ナブテスコ株式会社 有価証券報告書 第18期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第18期(令和2年1月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 ナブテスコ株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                       有価証券報告書

    【根拠条文】                       金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年3月24日

    【事業年度】                       第18期(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)

    【会社名】                       ナブテスコ株式会社

    【英訳名】                       Nabtesco     Corporation

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役       寺  本  克  弘

    【本店の所在の場所】                       東京都千代田区平河町二丁目7番9号

    【電話番号】                       03-5213-1134

    【事務連絡者氏名】                       コーポレート・コミュニケーション部長                    峯  岸     康

    【最寄りの連絡場所】                       東京都千代田区平河町二丁目7番9号

    【電話番号】                       03-5213-1134

    【事務連絡者氏名】                       コーポレート・コミュニケーション部長                    峯  岸     康

    【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/146









                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
                                    国際会計基準

           回次
                      第14期        第15期        第16期        第17期        第18期
          決算年月           2016年12月        2017年12月        2018年12月        2019年12月        2020年12月

    売上高           (百万円)        244,968        282,422        294,626        289,808        279,358

    税引前当期利益           (百万円)        26,779        34,907        29,962        27,979        33,718

    親会社の所有者に帰属
                (百万円)        18,606        25,146        21,029        17,931        20,505
    する当期利益
    当期利益           (百万円)        18,936        26,569        22,965        19,951        23,512
    親会社の所有者に帰属
                (百万円)        15,229        27,761        19,552        17,602        20,201
    する包括利益
    包括利益           (百万円)        14,993        29,464        20,980        19,459        23,291
    親会社の所有者に帰属
                (百万円)        147,929        167,537        178,702        187,398        198,031
    する持分
    資産合計           (百万円)        256,973        301,557        328,568        344,558        351,723
    1株当たり
                 (円)      1,193.79        1,355.72        1,438.64        1,508.53        1,594.10
    親会社所有者帰属持分
    基本的1株当たり
                 (円)       150.64        203.85        169.65        144.50        165.18
    当期利益
    希薄化後1株当たり
                 (円)       150.38        203.48        169.42        144.42        165.09
    当期利益
    親会社所有者帰属持分
                 (%)        57.6        55.6        54.4        54.4        56.3
    比率
    親会社所有者帰属持分
                 (%)        13.0        15.9        12.1        9.8       10.6
    利益率
    株価収益率            (倍)        18.1        21.2        14.1        22.6        27.4
    営業活動による
                (百万円)        27,730        23,071        24,165        38,433        34,203
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (百万円)       △ 14,989       △ 20,186       △ 21,823       △ 20,086       △ 10,710
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (百万円)        △ 4,808        △ 950       8,396      △ 13,365       △ 17,497
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                (百万円)        41,780        44,121        54,039        58,686        64,665
    期末残高
    従業員数            (名)        7,162        7,591        7,713        7,736        7,717
    (注)   1  表示単位未満を四捨五入して記載しています。
       2  売上高には、消費税等は含まれていません。
       3  上記指標は、国際会計基準(IFRS)に基づき作成した連結財務諸表に基づいて作成しています。
                                  2/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                          日本基準
           回次
                      第14期        第15期
          決算年月           2016年12月        2017年12月

    売上高           (百万円)        244,619        282,326

    経常利益           (百万円)        24,731        32,996

    親会社株主に帰属する
                (百万円)        17,585        22,996
    当期純利益
    包括利益           (百万円)        13,431        27,684
    純資産額           (百万円)        158,521        177,616

    総資産額           (百万円)        258,947        300,192

    1株当たり純資産額            (円)      1,215.31        1,360.70

    1株当たり当期純利益            (円)       142.37        186.42

    潜在株式調整後
                 (円)       142.12        186.09
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率            (%)        58.0        55.9
    自己資本利益率            (%)        12.0        14.5

    株価収益率            (倍)        19.09        23.17

    営業活動による
                (百万円)        27,730        23,071
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (百万円)       △ 14,989       △ 20,186
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (百万円)        △ 4,808        △ 950
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                (百万円)        41,780        44,121
    期末残高
    従業員数            (名)        7,162        7,591
    (注)   1  表示単位未満を四捨五入して記載しています。

       2  売上高には、消費税等は含まれていません。
       3  2017年12月期の日本基準に基づく連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づ
        く監査は受けていません。
                                  3/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次            第14期       第15期        第16期       第17期        第18期

          決算年月            2016年12月        2017年12月       2018年12月        2019年12月       2020年12月

    売上高            (百万円)        146,241       164,992        168,761       159,180        150,145

    経常利益            (百万円)        19,642        21,713       17,745        14,973       15,486

    当期純利益            (百万円)        13,465        16,134       15,852        4,373       12,068

    資本金            (百万円)        10,000        10,000       10,000        10,000       10,000

    発行済株式総数             (千株)       125,134       125,134        125,134       125,134        125,134

    純資産額            (百万円)        106,842       114,992        121,607       117,106        118,755

    総資産額            (百万円)        183,105       209,874        228,370       223,288        222,942

    1株当たり純資産額             (円)       856.59        924.43       978.12        942.20       955.52

                         50.00        72.00       73.00        73.00       75.00
     1株当たり配当額
                  (円)
    (内1株当たり中間配当額)
                         ( 24.00   )    ( 34.00   )    ( 36.00   )    ( 36.00   )    ( 41.00   )
    1株当たり当期純利益             (円)       108.44        130.10       127.88        35.24       97.21
    潜在株式調整後
                  (円)       108.25        129.86       127.71        35.22       97.16
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率             (%)        58.1        54.6       53.1        52.4       53.2
    自己資本利益率             (%)        13.1        14.6       13.4        3.7       10.2

    株価収益率             (倍)        25.1        33.2       18.7        92.7       46.5

    配当性向             (%)        46.1        55.3       57.1       207.2        77.2

                         2,222        2,256       2,296        2,323       2,366
     従業員数
                  (名)
    (ほか、平均臨時雇用人員)
                          ( 315  )     ( 291  )     ( 297  )     ( 337  )     ( 333  )
                  (%)        111.7        179.3       104.6        142.6       196.2
     株主総利回り
    (比較指標:配当込TOPIX)
                  (%)       ( 100.3   )    ( 122.6   )    ( 103.0   )    ( 121.7   )    ( 130.7   )
    最高株価             (円)        3,145        4,705       5,450        3,675       4,570
    最低株価             (円)        1,859        2,705       2,178        2,216       2,007

    (注)   1  表示単位未満を四捨五入して記載しています。

       2  売上高には、消費税等は含まれていません。
       3  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                2018年2月16日)を2018年12月期の期末
        から適用しており、2017年12月期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指
        標等となっています。
       4  最高株価及び最低株価は、東京証券取引所第一部におけるものです。
                                  4/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      年月                           沿革
     2003年9月      ティーエスコーポレーション㈱(旧                帝人製機㈱)と㈱ナブコが、株式移転により当社を設立しました。
           当社の株式を東京証券取引所(市場第一部)に上場しました。
     2004年10月      完全子会社であるティーエスコーポレーション㈱(旧                         帝人製機㈱)と㈱ナブコの2社を簡易合併の手続
           きにより、当社が吸収合併しました。
     2008年2月      タイにNabtesco        Power   Control    (Thailand)Co.,        Ltd.を設立しました。
     2009年12月      ナブテスコオートモーティブ㈱を設立。自動車関連機器事業を同社に移管しました。
     2011年1月      中国に江蘇納博特斯克今創軌道設備有限公司を設立しました。
     2011年4月      スイスのKABA社より自動ドア部門(現                 Gilgen    Door   Systems    AG)を買収しました。
     2011年8月      本社を現在地(東京都千代田区平河町二丁目7番9号)に移転しました。
     2011年10月      中国に江蘇納博特斯克液圧有限公司(現                  納博特斯克(中国)精密机器有限公司)を設立しました。
     2016年4月      ナブコシステム㈱の株式を追加取得し、子会社化しました。
     2017年3月      OVALO   GmbHの出資持分を取得し、子会社化しました。
     (注)   完全子会社であったティーエスコーポレーション㈱(旧                          帝人製機㈱)及び㈱ナブコの沿革は以下のとおりです。
            ティーエスコーポレーション㈱                                ㈱ナブコ

     1944年8月      帝人航空工業㈱として、帝国人造絹絲㈱                     1925年3月      ㈱神戸製鋼所、発動機製造㈱、東京瓦斯電気
           (1962年11月帝人㈱と社名変更)より分離独                           工業㈱の3社の出資により、神戸に日本エ
           立。                           ヤーブレーキ㈱を設立し、鉄道車両用エアブ
                                      レーキ装置の製造を開始。
     1945年9月      社名を帝人製機㈱と改称。                     1933年3月      自動車用オイルブレーキ装置の製造を開始。
     1945年11月      繊維機械の製造を開始。                     1937年6月      自動車用エアブレーキ装置の製造を開始。
     1949年2月      本社を岩国から大阪に移転。                     1943年12月      社名を日本制動機㈱と改称。
     1949年8月      大阪証券取引所に上場。                     1946年6月      社名を日本エヤーブレーキ㈱と改称。
     1955年3月      航空機の機能部品の製造を開始。                     1949年2月      油圧機器の製造を開始。
     1959年3月      工作機械、産業機械の製造を開始。                     1949年5月      大阪証券取引所に上場。
     1961年9月      油圧機器の製造を開始。                     1953年12月      車両及び建物用自動扉装置の製造を開始。
     1962年9月      東京証券取引所市場第一部に上場。                     1963年6月      舶用制御装置の製造を開始。
                                1985年2月      東京証券取引所市場第一部に上場。
     1995年12月      帝人製機プレシジョン㈱(現              ティーエス      プ  1992年4月      社名を㈱ナブコと改称。
           レシジョン㈱)を設立。工作機械、産業機械
           事業を同社に移管。
     1999年10月      本社を大阪から東京に移転。                     1999年10月      乗用車用オイルブレーキ事業をボッシュ                    ブ
                                      レーキ    システム㈱(現       ボッシュ㈱)に譲渡。
     2000年3月      帝人製機テキスタイルマシナリー㈱(2012年
           3月解散)を設立。繊維機械事業を同社に移
           管。
     2002年4月      東レエンジニアリング㈱、村田機械㈱と合弁
           でティエムティマシナリー㈱(現               TMTマシ
           ナリー㈱)を設立。2003年4月合繊機械事業
           を同社に移管。
     2003年10月      社名をティーエスコーポレーション㈱と改
           称。
     2004年10月      ナブテスコ㈱に吸収合併されたことにより                     2004年10月      ナブテスコ㈱に吸収合併されたことにより
           消滅。                           消滅。
                                  5/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
       当社グループは、当社、子会社61社、関連会社9社で構成され、主な事業はコンポーネントソリューション
      事業、トランスポートソリューション事業、アクセシビリティソリューション事業に分かれ、その事業内容と
      各事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は以下のとおりです。なお、以下に示す区分は、セグメントと
      同一の区分です。
     (1)    事業内容

          セグメントの名称                            事業内容
      コンポーネント

                      産業用ロボット部品、建設機械用機器等、及びこれらの部品の設計、製
                      造、販売、保守、修理
      ソリューション事業
                      鉄道車両用ブレーキ装置・自動扉装置・連結装置・安全設備、航空機部

      トランスポート
                      品、自動車用ブレーキ装置・駆動制御装置・安全装置、舶用制御装置・消
      ソリューション事業
                      火装置等、及びこれらの部品の設計、製造、販売、保守、修理
                      建物及び一般産業用自動扉装置、排煙設備機器、プラットホーム安全設

      アクセシビリティ
                      備、福祉・介護用機器他一般産業用機械等、及びこれらの部品の設計、製
      ソリューション事業
                      造、販売、据付、保守、修理
                      包装機械、工作機械、鍛圧機械、繊維機械、立体モデル作成装置等、及び

      その他
                      これらの部品の設計、製造、販売、保守、修理
                                  6/146












                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (2) 当社、子会社及び関連会社のセグメントとの関連
                                                2020年12月31日       現在
      事業の種類別
                       国内                      海外
     セグメントの名称
               当社                   納博特斯克(中国)精密机器有限公司                       ※1
               ㈱テイ・エス・メカテック                 ※1  常州納博特斯克精密機械有限公司                       ※1
               ㈱ハーモニック・ドライブ                   Nabtesco     Precision     Europe    GmbH
                                                         ※1
                               ※2,3
               ・システムズ                   Nabtesco     Motion    Control    Inc.
                                                         ※1
      コンポーネント
                                  上海納博特斯克伝動設備有限公司                       ※2
      ソリューション
         事業
                                  Harmonic     Drive   L.L.C.
                                                         ※2
                                  上海納博特斯克液圧有限公司                       ※1
                                  上海納博特斯克液圧設備商貿有限公司                       ※1
                                  Nabtesco     Power   Control    (Thailand)      Co.,   Ltd.
                                                         ※1
               当社                   江蘇納博特斯克今創軌道設備有限公司                       ※1
               ナブテスコ      マリン四国㈱
                               ※1  納博特斯克鉄路運輸設備(北京)有限公司                       ※1
               ナブテスコオートモーティブ㈱                 ※1  成都納博特斯克今創軌道設備有限公司                       ※1
                                  Nabtesco     Oclap   S.r.l.
               ナブテスコサービス㈱                 ※1                         ※1
               ㈱ナブテック                 ※1  上海納博特斯克船舶機械有限公司                       ※1
                                  Nabtesco     Marine    Europe    B.V.
               大力鉄工㈱                 ※2                         ※1
                                  Nabtesco     Marine    Asia   Pacific    Pte.   Ltd.
               旭光電機㈱                 ※2                         ※1
                                  Nabtesco     Marinetec     Co.,   Ltd.
                                                         ※1
                                  Nabtesco     Aerospace     Inc.
                                                         ※1
      トランスポート
                                  Nabtesco     Aerospace     Europe    GmbH
                                                         ※1
      ソリューション
         事業
                                  Nabtesco     Aerospace     Singapore     Pte.   Ltd.
                                                         ※1
                                  Nabtesco     Automotive      Products
                                                         ※1
                                   (Thailand)      Co.,   Ltd.
                                  Minda   Nabtesco     Automotive      Private    Limited
                                                         ※2
                                  台湾納博特斯克科技股份有限公司                       ※1
                                  Nabtesco     Service    Southeast     Asia   Co.,   Ltd.
                                                         ※1
                                  NS  Autotech     Co.,   Ltd.
                                                         ※2
                                  OVALO   GmbH
                                                         ※1
                                  adcos   GmbH
                                                         ※1
               当社                   納博克自動門(北京)有限公司                       ※1
                                  NABCO   Entrances,      Inc.
               ナブコドア㈱                 ※1                         ※1
                                  NABCO   Canada    Inc.
               ナブコシステム㈱                 ※1                         ※1
                                  Royal   Doors   Ltd.
               ㈱新潟ナブコ                 ※1                         ※1
                                  Gilgen    Door   Systems    AG
               ナブコメタル㈱                 ※1                         ※1
                                  Gilgen    Nabtesco     (Hong   Kong)   Limited
               ナブコトート㈱                 ※1                         ※1
                                  Gilgen    Door   Systems    UK  Ltd.
                                                         ※1
     アクセシビリティ
                                  Gilgen    Door   Systems    Germany    GmbH
                                                         ※1
      ソリューション
         事業
                                  Gilgen    Door   Systems    Austria    GmbH
                                                         ※1
                                  Gilgen    Door   Systems    France    S.a.r.l.
                                                         ※1
                                  Gilgen    Door   Systems    Italy   srl
                                                         ※1
                                  Gilgen    Door   Systems    Scandinavia      AB
                                                         ※1
                                  Wupper    Glas   und  Tür  Technik    GmbH
                                                         ※1
                                  Gilgen    Door   Systems    Australia     Pty  Ltd.
                                                         ※1
                                  Access    Entry   Pty  Ltd.
                                                         ※2
               東洋自動機㈱                 ※1  大連東洋自動機包装設備有限公司                       ※1
               ティーエス      プレシジョン㈱
                               ※1  TOYO   JIDOKI    AMERICA    CORP.
                                                         ※1
        その他
               シーメット㈱                 ※1
                                  TOYO   JIDOKI    EUROPE    GmbH
                                                         ※1
               TMTマシナリー㈱                 ※2
               当社                   上海納博特斯克管理有限公司                       ※1
                                  Nabtesco     India   Private    Ltd.
               ナブテスコリンク㈱                 ※1                         ※1
                                  Nabtesco     USA  Inc.
                                                         ※1
                                  Nabtesco     Europe    GmbH
                                                         ※1
       全社共通
                                  Nabtesco     Technology      Ventures     AG
                                                         ※1
                                  Nabtesco     Technology      Ventures     (Cayman)     Ltd.
                                                         ※1
                                  Nabtesco     Technology      Ventures     L.P.
                                                         ※1
       子会社及び
                      国内18社                      海外52社
      関連会社     計70社
                                  7/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     ※1   連結子会社
     ※2   持分法適用関連会社
     ※3   株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ(以下、「ハーモニック社」という)は東京証券取引所JASDAQ市
        場に上場しています。
      (注)   1  2020年9月30日付で         Nabtesco     ITG  GmbHの   全出資持分を譲渡しました。
        2  2021年1月29日開催の取締役会において、ハーモニック社との協業関係を解消し、ハーモニック社に対し
          て同社の第1回新株予約権の買取りを請求することを決議したことにより、同日付にてハーモニック社は
          持分法適用関連会社より除外されています。
        3  2021年2月26日付にて、Harmonic                Drive   L.L.C.の全出資持分を譲渡しています。
                                  8/146

















                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (3) 事業系統図
                 (子会社)                                               (関連会社)
                                  9/146




















                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                                2020年12月31日       現在
                                           議決権の所有
                            資本金        主要な事業
                                           [被所有]割合
         名称           住所                                関係内容
                           (百万円)         の内容
                                             (%)
    (連結子会社)
                                                  当社製品の販売、
                 大阪府
                                                  据付、保守
    ナブコドア㈱                           848   アクセシビリティ            100.0
                 大阪市西区
                                                  役員の兼任等…無
    ナブテスコ                                             資金の貸借等
                 東京都千代田区              450   トランスポート            100.0
    オートモーティブ㈱                                             役員の兼任等…有
                                                  当社製品の販売、
                                                  据付、保守等
    ナブテスコサービス㈱             東京都品川区              300   トランスポート            100.0
                                                  役員の兼任等…無
                                                  当社製品の販売、
                                                  据付、保守
    ナブコシステム㈱             東京都千代田区              300   アクセシビリティ             85.9
                                                  役員の兼任等…有
                                                  資金の貸借
    東洋自動機㈱             東京都港区              245   その他            100.0
                                                  役員の兼任等…有
                                                  当社との製品、
    納博特斯克(中国)精密机             中国           千米ドル
                                  コンポーネント             67.0   部品の相互供給等
    器有限公司      (注)3
                 江蘇省            50,000
                                                  役員の兼任等…無
                                                  当社との製品、
    江蘇納博特斯克今創軌道             中国
                              1,800    トランスポート             50.0   部品の相互供給
    設備有限公司       (注)3、4
                 江蘇省
                                                  役員の兼任等…有
                                                  当社との製品、
    上海納博特斯克液圧
                 中国           千米ドル
                                  コンポーネント             55.0   部品の相互供給
    有限公司     (注)3
                 上海市            14,500
                                                  役員の兼任等…有
                 中国                                当社製品の販売
    上海納博特斯克液圧設備
                               100   コンポーネント             67.0
    商貿有限公司
                 上海市                                役員の兼任等…有
                                                  当社との製品、
    Nabtesco
                 米国           千米ドル
                                              100.0
                                  トランスポート                部品の相互供給
    Aerospace     Inc.                                    (100.0)
                 ワシントン州             1,000
                                                  役員の兼任等…無
                 米国                                当社との製品、
                             千米ドル
                                              100.0
    NABCO   Entrances,      Inc.
                 ウィスコン                 アクセシビリティ                部品の相互供給
                                             (100.0)
                               0.3
                 シン州                                役員の兼任等…有
                 スイス        千スイスフラン
    Gilgen    Door   Systems    AG
                                  アクセシビリティ            100.0    役員の兼任等…有
                 ベルン州             2,001
                 ドイツ
    Nabtesco     Precision
                             千ユーロ                     当社製品の販売
                                              100.0
                 デュッセル                 コンポーネント
    Europe    GmbH                                     (100.0)
                                51                  役員の兼任等…無
                 ドルフ市
    Nabtesco     Power   Control                                      当社との製品、
                 タイ国         千タイバーツ
    (Thailand)Co.,        Ltd.                      コンポーネント             70.0   部品の相互供給
                 チョンブリ県            700,000
     (注)3                                             役員の兼任等…有
    その他47社                -           -      -          -      -

    (持分法適用関連会社)

    ㈱ハーモニック・ドライ
                 東京都品川区             7,100    コンポーネント             19.0   役員の兼任等…無
    ブ・システムズ        (注)5
                 大阪府

    TMTマシナリー㈱                           450   その他             33.0   役員の兼任等…有
                 大阪市中央区
    その他7社                -           -      -          -      -

    (注)   1  主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しています。

       2  議決権の所有[被所有]割合欄の(内書)は間接所有です。
       3  特定子会社です。
       4  議決権の所有割合が50%ですが、実質的に支配していると判断していることから、連結子会社としています。
       5  有価証券報告書を提出している会社です。また議決権の所有割合が20%未満ですが、同社が発行する新株予約
        権を保有することで潜在的な議決権を有しており、重要な影響力を有していると判断していることから、持分
        法適用関連会社としています。なお、「(2)                    当社、子会社及び関連会社のセグメントとの関連」に記載のとお
        り、2021年1月29日付にて持分法適用関連会社より除外されています。
                                 10/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                2020年12月31日       現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
      コンポーネントソリューション事業                                       1,815

      トランスポートソリューション事業                                       2,174

      アクセシビリティソリューション事業                                       2,960

      その他                                        449

      全社(共通)                                        319

                 合計                           7,717

      (注)   1  従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの

          出向者を含む就業人員数です。
        2  臨時従業員数は、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しています。
     (2)  提出会社の状況

                                                2020年12月31日       現在
         従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
          2,366
                        42.3             17.0             6,946
           (  333   )
              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                             880
      コンポーネントソリューション事業
                                            ( 246   )
                                             979
      トランスポートソリューション事業
                                            (   78  )
                                             230
      アクセシビリティソリューション事業
                                            (    7  )
                                             277
      全社(共通)
                                            (    2  )
                                            2,366
                 合計
                                            ( 333   )
      (注)   1  従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数です。
        2  平均勤続年数は、吸収合併前完全子会社での勤続期間を通算しています。
        3  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
        4  従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
     (3)  労働組合の状況

        提出会社の労働組合は、上部団体としてJAMに属しており、2020年12月31日現在の組合員数は                                             1,968名    で
       す。労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
        また、一部連結子会社に労働組合が結成されており、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事
       項はありません。
                                 11/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     (1)  会社の経営の基本方針
        2020年に感染拡大した新型コロナウイルスが当社の事業活動にも影響を及ぼしており、一部のアクションプラ
       ンが計画通りに実行できていない状況を踏まえ、中期経営計画を1年延長しました。2021年度は引続き計画達成
       に向けて取り組み、新中期経営計画の策定に向けた基盤構築の1年と位置づけております。
       ( 企業理念     )

                         ナ  ブ  テ  ス  コ  は  、

                独  創  的  な  モ  ー  シ  ョ  ン  コ  ン  ト  ロ  ー  ル  技  術  で  、
            移  動  ・  生  活  空  間  に  安  全  ・  安  心  ・  快  適  を  提  供  し  ま  す  。
       ( 長期ビジョン       ) 2020年度の目指す姿

                グローバルに成長し続けるベストソリューションパートナー

       ( 中期経営計画基本方針           )

         2020年度の目指す姿実現に向けて、次の方針の下、戦略を実行していきます。
                    「Move    forward!     Challenge     the  future!」

                      ~  Create    “New   Value   2020”    ~ 
     (2)  中期計画でのコミットメント

        当社グループは2017年度から2020年度の中期経営目標を、以下のとおり設定しました。
              (コミットメント)

               2020年度までにROE15%を達成し、維持します。
               本中期経営計画期間中の連結配当性向を35%以上とします。
               ESG課題の解決に注力します。
                                 12/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (3)  中長期的な会社の経営戦略
        中期経営計画期間中は「Market               Creation」「Technology            Innovation」「Operational             Excellence」を三位一
       体で取組み、長期ビジョンに掲げた「グローバルに成長し続けるベストソリューションパートナー」の実現に向
       けた戦略を実施していきます。
       ①「Market      Creation」による新事業の創出

        ・M&Aの活用も含め、海外展開を一層推進します。
        ・ICT/IoTなど先端技術を活用し、アフターサービスビジネス(MRO)をさらに強化・拡大します。
       ②「Technology        Innovation」による新たなソリューションの創造

        ・コンポーネントからシステム・ソリューション提供へ事業領域を拡大します。
        ・新工法開発など「ものづくり革新」により製品の新たな競争優位を確立します。
        ・国内工場の近代化/スマート化により高効率生産・高環境性能・快適労働環境を実現します。
        ・Corporate      Venture    Capitalを通じたスタートアップ探索から新技術の獲得を目指します。
       ③「Operational        Excellence」による収益性・効率性の向上による企業価値向上

        ・生産改革/業務改革によりオペレーション基盤を強化し、収益力を向上します。
        ・事業運営の効率化と、事業間のシナジー創出を追求します。
        ・社内の管理指標にROIC(投下資本収益率)を導入し、資本効率を高めながら、着実にキャッシュを創出しま
         す。
        ・安定的に連結配当性向35%以上を維持し、機動的な株主還元を実施します。
        ・成長投資として、1)国内工場近代化・増産対応の実施、2)研究開発の推進、3)戦略的M&Aに備えた資金準
         備に取り組みます。
        ・「経営の透明性の確保(ガバナンス)」「安全・安心・快適の提供(環境・社会)」をマテリアリティ(重要な
         CSR課題)と位置づけ、ESGの幅広いテーマに体系的な取り組みを進めます。
     (4)  会社の対処すべき課題

        当面の最重要課題は中期経営計画を達成することにあり、変化の激しい多様化する世界市場に対応すべく下記
       課題に取り組みます。
        ・市場にマッチしたビジネスモデルの構築、海外事業の拡大と収益力の強化
        ・顧客ニーズを捉えた製品開発及び幅広い技術力を活用した差別化製品の開発
        ・柔軟かつ迅速に対応できる意思決定・経営体制の構築
        ・当社のグローバル展開に対応する人財の確保・育成
        ・ガバナンス強化とリスクマネジメント力の向上
     (5)  次期の経営環境

        2021年度における経営環境は、コンポーネントソリューションセグメント事業においては、建設機械向け油圧
       機器が好調を維持するとともに、精密減速機の需要が更に回復することを見込んでいます。トランスポートソ
       リューションセグメント事業においては、引続き新型コロナウイルスによる世界的な移動制限等の影響を受け、
       需要減少が継続する見込みです。アクセシビリティソリューションセグメント事業においては、プラットホーム
       ドア需要が前期比で減少するものの、建物用ドアにおいて国内外で引続き販売拡大に努めます。その他において
       は、包装機が、国内での化成品需要、海外でのレトルト需要の拡大を見込んでいます。
      (注)   本有価証券報告書における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において入手している情報に基づき

         当社が判断したものであり、実際の業績等は、「2 事業等のリスク」に挙げた事項等により、異なる結果
         となる可能性があります。
                                 13/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある
      リスクのうち主要なものは以下のとおりです。このようなリスクが現実化した場合には、当社グループの業績及び
      財政状態に悪影響を与える可能性があります。なお、将来に関する事項は当連結会計年度末現在において当社グ
      ループが判断したものです。
     (1)  経済、市場の動向に関するリスク

        当社グループの事業は、国内外の自動車、建設機械、鉄道、建築、産業機械等の各産業分野に直接的又は間接
       的に関わっています。これら産業の景気変動及び設備投資動向等により、当社グループの業績及び財務状況に影
       響を及ぼす可能性があります。
     (2)  海外事業展開に関するリスク

        当社グループは、成長性・収益性の追求のため、アジア、北米、欧州を中心に積極的な事業展開を図っていま
       す。このため、経済・市場の動向に関するリスクだけでなく、国によっては政治的変動や予期できない法律、規
       制等の改正が行われる場合があり、各種製品の市場が影響を受け、その結果、当社グループの業績に影響を及ぼ
       す可能性があります。
     (3)  大規模災害に関するリスク

        当社グループは、地震、風水害、パンデミック等各種災害に対して発生時の損失を最小限に抑えるため、事業
       継続計画の策定、緊急連絡体制の整備や訓練の実施等を進めています。その中でも、新型コロナウイルスの感染
       拡大に伴い、「グループ対応方針」及び「グループ従業員へのガイドライン」を作成し、各地域の感染拡大状況
       に応じて、テレワーク、輪番制勤務、時差出勤、不急の出張自粛等、社内外への感染防止と従業員の安全確保を
       目的とした対応を行っています。しかし、このような災害による人的・物的被害の発生や資材調達の停滞及び物
       流網の寸断により、当社グループの事業活動に影響を及ぼす可能性があります。また、これらによる損害が損害
       保険等で十分にカバーされるという保証はありません。
     (4)  為替相場の変動に関するリスク

        当社グループの海外売上高は、年々高まっています。原材料の海外からの輸入もあり、外貨建て取引に関して
       は為替予約によるリスクヘッジを行っていますが、当社グループの業績は為替変動による影響を受けています。
       また、在外子会社の業績についても、円換算にあたり為替変動による影響を受けています。
     (5)  調達に関するリスク

        当社グループは、原材料、構成部品等の複数購買を推進することにより安定的な調達を図っていますが、部材
       価格の高騰や一部の部品について供給が滞り代替の調達先が確保できない場合には、製品の利益率の悪化や機会
       損失の発生により、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  製品品質に関するリスク

        当社グループは、各種製品について、欠陥が発生しないように万全な品質管理基準のもとに製造しています。
       しかしながら万一リコールや製造物責任につながるような重大な欠陥が発生した場合には、多額のコストの発生
       につながり、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  競合に関するリスク

        当社グループは、国内外において高い市場占有率を誇る製品を多数保有しており、顧客のニーズを捉えたコス
       ト競争力のある差別化製品の開発に取り組んでいます。しかしながら、新製品開発の遅れ又は他社が画期的な新
       製品を開発する等により、各種製品の市場占有率が低下した場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を及
       ぼす可能性があります。
                                 14/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (8)  情報セキュリティに関するリスク
        当社グループは、事業活動を通して、お客様や取引先の個人情報及び機密情報を入手することがあり、また、
       営業上・技術上の機密情報を保有しています。当社グループでは、これら情報に関する管理体制の強化と社員教
       育を展開し、情報システムのハード面・ソフト面を含めた適切なセキュリティ対策を講じています。しかしなが
       ら、予想を超えるサイバー攻撃、不正アクセス、コンピューターウイルス侵入等により、万一これら情報が流出
       した場合や重要データの破壊、改ざん、システム停止等が生じた場合には、当社グループの信用低下や業績及び
       財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (9)  知的財産に関するリスク

        当社グループは、特許を含む知的財産権により自社技術の保護を図り、これら知的財産権を厳しく管理すると
       ともに、第三者の知的財産権を侵害することのないよう細心の注意を払っています。しかしながら、第三者が当
       社グループの知的財産権を侵害した場合、又は当社グループが第三者から知的財産権の侵害を主張された場合に
       は、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (10)   法令・規制に関するリスク

        当社グループは、世界各地域において事業活動を展開しており、各地域の法令、規制の適用を受けます。当社
       グループは、事業活動に関連する法令・規制の遵守の徹底はもとより、より高い基準の倫理規範を制定し、コン
       プライアンス教育の実施、内部通報窓口の整備・運用を通じて、コンプライアンス体制の強化を図っています。
       しかしながら、これら対策を講じても、個人的な不正行為等を含めコンプライアンスに関するリスクを完全に回
       避することは出来ず、重大な法令違反等を起こした場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす
       可能性があります。
     (11)   環境に関するリスク

        当社グループは、事業活動による地球環境への影響を常に認識し、商品の企画・開発・設計にあたっては、エ
       ネルギー効率、省資源、有害物質の削減、リサイクル性の向上に努め、商品の生産・販売・物流・サービスにお
       いては、環境先進技術を積極的に採用し、また工夫することにより、CO2排出量の削減、資源の有効利用、ゼ
       ロ・エミッションへの挑戦等環境負荷の低減に努めています。しかしながら、当社グループの事業活動により環
       境汚染が生じた場合には、汚染除去費用や損害賠償費用等の発生及び信用の低下により業績及び財務状況に影響
       を及ぼす可能性があります。
     (12)   企業買収等に関するリスク

        当社グループは、企業買収を通じて、国内外における製品の生産、販売・サービス体制の拡充や技術基盤の強
       化を図っています。企業買収の検討段階では、対象企業のデューデリジェンスを行い、買収後の対象企業の運営
       について検証を行っています。しかしながら、企業買収当初に期待した効果が買収後に得られない場合、当社グ
       ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (13)   固定資産の減損に関するリスク

        当社グループは、有形固定資産、のれん及び無形資産等の固定資産を保有しています。経営環境や事業の状況
       の著しい変化等により収益性が低下し、十分なキャッシュ・フローを創出できないと判断される場合は、対象資
       産に対する減損損失の計上により、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (14)   人材の確保に関するリスク

        当社グループは、製造・開発・販売、その他専門分野に携わる優秀な人材を幅広く採用・育成することで、グ
       ローバルな事業活動の推進と競争力の維持向上を図っています。しかしながら、人材の獲得競争の激化や社員の
       退職等によって十分な人材の確保及び育成ができなかった場合、競争力の低下につながり、当社グループの業績
       及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
      ①  経営成績
         当社グループの当連結会計年度の業績は、多くの事業分野で新型コロナウイルス感染拡大による世界的な経
        済活動の停滞の影響を受けました。建設機械向け油圧機器が中国において好調に推移しましたが、自動ドア事
        業、航空機器事業、商用車用機器事業では、新型コロナウイルスによる移動制限等で各市場において需要が減少
        したことにより、売上高は            279,358百万円       、営業利益は      28,533百万円      となりました。税引前当期利益は                33,718百
        万円  となりました。       親会社の所有者に帰属する当期利益は20,505百万円                        となりました。
                                                   (単位:百万円)

                                                 親会社の所有者に
                      売上高         営業利益        税引前当期利益
                                                 帰属する当期利益
          当連結会計年度
                         279,358          28,533          33,718          20,505
          ( 2020年12月     期)
          前連結会計年度
                         289,808          25,320          27,979          17,931
          ( 2019年12月     期)
           前期比(%)               △3.6          12.7          20.5          14.4
         当連結会計年度のセグメント別概況は次のとおりです。

        [売上高]

                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度          当連結会計年度
                                                  前期比(%)
                             ( 2019年12月     期)     ( 2020年12月     期)
        コンポーネントソリューション事業                         107,188          109,855            2.5
        トランスポートソリューション事業                         83,994          78,090           △7.0

        アクセシビリティソリューション事業                         79,971          73,665           △7.9

        その他                         18,654          17,747           △4.9

        合計                         289,808          279,358           △3.6

        [営業利益]

                                                   (単位:百万円)
                             前連結会計年度          当連結会計年度
                                                  前期比(%)
                             ( 2019年12月     期)     ( 2020年12月     期)
        コンポーネントソリューション事業                         15,897          17,673           11.2
        トランスポートソリューション事業                          5,778          3,338          △42.2

        アクセシビリティソリューション事業                          8,565          7,733          △9.7

        その他                          2,551          2,329          △8.7

        全社又は消去                         △7,470          △2,540             -

        合計                         25,320          28,533           12.7

                                 16/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ②  財政状態
       (資産)
         当連結会計年度末の流動資産は               183,110百万円       、非流動資産は       168,614百万円       であり、その結果、資産合計は
        351,723百万円       と前連結会計年度末比          7,166百万円の増加         となりました。主な増加要因は、現金及び現金同等物
        の増加   5,980百万円      、営業債権の増加        5,457百万円      、及び持分法で会計処理されている投資の増加                      2,935百万円      で
        す。主な減少要因は、棚卸資産の減少                  4,752百万円      、及びその他の金融資産(流動資産)の減少                     2,171百万円      で
        す。
       (負債)

         当連結会計年度末の流動負債は               113,662百万円       、非流動負債は       26,421百万円      であり、その結果、負債合計は
        140,083百万円       と前連結会計年度末比          5,342百万円の減少         となりました。主な増加要因は、未払法人所得税の増
        加 2,660百万円      です。主な減少要因は、その他の債務の減少                     4,682百万円      、社債及び借入金の減少4,070百万円で
        す。
       (資本)

         当連結会計年度末の資本合計は               211,641百万円       となりました。親会社の所有者に帰属する持分合計は                         198,031
        百万円   と前連結会計年度末比          10,632百万円の増加         となりました。主な増加要因は、親会社の所有者に帰属する
        当期利益    20,505百万円      に伴う利益剰余金の増加です。一方、主な減少要因は、配当による利益剰余金の減少
        9,700百万円です。
         以上の結果、親会社の所有者に帰属する持分比率は                         56.3%   となり、1株当たり親会社所有者帰属持分は
        1,594.10円     となりました。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)                                   は、前連結会計年度末比           5,980百万
       円増加   し、  64,665百万円      となりました。これは営業活動により獲得した資金                        34,203百万円      を主に設備投資、配当
       金の支払に充てた結果です。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、営業債権の増加があったものの、当期利
        益、減価償却費及び償却費の計上、及び棚卸資産の減少等により、                               34,203百万円の資金の増加            となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、非事業用不動産(投資不動産)の売却によ
        る収入があった一方、精密減速機における工場用地の取得等を中心とした設備投資による支出により、                                                10,710
        百万円の資金の減少         となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、グループ会社における借入金の返済、及び
        配当金の支払により、          17,497百万円の資金の減少            となりました。
                                 17/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (3)  生産、受注及び販売の状況
      ①  生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと以下のとおりです。
               セグメントの名称                     生産高(百万円)              前期比(%)

      コンポーネントソリューション事業                                    111,920               5.6
      トランスポートソリューション事業                                    76,271             △10.9
      アクセシビリティソリューション事業                                    72,797             △8.2
      その他                                    17,570             △7.8
                  合計                        278,557              △3.9
      (注)   1  上記の金額は、販売価格により、消費税等は含まれていません。
         2  上記の金額は、セグメント間取引の相殺消去後の数値です。
      ②  受注実績

         当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと以下のとおりです。
           セグメントの名称               受注高(百万円)         前期比(%)       受注残高(百万円)          前期比(%)

      コンポーネントソリューション事業                        113,643         2.5        31,535        13.7
      トランスポートソリューション事業                         75,659       △10.3         53,910        △4.3
      アクセシビリティソリューション事業                         79,893        △1.8         38,331        19.4
      その他                         16,944        △5.1         7,168       △10.1
              合計                286,138        △2.8        130,944         5.5
      (注)   1  上記の金額には、消費税等は含まれていません。
         2  上記の金額は、セグメント間取引の相殺消去後の数値です。
      ③  販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと以下のとおりです。
               セグメントの名称                     販売高(百万円)              前期比(%)

      コンポーネントソリューション事業                                    109,855               2.5
      トランスポートソリューション事業                                    78,090             △7.0
      アクセシビリティソリューション事業                                    73,665             △7.9
      その他                                    17,747             △4.9
                  合計                        279,358              △3.6
      (注)   1  上記の金額には、消費税等は含まれていません。
         2  上記の金額は、セグメント間取引の相殺消去後の数値です。
         3  総販売実績に対し10%以上に該当する販売先はありません。
                                 18/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (4)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
      ①  重要な会計方針及び見積り
         当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針及び見積りは、「第5                                     経理の状況      1  連結財務諸表
        等  (1)  連結財務諸表       連結財務諸表注記         注記3.重要な会計方針            及び   注記4.重要な会計上の判断、見積り
        及び仮定」に記載のとおりです。
      ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       1)  売上高
          当社グループの当連結会計年度における売上高は、前期比                           3.6%減少     し 279,358百万円       となりました。これ
         は多くの事業分野で新型コロナウイルス感染拡大による世界的な経済活動の停滞の影響を受けました。建設
         機械向け油圧機器が中国において好調に推移しましたが、自動ドア事業、航空機器事業、商用車用機器事業
         では、新型コロナウイルスによる移動制限等で各市場において需要が減少したことによるものです。
       2)  営業利益

          営業利益は、前期比         12.7%増加     し 28,533百万円      となりました。売上高営業利益率は                10.2%   となりました。
       3)  税引前当期利益

          金融収益は主に保有する投資有価証券(新株予約権)の評価益により                                2,291百万円      、金融費用は主に為替差
         損の発生により       573百万円     、持分法による投資利益は            3,467百万円      となりました。その結果、税引前当期利益
         は 33,718百万円      と前期比    20.5%増加     となりました。
       4)  親会社の所有者に帰属する当期利益

          以上の結果、法人所得税費用             10,206百万円      及び非支配持分に帰属する当期利益                3,008百万円      を差引いた親会
         社の所有者に帰属する当期利益は、                20,505百万円      と前期比    14.4%増加     となりました。
          また、基本的1株当たり当期利益は前期比                   20.68円増加      し、  165.18   円となりました。
        当連結会計年度のセグメントの業績の状況は次のとおりです。

       (コンポーネントソリューション事業)

        コンポーネントソリューション事業の受注高は、前期比                          2.5%増加     し 113,643百万円       となりました。売上高は、
       前期比   2.5%増加     し 109,855百万円       、営業利益は、同        11.2%増加     し 17,673百万円      となりました。
        精密減速機は、第4四半期より中国や北米の自動車業界における設備投資が回復し、売上高は前期並みとなり
       ました。
        油圧機器は、中国市場の旺盛な需要が継続したことに加え、欧米市場も回復傾向にあり、売上高は前期比で増
       加となりました。
       (トランスポートソリューション事業)

        トランスポートソリューション事業の受注高は、前期比                          10.3%減少     し 75,659百万円      となりました。売上高は、
       前期比   7.0%減少     し 78,090百万円      、営業利益は、連結子会社OVALO               GmbHにおける固定資産の減損損失3,421百万円
       が発生した結果、前期比           42.2%減少     し 3,338百万円      となりました。
        鉄道車両用機器は、国内新車需要に支えられ、売上高は前期並みとなりました。
        航空機器は、民間航空機向けの需要が減少し、売上高は前期比で減少となりました。
        商用車用機器は、国内市場及び東南アジア市場の需要が停滞し、売上高は前期比で減少となりました。
        舶用機器は、新造船向け及びMRO               (Maintenance、Repair、Overhaul)                共に、売上高は前期並みとなりました。
       (アクセシビリティソリューション事業)

        アクセシビリティソリューション事業の受注高は、前期比                            1.8%減少     し 79,893百万円      となりました。売上高
       は、前期比     7.9%減少     し 73,665百万円      、営業利益は、同        9.7%減少     し 7,733百万円      となりました。
         自動ドア事業は、オリンピック・パラリンピック開催に向けた再開発等の旺盛な需要が一段落したことに加
       え、新型コロナウイルスの影響による国内外市場での需要停滞により、売上高は前期比で減少となりました。
                                 19/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
       (その他)
        その他の受注高は、前期比            5.1%減少     し 16,944百万円      となりました。売上高は、前期比               4.9%減少     し 17,747百万
       円 、営業利益は、同        8.7%減少     し 2,329百万円      となりました。
        包装機は、外食産業向け需要の低迷により受注が減少し、売上高は前期比で減少となりました。
       (全社又は消去)

        全社又は消去の営業利益は、第1四半期及び第4四半期での非事業用不動産                                     (投資不動産)       の合計売却益
       4,892百万円により、          △2,540百万円       となりました。
       ③  資本の財源及び資金の流動性についての分析

          当社グループにおける主な資金需要は、営業活動においては、生産活動に必要な運転資本(原材料、人件費
         等)、受注獲得のための販売費、既存事業の競争力強化や新商品や新事業の創出のための研究開発費等があり
         ます。投資活動においては、製品の増産対応のための新規投資や設備更新を中心とした設備投資があります。
         当社グループは2021年12月期において、コンポーネントソリューションセグメントにおける生産性向上投資や
         基幹システムへの投資等を中心に               12,700百万円      の設備投資を予定しています。
          当社グループの事業活動に必要な資金は、主として自己資金の活用、金融機関からの借入及び社債の発行等
         により調達しており、親会社所有者帰属持分比率やROE等の指標を注視しながら、最適な資金調達方法を選択
         しています。なお、当連結会計年度末の社債及び借入金の残高は                              39,866百万円      と前期比    4,070百万円の減少         と
         なりました。これは主に短期借入金の減少によるものです。
           なお、当社が保有する株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズの株式の一部売却による収入を、自
         己株式の取得、社債の償還、及び財務基盤の強化等に充当する予定です。
       ④  経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社グループは、2017年度を初年度とする4ヵ年の中期経営計画における経営目標として、ROE15%、連結
         配当性向35%以上という目標を設定しています。本中期経営計画期間中の各指標の推移は以下のとおりです。
                     第15期          第16期          第17期          第18期
                  (自  2017年1月1日        (自  2018年1月1日        (自  2019年1月1日        (自  2020年1月1日
                  至   2017年12月31日       )  至  2018年12月31日       )  至   2019年12月31日       )  至  2020年12月31日       )
        ROE(%)                 15.9          12.1           9.8          10.6
        連結配当性向(%)                 35.3          43.0          50.5          45.4
                                 20/146









                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)  技術等導入に関する契約
                                            締結契約

     契約会社名          技術導入先                契約の対象                      契約期間
                                            発効年月
           米国             ヘリコプター用燃料噴射装置
                                            1989年8月        2023年12月迄
           グッドリッチ社             の製造に関する技術及び販売契約
                        F-15戦闘機搭載装備品であるノーズ
                        ステア・インプットノーズステア
                                            1983年1月        2028年12月迄
                        及びフラップドライブの製造
           米国
                        及び販売契約
           パーカーハネフィン社
                        ヘリコプター用搭載機器に関する
                                            1989年1月        2028年12月迄
                        技術及び販売契約
                        AH-1Sヘリコプター用サーボ
                        アクチュエータ及びサーボバルブ                   1983年1月        2021年8月迄
     ナブテスコ                   製造・試験に関する契約
     株式会社
                        F-15戦闘機装備品ロータリーラダー
           米国
                        サーボアクチュエータ・キャノピー
           ウッドワードHRT社
                        アクチュエータ・スピードブレーキ
                        アクチュエータ・ディレクショナル                   2015年7月        2025年6月迄
                        コントロールバルブ・エアリアルリ
                        フュエールディレクショナルバルブ
                        の製造及び販売契約
           米国             航空機用燃料噴射ノズルの製造
                                            1981年8月        2025年6月迄
           ウッドワードFST社             に関する技術及び販売契約
           米国             ヘリコプター用燃料ポンプの製造

                                            1988年12月        2024年2月迄
           クレーン社             に関する技術及び販売契約
     (注)   上記契約に対する対価として、一定額又は売上高の一定率を支払っています。
     (2)  技術供与に関する契約

                                            締結契約

     契約会社名          技術供与先                契約の対象                      契約期間
                                            発効年月
           中国
     ナブテスコ
                        広深港線向けドアシステム                   2013年4月        2023年4月迄
     株式会社
           今創集団股份有限公司
     (注)   上記契約に対する対価として、一定額又は売上高の一定率を受け取っています。

                                 21/146









                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
       当社グループは、「独創的なモーションコントロール技術で、移動・生活空間に安全・安心・快適を提供しま
      す」との企業理念のもと、利益ある成長の姿を研究開発活動のゴールに設定し、事業戦略と連携した研究開発計画
      を立案して研究開発に取組んでいます。
       研究開発投資については、既存事業の競争力強化や収益力強化につながる事業戦略上の開発テーマと、成長分野
      における新商品や新事業の創出・育成のための開発テーマに資源を集中させています。研究開発の推進体制は、技
      術本部を統括部門として、企画・実行をカンパニー各社、連結子会社を中心として技術本部もその一部を担当して
      います。開発活動で重視していることは、顧客とエンドユーザーのニーズに直結した独創性のある競争力の高い製
      品を提供することです。また、持続可能な社会を実現するため、製品重量減や効率向上等気候変動に関する環境配
      慮製品の開発を進めています。
       なお、当連結会計年度の研究開発のための費用は                       8,968   百万円です。
       セグメントごとの研究目的、主要課題、研究成果及び研究開発費は以下のとおりです。

     (1)  コンポーネントソリューション事業

        精機カンパニー、パワーコントロールカンパニーが中心となって、精密減速機及び同システム、建設機械用油
       圧機器及び同システム開発等の研究開発を行っています。当連結会計年度の主な成果は、次世代RVシリーズのラ
       インナップの拡充、ポジショナーユニット「RVPシリーズ」3機種の上市、ターンテーブルギヤヘッド「RS-
       50A」の上市、省エネ・環境対応に寄与するポンプ・バルブシステムの開発、走行/旋回ユニットのラインアップ
       強化等です。当事業に係る研究開発費は、                   1,927   百万円です。
     (2)  トランスポートソリューション事業

        鉄道カンパニー、航空宇宙カンパニー、舶用カンパニー及びナブテスコオートモーティブ株式会社が中心と
       なって、鉄道車両用ブレーキ装置及び同ドアシステム、航空機用油圧制御機器及び同システム、舶用エンジン制
       御システム、商用車用ブレーキや乗用車用クラッチの各種装置・機器の研究開発を行っています。当連結会計年
       度の主な成果は、グローバル市場向け鉄道車両用ブレーキ制御装置・機器の開発、グローバル市場向け鉄道車両
       用ドア開閉装置のシリーズ開発、ボーイング777X向けフライト・コントロール・アクチュエーション・システム
       の開発、舶用2サイクル電子制御主機関に使用される電子制御油圧バルブ状態監視BOXの製品化、電子制御油圧
       バルブの新機種(ELFI-B/ELVA)上市、従来の商用車用エアブレーキ機器や車両の電動化に対応した電動コンプ
       レッサーの開発、既存バスの安全性向上に寄与する後付け非常ブレーキシステム(EDSS)の開発等です。当事業
       に係る研究開発費は、          2,873   百万円です。
     (3)  アクセシビリティソリューション事業

        住環境カンパニーが中心となって、建物用自動ドア、プラットホーム用可動柵やスクリーンドア、福祉機器等
       の研究開発を行っています。当連結会計年度の主な成果は、防火設備「ナブコ防火戸(20)」シリーズ及び複合防
       火設備「ナブコ防火戸(20S)」シリーズの上市、鉄道駅舎プラットホーム向けの可動式ホーム柵及びスクリーン
       ドアの開発、高付加価値歩行車・義足製品の開発等です。当事業に係る研究開発費は、                                        1,930   百万円です。
     (4)  その他

        東洋自動機株式会社、シーメット株式会社、及びティーエス                             プレシジョン株式会社が中心となって、自動充
       填包装機、光造形システム(3Dプリンタ)、金属塑性加工機械等の研究開発を行っています。当連結会計年度の主
       な成果は、新しい包装容器に対応する製品や省人化に貢献する自動給袋装置及び包装機の稼働状況を把握する
       IoTシステムの開発、光造形装置や砂型積層造形装置及び透明高耐熱樹脂等の研究開発、砂型積層造形装置
       「SCM-800Ⅱ」の上市、多品種・工程集約・省スペース対応のCVJ複合加工機の開発、従来比で30%消費電力を削
       減したスマートフォーミングマシンのSFシリーズの開発、モーターコイルやバスバー等のEV関連部品加工技術の
       開発等です。当事業に係る研究開発費は、                   555  百万円です。
     (5)  コーポレート部門

        コーポレート部門では、グループ全体に共通する基盤要素技術や新事業分野に係る研究開発活動、大学・研究
       機関及び他企業と共同研究開発活動等を積極的に行っています。コーポレート部門に係る研究開発費は、                                                 1,684
       百万円   です。
                                 22/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当社グループでは、国内においては工場用地の取得等の増産対応及び生産性向上、海外においては設備更新を中心
     に設備投資を行いました。結果として当連結会計年度は、全体で                              15,059   百万円の設備投資(有形固定資産及び無形資産
     への投資)を実施しました。
      コンポーネントソリューション事業においては、精密減速機における工場用地の取得等の増産対応を中心に、                                                  9,470

     百万円の設備投資を行いました。
      トランスポートソリューション事業においては、航空機器における新工場設備の取得、及び商用車用機器における
     設備更新等を中心に、          2,697   百万円の設備投資を行いました。
      アクセシビリティソリューション事業においては、自動ドアにおける生産性向上を中心に、                                          1,178   百万円の設備投資
     を行いました。
      その他の事業においては、包装機における設備更新を中心に、                             279  百万円の設備投資を行いました。
      全社・共通資産においては、情報管理システムの更新等を中心に、                               1,434   百万円の設備投資を行いました。
      また、所要資金については、いずれの投資も主に自己資金を充当しました。
    2  【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
                                                2020年12月31日       現在
                                    帳簿価額(百万円)
       事業所名       セグメント                                         従業員数
                    設備の内容
       (所在地)        の名称                                         (名)
                            建物    機械装置      土地
                                            その他      合計
                           及び構築物     及び運搬具      (面積㎡)
    津工場          コンポー      精密機器
                                        1,962
                             8,741     10,805           4,192     25,699      516
                                      (121,017)
    (三重県津市)          ネント      生産設備
    浜松工場用地               精密機器

              コンポー                          5,661
                               -     -           -    5,661      -
              ネント                        (181,700)
    (浜松市北区)               工場用土地
                    鉄道車両用
    神戸工場          トランス
                                        3,431
                             2,208      568           339    6,546      392
                    ブレーキ装置
    (神戸市西区)          ポート
                                       (27,000)
                    等生産設備
              トランス
                    舶用機器、
    西神工場
              ポート                           698
                    油圧機器等         1,077     1,115            208    3,098      315
              コンポー                         (70,780)
    (神戸市西区)
                    生産設備
              ネント
    垂井工場          コンポー      油圧機器
                                          29
                             1,042      791           611    2,473      204
                                       (43,495)
    (岐阜県垂井町)          ネント      生産設備
    岐阜工場          トランス      航空機器

                                         541
                             6,314     4,532            570    11,957      410
                                       (81,323)
    (岐阜県垂井町)          ポート      生産設備
    甲南工場          アクセシ

                    建物用自動扉                      90
                              553      53          203     899     230
                    等生産設備                   (11,018)
    (神戸市東灘区)          ビリティ
                    工場用土地、
    賃貸不動産
                                        1,726
                    建物及び
              本社共通                611      2           1   2,339      -
                                       (62,219)
    (愛媛県松山市)
                    構築物
     (注)   1  帳簿価額は、日本基準に基づく個別財務諸表の帳簿価額を記載しています。
       2  帳簿価額には、消費税等は含まれていません。
       3  その他は工具、器具及び備品、建設仮勘定です。
       4  連結会社以外からの賃借設備で主要なものは、提出会社における東京本社ビルであり、その賃借料は年間
         338    百万円です。
                                 23/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (2)  国内子会社
                                                2020年12月31日       現在
                                    帳簿価額(百万円)
                                                        従業
       会社名       セグメント       設備
                                                        員数
                          建物    機械装置
       (所在地)        の名称      の内容
                                    土地    使用権
                                                        (名)
                          及び     及び              その他      合計
                                   (面積㎡)      資産
                          構築物     運搬具
    ナブテスコオート
                    自動車用
    モーティブ㈱
              トランス      ブレーキ
                                      745
    山形工場
                           1,291      362           4    945    3,348     239
                                    (43,957)
              ポート      装置等
    (山形県村山市)
                    生産設備
    他2事業所
    ナブコシステム㈱
              アクセシ      本社・
                                      543
    (東京都千代田区)                      2,226      194         2,092     4,689     9,744     979
                                    (31,311)
              ビリティ      販売施設
    他3社
    ナブコドア㈱
    本社          アクセシ      本社・
                                     1,759
                            602      -         331      41   2,733     398
                                    (4,133)
    (大阪市西区)          ビリティ      販売施設
    他22事業所
    東洋自動機㈱
    岩国工場               包装機械
                                      944
              その他              560     361          116     142    2,124     284
                                    (35,639)
    (山口県岩国市)               生産設備
    他6事業所
     (注)   1  帳簿価額は、IFRSに基づく金額を記載しています。
       2  帳簿価額には、消費税等は含まれていません。
       3  その他は工具、器具及び備品、建設仮勘定です。
     (3)  在外子会社

                                                2020年12月31日       現在
                                    帳簿価額(百万円)
                                                        従業
       会社名       セグメント       設備
                          建物    機械装置
                                                        員数
                                    土地    使用権
       (所在地)        の名称      の内容
                          及び     及び              その他      合計
                                                        (名)
                                   (面積㎡)      資産
                          構築物     運搬具
    納博特斯克(中国)
    精密机器有限公司
              コンポー      精密機器
                           1,535     1,730       -    249     180    3,693     121
    本社工場
              ネント      生産設備
    (中国   江蘇省)
    Nabtesco     Power
    Control(Thailand)
    Co.,   Ltd.       コンポー      油圧機器
                                      382
                            227     442           21    124    1,196     114
                                    (47,988)
    本社工場          ネント      生産設備
    (タイ
    チョンブリ県)
    上海納博特斯克
    液圧有限公司
              コンポー      油圧機器
                            320     836      -     66    203    1,426     287
    本社工場
              ネント      生産設備
    (中国   上海市)
    Gilgen    Door
                    建物用
    Systems    AG      アクセシ
                                      274
                    自動扉等        672     238         1,510      659    3,353    1,016
                                    (26,271)
    (スイス    ベルン州)      ビリティ
                    生産設備
    他9社
    OVALO   GmbH
                    自動車用
    本社工場          トランス
                    機器        61    627      -   1,080       63   1,832     143
    (ドイツ          ポート
                    生産設備
     リンブルグ)
     (注)   1  帳簿価額は、IFRSに基づく金額を記載しています。
       2  帳簿価額には、消費税等は含まれていません。
       3  その他は工具、器具及び備品、建設仮勘定です。
                                 24/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    3  【設備の新設、除却等の計画】
     (1)  重要な設備の新設等
        当社グループの設備投資計画については、需要予測、生産計画、利益計画に対する投資割合等を総合的に勘案
       して計画しています。設備投資計画は、原則的に当社及び連結子会社各社が個別に策定していますが、グループ
       全体で重複投資とならないよう、当社ものづくり革新推進室を中心に調整しています。
        2021年12月期における設備投資計画(新設・拡充)は                        12,700百万円      であり、セグメントごとの内訳は以下のとお
       りです。
                    計画金額                                 資金調達

        セグメントの名称                         設備等の主な内容・目的
                    (百万円)                                  方法
       コンポーネント                   精密減速機の生産性向上及び設備の更新
                      6,400                              自己資金
       ソリューション事業                   油圧機器の情報管理システム及び生産性向上等
       トランスポート                   鉄道車両用機器の情報管理システム及び新製品対応、
                      2,900                              自己資金
       ソリューション事業                   航空機器の生産性向上、商用車用機器の建屋増築等
       アクセシビリティ
                      1,600    自動ドアの設備更新等                           自己資金
       ソリューション事業
       その他                600   包装機の生産性向上等                           自己資金
       全社・共通               1,200    情報管理システム、研究開発、環境対策等                           自己資金

           合計           12,700                -                -

       (注)   金額には消費税等は含まれていません。

     (2)  重要な設備の除却等

        経常的な設備の更新のための除却・売却を除き、重要な設備の除却・売却の計画はありません。
                                 25/146












                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                    400,000,000

                  計                                  400,000,000

      ②  【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

         種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                ( 2020年12月31日       )  (2021年3月24日)          商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
        普通株式          125,133,799          125,133,799
                                              単元株式数は100株です。
                                     市場第一部
          計         125,133,799          125,133,799           -            -
      (注)   「提出日現在発行数」欄には、2021年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使によ

          り発行された株式数は含まれていません。
                                 26/146













                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
                                事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                ( 2020年12月31日       )        (2021年2月28日)
      決議年月日                          2011年7月29日                  同左
      付与対象者の区分及び人数 (名)                        取締役9名、執行役員11名                    同左
      新株予約権の数        (個)
                                   69               46
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                同左
                                 6,900(注)     1          4,600(注)     1
      新株予約権の目的となる株式の数 (株)
                                1株当たり      1
      新株予約権の行使時の払込金額 (円)                                            同左
                               自  2011年8月20日
      新株予約権の行使期間                                            同左
                               至  2036年8月19日
                               発行価格      1,529
      新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                                  同左
      の株式の発行価格及び資本組入額 (円)                         資本組入額         765
                                  (注)   2
      新株予約権の行使の条件                                            同左
                            新株予約権を譲渡するときは、
      新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                            取締役会の承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)   3
                                                  同左
      関する事項
      (注)   1  新株予約権の目的となる株式の数
            新株予約権1個につき目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。ただし、
           割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行う。
                 調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
           なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           について行われ、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切捨てる。また、上記の他、当社が
           合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場
           合、当社は、取締役会において必要と認める付与株式数の調整を合理的な範囲で行うことができるものと
           する。
         2  新株予約権の行使の条件
            ①  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日以内(10
             日目が休日に当たる場合には翌営業日まで)に限り、新株予約権を行使することができる。
            ②  新株予約権の行使は、割当てを受けた新株予約権の数の全部を一括して行使するものとする。
            ③  割当てを受けた新株予約権者が死亡した場合、当該新株予約権者の直接の法定相続人のうち1名に
             限り、当該新株予約権者の権利を相続することができる。
            ④  その他の条件については、新株予約権発行の取締役会決議により、当社と新株予約権者との間で締
             結する「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
         3  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)、又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生
          日の直前において残存する新株予約権を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
          236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を
          それぞれ交付することとする。
            ①  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            ②  新株予約権の目的である再編対象会社の数
              組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記                    (注)   1に準じて決定する。
            ③  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額
             に上記②に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得ら
             れる金額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受ける
             ことができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
            ④  新株予約権を行使することができる期間
              上記の新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
             れか遅い日から、上記の新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
            ⑤  譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するも
             のとする。
                                 27/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                ( 2020年12月31日       )        (2021年2月28日)
      決議年月日                          2012年7月31日                  同左
      付与対象者の区分及び人数             (名)
                              取締役8名、執行役員14名                    同左
      新株予約権の数 (個)                             72               48
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                同左
                                 7,200(注)     1          4,800(注)     1
      新株予約権の目的となる株式の数 (株)
                                1株当たり      1
      新株予約権の行使時の払込金額 (円)                                            同左
                               自  2012年8月21日
      新株予約権の行使期間                                            同左
                               至  2037年8月20日
                               発行価格      1,393
      新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                                  同左
      の株式の発行価格及び資本組入額 (円)                         資本組入額         697
                                  (注)   2
      新株予約権の行使の条件                                            同左
                            新株予約権を譲渡するときは、
      新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                            取締役会の承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)   3
                                                  同左
      関する事項
      (注)   1  新株予約権の目的となる株式の数
            新株予約権1個につき目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。ただし、
           割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行う。
                 調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
           なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           について行われ、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切捨てる。また、上記の他、当社が
           合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場
           合、当社は、取締役会において必要と認める付与株式数の調整を合理的な範囲で行うことができるものと
           する。
         2  新株予約権の行使の条件
            ①  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日以内(10
             日目が休日に当たる場合には翌営業日まで)に限り、新株予約権を行使することができる。
            ②  新株予約権の行使は、割当てを受けた新株予約権の数の全部を一括して行使するものとする。
            ③  割当てを受けた新株予約権者が死亡した場合、当該新株予約権者の直接の法定相続人のうち1名に
             限り、当該新株予約権者の権利を相続することができる。
            ④  その他の条件については、新株予約権発行の取締役会決議により、当社と新株予約権者との間で締
             結する「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
         3  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)、又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生
          日の直前において残存する新株予約権を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
          236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を
          それぞれ交付することとする。
            ①  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            ②  新株予約権の目的である再編対象会社の数
              組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記                    (注)   1に準じて決定する。
            ③  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額
             に上記②に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得ら
             れる金額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受ける
             ことができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
            ④  新株予約権を行使することができる期間
              上記の新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
             れか遅い日から、上記の新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
            ⑤  譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するも
             のとする。
                                 28/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                ( 2020年12月31日       )        (2021年2月28日)
      決議年月日                          2013年7月31日                  同左
      付与対象者の区分及び人数             (名)
                              取締役7名、執行役員15名                    同左
      新株予約権の数 (個)                             90               67
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                同左
                                 9,000(注)     1          6,700(注)     1
      新株予約権の目的となる株式の数 (株)
                                1株当たり      1
      新株予約権の行使時の払込金額 (円)                                            同左
                               自  2013年8月21日
      新株予約権の行使期間                                            同左
                               至  2038年8月20日
                               発行価格      1,978
      新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                                  同左
      の株式の発行価格及び資本組入額 (円)                         資本組入額         989
                                  (注)   2
      新株予約権の行使の条件                                            同左
                            新株予約権を譲渡するときは、
      新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                            取締役会の承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)   3
                                                  同左
      関する事項
      (注)   1  新株予約権の目的となる株式の数
            新株予約権1個につき目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。ただし、
           割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行う。
                 調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
           なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           について行われ、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切捨てる。また、上記の他、当社が
           合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場
           合、当社は、取締役会において必要と認める付与株式数の調整を合理的な範囲で行うことができるものと
           する。
         2  新株予約権の行使の条件
            ①  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日以内(10
             日目が休日に当たる場合には翌営業日まで)に限り、新株予約権を行使することができる。
            ②  新株予約権の行使は、割当てを受けた新株予約権の数の全部を一括して行使するものとする。
            ③  割当てを受けた新株予約権者が死亡した場合、当該新株予約権者の直接の法定相続人のうち1名に
             限り、当該新株予約権者の権利を相続することができる。
            ④  その他の条件については、新株予約権発行の取締役会決議により、当社と新株予約権者との間で締
             結する「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
         3  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)、又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生
          日の直前において残存する新株予約権を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
          236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を
          それぞれ交付することとする。
            ①  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            ②  新株予約権の目的である再編対象会社の数
              組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記                    (注)   1に準じて決定する。
            ③  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額
             に上記②に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得ら
             れる金額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受ける
             ことができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
            ④  新株予約権を行使することができる期間
              上記の新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
             れか遅い日から、上記の新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
            ⑤  譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するも
             のとする。
                                 29/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                ( 2020年12月31日       )        (2021年2月28日)
      決議年月日                          2014年7月31日                  同左
      付与対象者の区分及び人数             (名)
                              取締役8名、執行役員13名                    同左
      新株予約権の数 (個)                             98               78
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                同左
                                 9,800(注)     1          7,800(注)     1
      新株予約権の目的となる株式の数 (株)
                                1株当たり      1
      新株予約権の行使時の払込金額 (円)                                            同左
                               自  2014年8月21日
      新株予約権の行使期間                                            同左
                               至  2039年8月20日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合                         発行価格      2,241
                                                  同左
      の株式の発行価格及び資本組入額                (円)
                               資本組入額 1,121
                                  (注)   2
      新株予約権の行使の条件                                            同左
                            新株予約権を譲渡するときは、
      新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                            取締役会の承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)   3
                                                  同左
      関する事項
      (注)   1  新株予約権の目的となる株式の数
            新株予約権1個につき目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。ただし、
           割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行う。
                 調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
           なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           について行われ、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切捨てる。また、上記の他、当社が
           合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場
           合、当社は、取締役会において必要と認める付与株式数の調整を合理的な範囲で行うことができるものと
           する。
         2  新株予約権の行使の条件
            ①  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日以内(10
             日目が休日に当たる場合には翌営業日まで)に限り、新株予約権を行使することができる。
            ②  新株予約権の行使は、割当てを受けた新株予約権の数の全部を一括して行使するものとする。
            ③  割当てを受けた新株予約権者が死亡した場合、当該新株予約権者の直接の法定相続人のうち1名に
             限り、当該新株予約権者の権利を相続することができる。
            ④  その他の条件については、新株予約権発行の取締役会決議により、当社と新株予約権者との間で締
             結する「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
         3  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)、又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生
          日の直前において残存する新株予約権を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
          236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を
          それぞれ交付することとする。
            ①  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            ②  新株予約権の目的である再編対象会社の数
              組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記                    (注)   1に準じて決定する。
            ③  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額
             に上記②に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得ら
             れる金額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受ける
             ことができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
            ④  新株予約権を行使することができる期間
              上記の新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
             れか遅い日から、上記の新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
            ⑤  譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するも
             のとする。譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を
             要するものとする。
                                 30/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                ( 2020年12月31日       )        (2021年2月28日)
      決議年月日                          2015年7月31日                  同左
      付与対象者の区分及び人数             (名)
                              取締役8名、執行役員11名                    同左
      新株予約権の数 (個)                             90               74
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                同左
                                 9,000(注)     1          7,400(注)     1
      新株予約権の目的となる株式の数 (株)
                                1株当たり      1
      新株予約権の行使時の払込金額 (円)                                            同左
                               自  2015年8月21日
      新株予約権の行使期間                                            同左
                               至  2040年8月20日
                               発行価格      2,420
      新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                                  同左
      の株式の発行価格及び資本組入額 (円)
                               資本組入額 1,210
                                  (注)   2
      新株予約権の行使の条件                                            同左
                            新株予約権を譲渡するときは、
      新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                            取締役会の承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)   3
                                                  同左
      関する事項
      (注)   1  新株予約権の目的となる株式の数
            新株予約権1個につき目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。ただし、
           割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行う。
                 調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
           なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           について行われ、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切捨てる。また、上記の他、当社が
           合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場
           合、当社は、取締役会において必要と認める付与株式数の調整を合理的な範囲で行うことができるものと
           する。
         2  新株予約権の行使の条件
            ①  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日以内(10
             日目が休日に当たる場合には翌営業日まで)に限り、新株予約権を行使することができる。
            ②  新株予約権の行使は、割当てを受けた新株予約権の数の全部を一括して行使するものとする。
            ③  割当てを受けた新株予約権者が死亡した場合、当該新株予約権者の直接の法定相続人のうち1名に
             限り、当該新株予約権者の権利を相続することができる。
            ④  その他の条件については、新株予約権発行の取締役会決議により、当社と新株予約権者との間で締
             結する「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
         3  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)、又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生
          日の直前において残存する新株予約権を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
          236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を
          それぞれ交付することとする。
            ①  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            ②  新株予約権の目的である再編対象会社の数
              組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記                    (注)   1に準じて決定する。
            ③  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額
             に上記②に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得ら
             れる金額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受ける
             ことができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
            ④  新株予約権を行使することができる期間
              上記の新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
             れか遅い日から、上記の新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
            ⑤  譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するも
             のとする。
                                 31/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                ( 2020年12月31日       )        (2021年2月28日)
      決議年月日                          2016年4月28日                  同左
      付与対象者の区分及び人数             (名)
                              取締役7名、執行役員12名                    同左
      新株予約権の数 (個)                             202               173
      新株予約権の目的となる株式の種類                            普通株式                同左
                                20,200(注)      1          17,300(注)      1
      新株予約権の目的となる株式の数 (株)
                                1株当たり      1
      新株予約権の行使時の払込金額 (円)                                            同左
                               自  2016年5月21日
      新株予約権の行使期間                                            同左
                               至  2041年5月20日
                               発行価格      2,564
      新株予約権の行使により株式を発行する場合
                                                  同左
      の株式の発行価格及び資本組入額 (円)
                               資本組入額 1,282
                                  (注)   2
      新株予約権の行使の条件                                            同左
                            新株予約権を譲渡するときは、
      新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                            取締役会の承認を要する。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                  (注)   3
                                                  同左
      関する事項
      (注)   1  新株予約権の目的となる株式の数
            新株予約権1個につき目的となる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。ただし、
           割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行う。
                 調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
           なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           について行われ、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切捨てる。また、上記の他、当社が
           合併、会社分割又は株式交換を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場
           合、当社は、取締役会において必要と認める付与株式数の調整を合理的な範囲で行うことができるものと
           する。
         2  新株予約権の行使の条件
            ①  新株予約権者は、当社の取締役及び執行役員のいずれの地位をも喪失した日の翌日から10日以内(10
             日目が休日に当たる場合には翌営業日まで)に限り、新株予約権を行使することができる。
            ②  新株予約権の行使は、割当てを受けた新株予約権の数の全部を一括して行使するものとする。
            ③  割当てを受けた新株予約権者が死亡した場合、当該新株予約権者の直接の法定相続人のうち1名に
             限り、当該新株予約権者の権利を相続することができる。
            ④  その他の条件については、新株予約権発行の取締役会決議により、当社と新株予約権者との間で締
             結する「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
         3  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
          割会社となる場合に限る。)、又は株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
          る。)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生
          日の直前において残存する新株予約権を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第
          236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を
          それぞれ交付することとする。
            ①  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
              再編対象会社の普通株式とする。
            ②  新株予約権の目的である再編対象会社の数
              組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記                    (注)   1に準じて決定する。
            ③  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
              交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額
             に上記②に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得ら
             れる金額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受ける
             ことができる再編対象会社の株式1株当たり1円とする。
            ④  新株予約権を行使することができる期間
              上記の新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいず
             れか遅い日から、上記の新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
            ⑤  譲渡による新株予約権の取得の制限
              譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するも
             のとする。
                                 32/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ②  【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。

      ③  【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。

     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。

     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金

          年月日        総数増減数       総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      2015年12月28日        (注)
                  △3,132,000       125,133,799            -     10,000         -     26,274
      (注)   自己株式の消却に伴う株式の減少です。
     (5)  【所有者別状況】

                                                2020年12月31日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
            政府及び
                                   外国法人等
        区分                                              株式の状況
                       金融商品     その他の                個人
            地方公共     金融機関                                計
                                                       (株)
                       取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
             団体
      株主数(人)          -     70     33     228     672      22   13,555     14,580        -
      所有株式数
                -   324,360      72,551     154,090     590,489        71   108,779    1,250,340       99,799
      (単元)
      所有株式数
                -    25.94      5.80     12.32     47.23      0.01     8.70    100.00        -
      の割合(%)
      (注)   1  自己株式774,509株は「個人その他」に7,745単元、「単元未満株式の状況」に9株を含めて記載していま
          す。
        2  「金融機関」には、「株式給付信託(BBT=Board                       Benefit    Trust)」(以下、「株式給付信託(BBT)」とい
          う。)制度の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する株式2,162単元、「単元
          未満株式の状況」に40株が含まれています。
        3  「その他の法人」に、株式会社証券保管振替機構名義の株式60単元が含まれています。
                                 33/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                                2020年12月31日       現在
                                                    発行済株式
                                                   (自己株式を除
                                             所有株式数
          氏名又は名称                      住所
                                                   く。)の総数に対
                                              (千株)
                                                   する所有株式数
                                                    の割合(%)
    日本マスタートラスト
                       東京都港区浜松町2丁目11番3号
                                               10,254         8.25
    信託銀行株式会社(信託口)
    株式会社日本カストディ銀行(信託口)                   東京都中央区晴海1丁目8-12                         7,425        5.97
    東海旅客鉄道株式会社                   愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1-4                         5,171        4.16

                       ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA  02111
    SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT
                                                3,982        3.20
    (常任代理人)
                       東京都中央区日本橋3丁目11-1
    香港上海銀行東京支店 
    ファナック株式会社                   山梨県南都留郡忍野村忍草字古馬場3580                         3,760        3.02
    株式会社ハーモニック・ドライブ・
                       東京都品川区南大井6丁目25-3                         3,265        2.63
    システムズ
    株式会社日本カストディ銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-12                         2,683        2.16
    (信託口7)
    SMBC日興証券株式会社                   東京都千代田区丸の内3丁目3番1号                         2,629        2.11
    STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    -   1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
    TREATY    505234               02171,    U.S.A.
                                                2,047        1.65
    (常任代理人)                   東京都港区港南2丁目15-1
    株式会社みずほ銀行                   品川インターシティA棟
    NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE
                       50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E 14
    FIDELITY     FUNDS
                       5NT,   UK
                                                1,863        1.50
    (常任代理人)
    香港上海銀行東京支店
                       東京都中央区日本橋3丁目11-1
            計                    -               43,078        34.64
     (注)   1  所有株式数は、千株未満を四捨五入して記載しています。
       2  次の法人から、2020年11月2日に3社連名による5,206千株の変更報告書が提出されていますが、2020年12月

         31日現在における当該法人名義の実質所有株式数の確認ができませんので、上記「大株主の状況」には含め
         ていません。
          1)  三菱UFJ信託銀行株式会社
          2)  三菱UFJ国際投信株式会社
          3)  三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
       3  次の法人から、2020年12月22日に2社連名による6,293千株の大量保有報告書が提出されていますが、2020年

         12月31日現在における当該法人名義の実質所有株式数の確認ができませんので、上記「大株主の状況」には
         含めていません。
          1)  三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
          2)  日興アセットマネジメント株式会社
                                 34/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                2020年12月31日       現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    -          -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

     議決権制限株式(その他)                    -          -              -

                      (自己保有株式)
                                                 -
                      普通株式     774,500
     完全議決権株式(自己株式等)                              -
                      (相互保有株式)
                                                 -
                      普通株式      18,700
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,242,408              -
                         124,240,800
                     普通株式
     単元未満株式                              -      1単元(100株)未満の株式
                           99,799
     発行済株式総数                    125,133,799          -              -
     総株主の議決権                    -          1,242,408              -

     (注)   1  「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式9株、「株式給付信託(BBT)」制度の信託財産と

         して、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する当社株式40株が含まれています。また相互保有株
         式が以下のとおり含まれています。
                       大力鉄工株式会社                     80株

        2  「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式                               6,000株(議決権        60個)、「株式給付信

         託(BBT)」制度の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する当社株式                                            216,200株
         (議決権    2,162個)が含まれています。なお、当該議決権                      2,162個は、議決権不行使となっています。
      ②  【自己株式等】

                                               2020年12月31日       現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都千代田区
        (自己保有株式)
                                 774,500       -       774,500        0.62
      ナブテスコ株式会社
                  平河町二丁目7-9
                  兵庫県神戸市中央区
        (相互保有株式)
                                  15,000      -       15,000        0.01
       旭光電機株式会社
                  元町通五丁目7-20
                  兵庫県神戸市東灘区
        (相互保有株式)
                                  3,700      -        3,700       0.00
       大力鉄工株式会社
                  田中町四丁目9-2
           計             -          793,200       -       793,200        0.63
     (注)   上記の所有株式数には、「株式給付信託(BBT)」制度の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託
        E口)が所有する当社株式            216,200株は含まれていません。
                                 35/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】
     ①  役員・従業員株式所有制度の概要
       当社は、当社の取締役及び執行役員(社外取締役を除く。)(以下、「取締役等」という。)に対する株式報酬制度
      として「株式給付信託(BBT)」(以下、「本制度」という。)を導入しています。
       本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を「本信
      託」という。)を通じて取得され、取締役等に対して当社が定める役員株式給付規程に基づき、毎年、役位や業績
      等に応じたポイント(以下、「株式交付ポイント」という。)が付与され、所定の時期に当該株式交付ポイントの数
      に応じて、当社株式及び当社株式の換価処分金相当額の金銭(以下、「当社株式等」という。)が本信託を通じて交
      付又は給付(以下、「交付等」という。)される制度です。
       本制度における交付等には、中期経営計画の達成度合いに連動して株式交付ポイントが付与され在任中の一定時
      期に当社株式等の交付等がなされる「在任時交付等」と、取締役等の役位に応じて株式交付ポイントが付与され取
      締役等の退任時に交付等がなされる「退任時交付等」があります。
     ②  取締役等に取得させる予定の株式の総数

       216,240株
     ③  当該役員・従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

       取締役等のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たす者
                                 36/146














                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】          会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。

     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

                 区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

      取締役会(2021年1月29日)での決議状況
                                       4,400,000            20,000,000,000
      (取得期間     2021年2月1日~2021年12月30日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     ―              ―
      当事業年度における取得自己株式                                     ―              ―

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                     ―              ―

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     ―              ―

      当期間における取得自己株式                                  663,100           3,205,610,485

      提出日現在の未行使割合(%)              (注)2

                                          84.9              84.0
      (注)   当期間における取得自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの自己株式の取得数は含
         めていません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                                    491           1,771,013

      当期間における取得自己株式                                    139            641,920

      (注)   当期間における取得自己株式には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式は含めていません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                  当期間

              区分
                                  処分価額の総額                 処分価額の総額
                          株式数(株)                 株式数(株)
                                    (円)                 (円)
      引受ける者の募集を行った
                               -         -         -         -
      取得自己株式
      消却の処分を行った取得自己株式                         -         -         -         -
      合併、株式交換、株式交付、株式交換
                               -         -         -         -
      に係る移転を行った取得自己株式
      その他     (注)   2、3
                              9,516      21,491,801           13,500       30,500,145
      保有自己株式数                       774,509           -     1,424,248            -

      (注)   1  当期間における保有自己株式数には、2021年3月1日から有価証券報告書提出日までの自己株式の取得数

          及び処分数は含めていません。
        2  当事業年度の内訳は、ストックオプションの行使(9,400株                           21,229,806円)、及び単元未満株式の買増請求
          に基づく売却(116株261,995円)によるものです。
        3  当期間の内訳は、ストックオプションの行使によるものです。
        4  「株式給付信託(BBT)」制度の信託財産として、株式会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有する当社株
          式  216,240株     は、上記の保有自己株式数には含めていません。
                                 37/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    3  【配当政策】
       当社は、当社グループ全体の業績をベースに、戦略的な成長投資、財務健全性の確保、株主還元のバランス及び
      安定配当を考慮した企業収益の適正な配分を図っています。
       また、現中期経営計画期間中の配当方針として、連結配当性向を35%以上とし、上限を設けず1株当たり配当額
      の継続的な拡大を目指すこととしています。
       以上の方針に基づき、当期期末配当は、2021年3月23日の第18回定時株主総会において、1株当たり34円と決議
      されました。これにより年間の配当金は、中間配当金(1株当たり41円)と合わせて、1株当たり75円としていま
      す。
       次期における年間配当金は、1株当たり77円(中間配当金38円、期末配当金39円)を予定しています。配当の時期
      につきましては、6月30日、12月31日を基準日とした年2回の配当を実施する予定です。
       なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めています。
         (注)   基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は以下のとおりです。

                          配当金の総額           1株当たり配当額
               決議年月日
                           (百万円)             (円)
              2020年7月31日
                                5,099             41
               取締役会
              2021年3月23日
                                4,228             34
              定時株主総会
                                 38/146














                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、独創的なモーションコントロール技術で、移動・生活空間に安全・安心・快適を提供することを企業
       理念とし、「ナブテスコ            ウェイ」の実践を通じて、会社の持続的な成長及び中長期的な企業価値の向上、並び
       にステークホルダーからのさらなる信頼獲得のため、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組むものとしま
       す。
        なお、当社は、コーポレートガバナンス・コードの各原則の趣旨・精神を十分に踏まえた上で、「コーポレー
       トガバナンス基本方針」を制定しています。
      ②  企業統治の体制の概要
        当社の業務執行は、執行役員制及びカンパニー制に基づいて行い、これを統制する企業統治体制として「取締
       役会」、「執行役員(会)」、「監査役(会)」、「会計監査人」及び業務執行上の重要事項を審議する機関として
       「マネジメント・コミッティ」を置いており、経営上の意思決定、監督、執行及び経営監視の機能を明確に区分
       しています。
      1)  会社の機関の基本説明
       「取締役会」
         当社グループの基本方針・基本戦略の策定、重要な業務執行に関する決定及び業務執行の監督を行います。
         取締役会の員数は10名以内とし、そのうち2名以上を独立社外取締役としています。提出日現在、独立社外
        取締役4名を含む10名で構成しています。
       「執行役員(会)」
         取締役会の方針・戦略・監督のもとに業務執行に専念する体制として執行役員制を採っています。
         執行役員会は、提出日現在、主要なグループ会社3社の代表者である執行役員を含めた20名で構成していま
        す。
       「監査役(会)」
         取締役会の職務の執行を監査し、監査報告の作成を行っています。また、グループ経営の強化に対応して、
        グループ会社の監査役を含めたグループ監査役会を設置し、監査体制を強化しています。
         監査役会は5名以内の監査役により構成し、そのうち半数以上を独立社外監査役としています。提出日現
        在、独立社外監査役3名を含む5名で構成しています。
       「マネジメント・コミッティ」
         取締役会の決定する方針に基づき、当社グループの業務執行に関する重要事項の審議、業績報告、業務執行
        の報告をする機関として、社長(CEO)、カンパニー社長、コーポレート部門管掌役員・本部長等で構成された
        「マネジメント・コミッティ」を設けています。
       「指名委員会」
         取締役会の諮問機関として、取締役、監査役、社長(CEO)及び代表取締役候補の人事、並びに社長(CEO)の後
        継者計画等について審議し、取締役会への答申を行います。
         指名委員会は3名以上5名以下の委員により構成し、そのうち過半数を独立社外役員としています。提出日
        現在、独立社外役員4名を含む5名で構成しています。指名委員会の構成は、以下のとおりです。
          委員長:寺本       克弘(代表取締役)
          委員    :内田    憲男(社外取締役)、飯塚            まり(社外取締役)、水越            尚子(社外取締役)、
              平井   鉄郎(社外監査役)
       「報酬委員会」

         取締役会の諮問機関として、経営陣の報酬等について審議し、取締役会への答申を行います。
         報酬委員会は3名以上5名以下の委員により構成し、そのうち過半数を独立社外役員としています。提出日
        現在、独立社外役員4名を含む5名で構成しています。報酬委員会の構成は、以下のとおりです。
          委員長:寺本       克弘(代表取締役)
          委員    :飯塚    まり(社外取締役)、水越            尚子(社外取締役)、日髙            直輝(社外取締役)、
              長坂   武見(社外監査役)
                                 39/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
       「コンプライアンス委員会」
         取締役会の諮問機関として、「ナブテスコグループ倫理規範」の制定・改定及び当社グループのコンプライ
        アンス体制に係る重点的課題について審議し、取締役会への答申を行います。
         コンプライアンス委員会は、独立社外役員及び外部有識者を含むメンバーにより構成しています。コンプラ
        イアンス委員会の構成は、以下のとおりです。
          委員長:寺本       克弘(代表取締役)
          委員    :波部    敦、伊集院      正二、木村      和正、中川      康仁、佐々木       善三(社外監査役)、
              松尾   眞(桃尾・松尾・難波法律事務所               弁護士)
       「業務監査部(9名)」

         社長(CEO)直轄の部門として、コーポレート部門、社内カンパニー及びグループ会社の内部監査を実施して
        います。
      2)  コーポレート・ガバナンスの関連図

      3)  内部統制システムの整備の状況









         当社グループは、「内部統制システム構築の基本方針」に基づき、経営の効率化、コンプライアンス、情報
        管理、リスクマネジメント、監査役会との連携等、内部統制に係る全てのテーマを一貫した理念に基づいて整
        備し、一連の内部統制システムとして構築していくことを目指しています。
       「内部統制システム構築の基本方針」の概要

         当社グループの内部統制においては、「ナブテスコ                        ウェイ」及び「ナブテスコグループ倫理規範」を適正
        かつ公正な事業活動の拠り所とし、取締役、監査役及び全てのグループ社員はこれらを遵守することを基本と
        しています。
         内部統制推進の最高責任者は社長(CEO)とし、取締役会は事業環境や社会的要請の変化、法規制の改正、リ
        スクの多様化等に応じて内部統制システムの整備に関し、継続的に検討を重ね、毎年1回その他必要に応じて
        見直しを行います。
                                 40/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      4)  企業倫理の実践と徹底について
         グループ全体がより高い倫理観に根ざした企業行動をとるため、「ナブテスコグループ倫理規範」を制定
        し、企業倫理の実践と徹底に努めています。
         また、コンプライアンス専任部門である法務・コンプライアンス部では、当社グループの中長期的な企業価
        値の向上を目指して法規制の遵守はもとより、より高い水準の企業倫理の確立に向けた活動を推進していま
        す。
         さらに、当社グループにおける法令違反ないし不正行為等による不祥事の防止及び早期発見を目的として
        「企業倫理ホットライン」及び「監査役ホットライン」を開設し、通常の職制ラインでは報告されない情報の
        収集と適切な措置により、組織の自浄機能の向上並びに社会的信頼の確保を推進しています。
      ③  リスク管理体制の整備の状況

        当社グループは、業務執行に関し、損益、資産効率、品質、災害等の状況が取締役会に適正かつタイムリーに
       報告される体制を整備し、リスクの早期発見に努め、損失の極小化を図っています。
        また、反社会的勢力の排除に向け、「ナブテスコグループ倫理規範」において、反社会的勢力とは一切関係を
       遮断するとともに、反社会的勢力から不当な要求を受けた場合は、毅然とした態度で臨み、要求には一切応じな
       い旨を定めており、日頃から警察及び暴力対策団体等との連携を通じ、反社会的勢力に関する最新情報の入手や
       アドバイスを受ける等、関係強化に努めています。
        なお、リスク管理を目的として組織された委員会には以下のものがあります。
       「CSR委員会」

         当社グループにおけるCSR(Corporate                   Social    Responsibility)推進体制を強化し、企業価値の更なる向
        上を図ることを目的としています。
       「グループ品質・PL委員会」

         当社グループにおける製品の品質管理及びPL(Product                          Liability:製造物責任)に関する製品安全管理に
        おいて、安全性欠陥を含む品質不良発生を予防し、品質不良・PL問題の発生時の適切な対応を行うための組
        織及び管理についての基準を定めることにより、品質の維持・向上及び安全性の確保を図るとともに、顧客の
        信頼を確保し経営の発展に寄与することを目的としています。
       「グループESH委員会」(Environment,                   Safety    &  Health:環境・安全・健康)

         当社グループにおける製品の研究・開発から生産、流通、販売にいたる全ての事業活動に係る、環境保全、
        安全、防災、衛生等の基本方針並びに国内外関係法規の遵守に加え、全社的に管理すべきものについての基準
        を定めることにより、地域社会の環境保全、社員及び社員とともに事業活動に従事する者の安全と健康の確
        保、並びに地球環境との共生を図り、企業の社会的責任を果たすことを目的としています。
       「リスクマネジメント委員会」

         当社グループにおける重大なリスクの特定及びそれらの対策の審議、当該リスクに係るリスクマネジメント
        状況のモニタリング等を行うことにより、当社グループのリスクマネジメント体制の維持・強化することを目
        的としています。
      ④  提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

        当社グループは、グループ責任・権限規程等において業務執行に係る責任と権限を明確にするとともに、各部
       門の業務分掌を整備することで適正、かつ効率的な業務執行に努めています。
        また、当社より役員及び社員を当社グループ会社へ取締役若しくは監査役として派遣し、当社グループ会社の
       重要事項、業務執行の報告及び月次決算書類その他当社グループ会社の経営内容を定期的・継続的に把握出来る
       体制を整備しています。
                                 41/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  責任限定契約の内容
        当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役及び社外監査役との間において、損害賠償責任を
       限定する契約を締結しており、本契約に基づく賠償責任限度額は10百万円と法令が定める額とのいずれか高い額
       としています。
        また、上記の責任限定が認められるのは、当該社外役員が責任の原因となった職務を行うにあたり、善意でか
       つ重大な過失がないときに限るものとしています。
      ⑥  取締役の定数

        当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めています。
      ⑦  取締役の選任の決議要件

        当社は、株主総会における取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の
       1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、累積投票によらないものとする旨を定款に定
       めています。
      ⑧  株主総会決議事項を取締役会で決議できることとしている事項

      1)  自己株式の取得
         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる
        旨を定款に定めています。これは、機動的な資本政策を遂行することを目的とするものです。
      2)  中間配当

         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって中間配当をすることができる旨を定
        款にを定めています。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものです。
      3)  取締役及び監査役の責任免除

         当社は、取締役及び監査役の責任につき、善意でかつ重大な過失がない場合には、会社法第426条第1項の
        規定により、取締役会の決議によって法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除することができる旨を
        定款に定めています。これは、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できることを目的とするもの
        です。
      ⑨  株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項の規定による株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権
       の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めています。これ
       は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものです。
                                 42/146









                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ①  役員の一覧
    男性  13 名 女性    2 名 (役員のうち女性の比率             13.3  %)
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              2007年6月      当社 精機カンパニー第一営業部長
                              2008年7月      同 精機カンパニー海外営業部長
                              2009年6月      同 住環境カンパニー計画部長
                              2011年6月      同 執行役員
                              2011年10月      同 住環境カンパニー副社長            兼
       代表取締役
                                      計画部長
      最高経営責任者         寺 本 克 弘       1955年12月13日      生                       (注)3     13,799
                              2013年2月      同 企画本部副本部長         兼 企画部長
        (CEO)
                              2015年6月      同 代表取締役(現)
                                      常務執行役員、企画本部長
                              2017年3月      同 取締役社長、
                                      最高経営責任者(CEO)(現)
                              2018年3月      同   社長(現)
                              2007年6月      Nabtesco    Aerospace    Inc.  社長
                              2009年6月      当社 経理部長
                              2010年6月      同 企画部長
                              2013年5月      上海納博特斯克液圧有限公司総経理
                              2013年6月      当社 執行役員
                              2015年6月      同 取締役、総務・人事本部長
       代表取締役
                              2017年3月      同 常務執行役員、企画本部長
        住環境       箱 田 大 典       1957年10月25日      生                       (注)3     19,507
                                      兼 総務・人事本部長
      カンパニー社長
                              2018年1月      同   企画、経理、情報システム、
                                      コーポレート・コミュニケー
                                      ション、人事管掌
                              2018年3月      同   代表取締役(現)
                              2019年1月      同   住環境カンパニー社長(現)
                              2020年1月      同   専務執行役員(現)
                              2013年7月      当社    精機カンパニー      津工場長
                              2014年6月      同 執行役員
        取締役
                              2017年3月      同 鉄道カンパニー副社長
        鉄道       直 樹   茂       1958年10月21日      生                       (注)3     5,222
                              2017年8月      同 鉄道カンパニー社長(現)
      カンパニー社長
                              2018年3月      同   常務執行役員(現)
                              2019年3月      同   取締役(現)
                              2008年7月      当社  精機カンパニー名古屋営業部長
                              2010年4月      同 精機カンパニー東京営業部長
                              2011年4月      同 精機カンパニー営業部長
        取締役
               北   村   明   義          2016年3月      東洋自動機㈱      代表取締役社長(現)
       東洋自動機㈱               1959年2月12日      生                       (注)3     2,979
      代表取締役社長
                              2017年3月      当社    執行役員
                              2020年1月      同   常務執行役員(現)
                              2021年3月      同   取締役(現)
                              2006年9月      当社 航空宇宙カンパニー
                                       国際営業部長
                              2011年6月      同 航空宇宙カンパニー計画部長
                              2012年11月      同 精機カンパニー計画部長
                              2016年2月      同 精機カンパニー営業部長
                              2016年10月      同 精機カンパニー営業統括部長
        取締役
                              2017年3月      同 執行役員
     企画、経理、情報システ
               波   部       敦
                      1959年11月27日      生                       (注)3     7,420
    ム、業務改革推進、コーポ
                              2018年3月      同 精機カンパニー副社長
    レート・コミュニケーショ
                                      兼 営業統括部長
        ン管掌
                              2019年1月      同   精機カンパニー社長
                              2020年1月      同   常務執行役員(現)
                              2021年1月      同   企画、経理、情報システム、業
                                      務改革推進、コーポレート・コ
                                      ミュニケーション管掌(現)
                              2021年3月      同   取締役(現)
                                 43/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              2011年6月      当社    精機カンパニー
                                       津工場製造部長
                              2012年6月      同   パワーコントロールカンパニー
                                      垂井工場製造部長
                              2015年4月      同 ㈱ハイエストコーポレーション
                                      (2016年4月に当社に吸収合併)
                                      代表取締役副社長
                              2016年3月      同 パワーコントロールカンパニー
        取締役
                                      生産統括部長
     コンポーネントソリュー
                              2017年3月      同   執行役員、パワーコントロール
    ションセグメント長        兼 技  木   村   和   正
                      1961年8月17日      生                       (注)3     1,967
                                      カンパニー社長
    術本部長    兼 ものづくり革
                              2019年1月      同   企画、経理、情報システム、
        新担当
                                      コーポレート・コミュニケー
                                      ション管掌
                              2019年3月      同   取締役(現)
                              2021年1月      同   常務執行役員(現)、コンポーネ
                                      ントソリューションセグメント
                                      長 兼 技術本部長     兼 ものづく
                                      り革新担当(現)
                              1973年4月      東京光学機械㈱(現        ㈱トプコン)入社
                              1980年6月      トプコンシンガポール社
                                    ゼネラルマネージャー
                              1989年2月      トプコンオーストラリア社           社長
                              1994年10月      トプコンレーザーシステムズ社(現ト
                                    プコンポジショニングシステムズ社)
                                    上級副社長
                              2003年6月      ㈱トプコン     執行役員
                              2003年7月      ㈱トプコン販売(現        ㈱トプコンソキ
                                    アポジショニングジャパン)           取締役
        取締役       内 田 憲 男       1950年10月22日      生                       (注)3      -
                                    社長
                              2005年6月      ㈱トプコン     取締役   兼 執行役員
                              2007年6月      同 取締役、常務執行役員
                                      営業推進グループ統括、ポジ
                                      ショニングビジネスユニット長
                              2010年6月      同 取締役     兼 専務執行役員
                                      経営企画グループ統括
                              2011年6月      同 代表取締役社長
                              2013年6月      同 相談役
                              2015年6月      当社 取締役(現)
                              2015年9月      ㈱アルバック      社外取締役(現)
                              1982年4月      ヘンケル白水株式会社(現          ヘンケル
                                    ジャパン㈱)     入社
                              1987年8月      世界銀行    入社
                              1992年7月      Asian   Institute     of  Management
                                    Graduate    school   of Business    助教
                                    授
                              2005年4月      立命館アジア太平洋大学大学院
               飯   塚   ま   り
        取締役              1959年3月29日      生                       (注)3      -
                                    経営管理研究科      助教授
                              2007年4月      同大学大学院      経営管理研究科
                                    准教授
                              2008年4月      同大学大学院      経営管理研究科      教授
                              2010年4月      同志社大学大学院        ビジネス研究科
                                    教授(現)
                              2020年3月      当社    取締役(現)
                              1995年4月      大阪弁護士会      登録 
                                    宮﨑綜合法律事務所(現          弁護士法人
                                    宮﨑綜合法律事務所)         入所
                              1998年4月      横浜市弁護士会(現        神奈川県弁護士
                                    会)  登録
                                    株式会社野村総合研究所          入社
                              1999年9月      第二東京弁護士会       登録
                                    オートデスク株式会社         入社
                              2002年9月      カリフォルニア州弁護士登録
               水   越   尚   子
        取締役              1967年9月23日      生                       (注)3      -
                                    マイクロソフト株式会社(現           日本マ
                                    イクロソフト株式会社)         入社
                              2006年11月      TMI総合法律事務所        入所
                              2008年1月      同社  パートナー
                              2010年3月      エンデバー法律事務所         パートナー
                              2018年6月      TIS㈱   社外取締役(現)
                              2018年12月      レフトライト国際法律事務所
                                    パートナー(現)
                              2020年3月      当社    取締役(現)
                                 44/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              1976年4月      住友商事㈱     入社
                              2001年4月      米国住友商事㈱      シカゴ支店長
                              2007年4月      住友商事㈱     執行役員
                                    自動車金属製品本部長
                              2009年4月      同 常務執行役員、中部ブロック長
                              2012年4月      同   専務執行役員、関西ブロック長
                              2013年6月      同 代表取締役      兼 専務執行役員
               日   髙   直   輝
        取締役              1953年5月16日      生                       (注)3      -
                                      輸送機・建機事業部門長
                              2015年4月      同 代表取締役      兼 副社長執行役員
                                      輸送機・建機事業部門長
                              2018年6月      同 特別顧問
                              2019年6月      同 顧問
                              2020年6月      ブラザー工業㈱      社外取締役(現)
                              2021年3月      当社    取締役(現)
                              2015年4月      当社    経理部参与
               菊   池   賢   一
       常勤監査役               1959年12月18日      生                       (注)4     1,548
                              2017年7月      同 業務監査部長
                              2019年3月      同 常勤監査役(現)
                                    当社 航空宇宙カンパニー岐阜工場
                              2008年4月
                                       生産管理部長
                                    同 航空宇宙カンパニー岐阜工場
                              2010年7月
                                      資材部長
                                    同 航空宇宙カンパニー岐阜工場
                              2011年7月
                                      サプライチェーンマネジメント
               清   水       功
       常勤監査役               1960年9月3日      生                       (注)5     3,890
                                      部長
                                    同 航空宇宙カンパニー岐阜工場長
                              2012年6月
                                    同 ものづくり革新推進室長
                              2016年3月
                                    同 執行役員
                              2018年3月
                              2020年3月      同 常勤監査役(現)
                              1979年4月      検事任官
                              2000年4月      東京地検特捜部副部長
                              2002年9月      法務省大臣官房施設課長
                              2004年1月      東京地検交通部長・公安部長
                              2006年8月      和歌山地検検事正
                              2008年1月      最高検察庁検事
               佐 々 木 善 三
        監査役              1952年11月1日      生                       (注)5      -
                              2008年10月      水戸地検検事正
                              2010年7月      仙台地検検事正
                              2011年8月      京都地検検事正
                              2013年2月      東京弁護士会登録、
                                    晴海協和法律事務所        入所(現)
                              2016年3月      当社 監査役(現)
                              1978年10月      武蔵監査法人(現       EY新日本有限責任
                                    監査法人)入所
                              1981年8月      ソニー㈱入社
                              1986年9月      Sony  Corporation     of  America    /
                                    Director,Tax      Department
                              2004年4月      ソニーフィナンシャルホールディン
                                    グス㈱   監査役
                              2004年6月      ソニー㈱    経理部統括部長
                              2004年6月      ㈱ソニー・コンピュータエンタテイ
                                    ンメント(現     ㈱ソニー・インタラク
        監査役       長 坂 武 見       1956年1月24日      生                       (注)5      963
                                    ティブエンターテイメント)           監査役
                              2006年6月      ㈱ソニー・ミュージックエンタテイ
                                    ンメント    監査役
                              2007年4月      ソニー㈱    経理部門長
                              2010年6月      同   業務執行役員SVP経理部門長
                              2013年6月      ソニーフィナンシャルホールディン
                                    グス㈱   取締役
                              2015年6月      ソニー㈱    シニアアドバイザー
                              2016年3月      当社 監査役(現)
                                    大王製紙㈱     監査役(現)
                              2016年6月
                                 45/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              1980年4月      トヨタ自動車工業㈱(現          トヨタ自動
                                    車㈱)入社
                              2006年1月      同 グローバル生産企画部車両企画
                                      室長  兼 中国部主査
                              2008年1月      同 元町工場機械部部長
               平   井   鉄   郎
        監査役              1955年12月19日      生                       (注)4      -
                              2010年6月      豊田通商㈱     執行役員
                              2011年6月      同 常務執行役員
                              2018年4月      同   技監
                              2019年3月      当社 監査役(現)
                            計                           57,295
     (注)   1  取締役    内田   憲男氏、飯塚       まり氏、水越       尚子氏、及び日髙         直輝氏は、社外取締役です。
       2  監査役    佐々木    善三氏、長坂       武見氏、及び平井         鉄郎氏は、社外監査役です。
       3  2021年3月23日開催の定時株主総会の終結の時から2021年12月期に係る定時株主総会の終結の時までです。
       4  2019年3月26日開催の定時株主総会の終結の時から2022年12月期に係る定時株主総会の終結の時までです。
       5  2020年3月24日開催の定時株主総会の終結の時から2023年12月期に係る定時株主総会の終結の時までです。
                                 46/146
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
       6  当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制を導入しており、業
         務執行体制は以下のとおりです。
             役名        氏名                  職名

             社長      寺 本 克 弘       最高経営責任者(CEO)

            専務執行役員        箱 田 大 典       住環境カンパニー社長

                   直 樹          茂

            常務執行役員               鉄道カンパニー社長
            常務執行役員        北 村 明 義       東洋自動機㈱ 代表取締役社長

                          企画、経理、情報システム、業務改革推進、

                   波 部        敦
            常務執行役員
                          コーポレート・コミュニケーション管掌
                   伊 集 院 正 二

            常務執行役員               総務、人事、法務・コンプライアンス管掌
                   栄   藤   忠   重

            常務執行役員               舶用カンパニー社長
                          コンポーネントソリューションセグメント長

                   木   村    和   正
            常務執行役員
                          兼 技術本部長 兼 ものづくり革新担当
            執行役員       安 藤   清       パワーコントロールカンパニー社長

            執行役員       高 木 憲 優       航空宇宙カンパニー社長

                   中   野   宏   司  上海納博特斯克液圧有限公司             総経理

            執行役員
                   井 上         中

            執行役員              ナブテスコオートモーティブ㈱ 代表取締役社長
                   水   谷   幸   弘

            執行役員              住環境カンパニー 副社長 国内事業担当
                   高   橋   誠   司

            執行役員              住環境カンパニー 副社長 経営管理担当
                   藤   原   利   也

            執行役員              精機カンパニー社長
                   鈴   木   通   人  鉄道カンパニー        技術統括担当

            執行役員
                   中   川   康   仁

            執行役員              ものづくり革新推進室長
                   宮   口   光   一

            執行役員              鉄道カンパニー 神戸工場長
                   碓   井       浩

            執行役員              航空宇宙カンパニー 計画部長
                          精機カンパニー 生産統括担当

                   栗   田   昌   兆
            執行役員
                          津工場長     兼   浜松工場建設プロジェクトリーダー
          (注)   業務執行体制は20名で構成されており、内6名は取締役を兼務しています。
                                 47/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ②  社外役員の状況
         当社の社外取締役は4名、社外監査役は3名です。
         社外取締役の内田憲男氏は、株式会社トプコンの代表取締役を務められ、企業経営者としての豊富な経験と

        高い見識・能力を有しています。当社はその経験・能力を高く評価しており、当社の技術開発及びグローバル
        ビジネスへの全般的なアドバイスを行っていただくため、社外取締役をお願いしています。株式会社アルバッ
        ク、及び同氏が過去に役員であった会社と当社との間に特別な利害関係はありません。
         社外取締役の飯塚まり氏は、直接会社経営に関与したことはありませんが、同志社大学大学院ビジネス研究

        科教授として、グローバル経営人材や国際経営戦略の分野において高い専門性を有しています。また、持続可
        能な開発目標(SDGs)の実施のため、ビジネスとアカデミアとの連携・協働を目的として設立された日本グロー
        バル・コンパクト・アカデミック・ネットワークの会長等も歴任しています。当社はその経験・能力を高く評
        価しており、それらに基づく専門性と知見を活かした監督とアドバイスを行っていただくため、社外取締役を
        お願いしています。学校法人同志社、及び同氏が過去に所属していた法人等と当社との間に特別な利害関係は
        ありません。
         社外取締役の水越尚子氏は、社外取締役として以外に会社経営に関与したことはありませんが、弁護士とし

        ての高い専門性を備え、他の事業会社の社外役員のほか、経済産業省産業構造審議会知的財産分科会不正競争
        防止小委員会委員等の公職を歴任しています。当社はその経験・能力を高く評価しており、それらに基づく客
        観的かつ法的見地からの監督とアドバイスを求めるため、社外取締役をお願いしています。レフトライト国際
        法律事務所、及び同氏が過去に所属していた法人等と当社との間に特別な利害関係はありません。
         社外取締役の日髙直輝氏は、住友商事株式会社の代表取締役を務められ、企業経営者としての豊富な経験と

        高い見識・能力を有しています。また、同氏は海外ビジネスに従事されたほか、当社ビジネス領域である輸送
        機・建機事業部門長等を歴任しています。当社はその経験・能力を高く評価しており、その知見を活かした監
        督とアドバイスを行っていただくため、社外取締役をお願いしています。ブラザー工業株式会社、及び同氏が
        過去に役員であった会社と当社との間に特別な利害関係はありません。
         社外監査役の佐々木善三氏は、長年検事を務められ、高度な法律面の知識、さらに組織運営全般に関する高

        い見識・能力を有しています。当社はその経験・能力を高く評価しており、それらに基づく公正な判断、経営
        に対する客観性・中立性を当社のコーポレートガバナンスの強化及びコンプライアンスの維持・向上に活かし
        ていただくため、社外監査役をお願いしています。晴海協和法律事務所、及び同氏が過去に所属していた法人
        等と当社との間に特別な利害関係はありません。
         社外監査役の長坂武見氏は、公認会計士の資格を有し経理財務に関する専門知識及び経営者としての経験を

        有しており、それらに基づく公正な判断、経営に対する客観性・中立性を当社のコーポレートガバナンスの強
        化に活かしていただくため、社外監査役をお願いしています。大王製紙株式会社、及び同氏が過去に役員で
        あった会社と当社との間に特別な利害関係はありません。
         社外監査役の平井鉄郎氏は、ものづくりに関する豊富な経験と高い知見・能力を有しています。また、経営

        者としての経験も有しており、それらに基づく公正な判断、経営に対する客観性・中立性を当社のコーポレー
        トガバナンスの強化に活かしていただくため、社外監査役をお願いしています。同氏が過去に役員であった会
        社と当社との間に特別な利害関係はありません。
                                 48/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
         当社は、社外取締役及び社外監査役(以下、併せて「社外役員」という。)の独立性を客観的に判断するため
        に、以下のとおり独自の基準を定めており、当社の社外役員は以下の基準に則り、全て独立性を有していま
        す。
        「社外役員の独立性に関する基準」

         当社は、以下のすべての要件に該当する場合、当該社外役員に独立性があると判断します。
          1)  当社の現在の大株主(※)又はその業務執行者でないこと
           ※  総議決権の5%超の議決権を直接又は間接的に保有している者又は直近の株主名簿上の大株主上位
             10位以内の者
          2)  当社グループの主要な借入先(※)の業務執行者でないこと
           ※  当社グループが借入れをしている金融機関グループ(直接の借入先が属する連結グループに属する者
             をいう。)であって、直前事業年度末における当社グループの当該金融機関グループからの全借入額
             が当社グループの連結総資産の2%を超える者
          3)  当社グループの主要な取引先(年間取引額が連結売上高の1%を超える)又はその業務執行者でないこと
          4)  当社グループを主要な取引先(年間取引額が相手方の連結売上高の1%を超える)とする者又はその業務
           執行者でないこと
          5)  コンサルタント、会計専門家、法律専門家として、当社グループから役員報酬以外に多額の報酬(年間
           600万円以上)を受けていないこと(当該社外役員が属する法人、組合等の団体が報酬を受けている場合
           を含む。)
          6)  当社グループから多額の寄付(年間600万円以上)を受けている法人、組合等の団体の業務執行者でない
           こと
          7)  当社グループの業務執行者の配偶者又は2親等以内の親族でないこと
          8)  過去3年間において、上記1)から6)までのいずれにも該当していない者
          9)  当社の社外役員としての在任期間が通算8年を超えない者
      ③  社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役及び会計監査との相互連携並びに内部統制

        部門との関係
         監査役(社外監査役を含む)、会計監査人、内部監査部門の連携と手続きの状況、及び内部監査部門との関係
        は「(3)    監査の状況      ②  内部監査の状況」に記載しています。
                                 49/146










                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ①  監査役監査の状況
       1)  監査役監査の組織、人員
          当社の監査役会は5名で、常勤監査役2名と社外監査役3名で構成されています。
          常勤監査役の菊池賢一氏は、長年にわたり財務経理部門、内部監査部門を中心に従事し、財務・経理に関
         する高い専門性と経験を有しています。常勤監査役の清水功氏は、航空宇宙カンパニー岐阜工場生産管理部
         長、同資材部長、同工場長及びものづくり革新推進室長を務めてきたほか、ナブテスコグループESH
         (Environment,       Safety    & Health)委員会の委員長の経験もあり、生産技術や生産管理を中心とした「ものづ
         くり」と環境及び安全衛生における専門性と経験を有しています。
          また、グループ監査方針、重点実施事項及び各社の監査情報を共有し、グループ各社の監査の実効性をあ
         げることを目的とし、グループ各社の監査役で構成するナブテスコグループ監査役会を定期的に開催してい
         ます。
          なお、監査役の要請に基づき監査役を補助すべき使用人2名を配置し、監査役の職務遂行をサポートして
         います。
       2)  監査役及び監査役会の活動状況

          監査役会は原則として月1回開催されることになっていますが、新型コロナ感染症対策のため2020年度は
         10回の開催となりました。個々の監査役の出席状況は以下のとおりです。
            氏名等                            出席回数/開催回数(注1)

                         井奥    賢介              3回  /   3回  (注2)
            常勤監査役
                         菊池    賢一              10回   /  10回
                         清水    功              7回  /   7回  (注3)
                         佐々木     善三             10回   /  10回
            非常勤監査役
                         長坂    武見              10回   /  10回
                         平井    鉄郎              9回  /  10回
            (注)1    在任期間中の開催回数に基づき記載しています。
              2  2020年3月24日付にて退任しました。
              3  2020年3月24日付にて就任しました。
          監査役会では、監査方針、監査計画、監査方法、監査報告書案、会計監査人の選解任、監査報酬の妥当性

         等について審議した上で決議、並びに当社及び子会社の監査結果の報告等を実施しました。
          監査役は、取締役会に出席し、議事運営、決議内容等を監査し、必要に応じて質疑・意見表明を行ってい
         ます。2020年度は全ての取締役会に全監査役が出席しました。常勤監査役はマネジメント・コミッティ、執
         行役員会等の重要な会議に出席するとともに、当社及び子会社の監査を実施し監査結果等について監査役会
         において社外監査役に報告を行い情報の共有化を図りました。なお、新型コロナウイルス対策のため、一部
         の監査については、Web会議システムを用いてリモート監査を実施しました。
          また、監査役による代表取締役との意見交換も定期的(年2回)に実施しました。
                                 50/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ②  内部監査の状況
         当社の内部監査部門である業務監査部(9名)は、社長(CEO)直轄の部門として、コーポレート部門、社内カン
        パニー及びグループ会社の内部監査を実施しています。業務監査部は、業務全般の処理や財産管理が適正に行
        われているかについて調査及び評価を実施し、その結果を監査報告書にまとめ、指摘事項・改善要請事項につ
        いて改善状況のフォローアップを行っています。2020年度は新型コロナウイルス対策のため、一部の監査につ
        いては、Web会議システムを用いてリモート監査を実施しました。
         内部監査、監査役監査及び会計監査との連携については、業務監査部と監査役は、定期的に開催される監査
        協議会において、年度業務監査計画や監査実施内容について情報・意見交換を行う等内部監査業務の充実を
        図っています。業務監査部と経理部、及び会計監査人は、「財務報告に係る内部統制」の整備・運用状況等に
        ついて意見交換及び情報交換を行っています。また、監査役は、会計監査人から監査計画概要説明を受けると
        ともに、会計監査報告、四半期レビュー報告を通じて、グループの会計上及び内部統制上の課題等について説
        明を受けています。常勤監査役と会計監査人は、定期的に面談し、監査上の重点課題等について意見交換を
        行っています。さらに法務・コンプライアンス部は、監査役に対して、定期的に内部統制システムの整備・運
        用状況を報告し意見交換を行っています。
      ③  会計監査の状況

        1)  監査法人の名称
           有限責任     あずさ監査法人
        2)  継続監査期間

           18年間
        3)  業務を執行した公認会計士の氏名

           指定有限責任社員         業務執行社員 中嶋             歩
           指定有限責任社員         業務執行社員 井上             喬
        4)  監査業務に係る補助者の構成

           公認会計士      13名、その他       19名
        5)  監査法人の選定方針と理由

           監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められないこと、及び
          会計監査人に対する評価を考慮し、有限責任                     あずさ監査法人を会計監査人として選定(再任)することを
          決定しています。
        6)  監査役及び監査役会による監査法人の評価

           監査役会は、会計監査人から監査内容、監査計画、品質管理体制等について報告を受領し、その独立性
          及び適正性を評価しています。当連結会計年度において、監査役会は、会計監査人の活動内容、独立性、
          信頼性等について問題となる事実は認められないと判断しています。
                                 51/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     ④  監査報酬の内容等
      1)  監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                  監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                94           -           94           -
        連結子会社                 17           -           16           -

          計              110           -          110           -

      2)  監査公認会計士等と同一ネットワーク(KPMG)に対する報酬(                               1)を除く)

                       前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                  監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                -           1          -           12
        連結子会社                 24           6          23           4

          計               24           7          23           16

         前連結会計年度

          提出会社における非監査業務の内容は、主に税務等に関するアドバイザリー業務です。連結子会社におけ
         る非監査業務の内容は、主に税務等に関するアドバイザリー業務です。
         当連結会計年度

          提出会社における非監査業務の内容は、主にESG関連のアドバイザリー業務等です。連結子会社における非
         監査業務の内容は、主に税務等に関するアドバイザリー業務です。
      3)  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         前連結会計年度
          該当事項はありません。
         当連結会計年度

          該当事項はありません。
      4)  監査報酬の決定方針

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査業務等の内容を総合的に勘案した上で、会社
        法第399条の規定に基づき監査役会の同意を得て決定することとしています。
      5)  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査役会は、会計監査人による監査内容、監査時間及び監査計画、報酬実績の推移、報酬見積り等を確認
        し、会計監査人の報酬等の妥当性を検討した結果、会社法第399条第1項の同意を行っています。
                                 52/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ①  役員報酬等
        1)  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額           (百万円)
                                                    対象となる
                         固定報酬             業績連動報酬
                 報酬等の総額
          区分                                          役員の員数
                  (百万円)
                                        株式給付信託(BBT)
                                                     (人)
                            月次報酬
                                      在任時給付       退任時給付
      取締役
                     283       141       69       0      72       7
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                      54       54       -       -       -       3
      (社外監査役を除く。)
      社外役員                61       61       -       -       -       8
      (注)   1  取締役の対象となる役員の員数には、当期中の退任取締役1名を含んでいます。

         2  監査役の対象となる役員の員数には、当期中の退任監査役1名を含んでいます。
         3  社外役員の対象となる役員の員数には、当期中の退任社外役員1名を含んでいます。
         4  月次報酬は、基本月次報酬及び業績連動報酬の総額を月次定額払いとしているものです。
         5  株式給付信託(BBT)の額は、当期において付与された又は付与が見込まれた株式交付ポイント数に基づ
          き、日本基準により当期に費用計上した額です。
         6  報酬の限度額は、第14回定時株主総会(2017年3月28日開催)において決議された取締役400百万円以内(う
          ち社外取締役分50百万円以内)、監査役90百万円以内です。
         7  上記報酬額の他、取締役(社外取締役を除く)に対しては、第14回定時株主総会(2017年3月28日開催)にお
          いて決議された株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」を導入しており、同制度で定める役員株式給付規程
          に基づき、在任時給付分として450百万円(3事業年度)、退任時給付分として420百万円(3事業年度)を、
          それぞれ上限として信託に拠出しています。同制度については、第14回定時株主総会(2017年3月28日開
          催)において、上記4.記載の報酬限度額とは別枠で、在任時給付分として56,000ポイント(1事業年度)、
          退任時給付分として51,000ポイント(1事業年度)を、それぞれ株式交付の上限としています。
         8  役員ごとの報酬等の総額については、1億円以上支給している役員の該当がないため記載を省略していま
          す。
      ②  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
        1)  報酬制度の基本方針
          ・当社の業績及び株式価値との連動性を高めることで株主と経営者の利益を共有する制度であること
          ・当社グループの中長期的な業績の向上に対するインセンティブとして機能すること
          ・報酬制度の決定プロセスは、客観性、かつ透明性の高いものであること
        2)  報酬制度の体系

          ⅰ.  取締役の報酬体系は、固定報酬となる基本報酬と短期業績を反映した業績連動報酬からなる「月次報
            酬」ならびに中期経営計画の達成度及び株式価値を反映した株式報酬「株式給付信託(BBT)」で構成し
            ています。
          ⅱ.「基本報酬」は各取締役の役位に応じた固定報酬であり、月次報酬として支給します。
          ⅲ.「業績連動報酬(月次報酬)」は、年度業績の達成度に応じて、以下の算式により支給額を決定します。
             [短期業績連動報酬]

              短期業績連動報酬         =  役位別支給基準額         ×  業績評価係数
              ※業績評価係数:閾値を設定した前年度のROIC及び当期利益(親会社の所有者に帰属)を指標とする
               マトリクステーブルにより決定(係数:0.00~3.00)
            なお、社内カンパニーを担当する取締役については、当該カンパニーの売上高成長率、営業利益額改
            善度、ROIC改善度、研究開発指標、環境指標等をもとに短期業績連動報酬から加減します。
                                 53/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
          ⅳ.  株式報酬は「株式給付信託(BBT)」の仕組みを活用し、中期経営計画の達成度等に応じて、以下の算式
            により給付額を決定します。
             [在任時交付型株式報酬]

              在任時交付型株式報酬           =  役位別株式交付ポイント            ×  業績評価係数       ×  中期経営計画達成度係数
              ※業績評価係数:閾値を設定した前年度のROIC及び当期利益(親会社の所有者に帰属)を指標とする
               マトリクステーブルにより決定(係数:0.00~3.00)
              ※中期経営計画達成度係数:中期経営計画に掲げる売上高及び営業利益の達成度により設定(0~
               0.5)
            交付ポイントの権利確定はポイント付与後、3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
            定時株主総会の日となります。
             [退任時交付型株式報酬]
              退任時交付型株式報酬           =  役位別株式交付ポイント
              交付ポイントの権利確定は取締役を退任した日となります。
          ⅴ.  取締役の報酬については、業績及び株主価値への連動を重視した構成比としています。
                        固定報酬                 業績連動報酬

               役位
                                 短期業績        在任時交付型         退任時交付型
                        基本報酬
                                 連動報酬         株式報酬         株式報酬
            取締役会長・社長                30%         30%         20%         20%
              取締役             35%         30%         20%         15%

           (注)この表は、役位毎の中央値とし、業績連動報酬にかかる目標の達成率を100%とした場合のモデル
             です。
          ⅵ.  社外取締役及び監査役の報酬等については、業務執行とは独立した立場であることに鑑み、業績反映
            部分を排除し、固定報酬のみとしています。
          ⅶ.  不適切会計等による過年度決算修正の結果、業績連動報酬算定上の基礎となった過年度の業績に重大
            な変更が生じた場合、又は役員の非違行為等により会社に重大な損害が生じた場合は、業績連動報酬
            の全額、又は一部の返還を求めることができる報酬規程としています。
        3)  業績連動報酬にかかる指標に対する考え方

           取締役(社外取締役を除く)に支給する業績連動報酬にかかる指標は、すべての社員の活動成果であり、
          かつ、ROE改善に繋がる主たる指標である「ROIC」と「当期利益(親会社の所有者に帰属)」を基本としてい
          ます。これにより、すべての取締役が資本コスト及び配当性向を意識し、当社グループの持続的な成長を
          意識した経営を促進していきます。また、事業を担当する取締役には、ROIC改善度等の経営指標の他、知
          財創造の促進に向けた研究開発指標、CO                   排出量削減度合に応じた環境指標等を設けることにより、中長期
                            2
          的な業績の向上に対するインセンティブとしての機能を付加しています。
           また、中期経営計画の達成度については、すべての取締役及び社員の事業活動の成果であり、かつ、ベ
          クトルを統一した活動を促進していくことを目的として「売上高」及び「営業利益」を採用しています。
           なお、上記指標に関し、当社の経営判断に起因しない事象等による影響が生じた場合は加減算すること
          があります。
          [業績連動報酬にかかる主な指標の実績]

                ROIC           売上高           営業利益            当期利益
                    7.6%        289,808百万円            25,320百万円            17,931百万円

           当期にかかる業績連動報酬については、2019年12月期決算値を基に算定しています。
                                 54/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
        4)  報酬の決定方法等
           取締役の報酬等に関する方針、報酬体系、水準及び各取締役への支給額については、社内取締役1名と
          独立社外役員3名で構成された報酬委員会による審議・答申を受け、取締役会にて決定しています。
           また、監査役の報酬等については、監査役の協議を経て決定しています。
           当期における取締役の報酬等に関する審議及び決定のための委員会等の活動は以下のとおりです。
         [委員会等の会議の開催回数(2020年1月から12月まで)]

              委員会等            開催回数
              報酬委員会                  2回

              取締役会                 2回

                                 55/146
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、純投資目的である株式は保有しておらず、全て純投資目的以外の目的である投資株式(以下、「政策
        保有株式」という。)に区分しています。純投資目的である株式とは、株価の変動又は配当によって利益を受け
        ることを目的とする株式です。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       1)  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
          当社は、当社の企業価値の維持・向上に資する場合に限り、政策保有株式を保有します。当社は、直近事
         業年度末の状況に照らし、保有の意義が希薄になった政策保有株式については、できる限り速やかに処分・
         縮減していくという基本方針のもと、毎年、取締役会において、個別の銘柄毎に、保有目的が適切か、保有
         に伴う便益やリスクが資本コストに見合っているか等につき、一定の基準に基づいて検証し、保有継続の可
         否及び株式数を見直します。検証の結果、継続保有が適切ではないと認められる銘柄は、株価や市場動向等
         を考慮のうえ遅滞なく売却します。
       2)  銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                      銘柄数
                      (銘柄)
                             合計額(百万円)
         非上場株式              15              312
         非上場株式以外の株式              11             3,745
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                      銘柄数     株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                      (銘柄)     価額の合計額(百万円)
         非上場株式              -               -
         非上場株式以外の株式              2               1  取引先持株会での配当再投資
         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数     株式数の減少に係る売却
                      (銘柄)     価額の合計額(百万円)
         非上場株式              1               5
         非上場株式以外の株式              -               -
                                 56/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
       3)  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

              当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                          保有目的及び株式数が増加した理由                    式の保有
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                 100,000         100,000
                               トランスポートソリューション事業における
    東海旅客鉄道㈱                          事業上の関係を維持・強化するために保有し                       有
                               ています。
                  1,459         2,200
                 461,800         461,800

                               主にトランスポートソリューション事業にお
    シンフォニアテ
                               ける事業上の関係を維持・強化するために保                       有
    クノロジー㈱
                               有しています。
                   647         638
                               トランスポートソリューション事業における
                  67,037         67,037
                               事業上の関係を維持・強化するために保有し
    京王電鉄㈱                                                 有
                               ています。株式が増加した理由は持株会での
                   536         443
                               配当再投資によるものです。
                  50,500         50,500
                               トランスポートソリューション事業における
    東日本旅客鉄道
                               事業上の関係を維持・強化するために保有し                       無
    ㈱
                               ています。
                   348         498
                  45,000         45,000

                               トランスポートソリューション事業における
    西日本旅客鉄道
                               事業上の関係を維持・強化するために保有し                       無
    ㈱
                               ています。
                   243         425
                  43,509         43,509

    近鉄グループ                          トランスポートソリューション事業における
    ホールディング                          事業上の関係を維持・強化するために保有し                       無
    ス㈱                          ています。
                   197         258
                  97,434         97,434

                               コンポーネントソリューション事業における
    ㈱タダノ                          事業上の関係を維持・強化するために保有し                       有
                               ています。
                    86         98
                  38,587         38,587

                               トランスポートソリューション事業における
    山陽電気鉄道㈱                          事業上の関係を維持・強化するために保有し                       無
                               ています。
                    76         85
                               トランスポートソリューション事業における
                  49,502         48,906
                               事業上の関係を維持・強化するために保有し
    東急㈱                                                 無
                               ています。株式が増加した理由は持株会での
                    63         99
                               配当再投資によるものです。
                  10,857         10,857
                               トランスポートソリューション事業における
    京阪ホールディ
                               事業上の関係を維持・強化するために保有し                       有
    ングス㈱
                               ています。
                    54         58
                  20,000         20,000

                               トランスポートソリューション事業における
    阪神内燃工業㈱                          事業上の関係を維持・強化するために保有し                       無
                               ています。
                    36         44
    (注)   定量的な保有効果については、営業機密に係るため記載していません。保有の合理性の検証方法については、
       「1)   保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検
       証の内容」に記載しています。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

         該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

         該当事項はありません。
                                 57/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号。以
       下、「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)に基づいて作
       成しています。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下、「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しています。
       また、当社は特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しています。
     (3)  連結財務諸表及び財務諸表は、表示単位未満を四捨五入して記載しています。

    2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年1月1日から2020年12月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年1月1日から2020年12月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あず
      さ監査法人による監査を受けています。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成すること

      ができる体制の整備について
       当社は、以下のとおり連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表

      等を適正に作成することができる体制の整備を行っています。
     (1) 会計基準等の内容を適切に把握し、会計基準等の変更等に適時かつ的確に対応することができる体制を整備する

       ため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、監査法人等の行うセミナーへ参加しています。また、IFRSの内
       容に関する社内勉強会を定期的に実施し、実務担当者へのIFRSに関する知識の習得を推進しています。
     (2) IFRSの適用においては、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把

       握を行っています。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表等を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計
       方針を作成し、それに基づいて会計処理を行っています。
                                 58/146









                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結財政状態計算書】
                                                 (単位:百万円)
                         注記
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (2019年12月31日)              (2020年12月31日)
                         番号
    資産
     流動資産
      現金及び現金同等物                    6             58,686              64,665
      営業債権                   7,20              69,175              74,632
      契約資産                    22              1,000              1,230
      その他の債権                    7             1,300              1,114
      棚卸資産                    8             41,257              36,505
      その他の金融資産                    20              4,752              2,582
      その他の流動資産                                 2,984              2,382
      流動資産合計                                179,154              183,110
     非流動資産
      有形固定資産                   9,11              87,083              89,522
      無形資産                   10,11              5,127              3,905
      使用権資産                   11,12              9,004              7,558
      のれん                   10,11              14,161              14,658
      投資不動産                    13              3,928              2,192
      持分法で会計処理されている投資                    14             31,952              34,887
      その他の金融資産                    20             11,210              12,646
      繰延税金資産                    19              1,868              2,016
      その他の非流動資産                                 1,072              1,230
      非流動資産合計                                165,404              168,614
     資産合計                                 344,558              351,723
                                 59/146











                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
                                                 (単位:百万円)
                         注記
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (2019年12月31日)              (2020年12月31日)
                         番号
    負債及び資本
     負債
      流動負債
       営業債務                  15,20              45,021              44,838
       契約負債                   22              5,579              5,763
       社債及び借入金                  17,20              30,719              37,001
       その他の債務                  15,20              14,405               9,723
       未払法人所得税                                4,040              6,700
       引当金                   16              1,162              1,065
       リース負債                  17,20              2,236              2,209
       その他の金融負債                   20               13              -
       その他の流動負債                                6,439              6,362
       流動負債合計                               109,614              113,662
      非流動負債
       社債及び借入金                  17,20              13,217               2,865
       リース負債                  17,20              6,568              6,291
       退職給付に係る負債                   18              9,569              10,211
       繰延税金負債                   19              4,540              4,949
       その他の金融負債                   20               -              69
       その他の非流動負債                                1,916              2,035
       非流動負債合計                                35,810              26,421
      負債合計                                145,424              140,083
     資本
      資本金                    21             10,000              10,000
      資本剰余金                    21             14,932              14,998
      利益剰余金                    21            163,794              173,988
      自己株式                    21            △ 2,536             △ 2,471
      その他の資本の構成要素                    21              1,208              1,515
      親会社の所有者に帰属する持分合計                                187,398              198,031
      非支配持分                                 11,735              13,610
      資本合計                                199,133              211,641
     負債及び資本合計                                 344,558              351,723
                                 60/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     ②  【連結損益計算書】
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                         注記
                              (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                         番号
                               至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     売上高                    5,22             289,808              279,358
     売上原価                     23           △ 212,105             △ 206,166
     売上総利益                                  77,703              73,192
      その他の収益                    24              1,795              6,515
      販売費及び一般管理費                    23            △ 51,998             △ 50,655
      その他の費用                    24            △ 2,180              △ 519
     営業利益                     5             25,320              28,533
      金融収益                    25               766             2,291
      金融費用                    25              △ 971             △ 573
      持分法による投資利益                    14              2,864              3,467
     税引前当期利益                                  27,979              33,718
     法人所得税費用                     19            △ 8,028             △ 10,206
     当期利益                                  19,951              23,512
     当期利益の帰属

      親会社の所有者                                 17,931              20,505
      非支配持分                                 2,020              3,008
      当期利益                                 19,951              23,512
    1株当たり当期利益

     基本的1株当たり当期利益(円)                     27             144.50              165.18
     希薄化後1株当たり当期利益(円)                     27             144.42              165.09
                                 61/146











                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     ③  【連結包括利益計算書】
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                         注記
                              (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                         番号
                               至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
    当期利益                                   19,951              23,512
    その他の包括利益
    純損益に振り替えられることのない項目
     確定給付負債(資産)の純額の再測定                     21              △ 189             △ 578
     その他の包括利益を通じて公正価値で
                          21               288             △ 528
     測定する金融資産の純変動
     持分法適用会社におけるその他の
                         14,21               328              516
     包括利益に対する持分
     純損益に振り替えられることのない
                                        427             △ 590
     項目合計
    純損益に振り替えられる可能性のある項目
     在外営業活動体の換算差額                     21              △ 919              368
     純損益に振り替えられる可能性のある
                                       △ 919              368
     項目合計
    税引後その他の包括利益合計                                   △ 492             △ 222
    包括利益合計                                   19,459              23,291
    包括利益の帰属

     親会社の所有者                                  17,602              20,201
     非支配持分                                  1,856              3,090
    包括利益合計                                   19,459              23,291
                                 62/146












                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     ④  【連結持分変動計算書】
      前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                  注記
                                                その他の資本の構成要素
                  番号
                             資本      利益
                      資本金                   自己株式
                             剰余金      剰余金
                                              在外営業活動体      公正価値の変動
                                               の換算差額      による評価差額
    2019年1月1日残高                    10,000      15,096      155,133      △ 2,903      △ 2,887      4,264
     当期利益                    -      -     17,931        -      -      -

     その他の包括利益             21       -      -      -      -     △ 752      615

    包括利益合計                     -      -     17,931        -     △ 752      615

     自己株式の取得及び処分等             21       -      -      △ 35      367       -      -

     配当金             21       -      -    △ 9,074        -      -      -

     その他の資本の構成要素から

                          -      -     △ 160       -      -      △ 32
     利益剰余金への振替
     株式報酬取引             26       -     △ 164       -      -      -      -

    所有者との取引額等合計                     -     △ 164     △ 9,270       367       -      △ 32

    2019年12月31日残高                    10,000      14,932      163,794      △ 2,536      △ 3,639      4,847

                        親会社の所有者に帰属する持分

                  注記                       非支配
                      その他の資本の構成要素
                                   親会社の
                                               資本合計
                  番号                        持分
                                   所有者に
                     確定給付負債
                                   帰属する
                    (資産)の純額の         合計
                                   持分合計
                      再測定
    2019年1月1日残高                     -     1,377      178,702       10,553      189,255
     当期利益                    -      -     17,931       2,020      19,951

     その他の包括利益             21      △ 192      △ 329      △ 329      △ 163      △ 492
    包括利益合計                    △ 192      △ 329     17,602       1,856      19,459

     自己株式の取得及び処分等             21       -      -      332       -      332

     配当金             21       -      -    △ 9,074      △ 674     △ 9,748

     その他の資本の構成要素から

                         192      160       -      -      -
     利益剰余金への振替
     株式報酬取引             26       -      -     △ 164       -     △ 164

    所有者との取引額等合計                     192      160     △ 8,906      △ 674     △ 9,580

    2019年12月31日残高                     -     1,208      187,398       11,735      199,133

                                 63/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                  注記
                                                その他の資本の構成要素
                  番号
                             資本      利益
                      資本金                   自己株式
                             剰余金      剰余金
                                              在外営業活動体      公正価値の変動
                                               の換算差額      による評価差額
    2020年1月1日残高                    10,000      14,932      163,794      △ 2,536      △ 3,639      4,847
     当期利益                    -      -     20,505        -      -      -

     その他の包括利益             21       -      -      -      -      291       14

    包括利益合計                     -      -     20,505        -      291       14

     自己株式の取得及び処分等             21       -      -      -      65      -      -

     配当金             21       -      -    △ 9,700        -      -      -

     その他の資本の構成要素から

                          -      -     △ 610       -      -       2
     利益剰余金への振替
     株式報酬取引             26       -      66      -      -      -      -

    所有者との取引額等合計                     -      66    △ 10,310        65      -       2

    2020年12月31日残高                    10,000      14,998      173,988      △ 2,471      △ 3,348      4,863

                        親会社の所有者に帰属する持分

                  注記                       非支配
                      その他の資本の構成要素
                                   親会社の
                                               資本合計
                  番号                        持分
                                   所有者に
                     確定給付負債
                                   帰属する
                    (資産)の純額の         合計
                                   持分合計
                      再測定
    2020年1月1日残高                     -     1,208      187,398       11,735      199,133
     当期利益                    -      -     20,505       3,008      23,512

     その他の包括利益             21      △ 609      △ 304      △ 304       82     △ 222

    包括利益合計                    △ 609      △ 304     20,201       3,090      23,291

     自己株式の取得及び処分等             21       -      -      65      -      65

     配当金             21       -      -    △ 9,700      △ 1,215     △ 10,915

     その他の資本の構成要素から

                         609      610       -      -      -
     利益剰余金への振替
     株式報酬取引             26       -      -      66      -      66

    所有者との取引額等合計                     609      610     △ 9,568      △ 1,215     △ 10,783

    2020年12月31日残高                     -     1,515      198,031       13,610      211,641

                                 64/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     ⑤  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度
                                               当連結会計年度
                             注記
                                 (自 2019年1月1日             (自 2020年1月1日
                             番号
                                               至 2020年12月31日)
                                  至 2019年12月31日)
    営業活動によるキャッシュ・フロー
     当期利益                                   19,951             23,512
     減価償却費及び償却費                                   13,093             13,730
     減損損失                        11            1,268             3,885
     退職給付に係る資産及び負債の増減額                                     151             79
     受取利息及び受取配当金                                    △ 302            △ 301
     支払利息                                     269             205
     持分法による投資損益(△は益)                                   △ 2,864            △ 3,467
     固定資産除売却損益(△は益)                                     400             104
     投資不動産売却損益(△は益)                                      -          △ 4,892
     投資有価証券評価損益(△は益)                                    △ 456           △ 1,983
     法人所得税費用                                    8,028            10,206
     営業債権、契約資産及び契約負債の増減額                                    5,972            △ 5,242
     棚卸資産の増減額(△は増加)                                    2,015             4,613
     営業債務の増減額(△は減少)                                   △ 4,888             △ 223
     その他                                    2,589              132
     小計                                   45,226             40,358
     利息及び配当金の受取額                                    1,230             1,141
     利息の支払額                                    △ 256            △ 190
     法人所得税の支払額                                   △ 7,767            △ 7,106
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                   38,433             34,203
    投資活動によるキャッシュ・フロー
     定期預金の増減額(△は増加)                                   △ 4,535             2,163
     有形固定資産の取得による支出                                  △ 13,743            △ 17,148
     有形固定資産の売却による収入                                     206             112
     無形資産の取得による支出                                   △ 1,020            △ 1,549
     投資不動産の売却による収入                                      -           6,585
     その他                                    △ 994            △ 872
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 20,086            △ 10,710
    財務活動によるキャッシュ・フロー
     短期借入金の純増減額(△は減少)                        17           △ 3,106            △ 3,805
     長期借入れによる収入                        17            2,152              60
     長期借入金の返済                        17            △ 232            △ 310
     リース負債の支払額                        17           △ 2,477            △ 2,547
     自己株式の純増減額(△は増加)                                      42             12
     配当金の支払額                        21           △ 9,071            △ 9,691
     非支配持分への配当金の支払額                                    △ 674           △ 1,215
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 13,365            △ 17,497
    現金及び現金同等物の増減額                                     4,982             5,995
    現金及び現金同等物の期首残高                         6           54,039             58,686
    現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △ 335            △ 16
    現金及び現金同等物の期末残高                         6           58,686             64,665
                                 65/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    【連結財務諸表注記】
    1.報告企業

       ナブテスコ株式会社(以下、「当社」という。)は日本に所在する企業です。当社の連結財務諸表は2020年12月31
      日を期末日とし、当社及び子会社(以下、「当社グループ」という。)、並びに関連会社に対する持分により構成さ
      れます。当社グループの主な事業内容は「コンポーネントソリューション事業」、「トランスポートソリューショ
      ン事業」、「アクセシビリティソリューション事業」です。詳細は注記「5.事業セグメント」に記載していま
      す。
    2.作成の基礎

     (1)  IFRSに準拠している旨
        本連結財務諸表は、連結財務諸表規則第1条の2に定める「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満た
       すことから、同第93条の規定により、IFRSに準拠して作成しています。
        本連結財務諸表は、2021年3月23日に当社取締役会によって承認されています。
     (2)  測定の基礎

        当社グループの連結財務諸表は、下記の注記「3.重要な会計方針」で記載のとおり、公正価値で測定する金
       融商品等を除き、取得原価を基礎として作成されています。
     (3)  機能通貨及び表示通貨

        当社グループの連結財務諸表は当社の機能通貨である日本円を表示通貨としています。
    3.重要な会計方針

       本連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、特段の記載がない限り、この連結財務諸表に記載されてい
      るすべての期間について適用された会計方針と同一です。
     (1)  連結の基礎

      ①  子会社
        子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。子会社の財務諸表は、支配開始日から支配
       終了日までの間、連結財務諸表に含まれます。子会社の会計方針は、当社グループが適用する会計方針と整合さ
       せるため、必要に応じて変更されています。
        子会社に対する所有持分の変動で支配の喪失とならないものは、資本取引として会計処理しています。非支配
       持分の修正額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分として資本に直接認識されていま
       す。
        当社グループ内の債権債務残高及び取引、並びに当社グループ内取引によって発生した未実現損益は、連結財
       務諸表の作成に際して消去しています。
        決算日が異なる子会社については、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しています。
      ②  関連会社に対する投資

        関連会社とは、当社グループがその財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配はして
       いない企業をいいます。当社グループが他の企業の議決権の20%以上を保有する場合、当社グループは当該他の
       企業に対して重要な影響力を有していると推定しています。
        関連会社に対する投資は、持分法を用いて会計処理し、取得時に取得原価で認識します。持分法では、投資日
       における投資とこれに対応する被投資会社の資本との間に差額がある場合には、当該差額はのれんとして投資の
       帳簿価額に含めています。
        連結財務諸表には、重要な影響力を有した日から重要な影響力を喪失する日までの純損益及びその他の包括利
       益の当社グループの持分を認識し、投資額を修正しています。
        関連会社の損失に対する当社グループの持分相当額が当該会社に対する投資持分を超過するまで、当該持分相
       当額は純損益に計上しています。さらなる超過額は、当社グループが関連会社に代わって債務(法的債務又は推
       定的債務)を負担する、又は支払いを行う場合を除き、損失として認識していません。
        持分法の適用にあたっては、持分法適用会社の会計方針を当社グループの会計方針に整合させるために必要な
                                 66/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
       調整を行っています。また、連結財務諸表には、他の株主との関係等により決算日を当社の決算日に統一するこ
       とが実務上不可能であるため、当社の決算日と異なる日を決算日とする関連会社への投資が含まれています。決
       算 日の差異により生じる期間の重要な取引又は事象については調整を行っています。当該持分法適用会社の決算
       日は主に3月31日です。
        持分法適用会社との取引から発生した未実現利益は、被投資企業に対する当社グループの持分を上限として投
       資から控除しています。
     (2)  企業結合

        企業結合は、取得法を用いて会計処理をしています。被取得企業における識別可能な資産及び負債は取得日の
       公正価値で測定しています。
        のれんは、企業結合で移転された対価、被取得企業の非支配持分の金額、及び取得企業が以前に保有していた
       被取得企業の資本持分の公正価値の合計が、取得日における識別可能な資産及び負債の正味価額を上回る場合に
       その超過額として測定しています。
        取得関連費用は発生した期間にて費用として処理しています。
        また、共通支配下における企業結合取引に関して、当社は企業結合取引の発生前の帳簿価額に基づいて会計処
       理を行っています。
     (3)  外貨

      ①  機能通貨及び表示通貨
        当社グループの各会社の財務諸表は、その企業が事業活動を行う主たる経済環境の通貨である機能通貨で作成
       しています。当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としています。
      ②  外貨建取引

        外貨建取引は、取引日における為替レートで機能通貨に換算しています。期末日における外貨建貨幣性資産及
       び負債は、期末日の為替レートで機能通貨に換算しています。
        取得原価で測定する外貨建非貨幣性資産及び負債は、取引日の為替レートで機能通貨に換算しています。
        公正価値で測定する外貨建非貨幣性資産及び負債は、当該公正価値の測定日における為替レートで機能通貨に
       換算しています。換算によって発生した為替差額は、純損益として認識しています。ただし、公正価値で測定し
       その変動をその他の包括利益として認識する金融商品の換算により発生した差額については、その他の包括利益
       に計上しています。
      ③  在外営業活動体

        在外営業活動体の資産及び負債は、期末日の為替レートで日本円に換算しています。在外営業活動体の収益及
       び費用は、為替レートが著しく変動している場合を除き、平均為替レートを用いて日本円に換算しています。
        在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる換算差額はその他の包括利益で認識し、その他の資本の構成要素
       に含めて計上しています。また、在外営業活動体が処分される場合には、換算差額を純損益に振り替えていま
       す。
     (4)  現金及び現金同等物

        現金及び現金同等物は、手許資金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動につ
       いて僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。
     (5)  棚卸資産

        棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い金額で測定しています。棚卸資産の取得原価は主と
       して総平均法に基づいて算定しており、棚卸資産の取得に係る費用、製造費及び加工費、並びに当該棚卸資産を
       現在の場所及び状態とするまでに要したその他の費用が含まれています。
        正味実現可能価額は、通常の営業過程における予想販売価格から完成までに要する見積原価及び見積販売費用
       を控除した額です。
                                 67/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (6)  金融商品
      ①  非デリバティブ金融資産
        当社グループは金融資産を、当社グループがその金融商品に関する契約の当事者となった取引日に当初認識し
       ています。
        金融資産は、公正価値により当初測定しています。当初認識後に純損益を通じて公正価値で測定するものでは
       ない金融資産については、その金融資産の取得のために直接要した取引費用を当初測定金額に含めています。
       a  償却原価で測定する金融資産

         金融資産は、以下の要件を満たす場合に償却原価で測定する金融資産に分類しています。
         ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融資産を保有することを目的とする事業モデルに基づい
          て保有されている。
         ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが所定
          の日に生じる。
         当初認識後の測定は、実効金利法による償却原価で行っています。
         償却原価で測定する金融資産に係る予想信用損失に対する損失評価引当金を認識しています。
         当社グループは、期末日ごとに、金融資産の信用リスクを期末日現在と当初認識日現在で比較し、金融資産
        に係る信用リスクの著しい増加の有無を評価しています。
         金融資産に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増加している場合には、当該金融資産に係る損失評価引
        当金を全期間の予想信用損失に等しい金額で測定し、著しく増加していない場合には、12ヶ月の予想信用損失
        に等しい金額で測定しています。なお、上記にかかわらず、重大な金融要素を含んでいない営業債権及び契約
        資産については、損失評価引当金を全期間の予想信用損失に等しい金額で測定しています。金融資産に係る損
        失評価引当金の繰入額は、純損益で認識しています。損失評価引当金を減額する事象が発生した場合は、損失
        評価引当金の戻入額を純損益で認識しています。
       b  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

         当社グループは、当初認識時に、資本性金融商品のうち売買目的で保有するもの以外のものについて、原則
        としてその公正価値の変動をその他の包括利益に認識することを選択しています。その他の包括利益を通じて
        認識することを選択する場合には、その指定を行い、取消不能なものとして継続的に適用しています。当初認
        識後の測定は、その他の包括利益を通じて公正価値で行っています。
         当該金融資産を売却する場合には、認識されていた累積利得又は損失は、売却時にその他の包括利益から利
        益剰余金に振り替えています。当該金融資産からの配当金については純損益として認識しています。
       c  純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

         当社グループは、償却原価で測定する金融資産又はその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
        以外の金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類しています。当初認識後の測定は、純
        損益を通じて公正価値で行っています。
         当社グループは、キャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅したか、譲渡されたか、又は実質的に所
        有に伴うすべてのリスクと経済価値が移転した場合に金融資産の認識を中止しています。
      ②  非デリバティブ金融負債

        当社グループは、発行する負債証券をその発行日に当初認識しています。その他の金融負債はすべて、当社グ
       ループが当該金融商品の契約の当事者になる取引日に認識しています。
        当社グループの非デリバティブ金融負債は社債、借入金等で、すべて償却原価で測定する金融負債に分類して
       います。償却原価で測定する金融負債は、公正価値に直接取引費用を加味して当初測定しています。当初認識後
       は、実効金利法を用いた償却原価により測定しています。
        当社グループは、契約上の義務が免責、取消し又は失効となった場合に金融負債の認識を中止しています。
                                 68/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ③  デリバティブ金融商品
        当社グループは、為替及び金利の変動リスクを回避、軽減する目的等でデリバティブ金融商品を保有していま
       す。
        デリバティブは公正価値で当初認識し、関連する取引費用は発生時に純損益として認識しています。当初認識
       後は純損益を通じて公正価値で測定しています。
     (7)  有形固定資産

      ①  認識及び測定
        有形固定資産は、原価モデルを適用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した額で測定
       しています。
        取得原価には資産の取得に直接関連する以下の費用が含まれています。
        ・資産の製造により直接生じる従業員給付及び組立、据付等の費用
        ・資産の撤去及び除去の義務を負う場合、その解体及び除去費用の見積り
        ・資産計上された借入費用
      ②  減価償却

        有形固定資産は各構成要素の見積耐用年数にわたり、定額法に基づいて減価償却しています。
        減価償却費は償却可能価額をもとに算定しています。償却可能価額は、資産の取得価額から残存価額を差し引
       いて算出しています。
        見積耐用年数は以下のとおりです。
         建物及び構築物            3  ~
                       50  年
                    4  ~
         機械装置及び運搬具             17  年
                    2  ~
         工具、器具及び備品             20  年
        減価償却方法、耐用年数及び残存価額は、毎期末日に見直しを行い、必要に応じて改定しています。
     (8)  のれん及び無形資産

      ①  のれん
        当初認識時点における測定は、「(2)                 企業結合」に記載しています。
        当初認識後、のれんの取得原価から、減損損失累計額を控除して表示しています。のれんは償却を行わず、毎
       年又は減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テストを実施しています。なお、のれんに関連する減損損
       失は戻入れません。
      ②  研究開発費

        新規の科学的又は技術的な知識及び理解を得る目的で実施される研究活動に関する支出は、発生時に純損益と
       して認識しています。
      ③  その他の無形資産

        その他の無形資産は、原価モデルを適用し、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した額で測定
       しています。
        また、企業結合において、のれんと区分して識別した無形資産は、取得日の公正価値をもって取得原価として
       測定しています。
        当該資産が使用可能な状態になった日から見積耐用年数にわたり、定額法に基づいて償却しています。
        償却費は償却可能価額をもとに算定しています。償却可能価額は、資産の取得価額から残存価額を差し引いて
       算出しています。
        見積耐用年数は以下のとおりです。
                    3  ~
         ソフトウェア             5  年
                    4  ~
         顧客関連資産             8  年
                    7  ~
         技術資産             20  年
                    8  ~
         その他             20  年
                                 69/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
        償却方法、耐用年数及び残存価額は、毎期末日に見直しを行い、必要に応じて改定しています。
        なお、耐用年数を確定できない無形資産については、取得原価から減損損失累計額を控除して表示していま
       す。また、償却は行わず、毎年又は減損の兆候が存在する場合にはその都度、減損テストを実施しています。
     (9)  リース

        ①  リース負債
          リース負債は、リースの開始日より認識し、支払われていないリース料の現在価値で測定しています。割
         引率は、リースの計算利子率又は計算利子率を容易に算定できない場合には当社グループの追加借入利子率
         を用いています。開始日後は、リース負債に係る金利やリース料の支払いにより増減します。
        ②  使用権資産

          使用権資産は、リースの開始日よりリース負債の当初測定額に、当初直接コスト、前払リース料等を調整
         した取得原価で測定しています。開始日後においては、原価モデルを適用して、減価償却累計額及び減損損
         失累計額を控除した額で測定しています。リースの開始日から使用権資産の耐用年数又はリース期間の終了
         時のいずれか短い期間にわたり定額法にて償却しています。
        また、短期リース及び原資産が少額であるリースについては、認識の免除を適用し、使用権資産及びリース負

       債を認識せず、リース期間にわたり定額法により費用として認識しています。
     (10)   投資不動産

        投資不動産とは、賃料収入又はキャピタル・ゲイン、もしくはその両方を得ることを目的として保有する不動
       産です。投資不動産の測定及び減価償却方法は、有形固定資産に準じています。なお、投資不動産の見積耐用年
       数は8~40年です。
        減価償却方法、耐用年数及び残存価額は、毎期末日に見直しを行い、必要に応じて改定しています。
     (11)   非金融資産の減損

        棚卸資産、繰延税金資産及び退職給付に係る資産を除く、当社グループの非金融資産の帳簿価額は、期末日ご
       とに減損の兆候の有無を判断しています。減損の兆候が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積ってい
       ます。
        資産又は資金生成単位の回収可能価額は、使用価値と売却費用控除後の公正価値のうちいずれか大きい金額と
       しています。使用価値の算定において、見積り将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価値及び当該資産に固
       有のリスクを反映した税引前の割引率を用いて現在価値に割引いています。
        減損損失は、資産又は資金生成単位の帳簿価額が回収可能価額を超過する場合に認識します。
        過去に認識した減損損失は、各期末日において、損失の減少又は消滅を示す兆候の有無を評価しています。回
       収可能価額の決定に使用した見積りが変化した場合は、減損損失を戻入れます。戻入れる金額は、減損損失を認
       識しなかった場合の減価償却費控除後の帳簿価額を超えない金額を上限としています。
        なお、のれんに関連する減損損失の取り扱いは、「(8)                          のれん及び無形資産 ①            のれん」に、耐用年数を確
       定できない無形資産に関連する減損損失の取り扱いは、「(8)                             のれん及び無形資産            ③その他無形資産」に記
       載しています。
     (12)   従業員給付

      ① 退職後給付
         当社グループは、従業員の退職後給付制度として、退職一時金及び年金制度を設けています。これらの制度
        は確定拠出制度と確定給付制度に分類されます。
       a  確定拠出制度

         確定拠出制度の退職後給付に係る費用は、従業員がサービスを提供した期間に、費用として認識していま
        す。
       b  確定給付制度

         確定給付制度債務の現在価値及び関連する当期勤務費用並びに過去勤務費用は、予測単位積増方式を用いて
                                 70/146


                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
        個々の制度ごとに算定しています。割引率は、将来の給付支払までの見込期間を基に割引期間を設定し、割引
        期間に対応した期末日時点の優良社債の市場利回りを参照して決定しています。確定給付制度に係る負債又は
        資 産は、確定給付制度債務の現在価値から、制度資産の公正価値を控除して算定しています。確定給付資産又
        は負債の純額の再測定は、発生した期に一括してその他の包括利益で認識し、利益剰余金へ振り替えていま
        す。
      ②  短期従業員給付

        短期従業員給付については、割引計算は行わず、関連するサービスが提供された時点で費用として計上してい
       ます。
        賞与については、当社グループが、従業員から過去に提供された労働の結果として支払うべき現在の法的及び
       推定的債務を負っており、かつその金額を信頼性をもって見積ることができる場合にそれらの制度に基づいて支
       払われると見積られる額を負債として認識しています。
     (13)   引当金及び偶発負債

        引当金は、過去の事象の結果として、当社グループが、合理的に見積り可能である法的又は推定的債務を負っ
       ており、当該債務を決済するために経済的資源の流出が生じる可能性が高い場合に認識しています。引当金は、
       貨幣の時間的価値が重要な場合には、見積り将来キャッシュ・フローを貨幣の時間的価値及び当該負債に特有の
       リスクを反映した税引前の割引率を用いて現在価値に割り引いています。時の経過に伴う割引額の割戻しは金融
       費用として認識しています。
        製品保証引当金は、製品の引渡後に発生する補修費用等の支出に備えるため、当該費用の発生額を見積って計
       上しています。
        受注損失引当金は、受注契約に係る将来損失に備えるため、期末日現在における受注契約に係る損失見込額を
       個別に見積って計上しています。
        期末日現在において発生可能性のある債務を有し、それが期末日現在の債務であるか否か確認ができないも
       の、又は引当金の認識基準を満たさないものがある場合は、偶発負債として注記しています。
     (14)   株主資本

      ①  普通株式
        普通株式は資本として分類しています。普通株式及びストックオプションの発行に直接関連する追加費用は、
       税効果考慮後の金額を資本の控除項目として認識しています。
      ②  自己株式

        自己株式を取得した場合は、税効果考慮後の直接取引費用を含む支払対価を、資本の控除項目として認識して
       います。自己株式を処分した場合、受取対価と自己株式の帳簿価額の差額は、資本として認識しています。
      ③  株式報酬取引

       a  ストックオプション制度
         当社は、2017年3月まで当社の取締役及び執行役員(社外取締役を除く。以下、「取締役等」という。)に対
        して、当社株式を購入する権利を行使できる株式報酬型ストックオプション制度を導入しています。当制度で
        はストックオプションは株式に基づく報酬の付与日に権利が確定することから、付与日における公正価値で見
        積り、付与日において、一括で費用として認識し、同額を資本として認識しています。付与されたオプション
        の公正価値は、オプションの諸条件を考慮し、ブラック・ショールズ・モデルにより算定しています。当制度
        は2017年3月で廃止(ただし、取締役等に対しすでに付与した株式報酬型ストックオプションとしての新株予約
        権のうち未行使のものは今後も存続)しています。
                                 71/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
       b  株式給付信託制度(持分決済型)
         当社は、2017年5月より当社の取締役等に対して、信託を通じて自社の株式等を交付する株式報酬制度を導
        入しています。株式報酬は受領した役務及びそれに対応する資本の増加を付与日における(資本性金融商品の)
        公正価値で測定し、権利確定期間にわたって費用として計上され、同額を資本の増加として認識しています。
     (15)   収益

        当社グループは、下記の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しています。
         ステップ1:顧客との契約を識別する

         ステップ2:契約における履行義務を識別する
         ステップ3:取引価格を算定する
         ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
         ステップ5:企業が履行義務の充足時に収益を認識する
      ①  一時点で充足される履行義務

        当社グループは、産業用ロボット部品、建設機械用機器、鉄道車両用ブレーキ装置・自動扉装置、航空機部
       品、自動車用ブレーキ装置・駆動制御装置、舶用制御装置、建物及び一般産業用自動扉装置、プラットホーム安
       全設備等の製造販売を主な事業としています。これらの製品の販売については、多くの場合、製品の引渡時点に
       おいて顧客が当該製品に対する支配を獲得し、履行義務が充足されると判断していることから、主として当該製
       品の引渡時点で収益を認識しています。また、収益は顧客との契約において約束された対価から値引き、割戻及
       び返品等を控除した金額で測定しています。
      ②  一定期間にわたり充足される履行義務

        当社グループは、次の要件のいずれかに該当する場合は、製品又は役務に対する支配が一定期間にわたり移転
       するため、一定期間にわたり履行義務を充足し収益を認識しています。
        a  顧客が履行によって提供される便益を、履行するにつれて同時に受け取って消費する。

        b  履行が、資産を創出するか又は増価させ、顧客が当該資産の創出又は増価について支配する。
        c  履行が、他に転用できる資産を創出せず、かつ現在までに完了した履行に対する支払を受ける強制可能な
          権利を有している。
        当社グループにおいて、一定期間にわたり充足される履行義務に関する収益としては、プラットホーム安全設

       備等の履行義務があります。プラットホーム安全設備等の収益は進捗度を見積り認識しています。進捗度は、見
       積原価総額に対する実際原価の割合で算出しています(インプット法)。
     (16)   金融収益及び金融費用

        金融収益は、受取利息、受取配当金、為替差益、デリバティブ利益等から構成されています。受取利息は、実
       効金利法を用いて発生時に認識しています。受取配当金は、当社グループの受領権が確定した時点で認識してい
       ます。
        金融費用は、支払利息、為替差損、デリバティブ損失等から構成されています。
     (17)   法人所得税

        法人所得税は、当期税金と繰延税金から構成されています。これらは、その他の包括利益で認識される項目、
       資本に直接認識される項目及び企業結合によって認識される項目を除き、純損益で認識しています。
        当期税金は、当期の課税所得に、期末日時点において施行又は実質的に施行される税率を乗じて算定していま
       す。
        繰延税金は、資産及び負債の財務諸表上の帳簿価額と税務上の金額との一時差異について認識しています。繰
       延税金資産は、将来減算一時差異、未使用の繰越税額控除及び繰越欠損金について、それらを回収できる課税所
       得が生じると見込まれる範囲において認識し、繰延税金負債は、原則として、将来加算一時差異について認識し
       ています。
        なお、以下の場合には、繰延税金資産又は負債を計上していません。
        ・企業結合以外の取引で、かつ会計上の利益又は税務上の課税所得のいずれにも影響を及ぼさない取引におけ
                                 72/146

                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
         る資産又は負債の当初認識
        ・予測可能な将来にその差異が解消されない可能性が高い場合の子会社及び共同支配に対する投資に係る差異
        ・のれんの当初認識において生じる将来加算一時差異
        繰延税金は、期末日に施行又は実質的に施行される法律に基づいて一時差異が解消される時に適用されると予
       測される税率を用いて測定しています。
        繰延税金資産・負債は、当期税金資産・負債を相殺する法律上強制力のある権利を有しており、かつ法人所得
       税が同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合に相殺しています。
     (18)   1株当たり当期利益

        基本的1株当たり当期利益は、当社の普通株主に帰属する当期利益を、その期間の自己株式を調整した発行済
       普通株式の加重平均株式数で除して算定しています。希薄化後1株当たり当期利益は、すべての希薄化効果のあ
       る潜在的普通株式による影響を調整して算定しています。当社の潜在的普通株式には、ストックオプションがあ
       ります。
                                 73/146
















                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    4.重要な会計上の判断、見積り及び仮定
       IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報
      告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を設定することが義務付けられています。
       なお、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当連結会計年度においては多くの事業分野で世界的な経済活動の
      停滞の影響を受けました。翌連結会計年度においては、トランスポートソリューションセグメント事業にて引続き
      新型コロナウイルスによる世界的な移動制限等の影響を受け、需要減少が継続する見込みです。現時点では、新型
      コロナウイルス感染拡大の収束時期は不透明な状況にありますが、2021年度以降緩やかに回復に向かうものと仮定
      しています。
       実際の結果はこれらの見積りとは異なる場合があります。
       見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの変更は、見積りが変更された会計期
      間及び影響を受ける将来の会計期間において認識されます。
       主な会計上の判断、見積り及び仮定は以下のとおりです。
     (1)  棚卸資産の評価

        当社グループでは、棚卸資産について注記「3.重要な会計方針」に従って、正味実現可能価額の算定におい
       て完成までに要する原価及び販売費用について仮定を設定しています。
        これらの仮定については、経営者の最善の見積りと判断により決定していますが、将来の不確実な経済条件の
       変動結果によって影響を受ける可能性があり、見直しが必要となった場合、連結財務諸表に重要な影響を与える
       可能性があります。
        棚卸資産の評価減の金額は注記「8.棚卸資産」に記載のとおりです。
     (2)  非金融資産の減損テストにおける割引キャッシュ・フロー予測の計算に用いた重要な仮定

        当社グループでは、有形固定資産、無形資産及びのれんについて注記「3.重要な会計方針」に従って減損テ
       ストを実施しています。減損テストにおける回収可能価額の算定において、将来のキャッシュ・フロー、割引率
       等について仮定を設定しています。
        これらの仮定については、経営者の最善の見積りと判断により決定していますが、将来の不確実な経済条件の
       変動結果によって影響を受ける可能性があり、見直しが必要となった場合、連結財務諸表に重要な影響を与える
       可能性があります。
        のれんの減損テストについては注記「10.のれん及び無形資産」、のれんを含む非金融資産の減損については
       注記「11.非金融資産の減損」に記載のとおりです。
     (3)  引当金及び偶発負債

        当社グループは、製品保証引当金等の引当金を連結財政状態計算書に計上しています。これらの引当金は、期
       末日における債務に関するリスク及び不確実性を考慮に入れた、債務の決済に要する支出の最善の見積りに基づ
       いて計上しています。
        債務の決済に要する支出額は、将来の起こりうる結果を総合的に勘案して算定していますが、予想しえない事
       象の発生や状況の変化によって影響を受ける可能性があり、実際の支払額が見積りと異なった場合、翌年度以降
       の連結財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
        また、偶発負債がある場合は、期末日におけるすべての利用可能な証拠を勘案し、その発生可能性及び金額的
       影響を考慮した上で開示しています。
        引当金の内容及び帳簿価額については注記「16.引当金」、偶発負債については注記「32.                                           偶発負債」に記載
       のとおりです。
                                 74/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (4)  確定給付制度債務の測定
        当社グループは、確定給付型を含む様々な退職給付制度を有しています。これらの各制度に係る確定給付制度
       債務の現在価値及び関連する勤務費用等は、割引率や死亡率等の数理計算上の仮定に基づいて算定されていま
       す。数理計算上の仮定は、経営者の最善の見積りと判断により決定していますが、将来の不確実な経済条件の変
       動の結果によって影響を受ける可能性があり、見直しが必要となった場合、連結財務諸表に重要な影響を与える
       可能性があります。
        確定給付制度債務及び制度資産の金額、使用された仮定に関する詳細については、注記「18.従業員給付」に
       記載のとおりです。
     (5)  法人所得税

        当社グループは、複数の租税区域の法人所得税の影響を受けます。世界各地における法人所得税の見積額を決
       定する際には、重要な判断が必要です。取引及び計算方法によっては、最終的な税額に不確実性を含むものも多
       くあります。当社グループは追加徴収の見積りが求められる場合は、予想される税務調査上の問題について負債
       を認識しています。これらの問題に係る最終税額が当初に認識した金額と異なる場合、連結財務諸表に重要な影
       響を与える可能性があります。
        また、繰延税金資産は、将来減算一時差異を利用できる課税所得が生じる可能性が高い範囲内で認識していま
       す。繰延税金資産の認識に際しては、課税所得が生じる可能性の判断において、将来獲得しうる課税所得の時期
       及び金額を合理的に見積り、金額を算定しています。
        課税所得が生じる時期及び金額は、将来の不確実な経済条件の変動によって影響を受ける可能性があり、実際
       に生じた時期及び金額が見積りと異なった場合、翌年度以降の連結財務諸表において認識する金額に重要な影響
       を与える可能性があります。
        繰延税金資産の主な原因別の内訳については、注記「19.法人所得税」に記載のとおりです。
     (6)  金融商品の評価

        当社グループは、特定の金融商品の公正価値の評価をする際に、市場で観察可能ではないインプットを利用す
       る評価技法を用いて行っています。観察可能ではないインプットは、将来の不確実な経済条件の変動等により影
       響を受けます。当インプットの見直しが必要となった場合、連結財務諸表に重要な影響を与える可能性がありま
       す。
        特定の金融商品の公正価値の評価については、注記「20.金融商品」に記載のとおりです。
     (7)  企業結合により取得した資産及び引き受けた負債の公正価値

        企業結合により取得した資産及び引き受けた負債は、当初取得日の公正価値で測定されます。公正価値の算定
       の基礎となる将来キャッシュ・フローには、貨幣の時間価値及び当該資産の固有リスク等を割引率として反映し
       ています。また、当公正価値の算定は経営者による最善の見積りにより行っていますが、将来の不確実な経済条
       件の変動によって影響を受ける可能性があります。これによって、無形資産及びのれんの評価額に重要な影響を
       生じさせるリスクがあります。
        取得した資産及び引き受けた負債の公正価値については注記「28.企業結合」に記載のとおりです。
     (8)  子会社の範囲

        当社グループは、保有する議決権が50%以下の特定の企業について、実質的に支配していると判断しているこ
       とから、子会社と判断しています。
        特定の企業については、注記「29.                子会社」に記載のとおりです。
     (9)  持分法で会計処理されている投資の範囲

        当社グループは、保有する議決権が20%未満の特定の企業に対する投資について、重要な影響力を有している
       と判断していることから、持分法を適用しています。
        特定の企業に対する投資については、注記「14.                       持分法で会計処理されている投資」に記載のとおりです。
                                 75/146



                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    5.事業セグメント
     (1)  報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
       締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
        当社グループは、ビジネスモデルの類似性に基づき、事業セグメントを集約した上で、「コンポーネントソ
       リューション事業」、「トランスポートソリューション事業」、「アクセシビリティソリューション事業」の3
       報告セグメントに区分しています。
        各報告セグメントの区分に属する主な事業内容は以下のとおりです。
            事業区分                        主な事業内容

        コンポーネント

                     産業用ロボット部品、建設機械用機器等及びこれらの部品の設計、製造、販
                     売、保守、修理
        ソリューション事業
                     鉄道車両用ブレーキ装置・自動扉装置、航空機部品、自動車用ブレーキ装
        トランスポート
                     置・駆動制御装置、舶用制御装置等及びこれらの部品の設計、製造、販売、
        ソリューション事業
                     保守、修理
        アクセシビリティ
                     建物及び一般産業用自動扉装置、プラットホーム安全設備等及びこれらの部
                     品の設計、製造、販売、据付、保守、修理
        ソリューション事業
                                 76/146














                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (2)  報告セグメントに関する情報
        報告セグメントの会計方針は、注記「3.重要な会計方針」で記載している当社グループの会計方針と同じで
       す。
        セグメント間の内部売上高及び振替高は市場実勢価格に基づいています。
      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                      連結財務
                                      その他      合計     調整額
                 コンポー     トランス     アクセシ
                                                     諸表計上額
                                  計
                 ネント     ポート     ビリティ
    売上高
     外部売上高            107,188      83,994     79,971     271,153      18,654     289,808        -   289,808
     セグメント間売上高             2,668     1,396       7   4,070      289    4,359    △ 4,359       -
    売上高合計             109,856      85,389     79,978     275,223      18,943     294,167     △ 4,359     289,808
    セグメント利益
                  15,897      5,778     8,565     30,239      2,551     32,790     △ 7,470     25,320
    (営業利益)
    金融収益                              -                       766
    金融費用                              -                      △ 971
    持分法による投資利益                              -                      2,864
    税引前当期利益                              -                     27,979
    その他の項目
     減価償却費及び償却費             4,409     4,688     2,217     11,314       422    11,736      1,357     13,093
     減損損失               -    1,268       -    1,268       -    1,268       -    1,268
     セグメント資産            106,910      82,304     81,544     270,758      16,981     287,739      56,819     344,558
     有形固定資産及び
                  8,882     4,520     1,320     14,723       348    15,071      1,575     16,646
     無形資産の増加額
    (注)   1  「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、包装機械、立体モデル作成装置、
         工作機械等及びこれらの部品の設計、製造販売、保守、修理を行う事業で構成されています。
       2 売上高の調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
       3 セグメント利益(営業利益)の調整額は、各セグメントに配賦されない全社損益等です。
       4   減価償却費及び償却費の調整額は、各セグメントに配賦されない全社資産に係る減価償却費及び償却費で
         す。
       5 セグメント資産の調整額には、各セグメントに配賦されない全社資産                                  56,819百万円      が含まれており、その主
         なものは、当社における余資運用資金(現金及び現金同等物)、長期投資資金(投資有価証券等)です。
       6   有形固定資産及び無形資産の増加額の調整額は、各セグメントに配賦されない全社資産の設備投資額です。
                                 77/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )
                                                   (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                                      連結財務
                                      その他      合計     調整額
                 コンポー     トランス     アクセシ
                                                     諸表計上額
                                  計
                 ネント     ポート     ビリティ
    売上高
     外部売上高            109,855      78,090     73,665     261,610      17,747     279,358        -   279,358
     セグメント間売上高             2,014     1,110       9   3,133      266    3,399    △ 3,399       -
    売上高合計             111,869      79,200     73,675     264,743      18,014     282,757     △ 3,399     279,358
    セグメント利益
                  17,673      3,338     7,733     28,744      2,329     31,073     △ 2,540     28,533
    (営業利益)
    金融収益                              -                      2,291
    金融費用                              -                      △ 573
    持分法による投資利益                              -                      3,467
    税引前当期利益                              -                     33,718
    その他の項目
     減価償却費及び償却費             4,771     4,757     2,160     11,688       441    12,129      1,601     13,730
     減損損失               -    3,885       -    3,885       -    3,885       -    3,885
     セグメント資産            120,468      74,493     83,270     278,232      16,813     295,045      56,678     351,723
     有形固定資産及び
                  9,470     2,697     1,178     13,345       279    13,624      1,434     15,059
     無形資産の増加額
    (注)   1  「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、包装機械、立体モデル作成装置、
         工作機械等及びこれらの部品の設計、製造販売、保守、修理を行う事業で構成されています。
       2 売上高の調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
       3 セグメント利益(営業利益)の調整額は、各セグメントに配賦されない全社損益等です。
       4   減価償却費及び償却費の調整額は、各セグメントに配賦されない全社資産に係る減価償却費及び償却費で
         す。
       5 セグメント資産の調整額には、各セグメントに配賦されない全社資産                                  56,678百万円      が含まれており、その主
         なものは、当社における余資運用資金(現金及び現金同等物)、長期投資資金(投資有価証券等)です。
       6   有形固定資産及び無形資産の増加額の調整額は、各セグメントに配賦されない全社資産の設備投資額です。
     (3)  主要な製品及び役務からの収益

        「(1)   報告セグメントの概要」、「(2)                報告セグメントに関する情報」、及び注記「22.                       顧客との契約から生
       じる収益」に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
                                 78/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (4)  地域別情報
       売上高
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
    日本                                   163,626              155,159
    中国                                   45,273              52,868
    その他アジア                                   16,892              15,300
    北米                                   21,985              16,374
    ヨーロッパ                                   39,922              37,655
    その他地域                                    2,109              2,002
                合計                       289,808              279,358
    (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しています。
       非流動資産

                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
    日本                                   97,163             101,659
    中国                                    7,893              7,306
    その他アジア                                    1,868              1,886
    北米                                    1,282              1,079
    ヨーロッパ                                   11,657              6,828
                合計                       119,863              118,757
    (注)   非流動資産は資産の所在地によっています。また、金融資産、繰延税金資産、退職後給付資産等を含んでい
       ません。
     (5)  主要な顧客に関する情報

        特定の顧客の売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないため、主要な顧客に関する情報の記載を省略
       しています。
                                 79/146









                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    6.現金及び現金同等物
       現金及び現金同等物の内訳は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
      現金及び預金                                   42,686              45,666
      取得日から3ヶ月以内に
                                         16,000              18,999
      償還期限の到来する短期投資
                 合計                        58,686              64,665
      (注)   連結財政状態計算書における「現金及び現金同等物」の残高と連結キャッシュ・フロー計算書における「現
         金及び現金同等物」の残高は一致しています。
    7.営業債権及びその他の債権

     (1)  営業債権
        営業債権の内訳は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
      売掛金                                   59,673              65,789
      受取手形                                   10,003              9,462
      損失評価引当金                                   △501              △619
                 合計                        69,175              74,632
     (2)  その他の債権

        その他の債権の内訳は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
      未収入金                                   1,300              1,114
                 合計                        1,300              1,114
    8.棚卸資産

       棚卸資産の内訳は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
      製品及び商品                                   9,165              8,563
      仕掛品                                   16,838              13,483
      原材料及び貯蔵品                                   15,255              14,459
                 合計                        41,257              36,505
      (注)   売上原価に計上された棚卸資産の評価減の金額は、前連結会計年度において、291百万円です。当連結会計年
         度において、85百万円です。なお、前連結会計年度及び当連結会計年度において、重要な評価減の戻入はあ
         りません。
                                 80/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    9.有形固定資産
     (1)  帳簿価額の調整表
                                                   (単位:百万円)
                 建物及び       機械装置       工具、器具
                                       土地      建設仮勘定         合計
                 構築物      及び運搬具        及び備品
    2019年1月1日       残高       24,497       28,240        5,057       14,558        8,221       80,573
    取得                 -       -       -       57     15,169       15,226
    減価償却費      (注)1
                  △1,953       △4,762       △2,272          -       -     △8,986
    振替   (注)2
                   4,680       6,587       2,605      △2,493       △10,014         1,365
    処分               △115       △447        △29        -       -      △591
    在外営業活動体の
                    △73       △204       △135         22      △115       △505
    換算差額
    2019年12月31日       残高       27,036       29,415        5,225       12,145       13,261       87,083
    取得                 -       -       -      5,749       7,808       13,557
    減価償却費      (注)1
                  △2,097       △5,105       △2,281          -       -     △9,484
    減損損失     (注)3
                    △46      △1,303         △14       △20       △15      △1,398
    振替               5,991       3,336       2,137         -    △11,464          -
    処分                △24       △97       △75       △42        -      △238
    在外営業活動体の
                     46      △26        17      △20       △13         3
    換算差額
    2020年12月31日       残高       30,905       26,219        5,009       17,811        9,578       89,522
    (注)1    有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含まれていま
        す。
      2  投資不動産からの勘定振替1,365百万円が含まれています。
      3  有形固定資産の減損損失は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含まれています。
     (2)  取得原価

                                                   (単位:百万円)
                 建物及び       機械装置       工具、器具
                                       土地      建設仮勘定         合計
                 構築物      及び運搬具        及び備品
    2019年1月1日       残高       56,703       84,688       30,110       14,558        8,221      194,281
    2019年12月31日       残高       59,563       87,845       30,515       12,145       13,261       203,328
    2020年12月31日       残高       65,289       87,994       30,417       17,811        9,578      211,089
     (3)  減価償却累計額及び減損損失累計額

                                                   (単位:百万円)
                 建物及び       機械装置       工具、器具
                                       土地      建設仮勘定         合計
                 構築物      及び運搬具        及び備品
    2019年1月1日       残高       32,207       56,448       25,053         -       -     113,708
    2019年12月31日       残高       32,527       58,430       25,289         -       -     116,246
    2020年12月31日       残高       34,384       61,775       25,408         -       -     121,567
                                 81/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    10.のれん及び無形資産
     (1)  帳簿価額の調整表
                                                (単位:百万円)
                 のれん     ソフトウェア       顧客関連資産        技術資産       その他       合計
    2019年1月1日       残高      15,512       2,267       1,820        386       604     20,588

    取得                -     1,076        -       -       86     1,162
    企業結合による取得                -       -      258       -       -      258
    償却費    (注)2
                    -     △917       △361       △24      △174      △1,476
    減損損失     (注)3
                 △1,268         -       -       -       -    △1,268
    在外営業活動体の
                   △83       214      △82       △15       △9       25
    換算差額
    2019年12月31日       残高      14,161       2,639       1,635        347       507     19,288
    取得                -     1,481        -       -       21     1,502
    償却費    (注)2
                    -     △948       △316       △29      △143      △1,436
    減損損失     (注)4
                    -      △0     △1,031         -     △253      △1,285
    在外営業活動体の
                   497      △45        6      15       21      494
    換算差額
    2020年12月31日       残高      14,658       3,126        293       333       153     18,562
    (注)1    耐用年数を確定できない重要な無形資産はありません。
      2  無形資産の償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含まれています。
      3  のれんの減損損失は、連結損益計算書の「その他の費用」に含まれています。
      4  ソフトウェア、顧客関連資産、及びその他の無形資産の減損損失は、連結損益計算書の「売上原価」及
        び「販売費及び一般管理費」に含まれています。
     (2)  取得原価

                                               (単位:百万円)
                 のれん     ソフトウェア       顧客関連資産        技術資産       その他       合計
    2019年1月1日       残高       24,621       7,017       2,478        434      1,446      35,996

    2019年12月31日       残高       24,357       7,915       2,654        419      1,446      36,791
    2020年12月31日       残高       25,246       7,369       2,751        434      1,438      37,237
     (3)  償却累計額及び減損損失累計額

                                               (単位:百万円)
                 のれん     ソフトウェア       顧客関連資産        技術資産       その他       合計
    2019年1月1日       残高       9,109       4,751        658       49      842     15,408

    2019年12月31日       残高       10,196       5,276       1,019        73      939     17,503
    2020年12月31日       残高       10,588       4,243       2,457        102      1,285      18,675
                                 82/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (4)  減損テスト
        各資金生成単位に配分されたのれんの帳簿価額は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
        報告セグメント             資金生成単位
                                 ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
                  パワーコントロール
        コンポーネント                                 2,582             2,582
                  カンパニー
        アクセシビリティ           Gilgenグループ                       11,579             12,076
                 合計                       14,161             14,658

        当社グループでは、のれんについて注記「3.重要な会計方針」に従って減損テストを実施しています。のれ

       んは償却を行わず、減損の兆候がある時又は減損の兆候の有無に関わらず毎期一回減損テストを実施し、のれん
       を含む各資金生成単位グループの帳簿価額と回収可能価額を比較し、回収可能価額まで減損損失を認識していま
       す。
        回収可能価額は使用価値により測定しています。使用価値は、経営者によって承認された事業計画を基礎とし
       たキャッシュ・フローの見積額を現在価値に割り引いています。事業計画は4年を限度としており、業界の将来
       の趨勢に関するマネジメントの評価と過去のデータを反映したものであり、外部情報及び内部情報に基づき作成
       しています。また、事業計画最終年度以後の成長率はゼロ、又は資金生成単位が属する市場の長期平均成長率と
       しています。
        前連結会計年度末において、資金生成単位の税引前加重平均資本コスト(7.4%~15.0%)により現在価値に割り
       引いてのれん減損テストを行った結果、一部ののれんについて減損損失を認識しています。当該減損損失につい
       ては、注記「11.        非金融資産の減損」に記載しています。また、減損テストに用いた主要な仮定が変更された場
       合に減損が発生するリスクがあります。仮に税引前加重平均資本コストが0.4%上昇した場合、減損損失が発生す
       る可能性があります。
        当連結会計年度末において、資金生成単位の税引前加重平均資本コスト(7.9%~8.7%)により現在価値に割り
       引いてのれん減損テストを行った結果、減損損失を認識していません。また、減損テストに用いた主要な仮定が
       変更された場合に減損が発生するリスクがあります。仮に税引前加重平均資本コストが1.4%上昇した場合、減損
       損失が発生する可能性があります。
                                 83/146










                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    11.非金融資産の減損
      前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

                                                  (単位:百万円)

          報告セグメント                  資産の種類                 減損損失の金額
          トランスポート            のれん                                1,268

       前連結会計年度において、当社の連結子会社であるOVALO                           GmbHに係る資金生成単位に配分されたのれんについて

      減損テストを実施したところ、回収可能価額が帳簿価額を下回ったことから、当該のれんに係る減損損失を認識し
      ています。
       当該減損損失は、連結損益計算書の「その他の費用」に含まれています。当該減損損失は、トランスポートソ
      リューション事業において認識しています。回収可能価額は使用価値により測定しています(税引前の割引率:
      15.0%)。
      当連結会計年度(自           2020年1月1日        至    2020年12月31日       )

                                                  (単位:百万円)

          報告セグメント                  資産の種類                 減損損失の金額
                      機械装置及び運搬具                                1,303

                      その他(有形固定資産)                                  95
                      顧客関連資産                                1,031
          トランスポート
                      その他(無形資産)                                 253
                      使用権資産                                1,203
                      合計                                3,885
       当連結会計年度における非金融資産の減損につきまして、主な内容は以下のとおりです。

       当連結会計年度末時点の事業計画に基づき、各資金生成単位グループについて減損テストを実施したところ、収
      益見込みの低下等に伴い、回収可能価額が帳簿価額を下回ったことから、当社の連結子会社であるOVALO                                                 GmbHにお
      いて3,421百万円(有形固定資産               943百万円、無形資産          1,284百万円、使用権資産            1,194百万円)の減損損失を認識し
      ています。
       当該減損損失は、連結損益計算書の「売上原価」、「販売費及び一般管理費」に含まれており、トランスポート
      ソリューション事業において認識しています。回収可能価額は使用価値により測定しています(税引前の割引率:
      13.6%)。
                                 84/146







                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    12.リース
     (1)  使用権資産の残高及び損益の内訳
        使用権資産の残高及び損益の内訳は以下のとおりです。
        なお、当社グループは、リースの原資産を主として事業活動に使用しています。
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
        使用権資産残高の内訳
                                  ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
         建物及び構築物を原資産とするもの                                7,166             5,868
         機械装置及び運搬具を原資産とするもの                                1,129             1,013
         工具、器具及び備品を原資産とするもの                                 106              78
         土地を原資産とするもの                                 603             598
                   合計                       9,004             7,558
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自  2019年1月1日           (自  2020年1月1日
                                  至  2019年12月31日       )     至  2020年12月31日       )
        使用権資産の減価償却費
         建物及び構築物を原資産とするもの                                2,085             2,250
         機械装置及び運搬具を原資産とするもの                                 391             437
         工具、器具及び備品を原資産とするもの                                  43             40
         土地を原資産とするもの                                  22             25
                減価償却費      計
                                          2,541             2,751
        使用権資産の減損損失
         建物及び構築物を原資産とするもの                                  -            1,194
         機械装置及び運搬具を原資産とするもの                                  -              9
                 減損損失     計
                                           -            1,203
        リース負債に係る支払利息                                   86             78
        短期リースの免除規定によるリース費用                                  480             587
        少額資産のリースの免除規定によるリース費用                                 1,026             1,090
        リースに係るキャッシュ・アウトフローの合計                                 3,983             4,224
        使用権資産の増加額                                 2,155             3,167
     (2)  延長オプション及び解約オプション

        延長及び解約のオプションは、当社グループの個々のリースに含まれています。各リースは、グループ各社の
       経営者が管理しており、その条件は個々に交渉され、幅広い契約条件を含んでいます。リースに含まれる延長及
       び解約のオプションは、行使が可能であり、かつ当該リース期間を使用することが合理的に確実である場合にの
       みリース負債に含まれます。
      リース負債の満期分析については、注記「20.                     金融商品     (2)  流動リスク管理」に記載しています。

                                 85/146




                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    13.投資不動産
     (1)  投資不動産の概要
        当社グループは、愛媛県において賃貸用の土地等を有しています。
     (2)  帳簿価額の調整表

                              (単位:百万円)
        2019年1月1日       残高                  5,382
        取得                           -
        減価償却費                          △88
        処分                          △1
        振替(注)                        △1,365
        2019年12月31日       残高                  3,928
        取得                           -
        減価償却費                          △58
        売却                        △1,678
        2020年12月31日       残高                  2,192
        (注)   有形固定資産への勘定振替です。
     (3)  取得原価

                             (単位:百万円)
        2019年1月1日       残高                  9,038
        2019年12月31日       残高                  7,257
        2020年12月31日       残高                  5,515
     (4)  減価償却累計額及び減損損失累計額

                             (単位:百万円)
        2019年1月1日       残高                  3,656
        2019年12月31日       残高                  3,329
        2020年12月31日       残高                  3,323
     (5)  公正価値

                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
        公正価値                                 5,583              1,166
         投資不動産の公正価値は、主として独立した不動産鑑定の専門家による評価額に基づいており、観察可能

        な類似資産の市場取引価格等に基づいています。その評価額は全額が公正価値ヒエラルキーのレベル3に該
        当します。公正価値ヒエラルキーのレベルについては、注記「20.金融商品」に記載しています。
                                 86/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    14.持分法で会計処理されている投資
     (1)  当社グループの主要な持分法適用関連会社
        当社グループの主要な持分法適用関連会社は以下のとおりです。
                                          議決権の所有割合(%)

                            主要な事業
          名称          所在地
                             の内容
                                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                     ( 2019年12月31日       )    ( 2020年12月31日       )
                          産業用ロボット向
     ㈱ハーモニック・
                   東京都品川区       け部品等の製造・                  19.0            19.0
     ドライブ・システムズ           (注)
                          販売等
                   大阪府       合成繊維製造設備

     TMTマシナリー㈱                                       33.0            33.0
                   大阪市中央区       の製造・販売等
    (注)   議決権の所有割合が20%未満ですが、㈱ハーモニック・ドライブ・システムズが発行する新株予約権を保有する

       ことで潜在的な議決権を有しており、重要な影響力を有していると判断していることから、同社を持分法適用関
       連会社としています。
     (2)  当社グループにとって重要性のある関連会社に対する投資

        該当事項はありません。
     (3)  当社グループにとって重要性のない関連会社に対する投資

                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                 至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
     当期利益の当社グループ持分                                    2,864              3,467
     その他の包括利益の当社グループ持分                                     328              516
     包括利益の当社グループ持分                                    3,192              3,983
     関連会社に対する投資の帳簿価額                                    31,952              34,887
     (4)  関連会社の決算日

        関連会社4社の決算日は3月31日、関連会社1社の決算日は6月30日、関連会社1社の決算日は11月30日であ
       り、当社グループと決算期を統一することが実務上不可能なことから、連結決算日の12月31日現在で実施した仮
       決算に基づく財務諸表を使用しています。
                                 87/146








                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    15.営業債務及びその他の債務
     (1)  営業債務
        営業債務の内訳は以下のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
    買掛金                                   14,762              16,347
    支払手形                                    1,590              1,154
    電子記録債務                                   28,668              27,337
                合計                        45,021              44,838
     (2)  その他の債務

        その他の債務の内訳は以下のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
    未払金                                    7,146              4,470
    未払費用                                    2,688              2,354
    設備電子記録債務                                    3,057              1,430
    その他                                    1,514              1,470
                合計                        14,405              9,723
                                 88/146












                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    16.引当金
     (1)  引当金の内訳
        引当金の内訳は以下のとおりです。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
     流動負債                                   1,162              1,065
     (2)  引当金の増減

                                                 (単位:百万円)
                      製品保証引当金             受注損失引当金               合計
    2020年1月1日       残高                  964             197           1,162
     当期増加額                        292             242            534
     減少額(目的使用)                       △336             △177            △513
     減少額(戻入)                        △70             △60            △130
     在外営業活動体の換算差額                         12             -            12
    2020年12月31日       残高                  862             203           1,065
     (3)  引当金の概要及び経済的便益の流出が予測される時期等

       ①  製品保証引当金
         製品保証引当金は、製品の引渡後に発生する補修費用等の支出に係るものです。当該金額は個別に見積って
        計上しています。経済的便益の流出が予測される時期は、1年以内であることが見込まれます。
       ②  受注損失引当金

         受注損失引当金は、受注契約に係る損失に対するものです。経済的便益の流出が予測される時期は、1年以
        内であることが見込まれます。
                                 89/146










                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    17.社債、借入金及びリース負債
     (1)  社債及び借入金の内訳
        社債及び借入金の内訳は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                          前連結会計年度                   当連結会計年度
                         ( 2019年12月31日       )           ( 2020年12月31日       )
    流動負債
     短期借入金                              30,496                   26,789
     1年内返済予定の長期借入金                               222                   222
     1年内償還予定の社債                                -                 9,991
           合計                        30,719                   37,001
    非流動負債
     長期借入金                              3,235                   2,865
     社債                              9,981                    -
           合計                        13,217                   2,865
     (2)  社債

        社債の発行の要約は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                   発行                             利率       償還
                        前連結会計年度            当連結会計年度
     会社名       銘柄                                      担保
                        ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
                  年月日                             (%)       期限
          第2回
    ナブテスコ      無担保社債        2016年                                    2021年
                               9,981            9,991    0.14   無担保
    株式会社      (社債間限定        12月13日                                    12月13日
          同順位特約付)
     (3)  借入金

        当連結会計年度における「短期借入金」、「1年内返済予定の長期借入金」及び「長期借入金」の加重平均利
       率は、それぞれ0.41%、0.61%及び0.65%です。「長期借入金」の返済期限は2022年~2026年です。
                                 90/146










                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (4)  財務活動から生じた負債の変動
        財務活動から生じた負債の変動は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                         長期借入金             リース負債      デリバティブ
                   短期借入金               社債                    合計
                           (注)1              (注)2       (注)3
     2019年1月1日       残高         33,835       1,503       9,972        -       -     45,310
     IFRS第16号初度適用
                       -       -       -     9,233        -     9,233
     に伴う増加
     財務キャッシュ・フロー
                    △3,106        1,921        -    △2,477         -    △3,662
     による変動
     使用権資産の取得                  -       -       -     2,155        -     2,155
     在外営業活動体の換算差額                 △233        35       -     △107        -     △306

     公正価値の変動                  -       -       -       -       67       67

     その他                  -       -       9      -       -       9

     2019年12月31日       残高         30,496       3,458       9,981       8,804        67     52,807

     財務キャッシュ・フロー
                    △3,805        △250        -    △2,547         -    △6,602
     による変動
     使用権資産の取得                  -       -       -     2,863        -     2,863
     中途解約による減少                  -       -       -     △745        -     △745

     在外営業活動体の換算差額                  98     △122        -      125       -      101

     公正価値の変動                  -       -       -       -       3       3

     その他                  -       -       9      -       -       9

     2020年12月31日       残高         26,789       3,087       9,991       8,501        69     48,436

     (注)1    長期借入金は、1年内返済予定の長期借入金を含んでいます。
       2  リース負債は、1年内返済予定のリース負債を含んでいます。
       3  デリバティブは、外貨建て借入金の為替変動リスク等をヘッジする目的で保有しているものです。
                                 91/146










                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    18.従業員給付
     (1)  採用している退職後給付制度の概要
        当社及び連結子会社の一部は、従業員の退職後給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び
       確定拠出制度を採用しています。確定給付制度では、職位と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給して
       います。
        積立型の確定給付制度は、法令に従い、当社グループとは切り離された年金基金等により運営されてお
       り、将来の給付に備え、賃金及び給与の一定比率により年金数理計算したものを掛金として拠出し、積み立
       てています。年金基金の理事会及び年金運用受託機関は、制度加入者の利益を最優先して行動することが法
       令によって定められており、所定の方針に基づき制度資産の運用を行う責任を負っています。
     (2)  確定給付制度

        当社グループは、確定給付制度を設けています。給付額は勤続年数、職能・職務等級、役職等の評価要素
       に基づき決定されます。
      ①  確定給付制度に関するリスク

        当社グループは、確定給付制度について様々なリスクに晒されています。主なリスクは以下のとおりで
       す。なお、当社グループは、制度資産に関して重大な集中リスクには晒されていません。
        制度資産の変動         資本性金融商品及び負債性金融商品等への投資は、変動リスクに晒されています。

        社債利率の変動         市場の社債利回りの低下は、確定給付制度債務を増加させます。

      ②  連結財政状態計算書上の金額

                                                  (単位:百万円)
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  ( 2019年12月31日       )     ( 2020年12月31日       )
       確定給付制度債務の現在価値                                  32,882             34,262
       制度資産の公正価値                                 △23,625             △24,156
       退職給付に係る負債                                  9,569            10,211
       退職給付に係る資産                                  △312             △106
       連結財政状態計算書に計上された負債と資産の純額                                  9,257            10,105
                                 92/146









                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ③  確定給付制度債務の現在価値の変動
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
       期首残高                                 29,866              32,882
        当期勤務費用                                1,384              1,503
        利息費用                                 211              87
        再測定
         人口統計上の仮定の変更により生じた
                                         △108                3
         数理計算上の差異
         財務上の仮定の変更により生じた
                                         1,963              △23
         数理計算上の差異
         実績の修正により生じた数理計算上の差異                               △222               300
        給付支払額                                △209              △54
        過去勤務費用                                  -            △244
        退職給付制度の一部終了による減少額                                  -           △1,009
        海外の制度に係る為替換算差額                                 △3              817
       期末残高                                 32,882              34,262
        確定給付制度債務の加重平均デュレーションは、前連結会計年度及び当連結会計年度においてそれぞれ

       13.9年及び13.7年です。
      ④  制度資産の公正価値の変動

                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
       期首残高                                 21,099              23,625
        利息収益                                 168              58
        再測定
         制度資産に係る収益                               1,266              △499
        事業主からの拠出額                                 855              860
        従業員からの拠出額                                 425              457
        給付支払額                                △147              △156
        退職給付制度の一部終了による減少額                                  -            △988
        海外の制度に係る為替換算差額                                 △41              799
       期末残高                                 23,625              24,156
        当社グループは、翌連結会計年度において、確定給付制度へ1,449百万円拠出する予定です。

                                 93/146





                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  制度資産の公正価値の項目ごとの内訳
                                                  (単位:百万円)
                         前連結会計年度                   当連結会計年度
                         ( 2019年12月31日       )            ( 2020年12月31日       )
                    活発な市場      活発な市場             活発な市場      活発な市場
                    における公      における公             における公      における公
                                  合計                   合計
                    表市場価格      表市場価格             表市場価格      表市場価格
                    があるもの      がないもの             があるもの      がないもの
       現金及び現金同等物               3,005        -     3,005      1,928        -     1,928
       資本性金融商品
        国内株式                226      281      508       -      343      343
        外国株式               6,968       281     7,250      7,110       257     7,367
       負債性金融商品
        国内債券                 -     1,245      1,245        -     1,673      1,673
        外国債券               9,072       301     9,372      9,758       550     10,309
       その他                 -     2,245      2,245        -     2,537      2,537
            合計          19,271       4,354      23,625      18,796       5,360      24,156
        制度資産は、確定給付制度の持続可能性を確保する目的で運用しています。制度資産への投資によるリス

       クとリターンの目標は方針として作成されており、投資の成果は適切にモニタリングされ、定期的に方針の
       見直しを行っています。
      ⑥  アセット・シーリングによる調整額の変動

                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
       期首残高                                  114              -
        利息収益                                  1             -
        再測定
         制度資産の純額を資産上限額に
                                         △115               -
         制限していることの影響
        海外の制度に係る為替換算差額                                 △0              -
       期末残高                                   -              -
      ⑦  連結損益計算書上の金額

                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
       確定給付費用                                 1,000              1,074
                                 94/146






                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
      ⑧  主な数理計算上の仮定
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                                 ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
       割引率                                 0.3%              0.3%
       また、上記の数理計算上の仮定の変動が確定給付制度債務に与える影響の感応度分析は以下のとおりです。

      この感応度分析は、他のすべての変数が一定であることを前提としていますが、実際には他の数理計算上の仮
      定の変動が影響する可能性があります。
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2019年12月31日       )      ( 2020年12月31日       )
       割引率が
                                        △1,065              △1,081
       0.25%上昇した場合
       割引率が
                                         1,136              1,151
       0.25%低下した場合
      ⑨  採用している資産・負債のマッチング戦略

        中長期的な運用上の期待リターンが割引率を上回るように設定し、資産・負債のミスマッチを抑制する
       ような投資戦略としています。投資戦略は主に、収益を最大化させるのではなく、下落リスクの管理強化
       に重点を置いています。この投資政策は、長期契約を履行できる収益を生み出すことができると予想され
       ます。
     (3)  確定拠出制度

                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
       確定拠出制度に関する費用                                  873              985
                                 95/146










                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
    19.法人所得税
     (1)  法人所得税
      ①  純損益で認識される法人所得税
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                 至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
       当期税金費用
        当年度                                  8,369             10,002
        従前は未認識であった税務上の欠損金の使用                                   △58             △372
                  小計                        8,311              9,630
       繰延税金費用
        一時差異等の発生及び解消                                  △283               576
                  小計                        △283               576
                  合計                        8,028             10,206
      ②  法定実効税率と実際負担税率の調整表

        当社グループの法定実効税率と実際負担税率との調整は以下のとおりです。実際負担税率は税引前当期利
       益に対する法人所得税費用の負担割合を表示しています。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2019年1月1日           (自    2020年1月1日
                                 至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
       法定実効税率                                  30.6%             30.6%
       (調整)
        在外営業活動体の税率差異                                △2.4             △2.0
        未認識の繰延税金資産の増減                                 0.7             3.8
        交際費等永久に損金算入されない項目                                 0.8             0.5
        持分法による投資利益                                △3.1             △3.1
        税額控除                                △3.3             △1.8
        在外営業活動体及び関連会社の留保利益                                 1.6             2.0
        のれん減損損失                                 1.4              -
        税務調査等による影響                                 1.1              -
        その他                                 1.3             0.3
       実際負担税率                                  28.7             30.3
                                 96/146







                                                          EDINET提出書類
                                                      ナブテスコ株式会社(E01726)
                                                           有価証券報告書
     (2)  繰延税金
      ①  繰延税金資産及び負債の変動の内訳
        繰延税金資産及び負債の変動の内訳は以下のとおりです。
       前連結会計年度(自           2019年1月1日        至    2019年12月31日       )

                                           (単位:百万円)
                       2019年              その他の        2019年
                             純損益で認識
                      1月1日              包括利益で        12月31日
                              した額
                       残高             認識した額         残高
       繰延税金資産
        損失評価引当金                  15      △11         -        3
        棚卸資産評価損                  138        28       -       167
        未払金                  567       △32         -       535
        製品保証引当金                  217       △14         -       202
        その他の流動負債                  734        36       -       770
        退職給付に係る
                         2,687          2       42      2,731
        負債(資産)
        関係会社に対する
                          164         2       -       166
        投資評価損
        ゴルフ会員権評価損                  25       △5        -        20
        繰越欠損金                  943       △92         -       851
        その他(資産)                 1,376       △562         -       814
             合計            6,865       △649         42      6,258
       繰延税金負債
        資産圧縮積立金                 1,258        △17         -      1,240
        その他の金融資産
                         1,585         △9       127      1,703
        -公正価値の変動の純額
        土地評価差額                  971        -       -       971
        在外営業活動体に係る
                          300       △51         -       250
        税務調整(棚卸資産)
        在外営業活動体に係る税
        務調整(関係会社に対す                 1,157      △1,157          -        -
        る投資)
        在外営業活動体及び関連
                         3,087         468        -      3,555
        会社の留保利益
        識別可能な無形資産                  844      △163         -       682
        その他(負債)                  532       △59         57       530
             合計            9,734       △988         185      8,931
       繰延税金資産(