株式会社エイチーム 四半期報告書 第22期第2四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)

提出書類 四半期報告書-第22期第2四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)
提出日
提出者 株式会社エイチーム
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   東海財務局長
     【提出日】                   2021年3月12日
     【四半期会計期間】                   第22期第2四半期(自 2020年11月1日 至 2021年1月31日)
     【会社名】                   株式会社エイチーム
     【英訳名】                   Ateam   Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  林 高生
     【本店の所在の場所】                   愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号
     【電話番号】                   052-747-5550(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員      社長室長         光岡    昭典
     【最寄りの連絡場所】                   愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号
     【電話番号】                   052-747-5573
     【事務連絡者氏名】                   執行役員      社長室長         光岡    昭典
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/28













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                              第21期           第22期

              回次               第2四半期           第2四半期            第21期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2019年8月1日           自 2020年8月1日           自 2019年8月1日

             会計期間
                           至 2020年1月31日           至 2021年1月31日           至 2020年7月31日
                     (百万円)            16,014           14,871           31,739
     売上高
                     (百万円)              350           363          1,249
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期純利
     益又は親会社株主に帰属する当期                (百万円)              126           741          △ 519
     純損失(△)
                     (百万円)              139           752          △ 516
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)            12,379           12,200           11,722
     純資産額
                     (百万円)            16,794           16,627           16,063
     総資産額
     1株当たり四半期純利益又は1株
                      (円)             6.49           37.84          △ 26.59
     当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)             6.48           37.84             -
     (当期)純利益
                      (%)             73.2           72.9           72.5
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・
                     (百万円)              80           245          1,108
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                     (百万円)             △ 714           477         △ 1,030
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                     (百万円)             △ 312          △ 332          △ 313
     フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             5,770           6,868           6,480
     (期末)残高
                              第21期           第22期

              回次               第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自 2019年11月1日           自 2020年11月1日

             会計期間
                           至 2020年1月31日           至 2021年1月31日
                                   2.61           24.64
     1株当たり四半期純利益                 (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第21期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純
           損失であるため記載しておりません。
         4.当社は「株式付与ESOP信託」及び「役員報酬BIP信託」を導入しております。                                     1株当たり四半期純利益又は
           1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益の基礎となる期中平均株式数
           は、その計算において控除する自己株式に当該信託が保有する当社株式を含めております。
                                 2/28



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 3/28




















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
        なお、新型コロナウイルス感染拡大による当社グループの事業への影響については、今後も注視してまいります。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の状況

         当社グループは「みんなで幸せになれる会社にすること」、「今から100年続く会社にすること」を経営理念と
        しています。この経営理念のもとすべての役員及び従業員が一丸となり、さまざまな技術領域・ビジネス領域にお
        いて、インターネットを通じて個人の利用者の皆様に支持・利用していただけるゲームコンテンツ、比較サイト・
        情報サイトやECサイトなどの企画・開発及び運営を行っております。具体的には、「人と人とのつながりの実現」
        をテーマに、世界中の人々に娯楽を提供するゲームやツールアプリケーションの企画・開発及び運営を行う「エン
        ターテインメント事業」、人生のイベントや日常生活に密着し、有益な情報を提供する様々なウェブサービスの企
        画・開発及び運営を行う「ライフスタイルサポート事業」、完全組立自転車をオンラインで販売し、自宅までお届
        けする自転車専門通販サイトの企画・開発及び運営を行う「EC事業」の3つの事業軸でビジネスを展開していま
        す。
         2021年7月期第2四半期連結累計期間は、売上高につきましては、EC事業が前年同四半期比で増加するも、エン
        ターテインメント事業及びライフスタイルサポート事業が減少したため、全体では前年同四半期比で引き続きやや
        減少となりました。営業利益につきましては、EC事業の売上高増加に伴う利益が増加したものの、エンターテイン
        メント事業において新規大型IPゲームの開発費の増加、及びライフスタイルサポート事業の新型コロナウイルスに
        よる影響に伴う利益減により、前年同四半期比で減少となりました。
         経常利益につきましては、有価証券運用益の増加に伴い、横ばいで着地いたしました。                                        親会社株主に帰属する
        四半期純利益につきましては、2020年12月17日に開示いたしました「投資有価証券売却益(特別利益)の計上に関
        するお知らせ」の通り、投資有価証券売却益770百万円を特別利益として計上したため、大幅に増加いたしまし
        た。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は                           14,871百万円      (前年同四半期比        7.1%減    )、  営業利益

        は221百万円      (前年同四半期比        35.4%減    )、  経常利益は363百万円          (前年同四半期比3.7%増)、              親会社株主に帰属
        する四半期純利益は741百万円              (前年同四半期比484.6%増)となりました。
         当第2四半期連結累計期間におけるセグメント別の経営成績は次のとおりであります。

        <エンターテインメント事業>

         エンターテインメント事業では、主に自社で開発したスマートデバイス向けゲームアプリケーション(以下
        「ゲームアプリ」)をApple             Inc.が運営するApp         Store及びGoogle        LLCが運営するGoogle          Play等の専用配信プラッ
        トフォームを通じて、世界中の人々に提供しております。ゲームアプリ自体は基本無料で提供しており、主な売上
        はユーザーがゲームをより効率よく優位に進めるためのゲーム内アイテム購入代金であります。
         近年のグローバルにおけるゲーム市場環境及びユーザーニーズの変化、そして技術の進化等を踏まえ、エンター
        テインメント事業はスマートフォンゲーム専業から脱却し、グローバルのデジタル配信ゲーム市場(モバイルゲー
        ム、PCゲームデジタル配信、家庭用ゲームデジタル配信)全体をターゲットに、グローバルで人気のIPと提携し、
        展開していくことを中長期方針とし、さらなる成長を狙います。
         2021年7月期第2四半期連結累計期間においては、売上高につきましては一部の既存ゲームの年末年始のイベン
        トが一部好調だったものの、全体では引き続き減少傾向にあり、前年同四半期比で減少となりました。セグメント
        利益につきましては、引き続き既存ゲームアプリの効率的な運用を実現できているものの、2021年2月26日に発表
        いたしました株式会社スクウェア・エニックスとの共同開発による、グローバル市場を対象にしたスマートデバイ
        ス向けアプリ『FINAL          FANTASY    VII  THE  FIRST   SOLDIER(ファイナルファンタジーVII                 ザ  ファーストソルジャー)』
        の開発費を計上しているため、前年同四半期比では減少となりました。
         引き続き、『FINAL         FANTASY    VII  THE  FIRST   SOLDIER(ファイナルファンタジーVII                 ザ  ファーストソルジャー)』
        の2021年中のリリースを目指し、鋭意開発を行ってまいります。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるエンターテインメント事業の売上高は                                        3,717百万円      (前年同四

        半期比   9.3%減    )、  セグメント利益は214百万円             (前年同四半期比        10.9%減    )となりました。
                                 4/28

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
        <ライフスタイルサポート事業>

         ライフスタイルサポート事業では、様々な事業領域において個人の利用者に向けてサービスを展開する事業者と
        提携し、「三方よし」のサービス理念のもと、人生のイベントや日常生活に密着した比較サイト・情報サイト等
        様々な便利なウェブサービスを展開しております。
         2020年7月期より、サブセグメント区分を「デジタルマーケティング支援ビジネス」と「プラットフォームビジ
        ネス」の2つに変更いたしました。
         また、2021年7月期より、「プラットフォームビジネス」において展開していたヘルスケア領域のEC
        (「minorie(ミノリエ)」等)を「その他」と区分いたしました。
         「デジタルマーケティング支援ビジネス」は、オウンドメディア等を通じて、提携事業者へ見込顧客を送客する

        デジタルマーケティング支援を中心に、スピーディに事業を横展開できる特徴を持っています。多様な事業領域に
        おけるサービスを急速に立ち上げ、拡張させることで、収益を積み上げるビジネスモデルです。
         個人の利用者へは基本無料でサービスを提供し、主な売上はパートナー企業に当該利用者を見込客として紹介す
        ることに対する紹介手数料及び成約報酬であります。
         「プラットフォームビジネス」はアプリケーションやウェブサイトなどを通じて情報を集めた「場」を提供し、

        ユーザーデータの蓄積と活用、そして独自価値の向上により、市場での優位性を構築し、さらにデータを活用した
        ソリューションを提供することで、価値向上のサイクルを図っていくビジネスモデルです。
         主な売上は広告収入や有料会員向けの利用料、ツールやEC等のソリューション提供によるものであります。
         現在、ヘルスケア・エンジニア領域においてプラットフォームを展開しています。
         2021年7月期第2四半期連結累計期間の売上高につきましては、サービスごとで増減はあるものの、主に結婚式

        場情報サイト「ハナユメ」が2020年7月期下期に引き続き、新型コロナウイルスの影響(以下、「コロナ影響」と
        いう。)により前年同四半期比で大幅に減少したため、ライフスタイルサポート事業全体において前年同四半期比
        で減少となりました。
         セグメント利益につきましては、「ハナユメ」の売上減少に伴う利益の減少に加え、2020年12月に行われた
        Googleコアアルゴリズムアップデートによるキャッシング・カードローン総合検索サイト「ナビナビキャッシン
        グ」やクレジットカード総合検索サイト「ナビナビクレジットカード」のSEO(検索エンジン最適化)への影響に
        伴い、リスティング広告への投資が増加し、全体として減益となりました。なお、一部のオフィス解約に伴う一時
        費用の計上もあり、セグメント利益は前年同四半期比で大幅減少となりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるライフスタイルサポート事業の売上高は                                         9,586百万円      (前年同

        四半期比    10.2%減    )、  セグメント利益は510百万円             (前年同四半期比        46.4%減    )となりました。
        <EC事業>

         EC事業では、東海、関東、関西3カ所に物流倉庫を構え、国内外から仕入れた200種類以上の完成品自転車を専
        属のプロ整備士により整備を行い完全組立自転車としてオンラインで販売、自宅までお届けする独自性の高い自転
        車専門通販サイトを展開しております。
         主な売上は自転車の販売によるものであります。
         自転車通販サイト「cyma-サイマ-」は2013年12月にサービスを立ち上げて以来、フルフィルメント(注)の強化
        に努め、段階的に投資を重ねてまいりました。引き続き「自転車を買うならサイマ」というブランディングを目指
        しております。
        (注)フルフィルメントとは、ネット通販における受注管理、在庫管理、ピッキング、商品仕分け・梱包、発送、
          代金請求・決済処理等、通販ビジネスで最も重要なコアプロセス全般を指します。また、苦情処理・問い合わ
          せ対応、返品・交換対応等のカスタマーサポートや顧客データ管理等の周辺業務も含まれます。
         2021年7月期第2四半期連結累計期間は、引き続きオペレーション効率の改善及び在庫管理の徹底、品揃えの見

        直し等が功を奏したことと、コロナ影響における「三密」を避ける外出手段として引き続き高い自転車需要が追い
        風になり、閑散期である当第2四半期会計期間も継続して黒字化を達成することができたことにより、前年同四半
        期比で増収及び大幅増益となりました。
         オペレーション効率の改善等を実現できたことにより、引き続き安定的な事業成長を目指してまいります。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるEC事業の売上高は                               1,567百万円      (前年同四半期比        26.0%増    )、

        セグメント利益は80百万円            (前年同四半期は        104百万円の損失        )となりました。
                                 5/28


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
      (2)財政状態の状況
        ① 資産
          当第2四半期連結会計期間末における総資産は                     16,627百万円      となり、前連結会計年度末に比べ               563百万円増加
         いたしました。これは主に、受取手形及び売掛金の増加                          548百万円     があったことによるものであります。
        ② 負債

          当第2四半期連結会計期間末における負債は                    4,426百万円      となり、前連結会計年度末に比べ               85百万円増加      いた
         しました。これは主に、未払金              の増加   94百万円    があったことによるものであります。
        ③ 純資産

          当第2四半期連結会計期間末における純資産は                     12,200百万円      となり、前連結会計年度末に比べ               477百万円増加
         いたしました。これは主に、利益剰余金                  が 428百万円増加       したことによるものであります。
      (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、                                         6,868百万円      (前年同
        四半期比    19.0%増    )となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間において営業活動の結果                        獲得した資金は245百万円            (前年同四半期は        80百万円の収
        入 )となりました。これは主に、投資有価証券売却益                        770百万円     及び  売上債権    の増加   528百万円     による減少があった
        ものの、税金等調整前四半期純利益                1,100百万円      及び減価償却費       228百万円     の影響によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間において投資活動の結果                        獲得した資金は477百万円            (前年同四半期は        714百万円の支
        出 )となりました。これは主に、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出                                       271百万円     による減少が
        あったものの、投資有価証券の売却による                   収入  773百万円     によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間において財務活動の結果                        使用した資金は332百万円            (前年同四半期は        312百万円の支
        出 )となりました。これは主に、配当金の支払額                     313百万円     によるものであります。
      (4)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (6)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間における研究開発費の総額は、                           53百万円    であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/28





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                        発行可能株式総数(株)
                 種類
                                                    32,100,000
                普通株式
                                                    32,100,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (2021年3月12日)
               (2021年1月31日)                        取引業協会名
                                        東京証券取引所
                                                  単元株式数は100株
                    19,789,200            19,789,200
       普通株式
                                        (市場第一部)
                                                  であります。
                    19,789,200            19,789,200           -           -
         計
     (注) 提出日現在の発行数には、2021年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
          れた株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金
                                       資本金残高
                  総数増減数        総数残高        増減額              増減額        残高
         年月日
                                       (百万円)
                   (株)       (株)      (百万円)              (百万円)       (百万円)
     2020年11月1日~
                     1,800     19,789,200            0      838        0      812
     2021年1月31日(注)
     (注)ストック・オプションとしての新株予約権の権利行使
                                 7/28








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2021年1月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                             所有株式数      株式を除く。)の
           氏名又は名称                      住所
                                             (千株)      総数に対する所有
                                                   株式数の割合(%)
                                               5,600          28.3

      株式会社林家族                  愛知県名古屋市西区牛島町6番1号
                                                963         4.9
      エイチーム従業員持株会                  愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号
      日本マスタートラスト信託銀行株式
                                                866         4.4
                        東京都港区浜松町二丁目11番3号
      会社(信託口)
                                                706         3.6
      林 高生                  岐阜県土岐市
                                                585         3.0
      牧野 隆広                  愛知県名古屋市東区
      株式会社日本カストディ銀行(信託
                                                458         2.3
                        東京都中央区晴海一丁目8番12号
      口)
                                                223         1.1
      中内 之公                  愛知県名古屋市西区
      JPMBL   RE  J.P.   MORGAN    SECURITIES
                        270  PARK   AVENUE,    NEW  YORK,   USA,   10017
      LLC  COLL   EQUITY
                                                222         1.1
                        (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
      (常任代理人 株式会社三菱UFJ
      銀行)
      株式会社日本カストディ銀行(信託                  東京都中央区晴海一丁目8番12号
                                                213         1.1
      口5)
      BNY  GCM  CLIENT    ACCOUNT    JPRD   AC    PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET
      ISG  (FE-AC)                LONDON    EC4A   2BB  UNITED    KINGDOM
                                                204         1.0
      (常任代理人 株式会社三菱UFJ                  (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
      銀行)
                                 -             10,042          50.8
             計
     (注)   2020年8月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、大和アセットマネジメ
         ント株式会社及びその共同保有者である大和証券株式会社、ダイワ・アセット・マネジメント(シンガポール)
         リミテッドが2020年7月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年1
         月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                          保有株券等の数         株券等保有割合
         氏名又は名称                    住所
                                            (株)         (%)
     大和アセットマネジメント株
                                              177,500           0.90
                    東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
     式会社
                              -                177,500           0.90
           合計
                                 8/28








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年1月31日現在
                       株式数(株)           議決権の数(個)
           区分                                        内容
                              -            -         -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -         -
     議決権制限株式(その他)                         -            -         -

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                      -         -
                            35,500
                    普通株式
                                             権利内容に何ら限定のない当社
     完全議決権株式(その他)                     19,749,200              197,492
                    普通株式                         の標準となる株式であり、単元
                                             株式数は100株であります。
                             4,500              -         -
     単元未満株式               普通株式
                          19,789,200                -         -
     発行済株式総数
                              -          197,492           -
     総株主の議決権
     (注)1.「単元未満株式」の普通株式には、当社所有の自己株式88株が含まれております。
         2.「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、「株式付与ESOP信託」及び「役員報酬BIP信託」の信託財
           産として所有する当社株式148,000株を含めております。
        ②【自己株式等】

                                                  2021年1月31日現在
                                                     発行済株式総
                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                     合(%)
     (自己保有株式)
                  愛知県名古屋市中村区名駅
                                   35,500         -     35,500        0.18
                  三丁目28番12号
     株式会社エイチーム
                        -           35,500         -     35,500        0.18
           計
     (注) 「株式付与ESOP信託」及び「役員報酬BIP信託」の信託財産として保有する当社株式148,000株は、上記自己株
          式には含めておりません。
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 9/28








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年11月1日から2021
      年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年8月1日から2021年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
                                10/28

















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年7月31日)              (2021年1月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         6,480              6,868
        現金及び預金
                                         2,841              3,390
        受取手形及び売掛金
                                         ※ 348             ※ 441
        たな卸資産
                                         1,464               727
        その他
                                          △ 4             △ 4
        貸倒引当金
                                        11,130              11,423
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物(純額)                               1,110              1,034
                                          273              288
          その他(純額)
                                         1,384              1,322
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          -              261
          のれん
                                          477              483
          その他
                                          477              744
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         1,763              1,775
          投資有価証券
                                          819              781
          敷金及び保証金
                                          497              589
          その他
                                         △ 10             △ 10
          貸倒引当金
                                         3,070              3,136
          投資その他の資産合計
                                         4,932              5,204
        固定資産合計
                                        16,063              16,627
       資産合計
                                11/28











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年7月31日)              (2021年1月31日)
     負債の部
       流動負債
                                          454              444
        買掛金
                                         2,240              2,334
        未払金
                                          384              447
        未払法人税等
                                          -              46
        賞与引当金
                                          146              133
        販売促進引当金
                                          38              18
        株式給付引当金
                                          -              13
        役員株式給付引当金
                                          583              449
        その他
                                         3,847              3,889
        流動負債合計
       固定負債
                                          492              494
        資産除去債務
                                           1              43
        その他
                                          493              537
        固定負債合計
                                         4,340              4,426
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                          837              838
        資本金
                                          831              832
        資本剰余金
                                        10,391              10,819
        利益剰余金
                                         △ 397             △ 359
        自己株式
                                        11,663              12,130
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 26             △ 13
        その他有価証券評価差額金
                                           3              0
        為替換算調整勘定
                                         △ 23             △ 12
        その他の包括利益累計額合計
                                          82              82
       新株予約権
                                        11,722              12,200
       純資産合計
                                        16,063              16,627
     負債純資産合計
                                12/28










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
                                        16,014              14,871
     売上高
                                         3,595              3,687
     売上原価
                                        12,419              11,183
     売上総利益
                                       ※ 12,077             ※ 10,962
     販売費及び一般管理費
                                          342              221
     営業利益
     営業外収益
                                           1              2
       受取利息及び配当金
                                          -               1
       為替差益
                                           3              9
       受取手数料
                                           0             127
       投資事業組合運用益
                                           4              6
       助成金収入
                                           4              10
       その他
                                          14              156
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           0              1
       支払利息
                                           5              -
       為替差損
                                           0              9
       債権売却損
                                           0              3
       その他
                                           6              14
       営業外費用合計
                                          350              363
     経常利益
     特別利益
                                          -              770
       投資有価証券売却益
                                          -              770
       特別利益合計
     特別損失
                                          47              33
       減損損失
                                          47              33
       特別損失合計
                                          302             1,100
     税金等調整前四半期純利益
                                          176              359
     法人税等
                                          126              741
     四半期純利益
                                          126              741
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                13/28









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
                                          126              741
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                           9              13
       その他有価証券評価差額金
                                           3             △ 2
       為替換算調整勘定
                                          12              10
       その他の包括利益合計
                                          139              752
     四半期包括利益
     (内訳)
                                          139              752
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                14/28
















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          302             1,100
       税金等調整前四半期純利益
                                          244              228
       減価償却費
                                          47              33
       減損損失
                                          65              -
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 5             △ 0
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    50              46
       販売促進引当金の増減額(△は減少)                                    66             △ 12
       株式給付引当金の増減額(△は減少)                                   △ 22             △ 19
       役員株式給付引当金の増減額(△は減少)                                    11              13
                                          △ 1             △ 2
       受取利息及び受取配当金
                                           0              1
       支払利息
                                          △ 4             △ 6
       助成金収入
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -             △ 770
       投資事業組合運用損益(△は益)                                   △ 0            △ 127
       売上債権の増減額(△は増加)                                   186             △ 528
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                    28             △ 93
       仕入債務の増減額(△は減少)                                    58             △ 11
       未払金の増減額(△は減少)                                    47              93
       預り保証金の増減額(△は減少)                                  △ 200               -
                                         △ 410              119
       その他
                                          466               65
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    1              2
                                          △ 0             △ 1
       利息の支払額
                                         △ 465             △ 418
       法人税等の支払額
                                          73              592
       法人税等の還付額
                                           4              6
       助成金の受取額
                                          80              245
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 86             △ 16
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 134             △ 126
       無形固定資産の取得による支出
                                          -              773
       投資有価証券の売却による収入
                                          12              192
       投資事業組合からの分配による収入
                                         △ 486              △ 65
       投資有価証券の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                          -             △ 271
       支出
                                         △ 19              △ 9
       その他
                                         △ 714              477
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 312             △ 313
       配当金の支払額
                                           0             △ 19
       その他
                                         △ 312             △ 332
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           2             △ 2
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 943              387
                                         6,713              6,480
     現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 5,770             ※ 6,868
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                15/28




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲の重要な変更
         当 第2四半期連結会計期間において、新たに株式を取得したことにより、株式会社リンクスを連結の範囲に含め
        ております。
        (追加情報)

         1 . 従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引
           当社は、従業員の帰属意識の醸成と経営参画意識を持たせ、従業員の長期的な業績向上や株価上昇に対する
          意欲や士気の高揚を図るとともに、中長期的な企業価値向上を図ることを目的として、当社及び当社の子会社
          の従業員(以下「従業員」といいます。)を対象としたインセンティブ・プラン「株式付与ESOP信託」を導入
          しております。
           当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実
          務上の取扱い」(実務対応報告第30号 2015年3月26日)を適用しております。
          (1)取引の概要

            本制度では、株式付与ESOP(Employee                  Stock   Ownership     Plan)信託(以下「ESOP信託」といいます。)
           と称される仕組みを採用しております。ESOP信託とは、米国のESOP制度を参考にした従業員インセンティ
           ブ・プランであり、ESOP信託が取得した当社株式を人事考課等に応じて在職時に従業員に交付するもので
           す。なお、当該信託が取得する当社株式の取得資金は全額当社が拠出するため、従業員の負担はありませ
           ん。
          (2)信託に残存する自社の株式

            本信託が所有する当社株式は、連結貸借対照表の純資産の部において自己株式として表示しております。
            自己株式の帳簿価額及び株式数
             前連結会計年度190百万円、109,400株、当第2四半期連結会計期間152                                百万円   、87,400株
         2 . 業績連動型株式報酬制度

           当社は、これまで以上に当社及び当社子会社の中長期的な業績向上と企業価値増大への貢献意欲を高めるこ
          とを目的として、当社の取締役(社外取締役を除く。)を対象に、株式報酬制度を導入しております。
           当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実
          務上の取扱い」(実務対応報告第30号 2015年3月26日)に準じております。
          (1)取引の概要

            本制度では、役員報酬BIP(Board                Incentive     Plan)信託(以下「BIP信託」といいます。)と称される仕
           組みを採用しております。BIP信託とは、米国の業績連動型株式報酬(Performance                                      Share)制度及び譲渡制
           限付株式報酬(Restricted             Stock)制度を参考にした役員に対するインセンティブ・プランであり、BIP信
           託が取得した当社株式を役位及び業績達成度等に応じて、原則として在任中に交付するものです。
          (2)信託に残存する自社の株式

            本信託が所有する当社株式は、連結貸借対照表の純資産の部において自己株式として表示しております。
            自己株式の帳簿価額及び株式数
             前連結会計年度       121  百万円   、60,600株、当第2四半期連結会計期間121百万円、60,600株
                                16/28






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
         3.会計上の見積りの不確実性に関する追加情報

           前連結会計年度の有価証券報告書に記載した会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重
          要な変更はありません。
         4.  連結納税制度の適用

           当社及び国内連結子会社は、第1四半期連結会計期間より連結納税制度を適用しております。
         5.  連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱いの適用

           当社及び国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(2020年法律第8号)において創設された
          グループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目に
          ついては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対
          応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会
          計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額につ
          いて、改正前の税法の規定に基づいております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ たな卸資産の内訳は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (2020年7月31日)                 (2021年1月31日)
     商品                                326  百万円                406  百万円
     貯蔵品                                 22  〃                35  〃
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 2019年8月1日                 (自 2020年8月1日
                             至 2020年1月31日)                   至 2021年1月31日)
     広告宣伝費                               6,830   百万円               5,997   百万円
     販売促進引当金繰入額                                 45  〃               △ 36  〃
     貸倒引当金繰入額                                △ 3  〃                △ 0  〃
     賞与引当金繰入額                                 34  〃                32  〃
     株式給付引当金繰入額                                 18  〃                18  〃
     役員株式給付引当金繰入額                                 11  〃                13  〃
     支払手数料                               1,873    〃               1,866    〃
                                17/28









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次の
          とおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自 2019年8月1日                 (自 2020年8月1日
                             至 2020年1月31日)                 至 2021年1月31日)
     現金及び預金                               5,770百万円                 6,868   百万円
     現金及び現金同等物                               5,770 〃                 6,868    〃
        (株主資本等関係)

         前第2四半期連結累計期間(自 2019年8月1日 至 2020年1月31日)
         1 . 配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
      2019年9月13日
                         315      16.00
               普通株式                    2019年7月31日         2019年10月4日         利益剰余金
      取締役会
     (注) 配当金の総額には、「株式付与ESOP信託」及び「役員報酬BIP信託」が保有する当社株式193,200株に対する配
          当金3百万円が含まれております。
         2 . 株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
         当第2四半期連結累計期間(自 2020年8月1日 至 2021年1月31日)

         1 . 配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
      2020年9月11日
                         315      16.00
               普通株式                    2020年7月31日         2020年10月9日         利益剰余金
      取締役会
     (注) 配当金の総額には、「株式付与ESOP信託」及び「役員報酬BIP信託」が保有する当社株式170,000株に対する配
          当金2百万円が含まれております。
         2 . 株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
                                18/28









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          前第2四半期連結累計期間(自 2019年8月1日 至 2020年1月31日)
          1 . 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                      四半期連結
                                               調整額      損益計算書
                        ライフスタイ
                                               (注)1        計上額
                 エンターテイ
                        ルサポート事         EC事業        計
                                                      (注)2
                 ンメント事業
                        業
     売上高

                     4,101       10,669        1,243       16,014         -     16,014
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                      -       -       -       -       -       -
      上高又は振替高
                     4,101       10,669        1,243       16,014         -     16,014
          計
     セグメント利益又は損失
                      240       952      △ 104      1,089       △ 746       342
     (△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△746百万円は、報告セグメントに帰属しない全社費用でありま
           す。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2 . 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            「ライフスタイルサポート事業」セグメントにおいて、開発の中止を決定した無形固定資産について、回
           収可能価額を零として、帳簿価額の全額を減損損失として計上しております。なお、当該減損損失の計上額
           は、当第2四半期連結累計期間においては47百万円であります。
                                19/28











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
          当第2四半期連結累計期間(自 2020年8月1日 至 2021年1月31日)

          1 . 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                      四半期連結
                                               調整額      損益計算書
                        ライフスタイ
                                               (注)1        計上額
                 エンターテイ
                        ルサポート事         EC事業        計
                                                      (注)2
                 ンメント事業
                        業
     売上高

                     3,717       9,586       1,567       14,871         -     14,871
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                      -       -       -       -       -       -
      上高又は振替高
                     3,717       9,586       1,567       14,871         -     14,871
          計
                      214       510        80       806      △ 585       221
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額                △585百万円      は、報告セグメントに帰属しない全社費用であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2 . 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            「エンターテインメント事業」セグメントにおいて、当社が保有している固定資産のうち、その収益性が
           低下しているものについて、回収可能価額を零として、帳簿価額の全額を減損損失として計上しておりま
           す。
            なお、当該減損損失の計上額は、当第2四半期連結累計期間においては33百万円であります。
           (のれんの金額の重要な変動)

            「ライフスタイルサポート事業」セグメントにおいて、株式会社リンクスの株式を取得したことにより、
           同社を連結の範囲に含めておりま               す。  当該事象によるのれんの増加額は、当第2四半期連結累計期間におい
           て 261百万円であります。なお、この取得取引にかかる取得原価の配分が完了していないため、当該のれん
           の金額は暫定的に算定された金額であります。
                                20/28










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
        (企業結合等関係)
         取得による企業結合
          当社は、2020年12月4日開催の取締役会において、株式会社リンクスの全株式を取得することにより完全子会
         社化することを決議し、株式を取得いたしました。
          1.企業結合の概要
           (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
             被取得企業の名称:株式会社リンクス
             事業の内容   :ライフスタイルサポート事業(転職サイト及び転職エージェント比較サイトの
                      企画・開発・運営)
           (2)企業結合を行った主な理由
             株式会社リンクスが運営する「CAREER                  PICKS」は、転職サイトや転職エージェントの比較から、仕事に
            悩む人や転職を考える人の選択を後押しするよう「転職しようと考えている人が良い選択をできるように
            すること」を目指す転職メディアであります。
             本株式取得を通じて、当社が強みに掲げるデジタルマーケティングノウハウを活用しながら事業成長を
            加速させ、人材領域におけるシェア拡大を目指してまいります。
           (3)企業結合日
             2020年12月4日(株式取得日)
             2021年1月31日(みなし取得日)
           (4)企業結合の法的形式
             現金を対価とする株式取得
           (5)結合後企業の名称
             株式会社リンクス
           (6)取得した議決権比率
             100  %
           (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
             現金を対価とする株式取得による企業結合であるため、当社を取得企業としております。
          2.四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

            みなし取得日が2021年1月31日であるため、四半期連結損益計算書に被取得企業の業績は含まれておりま
           せん。
          3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

            取得の対価        現金         349百万円
            取得原価                  349百万円
          4.主要な取得関連費用の内容及び金額

            アドバイザリーに対する報酬・手数料等                         21百万円
          5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

           (1)発生したのれんの金額
             261百万円
             なお、上記の金額は暫定的に算定された金額です。
           (2)発生原因
             取得原価が取得した資産及び引き受けた負債に配分された純額を上回ったため、その差額をのれんとし
            て計上しております。
           (3)償却方法及び償却期間
             効果の発現する期間にわたって均等償却いたします。なお、償却期間については取得原価の配分の結果
            を踏まえて決定する予定であります。
                                21/28




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
        以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日               (自 2020年8月1日
                項目
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                    6.49円               37.84   円

      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                   126               741

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                         126               741
       純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               19,547,339               19,599,245
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                    6.48円               37.84   円

      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (百万円)
       普通株式増加数(株)                                 29,267                2,375
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                    -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
     (注) 1株当たり情報の算定に用いられた期中平均株式数は、「株式付与ESOP信託」及び「役員報酬BIP信託」制度
          において、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口)が保有す
          る当社株式を控除対象の自己株式に含めて算定しております。
          1株当たり情報の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数
           前第2四半期連結累計期間 173,909株    当第2四半期連結累計期間 151,706株
        (重要な後発事象)

         自己株式の取得
          当社は、2021年3月12日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される
         同法第156条の規定に基づき、自己株式の取得に係る事項を次のとおり決議いたしました。
          1.自己株式の取得を行う理由
            経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行及び資本効率の向上のため。
          2.取得の内容

           (1)取得する株式の種類
             当社普通株式
           (2)取得する株式の総数
             1,000,000株(上限)
           (3)取得価額
             総額1,200百万円(上限)
           (4)取得期間
             2021年3月15日~2021年12月30日
           (5)取得の方法
             東京証券取引所における市場買付
                                22/28




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
         会社分割による持株会社体制への移行
          当社は、2021年3月12日開催の取締役会において、2021年8月1日をもって持株会社体制へ移行すること、及
         び2021年4月22日(予定)に分割準備会社として当社100%出資の子会社(以下「分割準備会社」とします。)
         を設立することを決議いたしました。
          1.持株会社体制への移行の背景と目的
            当社グループは、インターネットを軸としたさまざまな技術領域・ビジネス領域において、コンテンツ・
           サービスを提供してまいりました。
            今後、当社は個別の事業を持たず、それぞれの事業会社を傘下に持つ持株会社となり、新規事業の創出、
           M&A及び投資、経営管理に集中し、当社グループ全体の事業スピードの向上させ、各子会社社長の経営経験
           を増やすことにより、当社グループ全体の経営力を高め、企業価値の向上にまい進してまいります。
         2.会社分割の概要

           (1)会社分割の方法
             完全子会社となる分割準備会社を設立した上で、吸収分割の方式により、エンターテインメント事業を
            新設予定の「株式会社エイチームエンターテインメント」に、EC事業を新設予定の「株式会社エイチーム
            コマーステック」に承継する方法を予定しております。また、当社は持株会社として引き続き上場を維持
            いたします。
           (2)会社分割の日程
             分割準備会社設立承認取締役会                 2021年3月12日
                              2021年4月22日(予定)
             分割準備会社の設立
                              2021年5月13日(予定)
             吸収分割契約承認取締役会
                              2021年5月13日(予定)
             吸収分割契約締結
                              2021年8月1日(予定)
             吸収分割効力発生日
                                23/28












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
          3.持株会社体制移行にあたり設立する分割準備会社の概要
                        株式会社エイチームエンターテインメント
           (1)名称
                        (英文表記 Ateam         Entertainment       Inc.)
           (2)所在地             愛知県名古屋市
                        代表取締役社長 中内           之公(なかうち        ゆきまさ)
           (3)代表の役職・氏名
           (4)事業内容             エンターテインメント事業

           (5)資本金             50百万円

           (6)設立年月日             2021年4月22日(予定)

           (7)発行済株式数             100,000株(予定)

           (8)決算期             7月31日

           (9)大株主及び持株比率             株式会社エイチーム 100%

                        資本関係     当社100%出資の子会社として設立される予定です。

           (10)当事会社間の関係             人的関係     当社より取締役を派遣する予定です。

                        取引関係     営業を開始していないため、当社との取引関係はありません。

                        株式会社エイチームコマーステック

           (1)名称
                        (英文表記 Ateam         Commercetech       Inc.)
           (2)所在地             愛知県名古屋市
                        代表取締役社長 望月           一宏(もちづき        かずひろ)
           (3)代表の役職・氏名
           (4)事業内容             EC事業

           (5)資本金             50百万円

           (6)設立年月日             2021年4月22日(予定)

           (7)発行済株式数             100,000株(予定)

           (8)決算期             7月31日

           (9)大株主及び持株比率             株式会社エイチーム 100%

                        資本関係     当社100%出資の子会社として設立される予定です。

           (10)当事会社間の関係             人的関係     当社より取締役を派遣する予定です。

                        取引関係     営業を開始していなため、当社との取引関係はありません。

          4.その他

            本分割により事業を承継する分割準備会社は、当社の完全子会社であるため、連結業績に与える影響は特
           段ございません。会社分割の詳細等については、今後決定次第、改めてお知らせいたします。
                                24/28






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
         連結子会社間の吸収合併
          当社は、2021年3月12日開催の取締役会において、2021年8月1日を効力発生日として、当社の完全子会社で
         ある株式会社エイチームフィナジーを吸収合併存続会社とし、同じく当社の完全子会社である株式会社リンクス
         を吸収合併消滅会社とする吸収合併を行うことを決議いたしました。
          1.取引の概要
           (1)結合企業の名称および事業の内容
             結合企業の名称         株式会社エイチームフィナジー
                      ライフスタイルサポート事業(金融領域における比較サイト、情報サイト等様々
             事業の内容
                      なウェブサービスを企画・開発・運営)
             被結合企業の名称         株式会社リンクス
                      ライフスタイルサポート事業(転職サイト及び転職エージェント比較サイトの企
             事業の内容
                      画・開発・運営)
           (2)企業結合日
             2021年8月1日(予定)
           (3)企業結合の法的形式
             株式会社エイチームフィナジーを存続会社とし、株式会社リンクスを消滅会社とする吸収合併
           (4)結合後企業の名称
             株式会社エイチームフィナジー
          2.実施する会計処理の概要

            「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基
           づき、共通支配下の取引として会計処理を行う予定です。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                25/28












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                26/28




















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年3月12日

    株式会社エイチーム

      取締役会 御中

                           有限責任監査法人          トーマツ

                           名古屋事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             伊藤  達治         印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             伊藤  貴俊         印
                            業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エイ
    チームの2020年8月1日から2021年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年11月1日から2021年
    1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年8月1日から2021年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計
    算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エイチーム及び連結子会社の2021年1月31日現在の財政状態
    並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
    と信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                27/28






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社エイチーム(E26369)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                28/28









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク