株式会社クロスフォー 四半期報告書 第34期第2四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)

提出書類 四半期報告書-第34期第2四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)
提出日
提出者 株式会社クロスフォー
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年3月16日

    【四半期会計期間】               第34期第2四半期(自 2020年11月1日 至 2021年1月31日)

    【会社名】               株式会社クロスフォー

    【英訳名】               Crossfor     co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 土橋 秀位

    【本店の所在の場所】               山梨県甲府市国母七丁目11番4号

    【電話番号】               057-008-9640(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 山口 毅

    【最寄りの連絡場所】               山梨県甲府市国母七丁目11番4号

    【電話番号】               057-008-9640(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 山口 毅

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/21









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第33期           第34期

              回次               第2四半期           第2四半期            第33期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自   2019年8月1日         自   2020年8月1日         自   2019年8月1日
             会計期間
                            至   2020年1月31日         至   2021年1月31日         至   2020年7月31日
    売上高                   (千円)         1,566,542           1,240,468           2,324,336

    経常利益又は経常損失(△)                   (千円)          52,665         △ 167,343          △ 424,007

    親会社株主に帰属する四半期純利益又は
    親会社株主に帰属する四半期(当期)純                   (千円)          51,933         △ 173,169          △ 611,832
    損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                   (千円)          52,014         △ 172,814          △ 611,466
    純資産額                   (千円)         2,639,758           1,826,888           1,976,277

    総資産額                   (千円)         5,322,294           4,773,957           5,201,251

    1株当たり四半期純利益又は
                        (円)           3.11         △ 10.34          △ 36.58
    1株当たり四半期(当期)純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                        (円)           3.09            -           -
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                    (%)           48.9           37.5           37.3
    営業活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)          304,100           31,378          136,216

    投資活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)         △ 53,332          △ 73,144         △ 104,920

    財務活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)         △ 27,725         △ 380,549           610,469

    現金及び現金同等物の
                        (千円)          929,357           918,372          1,342,085
    四半期末(期末)残高
                               第33期           第34期

              回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自   2019年11月1日         自   2020年11月1日
             会計期間
                            至   2020年1月31日         至   2021年1月31日
    1株当たり四半期純利益金額又は
                        (円)           1.22          △ 7.00
    1株当たり四半期純損失金額(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.第33期及び第34期第2四半期連結累計期間に係る潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益について
         は、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/21



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
       (継続企業の前提に関する重要事象等について)

      前第3四半期連結会計期間以降は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、主要取引先である小売業者が出
     店している百貨店や商業施設での集客数および売上の大幅な減少に伴う受注の減少、国内外の展示会や販売催事の相
     次ぐ延期により販売活動が大きく制限を受けるなど、厳しい事業環境が続きました。このため当該期間における売上
     高の著しい減少が生じており、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が生じております。
      しかしながら、当第2四半期連結会計期間は、前年同期の売上高に対し                                  79.2%   であり、想定どおり回復しておりま
     す。また、現金及び預金を            924,372千円      保有し財務基盤は安定していることから、継続企業の前提に関する重要な不確
     実性は認められないと判断しております。
       引き続き、当該重要事象等を解消するため、以下の施策にて売上拡大と利益確保を実行してまいります。
      1.自社製品の製造工程の機械化によるコストダウン
      2.既存取引先の深耕及び新規取引先の獲得
      3.販管費等の適切なコストコントロールによる経費削減
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結累計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により企業業績の二極
      化が進む中、現段階では同感染症の収束時期は見通せておらず、依然として不透明な状況が続いております。国外
      におきましても、一部の国ではワクチン接種が開始されたこともあり、経済活動の著しい減速からは回復基調にあ
      るものの、未だ同感染症の再拡大の懸念により先行き不透明な状況が続いております。
       ジュエリー業界におきましても、ジュエリーに対する消費者マインドの冷え込みによる消費行動の自粛傾向が長
      期化しており、企業間での競争も激化していることから収益環境は厳しい状況が続いております。
       このような状況の中、当第2四半期につきましては、クリスマスや年末商戦の影響もあり、売上は比較的に回復
      基調となりました。しかしながら、市況を反映した値引き販売の実施や利益率の高い国外での売上の低迷が続き、
      粗利率は大幅な悪化となりました。この状況を改善すべく、国内外の営業活動の抜本的な見直しに努めて参りまし
      た。具体的には、従来の営業活動には囚われない新しい領域への挑戦として、前期末より取り組んでいる抗菌サー
      ビス「VIRUS      BLOCK」の浸透や神社仏閣へ御守と「Dancing                     Stone」(※1)を掛け合わせた製品の提案等は、拡販
      に向け着実に進行しております。また、企画提案型営業への変革に向け、「Dancing                                       Stone   10th   キャンペーン」を
      企画し、取引先様とタイアップしたさまざまな新製品企画や販売促進策を実施してまいりました。当第2四半期に
      おいては第1弾として、店頭でのSNSによる「Dancing                         Stone」の拡散企画や人気イラストレーターとのコラボレー
      ション企画等の提案を実施し、集客力の向上や拡販の強化に努めました。一方、国外は、インドの国内市場をはじ
      めとしたグローバルな販路拡大に向けて、代理店やエージェントの拡充に取り組んでおります。加えて、模倣品市
      場である中国市場を取り戻すべく、タイの協力工場と連携し、「Dancing                                  Stone」及び「EXL-LOCK」(※2)の大量
      生産を可能とする製造工程の自動化体制の構築を進めております。引き続き、企業価値の向上や収益構造の再建に
      向け、グループ一体で改革を進めて参ります。
       こうした活動を行ってまいりましたが、国内売上高は、新型コロナウイルス感染症による消費者マインドの冷え
      込みの影響が続き、         933,589千円      となりました。また、国外売上高は、同感染症による世界的な渡航制限の影響が続
      き、  306,878千円      となりました。
       この結果、当連結会計年度における当社グループの売上高は                             1,240,468千円       (前年同四半期       20.8%減    )、利益率の高
      い国外での売り上げの低迷により、営業損失は                       172,537千円      (前年同四半期は営業利益            56,304千円     )、経常損失は
      167,343千円      (前年同四半期は経常利益            52,665千円     )、親会社株主に帰属する四半期純損失は                   173,169千円      (前年同四半
      期は親会社株主に帰属する四半期純利益                  51,933千円     )となりました。
                                 3/21


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
       なお、当社グループの事業セグメントは、「ジュエリー事業」の単一セグメントであるため、セグメントごとの
      記載を省略しております。
      ※1  「Dancing     Stone」とは、当社の特許技術により宝石に穴をあけることなく、宝石を揺らすことができる宝石の

      セッティング方法であります。
      ※2 「EXL-LOCK」とは、チェーンやブレスレット向けの片手で簡単に脱着可能なダブル式の留め金具であります。
       地域別売上高・比率                  当第2四半期連結累計期間

            地域名             売上高(千円)             売上比率(%)
      日本                        933,589              75.3
      タイ                        103,860              8.4
      中国                        103,629              8.4
      その他                        99,388              7.9
     (資産の部)

       当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ                               427,293千円減少        し、  4,773,957千円       となりま
      した。これは主に、原材料及び貯蔵品が                   161,107千円減少        し、現金及び預金が         422,713千円減少        、受取手形及び売掛
      金が  204,920千円増加        したこと等によるものであります。
     (負債の部)
       当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ                                   277,904千円減少        し、  2,947,069千円
      となりました。これは主に、長期借入金(1年内返済予定を含む)が240,055千円減少したこと等によるものであり
      ます。
     (純資産の部)
       当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ                                    149,389千円減少        し、  1,826,888千
      円 となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純損失                              173,169千円      を計上したこと等によるものであり
      ます。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
      423,713千円減少        し、  918,372千円      となりました。当第2四半期連結累計期間におけるキャッシュ・フローの状況と
      それらの要因は、次のとおりであります。
       営業活動により獲得した資金は、               31,378千円     (前年同四半期は        304,100千円      の獲得)となりました。これは主に、税
      金等調整前四半期純損失            170,270千円      を計上したものの、たな卸資産の減少額                    148,695千円      、減価償却費の計上
      47,990千円     、仕入債務の増加額         45,994千円     等の増加要因があったことによるものであります。
       投資活動により使用した資金は、                73,144千円     (前年同四半期は        53,332千円     の使用)となりました。これは主に、有
      形固定資産の取得による支出             65,224千円     等の減少要因によるものであります。
       財務活動により使用した資金は、               380,549千円      (前年同四半期は        27,725千円     の使用)となりました。これは主に、短
      期借入金の純減少額         140,400千円      等の減少要因及び長期借入金の返済による支出                      240,055千円      等の減少要因によるも
      のであります。
                                 4/21






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
     (4)    研究開発活動

       当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は3,773千円であります。
       なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/21
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      26,688,000

                 計                                    26,688,000

      ②  【発行済株式】

              第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2021年1月31日       )  (2021年3月16日)          商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利
                                   東京証券取引所
                                            内容に何ら限定のない当社に
                                            おける標準となる株式であり
       普通株式           17,603,500          17,603,500        JASDAQ
                                            ます。なお、単元株式数は100
                                    (スタンダード)
                                            株であります。
        計          17,603,500          17,603,500          ―             ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                    資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                 (千円)       (千円)
                    (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2020年12月4日
                     81,500     17,603,500         11,736      695,136       11,736      695,136
    (注)
     (注)譲渡制限付株式報酬として新株式を81,500株を発行したため、発行済株式総数が増加しております。
        発行価額   288円
        資本組入額  144円
        割当先    当社取締役(社外取締役を除く。)4名
                                 6/21





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                               2021年1月31日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
    株式会社S.Hホールディングス                  山梨県甲府市国母8丁目1番29号                         7,609        45.28
    土橋 秀位                  山梨県甲府市                          506        3.01

    内藤 彰彦                  山梨県韮崎市                          361        2.15

    土橋 祥子                  山梨県甲府市                          186        1.11

    楽天証券株式会社                  東京都港区南青山2丁目6番21号                          173        1.03

    奥野 辰也                  山梨県笛吹市                          171        1.02

    BNYM   SA/NV   FOR  BNYM   FOR  BNY  GCM
                      ONE  CHURCHILL     PLACE,    LONDON,    E14  5HP
    CLIENT    ACCOUNTS     M LSCB   RD
                      UNITED    KINGDOM                       133        0.80
    (常任代理人       株式会社三菱UFJ銀
                      (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
    行)
    山口 毅                  山梨県中巨摩郡昭和町                          132        0.79
    土橋 元気                  山梨県甲府市                          128        0.76

    土橋 翼                  山梨県甲府市                          128        0.76

            計                   -                9,529        56.70

     (注)   1.上記のほか当社所有の自己株式798,081株があります。
       2.上記株主の英文名は、株式会社証券保管振替機構から通知された「総株主通知」に基づき記載しておりま
         す。
                                 7/21











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                2021年1月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                                         完全議決権株式であり、権利内容に
                     (自己保有株式)
                                         何ら限定のない当社における標準と
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―
                      普通株式
                                         なる株式であります。なお、単元株
                          798,000
                                         式数は100株であります。
                      普通株式
    完全議決権株式(その他)                                168,029             ―
                         16,802,900
                      普通株式     2,600
    単元未満株式                               ―              ―
    発行済株式総数                    17,603,500          ―              ―

    総株主の議決権                    ―           168,029             ―

      ②  【自己株式等】

                                                2021年1月31日       現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所            所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
    (自己保有株式)            山梨県甲府市国母七丁目11番4
                                  798,000       ―       798,000        4.53
    株式会社クロスフォー            号
         計              ―           798,000       ―       798,000        4.53
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 8/21










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年11月1日から2021年
     1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年8月1日から2021年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 9/21

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年7月31日)              (2021年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,347,085               924,372
        受取手形及び売掛金                               180,840              385,761
        製品                               921,925              861,742
        仕掛品                               115,972              188,596
        原材料及び貯蔵品                               924,203              763,095
        未収還付法人税等                                28,285                 3
        その他                                70,606              68,165
                                        △ 397            △ 25,262
        貸倒引当金
        流動資産合計                              3,588,522              3,166,475
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             1,014,469               994,673
         土地                              331,094              331,094
         建設仮勘定                               3,374              40,346
                                        35,235              53,734
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             1,384,174              1,419,849
        無形固定資産
                                        57,918              54,533
        投資その他の資産
         長期貸付金                               6,560              9,399
         その他                              259,374              125,567
                                      △ 95,297              △ 1,866
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              170,636              133,099
        固定資産合計                              1,612,729              1,607,482
      資産合計                                5,201,251              4,773,957
                                10/21










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年7月31日)              (2021年1月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                45,077              91,072
        短期借入金                              1,000,400               860,000
        1年内返済予定の長期借入金                               478,365              443,524
        未払法人税等                                5,351              5,377
                                        47,527              103,769
        その他
        流動負債合計                              1,576,722              1,503,743
      固定負債
        長期借入金                              1,647,213              1,441,998
                                        1,038              1,327
        その他
        固定負債合計                              1,648,251              1,443,325
      負債合計                                3,224,973              2,947,069
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               683,400              695,136
        資本剰余金                               777,066              788,802
        利益剰余金                               504,217              331,048
                                      △ 20,378             △ 20,378
        自己株式
        株主資本合計                              1,944,306              1,794,609
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 △ 36               2
                                       △ 3,891             △ 3,576
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 3,927             △ 3,573
      新株予約権                                 35,899              35,853
      純資産合計                                1,976,277              1,826,888
     負債純資産合計                                 5,201,251              4,773,957
                                11/21










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     売上高                                 1,566,542              1,240,468
                                       851,933              831,158
     売上原価
     売上総利益                                  714,608              409,309
                                    ※1   658,304            ※1   581,846
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                   56,304             △ 172,537
     営業外収益
      為替差益                                   126              410
      受取賃貸料                                  2,932              2,664
      補助金収入                                   673             16,264
                                        1,384              1,389
      その他
      営業外収益合計                                  5,116              20,729
     営業外費用
      支払利息                                  6,160              8,881
      貸倒引当金繰入額                                   220             2,868
      コミットメントフィー                                  1,905              2,114
                                         469             1,670
      その他
      営業外費用合計                                  8,755              15,535
     経常利益又は経常損失(△)                                   52,665             △ 167,343
     特別利益
                                          -              46
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                    -              46
     特別損失
      固定資産除却損                                    0              0
                                          -             2,973
      減損損失
      特別損失合計                                    0            2,973
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        52,665             △ 170,270
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,668              1,668
                                        △ 937             1,229
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    731             2,898
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   51,933             △ 173,169
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        51,933             △ 173,169
     に帰属する四半期純損失(△)
                                12/21








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   51,933             △ 173,169
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    79              39
                                          0             314
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                    80              354
     四半期包括利益                                   52,014             △ 172,814
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 52,014             △ 172,814
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                13/21
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
     (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四
                                        52,665             △ 170,270
      半期純損失(△)
      減価償却費                                 64,323              47,990
      減損損失                                    -             2,973
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 27,934             △ 68,566
      受取利息及び受取配当金                                  △ 149              △ 37
      支払利息                                  6,160              8,881
      為替差損益(△は益)                                  1,903              1,398
      固定資産除売却損益(△は益)                                    0              0
      株式報酬費用                                  4,285                -
      売上債権の増減額(△は増加)                                 64,913             △ 111,489
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 75,786              148,695
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 14,263              45,994
      前受金の増減額(△は減少)                                 △ 4,138              2,879
      未払又は未収消費税等の増減額                                  9,041              20,046
                                          96            86,875
      その他
      小計                                 317,087               15,372
      利息及び配当金の受取額
                                         149               37
      利息の支払額                                 △ 6,052             △ 7,854
      法人税等の支払額                                 △ 7,083             △ 1,731
                                          -            25,555
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 304,100               31,378
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 49,595             △ 65,224
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 2,074             △ 11,498
      長期貸付けによる支出                                    -            △ 5,400
      長期貸付金の回収による収入                                    -             1,309
                                       △ 1,662              7,668
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 53,332             △ 73,144
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 200,000             △ 140,400
      長期借入れによる収入                                 100,000                 -
      長期借入金の返済による支出                                △ 322,701             △ 240,055
                                       △ 5,024               △ 93
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 27,725             △ 380,549
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 2,084             △ 1,397
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  220,958             △ 423,713
     現金及び現金同等物の期首残高                                  708,398             1,342,085
                                    ※1   929,357            ※1   918,372
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/21






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
      (新型コロナウイルス感染拡大に伴う会計上の見積りについて)
       前連結会計年度有価証券報告書において、追加情報に記載した新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関する仮
      定について重要な変更はありません。
      (会計方針の変更等)

       (会計方針の変更)
       当社グループでは、たな卸資産の評価基準に基づき、前連結会計年度に計上したたな卸資産の簿価切下額の戻入
      れに関して洗替え法を採用しておりましたが、当第1四半期連結会計期間より切放し法に変更しております。
       この変更は、在庫管理システムの見直しを契機に、経営環境の変化、たな卸資産残高の水準等を考慮し、適正な
      たな卸資産評価の観点からたな卸資産の評価方法について再度検討したことによるものです。
       なお、過去の連結会計年度について、切放し法による計算を行うことが実務上不可能であり、遡及適用した場合
      の累積的影響額を算定することができないため、前連結会計年度末の帳簿価額を当連結会計年度の期首残高として
      計算しております。
       この変更により、従来の方法と比べて、当第2四半期連結会計年度末のたな卸資産において、製品が10,148千
      円、原材料及び貯蔵品が15,251千円減少しており、営業損失、経常損失及び税金等調整前四半期純損失は、それぞ
      れ25,399千円増加しております。
       また、当第2四半期連結累計期間において、1株当たり純資産金額が1円51銭減少し、1株当たり四半期純損失金
      額が1円52銭増加しております。
      (四半期連結損益計算書関係)

    ※1 販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    2019年8月1日              (自    2020年8月1日
                             至   2020年1月31日       )       至   2021年1月31日       )
        給与手当                         153,756    千円             155,726    千円
        退職給付費用                          4,234    〃              4,385    〃
        貸倒引当金繰入額                         27,714    〃              20,041    〃
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとお
      りであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    2019年8月1日              (自    2020年8月1日
                             至   2020年1月31日       )       至   2021年1月31日       )
        現金及び預金                         933,157    千円             924,372    千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                         △3,800     〃             △6,000     〃
        現金及び現金同等物                         929,357    千円             918,372    千円
                                15/21







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期連結累計期間(自                2019年8月1日        至    2020年1月31日       )
     1.配当金支払額

                   配当金の総額       1株当たりの
       決議      株式の種類                     基準日        効力発生日         配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
    2019年10月25日
              普通株式         5,017       0.30   2019年7月31日         2019年10月28日          利益剰余金
    定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
      該当事項はありません。
      当第2四半期連結累計期間(自                2020年8月1日        至    2021年1月31日       )

     1.配当金支払額

      無配のため、該当事項はありません。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
      該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
       当社グループの事業セグメントは、ジュエリー事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を
      省略しております。
                                16/21











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに、潜在株式調整後1株当たり四半
      期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                                 (自    2019年8月1日           (自    2020年8月1日
                                  至   2020年1月31日       )    至   2021年1月31日       )
    (1)1株当たり四半期純利益又は
                                         3円11銭            △10円34銭
    1株当たり四半期純損失(△)
    (算定上の基礎)
    親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                         51,933            △173,169
    親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -
    普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利又は
                                         51,933            △173,169
    親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                   16,723,919              16,750,052
    (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                     3円09銭                -

    (算定上の基礎)

    親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                       -              -

    普通株式増加数(株)                                     93,874                -

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
    四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       -              -
    会計年度末から重要な変動があったものの概要
    (注)当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、
    1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
                                17/21











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                18/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                19/21



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年3月16日

    株式会社クロスフォー
     取締役会  御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        東京事務所
                        指定有限責任社員

                                          細    矢      聡
                                   公認会計士                 ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          佐    藤    義    仁
                                   公認会計士                 ㊞
                        業務執行社員
      監査人の結論

       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ク
      ロスフォーの2020年8月1日から2021年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年11月1日
      から2021年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年8月1日から2021年1月31日まで)に係る四半期
      連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連
      結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当

      と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社クロスフォー及び連結子会社の2021年1月31日
      現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を
      適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
      監査人の結論の根拠

       当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを
      行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監
      査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子
      会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明
      の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期
      連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連
      結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
       四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成するこ
      とが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に
      基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
       監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
      ある。
      四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

       監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から
      四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
       監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程
      を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                20/21


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
       ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
        ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準
        拠 して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性

        が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一
        般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる
        事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
        は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実
        性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は
        否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠
        に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
       ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表

        の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた
        四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に
        表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
       ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手す

        る。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査
        人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。
       監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の

      重要な発見事項について報告を行う。
       監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
      と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するために
      セーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
      利害関係

       会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
      はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                21/21







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。