ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                   四半期報告書
    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
    【提出先】                   関東財務局長
    【提出日】                   2021年3月26日
    【四半期会計期間】                   2021年度第2四半期
                        (自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)
    【会社名】                   ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド

                        (YTL   Corporation       Berhad)
    【代表者の役職氏名】                   会長 タン・スリ・ダト(ドクター)フランシス・ヨー・ソック・
                        ピン
                        (Tan   Sri  Dato'   (Dr)   Francis     Yeoh   Sock   Ping,   Executive
                        Chairman)
    【本店の所在の場所】                   マレーシア 55100 クアラルンプール
                        ジャラン・ブキット・ビンタン 205
                        メナラ・ワイ・ティー・エル33階
                        (33rd   Floor,    Menara    YTL,   205  Jalan   Bukit   Bintang
                        55100   Kuala   Lumpur,     Malaysia)
    【代理人の氏名又は名称】                   弁護士  森下 国彦
    【代理人の住所又は所在地】                   東京都千代田区大手町1丁目1-1
                        大手町パークビルディング
                        アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
    【電話番号】                   03-6775-1000
    【事務連絡者氏名】                   弁護士  日髙 英太朗
                        弁護士  川端 彩華
                        弁護士  古波藏 惇
                        弁護士  中田 和輝
    【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区大手町1丁目1-1
                        大手町パークビルディング
                        アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
    【電話番号】                   03-6775-1000
    【事務連絡者氏名】                   弁護士  日髙 英太朗
                        弁護士  川端 彩華
                        弁護士  古波藏 惇
                        弁護士  中田 和輝
    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/51




                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (注1) 本書中、「当社」とは、ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッドを指し、「当グループ」とは、当社
         並びに当社の子会社及び関連会社を指し、「当社株式」とは、当社の記名式無額面普通株式を指す。
     (注2) 別段の記載のある場合又は文脈により別異に解すべき場合を除き、「マレーシア・リンギット」、「リンギッ
         ト」、「RM」及び「セン」はマレーシアの法定通貨を指すものとする。なお1マレーシア・リンギット=100センで
         ある。
     (注3) 本書において便宜上一部の財務情報はマレーシア・リンギットから日本円に換算されている。本書において使用さ
         れている換算率は1マレーシア・リンギット=26.28円である。上記の為替相場は、2021年3月1日現在の株式会社
         三菱UFJ銀行の公表する現地参考為替相場の仲値である100円=3.8050マレーシア・リンギットに基づいて算定した
         ものである。
     (注4) 本書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
     (注5) 当社の事業年度は毎年6月30日に終了する。本書中、2021年6月30日に終了する事業年度は「2021年度」と表示
         し、その他の事業年度もこれに準じて表示されている。
                                 2/51

















                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    第一部      【企業情報】

    第1    【本国における法制等の概要】

     当四半期会計期間中に、当社の属する国における会社制度、当社の定款等に規定する制度、外国為替管理制度及

    び課税上の取扱いにつき、重要な変更はなかった。
                                 3/51

















                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    第2    【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            2021年度            2020年度

                     第2四半期連結累計期間            第2四半期連結累計期間
                                                    2020年度
                       自 2020年7月1日            自 2019年7月1日
                                               自 2019年7月1日
                       至 2020年12月31日            至 2019年12月31日
                                               至 2020年6月30日
                      <括弧内は第2四半期            <括弧内は第2四半期
                         連結会計期間>            連結会計期間>
     収益                      8,770.5            10,828.5
                                                   19,178.4
     (百万マレーシア・リンギット)                     <4,591.7>            <5,543.8>
     営業利益                       934.5           1,139.6
                                                   2,022.8
     (百万マレーシア・リンギット)                      <497.2>            <556.3>
     純利益
                            134.1            196.3
                                                     4.7
     (百万マレーシア・リンギット)
                            <85.4>            <96.0>
     純資産
                           12,644.3            13,140.1            12,460.3
     (百万マレーシア・リンギット)
     総資産(注1)
                           71,395.7            77,356.1            69,908.4
     (百万マレーシア・リンギット)
                             0.16            0.31
     1株当たり純利益(セン)                                               ▲1.78
                            <0.15>            <0.17>
     潜在株式調整後1株当たり                        0.16            0.31
                                                    ▲1.78
     純利益(セン)                       <0.15>            <0.17>
     自己資本比率(%)(注2)                        17.7            17.0            17.8
     営業活動によるキャッシュ・
     フロー                      1,738.2            1,482.2            3,042.7
     (百万マレーシア・リンギット)
     投資活動によるキャッシュ・
     フロー                     ▲1,652.9            ▲1,240.4            ▲3,043.0
     (百万マレーシア・リンギット)
     財務活動によるキャッシュ・
     フロー                      ▲303.6            ▲245.0            ▲807.5
     (百万マレーシア・リンギット)
     現金及び現金同等物の
     四半期末(期末)残高                      10,875.4            11,802.8            11,100.1
     (百万マレーシア・リンギット)
     包括利益金額
                            410.0            ▲85.2
     (百万マレーシア・リンギット)                                              ▲643.5
                           <438.8>            <433.1>
     (注1)
     (注1) 非支配持分も含まれている。
     (注2) 自己資本比率は、各期間末現在の親会社株主に帰属する全資本を総資産で除して算出されている。
                                 4/51







                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】
        当社の主な事業は、持株会社と運営管理会社としての事業である。
        当グループの主な事業は、発電(受託市場及びマーチャント市場の両方)、給水及び廃水処理、商業マル
       チ・ユーティリティ・サービス、通信、建設、不動産開発及び投資、工業用品及び支給品の製造、ホテル開発
       及びホテル運営(レストラン運営を含む)、インターネット事業に関するコンサルティング、インキュベー
       ション及びアドバイザリー・サービスなど、総合的なインフラ開発事業である。
        当四半期連結累計期間(2020年7月1日から2020年12月31日までの6ヶ月間)中、これらの事業の内容に重
       要な変更はなかった。
                                 5/51

















                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    第3    【事業の状況】

    1  【事業等のリスク】

       「第3 2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」中に記載したものを除
     き、当四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの異常な変動、又は前年度の
     有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はなかった。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     (1)  業績等の概要
       「第5 経理の状況 1 四半期財務書類 (6) 四半期財務書類に対する注記」のB1を参照のこと。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       「第5 経理の状況 1 四半期財務書類 (5) 要約連結キャッシュ・フロー計算書」を参照のこと。
     (3)  経営方針・経営戦略等若しくは指標等

       当四半期連結累計期間中、当グループの経営方針又は経営戦略に重大な変更はなく、                                           前年度の     有価証券報告書
     に記載された内容に比して              、 当グループの経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等についても
     重要な変更はなかった。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当四半期連結累計期間中、事業上及び財務上の対処すべき課題につき重要な変更はな                                           かった   。
     ( 5 ) 研究開発活動

       当四半期連結累計期間中             、当社の研究開発活動に著しい変動はなかった。
     ( 6 ) 従業員

       当四半期連結累計期間中、当社の従業員数に著しい増加又は減少はな                                   かった   。
     ( 7 ) 生産、受注及び販売の状況

       当四半期連結累計期間中、生産、受注及び販売の実績について著しい変動はな                                        かった   。
                                 6/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     ( 8 ) 主要な設備の状況
       i) 当四半期連結累計期間中、当社の主要な設備に関し、新設、休止、大規模改修、除却及び売却等による著
     しい変動はな       かった   。
       ii)  当四半期連結累計期間           中、最近連結会計年度末             において計画中であった当社の主要な設備の新設、休止、
     大規模改修、除却及び売却等について著しい変更はな                           かった   。
    3  【経営上の重要な契約等】

     (1)  当四半期連結会計期間中、他企業との合併又は合併の契約はなかった。
      (2)  当四半期連結会計期間中、当社の事業に重大な影響を与えるような、当社による事業のすべて若しくは重要

        な部分の譲渡、又は他企業の事業のすべて若しくは大部分の取得はなく、また、当該期間中、当社は上記に
        関連する契約は一切締結しなかった。
      (3)  当四半期連結会計期間中、当社の事業のすべて若しくは主要な部分を賃貸若しくは経営を委任する契約、当

        社の事業上の損益を他の会社と共通にする契約、又は当社の事業に重要な影響を与えるような技術援助若し
        くはその他の経営上の重要な契約は一切締結しなかった。
      (4)  当四半期連結会計期間中、株式交換、株式譲渡又はこれらに関する契約の締結はなかった。

      (5)  当四半期連結会計期間中、会社分割又は会社分割に係る契約の締結はなかった。

                                 7/51












                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    第4    【提出会社の状況】

    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                                              (2020年12月31日現在)
          授権株数(株)                発行済株式総数(株)                  未発行株式数(株)
             -               11,022,762,340                  3,977,237,660

       ②  【発行済株式】

                                              (2020年12月31日現在)
      記名・無記名の別及び                              上場金融商品取引所名又は
                    種類      発行数(株)                            内容
       額面・無額面の別                            登録認可金融商品取引業協会名
                                    マレーシア証券取引所
      記名式株式、無額面            普通株式      11,022,762,340                             ―
                                      東京証券取引所
     (2)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当なし
                                 8/51













                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (3)  【発行済株式総数及び資本金の推移】
        当四半期会計期間における発行済株式総数及び資本金の変動は以下のとおりである。
                                資本金増減額          資本金残高

             発行済株式総数        発行済株式総数残高           マレーシア・          マレーシア・
       年月日                                             摘要
              増減数(株)           (株)         リンギット          リンギット
                                     (円)        (百万円)
                                        3,467,555,698.54

     2020年9月30日              -    11,022,762,340              -
                                             (91,127)
     2020年12月31日                                    3,467,555,698.54

                   -    11,022,762,340              -
     現在                                        (91,127)
    オプション:

    (i)  株式オプション

    (A)2012    年7月16日に発行された株式オプション
      (a)   発行可能な株式オプションの残高:118,265,000
      (b)   当該株式オプションの行使により発行する株式の価格:1.65マレーシア・リンギット
      (c)   当該株式オプションに基づく資本組入額:195,137,250.00マレーシア・リンギット
    (B)2018    年3月14日に発行された株式オプション

      (a)   発行可能な株式オプションの残高:246,208,000
      (b)   当該株式オプションの行使により発行する株式の価格:1.21マレーシア・リンギット
      (c)   当該株式オプションに基づく資本組入額:297,911,680.00マレーシア・リンギット
    (ii)   新株引受権

      (a)   発行可能な新株引受権の残高:なし
      (b)   当該新株引受権の行使により発行する株式の価格:なし
      (c)   当該新株引受権に基づく資本組入額:なし
                                 9/51










                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (4)  【大株主の状況】
        預託機関の記録に基づく2020年12月31日現在の10大株主は以下のとおりである。
                                                   発行済株式総

