株式会社大盛工業 四半期報告書 第55期第2四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)

提出書類 四半期報告書-第55期第2四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)
提出日
提出者 株式会社大盛工業
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年3月17日
     【四半期会計期間】                   第55期第2四半期(自 2020年11月1日 至 2021年1月31日)
     【会社名】                   株式会社大盛工業
     【英訳名】                   OHMORI    CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役会長兼社長  関 忠夫
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区神田多町二丁目1番地
     【電話番号】                   東京03(6262)9877(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員      管理本部長  及川 光広
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区神田多町二丁目1番地
     【電話番号】                   東京03(6262)9877(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員      管理本部長  及川 光広
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/26













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第54期           第55期
              回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第54期
                              累計期間           累計期間
                              自2019年           自2020年           自2019年
                              8月1日           8月1日           8月1日
             会計期間
                              至2020年           至2021年           至2020年
                              1月31日           1月31日           7月31日
                     (千円)           2,375,303           2,362,370           5,187,425
     売上高
                     (千円)            376,629           242,439           512,853
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                     (千円)            293,626           191,089           337,360
     期)純利益
                     (千円)            293,626           191,089           337,360
     四半期包括利益又は包括利益
                     (千円)           4,099,293           4,250,520           4,142,897
     純資産額
                     (千円)           8,445,266           9,194,318           9,145,667
     総資産額
                      (円)            19.79           12.88           22.74
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            19.52           12.64           22.40
     (当期)純利益
                      (%)             47.9           45.4           44.7
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)           △ 378,149           △ 25,093           189,145
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)           △ 44,274          △ 35,522          △ 49,808
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)            424,686           △ 6,720          289,209
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (千円)           1,929,816           2,286,794           2,354,184
     (期末)残高
                              第54期           第55期

              回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2019年           自2020年
                              11月1日           11月1日
             会計期間
                              至2020年           至2021年
                              1月31日           1月31日
                                   3.68           9.69
     1株当たり四半期純利益                 (円)
     (注)1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載

           しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
     2【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容については、重
      要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/26




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると
       認識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要
       な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        (1)財政状態及び経営成績の状況

         ①経営成績の状況
          当第2四半期連結累計期間             におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染の再拡大による経済活動
         の停滞が継続したことにより、依然として厳しい状況が続きました。
          国内建設市場につきましては、国土強靭化計画等に基づく公共投資が底堅く推移しており、当社グループの主
         要事業である東京都を中心とした上・下水道の建設投資につきましても、早急な実施の必要性等から継続して工
         事の発注が行われており、事業環境は概ね良好な状況が継続しております。
          このような状況の中、当社グループの主力の建設事業におきましては、工事の施工期間の短縮並びに工事コス

         トの低減等の完成工事総利益増加に向けた取り組みを継続してまいりました。
          不動産事業等におきましては、太陽光発電設備、賃貸不動産物件等の販売に注力するとともに、OLY機材
         リース事業における受注、売上高増加に向けた営業活動を継続してまいりました。
          通信関連事業におきましては、売上高及び売上総利益の増加に向けた保守・管理体制等の強化を図るととも
         に、受注増加に向けた営業活動に注力してまいりました。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は2,362,370千円(前年同期比0.5%減)、営業利益は

         244,266千円(前年同期比36.9%減)、経常利益は242,439千円(前年同期比35.6%減)、親会社株主に帰属する
         四半期純利益は191,089千円(前年同期比34.9%減)となりました。
          なお、当社グループの売上高は、主たる事業である建設事業において、第2四半期連結累計期間までと第3四
         半期連結会計期間以降では休暇日数の差異があり、第3四半期連結会計期間以降に売上高が多くなるといった季
         節的変動要因が有ります。
        セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

        (建設事業)
          建設事業におきましては、受注高590,073千円(前年同期比68.2%減)、売上高1,475,926千円(前年同期比
         15.6%減)、セグメント利益(営業利益)78,096千円(前年同期比73.0%減)となりました。
        (不動産事業等)

          不動産事業等におきましては、不動産物件の売却並びに賃貸収入、OLY機材のリース販売等により、売上高
         723,208千円(前年同期比69.9%増)、セグメント利益(営業利益)150,362千円(前年同期比130.5%増)とな
         りました。
        (通信関連事業)

          通信関連事業におきましては、NTT局内の通信回線の保守・管理業務等により、売上高168,180千円(前年
         同期比17.3%減)セグメント利益(営業利益)15,775千円(前年同期比52.2%減)となりました。
        (その他)

          その他事業におきましては、クローゼットレンタル事業等により、売上高2,322千円(前年同期比6.6%増)、
         セグメント利益(営業利益)31千円(前年同期は577千円のセグメント損失)となりました。
                                 3/26




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
         ②財政状態の状況

         資産、負債及び純資産の状況
         (資産)
           当第2四半期連結会計期間末の資産の残高は、9,194,318千円となり、前連結会計年度末に比べ48,651千円
          増加いたしました。主な理由は、現金及び預金の減少65,888千円、受取手形・完成工事未収入金等の減少
          537,292千円、未成工事支出金の減少56,814千円、不動産事業等支出金の減少90,774千円、販売用不動産の増
          加808,440千円、有形固定資産の増加14,469千円、のれんの減少9,683千円、長期貸付金の減少7,500千円、貸
          倒引当金の減少7,969千円、退職給付に係る資産の増加15,610千円、繰延税金資産の減少13,656千円によるも
          のであります。
         (負債)

           当第2四半期連結会計期間末の負債の残高は、                      4,943,797千円となり、前連結会計年度末に比べ58,972千円
          減少いたしました。主な理由は、工事未払金の増加22,915千円、短期借入金の減少554,011千円、未払金の減
          少7,343千円、未成工事受入金の減少46,693千円、賞与引当金の減少33,592千円、損害補償損失引当金の減少
          25,000千円、完成工事補償引当金の減少5,218千円、未払法人税等の減少47,630千円、その他流動負債の減少
          16,011千円、長期借入金の増加651,639千円によるものであります。
         (純資産)

           当第2四半期連結会計期間末の純資産合計は、                      4,250,520千円となり、前連結会計年度末に比べ107,623千円
          増加いたしました。主な理由は、利益剰余金の増加87,255千円、新株予約権の増加20,532千円によるものであ
          ります。
         ③キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期連結会計期間末における「現金及び現金同等物(以下「資金」という。)」の四半期末残高は
         2 ,286,794    千円となり、前連結会計年度末に比べ67,389千円の減少となりました。当第2四半期連結累計期間に
         おける各キャッシュ・フローの状況等につきましては次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果減少した資金は25,093千円(前年同四半期は378,149千円の減少)となりました。資金の主
          な減少は、たな卸資産の増加660,844千円、未成工事受入金の減少46,693千円、賞与引当金の減少37,492千円
          であり、資金の主な増加は、税金等調整前四半期純利益242,439千円、売上債権の減少537,292千円によるもの
          であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果減少した資金は35,522千円(前年同四半期は44,274千円の減少)となりました。資金の主な
          減少は、有形固定資産の取得による支出40,638千円、貸付けによる支出4,500千円であり、資金の主な増加
          は、貸付金の回収による収入17,359千円によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果減少した資金は6,720千円(前年同四半期は424,686千円の獲得)となりました。資金の主な
          減少は、短期借入金の返済による支出1,201,662千円、長期借入金の返済による支出227,709千円、配当金の支
          払額102,813千円であり、資金の主な増加は、短期借入れによる収入650,000千円、長期借入れによる収入
          877,000千円によるものであります。
                                 4/26






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
        (2)経営方針・経営戦略等

          当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ありません。
        (3)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財務状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の
         分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
        (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

          当第2四半期連結累計期間において、当社グループが                          優先的に    対処  すべき事業上及び財務上の課題について重
         要な変更はありません。
          なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めておりますが、当第2
         四半期連結累計期間において、重要な変更はありません。
        (5)研究開発活動

          該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/26














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          50,000,000

        A種優先株式                                           277,500

        B種優先株式                                           277,500

                  計                                50,555,000

        ②【発行済株式】

                第2四半期会計期間
                                        上場金融商品取引所
                            提出日現在発行数(株)
                末現在発行数(株)
         種類                               名又は登録認可金融              内容
                            (2021年3月17日)
                (2021年1月31日)                       商品取引業協会名
                                         東京証券取引所
                    14,848,429            14,848,429                   単元株式数      100株
     普通株式
                                         (市場第二部)
                    14,848,429            14,848,429             -          -
         計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
                                            2020年10月28日

     決議年月日
                                          (第11回新株予約権)
                                    当社取締役(監査等委員を除く)                5名
     付与対象者の区分及び人数
                                    当社取締役(監査等委員)1名
     新株予約権の数(個)※                                       1,075(注)1
                                           普通株式 107,500
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※
                                             (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                          1
                                           自  2020年11月20日
     新株予約権の行使期間※
                                           至  2050年11月19日
                                           発行価格  192
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                            資本組入額 96
     発行価格及び資本組入額(円)※
                                             (注)1
     新株予約権の行使の条件※                                        (注)1
                                    譲渡による新株予約権の取得については、取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項※
                                    の承認を要するものとします。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                                        (注)2
     ※ 新株予約権証券の発行時(2020年11月19日)における内容を記載しております。
                                 6/26





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
     (注)1.新株予約権の内容

          (1)新株予約権の目的である株式の種類及び数
           本新株予約権1個当たりの目的である株式の種類及び数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通
           株式100株とする。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償
           割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただ
           し、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数
           についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
           調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これら
           の場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整される
           ものとする。
          (2)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、本新株予約権を行使することにより交付を受ける
           株式1株当たりの払込金額を1円とし(以下、「行使価額」という。)、これに付与株式数を乗じた金額
           とする。
          (3)新株予約権を行使することができる期間
           本新株予約権を行使することができる期間(以下、「行使期間」という。)は、2020年11月20日から2050
           年11月19日までとする。ただし、行使期間の最終日が営業日でない場合は、その前営業日とする。
          (4)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条
              第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が
              生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
            ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資
              本金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          (5)新株予約権の行使の条件
            ① 新株予約権者は、上記(注)1.(3)の期間内において、当社取締役の地位を喪失し                                          た日の   翌日か
              ら10日(ただし、当該日が営業日でない場合には、前営業日)を経過する日までの間に限り、新株予
              約権を一括してのみ行使することができるものとする。
            ② 新株予約権者は、上記①の規定にかかわらず、当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社とな
              る会社分割についての分割契約もしくは分割計画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もし
              くは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がな
              された場合は、当該承認日の翌日から30日(ただし、当該日が営業日でない場合には、前営業日)を
              経過するまでの間に限り、新株予約権を行使できるものとする。
            ③ 新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを行使することができるものとする。
            ④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過す
              ることとなるときは、当該本新株予約権を行使することはできない。
            ⑤ 各本新株予約権1個未満について行使することはできない。
            ⑥ その他の行使条件及び方法は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定
              めるところによる。
          (6)新株予約権の取得に関する事項
            ① 当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計
              画、または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認
              (株主総会の承認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が
              別途定める日の到来をもって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
            ② 新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)1.(5)に定める規定または新株予約権割当契約
              書により本新株予約権の行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することが
              できる。
                                 7/26




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
     (注)2.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い

          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。なお、吸収分割または新設分割については当社が分割会社と
         なる場合に限り、株式交換または株式移転については当社が完全子会社となる場合に限る。)を行う場合におい
         て、組織再編行為の効力発生日に残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に
         対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象
         会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存
         新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株予約権を新たに交付するものとする。ただし、以下の条件に沿って再
         編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交
         換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1.(1)に準じて決定する。
         (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
           上記(注)1.(2)で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(注)2.
           (3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         (5)新株予約権を行使することができる期間
           上記(注)1.(3)に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から
           上記(注)1.(3)に定める行使期間の末日までとする。
         (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           上記(注)1.(4)に準じて決定する。
         (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
           る。
         (8)その他新株予約権の行使の条件
           上記(注)1.(5)に準じて決定する。
         (9)新株予約権の取得事由及び条件
           上記(注)1.(6)に準じて決定する。
         (10)その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
                                 8/26









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
        ②【その他の新株予約権等の状況】
         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総数(株)                 資本金(千円)              資本準備金(千円)
        年月日
                 増減数        残高       増減額        残高       増減額        残高
      2020年11月1日~

                                    -
                     -   14,848,429                2,765,371           -     167,053
      2021年1月31日
                                 9/26
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2021年1月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                              所有株式数       除く。)の総
        氏名又は名称                      住所
                                               (株)      数に対する所
                                                     有株式数の割
                                                     合(%)
     WINBASE    TECHNOLOGIES

                   東京都千代田区永田町1丁目11-30                サウスヒル永田町4
     LIMITED                                          1,041,500          7.02
                   階
     (常任代理人 垣鍔公良)
     株式会社ウィークリーセン

                   東京都千代田区神田北乗物町2               神田乗物町ビル604
                                                636,300         4.29
     ター
     MSIP   CLIENT    SECURITIES

                   東京都千代田区大手町1丁目9-7                  大手町フィナンシャ
                                                604,000         4.07
      常任代理人 モルガン・ス
                   ルシティ サウスタワー
     タンレーMUFG証券株式会社
                   神奈川県足柄下郡湯河原町中央3丁目16-1                             600,002         4.05

     株式会社プラス
                   東京都葛飾区南水元1丁目10-8                             228,358         1.54

     有限会社広栄企画
                                                151,600         1.02

     糀 英夫              京都府京都市上京区
                                                127,900         0.86

     大場 健一              埼玉県上尾市
                                                119,800         0.81

     楽天証券株式会社              東京都港区南青山2丁目6番21号
                                                110,010         0.74

     山田 紘一郎              東京都中野区
                                                108,400         0.73
     高橋 国生              香川県丸亀市
                               -                3,727,870         25.13

           計
                                10/26










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年1月31日現在
                           株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                        内容
                                    -         -        -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                               -         -        -
      議決権制限株式(その他)                               -         -        -

      完全議決権株式(自己株式等)                             15,700           -        -

                       普通株式
      完全議決権株式(その他)                           14,670,000          146,700           -
                       普通株式
                                                 1単元(100株)未満
                                  162,729           -
      単元未満株式                 普通株式
                                                 の株式
                                14,848,429             -        -
      発行済株式総数
                                    -      146,700           -
      総株主の議決権
    (注)1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式92株が含まれております。
       2.「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式500株が含まれておりま
         す。また、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれておりま
         す。
        ②【自己株式等】

                                                  2021年1月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)       合計(株)        式数の割合
                                                    (%)
                  東京都千代田区神田
                                15,700          -     15,700          0.11
     ㈱大盛工業
                  多町二丁目1番地
                      -          15,700          -     15,700          0.11
          計
    (注)当第2四半期会計期間末日現在の自己株式数は、15,792株となっております。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                11/26








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準拠して記載しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年11月1日から2021
      年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年8月1日から2021年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、監査法人アヴァンティアによる四半期レビューを受けております。
                                12/26

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年7月31日)              (2021年1月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       2,410,892              2,345,003
        現金及び預金
                                       1,965,216              1,427,923
        受取手形・完成工事未収入金等
                                        400,664              343,849
        未成工事支出金
                                        133,137               42,362
        不動産事業等支出金
                                       2,729,451              3,537,891
        販売用不動産
                                          41              34
        貯蔵品
                                        114,784              103,123
        その他
                                        △ 2,779             △ 2,882
        貸倒引当金
                                       7,751,409              7,797,306
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物・構築物(純額)                              378,169              367,159
          機械・運搬具(純額)                               58,593              85,367
                                        608,922              608,922
          土地
                                         2,589              1,294
          リース資産(純額)
                                       1,048,276              1,062,745
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        64,556              54,873
          のれん
                                         2,537              2,066
          その他
                                        67,094              56,939
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        66,333              58,833
          長期貸付金
                                        36,578              36,578
          保険積立金
                                         6,203              21,813
          退職給付に係る資産
                                        69,739              56,083
          繰延税金資産
                                        117,306              113,219
          その他
                                       △ 17,275              △ 9,202
          貸倒引当金
                                        278,886              277,326
          投資その他の資産合計
                                       1,394,257              1,397,011
        固定資産合計
                                       9,145,667              9,194,318
       資産合計
                                13/26









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年7月31日)              (2021年1月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        298,506              321,422
        工事未払金
                                       ※ 986,497             ※ 432,486
        短期借入金
                                        50,913              43,569
        未払金
                                        98,379              50,748
        未払法人税等
                                        857,287              810,593
        未成工事受入金
                                         3,900                -
        役員賞与引当金
                                        70,114              36,522
        賞与引当金
                                        55,000              30,000
        損害補償損失引当金
                                        28,082              22,864
        完成工事補償引当金
                                        128,995              112,983
        その他
                                       2,577,677              1,861,190
        流動負債合計
       固定負債
                                       2,399,420              3,051,059
        長期借入金
                                        25,672              31,548
        その他
                                       2,425,092              3,082,607
        固定負債合計
                                       5,002,770              4,943,797
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,765,371              2,765,371
        資本金
                                        704,230              704,163
        資本剰余金
                                        670,117              757,373
        利益剰余金
                                       △ 54,407             △ 54,505
        自己株式
                                       4,085,311              4,172,402
        株主資本合計
                                        57,585              78,117
       新株予約権
                                       4,142,897              4,250,520
       純資産合計
                                       9,145,667              9,194,318
     負債純資産合計
                                14/26










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益及び包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     売上高
                                       1,749,497              1,475,926
       完成工事高
                                        420,340              715,940
       不動産事業等売上高
                                        203,336              168,180
       通信関連売上高
                                         2,129              2,322
       その他の売上高
                                       2,375,303              2,362,370
       売上高合計
     売上原価
                                       1,268,167              1,238,413
       完成工事原価
                                        325,989              507,739
       不動産事業等売上原価
                                        97,667              79,072
       通信関連原価
                                          404              193
       その他の売上原価
                                       1,692,229              1,825,419
       売上原価合計
     売上総利益
                                        481,330              237,513
       完成工事総利益
                                        94,350              208,200
       不動産事業等総利益
                                        105,668               89,107
       通信関連総利益
                                         1,724              2,128
       その他の売上総利益
                                        683,074              536,950
       売上総利益合計
                                      ※1  296,059             ※1  292,684
     販売費及び一般管理費
                                        387,014              244,266
     営業利益
     営業外収益
                                         1,697               775
       受取利息
                                          181               -
       為替差益
                                         1,631               749
       未払配当金除斥益
                                         1,486              23,014
       受取保険金
                                          -             7,928
       貸倒引当金戻入額
                                         3,346              2,591
       その他
                                         8,343              35,061
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        14,140              15,265
       支払利息
                                          -             3,000
       支払手数料
                                          -              51
       為替差損
                                         4,580                -
       貸倒引当金繰入額
                                          -            12,000
       役員弔慰金
                                          -             6,000
       建物解体費用
                                           6             570
       その他
                                        18,727              36,888
       営業外費用合計
                                        376,629              242,439
     経常利益
     特別利益
                                          29              -
       固定資産売却益
                                          29              -
       特別利益合計
     特別損失
                                         4,820                0
       固定資産除却損
                                         4,820                0
       特別損失合計
                                15/26





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
                                        371,839              242,439
     税金等調整前四半期純利益
                                        69,316              36,078
     法人税、住民税及び事業税
                                         8,896              15,270
     法人税等調整額
                                        78,212              51,349
     法人税等合計
                                        293,626              191,089
     四半期純利益
     (内訳)
                                        293,626              191,089
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        293,626              191,089
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        293,626              191,089
     親会社株主に係る四半期包括利益
                                16/26
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日              (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        371,839              242,439
       税金等調整前四半期純利益
                                        29,387              26,640
       減価償却費
                                        30,029               9,683
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  5,296             △ 7,969
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 27,537             △ 37,492
       完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                  △ 480            △ 5,218
                                        △ 1,697              △ 775
       受取利息及び受取配当金
                                        14,140              15,265
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 90,929              537,292
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 153,057             △ 660,844
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 75,423              22,915
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                △ 378,969              △ 46,693
       固定化営業債権の増減額(△は増加)                                 △ 8,495              8,245
       損害補償損失引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 25,000
                                       △ 78,355              △ 7,205
       その他
                                       △ 364,252               71,283
       小計
                                         1,697               775
       利息及び配当金の受取額
                                       △ 19,140             △ 17,984
       利息の支払額
                                        19,987                -
       法人税等の還付額
                                       △ 16,441             △ 79,167
       法人税等の支払額
                                       △ 378,149              △ 25,093
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 12,200             △ 40,638
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 40,000              △ 4,500
       貸付けによる支出
                                        12,446              17,359
       貸付金の回収による収入
                                        △ 4,900             △ 3,400
       定期預金の預入による支出
                                          379            △ 4,344
       その他
                                       △ 44,274             △ 35,522
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,910,000               650,000
       短期借入れによる収入
                                      △ 1,601,662             △ 1,201,662
       短期借入金の返済による支出
                                        400,000              877,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 207,847             △ 227,709
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 74,361             △ 102,813
       配当金の支払額
                                        △ 1,326             △ 1,370
       リース債務の返済による支出
                                         △ 116             △ 164
       その他
                                        424,686              △ 6,720
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          181              △ 51
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    2,444             △ 67,389
                                       1,927,371              2,354,184
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 1,929,816             ※ 2,286,794
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                17/26






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (追加情報)
         新型コロナウイルス感染症による影響については、工事の中断や遅延等による売上原価の増加などにより、工事
        進行基準による完成工事高の算定に用いる見積総工事原価等に影響を及ぼす可能性があるものの、現時点では、そ
        の影響はありません。
         なお、今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況や収束時期等によっては、これらの見積り及び仮定に基づく
        数値は実際の結果と異なる可能性があります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        ※当座貸越契約及びコミットメントライン契約
         当社グループにおいては、運転資金の効率的な調達を行うため取引金融機関と当座貸越契約(7行)及びコミッ
        トメントライン契約(1行)を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                                             当第2四半期連結会計期間

                              前連結会計年度
                                               (2021年1月31日)
                            (2020年7月31日)
       当座貸越限度額及び

                                   2,400,000千円                 2,400,000千円
       コミットメントライン契約の総額
       借入実行残高                             550,000                    -
        差引額                            1,850,000                 2,400,000
         財務制限条項

          コミットメントライン契約は2019年12月に当社が契約を締結しており、この契約には次の財務制限条項が付さ
         れております。
         (借入枠     1,000,000千円 借入実行額             -千円)
          ①各事業年度の決算期の末日における単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の
           末日または2019年7月に終了した決算期の末日における単体の貸借対照表における純資産の部の金額のいず
           れか大きい方の75%の金額以上に維持すること。
          ②2020年7月期以降の各事業年度の決算期の末日における単体の損益計算書の経常損益について、2期連続で
           経常損失を計上しないこと。
                                18/26










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結損益及び包括利益計算書関係)
        ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 2019年8月        1日         (自 2020年8月        1日
                             至 2020年1月31日)                   至 2021年1月31日)
       役員報酬                              49,850   千円              45,430   千円
                                     75,349                 79,316
       従業員給料手当
                                     7,163                 7,389
       賞与引当金繰入額
                                     △ 154                1,317
       退職給付費用
                                     27,207                 34,908
       支払手数料
         2.売上高の季節的変動

          前第2四半期連結累計期間(自 2019年8月1日 至 2020年1月31日)及び                                    当第2四半期連結累計期間
          (自 2020年8月1日 至 2021年1月31日)
            当社グループの売上高は、主たる事業である建設事業において、第2四半期連結累計期間までと第3四半
           期連結会計期間以降では、休暇日数の差異があり、第3四半期連結会計期間以降に売上高が多くなるといっ
           た季節的変動要因があります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2019年8月1日              (自    2020年8月1日
                             至   2020年1月31日)               至   2021年1月31日)
       現金預金勘定                            1,961,025千円                 2,345,003千円
       預入期間が3カ月を超える定期預金                            △31,208                 △58,208
       現金及び現金同等物                            1,929,816                 2,286,794
                                19/26











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年8月1日 至 2020年1月31日)
          1.配当金支払額
                             1株当たり
                    配当金の総額
       (決議)       株式の種類                配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)
                              (円)
      2019年10月25日
              普通株式         74,172           5  2019年7月31日        2019年10月28日         利益剰余金
      定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

          間  の末日後となるもの
             該当事項は     ありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年8月1日 至 2021年1月31日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
                    配当金の総額
              株式の種類                配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
       (決議)
                     (千円)
                              (円)
      2020年10月28日
              普通株式        103,833           7  2020年7月31日        2020年10月29日         利益剰余金
      定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期

          間  の末日後となるもの
             該当事項は     ありません。
                                20/26












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年8月1日 至 2020年1月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                     報告セグメント
                                                      損益及び包
                                       その他           調整額
                                                      括利益計算
                                             合計
                                       (注)1           (注)2
              建設事業     不動産事業等      通信関連事業         計
                                                       書計上額
                                                       (注)3
     売上高
      外部顧客への
              1,749,497       420,340      203,336     2,373,174        2,129   2,375,303         -  2,375,303
      売上高
      セグメント間
                 -     5,442        -    5,442        50    5,492    △ 5,492       -
      の内部売上高
      又は振替高
              1,749,497       425,782      203,336     2,378,616        2,179   2,380,796      △ 5,492   2,375,303

        計
     セグメント利益

     又はセグメント          289,351       65,234      33,006     387,591       △ 577   387,014        -   387,014
     損失(△)
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クローゼットレンタル事
              業の売上等であります。
            2.調整額は以下のとおりであります。
              売上高の調整額△5,492千円は、セグメント間取引消去△5,492千円であります。
            3.セグメント利益又はセグメント損失(△)                       は、四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益と一致
              しております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (のれんの金額の重要な変動)
               当第2四半期連結会計期間において、建設事業における株式会社山栄テクノに係るのれんの一時償
              却を計上しており、当該一時償却によるのれんの減少額は15,807千円であります。
                                21/26










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年8月1日 至 2021年1月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                     報告セグメント
                                                      損益及び包
                                       その他           調整額
                                                      括利益計算
                                             合計
                                       (注)1           (注)2
              建設事業     不動産事業等      通信関連事業         計
                                                       書計上額
                                                       (注)3
     売上高
      外部顧客への
              1,475,926       715,940      168,180     2,360,047        2,322   2,362,370         -  2,362,370
      売上高
      セグメント間
                 -     7,268        -    7,268        -    7,268    △ 7,268       -
      の内部売上高
      又は振替高
              1,475,926       723,208      168,180     2,367,315        2,322   2,369,638      △ 7,268   2,362,370

        計
               78,096      150,362       15,775     244,235         31   244,266        -   244,266

     セグメント利益
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クローゼットレンタル事

              業の売上等であります。
            2.調整額は以下のとおりであります。
              売上高の調整額△7,268千円は、セグメント間取引消去△7,268千円であります。
            3.セグメント利益は、四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益と一致しております。
                                22/26













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年8月1日               (自 2020年8月1日
                                至 2020年1月31日)               至 2021年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 19円79銭               12円88銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                       293,626               191,089
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       293,626               191,089
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              14,834,308               14,833,063
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 19円52銭               12円64銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千
                                         -               -
       円)
                                       205,433               290,009
       普通株式増加数(株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                         -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                23/26










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                24/26




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年3月16日

    株 式 会 社 大 盛 工 業

      取 締 役 会 御中

                         監査法人     アヴァンティア

                            東京都千代田区
                              指定社員

                                      公認会計士
                                             木 村 直 人         印
                              業務執行社員
                              指定社員

                                      公認会計士
                                             加 藤 大 佑         印
                              業務執行社員
     監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社大盛
     工業の2020年8月1日から2021年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年11月1日から2021年
     1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年8月1日から2021年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、
     すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益及び包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社大盛工業及び連結子会社の2021年1月31日現在の財政状
     態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
     監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
     た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
     任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
     しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
     を入手したと判断している。
     その他の事項

      会社の2020年7月31日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に係
     る四半期連結財務諸表は、前任監査人によって四半期レビューが実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務
     諸表に対して2020年3月16日付けで無限定の結論を表明している。
     四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
     適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
     継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
     期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
     じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・  継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
                                25/26

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社大盛工業(E00239)
                                                            四半期報告書
      当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
      いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      に おいて四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
      注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
      企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・  四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
      財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
      信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・  四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
     事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以 上

     (注)1.

           上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は
           当社(四半期報告書提出会社)が四半期連結財務諸表に添付する形で別途保管しております。
        2.
           XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                26/26












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク