株式会社さいか屋 訂正四半期報告書 第89期第2四半期(令和2年6月1日-令和2年8月31日)

提出書類 訂正四半期報告書-第89期第2四半期(令和2年6月1日-令和2年8月31日)
提出日
提出者 株式会社さいか屋
カテゴリ 訂正四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                          訂正四半期報告書
      【表紙】

      【提出書類】                     四半期報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第4項

      【提出先】                     関東財務局長

      【提出日】                     2021年3月25日

      【四半期会計期間】                     第89期第2四半期(自 2020年6月1日 至 2020年8月31日)

      【会社名】                     株式会社さいか屋

      【英訳名】                     Saikaya    Department      Store   Co.,Ltd.

      【代表者の役職氏名】                     取締役社長兼社長執行役員                 岡本    洋三

      【本店の所在の場所】                     神奈川県川崎市川崎区日進町1番地

      【電話番号】                     044(211)3111(大代表)

      【事務連絡者氏名】                     取締役執行役員  村田 功治

      【最寄りの連絡場所】                     神奈川県横須賀市大滝町1-13

      【電話番号】                     046(845)6803

      【事務連絡者氏名】                     取締役執行役員  村田 功治

      【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社さいか屋(E03044)
                                                          訂正四半期報告書
      1  【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】

       2020   年10月14日に提出いたしました第89期第2四半期(自 2020年6月1日 至 2020年8月31日)四半期報告書の
      記載事項の一部に記載漏れがありましたので、これを訂正するため四半期報告書の訂正報告書を提出するものでありま
      す。
       「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載につきましては4期連続の営業損失の事実をもって2020年2月期の有
      価証券報告書へ記載を行いましたが、その後の四半期報告書において記載の必要性を認識しておらず、記載が漏れてお
      りましたので、訂正いたします。
      2  【訂正事項】

        第一部     企業情報
         第2   事業の状況
          1  事業等のリスク
      3  【訂正箇所】

        訂正箇所は       を付して表示しております。
      第一部     企業情報

       第2    事業の状況
        1   事業等のリスク
      (訂正前)

        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
      (訂正後)

        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
       投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
       リスク」についての重要な変更はありません。
        なお、継続企業の前提に関する重要事象等につきましては、当社グループは、前連結会計年度におきまして、営業
       損失18百万円を計上し4期連続して営業損失を計上している状況であり、当第2四半期連結累計期間におきましても
       営業損失439百万円を計上し、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる状況が存在しております。
        これらを解消し業績回復を実現するため、前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営方針、経営環境及び対処
       すべき課題等」および2020年8月13日に開示いたしました「希望退職者の募集の結果および特別損失の計上見込みに
       関するお知らせ」に記載の通り、収益構造改革を断行しつつ、営業強化策ならびに経費削減策を継続的に推進し、更
       なる業績の改善策を進めてまいります。
        さらに直近4期いずれの連結会計年度においても営業キャッシュフローはプラスであること、主要取引銀行の支援
       体制も十分確保できており資金繰りの懸念はないこと等から、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められな
       いと判断しております。
                                 2/2






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク