SBIポストコロナファンド 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第1期(令和2年7月8日-令和3年1月7日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第1期(令和2年7月8日-令和3年1月7日)
提出日
提出者 SBIポストコロナファンド
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                   半期報告書

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2021年4月7日

    【計算期間】                   第1期中 自 2020年7月8日 至 2021年1月7日

    【ファンド名】                   SBIポストコロナ           ファンド

    【発行者名】                   SBIアセットマネジメント株式会社

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 梅本             賢一

    【本店の所在の場所】                   東京都港区六本木一丁目6番1号

    【事務連絡者氏名】                   中村 慎吾

    【連絡場所】                   東京都港区六本木一丁目6番1号

    【電話番号】                   03-6229-0170

    【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。

                                 1/44











                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    1【ファンドの運用状況】

    (1)【投資状況】

                                                  (2021年    1月29日現在)
             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
               株式                日本             1,146,382,900              53.23
                              アメリカ               729,273,953            33.86
                              ケイマン               132,647,176             6.15
                               中国               73,143,019            3.39
                               小計             2,081,447,048              96.65
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                         ―              71,955,322            3.34
                合計(純資産総額)                            2,153,402,370             100.00
    (注)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    (2)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

    2021年1月29日(直近日)現在、同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末の純資産の推移は次の
    通りです。
                       純資産総額(円)                    1口当たり純資産額(円)
         期別
                   (分配落)           (分配付)           (分配落)           (分配付)
       2020年    7月末日
                     2,334,514,929                 ―         0.9801             ―
          8月末日
                     2,522,995,431                 ―         1.0397             ―
          9月末日
                     2,676,191,857                 ―         1.0645             ―
          10月末日              2,560,023,429                 ―         1.0323             ―
          11月末日              2,578,785,792                 ―         1.1290             ―
          12月末日              2,255,002,230                 ―         1.1162             ―
       2021年    1月末日
                     2,153,402,370                 ―         1.1429             ―
    (注)表中の末日とはその月の最終営業日を指します。
    ②【分配の推移】

    該当事項はありません。
    ③【収益率の推移】

          期                  計算期間                     収益率(%)
      第1中間計算期間末                 2020年    7月  8日~2021年      1月  7日                      11.7
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、当該計算期間の直前の
      計算期間末の基準価額(分配落ちの額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除し
      て得た数に100を乗じて得た数を記載しております。
      なお、第1計算期間の収益率は、前計算期間末(設定時)の基準価額を10,000円として計算しております。
    2【設定及び解約の実績】

        期             計算期間             設定口数(口)        解約口数(口)        発行済み口数(口)
     第1中間計算期間末         2020年    7月  8日~2021年      1月  7日        2,996,774,813         991,672,900        2,005,101,913
    (注)本邦外における設定及び解約の実績はありません。
    第1中間計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

                                 2/44




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    3【ファンドの経理状況】

    1)  本ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」

      (昭和52年大蔵省令第38号)並びに、同規則第38条の3及び同規則第57条の2の規定により、「投
      資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
        なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2)  本ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1期中間計算期間(2020年

      7月8日から2021年1月7日まで)の中間財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる中間
      監査を受けております。
                                 3/44

















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表

    【SBIポストコロナファンド】

    (1)【中間貸借対照表】

                                                     (単位:円)
                                        第1期中間計算期間
                                        2021年    1月  7日現在
     資産の部
       流動資産
                                                        394,491
        預金
                                                      56,905,179
        コール・ローン
                                                     2,173,910,276
        株式
                                                         7,906
        派生商品評価勘定
                                                      39,745,104
        未収入金
                                                        633,175
        未収配当金
                                                     2,271,596,131
        流動資産合計
                                                     2,271,596,131
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                                      16,064,229
        未払解約金
                                                        347,507
        未払受託者報酬
                                                      13,899,882
        未払委託者報酬
                                                          155
        未払利息
                                                        821,150
        その他未払費用
                                                      31,132,923
        流動負債合計
                                                      31,132,923
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                                     2,005,101,913
        元本
        剰余金
                                                      235,361,295
         中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                                     2,240,463,208
        元本等合計
                                                     2,240,463,208
       純資産合計
                                                     2,271,596,131
     負債純資産合計
                                 4/44








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                        第1期中間計算期間
                                        自 2020年      7月  8日
                                        至 2021年      1月  7日
     営業収益
                                                      12,542,498
       受取配当金
                                                          41
       受取利息
                                                      325,946,494
       有価証券売買等損益
                                                     △ 39,180,193
       為替差損益
                                                          174
       その他収益
                                                      299,309,014
       営業収益合計
     営業費用
                                                        63,917
       支払利息
                                                        347,507
       受託者報酬
                                                      13,899,882
       委託者報酬
                                                       1,202,403
       その他費用
                                                      15,513,709
       営業費用合計
                                                      283,795,305
     営業利益又は営業損失(△)
                                                      283,795,305
     経常利益又は経常損失(△)
                                                      283,795,305
     中間純利益又は中間純損失(△)
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                                      79,651,780
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                                      -
                                                      40,065,676
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                                      40,065,676
       少額
                                                       8,847,906
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                                       8,847,906
       加額
                                                      235,361,295
     中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                 5/44









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                   株式
                       移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価にあたって
                       は、金融商品取引所等における最終相場(最終相場のないものについては、それ
                       に準じる価額)、又は金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づいて評
                       価しております。
    2.デリバティブ等の評価基準及び評価方                   為替予約取引

      法
                       個別法に基づき、国内における中間計算期間末日の対顧客先物売買相場の仲値で
                       評価しております。
                       本ファンドにおける派生商品評価勘定は、当該為替予約取引によるものでありま
                       す。
    3.外貨建資産・負債の本邦通貨への換算                   信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、原則として、わが国における中

    基準                   間計算期間末日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算しております。
    4.収益及び費用の計上基準                   受取配当金

                       株式の配当落ち日において、その予想配当金額を計上しております。
                       為替差損益
                       約定日基準で計上しております。
    5.その他                   外貨建資産等の会計処理

                       外貨建資産等については、投資信託財産の計算に関する規則第60条の規定に基づ
                       き、通貨の種類ごとに勘定を設けて、邦貨建資産等と区別する方法を採用してお
                       ります。従って、外貨の売買については、同規則第61条の規定により処理し、為
                       替差損益を算定しております。
                       ファンドの中間計算期間
                       本ファンドの計算期間は原則として、毎年7                    月6  日から翌年7      月5  日までとして
                       おりますが、第1期中間計算期間は期首が設定日のため、2020                             年7  月8  日から
                       2021   年1  月7  日までとなっております。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                                             第1期中間計算期間
                    項目
                                             2021年    1月  7日現在
    1.   当該中間計算期間の末日における受益権の総数                                              2,005,101,913口
    2.   1口当たり純資産額                                                 1.1174円
       (10,000口当たり純資産額)                                                (11,174円)
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

    第1期中間計算期間(自           2020年    7月  8日 至    2021年    1月  7日)
    該当事項はありません。
                                 6/44





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

    金融商品の時価等に関する事項
                                     第1期中間計算期間
            項目
                                     2021年    1月  7日現在
                      中間貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価しているため、中間貸
    1.中間貸借対照表計上額、時価及びそ
                      借対照表計上額と時価との差額はありません。
     の差額
                      ①株式

    2.時価の算定方法
                      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載しております。
                      ②デリバティブ取引
                      (デリバティブ取引等に関する注記)に記載しております。
                      ③上記以外の金融商品
                      これらの商品は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価と近似していることか
                      ら、当該帳簿価額を時価としております。
    3.金融商品の時価等に関する事項につ                  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理

     いての補足説明                 的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条
                      件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なること
                      もあります。
                      また、デリバティブ取引に関する契約額等は、あくまでデリバティブ取引における
                      名目的な契約額または計算上の想定元本であり、当該金額自体がデリバティブ取引
                      の市場リスクの大きさを示すものではありません。
    (有価証券に関する注記)

    該当事項はありません。
                                 7/44












                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    取引の時価等に関する事項
    通貨関連
                              第1期中間計算期間(2021年          1月  7日現在)
        種類
                       契約額等(円)
                                         時価(円)           評価損益(円)
                              うち1年超
      市場取引以外の取引
     為替予約取引
      売建                18,422,146              -         18,414,240              7,906
       米ドル               14,011,128              -         14,005,280              5,848
       香港ドル                4,411,018             -         4,408,960              2,058
        合計              18,422,146              -         18,414,240              7,906
    (注)時価の算定方法
     ・為替予約取引
       1)中間計算期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については以下のように評価しております。
        ①中間計算期間末日において為替予約の受渡日(以下「当該日」という。)の対顧客先物相場の仲値が発表されて
         いる場合は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
        ②中間計算期間末日において当該日の対顧客先物相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法によっており
         ます。
         ・中間計算期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合は、発表されている対顧客先物相場
          のうち当該日に最も近い前後の日の対顧客先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
         ・中間計算期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合は、当該日に最も近い発表されて
          いる対顧客先物相場の仲値を用いております。
       2)  中間計算期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、中間計算期間末日の対顧客相場
        の仲値で評価しております。
    ※上記取引でヘッジ会計が適用されているものはございません。
    (重要な後発事象に関する注記)

    該当事項はありません。
    (その他の注記)

    本ファンドの当該中間計算期間における元本額の変動
                                                第1期中間計算期間
                                                自  2020年    7月  8日
                       項目
                                                至  2021年    1月  7日
    投資信託財産に係る元本の状況
    期首元本額                                                2,163,869,798円
    期中追加設定元本額                                                  832,905,015円
    期中一部解約元本額                                                  991,672,900円
                                 8/44






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    4【委託会社等の概況】
    (1)【資本金の額】
       (ⅰ) 資本金の額          (2021年1月末日現在)
          委託会社の資本金の額は金4億20万円です。
       (ⅱ) 発行する株式の総数
          委託会社の発行する株式の総数は14万6,400株です。
       (ⅲ) 発行済株式の総数
          委託会社がこれまでに発行した株式の総数は3万6,600株です。
       (iv) 最近5年間における主な資本金の額の増減
          該当事項はありません。
    (2)【事業の内容及び営業の状況】

        「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投資信
       託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用
       業)  を行っています。また「金融商品取引法」に定める投資一任契約に係る業務(投資運用業)、
       投資助言業務(投資助言・代理業)及び第二種金融商品取引業に係る業務の一部を行っています。
        現在、委託会社が運用を行っている投資信託(マザーファンドは除きます)は以下の通りです。
                                              (2021年1月末日現在)

              ファンドの種類                   本 数          純資産総額(百万円)
       追加型株式投資信託                           59                363,185
       単位型株式投資信託                           4                15,492
    (3)【その他】

     ①定款の変更
       委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     ②訴訟事件その他重要事項
       委託会社及びファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
                                 9/44









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    5  【委託会社等の経理状況】
     (1)  財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
        委託会社であるSBIアセットマネジメント株式会社(以下「当社」という)の財務諸表は、「財務
      諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の規定
      に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成し
      ております。
        また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52
      年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣
      府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
        なお、財務諸表及び中間財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて表示しておりま
      す。
     (2)  監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(自                                         2019年4月1日  至
      2020年3月31日)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人の監査を受けております。また、当事業
      年度の中間会計期間(自             2020年4月1日  至           2020年9月30日)の中間財務諸表について、有限責任監
      査法人トーマツの中間監査を受けております。
                                10/44













                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)  【貸借対照表】

                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                               (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                                960,929               840,561
       前払費用                                43,348               37,716
       未収入金                                15,495                 ―
       未収委託者報酬                                466,454               464,273
       未収運用受託報酬                                  ―               187
       未収投資助言報酬                                  55               ―
       その他                                13,730               28,419
       流動資産合計                               1,500,013               1,371,157
      固定資産
       有形固定資産
                                      ※ 11,426              ※ 10,324
        建物
                                       ※ 2,394              ※ 4,901
        器具備品
        有形固定資産合計                               13,821               15,226
       無形固定資産
        電話加入権                                 67               67
        ソフトウエア                                3,936               4,028
        商標権                                1,245               1,541
        無形固定資産合計                                5,249               5,637
       投資その他の資産
        投資有価証券                               740,270               868,642
        繰延税金資産                               121,163               163,346
        長期差入保証金                               19,802               19,802
                                        1,764               1,620
        その他
        投資その他の資産合計                               883,000              1,053,411
       固定資産合計                                902,071              1,074,275
      資産合計                                2,402,084               2,445,433
                                11/44









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)

                                前事業年度               当事業年度
                               (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                 1,913               3,223
       未払金                                379,118               347,341
        未払手数料                               336,493               307,088
         その他未払金                                42,625               40,253
       未払法人税等                                80,436               11,467
       未払消費税等                                10,134                3,617
       流動負債合計                                471,603               365,651
      負債合計                                 471,603               365,651
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                400,200               400,200
       利益剰余金
        利益準備金                               30,012               30,012
        その他利益剰余金
                                      1,682,828               2,014,188
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                              1,712,840               2,044,200
       株主資本合計                               2,113,040               2,444,400
       評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               △182,559               △367,962
                                         ―              3,343
       繰延ヘッジ損益
       評価・換算差額等合計                               △182,559               △364,618
      純資産合計                                1,930,481               2,079,782
     負債純資産合計                                 2,402,084               2,445,433
                                12/44










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  【損益計算書】

                                                    (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                              (自  2018年4月1日             (自  2019年4月1日
                               至   2019年3月31日)              至   2020年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                3,223,568               2,491,085
      運用受託報酬                                   ―               297
      投資助言報酬                                   56               ―
                                         ―              3,347
      その他営業収益
      営業収益計                                3,223,624               2,494,730
     営業費用
      支払手数料                                2,186,795               1,657,656
      広告宣伝費                                 15,208               16,905
      調査費                                 31,778               29,882
       調査費                                31,778               29,882
      委託計算費                                 123,090               104,181
      営業雑経費                                 25,835               27,158
       通信費                                 1,330                968
       印刷費                                20,581               22,101
       協会費                                 2,463               2,681
       諸会費                                  12               135
                                        1,447               1,269
       その他営業雑経費
      営業費用計                                2,382,708               1,835,784
     一般管理費
      給料                                 178,095               167,426
       役員報酬                                51,028               38,545
       給料・手当                                127,066               128,881
      交際費                                   109                4
      旅費交通費                                 12,073                5,879
      福利厚生費                                 23,117               22,277
      租税公課                                 10,675                9,037
      不動産賃借料                                 18,138               18,917
      消耗品費                                  2,313               1,338
      事務委託費                                 15,251               11,177
      退職給付費用                                  5,163               4,686
      固定資産減価償却費                                  3,550               4,378
                                       15,057               15,383
      諸経費
      一般管理費計                                 283,545               260,508
     営業利益                                  557,370               398,437
     営業外収益
      受取利息                                    4               5
      受取配当金                                    9             78,813
      為替差益                                   10               ―
      助成金収入                                  1,140                 ―
                                         354              1,512
      雑収入
      営業外収益計                                  1,519               80,331
     営業外費用
      為替差損                                   ―               234
                                         309                ―
      雑損失
      営業外費用計                                   309               234
                                13/44



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)

                                前事業年度               当事業年度
                              (自  2018年4月1日             (自  2019年4月1日
                               至   2019年3月31日)              至   2020年3月31日)
                                       558,580               478,534
     経常利益
     特別損失
       子会社清算損                                  52,280                 ―
                                        3,064                 ―
       事務所移転費用
       特別損失計                                  55,344                 ―
     税引前当期純利益                                  503,235               478,534
      法人税、住民税及び事業税
                                       167,023               109,007
      法人税等調整額                                △31,239                38,166
      法人税等合計                                 135,783               147,173
     当期純利益                                  367,452               331,360
                                14/44















                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)  【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自  2018年4月1日  至  2019年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                          株主資本                 評価・換算差額等
                        利 益 剰 余 金
                                           その他
                         その他
                                                      純資産合計
                                    株主資本
                                                評価・換算
                               利益
               資本金                           有価証券
                        利益剰余金
                    利益
                                                差額等合計
                                     合計
                               剰余金
                                          評価差額金
                    準備金
                         繰越利益
                               合計
                         剰余金
     当期首残高           400,200     30,012     1,315,376     1,345,388       1,745,588      △60,260      △60,260      1,685,327
     当期変動額
     当期純利益                      367,452     367,452       367,452                 367,452
      株主資本以外の項目の
                                           △122,298      △122,298      △122,298
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計             ―     ―     367,452     367,452       367,452     △122,298      △122,298       245,153
     当期末残高           400,200     30,012     1,682,828     1,712,840       2,113,040      △182,559      △182,559      1,930,481
     当事業年度(自  2019年4月1日  至  2020年3月31日)    

                                                   (単位:千円)
                         株主資本                  評価・換算差額等
                       利 益 剰 余 金
                         その他
                                             繰延
                                        その他
                                                      純資産合計
                                   株主資本
                                                評価・換算
                               利益
               資本金                         有価証券
                        利益剰余金
                                             ヘッジ
                    利益
                                                差額等合計
                                    合計
                              剰余金
                                       評価差額金
                                             損益
                   準備金
                        繰越利益
                               合計
                         剰余金
     当期首残高           400,200     30,012    1,682,828     1,712,840     2,113,040     △182,559       ―  △182,559      1,930,481
     当期変動額
     当期純利益                     331,360     331,360     331,360                    331,360
      株主資本以外の項目の
                                        △185,402      3,343   △182,059      △182,059
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計             ―     ―    331,360     331,360     331,360    △185,402      3,343   △182,059       149,300
     当期末残高           400,200     30,012    2,014,188     2,044,200     2,444,400     △367,962      3,343   △364,618      2,079,782
                                15/44







                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     注記事項

     (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
               その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売
             却原価は移動平均法により算定)
       2.デリバティブの評価基準及び評価方法

          時価法を採用しております。
       3.固定資産の減価償却の方法

          ① 有形固定資産
             定額法を採用しております。なお主な耐用年数は、建物が8-15年、器具備品が3-15
             年であります。
          ② 無形固定資産
             定額法を採用しております。自社利用のソフトウエアについては社内における利用可
             能期間(5年)に基づく定額法によっております。
       4.重要なヘッジ会計の方法

         ① ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理によっております。
         ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段 株価指数先物
            ヘッジ対象 投資有価証券
         ③ ヘッジ方針
            価格変動リスクの低減のため、対象資産の範囲内でヘッジを行っております。
         ④ ヘッジ有効性の評価の方法
           ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の時価変動
            の累計を比較し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。
       5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税及び地方消費税の会計処理
           税抜方式によっております。
     (貸借対照表関係)

               前事業年度                           当事業年度

              (2019年3月31日)
                                         (2020年3月31日)
     ※   有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりであ                            ※   有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりで
        ります。                            あります。
         建物              1,009千円             建物              2,111千円
         器具備品              2,110千円             器具備品              3,312千円
         合計              3,120千円             合計              5,423千円
      (損益計算書関係)

      該当事項はありません。
                                16/44



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.発行済株式に関する事項
       株式の種類        当事業年度期首株式数               増加           減少       当事業年度末株式数

     普通株式(株)                 36,600             ―           ―         36,600

    2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
    4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    1.発行済株式に関する事項
       株式の種類        当事業年度期首株式数               増加           減少       当事業年度末株式数

     普通株式(株)                 36,600             ―           ―         36,600

    2.自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
    4.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                17/44






                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品関係)

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        1.金融商品の状況に関する事項
          (1)   金融商品に対する取組方針
            当社は、自社が運用する投資信託の商品性維持を目的として、当該投資信託を投資有価証券
           として保有しております。その他、一時的な余剰資金の運用については短期的な預金等に限定
           しております。なお、事業及び設備投資に必要な自己資金を有しているため、外部からの資金
           調達の計画はありません。
         (2)  金融商品の内容及びそのリスク
            営業債権である未収委託者報酬は、受託銀行にて分別管理されている信託財産より生じる信
           託報酬債権であり、その信用リスクは軽微であります。未収投資助言報酬は、顧客の信用リス
           クに晒されております。投資有価証券はファンドの自己設定に関連する投資信託であり、基準
           価額の変動リスクに晒されております。営業債務である未払手数料等は、1年以内の支払期日
           であります。
         (3)  金融商品に係るリスク管理体制
          ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            営業債権については経理規程に従い、取引先ごとに期日及び残高を管理しております。
          ②  市場リスク(価格、為替や金利等の変動リスク)の管理
            投資有価証券については、定期的に基準価額を把握することにより管理しております。
         2.金融商品の時価等に関する事項

            2019年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の
           とおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表
           には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                                                (単位:千円)
                           貸借対照表             時価          差額
                            計上額
           (1)  現金及び預金                 960,929           960,929            ―
           (2)  未収入金                  15,495           15,495            ―
           (3)  未収委託者報酬                 466,454           466,454            ―
           (4)  未収投資助言報酬                    55           55          ―
           (5)  投資有価証券
                               740,270           740,270            ―
                 その他有価証券
           資産計                  2,183,205           2,183,205             ―
            未払金                  379,118           379,118            ―
           負債計                   379,118           379,118            ―
                                18/44




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      資産

      (1)現金及び預金  (2)未収入金  (3)未収委託者報酬  (4)未収投資助言報酬
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
       ります。
      (5)投資有価証券
        その他有価証券(投資信託)は基準価額によっております。
      負債
        未払金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
        ります。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:千円)
                   区分              貸借対照表計上額
            長期差入保証金                              19,802
          長期差入保証金については、期限の定めが無いため、将来キャッシュ・フローの算定が困難であ
          ることから、時価開示の対象とはしておりません。
      (注3)金銭債権の決算日後の償還予定額

                             (単位:千円)
                               1年以内
            現金及び預金                       960,929
            未収入金                       15,495
            未収委託者報酬                       466,454
            未収投資助言報酬                          55
                  合計               1,442,934
                                19/44







                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

        1.金融商品の状況に関する事項
         (1)  金融商品に対する取組方針
            当社は、自社が運用する投資信託の商品性維持を目的として、当該投資信託を投資有価証券
           として保有しております。また、デリバティブ取引については、保有する特定の投資有価証券
           の価格変動リスクを低減させる目的で利用しており、投機的な取引は行わない方針でありま
           す。その他、一時的な余剰資金の運用については短期的な預金等に限定しております。なお、
           事業及び設備投資に必要な自己資金を有しているため、外部からの資金調達の計画はありませ
           ん。
         (2)  金融商品の内容及びそのリスク
            営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されており
           ますが、これらの債権は、受託銀行にて分別管理されている信託財産及び年金資産より生じる
           信託報酬債権であり、その信用リスクは軽微であります。投資有価証券はファンドの自己設定
           に関連する投資信託であり、基準価額の変動リスクに晒されております。この自己設定投資信
           託の一部につきましては、株価指数先物によるデリバティブ取引にてリスクの低減を図ってお
           り、ヘッジ会計(繰延ヘッジ)を適用しております。営業債務である未払手数料等は、1年以
           内の支払期日であります。
         (3)  金融商品に係るリスク管理体制
          ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
            営業債権については経理規程に従い、取引先ごとに期日及び残高を管理しております。
          ②  市場リスク(価格、為替や金利等の変動リスク)の管理
            投資有価証券については、定期的に基準価額を把握することにより管理しております。
            デリバティブ取引は、取引執行部門とヘッジ有効性の評価部門を分離し、日々評価額及び評
            価損益の管理を行っております。
                                20/44









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
         2.金融商品の時価等に関する事項

            2020年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の
           とおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表
           には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                                                (単位:千円)
                                貸借対照表          時価        差額
                                 計上額
          (1)  現金及び預金                      840,561        840,561           ―
          (2)  未収委託者報酬                      464,273        464,273           ―
          (3)  未収運用受託報酬                        187        187         ―
          (4)  投資有価証券
                                  868,642        868,642           ―
                その他有価証券
          資産計                       2,173,664        2,173,664            ―
            未払金                       347,341        347,341           ―
          負債計                        347,341        347,341           ―
          デリバティブ取引
           ヘッジ会計が適用されているもの                         4,819        4,819          ―
          デリバティブ取引計(注)                         4,819        4,819          ―
               (注)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資産

       (1)現金及び預金  (2)未収委託者報酬  (3)未収運用受託報酬
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
        ります。
       (4)投資有価証券
            その他有価証券(投資信託)は基準価額によっております。
      負債
       未払金
       短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      デリバティブ取引
       注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
                                21/44





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                     (単位:千円)
                   区分              貸借対照表計上額
            長期差入保証金                              19,802
          長期差入保証金については、期限の定めが無いため、将来キャッシュ・フローの算定が困難であ
          ることから、時価開示の対象とはしておりません。
      (注3)金銭債権の決算日後の償還予定額

                             (単位:千円)
                               1年以内
            現金及び預金                       840,561
            未収委託者報酬                       464,273
            未収運用受託報酬                         187
                  合計               1,305,021
                                22/44














                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (有価証券関係)

      前事業年度(2019年3月31日)
      1.その他有価証券
                                                    (単位:千円)
                   区分              貸借対照表計上額           取得原価          差額
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他                  ―          ―        ―
         を超えるもの
                          小計              ―          ―        ―
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他                740,270         1,003,400        △263,129
         を超えないもの
                          小計            740,270         1,003,400        △263,129
                   合計                   740,270         1,003,400        △263,129
       2.売却したその他有価証券

                                                    (単位:千円)
              区分            売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
         (1)株式                       ―             ―             ―
         (2)債券                       ―             ―             ―
         (3)その他                     10,690              ―             309
              合計                10,690              ―             309
      当事業年度(2020年3月31日)

          1.その他有価証券
                                                    (単位:千円)
                   区分              貸借対照表計上額           取得原価          差額
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他                  ―          ―        ―
         を超えるもの
                          小計              ―          ―        ―
                      (1)株式                  ―          ―        ―
                      (2)債券                  ―          ―        ―
         貸借対照表計上額が取得原価
                      (3)その他                868,642         1,399,000        △530,357
         を超えないもの
                          小計            868,642         1,399,000        △530,357
                   合計                   868,642         1,399,000        △530,357
       2.売却したその他有価証券

                                                    (単位:千円)
              区分            売却額          売却益の合計額             売却損の合計額
         (1)株式                       ―             ―             ―
         (2)債券                       ―             ―             ―
         (3)その他                     11,154             1,154               ―
              合計                11,154             1,154               ―
                                23/44





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (デリバティブ取引関係)

      前事業年度(2019年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(2020年3月31日)

       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         該当事項はありません。
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
         株式関連
          ヘッジ会計の方法         取引の種類          主なヘッジ対象         契約額等      契約額等のうち           時価
                                      (千円)      1年超(千円)          (千円)
           原則的処理方法         株価指数先物取引
                    買建           投資有価証券          10,000           ―      4,819
                      合計                  10,000           ―      4,819
        (注)時価の算定方法
           取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定拠出型年金制度を採用しております。
     2.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度(自                            2018年4月1日  至           2019年3月31日)5,163千
      円、当事業年度(自           2019年4月1日  至           2020年3月31日)4,686千円であります。
                                24/44










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (税効果会計関係)

               前事業年度                           当事業年度

             (2019年3月31日)                           (2020年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳                           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産                           繰延税金資産
        電話加入権                    438千円       電話加入権                    438千円
        関係会社株式評価損                   35,122          未払事業税                    886
         未払事業税                   2,735         その他未払税金                    866
         その他未払税金                   1,610         その他有価証券評価差額金                  162,395
         その他有価証券評価差額金                   80,570          その他                    673
                          1,124
        その他
       繰延税金資産小計                  121,601        繰延税金資産小計                  165,260
       評価性引当額(注)                   △438       評価性引当額                   △438
       繰延税金資産合計                  121,163        繰延税金資産合計                  164,822
                                 繰延税金負債
     (注)評価性引当額の変動の主な内容は、子会社株式評価損に
                                                    △1,475
                                  繰延ヘッジ損益
       係る評価性引当額の減少です。
                                 繰延税金負債合計                   △1,475
                                 繰延税金資産の純額                   163,346
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との                           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との

      間に重要な差異があるときの、当該差異原因となった主要な                           間に重要な差異があるときの、当該差異原因となった主要な
      項目別の内訳                           項目別の内訳
                           30.6%  

        法定実効税率                           当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税
                                等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
         (調整)
                                あるため注記を省略しております。
         評価性引当額の増減                   △3.4
         住民税均等割                    0.1
                          △0.3
         その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                   27.0
                                25/44










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報)

     前事業年度      (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      (セグメント情報)
        当社の事業は、投資運用業及び投資助言業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (関連情報)

        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
         め、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごと
         の売上高の記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                             (単位:千円)
                      顧客の名称                       営業収益
         SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ
                                                 788,160
         (年2回決算型)
         SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ                                        322,488
         SBI小型成長株ファンド  ジェイクール                                        321,539
     (報告セグメントごとの減損損失に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

       該当事項はありません。
                                26/44







                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      (セグメント情報)
        当社の事業は、投資運用業及び投資助言業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (関連情報)

        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
         め、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごと
         の売上高の記載を省略しております。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                             (単位:千円)
                      顧客の名称                       営業収益
         SBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ
                                                 633,842
         (年2回決算型)
     (報告セグメントごとの減損損失に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

       該当事項はありません。
                                27/44








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)

     前事業年度 (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

    1.関連当事者との取引

     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (ア)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等
                              議決権等
                     資本金又                          取引        期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)        (千円)
                              割合(%)
                                          販売委託
    同一の
                                          支払手数     753,660
    親会社
                                          料
        株式会社SBI証券       東京都港区       48,323   証券業      ―   販売委託・販促                未払金    122,799
    を持つ
                                          広告宣伝
    会社
                                                 796
                                          費
      (イ)財務諸表提出会社の子会社
                              議決権等
                     資本金又                          取引        期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類            所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)        (千円)
                              割合(%)
               5,Allee
        SBI  Fund
                                          清算に伴
               Scheffer,    L-
                         ファンド運
        Management
    子会社                   118        100   投資助言        う残余財     60,000   未収入金     15,495
                         用管理等
               2520
                                          産の配当
        Company   S.A.
               Luxembourg
     (注)   1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.販売委託の条件は、市場価格を勘案し、取引先との協議によって決定しております。
        3.SBI    Fund   Management      Company    S.A.は清算結了に向けて事務手続きを進めており、取引金額は2018年12月19
          日に行われた残余財産の初回配当によるものです。
    2.親会社に関する注記

      親会社情報
      モーニングスター株式会社(東京証券取引所ジャスダック市場に上場)
      SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
        SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所市場第一部に上場)
     当事業年度 (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    1.関連当事者との取引

     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等
                              議決権等
                     資本金又                          取引        期末
         会社等の名称                 事業の内容     の所有            取引の
     種類           所在地     は出資金             関連当事者との関係             金額    科目    残高
         又は氏名                又は職業    (被所有)             内容
                     (百万円)                          (千円)        (千円)
                              割合(%)
                                          販売委託
    同一の
                                          支払手数     586,867
    親会社
                                          料
        株式会社SBI証券       東京都港区       48,323   証券業      ―   販売委託・販促                未払金    117,336
    を持つ
                                          広告宣伝
    会社
                                                 160
                                          費
     (注)   1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.販売委託の条件は、市場価格を勘案し、取引先との協議によって決定しております。
    2.親会社に関する注記

      親会社情報
      SBIアセットマネジメント・グループ株式会社(非上場)
      モーニングスター株式会社(東京証券取引所ジャスダック市場に上場)
      SBIグローバルアセットマネジメント株式会社(非上場)
        SBIホールディングス株式会社(東京証券取引所市場第一部に上場)
                                28/44



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      (1株当たり情報)

                            前事業年度                  当事業年度
                          自 2018年4月1日                  自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日                  至 2020年3月31日
     1株当たり純資産額                            52,745円40銭                  56,824円65銭
     1株当たり当期純利益                            10,039円69銭                  9,053円55銭

                       なお、潜在株式調整後1株当たり当                  なお、潜在株式調整後1株当たり当
                       期純利益金額については、潜在株式                  期純利益金額については、潜在株式
                       が存在しないため記載しておりませ                  が存在しないため記載しておりませ
                       ん。                  ん。
     (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度

                          自 2018年4月1日                  自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日                  至 2020年3月31日
     当期純利益(千円)                               367,452                  331,360
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                 ―                  ―

     普通株式に係る当期純利益(千円)                               367,452                  331,360

     期中平均株式数(株)                               36,600                  36,600

     (重要な後発事象)

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        該当事項はありません。
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

        該当事項はありません。
                                29/44










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表 

     (1)中間貸借対照表
                                                     (単位:千円)
                                              当中間会計期間
                                              (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                                                1,042,341
       前払費用                                                 20,015
       未収委託者報酬                                                 463,475
       未収運用受託報酬                                                   435
       その他                                                 25,947
       流動資産合計                                                1,552,215
      固定資産
       有形固定資産
                                                       ※1  13,577
        建物
                                                        ※1  4,166
        器具備品
        有形固定資産合計                                                17,743
       無形固定資産
        電話加入権                                                  67
        ソフトウエア                                                 3,304
                                                         1,405
        商標権
        無形固定資産合計                                                 4,777
       投資その他の資産
        投資有価証券                                                930,362
        長期差入保証金                                                10,137
        繰延税金資産                                                146,442
                                                         1,548
        その他
        投資その他の資産合計                                              1,088,490
       固定資産合計                                                1,111,011
      資産合計                                                 2,663,227
                                30/44









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                     (単位:千円)

                                              当中間会計期間
                                              (2020年9月30日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                                   457
       未払金                                                 332,052
        未払手数料                                                283,357
         その他未払金                                                 48,694
       未払法人税等                                                 59,511
                                                       ※2  13,280
       未払消費税等
       流動負債合計                                                 405,302
      負債合計                                                  405,302
     純資産の部
      株主資本
       資本金                                                 400,200
       利益剰余金
        利益準備金                                                30,012
        その他利益剰余金
                                                       2,145,831
          繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                              2,175,843
       株主資本合計                                                2,576,043
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                                 △319,937
                                                         1,819
       繰延ヘッジ損益
        評価・換算差額等合計                                                 △318,118
      純資産合計                                                 2,257,925
     負債純資産合計                                                  2,663,227
                                31/44










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)中間損益計算書

                                                     (単位:千円)
                                              当中間会計期間
                                             (自  2020年4月1日
                                               至   2020年9月30日)
     営業収益
      委託者報酬                                                 1,065,529
                                                          500
      運用受託報酬
      営業収益合計                                                 1,066,030
     営業費用
                                                        789,393
                                                      ※1  117,422
     一般管理費
     営業利益                                                   159,213
                                                       ※2  30,050
     営業外収益
     営業外費用                                                       0
     経常利益                                                   189,263
     税引前中間純利益                                                   189,263
     法人税、住民税及び事業税
                                                         61,239
                                                        △3,618
     法人税等調整額
     法人税等合計                                                    57,620
     中間純利益                                                   131,642
    (3)中間株主資本等変動計算書


     当中間会計期間(自           2020年4月1日  至  2020年9月30日)

                                                        (単位:千円)
                           株主資本                   評価・換算差額等

                         利 益 剰 余 金

                                                          純資産合計
                                           その他     繰延    評価・換算
                          その他           株主資本
                資本金                           有価証券     ヘッジ     差額等
                                 利益
                         利益剰余金             合計
                                          評価差額金      損益     合計
                    利益準備金             剰余金
                          繰越利益
                                 合計
                          剰余金
     当期首残高           400,200      30,012     2,014,188      2,044,200      2,444,400     △367,962      3,343    △364,618      2,079,782

     当中間期変動額

      中間純利益                      131,642      131,642      131,642                     131,642

       株主資本以外の項目

      の当中間期変動額                                       48,024    △1,524      46,500      46,500
      (純額)
     当中間期変動額合計             ―     ―    131,642      131,642      131,642      48,024    △1,524      46,500      178,142

     当中間期末残高           400,200      30,012     2,145,831      2,175,843      2,576,043     △319,937      1,819    △318,118      2,257,925

                                32/44



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    注記事項

    (重要な会計方針)
     1.資産の評価基準及び評価方法
        有価証券
         その他有価証券
          時価のあるもの
            中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、
            売却原価は移動平均法により算定)
     2.デリバティブの評価基準及び評価方法

        時価法を採用しております。
     3.固定資産の減価償却の方法

        ①有形固定資産
         定額法を採用しております。なお主な耐用年数は、建物が8-15年、器具備品が3-15年で
        あります。
        ②無形固定資産
         定額法を採用しております。自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間
        (5年)に基づく定額法によっております。
     4.重要なヘッジ会計の方法

        ①ヘッジ会計の方法
          繰延ヘッジ処理によっております。
        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段 指数先物
          ヘッジ対象 投資有価証券
        ③ヘッジ方針
          価格変動リスクの低減のため、対象資産の範囲内でヘッジを行っております。
        ④ヘッジ有効性の評価の方法
          ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の時価変動の累
           計を比較し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。
     5.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税及び地方消費税の会計処理
          税抜方式によっております。
                                33/44








                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (中間貸借対照表関係)

      ※1  有形固定資産の減価償却累計額

                                           当中間会計期間
                                          (2020年9月30日)

          建物                                                 2,715千円

          器具備品                                                 4,048千円

      ※2  消費税及び地方消費税の取扱い

          仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、未払消費税等として表示しております。
    (中間損益計算書関係)

        ※1  減価償却実施額

                                           当中間会計期間
                                          (自  2020年4月1日
                                           至  2020年9月30日)
          有形固定資産                                                 1,440千円
                                                        944千円

          無形固定資産
      ※2  営業外収益に属する収益のうち、重要なもの

                                           当中間会計期間
                                          (自  2020年4月1日
                                           至  2020年9月30日)
          受取配当金                                                29,280千円
    (株主資本等変動計算書関係)

     当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

     1.発行済株式に関する事項
                 当事業年度                              当中間会計期間末

       株式の種類                     増加株式数           減少株式数
                 期首株式数                                 株式数
     普通株式(株)                 36,600             ―           ―        36,600
     2.自己株式に関する事項

        該当事項はありません。
     3.新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
     4.配当に関する事項

        該当事項はありません。
                                34/44


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ( 金融商品関係       )

      金融商品の時価等に関する事項
       中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把
      握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)参照)。
        当中間会計期間(2020年9月30日)

                            中間貸借対照表
                                          時価           差額
                              計上額
                                         (千円)           (千円)
                              (千円)
     (1)  現金及び預金                        1,042,341           1,042,341               ―
     (2)  未収委託者報酬                         463,475           463,475              ―
     (3)  未収運用受託報酬                           435           435           ―
     (4)  投資有価証券
                                 930,362           930,362              ―
           その他有価証券
       資産計                         2,436,614           2,436,614               ―
        未払金                         332,052           332,052              ―
       負債計                          332,052           332,052              ―
       デリバティブ取引
        ヘッジ会計が適用されているもの                            2,621           2,621
       デリバティブ取引計(注)                            2,621           2,621
      (注)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は、純額で表示しております。
      (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

        資産
         (1)現金及び預金  (2)未収委託者報酬  (3)未収運用受託報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
        おります。
        (4)投資有価証券
          その他有価証券(投資信託)は基準価額によっております。
        負債

         未払金
         短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
        おります。
        デリバティブ取引

         注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                 区分             中間貸借対照表計上額
                                  (千円)
         長期差入保証金                             10,137
          長期差入保証金については、期限の定めが無いため、将来キャッシュ・フローの算定が困難
         であることから、時価開示の対象とはしておりません。
                                35/44



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)

        その他有価証券
       当中間会計期間(2020年9月30日)
                   区分              中間貸借対照表
                                           取得原価(千円)          差額(千円)
                                  計上額(千円)
                      (1)株式                  ―          ―        ―
         中間貸借対照表計上額が
                      (2)債券                  ―          ―        ―
                      (3)その他                 1,163          1,000         163
         取得原価を超えるもの
                          小計             1,163          1,000         163
                      (1)株式                  ―          ―        ―
         中間貸借対照表計上額が
                      (2)債券                  ―          ―        ―
                      (3)その他                929,198         1,390,500        △461,301
         取得原価を超えないもの
                          小計            929,198         1,390,500        △461,301
                   合計                   930,362         1,391,500        △461,137
     (デリバティブ取引関係)

      当中間会計期間(2020年9月30日)
       1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         該当事項はありません。
       2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
         株式関連
          ヘッジ会計の方法         取引の種類          主なヘッジ対象         契約額等      契約額等のうち           時価
                                      (千円)      1年超(千円)          (千円)
           原則的処理方法         指数先物取引
                    買建           投資有価証券          10,000           ―      2,621
                      合計                  10,000           ―      2,621
        (注)時価の算定方法
           取引先金融機関から提示された価格等に基づいております。
                                36/44









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)

      当中間会計期間(自  2020年4月1日  至  2020年9月30日)
      (セグメント情報)
        当社の事業は、投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (関連情報)

        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
         め、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

        (1)売上高
          本邦以外への外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
        (2)有形固定資産
          本邦以外に所在している固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報
         特定の顧客に対する営業収益で、損益計算書の営業収益の10%以上を占めるものがないため、記
         載を省略しております。
     (報告セグメントごとの減損損失に関する情報)
       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報)

       該当事項はありません。
     (報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報)

       該当事項はありません。
                                37/44










                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (1株当たり情報)

      1株当たり純資産額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                              当中間会計期間
                     項        目
                                             (2020年9月30日)
       1株当たり純資産額                                            61,691円94銭  
       (算定上の基礎)
       純資産の部の合計額(千円)                                              2,257,925  
       純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                                  ―  
       普通株式に係る中間会計期間末の純資産額(千円)                                              2,257,925  
       1株当たり純資産額の算定に用いられた中間会計期間末の
                                                         36,600  
       普通株式の数(株)
      1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                              当中間会計期間
                     項        目
                                             (自  2020年4月1日
                                                至  2020年9月30日)
       1株当たり中間純利益金額                                             3,596円79銭  
       (算定上の基礎)
       中間純利益金額(千円)                                               131,642  
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                                  ―  
       普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                               131,642  
       普通株式の期中平均株式数(株)                                               36,600  
      (注)  潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                38/44









                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の監査報告書

                                                    2020年5月29日
    SBIアセットマネジメント株式会社
     取  締  役  会             御中

                       太  陽  有  限  責  任  監  査  法  人

                        東 京 事 務 所
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                        本  間  洋  一
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                        石  倉  毅  典
                        業務執行社員
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に
    掲げられているSBIアセットマネジメント株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第34期事業年度の財務
    諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
    行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、    
    SBIアセットマネジメント株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績
    を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                39/44





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を
    含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以  上 

    ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

      2.XBRLデータは監査の対象に含まれておりません。
                                40/44





                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の中間監査報告書

                                                    2020年11月30日

    SBIアセットマネジメント株式会社
     取    締    役    会      御中

                       有限責任監査法人トーマツ

                       東京事務所
                        指定有限責任社員

                                公認会計士
                                        木 村 尚 子
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                公認会計士
                                        郷右近 隆 也
                        業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等
    の経理状況」に掲げられているSBIアセットマネジメント株式会社の2020年4月1日から2021年3月31
    日までの第35期事業年度の中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る中間財務諸
    表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びそ
    の他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に準拠して、SBIアセットマネジメント株式会社の2020年9月30日現在の財政状態及び同日
    をもって終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情
    報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明
    の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
    運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                41/44




                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表
    示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監
    査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正
    又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚
       偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人
       の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。な
       お、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又
       は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
       監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
     ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監
       査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財
       務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合
       理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手
       した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
       要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
       れる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な
       不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付
       意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証
       拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性が
       ある。
     ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表
       の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構
       成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示している
       かどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上
     ※1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。


       2.XBRLデータは中間監査の対象に含まれておりません。
                                42/44



                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の中間監査報告書

                                                    2021年2月26日

    SBIアセットマネジメント株式会社

       取締役会 御中

                   有限責任監査法人ト ー マ ツ

                       東京事務所
                    指定有限責任社員

                             公認会計士
                                    松  崎  雅  則                印
                    業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状
    況」に掲げられているSBIポストコロナ                      ファンドの2020年7月8日から2021年1月7日までの中間計算期間の
    中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注記表について中間監査
    を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に準拠して、SBIポストコロナ                    ファンドの2021年1月7日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了
    する中間計算期間(2020年7月8日から2021年1月7日まで)の損益の状況に関する有用な情報を表示している
    ものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
    た。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、                                      SBIアセットマネジメント                株
    式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監
    査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
    務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用すること
    が含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

                                43/44


                                                          EDINET提出書類
                                              SBIアセットマネジメント株式会社(E13447)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に
    関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書
    において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬によ
    り 発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理
    的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示
     リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
     る。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続
     は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸
     表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の
     監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
     は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作
     成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
     査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性
     が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監
     査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務
     諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況
     により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
     基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、
     並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価す
     る。
     監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内
    部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事
    項について報告を行う。
    利害関係

     SBIアセットマネジメント                株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
    計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以 上 
    ※1. 上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保

        管しております。
     2. XBRLデータは中間監査の対象に含まれておりません。
                                44/44


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク