株式会社ジモティー 訂正有価証券報告書 第10期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)

提出書類 訂正有価証券報告書-第10期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ジモティー
カテゴリ 訂正有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ジモティー(E35289)
                                                         訂正有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書の訂正報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の2第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年4月30日
     【事業年度】                   第10期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                   株式会社ジモティー
     【英訳名】                   Jimoty,Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  加藤 貴博
     【本店の所在の場所】                   東京都品川区西五反田一丁目30番2号
     【電話番号】                   03-6303-9258
     【事務連絡者氏名】                   取締役 コーポレートグループマネージャー 岩崎 優一
     【最寄りの連絡場所】                   東京都品川区西五反田一丁目30番2号
     【電話番号】                   03-6303-9258
     【事務連絡者氏名】                   取締役 コーポレートグループマネージャー 岩崎 優一
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ジモティー(E35289)
                                                         訂正有価証券報告書
    1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
      2021年3月26日に提出した第10期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)有価証券報告書に添付しております
     「独立監査人の監査報告書」の記載事項の一部に誤りがありましたので、これを訂正するため有価証券報告書の訂正報
     告書を提出するものであります。
    2【訂正事項】

      2021年3月26日付 独立監査人の監査報告書
    3【訂正箇所】

      訂正箇所は___を付して表示しております。
                          独立監査人の監査報告書

                              (省略)
    財務諸表監査における監査人の責任

                              (省略)
      (訂正前)
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガード
    を講じている場合はその内容について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止され
    ている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると
    合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
                              (省略)
      (訂正後)

      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガード
    を講じている場合はその内容について報告を行う。
                              (省略)
                                                          以上
                                 2/2









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク