楽天カード株式会社 有価証券報告書 第21期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第21期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 楽天カード株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2021年3月30日

    【事業年度】                     第21期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

    【会社名】                     楽天カード株式会社

    【英訳名】                     Rakuten    Card   Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 穂坂 雅之

    【本店の所在の場所】                     東京都港区南青山二丁目6番21号

    【電話番号】                     03-6740-6740

    【事務連絡者氏名】                     常務執行役員 藤井 美樹也

    【最寄りの連絡場所】                     東京都港区南青山二丁目6番21号

    【電話番号】                     03-6740-6740

    【事務連絡者氏名】                     常務執行役員 藤井 美樹也

    【縦覧に供する場所】                     該当事項なし

                                  1/200










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)連結経営指標等
               回次                第18期        第19期        第20期        第21期

              決算年月                2017年12月        2018年12月        2019年12月        2020年12月

    売上収益                  (百万円)         161,765        188,756        369,860        494,055

    税引前当期利益                  (百万円)          33,804        38,474        67,409        88,945

    当期利益                  (百万円)          23,599        27,252        45,143        55,026

    当期包括利益                  (百万円)          24,083        27,084        47,863        43,092

    親会社の所有者に帰属する持分                  (百万円)         107,763        89,597       456,427        466,378

    資産合計                  (百万円)        1,426,875        1,755,603        7,326,801       10,383,432

    1株当たり親会社所有者帰属持分                   (円)      1,370,174.00        1,139,194.23        5,803,346.24        5,929,859.35

    親会社の所有者に帰属する基本的1株
                        (円)       300,050.34        346,511.17        574,137.05        706,262.35
    当たり当期利益
    親会社の所有者に帰属する希薄化後1
                        (円)           -        -        -        -
    株当たり当期利益
    親会社所有者帰属持分比率                   (%)          7.55        5.10        6.23        4.49
    親会社所有者帰属持分利益率                   (%)         24.65        27.62        16.54        12.04

    株価収益率                   (倍)           -        -        -        -

    営業活動による
                       (百万円)        △ 150,276       △ 242,292        313,978       1,023,808
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                       (百万円)         △ 7,094      △ 13,559      △ 142,578       △ 41,821
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                       (百万円)         172,520        307,102        109,201        594,408
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の期末残高                  (百万円)          97,321       148,510       1,309,112        2,883,879
    従業員数                            1,269        1,330        3,998        4,359
                        (名)
    〔ほか、平均臨時従業員数〕                           〔 435  〕     〔 474  〕    〔 1,500   〕    〔 1,304   〕
     (注)1.第19期より国際会計基準(以下、IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しています。なお、第18期もIFRS
          に基づいた連結経営指標等をあわせて記載しています。
        2.売上収益には、消費税等は含まれていません。
        3.親会社の所有者に帰属する希薄化後1株当たり当期利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在
          しないため記載していません。
        4.従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの
          出向者を含む就業人員数で、取締役、監査役、臨時従業員を含んでいません。
        5.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
        6.臨時従業員には、派遣社員、パートタイマー、アルバイト及び嘱託契約の従業員を含みます。
        7.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載していません。
        8.第18期、第19期、第20期及び第21期の連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定
          に基づき、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けています。
                                  2/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (2)提出会社の経営指標等
             回次             第17期       第18期       第19期       第20期       第21期

            決算年月             2016年12月       2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月

    営業収益              (百万円)        201,548       234,580       273,745       334,627       385,451

    経常利益              (百万円)         22,599       23,846       26,195       29,808       39,719

    当期純利益              (百万円)         14,237       16,640       18,265       19,987       28,080

    資本金              (百万円)         19,323       19,323       19,323       19,323       19,323

    発行済株式総数               (株)        78,649       78,649       78,649       78,649       78,649

    純資産額              (百万円)         79,255       96,253       104,553       270,668       265,879

    総資産額              (百万円)       1,182,952       1,412,874       1,764,662       2,402,745       2,701,930

    1株当たり純資産額               (円)    1,007,715.17       1,223,836.05       1,329,371.36       3,441,475.40       3,380,577.70

    1株当たり配当額

                             -    127,148          -    292,439       381,443
                    (円)
                             ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    (1株当たり中間配当額)
    1株当たり当期純利益金額               (円)     181,024.58       211,575.55       232,235.75       254,136.44       357,038.83

    潜在株式調整後
                    (円)          -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率               (%)         6.70       6.81       5.92       11.26        9.84
    自己資本利益率               (%)        19.73       18.96       18.19       10.65       10.47

    株価収益率               (倍)          -       ―       -       -       -

    配当性向               (%)          -      60.1        -     115.1       106.8

    従業員数                       1,135       1,183       1,235       1,412       1,568
                    (名)
    〔ほか、平均臨時従業員数〕                      〔 447  〕    〔 435  〕    〔 474  〕    〔 578  〕    〔 553  〕
    株主総利回り               (%)          -       -       -       -       -
    最高株価               (円)          -       -       -       -       -

    最低株価               (円)          -       -       -       -       -

     (注)1.営業収益には、消費税等は含まれていません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
        3.第17期及び第19期の1株当たり配当額、配当性向については、無配のため記載していません。なお、第20
          期の1株当たり配当額、配当性向については、資本剰余金を配当原資としたものを除いて記載していま
          す。
        4.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載していません。
        5.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数で、取締役、監
          査役、臨時従業員を含んでいません。
        6.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
        7.臨時従業員には、派遣社員、パートタイマー、アルバイト及び嘱託契約の従業員を含みます。
        8.第18期、第19期、第20期及び第21期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基
          づき、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けていますが、第17期の財務諸表については、同法に基
          づく監査を受けていません。
        9.株主総利回り及び比較指標、最高株価、最低株価については、当社株式が未上場であるため、記載してい
          ません。
                                  3/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
       年月                            概要
     2001年12月       株式会社あおぞらカードを設立
     2004年9月       全株式を楽天株式会社が譲受、楽天グループ子会社化

             金融事業カンパニーにおけるパーソナルファイナンス部門としてインターネット中心のサービスを
             提供
             楽天クレジット株式会社に社名変更
     2009年4月       楽天クレジット株式会社を分割会社とする吸収分割により、カードローン事業をイーバンク銀行株
             式会社(現 楽天銀行株式会社)に承継
             イーバンク銀行株式会社のカードローンの保証委託提携を開始
     2011年8月       楽天KC株式会社(現 Jトラストカード株式会社)の楽天カード部門を事業承継
             楽天カード株式会社に社名変更
     2012年4月       楽天カードサービス株式会社を設立
     2014年6月       台灣樂天信用卡股份有限公司を設立

     2017年7月       基幹システムを全面刷新

     2018年10月       みんなのビットコイン株式会社(現 楽天ウォレット株式会社)の株式を取得

     2019年4月       楽天株式会社を分割会社とする吸収分割により、楽天銀行株式会社、楽天証券株式会社、楽天イン

             シュアランスホールディングス株式会社、楽天投信投資顧問株式会社を承継
             当社を分割会社とする吸収分割により、楽天ウォレット株式会社を、楽天ペイメント株式会社に承
             継
     2020年3月       本社を東京都港区に移転
                                  4/200













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、親会社である楽天株式会社のもと、楽天グループにおけるFinTech事業を担っております。
      クレジットカード事業は、主に楽天カード株式会社が運営しており、主にインターネットを通じて個人顧客を対象
     としたクレジットカード『楽天カード』を発行し、カードショッピングサービス、キャッシングサービス等をカード
     会員向けに提供しています。また、カード加盟店の開拓や楽天グループへの決済機能提供等の決済関連サービス、事
     業者向けローン、個人向け銀行カードローンの保証業務等のサービスも提供しています。また、不動産への投資事業
     も行っています。台湾においては、台灣樂天信用卡股份有限公司が個人向けにクレジットカードを発行しており、
     カードショッピングサービス等を提供しています。
      銀行事業は、楽天銀行株式会社が運営しており、個人、法人顧客を対象に銀行業務(預金、貸出、為替)及び外国
     為替証拠金取引等のサービスを、主にインターネットを通じて提供しています。
      証券事業は、楽天証券株式会社が運営しており、個人顧客を対象に、株式委託売買取引、株式信用取引、外国為替
     証拠金取引、投資信託販売、債券取引、先物・オプション取引等のサービスを主にインターネットを通じて提供して
     います。
      保険事業は、楽天インシュアランスホールディングス株式会社が運営しており、主に楽天生命保険株式会社、楽天
     損害保険株式会社等で構成されています。楽天生命保険株式会社は、主に個人向け保障性生命保険商品等を主にイン
     ターネット及び代理店チャネルを通じて販売しています。楽天損害保険株式会社は、自動車保険、火災保険を中心
     に、さまざまなリスクを補償する損害保険商品等を主にインターネット及び代理店チャネルを通じて販売していま
     す。
        セグメント名              主なサービス主体                   提供する主なサービス

                                  クレジットカード『楽天カード』の発行及び関連
                                  サービスの提供
                   楽天カード(株)、
                                  事業者向けローン
    クレジットカード事業
                   台灣樂天信用卡股份有限公司
                                  個人向け銀行カードローンの保証業務
                                  不動産への投資事業
    銀行事業               楽天銀行(株)               インターネット・バンキング・サービスの提供
    証券事業               楽天証券(株)               オンライン証券取引サービスの提供

    保険事業               楽天生命保険(株)               生命保険事業の運営

    保険事業               楽天損害保険(株)               損害保険事業の運営

                                  5/200









                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      事業の系統図は、次のとおりです。
                                  6/200




















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                      議決権の所有
                               主要な事業の
        名称          住所       資本金             (又は被所有)         関係内容        摘要
                                 内容
                                       割合(%)
    (親会社)
                              電子商取引事               役務提供及び資
                         205,924
    楽天株式会社           東京都世田谷区              業、旅行代理         (100.0)       金調達及び役員        (注)1
                          百万円
                              店業               の兼務あり
    (連結子会社)
                          25,954                    役務提供及び役        (注)

    楽天銀行株式会社           東京都港区              銀行業          100.0
                          百万円                    員の兼務あり        2、6
                          7,495                   役務提供及び役        (注)

    楽天証券株式会社           東京都港区              証券業          100.0
                          百万円                    員の兼務あり        2、6
                              保険業・保険

    楽天インシュアランス                          代理業を行う
                          9,911                   資金貸付及び役
    ホールディングス株式           東京都新宿区              子会社の経営          100.0              (注)2
                          百万円                    員の兼務あり
    会社                          管理および付
                              帯事業
                          7,500              100.0              (注)

    楽天生命保険株式会社           東京都新宿区              生命保険事業               役員の兼務あり
                          百万円              [100.0]              2、3
                                                      (注)

                          5,153              100.0
    楽天損害保険株式会社           東京都新宿区              損害保険事業               役員の兼務あり        2、
                          百万円              [100.0]
                                                      3、7
    楽天投信投資顧問株式                       150

                東京都港区              投資運用業          100.0         -
    会社                      百万円
                              弁済金、代金               業務委託、役員

    楽天カードサービス株                        5
                東京都港区              及び料金等の          100.0      の兼務及び派遣
    式会社                      百万円
                              収納事業               あり
                              台湾における
                              クレジット
    台灣樂天信用卡股份有                      1,450                   債務保証及び役
                中華民国台北市              カード及び附          100.0              (注)2
    限公司                    百万新臺幣                      員の派遣あり
                              帯するサービ
                              ス
                アメリカ合衆国            50  米国における

    Rakuten    Bank   America
                                        100.0      役員の派遣あり        (注)2
                ユタ州         百万ドル     銀行業務
                アメリカ合衆国

    Rakuten    Card
                            43  米国における               債務保証及び役
                カリフォルニア                        100.0              (注)2
                         百万ドル     決済サービス               員の兼務あり
    USA,Inc.
                州
                              台湾における

    樂天國際商業銀行股份                      10,000              51.0
                中華民国台北市              電子メディア               役員の派遣あり        (注)2
    有限公司                    百万新臺幣                [50.0]
                              による銀行業
     (注)1.有価証券報告書の提出会社です。

        2.特定子会社です。
        3.議決権の所有割合の[ ]内は間接所有割合で内数です。
        4.上記含め当社の連結子会社数は61社です。
        5.資本金は、百万円未満(外貨建てのものは表示単位未満)を切り捨て表示しています。
        6.売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く)の連結売上収益に占める割合が100分の10を超えていま
          すが、セグメント情報における当該連結子会社の売上収益(セグメント間の内部売上収益又は振替高を含
          む。)に占める割合が100分の90を超えるため、主要な損益情報等の記載を省略しています。
                                  7/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
        7.経常収益(連結会社相互間の内部経常収益を除く)の連結経常収益に占める割合が100分の10を超えていま
          す。日本において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成された財務諸表における主要な損
          益情報等は以下の通りです。
           主要な損益情報等
                              (単位:百万円)
                          楽天損害保険株式会社
                 経常収益                 76,161
                 経常利益                   638
               当期純損失(△)                  △2,385
                純資産合計                 19,880
                 資産合計                388,578
                                  8/200
















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)    連結会社の状況
                                                2020年12月31日       現在
                 セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                       1,678
    クレジットカード事業
                                                       ( 555  )
                                                        908
    銀行事業
                                                       ( 177  )
                                                        515
    証券事業
                                                       ( 256  )
                                                       1,258
    保険事業
                                                       ( 316  )
                                                       4,359
                    合計
                                                      ( 1,304   )
     (注)   1.従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出
         向者を含む就業人員数で、取締役、監査役、臨時従業員を含んでいません。
       2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
       3.臨時従業員には、派遣社員、パートタイマー、アルバイト及び嘱託契約の従業員を含みます。
     (2)    提出会社の状況

                                                2020年12月31日       現在
       従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              1,568
                            34.3              5.7             7,391
              ( 553  )
     (注)   1.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数で、取締役、監査
         役、臨時従業員を含んでいません。
       2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
       3.臨時従業員には、派遣社員、パートタイマー、アルバイト及び嘱託契約の従業員を含みます。
       4.提出会社の従業員は、すべてクレジットカード事業のセグメントに属しております。
     (3)    労働組合の状況

       当社グループには、労働組合はありません。
       なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  9/200









                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、別段の表示がない限り、本書提出日時点において当社グループが判断したものです。
     (1)経営方針

       当社グループは、楽天グループが掲げる「イノベーションを通じて人々と社会に力を与えること(エンパワーメ
      ント)」という基本理念を共有し、経営の基本方針としています。ユーザー及び取引先企業へ満足度の高いサービ
      スを提供するとともに、多くの人々の成長を後押しすることで、社会を豊かにしていくことに寄与していきます。
      楽天グループが掲げる「グローバル                 イノベーション        カンパニーであり続ける」というビジョンのもと、当社グ
      ループの企業価値・株主価値の最大化を目指します。
     (2)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標

       当社グループの主な経営指標は、売上収益、Non-GAAP営業利益です。Non-GAAP営業利益は、IFRSに基づく営業利
      益(以下、IFRS営業利益)から、当社グループが定める非経常的な項目やその他の調整項目を控除したものです。
      経営者は、Non-GAAP指標を開示することで、ステークホルダーにとって過年度比較が容易になり、当社グループの
      経営成績や将来の見通しを理解する上で有益な情報を提供できると判断しています。なお、非経常的な項目とは、
      将来見通し作成の観点から一定のルールに基づき除外すべきと当社グループが判断する一過性の利益や損失のこと
      です。その他の調整項目とは、適用する会計基準等により差異が生じ易く企業間での比較が困難な、株式報酬費用
      や子会社取得時に認識した無形資産の償却費等を指します。
      (注)    Non-GAAP指標の開示に際しては、米国証券取引委員会(U.S.                             Securities      and  Exchange     Commission)が定
      める基準を参照していますが、同基準に完全に準拠しているものではありません。
        なお、各事業においてKPI(Key                 Performance      Indicator)を設定しその進捗状況を計測しています。主なKPI
      は、カードショッピング取扱高、カードショッピングリボルビング残高、カードキャッシング残高、クレジット
      カード会員数、銀行口座数、預金残高、証券総合口座数、証券預かり資産残高、保険の保有契約件数、新規契約件
      数等です。
     (3)   経営環境

       当社グループの各セグメントは、主にインターネットを通じてサービスを提供しています。インターネットをは
      じめとする情報通信技術(ICT)の発展・普及がもたらした新しい経済、そして社会の姿は「デジタル経済」と呼ば
      れるようになってきており、政府は、その進化の先にある社会として、「Society                                         5.0」を掲げています。
      「Society     5.0」においては、IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータといった社会の在り方に影響を及ぼす
      新たな技術があらゆる産業や社会生活に取り入れられ、経済発展と社会的課題の解決が両立されることが期待され
      ています。こうした中で、これらの先端技術を利活用し、変革をもたらす企業が社会から求められていると楽天グ
      ループ及び当社グループは考えています。
       2018年4月に経済産業省により策定された「キャッシュレス・ビジョン」で、2025年までに我が国における
      キャッシュレス決済比率を40%まで引き上げることが目標とされ、更に将来的には左記比率を世界最高水準の80%ま
      で引き上げることを目指すとされており、当社グループにおいて提供している各種キャッシュレス決済市場の拡大
      が見込まれます。
       (新型コロナウイルス感染症の影響)

       新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、経済活動や人々の生活様式に多大な影響を与えており、各国
      における渡航制限の設定や外出制限、要請が発出され、旅行、外食、対面サービスの需要が大きく減少し、経済活
      動の停滞及び金融市場の不安定化が拡大しました。
       新型コロナウイルス感染症の影響による人々の生活様式の変容に伴い、キャッシュレス決済の需要及びインター
      ネットバンキング、インターネット経由の保険申し込み等の非対面サービスの需要の拡大や、金融市場のボラティ
      リティの上昇による国内外の株式の売買高が増加しました。その一方で、クレジットカードのリボルビング払い、
      キャッシング、銀行のカードローン等の資金需要は減少しました。
       また、厚生労働省は、電子決済の利用を含む新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践を求めて
      おり、当社グループが提供するキャッシュレス決済サービスやオンライン金融サービス等に期待される社会的役割
                                 10/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      は一層増していると当社は考えています。
     (4)   優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当社グループは、当社グループ間の連携、及び楽天グループ各社との連携をますます強化し、事業の安定的、持
      続的な拡大に努めます。
      ①事業戦略

        各セグメントにおいての新規会員・新規口座獲得に向けた効率的なプロモーション活動を行っていくことに加
       え、楽天グループ各社とのシナジーをこれまで以上に強化し、顧客の楽天グループに対するロイヤリティ向上に
       つなげることで、各種KPIの一層の向上に努めます。
        一方、各セグメントの高い成長性を支えるオペレーション・システム体制の整備は極めて重要であり、お客様
       対応部門等のセンター部門の充実に努めてまいります。また、個人情報の適正な管理、コンプライアンス体制の
       強化、情報システムの安定性の確保、安定的かつ低金利での資金調達などの課題に対しても、継続して取り組み
       ます。
        新型コロナウイルスの感染拡大については依然として先行きが不透明な状況が続いていますが、感染状況やそ
       れに伴う経済動向について注視しつつ、グループ間のシナジーを追求し、各セグメントにおける効率的な新規会
       員・新規口座獲得に取り組み、企業価値の一層の拡大に努めます。
      ②当社グループ各社間の連携によるシナジーの発揮

        当社は2019年4月1日付の会社分割による楽天グループ企業の組織再編に伴い、楽天銀行株式会社、楽天証券
       株式会社及び楽天インシュアランスホールディングス株式会社等を子会社としました。当社を親会社とすること
       で、当社の顧客基盤を最大限に活用し、クロスユースの促進やAI、音声認識等のテクノロジーの相互の融合を通
       じて、グループ間のシナジーを一層追求し、楽天グループのFinTech事業の拡大を目指します。
                                 11/200












                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
        当社グループは、多岐にわたる事業展開をしており、これらの企業活動の遂行には様々なリスクを伴います。
       本項では当社グループ事業の状況等に関する事項のうち、リスク要因となる可能性があると認識している主な事
       項及び投資者の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる事項を記載しています。ただし、当社グループで発生す
       る全てのリスクを網羅しているものではありません。当社グループの経営陣は、これらリスクの発生可能性の程
       度及び時期を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針です。
        なお、以下の記載事項のうち将来に関する事項は、別段の記載のない限り当連結会計年度末現在において当社
       グループが判断したものであり、不確実性を内包しているため、実際の結果と異なる可能性があります。
     <当社グループ全般に係るリスク>

     1 事業環境に関するリスク
      (1)経済環境について
        当社グループが営む         クレジットカード事業、銀行事業、証券事業、保険事業の各セグメントは国内外の経済環
       境、具体的には景気後退に伴う雇用環境、所得環境、個人消費の動向等に影響を受けます。当社グループにおい
       ては国内外経済動向、社会情勢等について注視し、事業活動やサービス提供を行っておりますが、世界経済の低
       迷や社会情勢が悪化した場合には、当社グループサービス需要減退に伴う減収など、当社グループの経営成績及
       び財政状態に影響を及ぼす可能性があります                    。
      (2)新型コロナウイルス感染症の影響について

        新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、経済活動や人々の生活様式に多大な影響を与えており、当
       社グループの経営成績及び財政状態についても重大な影響を与えるリスクとして認識しています。世界的な感染
       拡大に伴い、各国における渡航制限の設定や外出制限、要請が発出され、旅行、外食、対面サービスの需要が大
       きく減少しました。一方で、各企業におけるデジタルトランスフォーメーションの大幅な加速によるECの伸長に
       加え、オンラインバンキング等の非対面金融サービスの需要拡大や、現金を媒介としての接触をさけるため、非
       接触決済の需要が伸長しました。今後も引き続き国内外における新型コロナウイルス感染症の感染状況やそれに
       伴う経済動向について注視し、適正なリスク管理を実施する方針ですが、想定以上の感染拡大等により、さらな
       る経済状況の悪化や、低迷の長期化が引き起こされた場合には当社グループのサービス需要減退に伴う減収や保
       有有価証券価値の低下、貸倒関連費用の増加等により、当社グループの経営成績及び財政状態に重大な影響を及
       ぼす可能性があります。
        また当社グループは役職員に対して、感染拡大防止の観点から在宅勤務を推奨しており、クラスター発生可能
       性の低下を図っています。また、出勤する際には検温の徹底や、体調の報告等オフィス内での感染対策にも取り
       組んでいます。
      (3)インターネットの利用について

        当社グループは、インターネット技術を活用して多様なサービスを提供しています。このため、インターネッ
       トの利用を制約するような法規制、個人情報管理の安全性を中心とした情報セキュリティに対する問題意識の拡
       がり等の外部要因等により影響を受けます。当社グループでは、情報の適切な管理を行い、これを担保するた
       め、マニュアルの整備や教育・研修の実施等で社員教育を行っておりますが、それらの取組が何らかの理由で不
       十分であった場合には当社グループの社会的信用の毀損や、損害に対する賠償金の発生等により、当社グループ
       の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)業界における技術変化等について

        当社グループが営む各事業では、技術分野における進歩及び変化が著しく、新しい技術を活用した商品やサー
       ビスが導入されています。当社グループは常に業界調査を行い、有用な技術・サービスの導入を検討、既存シス
       テムの見直しを行っておりますが、当該変化等への対応が遅れた場合や新技術への対応のための開発費用が大幅
       に増加した場合、当社グループ事業運営の障害となりうる技術が開発された場合等には、当社グループ提供サー
       ビスの競争力低下等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     2 楽天グループとの関係に関するリスク

      (1)楽天株式会社との資本関係等に関するリスク
       楽天株式会社は、当社議決権の100%を有する親会社でありますので、取締役、監査役の選任・解任や定款の変更
                                 12/200

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      および剰余金の処分など、株主総会決議が必要となる事項に関して、重要な影響を及ぼす可能性があります。
      (2)楽天等のブランド利用等に関するリスク

       当社、及び当社グループは、楽天株式会社と経営基本契約、並びに経営管理契約を締結し、それに基づき「楽
      天」等のブランド利用等をしています。それに伴い、楽天株式会社にブランドロイヤリティフィーを支払っていま
      す。
       当社が楽天株式会社の子会社・関連会社等でなくなった場合等には、「楽天」等のブランド利用等ができない、
      または利用条件が制限される可能性があり、この場合には、当社グループが提供するサービスへの需要の減退によ
      る収益の低下等により、当社、及び当社グループの経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、楽天株式会社や、当社グループ及びその他の楽天グループ会社において、行政処分等に伴うマイナスイ
      メージが生じた場合や、商品やサービス等に関する不信感や不祥事等が生じた場合、必ずしも正確な情報に基づか
      ないものや、憶測に基づいた内容の報道や情報の流布がされた場合等により、楽天グループ全体のブランドに影響
      した場合には、ユーザーの離反による収益の低下等、当社グル―プの経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性が
      あります。
      (3)楽天グループ間の業務提携に関するリスク

       当社グループは、楽天株式会社との間でポイントプログラムでの提携や、楽天ペイメント株式会社との間で決済
      等に係る様々な提携を行っており、当社が楽天株式会社の子会社・関連会社等でなくなった場合等には、この提携
      が制限、解除等される可能性があり、かかる場合には、当社グループの経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性
      があります。
     3 競合に関するリスク

       当社グループが営む各セグメントには、多くの企業が参入しており、また今後参入してくる可能性があり、激し
      い競合状況にあります。当社グループは楽天経済圏の強みを最大限発揮するため、各サービス間のシナジー効果の
      最大化を図り、グループ内での相互送客を行うことによって競争優位性を維持することに努めております。また、
      新サービス・商品の開発、既存サービスの改善、マーケティング精度の向上等を継続的に行うことで各業界での存
      在感を強めていますが、何らかの理由による収益の悪化や各種プロモーションに係る費用等が大幅に増加した場
      合、また競合他社が画期的なサービスを展開する等の場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及
      ぼす可能性があります。
     4 法的規制等に関するリスク

       当社グループにおいては、サービスを提供するために必要な許認可につき、金融関連諸法規、監督官庁の指針、
      業界団体等の自主規制機関による諸規則等の適用を受けています。将来、何らかの事由により業務の停止、免許等
      の取消等があった場合、また、法令諸規則、監督官庁の政策、規制、監督指針等が新設され、又はこれらにつき当
      該サービスにとって影響のある変更等が行われた場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に重大な影響を
      及ぼす可能性があります。
       また、当社グループにおいては、金融庁組織規則に規定される金融コングロマリットに該当し、金融庁の定め
      た、旧金融コングロマリット監督指針に基づき、グループガバナンス体制を構築し、業務の健全性、適切性を確保
      しております。しかしながら、何らかの理由により監督官庁から行政処分等を受けた場合には、当社グループの経
      営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/200






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     5   マーケットに関するリスク
      (1)   金利変動リスク
        当社グループは、銀行事業、保険事業などを含む幅広い金融事業を営んでおり、それぞれにおいて資産負債管
       理(ALM)を実施し、資産や負債の金利期間などを適切に管理しておりますが、市場動向等により金利環境が大幅
       に変動した場合、ALMを適切に実行できない可能性があり、かかる場合には当社グループの経営成績及び財政状態
       に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)有価証券等の価格変動リスク

        当社グループは、有価証券、金銭信託等の金融商品を多く保有しています。これらの有価証券等は金融商品市
       場の動向等により価格等が変動し、大幅な価格変動は当社グループの経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼ
       す可能性があります。そのため、定期的な有価証券価格のモニタリングにより、リスクの低減を図っています。
      (3)為替変動リスク

        当社グループが行う外貨建投資及び外貨建取引について外貨建で実行するものは、経済動向を注視しつつ、為
       替変動リスクを適切にヘッジすることを目指しています。また、当社グループの海外関係会社の業績、資産及び
       負債について現地通貨で発生したものは、円換算した上で連結財務諸表を作成しています。一方で為替変動に伴
       うリスクを完全に回避することは難しく、外国為替市場における変動等が当社グループの経営成績及び財政状態
       に影響を及ぼす可能性があります。
      (4)信用リスク

        当社グループでは、個人・法人向けの貸付債権を保有している他、国債・社債などの債券を保有しています。
       経済状況が悪化した場合及び債務者・債券の発行体の信用状況が著しく悪化した場合、当該貸付債権・保有債券
       の信用力が低下し、元利金の支払いが不履行となる可能性があるとともに、当該貸付債権への引当金計上や保有
       債券の市場価格に悪影響を及ぼす可能性があります。個人・法人向けの貸付債権に関しては、外部信用情報機関
       を利用した与信や定期的な与信枠の見直し、また国債・社債等に関しては定期的なモニタリングを継続的に実施
       することでリスク低減に努めています。しかしながら、これらのリスクを完全に回避することは困難であり、想
       定以上の経済状況の悪化等による信用コストの増大や債務不履行等が発生した場合には貸倒関連費用の増加等、
       当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。また、市場リスクをヘッジするために
       行っている金利スワップ、通貨スワップ、為替先物、株式指数オプションなどのデリバティブ取引についても、
       カウンターパーティリスクがあります。また、デリバティブ取引上のカウンターパーティの義務について不履行
       が生じた場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。 
      (5)   資金調達に関するリスク

        当社グループにおいては、運転資金の調達を顧客からの預金及び金融機関からの借入金、金融市場からの直接
       調達等により賄っています。したがって経済環境が悪化した場合、顧客からの預金の受け入れが減少すること
       や、金融機関の与信方針が変更されて金融機関からの借入が困難になることや、金融市場の悪化により金融市場
       からの直接調達が困難になること等が予想され、かかる場合には当社グループの経営成績及び財政状態に影響を
       及ぼす可能性があります。
        締結しているコミットメントライン契約等借入に係る契約には財務制限条項が規定されている場合があり、当
       社グループ及び各社の経営成績、財政状態又は信用力が悪化した場合には、これらの条項に基づき既存借入金の
       一括返済、金利及び手数料率の引上げ又は新たな担保権の設定を迫られる可能性があります。今後の資金調達に
       ついては、金融市場が不安定な場合や、当社グループの信用力の悪化により格付機関から当社に付与されている
       信用格付が引き下げられた場合等においては、当社グループにとって好ましい条件で適時に資金調達をできる保
       証はなく、当社グループのサービス展開の制約要因となる可能性があるほか、資金調達コストの増加等により当
       社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        これらのリスクに対し、当社グループでは資金調達先、手法の多様化、また取引銀行とのコミュニケーション
       を強化することで、リスクの低減を図っています。
     6 繰延税金資産に関するリスク

       当社及び一部の連結子会社においては、国際会計基準(IFRS)に基づき、将来における税金負担額の軽減効果を
      繰延税金資産として計上しています。繰延税金資産の計算は、将来の課税所得と実行可能なタックス・プランニン
                                 14/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      グを考慮し、回収可能な繰延税金資産を計上していますが、事業の見通しに基づく将来の課税所得に関する見積り
      を含めた様々な予測・仮定に基づいており、実際の結果がかかる予測・仮定とは異なる可能性があります。将来の
      課 税所得の見積りに基づいて、当社及び当該子会社が繰延税金資産の一部又は全部の回収ができないと判断された
      場合や税制及び会計基準の変更が行われた場合、当該繰延税金資産は減額され、その結果、当社グループの経営成
      績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     7 のれんに関するリスク

       当社グループは、連結財務諸表について国際会計基準(IFRS)を適用しており、毎期減損テストを実施しており
      ます。のれんの対象会社における経営成績悪化等により、回収可能価額がのれんの帳簿価額を下回る場合には、の
      れんの減損処理を行う必要が生じる可能性があり、かかる場合には当社グループの経営成績及び財政状態に影響を
      及ぼす可能性があります。
     8 リスク管理の有効性について

       近年金融市場においては、市場の急激かつ大規模な変動や混乱がたびたび生じています。当社グループにおいて
      は、リスク管理方針及び手続を整備し運用していますが、当社グループにおけるリスク管理方針及び手続の一部
      は、金融市場において将来発生する種々のリスクを必ずしも正確に予測することができず、有効に機能しない可能
      性があり、その結果、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     9 コンプライアンスに関するリスク

      (1)法的規制等の適用の可能性について
        当社グループでは法令遵守を重要な企業の責務と位置付け、コンプライアンス体制を強化して法令遵守の徹底
       を図っていますが、役員及び従業員による個人的な不正行為等を含めコンプライアンスに関するリスクもしくは
       社会的に信用が毀損されるリスクを回避できない可能性があり、かかる場合にはユーザーの離反等が発生し、当
       社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)訴訟等の可能性について

        当社グループが提供している各種サービスの利用者に対し、システム障害等によって損害を与えた場合や、第
       三者の知的財産権を侵害した場合等においては、当社グループに対して訴訟を提起される可能性、またはその他
       の請求を受ける可能性があります。当社グループでは、適宜、弁護士等を始めとする外部専門家及び当局に事前
       相談すること等により、適切かつ適法なサービスの提供に努めていますが、かかる場合には、賠償金の支払い
       や、サービス提供により見込まれた収益の喪失等、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
       可能性があります。
        一方、当社グループが第三者によって何らかの権利を侵害された又は損害を被った際に、当社グループの権利
       が保護されない場合や、訴訟等により当社グループの権利保護のために多大な費用を要する場合、当社グループ
       の事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     10 国際事業展開に関するリスク

       国際事業展開の上では、言語、地理的要因、法制・税制度を含む各種規制、自主規制機関を含む当局による監
      督、経済的・政治的不安、通信環境や商慣習の違い等の様々な潜在的リスク及び特定の国や地域固有のリスクが存
      在します。当社グループはこれらのリスクに対し、国際情勢の注視や現地監督官庁との定期的なコミュニケーショ
      ンの実施を行い、カントリーリスクの最小化に努めております。しかしながら、現地規則や制度の理解が不十分で
      あった場合や、想定し得なかった経済的・政治的要因によってこれらのリスクに対処できない場合には、追加費用
      の発生等により、当社グループの国際事業展開、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社グループでは海外における事業活動を遂行するために、他の企業との提携を行っております。業務提
      携先とは良好な関係を維持すべく取り組んでおりますが、何らかの理由で関係が悪化した場合、またはこれらの業
      務運営に支障が生じた場合、当社グループの事業や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     11 人材に関するリスク

       当社グループのサービスにおいては、金融及びインターネット等の分野において専門性を有する人材が必要であ
      り、今後とも業容拡大及び国際展開に応じて継続した人材の育成・確保を行うことが欠かせません。当社グループ
      は社員の知識、技能、経験、モチベーションが事業目標の達成に多大なる影響を及ぼすことを認識しており、これ
                                 15/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      らのリスクに備えた対応策を講じています。当社グループでは、業務、知識が属人化しないよう、業務マニュアル
      作成の徹底を行い、人事異動や社外流出の際の当該ビジネス、部署への影響を最小限に留めるよう努めています。
      ま た、社員の流出を避けるため、継続的に福利厚生の改善、公正な人事評価及び業績に応じた賞与の提供等、より
      働きやすい環境を作り上げ、社員満足度を高める努力を行っています。しかしながら、今後各サービス分野及び地
      域における人材獲得競争の激化や市場ニーズの変化等により、優秀な人材の獲得が困難となる場合や、在職する人
      材の社外流出が多数生じた場合には、当社グループの業容拡大や国際展開が困難となる等による収益力の低下や、
      採用コストの増加により、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     12 情報セキュリティ、システム及び通信ネットワークに関するリスク

       当社グループは、顧客に関する情報を有しており、利用者のプライバシー及び個人情報の保護に最大限の注意を
      払い、適切な情報管理を行っており、情報アクセス権限の適切な管理や研修等による社員の教育を行うことで、不
      正アクセス等による情報の外部への漏洩や悪用等のリスクの排除に努めています。しかしながら不正アクセス等に
      よる情報の外部への漏洩や悪用等の可能性を完全に排除することは困難であり、これらが発生した場合に法的紛争
      に巻き込まれる可能性や、内外監督官庁からの処分を受ける可能性があり、かかる場合には、当社グループの事
      業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループサービスの多くは、通信ネットワークを通じて提供されていますが、通信ネットワークに生じた障
      害や、ネットワーク又はコンピュータシステム上のハードウエアもしくはソフトウエアの不具合・欠陥、コン
      ピュータウィルス・マルウェア等外部からの不正な手段によるコンピュータシステム内への侵入等の犯罪行為や役
      職員の過誤等により、正常なサービスの提供に支障を生じる可能性があるほか、当社グループサービスの不正な利
      用、重要なデータの消去又は不正取得等が発生する可能性もあります。
       これらのリスク発生の回避又は低減のため、監視体制を強化するとともに、技術的・物理的にも各種対応策を講
      じていますが、十分に機能しなかった場合には、サービスの停止や機能低下が生じる等により、収益機会の喪失、
      当社グループのシステム自体への信頼性低下又は損害賠償請求等が生じる可能性のほか、監督官庁からの処分等を
      受ける可能性があります。
       更に、当社グループサービスの不正な利用については、適切な求償先を求めることができない場合、当社グルー
      プの損害となります。かかる場合には、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     13 事務・オペレーションリスク

       当社グループは、業務の遂行において各種情報システムの活用や再鑑制度の実施等、業務の正確性、効率性を高
      めるための様々な取組を実施しています。しかしながら、一部においては専用の情報システムが導入されておらず
      人的な対応に委ねられている業務もあり、役職員の誤認識、誤操作等により事務手続のミスが発生する可能性があ
      ります。業務の性質によっては、事務手続のミスが安定的なサービスの供給の妨げ、経済的な損失、個人情報等の
      流出等に繋がる可能性があり、かかる場合にはブランドイメージの低下等により当社グループの事業、経営成績及
      び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社グループは、社内規範や事務手続の標準化及び文書化に取り組んでいますが、当社グループの急速な
      拡大に伴う事務量の増加、新サービスの導入等により、業務遂行に必要な知識の共有、継承が不十分になる可能性
      があり、その結果生じ得る事務手続のミスの増加や生産性の低下が、当社グループの事業、経営成績及び財政状態
      に影響を及ぼす可能性があります。
                                 16/200






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     14 災害紛争事故等に関するリスク
       地震、台風、津波等の自然災害、火災、停電、未知の感染症の拡大、国際紛争等が発生した場合、当社グループ
      のサービス運営、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       当社グループにおいては、これらの災害等が発生した場合に備え、事業継続計画(BCP)等の有事の際の対応策を
      策定していますが、災害等の規模が想定を超える場合にはサービスの運営が困難又は不可能となる可能性や、これ
      ら災害等の発生により人や物の移動に規制がかかる等により、社会全体の経済活動が停滞又は停止する場合には当
      社グループの提供するサービスに対する需要が減少する可能性や、セグメントによっては、状況に応じて業務の運
      営様態を変更せざるを得ないことにより情報セキュリティ及びプライバシー保護に一定レベルのリスクが増す可能
      性があり、かかる場合には当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、当社グループの主要な拠点において大規模な自然災害等が発生した場合に備え、オペレーション拠点を分
      散させ、一定の地域における災害発生時でも、事業の継続が可能になるようリスク低減を図っていますが、想定以
      上の災害等発生時には、サービスの提供等が停止する可能性もあり、かかる場合には、当社グループの信頼性やブ
      ランドイメージを毀損するだけでなく、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     <各セグメントに係るリスク>

     1 クレジットカード事業セグメントに係るリスク
       クレジットカード事業セグメントは、主として楽天カード株式会社が業務運営をしています。
       楽天カード株式会社においては、主に個人顧客を対象とした債権を持っており、経済動向により債務不履行や返
      済遅延のリスクが存在します。定期的な審査基準の見直しや、審査可決後の継続的なモニタリングに基づき適正な
      限度額の設定に努めておりますが、想定以上の失業率の上昇による自己破産又は多重債務者の増加等が生じた場合
      には、貸倒関連費用の増加等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。ま
      た、当社はクレジットカード決済等における、加盟店契約業務の提供による加盟店からの手数料を収入源としてお
      り、業界内の競争激化による加盟店の流出及び加盟店手数料率の低下等により、収益が減少する可能性がありま
      す。当該リスクに対し、当社は加盟店に対する付加価値の提供や、恒常的な業務改善によるコスト削減により、加
      盟店数および加盟店手数料の維持に取り組んでおります。しかしながら、取組が十分でなく、競合他社に劣後した
      場合には加盟店数の減少や加盟店手数料収益の低下等により、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響
      を及ぼす可能性があります。また、クレジットカードの不正利用等については、24時間体制で利用状況のモニタリ
      ングを行っていますが、想定を超える不正利用が発生した場合には、同様の影響を及ぼす可能性があります。
       また、クレジットカード事業セグメントでは、不動産への投資も行っており、投資資産の価値が変動する可能性
      がありますが、当社グループの経営成績及び財政状態への影響は限定的と認識しています。
       新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済活動の落ち込みにより、ショッピング取扱高、リボルビング残
      高への影響が見受けられます。一方、ソーシャルディスタンスの浸透や人との物理的な接触を避ける等、人々の行
      動様式が変化し、対面、物理的な接触を回避できるキャッシュレス決済の需要が伸長する影響も見受けられていま
      す。このように、新型コロナウイルスの感染拡大状況により、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響
      を及ぼす可能性があります。
                                 17/200







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     2 銀行事業セグメントに係るリスク
       銀行事業セグメントは、主として楽天銀行株式会社が業務運営をしています。
       楽天銀行株式会社は、銀行法及び金融商品取引法等に基づく金融庁の監督を受けており、また、金融庁その他関
      係当局は、随時同社の検査を行う権限を有しています。同社は、法令等により一定の自己資本比率の維持を求めら
      れており、財政状態を健全に保ち、最低自己資本比率を下回ることがないように留意していますが、財政状態の悪
      化により定められた自己資本比率が下回る場合には、金融庁から営業の全部又は一部の停止を含む行政上の措置が
      課される可能性があります。さらに同社は、登録金融機関として外国為替証拠金取引を取り扱っており、金融商品
      取引法その他の関係法令及び一般社団法人金融先物取引業協会の規則を遵守するとともに、各種禁止行為を行うこ
      とがないよう留意し事業を行っています。しかし、かかる取組や対応策が不十分であった場合、同社はユーザーか
      らの信頼を失う可能性があり、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、同社では、インターネット・バンキングサービスを提供しており、普通預金の引出し、定期預金の解約、
      他の金融機関への送金又は振込がインターネット上で行えます。そのため、経済環境の悪化や同社及び当社グルー
      プのレピュテーションに悪影響を及ぼす不測の事態が発生した場合には、予想を超えた著しい資金流出が予想より
      も速いペースで進行する可能性があります。かかるリスクに対して、インシデント発生の未然防止又は早期発見の
      ための定期的なモニタリング及び内部監査を実施しております。しかしながら、それらの取組が期待通りの効果を
      得られなかった場合には、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       さらに、同社においては、適切な収益確保とマーケティングコストの管理を行っておりますが、競争環境の激化
      により、ローン金利の引き下げ、預金調達コストの増加及び多額のマーケティングコストが発生した場合等には当
      社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       加えて、同社は、独自のATMネットワークを有していないため、ATMの利用に関わる契約を締結している他の金融
      機関との関係が悪化した場合又はこれらの業務若しくはシステムに支障が生じた場合等には、サービス利便性低下
      によるユーザーの離反、追加費用の発生等により当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能
      性があります。
       新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は銀行事業においても見られ、経済活動の落ち込みによりカー
      ドローン残高等が減少した一方、人々の行動様式が変化し、非対面のインターネット・バンキングサービスの需要
      の伸長といった形で現れています。今後、新型コロナウイルス感染症の感染動向を予測することは困難ですが、感
      染が拡大する場合、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     3 証券事業セグメントに係るリスク

       証券事業セグメントは、主として楽天証券株式会社が業務運営をしています。
       楽天証券株式会社は、金融商品取引法に基づく金融商品取引業の登録等を行っており、金融商品取引法、同施行
      令をはじめとした法令や金融商品取引所、日本証券業協会などの諸規則等の適用を受けています。これに対し同社
      は、法令諸規則の順守態勢、リスク管理態勢、内部監査等内部管理態勢の充実に努めています。また、法令等によ
      り一定の自己資本規制比率を保つよう義務付けられております。しかしながら、同社の取組が期待通りの成果を発
      揮しなかった場合及び最低自己資本規制比率を下回る場合には、金融庁から営業の全部又は一部の停止を含む行政
      上の措置が課され、かかる場合には当社グループの経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性がありま
      す。
       また、同社は、個人顧客を対象に、株式委託売買取引、株式信用取引、外国為替証拠金取引、投資信託販売、債
      券取引、先物・オプション取引等のサービスを提供しており、委託手数料をその主な収入源としています。同業他
      社との間で各種手数料引き下げ競争が激化し、同社の委託手数料等を引き下げた場合においては、当社グループの
      経営成績及び財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       加えて同社は、証券市場等の金融市況の影響を受けています。金融市況は、経済情勢、世界各国の市場動向、政
      治動向及び規制動向、並びに投資家心理等の影響を受けるため、同社では世界情勢や経済動向を注視し、環境の変
      化に素早く対応できる体制の構築や定期的なモニタリングを実施することでリスクの極小化を図っております。し
      かしながら市場低迷が長期化した場合や、株式相場の急激な変動等に伴う信用取引高の減少及び顧客への信用取引
      貸付金等の未回収等が生じた場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       新型コロナウイルスの感染拡大の動向は世界経済に大きな影響を与えるため、これが金融市場のボラティリティ
      の上昇要因となり得ます。金融市場のボラティリティが上昇した場合には、国内外の株式の売買高の増加に繋が
      り、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 18/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     4 保険事業セグメントに係るリスク
       保険事業セグメントは、主として楽天生命保険株式会社、楽天損害保険株式会社等が業務運営をしています。
       楽天生命保険株式会社、            楽天損害保険株式会社は、保険業法その他関連法令諸規則等に基づく金融庁の監督を受
      けています。主として契約者保護を目的とした保険業法その他関連法令により、業務範囲及び資産運用方法の制限
      を受け、ま     た 、準備金の積み立て、ソルベンシー・マージン比率の維持等に関する規定が定められています。両社
      は、社内規程等を整備し、ソルベンシー・マージン比率等についてのリスク許容度の設定やモニタリング管理を
      行っており、適宜対応できる体制を整備しています。しかしながら、何らかの要因により、業務運営、資産運用上
      の諸前提に大きな乖離が生じる等して、当該比率を適切に維持できず、金融庁からの行政指導等が行われた場合、
      当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       楽天生命保険株式会社は定期保険や医療保険等、楽天損害保険株式会社は自動車保険や火災保険等の保険商品を
      販売しており、保険契約者からの保険料収入及びそれを原資とした資産運用による収益を主な収入源としており、
      商品の拡販のための各種施策等の実施や保有契約の継続率向上に努めております。しかしながら経済環境の悪化等
      の原因により、新規契約の減少、想定を超えた中途解約の増加等により、保有契約の著しい減少が生じた場合に
      は、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、資産運用に関しては、
      価格変動リスクの大きい有価証券の売却、ヘッジ並びにリスク許容度に応じたリスクの限度額管理を行うことで適
      切なリスク管理に努めておりますが、保有する国内外の有価証券等について予測を超える価格変動等が生じた場
      合、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       さらに、大規模な自然災害の発生やパンデミックに備え、再保険の活用や異常危険準備金の積み立て等を行って
      いますが、想定を上回る頻度及び規模の保険金支払いが生じた場合には、当社グループの事業、経営成績及び財政
      状態に影響を及ぼす可能性があります。
       新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は、楽天生命保険株式会社、楽天損害保険株式会社において
      は、人との接触を回避する傾向により対面販売がマイナス影響を受けた一方で、楽天グループとしての強みである
      インターネット販売が堅調に推移しているため、当社グループの事業、経営成績及び財政状態への影響は限定的で
      あると考えています。
                                 19/200












                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日)における当社グループの経営成績等の状況については以下
     のとおりです。なお、文中の将来に関する事項は、当有価証券報告書提出日現在において、当社グループ(当社及び
     連結子会社)が判断したものです。
     (1)経営成績等の状況

      当社グループでは、売上収益、Non-GAAP営業利益を経営成績評価上の重要な指標としております。当社グループの
     経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。
     ①  当期の経営成績

      当連結会計年度においては、              2019年4月1日を効力発生日とする連結対象会社の増加に加え、クレジットカード
     事業セグメントを中心に、以下のように売上収益、Non-GAAP営業利益ともに大きく増加し、着実な成長を果たすこと
     ができました。なお、セグメントごとの分析は「(2)経営者による経営成績等の状況に関する分析・検討内容 
     ① 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容」に記載しています。また、前第2四半期
     連結会計期間より楽天グループの共通費の配賦方法を変更したため、前連結会計年度のNon-GAAP営業利益は変更後配
     賦方法に基づいて記載しています。
                                                   (単位:百万円)
                  前連結会計年度
                                当連結会計年度
                 (自    2019年1月1日
                              (自    2020年1月1日
                                             増減額        増減率
                               至   2020年12月31日       )
                 至   2019年12月31日       )
       売上収益                 369,860             494,055        124,195         33.6%

     Non-GAAP営業利益                     63,986             88,355        24,369        38.1%

      Non-GAAP営業利益から営業利益への調整は、以下のとおりです。

                                               (単位:百万円)
                          前連結会計年度                 当連結会計年度
                        (自    2019年1月1日               (自    2020年1月1日
                         至   2019年12月31日       )        至   2020年12月31日       )
    Non-GAAP営業利益                              63,986                 88,355

    無形資産償却費                             △1,798                 △4,456

    株式報酬費用                               △737                 △922

    その他の調整項目                               6,173                 5,777

    営業利益                              67,624                 88,754

     ②  経営成績の分析

     (売上収益)
       当連結会計年度における売上収益は                 494,055    百万円となり、前連結会計年度の                369,860    百万円から     124,195百万円
      ( 33.6%)増加      しました。これは2019年4月1日を効力発生日                      とする楽天グループ企業の組織再編に伴う連結子会
      社の増加の影響に加え          、クレジットカード事業における『楽天カード』の会員基盤拡大による収益の増加、証券事
      業において金融市場のボラティリティの上昇による株式売買の手数料収入の増加、顧客の信用取引増加による収益
      の拡大、銀行事業における銀行口座数の伸長に伴う手数料収益の増加、及び保険事業におけるインターネット経由
      での販売増加等が主な要因です。
                                 20/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (営業費用)
       当連結会計年度における営業費用は                 402,758    百万円となり、前連結会計年度の                300,327    百万円から     102,431百万円
      ( 34.1%)増加      しました。これは2019年4月1日を効力発生日                      とする楽天グループ企業の組織再編に伴う連結子会
      社の増加の影響に加え          、 クレジットカード事業における業容の拡大による費用の増加                            、証券事業における金融市場
      のボラティリティの上昇による取引関連費用の増加、銀行事業における銀行口座数の伸長に伴う                                             プロモーション活
      動によるマーケティング費用の              増加、   及び保険事業における業容の拡大による                  費用の増加等が主な要因です。
     (営業利益)

       当連結会計年度における営業利益は                 88,754   百万円となり、前連結会計年度の                67,624   百万円から     21,130百万円
      ( 31.2%)増加      しました。     これは2019年4月1日を効力発生日とする楽天グループ企業の組織再編に伴う連結子会
      社の増加の影響に加え、各セグメントとも業績が好調に推移したためです。
     (税引前当期利益)

       当連結会計年度における税引前当期利益は                    88,945   百万円となり、前連結会計年度の                67,409   百万円から     21,536百万
      円 ( 31.9%)増加      しました。これは、営業利益で説明した要因等により利益が増加したためです。
     (法人所得税費用)

       当連結会計年度における法人所得税費用は                    33,919   百万円となり、前連結会計年度の                22,266   百万円から     11,653百万
      円 ( 52.3%)増加      しました。
     (当期利益)

       以上の結果、当期利益は           55,026   百万円となり、前連結会計年度の               45,143   百万円から     9,883百万円      ( 21.9%)増加      し
      ました。
     (親会社の所有者に帰属する当期利益)

       以上の結果、親会社の所有者に帰属する当期利益は                        55,547   百万円となり、前連結会計年度の                45,155   百万円から
      10,392百万円      ( 23.0%)増加      しました。
     ③  財政状態の分析

     (資産)
       当連結会計年度末の資産合計は              10,383,432     百万円となり、前連結会計年度末の資産合計                     7,326,801     百万円と比べ、
      3,056,631百万円増加          しました。これは主に、クレジットカード事業において貸付金が増加したこと、証券事業にお
      いて顧客の売買取引増加に伴う金融資産が増加したことや、銀行事業において住宅ローンが増加したこと、顧客か
      らの預金受入に伴い現金及び現金同等物が増加したことによるものです。
     (負債)

       当連結会計年度末の負債合計は               9,899,322     百万円となり、前連結会計年度末の負債合計                     6,870,124     百万円と比べ、
      3,029,198百万円増加          しました。これは主に、手元流動性を高めるため、社債及び借入金が増加したことに加え、証
      券事業において顧客の売買取引増加に伴う金融負債の増加や、銀行事業において顧客からの預金が増加したことに
      よるものです。
     (資本)

       当連結会計年度末の資本合計は               484,110    百万円となり、前連結会計年度末の資本合計                      456,677    百万円と比べ、
      27,433百万円増加        しました。これは主に、親会社である楽天株式会社への配当、その他の包括利益を通じて公正価
      値で測定する金融商品の時価の下落により減少したものの、当期利益による利益剰余金、及び新たに連結子会社と
      なった樂天國際商業銀行股份有限公司に係る非支配持分により増加しました。
                                 21/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     ④  キャッシュ・フローの状況の分析
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ1,574,767百万円増加し、                                               2,883,879
      百万円   となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりです。
     (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、                              1,023,808百万円の資金流入             (前連結会計年度は
      313,978百万円の資金流入            )となりました。これは主に、銀行事業の貸付金の増加による資金流出が386,707百万
      円、カード事業の貸付金の増加による資金流出が204,590百万円となった一方で、銀行事業の預金の増加による資金
      流入が1,552,528百万円となったことによるものです。
     (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、                               41,821百万円の資金流出            (前連結会計年度は
      142,578百万円の資金流出            )となりました。これは主に、無形資産の取得による資金流出が30,036百万円、保険事業
      の有価証券の取得及び売却等によるネットの資金流出が15,327百万円(有価証券の取得による資金流出が75,676百
      万円、売却及び償還による資金流入が60,349百万円)となったことによるものです。
     (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、                              594,408百万円の資金流入            (前連結会計年度は
      109,201百万円の資金流入            )となりました。これは主に、長期借入金の返済による資金流出が247,774百万円となっ
      た一方で、短期借入金の増加による資金流入が411,429百万円、長期借入れによる資金流入が321,250百万円、コ
      マーシャル・ペーパーの増加による資金流入が99,500百万円となったことによるものです。
     ⑤  生産、受注及び販売の実績

      生産及び受注の実績については、該当事項はありません。また、販売の実績については、「(2)                                              経営者による
     経営成績等の状況に関する分析・検討内容 ①                      当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内
     容」に各セグメントの状況を記載しています。
                                 22/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (2)    経営者による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
     ①  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
      2019年4月の組織再編により、クレジットカード事業、銀行事業、証券事業、保険事業を報告セグメントとしてい
     ます。そのため、当期においては、クレジットカード事業以外のセグメントの前年同期との比較のために、当連結会
     計年度に加え、当第4四半期連結会計期間での比較を記載しており、クレジットカード事業以外のセグメントにおい
     ては、前期比較は第4四半期連結会計期間にて行っています。
      また、セグメントごとの分析については当社グループ内部取引控除前の数値です。文中の将来に関する事項は、当
     連結会計年度末現在において判断したものです。以下、セグメント単位で経営成績等の分析・検討内容を記載してい
     ます。
     (クレジットカード事業)

                                                   (単位:百万円)
                   前連結会計年度              当連結会計年度
                  (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                             増減額        増減率
                  至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
        売上収益                 231,823              262,548        30,725        13.3%
      セグメント損益
                          32,374              36,827        4,453       13.8%
     (Non-GAAP営業利益)
                                                   (単位:百万円)

                   前第4四半期              当第4四半期
                   連結会計期間              連結会計期間
                                             増減額        増減率
                  (自    2019年10月1日           (自    2020年10月1日
                  至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
        売上収益                  64,424              69,196        4,772        7.4%
      セグメント損益
                          7,897              6,807       △1,090       △13.8%
     (Non-GAAP営業利益)
      クレジットカード事業セグメントでは、2019年10月から2020年6月まで実施された政府のキャッシュレス・消費者

     還元事業の追い風もあり順調に推移していましたが、2020年2月下旬以降は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大
     による国内及び世界経済全体の経済活動の落ち込みの影響が徐々に表れ、特に2020年4月7日に緊急事態宣言が発出
     されて以降は外出自粛の広がりや大規模商業施設等が休業や営業時間短縮となるなど、国内の経済活動が停滞しまし
     た。2020年5月下旬に地域ごとに順次緊急事態宣言が解除されて以降は徐々に消費が回復し、                                           コロナ禍における押し
     下げ影響はあるものの、           引き続きカード会員数及びショッピング取扱高が伸長いたしました。その一方で、ショッピ
     ングリボルビング残高及びキャッシング残高については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による人々の行動様
     式の変容による需要減少の影響を受けました。
      そのような環境下において、楽天グループ各社のサイト上での当社のバナー広告の展開や、テレビCMやWebCMの放
     送による認知度向上に加え、JCBブランドにて、楽天カードディズニー・デザインでのミニーマウスデザインの投入
     や、Mastercardブランドにて、みちのく銀行デザインの投入等により会員数は2,155万人(前年同期末比13.5%増)
     となりました。また、会員数の伸長及び利用促進キャンペーン活動を継続的に行った結果、主要KPIであるショッピ
     ング取扱高は11兆4,691億16百万円(前年同期比21.3%増)となり、コロナ禍においても2桁成長を維持することが
     できました。一方で、新型コロナウイルス感染症の影響により、ショッピングリボルビングやキャッシングへの消費
     者需要は徐々に回復しているもののコロナ禍以前の水準までは回復しておらず、ショッピングリボルビング残高は
     6,198億38百万円(前年同期末比0.9%増)と微増となり、キャッシング残高は1,196億74百万円(前年同期末比
     11.6%減)と減少となりました。
      結果として、      当連結会計年度において、            売上収益は     262,548    百万円(前年同期比         13.3%増    )となりました。
      また、債権回収におきましては、与信管理を適切に行ったこと等により、貸倒関連費用比率の上昇はなく、資産の
     健全性を維持できました。また、広告宣伝費の抑制にも取り組みました。
      以上の結果から、セグメント損益は                36,827   百万円(前年同期比         13.8%増    )となりました。
                                 23/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (銀行事業)
                                                   (単位:百万円)
                   前連結会計年度              当連結会計年度
                  (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                             増減額        増減率
                  至    2019年12月31日       )    至    2020年12月31日       )
        売上収益                  67,443              95,610        28,167        41.8%
      セグメント損益
                          20,613              27,188        6,575       31.9%
     (Non-GAAP営業利益)
                                                   (単位:百万円)

                   前第4四半期              当第4四半期
                   連結会計期間              連結会計期間
                                             増減額        増減率
                  (自    2019年10月1日           (自    2020年10月1日
                  至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
        売上収益                  22,955              24,704        1,749        7.6%
      セグメント損益
                          7,002              6,619        △383       △5.5%
     (Non-GAAP営業利益)
      銀行事業セグメントでは、楽天カード株式会社との協業施策等の楽天グループ間でのシナジー効果を目指した取り

     組み等により、主要KPIである銀行口座数が伸長し、991万口座(前年同期末比20.0%増)となりました。また、銀行
     口座数の伸長及び給与受け取り口座や自動引落口座獲得のためのプロモーション活動の結果、預金残高は4兆8,881
     億17百万円(前年同期末比47.0%増)となりました。また、2020年1月に住宅ローンの団体信用生命保険に、がん保
     障特約を新たに追加するなど、サービスの拡充を実施いたしました。それらの取組により、当連結会計年度において
     資産が順調に積みあがった結果、売上収益は                    95,610   百万円となりました。
      営業費用は業容拡大により増加しておりますが、結果としてセグメント損益は                                    27,188   百万円となりました。
      当第4四半期連結会計期間においては、新型コロナウイルス感染症による影響により、カードローン残高の減少
     や、金融緩和政策の実施等による売上収益へのマイナス影響があった一方、銀行口座数の伸長に伴い運用資産や決済
     件数が順調に拡大したことにより、売上収益は                      24,704   百万円(前年同期比         7.6%増    )となりました。一方で、営業費
     用においては、銀行口座数伸長に伴うプロモーション活動により、マーケティング費用が増加し、その結果セグメン
     ト損益は    6,619   百万円(前年同期比         5.5%減    )となりました。
     (証券事業)

                                                   (単位:百万円)
                   前連結会計年度              当連結会計年度
                  (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                             増減額        増減率
                  至    2019年12月31日       )    至    2020年12月31日       )
        売上収益                  41,847              73,415        31,568        75.4%
      セグメント損益
                          7,923             16,835        8,912       112.5%
     (Non-GAAP営業利益)
                                                   (単位:百万円)

                   前第4四半期              当第4四半期
                   連結会計期間              連結会計期間
                                             増減額        増減率
                  (自    2019年10月1日           (自    2020年10月1日
                  至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
        売上収益                  14,353              20,088        5,735       40.0%
      セグメント損益
                          2,485              4,195        1,710       68.8%
     (Non-GAAP営業利益)
      証券事業セグメントでは、投信積立で楽天カード決済が可能となるサービスや楽天ポイントなどで投資信託や国内

     株式が購入できるポイント投資サービスなど、楽天グループ間でのシナジー効果を目指した継続的な取り組みによ
     り、主要KPIである証券総合口座数は508万口座(前年同期末比35.2%増)及び証券預かり資産残高(楽天銀行との口
     座連携サービスにおいて、自動入出金(スイープ)を設定している顧客の楽天銀行普通預金残高も含む)は9兆9,860
     億43百万円(前年同期末比44.9%増)となりました。また、新型コロナウイルス感染症の影響による金融市場のボラ
     ティリティの上昇による株式の売買高の増加もあり、当連結会計年度においては、売上収益は                                           73,415   百万円となりま
                                 24/200

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     した。営業費用は業容拡大により増加しておりますが、結果として、セグメント損益は                                        16,835   百万円となりました。
      当第4四半期連結会計期間においては、新型コロナウイルス感染症の影響による金融市場のボラティリティの上昇
     による国内外の株式の売買高の増加もあり、売上収益は                          20,088   百万円(前年同期比         40.0%増    )となりました。営業費用
     は業容拡大により増加しておりますが、売上収益の増加により、セグメント損益は                                      4,195   百万円(前年同期比         68.8%
     増 )と大幅に増加しました。
    (保険事業)

                                                   (単位:百万円)
                   前連結会計年度              当連結会計年度
                  (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                             増減額        増減率
                  至    2019年12月31日       )    至    2020年12月31日       )
        売上収益                  56,602             103,971        47,369        83.7%
      セグメント損益
                          3,076              7,505        4,429       144.0%
     (Non-GAAP営業利益)
                                                   (単位:百万円)

                   前第4四半期              当第4四半期
                   連結会計期間              連結会計期間
                                             増減額        増減率
                  (自    2019年10月1日           (自    2020年10月1日
                  至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
        売上収益                  19,649              25,033        5,384       27.4%
      セグメント損益
                          2,665              2,937         272      10.2%
     (Non-GAAP営業利益)
      保険事業セグメントでは、楽天保険の総合窓口の開設により、楽天生命、楽天損保、楽天ペット保険が提供する保

     険商品のお客様窓口を一本化し、ご契約者様のお手続きをワンストップで受けることができるようにすることで、
     ユーザーにとって利便性の高い保険サービスを提供しています。また、楽天グループ間でのシナジーの最大化を図る
     べく、楽天IDを使ったネット経由での楽天生命、楽天損保、楽天ペット保険の対象商品のご加入者様に、保険料支払
     い額の1%分の楽天ポイントを還元するサービスを2019年12月より開始しました。また、認知度向上のためテレビCM
     を放映しました。これらの取組等により、保険事業セグメントの主要KPIである楽天生命保険の保有契約件数(共済
     事業及び1年定期ガン保険の契約を除く)は、46.6万件(前年同期末比6.9%増)となりました。また、楽天損害保
     険の自動車保険、住宅向け火災保険、インターネット申込保険の新規契約件数は19.4万件(前年同期比22.5%増)と
     なりました。
      ユーザーにとって利便性の高い保険サービスの提供及び、楽天グループ間でのシナジーの最大化を目指す取り組み
     等を行っており、当連結会計年度においては、売上収益は                           103,971    百万円となりました。また、業容拡大による営業
     費用の増加により、結果として、セグメント損益は                        7,505   百万円となりました。
      当第4四半期連結会計期間においては、新型コロナウイルス感染症の影響により保険の対面販売が減少した一方
     で、インターネット経由での販売が増加したこと等により、売上収益は                                 25,033   百万円(前年同期比         27.4%増    )となり
     ました。業容拡大により営業費用は増加しておりますが、売上収益の増加により、セグメント損益は前年同期比
     2,937   百万円(前年同期比         10.2%増    )となりました。
      以上により、当連結会計年度においては、クレジットカード事業の伸長と業績の拡大に加え、組織再編による連結

     子会社の増加もあり、セグメント損益は                   88,355   百万円(前年同期比         38.1%増    )となりました。また、当第4四半期連
     結会計期間においては、当第2四半期連結会計期間及び第3四半期連結会計期間に引き続き、新型コロナウイルス感
     染症の影響による経済活動の停滞によるマイナス影響があった一方、金融市場のボラティリティが上昇する等による
     環境下で証券事業が好調な影響もあり、セグメント損益は                           20,558   百万円(前年同期比         2.5%増    )となりました。
      今後の施策として、引き続きキャッシュレス決済の社会全体への浸透を追い風として、クレジットカード事業を中
     心に、新規会員の獲得及びクレジットカード利用促進に向けた効果的かつ効率的なマーケティング戦略を行っていき
     ます。また、当社グループの顧客基盤を最大限に活用し、各社間でのクロスユースを促進することで、当社グループ
     間でのシナジーを更に発揮していきます。なお、世界的な新型コロナウイルス感染症の感染拡大による景気の不透明
     さは残っておりますが、資産の健全性、財務の安定性を維持しつつ、各事業のKPI、売上収益、Non-GAAP営業利益へ
     の影響を注意深く見ていきます。
                                 25/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     ②  資本の財源及び資金の流動性に係る情報
      当社グループでは、グループ全体における持続的成長の実現を可能とするために、安定的かつ多様な資金調達手段
     の確保を行う事、また、各社の高い財務健全性を維持するために、十分な流動性を確保することが重要だと認識して
     おり、低利かつ安定的な調達を行い、十分な流動性の確保に努めています。
      なお、当社の当連結会計年度末時点の信用格付けは、JCRから、発行体格付け「A(シングルA)」を取得していま
     す。また、R&Iからは発行体格付け「A-(シングルAマイナス)」を取得しています。
     ③  重要な会計上の見積及び当該見積りに用いた仮定

      当社グループにおける重要な会計上の見積及び当該見積りに用いた仮定につきましては、「第5                                              経理の状況 
     1.連結財務諸表等 連結財務諸表注記 3.重要な会計上の見積り及び判断(1)重要な会計上の見積り及び仮
     定」に記載しています。
                                 26/200
















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)    経営基本契約・経営管理契約
       当社および当社グループ各社においては、2019年4月1日付で、楽天株式会社との間で下記の通り経営基本契
      約、経営管理契約を締結しております。(当社の直接の子会社について記載)。
       当該契約に基づき、当社および当社グループ各社は楽天等のブランド利用等の許諾を受けております。
         契約当事者             契約の名称          契約締結日               契約概要

    当社/

                   経営管理契約            2019年4月1日         経営管理体制に関する契約
     楽天(株)
    当社/
                   経営基本契約
     楽天銀行(株)/                          2019年4月1日         経営管理体制に関する契約
                    経営管理契約
     楽天(株)
    当社/
                   経営基本契約
     楽天証券(株)/                          2019年4月1日         経営管理体制に関する契約
                    経営管理契約
     楽天(株)
    当社/
                   経営基本契約
     楽天インシュアランスホー
                               2019年4月1日         経営管理体制に関する契約
    ルディングス(株)/
                    経営管理契約
     楽天(株)
     (2)    その他の重要な契約

       当社および楽天銀行株式会社においては、Waterland                         Financial     Holdings(現 IBF         Financial     Holdings)と、
      台湾における銀行業務開始を目的とし、下記契約を締結しております。
         契約当事者             契約の名称          契約締結日               契約概要

    当社/楽天銀行(株)/

    Waterland     Financial
                   Definitive
                                       楽天国際商業銀行並びにその準備会社設
    Holdings                          2019年1月8日
                                       立のための株主間協定
                   Agreement
    (現   IBF  Financial 
    Holdings)
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 27/200










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】
      当連結会計年度(自         2020年1月1日        至  2020年12月31日       )の当社グループの設備投資額は、                 71,357   百万円であり、
     各セグメントの設備投資額は下記のとおりです。
      クレジットカード事業セグメントの設備投資額は                       26,051   百万円であり、主として使用権資産の計上及びソフトウエ
     アの取得・開発によるものです。なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      銀行事業セグメントの設備投資額は                 13,578   百万円であり、主として使用権資産の計上及びソフトウエアの取得・開
     発によるものです。なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      証券事業セグメントの設備投資額は                 18,103   百万円であり、主として使用権資産の計上及びソフトウエアの取得・開
     発によるものです。なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
      保険事業セグメントの設備投資額は                 13,625   百万円であり、主として使用権資産の計上及びソフトウエアの取得・開
     発によるものです。なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
    2 【主要な設備の状況】

     (1)提出会社
                                                 2020年12月31日       現在
                                    帳簿価額(百万円)
      事業所名
               セグメント                                       従業員数
                      設備の内容
                                  工具、器
                の名称                                       (名)
      (所在地)
                                            ソフト
                                       使用権
                              建物    具及び備                合計
                                        資産
                                            ウエア
                                   品
    福岡事務所
             クレジットカード         全業務に係わ
                                79     431     442    18,061     19,013      1,026
             事業         る設備
    (福岡県福岡市)
     (2)国内子会社

                                                 2020年12月31日       現在
                                    帳簿価額(百万円)
                セグメント                                      従業員数
     会社名      所在地           設備の内容
                                  工具、器
                 の名称                                     (名)
                                            ソフト
                                       使用権
                             建物    具及び備                合計
                                        資産
                                            ウエア
                                   品
    楽天証券㈱      東京都      証券事業      全業務に係わ
                               42     105    7,039     19,221     26,407       373
          港区            る設備
    楽天銀行㈱      東京都      銀行事業      全業務に係わ
                               99     163    7,815     7,356     15,433       548
          港区            る設備
    3  【設備の新設、除却等の計画】

      重要な設備の新設・除却等の計画はありません。
                                 28/200








                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)    【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                       320,000

                 計                                     320,000

      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在

                                 上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                 商品取引業協会名
               2020年12月31日         (2021年3月30日)
                                     非上場
      普通株式             78,649          78,649              (注)1,2
        計           78,649          78,649        ―             ―

     (注)   1.当社は単元株制度を採用しておりません。
       2.当社の株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要する旨定款に定めています。
     (2)    【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)    【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)    【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                 (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    2012年5月31日
                     ―     78,649         ―     19,323       △3,177        11,822
    (注)1
     (注)1.資本準備金の減少は欠損填補によるものです。
        2.2019年4月1日付の会社分割による楽天グループ企業の組織再編による、発行済株式総数、資本金及び資
          本準備金の増減はありません。
                                 29/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (5)    【所有者別状況】
                                                2020年12月31日       現在
                             株式の状況
                                                     単元未満
      区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
    株主数
               ―     ―     ―      1     ―     ―     ―      1      ―
    (人)
    所有株式数
               ―     ―     ―   78,649       ―     ―     ―   78,649        ―
    (株)
    所有株式数
               ―     ―     ―   100.00       ―     ―     ―   100.00        ―
    の割合(%)
     (注) 当社は単元株制度を採用しておりません。
     (6)    【大株主の状況】

                                                2020年12月31日       現在
                                                   発行済株式(自
                                                   己株式を除く)
                                            所有株式数
                                                   の総数に対する
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
    楽天株式会社                東京都世田谷区玉川一丁目14番1号                           78,649         100
           計                   ―                78,649         100

     (7)    【議決権の状況】

      ① 【発行済株式】
                                                2020年12月31日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                  内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

    完全議決権株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               78,649             ―
                          78,649
    単元未満株式                    ―          ―              ―
    発行済株式総数                     78,649        ―              ―

    総株主の議決権                    ―           78,649             ―

      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 30/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
       該当事項はありません。
     (1)【株主総会決議による取得の状況】

      該当事項はありません。
     (2)【取締役会決議による取得の状況】

      該当事項はありません。
     (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

      該当事項はありません。
     (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

      該当事項はありません。
    3  【配当政策】

      当社は、中長期的な成長に向け財務基盤の安定化のための内部留保の充実を勘案し、配当を行っていきます。必要
     となる株主資本の水準については、以下の考え方を基本としています。
      ・拡大する事業機会を迅速かつ確実に捉えるために必要な財務基盤を整えておくこと
      ・事業活動及び資産のリスクと比較して充分であること
      ・安定的な資金調達を行う上で必要な格付を維持すること及び監督規制上求められる水準を充足していること
      また、当社は、年1回の剰余金の配当を行う事を基本方針としており、当社における剰余金の配当の決定機関は、

     期末配当、特別配当については株主総会、中間配当については取締役会としています。また、中間配当を行うことが
     できる旨を定款に定めています。
      内部留保資金については、将来の事業拡大や生産性向上の実現に向け有効活用してまいります。
      当連結会計年度においては、2020年12月28日の臨時株主総会にて、利益剰余金を配当原資とし、1株当たり127,148
     円とすることを決定いたしました。また、2021年3月29日の定時株主総会においては、利益剰余金を配当原資とし、
     1株当たり254,295円とすることを決定いたしました。当連結会計年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりです。
          決議年月日               配当金の総額(百万円)                  1株当たり配当額(円)
     2020年12月28日        臨時株主総会決議                        10,000                  127,148
     2021年3月29日        定時株主総会決議                        20,000                  254,295
                                 31/200








                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)    【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社グループは、イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントすることを経営の基本理念として
       います。ユーザー及び取引先企業へ満足度の高いサービスを提供するとともに、多くの人々の成長を後押しする
       ことで、社会を変革し豊かにしていきます。
        この理念を実現させるためには、実効性の高いコーポレート・ガバナンスの実現が重要と考え、当社グループ
       は、企業価値の最大化を目指し、コーポレート・ガバナンスの徹底を最重要課題の一つと位置付け様々な施策を
       講じています。
      ② 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

       1 会社の機関の基本説明
         当社は、株主総会および取締役のほか、取締役会、監査役、会計監査人を設置しております。
         当社は、監査役制度を採用しています。また、当社は経営の監督と業務執行の分離を進めるため執行役員制
        を導入しており、取締役会は経営の意思決定及び監督機能を担い、執行役員が業務執行機能を担うこととして
        います。
         また、子会社管理のため、経営管理本部、子会社の内部監査、及びリスク管理を行うための組織を設置して
        おり、子会社のガバナンス管理体制を構築しております。
        <コーポレート・ガバナンス体制>

                                 32/200













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
        <取締役会及び各委員会の概要>
        ・取締役会
         取締役会は、議長は代表取締役社長、構成員は取締役、監査役で構成されています。定例の取締役会を開催
        するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営上の重要事項について意思決定するとともに、執行役員
        の業務執行を監督しています。
        ・監査役協議会

         監査役協議会は、議長は常勤の監査役、構成員は監査役で構成されています。監査に関する重要な事項につ
        いて報告を受け、協議を行い、又は決議をすることとしています。ただし、各監査役の権限の行使を妨げるこ
        とはできません。
        ・コンプライアンス委員会

         コンプライアンス委員会は、委員長は代表取締役社長、委員は取締役、執行役員で構成されています。コン
        プライアンスに係る審議、決議する機関であり、コンプライアンスに係る基本方針や特に着目すべき法令等を
        定め、コンプライアンス・プログラムを策定し組織全体に周知する役割や、委員会で審議された事項を必要に
        応じて、取締役会に付議する役割等を担っています。
        ・情報セキュリティ委員会

         情報セキュリティ委員会は、委員長は代表取締役社長が指名する情報セキュリティ統括管理責任者、委員は
        執行役員及び各部の長で構成されています。情報セキュリティに関する基本方針や重要事項について審議して
        います。
        ・懲罰委員会

         懲罰委員会は、委員長は代表取締役社長、委員は委員長の指名する者をもって構成されています。就業規則
        に定める、懲戒について審議し、決議をすることとしています。
       2 内部統制システムの整備の状況、及び当社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

         当社は、取締役会において、取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、子
        会社の業務の適正を確保するための体制、その他業務の適正を確保するための体制につき、次のとおり決議し
        ています。
        1) 役職員の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制

          当社は、「楽天グループ企業倫理憲章」、「楽天カード行動指針」及び各種規程等に則り、法令を遵守す
         ることはもとより、高い倫理観をもって事業活動に取り組みます。取締役、執行役員、社員、嘱託社員、
         パートタイマー及び派遣社員(以下、併せて「役職員」といいます。)の職務執行については、代表取締役
         社長直轄の独立組織である内部監査部による定常的なモニタリング及び、業務監査を実施するとともに、コ
         ンプライアンス委員会によりコンプライアンスに対する取り組みを進め、適正な職務執行を徹底し報告させ
         ることで把握いたします。また、取締役会及び監査役等による役職員の職務執行に対する監督を徹底し、法
         令・定款への適合性の検証を行います。さらに、すべての役職員に対して当社の一員として必要な知識及び
         倫理観の醸成を図るべく、継続的にコンプライアンス教育を実施するとともに、年2回のコンプライアンス
         にかかる宣誓を行っております。公益通報システム「楽天カードヘルプライン」を利用した公益通報者保護
         法に基づいた措置等の適切な運用を推進するものとします。また、監査役は当社の法令遵守体制に問題があ
         ると認めるときは、取締役会または代表取締役に対し、意見を述べるとともに、改善策の策定を求めるもの
         とします。法令・定款違反等の行為が発見された場合には楽天カードコンプライアンス細則等に則り、速や
         かにコンプライアンス担当部署又は指定された外部の機関に通報し、対応策を行うこととします。役職員の
         法令・定款違反等の行為については懲罰委員会規程・就業規則に基づき処分を審議します。
        2)    役職員の職務執行に関する            情報の保存・管理体制

          当社における役職員の職務執行に関する文書、電磁的記録等の各種情報は、「文書管理細則」「文書・契
         約書事務取扱細則」「楽天カード株式会社情報セキュリティ細則」等の社内規程に則り、内部監査部門によ
                                 33/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
         るセキュリティ監査の実施による適正性を確保し、且つ適法・適切に所定の期間保存・管理するものとし、
         取締役及び監査役は当該情報を常時閲覧することができるものとします。また、所定の期間保存・管理した
         後 は、適切な方法にて廃棄することとします。
        3) 損失の危険の管理体制

          事業活動に伴い生じる各種リスクについては、社内規程、細則及び業務マニュアルに基づきそれぞれの担
         当部署で適切に対処いたします。特に当社において重要性の高い信用リスク及び情報管理に伴うリスクにつ
         いては、代表取締役社長の指示のもと、リスク管理グループを中心に、リスク管理を徹底するとともに、当
         社全体として当該リスクの極小化を図ります。また、緊急報告体制の強化により各種リスク情報の迅速な集
         約を推進するものとします。四半期に1度開催されるリスク管理委員会(当社の社長等で構成)にてリスク
         に関する報告を徹底することにより、リスク情報の集約及びリスク管理の徹底を行います。事業に伴うリス
         クについては、一定額以上の事業投資案件につき取締役会の承認決議を必要とすることによって、取締役の
         職務執行を適切に監督するとともに、当社の社長等によって構成される各委員会における事業遂行に係るリ
         スクに関する報告を徹底することにより、リスク情報の集約及びリスク管理の徹底を行います。
        4) 役職員の職務執行が効率的に行われるための体制

          役職員の職務執行に関しては、「取締役会規程」、「組織細則」等の社内規程に基づき適切かつ効率的な
         意思決定体制を構築いたします。また、各種社内手続の電子化を推進することにより、意思決定の明確化・
         迅速化を図っております。意思決定に基づく業務の執行にあたっては、取締役会において選任された執行役
         員がその管掌業務の執行を行うことにより、機動的な職務執行を促進いたしております。これらの業務運営
         状況を把握し、改善を図るため「楽天カード内部監査細則」に則り、内部監査部による定例内部監査を行
         い、その結果について改善策を策定・実施する等の適切な措置を講じます。
        5) 当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

          「  Rakuten    Group   Regulation     」 (RGR)   に則り、親会社の主管部署に対し、重要事項の報告・相談をするほ
         か、子会社に対しては「経営管理に関する規程」及び「関係会社管理規程」に則り、経営管理または経営指
         導を行い、当社または子会社の内部監査部が年間計画に従い業務監査を実施することにより業務の適正を確
         保しております。また、主要な子会社と経営基本契約を締結することとし、免許等を受けた金融機関である
         子会社については独立経営を尊重することとします。
        6) 子会社の取締役           、執行役、業務を執行する社員、会社法第598条第1項の職務を行うべき者その他これ

          らの者に相当する者の職務の執行に係る事項の当該株式会社への報告に関する体制
          当社は子会社の自主性を尊重しつつ、「経営管理に関する規程」及び「関係会社管理規程」に基づき、当
         社に対する報告事項を明確にし、執行状況のモニタリングを実施しております。
        7) 子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          子会社からの報告体制を「楽天カード株式会社リスク管理細則」「Fintechグループ規程」に規定し、四半
         期に1度開催されるリスク管理委員会(当社の社長等で構成)に対応状況を報告するものとします。
        8) 子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われていることを確保するための体制

          会社の意思決定方法については子会社各社が各決定規程において明文化し、それぞれが重要性に応じた意
         思決定を行って、子会社各社が「業務分掌」「職務権限」「その他社内規程」を明文化し、各業務を効率的
         に遂行しています。これらの業務運営状況について、当社内部監査部による内部監査を実施し、その状況を
         各社と共有し、協力し、改善のための検証を行います。尚、「経営管理に関する規程」に基づくFinTech                                                 グ
         ループ各社は、各社の内部監査部による内部監査を実施し、改善のための検証を行います。また必要に応じ
         て当社に報告をすることとします。
        9) 子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

          各子会社は「楽天グループ企業倫理憲章」、「楽天カード行動指針」及び各種規程等に則り法令を遵守す
         ることはもとより、高い倫理観をもって事業活動に取り組みます。各子会社の取締役、執行役員、社員、嘱
         託社員、パートタイマー及び派遣社員の職務執行については、当社の独立組織である内部監査部による定常
                                 34/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
         的な業務監査を実施します。また各子会社における内部統制システムの整備は当社の内部統制システムを参
         考に指導作成を行います。当社の内部監査部は、「関係会社管理規程」に則り内部監査を実施し、指摘・改
         善 を行います。尚、「経営管理に関する規程」に基づく                         FinTech    グループ各社は、各社の内部監査部より内
         部監査を実施し、指摘・改善を行います。
        10) 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、その

          使用人の取締役からの独立性に関する事項、及び監査役のその職務を補助すべき使用人に対する指示の実
          効性の確保に関する事項
          監査役が補助使用人の設置を求めた場合には、その職務遂行に必要とされる能力を有する者の確保、指揮
         命令系統の監査役への帰属及び人事考課等の同意権付与等にて独立性と指示の実効性の確保に努めるものと
         します。監査役が補助使用人の設置を求めていない当社にあっては、内部監査部が「楽天カード内部監査細
         則」第4条に則り、監査役との連携強化に努め、定例情報共有会議の開催に加え、監査役からの必要な事項
         の命令に従い業務を遂行しています。
        11) 取締役、その他の使用人及び子会社の取締役、使用人等が監査役等に報告をするための体制、及び子会

          社の取締役、会計参与、監査役、執行役、業務を執行する社員、会社法第598条第1項の職務を行うべき者
          その他これらの者に相当する者及び使用人又はこれらの報告を受けた者が監査役に報告をするための体制
          役職員(子会社における役職員を含む。)は、監査役に対して法定の報告を行うとともに、重要な事項及
         び監査役が必要と認め要請した事項については適正に報告する体制を整備するものとします。当社では、各
         種規程に則り開催される経営、子会社管理、リスク管理、コンプライアンス、情報セキュリティ等の会議体
         における重要事項について、監査役に報告と情報共有が行われています。また、インシデント、苦情相談報
         告はワークフロー内で監査役に回付されるとともに重要情報へのアクセス権限を解放する体制を維持してい
         ます。
        12) 監査役等への報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するた

          めの体制
          当社は、監査役等へ報告を行った者に対し、その行為により不当な取扱いを排除するために社内通報制度
         を設け、本件をその対象事項と認め適正な運用を確保するものとします。社内通報制度における発生状況に
         ついては通報窓口から定期的に情報共有されることを確保しています。
        13) 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費

          用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は、予算計上費用を含め、監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払または支出した費用等
         の償還、負担した債務の弁済を請求したとき、その費用等が監査役の職務の執行について生じたものでない
         ことを証明できる場合を除き、速やかにこれに応じ、監査業務の円滑な遂行を確保しています。
        14) その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          組織として監査役の独立性を周知するとともに、重要会議への参加要請、アクセス権限の解放等監査の実
         効性を高める環境を確保しております。
        15) 財務報告の適正な実施のための体制

          経営情報、財務情報等の開示事項等に係る財務報告に関しては、業務の適正を確保するために金融商品取
         引法に基づく「楽天カード株式会社J-SOX細則」を制定し、内部管理、内部監査、会計監査人による有効性の
         評価を実施しております。
        16) 反社会的勢力に対する体制

          当社は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人(いわゆる反社会的勢
         力)による被害を防止するために、「反社会的勢力に対する基本方針」及び「CCOガイドライン」を定め、反
         社会的勢力と一切関係を持たず、警察等の外部機関と連携し、毅然とした態度で対応し、役職員の安全を確
         保することとし、四半期に1度開催されるコンプライアンス委員会にて対応状況について報告するものとし
         ます。
                                 35/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      ③ リスク管理体制の整備の状況

        リスク管理については、「コンプライアンス委員会」、「情報セキュリティ委員会」、及びリスク管理部を中
       心として、リスク発生の予防及び顕在化による社への影響の極小化に努めています。そのため社内規程の整備を
       進め、関係者に対し定期的な社内教育・訓練を行い、リスク管理体制の維持に努めています。
      ④ 役員報酬の内容

           区 分                  支給人員                   支給額

           取締役                         4  名              106  百万円
           監査役                         1  名               12  百万円
           合 計                         5  名              118  百万円
      (注)取締役1名は2020年2月の就任以降の支給額を記載しています。
      ⑤ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

        (中間配当)
        当社は、取締役会の決議により、毎年6月30日現在の株主名簿に記載された株主又は登録株式質権者に対し、
       会社法第454条第5項の規定に基づく中間配当を行うことができる旨を定款に定めています。これは、株主への機
       動的な利益還元を行う事を目的とするものです。
        (取締役の責任免除)

        当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠った
       ことによる取締役(取締役であったものを含む)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議に
       よって免除することができる旨を定款に定めています。
        (監査役の責任免除)

        当社は、監査役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠った
       ことによる監査役(監査役であったものを含む)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議に
       よって免除することができる旨を定款に定めています。
      ⑥ 取締役の定数

        当社の取締役は3名以上とする旨定款に定めています。
      ⑦ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
       主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めています。また、取締役の選任については累積投票
       によらないものとする旨を定款に定めています。
                                 36/200







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (2)    【役員の状況】
     ① 役員一覧
     男性  9名 女性   1名(役員のうち女性の比率          10.0  %)
                                                       所有株
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期    式数
                                                       (株)
                            1980年4月      ファミリー信販株式会社(現             オリック
                                  ス・クレジット株式会社)入社
                            2003年12月      楽天株式会社 パーソナルファイナンス
                                  事業準備室長
                            2004年9月      株式会社あおぞらカード(現 楽天カー
                                  ド株式会社)代表取締役副社長
                            2005年5月      楽天株式会社      執行役員
                            2006年2月      楽天クレジット株式会社(現 楽天カー
                                  ド株式会社)
                                  代表取締役社長
                            2007年3月      楽天クレジット株式会社(現 楽天カー
                                  ド株式会社)
                                  取締役副会長
                            2009年4月      同社 代表取締役社長(現任)
                            2012年6月      楽天銀行株式会社 取締役
                                  楽天証券株式会社 取締役
                            2012年11月      アイリオ生命株式会社(現 楽天生命保
                                  険株式会社) 取締役
                            2013年2月      楽天株式会社 常務執行役員
     代表取締役 社長
                            2013年3月      楽天インシュアランスプランニング株式
              穂坂 雅之       1954年7月31日                               (注)1     ―
      最高執行役員
                                  会社 取締役
                            2013年5月      楽天Edy株式会社 代表取締役社長
                                  Rakuten   Card  USA,Inc.President(現
                                  任)
                            2014年1月      楽天株式会社 副社長執行役員
                            2014年3月      同社 代表取締役副社長執行役員
                            2014年6月      台灣樂天信用卡股份有限公司 董事
                            2016年4月      楽天株式会社 代表取締役副会長執行役
                                  員(現任)
                            2017年3月      楽天Edy株式会社 取締役
                            2017年11月      楽天証券株式会社 取締役会長(現任)
                            2018年1月      楽天生命保険株式会社 取締役会長
                            2018年6月      楽天銀行株式会社 取締役会長(現任)
                                  楽天生命保険株式会社 取締役(現任)
                                  朝日火災海上保険株式会社(現 楽天損
                                  害保険株式会社) 取締役会長(現任)
                            2018年7月      楽天インシュアランスホールディングス
                                  株式会社 取締役会長
                            2019年4月      楽天ペイメント株式会社 取締役会長
                                  (現任)
                            1988年4月      ファミリー信販株式会社(現             オリック
                                  ス・クレジット株式会社)入社
                            2005年11月      楽天クレジット株式会社(現 楽天カー
                                  ド株式会社)入社 総務部長
                            2008年1月      同社 経営企画部長
                            2009年4月      同社 経営企画部 兼 財務部経理部 
                                  担当役員
                            2011年8月      楽天カード株式会社 執行役員
                            2015年2月      楽天カード株式会社 常務執行役員
                            2015年3月      アールビジネスサポート株式会社(              現 
                                  楽天カードパートナーズ株式会社)
                                  取締役
    代表取締役 副社長
              石崎 安雄       1965年6月27日        2016年3月      楽天カード株式会社 取締役           常務執行役      (注)1     ―
       執行役員
                                  員
                            2017年3月      楽天カード株式会社 代表取締役副社長
                                  アールビジネスサポート株式会社(              現 
                                  楽天カードパートナーズ株式会社)
                                  代表取締役社長(現任)
                            2018年4月      同社 業務本部長
                            2019年6月      Rakuten   Europe   Bank  S.A. 取締役会長
                                  (現任)
                            2020年7月      楽天カード株式会社 代表取締役副社
                                  長 兼 債権管理本部担当 兼 会員統
                                  括本部担当 兼 クレジット業務本部担
                                  当(現任)
                                 37/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期    式数
                                                        (株)
                            1990年4月      オリックス・クレジット株式会社入社
                            2004年10月      株式会社あおぞらカード(現 楽天カー
                                  ド株式会社)入社
                            2011年12月      KCカード株式会社(現 Jトラストカード
                                  株式会社)入社 営業本部 副本部長
                            2014年4月      楽天カード株式会社 入社
                            2015年2月      同社 執行役員
    代表取締役 副社長                        2017年4月      同社 上級執行役員 楽天カード戦略
              大山 隆司       1968年3月29日                               (注)1     ―
       執行役員                            部・ファイナンス戦略部・楽天カード推
                                  進部管掌
                            2018年4月      同社    常務執行役員 カード営業本部長
                            2020年2月      同社 代表取締役副社長 マーケティン
                                  グ本部長
                            2020年10月      同社 代表取締役 副社長執行役員 
                                  マーケティング本部長 営業推進本部担
                                  当(現任)
                            1989年4月      オリックス・クレジット株式会社入社
                            2005年11月      楽天クレジット株式会社(現 楽天カー
                                  ド株式会社)入社
                            2007年1月      同社 人事部長
                            2009年8月      梶山倉庫株式会社 取締役(現任)
                            2011年8月      楽天カード株式会社 執行役員             人事総
                                  務部長
                            2013年2月      アールビジネスサポート株式会社取締役
                                  ( 現 楽天カードパートナーズ株式会
       取締役
                                  社)(   現任)
      常務執行役員        井上 義文       1961年4月14日                               (注)1     ―
                            2015年2月      楽天カード株式会社 常務執行役員               人
     人事・総務本部長
                                  事部長
                            2017年3月      楽天カード株式会社 取締役           常務執行役
                                  員取締役 人事部長
                            2017年5月      Rakuten   Card  USA,  Inc.  人事部長(現
                                  任)
                            2018年4月      楽天カード株式会社 取締役常務執行役
                                  員 人事・総務本部長(現任)
                            2019年3月      楽天カードサービス株式会社 取締役
                            1985年4月      株式会社三和銀行(現 株式会社三菱UFJ
                                  銀行)入行
                            2003年2月      UFJストラテジックパートナー株式会社 
                                  取締役 経営企画グループ長
                            2005年9月      楽天証券株式会社 入社
                            2006年1月      楽天株式会社 金融事業室長
                            2006年11月      同社 執行役員
                            2008年10月      イーバンク銀行株式会社(現 楽天銀行株
                                  式会社)常務執行役員
                            2012年3月      楽天株式会社 常務執行役員
                            2012年4月      同社 常務執行役員 経理部担当役員 
                                  兼 事業統括部担当役員、
                                  組織運営部担当役員、法務部担当役員、
                                  リスク管理部担当役員、営業業務管理部
                                  担当役員
                            2013年7月      同社 常務執行役員 EU          RHQ担当役員
       取締役       廣瀬 研二       1962年8月8日                               (注)1     ―
                            2016年7月      同社 常務執行役員 CCO
                                  グループマネージングエグゼクティブオ
                                  フィサー
                            2017年8月      楽天データマーケティング株式会社 監
                                  査役(現任)
                            2018年1月      楽天モバイルネットワーク株式会社
                                  (現 楽天モバイル株式会社)監査役
                            2018年3月      楽天カード株式会社 取締役(現任)
                            2018年4月      楽天株式会社 常務執行役員 CFO              & CRO
                            2019年1月      同社 副社長執行役員 CFO           & CRO
                            2019年2月      同社 副社長執行役員 CFO(現任)
                            2019年4月      楽天モバイル株式会社 取締役
                                  楽天ペイメント株式会社 取締役(現
                                  任)
                            2020年1月      楽天モバイル株式会社 取締役 CFO(現
                                  任)
                                 38/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期    式数
                                                        (株)
                            1995年4月      株式会社さくら銀行(現          株式会社三井住
                                  友銀行)入行
                            2004年4月      楽天株式会社 入社
                            2004年10月      同社 楽天市場営業本部長
                            2005年5月      楽天トラベル株式会社 常務執行役員営
                                  業本部長
                            2005年10月      楽天株式会社 執行役員
                            2006年7月      楽天ANAトラベルオンライン株式会社
                                  代表取締役副社長
                            2007年3月      楽天トラベル株式会社 取締役副社長
                            2011年5月      楽酷天有限公司 董事長 兼 CEO
                            2013年4月      楽天Edy株式会社 取締役副社長
       取締役       中村 晃一       1972年9月12日                               (注)1     ―
                            2013年8月      楽天カード株式会社 取締役常務執行役
                                  員
                                  楽天Edy株式会社 取締役(現任)
                            2016年4月      楽天株式会社 上級執行役員
                            2017年3月      楽天カード株式会社
                                  代表取締役副社長執行役員
                            2017年8月      Rakuten   Europe   Bank  S.A. 取締役会長
                            2019年4月      楽天カード株式会社 取締役(現任)
                                  楽天ペイメント株式会社 代表取締役社
                                  長(現任)
                                  楽天株式会社 常務執行役員(現任)
                                  楽天ウォレット株式会社 取締役(現
                                  任)
                            1990年6月      トヨタ自動車株式会社入社
                            2007年2月      楽天株式会社入社 執行役員
                            2008年11月      Rakuten   USA,  Inc.  取締役(現任)
                            2009年7月      楽天株式会社 常務執行役員
                            2013年3月      同社 取締役常務執行役員
                            2016年4月      同社 常務執行役員 COO          & CMO
                            2017年4月      同社 副社長執行役員 COO           & CMO
                            2018年11月      同社 副社長執行役員 COO
       取締役       百野 研太郎       1967年6月6日        2019年4月      楽天カード株式会社 取締役(現任)                 (注)1     ―
                                  楽天ペイメント株式会社 取締役(現
                                  任)
                                  楽天モバイル株式会社 取締役
                            2019年11月      楽天モバイル株式会社 取締役            COO
                            2020年1月      楽天モバイル株式会社 取締役 EVP(現
                                  任)
                            2021年3月      楽天株式会社      取締役副社長執行役員 
                                  COO(現任)
                            1975年4月      国内信販株式会社(現Jトラストカード株
                                  式会社)入社
                            2003年2月      同社 ファイナンス事業部長
                            2007年6月      楽天KC株式会社(現 Jトラストカード株
       監査役
                                  式会社)審査本部副本部長兼カードセン
              丹羽 靖子       1953年3月12日                               (注)2     ―
                                  ター長
       (常勤)
                            2008年3月      同社 審査業務部 部長
                            2012年7月      楽天カード株式会社 内部監査部長
                                  楽天Edy株式会社 内部監査室長
                            2018年7月      楽天カード株式会社 監査役(現任)
                                 39/200







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株
       役職名        氏名       生年月日                略歴             任期    式数
                                                        (株)
                            1981年4月      ファミリー信販株式会社(現 オリック
                                  ス・クレジット株式会社)入社
                            2004年1月      株式会社新生銀行 入社
                            2004年10月      株式会社あおぞらカード(現 楽天カー
                                  ド株式会社)入社
                            2012年7月      楽天カード株式会社 監査役
                            2014年6月      楽天証券株式会社 監査役
                            2015年6月      楽天生命保険株式会社 監査役
                            2016年5月      楽天Edyオペレーション株式会社(現 楽
       監査役       西川 義明       1958年8月30日                               (注)3     ―
                                  天Edy株式会社) 監査役(現任)
                            2018年7月      楽天インシュアランスホールディングス
                                  株式会社 監査役(現任)
                            2019年1月      楽天インシュアランスプランニング株式
                                  会社 監査役
                            2020年3月      楽天カード株式会社 監査役(現任)
                                  楽天株式会社 監査役(         常勤)(   現任)
                                  楽天ペイメント株式会社 監査役(現
                                  任)
                            1988年4月      日本長期信用銀行(現 株式会社新生銀
                                  行)入行
                            1998年9月      アジア開発銀行 入行
                            2001年1月      株式会社日本興業銀行(現 株式会社み
                                  ずほ銀行)入行
                            2002年4月      株式会社みずほ証券に転籍

                            2006年9月      楽天証券株式会社 入社
                            2007年9月      楽天株式会社に転籍
                            2016年4月      楽天株式会社 上級執行役員 事業開発
                                  部長
                            2017年1月      楽天銀行株式会社常務執行役員
                            2019年6月
                                  楽天カード株式会社 監査役(現任)
                                  楽天株式会社 ファンクションCCO(現
                                  任)
                                  同社 コンプライアンス統括部ディレク
                                  ター(現任)
       監査役       東林 知隆       1965年6月30日                               (注)4     ―
                                  同社 ガバナンス・リスク・コンプライ
                                  アンス部ジェネラルマネージャー(現
                                  任)
                                  同社 国際室 室長
                                  楽天ヴィッセル神戸株式会社 監査役
                                  (現任)
                                  楽天マネジメント株式会社 監査役(現
                                  任)
                                  株式会社楽天野球団 監査役(現任)
                                  楽天モバイル株式会社 監査役(現任)
                            2019年8月      楽天株式会社 国際部 ジェネラルマ
                                  ネージャー(現任)
                            2020年1月
                                  楽天モバイル株式会社 CCO(現任)
                                  楽天株式会社 業務管理部 ジェネラル
                                  マネージャー
                            2020年5月      樂天國際商業銀行股份有限公司 監査役
                                  (現任)
                             計                            ―
     (注)   1.取締役 穂坂雅之、石崎安雄、                大山隆司、井上義文、          廣瀬研二、中村晃一、百野研太郎の任期は、2021年3
         月29日開催の定時株主総会終結の時から選任後1年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定
         時株主総会終結の時までです。
       2.  監査役 丹羽靖子の任期は、2018年7月1日開催の臨時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事
         業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までです。
       3.  監査役 西川義明の任期は、2021年3月29日開催の定時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事
         業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までです。
       4.監査役 東林知隆の任期は、2018年3月27日開催の定時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事
         業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであった水口直毅の補欠として引き継ぐもの
         です。
     ② 社外取締役及び社外監査役との関係

      当社は現在、取締役7名であり、社外取締役はおりません。監査役3名であり、社外監査役はおりません。
                                 40/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (3)    【監査の状況】
      1 内部監査の状況
        代表取締役社長直轄の独立組織である内部監査部(部長以下11名)を設置し、内部監査を実施しています。内
       部監査は、当社または子会社の内部監査部が年間計画に従い、適法性・妥当性・効率性等の観点から実施してい
       ます。内部監査の結果、必要な改善事項を指摘するとともに、改善状況のフォローアップを行い、当社各部門等
       の業務の適正な執行を確保するよう努めています。内部監査の結果については、取締役会、代表取締役社長及び
       コンプライアンス委員会に報告されるとともに、監査役にも報告され、監査役監査との連携も図っています。会
       計監査人とは、定期的に意見交換、情報共有を行っているほか、必要に応じて内部監査結果等を共有していま
       す。
      2 監査役監査の状況

        監査役監査については、監査役監査基準、内部統制システムに係る監査の実施基準を定め、実効性のある監査
       役監査の実現のため体制を整備しています。
        当社の監査役は3名(うち常勤監査役1名)で、社外監査役はおりません。
         a.   監査役の活動状況

          監査役は、取締役会と協働して会社の監督機能の一翼を担い、株主の負託を受けた独立の機関として取締
         役の職務の執行を監査しています。取締役会その他の重要な会議への出席、取締役、使用人及び会計監査人
         等から受領した報告内容の検証、会社の業務及び財産の状況に関する調査等を行い、取締役又は使用人に対
         する助言又は勧告等の意見の表明、取締役の行為の差止めなどを行っています。
         b.   監査役協議会の組織、人員及び手続き

          監査役協議会は、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議を行い、又は決議をする目的の為
         に、議長である常勤監査役がこれを招集し、監査役協議会規則に基づき運営をしています。具体的には
         (1)各監査役の監査報告の内容の説明および株主に提供する監査報告に関する討議(2)常勤の監査役の
         選定および解職(3)監査の方針、業務および財産の状況の調査の方法その他の監査役の職務の執行に関す
         る事項の決定等を行っています。
         c.   監査役協議会の活動状況

          当連結会計年度においては6回開催し、それぞれの監査役の出席状況については以下のとおりです。
         また当連結会計年度における監査役協議会は新型コロナウイルスウイルスへの感染対策のため、ビデオ会議
         ツールを使用した開催に努めました。なお、ビデオ会議にシフトしたことによる、意思疎通や判断が難しく
         なった等の弊害はありません。
                    氏名                     出席回数(出席率)
                  丹羽 靖子                       6/6回(100%)
                  平本 公秀                      3/3回(100%)(注1)
                  西川 義明                      3/3回(100%)(注2)
                  東林 知隆                        6/6回(100%)
        (注)1.平本公秀氏は、2020年3月26日に辞任しているため、辞任以前の開催回数としています。
           2.西川義明氏は、2020年3月26日に就任しているため、就任後の開催回数としています。
      3 会計監査の状況

       a.監査法人の名称
         EY新日本有限責任監査法人
          当社は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し、同監査法人が会社法及び金融商品取引法に基づ
         く会計監査を実施しています。
       b.継続監査期間

         14年間
                                 41/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
       c.業務を執行した公認会計士の氏名
         当期において業務を執行した公認会計士の氏名は以下のとおりです。
          指定有限責任社員  業務執行社員   齋田 毅
          指定有限責任社員  業務執行社員   黒木 賢治
       d.監査業務に係る補助者の構成

         当期における監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりです。
           公認会計士 9名   その他 17名
       e.監査法人の選定方針と理由

         会計監査人の選任、解任、不再任の決定の方針は監査役により定められます。再任の適否については、取締
        役、社内関係部署及び会計監査人から必要な資料を入手しかつ報告を受け、毎期検討し、再任の適否の判断に
        当たっては、会計監査人の職務遂行状況(従前の事業年度における職務遂行状況を含む)、監査体制、独立性
        及び専門性などが適切であるかについて、確認するものとしています。
      4 監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                      当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                 92           72          103           12
       連結子会社                 156            5          157            9

         計               248           77          260           21

        当社における非監査業務の内容は、前連結会計年度及び当連結会計年度について、主に社債発行に伴うコンサ
       ルティング業務及びコンフォートレター作成業務です。連結子会社における非監査業務の内容は、前連結会計年
       度及び当連結会計年度について、主に顧客資産の分別管理の法令順守に関する保証業務です。
       b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst                       &  Youngグループ)に対する報酬の内容(上記aを除く)

                      前連結会計年度                      当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
               基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
       提出会社                 -           -           -           -
       連結子会社                  9          -           12           -

         計                9          -           12           -

       c.その他重要な報酬の内容

        前連結会計年度
         該当事項はありません。
        当連結会計年度

         該当事項はありません。
                                 42/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
       d.監査報酬の決定方針
         監査公認会計士等から年度監査計画の提示を受け、その内容について監査公認会計士等と協議の上、当社の
        規模及び事業の特性、監査日数等を勘案し、適切に決定しています。
         なお、監査公認会計士等の独立性を担保する観点から、監査報酬の額の決定に際しては監査役の同意を得て
        います。
       e.監査役が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査役は、会計監査人からの説明を受けた当事業年度の会計監査計画の監査日数や人員配置などの内容、前
        年度の監査実績の検証と評価、会計監査人の監査の遂行状況の相当性、報酬の前提となる見積もりの算定根拠
        を精査した結果、会計監査人の報酬等の額について同意しています。
     (4)    【役員の報酬等】

       当社は非上場会社のため、該当事項はありません。
     (5)    【株式の保有状況】

       当社は非上場会社のため、該当事項はありません。
                                 43/200















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
      号。以下、連結財務諸表規則)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、第93
      条の規定により、国際会計基準(以下、IFRS)に準拠して作成しています。
     (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以
      下、財務諸表等規則)に基づいて作成しています。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成していま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日ま
     で)及び事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、EY新日本有限
     責任監査法人による監査を受けています。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っています。その内容は以下のとおりです。 
     会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、専
     門的知識を有する団体等が主催するセミナーへの参加、会計専門誌の定期購読等により、会計基準への理解を深め、
     また、新たな会計基準に対応しています。
    4.IFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成することができる体制の整備について

      当社は、IFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成することができる体制の整備を行っています。その内容は以
     下のとおりです。
      IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把握
     を行っています。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方針を
     作成し、それらに基づいて会計処理を行っています。
                                 44/200










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                           注記
                                  (2019年12月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
      現金及び現金同等物                      5            1,309,112              2,883,879
      証券事業の金融資産                     6,14             1,976,494              2,674,394
      カード事業の貸付金                     7,14             1,828,216              2,033,013
      銀行事業の有価証券                     8,14              283,532              288,482
      銀行事業の貸付金                     9,14             1,049,993              1,436,700
      保険事業の有価証券                     10,14              293,629              284,069
      デリバティブ資産                      11              25,134              30,847
      有価証券                      12              6,981              7,258
      その他の金融資産                     13,14              269,859              400,544
      持分法で会計処理されている投資                                     446              633
      棚卸資産                      15              4,450              5,685
      有形固定資産                      16              34,437              72,401
      無形資産                      17             142,875              149,994
      繰延税金資産                      26              1,496              2,032
                                         100,147              113,501
      その他の資産
                                        7,326,801             10,383,432
      資産合計
     負債の部

      営業債務                                   312,813              398,415
      銀行事業の預金                      19            3,274,437              4,826,965
      証券事業の金融負債                      20            1,860,742              2,587,531
      デリバティブ負債                      11              9,509             11,880
      社債及び借入金                      21             816,398             1,430,943
      その他の金融負債                      22             231,525              306,137
      未払法人所得税等                                    9,830              5,520
      引当金                      23              15,651              20,051
      保険事業の保険契約準備金                      24             318,090              285,336
      退職給付に係る負債                      25              4,898              5,589
      繰延税金負債                      26              4,553              6,646
                                         11,678              14,309
      その他の負債
      負債合計
                                        6,870,124              9,899,322
     資本の部

      親会社の所有者に帰属する持分
        資本金                    27              19,323              19,323
        資本剰余金                    27              20,539              20,539
        利益剰余金                    27             416,539              436,607
                                           26           △ 10,091
        その他の資本の構成要素
        親会社の所有者に帰属する持分合計                                 456,427              466,378
      非支配持分                                     250            17,732
      資本合計                                   456,677              484,110
                                        7,326,801             10,383,432
     負債及び資本合計
                                 45/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                           注記    (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)              至 2020年12月31日)
     継続事業
      売上収益                      28            369,860              494,055
      営業費用                      29            300,327              402,758
      その他の収益                                    468              766
                                         2,377              3,309
      その他の費用                      30
      営業利益
                                        67,624              88,754
      金融収益                                     2              85
      金融費用                      31               54              117
                                         △ 163              223
      持分法による投資利益又は投資損失(△)
      税引前当期利益
                                        67,409              88,945
                                        22,266              33,919
      法人所得税費用                      26
                                        45,143              55,026
      当期利益
     当期利益の帰属

      親会社の所有者                                  45,155              55,547
                                         △ 12             △ 521
      非支配持分
                                        45,143              55,026
      当期利益
                                                     (単位:円)

     親会社の所有者に帰属する
     1株当たり当期利益:
                                      574,137.05              706,262.35
      基本的                      33
                                 46/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
       ③  【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                            注記    (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年12月31日)              至 2020年12月31日)
     当期利益                                    45,143              55,026
     その他の包括利益

      純損益に振替えられることのない項目:
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                             40             7,762            △ 20,475
       る資本性金融商品の利得及び損失
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る資本性金融商品の利得及び損失に係る法人                      26            △ 2,195              5,720
       所得税
       保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                             24            △ 1,519              2,685
       利に基づく再測定額
       保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                            24,26              425             △ 752
       利に基づく再測定額に係る法人所得税
       確定給付制度の再測定                      25             △ 275             △ 135
                                           82              41
       確定給付制度の再測定に係る法人所得税                     25,26
      純損益に振替えられることのない項目合計
                                         4,280            △ 12,916
      純損益に振替えられる可能性のある項目:

       在外営業活動体の換算差額                                    30             425
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                             40             △ 413             1,616
       る負債性金融商品の利得及び損失
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                             40             △ 86              34
       る負債性金融商品に係る貸倒引当金
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る負債性金融商品に係るその他の包括利益か                      40            △ 1,238              △ 254
       ら純損益へ振替えられた金額
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る負債性金融商品に係るその他の包括利益に                     26,40              500             △ 403
       関連する法人所得税
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいて
                            35,40             △ 949             △ 583
       その他の包括利益に認識された金額
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
       の包括利益に認識された金額に係る法人所得                     26,35              292              182
       税
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいて
       その他の包括利益から純損益へ                     35,40              440             △ 33
       振替えられた金額
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                         △ 136              △ 2
       の包括利益から純損益へ振替えられた金額に                     26,35
       係る法人所得税
      純損益に振替えられる可能性のある項目合計                                   △ 1,560               982
                                         2,720            △ 11,934

      税引後その他の包括利益
                                         47,863              43,092

     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                   47,875              43,144
                                          △ 12             △ 52
      非支配持分
                                         47,863              43,092
     当期包括利益
                                 47/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      ④  【連結持分変動計算書】
       前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                               その他の資本の構成要素
                                                     その他の
                                              在外営業
                                                     包括利益を
                        資本金       資本剰余金       利益剰余金
                   注記
                                              活動体の      通じて公正価値
                                                     で測定する
                                              換算差額
                                                     金融資産
    2019年1月1日現在                      19,323       11,822       57,630        △ 167       1,479
     会計方針の変更による
                            -       -       △ 10       -       -
     累積的影響額
    会計方針の変更を反映した
                          19,323       11,822       57,620        △ 167       1,479
    当期首残高
    当期包括利益
     当期利益                       -       -      45,155         -       -
                            -       -       -       30      4,330
     税引後その他の包括利益
     当期包括利益合計                       -       -      45,155         30      4,330
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             27,38         -     △ 30,000         -       -       -
      その他の資本の構成
                            -       -       △ 88       -       88
                    39
      要素からの利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                            -     △ 30,000        △ 88       -       88
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
      新規連結による増加額又は減少
                            -      38,717       313,852        △ 477       3,549
      額(△)
                            -       -       -       -       -
      非支配持分の取得及び処分
      子会社に対する所有
                            -      38,717       313,852        △ 477       3,549
      持分の変動額合計
     所有者との取引額合計                       -      8,717       313,764        △ 477       3,637
                          19,323       20,539       416,539        △ 614       9,446
    2019年12月31日現在
                           その他の資本の構成要素

                           保険事業の
                                            親会社の
                            保険契約
                                      その他の
                                            所有者に
                                 確定給付
                      キャッシュ
                                                 非支配持分      資本合計
                   注記
                           準備金に係る
                                       資本の
                                            帰属する
                      ・フロー           制度の
                                      構成要素
                           期末市場金利
                                            持分合計
                      ・ヘッジ
                                 再測定
                                       合計
                            に基づく
                            再測定額
    2019年1月1日現在                    △ 490      -     -     822    89,597       △ 1   89,596
     会計方針の変更による
                          -     -     -     -    △ 10     -    △ 10
     累積的影響額
    会計方針の変更を反映した
                         △ 490      -     -     822    89,587       △ 1   89,586
    当期首残高
    当期包括利益
     当期利益                     -     -     -     -    45,155      △ 12    45,143
                         △ 353    △ 1,094     △ 193    2,720     2,720       -    2,720
     税引後その他の包括利益
     当期包括利益合計                    △ 353    △ 1,094     △ 193    2,720     47,875      △ 12    47,863
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             27,38       -     -     -     -   △ 30,000       -   △ 30,000
      その他の資本の構成
                          -     -     △ 0     88     -     -     -
                    39
      要素からの利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                          -     -     △ 0     88   △ 30,000       -   △ 30,000
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
      新規連結による増加額又は減少
                         △ 175    △ 6,465      △ 36   △ 3,604    348,965       69   349,034
      額(△)
                          -     -     -     -     -     194     194
      非支配持分の取得及び処分
      子会社に対する所有
                         △ 175    △ 6,465      △ 36   △ 3,604    348,965       263    349,228
      持分の変動額合計
     所有者との取引額合計                    △ 175    △ 6,465      △ 36   △ 3,516    318,965       263    319,228
                        △ 1,018    △ 7,559     △ 229      26   456,427       250    456,677
    2019年12月31日現在
                                 48/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                               その他の資本の構成要素
                                                     その他の
                                              在外営業
                                                     包括利益を
                        資本金       資本剰余金       利益剰余金
                   注記
                                              活動体の      通じて公正価値
                                                     で測定する
                                              換算差額
                                                     金融資産
    2020年1月1日現在                      19,323       20,539       416,539        △ 614       9,446
    当期包括利益
     当期利益                       -       -      55,547         -       -
                            -       -       -       △ 44     △ 13,762
     税引後その他の包括利益
     当期包括利益合計                       -       -      55,547        △ 44     △ 13,762
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             27,38         -       -     △ 33,000         -       -
      その他の資本の構成
                            -       -     △ 2,286         -      2,286
                    39
      要素からの利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                            -       -     △ 35,286         -      2,286
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
      非支配持分の取得及び処分              1        -       -       -       -       -
                            -       -      △ 193        -       -
      その他
      子会社に対する所有
                            -       -      △ 193        -       -
      持分の変動額合計
     所有者との取引額合計                       -       -     △ 35,479         -      2,286
                          19,323       20,539       436,607        △ 658      △ 2,030
    2020年12月31日現在
                           その他の資本の構成要素

                           保険事業の
                                            親会社の
                            保険契約
                                      その他の
                                            所有者に
                                 確定給付
                      キャッシュ
                                                 非支配持分      資本合計
                   注記
                           準備金に係る
                                       資本の
                                            帰属する
                      ・フロー           制度の
                                      構成要素
                           期末市場金利
                                            持分合計
                      ・ヘッジ
                                 再測定
                                       合計
                            に基づく
                            再測定額
    2020年1月1日現在                    △ 1,018    △ 7,559     △ 229      26   456,427       250    456,677
    当期包括利益
     当期利益                     -     -     -     -    55,547      △ 521    55,026
                         △ 436    1,933      △ 94   △ 12,403    △ 12,403       469   △ 11,934
     税引後その他の包括利益
     当期包括利益合計                    △ 436    1,933      △ 94   △ 12,403     43,144      △ 52    43,092
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             27,38       -     -     -     -   △ 33,000       -   △ 33,000
      その他の資本の構成
                          -     -     -    2,286       -     -     -
                    39
      要素からの利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                          -     -     -    2,286    △ 33,000       -   △ 33,000
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
      非支配持分の取得及び処分              1      -     -     -     -     -    17,534     17,534
                          -     -     -     -    △ 193      -    △ 193
      その他
      子会社に対する所有
                          -     -     -     -    △ 193    17,534     17,341
      持分の変動額合計
     所有者との取引額合計                     -     -     -    2,286    △ 33,193     17,534    △ 15,659
                        △ 1,454    △ 5,626     △ 323   △ 10,091     466,378      17,732     484,110
    2020年12月31日現在
                                 49/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                              注記    (自 2019年1月1日             (自 2020年1月1日
                                  至 2019年12月31日)             至 2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期利益                                    67,409             88,945
      減価償却費及び償却費                                    32,130             45,200
      その他の損益(△は益)                                  △ 165,250            △ 191,433
      営業債権の増減額(△は増加)                                      5             74
      カード事業の貸付金の増減額(△は増加)                                  △ 364,138            △ 204,590
      販売用不動産の増減額(△は増加)                                    △ 187            △ 661
      銀行事業の預金の増減額(△は減少)                                   681,117            1,552,528
      銀行事業のコールローンの純増減額(△は増加)                                    3,000             15,000
      銀行事業の貸付金の増減額(△は増加)                                  △ 113,106            △ 386,707
      契約コストから認識した資産の増減額(△は増加)                                   △ 16,733            △ 20,131
      営業債務の増減額(△は減少)                                    69,748             85,594
      証券事業の金融資産の増減額(△は増加)                                  △ 103,368            △ 698,062
      証券事業の金融負債の増減額(△は減少)                                   109,627             727,005
      保険業の責任準備金の増減額(△は減少)                                   △ 14,255            △ 31,415
      預り金の増減額(△は減少)                                   △ 17,099              3,830
      その他                        32           168,207              58,159
                                         △ 23,129            △ 19,528
      法人所得税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー合計                                   313,978            1,023,808
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                   △ 7,537            △ 8,352
      定期預金の払戻による収入                                    8,081             9,497
      有形固定資産の取得による支出                                   △ 17,201            △ 10,787
      有形固定資産の売却による収入                                     124             572
      無形資産の取得による支出                                   △ 22,452            △ 30,036
      子会社の取得による支出                                   △ 1,895               -
      銀行事業の有価証券の取得による支出                                  △ 328,394            △ 478,969
      銀行事業の有価証券の売却及び償還による収入                                   250,400             472,890
      保険事業の有価証券の取得による支出                                  △ 139,982             △ 75,676
      保険事業の有価証券の売却及び償還による収入                                   136,091              60,349
      有価証券の取得による支出                                    △ 902           △ 3,220
      有価証券の売却及び償還による収入                                     707            3,270
      その他の支出                                   △ 20,085              △ 687
                                           467            19,328
      その他の収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △ 142,578             △ 41,821
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                        21          △ 68,246             411,429
      コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減少)                        21           34,500             99,500
      長期借入れによる収入                        21           428,322             321,250
      長期借入金の返済による支出                        21          △ 303,508            △ 247,774
      社債の発行による収入                        21           49,675             29,834
      リース負債の返済による支出                        18           △ 1,805            △ 4,464
      配当金の支払額                        38          △ 30,000            △ 33,000
                                           263            17,633
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー合計                                   109,201             594,408
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                           △ 17           △ 1,628
     現金及び現金同等物の増加額                                     280,584            1,574,767
                                         148,510            1,309,112
     現金及び現金同等物の期首残高                          5
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                     880,018                -
                                        1,309,112             2,883,879
     現金及び現金同等物の期末残高                          5
                                 50/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    【連結財務諸表注記】
    1.一般的事項
     (1)報告企業
       楽天カード(株)(以下、当社)は、日本に所在する企業です。当社及び連結子会社(以下、当社グループ)の
      事業内容は、FinTech事業を基軸としており、「クレジットカード事業」、「銀行事業」、「証券事業」、「保険事
      業」の4つを報告セグメントとしています。
       これらのセグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営
      資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっています。
       当社グループでは、2019年4月1日の楽天グループ内再編前の事業内容は、クレジット関連サービスを基軸とし
      ており、「クレジットカード事業」を単一の報告セグメントとしていました。「クレジットカード事業」セグメン
      トは、包括信用購入あっせん業務及びクレジットカードを手段とした融資業務、信用保証業務及びクレジットカー
      ド関連サービスの提供等を行う事業により構成されていました。包括信用購入あっせんとはクレジットカードによ
      る代金決済の取引をいいます。
       2019年4月1日の楽天グループ内再編(                  注記46「企業結合等」参照)             後の事業内容については、クレジットカー
      ド事業セグメントはインターネットを介したクレジットカード関連サービス、銀行事業セグメントはインターネッ
      トを介した銀行サービス、証券事業セグメントはインターネットを介した証券サービス、保険事業セグメントはイ
      ンターネットを介した生命保険及び損害保険サービスの提供等を行う事業により構成されています。なお、楽天
      (株)は当社の親会社です。
     (2)作成の基礎

       当社グループの連結財務諸表は、国際会計基準審議会によって公表されたIFRSに準拠して作成しています。当社
      は、連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を全て満たしているため、同第93
      条の規定を適用しています。
       連結財務諸表は、2021年3月29日に取締役会において承認されています。
     (3)連結範囲及び持分法適用範囲の重要な変更

       第2四半期連結会計期間において、米国におけるペイメント事業を行うRakuten                                     Card   USA,   Inc.に対して増資を
      実行したこと、及び非支配株主であるIBF                    Financial     Holdings     Co.,   Ltd.と共同で樂天國際商業銀行股份有限公司
      を新たに設立したことにより、両社を連結の範囲に含めています。
     (4)機能通貨及び表示通貨

       当社グループ各社の財務諸表に含まれる項目は、当社グループ各社がそれぞれ営業活動を行う主たる経済環境の
      通貨(以下、機能通貨)を用いて測定しています。連結財務諸表は当社の機能通貨であり、また、当社グループの
      表示通貨である日本円で表示しており、百万円未満を四捨五入して表示しています。
     (5)測定の基礎

       連結財務諸表は、公正価値で測定する金融商品を除き、取得原価を基礎として作成されています。
     (6)見積り及び判断の利用

       IFRSに準拠した連結財務諸表の作成にあたり、一部の重要な事項について会計上の見積りを行う必要がありま
      す。また、当社グループの会計方針を適用する過程において、経営者が自ら判断を行うことが求められています。
      高度の判断を要する項目、非常に複雑な項目、仮定や見積りが連結財務諸表に重要な影響を与える項目及び翌連結
      会計年度において重要な修正をもたらすリスクのある仮定及び見積りの不確実性に関する情報は、注記3.重要な
      会計上の見積り及び判断等において開示しています。
     (7)基準書及び解釈指針の早期適用

       該当事項はありません。
                                 51/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (8)未適用の公表済み基準書及び解釈指針
       連結財務諸表の承認日までに公表されている主な基準書及び解釈指針の新設又は改訂は次のとおりであり、2020
      年12月31日現在において当社グループはこれを適用していません。
                   強制適用時期          当社グループ
          IFRS                                   新設・改訂内容
                  (~以降開始年度)             適用時期
    IFRS第17号       保険契約        2023年1月1日             未定       保険契約に関する改訂

     IFRS第17号「保険契約」の適用による当社グループの連結財務諸表に与える影響は検討中であり、現時点で見積るこ

    とはできません。
                                 52/200

















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    2.重要な会計方針
       当社グループは会計方針を連結財務諸表に表示されているすべての期間に首尾一貫して適用しています。
     (1)連結の基礎

      ① 子会社
       子会社とは、当社グループにより支配されている企業(組成された事業体を含む)をいいます。当社グループが
      企業への関与による変動リターンにさらされている、又は変動リターンに対する権利を有している場合で、その企
      業に対するパワーを通じてこれらの変動リターンに影響を与えることができる場合には、当社グループはその企業
      を支配しています。当社グループがパワーを有しているか否かは、現時点で行使可能な潜在的議決権を考慮して決
      定しています。子会社の財務諸表は、支配開始日から支配終了日までの間、当社グループの連結財務諸表に含まれ
      ています。
       当社グループ企業間の取引並びにこれに関連する資産及び負債は、連結手続において相殺消去しています。未実
      現損益は全額、これを消去しています。また、当社グループの会計方針と整合するよう、必要に応じて子会社の財
      務諸表を修正しています。
      ② 関連会社

       関連会社とは、当社グループがその経営及び財務の方針に関する経営管理上の意思決定に対して、重要な影響力
      を有するが、支配的持分は有しない企業をいいます。一般的に、当社グループが議決権の20%から50%を保有する
      場合には、重要な影響力があると推定されています。当社グループが重要な影響力を有しているか否かの評価にあ
      たり考慮されるその他の要因には、取締役会への役員の派遣等があります。これらの要因が存在する場合には、当
      該企業に対する当社グループの投資が議決権株式の20%未満であったとしても、当社グループが重要な影響力を有
      することがあります。
       関連会社に対する持分の投資は、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業」に従って会計処
      理される、売却目的で保有する資産等に分類される場合等を除いて、持分法により会計処理しています。関連会社
      の経営成績に対する当社グループの持分は、当社グループの会計方針と整合するように修正され、連結損益計算書
      において持分法による投資損益として認識しています。取引に係る未実現損益は、投資先に対する当社グループの
      持分の範囲で消去されています。持分法による会計処理では、関連会社に対する当社グループの投資は、当初、取
      得原価で計上された後、取得後の純利益(又は損失)に対する当社グループの持分及び当該関連会社又は共同支配
      企業の資本(又は純資産)に直接反映されたその他の変動に対する当社グループの持分を反映して、増額(又は減
      額)されます。
       関連会社の持分取得に伴い生じたのれんは、当該投資の帳簿価額に含められており、持分法で会計処理されてい
      る投資全体に関して減損テストを行っています。当社グループは、各期末日現在において、関連会社に対する投資
      が減損しているということを示す客観的な証拠があるか否かを評価しています。投資が減損していることを示す客
      観的証拠がある場合、投資の回収可能価額(使用価値と処分費用控除後の公正価値のいずれか高い方)と帳簿価額を
      比較することにより、減損テストを行っています。過去の期間に認識された減損損失は、過去の減損損失計上後、
      投資の回収可能価額の決定に使用された見積りの変更があった場合にのみ、戻し入れています。その場合、投資の
      帳簿価額は、減損損失の戻し入れにより、回収可能価額まで増額しています。
     (2)企業結合

       当社グループは、企業結合に対して取得法を適用しています。企業結合において移転した対価には、当社グルー
      プから被取得企業の従前の所有者に対して移転した資産、発生した負債、及び当社グループが発行した持分の公正
      価値が含まれています。また、移転した対価には、条件付対価の公正価値が含まれています。仲介手数料、弁護士
      費用、デュー・デリジェンス費用及びその他の専門家報酬、コンサルティング料等の、企業結合に関連して当社グ
      ループに発生する取引費用は、発生時に費用処理しています。
       また、当社グループは、被取得企業に対する非支配持分のうち、現在の所有持分であり、清算時に企業の純資産
      に対する比例的な取り分を保有者に与えているものについて、企業結合取引ごとに、公正価値もしくは識別可能な
      被取得企業の純資産に対する非支配持分の持分割合相当額のいずれかで測定しています。
       IFRS第3号「企業結合」に基づく認識の要件を満たす被取得企業の識別可能な資産、負債及び偶発負債は、以下
      を除いて、取得日の公正価値で測定しています。なお、取得日とは、支配が取得企業に移転した日をいいます。取
      得日及び支配がある当事者から他の当事者に移転したか否かを決定するためには、判断が必要な場合があります。
       ・繰延税金資産及び繰延税金負債はIAS第12号「法人所得税」に、従業員給付契約に係る負債(又は資産)はIAS
                                 53/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
        第19号「従業員給付」に、また、株式報酬に係る負債はIFRS第2号「株式に基づく報酬」に準拠して、それぞ
        れ認識及び測定しています。
       ・売却目的として分類される非流動資産又は事業は、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事
        業」に準拠して測定しています。
       移転した対価、被取得企業の非支配持分の金額、及び以前に保有していた被取得企業の持分の取得日における公
      正価値の合計が、取得した識別可能な純資産の公正価値を超過する場合、その超過額をのれんとして計上していま
      す。一方、移転した対価、被取得企業の非支配持分の金額、及び以前に保有していた被取得企業の持分の取得日に
      おける公正価値の合計が、取得した識別可能な純資産の公正価値を下回る場合、割安購入として差額を純損益に直
      接認識しています。
       企業結合の当初の会計処理が、企業結合が発生した連結会計年度末までに完了していない場合には、完了してい
      ない項目を暫定的な金額で報告しています。取得日時点に存在していた事実と状況を取得日当初に把握していたと
      したら、認識される金額の測定に影響を与えていたと判断される期間(以下、測定期間)に入手した場合、その情
      報を反映して、取得日に認識した暫定的な金額を遡及的に修正しています。この新たに得た情報が、資産と負債の
      新たな認識をもたらす場合には、追加の資産と負債を認識しています。測定期間は、最長で1年間です。
       IFRS移行日より前の取得に係るのれんは、従前の会計基準に基づき認識した金額を基礎として報告しています。
     (3)外貨換算

      ① 外貨建取引
       外貨建取引は、取引日における為替レートを適用することにより、機能通貨に換算しています。期末日における
      外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで機能通貨に再換算しています。公正価値で測定される外貨建
      非貨幣性資産及び負債は、当該公正価値の測定日における為替レートで機能通貨に再換算しています。
       これら取引の決済から生じる外国為替差額並びに外貨建貨幣性資産及び負債を期末日の為替レートで換算するこ
      とによって生じる為替差額は、純損益で認識しています。ただし、非貨幣性項目に係る利益又は損失がその他の包
      括利益に認識される場合は、為替差額もその他の包括利益に認識しています。
      ②  在外営業活動体

       在外営業活動体の資産及び負債については期末日レート、収益及び費用については期中の平均為替レートを用い
      て日本円に換算しています。
       在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益で認識しています。
       当該差額は「在外営業活動体の換算差額」として、その他の資本の構成要素に含めています。
     (4)現金及び現金同等物

       現金及び現金同等物は、手許現金及び随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動に
      ついて僅少なリスクしか負わない、取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。な
      お、短期投資については、銀行事業に関するものを含みません。
     (5)金融商品

      ① 非デリバティブ金融資産
       当社グループは、金融資産を当社グループが契約の当事者になる取引日に当初認識しています。
       金融資産の分類及び測定モデルの概要は、以下のとおりです。
       償却原価で測定する金融資産

        金融資産は、以下の要件を満たす場合に償却原価で事後測定する金融資産に分類しています。
       ・当社グループの事業モデルにおいて、当該金融資産の契約上のキャッシュ・フローを回収することを目的とし
        て保有している場合
       ・契約条件により、特定の日に元本及び元本残高に対する利息の支払いのみであるキャッシュ・フローを生じさ
        せる場合
        償却原価で測定する金融資産は、公正価値に、取得に直接起因する取引費用を加算した金額で当初認識してい
       ます。当初認識後、償却原価で測定する金融資産の帳簿価額については、実効金利法に基づき事後測定していま
       す。
                                 54/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品
        金融資産は、以下の要件をともに満たす場合にその他の包括利益を通じて公正価値で事後測定する負債性金融
       商品に分類しています。
       ・当社グループの事業モデルにおいて、当該金融資産の契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方を目的
        として保有している場合
       ・契約条件により、特定の日に元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローを生じさせ
        る場合
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品は、公正価値に、取得に直接起因する取引費用
       を加算した金額で当初認識しています。また、当初認識後は公正価値で測定し、その事後的な変動をその他の包
       括利益として認識しています。その他の包括利益として認識した金額は、認識を中止した場合、その累計額を損
       益に振り替えています。
       純損益を通じて公正価値で測定する金融商品

        資本性金融商品に対する投資を除く金融資産で上記の償却原価で測定する区分及びその他の包括利益を通じて
       公正価値で測定する区分の要件を満たさないものは、公正価値で測定し、その変動を純損益で認識しています。
       当該資産には、売買目的で保有する金融資産が含まれています。
        資本性金融商品に対する投資は公正価値で測定し、その変動を純損益で認識しています。ただし、当社グルー
       プが当初認識時に公正価値の変動をその他の包括利益に計上するという選択(取消不能)を行う場合は、この限
       りではありません。
         純損益を通じて公正価値で測定する金融資産は、当初認識時に公正価値で認識し、取引費用は発生時に純損益
       で認識しています。
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品

        当社グループは当初認識時に、資本性金融商品に対する投資における公正価値の変動をその他の包括利益で認
       識するという選択(取消不能)を行う場合があります。当該選択は、売買目的以外で保有する資本性金融商品に
       対する投資に対してのみ認められています。
        その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品は、公正価値に、取得に直接起因する取引費用
       を加算した金額で当初認識しています。当初認識後は公正価値で測定し、公正価値の変動は「その他の包括利益
       を通じて公正価値で測定する資本性金融商品の利得及び損失」として、その他の資本の構成要素に含めていま
       す。
        なお、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品からの配当金については、「売上収益」
       として純損益で認識しています。
       償却原価で測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の減損

        当社グループは、償却原価で測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融
       商品については、期末日時点で金融商品にかかる信用リスクが当初認識以降に著しく増大していない場合には、
       期末日後12ヶ月以内の生じうる債務不履行から生じる予想信用損失(12ヶ月の予想信用損失)により貸倒引当金
       の額を算定しています。この場合、過去の貸倒実績率、公表されているデフォルト率、その他合理的に利用可能
       な将来予測情報等をもとに将来12ヶ月の予想信用損失を集合的に見積って当該金融商品にかかる貸倒引当金の額
       を算定しています。一方で、期末日時点で金融商品にかかる信用リスクが当初認識以降に著しく増大している場
       合には、当該金融商品の予想存続期間にわたる全ての生じうる債務不履行から生じる予想信用損失(全期間の予
       想信用損失)により貸倒引当金を算定しています。この場合、過去の貸倒実績率、将来の回収可能価額、公表さ
       れているデフォルト率、その他合理的に利用可能な将来予測情報等をもとに当該金融商品の回収にかかる全期間
       の予想信用損失を個別に見積って当該金融商品にかかる貸倒引当金の額を算定しています。
        ただし、重大な金融要素を含んでいない売上債権などの営業債権及び契約資産(以下、営業債権等)について
       は、上記に関わらず、常に全期間の予想信用損失により貸倒引当金の額を算定しています。原則として、取引先
       の属性に応じて営業債権等をグルーピングした上で、過去の貸倒実績率、その他合理的に利用可能な将来予測情
       報等を考慮して集合的に予想信用損失を測定しています。一定の日数が経過した延滞した金融資産のうち債務者
       の重大な財政的困難等により金融資産の回収可能性が特に懸念されるものであると判断された場合には、信用減
       損が発生しているものと判定しています。
        当社グループは、信用減損した金融資産について、将来の回収が見込めない場合は直接償却を行っています。
                                 55/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
        直接償却を行った場合でも履行に向けて回収活動を継続し、回収が行われた場合は純損益に回収額を計上しま
       す。
       金融資産の認識の中止

        当社グループは、金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が失効した場合、又は、当該
       金融資産の所有にかかるリスク及び便益を実質的に全て移転する取引において、金融資産から生じるキャッ
       シュ・フローを受け取る契約上の権利を移転する場合に、当該金融資産の認識を中止しています。移転した金融
       資産に関して当社グループが創出した、又は当社グループが引き続き保有する権利については、別個の資産・負
       債として認識しています。
      ② 非デリバティブ金融負債

        当社グループは、当社グループが発行した負債性金融商品を、その発行日に当初認識しています。その他の金
       融負債は全て、当社グループが当該金融商品の契約の当事者になる取引日に当初認識しています。
        当社グループは、金融負債が消滅した場合、つまり、契約上の義務が免責、取消又は失効となった場合に、金
       融負債の認識を中止しています。
        当社グループは、非デリバティブ金融負債として、営業債務、銀行事業の預金、証券事業の金融負債、社債及
       び借入金、及びその他の金融負債を有しており、公正価値で当初測定し、実効金利法に基づき償却原価で事後測
       定しています。
        なお、一部の銀行事業の預金については、資産又は負債の測定あるいは利得又は損失の認識を異なったベース
       で行うことから生じるであろう測定上又は認識上の不整合を大幅に削減するために、純損益を通じて公正価値で
       測定する金融負債として指定しています。当該金融負債の公正価値の変動金額のうち、当該負債の信用リスクの
       変動に起因するものは、その他の資本の構成要素に含まれます。
      ③ デリバティブ

       ヘッジ会計の要件を満たすデリバティブ
        当社グループは、公正価値変動リスク、金利変動リスク及び為替変動リスクをヘッジするため、デリバティブ
       を利用しています。これらに用いられるデリバティブは、主に金利スワップ、先渡、オプション、為替予約及び
       通貨スワップです。
        当初のヘッジ指定時点において、当社グループは、ヘッジ手段とヘッジ対象及びその関係、リスク管理目的、
       ヘッジ取引を実行する際の戦略、ヘッジされるリスクの性質、ヘッジ関係の有効性の評価方法、並びにヘッジ非
       有効部分の測定方法を文書化しています。
        当社グループは、ヘッジ手段がヘッジ対象期間において関連するヘッジ対象の公正価値又はキャッシュ・フ
       ローの変動に対して高度に相殺効果を有すると予想することが可能であるか否かについて、ヘッジ指定時点で評
       価するとともに、その後も毎期継続的に評価しています。
        ヘッジ手段であるデリバティブは公正価値で当初認識し、関連する取引費用は発生時に純損益として認識して
       います。当初認識後は、デリバティブは公正価値で測定し、その変動は以下のように会計処理しています。
       ・公正価値ヘッジ

        ヘッジ手段であるデリバティブを公正価値で事後測定することによる利得又は損失は、純損益で認識していま
       す。ヘッジされたリスクに起因するヘッジ対象に係る利得又は損失は、純損益で認識するとともにヘッジ対象の
       帳簿価額を修正しています。ただし、ヘッジ対象が、公正価値の変動をその他の包括利益で測定する資本性金融
       商品である場合は、ヘッジ手段であるデリバティブを公正価値で事後測定することによる利得又は損失は、その
       他の包括利益で認識しています。公正価値ヘッジがヘッジ会計の要件を満たさない場合、ヘッジ手段が失効、売
       却、終了又は行使された場合はヘッジ会計の適用を将来に向けて中止しています。
                                 56/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
       ・キャッシュ・フロー・ヘッジ
        デリバティブを、認識済資産・負債に関連する特定のリスクに起因し、かつ、純損益に影響する可能性がある
       キャッシュ・フローの変動をヘッジするためのヘッジ手段として指定した場合、デリバティブの公正価値の変動
       のうちヘッジ有効部分は、「キャッシュ・フロー・ヘッジ」として、その他の資本の構成要素に含めています。
       キャッシュ・フロー・ヘッジの残高は、ヘッジ対象のキャッシュ・フローが純損益に影響を及ぼす期間と同一期
       間において、連結包括利益計算書においてその他の包括利益から控除し、ヘッジ対象と同一の項目で純損益に振
       り替えています。デリバティブの公正価値の変動のうちヘッジ非有効部分は、即時に純損益で認識しています。
       しかしながら、ヘッジ対象が非金融資産又は非金融負債の認識を生じさせるものである場合には、その他の包括
       利益として認識されている金額は、非金融資産又は非金融負債の当初の帳簿価額の修正として処理しています。
        なお、キャッシュ・フロー・ヘッジがヘッジ会計の要件を満たさない場合、又はヘッジ手段が失効、売却、終
       了若しくは行使された場合はヘッジ会計の適用を将来に向けて中止し、その他の包括利益として認識した金額を
       その他の資本の構成要素から純損益に振り替えています。
       ヘッジ会計の要件を満たさないデリバティブ

        当社グループには、ヘッジ目的で保有しているデリバティブのうちヘッジ会計の要件を満たしていないものが
       あります。また当社グループは、デリバティブをヘッジ目的以外のトレーディング目的でも保有しています。こ
       れらのデリバティブの公正価値の変動は全て即時に純損益で認識しています。
       組込デリバティブ

        金融商品及びその他の契約の中に、デリバティブ及び非デリバティブ金融商品の双方が結合されていることが
       あります。そのような契約に含まれるデリバティブの部分は、組込デリバティブと呼ばれ、非デリバティブの部
       分が主契約となります。主契約が金融負債である場合、組込デリバティブの経済的特徴とリスクが主契約と密接
       に関連せず、組込デリバティブと同一条件の独立の金融商品がデリバティブの定義に該当し、複合契約自体が純
       損益を通じて公正価値で測定する金融負債として分類されない場合には、組込デリバティブは主契約から分離さ
       れ、デリバティブとして会計処理しています。主契約の金融負債は、非デリバティブ金融負債に適用される会計
       方針により会計処理しています。
      ④ 金融資産及び金融負債の表示

       金融資産及び金融負債は、当社グループがそれらの残高を相殺する法的権利を有し、純額で決済するか、又は資
      産の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、連結財政状態計算書上で相殺し、純額で表示してい
      ます。
      ⑤ 金融保証契約

       金融保証契約とは、負債性金融商品の当初又は変更後の条件に従った期日が到来しても、特定の債務者が支払を
      行わないために保証契約保有者に発生する損失を契約発行者がその保有者に対し補填することを要求する契約で
      す。これら金融保証契約は当初契約時点において、公正価値により測定しています。当初認識後は、公正価値で測
      定されるものを除き、貸倒引当金の額と当初認識額から認識した収益の累計額を控除した額のうち、いずれか高い
      方で測定しています。
     (6)棚卸資産

       棚卸資産に含まれる販売用不動産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い価額で測定しております。正
      味実現可能価額は、通常の事業過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び見積販売費用を控除し
      た額であります。取得原価は、購入原価、加工費及び現在の場所及び状態に至るまでに要した全ての費用を含んで
      います。販売用不動産は個別法により算定しています。
                                 57/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (7)有形固定資産
       全ての有形固定資産は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で計上しています。
       取得原価には資産の取得に直接関連する費用、資産の解体及び除去費用、並びに原状回復費用の当初見積額が含
      まれています。当初認識後の測定モデルとして原価モデルを採用しています。
       減価償却費は、償却可能価額をもとに算定しています。償却可能価額は、資産の取得原価から残存価額を差し引
      いて算出しています。
       減価償却については、有形固定資産の各構成要素の見積耐用年数にわたり、主に定額法に基づいています。使用
      権資産については、リース契約の終了までに当社グループが所有権を獲得することが合理的に確実な場合を除き、
      リース期間又は経済的耐用年数のいずれか短い期間で償却しています。なお、土地は償却していません。
       主要な有形固定資産の見積耐用年数は、以下のとおりです。
       ・建物及び建物附属設備            3-39年
       ・工具、器具及び備品              2-20年
       減価償却方法、耐用年数及び残存価額は、期末日に見直しを行い、必要に応じ改定しています。
     (8)無形資産

      ① のれん
       当初認識
        2019年4月1日の楽天グループ内再編により、親会社である楽天(株)の連結財務諸表で計上されていたのれん
       の一部を、共通支配下の取引として帳簿価額で引き継いで当社グループの連結財務諸表に計上しています。この
       のれんは、無形資産に計上しています。
       当初認識後の測定

        のれんは、取得原価から減損損失累計額を控除して測定しています。
      ② ソフトウエアに係る支出の資産化

        当社グループは、主として内部利用目的のソフトウエアを購入又は開発するための特定のコストを支出してい
       ます。
        開発活動による支出については、信頼性をもって測定可能であり、技術的に実現可能であり、将来の経済的便
       益を得られる可能性が高く、当社グループが開発を完成させ、当該資産を使用又は販売する意図及びそのための
       十分な資源を有している場合にのみ、ソフトウエアとして資産計上しています。
        資産計上したソフトウエアは、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除して測定しています。
      ③ その他の無形資産

        当社グループが取得したその他の無形資産で、耐用年数が確定できる無形資産については、取得原価から償却
       累計額及び減損損失累計額を控除して測定しています。
      ④ のれん以外の無形資産の償却

        償却費は、資産の取得原価から残存価額を差し引いた額に基づいています。耐用年数が確定できる無形資産の
       うち、2019年4月1日の楽天グループ内再編により引き継いだ保険契約及び保険事業の顧客関連資産について
       は、保険料収入が見込める期間にわたる保険料収入の発生割合に基づく方法により、それ以外の無形資産につい
       ては、定額法により償却しています。これらの償却方法を採用している理由は、無形資産によって生み出される
       将来の経済的便益の消費の想定パターンに最も近似していると考えられるためです。
        主要な耐用年数が確定できる無形資産の見積耐用年数は、以下のとおりです。
        ・基幹システム           5-10年
        ・保険契約及び保険事業の顧客関連資産  30年
        ・その他のソフトウエア 5年
        ソフトウエアは、購入により取得したもの及び開発により取得したものがありますが、いずれも同様の償却方
       法及び耐用年数を採用しています。
        償却方法、耐用年数及び残存価額は、期末日に見直しを行い、必要に応じ改定しています。
                                 58/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (9)リース(借手)
       リース取引におけるリース負債は、リース開始日におけるリース料総額の未決済分の割引現在価値として測定を
      行っています。使用権資産については、リース負債の当初測定額に当初直接コスト、前払リース料等を調整し、
      リース契約に基づき要求される原状回復義務等のコストを加えた額で当初の測定を行っています。使用権資産は、
      リース期間にわたり規則的に、減価償却を行っています。
      なお、リース料総額の未決済分の割引現在価値を算定する場合に使用すべき割引率は、実務上可能な場合にはリー
      スの計算利子率とし、実務上不可能な場合には、借手の追加借入利子率を用いています。
       リース料は、リース負債残高に対して一定の利子率となるように、金利費用とリース負債残高の返済部分とに配
      分しています。金利費用は、連結損益計算書上、使用権資産に係る減価償却費と区分して表示しています。
       契約がリースであるか否か、又は契約にリースが含まれているか否かについては、法的にはリースの形態を取ら
      ないものであっても、契約の実質に基づき判断しています。
       リース期間が12ヶ月以内に終了するリース及び原資産が少額であるリースについて、当該リースに関連したリー
      ス料を、リース期間にわたり定額法又は他の規則的な基礎のいずれかにより費用として認識しています。
     (10)非金融資産の減損

       棚卸資産及び繰延税金資産を除く当社グループの非金融資産の帳簿価額は、四半期毎に減損の兆候の有無を判断
      しています。減損の兆候が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積っています。のれん及び耐用年数を確
      定できない、又はまだ使用可能ではない無形資産については、回収可能価額を各連結会計年度における一定時期に
      見積っています。
       資産、資金生成単位又は資金生成単位グループの回収可能価額は、使用価値と処分費用控除後の公正価値のう
      ち、いずれか高い金額としています。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価
      値及び当該資産の固有のリスクを反映した税引前の割引率を用いて、現在価値に割り引いています。資金生成単位
      については、継続的に使用することにより他の資産又は資産グループのキャッシュ・イン・フローから、概ね独立
      したキャッシュ・イン・フローを生み出す最小単位の資産グループとしています。
       資金生成単位については、原則として各社を資金生成単位としています。
       全社資産は独立したキャッシュ・イン・フローを生み出していないため、全社資産に減損の兆候がある場合、全
      社資産が帰属する資金生成単位の回収可能価額を算定して判断しています。
       減損損失は、資産、資金生成単位又は資金生成単位グループの帳簿価額が回収可能価額を超過する場合に、純損
      益で認識しています。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単位に配分されたのれんの帳簿価額
      を減額するように配分し、次に資金生成単位内のその他の資産の帳簿価額を比例的に減額するように配分していま
      す。
       のれんに関連する減損損失については、戻し入れていません。過去に認識したその他の資産の減損損失について
      は、四半期毎に、損失の減少又は消滅を示す兆候の有無を判断しています。減損の戻し入れの兆候があり、回収可
      能価額の決定に使用した見積りが変化した場合は、減損損失を戻し入れています。減損損失については、減損損失
      を認識しなかった場合の帳簿価額から必要な減価償却費又は償却費を控除した後の帳簿価額を超えない金額を上限
      として、戻し入れています。
     (11)引当金

       当社グループが、過去の事象の結果として現在の法的又は推定的債務を有しており、当該債務を決済するために
      経済的便益を有する資源の流出が必要となる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性のある見積りができる
      場合に、引当金を認識しています。
                                 59/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (12)保険会計
       保険会計一般
        保険者が自ら発行した保険契約及び保険者が保有する再保険契約に関しては、IFRS第4号「保険契約」に準拠
       し、従来から日本において適用されている保険業法及び保険業法施行規則に基づいた会計処理を適用していま
       す。
       保険事業の保険契約準備金

        当社グループは、市場金利に基づいた割引率により保険負債を測定し、貨幣の時間価値を反映するために、当
       報告期間中に保険負債の帳簿価額に対して発生した利息を純損益に、それ以外の割引率の変動に伴う保険負債の
       変動額をその他の包括利益に認識しています。
        負債の十分性テストに関しては、関連する保険料、資産運用収益等のキャッシュ・イン・フロー及び保険給
       付、事業費等のキャッシュ・アウト・フローの見積り現在価値を考慮し実施しています。負債が十分でないこと
       が判明した場合には、不足額の全額を費用として認識しています。
     (13)資本

       普通株式
       当社が発行した資本性金融商品は、発行価額を資本金及び資本剰余金に計上し、直接発行費用(税効果考慮後)
      は資本剰余金から控除しています。
     (14)株式報酬

       当社グループは、取締役及び従業員に対するインセンティブ制度として楽天(株)が実施するストック・オプ
      ション制度を導入しています。株式報酬の付与日における公正価値は、付与日から権利が確定するまでの期間にわ
      たり、人件費として認識し、同額を資本剰余金の増加として認識しています。付与されたオプションの公正価値
      は、オプションの諸条件を考慮し、ブラック・ショールズ・モデル等を用いて算定しています。また、条件につい
      ては定期的に見直し、必要に応じて権利確定数の見積りを修正しています。
     (15)政府補助金

       当社グループは、一般社団法人キャッシュレス推進協議会による「キャッシュレス・消費者還元事業費補助金
      (消費者還元補助事業)」に基づく、事業者及び消費者への還元に必要な費用に対する補助を政府補助金として会
      計処理しています。これらの政府補助金は、補助交付のための付帯条件を満たし、補助金が受領されることについ
      て合理的な保証が得られた時に認識しています。収益に関する政府補助金は、補助金により保証される費用が認識
      される期間にわたって、純損益として認識しています。純損益として認識された補助金については、関連する費用
      から控除する方法を採用しています。なお、補助金交付金額は、補助事業終了後に精算払請求により確定します。
                                 60/200








                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (16)収益の認識
       当社グループでは、IFRS第9号に基づく利息及び配当収益等、IFRS第4号に基づく保険料収入並びにIFRS第16号
      に基づくリース収益を除き、以下の5ステップアプローチに基づき、顧客への財やサービスの移転との交換によ
      り、その権利を得ると見込む対価を反映した金額で収益を認識しています。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するにつれて)収益を認識する。
       また、顧客との契約獲得のための増分コスト及び契約に直接関連する履行コストの内、回収可能であると見込ま
      れる部分について資産(以下、契約コストから認識した資産)として認識しています。契約獲得のための増分コス
      トとは、顧客との契約を獲得するために発生したコストで、当該契約を獲得しなければ発生しなかったであろうも
      のです。契約コストから認識した資産については、顧客の見積契約期間に応じて2年間から10年間の均等償却を
      行っています。
     (17)金融収益及び金融費用

       金融収益は、主として受取利息、受取保証料及び受取配当金から構成されています。受取利息は、実効金利法に
      より発生時に認識しています。受取保証料は、保証残高に対してそれぞれ一定の料率を乗じた保証料を、IFRS第9
      号に従いその保証料の属する期間に認識しています。また、受取配当金は、当社グループの受領権が確定した日に
      認識しています。
       一方、金融費用は、主として支払利息等から構成されています。支払利息は、実効金利法により発生時に認識し
      ています。
     (18)従業員給付

      ① 短期従業員給付
       短期従業員給付については、割引計算は行わず、関連するサービスが提供された時点で費用として認識していま
      す。賞与については、それらを支払うべき現在の法的又は推定的債務を負っており、かつ、その金額を信頼性を
      もって見積ることができる場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積られる額を負債として認識していま
      す。
      ② 退職給付

       当社グループは、退職給付制度として、主に確定給付制度を採用しています。
       確定給付負債(資産)の純額は、確定給付制度債務の現在価値から、制度資産の公正価値(必要な場合には、確
      定給付資産の上限、最低積立要件への調整を含む)を控除したものであり、退職給付に係る資産又は負債として連
      結財政状態計算書で認識しています。確定給付制度債務は、予測単位積増方式に基づいて算定され、その現在価値
      は、将来の予想支払額に割引率を適用して算定しています。割引率は、給付が見込まれる期間に近似した満期を有
      する優良社債の利回りを参照して決定しています。
       勤務費用及び確定給付負債(資産)の純額に係る利息純額は純損益として認識しています。数理計算上の差異、
      純利息費用に含まれる部分を除く制度資産に係る収益の変動については、それらが生じた期間において退職給付制
      度に係る再測定としてその他の包括利益に認識しています。また、過去勤務費用は、制度改定又は縮小が発生した
      時、あるいは関連するリストラクチャリング費用又は解雇給付を認識した時の、いずれか早い方の期において純損
      益として認識しています。
     (19)借入コスト

       意図した使用又は販売が可能となるまでに相当の期間を必要とするような資産に関して、その資産の取得、建設
      又は製造に直接起因する借入コストは、当該資産の取得原価の一部として資産化しています。なお、その他の借入
      コストは全て、発生した期に費用として認識しています。
                                 61/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (20)法人所得税
       法人所得税費用は、当期税金及び繰延税金から構成されています。これらは、企業結合から生じた項目、その他
      の包括利益で認識される項目、及び資本に直接認識される項目に関連する税金を除き、純損益で認識しています。
       当期税金は、期末日において施行され、又は実質的に施行されている法定税率(及び税法)を使用して、税務当
      局に納付(又は税務当局から還付)される予想額で算定しています。
       繰延税金資産あるいは繰延税金負債は、ある資産又は負債の連結財政状態計算書上の帳簿価額と税務上の基準額
      との間に生じる一時差異に対して、認識しています。ただし、一時差異が、企業結合以外の取引で、取引日に会計
      上の純損益にも課税所得(欠損金)にも影響しない取引における、資産又は負債の当初認識から生じる場合は、繰
      延税金資産及び繰延税金負債を認識していません。
       繰延税金資産あるいは繰延税金負債の算定には、期末日において施行され、又は実質的に施行されている法令に
      基づき、関連する繰延税金資産が実現する時、又は繰延税金負債が決済される時において適用されると予想される
      税率を使用しています。
       繰延税金資産は、それらが利用される将来の課税所得を稼得する可能性が高い範囲内で、全ての将来減算一時差
      異及び全ての未使用の繰越欠損金及び税額控除について認識しています。
       子会社及び関連会社に対する投資に係る一時差異について、繰延税金資産又は繰延税金負債を認識しています。
      ただし、繰延税金負債については、一時差異の解消時期をコントロールでき、かつ、予測可能な期間内での一時差
      異の解消が期待できない可能性が高い場合には認識していません。また、繰延税金資産については、一時差異から
      の便益を利用するのに十分な課税所得があり、予測可能な期間内で一時差異の解消される可能性が高いと認められ
      る範囲内で認識しています。
       繰延税金資産及び繰延税金負債の相殺が行われるのは、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法的に強制力の
      ある権利を有しており、かつ、繰延税金資産及び繰延税金負債が単一の納税事業体又は純額ベースでの決済を行う
      ことを意図している異なる納税事業体に対して、同一の税務当局によって課されている法人所得税に関連するもの
      に対してです。
     (21)1株当たり利益

       当社グループは、普通株式に係る基本的1株当たり利益(親会社の所有者に帰属)を開示しています。基本的1
      株当たり利益は、当期利益(親会社の所有者に帰属)を、その期間の発行済普通株式の加重平均株式数で除して算
      定しています。
       希薄化後1株当たり利益は、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため、基本的1株当たり利益と同一で
      す。
     (22)セグメント情報

       事業セグメントとは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構成単位
      です。全ての事業セグメントの事業の成果は、個別にその財務情報が入手可能なものであり、かつ、各セグメント
      への経営資源の配分及び業績の評価を行うために、当社グループの最高経営意思決定者である取締役会において定
      期的にレビューしています。
                                 62/200







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    3.重要な会計上の見積り及び判断
     (1)重要な会計上の見積り及び仮定
       IFRSに準拠した連結財務諸表の作成に当たって、当社グループは、将来に関する見積り及び仮定の設定を行って
      います。会計上の見積りの結果は、その性質上、関連する実際の結果と異なる場合があります。翌連結会計年度に
      おける資産や負債の帳簿価額に重要な影響を生じさせるようなリスクを伴う見積り及び仮定は、次のとおりです。
      (a)のれんの評価(注記2             重要な会計方針(10)及び注記17               無形資産)

        当社グループが計上するのれんは、減損の兆候の有無に関わらず、年に1度減損テストを実施しています。の
       れんの回収可能価額は、主に将来のキャッシュ・フロー予測や予測成長率、割引率を組み合わせて算定していま
       す。当該算定に当たっては、当社グループの経営者による事業環境や市場環境を考慮した判断及び仮定を前提と
       しており、前提とした状況が変化すれば、回収可能価額の算定結果が著しく異なる結果となる可能性があるた
       め、当社グループでは当該見積りは重要なものであると判断しています。
      (b)繰延税金資産の回収可能性(注記2                   重要な会計方針(20)         及び注記26      繰延税金及び法人所得税費用)

        当社グループは、ある資産及び負債の連結財政状態計算書上の帳簿価額と税務上の基準額との間に生じる一時
       差異に対して、繰延税金資産及び繰延税金負債を認識しています。当該繰延税金資産及び繰延税金負債の算定に
       は、期末日において施行され、又は実質的に施行されている法令に基づき、関連する繰延税金資産が実現する
       時、又は繰延税金負債が決済される時において適用されると予想される税率を使用しています。繰延税金資産
       は、将来の課税所得を稼得する可能性が高い範囲内で、全ての将来減算一時差異及び全ての未使用の繰越欠損金
       及び税額控除について認識しています。将来の課税所得の見積りは、経営者により承認された事業計画等に基づ
       き算定され、当社グループの経営者による主観的な判断や仮定を前提としています。当該前提とした状況の変化
       や将来の税法の改正等により、繰延税金資産や繰延税金負債の金額に重要な影響を及ぼす可能性があるため、当
       社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
      (c)デリバティブを含む公正価値で測定する金融商品の公正価値の決定方法(注記2                                        重要な会計方針(5)及び注

        記41   金融商品の公正価値)
        当社グループが保有するデリバティブを含む公正価値で測定する金融資産及び金融負債は、同一の資産又は負
       債について、活発な市場における公表価格、当該資産又は負債について直接に又は間接に観察可能な前述の公表
       価格以外のインプットを使用して算定された公正価値、もしくは観察不能なインプットを含む評価技法によって
       算定された公正価値を用いて評価しています。特に、観察不能なインプットを含む評価技法によって算定される
       公正価値は、適切な基礎率、仮定及び採用する計算モデルの選択など、当社グループの経営者による判断や仮定
       を前提としています。これらの見積り及び仮定は、前提とした状況の変化等により、金融商品の公正価値の算定
       に重要な影響を及ぼす可能性があるため、当社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断していま
       す。
      (d)償却原価で測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の減損(注記

        2  重要な会計方針(5)及び注記43               財務リスク管理)
        当社グループは、償却原価で測定する金融資産及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融
       商品にかかる予想信用損失は、契約に従って受け取る契約上の将来キャッシュ・フローと、受け取ると見込んで
       いる将来キャッシュ・フローとの差額の現在価値について認識しています。
        将来キャッシュ・フローの見積りに際しては、債務不履行の可能性、発生損失額に関する過去の傾向、合理的
       に予想される将来の事象等を考慮しています。これらの見積り及び仮定は、前提とした状況が変化すれば、償却
       原価及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の減損損失の金額が著しく異なる可能性
       があるため、当社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
      (e)引当金(注記2          重要な会計方針(11)及び注記23               引当金)

        当社グループは、ポイント引当金等の引当金を計上しています。ポイント引当金は、楽天(株)の提供する楽
       天ポイント等のポイントプログラムにおいて、会員へ付与したポイントの将来の使用に備えて、過年度の実績等
       を考慮して、引当金の金額を算定しています。引当金を算定するに当たっては、当社グループの経営者における
       判断や仮定を前提としており、これらの見積り及び仮定は、前提とした状況の変化により、引当金の金額に重要
       な影響を及ぼす可能性があるため、当社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
                                 63/200

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      (f)   保険契約に関する負債の十分性テスト(注記2                       重要な会計方針(12)及び注記24               保険事業の保険契約準備金

        等)
        当社グループは、保険契約に関する負債の十分性テストについて、関連する保険料、資産運用収益等のキャッ
       シュ・イン・フロー及び保険給付、事業費等のキャッシュ・アウト・フローの見積り現在価値を考慮して実施し
       ています。
      (g)契約コストから認識した資産(                 注記2    重要な会計方針(16)及び注記28               売上収益)

        顧客との契約獲得のための増分コスト及び契約に直接関連する履行コストのうち、回収可能であると見込まれ
       る部分について資産(以下、契約コストから認識した資産)として認識しています。
        契約コストから認識した資産については、認識時及び四半期毎に回収可能性の検討を行っています。検討に当
       たっては、当該資産の帳簿価額が、カード会員との契約が継続すると見込まれる期間にわたり関連するクレジッ
       トカード関連サービスと交換に企業が受け取ると見込んでいる対価の残りの金額から、当該サービスの提供に直
       接関連し、まだ費用として認識されていないコストを差し引いた金額を超過しているかどうか判断を行っていま
       す。これらの見積り及び仮定は、前提とした状況が変化すれば、契約コストから認識した資産に関する減損損失
       を純損益に認識することにより、契約コストから認識した資産の金額に重要な影響を及ぼす可能性があるため、
       当社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
      (h)退職給付制度債務の測定に用いた仮定(注記2                         重要な会計方針(18)及び注記25               従業員給付)

        当社グループは、確定給付型の退職給付制度を有しています。確定給付制度債務の現在価値及び関連する勤務
       費用等は、数理計算上の仮定に基づいて算定しています。数理計算上の仮定には、割引率等の変数についての見
       積り及び判断が求められます。
        数理計算上の仮定は、当社グループの経営者による最善の見積りと判断により決定しています。当該見積り及
       び判断について、前提とした状況の変化等により見直しが必要となった場合、退職給付に係る負債の金額に重要
       な影響を及ぼす可能性があるため、当社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
      (i)リース負債の測定(注記2.                重要な会計方針(9)、注記18.               リース取引(借手)及び注記21.               社債及び借入

        金)
        当社グループは、リース期間について、リースの解約不能期間に延長することが合理的に確実である期間及び
       解約しないことが合理的に確実な期間を加えた期間を考慮して決定しています。具体的には、リース期間を延長
       又は解約するオプションの有無及び行使の可能性等を考慮の上、リース期間を見積っています。これらは、将来
       の契約更新時の交渉の結果等により、使用権資産及びリース負債等に重要な影響を及ぼす可能性があるため、当
       社グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
     (2)会社の会計方針を適用する際の重要な判断

       当社グループの会計方針を適用する過程において、当社グループの経営者は、連結財務諸表で認識される金額に
      重要な影響を与えるような判断を行っています。
       当社グループは、主として銀行事業やクレジットカード事業において支配の決定に際して、議決権又は類似の権
      利が支配の決定的な要因とならないように設計された事業体(以下、組成された事業体)への関与を有しており、
      当社グループの経営者は、当該事業体を支配しているかどうかの判断を行っています。判断においては、組成され
      た事業体への関与に関する全ての関連性のある事実と状況を考慮し、決定を行っています。
     (3)新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積り

       当連結会計年度に係る連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、原則として前連結会計年度
      に係る連結財務諸表と同様ですが、新型コロナウイルス感染症は、当社グループの一部の事業に不確実性をもたら
      しています。
       新型コロナウイルス感染症の拡大を原因とする個人消費の低迷、失業率の増加、企業の倒産など経済状況の悪化
      等の不確実性があります。カード事業の貸付金の回収状況は、当連結会計年度末において重要な悪化はありません
      が、上述の不確実性を考慮し、信用リスクの悪化に備え、発生するであろう損失を予想し貸倒引当金の会計上の見
      積りを必要に応じて修正しております。
       ただし、上述のカード事業の貸付金に係る貸倒引当金の見積りを除き、現時点において新型コロナウイルス感染
                                 64/200

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      症は当連結会計年度に係る連結財務諸表に全体として重要な影響を与える会計上の見積り及び判断の変更をもたら
      すものではありません。しかし、不確実性が更に高まった場合には、銀行事業の貸付金に対する貸倒引当金、のれ
      ん の回収可能性、繰延税金資産の回収可能性等、重要な会計上の見積り及び判断に影響を及ぼす恐れがあります。
                                 65/200




















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    4.セグメント情報
     (1)一般情報
       当社は、楽天グループにおけるFinTech事業のさらなる成長・発展、ひいては企業価値の最大化を実現するために
      は、アカウンタビリティー(責務)をより明確化し、一層の経営効率化と全体最適視点での経営資源の配分を図る
      ことで、機動的かつ柔軟な意思決定と業務執行を可能とするグループ体制に移行することが最適と考え、2019年4
      月1日付で当社を承継会社とする吸収分割方式により組織再編を行いました。これを受け、前連結会計年度より事
      業セグメントの見直しを行い、「クレジットカード事業」、「銀行事業」、「証券事業」、「保険事業」の4つを
      報告セグメントとしました。これらのセグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可
      能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっていま
      す。なお、事業セグメントの集約は行っておりません。
       クレジットカード事業セグメントはインターネットを介したクレジットカード関連サービス、銀行事業セグメン
      トはインターネットを介した銀行サービス、証券事業セグメントはインターネットを介した証券サービス、保険事
      業セグメントはインターネットを介した生命保険及び損害保険サービスの提供等を行う事業により構成されていま
      す。
     (2)事業セグメントの収益と損失の測定に関する事項

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法はIFRSに基づいており、事業セグメントの売上収益及び損益は
      一部の連結子会社を除き連結修正を考慮していない内部取引消去前の金額です。経営者が意思決定する際に使用す
      る社内指標は、IFRSに基づく営業利益に当社グループが定める非経常的な項目やその他の調整項目を調整したNon-
      GAAP営業利益ベースです。なお、Non-GAAP営業利益はIFRS第8号に基づくセグメント損益です。
       経営者は、Non-GAAP指標を開示することで、ステークホルダーにとって過年度比較が容易になり、当社グループ
      の経営成績や将来見通しを理解する上で有益な情報を提供できると判断しています。なお、非経常的な項目とは、
      将来の見通し作成の観点から一定のルールに基づき除外すべきと当社グループが判断する一過性の利益や損失のこ
      とです。その他の調整項目とは、適用する会計基準等により差異が生じ易く企業間での比較が困難な、株式報酬費
      用や子会社取得時に認識した無形資産の償却費等を指します。
       また、当社グループは、最高経営意思決定者が使用する事業セグメントへ、資産及び負債を配分していません。
                                 66/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                          クレジット
                                 銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                          カード事業
    セグメントに係る売上収益                        231,823       67,443       41,847       56,602      397,715
    セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                        32,374       20,613       7,923       3,076      63,986
    その他の項目
     減価償却費及び償却費                       16,583       2,143       5,459       7,945      32,130
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                          クレジット
                                 銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                          カード事業
    セグメントに係る売上収益                        262,548       95,610       73,415      103,971       535,544
    セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                        36,827       27,188       16,835       7,505      88,355
    その他の項目
     減価償却費及び償却費                       20,584       3,851       8,265      12,500       45,200
       セグメントに係る売上収益から連結上の売上収益への調整は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2019年1月1日              (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日       )        至   2020年12月31日       )
    セグメントに係る売上収益                                  397,715                 535,544
    内部取引等                                 △ 27,855                △ 41,489
    連結上の売上収益                                  369,860                 494,055
       セグメント損益から税引前当期利益への調整は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2019年1月1日              (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日       )        至   2020年12月31日       )
    セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                                  63,986                 88,355
    無形資産償却費                                  △ 1,798                △ 4,456
    株式報酬費用                                   △ 737                △ 922
    その他の調整項目                                   6,173                 5,777
    営業利益                                  67,624                 88,754
    金融収益及び金融費用                                   △ 52                △ 32
    持分法による投資利益又は投資損失(△)                                   △ 163                 223
    税引前当期利益                                  67,409                 88,945
                                 67/200






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (3)サービスに関する情報
       当社グループの主要なサービスから生じる外部顧客からの売上収益は、「注記28.売上収益                                            (1)    収益の分
      解」をご参照ください。
     (4)地域に関する情報

      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )
                                                   (単位:百万円)
                         日本             その他              合計
    外部顧客に対する売上収益                        367,554              2,306            369,860

    有形固定資産及び無形資産                        175,125              2,187            177,312

      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                         日本             その他              合計
    外部顧客に対する売上収益                        490,590              3,465            494,055

    有形固定資産及び無形資産                        214,463              7,932            222,395

       売上収益は顧客の所在地を基礎としています。

     (5)主要な顧客に関する情報

      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )
       外部顧客に対する売上収益のうち、連結損益計算書の外部顧客からの売上収益の10%以上を占める相手先がない
      ため、記載はありません。
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

       外部顧客に対する売上収益のうち、連結損益計算書の外部顧客からの売上収益の10%以上を占める相手先がない
      ため、記載はありません。
                                 68/200










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    5.現金及び現金同等物
      現金及び現金同等物の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                    ( 2019年12月31日       )    ( 2020年12月31日       )
    連結財政状態計算書における現金及び預金                                      1,309,112            2,883,879

    連結キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物                                      1,309,112            2,883,879

      当社グループの連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金及び随時引き出

     し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない、取得日から3ヶ月
     以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。なお、短期投資については、銀行事業に関するものを含みま
     せん。
    6.証券事業の金融資産

      証券事業の金融資産の内訳は、以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                                当連結会計年度
                                  前連結会計年度
                                ( 2019年12月31日       )
                                               ( 2020年12月31日       )
    償却原価で測定する金融資産

     預託金                                  1,241,980              1,563,586

     有価証券取引等に係る未収入金                                   236,130              478,503

     信用取引資産                                   406,325              503,798

     短期差入保証金                                   76,092              105,795

     その他                                   17,121              23,733

    償却原価で測定する金融資産総額                                   1,977,648              2,675,415

      貸倒引当金                                  △2,102              △1,884

    償却原価で測定する金融資産純額                                   1,975,546              2,673,531

    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産                                      948              863

    証券事業の金融資産合計                                   1,976,494              2,674,394

      トレーディング目的で保有する有価証券は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に含めています。なお、

     トレーディング目的で保有するデリバティブ資産は「デリバティブ資産」に含めており、営業投資有価証券は「有価
     証券」に含めています。
                                 69/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    7.カード事業の貸付金
      カード事業の貸付金の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
    包括信用購入あっせん                                     1,773,070             1,995,780

    融資                                      137,670             121,478

    その他のカード事業の貸付金                                        100             100

    カード事業の貸付金総額                                     1,910,840             2,117,358

      貸倒引当金                                   △82,624             △84,345

    カード事業の貸付金純額                                     1,828,216             2,033,013

      包括信用購入あっせんは、主に顧客のクレジットカード利用による割賦契約等に基づく売掛債権で構成されていま

     す。
      カード事業の貸付金は、当社グループの事業モデルにおいて、契約上のキャッシュ・フローを回収することを目的
     として保有する金融資産であり、当該キャッシュ・フローは、契約条件による特定の日の元本及び元本残高に係る利
     息の受取りに限られることから、償却原価で測定しています。
                                 70/200













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    8.銀行事業の有価証券
      銀行事業の有価証券の内訳は、以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                                当連結会計年度
                                  前連結会計年度
                                 ( 2019年12月31日       )
                                               ( 2020年12月31日       )
    償却原価で測定する金融資産

      外国債                                     12,701              12,556

    償却原価で測定する金融資産総額                                     12,701              12,556

    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

      信託受益権                                     1,137              1,061

      外国債                                      220              192

    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産合計                                     1,357              1,253

    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金

    融商品
      信託受益権                                    117,633              177,223
      内国債                                    151,841              97,449

    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金
                                         269,474              274,672
    融商品合計(注)
    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金

                                            0              1
    融商品
    銀行事業の有価証券合計                                    283,532              288,482

     (注)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品に係る貸倒引当金は、前連結会計年度40百万円、
        当連結会計年度38百万円であり、その他の包括利益に含まれています。
      銀行事業の有価証券のうち、契約上のキャッシュ・フローを回収することを目的として保有し、かつ、当該キャッ

     シュ・フローが契約条件による特定の日の元本及び元本残高に係る利息の受取りに限られる有価証券を、償却原価で
     測定する金融資産として分類しています。また、契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方を目的として保有
     し、かつ、当該キャッシュ・フローが契約条件による特定の日の元本及び元本残高に係る利息の受取りに限られる有
     価証券を、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品として分類しています。上記以外の有価証
     券を、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産として分類しています。ただし、資本性金融商品に対する投資に
     ついて、公正価値の変動をその他の包括利益で認識するという選択(取消不能)を行ったものについては、その他の
     包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品として分類しています。
                                 71/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    9.銀行事業の貸付金
      銀行事業の貸付金の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                                当連結会計年度
                                 前連結会計年度
                                ( 2019年12月31日       )
                                               ( 2020年12月31日       )
    銀行事業の貸付金総額                                  1,062,947               1,448,884

      貸倒引当金                                   △12,954               △12,184

    銀行事業の貸付金純額                                  1,049,993               1,436,700

      銀行事業の貸付金は、主に個人向けのローン債権で構成されています。

      銀行事業の貸付金は、当社グループの事業モデルにおいて、契約上のキャッシュ・フローを回収することを目的と
     して保有する金融資産であり、当該キャッシュ・フローは、元本及び元本残高に係る利息の受取りに限られることか
     ら、償却原価で測定しています。
                                 72/200















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    10.保険事業の有価証券
      保険事業の有価証券の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                               当連結会計年度
                               前連結会計年度
                              ( 2019年12月31日       )
                                              ( 2020年12月31日       )
    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

      内国債                                  9,028                2,796

      投資信託受益証券

       非上場                                   513                519
      その他                                  2,217                2,169
    純損益を通じて公正価値で測定する
                                       11,758                5,484
    金融資産合計
    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する

    負債性金融商品
      信託受益権                                  4,838                5,470
      内国債                                 44,780                77,739
      外国債                                 25,598                46,446
    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                       75,216               129,655
    負債性金融商品合計(注)
    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する

    資本性金融商品
      内国債                                  5,803                8,572
      株式
       上場                                 48,034                27,913
       非上場                                  5,037                4,807
      投資信託受益証券
       上場                                 146,779                107,638
      その他                                  1,002                  0
    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                       206,655                148,930
    資本性金融商品合計
    保険事業の有価証券合計                                   293,629                284,069

     (注)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品に係る貸倒引当金は、前連結会計年度6百万
        円、当連結会計年度         42 百万円であり、その他の包括利益に含まれています。
      保険事業の有価証券のうち、契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方を目的として保有し、かつ、当該

     キャッシュ・フローが契約条件による特定の日の元本及び元本残高に係る利息の受取りに限られる有価証券を、その
     他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品として分類しています。上記以外の有価証券を、純損益を
     通じて公正価値で測定する金融資産として分類しています。ただし、資本性金融商品に対する投資について、公正価
     値の変動をその他の包括利益で認識するという選択(取消不能)を行ったものについては、その他の包括利益を通じ
     て公正価値で測定する資本性金融商品として分類しています。
                                 73/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    11.デリバティブ資産及びデリバティブ負債
      ヘッジ会計の要件を満たすデリバティブ及びヘッジ会計の要件を満たさないデリバティブの公正価値及び想定元本
     は、以下のとおりです。
     ヘッジ会計の要件を満たすデリバティブ

                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )
                                               平均価格又は平均レート
                       想定元本期日別残高                公正価値
                    1年以内      1年超      合計      資産      負債

    公正価値ヘッジ

     価格変動リスク

                                                  変動   0.431%
      金利スワップ取引                 -    12,500      12,500        -     277
                                                  固定   1.637%
      先渡取引               67,888        -    67,888       997      -
      オプション取引              157,099        -   157,099        -    3,302

    キャッシュ・フロー・ヘッジ

     為替リスク

                                                 1米ドル     99.44円

      為替予約取引                 53    6,859      6,911       -     366
                                                 1米ドル     113.45円

      通貨スワップ取引                 -    12,423      12,423        67      13
     金利リスク

                                                  変動   0.511%
      金利スワップ取引               2,205     111,259      113,464        -     896
                                                  固定   0.917%
    合計                227,245      143,041      370,285       1,064      4,854
                                 74/200










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                              当連結会計年度
                             ( 2020年12月31日       )
                                               平均価格又は平均レート
                       想定元本期日別残高                公正価値
                    1年以内      1年超      合計      資産      負債

    公正価値ヘッジ

     価格変動リスク

                                                  変動   0.431%
      金利スワップ取引               8,200      4,300     12,500        -     141
                                                  固定   1.637%
      先渡取引              106,183        -   106,183        -    5,581
    キャッシュ・フロー・ヘッジ

     為替リスク

                                                 1米ドル     99.40円

      為替予約取引                 51    6,808      6,859       -     234
                                                 1米ドル     113.45円

      通貨スワップ取引                 -    12,423      12,423       297      -
     金利リスク

                                                  変動   0.508%
      金利スワップ取引               3,502     129,683      133,185        -    1,223
                                                  固定   0.896%
    合計                117,936      153,214      271,150        297     7,179
                                 75/200












                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     ヘッジ会計の要件を満たさないデリバティブ
                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )          ( 2020年12月31日       )
                                  公正価値                 公正価値

                         想定元本                 想定元本
                                資産      負債           資産      負債
    通貨関連

     為替予約取引                     66,498      1,830       188    80,080      2,519       335

     外国為替証拠金取引                   2,510,664       21,505      3,830    4,316,850       27,501      3,908

     通貨オプション取引                       139       0      0     -      -      -

    金利関連

     金利スワップション取引                    138,936        735      637    116,279        510      416

    その他

     先物取引                       761      -      0     -      -      -

     その他                       -      -      -    1,455       20      42

    合計                    2,716,998       24,070      4,655    4,514,664       30,550      4,701

                                 76/200













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    12.有価証券
      有価証券の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
    償却原価で測定する金融資産

     信託受益権                                      1,400              800

     金銭の信託                                      1,800             2,000

    償却原価で測定する金融資産合計                                       3,200             2,800

    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

     投資信託受益証券

      非上場                                       2            433

    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産合計                                         2            433

    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する

    資本性金融商品
     株式
      上場                                       2,944             3,130

      非上場                                        829             890

     その他                                         6             5

    その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                           3,779             4,025
    資本性金融商品合計
    有価証券合計                                       6,981             7,258

                                 77/200









                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    13.その他の金融資産
      その他の金融資産の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
    償却原価で測定する金融資産

      未収入金                                    35,831             80,562

      未収収益                                     6,668             7,396

      立替金                                     8,127            10,321

      銀行事業のコールローン                                    15,000               -

      営業保証金                                    93,928            107,721

      預け金                                     2,502            71,189

      その他                                    52,975             67,148

    償却原価で測定する金融資産総額                                      215,031             344,337

      貸倒引当金                                     △144             △110

    償却原価で測定する金融資産純額                                      214,887             344,227

    純損益を通じて公正価値で測定する金融資産                                         1             1

    保険契約準備金(出再分)                                      54,971             56,316

    その他の金融資産合計                                      269,859             400,544

                                 78/200









                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    14.貸倒引当金
      償却原価及びその他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の種類毎の貸倒引当金の増減は、以下
     のとおりです。
      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                 証券事業の      カード事業      銀行事業の      銀行事業の            その他の
                                         保険事業の
                                                       合計
                                          有価証券
                  金融資産      の貸付金      有価証券      貸付金           金融資産
    2019年1月1日                 -    76,146        -      -      -      -    76,146

    新規連結による増加額               2,250        -     101    14,362        33     157     16,903

    期中増加額(繰入)                 -    43,691        -    4,854        -      4    48,549

    期中増加額(その他)                 0    2,026        6     524       -      11     2,567

    期中減少額(目的使用)               △107    △35,203         -    △283        -     △18    △35,611

    期中減少額(戻入)                △41    △3,998        △61    △4,464        △27       -    △8,591

    期中減少額(その他)                 -     △38      △6    △2,039         -     △10     △2,093

    2019年12月31日               2,102     82,624        40    12,954         6     144     97,870

     上表には、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品に係る貸倒引当金が含まれています。当該
    貸倒引当金については、その他の包括利益として認識しています。
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                 証券事業の      カード事業      銀行事業の      銀行事業の            その他の
                                         保険事業の
                                                       合計
                                          有価証券
                  金融資産      の貸付金      有価証券      貸付金           金融資産
    2020年1月1日               2,102     82,624        40    12,954         6     144     97,870

    期中増加額(繰入)                 -    41,701        -    1,173        36      0    42,910

    期中増加額(その他)                 0    1,827        -      -      -      -     1,827

    期中減少額(目的使用)               △164    △41,807         -     △82       -     △34    △42,087

    期中減少額(戻入)                △54       -     △2       -      -      -     △56

    期中減少額(その他)                 -      -      -   △1,861         -      -    △1,861

    2020年12月31日               1,884     84,345        38    12,184        42     110     98,603

     上表には、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する負債性金融商品に係る貸倒引当金が含まれています。当該
    貸倒引当金については、その他の包括利益として認識しています。
                                 79/200






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    15.棚卸資産
      棚卸資産の内訳は、以下のとおりです。
                                         (単位:百万円)
                          前連結会計年度             当連結会計年度
                         ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
    販売用不動産                             4,254             4,915

    その他                              196             770

    合計                             4,450             5,685

                                 80/200

















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    16.有形固定資産
     (1)有形固定資産の増減明細
                                                   (単位:百万円)
                 建物及び       工具、器具
                                土地      使用権資産        その他        合計
                建物附属設備        及び備品
    2019年1月1日

    取得原価                697      9,806       4,151         -      1,230       15,884

    減価償却累計額及び
                   △222      △4,642          -       -      △348      △5,212
    減損損失累計額
    帳簿価額                475      5,164       4,151         -       882      10,672
    会計基準の適用に伴う
                     -       -       -      1,797       △193       1,604
    影響額
    新規連結による増加額               1,217       3,177        299      4,888         19      9,600
    増加               2,311       1,765       11,714        1,107        940      17,837

    処分及び売却               △226        △71        -       -       △2      △299

    減価償却費               △127      △1,805          -     △1,305         △52      △3,289

    リース契約の解約によ
                     -       -       -     △1,324          -     △1,324
    る減少
    為替換算差額                 0      △1        -       △6        -       △7
    その他の増減               △177        △64        -      △156         40      △357

    2019年12月31日

    取得原価               4,519       20,053       16,164        6,730       1,658       49,124

    減価償却累計額及び
                  △ 1,046      △ 11,888         -     △ 1,729        △ 24    △ 14,687
    減損損失累計額
    帳簿価額               3,473       8,165       16,164        5,001       1,634       34,437
    増加                957      3,691        731      35,215        5,651       46,245

    その他勘定からの振替               3,539       1,509         -       -     △5,048          -

    処分及び売却               △798       △106         -        0       -      △904

    減価償却費               △386      △2,340          -     △4,128         △9     △6,863

    リース契約の解約によ
                     -       -       -      △212         -      △212
    る減少
    為替換算差額                 0       16       -       △6        4       14
    その他の増減                273       172        -      △682        △79       △316

    2020年12月31日

    取得原価               8,107       24,897       16,895       40,619        2,185       92,703

    減価償却累計額及び
                  △ 1,049      △ 13,790         -     △ 5,431        △ 32    △ 20,302
    減損損失累計額
    帳簿価額               7,058       11,107       16,895       35,188        2,153       72,401
       上記の「その他」には建設仮勘定を含んでいます。前連結会計年度末日(2019年12月31日)及び当連結会計年度
      末日(2020年12月31日)における建設仮勘定の残高は、それぞれ1,606百万円、1,982百万円です。
       有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書上の「営業費用」に計上しています。
                                 81/200



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (2)有形固定資産の減損
       当社グループは、有形固定資産について、四半期毎に減損の兆候の有無を判断しています。減損の兆候が存在す
      る場合には、当該資産の回収可能価額を見積っています。
       当社グループは原則として、個別の資産について回収可能価額を見積っていますが、個別の資産についての回収
      可能価額の見積りが不可能な場合には、当該資産が属する資金生成単位の回収可能価額の見積りを行っています。
      なお、資金生成単位とは、他の資産又は資産グループからのキャッシュ・イン・フローとは概ね独立したキャッ
      シュ・イン・フローを生成させるものとして識別される、資産グループの最小単位となっており、当社グループは
      原則として各社を資金生成単位としています。将来の活用が見込まれていない遊休資産は、個別の資産を資金生成
      単位としています。
      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

       該当事項はありません。
                                 82/200















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    17.無形資産
     (1)無形資産の増減明細
                                                   (単位:百万円)
                           自己創設
                    自己創設                   ソフトウエア        その他
              のれん            ソフトウエア       ソフトウエア                      合計
                   ソフトウエア                     仮勘定       (注)
                           仮勘定
    2019年1月1日
    取得原価             -     3,956        447     25,456       1,934        29     31,822

    償却累計額及び
                  -    △1,469         -    △9,611         -       -    △11,080
    減損損失累計額
    帳簿価額             -     2,487        447     15,845       1,934        29     20,742
    増加             -     1,336       7,999       1,423       7,391       4,540      22,689

    新規連結による
               52,691       22,340       3,850       7,272       1,662      30,323      118,138
    増加額
    償却費             -    △7,071         -    △5,310         -    △5,682      △18,063
    処分及び売却             -     △386       △285       △60       △78        -     △809

    ソフトウエアへ
                  -     7,104      △7,104        5,404      △5,404         -       -
    の振替
    その他の増減            △52        0      47      △82        89      176       178
    2019年12月31日

    取得原価           52,643       85,432       4,954      47,406       5,736      48,005      244,176

    償却累計額及び
                 △4    △59,622          -    △22,914        △142     △18,619      △101,301
    減損損失累計額
    帳簿価額           52,639       25,810       4,954      24,492       5,594      29,386      142,875
    増加             -     2,640      12,784       1,294       8,457       4,025      29,200

    新規連結による
                  -       -       -       6     3,467        -     3,473
    増加額
    償却費             △4    △10,443          -    △6,863         -    △8,265      △25,575
    処分及び売却             -     △204       △16       △15      △107        -     △342

    ソフトウエアへ
                  -     12,972      △12,972        9,836      △9,836         -       -
    の振替
    その他の増減            △65       879       389      △666       △341        167       363
    2020年12月31日

    取得原価           52,586      100,567        5,139      52,347       7,234      52,249      270,122

    償却累計額及び
                 △16     △68,913          -    △24,263          -    △26,936      △120,128
    減損損失累計額
    帳簿価額           52,570       31,654       5,139      28,084       7,234      25,313      149,994
     (注)その他には保険事業の繰延新契約費が含まれています。金額は「注記24.保険事業の保険契約準備金等                                                  (3)
        再保険契約の購入時に純損益に認識した利得及び損失並びに繰延額、及び                                  (4)保険事業の繰延新契約費の増
        減」をご参照ください。
      無形資産の償却費は、連結損益計算書上の「営業費用」に計上しています。

                                 83/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (2)のれん
      各資金生成単位あるいは資金生成単位グループののれんの残高は、以下のとおりです。
                                        (単位:百万円)
                 資金生成単位
                            前連結会計年度           当連結会計年度
      事業セグメント             あるいは
                           ( 2019年12月31日       )   ( 2020年12月31日       )
               資金生成単位グループ
       銀行事業           楽天銀行               32,886           32,886
        証券事業           楽天証券               10,935           10,935

        その他           その他               8,818           8,749

              合計                    52,639           52,570

      各資金生成単位あるいは資金生成単位グループののれんの減損は、以下のとおりです。

      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

       該当事項はありません。
       当社グループでは、のれんは、減損の兆候の有無に関わらず、年に1度減損テストを実施しています。のれんの

      減損テスト実施時期は、関連する事業計画の策定時期を勘案して個別に決定しています。また、四半期毎に減損の
      兆候の有無を確認し、減損の兆候がある場合は減損テストを実施しています。
       減損テストにおいて、原則として各社を資金生成単位としています。なお、資金生成単位とは、他の資産又は資
      産グループからのキャッシュ・イン・フローとは概ね独立したキャッシュ・イン・フローを生成させるものとして
      識別される、資産グループの最小単位となっています。企業結合のシナジーから便益を得ることが見込まれる資金
      生成単位あるいは資金生成単位グループに対して、のれんを配分しています。
       のれんを配分した資金生成単位あるいは資金生成単位グループの回収可能価額は、使用価値と処分費用控除後の

      公正価値のうち、いずれか高い金額としています。当連結会計年度(2020年12月31日)において、のれんを配分し
      た資金生成単位あるいは資金生成単位グループの回収可能価額は、使用価値の算定に基づいて決定しています。
       使用価値の算定には、各資金生成単位あるいは資金生成単位グループにおいて経営者によって承認された事業計
      画に基づき、主に3~5年間の税引前キャッシュ・フロー予測等を使用しています。この事業計画は、口座数・会
      員数等を用いて策定しています。事業計画が対象としている期間を超える期間については、継続価値を算定してい
      ます。
       継続価値の算定には、各資金生成単位あるいは資金生成単位グループの予測成長率を使用しています。また、使
      用価値の算出に用いた税引前の割引率は、資金生成単位毎あるいは資金生成単位グループとして算定しています。
       各資金生成単位における事業計画が対象としている期間を超える期間のキャッシュ・フローを予測するために用
      いられた成長率は、資金生成単位の属する国、産業の状況を勘案して決定した成長率を用いており、資金生成単位
      が活動する産業の長期平均成長率を超えていません。継続価値の算定に使用した割引率は税引前の数値であり、関
      連する各資金生成単位事業あるいは資金生成単位グループ特有のリスクを反映しています。割引率は各資金生成単
      位あるいは資金生成単位グループの類似企業を基に、市場利子率、資金生成単位となる子会社の規模等を勘案して
      決定しています。
       また、当社グループは、のれんの減損テストにおける、回収可能価額の測定の基礎となる事業計画について、各
      資金生成単位において過去の実績と比較し、当該事業計画が将来のキャッシュ・フロー予測の基礎的な仮定として
      合理的かどうかを検討しています。
       前連結会計年度末日(2019年12月31日)及び当連結会計年度末日(2020年12月31日)において、回収可能価額の

      算定に利用している重要な仮定は、以下のとおりです。以下の予測値は、各資金生成単位あるいは資金生成単位グ
      ループを分析する際に使用しているものです。
                                 84/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           ( 2019年12月31日       )          ( 2020年12月31日       )
               資金生成単位
     事業セグメント           あるいは
                         継続価値を                  継続価値を
             資金生成単位グループ
                         算定するのに          割引率       算定するのに          割引率
                        使用した成長率                  使用した成長率
      銀行事業          楽天銀行          1.4%         7.8%          0.8%          5.9%
      証券事業          楽天証券          1.4%         10.5%          0.8%          4.6%

       その他          その他          1.4%        5.4%~8.0%            0.8%        5.4%~5.6%

      感応度分析

       当社グループがのれんを配分した各資金生成単位及び資金生成単位グループにおいては、回収可能価額が帳簿価
      額を大幅に上回っており、減損テストに用いた主要な仮定が合理的に予測可能な範囲で変化したとしても、当該資
      金生成単位および資金生成単位グループにおいて、重要な減損が発生する可能性は低いと判断しています。
     (3)無形資産(のれん除く)の減損

       当社グループは、無形資産(のれん除く)について、四半期毎に減損の兆候の有無を判断しています。減損の兆
      候が存在する場合には、当該資産の回収可能価額を見積っています。
       当社グループは原則として、個別の資産について回収可能価額を見積っていますが、個別の資産についての回収
      可能価額の見積りが不可能な場合には、当該資産が属する資金生成単位の回収可能価額の見積りを行っています。
      また、将来の活用が見込まれていない遊休資産は、個別の資産を資金生成単位としています。
      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

       該当事項はありません。
                                 85/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    18.リース取引(借手)
     当社グループにおける借手のリースにおける情報は、以下のとおりです。
     (1)連結財政状態計算書で認識された金額
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   ( 2019年12月31日       )    ( 2020年12月31日       )
    使用権資産(注)1,2                                      5,001            35,188

     オフィスを原資産とするもの                                     3,255            33,400

     データセンターを原資産とするもの                                     1,276            1,371

     その他を原資産とするもの                                      470            417

    リース負債(注)1                                      5,709            35,888

    (注)1     連結財政状態計算書上、使用権資産は「有形固定資産」、リース負債は「その他の金融負債」に計上していま
        す。
       2  オフィス及びデータセンターは、主に建物及び建物附属設備です。
     (2)連結損益計算書で認識された金額

                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    2019年1月1日          (自    2020年1月1日
                                   至   2019年12月31日       )   至   2020年12月31日       )
    使用権資産減価償却費                                      1,305            4,128
     オフィスを原資産とするもの                                      855           3,622

     データセンターを原資産とするもの                                      237            313

     その他を原資産とするもの                                      213            193

    リース負債に係る金利費用                                        27             64

    短期リースに関連する費用                                       739            883

    少額資産リースに関連する費用                                        7            28

     (3)リースに係るキャッシュ・フロー

                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    2019年1月1日          (自    2020年1月1日
                                   至   2019年12月31日       )   至   2020年12月31日       )
    リースに係るキャッシュ・アウト・フローの合計額                                      1,956            5,439
                                 86/200






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (4)延長オプション及び解約オプション
       一部のリース契約には、当社グループが行使可能な延長オプション及び解約オプションが含まれているものがあ
      り、事業の必要性に応じてそれらを行使する可能性があります。当社グループは、延長オプション及び解約オプ
      ションを行使することが合理的に確実かどうかをリース開始日に評価します。リース期間はリースの取引内容ごと
      に合理的に確実な契約期間を前提に決定されているため、その中には延長オプションを行使すること、又は解約オ
      プションを行使しないことを見越しているものが含まれます。
       主な延長オプション及び解約オプションは、以下のとおりです。
       ・オフィス契約:自動延長オプション
     (5)契約しているがまだ開始していないリース

       前連結会計年度末において契約を締結しているものの、まだ開始していないリースにより潜在的に晒されている
      将来キャッシュ・アウト・フローはありません。当連結会計年度末において契約を締結しているものの、まだ開始
      していないリースにより潜在的に晒されている将来キャッシュ・アウト・フローの金額は、2,109百万円です。
                                 87/200
















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    19.銀行事業の預金
      銀行事業の預金の内訳は、以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                               当連結会計年度
                              前連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )
                                              ( 2020年12月31日       )
    償却原価で測定する金融負債

      要求払預金                                2,679,391                 4,324,590

      定期預金                                 595,046                 502,375

    償却原価で測定する金融負債合計                                3,274,437                 4,826,965

    銀行事業の預金合計                                3,274,437                 4,826,965

    20.証券事業の金融負債

      証券事業の金融負債の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                               当連結会計年度
                              前連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )
                                              ( 2020年12月31日       )
    有価証券取引等に係る未払金                                 235,638                 470,835

    信用取引負債                                 149,300                 143,955

    預り金                                 953,951                1,222,263

    有価証券担保借入金                                 179,008                 314,589

    受入保証金                                 342,718                 435,822

    その他                                   127                  67

    証券事業の金融負債合計                                1,860,742                 2,587,531

      証券事業の金融負債は、償却原価で測定しています。

      トレーディング目的で保有するデリバティブ負債は、「デリバティブ負債」に含めています。
                                 88/200









                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    21.社債及び借入金
      社債の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                                  当連結会計年度
                                       前連結会計年度
        会社名              銘柄           利率
                                     ( 2019年12月31日       )
                                                 ( 2020年12月31日       )
    楽天カード(株)            第1回無担保社債(3年債)                0.14%            19,918           19,946

    楽天カード(株)            第2回無担保社債(5年債)                0.30%            19,808           19,826

    楽天カード(株)            第3回無担保社債(7年債)                0.42%            9,951           9,959

    楽天カード(株)            第4回無担保社債(5年債)                0.49%              -         29,835

                社債合計                 -           49,677           79,566

      社債は、全て償却原価で測定しています。

      「利率」欄には、それぞれの社債において前連結会計年度(2019年12月31日)又は当連結会計年度(2020年12月31
     日)で適用されている表面利率を記載しており、実効金利とは異なります。
      前連結会計年度において、当社の第1回無担保社債(3年債)20,000百万円(利率0.14%、償還期限2022年12月12
     日)、第2回無担保社債(5年債)19,900百万円(利率0.30%、償還期限2024年12月12日)、及び第3回無担保社債
     10,000百万円(利率0.42%、償還期限2026年12月11日)を発行しています。
      当連結会計年度において、当社の第4回無担保社債(5年債)30,000百万円(利率0.49%、償還期限2025年12月23
     日)を発行しています。
                                 89/200













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     借入金の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
    短期借入金                                     218,531              630,152

    長期借入金

     変動金利借入金                                     61,906              67,817

     固定金利借入金                                     385,784              453,408

    コマーシャル・ペーパー                                     100,500              200,000

    借入金合計                                     766,721             1,351,377

      借入金は、全て償却原価で測定しています。

     借入金の満期及び利率の内訳は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                          前連結会計年度                   当連結会計年度
                         ( 2019年12月31日       )           ( 2020年12月31日       )
                        満期          利率          満期          利率

    短期借入金                    ―       0.002%~1.18%             ―         0%~1.18%

    長期借入金

     変動金利借入金                  1年-5年        0.425%~4.886%           1年-5年        0.399%~4.908%

     固定金利借入金                  1年-25年          0%~1.380%         3年-25年          0%~1.148%

    コマーシャル・ペーパー                            0.1%~0.125%                   0.07%~0.35%

      短期借入金及びコマーシャル・ペーパーについては、満期が1年未満であるため満期の記載を省略しています。

      「利率」欄には、それぞれの借入金において適用されている表面利率を記載しており、実効金利とは異なります。
     なお、変動金利借入金には、金利スワップ取引により変動金利を固定金利に交換するキャッシュ・フロー・ヘッジの
     ヘッジ対象が含まれており、「利率」欄にはキャッシュ・フロー・ヘッジの影響を考慮した後の利率を開示していま
     す。
      社債及び借入金の満期情報については、「43.                      財務リスク管理(2)流動性リスク③                  金融負債の満期分析」をご参
     照ください。
                                 90/200







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     財務活動から生じるキャッシュ・フローに係る負債の変動の調整表
     前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                                          負債
                                借入金           社債         リース負債

    2019年1月1日                             1,291,542              ―          193

    資金調達や返済によるキャッシュ・フローの変動

                                  △68,246

     短期借入金の純増減額(△は減少)                                           ―          ―
                                   34,500

     コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)                                           ―          ―
                                  428,322

     長期借入れによる収入                                           ―          ―
                                 △303,508

     長期借入金の返済による支出                                           ―          ―
     社債の発行による収入                                ―        49,675            ―

     リース負債の返済による支出                                ―          ―        △1,805

                                   91,068

    財務キャッシュ・フローからの変動の総額                                         49,675          △1,805
    会計基準適用に伴う影響額                                ―          ―         1,827

    新規連結による増加額又は減少額(△)                             △615,998              ―         5,286

                                     38

    為替レートの変動の影響                                           ―          △6
    使用権資産の増加による変動                                ―          ―         1,304

    リース契約の解約による減少                                ―          ―        △1,339

                                     71

    利息費用                                           2          ―
    その他の増減                                ―          ―          249

                                  766,721           49,677

    2019年12月31日                                                   5,709
                                 91/200









                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )
                                                    (単位:百万円)
                                          負債
                                借入金           社債         リース負債

    2020年1月1日                              766,721           49,677           5,709

    資金調達や返済によるキャッシュ・フローの変動

     短期借入金の純増減額(△は減少)                              411,429             -          -

     コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)                              99,500            -          -

     長期借入れによる収入                              321,250             -          -

     長期借入金の返済による支出                             △247,774              -          -

     社債の発行による収入                                -        29,834            -

     リース負債の返済による支出                                -          -        △4,464

    財務キャッシュ・フローからの変動の総額                              584,405           29,834          △4,464

    為替レートの変動の影響                                192           -          △5

    使用権資産の増加による変動                                -          -        35,204

    リース契約の解約による減少                                -          -         △338

    利息費用                                59          55          -

    その他の増減                                -          -         △218

    2020年12月31日                             1,351,377            79,566          35,888

                                 92/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    22.その他の金融負債
      その他の金融負債の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
    償却原価で測定する金融負債

      未払金                                      49,206             68,405

      未払費用                                      11,055             11,544

      預り金                                      26,815             30,645

      預り証拠金                                      125,487             129,631

      リース負債                                       5,709            35,888

      その他                                      12,464             30,024

    償却原価で測定する金融負債合計                                      230,736             306,137

    純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

      借入有価証券                                        789             -

    純損益を通じて公正価値で測定する金融負債合計                                        789             -

    その他の金融負債合計                                      231,525             306,137

                                 93/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    23.引当金
     (1)引当金増減明細
                                                   (単位:百万円)
                        ポイント引当金               その他             合計
    2019年1月1日                          11,001              750           11,751

     新規連結による増加額                           135             454             589

     期中増加額(繰入)                          14,941              122           15,063

     期中増加額(その他)                            -             23             23

     期中減少額(目的使用)                         △11,165              △497           △11,662

     期中減少額(その他)                            -           △113             △113

    2019年12月31日                          14,912              739           15,651

     期中増加額(繰入)                          19,553              226           19,779

     期中増加額(その他)                            -            109             109

     期中減少額(目的使用)                         △15,031              △170           △15,201

     期中減少額(その他)                           △67            △220             △287

    2020年12月31日                          19,367              684           20,051

     (2)ポイント引当金

       当社グループは、楽天グループ内での取引の促進を目的として楽天(株)の提供する楽天ポイント等のポイント
      プログラムを活用しており、カードの利用、及び継続決済の利用申込、各種サービスへの利用申込、会員の紹介等
      に応じて会員へポイントを付与しています。会員は、当該ポイントを使って、無償もしくは割引価格により商品・
      サービスの提供を受けたり、楽天(株)が契約している他社ポイントプログラムへ移行することが可能です。会員
      へ付与されたポイントには有効期限があり、当該有効期限が到来すると、会員は当該ポイントを使用する権利を失
      うことになります。
       当社グループでは、会員による将来のポイントの使用に備え、過年度の使用実績等を考慮して、将来使用される
      と見込まれる金額をポイント引当金として負債計上しています。なお、当該ポイントの会員による使用には不確実
      性があります。
     (3)その他の引当金

       その他の引当金には、資産除去債務及び利息返還損失引当金等が含まれています。
       これらは通常の取引を起因とするものであり、個別にみて重要なものはありません。
                                 94/200







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    24.保険事業の保険契約準備金等
     (1)保険事業の保険契約準備金の内訳及び増減等
        保険事業の保険契約準備金の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (  2019年12月31日       )         (  2020年12月31日       )
    支払備金                                  26,897                 23,615

    責任準備金                                 291,193                 261,721

    保険事業の保険契約準備金合計                                 318,090                 285,336

       責任準備金の積立方式については、市場金利を反映した責任準備金です。市場金利を反映した責任準備金は、将

      来キャッシュ・フローを市場金利で割り引いたものです。
       保険事業の保険契約準備金の増減は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2019年1月1日              (自    2020年1月1日
                             至     2019年12月31日       )        至     2020年12月31日       )
    期首残高                                    -               318,090
    生命保険事業

     新規連結による増加額                                 25,103                   -

     純保険料(注)1                                 13,894                 19,713

     保険金等支払金                                △6,997                 △9,536

     市場金利による変動                                  1,568                △2,891

     その他の変動(注)2                                △6,354                 △8,818

    損害保険事業等

     新規連結による増加額                                305,893                    -

     保険料等収入                                 45,041                 47,325

     保険責任期間の経過                                △36,224                 △44,720

     保険事故の発生                                 30,064                 27,305

     保険金等支払金                                △54,002                 △60,467

     市場金利による変動                                   △21                 △821

     その他の変動(注)2                                  125                 156

    期末残高                                 318,090                 285,336

     (注)1 保険料等収入から保険事業の運営に充てられる経費を控除した金額です。
        2 責任準備金に付利される利息、危険差益等が含まれています。
                                 95/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度末における保険契約準備金から生じる正味キャッシュ・アウト・フローの見積時期は、以下のとおり
    です。
                                                   (単位:百万円)
                                      1年超        3年超
                        合計      1年以内                       5年超
                                      3年以内        5年以内
    生命保険事業                     25,682        2,655         667      1,068       21,292

    損害保険事業等

     再保険によるリスク軽減前                   259,654        60,941        81,314        40,604        76,795

     再保険によるリスク軽減後                   203,339        48,962        74,321        32,117        47,939

     正味キャッシュ・アウト・フローは、当連結会計年度末時点の残存保険期間に基づき算定しています。

     (2)保険事業の保険契約準備金(出再分)の内訳及び増減

        保険事業の保険契約準備金(出再分)の内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2019年12月31日       )         ( 2020年12月31日       )
    支払備金                                  9,412                 8,991

    責任準備金                                  45,559                 47,325

    保険事業の保険契約準備金合計                                  54,971                 56,316

       責任準備金の積立方式については、市場金利を反映した責任準備金です。市場金利を反映した責任準備金は、将

      来キャッシュ・フローを市場金利で割り引いたものです。
       保険事業の保険契約準備金(出再分)の増減は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2019年1月1日              (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日       )        至    2020年12月31日       )
    期首残高                                    -               54,971
    損害保険事業等

     新規連結による増加額                                 55,141                   -

     保険料等収入                                 11,906                 18,819

     保険責任期間の経過                                △12,169                 △16,796

     保険事故の発生                                 13,180                 12,896

     保険金等支払金                                △13,163                 △13,317

     市場金利による変動                                    76                △266

     その他の変動                                    -                  9

    期末残高                                  54,971                 56,316

                                 96/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (3)    再保険契約の購入時に純損益に認識した利得及び損失並びに繰延額
        再保険契約の購入時に純損益に認識した利得及び損失並びに繰延額は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )         ( 2020年12月31日       )
    再保険手数料                                   536                 719

    正味再保険料                                 △11,906                 △17,140

    繰延再保険手数料                                   470                 352

     (注)再保険手数料は営業費用に、正味再保険料は売上収益に、繰延再保険手数料は無形資産にそれぞれ計上してい
        ます。
         再保険契約の購入時に純損益に認識した利得及び損失の繰延額の増減は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2019年1月1日              (自    2020年1月1日
                             至   2019年12月31日       )        至    2020年12月31日       )
    期首残高                                    -                470
    損害保険事業等

      新規連結による増加額                                  302                 -

      当期認識額                                 1,427                 1,602

      償却額                                △1,259                 △1,720

    期末残高                                   470                 352

     (4)保険事業の繰延新契約費の増減

                                               (単位:百万円)
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (自    2019年1月1日             (自    2020年1月1日
                           至    2019年12月31日       )       至    2020年12月31日       )
    期首残高                                  -               9,664
    生命保険事業
      新規連結による増加額                               4,400                  -
      当期認識額                                511                 601
      償却額                               △191                 △233
    損害保険事業等
      新規連結による増加額                               4,305                  -
      当期認識額                               5,229                 5,269
      償却額                              △4,590                 △5,081
    期末残高                                9,664                10,220
     (5)保険契約に関する負債の十分性テスト

        保険契約に関する負債の十分性テストについては、関連する保険料、資産運用収益等のキャッシュ・イン・フ
       ロー及び保険給付、事業費等のキャッシュ・アウト・フローの見積現在価値を考慮し実施しています。負債の十
       分性テストの結果、負債の金額は十分であり、負債及び費用の追加計上は必要ありません。
                                 97/200




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (6)保険契約に係るリスク管理体制
        健全かつ適切な保険事業を運営するためには、多様化・複雑化するリスクを的確に把握したうえで、適切に管
       理することが重要です。そのため、組織横断的なリスク管理の仕組みを構築して、リスク所管部門の役割やプロ
       セスを明確化し、全役職員がリスク管理の重要性を十分認識したうえで適切な業務遂行にあたるよう、徹底を
       図っています。具体的には、組織横断的な「リスク管理委員会」を設置して、リスクの種類に応じたリスク所管
       部門の設定、リスク管理態勢の整備、リスク状況の把握・分析・評価、業務執行部門への指導など、リスクの統
       括管理を行っています。
      ① 保険リスク

        生命保険事業においては、定期的に保険事故発生率や解約率等の状況をモニタリングするなど、リスクの把
       握・分析を実施しており、新商品開発にあたっては、収益性とのバランスに配慮してリスク分析を実施していま
       す。
        損害保険事業においては、損害率や事業費率の状況をモニタリングし、保険商品の収支分析、将来収支予測、
       ポートフォリオ管理、商品の改廃、厳正な引受基準、再保険スキームの構築により、リスクコントロールを行っ
       ています。
        再保険を手配するにあたっては、確実に回収できることを第一と考え、出再先である保険会社は一定の基準を
       満たした信用力の高い保険会社を選定しています。
        日本の法令では、保険会社が抱える様々なリスクが通常の予測を超えて発生した場合に備えて、保険金・給付
       金の支払に関係するリスク及び資産運用に関係するリスクなどを計算することが求められています。税引前のリ
       スク相当額は以下のとおりであり、リスクが顕在化した場合には、損益及び資本に影響を与えるものと認識して
       います。リスク量の信頼水準は、リスクの種類によって差異がありますが、概ね95%と設定されています。
    (日本の法令に基づくリスク相当額)

                                                  (  単  位  :  百  万
                   円) 
                              前連結会計年度
                                              当連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )
                                             ( 2020年12月31日       )
     保険リスク相当額                                 5,823                5,771
     第三分野保険の保険リスク相当額                                  975               1,046
     予定利率リスク相当額                                  675                615
     最低保証リスク相当額                                   -                -
     資産運用リスク相当額                                 13,725                 8,110
     経営管理リスク相当額                                  429                430
     (a)保険リスクに対する感応度

        生命保険事業においては、当初認識時の前提条件を用いて保険契約から生じる全てのキャッシュ・フローの現
       在価値を見積もり、保険契約準備金を計上しています。生命保険事業における重要な前提条件には、割引率(金
       利)、死亡率、罹病率、更新率、事業費、コミッション等が含まれます。死亡率、罹病率、事業費及びコミッ
       ションの増加が予想される場合には、将来キャッシュ・アウト・フローの増加を通じて、将来の純損益及び資本
       が減少することが想定されます。
        損害保険事業においては、保険契約に基づく将来の債務の履行に備え、当初認識時の前提条件に基づいて保険
       契約準備金を積み立てています。損害保険事業における重要な前提条件には、損害率、事業費率等が含まれま
       す。損害率及び事業費率の増加が予想される場合には、将来キャッシュ・アウト・フローの増加を通じて、将来
       の純損益及び資本が減少することが想定されます。
        なお、上記前提条件について、当連結会計年度の連結財務諸表に重要な影響を及ぼす変更はありません。
     (b)保険リスクの集中

        当社グループの保険契約ポートフォリオは地理的に分散しており、過度に集中した保険リスクを有しておりま
       せん。
                                 98/200


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (c)実際の保険金額とそれまでの見積額との比較(クレーム・ディベロップメント)
        損害保険事業におけるクレーム・ディベロップメントは、以下のとおりです。

                                                 (単位:百万円)
                                       保険引受年度
                            2016年      2017年      2018年      2019年      2020年
      累計保険金及び支払備金
        保険引受年度末                      1,293      1,091       905      794      703
        1年後                      4,850      4,304      3,516      2,783        -
        2年後                      6,317      5,549      4,334        -      -
        3年後                      6,334      5,377        -      -      -
        4年後                      6,116        -      -      -      -
      最終損害見積額                        6,116      5,377      4,334      2,783       703
      累計保険金                        5,796      4,381      2,857      1,102       103
      支払備金                         320      996     1,477      1,681       600
       上記のクレーム・ディベロップメントは、事故発生後からの支払いが長期と想定される自動車損害賠償責任保険

      に係る累計保険金及び支払備金を記載しています。
      ② 流動性リスク

        流動性リスク管理のために、新契約、解約、満期等の資金移動に関する情報収集・分析に努め、適切な資金繰
       り管理に努めるとともに、大規模災害発生時の資金確保態勢に留意し、資金調達のための資産の流動化が円滑に
       行えるよう、常時、取引環境などを注視しています。
      ③ 市場リスク

        当社グループの保険事業を営む一部の子会社において、為替変動リスク、金利変動リスク、価格変動リスク等
       の市場リスク管理のために、運用資産の残高・含み損益状況の把握に努めるとともに、リスク限度額を具体的に
       定め、VaRによりリスク量を計測・管理しています。VaRの算定にあたっては、ヒストリカル・シミュレーション
       法(保有期間6ヶ月、信頼区間99%)を採用し、前連結会計年度末日(2019年12月31日)現在で市場リスク量は、
       全体で15,106百万円です。同様に、当連結会計年度末日(2020年12月31日)現在で市場リスク量は、全体で6,252
       百万円です。なお、VaRは過去の相場変動をベースに統計的に算出した一定の発生確率での市場リスク量を計測し
       ており、通常では考えられないほど市場環境が激変する状況下におけるリスクは捕捉できない場合があります。
                                 99/200









                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    25.従業員給付
      当社グループは、退職給付制度として、主に確定給付制度を採用しています。当社グループの確定給付制度は、主
     に退職一時金制度です。退職一時金制度は、退職給付制度債務に対して外部積立を行わず、当社グループが直接受給
     者への支給義務を負っています。積立に関する法的要請はありません。退職一時金は各社の就業規則等の退職金規定
     に基づき給与や勤務期間等に基づいた金額が支払われます。
     (1)連結財政状態計算書において認識した金額

        連結財政状態計算書で認識した金額は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                               (  2019年12月31日       )        (  2020年12月31日       )
    確定給付制度債務の現在価値                                   4,898                5,589

    制度資産の公正価値                                      0               -

    連結財政状態計算書に認識した確定給付に係る
                                        4,898                5,589
    負債の純額
     (2)確定給付制度債務の現在価値の増減

        確定給付制度債務の現在価値の増減内容は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                               (  2019年12月31日       )        (  2020年12月31日       )
    確定給付制度債務の現在価値(期首)                                     72              4,898

    勤務費用                                     990               1,600

    利息費用                                     16                18

    確定給付制度の再測定

     人口統計上の仮定の変更により生じた数理計
                                         49                20
     算上の差異
     財務上の仮定の変更により生じた数理計算上の
                                         △8               △12
     差異
     その他実績の修正                                     234                127
    給付支払額                                   △145                △711

    企業結合の影響額                                   3,627                 -

    その他                                     63              △351

    確定給付制度債務の現在価値(期末)(注)                                   4,898                5,589

      (注)前連結会計年度及び当連結会計年度の確定給付制度債務の加重平均デュレーションはそれぞれ10.1年、8.6年
         です。
                                100/200






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     (3)主要な数理計算上の仮定
        主要な数理計算上の仮定(加重平均)は、以下のとおりです。
                               前連結会計年度                当連結会計年度

                               (  2019年12月31日       )        (  2020年12月31日       )
    割引率                                   0.42%                0.50%

     (4)感応度分析

        重要な数理計算上の仮定についての感応度分析は、以下のとおりです。
        感応度分析における確定給付制度債務の算定にあたっては、連結財政状態計算書で認識されている確定給付制
       度債務の算定方法と同一の方法を適用しています。感応度分析は期末日において合理的に推測し得る仮定の変動
       に基づき行っています。また、感応度分析は分析の対象となる数理計算上の仮定以外のすべての数理計算上の仮
       定が一定であることを前提としていますが、実際には他の数理計算上の仮定の変化が影響する可能性がありま
       す。
                                                   (単位:百万円)
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                               (  2019年12月31日       )        (  2020年12月31日       )
                 0.5%上昇した場合
    割引率                                   △230                △225
                 0.5%低下した場合

                                         249                242
                                101/200













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    26.繰延税金及び法人所得税費用
      繰延税金資産及び負債の主な発生原因別内訳は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
    繰延税金資産

     貸倒引当金                                     21,604             18,860

     前受収益                                      5,148             2,396

     保険事業の保険契約準備金                                      1,455             3,506

     退職給付に係る負債                                      1,290             1,510

     繰越欠損金                                      1,426              763

     未払事業税                                       656            1,250

     その他                                      3,894             9,205

     合計                                     35,473             37,490

    繰延税金負債

     その他の包括利益を通じて公正価値で
                                           △924            △1,066
     測定する金融資産の利得及び損失
     無形資産                                     △7,877             △6,773
     契約コストから認識した資産                                    △19,720             △21,986

     保険事業の有価証券                                      △6,207             △3,912

     保険事業の保険契約準備金                                      △2,297             △3,018

     保険事業の再保険契約                                       △436            △1,710

     その他                                     △1,069             △3,639

     合計                                    △38,530             △42,104

    繰延税金資産の純額

     繰延税金資産                                      1,496             2,032

     繰延税金負債                                     △4,553             △6,646

     差引                                     △3,057             △4,614

                                102/200






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      なお、繰延税金資産及び負債の増減の内訳は、以下のとおりです。
     前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                                  その他の
                                       新規連結によ
                      2019年      純損益                         2019年
                                  包括利益     る増加額又は        その他
                      1月1日       計上額                         12月31日
                                       減少額(△)
                                   認識額
    貸倒引当金                   16,224        163       -     5,217        -    21,604
    前受収益                     873      148       -     4,127        -     5,148

    金融保証契約                    3,996        -      -    △3,996         -      -

    退職給付に係る負債                     22     261       -     1,007        -     1,290

    繰越欠損金                     -   △1,205         -     2,631        -     1,426

    未払事業税                     298      △3       -      361       -      656

    その他の包括利益を通じて
    公正価値で測定する金融資産の                    △616        -    △1,224        916       -     △924
    利得及び損失
    無形資産                     -    △308        -    △7,569         -    △7,877
    契約コストから認識した資産                  △16,172      △3,474         -     △74       -   △19,720

    保険事業の有価証券                     -    △296        -    △5,911         -    △6,207

    保険事業の保険契約準備金                     -    1,545        -    △2,387         -     △842

    保険事業の再保険契約                     -    △436        -      -      -     △436

    その他                     833      487      892     1,373      △760      2,825

    合計                    5,458     △3,118       △332     △4,305       △760     △3,057

                                103/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )
                                                   (単位:百万円)
                                   その他の
                                        新規連結によ
                      2020年      純損益                         2020年
                                   包括利益     る増加額又は        その他
                      1月1日       計上額                         12月31日
                                        減少額(△)
                                   認識額
    貸倒引当金                   21,604      △2,744         -      -      -    18,860
    前受収益                    5,148     △2,752         -      -      -     2,396

    退職給付に係る負債                    1,290       220       -      -      -     1,510

    繰越欠損金                    1,426      △663        -      -      -      763

    未払事業税                     656      594       -      -      -     1,250

    その他の包括利益を通じて
    公正価値で測定する金融資産の                    △924        -     △142        -      -    △1,066
    利得及び損失
    無形資産                   △7,877       1,104        -      -      -    △6,773
    契約コストから認識した資産                  △19,720       △2,266         -      -      -   △21,986

    保険事業の有価証券                   △6,207       2,295        -      -      -    △3,912

    保険事業の保険契約準備金                    △842      1,330        -      -      -      488

    保険事業の再保険契約                    △436     △1,274         -      -      -    △1,710

    その他                    2,825      △822      7,412        73    △3,922       5,566

    合計                   △3,057      △4,978       7,270        73    △3,922      △4,614

      連結財政状態計算書上で繰延税金資産が認識されていない、将来減算一時差異及び税務上の繰越欠損金の内訳は、

     以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )         ( 2020年12月31日       )
    将来減算一時差異                                   976                5,724

    税務上の繰越欠損金                                  1,107                 2,399

    合計                                  2,083                 8,123

      上表に係る繰延税金資産に関しては、当社グループがその便益を利用するために必要となる将来の課税所得が発生

     する可能性が高くないため、繰延税金資産を認識していません。
      連結財政状態計算書上で繰延税金資産が認識されていない、税務上の繰越欠損金の失効期限別内訳は、以下のとお

     りです。
                                                   (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2019年12月31日       )         ( 2020年12月31日       )
    1年以内                                    -                 -

    1年超5年以内                                    20                 19

    5年超                                  1,087                 2,380

    合計                                  1,107                 2,399

      なお、失効期限のある将来減算一時差異、並びに繰延税金負債を認識していない子会社及び持分法適用会社への投

                                104/200

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
     資に伴う、重要な一時差異はありません。また、子会社及び関連会社の留保利益が将来送金された場合に、当社グ
     ループの納税額に与える重要な影響はありません。
      純損益を通じて認識された法人所得税費用の内訳は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    2019年1月1日          (自    2020年1月1日
                                   至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
    当期税金費用
     当期利益に対する税金費用(注)1                                     19,148             28,941

     過年度                                       -             -

                 小計                         19,148             28,941

    繰延税金費用(注)2

     一時差異の発生及び解消                                     1,913             4,315

     繰越欠損金の増減                                     1,205              663

                 小計                         3,118             4,978

    法人所得税費用合計                                      22,266             33,919

     (注)1.当社は主に、法人税、住民税及び損金算入される事業税を課されており、これらを基礎として計算した前
          連結会計年度及び当連結会計年度における法定実効税率は30.6%です。
        2.繰延税金費用には、繰延税金資産の評価減または過去に計上した評価減の戻入れにより生じた繰延税金費
          用が含まれております。これに伴う繰延税金費用は、前連結会計年度及び当連結会計年度において、それ
          ぞれ813百万円、6,040百万円です。
                                105/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
      我が国の法定実効税率と連結損益計算書上の法人所得税費用の実効税率との関係は、以下のとおりです。
                                                     (単位:%)
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    2019年1月1日          (自    2020年1月1日
                                   至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
    我が国の法定実効税率                                       30.6             30.6
    (調整)

    永久に損金算入されない項目                                       0.4             0.2

    永久に益金算入されない項目                                      △0.1             △1.0

    税額控除                                      △0.1              -

    住民税均等割等                                       0.1             0.1

    繰延税金資産の回収可能性の判断による影響                                       1.2             6.6

    繰越欠損金の期限切れ                                       0.7             -

    その他                                       0.2             0.4

    法人所得税費用の実効税率                                       33.0             36.9

                                106/200














                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    27.資本金、資本剰余金及び利益剰余金
      資本金
       当社の授権株式総数及び発行済株式総数は、以下のとおりです。
                                                     (単位:株)
                                     授権株式総数            発行済株式総数
                                   (無額面普通株式)             (無額面普通株式)
    2019年1月1日                                      80,000             78,649

    期中増減                                      240,000               -

    2019年12月31日                                      320,000             78,649

    期中増減                                        -             -

    2020年12月31日                                      320,000             78,649

      資本剰余金

       日本における会社法(以下、「会社法」という。)では、株式の発行に対しての払込み又は給付の2分の1以上
      を資本金に組み入れ、残りは資本剰余金に含まれている資本準備金に組み入れることとされています。また会社法
      では、資本準備金は株主総会の決議により、資本金に組み入れることができます。
      利益剰余金

       会社法では、剰余金の配当として支出する金額の10分の1を、資本準備金(資本剰余金の一項目)及び利益準備
      金(利益剰余金の一項目)の合計額が資本金の4分の1に達するまで、資本準備金または利益準備金として積み立
      てることとされています。積み立てられた利益準備金は、欠損填補に充当できます。また、株主総会の決議をもっ
      て、利益準備金を取り崩すことができることとされています。
       当社における会社法上の分配可能額は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して
      作成された、当社の会計帳簿上の利益剰余金の金額に基づいて算定されています。
                                107/200











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
    28.売上収益
     (1)収益の分解
        前連結会計年度(自           2019年1月1日        至   2019年12月31日       )
                                                   (単位:百万円)
                                       セグメント
                         クレジット
                                銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                         カード事業
          楽天カード                 214,121          -       -       -    214,121
          楽天銀行                   -     56,881         -       -     56,881

          楽天証券                   -       -     39,646         -     39,646

    主要な
    サービス      楽天生命                   -       -       -     25,434       25,434
    ライン
          楽天損保                   -       -       -     26,099       26,099
          その他                  2,102        162      1,238       4,177       7,679

               合計           216,223        57,043       40,884       55,710      369,860

       顧客との契約から認識した収益                     86,348       17,222       23,247        2,031      128,848

       その他の源泉から認識した収益                    129,875        39,821       17,637       53,679      241,012

     (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
        当連結会計年度(自           2020年1月1日        至   2020年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                                       セグメント
                         クレジット
                                銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                         カード事業
          楽天カード                 239,759          -       -       -    239,759
          楽天銀行                   -     81,469         -       -     81,469

          楽天証券                   -       -     66,220         -     66,220

    主要な
    サービス      楽天生命                   -       -       -     37,831       37,831
    ライン
          楽天損保                   -       -       -     54,685       54,685
          その他                  1,547        342      3,321       8,881      14,091

               合計           241,306        81,811       69,541       101,397       494,055

       顧客との契約から認識した収益                    103,229        26,876       43,128        2,723      175,956

       その他の源泉から認識した収益                    138,077        54,935       26,413       98,674      318,099

     (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
                                108/200





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                           有価証券報告書
        クレジットカード事業における主要なサービスライン
                                             (単位:百万円)
                           前連結会計年度              当連結会計年度
         主要なサービスライン                 (自    2019年1月1日            (自    2020年1月1日
                          至   2019年12月31日       )     至   2020年12月31日       )
    包括信用購入あっせん収益                              159,245              183,986
    信用保証収益                               4,886               119

    融資収益                              24,303              24,453

    その他の収益                              27,789              32,748

             合計                     216,223              241,306

       なお、利息及び配当収益等についてはIFRS第9号に基づき、また、保険事業から生じる収益はIFRS第4号に基づ

      いて売上収益として計上しています。
       IFRS第9号に基づく前連結会計年度(自                     2019年1月1日         至   2019年12月31日)の楽天カード、楽天銀行及び
      楽天証券の売上収益は、それぞれ129,451百万円、39,821百万円及び17,350百万円です。また、IFRS第4号に基づく
      楽天生命及び楽天損保の売上収益は23,986百万円及び18,557百万円です。また、IFRS第9号に基づく当連結会計年
      度(自     2020年1月1日         至   2020年12月31日)の楽天カード、楽天銀行及び楽天証券の売上収益は、それぞれ
      137,631百万円、54,856百万円及び24,487百万円です。また、IFRS第4号に基づく楽天生命及び楽天損保の売上収益
      は37,666百万円及び45,860百万円です。
       当社グループは、FinTechサービス事業を中心に複数のビジネスを行っています。これらのビジネスから生じる収

      益は顧客との契約に従い計上しています。また、約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれていません。
       Fintechサービスにおいては、『楽天カード』、『楽天銀行』、『楽天証券』、『楽天生命』、『楽天損保』等の

      金融サービスを提供し、主な収益を下記のとおり認識しています。
      楽天カード

      包括信用購入あっせん収益
       『楽天カード』においては、主としてクレジットカード関連サービスを提供しています。主にクレジットカード
      利用者と加盟店間の資金決済を通じて得られる加盟店手数料、クレジットカード利用者から得られるリボルビング
      払い手数料、分割払い手数料を得ています。加盟店手数料に関しては、カード会員のショッピング取引後、加盟店
      から当社グループへ売上データが送信されたタイミングにおいて、決済サービスの提供という履行義務が充足され
      るため、同時点でクレジットカードの決済金額に一定の料率を乗じた手数料収益を計上しています。また、カード
      決済金額の1%分の通常ポイントをカード会員に付与しており、これらのポイント費用は加盟店手数料から控除し
      ています。当社グループはカード会員から基本的に1ヶ月に1回所定の日にカード利用代金の回収を行うため、履
      行義務充足後、概ね2ヶ月以内に実質的に支払いを受けることとなります。リボルビング払い手数料及び分割払い
      手数料に関しては、リボルビング残高、分割支払回数に対してそれぞれ一定の料率を乗じた利息収益を、IFRS第9
      号に従いその利息の属する期間に認識しています。
      融資収益

       融資収益においては、当社グループとしてキャッシング残高に対して、一定の料率を乗じた利息収益を、IFRS第
      9号に従いその利息の属する期間に認識しています。
      その他の収益

       その他の収益は、主に決済代行手数料、アクワイアリング加盟店手数料、広告収入等です。決済代行サービスに
      ついて、当社グループは、楽天(株)がカード決済規約に基づき、楽天グループのサービスを利用する消費者と出店
      者等との間での決済代行サービスを楽天(株)より受託しています。当該サービスにおいては、クレジットカードに
      よる取引代金決済のための取引承認、代金決済情報やキャンセル等のデータを送受信・処理を行っています。当該
      サービスについては、主に消費者のカード利用取引が生じた時点が履行義務の充足時点となると判断し、同時点で
      手数料収益を計上しています。当該手数料の支払いは、履行義務の充足後、支払区分に基づいた請求締切日から
                                109/200

                                                          EDINET提出書類