そーせいグループ株式会社 有価証券報告書 第31期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第31期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 そーせいグループ株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年3月24日
     【事業年度】                   第31期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                   そーせいグループ株式会社
     【英訳名】                   Sosei   Group   Corporation
     【代表者の役職氏名】                   代表執行役会長兼社長CEO 田村 眞一
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区麹町2丁目1番地
     【電話番号】                   03(5210)3290       (代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役副社長CFO クリス・カーギル
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区麹町2丁目1番地
     【電話番号】                   03(5210)3290       (代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役副社長CFO クリス・カーギル
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/120













                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次            第27期       第28期       第29期       第30期       第31期
            決算年月             2017年3月       2018年3月       2018年12月       2019年12月       2020年12月

                  (百万円)        18,901        6,955       2,872       9,726       8,842

     売上収益
     税引前当期利益(△損失)             (百万円)        12,483       △ 3,702      △ 7,243        534      1,622

     親会社の所有者に帰属する

                  (百万円)        9,311      △ 2,654      △ 5,977       1,432       1,479
     当期利益(△損失)
     親会社の所有者に帰属する
                  (百万円)        4,793      △ 1,227      △ 7,618       2,367        661
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                  (百万円)        28,354       48,882       41,577       45,075       52,381
     持分
                  (百万円)        48,087       69,486       58,987       56,680       76,465
     総資産額
     1株当たり親会社所有者帰
                   (円)       419.05       641.31       544.89       584.83       649.92
     属持分
     基本的1株当たり当期利益
                   (円)       137.80       △ 37.55      △ 78.40       18.70       18.77
     (△損失)
     希薄化後1株当たり当期利
                   (円)       137.31       △ 37.55      △ 78.40       18.50       18.59
     益(△損失)
                   (%)        59.0       70.3       70.5       79.5       68.5
     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期
                   (%)        36.2       △ 6.9      △ 13.2        3.3       3.0
     利益率
                   (倍)       19.74         -       -     116.10        95.90
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (百万円)        12,856       △ 2,167      △ 3,995       3,441       4,672
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (百万円)       △ 2,327      △ 6,148      △ 2,808       △ 246      △ 150
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (百万円)       △ 6,310       22,641       △ 2,268      △ 6,964       20,278
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (百万円)        13,899       28,281       18,760       15,375       40,008
     残高
                            145       152       169       163       190
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 5.3  )     ( 2.4  )     ( 12.1  )     ( 11.2  )     ( 12.1  )
     (注)1.国際会計基準(以下「IFRS」)に基づいて連結財務諸表を作成しています。
        2.売上収益には、消費税等は含まれていません。
        3.  第28期及び第29期においては、親会社の所有者に帰属する当期損失を計上しているため、株価収益率を記載し
          ていません。
        4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平
          均人員を( )内に外数で記載しています。
        5.第29期は、決算期変更により2018年4月1日から2018年12月31日までの9ヶ月間となっています。
        6.2018年7月1日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。第27期の期首に当該株式分
          割が行われたと仮定して、「1株当たり親会社所有者帰属持分」、「基本的1株当たり当期利益(△損失)」及
          び「  希薄化後1株当たり当期利益(△損失)」                  を算定しています。
                                  2/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次            第27期       第28期       第29期       第30期       第31期
            決算年月             2017年3月       2018年3月       2018年12月       2019年12月       2020年12月

                  (百万円)        1,499       1,168        819       675       433

     営業収益
     経常利益又は経常損失
                  (百万円)        1,866      △ 2,174      △ 2,052       △ 764     △ 1,430
     (△)
     当期純利益又は当期純損失
                  (百万円)         246     △ 2,605      △ 2,501       △ 504     △ 1,308
     (△)
                  (百万円)        26,004       36,782       36,854       37,479       40,220
     資本金
                   (株)     16,916,184       19,054,984       76,301,936       77,073,136       80,596,128

     発行済株式総数
                  (百万円)        40,078       59,693       57,747       58,089       61,504

     純資産額
                  (百万円)        48,151       69,658       66,418       59,197       78,886

     総資産額
                   (円)       592.31       764.52       732.78       735.13       754.79

     1株当たり純資産額
                            -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     額)
     1株当たり当期純利益又は
                   (円)        3.65      △ 36.85      △ 32.79       △ 6.57      △ 16.62
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)        3.64        -       -       -       -
     当期純利益
                   (%)        81.7       83.7       84.2       95.7       77.1
     自己資本比率
                   (%)        0.63        -       -       -       -

     自己資本利益率
                   (倍)       744.70         -       -       -       -

     株価収益率
                   (%)         -       -       -       -       -

     配当性向
                            13       13       19       19       23
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 0.7  )     ( 1.6  )     ( 1.2  )     ( 1.7  )     ( 2.7  )
                   (%)        67.0       54.3       19.7       53.5       44.4
     株主総利回り
     (比較指標:東証マザーズ
                   (%)       ( 104.9   )    ( 118.2   )     ( 79.6  )     ( 87.9  )    ( 117.2   )
     指数)
                   (円)       26,180       13,080        9,080       2,794       2,217
     最高株価
                                        □1,855
                   (円)       10,380        8,320       6,380        780      1,051

     最低株価
                                         □748
    (注)  1.日本基準に基づいて財務諸表を作成しています。
      2.営業収益には、消費税等は含まれていません。
      3.第28期、第29期、第30期及び第31期において、潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式は存在するも
         のの1株当たり当期純損失を計上しているため記載していません。
      4.第28期、第29期、第30期及び第31期において、当期純損失を計上しているため、自己資本利益率、株価収益率を
         記載していません。
      5.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む)は、年間の平均人
         員を(     )内に外数で記載しています。
      6.第29期は、決算期変更により2018年4月1日から2018年12月31日までの9ヶ月間となっています。
      7.2018年7月1日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。第27期の期首に当該株式分割
         が行われたと仮定して、「1株当たり純資産額」、「                         1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)                    」及び「    潜在
         株式調整後1株当たり当期純利益」                を算定しています。
      8.最高株価及び最低株価は東証マザーズにおけるものです。
      9.□印は、株式分割(2018年7月1日、1株→4株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
                                  3/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
       年月                           事項
      1990年6月       バイオ医薬品の研究開発と技術移転事業を目的として、東京都文京区に株式会社そーせいを設立
      1999年3月       DRP(ドラッグ・リプロファイリング・プラットフォーム)プロジェクトを発足し医薬品開発事業を
             本格的に開始
      2001年4月       Laboratoire      HRA  Pharmaと「     ノルレボ     錠0.75mg(     緊急避妊薬)」の導入に関する契約を締結
                               ®
      2002年9月       英国にロンドン事務所を開設
      2004年7月       東京証券取引所マザーズに株式を上場
      2005年6月       「委員会等設置会社」(現「指名委員会等設置会社」)へ移行
      2005年8月       Arakis    Limited(現      Sosei   R&D  Ltd.、英国)を100%子会社化
      2006年10月       持株会社体制へ移行し、商号をそーせいグループ株式会社に変更
      2008年10月       あすか製薬株式会社と「           ノルレボ     錠0.75mg」     の日本における販売権導出に係る基本合意書を締結
                             ®
      2009年7月       本社を東京都千代田区麹町に移転
      2011年2月       「ノルレボ      錠0.75mg」の      国内での製造販売承認を取得
                  ®
      2011年5月       BioAlliance      Pharma    SA(現   Onxeo   S.A.)とSO-1105(口腔咽頭カンジダ症治療薬)の導入に関する契
             約を締結
      2012年9月       NVA237が製品名「シーブリ             吸入用カプセル50μg」で国内の製造販売承認を取得(COPD治療薬とし
                          ®
             てのグリコピロニウム臭化物の世界初の承認)
      2013年5月       そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社(現                           そーせいCVC株式会社)を設立
      2013年9月       QVA149が製品名「ウルティブロ                ブリーズへラー        」で欧州の製造販売承認を取得(LAMA/LABA配合
                            ®        ®
             剤としては世界初の承認)
      2014年1月       あすか製薬株式会社に対して「ノルレボ                   錠」の製造販売承認を承継
                                ®
      2014年2月       富士フイルムファーマ株式会社(現                富士フイルム富山化学株式会社)とSO-1105の販売に関する契約
             を締結
      2014年12月       JITSUBO株式会社を子会社化
      2015年2月       Heptares     Therapeutics       Ltd.を100%子会社化
      2015年8月       AstraZeneca      UK  Limitedとがん免疫療法開発に関する提携契約を締結
      2015年10月       「Seebri®」(NVA237),           「Breezhaler®」(QVA149)が米国において製造販売承認を取得
      2015年11月       Pfizer    Inc.と最大10種のGPCRターゲットに関する新規医薬品の戦略的提携契約を締結
      2016年4月       Allergan     Pharmaceuticals        International       Limitedとアルツハイマー病等の中枢神経系疾患に対す
             る新規治療薬の開発・販売提携契約を締結(2021年1月終了)
      2016年6月       Sosei   RMF1投資事業有限責任組合を設立
      2016年11月       JITSUBO株式会社が持分法適用会社へ異動
      2016年11月       子会社Heptares        Therapeutics       Ltd.がG7     Therapeutics       AG(現   Heptares     Therapeutics       Zurich    AG)
             を100%子会社化
      2017年3月       第一三共株式会社と疼痛治療に向けた新規低分子治療薬に関する研究開発提携契約を締結
      2017年5月       MiNA   (Holdings)      Limitedの株式を取得し、持分法適用会社とした
      2017年11月       Allergan     Pharmaceuticals        International       Limitedとアルツハイマー病等の中枢神経系疾患に対す
             る新規治療薬の日本国内での開発・販売活動の実施権許諾契約を締結(2021年1月終了)
      2017年11月       海外市場における新株式発行(払込金額21,286百万円                        )
      2018年9月       SO-1105が製品名「オラビ®」で日本国内における製造販売承認を取得(2019年2月より販売開始)
      2018年11月       Sosei   R&D  Ltd.の全事業を       Heptares     Therapeutics       Ltd.へ譲渡(      Sosei   R&D  Ltd.は清算手続中)
      2019年7月       Genentech,      Inc.  と複数の    特定されたGPCRターゲットについて、全世界における                         開発・販売活動の
             実施権許諾契約を締結
      2019年8月       Millennium      Pharmaceuticals,         Inc.(武田薬品工業株式会社の100%子会社)                     と複数の    特定された
             GPCRターゲットについて、全世界における                   開発・販売活動の実施権許諾契約を締結
      2020年6月       そーせいCVC株式会社の株式譲渡により、同社及び同社が無限責任組合員であるSosei                                        RMF1投資事
             業有限責任組合を連結除外
                                  4/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
       年月                           事項

      2020年6月       AbbVie    Ireland    Unlimited     Companyとグローバルな開発・販売を行うことの独占的ライセンスオプ
             ション許諾契約を締結
      2020年6月       「エナジア      吸入用カプセル中用量、高用量              」の  国内での製造販売承認を取得
                  TM
      2020年7月       「エナジア®      ブリーズヘラー®」の欧州連合              での製造販売承認を取得
      2020年7月       海外市場における新株式発行(払込金額5,055百万円)                        、及び2025年満期ユーロ円建転換社債型新株
             予約権付社債発行(払込金額16,000百万円)
      2020年11月       Tempero    Bio,   Inc.  と代謝型グルタミン酸受容体5(mGlu5)NAMのポートフォリオに関するグローバ
             ルでの独占権許諾契約を締結
      2020年11月       Biohaven     Pharmaceutical        Holding    Company    Ltd.と新規低分子         CGRP   受容体拮抗薬ポートフォリオ
             の開発・製造および販売に関するグローバルな独占権許諾契約を締結
      2020年12月       GlaxoSmithKline        plc.とGPR35      受容体作動薬ポートフォリオに対する独占的開発、製造販売権許諾
             契約を締結
    ※ ノルレボ®    は、Laboratoire       HRA  Pharmaの登録商標です。
    ※シーブリ    ®、ウルティブロ      ®、シーブリ    ®ブリーズへラー      ®及びウルティブロ       ®ブリーズへラー      ®、Seebri   ®、Breezhaler     ®、エナジアTM、エナジア®
     ブリーズヘラー®      は Novartis    International      AG の登録商標です。
    ※ オラビ®   はVectans    pharma   SASの登録商標です。
                                  5/120














                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
        当社グループは、国内外の高いアンメットメディカルニーズの存在する疾患の治療、患者様のための革新的な医薬
      品の発見、設計、開発に焦点を当て、臨床ステージへ移行した製品を有するバイオ医薬品開発企業です。
        特に、Gタンパク質共役受容体(以下「GPCR」)を標的とする新規の低分子、ペプチド並びに抗体医薬品の創薬に注
      力しており、StaR         (Stabilized       Receptor)技術を活用した構造ベース創薬(以下「SBDD」)により、低分子化合物
               ®
      及びペプチドの創薬やモノクローナル抗体(以下「mAb」)探索のための抗原作成ができるようになりました。
        上記に加えて、       既存ビジネスとしてNovartis              International       AG(以下「ノバルティス社」)の呼吸器疾患製品
      シーブリ     ブリーズヘラー        、ウルティブロ        ブリーズヘラー        及びエナジア       ブリーズヘラー        のグローバルでの販売
           ®        ®        ®        ®       ®        ®
      からのロイヤリティ収入を受領しております。ロイヤリティ収入は、当社グループの戦略的目標を支える希薄化を伴
      わない資本の源泉となっています。
        当社グループは、当社(そーせいグループ株式会社)及び連結子会社5社(                                   提出日において、        Sosei   R&D  Ltd.及び

      Heptares     Therapeutics       Zurich    AGの2社については清算手続き中                )により構成されており、事業セグメントは、
      「医薬事業」単一セグメントとしております。
         区分              会社名                      事業内容

                                   グループ経営戦略の企画立案
       全社(共通)
               そーせいグループ株式会社
                                   子会社の管理部門業務受託
               株式会社そーせい                   医薬品の研究開発、販売
        医薬事業
                                   GPCRの構造解析、初期のリード化合物の創出、独自開
               Heptares     Therapeutics       Ltd.
                                   発のStaR     技術による候補品探索
                                       ®
        上記に加え、JITSUBO株式会社及び                MiNA   (Holdings)      Limitedの2社を持分法適用関連会社としております。また

      2020  年6月   19日に株式譲渡により連結範囲から除外しましたそーせいCVC株式会社及び同社が無限責任組合員である
      Sosei   RMF1投資事業有限責任組合におきましては、連結除外日までを連結しております。
        当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当します。このた

      め、インサイダー取引規制における重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなり
      ます。
        当社グループの事業系統図は、次のとおりです。

                                  6/120









                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                            議決権の
                             資本金     主要な事業の内容
                                            所有割合
           名称            住所                             関係内容
                             (百万円)     (注)1
                                             (%)
     (連結子会社)
                                                 管理業務のシェアード
                                                 サービス
                                90              100.0
     株式会社そーせい               東京都千代田区              医薬事業
                                                 役員の兼任
                                                 資金の貸付
                                                 管理業務のシェアード
     Heptares     Therapeutics       Ltd.
                    英国ケンブリッ          416千                   サービス
                                             100.0
                                  医薬事業
     (注)2、3               ジ         英ポンド                     役員の兼任
                                                 資金の貸付
     その他3社
     (持分法適用関連会社)
     その他2社
    (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しています。
       2.特定子会社に該当しております。
       3.  Heptares     Therapeutics       Ltd.は、    売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を除く)の連結売上収益に占める割
         合が100分の10を超えています。IFRSに基づく主要な損益情報は次のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                                  主要な損益情報等
                  売上収益       税引前当期利益          当期利益         資本合計         資産合計

     Heptares

                      8,830         2,599         2,571        17,569         26,656
     Therapeutics       Ltd.
                                  7/120











                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                  2020年12月31日現在
                 区分                           従業員数
                                                   (9.4名)
       医薬事業                                        167名
       全社(共通)                                             (2.7名)
                                               23名
                                                   ( 12.1  名)
                 合計                              190  名
     (注)1.    従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の
          平均人員を( )内に外数で記載しています。
        2.全社(共通)として記載されている従業員数は、グループ管理部門に所属している人員数です。
        3.医薬事業の使用人数が前期末と比べて23名増加していますが、その主な理由は、研究開発部門の強化のためで
         す。
        4.全社(共通)の使用人数が前期末と比べて4名増加していますが、その主な理由は、組織強化のためです。
      (2)  提出会社の状況

                                                  2020年12月31日現在
         従業員数              平均年齢             平均勤続年数              平均年間給与
              ( 2.7  名)

           23 名            45.6  歳            2.4  年          11,516,589     円
     (注)1.    従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の
          平均人員を( )内に外数で記載しています。
        2.平均年間給与は、賞与及び時間外手当を含んでいます。
        3.従業員は、全社(共通)でグループ管理部門に所属しています。
      (3)  労働組合の状況

         労働組合は結成されていませんが、労使関係は円満に推移しています。
                                  8/120











                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
     (1)  経営方針
         当社グループは、国内外の高いアンメットメディカルニーズの存在する疾患の治療、患者様のための革新的な
        医薬品の発見、設計、開発に焦点を当て、臨床ステージへ移行した製品を有するバイオ医薬品開発企業です。
     (2)  経営環境

         医薬品開発は、国際的な巨大企業を含む国内外の数多くの企業や研究機関等により激しい競争が行われている
        分野であり、開発には多額の先行投資と、長期に亘る開発期間が必要となりますが、成功確率は高くありませ
        ん。しかしながら、世界には、アンメットメディカルニーズが存在し、患者様に価値をもたらす新薬が待ち望ま
        れています。
     (3)  経営戦略等

      ① 当社グループの事業
         当社グループは、サイエンス及びテクノロジーに立脚した企業であり、創薬及び初期開発を専門としていま
        す。世界中の人々の生活の質と健康の向上に大きく貢献することをミッションとし、バイオ医薬品及び創薬に関
        する日本屈指の国際的なリーディング企業になることをビジョンに掲げています。
         当社グループは特に、体内の細胞や組織に存在する内在性膜タンパク質のスーパーファミリーである、GPCRを

        標的とする新規の低分子、ペプチド並びに抗体医薬品の創薬に注力しています。GPCRは、幅広い生体内反応に影
        響を与えるシグナル伝達経路に関係し、さまざまな疾患や障害に関与する重要な医薬品標的となります。そのた
        め、GPCRは現在市販されている医薬品の約34%(※)に関係しています。また、GPCRは約400個の非嗅覚受容体を有
        する最も大きなヒト膜タンパク質ファミリーを形成し、そのうち約75%は未だ探索されていないため、多くの創
        薬可能性を秘めています。
         現代医学における最も重要な医薬品標的の一つであるにもかかわらず、GPCRを標的とする創薬は依然として困

        難なものとなっています。GPCRに関する入手可能な構造情報によると、低分子医薬品の開発が可能であると考え
        られています。しかし、抽出されると不安定になるという性質上、これまではGPCRを細胞膜から抽出・構造解析
        を行うことは難しく、しばしば構造特定は大変困難でした。また、このようにGPCRが不安定であるという性質
        は、抗体を得るために必要となる、安定した抗原を生成する妨げとなっていました。
        (※)   Hauser    A.  S.,  Attwood    M.  M.,  Rask-Andersen       M.,  Schiöth    H.  B.,  Gloriam    D.  E.  (2017).    Trends    in

          GPCR   drug   discovery:      new  agents,    targets    and  indications.       Nat.   Rev.   Drug   Discov.    16,  829–842.
          10.1038/nrd.2017.178
      ② 当社グループのソリューション

         当社グループは独自のStaR             技術を用いて、GPCRの構造を高度に解析することにより、GPCRを「解き明かす」技
                     ®
        術を開発しました。StaR            技術は、リガンド結合部の外側に少数の点変異を起こさせ、細胞膜からGPCRを抽出した
                   ®
        後でも立体構造を保持できるようにするもので、効果的にGPCRを安定化させることができます。その結果得られる
        安定化されたタンパク質(StaR               タンパク質)は、同種の「天然型」タンパク質、つまり変異されていないタンパ
                      ®
        ク質よりはるかに安定しています。これらのStaR                       タンパク質は比較的容易に精製でき、さまざまなヒットディス
                              ®
        カバリー及び生物物理学的アプローチに供することができます。例えば、これらのStaR                                        タンパク質は、詳細なX線
                                               ®
        または他の構造解析のための結晶化が可能であり、天然型タンパク質を用いた創薬に比べて、より安全性と有効性
        が高く前臨床及び臨床段階での開発中止率が低い革新的医薬品の設計の手助けとなります。また、StaR                                                技術によ
                                                       ®
        る安定化タンパク質は、in             vitroでのファージディスプレイを用いたスクリーニングやin                             vivoでの免疫化にも使
        用可能で、生物製剤の探索にも利用可能です。
                                  9/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      ③ 当社グループのGPCRパイプライン
         当社グループは、StaR           技術を活用したSBDDにより、低分子化合物及びペプチドの創薬やmAb探索のための抗原作
                   ®
        成ができるようになりました。当社グループは、独自の技術と拡張性の高いSBDDを活用し、神経疾患、免疫疾患、
        消化器疾患、炎症性疾患等の疾患領域においてファーストインクラスまたはベストインクラスの医薬品になる可能
        性があると考えられる、GPCRを標的とした候補薬のパイプラインを創出してきました。
         当社グループのビジネスモデルは、(ⅰ)大手グローバル製薬企業との既存の提携の推進、(ⅱ)革新的なテク
        ノロジーを有する企業及びベンチャーファンドとの研究開発活動の推進、(ⅲ)実績がある当社グループ独自の創
        薬とその候補品の初期開発に基づく価値の高い新規提携の締結、という価値創造のための3つの重点分野に注力す
        るものです。この戦略は、複数の提携を行うことによるリスクの分散と同時に、複数のプログラムからの収益創出
        につながるものであり、中期的には、新規提携に伴う一時金を創出する一方、引き続き、既存の提携先からのマイ
        ルストン及びロイヤリティに関する収益を受領する機会を提供すると考えています。
         当社グループの提携パイプラインには、                   Abbvie    Inc.(以下「アッヴィ社」)、AstraZeneca                    UK  Limited(以下

        「アストラゼネカ社」)、Biohaven                  Pharmaceutical        Holding    Company    Ltd.(以下「バイオヘイブン社」)、
        Genentech     Inc.、GlaxoSmithKline           plc.(以下「GSK社」)、ノバルティス社、Pfizer                        Inc.(以下「ファイザー
        社」)および武田薬品工業株式会社等の大手グローバル製薬企業、ならびにその他の新興バイオ医薬品企業とのプ
        ログラムが含まれます。当社グループは、当社グループがSBDDを活用して発見したアデノシンA2aプログラム等の
        複数の候補薬を提携先が開発するプログラムや、複数のGPCRターゲットを対象とした創薬及び初期開発における提
        携を行っています。これらの戦略的な提携により、当社グループのGPCRに関する技術とSBDDの可能性が実証され、
        新規提携に伴う一時金及びマイルストンに関する収益を得られると考えています。
         当社グループの自社開発パイプラインは、提携につながる新規候補物質創出のために当社グループ独自で行う創

        薬及び初期開発段階のプログラムで構成されており、今後、臨床開発及び商業化のために大手製薬・バイオ医薬品
        企業にライセンス供与を目指します。
      ④ その他の当社グループの事業活動

         当社グループの中心となるGPCR関連の創薬・開発における活動に加えて、既存ビジネスとしてノバルティス社の
        呼吸器疾患製品シーブリ            ブリーズヘラー        、ウルティブロ        ブリーズヘラー        及びエナジア       ブリーズヘラー        のグ
                   ®        ®        ®        ®       ®        ®
        ローバルでの販売からのロイヤリティ収入を受領しております。ロイヤリティ収入は、当社グループの戦略的目標
        を支える希薄化を伴わない資本の源泉となっています。
      ⑤ 当社グループのCOVID-19への対応

         2020年3月11日、世界保健機構(WHO)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック宣言を発表し
        ました。当社グループは、COVID-19の流行とその当社グループの事業活動に与える影響を注視しています。グロー
        バルなライフサイエンス業界で事業を展開する当社グループは、全てのステークホルダー及び社会の健康と安全を
        確保するための重要な役割を担っています。当社グループが優先すべきことは従業員、地域社会の皆様及び臨床試
        験中の患者様、被験者様、治験実施者の皆様の健康です。当社グループは、COVID-19の流行への対応として、以下
        のようないくつかの措置を講じています。
         ・  COVID-19の蔓延を抑えるため、従業員及び当社グループが事業活動を行う地域社会にとって安全な職場
            環境を確保する方針及び活動の実施。これには、多くの従業員の在宅勤務の実施が含まれるが、当社グ
            ループにとって不可欠な従業員、とりわけ研究施設に従事する研究者は、最適な輪番制により、また
            COVID-19の流行に対する英国政府の安全衛生規制措置に従い業務を実施。また、英国の研究開発施設に
            おいて、不可欠な従業員に対する週次でのSARS-CoV-2コロナウイルス(COVID-19の原因ウイルス)の検
            査を導入。
         ・  英国の地元のホスピスへの個人用保護具の寄付。
         ・  SARS-CoV-2コロナウイルスを標的とする治療薬創出に関する世界的な研究活動に、独自のSBDDプラット
            フォームとその技術の応用とCOVID-19に関する新たな社内の研究開発プログラムの開始。全ての研究成
            果はCOVID-19及び将来の変異株による感染症の治療法開発に携わる世界の研究コミュニティが自由に利
            用可能。
                                 10/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
      ① 事業の進捗と戦略
         当社グループは、高いアンメットメディカルニーズの存在する疾患に対する新規医薬品の創薬及び初期開発を
        推進する独自のテクノロジーとSBDDプラットフォームにおいてリーダーの立場にあるという競合優位性を拡大す
        ることに注力しています。
         当社グループは、創薬及び初期開発活動から創製される新薬候補化合物及びプログラムを提携先へ導出あるい
        は共同投資することを明確な重点戦略と位置付けています。一方で、将来の新規導出あるいは共同投資による提
        携を継続的に行えるように、対象を絞って独自の創薬及び初期開発を行っています。現在、後期臨床開発プログ
        ラムは、提携先が開発費用とリスクを負担する場合に限って行っています。
         当社グループは、創薬及び初期開発におけるリーダーの立場を維持するために、テクノロジー、プラット
        フォーム及び能力強化のための投資を継続して行ってまいります。当社グループの戦略目標は以下のとおりで
        す。
         ・  独自分野でのテクノロジーとプラットフォームにおけるリーダーの立場の維持及び新規カテゴリーへの
            創薬ターゲットの拡大
         ・  創薬及び初期開発における製薬・バイオ医薬品企業との有望な新規提携の実現
         ・  既存の提携における重要なマイルストンの達成
         ・  将来の提携のための複数の新規創薬候補物質の当社グループ独自での創製
         ・  厳選した当社グループ独自のプログラムの初期臨床開発への進捗
         ・  提携先ベンチャーが過半の資金提供を行う長期共同投資企業の新設
         ・  企業価値の創出及び拡大につながる計画を後押しするための企業買収を含む収益創出機会の追求
      ② 当社グループの認識するリスクへの対応

         当社グループは、自らが事業を展開している製薬業界特有のさまざまなリスクを負っており、当社グループの
         事業、財政状態及び業績は、これらのリスクにより悪影響を受ける可能性があります。当社グループは、
        「2.事業等のリスク」に記載のとおり、                    当社グループの財政状態及び経営成績に関する事項のうち、投資家の
        判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項を認識しており、                                     これらのリスクに対する必要な
        対策を講じてまいります。
      ③ 価値創造

         医薬品業界では、特許の失効、承認の負担増大、継続的なコストの増加など、大手企業は多くの困難に直面
        し、急速な変化が起こっています。これにより、医薬品開発における財務上・商業上のリスクを取って研究開発
        を目指す事業者の数が減少しています。業界全体を通じて、効率よく外部のイノベーションを確保することが新
        しい戦略として重視されています。さらに、多くの先進国での高齢化の進行により、差別化されたより良い治療
        法の必要性が高まっています。その結果、大手製薬・バイオ医薬品企業は、研究、創薬及び開発活動全体にわた
        り、技術に立脚した比較的小規模な企業との提携により、研究開発における課題への革新的ソリューションを見
        出そうとする傾向が強くなっており、当社グループは有利な立場にあります。
         このように業界の状況が変化する中で、当社グループは、事業拡大と価値創造の機会を定期的に認識、評価
        し、持続的にビジネス機会を創出する資本効率の良いビジネスモデルを追求しています。
      ④ コーポレートガバナンス

         当社グループは複数の地域において事業活動を行っており、コーポレートガバナンス体制の重要性を認識して
        います。各国の規制に厳密に対応するため、体制やプロセス強化の方策について継続的に検討しています。さら
        に、最高水準の透明性、完全性、説明責任にコミットする企業文化の強化に引き続き取り組みます。
         当社の取締役会は、規範と説明責任を維持するために、経営の監督とリスク管理及びコンプライアンス活動に
        責任を有しており、取締役の過半数は独立社外取締役です。執行役は、当社の長期的かつ持続可能な成長を達成
        し、株主価値を創出するために、取締役会との緊密な連携のもとに会社の戦略と重要な業務執行について決定を
        行います。
                                 11/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
      であります。当社グループの事業等はこれら以外にも様々なリスクを伴っており、以下に記載したものがリスクのす
      べてではありません。
        当社グループでは最高経営責任者(CEO)と最高財務責任者(CFO)がグループ全体のリスク管理を行っており、各
      部門の責任者から、主要なリスクを適宜報告される体制を整えています。個別のリスクの程度と内容に応じた対応策
      に基づき、リスクの回避措置、リスクが顕在化した際の影響の低減措置を行っています。
        なお、文中における将来に関する事項は当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  医薬品の研究開発事業一般に関する事項

      ①   研究開発の不確実性に関する事項
         当社グループは、医薬品の研究開発を主な業務としています。一般的に、医薬品の研究開発期間は、基礎研究段
        階から承認取得に至るまで長期間を要し、多額の研究開発投資が必要となる反面、その成功の可能性は、他産業に
        比べて極めて低いものです。従って、研究開発活動は不確実性を伴っており、この不確実性は、当社グループの財
        政状態及び経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
      ②   提携先の事業戦略見直しに関する事項

         医薬品業界は、国際的な巨大企業を含む国内外の数多くの企業や研究機関等による競争が激しい状態にありま
        す。また、その技術革新は急速に進歩しています。そのため、大手製薬・バイオ医薬品企業は、業界での競争力を
        維持するために定期的に事業戦略の見直しを行っており、その見直しの影響により、当社グループの財政状態及び
        経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
         また、これら競合相手との研究、開発、製造及び販売のそれぞれの事業活動における競争の結果、当社グループ
        の財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ③   有害事象、有害反応(副作用)に関する事項

         医薬品は、臨床試験段階から市販後に至るまで、予期せぬ有害事象や有害反応(副作用)が発現するリスクがあ
        ります。当社は発売後の医薬品について製造販売業としての医薬品安全性監視(ファーマコビジランス)を行うこ
        とで患者様の健康被害リスクを最小化する活動を継続して実施し、これにより医薬品使用に関連するリスクの回避
        と受けうる影響の低減に最大限努めております。しかしながら、予期せぬ有害事象や有害反応(副作用)が発現
        し、製品の回収、製造販売の中止、薬害訴訟の提起などに発展した場合には、当社グループの財政状態及び経営成
        績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ④ 薬事法制その他の規制に関する事項

         医薬品業界は、研究、開発、製造及び販売のそれぞれの事業活動において、各国の薬事法及び薬事行政指導その
        他関係法令等により、様々な規制を受けています。
         医薬品は、創薬から製造販売承認を取得するまでに、多額の研究開発コストと長い年月を必要としますが、安全
        性及び有効性に関する十分なデータが得られず、医薬品としての安全性及び有用性を示すことができない場合に
        は、規制当局の承認が計画どおり取得できず上市が困難になる可能性があります。これは開発品を他社に導出する
        場合も同様であり、当初計画した条件での導出もしくは導出そのものが困難になる可能性があります。
         このような事象が生じた場合又は将来各国の薬事法等の諸規制に大きな変化が生じた場合には、当社グループの
        財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ⑤ 製造物責任に関する事項

         当社グループは医薬品の臨床試験を含む開発、製造、販売を行っております。それらの製品が必要な品質および
        安全性の基準を満たしておらず、これを原因とした製造物責任を負う場合、当社グループの財政状態および経営成
        績に深刻な影響を与える可能性があります。
     (2)  当社グループの戦略に関する事項

      ① 事業戦略の実行に関する事項
         当社グループは、新薬開発候補品を創製するための自社プラットフォームの活用と、                                       新たな導出あるいは共同投
        資を可能にする       重要な価値の転換を生み出すためのパイプラインの強化に注力していますが、研究及び開発が成功
        しない新薬開発候補品、または機能しないテクノロジーに対して投資が行われる可能性があります。
         このような事象が生じた場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性がありま
        す。
                                 12/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      ② 投資戦略に関する事項
         過去において、当社グループは、非常に有望ではあるものの、実証されていないテクノロジーを有する企業に出
        資を行ってきました。これらの投資により、重要な価値の転換点への到達につながり、ビジネスモデルを加速でき
        る可能性があります。しかし、その出資は減損につながる可能性のある失敗のリスクを伴うため、当社グループの
        財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
     (3)  当社グループの事業活動に関する事項

      ① 提携関係に関する事項
         当社グループは、研究開発の各段階において広範な提携関係を構築し、それによって固定費の増加を回避しつつ
        最先端技術の取込みを図っています。また、将来自社で販売を計画している開発品の販売体制の構築等、                                                今後も事
        業基盤の強化、効率的な経営の実現等に向けた広範な提携関係の構築が必要となる                                      ことが予想され       ます。現在の提
        携関係に変化が生じた場合            や今後の提携関係が期待どおりに構築できない場合には                          、当社グループの財政状態及び
        経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ② 人材の確保及び育成に関する事項

         当社グループの事業活動は、現在の経営陣、事業を推進する各部門の責任者や構成員等に強く依存しています。
        そのため、常に優秀な人材の確保と育成に努めていますが、このような人材確保又は育成が計画どおりに行えない
        場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ③ 知的所有権に関する事項

         当社グループは、研究開発活動等において                   当社グループが所有し又は使用許諾を受けた                    様々な知的所有権を使用
        しています。当社グループ            の事業運営に      必要な知的所有権について継続して使用許諾を受けることができない                                場合
        や第三者の知的所有権の侵害による係争が生じた場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響が
        及ぶ可能性があります。
      ④ 資金調達に関する事項

         医薬品事業においては、多額の研究開発費を要し、その額は研究開発の進捗に応じて増加する傾向にあります。
        当社グループに資金需要が生じた場合に、市場環境の悪化等により機動的な資金調達を行うことができない可能性
        があり、その場合には、当社グループの研究開発に係る体制及び計画の見直しを余儀なくされるなど、当社グルー
        プの財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ⑤ 外国為替変動に関する事項

         当社グループは、事業活動をグローバルに展開しており、海外企業とのライセンス、海外での研究開発活動等に
        おいて外貨建取引が存在します。               為替変動リスクはヘッジ活動によっても完全に取り除くことはできないため                                   、急
        激な為替変動によって為替リスクが顕在化した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響が及
        ぶ可能性があります。
      ⑥ 契約に基づく支払義務の負担に関する事項

         当社グループは、開発パイプラインに関する提携企業との契約において、販売に至る前の開発段階及び販売開始
        後に提携先に対する支払義務を負っている場合があります。また、開発費の共同負担や販売開始後一定額の販売活
        動経費の投入を行う義務を負う場合もあります。これらの対価の支払形態は、製品開発型バイオベンチャーとして
        の事業の性質上当然のものと認識していますが、当社グループの資本力に比べ支払額が高額となる場合には、当社
        グループにとって大きな財務的負担となる可能性があり、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響が及
        ぶ可能性があります。
      ⑦ 国内販売体制の構築及び技術導出に関する事項

        (a)国内市場における自社製品の販売
         当社グループは、国内の販売網の構築にあたっては、自社販売、他社との共同販売等を検討しますが、期待ど
        おりに国内販売体制を構築できない場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性
        があります。
                                 13/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        (b)自社又は子会社の開発品の技術導出
         開発品を開発の途中段階で他社に導出することにより、一時金や導出先の販売高に連動した収益を受領するこ
        とが可能となります。しかし、開発の遅延その他の理由により計画どおりの時期に技術導出ができない場合や技
        術導出を予定している開発品に関して導出そのものが困難になった場合には、当社グループの財政状態及び経営
        成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ⑧ M&A等(買収、合併、営業の譲渡・譲受、出資)による事業拡大に関する事項

         当社グループは、保有する経営資源の効率的運用と企業価値の最大化のため、M&A等を活用して事業規模の拡大
        を図ることを経営方針の一つとしていますが、その施策により想定どおりの効果が得られない場合は、最大でのれ
        ん14,134百万円及び無形資産11,802百万円の減損損失の計上等により、当社グループの財政状態及び経営成績に重
        大な影響が及ぶ可能性があります。
      ⑨ 重要な契約に関する事項

         「第一部 企業情報、第2 事業の状況、4.経営上の重要な契約等」に記載した、当社グループの経営上の重
        要な契約が期間満了、解除その他の理由により終了した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な
        影響が及ぶ可能性があります。
      ⑩   訴訟等に関する事項

         当社グループは、当連結会計年度において訴訟の提起を受けていませんが、訴訟その他の法的手続や当局による
        調査を受ける可能性があります。多額の支払を命じられた場合や当社グループにとって不利益な決定がなされた場
        合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ⑪   内部統制の整備に関する事項

         当社グループは、金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに実施基準に準拠
        し、財務報告に係る有効な内部統制システムを整備し、その適正な運用に努めています。しかし、内部統制が有効
        に機能せず、あるいは予期しない内部統制上の問題により、多額の損失が発生した場合には、当社グループの財政
        状態及び経営成績に重大な影響が及ぶ可能性があります。
      ⑫ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に起因する事項

         本報告書作成時点において、COVID-19の流行が終息する見通しは立っておらず、先行きは不透明な状況です。
         当社グループは、COVID-19の発生が当社の事業に影響を与える可能性があることを認識しており、COVID-19の流
        行とその当社グループの事業活動に与える影響を注視しています。当社グループは、臨床試験を含む創薬及び医薬
        品開発活動を継続しますが、一部の初期段階の創薬活動及び臨床試験のスケジュールにCOVID-19の流行の影響が生
        じており、またその影響が継続する可能性があります。英国と日本におけるCOVID-19の流行の状況は引き続き変化
        しており、当社グループへの影響を注視しています。
         ・  ビジネス全般:COVID-19に関する新たな社内の研究開発プログラムを除き、現在、大手提携先との収益に

            つながる業務を優先しています。短期的には、外部提携先からの収益が発生しない社内の研究開発プログ
            ラムへの取り組みを減らしています。将来的には、社内の研究開発プログラムを再度、速やかに拡大する
            ことが可能です。
         ・  サプライチェーン:英国の主要研究開発施設は、COVID-19の流行中も稼働してきました。当社グループの
            チームは、継続性確保のため、サプライチェーン全体でプロバイダーと緊密に連携しています。これま
            で、研究室での作業に必要となる、重要な消耗品の供給に大きな障害は発生しておらず、状況を引き続き
            注視していきます。
         ・  創薬プロジェクト:当社グループの従業員の安全な作業環境を確保するために、研究室での作業は、ソー
            シャルディスタンスを維持し、政府のその他の安全衛生規制措置が順守できるよう、輪番制によりキャパ
            シティを減らして実施されています。そのような状況にも関わらず、当社グループは高い生産性を維持し
            ています。当社グループは地理的に分散された広範なCROネットワークを有しており、中国と東ヨーロッ
            パのプロバイダーによって増強されたキャパシティを確保しています。それにもかかわらず、プロジェク
            トのタイムラインには若干の遅れが見込まれ、状況を引き続き注視していきます。
         ・  初期開発/臨床試験:治験実施者及び対象者の皆様の安全が最も重要であり、当社グループは、現在の臨
            床試験が安全に実施できるよう、プロバイダー及び提携先と緊密に連携しています。自社及び提携による
            臨床プログラムいずれのタイムラインにもある程度の影響があり、2020年に完了を予定していた試験は
            2021年に完了する可能性が高いと想定しています。
         ・  事業開発と新規提携:予定済及び今後の全ての提携交渉に関するミーティングに影響はなく、バーチャル
            で実施されています。
                                 14/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
        当社グループは、サイエンス及び技術に立脚した企業であり、創薬及び初期開発を専門としています。世界中の
      人々の生活の質と健康の向上に大きく貢献することをミッションとし、日本発の国際的なリーディングバイオ医薬品
      企業になることをビジョンに掲げています。
        当連結会計期間において、当社グループは独自のStaR                         技術及びSBDDプラットフォームを引き続き活用・強化しま
                                ®
      した。
        また、創薬ビジネスの拡大に引き続き注力し、成長機会を十分に活用していくことが可能な状況にあります。
        SBDDプラットフォームと生産性の極めて高い創薬エンジンにより、複数の有望な新薬候補物質を創出し続けてお
      り、全てのプログラムを資本効率良く早期に進展させるために、提携及び共同出資による活動の拡大を図っていま
      す。同時に、競争力を維持し、高いアンメットメディカルニーズの存在する分野における、次世代のプログラムから
      なる有望なパイプラインを進捗させるために、新たなテクノロジー、ツール及び能力強化のための投資を行っていま
      す。
        当社グループのビジネスモデルは、(1)大手グローバル製薬企業との既存の提携の推進、(2)革新的なテクノロ
      ジーを有する企業及びベンチャーファンドとの研究開発活動の推進、(3)実績がある当社グループ独自の創薬とそ
      の候補品の初期開発成績に基づく価値の高い新規提携の締結、という価値創造のための3つの重点分野に注力するも
      のです。
        当連結会計年度末現在、当社グループのプログラムの20品目以上が創薬段階、13品目が前臨床試験中、複数の自社
      開発及び提携プログラムが臨床試験中です。
        大手グローバル製薬企業との提携は、引き続き順調に推移しています。当連結会計年度において、アッヴィ社、バ
      イオヘイブン社及びGSK社と新規研究開発提携及びライセンス契約を締結しました。それに加えて、ファイザー社と
      の多岐にわたる研究開発提携において、2019年に3品目の前臨床開発候補物質が選定され、そのうち2品目が当連結
      会計年度末までに臨床試験入りしました。さらに、ノバルティス社のエナジア                                     ブリーズヘラー        が日本、欧州連合
                                           ®        ®
      を含む複数の国で承認・発売されました。
        革新的なテクノロジーを有する企業及びベンチャーファンドとの提携でも引き続き大きな進展がありました。当社
      のスピンオフ企業であるOrexia               Limited及びInexia         Limitedと連携して開発中のオレキシン受容体作動薬プログラム
      で、アゴニストと結合したオレキシン受容体OX2の構造解析、さらに低分子化合物の結合部位特定に成功しました。
      さらに、神経疾患におけるmGlu5                NAMプログラムの臨床開発を前進させるためAditum                         Bio  Fund   1,  L.P.と新会社
      Tempero    Bio,   Inc.を設立しました。一方、将来性の確保、創薬力の強化及び従来注力してきたGPCR以外へのター
      ゲットの拡大という方針に従い、当社グループはGPCRの分解を誘導するメカニズムを持つ新規低分子治療薬を共同で
      創薬・開発するためCaptor             Therapeutics       SAとの戦略的技術提携契約を締結しました。
        当社グループ独自で行う有望な新規提携のための創薬及び初期開発については、複数の創薬候補品を初期段階の開
      発へと進めるために、パイプラインへの必要な投資を継続しています。当連結会計年度において、H4拮抗薬、EP4拮
      抗薬、GPR35作動薬の各プログラムについて前臨床候補化合物を選定しました。
        また当連結会計年度は、COVID-19の世界的な流行という背景に照らし、創薬企業としての社会的投資責任を果たす
      べく、現在流行中のSARS-CoV-2に対する有効性が期待される治療薬の研究開発プログラムを進展させました。予見さ
      れる将来の変異コロナウイルスに対する有効性も期待される治療薬の研究開発を行う本プログラムにより、抗ウイル
      ス活性を持つ低分子の特定に成功しました。
        当社グループは引き続き基盤技術、創薬及び初期段階の開発の強化を図ります。創薬及び初期開発能力を増大し、
      業界をリードする生産性をさらに向上させるための投資を行っています。この投資により、既存の提携プロジェクト
      の推進とともに、世界トップレベルのパートナーとの価値の高い新規提携の獲得に注力することで、当社グループの
      事業全体の成長を後押しします。同時に、コスト管理を引き続き強化し、全ての価値創造の機会に柔軟に対応してま
      いります。
                                 15/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度の業績は、売上収益8,842百万円(前連結会計年度比884百万円減少)、営業利益928百万円(前連
      結会計年度比544百万円増加)、税引前当期利益1,622百万円(前連結会計年度比1,088百万円増加)、当期利益1,479
      百万円(前連結会計年度比47百万円増加)となりました。
                                                     (単位:百万円)
                           当連結会計年度             前連結会計年度
                         (自 2020年1月1日            (自 2019年1月1日                増減
                         至 2020年12月31日)             至 2019年12月31日)
     売上収益
                                8,842            9,726            △884
      売上原価に係る現金支出
                                △607            △807             200
      研究開発費に係る現金支出
                               △3,411            △3,937              526
      販売費及び一般管理費に係る現金支出
                               △1,995            △2,164              169
      その他の収益及びその他の費用            (※2)
                                 75            28            47
     現金利益(※3)

                                2,904            2,846              58
      非現金支出費用
                               △1,976            △2,462              486
     営業利益
                                 928            384            544
      金融収益及び金融費用         (※2)

                                1,050             331            719
      持分法投資損益

                                △356            △181            △175
     税引前当期利益

                                1,622             534           1,088
     当期利益
                                1,479            1,432              47
        ※1.費用及び損失は△で表示しております。
        ※2.「その他の収益及びその他の費用」並びに「金融収益及び金融費用」は純額で表示しております。
        ※3.「現金利益」は営業利益に有形固定資産の減価償却費、無形資産の償却費、株式報酬費用及び減損損失を加
          算した金額を表示しております。
                                 16/120











                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度の経営成績の分析は以下のとおりです。
        (売上収益)

                                                     (単位:百万円)
                          当連結会計年度             前連結会計年度
                        (自 2020年1月1日            (自 2019年1月1日
                                                    増減
                        至 2020年12月31日)             至 2019年12月31日)
                                5,353            6,013            △660

     マイルストン収入及び契約一時金
                                2,544            2,406             138
     ロイヤリティ収入
                                 -            276           △276
     医薬品販売
                                 945           1,031             △86
     その他
                                8,842            9,726            △884
     合計
          当連結会計年度の売上収益は、              前連結会計年度       に比べ884百万円減少し、8,842百万円となりました。

          当連結会計年度のマイルストン収入及び契約一時金は、前連結会計年度比660百万円減少し、5,353百万円とな

         りました。マイルストン収入及び契約一時金は、あらかじめ定められた成果を達成できるかどうか、あるいは新
         規提携契約が締結できるかどうかによって、四半期毎に変動する可能性があります。この減少は、新規導出契約
         は前連結会計年度の3件に対し、当連結会計年度は4件に増加したものの、マイルストン収入が前連結会計年度
         比減少したことによるものです。前連結会計年度にはアストラゼネカ社からの15百万米ドル等のいくつかの重要
         なマイルストン収入を計上しています。なお、当社グループは一度に受領する金額が約5百万米ドル以上のもの
         を「重要なマイルストンに関する収益」に分類しています。
          当連結会計年度のロイヤリティに関する収益は、前連結会計年度比138百万円増加し、2,544百万円となりまし

         た。その大半は導出先であるノバルティス社                       によるウルティブロ及びシーブリの売上に関連するもので
                             (注)
         す。エナジア       ブリーズヘラー        が日本及びEUで承認され、ノバルティス社による同製品の売上に関連するロイ
               ®        ®
         ヤリティ収入が、当連結会計年度の第3四半期から計上されています。
            グリコピロニウム臭化物とその製剤の独占的開発・販売権は、2005年4月に、当社グループ及び共同開

         (注)
           発パートナーであるVectura社からノバルティス社に導出しています。シーブリ                                     、ウルティブロ        、エナジ
                                               ®        ®
           ア 及びブリーズヘラー          はノバルティス社の登録商標です。
            ®          ®
                                 17/120









                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        (営業費用)
                                                     (単位:百万円)
                          当連結会計年度             前連結会計年度
                         (自 2020年1月1日            (自 2019年1月1日
                                                    増減
                         至 2020年12月31日)             至 2019年12月31日)
     売上原価に係る現金支出
                                 607            807           △200
     研究開発費に係る現金支出

                                3,411            3,937            △526
     販売費及び一般管理費に係る現金支出

                                1,995            2,164            △169
     非現金支出費用

                                1,976            2,462            △486
      売上原価

                                 154             44            110
      研究開発費
                                 382            355             27
      販売費及び一般管理費

                                1,440            1,450             △10
      その他の費用
                                 -            613           △613
        ・売上原価に係る現金支出

          当連結会計年度の        売上原価に係る現金支出            は、  前連結会計年度       比200百万円減少し、607百万円となりまし
         た。これは主に、株式会社そーせいのオラビ                     錠販売に係る直接経費が減少したことによるものです。なお、売
                              ®
         上原価に係る現金支出は、契約に基づき顧客に提供される研究開発受託サービスに関する人件費並びに研究施
         設の消耗品費等で構成されています。
        ・研究開発費に係る現金支出

          当連結会計年度の研究開発費に係る現金支出は、                       前連結会計年度       比526百万円減少し、3,411百万円となりま
         した。   これは主に、      COVID-19の     影響によるプロジェクト活動の減少                 及び外部委託企業との開発費用の負担を見
         直したことによるものです。研究開発費全体の96%は英国における活動によるものです。
        ・販売費及び一般管理費に係る現金支出

          当連結会計年度の販売費及び一般管理費に係る現金支出は、                            前連結会計年度       比169百万円減少し、1,995百万
         円となりました。これは主に、株価の下落に伴い株式報酬費用に係る英国での社会保険料が減少したことによ
         るものです。
        ・非現金支出費用

          非現金支出費用は、有形固定資産の減価償却費、無形資産の償却費、株式報酬費用及び減損損失で構成され
         ています。当連結会計年度の非現金支出費用は、                       前連結会計年度       比486百万円減少し、1,976百万円となりまし
         た。  有形固定資産の減価償却費は507百万円(                   前連結会計年度       比51百万円増加)、無形資産の償却費は843百万円
         ( 前連結会計年度       比166百万円減少)、株式報酬費用は626百万円(                      前連結会計年度       比242百万円増加)となりまし
         た。  2020年4月に      事後交付型株式報酬         (RSU)を付与したことにより株式報酬費用が増加しました。また、                              前連結
         会計年度において株式会社そーせいのオラビ                     錠の収益性の低下等により無形資産613百万円を減損しました。
                              ®
        (営業損益)

          当連結会計年度の営業損益は、              前連結会計年度       比544百万円改善し、928百万円の営業利益となりました。これ
         は主に、売上収益が減少した一方、営業費用がより大きく減少したことによるものです。
        (金融収益及び金融費用)

          当連結会計年度の金融収益及び金融費用の純額は、                        前連結会計年度       比719百万円改善し、1,050百万円の収益超
         過となりました。これは主に、              条件付対価評価益が増加したことによるものです。
        (当期損益)

          当連結会計年度の当期損益は、              前連結会計年度       比47百万円改善し、1,479百万円の利益となりました。                         これは
         主に、上述の営業利益及び金融収益が増加したことによるものです。
                                 18/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度の財政状態の分析は以下のとおりです。
        (資産)

          当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ19,785百万円増加し、76,465百万円となりま
         した。   これは主に、Heptares           Therapeutics       Ltd.において法人所得税の還付により未収法人所得税の減少、及び
         2020年6月にそーせいCVC株式会社株式の売却に伴う                        Sosei   RMF1投資事業有限責任組合の連結除外の結果その他
         の金融資産が減少した一方、             2020年7月の海外募集による新株の発行及び転換社債型新株予約権付社債の発行、
         及び新規ライセンス契約に係る契約一時金の受領により、現金及び現金同等物が24,633百万円増加した                                               こと  によ
         るものです。
        (負債)

          当連結会計年度末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ12,482百万円増加し、24,084百万円となりま
         した。   これは主に、2020年7月に転換社債型新株予約権付社債の発行により社債が増加したこ                                         とによるもので
         す。
        (資本)

          当連結会計年度末における資本合計は、前連結会計年度末に比べ7,303百万円増加し、52,381百万円となりま
         した。   これは主に、      2020年7月の海外募集による新株の発行等による増加、転換社債型新株予約権付社債の発行
         に伴い資本剰余金が増加したこと及び                 当期利益の計上によるものです              。
          なお、現金及び現金同等物並びに有利子負債の総資産に占める比率及び親会社所有者帰属持分比率は、それぞ
         れ52.3%、21.7%、68.5%となります。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ24,633百万円増加し、当連結会計年度末
      は40,008百万円となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、4,672百万円の収入となりました。                                           これは主に、マ
         イルストン収入、新規提携による契約一時金及びロイヤリティ収入が営業に関する支出を上回ったこと及び法人
         所得税の還付1,338百万円によりキャッシュ・フローが増加したことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          当連結会計年度の投資活動によるキャッシュ・フローは150百万円の支出となりました。これは主に、Sosei
         RMF1投資事業有限責任組合が保有していた投資有価証券の売却による収入238百万円及び投資事業組合からの分
         配金の配当による収入295百万円があった一方、そーせいCVC株式会社及びSosei                                     RMF1投資事業有限責任組合の支
         配喪失に伴う現金及び現金同等物の減少577百万円があったことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          当連結会計年度の財務活動によるキャッシュ・フローは20,278百万円の収入となりました。これは主に、                                                2020
         年7月の海外募集による新株の発行等による収入5,145百万円及び転換社債型新株予約権付社債の発行による収
         入15,902百万円       によるものです       。
                                 19/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     (3)  資本の財源及び資金の流動性
        当社グループは、共同開発やライセンス契約に基づく、提携パートナー企業からのマイルストン収入及び契約一時
      金並びにロイヤリティ収入により運転資金を創出しています。また、持株会社である当社の新株発行、社債発行及び
      借入等により運転資金及び事業買収にかかる資金を調達しています。
        当社の主な資金需要は継続的な候補薬の開発に関するものであり、現在保有している候補薬や将来における自社開
      発パイプラインの研究開発や臨床試験を進め、規制当局からの承認を得るために、研究開発活動への投資を継続して
      いきます。
        当連結会計年度において、2020年7月16日付で海外募集による新株式の発行5,055百万円及び2025年満期ユーロ円
      建転換社債型新株予約権社債の発行16,000百万円の資金調達を行いました。
        この資金は、神経疾患や消化器疾患、免疫疾患、希少疾患などの領域における当社グループの創薬・開発に補完的
      な役割を果たす企業もしくは技術の獲得のための投資、当社グループが有する既存の創薬・早期開発基盤の拡充に資
      する資産の獲得のための投資、潜在的な国内市場向けの製品導入を中心とした戦略的成長投資、新規パイプラインの
      研究開発、及び運転資金に充当されます。
        その結果、当連結会計年度末における有利子負債は16,623百万円、現金及び現金同等物の残高は40,008百万円とな
      りました。
      「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)                     連結財務諸表 連結財務諸表注記 9.金融商品 (1)                          資本管理」

      に、資本管理に関する定量的情報を記載しております。
     (4)  生産、受注及び販売の実績

       ①  仕入実績
         当社グループの売上収益は、主にロイヤリティ収入並びにマイルストン収入及び契約一時金によるものであるた
        め、該当事項はありません。
       ②  受注実績

         当社グループの売上収益は、主にロイヤリティ収入並びにマイルストン収入及び契約一時金によるものであるた
        め、該当事項はありません。
       ③  販売実績

         当社グループの事業は医薬事業の単一セグメントであり、当連結会計年度における販売実績は以下のとおりで
        す。
                              当連結会計年度               前連結会計年度
                                                       増減率
                            (自 2020年1月1日              (自 2019年1月1日
                 区分
                                                        (%)
                            至 2020年12月31日)               至 2019年12月31日)
                                     5,353              6,013      △11.0
          マイルストン収入及び契約一時金
                                     2,544              2,406       5.7
          ロイヤリティ収入
                                      -             276       -
          医薬品販売
                                      945             1,031      △8.3
          その他
                                     8,842              9,726      △9.1
                 合計
          (注)1.    医薬事業の販売実績は主に開発進捗に伴うロイヤリティ収入並びにマイルストン収入及び契約一時金
              であり、仕入及び受注との関連はありません。
                                 20/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
            2.前連結会計年度及び当連結会計年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績
              に対する割合は以下のとおりです。なお、下記には、顧客のグループ会社の金額も含めて記載してお
              ります。
                               当連結会計年度                  前連結会計年度
                             (自 2020年1月1日                 (自 2019年1月1日
                             至 2020年12月31日)                  至 2019年12月31日)
                 相手先
                           金額(百万円)          割合(%)       金額(百万円)          割合(%)
          Novartis     International       AG         3,215         36.36         2,644         27.18

          GlaxoSmithKline        plc.             1,341         15.17          -         -

          Biohaven     Pharmaceutical

                               1,089         12.31          -         -
          Holding    Company    Ltd.
          Pfizer    Inc.                  524        5.93        1,511         15.54

                                365        4.13        1,155         11.88

          武田薬品工業株式会社
          Genentech,      Inc.                345        3.90        1,001         10.30

          AstraZeneca      UK  Limited               -         -       1,616         16.61

            3.上記の金額には、消費税等は含まれていません。
     (5)  重要な会計方針及び見積り

        当社グループの重要な会計方針及び見積りにつきましては、「第5 経理の状況、1.連結財務諸表等、(1)                                                  連結
      財務諸表、連結財務諸表注記 3.重要な会計方針、4重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断」に記載のとお
      りです。
        なお、会計上の見積りにおける              COVID-19の     影響については、「第5 経理の状況、1.連結財務諸表等、(1)                               連結
      財務諸表、連結財務諸表注記 34.追加情報」に記載のとおりです。
                                 21/120











                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
      当連結会計年度における当社グループの経営上の重要な契約は、以下のとおりです。
        (1)  そーせいグループ株式会社を当事者とする契約
        ① Heptares       Therapeutics       Ltd.の100%子会社化に係る契約
                Share   Purchase     Agreement
     契約名
                Heptares     Therapeutics       Ltd.元株主105名
     相手方
     契約締結日           2015年2月20日
     契約期間           期間の定めなし
                当社は、Heptares         Therapeutics       Ltd.の発行済全株式を取得し、その対価として180百万米ド
                ル及び契約に定める一定の事由の発生によりHeptares                          Therapeutics       Ltd.がマイルストン又
     主な契約内容
                はロイヤリティ収入を受領した場合に支払われる最大220百万米ドルの条件付対価の合計、最
                大400百万米ドルを支払う。
        ②   コミットメントライン契約

     契約名           コミットメントライン契約書
     相手方           株式会社みずほ銀行をアレンジャー兼エージェントとする金融機関
                2019年12月30日(更新契約2020年12月8日)
     契約締結日
     借入限度額           50億円
                2019年12月30日から2021年12月30日まで。ただし、2022年12月30日まで延長することができ
     コミットメント期間
                る。
     担保           無担保
      (2)  Heptares     Therapeutics       Ltd.  を当事者とする契約

        ①   ライセンスに関する契約
                License    Agreement
     契約名
                Novartis     International       Pharmaceutical        Ltd.,   Vectura    Group   Plc.
     相手方
     契約締結日           2005年4月12日
                契約締結日から①Sosei           R&D  Ltd.及び共同ライセンサーである                Vectura    Group   Plc.  が許諾し
     契約期間           た最後の特許が満了する日、又は②Sosei                    R&D  Ltd.又は実施権者により商業化された最後の
                商品の最初の発売日から10年が経過した日のいずれか遅い日まで
                Sosei   R&D  Ltd.及び    Vectura    Group   Plc.  は Novartis     International       Pharmaceutical        Ltd.  に
                対し、NVA237及びQVA149の全世界における開発及び商業化の独占的権利を許諾する。                                        (Sosei
     主な契約内容
                R&D  Ltd.の契約を      Heptares     Therapeutics       Ltd.が承継     )
                Research     and  License    Agreement

     契約名
                AstraZeneca      UK  Limited
     相手方
     契約締結日           2015年8月6日
                契約発効日(米国独占禁止法令による待機期間満了日)から対象製品及び対象国ごとに、①対
     契約期間           象特許権等の特許期間満了日、②法令上の独占期間の終了日又は③市販開始から10年経過後
                又は後発医薬品の販売日のいずれか早い日のうち、最も遅い日まで
                Heptares     Therapeutics       Ltd.は、AstraZeneca          UK  Limitedに対しアデノシンA2A受容体拮抗薬

     主な契約内容           HTL一1O71     の全世界における独占的開発、製造販売権を許諾し、その対価として、契約一時
                金、マイルストン及びロイヤリティを受領。また、両社は、共同研究プログラムを実施。
                                 22/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
                Research     Collaboration       and  License    Agreement

     契約名
                Pfizer    Inc.
     相手方
     契約締結日           2015年11月18日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の最終の特許期間満了日又は②

     契約期間
                市販開始から10年経過後のいずれか遅い日まで
                Heptares     Therapeutics       Ltd.  は、複数の領域における最大              10  種の   GPCR   ターゲットに関す
     主な契約内容           る新規医薬品の独占的開発・製造販売権を                    Pfizer    Inc.  に許諾し、これにより          Pfizer    Inc.  か
                ら開発・販売マイルストン及び売上高に応じたロイヤリティを受領。
                Research,Development           and  License    Agreement

     契約名
                Allergan     Pharmaceuticals        International       Limited
     相手方
     契約締結日           2016年4月7日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の最終の特許期間満了日、②法
     契約期間           令上の独占期間の終了日又は③最初の市販開始から10年経過後のうち、最も遅い日までとし
                ておりましたが、2021年1月4日をもって、本契約は終了しております。
                Heptares     Therapeutics       Ltd.は、アルツハイマー病等の神経系疾患を適応とする新規ムスカ
                リン受容体サブタイプ選択的作動薬化合物群に関する独占的開発・製造販売権を                                     Allergan
     主な契約内容           Pharmaceuticals        International       Limitedに許諾し、これにより              Allergan     Pharmaceuticals
                International       Limited    から  契約一時金並びに開発・販売マイルストン及び売上高に応じたロ
                イヤリティを受領。
                Letter    Agreement

     契約名
                Allergan     Pharmaceuticals        International       Limited
     相手方
     契約締結日           2017年11月7日
                期間の定めなし       としておりましたが、2021年1月4日をもって、本契約は終了しておりま
     契約期間
                す。
                Heptares     Therapeutics       Ltd.  は、Allergan       Pharmaceuticals        International       Limitedから、
                レビー小体型認知症を適応とする新規ムスカリンM1受容体作動薬HTL0018318の開発及び販売
     主な契約内容
                活動を日本国内で行う無償の実施権の許諾を受ける。なお、日本国外でHTL0018318の開発を
                実施する権利は、Allergan             Pharmaceuticals        International       Limitedに留保される。
                Research     Collaboration       and  License    Agreement

     契約名
                Genentech,      Inc.
     相手方
     契約締結日           2019年7月12日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の特許期間満了日又は②市販開

     契約期間
                始から10年経過する日のいずれか遅い日まで
                複数のGPCRターゲットを対象として両社は共同開発を実施し、                             Heptares     Therapeutics       Ltd.

                はGenentech,       Inc.に対し、特定された独占的ターゲットについて、全世界における独占的開
     主な契約内容
                発、製造販売権を許諾し、その対価として、契約一時金、マイルストン及びロイヤリティを
                受領する。
                                 23/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
                Multi-Target       Collaboration       Agreement

     契約名
                Millennium      Pharmaceuticals,         Inc.(武田薬品工業株式会社の100%子会社)
     相手方
     契約締結日           2019年8月2日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の特許期間満了日、②市販開始
     契約期間
                から10年経過後又は③法令上の独占期間の終了日のいずれか遅い日まで
                Heptares     Therapeutics       Ltd.  は、提携の対象として選定された複数のGPCRターゲットについ

                て、Millennium        Pharmaceuticals,         Inc.に対し全世界における独占的開発、製造販売権を許
     主な契約内容
                諾し、その対価として、契約一時金、マイルストン及びロイヤリティを受領。また、両社
                は、共同研究プログラムを実施。
                Collaboration       and  Option    to  License    Agreement

     契約名
                AbbVie    Ireland    Unlimited     Company
     相手方
     契約締結日           2020年6月24日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の特許期間満了日、②市販開始
     契約期間
                から10年経過後又は③法令上の独占期間の終了日のいずれか遅い日まで
                Heptares     Therapeutics       Ltd.  と AbbVie    Ireland    Unlimited     Company    は、共同開発により新規
                医薬品候補を見出し、           Heptares     Therapeutics       Ltd.  は、  AbbVie    Ireland    Unlimited     Company
                に対しグローバルな開発・販売を行うことの独占的ライセンスオプションを許諾。その対価
     主な契約内容
                として、契約一時金と初期マイルストン、マイルストン及び販売高に応じた段階的ロイヤ                                          リ
                ティを受領。また、AbbVie             Ireland    Unlimited     Companyは合計で最大4種までターゲットを
                拡大できるオプションを保持。
                COLLABORATION       AND  LICENSE    AGREEMENT

     契約名
                Tempero    Bio,   Inc.
     相手方
     契約締結日           2020年11月2日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の特許期間満了日又は②市販開
     契約期間
                始から10年経過後のいずれか遅い日まで
                Heptares     Therapeutics       Ltd.  は、Tempero      Bio,   Inc  .に対し    、開発候補品HTL0014242を含む、
                代謝型グルタミン酸受容体5(mGlu5)NAMのポートフォリオに関するグローバルでの独占的権
     主な契約内容
                利を許諾し、その対価として、契約一時金および戦略的株式持分として                                 Tempero    Bio,   Inc.  の
                株式、マイル      ストン及びロイヤルティを受領。
                Global    Collaboration       and  License    Agreement

     契約名
                Biohaven     Pharmaceutical        Holding    Company    Ltd.
     相手方
     契約締結日           2020年11月30日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の特許期間満了日、②市販開始
     契約期間
                から10年経過後又は③法令上の独占期間の終了日のいずれか遅い日まで
                Heptares     Therapeutics       Ltd.  は、Biohaven       Pharmaceutical        Holding    Company    Ltd.に対    し、
                新規低分子      CGRP   受容体拮抗薬ポートフォリオの開発・製造および販売に関するグローバル
     主な契約内容
                な独占的権利を許諾し、その対価として、契約一時金、マイルストン及びロイヤリティを受
                領。
                                 24/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
                COLLABORATION       AND  LICENCE    AGREEMENT

     契約名
                GlaxoSmithKline        Intellectual       Property     (No.5)    Limited
     相手方
     契約締結日           2020年12月18日
                契約締結日から対象製品及び対象国ごとに、①対象特許権等の特許期間満了日、②市販開始
     契約期間
                から10年経過後又は③法令上の独占期間の終了日のいずれか遅い日まで
                Heptares     Therapeutics       Ltd.  は、GlaxoSmithKline           Intellectual       Property     (No.5)    Limited

     主な契約内容           に対  し、GPR35     受容体作動薬ポートフォリオに対する独占的開発、製造販売権を許諾し、そ
                の対価として、契約一時金、マイルストン及びロイヤリティを受領。
     5【研究開発活動】

       当社グループは、製品開発型のバイオ医薬品企業として、経営資源を医薬品の研究開発活動に集中しています。研
      究開発費は、当社グループが保有する開発品の開発費、次期開発候補品の探索及び創薬基盤技術の研究に係る費用で
      構成されています。
       当連結会計年度における、IFRSに基づく当社グループの研究開発費は                                3,793   百万円となりました。
       研究開発活動の具体的な内容は、「3                  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」に
      記載のとおりです。
                                 25/120














                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当連結会計年度において、重要な設備の取得、除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

       当連結会計年度末現在における当社グループの主要な設備は、以下のとおりです。
       (1)  提出会社
                                      帳簿価額
       事業所名                                               従業員数
               セグメントの
                      設備の内容             工具、器具
       (所在地)                                                (人)
                 名称             建物           リース資産        合計
                                   及び備品
                             (百万円)             (百万円)      (百万円)
                                   (百万円)
                                                          23
     本社
                      統括業務
               全社(共通)                 34      11      20      65
     (東京都千代田区)
                      施設                                   (2.7)
    (注)1.日本基準に基づく金額を記載しています。上記の金額には、消費税等は含まれていません。
      2.本社は賃借物件です。
      3.従業員数の(          )内は、臨時雇用者数を外数で記載しています。
       (2)  在外子会社

                                       帳簿価額
        会社名
                                                       従業員数
               セグメントの
       事業所名                     建物及び          工具、器具
                      設備の内容
                                                        (人)
                 名称                 機械装置           使用権資産       合計
       (所在地)
                            構築物          及び備品
                                 (百万円)           (百万円)     (百万円)
                            (百万円)           (百万円)
     Heptares
     Therapeutics       Ltd.
                                                         153
                             1,484      566      73    1,495     3,618
               医薬事業       研究設備
     本社
                                                         (7.8)
     (英国ケンブリッ
     ジ)
    (注)1.IFRSに基づく金額を記載しています。上記の金額には、消費税等は含まれていません。
      2.本社は賃借物件です。
      3.従業員数の(          )内は、臨時雇用者数を外数で記載しています。
     3【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 26/120







                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
     普通株式                                         149,376,000

                  計                            149,376,000

        ②【発行済株式】

                                     上場金融商品取引所名
            事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
       種類                              又は登録認可金融商品                内容
              (2020年12月31日)             (2021年3月24日)
                                     取引業協会名
                                     東京証券取引所
                 80,596,128            80,742,128
     普通株式                                           単元株式数100株
                                     (マザーズ)
                 80,596,128            80,742,128            -            -
       計
    (注)「提出日現在発行数」欄には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権等の行使により発行
       された株式数は含まれていません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          ストック・オプション制度の内容は「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)                                      連結財務諸表 連結財務諸
         表注記 23.株式報酬」に記載しております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

        そーせいグループ株式会社2025年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債(以下「本社債」といいます。)
      決議年月日                           2020年6月30日
      新株予約権の数(個)※                           1,600
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                                       -
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                 普通株式     8,724,100
      (株)(注)1※
      新株予約権の行使時の払込金額(円)(注)2※                           1,834
      新株予約権の行使期間(注)3              ※             自   2020年7月30日         至   2025年7月2日
                                 発行価格              1,834
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
      の発行価格及び資本組入額(円)(注)4※                           資本組入額               917
      新株予約権の行使の条件            ※
                                 (注)5
                                 転換社債型新株予約権付社債に付されたものであり、
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 本社債からの分離譲渡はできない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事
                                 (注)6
      項※
                                 各本新株予約権の行使に際しては、当該本新株予約権
      新株予約権の行使の際に出資の目的とする財産の内
                                 に係る本社債を出資するものとし、当該本社債の価額
      容及び価額
                                 は、その額面金額と同額とする。
      当期末日における新株予約権社債の残高(百万円)
                                 16,000
       ※   当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2021年2月28
         日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に
         係る記載を省略しております。
                                 27/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
       (注)1.本新株予約権の目的である株式の種類及び内容は当社普通株式(単元株式数100株)とし、その行使により当
          社が当社普通株式を交付する数は、行使請求に係る本社債の額面金額の総額を下記2(1)及び(2)記載の転換
          価額で除した数とします。但し、行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整は行わない
          も のとします。また、本新株予約権の行使により単元未満株式が発生する場合は、当該単元未満株式は単元
          株式を構成する株式と同様の方法で本社債の保有者(以下「本新株予約権付社債権者」という。)に交付さ
          れ、当社は当該単元未満株式に関して現金による精算を行わないものとします。
         2.(1)    本新株予約権の行使時の払込金額(以下「転換価額」という。)は、当初、1,834円とします。
           (2)転換価額は、本社債の発行後、当社が当社普通株式の時価を下回る払込金額で当社普通株式を発行し又
             は当社の保有する当社普通株式を処分する場合、下記の算式により調整されるものとします。なお、下
             記の算式において、「既発行株式数」は当社の発行済普通株式(当社が保有するものを除く。)の総数を
             いうこととします。
                                      発行又は処分株式数          ×  1株当たりの払込金額

                             既発行株式数       +
          調整後転換価額        =  調整前転換価額        ×                    時価
                                   既発行株式数       +  発行又は処分株式数
             また、転換価額は、当社普通株式の分割又は併合、一定の剰余金の配当、当社普通株式の時価を下回る

             価額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されるものを含む。)
             の発行が行われる場合その他一定の事由が生じた場合にも適宜調整されるものとします。
         3.但し、①本社債の要項に定める当社による繰上償還の場合は、償還日の東京における3営業日前の日まで
          (但し、税制変更による繰上償還において繰上償還を受けないことが選択された本社債に係る本新株予約権を
          除く。)、②本新株予約権付社債権者の選択による繰上償還がなされる場合は、償還通知書が                                          支払・新株予約
          権行使請求受付代理人に預託された時まで、③買入消却がなされる場合は、本社債が消却される時まで、ま
          た本社債の期限の利益の喪失の場合は、期限の利益の喪失時までとします。上記いずれの場合も、2025年7
          月2日(新株予約権の行使のために本社債が預託された場所における現地時間)より後に本新株予約権を行使
          することはできないものとします。上記にかかわらず、当社の組織再編等を行うために必要であると当社が
          合理的に判断した場合、組織再編等の効力発生日の翌日から起算して14日以内に終了する30日以内の当社が
          指定する期間中、本新株予約権を行使することはできないものとします。上記にかかわらず、本新株予約権
          付社債権者は、預託日(以下に定義する。)が、本社債の利息の支払に係る基準日(同日を含む。)から利払日
          (同日を含む。)までの期間に当たる場合、本新株予約権を行使することはできないものとします。上記にか
          かわらず、本新株予約権の行使の効力が発生する日本における暦日(又は当該暦日が東京における営業日でな
          い場合、その東京における翌営業日)が、当社の定める基準日又は社債、株式等の振替に関する法律第151条
          第1項に関連して株主を確定するために定められたその他の日(以下、当社の定める基準日と併せて「株主確
          定日」と総称する。)の東京における2営業日前の日(又は当該株主確定日が東京における営業日でない場
          合、その東京における3営業日前の日)(同日を含む。)から当該株主確定日(又は当該株主確定日が東京にお
          ける営業日でない場合、その東京における翌営業日)(同日を含む。)までの期間に当たる場合、本新株予約権
          を行使することはできないものとします。但し、社債、株式等の振替に関する法律に基づく振替制度を通じ
          た新株予約権の行使に係る株式の交付に関する日本法、規制又は慣行が変更された場合、当社は、本段落に
          よる本新株予約権を行使することができる期間の制限を、当該変更を反映するために修正することができま
          す。「預託日」とは、支払・新株予約権行使請求受付代理人に本新株予約権付社債券及びその他行使請求に
          必要な書類が預託され、かつ、その他行使請求に必要な条件が満足された日をいいます。
         4.増加する資本金の額は、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金
          額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとします。また、増加する
          資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とします。
         5.各本新株予約権の一部行使はできないものとします。
         6.(1)組織再編等が生じた場合、当社は、承継会社等(以下に定義する。)をして、本社債の要項に従って、本
             社債の主債務者としての地位を承継させ、かつ、本新株予約権に代わる新たな新株予約権を交付させる
             よう最善の努力をするものとします。但し、かかる承継及び交付については、(ⅰ)その時点で適用のあ
             る法律上実行可能であり、(ⅱ)そのための仕組みが既に構築されているか又は構築可能であり、かつ、
             (ⅲ)当社又は承継会社等が、当該組織再編等の全体から見て不合理な(当社がこれを判断します。)費用
             (租税を含む。)を負担せずに、それを実行することが可能であることを前提条件とします。かかる場
             合、当社は、また、承継会社等が当該組織再編等の効力発生日において日本の上場会社であるよう最善
             の努力をするものとします。本(1)に記載の当社の努力義務は、当社が本社債の受託会社に対して承継
             会社等が、当該組織再編等の効力発生日において、理由の如何を問わず、日本の上場会社であることを
             当社は予想していない旨の証明書を交付する場合、適用されないものとします。「承継会社等」とは、
                                 28/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
             組織再編等における相手方であって、本社債又は本新株予約権に係る当社の義務を引き受ける会社をい
             います。
           (2)  上記(1)の定めに従って交付される承継会社等の新株予約権の内容は下記のとおりと                                      します   。
            ① 新株予約権の数
             当該組織再編等の効力発生日の直前において残存する本新株予約権付社債に係る本新株予約権の数と同
             一の数とします。
            ② 新株予約権の目的である株式の種類
             承継会社等の普通株式とします。
            ③ 新株予約権の目的である株式の数
             承継会社等の新株予約権の行使により交付される承継会社等の普通株式の数は、当該組織再編等の条件
             等を勘案のうえ、本社債の要項を参照して決定するほか、下記(a)又は(b)に従う。なお、その転換価額
             は上記2に定める方法と同様の調整に服します。
             (a)  一定の合併、株式交換又は株式移転の場合、当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を
              行使した場合に得られる数の当社普通株式の保有者が当該組織再編等において受領する承継会社等
              の普通株式の数を、当該組織再編等の効力発生日の直後に承継会社等の新株予約権を行使したとき
              に受領できるように、転換価額を定めます。当該組織再編等に際して承継会社等の普通株式以外の
              証券又はその他の財産が交付されるときは、当該証券又は財産の価値を承継会社等の普通株式の時
              価で除して得られる数に等しい承継会社等の普通株式の数を併せて受領させるものとします。
             (b)  上記以外の組織再編等の場合、当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した場合
              に本新株予約権付社債権者が得られるのと同等の経済的利益を、当該組織再編等の効力発生日の直
              後に承継会社等の新株予約権を行使したときに受領できるように、転換価額を定めるものとしま
              す。
            ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額
             承継会社等の新株予約権の行使に際しては、承継された本社債を出資するものとし、当該本社債の価額
             は、承継された本社債の額面金額と同額とします。
            ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
             当該組織再編等の効力発生日(場合によりその14日後以内の日)から、本新株予約権の行使期間の満了日
             までとします。
            ⑥ その他の新株予約権の行使の条件
             承継会社等の各新株予約権の一部行使はできないものとします。
            ⑦ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金
             承継会社等の新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規
             則第17条の定めるところに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1
             円未満の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とします。増加する資本準備金の額は、資本金等
             増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とします。
            ⑧ 組織再編等が生じた場合
             承継会社等について組織再編等が生じた場合にも、本社債と同様の取り扱いを行います。
            ⑨ その他
             承継会社等の新株予約権の行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整は行わないも
             のとします。承継会社等の新株予約権は承継された本社債と分離して譲渡できないものとします。
           (3)当社は、上記(1)の定めに従い本社債に係る信託証書に基づく当社の義務を承継会社等に引き受け又は
             承継させる場合、本社債の要項に定める一定の場合には保証を付すほか、本社債の要項に従います。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
                                 29/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式                             資本準備金増
                       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                 総数増減数                             減額
         年月日
                        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                  (株)                            (百万円)
     2016年4月1日~
                   60,900     16,916,184            49     26,004         49     14,121
     2017年3月31日(注1)
     2017年4月1日~
                 2,138,800       19,054,984         10,778       36,782       10,778       24,899
     2018年3月31日
     (注2)(注3)
     2018年4月1日~
                 57,246,952       76,301,936            72     36,854         72     24,971
     2018年12月31日
     (注4)(注5)
     2019年1月1日~
                  771,200      77,073,136           625      37,479         625      25,596
     2019年12月31日
     (注6)
     2020年1月1日~
                 3,522,992       80,596,128          2,741       40,220        2,741       28,337
     2020年12月31日
     (注7)(注8)(注9)
    (注)1.    2016年4月1日から2017年3月31日までの新株予約権等の行使により発行済株式総数は60,900株増加し、これに
         よる資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ49百万円です。
      2.2017年11月10日開催の取締役会における決議に基づく2017年11月27日を払込期日とする海外募集及びオーバーア
         ロットメントによる売出しに関連した第三者割当による新株式の発行により発行済株式総数2,070,000株増加
         し、これによる資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ10,644百万円です。
         (1)海外募集(有償)
          発行価格    10,800円
          払込金額         10,283.55円
          資本組入額        5,141.775円
         (2)第三者割当(有償)
          発行価格    10,800円
          払込金額         10,283.55円
          資本組入額        5,141.775円
          割当先    JPモルガン証券株式会社
      3.2017年4月1日から2018年3月31日までの新株予約権等の行使により発行済株式総数は68,800株増加し、これに
         よる資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ134百万円です。
      4.2018年5月10日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で普通株式1株につき4株の割合とする株式分割
         に伴う定款の変更が行われ、発行済株式総数は57,164,952株増加しています。
      5.2018年4月1日から2018年12月31日までの新株予約権等の行使により発行済株式総数は82,000株増加し、これに
         よる資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ72百万円です。
      6.2019年1月1日から2019年12月31日までの新株予約権等の行使により発行済株式総数は771,200株増加し、これ
         による資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ625百万円です。
      7.2020年6月30日開催の取締役会における決議に基づく2020年7月16日を払込期日とする海外募集による売出しに
         関連した第三者割当による新株式の発行により発行済株式総数3,301,400株増加し、                                       これによる資本金及び資本
         準備金の増加額は、それぞれ2,528百万円です。
          発行価格    1,595円
          払込金額          1,531.2円
          資本組入額            765.6円
      8.2020年1月1日から2020年12月31日までの新株予約権等の行使により発行済株式総数は149,200株増加し、これ
         による資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ132百万円です。
      9.2020年1月1日から2020年12月31日までの事後交付型株式報酬(RSU)制度による新株式の発行により発行済株式
         総数は72,392株増加し、これによる資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ81百万円です。
      10.2021年1月1日から2021年2月28日までの新株予約権等の行使により発行済株式総数は146,000株増加し、これ
         による資本金及び資本準備金の増加額は、それぞれ126百万円です。
                                 30/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                    2020年12月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数          100 株)
                                                       単元未満
         区分                             外国法人等                  株式の状
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                     金融機関                         個人その他       計   況(株)
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)             -     12     42     291     180     45   27,669     28,239       -
     所有株式数(単元)             -   83,961     25,007     39,772     194,952      4,979    456,898     805,569     39,228
     所有株式数の割合(%)             -   10.422     3.104     4.937     24.200     0.618     56.717     100.000       -
    (注)自己株式213         株は、「個人その他」に2単元及び「単元未満株式の状況」に13株を含めて記載しています。
      (6)【大株主の状況】

                                                  2020年12月31日現在
                                                   発行済株式(自
                                                   己株式を除
                                            所有株式数
                                                   く。)の総数に
           氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                   対する所有株式
                                                   数の割合(%)
                                              6,350,000           7.88

     五味 大輔                   長野県松本市
     株式会社日本カストディ銀行(信託口
                        東京都中央区晴海1丁目8-12                      4,029,200           5.00
     9)
                        5300   CARILLON     POINT   KIRKLAND,     WA
     TAIYO   FUND,   L.P
                        98033,    USA
                                              3,580,100           4.44
     (常任代理人       株式会社三菱UFJ銀行)
                        東京都千代田区丸の内2丁目7-1(常
                        任代理人)
                        5300   CARILLON     POINT   KIRKLAND,     WA
     TAIYO   HANEI   FUND,   L.P.
                        98033,    USA
                                              2,029,900           2.52
     (常任代理人       株式会社三菱UFJ銀行)
                        東京都千代田区丸の内2丁目7-1(常
                        任代理人)
                        東京都渋谷区代々木3丁目22-7                      1,885,136           2.34
     ファイザー株式会社
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                        P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     COMPANY    505103
                        02101   U.S.A
                                              1,427,884           1.77
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決
                        東京都港区港南2丁目15-1 品川イン
                        ターシティA棟(常任代理人)
     済営業部)
                        7TH  FLOOR,    155  WELLINGTON      STREET
     RBC  IST  15  PCT  LENDING    ACCOUNT-
                        WEST   TORONTO,     ONTARIO,     CANADA,    M5V
     CLIENT    ACCOUNT
                                              1,382,500           1.72
                        3L3
     (常任代理人       シティバンク、エヌ・
                        東京都新宿区新宿6丁目27番30号(常
     エイ東京支店)
                        任代理人)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                        東京都港区浜松町2丁目11番3号
                                              1,347,795           1.67
     社(信託口)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                        P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     COMPANY    505227
                        02101   U.S.A
                                              1,339,500           1.66
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決
                        東京都港区港南2丁目15-1 品川イン
                        ターシティA棟(常任代理人)
     済営業部)
                        ONE  LINCOLN    STREET,     BOSTON    MA  USA
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT
                        02111
     (常任代理人       香港上海銀行東京支店                                  1,325,812           1.65
                        東京都中央区日本橋3丁目11-1(常
     カストディ業務部)
                        任代理人)
             計
                                -             24,697,827           30.65
                                 31/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
    (注)1.上記の所有株のうち、信託業務に係る株式数は、以下のとおりであります。
         株式会社日本カストディ銀行(信託口9)                                 4,029,200     株
         日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                                             1,347,795     株
      2.2020年3月16日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、タイヨウ・ファンド・マ
         ネッジメント・カンパニー・エルエルシー(Taiyo                       Fund   Management      Co.  LLC)  及びその共同保有者2社が2020年
         3月9日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として                                          2020年12月31日現在
         における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、その     大量保有報告書の        変更報告書の内容は、次のとおりであります。
                                           保有株券等の数           株券等

              氏名又は名称                   住所
                                             (株)       保有割合(%)
         タイヨウ・ファンド・マネッジメ
                         アメリカ合衆国、ワシントン州
         ント・カンパニー・エルエルシー
                         98033、カークランド、キャリロン                 株式 3,252,000               4.22
         (Taiyo    Fund   Management      Co.
                         ポイント5300
         LLC)
                         ケイマン諸島、KY1-1108、グランド
                         ケイマン、フォート・ストリート
         タイヨウ繁栄ジーピー・エルティ
                         75、クリフトン・ハウス、アップル                 株式 1,842,200               2.39
         ディー(Taiyo       Hanei   GP,  Ltd.)
                         バイ・トラスト(ケイマン)・エル
                         ティーディー気付
         タイヨウ・パシフィック・シー
                         アメリカ合衆国、ワシントン州
         ジー・エルエルシー(Taiyo
                         98033、カークランド、キャリロン                 株式 1,715,800               2.23
         Pacific    CG  LLC)          ポイント5300
                        合計                  株式 6,810,000               8.84
      3.2020年12月3日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、キャピタル・リサーチ・

         アンド・マネージメント・カンパニー                 (Capital     Research     and  Management      Company)     及びその共同保有者4社
         が2020年11月26日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2020年12月
         31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、その大量保有報告書の             変更報告書     の内容は、次のとおりであります。
         また、当社は、当該株主が関東財務局長に提出した大量保有報告書の変更報告書の記載に基づき、当該株主が主
         要株主に該当するとして、2020年9月8日付けで臨時報告書(主要株主の異動)を提出しております。
                                           保有株券等の数           株券等
              氏名又は名称                   住所
                                             (株)       保有割合(%)
         キャピタル・リサーチ・アンド・
                         アメリカ合衆国、カリフォルニア
         マネージメント・カンパニー
                         州、ロスアンジェルス、サウスホー
                                          株式    2,204,400            2.74
         (Capital     Research     and
                         プ・ストリート333
         Management      Company)
         キャピタル・インターナショナ
                         英国、SW1X      7GG、ロンドン、グロス
         ル・リミテッド       (Capital
                                          株式  139,867               0.17
                         ヴェノー・プレイス40
         International       Limited)
         キャピタル・インターナショナ
                         アメリカ合衆国、カリフォルニア州
         ル・インク     (Capital
                         90025、ロスアンジェルス、サン                 株式  313,880               0.39
         International       Inc.)         タ・モニカ通り11100、15階
         キャピタル・インターナショナ
                         スイス国、ジュネーヴ1201、プラ
         ル・エス・エイ・アール・エル
                                          株式  551,404               0.68
                         ス・デ・ベルグ3
         (Capital     International       Sarl)
         キャピタル・インターナショナル                東京都千代田区丸の内二丁目1番1
                                          株式 5,806,927               7.21
         株式会社                号 明治安田生命ビル14階
                        合計                  株式 9,016,478              11.19
                                 32/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2020年12月31日現在
                             株式数(株)          議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                    -       -           -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                               -       -           -
     議決権制限株式(その他)                               -       -           -

     完全議決権株式(自己株式等)                              200       -           -

                          普通株式
     完全議決権株式(その他)                          80,556,700             805,567         (注)
                          普通株式
                                 39,228         -           -
     単元未満株式                     普通株式
                               80,596,128           -           -
     発行済株式総数
                                    -         805,567         -
     総株主の議決権
    (注)1.権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式です。
      2.「単元未満株式」の株式数の欄には、当社所有の自己株式13株が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義        他人名義       所有株式数の
                                                    に対する所有株
      所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                           所有株式数(株)        所有株式数(株)          合計(株)
                                                    式数の割合(%)
                  東京都千代田区
                                 200         -        200        0.00
     そーせいグループ株式会社
                  麹町二丁目1番地
                     -           200         -        200        0.00
          計
                                 33/120












                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
        普通株式
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         該当事項はありません。

      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株
                                 -        -        -        -
      式
                                 -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に
                                 -        -        -        -
      係る移転を行った取得自己株式
      その他
                                 -        -        -        -
      (   -   )
                                213         -        213         -
      保有自己株式数
    (注)1.当期間における処理自己株式には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売渡
          による株式は含まれておりません。
        2.当期間における保有自己株式数には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取りによる株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

        将来における剰余金の配当等の決定は、営業成績、財務状況、現金需要、今後の見通し、分配可能利益及びその時
      点において取締役会が必要と認める他の要素等を考慮して行うこととしております。
        当社グループは現在、国際的な競争力をもつバイオベンチャー企業になるべく積極的に投資を行っており、近い将
      来における剰余金の配当等の実施を予定しておりません。
        取締役会において今後も上記要素を考慮しながら、総合的に判断してまいります。
        また、当社は剰余金の配当について、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決
      議により定めることを定款で定めています。なお、期末配当の基準日は12月31日とし、中間配当の基準日は6月30日
      としています。
                                 34/120







                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グル    ープは、日本屈指        の 国際的なリーディングバイオ医薬品企業                  を目指し、更なる事業拡大に向けた事業
         運営体制の構築を進めていますが、中長期的な企業価値の向上を図るためには、効果的な                                         コーポレート・ガバナ
         ンス体制の構築が重要な経営課題の一つであると認識しています。そのため、社外取締役の活用や監査委員会、
         会計監査人、内部監査部門間の連携を図り、取締役会の経営戦略策定機能・監督機能を十分に発揮するととも
         に、株主の皆様を始め、従業員、取引先、顧客、債権者、消費者、地域社会等の様々なステークホルダー(利害
         関係者)に対する説明責任を果たすことなどで、経営の公正性、透明性を高め、コーポレート・ガバナンスのさ
         らなる向上に努めてまいります。
        ② コーポレートガバナンス体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、経営の監督機能の強化と透明性の向上、意思決定の迅速化などを図ることを目的として、指名委員会
         等設置会社制度を採用しています。
          この体制のもとで当社は、経営の監督機能と業務執行機能を明確に分離し、業務執行の権限を大幅に執行役に
         委譲しており、経営の効率性と監督機能の強化を図る観点から適切な体制であると判断しています。
         各機関の内容及び目的は以下のとおりです。

         (a)  取締役会
           取締役会は、6名の取締役(うち5名が社外取締役)で構成され、当社グループの経営の基本方針を決定し、
          執行役及び取締役の職務の執行を監督しています。また、経営の基本方針の決定にあたっては、持続的成長と
          企業価値の向上を実現するための経営戦略に関する審議を十分に行っています。取締役のうち1名は、代表執
          行役を兼務しています。
         (b)  指名委員会

           指名委員会は、社外取締役2名及び代表執行役を兼務する取締役1名で構成され、取締役の選任・再任・解
          任等に関する議案の内容を決議しています。取締役候補者の選任に当たっては、当社グループのグローバルな
          事業展開に相応しい各分野における実績・経験を有することを選定基準の一つとしています。
         (c)  報酬委員会

           報酬委員会は、       社外取締役3名及び代表執行役を兼務する取締役1名                         で構成され、取締役及び執行役の報酬
          内容決定の方針を決定するとともに、これに基づく個人別の報酬の内容を各人の業績その他の会社への貢献度
          などを考慮した上で決定しています。
         (d)  監査委員会

           監査委員会は、社外取締役4名で構成されており、取締役及び執行役の職務執行の監査並びに会計監査人の
          選任及び解任等に関する議案の内容を決定しています。監査委員会に常勤の監査委員は置いていませんが、内
          部監査部門と緊密に連携して監査を実施しています。
         (e)  執行役

           執行役は(2)[役員の状況]に記載のとおり、現在6名(うち、代表執行役1名)が選任されており、取締役
          会決議により委任された業務を執行しています。また、取締役会の決議をもって執行役の中から代表執行役及
          び役付執行役を選定するとともに、執行役の職務の分掌等を定めています。
                                 35/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
                        <コーポレート・ガバナンス体制の模式図>
         設置する機関の構成員の氏名及び役職は次のとおりです。











              機関の名称             構成員の氏名                 役職名
                       田村眞一(会長)                取締役会会長
                       遠山友寛                社外取締役
                       加賀邦明                社外取締役
            取締役会
                       デビッド・ロブリン                社外取締役
                       永井智亮                社外取締役
                       ロルフ・ソダストロム                社外取締役
                       田村眞一(委員長)                取締役会会長
            指名委員会           加賀邦明                社外取締役
                       デビッド・ロブリン                社外取締役
                       デビッド・ロブリン(委員長)                社外取締役
                       田村眞一                取締役会会長
            報酬委員会
                       遠山友寛                社外取締役
                       ロルフ・ソダストロム                社外取締役
                       遠山友寛(委員長)                社外取締役
                       加賀邦明                社外取締役
            監査委員会
                       永井智亮                社外取締役
                       ロルフ・ソダストロム                社外取締役
                                 36/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        ③企業統治に関するその他の事項
        (a)   内部統制システムの整備の状況
          当社は、経営の効率性の確保、遵法経営の徹底、財務報告等の信頼性の確保、リスクの適切な管理などの観
         点から、取締役会において、会社法に基づく内部統制システムの整備に関する基本方針を決議し、その徹底を
         図っています。基本方針の概要は、以下のとおりです。
         (ア)監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項

           監査委員会の職務を補助する従業員は、監査委員長の指揮命令に従い、インターナルオーディット部と連携
          してその職務を行う。当該職務の遂行に関する評価は監査委員会が行い、当該従業員の異動については、監査
          委員会の同意を得るものとする。
         (イ)  取締役(監査委員である取締役を除く。)                   執行役及び使用人が監査委員会に報告すべき事項その他の監査委

          員会への報告に関する事項
          ・ 会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実、法令又は定款に違反する行為等を知った当社及び子会社の
            役員及び従業員は、監査委員会に報告するものとし、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受
            けないものとする。
          ・ インターナルオーディット部は、監査委員会に対し、内部監査の実施状況及び内部通報の状況を適時適切
            に報告する。
         (ウ)その他監査委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          ・ インターナルオーディット部は、内部監査の方針・計画等について監査委員会と事前協議を行い、監査に
            関する情報交換を行うなど、監査委員会と緊密に連携する。
          ・ 当社は、監査委員から監査委員会の職務の遂行に必要な費用の前払い又は償還の請求を受けたときは、速
            やかに当該費用又は債務を処理する。
         (エ)執行役及び使用人並びに子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保する

          ための体制
          ・ 法令遵守及び企業倫理の徹底を当社グループの企業行動原則として定め、子会社を含めすべての役員及び
            従業員に周知徹底する。また、独立した内部通報窓口を設置して適切に運用する。
          ・ インターナルオーディット部は、当社及び子会社における職務の執行に関する内部監査を実施する。
         (オ)執行役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           執行役の職務の執行に関する情報は、社内規程等に従い適切に作成、保管、管理する。
         (カ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          ・ 当社グループの事業運営に関連するリスクについて、具体的な対応方針及び対策を決定し、子会社を含め
            て適切にリスク管理を実施する。
          ・ 重要な経営判断においては、取締役会等において十分に議論を尽くし、必要に応じて外部専門家の意見も
            踏まえたうえで意思決定を行う。
         (キ)執行役及び子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          ・ 執行役の担当業務並びに当社及び子会社の役員及び従業員の職務権限を明確に定めるとともに、規程類に
            従い業務執行状況の報告及び重要事項の審議を機動的に行う。
          ・ 業務効率の向上のためのシステム構築を推進する。
         (ク)当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

          ・ 社内規程に従い子会社の業務遂行状況の報告を受けるとともに、子会社に対し、業務の適正を確保するた
            めの体制整備に関する指導・支援を行う。
          ・ インターナルオーディット部は、子会社に対する内部監査の結果に基づき、子会社に対する改善の指示・
            勧告を行う。
          ・ 当社グループの財務報告の適正性の確保に努めるとともに、その評価、維持、改善等を行う。
                                 37/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (b)  責任限定契約の内容の概要
           当社と各社外取締役は、会社法第427条第1項の規定及び定款の規定に基づき、同法第423条第1項の賠償責
          任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく賠償責任の限度額は、各社外取締役ともに、会社法第
          425条第1項の定める最低限度額としています。
         (c)  取締役の定数及び選任要件

           当社は、取締役を10名以内とする旨を定款で定めており、取締役の選任決議は、議決権を行使することがで
          きる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び取締役の選
          任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款で定めています。
         (d)  株主総会の特別決議要件

           当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について、
          議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以
          上をもって行う旨を定款で定めています。
         (e)  剰余金の配当等の決定機関

           当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、これを機動的に行うことを目
          的として、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会が定めることとする旨を当
          社定款に定めています。
         (f)  中間配当

           当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日として、中間
          配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであ
          ります。
         (g)  自己株式の取得

           当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、会社法第165条第2項の規定によ
          り、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めています。
                                 38/120











                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
         男性    11 名 女性      0 名 (役員のうち女性の比率             -%)
      (a)  取締役の状況
                                                        所有株式
       役職名        氏名     生年月日                  略歴                任期
                                                        数(株)
                             藤沢薬品工業株式会社(現          アステラス製薬株式会社)入社
                         1978年4月
                         1987年2月     ジェネンテック・インク入社
                         1989年7月     ジェネンテック株式会社 代表取締役社長
                         1990年6月     当社代表取締役社長CEO
       取締役            1949年9月                                  (注)
             田村 眞一           2005年6月     当社取締役兼代表執行役社長CEO                          1,138,062
      取締役会会長             17日  生
                                                      3
                         2012年3月     Sosei   R&D  Ltd マネジング・ダイレクター
                         2016年6月
                             当社取締役会会長(現任)
                             代表執行役エグゼクティヴ・チェアマン
                         2019年1月     当社代表執行役会長兼社長CEO(現任)
                         1978年4月     最高裁判所司法研修所入所
                         1980年4月     第一東京弁護士会登録
                             西村眞田法律事務所勤務
                         1984年5月     米国メーソン・アンド・スローン法律事務所勤務
                         1985年2月     米国ポーラック・ブルーム・アンド・デコム法律事務所勤務
                         1985年6月     米国プライヤー・キャッシュマン・シャーマン・アンド・
                             フリン法律事務所勤務
                   1950年2月                                  (注)
                         1985年8月     西村眞田法律事務所にパートナーとして復帰
       取締役      遠山 友寛      21日  生
                                                      3   25,360
                         1990年10月
                             TMI総合法律事務所開設、パートナー(現任)
                         1999年11月     株式会社日本色材工業研究所社外監査役
                         2010年6月     エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
                             社外取締役
                         2011年6月
                             当社取締役(現任)
                         2016年5月
                             株式会社日本色材工業研究所社外取締役監査等委員(現任)
                             トラスト・キャピタル株式会社社外取締役
                         2016年6月
                             株式会社WOWOW社外監査役
                         1975年4月
                              三菱化成工業株式会社入社(現            三菱ケミカル株式会社)
                         2004年6月     三菱化学株式会社       (現  三菱ケミカル株式会社)          理事  ヘ

                              ルスケア企画室長
                         2005年10月     株式会社三菱ケミカルホールディングス                理事  ヘルスケア
                              戦略室長
                         2006年6月     同社  執行役員    ヘルスケア戦略室長
                              三菱化学株式会社       (現  三菱ケミカル株式会社)執行役員
                              ヘルスケア部門長       兼 ヘルスケア部門ヘルスケア企画室長
                   1951年9月                                  (注)
                         2009年6月     田辺三菱製薬株式会社         取締役
       取締役      加賀 邦明                                            17,811
                   1日  生
                                                      3
                         2010年6月     同社  代表取締役     常務執行役員      国際事業部長
                         2012年4月     同社  代表取締役     専務執行役員      研究本部長     兼 国際事業部
                              長
                         2014年4月     株式会社生命科学インスティテュート               代表取締役社長
                              田辺三菱製薬株式会社         取締役
                              株式会社地球快適化インスティテュート                取締役
                         2015年2月     株式会社地球快適化インスティテュート                代表取締役社長
                         2018年6月     当社取締役(現任)
                         2021年1月     サスメド株式会社       社外取締役(現任)
                                 39/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有株式
       役職名        氏名     生年月日                  略歴                任期
                                                        数(株)
                         1991年4月     英国St   George's    and  St Bartholomew's      Hospital    臨床診
                             療
                         1997年4月     Bayer   Pharma   AG 抗感染症治療分野ヘッド
                         2008年12月     Pfizer   Inc  シニア・ヴァイス・プレジデント、ヘッド・オ
                             ブ・リサーチ、サイト・ヘッド、チーフ・メディカル・オ
                             フィサー、ヨーロッパ         R&D
                         2011年4月     Creabilis    チーフ・メディカル・オフィサー
             デビッド・ロブ       1966年9月                                  (注)
                         2013年9月     Swansea   University,     School   of Medicine
       取締役                                                    0
             リン       25日  生                                 3
                             名誉教授(現任)
                         2015年6月     St George's    Hospital    Medical   School   トランスレーショ
                             ナル医療    名誉教授(現任)
                         2017年2月     The  Francis   Crick   Institute    Scientific     Translation
                             チェアマン(現任)
                         2018年6月
                             当社社外取締役(現任)
                         2020年3月
                             Juvenescence      Ltd,  COO兼CEO    JuvRX   ディビジョン(現任)
                         1981年4月     野村證券株式会社入社
                         1998年9月     ノムラ・インターナショナル            plc  欧州アドミニストレー

                             ション業務部門長
                         2000年6月     野村證券株式会社法務部長
                         2006年4月     野村ホールディングス株式会社執行役コーポレート担当、
                             野村證券株式会社執行役法務担当
                         2010年4月     野村證券株式会社執行役常務            経営企画・法務・秘書担当
                   1957年12月                                  (注)
                         2011年4月     野村ホールディングス株式会社執行役員                チーフ・リーガ
       取締役      永井 智亮                                            5,088
                             ル・オフィサー(CLO)、野村證券株式会社常務執行役員法
                   1日  生
                                                      3
                             務・秘書担当
                         2013年6月     株式会社証券保管振替機構社外取締役
                             株式会社日本証券クリアリング機構社外取締役
                         2014年4月     野村ホールディングス株式会社執行役員                コーポレート統括
                             補佐・CLO、野村證券株式会社常務執行役員                 企画管理統括補
                             佐
                         2015年4月     同志社大学法学部教授
                         2019年3月
                             当社取締役(現任)
                         1988年1月     PricewaterhouseCoopers入社
                         2000年12月     Cable   & Wireless    plc  コーポレート・ファイナンス・ダイ
                             レクター
                         2002年6月     MobileOne    Ltd  (現  M1 Ltd)  社外取締役
                         2004年6月     Cobham   plc  ディビジョナル・ファイナンス・ダイレクター
                         2007年8月     Protherics     plc  (現  BTG  plc)チーフ・ファイナンシャル・
             ロルフ・ソダス       1965年7月                                  (注)
       取締役                                                    0
                             オフィサー
             トロム       29日  生
                                                      3
                         2020年3月     当社社外取締役(現任)
                         2019年7月     Ergomed   plc  シニアインディペンデントディレクター(現
                             任)
                         2020年9月     Bio  Pharma   Credit   plc  ノン・エグゼクティヴ・ディレク
                             ター(現任)
                                          計
                                                        1,186,321
    (注)1   . 取締役遠山友寛、加賀邦明、デビッド・ロブリン、永井智亮及びロルフ・ソダストロム氏は、社外取締役です。
      2.当社の委員会体制は、以下のとおりです。
         指名委員会  委員長 田村眞一、委員 加賀邦明、委員 デビッド・ロブリン
         報酬委員会  委員長 デビッド・ロブリン、委員 田村眞一、委員 遠山友寛、委員 ロルフ・ソダストロム
         監査委員会  委員長 遠山友寛、委員 加賀邦明、委員 永井智亮、委員 ロルフ・ソダストロム
      3.  2021年3月24日開催の定時株主総会における選任の時から2021年12月期に係る定時株主総会の終結の時まで。
                                 40/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (b)  執行役の状況
                                                        所有株式
       役職名        氏名     生年月日                  略歴                任期
                                                        数(株)
      代表執行役
                   1949年9月
      会長兼社長       田村 眞一                     (1)取締役の状況参照                   (注)   1,138,062
                   17日  生
        CEO
                        1997年9月     英国Imperial      College   London   生化学   客員教授
                        1999年1月
                             Glaxo   Wellcome    Inc  (現  Glaxosmithkline       plc)ヘッド・オ
                             ブ・モレキュラー・サイエンス・ディビジョン
                        2000年6月
                             Inpharmatica      Ltd(現   Galapagos    NV)  CEO
                        2004年9月     英国Biotechnology        and  Biological     Sciences    Research
             マルコム・      1958年10月
                             Council委員
      執行役副会長                                               (注)    11,200
                        2006年11月
                             Medical   Research    Council   Technology
             ウィアー      24日  生
                        2007年7月
                             Heptares    Therapeutics      Ltd  ファウンダー      兼 取締役(現任)
                        2015年6月     当社執行役副社長
                        2018年4月     Heptares    Therapeutics      Zurich   AG チェアマン・アンド・
                             ダイレクター
                        2020年3月     当社執行役副会長(現任)
                        2009年2月     KPMG 入社
                        2010年4月     JPMorgan    Chase   & Co 入社
      執行役副社長
                        2017年9月     当社コーポレートコミュニケーション部長
     CFO(チーフ・ファ        クリス・      1984年1月
                        2018年6月
                             当社暫定CFO
                                                     (注)      0
     イナンシャル・オ
             カーギル      3日  生
                             Sosei   R&D  Ltd ダイレクター(現任)
      フィサー)
                        2018年11月     当社執行役副社長       兼 CFO(現任)
                        2019年1月
                             Heptares    Therapeutics      Ltd  取締役(現任)
                        1978年8月     英国University       Hospitals:     UCH  London,    Banbury,    St
                             Mary's   London   and  Kings   College   London一般診療
                        1982年10月     Beecham   Pharmaceuticals       Pte  Ltd  臨床薬理学者
                        1992年10月     SmithKline     Beecham   plc  ヴァイス・プレジデント、ヨー
                             ロッパ臨床薬理学
                        2002年1月     Glaxosmithkline       plc  ヴァイス・プレジデント、グローバル
      執行役副社長
                             臨床ユニット
     CMO(チーフ・メ        ティム・      1953年6月
                        2005年7月     Evotec   AG 臨床開発エグゼクティヴ・ヴァイス・プレジデン                   (注)      0
     ディカル・オフィ        タスカー      16日  生
                             兼 チーフ・メディカル・オフィサー(CMO)
       サー)
                        2009年5月     PharmaBio    Quintet   Pty  Ltd  ファウンダー 兼 ダイレク
                             ター
                        2014年1月     Heptares    Therapeutics      Ltd  CMO  兼 開発部門ヴァイス・プ
                             レジデント
                        2018年2月     当社執行役副社長       兼 CMO(現任)
                             Heptares    Therapeutics      Ltd  取締役(現任)
                        1977年4月     日本電気株式会社 入社
      執行役副社長
                        2003年1月     同社法務部法務統括マネジャー
     GCCO(グループ・
                        2007年12月     NECフィールディング株式会社            総務部長
                   1954年2月
                        2010年4月     同社執行役員      兼 総務法務部長
     チーフ・コンプラ        吉住 和彦
                                                     (注)      0
                   19日  生
                        2015年4月     当社管理部長
     イアンス・オフィ
                        2016年7月     当社管理部長      兼 グループコンプライアンス室長
       サー)
                        2018年4月
                             当社執行役副社長       兼 GCCO(現任)
                        1984年4月     雪印乳業株式会社 入社
                        1992年4月     日本たばこ産業株式会社 入社
                        2005年10月     ノバルティスファーマ株式会社 入社
                        2008年7月     株式会社アクティバスファーマ 入社
                        2010年3月     JCL  Bioassay    USA,  Inc  (現  CMIC  Inc)代表取締役社長
                   1959年11月
                        2013年1月     株式会社インテリム 入社
      執行役副社長       安井 忠良                                        (注)    6,200
                        2014年8月     株式会社そーせい       開発本部長
                   29日  生
                             株式会社アクティバスファーマ            代表取締役社長
                        2015年1月
                             JITSUBO株式会社       取締役(2015年9月退任)
                        2017年1月     JITSUBO株式会社       社外取締役
                        2017年2月     株式会社そーせい       代表取締役社長(現任)
                        2019年3月
                             当社執行役副社長(現任)
                                          計
                                                        1,155,462
    (注)2021年3月24日開催の取締役会終結の時から2021年12月期に係る定時株主総会の終結後最初に開催される取締役会の
      終結の時まで。
                                 41/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
        (a) 社外取締役の員数及び当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
          当社の社外取締役は5          名であり、     各社外取締役は、いずれも当社とは特別の利害関係はありません。また、
         社外取締役による当社株式の保有は「(2)役員の状況 ①役員一覧 (1)                                   取締役の状況」の所有株式数欄に
         記載のとおりです。
        (b) 社外取締役が当社の企業統治において果たす機能及び役割

          遠山   友寛氏は、弁護士としての専門的見地から取締役会の議案審議に必要な発言を適宜行うほか、監査委
         員長として監査を主導し、当社の社外取締役として、当社の経営の重要事項の決定及び業務執行の監督等に十
         分な役割を発揮していただけるものと判断しております。
          加賀   邦明氏は、日本有数の化学、製薬企業における企業経営の経験をふまえて、取締役会の議案審議に必
         要な発言を適宜行うほか、当社の社外取締役として、当社の経営の重要事項の決定及び業務執行の監督等に十
         分な役割を発揮していただけるものと判断しております。
          デビッド・ロブリン氏は、医師としての臨床経験及び製薬企業における研究開発の経験をふまえて、取締役
         会の議案審議に必要な発言を適宜行うほか、当社の社外取締役として、当社の経営の重要事項の決定及び業務
         執行の監督等に十分な役割を発揮していただけるものと判断しております。
          永井   智亮氏は、大手証券会社のコーポレート部門及び法学部教授の経験をふまえて、当社の社外取締役と
         して、当社の経営の重要事項の決定及び業務執行の監督等に十分な役割を発揮していただけるものと判断して
         おります。
          ロルフ・ソダストロム氏は、ヨーロッパ、北米、アジアの企業などでファイナンス関係のリーダーとして
         M&A、リスク・マネジメント、ガバナンスなどの幅広い経験をふまえて、当社の社外取締役として、当社の経
         営の重要事項の決定及び業務執行の監督等に十分な役割を発揮していただけるものと判断しております。
        (c) 社外取締役の選任状況に関する当社の考え方及び当社からの独立性に関する基準の内容

          当社は、社外取締役の選任に際しては、取締役会の実効性の確保と経営陣からの独立性の確保が重要である
         との観点から、経歴や当社との関係を踏まえて、下記の当社が定める基準を満たしていることを個別に判断し
         ています。なお、当社は、遠山友寛氏、加賀邦明氏、デビッド・ロブリン氏、永井智亮氏及びロルフ・ソダス
         トロム氏を株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定しています。
         〔社外取締役の独立性判断基準〕

           当社は、社外取締役が次のいずれにも該当しない場合は、当該社外取締役は独立性を有するものと判断しま
          す。
           1.当社グループ(当社及び当社の関係会社をいう。)の業務執行取締役、執行役その他の役員または従業
            員(以下「業務執行者」と総称する。)である者または業務執行者であった者
           2.過去3事業年度のいずれかの事業年度において、当社グループの主要な取引先(当社と取引先との間の
            年間取引金額(製品・役務の提供、調達にかかる金額)がいずれかの連結売上高の2%を超える場合の当
            該取引先または事業年度末における借入残高が当社の連結総資産の2%を超える金融機関、それらの親会
            社及び子会社並びに当該親会社の子会社)の業務執行者
           3.過去3事業年度のいずれかの事業年度において、当社グループから、役員としての報酬以外に1,000万
            円を超える金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家または法律専門家(当該財産を得て
            いる者が法人、組合等の団体である場合は当該団体に所属する者)
           4.過去3事業年度のいずれかの事業年度において、当社またはその連結子会社の会計監査人である監査法
            人に所属する者
           5.直近の事業年度末において、当社の主要株主(自己または他人の名義をもって議決権ベースで10%以上
            の当社株式を保有する株主)またはその業務執行者
           6.上記1.から5.までのいずれかに該当する者の配偶者または二親等以内の親族。ただし、業務執行者に
            ついては、重要な地位にある者である場合に限る。「重要な地位にある者」とは、取締役(社外取締役を
            除く。)、執行役、執行役員及び部長職以上の上級管理職にある使用人その他同等の重要性を持つと客観
            的・合理的に判断される者をいう。
           7.その他、一般株主との利益相反が生じるおそれがあり、独立した社外取締役として職務を果たすことが
            できないと合理的に判断される事情を有している者
                                 42/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        ③ 社外取締役による監督と、監査委員会監査、内部監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係
          当社の社外取締役は、取締役会での審議においてその専門的知見に基づき適宜質問や意見を述べるなど、取
         締役会による経営の監督及び意思決定の妥当性・適正性を確保するための発言を適宜行っています。また、監
         査委員である社外取締役は定期的に会計監査人による報告と意見交換の機会を持ち、また、インターナルオー
         ディット部から内部監査の実施状況について適時適切に報告を受け、情報収集及び課題の共有を図っていま
         す。さらに、内部統制に関しては、インターナルオーディット部その他の内部統制担当部門との間で認識を共
         有し、内部統制の継続的な改善に取り組んでいます。
      (3)【監査の状況】

        ① 監査委員会監査の状況
          監査委員会は、社外取締役4名で構成しております。監査委員の永井智亮は大手証券会社に長年勤務し、経営
         企画担当役員を経験するなど、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しています。監査委員のロルフ・ソダ
         ストロムは英国の会計士の資格を有し、ファイナンス部門の責任者としての経験があり、財務及び会計に関する
         相当程度の知見を有しています。
          監査委員会は、当事業年度            において16回開催し、期初に会計監査人から年間の監査計画の説明を受け、その後
         各四半期末及び期末時点で、監査の手続や監査結果について会計監査人から直接報告及び説明を受けています。
         また、会計監査人の適格性及び独立性を評価し会計監査人が行う監査の相当性の評価を行います。
          監査委員会は、インターナルオーディット部から年間の内部監査方針及び監査計画の報告を受けて意見交換を
         行い、必要により、内部監査の内容、方法等につき指示をしています。また、監査委員会の年間の監査方針及び
         監査計画を定め、定期的に取締役及び執行役からその職務の遂行に関する報告を受けています。また、監査委員
         会は、インターナルオーディット部が実施した内部監査の結果について報告を受け、必要に応じて関係部門に指
         示をしています       。
          監査委員会は、監査委員会の職務を補助している使用人及びインターナルオーディット部と緊密に連結して監
         査を実施しているため、必ずしも常勤の監査委員の選定を必要としないことから、常勤の監査委員を設定してい
         ません。
          当事業年度において、個々の監査委員の出席状況については次のとおりであります。
               氏 名            開催回数         出席回数
          遠山 友寛                   16回         16回

          加賀 邦明                   16回         16回

          永井 智亮                   16回         15回

          ロルフ・ソダストロム(注)

                             10回         10回
         (注)    ロルフ・ソダストロムは、2020年3月25日開催の第30回定時株主総会において取締役に選任され、同日開
           催の取締役会において監査委員に選任されたため、就任以降開催された監査委員会に対する出席回数及び出
           席率を記載しています。
        ② 内部監査の状況

          当社グループは、インターナルオーディット部が当社及び子会社の内部監査を実施しています。インターナル
         オーディット部に属する社員は2名であり、財務報告に係る内部統制を含む業務の有効性、効率性、適正性など
         につき調査・評価を行い、その結果に基づき、随時、社内関係部門及び子会社に対して改善の指導を行うほか、
         監査結果を代表執行役会長兼社長CEO及び監査委員会に報告しています。
                                 43/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        ③ 会計監査の状況
         (a)  監査法人の名称
            EY新日本有限責任監査法人
         (b)  継続監査期間

            3年間
         (c)  業務を執行した公認会計士

            矢崎 弘直(継続監査年数:3年)
            三島 浩 (継続監査年数:3年)
         (d)  監査業務に係る補助者の構成

            当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士                       13 名、その他8名です。
         (e)  監査法人の選定方式と理由

            監査委員会は、会計監査人の選定にあたり、会計監査人の品質管理体制、会社法第337条第3項が定める
           欠格事由の該当の有無、独立性及び専門性の保持、グローバルな監査計画や監査チーム編成の妥当性、監査
           報酬等を総合的に勘案し決定いたします。上記の選定方針に合致しているかを十分検討した結果、当社の会
           計監査人として適任であると判断したため、EY新日本有限責任監査法人を会計監査人に選定いたしました。
            なお、監査委員会は、会計監査人の適正な職務の執行に支障がある場合その他会計監査人の解任又は不再
           任が適当と判断する事由が生じた場合には、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案
           の内容を決定します。また、監査委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める事由に該当す
           ると認められる場合は、監査委員会の委員全員の同意に基づき会計監査人を解任します。
        ④ 監査報酬の内容等

         (a)  監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                        85           -           70           19

     提出会社
                        -           -           -           -

     連結子会社
                        85           -           70           19

         計
        (注)1.当社と会計監査人との間の監査契約において、会社法に基づく監査と金融商品取引法に基づく監査の監査
            報酬等の額を明確に区分しておらず、実質的にも区分できません。そのため、会計監査人の報酬等の額に
            はこれらの合計額を記載しています。
          2.当連結会計年度における提出会社の非監査業務に基づく報酬は、海外募集に伴うコンフォートレターの作
            成業務であります。
          3.上記以外に前連結会計年度に係る監査証明業務に基づく追加報酬20百万円が当連結会計年度において発生
            しています。
          4.前連結会計年度の監査証明業務に基づく報酬には、監査公認会計士等と同一のネットワーク
            (Ernst&Young       LLC.)に対する報酬27百万円が含まれております。
         (b)  監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst&Young                          LLC.)に対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                         -           -           -           -

     提出会社
                         -           -           31            -

     連結子会社
                         -           -           31            -

         計
                                 44/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (c)  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
          (前連結会計年度)
            該当事項はありません。
          (当連結会計年度)

            該当事項はありません。
         (d)  監査報酬の決定方針

           当社の会計監査人に対する監査報酬は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査人の職務遂行状況及び報酬
          見積もりの算出根拠などを確認し、適正な監査を実施するために監査報酬額が妥当な水準であるかどうかにつ
          いて検討し、当事業年度の監査内容、条件等を監査法人と協議の上、監査委員会の同意を得て決定していま
          す。
         (e)  監査委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査委員会は上記の決定方針に基づき、社内関係部門及び会計監査人からの必要な資料の入手や報告の聴取
          を通じて会計監査人の監査計画の内容、会計監査人の職務遂行状況及び報酬見積もりの算出根拠などを確認
          し、適正な監査を実施するために監査報酬額が妥当な水準であるかどうかについて検討した結果、妥当と認め
          られることから、会計監査人の報酬等につき、会社法第399条第1項の同意を行っています。
                                 45/120















                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 取締役及び執行役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の概要
        (a ) 基本方針
          当社の役員報酬は、優秀な人材の確保及び当社グループの企業価値の向上と持続的成長に向けた経営戦略遂行
         のインセンティブとすることを基本方針として決定しています。
          取締役の報酬は、当社グループの経営に対する監督機能の向上を図るため、グローバルな観点で優秀な人材を
         当社の取締役として確保し、その監督機能を有効に機能させるとともに、株価変動のメリットとリスクを株主様
         と共有し、企業価値の向上に積極的に貢献することを報酬決定に関する方針としています。
          執行役の報酬は、当社のビジョンと戦略を実現するための意欲を一層高め、中長期的な企業価値・株主価値の
         向上を重視した経営を推進するとともに、個人の役割と成果を反映することを報酬決定に関する方針としていま
         す。
          役員報酬の決定は、社外取締役が過半数を占める報酬委員会において、社外取締役の委員長のもと透明性を確
         保し、公正かつ適正に行っています。当期においては、4回の報酬委員会を開催しました。
        (b)取締役報酬

          取締役報酬は、定額の基本報酬(年俸)及び株式報酬をその内容としています。2019年度から、                                            優秀なグロー
         バル人材を確保する為、           従来の株式報酬型ストックオプションに替えて                      欧米では一般的な        事後交付型株式報酬
         (RSU)制度を導入しています。同制度の概要は、下記②に記載のとおりです。取締役には、賞与その他の業績
         連動報酬を支給していません。
          報酬水準は、基本報酬については他社状況等を勘案して決定し、株式報酬については基本報酬額を基準として
         付与するRSUの基準ユニット数(株式数)を決定しています。
          なお、執行役を兼務する取締役には、取締役としての報酬は支給していません。
        (c)執行役報酬

          執行役報酬は、各執行役の役割と前年度の業績評価に応じた基本報酬(年俸)、業績目標の達成度合いに応じた
         賞与及び株式報酬をその内容としています。2019年度から、                            優秀なグローバル人材を確保する為、                 従来の   株式報
         酬型  ストックオプションに替えて              欧米では一般的な        事後交付型株式報酬(RSU)制度及び業績連動型株式報酬
         (PSU)制度を導入しています。両制度の概要は、下記②及び③に記載のとおりです。
          報酬水準は、基本報酬については、利用可能な外部調査機関のデータベースを参考として役員が活動・居住す
         る国における比較対象企業の報酬水準等を勘案の上、前年度の実績その他会社への貢献度の評価に基づき決定し
         ています。賞与については、基本報酬額に個人別に定める一定の割合を乗じた額を基準額として各人の業績目標
         の達成度合いに応じて決定しています。各執行役の業績評価は、代表執行役の意見を参考にして報酬委員会が行
         い、報酬額の決定を行っています。株式報酬については基本報酬額に個人別に定める一定の割合を乗じた額を基
         準として付与するRSU及びPSUの基準ユニット数(株式数)を決定しています。
        ② 事後交付型株式報酬(RSU)の具体的な内容

        (a)割当の条件
          役員に応じて定める権利算定期間において、役員の地位にあったことを条件に、当社があらかじめ定めた方法
         により当社株式を割当てます。
        (b)本制度に基づき交付する当社株式の上限数
          本制度に基づき交付する当社株式の数は、当社の他の株式報酬制度による発行株式数と併せて、当社の発行済
         株式総数の10%を超えない数とします。
        (c)権利算定期間及び割当株式数
          (ア)取締役(執行役を兼務する取締役を除く。)
            権利算定期間を1年間とし、権利算定期間経過後に基本報酬額をユニット付与時の株価で除して算定した
           数の株式を割り当てます。ただし、新任取締役については、権利算定期間の初日から1年後、2年後及び3
           年後までの各期間をそれぞれ権利算定期間とし、各権利算定期間経過後に基準報酬額の2倍の金額を権利算
           定期間開始時の株価で除して算定した株式数の3分の1の株式をそれぞれ割当てます。
          (イ)  執行役を兼務する取締役及び執行役
            権利算定期間の初日から2年後及び3年後までの各期間をそれぞれ権利算定期間とし、各権利算定期間経
           過後に基準報酬額に個人別に定める一定の割合を乗じた額を権利算定期間開始時の株価で除して算定した株
           式数の2分の1の株式をそれぞれ割当てます。
                                 46/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        (d)発行又は処分に係る取締役会
          割当てる株式の発行又は処分に係る取締役会は、原則として、対象期間内に終了する最終に事業年度に関する
         定時株主総会の開催日から1か月が経過する日までの間に開催します。ただし、特段の事情がある場合は、発効
         又は処分に係る取締役会の開催時期を変更することができます。
        (e)当社株式の交付の方法
          本制度は、あらかじめ定めた権利算定期間終了後に、役員に対し当社普通株式を割当てるものであり、割当予
         定先である役員に対して支給された金銭報酬債権を現物出資財産として給付させることにより行われます。
          各割当対象者に対する金銭報酬債権の額は、上記(c)記載の割当株式数に割当てる株式の発行又は処分に係る
         取締役会で決定する1株当たりの払込金額を乗じて得た金額です。
        (f)権利喪失事由
          役員が権利算定期間中に禁固以上の刑に処せられた場合、破産手続又は民事再生手続開始の申立て等を受けた
         場合など一定の事由に該当した場合は、当該役員は、本制度による当社株式の割当を受ける権利を取得せず、当
         該事由が生じた時点をもって、当社株式の割当を受ける権利は消滅します。
        (g)組織再編または支配権の変更が実施される場合の取扱い
          当社は、権利算定期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式
         移転契約等の組織再編または支配権の変更等に関する事項が当社の株主総会等で承認され、権利算定期間終了前
         にその効力が生じる場合は、取締役会の決議により、割当てることができる最大数の株式を当該組織再編等の効
         力発生日前に割当てます。
        ③ 業績連動型株式報酬(PSU)の具体的な内容

        (a)割当の条件
          3年間の権利算定期間において、役員の地位にあったことを条件に、当社があらかじめ定めた方法により当社
         株式を割当てます。
        (b)本制度に基づき交付する当社株式の上限数
          本制度に基づき交付する当社株式の数は、当社の他の株式報酬制度による発行株式数と併せて、当社の発行済
         株式総数の10%を超えない数とします。
        (c)割当株式数
          各割当対象者に対して割り当てられる当社株式の数(「割当株式数」)は、割当対象者毎に、権利算定期間の
         開始時に次のとおり基準株式数を設定し、権利算定期間経過後に基準株式数に次の一定の係数を乗じて算出しま
         す。
          (ア)基準株式数
            割当対象者の基準報酬額に個人別に定める一定の割合を乗じた金額を権利算定期間開始時の株価で除して
           基準株式数を決定します。
          (イ)  次の数値の合計を基準株式数に乗じて割当てる株式数を決定します。
            権利算定期間終了時の同業他社に対する相対的総株主利益率(相対的TSR)が中間値以上であった場合
           に、相対的TSRに応じて25%から100%までの範囲で決定する数値の50%
            権利算定期間終了時の絶対的総株主利益率(絶対的TSR)の増加率が25%以上であった場合に、絶対的TSR
           に応じて50%か       ら200%ま     での範囲で決定する数値の50%
            なお、相対的TSRについては、時価総額及び売上高研究開発費率を基準として複数の国内の同業他社を選
           定しています。また、上記の係数は、今後変更される可能性があります。
          上記のとおり      業績連動型株式報酬(PSU)             の指標としては、総株主利益率(TSR)を選択しています。同業他社
         との競争意識を高め、株価変動のメリットとリスクを株主様と共有し、株価上昇および企業価値向上に積極的に
         貢献する    ため、権利算定期間終了時の当社のTSRの増加率(絶対的TSR)に基づく数値と複数の国内同業他社の
         TSRとの対比でのパーセンタイル(相対的TSR)に基づく数値の平均値を採用することとしています。
          当事業年度における当該PSUに係る指標である一定の係数の実績は40%です。
        (d)発行又は処分に係る取締役会
          割当てる株式の発行又は処分に係る取締役会は、原則として、対象期間内に終了する最終に事業年度に関する
         定時株主総会の開催日から1か月が経過する日までの間に開催します。ただし、特段の事情がある場合は、発効
         又は処分に係る取締役会の開催時期を変更することができます。
        (e)当社株式の交付の方法
          本制度は、あらかじめ定めた権利算定期間終了後に、役員に対し当社普通株式を割当てるものであり、割当予
         定先である役員に対して支給された金銭報酬債権を現物出資財産として給付させることにより行われます。各割
         当対象者に対する金銭報酬債権の額は、上記(c)記載の割当株式数に割当てる株式の発行又は処分に係る取締役
         会で決定する1株当たりの払込金額を乗じて得た金額です。
                                 47/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        (f)権利喪失事由
          役員が権利算定期間中に禁固以上の刑に処せられた場合、破産手続又は民事再生手続開始の申立て等を受けた
         場合など一定の事由に該当した場合は、当該役員は、本制度による当社株式の割当を受ける権利を取得せず、当
         該事由が生じた時点をもって、当社株式の割当を受ける権利は消滅します。
        (g)組織再編または支配権の変更が実施される場合の取扱い
          当社は、権利算定期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式
         移転契約等の組織再編または支配権の変更等に関する事項が当社の株主総会等で承認され、権利算定期間終了前
         にその効力が生じる場合は、取締役会の決議により、割当てることができる最大数の株式を当該組織再編等の効
         力発生日前に割当てます。
        ④   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                  報酬等の種類別の総額(百万円)
                       報酬等の                               対象となる
                        総額                               役員の数
             役員区分
                                         ストック・
                       (百万円)                                 (人)
                                                RSU・PSU
                             基本報酬       賞与
                                         オプション
                          143       54      -      -      89       6
         取      締      役
         (うち社外取締役)                ( 143  )     ( 54 )     ( -)      ( -)      ( 89 )     ( 6 )
                          453      156      131       -      166       3
         執      行      役
          (注)1.    上表には、2020年3月25日開催の第30回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名(うち社
             外取締役1名)を含んでいます。
            2.取締役兼執行役1名の支給額については、執行役の欄に総額を記載しています。
            3.上記の報酬等の額には、以下のものが含まれていません。
              ・ 子会社が負担した執行役3名に対する基本報酬107百万円、2021年1月に開催された報酬委員会の
               決議に基づき2021年2月に支給された賞与48百万円並びに事後交付型株式報酬(RSU)制度及び業
               績連動型株式報酬(PSU)制度による報酬97百万円
            4.ストック・オプション            及び事後交付型株式報酬(RSU)並びに業績連動型株式報酬(PSU)                               は、日本基
              準に基づいて当事業年度に計上された株式報酬費用です                          。
        ⑤ 連結報酬等の額が1億円以上である者の連結報酬等の総額等

                                  報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      連結報酬等
              氏名
                                                       の総額
                       会社区分
             (役員区分)
                                         ストック・
                                                RSU・PSU      (百万円)
                              基本報酬       賞与
                                         オプション
             田村 眞一
                                 83      66      -      91      240
                       提出会社
         (取締役兼代表執行役兼社長)
           マルコム・ウィアー
                                 45      28      -      40      113
                       連結子会社
            (執行役副会長)
           クリス・カーギル
                                 53      50      -      54      157
                       提出会社
            (執行役副社長)
         (注)   ストック・オプション         及び事後交付型株式報酬(RSU)並びに業績連動型株式報酬(PSU)                          は、日本基準に基づいて当事業年度に
           計上された株式報酬費用です。
                                 48/120







                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
          当事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         ① 投資株式の区分の基準及び考え方
           当社グループは、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的として取得・
          保有している株式を純投資目的の投資株式とし、純投資以外の目的で取得・保有する株式を政策保有株式と
          し、区分しております。
         ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          (a)  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
            の内容
            保有のメリット・リスクを勘案して適切な場合に保有を継続する方針としております。
            当社グループが導出したパイプラインの開発権や販売権の対価として取得し、長期的なパイプラインから
           の成果(戦略的提携により期待されるリターン等)を獲得する目的で株式を保有しています。                                           当社グループ
           が当該投資株式を継続的に保有することは、取得した対価の価値を最大化する合理的な方法であると判断し
           ております。
          (b)  提出会社における株式の保有状況

            該当事項はありません。
          (c)  当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有

            会社)における株式の保有状況
            最大保有会社である         Heptares     Therapeutics       Ltd.  の株式の保有状況については以下のとおりです。
                         銘柄数        貸借対照表計上額の

              区分
                        (銘柄)         合計額(百万円)
                              3          570

         非上場株式
                              1          485
         非上場株式以外の株式
           (注)IFRSに基づく金額を記載しております。
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                        銘柄数     株式数の増加に係る取得
                                              株式数の増加の理由
                       (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                          mGlu5ネガティブアロステリックモ
                                          ジュレーター(NAM)の開発・製造お
                           1            165
         非上場株式                                 よび販売に関する全世界における独占
                                          的権利の対価として株式を取得する契
                                          約を締結したため。
                                          CGRP受容体拮抗薬ポートフォリオの開
                                          発・製造および販売に関する全世界に
                           1            519
         非上場株式以外の株式
                                          おける独占的権利の対価として株式を
                                          取得する契約を締結したため。
         (注)IFRSに基づく金額を記載しております。
         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

          該当事項はありません。
                                 49/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
          (d)  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
         (特定投資株式)
                         当事業年度
                        株式数(株)
                                    保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
              銘柄
                                    及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                       貸借対照表計上額
                         (百万円)
                                 (保有目的)
                                 取得した対価の価値を最大化するために保
                                 有しております。
                            54,617
                                 (定量的な保有効果)
         Biohaven     Pharmaceutical
                                 (注)2
                                                        無
         Holding    Company    Ltd.
                                 (株式数が増加した理由)
                                 CGRP受容体拮抗薬ポートフォリオの開発・
                              485
                                 製造および販売に関する全世界における独
                                 占的権利の対価として株式を取得する契約
                                 を締結したため。
         (注)1.IFRSに基づく金額を記載しております。
           2.契約上の個別取引情報の秘密保持の観点から、定量的な保有効果は記載しておりません。                                           保有の合理性
             は②(a)    に記載した方法で判断しております。
         (みなし保有株式)

          該当事項はありません。
         ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

          (a)  提出会社における株式の保有状況
            当社の株式の保有状況については以下のとおりです。
                         銘柄数        貸借対照表計上額の

              区分
                        (銘柄)         合計額(百万円)
                              1          146

         非上場株式
                              -           -

         非上場株式以外の株式
                       受取配当金の           売却損益の           評価損益の

              区分
                      合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                              -           -          190

         非上場株式
                              -           -           -

         非上場株式以外の株式
         (注)日本基準に基づく金額を記載しております。
          (b)  最大保有会社における株式の保有状況

            該当事項はありません。
                                 50/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
          前事業年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
         ① 投資株式の区分の基準及び考え方
           当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会
          社)であるSosei        RMF1投資事業有限責任組合は、純投資目的以外の投資株式を保有しておらず、投資株式の区
          分の基準及び考え方は定めておりません。
         ② 提出会社における株式の保有状況

           前事業年度及び当事業年度において、                 該当事項はありません。
           当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会
          社)であるSosei        RMF1投資事業有限責任組合の株式の保有状況については以下のとおりです。
                         銘柄数        貸借対照表計上額の
              区分
                        (銘柄)         合計額(百万円)
                              10         1,267

         非上場株式
                              1          307

         非上場株式以外の株式
                       受取配当金の           売却損益の           評価損益の

              区分
                      合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                              -           -          △ 14

         非上場株式
                              -           -          207

         非上場株式以外の株式
         (注)日本基準に基づく金額を記載しております。
                                 51/120













                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
        号)第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)(以

        下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日
        まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の財務諸表についてEY新日本有限
        責任監査法人により監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
      (1)当社は連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、公益法人財務
        会計基準機構へ加入し、会計基準及び実務指針等の新設、改正に関する情報を適時入手できる体制を整えており
        ます。
      (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の

        把握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会
        計方針を作成し、これに基づいて会計処理を行っております。
                                 52/120












                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                  当連結会計年度               前連結会計年度
                           注記
                                  (2020年12月31日)               (2019年12月31日)
                           番号
     資産
      非流動資産
                           10,12               3,824               4,120
       有形固定資産
                            11              14,134               14,365
       のれん
                            11              11,802               12,999
       無形資産
                            28              3,087               3,539
       持分法で会計処理されている投資
                           7,8,9               1,593               2,053
       その他の金融資産
                                            7              41
                            15
       その他の非流動資産
                                         34,447               37,117
       非流動資産合計
      流動資産
                          9,14,21                 939              1,924
       営業債権
                                           420              1,765
       未収法人所得税
                           7,15                651               499
       その他の流動資産
                                         40,008               15,375
                          7,9,13
       現金及び現金同等物
                                         42,018               19,563
       流動資産合計
                                         76,465               56,680
                            9
      資産合計
     負債及び資本

     負債
      非流動負債
                            29              2,457               2,008
       繰延税金負債
                          9,16,31                1,107               3,203
       企業結合による条件付対価
                          9,17,31               14,789                 -
       社債
                          9,12,31                1,664               1,704
       リース負債
                          7,9,31                 -             1,489
       その他の金融負債
                                          1,082                895
                          7,19,21
       その他の非流動負債
                                         21,099               9,299
       非流動負債合計
      流動負債
                           9,18               1,508               1,211
       営業債務及びその他の債務
                                           29              162
       未払法人所得税
                          9,12,31                 170               175
       リース負債
                                          1,278                755
                          7,19,21
       その他の流動負債
                                          2,985               2,303
       流動負債合計
                                         24,084               11,602
      負債合計
     資本
                            20              40,220               37,479
       資本金
                            20              30,452               26,548
       資本剰余金
                            20               △ 0              △ 0
       自己株式
                            20             △ 10,785              △ 12,264
       利益剰余金
                                         △ 7,506              △ 6,688
                           8,20
       その他の資本の構成要素
                                         52,381               45,075
       親会社の所有者に帰属する持分
                                           -               3
       非支配持分
                            9              52,381               45,078
      資本合計
                                         76,465               56,680
      負債及び資本合計
                                 53/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結包括利益計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                  当連結会計年度                前連結会計年度
                           注記
                                (自 2020年1月1日               (自 2019年1月1日
                           番号
                                 至 2020年12月31日)                至 2019年12月31日)
                          6,8,21               8,842               9,726

     売上収益
                          10,22,
                                          761               851
     売上原価
                            23
                                         8,081               8,875
     売上総利益
                          10,11,
     研究開発費                                    3,793               4,292
                            22
                          10,11,
                          20,22,               3,435               3,614
     販売費及び一般管理費
                           23,24
                            25               79               37
     その他の収益
                          7,11,26
                                           4              622
     その他の費用
                                          928               384

     営業利益
                           9,27
     金融収益                                    1,628                824
                           9,27               578               493
     金融費用
                                          356               181
                            28
     持分法による投資損失
                                         1,622                534
     税引前当期利益
                            29               143              △ 898
     法人所得税費用
                                         1,479               1,432
     当期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                          △ 25               84
                          8,9,20
       定するものとして指定した資本性金融商
       品の公正価値の純変動額
       純損益に振り替えられることのない項目
                                          △ 25               84
       合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                          9,10,11
                                         △ 793               851
       在外営業活動体の為替換算差額
                           ,20
       純損益に振り替えられる可能性のある
                                         △ 793               851
       項目合計
                                         △ 818               935
      その他の包括利益合計
                                          661              2,367
     当期包括利益合計
     当期利益の帰属:

                                         1,479               1,432
      親会社の所有者
                                          △ 0              △ 0
      非支配持分
                                         1,479               1,432
     当期利益
     当期包括利益の帰属:

                                          661              2,367
      親会社の所有者
                                          △ 0              △ 0
      非支配持分
                                          661              2,367
     当期包括利益
     1株当たり当期利益(円)

                            30              18.77               18.70
     基本的1株当たり当期利益
                            30              18.59               18.50
     希薄化後1株当たり当期利益
                                 54/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結持分変動計算書】
                                                      (単位:百万円)
                                            親会社の所
                                       その他の
                                            有者に帰属
                注記
                   資本金    資本剰余金      自己株式     利益剰余金     資本の構成           非支配持分     資本合計
                                            する持分合
                番号
                                        要素
                                              計
     2019年1月1日時点の残高
                   36,854     26,042       △ 0  △ 13,696     △ 7,623     41,577       3   41,580
      当期利益               -     -     -    1,432       -    1,432      △ 0   1,432
                     -     -     -     -     935     935      -     935
      その他の包括利益          8,20
     当期包括利益合計                -     -     -    1,432      935    2,367      △ 0   2,367
      新株の発行
                20
                     625     122      -     -     -     747      -     747
      自己株式の取得          20     -     -     △ 0     -     -     △ 0     -     △ 0
                20,
                     -     384      -     -     -     384      -     384
      株式報酬費用
                23
     所有者との取引額合計                625     506     △ 0     -     -    1,131       -    1,131
     2019年12月31日時点の残高
                   37,479     26,548       △ 0  △ 12,264     △ 6,688     45,075       3   45,078
      当期利益
                     -     -     -    1,479       -    1,479      △ 0   1,479
                     -     -     -     -    △ 818    △ 818      -    △ 818
      その他の包括利益
                8,20
     当期包括利益合計                -     -     -    1,479     △ 818     661     △ 0    661
      新株の発行          20
                    2,741     2,404       -     -     -    5,145       -    5,145
      転換社債型新株予約権付          17,
                     -     841      -     -     -     841      -     841
      社債の発行
                20
                20,
      株式報酬費用               -     659      -     -     -     659      -     659
                23
      子会社の支配喪失に伴う
                     -     -     -     -     -     -     △ 3    △ 3
                7
      変動
     所有者との取引額合計               2,741     3,904       -     -     -    6,645      △ 3   6,642
                   40,220     30,452       △ 0  △ 10,785     △ 7,506     52,381       -   52,381
     2020年12月31日時点の残高
                                 55/120













                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:百万円)
                                   当連結会計年度                前連結会計年度
                           注記
                                 (自 2020年1月1日               (自 2019年1月1日
                           番号
                                 至 2020年12月31日)                至 2019年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          1,622                534
      税引前当期利益
                            8             △ 750              △ 252
      顧客から受け取った非現金対価
                           10,11              1,350               1,489
      減価償却費及び償却費
                            23               626               384
      株式報酬費用
                           11,26                -              613
      減損損失
      投資有価証券評価損益(△は益)                      27              △ 259               126
      投資有価証券売却損益(△は益)                      27               73               -
      出資金運用損益(△は益)                      27               75             △ 185
      条件付対価に係る公正価値変動額(△は益)                      27             △ 1,334               △ 576
      為替差損益(△は益)                      27               63              △ 93
                            27              △ 35              △ 62
      受取利息
                           12,27               213               219
      支払利息
      持分法による投資損益(△は益)                      28               356               181
      営業債権の増減額(△は増加)                                     909              △ 880
      未収入金の増減額(△は増加)                                    △ 157              △ 43
      長期前払費用の増減額(△は増加)                                     -              241
      営業債務の増減額(△は減少)                                     61             △ 258
      長期前受収益の増減額(△は減少)                      21               551              1,198
                                           161                8
      その他
                                          3,525               2,644
      小計
                            25
      補助金の受取額                                      2              45
                                           35               62
      利息及び配当金の受取額
                            12              △ 60             △ 103
      利息の支払額
                                          △ 168              △ 93
      法人所得税の支払額
                                          1,338                886
      法人所得税の還付額
                                          4,672               3,441
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                            10              △ 92             △ 271
      有形固定資産の取得による支出
                            11              △ 13              △ 9
      無形資産の取得による支出
                                           -             △ 250
      投資有価証券の取得による支出
                                           238               -
      投資有価証券の売却による収入
                                           295               -
      投資事業組合からの分配による収入
                            9               -              264
      条件付対価の決済による収入
      子会社の支配喪失に伴う現金及び現金同等物
                            7             △ 577               -
      の変動額
                                           △ 1              20
      その他
                                          △ 150              △ 246
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                           12,31              △ 172              △ 61
      リース負債の返済による支出
                            31               -            △ 7,000
      長期借入金の返済による支出
                                           -              △ 95
      財務活動としての資金調達による支出
                           17,31              15,902                 -
      社債の発行による収入
                            9,31              △ 597             △ 1,050
      条件付対価の決済による支出
                            20              5,145                747
      株式の発行による収入
                                           -              495
      有限責任組合員からの払込による収入
                                           -              △ 0
      その他
                                         20,278              △ 6,964
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 167               384
     現金及び現金同等物の為替変動による影響
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    24,633              △ 3,385
                                         15,375               18,760
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         40,008               15,375
                            13
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 56/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          そーせいグループ株式会社(以下「当社」)は日本国に所在する株式会社です。登記されている本社及び主要な
         事業所の住所は当社のホームページ(URL                   https://www.soseiheptares.com/)で開示しております。当社の連結財
         務諸表は、2020年12月31日を期末日とし、当社及びその子会社(以下「当社グループ」)並びに当社の関連会社に
         対する持分により構成されています。当社グループは医薬事業を行っております。
        2.作成の基礎

         (1)  IFRSに準拠している旨
           当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵
          省令第28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定に
          より、国際会計基準審議会によって公表された国際会計基準(以下「IFRS」)に準拠して作成しております。
           本 連結財務諸表は、2021年3月24日に取締役会によって承認されております。
         (2)  測定の基礎

           当社グループの連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定されている
          特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
         (3)  表示通貨

           当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、                                        百万  円未満を四捨五
          入して表示しております。
        3.重要な会計方針

         (1)  連結の基礎
           連結財務諸表は、親会社及び親会社が各年度の12月31日現在で支配している事業体の財務諸表に基づき作成
          しております。支配とは、投資先への関与により生じる変動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有
          し、かつ、投資先に対するパワーによりそのリターンに影響を及ぼす能力を有することを言います。当社は、
          これらの支配の要素についての変化を示す事実や状況がある場合には、投資先を支配しているかどうかを再判
          定しております。
          ①子会社

           全ての子会社は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結の対象に含めておりま
          す。子会社が採用する会計方針が当社グループの会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子会社の財務
          諸表に調整を加えております。連結財務諸表の作成にあたり、連結会社間の内部取引高を相殺消去しておりま
          す。
           支配を喪失しない子会社の当社グループの所有持分の変動は、資本取引として会計処理しております。当社
          グループの持分及び非支配持分の帳簿価額は、子会社に対する持分の変動を反映して調整しております。非支
          配持分の調整額と、支払った又は受け取った対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分とし
          て資本の部に直接認識しております。
           当社グループが子会社の支配を喪失する場合、処分損益は(ⅰ)受取対価の公正価値及び残存持分の公正価値
          の合計と(ⅱ)子会社の資産(のれんを含む)、負債及び非支配持分の従前の帳簿価額との間の差額として算定
          し、純損益で認識しております。
          ②関連会社

           関連会社とは、当社グループが当該企業に対し、財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているもの
          の、支配又は共同支配していない企業をいいます。当社グループが他の企業の議決権の20%以上50%未満を保
          有する場合、重要な影響力がないことが明確に証明できない限り、当社グループは当該他の企業に対して重要
          な影響力を有すると推定されます。関連会社については、当社グループが重要な影響力を有することとなった
          日から重要な影響力を喪失する日まで、持分法により会計処理しております。
           関連会社に対する投資を単一の資産として、関連会社に対する投資が減損している客観的な証拠が存在する
          場合に、減損テストの対象としております。
           持分法適用会社との取引から発生した未実現利益は、非投資企業に対する当社グループ持分を上限として投
          資から控除しております。未実現損失は、減損が生じている証拠がない場合に限り、未実現利益と同様の方法
          で投資から控除しております。
                                 57/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (2)  企業結合
           企業結合は取得法を用いて会計処理しております。取得対価は、被取得企業の支配と交換に譲渡した資産、
          引き受けた負債及び当社が発行する資本性金融商品の取得日の公正価値の合計として測定されます。取得対価
          が識別可能な資産及び負債の公正価値を超過する場合は、連結財政状態計算書においてのれんとして計上して
          おります。反対に下回る場合には、直ちに連結包括利益計算書において収益として計上しております。企業結
          合が生じた期間の末日までに企業結合の当初の会計処理が完了していない場合には、暫定的な金額で会計処理
          を行い、取得日から1年以内の測定期間において、暫定的な金額の修正を行います。発生した取得費用は費用
          として処理しております。
           当社グループが移転した企業結合の対価に、条件付対価契約から生じる資産又は負債が含まれる場合、条件

          付対価は、取得日の公正価値で測定され、移転した企業結合の対価の一部として含まれます。測定期間の修正
          として適格な条件付対価の公正価値の変動は遡及して修正され、対応してのれんの金額を修正いたします。測
          定期間の修正とは、「測定期間」(取得日から1年を超えることはできません)に入手した、取得日に存在した
          事実及び状況に関する追加的な情報からの修正であります。
           測定期間の修正として適格でない条件付対価の公正価値の変動は、以下のいずれかにより会計処理します。

          (a)  資本に分類される条件付対価は、事後の報告日において再測定されず、事後の決済も資本取引として会計
          処理しております。
          (b)  資産又は負債に分類される条件付対価は、事後の報告日において、適切に、IFRS第9号「金融商品」又は
          IAS第37号「引当金、偶発負債及び偶発資産」に従い再測定され、対応する利得又は損失は、損益に認識して
          おります。
           当社グループは、非支配持分を公正価値で測定するか、又は識別可能な純資産の認識金額の比例持分で測定

          するかを、取得日に個々の取引ごとに選択しております。
         (3)  外貨換算

          ①外貨建取引
           外貨建取引は、取引日の為替レートで当社グループの各社の機能通貨に換算しております。
           期末日における外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで機能通貨に再換算しております。
           公正価値で測定される外貨建非貨幣資産及び負債は、その公正価値の算定日における為替レートで機能通貨
          に再換算しております。取得原価に基づいて測定されている非貨幣性項目は、取引日の為替レートを用いて換
          算しております。
           再換算又は決済により発生した換算差額は、その期間の「金融収益」又は「金融費用」として認識しており
          ます。   ただし、その他の包括利益を通じて測定される金融資産から生じる換算差額については、連結包括利益
          計算書の「その他の包括利益」で認識し、換算差額の累積額は連結財政状態計算書の「その他の資本の構成要
          素」に計上しております。
          ②在外営業活動体の財務諸表

           在外営業活動体(海外子会社等)の資産及び負債は、期末日の為替レートで、収益及び費用は著しい変動がな
          い限り、平均為替レートで、それぞれ日本円に換算しております。
           在外営業活動体の財務諸表の換算から発生した為替換算差額は連結包括利益計算書の「その他の包括利益」
          で認識し、為替換算差額の累積額は連結財政状態計算書の「その他の資本の構成要素」に計上しております。
         (4)  有形固定資産

           有形固定資産の測定には原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した
          金額で測定しております。取得原価には、当該資産の取得に直接付随する費用、解体・除去及び設置場所の原
          状回復費用の当初見積額を含めております。
           減価償却費は、償却可能価額を各構成要素の見積耐用年数にわたり、定額法により算定しております。
           主要資産項目ごとの見積耐用年数は以下のとおりです。
            建物及び構築物   6~18年
            機械装置      3~8年
            工具、器具及び備品 2~10年
           なお、見積耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、各年度末に見直しを行い、変更があった場合には、会
          計上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
                                 58/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (5)  のれん
           子会社の取得により生じたのれんは、取得原価から減損損失累計額を控除した価額をもって「のれん」に計
          上しております。当初認識時におけるのれんの測定については、非支配持分の認識額を含む、譲渡対価の公正
          価値から、取得時点における識別可能な取得資産及び引き受け負債の純認識額(通常、公正価値)を控除した額
          で測定しております。
           のれんは償却を行わず、資金生成単位に配分し、毎年又は減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テ
          ストを実施しております。のれんの減損損失は連結包括利益計算書において認識され、その後の戻し入れは
          行っておりません。
         (6)  無形資産

           無形資産の測定には原価モデルを採用し、個別に取得した見積耐用年数を確定できる無形資産は、取得原価
          から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で測定しております。取得原価には、当該資産の取得に直
          接付随する費用を含めております。
           償却費は、償却可能価額を各構成要素の見積耐用年数にわたって、定額法により算定しております。資産の
          償却方法、     見積耐用年数及び残存価額は各年度末に見直し、変更があった場合には、会計上の見積りの変更と
          して将来に向かって適用しております。
           主要資産項目の見積耐用年数は以下のとおりです。
           製品関連   20年
           基盤技術   12~20年
           顧客関連   20年
           耐用年数が確定できない無形資産及び未だ使用可能でない無形資産は、償却を行わず、毎年一定の時期及び
          減損の兆候がある場合にはその時点で、減損テストを実施しております。
           研究活動のための支出は、発生した期間の費用として認識しております。

           開発段階で発生した自己創設無形資産は、以下のすべてを立証できる場合に限り、認識しております。
            ・使用又は売却できるように無形資産を完成させる技術上の実行可能性
            ・無形資産を完成させ、さらにそれを使用又は売却する意図
            ・無形資産を使用又は売却する能力
            ・無形資産が可能性の高い将来の経済的便益を創出する方法
            ・無形資産の完成、それを使用又は売却のために必要となる財務上及びその他の資源の利用可能性
            ・開発期間中の無形資産に起因する支出を信頼性をもって測定できる能力
           自己創設無形資産の当初の認識額は、無形資産が上記の認識基準を最初に満たした日から発生した費用の合

          計です。自己創設無形資産が認識できない場合は、開発支出は発生した期間に費用計上しております。
           当初認識後、自己創設無形資産は他の無形資産と同様に、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控
          除した金額で計上しております。
           企業結合により取得しのれんとは区別して認識された無形資産は、取得日の公正価値で当初認識した後、個
          別に取得した無形資産と同様の方針で、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で計上し
          ております。
                                 59/120







                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (7)  リース(借手)
           当社グループは、契約の開始時に当該契約にリースが含まれているか否かを判断しております。契約が特定
          された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転する場合には、当該契約はリースであ
          るか又はリースを含んでいると判定しております。
           当初認識及び測定

           契約の開始時に、使用権資産はリース負債の当初測定の金額に加えて原資産の解体及び除去、原資産又は原
          資産の設置された敷地の原状回復の際に生じるコストの見積りを考慮して測定しております。また、リース負
          債は、残存リース料を契約開始日現在の借手の追加借入利子率を用いて割り引いた現在価値で測定しておりま
          す。
           事後測定

           使用権資産は、リース期間又は使用権資産の耐用年数のいずれか短い方の期間(                                    3~16年)     にわたり定額法に
          より減価償却を行っております。リース負債は、支払われたリース料からリース負債残高に対して一定の利子
          率となるように算出した金利費用を控除した金額を帳簿価額から減額しております。
           表示

           当社グループは、連結財政状態計算書において、使用権資産を「有形固定資産」に、リース負債を「リース
          負債」に含めて表示しております。また、連結包括利益計算書において、リース負債残高に対して一定の利子
          率となるように算出した金利費用を「金融費用」に含めて表示しております。
           短期リース及び少額資産リース

           当社グループは、リース期間が12か月以内の短期リース及び少額資産リースについて、IFRS第16号の免除規
          定を適用し、使用権資産及びリース負債を認識しないことを選択しております。当社グループは、これらの
          リースに係るリース料をリース期間にわたり定額法により費用として認識しております。
         (8)  非金融資産の減損

           当社グループの非金融資産の帳簿価額は、報告日ごとに減損の兆候の有無を判断しております。減損の兆候
          が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積っております。のれん及び耐用年数を確定できない、又は
          まだ使用できない無形資産については、回収可能価額を各連結会計年度における一定時期に見積っておりま
          す。
           資産又は資金生成単位の回収可能価額は、使用価値と処分費用控除後の公正価値のうち、いずれか高い金額
          としております。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間価値及び当該資産の
          固有リスクを反映した税引前の割引率を用いて、現在価値に割り引いております。資金生成単位については、
          継続的に使用することにより他の資産又は資産グループのキャッシュ・イン・フローから、概ね独立した
          キャッシュ・イン・フローを生み出す最小単位の資産グループとしております。
           のれんの資金生成単位については、のれんが内部報告目的で管理される単位に基づき決定しておりますが、
          原則として事業を行う地域及び事業の種類を資金生成単位としております。
           全社資産は、独立したキャッシュ・イン・フローを生み出していないため、全社資産に減損の兆候がある場
          合、全社資産が帰属する資金生成単位の回収可能価額を算定して判断しております。外部からのキャッシュ・
          イン・フローがない資産については、キャッシュ・イン・フローを生み出す資金生成単位に含めて、回収可能
          価額を算定して判断しております。
           減損損失は、資産又は資金生成単位の帳簿価額が回収可能価額を超過する場合に、純損益で認識しておりま
          す。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単位に配分されたのれんの帳簿価額を減額するよ
          うに配分し、次に資金生成単位内のその他の資産の帳簿価額を比例的に減額するように配分しております。
           のれんに関連する減損損失については、戻し入れを行っておりません。過去に認識したその他の資産の減損
          損失については、報告日ごとに、損失の減少又は消滅を示す兆候の有無を判断しております。減損の戻し入れ
          の兆候があり、回収可能価額の決定に使用した見積りが変化した場合は、減損損失を戻し入れております。
           減損損失については、減損損失を認識しなかった場合の帳簿価額から必要な減価償却費又は償却費を控除し
          た後の帳簿価額を超えない金額を上限として、戻し入れております。
                                 60/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (9)  金融資産
          ①当初認識及び測定
           営業債権及びその他の債権は発生日に、それ以外の金融資産については当該金融資産の契約上の当事者とな
          る取引日に当初認識しております。純損益を通じて公正価値で測定する金融資産は公正価値で、それ以外の金
          融資産は公正価値に当該金融資産に直接起因する取引コストを加算した金額で当初測定しております。
           当初認識時に、        金融資産の分類を下記の順に             決定しております。

           (a)  負債性金融資産
            (ⅰ) 償却原価で測定する金融資産
              以下の要件をともに満たす負債性金融資産
              ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づ
               いて、資産が保有されている。
              ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フロー
               が特定の日に生じる。
            (ⅱ)純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
              (ⅰ)以外の負債性金融資産
           (b)  資本性金融資産
            ( ⅰ )   その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
              当初認識時に事後の公正価値の変動をその他の包括利益で表示するという取消不能の選択をした金融
              資産(売買目的で保有する金融資産は当該選択をすることはできない)
            ( ⅱ )   純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
              ( ⅰ )以外の資本性金融資産
          ②事後測定

           金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
           (a)  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
             公正価値の変動額を測定し、純損益として認識しております。
           (b)  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
             公正価値の変動額を測定し、その他の包括利益として認識しております。なお、当該金融資産からの配
            当金については、投資原価の一部回収とみなされる部分を除いて金融収益の一部として当期の純損益とし
            て認識しております。
           (c)償却原価で測定する金融資産
             実効金利法による償却原価で測定し純損益として認識しております。
          ③金融資産の認識の中止

           金融資産から生じるキャッシュ・フローに対する契約上の権利が失効した場合、又は金融資産の所有に伴う
          リスクと経済価値を実質的にすべて移転するような取引で当社グループが金融資産から生じるキャッシュ・フ
          ローを受け取る契約上の権利を譲渡した場合、金融資産の認識を中止しております。
          ④金融資産の減損

           償却原価で測定する金融資産については、予想信用損失に対する貸倒引当金を認識しております。報告日ご
          とに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加しているかどうかを評価しており、当初認識
          時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12か月の予想信用損失を貸倒引当金として認識してお
          ります。一方で、当初認識時点から信用リスクが著しく増加している場合には、全期間の予想信用損失と等し
          い金額を貸倒引当金として認識しております。
           信用リスクが著しく増大しているかどうかは、報告日ごとに当初認識以降の債務不履行の発生リスクの変化
          に基づいて判断しており、信用リスクが著しく増加しているか否かの評価を行う際には、期日経過情報のほ
          か、財務情報等の当社グループが合理的に利用可能かつ裏付け可能な情報を考慮しております。ただし、営業
          債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加の有無にかかわらず、常に全期間の予想信用損
          失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
           なお、金融資産に係る信用リスクが報告日現在で低いと判断される場合には、当該金融資産に係る信用リス
          クが当初認識以降に著しく増大していないと評価しております。
           当該金融資産が信用減損金融資産であるかどうかは、債務者による支払不履行又は滞納、当社グループが債
          務者に対してそのような状況でなければ実施しなかったであろう条件で行った債権の回収期限の延長、債務者
          又は発行企業が破産する兆候、活発な市場の消滅等により判断しております。
                                 61/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
           予想信用損失は、契約に従って企業に支払われるべきすべての契約上のキャッシュ・フローと、企業が受け
          取ると見込んでいるすべてのキャッシュ・フローとの差額を当初の実効金利で割り引いたものをそれぞれの債
          務不履行発生リスクでウェイト付けした加重平均として測定しております。
           ある信用減損金融資産の全体又は一部分の将来の回収が現実的に見込めず、すべての担保が実現又は当社グ
          ループに移転された時に、直接減額されます。減損損失認識後に減損損失を減額する事象が発生した場合は、
          減損損失の減少額(貸倒引当金の減少額)を純損益で戻し入れております。減損損失については、減損損失を認
          識しなかった場合の、減損損失の戻し入れを行った時点での償却原価を超えない金額を上限として戻し入れて
          おります。
         (10)金融負債

          ①当初認識及び測定
           金融負債は、当該金融商品の契約の当事者になる取引日に当初認識しております。純損益を通じて公正価値
          で測定する金融負債は公正価値で、償却原価で測定する金融負債は直接帰属する取引費用を控除した金額で当
          初測定しております。金融負債は、純損益を通じて公正価値で測定する金融負債と償却原価で測定する金融負
          債のいずれかに分類しております。この分類は、当初認識時に決定しております。
          ②事後測定

           金融負債の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
           (a)  純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
             公正価値の変動額を測定し、純損益として認識しております。
           (b)  償却原価で測定する金融負債
             実効金利法による償却原価で測定し、純損益として認識しております。
             なお、実効金利法による償却及び認識が中止された場合の利得及び損失については、連結包括利益計算
            書において「金融費用」に当期の純損益として認識しております。
          ③金融負債の認識の中止

           金融負債が消滅したとき、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、又は失効となった時に、金
          融負債の認識を中止しております。
         (11)金融資産及び金融負債の表示

           金融資産及び金融負債は、当社グループが残高を相殺する法的権利を有し、かつ純額で決済するか又は資産
          の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、連結財政状態計算書上で相殺し、純額で表示して
          おります。
         (12)複合金融商品

           複合金融商品の負債部分は、当初認識時において、資本への転換オプションがない類似の負債の公正価値に
          より測定しております。資本部分は、当初認識時において、当該金融商品全体の公正価値から負債部分の公正
          価値を控除した金額で測定しております。直接発行費用は負債部分と資本部分の当初の帳簿価額の比率に応じ
          て配分しております。
           当初認識後は、複合金融商品の負債部分は実効金利法を用いた償却原価により測定しております。複合金融
          商品の資本部分については、当初認識後の再測定は行っておりません。
           負債部分に関する利息は、金融費用として純損益で認識しております。転換時には、負債部分は資本に振り
          替え、利得及び損失は認識しておりません。
         (13)現金及び現金同等物

           現金及び現金同等物         は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価格変動に
          ついて僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (14)政府補助金

           政府補助金は、当社グループが補助金交付のための付帯条件を満たし、かつ補助金を受領するという合理的
          な保証が得られた時に公正価値で認識しております。
           資産に関する政府補助金は、当該補助金の金額を繰延収益として認識し、関連する資産の耐用年数にわたっ
          て規則的かつ合理的な基準に基づき純損益に振り替えております。
           費用項目に関する政府補助金は、当該補助金で補填することが意図されている関連費用を認識する期間にわ
          たって、規則的に純損益に認識しております。
                                 62/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (15)株主資本
          普通株式
           当社が発行した資本性金融商品は、発行価額を「資本金」及び「資本剰余金」に計上し、直接発行費用は
          「資本剰余金」から控除しております。
         (16)収益認識

           当社グループは、第三者との間で締結した医薬品の開発品又は製品の開発・販売権などに関するライセンス
          契約や研究開発契約等に基づき収益を                 得ております。当社グループの収益における、経営管理のための分類は
          次のとおりです。
           ・マイルストン収入及び契約一時金:契約一時金、開発マイルストン収入、販売マイルストン収入
           ・ロイヤリティ収入:販売ロイヤリティ収入
           ・医薬品販売
           ・研究開発受託契約に基づき得られる収入
           当社グループは、顧客との契約における履行義務を識別し、収益を、顧客への財又はサービスの移転と交換
          に企業が権利を得ると見込んでいる対価の金額で認識しております。当該金額には、消費税や付加価値税等の
          税務当局の代理で回収した金額は含めておりません。また、顧客との契約における対価に変動対価が含まれて
          いる場合には、変動対価に関する不確実性がその後に解消される際に、認識した収益の累計額の重大な戻入れ
          が生じない可能性が非常に高い範囲でのみ、取引価格に含めております。収益は、顧客との契約における履行
          義務の充足に従い、一時点又は一定期間にわたり認識しております。
           また、顧客がライセンスからの便益をそれ単独で又は顧客にとって容易に利用可能な他の資源と組み合わせ
          て得ることができ、かつ、ライセンスを顧客に移転するという企業の約束が契約の中の他の約束と区分して識
          別可能である場合に、ライセンスが他の財又はサービスと区別されると判断しております。
           ライセンスが他の財又はサービスと区別される履行義務であると判断される場合において、次の3つの要件
          全てに該当する場合には知的財産にアクセスする権利を有していると判断し一定期間にわたって収益認識して
          おり、それ以外の場合には知的財産を使用する権利を有していると判断し一時点で収益認識しております。
           ・顧客が権利を有する知的財産に著しく影響を与える活動を当社グループが行うことを、契約が要求してい
          るか又は顧客が合理的に期待している。
           ・ライセンスによって供与される権利により企業の活動の正又は負の影響に顧客が直接晒される。
           ・上記の結果、当該活動が生じるにつれて顧客に財又はサービスが移転することがない。
         (17)売上原価

           売上原価には、契約に基づき顧客に提供される研究開発サービスに関する人件費及び研究施設の減価償却費
          並びに消耗品等の直接経費及び製品供給収入に係る直接経費を計上しております。
         (18)従業員給付

          退職後給付
           当社グループのうち、そーせいグループ株式会社及び株式会社そーせいは、東京薬業企業年金基金に加入し
          ております。当該年金基金は確定給付制度に該当しますが、複数の事業主が共同して一つの企業年金制度を運
          営しており、事業主ごとに過去勤務費用に係る掛金率や掛金負担割合等の定めがなく、全企業に対し掛金が一
          律に決められており、自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計算することができないため、当該年金
          基金への要拠出額を「販売費及び一般管理費」に計上しております。
         (19)株式報酬取引

           当社グループでは、役員及び従業員に対するインセンティブ制度として、ストック・オプション制度、事後
          交付型株式報酬(以下「RSU」)制度及び業績連動型株式報酬(以下「PSU」)制度を導入しております。
           ストック・オプション、RSU及びPSUは、付与日における公正価値で見積り権利が確定するまでの期間にわた
          り純損益として、同額を資本の増加として認識しております。付与されたオプション等の公正価値は、諸条件
          を考慮し、ブラック・ショールズモデル等により算定しております。
         (20)借入コスト

           意図した使用又は販売が可能となるまでに相当の期間を必要とするような資産に関して、その資産の取得、
          建設又は製造に直接起因する借入コストは、当該資産の取得原価の一部として資産化しております。
                                 63/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (21)法人所得税
           法人所得税費用は、当期税金及び繰延税金から構成されております。これらは、企業結合から生じた項目及
          びその他の包括利益で認識される項目を除き、純損益で認識しております。
           当期税金は、期末日において制定され又は実質的に制定されている法定税率(及び税法)を使用して、税務当
          局に納付(又は税務当局からの還付)される予想額で算定しております。
           繰延税金資産あるいは繰延税金負債は、ある資産又は負債の連結財政状態計算書上の帳簿価額と税務上の基
          準額との間に生じる一時差異に対して、認識しております。ただし、一時差異が、企業結合以外の取引で、取
          引日に会計上の純損益にも課税所得(欠損金)にも影響しない取引における、資産又は負債の当初認識から生じ
          る場合は、繰延税金資産、繰延税金負債を認識しておりません。
           繰延税金資産あるいは繰延税金負債の算定には、期末日において制定され、又は実質的に制定されている法
          令に基づき、関連する繰延税金資産が実現する時、又は繰延税金負債が決済される時において適用されると予
          想される税率を使用しております。
           繰延税金資産は、それらが利用される将来の課税所得を獲得する可能性が高い範囲内で、全ての将来減算一
          時差異及び未使用の欠損金及び税額控除について認識しております。
           子会社に係る一時差異について、繰延税金資産、繰延税金負債を認識しております。ただし、繰延税金負債
          については、一時差異の解消時期をコントロールでき、かつ、予測可能な期間内での一時差異の解消が出来な
          い可能性が高い場合には認識しておりません。また、繰延税金資産については、一時差異からの便益を利用す
          るのに十分な課税所得があり、予測可能な期間内で一時差異の解消される可能性が高いと認められる範囲内で
          認識しております。
         (22)1株当たり利益

           基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期利益を、その期間の自己株式を調整した発
          行済普通株式の加重平均株式数で除して算定しております。希薄化後1株当たり当期利益は、全ての希薄化効
          果のある潜在的普通株式による影響について、当期利益及び自己株式を調整した発行済株式の加重平均株式数
          を調整することにより算定しております。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の
         金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、これらの見積りと
         は異なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見
         直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
          経営者が行った連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは以下のとおりです。
          ・ 企業結合による条件付対価の評価(注記「9.金融商品」及び「16.企業結合による条件付対価」参照)
          ・有形固定資産、のれん及び無形資産の減損を測定する最小単位である、資金生成単位の処分コスト控除後の
           公正価値の算定(注記          「10.有形固定資産」及び「11.のれん及び無形資産」)
          ・連結子会社及び持分法適用会社に対する支配もしくは重要な影響力に関する判断(注記「8.業務提携及び関
           連するライセンス契約に係る会計処理)
          ・繰延税金資産の回収可能性(注記「29.法人所得税」)
        5.未適用の新基準書及び新解釈書

          連結財務諸表の承認日までに新設又は改訂が行われた基準書及び解釈指針のうち、当社グループに重要な影響
         があるものはありません。
                                 64/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        6.事業セグメント
         (1)  報告セグメントの概要
           当社グループは、医薬品の開発事業を行っております。なお、医薬事業の単一セグメントであるため、報告
          セグメント別の記載は省略しております。
         (2)  当社グループが管理する           収益区分    に関する情報

           外部顧客への売上収益
                                                     (単位:百万円)
                              当連結会計年度                   前連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                  (自 2019年1月1日
                             至 2020年12月31日)                   至 2019年12月31日)
                                       5,353                  6,013
     マイルストン収入及び契約一時金
                                       2,544                  2,406
     ロイヤリティ収入
                                        -                 276
     医薬品販売
                                        945                 1,031
     その他
                                       8,842                  9,726
      合計
         (3)  地域別情報

           外部顧客への売上収益
                                                     (単位:百万円)
                              当連結会計年度                   前連結会計年度

                            (自 2020年1月1日                  (自 2019年1月1日
                             至 2020年12月31日)                   至 2019年12月31日)
                                        256                  982

     日本
                                       3,215                  2,644
     スイス
                                       3,094                  3,584
     米国
                                       1,706                  2,285
     英国
                                        477                  -
     バミューダ
                                        94                 231
     アイルランド
                                       8,842                  9,726
      合計
           (注)売上収益は、顧客の所在地を基礎として分類しております。
           非流動資産

                                                     (単位:百万円)
                              当連結会計年度                  前連結会計年度
                             (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
                                        407                  324
     日本
                                      29,360                  30,874
     英国
                                        -                 327
     その他
                                      29,767                  31,525
      合計
           (注)非流動資産には、持分法で会計処理されている投資及びその他の金融資産を含めておりません。
                                 65/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (4)  主要な顧客に関する情報
           外部顧客への売上収益のうち、連結損益計算書の売上収益の10%以上を占める相手先は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                              当連結会計年度                   前連結会計年度

                            (自 2020年1月1日                  (自 2019年1月1日
          顧客の名称又は氏名
                             至 2020年12月31日)                   至 2019年12月31日)
     Novartis     International       AG                      3,215                  2,644

     GlaxoSmithKline        plc.                          1,341                   -

     Biohaven     Pharmaceutical        Holding

                                       1,089                   -
     Company    Ltd.
     Pfizer    Inc.                               524                 1,511

                                        365                 1,155

     武田薬品工業株式会社
     Genentech,      Inc.                             345                 1,001

     AstraZeneca      UK  Limited                            -                1,616

          (注)上記には、顧客のグループ会社の金額も含めて記載しております。

                                 66/120













                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        7.子会社に対する支配の喪失
         当連結会計年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
          ①そーせいCVC株式会社
          (1)子会社株式譲渡の概要
           当社は、2020年5月20日開催の取締役会において、連結子会社であるそーせいCVC株式会社の全株式を譲渡
          することを決議し、2020年6月19日に当社の保有する全議決権付株式を譲渡しました。本株式譲渡により、
          そーせいCVC株式会社に対する当社の所有株式割合は90%から0%となり、そーせいCVC株式会社及びそーせ
          いCVC株式会社が無限責任組合員として支配しているSosei                           RMF1投資事業有限責任組合を当社の連結範囲から
          除外することになりました。
           なお、当社のSosei         RMF1投資事業有限責任組合の所有持分割合は15%であり連結範囲除外前と変更ありま
          せんが、支配喪失日(2020年6月19日)に連結範囲から除外したことに伴い、連結財政状態計算書上、当該持
          分を「その他の金融資産」として284百万円計上いたしました。
          (2)支配の喪失に伴う資産及び負債の変動

                                                     (単位:百万円)
                                                支配喪失日
                                               (2020年6月19日)
     支配喪失時の資産の内訳
                                                        △1,269
      その他の金融資産
                                                         △14
      その他の流動資産
      現金及び現金同等物
                                                         △601
     支配喪失時の負債の内訳
      その他の金融負債
                                                         1,564
      その他の非流動負債
                                                           0
      その他の流動負債
                                                           6
          (3)支配の喪失に伴う現金及び現金同等物の変動

                                                     (単位:百万円)
                                                支配喪失日
                                               (2020年6月19日)
                                                          24
     現金による受取対価
     支配喪失時の資産のうち現金及び現金同等物
                                                         △601
     子会社の支配喪失に伴う現金及び現金同等物の変動額                                                    △577
          (4)支配の喪失に伴う損益

           そーせいCVC株式会社およびSosei                RMF1投資事業有限責任組合の支配の喪失に伴って認識した損失は3百万
          円であり、連結包括利益計算書上、「その他の費用」に計上しています。
         前連結会計年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

          該当事項はありません。
                                 67/120







                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        8.業務提携及び関連するライセンス契約に係る会計処理
         当連結会計年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         ①Tempero     Bio.   Inc.との取引
           当連結会計年度において、当社子会社であるHeptares                         Therapeutics       Ltd.は、フェーズ1/フェーズ2の臨床
          試験を専門とするバイオテクノロジー投資ファンドであるAditum                              Bio  Fund   1,  L.P.,社と、ストラクチャード
          ファイナンス契約を締結し、共同でTempero                    Bio.   Inc.   を設立しました。Tempero            Bio.   Inc.   は、mGlu受容体
          5のネガティブアロステリックモジュレーターを用い、物質使用障害や不安障害を治療する薬剤の開発を目指
          しています。
           本契約の条件に基づき、Tempero               Bio.   Inc.   は、当社グループが保有する特定の関連する知的財産を取得
          し、独自のノウハウと開発能力を利用できるようになり、Heptares                               Therapeutics       Ltd.はその対価として契約
          一時金及びTempero         Bio.   Inc.   の株式を受領しました。
           上記の権利の譲渡は、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」に基づき、使用権と評価されたライセン
          スとして754      百万円を認識し、連結包括利益計算書において「売上収益(マイルストン収入及び契約一時金)」
          として、連結キャッシュ・フロー計算書において、契約一時金の受領のうち、株式の受領231百万円は「顧客
          から受け取った非現金対価」として表                 示しております。また、Tempero               Bio.   Inc.   株式は、将来キャッシュ・
          フローの割引現在価値により当初測定しております。
           当社グループは、Tempero            Bio.   Inc.   に対する支配若しくは重要な影響を有していないと判断しているた
          め、IFRS第9号「金融商品」に基づき会計処理を行っており、IFRS第10号「連結財務諸表」及びIAS第28号
          「関連会社及び共同支配企業に対する投資」に基づく会計処理は行っておりません。なお、当該投資を資本性
          金融資産として認識し、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定しております。
         ②Biohaven      Pharmaceutical        Holding    Company    Limitedとの取引

           当連結会計年度において、当社子会社であるHeptares                         Therapeutics       Ltd.は、Biohaven         Pharmacecutical
          Holding    Company    Ltd.   とグローバルな研究開発提携及びライセンス契約を締結しました。
           本契約の条件に基づき、当社グループはBiohaven                       Pharmacecutical        Holding    Company    Ltd.   の普通株式を取
          得しております。なお、当該投資を資本性金融資産として認識し、その他の包括利益を通じて公正価値で測定
          する金融資産に指定しております。
         前連結会計年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

           当連結会計年度において、当社子会社であるHeptares                         Therapeutics       Ltd.は、重要なアセットに特化した企
          業の資金提供を専門とするベンチャーファンドであるMedicxiと、ストラクチャードファイナンス契約を締結
          しました。当契約により、Gタンパク質共役型受容体であるオレキシン受容体OX1およびOX2のポジティブモ
          ジュレーターを基礎とする神経系疾患に対する新規治療法の開発を目指すOrexia                                     Limited及びInexia         Limited
          の独立系二社が設立されました。
           本契約の条件に基づき、Orexia社とInexia社は、Heptares                           Therapeutics       Ltd.によって設計および開発され
          たデュアルOX1/OX2作動薬を含む一連のオレキシン受容体OX1およびOX2のポジティブモジュレーターおよび類
          縁薬に関する特定の知的財産権及びノウハウ・開発力活用等の権利を取得し、Heptares                                        Therapeutics       Ltd.は
          その対価としてOrexia           LimitedとInexia        Limitedの持分を取得しました。
           上記の権利の譲渡は、IFRS第15号に基づき、使用権と評価されたライセンスとして252百万円を認識し、連
          結包括利益計算書において「売上収益(マイルストン収入及び契約一時金)」として、連結キャッシュ・フロー
          計算書において「顧客から受け取った非現金対価」として表示しております。また、Orexia                                          Limited株式及び
          Inexia    Limited株式は、将来の現預金残高、マイノリティディスカウントを考慮した再取得原価法と割引現在
          価値法を組み合わせた方法により当初測定しております。
           当社グループは、Orexia            LimitedとInexia        Limitedに対する支配若しくは重要な影響を有していないと判断
          しているため、IFRS第9号「金融商品」に基づき会計処理を行っており、IFRS第10号「連結財務諸表」及び
          IAS第28号「関連会社及び共同支配企業に対する投資」に基づく会計処理は行っておりません。なお、経営者
          は長期的な成果を最も適切に反映すると判断して、当該投資を資本性金融資産として認識し、その他の包括利
          益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定しております。
                                 68/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        9.金融商品
         (1)  資本管理
           当社グループは、持続的成長を続けて企業価値を最大化するために、                                 長期的な戦略の土台となる            資本構成を
          維持しています。資本構成は、主に転換社債及び株式で構成されており、コミットメントラインにより追加的
          な資金需要に備えております。
           当社グループは、定期的に資本構成をレビューしており、商業的な機会・経済状況の変化及び関連するリス
          クに応じて資本構成を調整しています。資                    本構成を維持または調整するため、新株式の発行、転換社債の転
          換、コミットメントラインによる資金調達並びにそのタームローンへの借り換え、及び新たな資金調達                                                (社
          債、銀行借入、リースを含む)              を 行うことがあります         。
           当社グループは、当連結会計年度においてグループ資本戦                           略の見直しを行い、事業拡大(買収の可能性を含
          む)のために、新株式及び5年間の転換社債型新株予約権付社債の発行を行い、資金調達を行っております。
           該当の契約の詳細については、注記「17.社債及び借入金」をご参照ください。
                         当連結会計年度                     前連結会計年度

                        (2020年12月31日)                     (2019年12月31日)
                     金額(百万円)          構成割合(%)          金額(百万円)          構成割合(%)

                           40,008         52.3            15,375         27.1
     現金及び現金同等物
     社債(注)                     △14,789         △19.3               -        -
                             -        -             -        -
     コミットメントライン
                           △1,834         △2.4            △1,879         △3.3
     リース負債
                           23,385         30.6            13,496         23.8
     ネットキャッシュ
                           52,381         68.5            45,078         79.5
     資本
                           76,465         100.0            56,680         100.0
     総資産
     有利子負債に対する現金及

                                   240.7%                     818.0%
     び現金同等物の割合
         (注  )転換社    債の発行総額は160億円です。帳簿価額は発行総額から直接発行費用を控除し、実効金利法を用い
           た償却原価により測定しております。
                                 69/120











                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (2)  金融商品の分類
           金融商品の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                             当連結会計年度                  前連結会計年度
                             (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
     〈金融資産〉
      純損益を通じて公正価値で測定する
      金融資産
                                        480                 1,615
       その他の金融資産
      その他の包括利益を通じて公正価値
      で測定する金融資産
                                       1,055                   380
       その他の金融資産
      償却原価で測定する金融資産
                                        58                  58
       その他の金融資産
                                        939                 1,924
       営業債権
     〈金融負債〉
      純損益を通じて公正価値で測定され
      る金融負債
                                       1,107                  3,203
       企業結合による条件付対価
                                        -                1,489
       その他の金融負債
      償却原価で測定する金融負債
                                      14,789                    -
       社債
                                       1,834                  1,879
       リース負債
                                       1,508                  1,211
       営業債務及びその他の債務
         (3)  金融商品に関するリスク管理の基本方針

           当社グループの活動は、経済・金融環境の変動等による様々なリスクに晒されております。資金運用は短期
          的かつリスクの少ない商品に限定しており、投機的な取引は行っておりません。また、資金調達は新株発行、
          社債発行、借入を主としております。
         (4)  為替リスク

           当社グループはグローバルに事業展開しており、グループ各社の機能通貨以外の通貨建ての取引について為
          替リスクに晒されております。これらの取引における通貨は、主としてポンド、米ドル、ユーロ及びスイスフ
          ラン建てです。
          当社グループの為替リスクに対するエクスポージャーは以下のとおりです。

          当連結会計年度(2020年12月31日)

                         ポンド          米ドル          ユーロ        スイスフラン

     エクスポージャー純額(百万円)                        15        4,381           289          39

     (千現地通貨)                        110        42,323          2,273           335
          前連結会計年度(2019年12月31日)

                         ポンド          米ドル          ユーロ        スイスフラン

     エクスポージャー純額(百万円)                        704         5,291           533           1

     (千現地通貨)                       4,907         48,300          4,355            5
                                 70/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
          為替の感応度分析
           当社グループの為替リスクエクスポージャーに対する感応度分析は以下のとおりです。この分析は、他の全
          ての変数が一定であると仮定したうえで報告日現在における為替リスクエクスポージャーに対して、日本円が
          1%円高となった場合に、連結包括利益計算書の税引前当期利益に与える影響を示しております。なお、換算
          による影響を記載したものであり、予想売上収益・仕入高の影響などは考慮しておりません。
                                                     (単位:百万円)
                            当連結会計年度                  前連結会計年度
                            (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
                                        0                 △7
     ポンド
                                       △44                  △53
     米ドル
                                       △3                  △5
     ユーロ
                                       △0                  △0
     スイスフラン
         (5)  金利リスク

           金利リスクとは、市場金利の変動によって金融商品の公正価値又は将来キャッシュ・フローが変動するリス
          クです。
           コミットメントラインの利息は、借入額に応じた変動金利になります。また、コミットメントラインの未使
          用分については、利息に分類されないコミットメントフィーが課されています。当社グループは、当連結会計
          年度においてコミットメントラインに基づく資金の借入は行っておらず、当連結会計年度末時点において未使
          用であるため、関連する金利リスクはありません。
           当社グループは、2020年7月に額面160億円の                      5年間の転換社債型新株予約権付社債                  を発行しております。
          本社債は、年0.5%の固定クーポンを年2回(半期ごと)に支払います。本社債の利息は固定であるため、金
          利が変動することにより損益に与える影響は限定的です。
           その他の金融商品について、金利リスクに重要性はありません。
         (6)  信用リスク

           信用リスクとは、顧客又は金融商品の取引相手が契約上の義務を果たすことが出来なかった場合に当社グ
          ループが負う財務上の損失リスクです。
           「営業債権」は顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、当社グループは債権管理規
          程に従い管理を行っております。当社グループの顧客は、信用力の高い企業であることから、信用リスクは限
          定的です。当社グループは、当連結会計年度末の上位1社に係る営業債権472百万円が、営業債権全体の50%
          を占めております。
           なお、期日が経過している債権はないため、重要な予想信用損失はありません。よって、減損、貸倒引当金
          の計上は行っておりません。
         (7)  流動性リスク

           流動性リスクとは、当社グループが現金又はその他の金融資産により決済する金融負債に関連する債務を履
          行する際に直面するリスクです。
           「社債」、「リース負債」、「営業債務及びその他の債務」は流動性リスクに晒されておりますが、当社グ
          ループでは、適時、資金繰り計画を作成・更新し、十分な手元流動性を維持することなどによりリスク管理を
          しております。
           金融負債の期日別残高は以下のとおりです。

                                 71/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
          ①非デリバティブ金融負債
          当連結会計年度(2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                            契約上のキャッ                  1年超
                      帳簿価額                1年以内                5年超
                             シュ・フロー                 5年以内
                         1,107        1,133         252        844        37
     企業結合による条件付対価
                        14,789        16,000          -     16,000          -
     社債
                         1,834        2,186         220        721       1,245
     リース負債
                         1,508        1,508        1,508         -        -
     営業債務及びその他の債務
                        19,238        20,827        1,980       17,565        1,282
      合計
          前連結会計年度(2019年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                            契約上のキャッ                  1年超
                      帳簿価額                1年以内                5年超
                             シュ・フロー                 5年以内
                         3,203        3,324         293       2,651         380
     企業結合による条件付対価
                         1,879        2,293         193        812       1,288
     リース負債
                         1,489        1,489         -      1,489         -
     その他の金融負債
                         1,211        1,211        1,211         -        -
     営業債務及びその他の債務
                         7,782        8,317        1,697        4,952        1,668
      合計
          ②デリバティブ金融負債

           該当はありません。
         (8)  公正価値

           金融商品のレベル1からレベル3までの公正価値ヒエラルキーに基づく分類は以下のとおりです。
            レベル1:同一の資産又は負債について活発な市場における(未調整の)公表価格
            レベル2:当該資産又は負債について直接に又は間接に観察可能なレベル1に含まれる公表価値以外のイ
                 ンプットを使用して算定された公正価値
            レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法によって算定された公正価値
                                 72/120










                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
           ①  経常的に公正価値で測定する金融商品
             各決算日における経常的に公正価値で評価する金融商品の内訳は以下のとおりです。
              当連結会計年度 (2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                             レベル1        レベル2        レベル3

                                                       合計
     金融資産:

      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                  -        -        480        480
       その他の金融資産
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
      る金融資産
                                 485         -        570       1,055
       その他の金融資産
                                 485         -       1,050        1,535
     合計
     金融負債:
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                  -        -       1,107        1,107
       企業結合による条件付対価
                                  -        -       1,107        1,107
     合計
              前連結会計年度 (2019年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                             レベル1        レベル2        レベル3

                                                       合計
     金融資産:

      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

                                  -        -       1,615        1,615

       その他の金融資産
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
      る金融資産
                                  -        -        380        380
       その他の金融資産
                                  -        -       1,995        1,995
     合計
     金融負債:
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                  -        -       3,203        3,203
       企業結合による条件付対価
                                  -        -       1,489        1,489
       その他の金融負債
                                  -        -       4,692        4,692
     合計
                                 73/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
           上記の公正価値の算定方法は以下のとおりです。
           (その他の金融資産)

            その他の金融資産は期末日に公正価値で再評価しております。上場株式(                                    Biohaven     Pharmaceutical
           Holding    Company    Ltd.)、非上場株式(          Orexia    Limited、Inexia        Limited、     Tempero    Bio.   Inc.  及びSosei
           RMF1投資事業有限責任組合)             及び事業分離による条件付対価で構成されています                        。上場株式はレベル1、そ
           れ以外はレベル3に該当しております。
            Biohaven社     株式は市場性のある株式であることから、公正価値は期末日の市場価格によって算定してお
           り、レベル1に該当しております。公正価値変動額は「その他の包括利益を通じて公正価値で測定するもの
           として指    定した資本性金融商品の公正価値の純変動額」に計上しております。
            Orexia社株式及びInexia社株式の公正価値は、将来の現預金残高、                               マイノリティディスカウント             を考慮し
           た再取得原価法と割引現在価値法を組み合わせた方法により                            算定し、    公正価値変動額は「その他の包括利益
           を通じて測定するものとして指定された資本性金融資産の公正価値の純変動額」に計上しております。                                               重大
           な観察可能でない、将来の現預金残高、                  規制当局の承認等の契約で定められた条件に応じて支払われるマイ
           ルストンの達成確率及び           割引率(13.9%)       及び支配力と市場性の欠如による価値の低下(30.0%)                          をインプッ
           トとして    おります。
            Tempero社株式の公正価値は、将来キャッシュ・フローの割引現在価値により算定し、公正価値変動額は
           「その他の包括利益を通じて公正価値で測定するものとして指定した資本性金融商品の公正価値の純変動
           額」に計上しております。重大な観察可能でない、規制当局の承認等の契約で定められた条件に応じて支払
           われるマイルストンの達成確率、割引率(13.0%)及び支配力と市場性の欠如による価値の低下(32.0%)を
           インプットとしております。
            事業分離による条件付き対価の公正価値は、                    将来キャッシュ・フローに発生確率等の条件を考慮し、一定
           の割引率で割り引く方法により算定し                 、公正価値変動額は「金融収益」又は「金融費用」に計上しておりま
           す。重大な観察可能でない、規制当局の承認等の契約で定められた条件に応じて支払われるマイルストンの
           達成確率、割引率(1.6%~2.0%)をインプットとしております。
            Sosei   RMF1投資事業有限責任組合が保有する株式は、リスク調整後の割引後キャッシュ・フローを用いた
           方法により算定しておりましたが、当連結会計年度においてSosei                               RMF1投資事業有限責任組合が連結の範囲
           から除外されたことに伴い評価の対象から外れております。連結の範囲から除外されるまでの                                           間の公正価値
           変動額は連結包括利益計算書の「金融収益」又は「金融費用」に計上しております。重大な観察可能でな
           い、リスク調整後の将来キャッシュ・フロー、割引率(9.9%~13.0%)をインプットとしておりました。
            Sosei   RMF1投資事業有限責任組合を連結範囲から除外したことに伴い、当社の保有するSosei                                        RMF1投資事
           業有限責任組合持分の公正価値は、純資産、将来キャッシュ・フロー及び将来収益性等に基づいた適切な評
           価モデルにより算定し、           公正価値変動額       は連結包括利益計算書の「金融収益」又は「金融費用」に計上して
           おります。     重大な観察可能でない純資産価値等をインプットとしております。
           (企業結合による条件付対価)

            企業結合による条件付対価の公正価値は、将来キャッシュ・フローに発生確率等の条件を考慮し、一定の
           割 引率で割り引く方法により算定し、                公正価値変動額は「金融収益」又は「金融費用」に計上しておりま
           す。重大な観察可能でない、規制当局の承認等の契約で定められた条件に応じて支払われるマイルストンの
           達成確率、割引率        (1.7%~2.5%)       等をインプットとしているためレベル3に該当しております。
           (その他の金融負債)

            その他の金融負債として公正価値評価していた、Sosei                          RMF1投資事業有限責任組合の有限責任組合員への
           返済予定額は、当連結会計年度において、Sosei                       RMF1投資事業有限責任組合が連結の範囲から除外されたこ
           とに伴い評価対象から外れております。なお、連結の範囲から除外されるまでの間の公正価値変動額                                              は連結
           包括利益計算書の「金融収益(出資金運用益)」又は「金融費用(出資金運用損)」に計上しております。重大
           な観察可能でない、出資金の価値に応じた持分の変動をインプットとしているためレベル3に該当しており
           ました。
                                 74/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
           ②  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                                 当連結会計年度               前連結会計年度
                                 (2020年12月31日)               (2019年12月31日)
     Biohaven     Pharmaceutical        Holding    Company    Ltd.                 485                -
     Orexia    Limited                                  210               195
     Inexia    Limited                                  196               185
     Tempero    Bio.   Inc.                               164                -
           ③  償却原価で測定する金融商品の公正価値

            各決算日における償却原価で測定する金融商品の帳簿価額と公正価値の内訳は以下のとおりです。な
           お、帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっている金融商品につきましては、次の表に含めておりま
           せん。
                                                     (単位:    百万  円)
                          当連結会計年度                    前連結会計年度
                         (2020年12月31日)                    (2019年12月31日)
                      帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値
     金融負債:
                                                -          -
                          14,789          15,246
      社債
           上記の公正価値の算定方法は以下のとおりです。

           (社債)

            転換社債型新株予約権付社債の社債部分については、将来支払う元利金の合計額を、当該社債の残存期間
           及び信用リスクを加味した利率で割り引く方法により算定しており、公正価値ヒエラルキーのレベル2に分
           類しております。
           ④  レベル3に分類された金融商品の期首残高から期末残高への調整表

            レベル3に分類された金融資産については、適切な権限者に承認された公正価値測定の評価方針及び手
           続きに従い、外部の評価専門家を利用して評価を実施しております。
            当連結会計年度 (自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                金融資産                 金融負債

                                       1,995                 4,692

     期首残高
      非上場株式の取得による増加(注)1                                  231                  -

      株式売却による減少(注)2                                 △238                   -

      株式の処分による減少(注)3                                  △65                  -

      連結除外による減少(注)4                                 △985                △1,564

      純損益(実現) (注)5                                  △73                  -

      純損益(未実現) (注)5                                  161               △1,140

      その他の包括利益 (注)6                                   24                 -

      期中振替額 (注)7                                   -                △881

                                       1,050                 1,107

     期末残高
                                 75/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (注)1.Tempero社株式が含まれております。詳細については、「8.業務提携及び関連するライセンス契約
              に係る会計処理」をご参照ください。
            2.Sosei     RMF1投資事業有限責任組合が保有していた株式を売却したものです。
            3.企業結合による条件付対価の決済のために保有していた株式を処分したものです。
            4.詳細は、「       7 .子会社に対する支配の喪失」をご参照ください。
            5.連結包括利益計算書の「金融収益」又は「金融費用」に含まれております。
            6.連結包括利益計算書の「在外営業活動体の為替換算差額」及び「その他の包括利益を通じて測定する
              ものとして指定された資本性金融資産の公正価値の純変動額」に含まれております。
            7.「企業結合による条件付対価」の内、支払義務が確定した金額は「営業債務及びその他の債務」に振
              り替えております。なお、当連結会計年度における当該振替後の決済額                                 は 597  百万  円です。
            前連結会計年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                金融資産                 金融負債

                                       1,457                 5,359

     期首残高
      非上場株式の取得による増加 (注)1                                  510                  -

                                         -                 495

      有限責任組合員からの出資による増加
      純損益(未実現) (注)2                                  181                △472

      その他の包括利益 (注)3                                  121                  -

      期中振替額 (注)4、5                                 △274                 △690

                                       1,995                 4,692

     期末残高
         (注)1.Sosei        RMF1投資事業有限責任組合が取得した株式、Orexia社株式及びInexia社株式が含まれておりま
              す。Orexia社株式及びInexia社株式の詳細については、「8.業務提携及び関連するライセンス契約
              に係る会計処理」をご参照ください。
            2.連結包括利益計算書の「金融収益」又は「金融費用」に含まれております。
            3.連結包括利益計算書の「在外営業活動体の為替換算差額」及び「その他の包括利益を通じて測定する
              ものとして指定された資本性金融資産の公正価値の純変動額」に含まれております。
            4.事業分離による条件付対価の内、受領する権利が確定した金額は「その他の金融資産」から「営業債
              権及びその他の債権」に振り替えております。なお、当連結会計年度における当該振替後の決済額は
              264百万円です。
            5.「企業結合による条件付対価」の内、支払義務が確定した金額は「営業債務及びその他の債務」に振
              り替えております。なお、当連結会計年度における当該振替後の決済額は1,050百万円です。
           ⑤  感応度分析

            条件付対価の公正価値に影響を与える重要な仮定が変動した場合に、条件付対価の公正価値に与える影
           響は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                                     当連結会計年度             前連結会計年度
                        項目
                                     (2020年12月31日)             (2019年12月31日)
                受領するマイルストンやロイヤリティ
                                             △55            △160
                の金額が5%増加した場合
                受領するマイルストンやロイヤリティ
                                              55            160
     条件付対価
                の金額が5%減少した場合
                                              6            37
                金利が0.5%増加した場合
                                             △6            △38

                金利が0.5%減少した場合
                                 76/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        10.有形固定資産
         取得原価の増減
                                                    (単位:百万円)
                                   使用権資産      使用権資産
                建物及び            工具、器具
                                   (建物及び      (工具、器具
                      機械装置                         建設仮勘定        合計
                 構築物            及び備品
                                   構築物)      及び備品)
                  1,590      1,022       227       -      43      252     3,134
     2019年1月1日残高
                    -      -      -     1,730        -      -     1,730
     会計方針の変更
                  1,590      1,022       227     1,730        43      252     4,864
     修正再表示後の残高
                    25      55      37      -      -      52      169
     取得
                   △0      △86      △18       -      △1       -     △105
     除売却
                   220      △4       4      82      -     △302        -
     振替
                   △71      △10       -      -      -      -     △81
     その他
                    41      20       6      39      -      △2      104
     外貨換算差額
                  1,805       997      256     1,851        42      -     4,951
     2019年12月31日残高
                    -      113       31      174       -      -      318
     取得
                    -      -      △7      △79       -      -     △86
     処分
                   △45      △26       △7      △44       -      -     △122
     外貨換算差額
                  1,760      1,084       273     1,902        42      -     5,061
     2020年12月31日残高
         減価償却累計額及び減損損失累計額の増減

                                                    (単位:百万円)
                                   使用権資産      使用権資産
                建物及び            工具、器具及
                                   (建物及び      (工具、器具
                      機械装置                         建設仮勘定        合計
                 構築物             び備品
                                   構築物)      及び備品)
                   △37      △289       △84       -      △9       -     △419
     2019年1月1日残高
                  △103      △144       △64      △162       △7       -     △480
     減価償却費
                    -      73      14      -      -      -      87
     除売却
                    1      -      -      △2       -      -      △1
     その他
                   △4      △8      △3      △3       -      -     △18
     外貨換算差額
                  △ 143     △ 368     △ 137     △ 167      △ 16      -     △ 831
     2019年12月31日残高
                  △109      △157       △61      △173       △7       -     △507
     減価償却費
                    -       4      7      79      -      -      90
     処分
                    2      3      5      -       1      -      11
     外貨換算差額
                  △ 250     △ 518     △ 186     △ 261      △ 22      -    △ 1,237
     2020年12月31日残高
         帳簿価額

                                                    (単位:百万円)
                                   使用権資産      使用権資産
                建物及び            工具、器具及
                                   (建物及び      (工具、器具
                      機械装置                         建設仮勘定        合計
                 構築物             び備品
                                   構築物)      及び備品)
                  1,553       733      143       -      34      252     2,715
     2019年1月1日残高
                  1,662       629      119     1,684        26      -     4,120
     2019年12月31日残高
                  1,510       566       87     1,641        20      -     3,824
     2020年12月31日残高
         (注)1.減価償却費は「売上原価」、「研究開発費」及び「販売費及び一般管理費」に計上しております。
           2.当連結会計年度末及び前連結会計年度末における、有形固定資産の取得に関するコミットメントはあり
             ません。
                                 77/120




                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        11.のれん及び無形資産
         取得原価の増減
                                                     (単位:百万円)
                                       無形資産
                 のれん
                        製品関連       基盤技術       顧客関連        その他        合計
                   14,177        1,053       12,223        4,120         75     17,471
     2019年1月1日残高
                     -       -       -       -        9       9
     取得
                     -       -       -       -       △8       △8
     除却
                    188        -       243        92        1      336
     外貨換算差額
                   14,365        1,053       12,466        4,212         77     17,808
     2019年12月31日残高
                     -       -       -       -       13       13
     取得
                   △231         -      △339       △105         △1      △445
     外貨換算差額
                   14,134        1,053       12,127        4,107         89     17,376
     2020年12月31日残高
         償却累計額及び減損損失累計額の増減

                                                     (単位:百万円)
                                       無形資産
                 のれん
                        製品関連       基盤技術       顧客関連        その他        合計
                     -      △177      △2,218        △661        △48      △3,104
     2019年1月1日残高
                     -      △58       △741       △199        △11      △1,009
     償却費
                     -       -       -       -        8       8
     除却
                     -      △605         -       -       △7      △612
     減損損失
                     -       -      △69       △21        △2       △92
     外貨換算差額
                     -      △ 840     △ 3,028       △ 881       △ 60     △ 4,809
     2019年12月31日残高
                     -      △16       △621       △196        △10       △843
     償却費
                     -       -       60       18       -       78
     外貨換算差額
                     -      △ 856     △ 3,589      △ 1,059        △ 70     △ 5,574
     2020年12月31日残高
         帳簿価額

                                                     (単位:百万円)
                                       無形資産
                 のれん
                        製品関連       基盤技術       顧客関連        その他        合計
                   14,177         876      10,005        3,459         27     14,367
     2019年1月1日残高
                   14,365         213      9,438       3,331         17     12,999
     2019年12月31日残高
                   14,134         197      8,538       3,048         19     11,802
     2020年12月31日残高
         (注)製品関連、及びその他のうち一部の償却費は「研究開発費」に、左記以外の償却費は「販売費及び一般管理
           費」にそれぞれ計上しております。
                                 78/120







                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (1)  のれん
           当社グループののれんは、Sosei                  R&D  Ltd.、Heptares        Therapeutics       Ltd.及びHeptares         Therapeutics
          Zurich    AGの買収により発生しております。なお減損判定に用いられる処分コスト控除後の公正価値は、
          Heptares     Therapeutics       Ltd.が    Sosei   R&D  Ltd.から譲受       した事業(以下「SRD事業」)                 、 Heptares
          Therapeutics       Ltd.及び    Heptares     Therapeutics       Zurich    AG(  Heptares     Therapeutics       Ltd.が   Sosei   R&D  Ltd.か
          ら譲受   した事業を除く)(以下「HTL事業」)                 をそれぞれの資金生成単位として認識しています。
           当連結会計年度末において、各資金生成単位に配分されたのれんは、                                SRD事業5,426      百万  円(前連結会計年度
          末 5,426   百万  円)、   HTL事業    8,708   百万  円(前連結会計年度末8,939            百万  円)であり、重要性のある子会社に関する
          減損テストの結果は以下のとおりです。
           資金生成単位の回収可能価額は、処分コスト控除後の公正価値を用いて評価されています。リスク調整後の
          将来キャッシュ・フローを見積もり、処分コスト控除後の公正価値を算出しています。評価方法は、観察可能
          な市場データに基づいていない重要なインプットを使用するため、この評価手法は公正価値の階層においてレ
          ベル3に分類されています。将来キャッシュ・フローに使用する事業計画に用いられる仮定には、製品の上市
          及び特許権の存続期間等が含まれます。これらの仮定の設定にあたり、当社グループは過去の経験、外部の情
          報源、競合他社の活動に対する知識及び業界動向を考慮しております。
           なお、下記の仮定に基づき減損の判定を行った結果、当連結会計年度及び前連結会計年度において減損に該
          当する事項はありません。
                                   当連結会計年度              前連結会計年度

                                  (2020年12月31日)              (2019年12月31日)
                  割引率(税引後)(注)                         8.0%              8.4%

         SRD事業
                  将来キャッシュ・フローの              過去の実績と15年間の事業計画を基礎として、将来キャッ
                  見積り              シュ・フローを見積っております。
                  割引率(税引後)(注)                         8.0%              8.4%

                                過去の実績と20年間の事業計画を基礎として、将来キャッ

         HTL事業
                  将来キャッシュ・フローの
                                シュ・フローを見積っております。また、予想成長率をゼ
                  見積り
                                ロとして、20年経過後の回収可能価額を含んでおります。
         (注) 加重平均資本コストに一定の調整をした割引率を使用しております。
         (2)  重要な無形資産

          ① 製品関連
           株式会社そーせいが、国内製造販売承認を取得した口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ®錠口腔用                                             50mg」に
          関するものです。        当連結会計年度末において、             製品関連無形      資産の帳簿価額の内訳は自己創設無形資産81                    百万
          円(前連結会計年度末88           百万  円)、その他の無形資産116            百万  円(前   連結会計年     度末125    百万  円)です。     当該資産は
          耐用年数20年で定額法により償却しており、残存償却期間は13年です。
          ②基盤技術

           Heptares     Therapeutics       Ltd.及びHeptares         Therapeutics       Zurich    AGの基盤技術を評価したものです。当該
          資産は耐用年数       12~20   年で定額法により償却しており、残存償却期間は8~15年です。
          ③顧客関連

           Heptares     Therapeutics       Ltd.取得時の無形資産評価額のうち、契約相手先があることによって資産価値評価
          したものです。当該資産は耐用年数20年で定額法により償却しており、残存償却期間は15                                         ~16  年です。
                                 79/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (3)  減損損失
           無形資産は概ね独立したキャッシュ・インフローを生み出す最小の資金生成単位でグルーピングを行ってお
          ります。回収可能額は処分コスト控除後の公正価値を用いて評価しており、処分コスト控除後の公正価値ヒエ
          ラルキーはレベル3に該当します。
           当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

            該当事項はありません。
           前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

            減損損失を認識した資産は、無形資産の製品関連に分類され、株式会社そーせいが国内製造販売承認を取
           得した口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ®錠口腔用                         50mg」に関するものです。当連結会計年度中に収益性
           が低下したことにより、連結損益計算書の「その他の費用」に減損損失606百万円を計上しております。
            回収可能価額は、処分コスト控除後の公正価値を用いて評価しており、最新の事業計画を基礎とした将来
           キャッシュ・フローを税引前加重平均資本コスト(10.0%)により現在価値に割り引いて測定しております。
           製品の販売数量及び販売価格等を見積もり、最新の事業計画を                             算出しております。
         (4)  コミットメント

           当連結会計年度及び前連結会計年度における決算日以降の無形資産の取得に係るコミットメントはありませ
          ん 。なお、追加的に、売上に応じたマイルストン及びロイヤリティを支払う可能性があります。
        12.リース取引

          主に設備や建物に係るリースを契約しております。これらの契約の中に、重要な更新又は購入選択権及びリー
         ス契約によって課された制限(配当、追加借入及び追加リースに関する制限等)などの、                                         当社グループの意思決
         定に重要な制限を課すもの            は ありません。リースの延長オプションや購入オプションの行使による追加の義務は
         ありません。ただし、英国における一部のリース料は、エスカレーション条項により将来見直される可能性があ
         ります。
          リースに係る損益(減価償却費を除く)及びキャッシュ・アウトフローの内訳は以下のとおりです。

                                                     (単位:百万円)
                              当連結会計年度                   前連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                  (自 2019年1月1日
                             至 2020年12月31日)                  至 2019年12月31日)
     リースに係る損益
                                       △54                  △54
      リース負債に係る金利費用
                                        △3                  △2
      短期リース費用
                                        △1                  △1
      少額資産リース費用
                                       △172                  △61
     リース負債の返済による支出
     リースに係るキャッシュ・アウトフロー
                                       △230                  △118
     の合計額
          使用権資産の増加額、減価償却費及び帳簿価額の内訳は、注記「10.有形固定資産」をご参照ください。

          リース負債の満期分析は、注記「9.金融商品 (7)                         流動性リスク」をご参照ください。
                                 80/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        13.現金及び現金同等物
          現金及び現金同等物の内訳は以下のとおりです。なお、連結財政状態計算書における現金及び現金同等物と連
         結キャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物の期末残高の金額は一致しております。
                                                     (単位:百万円)
                            当連結会計年度                  前連結会計年度
                            (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
                                      40,008                  15,375
     現金及び預金
                                      40,008                  15,375
      合計
        14.営業債権

          営業債権の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                            当連結会計年度                  前連結会計年度
                            (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
                                       271                 1,169
     売掛金
                                       668                  755
     未収収益
                                       939                 1,924
      合計
        15.その他の資産

          その他の非流動資産及びその他の流動資産の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                            当連結会計年度                  前連結会計年度
                            (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
     その他の非流動資産
                                        7                  41
      長期前払費用
                                        7                  41
     その他の非流動資産合計
     その他の流動資産
                                       322                  275
      前払費用
                                       261                  103
      未収入金
                                        51                  115
      未収消費税
                                        17                   6
      その他
                                       651                  499
     その他の非流動資産合計
        16.企業結合による条件付対価

        「企業結合による条件付対価」の公正価値は、2015年に締結された株式取得契約に基づくHeptares                                              Therapeutics
        Ltd.の従前の株主への契約上の支払額に対し、製薬業                         界の標準的なマイルストン達成確率をベースに、各パイプラ
        インの進捗状況を考慮した発生確率                を 用いて支払見込額を算出し、一              定の割引率で割引く方法により測定しており
        ます。契約において最大支払額220百万米ドルと合意されており、当連結会計年度末までに81                                          百万米ドル     の支払が
        完了しています。契約が明示的でない場合には、最終的な支払額は契約の解釈の相違によって異なる場合がありま
        すが、当連結会計年度末における「企業結合による条件付対価」の連結財政状態計算書計上額は、経営者の最善の
        見積額を計上しております。             (注記「9.金融商品」参照)
                                 81/120







                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        17.社債及び借入金
         (1)  社債
                             当連結会計年度

                        発行             前連結会計年度         利率
       会社名         銘柄                                  担保    償還期限
                            (2020年12月31日)
                        年月日              (2019年12月31日)         (%)
     そーせいグ        2025年満期ユーロ

                        2020年                                2025年
                                            -
     ループ株式会        円建転換社債型新                    14,789              0.5   無担保
                       7月16日                                7月16日
     社        株予約権付社債
        (注)社債は償却原価で測定する金融負債に分類しております。
         社債の流動性リスク管理及び金利リスク管理等については、注記「9.金融商品」を参照ください。

         (2)  借入金

           当連結会計年度末において、コミットメントライン契約に基づく借入実行残高はなく、借入金残高はありま
          せん。
           なお当社は、2019年12月30日にみずほ銀行他3行とコミットメントライン契約(貸付極度額5,000百万円)
          を締結し、2020年12月8日に1年間の延長をしました。当社は、当該コミットメントライン契約により、各決
          算期末において純資産を前期比75%以上維持することを要求する財務制限条項が付されております。また、当
          社は、当該コミットメントライン契約において、以下の権利を有しています。
          ① 契約日の1年後の応当日に満期日を1年間延長し、2年後の応当日にさらに1年間延長できる。
          ② 契約期間内にいつでも本契約を返済期間4年の分割返済型タームローンに変換できる。
        18.営業債務及びその他の債務

          営業債務及びその他の債務の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                            当連結会計年度                  前連結会計年度
                            (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
                                       751                  474
     未払金
                                       757                  737
     未払費用
                                      1,508                  1,211
      合計
    19.その他の負債

          その他の非流動負債及びその他の流動負債の内訳は以下のとおりです。
                                                     (単位:百万円)
                            当連結会計年度                  前連結会計年度
                            (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
     その他の非流動負債
                                       983                  796
      長期前受収益
                                        99                  99
      その他
                                      1,082                   895
     その他の非流動負債合計
     その他の流動負債
                                       784                  439
      前受収益
                                       327                   99
      預り金
                                       167                  217
      賞与引当金
                                      1,278                   755
     その他の非流動負債合計
                                 82/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        20.資本及びその他の資本の構成要素
         (1)  授権株式数、発行済株式総数及び自己株式
                            授権株式数           発行済株式総数             自己株式

                             (株)            (株)            (株)
                              149,376,000            76,301,936               104
     2019年1月1日
                                  -         771,200              -
      新株予約権の行使による増加
                                  -            -           109
      単元未満株式の買取による増加
                              149,376,000            77,073,136               213
     2019年12月31日
      海外募集による新株式の発行による増
                                  -        3,301,400               -
      加
                                  -         149,200              -
      新株予約権の行使による増加
      事後交付型株式報酬(RSU)制度による
                                  -          72,392              -
      株式の割当による増加
                              149,376,000            80,596,128               213
     2020年12月31日
          (注) 当社の発行する株式は、すべて権利内容に何ら限定のない無額面の普通株式です。
         (2)  資本剰余金

           ① 資本準備金
            当社は、会社法に基づき、株式の発行に際しての払込み又は給付に係る額の2分の1以上を資本金に組み
           入れ、資本金として計上しないこととした金額は資本剰余金に計上しております。
           ② 新株予約権
            当社はストック・オプション制度を採用し会社法に基づく新株予約権を発行しております。当該制度の詳
           細については、「23.株式報酬」に記載しております。
            また、転換社債型新株予約権付社債を発行し、当該社債発行時の新株予約権に係る公正価値を資本剰余金
           に計上しております。
           ③ 事後交付型株式報酬(以下「RSU」)及び業績連動型株式報酬(以下「PSU」)
            RSU及びPSU制度により当てられる予定株式の公正価値のうち、経過した勤務期間に対応する金額を資本剰
           余金に計上しております。
            当該制度の詳細については、注記「23.株式報酬」に記載しております。
           ④ その他の資本剰余金
            当社が発行した資本性金融商品の直接発行費用を資本剰余金から控除しております。
         (3)  利益剰余金

           利益剰余金の内容は未処分の留保利益又は欠損金です。なお、利益剰余金にはIFRSへの移行日における、在
          外営業活動体の累積為替換算差額が含まれております。
                                 83/120








                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (4)  その他の資本の構成要素
           ① 在外営業活動体の為替換算差額
            外貨建で作成された在外営業活動体の財務諸表を連結する際に発生した為替換算差額です。
           ② その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
            その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の公正価値の変動額                                   です。
           ③ その他の資本の構成要素の内訳
                                                     (単位:百万円)
                        純損益に振り替えられる            純損益に振り替えられる
                          ことのない項目           可能性のある項目
                                                     合計
                         その他の包括利益を
                                      在外営業活動体の
                          通じて公正価値で
                                       為替換算差額
                          測定する金融資産
                                  -         △7,623            △7,623
     2019年1月1日
      当期発生額
                                  121            851            972
      税効果控除前
                                 △37             -           △37
      税効果額
                                  84           851            935
      税効果控除後
                                  84           851            935
      その他の包括利益-税効果控除後
                                  84         △6,772            △6,688
     2019年12月31日
      当期発生額
                                 △15           △823            △838
      税効果控除前
                                 △10             -           △10
      税効果額
                                 △25           △823            △848
      税効果控除後
      純損益への振替
                                  -            30            30
      税効果控除前
                                  -            -            -
      税効果額
                                  -            30            30
      税効果控除後
      その他の包括利益-税効果控除後(△
                                 △25           △793            △818
      は損失)
                                  59         △7,565            △7,506
     2020年12月31日
         (5)  配当金

            該当事項はありません。
                                 84/120









                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        21.売上収益
          当社グループは、第三者との間で締結した医薬品の開発品又は製品の開発・販売権などに関するライセンス契
         約や研究開発契約等に基づき収益を得ております。当社グループの収益における、経営管理のための分類及び履
         行義務に基づく分類はそれぞれ次のとおりです。
         (1)  経営管理のための分類

          ・マイルストン収入及び契約一時金:契約一時金、開発マイルストン収入、販売マイルストン収入
          ・ロイヤリティ収入:販売ロイヤリティ収入
          ・ 医薬品販売
          ・その他(研究開発受託契約に基づき得られる収入)
         (2)  履行義務に基づく分類

          ①ライセンス
           ・ライセンスが他の財またはサービスと区別され、使用権と評価された場合
             契約一時金は、履行義務が一時点で充足される場合には、ライセンスを付与した時点で収益を認識して
            おり、開発マイルストン収入は、事後に収益の重大な戻入が生じる可能性を考慮し、規制当局への承認申
            請等の当事者間で合意したマイルストンの達成が確実となった時点で収益を認識しております。
             販売マイルストン収入及び販売ロイヤリティ収入は、契約相手先の売上等を算定基礎として測定し、そ
            の達成時点若しくは発生時点、または履行義務の充足時点のいずれか遅い時点に収益を認識しておりま
            す。
           ・ライセンスが他の財またはサービスと区別され、アクセス権と評価された場合
             該当事項はありません。
          ②研究開発受託
           (a)   マイルストン収入及び契約一時金
             契約一時金及び開発マイルストン収入のうち、ライセンス以外に配分された一時点で充足されない履行
            義務は、履行義務の充足前に対価を受領している場合、当該対価を契約負債として計上しております。当
            社グループが履行するにつれて、顧客が支配するライセンスの価値が高まり、顧客が便益を享受するた
            め、契約締結時もしくは契約で定められたマイルストン達成時期から研究開発完了予定日まで                                           の進捗度に
            応じて、収益として認識しております。進捗度は、総見積役務提供時間に対する実際役務提供時間の割合
            により測定しております。ただし、開発マイルストン収入については、事後に収益の重大な戻入が生じる
            可能性を考慮し、規制当局への承認申請等の当事者間で合意したマイルストンの達成が確実となった時点
            で収益を認識しております。
           (b)   研究開発受託契約に基づき得られる収入
             研究開発受託契約に基づき得られる収入は、顧客は当社グループの履行によって提供される便益を、当
            社グループが履行するにつれて同時に受け取って消費するため、                              サービス提供時間に基づき固定額を請求
            する契約に基づき認識しております。
          ③製品供給収入

            製品供給収入は、販売先の検収時点で収益を認識しております。
          なお、ライセンス及び研究受託業務等の取引価格については、調整後市場評価アプローチ、予想コストにマー

         ジンを加算するアプローチ等を用いて算出した独立販売価格に基づいて配分しており、対価は合意された履行義
         務の充足もしくは契約条件の達成時点から1年以内に受領しています。
         次の要件の両方に該当する場合には、変動対価を特定の履行義務のみに配分しております。

          ・変動性のある支払の条件が、企業が当該履行義務を充足するかまたは当該別個の財またはサービスを移転す
           るための活動に関連している。
          ・契約の中の履行義務及び支払条件のすべてを考慮すると、変動性のある対価の金額の全体を当該履行義務又
           は当該別個の財またはサービスに配分することが、企業が約束した財またはサービスを顧客に移転するのと
           交換に権利を得ると見込んでいる対価の金額を描写する金額で取引価格を各履行義務に配分するという目的
           に合致する。
                                 85/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
          顧客との契約における対価に変動対価が含まれている場合には、変動対価に関する不確実性がその後に解消さ
         れる際に認識した収益の累計額の重大な戻入れが生じない可能性が非常に高い範囲でのみ、取引価格に含めてお
         ります。また、知的財産のライセンス供与に付随した販売ロイヤリティ収入は、その後の売上又は使用が発生す
         るか、販売ロイヤリティ収入に配分されている履行義務が充足するか、いずれか遅い時点で収益を認識しており
         ます。なお、重大な金融要素は含んでおりません。
         (1)  経営管理のための収益区分と履行義務の区分との関係

         当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                       履行義務
                        ライセンス         研究開発受託          製品供給収入            計

                            4,889           464          -       5,353

     マイルストン収入及び契約一時金
                            2,544           -          -       2,544
     ロイヤリティ収入
                              -          -          -         -
     医薬品販売
                              -         945          -        945
     その他
                            7,433          1,409           -       8,842
             計
         ( 注 )上記の内、過去の期間に充足された履行義務は、3,952百万円です。
         前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                       履行義務
                        ライセンス         研究開発受託          製品供給収入            計

                            5,741           272          -       6,013

     マイルストン収入及び契約一時金
                            2,406           -          -       2,406
     ロイヤリティ収入
                              -          -         276         276
     医薬品販売
                              -        1,031           -       1,031
     その他
                            8,147          1,303           276        9,726
             計
         ( 注 )上記の内、過去の期間に充足された履行義務は、6,055百万円です。
         (2)  契約残高

           ① 顧客との契約から生じた債権
            連結財政状態計算書上、「営業債権」として表示しております。
           ② 契約負債
            連結財政状態計算書上、契約負債を「その他の非流動負債」及び「その他の流動負債」に含めて表示して
           おります    。
                                                     (単位:百万円)
                             当連結会計年度                  前連結会計年度
                           (自 2020年1月1日                  (自 2019年1月1日
                            至 2020年12月31日)                   至 2019年12月31日)
     期首残高                                 1,235                    -
     期首残高の内、収益認識した金額                                 △345                    -

     為替換算差額                                  △19                   -
     新たに契約負債に認識され、
                                       896                 1,235
     翌期へ繰り越される金額
     期末残高                                 1,767                  1,235
      その他の非流動負債                                  983                  796
      その他の流動負債                                  784                  439
                                 86/120


                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
         (3)  残存履行義務に配分した取引価格
           マイルストン収入のうち開発サービスに係る収入は、                         規制当局への承認申請等の当事者間で合意したマイル
          ストンの達成まで        不確実性が解消しないと見込まれることから、残存履行義務に配分した取引価格には含めて
          おりません。
           その他のうち研究開発受託により得られる収入                     は、IFRS第15号「収益認識」121(b)及びB16に従い実務上の
          便法として、現在までに企業の履行が完了した部分に対する顧客にとっての価値に直接対応する対価の額を顧
          客から受け取る権利を有しているため、残存履行義務に配分した取引価格を記載しておりません。
                                 87/120


















                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        22.従業員給付
         (1)  退職後給付
          当社グループのうち、そーせいグループ株式会社及び株式会社そーせいは東京薬業企業年金基金に加入してお
         ります。当該基金に関する状況は以下のとおりです。なお、2020年12月31日現在における財政決算報告書は入手
         できない状況にあります。
          ①制度全体の積立状況に関する事項

                                                     (単位:百万円)
                             当連結会計年度                  前連結会計年度
                             (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
                            2020年3月31日時点                  2019年3月31日時点
                                      151,135                  157,064
     年金資産の額
     年金財政計算上の数理債務の額と
                                      150,362                  151,841
     最低責任準備金の額との合計額
                                        773                 5,223
     差引額
          (注)差引額は、年金財政計算書上の過去勤務債務残高                         11,041   百万  円(前連結会計年度         13,594   百万  円)から当連結
            会計年度の不足金△7,003            百万  円及び別途積立金18,817百万円の合計額を控除した額(前連結会計年度は不
            足金△136,644       百万  円及び別途積立金155,461百万円を控除した額)です。なお、本制度における過去勤務
            債務の償却は元利均等方式にて行われております。
          ②制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合

                             当連結会計年度                  前連結会計年度
                             (2020年12月31日)                  (2019年12月31日)
                            2020年3月31日時点                  2019年3月31日時点
                                      0.07%                  0.06%
     掛金拠出割合
          (注)掛金拠出割合は、当社グループの掛金拠出月額0                         百万  円(前連結会計年度0          百万  円)を年金基金全体の掛金
            拠出月額504      百万  円(前連結会計年度         504  百万  円)で除した額です。
          ③補足説明

           また、当社グループは、当連結会計年度の掛金拠出額4                          百万  円(前連結会計年度4          百万  円)を「販売費及び一
          般管理費」に計上しております。               なお、翌連結会計年度の掛金拠出額は4                  百万  円を予定しております。
         (2)  その他の従業員給付

                                                     (単位:百万円)
                              当連結会計年度                   前連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                  (自 2019年1月1日
                            至 2020年12月31日)                   至 2019年12月31日)
                                       1,979                  2,301
     報酬及び賞与
                                        626                  384
     株式報酬
                                         3                 17
     退職金
                                       2,608                  2,702
      合計
          (注)その他の従業員給付は「売上原価」、「研究開発費」及び「販売費及び一般管理費」に計上しておりま
            す。
                                 88/120






                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
        23.株式報酬
          当社は、    当社のビジョンと戦略を実現するための意欲を一層高めるとともに、当社及び当社の100%子会社の役
         職員が株価変動のメリットとリスクを株主の皆様と共有し、株価上昇および企業価値向上に積極的に貢献するこ
         とを促進するため、         ストック・オプション制度、事後交付型株式報酬(以下「RSU」)制度及び業績連動型株式報
         酬(以下「PSU」)制度を導入しております。ストック・オプション、RSU及びPSUは、当社の取締役会決議により
         付与されております。
         (1)  ストック・オプション

          ①   ストック・オプションの内容
           当社は、    当社及び当社の100%子会社の役員及び資格を有する従業員                           に対し、ストック・オプションを付与
          しております。ストック・オプションの行使により付与される株式は当社が発行する株式です。
                       (第26回新株予約権)             (第29回新株予約権)             (第30回新株予約権)

     決議年月日
                        2010年9月6日             2015年11月13日             2015年11月13日
                      執行役2名、従業員10名、             取締役2名、執行役1名、             取締役3名、執行役2名、
     付与対象者の区分及び人数(名)                   子会社取締役2名           従業員5名、子会社取締役             従業員2名、子会社取締役
                       及び子会社従業員10名            2名及び子会社従業員10名             2名及び子会社従業員79名
                                                     1,460
     新株予約権の数(個)          ※              0              0
                                                     [1,095]
                                                普通株式     584,000
     新株予約権の目的となる株式の種
                      普通株式       0        普通株式           0
     類、内容及び数(株)          ※
                                                    [438,000]
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                            162             1,033             1,028
     ※
                        自 2012年9月7日             自 2017年7月1日             自 2018年7月1日
     新株予約権の行使期間           ※
                        至 2020年9月6日             至 2020年6月30日             至 2021年6月30日
     新株予約権の行使により株式を発行
                      発行価格        300       発行価格       1,673       発行価格       1,723
     する場合の株式の発行価格及び資本
                      資本組入額       150       資本組入額         837      資本組入額         862
     組入額(円)      ※
                      権利期間内において被付
                      与者がその地位を失った
     新株予約権の行使の条件            ※                     (注)3~7             (注)3~7
                      場合は、「新株予約権割
                      当契約」に定められた期
                      間に限り権利行使可能
                        当社取締役会決議             当社取締役会決議             当社取締役会決議
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                         による承認             による承認             による承認
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                       (注)12             (注)12
                           -
     交付に関する事項         ※
                                 89/120








                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
                       (第31回新株予約権)             (第32回新株予約権)            (第33回新株予約権)

     決議年月日
                        2017年5月15日             2017年5月15日            2017年5月15日
                      取締役5名、執行役3名            従業員7名、子会社取締役               従業員1名及び
     付与対象者の区分及び人数(名)
                       及び子会社従業員4名            2名及び子会社従業員7名               子会社従業員102名
     新株予約権の数(個)          ※              186             15            29
     新株予約権の目的となる株式の種
                      普通株式      74,400    (注)13    普通株式        6,000   (注)13    普通株式     11,600     (注)13
     類、内容及び数(株)          ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                             1         (注)14          3,069   (注)14          3,069   (注)14
     ※
                        自 2020年7月1日             自 2020年7月1日             自 2020年7月1日
     新株予約権の行使期間           ※
                        至 2027年4月30日             至 2027年4月30日             至 2027年4月30日
     新株予約権の行使により株式を発行
                      発行価格       3,088       発行価格       5,015       発行価格       5,015
     する場合の株式の
                      資本組入額      1,544       資本組入額      2,508       資本組入額      2,508
      発行価格及び資本組入額(円)               ※
     新株予約権の行使の条件            ※          (注)15             (注)15             (注)15

                        当社取締役会決議             当社取締役会決議             当社取締役会決議

     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                         による承認             による承認             による承認
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                                    (注)12
                          (注)12             (注)12
     交付に関する事項         ※
                       (第34回新株予約権)             (第35回新株予約権)

     決議年月日
                        2017年11月21日             2017年11月21日
     付与対象者の区分及び人数(名)                     従業員3名            子会社従業員9名
     新株予約権の数(個)          ※               2             1
     新株予約権の目的となる株式の種
                      普通株式           800  (注)13    普通株式           400  (注)13
     類、内容及び数(株)          ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                            2,673   (注)14          2,673   (注)14
     ※
                        自 2020年12月1日             自 2020年12月1日
     新株予約権の行使期間           ※
                        至 2027年10月29日             至 2027年10月29日
     新株予約権の行使により株式を発行
                      発行価格       4,227       発行価格       4,227
     する場合の株式の
                      資本組入額      2,114       資本組入額      2,114
      発行価格及び資本組入額(円)               ※
     新株予約権の行使の条件            ※          (注)15             (注)15
                        当社取締役会決議             当社取締役会決議
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                         による承認             による承認
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                          (注)12             (注)12
     交付に関する事項         ※
       ※   当事業年度の末日(2020年12月31日)における内容を記載しています。当事業年度の末日から提出日の前月末
          現在(2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
          載しており、その他事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
                                 90/120





                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
      (注)    1.  2013年3月1日開催の取締役会決議により、2013年4月1日付で普通株式1株につき100株の割合とする株
          式分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金
          額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されていま
          す。
        2     . 2018年5月10日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で普通株式1株につき4株の割合とする株式
          分割を行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金
          額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されていま
          す。
        3.新株予約権者は、2016年3月期及び2017年3月期の各事業年度にかかる当社が提出した有価証券報告書に記
          載される監査済みの当社連結包括利益計算書における売上収益の累計額が230億円以上となった場合に、本新
          株予約権を行使することができる。
        4.割当日から本新株予約権の行使期間が満了する日までの間に、いずれかの連続する5取引日において東京証
          券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値が一度でも行使価額に50%を乗じた価格(1円未満
          切り捨て)を下回った場合、上記3の条件を満たしている場合でも、本新株予約権を行使することができない
          ものとする。
        5.新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社又は当社関係会社の役員又は使用人であるこ
          とを要する。但し、任期満了による退任及び定年退職、その他正当な理由のある場合は、この限りでない。
        6.新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
        7.本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過すること
          となるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        8.当社が株式の分割又は併合を行う場合、新株予約権の目的となる株式の数は以下の算式により調整し、調整
          により生ずる1株未満の端数は切り捨てるものとします。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割又は併合の比率
         9.当社が株式の分割又は併合を行う場合、新株予約権の行使により株式を発行又は移転する場合の行使価額は
          以下の算式により調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                  1
            調整後行使価額=         調整前行使価額×
                              分割又は併合の比率
         10.当社が時価を下回る払込金額で新株式を発行する場合、新株予約権の行使により株式を発行する場合の行使
          価額は以下の算式により調整し、調整により生ずる1株未満の端数は切り上げるものとします。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                          1株当たり時価
            調整後行使価額=         調整前行使価額×
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         11.上記のほか、細目については取締役会決議に基づき、当社と対象者との間で締結する「新株予約権割当契
          約」に定めています。
         12.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。                           ) 、吸収分割(当社が分割会社となる場合に限る。)若
          しくは新設分割、株式交換又は株式移転(それぞれ、当社が完全子会社となる場合に限る。                                         ) (以上を総称して
          以下、「組織再編行為」という。               ) を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株予約権者に対し、
          それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」
          という。    ) の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存する
          本新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿っ
          て再編象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株
          式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
           (3)  新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件を勘案の上、(注)8(第31回~第35回新株予約権については、注13                                        に準じて決定す
            る。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            組織再編行為の条件を勘案の上、(注)9                  (第31回~第35回新株予約権については、注14                      に準じて決定す
            る。
                                 91/120



                                                          EDINET提出書類
                                                   そーせいグループ株式会社(E00981)
                                                           有価証券報告書
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
              1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の                                         端数が生じ
              たときは、その端数を切り上げるものとする。
            ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
              金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上表に「    新株予約権の行使の条件」に             準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            ① 再編対象会社が消滅会社となる合併契約、再編対象会社が分割会社となる会社分割についての分割契
              約若しくは分割計画、又は再編対象会社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画につ
              いて株主総会の承認(株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、再編対象
              会社は、再編対象会社取締役会が別途定める日の到来をもって、新株予約権の全部を無償で取得する
              ことができる。
            ② 新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)3に定める規定により新株予約権の行使ができなく
              なった場合は、再編対象会社は新株予約権を無償で取得することができる。
        13     . 新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下、同じ                                        。)  又は株式併合を
          行う場合、付与株式数は、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約権のう
          ち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的となる株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1
          株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数 = 調整前付与株式数 × 分割(又は併合)の比率
           調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日(基準日を定めないときは、その効
          力発生日)以降、株式併合の場合は、その効力発生日以降、これを適用する。
           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
          合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、当社は、付与株式数を適切に調整するものとする。
         14 . 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、本新株予約権の行使により交付を受けることができ
          る株式1株当たりの払込金額(以下、「行使価額」という。)に本新株予約権に係る付与株式数を乗じた金額と
          する。
           なお、本新株予約権の割当日後に以下の事由が生じた場合は、行使価額をそれぞれ調整する。
           ①当社が普通株式につき、株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整に
            より生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後行使価額=         調整前行使価額×
                              分割又は併合の比率
           ② 当社が当社普通株式につき、時価を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は(本新株
            予約権の行使に基づく新株式の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場合を除
            く。  ) 、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数+
                                         1株当たりの時価
            調整後行使価額=         調整前行使価額×
                                   既発行株式数+新規発行株式数
            上記算式において「時価」とは、調整後行使価額を初めて適用する日に先立つ45取引日目に始まる30取引
            日(終値のない日を除く。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値と
            し、平均値の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。また、「既発
            行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した数とし、自己株式の処
            分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分株式数」に、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処
            分金額」に読み替えるものとする。
           ③当社が吸収合併存続会社となる吸収合併を行う場合、当社が吸収分割承継会社となる吸収分割を行う場
            合、当社が株式交換完全親会社となる株式交換を行う場合、その他これらの場合に準じ、行使価額の調整
            を必要とする場合には、必要かつ合理的な範囲で行使価額を調整するものとする。
                                 92/120



    &