株式会社ジーエヌアイグループ 有価証券報告書 第20期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第20期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ジーエヌアイグループ
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年3月31日
     【事業年度】                   第20期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                   株式会社ジーエヌアイグループ
     【英訳名】                   GNI  Group   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   取締役代表執行役社長兼CEO  イン・ルオ
     【本店の所在の場所】                   東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
     【電話番号】                   03(6214)3600(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
     【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
     【電話番号】                   03(6214)3600(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/130













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
            回次            第16期        第17期        第18期        第19期        第20期
           決算年月            2016年12月        2017年12月        2018年12月        2019年12月        2020年12月

                  (千円)      1,306,931        2,648,451        5,018,944        7,446,067        9,773,862
     売上収益
     税引前利益(△損失)             (千円)      △ 385,380        137,129        364,696       1,197,491        1,805,913
     当期利益(△損失)             (千円)      △ 465,694        28,205       192,173        629,918       1,365,905

     親会社の所有者に帰属する
                  (千円)      △ 513,101       △ 175,206       △ 200,131        181,841       1,258,127
     当期利益(△損失)
                  (千円)      △ 545,563        105,522        81,265       397,697        978,425
     当期包括利益合計
     親会社の所有者に帰属する
                  (千円)      △ 506,776       △ 150,593       △ 252,894        41,811       923,013
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                  (千円)      3,261,049        8,894,663        9,015,074       10,692,126        11,000,032
     部分
                  (千円)      5,818,798       15,676,746        17,100,806        20,607,389        23,219,257
     資産合計
     1株当たり親会社所有者帰
                  (円)       95.33       220.03        216.82        246.54        252.80
     属部分
     基本的1株当たり利益(△
                  (円)      △ 15.03       △ 4.66       △ 4.94        4.30       28.96
     損失)
                  (円)         -        -      △ 4.94        4.17       28.04
     希薄化後1株当たり利益
                  (%)        56.0        56.7        52.7        51.9        47.4
     親会社所有者帰属部分比率
     親会社所有者帰属部分利益
                  (%)       △ 14.5       △ 2.9       △ 2.2        1.6       11.6
     率
                  (倍)         -        -        -      610.23        62.43
     株価収益率
     営業活動による正味キャッ
                  (千円)      △ 518,714       △ 476,605        621,230        788,587       1,377,519
     シュ・フロー
     投資活動による正味キャッ
                  (千円)       134,240      △ 6,749,797       △ 1,107,574        △ 153,122        570,205
     シュ・フロー
     財務活動による正味キャッ
                  (千円)       △ 2,013      8,805,235        1,208,357        2,218,118         801,115
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (千円)      2,599,131        4,192,749        4,869,762        7,674,361       10,322,664
     残高
                           183        275        350        458        539
     従業員数
                  (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                     ( 3.5  )      ( 3.8  )      ( 2.9  )     ( 10.1  )      ( 5.3  )
     (注)1.第15期より国際会計基準                 (以下「IFRS」という。)             に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間
           の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         4.2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。                                        また、2019年9月4日付
           で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。                              第16期の期首に当該株式併合及び株式分割
           が行われたと仮定して、「1株当たり親会社所有者帰属部分」、「基本的1株当たり利益(△損失)」及び
           「希薄化後1株当たり利益」を算定しております。
                                  2/130




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
            回次            第16期        第17期        第18期        第19期        第20期
           決算年月            2016年12月        2017年12月        2018年12月        2019年12月        2020年12月

                  (千円)       19,263        28,363        17,299       204,146        355,643
     売上高
     経常損失(△)             (千円)      △ 361,797       △ 210,547       △ 317,413      △ 5,172,235        △ 169,901
     当期純損失(△)             (千円)      △ 363,007      △ 1,478,789        △ 303,718      △ 5,190,245        △ 171,111

                  (千円)      5,840,152       10,267,609        7,511,950        8,212,985        8,268,472

     資本金
                  (株)    114,024,831        134,744,831        13,860,083        43,369,449        43,513,149
     発行済株式総数
                  (千円)      6,426,514       13,771,517        14,748,610        10,916,216        10,873,741
     純資産額
                  (千円)      6,467,872       13,834,655        15,841,154        11,950,875        11,790,060
     総資産額
                  (円)       185.33        339.30        353.06        251.14        248.93
     1株当たり純資産額
                           -        -        -        -        -
     1株当たり配当額
                  (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
     1株当たり当期純損失
                  (円)      △ 10.64       △ 39.30       △ 7.50      △ 122.82        △ 3.94
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり
                  (円)         -        -        -        -        -
     当期純利益
                  (%)        98.0        99.1        92.6        91.1        91.8
     自己資本比率
                  (%)         -        -        -        -        -
     自己資本利益率
                  (倍)         -        -        -        -        -
     株価収益率
                  (%)         -        -        -        -        -
     配当性向
                            7        9        8        7        6
     従業員数
                  (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                     ( 1.9  )      ( 1.3  )      ( 1.9  )      ( 2.1  )      ( 2.3  )
                  (%)       114.1        310.5        160.5        412.1        284.0
     株主総利回り
     (比較指標:東証マザーズ
                  (%)       ( 106.3   )     ( 138.9   )     ( 91.6  )     ( 101.2   )     ( 134.9   )
     指数)
                  (円)        395        938       4,930        2,731        4,070
     最高株価
                                          (777)       (5,740)
                  (円)        117        216       2,665        1,518         985

     最低株価
                                          (447)       (2,506)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失である
           為、記載しておりません。
         3.株価収益率については、当期純損失を計上している為記載しておりません。
         4.自己資本利益率については、当期純損失を計上している為、記載しておりません。
         5.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間
           の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         6.2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。また、2019年9月4日付
           で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。第16期の期首に当該株式併合及び株式分割
           が行われたと仮定して、「1株当たり純資産額」及び「1株当たり当期純損失(△)」を算定しております。
         7.最高株価、最低株価は東京証券取引所市場(マザーズ)におけるものであります。なお、( )内に示した
           株価は、上記6.に記載の株式併合、株式分割の権利前の株価を記載しております。
                                  3/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       年月                            事項
     2001年11月       米国法人Gene       Networks,     Inc.の日本法人として株式会社ジーエヌアイを東京都渋谷区に設立
     2001年12月       福岡県久留米市の久留米リサーチパーク内に久留米研究ラボを開設
     2002年7月       創薬の可能性のあるターゲット(複数)の特許申請
     2003年1月       富山化学工業㈱と真菌の遺伝子ネットワークに関する共同研究契約を締結
     2003年9月       米国法人GNI      USA  Inc.を当社の100%子会社として設立
     2003年12月       Gene   Networks,     Inc.の財産をGNI        USA  Inc.に移転し、同社は解散
     2004年3月       英ケンブリッジ大学と血管内皮細胞に関する共同研究契約を締結
     2004年9月       富山化学工業㈱と遺伝子ネットワークを利用した創薬に関する共同研究契約を締結
     2004年10月       ヒト遺伝子ネットワークを構築
     2005年5月       中国法人上海ジェノミクス有限公司(上海ジェノミクス)の持分76.74%を取得
     2005年5月       F647(一般名:ピルフェニドン)の肺線維症を適応症とする第1相臨床試験を開始(中国)
     2005年6月       本店を東京都港区に移転
     2005年12月       F647の放射線性肺炎(RP)を適応症とする第2相臨床試験を開始(中国)
     2006年2月       F647の特発性肺線維症(IPF)を適応症とする第2相臨床試験を開始(中国)
     2006年2月       久留米研究ラボを閉鎖して、福岡県福岡市早良区に「GNI創薬解析センター」を開設
     2006年7月       中国法人北京コンチネント薬業有限公司(BC)の持分12%を取得
     2006年12月       F351  ( 一般名   :ヒドロニドン)        の肝線維症を適応症とする            治験許可(IND)申請(中国)
     2007年5月       本店を東京都千代田区に移転
     2007年6月       上海ジェノミクスを100%子会社化する持分追加取得の契約を締結
     2007年8月       東京証券取引所マザーズ市場に株式公開
     2007年12月       F351の肝線維症を適応症とする第1相臨床試験を開始(中国)
     2008年5月       F647のIPFを適応症とする第2相臨床試験を終了(中国)
     2008年8月       「GNI創薬解析センター」を閉鎖し、上海ジェノミクスに統合
     2008年9月       GNI  USA  Inc.を清算
     2009年1月       F647のRPを適応症とする第2相臨床試験を終了(中国)
     2009年6月       本店を東京都新宿区に移転
     2009年12月       F647のIPFを適応症とする新薬承認(NDA)申請を提出(中国)
     2010年11月       北京コンチネント薬業有限公司(BC)の持分を売却
     2010年11月       イーピーエス株式会社との合弁で、中国法人GNI-EPS                         Pharmaceuticals,         Inc.(GPS)を設立
     2011年6月       株式会社ジーエヌアイグループ(GNI                 Group   Ltd.)に商号変更
     2011年7月       F573の急性肝不全/慢性肝不全急性化(ACLF)を適応症とするIND申請(中国)
     2011年8月       北京コンチネント薬業有限公司(BC)の持分51%(間接保有分11.56%)を取得し子会社化
     2011年9月       F647のIPFを適応症とするNDA取得(中国)
     2012年6月       上海ジェノミクスの完全子会社として、上海ジェノミクステクノロジー有限公司を設立、連結子会社化
     2013年1月       F647の糖尿病腎症(DN)を適応症とするIND申請(中国)
     2013年7月       GPS  の親会社として、子会社(中間持株会社)・GNI-EPS(HONG                            KONG)HOLDINGS        LIMITED(GEP       HK)設
            立に関する基本合意書をイーピーエス株式会社と締結
     2013年12月       F647(アイスーリュイ〔中国語:艾思瑞                   、英語:Etuary        〕)のIPFに関する製造販売許可取得
                               ®        ®
     2014年2月       アイスーリュイのIPFに関する製造販売開始
     2014年7月       F351の肝線維症を適応症とする              第2相臨床試験開始の承認を取得(中国)
     2014年12月       アイスーリュイの結合組織疾患に伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)を適応症とするIND申請(中国)
     2015年1月       完全子会社として米国法人GNI              USA,   Inc.(GNI     USA)を設立
     2015年1月       米国法人IriSys,        LLC(IriSys)の持分を35%取得し、持分法適用関連会社化
     2015年4月       アイスーリュイのIPFに関する製造販売後調査を開始(中国)
     2015年5月       アイスーリュイの販売促進策の一環として、中国ベスーン基金とともに患者助成プログラムを開始
     2015年6月       F351の肝線維症を適応症とする第2相臨床試験を開始(中国)
     2015年7月       アイスーリュイのRPを適応症とする第3相臨床試験前パイロット試験開始(中国)
                                  4/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
       年月                            事項
     2015年8月       F573の中国における新規用途に関する特許査定(肝機能の改善に関する用途特許)
     2015年8月       F573の中国における2つ目の用途に関する特許査定(内毒素等に起因する特定の肝疾患の予防に関する
            用途特許)
     2015年10月       アムノレイク       2㎎(一般名:タミバロテン)の急性前骨髄球性白血病(APL)                             を適応症とする       輸入薬登
                  ®
            録申請提出(中国)
     2015年12月       酪酸ヒドロコルチゾンの温度により制御されるフォーム状製剤(外用薬)のIND申請提出(中国)
     2016年3月       F351  の肝線維症を適応症とする            IND申請を米国食品医薬品局(FDA)に提出(米国)
     2016年7月       FDAに提出したF351のIND申請を補足する毒性試験を第三者に委託(米国)
     2016年8月       アイスーリュイの200mgカプセルの製造販売許可を新たに取得                            (中国)
     2016年8月       アイスーリュイ       の DNを適応症とする第2相臨床試験開始の承認を取得(中国)
     2016年9月       アイスーリュイ       のCTD-ILD     を適応症とする第3相臨床試験開始の承認を取得(中国)
     2017年2月       アイスーリュイが、中国人力資源社会保障部が公表した国民基本医療保険、労災保険、出産医薬目録
            (2017年版)(新保険目録)に、薬品分類乙850番として収載
     2017年6月       当社がGEP     HKの発行済株式の10.50%をEPS益新株式会社から取得
     2017年7月       GNI  USAが持分法適用関連会社であるIriSysの一部持分をEPS                          Americas,     Corp.に譲渡(IriSysは当社の
            持分法適用関連会社から除外)
     2017年7月       米国法人Berkeley         Advanced     Biomaterials       LLC(BAB)の持分の70%を取得し子会社化
     2017年8月       F351のIND申請に関して、FDAから要請された追加データを提出                             (米国)
     2017年10月       F351の   肝線維症    を適応症とする       IND申請に対して、FDAより第1相臨床試験開始の承認を取得                            (米国)
     2017年10月       BABが、Bi-Ostetic         Bioactive     Glass   Foam(活性気泡ガラス素材を用いた人工骨)の新製品に関し、
            FDAより、セクション510(K)に基づく承認の通知を受領                          (米国)
     2018年1月       米国において新しい創薬基盤を構築することを目的として、Cullgen                                Inc.を設立
     2018年4月       F573のACLF治療薬としてのIND承認を取得(中国)
     2018年4月       F351の肝線維症を適応症とする第1相臨床試験を開始(米国)
     2018年6月       アイスーリュイのCTD-ILDを適応症とする第3相臨床試験を開始(中国)
     2018年12月       F351の肝線維症を適応症とする第1相臨床試験を終了(米国)
     2019年4月       北京コンチネント薬業有限公司(BC)の持株会社で新規に設立されたContinentPharmaceuticals                                            Inc.
            (CPI)が、香港証券取引所メインボード市場に上場申請(中国)
     2019年11月       CPIは香港証券取引所メインボード申請の審査が長引いたことにより、再申請を実施(中国)
     2020年3月
            エーザイ株式会社が創出したエンドセリンA受容体選択的拮抗薬・ER-000582865を、中国(台湾、マカ
            オ、香港含)において医薬品として研究・開発・販売するために必要な知的財産権の独占的実施権許諾
            に関するライセンス契約を締結
     2020年3月
            経営ビジョンを発表
     2020年8月
            F351の第2相臨床試験の完了報告ならびに良好な試験結果の発表(中国)
     2021年1月
            米国法人Berkeley         Advanced     Biomaterials       LLC(BAB)の持分の100%を取得し完全子会社化
     2021年1月
            北京コンチネント薬業有限公司(BC)の深圳証券取引所(「創業板」チャイネクスト)への上場申請を
            決定し、上場準備を開始(中国)
                                  5/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下、当社という)と、連結子会社15社で構成され、その事業内容を医
      薬品事業と医療機器事業に区分しています。医薬品事業では、中国市場で販売しているアイスーリュイ及び臨床試験
      中のF351を主力とする開発化合物の研究開発・製造・販売を行っています。医療機器事業では、米国を拠点とし医療
      機器(生体材料)の開発、製造及び販売を行っています。
       なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
      り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断すること
      となります。
       事業区分、主要製品等及び主要な会社の関係は、次のとおりです。
         事業区分           主要製品等                     主要な会社

       医薬品事業          アイスーリュイ              (日本)

                F351等開発化合物               当社
                              (中国)
                               上海ジェノミクス有限公司
                               北京コンチネント薬業有限公司
                               GNI  Hong   Kong   Limited
                               Cullgen    (Shanghai),      Inc.
                              (米国)
                               GNI  USA,   Inc.
                               Cullgen    Inc.
       医療機器事業          生体材料(人工骨)              (米国)
                               Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLC
     (注)1.上記における事業区分は、「第5 経理の状況、1 連結財務諸表等、(1)連結財務諸表、連結財務諸表
           注記、7    .事業セ    グメント」における事業区分と同一です。
       事業の系統図は、次のとおりです。

                                  6/130











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                      議決権の所有割合
                          資本金また      主要な事業
          名称          住所                               関係内容
                                         (%)
                          は出資金       の内容
                                               新薬開発及び生化学的実
     (連結子会社)                     140,000,000
                                医薬品事
                                           100.00
                  中国上海市                             験等の請負。
                                業
     上海ジェノミクス有限公司                       人民元
                                               役員の兼任あり。
                                           55.  97
                                               医薬品の開発・製造・販
                          61,317,900
     北京コンチネント薬業有限
                  中国北京市              同上      (内、間接保有分         売。製造設備を所有。
     公司
                            人民元
                                               役員の兼任あり。
                                           55.97)
                                           100.00
     GNI  Hong   Kong   Limited
                          32,140,000
                                               子会社の管理。
                  中国香港              同上      (内、間接保有分
     (注4)                                          役員の兼任あり。
                            米ドル
                                           26.40)
                                           36.  43
     Cullgen    (Shanghai),      Inc.
                          103,450,000
                                               創薬事業。
                  中国上海市              同上      (内、間接保有分
     (注4)                                          役員の兼任あり。
                            人民元
                                           3 6 .43)
                                               株式等保有。
                          35,000,001
                  米国デラウェ
     GNI  USA,   Inc.                                 100.00
                                同上               米国における新薬開発。
                  ア州
                            米ドル
                                               役員の兼任あり。
                                           36.  43
                          10,003,642
                  米国  カリフォ                           創薬事業。
     Cullgen    Inc.(注4)
                                同上      (内、間接保有分
                  ルニア州                             役員の兼任あり。
                            米ドル
                                           3 6 .43)
                                           70.00
                                               医療機器(生体材料)の
     Berkeley     Advanced
                           8,533,467
                  米国  カリフォ            医療機器
                                      (内、間接保有分         開発・製造・販売。
     Biomaterials       LLC       ルニア州              事業
                            米ドル
                                               役員の兼任あり。
                                           70.00)
     その他8社
     (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.  上海ジェノミクス有限公司、             GNI  Hong   Kong   Limited、     Cullgen    (Shanghai),      Inc.、   GNI  USA,   Inc.、
           Cullgen    Inc.及びBerkeley         Advanced     Biomaterials       LLCについては、特定子会社に該当しております。
         3.以下の連結子会社については、売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く。)の連結売上収益に占め
           る割合が10%を超えております。
           ① 北京コンチネント薬業有限公司
           主要な損益情報等  (1)売上収益       7,099,323千円
                     (2)当期利益       1,230,321千円
                     (3)資本         4,440,573千円
                     (4)資産         6,276,659千円
           ②   Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLC
           主要な損益情報等  (1)売上収益                               1,763,   803  千円
                     (2)当期利益        769,102千円
                     (3)資本         2,518,747千円
                     (4)資産         2,556,081千円
         4.持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため連結子会社としたものであります。
                                  7/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2020年12月31日現在
                                          従業員数(名)
              セグメントの名称
                                                510        ( 4.9  )
     医薬品事業
                                                29       ( 0.4  )
     医療機器事業
                                                539        ( 5.3  )
                 合計
     (注)1.従業員数は、就業人員数であります。
         2.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)の年間平均人員を( )に外数で記載
           しております。
         3.医薬品事業の使用人数が前連結会計年度と比べて116名増加しましたのは、当連結会計年度において、人員
           (主に営業人員)を増強したためです。
      (2)提出会社の状況

                                                  2020年12月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            6  ( 2.3  )             50.3              6.4             9,054
                                          従業員数(名)

              セグメントの名称
                                                 6       ( 2.3  )
     医薬品事業
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。)を記
           載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)の年間平均人員を( )に外数で記載
           しております。
      (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係について特記すべき事項はありません。
                                  8/130











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  経営方針

          当社グループは、多国籍バイオ医薬品企業として、アンメット・メディカルニーズに関する疾患治療薬の創
         製・開発・市場導入を第一の目的としています。当社グループの経営基本方針は、革新的な創薬への継続的な投
         資及び当社グループの収益性の拡大です。これらの基本方針の下で、当社グループは外部環境の変化に対応し、
         来るべき機会を的確に捉え、株主の皆様に対し利益を還元できるようになるものと考えています。
      (2)  目標とする経営指標
          当社グループは、医薬品及び              医療機器の研究開発投資を効率よく管理しながら、収益源を多様化させることに
         重点を置いて、持続的な成長を続けることを目指しております。この観点から目標とする経営指標を売上収益の
         伸びと研究開発費の売上収益対比としております。当社グループでは医薬品事業と医療機器事業という事業特性
         も成長ステージも異なる事業を展開しており、目標とする経営指標はそれぞれ異なります。
         医薬品事業:(a)新薬の導入及び適応症の拡大による40%以上の売上収益の伸びを継続。
               (b)医薬品候補のパイプラインを増加することによる医薬品開発への投資の拡大。
               (c)研究開発費を売上収益対比20%以内で管理することによる収益性の維持。
         医療機器事業:       新製品導入により適正な売上収益の伸長を実現し、利益の確保を維持いたします。
      (3)  経営戦略等
          医薬品の開発は、その多くの開発候補が各国の規制当局からの承認を受けることができないため、開発のリス
         クが高いという特徴を持っています。また、医薬品の開発には多額のコストと長い期間が必要であると同時に、
         厳しい競争と当局の監督管理にも直面します。このような状況と、当社                                 グループ    の人員・資金・設備が比較的小
         規模である点を考慮し、競争の厳しい当業界におけるリスクの軽減と成功確率の向上のために、以下の戦略を着
         実に実行いたします。
         ①基本戦略

          中国において、垂直統合により一貫して事業展開を行っていることからくるコスト優位性を梃                                            に 、 米国におけ
         る事業拡大も目指します。医薬品及び医療機器事業を通じ、地理的・事業的に分散された収益を確保すること
         で、リスクを軽減し、クロスボーダー・ライセンス・アウト、提携及び共同開発契約を通じて相乗効果を実現さ
         せ、グローバルに収益源の更なる拡大を図ります。
         ② 新薬開発戦略

          患者のニーズが最も緊急である分野における画期的医薬品の開発に焦点を当て、「ファスト・トラック」制度
         (新薬優先審査制度)と小規模臨床試験制度を活用しつつ、より適切なコストでこのような緊急の医療ニーズを
         充足することを目指します。当社               グループ    は(a)中国における研究開発基盤を活用し、まだ治療法が確立され
         ていない疾患向けに新薬開発を目指す、(b)より多くの患者の方々を治療するために当該医薬品の適応症拡大
         を図ると同時に、当該疾患の治療方法について中国の大手病院や重要なオピニオン・リーダーの間で強力なネッ
         トワークを構築する、(c)直接販売、ライセンス・アウト、提携等を通して、当該医薬品の世界市場への拡大
         を図る、という3つのステップを研究開発における戦略に据えております。
         ③  持続的な収益の確保

          当社グループは、連結子会社の北京コンチネント薬業有限公司(以下、BCという。)による主力医薬品アイ
         スーリュイの売上成長加速を継続させ、創薬活動を通じて新規化合物を開発してそれらを販売またはライセン
         ス・アウトし、米国及びグローバル市場において医療機器事業を成長させることで、連結売上収益の増大及び多
         様化を目指します。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         ① 研究開発への持続的投資を通した成長の実現
          バイオ創薬企業として、当社              グループ    は創薬及び臨床開発活動に継続的に投資を行わなければなりません。新
         規化合物の探索や、臨床開発を成功させてしていかなければ、当社                               グループ    の製品が陳腐化したとき、当社              グ
         ループ   は将来の収益や市場シェアを失ってしまいます。当社                         グループ    は、利益への影響を最小限にするため、研
         究開発プロジェクトを厳選して投資決定しております。しかしながら、当社グループ全体として、将来のため
         に、中国及び米国において相当の研究開発投資は継続していかねばならないと考えております。
         ② 資金調達の多様化と安定化

          当社   グループ    は、有望な新規開発化合物の研究開発への投資を続け着実な企業価値の向上を図ります。ビジネ
         ス基盤と研究開発活動を強化すべく資金調達を多様化・安定化するため、新たな資金調達先との関係構築や更な
         る資金調達の機会獲得を追求し続けます。
         ③   グループ会社の連携による企業価値の向上

          当社グループは、日本の東京に本社を置き、世界2大医薬品市場である中国及び米国の子会社を通じて、収益
         源の多様化と研究開発活動の多様化を実現しています。このグローバル戦略は、財務の安定性と研究開発業務全
                                  9/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         般にわたるシナジー効果をもたらします。
          当社グループは、研究開発における主要子会社間の連携強化による生産性の向上とコスト削減に注力していく
         と ともに、ステークホルダーの皆様の利益のために、効率性、透明性、説明責任を最大化するために、コーポ
         レート・ガバナンスを強化することにより、企業価値の更なる向上を目指して参ります。
     2【事業等のリスク】

       当社グループにおいて、事業展開に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項は以下のとおりで
      あります。なお、リスク要因に該当しないと思われる事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考え
      られる事項については、積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。また、当社グループはこれらのリス
      ク発生の可能性を認識した上で発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針でありますが、本株式に関する投資
      判断は、本項及び本書中の本項目以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があると考えておりま
      す。以下の記載は、本株式への投資に関連するリスクすべてを網羅するものではありませんのでご留意下さい。
       本項中の記載内容については、特に断りがない限り2020年12月31日現在の事項であり、将来に関する事項は本書提
      出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)医薬品の開発リスクについて

         当社   グループ    が売上収益を創出し、継続して黒字を達成出来るかどうかは、臨床試験段階にある当社                                        グループ    の
        医薬品候補化合物の開発が成功裏に完了し、必要な政府機関の承認を取得し、かつ上市できるかどうかに左右され
        ます。当社     グループ    は、既存の医薬品候補化合物の開発に相当の人的・財務的資源を投入しておりますが、これら
        の候補化合物が医薬品として上市されるまでには今後も多額の投資が必要と考えております。しかしながら、当社
        グループの既存の医薬品候補化合物及び当社グループが今後発見、またはライセンス・イン或いは買収により導入
        する新規化合物が承認を得られる保証はなく、さらには政府機関の政策、規制または承認を取得するために必要な
        臨床試験データの内容等が当該臨床開発期間中に変更となったり、申請対象国によって異なったりする可能性があ
        ります。
      (2)グローバルな事業展開に伴うリスクについて

         当社グループの収益の大半を占める連結子会社であるBCと                            Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLC(以下、BABと
        いう。)    は、それぞれ中国及び米国に拠点があるため、当社グループの事業活動は、グローバル展開に伴うカント
        リーリスク、為替リスクまたは政治的リスクの影響を受ける可能性があります。中国及び米国の医薬品産業は政府
        の厳格な監督管理下での規制を受けており、当社グループの活動は両政府が公布する法律等に従います。これら両
        国の政策、規制、法律等に変化が生じた場合には、当社グループの経営戦略や事業活動に制約が加えられる可能性
        があります。
      (3)競合について

         当社グループは市場競争環境の下で事業を行っておりますが、将来の技術発展や製薬業界における継続的な新薬
        開発により当社グループの既存製品の陳腐化或いは競争力低下を招いた結果、現在或いは将来の競合他社と有効に
        競争できなくなる可能性があります。当社グループが競合他社に劣後した結果、売上収益の減少、販売価格の低迷
        及びシェアの低下等が起こり、それらは当社グループの経営成績と利益率に重大な悪影響を及ぼす可能性がありま
        す。従って、当社グループの今後の発展は、既存製品の改良及び新規性がありかつ価格競争力のある製品を開発
        し、それらが絶えず変化する市場において受け入れられるかどうかに大きく左右されます。
      (4)法的規制について

         当社グループの医薬品の研究開発活動は、それらを行っている各国の薬事行政により様々な規制を受けておりま
        す。例えば、当社        グループ    の研究及び製造施設は中国にあり、このことは当社                        グループ    の中国における開発、販売
        並びに承認申請等において利点となっていると考えておりますが、中国の製薬産業は政府の厳格な監督下にあり、
        また、様々な監督官庁による監理監督を受けます。加えて、中国における医薬品の製造、流通、販売、医療行為や
        医療機器産業も刻々と変化する制度の下で政府の厳格な監理監督を受けており、制度が変化した場合には、                                                 当社グ
        ループの事業活動に制約が加えられる可能性があります。
      (5)事業体制について

        ① 小規模組織であること
          海外製薬企業や国営製薬企業等、当社の競合他社の多くは、研究開発、薬事、製造及び販売に関して当社                                                  グ
         ループ   と比べかなり大規模な人的・財務的資源を有しております。現在当社                                グループの     製品が販売されている分
         野、当社    グループ    が現在医薬品候補化合物の開発を進めている分野、或いは当社                             グループの     既存製品の適応症拡
         大を進めている分野において、それら競合他社が研究開発を推進する可能性があります。また、競合他社によ
         り、新薬候補化合物の発見、開発、買収或いは上市が当社                           グループ    と比べ迅速に行われかつ多大なる成功を収め
         る可能性があります。製薬業界において合併や共同開発アライアンスといった大規模な合従連衡が起こり、急速
         に市場シェアを獲得する可能性もあります。当社                      グループ    が競合他社と有効に競争出来なかったり、業界の構造
         変化に対応出来なかったりした場合、当社                   グループ    の経営成績及び利益性に重大な悪影響が及ぶ可能性がありま
         す。
         ② 特定人物への依存

                                 10/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          取締役代表執行役社長兼CEOであるイン・ルオ及び取締役代表執行役CFOであるトーマス・イーストリングは、
         当社グループの事業を推進する最高責任者として、経営戦略の策定、研究開発や事業開発の推進において重要な
         役割を果たしております。当社グループの経営は、前述2名を中心としたマネジメントに依存しており、現在の
         経 営陣が継続して当社グループの事業を運営できない場合、当社グループの事業戦略や経営成績に影響を与える
         可能性があります。
        ③ 人材の確保について

          当社   グループ    は人材の獲得に関し、他の製薬企業、大学及び研究機関と競合関係にあります。優秀な人材は限
         られていることから、当社            グループ    は幹部職員や主要な研究員が流出した際に適切に補充出来ない可能性があり
         ます。過剰な人材獲得競争が起こり当社                  グループ    の人件費が上昇することになった場合、当社の経営成績に悪影
         響を及ぼす可能性があります。当社の事業成長及び成功の一つの要因は、これらの人員の継続的な貢献と優秀な
         人材の更なる獲得にあると考えております。もし適切な人材の確保が行えない場合、当社の経営成績に影響を及
         ぼす可能性があります。
      (6)知的財産権について

        ① 当社グループが保有する知的財産権について
          当社   グループの     製品に関して特許その他の知的財産権を保護するための措置を取ったにもかかわらず、当該知
         的財産権に関し異議を申し立てられたり無効とされたりする可能性があります。誠実義務に従って誠意をもって
         特許出願を行ったにもかかわらず、訴訟を提起され、それらが法的に無効或いは実施不能であるという主張がな
         される可能性は予測不可能であります。当社の知的財産権が侵害された場合、当社の個別製品、製品群或いは事
         業全体に重大な悪影響が及ぶ可能性があります。
        ② 知的財産に関する訴訟及びクレーム等の対応に係るリスクについて

          当社グループの商業的成功は当社製品が他者の知的財産権を侵害することなく開発、製造、販売されることに
         依存しております。しかしながら、当社グループの製品又は医薬品候補化合物が、今後将来に渡って如何なる他
         者の特許或いは知的財産権をも侵害しないことを保証することは困難であります。第三者により、当社グループ
         または当社グループが補償することに同意した他の当事者に対して訴訟が提起される可能性があり、そのような
         訴訟は既存の知的財産のみならず将来発生する知的財産についても発生する可能性があります。特許侵害、企業
         秘密の不正流用その他の知的財産権の侵害申し立てに対する弁護には、その結果如何に関わらず、多大なる費用
         及び時間を要する可能性があります。
        ③ 機密情報に係る対応について

          企業秘密、ノウハウその他機密情報等の知的財産を保護するため、当社グループは従業員と秘密保持契約を締
         結しております。加えて、研究開発職員とも個別に秘密保持契約を締結しております。当該秘密保持契約書は入
         念に起草されており、当社グループは知的財産保護に関し必要な措置を講じておりますが、当社グループ従業員
         または第三者により当社グループの機密情報が無断で公開されないことを保証するのは困難であります。
      (7)製造物責任のリスクについて

         当社グループの製品及びその製造プロセスは、所定の品質基準を満たすことが求められます。当社グループは、
        製品に関する品質問題発生を予防するため、品質管理マネジメント体制及び標準手順書を確立しております。しか
        しながら、そのような品質管理体制をもってしても、間違い、不具合、故障といった事象を完全に取り除くことは
        困難であります。品質上の不具合は、幾つもの要因の結果、検知も是正もされない可能性がありますが、それらの
        多くは当社の管理不能な要因であります(製造設備の故障、品質管理担当者によるヒューマンエラー又は不正行
        為、第三者の不正行為、原料の品質問題等)。加えて、当社グループにおいて将来製造能力を拡大した場合、当社
        グループの既存の設備と新設備とで製品の品質を等しく保つことを保証できない可能性があり、当該品質問題解決
        のために相当の費用が発生する可能性があります。
      (8)製造並びに安定供給に関するリスクについて

         当社   グループ    の製造設備は、幾つもの要因の結果、その安定稼働が阻害される可能性がありますが、それらの多
        くは当社    グループ    の管理不能な要因であります(自然災害、停電、燃料不足、設備の破壊、テロリズム、戦争、製
        造許可その他許可の取消し、当社               グループの     製造設備が存在する土地に関する中国政府計画の変更その他の規制変
        更等)。当社      グループの     設備の稼働が阻害された結果、他者との契約の不履行又は当社                             グループの     製品に対する市
        場の需要を満たすことが出来なくなること等により、当社                           グループ    事業、売上収益及び利益性に悪影響が及ぶ可能
        性があります。
         当社   グループの     製品の製造及び製剤において必要な原材料の中には、単一の第三者供給元から仕入れているもの
        があります。監督官庁による規制、当該供給元の財務状況悪化、想定外の需要発生或いは労働争議といったいかな
        る理由にせよ、当該単一供給元がそれらの原材料の生産を中止或いは休止したり、当社                                        グループ    に供給が出来なく
        なったりした場合、当社           グループ    は当該原材料を不特定の期間入手出来ない可能性があります。これらの事象は当
        社 グループの     製品の供給能力に悪影響を及ぼし、当社                  グループ    の当該製品の売上収益及び経営成績に悪影響を及ぼ
        す可能性があります。
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)経営成績等の状況の概要
                                 11/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        ①経営成績の状況
         当社グループは、日本の東京に本社を置き、中国及び米国の子会社を通じて医薬品事業、生体材料/医療機器事
        業および創薬事業を中核とするグローバル製薬企業です。
         当連結会計年度の世界経済は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により経済活動が大幅に停滞いたし
        ましたが    、当社グループは力強い結果を出すことができました。
         当社の連結子会社であるBCは中国国内での株式市場への上場申請の最終準備を進めており、知的財産権の譲
        受、中国法に従った企業形態の変更等を実施いたしました。当該子会社の中国株式市場への上場は、中国国内の
        医薬品業界における認知向上に資するとともに、事業投資資金の調達方法が広がり、資本効率を高める重要なス
        テップであると考えております。
         また、米国においては、2020年12月28日に開示しております通り、医療機器事業を行うBABの創業者が持つBAB
        株30%の持分を米国法上のいわゆる逆三角合併によって、当社の株式で買い取り、BABを完全子会社化することと
        いたしました。
         完全子会社化後も引き続き、当社の管理体制は維持しつつ、BABの主要製品のグローバルマーケティング活動の
        強化を、高齢化による整形外科需要の高まりが顕著である中国市場においても実施して参ります。
         当連結会計年度の経営成績、財政状態、キャッシュ・フロー及び研究開発活動は以下のとおりです。
                            連結経営成績概要

                                                     (単位:千円)
                         前連結会計年度              当連結会計年度               差額
                              7,446,067              9,773,862          2,327,795
       売上収益
                              6,395,155              8,227,918          1,832,763
       売上総利益
                              1,302,355              1,869,540           567,185

       営業利益
                               629,918             1,365,905           735,987

       当期利益
        売上収益及び売上総利益

         当連結会計年度において、売上収益は前年同期比約31.3%増加の9,773,862千円となりました。売上総利益率も
        堅調に推移し、当連結会計年度の売上総利益は、前年同期比約28.7%増加の8,227,918千円となりました。前連結
        会計年度と比べたこれらの増加は、主に中国におけるアイスーリュイの売上が過去最高となったことによるもの
        です。
        営業利益

         当連結会計年度の営業利益は、前連結会計年度比43.6%増加の1,869,540千円となりました。当社グループの医
        薬品事業及び医療機器事業の収益性向上が貢献して、営業利益は引続き増加しております。
        当期利益

         営業利益が大幅に増加したことにより、当連結会計年度の当期利益は、前連結会計年度と比べ735,987千円増加
        し、過去最高の1,365,          905  千円となりました。
                                 12/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                       販売費及び一般管理費の明細、研究開発費

                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度              当連結会計年度              差額
                                △4,334,435              △5,180,715         △846,280
       販売費及び一般管理費
                                △1,691,097              △1,893,602         △202,505
        人件費
                                 △758,129             △1,243,158         △485,029
       研究開発費
         当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ846,280千円増加し、5,180,715千円となり

        ました。これは、主に、アイスーリュイの販売関連費用に加え、Cullgenの事業規模拡大による費用の増加による
        ものです。研究開発費が前年同期に比べ増加したのは、主として、当社グループにおける継続的な研究開発活動
        への投資によるものです。
                            金融収益及び金融費用

                                                     (単位:千円)
                           前連結会計年度              当連結会計年度              差額
                                  39,233              46,074         6,841
       金融収益
                                △144,097              △109,702          34,395
       金融費用
        金融収益

         当連結会計年度の金融収益は、前連結会計年度の39,233千円と比べて、6,841千円増加し、46,074千円となりま
        した。
        金融費用

         当連結会計年度の金融費用は、前連結会計年度の144,097千円と比べて、34,395千円減少し、109,702千円とな
        りました。この金融費用の減少は、主として、現金支出を伴わない外貨建ての資産及び負債の評価替えにより生
        じた為替差損の減少によるものです。
       ② セグメント情報

        医薬品事業
         当連結会計年度の医薬品事業における売上収益は、前連結会計年度と比べて2,401,117千円増加し、8,045,631
        千円となりました。セグメント利益は、前連結会計年度の421,530千円から742,699千円増加し、1,164,230千円と
        なりました。
        医療機器事業

         当連結会計年度の医療機器事業における売上収益は1,728,231千円となり、セグメント利益は705,310千円とな
        りました。
       ③  生産、受注及び販売の実績

        生産実績
         当社グループの業務は業務の性質上、生産として把握することが困難である為、記載を省略しております。
        受注実績

         当社グループは受注生産を行っておりませんので、受注状況の記載はしておりません。
                                 13/130






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        販売実績
         当連結会計年度の販売実績は次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                    (自 2020年1月1日
          セグメントの名称
                                     至 2020年12月31日)
                             金額(千円)                 前年同期比(%)
                                    8,045,631                     42.5
     医薬品事業
                                    1,728,231                    △4.1
     医療機器事業
                                    9,773,862
             合計                                            31.3
     (注)1.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2019年1月1日             (自 2020年1月1日
                相手先            セグメント
                                    至 2019年12月31日)             至 2020年12月31日)
                                  金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
         Beijing    Keyuan    Xinhai
                                    340,492         4.6        -       -
                           医薬品事業
         Pharmaceutical        Co.,   Ltd.
         K2M,   Inc.                        310,739         4.2    312,326         3.2
                           医療機器事業
         Sinopharm     Holding    Henan   Co.,   Ltd            654,248         8.8    907,300         9.3
                           医薬品事業
         Sinopharm     Holding    Co.,   Ltd               321,841         4.3    418,011         4.3
                           医薬品事業
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         当連結会計年度における経営指標の実績は次の通りです。売上収益については、第2事業の状況 3経営者に
        よる財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③生産、受注及
        び販売の実績に記載しております。
         また、研究開発費については、その活動を第2事業の状況 5 研究開発活動 に記載しております。
                                               (単位:千円)
                            前連結会計年度              当連結会計年度
                                 7,446,067              9,773,862
            売上収益合計
                                  758,129             1,243,158
            研究開発費
                                   10.1%              12.7%
             売上収益対比
        ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表はIFRSに準拠して作成しております。連結財務諸表の作成にあたり、見積りが必要
        な事項につきましては、合理的な基準に基づき会計上の見積り及び判断を行っております。また、実際の結果は見
        積りによる不確実性がある為、これらの見積りと異なる場合があります。当社の連結財務諸表で採用する重要な会
        計方針は「第一部 企業情報、第5 経理の状況、1 連結財務諸表等、(1)連結財務諸表、連結財務諸表注記 
        3.重要な会計方針」 「4.重要な会計上の判断、見積り及び仮定」に記載しております。
        ②経営成績に重要な影響を与える要因について

         「第2 事業の状況、2 事業等のリスク」に記載のとおりとなっております。
                                 14/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        ③ 資本の財源及び資金の流動性についての分析
         a.当期の財政状態の概況
                              連結財政状態

                                                     (単位:千円)
                       前連結会計年度              当連結会計年度               差額
                            20,607,389              23,219,257            2,611,868
       資産合計
                             7,511,555              10,450,153            2,938,597
       負債合計
                            13,095,833              12,769,104            △326,728
       資本合計
          資産合計

           当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べて2,611,868千円増加し、23,219,257千円
          となりました。これは、主として、                現金及び現金同等物の増加            によるものです。
          負債合計

           当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べて2,938,597千円増加し、10,450,153千円
          となりました。これは、主として、その他の金融負債の増加によるものです。
          資本合計

           当連結会計年度末における資本合計は、前連結会計年度末に比べて、326,728千円減少し、12,769,104千円
          となりました。これは、主として、資本性金融商品を負債へ再分類したことによるものです。
                                 15/130













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          b.当期のキャッシュ・フローの概況
                           連結キャッシュ・フロー

                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度             当連結会計年度             差額
                                  788,587            1,377,519         588,932
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 △153,122              570,205        723,327
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 2,218,118              801,115      △1,417,003
       財務活動によるキャッシュ・フロー
          営業活動によるキャッシュ・フロー

           当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローの                          収入  は、前連結会計年度の788,587千円と比べて
          588,932千円増加し、1,377,519千円となりました。主な収入は、税引前利益であります。
          投資活動によるキャッシュ・フロー

           当連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローの収入は、前連結会計年度の153,122千円の支出と比
          べて723,327千円増加し、570,205千円となりました。主な収入は、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得
          による収入であります。
          財務活動によるキャッシュ・フロー

           当連結会計年度の財務活動によるキャッシュ・フローの収入は、前連結会計年度の2,218,118千円と比べて
          1,417,003千円減少し、801,115千円となりました。主な収入は、非支配持分からの払込による収入でありま
          す。
          c.財務政策

           当社グループの核となる事業は医薬品開発であります。しかしながら、他の創薬ベンチャー企業とは異な
          り、当社グループは自社の知的財産権を第三者にライセンス・アウトすることでマイルストーン収益やロイヤ
          ルティー収入を得るということはせず、むしろ自社グループ内にて当該医薬品候補化合物の収益化を成功させ
          ることに目を向けており、中国市場においてはアイスーリュイにてそれを成し遂げております。これにより、
          当社グループは、十分なキャッシュ・フローを創出し、利益を得ることと、将来の売上収益獲得のために当社
          グループの医薬品開発パイプラインに継続的な投資を行うこととの両方を実現させるという経営戦略を遂行で
          きるようになりました。このためには、研究開発費と売上利益とのバランスを慎重に保つという厳しい財務政
          策が必要とされます。
           当社グループは主として、上記戦略遂行によって生み出された内部留保資金を当社グループの事業運営に活
          用しますが、当社経営陣は、医薬品開発のリスク及び将来の金融市場混乱の可能性を予見できないことを依然
          として認識しております。従いまして、当社グループの事業継続を確かなものにし、また、新たな事業機会が
          訪れた際に先手を打てるに十分な資金を保有しておくため、場合によっては外部資金調達に取り組むことがあ
          ります。そのような外部資金調達を行う場合においても、当社への出資拡大に伴う希薄化を最小限に抑えると
          共に、当社グループの成長を支援して頂ける長期安定投資家の探索に努める方針であります。
           当連結会計年度において予定している設備投資に係る資金需要の主なものは「第3 設備の状況、3 設備
          の新設、除却等の計画」に記載のとおりであります。
                                 16/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】

                         相手先
        契約会社名          相手先の名称       の所在     契約品目       契約内容        契約締結日         契約期間
                         地
     株式会社ジーエヌアイグ                              IPF治療薬・アイ
     ループ(当社)、                              スーリュイの製造
                 北京コンチネン
                                                   2011年7月13日~
                         中国     製造販売              2011年7月13日
     上海ジェノミクス有限公                              販売(製造販売許
                 ト薬業有限公司
     司(当社100%子会社)                              可取得後)
                                   IPF治療薬の独占
                 AFT
                         ニュー
                                   販売(製造販売許
     株式会社ジーエヌアイグ
                                                   2013年12月6日~
                 Pharmaceuticals
                         ジーラ     独占販売              2013年12月6日
                                   可取得後)
     ループ(当社)
                                                   2023年12月5日
                         ンド
                 Limited
                                   (注)1
    (注)1. 本契約の対象領域は、オーストラリア、ニュージーランド、アセアン諸国、香港、ロシア、CIS諸国でありま
          す。
     5【研究開発活動】

      (1)研究     活動
           当社グループの創薬活動はCullgenを中心に、新しい創薬基盤技術であるuSMITE™(ユビキチン化を介した標
          的タンパク質分解誘導技術)を活用した、革新的な新規化学物質(NCE)の開発を目指しています。
           当連結会計年度においても、Cullgenの、がん、痛み、及び自己免疫疾患の適応症に対する酵素及び非酵素

          タンパク質の両方の標的を含む6つの新しい分解剤を利用した創薬パイプラインの研究活動は円滑に進みまし
          た。なお、Cullgenは、2021年中にリード候補薬を治験薬(IND)申請することを目指しています。
           新しいE3リガンドプログラムの開発は、タンパク質分解誘導の将来を担う技術で、毒性の低減、薬剤耐性

          の緩和、組織・腫瘍・細胞内コンパートメントの選択性の提供、基質スペクトルの拡大を実現させるNCEの開
          発の可能性があり、Cullgenは現在5つの新しいE3リガンド分解化合物の開発を進めております。
      (2)開発活動

          ① アイスーリュイ〔中国語:艾思瑞®、英語:Etuary®(一般名:ピルフェニドン)〕
           a.放射線性肺炎(RP)
             当社グループは、アイスーリュイの2番目の適応症として、RP治療薬の第3相臨床試験前パイロット試
            験を実施しております。これは、反復投与、多施設でのオープン試験を行うものです。2020年12月末時点
            で86名の被験者が登録されております。
           b.糖尿病腎症(DN)

             アイスーリュイの3番目の適応症であるDNは、Ⅰ型糖尿病またはⅡ型糖尿病により引き起こされる慢性
            腎臓病です。中国では9,240万人が糖尿病に脅かされており、このうち20~30%がⅠ型糖尿病またはⅡ型糖
            尿病を患い、腎疾患を引き起こすと言われております。本第1相臨床試験につきましては、2020年12月末
            時点で予備研究として16名の治験者が登録されております。
           c.結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)

             2016年9月、結合組織疾患の患者の肺の炎症や線維症を引き起こすCTD-ILDの治療に対する4番目のア
            イスーリュイ適応症のNMPA承認を受けました。このINDの承認により、全身性硬化症(強皮症)と皮膚筋
            炎(DM)の2つの適応症について、直接第3相臨床試験に移行することが承認されました。
             2018年6月には、強皮症及びDMの治療を対象とした第3相臨床試験の各段階において、無作為、二重盲
            検、プラセボ・コントロール、52週間の試験に第1期被験者を登録しました。強皮症には144名、DMには
            152名の被験者が登録される予定で、2020年12月末時点で、それぞれ12名、36名の被験者が登録されてお
            ります。
           d.じん肺治療薬(Pneumoconiosis                Disease)

             2019年5月、当社グループは、アイスーリュイの5番目の適応症として、じん肺治療薬としての治験許
            可(IND)申請に対する承認をNMPAより取得しました。じん肺疾患は、肺に炎症や瘢痕化(線維化)を引
            き起こす慢性的な肺疾患で、吸い込まれた粉塵や微粒子が、肺の細胞に蓄積することによって引き起こさ
            れます。中国には、およそ43万3千人の患者様がおり、更に、適切な診断を受けていない患者様が、最大
            60万人いると推定されており、中国のみならず、世界中でアンメット・メディカル・ニーズ(有効な治療
            方法がない疾患に対する医療ニーズ)が存在します。BCは、病院との提携を進め、治験実施計画書を決定
            し、第3相臨床試験を開始して参ります。
          ② F351(肝線維症等治療薬)

                                 17/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
            F351(一般名:ヒドロニドン)は、当社グループの医薬品ポートフォリオにおける重要な創薬候補化合物
           であり、他の世界の主要医薬品市場へ臨床開発活動を拡大する戦略の重要な部分を占めています。
           F351は、アイスーリュイの誘導体である新規開発化合物であり、肝星細胞の増殖及び内臓の線維化に重要な
           役割を果たすTGF-β伝達経路の両方の阻害剤です。当社グループは中国、日本、豪州、カナダ、米国及び欧
           州各国を含む主要な国でのF351の特許権を保有しております。
            2020年8月、当社は肝線維症の候補薬であるF351の中国における第2相臨床試験の初期分析の良好な結果

           について発表しました。この試験は、中国における慢性ウイルス性B型肝炎患者の肝線維症に対するF351の
           安全性と有効性を評価する、無作為化、二重盲検、プラセボ・コントロール、多施設、用量逓増試験で、
           2020年10月に開示いたしましたように、プラセボと比較して52週の治療で肝線維症スコアが統計的に有意に
           改善するという主要評価項目を満たしました。
            F351の今後の開発については、中国における肝硬変患者に対する条件付き早期承認申請を含む、肝線維症

           患者を対象とした第3相臨床試験、米国においてはFDA提出の可能性となる適応症についてKOL及びアドバイ
           ザーとの協議による第2相臨床試験の準備、あわせて欧州並びに日本における協業について発表いたしまし
           た。
          ③ タミバロテン(急性前骨髄球性白血病(APL)治療薬)

            タミバロテンはAPLの治療薬です。APLは急性骨髄性白血病の一種で、前骨髄球が「がん化」する白血病で
           す。共同開発者である東光薬品工業株式会社及び当社グループのGNI                                Hong   Kong   Limitedは、2015年10月に
           「アムノレイク®錠2mg(一般名:タミバロテン)」を輸入医薬品としてNMPAに登録申請いたしました。その
           後、東光製薬工業株式会社は、NMPAの審査やNMPAから求められた追加データを提出しましたが、この申請は
           却下されました。ただし、NMPAは臨床試験を継続することによる再申請の可能性も示しておりますので、当
           社は追加試験を行い許可取得に向けた今後の進め方を東光製薬工業株式会社と協議して参ります。
          ④ F573(急性肝不全・慢性肝不全急性時(ACLF)治療薬)

            F573はアイスーリュイ及びF351に次ぐ3番目の創薬候補化合物として、カスパーゼを阻害する可能性を持
           つ強いジペプチド化合物であり、B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、アルコール性肝硬変
           による重症肝炎に関連して発生する細胞死や炎症反応に重要な化合物です。当社グループは治験実施計画書
           を作成し、第1相臨床試験実施の準備をしておりましたが、2020年9月に仁安病院より第1相臨床試験実施
           の承認を受け、第1相臨床試験において使用する人類遺伝子情報の届け出をHGRA(Human                                         Genetics
           Resources     Administration)に提出しております。
       以上の結果、当連結会計年度における当社グループの研究開発費は、全体では                                     1,243,158     千円となりました。医薬

      品事業の研究開発部門に所属する従業員は2020年12月31日現在119名で、主に中国で研究活動を行っております。
                                 18/130










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループは、医薬品事業に係る生産設備及び研究開発設備を中心に設備投資を実施しております。当連結会計
      年度の設備投資額(有形固定資産計上ベース)は、                        260  百万円となりました。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                  2020年12月31日現在
                                        帳簿価額(千円)

                                                      従業員数
      事業所名        所在地     報告セグメント         設備の内容
                                                       (名)
                                   建物附属設      工具、器具
                                                 合計
                                   備      及び備品
                                                           6
                                     5,325      1,598      6,923
     本社       東京都中央区       医薬品        統括業務施設
                                                         (2.3)
     (注)1.本社は賃借物件で、その概要は次のとおりです。
                                               年間賃借料(千円)
            事業所名                    所在地
                                                        27,093
     本社                   東京都中央区
         2.金額には消費税等は含まれておりません。
         3.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)の年間平均人員を( )に外数で記載
           しております。
      (2)在外子会社

                                                  2020年12月31日現在
                                      帳簿価額(千円)

                                                         従業
                   報告
             事業所名
                       設備の内
                                                         員数
       会社名           セグメン
            (所在地)                              土地
                        容    建物及び      機械及     車両運
                                                        (名)
                    ト                           その他      合計
                                          (面積㎡)
                            構築物     び装置     搬具
                       統括業
             本社
                       務施
                                             -
     上海ジェノミ
             (中国                 218,325      1,029    10,779          254    230,389       5
                  医薬品     設・研
     クス有限公司                                       ( - )
             上海)
                       究開発
                       用設備
             本社及び
     北京コンチネ
                                             -
             工場
                       製造設
                           1,027,078      255,575      8,816        24,655    1,316,127       419
     ント薬業有限             医薬品
             (中国 
                       備                     ( - )
     公司
             北京)
             本社
                       研究開
     GNI  Tianjin                                      -
             (中国                  1,393     1,393       -        122     2,909      0
                  医薬品     発用設
     Limited                                       ( - )
             天津)
                       備
     Cullgen
             本社
                       研究開
                                             -
     (Shanghai),        (中国                 81,736    198,158      3,887         6,982     290,765      57
                  医薬品     発用設
                                            ( - )
             上海)
                       備
     Inc.
             本社
     上海ジェノミ                  研究開
                                             -
             (中国                    -  2,231       -        341     2,572     11
     クステクノロ             医薬品     発用設
                                            ( - )
             上海)
     ジー有限公司                  備
             本社
     Berkeley
             (米国 
     Advanced                                     69,162
                  医療機     製造設
             カリフォ                416,791       273      -      29,420     515,647      29
     Biomaterials             器     備                   (1,096)
             ルニア
     LLC
             州)
                                 19/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                      帳簿価額(千円)
                                                         従業
                   報告
             事業所名
                                                         員数
       会社名           セグメン     設備の内容      建物及
            (所在地)                              土地
                                 機械及     車両運
                                                        (名)
                    ト         び構築                  その他      合計
                                          (面積㎡)
                                 び装置     搬具
                              物
             本社
             (米国 
                                             -
     Cullgen    Inc.    カリフォ                   -     -     -         -      -    4
                  医薬品     建物設備
                                            ( - )
             ルニア
             州)
             本社
     上海リーフ国
                                             -              6
             (中国                    -    186      -         -     186
     際貿易有限公             医薬品     建物設備
                                            ( - )            (2.2)
             上海)
     司
     (注)1.次の在外子会社の本社及び工場は賃借物件で、その概要は次のとおりです。
                                                年間賃借料(千円)
                   会社名                  所在地
                                                        58,054
           北京コンチネント薬業有限公司                    中国 北京市
           Cullgen    (Shanghai),      Inc.                                   17,809
                               中国 上海     市
                                                         2,035
           上海ジェノミクステクノロジー有限公司                    中国 上海市
           Cullgen    Inc.                                         8,339
                               米国 カリフォルニア州
                                                         3,461
           上海リーフ国際貿易有限公司                    中国 上海市
         2.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)の年間平均人員を( )に外数で記載
           しております。
         3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。
         4.現在休止中の主要な設備はありません。
     3【設備の新設、除却等の計画】

      (1)重要な設備の新設等
         医薬品事業に係る生産設備への投資を引き続き計画しております。
      (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 20/130









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                        発行可能株式総数(株)
                 種類
                                                      90,000,000
                普通株式
                                                      90,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数            提出日現在発行数
                                     上場金融商品取引所名
                  (株)           (株)
        種類                             または登録認可金融商                内容
               (2020年12月31日)           (2021年3月31日)           品取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                                単元株式数は100株であ
                   43,513,149           45,887,943
       普通株式
                                       (マザーズ)
                                                ります。
                   43,513,149           45,887,943           -            -
         計
     (注) 提出日現在の発行数には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
          された株式数は、含まれておりません。
                                 21/130















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストック・オプション制度の内容】
          当社は、ストック・オプション制度を採用しております。当該制度は、会社法第236条、第238条、第239条及
         び第240条の規定に基づき、新株予約権を付与する方式により、当社、当社子会社及び当社の関係会社の役員、
         従業員及び社外の協力先に対して付与することを下記株主総会及び取締役会において決議されたものでありま
         す。当該制度の内容は次のとおりであります。
    (2015年8月17日取締役会決議)(第39回新株予約権)

     決議年月日                            2015年8月17日
     付与対象者の区分及び人数(名)                            取締役 7
     新株予約権の数(個)※                            1,788
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式     475,200(注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            737(注)2(注)3
     新株予約権の行使期間           ※
                                 自 2017年4月1日 至 2025年7月31日
                                 発行価格  737
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※
                                 資本組入額 369
                                 ①新株予約権者は、2016年12月期における確定した監査済
                                  の当社連結損益計算書における売上総利益が64百万人民
                                  元以上となった場合のみ、割当てを受けた本新株予約権
                                  を行使することができる。但し、売上総利益の人民元相
                                  当額は当該連結損益計算書の作成のために使用した為替
                                  レートを適用して算定する。また、国際財務報告基準の
                                  適用等により参照すべき売上総利益の概念に重要な変更
                                  があった場合には、当社は、合理的な範囲内において、
                                  別途取締役会が定めた指標を上記各指標に代えて適用す
                                  るものとする。
                                 ②新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認め
                                  ない。
                                 ③1個の新株予約権の一部につき行使することはできな
                                  い。
     新株予約権の行使の条件            ※
                                 ④2016年12月期における当社連結損益計算書の確定前に、
                                  (ⅰ)当社が消滅会社となる合併契約が株主総会で承認
                                  されたとき、又は当社が完全子会社となる株式交換契約
                                  若しくは株式移転計画が株主総会で承認されたとき(た
                                  だし、いずれの場合でも、存続会社又は当社の完全親会
                                  社の新株予約権が新たに発行される場合を除く。)、
                                  (ⅱ)当社の全て若しくは実質的に全ての資産が売却さ
                                  れるとき、又は(ⅲ)当社の総株主の議決権の50%に相
                                  当する株式を第三者が取得するときには、上記①にかか
                                  わらず、当社はその旨新株予約権者に通知し、新株予約
                                  権者は当該通知受領後15日間、割当てを受けた新株予約
                                  権のうち未行使のもの全てを行使することができる。
                                 ⑤その他の権利の行使の条件は、当社と新株予約権者との
                                  間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
                                  る。
                                 新株予約権を譲渡するときは取締役会の承認を要するもの
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 とする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                 該当事項なし      。
    (注)当社は、2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。また、2019年9月4日
       付で普通株式1株について3株の割合で株式分割を行っております。
                                 22/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    (2017年6月23日取締役会決議)(第41回新株予約権)
     決議年月日                            2017年6月23日
     付与対象者の区分及び人数(名)                            取締役 7
     新株予約権の数(個)※                            955
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            286,500(注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            2,180(注)2(注)3
     新株予約権の行使期間           ※
                                 自 2018年4月1日 至 2027年12月31日
                                 発行価格  2,180
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※
                                 資本組入額 1,090
                                 ①新株予約権者は、2017年12月期における確定した監査済
                                  の当社連結損益計算書における売上総利益が110百万人
                                  民元相当額以上となり、かつ、2017年12月期における確
                                  定した監査済の当社連結損益計算書における営業利益が
                                  黒字化した場合のみ、割当てを受けた本新株予約権を行
                                  使することができる。但し、売上総利益の人民元相当額
                                  は当該連結損益計算書の作成のために使用した為替レー
                                  トを適用して算定する。また、会計基準の改正等により
                                  参照すべき売上総利益の概念に重要な変更があった場合
                                  には、当社は、合理的な範囲内において、別途取締役会
                                  が定めた指標を上記各指標に代えて適用するものとす
                                  る。
                                 ②新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使を認め
                                  る。
                                 ③1個の新株予約権の一部につき行使することはできな
                                  い。
     新株予約権の行使の条件            ※
                                 ④上記①に記載した2017年12月期の連結損益計算書の確定
                                  前に、(i)当社が消滅会社となる合併契約が株主総会
                                  で承認されたとき、又は当社が完全子会社となる株式交
                                  換契約若しくは株式移転計画が株主総会で承認されたと
                                  き(ただし、いずれの場合でも、存続会社又は当社の完
                                  全親会社の新株予約権が新たに発行される場合を除
                                  く。)、(ii)当社の全て若しくは実質的に全ての資産
                                  が売却されるとき、又は(iii)当社の総株主の議決権
                                  の50%に相当する株式を第三者が取得するときには、上
                                  記にかかわらず、当社はその旨新株予約権者に通知し、
                                  新株予約権者は当該通知受領後15日間、割当てを受けた
                                  新株予約権のうち未行使のもの全てを行使することがで
                                  きる。
                                 ⑤その他の権利の行使の条件は、当社と新株予約権者との
                                  間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
                                  る。
                                 新株予約権を譲渡するときは取締役会の承認を要するもの
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 とする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                 該当事項なし      。
    (注)当社は、2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。また、2019年9月4日
       付で普通株式1株について3株の割合で株式分割を行っております。
                                 23/130





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    (2018年9月20日        取締役会決議)(第42回新株予約権)
     決議年月日                            2018年9月20日
                                 取締役 7
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 使用人 7
     新株予約権の数(個)※                            2,155
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式     600,000(注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1,244(注)2(注)3
     新株予約権の行使期間           ※
                                 自 2019年4月1日 至 2028年12月31日
                                 発行価格  1,244
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※
                                 資本組入額  622
                                 ①新株予約権者は、2018年12月期における確定した監査済
                                  の当社連結損益計算書における売上総利益が4,165百万
                                  円相当額以上となった場合のみ、割当てを受けた本新株
                                  予約権を行使することができる。但し、売上総利益の円
                                  相当額は、2018年2月13日付けで当社が公表した「平成
                                  29年12月期 決算短信[IFRS](連結)」3.平成30年12
                                  月期の連結業績予想のために使用した為替レートを適用
                                  して算定する。また、会計基準の改正等により参照すべ
                                  き売上総利益の概念に重要な変更があった場合には、当
                                  社は、合理的な範囲内において、別途取締役会が定めた
                                  指標を上記各指標に代えて適用するものとする。
                                 ②新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認め
                                  る。
                                 ③1個の新株予約権の一部につき行使することはできな
                                  い。
     新株予約権の行使の条件            ※
                                 ④上記①に記載した2018年12月期の連結損益計算書の確定
                                  前に、(i)当社が消滅会社となる合併契約が株主総会
                                  で承認されたとき、又は当社が完全子会社となる株式交
                                  換契約若しくは株式移転計画が株主総会で承認されたと
                                  き(ただし、いずれの場合でも、存続会社又は当社の完
                                  全親会社の新株予約権が新たに発行される場合を除
                                  く。)、(ii)当社の全て若しくは実質的に全ての資産
                                  が売却されるとき、又は(iii)当社の総株主の議決権
                                  の50%に相当する株式を第三者が取得するときには、上
                                  記にかかわらず、当社はその旨新株予約権者に通知し、
                                  新株予約権者は当該通知受領後15日間、割当てを受けた
                                  新株予約権のうち未行使のもの全てを行使することがで
                                  きる。
                                 ⑤その他の権利の行使の条件は、当社と新株予約権者との
                                  間で締結する新株予約権割当契約に定めるところによ
                                  る。
                                 新株予約権を譲渡するときは取締役会の承認を要するもの
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 とする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                 該当事項なし      。
    (注)当社は、2019年9月4日付で普通株式1株について3株の割合で株式分割を行っております。
                                 24/130





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    (2020年6月19日取締役会決議)(第45回新株予約権)
      決議年月日                            2020年6月19日
                                 取締役 7
                                 使用人    4
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                 子会社の取締役 1
                                 子会社の使用人 2
      新株予約権の数(個)※                            19,750
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式     1,975,000(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1,634(注)2(注)3
      新株予約権の行使期間           ※
                                 自 2022年4月1日 至 2030年4月20日
                                 発行価格  1,634
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
      価格及び資本組入額(円)※
                                 資本組入額 817
                                 25/130
















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                 ①本新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権
                                  者」という。)は、2021年12月期または2022年12月期の
                                  いずれかの事業年度において当社の有価証券報告書に記
                                  載される売上総利益が、下記に掲げる各金額を超過した
                                  場合、各新株予約権者に割り当てられた新株予約権のう
                                  ち当該各号に掲げる割合(以下、「行使可能割合」とい
                                  う。)を限度として当該売上総利益の水準を最初に充た
                                  した期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から行使す
                                  ることができる。
                                  (a)2021年12月期の売上総利益が11,920百万円を超過し
                                  た場合
                                  行使可能割合:50%
                                  (b)2022年12月期の売上総利益が16,960百万円を超過し
                                  た場合
                                  行使可能割合:100%
                                  なお、売上総利益の判定においては、当社の有価証券報
                                  告書に記載される連結損益計算書(連結損益計算書を作
                                  成していない場合、損益計算書)における売上総利益を
                                  参照するものとし、参照すべき項目の概念に重要な変更
                                  があった場合には、別途参照すべき指標を当社取締役会
                                  にて定めるものとする。また、行使可能割合の計算にお
                                  いて、各新株予約権者の行使可能な本新株予約権の数に
                                  1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数と
      新株予約権の行使の条件            ※
                                  する。
                                 ②新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使を認め
                                  る。
                                 ③本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が
                                  当該時点における発行可能株式総数を超過することとな
                                  るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできな
                                  い。
                                 ④各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
                                 ⑤上記①に記載した2021年12月期或いは2021年12月期の連
                                  結損益計算書の確定前に、(i)当社が消滅会社となる
                                  合併契約が株主総会で承認されたとき、又は当社が完全
                                  子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画が株主
                                  総会で承認されたとき(ただし、いずれの場合でも、存
                                  続会社又は当社の完全親会社の新株予約権が新たに発行
                                  される場合を除く。)、(ii)当社の全て若しくは実質
                                  的に全ての資産が売却されるとき、又は(iii)当社の
                                  総株主の議決権の50%に相当する株式を第三者が取得す
                                  るときには、上記にかかわらず、当社はその旨新株予約
                                  権者に通知し、新株予約権者は当該通知受領後15日間、
                                  割当てを受けた新株予約権のうち未行使のもの全てを行
                                  使することができる。
                                 ⑥新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、
                                  当社または当社関係会社の取締役、監査役または従業員
                                  であることを要しないものとする。
                                 新株予約権を譲渡するときは取締役会の承認を要するもの
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 とする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                 該当事項なし      。
      当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在
     (2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、
     その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1    .新株予約権の行使に際して出資される財産の価額を調整すべき場合には、以下のとおり、新株予約権の目的た

          る株式の数を調整する。
                                 26/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                     調整前株式数       ×  調整前行使価額
          調整後株式数       =
                         調整後行使価額
          上記の新株予約権の目的たる株式の数の調整は、調整の原因となるいずれかの事由が発生した時点で発行又は

          行使されていない新株予約権の目的たる株式の数についてのみ行われる。また、計算の結果、1株未満の端数
          が生じた場合は、これを切り上げる。
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整に

          よる1円未満の端数は切り上げる。
                                  1

          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                             分割(又は併合)の比率
        3.新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の処分を行う

          場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場合
          を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額

                             既発行株式数       +
                                         新規発行前の1株当たりの時価
          調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数       +  新規発行株式数
          なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に係る

          自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式
          数」を「処分する自己株式数」に読み替える。
          さらに、上記のほか、新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これ
          らの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行
          うことができるものとする。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
    2018年12月11日       取締役会決議(第44回新株予約権)

     決議年月日                            2018年12月11日
     新株予約権の数(個)※                            5,250
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                                       -
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式     1,575,000(注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            2,463(注)2
     新株予約権の行使期間           ※
                                 自 2019年1月4日 至 2023年1月6日
                                 発行価格  2,463
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※
                                 資本組入額 1,232
     新株予約権の行使の条件            ※
                                 各本新株予約権の一部行使はできない。
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 該当事項なし。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                 該当事項なし      。
    ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在
     (2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、
     その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
    (注)1.当社が当社普通株式の分割、無償割当て又は併合を行う場合には、割当株式数は次の算式により調整される。

          但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
          調整後割当株式数=調整前割当株式数×分割・無償割当て・併合の比率

          また、上記のほか、調整後割当株式数の調整を必要とする事由が生じた場合には、当社は、調整後割当株式数

          を合理的な範囲で調整することができる。
                                 27/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    (注)2.新株予約権の行使価格の修正に関する条件は以下の通りです。
          ① 当社は、当社の資本政策のため必要があるときは、当社取締役会の決議により、2019年6月28日、同年12
           月28日、2020年6月28日、2021年6月28日、2022年6月28日及び2022年12月28日(以下、個別に又は総称し
           て「修正日」という。)の各日を効力発生日として、行使価額の修正を行うことができる。当社は、本号に
           基づく行使価額の修正を行う場合、事前にその旨を本新株予約権者に通知するものとし、行使価額は、修正
           日以降、(i)当該修正日に先立つ10連続取引日において、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引
           所」という。)における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価額の90%に相当する金
           額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)当該修正日において有効な行使価額のいずれか低い方に修
           正される。
          ② 上記①に関わらず、行使価額は、2020年12月28日及び2021年12月28日の各日を効力発生日として、同日以
           降、(i)当該効力発生日に先立つ10連続取引日において、東京証券取引所における当社普通株式の普通取引
           の売買高加重平均価格の最も低い価額の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額、又は(ii)
           当該効力発生日において有効な行使価額のいずれか低い方に修正される。
          ③  本項の他の規定に関わらず、上記①又は②に基づく修正後の行使価額が下限行使価額を下回ることとなる
           場合には行使価額は下限行使価額とする。
          ④ その他の権利の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところ
           による。
                                 28/130















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     2021年2月9日       取締役会決議(第46回新株予約権)
      決議年月日                           2021年2月9日
                                 第46回新株予約権:5,483
      新株予約権の数(個)※
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                                       -

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     548,300    (注)1
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           新株予約権1個につき2,306             (注)2
      新株予約権の行使期間           ※                自   2021年2月25日         至   2025年2月24日
                                 発行価格         2,306
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額       1,153
      新株予約権の行使の条件            ※
                                 本新株予約権の一部行使はできない。
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 該当事項なし。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 該当事項なし。
      項  ※
     ※当該新株予約権の払込日である               2021年2月25日における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月
     28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しております。
      (注)1.     当社が当社普通株式の分割、無償割当て又は併合を行う場合には、次のように行います。

          (1)割当株式数は次の算式により調整される。但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
               調整後割当株式数=調整前割当株式数×分割・無償割当て・併合の比率

            また、上記のほか、調整後割当株式数の調整を必要とする事由が生じた場合には、当社は、調整後割当

            株式数を合理的な範囲で調整することができる。
          (2)調整後割当株式数は、当社普通株式の分割又は併合の場合は、分割又は併合のための基準日の翌日以
            降、当社普通株式の無償割当ての場合は、無償割当ての効力発生日以降、又は無償割当てのための基
            準日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
          (3)割当株式数の調整を行うときは、当社は、調整後の割当株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約
            権に係る新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)に対し、かかる調整を行う旨並びにその事
            由、調整前割当株式数、調整後割当株式数及びその適用開始日その他必要な事項を書面で通知します。
            但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれ
            を行う。
     (注)2.新株予約権の行使価格の修正に関する条件は以下の通りです。
          (1)当社は、当社が本新株予約権の発行後、下記第(2)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を
            生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合等で、当社普通株式の新たな発行又は当社の保有する当
            社普通株式の処分における払込金額(下記第(2)号②の場合は、取得請求権付株式に係る取得請求権又
            は新株予約権を当初の発行条件に従い行使する場合の下記第(2)号③に定義する取得価額等。また、下
            記第(2)号③の場合は、下方修正等が行われた後の取得価額等)が、下記第(2)号において調整後の行
            使価額の適用開始日として定める日において有効な行使価額を下回る場合には、行使価額は当該払込金
            額又は取得価額等と同額に調整される。
         (2)新株式発行等により行使価額の調整を行う場合及び調整後の行使価額の適用時期については、次に定める
           ところによる。
           ①当社普通株式を新たに発行し、又は当社の保有する当社普通株式を処分する場合(無償割当てによる場
            合を除く。)(但し、譲渡制限付株式報酬制度に基づき当社又はその関係会社(財務諸表等の用語、様
            式及び作成方法に関する規則第8条第8項に定める関係会社をいう。以下同じ。)の取締役その他の役
            員又は使用人に当社普通株式を交付する場合、新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
            む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式の取得、その他当社普通株式の交付を請求できる
            権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分割、株式交換又は合併により当社普通株
            式を交付する場合を除く。)
            調整後の行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とする。)以降、又
            はかかる発行若しくは処分につき株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はその日
                                 29/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
            の翌日以降これを適用する。
           ②当社普通株式を交付する定めのある取得請求権付株式又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約権
           (新株予約権付社債に付されたものを含む。)(以下「取得請求権付株式等」と総称する。)を発行又は
            付与する場合(無償割当ての場合を含む。但し、当社又はその関係会社の取締役その他の役員又は使用
            人に新株予約権を割り当てる場合を除く。)
            調整後の行使価額は、払込期日(払込期間を定めた場合にはその最終日とし、新株予約権の場合は割当
            日)以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割当てを受ける権利
            を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
           ③取得請求権付株式等(当社又はその関係会社の取締役その他の役員又は使用人に割り当てられたものを
            除く。)の発行条件に従い、当社普通株式1株当たりの対価(以下「取得価額等」という。)の下方修
            正等が行われた場合
            調整後の行使価額は、下方修正等が行われた後の取得価額等が適用される日以降これを適用する。
           ④当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
            む。)の取得と引換えに当社普通株式を交付する場合
            調整後の行使価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
           ⑤本号①及び②の場合において、基準日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
            役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①及び②にかかわらず、調整後の行使価
            額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該
            承認があった日までに本新株予約権の行使請求をした新株予約権者に対しては、次の算出方法により、
            当社普通株式を交付する。
                                             調整前行使価額により
                    調  整  前      調  整  後
                           -            ×
                (                   )
                                           当該期間内に交付された株式数
                    行使価額         行使価額
              =
        株式数
                                  調整後行使価額
            この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。

          (3)当社は、当社が本新株予約権の発行後、下記第(4)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を
            生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「株式分割等による行使価
            額調整式」という。)をもって行使価額を調整する。
                                    新発行・処分          1株当たりの
                                           ×
                                      株式数         払込金額
                             既発行
                                  +
                             株式数
                                           時 価
             調整後        調整前
                  =        ×
            行使価額        行使価額
                                            新発行・処分
                                        +
                              既発行株式数
                                              株式数
          (4)株式分割等による行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後の行使価額の適用時期に
            ついては、次に定めるところによる。
           ①株式の分割により普通株式を発行する場合
            調整後の行使価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
           ②株主に対する無償割当てにより普通株式を発行又は処分する場合
            調整後の行使価額は、無償割当ての効力発生日以降、又は無償割当てのための基準日がある場合はその
            日の翌日以降これを適用する。
           ③本号①及び②の場合において、基準日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
            役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①及び②にかかわらず、調整後の行使価
            額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該
            承認があった日までに本新株予約権の行使請求をした新株予約権者に対しては、次の算出方法により、
            当社普通株式を交付する。
                                             調整前行使価額により
                    調  整  前      調  整  後
                           -            ×
                (                   )
                                           当該期間内に交付された株式数
                    行使価額         行使価額
              =
        株式数
                                  調整後行使価額
            この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。

                                 30/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          (5)当社は、本新株予約権の発行後、下記第(6)号に定める特別配当の支払いを実施する場合には、次に定
            める算式(以下「特別配当による行使価額調整式」といい、株式分割等による行使価額調整式とあわせ
            て「行使価額調整式」と総称する。)をもって行使価額を調整する。
                                     時価-1株当たり特別配当
            調  整  後        調  整  前
                   =           ×
            行使価額           行使価額                    時価
            「1株当たり特別配当」とは、特別配当を、剰余金の配当に係る事業年度の最終の基準日における割当
            株式数で除した金額をいう。1株当たり特別配当の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、
            小数第2位を四捨五入する。
          (6)①「特別配当」とは、2025年3月1日までの間に終了する各事業年度内に到来する配当に係る各基準日
             における、当社普通株式1株当たりの剰余金の配当(会社法第455条第2項及び第456条の規定により
             支払う金銭を含む。金銭以外の財産を配当財産とする剰余金の配当の場合には、かかる配当財産の簿
             価を配当の額とする。)の額に当該基準日時点における割当株式数を乗じて得た金額の当該事業年度
             における累計額をいう。
            ②特別配当による行使価額の調整は、各事業年度の配当に係る最終の基準日に係る会社法第454条又は第
             459条に定める剰余金の配当決議が行われた日の属する月の翌月10日以降これを適用する。
          (7)行使価額調整式により算出された調整後の行使価額と調整前の行使価額との差額が1円未満にとどまる
            場合は、行使価額の調整は行わない。但し、その後行使価額の調整を必要とする事由が発生し、行使価
            額を調整する場合には、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて調整前行使価額からこの差額を差
            し引いた額を使用する。
          (8)①行使価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
            ②行使価額調整式で使用する時価は、株式分割等による行使価額調整式の場合は調整後の行使価額が初
            めて適用される日(但し、上記第(4)号③の場合は基準日)、又は特別配当による行使価額調整式の
            場合は当該事業年度の剰余金の配当に係る最終の基準日にそれぞれ先立つ45取引日目に始まる30取引
             日の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(終値のない日数を除
             く。)とする。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入
             する。
            ③行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある
             場合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後の行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前
             の日における当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式数を控
             除した数とする。また、上記第(4)号①の場合には、行使価額調整式で使用する新発行・処分株式数
             は、基準日において当社が有する当社普通株式に割り当てられる当社の普通株式数を含まないものと
             する。
          (9)上記第(2)号、第(4)号及び第(5)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に
            は、当社は、本新株予約権者と協議の上、その承認を得て、必要な行使価額の調整を行う。
           ①株式の併合、資本の減少、会社分割、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とするとき。
           ②その他当社の普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由等の発生により行使価額の調整を必要と
            するとき。
           ③行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の行使価額の算出にあ
            たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
          (10)行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後の行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者
            に対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前の行使価額、調整後の行使価額及びその適用開始
            日その他必要な事項を書面で通知する。但し、上記第(2)号⑤及び第(4)号③に定める場合その他適用
            開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれを行う。
                                 31/130






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     2021年2月9日       取締役会決議(第47回新株予約権)
      決議年月日                           2021年2月9日
                                 第47回新株予約権:16,449
      新株予約権の数(個)※
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                                       -

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     1,644,900     (注)1
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           新株予約権1個につき2,306             (注)2
      新株予約権の行使期間           ※                自   2021年2月25日         至   2025年2月24日
                                 発行価格         2,306
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額       1,153
      新株予約権の行使の条件            ※
                                 本新株予約権の一部行使はできない。
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 該当事項なし。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 該当事項なし。
      項  ※
     ※当該新株予約権の払込日である               2021年2月25日における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月
     28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しております。
      (注)1.     当社が当社普通株式の分割、無償割当て又は併合を行う場合には、次のように行います。

         (1)割当株式数は次の算式により調整される。但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
               調整後割当株式数=調整前割当株式数×分割・無償割当て・併合の比率

            また、上記のほか、調整後割当株式数の調整を必要とする事由が生じた場合には、当社は、調整後割当

            株式数を合理的な範囲で調整することができる。
         (2)調整後割当株式数は、当社普通株式の分割又は併合の場合は、分割又は併合のための基準日の翌日以
           降、当社普通株式の無償割当ての場合は、無償割当ての効力発生日以降、又は無償割当てのための基準
           日がある場合はその日の翌日以降、これを適用する。
         (3)割当株式数の調整を行うときは、当社は、調整後の割当株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約
            権に係る新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)に対し、かかる調整を行う旨並びにその事
            由、調整前割当株式数、調整後割当株式数及びその適用開始日その他必要な事項を書面で通知します。
            但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれ
            を行う。
     (注)2.新株予約権の行使価格の修正に関する条件は以下の通りです。
         (1)行使価額は、2021年3月9日を初回の修正日とし、その後毎週火曜日(以下、個別に又は総称して「修
           正日」という。)において、当該修正日に先立つ10連続取引日において、株式会社東京証券取引所(以
           下「東京証券取引所」という。)における当社普通株式の普通取引の売買高加重平均価格の最も低い価
           額の90%に相当する金額の1円未満の端数を切り上げた金額(以下「修正日価額」という。)が、当該
           修正日の直前に有効な行使価額を1円以上上回る場合又は下回る場合には、当該修正日以降、当該修正
           日価額に修正される。但し、修正後の行使価額が1,203円(以下「下限行使価額」といい、第11項第(3)
           号、第(4)号及び第(9)号の規定を準用して調整される。)を下回ることとなる場合には行使価額は下
           限行使価額とする。
         (2)当社は、当社が本新株予約権の発行後、下記第(2)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を生じ
           る場合又は変更を生じる可能性がある場合等で、当社普通株式の新たな発行又は当社の保有する当社普通株
           式の処分における払込金額(下記第(2)号②の場合は、取得請求権付株式に係る取得請求権又は新株予約権
           を当初の発行条件に従い行使する場合の下記第(2)号③に定義する取得価額等。また、下記第(2)号③の場
           合は、下方修正等が行われた後の取得価額等)が、下記第(2)号において調整後の行使価額の適用開始日と
           して定める日において有効な行使価額を下回る場合には、行使価額は当該払込金額又は取得価額等と同額
           (但し調整後の行使価額が下限行使価額を下回ることとなる場合には、下限行使価額)に調整される。
         (3)新株式発行等により行使価額の調整を行う場合及び調整後の行使価額の適用時期については、次に定め
            るところによる。
           ①当社普通株式を新たに発行し、又は当社の保有する当社普通株式を処分する場合(無償割当てによる場
            合を除く。)(但し、譲渡制限付株式報酬制度に基づき当社又はその関係会社(財務諸表等の用語、様
            式及び作成方法に関する規則第8条第8項に定める関係会社をいう。以下同じ。)の取締役その他の役
                                 32/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
            員又は使用人に当社普通株式を交付する場合、新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
            む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式の取得、その他当社普通株式の交付を請求できる
            権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分割、株式交換又は合併により当社普通株
            式を交付する場合を除く。)
            調整後の行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とする。)以降、又
            はかかる発行若しくは処分につき株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はその日
            の翌日以降これを適用する。
           ②当社普通株式を交付する定めのある取得請求権付株式又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約権
           (新株予約権付社債に付されたものを含む。)(以下「取得請求権付株式等」と総称する。)を発行又は
            付与する場合(無償割当ての場合を含む。但し、当社又はその関係会社の取締役その他の役員又は使用
            人に新株予約権を割り当てる場合を除く。)
            調整後の行使価額は、払込期日(払込期間を定めた場合にはその最終日とし、新株予約権の場合は割当
            日)以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割当てを受ける権利
            を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
           ③取得請求権付株式等(当社又はその関係会社の取締役その他の役員又は使用人に割り当てられたものを
            除く。)の発行条件に従い、当社普通株式1株当たりの対価(以下「取得価額等」という。)の下方修
            正等が行われた場合
            調整後の行使価額は、下方修正等が行われた後の取得価額等が適用される日以降これを適用する。
           ④当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
            む。)の取得と引換えに当社普通株式を交付する場合
            調整後の行使価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
           ⑤本号①及び②の場合において、基準日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
            役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①及び②にかかわらず、調整後の行使価
            額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該
            承認があった日までに本新株予約権の行使請求をした新株予約権者に対しては、次の算出方法により、
            当社普通株式を交付する。
                                             調整前行使価額により
                    調  整  前      調  整  後
                           -            ×
                (                   )
                                           当該期間内に交付された株式数
                    行使価額         行使価額
              =
        株式数
                                  調整後行使価額
            この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。

          (4)当社は、当社が本新株予約権の発行後、下記第(4)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を
            生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「株式分割等による行使価
            額調整式」という。)をもって行使価額を調整する。
                                    新発行・処分          1株当たりの
                                           ×
                                      株式数         払込金額
                             既発行
                                  +
                             株式数
                                           時 価
             調整後        調整前
                  =        ×
            行使価額        行使価額
                                            新発行・処分
                                        +
                              既発行株式数
                                              株式数
          (5)株式分割等による行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後の行使価額の適用時期に
            ついては、次に定めるところによる。
           ①株式の分割により普通株式を発行する場合
            調整後の行使価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
           ②株主に対する無償割当てにより普通株式を発行又は処分する場合
            調整後の行使価額は、無償割当ての効力発生日以降、又は無償割当てのための基準日がある場合はその
            日の翌日以降これを適用する。
           ③本号①及び②の場合において、基準日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
            役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①及び②にかかわらず、調整後の行使価
            額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該
            承認があった日までに本新株予約権の行使請求をした新株予約権者に対しては、次の算出方法により、
            当社普通株式を交付する。
                                 33/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                             調整前行使価額により
                    調  整  前      調  整  後
                           -            ×
                (                   )
                                           当該期間内に交付された株式数
                    行使価額         行使価額
              =
        株式数
                                  調整後行使価額
            この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。

          (6)当社は、本新株予約権の発行後、下記第(6)号に定める特別配当の支払いを実施する場合には、次に定
            める算式(以下「特別配当による行使価額調整式」といい、株式分割等による行使価額調整式とあわせ
            て「行使価額調整式」と総称する。)をもって行使価額を調整する。
                                     時価-1株当たり特別配当
            調  整  後        調  整  前
                   =           ×
            行使価額           行使価額
                                          時価
            「1株当たり特別配当」とは、特別配当を、剰余金の配当に係る事業年度の最終の基準日における割当
            株式数で除した金額をいう。1株当たり特別配当の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、
            小数第2位を四捨五入する。
          (7)①「特別配当」とは、2025年3月1日までの間に終了する各事業年度内に到来する配当に係る各基準日
             における、当社普通株式1株当たりの剰余金の配当(会社法第455条第2項及び第456条の規定により
             支払う金銭を含む。金銭以外の財産を配当財産とする剰余金の配当の場合には、かかる配当財産の簿
             価を配当の額とする。)の額に当該基準日時点における割当株式数を乗じて得た金額の当該事業年度
             における累計額をいう。
            ②特別配当による行使価額の調整は、各事業年度の配当に係る最終の基準日に係る会社法第454条又は第
            459条に定める剰余金の配当決議が行われた日の属する月の翌月10日以降これを適用する。
          (8)行使価額調整式により算出された調整後の行使価額と調整前の行使価額との差額が1円未満にとどまる
            場合は、行使価額の調整は行わない。但し、その後行使価額の調整を必要とする事由が発生し、行使価
            額を調整する場合には、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて調整前行使価額からこの差額を差
            し引いた額を使用する。
         (9)①行使価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
           ②行使価額調整式で使用する時価は、株式分割等による行使価額調整式の場合は調整後の行使価額が初
            めて適用される日(但し、上記第(4)号③の場合は基準日)、又は特別配当による行使価額調整式の
            場合は当該事業年度の剰余金の配当に係る最終の基準日にそれぞれ先立つ45取引日目に始まる30取引
            日の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(終値のない日数を除
            く。)とする。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入
            する。
           ③行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある
            場合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後の行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前
            の日における当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式数を控
            除した数とする。また、上記第(4)号①の場合には、行使価額調整式で使用する新発行・処分株式数
            は、基準日において当社が有する当社普通株式に割り当てられる当社の普通株式数を含まないものと
            する。
          (10)上記第(2)号、第(4)号及び第(5)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に
            は、当社は、本新株予約権者と協議の上、その承認を得て、必要な行使価額の調整を行う。
           ①株式の併合、資本の減少、会社分割、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とするとき。
           ②その他当社の普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由等の発生により行使価額の調整を必要と
            するとき。
           ③行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の行使価額の算出にあ
            たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
          (11)上記第(2)号、第(4)号及び第(6)号の規定にかかわらず、上記第(2)号、第(4)号又は第(6)号に基
            づく調整後の行使価額を初めて適用する日が第10項に基づく行使価額の修正の効力発生日と一致する場
            合には、当社は、必要な行使価額及び下限行使価額の調整を行う。
          (12)行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後の行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者
            に対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前の行使価額、調整後の行使価額及びその適用開始
            日その他必要な事項を書面で通知する。但し、上記第(2)号⑤及び第(4)号③に定める場合その他適用
            開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれを行う。
                                 34/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     2021年2月9日       取締役会決議(第48回新株予約権)
      決議年月日                           2021年2月9日
                                 第48回新株予約権:20,475
      新株予約権の数(個)※
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                                       -

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     2,047,500     (注)1
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                           新株予約権1個につき2,998             (注)2
      新株予約権の行使期間           ※                自   2021年2月25日         至   2025年2月24日
                                 発行価格         2,998
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)※                           資本組入額       1,499
      新株予約権の行使の条件            ※
                                 本新株予約権の一部行使はできない。
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 該当事項なし。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 該当事項なし。
      項  ※
     ※当該新株予約権の払込日である               2021年2月25日における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月
      28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しております。
      (注)1.     当社が当社普通株式の分割、無償割当て又は併合を行う場合には、次のように行います。

          (1)割当株式数は次の算式により調整される。但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
               調整後割当株式数=調整前割当株式数×分割・無償割当て・併合の比率

            また、上記のほか、調整後割当株式数の調整を必要とする事由が生じた場合には、当社は、調整後割当

            株式数を合理的な範囲で調整することができる。
          (2)調整後割当株式数は、当社普通株式の分割又は併合の場合は、分割又は併合のための基準日の翌日以降、
            当社普通株式の無償割当ての場合は、無償割当ての効力発生日以降、又は無償割当てのための基準日があ
            る場合はその日の翌日以降、これを適用する。
          (3)割当株式数の調整を行うときは、当社は、調整後の割当株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約
            権に係る新株予約権者(以下「本新株予約権者」という。)に対し、かかる調整を行う旨並びにその事
            由、調整前割当株式数、調整後割当株式数及びその適用開始日その他必要な事項を書面で通知します。
            但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれ
            を行う。
     (注)2.新株予約権の行使価格の修正に関する条件は以下の通りです。
          (1)当社は、当社が本新株予約権の発行後、下記第(2)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を
            生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合等で、当社普通株式の新たな発行又は当社の保有する当
            社普通株式の処分における払込金額(下記第(2)号②の場合は、取得請求権付株式に係る取得請求権又
            は新株予約権を当初の発行条件に従い行使する場合の下記第(2)号③に定義する取得価額等。また、下
            記第(2)号③の場合は、下方修正等が行われた後の取得価額等)が、下記第(2)号において調整後の行
            使価額の適用開始日として定める日において有効な行使価額を下回る場合には、行使価額は当該払込金
            額又は取得価額等と同額に調整される。
         (2)新株式発行等により行使価額の調整を行う場合及び調整後の行使価額の適用時期については、次に定める
           ところによる。
          ①当社普通株式を新たに発行し、又は当社の保有する当社普通株式を処分する場合(無償割当てによる場
            合を除く。)(但し、譲渡制限付株式報酬制度に基づき当社又はその関係会社(財務諸表等の用語、様
            式及び作成方法に関する規則第8条第8項に定める関係会社をいう。以下同じ。)の取締役その他の役
                                 35/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
            員又は使用人に当社普通株式を交付する場合、新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
            む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式の取得、その他当社普通株式の交付を請求できる
            権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分割、株式交換又は合併により当社普通株
            式を交付する場合を除く。)
            調整後の行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とする。)以降、又
            はかかる発行若しくは処分につき株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はその日
            の翌日以降これを適用する。
           ②当社普通株式を交付する定めのある取得請求権付株式又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約権
           (新株予約権付社債に付されたものを含む。)(以下「取得請求権付株式等」と総称する。)を発行又は
            付与する場合(無償割当ての場合を含む。但し、当社又はその関係会社の取締役その他の役員又は使用
            人に新株予約権を割り当てる場合を除く。)
            調整後の行使価額は、払込期日(払込期間を定めた場合にはその最終日とし、新株予約権の場合は割当
            日)以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割当てを受ける権利
            を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
           ③取得請求権付株式等(当社又はその関係会社の取締役その他の役員又は使用人に割り当てられたものを
            除く。)の発行条件に従い、当社普通株式1株当たりの対価(以下「取得価額等」という。)の下方修
            正等が行われた場合
            調整後の行使価額は、下方修正等が行われた後の取得価額等が適用される日以降これを適用する。
           ④当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
            む。)の取得と引換えに当社普通株式を交付する場合
            調整後の行使価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
           ⑤本号①及び②の場合において、基準日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
            役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①及び②にかかわらず、調整後の行使価

            額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該

            承認があった日までに本新株予約権の行使請求をした新株予約権者に対しては、次の算出方法により、

            当社普通株式を交付する。

                    調  整  前      調  整  後            調整前行使価額により

                           -            ×
                (                   )
                                           当該期間内に交付された株式数
                    行使価額         行使価額
              =
        株式数
                                  調整後行使価額
            この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。
          (3)当社は、当社が本新株予約権の発行後、下記第(4)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を
            生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「株式分割等による行使価
            額調整式」という。)をもって行使価額を調整する。
                                    新発行・処分          1株当たりの
                                           ×
                                      株式数         払込金額
                             既発行
                                  +
                             株式数
                                           時 価
             調整後        調整前
                  =        ×
            行使価額        行使価額
                                            新発行・処分
                                        +
                              既発行株式数
                                              株式数
          (4)株式分割等による行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後の行使価額の適用時期に
            ついては、次に定めるところによる。
           ①株式の分割により普通株式を発行する場合
                                 36/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
            調整後の行使価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
           ②株主に対する無償割当てにより普通株式を発行又は処分する場合
            調整後の行使価額は、無償割当ての効力発生日以降、又は無償割当てのための基準日がある場合はその
            日の翌日以降これを適用する。
           ③本号①及び②の場合において、基準日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日以降の株主総会、取締
            役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号①及び②にかかわらず、調整後の行使価

            額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。この場合において、当該基準日の翌日から当該

            承認があった日までに本新株予約権の行使請求をした新株予約権者に対しては、次の算出方法により、

            当社普通株式を交付する。

                    調  整  前      調  整  後            調整前行使価額により

                           -            ×
                (                   )
                                           当該期間内に交付された株式数
                    行使価額         行使価額
              =
        株式数
                                  調整後行使価額
            この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。
          (5)当社は、本新株予約権の発行後、下記第(6)号に定める特別配当の支払いを実施する場合には、次に定
            める算式(以下「特別配当による行使価額調整式」といい、株式分割等による行使価額調整式とあわせ
            て「行使価額調整式」と総称する。)をもって行使価額を調整する。
                                     時価-1株当たり特別配当
            調  整  後        調  整  前
                   =           ×
            行使価額           行使価額
                                          時価
            「1株当たり特別配当」とは、特別配当を、剰余金の配当に係る事業年度の最終の基準日における割当
            株式数で除した金額をいう。1株当たり特別配当の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、
            小数第2位を四捨五入する。
          (6)①「特別配当」とは、2025年3月1日までの間に終了する各事業年度内に到来する配当に係る各基準日
             における、当社普通株式1株当たりの剰余金の配当(会社法第455条第2項及び第456条の規定により
             支払う金銭を含む。金銭以外の財産を配当財産とする剰余金の配当の場合には、かかる配当財産の簿
             価を配当の額とする。)の額に当該基準日時点における割当株式数を乗じて得た金額の当該事業年度
             における累計額をいう。
            ②特別配当による行使価額の調整は、各事業年度の配当に係る最終の基準日に係る会社法第454条又は第
             459条に定める剰余金の配当決議が行われた日の属する月の翌月10日以降これを適用する。
          (7)行使価額調整式により算出された調整後の行使価額と調整前の行使価額との差額が1円未満にとどまる
            場合は、行使価額の調整は行わない。但し、その後行使価額の調整を必要とする事由が発生し、行使価
            額を調整する場合には、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて調整前行使価額からこの差額を差
            し引いた額を使用する。
         (8)①行使価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
           ②行使価額調整式で使用する時価は、株式分割等による行使価額調整式の場合は調整後の行使価額が初
            めて適用される日(但し、上記第(4)号③の場合は基準日)、又は特別配当による行使価額調整式の
            場合は当該事業年度の剰余金の配当に係る最終の基準日にそれぞれ先立つ45取引日目に始まる30取引
             日の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値(終値のない日数を除
             く。)とする。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入
             する。
            ③行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある
             場合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後の行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前
                                 37/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
             の日における当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式数を控
             除した数とする。また、上記第(4)号①の場合には、行使価額調整式で使用する新発行・処分株式数
             は、基準日において当社が有する当社普通株式に割り当てられる当社の普通株式数を含まないものと
             する。
          (9)上記第(2)号、第(4)号及び第(5)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に
            は、当社は、本新株予約権者と協議の上、その承認を得て、必要な行使価額の調整を行う。
           ①株式の併合、資本の減少、会社分割、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とするとき。
           ②その他当社の普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由等の発生により行使価額の調整を必要と
            するとき。
           ③行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の行使価額の算出にあ
            たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
          (10)行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後の行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者
            に対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前の行使価額、調整後の行使価額及びその適用開始
            日その他必要な事項を書面で通知する。但し、上記第(2)号⑤及び第(4)号③に定める場合その他適用
            開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれを行う。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高        資本準備金       資本準備金
        年月日
               増減数(株)         残高(株)        (千円)       (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
     2016年1月1日~
                   351,000      114,024,831          11,198      5,840,152         11,198      5,800,152
      2016年12月31日
       (注)1
     2017年1月1日~
                 20,720,000       134,744,831        4,427,457       10,267,609        4,427,457       10,227,609
      2017年12月31日
       (注)1
     2018年1月1日~
                   326,000      135,070,831          21,762     10,289,371          21,762     10,249,371
      2018年4月30日
       (注)1
      2018年5月6日
       (注)2              ―   135,070,831       △3,389,610        6,899,760       △3,389,610        6,859,760
      2018年7月1日

       (注)3        △121,563,748         13,507,083           ―    6,899,760           ―    6,859,760
      2018年11月6日

       (注)1            3,000     13,510,083           214    6,899,975           214    6,859,975
     2018年12月27日~

                   350,000      13,860,083         611,975      7,511,950         611,975      7,471,950
      2018年12月31日
       (注)4
     2019年1月1日~
                   568,300      14,428,383         686,298      8,198,248         686,298      8,158,248
      2019年8月31日
       (注)1
      2019年9月4日
       (注)5          28,856,766        43,285,149           ―    8,198,248           ―    8,158,248
     2019年9月17日~

                   84,300      43,369,449         14,737      8,212,985         14,737      8,172,985
      2019年12月31日
       (注)1
     2020年1月1日~
                   143,700      43,513,149         55,487      8,268,472         55,487      8,228,472
      2020年12月31日
       (注)1
                                 38/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高        資本準備金       資本準備金
        年月日
               増減数(株)         残高(株)        (千円)       (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
     2021年1月1日~
                 2,374,794       45,887,943        1,949,705       10,218,178        1,949,705       10,178,178
      2021年1月14日
       (注)6
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
         2.会社法第447条第1項及び第448条第1項の規定に基づき、資本金及び資本準備金を減少し、その他資本剰余
           金へ振替えたものであります。
         3.普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行ったものであります。
         4.  有償第三者割当を行ったものであります。
            発行価格  3,497円
            資本組入額 1,748.5円
            割当先   CVI         Investments,       Inc.
         5.普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行ったものであります。
         6.有償第三者割当を行ったものであります。
            発行価格  1,642円
            資本組入額 821円
            割当先          Project    Blue   II  Merger    Sub.
                                 39/130















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                    2020年12月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数             100 株)
                                                       単元未満株
        区分                             外国法人等                  式の状況
              政府及び地          金融商品取     その他の
                   金融機関                         個人その他       計   (株)
              方公共団体          引業者     法人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)           0       9     42     159     125      38   17,046     17,419     -
     所有株式数(単元)           0     6,486     40,390      7,133     38,044      4,595    338,325     434,973      15,849
     所有株式数の割合
               0.00       1.49     9.29     1.64     8.75     1.06     77.78     100.00     -
     (%)
     (注) 自己株式1,223           株は、「個人その他」に12単元及び「単元未満株式の状況」に23株を含めて記載しておりま
          す。
      (6)【大株主の状況】

                                                  2020年12月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
           氏名又は名称                    住所
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             1,488,054            3.42

     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号
                       SHANGHAI     P.R.   CHINA               1,447,712            3.33
     イン・ルオ
                                              938,000           2.16
     楽天証券株式会社                  東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
                                              766,000           1.76
     佐々木 桂一                  東京都渋谷区
                                              630,000           1.45
     八木 大輔                  群馬県太田市
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    -   1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,
                                              447,394           1.03
     TREATY    505234               MA  02171,U.S.A.
                                              372,100           0.86
     松井証券株式会社                  東京都千代田区麹町1丁目4番地
                                              331,811           0.76
     野村證券株式会社                  東京都中央区日本橋1丁目13番1号
                                              273,000           0.63
     森田 政廣                  長野県伊那市
                       25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385771                               210,994           0.48
                       LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                -              6,905,065           15.87
             計
                                 40/130








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2020年12月31日現在
                       株式数(株)            議決権の数(個)
           区分                                         内容
                                -        -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -        -             -
     議決権制限株式(その他)                           -        -             -

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  -             -
                              1,200
                    普通株式
     完全議決権株式(その他)                      43,496,100               434,961          -
                    普通株式
                             15,849          -             -
     単元未満株式数               普通株式
                           43,513,149            -             -
     発行済株式総数
                                -           434,961          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                  2020年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                             自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                   対する所有株式数
     所有者の氏名または名称               所有者の住所
                             株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社ジーエヌアイ            東京都中央区日本橋本町
                                 1,200         -     1,200         0.00
     グループ            二丁目2番2号
                      -           1,200         -     1,200         0.00
          計
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】          会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議または取締役会決議に基づかないものの内容】

                                 株式数(株)              価値の総額(円)
                区分
                                           -               -
     当事業年度における取得自己株式
                                           -               -
     当期間   における取得自己株式
     (注)   1.当期間     における取得自己株式          には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
           による株式数は含まれておりません。
                                 41/130






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                 当期間

               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                     (千円)                (千円)
                                  -        -        -        -
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式
                                  -        -        -        -
     消却の処分を行った取得自己株式
     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                  -        -        -        -
     取得自己株式
     その他(―)                             -        -        -        -
                                1,223          -        -        -
     保有自己株式数
     (注)1.当期間における処理自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売渡に
           よる株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
           及び売渡による株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

       当社グループは設立以来、利益配当は実施しておりません。また各事業分野における研究開発活動を今後も引き続
      き実施していく必要があることから、資金の確保を優先する方針であり、当面は配当を予定しておりません。しか
      し、株主への利益還元は重要な経営課題であると認識しており、今後の経営成績及び財政状態を考慮した上で利益配
      当についても検討していきます。剰余金の配当を行う場合は、年1回期末での配当を考えております。配当の決定機
      関は株主総会であります。内部留保資金につきましては、主として研究開発費用に有効活用し、更なる企業価値の向
      上に努力していく所存であります。
                                 42/130













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、経営の効率化を図るとともに、同時に経営の健全性及び透明性を高めていくことが長期的に企業価値
         を向上させていくと考えており、それによって、株主をはじめとした多くのステークホルダーとの共存共栄が実
         現できると考えております。経営の健全性及び透明性を高めるためにコーポレート・ガバナンスを強化していく
         ことが経営上の重要な課題であると認識しております。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、経営の透明性を確保するため、取締役会が効率的に経営全般を監督し、事業運営に関する意思決定、
         執行を執行役に委任することで、業務執行と監督機能を分離させ、迅速な業務執行を行うため、指名委員会等設
         置会社制を採用しております。当社は、取締役会の元に指名委員会、報酬委員会及び監査委員会を設置し、取締
         役会、各委員会、執行役の役割を明確にして実効性のあるコーポレート・ガバナンスを確立しております。上記
         3委員会に加えて、執行の重要案件を審議し、決定を行う経営会議(執行役会)を設置しております。
        (イ)取締役会

           当社の取締役会は、下記の議長及び構成員の計7名で構成されており、経営方針、法令、取締役会規程等で
          定められている事項を決定し、業務執行状況を監督しております。なお、                                  取締役 指輪 英明、取締役 リ
          ウェン・ウ、      取締役 ワンショウ・グオ、取締役 郡 高秀、取締役 鈴木 勘一郎は、会社法第2条第15号
          に基づく社外取締役であります。
          議 長:取締役 イン・ルオ
          構成員:取締役 トーマス・イーストリング、取締役 指輪 英明、取締役 リウェン・ウ、
          取締役 ワンショウ・グオ、取締役 郡 高秀、取締役 鈴木 勘一郎
           取締役会は月1回開催され、必要に応じ臨時の取締役会が開催されます。業務執行に関しては代表執行役、
          執行役を選任し、適宜、各執行役から業務執行状況の報告を受け、把握しております。
        (ロ)指名委員会

           当社の指名委員会は、下記の委員長及び委員の計3名で構成されております。
          委員長:取締役 イン・ルオ
          委 員:取締役 ワンショウ・グオ、取締役 郡 高秀
           指名委員会は株主総会に提出する取締役の選任及び解任に関する議案の内容を決定します。さらに、取締役
          及び委員会の構成及び取締役の評価も主導します。直近で2021年3月25日開催の当社第20期定時株主総会の議
          案の(決議事項)として、「取締役7名選任の件」を提案しております。
        (ハ)報酬委員会

           当社の報酬委員会は、下記の委員長及び委員の計3名で構成されております。
          委員長:取締役 リウェン・ウ
          委 員:取締役 トーマス・イーストリング、取締役 指輪 英明
           報酬委員会は、取締役及び執行役に対して業務の対価として支払われる報酬またはその他の経済的利益(取
          締役または執行役が従業員を兼任している場合には、従業員の業務の対価として支払われる報酬等も含みま
          す。)の内容を決定します。
        (ニ)監査委員会

          当社の監査委員会は、下記の委員長及び委員の計3名で構成されております。
          委員長:取締役 指輪 英明
          委 員:取締役 リウェン・ウ、取締役 鈴木 勘一郎
           監査委員会は、取締役の職務遂行の監査及び監査報告の準備、並びに株主総会に提出する会計監査人の選任
          及び解任に関する議案の内容を決定します。
        (ホ)経営会議

           当社は取締役会決議により、下記2名の執行役を選任しております。
          代表執行役:取締役 イン・ルオ、取締役 トーマス・イーストリング
           執行役は経営会議を構成し、月1回以上会議を開催しております。同会議には、事務局として社長室長が出
          席しております。経営会議においては、業務執行上の重要事項や業務施策の進捗状況について、迅速な審議と
          決定を行っております。
                                 43/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        ③ 企業統治に関するその他の事項








        (イ)内部統制システムの整備の状況
           当社の取締役会は、当社の執行役及び従業員による職務遂行が法令及び当社の定款に適合することを確保す
          るために、以下の体制を含む内部統制システムを整備しております。また、当社は必要に応じて、本システム
          の評価及び改善を続けて参ります。
           a.  監査委員会は、当社の内部統制の十分性を検討しています。
           b.  当社は、内部監査担当を設置しています。内部監査担当は、企業統治体制に係る内部統制の適切性を包
            括的かつ客観的に評価し、また、監査委員会に対して、重要性の高い問題点に取り組むための提案を行
            い、実務的なレベルで当社の会計監査人と協働してフォローアップを行います。
           c.  当社は、コンプライアンスの促進のため、法令に従い内部規則を制定し、これらの諸規則の執行役及び
            従業員への周知を徹底しています。また、当社は必要となるコンプライアンスに関連する教育及びトレー
            ニングの機会も提供しています。
           d.  当社は、コンプライアンス違反の早期発見と是正を図るため、コンプライアンス違反を報告した者の保
            護を図る内部通報システムを構築することにより強化された内部通報規程を制定しています。
           e.  当社は、インサイダー取引を防止するためにインサイダー取引防止規程を制定しています。当該規程
            は、次の項目を定めております。
             (ⅰ)取締役、執行役または従業員等が事業活動に関して取得した内部情報の管理に関する基本的事
                項。
             (ⅱ)取締役、執行役または従業員等による株式及びその他の有価証券の売買及びその他の取引の管理
                及び規制。
             (ⅲ)取締役、執行役、会計監査人及び従業員に求められる行動規範を定めています。
           f.  当社は、市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力とは、一切の関係を持ちません。当社は、かかる
            反社会的勢力との関係を断固として拒絶するものとして行動します。
        (ロ)リスク管理体制の整備の状況
           当社取締役会は、リスク管理プロセスの監督に積極的に関与します。
           当社取締役会は、常設のリスク管理委員会を有しませんが、常設の各委員会が各々の監督に係る業務分野に
          おいて内在的に生じるリスクに関して直接的な監督機能を果たすとともに、取締役会も直接的に全体として上
          記のような監督の機能を果たします。とりわけ、当社の監査委員会は当社グループの主要な財務リスク及びか
          かるリスクを監視及び管理するために経営陣がとった対策について検討し協議する責務を有します。
           また、当社の報酬委員会は、当社の報酬の方針及びプログラムが潜在的に過度なリスク負担となっていない
          かについて評価及び監視を行います。さらに、当社の指名委員会は、当社グループの主要な法的コンプライア
          ンスリスク、及び適用ある法規制の遵守を推進し、監視する当社グループのプログラムを監督します。そし
          て、当社取締役会は、戦略リスク及び各委員会によってカバーされないその他のリスクを監視し、評価する責
          務を有します。
           当社取締役会または適切な委員会は、当社のリスクの確認、管理及び低減に向けた戦略を理解することがで
          きるよう、当社のCEO(最高経営責任者)またはその他の経営陣のメンバーから、会社が直面しているリスク
          について報告を受領します。
        (ハ)子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
                                 44/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
           子会社の業務の適正を確保するために、当社は、当社の子会社が基本的な運営事項について当社に対して承
          認申請しなければならないことを定めた関係会社管理規程を制定し、運用しております。当社は、子会社が当
          社 グループの運営基準を理解、強化及び維持するとともに、適切なリスク管理、コンプライアンス管理及び内
          部統制を実施するよう確保していきます。
        (ニ)取締役の定数
           当社の取締役は8名以内とする旨を定款で定めています。
        (ホ)取締役選任の決議要件
           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款で定めていま
          す。
        (へ)株主総会の特別決議要件
           当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議につい
          て、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の
          2以上をもって行う旨を定款で定めています。
        (ト)取締役の責任免除
           当社は、職務の遂行にあたり、期待される役割を十分に発揮できるようにする為、会社法第426条第1項の
          規定により、取締役会の決議によって、取締役(取締役であった者も含む)の損害賠償責任を法令の限度にお
          いて免除することができる旨を定款に定めています。
                                 45/130















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
         男性  7 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             -%)
        (ア)取締役の状況
                                                         所有株
        役職名         氏名      生年月日                 略歴              任期   式数
                                                         (百株)
                             1993年11月 アヴィロン入社 研究員
                             1994年11月 クロンテック・ラボラトリーズインク入社 プロ
                                  ジェクト・リーダー
                             1997年8月 ライジェル・ファーマシューティカルス入社 シ
                                  ニア・ディレクター
                             2001年5月 上海ジェノミクス有限公司 設立 董事就任
                             2005年6月 当社代表取締役常務COO就任
                             2007年10月 当社代表取締役CEO就任
                             2008年8月 当社代表取締役社長兼CEO就任
                             2009年4月 上海ジェノミクス有限公司 董事長就任
                             2009年6月 当社取締役代表執行役社長兼CEO就任、当社指名
                                  委員就任(現任)
                             2011年9月 北京コンチネント薬業有限公司 董事長就任                       (現
                                  任)
        取締役
                             2013年7月 GNI-EPS(Hong           Kong)HOLDINGS      LIMITED (現GNI
       代表執行役社長
                イン・ルオ      1965年7月16日                                注2   14,477
                                  Hong  Kong  Limited)董事長就任
        CEO
                             2015年1月 GNI       USA,  Inc.  Director就任(現任)
      (最高経営責任者)
                             2017年7月 Berkeley         Advanced    Biomaterials      LLC  Board   of
                                  Manager就任(現任)
                             2017年11月 Shanghai         GEP  Pharmaceuticals,       Inc.  董事長 
                                  就任
                             2018年3月 Cullgen         Inc.  Director    and  Chairman就任      (現
                                  任)
                             2018年6月 Cullgen         (Shanghai),     Inc.(Shanghai      GEP 
                                  Pharmaceuticals,       Inc.を買収)     董事長就任
                             2021年2月 上海ジェノミクス有限公司 監事就任(現任)
                             2021年2月 GNI       Hong  Kong  Limited   董事就任(現任)
                             2021年2月 Cullgen         (Shanghai),     Inc.  執行董事就任(現
                                  任)
                             1983年6月 The       Nikko   Securities     Co.International,        Inc.,

                                  Investment     Banking   and  Syndicate    Divisions,
                                  Senior   Vice  President    & General   Manager
                             1999年5月 Duff       & Phelps   Credit   Rating   Co.(現Fitch
                                  Ratings   Ltd.)日本支社      Senior   Vice
                                  President,     Managing    Director
                             2001年7月 Softbank         Commerce    Corp.   Strategic    Planning    &
                                  Investor    Relations,     Managing    Director
                             2008年2月 American         Appraisal    Transaction     Advisory
                                  Service,    Director
                             2013年3月 当社取締役、当社指名委員就任
        取締役
                             2013年9月 当社取締役執行役就任
       代表執行役
               トーマス・イース
                      1959年10月16日                                注2    21
                             2014年3月 当社取締役代表執行役CFO就任、当社報酬委員就
        CFO        トリング
                                  任(現任)
      (最高財務責任者)
                             2015年1月 GNI       USA,  Inc.  Director就任(現任)
                             2015年3月 上海ジェノミクス有限公司 董事就任
                             2015年3月 北京コンチネント薬業有限公司 董事就任
                             2015年3月 GNI-EPS(Hong           Kong)HOLDINGS      LIMITED   (現GNI
                                  Hong  Kong  Limited)    董事就任(現任)
                             2017年7月 Berkeley         Advanced    Biomaterials      LLC  Chairman
                                  of Board   of Manager就任(現任)
                             2018年3月 Cullgen         Inc.  Director就任(現任)
                             2018年6月 Cullgen         (Shanghai),     Inc.(Shanghai      GEP
                                  Pharmaceuticals,       Inc.を買収)     董事就任
                                 46/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有株
        役職名         氏名      生年月日                 略歴              任期   式数
                                                         (百株)
                             1983年4月 大和證券株式会社            営業部
                             1987年10月 クラインオートベンソン証券営業部、英国
                             1989年8月 ゴールドマン・サックス証券営業部、米国
                             2003年4月 日本コンシェルジュ株式会社設立                  代表取締役社
                                  長就任(現任)
                             2005年10月 日活株式会社           取締役就任
                             2006年6月 株式会社JPホールディングス                 社外監査役就任
                             2008年6月 当社社外取締役就任(現任)
        取締役        指輪 英明      1958年5月17日                                注2     -
                             2009年4月 上海ジェノミクス有限公司                監事就任
                             2009年6月 当社監査委員就任(現任)、当社指名委員就任
                             2010年3月 当社報酬委員就任(現任)
                             2010年7月 GIキャピタル・マネジメント株式会社                    取締役副
                                  社長就任
                             2013年7月 当社指名委員就任
                             2018年3月 GIキャピタル・マネジメント株式会社                    代表取締
                                  役副社長就任(現任)
                             1981年8月     北京協和病院神経科
                                  Resident    Doctor
                             1985年8月     北京協和病院神経科
                                  Assistant    Chief   Doctor
                             1990年8月     北京協和病院神経科
                                  Associate    Chief   Doctor
                             1996年8月     北京協和病院神経科
                                  Chief   Doctor   & Professor(現任)
        取締役       リウェン・ウ       1946年7月21日
                                                      注2     -
                             2001年8月     北京協和病院神経科
                                  Ph.D.   Advisor(現任)
                             2010年3月
                                  当社社外取締役、当社監査委員就任(現任)
                             2011年3月     当社指名委員就任
                             2012年3月     上海ジェノミクス有限公司 董事就任
                             2014年3月     当社報酬委員就任
                             2016年3月
                                  当社報酬委員就任(現任)
                                 47/130











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有株
        役職名         氏名      生年月日                 略歴              任期   式数
                                                         (百株)
                             1984年8月
                                  中日友好医院外科 Doctor
                             1986年7月
                                  同医院整形外科 Doctor
                             1991年12月     同医院整形外科
                                  Assistant    Chief   Doctor
                             1999年6月     同医院整形外科
                                  Associate    Chief   Doctor
                             2000年2月     同医院整形外科
                                  Vice  Chairman(現任)
                             2004年9月     同医院整形外科
        取締役       ワンショウ・グオ       1959年9月7日                                注2     -
                                  Chief   Doctor,   Professor,     Graduate    Student
                                  Advisor(現任)
                             2008年4月     同医院関節外科
                                  Chairman
                             2010年3月     当社社外取締役(現任)、当社指名委員、当社報
                                  酬委員就任
                             2014年3月     当社監査委員就任、当社指名委員就任
                             2016年3月     当社指名委員就任(現任)
                             2020年5月     中日友好医院関節外科         Vice  Chairman(現任)
                             1977年4月     協和発酵工業株式会社 東京支社

                             1984年10月     同社海外事業本部貿易部
                             2001年7月     同社医薬管理部次長
                             2004年4月     同社医薬事業開発部長
                             2005年4月     協和発酵中国医薬 総代表、協和発酵医薬(蘇
                                  州)有限公司 董事長兼総経理
                             2007年7月     同社購買部長
                             2008年2月     株式会社グリーンペプタイド(現ブライトパス・
                                  バイオ株式会社)入社
        取締役        郡 高秀      1952年11月24日                                注2     -
                             2008年4月     同社 代表取締役社長就任
                             2011年7月     特定非営利活動法人治験ネットワーク福岡 
                                  Chief   Planning    Officer
                             2011年8月     パセオン株式会社 代表取締役社長
                                  アジアパシフィック担当ディレクター
                             2017年3月     当社社外取締役就任、当社監査委員就任、当社指
                                  名委員就任
                             2021年3月     当社社外取締役就任(現任)、当社指名委員就任
                                  (現任)
                             1978年4月 野村総合研究所入社 企業調査部 研究員
                             1988年6月 同社企画部企画課課長
                             1991年12月 同社パリ駐在員事務所長
                             1994年7月 同社政策研究センター主任研究員
                             1995年9月 米国スタンフォード大学               フーバー研究所      客員研
                                  究員
                             2002年3月 米国法人Gene           Networks,    Inc.入社CFO就任
                             2005年5月 Shanghai         Genomics,    Inc.  董事
                             2007年7月 Shanghai         Genomics,    Inc.  董事長就任
                             2007年10月 当社専務取締役CFO就任
        取締役       鈴木 勘一郎       1954年5月22日                                注2    493
                             2007年12月 当社代表取締役社長兼CFO就任
                             2008年8月 当社代表取締役就任
                             2009年6月 当社取締役就任
                             2009年9月 立命館アジア太平洋大学国際経営学部                    教授
                             2011年3月 当社顧問就任
                             2015年4月 株式会社エコリング顧問就任(現任)
                             2020年4月 立命館アジア太平洋大学国際経営学部                    名誉教授
                                  (現任)
                             2021年3月 当社社外取締役就任(現任)、当社監査委員就任
                                  (現任)
                              計                           14,991
     (注)1.取締役指輪英明、リウェン・ウ、ワンショウ・グオ、                              郡 高秀及び鈴木 勘一郎は             、社外取締役でありま
           す。
         2.取締役の任期は、2020年12月期に係る定時株主総会の終結の時から2021年12月期に係る定時株主総会の終結
           の時までであります。
                                 48/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         3.当社は指名委員会等設置会社であります。各委員会の委員については、下記のとおりです。なお、氏名の前
           に◎が付いた者は各委員会の委員長であります。
           報酬委員会:◎リウェン・ウ、トーマス・イーストリング、指輪 英明
           指名委員会:◎イン・ルオ、ワンショウ・グオ、郡 高秀
           監査委員会:◎指輪 英明、リウェン・ウ、鈴木 勘一郎
        (イ)執行役の状況

                                                      所有株式数
          役職名              氏名          生年月日          略歴       任期
                                                       (百株)
        代表執行役社長
                                         (1)取締役の状況
                                                        14,477
                       イン・ルオ          1965年7月16日                  注
          CEO
                                         参照
         代表執行役
                                         (1)取締役の状況
                                                          21
                   トーマス・イーストリング             1959年10月16日                  注
          CFO
                                         参照
                                                        14,498
                                            計
     (注) 執行役の任期は、2020年12月期に係る定時株主総会終結後最初に開催される取締役会の時から2021年12月期に
          係る定時株主総会終結後最初に開催される取締役会の終結の時であります。
        (ロ)社外取締役の状況

          当社の取締役7名のうち、社外取締役は以下の5名であります。
                                        当社との人的関係、資本的関係または取
         氏名               相手先及び役職
                                        引関係、その他の利害関係
               日本コンシェルジュ株式会社 代表取締役社長
       指輪 英明        GIキャピタル・マネジメント株式会社 代表取締役                         該当ありません。
               副社長
               北京協和病院神経科 Chief             Doctor    & Professor,
      リウェン・ウ                                  該当ありません。
               Ph.D.   Advisor
               中日友好医院整形外科 Vice              Chairman,     Chief
               Doctor,    Professor,      Graduate     Student    advisor
     ワンショウ・グオ                                   該当ありません。
               同医院関節外科 Vice           Chairman
        郡 高秀        当社指名委員                         該当ありません。

               株式会社エコリング 顧問

      鈴木 勘一郎                                  該当ありません。
               立命館アジア太平洋大学国際経営学部 名誉教授
      ・指輪 英明氏につきましては、同氏がこれまで証券業界等で培われたビジネス経験や専門知識を活かして、当社の

        経営全般に助言いただくことで、当社の経営体制が強化できるため、社外取締役として適任であります。
      ・リウェン・ウ氏につきましては、社外役員となる以外の方法で過去に会社経営に関与した経験はありませんが、同
        氏が日本への留学経験を有する神経科の専門医で、日中両国の医療関係に詳しく、北京での学会の主要ポストにあ
        るため、当社治験の監督の面から社外取締役として適任であります。
      ・ワンショウ・グオ氏につきましては、社外役員となる以外の方法で過去に会社経営に関与した経験はありません
        が、同氏が日本への留学経験を有する整形外科の専門家で、1984年から現在に至るまで中日友好医院の主要ポスト
        を務め、日中両国の医療に精通するため、当社治験の監督の面から社外取締役として適任であります。
      ・郡 高秀氏につきましては、同氏が長年に亘り培った日本及び中国の製薬業界に関する深い見識と、バイオベン
        チャーにおける代表取締役社長としての豊かな経験があるため、社外取締役として適任であります。社外取締役は
        何れも業務執行を行う経営陣と直接の利害関係はなく、一般株主と利益相反が生じるおそれはありません。また社
        外取締役は、指名委員会、報酬委員会の委員を兼任しており、取締役会及び各委員会において当社から独立した立
        場で当社の経営と業務執行の監督だけではなく、コーポレート・ガバナンスの強化に対して適宜、助言、提言を
        行っております。
      ・鈴木 勘一郎氏につきましては、当社の前身であった米国法人Gene                                Networks,Inc.の創業メンバーの一人であり、
        過去当社グループの発展に大きく寄与してきました。その後は大学教授としての研究を通じて、人材・組織や国際
        経営などに関する知見を広げてこられました。これらの豊富な経験と幅広い見識に基づき、当社の経営に的確な指
        導をいただけると判断するため、社外取締役として適任であります。
                                 49/130




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査委員会監査の状況
          当社の監査委員会は、3名の社外取締役で構成されています。当社の監査委員会は、必要に応じて会計監査人
         から会計監査に係る報告書を受領します。さらに、監査委員会は、監査方針、監査計画及び監査手法に係る問題
         を解決し、また、監査委員会の義務の履行のために必要かつ適切と認める場合には、他の専門家から報告書を受
         領します。監査委員会は、内部監査担当に指揮しまたは追加的にもしくは別途、直接調査する方法により行われ
         た監査及び調査の結果を取締役会に報告します。
          当事   業年度において監査委員会の開催回数と、各監査委員の出席回数は以下のとおりであります。

              氏 名                   開催回数                出席回数
              指輪英明                     13回                13回

             リウェン・ウ                      13回                12回

              郡 高秀                     13回                13回

          当社は持株会社としての事業規模及び事業活動に鑑み、監査委員会の活動を直接補助する取締役または従業員

          はおりません。
        ② 内部監査の状況

          当社は、その事業規模及び事業活動に鑑み、内部監査については、内部監査担当がおりますが、監査の実施は
         有資格の監査コンサルタントに外部委託しております。                          当社のCFO(最高財務責任者)または内部監査担当は、
         監査コンサルタントから報告書を受領し、企業統治体制に係る内部統制の適切性を包括的かつ客観的に評価し、
         また、重要性の高い問題点に取り組むための提案を行い、実務的なレベルでフォローアップを行います。
        ③ 会計監査の状況

        (イ)監査法人の名称
          EY新日本有限責任監査法人
        (ロ)継続監査期間
          7年間
        (ハ)業務を執行した公認会計士
          指定有限責任社員 業務執行社員 矢崎 弘直
          指定有限責任社員 業務執行社員 三辻 雅樹
        (ニ)監査業務に係る補助者の構成
          監査業務に係る補助者の構成:
          公認会計士16名、その他21名
        (ホ)監査法人の選定方針と理由
           当社は選定にあたり、監査法人の独立性、専門性及び当社の事業分野への理解が重要であると考えており、
          それらの有無に加えて、監査事務所の品質管理体制や海外ネットワークを用いたグループでの監査等を総合的
          に勘案し決定することを選定方針としており、監査法人の再任が適当と判断しております。なお、会計監査人
          が会社法第340条第1項各号のいずれかの事項に該当すると認められる場合、必要に応じて監査委員全員の同意
          に基づき会計監査人を解任いたします。また、監査委員会は、会計監査人の職務執行に支障がある場合等、適
          正な監査の遂行が困難であると認められる場合に、株主総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関す
          る議案の内容を決定いたします。
        (ヘ)監査委員会による監査法人の評価
           当社の監査委員会は監査法人に対して評価を行っております。具体的には、監査人の独立性や専門性、監査
          法人が計画した監査の範囲とその実施時期、監査委員会との期中における定期的な協議等、継続的な連携及び
          情報交換の頻度、監査事務所の品質管理体制、監査報酬の適切性及び経営者や内部監査室とのコミュニケー
          ション等について評価を行っております。
        (ト)監査法人の異動
           当社は、2021年3月25日開催の定時株主総会において以下のとおり監査法人の選任を決議いたしました。
          第20期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日) EY新日本有限責任監査法人
          第21期(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日) 太陽有限責任監査法人
          なお、臨時報告書に記載した事項は以下のとおりです。

          1.異動に係る監査公認会計士等の名称

          (1)選任する監査公認会計士等の名称
            太陽有限責任監査法人
          (2)退任する監査公認会計士等の名称
            EY新日本有限責任監査法人
                                 50/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          2.異動の年月日
          2021年3月25日(第20期定時株主総会開催日)
          3.退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

          2 014  年3月27日
          4.退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等のおける意見等に関する事項

          該当事項はありません。
          5.異動の決定又は異動に至った理由及び経緯

          当社の監査公認会計士等であるEY新日本有限責任監査法人は、2021年3月25日開催の第20期定時株主総会の終
          結の時をもって任期満了となりました。これを契機として、子会社を含めグローバルで監査公認会計士等を統
          一する必要があるとともに、当社グループの業務の効率化を勘案し、他の監査法人と比較検討を行ってまいり
          ました。
           その結果、監査委員会が太陽有限責任監査法人の専門性、独自性、品質管理体制及びグローバルでの監査体
          制等を総合的に勘案した結果、適任と判断したため、新たな監査公認会計士等として、太陽有限責任監査法人
          を選任を決定いたしました。
          6.上記5の理由及び経緯に対する意見

          (1)退任する監査公認会計士等の意見
          特段の意見はない旨の回答を得ております。
          (2)監査委員会の意見
          妥当であると判断しております。
                                 51/130














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等

        (イ)監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                      38,200             -         55,000            8,300

     提出会社
        (前連結会計年度)
         非監査業務については、該当はありません。
        (当連結会計年度)
         非監査業務の内容は、財務報告に係る内部統制の整備に関する助言・指導業務、および公正価値関連のレ
         ビュー業務です。
        (ロ)監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬((イ)を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                        -           -           -          2,460

     提出会社
                        -           -           -          6,986
     連結子会社
                        -           -           -          9,447
         計
          (前連結会計年度)
           該当はありません。
          (当連結会計年度)
          当社における非監査業務の内容は、米国の子会社の税務に関するアドバイス業務です。
          また、連結子会社における非監査業務の内容は、おもに米国の税務に関するアドバイス業務です。
        (ハ)その他の重要な監査業務に基づく報酬の内容

         (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
           該当事項はありません。
        (ニ)監査報酬の決定方針

           定めておりません。
        (ホ)監査委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           当社監査委員会は、会社法第399条第1項及び同条第3項に基づき、前連結会計年度の会計監査人の職務執
          行状況、監査時間の実績及び当連結会計年度の監査計画の内容、監査体制等を勘案し、監査時間の見積等を精
          査、検討いたしました。結果として、当連結会計年度の会計監査人の報酬等の額は妥当であると判断し、同意
          いたしました。
                                 52/130






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 報酬委員会による取締役会及び執行役の報酬等の決定方針及び当該方針の内容
          当社は、指名委員会等設置会社であり、社外取締役が過半数を占める報酬委員会の決議により、取締役及び執
         行役の個人別報酬を決定しております。当事業年度は1回開催しております。
        (イ)基本方針
           取締役及び執行役の報酬決定の基準は、当社グループの業績向上、株主価値の増大に繋げる目的で各々の役
          位、担当執行業務に応じた職責、当社業績等を考慮のうえ決定いたします。
        (ロ)具体的方針
           取締役及び執行役の報酬は、「基本報酬」、「株式報酬型ストックオプション」、「退職慰労金」で構成さ
          れ、具体的には下記の通り規定しております。
           a.  基本報酬
              基本報酬は、取締役・執行役の別、常勤・非常勤、役職及び職務の内容に応じ決定します。
           b.  株式報酬型ストックオプション
              長期業績連動報酬として、取締役、執行役に対して、その報酬と当社の業績及び株主価値との連動制
             を 明確にし、株主の皆様と企業価値を一層高めることを目的として、役位及び職務の内容に応じて、新
             株予約権を割り当てることがあります。新株予約権の発行数は上限を設けて実施いたします。
              本件に関わる指標は発行の都度決められる「新株予約権の行使の条件」によります。
           c.  退職慰労金
              取締役については、在任中の功労に報いるため、退職慰労金を贈呈する場合があります。
           d.  取締役・執行役の報酬限度額等
            ・取締役・執行役の報酬の合計額は、1事業年度につき2億円以内としております。
            ・執行役が取締役を兼任する場合には、取締役としての報酬のみを支給するものとし、執行役としての報
             酬は支給しないものといたします。
            ・執行役が取締役を兼任せず、執行役としての報酬を支給する必要がある場合には、職務内容等を勘案の
             うえ適切な報酬額を定めます。
        (ハ)決定手続き
           前記の方針に従い、報酬委員会では公正かつ合理的な役員報酬となるよう、会社業績、個人業績等を勘案
          し、個別役員報酬を決定しております。その決定プロセスにおいては、国を問わず職責と成果に基づく公平か
          つ公正な処遇についても考慮しております。
        ② 役員区分毎の報酬額の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)

                 報酬等の総額                                   対象となる役員
        役員区分
                  (千円)                                   の員数(名)
                                   株式報酬型ストッ
                           基本報酬                  退職慰労金
                                   ク・オプション
     取締役(社外取締役を
                     26,244          26,244            -        -        4
     除く)
                     10,900          10,900            -        -        4
     社外取締役
     (注)取締役(社外取締役を除く)は全て執行役を兼務しており、当社規程に基づき取締役の報酬のみとなっており                                                     ま
         す。
        ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上である役員が存在しないため、記載しておりません。
        ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

         該当事項はありません。
                                 53/130





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式
         の価値の変動による利益や、配当金の受け取り等によっての利益確保を目的としている投資を純投資目的である
         投資株式、それ以外の投資を純投資目的以外の目的である投資株式としております。
        ② 保有目的が純投資以外の目的である投資株式

          当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が上位3分の2を占める会社は
         以下の通りであります。
         (イ)Continent        Pharmaceuticals        U.S.   Inc.
           a.  保有目的が純投資以外の目的である投資株式の銘柄数及び貸借対照表計上額
                           銘柄数(銘柄)               貸借対照表の合計額(千円)
                                       1               457,089

     非上場株式
                                       -                  -
     非上場株式以外の株式
           (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

             該当事項はありません。
           (当事業年度において株式数が減少した銘柄)
             該当事項はありません。
           b.  特定投資株式

             該当事項はありません。
        (ロ)GNI     USA,   Inc.

           a.  保有目的が純投資以外の目的である投資株式の銘柄数及び貸借対照表計上額
                           銘柄数(銘柄)               貸借対照表の合計額(千円)
                                       1               120,411

     非上場株式
                                       -                  -
     非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

             該当事項はありません。
           b.  特定投資株式

             該当事項はありません。
        (ハ)提出会社における株式の保有状況

          提出会社においては投資株式を保有しておりません。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
                                 54/130






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
      責任監査法人の監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保する為の特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保する為の特段の取組みを行っております。
       具体的には、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備する為、公益財団法人財務会計
      基準機構へ加入しております。
      4.IFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成することができる体制の整備

       当社は、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把握を行っておりま
      す。また、IFRSに準拠したグループ会計マニュアルを作成し、IFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成すること
      ができる体制の整備を行っております。
                                 55/130












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                          注記
                                 (2019年12月31日)               (2020年12月31日)
                          番号
     資産
      非流動資産
                           10            2,399,936               2,425,021
       有形固定資産
                           19             393,696               731,925
       使用権資産
                           11            4,768,650               4,514,248
       のれん
                           11            1,843,081               1,718,054
       その他の無形資産
                           13                16             78,353
       繰延税金資産
                           12             599,385               726,968
       その他の金融資産
                                        361,390                  -
                           17
       その他の非流動資産
                                       10,366,157               10,194,571
       非流動資産合計
      流動資産

                           14             806,978               934,834
       棚卸資産
                          15,25             1,188,778               1,368,735
       営業債権及びその他の債権
                           12             403,237                13,572
       その他の金融資産
                                        167,877               384,880
       その他の流動資産
                                       7,674,361               10,322,664
                           16
       現金及び現金同等物
                                       10,241,232               13,024,686
       流動資産合計
                                       20,607,389               23,219,257
      資産合計
                                 56/130












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                                     (単位:千円)

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                          注記
                                 (2019年12月31日)               (2020年12月31日)
                          番号
     負債及び資本
      非流動負債
                         18,25,32               981,950                1,260
       借入金
                          25,32              174,871               226,008
       リース負債
                           13             216,196               219,510
       繰延税金負債
                         9,25,32              2,753,815               3,247,394
       その他の金融負債
                                        168,547               152,501
                           20
       その他の非流動負債
                                       4,295,382               3,846,674
       非流動負債合計
      流動負債

                          21,25              271,812               412,143
       営業債務及びその他の債務
                         18,25,32               690,823              1,434,151
       借入金
                          25,32              190,840                85,527
       リース負債
                                        185,565               188,034
       未払法人所得税
                          25,32             1,375,982               3,905,089
       その他の金融負債
                                        501,147               578,531
                           22
       その他の流動負債
                                       3,216,173               6,603,478
       流動負債合計
                                       7,511,555               10,450,153
      負債合計
     資本

                           24            8,212,985               8,268,472
      資本金
                           24            4,273,412               3,591,101
      資本剰余金
                           24              △ 472              △ 472
      自己株式
                           24           △ 1,764,904               △ 608,019
      利益剰余金
                                        △ 28,894              △ 251,049
                           24
      その他の資本の構成要素
      親会社の所有者に帰属する部分合計                                 10,692,126               11,000,032
                                       2,403,706               1,769,072
      非支配持分
                                       13,095,833               12,769,104
      資本合計
                                       20,607,389               23,219,257
     資本及び負債の合計
                                 57/130









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                          注記
                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                          番号
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
                          7,26             7,446,067               9,773,862
     売上収益
                                      △ 1,050,911              △ 1,545,943
                          14,27
     売上原価
                                       6,395,155               8,227,918
     売上総利益
                          23,27            △ 4,334,435              △ 5,180,715

      販売費及び一般管理費
                                       △ 758,129             △ 1,243,158
      研究開発費
                           28              64,547               177,638
      その他の収益
                                        △ 64,783              △ 112,142
                           29
      その他の費用
                                       1,302,355               1,869,540
     営業利益
                          25,30               39,233               46,074

      金融収益
                                       △ 144,097              △ 109,702
                           30
      金融費用
                                       1,197,491               1,805,913
     税引前利益
                           13            △ 567,572              △ 440,007
      法人所得税費用
                                        629,918              1,365,905
     当期利益
     当期利益(△損失)の帰属

                                        181,841              1,258,127
      親会社の所有者
                                        448,077               107,778
      非支配持分
     1株当たり当期利益(△損失)

      基本的1株当たり利益(円)                     31               4.30               28.96
      希薄化後1株当たり利益(円)                     31               4.17               28.04
        ③【連結包括利益計算書】

                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
                                        629,918              1,365,905
     当期利益
     その他の包括利益

      純損益にその後に振替えられる可能性の
      ある項目
                                       △ 232,221              △ 387,480
       在外営業活動体の換算差額
                                       △ 232,221              △ 387,480
       その他の包括利益合計
                                        397,697               978,425
     当期包括利益合計
     当期包括利益の帰属

                                         41,811               923,013
       親会社の所有者
                                        355,886                55,411
       非支配持分
                                 58/130





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
                                                     (単位:千円)
                                 親会社の所有者に帰属する部分
                                              その他の資本の構成要素
               注記
               番号
                   資本金     資本剰余金      自己株式      利益剰余金
                                                在外営業活動
                                          新株予約権             合計
                                                体の換算差額
     2019年1月1日残高              7,511,950      3,352,602        △ 407   △ 1,946,745       68,836      28,838      97,675
      当期利益(△損失)                 -      -      -    181,841        -      -      -
      その他の包括利益                 -      -      -      -      -   △ 140,029     △ 140,029
     当期包括利益合計                 -      -      -    181,841        -   △ 140,029     △ 140,029
      支配継続子会社に対
                9       -    452,631        -      -      -    △ 1,480     △ 1,480
      する持分の変動
      分配金の支払                 -      -      -      -      -      -      -
      新株の発行          24    701,035      701,035        -      -   △ 42,534        -   △ 42,534
      新株予約権の戻入                 -     1,619       -      -    △ 1,619       -    △ 1,619
      株式発行費用
                      -    △ 5,165       -      -      -      -      -
      株式報酬取引
                      -      -      -      -    71,517        -    71,517
      自己株式の取得                 -      -     △ 64      -      -      -      -
      非支配持分に係る売建
      プット・オプション負          25       -   △ 229,312        -      -      -   △ 12,422     △ 12,422
      債の変動
     所有者との取引額合計               701,035      920,809       △ 64      -    27,363     △ 13,903      13,460
     2019年12月31日残高              8,212,985      4,273,412        △ 472   △ 1,764,904       96,199     △ 125,094      △ 28,894
                  親会社の所有者

               注記
                  に帰属する部分
                        非支配持分      資本合計
               番号
                    合計
     2019年1月1日残高              9,015,074       992,861     10,007,936
      当期利益(△損失)              181,841      448,077      629,918
      その他の包括利益              △ 140,029      △ 92,191     △ 232,221
     当期包括利益合計                41,811      355,886      397,697
      支配継続子会社に対
                9    451,151     1,325,784      1,776,936
      する持分の変動
      分配金の支払
                      -   △ 194,598     △ 194,598
      新株の発行          24    1,359,536         -   1,359,536
      新株予約権の戻入                 -      -      -
      株式発行費用              △ 5,165       -    △ 5,165
      株式報酬取引               71,517        -    71,517
      自己株式の取得                △ 64      -     △ 64
      非支配持分に係る売建
      プット・オプション負
                25    △ 241,734      △ 76,227     △ 317,962
      債の変動
     所有者との取引額合計              1,635,240      1,054,958      2,690,199
     2019年12月31日残高
                   10,692,126      2,403,706      13,095,833
                                 59/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                                     (単位:千円)

                                 親会社の所有者に帰属する部分
                                              その他の資本の構成要素
               注記
               番号
                   資本金     資本剰余金      自己株式      利益剰余金
                                                在外営業活動
                                          新株予約権             合計
                                                体の換算差額
     2020年1月1日残高              8,212,985      4,273,412        △ 472   △ 1,764,904       96,199     △ 125,094      △ 28,894
      当期利益(△損失)                 -      -      -   1,258,127         -      -      -
      その他の包括利益                 -      -      -      -      -   △ 335,113     △ 335,113
     当期包括利益合計                 -      -      -   1,258,127         -   △ 335,113     △ 335,113
      支配継続子会社に対
                9       -   △ 150,547        -      -      -    56,348      56,348
      する持分の変動
      連結範囲の変動                 -      -      -      -      -      -      -
      分配金の支払                 -      -      -      -      -      -      -
      新株の発行          24     55,487      55,487        -      -    △ 4,334       -    △ 4,334
      株式報酬取引
                      -      -      -      -    49,763        -    49,763
      新株予約権の発行
                      -      -      -      -    21,725        -    21,725
      非支配持分に係る売建
      プット・オプション負          25       -    171,740        -      -      -   △ 51,248     △ 51,248
      債の変動
      資本性金融商品から負
                33       -   △ 603,167        -   △ 101,242        -    40,703      40,703
      債への再分類
      その他                 -   △ 155,823        -      -      -      -      -
     所有者との取引額合計                55,487     △ 682,310        -   △ 101,242      67,154      45,803      112,958
     2020年12月31日残高              8,268,472      3,591,101        △ 472   △ 608,019      163,354     △ 414,404     △ 251,049
                  親会社の所有者

               注記
                  に帰属する部分
                        非支配持分      資本合計
               番号
                    合計
     2020年1月1日残高              10,692,126      2,403,706      13,095,833
      当期利益(△損失)              1,258,127       107,778     1,365,905
      その他の包括利益              △ 335,113      △ 52,366     △ 387,480
     当期包括利益合計               923,013      55,411      978,425
      支配継続子会社に対
                9    △ 94,199      99,246      5,046
      する持分の変動
      連結範囲の変動                 -    524,304      524,304
      分配金の支払                 -   △ 282,555     △ 282,555
      新株の発行          24    106,640        -    106,640
      株式報酬取引
                     49,763        -    49,763
      新株予約権の発行
                     21,725        -    21,725
      非支配持分に係る売建
      プット・オプション負          25    120,492      103,072      223,565
      債の変動
      資本性金融商品から負
                33    △ 663,706    △ 1,289,937     △ 1,953,643
      債への再分類
      その他              △ 155,823      155,823        -
     所有者との取引額合計
                   △ 615,107     △ 690,046    △ 1,305,153
     2020年12月31日残高              11,000,032      1,769,072      12,769,104
                                 60/130






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                          注記
                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                          番号
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,197,491               1,805,913
      税引前利益
                                        236,753               329,611
      減価償却費及び償却費
                                       △ 382,179              △ 186,249
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                         59,681               199,854
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                       △ 210,444              △ 136,248
      棚卸資産の増減額
                                        101,047                18,486
      賞与引当金の増減額
                           30              57,296                5,786
      金融収益及び金融費用
                                         50,551              △ 172,909
      その他
                                       1,110,199               1,864,243
       小計
      利息の受取額                                   15,280               51,879
                                        △ 65,932              △ 48,089
      利息の支払額
                                       △ 270,959              △ 490,513
      法人所得税の支払額
                                        788,587              1,377,519
      営業活動による正味キャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                        684,214               396,451
      定期預金の純増減額
                                       △ 539,392              △ 260,477
      有形固定資産の取得による支出
                                         2,060                 -
      有形固定資産の売却による収入
                           19                -            △ 43,355
      使用権資産の取得による支出
                                        △ 73,356              △ 53,287
      無形資産の取得による支出
                                        △ 14,645                △ 358
      差入保証金・敷金の増加による支出
                                         6,786               6,786
      貸付金の回収による収入
                                       △ 218,788                  -
      投資有価証券の取得による支出
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取
                                           -             524,447
                           34
      得による収入
                                       △ 153,122               570,205
      投資活動による正味キャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                           32            △ 281,030               218,991
      短期借入金増減額
                           32            △ 337,738              △ 470,560
      長期借入金の返済による支出
                           24            1,359,536                106,910
      株式の発行による収入
                                           -             21,725
      新株予約権の発行による収入
                                       1,775,840               1,751,774
      非支配持分からの払込による収入
                                       △ 194,598              △ 282,555
      非支配持分への分配金の支払による支出
                                          △ 64               -
      自己株式の取得による支出
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式
                                           -            △ 449,618
      の取得による支出
                          19,32             △ 103,826               △ 81,508
      リース負債の返済による支出
                                           -            △ 14,043
      その他
                                       2,218,118                801,115
      財務活動による正味キャッシュ・フロー
                                        △ 48,984              △ 100,537

      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                       2,804,598               2,648,303
      現金及び現金同等物の増減額
                                       4,869,762               7,674,361
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       7,674,361               10,322,664
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 61/130



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
         1.報告企業
           株式会社ジーエヌアイグループ(以下、「当社」)は日本国に所在する株式会社です。登記されている事務
          所の住所及び事業の主たる場所は、東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号です。当社及びその子会社(以
          下、「当社グループ」)は医薬品関連事業及び医療機器関連事業を行っております。
           当社の連結子会社である北京コンチネント薬業有限公司、上海ジェノミクス有限公司、GNI                                           Hong   Kong
          Limited、GNI       Tianjin    Limited、上海ジェノミクステクノロジー有限公司、Cullgen                            (Shanghai),      Inc.及び上
          海リーフ国際貿易有限公司は、中国における臨床試験、医薬品の開発及び製造販売、抗体製造販売、創薬関連
          の研究受託等の医薬品関連事業を行っております。米国においては、連結子会社のGNI                                        USA,   Inc.及びCullgen
          Inc.が医薬品開発を行っております。
           当社の連結子会社であるBerkeley                 Advanced     Biomaterials       LLCは、生体材料を含む医療機器の開発、製造及
          び販売等の医療機器関連事業を行っております。
           当社グループの2020年12月31日に終了する連結会計期間の連結財務諸表は、2021年3月31日に取締役代表執
          行役社長兼CEOイン・ルオ及び取締役代表執行役CFOトーマス・イーストリングによって承認されております。
         2.作成の基礎

          (1)IFRSに準拠している旨の事項
            当社グループの        連結財務諸表は、国際会計基準審議会によって公表されたIF                            RSに準拠して作成しておりま
           す。当社グループは、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
           号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、同第93条の規定を
           適用しております。
          (2)測定の基礎

            当社グループの連結財務諸表は、(3.重要な会計方針)で記載されているとおり、公正価値で測定され
           ている金融商品を除き、取得原価を基礎として作成しております。
          (3)機能通貨及び表示通貨

            当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未満を切り捨
           てて表示しております。
         3.重要な会計方針

          (1)連結の基礎
            当社グループの連結財務諸表は、当社及び子会社の財務諸表並びに関連会社の持分相当額を含めておりま
           す。
           ① 子会社
             子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。支配とは投資先に対するパワーを有
            し、投資先への関与により生じるリターンの変動にさらされ、かつ投資先に対するパワーを通じてリター
            ンに影響を及ぼす能力を有している場合をいいます。当社グループは、子会社に対する支配を獲得した日
            から当該子会社を連結し、支配を喪失した日から連結を中止しております。
             グループ会社間の債権債務残高、取引高、及びグループ会社間取引によって発生した未実現損益は、連
            結財務諸表の作成にあたり消去しております。
           ② 関連会社

             関連会社とは、当社グループがその財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配
            又は共同支配はしていない企業をいいます。当社グループが他の企業の議決権の20%から50%を保有する
            場合、当社グループは当該企業に対して重要な影響力を有していると推定されます。当社グループは、関
            連会社に対する投資について、持分法を用いて会計処理を行っております。
          (2)企業結合

            企業結合は、取得法を適用して会計処理をしております。
            被取得企業における識別可能な資産および負債は取得日の公正価値で測定しております。
            のれんは、企業結合で移転された対価、被取得企業の非支配持分の金額、および取得企業が以前に保有し
           ていた被取得企業の資本持分の公正価値の合計が、取得日における識別可能な資産および負債の正味価額を
           上回る場合にその超過額として測定しております。企業結合で移転された対価は、取得企業が移転した資
           産、取得企業に発生した被取得企業の旧所有者に対する負債および取得企業が発行した資本持分の取得日に
           おける公正価値の合計で計算しております。
            企業結合が生じた期間の末日までに企業結合の当初の会計処理が完了していない場合には、暫定的な金額
           で会計処理を行い、取得日から1年以内の測定期間において、暫定的な金額の修正を行います。
            当社グループは非支配持分を公正価値もしくは被取得企業の識別可能な純資産に対する非支配持分相当額
           で測定するかについて、企業結合ごとに選択しております。
            取得関連費は発生した期間に費用として処理しております。
                                 62/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
            なお、支配獲得後の非支配持分の追加取得については、資本取引として会計処理しており、当該取引から
           のれんは認識しておりません。
          (3)外貨換算

            当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示しております。また、グループ内の
           各企業はそれぞれの機能通貨を定めており、各企業の財務諸表に含まれる科目はその機能通貨を使用して測
           定しております。
            外貨建取引は、当初は取引日における為替レートにより計上しております。外貨建ての貨幣性資産及び負
           債は、期末日の為替レートにより円貨に換算し、その換算差額は当期の純損益として認識しております。
            在外営業活動体の資産及び負債は期末日の為替レートにより、収益及び費用は取引日の為替レートに近似
           する平均レートにより、それぞれ円貨に換算しており、その換算差額はその他の包括利益を通じて認識して
           おります。
            在外営業活動体を処分する場合には、当該営業活動体に関連する累積換算差額を処分時に純損益に振り替
           えております。
          (4)金融商品

           ① 金融資産の認識及び測定
             当社グループでは、金融資産は、契約条項の当事者となった場合に認識しております。営業債権及びそ
            の他の債権については、これらの取引日に当初認識しております。当初認識時において、金融資産をその
            公正価値で測定し、金融資産が純損益を通じて公正価値で測定するものでない場合には、金融資産の取得
            に直接起因する取引費用を加算しております。
            (a)負債性金融商品

             償却原価で測定する金融資産
              負債性金融商品としての金融資産は、以下の要件をともに満たす場合に償却原価で事後測定しており
              ます。
               ・当社グループのビジネスモデルにおいて、当該金融資産の契約上のキャッシュ・フローを回収す
                ることを目的として保有している場合
               ・契約条件が、特定された日に元本及び元本残高に係る利息の支払いのみによるキャッシュ・フ
                ローを生じさせる場合
              当初認識後、償却原価で測定する金融資産の帳簿価額については実効金利法を用いて算定しておりま
              す。
            (b)資本性金融商品

              公正価値で測定する金融資産
               資本性金融商品については、公正価値で測定し、その変動を純損益を通じて認識しております。
           ② 金融資産の認識の中止

             当社グループは、金融資産は、投資から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した
            か、あるいは、当該金融資産が譲渡され、当社グループが金融資産の所有に係るリスク及び経済価値のほ
            とんどすべてが移転する場合、あるいは、当社グループは当該金融資産のリスク及び経済価値のほとんど
            すべてを移転も保持もしていないが、資産に対する支配を移転している場合に、当該金融資産の認識を中
            止しております。
           ③ 金融負債の認識及び測定

             当社グループは、金融負債を当該金融商品の契約当事者になった時点で認識しております。
             償却原価で測定する金融負債

               純損益を通じて公正価値で測定する金融負債以外の金融負債は、償却原価で測定する金融負債に分
              類しております。償却原価で測定する金融負債は、当初認識時に公正価値からその発行に直接起因す
              る取引コストを減算して測定しております。また、当初認識後は実効金利法に基づく償却原価で測定
              しております。
             非支配持分に係る売建プット・オプション負債

               当社グループは、非支配持分の所有者に付与している子会社持分の売建プット・オプションについ
              て、契約相手への支払いが要求される可能性がある金額の現在価値を金融負債として認識するととも
              に非支配持分との差額を資本剰余金から減額し、当初認識後の変動については資本剰余金に認識して
              おります。
           ④ 金融負債の認識の中止

             当社グループは、金融負債が消滅した場合、つまり、契約上の義務が免責、取消または失効となった場
            合に、金融負債の認識を中止しております。
           ⑤ 金融資産及び金融負債の表示

                                 63/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
             金融資産及び金融負債は、当社グループがそれらの残高を相殺する法的権利を現在有し、純額で決済す
            るか、または資産の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、連結財政状態計算書上で相
            殺 し、純額で表示しております。
           ⑥ 金融資産の減損

             当社グループは、償却原価で測定する金融資産については、予想信用損失に対する貸倒引当金を認識し
            ております。報告日ごとに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加していない場合に
            は、12か月の予想信用損失を貸倒引当金として認識しております。一方で、当初認識時点から信用リスク
            が著しく増加している場合には、全期間の予想信用損失と等しい金額を貸倒引当金として認識しておりま
            す。
             信用リスクが著しく増大しているかどうかは、報告日ごとに当初認識以降の債務不履行の発生リスクの
            変化に基づいて判断しており、信用リスクが著しく増加しているか否かの評価を行う際には、期日経過情
            報のほか、財務情報等の当社グループが合理的に利用可能かつ裏付け可能な情報を考慮しております。た
            だし、営業債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加の有無にかかわらず、常に全期
            間の予想信用損失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
             なお、金融資産に係る信用リスクが報告日現在で低いと判断される場合には、当該金融資産に係る信用
            リスクが当初認識以降に著しく増大していないと評価しております。
             当該金融資産が信用減損金融資産であるかどうかは、債務者による支払不履行又は滞納、当社グループ
            が債務者に対してそのような状況でなければ実施しなかったであろう条件で行った債権の回収期限の延
            長、債務者又は発行企業が破たんする兆候、活発な市場の消滅等により判断しております。
             予想信用損失は、契約に従って企業に支払われるべきすべての契約上のキャッシュ・フローと、企業が
            受け取ると見込んでいるすべてのキャッシュ・フローとの差額を当初の実効金利で割り引いたものをそれ
            ぞれの債務不履行発生リスクでウェイト付けした加重平均として測定しております。
             ある信用減損金融資産の全体又は一部分の将来の回収が現実的に見込めず、すべての担保が実現又は当
            社グループに移転された時に、直接減額されます。減損損失認識後に減損損失を減額する事象が発生した
            場合は、減損損失の減少額(貸倒引当金の減少額)を純損益で戻し入れております。
          (5)有形固定資産

            有形固定資産の測定には原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除し
           た金額で測定しております。取得原価には、資産の取得に直接付随する費用、解体・除去及び設置場所の原
           状回復費用の当初見積額を含めております。
            減価償却費は、償却可能価額を各構成要素の見積耐用年数にわたって、定額法により算定しております。
            減価償却費の算定で使用されている見積耐用年数は以下のとおりです。
            ・建物及び構築物:3~39年
            ・機械及び装置:6~15年
            ・車両運搬具:4~5年
            ・工具、器具及び備品:3~10年
            ・使用権資産:2~         5年
            資産の減価償却方法、見積耐用年数及び残存価額は各年度末に見直し、変更がある場合には、会計上の見
           積りの変更として将来に向かって適用します。
          (6)のれん

            当初認識時におけるのれんの測定については、(2)企業結合に記載しております。当初認識後は取得原価
           から減損損失累計額を控除した金額で測定しております。
            のれんの減損については、(9)有形固定資産、のれん及びその他の無形資産の減損に記載しております。
          (7)その他の無形資産

            個別に取得したその他の無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しており、企業結合において取得した
           その他の無形資産の原価は、取得日現在における公正価値で測定しております。当初認識後の測定には原価
           モデルを採用し、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で測定しております。
            その他の無形資産は、使用可能となった時点から償却を開始しております。償却費は、償却可能価額を各
           構成要素の見積耐用年数にわたって、定額法により算定しております。
            償却費の算定で使用されている見積耐用年数は以下のとおりです。
            ・ソフトウエア:5年
            ・顧客基盤:25年
            ・ブランド:20年
            資産の償却方法、見積耐用年数及び残存価額は各年度末に見直し、変更がある場合には、会計上の見積り
           の変更として将来に向かって適用します。販売権については、対象となる製品が開発段階にあり、未だ規制
           当局の承認が得られないため、償却しておりません。
            研究開発費の処理

             研究活動のための支出は、発生した期間の費用として認識しております。
             開発(または内部プロジェクトの開発局面)における支出は、以下のすべてを立証できる場合に限り資
            産として認識することとしており、その他の支出はすべて発生時に費用処理しております。
                                 64/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
             ・使用又は売却できるように無形資産を完成させる技術上の実行可能性
             ・無形資産を完成させ、さらにそれを使用又は売却する意図
             ・無形資産を使用又は売却する能力
             ・無形資産が可能性の高い将来の経済的便益を創出する方法
             ・無形資産の完成、それを使用又は売却のために必要となる財務上及びその他の資源の利用可能性
             ・開発期間中の無形資産に起因する支出を信頼性をもって測定できる能力
          (8)リース

            当社は、契約の開始日に、当該契約がリース又はリースを含んだものであるかどうかを判定しておりま
           す。契約が特定された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転する場合は、当該契
           約はリースであるか又はリースを含んでおります。
           借手としてのリース

            リースの開始日において、使用権資産及びリース負債を認識しております。使用権資産は開始日において
           リース負債の当初測定額に当初直接コスト等を調整し、リース契約に基づき要求される原状回復義務等のコ
           ストを加えた額で当初の測定を行っております。開始日後においては、原価モデルを適用して、取得原価か
           ら減価償却累計額及び減損損失累計額を控除して測定しております。使用権資産は、当社グループがリース
           期間の終了時にリース資産の所有権を取得することが合理的に確実である場合を除き、開始日から耐用年数
           又はリース期間の終了時のいずれか早い時まで、定額法により減価償却しております。リース期間について
           は、リースの解約不能期間に加えて、行使することが合理的に確実である場合におけるリースの延長オプ
           ションの対象期間と、行使しないことが合理的に確実である場合におけるリースの解約オプションの対象期
           間を含む期間として決定しております。
            リース負債は、開始日において同日現在で支払われていないリース料を借手の追加借入利子率で割り引い
           た現在価値で測定しております。開始日後においては、リース負債に係る金利や、支払われたリース料を反
           映するようにリース負債の帳簿価額を増減しております。リースの条件変更が行われた場合には、リース負
           債を再測定しております。また、リースの条件変更のうち独立したリースとして会計処理されず、かつリー
           スの範囲を減少させるものについては、使用権資産の帳簿価額をリースの部分又は全面的な解約を反映する
           ように減額し、リースの部分的又は全面的な解約に係る利得又は損失を純損益に認識しております。それ以
           外のリースの条件の変更については、使用権資産に対して対応する修正を行っております。
            当社グループは、リース期間が12か月以内の短期リース及び少額リースについて、IFRS第16号の免除規定
           を適用し、使用権資産及びリース負債を認識しないことを選択しております。当社グループは、これらの
           リースに係るリース料をリース期間にわたり定額法により費用として認識しております。
          (9)有形固定資産、のれん及びその他の無形資産の減損

           ① 有形固定資産及びその他の無形資産の減損
             当社グループは、期末日において、有形固定資産及びその他の無形資産が減損している可能性を示す兆
            候の有無を検討しております。
             減損の兆候がある場合には、回収可能価額の見積りを実施しております。また耐用年数を確定できな
            い、もしくは未だ使用可能ではないその他の無形資産については、減損の兆候の有無にかかわらず毎年一
            定の時期に減損テストを実施しております。
             回収可能価額の見積りにおいて、個々の資産の回収可能価額を見積もることができない場合には、その
            資産の属する資金生成単位の回収可能価額を見積もっております。資金生成単位とは、他の資産又は資産
            グループからおおむね独立したキャッシュ・イン・フローを生み出す最小単位の資産グループをいいま
            す。
             回収可能価額は、処分費用控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方で算定しております。使用価
            値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは評価日における貨幣の時間価値及び当該資産に固有の
            リスクを反映した割引率を用いて現在価値に割り引いております。
             資産又は資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、その帳簿価額を回収可能価額まで
            減額し、差額は減損損失として純損益で認識しております。
           ② のれんの減損

             のれんは、企業結合のシナジーから便益を得ると見込まれる資金生成単位に配分し、毎年一定の時期及
            びその資金生成単位に減損の兆候があると認められた場合にはその都度、減損テストを実施しておりま
            す。減損テストにおいて資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回る場合には、その帳簿価額を回収
            可能価額まで減額し、差額は減損損失として純損益で認識しております。
             資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まず資金生成単位に配分されたのれんの帳簿価額から減
            額するように配分し、次に資金生成単位におけるその他の資産の帳簿価額を比例的に減額するよう配分し
            ております。
           ③ 減損の戻入

             有形固定資産及びその他の無形資産について過年度に認識した減損損失については、期末日において、
            損失が消滅又は減少している可能性を示す兆候の有無を検討しております。減損の戻入の兆候がある場合
            には、その資産又は資金生成単位の回収可能価額の見積りを行っております。回収可能価額が、資産又は
                                 65/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
            資金生成単位の帳簿価額を上回る場合には、過年度に減損損失が認識されていなかった場合の帳簿価額か
            ら必要な償却又は減価償却費を控除した後の帳簿価額を超えない金額を上限として、減損損失の戻入を実
            施 しております。
             のれんについて認識した減損損失は、その後の期間に戻入を行いません。
          (10)棚卸資産

            棚卸資産は取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い額で測定しております。取得原価には、購入原
           価、加工費及び棚卸資産が現在の場所及び状態に至るまでに発生したその他のすべての原価が含まれており
           ます。正味実現可能価額は、通常の事業の過程における見積売価から、完成に要する見積原価及び販売に要
           する見積費用を控除して算定しております。棚卸資産の原価は、主として移動平均法により算定しておりま
           す。
          (11)現金及び現金同等物

            現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変
           動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されて
           おります。
                                 66/130
















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          (12)株式報酬
            当社は、持分決済型の株式報酬制度として、ストック・オプション制度を採用しております。ストック・
           オプションは、付与日における公正価値で測定しており、権利が確定するまでの期間にわたり費用として認
           識し、同額を資本の増加として認識しております。
          (13)政府補助金

            政府補助金は、当社グループが補助金交付のための付帯条件を満たし、補助金が受領されるという合理的
           な保証が得られた時に、公正価値で測定し認識しております。費用項目に対する政府補助金の場合は、費用
           の発生と同じ連結会計期間に収益として計上しております。資産に関する補助金の場合は、繰延収益に認識
           し、それを資産の耐用年数にわたり、規則的に収益として認識しております。
          (14)収益

            当社グループでは、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」に従い、以下の5つのステップアプロー
           チに基づき、収益を認識しております。
            ステップ1:顧客との契約を識別する
            ステップ2:契約における履行義務を識別する
            ステップ3:取引価格を算定する
            ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
            ステップ5:企業の履行義務の充足時に収益を認識する
            当社グループは、医薬品及び医療機器の販売を行っております。このような販売については、顧客への製
           品を引き渡した時点で、製品への支配が顧客に移転し、一時点で履行義務が充足されることから、当該時点
           で収益を認識しております。
            製品の販売から生じる収益は、販売契約における対価から販売数量や販売金額に基づくリベートや値引き
           などを控除した金額で算定しております。
            製品の販売契約における対価は、顧客へ製品を引き渡した時点から主として1年以内に受領しておりま
           す。なお、重大な金融要素は含んでおりません。
          (15)短期従業員給付

            短期従業員給付については、従業員が会社に勤務を提供したときに、当該勤務と交換に支払うことが見込
           まれる金額を割り引かずに費用として認識しております。
          (16)法人所得税

            法人所得税は、当期税金及び繰延税金から構成されております。これらは、企業結合から生じた項目及び
           その他の包括利益で認識される項目を除き、純損益で認識しております。
            当期税金は、税務当局に対する納付又は税務当局からの還付が予想される金額で測定しております。税額
           の算定に使用する税率及び税法は、期末日までに制定又は実質的に制定されたものです。
            繰延税金は、期末日における資産及び負債の税務基準額と財務報告上の帳簿価額との間の一時差異に基づ
           いて算定しております。繰延税金資産は、将来減算一時差異、未使用の税額控除及び繰越欠損金について、
           それらを回収できる課税所得が生じると見込まれる範囲において認識し、繰延税金負債は、将来加算一時差
           異に関して認識しております。
            繰延税金資産の帳簿価額は期末日時点において毎期見直し、繰延税金資産の全額もしくは一部の計上が認
           められるために必要な課税所得が生ずる可能性が低くなった範囲において減額しております。また、未認識
           の繰延税金資産は各期末日で再評価を行い、将来の課税所得が当該繰延税金資産を回収できる可能性が高く
           なった範囲において新たに認識しております。
            繰延税金資産及び負債は、期末日までに制定又は実質的に制定されている税率に基づいて、当該資産が実
           現されるもしくは負債が決済される年度の税率を見積り、算定しております。
          (17)1株当たり利益

            基本的1株当たり利益は、親会社の所有者に帰属する当期利益を、その期間の自己株式を調整した発行済
           普通株式の加重平均株式数で除して算定しております。希薄化後1株当たり利益は、すべての希薄化効果の
           ある潜在的普通株式による影響について、親会社の所有者に帰属する当期利益及び自己株式を調整した発行
           済株式の加重平均株式数を調整することにより算定しております。
                                 67/130





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         4.重要な会計上の判断、見積り及び仮定
           IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の
          報告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を設定することが義務付けられております。実際の業績はこれら
          の見積りと異なる場合があります。
           判断、見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの見直しによる影響
          は、見積りを見直した会計期間及び将来の会計期間において認識しております。
           重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断については、現時点で入手し得る最新の情報に基づいて行って
          おりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大により、財政状態及び経営成績に及ぼす影響が不透明な状況で
          あります。当連結会計年度は一部の連結子会社で売上収益の減少などの影響を受けておりますが、翌連結会計
          年度はこの影響も概ね収束し、例年並みの需要が見込まれると仮定し、会計上の見積りを行っております。
           当社グループの連結財務諸表に重要な影響を与える可能性のある、会計上の判断、見積り及び仮定は以下の
          とおりであります。
           なお、当連結会計年度における会計上の見積りは最善の見積りであるものの、新型コロナウイルス感染症に
          よる影響は不確実性が高いため、収束時期の遅れなど今後の状況の変化により判断を見直した結果、将来の財
          政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
           (1)  有形固定資産、のれん及びその他の無形資産の減損

            当社グループは、有形固定資産、のれん及び無形資産について、(3.重要な会計方針)に従って、減損
           テストを実施しております。減損テストにおける回収可能価額の算定において、将来のキャッシュ・フ
           ロー、割引率等について仮定を設定しております。これらの仮定については、経営者の最善の見積りと判断
           により決定しておりますが、将来の不確実な経済条件の変動の結果によって影響を受ける可能性があり、見
           直しが必要となった場合、連結財務諸表に重要な影響を与える可能性があります                                     。(10.有形固定        資産)及
           び (11.のれ     ん及びその他の無形資産)を参照下さい。
           (2)  Cullgen    Inc.に関する連結        子会社の判定

            当社グループは、Cullgen             Inc.の議決権の50%超を自己の計算において所有していないものの、他の議決
           権保有者との間の契約上の取り決め及び潜在的議決権を加えることで、同社の議決権の過半数を所有してい
           ることから、同社を連結子会社としております。
           (3)  開発費の資産化

            当社グループは、一部の開発費については無形資産を完成させる技術上の実行可能性が高まったことから
           資産化の要件を満たすと判断し、無形資産に計上しております。
         5.会計上の見積りの変更

           当社グループは、非支配持分の所有者に付与している子会社持分の売建プット・オプションについて、従来
          は契約相手への支払が要求される可能性がある金額の現在価値を、Berkeley                                   Advanced     Biomaterials       LLCの各
          年度の税引前利益の予測値に基づいて見積っておりました。当連結会計年度において、当該プット・オプショ
          ン行使時の支払金額及び行使時期について合意に至ったことから、これらを使用して見積りを行っておりま
          す。
           これにより、当連結会計年度において、従来の計算方法と比較して、非流動負債におけるその他の金融負債
          が2,348,137千円減少し、流動負債におけるその他の金融負債が2,598,889千円増加しております。
           なお、(8.企業結合等)に記載の通り、2021年1月28日付でBerkeley                                  Advanced     Biomaterials       Inc.の買
          収の効力が発生したことにより、Berkeley                    Advanced     Biomaterials       LLCの非支配持分の所有者は存在しなくな
          りました。
                                 68/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         6.未適用の新基準
           本連結財務諸表の承認日までに公表されている基準書及び解釈指針の新設又は改訂のうち、当社グループが
          早期適用していない重要な新基準はありません。
         7.事業セグメント

          (1)  報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であ
           り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっている
           ものであります。
            当社グループは、創薬及び製造販売事業である医薬品事業及び、医療機器事業を展開しております。医薬
           品事業では、医薬品の研究開発、製造、販売及び受託研究などを行っており、医療機器事業では、生体材料
           を含む医療機器の研究開発、製造及び販売を行っております。
           主要セグメントの主要製品は次のとおりであります。

     報告セグメント                        会社名                       主要製品
             株式会社ジーエヌアイグループ、北京コンチネント薬業有限公司、
                                                  アイスーリュイ、医
             上海ジェノミクス有限公司、GNI               Hong   Kong   Limited、GNI       Tianjin    Limited、
     医薬品事業                                             薬品開発、その他医
             上海ジェノミクステクノロジー有限公司、Cullgen                        (Shanghai)      Inc.、GNI
                                                  薬品、試薬
             USA,   Inc.、Cullgen       Inc.、上海リーフ国際貿易有限公司
             Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLC
     医療機器事業                                             生体材料
          (2)  報告セグメントごとの売上収益、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、(                           3 .重要な会計方針)における記載と同一であり
           ます。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの金額であります。セグメント間の内部売上収益および振
           替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 69/130












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
           収益及び業績
            当社グループの報告セグメント情報は以下のとおりです。
             前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント
                                            調整額         連結
                医薬品事業        医療機器事業           合計
      売上収益

      (1)外部顧客への
                  5,644,514         1,801,553         7,446,067             -     7,446,067
        売上収益
      (2)セグメント間
                      -       21,360         21,360        △ 21,360           -
        の内部売上収
        益又は振替高
                  5,644,514         1,822,913         7,467,427         △ 21,360       7,446,067
         計
                   421,530         865,202        1,286,733           15,621       1,302,355
      セグメント利益
                                                       39,233
                                             金融収益
                                                      △ 144,097
                                             金融費用
                                                      1,197,491
                                          税引前当期利益
     (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替額は、独立企業間価格に基づいております。
         2   売上収益の調整額は、セグメント間の内部売上収益であります。また、セグメント利益の調整額は、各報告
           セグメントに配賦していない全社費用等であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管
           理費であります。
         3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益を用いております。
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                             調整額         連結
                  医薬品事業        医療機器事業           合計
                     139,035         97,718        236,753           -      236,753
     減価償却費及び償却費
                                 70/130











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント
                                            調整額         連結
                医薬品事業        医療機器事業           合計
      売上収益

      (1)外部顧客への
                  8,045,631         1,728,231         9,773,862             -     9,773,862
        売上収益
      (2)セグメント間
                      -       35,572         35,572        △ 35,572           -
        の内部売上収
        益又は振替高
                  8,045,631         1,763,803         9,809,435         △ 35,572       9,773,862
         計
                  1,164,230          705,310        1,869,540             -     1,869,540
      セグメント利益
                                                       46,074
                                             金融収益
                                                      △ 109,702
                                             金融費用
                                                      1,805,913
                                          税引前当期利益
     (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替額は、独立企業間価格に基づいております。
         2 売上収益の調整額は、セグメント間の内部売上収益であります。
         3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益を用いております。
                                                     (単位:    千円)
                          報告セグメント
                                             調整額         連結
                  医薬品事業        医療機器事業           合計
                     235,788         93,822        329,611           -      329,611
     減価償却費及び償却費
          (3)  製品及びサービスに関する情報

            製品及びサービスについての外部顧客からの売上収益は以下のとおりになります。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年1月1日                 (自 2020年1月1日
                             至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
                                     5,019,987                 6,938,730
     アイスーリュイ
     生体材料(代替骨)                                1,801,553                 1,728,231
                                      624,526                1,106,900
     その他
                                     7,446,067                 9,773,862
              合計
                                 71/130








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          (4)  地域別に関する情報
            前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                          日本         中国         米国         連結
     外部顧客からの売上収益(注1)                       25,177        5,619,336         1,801,553         7,446,067
     非流動資産(2019年12月末)(注2)                       126,296        2,987,730         6,652,728         9,766,755

            当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                                                     (単位:千円)
                          日本         中国         米国         連結
     外部顧客からの売上収益(注1)                       64,392        7,981,238         1,728,231         9,773,862
     非流動資産(2020年12月末)(注2)                       99,984        3,071,778         6,217,486         9,389,249

        (注)1 顧客の所在地に基づいて測定しております。
           2 その他の金融資産、繰延税金資産は含まれておりません。
          (5)  主要な顧客に関する情報

            前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:千円)
              顧客の名称又は氏名                       売上収益           関連するセグメント名
     Sinopharm     Holding    Henan   Co.,   Ltd                      654,248
                                              医薬品事業
     Beijing    Keyuan    Xinhai    Pharmaceutical        Co.,   Ltd               340,492
                                              医薬品事業
     Sinopharm     Holding    Co.,   Ltd                         321,841
                                              医薬品事業
     K2M,   Inc.                                  310,739

                                              医療機器事業
     OsteoRemedies                                     183,865

                                              医療機器事業
            当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                                                     (単位:千円)
              顧客の名称又は氏名                       売上収益           関連するセグメント名
     Sinopharm     Holding    Henan   Co.,   Ltd                      907,300
                                              医薬品事業
     Sinopharm     Holdings     Limited                           418,011
                                              医薬品事業
     Sinopharm     holdings     Shandong     Co.,   Ltd                    404,395
                                              医薬品事業
     K2M,   Inc.                                  312,326

                                              医療機器事業
     OsteoRemedies                                     181,567

                                              医療機器事業
                                 72/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         8.企業結合等
          前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
           当社は、2019年4月19日付でContinent                   Pharmaceuticals.         Inc.(以下、「CPI」)を子会社とする株式交換
          を実施しました。株式交換は、当社が保有する北京コンチネント薬業有限公司(以下、「BC」)の株式をCPI
          の完全子会社であるBJContinent                Pharmaceuticals        Limited(以下、「BJC」)に譲渡し、対価としてCPIが発
          行する株式の34.11%に相当する持分を譲り受けることで実施しました。CPIおよびBJCは、IPOを目的とした特
          別目的会社(SPC)であり、BCの株式保有のみを目的としております。
           なお、当該企業結合は共通支配下の取引であり、取得に伴うキャッシュ・フロー及び連結損益計算書に与え
          る影響はありません。
          当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

           当社は、2020年12月28日開催の取締役会において、当社の完全子会社であるProject                                        Blue   II  Merger    Sub.
          を消滅会社とし、Berkeley             Advanced     Biomaterials       Inc.を存続会社とする米国カリフォルニア州法上の合併
          を行うことを決議し、2021年2月19日付で米カリフォルニア州当局に承認されております。
          (1)取引の概要
           (a)被取得企業の名称及びその事業の内容
            被取得企業の名称 Berkeley              Advanced     Biomaterials       Inc.
            事業の内容    Berkeley              Advanced     Biomaterials       LLCの持分の保有
           (b)企業結合の主な理由
            本買収を通じてBerkeley            Advanced     Biomaterials       LLCを100%子会社にすることにより、同社の製品群を
            米国内全土及び中国をはじめとした海外市場において展開し、当社グループの1社としてより一層の事
            業拡大を円滑に進めることができるため
           (c)効力発生日
            2021年1月28日
           (d)取得企業が被取得企業の支配を獲得した方法
            当社株式を対価とする「逆三角合併」方式による株式の取得
           (e)結合後企業の名称
            Berkeley     Advanced     Biomaterials       Inc.
           (f)取得した議決権比率
            100%
           (g)取得企業を決定するに至った主な根拠
            当社が、当社の株式を対価としてBerkeley                    Advanced     Biomaterials       Inc.の株式を取得したことによるも
            のであります。
          (2)取得の対価
           当社普通株式 3,899,411千円
          (3)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
           現時点では確定しておりません。
          (4)取得により生じたのれん
           現時点では確定しておりません。
         9.支配継続子会社に対する持分の変動及び資本性金融商品の負債への再分類

           前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
           2019年2月に、Continent            Pharmaceuticals        Inc.がGNI     USA  Inc.から同社が投資有価証券として                所有してい
          るIriSys     LLCの15.02%の持分、さらに、GNI                Hong   Kongから同社が所有しているF573の権利をそれぞれ現物出
          資により取得しました。           その結果、非支配持分が36,427千円減少し、資本剰余金と在外営業活動体の換算差額
          がそれぞれ29,971千円、6,455千円増加しました。
           2019年4月に、Cullgenが大手グローバルベンチャーキャピタルであるSequoia                                     Capital    ChinaとHighlight

          Capitalから1,600万米ドルのシリーズA投資を受けました。当該投資に対して同社は優先株式を発行しており
          ます。当該優先株式は当社グループにおいて、全体として資本性金融商品に分類された結果、非支配持分と資
          本剰余金がそれぞれ1,318,033千円と464,859千円増加し、在外営業活動体の換算差額が7,052千円減少しまし
          た。なお、当該優先株式は、発行後5年が経過した後の状況変化により再分類される可能性があります。
           当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

           2020年9月及び10月に、Continent                 Pharmaceuticals        Inc.は非支配持分の所有者から全ての自己株式を取得
          すると共に、北京コンチネント薬業有限公司は第3者割当による新株の発行を行いました。これにより、
          Continent     Pharmaceuticals        Inc.の非支配持分の所有者は北京コンチネント薬業有限公司の非支配持分の所有
          者となりました。その結果、非支配持分と在外営業活動体の換算差額がそれぞれ98,094千円と54,140千円増加
                                 73/130

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          し、資本剰余金が147,187千円減少しました。なお、当社グループの北京コンチネント薬業有限公司に対する
          持分比率に変動はありません。
           2020年12月に、Cullgen            Inc.はGNI     USA  Inc.を含むグローバルベンチャーキャピタルの数社から2,250万米

          ドルのシリーズB投資を受けました。当該投資に対して同社は優先株式を発行しており、全体として負債に分
          類したことでその他の金融負債(非流動負債)に1,293,750千円を計上しました。その結果、当社グループの
          Cullgen    Inc.に対する非支配持分と在外営業活動体の換算差額がそれぞれ1,151千円と2,208千円増加し、資本
          剰余金が3,359千円減少しました。なお、シリーズB投資のための定款変更に伴い、前期に発行したシリーズA
          投資にかかる優先株式を資本性金融商品から負債へと再分類しました。その結果、当社グループのその他金融
          負債(非流動負債)と在外営業活動体の換算差額がそれぞれ1,953,643千円と40,703千円増加し、資本剰余金
          と利益剰余金と非支配持分がそれぞれ、603,167千円、101,242千円、1,289,937千円減少しました。
                                 74/130

















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         10.有形固定資産
           有形固定資産の項目ごとの、期首及び期末の帳簿価額等の調整表は以下のとおりです。
                                                     (単位:    千円)
                 建物及び構      機械及び装            工具、器具
     取得原価                         車両運搬具              土地     建設仮勘定        合計
                 築物      置            及び備品
     2019年1月1日時点の残
                  1,121,955       321,428       29,403      84,003      74,173      834,162     2,465,127
     高
                   77,077      106,043       14,855      12,346        -    323,898      534,221
      個別取得
                  △52,779       △5,057      △6,737      △1,697         -      -   △66,271
      売却又は処分
                                                △1,045,707
                   882,179      155,721         -     7,806        -            -
      建設仮勘定からの振替
                  △35,339      △11,280        △983     △1,891       △962     △17,130      △67,587
      外貨換算差額
     2019年12月31日時点の残
                  1,993,093       566,856       36,538      100,568       73,211      95,222     2,865,490
     高
                   12,169      31,544       5,565      7,869        -    138,587      195,734
      個別取得
                     -   △35,124       △1,311       △523        -      -   △36,959
      売却又は処分
                   35,524      131,106         -      501       -   △174,189       △7,056
      建設仮勘定からの振替
                  △11,157       10,131        610     1,029     △4,049       △121     △3,555
      外貨換算差額
                     -      -      -     △31       -      -     △31
      その他の増減
     2020年12月31日時点の残
                  2,029,630       704,513       41,402      109,414       69,162      59,499     3,013,621
     高
                                                     (単位:    千円)

     減価償却累計額及び減損            建物及び構      機械及び装            工具、器具
                              車両運搬具              土地     建設仮勘定        合計
     損失累計額            築物      置            及び備品
     2019年1月1日時点の残
                                              -      -
                   182,409      151,716       18,159      56,840                  409,125
     高
                                              -      -
      減価償却費             42,134      30,974       4,015      7,873                  84,997
                               △6,468               -      -
      売却又は処分            △14,361       △2,330              △61                △23,220
                                              -      -
      減損損失               -     2,120        -      18                 2,138
                   △3,780      △2,129       △522     △1,055         -      -    △7,488
      外貨換算差額
     2019年12月31日時点の残
                   206,402      180,352       15,183      63,614        -      -    465,553
     高
                                              -      -
      減価償却費             71,881      61,531       3,706      11,395                  148,515
                                              -      -
      売却又は処分               -   △25,020       △1,245       △497                 △26,763
                                              -      -
      外貨換算差額               833     △466       273      654                 1,295
                                  -      -      -      -      -
      その他の増減              △137       137
     2020年12月31日時点の残
                   278,980      216,534       17,918      75,167        -      -    588,600
     高
                                 75/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
                                                     (単位:千円)

                 建物及び構      機械及び装            工具、器具
     帳簿価額                         車両運搬具              土地     建設仮勘定        合計
                 築物      置            及び備品
     2019年1月1日時点の残
                   939,545      169,712       11,243      27,163      74,173      834,162     2,056,002
     高
     2019年12月31日時点の残
                  1,786,690       386,522       21,354      36,935      73,211      95,222     2,399,936
     高
     2020年12月31日時点の残
                  1,750,649       487,979       23,484      34,246      69,162      59,499     2,425,021
     高
           減価償却費は「売上原価」、「研究開発費」及び「販売費及び一般管理費」に計上しております。
           当連結会計年度及び前連結会計年度における決算日以降の有形固定資産の取得に係るコミットメントはあり
          ません。
                                 76/130
















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         11.のれん及びその他の無形資産
          (1)調整表
            のれん及びその他の無形資産の項目ごとの、期首及び期末の帳簿価額等の調整表は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                                  仕掛研究開     ソフトウエ
     取得原価         のれん     販売権     顧客基盤     ブランド                特許権     その他      合計
                                   発費      ア
     2019年1月1日
              4,824,468      214,230    1,531,800      77,700     61,345     18,593     35,343     55,500    6,818,981
     時点の残高
                 -     -     -     -     -    1,927      -     -    1,927
      個別取得
                 -     -     -     -   71,659       -     -     -   71,65  9
      内部開発
              △55,818      △2,779     △19,872      △1,008     △2,670      △333    △1,071      △720    △84,273
      外貨換算差額
     2019年12月31日
              4,768,650      211,450    1,511,928      76,692     130,333      20,188     34,271     54,780    6,808,294
     時点の残高
                 -     -     -     -     -    4,089      709      -    4,799
      個別取得
                 -     -     -     -   48,488       -     -     -   48,488
      内部開発
              △254,402      △11,695     △83,628      △4,242      3,128      275    3,238    △3,030    △350,355
      外貨換算差額
     2020年12月31日
              4,514,248      199,755    1,428,300      72,450     181,951      24,552     38,219     51,750    6,511,227
     時点の残高
                                                     (単位:千円)

     償却累計額及び                             仕掛研究開     ソフトウエ
              のれん     販売権     顧客基盤     ブランド                特許権     その他      合計
     減損損失累計額                              発費      ア
     2019年1月1日
                 -     -   86,802      5,503      -   10,503      883    7,862    111,555
     時点の残高
                 -     -   60,404      3,830      -    3,315     4,621     5,471     77,643
      償却
                 -     -     -     -     -     -    8,810      -    8,810
      減損損失
                 -     -   △1,053      △66      -    △150      △79     △95    △1,446
      外貨換算差額
     2019年12月31日
                 -     -   146,153      9,266      -   13,667     14,236     13,238     196,563
     時点の残高
                 -     -   58,881      3,733      -    2,336      869    5,333     71,154
      償却
                 -     -     -     -     -     -   18,896       -   18,896
      減損損失
                 -     -   △9,833      △623      -     144    3,513     △890    △7,690
      外貨換算差額
     2020年12月31日
                 -     -   195,201      12,376       -   16,148     37,516     17,681     278,924
     時点の残高
                                                     (単位:千円)

                                  仕掛研究開     ソフトウエ
     帳簿価額         のれん     販売権     顧客基盤     ブランド                特許権     その他      合計
                                   発費      ア
     2019年1月1日
              4,824,468      214,230    1,444,998      72,196     61,345      8,089     34,459     47,637    6,707,425
     時点の残高
     2019年12月31日
              4,768,650      211,450    1,365,774      67,425     130,333      6,520     20,035     41,541    6,611,731
     時点の残高
     2020年12月31日
              4,514,248      199,755    1,233,099      60,073     181,951      8,404      703    34,068    6,232,302
     時点の残高
            償却費は、「販売費及び一般管理費」に計上しております。

            当連結会計年度及び前連結会計年度における決算日以降の無形資産の取得に係るコミットメントはありま
           せん。
          (2)未だ使用可能でない無形資産

            連結財政状態計算書に計上されている未だ使用可能でない主な無形資産は、販売権及び                                         仕掛  研究開発費で
           あります。販売権については、2013年にイーピーエス社より取得したタミバロテンに係る販売権であり、前
           連結会計年度末で211,450千円、当連結会計年度末で199,755千円です。この販売権については、対象となる
           製品が開発段階にあり、未だ規制当局の承認が得られないため、償却しておりません。                                        仕掛  研究開発費につ
           いては、北京コンチネント薬業有限公司(以下、「BC」)で                            主にCTD-ILDの適応症に対する第3相臨床試験に
           係る  開発費であり、未だ開発段階にあり使用又は売却可能ではないため、償却しておりません。
                                 77/130


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          (3 )減損テスト
            BC及びGNI      Hong   Kong   Limited(以下、「GNI           Hong   Kong」)の取得により発生したのれんは、医薬品事業
           で識別された資金生成単位グループに配分されております。
           Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLC(以下、「BAB」)の取得により発生したのれんは、医療機器事業で
           識別された資金生成単位に配分されております。
            当連結会計年度において、医薬品事業に配分されたのれんは、                              BC 138,076    千円(前連結会計年度          136,  250  千
           円)、GNI     Hong   Kong  22,910   千円(前連結会計年度          24,  252  千円)であり、医療機器事業に配分されたのれん
           は、  4,353,260     千円(前連結会計年度          4,608,   147  千 円)であり、以下のとおり減損テストを行っております。
            ①   BC及びGNI     Hong   Kong(医薬品事業)

            将来キャッシュ・フローの見積り:
             回収可能価額は使用価値とし、過去の経験を反映し経営者が承認した5年間の事業計画を基礎とした見
            積り将来キャッシュ・フローを現在価値に割り引くことにより算定しています。なお、事業計画を策定し
            ている期間を超える期間の将来キャッシュ・フローの成長率は業界の長期平均成長率に基づき                                           2%(前連
            結会計年度2%)と仮          定しております。
            割引率(税引前):
             加重平均資本コストに基づき、一定の調整をした割引率を用い、当連結会計年度                                      は16.2   %(前連結会計
            年度  15.8  %)としております。
             また、減損テストに用いた主要な仮定が合理的に予測可能な範囲で変化したとしても、当該資金生成単
            位グループにおいて、重要な減損が発生する可能性は低いと判断しております。
            ② BAB(医療機器事業)

             回収可能価額は外部専門家による企業の公正価値の評価額に当社の持分をかけることにより算定してお
            ります。
             また、減損テストに用いた主要な仮定が合理的に予測可能な範囲で変化したとしても、当該資金生成単
            位において、重要な減損が発生する可能性は低いと判断しております。
            当社グループの販売権は、タミバロテンの販売権199,755千円(前連結会計年度211,450千円)であり、回

           収可能価額は経営者によって承認された、                   販売開始から5年間の患者数を想定したうえでの                      タミバロテンの
           事業計画に基づく見積り将来キャッシュ・フローを用いて計算した使用価値によっており、以下のとおり減
           損テストを行っております。
            将来キャッシュ・フローの見積り:
             タミバロテンの販売開始から5年間の事業計画を基礎として将来キャッシュ・フローを見積っておりま
            す。なお、事業計画を策定している期間を超える期間の将来キャッシュ・フローの成長率は業界の長期平
            均成長率に基づき        2%(前連結会計年度2           %)と仮定しております。
            割引率(税引前):
             加重平均資本コストに基づき、一定の調整をした割引率を用い、当連結会計年度は                                       14.3%(前連結会計
            年度13.8%     )としております。
             また、減損テストに用いた主要な仮定が合理的に予測可能な範囲で変化したとしても、当該資産におい
            て、重要な減損が発生する可能性は低いと判断しております。
          (4)減損損失

             当社グループは、当連結会計年度に18,896千円の減損損失を認識しており、連結損益計算書の「その他
            の費用」に計上しております。これは特許権の一部の使用による収益の獲得が見込めなくなったため、特
            許権の一部の帳簿価額を回収可能価額まで減額したものであります。回収可能価額は使用価値により測定
            しており、その価値をゼロとしております。
                                 78/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         12.その他の金融資産
           その他の金融資産の内訳は以下のとおりです。
           流動資産
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     償却原価で測定される金融資産:
      貸付金                                 6,786                 13,572
      定期預金                                396,451                    -
              合計                        403,237                  13,572
           非流動資産

                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     償却原価で測定される金融資産:
      貸付金                                 23,184                  9,612
      敷金保証金                                 41,685                 42,191
                                         -
      その他                                                    898
     純損益を通じて公正価値で測定する金融資
     産:
      出資金                                534,514                 674,266
              合計                        599,385                 726,968
                                 79/130












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         13.法人所得税
          (1)認識された繰延税金資産及び繰延税金負債の残高、増減(同一の租税区域内での残高の相殺前)の内容は
           以下のとおりです。
            前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                前連結会計年度期首                                  前連結会計年度末
                           純損益で認識された金
                                          その他
                (2019年1月1日)                                 (2019年12月31日)
                                額
     繰延税金資産
     未払費用                  17,557              -         △515           17,042
                                 △18,183               -           -
     その他                  18,183
      繰延税金資産計                 35,741          △18,183             △515           17,042
     繰延税金負債
     のれん及びその他の
                         -                    △200         △168,312
                                △168,112
     無形資産
                      △15,350            15,350              -           -
     出資金
                      △44,938            △8,490           △11,480           △64,908
     その他
                      △60,288           △161,252            △11,680           △233,221
      繰延税金負債計
                                                       △216,179
         合計             △24,546           △179,436            △12,196
            当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                                                     (単位:千円)
                当連結会計年度期首                                  当連結会計年度末
                           純損益で認識された金
                                          その他
                (2020年1月1日)                                 (2020年12月31日)
                                額
     繰延税金資産
     未払費用                  17,042           △8,099             776          9,719
     のれん及びその他の
                                              4,216          152,185
                         -        147,969
     無形資産
                                              △49           1,618
     その他                    -         1,667
                                                        163,523
      繰延税金資産計                 17,042           141,537            4,943
     繰延税金負債
     のれん及びその他の
                     △168,312                        11,324          △224,780
                                 △67,792
     無形資産
                         -                    △666          △32,626
     出資金                            △31,959
                      △64,908             9,166           8,468          △47,273
     その他
                     △233,221            △90,584            19,125          △304,680
      繰延税金負債計
                                                       △141,157
         合計            △216,179             50,952           24,069
                                 80/130








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          (2 )未認識の繰延税金資産及び繰延税金負債
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     将来減算一時差異                                5,091,736                 4,269,268
     繰越欠損金                                5,730,457                 6,811,792

     (注) 子会社に対する投資に係る将来加算一時差異の総額は、前連結会計年度末3,113,675千円、当連結会計年度末
          5,001,270千円であります。当社グループが一時差異の解消時期をコントロールでき、かつ予見可能な期間内
          に一時差異が解消しない可能性が高いため、当該一時差異に関連する繰延税金負債を認識しておりません。
          (3 )繰延税金資産を認識していない繰越欠損金の繰越期限

                                                     ( 単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     1年目                                 423,778                 336,559
     2年目                                 410,292                 103,488
     3年目                                 185,093                 516,978

     4年目                                 593,861                1,014,472

     5年目以降                                4,117,431                 4,840,293
              合計                       5,730,457                 6,811,792

          (4)法人所得税費用

            法人所得税費用の内訳は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年1月1日                 (自 2020年1月1日
                             至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     当期税金費用                                 388,136                 490,959
     繰延税金費用                                 179,436                 △50,952
              合計                        567,572                 440,007

                                 81/130









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          (5 )実効税率の調整
            法定実効税率と平均実際負担税率との差異について、原因となった主要な項目の内訳は以下のとおりで
           す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年1月1日                 (自 2020年1月1日
                             至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
                                      30.62%                 30.62%
     国内の法定実効税率
                                       4.55%                △9.85%
      永久に損金又は益金に算入されない項目
                                      18.70%                 23.20%
      未認識の繰延税金資産の増減による影響
                                     △13.16%                 △15.63%
      連結子会社の適用税率差異
                                       6.69%                △3.97%
      その他
                                      47.40%                 24.36%

      実際負担税率
            当社グループは、主に法人税、住民税及び損金算入される事業税を課されており、これらを基礎として計

           算した適用税率は前連結会計年度30.62%、当連結会計年度30.62%となっております。ただし、在外営業活
           動体についてはその所在地における法人税等が課されます。
         14.棚卸資産

          (1)棚卸資産の分類別内訳
            棚卸資産の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
                                      176,808                 251,968
     商品
                                      114,693                 270,747
     製品
                                      204,076                 121,449
     仕掛品
                                      311,399                 290,669
     原材料及び貯蔵品
                                      806,978                 934,834
              合計
          (2)期中に費用認識した棚卸資産の金額

            連結損益計算書の以下の項目に含まれている、期中に費用認識した棚卸資産の金額及び評価減の金額は、
           以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年1月1日                 (自 2020年1月1日
                             至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     売上原価                                1,050,911                 1,545,943
     上記の内の評価減                                    -                1,048
                                 82/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         15.営業債権及びその他の債権
           営業債権及びその他の債権の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     受取手形及び売掛金                                1,117,778                 1,293,737
     未収入金                                  74,641                 76,474
     貸倒引当金                                 △3,641                 △1,475
              合計                       1,188,778                 1,368,735
         16.現金及び現金同等物

           現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価格変動に
          ついて僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           なお、連結キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物の金額と、連結財政状態計算書に記載さ
          れている同科目の金額とは同じです。
         17.その他の非流動資産

           前連結会計年度末におけるその他の非流動資産の内容は、長期前払費用であり、主に北京コンチネント薬業
          有限公司と上海ジェノミクス有限公司の土地使用に関する費用の前払です。
                                 83/130














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         18.借入金
           借入金の内訳は以下のとおりです。
          (1)借入金(非流動)
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     無担保借入金                                 793,910                  1,260
                                                          -
     担保付借入金                                 188,040
              合計                         981,950                  1,260
          (2)借入金(流動)

                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     無担保借入金                                 189,383                 800,539
     担保付借入金                                 501,440                 633,612
              合計                         690,823                1,434,151
          (3)  契約条件

                                                     (単位:千円)
                   前連結会計年度           当連結会計年度
        種類契約条件                                   通貨        金利      満期
                  (2019年12月31日)           (2020年12月31日)
     担保付借入金(注1)                                 -             2.80%
                        376,080                  人民元              3年
     無担保借入金(注2)                                 -              -      -
                         89,579                  人民元
     担保付借入金(注1)                                 -             5.22%
                        313,400                  人民元              1年
     担保付借入金(注1)                      -                        3.85%
                                    158,800       人民元              1年
     担保付借入金(注1)                      -                        3.05%
                                    474,812       人民元              1年
     無担保借入金(注1)                      -                        1.00%
                                     4,486     米国ドル               2年
     無担保借入金(注3)                                              1.57%
                        893,715           797,313       日本円              3年
          合計             1,672,773           1,435,411
    (注)1.利息は固定金利です。
        2.利息の定めはなく、期間は要求払いとなります。
        3.利息は変動金利です。
          (4)負債の担保に供している資産

           借入金の担保に供している資産は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
     担保に供している資産
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
                                                          -
     定期預金                                 396,451
     建物及び構築物                                1,035,701                 1,027,078

                                         -
     使用権資産                                                   403,583
     その他の非流動資産(前払費用)                                                     -
                                      354,611
     その他の流動資産(前払費用)                                                     -
                                       10,515
              合計                       1,797,279                 1,430,661

                                 84/130




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         19.リース
           当社グループは、主に本社及び子会社の建物及び構築物、コピー機等の工具器具備品をリースしています。
          建物のリース契約期間は2年~5年、備品のリース契約期間は1年~3年であります。なお、当該契約には購
          入選択権等の重要なオプションや、契約によって課された制限等は含まれておりません。
          リースに係る損益の内訳は以下のとおりであります。

                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     使用権資産の減価償却費
                                                        91,276
       建物及び構築物                                73,670
       工具器具及び備品                                  442                 317
                                                        19,047
       土地                                  -
              合計                         74,112                 110,642
     リース負債に係る金利費用                                  8,194                 12,086

     短期リース費用                                  3,734                 3,508
     少額資産リース費用                                  9,742                  116
          使用権資産の帳簿価額の内訳は以下のとおりであります。

                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     使用権資産
       建物及び構築物                                392,442                 320,052
       工具器具及び備品                                 1,253                 1,351
       土地                                  -               410,521
              合計                         393,696                 731,925

            前連結会計年度における使用権資産の増加額は、382,519千円であります。
            前連結会計年度におけるリースに係るキャッシュ・アウトフローの合計額は、103,826千円であります
            当連結会計年度における使用権資産の増加額は、449,123千円であります。
            当連結会計年度におけるリースに係るキャッシュ・アウトフローの合計額は、124,864千円であります。
            リース負債の満期分析については、(25.金融商品(3)流動性リスク)に記載しております。
                                 85/130










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         20.その他の非流動負債
           その他の非流動負債の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     政府補助金(注)
                                      164,257                 148,196
     その他                                  4,290                 4,304
              合計                         168,547                 152,501
    (注)主に子会社の北京コンチネント薬業有限公司及び上海ジェノミクス有限公司における、アイスーリュイの適応症拡
        大に伴う臨床試験        等に  かかる補助金であります。
         21.営業債務及びその他の債務

           営業債務及びその他の債務の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     買掛金                                  55,880                 170,191
     未払金                                 215,931                 241,952
              合計                         271,812                 412,143
         22.その他の流動負債

           その他の流動負債の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年12月31日)                 (2020年12月31日)
     未払費用                                  95,349                 508,409
     未払賞与                                 340,794                  6,808
     契約負債                                  50,471                 54,107
     その他                                  14,532                  9,205
              合計                         501,147                 578,531
                                 86/130










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         23.株式報酬
           当社及び一部の子会社は、ストック・オプション制度を採用しております。
          (1)当社が採用するストック・オプション

          ① ストック・オプション制度の内容

           企業価値向上に対する意欲や士気を高めることを目的として、当社の株主総会において承認された内容に基
          づき、当社の取締役会決議により、当社の取締役、執行役員及び従業員等に対して付与されております。当社
          が発行するストック・オプションは、全て持分決済型株式報酬であります。行使期間は割当契約に定められて
          おり、その期間内に行使されない場合は、当該オプションは失効いたします。
           第28回、第31回及び第32回に関しては、新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」)は、権利
          行使時においても当社の従業員、当社の子会社若しくは関係会社の取締役、監査役若しくは従業員、当社の取
          引先、コンサルタント等の当社協力先の地位(以下、「行使資格」)にあることを要し、その行使資格を失っ
          た場合には、新株予約権を行使することはできません。第39回、第41回、第42回及び第45回に関しては、行使
          資格にあることを要しません。
           その他の権利の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権付与契約に定めるところに
          よります。
          ② ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名

           前連結会計年度及び当連結会計年度のストック・オプションにかかる費用計上額はありません。
          ③ ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           2018年7月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。また、2019年9月4日付
          で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。2018年1月1日に当該株式併合及び株式分割
          が行われたと仮定して、「株式数」、「権利行使価格」及び「行使時平均株価」を算定しております。
           (ア)   ストック・オプションの内容

                    付与対象者の区分          株式の種類
           項目                          付与日         権利行使期間
                    及び数          及び付与数
                     社外の協力先          普通株式                自 2010年6月23日
           第28回新株予約権                          2009年7月7日
                      5名          147,000株               至 2019年6月22日
                              普通株式                自 2012年3月27日
           第31回新株予約権          取締役   7名                2010年4月12日
                              462,000株               至 2020年3月26日
                     社外の協力先          普通株式                自 2011年3月27日
           第32回新株予約権                          2010年4月12日
                      2名          60,000株               至 2020年3月26日
                              普通株式                自 2017年4月1日
           第39回新株予約権          取締役   7名                2015年9月4日
                              573,000株               至 2025年7月31日
                              普通株式                自 2018年4月1日
           第41回新株予約権          取締役   7名                2017年7月10日
                              286,500株               至 2027年12月31日
                     取締役   7名          普通株式                自 2019年4月1日
           第42回新株予約権                          2018年9月20日
                     従業員   7名          648,000株               至 2028年12月31日
                     取締役   7名
                     従業員   4名          普通株式               自 2022年4月1日
           第45回新株予約権                          2020年7月6日
                     子会社取締役1名          1,975,000株               至 2030年4月20日
                     子会社従業員2名
                                 87/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
           (イ)   オプションの数及び加重平均行使価格
             前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)                                                                 (株)
                     第28回      第31回      第32回      第39回      第41回      第42回
        権利行使価格(円)
                        114      110      110      737     2,180      1,244
        行使時平均株価(円)
                        995     1,253      1,707      1,873        -     2,323
        前連結会計年度末              33,000      183,000       15,000      560,100      286,500      648,000

        権利確定                -      -      -      -      -      -
        権利行使              27,000      147,000       15,000      23,700        -     1,500
        失効               6,000        -      -      -      -      -
        未行使残                -    36,000        -    536,400      286,500      646,500
                                                       9.0
        残存契約年数                -      0.2       -      5.6      8.0
             当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)                                                                 (株)

                     第28回      第31回      第32回      第39回      第41回      第42回
        権利行使価格(円)
                        114      110      110      737     2,180      1,244
        行使時平均株価(円)
                        -     2,079        -     2,532        -     3,161
        前連結会計年度末                -    36,000        -    536,400      286,500      646,500

        権利確定                -      -      -      -      -      -
        権利行使                -    36,000        -    61,200        -    46,500
        失効                -      -      -      -      -      -
        未行使残                -      -      -    475,200      286,500      600,000
        残存契約年数                -      -      -      4.6      7.0      8.0
                                 88/130











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
           (ウ)   ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
            当連結会計年度において付与されたストック・オプションについての公正な評価単価は、モンテカルロ・
           シミュレーションで見積られております。主な基礎数値は以下の通りです。
                                      当連結会計年度
                                     (2020年12月31日)
                                     第45回新株予約権
              付与時の公正価値                                1,100円

              付与時の株価                                1,552円

              権利行使価格                                1,634円

              株価変動性(注       1 )                        80.36%

              予想残存期間(注2)                                 9.8年

              予想配当(注3)                                0円/株

              無リスク利子率(注4)                                0.016%

           (注)1.当社普通株式のヒストリカルボラティリティを参考に決定しております。
              2.新株予約権の行使条件を勘案し、実態を反映した最適値として見積っております。
              3.直近までの配当実績等を勘案し決定しております。
              4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りを参考にしております。
          (2)一部の子会社が採用するストック・オプション

          ① 北京コンチネント薬業有限公司

          (ア)ストック・オプション制度の内容
           北京コンチネント薬業有限公司(以下、「BC」)の取締役会決議により、BCの取締役及び従業員に対して付
          与されております。当該子会社が発行するストック・オプションは、全て持分決済型株式報酬であります。行
          使期間は割当契約に定められており、その期間内に行使されない場合は、当該オプションは失効いたします。
          権利の行使の条件は、当該子会社と新株予約権者との間で締結する新株予約権付与契約に定めるところにより
          ます。
          (イ)ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名

           当連結会計年度において、当該子会社が付与したストック・オプションに関して計上された株式報酬費用は
          34,477千円であります。当該費用は、連結損益計算書上、「販売費及び一般管理費」に計上しております。
          (ウ)   ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           A.  ストック・オプションの内容
                     付与対象者の区分          株式の種類及び付
           項目                             付与日         権利行使期間
                     及び数          与数
                                                自 2020年3月31日
           BC第1回新株予約権
                                                至 2021年3月31日
                     取締役   4名
                              普通株式                   自 2021年3月31日
           BC第2回新株予約権                             2019年3月31日
                     従業員        38名
                              180,000,000株                  至 2022年3月31日
                                                自 2022年3月31日
           BC第3回新株予約権
                                                至 2023年3月31日
                                 89/130






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
           B.  オプションの数及び加重平均行使価格
           当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)                                               (株)
                               BC       BC       BC
                              第1回       第2回       第3回
                                   0.50人民元
                権利行使価格
                行使時平均株価                 -       -       -
                前連結会計年度末                 -       -       -

                権利確定             60,000,000           -       -
                権利行使                 -       -       -
                失効                 -       -       -
                未行使残             60,000,000           -       -
                残存契約年数                0.25       1.25       2.25
           C.  ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            付与されたBCのストック・オプションについての公正な評価単価は、二項価格評価モデルで見積られてお
           ります。主な基礎数値は以下の通りです。
                                   当連結会計年度
                                  (2020年12月31日)
                           BC第1回          BC第2回          BC第3回
            付与時の公正価値                0.41人民元          0.41  人民元        0.41  人民元

            権利行使価格                0.50  人民元        0.50  人民元        0.50  人民元

            株価変動性(注1)                   37%          35%          35%

            予想残存期間(注2)                   2年          3年          4年

            予想配当(注3)                0人民元/株          0人民元/株          0人民元/株

                             1.795   %       1.754   %       1.753   %
            無リスク利子率(注4)
           (注)1.比較類似株式           のヒストリカルボラティリティを参考に決定しております。
             2.新株予約権の行使条件を勘案し、実態を反映した最適値として見積っております。
             3.直近までの配当実績等を勘案し決定しております。
             4.予想残存期間に対応する             期間に対応する       中国及び香港の国債の利回りを参考にしております。
          ② Cullgen      Inc.

          (ア)ストック・オプション制度の内容
           Cullgen     Inc.(以下、「CU」)の取締役会決議により、取締役、                          従業員その他の協力先          に対して付与されて
          おります。当該子会社が発行するストック・オプションは、全て持分決済型株式報酬であります。行使期間は
          割当契約に定められており、その期間内に行使されない場合は、当該オプションは失効いたします。権利の行
          使の条件は、当該子会社と新株予約権者との間で締結する新株予約権付与契約に定めるところによります。
          (イ)ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名

           当連結会計年度において、当該子会社が付与したストック・オプションに関して計上された株式報酬費用は
          15,286千円であります。当該費用は、連結損益計算書上、「販売費及び一般管理費」に計上しております。
                                 90/130





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
          (ウ)ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
           A.  ストック・オプションの内容
                     付与対象者の区分          株式の種類及び付
           項目                             付与日         権利行使期間
                     及び数          与数
                     取締役         2 名
                     従業員         3 名   普通株式                   自 2019年6月8日
           CU第1回新株予約権                             2018年6月8日
                     子会社従業員      4 名   2,510,000株                  至 2028年6月7日
                     社外の協力先      7 名
                     取締役   2名
                              普通株式                   自 2021年1月13日
           CU第2回新株予約権          従業員         4 名             2020年1月13日
                              1,240,000株                  至 2030年1月12日
                     子会社従業員      5 名
           B.  オプションの数及び加重平均行使価格

           前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)(株)
                                  CU
                                  第1回
             権利行使価格                   0.15米ドル
             行使時平均株価                          -
             前連結会計年度末                          -

             権利確定                        935,000
             権利行使                          -
             失効                          -
             未行使残                        935,000
             残存契約年数                          8.4
           当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)                                                          (株)

                                  CU           CU
                                  第1回           第2回
             権利行使価格                   0.15米ドル           0.44米ドル
             行使時平均株価                          -           -
             前連結会計年度末                        935,000              -

             権利確定                        609,166              -
             権利行使                        31,666             -
             失効                          -           -
             未行使残                       1,512,500               -
             残存契約年数                          7.4           9.0
                                 91/130







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
           C.  ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
            付与されたCUのストック・オプションについての公正な評価単価は、二項価格評価モデルで見積られてお
           ります。主な基礎数値は以下の通りです。
                                     当連結会計年度
                                    (2020年12月31日)
                                 CU第1回           CU第2回
             付与時の公正価値                      0.12米ドル           0.36米ドル

             付与時の株価(注1)                      0.15米ドル           0.44米ドル

             権利行使価格                      0.15米ドル           0.44米ドル

             株価変動性(注2)                        71.0%           82.5%

             予想残存期間                         10年           10年

             予想配当(注3)                      0米ドル/株           0米ドル/株

                                     2.9  %          1.9  %
             無リスク利子率(注4)
           (注)1.評価基準日時点での株式評価額等を参考に決定しております。
             2.類似上場企業株式のヒストリカルボラティリティを参考に決定しております。
             3.類似上場企業の配当利回り水準、直近の配当実績等を勘案の上決定しております。
             4.オプション期間と同程度の年限を有する米国債の利回りを参考に決定しております。
          (エ)   表示方法の変更

           当連結会計年度から第2回新株予約権が発行されたことに伴い、当該子会社のストック・オプションについ
          て金額的重要性が増したため、前連結会計年度の情報と併せて記載しております。
                                 92/130












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                           有価証券報告書
         24.資本及びその他の資本項目
          (1)資本金及び資本剰余金
            全額払込済みの発行済株式数及び資本金等の増減は次のとおりです。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2019年1月1日                 (自 2020年1月1日
                             至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     株式の種類                              無額面普通株式                 無額面普通株式
     授権株式数(株)
      期首                               30,000,000                 90,000,000
      株式分割による増加                               60,000,000