                                                   数に対する所
        氏名又は名称                    住所             所有普通株式数(株)
                                                   有株式数の割
                                                     合(%)
     1 ヨー・ティオン・レ              マレーシア      55100 クアラルンプール                   4,861,307,766           44.25
      イ・アンド・サンズ・
                   ジャラン・ブキット・ビンタン 205
      ホールディングス・セン
                   メナラ・ワイ・ティー・エル33階
      ドリアン・バーハッド
      (注1)
     2 シティグループ・ノミ              マレーシア      50450 クアラルンプール                    639,801,786           5.82
      ニーズ(テンパタン)セ
                   ジャラン・アンパン          165
      ンドリアン・バーハッド
                   メナラ・シティバンク8階
      -被雇用者年金基金
                   SSO-DOC    MY
     3 HSBCノミニーズ(アシ              マレーシア 50100 クアラルンプール                          509,116,863           4.63
      ン)センドリアン・バー             レボー・アンパン No           2
      ハッド
      -クレディ・スイス(ホ
      ンコン)リミテッド
     4 RHBキャピタル・ノミ              マレーシア      50400 クアラルンプール                    475,333,333           4.33
      ニーズ(テンパタン)セ
                   ジャラン・トゥン・ラザク
      ンドリアン・バーハッド
                   RHBセンター タワー3 4階
      -ヨー・ティオン・レ
      イ・アンド・サンズ・
      ホールディングス・セン
      ドリアン・バーハッドの
      ための担保有価証券勘定
      (注2)
     5 アマナラヤ・トラス              ペルモダラン・ナショナル・バーハッド                          293,712,438           2.67
      ティーズ・バーハッド             マレーシア      50400 クアラルンプール
      -アマナ・サハム・ブミ             201-A ジャラン・トゥン・ラザク
      プテラ             ティンカット23 メナラPNB
     6 ジャマイカン・ゴール              シンガポール       048543                   270,524,927           2.46
      ド・リミテッド
                   No.4   ロビンソンロード#06-01
     7 ティエン・シア・イン              シンガポール       048543                   224,314,344           2.04
      ターナショナル・リミ
                   No.4   ロビンソンロード#06-01
      テッド
     8 オーケストラル・ハー              シンガポール       048543                   203,356,233           1.85
      モニー・リミテッド
                   No.4   ロビンソンロード#06-01
     9 スティールオーク・イ              シンガポール       048543                   189,190,672           1.72
      ンターナショナル・リミ
                   No.4   ロビンソンロード#06-01
      テッド
     10 プアン・スリ・ダタィ              マレーシア      59000 クアラルンプール                    142,138,041           1.29
      ン・セリ・タン・カイヨ
                   タマン SA、オフ・ジャラン・ダマンサラ
      ン(別名タン・カイ・ネ
                   ロロン・ブル・ペリンドゥ・サトゥ                 No.1
      オン)
     (注1) ヨー・ティオン・レイ・アンド・サンズ・ホールディングス・センドリアン・バーハッドは、ヨー一族が所有して
         いる。さらに、当社取締役を務めるヨー一族の構成員を含め、ヨー一族が当社株式の6.06%を保有している。
     (注2) この口座において保有される株式の実質株主は、ヨー・ティオン・レイ・アンド・サンズ・ホールディングス・セ
         ンドリアン・バーハッドである。
                                10/51




                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    2  【役員の状況】
       当四半期累計期間中、           役員の状況      につき変更はなかった。
                                11/51




















                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    第5    【経理の状況】

    1 当社及びその子会社(以下総称して「当グループ」という)の以下に記載された四半期連結財務書類(以下「四

     半期財務書類」という)は、マレーシアにおいて一般に公正妥当と認められている期中報告に係る会計原則に準
     拠して作成されている。当該四半期財務書類は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
     (平成19年内閣府令第63号(以下「四半期財務諸表等規則」という))第85条第1項の適用を受けている。マレーシ
     アと日本における一般に公正妥当と認められている会計原則の主要な相違に関しては、四半期財務諸表等規則第
     86条及び第87条第2項の規定に準拠して、「3                         マレーシアと日本における会計原則及び会計慣行の主要な相
     違」でその内容を説明している。なお、以下に記載された四半期財務書類は、当社の本国であるマレーシアにお
     いて開示された財務情報をもとにして作成されたものである。
    2 当社の四半期財務書類は、マレーシア・リンギットで表示されている。以下の四半期財務書類で表示された円
     換算額は、四半期財務諸表等規則第88条の規定に基づいて便宜のため表示されたものであり、1マレーシア・リ
     ンギット=26.28円で換算されている。千円単位未満の端数は四捨五入されている。上記の為替相場は、2021年
     3月1日現在の株式会社三菱UFJ銀行の公表する現地参考為替相場の仲値である100円=3.8050マレーシア・リン
     ギットに基づいて算定したものである。円換算額は、四捨五入のため合計欄の数値が総数と一致しない場合があ
     る。
    3 この四半期財務書類は、独立監査人であるHLBラーラムPLTの監査を受けていない。
                                12/51












                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    1【四半期財務書類】

     (1)要約連結損益計算書
                                       (未監査)

                         2020  年12月31日      2019  年12月31日

                                          2020  年12月31日      2019  年12月31日
                          に終了した        に終了した
                                           に終了した        に終了した
                           当四半期       前年同四半期
                                          6ヶ月間(累計)        6ヶ月間(累計)
                           会計期間        会計期間
                          千マレーシア        千マレーシア        千マレーシア        千マレーシア
                          ・リンギット        ・リンギット        ・リンギット        ・リンギット
     収益                       4,591,699        5,543,805        8,770,527        10,828,469
                            (3,694,628)        (4,397,800)        (7,061,208)        (8,636,324)

     売上原価
     売上総利益

                             897,071       1,146,005        1,709,319        2,192,145
     その他の営業収益                        113,772         66,705        180,492        215,837

                             (513,685)        (656,374)        (955,308)       (1,268,361)

     その他の営業費用
     営業利益

                             497,158        556,336        934,503       1,139,621
     財務費用                        (398,163)        (485,082)        (777,310)        (976,561)

     関連会社及び共同支配企業における持分損
                              97,857        115,563        176,505        207,855
     益
     税引前利益
                             196,852        186,817        333,698        370,915
                             (111,404)         (90,827)        (199,550)        (174,632)

     法人税等
     当期利益                         85,448        95,990        134,148        196,283

     帰属:

     親会社の所有者                         16,094        17,540        17,387        32,847

                              69,354        78,450        116,761        163,436

     非支配持分
     当期利益                         85,448        95,990        134,148        196,283

     1株当たり利益

                             0.15セン        0.17セン        0.16セン        0.31セン

     基本的
     希薄化後

                             0.15セン        0.17セン        0.16セン        0.31セン
     要約連結損益計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記と併

     せて読まれるべきである。
                                13/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
                                       (未監査)
                         2020  年12月31日      2019  年12月31日

                                          2020  年12月31日      2019  年12月31日
                          に終了した        に終了した
                                           に終了した        に終了した
                           当四半期       前年同四半期
                                          6ヶ月間(累計)        6ヶ月間(累計)
                           会計期間        会計期間
                            千円        千円        千円        千円

     収益                      120,669,850        145,691,195        230,489,450        284,572,165

                           (97,094,824)        (115,574,184)        (185,568,546)        (226,962,595)

     売上原価
     売上総利益

                            23,575,026        30,117,011        44,920,903        57,609,571
     その他の営業収益                       2,989,928        1,753,007        4,743,330        5,672,196

                           (13,499,642)        (17,249,509)        (25,105,494)        (33,332,527)

     その他の営業費用
     営業利益

                            13,065,312        14,620,510        24,558,739        29,949,240
     財務費用                      (10,463,724)        (12,747,955)        (20,427,707)        (25,664,023)

     関連会社及び共同支配企業における持分損
                            2,571,682        3,036,996        4,638,551        5,462,429
     益
     税引前利益
                            5,173,271        4,909,551        8,769,583        9,747,646
                            (2,927,697)        (2,386,934)        (5,244,174)        (4,589,329)

     法人税等
     当期利益                       2,245,573        2,522,617        3,525,409        5,158,317

     帰属:

     親会社の所有者                        422,950        460,951        456,930        863,219

                            1,822,623        2,061,666        3,068,479        4,295,098

     非支配持分
     当期利益                       2,245,573        2,522,617        3,525,409        5,158,317

     1株当たり利益

                               0円        0円        0円        0円

     基本的
     希薄化後

                               0円        0円        0円        0円
     要約連結損益計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記と併

     せて読まれるべきである。
                                14/51







                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (2)要約連結包括利益計算書
                                        (未監査)

                          2020  年12月31日      2019  年12月31日

                                           2020  年12月31日      2019  年12月31日
                           に終了した        に終了した
                                            に終了した        に終了した
                            当四半期       前年同四半期
                                           6ヶ月間(累計)        6ヶ月間(累計)
                            会計期間        会計期間
                          千マレーシア        千マレーシア        千マレーシア        千マレーシア
                          ・リンギット        ・リンギット        ・リンギット        ・リンギット
                              85,448        95,990        134,148        196,283
     当期利益
     その他の包括利益/(損失):

     将来、損益計算書に振り替えられることの
     ない項目:
     -その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                73       1,007       (43,479)          (225)
      定する金融資産
     -為替換算差額                         57,876        73,224        21,702        (58,381)
     その後に損益計算書に振り替えられる
     可能性がある項目:
     -キャッシュ・フロー・ヘッジ                         166,754        162,239        201,588        (170,621)
     -関連会社のその他の包括利益持分                         11,055          -      19,624          -

                              117,598        100,606         76,424        (52,214)

     -為替換算差額
     当期その他の包括利益/(損失)-税引後                         353,356        337,076        275,859        (281,441)

     当期包括利益/(損失)合計                         438,804        433,066        410,007        (85,158)

     帰属:

     親会社の所有者                         232,454        212,314        184,860        (106,949)

                              206,350        220,752        225,147         21,791

     非支配持分
     当期包括利益/(損失)合計

                              438,804        433,066        410,007        (85,158)
     要約連結包括利益計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記

     と併せて読まれるべきである。
                                15/51








                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
                                        (未監査)
                          2020  年12月31日      2019  年12月31日

                                           2020  年12月31日      2019  年12月31日
                           に終了した        に終了した
                                            に終了した        に終了した
                            当四半期       前年同四半期
                                           6ヶ月間(累計)        6ヶ月間(累計)
                            会計期間        会計期間
                             千円        千円        千円        千円

                             2,245,573        2,522,617        3,525,409        5,158,317

     当期利益
     その他の包括利益/(損失):

     将来、損益計算書に振り替えられることの
     ない項目:
     -その他の包括利益を通じて公正価値で測
                               1,918        26,464      (1,142,628)          (5,913)
      定する金融資産
     -為替換算差額                        1,520,981        1,924,327         570,329       (1,534,253)
     その後に損益計算書に振り替えられる
     可能性がある項目:
     -キャッシュ・フロー・ヘッジ                        4,382,295        4,263,641        5,297,733        (4,483,920)
     -関連会社のその他の包括利益持分                         290,525           -      515,719           -

                             3,090,475        2,643,926        2,008,423        (1,372,184)

     -為替換算差額
     当期その他の包括利益/(損失)-税引後                        9,286,196        8,858,357        7,249,575        (7,396,269)

     当期包括利益/(損失)合計                       11,531,769        11,380,974        10,774,984        (2,237,952)

     帰属:

     親会社の所有者                        6,108,891        5,579,612        4,858,121        (2,810,620)

                             5,422,878        5,801,363        5,916,863         572,667

     非支配持分
     当期包括利益/(損失)合計

                            11,531,769        11,380,974        10,774,984        (2,237,952)
     要約連結包括利益計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記

     と併せて読まれるべきである。
                                16/51









                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (3)要約連結財政状態計算書
                             2020年12月31日現在                2020  年6月30日現在

                                (未監査)                ( 監査済)
                          千マレーシア                千マレーシア
                                     千円                千円
                          ・リンギット                ・リンギット
     資産
     非流動資産

     有形固定資産                       31,403,919        825,294,991         30,499,583        801,529,041

     使用権資産                       1,557,212        40,923,531         1,636,035        42,995,000

     投資不動産                       1,861,678        48,924,898         1,811,126        47,596,391

     関連会社及び共同支配企業に対する投資                       4,302,229       113,062,578         4,382,017       115,159,407

     投資有価証券                         320,845       8,431,807         404,911       10,641,061

     開発費                       1,140,646        29,976,177         1,128,221        29,649,648

     無形資産                       8,501,894       223,429,774         8,631,094       226,825,150

     売掛金、その他の債権及び契約資産                       1,509,157        39,660,646         1,421,410        37,354,655

                              4,556       119,732         10,585        278,174

     デリバティブ金融商品
                            50,602,136       1,329,824,134          49,924,982       1,312,028,527

     流動資産

     棚卸資産                       2,041,942        53,662,236         2,184,363        57,405,060

