株式会社アマナ 四半期報告書 第52期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第52期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 株式会社アマナ
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年5月14日
     【四半期会計期間】                   第52期第1四半期(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
     【会社名】                   株式会社アマナ
     【英訳名】                   amana   inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  進藤 博信
     【本店の所在の場所】                   東京都品川区東品川二丁目2番43号
     【電話番号】                   03-3740-4011(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役Platform        Design部門担当  石亀 幸大
     【最寄りの連絡場所】                   東京都品川区東品川二丁目2番43号
     【電話番号】                   03-3740-4011(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役Platform        Design部門担当  石亀 幸大
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/18













                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第51期           第52期
              回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第51期
                              累計期間           累計期間
                           自 2020年1月1日           自 2021年1月1日           自 2020年1月1日

             会計期間
                           至 2020年3月31日           至 2021年3月31日           至 2020年12月31日
                     (千円)           5,129,445           4,717,304           17,268,578

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 264,814            82,457         △ 1,478,852
     親会社株主に帰属する四半期純利
     益又は親会社株主に帰属する四半                (千円)           △ 297,179            50,741         △ 2,467,705
     期(当期)純損失(△)
                     (千円)           △ 295,614            41,727         △ 2,432,308
     四半期包括利益又は包括利益
                     (千円)           1,343,208           △ 761,221          △ 802,948
     純資産額
                     (千円)          11,631,094           10,027,965           10,490,421
     総資産額
     1株当たり四半期純利益又は1株
     当たり四半期(当期)純損失                 (円)           △ 59.76           10.20          △ 496.25
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             10.3           △ 9.1          △ 9.0
     自己資本比率
     (注   )1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、                             第51期第1四半期連結累計期間及び第51期は
           1株当たり四半期(当期)純損失であり、また、                       潜在株式が存在しないため、             第52期第1四半期連結累計期
           間は  潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
        また、主要な関係会社における異動は次のとおりです。
        当第1四半期連結会計期間において、                 連結子会社     であった㈱アンの保有株式の一部を売却したことに伴い、                           連結子
      会社から持分法適用関連会社へ変更しております。
        これにより、当社グループは、              ㈱ アマナ(当社)、子会社8社及び関連会社9社から構成されております。
                                 2/18






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
        なお、新型コロナウイルス感染拡大については                     現在状況を注視していますが、今後の経過によっては、当社グルー
      プの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      継続企業の前提に関する重要事象等

         当社グループは、前連結会計年度において、新型コロナウイルス感染拡大の影響などを受け、売上高が著しく減
        少し、重要な営業損失1,523百万円、経常損失1,478百万円、親会社株主に帰属する当期純損失2,467百万円を計上
        した結果、802百万円の債務超過となりました。当第1四半期連結累計期間においては、当連結会計年度を初年度
        とする中期経営計画に基づき収益構造の改善に努め、営業利益51百万円、経常利益                                      82 百万円、親会社株主に帰属す
        る四半期純利益       50 百万円を計上しておりますが、引き続き、債務超過は解消されていない状態                                   であり、また、流動
        負債が流動資産の金額を上回っており、さらに、一部の長期借入金352百万円について、財務制限条項に抵触して
        いるため、全額返済となる見通しとなっております。                         債務超過を解消するための資本政策、及び、金融機関からの
        継続支援の具体的な条件について協議を継続している状態であることから、当該状況により、継続企業の前提に重
        要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していると認識しております。
         当社グループは、当該状況の解消を図るべく、以下の諸施策を遂行することにより、収益構造の                                             さらなる    改善及
        び財務基盤の安定化に取り組んでおります。
        ①収益構造のさらなる改善
         ・「One    amana!」を掲げる経営方針に基づき、                  前連結会計年度から         整備を進めた全社横断型の戦略的な営業体
          制のもと、クライアント企業との継続的な関係構築を推進するなかで、グループの総合力を発揮して、売上高
          の再成長を図ってまいります。
         ・売上原価について、内制可能な業務についてグループ内部のクリエイティブリソース                                         を 最大活用するととも
          に、外部発注プロセスの再構築による発注先や発注額の最適化を推進し、収益性向上を図ってまいります。
         ・販売費及び一般管理費について、経営環境の変化に対応して                             、 前連結会計年度から事業及び組織のスクラップ
          アンドビルドを推進し、人員数の最適化を図ったことによる報酬・給与等の人件費の削減効果、オフィス施設
          などを一部解約したことによる賃借料をはじめとした設備費の削減効果などが発現しております。引き続き、
          活動諸費の徹底的な見直しなどによるコストコントロールを推進してまいります。
        ②財務基盤の安定化
          取引金融機関等に対する適時な経営成績及び財政状態の報告によって、継続的な支援を受けられるべく良好で
         密接な関係を引き続き維持してまいります。
        ③債務超過解消のための対応策
          継続企業の前提に関する重要な疑義の存在を早期に解消できるよう、外部コンサルタントを起用し、当連結会
         計年度を初年度とする蓋然性の高い中期経営計画を策定し、実行しております。引き続き、当該中期経営計画を
         着実に遂行していくとともに、資本政策を検討してまいります。
         以上の施策を実施してまいりましたが、今後も有効と考えられる施策につきましては、積極的に実施してまいり

        ます。しかしながら、当第1四半期連結累計期間においても、新型コロナウイルス感染症の再拡大と緊急事態宣言
        の再発令等もあり、依然として先行き不透明な外部環境であることから、収益構造のさらなる改善には一定の不確
        実性が認められます。
         また、当社グループにおける追加的な資金調達の状況等によっては、当社グループの資金繰りに重要な影響を及
        ぼす可能性があります。
         このため、継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在するものと認識しております。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

      ① 経営成績
         当社グループは、写真・CG・映像・イラストレーションなど視覚から訴求するものをビジュアルと総称し、これ
        らビジュアルを活用したコミュニケーション・コンテンツの提供等を通じて、お客様の商品やサービスの価値を可
        視化することでコミュニケーション活動をサポートする、ビジュアルコミュニケーション事業を展開しておりま
        す。
                                 3/18


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
         当社グループでは、当連結会計年度を初年度とする中期経営計画において、あらためて内部統制の強化に向けた
        継続的な取り組みを実施するとともに、利益創出に徹底的にこだわることで収益構造の改善及び財務基盤の安定化
        に 努め、お客様の「Co-Creation              Partner」を標榜するビジネスモデルを支える経営基盤を再構築しております。
        「One   amana!」を掲げる経営方針に基づき、                  前連結会計年度から         整備を進めた全社横断型の戦略的な営業体制の
        もと、グループの総合力を発揮してトップラインの再成長を図り、同時に、新たなワークフローの確立を推し進め
        るなかで、案件毎の利益設計の徹底、十分なチェック・モニタリング機能の運用、外部発注プロセスの最適化など
        を図ることで、利益創出と内部統制の                 さらなる    強化を推進しております。
         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大による経済活動の停滞か

        ら、各種政策の効果や海外経済の改善もあり、回復の動きが継続することが期待されたものの、新型コロナウイル
        ス感染症の再拡大と緊急事態宣言の再発令等もあり、依然として先行き不透明な状況で推移いたしました。
         当第1四半期連結累計期間の売上高は                  4,717   百万円(前年同期比         8.0  %減)となりましたが、新型コロナウイルス
        感染拡大による影響が本格化した前第2四半期                     連結累計期間      以降の期間別の売上高をみると、前第2四半期連結会
        計期間が    前年同期    比39.9%減、前第3四半期連結会計期間が                   前年同期    比33.5%減、前第4四半期連結会計期間が                   前
        年同期   比21.0%減となっており、当第1四半期連結会計期間では下落幅を抑え、段階的な復調傾向での推移となり
        ました。売上高の減少に伴い、事業付加価値額(売上高-外注原価)は                                 2,498   百万円(前年同期比         6.7  %減)となり
        ましたが、制作業務に係る組織やスタジオ設備などクリエイティブリソースの最適化により固定的な売上原価につ
        いての流動化が図られたことで、売上総利益は2,049百万円(前年同期比1.2%減)となり収益性の改善が進みまし
        た。販売費及び一般管理費については、経営環境の変化に対応した事業及び組織のスクラップアンドビルドの推進
        により、人員数の最適化を図ったことなどによる報酬・給与等の人件費の削減、また、DX推進による働き方の進化
        を見据え、オフィス施設などを一部解約したことによる賃借料をはじめとした設備費の削減効果の発現、さらに、
        活動諸費の徹底的な見直しなど経費削減を推進したことにより、1,998百万円(前年同期比14.                                           6 %減)となりまし
        た。
         以上の結果、営業利益は51百万円(前年同期は263百万円の営業損失)となりました。さらに、為替差益、受取
        保険金などによる営業外収益              75 百万円、支払利息などによる営業外費用44百万円を計上し、経常利益は                                 82 百万円
        (前年同期は26       4 百万円の経常損失)となりました。また、連結子会社の異動(株式譲渡)に伴う関係会社株式売
        却益15百万円などを         特別利益に     計上した結果、税金等調整前四半期純利益は                     95 百万円(前年同期は270百万円の税
        金等調整前四半期純損失)となり、最終的な親会社株主に帰属する四半期純利益は                                      50 百万円(前年同期は297百万
        円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。
         当社グループはビジュアルコミュニケーション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略し

        ております。
      ② 財政状態

       (資産)
         当第   1 四半期連結累計期間末における流動資産合計は6,447百万円となり、前連結会計年度末に比べ437百万円
        減少しました。これは主として、               現金及び預金      の減少   146  百万円、受取手形及び売掛金の減少207百万円等による
        ものです。
         固定資産合計は        3,580   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                  25 百万円減少しました。これは主として、                  差入保
        証金  の減少   126  百万円等によるものです。
         この結果、総資産は          10,027   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                  462  百万円減少しました。
       (負債)
         当第   1 四半期連結累計期間末における流動負債合計は                      8,086   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                   316  百万円
        減少しました。これは主として、未払金の減少                     250  百万円、    資産除去債務      の減少   114  百万円等によるものです。
         固定負債合計は        2,702   百万円となり、前連結会計年度末に比べ187百万円減少しました。これは主として、長期
        借入金の減少      145  百万円等によるものです。
         この結果、負債合計は           10,789   百万円となり、前連結会計年度末に比べ                  504  百万円減少しました。
       (純資産)
         当第   1 四半期連結累計期間末における純資産合計は△761百万円となり、前連結会計年度末に比べ41百万円増加
        しました。これは主として、当第               1 四半期連結累計期間の親会社株主に帰属する                     四半  期純利益の計上50百万円等
        によるものです。
         この結果、当第        1 四半期連結累計期間末の自己資本比率は△9.1%(前連結会計年度末は△9.0%)となりまし
        た。
     (2)  会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

                                 4/18


                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている                              会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定                    に
        ついて重要な変更はありません。
     (3)  経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
     (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが                         優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題                    について重要
        な変更はありません。
     (5)  研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/18















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                     21,620,000

                  計                          21,620,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2021年5月14日)
               (2021年3月31日)                           取引業協会名
                                          東京証券取引所
                   5,408,000             5,408,000
       普通株式                                             単元株式数100株
                                          (マザーズ)
                   5,408,000             5,408,000             -          -
        計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                       資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (千円)       (千円)
                 (株)        (株)                      (千円)       (千円)
     2021年1月1日~
                     -    5,408,000           -    1,097,146           -    1,334,988
     2021年3月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/18








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2020年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  2020年12月31日現在
                           株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                       内容
                                   -           -       -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -           -       -
      議決権制限株式(その他)                             -           -       -

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                        -       -
                                435,200
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         4,968,400             49,684          -
                         普通株式
                                 4,400             -       -
      単元未満株式                   普通株式
                               5,408,000               -       -
      発行済株式総数
                                   -         49,684          -
      総株主の議決権
     (注)1 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式67株が含まれております。
        2 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株含まれております。ま
           た、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数10個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                           自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又
                                                   対する所有株式数
                 所有者の住所
                           株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
      は名称
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)
                東京都品川区東品川
                              435,200        -        435,200          8.04
                二丁目2番43号
      株式会社アマナ
                    -          435,200        -        435,200          8.04
         計
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 7/18








                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021
       年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、HLB         Meisei有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
        第51期連結会計年度        EY新日本有限責任監査法人
        第52期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間   HLB                                 Meisei有限責任監査法人
                                 8/18
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,990,440              1,843,696
        現金及び預金
                                       3,808,359              3,600,986
        受取手形及び売掛金
                                        717,919              659,082
        たな卸資産
                                        449,911              432,027
        その他
                                       △ 82,109             △ 88,545
        貸倒引当金
                                       6,884,521              6,447,248
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             1,188,034              1,184,833
          リース資産(純額)                              110,360               98,785
                                        654,335              664,057
          その他(純額)
                                       1,952,731              1,947,677
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        454,586              421,590
          ソフトウエア
                                        266,262              251,695
          のれん
                                        295,272              444,022
          その他
                                       1,016,121              1,117,308
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        177,214              179,450
          投資有価証券
                                        74,892              79,461
          長期貸付金
                                        287,731              161,024
          差入保証金
                                         4,027              3,231
          繰延税金資産
                                        97,840              92,562
          その他
                                        △ 4,658                -
          貸倒引当金
                                        637,047              515,730
          投資その他の資産合計
                                       3,605,900              3,580,716
        固定資産合計
                                      10,490,421              10,027,965
       資産合計
                                 9/18










                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       1,471,846              1,499,389
        支払手形及び買掛金
                                       5,130,000              5,115,000
        短期借入金
                                      ※2  596,456             ※2  602,177
        1年内返済予定の長期借入金
                                        48,531              47,458
        リース債務
                                        621,219              370,893
        未払金
                                        51,207              46,418
        未払法人税等
                                        114,567                 -
        資産除去債務
                                         3,560              98,945
        賞与引当金
                                        365,465              305,928
        その他
                                       8,402,853              8,086,211
        流動負債合計
       固定負債
                                     ※2  2,365,626            ※2  2,220,623
        長期借入金
                                        71,919              60,594
        リース債務
                                        16,984               9,008
        繰延税金負債
                                        408,943              386,832
        資産除去債務
                                        27,043              25,916
        その他
                                       2,890,517              2,702,975
        固定負債合計
                                      11,293,370              10,789,186
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       1,097,146              1,097,146
        資本金
                                       1,334,988              1,334,988
        資本剰余金
                                      △ 3,117,328             △ 3,066,587
        利益剰余金
                                       △ 304,196             △ 304,196
        自己株式
                                       △ 989,390             △ 938,649
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        47,658              24,422
        為替換算調整勘定
                                        47,658              24,422
        その他の包括利益累計額合計
                                        138,782              153,006
       非支配株主持分
                                       △ 802,948             △ 761,221
       純資産合計
                                      10,490,421              10,027,965
     負債純資産合計
                                10/18









                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                                       5,129,445              4,717,304
     売上高
                                       3,054,645              2,667,629
     売上原価
                                       2,074,799              2,049,675
     売上総利益
                                       2,338,488              1,998,148
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                 △ 263,689               51,527
     営業外収益
                                          467              817
       受取利息
                                          -            43,375
       為替差益
                                        22,434                436
       還付消費税等
                                         6,429              16,023
       受取保険金
                                          -             8,357
       助成金収入
                                         6,346               144
       持分法による投資利益
                                         6,364              5,846
       その他
                                        42,042              75,001
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        22,448              38,054
       支払利息
                                        11,837                -
       為替差損
                                         4,590                -
       貸倒引当金繰入額
                                         4,292              6,016
       その他
                                        43,167              44,070
       営業外費用合計
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 264,814               82,457
     特別利益
                                          -              249
       固定資産売却益
                                          -            15,792
       関係会社株式売却益
                                          -            16,042
       特別利益合計
     特別損失
                                          623               -
       固定資産売却損
                                          748             3,371
       固定資産除却損
                                         4,663                -
       減損損失
                                         6,036              3,371
       特別損失合計
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                       △ 270,850               95,128
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税                                   24,073              29,368
                                        △ 3,135               795
     法人税等調整額
                                        20,937              30,164
     法人税等合計
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                 △ 291,787               64,964
                                         5,392             △ 14,223
     非支配株主に帰属する四半期純利益
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                       △ 297,179               50,741
     に帰属する四半期純損失(△)
                                11/18






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                 △ 291,787               64,964
     その他の包括利益
                                        △ 2,823             △ 23,124
       為替換算調整勘定
                                        △ 1,002              △ 112
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 3,826             △ 23,236
       その他の包括利益合計
                                       △ 295,614               41,727
     四半期包括利益
     (内訳)
                                       △ 301,006               27,504
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         5,392              14,223
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                12/18
















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         当社グループは、前連結会計年度において、新型コロナウイルス感染拡大の影響などを受け、売上高が著しく減
        少し、重要な営業損失1,523,133千円、経常損失1,478,852千円、親会社株主に帰属する当期純損失2,467,705千円
        を計上した結果、802,948千円の債務超過となりました。当第1四半期連結累計期間においては、当連結会計年度
        を初年度とする中期経営計画に基づき収益構造の改善に努め、営業利益51,527千円、経常利益                                           82,  457  千円、親会社
        株主に帰属する四半期純利益             50,741   千円を計上しておりますが、引き続き、債務超過は解消されていない状態                                  であ
        り、また、流動負債が流動資産の金額を上回っており、さらに、一部の長期借入金352,600千円について、財務制
        限条項に抵触しているため、全額返済となる見通しとなっております。                                 債務超過を解消するための資本政策、及
        び、金融機関からの継続支援の具体的な条件について協議を継続している状態であることから、当該状況により、
        継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していると認識しております。
         当社グループは、当該状況の解消を図るべく、以下の諸施策を遂行することにより、収益構造の                                             さらなる    改善及
        び財務基盤の安定化に取り組んでおります。
        ①収益構造のさらなる改善
         ・「One    amana!」を掲げる経営方針に基づき、                  前連結会計年度から         整備を進めた全社横断型の戦略的な営業体
          制のもと、クライアント企業との継続的な関係構築を推進するなかで、グループの総合力を発揮して、売上高
          の再成長を図ってまいります。
         ・売上原価について、内制可能な業務についてグループ内部のクリエイティブリソース                                         を 最大活用するととも
          に、外部発注プロセスの再構築による発注先や発注額の最適化を推進し、収益性向上を図ってまいります。
         ・販売費及び一般管理費について、経営環境の変化に対応して前連結会計年度から事業及び組織のスクラップア
          ンドビルドを推進し、人員数の最適化を図ったことによる報酬・給与等の人件費の削減効果、オフィス施設な
          どを一部解約したことによる賃借料をはじめとした設備費の削減効果などが発現しております。引き続き、活
          動諸費の徹底的な見直しなどによるコストコントロールを推進してまいります。
        ②財務基盤の安定化
          取引金融機関等に対する適時な経営成績及び財政状態の報告によって、継続的な支援を受けられるべく良好で
         密接な関係を引き続き維持してまいります。
        ③債務超過解消のための対応策
          継続企業の前提に関する重要な疑義の存在を早期に解消できるよう、外部コンサルタントを起用し、当連結会
         計年度を初年度とする蓋然性の高い中期経営計画を策定し、実行しております。引き続き、当該中期経営計画を
         着実に遂行していくとともに、資本政策を検討してまいります。
         以上の施策を実施してまいりましたが、今後も有効と考えられる施策につきましては、積極的に実施してまいり

        ます。しかしながら、当第1四半期連結累計期間においても、新型コロナウイルス感染症の再拡大と緊急事態宣言
        の再発令等もあり、依然として先行き不透明な外部環境であることから、収益構造のさらなる改善には一定の不確
        実性が認められます。
         また、当社グループにおける追加的な資金調達の状況等によっては、当社グループの資金繰りに重要な影響を及
        ぼす可能性があります。
         このため、継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在するものと認識しております。
         なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影
        響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

          連結の範囲の重要な変更
          当第1四半期連結会計期間より、               連結子会社     であった㈱アンの保有株式の一部を売却したことに伴い、                           連結子
         会社から持分法適用関連会社へ変更しております。
                                13/18





                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
        (追加情報)
      (新型コ    ロナウイルス感染症の感染拡大に伴う会計上の見積り)
         前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した新型コロナウイルス感染拡大に伴う会計上の見積り
        について重要な変更はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        1 偶発債務
          差入保証金の流動化に伴う買戻し義務
                               前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                              (2020年12月31日)                 (2021年3月31日)
                                     271,263千円                 271,263千円
      ※2 財務制限条項

          長期借入金の一部には、財務制限条項が付されております。
                               前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                              (2020年12月31日)                 (2021年3月31日)
          借入実行残高                           378,400千円                 352,600千円
          上記の契    約には、以下の財務制限条項が付されています。

          ・各年   度決算期の末日における借入人の連結の貸借対照表において、純資産の部の合計額を、2018年12月決算
           期の年度決算期の末日における純資産の部の合計額又は前年度決算期の末日における純資産の部の合計額の
           いずれか大きい方の75%以上に維持する。
          ・各年度決     算期の末日における借入人の連結の損益計算書において、経常損益の金額を0円以上に維持する。
          なお、前連結会計年度末において上記の財務制限条項に抵触                            したため、全額返済となる見通しです                 。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                             (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                              至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
          減価償却費                        174,185千円                 129,136千円
          のれんの償却額                         14,740千円                 14,567千円
        (株主資本等関係)

         該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社グループは、ビジュアルコミュニケーション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
          す。
                                14/18






                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失                         及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     1株当たり四半期純利益又は             1株当たり四半期純損
                                     △59円76銭                10円20銭
     失(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益又は                  親会社
       株主に帰属する四半期純損失(△)                               △297,179                 50,741
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益又は    親会社株主に帰属する四半期純損失                           △297,179                 50,741
       (△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               4,972,733               4,972,733
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、前第1四半期連結累計期間は                                           1株当たり四半期純損失で
          あり、また、      潜在株式が存在しないため、当第1四半期連結累計期間は潜在株式が存在しないため記載してお
          りません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

        該当事項はありません。
                                15/18











                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                16/18




















                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年5月12日

    株式会社アマナ

      取 締 役 会  御 中

                            HLB  Meisei    有限責任監査法人

                            東京都中央区
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              武 田   剛          印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              吉 田 隆 伸          印
                             業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アマナ
    の2021年1月1日から2021年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021年3月31
    日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
    た。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アマナ及び連結子会社の2021年3月31日現在の財政状態及び
    同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点に
    おいて認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    継続企業の前提に関する重要な不確実性

     継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度において802,948千円の債務超過とな
    り、当第1四半期連結累計期間において親会社株主に帰属する四半期純利益50,741千円を計上しているが、引き続き債務
    超過は解消されていない状態である。また、流動負債が流動資産の金額を上回っていること、一部の長期借入金352,600
    千円について財務制限条項に抵触していること、及び、債務超過を解消するための資本政策及び金融機関からの継続支援
    の具体的な条件について協議を継続している状態であることから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象
    又は状況が存在しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重
    要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成
    されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていない。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    その他の事項

     会社の2020年12月31日をもって終了した前連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間に係る
    四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監査が
    実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2020年5月14日付で無限定の結論を表明しており、ま
    た、前連結財務諸表に対して2021年3月30日付けで無限定適正意見を表明している。
                                17/18



                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

    (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保

         管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                18/18





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。