株式会社ビジョナリーホールディングス 四半期報告書 第4期第3四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)

提出書類 四半期報告書-第4期第3四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)
提出日
提出者 株式会社ビジョナリーホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年3月17日

    【四半期会計期間】               第4期第3四半期(自            2020年11月1日         至   2021年1月31日)

    【会社名】               株式会社ビジョナリーホールディングス

    【英訳名】               VISIONARYHOLDINGS         CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 星 﨑 尚 彦

    【本店の所在の場所】               東京都中央区日本橋堀留町一丁目9番11号

                   NEWS日本橋堀留町6階
    【電話番号】               03-6453-6644(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役執行役員CFO 三 井 規 彰

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区日本橋堀留町一丁目9番11号

                   NEWS日本橋堀留町6階
    【電話番号】               03-6453-6644(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役執行役員CFO 三 井 規 彰

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/24








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第3期           第4期

             回次              第3四半期           第3四半期            第3期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2019年5月1日         自   2020年5月1日         自   2019年5月1日
            会計期間
                         至   2020年1月31日         至   2021年1月31日         至   2020年4月30日
    売上高                (千円)         21,133,212           19,614,319           27,338,403
    経常利益又は経常損失(△)                (千円)          111,805           908,548          △ 332,773

    親会社株主に帰属する四半期純
    利益又は親会社株主に帰属する                (千円)          △ 68,332          531,451         △ 1,166,075
    四半期(当期)純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                (千円)           10,526          635,827         △ 1,022,536
    純資産額                (千円)         1,978,018           6,267,387           5,493,938

    総資産額                (千円)         16,410,760           20,415,981           19,574,691

    1株当たり四半期純利益又は1
    株当たり四半期(当期)純損失                 (円)          △ 2.84          14.53          △ 43.83
    (△)
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)            ―           ―           ―
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                 (%)            9.4          26.1           23.8
                            第3期           第4期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   2019年11月1日         自   2020年11月1日
            会計期間
                         至   2020年1月31日         至   2021年1月31日
    1株当たり四半期純利益又は1
                     (円)          △ 3.52           4.05
    株当たり四半期純損失(△)
    (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
        ておりません。
      2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
      3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、第3期第3四半期連結累計期間は1株当たり四半
        期純損失であり、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、第3期は潜在株式は存在するものの1
        株当たり当期純損失であるため、第4期第3四半期連結累計期間は、希薄化効果を有している潜在株式が存在
        しないため、記載しておりません。
      4 2019年11月1日付けで普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第3期の期首に
        当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期(当期)純損失及び潜在株式
        調整後1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
      5   第 3 期第  3 四半期連結会計期間より従業員持株会支援信託                     ESOP  を導入しており、当該信託が保有する当社株式を1株
        当たり四半期純利益及び1株当たり四半期(当期)純損失の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式
        数に含めております。
                                 2/24





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】

      第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
     な変更はありません。
      主要な関係会社の異動は次のとおりです。
      当第3四半期連結会計期間において、2020年11月1日付けで、株式会社メガネスーパー(現                                           株式会社VHリテール
     サービス)への株式会社メガネハウス株式の譲渡、並びに株式会社メガネスーパーを存続会社、株式会社関西アイケ
     アプラットフォーム及び株式会社みちのくアイケアプラットフォームを消滅会社とする吸収合併を行いました。
      また、当社は、2020年12月24日付の取締役会において、当社グループのシェアードサービス会社を設立するととも
     に、同社に株式会社VHリテールサービス、株式会社VISIONIZEの本社管理オペレーティング業務部門を承継させること
     を決定いたしました。なお、連結財務諸表に影響はありません。
                                 3/24

















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       前連結会計年度において、連結子会社である株式会社メガネスーパー(現                                  株式会社VHリテールサービス)が金融
      機関から借り入れている借入金の一部(5,072,276千円)について、財務制限条項が付されており、同社単体の2020
      年4月期における純資産の金額が前期比75%を下回った結果、当該条項に抵触しております。
       しかしながら、2020年10月30日付にて当社による同社への増資(増資後減資)、並びに2020年11月1日付にて同社
      を存続会社、当社100%子会社の株式会社関西アイケアプラットフォーム及び株式会社みちのくアイケアプラット
      フォームを消滅会社とする吸収合併を行うほか、当社100%子会社の株式会社メガネハウスの全株式を同社に譲渡
      し、当社グループ事業の再編を行うこと等により、財務制限条項に抵触した事象の解消が見込まれることから、
      2020年10月5日付にて、借入先の全金融機関より期限の利益を喪失させる通知を行わないことにつき承諾が得られて
      おります。
       なお、上記事象を除き、当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状
      況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を
      与える可能性があると認識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリ
      スク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】 

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  財政状態および経営成績の状況

      当第3四半期連結累計期間(2020年5月1日~2021年1月31日)におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染
     症が終息の兆しを見せず、2021年1月には政府による緊急事態宣言が再発出された事で、経済活動の変化や感染の再
     拡大の懸念から、依然として先行き不透明な状況が続いております。
      また、小売業界においては、2020年5月の緊急事態宣言解除による経済活動の再開に伴い、個人消費に回復の兆し
     が見えたものの、11月からの第3波による感染再拡大懸念や政府および各自治体からの外出自粛要請等により、来店
     客数が減少するなど、依然として厳しい経営環境が続きました。
      このような状況のもと、当社グループでは、お客様、取引先並びに従業員の安全確保を最優先課題と位置づけ、リ

     モートワーク環境の整備やオフィスにおける感染防止策の徹底に加えて、本社並びに店舗スタッフにおいては定期的
     に抗体検査、抗原検査を実施するなど、感染防止、並びに感染拡大防止策を講じてまいりました。また、中核の小売
     事業においては、生活必需品に位置付けられるメガネ・コンタクトレンズ・補聴器等の商品・サービス提供を継続す
     るため、店舗内の清掃、換気や消毒の徹底や、店舗内の「密」を回避するためご来店予約の促進等、安全対策を徹底
     し、お客様に安心してご来店いただける店舗運営を行う等、事業活動への影響を最小限に抑える取り組みを推進して
     まいりました。
      加えて、外部環境に適応し、安定的かつ継続的な事業活動を可能とするため、一店舗あたりの収益力増強に資する
     店舗の出退店を計画し、当第3四半期連結累計期間において、59店舗を閉店(次世代型店舗への集約・統合や移転を
     含む)するなど、より筋肉質な事業体質への転換を進めております。
      また、新型コロナウイルス感染症の終息時期が見通せないなか、業務の効率化、管理コストの削減や終息後の事業
     展開を見据え、より機動的な意思決定を行うためのグループ再編を実施するなど、当社グループ構造の最適化を進め
     ております。
      以上の結果、当第3四半期連結累計期間におきましては、小売事業における店舗数減を主要因として                                                 売上高は
     19,614百万円      ( 前年同期比7.2%減        ) となる一方、経費面では、家主交渉による店舗賃料の減免、不要不急の支出の見
     直しと削減や店舗の採算性を鑑みた営業時間短縮の継続による時間外勤務の減少など、経費コントロールの徹底に努
     めた結果、     営業利益は576百万円          ( 前年同期比209.0%増          )、雇用調整助成金を第2四半期連結累計期間で151百万円、
     第3四半期連結会計期間で239百万円を計上したことにより、                            経常利益は908百万円          ( 前年同期比712.6%増          )、  親会社
     株主に帰属する四半期純利益は531百万円                   (前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失68百万円)となりました。
      なお、当社グループが経営指標(KPI)として重視するEBITDA(注)は                                1,276百万円      ( 前年同期比32.7%増         )となりま
     した。
     (注)   EBITDA=営業利益+減価償却費(有形・無形固定資産)+長期前払費用償却費+除去債務償却費用+のれん償却

           費+株式報酬費用
                                 4/24

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
      当第3四半期連結累計期間におけるセグメントごとの業績の状況は次のとおりです。

     1.  小売事業
      当社グループの中核事業である小売事業につきましては、眼の健康寿命の延伸をテーマに、従来の25倍、0.01ス
     テップでの度数決定を可能とする精密測定機器の導入を進めているほか、視力だけでなく生活環境や眼の調節力も考
     慮した「トータルアイ検査」や、いつでも最適な状態のメガネに調節する「スーパーフィッティング」、購入後の充
     実したサポートを提供する「HYPER保証システム」、いつでも特別価格でフレーム、レンズを交換いただける「こども
     安心プラン」、特別価格でレンズやフレームを何度でも交換できるメガネのサブスクリプションプラン「メガス
     ク」、「メガネと補聴器の出張訪問サービス」、頻繁に使うコンタクトレンズ用品をまとめて定期的にご自宅にお届
     けする「コンタクト定期便」等、多様かつ画期的なサービスを提供しております。
      また、アイケアサービスのコロナ禍により外出を控えたい方などに電話でメガネ、コンタクトレンズ、補聴器に関
     するあらゆる相談に対応する遠隔サービス「お家でコンシェルジュ」を開始したほか、コンパクト検査機器による
     「リモート視力検査システム」を眼鏡チェーン店として初導入し、完全リモートによる度付きメガネの提供サービス
     を開始するなど、遠隔接客サービスの強化にも努めております。
      2021年1月には、見え方や聴こえ方を実際の生活シーンを再現した店内スペースで体感できる「完全体験型店舗」と
     してメガネスーパー新潟紫竹山本店をオープンするなど、最新鋭の次世代型店舗の展開も進めております。
      なお、2020年5月以降、営業時間短縮など店舗採算性を重視した店舗運営を継続するとともに、一店舗あたりの収
     益力増強に資する店舗展開を推進しております。                       期首に計画していた53店舗の退店(移転、集約・統合含む)を行
     い、当第3四半期累計期間においては、移転8店舗、集約・統合51店舗の計59店舗の退店を行ったほか、14店舗を新
     規出店(うち移転7店舗)いたしました。2021年1月末時点の店舗数は324店舗(前期末比45店舗減、前年同四半期比
     49店舗減)となり、売上高合計は前年同四半期の実績を下回ることなりましたが、一店舗あたりの収益力は増強され
     ました。
      この結果、小売事業における              売上高は18,418百万円          ( 前年同期比7.8%減         )、  セグメント利益は1,358百万円              ( 前年
     同期比62.1%増       )となりました。
     2.卸売事業

      卸売事業につきましては、世界トップブランドのアイウェアを手掛けるマルコリン社(イタリア)の日本の総代理
     店である株式会社VISIONIZEを中心に市場のアイケア・アイウェアに対する多様なニーズへの対応に取り組んでおりま
     す。
      この結果、卸売事業における              売上高は641百万円         ( 前年同期比0.2%増         )、  セグメント利益は10百万円            ( 前年同期は
     セグメント損失47百万円           )となりました。
     3.EC事業

      EC事業につきましては、当社グループECサイト「メガネスーパー公式通販サイト」をはじめ、Amazon・楽天・
     yahoo!・ロハコ等のモールECにおいて、お客様の利便性を追求した質の高いサービスを継続的に強化しておりま
     す。過去に購入したコンタクトレンズ用品を1タップで注文・配送することができるスマートフォンアプリ「コンタ
     クトかんたん注文アプリ」、「コンタクトレンズ在庫検索&取り置き」、コーポレートサイト及びLINEを利用し
     た来店予約など、実店舗とECサイトを包括するデジタルチャネル、店舗とデジタルそれぞれのチャネル特徴を活か
     したオムニチャネル戦略を実現するための基盤構築を推進しております。
      この結果、EC事業における             売上高は548百万円         ( 前年同期比7.5%増         )、  セグメント利益は97百万円            ( 前年同期比
     12.0%減    )となりました。またオムニチャネル戦略による実店舗等への送客等による小売事業における売上貢献額と
     EC事業売上高を合算したEC関与売上高は633百万円となりました。
     4.その他事業

      その他事業におきましては、株式会社Enhanlaboにおいてメガネ型ウェアラブル端末「b.g.」の研究開発・量産化
     を行っております。「b.g.」の初回製造ロット版について順次納品が進んでおりますが、活用事例の創出や大量受
     注に向けた営業活動には引き続き一定の時間を要する見通しであります。
      この結果、その他事業における              売上高は6百万円        ( 前年同期比33.7%減         )となりましたが、開発費用の支出により                    セ
     グメント損失が11百万円           ( 前年同期はセグメント損失61百万円                )となりました。
                                 5/24




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
     (2)  財政状態の分析
     (資産)
       流動資産は、      前連結会計年度末に比べて924百万円増加                   し、  12,649百万円      となりました。これは主に、現金及び預
      金が795百万円増加したことによるものであります。
       固定資産は、      前連結会計年度末に比べて83百万円減少                   し、  7,766百万円      となりました。これは主に、次世代型店舗
      への集約・統合や移転に伴い、有形固定資産が122百万円増加したものの、賃貸借契約解約に伴う敷金・保証金の返
      還により、敷金・保証金が253百万円減少したことによるものであります。
       この結果、総資産は、          前連結会計年度末に比べて841百万円増加                   し、  20,415百万円      となりました。
     (負債)

       流動負債は、      前連結会計年度末と比べて230百万円増加                   し、  8,655百万円      となりました。これは主に、短期借入金
      返済により700百万円減少したものの、その他に含まれる未払金が370百万円、前受金が257百万円、未払消費税等が
      197百万円増加したことによります。
       固定負債は、      前連結会計年度末に比べて163百万円減少                   し、  5,493百万円      となりました。これは主に、その他に含
      まれるリース債務が128百万円増加したものの、長期借入金が332百万円減少したことによるものであります。
       この結果負債は、        前連結会計年度末に比べて67百万円増加                  し、  14,148百万円      となりました。
     (純資産)

       純資産は、     前連結会計年度末に比べて773百万円増加                   し、  6,267百万円      となりました。これは、譲渡制限付株式報
      酬として新株を発行したことにより資本金と資本準備金が43百万円それぞれ増加したことに加え、利益剰余金が531
      百万円、新株予約権が37百万円、退職給付に係る調整累計額が28百万円増加したことによるものであります。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
     (4)  研究開発活動

       該当事項はありません。
     (5)  事業等のリスクに記載した重要事象等についての分析・検討及び当該重要事象等を解消し、又は改善するための

      対応策
       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                 6/24








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      98,000,000

                 計                                    98,000,000

      ② 【発行済株式】

             第3四半期会計期間
                         提出日現在
                                上場金融商品取引所
       種類      末現在発行数(株)                   名又は登録認可金融                 内容
                         発行数(株)
                                 商品取引業協会名
                       (2021年3月17日)
              ( 2021年1月31日       )
                                 東京証券取引所
      普通株式           37,423,415          37,423,415       JASDAQ         単元株式数は100株であります。
                                 (スタンダード)
        計         37,423,415          37,423,415          ―             ―
    (注)   1 2020年12月24日開催の取締役会決議により、譲渡制限付株式報酬として、2021年1月12日付で新株式を
        218,000株発行し、第3四半期会計期間末日現在において37,423,415株となっております。
      2 「提出日現在発行数」欄には2021年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は、含まれておりません。
                                 7/24













                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金      資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額       残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)      (千円)
      2021年1月12日             218,000      37,423,415         43,818      142,570       43,818      132,570
    (注) 譲渡制限付株式報酬としての新株発行によるものであります。
       発行価額         402円
       資本組入額         201円
       割当先     当社取締役 2名
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 8/24












                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
     することができないことから、直前の基準日(2020年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                2021年1月31日       現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―           ―             ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―           ―             ―

    議決権制限株式(その他)                    ―           ―             ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―             ―
                    普通株式       269,100
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                                 362,681            ―
                          36,268,100
                    普通株式
    単元未満株式                               ―             ―
                           668,215
    発行済株式総数                     37,205,415          ―             ―
    総株主の議決権                     ―            362,681            ―

    (注)1.     「単元未満株式」欄の普通株式には当社所有の自己株式53株が含まれております。
       2.  「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、                       従業員持株会支援信託ESOP(信託口)が所有する当
         社株式364,300株(議決権の数3,643                 個)が含まれております。なお、会計処理上は、当社と信託口は一体
         であると認識し、信託口が所有する当社株式を自己株式として計上しております。
      ②  【自己株式等】

                                                 2021年1月31日       現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                  (株)        (株)        (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)
                  東京都中央区日本橋堀留町
     株式会社ビジョナリー                             269,100       -       269,100         0.72
                  一丁目9番11号
    ホールディングス
          計             ―          269,100       -       269,100         0.72
    (注)   上記のほか、四半期連結財務諸表に自己株式として認識している従業員持株会支援信託ESOP(信託口)が所
      有する当社普通株式が364,300株あります。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 9/24







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年11月1日から2021年
     1月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年5月1日から2021年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、RSM清和監査法人による四半期レビューを受けております。
                                10/24
















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年4月30日)              (2021年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              5,420,833              6,216,481
        売掛金                              1,198,400              1,399,022
        商品                              4,431,487              4,262,166
        貯蔵品                                73,338              87,655
                                       600,803              684,177
        その他
        流動資産合計                              11,724,865              12,649,502
      固定資産
        有形固定資産
         建物                             4,068,809              4,122,864
                                     △ 2,353,920             △ 2,280,069
          減価償却累計額
          建物(純額)                            1,714,889              1,842,794
         工具、器具及び備品
                                      1,795,434              1,726,663
                                     △ 1,415,202             △ 1,415,445
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             380,232              311,218
         土地
                                       522,641              522,641
         建設仮勘定                               62,205                -
         その他                              771,354              929,584
                                      △ 491,455             △ 523,406
          減価償却累計額
          その他(純額)                             279,899              406,177
         有形固定資産合計                             2,959,868              3,082,832
        無形固定資産
         のれん                             1,324,257              1,184,903
                                       234,296              464,269
         その他
         無形固定資産合計                             1,558,553              1,649,172
        投資その他の資産
         敷金及び保証金                             2,722,452              2,468,817
         その他                              697,089              653,767
                                      △ 88,137             △ 88,111
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             3,331,404              3,034,473
        固定資産合計                              7,849,826              7,766,479
      資産合計                               19,574,691              20,415,981
                                11/24








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年4月30日)              (2021年1月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              1,766,556              1,734,425
        短期借入金                              2,800,000              2,100,000
        1年内返済予定の長期借入金                               554,436              568,764
        未払法人税等                               180,351              160,664
        資産除去債務                                2,552              2,301
        賞与引当金                                52,173              107,150
        店舗閉鎖損失引当金                                68,339              67,963
        火災関連損失引当金                                17,691              17,691
                                      2,982,307              3,896,395
        その他
        流動負債合計                              8,424,408              8,655,356
      固定負債
        長期借入金                              3,290,869              2,958,732
        退職給付に係る負債                              1,893,913              1,909,498
        資産除去債務                               194,856              211,035
                                       276,704              413,970
        その他
        固定負債合計                              5,656,344              5,493,237
      負債合計                               14,080,752              14,148,593
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                98,752              142,570
        資本剰余金                              6,009,653              6,053,440
        利益剰余金                             △ 1,085,608              △ 554,156
                                      △ 308,292             △ 296,133
        自己株式
        株主資本合計                              4,714,505              5,345,721
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               △ 2,785             △ 1,054
                                      △ 48,184             △ 19,197
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               △ 50,969             △ 20,251
      新株予約権                                 443,926              481,784
      非支配株主持分                                 386,475              460,133
      純資産合計                                5,493,938              6,267,387
     負債純資産合計                                 19,574,691              20,415,981
                                12/24








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年5月1日              (自 2020年5月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     売上高                                 21,133,212              19,614,319
                                      7,895,363              7,025,596
     売上原価
     売上総利益                                 13,237,849              12,588,722
     販売費及び一般管理費                                 13,051,327              12,012,364
     営業利益                                  186,522              576,357
     営業外収益
      受取利息                                   471              313
      受取配当金                                   629              468
      雇用調整助成金                                    -            390,873
                                        43,770              33,393
      その他
      営業外収益合計                                 44,871              425,049
     営業外費用
      支払利息                                 68,654              65,698
      支払手数料                                 42,725              24,663
                                        8,208              2,497
      その他
      営業外費用合計                                 119,588               92,859
     経常利益                                  111,805              908,548
     特別利益
      新株予約権戻入益                                    -             3,878
      固定資産売却益                                  3,250              4,602
      負ののれん発生益                                 102,797                 -
                                        5,641              2,884
      その他
      特別利益合計                                 111,689               11,365
     特別損失
      固定資産売却損                                 12,004                -
      固定資産除却損                                 36,588               8,612
                                     ※1   4,045           ※1   25,510
      店舗閉鎖損失
      減損損失                                 84,972              26,922
                                         607             8,056
      その他
      特別損失合計                                 138,218               69,101
     税金等調整前四半期純利益
                                        85,276              850,811
     法人税、住民税及び事業税                                  141,816              216,074
     法人税等還付税額                                     -            △ 8,901
     過年度法人税等                                   10,314                -
                                        1,477              38,529
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  153,608              245,702
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 68,332              605,109
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     -            73,657
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                      △ 68,332              531,451
     に帰属する四半期純損失(△)
                                13/24





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年5月1日              (自 2020年5月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 68,332              605,109
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   559             1,730
                                        78,299              28,987
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                 78,859              30,718
     四半期包括利益                                   10,526              635,827
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 10,526              562,169
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -            73,657
                                14/24
















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
     (財務制限条項に関する注記)
       前連結会計年度において、連結子会社である株式会社メガネスーパー(現                                   株式会社VHリテールサービス)が金
      融機関から借り入れている借入金の一部(5,072,276千円)について、財務制限条項が付されており、同社単体の
      2020年4月期における純資産の金額が前期比75%を下回った結果、当該条項に抵触しております。
       しかしながら、2020年10月30日付にて当社による同社への増資(増資後減資)、並びに2020年11月1日付にて同
      社を存続会社、当社100%子会社の株式会社関西アイケアプラットフォーム及び株式会社みちのくアイケアプラット
      フォームを消滅会社とする吸収合併を行うほか、当社100%子会社の株式会社メガネハウスの全株式を同社に譲渡
      し、当社グループ事業の再編を行うこと等により、財務制限条項に抵触した事象の解消が見込まれることから、
      2020年10月5日付にて、借入先の全金融機関より期限の利益を喪失させる通知を行わないことにつき承諾が得られ
      ております。
      (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積り)

       前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積り)に記
      載した、固定資産の減損及び繰延税金資産の回収可能性の評価等の将来キャッシュ・フローや将来課税所得の見積
      り等を要する会計処理に関して、新型コロナウイルス感染症の収束時期等を含む仮定について重要な変更はありま
      せん。
      (四半期連結損益計算書関係)

      ※1.店舗閉鎖損失 
        前第3四半期連結累計期間(自                  2019年5月1日        至    2020年1月31日       )
         店舗閉鎖損失の内容は、店舗閉鎖に伴う解約違約金等であります。
        当第3四半期連結累計期間(自                  2020年5月1日        至    2021年1月31日       )

         店舗閉鎖損失の内容は、店舗閉鎖に伴う解約違約金等であります。
                                15/24











                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
     連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のと
     おりであります。
                            前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                            (自    2019年5月1日            (自    2020年5月1日
                             至   2020年1月31日       )      至   2021年1月31日       )
                                                     千円
      減価償却費                            329,508    千円           323,403
                                                     千円
      のれんの償却額                            250,629    千円           139,353
      (株主資本等関係)

     前第3四半期連結累計期間(自                2019年5月1日        至   2020年1月31日       )
     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
       該当事項はありません。 
     3.株主資本の著しい変動

      (1)第三者割当増資、自己株式の消却及び譲渡制限付株式報酬としての株式発行
        2019年7月4日付けで、投資事業有限責任組合アドバンテッジパートナーズⅣ号・適格機関投資家間転売制限
       付分除外少人数投資家向け、AP                Cayman    Partners     Ⅱ,  L.P.、Japan      Ireland    Investment      Partners     Unlimited
       Company、フォーティーツー投資組合、HOLTジャパン株式会社から第三者割当増資の払込を受けました。この結
       果、資本金及び資本準備金がそれぞれ589,802千円増加いたしました。
        2019年7月30日開催の定時株主総会の決議に基づき、同日付で資本金の額600,597千円のうち589,802千円、資
       本準備金の額590,597千円のうち589,802千円を減少させ、その全額をその他資本剰余金に振り替えております。
        また、2019年7月30日にPSZ株式会社を吸収合併したことにより、A種優先株式、B種優先株式及びC種優先株
       式の全株式を自己株式として取得し、2019年7月30日開催の定時株主総会決議に基づき、A種優先株式、B種優
       先株式及びC種優先株式の全株式を消却したことにより、その他資本剰余金が1,150,000千円減少しました。
        2019年12月30日付で譲渡制限付株式報酬として522,000株を発行しております。その結果、資本金及び資本準備
       金がそれぞれ87,957千円増加いたしました。また、第3四半期連結会計期間中に自己株式の処分を行い、資本剰
       余金が23千円減少しております。
        この結果、当第3四半期連結会計期間末において、資本金は前連結会計年度末から87,957千円増加し98,752千
       円となり、資本準備金は前連結会計年度末から87,957千円増加し88,752千円、その他資本剰余金は前連結会計年
       度末から29,580千円増加し1,748,386千円となりました。
      (2)自己株式の取得等

        2019年10月7日開催の取締役会決議に基づき自己株式2,312,500株を取得しました。
        また、当第3四半期連結会計期間において、従業員持株会支援信託型ESOPの導入により、日本トラス
       ティ・サービス信託銀行株式会社が当社株式の取得及び売却を行いました。信託に残存する当社株式391,500株は
       自己株式    として計上しております。その他に単元未満株式の買取・買増請求により自己株式の取得及び売却を行
       いました。
        この結果、当第3四半期連結累計期間において                       自己株式    が309,376千円増加し、当第3四半期連結会計期間末に
       おいて自己株式が309,380千円となっております。
                                16/24




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
     当第3四半期連結累計期間(自                2020年5月1日        至   2021年1月31日       )
     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
       該当事項はありません。 
                                17/24


















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2019年5月1日        至   2020年1月31日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                     四半期連結
                    報告セグメント
                                     その他            調整額     損益計算書
                                           合計
                                    (注1)            (注2)      計上額
             小売事業      卸売事業      EC事業       計
                                                      (注3)
    売上高
      外部顧客への
             19,974,091       639,950      509,879    21,123,921        9,290   21,133,212          -  21,133,212
    売上高
      セグメント間
    の内部売上高
                770   139,379        -   140,149        -   140,149     △ 140,149        -
      又は振替高
        計     19,974,862       779,330      509,879    21,264,071        9,290   21,273,362      △ 140,149    21,133,212
    セグメント利益
              837,848     △ 47,357     110,984      901,475     △ 61,508     839,967     △ 653,445      186,522
    又は損失(△)
     (注) 1.     「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ウェアラブル端末事業等を含
          んでおります。
        2.  セグメント利益の調整額           △653,445千円       は、セグメント間取引消去            △22,072千円      及び報告セグメントに配分
          していない全社費用         △631,372千円       であり、主な内容は親会社の管理費用と子会社の役員報酬であります。
        3.  親会社の管理費用と子会社のセグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っ
          ております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

     (固定資産に係る重要な減損損失)
      「小売事業」セグメントにおいて、閉店の意思決定や                         収益力の低下に伴い帳簿価額を回収可能価額であるゼロまで
      減額したことにより店舗の            固定資産について減損損失を計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第
      3四半期連結累計期間において34,523千円であります。
      また、報告セグメントに帰属しない全社資産において、売却の意思決定に伴い減損損失を計上しております。な
      お、当該減損損失の金額は、当第3四半期累計期間において50,449千円であります。
     (のれんの金額の重要な変動)

      2018年8月31日に行われた株式会社VISIONIZEとの企業結合について、第1四半期連結会計期間において、一定の条
      件を達成したことにより、条件付取得対価を追加で支払うことが確定しております。当該事象により、「小売事
      業」セグメントにおいて389,534千円、「卸売事業」セグメントにおいて821,655千円新たにのれんが増加しており
      ます。
     (重要な負ののれん発生益)

      株式会社大塚メガネの全株式を取得し、連結子会社となったことに伴い、第2四半期連結会計期間において、負の
      のれん発生益102,797千円を特別利益として計上しております。当該負ののれん発生益は特別利益に含まれるため、
      報告セグメントに配分しておりません。
                                18/24






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2020年5月1日        至   2021年1月31日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                     四半期連結
                    報告セグメント
                                     その他            調整額     損益計算書
                                           合計
                                    (注1)            (注2)      計上額
             小売事業      卸売事業      EC事業       計
                                                      (注3)
    売上高
      外部顧客への
             18,418,713       641,234      548,206    19,608,155        6,163   19,614,319          -  19,614,319
    売上高
      セグメント間
    の内部売上高
               24,459     127,578        -   152,037        -   152,037     △ 152,037        -
      又は振替高
        計     18,443,173       768,813      548,206    19,760,193        6,163   19,766,357      △ 152,037    19,614,319
    セグメント利益
             1,358,517       10,357      97,709    1,466,584      △ 11,793    1,454,790      △ 878,432      576,357
    又は損失(△)
     (注) 1.     「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ウェアラブル端末事業等を含
          んでおります。
        2.  セグメント利益の調整額           △878,432千円       は、セグメント間取引消去            △7,093千円      及び報告セグメントに配分
          していない全社費用         △871,339千円       であり、主な内容は親会社の管理費用と子会社の役員報酬であります。
        3.  親会社の管理費用と子会社のセグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っ
          ております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

     (固定資産に係る重要な減損損失)
      「小売事業」セグメントにおいて、閉店の意思決定                        に伴い帳簿価額を回収可能価額であるゼロまで減額したことに
      より店舗の     固定資産について減損損失を計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累
      計期間において26,922千円であります。
     (のれんの金額の重要な変動)

      該当事項はありません。
     (重要な負ののれん発生益)

      該当事項はありません。
                                19/24









                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期
      純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                   (自    2019年5月1日          (自    2020年5月1日
                   項目
                                   至   2020年1月31日       )   至   2021年1月31日       )
       (1)1株当たり四半期純利益又は
                                          △2.84             14.53
          1株当たり四半期純損失(△)
         (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株
                                         △68,332             531,451
         主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
         普通株主に帰属しない金額(千円)
                                            -             -
         (うち優先配当金)(千円)

                                          ( - )           ( - )
         普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         △68,332             531,451
         四半期純利益又は親会社株主に帰属する四半期純
         損失(△)(千円)
           普通株式の期中平均株式数(株)                                 24,101,967             36,581,738
       (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                     -             -

         (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する
                                            -             -
         四半期純利益調整額(千円)
         普通株式増加数(株)                                     -             -
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
       り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                     -             -
       連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)1 前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。当第3四半期連結累計期間の潜在株式
           調整後1株当たり四半期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、記載
           しておりません。
         2 2019年11月1日付で普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計
           年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失
           および潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定しております。
         3   前 第3四半期連結会計期間より従業員持株会支援信託                       ESOP  を導入しており、当該信託が所有する当社株式を1
           株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式数に含めております。
           1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数
           は前第3四半期連結累計期間36,177株、当第3四半期連結累計期間371,850株であります。
                                20/24








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。 
                                21/24




















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                22/24



















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年3月17日

    株式会社ビジョナリーホールディングス
     取締役会      御中
                       RSM清和監査法人
                       東京事務所
                        指  定  社  員

                                   公認会計士       市  川  裕  之             印
                        業務執行社員
                        指  定  社  員

                                   公認会計士       藤  本     亮            印
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ビジョ
    ナリーホールディングスの2020年5月1日から2021年4月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年
    11月1日から2021年1月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年5月1日から2021年1月31日まで)に係る四
    半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記に
    ついて四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ビジョナリーホールディングス及び連結子会社の2021年
    1月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じ
    させる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
                                23/24


                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社ビジョナリーホールディングス(E33346)
                                                            四半期報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     い る。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                24/24











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク