株式会社sMedio 四半期報告書 第15期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第15期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 株式会社sMedio
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               令和3年5月7日

    【四半期会計期間】               第15期第1四半期(自 令和3年1月1日 至 令和3年3月31日)

    【会社名】               株式会社sMedio

    【英訳名】               sMedio,    Inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 岩本 定則

    【本店の所在の場所】               東京都中央区新川二丁目3番1号

    【電話番号】               03-6262-8660 (代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 経営企画室 室長 北埜 弘剛

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区新川二丁目3番1号

    【電話番号】               03-6262-8660 (代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 経営企画室 室長 北埜 弘剛

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                   (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/17









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第14期           第15期

             回次               第1四半期           第1四半期            第14期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   令和2年1月1日         自   令和3年1月1日         自   令和2年1月1日
            会計期間
                          至   令和2年3月31日         至   令和3年3月31日         至   令和2年12月31日
    売上高                 (千円)           266,219           215,962           913,934

    経常利益                 (千円)           38,048            4,453           30,066

    親会社株主に帰属する四半期(当
    期)純利益又は親会社株主に帰属                 (千円)           22,090           △ 3,982           10,320
    する四半期純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                 (千円)           19,194            4,561           8,663
    純資産額                 (千円)          1,114,837           1,118,637           1,111,099

    総資産額                 (千円)          1,262,164           1,252,829           1,261,234

    1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)           11.52           △ 2.06           5.36
    又は1株当たり四半期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                      (円)           11.52             -          5.36
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                  (%)            88.3           89.3           88.1
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。  
       3.  第15期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在する
         ものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
                                 2/17








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し
     ている主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更は
     ありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
    (1)業績の状況
       当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、再び、緊急事態宣
      言が出される等、経済活動の制約が継続していることもあり、先行きが見通せない状態となっています。
       このような状況であるからこそ、当社がミッションとしている、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推
      進がますます重要視されており、当社は、引き続き、DXを推進する事業を展開してまいります。
       当社の事業は、技術の特徴で大きく分けると、デジタル家電組込みソフトウェア事業、映像AI解析・IoTソフト
      ウェア事業、セキュリティ&プライバシー事業の3つに分けられます。
       (デジタル家電組込みソフトウェア事業)・・・当社が主体
       Blu-ray™再生ソフトウェアや高解像度(4K/8K)画像処理技術を基盤とした事業になります。当事業は、ロイヤリ
      ティ収入を主体としているため、Blu-ray™などを再生するデジタル家電機器(TV、Blu-ray™レコーダー、PCなど)
      の出荷台数に影響を受けます。
       (映像AI解析・IoTソフトウェア事業)・・・当社が主体
       映像解析・分析AIエンジンとIoT技術を組み合わせたエンドツーエンドのBtoB向けのソリューションを提供してい
      る事業になります。
       当社は、建設現場における課題を解決するソリューション提供に特化して、事業を推進しております。
       (セキュリティ&プライバシー事業)・・・タオソフトウエア㈱が主体
       Android™のセキュリティ脆弱性診断やアプリ・サーバー構築に関する開発収入、データ移行・バックアップアプ
      リ(JSバックアップ)に関するロイヤリティ収入(月額課金サービス収入を含む)を中心とした事業であります。
     ① 売上高の分析
       (ロイヤリティ収入)
       当社ソフトウェアが搭載されている顧客の製品種類は増えておりますが、世界的な半導体の供給不足を要因とす
      る、一時的とみられる製品出荷数の落ち込みがあり、ロイヤリティ収入は前年同四半期比                                          21百万円の減収       となりま
      した。
       (受託開発収入)
       当第1四半期連結累計期間の受託開発案件は、開発規模が小さくなったことで、前年同四半期比                                             26百万円の減収
      となりました。
       この結果、グループ全体としては、売上高は                    215百万円     (前年同四半期比        18.9%減    )となりました。
       売上形態別の売上高は、下表のとおりであります。
                                            (単位:百万円未満切捨て)
                前々第1四半期          前第1四半期         当第1四半期
       形態別売上高                                       増減       増減率(%)
                 連結累計期間         連結累計期間         連結累計期間
    ロイヤリティ収入                  146         168         146       △21       △13.0
    受託開発収入                  62         87         61       △26       △30.4
    保守・サポート収入                  14          9         8       △1      △17.3
    合計                  222         266         215       △50       △18.9
     ② 販売費及び一般管理費、営業利益の分析
       当第1四半期連結累計期間における販売費及び一般管理費は                            106百万円     (前年同四半期比        10.6%減    )、営業利益は
      2百万円    (同  93.9%減    )となりました。
                                 3/17


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
       売上高の減少により、営業利益は前年同四半期比では大きく減少しましたが、前々第1四半期連結累計期間の売
      上高と同水準の売上高でも、営業赤字を出すことなく、営業利益を計上できるほどに、原価低減および販管費節減
      の効果が出ています。
     ③ 営業外損益、経常利益の分析
       当第1四半期連結累計期間における営業外収益は、為替差益が増加したことなどで                                       2百万円    (前年同四半期比
      204.4%増    )となりました。その結果、経常利益は                  4百万円    (同  88.3%減    )となりました。
     ④ 親会社株主に帰属する四半期純利益の分析
       税金等調整前四半期純利益は              4百万円の利益       でしたが、グループ各社での税金費用を積み上げた結果、当第1四
      半期連結累計期間における親会社株主に帰属する四半期純                           損失は3百万円       (前年同四半期は、         22百万円    の利益)と
      なりました。
                                           (単位:百万円未満切捨て)
                       前々第1四半期          前第1四半期         当第1四半期
                                                     増減
                        連結累計期間         連結累計期間         連結累計期間
    売上高                         222         266         215         △50
    営業利益又は営業損失(△)                        △44          37          2        △35
    経常利益又は経常損失(△)                        △43          38          4        △33
    親会社株主に帰属する四半期純利益
    又は親会社株主に帰属する四半期純                        △45          22         △3         △26
    損失(△)
    (2)財政状態の分析

       当第1四半期連結会計期間末における資産・負債及び純資産の状況とそれらの要因は次のとおりです。
     ① 流動資産
       当第1四半期連結会計期間末の流動資産は、                     1,171百万円      であり、前連結会計年度末と比べ                1百万円減少      しまし
      た。これは、現預金が          33百万円    増加した半面、ライセンス費用の払い出し等により原材料が                            16百万円    、開発案件の
      売上計上に伴い仕掛品が           9百万円減少      したことによるものであります。
     ② 固定資産
       当第1四半期連結会計期間末の固定資産は、                     81百万円    であり、前連結会計年度末と比べ                7百万円減少      しました。
      これは、主に償却によりのれんが               6百万円    減少したことによるものであります。
     ③ 流動負債
       当第1四半期連結会計期間末の流動負債は、                     125百万円     であり、前連結会計年度末と比べ               16百万円減少      しました。
      これは、賞与引当金が          6百万円増加      した半面、主に納税したことで未払消費税等が13百万円、未払法人税等が                                  4百
      万円減少    したことによるものであります。
     ④ 固定負債
       当第1四半期連結会計期間末の固定負債は、                     8百万円    であり、前連結会計年度末と比べ                0百万円増加      とほぼ変動
      はありません。
     ⑤ 純資産
       当第1四半期連結会計期間末における純資産は、                       1,118百万円      であり、前連結会計年度末と比べ               7百万円増加      しま
      した。これは、親会社株主に帰属する四半期純                      損失3百万円      を計上した一方、主に為替相場が円安になったこと
      で、為替換算調整勘定が           6百万円増加      したことによるものであります。
    (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について特に重要な変更はありません。
    (4)研究開発活動

       当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                      7百万円    であります。
       主な内容は、AI関連製品および4K高解像度関連製品の開発に関連するものであります。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/17



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      6,000,000

                 計                                     6,000,000

      ②  【発行済株式】

            第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

       種類      末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                 内容
            ( 令和3年3月31日        ) (令和3年5月7日)           商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
      普通株式           2,042,521          2,042,521                単元株式数は100株であります。
                                   マザーズ
       計          2,042,521          2,042,521          ―             ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
    令和3年1月1日から
                   2,400      2,042,521           1      511        1      622
    令和3年3月31日まで
     (注)新株予約権の行使による増加であります。
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/17






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                令和3年3月31日        現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                       普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―              ―
                       110,800
                       普通株式
    完全議決権株式(その他)                             19,280               ―
                       1,928,000
                       普通株式
    単元未満株式                               ―              ―
                        1,321
    発行済株式総数                   2,040,121            ―              ―
    総株主の議決権                    ―         19,280               ―

    (注)当第1四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
       ることができないことから直前の基準日(令和2年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ②  【自己株式等】

                                                令和3年3月31日        現在
                                                    発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                            総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)             東京都中央区新川二丁目
                               110,800        -     110,800         5.43
    株式会社sMedio             3番1号
          計             -        110,800        -     110,800         5.43
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 6/17










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.    四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.    監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(令和3年1月1日から令和
     3年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(令和3年1月1日から令和3年3月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、海南監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 7/17

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                               (令和2年12月31日)              (令和3年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               806,624              839,684
        売掛金                                73,728              65,909
        仕掛品                                18,224               8,380
        原材料及び貯蔵品                               257,753              241,043
        その他                                16,593              16,660
                                        △ 146             △ 146
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,172,778              1,171,532
      固定資産
        有形固定資産                                18,716              17,929
        無形固定資産
         ソフトウエア                               9,719              8,664
         のれん                               17,048              10,629
                                        2,108              2,019
         その他
         無形固定資産合計                               28,876              21,313
        投資その他の資産
         繰延税金資産                               16,341              17,443
         敷金及び保証金                               16,499              16,588
                                        8,022              8,022
         その他
         投資その他の資産合計                               40,863              42,054
        固定資産合計                                88,456              81,297
      資産合計                                1,261,234              1,252,829
                                 8/17











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                               (令和2年12月31日)              (令和3年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                10,245               7,485
        未払法人税等                                15,386              10,604
        前受収益                                14,527              12,043
        賞与引当金                                2,142              8,992
                                        99,333              86,254
        その他
        流動負債合計                               141,636              125,380
      固定負債
        資産除去債務                                5,112              5,175
                                        3,387              3,636
        繰延税金負債
        固定負債合計                                8,499              8,812
      負債合計                                 150,135              134,192
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               510,394              511,882
        資本剰余金                               653,826              655,314
        利益剰余金                               144,682              140,699
                                      △ 201,412             △ 201,412
        自己株式
        株主資本合計                              1,107,491              1,106,484
      その他の包括利益累計額
        繰延ヘッジ損益                                  499             2,060
                                        3,109              10,092
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                3,608              12,153
      純資産合計                                1,111,099              1,118,637
     負債純資産合計                                 1,261,234              1,252,829
                                 9/17











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 令和2年1月1日              (自 令和3年1月1日
                               至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
     売上高                                  266,219              215,962
                                       110,171              107,511
     売上原価
     売上総利益                                  156,047              108,450
     販売費及び一般管理費                                  118,715              106,177
     営業利益                                   37,332               2,273
     営業外収益
      受取利息                                    53              48
      助成金収入                                   441              144
      為替差益                                   219             1,987
                                          2              0
      その他
      営業外収益合計                                   716             2,180
     営業外費用
      その他                                    -               0
                                          -               0
      営業外費用合計
     経常利益                                   38,048               4,453
     特別損失
                                        1,417                -
      固定資産除却損
      特別損失合計                                  1,417                -
     税金等調整前四半期純利益                                   36,631               4,453
     法人税等                                   14,540               8,436
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   22,090              △ 3,982
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        22,090              △ 3,982
     に帰属する四半期純損失(△)
                                10/17











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 令和2年1月1日              (自 令和3年1月1日
                               至 令和2年3月31日)               至 令和3年3月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   22,090              △ 3,982
     その他の包括利益
      繰延ヘッジ損益                                 △ 1,104              1,561
                                       △ 1,792              6,983
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                 △ 2,896              8,544
     四半期包括利益                                   19,194               4,561
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 19,194               4,561
                                11/17
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
                         当第1四半期連結累計期間
                    (自    令和3年1月1日         至   令和3年3月31日        )
       前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルス感染拡大の影響に関する会計上の
      見積り)に記載した新型コロナウイルス感染症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定について重要な変
      更はありません。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
      のとおりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                            (自    令和2年1月1日             (自    令和3年1月1日
                            至   令和2年3月31日        )     至   令和3年3月31日        )
      減価償却費                           4,633   千円             2,485   千円
      のれんの償却額                           6,419    〃            6,419    〃
      (株主資本等関係)

     前第1四半期連結累計期間(自                令和2年1月1日         至    令和2年3月31日        )
     1.    配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.    基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自                令和3年1月1日         至    令和3年3月31日        )

     1.    配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.    基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                12/17








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      前第1四半期連結累計期間(自                令和2年1月1日         至   令和2年3月31日        )及び当第1四半期連結累計期間
      (自    令和3年1月1日         至   令和3年3月31日        )
       当社グループは、ソフトウェア事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期
      純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自    令和2年1月1日           (自    令和3年1月1日
                項目
                                 至   令和2年3月31日        )   至   令和3年3月31日        )
    (1)  1株当たり四半期純利益又は
                                        11円52銭             △2円06銭
      1株当たり四半期純損失(△)
    (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                         22,090             △3,982
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                         22,090             △3,982
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   1,917,229              1,929,229
    (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                        11円52銭                 -
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                       -              -

     普通株式増加数(株)                                      423              -

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

    四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       -              -
    会計年度末から重要な変動があったものの概要
    (注) 当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、
       1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
      (重要な後発事象)

      (自己株式の処分)
        令和3年3月25日開催の取締役会において、株式報酬制度に基づき、当社の取締役に当社の普通株式を付与す
       るための自己株式処分を決議し、下記のとおり、自己株式の処分が行われております。
      (1)  処分した株式の種類及び総数  当社普通株式4,000株

      (2)  処分価額           1株につき1,321円
      (3)  処分総額           5,284,000円
      (4)  処分先            当社取締役2名
      (5)  処分日            令和3年4月15日
      (6)  処分に伴う処分差損益     第2四半期連結会計期間において、約2百万円の自己株式処分差損が発生
                                13/17




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
      (連結子会社の解散及び清算)
        当社は、令和3年4月15日開催の取締役会において、連結子会社である株式会社情報スペースの解散及び清算
       を決議しました。
       1.解散及び清算の理由

         当社は、平成27年5月に、モバイル業界への積極的な事業展開を目的として、株式会社情報スペース(以
        下、本項で「情報スペース社」)の株式を100%取得しました。
         情報スペース社が展開している「JSバックアップ」は、主にスマートフォンのデータのバックアップとス
        マートフォン間でのデータ移行をメイン機能とした、評価が高いアプリです。「JSバックアップ」は、当社に
        よる完全子会社化以降、当社がメインで顧客への営業と契約を行う体制の下で、当社BtoB販売チャネルを通じ
        て、顧客数を伸ばし、それまでの主力事業形態を情報スペース社による受託開発から、当社によるライセンス
        提供へ移行することができました。
         一方、ここ数年、情報スペース社の主力事業形態であった受託開発は、受注が大きく減少し、今後も厳しい
        状況が続く見込みであります。「JSバックアップ」の機能は成熟しており、情報スペース社の受託開発をメイ
        ンとする開発会社としての役割は終えたと判断し、今後は開発投資を抑え、営業に力点を移す方針とし、情報
        スペース社を解散及び清算することを決定しました。
         上記決定に併せて、事業効率を上げる目的で当社へ一部事業移管することも決定し、また、情報スペース社
        の清算手続きを円滑に進めるため、当社が有する債権の一部を放棄し、情報スペース社は債務超過を解消でき
        る見込みであります。
         今後のJSバックアップ関連事業につきましては、事業譲受後も引き続き、当社が継続していく予定でありま
        す。
       2.当該連結子会社の概要

        (1)名称                株式会社情報スペース
        (2)所在地                岡山県岡山市南区新保1186―6
        (3)代表者の役職・氏名                代表取締役社長 服部 励起
        (4)事業内容                ソフトウェア開発
        (5)資本金                8百万円
        (6)設立年月日                平成24年11月16日
        (7)持株比率                株式会社sMedio 100%
       3.解散及び清算の日程

        令和3年4月15日                当社の取締役会による解散及び清算決議
        令和3年6月30日(予定)                当該連結子会社の臨時株主総会による解散決議
        令和3年9月30日(予定)                清算結了
       4.解散及び清算による営業活動への影響

         当該連結子会社の解散及び清算に伴う営業活動への重要な影響はありません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                14/17





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                15/17



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   令和3年5月7日

    株  式  会  社  s M e d i o
     取  締  役  会 御    中
                        海南監査法人

                        東京都渋谷区

                        指定社員

                                           仁  戸  田 学
                                  公認会計士
                                                         ㊞
                        業務執行社員
                        指定社員

                                           溝  口 俊    一
                                  公認会計士
                                                         ㊞
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社sMedio
    の 令和3年1月1日        から  令和3年12月31日        までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(                       令和3年1月1日        から  令和
    3年3月31日      まで)及び第1四半期連結累計期間(                  令和3年1月1日        から  令和3年3月31日        まで)に係る四半期連結財
    務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半
    期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社sMedio及び連結子会社の                                        令和3年3月31日        現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重
    要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                16/17




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社sMedio(E31354)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                17/17






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。