株式会社ブリヂストン 有価証券報告書 第102期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第102期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ブリヂストン
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2021年3月26日
     【事業年度】                    第102期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                    株式会社ブリヂストン
     【英訳名】                    BRIDGESTONE      CORPORATION
     【代表者の役職氏名】                    取締役 代表執行役          Global       CEO 石 橋 秀 一
     【本店の所在の場所】                    東京都中央区京橋三丁目1番1号
     【電話番号】                    03(6836)3162
     【事務連絡者氏名】                    G財務経理部門長 井 上 智 裕
     【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区京橋三丁目1番1号
     【電話番号】                    03(6836)3162
     【事務連絡者氏名】                    G財務経理部門長 井 上 智 裕
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                          株式会社名古屋証券取引所
                           (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                          証券会員制法人福岡証券取引所
                           (福岡市中央区天神二丁目14番2号)
                                  1/188











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

    1【主要な経営指標等の推移】
     (1)連結経営指標等
                              国際会計基準
            回次
                        移行日       第101期        第102期
                        2019年

           決算年月                    2019年12月        2020年12月
                        1月1日
                            -    3,507,243        2,994,524
     売上収益             百万円
                            -     335,510        29,266
     税引前当期利益             百万円
     親会社の所有者に帰属する
                            -     240,111       △ 23,301
                  百万円
     当期利益又は損失(△)
     親会社の所有者に帰属する
                            -     227,517       △ 108,005
                  百万円
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                         2,439,799        2,349,378        2,149,958
                  百万円
     持分
                         4,252,677        4,277,016        4,189,327
     総資産額             百万円
     1株当たり親会社所有者
                         3,245.23        3,336.92        3,053.35
                   円
     帰属持分
     基本的1株当たり当期利益
                            -      332.31       △ 33.09
                   円
     又は損失(△)
     希薄化後1株当たり当期
                            -      331.76       △ 33.09
                   円
     利益又は損失(△)
                   %        57.4        54.9        51.3
     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期
                   %         -       10.0       △ 1.0
     利益率
                            -       12.2         -
     株価収益率              倍
     営業活動による
                            -     505,029        526,947
                  百万円
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                            -    △ 261,875       △ 155,378
                  百万円
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                            -    △ 240,458        18,077
                  百万円
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                          433,916        432,924        810,546
                  百万円
     期末残高
                          143,509        143,589        138,036
     従業員数              人
     (注)1 第102期より国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
        2 売上収益は、消費税等抜きで表示しております。
        3  第102期の株価収益率については、基本的1株当たり当期損失であるため記載しておりません。
        4   平均臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
                                  2/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                                       日本基準
            回次
                        第98期        第99期       第100期        第101期        第102期
           決算年月            2016年12月        2017年12月        2018年12月        2019年12月        2020年12月

                         3,337,017        3,643,427        3,650,111        3,525,600        2,999,018
     売上高             百万円
                          432,534        400,564        381,132        316,823        173,802
     経常利益             百万円
     親会社株主に帰属する当期
                          265,550        288,275        291,642        292,598        △ 2,016
                  百万円
     純利益又は純損失(△)
                          191,112        325,654        162,160        237,629       △ 99,079
     包括利益             百万円
                         2,345,899        2,402,738        2,436,162        2,344,290        2,119,718
     純資産額             百万円
                         3,716,030        3,959,038        3,840,269        3,946,505        3,876,270
     総資産額             百万円
                         2,915.85        3,115.69        3,163.71        3,250.37        2,942.56
     1株当たり純資産額              円
     1株当たり当期純利益又は
                          339.04        375.67        387.95        404.95        △ 2.86
                   円
     純損失(△)
     潜在株式調整後
                          338.52        375.01        387.28        404.28          -
                   円
     1株当たり当期純利益
                   %        61.5        59.2        61.9        58.0        53.5
     自己資本比率
                   %        11.8        12.5        12.4        12.5       △ 0.1
     自己資本利益率
                           12.4        13.9        10.9        10.0         -
     株価収益率              倍
     営業活動による
                          444,535        418,109        360,955        464,457        483,938
                  百万円
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                         △ 178,276       △ 200,777       △ 243,061       △ 266,910       △ 157,772
                  百万円
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                         △ 216,404       △ 190,069       △ 159,094       △ 198,601        61,086
                  百万円
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                          471,741        501,797        433,916        435,319        810,546
                  百万円
     期末残高
                          143,616        142,669        143,509        143,589        138,036
     従業員数              人
     (注)1 売上高は、消費税等抜きで表示しております。
       2 平均臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
       3 第99期より、在外連結子会社であるBRIDGESTONE                           EUROPE    NV/SAの連結財務諸表において、IFRSを適用して
          おります。当該会計方針の変更は遡及適用されるため、第98期の純資産額・総資産額等は遡及適用後の金額と
          なっております。
       4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)を第101期の期首か
          ら適用しており、第100期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等
          となっております。
        5 第102期の日本基準による諸数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けて
          おりません。
        6 第102期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損
          失であるため記載しておりません。
        7 第102期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                  3/188






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (2)提出会社の経営指標等
            回次            第98期        第99期       第100期        第101期        第102期

           決算年月            2016年12月        2017年12月        2018年12月        2019年12月        2020年12月

                          797,866        858,081        889,413        867,267        691,683
     売上高             百万円
                          185,587        249,871        218,951        203,233        96,155
     経常利益             百万円
                          140,784        180,194        176,069        224,719        82,914
     当期純利益             百万円
                          126,354        126,354        126,354        126,354        126,354
     資本金             百万円
                          813,102        813,102        761,536        761,536        713,698
     発行済株式総数              千株
                         1,500,153        1,441,733        1,442,509        1,312,152        1,294,084
     純資産額             百万円
                         1,969,425        2,053,696        1,977,911        1,975,746        2,097,389
     総資産額             百万円
                         1,911.47        1,913.06        1,914.12        1,859.05        1,833.40
     1株当たり純資産額              円
                            140        150        160        160        110

     1株当たり配当額              円
     (うち1株当たり
                   (円)         ( 70 )      ( 70 )      ( 80 )      ( 80 )      ( 50 )
     中間配当額)
                          179.74        234.82        234.21        311.00        117.76
     1株当たり当期純利益              円
     潜在株式調整後
                          179.47        234.41        233.80        310.49        117.57
                   円
     1株当たり当期純利益
                   %        76.0        70.0        72.8        66.2        61.6
     自己資本比率
                   %        9.4       12.3        12.2        16.4        6.4
     自己資本利益率
                           23.4        22.3        18.1        13.1        28.7
     株価収益率              倍
                   %        77.9        63.9        68.3        51.4        93.4
     配当性向
                          13,617        13,706        14,075        14,567        14,858
     従業員数              人
                   %       104.3        132.4        112.3        112.1        98.3

     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                   %       ( 100.3   )     ( 122.6   )     ( 103.0   )     ( 121.7   )     ( 130.7   )
     TOPIX)
                          4,463.0        5,605.0        5,515.0        4,734.0        4,082.0
     最高株価              円
                          3,089.0        3,973.0        3,906.0        3,888.0        2,861.5
     最低株価              円
     (注)1 売上高は、消費税等抜きで表示しております。
        2 平均臨時雇用者数は従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
        3 最高株価・最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)を第101期の期首か
          ら適用しており、第100期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等
          となっております。
                                  4/188






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    2【沿革】
        年月                            沿革
      1931年3月        福岡県久留米市にブリッヂストンタイヤ株式会社を設立し、自動車タイヤの生産を開始
      1935年10月        ゴルフボールの生産を開始
      1937年4月        防振ゴムの生産を開始
      1937年5月        本社を東京に移転
      1937年9月        ベルト及びホースの生産を開始
      1942年2月        日本タイヤ株式会社に社名を変更
      1949年10月        ブリヂストン自転車株式会社(現在のブリヂストンサイクル株式会社)を分離設立
      1951年2月        ブリヂストンタイヤ株式会社に社名を変更
      1959年8月        ポリウレタンフォーム(エバーライト)の生産を開始
      1960年12月        東部ビーエスプレン加工株式会社(現在のブリヂストン化成品株式会社)を設立
      1961年10月        東京、大阪両証券取引所に株式を上場
      1967年6月        タイに合弁会社THAI          JAPAN   TYRE   CO.,   LTD.(現在のTHAI        BRIDGESTONE      CO.,   LTD.)を設立
      1972年9月        合弁会社ブリヂストン・スポルディング株式会社(現在のブリヂストンスポーツ株式会社)を設立
      1973年9月        インドネシアに合弁会社P.T.              BRIDGESTONE      TIRE   INDONESIAを設立
      1980年12月        オーストラリアのUNIROYAL             HOLDINGS     LTD.(現在のBRIDGESTONE            AUSTRALIA     LTD.)の株式を買収
      1982年11月        米国にBRIDGESTONE         TIRE   MANUFACTURING(U.S.A.),INC.を設立(1990年5月、
              BRIDGESTONE/FIRESTONE,            INC.(現在のBRIDGESTONE            AMERICAS     TIRE   OPERATIONS,      LLC)と合併)
      1984年4月        株式会社ブリヂストンに社名を変更
      1988年1月        オランダにBRIDGESTONE           FINANCE    EUROPE    B.V.(現在は、シンガポールのBRIDGESTONE                    TREASURY
              SINGAPORE     PTE.   LTD.がその事業を継承)を設立
      1988年5月        THE  FIRESTONE     TIRE   & RUBBER    CO.(現在のBRIDGESTONE           AMERICAS     TIRE   OPERATIONS,      LLC)を買収
      1989年1月        ブリヂストンファイナンス株式会社を設立
      1993年1月        スポーツ事業をブリヂストンスポーツ株式会社に統合
      1994年12月        BRIDGESTONE/FIRESTONE           EUROPE    S.A.(現在のBRIDGESTONE            EUROPE    NV/SA)を欧州事業の統括持株会
              社とし、欧州における販売・物流機能を同社に統合
      1994年12月        米国にBMAH      CORP.(現在のBRIDGESTONE            AMERICAS,     INC.)を設立
      1997年1月        南アフリカのFIRESTONE           SOUTH   AFRICA    (PTY)   LTD.(現在のBRIDGESTONE            SOUTH   AFRICA    (PTY)
              LTD.)を連結子会社に持つFEDSTONE                (PTY)   LTD.(現在のBRIDGESTONE            SOUTH   AFRICA    HOLDINGS
              (PTY)   LTD.)を買収
      1998年7月        ポーランドにBRIDGESTONE/FIRESTONE                 POLAND    SP.  Z O.O.(現在のBRIDGESTONE            POZNAN
              SP.  Z O.O.)を設立
              アラブ首長国連邦にBRIDGESTONE               MIDDLE    EAST   FZE(現在のBRIDGESTONE           MIDDLE    EAST   & AFRICA
      1999年11月
              FZE)を設立
      2000年3月        タイにBRIDGESTONE         TIRE   MANUFACTURING       (THAILAND)      CO.,   LTD.を設立
      2001年12月        BRIDGESTONE/FIRESTONE,INC.(現在のBRIDGESTONE                       AMERICAS     TIRE   OPERATIONS,      LLC)は米州事業の
              統括持株会社であるBRIDGESTONE/FIRESTONE                    AMERICAS     HOLDING,     INC.(現在の
              BRIDGESTONE      AMERICAS,     INC.)のもとで事業内容別に分社化し、組織を再編
      2003年2月        中国に   普利司通(無錫)輪胎有限公司             を設立
      2004年10月        中国に普利司通(中国)投資有限公司を設立
      2006年7月        シンガポールにBRIDGESTONE             ASIA   PACIFIC    PTE.   LTD.を設立
              BRIDGESTONE      AMERICAS     HOLDING,     INC.(現在のBRIDGESTONE            AMERICAS,     INC.)がBANDAG,
      2007年5月
              INCORPORATED(現在のBRIDGESTONE                BANDAG,    LLC)を買収
                                  5/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    3【事業の内容】
      当社グループは、当社、子会社280社(うち連結子会社280社)、及び関連会社等の数137社(うち持分法適用会社137
     社)により構成されており、「日本」                 「米州」     「欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ」                      「中国・アジア・大
     洋州」の報告セグメントおよびその他の事業で以下製品の製造・販売及びサービスを行っております。
      なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5                                              経理の状況 
     1 連結財務諸表等 (1)             連結財務諸表 連結財務諸表注記 6.事業セグメント」に記載のとおりであります。
     セグメン

            主要な製品・サービス・事業                              主要会社
     トの名称
          [タイヤ]                  [統括・製造・販売]     当社
                            [タイヤ販売統括]      ブリヂストンタイヤソリューショ
          乗用車用、トラック・バス用、建設・
                                           ンジャパン㈱
          鉱山車両用、産業車両用、農業機械
          用、航空機用、二輪自動車用のタイ                  [タイヤ販売]        ブリヂストンリテールジャパン㈱
          ヤ・チューブ、タイヤ関連用品、リト
                            [化工品製造・販売]     ブリヂストン化成品㈱
      日本    レッド材料・関連技術、自動車整備・
                            [化工品販売]        ブリヂストン化工品ジャパン㈱
          補修、自動車関連部品 ほか
          [化工品]
          ウレタンフォーム及びその関連用品、
          電子精密部品、工業資材関連用品、建
          築資材関連用品 ほか
          [タイヤ]                  [統括]           BRIDGESTONE                     AMERICAS,     INC.
          乗用車用、トラック・バス用、建設・                  [タイヤ製造・販売]     BRIDGESTONE                     AMERICAS     TIRE
          鉱山車両用、産業車両用、農業機械
                                           OPERATIONS,      LLC
          用、航空機用、二輪自動車用のタイ
                                           BRIDGESTONE      BANDAG,    LLC
          ヤ・チューブ、タイヤ関連用品、リト
                                           BRIDGESTONE      CANADA    INC.
          レッド材料・関連技術、自動車整備・
                                           BRIDGESTONE      DE  MEXICO,    S.A.   DE
          補修、タイヤ原材料 ほか
                                           C.V.
          [BSAM多角化]
                                           BRIDGESTONE      DO  BRASIL    INDUSTRIA
      米州
          BRIDGESTONE      AMERICAS,     INC.が統括す
                                           E COMERCIO     LTDA.
          る屋根材事業 ほか
                                           BRIDGESTONE      ARGENTINA     S.A.I.C.
                            [タイヤ販売]        BRIDGESTONE                     RETAIL    OPERATIONS,
                                           LLC
                            [タイヤ原材料製造・販売]  FIRESTONE                    POLYMERS,     LLC
                            [BSAM多角化製造・販売] FIRESTONE                    BUILDING     PRODUCTS
                                           COMPANY,     LLC(注)
          [タイヤ]                  [統括・販売]        BRIDGESTONE                     EUROPE    NV/SA
          乗用車用、トラック・バス用、建設・                  [タイヤ製造・販売]     BRIDGESTONE                     POZNAN    SP.  Z O.O.
          鉱山車両用、産業車両用、農業機械
                                           BRIDGESTONE      HISPANIA
     欧州・
          用、航空機用、二輪自動車用のタイ
                                           MANUFACTURING       S.L.U.
     ロシア・
          ヤ・チューブ、タイヤ関連用品、リト
                                           BRIDGESTONE      INDIA   PRIVATE    LTD.
     中近東・
          レッド材料・関連技術、自動車整備・
     インド・
                                           BRIDGESTONE      SOUTH   AFRICA    (PTY)
          補修 ほか
     アフリカ
                                           LTD.
                            [タイヤ販売]        BRIDGESTONE                     MIDDLE    EAST   &
                                           AFRICA    FZE
          [タイヤ]                  [統括・販売]        BRIDGESTONE                     ASIA   PACIFIC    PTE.
          乗用車用、トラック・バス用、建設・                                  LTD.
          鉱山車両用、産業車両用、農業機械
                                           普利司通(中国)投資有限公司
          用、航空機用、二輪自動車用のタイ
                            [タイヤ製造・販売]     普利司通(無錫)輪胎有限公司
          ヤ・チューブ、タイヤ関連用品、リト
                                           THAI   BRIDGESTONE      CO.,   LTD.
     中国・
          レッド材料・関連技術、自動車整備・
                                           BRIDGESTONE      TIRE   MANUFACTURING
     アジア・
          補修 ほか
                                           (THAILAND)      CO.,   LTD.
     大洋州
                                           P.T.   BRIDGESTONE      TIRE   INDONESIA
                            [タイヤ販売]        BRIDGESTONE                     AUSTRALIA     LTD.
                                           BRIDGESTONE      MINING    SOLUTIONS
                                           AUSTRALIA     PTY.   LTD.
          ゴルフボール、ゴルフクラブ、その他                  [スポーツ用品製造・販売]  ブリヂストンスポーツ㈱
          スポーツ関連用品、自転車、自転車関
                            [自転車等製造・販売]    ブリヂストンサイクル㈱
          連用品、ファイナンス ほか
                            [ファイナンス]       ブリヂストンファイナンス㈱
     その他
                                           BRIDGESTONE      TREASURY     SINGAPORE
                                           PTE.   LTD.
     (注) BRIDGESTONE         AMERICAS,     INC.は、2021年1月6日(現地時間)に、FIRESTONE                        BUILDING     PRODUCTS     COMPANY,     LLCを
         売却することについて合意しております。なお、売却実行日は2021年上期中を予定しております。
                                  6/188


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    4【関係会社の状況】
                          資本金
                                                 関係内容
                                     議決権の
                               主要な事業
                           又は
           名称          住所
                                     所有割合
                                の内容
                                          役員の               設備の
                          出資金
                                             貸付金    営業上の取引
                                      (%)
                                          兼任等               賃貸借
                          (百万円)
     (連結子会社)
                              国内市販用タイ
     ブリヂストンタイヤソリューショ              東京都           ヤ販売の統括及                  当社からの製品の        営業用
                            710           100.0   あり   なし
                   中央区           び自動車タイヤ                  購入        設備
     ンジャパン㈱
                              の販売
                              自動車タイヤ並
                   東京都                   (100.0)                  営業用
                              びに自動車用品            あり   なし   なし
     ブリヂストンリテールジャパン㈱                       300
                   中央区                    100.0                  設備
                              の販売
                              工業用機械等の                  当社への工業用機
     ブリヂストンプラントエンジニア              埼玉県                                     営業用
                            100  製造、販売、据        100.0   あり   なし   械等の納入、据付
     リング㈱              比企郡                                     設備
                              付及び保全                  及び保全
                   東京都           貨物運送及び                  当社製品の運送及        営業用
     ブリヂストン物流㈱                       400           100.0   あり   なし
                   中央区                             び倉庫管理        設備
                              倉庫業務
                                                 当社からの原料の
                   東京都           合成樹脂製品の                          営業用
     ブリヂストン化成品㈱                       310           100.0   あり   なし   購入、当社への製
                   中央区           製造及び販売                          設備
                                                 品の納入
                              工業用ゴム製品                  当社からの製品の
                   東京都                                     営業用
     ブリヂストン化工品ジャパン㈱                       400  並びに建材の販        100.0   あり   なし   購入、当社への製
                   港区                                     設備
                              売及び施工                  品の納入
                              自動車用並びに
                   静岡県           一般産業用防振                  当社への製品の納
     ブリヂストンエラステック㈱                       450           100.0   あり   なし           なし
                   掛川市           製品・金具の製                  入
                              造
                   三重県           合成樹脂製品の                  当社への製品の納        営業用
                                          あり   なし
     ブリヂストンケミテック㈱                       495           100.0
                   名張市           製造及び販売                  入        設備
                   東京都           スポーツ用品の                          営業用
     ブリヂストンスポーツ㈱                      3,000           100.0   あり   なし   なし
                   港区           製造及び販売                          設備
                   埼玉県           自転車の製造及
                                          あり   なし   なし        なし
     ブリヂストンサイクル㈱                      1,870           100.0
                   上尾市           び販売
                              金銭の貸付、債
                                                 当社の一部の債務
                   東京都           権の買取及び経
     ブリヂストンファイナンス㈱                        50          100.0   あり   なし   の代金決済及び経        なし
                   小平市           理事務並びに給
                                                 理事務の一部受託
                              与計算の受託
                           千米ドル
     BRIDGESTONE     AMERICAS,    INC.
                   米国           米州事業の統括        100.0   あり   あり   なし        なし
                          127,000
                                                 当社からの製品・
                           千米ドル
     BRIDGESTONE     AMERICAS    TIRE
                              自動車タイヤの        (100.0)
                   米国                       あり   なし   原料の購入、当社        なし
     OPERATIONS,     LLC                    製造及び販売        100.0
                             1
                                                 への製品の納入
                              自動車タイヤの
                           千米ドル
     BRIDGESTONE     RETAIL   OPERATIONS,
                              販売、自動車整        (100.0)
                   米国                       なし   なし   なし        なし
                              備・補修及び        100.0
     LLC
                             1
                              用品の販売
                              リトレッド材料
                           千米ドル
                              の製造及び販        (100.0)          当社への製品の納
     BRIDGESTONE     BANDAG,   LLC
                   米国                       あり   なし           なし
                              売・関連技術の                  入
                                       100.0
                             1
                              供与
                           千米ドル
                              合成ゴムの製造        (100.0)          当社への原料の納
     FIRESTONE    POLYMERS,    LLC
                   米国                       なし   なし           なし
                              及び販売                  入
                                       100.0
                             1
                           千米ドル

     FIRESTONE    BUILDING    PRODUCTS
                              屋根材等の製造        (100.0)
                   米国                       なし   なし   なし        なし
     COMPANY,    LLC                      及び販売        100.0
                             1
                              自動車タイヤの
                         千カナダドル
                              製造及び販売並        (100.0)          当社からの製品の
     BRIDGESTONE     CANADA   INC.
                   カナダ                       あり   なし           なし
                              びに自動車部品                  購入
                                       100.0
                          127,553
                              の販売
                           千ニュー
     BRIDGESTONE     DE MEXICO,   S.A.  DE
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社からの製品の
                         メキシコペソ
                   メキシコ                       なし   なし           なし
                              製造及び販売                  購入
                                       100.0
     C.V.
                          455,998
                                  7/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                          資本金
                                                 関係内容
                                     議決権の
                           又は     主要な事業
           名称          住所
                                     所有割合
                                の内容
                                          役員の               設備の
                          出資金
                                             貸付金    営業上の取引
                                      (%)
                                          兼任等               賃貸借
                          (百万円)
                          千ブラジル
     BRIDGESTONE     DO BRASIL   INDUSTRIA
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社からの製品・
                           レアル
                   ブラジル                       なし   なし           なし
                              製造及び販売        100.0          原料の購入
     E COMERCIO    LTDA.
                          458,788
                         千 アルゼンチ
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社からの製品の
                           ンペソ
     BRIDGESTONE     ARGENTINA    S.A.I.C.
                   アルゼンチン                       なし   なし           なし
                              製造及び販売                  購入
                                       100.0
                          201,242
                              欧州・ロシア・
                              中近東・イン
                                                 当社からの製品の
                           千ユーロ
                              ド・アフリカ事
     BRIDGESTONE     EUROPE   NV/SA
                   ベルギー                    100.0   あり   あり   購入、当社への製        なし
                              業の統括及び自
                          2,063,963
                                                 品の納入
                              動車タイヤの販
                              売
                         千ポーランド
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社からの原料の
                           ズロチ
     BRIDGESTONE     POZNAN   SP.  Z O.O.
                   ポーランド                       なし   なし           なし
                              製造及び販売                  購入
                                       100.0
                          558,059
                         千ポーランド
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社からの原料の
                           ズロチ
     BRIDGESTONE     STARGARD    SP.  Z O.O.
                   ポーランド                       なし   なし           なし
                              製造及び販売        100.0          購入
                          572,650
                         千ハンガリー
     BRIDGESTONE     TATABANYA    TERMELO
                              自動車タイヤの        (100.0)
                          フォリント
                   ハンガリー                       なし   なし   なし        なし
                              製造及び販売        100.0
     KFT.
                         30,938,000
                           千ユーロ
     BRIDGESTONE     HISPANIA
                              自動車タイヤの        (100.0)
                   スペイン                       なし   なし   なし        なし
     MANUFACTURING      S.L.U.                    製造及び販売        100.0
                             3
                           千アラブ
                          首長国連邦
     BRIDGESTONE     MIDDLE   EAST  &
                   アラブ首長国           自動車タイヤの        (100.0)
                                          なし   なし   なし        なし
                          ディルハム
     AFRICA   FZE           連邦           販売
                                       100.0
                           17,000
                           千インド
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社への製品の納
                           ルピー
     BRIDGESTONE     INDIA   PRIVATE   LTD.
                   インド                       あり   なし           なし
                              製造及び販売                  入
                                       100.0
                          7,737,041
                         千南アフリカ
     BRIDGESTONE     SOUTH   AFRICA
                   南アフリカ           自動車タイヤの        (75.0)          当社からの製品・
                           ランド
                                          なし   なし           なし
                   共和国           製造及び販売                  原料の購入
     (PTY)   LTD.                                75.0
                            207
                              中国・アジア・
                         千シンガポー
                              大洋州タイヤ事
     BRIDGESTONE     ASIA  PACIFIC   PTE.
                                                 当社からの製品の
                           ルドル
                   シンガポール           業の統括及び自            あり   なし           なし
                                       100.0
                                                 購入
     LTD.
                              動車タイヤの販
                          1,623,782
                              売
                              中国タイヤ事業
                           千米ドル
                                                 当社からの製品の
     普利司通(中国)投資有限公司              中国           の統括及び自動        100.0   あり   なし           なし
                                                 購入
                          347,665
                              車タイヤの販売
                           千米ドル
                              自動車タイヤの        (100.0)
     普利司通(瀋陽)輪胎有限公司              中国                       あり   なし   なし        なし
                              製造及び販売        100.0
                          183,180
                           千米ドル
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社への製品の納
     普利司通(無錫)輪胎有限公司              中国                       あり   なし           なし
                              製造及び販売        100.0          入
                          255,040
                           千米ドル
                              自動車タイヤの        (10.0)
     普利司通(惠州)輪胎有限公司              中国                       あり   なし   なし        なし
                              製造及び販売
                                       100.0
                          160,000
                           千米ドル
     BRIDGESTONE     TIRE  MANUFACTURING
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社への製品の納
                   ベトナム                       あり   なし           なし
     VIETNAM   LLC                      製造及び販売        100.0          入
                          447,800
                         千タイバーツ
                              自動車タイヤの        (69.2)          当社への製品の納
     THAI  BRIDGESTONE     CO.,  LTD.
                   タイ                       あり   なし           なし
                              製造及び販売                  入
                                       69.2
                          400,000
                         千タイバーツ
     BRIDGESTONE     TIRE  MANUFACTURING
                              自動車タイヤの        (100.0)          当社への製品の納
                   タイ                       あり   なし           なし
     (THAILAND)     CO.,  LTD.                   製造及び販売        100.0          入
                          6,921,000
                                  8/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                          資本金
                                                 関係内容
                                     議決権の
                           又は     主要な事業
           名称          住所
                                     所有割合
                                の内容
                                          役員の               設備の
                          出資金
                                             貸付金    営業上の取引
                                      (%)
                                          兼任等               賃貸借
                          (百万円)
                         千インドネシ
                                                 当社からの原料の
                           アルピア
                              自動車タイヤの        (54.3)
     P.T.  BRIDGESTONE     TIRE  INDONESIA
                   インドネシア                       あり   なし   購入、当社への製        なし
                              製造及び販売
                                       54.3
                         10,358,400
                                                 品の納入
                           千豪ドル
                   オーストラ           自動車タイヤの        (100.0)
     BRIDGESTONE     AUSTRALIA    LTD.
                                          なし   なし   なし        なし
                   リア       205,820    販売        100.0
                              建設・鉱山車両
     BRIDGESTONE     SPECIALTY    TIRE
                         千タイバーツ
                              用タイヤ、航空                  当社への製品の納
     MANUFACTURING(THAILAND)          CO.,    タイ                    100.0   あり   なし           なし
                              機用タイヤの製                  入
                         11,900,000
     LTD.
                              造及び販売
                              建設・鉱山車両
                              用タイヤ、コン
                           千豪ドル
     BRIDGESTONE     MINING   SOLUTIONS
                   オーストラ                             当社からの製品の
                              ベアベルト等の        100.0   なし   なし           なし
     AUSTRALIA    PTY.  LTD.        リア                             購入
                           7,000
                              販売及び関連
                              サービス
                           千米ドル
                              合成ゴムの製造
     普利司通(惠州)合成橡         有限公司     中国                    100.0   あり   なし   なし        なし
                              及び販売
                          200,680
                           千米ドル
                                                 当社への原料の納
     BRIDGESTONE     SINGAPORE    PTE  LTD.   シンガポール           天然ゴムの売買            あり   なし           なし
                                       100.0
                                                 入
                            674
                           千米ドル
     BRIDGESTONE     TREASURY    SINGAPORE
                              金銭の貸付及び                  当社の一部の債権
                   シンガポール                    100.0   あり   なし           なし
                              債権の買取                  の回収代行等
                          450,700
     PTE.LTD.
     その他 236社
     (持分法適用関連会社等)
                           千米ドル
                              自動車タイヤの        (50.0)
     TIREHUB,    LLC
                   米国                       なし   なし   なし        なし
                              販売
                           20,862            50.0
     BRISA   BRIDGESTONE
                                                 当社からの製品・
                         千トルコリラ
                              自動車タイヤの
     SABANCI   LASTIK   SANAYI
                   トルコ                       あり   なし   原料の購入、当社        なし
                                       43.6
                              製造及び販売
                          305,117
                                                 への製品の納入
     VE TICARET   A.S.
     その他 135社
      (注)1     ブリヂストンタイヤソリューションジャパン㈱、ブリヂストンエラステック㈱、ブリヂストンケミテック
           ㈱、BRIDGESTONE        AMERICAS,     INC.、   BRIDGESTONE      AMERICAS     TIRE   OPERATIONS,      LLC、BRIDGESTONE         CANADA
           INC.  、 BRIDGESTONE      ARGENTINA     S.A.I.C.、     BRIDGESTONE      EUROPE    NV/SA、BRIDGESTONE          POZNAN    SP.  Z O.O.、
           BRIDGESTONE      STARGARD     SP.  Z O.O.、BRIDGESTONE         TATABANYA     TERMELO    KFT.、BRIDGESTONE         INDIA   PRIVATE
           LTD.、   BRIDGESTONE      ASIA   PACIFIC    PTE.   LTD.、普利司通(中国)投資有限公司、普利司通(瀋陽)輪胎有限公
           司、普利司通(無錫)輪胎有限公司、普利司通(惠州)輪胎有限公司、BRIDGESTONE                                     TIRE   MANUFACTURING
           VIETNAM    LLC、   BRIDGESTONE      TIRE   MANUFACTURING       (THAILAND)      CO.,   LTD.、BRIDGESTONE         AUSTRALIA     LTD.、
           BRIDGESTONE      SPECIALTY     TIRE   MANUFACTURING       (THAILAND)      CO.,   LTD.、普利司通(惠州)合成橡              有限公司、
           BRIDGESTONE      SINGAPORE     PTE  LTD.、BRIDGESTONE         TREASURY     SINGAPORE     PTE.   LTD.は特定子会社に該当してお
           ります。
         2 「議決権に対する所有割合」の(                   )内数字は間接所有割合(内数)であります。
         3 BRIDGESTONE        AMERICAS     TIRE   OPERATIONS,      LLC  (以下BATO)及び         BRIDGESTONE      RETAIL    OPERATIONS,      LLC  (以
           下BSRO)については、その売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く)の連結売上収益に占める割
           合が100分の10を超えております。
            主要な損益情報等           BATO     (1)売上収益            680,381百万円
                            (2)税引前当期利益            74,326百万円
                            (3)当期利益            57,861百万円
                            (4)資本合計            902,615百万円
                            (5)資産合計           1,090,730百万円
                       BSRO     (1)売上収益            415,344百万円
                            (2)税引前当期利益            17,685百万円
                            (3)当期利益            16,928百万円
                            (4)資本合計            149,373百万円
                            (5)資産合計            224,361百万円
                                  9/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    5【従業員の状況】
      (1)   連結会社の状況
                                                 (2020年12月31日現在)
                                           従業員数(人)
              セグメントの名称
                                             28,790
                 日本
                                             51,220
                 米州
                                             21,861
        欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ
                                             20,716
             中国・アジア・大洋州
                                             12,218
                 その他
               全社(共通)                              3,231
                                            138,036

                 合 計
      (注) 1 従業員数は就業人員であります。
         2 日本セグメントの従業員数には、他セグメント向けのタイヤを生産する日本のタイヤ工場の従業員数を含
           んでおります。
      (2)   提出会社の状況

                                                 (2020年12月31日現在)
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
          14,858              40.4              14.3             6,857

                                           従業員数(人)

              セグメントの名称
                                             10,960
                 日本
                                              667
                 その他
               全社(共通)                              3,231
                                             14,858

                 合 計
      (注) 1 従業員数は就業人員であります。
         2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3)   労働組合の状況

         当社の労働組合は、日本労働組合総連合会に加盟しております。
         現在労働組合との間に特記すべき事項はなく、労使関係は相互信頼の基盤に立ち極めて円満であります。
         連結子会社についても安定した労使関係を保っており、特記すべき事項はありません。
                                 10/188







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
    1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       当社グループを取り巻く事業環境は、国際関係・政治・経済・環境問題・技術革新といったあらゆる面で、大転換
      期にあります。特に2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威を振るい、生活や経済に大きな影
      響を与えました。また、地球温暖化対策への注目も高まりました。そして、100年に一度の大変革期といわれるモビリ
      ティ業界におけるMaaSやCASEの動きは、当社ビジネスにも大きなインパクトをもたらします。タイヤ業界
      は、全体として利益額が減少傾向にあります。変化に対応し、強くなければ生き残れません。一方、当社グループの
      近年の業績を振り返ると、営業利益低下の要因として、高コスト・高経費体質や価格マネジメントにおける課題など
      が見えてまいりました。
       こうした中、当社グループは、2020年からを「第三の創業」(Bridgestone3.0)と位置付け、2050年にもサステナブ
      ルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供するために、中長期事業戦略を策定し、こ
      れに沿って経営を進めております。実行に向けて設定した中期事業計画(2021-2023)では、2023年には筋肉質で環境変
      化に対応できる、強いブリヂストンへ進化することを目指しております。中期事業計画の経営指標として、2023年
      に、売上収益33,000億円レベル、調整後営業利益4,500億円レベル、調整後営業利益率13%レベル、ROIC10%レベ
      ル、ROE12%レベルを計画しております。その後も、環境変化に対応しながら着実に成長し、よりレジリアントな
      高収益体質を目指します。2020年は、COVID-19の影響や兆候を慎重に見極めながら、危機管理を徹底し、キャッシュ
      オリエンテッド経営を推進してまいりました。2021年も引き続き危機管理を行いながら、2020年から着手している、
      主にコア事業における生産拠点再編・事業再編をはじめとする経費・コスト構造改革や、オペレーションエクセレン
      スによる、「稼ぐ力の再構築」を推進してまいります。またそれにより創出されるリソースを、プレミアムビジネス
      戦略強化や、ソリューション事業拡大など、収益性の確かな事業に厳選して、戦略リソースとして集中投下する「戦
      略的成長投資」を実施してまいります。実行を支える体制として、財務戦略基盤強化や、ブリヂストン流のHRX
      (Human    Resource     Transformation)も、中長期事業戦略の一環として引き続き推進してまいります。
       経営の中核に据えたサステナビリティについては、当社グループのサステナビリティビジネス構想を、2020年12月
      に発表しました。タイヤ・ゴム事業、ソリューション事業に、新たに探索事業としてリサイクル事業を加え、当社の
      バリューチェーン全体で、資源循環やCO2削減に貢献し、社会・お客様・当社がWin-Win-Winとなる、当社独自のサ
      ステナビリティビジネスモデルの構築を目指しております。特に環境面では、これまで、2050年を見据えた環境長期
      目標を2012年に策定し、これを達成するために、2020年を目標とした環境中期目標「マイルストン2020」を定めて、
      取り組みを進めてまいりました。グローバルで活動を推進した結果、2019年に目標を前倒しで達成することができま
      した。2005年対比、グローバルでの取水量を原単位で40%削減、資源生産性(原材料使用量当たりの売上収益)を33%
      向上、CO2排出量の原単位で34%削減しております。そして、新たに環境中期目標「マイルストン2030」を設定しまし
      た。CO2排出量削減について、2030年に2011年対比50%削減、2050年に向けてカーボンニュートラルへ、という明確な
      ターゲットを掲げております。また、サーキュラーエコノミーへの貢献を促進していくために、使用する原材料に占
      める再生資源又は再生可能資源の割合を、2030年までに40%に向上することを目指してまいります。サステナビリ
      ティを経営の中核に据え、社会価値と顧客価値の創造を両立させ、競争優位を獲得することで、社会・お客様と共に
      持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。
                                 11/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    2【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のあるリスクには以下のようなものがあります。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上
      で、当該リスク発生の回避、及び発生した場合の対応に努めております。
       ただし、記載された事項以外にも予見することが困難なリスクが存在し、当社グループの事業、業績及び財政状態
      に悪影響を及ぼす可能性があります。
       なお、文中に含まれる将来に関する記載は、有価証券報告書提出日(2021年3月26日)現在で判断したものでありま
      す。
      (1)   事業を取り巻く経済環境、及び需要動向に関するリスク

         当社グループは、開発・生産・流通・販売・調達などの事業活動をグローバルに展開しており、当社グループの
        業績及び財政状態は、事業活動を行っているそれぞれの国や地域における金利、為替、株式相場の変動などの経済
        環境や需要動向の変化により、さまざまな形で影響を受けております。当期の当社グループの地域ごとの売上収益
        比率は、米州が46%、欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカが21%、日本が19%、中国・アジア・大洋州が
        14%の構成となっており、これらの地域の経済環境が悪化した場合には、当社グループの業績及び財政状態に特に
        大きな悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループのビジネスは自動車産業と密接に関連していることから、当社グループの業績及び財政状態
        は、グローバルな自動車産業の景況による影響を受けております。自動車産業の動向以外にも、タイヤ市販用市場
        では各国の消費動向や自動車燃料価格の変動などによる影響を受けており、これらの要因によりタイヤ需要が減少
        する、あるいは予想している需要増加が減速する場合には、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可
        能性があります。
         また、当社グループの鉱山・産業・建機ソリューション事業の核である建設・鉱山車両用大型・超大型ラジアル
        タイヤやコンベヤベルト等一部の商品につきましては、資源産業及び土木・建築産業の景況による影響を受けてお
        り、これらの要因により需要が減少する、あるいは予想している需要増加が減速する場合には、当社グループの業
        績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         さらに、当社グループは、日本、欧州、北米などさまざまな地域で冬用タイヤを販売しておりますが、これらの
        地域における降雪が少なく需要が減少する場合には、当社グループの業績が悪影響を受ける可能性があります。
      (2)   法律・規制・訴訟に関するリスク

         当社グループは、事業活動を行っている各国において、投資、貿易、為替管理、移転価格を含む税制、独占禁
        止、環境保護、個人情報保護など、関連する法律や規制の適用を受けております。当社グループの事業活動に影響
        を及ぼすものとして、例えば、国内外においてタイヤ性能に関する表示制度・規制や化学物質規制などが制定・導
        入されております。したがって、将来においても、新たな法律や規制により、事業活動の制約やコストの上昇など
        当社グループの業績及び財政状態が悪影響を受ける可能性があります。
         これらの他、当社グループは、国内外の事業活動に関連して、訴訟や各国当局による捜査・調査の対象となる可
        能性があります。重要な訴訟が提起された場合や、各国当局による捜査・調査が開始された場合には、当社グルー
        プの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      (3)   事業活動中断のリスク
        ・災害、戦争・テロ・暴動、社会的・政治的混乱など
         当社グループは、開発・生産・流通・販売・調達などの事業活動をグローバルに展開しており、さまざまな国や
        地域における大規模な地震や風水害などの自然災害や、戦争・テロ・暴動、ボイコット、感染症、エネルギー供給
        障害、交通機能障害を含む社会的・政治的混乱などのリスクにさらされております。さらに、国内外における政治
        的・経済的条件の急激かつ大幅な変動などの要因により、当社グループの事業活動の継続に支障をきたす可能性が
        あり、その結果、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループの事業活動の中核として重要な拠点が多数所在している日本における地震災害リスクに対しては、
        当社グループは耐震診断の結果に基づき優先順位をつけて耐震補強工事を計画的に進めております。さらに、地震
        災害が発生した場合の迅速な初期対応の推進及び業務を早期に復旧継続させることを目的とした事業継続計画(B
        CP:Business        Continuity      Plan)を策定し、その運用を振り返ることで内容を継続的に改善しております。ま
        た、新型インフルエンザや新型コロナウイルスなどの未知なる病原体が引き起こす感染症の拡大に対しても、従業
        員・家族・関係者の生命と安全の確保を最優先しながら事業損失の最小化を図るための事業継続計画を策定し、そ
        の運用を通じて内容を拡充しております。しかしながら、実際に発生した場合には、操業の中断・縮小、施設等の
        損害、多額の復旧費用などにより、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループの特定商品や特定原材料を集中的に生産している拠点で事業活動の継続に支障をきたすよう
        な事態が生じた場合は、供給義務を果たせないことによる顧客からの信頼の喪失や賠償責任の追及につながる可能
        性もあり、その場合には、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ・情報システム障害

         当社グループの事業活動における情報システムの重要性は非常に高まっており、セキュリティの高度化などシス
        テムやデータの保護に努めておりますが、それにもかかわらず、災害やサイバー攻撃など外的要因や人為的要因な
        どにより情報システムに障害が生じた場合、重要な業務やサービスの停止、機密情報・データや個人情報の盗取や
        漏洩などのインシデントを引き起こし、事業活動の継続に支障をきたす可能性があります。その結果、当社グルー
        プのブランドイメージや社会的信用の低下、業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ・ストライキ

         当社グループは、円滑な労使関係の構築に努めておりますが、労使間の交渉が不調に終わり、長期間に及ぶスト
        ライキなどが発生した場合、事業活動の継続に支障をきたす可能性があり、その結果、当社グループの業績及び財
        政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (4)   気候変動に関するリスク

         気候変動への対応に世界的な関心が高まり、パリ協定に代表される低炭素社会への動きが加速する中で、当社グ
        ループは気候変動によるリスク及び機会を認識し、事業戦略への反映を進めております。そのリスクには、台風の
        大型化、洪水や渇水の発生頻度の増加による事業活動中断のリスク、降雨パターンの変化に伴う天然ゴムの収穫不
        良による原材料調達に関するリスク、降雪量の減少により冬タイヤの需要が減少するリスクがあります。また、気
        候変動のために、国内外において、炭素税やCO2排出削減義務・排出量取引制度、タイヤの低燃費性能等に関する
        制度・規制などの導入が進む際に、社会や顧客の急速なニーズ変化に対して研究開発費を十分な事業成果に結びつ
        けることができない場合は、事業活動の制約やコストの上昇など当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼ
        す可能性があります。
                                 13/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
         気候変動に関するリスク及び機会への認識を踏まえ、当社は、2050年を見据えた長期目標「カーボンニュートラ
        ル化」、2030年目標「①2030年までに私たちが排出するCO2の総量(Scope1※、2※)を50%削減する(2011年比)、
        ②2030年までにソリューションの提供により、商品・サービスのライフサイクル、バリューチェーン全体(Scope
        3※)を通じて、私たちの生産活動により排出するCO2排出量(Scope1※、2※)の5倍以上のCO2削減に貢献してい
        く(2020年比)」を設定し、CO2削減に貢献する新技術の開発、当社グループの生産拠点におけるCO2排出量の削減、
        低燃費タイヤの開発・販売など目標の達成へ向けた活動を進めております。
        ※Scope1は企業が直接排出するCO2(自社工場のボイラーなどからの排出)
        ※Scope2はエネルギー起源間接排出(電力など他社から供給され、自社で消費したエネルギーに伴うCO2排出)
        ※Scope3はライフサイクルにおける原材料調達、流通、顧客の使用と廃棄・リサイクル段階のCO2排出量等
      (5)   企業イメージに関するリスク

         当社グループは、事業活動を通じて企業イメージ・ブランドイメージの維持向上に努める一方、法令遵守や企業
        倫理に基づく事業活動、及び火災や労働災害などの企業災害の防止・対策活動に努めておりますが、それにもかか
        わらず、社会的な信用を失墜させるような企業不祥事や企業災害が発生した場合には、顧客からの信頼喪失や株価
        の下落を招き、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (6)   為替変動に関するリスク

         当社グループは、開発・生産・流通・販売・調達などの事業活動をグローバルに展開しており、原材料の調達や
        販売活動などにおいて、多種の通貨による取引を行っております。外貨建ての営業債権債務に対しては為替予約取
        引など、また、外貨建ての貸付金及び借入金に対しては通貨スワップ取引などを行うことにより、短期的な為替相
        場の変動影響を最小限にする努力をしておりますが、世界各地で国際間取引を行っていることから、為替相場の変
        動は、当社グループの業績に影響を及ぼすことになります。また、海外での売上収益、費用、資産・負債等は、連
        結財務諸表作成のために円換算されることから、為替相場の変動による影響を受けることになります。一般に、他
        国通貨に対する円高は当社グループの業績に悪影響を及ぼし、円安は当社グループの業績に好影響をもたらしま
        す。
      (7)   競争激化に関するリスク

         当社グループは、それぞれの市場で多数の企業と競合しているため、価格競争が発生しております。また、企業
        向け取引では、顧客から価格低減の要請を受けることがあります。このような事業環境に対し、当社グループは、
        原価の低減や効率性の追求、顧客や市場への新しい商品価値の提案などによる内部努力を継続しておりますが、そ
        れらの努力で価格低下を吸収できない場合には、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループは、製造業者として技術力を核とした戦略を重視しており、新技術を搭載した製品の市場投
        入を積極的に進めております。これらの技術開発のための投資や費用は、最終的に高い商品価値を顧客に認めてい
        ただくために投入しているものですが、競合他社との激しい競争において、事業として十分な成果に結びつけるこ
        とができない場合は、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 14/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      (8)   製品の欠陥に関するリスク
         当社グループは、製造業者として販売する製品の品質に万全を期すことに努めております。特に、タイヤなど人
        命にかかわる商品を主に扱っているという認識に立ち、製品品質の確保、市場情報の収集や品質に関する早期警報
        システムの構築など、品質保証体制の充実に努めておりますが、予測できない原因により製品に欠陥が生じた場合
        や、顧客の安全・安心を最優先に確保するという観点から大規模なリコールなどを実施する可能性は皆無ではあり
        ません。そのような事態が発生した場合には、回収費用、社会的な信用の毀損、顧客への補償や訴訟費用・賠償費
        用などにより、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。特に米国の製造物賠償責任
        訴訟や集団訴訟は、より重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
      (9)   原材料調達に関するリスク

         当社グループは、タイヤなどゴム製品の原材料として天然ゴムを使用しておりますが、天然ゴムの主要生産地で
        ある東南アジア諸国における災害、戦争・テロ・暴動、社会的・政治的混乱、ストライキ、あるいは収穫不良など
        により、天然ゴムの安定供給に支障が生じた場合、当社グループの生産に必要な量を確保することが困難になり、
        当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、天然ゴム以外の主要原材料調達においても、原料需給の逼迫や供給能力の制約により、当社グループの生
        産に必要な量を確保することが困難になる場合、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があり
        ます。
         さらに、当社グループは、いくつかの主要原材料の調達について、グループ内の原材料生産拠点、又は一部のグ
        ループ外供給元に依存しております。このため、特定の原材料供給元の操業が停止するなどにより、必要な原材料
        の調達ができない状況が発生した場合は、当該原材料に依存している当社又はグループ会社の生産に著しい悪影響
        を及ぼし、その結果、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         加えて、需給の逼迫や投機目的の売買などにより、当社グループが調達している原材料の価格が高騰し、生産性
        向上などの内部努力や価格への転嫁などにより吸収できない場合には、当社グループの業績及び財政状態に悪影響
        を及ぼす可能性があります。
      (10)   退職給付費用及び債務に関するリスク

         当社グループの退職給付費用及び債務は、数理計算上の割引率などの前提条件に基づいて算出しております。し
        かしながら、年金資産等の制度資産の公正価値、金利の変動等により、これらの前提条件に大きな変動があった場
        合、あるいは前提条件の変更が必要になった場合には、退職給付費用や債務が増加し、当社グループの業績及び財
        政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (11)   知的財産侵害に関するリスク

         当社グループでは、知的財産を企業の競争力を高めるための重要な経営資源と位置づけ、第三者の知的財産権に
        対する侵害の予防、及び保有している多数の知的財産権の保護に努めております。それにもかかわらず、当社グ
        ループの認識又は見解との相違から、第三者から知的財産権を侵害したとして訴訟を受け、当社グループとして製
        造販売中止、あるいは損害賠償などが必要になった場合には、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす
        可能性があります。また、第三者による知的財産権侵害を当社グループが主張したにもかかわらず、侵害があった
        と認められない場合には、当社グループの製品差別化や競争優位性が確保されず、結果として当社グループの業績
        及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当社グループは、当連結会計年度よりIFRSを適用しており、前連結会計年度の数値もIFRSに組み替えて比較
     分析を行っております。
     (1)   経営成績等の状況の概要
       当期における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおりであります。
      ①  財政状態及び経営成績の状況

        第1四半期連結会計期間から、セグメント区分を変更しております。また、前期の数値について新たなセグメン
       ト区分に組み替えたうえで、前期比の数値を計算しております。
       a.業績全般

                                                  増減
                            当期         前期
                                              金額         比率
                               億円         億円         億円          %
                           29,945         35,072
       売上収益                                     △5,127            △15
                            2,229         3,431                   △35
       調整後営業利益                                     △1,202
                              641       3,493
       営業利益                                     △2,852            △82
                              293       3,355
       税引前当期利益                                     △3,062            △91
       親会社の所有者に帰属する当期利益
                             △233        2,401
                                            △2,634              -
       又は損失(△)
       当社グループは、2020年を「第三の創業」(Bridgestone3.0)の初年度として位置付け、「2050年にもサステナブル

      なソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」という新たなビジョンを掲
      げました。ビジョンの実現に向け、「中長期事業戦略」を策定し、着実に取り組みを進めてまいりました。
       当期の当社グループを取り巻く環境は、第1~2四半期におけるCOVID-19の影響によるグローバルでのタイヤ需要
      低迷後、第3四半期に入りヒト・モノの移動制限緩和、経済活動再開などの動きに伴う需要回復が見られました。第
      4四半期には乗用車用タイヤにおいてCOVID-19第2波拡大による需要減の影響を受けましたが、トラック・バス用タ
      イヤの需要は堅調に推移し、回復基調が継続しました。
       年間を通しては、対前年で大幅なタイヤ需要減となり、当社グループの当期の売上収益は29,945億円(前期比15%
      減)、調整後営業利益は2,229億円(前期比35%減)、営業利益は641億円(前期比82%減)、税引前当期利益は293億円
      (前期比91%減)、親会社の所有者に帰属する当期損益は233億円の損失(前期は2,401億円の利益)となりました。
       このような状況の下、当社はグループを挙げて従業員・お客様・関係者の生命と安全を最優先とした組織対応を継
      続しながら、各地域でのタイヤ需要回復を捉えるべく生産・販売活動を本格的に再開し、第2四半期に一時休業を実
      施した工場についても全拠点で既に操業再開の上、稼働率を段階的に引き上げております。加えて、財務面では、徹
      底した経費・コストコントロールを継続しております。
       また、当社グループは、この危機を中長期視点での改革の機会と捉えつつ、新たな経営体制での本質的競争力強化
      に着手しております。「稼ぐ力の再構築」に向けた経費・コスト構造改革を強力に推進し、2020年11月に南アフリ
      カ・ポートエリザベス工場を閉鎖、さらに、フランス・ベチューン工場の閉鎖計画が2021年3月に当局に承認され、
      4月末に閉鎖される予定です。また、2021年1月には米国・建築資材事業の売却を発表しており、2021年上期中の完
      了を見込んでおります。さらに、中長期事業戦略を支える人事・組織戦略として、2021年初より、経営執行体制と人
      事制度を刷新しました。
                                 16/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       b.セグメント別業績
                                                  増減
                              当期        前期
                                              金額        比率
                                 億円        億円        億円         %
                             7,626        9,181
               売上収益                              △1,555           △17
       日本
                                646      1,088
               調整後営業利益                                △442         △41
                            14,079        16,617
               売上収益                              △2,537           △15
       米州
                             1,399                           △24
               調整後営業利益                      1,843         △444
                             5,643        6,401
               売上収益                                △758         △12
       欧州・ロシア・
       中近東・イン
               調整後営業利益又は
                              △176                            -
                                        150       △326
       ド・アフリカ
               損失(△)
                             3,946        4,628
               売上収益                                △682         △15
       中国・アジア・
       大洋州
                                246                         △32
               調整後営業利益                        362       △116
                             1,211        1,730
               売上収益                                △519         △30
       その他
                                 14                        △64
               調整後営業利益                         38       △24
                            29,945        35,072
               売上収益                              △5,127           △15
       連結   合計
                             2,229        3,431
               調整後営業利益                              △1,202           △35
       当期の各セグメントにおける業績は、第1~2四半期におけるCOVID-19の影響によるグローバルでのタイヤ需要低

      迷後、第3~4四半期にかけて一定の需要回復が見られましたが、年間を通しては対前年で大幅に需要が減少した結
      果、以下のとおりとなりました。
       [日本]
       乗用車及び小型トラック用タイヤ並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年を大幅に下回りました。この結
      果、売上収益は7,626億円(前期比17%減)となり、調整後営業利益は646億円(前期比41%減)となりました。
       [米州]
       北米タイヤ事業において、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年を
      大幅に下回りました。この結果、売上収益は14,079億円(前期比15%減)となり、調整後営業利益は1,399億円(前期比
      24%減)となりました。
       [欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ]
       欧州では、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年を大幅に下回りま
      した。この結果、売上収益は5,643億円(前期比12%減)となり、調整後営業損益は176億円の損失(前期は150億円の利
      益)となりました。
       [中国・アジア・大洋州]
       乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年を大幅に下回りました。この
      結果、売上収益は3,946億円(前期比15%減)となり、調整後営業利益は246億円(前期比32%減)となりました。
      (注)   セグメント別の金額はセグメント間の取引を含んでおり、連結合計の金額はそれらを消去した後の数値であり

         ます。
                                 17/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       c.財政状態
        (流動資産)
        流動資産は、営業債権及びその他の債権が876億円、棚卸資産が1,389億円減少したものの、現金及び現金同等物
       が3,776億円増加したことなどから、前期末比1,361億円増加(同7%増)し、20,545億円となりました。
        (非流動資産)
        非流動資産は、減損損失等の計上により有形固定資産が1,630億円減少したことなどから、前期末比2,238億円減
       少(同9%減)し、21,348億円となりました。
        (流動負債)
        流動負債は、営業債務及びその他の債務が329億円減少したものの、社債及び借入金が1,585億円増加したことな
       どから、前期末比1,464億円増加(同16%増)し、10,417億円となりました。
        (非流動負債)
        非流動負債は、社債及び借入金が65億円増加したものの、退職給付に係る負債が199億円、繰延税金負債が158億
       円減少したことなどから、前期末比269億円減少(同3%減)し、9,523億円となりました。
        なお、流動負債及び非流動負債に計上された有利子負債(注)の合計は、前期末比1,617億円増加(同19%増)し、
       10,062億円となりました。
        (注)   有利子負債には社債及び借入金、リース負債を含んでおります。
        (資本)
        資本合計は、親会社の所有者に帰属する当期損失の計上233億円、配当金(親会社の所有者)により915億円減少し
       たことなどから、前期末比2,072億円減少                   (同9%減)し、21,953億円となりました。
        これらの結果、当期末の資産合計は、前期末に比べて877億円減少(同2%減)し、41,893億円となりました。ま

       た、当期の親会社所有者帰属持分比率は51.3%となり、前期末比3.6ポイントの低下となりました。
                                 18/188











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ②  キャッシュ・フローの状況
                                                   増減
                               当期          前期
                                                   金額
                                   億円          億円          億円
                                          5,050
       営業活動によるキャッシュ・フロー                        5,269                     +219
                              △1,554          △2,619
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                            +1,065
                                         △2,405
       財務活動によるキャッシュ・フロー                           181                 +2,585
                                            △13
       現金及び現金同等物に係る換算差額                         △120                    △107
       現金及び現金同等物の増減額                        3,776             14      +3,762
                                4,329          4,339
       現金及び現金同等物の          期首残高                                     △10
       売却目的で保有する資産に含まれる現金
                                    -        △24
                                                      +24
       及び現金同等物
                                8,105          4,329
       現金及び現金同等物の期末残高                                            +3,776
       当期における当社グループの現金及び現金同等物(以下「資金」)は、全体で3,776億円増加(前期は10億円の減少)

      し、当期末には8,105億円となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動による資金収支は、5,269億円の収入(前期比219億円の収入増)となりました。これは、法人所得税の支払
      額717億円(前期は796億円)などがあったものの、税引前当期利益293億円(前期は3,355億円)や、減価償却費及び償却
      費2,675億円(前期は2,697億円)、減損損失896億円(前期は105億円)、営業債権及びその他の債権の減少額569億円(前
      期は219億円)、棚卸資産の減少額1,288億円(前期は73億円)などがあったことによるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動による資金収支は、1,554億円の支出(前期比1,065億円の支出減)となりました。これは、有形固定資産の
      取得による支出2,007億円(前期は2,705億円)などによるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動による資金収支は、181億円の収入(前期は2,405億円の支出)となりました。これは、短期借入金の返済に
      よる支出2,484億円(前期は2,577億円)や、リース負債の返済による支出571億円(前期は550億円)、配当金の支払額
      (親会社の所有者)915億円(前期は1,177億円)、配当金の支払額(非支配持分)75億円(前期は100億円)などがあったも
      のの、短期借入れによる収入3,094億円(前期は2,929億円)や、長期借入れによる収入1,166億円(前期は30百万円)な
      どによるものです。
                                 19/188







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ③  生産、受注及び販売の実績
       a.生産実績
         当期における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                       金額(百万円)              前期比(%)

                                      527,809             △13.2

                 日本
                                     1,059,707              △19.3

                 米州
                                      439,337             △22.3

        欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ
                                      298,904             △20.2

             中国・アジア・大洋州
                                       74,822             △19.5

                その他
                                     2,400,579              △18.8

                 合計
     (注)   1 金額は、販売価格によっております。
        2 金額には、消費税等は含まれておりません。
       b.受注実績

         当社グループは、少数の特殊製品(特殊ホース等)について受注生産を行うほかは、すべて見込生産でありま
        す。
       c.販売実績

         当期における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                       金額(百万円)              前期比(%)

                 日本                     608,103             △15.4

                 米州                    1,402,147              △15.2

        欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ                              556,843             △11.7

             中国・アジア・大洋州                          345,664             △14.2

                その他                       81,735             △20.3

               全社又は消去                          32           △22.5

                 合計                    2,994,524              △14.6

     (注)   金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 20/188








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (2)   経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2021年3月26日)現在において判断したものであ
      ります。
      ①  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(以下、「連結財務諸
       表規則」という。)第93条の規定によりIFRSに準拠して作成しております。連結財務諸表を作成するにあたり重
       要となる会計方針、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定につきましては、「第5                                         経理の状況 1連結財務
       諸表等    (1) 連結財務諸表 連結財務諸表注記 3.重要な会計方針」及び「4.重要な会計上の見積り及び見積
       りを伴う判断」に記載のとおりであります。
      ②  当期の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの当期の経営成績等は、次のとおりであります。
        なお、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因や当該事項への対応については、「1                                              経営方針、経営
       環境及び対処すべき課題等」に記載のとおりであります。
        (売上収益、調整後営業利益及び営業利益)

        売上収益は、COVID-19の影響によるグローバルでのタイヤ需要減の影響などで前期比5,127億円減少(同15%減)
       し、29,945億円となりました。
        調整後営業利益は、COVID-19の影響によるグローバルでのタイヤ需要減の影響などで前期比1,202億円減少(同
       35%減)し、2,229億円となりました。また、営業利益は、上記に加え減損損失954億円の計上(内、58億円は事業・
       工場再編費用へ計上)などにより前期比2,852億円減少(同82%減)し、641億円となりました。
        この結果、調整後営業利益率は7.4%となり、前期比2.3ポイントの低下となりました。
        なお、セグメント別の状況については、「(1)                        経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。
        (親会社の所有者に帰属する当期損益)
        親会社の所有者に帰属する当期損益は、233億円の損失(前期は2,401億円の利益)となりました。これは、営業利
       益が2,852億円の減益となったことや持分法株式に係る減損損失182億円の計上などによるものです。
      ③  資本の財源及び資金の流動性

        現金及び現金同等物は、前期末比3,776億円増加し、8,105億円となりました。なお、活動区分毎のキャッシュ・
       フローについては、「          (1)    経営成績    等 の状況の概要」に記載のとおりであります。
        資金調達にあたっては、金融機関からの借入れに加え、引き続き、国内普通社債やコマーシャル・ペーパーなど
       の直接金融手段や、売上債権の証券化、リースの活用など、リスク分散や金利コストの抑制に向けその多様化を
       図ってまいります。
        資金使途につきましては、主にコア事業における稼ぐ力の再構築、成長事業であるソリューション事業拡大のた
       めの戦略的成長投資、探索事業への戦略的成長投資などに活用しつつ、適正な財務体質の維持と株主還元に活用し
       てまいります。
                                 21/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ④  経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
        当社グループは、「1            経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、中期事業計画の経営指標と
       して、2023年に、売上収益33,000億円レベル、調整後営業利益4,500億円レベル、調整後営業利益率13%レベル、R
       OIC10%レベル、ROE12%レベルを計画しております。
        当期においては、売上収益29,945億円(前期比5,127億円減少)、調整後営業利益2,229億円(前期比1,202億円減
       少)、調整後営業利益率7.4%(前期比2.3ポイント低下)、ROIC5.5%(前期比1.9ポイント低下)、ROE                                                 △ 1.0%
       (前期は10.0%)でした。
                                 22/188


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (3)   並行開示情報
       連結財務諸表規則(第7章及び第8章を除く。以下「日本基準」という。)により作成した要約連結財務諸表は、以
      下のとおりであります。
       なお、日本基準により作成した当連結会計年度の要約連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1
      項の規定に基づく監査を受けておりません。
      ① 要約連結貸借対照表(日本基準)

                                                     (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2019年12月31日)               (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産                                 1,871,066               2,029,799
                                       2,075,438
                                                       1,846,471
      固定資産
      資産合計                                 3,946,505               3,876,270
     負債の部

                                        838,312
      流動負債                                                 1,000,123
                                        763,902
                                                        756,429
      固定負債
      負債合計                                 1,602,215               1,756,552
     純資産の部

                                       2,551,742
      株主資本                                                 2,449,928
                                       △263,303
      その他の包括利益累計額                                                 △377,975
                                         3,275
      新株予約権                                                   3,125
                                         52,576
                                                        44,640
      非支配株主持分
      純資産合計                                 2,344,290               2,119,718
     負債純資産合計                                  3,946,505               3,876,270
                                 23/188










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ② 要約連結損益計算書及び要約連結包括利益計算書(日本基準)
         要約連結損益計算書
                                                     (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                                       3,525,600               2,999,018
     売上高
     営業利益                                   326,098               196,297
     経常利益                                   316,823               173,802
     税金等調整前当期純利益                                   407,251                55,556
     当期純利益                                   298,947                1,384
     非支配株主に帰属する当期純利益                                    6,349               3,401
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        292,598               △2,016
     帰属する当期純損失(△)
         要約連結包括利益計算書

                                                     (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     当期純利益                                   298,947                1,384
                                        △61,317               △100,463
     その他の包括利益
     包括利益                                   237,629               △99,079
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  229,223               △97,814
      非支配株主に係る包括利益                                   8,406              △1,265
                                 24/188











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ③ 要約連結株主資本等変動計算書(日本基準)
         前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                       その他の包括利益

                株主資本                  新株予約権        非支配株主持分          純資産合計
                          累計額
     当期首残高             2,576,671         △199,928           3,452         54,198        2,434,393

     当期変動額             △24,929         △63,375           △177        △1,621         △90,103

     当期末残高             2,551,742         △263,303           3,275         52,576        2,344,290

         当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                       その他の包括利益

                株主資本                  新株予約権        非支配株主持分          純資産合計
                          累計額
     当期首残高             2,551,742         △263,303           3,275         52,576        2,344,290

     当期変動額             △101,814         △114,672           △150        △7,936        △224,572

     当期末残高             2,449,928         △377,975           3,125         44,640        2,119,718

      ④ 要約連結キャッシュ・フロー計算書(日本基準)

                                                     (単位:百万円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                   464,457               483,938
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △266,910               △157,772
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △198,601                 61,086
                                         2,456              △12,025
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         1,402              375,227
     現金及び現金同等物の期首残高                                   433,916               435,319
     現金及び現金同等物の期末残高                                   435,319               810,546
      ⑤ 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更(日本基準)

         前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
          (ASU第2014-09号「顧客との契約から生じる収益」の適用)
          米国会計基準を適用する在外連結子会社において、ASU第2014-09号「顧客との契約から生じる収益」
         (2014年5月28日。以下「ASU第2014-09号」という。)を、当連結会計年度より適用しております。
          ASU第2014-09号の適用により、約束した財又はサービスが顧客に移転された時点で、当該財又はサービス
         と交換に権利を得ると見込む対価を反映した金額で、収益を認識することが求められており、適用にあたって
         は遡及修正による累積的影響額を適用開始日時点で認識する方法に従っております。
          この結果、当連結会計年度の期首の流動負債の「その他」が17,210百万円増加、「未払費用」が19,980百万
         円減少、固定負債の「その他」が25,759百万円増加、「製品保証引当金」が25,759百万円減少、「利益剰余
         金」が229百万円増加しております。また、当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益
         に与える影響は軽微であります。
                                 25/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
          なお、当連結会計年度の1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純
         利益に与える影響は軽微であります。
          (IFRS第16号「リース」の適用)

          IFRSを適用する在外連結子会社において、IFRS第16号「リース」(2016年1月13日。以下、「IF
         RS第16号」という。)を、当連結会計年度より適用しております。
          IFRS第16号はリースの借手に、原則としてすべてのリースについて資産及び負債を認識すること等を要
         求しており、適用にあたっては遡及修正による累積的影響額を適用開始日時点で認識する方法に従っておりま
         す。
          この結果、当連結会計年度の期首の資産が49,606百万円増加、負債が51,605百万円増加、利益剰余金が1,998
         百万円減少しております。資産の増加は主として有形固定資産、負債の増加は主としてリース債務の増加によ
         るものです。また、当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響は軽微で
         あります。
          なお、当連結会計年度の1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純
         利益に与える影響は軽微であります。
          (未適用の会計基準等)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          なお、2020年度第1四半期連結会計期間からIFRSを任意適用するため、未適用の日本基準及び米国会計
         基準の記載を省略しております。
          (表示方法の変更)

           (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)を当連結会計年度
          の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示
          する方法に変更しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が55,973百万円減
          少し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が32,544百万円増加しております。また、「流動負債」の
          「繰延税金負債」が3,886百万円減少し、「固定負債」の「繰延税金負債」が19,542百万円減少しておりま
          す。
           なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が
          23,429百万円減少しております。
         当連結会    計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

          該当事項     はありません。
                                 26/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (4)   経営成績の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報
       IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表における
      これらに相当する項目との差異に関する事項は、以下のとおりであります。
        前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

         「第5経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 39.初度適用」に記載のとおり
        であります。
        当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

         (IFRS第16号「リース」の適用)
         日本基準では借手のリースについてファイナンス・リースとオペレーティング・リースに分類し、オペレー
        ティング・リースについては通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を行っておりましたが、IFRSで
        は原則としてすべての借手のリースについての使用権資産及びリース負債を計上しております。この影響によ
        り、IFRSでは日本基準に比べて使用権資産及びリース負債がそれぞれ217,439百万円及び228,218百万円増加
        しております。
         (のれんの償却)

         日本基準ではのれんを一定期間にわたり償却しておりましたが、IFRSではのれんの償却は行われず、毎期
        減損テストを実施することが要求されます。この影響により、IFRSでは日本基準に比べて販売費及び一般管
        理費が8,494百万円減少しております。
         (資本性金融商品に係る会計処理)

         日本基準では投資有価証券売却損益・投資有価証券評価損を純損益として認識しておりましたが、IFRSで
        は資本性金融商品をその他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産に指定し、その売却損益・評価損
        を純損益として認識しておりません。この影響により、IFRSでは日本基準に比べて、税引前当期利益が
        16,270百万円減少し、その他の包括利益が11,094百万円増加しております。
    4【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                 27/188








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    5【研究開発活動】
       当社グループは新たに掲げたビジョンの実現に向けて、コア事業であるタイヤ・ゴム事業を更に強化しながら、そ
      の強みを活かし、成長事業であるソリューション事業を拡大させてまいります。この事業の進化を支えていくのが、
      技術イノベーションです。技術イノベーションを軸に、研究開発活動に取り組み、当社グループが現物現場で長年
      培ってきた強い「リアル」に「デジタル」を組み合わせて、イノベーションを加速させ、断トツ商品や断トツソ
      リューションの開発につなげてまいります。
       コアとなるタイヤ・ゴム事業では、軽量化と運動性能を高次元で両立するタイヤ技術「ENLITEN(エンライトン)」を
      開発しました。省資源・低燃費化によるCO2排出量削減と、高い運動性能による安心・安全の向上を両立し、社会とお
      客様への貢献を目指しております。「ENLITEN」を搭載したタイヤは、電気自動車をはじめとする国内・海外メーカー
      の新車への装着も開始しております。建設・鉱山車両用タイヤについては、お客様ごとに異なる鉱山の現場やオペ
      レーションの計画に合わせて「カスタマイズ」することで、最適な性能を提供することが可能な断トツ商品
      「Bridgestone       MASTERCORE(ブリヂストン             マスターコア)」を開発しました。内製スチールコードをはじめとした素
      材、構造、製造技術を含む当社独自の新技術を結集、他の性能を犠牲にすることなく強靭な耐久性能を実現しており
      ます。
       成長事業であるソリューション事業においては、航空機ソリューションにおいて、日本航空株式会社と協働し、新
      たな価値の共創を開始しております。タイヤ摩耗予測技術を活用することにより、精度の高い計画的なタイヤ交換が
      可能となり、ホイール・タイヤ在庫の削減及び航空機整備作業を効率化することができるようになります。より安全
      なクルマ社会の実現に向けては、Microsoft                     Corporationと協働で、外傷によるタイヤトラブルを、走行中にリアルタ
      イムで検出できる世界初のモニタリングシステムを開発しました。更にトラック・バス事業者様向けには、タイヤの
      内圧を遠隔モニタリングするデジタルソリューションツール、「Tirematics(タイヤマティクス)」を国内でも提供開
      始しております。
       研究開発体制については、技術開発拠点である小平地区を再構築し、グローバルなイノベーション拠点として
      「Bridgestone       Innovation      Park(ブリヂストン         イノベーション        パーク)」を開設します。ここでは、社会・お客様・
      パートナーの皆様に共感いただくことから始め、共議・共研・共創へと関係を深めてまいります。これにより技術・
      ビジネスモデル・デザインのイノベーションを加速し、新たな社会価値と顧客価値を生み出していくことを目指して
      おります。2020年11月にはその最初の施設として、ブリヂストンの歴史や企業活動を紹介するギャラリー
      「Bridgestone       Innovation      Gallery(ブリヂストン           イノベーション        ギャラリー)」を一般オープンしました。また、
      イタリア・ローマや米国・オハイオ州アクロンにもイノベーション拠点を有しており、それぞれが強みを活かしてC
      oE(Center      of  Excellence)として機能し、イノベーションやソリューションの取り組みをリードしながら、グロー
      バルに連携しております。
       さらに、当社グループは、モビリティの進化を支え、持続可能な社会の実現に貢献するために、社内外の多様なス
      テークホルダーの皆様との価値の共創を推進しております。新たなモビリティでは、国立研究開発法人宇宙航空研究
      開発機構(JAXA)、トヨタ自動車株式会社と共に、国際宇宙探査ミッションへ参画し、月面での有人探査活動に必
      要なモビリティのタイヤ研究を開始しております。また、東京大学大学院新領域創成科学研究科、株式会社デン
      ソー、日本精工株式会社、ローム株式会社と共同で、「SDGsを実現するモビリティ技術のオープンイノベーショ
      ン」社会連携講座を設置しました。モビリティの電動化を支える技術の研究開発や、電動モビリティを省資源でより
      持続可能にする技術の研究開発、オープンイノベーションとして成果の一部を開放する仕組みの試行を目的としてお
      ります。当講座において、電気自動車の走行中のインホイールモータへのワイヤレス給電実用化に向けて、「ワイヤ
      レス給電対応タイヤ」の研究を推進しております。タイヤ原材料となる天然ゴム資源の持続的な安定供給に向けて
      は、株式会社電通国際情報サービスと共同で、AI画像診断を用いたパラゴムノキの高精度病害診断技術を開発し、
      ゴム農園の生産性向上に貢献しております。今後も当社独自のゴムに関する知見とデジタルを融合させ、様々なパー
      トナーと連携しながら技術イノベーションを加速し、価値を共創してまいります。
       なお、当期におけるグループ全体の研究開発費は                       952  億円であります。
      (注)   当社グループの研究開発活動には、特定のセグメントに紐づかないものがあり、またその成果はセグメント横断

         的に効果があるため、セグメント別の状況及び金額の記載を省略しております。
                                 28/188


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
    1【設備投資等の概要】
      当社グループは、COVID-19感染拡大に伴う危機対応として費用・投資の抜本的見直しを行っており、設備投資計画に
     おいても、将来成長に必要なリソースは投下しつつも、投資に対するリターンの最大化を念頭に投資対象を厳選しまし
     た。その考え方に基づき、当期は、「稼ぐ力の再構築」を見据えたプレミアム商品の販売構成拡大、コスト競争力の向
     上、物流拠点再編などへの投資に加え、技術イノベーション拠点としての「Bridgestone                                         Innovation      Park」建設への
     投資を実施し、設備投資の総額は、                2,719   億円となりました。
      セグメント別では、日本:              604  億円、米州:      1,028   億円、欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ:                        549  億円、中
     国・アジア・大洋州:          224  億円、その他:       314  億円となりました。
                                 29/188

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    2【主要な設備の状況】
     (1)   提出会社
                                                 (2020年12月31日現在)
                                      帳簿価額(百万円)
                    セグメン     設備の                               従業員数
        事業所名        所在地
                                 機械装置
                    トの名称     内容                               (人)
                             建物及び          土地        使用権資産
                                  及び         その他          合計
                             構築物        (面積千㎡)         (面積千㎡)
                                 運搬具
               福岡県                        1,043           72
     久留米工場               日本    生産設備     7,899    4,337          760        14,110      986
               久留米市
                                        (457)          (11)
               東京都                                   2
     東京ACタイヤ製造所               日本    生産設備
                              1,804    1,347      -    55        3,208     175
               小平市                                   (0)
               横浜市                         627        3,593
     横浜工場               日本    生産設備     10,309     2,197          625        17,351      551
               戸塚区                         (171)          (-)
               栃木県                        1,220         1,683
     那須工場               日本    生産設備     2,474    3,237          708        9,323     692
               那須塩原市
                                        (195)          (40)
               滋賀県                        1,166          591
     彦根工場               日本    生産設備     11,119    19,418          1,814         34,108     1,473
               彦根市                         (658)          (- )
               山口県                        4,106          107
     下関工場               日本    生産設備     5,584    4,676         1,357         15,830      734
               下関市
                                        (285)          (- )
               佐賀県                         948          16
     鳥栖工場               日本    生産設備
                              1,820    4,208          984        7,976     728
               鳥栖市                         (182)          (- )
               栃木県                        1,372         4,315
     栃木工場               日本    生産設備     4,543    4,288          762        15,280      831
               那須塩原市                         (151)         (444)
               熊本県                        1,690          384
     熊本工場               日本    生産設備     1,502    1,339          188        5,104     516
               玉名市
                                        (142)          (6)
               福岡県                         911          4
     甘木工場               日本    生産設備     2,356    4,554          372        8,198     826
               朝倉市                         (376)          (1)
               山口県                        1,515          825
     防府工場               日本    生産設備     6,250    4,613          789        13,992      914
               防府市
                                        (482)          (-)
               岐阜県                        2,709          576
     関工場               日本    生産設備
                              2,073    1,740          167        7,264     231
               関市
                                        (150)          (1)
               静岡県                        6,773           15
     磐田工場               日本    生産設備     4,635      63         113        11,601      323
               磐田市                         (173)          (-)
               佐賀県                        2,908           30
     佐賀工場               日本    生産設備     4,096    3,833          349        11,216      527
               三養基郡
                                        (236)          (-)
               北九州市                        4,703           33
     北九州工場               日本    生産設備
                              14,979     4,235         1,187         25,137      480
               若松区                         (374)          (-)
               東京都         その他の               2,000         2,524
     技術センター               全社         19,516     7,152         5,872         37,064     2,471
               小平市         設備
                                       (3,030)          (638)
               横浜市         その他の                         12
     化工品技術センター               日本
                              3,360    1,078      -    371        4,821     714
               戸塚区         設備
                                                 (-)
               東京都         その他の              26,198          8,871
     本社ほか               全社
                              13,750      138         875        49,832     1,686
               中央区ほか         設備
                                        (369)          (12)
                                 30/188








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (2)   国内子会社
                                                 (2020年12月31日現在)
                                      帳簿価額(百万円)
                                                        従業員数
                    セグメン     設備の
                                 機械装置
        会社名        所在地
                             建物及び          土地        使用権資産
                    トの名称     内容                               (人)
                                  及び         その他          合計
                             構築物
                                     (面積千㎡)         (面積千㎡)
                                 運搬具
     ブリヂストン          東京都         生産設備                140        1,295
                    日本           310    166          68        1,980     675
     化成品㈱          中央区ほか         ほか
                                        (14)         (16)
     ブリヂストン          東京都         生産設備               2,286         1,283
                    その他
                               967    204         179        4,918     295
     スポーツ㈱          港区ほか         ほか                (63)         (-)
     ブリヂストン
               埼玉県         生産設備               1,992         2,531
                    その他          2,893     552         389        8,356     687
     サイクル㈱          上尾市ほか         ほか               (155)          (-)
     (3)   在外子会社

       (米州)
                                                 (2020年12月31日現在)
                                      帳簿価額(百万円)
        会社名            セグメン     設備の                               従業員数
                所在地
                                 機械装置
       (事業所名)             トの名称     内容                               (人)
                             建物及び          土地        使用権資産
                                  及び         その他          合計
                             構築物        (面積千㎡)         (面積千㎡)
                                 運搬具
     BRIDGESTONE     AMERICAS
                                         -         101
     TIRE  OPERATIONS,     LLC
                米国    米州    生産設備     4,028    5,434          228        9,792    1,141
                                        (425)          (-)
     (DES  MOINES   PLANT)
     BRIDGESTONE     AMERICAS
                                         35         76
     TIRE  OPERATIONS,     LLC
                米国    米州    生産設備     2,643    8,530          206        11,489      959
                                        (550)          (-)
     (LA  VERGNE   PLANT)
     BRIDGESTONE     AMERICAS
                                         14         166
     TIRE  OPERATIONS,     LLC
                米国    米州    生産設備
                              9,576    24,092           658        34,506     1,791
                                       (1,803)           (-)
     (WILSON   PLANT)
     BRIDGESTONE     AMERICAS
                                        415          42
     TIRE  OPERATIONS,     LLC
                米国    米州    生産設備     7,387    11,619           213        19,676      991
                                       (3,662)           (-)
     (WARREN   PLANT)
     BRIDGESTONE     AMERICAS
                                        788         228
     TIRE  OPERATIONS,     LLC
                米国    米州    生産設備     14,676    17,972           735        34,399     1,525
                                       (2,353)           (-)
     (AIKEN   PLANT)
     BRIDGESTONE     AMERICAS
                                        248          32
     TIRE  OPERATIONS,     LLC
                米国    米州    生産設備     31,571    17,061           234        49,145      418
                                       (2,206)           (-)
     (AIKEN   OFF  ROAD  PLANT)
     BRIDGESTONE     CANADA
                                         6         54
     INC.           カナダ    米州    生産設備     4,811    14,483           669        20,023     1,490
                                        (552)          (-)
     (JOLIETTE    PLANT)
     BRIDGESTONE     DE MEXICO,
                                         10         71
     S.A.  DE C.V.
                メキシコ     米州    生産設備     2,077    6,173          952        9,283    1,310
                                        (127)          (-)
     (CUERNAVACA     PLANT)
     BRIDGESTONE     NEUMATICOS
     DE MONTERREY,     S.A.  DE
                                       1,147           4
                メキシコ     米州    生産設備     6,335    1,715           41        9,243     346
                                        (761)          (-)
     C.V.
     (MONTERREY     PLANT)
     BRIDGESTONE     DO BRASIL
     INDUSTRIA    E COMERCIO
                                         61         83
                ブラジル     米州    生産設備
                              2,515    8,539         1,161         12,360     3,770
                                        (408)          (-)
     LTDA.
     (SAO  PAULO   PLANT)
     BRIDGESTONE     DO BRASIL
     INDUSTRIA    E COMERCIO
                                         11          1
                ブラジル     米州    生産設備     3,751    3,745          365        7,873     612
                                       (1,000)           (-)
     LTDA.
     (BAHIA   PLANT)
     BRIDGESTONE     AMERICAS
                         その他の                179          61
     TIRE  OPERATIONS,     LLC
                米国    米州          4,556    2,987          231        8,013     492
                         設備              (26,247)           (-)
     (TECHNICAL     CENTER)
                                 31/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       (欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ)
                                                 (2020年12月31日現在)
                                      帳簿価額(百万円)
        会社名            セグメン     設備の                               従業員数
                所在地
                                 機械装置
                    トの名称     内容
       (事業所名)                     建物及び          土地        使用権資産          (人)
                                  及び         その他          合計
                             構築物
                                     (面積千㎡)         (面積千㎡)
                                 運搬具
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     POZNAN   SP.
                    シア・中
                                        161        1,124
     Z O.O.
               ポーランド     近東・イ    生産設備
                              12,223     9,147         2,156         24,811     1,986
                                        (35)         (300)
                    ンド・ア
     (POZNAN   PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     STARGARD
                    シア・中
                                        484         137
     SP.  Z O.O.
               ポーランド     近東・イ    生産設備     11,986     6,705          949        20,261      941
                                       (1,000)           (-)
                    ンド・ア
     (STARGARD    PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     FRANCE
                    シア・中
                                         -
     S.A.S.           フランス     近東・イ    生産設備      676     50         447     -   1,173     832
                                        (350)
                    ンド・ア
     (BETHUNE    PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     TATABANYA
                    シア・中
                                       1,155           64
     TERMELO   KFT.
               ハンガリー     近東・イ    生産設備     11,098    13,761          2,251         28,330     1,085
                                        (659)          (-)
                    ンド・ア
     (TATABANYA     PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     HISPANIA
                    シア・中
                                         8        250
     MANUFACTURING      S.L.U.
                スペイン     近東・イ    生産設備
                              2,107    6,555         1,316         10,235      863
                                        (150)          (-)
                    ンド・ア
     (BILBAO   PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     HISPANIA
                    シア・中
                                         -         610
     MANUFACTURING      S.L.U.
                スペイン     近東・イ    生産設備     2,981    9,753         1,412         14,756     1,422
                                        (301)          (-)
                    ンド・ア
     (BURGOS   PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     TIRE
                    シア・中
     MANUFACTURING      C.I.S.
                                         54        1,020
                ロシア    近東・イ    生産設備     4,642    4,393          355        10,464      749
                                        (801)          (-)
     LLC
                    ンド・ア
     (ULYANOVSK     PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     INDIA
                    シア・中
                                                2,696
     PRIVATE   LTD.
                インド    近東・イ    生産設備     5,979    8,609      -    340        17,625     1,259
                                                 (759)
                    ンド・ア
     (PUNE   PLANT)
                    フリカ
                    欧州・ロ
     BRIDGESTONE     EUROPE
                    シア・中
                         その他の                959         255
     NV/SA           イタリア     近東・イ
                              4,954    3,627          129        9,924     560
                         設備
                                       (1,749)           (-)
     (TECHNICAL     CENTER)           ンド・ア
                    フリカ
                                 32/188






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       (中国・アジア・大洋州)
                                                 (2020年12月31日現在)
                                      帳簿価額(百万円)
        会社名            セグメン     設備の                               従業員数
                所在地                 機械装置
       (事業所名)             トの名称     内容                               (人)
                             建物及び          土地        使用権資産
                                  及び         その他          合計
                             構築物        (面積千㎡)         (面積千㎡)
                                 運搬具
     普利司通(瀋陽)輪胎有限               中国・ア
                                                2,741
     公司           中国    ジア・大    生産設備     8,481     195     -    50        11,468      763
                                                 (395)
                    洋州
     (瀋陽工場)
     普利司通(天津)輪胎有限               中国・ア
                                                 625
     公司           中国    ジア・大    生産設備
                              5,253    14,358       -   1,644         21,881     1,481
                                                 (249)
     (天津工場)               洋州
     普利司通(無錫)輪胎有限               中国・ア
                                                 453
     公司           中国    ジア・大    生産設備
                              6,666    13,769       -   2,325         23,213     1,390
                                                 (286)
     (無錫工場)               洋州
     BRIDGESTONE     TIRE
                    中国・ア
     MANUFACTURING      VIETNAM
                                                4,114
                ベトナム     ジア・大    生産設備     8,602    4,301      -    353        17,369      922
                                                 (704)
     LLC
                    洋州
     (HAI  PHONG   PLANT)
     THAI  BRIDGESTONE     CO.,
                    中国・ア
                                         53
     LTD.           タイ    ジア・大    生産設備
                               630   1,293         1,753      -   3,728    1,588
                                        (178)
     (RANGSIT    PLANT)            洋州
     THAI  BRIDGESTONE     CO.,
                    中国・ア
                                       2,665
     LTD.           タイ    ジア・大    生産設備     6,216    2,280         4,148      -   15,308     2,530
                                       (1,215)
                    洋州
     (NONG   KHAE  PLANT)
     BRIDGESTONE     TIRE
                    中国・ア
     MANUFACTURING
                                       2,907          133
                タイ    ジア・大    生産設備     5,360    9,911         3,493         21,803     1,903
     (THAILAND)     CO.,  LTD.                            (611)          (-)
                    洋州
     (CHONBURI    PLANT)
     P.T.  BRIDGESTONE     TIRE
                    中国・ア
               インドネシ                         131          20
     INDONESIA               ジア・大    生産設備     1,004    1,302          320        2,777    1,485
                 ア                       (298)          (-)
     (BEKASI   PLANT)            洋州
     P.T.  BRIDGESTONE     TIRE
                    中国・ア
               インドネシ                         132          2
     INDONESIA               ジア・大    生産設備     1,741    2,976          808        5,658    1,606
                 ア
                                        (368)          (-)
                    洋州
     (KARAWANG    PLANT)
     BRIDGESTONE     SPECIALTY
                    中国・ア
                         生産設備               3,884           36
     TIRE  MANUFACTURING
                タイ    ジア・大
                              11,506     3,979          661        20,066      663
                         ほか               (822)          (-)
                    洋州
     (THAILAND)     CO.,  LTD.
     (注)1 金額は、帳簿価額によっており、建設仮勘定は除いております。

        2 当連結会計年度よりIFRSを適用しており、使用権資産の帳簿価額及びその土地の面積を記載する等、内容
          の見直しを行っております。
        3 提出会社のうち東京ACタイヤ製造所の土地は区画を分離していないため、技術センターに含めております。
        4 提出会社のうち技術センターの土地は、所管するテストコース用地(北海道士別市及び栃木県那須塩原市所在)
          の土地2,489千㎡及び使用権資産土地638千㎡を含んでおります。
        5 提出会社のうち化工品技術センターの土地は区画を分離していないため、横浜工場に含めております。
        6 BRIDGESTONE        AMERICAS     TIRE   OPERATIONS,      LLCのTECHNICAL        CENTERの土地は、テストコース用地の土地
          24,281千㎡を含んでおります。
        7   現在休止中の主要な設備はありません。
                                 33/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    3【設備の新設、除却等の計画】
      次期(2021年1月1日~2021年12月31日)における設備の新設、除却等の計画は次のとおりであります。
     (1)   新設等

        セグメントごとの内訳は以下のとおりであります。
                     設備投資計画金額

        セグメントの名称                                設備等の主な内容・目的
                       (百万円)
                                 「稼ぐ力の再構築」を見据えたプレミアム商品の販売
           日本              67,000
                                 構成拡大、コスト競争力の向上、物流拠点再編等
           米州              96,000                    同上

      欧州・ロシア・中近東

                        41,000                    同上
       ・インド・アフリカ
      中国・アジア・大洋州                  18,000                    同上

          その他              60,000                    同上

          合 計              282,000                     -

      (注)1 当社は、2021年より、ポートフォリオ経営の観点に基づき、新KPIとして「ROIC」を導入いたしま

          す。ROICに基づき各セグメントのパフォーマンスを評価する目的から、2021年以降セグメントの区分を
          変更いたします。これにより上記の表は次の変更内容を反映しております。
          ・スポーツ用品事業及び自転車事業について、「その他」から「日本」セグメントへ区分を変更しておりま
           す。
          ・特殊タイヤ事業、航空機用タイヤ事業及び一部の化工品事業について、子会社及び関連会社等の所在地別
           に「日本」「米州」「欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ」「中国・アジア・大洋州」の各セグメ
           ントに区分しておりましたが、「日本」セグメントへ統合しております。
        2 日本セグメントの設備投資計画金額には、他セグメント向けのタイヤを生産する日本のタイヤ工場における
          設備投資計画金額を含んでおります。
        3  設備投資計画の所要資金は、自己資金、借入金及びリースで充当する予定です。
        4 金額には、消費税等を含んでおりません。
     (2)   除却等

        「欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ」セグメントにおいてBRIDGESTONE                                      FRANCE    S.A.S.が保有するベ
       チューン工場の閉鎖について、関係者との協議が2021年2月に終結し、工場閉鎖に向けた計画が2021年3月に現地
       当局により承認されました。同工場は、従業員の配置転換や再就職支援の実行など必要なプロセスを経て、2021年
       4月末に閉鎖される予定です。
                                 34/188







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
    1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                         1,450,000,000

                 計                        1,450,000,000

      ②【発行済株式】

                 事業年度末現在            提出日現在

                                     上場金融商品取引所
                  発行数(株)           発行数(株)
         種類                            名又は登録認可金融               内容
                (2020年12月31日)           (2021年3月26日)          商品取引業協会名
                                     東京証券取引所

                                     名古屋証券取引所
                   713,698,221           713,698,221
        普通株式                             福岡証券取引所            単元株式数100株
                                     東京、名古屋は市場
                                     第一部に上場
                   713,698,221           713,698,221           -           -

         計
                                 35/188













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (2)【新株予約権等の状況】
      ①【ストックオプション制度の内容】
         a.当社は、会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づき、取締役及び取締役を兼務しない執行役員に
           新株予約権を付与しており、その内容は次のとおりであります。
        <2009年3月26日定時株主総会及び取締役会決議>
     決議年月日                            2009年3月26日
                                 当社取締役 9
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社取締役を兼務しない執行役員 20
                                 218  (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式         21,800    (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1

                                 2009年5月1日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2029年4月30日
                                 発行価格   1,265
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   633
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締役
                                  と執行役員のいずれか、又は双方の地位にある期間(退
                                  任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)は、
                                  新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2010年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2010年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 36/188


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        <2010年3月30日定時株主総会及び取締役会決議>
     決議年月日                            2010年3月30日
                                 当社取締役 8
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社取締役を兼務しない執行役員 25
                                 511  (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式         51,100    (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
                                 1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※
                                 2010年5月6日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2030年4月30日
                                 発行価格   1,401
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   701
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締役
                                  と執行役員のいずれか、又は双方の地位にある期間(退
                                  任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)は、
                                  新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2011年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2011年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 37/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        <2011年3月29日定時株主総会及び取締役会決議>
     決議年月日                            2011年3月29日
                                 当社取締役 9
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社取締役を兼務しない執行役員 36
                                 895  (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式  89,500          (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
                                 1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※
                                 2011年5月2日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2031年4月30日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   1,657
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   829
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締役
                                  と執行役員のいずれか、又は双方の地位にある期間(退
                                  任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)は、
                                  新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2012年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2012年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 38/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        <2012年3月27日定時株主総会及び取締役会決議>
     決議年月日                            2012年3月27日
                                 当社取締役 9
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社取締役を兼務しない執行役員 35
                                 1,387   [1,367]    (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式  138,700          [136,700]     (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1

                                 2012年5月1日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2032年4月30日
                                 発行価格   1,649
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   825
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締役
                                  と執行役員のいずれか、又は双方の地位にある期間(退
                                  任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)は、
                                  新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2013年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2013年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現
        在(2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載して
        おり、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 39/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
         b.当社は、会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づき、社外取締役を除く当社取締役及び当社取締
           役を兼務しない執行役員に対して新株予約権を付与しており、その内容は次のとおりであります。
        <2013年3月26日定時株主総会及び取締役会決議>
     決議年月日                            2013年3月26日
                                 社外取締役を除く当社取締役 4
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社取締役を兼務しない執行役員 36
                                 1,650   (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式  165,000          (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1

                                 2013年5月1日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2033年4月30日
                                 発行価格   3,314
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  1,657
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締役
                                  と執行役員のいずれか、又は双方の地位にある期間(退
                                  任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)は、
                                  新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2014年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2014年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 40/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        <2014年3月25日定時株主総会及び取締役会決議>
     決議年月日                            2014年3月25日
                                 社外取締役を除く当社取締役 4
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社取締役を兼務しない執行役員 46
                                 1,167   (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式  116,700          (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1

                                 2014年5月1日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2034年4月30日
                                 発行価格   3,154
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  1,577
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締役
                                  と執行役員のいずれか、又は双方の地位にある期間(退
                                  任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)は、
                                  新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2015年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2015年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 41/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        <2015年3月24日定時株主総会及び取締役会決議>
     決議年月日                            2015年3月24日
                                 社外取締役を除く当社取締役 3
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社取締役を兼務しない執行役員 48
                                 1,262   (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式  126,200          (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1

                                 2015年5月1日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2035年4月30日
                                 発行価格   4,100
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  2,050
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締役
                                  と執行役員のいずれか、又は双方の地位にある期間(退
                                  任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)は、
                                  新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2016年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2016年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 42/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
         c.当社は、会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づき、執行を兼務しない取締役を除く当社取締役
           及び取締役を兼務しない当社執行役、並びに執行役を兼務しない当社執行役員に対して新株予約権を付与し
           ており、その内容は次のとおりであります。
        <2016年4月21日取締役会決議>
     決議年月日                            2016年4月21日
                                 執行を兼務しない取締役を除く当社取締役 2
                                 取締役を兼務しない当社執行役 8
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 執行役を兼務しない当社執行役員 41
                                 1,794   (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 普通株式  179,400          (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1

                                 2016年5月7日~
     新株予約権の行使期間           ※
                                 2036年5月6日
                                 発行価格   2,885
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  1,443
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締
                                  役、執行役、又は執行役員の、いずれかの地位にある期
                                  間(退任日を含み、以下、「役員等在任期間」という。)
                                  は、新株予約権を行使することができないものとする。
                                 ・新株予約権者が2017年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2017年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、または、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
                                 43/188


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        <2017年4月27日取締役会決議>
     決議年月日                            2017年4月27日
                                 プランA 執行を兼務しない取締役を除く当社取締役 2
                                      取締役を兼務しない当社執行役 5
     付与対象者の区分及び人数(名)                                 執行役を兼務しない当社執行役員 45
                                 プランB 取締役を兼務しない当社執行役 1
                                      執行役を兼務しない当社執行役員 2
                                 プランA  1,885         (注)1
     新株予約権の数(個)※
                                 プランB           71  (注)1
                                 普通株式
                                 プランA 188,500         (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
                                 プランB        7,100   (注)2
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1
                                 プランA 2017年5月13日~
                                      2037年5月12日
     新株予約権の行使期間           ※
                                 プランB 2017年7月6日~
                                      2037年7月5日
                                 プランA 発行価格   3,578
                                      資本組入額  1,789
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
     価格及び資本組入額(円)※                            プランB 発行価格   3,672
                                      資本組入額  1,836
                                 ・新株予約権者は、上記の行使期間のうち、当社の取締
                                  役、執行役、または執行役員の、いずれかの地位にある
                                  期間(退任日を含み、以下、「役員等在任期間」とい
                                  う。)は、新株予約権を行使することができないものと
                                  する。
                                 ・新株予約権者が2018年2月末日までに役員等在任期間を
                                  満了した場合(死亡により満了した場合を含む。)には、
                                  当該新株予約権者(その承継人を含む。)は、割り当てを
     新株予約権の行使の条件            ※
                                  受けた新株予約権の個数に役員等在任期間の満了日から
                                  2018年3月31日までの期間に対応する月数(1ヶ月未満
                                  は切り捨てる。)を乗じた数を12で除した数の新株予約
                                  権(ただし、1個未満の新株予約権は、これを切り捨て
                                  る。)を行使することができないものとする。
                                 ・各新株予約権の一部行使はできないこととする。
                                 ・その他の権利行使の条件は、当社と新株予約権者との間
                                  で締結する新株予約権割当契約に定めるものとする。
                                 ・譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                  の承認を要することとする。              (注)3
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                         ※
                                             -
     ※ 当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)   1 各新株予約権の目的たる株式の数は、100株とする。
         2 割当日後、以下の事由が生じた場合は、付与株式数をそれぞれ調整する。
           (1)当社が株式分割(株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載について同じ。)又は株式併合を行う場
             合には、付与株式数を次の算式により調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式
             数に当該時点で行使され、又は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。
             調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割・併合の比率
             (調整後付与株式数は、1株未満の端数を切り捨てて算出するものとする。)
                                 44/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
           (2)当社が資本金の減少、合併又は会社分割を行う場合等、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事
             由が生じたときは、資本金の減少、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲で付与株式
             数を調整し、新株予約権の目的である株式の総数は、調整後付与株式数に当該時点で行使され、また
             は、当社が取得していない新株予約権の総数を乗じた数とする。この調整後付与株式数は、1株未満の
             端数を切り捨てて算出するものとする。
         3 その他の詳細は、募集事項及び当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約の定めるところに
           よる。
      ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
       2018年1月19日

                   △51,565        761,536          -     126,354          -     122,079
            (注)
       2020年1月21日

                   △47,838        713,698          -     126,354          -     122,079
            (注)
    (注) 自己株式の消却による減少であります。

     (5)【所有者別状況】

                                                 (2020年12月31日現在)
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
           政府及び
                                                      株式の状況
      区分                            外国法人等
                      金融商品      その他                 個人
           地方公共     金融機関                                  計
                                                       (株)
                      取引業者     の 法人                 その他
                                 個人以外      個人
            団体
     株主数
              -     286      52    1,086      907     179   121,207     123,717      -
     (人)
     所有株式数
              -  2,333,970      558,508    1,097,850     1,624,391        886  1,518,361     7,133,966       301,621
     (単元)
     所有株式数
              -    32.72      7.83     15.39     22.77      0.01     21.28     100.00      -
     の割合(%)
     (注)   1  自己株式9,563,508         株は「個人その他」に95,635単元、「単元未満株式の状況」に8株含めて記載しておりま
         す。なお、自己株式9,563,508株は全て2020年12月31日現在の実質的な所有株式であります。
        2  「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ16単
         元及び20株含まれております。
                                 45/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (6)【大株主の状況】
                                               (2020年12月31日現在)
                                              発行済株式(自己株式を

                                        所有株式数
                                              除く。)の総数に対する
         氏名又は名称                    住所
                                         (千株)
                                               所有株式数の割合(%)
                                          76,693            10.89

     公益財団法人石橋財団                東京都中央区京橋一丁目7番2号
     日本マスタートラスト信託銀行

                                          58,400             8.29
                     東京都港区浜松町二丁目11番3号
     株式会社(信託口)
     株式会社日本カストディ銀行(信
                                          25,704             3.65
                     東京都中央区晴海一丁目8番12号
     託口)
                                          21,720             3.08

     SMBC日興証券株式会社                東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                          21,000             2.98

     石橋 寬                東京都港区
                                          17,624             2.50

     日本生命保険相互会社                大阪府大阪市中央区今橋三丁目5番12号
                                          16,325             2.32

     株式会社永坂産業                東京都中央区京橋一丁目7番2号
                     東京都中央区日本橋茅場町一丁目2番10

                                          11,748             1.67
     日本証券金融株式会社
                     号
                                          10,915             1.55

     JPモルガン証券株式会社                東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
     株式会社日本カストディ銀行(信

                                           9,054            1.29
                     東京都中央区晴海一丁目8番12号
     託口4)
                              -            269,183             38.23

            計
     (注)   1 公益財団法人石橋財団は、美術の普及向上のための事業及び芸術、文化並びに教育に関する助成事業を
          行うことにより、社会の健全な発展に寄与することを目的として設立された公益財団法人であります。
        2 信託銀行各社の所有株式数には、信託業務に係る株式数が含まれております。
        3 当社は自己株式9,564千株を保有しておりますが、上記の表には記載しておりません。
        4  2020年12月7日        付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、三井住友トラスト・アセット
          マネジメント株式会社及びその共同保有者が2020年11月30日現在で以下の株式を保有している旨が記載
          されているものの、当社として2020年12月31日現在における実質所有状況の確認ができないため、上記
          の表は株主名簿に基づいて記載しております。
          なお、当該大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                               (2020年11月30日現在)
                                        保有株式数      発行済株式総数に対する
         氏名又は名称                    住所
                                         (千株)     保有株式数の割合(%)
     三井住友トラスト・アセットマ
                                          21,947             3.08
                     東京都港区芝公園一丁目1番1号
     ネジメント株式会社
     日興アセットマネジメント株式
                                          14,368             2.01
                     東京都港区赤坂九丁目7番1号
     会社
                              -             36,315             5.09

            計
                                 46/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (7)【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                               (2020年12月31日現在)
                        株式数(株)           議決権の数(個)
           区分                                       内容
                                -             -       -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -       -
     議決権制限株式(その他)                           -             -       -

                     (自己保有株式)
                                            -
                            9,563,500
                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                              -
                     (相互保有株式)
                                            -
                             10,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                      703,823,100              7,038,231           -
                     普通株式
                             301,621               -       -
     単元未満株式                普通株式
                           713,698,221                 -       -
     発行済株式総数
                                -         7,038,231           -
     総株主の議決権
     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の株式数には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,600株含まれてお
          ります。
        2 「完全議決権株式(その他)」及び「総株主の議決権」欄の議決権の数には、いずれも株式会社証券保管振替
          機構名義の株式に係る議決権が16個含まれております。
      ②【自己株式等】

                                               (2020年12月31日現在)
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                               所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
                     所有者の住所
         又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
                  東京都中央区京橋
                                9,563,500          -   9,563,500           1.34
     ㈱ブリヂストン
                  三丁目1番1号
     ブリヂストンタイヤ
                  長野県松本市小屋南
                                 10,000        -    10,000          0.00
     長野販売㈱
                  二丁目18番20号
                        -        9,573,500          -   9,573,500           1.34
           計
                                 47/188









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    2【自己株式の取得等の状況】
     【株式の種類等】会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
     (1)【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
     (2)【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
     (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     842           3,053,386
      当期間における取得自己株式                                     300           1,225,630

    (注) 当期間における取得自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株主の買取請求によ
        り取得した株式は含めておりません。
     (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                           株式数(株)      処分価額の総額(円)          株式数(株)      処分価額の総額(円)
                                -          -      -          -

      引き受ける者の募集を行った取得自己株式
                                                -          -

      消却の処分を行った取得自己株式                      47,838,200        193,363,917,928
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                -          -      -          -
      移転を行った取得自己株式
      その他
      (ストック・オプション行使によるもの)                        77,300        312,449,279         2,000        8,084,020

                                                -          -
      (単元未満株主の売渡請求による売り渡し)                          88        355,699
                                      -                -

      保有自己株式数                      9,563,508                9,561,808
    (注) 当期間における取得自己株式の処理状況及び保有状況には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までのス
        トック・オプション行使によるもの及び単元未満株主の売渡請求に基づく売り渡しによる株式は含めておりませ
        ん。
                                 48/188









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    3【配当政策】
        当社は経営にあたり株主の皆様の利益を重要な課題として位置付けており、今後の事業展開に備えた経営基盤の強
      化をはかりつつ、業績の向上に努めることを基本方針としております。利益配分につきましては、主にコア事業にお
      ける稼ぐ力の再構築、成長事業であるソリューション事業拡大のための戦略的成長投資に必要な内部留保を確保しつ
      つ、適正な財務体質の維持と株主還元を図ってまいります。配当につきましては、当該期の業績、財政状態に加え、
      中期的な利益見通し、投資計画、キャッシュ・フロー等を総合的に勘案して、連結配当性向40%を目安に、持続的な
      企業価値向上を通じて、安定的且つ継続的な配当額の向上に努めることで、株主の皆様のご期待におこたえしてまい
      りたいと考えております。
        当社の剰余金の配当は、中間配当と期末配当の年2回とし、期末配当は定時株主総会の決議事項、中間配当は取締
      役会の決議事項としております。なお、取締役会の決議により、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うこと
      ができる旨を定款に定めております。
        第102期の配当は、以上の方針に基づき、中間配当は1株につき50円、期末配当は1株につき60円とし、年間配当
      は1株につき110円としております。
        内部留保資金につきましては、国内外の生産・販売体制の整備・強化、研究開発活動等に充当し、長期安定的な経
      営基盤の強化に努めてまいります。
        なお、当期に係る剰余金の配当は以下のとおりです。
                          配当金の総額(百万円)                  1株当たり配当額(円)
           決議年月日
          2020年8月7日
                                      35,206                    50
           取締役会決議
          2021年3月26日
                                      42,248                    60
          定時株主総会決議
                                 49/188












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①   コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方及びその施策の実施状況
      イ.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       当社は、企業理念に掲げた使命である「最高の品質で社会に貢献」を具現化するため、コーポレート・ガバナンス
      の充実を経営の最重要課題の一つと認識し、経営の質の向上と意思決定の透明化を図ることは絶対的に不可欠である
      と考え、その強化に継続的に取り組んでおります。
       その考え方の下、「職務権限規程」によって定められた責任及び権限並びに「方針管理規程」に従って、公正かつ
      透明な意思決定及び経営方針の展開や伝達を行うことで、経営執行組織全体の行動を統治しております。
      ロ.コーポレート・ガバナンス体制の概要

       当社は、2016年3月に指名委員会等設置会社へ移行いたしましたが、その後も継続的にコーポレート・ガバナンス
      体制の強化を図ってきております。その一環として、当社は、2021年3月26日開催の株主総会において定款変更を行
      い、取締役会長の制度を廃止し、株主総会の議長および取締役会の議長をそれぞれの役割に応じて選定する制度へ変
      更いたしました。
       この変更により、株主総会の議長については、株主に対して当社経営についての説明を引き続き充実させる観点よ
      り、代表執行役の中から取締役会において選定することとし、取締役会の議長については、執行監督機能をより高め
      る観点より、社外取締役を含む取締役の中から取締役会において選定することといたしました。
       また、株主総会および取締役会を招集する者についても取締役会において選定することを定款に明記いたしまし
      た。
       2021年3月26日開催の上記株主総会においては、社外取締役8名(男性6名・女性2名)を含む取締役12名(男性10
      名・女性2名)を選任いたしました。また、上記定款の定めに従い、取締役会の決議により、株主総会の議長および
      取締役会の議長並びにそれぞれの会議体を招集する者を選定しております。
       また、当社は、定款、取締役会規程及び職務権限規程において、取締役会として決議すべき経営の基本方針及び重
      要な業務執行等の決定に関する事項を定めており、これらについて、取締役会において慎重な審議の上、意思決定を
      行っております。
       そして、指名委員会、監査委員会、報酬委員会の適切かつ積極的な職務執行により、取締役会による執行役及び取
      締役の監督と合わせて、コーポレート・ガバナンスが機能する体制を整備・維持しております。指名委員会は、社外
      取締役3名を委員として構成し、公正かつ透明性のある取締役の選・解任の基準・方針を定め、適切な候補選定を行
      うとともに、代表執行役について、公正かつ透明性のある継承プランの下、適切な選・解任案を取締役会に付議しま
      す。監査委員会は、社外取締役5名及び社内非執行取締役2名の計7名を委員として構成し、執行役及び取締役の職
      務の執行に対する監査等を行っております。なお、監査委員会にて社内非執行取締役2名を常勤の監査委員に選定し
      ております。報酬委員会は、社外取締役3名を委員として構成し、取締役及び執行役の報酬等の内容について審議を
      行っております。
       さらに、当社は、企業統治の透明性をより高めるため、取締役会の諮問機関として、ガバナンス委員会及びコンプ
      ライアンス委員会を設置しております。これらの取締役会諮問委員会においては、ガバナンス体制及び関連事項並び
      に今後のコンプライアンス活動全般を審議対象とし、取締役会に答申することとしております。これらの取締役会諮
      問委員会は、各々社外取締役8名全員を委員として構成し、オブザーバーとして社内非執行取締役の監査委員が参加
      することとしております。
                                 50/188






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       取締役会・各委員会の構成は次のとおりです。
                                                       コンプラ
                                 指名      報酬      監査    ガバナンス
          氏名          役職名       取締役会                            イアンス
                                 委員会      委員会      委員会      委員会
                                                       委員会
                    取締役
                            ○      -      -      -      -      -
        石橋 秀一
                  (社内執行)*
                    取締役
                            ○      -      -      -      -      -
         東 正浩
                   (社内執行)
     デイヴィス・スコット
                            ◎      ○      ○      -      ◎      ○
                   社外取締役
     (Scott    Trevor    Davis)
                            ○      ○      ◎      -      ○      ○
         翁 百合          社外取締役
                            ○      ◎      ○      -      ○      ◎
        増田 健一           社外取締役
                            ○      -      -      ◎      ○      ○
        山本 謙三           社外取締役
                            ○      -      -      ○      ○      ○
        照井 惠光           社外取締役
                            ○      -      -      ○      ○      ○
        佐々 誠一           社外取締役
                            ○      -      -      ○      ○      ○
        柴 洋二郎           社外取締役
                            ○      -      -      ○      ○      ○
        鈴木 洋子           社外取締役
                    取締役
                            ○      -      -      ○      -      -
         原 秀男
                  (社内非執行)
                    取締役
                            ○      -      -      ○      -      -
        吉見 剛志
                  (社内非執行)
                                                  2021年3月26日現在
       (注)   〇は構成員、◎は機関の長(取締役会議長又は委員長)をそれぞれ示しています。
          *は株主総会議長を示しています。
                                 51/188











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       2021年3月26日現在の取締役の当事業年度(2020年1月1日~2020年12月31日)における取締役会及び法定委員会へ
      の出席状況は次のとおりです。
                                 指名          報酬          監査
           氏名           取締役会
                                 委員会          委員会          委員会
                      11/11回
                                  -          -          -
         石橋 秀一
                      (100%)
      デイヴィス・スコット                15/15回          23/23回          15/15回
                                                      -
      (Scott    Trevor    Davis)        (100%)          (100  % )       (100%)
                      15/15回          23/23回          15/15回
                                                      -
          翁 百合
                      (100%)          (100%)          (100%)
                      15/15回          23/23回          15/15回
                                                      -
         増田 健一
                      (100  % )       (100%)          (100%)
                      15/15回                               14/14回
                                  -          -
         山本 謙三
                      (100%)                               (100  % )
                      15/15回                               14/14回
                                  -          -
         照井 惠光
                      (100%)                               (100  % )
                      15/15回                               14/14回
                                  -          -
         佐々 誠一
                      (100%)                               (100  % )
                      15/15回                               14/14回
                                  -          -
         柴 洋二郎
                      (100%)                               (100  % )
                      15/15回                               14/14回
                                  -          -
         鈴木 洋子
                      (100%)                               (100  % )
                      11/11回                               10/10回
                                  -          -
          原 秀男
                      (100%)                               (100  % )
                      15/15回                               14/14回
                                  -          -
         吉見 剛志
                      (100%)                               (100  % )
       (注)   1 石橋秀一は、2020年3月24日開催の第101回定時株主総会において新たに取締役に選任されたため、出席
            対象回数が他の取締役と異なります。
          2 原秀男は、2020年3月24日開催の第101回定時株主総会において新たに取締役に選任され、また同日監査
            委員に就任したため、出席対象回数が他の取締役と異なります。
       執行部門については、2名の代表執行役がGlobal                          CEO、Global           COOとして当社グループの業務

      執行統括の役割を担っており、これら2名を含む執行役4名が、取締役会から委任を受けた業務の執行を決定しその
      実行責任を担うとともに、一体として経営の任に当たる体制を採っております。また、国内外のグループ会社及び社
      内カンパニーが構成するSBU(戦略的事業ユニット)においては、それぞれの事業体の責任者としてCEO、CO
      Oを置き互いにチェックし合う体制を基本としております。そして、これらの当社執行役及び主要事業体の責任者を
      構成メンバーとするGlobal             Executive     Committee(以下Global           EXCO)を当社グループにおける最上位の経営執行会
      議体として設置し、グローバルな視点から経営戦略や気候変動等のサステナビリティを含む経営課題について議論、
      審議することにより、当社グループとしてのチェック&バランス機能の強化、意思決定プロセスでの透明性の向上を
      図っております。
       また、執行部門の職務執行状況については、執行部門内における代表執行役への報告体制を整備するとともに、定
      期的にかつ遅滞なく取締役会へ報告しており、取締役会における審議の充実と、監督機能の実効性確保を図っており
      ます。
                                 52/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       Global    EXCOメンバーは次のとおりです。
            氏名                           役職名
                      Global       EXCO     Chair
           石橋 秀一            取締役
                      代表執行役      Global       CEO
                      取締役
                      代表執行役      Global       COO
           東 正浩
                      兼 Global         CAO 兼 BSJP           CEO
                      執行役    副社長
         パオロ・フェラーリ
         (Paolo    Ferrari)
                      BSAM     CEO 兼 COO
                      執行役    専務
           坂野 真人
                      Global       CTO
                      常務役員
                      Secretary          General        of   Global       EXCO
         トーマス・ヒギンス
         (Thomas    Higgins)         Global       CDSO 兼 Global              CBSO
                      兼 Global         CSTO
                      常務役員
           草野 智弘
                      G-MICAAソリューション事業管掌
         スコット・デイモン              常務役員
          (Scott    Damon)         BSAM     Group      President
        ガブリエル・アスブン              常務役員
         (Gabriel     Asbun)        BSAM     Group      President
         ローラン・ダルトー              常務役員
         (Laurent     Dartoux)         BSEMIA       CEO
                      常務役員
           志田 義一
                      BSCAP      CEO
        エミリオ・ティベリオ              BSEMIA       COO
         (Emilio    Tiberio)
                                                  2021年3月26日現在
    (注)   略称の意味は、次のとおりです。
       CAO:Chief       Administrative        Officer    CTO:Chief               Technical     Officer
       CSTO:Chief        Sustainability        Officer   CDSO:Chief               Digital    Strategic     Officer
       CBSO:Chief        Business     Strategic     Officer
                                 53/188









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要図は次のとおりです。
                                                  2021年3月26日現在







      ハ.内部統制システムの整備の状況

       当社取締役会は、会社法第416条第1項第1号ロ及びホの定めにより求められる内部統制システムの整備について、
      2021年1月29日開催の取締役会において、次の通りその方針を決議しました。
        1.当社の内部統制システム整備に関する基本的な考え方
           当社は、企業理念の「使命」として掲げる「最高の品質で社会に貢献」の下で、経営の最終目標である
          「真のグローバル企業」「業界において全てに『断トツ』」を目指す経営改革に引き続き取り組んでいく。
           その一環として、監督と執行の分離、取締役会による執行の監督、及び執行による適切かつ効率的な業務
          執行の実現を基本的な考え方として維持し、今後更なる内部統制システムの整備を進めていく。
           以上のような認識の下、当社取締役会は、本内部統制システム整備方針を定める。
           当社取締役会は、本内部統制システム整備方針に基づき、「内部統制のより一層の充実」と「執行の更な
          るスピードアップ」を共に実現し、経営と執行の効率と効果の両面で「更に上」を目指すべく、本方針に
          従った内部統制システムを整備することを代表執行役に委任し、その遂行を監督する。
                                 54/188








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        2.監査委員会の職務の執行のために必要な事項
          (1)監査委員会の職務を補助するために、監査担当の専任統括部門長を選任し、その指揮下に監査委員会の
            補助専任部署を設置する。
            監査担当の専任統括部門長の選任・交代について、監査委員会との事前協議及び同意を経た上で決定す
            る。なお、監査委員会からの交代の要請があった場合も同様とする。
            監査担当の専任統括部門長の評価について、監査委員会による評価を踏まえて決定する。
          (2)監査委員会が定めた者に対し、監査委員会が定めた事項を、監査委員会へ定期的に又は遅滞なく報告さ
            せる。
            監査委員会に報告した当社の取締役、執行役、常務役員及び従業員並びに子会社の取締役、監査役、執
            行役員及び従業員に対して、当該報告を行ったことを理由として不利益な取り扱いが行われることを禁
            止する。
          (3)監査委員会の職務の執行について生じる費用等を全額支弁する。
          (4)監査委員会の監査が実効的に行われることを確保するため、監査委員が当社の重要な意思決定の過程及
            び業務の執行状況を把握するための機会を確保する。
        3.執行役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他当社の業務並びに当社及び
          子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要な事項
          (1)執行役の職務の執行に係る情報を遅滞なく文書化し、適正に保存管理するとともに、重要な職務執行に
            関する情報については取締役会に遅滞なく報告する。
          (2)損失の危険の管理のため、リスク管理体制を整備する。
          (3)執行役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため、取締役会から代表執行役への適切な権限
            委譲の下、方針の管理と執行内における適切な職務権限の再配分を行う。
          (4)執行役、常務役員及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するため、コンプライ
            アンス体制、報告体制、反社会的勢力排除に関する体制、及び金融商品取引法第24条の4の4「財務計
            算に関する書類その他の情報の適正性を確保するための体制の評価」(いわゆるJ-SOX法)に基づく
            J-SOX体制を整備する。
          (5)子会社における業務の適正を確保するため、グローバルでの方針の共有と適切な職務権限の再配分、子
            会社における業務執行状況の当社への報告体制の整備、及びグローバルでの監査を実施する。
            子会社のリスク管理体制、コンプライアンス体制、反社会的勢力排除に関する体制、及びJ-SOX体
            制を整備する。
      ② 責任限定契約の内容の概要

        当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)との間で、会社法第427条第1項の規定に基づく当社定款第
       25条第2項の定めにより、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基
       づく賠償責任限度額は、10百万円又は会社法第425条第1項に定める最低責任限度額のいずれか高い金額でありま
       す。
      ③ 取締役の定数

        当社の取締役の定数は15名以内とする旨定款に定めております。
      ④ 取締役の選任の要件

        当社は、取締役の選任決議について、総株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半
       数によって決する旨定款に定めております。
                                 55/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
        当社は、以下について株主総会の決議によらず、取締役会で決議することができる旨定款に定めております。
        1  自己株式を買い受けることができる旨

          (機動的な対応を可能とするため)
        2  取締役の責任を免除することができる旨
          (職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため)
        3  執行役の責任を免除することができる旨
          (職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため)
        4  中間配当をすることができる旨
          (株主への安定的な利益還元を行うため)
        なお、指名委員会等設置会社移行前に監査役であった者の責任を免除することができる旨を定款の附則で定めて

       おります。
      ⑥ 株主総会の特別決議要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件
       について、総株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上に当たる多数によっ
       て決する旨定款に定めております。
                                 56/188













                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (2)【役員の状況】
     ① 役員一覧
     男性  12 名 女性    2 名 (役員のうち女性の比率             14.3  %)
     (1)取締役の状況
                                                       所有株式数
          役職名           氏名      生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 1977年4月 当社入社
                                 2003年6月 当社消費財タイヤ事業本部長
                                 2005年1月 当社執行役員
                                 2012年7月 当社常務執行役員
                                 2014年1月 当社専務執行役員
     取締役              石  橋  秀  一  1954年1月19日      生                      注2   10,600
                                 2016年1月 当社副社長
                                 2016年3月 当社執行役          副社長
                                 2019年1月 当社代表執行役            副会長
                                 2020年3月 当社取締役 代表執行役
                                       Global           CEO(現)
                                 1985年4月 当社入社
                                 2013年1月 当社グローバル顧客・市場調査室長
                                       兼 新事業企画本部長
                                 2013年10月 当社執行役員
                                 2017年3月 当社常務執行役員
     取締役              東   正   浩  1961年2月11日      生                      注2    7,500
                                 2019年1月 当社執行役          専務
                                 2020年1月 当社代表執行役            副会長
                                 2020年7月 当社代表執行役            Global      COO
                                       兼 Global            CAO(現)
                                 1990年4月 特殊法人日本労働研究機構
                                       (現独立行政法人労働政策研究・
                   デイヴィス・
                                       研修機構)専任研究員
                   スコット
     取締役
                                 2001年4月 麗澤大学国際経済学部
                          1960年12月26日      生                      注2     -
                                       国際経営学科 教授
                   (Scott   Trevor
     注1
                                 2006年4月 立教大学経営学部
                    Davis)
                                       国際経営学科 教授(現)
                                 2011年3月 当社社外取締役(現)
                                 1984年4月 日本銀行入行
                                 1992年4月 株式会社日本総合研究所入社
                                 1994年4月 同      主任研究員
                                 2000年4月 同      主席研究員
     取締役
                   翁   百   合  1960年3月25日      生  2006年6月 同      理事              注2     -
     注1
                                 2014年3月 当社社外取締役(現)
                                 2014年6月 株式会社日本総合研究所
                                       副理事長
                                 2018年4月 同      理事長(現)
                                 1988年4月 弁護士(現)
                                 1997年1月 アンダーソン・毛利法律事務所
                                       (現アンダーソン・毛利・友常法律
     取締役
                                       事務所外国法共同事業)
                   増  田  健  一  1963年1月11日      生                      注2     -
     注1
                                       パートナー(現)
                                 2011年3月 当社社外監査役
                                 2016年3月 当社社外取締役(現)
                                 57/188







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数

          役職名           氏名      生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 1976年4月 日本銀行入行
                                 2003年12月 同      米州統括役
                                       兼 ニューヨーク事務所長
                                 2005年7月 同      決済機構局長
                                 2006年7月 同      金融機構局長
     取締役
                   山  本  謙  三  1954年1月21日      生
                                                     注2    1,900
                                 2008年5月 同      理事
     注1
                                 2012年6月 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経
                                      営研究所 取締役会長
                                 2016年3月 当社社外取締役(現)
                                 2018年6月 オフィス金融経済イニシアティブ
                                       代表(現)
                                 1979年4月 通商産業省(現経済産業省)入省
                                 2008年7月 同      大臣官房技術総括審議官
                                 2011年1月 同      関東経済産業局長
                                 2012年4月 同      地域経済産業審議官
                                 2013年8月 特定非営利活動法人テレメータリング
                                      推進協議会 理事長(現)
     取締役
                   照  井  惠  光  1953年7月27日      生
                                                     注2    4,600
                                 2013年10月 一般財団法人化学物質評価研究機構 
     注1
                                      主席研究員
                                 2016年3月 当社社外取締役(現)
                                 2016年6月 一般財団法人化学物質評価研究機構
                                       理事
                                 2020年6月 一般財団法人化学研究評価機構
                                       専務理事(現)
                                 1976年4月 株式会社第一勧業銀行
                                       (現株式会社みずほ銀行)入行
     取締役
                                       (1978年6月退職)
                   佐  々  誠  一  1953年10月12日      生                      注2    4,700
                                 1983年3月 公認会計士(現)
     注1
                                 2008年6月 有限責任あずさ監査法人 専務理事
                                 2016年3月 当社社外取締役(現)
                                 1974年4月 株式会社日本興業銀行
                                       (現株式会社みずほ銀行)入行
                                 2003年3月 株式会社みずほ銀行 常務執行役員
                                 2005年5月 株式会社オリエンタルランド
                                       常務執行役員
                                 2007年6月 同      取締役 専務執行役員
                                 2009年4月 同      代表取締役 副社長執行役員
     取締役
                                 2013年6月 株式会社アミューズ 社外取締役
                   柴  洋  二 郎  1950年8月7日      生                      注2     -
     注1
                                 2015年6月 同      取締役副会長
                                 2017年6月 同      取締役 副会長執行役員
                                 2018年3月 当社社外取締役(現)
                                 2019年4月 株式会社アミューズ 代表取締役
                                       社長執行役員
                                 2019年6月 同      取締役 副会長執行役員
                                 2020年6月 同      特別顧問(現)
                                 1998年4月 弁護士(現)
                                 1998年4月 髙城合同法律事務所入所
     取締役
                   鈴  木  洋  子  1970年9月21日      生  2002年11月 鈴木総合法律事務所                    注2    1,400
     注1
                                       パートナー(現)
                                 2018年3月 当社社外取締役(現)
                                 1977年4月 当社入社
                                 2001年1月 BRIDGESTONE/FIRESTONE              INC.(現
                                       BRIDGESTONE          AMERICAS,    INC.)(米国)
                                       派遣
                                 2006年3月 当社執行役員
                                       BRIDGESTONE          AMERICAS    HOLDING,    INC.
                                       (現BRIDGESTONE            AMERICAS,    INC.)
     取締役              原   秀   男  1951年12月13日      生                      注2    6,900
                                       (米国)派遣
                                 2006年10月 当社執行役員 直需タイヤ販売担当
                                       兼 モータースポーツ担当
                                 2010年3月 BRIDGESTONE          AMERICAS,    INC.(米国)
                                       派遣
                                 2015年3月 当社フェロー(技術広報担当)
                                 2020年3月 当社取締役(現)
                                 58/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数

          役職名           氏名      生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 1988年4月 当社入社
                                 2010年1月 BRIDGESTONE          ASIA  PACIFIC
                                       PTE.LTD.(シンガポール)派遣
                                 2012年9月 普利司通(中国)投資有限公司(上海)
     取締役              吉  見  剛  志  1964年5月26日      生
                                                     注2    1,600
                                       派遣
                                 2013年10月 当社財務本部長
                                 2017年3月 当社執行役員
                                 2019年3月 当社取締役(現)
                             計
                                                         39,200
    (注)   1 取締役のうちデイヴィス・スコット(Scott                      Trevor    Davis)、翁百合、増田健一、山本謙三、照井惠光、佐々誠

         一、柴洋二郎及び鈴木洋子は、社外取締役であります。
       2 取締役の任期は、2021年3月26日開催の定時株主総会における選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終
         のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
       3 当社は指名委員会等設置会社であります。委員会の体制は、「4(1)コーポレート・ガバナンスの概要」に記
         載のとおりであります。
                                 59/188















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (2)執行役の状況
                                                       所有株式数
          役職名           氏名      生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  1977年4月 当社入社
                                  2003年6月 当社消費財タイヤ事業本部長
                                  2005年1月 当社執行役員
                                  2012年7月 当社常務執行役員
                                  2014年1月 当社専務執行役員
     代表執行役     Global      CEO
                   石  橋  秀  一  1954年1月19日      生                     注1   10,600
                                  2016年1月 当社副社長
                                  2016年3月 当社執行役          副社長
                                  2019年1月 当社代表執行役            副会長
                                  2020年3月 当社取締役 代表執行役
                                        Global           CEO(現)
                                  1985年4月 当社入社
                                  2013年1月 当社グローバル顧客・市場調査室長
                                        兼 新事業企画本部長
     代表執行役     Global      COO
                                  2013年10月 当社執行役員
     兼 Global       CAO
                                  2017年3月 当社常務執行役員
                   東   正   浩  1961年2月11日      生
                                                     注1    7,500
     兼 BSJP分掌 
                                  2019年1月 当社執行役          専務
     BSJP    CEO
                                  2020年1月 当社代表執行役            副会長
     兼 日本タイヤ事業管掌
                                  2020年7月 当社代表執行役
                                        Global           COO
                                        兼 Global            CAO(現)
                                  2016年9月 BRIDGESTONE          EUROPE   NV/SA入社
     執行役   副社長 
                                        取締役
                   パオロ・
     BSAM分掌
                                        兼 CEO
                   フェラーリ
                                        兼 プレジデント
     BSAM    Member   of the  Board            1970年4月10日      生                     注1     -
                   (Paolo
                                  2017年1月 当社常務執行役員
     兼 CEO 兼 プレジデント 
                   Ferrari)
                                  2018年1月 当社執行役          専務
     兼 COO
                                  2019年1月 当社執行役          副社長(現)
                                  1986年4月 当社入社
     執行役   専務 
                                  2016年7月 当社タイヤ開発第3本部長
                                  2017年1月 当社執行役員
     技術・品質経営分掌・
                   坂  野  真  人  1963年9月18日      生                     注1    3,500
                                  2018年1月 当社常務執行役員
     Global      CTO
                                  2019年1月 当社執行役          専務(現)
                             計
                                                         21,600
    (注)   1 執行役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結後最初に招
         集される取締役会の終結の時までであります。
       2 略称の意味は、次のとおりであります。
         CAO:Chief         Administrative        Officer  CTO:Chief             Technical     Officer
                                 60/188









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     ② 社外役員の状況
       当社は、8名の社外取締役を選任しております(2021年3月26日時点)。
       当社は、社外取締役が取締役会における議案の審議等について、異なるバックグラウンドや専門領域をベースとし
      た高い見識と豊富な経験をもとに、独自の意見を提言することで、取締役会の適正な意思決定の確保やコーポレー
      ト・ガバナンスの強化に貢献することができるものと考えております。
       当社の社外取締役については、適正な取締役会構成を確保するため、当社指名委員会にて定めた「取締役指名方
      針」(末尾に記載の通り)に従い、同委員会における厳正な選定手続きを経て決定されており、選任理由は以下のとお
      りです。
           氏名             主な職業                    選任の理由

      デイヴィス・スコット           立教大学経営学部国際経営学科 教授                  社会学・国際経営学に関する高い学術知識や国内外
      (Scott    Trevor    Davis)                      におけるCSR、サステナビリティに関する豊富な
                                   見識を有しております。2011年以降は当社社外取締
                                   役として取締役会の適正な意思決定の確保に貢献し
                                   ております。更に、指名委員長およびガバナンス委
                                   員長として審議の充実等に主導的な役割を果たすと
                                   共に、報酬委員として活発な審議に参画しておりま
                                   す。これまでの経験、知見および職務実績を踏ま
                                   え、引き続き社外取締役として職務を適切に遂行い
                                   ただけるものと判断いたします。
      翁 百合
                  株式会社日本総合研究所 理事長                  金融システムおよび金融行政に関する豊富な研究経
                                   験や経済および金融情勢に関する高い見識を有して
                                   おります。2014年以降は当社社外取締役として取締
                                   役会の適正な意思決定の確保に貢献しております。
                                   2016年以降は、更に報酬委員長として審議の充実等
                                   に主導的な役割を果たすと共に、指名委員として活
                                   発な審議に参画しております。これまでの経験、知
                                   見および職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役と
                                   して適任であると判断いたします。
      増田 健一           弁護士(アンダーソン・毛利・友常法                  国内外の法律事務所において弁護士としての豊富な
                  律事務所外国法共同事業 パート                  実務経験、法科大学院教育で会社法を担当するなど
                  ナー)                  の専門性を有しております。2011年以降は当社社外
                                   監査役として当社グループの監査全般に携わってま
                                   いりました。2016年以降は、当社社外取締役として
                                   取締役会の適正な意思決定の確保に貢献しておりま
                                   す。更に指名委員、報酬委員として活発な審議に参
                                   画すると共に、コンプライアンス委員長として審議
                                   の充実等に主導的な役割を果たしております。これ
                                   までの経験、知見および職務実績を踏まえ、引き続
                                   き社外取締役として職務を適切に遂行いただけるも
                                   のと判断いたします。
      山本 謙三           オフィス金融経済イニシアティブ 代                  金融市場・金融システムに関する豊富な知識、企業
                  表                  経営およびリスク管理に関する高い見識を有してお
                                   ります。2016年以降は当社社外取締役として取締役
                                   会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査
                                   委員長として審議の充実等に主導的な役割を果たし
                                   ております。これまでの経験、知見および職務実績
                                   を踏まえ、引き続き社外取締役として適任であると
                                   判断いたします。
                                 61/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
           氏名             主な職業                    選任の理由

      照井 惠光           一般財団法人化学研究評価機構 専務                  産業技術分野に関する幅広い見識、経済産業省にお
                  理事                  ける産業政策等の豊富な行政経験を有しておりま
                                   す。2016年以降は当社社外取締役として取締役会の
                                   適正な意思決定の確保に貢献すると共に、監査委員
                                   として監査体制の強化を推進しております。これま
                                   での経験、知見および職務実績を踏まえ、引き続き
                                   社外取締役として職務を適切に遂行いただけるもの
                                   と判断いたします。
      佐々 誠一                             公認会計士として会計監査やコンサルティングの豊
                  公認会計士(公認会計士佐々誠一事務
                                   富な実務経験を有すると共に、大学・大学院教育に
                  所 代表)
                                   て会計や監査を担当し、公認会計士試験委員を務め
                                   るなどの専門性を有しております。2016年以降は当
                                   社社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確
                                   保に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強
                                   化を推進しております。これまでの経験、知見およ
                                   び職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職
                                   務を適切に遂行いただけるものと判断いたします。
      柴 洋二郎           株式会社アミューズ 特別顧問                  金融業界やエンターテインメントビジネス業界での
                                   豊富な企業経営経験により、高い見識に基づく顧客
                                   視点からの価値創造・ビジネス構築への知見を有し
                                   ております。2018年以降は当社社外取締役として取
                                   締役会の適正な意思決定の確保に貢献すると共に、
                                   監査委員として監査体制の強化を推進しておりま
                                   す。これまでの経験、知見および職務実績を踏ま
                                   え、引き続き社外取締役として適任であると判断い
                                   たします。
      鈴木 洋子           弁護士(鈴木総合法律事務所 パート                  弁護士としての高い専門性を有すると共に、他会
                  ナー)                  社・各種法人の社外監査役や監事としての豊富な経
                                   験と高い見識を有しております。2018年以降は当社
                                   社外取締役として取締役会の適正な意思決定の確保
                                   に貢献すると共に、監査委員として監査体制の強化
                                   を推進しております。これまでの経験、知見および
                                   職務実績を踏まえ、引き続き社外取締役として職務
                                   を適切に遂行いただけるものと判断いたします。
       当社と特別な利害関係のない社外取締役であるデイヴィス・スコット、翁百合、増田健一、山本謙三、照井惠光、

      佐々誠一、柴洋二郎及び鈴木洋子は、当社における社外取締役の独立性基準に照らし合わせた結果、一般株主と利益
      相反が生じるおそれがないことから、独立性のある役員と位置付けております。なお、当社における社外取締役の独
      立性に関する基準は末尾に記載のとおりです。
       また、社外取締役の当社株式の所有状況は、「4(2)①(1)                            取締役の状況」に記載のとおりです。
                                 62/188







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      [ 取締役指名方針       ]
       企業理念を具現化していくことができる人格・見識をそなえ、取締役会の一員として業務執行を監督できる経験を
      有し、当社取締役としての職務遂行に強い意欲があること
      (社外取締役)

      (1)豊富な知見を有し、独立した視点からの的確な判断ができること
      (2)当社グループと重大な利害関係がなく、独立性を保つことができること(※)
      (※)当社の社外取締役独立性基準に抵触しないこと
      (社内取締役)

      (1)業務に関し広い範囲での知識と経験をそなえていること
      (2)取り巻く環境の変化をとらえて適応しつつ、あるべき姿を描くことができる経営能力を有していること
      [ 社外取締役独立性基準          ]

       当社は、当社の適正なガバナンスにとって必要な客観性と透明性を確保するために、社外取締役が可能な限り独立
      性を有していることが望ましいと考えます。
       当社は、当社における社外取締役の独立性基準を以下のとおり定め、社外取締役(その候補者も含む。以下同様)が
      次の項目のいずれかに該当する場合は、当社にとって十分な独立性を有していないものとみなします。
       1 当社及びその連結子会社(以下「当社グループ」と総称する)の出身者(注1)

       2 当社の大株主(注2)
       3 次のいずれかに該当する企業等の業務執行者
         (1)     当社グループの主要な取引先(注3)
         (2)     当社グループの主要な借入先(注4)
         (3)     当社グループが議決権ベースで10%以上の株式を保有する企業等
        4 当社グループの会計監査人である監査法人に所属する公認会計士
        5 当社グループから多額(注5)の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計士、税理士、弁護士、司法
          書士、弁理士等の専門家
       6 当社グループから多額の寄付を受けている者(注6)
       7 社外役員の相互就任関係(注7)となる他の会社の業務執行者
       8 近親者(注8)が上記1から7までのいずれか(4項及び5項を除き、重要な者(注9)に限る)に該当する者
       9 過去5年間において、上記2から8までのいずれかに該当していた者
       10 前各項の定めにかかわらず、その他、当社と利益相反関係が生じ得る特段の事由が存在すると認められる者
        注1 現に所属している業務執行取締役、執行役、執行役員その他これらに準じる者及び使用人(本基準におい

           て「業務執行者」と総称する)及び過去に一度でも当社グループに所属したことがある業務執行者をい
           う。
         2 大株主とは、当社事業年度末において、自己又は他人の名義をもって議決権ベースで5%以上を保有する
           株主をいう。大株主が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する業務執行者をいう。
         3 主要な取引先とは、当社グループの製品等の販売先又は仕入先であって、その年間取引金額が当社の連結
           売上収益又は相手方の連結売上収益の2%を超えるものをいう。なお、当社グループのタイヤ販売先であ
           る自動車メーカー並びにタイヤ原材料仕入先である合成ゴムメーカー及びスチールコードメーカーは取引
           金額にかかわらず主要な取引先とみなす。
         4 主要な借入先とは、当社グループが借入れを行っている金融機関であって、その借入金残高が当社事業年
           度末において当社の連結総資産又は当該金融機関の連結総資産の2%を超える金融機関をいう。
                                 63/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
          5 多額とは、当該専門家の役務提供への関与に応じて以下に定めるとおりとする。
            (1)       当該専門家が個人として当社グループに役務提供をしている場合は、当社グループから収受してい
              る対価(役員報酬を除く)が、年間1千万円を超えるときを多額という。
            (2)       当該専門家が所属する法人、組合等の団体が当社グループに役務提供をしている場合は、当該団体
              が当社グループから収受している対価の合計金額が、当該団体の年間総収入金額の2%を超えると
              きを多額という。ただし、当該2%を超過しない場合であっても、当該専門家が直接関わっている
              役務提供の対価として当該団体が収受している金額が年間1千万円を超えるときは多額とみなす。
         6 当社グループから年間1千万円を超える寄付を受けている者をいう。当該寄付を受けている者が法人、組
           合等の団体である場合は、当該団体に所属する者のうち、当該寄付に係わる研究、教育その他の活動に直
           接関与する者をいう。
         7 社外役員の相互就任関係とは、当社グループの業務執行者が他の会社の社外取締役又は社外監査役であ
           り、かつ、当該他の会社の業務執行者が当社の社外取締役である関係をいう。
         8 近親者とは、配偶者及び二親等内の親族をいう。
         9 重要な者とは、取締役、執行役、執行役員及び部長格以上の業務執行者又はそれらに準じる権限を有する
           業務執行者をいう。
     ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関

      係
       社外取締役は、決算報告や内部統制システムの整備方針の検討、同整備方針に基づく運用状況の報告等を始めとす
      る取締役会の議案の審議を通じて、直接又は間接的に内部統制部門から報告を受け、実効性のある執行役及び取締役
      の監督を実施しております。また、社外取締役による監督と内部監査、監査委員会による監査及び会計監査との相互
      連携については、「4(3)監査の状況」に記載のとおりです。
                                 64/188












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (3)【監査の状況】
      ① 監査委員会監査の状況
       当社の監査委員会は、社外取締役5名と常勤監査委員2名の計7名で構成しております。監査委員佐々誠一は、公
      認会計士として会計監査やコンサルティングの豊富な実務経験を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見
      を有しております。また、常勤監査委員吉見剛志は、当社の経理業務を長年担当し、財務及び会計に関する相当程度
      の知見を有しております。
       また、監査委員会の職務を補助するために、監査担当専任の統括部門長を配置し、その指揮下に、監査委員会の監

      査を補助する専任部署を設置しております。当該監査担当専任の統括部門長の選任・交代については、監査委員会の
      同意を経て決定しており、当該統括部門長の評価についても、監査委員会の評価を踏まえて決定することとしており
      ます。
       監査委員会は、当期において委員会を合計14回開催しております。個々の監査委員の出席状況については以下のと

      おりであります。
             役職                  氏名               監査委員会出席状況

           監査委員長                  山本 謙三                 14回/14回(100%)

            監査委員                  照井 惠光                 14回/14回(100%)

            監査委員                  佐々 誠一                 14回/14回(100%)

            監査委員                  柴 洋二郎                 14回/14回(100%)

            監査委員                  鈴木 洋子                 14回/14回(100%)

           常勤監査委員       (注)            原  秀男                 10回/10回(100%)

           常勤監査委員                   吉見 剛志                 14回/14回(100%)

     (注) 2020年3月24日に就任しております。
       監査委員会は、経営監査室及び会計監査人と連携して監査を実施しております。当期における監査委員会の主な検

      討事項は、以下のとおりであります。
        ア.監査方針及び監査計画並びに業務分担について

        イ.内部統制システムの整備・運用状況について
        ウ.グループ内部監査体制の整備状況について
        エ.会計監査人の監査計画、監査の方法及び結果の相当性について
        オ.会計監査人の評価について
        カ.COVID-19の影響とその対応状況について
       監査委員会は、監査委員会で定めた監査方針及び監査計画の下、リスク管理を含む業務執行の状況の聴取、経営監

      査室からの監査報告及び常勤監査委員からの報告、代表執行役等との意見交換等を行うとともに、Global                                                 EXCO等の
      重要な会議への出席、国内外主要グループ会社及び事業所への往査やその監査委員及び監査役等との面談等を通じ
      て、取締役及び執行役の職務執行の監査並びに内部統制システムの監査を行っております。また、監査委員会は、会
      計監査人から、その監査計画、監査の方法及び結果について報告及び説明を受け、結果の相当性について検証を行っ
      ております。
                                 65/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       常勤監査委員は、上記の活動のほか、監査の実効性の向上を図るため、内部監査部門と連携して日常的な情報収集
      活動に当たっております。また、他の監査委員においても、Global                               EXCO等への出席、国内外主要グループ会社等へ
      の往査等を行っております。
       なお、COVID-19の影響により、国内外主要グループ会社への往査の一部が実施不可能となりましたが、WEB会議

      システムを活用し面談を実施する等の代替的な対応を行っております。また、会計監査人からCOVID-19による監査業
      務への影響について、報告を受け、適正な監査の担保に向けた会計監査人の対応状況を確認しております。今後も監
      査の遂行に支障をきたす異常な事象が生じた場合は、WEB会議システム等のデジタル技術の活用や会計監査人等と
      の更なる連携強化を図り、適正な監査の確保を行います。
      ② 内部監査の状況

       内部監査については、経営監査室及び事業部門・主要グループ会社におかれた内部監査担当部署が、当社及びグ
      ループ会社に対し内部監査を実施しております。この内、経営監査室は、監査機能の実効性を確保する観点から、執
      行部門から独立性を確保し、監査委員会から指示を受け、監査委員会へ直接報告を行っております。
       経営監査室は、年次監査計画を立案し監査委員会に報告した上で、主に内部統制の有効性と効率性を評価し、各機
      能・事業部門及び内外グループ会社に対し内部監査を実施しております。また、経営監査室は、各事業部門・主要グ
      ループ会社におかれた内部監査担当部署と連携し、最適なグループ内部監査体制の構築に向けた活動に取り組んでお
      ります。2021年3月26日時点での経営監査室人員は29名(兼任者を除く。)であります。
       なお、監査委員会、内部監査部署(経営監査室及び事業部門・主要グループ会社におかれた内部監査担当部署)及び

      会計監査人のそれぞれの間で必要の都度情報交換、意見交換等を行い、連絡を密にすることで、監査の効率と有効性
      の更なる向上に努めております。また、内部統制を担当する各部門は、担当する内部統制の整備・運用状況を監査委
      員会に定期的に報告しております。
      ③ 会計監査の状況

        a.監査法人の名称
          有限責任監査法人トーマツ
        b.継続監査期間

          2001年以降
        c.業務を執行した公認会計士

          松本 仁
          芳賀 保彦
          藤春 暁子
        d.監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は公認会計士11名、日本公認会計士協会準会員3名、その他13名でありま
         す。
        e.会計監査人の選定方針と理由

          監査委員会は、会計監査人の職務の遂行が適正に行われることを確保するため、品質管理体制、監査体制、監
         査計画及び監査報酬水準等の観点から適切な会計監査人を選定することとしております。
          監査委員会は、第102期の会計監査人である有限責任監査法人トーマツの監査体制、独立性、監査計画、職務

         遂行状況等につき、必要な報告を受け、あらかじめ定めた評価基準に基づき評価した結果、第103期の会計監査
         人として同監査法人を再任しております。
                                 66/188


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
          監査委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると判断したときは、監査委員全
         員の同意により会計監査人を解任いたします。この場合、監査委員会が選定した監査委員は、解任後最初に招集
         される株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告します。また、上記の場合のほか、監査
         委員会は、適正な監査体制の確保又は向上に必要と認める場合等には、会計監査人の不再任に関する議案の内容
         を決定し、取締役会は当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出いたします。
        f.会計監査人の評価

          監査委員会は、日本監査役協会が定める実務指針等に準拠した評価基準を定めており、その基準に照らし毎
         年、会計監査人の評価を行っております。その評価に際しては、主に監査体制、独立性、専門性、監査計画及び
         職務遂行状況等について会計監査人及び社内関係部署からの報告を受け、検討を行っております。
      ④ 監査報酬の内容等

        a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                       276            22           229            2

       提出会社
                       251            -           231            -

       連結子会社
                       527            22           460            2

         計
     (注)1 当社と会計監査人との間の監査契約において会社法に基づく監査、金融商品取引法に基づく監査及び英文連結
        財務諸表の監査に対する報酬の額を区分しておらず、実質的にも区分できないため、会計監査人に支払うべき報
        酬等の総額を記載しております。
       2 監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容は以下のとおりであります。
         (前連結会計年度)
          当社が会計監査人に対して報酬を支払っている公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)は、
         IFRSに関する助言・指導業務等です。
         (当連結会計年度)
          当社が会計監査人に対して報酬を支払っている公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)は、
         連結計算書類等に係る英訳業務です。
        b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトグループ)に対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                        -           472            -           106

       提出会社
                      1,975           1,718           2,151           1,449

       連結子会社
                      1,975           2,190           2,151           1,555

         計
     (注) 監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトグループ)の非監査業務の内容は以下のとおりであります。
         (前連結会計年度)
          当社及び連結子会社における非監査業務の内訳は、税務・IT等に関するアドバイザリー業務等であります。
         (当連結会計年度)
          当社及び連結子会社における非監査業務の内訳は、税務・IT等に関するアドバイザリー業務等であります。
        c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
                                 67/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        d.監査報酬の決定方針
          当社の会計監査人に対する監査報酬については、監査計画に基づき所要工数及び金額の妥当性を検証の上、決
         定しております。当決定においては、監査委員会の同意を得ております。
        e.監査委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査委員会は、会計監査人の監査計画の内容、従前の監査及び報酬実績の推移、報酬見積の算出根拠並びに非
         監査報酬等を確認し、検討した結果、公認会計士法第2条第1項の業務に係る報酬等につき合理的な水準である
         と認め、会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                 68/188


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (4)【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
        ア.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
         [報酬の原則]
          ・優秀人材の確保と啓発
          ・競争力のある水準
          ・事業戦略遂行の動機付け
          ・株主価値増大への動機付け
         [報酬額の設定]
          売上規模や海外売上比率、営業利益率の視点で選定した、グローバルに事業を展開する国内主要企業を比較対
         象企業とし、当該企業の報酬水準等を考慮のうえ、取締役、執行役それぞれの役割・責任に応じて、当社業績、
         事業規模等に見合った報酬額を設定しております。
         [報酬の構成]
                                        内容
            報酬要素
               基本報酬         ・職責と職務内容を踏まえ決定された月例現金報酬
             取締役兼務加算          ・執行役が取締役を兼務する際の役割、責任に対する月例現金報酬

     固定報酬
               議長加算         ・社外取締役への取締役会議長の役割、責任に対する月例現金報酬
              委員長加算         ・社外取締役への各委員会委員長の役割、責任に対する月例現金報酬

              全社業績賞与          ・年度終了後に支給される現金報酬

                       ・調整後連結営業利益             額を指標とし、目標達成度に応じて支給額を決定
                                  (※)
                タイプA
                       ・全社業績賞与の80%
               (定量評価)
                       ・報酬委員会で決定された職位別標準額を100%とした場合、0%から150%の
                        範囲で変動
                       ・全社業績や中期的視点も含めた企業価値向上への貢献度を反映する報酬とし
     業績連動
                        て、報酬委員会で議論し決定
                タイプB
      報酬
                       ・全社業績賞与の20%
               (定性評価)
                       ・報酬委員会で決定された職位別標準額を100%とした場合、80%から120%の
                        範囲で変動
                       ・年度終了後に支給される現金報酬
                       ・担当執行領域の業績達成度に応じて支給額を決定
              執行業績賞与
                       ・報酬委員会で決定された職位別標準額を100%とした場合、80%から130%の
                        範囲で変動
                       ・中期的な業績目標の達成及び長期的な企業価値向上への貢献意欲、士気、株
                        主との価値共有に対する報酬
             パフォーマンス・
                       ・3年間の業績に応じて交付される株式報酬
             シェア・ユニット
     業績連動型
                       ・連結ROIC及び連結ROEを指標とし、目標達成度に応じて交付株数を決
            (以下「PSU」とい
     株式報酬
                        定
                う)
                       ・対象役員が負担する所得税額等を考慮し、交付時の当社株式による支給割合
                        及び金銭による支給割合はそれぞれ50%
     (※)2020年度からのIFRS任意適用にあたり、従来日本基準で公表していた営業利益に代わり、「調整後営業利
         益」を採用しております。調整後営業利益は、IFRSに基づく営業利益から一部項目を調整した利益となりま
         す。
        (調整項目)
        事業・工場再編損益、減損損失、災害損失、受取保険金、その他一時的かつ多額に発生する損益
                                 69/188




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
       報酬構成比率については、海外、特に当社ビジネスで重要な欧米マーケットの事例も参考にした上で設定しており
      ますが、総報酬に占める業績連動型報酬の割合は、業績や企業価値に対する責任が大きい上位職位ほど高く設定する
      ことが適切であるとの考え方を原則としております。また、執行を兼務する取締役及び執行役の職位別の報酬構成比
      率は、変動報酬が標準額の場合、下表の通りであります。なお、取締役及び執行役が子会社の役員を兼任し、当該子
      会社より報酬等が支給されている場合は下表比率に該当しないことがあります。
         [業績指標選択の理由]


          短期的な業績達成度を評価するため、業績連動型賞与には調整後連結営業利益額を用い、中期事業計画で達成
         すべき数的目標として掲げている業績指標の内、事業戦略と報酬インセンティブとの親和性や役員報酬目標指標
         としての継続性、ステークホルダーへの説明性などを踏まえ、業績連動型株式報酬には連結ROICと連結RO
         Eを組み合わせて用いることが役員報酬インセンティブプログラムとして適切であるとの報酬委員会での議論・
         審議を経て決定しております。
         (ア)取締役の報酬等
          ・執行を兼務する取締役の報酬等は、固定報酬と変動報酬等で構成しております。
           固定報酬については、基本報酬、取締役兼務加算で構成しております。
           変動報酬については、全社業績賞与及び業績連動型株式報酬で構成しております。
          ・執行を兼務しない取締役の報酬は、日々の業務執行を担当しない立場で執行全般を監督することにより、中
           長期的な会社業績や企業価値向上に貢献するという役割に鑑み、固定報酬である基本報酬及び議長加算、委
           員長加算で構成しております。なお、執行を兼務しない取締役とは、社外取締役、並びに執行役及び取締役
           の職務執行に対する監査等を行う社内取締役を指しております。
         (イ)執行役の報酬等
          ・執行役の報酬等は、固定報酬と変動報酬等で構成しております。
           固定報酬については基本報酬としており、変動報酬については、全社業績賞与、執行業績賞与、並びに業績
          連動型株式報酬で構成しております。
        イ.変動報酬等の算定方法

          全社業績賞与については、2022年第1四半期に開催予定の報酬委員会において、下記算定方法に基づき、算定
         して決定することとしております。PSUについては、2023年12月期の連結計算書類の確定後最初に開催される
         報酬委員会において、下記算定方法に基づき、算定して決定することとしております。
         (ア)全社業績賞与の算定方法
          タイプAの算定方法等については、下記の通りであります。
          a.全社業績賞与タイプAの算定方法
                                 70/188







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
            ※1 全社業績賞与タイプAの職位別標準額
                 代表執行役           代表執行役
                                        執行役           執行役
               Global       CEO    Global       COO
                                        副社長           専務
                  7,200万円           4,960万円           1,661万円           1,085万円
            ※2 支給率は以下算式で計算しております。なお、支給率の計算において1%未満の端数が生じる場合
               には、小数点第1位を四捨五入しております。
           b.全社業績賞与タイプAの各職位別支給額の一人当たり上限額は以下の通りであります。





                 代表執行役           代表執行役
                                        執行役           執行役
               Global       CEO    Global       COO
                                        副社長           専務
                 10,800万円           7,440万円           2,491万円           1,627万円
           c.業績判定期間は2021年1月1日から同年12月31日までとしております。
           d.支給時期は業績判定期間終了後の3月とし、上記算定式にて算定された額を全社業績賞与タイプAとし
             て支給することとしております。
           e.2020年1月1日から同年12月31日までの業績判定期間における、目標並びに実績は以下の通りでありま
             す。
                          2020年度目標(※)             2020年度実績             支給率
              調整後連結営業利益率               10.1%            7.4%            0%

             ※2020年2月対外発表の通年予想利益率を設定
         (イ)PSU(業績連動型株式報酬)

          a.PSUの概要
           ・PSUは、当社の執行役(以下「交付対象役員」という。)に対し、一定期間(以下「業績判定期間」と
            いう。)中の当社業績等の数値目標(以下「業績指標」という。)を予め設定し、業績判定期間終了時に
            おける業績指標の目標達成率に応じて、同じく予め設定した基準株式数に0%~200%の割合を乗じた数
            に相当する当社株式の交付及び金銭の支給を行う業績連動型の株式報酬制度であります。なお、当事業年
            度にかかるPSUの当業績判定期間は2021年12月31日に終了する事業年度から2023年12月31日に終了する
            事業年度までとし、交付対象役員への当社株式の交付及び金銭の支給は当該業績判定期間終了後に行なう
            こととしております。
           ・PSUにおいて交付対象役員に支給する財産は、交付対象役員が負担する所得税額等を考慮し、当社株式
            による支給割合及び金銭による支給割合をそれぞれ50%としております。また、PSUは上記の通り、業
            績指標の達成率に応じて当社株式の交付及び金銭の支給を行うものであることから、PSUの導入時点で
            は、当社株式の交付及び金銭の支給を行うか否か、当社株式及び金銭の交付対象役員、並びに各交付対象
            役員に対して交付する株式数(以下「個別交付株式数」という。)及び交付対象役員に対して支給する金
            銭の額(以下「個別支給金額」という。)は確定しておりません。
                                 71/188


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
          b.当社PSUの仕組み
            当社PSUの具体的な仕組みは以下の通りであります。
           (a)当社は、PSUにおいて使用する業績指標(連結ROIC及び連結ROEに基づき算出される)や業
             績指標に応じて決定される係数等、個別交付株式数及び個別支給金額の具体的な算出に必要となる指
             標等を予め決定することとしております。具体的な指標等は下記c.に記載の通りであります。
           (b)当社は、業績判定期間終了後、当該業績判定期間における業績指標の達成率に応じて、各交付対象役
             員に対する個別交付株式数及び個別支給金額を決定することとしております。
           (c)当社は、上記(b)で決定された各交付対象役員の個別交付株式数を基礎として、各交付対象役員に対
             し、現物出資に供するための金銭報酬債権を支給することとしております。なお、当該金銭報酬債権
             の額については、当社株式を引き受ける各交付対象役員に特に有利とならない範囲内で報酬委員会に
             おいて決定することとしております。
           (d)各交付対象役員は、当社による新株発行又は自己株式の処分に際して上記(c)で支給された現物出資
             に供するための上記金銭報酬債権を、当社に対して現物出資することにより、当社株式を取得するこ
             ととしております。
          c.PSUに基づき交付する個別交付株式数及び支給する個別支給金額の算定方法
            以下の方法に基づき、各交付対象役員に係る個別交付株式数及び個別支給金額を算定することとしており
           ます。
            なお、当社は2020年第1四半期連結決算より、会計基準を日本基準からIFRSに変更しておりますが、
           業績判定期間に2019年12月31日に終了する事業年度以前の事業年度が含まれているPSUにおいては、これ
           らの事業年度の連結ROE及び連結営業利益の実績値は、日本基準での連結ROE及び連結営業利益の実績
           値としております。上記の実績値の適用について、報酬委員会では、当該事業年度の業績判定のために日本
           基準での連結ROE及び連結営業利益を業績指標とすることは、既に当社において会社法及び金融商品取引
           法等に従い算出した数値を継続して用いるものであることから、適切な対応であると考えております。
           (a)個別交付株式数(100株未満を切り上げ)
           (b)個別支給金額(1万円未満を切り上げ)

              ※1 職位別基準株式数

                   代表執行役           代表執行役
                                         執行役           執行役
                Global       CEO    Global       COO
                                         副社長           専務
                   17,300株           11,900株           6,700株           4,300株
              ※2 支給率の計算方法
               ・支給率、支給率A、支給率Bそれぞれの計算において1%未満の端数が生じる場合には、各計

                算結果において小数点第1位を四捨五入しております。
                                 72/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
               ・支給率Aは以下算式で計算しております。なお、「ROIC実績%」は業績判定期間における
                最終事業年度の連結ROICの実績値としております。
               ・支給率Bは以下算式で計算しております。なお、「ROE実績%」は業績判定期間における最





                終事業年度の連結ROEの実績値としております。
              ※3 当社株価





                 業績判定期間終了後に、本制度に基づき支給する株式の新株発行又は自己株式の処分に係る当
                 社取締役会の決議の日の前月における東京証券取引所における当社株式の終値の平均値として
                 おります。
          d.PSUに基づき交付する個別株式の上限株式数及び支給する個別支給金額の上限金額
           ・交付対象役員に対し交付する一人当たりの個別交付株式数の上限株式数は、業績判定期間の前事業年度
            に係る定時株主総会の終了直後における交付対象役員の職位によって、下表の通りとしております。
              代表執行役           代表執行役
                                     執行役           執行役
            Global       CEO    Global       COO
                                     副社長           専務
               17,300株           11,900株           6,700株           4,300株
                                 73/188






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
           ・交付対象役員に対し支給する一人当たりの個別支給金額の上限金額は、業績判定期間の前事業年度に係
            る定時株主総会の終了直後における交付対象役員の職位によって、下表の通りとしております。
              代表執行役           代表執行役
                                     執行役           執行役
            Global       CEO    Global       COO
                                     副社長           専務
               9,500万円           6,600万円           3,700万円           2,400万円
           ・法人税法第34条第1項第3号イ(1)に規定する「確定した数」「確定した額」はそれぞれ上記「上限株
            数」「上限金額」としております。
          e.業績判定期間
            2021年1月1日から2023年12月31日までとしております。
          f.支給時期
            当社は、交付対象役員に対し、上記算定式にて算定された個別交付株式数及び個別支給金額に相当する当
            社株式及び金銭を2024年5月に交付及び支給いたします。
          g.当社株式の交付及び金銭の支給の要件
            交付対象役員が以下3要件を満たした場合に、当社株式の交付及び金銭の支給を行うものとしておりま
            す。
            (a)2021年3月26日開催の定時株主総会の日から、2024年3月開催予定の定時株主総会の日までの期間
              (以下「対象期間」という。)中に交付対象役員として在任したこと
            (b)以下の非違行為がなかったこと
               ・職務に関連した犯罪行為
               ・当社に対する背信行為
               ・重大な懲戒処分又は問責処分に処せられた行為
            (c)その他株式報酬制度としての趣旨を達成するために必要であると当社の報酬委員会及び取締役会が
              認めたこと
          h.交付方法
            当社株式の新株発行又は自己株式の処分の方法により交付するものとしております。また、当社株式の交
            付までに、当社の発行済株式総数が、株式の併合、株式の分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)に
            よって増減する場合には、調整前の個別交付株式数に、当該株式の併合又は株式の分割の比率を乗じるこ
            とで、調整後の個別交付株式数を算出することとしております。
          i.対象期間中に交付対象役員が異動した場合の取り扱い
            (a)対象期間中に交付対象役員への就任又は昇格・降格が発生した場合には、上記c.に記載の表にか
              かわらず、下記算定式にて算定した数を、その者の職位別基準株式数としております。
            (b)対象期間中に交付対象役員を退任し、当社において交付対象役員以外の任に就いた場合には、上記


              c.に記載の表にかかわらず、下記算定式にて算定した数を、その者の職位別基準株式数としており
              ます。なお、当社株式の交付及び金銭の支給の時期等は他の在任役員と同様、上記f.の通りとし
              ております。
               ※1 就任の場合は、「異動前職位の基準株式数」を0として算定しております。

               ※2 1ヶ月に満たない場合は1ヶ月として計算しております。
               ※3 在任中に昇格・降格があった場合には、(a)の取り扱いに準じて算定することとしておりま
                  す。
                                 74/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
          j.対象期間中に組織再編等又はPSUの廃止が行われた場合の取り扱い
            当社において、対象期間中に、当社が消滅会社となる合併、当社株主に分割対価を交付する会社分割、当
            社が完全子会社となる株式交換もしくは株式移転、交付対象役員が端数のみを有する株式併合、全部取得
            条項による株式取得もしくは株式売渡に関する議案が株主総会(開催しない場合には取締役会)で承認さ
            れ、効力が発生する場合、または当社の報酬委員会がPSUの廃止を承認し、その効力が発生する場合に
            は、対象期間の開始日を含む月から当該承認の日を含む月までの月数を36で除した数に、当該承認日にお
            ける各交付対象役員の職位別基準株式数(※1)、当該承認の時点で算定される支給率(※2)及び当該承認
            日の属する月の前月における東京証券取引所の当社株式の終値の平均値を乗じて得られた額の金銭を支給
            することとしております。
            ※1 交付対象役員が上記i.に該当している場合は、当該i.の算定式に基づく結果を当該交付対象役
               員の職位別基準株式数としております。
            ※2 支給率は、当該承認の日までに提出される有価証券報告書に記載された直近事業年度の連結ROI
               C及び連結ROEに基づいて上記c.※2により算出しております。
          k.当社は2018年3月よりPSUを導入しており、今回、2018年プランの業績判定期間が終了し、実績が以下
            の通り確定しております。
                             目標          実績(※)             支給率
            連結ROE                   12.00%             7.97%              0%

            連結営業利益/
                              4,619億円            3,172億円               0%
            調整後連結営業利益
                                         計                0%
                                             ※各事業年度実績の3年間平均
             年度別プランの業績判定期間イメージ

        ウ.報酬決定プロセス



         (ア)決定権限を有する機関
            取締役及び執行役の報酬等は、社外取締役のみで構成する報酬委員会にて決定しております。報酬委員会
            は、当社取締役・執行役の報酬等決定方針を決定し、その方針に則って、報酬の考え方、制度、金銭等報
            酬事項全般について審議を行い、職位別報酬額を決定しております。なお、報酬委員会は、取締役及び執
            行役が子会社の役員を兼任している場合、当該子会社より支給される報酬等についても審議しておりま
            す。
         (イ)活動の内容
          a.決議事項
           ・取締役および執行役の報酬等の決定方針
           ・上記方針に則った取締役および執行役の個人別の報酬等の内容
           ・執行役が当会社の使用人を兼ねているときは、当該使用人としての報酬等の内容
          b.審議事項
           ・取締役又は執行役がグループ会社役員を兼任している場合の当該グループ会社より支給される報酬等
           ・海外主要グループ会社のChair、CEO、COOに関する、当該グループ会社より支給される報酬等
           ・取締役へ報告する報酬委員会の職務執行状況報告
           ・報酬委員会が必要と認めた事項
                                 75/188


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
          c.報告を受ける事項
           ・執行役員の職位別の報酬等
           ・報酬委員会が必要と認めた事項
         (ウ)裁量の範囲
            報酬委員会は、当社の取締役及び執行役に対する報酬等決定方針をはじめとした報酬決定プロセスを審
            議・決定しております。また、報酬委員会は、取締役及び執行役が子会社の役員を兼任している場合、当
            該子会社より支給される報酬等についても審議しております。
         (エ)活動の状況
          a.委員の氏名および出席状況
            当事業年度に係る報酬額の決定過程における報酬委員会の構成は以下の通りであります。
                役職              氏名            報酬委員会出席状況
               報酬委員長              翁 百合             15回/15回(100%)

               報酬委員           デイヴィス・スコット                15回/15回(100%)

               報酬委員             増田 健一             15回/15回(100%)

          b.検討事項
           ・取締役・執行役の報酬決定方針
           ・報酬によるインセンティブ効果等
           ・役員報酬体系及び水準
           ・海外主要グループ会社在籍役員報酬
           ・役員関連要領類の改訂
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                     報酬等の                                対象となる
                      総額                               役員の員数
           役職区分                             業績連動報酬
                             固定報酬
                    (百万円)                                  (人)
                                      賞与       株式報酬
                         299        299      -        -           13
           取締役
                         138        138      -        -            8
           うち社外取締役
                         204        146         58        -         8
           執行役
      (注)1 上記には、当事業年度中に退任した執行役4名を含んでおります。
         2 執行役を兼務する取締役の報酬等の額は、取締役としての報酬等と執行役としての報酬等を区分したうえ
           で、それぞれの報酬等の総額に含めております。
         3 上記業績連動型株式報酬は、PSU各年度プランについて当事業年度まで費用計上した金額を含めておりま
           す。(ただし過年度有価証券報告書で開示済分は除く)
           当事業年度は、退任した2名の執行役に対して支給した業績連動型株式報酬について総額35百万円の費用を
           計上しておりますが、実績に基づき、PSU各年度プランを評価した結果、支給見込みがゼロとなり、前事
           業年度までに引当計上した242百万円を戻し入れる処理をしたため、上記のとおり、業績連動型株式報酬額
           を「-」と記載しております。
         4.COVID-19拡大に伴う事業環境への対応の一環として、取締役会長及び執行役は当事業年度の月次報酬を一部
           返上しております。
                                 76/188





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ③ 連結報酬等の総額が1億円以上である者の連結報酬等の総額等
                                    連結報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                       連結報酬
           氏名           会社区分         役職区分           業績連動報酬              等の総額
                                   固定報酬                その他
                                                       (百万円)
                                         賞与    株式報酬
                                                -
                 当社             執行役      -     -          -
       パオロ・
                                              (注)5
       フェラーリ                                                   447
                 BRIDGESTONE      AMERICAS,
                                      91     343           14
       (Paolo    Ferrari)
                               取締役                -
                                   (注)3     (注)4          (注)6
                 INC.   (注)2
       クリスティーン・
                                                28
                 当社             執行役      -     -          -
       カーボウィアック
                                              (注)5
       (Christine                                                   793
                 BRIDGESTONE      AMERICAS,
                                      47     88          630
       Karbowiak)
                               取締役                -
                                   (注)3     (注)4          (注)7
                 INC.   (注)2
       (注)1
      (注)1 クリスティーン・カーボウィアック(Christine                           Karbowiak)は、2020年12月31日をもって当社の執行役を
           退任しております。
         2 連結子会社における役員報酬については、報酬決定時における在任地※での役員報酬市場の水準などを調
           査、分析、検討した上で決定しております。 ※パオロ・フェラーリ(Paolo                                    Ferrari):      米国、クリス
           ティーン・カーボウィアック(Christine                   Karbowiak):米国
         3 固定報酬にはフリンジ・ベネフィット相当額を含んでおります。
         4 年度賞与に加え、2018年度から2020年度に係る長期インセンティブプランの確定した支給額、2019年度から
           2021年度に係る長期インセンティブプランの2019年度から2020年度に係る費用計上額、および2020年度から
           2022年度に係る長期インセンティブプランの2020年度に係る費用計上額を記載しております。(ただし過年
           度有価証券報告書で開示済分は除く)
         5 上記業績連動型株式報酬は、PSU各年度プランについて当事業年度まで費用計上した金額を含めておりま
           す。(ただし過年度有価証券報告書で開示済分は除く)
         6 退任後に受け取る年金の一時金に関し、当事業年度の積み上げ金額を記載しております。なおこの年金は、
           役員在籍期間中、年間報酬実績額に応じて積み上げる制度で、予め定められた契約に基づく報酬となりま
           す。
         7 退任後に受け取る、過年度より積み上げてきた年金の一時金での受取総額を記載しております。(ただし過
           年度有価証券報告書で開示済分は除く)
                                 77/188










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
     (5)【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社では専ら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を受けることを目的として保有する株式を純投資
        目的である投資株式とし、それ以外の当社の保有方針に合致する株式を政策保有株式と区分しております。なお、
        当社は純投資目的である投資株式を保有しておりません。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
         容
         1)政策保有株式に関する保有方針
           当社は、事業戦略上の必要性、取引・協業関係の維持・強化を保有の目的として、当社の企業価値の向上に
          資するものを政策保有株式と定義し、それ以外は保有しない方針です。
         2)政策保有の合理性の検証

           当社は、保有する株式銘柄、株式数・保有比率等については、毎年、保有の合理性を確認し、取締役会で検
          証しております。保有の合理性については、執行部門にて個別銘柄ごとに資本コストなども勘案の上、当社の
          保有方針に則り総合的に判断しております。検証の結果、保有の合理性が認められないと判断した株式につい
          ては、取引先企業との対話を通じ十分な理解を得た上で、縮減を進めており、政策保有株式は年々減少してお
          ります。
        b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                       銘柄数       貸借対照表計上額の
                       (銘柄)        合計額(百万円)
                          45             683

          非上場株式
                          35           69,631
          非上場以外の株式
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                       銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                              株式数の増加の理由
                       (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                          事業再編に伴い、子会社株式から振
                           1             -
          非上場株式
                                          り替えたもの
                                          取引・協業関係の維持・強化のた
                           1            195
          非上場以外の株式                                め、グループ会社が保有していた株
                                          式の集約を実施したもの
         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                       銘柄数      株式数の減少に係る売却
                       (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                           3             36

          非上場株式
                          13           19,979
          非上場以外の株式
                                 78/188






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)1
                                                     当社の株式の
         銘柄
                                                      保有有無
                                     及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引・協業関係の維持・強化
                   6,525,160         6,441,160
                                  [株式数が増加した理由]            グループ会社
     JSR㈱
                                                        有
                                  が保有していた株式の集約を実施したも
                    18,753         12,959
                                  の
                   1,959,890         1,959,890
     トヨタ自動車㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      有
                    15,595         15,118
                   4,167,653         4,167,653

     Nokian    Tyres   PLC
                                  事業戦略上の必要性                      無
                    15,248         13,089
                   5,000,000         5,000,000

     TOYO TIRE
                                  取引・協業関係の維持・強化                      有
     ㈱
                     7,840         7,875
                    562,224         562,224

     ㈱三井住友フィナン
                                  事業戦略上の必要性                      有
     シャルグループ
                     1,792         2,270
                   2,780,580         2,780,580

     ㈱三菱UFJフィナ
                                  事業戦略上の必要性                      有
     ンシャル・グループ
                     1,268         1,649
                    244,510         244,510

     富士急行㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                     1,177         1,033
                    527,076         527,076

     ㈱イエローハット                             取引・協業関係の維持・強化                      有
                      884        1,032
                    200,000         400,000

     大塚ホールディング
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
     ス㈱
                      884        1,953
                    200,162         200,162

     福山通運㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      870         798
                    212,237         212,237

     西日本鉄道㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      646         534
                    391,229         391,229

     セイノーホールディ
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
     ングス㈱
                      569         577
                    124,281         124,281

     近鉄グループホール
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
     ディングス㈱
                      562         735
                    313,632         313,632

     ㈱オートバックスセ
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
     ブン
                      448         539
                                 79/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)1
                                                     当社の株式の
         銘柄
                                                      保有有無
                                     及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    171,200         171,200

     出光興産㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      389         518
                    270,970         270,970

     井関農機㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      有
                      375         452
                    366,888         366,888

     センコーグループ
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
     ホールディングス㈱
                      369         342
                    163,870         163,870

     新潟交通㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      334         342
     ㈱みずほフィナン
                    212,072        3,534,528
     シャルグループ
                                  事業戦略上の必要性                      有
                      277         594
     (注)2
     Inoue   Rubber
                   5,246,500         6,235,000
     (Thailand)      Public
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      256         350
     Co.,Ltd.
                    51,514         51,514
     山九㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      201         283
                    57,983         57,983

     阪急阪神ホールディ
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
     ングス㈱
                      199         271
                    153,550         153,550

     三愛石油㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      172         183
                    120,000         120,000

     広島電鉄㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      118         134
                    101,386         101,386

     伊藤忠エネクス㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      103          93
                     5,000         5,000

     東海旅客鉄道㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      73         110
                    121,536         121,536

     三重交通グループ
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
     ホールディングス㈱
                      60         75
                    50,000         50,000

     日新商事㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      46         44
                    42,000         42,000

     大和自動車交通㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      38         48
                    29,700         29,700

     ㈱エスライン                             取引・協業関係の維持・強化                      無
                      27         30
                                 80/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)1
                                                     当社の株式の
         銘柄
                                                      保有有無
                                     及び株式数が増加した理由
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    10,000         10,000

     エア・ウォーター㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      18         16
                    12,100         12,100

     カメイ㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      14         16
                     5,808         5,808

     酒井重工業㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                      14         17
                     5,000         5,000

     オリックス㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                       8         9
                     2,000         2,000

     ダイヤ通商㈱
                                  取引・協業関係の維持・強化                      無
                       5         3
                      -      5,756,450

     本田技研工業㈱
                                          -
                                                        有
     (注)3
                      -       17,839
                      -      1,817,910

     日野自動車㈱
                                          -
                                                        無
     (注)3
                      -        2,112
                      -      1,634,000

     マツダ㈱
                                          -
                                                        無
     (注)3
                      -        1,532
                      -       104,500

     日本通運㈱
                                          -
                                                        有
     (注)3
                      -         670
                      -       121,000

     ㈱日立物流
                                          -
                                                        無
     (注)3
                      -         372
                      -       40,000

     ㈱エプコ
                                          -
                                                        無
     (注)3
                      -         58
                      -       10,000

     日立建機㈱
                                          -
                                                        無
     (注)3
                      -         32
     コカ・コーラ       ボト
                      -        9,810
     ラーズジャパンホー
                                          -
                                                        無
     ルディングス㈱
                      -         27
     (注)3
     トナミホールディン
                      -        3,150
     グス㈱
                                          -
                                                        無
                      -         17
     (注)3
                      -        5,000
     ㈱オートウェーブ
                                          -
                                                        無
     (注)3
                      -          0
                                 81/188



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    (注)1 各銘柄の定量的な保有効果については、事業上の機密保持の観点から記載しませんが、当社では、保有の合理性
         については、執行部門にて個別銘柄毎に資本コストなども勘案の上、当社の保有方針に則り総合的に判断し、取
         締役会で検証しております。
      2 ㈱みずほフィナンシャルグループは、2020年10月1日付で、普通株式10株につき1株の比率で株式併合しており
         ます。
      3 「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。
          みなし保有株式

          該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

         該当事項はありません。
                                 82/188















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)   当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
          号。以下、「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IFRS」とい
          う。)に基づいて作成しております。
       (2)   当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以

         下、財務諸表等規則)に基づいて作成しております。
           また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成して
          おります。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法
       人トーマツの監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を

      適正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正
       に作成することができる体制の整備を行っております。その内容は、以下のとおりであります。
       (1)   会計基準等の内容を適切に把握し、連結財務諸表等に反映できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計
         基準機構に加入し、情報収            集を行うと共に、同財団法人等が主催する各種セミナーに参加しております。
       ( 2)  IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方針を作成し、こ

         れに基づいて会計処理を行っております。グループ会計方針は、国際会計基準審議会が公表するプレスリリー
         スや基準書を随時入手し、最新の基準の把握及び当社への影響の検討を行った上で、適時に内容の更新を行っ
         ております。
                                 83/188









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
    1【連結財務諸表等】
     (1)【連結財務諸表】
      ①【連結財政状態計算書】
                               移行日         前連結会計年度           当連結会計年度
                        注記
                            (2019年1月1日)           (2019年12月31日)           (2020年12月31日)
                               百万円           百万円           百万円
     資産
      流動資産
                         8        433,916           432,924           810,546
       現金及び現金同等物
                        9,34         781,916           755,344           667,761
       営業債権及びその他の債権
                         10        645,924           630,162           491,240
       棚卸資産
                        11,34         25,867           14,311            7,277
       その他の金融資産
                                  78,435           80,643           76,279
                         12
       その他の流動資産
       小計                         1,966,059           1,913,385           2,053,104
                                  1,788           5,023           1,425
                         13
       売却目的で保有する非流動資産
      流動資産合計                          1,967,847           1,918,408           2,054,529
      非流動資産
                        14,16,
                                1,515,042           1,555,170           1,392,141
       有形固定資産
                         20
                         17        322,670           298,569           290,122
       使用権資産
                        15,16         41,382           98,346           97,646
       のれん
                        15,16         49,710           113,664           117,481
       無形資産
                         16         48,014           47,071           24,543
       持分法で会計処理されている投資
                        11,34         217,306           140,462           113,222
       その他の金融資産
                         18         57,379           60,711           49,409
       繰延税金資産
                                  33,327           44,616           50,234
                        12,23
       その他の非流動資産
                                2,284,830           2,358,608           2,134,798
      非流動資産合計
                                4,252,677           4,277,016           4,189,327
     資産合計
                                 84/188











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
                               移行日         前連結会計年度           当連結会計年度
                        注記
                            (2019年1月1日)           (2019年12月31日)           (2020年12月31日)
                               百万円           百万円           百万円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                        19,34         497,173           453,069           420,140
        営業債務及びその他の債務
                        20,34         191,556           135,442           293,978
        社債及び借入金
                        20,34         52,097           52,827           53,966
        リース負債
                                  35,404           51,506           34,978
        未払法人所得税等
                        20,34         24,996           27,628           29,342
        その他の金融負債
                         21         33,080           34,931           64,806
        引当金
                                 123,190           138,980           144,526
                         22
        その他の流動負債
        小計                         957,495           894,383          1,041,736
        売却目的で保有する非流動資産に
                                    -           953            12
                         13
        直接関連する負債
       流動負債合計                          957,495           895,336          1,041,748
       非流動負債
                        20,34         209,977           405,514           412,060
        社債及び借入金
                        20,34         271,179           250,685           246,187
        リース負債
                        20,34         11,824           12,937           13,937
        その他の金融負債
                         23        207,928           211,619           191,679
        退職給付に係る負債
                         21         24,212           23,348           23,730
        引当金
                         18         46,613           44,243           28,491
        繰延税金負債
                                  29,077           30,856           36,205
        その他の非流動負債
                                 800,810           979,203           952,288
       非流動負債合計
      負債合計                          1,758,306           1,874,539           1,994,036
      資本
                         24        126,354           126,354           126,354
       資本金
                         24        121,998           121,998           122,116
       資本剰余金
                         24        △ 32,648          △ 232,330           △ 38,657
       自己株式
                         24        118,815            42,661          △ 59,851
       その他の資本の構成要素
                                2,105,280           2,290,696           1,999,996
                         24
       利益剰余金
       親会社の所有者に帰属する持分合計                         2,439,799           2,349,378           2,149,958
                                  54,572           53,099           45,333
       非支配持分
                                2,494,371           2,402,477           2,195,291
      資本合計
                                4,252,677           4,277,016           4,189,327
     負債及び資本合計
                                 85/188








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                  前連結会計年度                当連結会計年度

                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                           注記
                                 至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
                                    百万円               百万円
                           6,26            3,507,243               2,994,524
     売上収益
                          10,14,
                                       2,182,554               1,906,553
     売上原価
                           15,23
     売上総利益                                  1,324,689               1,087,971
                          14,15,
                                        998,360               907,200
     販売費及び一般管理費
                          23,27,33
                           28             47,606               32,019
     その他の収益
                                         24,599               148,676
                          16,23,28
     その他の費用
     営業利益                                   349,336                64,114
                           29             17,748                8,431
     金融収益
                           23,29              28,324               23,654
     金融費用
                           16               -             18,196
     持分法株式に係る減損損失
                                        △ 3,251              △ 1,429
     持分法による投資損益(△は損失)
                                        335,510                29,266
     税引前当期利益
                                         89,219               48,997
                           18
     法人所得税費用
                                        246,291               △ 19,731
     当期利益又は損失(△)
     当期利益又は損失(△)の帰属

                                        240,111               △ 23,301
      親会社の所有者
                                         6,179               3,571
      非支配持分
                                        246,291               △ 19,731
      当期利益又は損失(△)
     1株当たり当期利益又は損失(△)

      基本的1株当たり当期利益又は損失(△)
                           31             332.31               △ 33.09
      (円)
      希薄化後1株当たり当期利益又は損失
                           31             331.76               △ 33.09
      (△)(円)
                                 86/188









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                    前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                             注記
                                  至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                                     百万円              百万円
     当期利益又は損失(△)                                    246,291              △ 19,731
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて測定する金融資産
                             30,34              6,121              1,708
       の公正価値の純変動
                             23,30              2,749              5,478
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                           △ 6            △ 140
                              30
       対する持分
                                          8,864              7,046
      純損益に振り替えられることのない項目合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                              30           △ 16,191             △ 94,748
       在外営業活動体の換算差額
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の変
                              30             △ 864               79
       動額の有効部分
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                         △ 2,105             △ 1,747
                              30
       対する持分
                                         △ 19,159             △ 96,415
      純損益に振り替えられる可能性のある項目合計
                                         △ 10,295             △ 89,369

      税引後その他の包括利益
                                         235,995             △ 109,099

     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

                                         227,517             △ 108,005
      親会社の所有者
                                          8,478             △ 1,095
      非支配持分
                                         235,995             △ 109,099
      当期包括利益
                                 87/188










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                           有価証券報告書
      ③【連結持分変動計算書】
          前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                            その他の資本の構成要素
                   注記                              キャッシュ     その他の包括
                      資本金     資本剰余金      自己株式            在外    ・フロー・     利益を通じて
                                      新株予約権      営業活動体     ヘッジの公正      測定する金融
                                            の換算差額     価値の変動額      資産の公正
                                                 の有効部分     価値の純変動
                      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2019年1月1日残高
                       126,354      121,998     △ 32,648      3,452       -    1,742     113,620
      当期利益                   -      -      -      -      -      -      -
                         -      -      -      -   △ 18,968     △ 2,066      6,115
      その他の包括利益
     当期包括利益合計
                         -      -      -      -   △ 18,968     △ 2,066      6,115
      自己株式の取得              24      -      -   △ 200,004        -      -      -      -

      自己株式の処分              24      -      -     322     △ 177      -      -      -
      配当金
                   25      -      -      -      -      -      -      -
      その他の資本の構成要素から利
                         -      -      -      -      -      -   △ 61,058
      益剰余金への振替
                         -      -      -      -      -      -      -
      その他の増減
     所有者との取引額等合計
                         -      -   △ 199,682      △ 177      -      -   △ 61,058
                       126,354      121,998     △ 232,330      3,275    △ 18,968      △ 325    58,678
     2019年12月31日残高
                          親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素
                                            非支配持分       合計
                   注記
                                 利益剰余金       合計
                     確定給付制度
                            合計
                      の再測定
                      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2019年1月1日残高                    -   118,815     2,105,280      2,439,799       54,572    2,494,371
      当期利益                   -      -   240,111      240,111      6,179     246,291