     不動産開発費                         227,043       5,966,690         140,857       3,701,722

     売掛金、その他の債権及び契約資産                       3,869,966       101,702,706         3,432,600        90,208,728

     デリバティブ金融商品                         122,527       3,220,010          74,259       1,951,527

     税金資産                         93,673       2,461,726         134,459       3,533,583

     投資有価証券                       3,047,873        80,098,102         2,301,989        60,496,271

     関連当事者に対する債権                         77,815       2,044,978          53,694       1,411,078

     定期預金                       9,545,944       250,867,408         10,396,221        273,212,688

                            1,766,749        46,430,164         1,265,011        33,244,489

     現金預金
                            20,793,532        546,454,021         19,983,453        525,165,145

     資産合計

                            71,395,668       1,876,278,155          69,908,435       1,837,193,672
     要約連結財政状態計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記

     と併せて読まれるべきである。
                                17/51




                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
                             2020年12月31日現在                2020  年6月30日現在
                                (未監査)                ( 監査済)
                          千マレーシア                千マレーシア
                                     千円                千円
                          ・リンギット                ・リンギット
     資本
     資本金                       3,467,555        91,127,345         3,467,555        91,127,345
     その他の準備金                         681,023       17,897,284          512,535       13,469,420
     利益剰余金                       8,538,064       224,380,322         8,982,083       236,049,141
                             (42,362)       (1,113,273)         (501,837)       (13,188,276)
     控除:自己株式-取得原価
     親会社の所有者に帰属する資本合計
                            12,644,280        332,291,678         12,460,336        327,457,630
                            3,212,479        84,423,948         3,149,593        82,771,304
     非支配持分
     資本合計                       15,856,759        416,715,627         15,609,929        410,228,934
     負債
     非流動負債
     長期債務及びその他の契約負債                       1,381,806        36,313,862         1,288,626        33,865,091
     社債及び借入金                       33,947,347        892,136,279         32,248,322        847,485,902
     リース負債                       1,512,123        39,738,592         1,447,352        38,036,411
     交付金及び拠出金                         633,001       16,635,266          596,669       15,680,461
     繰延税金負債                       2,248,044        59,078,596         2,164,004        56,870,025
     退職後給付債務                         882,915       23,203,006          910,898       23,938,399
                              5,622       147,746         15,401        404,738
     デリバティブ金融商品
                            40,610,858       1,067,253,348          38,671,272       1,016,281,028
     流動負債
     買掛金、その他の債務及びその他の契約負
                            4,516,629       118,697,010         3,678,272        96,664,988
     債
     デリバティブ金融商品                         68,382       1,797,079         174,944       4,597,528
     関連当事者に対する債務                         35,837        941,796         39,212       1,030,491
     社債及び借入金                       9,939,860       261,219,521         11,317,556        297,425,372
     リース負債                         53,905       1,416,623         176,495       4,638,289
     税金負債                         165,015       4,336,594          98,873       2,598,382
     引当金-その他の負債及び費用に対するも
                             148,423       3,900,556         141,882       3,728,659
     の
                            14,928,051        392,309,180         15,627,234        410,683,710
     負債合計                       55,538,909       1,459,562,529          54,298,506       1,426,964,738
     資本及び負債合計                       71,395,668       1,876,278,155          69,908,435       1,837,193,672
                           マレーシア                マレーシア
                                     円                円
                          ・リンギット                ・リンギット
     1株当たり純資産
                               1.15         30       1.17         31
     要約連結財政状態計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記

     と併せて読まれるべきである。
                                18/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (4)要約連結資本変動表
        2020年12月31日に終了した6ヶ月間(未監査)
                                         (単位:千マレーシア・リンギット)
                          親会社の所有者に帰属
                                  その他の
                                              非支配持分       資本合計
     当グループ            資本金     利益剰余金       自己株式             合計
                                   準備金
     2020  年7月1日現在          3,467,555      8,982,083       (501,837)       512,535     12,460,336       3,149,593      15,609,929
     当期利益
                    -    17,387        -      -    17,387      116,761      134,148
                    -      -      -    167,473      167,473      108,386      275,859
     その他の包括利益
     当期包括利益合計
                    -    17,387        -    167,473      184,860      225,147      410,007
     当グループの組織変更               -    15,681        -      -    15,681      (49,005)      (33,324)
     配当金支払額               -      -      -      -      -    (113,256)      (113,256)
     自己株式の取得               -      -    (18,225)        -    (18,225)        -    (18,225)
     株式配当               -    (477,700)       477,700        -      -      -      -
     株式オプション費用               -      -      -     1,356      1,356       -     1,356
     子会社の株式オプション
                    -      613       -     (341)       272       -      272
     の失効
     2020  年12月31日現在          3,467,555      8,538,064       (42,362)      681,023     12,644,280       3,212,479      15,856,759
     要約連結資本変動表は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記と併

     せて読まれるべきである。
        2020年12月31日に終了した6ヶ月間(未監査)

                                                   (単位:千円)
                          親会社の所有者に帰属
                                  その他の
                                              非支配持分       資本合計
     当グループ            資本金     利益剰余金       自己株式             合計
                                   準備金
     2020  年7月1日現在          91,127,345      236,049,141      (13,188,276)       13,469,420      327,457,630       82,771,304      410,228,934
     当期利益
                    -    456,930        -      -    456,930     3,068,479      3,525,409
                    -      -      -   4,401,190      4,401,190      2,848,384      7,249,575
     その他の包括利益
     当期包括利益合計
                    -    456,930        -   4,401,190      4,858,121      5,916,863      10,774,984
     当グループの組織変更               -    412,097        -      -    412,097     (1,287,851)       (875,755)
     配当金支払額               -      -      -      -      -   (2,976,368)      (2,976,368)
     自己株式の取得               -      -    (478,953)         -    (478,953)         -    (478,953)
     株式配当               -  (12,553,956)       12,553,956          -      -      -      -
     株式オプション費用               -      -      -    35,636      35,636        -    35,636
     子会社の株式オプション
                    -    16,110        -    (8,961)       7,148       -     7,148
     の失効
     2020  年12月31日現在          91,127,345      224,380,322       (1,113,273)      17,897,284      332,291,678       84,423,948      416,715,627
     要約連結資本変動表は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記と併

     せて読まれるべきである。
                                19/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
        2019年12月31日に終了した6ヶ月間(未監査)
                                         (単位:千マレーシア・リンギット)
                          親会社の所有者に帰属
                                  その他の
                                              非支配持分       資本合計
     当グループ            資本金     利益剰余金       自己株式             合計
                                   準備金
     2019  年7月1日現在
                 3,340,111      9,488,302       (472,793)       907,066     13,262,686       7,631,855      20,894,541
     (過年度報告額)
     MFRS  第16号の適用による
                    -    (2,532)        -      -    (2,532)      (7,276)      (9,808)
     影響
     2019  年7月1日現在
                 3,340,111      9,485,770       (472,793)       907,066     13,260,154       7,624,579      20,884,733
     (修正再表示)
     当期利益
                    -    32,847        -      -    32,847      163,436      196,283
                    -      -      -    (139,796)      (139,796)      (141,645)      (281,441)
     その他の包括損失
     当期包括利益/(損失)合
                    -    32,847        -    (139,796)      (106,949)       21,791      (85,158)
     計
     当グループの組織変更               -    320,348        -      -    320,348      (312,864)       7,484
     配当金支払額               -    (426,770)         -      -    (426,770)      (299,037)      (725,807)
     株式資本の発行             114,623        -      -      -    114,623        -    114,623
     自己株式の取得               -      -    (22,860)        -    (22,860)        -    (22,860)
     株式オプション費用               -      -      -     1,460      1,460       -     1,460
     子会社の株式オプション
                    -      167       -      (92)       75      -      75
     の失効
     2019  年12月31日現在          3,454,734      9,412,362       (495,653)       768,638     13,140,081       7,034,469      20,174,550
     要約連結資本変動表は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記と併

     せて読まれるべきである。
        2019年12月31日に終了した6ヶ月間(未監査)

                                                   (単位:千円)
                          親会社の所有者に帰属
                                  その他の
                                              非支配持分       資本合計
     当グループ            資本金     利益剰余金       自己株式             合計
                                   準備金
     2019  年7月1日現在
                87,778,117      249,352,577      (12,425,000)       23,837,694      348,543,388      200,565,149      549,108,537
     (過年度報告額)
     MFRS  第16号の適用による
                    -    (66,541)        -      -    (66,541)      (191,213)      (257,754)
     影響
     2019  年7月1日現在
                87,778,117      249,286,036      (12,425,000)       23,837,694      348,476,847      200,373,936      548,850,783
     (修正再表示)
     当期利益
                    -    863,219        -      -    863,219     4,295,098      5,158,317
                    -      -      -   (3,673,839)      (3,673,839)      (3,722,431)      (7,396,269)
     その他の包括損失
     当期包括利益/(損失)合
                    -    863,219        -   (3,673,839)      (2,810,620)       572,667     (2,237,952)
     計
     当グループの組織変更               -   8,418,745         -      -   8,418,745      (8,222,066)       196,680
     配当金支払額               -  (11,215,516)          -      -  (11,215,516)       (7,858,692)      (19,074,208)
     株式資本の発行            3,012,292         -      -      -   3,012,292         -   3,012,292
     自己株式の取得               -      -    (600,761)         -    (600,761)         -    (600,761)
     株式オプション費用               -      -      -    38,369      38,369        -    38,369
     子会社の株式オプション
                    -     4,389       -    (2,418)       1,971       -     1,971
     の失効
     2019  年12月31日現在          90,790,410      247,356,873      (13,025,761)       20,199,807      345,321,329      184,865,845      530,187,174
     要約連結資本変動表は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に添付の注記と併

     せて読まれるべきである。
                                20/51




                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (5)要約連結キャッシュ・フロー計算書
                              2020  年12月31日              2019  年12月31日

                             に終了した6ヶ月間                に終了した6ヶ月間
                                ( 未監査)               ( 未監査)
                           千マレーシア               千マレーシア
                                     千円                千円
                           ・リンギット               ・リンギット
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     税引前利益                         333,698       8,769,583         370,915       9,747,646

     調整項目:

      契約コストの償却                         1,927       50,642        4,554       119,679

      交付金及び拠出金の償却                        (11,530)       (303,008)         (9,754)       (256,335)

      無形資産の償却                        34,896       917,067        11,363        298,620

      有形固定資産の減価償却費                        804,146      21,132,957         881,934       23,177,226

      使用権資産の減価償却費                        89,200      2,344,176         75,115       1,974,022

      受取配当金                        (13,682)       (359,563)         (5,489)       (144,251)

      デリバティブの公正価値の変動                           -        -       (311)       (8,173)

      投資有価証券の公正価値の変動                        (8,965)       (235,600)        (39,194)       (1,030,018)

      投資有価証券売却益                        (24,740)       (650,167)           -        -

      (減損に係る戻入)/減損損失                        (22,938)       (602,811)         35,500        932,940

      支払利息                        777,310      20,427,707         976,561       25,664,023

      受取利息                        (78,294)      (2,057,566)         (154,073)       (4,049,038)

      有形固定資産処分益純額                        (5,506)       (144,698)         (7,568)       (198,887)

      有形固定資産評価損                         1,483       38,973        6,759       177,627

      退職後給付引当金                        23,805       625,595        27,167        713,949

      引当金-その他の負債及び費用に対するも
                               1,536       40,366        1,481        38,921
      の
      株式オプション費用                         2,460       64,649        2,645        69,511
      関連会社及び共同支配企業に対する持分損
                             (176,505)       (4,638,551)         (207,855)       (5,462,429)
      益
      未実現為替差益                         73,196      1,923,591         (18,533)        (487,047)
                               7,939       208,637        (6,838)       (179,703)

      その他の非資金項目
     運転資本の増減調整前営業利益

                             1,809,436       47,551,978        1,944,379        51,098,280
     要約連結キャッシュ・フロー計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に

     添付の注記と併せて読まれるべきである。
                                21/51





                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
                              2020  年12月31日              2019  年12月31日
                             に終了した6ヶ月間                に終了した6ヶ月間
                                ( 未監査)               ( 未監査)
                           千マレーシア               千マレーシア
                                     千円                千円
                           ・リンギット               ・リンギット
     運転資本の増減:
      棚卸資産                         53,208      1,398,306         663,664       17,441,090
      不動産開発費                        (25,269)       (664,069)        (40,196)       (1,056,351)
      受取債権、預金及び前払金                       (547,791)      (14,395,947)          (47,969)       (1,260,625)
      支払債務及び未払費用                       1,009,797       26,537,465         (232,872)       (6,119,876)
                              14,830       389,732        (9,993)       (262,616)
      関連当事者残高
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                             2,314,211       60,817,465        2,277,013        59,839,902
      配当金受取額                        228,642       6,008,712         199,920       5,253,898
      利息支払額                       (703,473)      (18,487,270)         (990,481)       (26,029,841)
      利息受取額                         80,525      2,116,197         162,601       4,273,154
      退職給付制度支払額                       (107,049)       (2,813,248)         (24,843)        (652,874)
                              (74,607)      (1,960,672)         (142,010)       (3,732,023)
      法人税等支払額
     営業活動によるキャッシュ純額                        1,738,249       45,681,184        1,482,200        38,952,216
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      子会社の取得                           (142)       (3,732)       (114,395)       (3,006,301)
      関連会社に対する追加投資                         (23,200)       (609,696)           -        -
      開発費の発生額                          (9,807)       (257,728)        (62,568)       (1,644,287)
      インフラ資産に対する交付金受取額                          32,811       862,273        37,033        973,227
      満期90日超の預金の満期償還額                         97,637      2,565,900           -        -
      インカム・ファンドの純募集額                         (371,958)       (9,775,056)            -        -
      有形固定資産処分による手取金                          17,311       454,933        21,366        561,498
      投資有価証券売却による手取金                         27,241       715,893         3,978       104,542
      ファイナンス・リース債権からの収入                         2,401       63,098          -        -
      有形固定資産の取得                         (985,405)      (25,896,443)         (829,005)       (21,786,251)
      使用権資産の取得                         (10,621)       (279,120)           -        -
      投資不動産の取得                         (43,140)      (1,133,719)         (74,873)       (1,967,662)
      無形資産の取得                           (97)      (2,549)       (69,760)       (1,833,293)
      投資有価証券の取得                         (340,060)       (8,936,777)         (105,268)       (2,766,443)
                              (45,842)      (1,204,728)         (46,880)       (1,232,006)
      株主ローン
     投資活動に使用したキャッシュ純額                        (1,652,871)       (43,437,450)        (1,240,372)        (32,596,976)
     要約連結キャッシュ・フロー計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に

     添付の注記と併せて読まれるべきである。
                                22/51



                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
                              2020  年12月31日              2019  年12月31日
                             に終了した6ヶ月間                に終了した6ヶ月間
                                ( 未監査)               ( 未監査)
                           千マレーシア                千マレーシア
                                     千円                千円
                           ・リンギット                ・リンギット
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      配当金支払額                            -        -     (426,770)       (11,215,516)

      子会社の非支配持分に対する配当金支払額                        (113,256)       (2,976,368)         (299,037)       (7,858,692)

      当社による自己株式取得(純額)                        (18,226)       (478,979)        (22,860)        (600,761)

      子会社による自己株式取得                        (33,212)       (872,811)           (1)        (26)

      社債による収入                         740,000      19,447,200            -        -

      借入による収入                        1,265,119       33,247,327        1,877,611        49,343,617

      新株発行による収入                            -        -     114,623       3,012,292

      社債の返済                            -        -     (10,000)        (262,800)

      借入金の返済                        (1,963,905)       (51,611,423)        (1,297,521)        (34,098,852)

                              (180,109)       (4,733,265)         (181,094)       (4,759,150)

      リース負債の返済
     財務活動に使用したキャッシュ純額                         (303,589)       (7,978,319)         (245,049)       (6,439,888)

     現金及び現金同等物の純増減額

                              (218,211)       (5,734,585)          (3,221)        (84,648)
     為替レート変動による影響額                          (6,479)       (170,268)         42,214       1,109,384

                            11,100,066       291,709,734        11,763,827        309,153,374

     現金及び現金同等物-期首残高
     現金及び現金同等物-期末残高                        10,875,376       285,804,881        11,802,820        310,178,110

     現金及び現金同等物の内訳:

     認可銀行における定期預金                        9,545,944       250,867,408        10,560,252        277,523,423

     現金預金                        1,766,749       46,430,164        1,287,997        33,848,561

     満期が90日以上の預金                         (437,224)      (11,490,247)            -        -

                                (93)      (2,444)       (45,429)       (1,193,    874  )

     当座借越
                            10,875,376       285,804,881        11,802,820        310,178,110

     要約連結キャッシュ・フロー計算書は、2020年6月30日に終了した事業年度の監査済年次財務書類及び当四半期財務書類に

     添付の注記と併せて読まれるべきである。
                                23/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (6)四半期財務書類に対する注記
      マレーシアの財務報告基準第134号の開示要件
         要約連結四半期財務書類は、当グループの2020年6月30日に終了した事業年度の監査済財務書類と併せて
        読まれるべきである。
      A 1 会計方針及び算定方法

         当四半期財務書類は未監査であり、マレーシアの財務報告基準(以下「MFRS」という)第134号「期中財務
        報告」及びブルサ・マレーシア・セキュリティーズ・バーハッド(以下「ブルサ・セキュリティーズ」とい
        う)のメイン・マーケットの上場規程第9条パートK第9.22項に準拠して作成されている。
         本書に含まれる注記は、2020年6月30日に終了した事業年度以降の当グループの財政状態及び経営成績の
        変化を理解する上で重要な事象及び取引に係る説明を提供する。
         当四半期財務書類において当グループが採用している会計方針及び算定方法は、2020年6月30日に終了し
        た事業年度の監査済年次財務書類において採用されたものと一致している。
         2020年7月1日以降に開始する事業年度に有効なMFRS、MFRSの修正及びIC解釈指針の適用は、当グループ
        に重要な財務的影響を与えるものではない。
      A 2 事業における季節もしくは周期による変動要因

         当グループの事業は、季節もしくは周期的な要因によって重要な影響を受けることはない。
                                24/51













                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      A 3 収益の内訳
                    2020  年12月31日 

                              2019  年12月31日
                                        2020  年12月31日        2019  年12月31日
                               に終了した
                      に終了した
                                         に終了した          に終了した
                               前年同四半期
                      当四半期
                                        6ヶ月間(累計)          6ヶ月間(累計)
                                会計期間
                      会計期間
                     千マレーシア・          千マレーシア・          千マレーシア・          千マレーシア・
                      リンギット          リンギット          リンギット          リンギット
     公益事業
     電力販売                   1,461,997          1,601,727          2,850,418          3,282,188

     水道水販売及び下水処理                    934,877          890,125         1,808,631          1,745,943

     スチーム販売                    41,595          38,124          87,522          92,633

     ブロードバンド通信事業収益                    93,894          96,032         193,236          191,350

                         43,980          75,058          88,126         240,937

     その他
                       2,576,343          2,701,066          5,027,933          5,553,051

     セメント及び建材業界

     セメント及び関連製品の販売                   1,149,948          1,391,075          2,203,439          2,546,777

                         3,734          4,127          9,691          9,671

     その他
                       1,153,682          1,395,202          2,213,130          2,556,448

     建設

                        573,630          570,190         1,003,560          1,011,140

     建設契約収入
     ホテルの運営

     ホテルルーム並びに食品及び飲
                         98,838         429,529          207,906          745,342
     料
                         1,579          5,612          4,646         10,646
     その他
                        100,417          435,141          212,552          755,988

     不動産

     不動産開発事業                    43,953         169,627          49,047         387,115

     不動産開発目的で保有する土地
                         26,501            -        26,501            -
     の販売
                         3,524          4,495          7,381          9,352
     その他
                         73,978         174,122          82,929         396,467

     情報技術及びeコマース関連事
     業
     メディア及び広告サービス                      922         1,037          1,699          2,144
                           7         -          30          32

     その他
                          929         1,037          1,729          2,176

                                25/51




                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     マネージメント・サービス及び
     その他
     運営及び保守サービス                    21,710          18,952          43,556          63,738
     食品及び飲料                      962         5,597          2,518         11,189

                         24,924          32,957          52,569          54,210

     その他
                         47,596          57,506          98,643         129,137

     その他のソース

     賃貸料収入                    34,148         155,222          67,684         312,250

     受取利息                    24,336          50,058          48,866         106,505

                         6,640          4,261         13,501          5,307

     受取配当金
                         65,124         209,541          130,051          424,062

     収益合計                   4,591,699          5,543,805          8,770,527         10,828,469

      A 4 例外的又は非経常的な項目

       当四半期会計期間において、当グループの資産、負債、資本、当期利益又はキャッシュ・フローに影響を及
      ぼす例外的又は非経常的な性質を有する項目はなかった。
      A 5 報告額の見積りの変更

       過去の期中報告期間又は過年度における報告額の見積りに対する重要な変更はなかった。
      A 6 負債証券及び株式における変動

       以下を除き、負債証券及び株式の発行、消却、買戻し、再売却及び償還はなかった。
       当四半期会計期間及び当四半期累計期間において、当社は、発行済株式資本のうち普通株式23,699,100株を
      合計18,225,622マレーシア・リンギットの対価で公開市場から買い戻した。株式買戻取引は、内部的に調達し
      た資金によってまかなわれた。買戻された株式は、2016年会社法第127条第6項の要件に従い自己株式として保
      有されている。
       当四半期会計期間及び当四半期累計期間において、2020年10月28日時点で保有されていた普通株式30株につ
      き1株の自己株式を基準として、2020年11月12日に合計354,982,768株、総額477,700,310.90マレーシア・リン
      ギットの自己株式が株主に分配された。
       2020年12月31日現在、保有する自己株式数は普通株式41,622,950株であった。
      A 7 配当金支払額

       当四半期会計期間において配当金の支払いはなかった。
                                26/51





                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      A 8 セグメント情報
       当グループには、以下の7つの報告セグメントがある。
          (a)建設
          (b)情報技術及びeコマース関連事業
          (c)セメント及び建材業界
          (d)不動産投資及び開発
          (e)マネージメント・サービス及びその他
          (f)ホテルの運営
          (g)公益事業
          経営陣は、資源配分に関する意思決定及び業績評価の実施を目的として、事業セグメントの営業損益

         を別個に監視している。
          セグメント間価格は、交渉に基づいて決定される。
          当グループの2020年12月31日に終了した会計期間におけるセグメント業績は以下の通りである。
                                         (単位:千マレーシア・リンギット)
                情報技術               マネージメ
                     セメント      不動産
                 及び              ント・サー
           建設          及び建材     投資及び           ホテル     公益事業      消去     合計
               eコマース                ビス及び
                      業界     開発
                関連事業                その他
    外部収益
          1,003,560       1,729   2,213,994      152,692     158,067     212,552    5,027,933         -  8,770,527
    セグメント
           17,928      1,499     15,665     59,712     33,387      2,958     6,346    (137,495)         -
    間収益
    収益合計      1,021,488       3,228   2,229,659      212,404     191,454     215,510    5,034,279      (137,495)     8,770,527
    セグメント
    業績
    営業利益/
           106,106       (707)    315,870     (62,334)     210,574     (73,183)     438,177        -
                                                      934,503
    (損失)
                                                     (777,310)
    財務費用
                                                      157,193

    関連会社及
    び共同支配
                                                      176,505
    企業に対す
    る持分利益
    税引前利益                                                 333,698
    財務費用

                                                      777,310
    減価償却費
                                                      918,639
    及び償却費
       *
                                                     2,029,647
    EBITDA
    *9.0百万マレーシア・リンギットの公正価値評価益及び22.9百万マレーシア・リンギットの減損に係る戻入が含まれる。

                                27/51





                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
          セグメント間価格は、交渉に基づいて決定される。
          当グループの2019年12月31日に終了した会計期間におけるセグメント業績は以下の通りである。
                                        (単位:千マレーシア・リンギット)
                情報技術               マネージメ
                     セメント      不動産
                 及び              ント・サー
            建設          及び建材     投資及び           ホテル     公益事業      消去     合計
                eコマース                ビス及び
                      業界     開発
                関連事業                その他
    外部収益
          1,011,140       2,175   2,557,882      723,409     224,697     756,115    5,553,051         -  10,828,469
    セグメント
            11,165      2,868     10,782     106,977     157,314      7,862     8,134   (305,101)         -
    間収益
    収益合計      1,022,305       5,043   2,568,664      830,386     382,011     763,977    5,561,185      (305,101)     10,828,469
    セグメント
    業績
           117,401      2,389    164,502     136,202     328,872     104,944     285,311        -
    営業利益                                                1,139,621
                                                     (976,561)

    財務費用
                                                     163,060

    関連会社及
    び共同支配
                                                     207,855
    企業に対す
    る持分損益
    税引前利益                                                 370,915
    財務費用

                                                     976,561
    減価償却費
                                                     963,212
    及び償却費
       *
                                                    2,310,688
    EBITDA
    *39.5百万マレーシア・リンギットの公正価値評価益及び35.5百万マレーシア・リンギットの減損損失が含まれる。

                                28/51










                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      A 9 当グループの組織変更
         2020年12月31日に終了した当会計期間において、企業結合、子会社及び長期投資の取得又は売却、事業再
        編及び非継続事業を含め、以下を除き、当グループの重要な組織変更はなかった。
        ・P.T.ワイ・ティー・エル・ハルタ・インドネシア(以下「YTLハルタ・インドネシア」という)は、2020年
         9月10日に、ワイ・ティー・エル・ジャワ・オー・アンド・エム・ホールディングス・ビーヴィ及び
         P.T.ワイ・ティー・エル・ジャワ・ティムール(いずれもワイ・ティー・エル・パワー・インターナ
         ショナル・バーハッド(以下「YTLパワー」という)の間接子会社)により、それぞれ95%及び5%の保有
         持分割合により設立された。その結果、YTLハルタ・インドネシアはYTLパワー及び当社の間接子会社と
         なった。
          YTLハルタ・インドネシアはインドネシアにおいて、普通株式2,500株から成る発行済株式資本
         2,500,000,000ルピアにて、工業団地事業活動を目的として設立された。
        ・2020年10月19日、ベン・トレ・フィコ-ワイ・ティー・エル・セメント・リミテッド(以下「ベン・ト
         レ・フィコ」という)は、ワイ・ティー・エル・セメント・バーハッドの間接子会社であるフィコ・タ
         イ・ニン・セメント・ジョイント・ストック・カンパニーの完全子会社として設立された。ベン・ト
         レ・フィコは、主にポルトランド・セメント及び混合セメントの製造及び及び販売に関与している。
        ・2020年11月27日、ダイアルズ・アット・ブラバゾン・マネジメント・カンパニー・リミテッド(以下「ダ
         イアルズ・アット・ブラバゾン」という)及びナビゲーター・アット・ブラバゾン・マネジメント・カン
         パニー・リミテッド(以下「ナビゲーター・アット・ブラバゾン」という)は、ワイ・ティー・エル・
         ホームズ・リミテッド(当社の間接的な完全子会社)の完全子会社として設立された。その結果、ダイア
         ルズ・アット・ブラバゾン及びナビゲーター・アット・ブラバゾンは当社の間接的な完全子会社となっ
         た。
          ダイアルズ・アット・ブラバゾン及びナビゲーター・アット・ブラバゾンは、株式資本のない保証によ
         る有限会社としてイングランド及びウェールズで設立され、主に不動産の管理に関与する。
      A10   偶発債務又は偶発資産における変動

         2020年6月30日に終了した直近事業年度以降、当グループの偶発債務に重要な変動はなかった。
      A11   後発事象

         当四半期末から当報告日までの期間において、重要な、あるいは非経常的な性質の項目、取引又は事象は
        なかった。
                                29/51







                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     ブルサ・セキュリティーズのメイン・マーケットの上場規程付録9BパートAによる開示要件
      B 1 経営成績

                                        (単位:千マレーシア・リンギット)
                        2020年      2019年           2020年      2019年
                       12月31日に      12月31日に       増減率     12月31日      12月31日      増減率
                       終了した      終了した       (%)    に終了した      に終了した       (%)
                       当四半期     前年同四半期       +/-     6ヶ月間      6ヶ月間      +/-
                       会計期間      会計期間            (累計)      (累計)
     収益

     建設                    573,630      570,190       1%   1,003,560      1,011,140       -1%

     情報技術及びeコマース関連事業                      929     1,036     -10%      1,729      2,175     -21%

     セメント及び建材業界                   1,154,219      1,396,436       -17%    2,213,994      2,557,882       -13%

     不動産投資及び開発                    108,540      335,251      -68%     152,692      723,409      -79%

     マネージメント・サービス及び
                         77,654      104,610      -26%     158,067      224,697      -30%
     その他
     ホテル                    100,384      435,216      -77%     212,552      756,115      -72%
                       2,576,343      2,701,066           5,027,933      5,553,051

     公益事業                                -5%                  -9%
                       4,591,699      5,543,805           8,770,527      10,828,469

     税引前利益/(損失)

     建設                    54,881      49,645      11%     100,919      116,427      -13%

     情報技術及びeコマース関連事業                     (507)       762   -167%       (707)      2,389    -130%

     セメント及び建材業界                    131,493       49,543     165%     222,951       40,023     457%

     不動産投資及び開発                    (89,869)      (20,150)     -346%     (106,528)       (8,622)    -1136%

     マネージメント・サービス及び
                        (65,491)       15,392     -525%     (108,777)        5,738    -1996%
     その他
     ホテル                    (53,998)       60,085     -190%      (88,259)       96,284     -192%
                        220,343       31,540           314,099      118,676

     公益事業                                599%                  165%
                        196,852      186,817           333,698      370,915

         当四半期会計期間において、当グループの収益は前年同四半期会計期間に計上された4,591.7百万マレー

        シア・リンギットと比較して5,543.8百万マレーシア・リンギットであった。当グループは、当四半期会計
        期間において196.9百万マレーシア・リンギットの税引前利益を計上した。これは前年同四半期会計期間に
        計上された186.8百万マレーシア・リンギットの利益と比較して10.0百万マレーシア・リンギット、すなわ
        ち  5.4%の増加であった。
                                30/51





                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
         6ヶ月間の当四半期累計期間において、当グループの収益は2019年12月31日に終了した前年同四半期累計
        期間に計上された10,828.5百万マレーシア・リンギットと比較して8,770.5百万マレーシア・リンギットで
        あった。当グループの当四半期累計期間における税引前利益は333.7百万マレーシア・リンギットであっ
        た。これは前年同四半期累計期間に計上された370.9百万マレーシア・リンギットの利益と比較して37.2百
        万マレーシア・リンギット、すなわち10.0%の減少であった。
         Covid-19発生以降、当グループが事業を行っている国は、ウィルスの感染拡大を封じ込めるための様々な
        制限を設けており、マレーシアは現在、2021年3月4日まで活動制限令を延長している。Covid-19パンデ
        ミックの直接的な影響は、2020年12月31日に終了した当四半期会計期間/累計期間の各事業セグメントの業
        績に表れており、前年同四半期会計期間/累計期間と比較した分析は以下の通りである。
        建設

         当四半期会計期間において、収益は前年同四半期累計期間と比較してほぼ同じであった。一方、税引前利
        益の増加は主に建設工事が増加したことによるものであった。
         6ヶ月間の当四半期累計期間において、収益及び税引前利益の減少は、主に建設工事の減少及び財務費用
        の増加によるものである。
        情報技術及びeコマース関連事業

         当四半期会計期間/累計期間において、収益の減少は、主にコンテンツ及びデジタルメディア部門におけ
        る収益がCovid-19の影響を受けて減少したことによるものである。一方、税引前損失は、主に収益及び現金
        預金から稼得される受取利息の減少によるものであった。
        セメント及び建材業界

         当四半期会計期間/累計期間におけるセメント部門の収益は、主にコンクリート及び採石部門の需要減に
        より減少した。一方で、主に製造コスト削減のための重要な施策を実施したことや、販売・物流業務の効率
        化を進めたことにより、税引前利益は改善した。
        不動産投資及び開発

         当四半期会計期間/累計期間において、収益の減少は、主にスターヒル・グローバル・リアル・インベス
        トメント・トラスト(以下「SGREIT」という)の業績の連結からの除外、並びにセントゥル・ラヤ・センドリ
        アン・バーハッドが実施したフェンネル・プロジェクト及びワイ・ティー・エル・ウエストウッド・プロパ
        ティーズ・プライベート・リミテッドが実施した3オーチャード・バイ・ザ・パーク・プロジェクトにおけ
        る販売の減少によるものである。一方、税引前損失は、主にワイ・ティー・エル・ホスピタリティREITが計
        上した外貨建借入金に係る未実現為替差益の減少、並びに主にシンガポールとオーストラリアの不動産の
        Covid-19パンデミック及び賃料の変動の影響を受けたSGREITに対する持分利益の減少によるものであった。
                                31/51





                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
        マネージメント・サービス及びその他
         当四半期会計期間/累計期間において、収益の減少は、主に受取利息の減少とYTLパワーにおいて技術
        サービス収益が計上されなかったことによるものであった。一方、税引前損失は、主に海外子会社において
        投資有価証券の公正価値評価益が計上されなかったこと、関連会社に対する持分損失が増加したこと及び上
        記のように収益が減少したことによるものであった。
        ホテル

         当四半期会計期間/累計期間において、Covid-19パンデミックに起因する前例のない混乱を受けた非常に
        厳しい状況の中で、このセグメントは業績悪化による影響を大きく受けた。接客事業が運営されているほと
        んどの管轄区域の国境は、外国人旅行者に対して閉鎖された。セミナーやミーティングは、ソーシャルディ
        スタンス対策や、これらの管轄区域の政府が公表した標準業務手順の遵守のために制限された。
        公益事業

         当四半期会計期間において、公益事業セグメント内の部門の業績は以下の通りである。
        ・電力発電(受託)部門の収益は、エネルギー支払額の減少により減少した。税引前利益は前年同四半期会計
         期間と比較してほぼ同じであった。
        ・多目的公益事業(商業)部門の収益は、前年同四半期会計期間と比較してほぼ同じであった。一方、税引前
         利益の改善は、主に販売及び権利確定総利益の増加、燃料油タンクのリース料率の上昇、財務費用の減
         少、並びに高等裁判所の決定に対する控訴から生じた債権の減損の回復によるものであった。
        ・水道及び下水部門の収益は、主に規制対象外のプロジェクトによる増収により増加した。一方、税引前利
         益は、主に規制当局による料金の見直し及び設備投資への追加投資に伴う減価償却費により減少した。
        ・電気通信部門の収益は、前年同四半期会計期間からほとんど変動していない。税引前損失の改善は、主に
         減価償却費の減少によるものであった。一方、EBITDAはプラスを維持し続けている。
         6ヶ月間の当四半期累計期間において、各事業部門の業績は、電力発電(受託)部門と水道及び下水部門を

        除き、上記の注記と一致していた。
        ・電力発電(受託)部門の収益は、エネルギー支払額の減少により減少した。税引前利益は、主に棚卸資産の
         一括評価減によるものであった。
        ・水道及び下水部門の収益は、主に規制対象外のプロジェクトによる増収及びマレーシア・リンギットに対
         する英ポンドの上昇により増加した。一方、税引前利益は、主に規制当局による料金の見直し及び設備
         投資への追加投資に伴う減価償却費により減少した。
                                32/51







                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      B 2 直前の四半期会計期間との比較
                                        (単位:千マレーシア・リンギット)
                           2020年12月31日            2020年9月30日             増減率
                            に終了した            に終了した            (%)
                          当四半期会計期間            前四半期会計期間             +/-
     収益
                              4,591,699            4,178,828            10%
     税引前利益                          196,852            136,846           44%
                               85,448            48,700          75%
     税引後利益
         前四半期会計期間と比較して税引前利益が増加したのは、主に高等裁判所の決定に対する控訴から生じた

        債権の減損の回復に伴い多目的公益事業(商業)セグメントの業績が好調であったこと、並びに建設セグメン
        トとセメント及び建材業界セグメントの業績が改善したことによるものであった。
      B 3 2020年6月30日に終了した前事業年度の監査報告書

         2020年6月30日に終了した事業年度の財務書類についての監査報告書には、いかなる限定も付されていな
        い。
      B 4 業績の見込み

         世界的に見て、企業はCovid-19パンデミックの発生後、前例のない社会的及び経済的な課題に直面してい
        る。当グループが事業を行っている国では、様々な移動制限令を継続しており、不要不急のサービスの運営
        を制限してきた。しかしながら、当グループの事業については、その性質上、制限期間を通じて継続的に事
        業運営を行っている不可欠なサービスである公益事業セグメントにより、影響は緩和されている。建設セグ
        メント及びセメント・セグメントの事業は、許可に基づき段階的に再開しており、正常化している。
         また、当グループが事業を行っているほとんどの国でワクチン開発が進行中であり、ワクチン接種プログ
        ラムが最近開始されたこと(今週、マレーシアのプログラムが開始されたことを含む)は、正常化と経済回復
        への道筋を示す重要な進展である。
        建設

         その後、建設事業は再開されたが、厳格な標準業務手順書に基づいて再開された。経営者は、進行中の建
        設工事が順調に進んでいることを確認するための措置を講じ、厳格なコスト管理措置も実施している。
         それにもかかわらず、このセグメントは、現在受注中の契約に基づき業績に貢献すると予想される。
        情報技術及びeコマース関連事業

         このセグメントは当グループへの貢献度が高くないため、Covid-19パンデミックから経済が回復すること
        になっても、当グループの業績の見込みに及ぼす影響は最小限のものとなるであろう。
                                33/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
        セメント及び建材業界
         Covid-19パンデミックによる影響が新規投資に係る公的及び民間の計画に影響を及ぼしたため、短期的な
        見通しは依然として厳しいものである可能性があるが、当グループの主要市場の確固たるダイナミクスは依
        然として維持されている。経営者は、インフラ要件や都市化による住宅需要等の推進要因が引き続き需要の
        伸びを下支えすると確信している。セメント部門は、ランカウイの専用製造施設からの輸出量も増加させる
        予定である。
        不動産投資及び開発

         前例のない事態により、Covid-19パンデミックが不動産市場及び不動産商品に対する消費者需要にどのよ
        うな影響を与えるかについて、現時点で正確に予測することはできない。それにもかかわらず、当グループ
        は今後もマーケティング活動や販売の開拓、並びにプロジェクトの立ち上げに向けての取り組みを行う予定
        である。
        マネージメント・サービス及びその他/ホテル

         ホスピタリティ業界の短期的な見通しは依然として厳しいものである。国際的なビジネスやレジャー目的
        の旅行者の需要は、Covid-19のパンデミックが封じ込められるまでは伸び悩むことが予想され、経営陣はそ
        の後に回復の原動力となる繰延需要を見込んでいる。過去数ヶ月間に多くの国でのワクチン接種プログラム
        が開始されたことは、世界の観光及びホスピタリティ業界の回復に向けた好材料となっている。短期的に
        は、海外旅行の制限により、海外旅行から国内旅行への代替需要が見込まれている。
        公益事業

         ワイ・ティー・エル・パワー・グループは、インドネシアのジャワ島における2x660メガワットの石炭火
        力発電プロジェクトであるタンジュン・ジャティAの開発を行う独立発電事業者であるピー・ティー・タン
        ジュン・ジャティ・パワー・カンパニー(以下「TJPC」という)の80%の株式持分を保有している。TJPCは、
        インドネシアの国有電力供給会社であるPT                      PLN(ぺセロ)との間で、2015年12月及び2018年3月に修正された
        30年間の電力購入契約を有している。2020年2月、TJPCはインドネシア共和国の財務省から政府保証
        (Business      Viability      Guarantee      Letter)を取得し、財務面での最終合意に向けて進行中である。
                                34/51









                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
         また、ワイ・ティー・エル・パワー・グループは、ヨルダン・ハシミテ王国における554メガワット(総
        量)のオイルシェール火力発電プロジェクトの開発を行っているアタラット・パワー・カンパニー(以下
        「APCO」という)の45%の株式持分も保有している。APCOは、ヨルダンの国営公益事業である国営電力会社
        (以下「NEPCO」という)との間で、当該発電所の全電力容量及びエネルギーに関する30年間の電力購入契約
        (3.5年間の建設期間を含む)を締結している。当該契約には、NEPCOが電力購入契約を(プロジェクトの第2
        ユニットの商業運転開始日から)40年間まで延長できるオプションがある。プロジェクトの建設は開始され
        ており、当初は暦年2020年の中旬に第1ユニット及び暦年2020年の最終四半期に第2ユニットの商業運転が
        予定されていた。しかしながら、Covid-19のグローバル・パンデミックにより、ヨルダン政府が旅行・移動
        制限を課したことで、プロジェクトは遅延しており、両ユニットの商業運転開始は暦年2021年の中旬になる
        と予想される。APCOは、NEPCOとの電力購入契約に基づく不可抗力条項を発動した。Covid-19の影響は依然
        として続いているため、不可抗力条項は現在も有効である。
         ワイ・ティー・エル・パワー・ジェネレーション・センドリアン・バーハッド(以下「YTLPG」という)
        は、2017年9月1日に、3年10ヶ月間にわたりパカに現存する設備から585メガワットの電力容量を供給す
        る運転を開始した。これは2021年6月30日に終了する予定である。
         多目的公益事業(商業)部門については、シンガポールがフェーズ3.Aに移行し、Covid-19パンデミック対
        策の一環として、社会、文化、宗教、ビジネスの集まりやイベントを限られた規模で再開することができる
        ようになるにつれ、電力需要は徐々に改善している。
         2020年3月12日に発表されたチュアスプリングの買収案は現時点では完了していないが、当グループの既
        存の多目的公益事業を論理的に拡張するものである。シンガポールの最新の複合発電所であるチュアスプリ
        ングの発電所及び関連資産は、買収完了時に既存の事業に統合され、当グループの将来の収益に貢献するこ
        とが期待される。買収提案は、2020年5月にシンガポールのエネルギー市場監督庁(EMA)に承認された。買
        収の完了は現在、シンガポール公益事業庁の承認と融資契約の完了が条件となっている。
         このセグメントは、顧客サービス及び中核事業の範囲を超えて複数の公益事業の総合的な供給への多様化
        を引き続き重視する予定である。
         水道及び下水部門に関しては、ウェセックス・ウォーターは、2020年から2025年の料金改定(以下
        「PR19」という)の一環として規制当局と合意した投資コミットメントに向けての取り組みを継続してい
        る。過去5年間で、規制資産ベース(以下「RAB」という)のウェセックス・ウォーターの投資は151.1億マ
        レーシア・リンギット(27.5億英ポンド)から177.9億マレーシア・リンギット(33.5億英ポンド)に増加し
        た。RABの価値は、PR19で合意された投資コミットメントに従い、2025年3月31日の期末時点で206.6億マ
        レーシア・リンギット(38.9億英ポンド)に増加すると予想される。
                                35/51







                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
         既に整備されている既存のネットワークにより、このセグメントは、通信インフラ事業及び加入者基盤を
        引き続き拡大していく。2020年8月、政府とマレーシア通信マルチメディア委員会によって立案されたマ
        レーシアのデジタル通信インフラのアップグレード計画「Jalinan                                   Digital     Negara(JENDELA)」が始動し
        た。計画の初期段階では、4Gモバイル・ブロードバンド・カバレッジの拡大及びブロードバンド速度の向上
        に重点が置かれており、2021年までに3Gをシャットダウンすることを目的としている。そのため、ワイ・
        ティー・エル・コミュニケーションズのピュア4G                          YESネットワークは、引き続き加入者を惹きつけ、マレー
        シアのデジタル・インフラ・ニーズを満たす上で安定した位置についている。
         Covid-19パンデミックへの対応として、ワイ・ティー・エル・コミュニケーションズ及びフロッグアジア
        は、主にワイ・ティー・エル・グループが資金提供する非営利財団であるワイ・ティー・エル・ファンデー
        ションと協力し、学生が自宅で学習することができるように、2020年3月にラーン・フロム・ホーム・イニ
        シアティブを立ち上げた。このイニシアティブでは、ワイ・ティー・エル・ファンデーションが、公立学校
        や一部の高等教育機関の学生に対して、40GBのデータを搭載したYES                                   4G  SIMカードを無料で提供するととも
        に、低所得者層(B40)世帯の学生に対して携帯電話やYES                               4Gのインターネットデータプランを無料で提供
        し、学生がオンライン学習に必要なデータに無料でアクセスできるようにした。また、自宅からの学習を容
        易にするため、オンラインの学習リソースとレッスンもフロッグアジアから提供された。このイニシアティ
        ブは、パンデミックの第3波により学校が再び閉鎖されたため、2021年6月30日まで延長されている。
         ワイ・ティー・エル・コミュニケーションズは最近、市場で最も手頃な価格のデータプランを提供する
        YES  Kasi   Upプログラムを開始した。このプログラムには、YESの紹介アンバサダーである加入者に現金報酬
        を与える紹介制度が含まれている。国内最大のeコマースプラットフォームであるShopeeとのパートナー
        シップにより、YESの加入者であるShopeeの顧客に、Shopeeに費やした金額分の無料データが提供され、
        データはさらに手頃でアクセスしやすいものとなる。このセグメントは、手頃な価格のデータプランを提供
        することにより、パートナーシップとコラボレーションによって強化された加入者基盤の拡大を目指してい
        る。
         厳しい見通しにもかかわらず、当グループは、これらのセグメントの事業が本質的に不可欠なものである

        ため、当グループの事業セグメントの業績が堅調に推移していくものと予想している。当グループは、関連
        するリスクとすべての事業セグメントに係る影響を引き続き注視していく。
      B 5 利益予測

        当グループは、当四半期会計期間において、利益予測又は利益保証を公表していない。
                                36/51







                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      B 6 当期利益
                                        (単位:千マレーシア・リンギット)
                               2020年12月31日に終了した               2020年12月31日までの
                                 当四半期会計期間              当四半期累計期間
         当期利益に影響する費用/(収益):
         交付金及び拠出金の償却                              (5,633)              (11,530)

         無形資産の償却                              17,462              34,896

         有形固定資産の減価償却費                              401,768              804,146

         使用権資産の減価償却費                              45,108              89,200

         受取配当金                              (6,785)              (13,682)

         投資有価証券の公正価値の変動                              (1,216)              (8,965)

         支払利息                              398,163              777,310

         受取利息                              (15,637)              (29,428)

         為替差損                              39,412              44,605

         有形固定資産処分益純額                              (3,588)              (5,506)

         有形固定資産評価損                                248             1,483

         引当金-その他の負債及び費用に対するも
                                         888             1,536
         の
         棚卸資産の減損に対する(戻入)/引当金                              (1,004)              14,696
         契約コストの(戻入)/償却                               (129)              1,927

                                       (54,750)              (37,883)

         債権の減損に係る戻入-戻入後
         当四半期会計期間及び累計期間において、上記項目以外には、投資収益、債権の償却、不動産の処分損

        益、資産の減損並びに特別項目はなかった。
      B 7 法人税等

         法人税等の内訳は、以下の通りである。
                                        (単位:千マレーシア・リンギット)
                               2020年12月31日に終了した               2020年12月31日までの
                                 当四半期会計期間              当四半期累計期間
         当期に関する
          -法人所得税                              98,070              187,422
                                        13,334              12,128
          -繰延税金
                                       111,404              199,550
         当四半期会計期間及び当四半期累計期間において、当グループの実効税率は、マレーシアの法定所得税率

        を上回っており、これは主に一部の子会社において発生した損失と税務上損金算入できない特定の費用によ
        るもので、異なる税務管轄の対象となる所得により一部相殺された。
                                37/51




                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      B 8 当グループにおける計画
       公表されているが完了していない計画
         現実的に直近の日である本報告書日現在、以下を除いて公表されているが完了していない計画はなかっ
        た。
         (i)  2020  年3月12日、YTLパワーとテイザー・パワーは、チュアスプリング・プライベート・リミテッド
           (以下「チュアスプリング」という)との間で、ワイ・ティー・エル・パワーセラヤ・プライベート・
           リミテッドによるチュアスプリングの管財人及び管理者からのチュアスプリングの発電所及び関連資
           産の買収提案に係るプット・オプション及びコール・オプション契約を締結した。購入対価は総額
           331,452,000シンガポール・ドルであり、現金230,000,000シンガポール・ドルと、ワイ・ティー・エ
           ル・パワーセラヤ・プライベート・リミテッドの直接の保有会社であるワイ・ティー・エル・ユー
           ティリティーズ(S)プライベート・リミテッドの買収後の持分の7.54%に相当する普通株式及び貸付
           手形からなる       101,452,000シンガポール・ドルで決済される(以下「買収提案」という)。
           2020年5月20日に、シンガポールのエネルギー市場監督庁から買収提案の承認を得た。買収の完了
           は、特にシンガポール公益事業庁の承認と融資契約の完了が条件となっており、これらは現時点では
           完了していない。
                                38/51














                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      B 9 当グループの借入金及び負債証券
         2020  年12月31日現在、当グループの借入金及び負債証券は以下の通りである。
                                        (単位:千マレーシア・リンギット)
                              担保付           無担保           合計
          流動

          銀行引受手形                         -         47,708           47,708
          当座借越                         -           93           93

          ICULS*                         -         2,184           2,184
          リボルビング信用枠                       53,000         3,092,972           3,145,972
          ターム・ローン                      102,531          6,341,372           6,443,903
                                  -        300,000           300,000
          社債
                                155,531          9,784,329           9,939,860
          非流動
          ICULS*                         -         2,417           2,417
          リボルビング信用枠                      208,654          1,502,672           1,711,326
          ターム・ローン                     2,258,823           9,230,984          11,489,807
                                328,196         20,415,601           20,743,797
          社債
                               2,795,673          31,151,674           33,947,347
                               2,951,204          40,936,003           43,887,207

          借入金合計
        *無償還無担保転換社債(「ICULS」)
         上記に含まれている外貨建借入金は以下の通りである。

                                             マレーシア・リンギット

                                    外貨
                                                 換算額
                                   (単位:千)              (単位:千)
          米ドル

                                      666,626             2,675,170
          シンガポール・ドル                           2,286,147              6,939,371

          英ポンド                           2,529,968             13,827,034

          日本円                           17,562,501               683,023

          タイ・バーツ                           1,990,000               266,640

          オーストラリア・ドル                            486,519             1,503,149

                                                     2,081

          ユーロ                              422
                                                  25,896,468

                                39/51




                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
         当社によって保証されている子会社による借入金212.0百万マレーシア・リンギット、220.0百万米ドル、
        89.1百万英ポンド、72.5億円及び0.42百万ユーロを除いて、その他の子会社の借入金はすべて当社に対する
        償還請求権はない。
      B10   デリバティブ金融商品、金融負債の公正価値の変動及び公正価値ヒエラルキー

       (a)デリバティブ金融商品
         2020  年12月31日現在、当グループにおける未決済のデリバティブは以下の通りである。
                                         (単位:千マレーシア・リンギット)
                                  契約/想定元本               公正価値
          デリバティブの種類
          燃料油スワップ

           -1年未満                            967,006              95,280

           -1年から3年                             78,254              4,193

                                         -              -

           -3年超
          為替先渡取引

           -1年未満                           1,089,621               (41,135)

           -1年から3年                            151,182              (5,259)

                                         -              -

           -3年超
         当グループは、将来の様々な日に発生することが予想される、蓋然性の高い燃料油及び天然ガスの現物の

        購入予定取引をヘッジする目的で燃料油スワップを締結した。燃料油スワップの満期日は、これらの取引の
        発生が見込まれる日と一致する。
         当グループは、将来発生することが予想される、蓋然性の高い外貨建予定取引をヘッジする目的で為替先
        渡取引を締結した。為替先渡取引の満期日は、これらの取引の発生が見込まれる日と一致する。
         デリバティブ金融商品は銀行の相場価格に基づき公正価値で計上される。キャッシュ・フロー・ヘッジと
        して指定され、かつその要件を満たすデリバティブの公正価値の変動の有効部分は、その他の包括利益に認
        識される。非有効部分に関する利得又は損失は、直ちに純損益において認識される。
         すべてのデリバティブ金融商品は、当グループの信用リスクのエクスポージャーを制限する目的で信用力
        のある相手先との間で実行される。
                                40/51







                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
       (b)金融負債の公正価値の変動
         2020年12月31日に終了した会計期間における金融負債の公正価値の変動による利得/(損失)は以下の通
        りである。
                                         (単位:千マレーシア・リンギット)
                                           公正価値による利得
                  公正価値測定の
                                       2020年12月31日
         金融負債の種類                     利得の理由
                                                2020年12月31日まで
                     基準
                                        に終了した
                                                の当四半期累計期間
                                       当四半期会計期間
                           契約レートと先渡相場
                  契約レートと先渡
                           レートとの為替レート
        為替先渡取引          相場レートとの為                           -          48
                           差が当グループに対し
                  替レート差
                           有利に変動した。
                           契約価格と先渡相場価

                  契約価格と先渡相
                           格との燃料油価格差が
                                            (720)         4,002
        燃料油スワップ          場価格との燃料油
                           当グループに対し有利
                  価格差
                           に変動した。
                                    合計        (720)         4,050
       (c)公正価値ヒエラルキー

         以下の表は、公正価値で計上された金融商品の評価技法別の内訳である。以下の通り、異なるレベルが
        定義されている。
        (a)  レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格
        (b)  レベル2:資産又は負債に関して、直接的(すなわち価格)もしくは間接的(すなわち価格から算出され
           る金額)に観測可能な、レベル1に含まれる相場価格以外のインプット
        (c)  レベル3:観測可能な市場データに基づかない、資産又は負債のインプット(観測不能なインプット)
                                41/51











                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
         報告日現在、当グループ及び当社は、財政状態計算書に公正価値で計上される以下の金融商品を保有し
        ていた。
                                         (単位:千マレーシア・リンギット)
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
        2020  年12月31日

        資産

        純損益を通じて公正価値で測定
        する金融資産
         -インカム/エクイティ
                             -     3,053,782            -     3,053,782
          ファンド
         -株式投資                   10,880         3,671          -       14,551
        ヘッジ目的で使用されるデリバ
                             -      127,083           -      127,083
        ティブ
        その他の包括利益を通じて公正
                           22,920           44      277,421         300,385
        価値で測定する金融資産
                           33,800       3,184,580          277,421        3,495,801
        負債

        純損益を通じて公正価値で測定
        する金融負債
         -売買目的デリバティブ                     -       4,043          -       4,043
        ヘッジ目的で使用されるデリバ
                             -       69,961           -       69,961
        ティブ
                             -       74,004           -       74,004
      B11   重要な訴訟

         本報告書日現在、係争中の重要な訴訟はなかった。
      B12   配当金

         当四半期会計期間において、宣言された配当金はない。
                                42/51









                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
      B13   1株当たり利益
        i)  基本的1株当たり利益
         当グル-プの基本的1株当たり利益は、以下の通りに親会社の所有者に帰属する四半期/累計期間純利益
        を四半期会計期間/累計期間の期中加重平均発行済普通株式数で除して計算されている。
                        2020年12月31日         2019年12月31日         2020年12月31日         2019年12月31日

                         に終了した         に終了した         に終了した         に終了した
                         当四半期        前年同四半期          6ヶ月間         6ヶ月間
                         会計期間         会計期間         (累計)         (累計)
        親会社の所有者に帰属する利益
                            16,094         17,540         17,387         32,847
        (千マレ-シア・リンギット)
        加重平均普通株式数         ( 千株  )
                          11,022,762         10,910,559         11,022,762         10,983,734
                           (380,807)         (350,110)         (376,857)         (345,986)

        控除:買戻株式
                          10,641,955         10,560,449         10,645,905         10,637,748

        基本的1株当たり利益(セン)                     0.15         0.17         0.16         0.31

        ⅱ)  希薄化後1株当たり利益

         当グル-プの希薄化後1株当たり利益は、以下の通りに親会社の所有者に帰属する四半期/累計期間純利
        益を四半期会計期間/累計期間の期中加重平均発行済普通株式数で除して計算されている。
                        2020年12月31日         2019年12月31日         2020年12月31日         2019年12月31日

                         に終了した         に終了した         に終了した         に終了した
                         当四半期        前年同四半期          6ヶ月間         6ヶ月間
                         会計期間         会計期間         (累計)         (累計)
        親会社の所有者に帰属する利益
                            16,094         17,540         17,387         32,847
        (千マレ-シア・リンギット)
        加重平均普通株式数-希薄化後
        ( 千株  )
        加重平均普通株式数-基本的                 10,641,956         10,560,450         10,645,906         10,637,748
        未行使の従業員株式オプション
                              -         -         -         -
        制度(以下「ESOS」という)の影
        響
                          10,641,956         10,560,450         10,645,906         10,637,748
        希薄化後1株当たり利益(セン)                     0.15         0.17         0.16         0.31

          未行使のESOSオプション制度のオプションがすべて行使された場合に受け取る見込みの現金合計は、

         517.186百万マレ-シア・リンギット(2020年:525.312百万マレ-シア・リンギット)である。よって、プ
         ロフォ-マ・ベ-スの純資産は517.186百万マレ-シア・リンギット(2020年:525.312百万マレ-シア・
         リンギット)増加し、1株当たり純資産は0.05マレ-シア・リンギット(2020年:0.05マレ-シア・リン
         ギット)の増加となる。希薄化後1株当たり利益、純資産及び1株当たり純資産の計算において、現金受
         取額に関して計上された利益はない。
                                43/51





                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
        取締役会の命により

        ホ-・セイ・ケン
        秘書役
        クアラルンプ-ル

        日付:2021年2月25日
                                44/51

















                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】

     (1)  当四半期会計期間終了後の後発事象
        当四半期会計期間終了後から本報告書提出時までの期間において、重要な後発事象はなかった。
     (2)  訴訟

        当四半期会計期間中、係属中の重要な訴訟はない。
    3  【マレーシアと日本における会計原則及び会計慣行の主要な相違】

       ここに掲載された四半期財務書類は、マレーシアにおいて一般に公正妥当と認められている会計原則(以下
     「マレーシア基準」という)に準拠して作成されているため、日本において一般に公正妥当と認められている会
     計原則(以下「日本基準」という)とはいくつかの点で相違している。主な相違点は、次のとおりである。
     (1)  連結上ののれん

        マレーシア基準では、企業結合により取得したのれんは償却されない。一方で、マレーシアの財務報告基準
       (以下「MFRS」という)第136号「資産の減損」に準拠し、取得企業は、年に一度、あるいはのれんの減損の
       兆候を示す事象や状況の変化が生じた場合はより頻繁に減損テストを実施する。のれんは、減損テストの目的
       で資金生成単位に配分される。のれんは、減損損失累計額控除後の取得原価で表示される。のれんに係る減損
       損失の戻入れは行われない。
        日本基準では、企業結合により取得したのれんは20年を超えない期間にわたって償却され、減損の兆候があ
       る場合に「固定資産の減損に係る会計基準」により減損テストが実施される。
     (2)  資産の減損
        マレーシア基準においては、MFRS第136号は以下の資産に適用される:
        i)   契約日が2006年1月1日以降の企業結合により取得したのれん及び無形資産
        ii)  その他のすべての資産について、2006年1月1日以降に開始した事業年度の期首から将来に向かって
        減損損失は、減損損失がもはや存在しないか又は減少している可能性を示す兆候がある場合には回収可能価
       額の見積りを実施し、回収可能価額の決定に使用した見積りの変更がある場合に戻入れできるが、のれんの減
       損損失は戻入れできない。
        日本においては、「固定資産の減損に係る会計基準」が固定資産の再評価に適用され、減損損失の認識及び
       測定が要求される。減損損失の戻入れは禁止されている。
     (3)  従業員の休暇引当
        マレーシア基準においては、年次有給休暇及び疾病休暇は、従業員が当グループに役務を提供する事業年度
       に費用として認識される。
        日本基準では、年次有給休暇や疾病休暇に係る負債の会計処理は要求されていない。
                                45/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (4)  関連当事者の開示
        マレーシア基準に基づき、当グループは開示のために、主要な経営幹部の報酬とともに関連当事者及びその
       他一部の関連当事者取引を識別している。
        日本基準では、役員報酬は財務諸表注記の関連当事者取引の開示においては要求されない。
     (5)  投資不動産
        マレーシア基準においては、投資不動産は、取得原価(減価償却累計額及び減損損失累計額を含む)又は公正
       価値のいずれかに基づいて会計処理される。
        日本基準においては、投資不動産は、その他の有形固定資産と同様に取得原価に基づき会計処理され、「固
       定資産の減損に係る会計基準」に従って減損処理が行われる。なお、企業会計基準第20号「賃貸等不動産の時
       価等の開示に関する会計基準」により、投資不動産の時価情報等を財務諸表注記において開示することが必要
       とされる。
     (6)  金融商品の分類及び測定
        マレーシア基準においては、MFRS第9号「金融商品」に従って、金融資産及び金融負債は以下の測定区分に
       分類する。
        金融資産:
        ・ 負債性金融商品は、償却原価で測定する区分、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する区分
       (FVOCI)又は純利益を通じて公正価値で測定する(FVPL)区分
        ・ 資本性金融商品は、原則として純損益を通じて公正価値で測定する(FVPL)区分。ただし、その他の包
       括利益を通じて公正価値で測定する(FVOCI)区分に指定する取消不能な選択をすることもできる。
        金融負債:
        ・ 純損益を通じて公正価値で測定する(FVPL)区分(売買目的負債及び公正価値オプション)又は償却原
       価で測定する区分
        また、MFRS第9号では、一定の要件を満たす場合、当初認識時に金融資産及び金融負債を純損益を通じて公
       正価値で測定するものとして取消不能の指定をすることで、公正価値で測定し、公正価値の変動額を純損益に
       認識することが認められている(公正価値オプション)。
        日本基準においては、企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」に従い、金融資産及び金融負債は
       以下のように測定される。
        ・ 売買目的有価証券は、時価で測定し、時価の変動は純損益に認識される。
        ・ 個別財務諸表においては、子会社株式及び関連会社株式は、取得原価で計上される。
        ・ 満期保有目的の債券は、取得原価又は償却原価で測定される。
        ・ 売買目的有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式及び関連会社株式以外の有価証券(「その他有価
       証券」)は、時価で測定し、時価の変動額は 
         a)  純資産の部に計上され、売却、減損あるいは償還時に純損益に振り替えるか、又は
         b)  個々の有価証券について、時価が原価を上回る場合には純資産の部に計上し、下回る場合には純損益
          に計上する。
                                46/51





                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
        ・ 時価を把握することが極めて困難と認められる有価証券については、それぞれ次の方法による。
         a) 社債その他の債券の貸借対照表価額は、債権の貸借対照表価額に準ずる。
         b) 社債その他の債券以外の有価証券は、取得原価をもって貸借対照表価額とする。
        ・ 貸付金及び債権は、取得原価又は償却原価で測定される。
        ・ 金融負債は債務額で測定される。ただし、社債については、社債金額よりも低い価格又は高い価格で発
       行した場合など、収入に基づく金額と債務額とが異なる場合には、償却原価法に基づいて算定された価額で評
       価しなければならない。
        日本基準においては、MFRS第9号で認められている公正価値オプションに関する規定はない。
     (7)  ヘッジ会計
        マレーシア基準においては、MFRS第9号に従って、ヘッジ関係は以下の種類に分類される。
        i)   公正価値ヘッジ
        ヘッジ手段は公正価値で測定する。ヘッジ対象項目については、ヘッジされるリスクに起因する公正価値の
       変動部分についてのみ調整される。公正価値ヘッジから生じる利得及び損失は、ヘッジ手段に関するものも
       ヘッジ対象に関するものも、損益計算書に計上する。公正価値の変動をその他の包括利益に表示することを選
       択(OCIオプションを適用)した資本性金融商品に対する投資をヘッジ対象とする場合、ヘッジ手段の公正価
       値の変動もその他の包括利益に認識される。
        ii)  キャッシュ・フロー・ヘッジ
        ヘッジ手段は公正価値で測定し、有効なヘッジ部分に関する利得及び損失については当初はその他の包括利
       益に計上され、その後ヘッジ対象に応じて損益等に組み替えられる。                                   非有効部分は純損益に計上される。
        iii)   在外営業活動体に対する純投資ヘッジ
        キャッシュ・フロー・ヘッジと類似した処理が行われる。
        日本基準においては、企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」が適用され、原則として、その評
       価差額と同様にヘッジ手段に係る利得又は損失は、ヘッジ対象に係る利得又は損失が認識されるまで、これに
       係る繰延税金資産又は繰延税金負債の額を控除した金額で純資産の部に認識される(繰延ヘッジ会計)。ヘッ
       ジ対象が資産購入に関する予定取引の場合は、純資産の部に認識された利得又は損失は購入資産の取得原価に
       加減する。ただし、ヘッジ対象である資産又は負債に係る相場変動を損益に反映させることにより、ヘッジ手
       段に係る利得又は損失をそれらの損益と同一の会計期間に認識することができる(時価ヘッジ会計)。また、
       金利スワップにより完全に有効なヘッジ関係が想定される場合には、特例処理が認められている。
     (8)  連結財務諸表
        マレーシア基準においては、(a)投資者が投資先に対してパワーを有する場合、(b)投資者が投資先への関与
       により生じる変動リターンに対してエクスポージャー又は権利を有する場合、また(c)投資者が投資者のリ
       ターンの金額に影響を及ぼすように投資先に対してそのパワーを使用する能力を有する場合に、投資者は投資
       先を支配する。
                                47/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
        マレーシア基準には、どのような場合に投資先の議決権付株式の50%未満を保有する投資者が投資先を支配
       するかを説明する詳しいガイダンスが含まれている。マレーシア基準は、投資者が関連するすべての事実及び
       状況(特に、他の議決権保有者の保有の規模及び分散状況との比較における投資者の議決権保有の相対的な規
       模)を考慮するよう要求している。
        日本基準においては、企業会計基準第22号「連結財務諸表に関する会計基準」に基づき、実質支配力基準に
       より連結の範囲が決定され、支配の及ぶ会社(子会社)は連結される。ただし、子会社に対する支配が一時的
       であると認められる企業、又は連結することにより利害関係者の判断を誤らせるおそれのある企業について
       は、連結の範囲に含めないこととされている。また、持分法は、非連結子会社及び重要な影響力を与えること
       ができる会社(関連会社)に適用される。
     (9)  従業員給付
        マレーシア基準においては、MFRS第119号「従業員給付」に従って、確定給付制度の退職後給付に関して、
       数理計算上の仮定の調整及び変更により生じた数理計算上の差異は、発生した事業年度においてその他の包括
       利益に即時認識される。これらの再測定額は、その後の期間に純損益に振り替えられることはない。
        日本基準においては、企業会計基準第26号「退職給付に関する会計基準」に基づき、未認識過去勤務費用及
       び未認識数理計算上の差異は発生した事業年度においてその他の包括利益に即時認識されたうえで、平均残存
       勤務期間にわたって純損益に振り替えられる。
     (10)   収益認識
        マレーシア基準においては、MFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」に従い、「約束した財又はサービ
       スの顧客への移転を、当該財又はサービスと交換で企業が権利を得ると見込んでいる対価を反映する金額で描
       写するように収益を認識しなければならない」という原則のもとで、以下の5つのステップに従って収益を認
       識する。
        ・ ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ・ ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ・ ステップ3:取引価格を算定する。
        ・ ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
        ・ ステップ5:履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する。
        日本基準においては、収益認識について特に規定がなく、企業会計原則の実現主義の原則に基づいている。
       物品販売については実務上、出荷基準が広く採用されている。割賦販売について、販売基準以外にも入金基
       準・回収期限到来基準も容認されている。
        なお、2018年3月30日、企業会計基準委員会は、企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」等を公
       表した。当該基準は、MFRS第15号と大部分において類似している。本会計基準は、2021年4月1日以後開始す
       る事業年度から適用され、2018年4月1日以後開始する事業年度から早期適用も認められる。
                                48/51






                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
     (11)   リース
        マレーシア基準においては、MFRS第16号「リース」は、MFRS第117号「リース」(以下「MFRS第117号」とい
       う)及び関連する解釈指針を置き換えるものである。
        MFRS第16号「リース」の下、リースは、特定された資産の使用を支配する権利を、一定の期間にわたり、対
       価と交換に移転する契約(又は契約の一部)と定義される。
        MFRS第16号では、借手によるファイナンス・リース(オンバランス)又はオペレーティング・リース(オフバ
       ランス)のいずれかでのリースの分類が削除されている。MFRS第16号は、借手はほぼすべてのリースについ
       て、資産の「使用権」及び将来の支払リース料を反映したリース負債を認識することを要求している。
        使用権資産は、MFRS第116号「有形固定資産」の原則に従って減価償却される。リース負債は時の経過によ
       り増加し、支払利息は損益計算書に認識される。
        貸手については、MFRS第16号は、MFRS第117号の要件の大部分を引き継いでいる。貸手は引き続き、すべて
       のリースをオペレーティング・リース又はファイナンス・リースのいずれかとして分類し、それぞれ異なる方
       法で会計処理する。
        日本基準においては、企業会計基準第13号「リース取引に関する会計基準」に従い、借手のリース取引を契
       約条件によってファイナンス・リースとオペレーティング・リースとに区別する必要がある。ファイナンス・
       リースはMFRSに類似した方法で会計処理される。オペレーティング・リースはオフバランスされ、リース資産
       及び負債は通常は財政状態計算書に認識されない。リース費用はリース期間にわたってリース料の支払期日到
       来時に認識される。
                                49/51













                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    第6    【外国為替相場の推移】

     当四半期中の日本円とマレーシア・リンギットの間の為替相場は国内において時事に関する事項を掲載する2以

    上の日刊新聞において掲載されているため、本項の記載は省略する。
                                50/51


















                                                          EDINET提出書類
                                        ワイ・ティー・エル・コーポレーション・バーハッド(E05821)
                                                            四半期報告書
    第二部      【提出会社の保証会社等の情報】

     該当事項なし

                                51/51



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク