拡大は不可欠であり、既存の事業領域においても果たすべき役割の
        変化やニーズの多様化が急速に進んでいます。
         橋梁を中心とした構造物の計画・設計に強い当社と地質・地盤の調査・解析に強いダイヤコンサルタントが
        得意分野を融合することによって、調査・設計・維持管理に対応できるプロフェッショナル集団が、自然災害
        の頻発化・激甚化、地球環境問題の深刻化、既設の社会インフラの老朽化にも対応できる総合建設コンサルタ
        ントとして、「人と社会と地球の安全・安心に貢献する」、「安全・安心な国土の形成」、「活力や魅力の溢
        れる地域づくり」のため、高度な技術サービスを提供する企業を目指します。具体的には、本経営統合を通じ
        て、以下の目標の実現を目指します。
        ①  企業規模の拡大による成長力の強化
         両社が保有する人材、技術、情報などの経営資源を相互活用し、また両社の事業を相互に補完、活用するこ
        とで事業領域及び収益の一層の拡大を目指します。
         また、本経営統合により安定した受注、間接費の削減、業務の効率化を図り、強固な経営基盤の構築を目指
        します。
        ②  業務遂行能力の向上による受注の拡大
         両社が得意とする分野を融合することにより、調査から設計・維持管理までのワンストップ化・効率化を進
        め、国土保全分野での業務遂行能力の向上による受注拡大を目指します。
        ③  新規事業への参入可能性の向上
         両社の知見や設計技術を組み合わせることで新規事業への参入・拡大を目指すと共に、エネルギー・環境関
        連分野においても新たな市場の開拓を目指します。
      2.本経営統合の方法

        当社が本株式取得により三菱マテリアルが保有するダイヤコンサルタントの株式2,060,000株を購入します。ま
       た、ダイヤコンサルタントが2,640,000株を上限として三菱マテリアルを含むダイヤコンサルタントの株主から自
       己株式の取得(以下「本自己株式取得」といいます。)を実施したうえで、ダイヤコンサルタントが保有するこ
       ととなる自己株式の一部(150,000株)についてダイヤコンサルタント従業員持株会を割当先とする自己株式処分
       (以下「本自己株式処分」といいます。)を行い、残りを実務上消却可能な範囲で消却します。そのうえで、両
       社は、本株式移転により共同持株会社を設立し経営統合を行います。また、本効力発生日において、当社保有の
       共同持株会社株式を共同持株会社に現物配当することを予定しております。その後、現物配当を通じて共同持株
       会社が取得する自己株式のうち、本株式移転において当社が保有するダイヤコンサルタントの株式に対して割当
       て交付された部分に相当するものは、本効力発生日後速やかに消却することを予定しております。なお、本株式
       譲渡契約においては、ダイヤコンサルタントによる三菱マテリアルからの自己株式取得が実行されない場合に
       は、当社にて追加で最大1,770,000株を株式取得する(以下「本追加株式取得」といいます。)ことを規定してお
       ります。
                                 5/24

                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
      3.本株式取得の概要

       (1)本株式取得の日程
          (1)    取締役会決議日(当社)
                                  2021年2月12日
          (2)    株式譲渡契約締結日(当社)
                                  2021年2月12日
          (3)    株式譲渡実行日
                                  2021年7月1日(予定)
       (2)本株式取得の相手先の概要
          (1)    名称
                        三菱マテリアル株式会社
          (2)    所在地
                        東京都千代田区丸の内三丁目2番3号
          (3)    代表者の役職・氏名
                        執行役社長 小野 直樹
                        銅加工品・電子材料等の製造・販売、超硬製品・焼結製品等の製造・
          (4)    事業内容
                        販売、銅・金・銀等の製錬・販売、セメント・生コンクリート等の製
                        造・販売、エネルギー関連・環境リサイクル等
          (5)    資本金
                        119,457百万円
          (6)    設立年月日
                        1950年(昭和25年)4月1日
          (7)    純資産
                        571,860百万円(2020年12月31日現在)
          (8)    総資産
                        1,950,171百万円(2020年12月31日現在)
                        日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)                             7.71%
                        株式会社日本カストディ銀行(信託口)                             6.39%
                        NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)      RE  SILCHESTER
                        INTERNATIONAL       INVESTORS     INTERNATIONAL       VALUE   EQUITY      4.37%
                        TRUST
                        NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)      RE  U.S.   TAX
                                                     2.57%
                        EXEMPTED     PENSION    FUNDS
          (9)大株主及び持株比率
                        明治安田生命保険相互会社                             2.36%
           (2020年9月30日現在)
                        株式会社日本カストディ銀行(信託口5)                             2.07%
                        NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)      SUB  A/C   NON  TREATY
                                                     1.60%
                        JP  MORGAN    CHASE   BANK   385781
                                                     1.56%
                        ㈱三菱UFJ銀行                             1.52%
                        GOVERNMENT      OF  NORWAY
                                                     1.48%
                        資本関係              記載すべき事項はありません。
          (10)上場会社と
                        人的関係              記載すべき事項はありません。
             当該会社の関係
                        取引関係              記載すべき事項はありません。
                        関連当事者への該当状況              関連当事者に該当しません。
        (3)取得株式数、取得価額及び取得前後の所有株式の状況
                                   0株
          (1)    異動前の所有株式数
                                  (議決権所有割合:0.0%)
          (2)    取得予定株式数
                                  2,060,000株(注)
                                  本株式取得の相手先の意向により非開示とさせて
                                  いただきます。なお、取得価額につきましては、
          (3)    取得予定価額
                                  第三者算定機関が算定した評価額等を基に、相手
                                  先との協議により決定しております。
                                  2,060,000株(注)
          (4)    異動後の所有予定株式数
                                  (議決権所有割合:85.5%)
         (注)上記(4)の異動後の所有予定株式数については本追加株式取得を見込んでおりません。また、異動
            後の議決権所有割合の計算においては、当社の異動後の所有予定株式数である2,060,000株に係る議
            決権数20,600個を分子とし、2020年12月31日現在のダイヤコンサルタントの発行済株式総数
            (4,700,000株)から本自己株式取得により取得する見込みである株式数2,440,000株(本自己株式取
            得の上限である2,640,000株からダイヤコンサルタント従業員持株会が所有するダイヤコンサルタン
            ト株式(200,000株)を控除した株式数)を減算し、本自己株式処分により割り当てる株式(150,000
            株)を加算した合計2,410,000株に係る議決権数24,100個を分母として計算しております。
                                 6/24

                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
       4.本株式移転の概要

        (1)本株式移転の日程
          基本合意書の締結(両社)                            2020年8月7日
          株式移転計画承認取締役会(両社)                            2021年2月12日
          本統合契約の締結(両社)                            2021年2月12日
          臨時株主総会基準日公告(当社)                            2021年2月25日
          臨時株主総会基準日公告(ダイヤコンサルタント)                            2021年3月4日
          臨時株主総会基準日(当社)                            2021年3月12日
          臨時株主総会基準日(ダイヤコンサルタント)                            2021年3月19日
          株式移転計画承認臨時株主総会(両社)                            2021年4月23日
          上場廃止日(当社)                            2021年7月12日(予定)
          共同持株会社設立登記日(効力発生日)                            2021年7月14日(予定)
          共同持株会社株式新規上場日                            2021年7月14日(予定)
          但し、今後手続を進める中で、本株式移転の手続進行上の必要性その他の事由により必要な場合には、両
         社協議の上、日程を変更する場合があります。
        (2)本株式移転の方式
          両社を株式移転完全子会社、新規に設立する共同持株会社を株式移転設立完全親会社とする共同株式移転
         となります。
        (3)本株式移転に係る割当ての内容
                会社名                当社            ダイヤコンサルタント
              株式移転比率                  1                1
         (注1) 本株式移転に係る株式の割当ての詳細
            当社の普通株式1株に対して共同持株会社の普通株式1株を、ダイヤコンサルタントの普通株式1株
          に対して共同持株会社の普通株式1株を割当て交付いたします。但し、上記株式移転比率は算定の基礎と
          なる諸条件に重大な変更が生じた場合は、両社協議の上変更することがあります。
           なお、共同持株会社の単元株式数は、100株とする予定です。
           本株式移転により、当社又はダイヤコンサルタントの株主に割当て交付する共同持株会社の普通株式の
          数に1株に満たない端数が生じた場合には、会社法234条その他関連法令の規定に従い、1株に満たない
          端数部分に応じた金銭をお支払いいたします。
         (注2) 共同持株会社が本株式移転により交付する新株式数(予定)
           普通株式:10,070,000株
           上記は当社の発行済株式総数7,660,000株(2020年12月31日時点)及びダイヤコンサルタントの発行済
          株式総数4,700,000株(2020年12月31日時点)に基づいて記載しております。但し、ダイヤコンサルタン
          トは、本株式移転の効力発生日までに、2,640,000株を上限として本自己株式取得を実施したうえで、
          150,000株について、ダイヤコンサルタント従業員持株会を割当先とする本自己株式処分を行い、残りを
          実務上消却可能な範囲で消却することを予定しているため、本自己株式取得の上限数(2,640,000株)か
          らダイヤコンサルタント従業員持株会が保有するダイヤコンサルタントの株式200,000株及び本自己株式
          処分の対象となる150,000株を控除した数(2,290,000株)については、上記算出において、新株式交付の
          対象から除外しております。なお、本株式移転の効力発生日までに実際に消却される自己株式数は現状に
          おいて未確定であるため、共同持株会社が発行する上記株式数は変動することがあります。また、本株式
          移転の効力発生の直前までに当社の新株予約権の行使等がなされた場合においても、共同持株会社が交付
          する新株式数は変動することがあります。
         (注3) 単元未満株式の取扱い等について
           本株式移転により両社の株主の皆様に割当てられる共同持株会社の株式は株式会社東京証券取引所(以
          下「東京証券取引所」といいます。)に新規上場申請を行うことが予定されており、当該申請が承認され
                                 7/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
          た場合、共同持株会社の株式は東京証券取引所での取引が可能となることから、当社の株式を100株以
          上、又はダイヤコンサルタントの株式を100株以上保有するなどして、本株式移転により共同持株会社の
          株 式の単元株式数である100株以上の共同持株会社の株式の割当てを受ける当社又はダイヤコンサルタン
          トの株主の皆様に対しては、引き続き共同持株会社の株式の流動性を提供できるものと考えております。
           なお、100株未満の共同持株会社の株式の割当てを受ける当社又はダイヤコンサルタントの株主の皆様
          につきましては、かかる割当てられた株式を東京証券取引所その他の金融商品取引所において売却するこ
          とはできませんが、そのような単元未満株式を保有することとなる株主の皆様は、共同持株会社に対し、
          自己の保有する単元未満株式を買い取ることを請求することが可能です。また、その保有する単元未満株
          の数と合わせて1単元となる数の株式を共同持株会社から買い増すことも可能です。
        (4)本株式移転に伴う新株予約権及び新株予約権付社債に関する取扱い
          本株式移転に際して、当社が既に発行している新株予約権については、各新株予約権の内容及び株式移転
         比率を踏まえ、各新株予約権者に対し、その保有する各新株予約権に代わる共同持株会社の新株予約権を割
         当て交付いたします。
          なお、ダイヤコンサルタントは新株予約権を発行しておりません。
          また、両社は、新株予約権付社債を発行しておりません。
        (5)共同持株会社設立前の基準日に基づく両社の配当について
          当社は、2021年6月30日を基準日とする1株あたり30円の剰余金の配当を行うことを予定しております。
          また、ダイヤコンサルタントは、2021年3月31日を基準日とする1株あたり50円の剰余金の配当を行うこ
         とを予定しております。
        (6)自己株式並びに両社に割当てられる共同持株会社の株式の取扱い
          ダイヤコンサルタントは、本株式移転の効力発生までに、今後新たに取得する自己株式のうち、150,000株
         についてダイヤコンサルタント従業員持株会を割当先として本自己株式処分を行い、残りを実務上消却可能
         な範囲で消却することを予定しております。なお、当社は、現時点で保有し又は今後新たに取得する自己株
         式について、消却することを予定しておりません。
          本株式移転に際し、当社が保有する自己株式(現時点で442,424株)及び本株式取得により当社が保有する
         ダイヤコンサルタント株式(2,060,000株(予定))に対しては、株式移転比率に応じて、共同持株会社の株
         式が割当てられる結果、当社は完全親会社である共同持株会社の株式を保有することになりますが、当該共
         同持株会社の株式については、本株式移転の効力発生日以降に共同持株会社への現物配当を行い、共同持株
         会社においては当該現物配当を通じて取得した自己株式のうち、本株式移転において当社が保有するダイヤ
         コンサルタントの株式に対して割当て交付された部分に相当するものについて速やかに消却を行う予定で
         す。
       5.本株式移転に係る割当ての内容の算定根拠等

        (1)割当ての内容の根拠及び理由
          上記4.(3)「本株式移転に係る割当ての内容」に記載の株式移転比率の決定にあたって公正性を期すた
         め、当社は山田コンサルティンググループ株式会社(以下「山田コンサル」といいます。)を、ダイヤコン
         サルタントは株式会社日本政策投資銀行(以下「日本政策投資銀行」といいます。)をそれぞれ第三者算定
         機関として選定いたしました。両社は、それぞれ、当該第三者算定機関に対し、本株式移転に用いられる株
         式移転比率の算定を依頼し、第三者算定機関による算定結果を参考に、それぞれ両社の財務の状況、資産の
         状況、将来の見通し等の要因を総合的に勘案し、両社で株式移転比率について慎重に交渉・協議を重ねた結
         果、最終的に上記4.(3)「本株式移転に係る割当ての内容」に記載の株式移転比率が妥当であるとの判断に
         いたり、2021年2月12日に開催された各社の取締役会において本株式移転における株式移転比率を決定し、
         合意いたしました。
        (2)算定に関する事項
         ①  算定機関との関係
          当社の第三者算定機関である山田コンサル及びダイヤコンサルタントの第三者算定機関である日本政策投
         資銀行は、いずれも当社、ダイヤコンサルタント及び三菱マテリアルの関連当事者には該当せず、本株式移
         転に関して記載すべき重要な利害関係を有しません。
         ②   算定の概要
          両社は、本株式移転に用いられる株式移転比率の公正性・妥当性を確保するため、当社は山田コンサル
                                 8/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
         に、ダイヤコンサルタントは日本政策投資銀行に対し、それぞれ株式移転比率の算定を依頼し、株式移転比
         率算定書を受領いたしました。
          山田コンサルは、上場会社である当社について、市場株価が存在することから市場株価法による算定を行
         い、また、両社について、将来の事業活動の状況を算定に反映するためディスカウンテッド・キャッシュ・
         フロー法(以下「DCF          法」といいます。)を用いて評価の上、株式移転比率の算定を行いました。各手法に
         おける株式移転比率の算定レンジは以下のとおりです。以下の株式移転比率の算定レンジは、当社の普通株
         式1株に対して共同持株会社の普通株式1株を割当てる場合に、ダイヤコンサルタントの普通株式1株に対
         して割当てられる共同持株会社の普通株式数の評価レンジを記載したものであります。
                    採用手法
                                        株式移転比率の算定レンジ
               当社         ダイヤコンサルタント
             市場株価法              DCF法                0.85~1.71
               DCF法             DCF法                0.46~1.08
           市場株価法については、2021年2月10日を算定基準日とし、東京証券取引所における当社普通株式の算定
         基準日の終値、算定基準日までの1ヶ月間、3ヶ月間及び6ヶ月間における終値単純平均株価を採用してお
         ります。
          山田コンサルは、株式移転比率の算定に際して、両社から提供を受けた情報及び一般に公開された情報等
         を原則としてそのまま採用し、採用したそれらの資料及び情報等が全て正確かつ完全なものであること、並
         びに株式移転比率の算定に重大な影響を与える可能性がある事実で山田コンサルに対して未開示の事実はな
         いこと等を前提としており、独自にそれらの正確性及び完全性の検証は行っておりません。また、両社の資
         産及び負債(偶発債務を含みます。)について、独自の評価又は査定を行っていないことを前提としており
         ます。また、かかる算定において参照した両社の財務見通し(以下「事業計画」といいます。)について
         は、両社により現時点で得られる最善の予測及び判断に基づき合理的に準備・作成されたことを前提として
         おります。
          なお、山田コンサルがDCF法において使用した算定の基礎となる両社の将来の事業計画においては、大幅な
         増減益を見込んでおりません。また、当該事業計画は、本株式移転の実施を前提としておりません。
          日本政策投資銀行は、上場会社である当社について、市場株価が存在することから市場株価法による算定
         を行い、また、ダイヤコンサルタントについては、非上場会社であるものの比較可能な上場類似会社が存在
         し、類似会社比較による株式価値の類推が可能であることから類似会社比較法を、加えて、両社について、
         将来の事業活動の状況を算定に反映するためDCF                       法を用いて評価の上、株式移転比率の算定を行いました。
         各手法における株式移転比率の算定レンジは以下のとおりです。以下の株式移転比率の算定レンジは、当社
         の普通株式1株に対して共同持株会社の普通株式1株を割当てる場合に、ダイヤコンサルタントの普通株式
         1株に対して割当てられる共同持株会社の普通株式数の評価レンジを記載したものであります。
                                 9/24








                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
                    採用手法
                                        株式移転比率の算定レンジ
               当社         ダイヤコンサルタント
             市場株価法            類似会社比較法                   1.00~1.69
               DCF法             DCF法                0.44~1.12
           市場株価法については、2021年2月10日を算定基準日とし、東京証券取引所における当社普通株式の算定
         基準日の終値、算定基準日までの1ヶ月間、3ヶ月間及び6ヶ月間における終値単純平均株価を採用してお
         ります。
          日本政策投資銀行は、株式移転比率の算定に際して、両社から提供を受けた情報及び一般に公開された情
         報等を原則としてそのまま採用し、採用したそれらの資料及び情報等が全て正確かつ完全なものであるこ
         と、並びに株式移転比率の算定に重大な影響を与える可能性がある事実で日本政策投資銀行に対して未開示
         の事実はないこと等を前提としており、独自にそれらの正確性及び完全性の検証は行っておりません。ま
         た、両社の資産及び負債(偶発債務を含みます。)について、独自の評価又は査定を行っていないことを前
         提としております。また、かかる算定において参照した両社の事業計画については、両社により現時点で得
         られる最善の予測及び判断に基づき合理的に準備・作成されたことを前提としております。
          なお、日本政策投資銀行がDCF法において使用した算定の基礎となる両社の将来の事業計画においては、大
         幅な増減益を見込んでおりません。また、当該事業計画は、本株式移転の実施を前提としておりません。
        (3)上場廃止となる見込みとその事由及び共同持株会社の上場申請等
          両社は、共同持株会社の株式について、東京証券取引所市場第二部に新規上場(テクニカル上場)の申請
         を行うことを予定しており、上場日は、2021年7月14日を予定しております。また、当社は本株式移転によ
         り共同持株会社の完全子会社となりますので、共同持株会社の上場に先立ち、当社の普通株式は2021年7月
         12日付で上場廃止となる予定ですが、共同持株会社の株式の上場が承認された場合には、本効力発生日にお
         いて両社の株主の皆様に割当てられる共同持株会社の普通株式は東京証券取引所に上場されているため、本
         株式移転に際して両社の株主の皆様が保有する株式数に応じて交付された1単元(100株)以上の共同持株会
         社の株式について、両社の株主の皆様は、東京証券取引所において、取引することができます。
          なお、具体的な共同持株会社の株式上場日及び当社の上場廃止日につきましては、東京証券取引所の各規
         則に従って決定されることとなります。
        (4)公正性を担保するための措置
          本株式移転の公正性・妥当性を担保するために、各社から独立した第三者算定機関として、当社は山田コ
         ンサルを、ダイヤコンサルタントは日本政策投資銀行をそれぞれ選定し、本株式移転に用いられる株式移転
         比率の合意の基礎とすべく株式移転比率算定書を受領しております。なお、両社は、第三者算定機関より、
         合意された株式移転比率がそれぞれの株主にとって財務的見地から公正である旨の意見書(フェアネス・オ
         ピニオン)を取得しておりません。
          また、法務アドバイザーとして、当社は北浜法律事務所を、ダイヤコンサルタントはTMI総合法律事務所を
         それぞれ選定し、それぞれ本株式移転の手続及び意思決定の方法・過程等についての助言を受けておりま
         す。
          なお、北浜法律事務所及びTMI総合法律事務所は、いずれも当社、ダイヤコンサルタント及び三菱マテリア
         ルの関連当事者には該当せず、本株式移転に関して記載すべき重要な利害関係を有しません。
        (5)利益相反を回避するための措置
          本株式移転にあたって、当社とダイヤコンサルタントとの間には特段の利益相反関係は存在しないことか
         ら、特別な措置は講じておりません。
                                10/24





                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
       6.本株式移転の当事会社の概要

         (1)    名称        大日本コンサルタント株式会社
                                       株式会社ダイヤコンサルタント
         (2)    所在地
                    東京都千代田区神田練塀町300番地                   東京都千代田区三番町6番地3
         (3)    代表者の
                    代表取締役社長執行役員 新井 伸博                   代表取締役社長 野口 泰彦
            役職・氏名
                                       三菱マテリアル系列の建設コンサルタン
                    中堅の総合建設コンサルタント会社で                   ト事業会社であり、全国を対象に地質調
         (4)    事業内容
                    あり、橋梁・道路構造物に強みを持つ                   査を主力として地盤解析などを手掛けて
                                       いる
                     1,399百万円                    455百万円
         (5)    資本金
                    (2020年12月31日現在)                   (2020年12月31日現在)
         (6)    設立年月日
                    1963年1月23日                   1963年5月15日
                     7,660,000株(自己株式含む)                    4,700,000株
         (7)    発行済株式数
                    (2020年12月31日現在)                   (2020年12月31日現在)
         (8)    決算期
                    6月                   3月
         (9)    従業員数
                     765名                    462名
            (連結)
                    (2020年6月30日現在)                   (2020年6月30日現在)
         (10)    主要取引先
                    国土交通省、西日本高速道路㈱                   国土交通省、地方公共団体、東京電力㈱
                    ㈱北陸銀行、㈱三菱UFJ銀行、㈱三井                   ㈱三菱UFJ銀行、㈱八十二銀行、㈱常陽
         (11)    主要取引銀行
                    住友銀行、三井住友信託銀行㈱、㈱り                   銀行
                    そな銀行、㈱千葉銀行
                    大日本コンサルタント社員持株会                   三菱マテリアル㈱                   81.49%
                                  7.06%
                                       その他株主                      18.51%
                    大日本コンサルタント社友持株会
                                       (2020年12月31日現在)
                                  6.18%
                    光通信㈱          4.85%
                    ㈱北陸銀行         4.25%
         (12)    大株主及び        日本マスタートラスト信託銀行㈱
                                  3.56%
            持株比率
                    古河機械金属㈱                    2.48%
                    ㈱三菱UFJ銀行                  2.36%
                    川田テクノシステム㈱              2.24%
                    富士前鋼業㈱        2.15%
                    富士前商事㈱        1.91%
                    (2020年12月31日現在)
         (13)    当事会社間の関係
            資本関係         記載すべき事項はありません。
            人的関係         記載すべき事項はありません。
            取引関係         記載すべき事項はありません。
            関連当事者への
                    関連当事者に該当しません。
            該当状況
         (14)    最近3年間の経営成績及び財政状態      (単位:千円。特記しているものを除く。)
                          当社(連結)               ダイヤコンサルタント(単体)
             決算期
                     2018年      2019年      2020年      2018年      2019年       2020年
                     6月期      6月期      6月期      3月期      3月期       3月期
         純資産            5,436,443      5,613,757      6,488,818      3,505,770      3,740,356       4,051,342
         総資産            11,464,811      12,516,322      13,516,639       9,843,742      8,289,664       8,872,647
         1株当たり純資産(円)              758.30      779.36      899.51      745.91      795.82       861.99
         売上高            14,223,908      15,727,356      16,503,531      12,152,943      11,726,711       12,453,674
         営業利益             870,188     1,235,355      1,624,305       788,681      776,273       800,263
         経常利益             881,563     1,254,405      1,641,261       786,371      795,876       812,215
         親会社株主に帰属する
                      556,289      254,001     1,120,894       546,865      515,696       572,122
         当期純利益
         1株当たり当期純利益
                       77.42      35.40      155.85      116.35      109.72       121.72
         (円)
         1株当たり配当金
                         15      18      30      58      54       61
         (円)
                                11/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
       7.株式移転により新たに設立する会社の状況
                           DNホールディングス株式会社
         (1)    名称
                          英文社名:DN       HOLDINGS     CO.,   LTD.
         (2)    所在地
                          東京都千代田区神田練塀町300番地
                          代表取締役                          新井 伸博
                          代表取締役                        野口 泰彦
                          取締役                            高久 晃
         (3)    代表者及び役員の就任予定
                          取締役(監査等委員(常勤))                 吉村 実義
                          取締役(監査等委員(非常勤))                林田 和久
                          取締役(監査等委員(非常勤))                井上 毅
         (4)    事業内容
                          子会社等の経営管理及びこれらに附帯又は関連する一切の事業
         (5)    資本金
                          2,000百万円
         (6)    決算期
                          6月
         (7)    純資産
                          現時点では確定しておりません。
         (8)    総資産
                          現時点では確定しておりません。
       8.会計処理の概要

        本株式移転は、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号(2019年1月16日企業会計基準委員
       会))における「共通支配下の取引等」に該当する見込みであります。
                                12/24














                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    24,000,000

                計                                   24,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               ( 2021年3月31日       )   (2021年5月14日)           商品取引業協会名
                                    東京証券取引所

                                              単元株式数は100株で
      普通株式            7,660,000           7,660,000
                                              あります。
                                    (市場第二部)
        計           7,660,000           7,660,000          ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2021年1月1日~
                     ―   7,660,000          ―   1,399,000          ―    518,460
    2021年3月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                13/24






                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2020年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                                2021年3月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                    普通株式      442,400
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                                72,125            ―
                          7,212,500
                    普通株式
    単元未満株式                               ―        1単元(100株)未満の株式
                            5,100
    発行済株式総数                     7,660,000         ―              ―
    総株主の議決権                    ―            72,125            ―

     (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式600株含まれております。また、
        「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数6個が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               2021年3月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    大日本コンサルタント
                 東京都千代田区神田練塀
                                442,400       ―       442,400        5.78
                 町300番地
    株式会社
          計             ―          442,400       ―       442,400        5.78
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                14/24









                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021年
     3月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年7月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                15/24

















                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年6月30日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              5,217,876              2,444,239
        完成業務未収入金                              2,640,766              1,330,950
        たな卸資産                              2,707,018              6,955,476
        その他                               154,221              262,486
                                       △ 5,226             △ 2,563
        貸倒引当金
        流動資産合計                              10,714,656              10,990,589
      固定資産
        有形固定資産                               548,690              566,297
        無形固定資産                               354,126              325,916
        投資その他の資産
         投資有価証券                              269,990              332,399
         退職給付に係る資産                              896,428              937,063
         繰延税金資産                              113,721              427,608
                                       619,025              678,812
         その他
         投資その他の資産合計                             1,899,166              2,375,883
        固定資産合計                              2,801,983              3,268,097
      資産合計                               13,516,639              14,258,686
                                16/24












                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年6月30日)              (2021年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        業務未払金                               881,807             1,299,799
        短期借入金                                  ―            200,000
        未払法人税等                               201,964               50,211
        未成業務受入金                              3,322,628              4,900,286
        賞与引当金                                  ―            463,311
        受注損失引当金                                16,200              35,685
                                      1,778,021               807,113
        その他
        流動負債合計                              6,200,622              7,756,407
      固定負債
        退職給付に係る負債                               724,292              775,338
        資産除去債務                                67,482              75,605
                                        35,423              28,040
        その他
        固定負債合計                               827,199              878,984
      負債合計                                7,027,821              8,635,391
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              1,399,000              1,399,000
        資本剰余金                              1,524,573              1,531,510
        利益剰余金                              3,866,936              2,926,146
                                      △ 187,415             △ 178,105
        自己株式
        株主資本合計                              6,603,094              5,678,550
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                47,484              93,779
        為替換算調整勘定                               △ 22,595             △ 21,987
                                      △ 156,536             △ 150,911
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                              △ 131,647              △ 79,119
      新株予約権                                 17,370              23,863
      純資産合計                                6,488,818              5,623,294
     負債純資産合計                                 13,516,639              14,258,686
                                17/24









                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     売上高                                 5,706,118              6,511,460
                                      3,804,297              4,538,694
     売上原価
     売上総利益                                 1,901,821              1,972,765
     販売費及び一般管理費                                 2,884,570              3,022,359
     営業損失(△)                                 △ 982,749            △ 1,049,594
     営業外収益
      受取利息                                    65              58
      受取配当金                                  3,866              4,113
      受取保険金                                    ―            38,059
      貸倒引当金戻入額                                  1,127              2,663
      為替差益                                   210              619
                                        7,071              8,045
      その他
      営業外収益合計                                 12,341              53,559
     営業外費用
      支払利息                                    54               4
      減価償却費                                  2,339              4,376
      固定資産除却損                                  1,441              4,371
                                          11              227
      その他
      営業外費用合計                                  3,847              8,980
     経常損失(△)                                 △ 974,256            △ 1,005,015
     特別損失
                                        5,500                ―
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                  5,500                ―
     税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 979,756            △ 1,005,015
     法人税、住民税及び事業税
                                        62,198              53,446
                                      △ 331,356             △ 333,503
     法人税等調整額
     法人税等合計                                 △ 269,157             △ 280,056
     四半期純損失(△)                                 △ 710,598             △ 724,958
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 710,598             △ 724,958
                                18/24









                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     四半期純損失(△)                                 △ 710,598             △ 724,958
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   188             46,295
      為替換算調整勘定                                  △ 64              607
                                        2,769              5,625
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                  2,894              52,528
     四半期包括利益                                 △ 707,704             △ 672,429
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 707,704             △ 672,429
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    ―              ―
                                19/24















                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
       当第3四半期連結累計期間において、前連結会計年度の有価証券報告書の「追加情報」に記載した新型コロナウ
      イルス感染症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定について重要な変更はありません。
       当社グループは入手可能な情報に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が、翌連結会計年度も継続する
      という仮定のもとで、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積もりを行っております。
      (四半期連結損益計算書関係)

       売上高の季節的変動
       当社グループの売上高は官公庁への納期に対応して下半期に偏重し、上半期は販売費及び一般管理費の占める割
      合が著しく高くなる傾向にあります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       第3四半期連結累計期間に係る減価償却費
       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
      半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                           (自    2019年7月1日              (自    2020年7月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
        減価償却費                           146,658    千円             215,471    千円
      (株主資本等関係)

       配当金支払額
       前第3四半期連結累計期間(自                2019年7月1日        至    2020年3月31日       )
                           1株当たり
       (決議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                            配当額
    2019年9月26日
              普通株式      129,346千円           18円   2019年6月30日         2019年9月27日         利益剰余金
    定時株主総会
    (注)1株当たり配当額には本社移転記念配当2円が含まれております。
       当第3四半期連結累計期間(自                2020年7月1日        至    2021年3月31日       )

                           1株当たり
       (決議)       株式の種類      配当金の総額                 基準日        効力発生日        配当の原資
                            配当額
    2020年9月24日
              普通株式      215,831千円           30円   2020年6月30日         2020年9月25日         利益剰余金
    定時株主総会
                                20/24








                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       当社グループは子会社及び地域別に設置した支社を事業セグメントとし、当社の本社機構を「その他」事業セグ
      メントとして設定し、取締役会に定期的報告を実施しております。ただし、子会社及び支社事業セグメントについ
      ては、その事業内容等の経済的特徴の類似性、「その他」事業セグメントについては、金額の重要性を勘案し、報
      告セグメントとしてこれらを単一のセグメント(建設コンサルタント事業)に集約しております。したがって、記載
      を省略しております。
      (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                (自    2019年7月1日           (自    2020年7月1日
                                 至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    1株当たり四半期純損失(△)                                  △98円81銭             △100円63銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)                                △710,598             △724,958

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―             ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       △710,598             △724,958
      四半期純損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  7,191             7,204
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
      たり四半期純利益の算定に含まれなかった潜在株式
                                          ―             ―
      で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
      の概要
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失で
        あるため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       2021年4月23日に開催された当社の臨時株主総会において、2021年7月14日を株式移転完全親会社の成立の日と
      して、株式会社ダイヤコンサルタントと共同して、株式移転設立完全親会社であるDNホールディングス株式会社を
      設立するための「株式移転計画書」が承認されました。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                21/24








                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                22/24




















                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年5月14日

    大日本コンサルタント株式会社
     取締役会 御中
                       有限責任監査法人トーマツ

                          東 京 事 務 所
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       神  代     勲            ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       西  川  福  之            ㊞
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている大日本コンサル
    タント株式会社の2020年7月1日から2021年6月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2021年1月1日か
    ら2021年3月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年7月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、大日本コンサルタント株式会社及び連結子会社の2021年3月31日
    現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
    項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビ
      ュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                23/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                            四半期報告書
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
      認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公
      正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認め
      られないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュ
      ー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結
      財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明すること
      が求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象
      や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の
      作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期
      連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示してい
      ないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。
      監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単
      独で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                24/24










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク